2023/10/16 更新

写真a

ミナクチ チエカ
水口 智江可
MINAKUCHI Chieka
所属
大学院生命農学研究科 動物科学専攻 動物科学 准教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部 資源生物科学科
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(農学) ( 2003年3月   京都大学 ) 

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 昆虫生理学

  2. その他 / その他  / 生物有機化学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 昆虫における、ホルモンによる脱皮・変態の制御機構

経歴 6

  1. 名古屋大学   准教授

    2022年11月 - 現在

  2. 名古屋大学大学院生命農学研究科   講師

    2016年4月 - 2022年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   助教

    2008年3月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 日本学術振興会特別研究員PD

    2006年4月 - 2008年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 日本学術振興会海外特別研究員

    2004年4月 - 2006年3月

  6. 日本学術振興会特別研究員DC2

    2002年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 京都大学   農学研究科

    1998年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 京都大学   農学部

    1994年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本農薬学会

  2. 日本応用動物昆虫学会

  3. 日本蚕糸学会

  4. 関西病虫害研究会

  5. 日本比較内分泌学会

委員歴 8

  1. 日本農薬学会   常任評議員  

    2021年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本応用動物昆虫学会   編集委員会委員  

    2021年1月 - 2022年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 日本農薬学会   将来計画委員会委員  

    2019年4月 - 2023年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. 日本応用動物昆虫学会   英文誌編集責任者  

    2019年1月 - 2020年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 関西病虫害研究会   編集委員  

    2018年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  6. 関西病虫害研究会   編集委員  

    2014年6月 - 2016年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  7. 日本比較内分泌学会   会誌「比較内分泌学」 学術誌編集委員  

    2013年1月 - 2014年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  8. 日本応用動物昆虫学会   編集委員会委員  

    2011年1月 - 2014年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

受賞 2

  1. 日本農薬学会 学会賞(奨励賞)

    2005年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 望月喜多司記念賞(奨励賞)

    2005年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 49

  1. Relationships between structure and molting hormonal activity of tebufenozide, methoxyfenozide, and their analogs in cultured integument system of Chilo suppressalis Walker. 査読有り

    Nakagawa, Y., Hattori, K., Minakuchi, C., Kugimiya, S., and Ueno, T.

    Steroids   65 巻   頁: 117-123   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. Inhibition of [3H]ponasterone A binding by ecdysone agonists in the intact Sf-9 cell line. 査読有り

    Nakagawa, Y., Minakuchi, C., and Ueno, T.

    Steroids   65 巻   頁: 537-542   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Inhibition of [3H]ponasterone A binding by ecdysone agonists in the intact Kc cell line. 査読有り

    Nakagawa, Y., Minakuchi, C., Takahashi, K., and Ueno, T.

    Insect Biochem. Mol. Biol.   32 巻   頁: 175-180   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Molecular cloning, expression analysis and functional confirmation of two ecdysone receptor isoforms from the rice stem borer Chilo suppressalis. 査読有り

    Minakuchi, C., Nakagawa, Y., Kiuchi, M., Tomita, S., and Kamimura, M.

    Insect Biochem. Mol. Biol.   32 巻   頁: 999-1008   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Molecular cloning and expression analysis of ultraspiracle (USP) from the rice stem borer Chilo suppressalis. 査読有り

    Minakuchi, C., Nakagawa, Y., Kiuchi, M., Seino, A., Tomita, S., and Kamimura, M.

    Insect Biochem. Mol. Biol.   33 巻   頁: 41-49   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Validity analysis of a receptor binding assay for ecdysone agonists using cultured intact insect cells. 査読有り

    Minakuchi, C., Nakagawa, Y., and Miyagawa, H.

    J. Pestic. Sci.   28 巻   頁: 55-57   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. *Binding affinity of nonsteroidal ecdysone agonists against the ecdysone receptor complex determines the strength of their molting hormonal activity. 査読有り

    Minakuchi, C., Nakagawa, Y., Kamimura, M., and Miyagawa, H.

    Eur. J. Biochem.   270 巻   頁: 4095-4104   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Preparation of functional ecdysteroid receptor proteins (EcR and USP) using a wheat germ cell-free protein synthesis system. 査読有り

    Minakuchi, C., Nakagawa, Y., Soya, Y., and Miyagawa, H.

    J. Pestic. Sci.   29 巻   頁: 189-194   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Measurement of receptor-binding activity of non-steroidal ecdysone agonists using in vitro expressed receptor proteins (EcR/USP complex) of Chilo suppressalis and Drosophila melanogaster. 査読有り

    Minakuchi, C., Nakagawa, Y., Kamimura, M., and Miyagawa, H.

    ACS Symposium Series. New Discoveries in Agrochemicals (J. M. Clark and H. Ohkawa, Eds.)   892 巻   頁: 191-200   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  10. Classical and three-dimensional QSAR for the inhibition of [3H]ponasterone A binding by diacylhydrazine-type ecdysone agonists to insect Sf-9 cells. 査読有り

    Nakagawa, Y., Takahashi, K., Kishikawa, H., Ogura, T., Minakuchi, C., Miyagawa, H.

    Bioorg. Med. Chem.   13 巻   頁: 1333-1340   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Molecular cloning, expression analysis and functional confirmation of ecdysone receptor and ultraspiracle from the Colorado potato beetle Leptinotarsa decemlineata. 査読有り

    Ogura, T., Minakuchi, C., Nakagawa, Y., Smagghe, G., Miyagawa, H.

    FEBS J.   272 巻   頁: 4114-4128   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. QSAR for binding affinity of substituted dibenzoylhydrazines to intact Sf-9 cells. 査読有り

    Ogura, T., Nakagawa, Y., Minakuchi, C., Miyagawa, H.

    J. Pestic. Sci.   30 巻   頁: 1-6   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Insect juvenile hormone action as a potential target of pest management.

    Minakuchi, C., and Riddiford, L. M.

    J. Pestic. Sci.   31 巻   頁: 77-84   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  14. Estimation of the hydrophobicity of 2,4-diphenyl-1,3-oxazoline analogs and QSAR analysis of their ovicidal activity against Tetranycus urticae. 査読有り

    Minakuchi, C., Suzuki, J., Toda, K., Akamatsu, M., and Nakagawa, Y.

    Bioorg. Med. Chem. Lett.   16 巻   頁: 4080-4084   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Effects of the structures of ecdysone receptor (EcR) and ultraspiracle (USP) on the ligand-binding activity of the EcR/USP heterodimer. 査読有り

    Minakuchi, C., Ogura, T., Miyagawa, H., and Nakagawa, Y.

    J. Pestic. Sci.   32 巻   頁: 379-84   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. *Krüppel homolog 1 (Kr-h1) mediates juvenile hormone action during metamorphosis of Drosophila melanogaster. 査読有り

    Minakuchi, C., Zhou, X., and Riddiford, L. M.

    Mech. Dev.   125 巻   頁: 91-105   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. *RNAi-mediated knockdown of juvenile hormone acid O-methyltransferase gene causes precocious metamorphosis in the red flour beetle, Tribolium castaneum. 査読有り

    Minakuchi, C., Namiki, T., Yoshiyama, M., and Shinoda, T.

    FEBS J.   275 巻   頁: 2919-2931   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. *Krüppel homolog 1, an early juvenile hormone-response gene downstream of Methoprene-tolerant, mediates its anti-metamorphic action in the red flour beetle Tribolium castaneum 査読有り

    Minakuchi, C., Namiki, T., Shinoda, T.

    Dev. Biol.   325 巻   頁: 341-350   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. 昆虫の幼若ホルモンのシグナル伝達におけるKrüppel homolog 1 (Kr-h1) 遺伝子の機能

    水口智江可、篠田徹郎

    比較内分泌   36 巻   頁: 53-60   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  20. Molecular characterization of a gene encoding juvenile hormone esterase in the red flour beetle, Tribolium castaneum. 査読有り

    Tsubota, T., Minakuchi, C., Nakakura, T., Shinoda, T., and Shiotsuki, T.

    Insect Mol. Biol.   19 巻   頁: 527-535   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. アザミウマの特殊な変態様式に関する研究

    水口智江可

    蚕糸・昆虫バイオテック   80 巻 ( 2 ) 頁: 107-109   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  22. Developmental profile and hormonal regulation of the transcription factors broad and Krüppel homolog 1 in hemimetabolous thrips. 査読有り

    Minakuchi, C., Tanaka, M., Miura, K. and Tanaka, T.

    Insect Biochem. Mol. Biol.   41 巻 ( 2 ) 頁: 125-134   2011年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Frequencies of the M918I mutation in the sodium channel of the diamondback moth in China, Thailand and Japan and its association with pyrethroid resistance. 査読有り

    Sonoda S, Shi X, Song D, Zhang Y, Li J, Wu G, Liu Y, Li M, Liang P, Wari D, Matsumura M, Minakuchi C, Tanaka T, Miyata T and Gao X

      102 巻   頁: 142-145   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Antimicrobial peptide gene induction, involvement of Toll and Imd pathways and defense against bacteria in the red flour beetle, Triboium castaneum. 査読有り

    Yokoi K, Koyama H, Minakuchi C, Tanaka T, and Miura K

    Results in Immunology   2 巻   頁: 72-82   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Involvement of NF-kappaB transcription factors in antimicrobial peptide gene induction in the red flour beetle, Tribolium castaneum. 査読有り

    Yokoi K, Koyama H, Ito W, Minakuchi C, Tanaka T, and Miura K

    Dev Comp Immunol   38 巻   頁: 342-351   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Transcriptional regulation of juvenile hormone-mediated induction of Kruppel homolog 1, a repressor of insect metamorphosis. 査読有り

    Kayukawa T, Minakuchi C, Namiki T, Togawa T, Yoshiyama M, Kamimura M, Mita K, Imanishi S, Kiuchi M, Ishikawa Y, and Shinoda T

    Proc Natl Acad Sci U S A   109 巻   頁: 11729-11734   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Neonicotinoid resistance and cDNA sequences of nicotinic acetylcholine receptor subunits of the western flower thrips Frankliniella occidentalis (Thysanoptera: Thripidae) 査読有り

    Minakuchi C, Inano Y, Shi X, Song D, Zhang Y, Miura K, Miyata T, Gao X, Tanaka T, Sonoda S

    Appl Entomol Zool   48 巻   頁: 507-513   2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. cDNA cloning of ecdysone receptor (EcR) and ultraspiracle (USP) from Harmonia axyridis and Epilachna vigintioctopunctata and the evaluation of the binding affinity of ecdysone agonists to the in vitro translated EcR/USP heterodimers 査読有り

    Morishita C#, Minakuchi C#, Yokoi T, Takimoto S, Hosoda A, Akamatsu M, Tamura H and Nakagawa Y (# equal contribution)

    J Pestic Sci   39 巻 ( 2 ) 頁: 76-84   2014年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1584/jpestics.D13-074

  29. Duplication of acetylcholinesterase gene in diamondback moth strains with different sensitivities to acephate 査読有り

    Sonoda S, Shi X, Song D, Liang P, Gao X, Zhang Y, Li J, Liu Y, Li M, Matsumura M, Sanada-Morimura S, Minakuchi C, Tanaka T and Miyata T

    Insect Biochem Mol Biol   48 巻   頁: 83-90   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Role of scalloped in the post-embryonic development of the red flour beetle Tribolium castaneum (Coleoptera: Tenebrionidae).

    Minakuchi C, Ohde T, Miura K, Tanaka T, Niimi T

    Appl Ent Zool   50 巻   頁: 17-26   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Expressional and functional analysis of CYP15A1, a juvenile hormone epoxidase, in the red flour beetle Tribolium castaneum.

    Minakuchi C, Ishii F, Washidu Y, Ichikawa A, Tanaka T, Miura K, Shinoda T

    J Insect Physiol   80 巻   頁: 61-70   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Insecticidal activity and up-regulation of juvenile hormone response genes by juvenile hormone agonists in the western flower thrips, Frankliniella occidentalis.

    Suzuki Y, Furuta K, Maeda K, Yokoi K, Miura K, Tanaka T, Minakuchi C

    J Pestic Sci   40 巻   頁: 92-98   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Peptidoglycan recognition protein genes and their roles in the innate immune pathways of the red flour beetle, Tribolium castaneum.

    Koyama H, Kato D, Minakuchi C, Tanaka T, Yokoi K, Miura K

    J Invertebr Pathol   132 巻   頁: 86-100   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Prophenoloxidase genes and antimicrobial host defense of the model beetle, Tribolium castaneum 査読有り

    Yokoi K, Hayakawa Y, Kato D, Minakuchi C, Tanaka T, Ochiai M, Kamiya K, Miura K

    Journal of Invertebrate Pathology   132 巻   頁: 190-200   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Differential Juvenile Hormone Variations in Scale Insect Extreme Sexual Dimorphism 査読有り

    Vea IM, Tanaka S, Shiotsuki T, Jouraku A, Tanaka T, Minakuchi C

    PLoS One   11 巻 ( 2 )   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI:10.1371/journal.pone.0149459

  36. 特集「幼若ホルモン (JH) 研究の最新トピックス」にあたって

    水口智江可

    蚕糸・昆虫バイオテック   85 巻 ( 3 ) 頁: 85-86   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  37. Chitin synthase 1 gene is crucial to antifungal host defense of the model beetle, Tribolium castaneum 査読有り

    Hayakawa Y, Kato D, Kamiya K, Minakuchi C, Miura K

    Journal of Invertebrate Pathology   143 巻   頁: 26-34   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Soldiers are differentiated from male larval stages in incipient colonies of Nasutitermes takasagoensis (Isoptera: Termitidae)

    Toga Kouhei, Minakuchi Chieka, Maekawa Kiyoto

    APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY   52 巻 ( 2 ) 頁: 329-335   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13355-017-0485-0

    Web of Science

  39. The major constituents of the venom gland of a braconid endoparasitoid, Meteorus pulchricornis (Hymenoptera: Braconidae)

    Yokoi Kakeru, Sano Takeshi, Suzuki Masahiro, Tanaka Toshiharu, Minakuchi Chieka, Miura Ken

    APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY   52 巻 ( 2 ) 頁: 271-285   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13355-016-0476-6

    Web of Science

  40. Benzoylurea resistance in western flower thrips Frankliniella occidentalis (Thysanoptera: Thripidae): the presence of a point mutation in chitin synthase 1

    Suzuki Youhei, Shiotsuki Takahiro, Jouraku Akiya, Miura Ken, Minakuchi Chieka

    JOURNAL OF PESTICIDE SCIENCE   42 巻 ( 3-4 ) 頁: 93-96   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1584/jpestics.D17-023

    Web of Science

  41. Involvement of laccase2 and yellow-e genes in antifungal host defense of the model beetle, Tribolium castaneum

    Hayakawa Yuuki, Sawada Mitsuki, Seki Masaki, Sirasoonthorn Patchara, Shiga Shotaro, Kamiya Katsumi, Minakuchi Chieka, Miura Ken

    JOURNAL OF INVERTEBRATE PATHOLOGY   151 巻   頁: 41-49   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jip.2017.10.010

    Web of Science

    PubMed

  42. E93 expression and links to the juvenile hormone in hemipteran mealybugs with insights on female neoteny.

    Vea IM, Tanaka S, Tsuji T, Shiotsuki T, Jouraku A, Minakuchi C

    Insect biochemistry and molecular biology   104 巻   頁: 65-72   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ibmb.2018.11.008

    PubMed

  43. Sex-specific expression profiles of ecdysteroid biosynthesis and ecdysone response genes in extreme sexual dimorphism of the mealybug Planococcus kraunhiae (Kuwana)

    Muramatsu Miyuki, Tsuji Tomohiro, Tanaka Sayumi, Shiotsuki Takahiro, Jouraku Akiya, Miura Ken, Vea Isabelle Mifom, Minakuchi Chieka

    PLOS ONE   15 巻 ( 4 ) 頁: e0231451   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0231451

    Web of Science

    PubMed

  44. Methoprene-tolerant is essential for embryonic development of the red flour beetle Tribolium castaneum

    Naruse Shouya, Washidu Yumiko, Miura Ken, Shinoda Tetsuro, Minakuchi Chieka

    JOURNAL OF INSECT PHYSIOLOGY   121 巻   頁: 104017   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jinsphys.2020.104017

    Web of Science

    PubMed

  45. Atypical insects: molecular mechanisms of unusual life history strategies

    Vea Isabelle M., Minakuchi Chieka

    CURRENT OPINION IN INSECT SCIENCE   43 巻   頁: 46 - 53   2021年2月

     詳細を見る

  46. Involvement of the transcription factor E75 in adult cuticular formation in the red flour beetle Tribolium castaneum

    Sapin Gelyn D., Tomoda Kai, Tanaka Sayumi, Shinoda Tetsuro, Miura Ken, Minakuchi Chieka

    INSECT BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY   126 巻   頁: 103450   2020年11月

     詳細を見る

  47. Ovicidal activity of juvenile hormone mimics in the bean bug, Riptortus pedestris 査読有り

    Naruse Shouya, Ogino Mayuko, Nakagawa Takao, Yasuno Yoko, Jouraku Akiya, Shiotsuki Takahiro, Shinada Tetsuro, Miura Ken, Minakuchi Chieka

    JOURNAL OF PESTICIDE SCIENCE   46 巻 ( 1-2 ) 頁: 60 - 67   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1584/jpestics.D20-075

    Web of Science

    PubMed

  48. Characterization of E93 in neometabolous thrips Frankliniella occidentalis and Haplothrips brevitubus

    Suzuki Youhei, Shiotsuki Takahiro, Jouraku Akiya, Miura Ken, Minakuchi Chieka

    PLOS ONE   16 巻 ( 7 ) 頁: e0254963   2021年7月

     詳細を見る

  49. Cuticular protein genes are involved with insecticide resistance mechanism in red flour beetles, Tribolium castaneum (Coleoptera: Tenebrionidae) 査読有り

    Ongsirimongkol Paratthakorn, Sirasoonthorn Patchara, Kamiya Katsumi, Minakuchi Chieka, Miura Ken

    APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY   58 巻 ( 4 ) 頁: 357 - 368   2023年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13355-023-00841-w

    Web of Science

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 「次世代の農薬開発 -ニューナノテクノロジーによる探索と創製-」第II編-1 害虫防除剤1.3章 成育制御剤

    中川好秋、水口智江可( 担当: 共著)

    ソフトサイエンス社  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

MISC 2

  1. 書評・新刊紹介 新版 農薬の科学 招待有り

    水口智江可  

    日本応用動物昆虫学会誌64 巻   頁: 50 - 51   2020年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

  2. 不完全変態昆虫の性決定 招待有り

    水口智江可  

    昆虫と自然54 巻   頁: 8 - 10   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

講演・口頭発表等 34

  1. Effects of chitin synthesis inhibitors on chitin synthesis in epidermis and midgut epithelial cells in the tobacco cutworm, Spodoptera litura.

    Sokheang UM, Toshiharu TANAKA and Chieka MINAKUCHI

    2023年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  2. Cuticular protein genes are involved with the insecticide resistance mechanisms in red flour beetles, Tribolium castaneum

    Paratthakorn ONGSIRIMONGKOL, Ken MIURA, Chieka MINAKUCHI

    2023年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  3. トビイロウンカにおける発育時期特異的なクチクラタンパク質遺伝子の発現制御機構

    第66回日本応用動物昆虫学会大会  2022年3月  日本応用動物昆虫学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  4. フジコナカイガラムシ雌の性成熟における幼若ホルモンの作用

    多田正信、三浦健、水口智江可

    第11回東海昆虫研究会  2022年3月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  5. Effects of benzoylureas on chitin synthesis in epidermis and peritrophic matrix in a lepidopteran species, Spodoptera litura.

    Sokheang Um, Ken Miura, Chieka Minakuchi

    2022年3月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  6. Expression profile of E75 common, its isoforms, and tyrosine hydroxylase during caste development of the damp wood termites, Zootermopsis nevadensis (Hagen) (Blattodea: Termopsidae)

    Gelyn D. Sapin, Yudai Masuoka, Chieka Minakuchi

    52nd pest management council of the Philippines annual meeting  2021年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  7. Hormonal regulation of the transcription of an adult cuticular protein CPR27 in the red flour beetle, Tribolium castaneum 国際会議

    Gelyn D. Sapin, Hidetake Miyamoto, Ken Miura, Chieka Minakuchi

    International Insect Hormone Workshop 2021  2021年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  8. 性的二型を示すオオシママドボタルの発育とdoublesex遺伝子のcDNA単離

    小塚光平、桒原武志、三浦健、水口智江可

    第9回東海昆虫研究会  2021年3月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  9. ホソヘリカメムシにおける幼若ホルモン様活性物質の変態抑制活性

    中川貴雄、成瀬祥矢、三浦健、水口智江可

    第65回日本応用動物昆虫学会大会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  10. Expression analysis of cuticular protein genes in the brown planthopper, Nilaparvata lugens

    Soten CHEA, Ken MIURA, Chieka MINAKUCHI

    2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  11. コクヌストモドキの成虫表皮クチクラ形成における内分泌制御機構

    宮本秀勇、Gelyn SAPIN、三浦健、水口智江可

    第65回日本応用動物昆虫学会大会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  12. アザミウマとカイガラムシにおける脱皮変態の内分泌制御 招待有り

    水口智江可

    日本蚕糸学会中部支部第76回・東海支部第72回研究発表会  2021年1月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  13. アザミウマの脱皮・変態とその内分泌制御機構 招待有り

    水口智江可

    第4回アザミウマ研究会  2020年12月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン開催  

  14. アザミウマおよびカイガラムシにおける脱皮変態の内分泌制御機構 招待有り

    水口智江可

    第8回東海昆虫研究会  2020年11月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  15. ホソヘリカメムシに対する幼若ホルモン (JH) およびJH様活性物質 (JHM) の殺卵活性評価

    成瀬祥矢、荻野眞由子、中川貴雄、品田哲郎、三浦健、水口智江可

    日本農薬学会第45回大会  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  16. アザミウマの変態の内分泌制御機構

    水口智江可

    第64回日本応用動物昆虫学会大会  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  17. Effects of exogenous juvenile hormone mimics in adult cuticle formation of the red flour beetle, Tribolium castaneum 国際会議

    Gelyn Sapin, Kai Tomoda, Sayumi Tanaka, Tetsuro Shinoda, Ken Miura and Chieka Minakuchi

    4th International Insect Hormone Workshop  2019年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月 - 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  18. Elucidate the Roles of E75 during Pupal-Adult Metamorphosis of Red Flour Beetle, Tribolium castaneum

    Gelyn Sapin, Kai Tomoda, Ken Miura, Chieka Minakuchi

    2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  19. ホソヘリカメムシにおける幼若ホルモン様活性物質の殺卵活性

    成瀬祥矢・塩月孝博・上樂明也・三浦健・水口智江可

    第63回日本応用動物昆虫学会大会  2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:筑波大学  

  20. 性的二型を示すフジコナカイガラムシにおける脱皮ホルモン生合成酵素遺伝子の発現解析

    村松美幸・Isabelle Vea・田中彩友美・辻知広・三浦健・水口智江可

    第63回日本応用動物昆虫学会大会  2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  21. 害虫防除への応用を目指した、昆虫ホルモン作用の基礎研究 招待有り

    水口智江可

    2018「第43回日本比較内分泌学会大会およびシンポジウム 仙台大会  2018年11月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  22. ホソヘリカメムシの産卵と胚発生における幼若ホルモン受容体の機能解析

    成瀬祥矢、三浦健、水口智江可

    第62回日本応用動物昆虫学会大会  2018年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:鹿児島大学  

  23. Hormonal regulation of metamorphosis in hemimetabolous thrips and scale insects 国際会議

    Isabelle Vea, Sayumi Tanaka, Tomohiro Tsuji, Youhei Suzuki, Takahiro Shiotsuki, Akiya Jouraku, Ken Miura and Chieka Minakuchi

    The 3rd International Insect Hormone Workshop 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  24. Expression and functional analysis of CYP15A1, a juvenile hormone epoxidase, in the red flour beetle Tribolium castaneum 国際会議

    Minakuchi C, Ishii F, Washidu Y, Tanaka T, Miura K and Shinoda T

    10th International Conference on Juvenile Hormone 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  25. Functional analyses of JH biosynthetic enzymes of the red flour beetle Tribolium castaneum. 国際会議

    Ninth International Conference on Juvenile Hormones 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  26. Binding activity of ecdysone agonists against expressed ecdysone receptor proteins (EcR/USP) of Chilo suppressalis. 国際会議

    Third Pan Pacific Conference on Pesticide Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  27. Molecular cloning, expression analysis and functional confirmation of ecdysone receptor (EcR) and ultraspiracle (USP) from the rice stem borer, Chilo suppressalis. 国際会議

    XV International Ecdysone Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  28. 性的二型を示すオオシママドボタルの発育とdoublesex遺伝子のcDNA単離

    小塚光平、桒原武志、三浦健、水口智江可

    第9回東海昆虫研究会  2021年3月6日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  29. Expression analysis of cuticular protein genes in the brown planthopper, Nilaparvata lugens

    Soten CHEA, Ken MIURA, Chieka MINAKUCHI

    2021年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  30. コクヌストモドキの成虫表皮クチクラ形成における内分泌制御機構

    宮本秀勇、Gelyn Sapin, 三浦健、水口智江可

    第65回日本応用動物昆虫学会大会  2021年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  31. ホソヘリカメムシにおける幼若ホルモン様活性物質の変態抑制活性

    中川貴雄、成瀬祥矢、三浦健、水口智江可

    第65回日本応用動物昆虫学会大会  2021年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  32. アザミウマとカイガラムシにおける脱皮変態の内分泌制御 招待有り

    水口智江可

    日本蚕糸学会中部支部第76回・東海支部第72回研究発表会  2021年1月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  33. アザミウマの脱皮・変態とその内分泌制御機構

    水口智江可

    第4回アザミウマ研究会  2020年12月5日 

  34. アザミウマおよびカイガラムシにおける脱皮変態の内分泌制御機構

    水口智江可

    第8回東海昆虫研究会  2020年11月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 農業害虫アザミウマの脱皮変態を特異的に阻害する新規殺虫剤の開発

    2012年11月 - 2013年10月

    科学技術振興機構研究成果最適展開支援プログラムA-STEP 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 7

  1. 農業害虫アザミウマの脱皮・変態の分子機構解明および創農薬への応用

    2008年9月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  若手研究(スタートアップ)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. アザミウマにおける脱皮・変態のホルモンによる制御機構解明

    2009年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  若手研究B・21780046

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 日中における重要害虫の殺虫剤抵抗性の解析

    2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  JSPS二国間交流事業・共同研究(中国)

    園田昌司

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  4. 昆虫の胚発生における幼若ホルモンの機能およびシグナル伝達経路の解明

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. カイガラムシの性的二型の分子基盤:性決定機構と幼若ホルモンの役割

    研究課題/研究課題番号:15K07791  2015年4月 - 2019年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    水口 智江可, 小野 肇, 宮下 正弘, 新美 輝幸, 篠田 徹郎, 塩月 孝博

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    カイガラムシのオスは翅を持つ成虫へ変態するが、メスは幼形成熟を遂げる。本研究はカイガラムシの性決定・性分化メカニズムを解明すると共に、性特異的形質の発達におけるホルモンの役割を調べることを目的とした。その結果、他種昆虫で成虫形態形成への関与が知られる転写因子E93が、カイガラムシではオス特異的に発現することを見出した。このE93の転写調節領域の塩基配列を解読したところ、JH初期応答遺伝子Kruppel homolog 1の結合配列および性決定因子doublesex結合配列が確認された。従って、内分泌シグナリングと性決定・性分化グナリングの間にクロストークの存在することが強く示唆された。
    昆虫の性特異的形質の発達におけるホルモンの役割に関しては、昆虫全般を見渡してもほとんど研究例がなく、本研究は強いインパクトを与える先駆的なものである。また本研究の成果は、カイガラムシの特殊な変態がどのように進化したかという謎の解明につながるものであり、生物学における学術的な意義が極めて大きい。さらに、本研究で得られた知見を利用すれば、世界的な農業害虫であるカイガラムシ類のホルモン作用をかく乱することで致死効果をもたらすような新規殺虫剤の開発が可能になると考えられ、将来的には植物保護に大きく貢献すると期待できる。

  6. カイガラムシの性分化メカニズム解明とそれを標的とする害虫防除剤開発への応用

    研究課題/研究課題番号:19H02969  2019年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    水口 智江可, 新美 輝幸, 粥川 琢巳

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17290000円 ( 直接経費:13300000円 、 間接経費:3990000円 )

    農業害虫として知られるカイガラムシは、雄は翅を持つ成虫へと変態する一方、雌は翅のない成虫へと幼形成熟を遂げる。研究代表者はこれまで、「内分泌カスケード」と「性決定・性分化カスケード」のシグナル伝達経路の解明に取り組み、性特異的形質の発現において両カスケード間にクロストークの存在することを見出した。本研究では、カイガラムシの性特異的形質の発現において「内分泌カスケード」と「性決定・性分化カスケード」の間に存在するクロストークの全容解明を目的とすると共に、こうしたカイガラムシ特有のカスケードを阻害・撹乱することによって致死効果をもたらすような、画期的な新規害虫防除剤の開発を目指す。
    カイガラムシは発育において顕著な性的二型を示す。本研究課題では、カイガラムシの性特異的形質の発現において「内分泌カスケード」と「性決定・性分化カスケード」の間に存在するクロストークの全容解明を目的とする。さらに、こうしたカイガラムシに特有のカスケードを阻害・撹乱することによって致死効果をもたらすような、画期的な新規害虫防除剤の開発を目指す。
    今までに我々は、他種昆虫で成虫形態形成に関わることが知られる転写因子E93が、カイガラムシにおいてはオス特異的に発現することを見出した。2019年度はミカンコナカイガラムシを対象として、E93の転写調節機構の解明を進めた。主要な研究成果は以下の通りである。
    【幼若ホルモン (JH) による転写因子E93の転写調節機構解明】約6.2 kbのE93プロモーター領域を含むレポーターベクターを作成し、JHの初期応答遺伝子であるKr-h1タンパク質発現ベクターと組み合わせてレポーターアッセイを実施した。段階的な削り込みにより、Kr-h1の結合する領域を約160 bpにまで絞り込んだ。
    【性決定因子Doublesex (Dsx) によるE93およびjhamtの発現制御機構解明】約6.2 kbのE93プロモーター領域に対して性決定因子Dsxのタンパク質発現ベクターを組み合わせてレポーターアッセイを実施したが、顕著なレポーター活性は見られなかった。JH生合成酵素の1つをコードするjhamtのプロモーター領域(約5.3 kb)についても、Dsxタンパク質発現ベクターを共存させたレポーターアッセイを実施したが、やはりレポーター活性は見られなかった。よって、今回検証したE93およびjhamtはDsxによって転写が制御されるターゲット遺伝子であると証明することはできなかった。
    2019年度の研究は、当初の計画と比較するとやや遅れていると判断している。その根拠および具体的な状況は以下の通りである。
    当初の計画では、2019年度にカイガラムシのゲノム解析を実施する予定であった。ゲノム解析のためのサンプル準備を進めていたが、専門家からの指摘によりサンプル準備方法を見直し、できるだけ遺伝的に均一な個体群を一から準備することとした。しかし2019年秋頃、累代飼育している個体群がなかなか増えず、ゲノム解析の実施時期に遅延が生じた。このため、ゲノム解析の実施を翌年度に延期することとした。
    このように、当初の計画の一つであったゲノム解析において遅れが生じているものの、他の項目(転写因子E93の発現制御機構解明)については順調に進んでいることから、全体としては「やや遅れている」と判断した。
    これまでの研究成果および進捗状況を踏まえ、次年度は以下のような推進方策を考えている。
    【フジコナカイガラムシのゲノム配列の解読】次世代シーケンサーを用いて、フジコナカイガラムシのゲノム配列解読を実施する。得られた配列データは、転写調節機構解明の各実験で用いる。
    【カイガラムシの培養細胞系の樹立】フジコナカイガラムシ組織から培養細胞系の樹立を試みる。樹立できれば、転写調節機構解明の各実験で用いる。
    【Dsxの下流ターゲットの網羅的探索】ChIP-seqにより、Dsxタンパク質が結合する可能性のあるゲノム領域を網羅的に同定する。
    【薬剤投与により内分泌カスケードを撹乱した場合の影響調査】我々はこれまでに、JH様活性を持つ薬剤(以下、JHミミックと省略)をメスに局所投与すると、明確な致死効果や外部形態異常は見られないものの、産卵数が減少するという予備的結果を得ている。そこでJHミミックを局所投与した場合の、性決定・性分化カスケード因子の遺伝子発現への影響、卵巣の発達状態、産卵数、およびふ化率について調査する。

  7. カイガラムシにおける卵黄タンパク質ビテロジェニンの新たな機能の解明

    研究課題/研究課題番号:23K05258  2023年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    水口 智江可

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    昆虫のビテロジェニン(Vg)は卵黄タンパク質前駆体であり、脂肪体で合成され、翻訳後修飾を受けた後に卵巣へ取り込まれる。幅広い昆虫種でVgは雌特異的な卵黄タンパク質前駆体として機能すると予想されてきたが、最近セジロウンカにおいて、ウイルスの伝播や植物の免疫応答抑制にも関わることが報告された。本研究ではカイガラムシにおいて、Vgタンパク質の翻訳後修飾、体内での局在、および植物の免疫応答への影響を調査し、Vgタンパク質の機能解明を目指す。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 27

  1. Agricultural Sciences

    2022

  2. 生命農学序説

    2022

  3. 資源生物科学基盤実験実習

    2022

  4. 資源生物科学実験実習1, 2

    2022

  5. 植物保護学

    2022

  6. 昆虫科学2

    2022

  7. 昆虫科学1

    2022

  8. 資源生物科学実験実習

    2021

  9. 資源生物科学基盤実験実習

    2021

  10. 生命農学序説

    2021

  11. 食と農の科学

    2020

  12. 昆虫科学2

    2020

  13. 有機化学2

    2020

  14. 昆虫科学1

    2020

  15. Agricultural Sciences

    2020

  16. 資源生物科学実験実習

    2020

  17. 資源生物科学基盤実験実習

    2020

  18. 応用昆虫学特論

    2020

  19. 農学セミナー1

    2020

  20. 生命農学本論

    2020

  21. 食と農の科学

    2017

  22. 昆虫生産科学

    2017

  23. 昆虫生理生化学

    2017

  24. 昆虫科学

    2017

  25. 昆虫生理生化学

    2016

  26. 昆虫科学

    2016

  27. 情報リテラシー入門

    2016

▼全件表示

 

社会貢献活動 1

  1. 昭和金曜科学夜話(名古屋市昭和区生涯学習センター主催)

    2012年11月

     詳細を見る

    「昆虫の生存戦略 脱皮・変態とホルモン」のテーマで講演