2021/04/02 更新

写真a

タケモト ダイゴ
竹本 大吾
TAKEMOTO, Daigo
所属
大学院生命農学研究科 植物生産科学専攻 植物生産科学 准教授
職名
准教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 博士 ( 2000年3月   名古屋大学 ) 

研究分野 3

  1. 環境・農学 / 植物保護科学  / 植物病理学

  2. ライフサイエンス / 植物分子、生理科学

  3. ライフサイエンス / 分子生物学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. ナス科植物のジャガイモ疫病菌に対する抵抗性機構に関する研究

  2. 共生糸状菌の共生確立機構に関する研究

  3. 植物病原菌の病原性に関する研究

経歴 2

  1. 准教授

    2011年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 助教

    2007年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 名古屋大学   生命農学研究科   生物機構・機能科学専攻

    1997年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   農学研究科

    1995年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   農学部   農学科

    1991年4月 - 1995年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本植物病理学会

  2. 糸状菌分子生物学研究会

  3. 日本植物生理学会

委員歴 3

  1. 日本植物病理学会報   原著編集委員  

    2020年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. Associate editor  

    2020年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 日本植物病理学会 編集委員会   編集幹事長  

    2016年1月 - 2017年12月   

 

論文 65

  1. A nuclear protein NsiA from Epichloe festucae interacts with a MAP kinase MpkB and regulates the expression of genes required for symbiotic infection and hyphal cell fusion

    Tanaka Aiko, Kamiya Shota, Ozaki Yoshino, Kameoka Shinichi, Kayano Yuka, Sanjay Saikia, Akano Fumitake, Uemura Aiko, Takagi Hiroki, Terauchi Ryohei, Maruyama Jun-ichi, Hammadeh Hamzeh Haj, Fleissner Andre, Scott Barry, Takemoto Daigo

    MOLECULAR MICROBIOLOGY   114 巻 ( 4 ) 頁: 626 - 640   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

    DOI: 10.1111/mmi.14568

    Web of Science

    PubMed

  2. Detoxification of the solanaceous phytoalexins rishitin, lubimin, oxylubimin and solavetivone via a cytochrome P450 oxygenase

    Camagna Maurizio, Ojika Makoto, Takemoto Daigo

    PLANT SIGNALING & BEHAVIOR   15 巻 ( 2 ) 頁: 1707348   2020年2月

     詳細を見る

  3. Two closely related Rho GTPases, Cdc42 and RacA, of the en-dophytic fungus Epichloe festucae have contrasting roles for ROS production and symbiotic infection synchronized with the host plant

    Kayano Yuka, Tanaka Aiko, Takemoto Daigo

    PLOS PATHOGENS   14 巻 ( 1 ) 頁: e1006840   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.ppat.1006840

    Web of Science

    PubMed

  4. The full-size ABCG transporters Nb-ABCG1 and Nb-ABCG2 Function in Pre- and post-invasion defense against Phytophthora infestans in Nicotiana benthamiana. 査読有り

    Shibata Y., Ojika M., Sugiyama A., Yazaki K., Jones D.A., Kawakita K. and Takemoto D.

    Plant Cell   28 巻   頁: 1163-1181   2016年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. VibA, a homologue of a transcription factor for fungal heterokaryon incompatibility, is involved in the antifungal compound production in the plant symbiotic fungus Epichloë festucae. 査読有り

    Niones J.T. and Takemoto D.

    Eukaryot. Cell   14 巻 ( 1 ) 頁: 13-24   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Polarity proteins Bem1 and Cdc24 are components of the filamentous fungal NADPH oxidase complex. 査読有り

    Takemoto D., Kamakura S., Saikia S., Becker Y., Wrenn R., Tanaka A., Sumimoto H. and Scott B.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA.   108 巻   頁: 2861-2866   2011年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. A p67Phox-like regulator recruited to control hyphal branching in a fungal-plant mutualistic symbiosis. 査読有り

      18 巻 ( 10 ) 頁: 2807-2821   2006年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Geographic Distribution, Genetic Variability and Biological Properties of Rice Orange Leaf Phytoplasma in Southeast Asia.

    Ong S, Jonson GB, Calassanzio M, Rin S, Chou C, Oi T, Sato I, Takemoto D, Tanaka T, Choi IR, Nign C, Chiba S

      10 巻 ( 2 )   2021年2月

     詳細を見る

  9. Novel Fus3-and Ste12-interacting protein FsiA activates cell fusion-related genes in both Ste12-dependent and -independent manners in Ascomycete filamentous fungi

    Katayama Takuya, Bayram Ozgur, Mo Taoning, Karahoda Betim, Valerius Oliver, Takemoto Daigo, Braus Gerhard H., Kitamoto Katsuhiko, Maruyama Jun-ichi

    MOLECULAR MICROBIOLOGY     2020年11月

  10. Expression profiles of genes for enzymes involved in capsidiol production inNicotiana benthamiana

    Rin Soriya, Imano Sayaka, Camagna Maurizio, Suzuki Takamasa, Tanaka Aiko, Sato Ikuo, Chiba Sotaro, Kawakita Kazuhito, Takemoto Daigo

    JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY   86 巻 ( 5 ) 頁: 340 - 349   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

    DOI: 10.1007/s10327-020-00931-5

    Web of Science

  11. In Vitro Assessment of Biocontrol Effects on Fusarium Head Blight and Deoxynivalenol (DON) Accumulation by DON-Degrading Bacteria

    Morimura Hiroyuki, Ito Michihiro, Yoshida Shigenobu, Koitabashi Motoo, Tsushima Seiya, Camagna Maurizio, Chiba Sotaro, Takemoto Daigo, Kawakita Kazuhito, Sato Ikuo

    TOXINS   12 巻 ( 6 )   2020年6月

  12. Comprehensive analysis of the mechanisms underlying enhanced growth and root N acquisition in rice by the endophytic diazotroph, Burkholderia vietnamiensis RS1

    Shinjo Rina, Tanaka Aiko, Sugiura Daisuke, Suzuki Takamasa, Uesaka Kazuma, Takebayashi Yumiko, Kojima Mikiko, Sakakibara Hitoshi, Takemoto Daigo, Kondo Motohiko

    PLANT AND SOIL   450 巻 ( 1-2 ) 頁: 537 - 555   2020年5月

  13. Role of Two Sets of RND-Type Multidrug Efflux Pump Transporter Genes, mexAB-oprM and mexEF-oprN, in Virulence of Pseudomonas syringae pv. tabaci 6605

    Ichinose Yuki, Nishimura Takafumi, Harada Minori, Kashiwagi Ryota, Yamamoto Mikihiro, Noutoshi Yoshiteru, Toyoda Kazuhiro, Taguchi Fumiko, Takemoto Daigo, Matsui Hidenori

    PLANT PATHOLOGY JOURNAL   36 巻 ( 2 ) 頁: 148 - 156   2020年4月

  14. Identification of epsilon-Poly-L-lysine as an Antimicrobial Product from an Epichloe Endophyte and Isolation of Fungal epsilon-PL Synthetase Gene

    Purev Enkhee, Kondo Tatsuhiko, Takemoto Daigo, Niones Jennifer T., Ojika Makoto

    MOLECULES   25 巻 ( 5 )   2020年3月

  15. Transcriptional induction of capsidiol synthesis genes by wounding can promote pathogen signal-induced capsidiol synthesis

    Kojima Tomoya, Asakura Nobuhide, Hasegawa Shiori, Hirasawa Taishi, Mizuno Yuri, Takemoto Daigo, Katou Shinpei

    BMC PLANT BIOLOGY   19 巻 ( 1 ) 頁: 576   2019年12月

  16. Accumulation of agrocinopine-like substrate in Ipomoea batatas

    Tanaka A., Takemoto D., Suzuki T., Uesaka K., Yamaguchi N., Otani M., Nakayachi O., Tanaka N.

    MOLECULAR PLANT-MICROBE INTERACTIONS   32 巻 ( 10 ) 頁: 55 - 56   2019年10月

     詳細を見る

  17. Three novel deoxynivalenol-degrading bacteria isolated from Poaceae planted soils in Japan.

    Morimura H., Chiba S., Takemoto D., Kawakita K., Sato I.

    MOLECULAR PLANT-MICROBE INTERACTIONS   32 巻 ( 10 ) 頁: 25 - 25   2019年10月

     詳細を見る

  18. Solanaceae-specific secretory peptide SAR8.2m is essential for non-host resistance of Nicotiana benthamiana to a variety of taxonomically distant Phytophthora species.

    Imano S., Kondou Y., Shibata Y., Kondo T., Tanaka A., Sato I., Chiba S., Kageyama K., Kawakita K., Takemoto D.

    MOLECULAR PLANT-MICROBE INTERACTIONS   32 巻 ( 10 ) 頁: 108 - 108   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

    Web of Science

  19. Physiological and molecular mechanisms of enhanced rice root development inoculated with Burkholderia vietnamiensis

    Shinjo R., Tanaka A., Suzuki T., Takemoto D., Kondo M.

    MOLECULAR PLANT-MICROBE INTERACTIONS   32 巻 ( 10 ) 頁: 192 - 192   2019年10月

     詳細を見る

  20. BcCPDH1 is involved in the detoxification of sesquiterpenoid phytoalexin capsidiol, and specifically required for the pathogenicity of Botrytis cinerea on Nicotiana species

    Kuroyanagi T., Ojika M., Suzuki T., Sato I., Chiba S., Kawakita K., Takemoto D.

    MOLECULAR PLANT-MICROBE INTERACTIONS   32 巻 ( 10 ) 頁: 40 - 40   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

    Web of Science

  21. Nicotiana benthamiana exportin 1 is required for elicitor-induced phytoalexin production, cell death induction, and resistance against potato late blight pathogen Phytophthora infestans

    Mizuno Yuri, Imano Sayaka, Camagna Maurizio, Suzuki Takamasa, Tanaka Aiko, Sato Ikuo, Chiba Sotaro, Kawakita Kazuhito, Takemoto Daigo

    JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY   85 巻 ( 5 ) 頁: 347 - 355   2019年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

    DOI: 10.1007/s10327-019-00855-9

    Web of Science

  22. Nicotiana benthamiana RanBP1-1 Is Involved in the Induction of Disease Resistance via Regulation of Nuclear-Cytoplasmic Transport of Small GTPase Ran.

    Mizuno Y, Ohtsu M, Shibata Y, Tanaka A, Camagna M, Ojika M, Mori H, Sato I, Chiba S, Kawakita K, Takemoto D

    Frontiers in plant science   10 巻   頁: 222   2019年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpls.2019.00222

    Web of Science

    PubMed

  23. Resistance to Phytophthora infestans: exploring genes required for disease resistance in Solanaceae plants

    Takemoto Daigo, Shibata Yusuke, Ojika Makoto, Mizuno Yuri, Imano Sayaka, Ohtsu Mina, Sato Ikuo, Chiba Sotaro, Kawakita Kazuhito, Rin Soriya, Camagna Maurizio

    JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY   84 巻 ( 5 ) 頁: 312-320   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10327-018-0801-8

    Web of Science

  24. Measuring Secretion of Capsidiol in Leaf Tissues of Nicotiana benthamiana

    Kuroyanagi Teruhiko, Camagna Maurizio, Takemoto Daigo

    BIO-PROTOCOL   8 巻 ( 15 )   2018年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21769/BioProtoc.2954

    Web of Science

  25. Hypersensitive Response in Plants 招待有り 査読有り

    Maurizio Camagna, Daigo Takemoto

    Encyclopedia of Life Sciences     頁: 1-7   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/9780470015902.a0020103.pub2

  26. SymB and SymC, two membrane associated proteins, are required for Epichloe festucae hyphal cell-cell fusion and maintenance of a mutualistic interaction with Lolium perenne

    Green Kimberly A., Becker Yvonne, Tanaka Aiko, Takemoto Daigo, Fitzsimons Helen L., Seiler Stephan, Lalucque Herve, Silar Philippe, Scott Barry

    MOLECULAR MICROBIOLOGY   103 巻 ( 4 ) 頁: 657-677   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/mmi.13580

    Web of Science

    PubMed

  27. EIN2-mediated signaling is involved in pre-invasion defense in Nicotiana benthamiana against potato late blight pathogen, Phytophthora infestans 査読有り

    Rin Soriya, Mizuno Yuri, Shibata Yusuke, Fushimi Mayuka, Katou Shinpei, Sato Ikuo, Chiba Sotaro, Kawakita Kazuhito, Takemoto Daigo

    PLANT SIGNALING & BEHAVIOR   12 巻 ( 4 ) 頁: e1300733   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15592324.2017.1300733

    Web of Science

    PubMed

  28. Methanol extract of mycelia from Phytophthora infestans-induced resistance in potato. 査読有り

    Monjil M.S., Nozawa T., Shibata Y., Takemoto D., Ojika M. and Kawakita K.

    C. R. Biol.   338 巻 ( 5 ) 頁: 185-196   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Nucleoporin 75 is involved in the ethylene-mediated production of phytoalexin for the resistance of Nicotiana benthamiana to Phytophthora infestans. 査読有り

    Ohtsu M., Shibata Y., Ojika M., Tamura K., Hara-Nishimura I., Mori H., Kawakita K. and Takemoto D.

    Mol. Plant-Microbe Interact.   27 巻 ( 12 ) 頁: 1318-1330   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Phytophthora infestans : ジャガイモ疫病菌研究ー過去と現在の概観 招待有り 査読有り

    秋野聖之、竹本大吾、保坂和良

    日本植物病理学会報   80 巻   頁: 8-15   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  31. The water extract of Saragassum fusiforme is a potential elicitor of induced resistance in Solanum lycopersicum but not in Nicotiana benthamiana. 査読有り

    Sbaihat L, Takemoto D. and Kawakita K.

    International Journal of Biosciences and Biotechnology   2 巻 ( 1 ) 頁: 11-19   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. An isolate of Epichloe festucae, an endophytic fungus of temperate grasses, has growth inhibitory activity against selected grass pathogens 査読有り

    Niones J.T., Takemoto D.

    J. Gen. Plant Pathol.   in press 巻   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: in press

  33. Phytophthora infestans: a review of past and current studies on potato late blight. 招待有り 査読有り

    Akino S., Takemoto D. and Hosaka K.

    J. Gen. Plant Pathol.   80 巻   頁: 24-37   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  34. Bis-aryl methanone compound is a candidate of nitric oxide producing elicitor and induces resistance in Nicotiana benthamiana against Phytophthora infestans. 査読有り

    Monjil M.S., Shibata Y., Takemoto D. and Kawakita K.

    Nitric Oxide   29: 巻   頁: 34-45   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Nicotiana benthamiana Calreticulin 3a is required for the ethylene-mediated production of phytoalexins and disease resistance against oomycete pathogen Phytophthora infestans. 査読有り

    Matsukawa M., Shibata Y., Ohtsu M., Mizutani A., Mori H., Wang P., Ojika M., Kawakita K. and Takemoto D.

    Mol. Plant-Microbe Interact.   26 巻   頁: 880-892   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Differential roles of NADPH oxidases and associated regulators in polarized growth, conidiation and hyphal fusion in the symbiotic fungus Epichloë festucae. 査読有り

    Kayano Y., Tanaka A., Akano F., Scott B. and Takemoto D.

    Fungal Genet. Biol.   56 巻   頁: 87-97   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. ProA, a transcriptional regulator of fungal fruiting body development, regulates leaf hyphal network development in the Epichloë festucae-Lolium perenne symbiosis.

    Tanaka A., Cartwright G.M., Saikia S., Kayano Y., Takemoto D., Kato M., Tsuge T. and Scott B.

    Mol Microbiol.   90 巻   頁: 551-568   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Proteomic analysis of S-nitrosylated proteins in potato plant.

    Kato H., Takemoto D. and Kawakita K.

    Physiol. Plant.   148 巻   頁: 371-386   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. N-terminal motifs in some plant disease resistance proteins function in membrane attachment and contribute to disease resistance.

    Takemoto D., Rafiqi M., Hurley U., Lawrence G.J., Bernoux M., Hardham A.R., Ellis J.G., Dodds P.N. and Jones D.A.

    Molecular Plant-Microbe Interactions   25 巻 ( 3 ) 頁: 379-392   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Functional analysis of an indole-diterpene gene cluster for lolitrem B biosynthesis in the grass endosymbiont Epichloë festucae. 査読有り

    Saikia S, Takemoto D, Tapper B.A., Lane G.A., Fraser K and Scott B.

    FEBS Lett.   586 巻   頁: 2563-2569.   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Rose phytoene desaturase gene silencing by apple latent spherical virus vectors. 査読有り

    Ito H., Ochiai M., Kato H., Shiratake K., Takemoto D., Otagaki S. and Matsumoto S.

    Hortscience   47 巻   頁: 1278-1282.   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. SGT1 and HSP90 are essential for age-related non-host resistance of Nicotiana benthamiana against the oomycete pathogen Phytophthora infestans 査読有り

    Shibata Y., Kawakita K. and Takemoto D.

    Physiological and Molecular Plant Pathology   75 巻   頁: 120-128   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. エンドファイトが産生する生理活性物質の生合成遺伝子とその発現調節 招待有り

    竹本大吾、田中愛子、Barry Scott

      61 巻 ( 1 ) 頁: 13-18   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  44. エンドファイトと植物の共生確立機構 招待有り

    田中愛子、竹本大吾、Barry Scott

    Mycotoxins   61 巻 ( 1 ) 頁: 19-23   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  45. Age-related resistance of Nicotiana benthamiana against hemibiotrophic pathogen Phytophthora infestans requires both ethylene- and salicylic acid-mediated signaling pathways. 査読有り

    Shibata Y., Kawakita K. and Takemoto D.

    Molecular Plant-Microbe Interactions   23 巻 ( 9 ) 頁: 1130-1142   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. N,N-dimethylsphingosine, an inhibitor of sphingosine kinase, induces phytoalexin production and hypersensitive cell death of Solanaceae plants without generation of reactive oxygen species. 査読有り

    Uruma S., Shibata Y., Takemoto D. and Kawakita K.

    Journal of General Plant Pathology   75 巻   頁: 257-266   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. NoxA activation by the small GTPase RacA is required to maintain a mutualistic association between Epichloë festucae and perennial ryegrass. 査読有り

      68 巻 ( 5 ) 頁: 1165-1178   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Rapid and dynamic subcellular reorganaization following mechanical stimulation of Arabidopsis epidermal cells mimics responsed to fungal and oomycete attack. 査読有り

    Hardham, A.R, Takemoto D. and White, R.G.

    BMC Plant Biology   8 巻   頁: 63   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. *NADPH oxidases in fungi: diverse roles of reactive oxygen species in fungal cellular differentiation. 招待有り 査読有り

    Takemoto D., Tanaka A. and Scott B.

    Fungal Genetics and Biology   44 巻 ( 11 ) 頁: 1065-1076   2007年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  50. Cytoskeleton and cell wall function in penetration resistance. 招待有り 査読有り

    Hardham A.R., Jones D.A. and Takemoto D.

    Current Opinion in Plant Biology   10 巻 ( 4 ) 頁: 342-348   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  51. Fungal endophyte production of reactive oxygen species is critical for maintaining the mutualistic symbiotic interaction between Epichloe¨ festucae and perennial ryegrass. 招待有り 査読有り

    Scott B., Takemoto D. and Tanaka A.

    Plant Signaling and Behavior   2 巻 ( 3 ) 頁: 171-173   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  52. Re-organization of the cytoskeleton and endoplasmic reticulum in the Arabidopsis pen1-1 mutant inoculated with the non-adapted powdery mildew pathogen, Blumeria graminis f. sp. hordei. 査読有り

    Takemoto D., Jones D.A. and Hardham A.R.

    Molecular Plant Pathology   7 巻 ( 6 ) 頁: 553-563   2006年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Reactive oxygen species play a role in regulating a fungus-perennial ryegrass mutualistic interaction. 査読有り

    Tanaka A., Christensen M., Takemoto D., Park P. and Scott B.

    Plant Cell   18 巻 ( 4 ) 頁: 1052-1066   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. *Membrane release and destabilization of Arabidopsis RIN4 following cleavage by Pseudomonas syringae AvrRpt2. 査読有り

    Takemoto D. and Jones D.A.

    Molecular Plant-Microbe Interactions   18 巻 ( 12 ) 頁: 1258-1268   2005年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. *Differences in cell death induction by Phytophthora elicitins are determined by signal components downstream of MAP kinase kinase in different species of Nicotiana and cultivars of Brassica rapa and Raphanus sativus. 査読有り

    Takemoto D., Hardham A.R. and Jones D.A.

    Plant Physiology   138 巻 ( 3 ) 頁: 1491-1504   2005年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. The cytoskeleton as a regulator and target of biotic interactions in plants. 招待有り 査読有り

    Takemoto D. and Hardham A.R.

    Plant Physiology   136 巻 ( 4 ) 頁: 3864-3876   2004年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  57. Plant innate immunity - direct and indirect recognition of general and specific pathogen-associated molecules. 招待有り 査読有り

    Jones D.A. and Takemoto D.

    Current Opinion in Immunology   16 巻 ( 1 ) 頁: 48-62   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  58. Disease stress-inducible genes of tobacco: expression profile of elicitor-responsive genes isolated by subtractive hybridization. 査読有り

    Takemoto D., Yoshioka H., Doke N. and Kawakita K.

    Physiologia Plantrum   118 巻 ( 4 ) 頁: 545-553   2003年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. *GFP-tagging of cell components reveals the dynamics of subcellular re-organization in response to infection of Arabidopsis by oomycete pathogen. 査読有り

    Takemoto D., Jones D.A. and Hardham A.R.

    Plant Journal   33 巻 ( 4 ) 頁: 775-792   2003年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Characterization of elicitor-inducible tobacco genes isolated by differential hybridization.

    Takemoto D., Doke N. and Kawakita K.

    Journal of General Plant Pathology   67 巻 ( 2 ) 頁: 89-96   2001年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Isolation of the gene for EILP, an elicitor-inducible receptor-like protein, from tobacco by differential display. 査読有り

    Takemoto D., Hayashi M., Doke N., Nishimura M. and Kawakita K.

    Plant and Cell Physiology   41 巻 ( 4 ) 頁: 458-464   2000年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Molecular cloning of a defense-response-related cytochrome P450 gene from tobacco. 査読有り

    Takemoto D., Hayashi M., Doke N., Nishimura M. and Kawakita K.

    Plant and Cell Physiology   40 巻 ( 12 ) 頁: 1232-1242   1999年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Effect of cytochalasin D on defense responses of potato tuber discs treated with hyphal wall components of Phytophthora infestans. 査読有り

    Takemoto D., Maeda H., Yoshioka H., Doke N. and Kawakita K.

    Plant Science   141 巻 ( 2 ) 頁: 219-226   1999年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Involvement of actin filament association in hypersensitive reactions in potato cells. 査読有り

    Furuse K., Takemoto D., Doke N. and Kawakita K.

    Physiological and Molecular Plant Pathology   54 巻 ( 1/2 ) 頁: 51-61   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Identification of chitinase and osmotin-like protein as actin-binding proteins in suspension-cultured potato cells. 査読有り

    Takemoto D., Furuse K., Doke N. and Kawakita K.

    Plant and Cell Physiology   38 巻 ( 4 ) 頁: 441-448   1997年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 8

  1. 植物たちの戦争―病原体との5億年のサバイバルレース 査読有り

    竹本大吾( 担当: 共著 ,  範囲: 第5章 植物と微生物の寄生と共生をめぐる「共進化」)

    講談社  2019年3月  ( ISBN:978-4-06-515216-4

     詳細を見る

    総ページ数:264  

  2. Belowground and aboveground strategies of plant resistance against Phytophthora species. In Belowground defense strategies in plants (Kazan K. and Vos C. Eds.), Book series `Signaling and communication in plants'.

    Daigo Takemoto and Yuri Mizuno( 担当: 共著)

    Springer  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  3. Particle bombardment-mediated transient expression to identify localization signals in plant disease resistance proteins and target sites for the proteolytic activity of pathogen effectors.

    Takemoto D., Jones D.A.( 担当: 共著)

    Methods Mol. Biol.  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  4. イネ科牧草に共生する epichloae エンドファイトの 共生時に機能する遺伝子群の機能解析

    竹本大吾、榧野友香、勝又美穂、尾崎よしの、赤野史岳、Barry Scott、 田中愛子( 担当: 共著)

    日本植物病理学会  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. NOと植物の感染防御応答

    川北一人、加藤大明、樹神博士、柴田裕介、竹本大吾( 担当: 共著)

    羊土社  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. Regulation and functional analysis of bioprotective metabolite genes from the grass symbiont Epichloë festucae.

    Scott B., Wrenn R.E., May K.J., Takemoto D., Young C.A., Tanaka A., Fleetwood D.J. and Johnson R.D.( 担当: 共著)

    Springer Netherlands  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  7. 牧草共生糸状菌の共生確立機構 活性酸素生成の役割について

    竹本大吾、田中愛子、Barry Scott( 担当: 共著)

    日本植物病理学会  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. Dynamic subcellular responses in plants during interactions with fungi and Oomycetes.

    Hardham, A.R. and Takemoto, D.( 担当: 共著)

    ISMP-MI  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

▼全件表示

講演・口頭発表等 26

  1. ジャガイモのリシチン解毒に関与するCytochrome P450遺伝子StSPHの単離

    カマーニャ マウリツィオ・小鹿 一・竹本大吾

    令和2年度日本植物病理学会関西部会  2020年11月7日  日本植物病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月7日 - 2020年11月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  2. イネ科植物共生糸状菌Epichloë festucaeからの抗菌物質生合成酵素遺伝子eplsの単離

    竹本大吾・プレブエンケ・近藤竜彦・ニオネス ジェニファー・小鹿一

    令和2年度 日本植物病理学会  2020年3月19日  日本植物病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月19日 - 2020年3月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島、かごしま県民交流センター   国名:日本国  

  3. 病虫害発生を記録するアプリケーションの開発 招待有り

    竹本大吾

    令和元年度 東海植物病学研究会  2019年12月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋、名古屋大学   国名:日本国  

  4. イネ科牧草に共生するエンドファイトに関する研究 招待有り

    竹本大吾

    令和元年度 愛知県農学系4機関研究交流会  2019年11月25日  愛知県農学系4機関

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋、名古屋大学   国名:日本国  

  5. ナス科植物による抗菌物質の生産と病原菌によるその分解について

    竹本大吾

    2019年度次世代バレイショセミナー  2019年11月9日  バレイショ遺伝資源開発学講座

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月9日 - 2019年11月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:十勝川温泉「観月苑」   国名:日本国  

  6. Dynamic reorganization of Epichloë genome after parasexual recombination. 招待有り 国際会議

    Takemoto D.

    Four decades of symbiosis: Barry Scott Retirement Symposium  2019年9月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ニュージーランド  

  7. BcCPDH1 is involved in the detoxification of sesquiterpenoid phytoalexin capsidiol, and specifically required for the pathogenicity of Botrytis cinerea on Nicotiana species. 国際会議

    Kuroyanagi T., Ojika M., Suzuki T., Sato I., Chiba S., Kawakita K. and Takemoto D.

    XVIII International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions  2019年7月14日  The International Society for Molecular Plant-Microbe Interactions

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月14日 - 2019年7月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Glasgow, Scotland   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  8. バレイショおよびナス科植物の疫病菌抵抗性に機能する遺伝子群の機能解析

    竹本大吾

    2017年度次世代バレイショセミナー  2017年11月18日  バレイショ遺伝資源開発学講座

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月18日 - 2017年11月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:十勝川温泉「観月苑」   国名:日本国  

  9. イネ科植物共生糸状菌の人工的なハイブリッド菌株作出とその性状解析 招待有り

    竹本大吾

    第38回 糸状菌遺伝子研究会例会  2017年6月23日  糸状菌遺伝子研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京、北とぴあ  

  10. Novel nuclear protein, NsiA, and its interacting transcription factor Ste12 and MAP kinase Mak2 mediate balanced symbiotic infection of endophytic fungus Epichloë festucae in perennial ryegrass. 国際共著 国際会議

    Kamiya S., Ozaki Y., Okamura A., Kameoka S., Kayano Y., Saikia S., Scott B., Maruyama J., Tanaka A. and Takemoto D.

    XVII International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions  2016年7月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月17日 - 2016年7月21日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  11. 糸状菌のNADPH oxidaseを介した活性酸素生成による、有性生殖、形態形成および植物への感染の制御 招待有り

    竹本大吾

    第38回分子生物学会年会・第88回生化学会大会合同大会  2015年12月1日  分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:神戸、神戸ポートアイランド   国名:日本国  

  12. 宿主特異性を決定する多様な機構 招待有り

    竹本大吾

    日本植物病理学会創立100周年記念シンポジウム  2015年3月27日  日本植物病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京、明治大学   国名:日本国  

  13. イネ科牧草に共生する糸状菌エンドファイトの共 生確立に関わる遺伝子群の機能解析

    竹本大吾

    2013 年度土壌肥料学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  14. イネ科牧草に共生する epichloae 属エンドファイト の共生時に機能する遺伝子群の解析

    竹本大吾

    平成 25 年度植物感染生理談 話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  15. 牧草共生糸状菌 epichloae エンドファイトの共生に関わる遺伝子群の機能解析

    竹本大吾

    第 12 回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  16. Imaging of pathogenic and symbiotic fungi in culture and during infection. 国際会議

    Takemoto D.

    XV International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  17. エンドファイトが産生する生理活性物質の生合成遺伝子とその発現調節

    竹本大吾、田中愛子、Barry Scott

    日本マイコトキシン学会 第68回学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  18. Reactive oxygen as a signal in grass-epichloë symbiosis.

    Joint Meeting of the Mycological Society of America and of the International Symposium on Fungal Endophytes of Grasses 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  19. Identification of new components of the fungal Nox complex. 国際会議

    Gordon Research Conference on Nox family NADPH oxidase. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  20. 牧草共生糸状菌の共生確立機構 活性酸素の役割について

    日本植物病理学会 平成20年度感染生理談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月9日

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  21. Identification of new components of the fungal NADPH oxidase complex in the endophytic fungus Epichloë festucae 国際会議

    Gordon Research Conferences of Cellular & Molecular Fungal Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  22. 牧草共生糸状菌の共生確立における活性酸素の役割

    第61回日本酸化ストレス学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  23. 牧草共生糸状菌Epichroe festucaeの共生確立における活性酸素生成の役割

    医学生物学電子顕微鏡技術学会 第24回学術講演会および総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  24. Dynamic subcellular responses in plants during interactions with fungal and oomycete pathogens

    Dynamics of Biological Networks in and around Plant Cells 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月31日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  25. 牧草共生糸状菌Epichroe festucaeの共生確立における活性酸素生成の役割

    第28回日本植物病理学会関西地区若手の会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  26. Dynamic subcellular reorganization in response to infection of Arabidopsis by oomycete pathogens. 国際会議

    8th International Congress of Plant Pathology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. 植物の病害抵抗性を誘導するペプチドホルモンの機能解析

    研究課題番号:130658  2013 - 2015

    基礎科学研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1500000円 ( 直接経費:1500000円 )

  2. 牧草共生菌の共生確立に必須な新奇核タンパク質NsiAの機能解析

    2012 - 2013

    豊秋奨学会研究費助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:700000円

  3. イネ科植物に共生する糸状菌の抗菌性物 質生合成遺伝子の単離と植物病害防除への利用

    2011年10月 - 2012年10月

    発酵研究所 一般研究助成 

    竹本大吾

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 植物病原性糸状菌および卵菌の病原性発現における活性酸素生成の役割

    2011 - 2012

    ノバルティス研究奨励金 

    竹本大吾

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:1000000円

科研費 3

  1. ナス科植物に特異的な病害抵抗性誘導ペプチドSAR8.2の機能解析

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 疑似有性生殖による植物共生糸状菌の進化機構の解明とその利用

    2013年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 植物病原性糸状菌および卵菌の病原性発現における活性酸素生成の役割

    2008年04月 - 2009年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B),課題番号:20780032

    竹本 大悟

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 資源生物科学セミナー

    2009