2022/03/28 更新

写真a

ヤマモト ナオユキ
山本 直之
YAMAMOTO, Naoyuki
所属
大学院生命農学研究科 動物科学専攻 動物科学 教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部
職名
教授

学位 2

  1. 博士(理学) ( 1999年1月   東京大学 ) 

  2. 博士(医学) ( 2001年3月   日本医科大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 魚類の神経系の形態と行動

研究分野 5

  1. その他 / その他  / 水産学一般

  2. その他 / その他  / 神経解剖学・神経病理学

  3. その他 / その他  / 進化生物学

  4. その他 / その他  / 動物生理・行動

  5. その他 / その他  / 形態・構造

現在の研究課題とSDGs 5

  1. 魚類の味覚系

  2. 魚類脳アトラスの作成

  3. 魚類の生殖制御系の研究

  4. 魚類の鰭運動制御系

  5. 魚類の摂食行動

経歴 4

  1. 名古屋大学   大学院生命農学研究科・動物科学専攻・水圏動物学研究室   教授

    2010年6月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   大学院生命農学研究科・生物機構・機能科学専攻   准教授

    2007年4月 - 2010年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 日本医科大学   解剖学第二講座   講師

    1999年10月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 日本医科大学   解剖学第二講座   助手

    1992年10月 - 1999年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 東京大学   理学系研究科   動物学専攻

    1991年4月 - 1992年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   理学部   動物学科

    1985年4月 - 1989年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 15

  1. 日本水産学会

  2. 日本解剖学会   評議員

    2008年4月 - 現在

  3. 日本比較内分泌学会   学会書籍編集委員

    2009年4月 - 2012年12月

  4. JB Johnston Club for Evolutionary Neuroscience (機関誌Brain, Behavior and Evolution)   編集委員

    2004年4月 - 現在

  5. The Journal of Comparative Neurology (Scientific Journal)   Editorial Board Member

    2010年1月 - 現在

  6. 日本比較内分泌学会   ホムページ委員

    2013年1月 - 2014年12月

  7. 日本魚類学会

  8. 日本動物学会

  9. 日本神経科学学会

  10. ニューロエソロジー談話会

  11. 日本神経内分泌学会

  12. 水生動物の行動と神経系研究会

  13. 脳の比較解剖学懇話会

  14. 低次脳機能研究会

  15. Society for Neuroscience

▼全件表示

委員歴 3

  1. プログラム委員長  

    2017年1月 - 2017年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. プログラム副委員長  

    2016年1月 - 2016年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 日本解剖学会   評議員  

    2008年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 1

  1. 日本解剖学会奨励賞

    2002年3月   日本解剖学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 103

  1. Effects of crowding stress on the hypothalamo-pituitary-interrenal axis of the self-fertilizing fish, Kryptolebias marmoratus

    Amano Masafumi, Amiya Noriko, Fukushima Keisuke, Hagio Hanako, Yamamoto Naoyuki, Sakakura Yoshitaka

    COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY A-MOLECULAR & INTEGRATIVE PHYSIOLOGY   264 巻   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1016/j.cbpa.2021.111110

    Web of Science

  2. Multiple gonadotropin-releasing hormone systems in non-mammalian vertebrates: Ontogeny, anatomy, and physiology

    Ogawa Satoshi, Yamamoto Naoyuki, Hagio Hanako, Oka Yoshitaka, Parhar Ishwar S.

    JOURNAL OF NEUROENDOCRINOLOGY     頁: e13068   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1111/jne.13068

    Web of Science

    PubMed

  3. Morphological analysis of the cerebellum and its efferent system in a basal actinopterygian fish, Polypterus senegalus

    Ikenaga Takanori, Shimomai Rinko, Hagio Hanako, Kimura Satoru, Matsumoto Kazumasa, Kato Dai-ichiro, Uesugi Kentaro, Takeuchi Akihisa, Yamamoto Naoyuki, Hibi Masahiko

    JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY     2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1002/cne.25271

    Web of Science

    PubMed

  4. Afferent and efferent connections of the nucleus prethalamicus in the yellowfin goby Acanthogobius flavimanus 査読有り

    Hagio Hanako, Kawaguchi Masahumi, Abe Hideki, Yamamoto Naoyuki

    JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY   529 巻 ( 1 ) 頁: 87 - 110   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cne.24935

    Web of Science

    PubMed

  5. Obituary: Hironobu Ito, MD, Ph.D. (1939-2020) 招待有り 査読有り

    Yamamoto Naoyuki, Yoshimoto Masami

    JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY   529 巻 ( 7 ) 頁: 1270 - 1271   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cne.25016

    Web of Science

    PubMed

  6. Non-thalamic origin of zebrafish sensory nuclei implies convergent evolution of visual pathways in amniotes and teleosts 査読有り 国際共著

    Bloch Solal, Hagio Hanako, Thomas Manon, Heuze Aurelie, Hermel Jean-Michel, Lasserre Elodie, Colin Ingrid, Saka Kimiko, Affaticati Pierre, Jenett Arnim, Kawakami Koichi, Yamamoto Naoyuki, Yamamoto Kei

    ELIFE   9 巻   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7554/eLife.54945

    Web of Science

    PubMed

  7. Gene disruption of medaka (Oryzias latipes) orthologue for mammalian tissue-type transglutaminase (TG2) causes movement retardation 査読有り

    Watanabe Yuko, Okuya Kazuho, Takada Yuki, Kinoshita Masato, Yokoi Saori, Chisada Shinichi, Kamei Yasuhiro, Tatsukawa Hideki, Yamamoto Naoyuki, Abe Hideki, Hashimoto Hisashi, Hitomi Kiyotaka

    JOURNAL OF BIOCHEMISTRY   168 巻 ( 3 ) 頁: 213 - 222   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvaa038

    Web of Science

    PubMed

  8. Predation threats for a 24-h period activated the extension of axons in the brains of Xenopus tadpoles 査読有り

    Mori Tsukasa, Kitani Yoichiro, Hatakeyama Den, Machida Kazumasa, Goto-Inoue Naoko, Hayakawa Satoshi, Yamamoto Naoyuki, Kashiwagi Keiko, Kashiwagi Akihiko

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 ) 頁: 11737   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-67975-7

    Web of Science

    PubMed

  9. Seasonal changes in NRF2 antioxidant pathway regulates winter depression-like behavior 査読有り 国際共著

    Nakayama Tomoya, Okimura Kousuke, Shen Jiachen, Guh Ying-Jey, Tamai T. Katherine, Shimada Akiko, Minou Souta, Okushi Yuki, Shimmura Tsuyoshi, Furukawa Yuko, Kadofusa Naoya, Sato Ayato, Nishimura Toshiya, Tanaka Minoru, Nakayama Kei, Shiina Nobuyuki, Yamamoto Naoyuki, Loudon Andrew S., Nishiwaki-Ohkawa Taeko, Shinomiya Ai, Nabeshima Toshitaka, Nakane Yusuke, Yoshimura Takashi

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   117 巻 ( 17 ) 頁: 9594 - 9603   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.2000278117

    Web of Science

    PubMed

  10. Kleptoprotein bioluminescence: Parapriacanthus fish obtain luciferase from ostracod prey 査読有り

    Bessho-Uehara Manabu, Yamamoto Naoyuki, Shigenobu Shuji, Mori Hitoshi, Kuwata Keiko, Oba Yuichi

      6 巻 ( 2 ) 頁: eaax4942   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/sciadv.aax4942

    Web of Science

    PubMed

  11. Role of Reelin in cell positioning in the cerebellum and the cerebellum-like structure in zebrafish 査読有り

    Nimura Takayuki, Itoh Tsubasa, Hagio Hanako, Hayashi Takuto, Di Donato Vincenzo, Takeuchi Miki, Itoh Takeaki, Inoguchi Fuduki, Sato Yoshikatsu, Yamamoto Naoyuki, Katsuyama Yu, Del Bene Filippo, Shimizu Takashi, Hibi Masahiko

    DEVELOPMENTAL BIOLOGY   455 巻 ( 2 ) 頁: 393 - 408   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ydbio.2019.07.010

    Web of Science

    PubMed

  12. 魚はどれくらい賢いのか? 招待有り

    山本直之

    祈月書院報   36 巻   頁: 6-9   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  13. Tracing of Afferent Connections in the Zebrafish Cerebellum Using Recombinant Rabies Virus 査読有り

    Dohaku Ryuji, Yamaguchi Masahiro, Yamamoto Naoyuki, Shimizu Takashi, Osakada Fumitaka, Hibi Masahiko

    FRONTIERS IN NEURAL CIRCUITS   13 巻   頁: 30   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fncir.2019.00030

    Web of Science

    PubMed

  14. Indirect pathway to pectoral fin motor neurons from nucleus ruber in the Nile tilapia Oreochromis niloticus 査読有り

    Nakayama Tomoya, Nishino Hirotaka, Narita Junya, Abe Hideki, Yamamoto Naoyuki

    JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY   527 巻 ( 5 ) 頁: 957-971   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cne.24578

    Web of Science

    PubMed

  15. Immunohistochemical detection of prolactin-releasing peptide2 in the brain of the inshore hagfish Eptatretus burgeri 査読有り

    Amano Masafumi, Amiya Noriko, Yamamoto Naoyuki, Osugi Tomohiro, Tsutsui Kazuyoshi

    GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY   274 巻   頁: 1 - 7   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ygcen.2018.12.005

    Web of Science

    PubMed

  16. A lambda-shaped retractor lentis muscle in the yellowfin goby Acanthogobius flavimanus 査読有り

    Miyazaki Taeko, Kato Akari, Ikenaga Takanori, Hagio Hanako, Yamamoto Naoyuki

    JOURNAL OF MORPHOLOGY   280 巻 ( 4 ) 頁: 526 - 533   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jmor.20961

    Web of Science

    PubMed

  17. Localization of three forms of gonadotropin-releasing hormone in the brain and pituitary of the self-fertilizing fish, Kryptolebias marmoratus 査読有り

    Amano Masafumi, Amiya Noriko, Okubo Kataaki, Yamashita Junpei, Kuriu Ayae, Yasuta Ayano, Yamamoto Naoyuki, Sakakura Yoshitaka

    FISH PHYSIOLOGY AND BIOCHEMISTRY   45 巻 ( 2 ) 頁: 753-771   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10695-018-0601-2

    Web of Science

    PubMed

  18. Atlas of the telencephalon based on cytoarchitecture, neurochemical markers, and gene expressions in Rhinogobius flumineus [Mizuno, 1960] 査読有り

    Kawaguchi Masahumi, Hagio Hanako, Yamamoto Naoyuki, Matsumoto Koji, Nakayama Kei, Akazome Yasuhisa, Izumi Hironori, Tsuneoka Yousuke, Suto Fumikazu, Murakami Yasunori, Ichijo Hiroyuki

    JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY   527 巻 ( 4 ) 頁: 874 - 900   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cne.24547

    Web of Science

    PubMed

  19. An ascending visual pathway to the dorsal telencephalon through the optic tectum and nucleus prethalamicus in the yellowfin goby Acanthogobius flavimanus (Temminck & Schlegel, 1845) 査読有り

    Hagio Hanako, Sato Moe, Yamamoto Naoyuki

    JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY   526 巻 ( 10 ) 頁: 1733-1746   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cne.24444

    Web of Science

    PubMed

  20. Descending pathways to the spinal cord in teleosts in comparison with mammals, with special attention to rubrospinal pathways 招待有り 査読有り

    Yamamoto Naoyuki, Nakayama Tomoya, Hagio Hanako

    DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   59 巻 ( 4 ) 頁: 188 - 193   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/dgd.12355

    Web of Science

    PubMed

  21. Fiber Connections of the Caudal Corpus Cerebelli, with Special Reference to the Intrinsic Circuitry, in a Teleost (Oreochromis niloticus) 査読有り

    Imura Kosuke, Yamamoto Naoyuki, Yoshimoto Masami, Endo Masato, Funakoshi Kengo, Ito Hironobu

    BRAIN BEHAVIOR AND EVOLUTION   89 巻 ( 1 ) 頁: 15 - 32   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000455962

    Web of Science

    PubMed

  22. Nucleus ruber of actinopterygians. 査読有り

    Nakayama T, Miyajima S, Nishino H, Narita J, Abe H, Yamamoto N

    Brain, Behavior and Evolution   88 巻 ( 1 ) 頁: 25-42   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000447442

  23. Immunohistochemical detection of corticotropin-releasing hormone (CRH) in the brain and pituitary of the hagfish, Eptatretus burgeri. 査読有り

    Amano M, Amiya N, Yokoyama T, Onikubo K, Yamamoto N, Takahashi A.

    General and Comparative Endocrinology   236 巻   頁: 174-180   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Forebrain atlas of Japanese jack mackerel Trachurus japonicus. 査読有り

    Ou R, Yamamoto N

    Ichthyological Research   63 巻 ( 3 ) 頁: 405-426   2016年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10228-016-0509-8

  25. Parapineal is incorporated into habenula during ontogenesis in medakafish. 査読有り

    shikawa Y, Inohaya K, Yamamoto N, Maruyama K, Yoshimoto M, Iigo M, Oishi T, Kudo A, Ito H

    Brain Behav. Evol.   85 巻 ( 4 ) 頁: 257-270   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1159/000431249

  26. *A morphological classification of retinal ganglion cells in the Japanese catshark Scyliorhinus torazame. 査読有り

    Muguruma K, Stell WK, Yamamoto N

    Brain Behav. Evol.   83 巻 ( 3 ) 頁: 199-215   2014年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000358285

  27. Cloning of corticotropin-releasing hormone (CRH) precursor cDNA and immunohistochemical detection of CRH peptide in the brain of the Japanese eel, paying special attention to gonadotropin-releasing hormone. 査読有り

    Amano M, Mizusawa N, Okubo K, Amiya N, Seki M, Mizusawa K, Chiba H, Yamamoto N, Takahashi A.

    Cell Tiss. Res.   356 巻   頁: 243-251   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. .硬骨魚類ティラピアにおける視床下部内側部と終脳の連絡—臓性感覚に関わる神経回路網— 査読有り

    吉本正美,山本直之

    東京医療学院大学紀要   2 巻   頁: 45-63   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Connections of the commissural nucleus of Cajal in the goldfish with special reference to the topographic organization of ascending visceral sensory pathways. 査読有り

    Uezono S, Yamada Y, Kato T, Abe H, Yamamoto N

    J Comp. Neurol.     頁: in press   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. *Evolution of the forebrain - Revisiting the pallium 招待有り

    Finger TE, Yamamoto N, Karten HJ, Hof PR

    J. Comp. Neurol.   521 巻   頁: 3601-3603   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. A spectroscopic study on the effect of ultra-violet solar radiation at Antarctica on the human skin fibroblast cells 査読有り

    Yamamoto T, Akiyoshi H, Yoshikiyo K, Takahashi T, Tanabe Y, Kudoh S, Imura S, Yamamoto N

    Geosci. Front.   4 巻 ( 6 ) 頁: 647-653   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. The saccus vasculosus of fish is a seasonal sensor 査読有り

    Nakane Y, Ikegami K, Iigo M, Ono H, Takeda K, Takahashi D, Uesaka M, Kimijima M, Hashimoto R, Arai N, Suga T, Kosuge K, Abe T, Maeda R, Senga T, Amiya N, Azuma T, Amano M, Abe H, Yamamoto N, Yoshimura T

    Nature Comm.     2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1038/ncomms3108

  33. 終脳へ至る一般臓性感覚系:硬骨魚類の一般臓性感覚神経路は哺乳類や鳥類と類似する 招待有り 査読有り

    吉本正美, 山本直之

    東京医療学院大学紀要   1 巻   頁: 7-12   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  34. Retinal ganglion cell distribution and spatial resolving power in the Japanese catshark Scyliorhinus torazame. 査読有り

    Muguruma K, Takei S, Yamamoto N

    Zool. Sci.   30 巻   頁: 42-52   2013年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. *The primary brain vesicles revisited: are universal the three primary vesicles (forebrain/midbrain/hindbrain) in vertebrates? 査読有り

    Ishikawa Y, Yamamoto N, Yoshimoto M, Ito H

    Brain, Behav. Evol.   51 巻   頁: 154-167   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Central distribution of kiss2 neurons and peri-pubertal changes in their expression in the brain of the male and female red seabream Pagrus major. 査読有り

    Shimizu Y, Tomikawa J, Hirano K, Nanikawa Y, Akazome Y, Kanda S, Kazeto Y, Okuzawa K, Uenoyama Y, Ohkura S, Tsukamura H, Maeda K-I, Gen K, Oka Y, Yamamoto N

    Gen. Comp. Endocrinol.   175 巻   頁: 432-442   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. *Ascending gustatory pathways to the telencephalon in goldfish. 査読有り

    Kato T, Yamada Y, Yamamoto N

      520 巻   頁: 2475-2499   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. The aglomerular kidney of the deep-sea gulper eel Saccopharynx ampullaceus (Saccopharyngiformes: Saccopharyngidae). 査読有り

    Ozaka C, Yamamoto N, Nielsen JG, Somiya H

    Ichthyol. Res.   58 巻 ( 4 ) 頁: 297-301   2011年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Kisspeptin neurons mediate reflex ovulation in the musk shrew (Suncus murinus) 査読有り

    Inoue N, Sasagawa K, Ikai K, Sasaki Y, Tomikawa J, Oishi S, Fujii N, Uenoyama Y, Ohmori Y, Yamamoto N, Hondo E, Maeda KI, Tsukamura H

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   108 巻 ( 42 ) 頁: 17527-17532   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. General visceral and gustatory connections of the posterior thalamic nucleus of goldfish. 査読有り

    Kato T, Yamada Y, Yamamoto N

    J. Comp. Neurol.   519 巻   頁: 3102-3123   2011年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. A near infrared Raman spectroscopic study on the bovine lens applied to the solar radiation in Antarctica 査読有り

    Yamamoto T, Yoshikiyo K, Min Y-K, Hamaguchi H, Imura S, Kudoh S, Takahashi T, Yamamoto N

    J. Mol. Struc.   968 巻   頁: 115-119   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. A Raman scattering and FT-IR spectroscopic study on the effect of the solar radiation in Antarctica on bovine cornea 査読有り

    Yamamoto T, Murakami N, Yoshikiyo K, Takahashi T, Yamamoto N

    J. Mol. Struc.   963 巻   頁: 183-187   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Somatosensory nucleus in the torus semicircularis of cyprinid teleosts 査読有り

    Yamamoto N, Kato T, Okada Y, Somiya H

    J. Comp. Neurol.   518 巻   頁: 2475-2502   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Sound characteristics and sonic motor system in the pinecone fish, Monocentris japonica (Beryciformes, Monocentridae) 査読有り

    Onuki A, Takizawa T, Yamamoto N, Somiya H

    Copeia   2010 巻   頁: 531-539   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. A mammalian neural tissue opsin (Opsin5) is a deep brain photoreceptor in birds 査読有り

    Nakane Y, Ikegami K, Ono H, Yamamoto N, Yoshida S, Hirunagi K, Ebihara S, Kubo Y, Yoshimura T

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   107 巻   頁: 15264-15268   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Ascending general visceral sensory pathways from the brain stem to the forebrain in a cichlid fish, Oreochromis (Tilapia) niloticus 査読有り

    Yoshimoto M, Yamamoto N

      518 巻   頁: 3570-3603   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Morphogenesis of the medaka cerebellum, with special reference to the mesencephalic sheet, a structure homologous to the rostral part of mammalian anterior medullary velum 査読有り

    Ishikawa Y, Yamamoto N, Yasuda T, Yoshimoto M, Ito H

    Brain Behav. Evol.   75 巻   頁: 88-103   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Studies on the teleost brain morphology in search of the origin of cognition. 招待有り 査読有り

    Yamamoto N

    Japan. Psychol. Res.   51 巻   頁: 154-167   2009年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Non-laminar cerebral cortex in teleost fishes? 招待有り 査読有り

    Ito H, Yamamoto N

    Biol. Lett.   5 巻   頁: 117-121   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. The aglomerular kidney of the deep-sea fish, Ateleopus japonicus (superorder Atelopodomorpha): evidence of wider occurrence of the aglomerular condition in teleostei 査読有り

    Ozaka C, Yamamoto N, Somiya H

    Copeia   2009 巻   頁: 609-617   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. サカナの終脳(大脳)における「感覚表現」 招待有り

    山本直之

    認知神経科学   10 巻   頁: 155-160   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Visual, lateral line, and auditory ascending pathways to the dorsal telencephalic area through the rostrolateral region of lateral preglomerular nucleus in cyprinids. 査読有り

    Yamamoto N, Ito H

    J. Comp. Neurol.   508 巻   頁: 615-647   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Early development of cerebellum in teleost fish: A study based on gene expression pattern and histology in medaka embryo. 査読有り

    Ishikawa Y, Yasuda T, Kage T, Takashima S, Yoshimoto M, Yamamoto N, Maruyama K, Takeda H, Ito H

    Zool. Sci.   25 巻   頁: 407-418   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Identification of KiSS-1 product kisspeptin and steroid-sensitive sexually-dimorphic kisspeptin neurons in medaka (Oryzias latipes). 査読有り

    Kanda S, Akazome Y, Matsunaga T, Yamamoto N, Yamada S, Tsukamura H, Maeda K-I, Oka Y

    Endocrinology   149 巻   頁: 2467-2476   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Afferent sources to the inferior olive and distribution of the olivocerebellar climbing fibers in cyprinids 査読有り

    Xue H-G, Yang C-Y, Yamamoto N

    J. Comp. Neurol.   507 巻   頁: 1409-1427   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Fiber connections of the periventricular pretectal nucleus in a teleost, tilapia (Oreochromis niloticus) 査読有り

    Xue H-G, Yang C-Y, Yamamoto N, Ozawa H

    Neurosci. Res.   57 巻   頁: 184-193   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Diversity of brain morphology in teleosts: Brain and ecological niche 査読有り

    Ito H, Ishikawa Y, Yoshimoto M, Yamamoto N

    Brain, Behav. Evol.   69 巻   頁: 76-86   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Developmental origin of diencephalic sensory relay nuclei in teleost 査読有り

    Ishikawa Y, Yamamoto N, Yoshimoto M, Yasuda T, Maruyama K, Kage T, Takeda H, Ito H

    Brain, Behav. Evol.   69 巻   頁: 87-95   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. A new interpretation on the homology of the teleostean telencephalon based on hodology and a new eversion model 査読有り

    Yamamoto N, Ishikawa Y, Yoshimoto M, Xue H-G, Bahaxar N, Sawai N, Yang C-Y, Ozawa H, Ito H

    Brain, Behav. Evol.   69 巻   頁: 96-104   2007年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A review article that proposes a new hypothesis on the homology of sensory system of teleost fishes to other vertebrates including mammals

  60. Studies on the morphology of the inner ear and semicircular canal endorgan projections of ha, a medaka behavior mutant

    Noro S, Yamamoto N, Ishikawa Y, Ito H, Ijiri K

    Fish Biological Journal MEDAKA   11 巻   頁: 31-41   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Fiber connections of the corpus glomerulosum pars rotunda, with special reference to efferent projection pattern to the inferior lobe in a percomorph teleost, tilapia (Oreochromis niloticus) 査読有り

    Yang C-Y, Xue H-G, Yoshimoto M, Ito H, Yamamoto N, Ozawa H

    J. Comp. Neurol.   501 巻   頁: 582-607   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. GnRHの体内分布 招待有り

    山本直之、小澤一史

    日本臨床(特別号「臨床分子内分泌学4―生殖内分泌系―」)   64 巻   頁: 13-17   2006年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Projections of the sensory trigeminal nucleus in a percomorph teleost, tilapia (Oreochromis niloticus) 査読有り

    Xue H-G, Yamamoto N, Yang C-Y, Kerem G, Yoshimoto M, Sawai N, Ito H, Ozawa H

    J. Comp. Neurol.   495 巻   頁: 279-298   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Periventricular efferent neurons in the optic tectum of rainbow trout 査読有り

    Kinoshita M, Ito E, Urano A, Ito H, Yamamoto N

    J. Comp. Neurol.   499 巻   頁: 546-564   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Primary and secondary sensory trigeminal projections in a cyprinid teleost, carp (Cyprinus carpio) 査読有り

    Xue H-G, Yang C-Y, Ito H, Yamamoto N, Ozawa H

    J. Comp. Neurol.   499 巻   頁: 626-644   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. 大脳”新”皮質は新しいのか? 招待有り

    山本直之

    日本比較内分泌学会ニュース   120 巻   頁: 13-17   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. An indirect trigeminocerebellar pathway through the nucleus lateralis valvulae in a perciform teleost, Oreochromis niloticus 査読有り

    Xue H-G, Yang C-Y, Yamamoto N, Ito H, Ozawa H

    Neurosci. Lett.   390 巻   頁: 104-108   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Fiber connections of the anterior preglomerular nucleus in cyprinids with notes on telencephalic connections of the preglomerular complex 査読有り

    Yamamoto N and Ito H

    J. Comp. Neurol.   491 巻   頁: 212-233   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An original report that analyzed the neural circuitry involved in sensory processing with a special focus on the auditory system in teleosts.

  69. Somatotopic oraganization of the trigeminal ganglion cells in a cichlid fish, Oreochromis (Tilapia) niloticus 査読有り

    Kerem G, Yoshimoto M, Yamamoto N, Yang C-Y, Xue H-G, Ito H

    Brain, Behav. Evol.   65 巻   頁: 109-126   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Central connection of the optic, oculomotor, trochlear and abducens nerves in medaka, Oryzias latipes 査読有り

    Deguchi T, Suwa H, Yoshimoto M, Kondoh H, and Yamamoto N

    Zool. Sci.   22 巻   頁: 321-332   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Fiber connections of the central nucleus of semicircular torus in cyprinids 査読有り

    Yamamoto N and Ito H

    J.Comp. Neurol.   491 巻   頁: 186-211   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Afferent connections of the corpus cerebelli in holocentrid teleosts 査読有り

    Xue H-G, Yamamoto N, Yang C-Y, Imura K, Ito H

    Brain, Behav. Evol.   64 巻   頁: 242-258   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. ヒトの大脳の神経細胞数を本当に数えたデータは存在するのか 招待有り

    山本直之、伊藤博信

      22 巻   頁: 234   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Different modes of gonadotropin-releasing hormone (GnRH) release from multiple GnRH systems as revealed by radioimmunoassay using brain slices of a teleost, the dwarf gourami (Colisa lalia) 査読有り

    Ishizaki M, Iigo M, Yamamoto N, and Oka Y

    Endocrinology   145 巻   頁: 2092-2103   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Fiber connections of the lateral valvular nucleus in a percomorph teleost, tilapia (Oreochromis niloticus) 査読有り

    Yang C-Y, Yoshimoto M, Xue H-G, Yamamoto N, Imura K, Sawai N, Ishikawa Y, Ito H

    J. Comp. Neurol.   474 巻   頁: 209-226   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Morphogenesis and regionalization of the medaka embroyonic brain 査読有り

    Kage T, Takeda H, Yasuda T, Maruyama K, Yamamoto N, Yoshimoto M, Araki K, Inohaya K, Okamoto H, Yasumasu S, Watanabe K, Ito H, Ishikawa Y

    J. Comp. Neurol.   476 巻   頁: 219-239   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Axonogenesis in the medaka embryonic brain 査読有り

    Ishikawa Y, Kage T, Yamamoto N, Yoshimoto M, Yasuda T, Matsumoto A, Maruyama K, Ito H

    J. Comp. Neurol.   476 巻   頁: 240-253   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Three gonadotropin-releasing hormone (GnRH) neuronal groups with special reference to teleosts 招待有り 査読有り

    Yamamoto N

    Anat. Sci. Internat.   78 巻   頁: 139-155   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Fiber connections of the torus longitudinalis in a teleost: Cyprinus carpio reexamined 査読有り

    Ito H, Yamamoto N, Yoshimoto M, Sawai N, Yang C-Y, Xue H-G, Imura K

    J. Comp. Neurol.   457 巻   頁: 202-211   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Topographical organization of an indirect telencephalo-cerebellar pathway through the nucleus paracommissuralis in a teleost, Oreochromis niloticus 査読有り

    Imura K, Yamamoto N, Sawai N, Yoshimoto M, Yang C-Y, Xue H-G, Ito H

    Brain Behav. Evol.   61 巻   頁: 70-90   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Fiber connections of the torus longitudinalis and optic tectum in holocentrid teleosts 査読有り

    Xue H-G, Yamamoto N, Yang C-Y, Kerem G, Yoshimoto M, Imura K, Ito H

    J. Comp. Neurol.   462 巻   頁: 194-212   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. 硬骨魚類の糸球体前核

    山本直之、伊藤博信

    比較生理生化学   19 巻   頁: 198-202   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Fiber connections of the nucleus isthmi in the carp (Cyprinus carpio) and tilapia (Oreochromis niloticus) 査読有り

    Xue H-G, Yamamoto N, M. Yoshimoto M, C.Y. Yang C-Y, and Ito H

    Brain Behav. Evol.   58 巻   頁: 185-205   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Encoding of different aspects of afferent activities by two types of cells in the corpus glomerulosum of a teleost brain 査読有り

    Tsutsui H, Yamamoto N, Ito H, and Oka Y

    J. Neurophysiol.   85 巻   頁: 1167-1177   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Brain structures of a medaka mutant, el (eyeless), in which eye vesicles do not evaginate 査読有り

    Ishikawa Y, Yoshimoto M, Yamamoto N, Ito H, Yasuda T, Tokunaga F, Iigo M, Wakamatsu Y, Ozato K

    Brain Behav. Evol.   58 巻   頁: 173-184   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Afferent sources to the ganglion of the terminal nerve in teleosts 査読有り

    Yamamoto N and Ito H

    J. Comp. Neurol.   428 巻   頁: 355-375   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Fiber connections of the corpus mamillare in a percomorph fish, Tilapia Oreochromis niloticus 査読有り

    Sawai N, Yamamoto N, Yoshimoto M, and Ito H

    Brain, Behav. Evol.   55 巻   頁: 1-13   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Sonic motor nucleus and its connections with octaval and lateral line nuclei of the medulla in a rockfish, Sebastiscus marmoratus 査読有り

    Yoshimoto M, Kikuchi K, Yamamoto N, Somiya H, and Ito H

    Brain, Behav. Evol.   54 巻   頁: 183-204   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Different brain morphology from different genotypes in a single teleost species, the medaka (Oryzias latipes) 査読有り

    Ishikawa Y, Yoshimoto M, Yamamoto N, and Ito H

    Brain, Behav. Evol.   53 巻   頁: 2-9   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Retinal projections and retinal ganglion cell distribution patterns in a sturgeon (Acipenser transmontanus), a non-teleost actinopterygian fish 査読有り

    Ito H, Yoshimoto M, Albert JS, Yamamoto N, and Sawai N

    Brain, Behav. Evol.   53 巻   頁: 127-141   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Tectal fiber connections in a non-teleost actinopterygian fish, the sturgeon Acipenser 査読有り

    Yamamoto N, Yoshimoto M, Albert JS, Sawai N, and Ito H

    Brain, Behav. Evol.   53 巻   頁: 142-155   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Visual thalamotelencephalic pathways in the sturgeon Acipenser, a non-teleost actinopterygian fish 査読有り

    Albert JS, Yamamoto N, Yoshimoto M, Sawai N, and Ito H

    Brain, Behav. Evol.   53 巻   頁: 156-172   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. Fiber connections of the inferior lobe in a percomorph teleost, Navodon medestus 査読有り

    Shimizu M, Yamamoto N, Yoshimoto M, and Ito H

    Brain, Behav. Evol.   54 巻   頁: 127-146   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. GnRH immunoreactive neuronal system in the presumptive ancestral chordate, Ciona intestinalis (Ascidian) 査読有り

    Tsutsui H, Yamamoto N, Ito H, and Oka Y

    Gen. Comp. Endocrinol.   112 巻   頁: 426-432   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Gonadotropin-releasing hormone neurons in the gourami midbrain: A double labeling study by immunocytochemistry and tracer injection 査読有り

    Yamamoto N, Oka Y, Yoshimoto M, Sawai N, Albert JS, Ito H

    Neurosci. Lett.   240 巻   頁: 50-52   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Gonadotropin-releasing hormone (GnRH) innervation of the pituitary in a cichlid fish, Oreochromis niloticus: A brain lesion study 招待有り 査読有り

    Yamamoto N, Parhar IS, Sakuma Y, and Ito H

    Acta Anat. Nippon.   73 巻   頁: 55-57   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Telencephalic ascending gustatory system in a cichlid fish, Orechromis (Tilapia) niloticus 査読有り

    Yoshimoto M, Albert JS, Sawai N, Shimizu M, Yamamoto N, Ito H

    J. Comp. Neurol.   392 巻   頁: 209-226   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Preoptic gonadotropin-releasing hormone (GnRH) neurons innervate the pituitary in teleosts 査読有り

    Yamamoto N, Parhar IS, Sawai N, Oka Y, and Ito H

    Neurosci. Res.   31 巻   頁: 31-38   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Terminal morphology of two branches arising from a single stem-axon of pretectal (PSm) neurons in the common carp 査読有り

    Ito H, Yoshimoto M, Albert JS, Yamane Y, Yamamoto N, Sawai N, Kaur A

    J. Comp. Neurol.   378 巻   頁: 379-388   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. Lesions of gonadotropin-releasing hormone (GnRH)-immunoreactive terminal nerve cells: Effects on reproductive behavior of male dwarf gouramis 査読有り

    Yamamoto N, Oka Y, and Kawashima S

    Neuroendocrinol.   65 巻   頁: 403-412   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Tectal neurons that participate in centrifugal control of the quail retina: A morphological study by means of retrograde labeling with biocytin 査読有り

    Uchiyama H, Yamamoto N, and Ito H

    Vis. Neurosci.   13 巻   頁: 1119-1127   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Migration of GnRH-immunoreactive neurons from the olfactory placode to the brain: A study using avian embryonic chimeras 査読有り

    Yamamoto N, Uchiyama H, Ohki-Hamazaki H, Tanaka H, and Ito H

    Dev. Brain Res.   95 巻   頁: 234-244   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Multiple gonadotropin-releasing hormone (GnRH)-immunoreactive systems in the brain of the dwarf gourami, Colisa lalia: Immunohistochemistry and radioimmunoassay 査読有り

    Yamamoto N, Oka Y, Amamo M, Aida K, Hasegawa Y, Kawashima S

    J. Comp. Neurol.   355 巻   頁: 354-368   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 23

  1. Cerebellum-Like Systems in Actinopterygian Fishes with a Special Focus on the Diversity of Cerebellum-Like System in the Mesencephalon. In: Cerebellum as a CNS Hub 国際共著

    Yamamoto N, Hagio H( 担当: 分担執筆)

    Springer  2021年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  2. 動物の事典 査読有り

    山本直之( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 脊椎動物の神経系)

    朝倉書店  2020年11月  ( ISBN:978-4-254-17166-2

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 生き物と音の事典

    杉原泉, 山本直之( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  4. ウナギの科学 (その1)

    山本直之, 萩尾華子( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 脳・神経系)

    朝倉書店  2019年6月  ( ISBN:978-4254485028

     詳細を見る

    総ページ数:5   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  5. ウナギの科学(その2)

    山本直之, 萩尾華子( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2019年6月  ( ISBN:978-4254485028

     詳細を見る

    総ページ数:6   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  6. 遺伝子から解き明かす「脳」の不思議な世界

    山本直之( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 水生に最適化した脳の多様化—魚類の脳)

    一色出版  2018年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:41   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  7. 魚類学の百科事典(日本魚類学会創立50周年記念刊行物)

    山本直之( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 神経系)

    丸善  2018年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:4   記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  8. 「魚類発生学の基礎」(その1)

    山本直之( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第9章神経系 )

    恒星社厚生閣  2018年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:13   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  9. Adaptive radiation and vertebrate brain diversity: cases of teleosts in "Brain Evolution by Design"

    Yamamoto N( 担当: 分担執筆)

    Springer Japan  2017年2月  ( ISBN:978-4-431-56469-0

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  10. 第12章 神経系 (魚類学)

    山本直之( 担当: 分担執筆)

    恒星社厚生閣  2017年9月  ( ISBN:4769916108

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  11. 13章感覚 (魚類学) 

    山本直之( 担当: 分担執筆)

    恒星社厚生閣  2017年9月  ( ISBN:4769916108

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  12. 魚類の脳形態.行動生物学辞典

    上田恵介ら編( 担当: 共著)

    東京化学同人  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. 3章 行動の動機付けの神経機構.水産学シリーズ176「魚類の行動研究と水産資源管理」

    山本直之( 担当: 共著)

    恒星社厚生閣  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. 第4章 感覚 増補改訂版「魚類生理学の基礎」

    植松一眞,神原淳,山本直之( 担当: 共著)

    恒星社厚生閣  2013年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  15. 第2章 神経系.増補改訂版「魚類生理学の基礎」

    植松一眞,山本直之( 担当: 共著)

    恒星社厚生閣  2013年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. 「生物学事典」(石川統、黒岩常祥、塩見正衛、松本忠夫、守隆夫、八杉貞夫、山本正幸編)

    山本直之他( 担当: 共著)

    東京化学同人  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  17. 魚(条鰭類)の終脳の構造.「比較海馬学」(渡辺茂、岡市広成編)

    山本直之( 担当: 共著)

    ナカニシヤ出版  2008年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  18. Behavior and Nervous System of Aquatic Animals

    Editors: Yamamoto N, Somiya H, Ishikawa Y, Ito H( 担当: 共著)

    Karger  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    A special issue of an international journal introducing studies by leading Japanese neurscientists on the nervous system and behavior of aquatic animals.

  19. 「魚の科学事典」第2章.6神経系(谷内透、中坊徹次、宗宮弘明ら編)

    山本直之( 担当: 単著)

    朝倉書店  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  20. The Nucleus Isthmi of Teleosts. In: Integration of Comparative Neuroanatomy and Cognition (Watanabe S, Hofman MA: eds)

    Yamamoto N, Kinoshita M, Xue H-G( 担当: 共著)

    Keio University Publishing  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  21. 機能的神経科学(Functional Neuroscience (by Oswald Steward)

    伊藤博信,内山博之,山本直之( 担当: 共著)

    Springer-Verlag Tokyo  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  22. 実戦・解剖学(齋藤敏之編著)

    吉本正美、山本直之( 担当: 共著)

    克誠堂出版  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  23. 硬骨魚類の視覚神経路(魚類のニューロサイエンス-魚類神経科学研究の最前線-: 植松一眞、岡良隆、伊藤博信編)

    山本直之、伊藤博信( 担当: 共著)

    恒星社厚生閣  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 208

  1. The cerebellum of ray-finned fishes: specific features and diversity 招待有り 国際共著 国際会議

    Yamamoto N, Hagio H

    75th Fujihara Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  2. ゼブラフィッシュの脊髄に膨大部はあるのか?

    髙岡涼, 萩尾華子, 山本直之

    令和4年度日本水産学会春季大会  2022年3月  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  3. ヒメジ類の“ヒゲ”の末梢および中枢味覚系

    山之内美波, 萩尾華子, ○山本直之(○演者)

    令和4年度日本水産学会春季大会  2022年3月  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  4. ゼブラフィッシュの鰭を支配する脊髄領域の形態の研究

    髙岡涼, 山本直之.

    令和3年度日本水産学会秋季大会  2021年9月  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:要旨集出版をもって開催とされた  

  5. ニホンウナギの中枢視覚神経路 招待有り

    萩尾華子、渡邉果奈、○山本直之(○演者)

    日本動物学会第92回大会 シンポジウム「ウナギへの挑戦、ウナギでの挑戦ーラボからフィールドまで」  日本動物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  6. “もぐもぐ行動”を行うハゼ類の口腔と脳の形態学的研究 招待有り

    萩尾華子、山本直之

    日本動物学会第92回大会 サテライトシンポジウム「非モデル生物を材料とした神経行動学のイマとミライ」  2021年9月  日本動物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  7. ヒメジの触髭における味蕾とその神経支配

    山之内美波, 萩尾華子, 山本直之

    令和3年度日本水産学会秋季大会  2021年9月  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:要旨集の出版をもって開催とみなされた(新型コロナウィルスのため)  

  8. 黄ウナギと銀ウナギの脳外部形態の比較 招待有り 国際会議

    渡邉茂、篠塚一貴、山本直之、萩尾華子、萩原聖士

    東アジア鰻学会 第4回研究発表会  2021年3月31日  東アジア鰻学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Zoom Online  

  9. ニホンウナギの網膜から脳への視覚情報伝達経路の解明 招待有り 国際会議

    萩尾華子、山本直之

    東アジア鰻学会・第4回研究発表会  2021年3月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Zoom Online  

  10. キンギョ網様体の入出力回路

    中瀬穣、萩尾華子、山本直之

    令和3年春期日本水産学会  2021年3月27日  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Zoom Online  

  11. ハゼ類に見られる特殊な摂餌行動と口腔形態について

    梅野佑一朗、萩尾華子、岡田央人、上杉健太朗、星野真人、八田公平、山本直之

    令和3年春期日本水産学会  2021年3月27日  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Zoom Online  

  12. Descending pathway mediated by medial pretoral nucleus presumed to predict or cancel out self-generated auditory stimuli in goldfish 国際会議

    Yamamoto N, Hagio H

    The 26th Japanese Medaka and Zebrafish Meeting  2020年11月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  13. Evolution of visual pathways in teleosts and topographic organization of the tectal projections to the nucleus prethalamicus 国際会議

    Hagio H, Yamamoto N

    J.B. Johnston Club for Evolutionary Neuroscience Annual Meeting  2020年10月23日  JB Johnston Club for Evolutionary Neuroscience

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Axcel Event Online  

  14. ウナギの網膜投射および視覚上行路

    萩尾華子、山本直之

    令和2年春期日本水産学会(要旨集の発行を持って開催と見なす)  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

  15. ミドリフグ(Dichotomyctere nigroviridis)における、TTX類に対する嗅覚性誘引行動

    鈴木偉久、野口能寿、中東亮太、安立昌篤、山本直之、西川俊夫、阿部秀樹

    第13回水生動物の行動と神経系シンポジウム  武井史郎、山本直之

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  16. 一夫一妻・一夫多妻ハゼ科魚類における脳内バソトシン・イソトシン系の比較

    福田和也、椋田崇生、川口将史、阿部秀樹、山本直之

    第13回水生動物の行動と神経系シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:中部大学名古屋キャンパス  

  17. 遊泳に関係ない背鰭の運動制御系—カエルアンコウの“釣り運動ニューロン”の特殊性

    西野弘嵩、萩尾華子、佐藤寧々、三宅健太、山本直之

    第13回水生動物の行動と神経系シンポジウム  武井史郎、山本直之

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  18. キンギョ対鰭(胸鰭・腹鰭)の運動系について

    田中惇也、山本直之

    第13回水生動物の行動と神経系シンポジウム  武井史郎、山本直之

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:中部大学名古屋キャンパス  

  19. ハゼ科魚類に見られる異なる配偶システムを生み出す脳内バソトシン・イソトシン系の形態学的比較研究

    福田和也、椋田崇生、川口将史、山本直之

    日本動物学会第90回大阪大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

  20. ウナギの網膜投射

    萩尾華子、山本直之

    鰻脳研究会  2019年9月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:慶応義塾大学三田キャンパス  

  21. Diversity of cerebellum and cerebellar-like structure in teleosts 国際会議

    Yamamoto N, Hagio, H

    The 25th Japanese Medaka and Zebrafish Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  22. 一夫一妻・一夫多妻ハゼ科魚類における脳内バソトシン・イソトシン系の比較形態学的研究

    福田和也、椋田崇生、川口将史、阿部秀樹、山本直之

    日本魚類学会  2019年9月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:高知大学  

  23. Behavioral and neural mechanism of reproductive isolation among freshwater goby species

    Kawaguchi M, Matsumoto K, Yamamoto N, Nakayama K, Hagio H, Izumi H, Suto F, Murakami Y, Ichijo: H

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    開催地:朱鷺メッセ  

  24. The interspecific difference in the morphology of vasotocin and isotocin producing neurons and distribution of their receptor in the brain in gobiid fish with different mating systems 国際会議

    Fukuda K, Mukuda T, Kawaguchi M, Yamamoto N

    Animal Behavior Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語  

    開催地:Chicago   国名:アメリカ合衆国  

  25. ヨシノボリ属の交配前隔離を制御する神経機構の解析

    川口将史, 松本浩司, 山本直之, 萩尾華子, 仲山 慶, 和泉宏謙, 赤染康久, 恒岡洋右, 須藤 文和, 村上安則, 一條裕之

    第124回日本解剖学会総会.シンポジウム「非モデル動物を用いた行動とそれを作り出す神経回路の探求」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:朱鷺メッセ  

  26. サクラマス春・秋スモルトの生理的プロファイルの相違

    棟方有宗、佐藤大介、高橋光太・横山綾香、鈴木章太郎・長谷川竜也・阿部嵩志・工藤秀明、廣井準也、野知里優希、梅野佑一郎・山本直之、村下幸司・竹井祥郎、Gaute W. Seljestad、Malthe Hvas、Lukas Lorentzen、Angela Etayo、Ross Cairnduff、Endre Lygre、Ana S. Gomes、Lars O. E. Ebbesson、Tom O. Nilsen

    平成31年春期日本水産学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

  27. 視覚実験系モデルとして有望なマハゼの視覚路の解明

    萩尾華子、川口将史、佐藤萌、阿部秀樹、山本直之

    平成31年春期日本水産学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京海洋大学  

  28. ウナギの脳の特徴

    山本直之、萩尾華子

    鰻脳研究会  2019年3月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:慶応義塾大学三田キャンパス  

  29. 春季におけるサクラマスの春・秋スモルトの塩類細胞、成長ホルモン、嗅覚、食欲指標

    佐藤大介、棟方有宗、廣井準也、阿部隆、工藤秀明、長谷川竜也、清水宗敬、梅野佑一郎、山本直之、村下幸司、竹井祥郎、Lukas Lorentzen、Angela Etayo、Ross Cairnduff、Endre Lygre、Ana S. Gomes、Tom O. Nilsen

    第43回日本比較内分泌学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学  

  30. ハゼ目魚類ヨシノボリの終脳に見出された特徴的な構造

    川口将史, 萩尾華子, 山本直之, 松本浩司, 仲山 慶, 赤染康久, 和泉宏謙, 恒岡洋右, 須藤文和, 村上安則, 一條裕之

    平成30年度日本解剖学会中部支部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山県民会館  

  31. Diversity of brain morphology of teleosts with different “lifestyles” 招待有り 国際会議

    Yamamoto N

    German-Japanese Summer School on Comparative Neuroscience of Brain Evolution  2018年9月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

  32. Ascending visual pathways to the telencephalon in the medaka, a percomorph fis 国際会議

    Hagio H, Kachi H, Abe H, Yamamoto N

    The 24th Japanese medaka and zebrafsh meeting  2018年8月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  33. カエルアンコウの“釣り行動”を支配する運動系

    佐藤寧々、萩尾華子、西野弘嵩、山本直之

    平成30年秋期日本水産学会  2018年8月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島大学東広島キャンパス  

  34. キンギョ(Carassius auratus) 小脳から大細胞性第8 脳神経核への投射

    成塚友佳子、山本直之

    平成30年秋期日本水産学会  2018年8月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島大学東広島キャンパス  

  35. サッパとポリプテルスの向網膜系について

    和田浩平、吉 貴博、山本直之

    平成30年秋期日本水産学会  2018年8月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島大学東広島キャンパス  

  36. Neural basis driving speciation among Rhinogobius species

    Kawaguchi M, Yamamoto N, Matsumoto K, Nakayama K, Hagio H, Shibata J, Sogabe A, Kawanishi R, Izumi H, Akazome Y, Suto F, Murakami Y, Ichijo H

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

  37. ウナギの神経系と感覚器の特徴 招待有り

    山本直之、萩尾華子

    プロジェクト「鰻脳」キックオフ・シンポジウム「大規模回遊の神経機構解明を目指して」  2018年6月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  38. Olfactory system: morphological and functional diversity in teleosts 国際会議

    Yamamoto N

    2018 Japan-Norway International Summer Course - Fish Physiology and Sustainable Aquaculture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  39. ハゼ科魚類ヨシノボリの終脳に見いだされた基底核由来の複雑な神経核に関する解析

    川口将史、山本直之、松本浩司、仲山慶、赤染康久、和泉宏謙、恒岡洋右、須藤文和、一條裕之、村上安則

    第123回日本解剖学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:日本医科大学武蔵境校舎・日本獣医生命大学  

  40. 光刺激により賦活化した硬骨魚類の中枢視覚路の組織化学的解析

    萩尾華子、加地秀、佐藤萌、阿部秀樹、山本直之

    平成30年春期日本水産学会  3018年3月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京海洋大学  

  41. クサフグ(Takifugu niphobles)におけるフグ毒類縁体に対する嗅覚感知機構

    野口能寿、榊原 良、佐竹佳樹、安立昌篤、西川俊夫、山本直之、阿部秀樹

    平成30年春期日本水産学会  2018年3月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京海洋大学  

  42. ラージマウスバスの捕食行動を誘発する匂い物質の同定 国際会議

    山本啓仁、山本直之

    第2回モナッシュ大学脳科学研究所-富山大学国際シンポジウム「神経行動学研究の最新動向」・第12回水生動物の行動と神経系シンポジウム合同シンポジウム  2017年12月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  43. 魚類終脳による運動制御系の探索. 国際会議

    山口由二朗、山本直之

    第2回モナッシュ大学脳科学研究所-富山大学国際シンポジウム「神経行動学研究の最新動向」・第12回水生動物の行動と神経系シンポジウム合同シンポジウム  2017年12月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:富山大学  

  44. Ascending visual pathways and activation of visual centers by light stimulation in teleosts 国際会議

    Hagio H, Sato M, Abe H, Yamamoto N

    Society for Neuroscience 2017  2017年11月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Washington DC   国名:アメリカ合衆国  

  45. 蛍光デキストランを利用した匂い刺激に応答するクサフグ嗅上皮細胞の同定

    野口能寿、榊原良、佐竹佳樹、安立昌篤、西川俊夫、山本直之、阿部秀樹

    第88回日本動物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山県民会館  

  46. Neural basis of premating isolation in Rhinogobius species

    Kawaguchi M, Matsumoto K, Yamamoto N, Nakayama K, Hagio H, Shibata J, Sogabe A, Kawanishi R, Izumi H, Akazome Y, Suto F, Ichijo H, Murakami Y

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  47. 硬骨魚類の脳内視覚路の進化と光刺激により活性化したシトクロム酸化酵素の局在脳部位

    萩尾華子、佐藤萌、阿部秀樹、山本直之

    平成29年春期日本水産学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京海洋大学  

  48. Ascending visual pathways in the yellowfin goby

    Hagio H, Sato M, Abe H, Yamamoto N

    2016 Annual Meeting, Program for Leading Graduate Schools  2017年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  49. Topographic analyses of retinal ganglion cells in medaka, Oryzias latipes

    Kachi H, Abe H, Yamamoto N

    The 22nd International Congress of Zoology and The 87th Meeting of The Zoological Society of Japan Joint Events 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    会議種別:ポスター発表  

  50. Can grass puffersifh (Takifugu niphobles) sniff “Tetrodotoxins”? 国際会議

    Noguchi Y, Sakakibara R, Satake Y, Adachi M, Yamamoto N, Nishikawa T, Abe H

    The 22nd International Congress of Zoology and The 87th Meeting of The Zoological Society of Japan Joint Events 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    会議種別:ポスター発表  

  51. マハゼの眼球内に確認された新規形状の水晶体筋

    加藤亜花梨、萩尾華子、山本直之、宮崎多恵子

    平成28年秋期日本水産学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    開催地:近畿大学農学部  

  52. 条鰭類の視覚路の進化と視覚路の機能に関する研究

    萩尾華子、佐藤萌、阿部秀樹、山本直之

    第2回ユニークな少数派実験動物を扱う若手が最先端アプローチを勉強する会  2016年8月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  53. クサフグはTTX を匂いとして感知できるか?

    野口能寿、榊原良、佐竹直樹、安立昌篤、西川俊夫、山本直之、阿部秀樹

    第2回ユニークな少数派実験動物を扱う若手が最先端アプローチを勉強する会  2016年8月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  54. 魚の視覚の解明-学術的貢献と社会的貢献を目指して-

    萩尾華子、佐藤萌、阿部秀樹、山本直之

    第6回企業と博士人材の交流会  2016年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語  

  55. 無顎類ヌタウナギEptatretinae burgeriにおける副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)の脳内分布

    天野勝文、阿見彌典子、鬼久保拳伍、高橋明義、山本直之

    平成28年春期日本水産学会  2016年3月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

  56. Evolution of the ascending visual pathways in teleosts

    Hagio H, Yamamoto N

    2015 Annual Meeting, Program for Leading Graduate Schools 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  57. Brain atlas of panther puffer

    Ou R, Yamamoto N

    2015 Annual Meeting, Program for Leading Graduate Schools 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  58. カエルアンコウ誘引突起の神経支配

    沢田慧、西野弘嵩、山本直之

    第11回シンポジウム 水生動物の行動と神経系 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市立大学  

  59. ティラピア小脳における背腹の小区画の内在性回路について

    井村幸介、山本直之、吉本正美、遠藤雅人、船越健悟、伊藤博信

    第11回シンポジウム 水生動物の行動と神経系 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜市立大学  

  60. ヨシノボリ属の生殖前隔離を制御する神経基盤

    川口将史、松本浩司、山本直之、仲山慶、赤染康久、須藤文和、一條裕之、村上安則

    第11回シンポジウム 水生動物の行動と神経系 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市立大学  

  61. トラザメにおける視蓋に投射する網膜神経節細胞の形態

    六車香織、山本直之

    第11回水生動物の行動と神経系 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市立大学  

  62. ニホンウナギ(Anguilla japonica)の嗅覚系

    小船井基晋、山本直之

    第11回シンポジウム 水生動物の行動と神経系 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市立大学  

  63. 硬骨魚類における中枢視覚路の進化.第11回水生動物の行動と神経系

    萩尾華子、佐藤萌、阿部秀樹、山本直之

    第11回シンポジウム 水生動物の行動と神経系 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市立大学  

  64. 板鰓類の視覚に関する形態学的研究-視蓋に視覚情報を送る網膜神経節細胞の形態-

    六車香織、山本直之

    板鰓類座談会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名護市  

  65. Evolution of the ascending visual pathways in teleosts

    Hagio H, Satou M, Abe H, Yamamoto N

    Society for Neuroscience  2015年10月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    国名:アメリカ合衆国  

  66. Visual pathways of yellowfin goby. 国際会議

    Hagio H, Satou M, Abe H, Yamamoto N:

    35th Annual JB Johnston Club Meeting for Evolutionary Neuroscience  2015年10月16日  JB Johnston Club for Evolutionary Neuroscience

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chicago   国名:アメリカ合衆国  

  67. Neural basis of reproductive isolation in Rhinogobius species

    Kawaguchi M, Matsumoto K, Nakayama K, Yamamoto N, Akazome Y, Suto F, Ichijo H, Murakami Y

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

  68. 大脳新皮質は存在するのか? 招待有り

    山本直之

    第2回理工学研究部テニュアトラックセミナー  2015年3月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:富山大学  

  69. Ecological niche of teleosts reflected on the external brain morphology. 招待有り

    Yamamoto N

    The 2nd Tenure Track System International Symposium -Recent Update in Research on the Brain and Behavior  2015年3月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  70. ココノホシギンザメHydrolagus barbouriにおける網膜神経節細胞の分布

    六車香織、山本直之

    2014年度日本魚類学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川県立 生命の星・地球博物館  

  71. サッパSardinella zunasiの視覚系に関する研究

    吉 貴博、山本直之

    平成26年秋期日本水産学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:博多   国名:日本国  

  72. ニホンウナギ(Anguilla japonica)のキスペプチン系

    鈴木大地、赤染康久、平野圭介、小船井基晋、冨川順子、上野山賀久、束村博子、前多敬一郎、尾崎雄一、奥澤公一、風藤行紀、岡 良隆、山本直之

    平成26年秋期日本水産学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:博多   国名:日本国  

  73. 繁殖行動を制御する脳内ペプチドニューロンによる神経修飾機構を探るためのキンギョ嗅球・終神経GnRHニューロンの共培養系

    志賀将雄、阿部秀樹、山本直之

    平成26年秋期日本水産学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  74. ヨシノボリ属の求愛行動を制御する神経基盤の解析

    川口将史、柴田淳也、川西亮太、曽我部篤、仲山慶、山本直之、大森浩二、須藤文和、一條裕之、松本浩司、村上安則

    第85回日本動物学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  75. The motor control system of vertebrates 国際会議

    Yamamoto N

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:マレーシア  

  76. スズキ型硬骨魚類の視床下部内側部と終脳との線維連絡

    吉本正美、山本直之

    第37回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  77. 板鰓類の視覚に関する形態学的研究-トラザメの網膜神経節細胞―

    六車香織、山本直之

    板鰓類座談会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  78. 硬骨魚類ティラピアの間脳下葉内側部と終脳との線維連絡 ー臓性感覚に関わる神経回路網ー

    吉本正美、山本直之

    第119回日本解剖学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宇都宮   国名:日本国  

  79. アデリーペンギンPygoscelis adeliaeにおける網膜神経節細胞の分布.

    六車香織、田邊優貴子、伊村智、工藤栄、山本達之、山本直之

    平成26年春期水産学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:函館   国名:日本国  

  80. 魚類の季節繁殖を制御する分子機構-2 血管嚢はサクラマスの季節センサーである

    飯郷雅之、小菅克弥、武田維倫、中根右介、池上啓介、前田遼介、千賀琢巳、阿見弥典子、天野勝文、山本直之、阿部秀樹、吉村崇

    平成26年春期水産学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  81. 魚類の季節繁殖を制御する分子機構-1 季節繁殖関連遺伝子群のサクラマス血管嚢における発現

    飯郷雅之、中根右介、池上啓介、小野ひろ子、武田維倫、高橋大輔、上坂真衣子、君嶋明太、橋本蘭夢、新井菜津美、菅琢哉、小菅克弥、阿部朋孝、阿見弥典子、天野勝文、東照雄、山本直之、吉村崇

    平成26年春期水産学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:函館   国名:日本国  

  82. キンギョの二次内臓感覚核の線維連絡

    上園志織、山田悠介、加藤健、山本直之

    平成26年春期水産学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:函館   国名:日本国  

  83. Ascending general visceral sensory pathways through the secondary nucleus in goldfish.

    Uezono S, Yamada Y, Yamamoto N

    2013 Annual Meeting, Program for Leading Graduate Schools 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  84. A new brain atlas of goldfish.

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  85. “釣り”をする魚、カエルアンコウの釣り行動制御系.

    西野弘嵩、中山友哉、山本直之

    第10回シンポジウム「水生動物の行動と神経系」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月 - 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

  86. スズキ目ティラピアの下葉内側部と終脳の線維連絡.

    吉本正美、山本直之

    第10回シンポジウム「水生動物の行動と神経系」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月 - 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

  87. 骨を支配する末梢神経:咽頭顎骨(Pharyngeal jaw)内の神経分布について.

    井村幸介、吉本正美、山本直之

    第10回シンポジウム「水生動物の行動と神経系」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月 - 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

  88. 魚類の季節繁殖を制御する脳内分子機構の解析〜血管嚢は季節センサーだった〜.

    飯郷雅之、天野勝文、山本直之、吉村崇

    第10回シンポジウム「水生動物の行動と神経系」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月 - 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

  89. Brain atlas of goldfish.

    Ratanak Ou. Takeshi Kato. Naoyuki Yamamoto

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月 - 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  90. キンギョにおける内臓感覚上行路.

    上園志織、山田悠介、山本直之

    第10回シンポジウム「水生動物の行動と神経系」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月 - 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

  91. Brain atlas of goldfish. 国際会議

    Ou R, Kato T, Yamamoto N

    Society for Neuroscience 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  92. Ascending general visceral sensory pathways from the commissural nucleus of Cajal in goldfish. 国際会議

    Uezono S, Yamada Y, Abe H, Yamamoto N

    Society for Neuroscience 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  93. 硬骨魚類の赤核に関する研究

    中山友哉、宮島聡、西野弘嵩、成田純也、山本直之

    平成25年日本水産学会秋期大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:津   国名:日本国  

  94. カエルアンコウ誘引突起の神経支配

    西野弘嵩、中山友哉、山本直之

    平成25年日本水産学会秋期大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:津   国名:日本国  

  95. 交尾刺激を伝達する神経回路の解明

    大久保紫織、大森保成、山本直之、本道栄一、井上直子

    第106回日本繁殖生物学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  96. Local populations found in the catshark Scyliorhinus torazame in Japan 国際会議

    Muguruma K, Yamamoto N, Yoshino T

    9th Indo-Pacific Fish Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  97. スズキ型魚類ティラピアの間脳に存在する糸球体前一般臓性核(pVN)の間脳および終脳との線維連絡

    吉本正美、山本直之

    第118回日本解剖学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:高松   国名:日本国  

  98. 咽頭顎(Pharyngeal jaw)における神経分布について

    井村幸介、吉本正美、山本直之

    第118回日本解剖学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:高松   国名:日本国  

  99. キンギョにおける内臓感覚の神経回路

    上園志織、山田悠介、山本直之

    平成25年日本水産学会春期大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:品川   国名:日本国  

  100. Brain atlas of goldfish (Carassius auratus)

    平成25年日本水産学会春期大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:品川   国名:日本国  

  101. Retinal ganglion cell in the Japanese catshark, Scyliorhinus torazame 国際会議

    Muguruma K, Yamamoto N

    2012 Annual Meeting, Program for Leading Graduate Schools 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  102. Brain atlas of goldfish Carassius auratus 国際会議

    Ou R, Kato T, Yamamoto N

    2012 Annual Meeting, Program for Leading Graduate Schools 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  103. Ascending general visceral sensory pathways in goldfish 国際会議

    Uezono S, Yamada Y, Yamamoto N

    2012 Annual Meeting, Program for Leading Graduate Schools 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  104. トラザメにおける網膜神経節細胞の分類

    六車香織、山本直之

    2012年度日本板鰓類研究会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  105. Retinal ganglion cell in Japanese catshark, Scyliorhinus torazame 国際会議

    Muguruma K, Yamamoto N

    Society for Neuroscience 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  106. トラザメScyliorhinus torazameの視覚特性

    六車香織、武井史郎、山本直之

    2012年度日本魚類学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:下関   国名:日本国  

  107. ハゼ科魚類における中枢視覚路

    佐藤萌、山本直之

    2012年度日本魚類学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:下関   国名:日本国  

  108. The attempt for the real-time diagnosis of eye of Adelie penguin at the Antarctica by a portable Raman analyzer 国際会議

    Yamamoto T, Akiyoshi H, Imura S, Kudoh S, Tanabe Y, Ando M, Yamamoto N

    23rd International Conference on Raman Spectroscopy 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:インド  

  109. トラザメ Scyliorhinus torazame における網膜神経節細胞の形態および分布

    六車香織、山本直之

    平成23年度日本水産学会春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  110. Central gustatory pathways in teleosts. 国際会議

    Yamamoto N

    Formation and Function of Brain Networks: From Genes to Behavior. GCOE International Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  111. Distribution and morphology of retinal ganglion cells in the Japanese catshark, Schliorhinus torazame 国際会議

    Muguruma K, Yamamoto N

    Formation and Function of Brain Networks: From Genes to Behavior 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  112. Afferent and efferent pathways of the posterior thalamic nucleus in goldfish. 国際会議

    Kato T, Yamamoto N

    Formation and Function of Brain Networks: From Genes to Behavior. GCOE International Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  113. ポータブルラマン分光器を用いた南極域動物の眼のリアルタイム分光分析

    山本達之、秋吉英雄、山本直之、田邊優貴子、工藤栄、安藤正浩、濱口宏夫

    第33回国立極地研究所極域科学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  114. キンギョの摂食制御に関わる視床後核のニューロンは大脳と脳幹の味覚・内臓感覚中枢に軸索側枝を送る

    加藤健,山本直之

    平成23年度日本水産学会秋期大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  115. トラザメ Scyliorhinus torazameの網膜神経節細胞

    六車香織,山本直之

    2011年度日本魚類学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  116. ニホンウナギ Anguilla japonica の脳アトラス作成

    平野圭亮,加藤健,山本直之

    平成23年度日本水産学会秋期大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  117. スンクスにおけるGnRH2ニューロンの免疫組織化学的解析

    猪飼耕太郎、長谷川喜久、山本直之、大森保成、本道栄一、井上直子

    第104回日本繁殖生物学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  118. Visual system of sharks: Retinal ganglion cells in the Japanese catshark, Scyliorhinus torazame

    Muguruma K, Yamamoto N

    The 5th GCOE Young Researchers' Retreat 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  119. ダイオウイカの視覚生態

    水野成美,窪寺恒己,山本直之,宗宮弘明

    平成22年度日本水産学会春期大会(要旨集のみ発表された) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  120. Gustatory ascending pathways to the telencephalon in goldfish 国際会議

    Kato T, Somiya H, Yoshimoto M, Yamamoto N

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  121. Cloning and expression of kiss2 gene in a teleost fish, red sesabream 国際会議

    Society for Neuroscience 2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  122. Understanding the sensory circuitries in teleost fishes with special reference to their interaction with neuroendocrine and reproductive behavioral systems 国際会議

    Neuroscience Symposium; IBRO School of Neuroscience Malaysia 2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  123. キンギョの視床後核の線維連絡

    加藤健、山田悠介、山本直之

    平成22年度日本水産学会秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  124. キンギョの内臓感覚神経路

    山田悠介、加藤健、山本直之

    平成22年度日本水産学会秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  125. Evaluation of the effects of the ultra-violet radiation of Antarctica on bovine corneas and lenses by Raman spectroscopy 国際会議

    International Conference on Raman Spectroscopy 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  126. cDNA cloning and induction of ovulation by peripheral administration of various kisspeptins in the musk shrew Suncus murinus, a reflex ovulator 国際会議

    43rd SSR Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  127. サカナのコミュニケーション脳

    山本直之

    シンポジウム「聴覚脳と発声機構の進化」;第115回日本解剖学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  128. マハゼ(Acanthogobius flavimanus)の視覚系とその生態との関連

    水野成美、寺井久慈、山本直之、加藤健、宗宮弘明

    日本陸水学会東海支部第12回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  129. キンギョの味覚上行路

    加藤健、宗宮弘明、山本直之

    第9回シンポジウム「水生動物の行動と神経系」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  130. アカエイの脳神経

    安川泰由、宗宮弘明、山本直之

    第9回シンポジウム「水生動物の行動と神経系」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  131. 硬骨魚類における無層性大脳皮質?

    伊藤博信、山本直之

    第9回シンポジウム[水生動物の行動と神経系] 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  132. 小脳と中脳の境界、上髄帆は硬骨魚ではどこにあるか?

    石川裕二、山本直之、保田隆子、吉本正美、伊藤博信

    第9回シンポジウム「水生動物の行動と神経系」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  133. ドワーフグーラミーのGnRH受容体の脳内分布

    岩越直宏、赤染康久、中根右介、小野ひろ子、池本忠弘、宗宮弘明、吉村崇、岡良隆、山本直之

    第9回シンポジウム「水生動物の行動と神経系」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  134. Identification and characterization of Kiss1 gene in pigs 国際会議

    Society for Neuroscience 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  135. テッポウウオの遠近調節系

    中野洋佑、上山達也、山本直之、宗宮弘明

    2009年度日本魚類学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  136. キンギョの味覚回路について

    加藤健、宗宮弘明、山本直之

    2009年度日本魚類学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  137. スンクスの脳におけるGnRH神経細胞の分布とLHおよびFSH遺伝子のクローニング

    佐々木有希,山本直之,上野山賀久,束村博子,前多敬一郎,井上直子

    第102回日本生殖科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  138. 終脳の間接入力を受ける小脳内compartmentの線維連絡

    井村幸介,山本直之,吉本正美、佐藤巌、伊藤博信

    第114回日本解剖学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  139. キントキダイ(スズキ目キントキダイ科)の発音器に関する研究

    西原大輔、山本直之、宗宮弘明、吉野哲夫、大貫敦嗣

    2008年度日本魚類学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  140. テッポウウオの遠近調節系。

    中野洋祐、上山達也、山本直之、宗宮弘明

    2008年度日本魚類学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  141. キンギョの味覚上行路

    加藤健、宗宮弘明、山本直之

    2008年度日本魚類学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  142. 軟骨魚類アカエイDasyatis akajeiの終神経。

    安川泰由、宗宮弘明、山本直之

    2008年度日本魚類学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  143. ドワーフグーラミーColisa laliaのGnRH受容体の脳内分布。

    岩越直宏、宗宮弘明、山本直之

    2008年度日本魚類学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  144. メダカ脳内kiss1遺伝子発現は卵巣エストロゲンにより調節され生殖状態を反映する。

    松本真司、赤染康久、松永卓哉、山本直之、大久保範聡、山田俊児、束村博子、前多敬一郎、岡良隆

    第79回日本動物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  145. 魚類の終脳における感覚表現

    山本直之

    第13回認知神経科学学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  146. 小脳回路の進化

    山本直之

    第113回日本解剖学会総会シンポジウム「脳の比較解剖学:小脳の進化」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  147. 硬骨魚類ティラピア小脳体の内在性線維連絡

    井村幸介、山本直之、吉本正美、佐藤巌、伊藤博信

    第8回シンポジウム「水生動物の行動と神経系」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  148. 硬骨魚類(条鰭類)の脳の外形と生態学的地位

    伊藤博信、石川裕二、吉本正美、山本直之

    第8回シンポジウム「水生動物の行動と神経系」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  149. 真骨魚類の脳組織切片コレクション

    山本直之、吉本正美、加藤健、宗宮弘明、伊藤博信

    第8回シンポジウム「水生動物の行動と神経系」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  150. ティラピアの終板血管器官の線維連絡

    吉本正美、山本直之、小澤一史

    第8回シンポジウム「水生動物の行動と神経系」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  151. ダイオウイカの網膜生態学:視野、視軸と視精度

    宗宮弘明、上山達也、武井史郎、山本直之、窪寺恒己

    第8回シンポジウム「水生動物の行動と神経系」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  152. アカメ属魚類(Lates)のグアニン型脈絡膜タペータム

    武井史郎、山本直之、宗宮弘明

    第8回シンポジウム「水生動物の行動と神経系」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  153. ザラビクニンの側線系:管感丘を支配する側線神経線維数の計測

    加藤健、山本直之、宗宮弘明

    第8回シンポジウム「水生動物の行動と神経系」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  154. カサゴ目フサカサゴ科ハチApistus carinatusの発音筋神経支配

    大貫敦嗣、山本直之、宗宮弘明

    第8回シンポジウム「水生動物の行動と神経系」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  155. Morphogenesis of the cerebellum in teleost fish 国際会議

    27th Annual JB Johnston Club Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  156. カサゴ目フサカサゴ科ハチApistus carinatusの発音系

    大貫敦嗣、山本直之、宗宮弘明

    第40回日本魚類学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  157. キントキダイ科魚類の発音系に関する研究

    西原大輔、大貫敦嗣、山本直之、宗宮弘明

    第40回日本魚類学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  158. ザラビクニンの脳、脳神経、特に側線系について

    加藤健、山本直之、宗宮弘明

    第40回日本魚類学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  159. ラット視索前野のGnRHニューロンに関する機能形態学的解析

    薛昊?、加藤昌克、山本直之、楊春英、佐久間康夫、小澤一史

    第48回日本組織細胞化学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  160. メダカにおいて性的二型を示すメタスチンニューロン群

    松本真司、赤染康久、山本直之、大久保範聡、山田俊児、束村博子、前多敬一郎、岡良隆

    第30回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  161. GnRH-EGFPトランスジェニックラットを用いた性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)含有ニューロンの形態学的特徴に関する研究

    薛昊?、山本直之、加藤昌克、楊春英、佐久間康夫、小澤一史

    第30回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  162. マウス三叉神経の3つの枝の感覚線維の数と太さの計測

    吉本正美、山本直之、小澤一史

    第30回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  163. ザラビクニン(Careproctus trachysoma)の側線系について

    加藤健、山本直之、宗宮弘明

    日本動物学会中部支部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  164. サカナの“大脳新皮質”について

    山本直之

    日本動物学会中部支部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  165. イシダイ(Oplegnathus fasciatus)の発音とその神経支配

    呉亜娟、大貫敦嗣、山本直之、宗宮弘明

    日本動物学会中部支部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  166. マツカサウオMonocentris japonicaの発音運動神経核

    大貫敦嗣、山本直之、宗宮弘明

    日本動物学会中部支部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  167. サカナに海馬はあるのか?

    山本直之,小澤一史

    第112回日本解剖学会総会シンポジウム「海馬の進化」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  168. Panorama description of gonadotropin-releasing hormone (GnRH) neurons in the preoptic area of GnRH-EGFP transgenic rat

    薛昊?,山本直之,加藤昌克,楊春英,佐久間康夫,小澤一史

    第112回日本解剖学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  169. マウス三叉神経の3つの枝の感覚線維の数と大きさ

    吉本正美,山本直之,小澤一史

    第112回日本解剖学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  170. Fiber connections of the rostrolateral region of the lateral preglomerular nucleus in cyprinid teleosts 国際会議

    Society for Neuroscience 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  171. ラットの視索前野GnRHニューロンの全景描出

    薛昊?,加藤昌克,山本直之,楊春英,佐久間康夫,小澤一史

    第33回日本神経内分泌学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  172. メダカの中脳から終神経GnRH細胞への神経入力

    山本直之,薛昊?,石川裕二,岡良隆,小澤一史

    第33回日本神経内分泌学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  173. Possible novel function of metastin neurons as dual neuromodulators in the vertebrate brain 国際会議

    Society for Neuroscience 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  174. メタスチンニューロンの新機能としての神経修飾作用

    松本真司,山本直之,赤染康久,山田俊児,束村博子,前多敬一郎,岡良隆

    第77回日本動物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  175. サカナに扁桃体は存在するのか?-真骨魚類の嗅覚および味覚系-

    山本直之,吉本正美,小澤一史

    シンポジウム「生命の基本を司る脳機構の生物学」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  176. コルチコステロイドの変動に伴う海馬領域アストログリアの機能形態変化

    小澤一史,山本直之,澤井信彦,薛昊?

    第29回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  177. スズキ型魚類ティラピアの下葉内側部は終脳へ一般臓性感覚を伝える

    吉本正美,山本直之,楊春英,伊藤博信,小澤一史

    第29回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  178. メダカの終神経GnRH細胞への入力源

    山本直之,薛昊?,石川裕二。岡良隆,小澤一史

    第29回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  179. 硬骨魚の間脳感覚中継核の発生学的起源-脊椎動物の間脳構成は共通である

    石川裕二,山本直之,吉本正美,保田隆子,丸山耕一,景崇洋,武田洋幸,伊藤博信

    第29回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  180. 脳の進化:大脳”新”皮質は新しいのか?

    山本直之

    第93回もりおか生物科学の集い 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  181. コイ科魚類の嗅球の線維連絡

    山本直之,薛昊?,伊藤博信

    第111回日本解剖学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  182. 硬骨魚類ティラピアにおける糸球体核円形部から下葉への投射パターンについて

    楊春英,薛昊?,山本直之,吉本正美,小澤一史

    第111回日本解剖学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  183. 硬骨魚類キンギョの下オリーブ核への入力

    薛昊?,楊春英,山本直之,小澤一史

    第111回日本解剖学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  184. 硬骨魚類キンギョの下オリーブ核への入力

    薛昊?,楊春英,山本直之,小澤一史

    第111回日本解剖学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  185. 硬骨魚類ティラピアの下葉内側部の線維連絡

    吉本正美,山本直之,楊春英,伊藤博信

    第111回日本解剖学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  186. 終神経のGnRH細胞群による行動の修飾:雄グーラミーの巣作り行動。

    山本直之、可児美夏、岡良隆

    シンポジウム「生命の基本を司る本能的脳機構」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  187. Connections of the olfactory bulb in cyprinids 国際会議

    Society for Neuroscience 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  188. 硬骨魚類と哺乳類の三叉神経節細胞の体部位局在性分布の共通性

    小澤一史,グリニサ・ケリム,吉本正美,山本直之,伊藤博信:

    第46回日本組織細胞化学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  189. ニジマス視蓋脳室周囲層ニューロンの分類

    木下雅恵,伊藤悦朗,浦野明央,伊藤博信,山本直之

    第76回日本動物学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  190. 硬骨魚類終脳の構築の再検討

    山本直之,石川裕二,吉本正美,薛昊?,澤井信彦,楊春英,伊藤博信,小澤一史

    第7回シンポジウム「水生動物の行動と神経系」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  191. 硬骨魚類ティラピアの三叉神経感覚核の線維連絡

    薛昊?,楊春英,山本直之,吉本正美,澤井信彦,伊藤博信,小澤一史

    第7回シンポジウム「水生動物の行動と神経系」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  192. スズキ型魚類ティラピアと哺乳類の三叉神経節における神経節細胞の体部位局在性分布に見られる共通性

    吉本正美,グリニサ・ケリム,山本直之,小澤一史,伊藤博信

    第7回シンポジウム「水生動物の行動と神経系」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  193. 硬骨魚メダカの間脳の発生

    石川裕二,山本直之,吉本正美,保田隆子,丸山耕一,景崇洋,伊藤博信

    第7回シンポジウム「水生動物の行動と神経系」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  194. 感覚上行路の進化:大脳新皮質は新しいのか?

    山本直之

    第121回つくばブレインサイエンスセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  195. 硬骨魚類の終神経のGnRH細胞への入力神経路

    山本直之,ヌルママット・バハシャル,薛昊?,吉本正美,伊藤博信,小澤一史

    第32回日本神経内分泌学会/第20回日本下垂体研究会合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  196. コイ科魚類における終脳から菱脳の聴覚中枢への下行路

    山本直之,瀧澤俊広,伊藤博信

    第28回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  197. ニジマス視蓋脳室周囲層ニューロンの電気生理学的・形態学的特徴

    木下雅恵,小林卓,山本直之,伊藤博信,浦野明央,伊藤悦朗

    第28回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  198. 硬骨魚類コイの浅視蓋前域核大細胞部の線維連絡

    薛昊?,楊春英,山本直之

    第28回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  199. 硬骨魚類テラピアにおける下葉散在核の線維連絡

    楊春英,薛昊?,山本直之

    第28回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  200. 硬骨魚類イットウダイの小脳の出力

    薛昊?,山本直之,楊春英,伊藤博信,瀧澤俊広

    第110回日本解剖学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  201. スズキ型硬骨魚類ティラピアの糸球体核前部の線維連絡

    楊春英,薛昊?,山本直之,吉本正美,伊藤博信,瀧澤俊広

    第110回日本解剖学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  202. スズキ型硬骨魚類ティラピアの半円堤中心核の線維連絡

    ヌルママット・バハシャル,山本直之,薛昊?,グリニサ・ケリム,楊春英,吉本正美,澤井信彦,瀧澤俊広

    第110回日本解剖学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  203. Toral recipient parts of preglomerular nucleus in cyprinid teleosts 国際会議

    24th Annual JB Johnston Club Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  204. 硬骨魚類コイの三叉神経感覚核の出力

    薛昊?,山本直之,楊春英,伊藤博信

    第27回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  205. コイ科魚類の隆起前核の下行性聴覚神経路

    山本直之,伊藤博信

    第27回日本神経科学学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  206. スズキ型魚類ティラピアの糸球体前核交連部の線維連絡

    吉本正美,山本直之,伊藤博信

    第27回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  207. Auditory connections in cyprinid teleosts 国際会議

    Yamamoto N

    16th International Congress of IFAA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  208. Fiber connections of the nucleus preglomerulosus pars commissuralis in a percomorph teleost, Tilapia 国際会議

    16th International Congress of IFAA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. 魚類に大脳新皮質はあるのか?

    2006年4月 - 2007年3月

    藤原ナチュラルヒストリー財団 

    山本直之

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:500000円

  2. 脳内ゴナドトロピン放出ホルモンの機能的意義の究明

    1998年5月 - 1999年3月

    日本医科大学同窓会医学研究助成賞 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:500000円

科研費 14

  1. ヒメジは動く触鬚としわしわの顔面葉を使ってどのように餌の位置を特定するのか?

    研究課題/研究課題番号:2 0 K 0 6 2 2 5  2020年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  学術研究助成基金助成金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

  2. カエルアンコウの釣り行動ー魚類の鰭運動制御系の研究

    研究課題/研究課題番号:17K07934  2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    山本 直之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    カエルアンコウは棒の先端にゴカイのようなものがついた(それぞれ誘引突起とエスカと呼ばれる)、特殊化した背鰭をもち、これを動かすことによって誘引された小魚を捕食する。誘引突起とエスカは遊泳には関与しない。この特殊化した背鰭の運動制御機構は不明である。通常の鰭の運動制御系の研究もまた少ないため、カエルアンコウおよび他の魚種の鰭運動制御機構を幅広く調査した。その結果、カエルアンコウの誘引突起の運動ニューロンは通常の鰭の運動ニューロンとは異なる中枢内分布をすることがわかった。
    カエルアンコウの特異な捕食行動は特殊化した背鰭を用いた小魚の誘引に依存している。この遊泳には関与しない背鰭の運動制御機構は不明であったが、本課題の成果により通常の鰭の運動ニューロンとは異なる中枢内分布がその背景にあることが初めて明らかとなった。また、通常の鰭の運動制御系の研究自体もわずかであったが、運動ニューロンの中枢内分布や細胞形態について明らかとなった。通常の鰭は魚類にとって重要な遊泳制御に深く関わっており、魚類の運動系を理解するために必須の知見ももたらした。

  3. 魚はどのようにものを見ているのかー魚類視覚系の研究

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. トランスポゾンを用いた遺伝子トラップに基づく新しい生命科学研究の基盤創成

    研究課題/研究課題番号:15H02370  2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    川上 浩一, 石谷 太, 伊藤 素行, 稲垣 直之, 小椋 利彦, 川上 厚志, 瀬原 淳子, 田村 宏治, 東島 眞一, 平田 普三, 弥益 恭, 山本 直之, 日比 正彦, 藤田 深里

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    (1)遺伝子トラップスクリーンを実施し、さまざまな細胞・組織・器官特異的にGal4FFを発現するトランスジェニックフィッシュを多数作製した。これらの系統におけるトランスポソン挿入部位を決定した。
    (2)細胞・組織・器官特異的Gal4FF発現トランスジェニックフィッシュを基に共同研究を実施し研究成果を英文論文40報として発表した。
    (3)ボツリヌス毒素遺伝子を用いてGal4FF発現神経細胞の機能を効率良く阻害するシステムの開発に成功した。カルシウムイメージングを行い、エサなどの視覚刺激が食欲の中枢である視床下部下葉を活性化する神経回路を発見した。恐怖条件付け学習に必須な終脳の神経回路を同定した。

  5. 魚類内臓感覚神経回路の解明と摂食制御ペプチドニューロンとの連関

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 南極オゾンホール経由の紫外線がペンギンの眼に及ぼす影響のリアルタイム分光分析

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  7. 南極オゾンホール経由の紫外線が動物の眼に及ぼす影響に関する分光学的研究

    2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    山本達之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    オゾンホールの拡大に伴う白内障の発生が危惧されている。現地のペンギンの状況や南極基地に輸送したウシ眼球への影響をラマン散乱測定などの分光学的手法で調査する。

  8. 魚類の味覚および内臓感覚神経路―感覚系の全貌理解を目指して

    2009年 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    山本 直之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 日本産発音魚の新たな探索とその種名リストの作成

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    宗宮弘明

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  10. 神経修飾系として働く終神経のGnRH細胞群の入出力回路とその進化

    2005年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    山本直之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. 複数のGnRHニューロン群による下垂体の多重支配

    2002年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    山本直之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  12. 中脳のゴナドトロピン放出ホルモン細胞への入力

    2000年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  奨励研究

    山本直之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  13. 終神経のゴナドトロピン放出ホルモン細胞への感覚入力

    1998年4月 - 2000年3月

    科学研究費補助金  奨励研究

    山本直之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  14. 中脳に存在するゴナドトロピン放出ホルモン産生細胞の機能の解明

    1996年4月 - 1997年3月

    科学研究費補助金  奨励研究

    山本直之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 44

  1. 生物学実験

    2022

  2. 資源生物科学基盤実験実習

    2022

  3. 動物解剖生理学特論

    2022

  4. 動物形態学

    2022

  5. 動物生理学2

    2022

  6. 生物学基礎I

    2022

  7. 分類・形態学

    2022

  8. 動物組織・形態学

    2020

     詳細を見る

    動物の形態学のうち、魚類の骨学、筋学、および関連する遊泳行動について学ぶ

  9. 分類・形態学

    2020

     詳細を見る

    農学はさまざまな動・植物、菌類、細菌などの生物を対象とした学問であり、それらの分類を学ぶ。同時に分類の基礎となる形態の観察の手法や使用する装置についても学ぶ。

  10. 動物形態学

    2020

     詳細を見る

    動物の形態学のうち、魚類の骨学、筋学、および関連する遊泳行動について学ぶ

  11. 動物生理学2

    2020

     詳細を見る

    家禽学および水産学の対象である鳥類と魚類を主な対象に、これらの動物の生理学的な特徴を学ぶ

  12. 農学部特別講義

    2020

     詳細を見る

    学部での学びの集大成として、研究結果を論理的に評価することがでいる思考力を涵養する

  13. 修士論文研究4

    2020

     詳細を見る

    実験系の確立と研究計画立案、および研究成果をまとめて学会や学術雑誌で報告することを指導する

  14. 修士論文研究3

    2020

     詳細を見る

    実験系の確立と研究計画立案、および研究成果をまとめて学会や学術雑誌で報告することを指導する

  15. 修士論文研究2

    2020

     詳細を見る

    実験系の確立と研究計画立案、および研究成果をまとめて学会や学術雑誌で報告することを指導する

  16. 修士論文研究1

    2020

     詳細を見る

    実験系の確立と研究計画立案、および研究成果をまとめて学会や学術雑誌で報告することを指導する

  17. 生命農学演習4

    2020

     詳細を見る

    学術雑誌や書籍の読解と解釈の指導および学生からの実験の進捗状況の説明に対応した今後の研究計画立案の指導

  18. 生命農学演習3

    2020

     詳細を見る

    学術雑誌や書籍の読解と解釈の指導および学生からの実験の進捗状況の説明に対応した今後の研究計画立案の指導

  19. 生命農学演習2

    2020

     詳細を見る

    学術雑誌や書籍の読解と解釈の指導および学生からの実験の進捗状況の説明に対応した今後の研究計画立案の指導

  20. 動物解剖生理学特論

    2020

     詳細を見る

    魚類の神経系と感覚系に関して、学部で学んだことを土台にさらに発展的な内容について学ぶ

  21. 資源生物学実験実習

    2020

     詳細を見る

    内分泌系、神経系、消化器系などの切片観察を行い、細胞の形態と組織の成り立ちについて学ぶ

  22. 生物学実験

    2020

     詳細を見る

    動物を理解するための最初の手がかりとして魚類の解剖を行う

  23. 生物学基礎Ⅱ

    2011

  24. 生物学基礎II

    2010

  25. モデル動物学

    2010

  26. 動物生産科学3

    2010

  27. 構造機能解析法(集中)

    2010

  28. 動物生理学3

    2010

  29. 生物学基礎Ⅱ

    2009

  30. 構造機能解析法

    2009

  31. 資源生物科学基盤実験実習(3年生)

    2009

  32. 組織・形態学

    2009

  33. 分類・形態学

    2009

  34. 生物学実験(1年生、実験実習)

    2009

  35. 資源生物科学専門講義(モデル動物学)

    2009

  36. 分類・形態学

    2008

  37. 組織・形態学

    2008

  38. 生物学実験(1年生、実験実習)

    2008

  39. 生物学基礎II

    2008

  40. 資源生物環境学実験実習(3年生Cコース)

    2007

  41. 資源生物科学基盤実験実習(2年生)

    2007

  42. 生物学基礎II(1年生)

    2007

  43. 動物組織・形態学(2年生)

    2007

  44. 生物学実験(1年生、実験実習)

    2007

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 14

  1. 魚類神経系の基礎と多様性

    2019年10月 北里大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  2. 面接授業「魚の感覚、脳、行動」

    2019年7月 放送大学)

     詳細を見る

    科目区分:その他 

  3. 面接授業「魚の感覚、脳、行動」

    2018年7月 放送大学)

     詳細を見る

    科目区分:その他 

  4. 自然科学基礎「ニューロン新生–魚の神経系からのヒント」

    2018年6月

  5. 応用生命工学特論 「脊椎動物の神経系」

    2016年9月 島根大学)

  6. 生命情報工学特論

    2011年4月 - 2012年3月 島根大学)

  7. 神経解剖学

    2010年4月 - 2011年3月 日本医科大学)

  8. 基礎医学グループ演習『性機能調節系の比較形態学』

    2009年4月 - 2010年3月 日本医科大学)

  9. 生命化学特別講義「魚類の神経系」

    2008年4月 - 2009年3月 鹿児島大学)

  10. 神経解剖学

    2008年4月 - 2009年3月 日本医科大学)

  11. 神経解剖学

    2007年4月 - 2008年3月 日本医科大学)

  12. 動物学特別講義I

    2006年4月 - 2007年3月 東京大学)

  13. 新領域創成科学特別講義「生殖内分泌系」

    2005年4月 - 2006年3月 東京大学)

  14. 神経生物学

    2005年4月 - 2006年3月 国際基督教大学)

▼全件表示

 

社会貢献活動 18

  1. 夢ナビライブ2013名古屋(主催:フロムページ;後援:文部科学省)

    2013年7月

     詳細を見る

    高校生向けに学部紹介と研究紹介を行った

  2. 夢ナビライブ2013大阪(主催:フロムページ;後援:文部科学省)

    2013年6月

     詳細を見る

    高校生向けに学部紹介と研究紹介を行った

  3. 岐阜県立斐太高等学校 出前授業

    2013年5月

     詳細を見る

    高校2−3年生を対象に、学部紹介と研究紹介を行った

  4. 山里学童クラブ「ニジマスの解剖」

    2013年3月

     詳細を見る

    名古屋市昭和区の学童クラブで、学童の子供たちと保護者を対象に食物連鎖のついての講義を行なった上で、ニジマスの解剖を指導した。解剖後は調理して食事を行なった。

  5. 岡崎高校SSH体験研修

    2012年8月

     詳細を見る

    SSH学生に講義と実験実習を行なった

  6. 夢ナビライブ2012名古屋(主催:フロムページ;後援:文部科学省)

    2012年7月

     詳細を見る

    高校生向けの講義

  7. 夢ナビライブ2012北九州(主催:フロムページ;後援:文部科学省)

    2012年5月

     詳細を見る

    高校生向けの講義

  8. 山里学童クラブ「ニジマスの解剖」

    2012年3月

     詳細を見る

    名古屋市昭和区の学童クラブで、学童の子供たちと保護者を対象に食物連鎖のついての講義を行なった上で、ニジマスの解剖を指導した。解剖後は調理して食事を行なった。

  9. 河合塾「栄冠TV」インタビュー

    2011年10月

     詳細を見る

    河合塾内で放映される名古屋大学の紹介内容の一部として、研究についてのインタビューを受けた。

  10. 夢ナビライブ2011大阪(主催:フロムページ;後援:文部科学省)

    2011年7月

     詳細を見る

    近畿地方の高校生を対象に、学部紹介をするとともに研究について講義を行なった。

  11. 夢ナビライブ2011東京(主催:フロムページ;後援:文部科学省)

    2011年7月

     詳細を見る

    関東地方の高校生を対象に、学部の紹介をするとともに研究について講義を行なった。

  12. 第10回名大カフェ"Science and Me" 「脳を読む-形が語る魚の生態」

    2011年5月

     詳細を見る

    小学生や大学生から社会人の方まで、さまざまな人達に魚の脳と生態について話をした。

  13. 夢ナビライブ2011名古屋(主催:フロムページ;後援:文部科学省)

    2011年6月

     詳細を見る

    中部地方の高校生を対象に、学部紹介をするとともに研究について講義を行なった。

  14. 夢ナビ(ネットによる模擬授業:フロムページ)

    2011年3月 - 現在

     詳細を見る

    魚類の神経系についての、簡単な解説をネットに載せて、興味を持つ学生に情報を提供する

  15. 山里学童クラブ「ニジマスの解剖」

    2011年3月

     詳細を見る

    名古屋市昭和区の学童クラブで、学童の子供たちと保護者を対象に食物連鎖のついての講義を行なった上で、ニジマスの解剖を指導した。解剖後は調理して食事を行なった。

  16. 山里学童クラブ「ニジマスの解剖」

    2010年3月

     詳細を見る

    名古屋市昭和区の学童クラブで、学童の子供たちと保護者を対象に食物連鎖のついての講義を行なった上で、ニジマスの解剖を指導した。解剖後は調理して食事を行なった。

  17. 山里学童クラブ「ニジマスの解剖」

    2009年3月

     詳細を見る

    名古屋市昭和区の学童クラブで、学童の子供たちと保護者を対象に食物連鎖のついての講義を行なった上で、ニジマスの解剖を指導した。解剖後は調理して食事を行なった。

  18. 理科☆大学連携学習会

    2008年12月

     詳細を見る

    愛知県内の理科担当教員に、話題提供として魚類の神経系についての講演を行なうとともに、高校の理科教育の実情や大学に求められているものについて意見交換を行なった

▼全件表示

メディア報道 6

  1. びっくり!魚は頭がいい テレビ・ラジオ番組

    NHK Eテレ  サイエンスZERO  冒頭部と2番目の話題  2021年4月

  2. 深海魚 暗闇でも色判別? 新聞・雑誌

    日本経済新聞社  日本経済新聞(朝刊)  サイエンス面  2020年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  3. 海ホタルの光 食べて盗む 新聞・雑誌

    朝日新聞社  朝日新聞(夕刊)  2020年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  4. キンメモドキ発光の謎解明 新聞・雑誌

    科学新聞  2020年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  5. キンメモドキの発光 ウミホタルの酵素利用 新聞・雑誌

    日本経済新聞社  日本経済新聞  2020年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  6. How a Fish Steals Its Ability to Glow 新聞・雑誌

    New York Times Company  The New York Times  2020年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

▼全件表示

学術貢献活動 8

  1. The Journal of Comparative Neurology, Editorial Board Member 国際学術貢献

    役割:審査・評価

    2010年1月 - 現在

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  2. Brain, Behavior and Evolution, Editorial Board Member 国際学術貢献

    役割:審査・評価

    2004年1月 - 現在

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  3. Brain Structure and Function 国際学術貢献

    役割:査読

    2021年4月 - 2022年3月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  4. Frontier in Neuroscience 国際学術貢献

    役割:査読

    2021年4月 - 2022年3月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  5. 日本水産学会

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    日本水産学会  2021年3月

  6. Journal of Chemical Neuroanatomy 国際学術貢献

    役割:査読

    2020年5月 - 2021年6月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  7. JB Johnston Club for Evolutionary Neuroscience Annual Meeting 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    JB Johnston Club for Evolutionary Neuroscience  2017年11月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  8. Karger Workshop 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等

    Karger, JB Johnston Club for Evolutionary Neuroscience  2017年11月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

▼全件表示