2021/04/21 更新

写真a

マキハラ ダイゴ
槇原 大悟
MAKIHARA, Daigo
所属
農学国際教育研究センター 実践地域開発部門 准教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(農学) ( 2000年3月   岡山大学 ) 

研究キーワード 15

  1. アフリカ稲作振興

  2. ネリカ

  3. 陸稲

  4. イネ

  5. ストレス耐性

  6. 低利用作物

  7. 国際協力

  8. 農業・農村開発

  9. 現地調査

  10. 土壌侵食

  11. 保全農業

  12. いもち病

  13. 塩害

  14. 旱害

  15. 冷害

研究分野 3

  1. その他 / その他  / 作物学・雑草学

  2. その他 / その他  / 環境農学

  3. その他 / その他  / 資源保全学

現在の研究課題とSDGs 5

  1. 東アフリカ高原地帯におけるイネの生育・普及阻害要因

  2. 地域資源を活用した土壌侵食防止のための保全農業手法

  3. 作物遺伝資源の利用・管理に関する社会的側面

  4. アフリカにおける稲作普及のための社会経済的条件

  5. 農学分野の国際協力に関する国内のリソースと途上国のニーズ

経歴 10

  1. 名古屋大学   農学国際教育研究センター 実践地域開発部門   准教授

    2018年4月 - 現在

  2. 京都大学   大学院農学研究科   非常勤講師

    2019年4月 - 2019年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 東京農工大学農学府・非常勤講師

    2014年10月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 岐阜大学応用生物科学部・非常勤講師

    2009年4月 - 2009年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 国際協力機構「エリトリア国高等教育支援協力プログラム準備調査」の調査団員(派遣国: エリトリア、業務: 農業)

    2009年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学農学国際教育協力研究センター 准教授

    2007年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学農学国際教育協力研究センター 助教授

    2007年2月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 国際協力機構 長期派遣専門家(アフリカ人造り拠点プロジェクトフェーズ2、研究開発事業担当)としてケニアに赴任

    2003年4月 - 2007年2月

  9. 国際協力事業団(現 国際協力機構)短期派遣専門家(指導科目:高等農業教育強化)としてカンボジアに赴任(名古屋大学在職中)

    2001年6月 - 2001年12月

  10. 名古屋大学農学国際教育協力研究センター 研究機関研究員

    2000年6月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 岡山大学   自然科学研究科   生産開発科学専攻

    1996年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 岡山大学   農学研究科   農業生産学専攻

    1993年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 岡山大学   農学部   総合農業科学科

    1989年4月 - 1993年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 2

  1. 日本作物学会

  2. 日本熱帯農業学会

委員歴 7

  1. 日本作物学会   広報委員会講演会連絡担当委員  

    2021年5月 - 現在   

  2. 日本作物学会   講演会企画委員  

    2021年4月 - 現在   

  3. 日本作物学会   第10回アジア作物学会議運営委員  

    2020年5月 - 現在   

  4. 日本作物学会   第252回講演会運営委員会事務局長  

    2020年 - 現在   

  5. 日本作物学会   英文誌編集委員  

    2016年4月 - 現在   

  6. 日本熱帯農業学会   研究集会幹事  

    2016年4月 - 2018年3月   

  7. 日本熱帯農業学会   編集委員  

    2014年4月 - 現在   

▼全件表示

 

論文 43

  1. Marker-assisted introgression and stacking of major QTLs controlling grain number (Grain number 1a (Gn1a)) and number of primary branching (Wealthy Farmer’s Panicle (WFP)) to NERICA cultivars 査読有り 国際共著 国際誌

    Vincent Pamugas Reyes, Rosalyn B. Angeles-Shim, Merlyn S. Mendioro, Ma.Carmina C. Manuel, Ruby S. Lapis, Jung Hyun Shim, Hidehiko Sunohara, Shunsaku Nishiuchi, Mayumi Kikuta, Daigo Makihara, Kshirod K Jena, Motoyuki Ashikari, Kazuyuki Doi

    Plants     2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. A method for evaluating cold tolerance in rice during reproductive growth stages under natural low-temperature conditions in tropical highlands in Kenya 査読有り 国際共著 国際誌

    Samejima Hiroaki, Kikuta Mayumi, Katura Keisuke, Menge Daniel, Gichuhi Emily, Wainaina Cornelius, Kimani John, Inukai Yoshiaki, Yamauchi Akira, Makihara Daigo

    PLANT PRODUCTION SCIENCE   23 巻 ( 4 ) 頁: 466 - 476   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/1343943X.2020.1777877

    Web of Science

    Scopus

  3. Factors explaining differences in yield response to high nitrogen fertilization among rice varieties under tropical highland conditions in central Kenya 査読有り 国際共著 国際誌

    Hiroaki SAMEJIMA, Keisuke KATSURA, Mayumi KIKUTA, Symon Mugo NJINJU, John Munji KIMANI, Akira YAMAUCHI and Daigo MAKIHARA

    JARQ     2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Sago palm (Metroxylon sagu Rottb.) response to drought condition in terms of leaf gas exchange and chlorophyll a fluorescence 査読有り 国際共著 国際誌

    Azhar Aidil, Makihara Daigo, Naito Hitoshi, Asano Koki, Takagi Mai, Unoki Saeka, Tomita Rena, Abbas Barahima, Ehara Hiroshi

    PLANT PRODUCTION SCIENCE   24 巻 ( 1 ) 頁: 65 - 72   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/1343943X.2020.1794914

    Web of Science

    Scopus

  5. Analysis of rice yield response to various cropping seasons to develop optimal cropping calendars in Mwea, Kenya 査読有り 国際共著 国際誌

    Samejima Hiroaki, Katsura Keisuke, Kikuta Mayumi, Njinju Symon Mugo, Kimani John Munji, Yamauchi Akira, Makihara Daigo

    PLANT PRODUCTION SCIENCE   23 巻 ( 3 ) 頁: 297 - 305   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/1343943X.2020.1727752

    Web of Science

    Scopus

  6. Root and shoot responses of upland New Rice for Africa varieties to fluctuating soil moisture conditions as affected by different levels of nitrogen fertilization 査読有り 国際共著 国際誌

    Menge Daniel Makori, Kano-Nakata Mana, Yamauchi Akira, Suralta Roel Rodriguez, Makihara Daigo

    JOURNAL OF AGRONOMY AND CROP SCIENCE   206 巻 ( 3 ) 頁: 322 - 337   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jac.12390

    Web of Science

    Scopus

  7. Agronomic traits and grain quality of upland rice cultivated in Southeast Sulawesi, Indonesia 査読有り 国際共著

    Mayumi KIKUTA, Daigo MAKIHARA, Yulius Barra PASOLON, Fransiscus Suramas REMBON, Akira MIYAZAKI, and Yoshinori YAMAMOTO

    Journal of International Cooperation for Agricultural Development   18 巻   頁: 41 - 47   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Evaluating sago palm (Metroxylon sagu Rottb.) photosynthetic performance in waterlogged conditions: utilizing pulse-amplitude-modulated (PAM) fluorometry as a waterlogging stress indicator 査読有り 国際共著 国際誌

    Azhar, A., Makihara, D., Naito, H. and Ehara, H.

    Journal of the Saudi Society of Agricultural Sciences   19 巻 ( 1 ) 頁: 37 - 42   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jssas.2018.05.004

    Scopus

  9. Genetic variation of blast (<i>Pyricularia oryzae</i> Cavara) resistance in rice (<i>Oryza sativa</i> L.) accessions widely used in Kenya 査読有り 国際共著 国際誌

    Fukuta Yoshimichi, Suzuki Tomohisa, Yanagihara Seiji, Obara Mitsuhiro, Tomita Asami, Ohsawa Ryo, Machungo Catherine Wanjiku, Hayashi Nagao, Makihara Daigo

    Breeding Science   69 巻 ( 4 ) 頁: 672 - 679   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society of Breeding  

    <p>A total of 47 rice accessions collected from Kenya were investigated the genetic variations and classified into two cluster groups, A and B, by polymorphism data of 65 simple sequence repeat (SSR) markers. Clusters A and B corresponded to Japonica and Indica Groups, respectively. The number of Japonica Group accessions was limited in comparison with those of the Indica Group. Based on their patterns of reaction to standard differential blast isolates (SDBIs), these accessions and 57 control cultivars including differential varieties and several accessions harboring partial resistance genes were classified again into three cluster groups: Ia (high resistance), Ib (intermediate resistance) and II (susceptible). The rice accessions from Kenya were classified only into groups Ia and Ib. The accessions from Kenya were finally classified into three categories, A-Ia, B-Ia and B-Ib, based on the two classifications of polymorphism of SSR markers and resistance. The Indica Group accessions had wider genetic variation for blast resistance than did the Japonica Group accessions. The three leading cultivars (Basmati 217, Basmati 370 and ITA 310) categorized into Cluster group Ia were susceptible to some SDBIs from Kenya. The genetic variation for blast resistance in Kenya was demonstrated as the first report using SDBIs.</p>

    DOI: 10.1270/jsbbs.19065

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  10. Pathogenicities of Rice Blast (Pyricularia oryzae Cavara) Isolates From Kenya 査読有り 国際共著 国際誌

    Fukuta Yoshimichi, Jeanie Telebanco-Yanoria Mary, Hayashi Nagao, Yanagihara Seiji, Machungo Catherine Wanjiku, Makihara Daigo

    PLANT DISEASE   103 巻 ( 12 ) 頁: 3181 - 3188   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1094/PDIS-04-19-0870-RE

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  11. QTL analysis for carbon assimilate translocation-related traits during maturity in rice (<i>Oryza sativa</i> L.) 査読有り 国際共著 国際誌

    Phung Huan Danh, Sugiura Daisuke, Sunohara Hidehiko, Makihara Daigo, Kondo Motohiko, Nishiuchi Shunsaku, Doi Kazuyuki

    Breeding Science   69 巻 ( 2 ) 頁: 289 - 296   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society of Breeding  

    <p>Problems with carbon assimilate translocation from source organs to sink (grains) during ripening cause yield losses in rice (<i>Oryza sativa</i> L.), especially in high-sink-capacity varieties. We conducted a genetic analysis of traits related to such translocation by using recombinant inbred lines. Shoot weight (SW) of T65, a <i>japonica</i> parent, was retained from heading to late maturity, whereas that of DV85, an <i>aus</i> parent, was greater than that of T65 at 5 days after heading (DAH) and then decreased until 20 DAH. This difference was observed clearly under standard-fertilizer but not low-fertilizer conditions. Non-structural carbohydrate (NSC) contents in the parents showed a tendency similar to that for SW. QTL analysis revealed pleiotropic QTLs on chromosomes 5 and 10, probably by associations with heading date QTLs. A QTL associated with harvest index and NSC at 5 DAH was detected on chromosome 1. By considering the temporal changes of the traits, we found a QTL for decrease in SW on chromosome 11; the DV85 allele of this QTL facilitated assimilate translocation and suppressed biomass growth. A suggestive QTL for NSC decrease was located on chromosome 2. These QTLs could represent potential targets for controlling carbon assimilate translocation in breeding programs.</p>

    DOI: 10.1270/jsbbs.18203

    Scopus

    PubMed

  12. Growth of Rice Varieties in Different Kenyan Soil Types Under Water-Deficit Conditions 査読有り 国際共著

    Magoti Rahab, Mayumi Kikuta, George Chemining’wa, Josiah Kinama, John Kimani, Hiroaki Samejima, Patrick Gicheru & Daigo Makihara

    Journal of Agricultural Science   11 巻 ( 6 ) 頁: 1 - 11   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5539/jas.v11n6p1

  13. Effect of nitrogen application on the expression of drought-induced root plasticity of upland NERICA rice 査読有り 国際共著 国際誌

    Menge Daniel Makori, Onyango John Collins, Yamauchi Akira, Kano-Nakata Mana, Asanuma Shuichi, Tran Thiem Thi, Inukai Yoshiaki, Kikuta Mayumi, Makihara Daigo

    PLANT PRODUCTION SCIENCE   22 巻 ( 2 ) 頁: 180 - 191   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/1343943X.2018.1561194

    Web of Science

    Scopus

  14. Effects of different water management practices on the dry matter production process and characteristics in NERICAs 査読有り 国際誌

    Kikuta Mayumi, Makihara Daigo, Arita Naoya, Miyazaki Akira, Yamamoto Yoshinori

    PLANT PRODUCTION SCIENCE   22 巻 ( 2 ) 頁: 168 - 179   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/1343943X.2018.1561195

    Web of Science

    Scopus

  15. Evaluation of a newly identified mutation gene that promotes root elongation for improvement of drought avoidance in rice 査読有り 国際共著

    Hasegawa, T., Shibata, A., Wainaina, C. M., Makihara, D., Samejima, H., Kikuta, M., Menge, D. M., Kimani, J. M., Yamauchi, A. and Inukai, Y.

    Journal of International Cooperation for Agricultural Development   17 巻   頁: 34 - 40   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Identification and validation of QTLs for cold tolerance at the booting stage and other agronomic traits in a rice cross of a Japanese tolerant variety, Hananomai and a NERICA parent, WAB56-104 査読有り 国際共著 国際誌

    Cornelius Mbathi Wainaina, Daigo Makihara, Mitsuru Nakamura, Akihiro Ikeda, Taro Suzuki, Yuko Mizukami, Toshihiro Nonoyama, Kazuyuki Doi, Mayumi Kikuta, Hiroaki Samejima, Daniel Makori Menge, Akira Yamauchi, Hidemi Kitano, John Munji Kimani, Yoshiaki Inukai

    Plant Production Science   21 巻 ( 2 ) 頁: 132 - 143   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/1343943X.2018.1440970

  17. Grain yield responses of lowland rice varieties to increased amount of nitrogen fertilizer under tropical highland conditions in central Kenya 査読有り 国際共著 国際誌

    Njinju Symon M., Samejima Hiroaki, Katsura Keisuke, Kikuta Mayumi, Gweyi-Onyango Joseph P., Kimani John M., Yamauchi Akira, Makihara Daigo

    PLANT PRODUCTION SCIENCE   21 巻 ( 2 ) 頁: 59 - 70   2018年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/1343943X.2018.1436000

    Web of Science

    Scopus

  18. Root plasticity under fluctuating soil moisture stress exhibited by backcross inbred line of a rice variety, Nipponbare carrying introgressed segments from KDML105 and detection of the associated QTLs 査読有り 国際共著 国際誌

    Owusu-Nketia Stella, Inukai Yoshiaki, Ohashi Satomi, Rodriguez Suralta Roel, Doi Kazuyuki, Mitsuya Shiro, Kano-Nakata Mana, Manito Niones Jonathan, Dinh Thi Ngoc Nguyen, Takuya Kabuki, Makihara Daigo, Yamauchi Akira

    PLANT PRODUCTION SCIENCE   21 巻 ( 2 ) 頁: 106 - 122   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/1343943X.2018.1446759

    Web of Science

    Scopus

  19. Photosynthesis of Sago Palm (Metroxylon sagu Rottb.) Seedling at Different Air Temperatures 査読有り 国際共著 国際誌

    Aidil Azhar, Daigo Makihara, Hitoshi Naito and Hiroshi Ehara

    Agriculture   8 巻   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/agriculture8010004

  20. Effects of Slope-related Soil Properties on Upland Rice Growth and Yield under Slash-and-burn System in South Konawe Regency, Southeast Sulawesi Province, Indonesia 査読有り 国際共著 国際誌

    KIKUTA Mayumi, YAMAMOTO Yoshinori, PASOLON Yulius Barra, REMBON Fransiscus Suramas, MIYAZAKI Akira, MAKIHARA Daigo

    Tropical Agriculture and Development   62 巻 ( 2 ) 頁: 60 - 67   2018年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>This study examined how slope-related soil physicochemical properties affect the growth and yield of upland rice subjected to slash-and-burn. The yield survey and soil analysis were performed at a hillside farm in Southeast Sulawesi Province, Indonesia. Organic-C, total-N, available-P and exchangeable-Ca, Mg, and K tended to increase further down the slope, leading to greater rice growth and yield. The resultant yield increase was mainly attributable to higher spikelet number per square meter. Total-N explained variation in spikelet number per panicle, but not variation in grain yield. Among the tested soil physicochemical parameters, only organic-C was significantly and positively correlated with rice growth and yield. In addition, most other parameters increased with soil organic-C. These findings indicate that organic-C in the soil is important to the growth and yield of upland rice cultivated with slash-and-burn systems, although other complex relationships may exist between rice productivity, the environment, and agricultural management factors. Moreover, our results imply that position on a slope affect rice growth and yield.</p>

    DOI: 10.11248/jsta.62.60

  21. An Assessment of Paddy Production System in Central Kenya with Special Reference to Micronutrients 査読有り 国際共著 国際誌

    Caroline A. Kundu, Masaya Ishii, Kuniaki Sato, Raphael K. Wanjogu, Daigo Makihara, Akira Yamauchi, Tsugiyuki Masunaga

    Journal of Agricultural Science   9 巻   頁: 49 - 63   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5539/jas.v9n6p49

  22. 東アフリカ高地を対象とした水管理による開花期の制御を通して低温ストレスを回避させうるイネ新栽培技術の開発 査読有り

    コーネリアス ムバティ ワイナイナ,槇原大悟,鮫島啓彰,菊田真由実,ダニエル マコリ メンゲ,ジョン ムンジ キマニ,犬飼義明

    農学国際協力   15 巻   頁: 33 - 42   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Growth and yield responses of upland NERICAs to variable water management under field conditions 査読有り 国際共著

    Kikuta Mayumi, Makihara Daigo, Arita Naoya, Miyazaki Akira, Yamamoto Yoshinori

    Plant Production Science   20 巻 ( 1 ) 頁: 36 - 46   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/1343943X.2016.1245102

    Web of Science

  24. How Growth and Yield of Upland Rice Vary with Topographic Conditions: A Case of Slash-and-burn Rice Farming in South Konawe Regency, Southeast Sulawesi Province, Indonesia 査読有り 国際共著 国際誌

    Mayumi KIKUTA, Yoshinori YAMAMOTO, Yulius Barra PASOLON, Fransiscus Suramas REMBON, Akira MIYAZAKI, and Daigo MAKIHARA

    Tropical Agriculture and Development   60 巻 ( 3 ) 頁: 162 - 171   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11248/jsta.60.162

  25. Evaluation of Soil Chemical Properties under Paddy Production System in Central Kenya Soil Exchangeable Cations 査読有り 国際共著 国際誌

    Caroline A. Kundu, Masaya Ishii, Kuniaki Sato, Tsugiyuki Masunaga, Raphael K. Wanjogu, Raymond E. Njagi, Akira Yamauchi & Daigo Makihara

    Journal of Agricultural Science   8 巻   頁: 136 - 148   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5539/jas.v8n8p136

  26. Drought-induced Root Plasticity of Two Upland NERICA Varieties under Conditions with Contrasting Soil Depth Characteristics 査読有り 国際共著 国際誌

    Daniel Menge, Emi Kameoka, Mana Kano-Nakata, Akira Yamauchi, Shuichi Asanuma, Hidetoshi Asai, Mayumi Kikuta, Roel Rodriguez Suralta, Takuya Koyama, Thiem Thi Tran, Joel DLC. Siopongco, Shiro Mitsuya, Yoshiaki Inukai, and Daigo Makihara

    Plant Production Science   19 巻 ( 3 ) 頁: 389 - 400   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/1343943X.2016.1146908

  27. ケニアにおける畑地利用による米増産の可能性 査読有り

    齋藤元也, 小川茂男, 槇原大悟, 浅沼修一

    畑地農業   676 巻   頁: 9 - 22   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Evaluation of Cold Tolerance in NERICAs Compared with Japanese Standard Rice 査読有り 国際共著 国際誌

    Wainaina, C. M., Inukai, Y., Masinde, P. W., Ateka, E. M., Murage, H., Kano-Nakata, M., Nakajima, Y., Terashima, T., Mizukami, Y., Nakamura, M., Nonoyama, T., Saka, N., Asanuma, S., Yamauchi, A., Kitano, H., Kimani, J. and Makihara, D.

    Journal of Agronomy and Crop Science   201 巻 ( 6 ) 頁: 461 - 472   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1111/jac.12125

  29. Impact of adopting a new cash crop: A randomized rice seed provision trial in the Kenyan highlands 査読有り 国際共著

    Takeshi Sakurai, Akiko Nasuda, Hunja Murage and Daigo Makihara

    The Japanese Journal of Rural Economics   16 巻   頁: 25 - 32   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Dual role of irrigation schemes for NERICA diffusion in the central highlands in Kenya: sources of supplemental water and technology information 査読有り 国際共著

    Akiko Nasuda, Takeshi Sakurai, Hunja Murage and Daigo Makihara

    Journal of International Cooperation for Agricultural Development   13 巻   頁: 29 - 37   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Investigating the impact of rice blast disease on the livelihood of the local farmers in greater Mwea region of Kenya 査読有り 国際共著 国際誌

    Joseph Kihoro, Njoroge J Bosco, Hunja Murage, Elijah Ateka and Daigo Makihara

    SpringerPlus   2 巻   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/2193-1801-2-308

  32. アフリカにおけるイネ栽培の課題と対応方策

    槇原大悟

    熱帯農業研究   6 巻 ( 1 ) 頁: 33 - 37   2013年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11248/nettai.6.33

  33. 農学分野の国際協力に関する日本の援助リソースと開発途上国の支援ニーズのマッチング分析を通じたプロジェクト形成支援の可能性 査読有り

    槇原大悟, 浅沼修一

    農学国際協力   12 巻   頁: 34 - 52   2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. カンボジア王国における農業高等教育の現状と課題 査読有り

    槇原大悟, 松本哲男

    熱帯農業   47 巻 ( 3 ) 頁: 222 - 229   2003年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11248/jsta1957.47.222

  35. 耐塩性の異なるイネ2品種における植物体内の水分状態とケイ素濃度 査読有り 国際誌

    熱帯農業   45 巻 ( 4 ) 頁: 259 - 265   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11248/jsta1957.45.259

  36. イネ2品種における穎花数と乾物生産におよぼす塩ストレスと低日射量の影響 査読有り

    熱帯農業   45 巻 ( 3 ) 頁: 192 - 198   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11248/jsta1957.45.192

  37. 登熟期のイネに与えられた塩水灌漑が玄米の乾物増加に及ぼす影響 査読有り

    槇原大悟, 津田誠, 平井儀彦, 黒田俊郎

    日本作物学会紀事   70 巻 ( 1 ) 頁: 71 - 77   2001年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.70.71

  38. ナトリウムイオン集積に対するイネ切断葉の光合成反応からみた耐塩性の評価 査読有り

    槇原大悟, 平井儀彦, 津田誠, 岡本憲治

    日本作物学会紀事   70 巻 ( 1 ) 頁: 78 - 83   2001年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.70.78

  39. The involvement of silicon deposition in salinity induced white head in rice (Oryza sativa L.) 査読有り 国際誌

    Tsuda, M., M. Morita, D. Makihara and Y. Hirai

    Plant Production Science   3 巻 ( 3 ) 頁: 328 - 334   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/pps.3.328

  40. イネの根におけるナトリウムイオン排除率と蒸散量の変化が地上部ナトリウム含有率に及ぼす影響

    槇原大悟, 津田誠, 平井儀彦

    岡山大学農学部学術報告   89 巻   頁: 31 - 37   2000年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. イネ品種における土壌高塩分に対する反応の生育にともなう変化 査読有り

    槇原大悟, 津田誠, 森田美穂, 平井儀彦, 黒田俊郎

    熱帯農業   43 巻 ( 4 ) 頁: 285 - 294   1999年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11248/jsta1957.43.285

  42. 生殖生長期の異なる生育時期における塩水灌漑によるイネの収量低下 査読有り

    槇原大悟, 津田誠, 平井儀彦, 黒田俊郎

    日本作物学会紀事   68 巻 ( 4 ) 頁: 487 - 494   1999年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.68.487

  43. 土壌塩分処理がイネ品種の生育ならびに収量構成に及ぼす影響 査読有り

    土屋幹夫, 槇原大悟, 熊野誠一

    日本作物学会中国支部研究集録   34 巻   頁: 1 - 7   1993年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.24536/cssjchugoku.34.0_1

▼全件表示

書籍等出版物 8

  1. 農学分野の国際協力キャリアパスについて考える. 農学分野で国際協力を職業にしたいなら -先人からの具体的なアドバイス-, 犬飼義明・仲田(狩野)麻奈編

    槇原大悟, 伊藤香純, 浜野充, 菊田真由実, 松川みずき, 栗田明華, 長谷川友美, 江原宏( 担当: 分担執筆)

    名古屋大学農学国際教育研究センター  2021年3月  ( ISBN:978-4-9911964-0-9

     詳細を見る

    総ページ数:68   担当ページ:51-65   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  2. 4.4 アフリカ, 4. 農耕文化圏と熱帯各地の農業. 熱帯農学概論, 江原宏・樋口浩和編

    槇原大悟( 担当: 分担執筆)

    培風館  2019年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:259   担当ページ:75-76   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  3. 11.4 今後の国際農業協力の方向性, 11. 熱帯農業と国際協力, 江原宏・樋口浩和編

    槇原大悟( 担当: 分担執筆)

    培風館  2019年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:259   担当ページ:242-242   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  4. 11.2 国際農業協力における日本の役割, 11. 熱帯農業と国際協力, 江原宏・樋口浩和編

    槇原大悟( 担当: 分担執筆)

    培風館  2019年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:259   担当ページ:233-237   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  5. 11.1 熱帯における農業・農村開発, 11. 熱帯農業と国際協力, 江原宏・樋口浩和編

    槇原大悟( 担当: 分担執筆)

    培風館  2019年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:259   担当ページ:232-233   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  6. Development of rice breeding and cultivation technology tailored for Kenya’s environment. Kokubun, M. and Asanuma, S. (Eds.), Crop Production under Stressful Conditions - Application of Cutting-edge Science and Technology in Developing Countries 国際共著

    Makihara, D., Kimani, J., Samejima, H., Kikuta, M., Menge, D., Doi, K., Inukai, Y., Maekawa, M., Masunaga, T., Sasaki, Y., Katsura, K., Kitano, H., Mitsuya, S., Kano-Nakata, M., Wainaina, C., Gichuhi, E., Njinju, S., Kagito, S., Magoti, R., Wakaria, M., Kundu, C., and Yamauchi A.( 担当: 分担執筆)

    Springer  2018年8月 

     詳細を見る

    総ページ数:212   担当ページ:27-47   記述言語:英語 著書種別:教科書・概説・概論

  7. 3.8 シアーバターノキ. 作物栽培大系7 工芸作物の栽培と利用, 巽二郎編

    槇原大悟( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2017年7月 

     詳細を見る

    総ページ数:249   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  8. 第7章 農家は作物の品種をどのように選んでいるのか -ブルキナファソで外部者が学んだこと-、生物多様性を育む食と農~住民主体の種子管理を支える知恵と仕組み~

    西川芳昭, 槇原大悟, 稲葉久之, 小谷(永井)美智子( 担当: 共著)

    コモンズ  2012年3月  ( ISBN:978-4-86187-092-7

     詳細を見る

    担当ページ:84-109   記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

MISC 7

  1. アフリカ農業における課題解決をめざす国際共同研究. アフリカ研究の現場から Vol.8 名古屋大学

    槇原大悟  

    アフリカ59 巻 ( 4 ) 頁: 30 - 33   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  2. イネ収量関連遺伝子の同定と利用―ケニアでの試み―

    土井一行, 芦苅基行, 菊田真由実, 槇原大悟  

    アグリバイオ 4 巻 ( 7 ) 頁: 18 - 22   2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  3. 国内リソースと海外ニーズ調査およびそのマッチング結果

    槇原大悟  

    農学国際協力 11 巻   頁: 30 - 42   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  4. 第12回名古屋大学博物館特別展記録「大陸アフリカ-名大の研究軌跡」 .

    吉田英一, 佐々木重洋, 寺田騰, 浅沼修一, 槇原大悟, 桂田祐介  

    名古屋大学博物館報告25 巻   頁: 183 - 200   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  5. 大学等が持つ知的・人的リソースを利用した国際協力プロジェクトの組織的実施の可能性(アンケートから)

    槇原大悟  

    農学国際協力10 巻   頁: 91 - 98   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  6. Concept and Process of "Community Empowerment and Networking Program 国際共著

    Daigo Makihara, Benedict Mtasiwa, Jane Kembo, Bernard Bazirake, Yasuyuki Morimoto, Patrick Maundu, Patrick Kariuki, Patrick Wakhu  

        2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

  7. アフリカの貧困削減をめざす研究支援

    槇原大悟  

    JICA FRONTIER67 巻   頁: :10 - 11   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 148

  1. Relationship between Adaptability of Rice to Low Phosphorus Conditions and Arbuscular Mycorrhizal Fungi Colonization in Kenya

    Daniel M. Menge, Mayumi Kikuta, Hiroaki Samejima, Emily Gichuhi, Akika Kurita, Ruth Musila and Daigo Makihara

    2020年3月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  2. サゴヤシ実生の肥料反応特性

    浅野航輝, Aidil Azhar, 仲田(狩野)麻奈, 槇原大悟, 内藤整, 江原宏

    日本熱帯農業学会第127 回講演会  2020年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京農工大学, 府中市   国名:日本国  

  3. ケニア国ムエアにおける栽培時期と水稲収量の関係の調査と最適作期の決定

    鮫島啓彰・桂圭佑・菊田真由実・Simon M. Njinju・John M. Kimani・山内章・槇原大悟

    日本作物学会第248回講演会  2019年9月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:とりぎん文化会館、鳥取市   国名:日本国  

  4. ケニアで栽培された陸稲品種における出穂期以降の水不足に対する乾物生産と分配の応答

    浅野晃良, 関谷信人, 菊田真由実 , Daniel M Menge, Emily W Gichuhi, 槇原大悟

    日本作物学会第248回講演会  2019年9月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:とりぎん文化会館、鳥取市   国名:日本国  

  5. オリザ・ロンギスタミナータ染色体断片置換系統群の生育初期における耐塩性および耐アルカリ塩性の評価

    冨田怜那, Emily Waringa Gichuhi, 菊田真由実, 槇原大悟

    日本作物学会第248回講演会  2019年9月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:とりぎん文化会館、鳥取市   国名:日本国  

  6. NERICA1 にGn1a およびWFP を導入した準同質遺伝子系統のケニアの異なる施肥条件下における生育および収量

    菊田真由実, Daniel M. Menge, Emily W. Gichuhi, 鮫島啓彰, John M. Kimani, 芦苅基行, 土井一行, 槇原大悟

    日本作物学会第248回講演会  2019年9月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:とりぎん文化会館、鳥取市   国名:日本国  

  7. Evaluation of yield-related traits of Kernel Basmati rice carrying Oryza longistaminata chromosome segments, in Kenya

    Gichuhi Emily, Maekawa Masahiko, Kikuta Mayumi, Menge Daniel, Kimani John and Makihara Daigo

    2019年9月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  8. Effect of GN1a and WFP Introgression on the Yield and Yield Components in Two Rice Varieties in Kenya

    Daniel M. Menge, Mayumi Kikuta, Hiroaki Samejima, Emily Gichuhi John M. Kimani, Motoyuki Ashikari, Rosalyn Angeles-Shim, Hidehiko Sunohara, Kshirod K. Jena, Akira Yamauchi, and Kazuyuki Doi and Daigo Makihara

    2019年3月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  9. サゴヤシ実生の対肥料反応性に関する研究

    浅野航輝・Aidil Azhar・内藤整・村野宏達・礒井俊行・高木麻衣・鵜木咲瑛香・菊田真由実・槇原大悟・Y. B. Pasolon・B. Abbas・江原宏

    日本熱帯農業学会第125 回講演会  2019年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉大学環境健康フィールド科学センター, 柏市   国名:日本国  

  10. Distribution, evaluation, and utilization of WISH lines for improving rice production in sub-Saharan Africa 国際会議

    Daigo Makihara

    International Workshop for the East & Southern Africa Rice Breeding Network  2018年12月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Bujumbura, Burundi   国名:ブルンジ共和国  

  11. 異なる水条件下における our1 変異体の根の成長特性

    長谷川友美、柴田晃秀、高橋(野坂)美鈴、西内俊策、鮫島啓彰、菊田真由美、槇原大悟、山内章、犬飼義明

    第49回根研究集会  2018年10月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:盛岡市   国名:日本国  

  12. Evaluation of Cold tolerance of upland New Rice for Africa (NERICA) and parent rice varieties under natural low-temperature conditions in Mwea, Kenya 国際会議

    Daigo Makihara, Hiroaki Samejima, Mayumi Kikuta, Keisuke Katsura, Daniel Menge, Emily Gichuhi, John Kimani, Akira Yamauchi

    5th International Rice Congress  2018年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Marina Bay Sands, Singapore   国名:シンガポール共和国  

  13. Growth and Yield Performance of Basmati 370 Lines Introgressed with Gn1a and APO1 under Three Levels of Nitrogen Fertilization in Kenya 国際会議

    Mayumi Kikuta, Hiroaki Samejima, Kazuyuki Doi, Peter Nthia, Hidehiko Sunohara, Daniel Menge, Emily Gichuhi, John Kimani, Akira Yamauchi and Daigo Makihara

    5th International Rice Congress  2018年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Marina Bay Sands, Singapore   国名:シンガポール共和国  

  14. Yield performance of Kernel Basmati lines introgressed with TAWAWA1, APO1, and Ehd1 genes grown with and without fertilizer, in Kenya

    Gichuhi Emily, Maekawa Masahiko, Samejima Hiroaki, Kikuta Mayumi, Menge Daniel, Kimani John, Makihara Daigo and Akira Yamauchi

    2018年9月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  15. ケニア国ムエア灌漑地区で認められる窒素増肥に伴う不稔率の増加とイネの耐冷性との関係

    菊田 真由実, 鮫島 啓彰, Daniel Menge, Emily Gichuhi, John Kimani, 山内 章, 槇原 大悟

    日本作物学会第246回講演会  2018年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道大学、札幌   国名:日本国  

  16. ケニア,ムエア灌漑地区の異なる土壌種におけるAWDがイネ品種の生育と収量に及ぼす影響

    掛橋孝洋・Daniel M. Makori・菊田真由実・槇原大悟

    日本作物学会第246回講演会  2018年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学、札幌   国名:日本国  

  17. ケニア国ムエア灌漑地域の水稲栽培における節水のための間断灌漑が施肥窒素利用率に与える影響日本作物学会第246回講演会、北海道大学、札幌

    佐々木 由佳, 福田 翔太, 鮫島 啓彰, 菊田 真由実, Kimani John, Menge Daniel, 槇原 大悟, 山内 章

    日本土壌肥料学会2018年度神奈川大会  2018年8月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学、藤沢市   国名:日本国  

  18. PAM を用いた滞水条件下におけるサゴヤシ光合成能の評価

    Aidil Azhar, 槇原大悟, 内藤整, 江原 宏

    日本作物学会第245回講演会  2018年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宇都宮大学、宇都宮   国名:日本国  

  19. 乾燥ストレス後の再潅水に対してイネ根系が発揮する水通導性の品種間比較

    渡邉 友実加, 株木 拓也, 掛橋 孝洋, 槇原 大悟, 江原 宏, 山内 章

    日本作物学会第245回講演会  2018年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宇都宮大学、宇都宮   国名:日本国  

  20. Mwea灌漑地区におけるKとZn施用がイネの収量と生育に与える影響

    石井雅也、増永二之、Kundu, A. C.、槇原大悟、鮫島啓彰、菊田真由実、山内章

    2017年度(第113回)日本土壌肥料学会関西支部講演会  2017年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:橿原観光ホテル、奈良市   国名:日本国  

  21. Sago palm photosynthetic performance under waterlogging condition

    Azhar, A., Makihara, D., Naito, H. and Ehara, H.

    2017年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. 根系発育を促すイネour1変異体の成長特性

    長谷川友美、柴田晃秀、高橋(野坂)美鈴、西内俊策、Daniel M. Menge、菊田真由美、槇原大悟、犬飼義明

    第25回育種学会中部地区談話会  2017年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:静岡大学, 静岡市   国名:日本国  

  23. 陸稲の節水栽培条件への適応性に関わる根系関連形質

    渡邉友実加・掛橋孝洋・株木拓也・槇原大悟・江原宏・仲田(狩野)麻奈・三屋史朗・山内章

    日本作物学会第244回講演会  2017年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜大学, 岐阜   国名:日本国  

  24. ケニア ムエア灌漑地域の水稲栽培における節水栽培の適応可能性

    福田翔太、佐々木由佳、鮫島啓彰、菊田真由実、Kimani, J.、槇原大悟、山内章

    日本土壌肥料学会2017年度仙台大会  2017年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学、仙台市   国名:日本国  

  25. イネにおける穂の形態形成に関与する遺伝子座 qPBN3のファインマッピング

    縣 歩美、保浦徳昇、武田泰実、石原亮太、國島健、藤城靖子、太田自由、土井美佑季、土井一行、犬飼義明、槇原大悟、北野英己

    日本育種学会第132回講演会  2017年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岩手大学、盛岡市   国名:日本国  

  26. ケニア国ムエア灌漑地区の水田における土壌条件および灌漑方法がイネ品種の生育と収量に及ぼす影響

    菊田真由実・鮫島啓彰・石井雅也・増永二之・John Kimani・山内章・槇原大悟

    日本作物学会第244回講演会  2017年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岐阜大学, 岐阜   国名:日本国  

  27. 異なる灌漑条件に対する陸稲品種と水稲品種の生育および収量反応の差異

    掛橋孝洋・Simon M. Njinju・江原宏・槇原大悟

    日本作物学会第244回講演会  2017年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜大学, 岐阜   国名:日本国  

  28. Photosynthetic Rate and Its Related Parameters of Sago Palm Seedling at Different Air Temperatures

    Aidil Azhar, Daigo Makihara, Hitoshi Naito, and Hiroshi Ehara

    2017年6月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  29. Evaluation of Lines of NERICA 1 Introgressed with Gn1a and WFP for Yield and Yield Components as Affected by Nitrogen Fertilization in Kenya 国際会議

    Daigo Makihara, Hiroaki Samejima, Mayumi Kikuta, John M. Kimani, Motoyuki Ashikari, Rosalyn Angeles-Shim, Hidehiko Sunohara, Kshirod K. Jena, Akira Yamauchi and Kazuyuki Doi

    9th Asian Crop Science Association Conference  2017年6月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Jeju Convention Center, Jeju, South Korea   国名:大韓民国  

  30. Growth andYield Responses of Rice Varieties to Various Soil Water Deficit Conditions under Different Soil Types 国際会議

    Mayumi Kikuta, Hiroaki Samejima, Rahab Magoti, John M. Kimani, Akira Yamauchi and Daigo Makihara

    9th Asian Crop Science Association Conference  2017年6月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Jeju Convention Center, Jeju, South Korea   国名:大韓民国  

  31. 強酸性土壌における土壌水分条件の違いがイネの収量に及ぼす影響

    掛橋孝洋・Simon M. Njinju・江原宏・槇原大悟

    日本作物学会第243回講演会  2017年3月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学, 東京   国名:日本国  

  32. 低リン土壌におけるイネの生育およびリン吸収とアーバスキュラー菌根菌感染との関係

    栗田明華・江原宏・槇原大悟

    日本作物学会第243回講演会  2017年3月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学, 東京   国名:日本国  

  33. Characterization of the Drought-Induced Deep Root Development of Upland NERICA Varieties as Affected by Phosphorus Fertilization

    Daniel M. Menge・山内章・槇原大悟

    日本作物学会第243回講演会  2017年3月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学, 東京   国名:日本国  

  34. 天水傾斜畑条件における土壌水分動態が異なる根系形質を持つNERICA 品種の生育および収量に及ぼす影響

    菊田真由実・鮫島啓彰・John Kimani・山内章・槇原大悟

    日本作物学会第243回講演会  2017年3月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学, 東京   国名:日本国  

  35. ケニア国ムエア地区の水田で評価した陸稲NERICA品種の耐冷性

    鮫島啓彰・菊田真由実・John. Kimani・山内章・槇原大悟

    日本作物学会第243回講演会  2017年3月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学, 東京   国名:日本国  

  36. ケニア国ムエア地区の水田における耐冷性が異なるイネ品種のN施肥量に対する反応の違い

    鮫島啓彰・菊田真由実・John. Kimani・山内章・槇原大悟

    日本作物学会第243回講演会  2017年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学, 東京   国名:日本国  

  37. NERICAおよびアフリカ在来イネを用いた環境ストレスに対する応答評価

    縣步美、ジュベンシア ディミトリ ステラ、保浦徳昇、太田自由、土井一行、犬飼義明、槇原大悟、北野英己

    日本育種学会第131回講演会  2017年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学、名古屋   国名:日本国  

  38. Diurnal Change in Leaf Gas Exchange Characteristics of Sago Palm Seedlings (Metroxylon sagu Rottb.)

    Aidil Azhar, Hitoshi Naito, Daigo Makihara, and Hiroshi Ehara

    Japanese Society for Tropical Agriculture 121th Academic Meeting  2017年3月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nihon University, Fujisawa, Japan   国名:日本国  

  39. アフリカの不良環境に適したイネ品種と栽培技術の開発

    槇原大悟

    アジア・アフリカと取り組む資源植物科学イノベーション「汎アフリカ大学院と協働する資源植物科学イノベーション研究拠点」報告会  2017年2月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡山大学資源植物科学研究所, 倉敷市   国名:日本国  

  40. 根系発育を促すイネ our1 遺伝子の根における発現解析と有用性評価

    長谷川友美、柴田晃秀、高橋(野坂)美鈴、西内俊策、鮫島啓彰、菊田真由美、槇原大悟、山内章、犬飼義明

    第46回根研究集会  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山大学、富山   国名:日本国  

  41. Outline, progress and future prospects of the SATREPS project in Kenya 国際会議

    Daigo Makihara, Hiroaki Samejima, Yoshiaki Inukai, Hidemi Kitano, Kazuyuki Doi, Shiro Mitsuya, Mana Kano-Nakata, Masahiko Maekawa, Tsugiyuki Masunaga, Yuka Sasaki, Keisuke Katsura, Mayumi Kikuta, Daniel Menge, John Kimani, Cornelius Wainaina, Symon Njinju, Rahab Magoti, Sammy Kagito, Mary Wakaria, Caroline Kundu and Akira Yamauchi

    SATREPS International Symposium ‘Tailor-made rice breeding and cultivation technology development for sub-Saharan Africa –Progress and future prospects of the SATREPS project in Kenya–’  2016年12月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Nairobi, Kenya   国名:ケニア共和国  

  42. Trial of rice breeding for drought avoidance using the vrs1 gene that promotes lateral root development 国際会議

    Hasegawa, T., A. Shibata, M. Takahashi-Nosaka, S. Nishiuchi, H. Samejima, C. Wainaina, D. Menge, M. Kikuta, A. Yamauchi, D. Makihara, Y. Inukai

    SATREPS International Symposium ‘Tailor-made rice breeding and cultivation technology development for sub-Saharan Africa –Progress and future prospects of the SATREPS project in Kenya–’  2016年12月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nairobi, Kenya   国名:ケニア共和国  

  43. Identification of soil water potential in alternate wetting and drying management without yield decline of rice in Mwea irrigation scheme 国際会議

    Shouta Fukuda,Yuka Sasaki, Hiroaki Samejima, John Kimani, Daigo Makihara and Akira Yamauchi

    SATREPS International Symposium ‘Tailor-made rice breeding and cultivation technology development for sub-Saharan Africa –Progress and future prospects of the SATREPS project in Kenya–’  2016年12月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nairobi, Kenya   国名:ケニア共和国  

  44. Effects of K and Zn application on rice growth and yield in three types of soils in Mwea, Kenya 国際会議

    Masaya Ishii, Tsugiyuki Masunaga, Calorine A. Kundu, Daigo Makihara, Hiroaki Samejima, Mayumi Kikuta, Akira Yamauchi

    SATREPS International Symposium ‘Tailor-made rice breeding and cultivation technology development for sub-Saharan Africa –Progress and future prospects of the SATREPS project in Kenya–’  2016年12月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nairobi, Kenya   国名:ケニア共和国  

  45. Evaluation of rice varieties for yield performance under different water management practices in Mwea, Kenya 国際会議

    Mayumi Kikuta, John Kimani, Akira Yamauchi and Daigo Makihara

    SATREPS International Symposium ‘Tailor-made rice breeding and cultivation technology development for sub-Saharan Africa –Progress and future prospects of the SATREPS project in Kenya–’  2016年12月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nairobi, Kenya   国名:ケニア共和国  

  46. Growth and Yield of Upland Rice Varieties in Response to Low-Nitrogen Conditions in Mwea, Kenya 国際会議

    Sammy Kagito, Hiroaki Samejima, Mayumi Kikuta, Joseph P. Gweyi-Onyango, Esther W. Gikonyo, John M. Kimani, Akira Yamauchi and Daigo Makihara

    SATREPS International Symposium ‘Tailor-made rice breeding and cultivation technology development for sub-Saharan Africa –Progress and future prospects of the SATREPS project in Kenya–’  2016年12月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nairobi, Kenya   国名:ケニア共和国  

  47. Effects of soil moisture stress on growth and yield of rice under different soil types 国際会議

    Rahab Magoti, Daigo Makihara, George Chemining’wa, Josiah Kinama, Hiroaki Samejima, Mayumi Kikuta, John M Kimani, Patrick Gicheru, Simon Njinju and Akira Yamauchi

    SATREPS International Symposium ‘Tailor-made rice breeding and cultivation technology development for sub-Saharan Africa –Progress and future prospects of the SATREPS project in Kenya–’  2016年12月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nairobi, Kenya   国名:ケニア共和国  

  48. Growth and Yield responses of Kenyan Popular Rice Varieties to Increased Nitrogen Fertilizer in Mwea Irrigation Scheme, Kenya 国際会議

    Symon M. Njinju, Hiroaki Samejima, Joseph P. Gweyi-Onyango, Mayumi Kikuta, John M. Kimani, Akira Yamauchi and Daigo Makihara

    SATREPS International Symposium ‘Tailor-made rice breeding and cultivation technology development for sub-Saharan Africa –Progress and future prospects of the SATREPS project in Kenya–’  2016年12月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Nairobi, Kenya   国名:ケニア共和国  

  49. Study in Japan and Breeding Research on Cold Tolerance Improvement 国際会議

    Cornelius Mbathi Wainaina, John Kimani, Mitsuru Nakamura, Akihiro Ikeda, Taro Suzuki, Yuko Mizukami, Toshihiro Nonoyama, Kazuyuki Doi, Akira Yamauchi, Hidemi Kitano, Daigo Makihara and Yoshiaki Inukai

    SATREPS International Symposium ‘Tailor-made rice breeding and cultivation technology development for sub-Saharan Africa –Progress and future prospects of the SATREPS project in Kenya–’  2016年12月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Nairobi, Kenya   国名:ケニア共和国  

  50. Effects of Different Soil Types and Water Regimes on Root Development and Yield of Upland Rice in Kenya 国際会議

    Mayumi Kikuta, Rahab Magoti, John Kimani, Hiroaki Samejima, Akira Yamauchi and Daigo Makihara

    SATREPS International Symposium ‘Tailor-made rice breeding and cultivation technology development for sub-Saharan Africa –Progress and future prospects of the SATREPS project in Kenya–’  2016年12月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Nairobi, Kenya   国名:ケニア共和国  

  51. Possibility of Increasing Rice Grain Yield by Adopting Aerobic Rice System in Mwea, Kenya 国際会議

    Hiroaki Samejima, Mayumi Kikuta, Keisuke Katsura, John Kimani, Akira Yamauchi and Daigo Makihara

    SATREPS International Symposium ‘Tailor-made rice breeding and cultivation technology development for sub-Saharan Africa –Progress and future prospects of the SATREPS project in Kenya–’  2016年12月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Nairobi, Kenya   国名:ケニア共和国  

  52. Introduction of tailor-made breeding concept in Kenya 国際会議

    John Kimani, Kazuyuki Doi, Yoshiaki Inukai, Masahiko Maekawa, Akira Yamauchi and Daigo Makihara

    SATREPS International Symposium ‘Tailor-made rice breeding and cultivation technology development for sub-Saharan Africa –Progress and future prospects of the SATREPS project in Kenya–’  2016年12月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Nairobi, Kenya   国名:ケニア共和国  

  53. 根系発育を促すイネvrs1遺伝子の解析とその育種利用の試み

    長谷川友美・柴田晃秀・高橋(野坂)美鈴・西内俊策・鮫島啓彰・槇原大悟・犬飼義明

    日本育種学会支部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  54. ケニア国ムエア地区の水田での窒素増肥に対するイネの収量反応性

    S. M. Njinju・鮫島啓彰・J. P. Gweyi-Onyango・菊田真由実・J. M. Kimani・山内章・槇原大悟

    日本熱帯農業学会第120 回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学, 鹿児島市   国名:日本国  

  55. Root elongation rate in upland NERICA varieties differing in deep root plasticity triggered by drought

    Daniel Makori Menge, Akira Yamauchi and Daigo Makihara

    45th Biannual Meeting of JSRR 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月 - 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Okayama University, Kurashiki, Japan   国名:日本国  

  56. ケニア国ムエアにおいて15日毎に播種した水稲品種Basmati370の収量

    鮫島啓彰・Simon Mugo Njinju・John Kimani・山内章・槇原大悟

    日本作物学会第241回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨木大学, 水戸市   国名:日本国  

  57. テーラーメードによるケニアの環境に適したイネ品種と栽培技術の開発 招待有り

    槇原大悟・鮫島啓彰・犬飼義明・北野英己・土井一行・三屋史朗・仲田(狩野)麻奈・前川雅彦・増永二之・佐々木由佳・桂圭佑・John Kimani・Cornelius Wainaina・Caroline Kundu・菊田真由実・Daniel Menge・Esther Gikonyo・Symon Njinju・Rahab Magoti・Sammy Kagito・Mary Wakaria・Winfred Kore・Ruth Musila・Catherine Machungo・Duncan Kirubi・Ngwey Onyango・John Kimenju・山内章

    日本作物学会第241回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:茨木大学, 水戸市   国名:日本国  

  58. ケニア・ムエア灌漑地域の農家水田における水稲収量の実態把握と収量制限要因の検討

    佐々木由佳・増永二之・槇原大悟・Raphael Wanjogu・Raymond Njagi・John Kimani・福田翔太・山内章

    日本作物学会第241回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  59. リン酸施肥は土壌水分欠乏条件下におけるNERICA の深根発育に関する可塑性の発現を向上する

    Daniel Menge・山内章・槇原大悟

    日本作物学会第241回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:茨木大学, 水戸市   国名:日本国  

  60. アーバスキュラー菌根菌感染が低リン土壌におけるイネの生育,収量およびリン吸収に及ぼす影響

    栗田明華・槇原大悟

    日本作物学会第241回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨木大学, 水戸市   国名:日本国  

  61. ケニア灌漑水田での耕起・代かき方法の改良による漏水対策

    佐々木由佳・福田翔太・鮫島啓彰・John Kimani・槇原大悟・山内章

    日本熱帯農業学会第119 回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:明治大学, 川崎市   国名:日本国  

  62. ケニア国ムエア地区での水稲栽培における窒素施肥量増加の影響 国際会議

    Simon M. Njinju・鮫島啓彰・Ngwey Onyango・John Kimani・山内章・槇原大悟

    日本熱帯農業学会第119 回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:明治大学, 川崎市   国名:日本国  

  63. Effects of SRI Methods on Growth and Yield of Rice in Mwea, Kenya 国際会議

    Takahiro Kakehashi, Daigo Makihara and John Kimani

    ISSAAS2015 & 118th JSTA International Joint Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tokyo University of Agriculture, Tokyo, Japan   国名:日本国  

  64. Yield performance of NERICAs under different water management practices in Mwea, Kenya 国際会議

    Mayumi Kikuta, John Kimani, Akira Yamauchi and Daigo Makihara

    ISSAAS2015 & 118th JSTA International Joint Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tokyo University of Agriculture, Tokyo, Japan   国名:日本国  

  65. NERICAおよびアフリカ在来イネの畑作条件下における特性調査

    縣歩美, 保浦徳昇, 國島健, 太田自由, 土井美佑季, 土井一行, 犬飼義明, 槇原大悟, 北野英己

    日本育種学会第128回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟大学, 新潟市   国名:日本国  

  66. ケニア・ムエア地域の水田土壌の肥沃度特性

    増永二之・Caroline Agamala Kundu・石井雅也・佐藤邦明・山内章・槇原大悟

    日本土壌肥料学会2015 年度京都大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学, 京都市   国名:日本国  

  67. Soil chemical characteristics of paddy fields in Kenya.Distribution of pH, EC, and exchangeable cations in Mwea irrigation scheme

    Caroline Agamala Kundu, Masaya Ishii, Kuniaki Sato, Tsugiyuki Masunaga, Akira Yamauchi, Daigo Makihara

    2015 annual meeting, Japanese Society of Soil Science and Plant Nutrition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto University, Kyoto, Japan   国名:日本国  

  68. ケニアの異なる土壌条件における灌水制限が陸稲NERICA品種の根系発達および収量に及ぼす影響

    菊田真由実, John Kimani, 鮫島啓彰, 山内章, 槇原大悟

    第240回日本作物学会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:信州大学長野キャンパス, 長野市   国名:日本国  

  69. 乾燥ストレスと窒素施肥条件下におけるネリカの窒素吸収ならびに乾物生産に果たす根系可塑性の機能

    Daniel Menge, 仲田(狩野) 麻奈, 三屋 史朗, 山内 章, 槇原 大悟

    第240回日本作物学会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  70. Genetical analysis for leaf traits in rice using NERICA7

    Agata, A., T. Hobo, Y. Toda, S. Ota, T. Kinoshita, K. Doi, Y.Inukai, D. Makihara and H. Kitano

    International ERATO Higashiyama Live-Holonics Symposium and Technical Workshop 2015 "Organogenesis from Eggs to Mature Plants" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University, Nagoya, Japan   国名:日本国  

  71. Effect of soil moisture fluctuation at different growth stages on the expression of root plasticity of two upland NERICA varieties as affected by nitrogen levels

    Daniel Menge, Shuichi Asanuma, Yoshiaki Inukai, Roel Rodriguez Suralta, Mana Kano-Nakata, Shiro Mitsuya, Akira Yamauchi and Daigo Makihara

    The 239th Meeting of the Crop Science Society of Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  72. NERICAの親系統WAB181-18の1次枝梗数を制御する遺伝子のマッピング

    縣歩美, 保浦徳昇, 武田泰実, 石原亮太, 國島健, 藤城靖子, 太田自由, 土井美佑季, 土井一行, 犬飼義明, 槇原大悟, 北野英己

    日本育種学会第127回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都町田市   国名:日本国  

  73. ケニア西部における異なる圃場管理方法が土壌水分収支および陸稲の生産性に及ぼす影響

    槇原大悟, Harun O. Ogindo, John C. Onyango, 浅沼修一, 山内章

    日本熱帯農業学会第117 回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:筑波大学, つくば市   国名:日本国  

  74. ケニアの異なる圃場水管理条件下におけるイネの生育反応の品種間差異

    菊田真由実, John Kimani, 槇原大悟

    日本熱帯農業学会第117 回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:筑波大学, つくば市   国名:日本国  

  75. QTL analysis for cold tolerance at the reproductive stage and evaluation of effective QTLs in backcross lines of rice (Oryza sativa L.): cross between NERICA parent variety, WAB-56-104 and cold tolerant variety, Hananomai

    Cornelius Mbathi Wainaina, Yoshiaki Inukai, Yasunori Nakajima, Yuko Mizukami, Mitsuru Nakamura, Akihiro Ikeda, Shuichi Asanuma, Hidemi Kitano and Daigo Makihara

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  76. Differentiation of blast races in Kenya 国際会議

    Y. Fukuta, M.J. Telebanco-Yanoria and D. Makihara

    4th International Rice Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Bangkok, Thailand   国名:タイ王国  

  77. Effect of Nitrogen on the Expression of Root Plasticity of Three Upland Varieties in Response to Fluctuating Drought and Re-watering Soil Moisture Conditions 国際会議

    Daniel Menge, Akira Yamauchi, Shuichi Asanuma and Daigo Makihara

    4th International Rice Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Bangkok, Thailand   国名:タイ王国  

  78. Effect of water-saving irrigation on yield and dry matter production during ripening stage in NERICAs 国際会議

    M. Kikuta, N. Arita, D. Makihara, A. Yamauchi, A. Miyazaki and Y. Yamamoto

    4th International Rice Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Bangkok, Thailand   国名:タイ王国  

  79. NERICAの親系統WAB181-18を用いた穂形質に関する遺伝学的解析

    縣 歩美、保浦徳昇、武田泰実、石原亮太、國島健、藤城靖子、太田自由、土井美佑季、土井一行、犬飼義明、槇原大悟、北野英己

    日本育種学会第126回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  80. 異なる土壌水分条件下で栽培したNERICAの登熟期間中における乾物生産性と出液速度との関係

    菊田真由実, 有田直矢, 槇原大悟, 山内章, 宮崎彰, 山本由徳

    第41回根研究集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学, 名古屋市   国名:日本国  

  81. Effect of N application on dry matter partitioning and root system development under different intensities of drought using upland NERICA varieties

    Daniel Menge, Akira Yamauchi, Shuichi Asanuma and Daigo Makihara

    41th Biannual Meeting of JSRR 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  82. 異なる土壌水分条件がNERICAイネのシンクサイズと登熟特性に及ぼす影響

    菊田真由実, 有田直矢, 槇原大悟, 山内章, 宮崎彰, 山本由徳

    日本作物学会第237回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉大学, 千葉市   国名:日本国  

  83. Functional Role of Root Plasticity in Water Uptake and Shoot Dry Matter Production as Affected by Nitrogen Application in NERICA (New Rice for Africa)

    Daniel Menge, Daigo Makihara, Shuichi Asanuma, Thiem Thi Tran, Roel Rodriguez Suralta, Shiro Mitsuya and Akira Yamauchi

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  84. ケニアにおけるイネいもち病菌菌系の病原性の多様性と地理的分布

    Telebanco-Yanoria Mary Jeanie、福田善通、槇原大悟、林長生

    日本育種学会第125回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学川内北キャンパス, 仙台市   国名:日本国  

  85. ケニアで栽培されているイネ品種におけるいもち病抵抗性およびゲノム染色体構成の遺伝的多様性

    鈴木 智久, 大澤 良, 槇原 大悟, 佐藤 雅志, 柳原 誠司, Murage Hunja, Ateka Elijah, Mwangi John, 福田 善通

    日本育種学会第125回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学川内北キャンパス, 仙台市   国名:日本国  

  86. NERICAの親系統WAB181-18の栽培条件の違いにおける生育形質の特性評価

    武田泰実、保浦徳昇、石原亮太、國島健、藤城靖子、土井一行、槇原大悟、北野英己

    第21回育種学会中部地区談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地: 信州大学   国名:日本国  

  87. Genotypic variation in root morphological traits involved in deep root development and root plasticity of upland NERICA under water deficit conditions

    Daniel Menge, Daigo Makihara, Shuichi Asanuma and Akira Yamauchi

    39th Biannual Meeting of JSRR 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  88. メッシュ気象および地球観測衛星データを使用したケニア稲栽培可能地域の抽出

    齋藤元也, 小川茂男, 槇原大悟, 浅沼修一

    システム農学会2013年度秋季一般研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岩手大学農学部, 盛岡市   国名:日本国  

  89. 異なる土壌水分条件におけるNERICAイネの収量性

    菊田 真由実, 有田 直矢, 山本 由徳, 宮崎 彰, 槇原 大悟, 山内 章

    日本作物学会第236回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学郡元キャンパス, 鹿児島市   国名:日本国  

  90. リン酸施肥量の差異が陸稲型NERICAの土壌水分欠乏条件下での地上部乾物生産および深根発育に及ぼす影響

    Daniel Makori Menge, 槇原 大悟, 浅沼 修一, 山内 章

    日本作物学会第236回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学郡元キャンパス, 鹿児島市   国名:日本国  

  91. ケニアにおけるイネ研究の成果

    日本作物学会第235回講演会ミニシンポジウム「アフリカにおける作物生産の課題と研究の方向性」  2013年3月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:明治大学, 川崎市   国名:日本国  

  92. ケニアにおけるイネ研究の成果

    ダニエル・メンゲ, 槇原大悟

    日本作物学会第235回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地: 明治大学農学部、川崎市   国名:日本国  

  93. イネ根系の環境要因に対する発育的・機能的応答

    日本作物学会第235回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:明治大学農学部、川崎市   国名:日本国  

  94. NERICAの親系統WAB181-18を用いた形態形質に関する遺伝学的解析

    武田泰実,保浦徳昇,槇原大悟,土井一行,北野英己

    日本育種学会第123回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京農業大学、東京都   国名:日本国  

  95. ケニア西部ニャカチ地域におけるガリー浸食の進行と農民の意識及び対処行動

    竹谷裕之,槇原大悟

    日本国際地域開発学会2012年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:中国語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟大学、新潟市   国名:日本国  

  96. アフリカにおけるイネ栽培の課題と対応方策

    槇原大悟

    日本熱帯農業学会第112回講演会公開シンポジウム「アフリカとイネ その歴史と現在そして展望」  2012年10月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学大学院生命農学研究科, 名古屋市   国名:日本国  

  97. Comparison of root distribution between two upland NERICA varieties and its contribution to shoot dry matter production under water deficit conditions

    Daniel Menge, Daigo Makihara, Shuichi Asanuma, Akira Yamauchi

    Japanese Society for Tropical Agriculture 112th Academic Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  98. ケニア天水畑稲作での乾物生産に対する根系での品種× 土壌環境交互作用の役割

    浅井英利, 槇原大悟, 浅沼 修一, John C. Onyango, 山内章

    日本熱帯農業学会第112回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学大学院生命農学研究科、名古屋市   国名:日本国  

  99. ケニア天水畑・灌漑田稲作での収量改善を目的とした籾殻燻炭施用技術の検討

    浅井英利, 槇原大悟, Peter Olewe, John C. Onyango, 山内章, 浅沼 修一

    日本熱帯農業学会第112回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学大学院生命農学研究科、名古屋市   国名:日本国  

  100. 栽培実験・農家調査から検討したケニア国における陸稲NERICA の栽培・普及戦略

    槇原大悟, 櫻井武司, 浅井英利, John C. Onyango, 山内章, 浅沼修一

    日本熱帯農業学会第112回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学大学院生命農学研究科、名古屋市   国名:日本国  

  101. 新しい病害の大規模発生を農民はどう捉えたか:ケニア,ムエア灌漑地区のイネいもち病

    Joseph Kihoro Mwangi, Hunja Murage, Elijah M. Ateka, 櫻井武司, 福田善通, 林長生, 浅沼修 一, 槇原大悟

    日本熱帯農業学会第112回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学大学院生命農学研究科、名古屋市   国名:日本国  

  102. ケニア,コースト州における稲作の現状といもち病の発生状況

    槇原大悟, 林長生, 佐藤雅志, 福田善通

    日本熱帯農業学会第112回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学大学院生命農学研究科、名古屋市   国名:日本国  

  103. アフリカにおけるイネ栽培の課題と対応方策

    槇原大悟

    日本熱帯農業学会第112回講演会公開シンポジウム「アフリカとイネ その歴史と現在そして展望」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋大学大学院生命農学研究科、名古屋市   国名:日本国  

  104. 旱ばつ条件下での陸稲乾物生産における根系の役割と施肥管理による機能制御

    浅井英利, 槇原大悟, 浅沼修一, John C. Onyango, 山内章

    日本作物学会第234回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学川内北キャンパス、仙台市   国名:日本国  

  105. Undestructive quantification of root system development in NERICA varieties under different intensities of water deficit by using minirhizotron root scanner

    Daniel M. Menge, Daigo Makihara, Mana Kano-Nakata, Hidetoshi Asai, Shuichi Asanuma, Akira Yamauchi

    The 234th Meeting of the Crop Science Society of Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  106. Plasticity in Root Development and its Contribution to Shoot Dry Matter Production as Affected by Nitrogen Application in NERICA (New Rice for Africa) 国際会議

    Daniel Menge, Daigo Makihara, John C. Onyango, Emi Kameoka, Shuichi Asanuma, Akira Yamauchi

    6th International Crop Science Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Bento Gonçalves, Brazil   国名:ブラジル連邦共和国  

  107. ケニア稲作可能地域マップの作成

    斎藤元也, 小川茂男, 槙原大悟, 浅沼修一

    システム農学会2012年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  108. Root traits contributing to dry matter production under water deficit conditions in upland NERICA cultivars

    Daniel M. Menge, Daigo Makihara, John C. Onyango, Emi Kameoka, Shuichi Asanuma, Akira Yamauchi

    The 233rd Meeting of the Crop Science Society of Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  109. 東アフリカにおけるイネいもち病菌レースの分布

    John Mwangi, 小島伸幾, 槇原大悟, 福田善通, 林長生

    平成24年度日本植物病理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡国際会議場、福岡市   国名:日本国  

  110. Functional Roles of Plastic Root System Development in Dry Matter Production under Water Stress in Rice 国際会議

    Akira Yamauchi, Mana Kano-Nakata, Yoshiaki Inukai, Roel Suralta, Jonathan Niones, Emi Kameoka, Hidetoshi Asai, Daigo Makihara, Shuichi Asanuma, Daniel Menge, John Onyango, Veeresh Gowda , Ameria Henry, Nobuya Kobayashi, Len Wade, Rachid Serraj

    American Society of Agronomy Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Antonio, TX, USA   国名:アメリカ合衆国  

  111. Assessment for Rice Crop Adaptation in Kenya Using Satellite and GIS Data 国際会議

    Genya Saito, Shigeo Ogawa, Daigo Makihara, Hidetoshi Asai, Shuichi Asanuma

    Asian Conference on Remote Sensing (ACRS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Taipei International Convention Center, Taipei   国名:台湾  

  112. Phenotypic plasticity as the key root trait for adaptation to various water stress in rice 国際会議

    Akira Yamauchia, Mana Kano-Nakata, Yoshiaki Inukai, Roel Suralta, Jonathan Niones, Emi Kameoka, Hidetoshi Asai, Daigo Makihara, Shuichi Asanuma, Daniel Menge, John C. Onyango, Veeresh Gowda R. P., Amelia Henry, Nobuya Kobayashi, Len J. Wade, Rachid Serraj

    7th Asia Crop Science Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:IPB International Convention Center, Bogor, Indonesia   国名:インドネシア共和国  

  113. QTL analysis for cold tolerance and other agronomic traits in rice; cross between NERICA parent variety, WAB56-104 and cold tolerant veriety, Hananomai

    Wainaina, C.M., Y. Inukai, Y. Nakajima, Y. Mizukami, M. Nakamura, S. Asanuma, H. Kitano, D. Makihara

    The 120th Meeting of the Japanese Society of Breeding 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  114. Desirable root traits under water stress conditions in rice 国際会議

    Mana Kano-Nakata, Yoshiaki Inukai, Daniel Menge, Daigo Makihara, Shuichi Asanuma, Akira Yamauchi

    Functional roles of roots in the adaptation and yield improvement of rice under drought-prone ecosystem 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Philrice, Philippines   国名:フィリピン共和国  

  115. アフリカ稲由来NERICA15の穂いもち圃場抵抗性評価

    中嶋泰則, Elijah M. Ateka, 槇原大悟, 水上優子, 林長生, 中村充, Wainaina M. Cornerius, 坂紀邦, Peter W. Masinde, 浅沼修一

    第232回日本作物学会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口大学, 山口市   国名:日本国  

  116. ケニアにおける稲作の現状と将来性に対する考察

    齋藤元也, 小川茂男, 槇原大悟, 浅井英利, 米澤千夏

    システム農学会2011年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学百周年時計台記念館・地球環境学堂, 京都市   国名:日本国  

  117. ネリカ品種群の病害虫抵抗性の評価

    中村充, 中嶋泰則, 水上優子, 槇原大悟, 浅沼修一

    第231回日本作物学会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  118. ケニア西部高地での陸稲栽培における生産性阻害要因

    浅井英利,槇原大悟,Peter Olewe,John C. Onyango,山内章,浅沼修一

    日本熱帯農業学会第109回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  119. Low Temperature Effects on Yields of Three Rice Varieties in Kenya

    Hunja Murage, Emily Gichuhi, K. Mwangi and Daigo Makihara

    The Fifth JKUAT Scientific, Technological and Industrialisation Conference, 'Science, technology and innovation for industrialisation and sustainable development' 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Juja, Kenya   国名:ケニア共和国  

  120. Diversity of the Rice Blast Population Structure in Central and Western Kenya

    Hunja Murage, Emily Gichuhi, K. Mwangi and Daigo Makihara

    The Fifth JKUAT Scientific, Technological and Industrialisation Conference, 'Science, technology and innovation for industrialisation and sustainable development' 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Juja, Kenya   国名:ケニア共和国  

  121. ケニア西部におけるガリー侵食に対する農村住民の意識と対処行動

    槇原大悟,竹谷裕之,佐々木重洋,オモンディ・アハオ、ジョン・オニャンゴ、浅沼修一

    日本熱帯農業学会第108回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宜野湾市   国名:日本国  

  122. 冷水掛け流し処理がNERICAの生殖成長に及ぼす影響

    日本熱帯農業学会第108回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宜野湾市   国名:日本国  

  123. Potential of Agrobiodiversity as a coping strategy in the face of climate change: Lessons from rural farming communities in Kenya 国際会議

    Patrick M. Maundu, Yasuyuki Morimoto, Yoshiaki Nishikawa, Daigo Makihara, Timothy Johns and Pablo Eyzaguirre

    12th International Congress of Ethnobiology, Tofino Botanical Gardens Foundation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tofino, Canada   国名:カナダ  

  124. アフリカ水稲NERICA 品種群の穂いもち圃場抵抗性の評価

    中嶋泰則・水上優子・坂 紀邦・Peter W.Masinde・槇原大悟・寺島竹彦・浅沼修一

    第229回日本作物学会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宇都宮市   国名:日本国  

  125. Crop Variety Management by Farmers in Burkina Faso (3) -Diversity of Criteria for Ranking Varieties Expressed by Farmers-

    Yoshiaki Nishikawa, Didier Balma, Kazuhiro Nemoto and Daigo Makihara

    Japanese Society for Tropical Agriculture 107th Academic Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Matsudo, Japan   国名:日本国  

  126. Crop Variety Management by Farmers in Burkina Faso (1) -Agronomical Data Analysis of MotherBaby Trial in 2009-

    Kazuhiro Nemoto, Didier Balma, Yoshiaki Nishikawa and Daigo Makihara

    Japanese Society for Tropical Agriculture 107th Academic Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Matsudo, Japan   国名:日本国  

  127. Crop Variety Management by Farmers in Burkina Faso (2) -Farmers' Criteria for Selection of Crop Varieties-

    Daigo Makihara, Didier Balma, Yoshiaki Nishikawa and Kazuhiro Nemoto

    Japanese Society for Tropical Agriculture 107th Academic Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Matsudo, Japan   国名:日本国  

  128. Experimental Methods for Participatory Crop Variety Management - 2. Farmer's Perception on Local and Improved varieties, and Survey of Mother -Baby Trial in Burkina Faso–

    K. Nemoto, D. Balma, Y. Nishikawa and D. Makihara

    Japanese Society for Tropical Agriculture 106th Academic Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  129. Experimental Methods for Participatory Crop Variety Management - 1. Investigation on Perception by Farmers and Technicians for Variety - Preference in Burkina Faso

    Y. Nishikawa, D. Balma, K. Nemoto and D. Makihara

    Japanese Society for Tropical Agriculture 106th Academic Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  130. ケニア西部の土地荒廃地域における地域環境の保全と地域文化に関する調査

    浅沼修一・木村眞人・星野光雄・竹谷裕之・山内 章・佐々木重洋・槇原大悟・桂田祐介・山根裕子

    日本熱帯農業学会第106回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  131. Evaluation of Cold Tolerance in NERICAs Compared with Japanese Rice Varieties

    H. Murage, P. Masinde, D. Makihara, T. Terashima, and S. Asanuma

    Japanese Society for Tropical Agriculture 106th Academic Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  132. Experimental Methods to Enhance Social Capacity for Management of Crop Varieties by Farmers -A Case of JICA Project Research on Participatory Genetic Resources Management in Burkina Faso-

    Y. Nishikawa, D. Balma, K. Nemoto and D. Makihara

    Japanese Society for Tropical Agriculture 105th Academic Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  133. 農業のための生物多様性と環境管理の社会的能力-サブサハラ・アフリカにおける参加型遺伝資源管理事例から-

    西川芳昭・槇原大悟・根本和洋

    日本国際地域開発学会春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  134. Agrobiodiversity, dietary diversity and nutrition status: Exploring possible linkages among rural farming communities. 国際会議

    Patrick M. Maundu, Yasuyuki Morimoto, Yoshiaki Nishikawa, Daigo Makihara and Timothy Johns

    11th International Congress of Ethnobiology “Livelihoods and collective biocultural heritage" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Cusco, Peru   国名:ペルー共和国  

  135. Concept and Process of “Community Empowerment and Networking Program" 国際会議

    Innovation Africa Symposium  2006年11月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kampala, Uganda   国名:ウガンダ共和国  

  136. Yields of selected NERICA genogypes in Kenya in 2003, 2004 and 2005 trials

    Japanese Society for Tropical Agriculture 99th Academic Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  137. 塩ストレスおよび遮光がイネの穎花数および乾物生産に及ぼす影響

    津田誠・横山知紗・槇原大悟・平井儀彦

    第209回日本作物学会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  138. 登熟期の塩水灌漑がイネの登熟に及ぼす影響

    槇原大悟・津田誠・平井儀彦

    第208回日本作物学会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  139. 塩分ストレスがイネの根系形態に及ぼす影響

    内藤整, 槇原大悟, 平井儀彦, 津田誠

    平成11年度日本作物学会中国支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山大学, 岡山市   国名:日本国  

  140. 塩ストレス下のイネにおける白穂の発生について

    森田美穂・津田誠・槇原大悟・平井儀彦

    第207回日本作物学会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  141. イネ葉身のNa+集積に対する光合成反応の品種間差異

    槇原大悟・平井儀彦・土屋幹夫・津田誠

    第205回日本作物学会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  142. イネにおけるNa+排除能の違いが地上部Na含有率に及ぼす影響

    槇原大悟・平井儀彦・土屋幹夫・津田誠

    第205回日本作物学会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  143. 高NaCl濃度下のイネにおける蒸散速度と地上部へのNa+移行量との関係

    槇原大悟・土屋幹夫

    第202回日本作物学会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  144. Population dynamics of Pyricularia grisea in rice cultivars with partial resistance 国際会議

    The American Phytopathological Society Annual Meeting (Indianapolis) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Indianapolis   国名:アメリカ合衆国  

  145. 土壌塩分処理がイネ品種の生育ならびに収量構成に及ぼす影響

    土屋幹夫・槇原大悟・熊野誠一

    平成5年度日本作物学会中国支部福山大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福山市   国名:日本国  

  146. ケニアMwea灌漑地区の水田稲作におけるKとZnの施用効果の検証

    増永二之・石井雅也・Kundu, A. C.・槇原大悟・山内章

    2016年度(第112回)日本土壌肥料学会関西支部講演会  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:メルパルク京都、京都市   国名:日本国  

  147. Spatial Variability in Soil Chemical Properties in a Paddy Rice Production System in Kenya

    Kundu, A. C., Ihii, M., Sato, K., Masunaga, T., Makihara, D. and Yamauchi, A.

    2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  148. ケニア・ムエア地域の漏水田における代かきの浸透抑制効果

    佐々木由佳・福田翔太・鮫島啓彰・John Kimani・槇原大悟・山内章

    日本土壌肥料学会2016年度佐賀大会  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:佐賀大学, 佐賀市   国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 16

  1. 野生遺伝資源を活用したイネ科新奇食糧資源の開拓

    2020年11月 - 2023年3月

    科学技術振興機構  未来社会創造事業(探索加速型等)  茎頂組織を用いた近縁野生イネ形質転換系の確立と野生イネが示す優良特性の理解

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  2. アフリカの耕作地を脅かす寄生雑草ストライガの防除技術普及に向けた課題探求

    2020年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  二国間交流事業「ケニアとの共同研究」 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  3. ケニアの稲作生産性向上に向けた改良イネ品種の導入と栽培技術の高度化

    2020年4月 - 2022年3月

    科学技術振興機構  持続可能開発目標達成支援事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  4. アフリカ稲作研究イノベーションのための研究拠点と国際協働ネットワークの構築

    2018年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  研究拠点形成事業-B.アジア・アフリカ学術基盤形成型- 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  5. イネ高生産性制御機構の解明と国際展開

    2018年4月 - 2022年3月

    理化学研究所  名大-理研科学技術ハブ 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:その他

  6. ケニアの大規模灌漑畑作地区におけるイネの塩害克服に向けた課題解決型研究

    2016年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  二国間交流事業「ケニアとの共同研究」 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  7. ケニアにおけるいもち病菌レースとイネ品種の多様性解析による防除技術の開発

    2013年4月 - 2015年3月

    日本学術振興会  二国間交流事業「ケニアとの共同研究」 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  8. テーラーメード育種と栽培技術開発のための稲作研究プロジェクト

    2012年5月 - 2018年5月

    科学技術振興機構  地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS) 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  9. 農林水産研究分野で国際的に活躍できる日本人人材の育成に向けた 我が国の取り組みの方向性に関する提言 ―国際シンポジウム「我が国の大学及び農林水産研究機関における 研究者育成の現状と課題」の開催と関連情報の収集・分析を通じて―

    2012年4月 - 2013年3月

    農林水産省  平成24年度「地球規模課題国際研究ネットワーク事業 (国際研究ネットワーク形成等の推進)」委託事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  10. ケニア・ムエア灌漑地区におけるイネいもち病の多発生に関する学際的研究

    2011年4月 - 2013年3月

    日本学術振興会  二国間交流事業「ケニアとの共同研究」 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  11. 農学知的支援ネットワークの組織力を活かした科学技術協力の推進

    2010年5月 - 2011年3月

    文部科学省  文部科学省「国際協力イニシアティブ」教育協力拠点形成事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  12. 東アフリカ稲作振興のための課題解決型研究

    2009年5月 - 2012年3月

    科学技術振興機構  科学技術振興調整費 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  13. 農学知的支援ネットワークによる科学技術協力モデルの構築

    2009年5月 - 2010年3月

    文部科学省  「国際協力イニシアティブ」教育協力拠点形成事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  14. 持続可能な地域開発のための農業生物多様性管理の組織制度構築に関する研究

    2009年4月 - 2012年3月

    三井物産株式会社  三井物産環境基金 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  15. 農学知的支援ネットワーク形成による国際教育協力強化・推進のためのモデル構築

    2008年9月 - 2009年3月

    文部科学省  「国際協力イニシアティブ」教育協力拠点形成事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  16. 大学等が有する農学分野の国際協力知的援助リソースデータベースの作成と管理

    2007年 - 2008年3月

    文部科学省  「国際協力イニシアティブ」教育協力拠点形成事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 5

  1. 根寄生雑草ストライガが引き起こすアフリカ食糧問題の解決に向けた国際共同研究

    研究課題/研究課題番号: 19KK0152  2019年10月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    槇原大悟, 土屋 雄一朗, 菊田 真由実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:18330000円 ( 直接経費:14100000円 、 間接経費:4230000円 )

  2. オリザ・ロンギスタミナータに由来するイネの環境ストレス耐性機構の解明と遺伝解析

    研究課題/研究課題番号:18H02187  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

    槇原大悟, 犬飼 義明, 菊田 真由実, 土井 一行, 前川 雅彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

  3. イネにおけるQTL×水ストレス×栽培技術相互作用評価に基づく理想型根系の提案

    研究課題/研究課題番号: 15H02644  2015年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(A)

    山内章, 犬飼 義明, 田中 利治, 三屋 史朗, 槇原 大悟, 仲田 麻奈, CEDICOL Editha C., PHENG Vutha

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  4. 集約的畑栽培稲作における物質循環の地域間比較

    研究課題/研究課題番号:26450018  2014年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    桂 圭佑, 森塚 直樹, 槇原 大悟

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  5. ケニア西部の土地荒廃地域における地域環境の保全と地域文化に関する学際的研究

    研究課題/研究課題番号:20255009  2008年4月 - 2013年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(A)

    浅沼修一, 木村 眞人, 星野 光雄, 竹谷 裕之, 山内 章, 佐々木 重洋, 槇原 大悟, 桂田 祐介, 山根 裕子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

 

担当経験のある科目 (本学) 67

  1. 自然環境と人間社会

    2021

  2. 国際農学特論

    2021

  3. 生命農学演習1

    2021

  4. 生命農学演習2

    2021

  5. 生命農学演習3

    2021

  6. 生命農学演習4

    2021

  7. 修士論文研究1

    2021

  8. 修士論文研究2

    2021

  9. 修士論文研究3

    2021

  10. 修士論文研究4

    2021

  11. 自然環境と人間社会

    2020

  12. 国際農学特論

    2020

  13. 修士論文研究4

    2020

  14. 生命農学演習1

    2020

  15. 修士論文研究3

    2020

  16. 修士論文研究2

    2020

  17. 修士論文研究1

    2020

  18. 生命農学演習4

    2020

  19. 生命農学演習3

    2020

  20. 生命農学演習2

    2020

  21. 自然環境と人間社会

    2019

  22. 国際農学特論

    2019

  23. 生命農学演習4

    2019

  24. 生命農学演習3

    2019

  25. 生命農学演習2

    2019

  26. 生命農学演習1

    2019

  27. 修士論文研究1

    2019

  28. 修士論文研究4

    2019

  29. 修士論文研究3

    2019

  30. 修士論文研究2

    2019

  31. Principle in Bioagricultural Sciences IV

    2016

  32. 国際協力特論II

    2016

  33. 生命農学序説

    2016

  34. 生命農学本論IV

    2016

  35. 生命農学序説

    2015

  36. 生命農学本論IV

    2015

  37. Principle in Bioagricultural Sciences IV

    2015

  38. 国際協力特論II

    2015

  39. 国際協力特論II

    2014

  40. Principle in Bioagricultural Sciences IV

    2014

  41. 生命農学序説

    2014

  42. 生命農学本論IV

    2014

  43. 生命農学序説

    2013

  44. 生命農学本論Ⅳ

    2013

  45. 国際協力特論II

    2013

  46. Principle in Bioagricultural Sciences IV

    2013

  47. 国際協力特論II

    2012

  48. Principle in Bioagricultural Sciences IV

    2012

  49. 生命農学序説

    2012

  50. 生命農学本論Ⅳ

    2012

  51. 基礎セミナーA

    2012

  52. Principle in Bioagricultural Sciences IV

    2011

  53. 生命農学本論Ⅳ

    2011

  54. 生命農学序説

    2011

  55. 国際協力特論II

    2011

  56. 基礎セミナーA

    2011

  57. 国際協力特論II

    2010

  58. Principle in Bioagricultural Sciences IV

    2010

  59. 生命農学本論Ⅳ

    2010

  60. 生命農学序説

    2010

  61. 基礎セミナーA

    2010

  62. 基礎セミナーA

    2009

  63. 海外実地研修(カンボジア)

    2009

  64. 生命農学序説

    2009

  65. 生命農学本論Ⅳ

    2009

  66. 生命技術国際協力特論Ⅱ

    2009

  67. 生命農学国際協力論Ⅱ

    2008

     詳細を見る

    途上国が今日直面している食料不足,低い農業生産性,農業環境悪化など,農学領域の諸問題を実践的に解決しうる人材を育成するうえで不可欠な人づくり国際協力を,南北間,南南間で効果的に進めるための国内外の人的協カネットワーク開発の方法論について考究する。

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 4

  1. 国際イノベーション農学特論I

    2019年10月 - 現在 東京農工大学)

  2. 地域環境科学特別講義Ⅰ

    2019年4月 - 2019年9月 京都大学)

  3. 国際環境農学特論Ⅰ

    2014年10月 - 2019年3月 東京農工大学)

  4. 国際農環境科学特論

    2009年4月 - 2010年3月 岐阜大学)

 

社会貢献活動 7

  1. アフリカ向け第三国研修稲作ウェビナー「Rice Varietal Improvement and Seed Maintenance」における講義

    役割:講師, 報告書執筆

    国際協力機構(JICA)  2021年2月

  2. 世界のピンチにロックオン!「教えて! 食料不足に立ち向かう技術!」

    役割:取材協力, 情報提供

    株式会社ベネッセコーポレション  令和 2年度 進研ゼミ小学講座 「かがく組」4年生(チャレンジ4年生、4号)  2020年7月

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:新聞・雑誌

  3. JICA受託研修「環境保全型有機農業技術」外部講師

    役割:講師

    公益財団法人オイスカ中部日本研修センター  2011年5月

  4. JICA受託研修「環境保全型有機農業技術」外部講師

    役割:講師

    公益財団法人オイスカ中部日本研修センター  2010年10月

  5. 「エリトリア国高等教育支援協力プログラム準備調査」の調査団員(派遣国: エリトリア、業務: 農業)

    役割:講師, 調査担当, 報告書執筆

    国際協力機構(JICA)  2009年4月

  6. 「アフリカ稲作振興支援にかかる基礎調査」の現地調査及び国内調査

    役割:調査担当, 報告書執筆

    株式会社レックスインターナショナル  2009年3月

  7. 国際協力機構短期派遣専門家(派遣国:ケニア、プロジェクト名:アフリカ人造り拠点計画フェーズII、指導科目:研究開発事業)

    役割:助言・指導, 調査担当, 報告書執筆

    国際協力機構(JICA)  2007年5月 - 2007年8月

▼全件表示

メディア報道 1

  1. 「魔女の雑草」退治せよ 新聞・雑誌

    朝日新聞社  朝日新聞  科学の扉  2020年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

学術貢献活動 2

  1. 国際ワークショップ「ジェンダー視点に立ったイネ育種」

    役割:企画立案・運営等

    国際稲研究所、GREAT、名古屋大学農学国際教育研究センター  ( カンパラ、ウガンダ ) 2019年11月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  2. 第18回オープンフォーラム「アフリカにおける持続可能な開発への科学技術による貢献~名古屋大学の挑戦~」

    役割:企画立案・運営等

    名古屋大学農学国際教育研究センター  ( 名古屋大学野依記念学術交流館 ) 2019年10月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等