2023/08/08 更新

写真a

ミツヤ シロウ
三屋 史朗
MITSUYA, Shiro
所属
大学院生命農学研究科 植物生産科学専攻 植物生産科学 准教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部 資源生物科学科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(農学) ( 2003年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 3

  1. 超微形態学

  2. 植物分子生理学

  3. 作物生理学

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 作物学・雑草学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 単子葉作物における塩ストレスの影響およびベタイン生合成経路の解明

  2. 植物における塩輸送に関する分子機構の解明および耐塩性強化

  3. 作物における塩ストレス障害発現機構に関する研究

経歴 6

  1. 名古屋大学大学院生命農学研究科准教授   准教授

    2021年4月 - 現在

  2. 国際稲研究所客員研究員

    2012年4月 - 2012年9月

      詳細を見る

    国名:フィリピン共和国

  3. 英国リーズ大学(University of Leeds) 客員研究員

    2008年7月 - 2008年12月

  4. 名古屋大学大学院生命農学研究科 助教

    2007年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学大学院生命農学研究科助手

    2006年2月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 日本学術振興会 特別研究員(PD)

    2003年4月 - 2006年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 1

  1. 名古屋大学   生物圏資源学専攻

    - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 1

  1. 日本作物学会

委員歴 4

  1. 日本作物学会   海外交流推進委員会  

    2020年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本作物学会   ACSAC10運営委員会  

    2018年 - 2022年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 日本作物学会   英文誌編集委員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. 日本作物学会   和文誌編集委員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 2

  1. 2018年度日本作物学会論文賞

    2018年3月   日本作物学会  

    亀岡笑, Roel Rodriguez Suralta, 三屋史朗, 山内章

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  2. 2017年度日本作物学会論文賞

    2017年3月   日本作物学会  

    谷俊男, 林元樹, 遠藤征馬, 三屋史朗, 林智仁, 山内章

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

 

論文 57

  1. Dry Matter Productions of Two Rice Cultivars with Contrasting Root Plasticity Expressions in a Sloping Bed Subjected to Fluctuating Soil Moistures 査読有り 国際共著

    Stella Owusu-Nketia, Roel Rodriguez Suralta, Yoshiaki Inukai, Shiro Mitsuya, Mana Kano-Nakata, Peter Amoako Ofori, Dinh Thi Ngoc Nguyen, and Akira Yamauchi

    Philippine Agricultural Scientist     2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. Genotypic variation in rice root system distribution and activity in response to short-term drought 査読有り 国際共著

    Emi Kameoka, Shiro Mitsuya, Roel R. Suralta, Akira Yamauchi and Amelia Henry

    Plant Root   17 巻   頁: 45 - 58   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.3117/plantroot.17.45

  3. QTL analysis for sodium removal ability in rice leaf sheaths under salinity using an IR-44595/318 F-2 population

    Goto Itsuki, Neang Sarin, Kuroki Ryuichi, Reyes Vincent Pamugas, Doi Kazuyuki, Skoulding Nicola Stephanie, Taniguchi Mitsutaka, Yamauchi Akira, Mitsuya Shiro

    FRONTIERS IN PLANT SCIENCE   13 巻   頁: 1002605   2022年10月

     詳細を見る

  4. 第10回アジア作物学会議開催報告

    山内 章, 三屋 史朗, 仲田 麻奈, 江原 宏

    日本作物学会紀事   91 巻 ( 4 ) 頁: 365 - 368   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  5. Root sampling method for aquaporin gene expression analysis in rice 査読有り

    Watanabe Y., Mitsuya S., Yamauchi A.

    Plant Root   16 巻   頁: 11 - 20   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. QTL mapping under salt stress in rice using a Kalarata-Azucena population

    de Ocampo Marjorie P., Viet The Ho, Thomson Michael J., Mitsuya Shiro, Yamauchi Akira, Ismail Abdelbagi M.

    EUPHYTICA   218 巻 ( 6 ) 頁: 74   2022年6月

     詳細を見る

  7. Comparative transcriptome analysis of root types in salt tolerant and sensitive rice varieties in response to salinity stress 査読有り

    Cartagena Joyce A., Yao Yao, Mitsuya Shiro, Tsuge Takashi

    PHYSIOLOGIA PLANTARUM   173 巻 ( 4 ) 頁: 1629 - 1642   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1111/ppl.13553

    Web of Science

    PubMed

  8. Grain Yield Variations in Rice Genotypes under Different Growing Environments in the Philippines 査読有り 国際共著

    Perdiguerra Kim Nyka C., Mitsuya Shiro, Yamauchi Akira, Lansigan Felino P., Espaldon Maria Victoria O., Hernandez Jose E., Cruz Pompe C. Sta

    PHILIPPINE AGRICULTURAL SCIENTIST   104 巻 ( 2 ) 頁: 135 - 145   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  9. Root system characteristics under different water regimes in three cereal species 査読有り

    Ueda Natsumi, Mitsuya Shiro, Yamauchi Akira, Cabral Maria Corazon J., Kano-Nakata Mana

    PLANT ROOT   15 巻   頁: 10 - 18   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3117/plantroot.15.10

    Web of Science

  10. A GWAS approach to find SNPs associated with salt removal in rice leaf sheath. 査読有り 国際共著

    Neang S, de Ocampo M, Egdane JA, Platten JD, Ismail AM, Seki M, Suzuki Y, Skoulding NS, Kano-Nakata M, Yamauchi A, Mitsuya S

    Annals of botany   126 巻 ( 7 ) 頁: 1193-1202   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/aob/mcaa139

    PubMed

  11. Tissue-specific expression analysis of Na+ and Cl- transporter genes associated with salt removal ability in rice leaf sheath 査読有り 国際共著

    Neang Sarin, Goto Itsuki, Skoulding Nicola Stephanie, Cartagena Joyce A., Kano-Nakata Mana, Yamauchi Akira, Mitsuya Shiro

    BMC PLANT BIOLOGY   20 巻 ( 1 ) 頁: 502   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12870-020-02718-4

    Web of Science

    PubMed

  12. Plasticity in Nodal Root Hardpan Penetration, Deep Soil Water Uptake, and Shoot Dry Matter Production under Soil Moisture Fluctuations Using Chromosome Segment Substitution Lines of Rice

    Dinh Thi Ngoc Nguyen, Suralta Roel Rodriguez, Kano-Nakata Mana, Mitsuya Shiro, Owusu-Nketia Stella, Yamauchi Akira

    PHILIPPINE AGRICULTURAL SCIENTIST   103 巻 ( 3 ) 頁: 214 - 234   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  13. Morphological and histological differences among three types of component roots and their differential contribution to water uptake in the rice root system 査読有り

    Watanabe Yumika, Kabuki Takuya, Kakehashi Takahiro, Kano-Nakata Mana, Mitsuya Shiro, Yamauchi Akira

    PLANT PRODUCTION SCIENCE   23 巻 ( 2 ) 頁: 191-201   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/1343943X.2020.1730701

    Web of Science

  14. The role of Oryza sativa L. 'Milyang 44' husks on the resistance to two rice stink bugsy 査読有り

    Nakamura Mitsuru, Suzuki Taro, Yoshida Tomofumi, Kato Takahiro, Oi Takao, Mitsuya Shiro, Inukai Yoshiaki

    BREEDING SCIENCE   70 巻 ( 3 ) 頁: 402 - 408   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1270/jsbbs.18149

    Web of Science

    PubMed

  15. Plasticity in root system architecture of rice genotypes exhibited under different soil water distributions in soil profile

    Kano-Nakata Mana, Nakamura Tomomichi, Mitsuya Shiro, Yamauchi Akira

    PLANT PRODUCTION SCIENCE   22 巻 ( 4 ) 頁: 501 - 509   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/1343943X.2019.1608836

    Web of Science

  16. Soil Compaction Enhanced the Expression of Root Plasticity, Water and Nitrogen Uptake of Rice under Mild Drought with High N Fertilization

    Thiem Thi Tran, Suralta Roel Rodriguez, Takeda Moe, Mitsuya Shiro, Kano-Nakata Mana, Yamauchi Akira

    PHILIPPINE AGRICULTURAL SCIENTIST   102 巻 ( 3 ) 頁: 199 - 210   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  17. Fundamental parenchyma cells are involved in Na+ and Cl- removal ability in rice leaf sheath

    Neang Sarin, de Ocampo Marjorie, Egdane James A., Platten John D., Ismail Abdelbagi M., Skoulding Nicola S., Kano-Nakata Mana, Yamauchi Akira, Mitsuya Shiro

    FUNCTIONAL PLANT BIOLOGY   46 巻 ( 8 ) 頁: 743-755   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1071/FP18318

    Web of Science

    PubMed

  18. Evaluation of rice grain yield and yield components of Nona Bokra chromosome segment substitution lines with the genetic background of Koshihikari, in a saline paddy field 査読有り

    Shiro Mitsuya, Norifumi Murakami, Tadashi Sato, Tomohiko Kazama, Kinya Toriyama, Nicola Stephanie Skoulding, Mana Kano-Nakata, Akira Yamauchi

    AoB Plants     2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1093/aobpla/plz040

  19. Root plasticity for maintenance of productivity under abiotic stressed soil environments in rice: Progress and prospects

    Suralta Roel R., Kano-Nakata Mana, Niones Jonathan M., Inukai Yoshiaki, Kameoka Emi, Thiem Thi Tran, Menge Daniel, Mitsuya Shiro, Yamauchi Akira

    FIELD CROPS RESEARCH   220 巻   頁: 57-66   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fcr.2016.06.023

    Web of Science

  20. Plasticity in nodal root elongation through the hardpan triggered by rewatering during soil moisture fluctuation stress in rice.

    Suralta RR, Niones JM, Kano-Nakata M, Thi Tran T, Mitsuya S, Yamauchi A

    Scientific reports   8 巻 ( 1 ) 頁: 4341   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-22809-5

    PubMed

  21. Genotypic variations in the plasticity of nodal root penetration through the hardpan during soil moisture fluctuations among four rice varieties 査読有り

    Dinh Thi Ngoc Nguyen, Roel Rodriguez Suralta, Mana Kano-Nakata, Shiro Mitsuya, Stella Owusu-Nketia, Akira Yamauchi

    Plant Production Science     頁: doi.org/10.1080/1343943X.2018.1439757   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1080/1343943X.2018.1439757

  22. Root plasticity under fluctuating soil moisture stress exhibited by backcross inbred line of a rice variety, Nipponbare carrying introgressed segments from KDML105 and detection of the assciated QTLs 査読有り

    Stella Owusu-Nketia, Yoshiaki Inukai, Satomi Ohashi, Roel Rodriguez Suralta, Kazuyuki Doi, Shiro Mitsuya, Mana Kano-Nakata, Jonathan Manito Niones, Dinh Thi Ngoc Nguyen, Takuya Kabuki, Daigo Makihara, Akira Yamauchi

    Plant Production Science     頁: doi.org/10.1080/1343943X.2018.1446759   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1080/1343943X.2018.1446759

  23. Functional roles of root plasticity and its contribution to water uptake and dry matter production of CSSLs with the genetic background of KDML105 under soil moisture fluctuation

    Owusu-Nketia Stella, Siangliw Jonaliza Lanceras, Siangliw Meechai, Toojinda Theerayut, Vanavichit Apichart, Ratsameejanphen Noppon, Ruangsiri Mathurada, Sriwiset Sararin, Suralta Roel Rodriguez, Inukai Yoshiaki, Mitsuya Shiro, Kano-Nakata Mana, Dinh Thi Ngoc Nguyen, Takuya Kabuki, Yamauchi Akira

    PLANT PRODUCTION SCIENCE   21 巻 ( 3 ) 頁: 266-277   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/1343943X.2018.1477509

    Web of Science

  24. Quantitative evaluation of plastic root responses to continuous water gradient in rice 査読有り

    Kano-Nakata, M., Inukai, Y., Siopongco, J. D. L. C., Mitsuya, S. & Yamauchi, A

    Plant Root   11 巻   頁: 70-78   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Quantitative evaluation of plastic root responses to contiguous water gradient in rice

    Kano-Nakata Mana, Inukai Yoshiaki, Siopongco Joel D. L. C., Mitsuya Shiro, Yamauchi Akira

    PLANT ROOT   11 巻   頁: 70-78   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3117/plantroot.11.70

    Web of Science

  26. Drought-induced root plasticity of two upland NERICA varieties under conditions with contrasting soil depth characteristics 査読有り

    Daniel Makori Menge, Emi Kameoka, Mana Kano-Nakata, Akira Yamauchi, Shuichi Asanuma, Hidetoshi Asai, Mayumi Kikuta, Roel Rodriguez Suralta, Takuya Koyama, Thiem Thi Tran, Joel D. L. C. Siopongco, Shiro Mitsuya, Yoshiaki Inukai & Daigo Makihara

    Plant Production Science   19 巻 ( 3 ) 頁: 389-400   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Developmental Plasticity of Rice Root System Grown under Mild Drought Stress Condition with Shallow Soil Depth; Comparison between Nodal and Lateral roots 査読有り

    Emi Kameoka, Roel Rodriguez Suralta, Shiro Mitsuya & Akira Yamauchi

    Plant Production Science   19 巻 ( 3 ) 頁: 411-419   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. コムギ湿害対策のための肥効調節型肥料の基肥時土壌表層施用ならびに速効性窒素追肥の効果 査読有り

    谷俊男, 林元樹, 遠藤征馬, 三屋史朗, 林智仁, 山内章

    日本作物学会紀事   84 巻 ( 3 ) 頁: 256-263   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. *Functional and expression analyses of two kinds of betaine aldehyde dehydrogenases in a glycinebetaine-hyperaccumulating graminaceous halophyte, Leymus chinensis 査読有り

    Mitsuya S., Tsuchiya A., Kono-Ozaki K., Fujiwara T., Takabe T., Takabe T.

    SpringerPlus   4 巻   頁: 202   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1186/s40064-015-0997-4

  30. Matching the Expression of Root Plasticity with Soil Moisture Availability Maximizes Production of Rice Plants Grown in an Experimental Sloping Bed having Soil Moisture Gradients 査読有り

    Kameoka E., Suralta R.R., Mitsuya S., Yamauchi A.

    Plant Production Science     頁: in press   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Simultaneous application of controlled availability fertilizers to seeding furrows with seeding increases grain yield and quality of no-till cultivated common wheat in Japan 査読有り

    Tani T., Hayashi M., Hiraiwa K., Ochiai I., Mitsuya S., Suralta R.R., Yamauchi A.

    Agricultural Sciences   6 巻   頁: 279-290   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Giant peroxisomes in a moss (Physcomitrella patens) pex11 mutant 査読有り

    Kamisugi Y., Mitsuya S., El-Shami M., Knight CD., Cuming AC., Baker A.

    New Phytologist     頁: in press   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Nitrogen application enhanced the expression of developmental plasticity of root systems triggered by mild drought stress in rice 査読有り

    Thiem Thi Tran, Mana Kano-Nakata, Moe Takeda, Daniel Menge, Shiro Mitsuya, Yoshiaki Inukai and Akira Yamauchi

    Plant Soil     2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11104-013-2013-5

  34. Assessment of damage caused by two-striped leaf beetle (Medythia nigrobilineata Motschulsky) larval feeding of root nodules in soybean and its control during furrow cultivation at seeding time 査読有り

    Takei M., Nakamura M., Hamada Y., Ikeda A., Mitsuya S., Suralta R. R., Yamauchi A.

    Plant Production Science   17 巻   頁: 276-283   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Root plasticity and its functional roles were triggered by water deficit but not by the resulting changes in the forms of soil N in rice 査読有り

    Tran T.T., Kano-Nakata M., Suralta R.R., Menge D., Mitsuya S., Inukai Y., Yamauchi A.

    Plant and Soil     2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI 10.1007/s11104-014-2240-4

  36. Tissue Localization of the glycine betaine biosynthetic enzymes in barley leaves 査読有り

    Shiro Mitsuya, Katsutoshi Kozaki, Tetsuko Takabe

    Plant Prod. Sci.   16 巻   頁: 117-122   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Maintained root length density contributes to the waterlogging tolerance in common wheat (Triticum aestivum L.) 査読有り

    Hayashi T., Yoshida T., Fujii K., Mitsuya S., Tsuji T., Okada Y., Hayashi E., Yamauchi A.

    Field Crops Res.   152 巻   頁: 27-35   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. S-methylmethionine is involved in the salinity tolerance of Arabidopsis thaliana plants at the germination and early growth stages 査読有り

    Saori Ogawa, Shiro Mitsuya

    Physiol. Plant.   144 巻   頁: 13-19   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Salt-induced chloroplast protrusion is the process of exclusion of ribulose-1,5-bisphosphate carboxylase/oxygenase from chloroplasts into cytoplasm in leaves of rice 査読有り

    Yamane K., Mitsuya S., Taniguchi M., Miyake H.

    Plant Cell Environ.   35 巻   頁: 1663-1671   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. *Isolation and characterization of a novel peroxisomal choline monooxygenase in barley 査読有り

    Shiro Mitsuya, Junko Kuwahara, Keiko Ozaki, Eiji Saeki, Takashi Fujiwara, Tetsuko Takabe

      234 巻   頁: 1215-1226   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. イネ科植物オオムギの耐塩性機構における巧みな適合溶質グリシンベタイン利用戦略

    三屋史朗・藤原崇志・服部侑・高倍鉄子

    化学と生物   48 巻   頁: 478-484   2010年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  42. Characterization of a novel glycinebetaine/proline transporter gene expressed in the mestome sheath and lateral root cap cells in barley 査読有り

    Fujiwara T., Mitsuya S., Miyake H., Hattori T., Takabe T.

    Planta   232 巻   頁: 133-143   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Transcription profiles of genes encoding catalase and ascorbate peroxidase in the rice leaf tissues under salinity 査読有り

    Yamane K., Mitsuya S., Taniguchi M. and Miyake H

    Plant Production Science   13 巻   頁: 164-168   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Salt stress causes peroxisome proliferation, but inducing peroxisome proliferation does not improve NaCl tolerance in Arabidopsis thaliana 査読有り

    Mitsuya S., El-Shami M., Sparkes I., Charlton W., De Marcos Lousa C., Johnson B., Baker A.

    PLoS ONE   5 巻   頁: e9408   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. *Tissue specificity of glycinebetaine synthesis in barley 査読有り

    T. Hattori, S. Mitsuya, T. Fujiwara, A. T. Jagendorf, T. Takabe

    Plant Science   176 巻   頁: 112-118   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Antioxidant capacity and damages caused by salinity stress in apical and basal regions of rice leaf 査読有り

    Yamane K., Mitsuya S., Kawasaki M., Taniguchi M., Miyake H.

    Plant Production Science   12 巻 ( 3 ) 頁: 319-326   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. *OsBADH1 is possibly involved in acetaldehyde oxidation in rice plant peroxisomes 査読有り

    Mitsuya S., Yokota Y., Fujiwara T., Mori N. and Takabe T.

    FEBS Letters   583 巻   頁: 3625-3629   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. *Enzymatic characterization of peroxisomal and cytosolic betaine aldehyde dehydrogenases in barley 査読有り

    Fujiwara T., Hori K., Ozaki K., Yokota Y., Mitsuya S., Ichiyanagi T, Hattori T., Takabe T.

    Physiologia Plantarum   134 巻   頁: 22-30   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Co-expression of cytosolic-DnaK and chloroplastic-fibrillin from halotolerant organisms increased salt tolerance of tobacco plants 査読有り

    T. Hibino, M. Fujita, T. Shimada, A. Uchida, K. Yamane, S. Mitsuya, T. Takabe and T. Takabe

    J. Research Institute of Meijo Univ.   6 巻   頁: 105-114   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. *Overexpression of RCI2A decreases Na+ uptake and mitigates salinity-induced damages in Arabidopsis thaliana plants 査読有り

    Mitsuya S., Taniguchi M., Miyake H., Takabe T.

    Physiologia Plantarum   128 巻   頁: 95-102   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. 植物の環境ストレス耐性機構とそのシグナル分子過酸化水素の農業への応用 査読有り

    高倍鉄子, 三屋史朗, 内田明男, 高倍知子

    農林水産技術研究ジャーナル   28 巻   頁: 5-9   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  52. *Disruption of RCI2A leads to over-accumulation of Na+ and increased salt sensitivity in Arabidopsis thaliana plants 査読有り

    Mitsuya S., Taniguchi M., Miyake H., Takabe T.

    Planta   222 巻   頁: 1001-1009   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. 植物の塩ストレス障害はどのようにして起こるのか:光障害と抗酸化能力の秘密 査読有り

    三屋史朗, 三宅博

    化学と生物   42 巻   頁: 309-312   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  54. Light dependency of salinity-induced chloroplast degradation 査読有り

    Mitsuya S., Kawasaki M., Taniguchi M., Miyake H.

    Plant Production Science   2003 巻   頁: 219-223   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Relationship between salinity-induced damages and aging in rice leaf tissues 査読有り

    Mitsuya S., Kawasaki M., Taniguchi M., Miyake H.

    Plant Production Science   6 巻   頁: 213-218   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Relationship between the distribution of Na and the damages caused by salinity in the leaves of rice seedlings grown under a saline condition 査読有り

    Mitsuya S., Yano K., Kawasaki M., Taniguchi M., Miyake H.

    Plant Production Science   5 巻   頁: 269-274   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Effects of sodium chloride on foliar ultrastructure of sweet potato (Ipomoea batatas Lam.) plantlets grown under light and dark conditions in vitro 査読有り

    Mitsuya S., Takeoka Y., Miyake H.

    Journal of Plant Physiology   157 巻   頁: 661-667   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 5

  1. バイオスティミュラントハンドブック:植物の生理活性プロセスから資材開発、適用事例まで

    山根浩二、大井崇生、三屋史朗、谷口光隆( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 塩ストレスが植物に与える影響と適応機構(第1編 第2章 第6節))

    エヌ・ティー・エス  2022年4月 

     詳細を見る

    担当ページ:77-87   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. Crop Production under Stressful Conditions: Application of Cutting-edge Science and Technology in Developing Countries

    2. Makihara D., Kimani J., Samejima H., Kikuta M., Menge D., Doi K., Inukai Y., Maekawa M., Masunaga T., Sasaki Y., Katsura K., Kitano H., Mitsuya S., Kano-Nakata M., Wainaina C., Gichuhi E., Njinju S., Kagito S., Magoti R., Wakaria M., Kundu C., Yamauchi A.( 担当: 共著 ,  範囲: Development of rice breeding and cultivation technology trailored for Kenya's environment)

    Springer  2018年 

     詳細を見る

    担当ページ:27-47   記述言語:英語 著書種別:学術書

  3. 作物学概論(第2版)

    三屋史朗・山内章( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 作物の成長と養水分吸収)

    朝倉書店  2018年 

     詳細を見る

    担当ページ:49-61   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  4. Abiotic Stress Tolerance in Plants・Identification of salt-responsive genes in monocotyledonous plants.

    Ueda A., Mitsuya S., Takabe T.( 担当: 共著)

    Springer  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  5. Abiotic Stress Tolerance in Plants・Ultrastructural effects of salinity stress in higher plants.

    Miyake H., Mitsuya S., Rahman SM.( 担当: 共著)

    Springer  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

講演・口頭発表等 81

  1. イネ葉鞘における塩排除能の分子機構の解析とその分子育種への応用の可能性 招待有り

    三屋 史朗, 後藤 樹, Sarin Neang, 仲田 麻奈, 土井 一行, 山内 章

    日本作物学会第253回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  2. Mechanism of Salt Removal Ability in Leaf Sheath of Rice and its Potential for Molecular Breeding 招待有り 国際会議

    Mitsuya, Sarin Neang, Nicola S. Skoulding, Joyce A. Cartagena, Mana Kano-Nakata, Akira Yamauchi

    10th Asian Crop Science Association Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  3. 葉鞘でのナトリウム排除能力の異なるイネ2品種におけるナトリウム輸送体の発現量解析

    後藤樹・山内章・三屋史朗

    日本作物学会第251回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  4. 塩ストレストレーニングはストレス記憶により長期塩害条件で生育するイネの収量を向上する

    佐久間哲・山内章・三屋史朗

    日本作物学会第251回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  5. Evaluating salinity tolerance of rice varieties and soil salinity in coastal rice-cultivated areas of Cambodia 招待有り 国際共著

    Neang S, Nget R, Kong K, Srun K, Kak B, Ken M, Heng S, Noeun S, Hong S, Yon S, Yamauchi A,Mitsuya S

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  6. イネ葉鞘での塩応答遺伝子の網羅的解析とエピジェネティック制御の解明

    浅原南, 谷口光隆, 三屋史朗

    日本作物学会第255回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  7. 乾燥ストレス後の再潅水がイネ器官間の代謝変動に与える影響

    仲田(狩野)麻奈, 若山正隆, 門脇里恵, Deshabandu KHST, 山崎竜太朗, 三屋史朗, 山内章, 江原宏

    日本作物学会第254回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  8. Combining tolerance of salinity and submergence into IR64 background through marker-assisted backcrossing 国際共著

    De Ocampo MP, Egdane JA, Mitsuya S, Yamauchi A, Ismail AM

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  9. イネに対する生育初期の一過的塩ストレスは生育中期の塩感受性を高める

    鈴木海斗, 佐久間哲, 谷口光隆, 山内章, 三屋史朗

    日本作物学会第254回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  10. OsAKT1遺伝子がイネ葉鞘でのカリウムイオン排除・蓄積に関わる

    三宅拓郎, 谷口光隆, 山内章, 三屋史朗

    日本作物学会第254回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  11. イネの塩ストレス応答におけるアブシジン酸と過酸化水素蓄積の品種間差と耐塩性の関係

    山本有美賀, 杉浦大輔, 山内章, 谷口光隆, 三屋史朗

    日本作物学会第254回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  12. Attainable and actual yields, and yield-limiting constraints in irrigated rice growing areas in the Philippines 国際共著

    Perdiguerra KNC, Mitsuya S, Yamauchi A, Marajas IR, Cruz PCS

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  13. Differences in Aquaporin Expression and Their Response to Osmotic Stress among Component Roots in a Rice Root System 国際会議

    Yumika Watanabe, Shiro Mitsuya, Akira Yamauchi

    10th Asian Crop Science Association Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  14. Mapping of Salinity Tolerance in Rice Through Genome-Wide Association Study (GWAS) at Seedling and Reproductive Stages 国際会議

    Marjorie Punzalan de Ocampo, Bui Phuoc Tam, JamesA. Egdane, Shiro Mitsuya, Akira Yamauchi, Amelia Henry, Abdelbagi M. Ismail

    10th Asian Crop Science Association Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  15. Functional Significance of Roots for Adaptation and Productivity of Crop Plants Grown under Various Environmental Stresses 国際会議

    Akira Yamauchi, Mana Kano-Nakata, Shiro Mitsuya, Yoshiaki Inukai, Roel Rodriguez Suralta, Jonathan Manito Niones

    10th Asian Crop Science Association Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. Analysis of Genotype and Environment Interaction, and the Response of Grain Yield of Lowland Rice (Oryza sativa L.) to Nitrogen Application Under Different Environment in the Philippines 国際会議

    Kim Nyka Caraan Perdiguerra, Pompe Campoy Sta. Cruz, Shiro Mitsuya, Akira Yamauchi

    10th Asian Crop Science Association Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  17. Expression Analysis of Genes Involved in Removal of Na+ and Cl– by Leaf Sheath in Rice 国際会議

    Sarin Neang, Nicola Stephanie Skoulding, Joyce A. Cartagena, Mana Kano-Nakata, Akira Yamauchi, Shiro Mitsuya

    10th Asian Crop Science Association Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  18. Contribution of the Chromosome 11 of a Salinity-Tolerant Rice Variety Nona Bokra to High Dry Matter Production under Salinity and Its QTL Mapping 国際会議

    Yumika Yamamoto, Masaki Uchida, Mana Kano-Nakata, Akira Yamauchi, Shiro Mitsuya

    10th Asian Crop Science Association Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  19. Root and Leaf Plasticity in Response to Soil Moisture Fluctuation in Rice 国際会議

    Yasutaka Noda, Mana Kano-Nakata, Shiro Mitsuya, Akira Yamauchi

    10th Asian Crop Science Association Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  20. Root Type-Specific Transcriptome Diversity in Salinity Tolerant and Sensitive Rice Varieties 国際会議

    Joyce Cartagena, Yao Yao, Shiro Mitsuya, Takashi Tsuge

    10th Asian Crop Science Association Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  21. Rice Memorizes Salinity Stress by Training and Improves the Salinity Stress Response and Yield 国際会議

    Satoru Sakuma, Akira Yamauchi, Shiro Mitsuya

    10th Asian Crop Science Association Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. Identification of Rice Varieties Showing Superior Salt Removal Ability in Leaf Sheath and Its Contrasting Varieties 国際会議

    Itsuki Goto, Akira Yamauchi, Shiro Mitsuya

    10th Asian Crop Science Association Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  23. 根系形態と根呼吸に着目したイネの乾燥ストレス適応反応

    仲田(狩野)麻奈・三屋史朗・江原宏・山内章

    第53回根研究集会  2021年6月  根研究学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  24. 浸透圧ストレス解除に対してイネ異形側根が発揮する発育的可塑性と水通導性との関係

    井ノ口 華帆・渡邉 友実加・三屋 史朗・仲田 麻奈・山内 章

    日本作物学会第250回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  25. 土壌水分ならびにリン条件によって誘導される通気組織形成の根系発達促進効果における光合成の役割

    内田さや子・三屋史朗・山内章

    日本作物学会第249回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  26. Expression analysis of genes associated with the distribution of Na+ and Cl- in the internal leaf sheath tissues of rice 国際共著

    Sarin Neang, Nicola Stephanie Skoulding, Mana Nakata-Kano, Akira Yamauchi, Shiro Mitsuya

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  27. 葉鞘の塩排除・隔離能の高いイネ品種の選抜と葉鞘内の塩分布

    後藤樹・山内章・三屋史朗

    日本作物学会第249回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  28. イネは塩ストレスを経験して植物体内のイオン濃度を低く保つ

    佐久間哲・山内章・三屋史朗

    日本作物学会第249回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  29. 塩害下で高収量を示すノナボクラ/コシヒカリ染色体断片置換系統の異なる生育ステージにおける乾物生産と塩蓄積との関係

    内田万咲・山内章・三屋史朗

    日本作物学会第248回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  30. イネは塩のプライミングにより後天的な耐塩性を獲得するか?

    佐久間哲・山内章・三屋史朗

    日本作物学会第248回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  31. 点水田適応系統イネの水ストレス条件下における器官間の代謝変動

    山崎竜太郎・若山正隆・門脇里恵・山内章・三屋史朗・仲田(狩野)麻奈

    日本作物学会第248回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  32. 塩害下で高収量を示すノナボクラ/コシヒカリ染色体断片置換系統の異なる生育ステージにおける乾物生産と塩蓄積との関係

    内田万咲・山内章・三屋史朗

    日本作物学会第248回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  33. フィリピンのイネ栽培圃場における気象環境ならびに栽培管理が収量性に及ぼす影響 国際共著

    仲田(狩野)麻奈・Suralta R.R.・Cabral M.C.J.・中村倫理・MarceloV.A.・S. Cruz A.・三屋史朗・山内章・江原宏・Niones J.M

    日本作物学会第248回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  34. Quantitative trait loci mapping for salinity tolerance in rice using Kalarata-Azucena population 国際共著

    De Ocampo M.P., The H.V., Thomson M.J., Mitsuya S., Yamauchi A., Ismail A.M.

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  35. Grain yield variability of lowland rice (Oryza sativa L.) genotypes under different environments in the Philippines 国際共著

    Perdiguerra K.N.C., Sta. Cruz P., Yamauchi A., Mitsuya S.

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  36. Expression analysis of candidate genes associated with the removal of Na+ and Cl- by leaf sheath in rice 国際共著

    Neang S., de Ocampo M., Egdane J.A., Platten J.D., Ismail A.M., Skoulding N.S., Kano-Nakata M., Yamauchi A., Mitsuya S.

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  37. 異なる土壌水分条件に対する炭素分配と根系発育反応におけるイネ科作物の種間比較

    植田夏実・三屋史朗・山内章・仲田(狩野)麻奈

    日本作物学会第247回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学   国名:日本国  

  38. 小型ハンディスキャナーによる土耕条件におけるイネ根系発育の非破壊的定量評価

    丹下美咲・仲田(狩野)麻奈・三屋史朗・山内章

    日本作物学会第247回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  39. GWAS approach to find SNPs associated with salt exclusion in leaf sheath of rice

    Sarin Neang, Marjorie de Ocampo, James A. Egdane, John Damien Platten, Abdelbagi M. Ismail, Nicola S. Skoulding, Mana Kano-Nakata, Akira Yamauchi, Shiro Mitsuya

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  40. 水ストレス下におけるイネの生育と糖動態との関係

    山崎竜太郎・仲田麻奈・三屋史朗・Stella Owusu-Nketia・山内章

    日本作物学会第247回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  41. 長期塩害下におけるイネの収量維持に関与する生理機構の解明

    内田万咲・仲田(狩野)麻奈・三屋史朗・山内章

    日本作物学会第247回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  42. プレッシャーチャンバー法を用いたイネ根系の水通導性評価ー複数の分げつを有する個体の測定の試みー

    渡邉友実加・仲田(狩野)麻奈・三屋史朗・山内章

    日本作物学会第247回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  43. Low accumulation of Na+ in shoots of salt-tolerant Iranian native varieties of rice is attributed to their low bypass flow rate in the transpiration 国際会議

    Shiro Mitsuya, Etsuko Masuda, John Damien Platten, Abdelbagi M. Ismail, Akira Yamauchi

    International Rice Congress 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月 - 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:タイ王国  

  44. Toposequence position-dependent phenotypic plasticity for rice root distribution patterns in depths in response to water conditions 国際会議

    Emi Kameoka, Shiro Mitsuya, Roel R. Suralta and Akira Yamauchi

    8th Asian Crop Science Association Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ベトナム社会主義共和国  

  45. Hydraulic architecture in the relationship of lateral root development with the maturity of xylem vessels in a seminal root system of soil-grown seedlings in rice 国際会議

    Takuya Kabuki, Shiro Mitsuya, Akira Yamauchi

    8th Asian Crop Science Association Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ベトナム社会主義共和国  

  46. Characterisation of the PEX11 peroxisome membrane genes in Physcomitrella patens 国際会議

    The 13th annual moss international conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  47. OsBADH1 is possibly involved in the oxidation of acetaldehyde in rice peroxisomes 国際会議

    XVII Congress of the Federation of European Societies of Plant Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  48. シロイヌナズナの生育および耐塩性におけるコリンリン酸化の役割

    服部侑・三屋史朗・藤原崇志・高倍鉄子

    第51回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  49. イネのペルオキシソームにおけるベタインアルデヒド脱水素酵素の機能解析

    三屋史朗・横田由香・藤原崇志・高倍鉄子

    第229回日本作物学会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  50. オオムギにおけるベタイン/プロリン輸送体HvGB/ProT1の解析

    藤原崇志・三屋史朗・服部侑・高倍鉄子

    第51回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  51. OsBADH1はイネのペルオキシソームにおけるアセトアルデヒド酸化に関与する

    三屋史朗・横田由香・藤原崇志・高倍鉄子

    第51回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  52. Characterization of physiological function of Plasma Membrane Protein 3 in salt tolerance of rice and Arabidopsis plants 国際会議

    Plant Biology 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  53. Overexpression of DnaK from a holotolerant cyanobacterium Aphanothece halophytica enhances growth rate as well as abiotic stress tolerance of poplar plants 国際会議

    Plant Biology 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  54. Functional characterization of peroxisomal and cytosolic betaine aldehyde dehydrogenases in barley 国際会議

    Plant Biology 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  55. 塩性イネ科植物のベタインアルデヒド脱水素酵素の機能解析

    尾崎-河野啓子・横田有香・三屋史朗・高倍鉄子

    第50回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  56. オオムギのグリシンベタイン合成の組織特異性に関する研究

    服部侑・三屋史朗・藤原崇志・高倍鉄子

    第50回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  57. シロイヌナズナのコリンおよびホスファチジルコリン代謝機構の解析

    服部侑・三屋史朗・藤原崇志・高倍鉄子

    第50回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  58. オオムギにおけるベタイン輸送体HvGBT1の解析

    藤原崇志・三屋史朗・服部侑・高倍鉄子

    第50回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  59. イネにおけるベタインアルデヒド脱水素酵素の機能解析

    横田有香・三屋史朗・尾崎啓子・藤原崇志・高倍鉄子

    第50回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  60. Tissue specificities of BADH gene expression and glycinebetaine synthesis in barley 国際会議

    5th international crop science congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  61. オオムギにおけるサイトゾル型およびペルオキシソーム型BADHの機能解析

    藤原崇志、三屋史朗、尾崎啓子、横田有香、服部侑、高倍鉄子

    第49回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  62. イネおよび酵母PMP3のイオンホメオスタシスにおける機能解析

    三屋史朗、三宅博、高倍鉄子

    第49回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  63. オオムギのグリシンベタイン合成・蓄積に関する組織化学的解析

    服部侑・藤原崇志・三屋史朗・高倍鉄子

    第48回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  64. イネにおけるOsPMP3遺伝子群の発現解析および過剰発現による耐塩性強化

    三屋史朗・大谷基泰・島田多喜子・三宅博・高倍鉄子

    第48回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  65. オオムギにおけるベタイン輸送体HvProT2の単離と機能解析

    藤原崇志・服部侑・三屋史朗・高倍鉄子

    第48回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  66. 塩ストレス下の植物におけるメチオニンの生理的役割の解明およびS-Adenosyl methionine合成系遺伝子群の発現解析

    小川さおり・三屋史朗・高倍鉄子

    第47回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  67. シロイヌナズナRCI2A遺伝子の過剰発現によるNa+吸収の減少および塩ストレス障害の緩和

    三屋史朗・谷口光隆・三宅博・高倍鉄子

    第47回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  68. シロイヌナズナの耐塩性機構におけるRCI2Aの生理的役割の解析

    三屋史朗・谷口光隆・三宅 博・高倍鉄子

    第46回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  69. 塩ストレス下のイネにおけるOsPMP3の発現解析および過剰発現株を用いた耐塩性における役割の解明

    三屋史朗・谷口光隆・大谷基泰・島田多喜子・三宅 博・高倍鉄子

    日本作物学会第220回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  70. Salinity-induced chloroplast damages in rice leaves (Oryza sativa L.) are reduced by pretreatment with methyl viologen 国際会議

    4th international crop science congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  71. Light dependency of salinity-induced chloroplast damages 国際会議

    4th international crop science congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  72. Relationship between salinity-induced damages and aging in rice leaf 国際会議

    International Symposium on abiotic stress tolerance in plants 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  73. Salinity-induced chloroplast degradation is dependent on light 国際会議

    Plant Biology 2003 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  74. Effects of sodium chloride on the growth and ultrastructure of rice seedlings grown under light and dark conditions 国際会議

    13th congress of the federation of European societies of plant physiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  75. イネ葉における塩ストレス障害発現とageの関係

    三屋史朗・川崎通夫・谷口光隆・三宅 博

    日本作物学会第214回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  76. 塩処理したイネ幼植物の葉におけるNaの蓄積と塩ストレスによる障害発現部位との位置的関係

    三屋史朗・矢野勝也・川崎通夫・谷口光隆・三宅 博

    日本作物学会第212回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  77. Gene cloning and characterization of a nonspecific lipid transfer protein from sheep grass, Aleurolepidium chinense, grown in semiarid area 国際会議

    12th International Congress on Photosynthesis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  78. 明・暗条件において培養したサツマイモ葉の微細構造に及ぼす塩化ナトリウムの影響

    三屋史朗・武岡洋治・三宅 博

    日本作物学会第210回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  79. サツマイモ2品種の生長・分化に及ぼす塩化ナトリウムの影響

    三屋史朗・武岡洋治・三宅 博

    日本作物学会第208回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  80. サツマイモ葉における葉肉組織と維管束組織の微細構造に及ぼす塩化ナトリウムの影響

    三屋史朗・武岡洋治・三宅 博

    日本作物学会第208回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  81. 無菌培養サツマイモ腋芽の器官・組織形成に及ぼす塩化ナトリウムの影響

    三屋史朗・武岡洋治・三宅 博

    日本作物学会第206回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. 耐塩性牧草ヤンソウにおけるベタイン合成酵素の機能解析と作物の耐塩性強化

    2011年9月 - 2012年9月

    公益財団法人日揮・実吉奨学会研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 作物の塩輸送に関わる耐塩性遺伝子PMP3の機能解析

    2008年 - 2009年3月

    財団法人ソルト・サイエンス研究財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. オオムギにおける新規ベタイン生合成経路の解明

    2006年

    名古屋大学農学部学術奨励基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 作物における塩の動態と障害発現機構に関する研究

    2002年4月 - 2003年2月

    日本科学協会 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 8

  1. イネ葉鞘における塩排除の分子機構と塩害下での生理的意義の解明

    研究課題/研究課題番号:22H02325  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    三屋 史朗, カルタヘーナ ジョイス, 杉浦 大輔, 土井 一行

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17810000円 ( 直接経費:13700000円 、 間接経費:4110000円 )

    イネ葉鞘の塩排 除能の分子機構と塩害下での生理的意義の解明を目的とし、CRISPRによるゲノム編集や過剰 発現などの遺伝子改変技術を用いて、これまでに見出した塩輸送体遺伝子や転写因子の候補遺 伝子から実際に葉鞘の塩排除に関わる遺伝子を同定する。また、QTL解析を行い葉鞘の塩排 除能の品種間差に関わる遺伝子座を同定し、遺伝的背景が同一でQTLのみ異なる残余自殖系統を作製して、葉鞘の塩排除能が塩害下のイネ生産性の維持にどのように寄与するかを調べる。

  2. イネ葉鞘における塩排除能の品種間差を生じる分子機構の解明

    研究課題/研究課題番号:19H02942  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    三屋 史朗, カルタヘーナ ジョイス

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    本研究の最終目的はイネの耐塩性を向上させることである。塩害下でイネは主に塩(NaCl)を吸収し、光合成を行う葉身に高濃度塩が蓄積すると光合成が阻害されて生育と収量が著しく減少する。そのため、イネの耐塩性には葉身の塩蓄積を増加させないため、塩排除能と呼ばれる機構が重要である。本研究ではイネの葉鞘が有する塩排除能に注目し、イネ葉鞘における塩排除能の向上の鍵となる遺伝子、分子機構を明らかにする。葉鞘における塩排除能に関わる遺伝子や品種間差を生じる分子機構が明らかになれば、葉鞘の塩排除能の活性を増加させる育種に繋がり、イネの耐塩性向上に繋がる。
    本研究の目的は、葉鞘での塩排除能の異なるイネ品種を用いた、イネ葉鞘における塩排除能の向上のカギとなる遺伝子、分子機構を明らかにすることである。この目的を達成すると、地上部に運ばれた塩を葉鞘により多く蓄積し、葉身への塩の流入を抑えるための分子育種の礎となり、イネの耐塩性を向上させることができる。
    本年度は、前年度見出した葉鞘での塩排除能の異なるイネ二品種の交配に成功した。さらにF2集団を作り出すことに成功した。これらの材料は、次年度QTL解析に使用する予定である。
    また、昨年度イネゲノムリソースセンターより種子を分譲いただいた塩輸送体遺伝子にTos17が挿入された変異株の中から、葉鞘におけるカリウム蓄積に異常がみられる変異株の選抜に成功した。葉鞘はカリウムが不足すると葉鞘でのカリウム蓄積を抑え、カリウムが過剰になると葉鞘のカリウム蓄積を増やす。通常は葉鞘にはカリウムが多く蓄積して葉身のカリウム濃度を調節していることが示唆された。この葉鞘カリウム蓄積に関係がある遺伝子である可能性がある。また、このTos17変異株に、原因遺伝子にCaMV 35Sプロモーターでドライブさせるようにしたプラスミドをアグロバクテリウム法で導入し、相補実験の準備を行った。現在T1種子を採取するため生育を行っている。次年度はさらにこのカリウム蓄積と塩輸送体遺伝子の因果関係、および生理的意義の解析を行う予定である。
    また、葉鞘での塩排除能の異なるイネ2品種を用いて、葉鞘における塩輸送体遺伝子の発現量および塩応答性を比較した。その結果、葉鞘における塩排除能の高い品種で発現量の多い塩輸送体遺伝子を複数見出すことに成功した。これらの遺伝子群が葉鞘の塩排除能の品種間差を生じる原因である可能性があるため、今後さらに調査を進める。
    QTL解析用材料の作製が予定通りに進み、来年度QTL解析を行う準備が整った。さらに、Tos17挿入変異株を用いた実験より、葉鞘のカリウム塩排除能の原因となる塩輸送体遺伝子が見出され、さらなる生理実験を行うための材料作製も予定通りに進んだ。これらのことより、計画した研究はおおむね順調に進展したといえる。
    今年度葉鞘の塩排除能に異常を示したイネTos17変異株の原因遺伝子に注目した生理実験を行うため、材料の作製をなんとか終えたい。また、前年度は葉鞘の塩排除能に注目したGWAS解析を行い、Exonに有意なSNPを持つ遺伝子にのみ注目したが、今年度は有意なSNPを含む領域に含まれるそのほかの遺伝子(転写因子など)に注目して、さらにTos17挿入変異株を入手し、葉鞘の塩排除能に対する影響を調べる。
    また、QTL解析を成功させ、葉鞘の塩排除能を強化してイネ耐塩性を向上させる分子マーカーを見出す。

  3. 異形根性に基づく水吸収輸送モデルの構築:細胞―根系間の階層的水分生理情報の統合

    研究課題/研究課題番号:18H02188  2018年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    山内 章, 三屋 史朗, 仲田 麻奈

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:200000円 ( 直接経費:200000円 )

    一個体の作物根系は、4種類の異形根(種子根軸、節根軸、それらから発生する側根(L型とS型))から構成されていて、それらの水通導性は、種類と齢によって異なり、それら異形根の発育と根軸上の分布が規定する、根系内の水ポテンシャル勾配によって、根系全体の水吸収・輸送構造が決定されるという考えに基づいたモデルを構築し、実験的にこのことを実証しようとした。
    その結果、プレッシャーチャンバー法を用い、出穂期の根系の水通導性(Hydraulic conductivity、Lpr)を測定し、 そのLprと、根系全体に対するS型側根の表面積割合との間に有意な正の相関があることを示した。この結果は、異形根間で根系全体の水吸収に対する貢献度が異なり、 その中でも特にS型側根が高い水吸収能力を持つことを示唆している。
    続いて、このことを、 「個根」レベルで実証することを目的とした。 陸稲品種IRAT 109、 水稲品種日本晴およびSwarnaを水耕栽培で生育させ、 側根を分枝している主軸根軸(根端から10-15cm 部位)を水通導性の測定に用いた。 また、処理区として浸透圧ストレス区 (ポリエチレングリコール10% w/w)を設け、 対照区と比較した。個根の水通導性を測定できるルートプレッシャープローブで、 静水圧差が水流の駆動力となるHydrostatic Lprと浸透圧差が駆動力となるOsmotic Lprを測定したところ、浸透圧ストレスによる通導性の有意な減少がIRAT 109のHydrostatic LprおよびSwarnaのOsmotic Lprで認められた。 さらに、 各Lprの値と個根全体に対する各異形根の表面積割合との間にはS型側根のみで有意な正の相関が認められ、上述の根系全体の場合と同様に、S型側根の水吸収に対する高い貢献度が個根レベルでも明らかとなった。
    個根の水通導性を測定するために使用しているルートプレッシャープローブの圧力センサーと、それを分析する専用プログラムに不具合が生じた。それらを開発したドイツのボン大学の当該研究室が、新型コロナ感染症拡大の影響を受け機能しなくなったので、修理が大幅に遅れ測定が長期間にわたってできない状況が続いた。
    根における放射方向の水の移動経路は、静水圧勾配に駆動されるアポプラスト経路と浸透圧勾配に駆動されるCell-to-cell経路に分けられる。後者の表皮から導管までの水の流れは、 複数の細胞層を経由するため、経路内に存在する細胞数や、リグニン・スベリン等疎水性物質の蓄積程度、皮層柔細胞が崩壊して形成される通気組織などにより通導抵抗が変化すると考えられる。そこで、最も太い主軸根と、相対的に太く、長く、分枝する能力をもつL型側根は、 細く、 短く、 分枝する能力をもたないS型側根に比べ放射方向の細胞数が多く、 通気組織面積率は、主軸根では70%程度、L型側根では40%程度であった(湛水条件、出穂2週間後の各根の中央部)のに対し、S型側根は通気組織を形成しないことを明らかにした。 さらに、これらの根において、主に外皮、 皮層内厚壁組織および内皮細胞の細胞壁に疎水性物質の蓄積が観察された。一方で、S型側根は、表皮、細胞壁2次肥厚のみられない下皮、 1~2層の皮層細胞、内皮、2つの原生木部から構成される単純な構造を有していた。
    これらに加え、細胞間の水移動には、アクアポリンの働きが大きく関与していることが報告されている。異形根間では、アクアポリン発現量も異なることが予想されるが、それを測定した研究は報告されておらず、異形根間におけるCell-to-cell経路の水通導性の差異とその制御機構の解明には至っていない。さらに、アクアポリン遺伝子の発現は水分や光などの周辺環境の影響を大きく受けることが先行研究で報告されている。そこでこれからは、遺伝子発現解析において必要な試料を安定的に得られる材料の育成法、サンプリング条件および分析に必要な試料量の検討および、異形根間のアクアポリン遺伝子発現量の差異を明らかにすることを目標とする。

  4. イネ葉鞘における塩排除能の分子機構の解明と耐塩性強化法の提案

    研究課題/研究課題番号:16K14836  2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    三屋 史朗, 中園 幹生, 髙橋 宏和, Cartagena Joyce

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    塩害はアジアの沿岸部の稲作に深刻な問題を引き起こしており、さらに近年の気候変動と相まってその被害土壌面積が拡大しているため、イネの耐塩性強化は重要な課題である。イネの耐塩性には、根から取り込まれた塩を根や葉鞘で排除し、光合成を行う葉身への塩の輸送・蓄積を減少させることが重要である。本研究では、イネの葉鞘が塩害の原因となるナトリウムイオンと塩化物イオンを導管流から取り込み、葉鞘内に存在する基本柔細胞という体積の大きい細胞から成る組織に輸送・隔離することが分かった。この機構を葉鞘の塩排除能という。またナトリウムの塩排除能の品種間差を生ずる遺伝子が第5染色体に存在することを見出した。
    塩害は近年の気候変動に伴ってさらにその被害面積が拡大している。特に稲作の盛んな東南アジア諸国の沿岸部では、塩害による稲作生産の減少が顕著になってきている。そのためイネの耐塩性を改良することは、沿岸部で稲作を営む農家の収入を安定化させ、また稲作可能土地面積の増加にも貢献する。
    学術的意義としても、本研究からはイネの葉鞘における塩排除能の機構および関連遺伝子座が明らかになった。これは今後の耐塩性イネの分子育種に役立つと共に、他の作物や植物の耐塩性向上にも応用することができると考えられる。

  5. イネにおけるQTL×水ストレス×栽培技術相互作用評価に基づく理想型根系の提案

    研究課題/研究課題番号:15H02644  2015年4月 - 2020年3月

    山内 章

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、環境の変化に応答してその発育を変化させる能力である根の可塑性に注目し、乾燥や土壌水分変動ストレスに対する作物の適応おける役割を明らかにすることを目的とし、一連の実験を実施した。その結果、土壌水分は土壌硬度と相互作用を示し、土壌水分変化に応答する可塑性発揮とのタイミングが、硬盤層への貫入能力を決めている実態を明らかにした。また、KDML 105を主要な遺伝的背景として持つ染色断片置換系統群を供試して実施した圃場の結果から、同3系統が有する耐旱性に関わるQTLが、天水田条件下での根の可塑性を制御し、同条件下での吸水を促進することによって、乾物生産に貢献することが定量的に明らかとなった。
    アジアに広範に拡がる天水田イネの生産性の向上は焦眉の課題である。本研究は、これまでに共同研究を推進してきたネットワークを活用しつつ、埋もれている栽培技術や遺伝資源を評価し直した。さらに、遺伝子型(QTL)と環境との相互作用の評価し、有用な品種育成が可能になるための基礎的な知見の提供を目指し、根の可塑性の重要性を明らかにした。作物学的課題(必要な形質の同定)とその遺伝学的背景(QTL の同定)を結びつけ、理想的根系が具備すべき形質を見出し、根に関わる形質は、環境との相互作用が大きく、栽培環境毎に適応性に必要とされる根の形質とその組み合わせが異なることを実証したところに最大の学術的意義がある。

  6. イネの次世代耐塩性品種育成に重要な組織耐性の生理機構の解明

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. 植物の脱分極に関わるPMP3の機能および環境ストレス応答における生理的役割の解明

    2008年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  20780011

    三屋史朗

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 単子葉作物における新規ベタイン生合成経路の解明と耐塩性強化

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  18880013

    三屋史朗

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 30

  1. 修士論文研究3

    2022

  2. 修士論文研究2

    2022

  3. 修士論文研究1

    2022

  4. 生命農学演習4

    2022

  5. 生命農学演習3

    2022

  6. 生命農学演習2

    2022

  7. 生命農学演習1

    2022

  8. 卒業論文研究

    2022

  9. 専門セミナー

    2022

  10. 海外学生受入研修

    2022

  11. 海外実地研修

    2022

  12. 資源生物科学基盤実験実習

    2022

  13. 生物学実験

    2022

  14. 修士論文研究4

    2022

  15. 国際農学演習

    2021

  16. 生物学実験

    2021

  17. 資源生物科学基盤実験実習

    2021

  18. 海外実地研修

    2021

  19. 海外学生受入研修

    2021

  20. 生物圏環境学2

    2021

  21. 植物生理学1

    2020

  22. 生物圏環境学2

    2020

  23. 国内実地研修

    2020

  24. 資源生物科学基盤実験実習

    2020

  25. 海外学生受入研修

    2020

  26. 海外実地研修

    2020

  27. 作物ストレス生理学特論

    2020

  28. 生物学実験

    2020

  29. Basics of Bioagricultural Sciences

    2020

  30. 資源生物科学実験実習

    2010

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 植物環境応答学II

    2022年1月 弘前大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

 

学術貢献活動 11

  1. Scientific Reports 国際学術貢献

    役割:査読

    2023年3月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  2. Rice 国際学術貢献

    役割:査読

    2023年2月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  3. 日本作物学会紀事

    役割:査読

    2023年1月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  4. Rice 国際学術貢献

    役割:査読

    2022年9月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  5. Plant Production Science 国際学術貢献

    役割:査読

    2022年7月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  6. Plant Cell & Envronment 国際学術貢献

    役割:査読

    2022年7月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  7. Plant Production Science 国際学術貢献

    役割:査読

    2022年5月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  8. Plant Production Science 国際学術貢献

    役割:査読

    2020年12月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  9. Plant Production Science 国際学術貢献

    役割:査読

    2020年10月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  10. Plant Production Science 国際学術貢献

    役割:査読

    2020年8月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  11. 10th Asian Crop Science Association Conference 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等

    2018年 - 現在

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

▼全件表示