2021/03/24 更新

写真a

マエオ ケンイチロウ
前尾 健一郎
MAEO, Kenichiro
所属
大学院生命農学研究科 応用生命科学専攻 応用生命科学 助教
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部
職名
助教
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 農学博士 ( 名古屋大学 ) 

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 植物生理

  2. その他 / その他  / 応用微生物学・応用生物化学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. "植物の分化に関わる遺伝子発現制御の解析.サツマイモ塊根貯蔵タンパク質遺伝子の糖レベルに応答した発現誘導に関わる分子機構,およびモデル植物シロイヌナズナにおいて,糖により発現レベルの変動する遺伝子群に関し,転写制御因子を中心に生化学的,分子生物学的,分子遺伝学的手法を用いて研究している."

経歴 4

  1. 名古屋大学大学院生命農学研究科助教

    2007年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学大学院生命農学研究科助手

    2001年9月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学大学院生命農学研究科リサーチアソシエイト

    2001年4月 - 2001年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 日本学術振興会特別研究員(DC)

    1995年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 名古屋大学   生命農学研究科   農芸化学

    - 2001年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   農学部   農芸化学および食品工業化学科

    - 1993年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 2

  1. 日本農芸化学会

  2. 日本植物生理学会

 

論文 10

  1. Gateway Binary Vectors with Organelle-Targeted Fluorescent Proteins for Highly Sensitive Reporter Assay in Gene Expression Analysis of Plants.

    Sultana M, Kumar Dutta A, Tanaka Y, Aboulela M, Nishimura K, Sugiura S, Niwa T, Maeo K, Goto-Yamada S, Kimura T, Ishiguro S, Mano S, Nakagawa T

    Journal of biotechnology     2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiotec.2019.03.015

    PubMed

  2. The PLETHORA Gene Regulatory Network Guides Growth and Cell Differentiation in Arabidopsis Roots. 査読有り

    Luca Santuari, Gabino F. Sanchez-Perez, Marijn Luijten, Bas Rutjens, Inez Terpstra, Lidija Berke, Maartje Gorte, Kalika Prasad, Dongping Bao, Johanna L.P.M. Timmermans-Hereijgers, Kenichiro Maeo, Kenzo Nakamura, Akie Shimotohno, Ales Pencik, Ondrej Novak, Karin Ljung, Sebastiaan van Heesch, Ewart de Bruijn, Edwin Cuppen, Viola Willemsen, Ari Pekka Mähönen, Wolfgang Lukowitz, Berend Snel, Dick de Ridder, Ben Scheres, and Renze Heidstra

    Plant Cell   28 巻   頁: 2937-2951   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.16.00656

  3. DELLA protein functions as a transcriptional activator through the DNA binding of the indeterminate domain family proteins. 査読有り

    Yoshida, H., Hirano, K., Sato, T., Mitsuda, N., Nomoto, M., Maeo, K., Koketsu, E., Mitani, R., Kawamura, M., Ishiguro, S., Tada, Y., Ohme-Takagi, M., Matsuoka, M. and Ueguchi-Tanaka, M.

    Proc. Natl. Acad. U S A   111 巻 ( 21 ) 頁: 7861-7866   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Mutations in MYB3R1 and MYB3R4 cause pleiotropic developmental defects and preferential down-regulation of multiple G2/M-specific genes in Arabidopsis. 査読有り

    Haga N, Kobayashi K, Suzuki T, Maeo K, Kubo M, Ohtani M, Mitsuda N, Demura T, Nakamura K, Jürgens G, Ito M.

    Plant Physiology   157 巻 ( 2 ) 頁: 706-717   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. *An AP2-type transcription factor, WRINKLED1, of Arabidopsis thaliana binds to the AW-box sequence conserved among proximal upstream regions of genes involved in fatty acid synthesis. 査読有り

    Kenichiro Maeo, Tsuyoshi Tokuda, Atsuko Ayame, Naoko Mitsui, Tsutae Kawai, Hironaka Tsukagoshi, Sumie Ishiguro and Kenzo Nakamura.

    Plant Journal   60 巻   頁: 476-487   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. *Improved gateway binary vectors: High-performance vectors for creation of fusion constructs in transgenic analysis of plants. 査読有り

    Tsuyoshi Nakagawa, Takamasa Suzuki, Satoko Murata, Shinya Nakamura, Takeshi Hino, Kenichiro Maeo, Tabata Ryo, Tsutae Kawai, Katsunori Tanaka, Yasuo Niwa, Yuichiro Watanabe, Kenzo Nakamura, Tetsuya Kimura, and Sumie Ishiguro

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   71 巻 ( 8 ) 頁: 2095-2100   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. *Transcription factors for sugar-inducible genes. 査読有り

    Atsushi Morimami, Takeshi Masaki, Hironaka Tsukagoshi, Naoko Mitsui, Kenichiro Maeo, Kenzo Nakamura

    Plant Biotechnology   22 巻   頁: 371-378   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Sugar-responsible elements in the promoter of a gene for β-amylase of sweet potato. 査読有り

    "Kenichiro Maeo, Tsutae Tomiya, Koji Hayashi, Mikiko Akaike, Atsushi Morikami, Sumie Ishiguro, Kenzo Nakamura"

    Plant Molecular Biology   46 巻   頁: 627-637   2001年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Role of conserved residues of the WRKY domain in the DNA-binding of tobacco WRKY family proteins. 査読有り

    "Kenichiro Maeo, Shingo Hayashi, Hisae Kojima-Suzuki, Atsushi Morikami, Kenzo Nakamura"

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   65 巻   頁: 2428-2436   2001年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Expression patterns of two genes for the delta-subunit of mitochondrial F1-ATP synthase from sweet potato in transgenic tobacco plants and cells. 査読有り

    "Kenichiro Maeo, Atsushi Morikami, Mamiko Soga, Shunsuke Imanishi, Kenzo Nakamura"

    Plant Cell and Physiology   40 巻   頁: 866-873   1999年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. 植物ゲノム機能のダイナミズム-転写因子による発現制御-

    シュプリンガー・フェアラーク  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 現代化学・増刊新しい酵素研究法

    "中村研三,三田悟,大藤雅章,平野英之,前尾健一郎( 編:一島英治,小野寺一清)"( 担当: 共著)

    東京化学同人  1995年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    植物β-アミラーゼとその遺伝子発現制御

講演・口頭発表等 38

  1. メリステムにおける適切な細胞周期制御に必要な新奇GRAS型転写因子E1Mの機能解析

    野本友司、野田理江子、鈴木俊哉、鈴木孝征、前尾健一郎、伊藤正樹

    第60回 日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  2. 糖応答性遺伝子発現制御に関わる転写制御因子の解析

    中谷有希,光田展隆,高木優,石黒澄衞,前尾健一郎

    第55回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  3. DELLAタンパク質は zinc finger 型転写因子の仲介により転写活性化能を発揮する

    吉田英樹, 平野恒, 佐藤友美, 光田展隆, 野元実佳, 前尾健一郎, 纐纈永里子,三谷理恵, 川村真結子,石黒澄衛,多田安臣,高木優,松岡信,上口(田中)美弥子

    第55回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  4. 種子成熟遺伝子の発現におけるB3 転写因子HSI2とHSL1 の機能

    河合都妙,鵜飼聖子,御堂育子,塚越啓央,前尾健一郎,小内清,石浦正寛,中村研三

    第55回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  5. 発光レポーターを使った種子成熟遺伝子の発芽後抑制に異常を示すシロイヌナズナ変異株の網羅的スクリーニング

    河合都妙,棚橋亮弥,小内清,前尾健一郎,石浦正寛,中村研三

    第55回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  6. 発光レポーターを使用した種子成熟プログラム抑制機構

    河合都妙,鵜飼聖子,御堂育子,近藤有里,前尾健一郎,小内清,石浦正寛,中村研三

    第 54 回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山大学   国名:日本国  

  7. WRI1 の種子登熟過程における発現制御機構の解析

    米野瑠璃子,永井李奈,石黒澄衞,中村研三,前尾健一郎

    第 54 回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山大学   国名:日本国  

  8. シロイヌナズナ種子油脂合成遺伝子の発現活性化に関わる DREB サブファミリー転写因子

    伊藤節嗣,河合都妙,松本貴之,前尾健一郎,中村研三

    第 54 回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山大学   国名:日本国  

  9. WRI1 サブファミリーデュアル AP2 ドメイン転写因子の脂肪酸合成制御における役割分担

    浅野翔一,西雅知,徳田剛史,河合都妙,前尾健一郎,石黒澄衞,中村研三

    第 35 回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡国際会議場   国名:日本国  

  10. シロイヌナズナ B3 因子 HSI2、HSL1 による種子成熟プログラムの抑制機構 国際会議

    鵜飼聖子,河合都妙,近藤有里,前尾健一郎,小内清,石浦正寛,中村研三

    第 53 回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都産業大学   国名:日本国  

  11. シロイヌナズナ種子油脂合成系遺伝子の新奇活性化因子の遺伝学的同定 国際会議

    橋本実佳,河合都妙,前尾健一郎,小内清,石浦正寛,中村研三

    第 53 回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都産業大学   国名:日本国  

  12. シロイヌナズナ種子油脂合成遺伝子の発現活性化に関わる DREB サブファミリー転写因子

    河合都妙,伊藤節嗣,松本貴之,前尾健一郎,中村研三

    第 52 回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学   国名:日本国  

  13. WRI1 サブファミリーダブル AP2 ドメイン転写因子の脂肪酸合成制御における役割分担

    西雅知,河合都妙,徳田剛史,前尾健一郎,中村研三

    第 52 回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学   国名:日本国  

  14. 生物発光リアルタイム測定解析システムを使ったシロイヌナズナの油脂合成制御変異株の網羅的スクリーニング

    河合都妙,小内清,鈴木孝征,前尾健一郎,石浦正寛,中村研三

    第 52 回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学   国名:日本国  

  15. シロイヌナズナ HSI2 サブファミリー B3 因子による種子成熟プログラム抑制機構

    鵜飼聖子,河合都妙,近藤有里,前尾健一郎,小内清,石浦正寛,中村研三

    第 52 回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学   国名:日本国  

  16. Comparison of consensus binding-site sequences of seven AP2-type transcription factors of Arabidopsis thaliana with two AP2 DNA-binding domains. 国際会議

    21th International Conference on Arabidopsis Research 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  17. Large-scale screening of Arabidopsis mutants in the expression of a gene for seed oil synthesis by high throughput real-time bioluminescence monitoring system. 国際会議

    21th International Conference on Arabidopsis Research 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  18. シロイヌナズナ種子貯蔵油脂合成系遺伝子の発現に関わる DREB サブファミリー転写因子

    第 51 回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  19. LUC レポーター遺伝子を用いたシロイヌナズナ油脂合成系遺伝子発現制御因子の探索

    河合都妙、橋本実佳、小内清、石浦正寛、前尾健一郎、中村研三

    第 51 回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  20. *Comparison of consensus binding-site sequences of Arabidopsis AP2-type transcription factors with two AP2 DNA-binding domains. 国際会議

    Plant Bioloty 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  21. シロイヌナズナの AP2 DNA 結合ドメインを2つ持つ AP2 型転写因子のコンセンサス結合配列の比較解析

    徳田剛史、前尾健一郎、河合都妙、下遠野明恵、Ben Scheres、中村研三

    第 50 回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  22. *シロイヌナズナ B3 ドメイン転写抑制因子 HSI2, HSL1 による種子成熟プログラム抑制機構の解析

    近藤有里、美野正彰、社本将利、塚越啓央、前尾健一郎、中村研三

    第 50 回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  23. シロイヌナズナ AP2 型転写因子ファミリーの DNA 結合配列の比較解析

    徳田剛史、河合都妙、前尾健一郎、中村研三

    第 31 回日本分子生物学会年回第 81 回日本生化学会大会 合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  24. シロイヌナズナの脂肪酸合成系遺伝子活性化に関わる AP2 サブファミリー転写因子の解析

    河合都妙、徳田剛史、前尾健一郎、中村研三

    第 49 回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  25. 種子成熟、油脂生産と糖に応答した遺伝子発現制御

    塚越啓央、前尾健一郎、森上敦、中村研三

    第 48 回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. 種子油脂貯蔵を制御する AP2 型転写アクティベーター ASML1/WRI1 の DNA 結合活性

    徳田剛史、前尾健一郎、中村研三

    第 48 回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  27. GRAS 因子を介した糖とジャスモン酸のシグナルクロストーク

    近藤有里、綾女敦子、奥名浩美、前尾健一郎、石黒澄衞、中村研三

    第 48 回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  28. シロイヌナズナ AP2 型転写アクティベーター ASML1/WRI1 の標的遺伝子の探索

    前尾健一郎、綾女敦子、徳田剛史、塚越啓央、中村研三

    第 48 回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  29. シロイヌナズナ PR1 遺伝子の糖に応答した発現にはヘキソキナーゼセンサー依存型と糖代謝依存型の糖シグナリングが必要である

    綾女敦子、佐藤美佳、石川美樹、赤坂真美、前尾健一郎、中村研三

    日本分子生物学2006フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  30. シロイヌナズナの GRAS ファミリー因子 AtSCL4, AtSCL15 の糖に応答した発現制御

    奥名浩美、前尾健一郎、中村研三

    第 46 回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  31. 糖による TGA3 の素早い発現誘導は PR1 の糖誘導に必要であるが充分ではない

    佐藤美佳、吉田佳雅、前尾健一郎、中村研三

    第 46 回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  32. サツマイモ塊根主要タンパク質遺伝子の糖応答性最小プロモーター領域に結合する HD-Zip 因子の機能解析

    前尾健一郎、磯村元岐、中村研三

    第 46 回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  33. Arabidopsis bZIP proteins that are early-responsible to sugars in an ABA-independent-manner 国際会議

    Plant Biology 2003 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  34. タバコ WRKY ファミリー Zn-finger DNA 結合因子の解析

    "前尾健一郎,林真吾,小島久恵,中村研三"

    日本農芸化学会 2000 年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  35. タバコ SPF1 型 Zn-finger DNA 結合因子の単離と解析

    "前尾健一郎,林真吾,小島久恵,中村研三"

    日本農芸化学会 1999 年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  36. Minimum sugar-inducible promoters of genes coding for sporamin and β-amylase of sweet potato share a common sequence element. 国際会議

    Fifth International Congress of Plant Molecular Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  37. 塊根主要タンパク質遺伝子プロモーターに共通して存在する糖応答性発現に関わるシスエレメント

    "前尾健一郎,森上敦,石黒澄衞,赤池美紀子,中村研三"

    日本植物生理学会 1996 年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  38. 植物ミトコンドリア F1-ATPase 核支配サブユニット遺伝子の発現制御の解析

    "前尾健一郎,森上敦,中村研三"

    日本農芸化学会 1995 年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

産業財産権 1

  1. 植物の油脂生産性を増大させる遺伝子及びその利用法

    中村研三、河合都妙、前尾健一郎、松本貴幸、伊藤節嗣、松田雅敏

     詳細を見る

    出願人:トヨタ自動車株式会社、株式会社コンポン研究所、国立大学法人名古屋大学

    出願番号:2011-053361  出願日:2011年3月

    公開番号:2012-187046 

    出願国:国内