2021/03/24 更新

写真a

コバヤシ テツオ
小林 哲夫
KOBAYASHI, Tetsuo
所属
大学院生命農学研究科 応用生命科学専攻 応用生命科学 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 農学博士 ( 1984年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 糸状菌 転写制御 情報伝達

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 農学@農芸化学@応用微生物学・応用生物化学

  2. その他 / その他  / 複合領域@基礎生物科学@分子生物学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 糸状菌における植物性バイオマス分解酵素遺伝子の転写制御機構

  2. 糸状菌二成分制御系の網羅的解析

経歴 9

  1. 名古屋大学   教養教育院統括部兼任教員

    2005年4月 - 2008年3月

  2. 名古屋大学大学院生命農学研究科 教授

    2003年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学大学院生命農学研究科 助教授

    1999年4月 - 2003年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学農学部 助教授

    1995年1月 - 1999年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 理化学研究所 先任研究員

    1993年4月 - 1994年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 海洋科学技術センター「深海環境プログラム」研究員

    1990年10月 - 1994年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 米国ニュージャージー州立大学ラトガース校ワックスマン微生物研究所 博士研究員

    1986年4月 - 1988年5月

  8. 理化学研究所 研究員

    1985年4月 - 1993年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 理化学研究所 研究員補

    1984年4月 - 1985年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 東京大学   農学系研究科   農芸化学

    1981年4月 - 1984年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   農学部   農芸化学科

    1975年4月 - 1979年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 18

  1. 日本農芸化学会   日本農芸化学会2018年度大会実行委員長

    2016年12月 - 2018年3月

  2. 日本農芸化学会   理事

    2013年5月 - 2017年5月

  3. 日本農芸化学会   理事

    2009年4月 - 2011年4月

  4. 糸状菌分子生物学研究会   会長

    2013年11月 - 2017年6月

  5. 日本生物工学会

  6. 極限環境微生物学会   評議員

    2003年4月 - 現在

  7. 日本農芸化学会   産学官学術交流委員会委員

    2011年5月 - 2015年5月

  8. 日本農芸化学会   評議員

    2011年5月 - 2013年5月

  9. 日本農芸化学会   中部支部長

    2009年4月 - 2011年3月

  10. 日本農芸化学会   英文誌編集委員会委員

    2008年4月 - 2013年3月

  11. 日本農芸化学会   中部支部副支部長

    2007年4月 - 2009年3月

  12. 日本農芸化学会   評議員

    2007年4月 - 2009年3月

  13. 日本農芸化学会   広報委員会委員

    2007年4月 - 2009年3月

  14. 日本農芸化学会   Biosci. Biotechnol. Biochem. 常任論文審査委員

    2002年4月 - 2005年3月

  15. 糸状菌分子生物学研究会   運営委員

    2001年4月 - 2010年3月

  16. 日本農芸化学会   「化学と生物」企画委員

    1999年4月 - 2003年3月

  17. 日本農芸化学会   中部支部庶務幹事

    1999年4月 - 2001年3月

  18. 日本分子生物学会

▼全件表示

 

論文 127

  1. Identification of amino acids negatively affecting Fusarium trichothecene biosynthesis.

    Shiobara T, Nakajima Y, Maeda K, Akasaka M, Kitou Y, Kanamaru K, Ohsato S, Kobayashi T, Nishiuchi T, Kimura M

    Antonie van Leeuwenhoek     2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10482-018-1172-z

    PubMed

  2. Inhibition of Fusarium trichothecene biosynthesis by yeast extract components extractable with ethyl acetate.

    Tanaka Y, Nakajima Y, Maeda K, Matsuyama M, Kanamaru K, Kobayashi T, Ohsato S, Kimura M

    International journal of food microbiology   289 巻   頁: 24-29   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijfoodmicro.2018.08.026

    PubMed

  3. Comparison of the paralogous transcription factors AraR and XlnR in Aspergillus oryzae.

    Ishikawa K, Kunitake E, Kawase T, Atsumi M, Noguchi Y, Ishikawa S, Ogawa M, Koyama Y, Kimura M, Kanamaru K, Kato M, Kobayashi T

    Current genetics     2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00294-018-0837-5

    PubMed

  4. Identification and Characterization of Small Molecule Compounds That Modulate Trichothecene Production by Fusarium graminearum.

    Maeda K, Ichikawa H, Nakajima Y, Motoyama T, Ohsato S, Kanamaru K, Kobayashi T, Nishiuchi T, Osada H, Kimura M

    ACS chemical biology     2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acschembio.8b00044

    PubMed

  5. Conservation and diversity of the regulators of cellulolytic enzyme genes in Ascomycete fungi 招待有り 査読有り

    Emi Kunitake, Tetsuo Kobayashi

    Current Genetics   63 巻   頁: 951–958   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s00294-017-0695-6

  6. Increased metabolite production by deletion of an HDA1-type histone deacetylase in the phytopathogenic fungi, Magnaporthe oryzae (Pyricularia oryzae) and Fusarium asiaticum 査読有り

    Maeda, K. Izawa, M. Nakajima, Y. Jin, Q. Hirose, T. Nakamura, T. Koshino, H. Kanamaru, K. Ohsato, S. Kamakura, T. Kobayashi, T. Yoshida, M. Kimura, M.

    Letters in Applied Microbiology   65 巻 ( 5 ) 頁: 446-452   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/lam.12797

  7. L-Threonine and its analogue added to autoclaved solid medium suppress trichothecene production by Fusarium graminearum. 査読有り

    Maeda K, Nakajima Y, Tanahashi Y, Kitou Y, Miwa A, Kanamaru K, Kobayashi T, Nishiuchi T, Kimura M

    Archives of microbiology   199 巻 ( 6 ) 頁: 945-952   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00203-017-1364-3

    PubMed

  8. Identification of a trichothecene production inhibitor by chemical array and library screening using trichodiene synthase as a target protein. 査読有り

    Maeda K, Nakajima Y, Motoyama T, Kondoh Y, Kawamura T, Kanamaru K, Ohsato S, Nishiuchi T, Yoshida M, Osada H, Kobayashi T, Kimura M

    Pesticide biochemistry and physiology   138 巻   頁: 1-7   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pestbp.2017.03.006

    PubMed

  9. Biochemical characterization of thermostable beta-1,4-mannanase belonging to the glycoside hydrolase family 134 from Aspergillus oryzae 査読有り

    Sakai, K. Mochizuki, M. Yamada, M. Shinzawa, Y. Minezawa, M. Kimoto, S. Murata, S. Kaneko, Y. Ishihara, S. Jindou, S. Kobayashi, T. Kato, M. Shimizu, M.

    Applied Microbiology and Biotechnology   101 巻 ( 8 ) 頁: 3237-3245   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00253-017-8107-x

  10. Genome sequence of Aspergillus luchuensis NBRC 4314 査読有り

    Yamada, O. Machida, M. Hosoyama, A. Goto, M. Takahashi, T. Futagami, T. Yamagata, Y. Takeuchi, M. Kobayashi, T. Koike, H. Abe, K. Asai, K. Arita, M. Fujita, N. Fukuda, K. Higa, K. I. Horikawa, H. Ishikawa, T. Jinno, K. Kato, Y. Kirimura, K. Mizutani, O. Nakasone, K. Sano, M. Shiraishi, Y. Tsukahara, M. Gomi, K.

    DNA Research     2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/dnares/dsw032

  11. Characterization of the acivicin effects on trichothecene production by Fusarium graminearum species complex 査読有り

    Maeda, K. Nakajima, Y. Tanahashi, Y. Kosaki, T. Kitou, Y. Kanamaru, K. Kobayashi, T. Nishiuchi, T. Kimura, M.

    J Gen Appl Microbiol     2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2323/jgam.2016.04.002

  12. McmA-dependent and -independent regulatory systems governing expression of ClrB-regulated cellulase and hemicellulase genes in Aspergillus nidulans 査読有り

    Li, N. Kunitake, E. Aoyama, M. Ogawa, M. Kanamaru, K. Kimura, M. Koyama, Y. Kobayashi, T.

    Mol Microbiol     2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/mmi.13493

  13. Trichothecene production in axenic liquid culture of Fusarium graminearum using xylose as a carbon source 査読有り

    Kitou, Yoshiyuki Kosaki, Takahiro Maeda, Kazuyuki Tanahashi, Yoshikazu Nakajima, Yuichi Kanamaru, Kyoko Kobayashi, Tetsuo Kimura, Makoto

    JSM Mycotoxins   66 巻 ( 1 ) 頁: 17-19   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2520/myco.66.17

  14. 糸状菌における植物バイオマス分解酵素遺伝子の発現制御 招待有り

    國武絵美、小林哲夫

    マイコトキシン   66 巻 ( 1 ) 頁: 85-96   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2520/myco.66.85

  15. Introduction of a leptomycin-sensitive mutation into Fusarium graminearum 査読有り

    Nakajima, Yuichi Maeda, Kazuyuki Ohsato, Shuichi Kanamaru, Kyoko Kobayashi, Tetsuo Kimura, Makoto

    JSM Mycotoxins   66 巻 ( 1 ) 頁: 9-111   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2520/myco.66.9

  16. Nuclear localization and relative stability of the zinc finger domain of TRI6 trichothecene regulator 査読有り

    Nakajima, Yuichi Maeda, Kazuyuki Ohsato, Shuichi Kanamaru, Kyoko Kobayashi, Tetsuo Kimura, Makoto

    JSM Mycotoxins   66 巻 ( 1 ) 頁: 13-15   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2520/myco.66.13

  17. Spatial Abundance and Distribution of Potential Microbes and Functional Genes Associated with Anaerobic Mineralization of Pentachlorophenol in a Cylindrical Reactor. 査読有り

    Li, Z. L. Nan, J. Huang, C. Liang, B. Liu, W. Z. Cheng, H. Y. Zhang, C. Zhang, D. Kong, D. Kanamaru, K. Kobayashi, T. Wang, A. J. Katayama, A.

    Sci Rep.   6 巻   頁: 19015   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep19015

  18. Regulation of genes encoding cellulolytic enzymes by Pal-PacC signaling in Aspergillus nidulans. 査読有り

    Kunitake E, Hagiwara D, Miyamoto K, Kanamaru K, Kimura M, Kobayashi T

    Appl Microbiol Biotechnol     2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00253-016-7409-8

  19. A Robust Analytical Pipeline for Genome-Wide Identification of the Genes Regulated by a Transcription Factor: Combinatorial Analysis Performed Using gSELEX-Seq and RNA-Seq 査読有り

    Kojima, T. Kunitake, E. Ihara, K. Kobayashi, T. Nakano, H.

      11 巻 ( 7 ) 頁: e0159011   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0159011

  20. Re-examination of genetic and nutritional factors related to trichothecene biosynthesis in Fusarium graminearum. 査読有り

    Kitou, Y., Y. Nakajima, K. Maeda, Q. Jin, T. Nishiuchi, K. Kanamaru, T. Kobayashi and M. Kimura

    Biosci Biotechnol Biochem     2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/09168451.2015.1088374

  21. Novel beta-1,4-mannanase belonging to a new glycoside hydrolase family in Aspergillus nidulans. 査読有り

    Shimizu, M., Y. Kaneko, S. Ishihara, M. Mochizuki, K. Sakai, M. Yamada, S. Murata, E. Itoh, T. Yamamoto, Y. Sugimura, T. Hirano, N. Takaya, T. Kobayashi and M. Kato

    J Biol Chem     2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M115.661645

  22. Effect of disrupting the trichothecene efflux pump encoded by FgTri12 in the nivalenol chemotype of Fusarium graminearum 査読有り

    Nakajima, Y. Koseki, N. Sugiura, R. Tominaga, N. Maeda, K. Tokai, T. Izawa, M. Kanamaru, K. Kamakura, T. Kobayashi, T. Nishiuchi, T. Yoshida, M. Kimura, M.

    J Gen Appl Microbiol   61 巻 ( 3 ) 頁: 93-96   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2323/jgam.61.93

  23. Aspergillus nidulansにおける活性酸素種(ROS)の発生とHis-Aspリン酸リレー情報伝達機構による制御 招待有り

    金丸京子、林早紀、小島憲介、小林哲夫

    マイコトキシン   65 巻 ( 1 ) 頁: 49-56   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2520/myco.65.49

  24. Deciphering the combinatorial DNA-binding code of the CCAAT-binding complex and the iron-regulatory basic region leucine zipper (bZIP) transcription factor HapX 査読有り

    P. Hortschansky, E. Ando, K. Tuppatsch, H. Arikawa, T. Kobayashi, M. Kato, H. Haas, A. A. Brakhage

    J. Biol. Chem.   290 巻 ( 10 ) 頁: 6058-6070   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M114.628677

  25. A set of heterologous promoters useful for investigating gene functions in Fusarium graminearum 査読有り

    Nakajima Yuichi, Tokai Takeshi, Maeda Kazuyuki, Tanaka Akira, Takahashi-Ando Noko, Kanamaru Kyoko, Kobayashi Tetsuo, Kimura Makoto

    JSM Micotoxins   64 巻 ( 2 ) 頁: 147-152   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2520/myco.64.147

  26. Effects of acivicin on growth, mycotoxin production and virulence of phytopathogenic fungi 査読有り

    Maeda, K. Nakajima, Y. Motoyama, T. Kitou, Y. Kosaki, T. Saito, T. Nishiuchi, T. Kanamaru, K. Osada, H. Kobayashi, T. Kimura, M.

    Lett Appl Microbiol     2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1111/lam.12289

  27. Complex regulation of hydrolytic enzyme genes for cellulosic biomass degradation in filamentous fungi 招待有り 査読有り

    Shuji Tani, Takashi Kawaguchi, and Tetsuo Kobayashi

    Applied microbiology and biotechnology   98 巻   頁: 4829–4837   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s00253-014-5707-6

  28. Control of Reactive Oxygen Species (ROS) Production Through Histidine Kinases in Aspergillus nidulans under Different Growth Conditions 査読有り

    Hayashi, Saki Yoshioka, Megumi Matsui, Tetsuji Kojima, Kensuke Kato, Masashi Kanamaru, Kyoko Kobayashi, Tetsuo

    FEBS Open Bio   4 巻   頁: 90-95   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fob.2014.01.003

  29. Identification and Characterization of an Inhibitor of Trichothecene 3-O-Acetyltransferase, TRI101, by the Chemical Array Approach 査読有り

    Nakajima, Y., Kawamura, T., Maeda, K., Ichikawa, H., Motoyama, T., Kondoh, Y., Saito, T., Kobayashi, T., Yoshida, M., Osada, H., Kimura, M.

    Biosci Biotechnol Biochem   77 巻 ( 9 ) 頁: 1958-1960   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. A promoter of Fusarium graminearum Tri4 does not function when placed at the end of the trichothecene gene cluster 査読有り

    Tokai, T., Nakajima, Y., Ichikawa, H., Maeda, K., Nishiuchi, T., Kobayashi, T. and Kimura, M.

    Mycotoxins   63 巻 ( 1 ) 頁: 17-25   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 17-25

  31. ManR, a transcriptional regulator of the beta-mannan utilization system controls the cellulose utilization system in Aspergillus oryzae 査読有り

    Masahiro Ogawa, Tetsuo Kobayashi, Yasuji Koyama

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   77 巻 ( 2 ) 頁: 426-429   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1271/bbb.120795

  32. Regulation of cellulolytic genes by McmA, the SRF-MADS box protein in Aspergillus nidulans 査読有り

    Yohei Yamakawa, Yoshikazu Endo, Nuo Li, Makoto Yoshizawa, Miki Aoyama, Ayako Watanabe, Kyoko Kanamaru, Masashi Kato, Tetsuo Kobayashi

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   431 巻   頁: 777-782   2013年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2013.01.031

  33. ManR, a novel Zn(II)2Cys6 transcriptional activator, controls the beta-mannan utilization system in Aspergillus oryzae 査読有り

    Masahiro Ogawa, Tetsuo Kobayashi, Yasuji Koyama

    Fungal Genetics and Biology   49 巻   頁: 987-995   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fgb.2012.09.006

  34. Comprehensive analysis of the DNA-binding specificity of an Aspergillus nidulans transcription factor, AmyR, by using a bead display system. 査読有り

    Wang, P., Kojima, T., Kobayashi, T., Nakano, H.

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   76 巻 ( 6 )   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1271/bbb.110949

  35. Comparison and characterization of α-amylase inducers in Aspergillus nidulans based on nuclear localization of AmyR. 査読有り

    Murakoshi Y, Makita T, Kato M, Kobayashi T

      94 巻   頁: 1629-1635   2012年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00253-012-3874-x

  36. ASYMMETRIC-LEAVES2 and an ortholog of eukaryotic NudC domain proteins repress expression of AUXIN-RESPONSE-FACTOR and class 1 KNOX homeobox genes for development of flat symmetric leaves in Arabidopsis. 査読有り

    Ishibashi N, Kanamaru K, Ueno Y, Kojima S, Kobayashi T, Machida C, Machida Y

    Biology Open     2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1242/bio.2012406

  37. Post-genomic approaches to understanding interactions beween fungi and their environment. 招待有り

    de Vries, R. P., Benoit, I., Doehlemann, G., Kobayashi, T., Magnuson, J. K., Panisko, E. A., Baker, S. E., Lebtun, M.-H.

    IMA Fungus   2 巻 ( 1 ) 頁: 81-86   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5598/imafungus.2011.02.01.11

  38. Xylose triggers reversible phosphorylation of XlnR, the fungal transcriptional activator of xylanolytic and cellulolytic genes in Aspergillus oryzae. 査読有り

    Noguchi Y, Tanaka H, Kanamaru K, Kato M, Kobayashi T

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   75 巻 ( 5 ) 頁: 953-959   2011年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Enzymatic saccharification of Eucalyptus bark using hydrothermal pre-treatment with carbon dioxide. 査読有り

    Matsushita, Y., Yamauchi, K., Takabe, K., Awano, T., Yoshinaga, A., Kato, M., Kobayashi, T., Asada, T., Furujyo, A., and Fukushima, K.

    Bioresour. Technol.   101 巻   頁: 4936-4939   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. High-throughput screening of DNA binding sites for transcription factor AmyR from Aspergillus nidulans using DNA beads display system. 査読有り

    Kojima T, Hashimoto Y, Kato M, Kobayashi T, Nakano H

    Journal of Bioscience and Bioengineering   109 巻   頁: 519-525   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. *Genes regulated by AoXlnR, the xylanolytic and cellulolytic transcriptional regulator, in Aspergillus oryzae 査読有り

    Noguchi, Y., Sano, M., Kanamaru, K., Ko, T., Takeuchi, M., Kato, M., Kobayashi, T.

    Applied Microbiology and Biotechnology   85 巻 ( 1 ) 頁: 141-154   2009年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    XlnR is a Zn(II)2Cys6 transcriptional activator of xylanolytic and cellulolytic genes in Aspergillus. Overexpression of the aoxlnR gene in Aspergillus oryzae (A. oryzae xlnR gene) resulted in elevated xylanolytic and cellulolytic activities in the culture supernatant, in which nearly 40 secreted proteins were detected by two-dimensional electrophoresis. DNA microarray analysis to identify the transcriptional targets of AoXlnR led to the identification of 75 genes that showed more than fivefold increase in their expression in the AoXlnR overproducer than in the disruptant. Of these, 32 genes were predicted to encode a glycoside hydrolase, highlighting the biotechnological importance of AoXlnR in biomass degradation. The 75 genes included the genes previously identified as AoXlnR targets (xynF1, xynF3, xynG2, xylA, celA, celB, celC, and celD). Thirty-six genes were predicted to be extracellular, which was consistent with the number of proteins secreted, and 61 genes possessed putative XlnR-binding sites (5'-GGCTAA-3', 5'-GGCTAG-3', and 5'-GGCTGA-3') in their promoter regions. Functional annotation of the genes revealed that AoXlnR regulated the expression of hydrolytic genes for degradation of beta-1,4-xylan, arabinoxylan, cellulose, and xyloglucan and of catabolic genes for the conversion of D-xylose to xylulose-5-phosphate. In addition, genes encoding glucose-6-phosphate 1-dehydrogenase and L-arabinitol-4- dehydrogenase involved in D-glucose and L-arabinose catabolism also appeared to be targets of AoXlnR.

  42. 糸状菌Aspergillus nidulansのHis-Aspリン酸リレーネットワークの全体像In vitroリン酸基転移系の確立とGFP-tagによる時空的発現プロファイル解析を中心に

    加藤雅士、金丸京子、小林哲夫

    化学と生物   47 巻 ( 10 ) 頁: 718-724   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  43. 未利用木質バイオマス(樹皮)の高効率糖化技術の開発

    福島和彦、小林哲夫、浅田隆之、高部圭司、船田良

    林木の育種   231 巻   頁: 14-16   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  44. Identification of specific binding sites for XYR1, a transcriptional activator of cellulolytic and xylanolytic genes in Trichoderma reesei 査読有り

    Takanori Furukawa, Yosuke Shida, Naoki kitagami, Kazuki Mori, Masashi Kato, Tetsuo Kobayashi, Hirofumi Okada, Wataru Ogasawara, Yasushi Morikawa

    Fungal Genetics and Biology   46 巻   頁: 564-574   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. *Inducer-dependent nuclear localization of a Zn(II)2Cys6 transcriptional activator, AmyR, in Aspergillus nidulans 査読有り

    Makita, T., Katsuyama, Y., Tani, S., Suzuki, H., Kato, N., Todd, R. B., Hynes, M. J., Tsukagoshi, N., Kato, M., Kobayashi, T.

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   73 巻 ( 2 ) 頁: 391-399   2009年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    AmyR is a Zn(II)(2)Cys(6) transcriptional activator that regulates expression of the amylolytic genes in Aspergillus species. Subcellular localization studies of GFP-fused AmyR in A. nidulans revealed that the fusion protein preferentially localized to the nucleus in response to isomaltose, the physiological inducer of the amylolytic genes. The C-terminal domains of AmyR, designated MH3 (residues 419-496) and MH4 (residues 516-542), were essential for sensing the inducing stimulus and regulating the subcellular localization. The MH2 domain (residues 234-375) located in the middle of AmyR was required for transcriptional activation of the target genes, and the nuclear localization signals were identified within the N-terminal Zn(II)(2)Cys(6) DNA binding motif.

  46. Identification of the cis-acting elements involved in regulation of xylanase III gene expression in Trichoderma reesei PC-3-7. 査読有り

    Furukawa T, Shida Y, Kitagami N, Ota Y, Adachi M, Nakagawa S, Shimada R, Kato M, Kobayashi T, Okada H, Ogasawara W, Morikawa Y.

    Fungal Genetics and Biology   45 巻 ( 7 ) 頁: 1094-1102   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. GFP-tagged expression analysis revealed that some histidine kinases of Aspergillus nidulans show temporally and spatially defferent expression during life cycle 査読有り

    Asako Suzuki, Kyoko Kanamaru, Nobuhiro Azuma, Masashi Kato, and Tetsuo Kobayashi

    Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   72 巻 ( 2 ) 頁: 428-434   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Novel promoter sequence required for inductive expression of the Aspergillus nidulans endoglucanase gene eglA 査読有り

    Yoshikazu Endo, Misako Yokoyama, Munenori Morimoto, Kengo Shirai, Go Chikamatsu, Naoki Kato, Norihiro Tsukagoshi, Masashi Kato and Tetsuo Kobayashi

    Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   72 巻 ( 2 ) 頁: 312-320   2008年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Functional analysis of the egl3 upstream region in filamentous fungus Trichoderma reesei 査読有り

    Yosuke Shida, Takanori Furukawa, Wataru Ogasawara, Masashi Kato, Tetsuo Kobayashi, Hirofumi Okada, and Yasushi Morikawa

    Applied Microbiology and Biotechnology   78 巻   頁: 515-524   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. In vitro analysis of His-Asp phosphorelays in Aspergillus nidulans: The first direct biochemical evidence for the existence of His-Asp phosphotransfer system in filamentous fungi 査読有り

    Nobuhiro Azuma, Kyoko Kanamaru, Akinori Matsushita, Takafumi Yamashino, Takeshi Mizuno, Masashi Kato, Tetsuo Kobayashi

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   71 巻 ( 10 ) 頁: 2493-2502   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    His-Asp phosphorelays are widespread signal transduction mechanisms in bacteria, fungi, and higher plants. In order to investigate a His-Asp phosphorelay network in filamentous fungi, which has been genetically characterized in part, we attempted to construct an in vitro phosphotransfer network in Aspergillus nidulans comprising all the necessary components. As a first step, we established an in vitro phosphotransfer system with a histidine-containing phosphotransmitter YpdA, a response regulator SrrA, and a bacterial histidine kinase ArcB as a phosphate donor. We demonstrated the phosphotransfer from ArcB to A. nidulans YpdA and the subsequent transfer from YpdA to SrrA. This is the first direct biochemical evidence for the presence of the phosphotransfer system in filamentous fungi. Furthermore, a retrograde phosphorylation from YpdA to FphA, a histidine kinase similar to bacterial phytochrome, was found. The overall picture of the His-Asp phosphorelays in A. nidulans is discussed based on the results of the in vitro study.

  51. Novel reporter gene expression systems for monitoring activation of the Aspergillus nidulans HOG Pathway 査読有り

    Furukawa, KentaroYoshimi, AkiraFurukawa, TakakoHoshi, YukikoHagiwara, DaisukeSato, NatsukoFujioka, TomonoriMizutani, OsamuMizuno, TakeshiKobayashi, TetsuoAbe, Keietsu

    Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   71 巻 ( 7 ) 頁: 1724-1730   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Analysis of expressed sequence tags from the fungus Aspergillus oryzae cultured under different conditions 査読有り

    Akao, TakeshiSano, MotoakiYamada, OsamuAkeno, TerumiFujii, KaoruGoto, KuniyasuOhashi-Kunihiro, SumikoTakase, KumikoYasukawa-Watanabe, MakotoYamaguchi, KanakoKurihara, YokoMaruyama, Jun-ichiJuvvadi, Praveen RaoTanaka, AkimitsuHata, YojiKoyama, YasujiYamaguchi, ShotaroKitamoto, NoriyukiGomi, KatsuyaAbe, KeietsuTakeuchi, MichioKobayashi, TetsuoHoriuchi, HiroyukiKitamoto, KatsuhikoKashiwagi, YutakaMachida, MasayukiAkita, Osamu

    DNA Research   14 巻 ( 2 ) 頁: 47-57   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. The SskA and SrrA response regulators are implicated in oxidative stress responses of hyphae and asexual spores in the phosphorelay signaling network of Aspergillus nidulans 査読有り

    Hagiwara, Daisuke Asano, YoshihiroMarui, JunichiroFurukawa, KentaroKanamaru, KyokoKato, MasashiAbe, KeietsuKobayashi, TetsuoYamashino, TakafumiMizuno, Takeshi

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   71 巻 ( 4 ) 頁: 1003-1014   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. *Genomics of Aspergillus oryzae 招待有り 査読有り

    Kobayashi, TetsuoAbe, KeietsuAsai, KiyoshiGomi, KatsuyaJuvvadi, Praveen RaoKato, MasashiKitamoto, KatsuhikoTakeuchi, MichioMachida, Masayuki

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   71 巻 ( 3 ) 頁: 646-670   2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    The genome sequence of Aspergillus oryzae, a fungus used in the production of the traditional Japanese fermentation foods sake (rice wine), shoyu (soy sauce), and miso (soybean paste), has revealed prominent features in its gene composition as compared to those of Saccharomyces cerevisiae and Neurospora crassa. The A. oryzae genome is extremely enriched with genes involved in biomass degradation, primary and secondary metabolism, transcriptional regulation, and cell signaling. Even compared to the related species A. nidulans and A. fumigatus, an abundance of metabolic genes is apparent, with acquisition of more than 6 Mb of sequence in the A. oryzae lineage, interspersed throughout the A. oryzae genome. Besides the various already established merits of A. oryzae for industrial uses, the genome sequence and the abundance of metabolic genes should significantly accelerate the biotechnological use of A. oryzae in industry.

  55. Characterization of the NikA histidine kinase implicated in the phosphorelay signal transduction of Aspergillus nidulans, with special reference to fungicide responses 査読有り

    Hagiwara, DaisukeMatsubayashi, YoshihiroMarui, JunichiroFurukawa, KentaroYamashino, TakafumiKanamaru, KyokoKato, MasashiAbe, KeietsuKobayashi, TetsuoMizuno, Takeshi

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   71 巻 ( 3 ) 頁: 844-847   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Expression profile of amylolytic genes in Aspergillus nidulans 査読有り

    Takashi Nakamura, Yuki Maeda, Nami Tanoue, Tomohiro Makita, Masashi Kato, and Tetsuo Kobayashi

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   70 巻 ( 10 ) 頁: 2363-2370   2006年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. The region in a subunit of the Aspergillus CCAAT-binding protein similar to the HAP4p-recruiting domain of Saccharomyces cerevisiae Hap5p is not essential for transcriptional enhancement 査読有り

    Shinjiro Tanoue, Ken-ichi Kamei, Hideya Goda, Akimitsu Tanaka, Tetsuo Kobayashi, Norihiro Tsukagoshi and Masashi Kato

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   70 巻 ( 4 ) 頁: 782-787   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Genomic sequence of the pathogenic and allergenic filamentous fungus, Aspergillus fumigatus 査読有り

    William C. Nierman, Arnab Pain, Michael J. Anderson, Jennifer R. Wortman, H. Stanley Kim, Javier Arroyo, Matthew Berriman, Keietsu Abe, David B. Archer, Clara Bermejo, Joan Bennett, Paul Bowyer, Dan Chen, Matthew Collins, Richard Coulsen, Robert Davies, Paul S. Dyer, Mark Farman, Nadia Fedorova, Natalie Fedorova, Tamara V. Feldblyum, Reinhard Fischer, Nigel Fosker, Audrey Fraser, Jose L. Garc?a, Maria J. Garc?a, Arlette Goble, Gustavo H. Goldman, Katsuya Gomi, Sam Griffith-Jones, Ryan Gwilliam, Brian Haas, Hubertus Haas, David Harris, H. Horiuchi, Jiaqi Huang, Sean Humphray, Javier Jim?nez, Nancy Keller, Hoda Khouri, Katsuhiko Kitamoto, Tetsuo Kobayashi, Sven Konzack, Resham Kulkarni, Toshitaka Kumagai, Anne Lafton, Jean-Paul Latg?, Weixi Li, Angela Lord, Charles Lu, William H. Majoros, Gregory S. May, Bruce L. Miller, Yasmin Mohamoud, Maria Molina, Michel Monod, Isabelle Mouyna, Stephanie Mulligan, Lee Murphy, Susan O'Neil, Ian Paulsen, Miguel A. Pe?alva, Mihaela Pertea, Claire Price,

    Nature   438 巻   頁: 1151-1156   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. *Genome sequencing and analysis of Aspergillus oryzae 査読有り

    Masayuki Machida, Kiyoshi Asai, Motoaki Sano, Toshihiro Tanaka,Toshitaka Kumagai, Goro Terai, Ken-Ichi Kusumoto, Toshihide Arima, Osamu Akita, Yutaka Kashiwagi, Keietsu Abe, Katsuya Gomi, Hiroyuki Horiuchi, Katsuhiko Kitamoto, Tetsuo Kobayashi, Michio Takeuchi, David W. Denning, James E. Galagan, William C. Nierman, Jiujiang Yu, David B. Archer, Joan W. Bennett, Deepak Bhatnagar, Thomas E. Cleveland, Natalie D. Fedrova, Osamu Gotoh, Hiroshi Horikawa, Akira Hosoyama, Masayuki Ichinomiya, Rie Igarashi, Kazuhiro Iwashita, Praveen Rao Juvvadi, Masashi Kato, Yumiko Kato, Taishin Kin, Akira Kokubun, Hiroshi Maeda, Noriko Maeyama, Jun-ichi Maruyama, Hideki Nagasaki, Tasuku Nakajima, Ken Oda, Kinya Okada, Ian Paulsen, Kazutoshi Sakamoto, Toshihiko Sawano, Mikio Takahashi, Kumiko Takase, Yasunobu Terabayashi, Jennifer R. Wortman, Osamu Yamada, Youhei Yamagata, Hideharu Anazawa, Yoji Hata, Yoshinao Koide, Takashi Komori, Yasuji Koyama, Toshitaka Minetoki, Sivasundaram Suharnan, Akimitsu Tanaka,

    Nature   438 巻   頁: 1157-1161   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The genome of Aspergillus oryzae, a fungus important for the production of traditional fermented foods and beverages in Japan, has been sequenced. The ability to secrete large amounts of proteins and the development of a transformation system have facilitated the use of A. oryzae in modern biotechnology. Although both A. oryzae and Aspergillus flavus belong to the section Flavi of the subgenus Circumdati of Aspergillus, A. oryzae, unlike A. flavus, does not produce aflatoxin, and its long history of use in the food industry has proved its safety. Here we show that the 37-megabase (Mb) genome of A. oryzae contains 12,074 genes and is expanded by 7-9 Mb in comparison with the genomes of Aspergillus nidulans and Aspergillus fumigatus. Comparison of the three aspergilli species revealed the presence of syntenic blocks and A. oryzae-specific blocks (lacking synteny with A. nidulans and A. fumigatus) in a mosaic manner throughout the genome of A. oryzae. The blocks of A. oryzae-specific sequence are enriched for genes involved in metabolism, particularly those for the synthesis of secondary metabolites. Specific expansion of genes for secretory hydrolytic enzymes, amino acid metabolism and amino acid/sugar uptake transporters supports the idea that A. oryzae is an ideal microorganism for fermentation.

  60. Construction of a bacterial artificial chromosome library for a Myxobacterium of the genus Cystobacter and characterization of an antibiotic biosynthetic gene cluster 査読有り

    Zhiyang Feng, Jianhua Qi, Takashi Tsuge, Yuichi Oba, Tetsuo Kobayashi, Yoshihiro Suzuki, Yoji Sakagami and Makoto Ojika

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   69 巻 ( 7 ) 頁: 1372-1380   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Nuclear translocation of the heterotrimeric CCAAT binding factor of Aspergillus oryzae is dependent on two redundant localising signals in a single subunit 査読有り

    Hideya Goda, Takashi Nagase, Shinjiro Tanoue, Stefan Steidl, Andre Tuncher, Tetsuo Kobayashi, Norihiro Tsukagoshi, Axel A. Brakhage, and Masashi Kato

    Archives of Microbiology   184 巻   頁: 93-100   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. ゲノムから見る麹菌転写因子群の構成 招待有り

    小林哲夫

    生物工学会誌   80 巻 ( 6 ) 頁: 289-291   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  63. A single subunit of a heterotrimeric CCAAT-binding complex carries a nuclear localization signal: piggy back transport of the pre-assembled complex to the nucleus 査読有り

    Stefan Steidl, Andre Tuncher, Hideya Goda, Corina Guder, Natalia Papadopoulou, Tetsuo Kobayashi, Norihiro Tsukagoshi, Masashi Kato and Axel A. Brakhage

    J. Mol. Biol.   342 巻   頁: 515-524   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. 麹菌の発現遺伝子の大規模解析

    柏木豊,山口加奈子,栗原洋子,鈴木聡,秋田修,町田雅之,小山泰二,山口庄太郎,五味勝也,阿部敬悦,竹内道雄,小林哲夫,堀内裕之,北本勝ひこ

    日本醤油研究所雑誌   30 巻 ( 4 ) 頁: 135-141   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    "日本醤油研究所雑誌Vol. 30, No. 4, 135-141"

  65. Mode of AmyR binding to the CGGN8AGG sequence in the Aspergillus oryzae taaG2 promoter 査読有り

    Tatsuo Ito, Shuji Tani, Tomoyuki Itoh, Norihiro Tsukagoashi, Masashi Kato and Tetsuo Kobayashi

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   68 巻   頁: 1906-1911   2004年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Zn(II)2Cys6型転写因子による転写制御メカニズムの多様性 招待有り

    小林哲夫

    バイオサイエンスとインダストリー   62 巻   頁: 13-18   2004年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  67. Characterization of AnRP-mediated negative regulation of the xylanase gene, cgxA, from Chaetomium gracile in Aspergillus nidulans 査読有り

    U. Rao, M. Kato, T. Kobayashi and N. Tsukagoshi

    Letters in Applied Microbiology   36 巻   頁: 59-63   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Upregulation of promoter activity of the Aspergillus oryzae xylanase gene by site-directed mutagenesis 査読有り

    Junichiro Marui, Masashi Kato, Tetsuo Kobayashi and Norihiro Tsukagoshi

    Biotechnology Letters   25 巻   頁: 371-374   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. 糖転移活性の高いα-グルコシダーゼの発見 招待有り

    加藤直樹,小林哲夫

    バイオサイエンスとインダストリー   60 巻   頁: 34-35   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  70. Novel α-glucosidase from Aspergillus nidulans with strong transglycosylation activity 査読有り

    Naoki Kato, Sachie Suyama, Masao Shirokane, Masashi Kato, Tetsuo Kobayashi and Norihiro Tsukagoshi

    Applied and Environmental Microbiology   68 巻   頁: 1250-1256   2002年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Isolation of genes encoding novel transcription factors which interact with the Hap complex from Aspergillus species 査読有り

    A. Tanaka, M. Kato, T. Nagase, T. Kobayashi, and N. Tsukagoshi

    Biochim. Biophys. Acta   1576 巻   頁: 176-182   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Structural features of the glycogen branching enzyme encoding genes from aspergilli 査読有り

    Prasetyawan Sasangka, Aya Matsuno, Akimitsu Tanaka, Yuki Akasaka, Sachie Suyama, Sumie Kano, Makiko Miyazaki, Takeshi Akao, Masashi Kato, Tetsuo Kobayashi and Norihiro Tsukagoshi

    Microbiol Res   157 巻   頁: 337-344   2002年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. A transcriptional activator, AoXlnR, controls the expression of genes encoding xylanolytic enzymes in Aspergillus oryzae 査読有り

    J. Marui, A. Tanaka, S. Mimura, L. H. de Graaf, J. Visser, N. Kitamoto, M. Kato, T. Kobayashi and N. Tsukagoshi

    Fungal Genetics and Biology   35 巻   頁: 157-169   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. A quantity control mechanism regulating levels of the HapE subunit of the Hap complex in Aspergillus nidulans: no accumulation of HapE in hapC deletion mutants 査読有り

    M. Kato, Y. Tateyama, K. Hayashi, F. Naruse, R. Oonishi, S. Tanoue, T. Tanaka, T. Kobayashi and N. Tsukagoshi

    FEBS letters   512 巻   頁: 227-229   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Regulation of the xylanase gene, cgxA, from Chaetomium gracile by transcriptional factors, XlnR and AnRP 査読有り

    U. Rao, J. Marui, M. Kato, T. Kobayashi and N. Tsukagoshi

    Biotechnology Letters   24 巻   頁: 1089-1096   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Upward shift of the pH optimum of Acremonium ascorbate oxidase 査読有り

    M. Sugino, S. Kajita, K. Nanno, T. Shirai, T.Yamane, M. Kato, T. Kobayashi and N. Tsukagoshi

    Biochim. Biophys. Acta   36534 巻   頁: 1-11   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Transcriptional activator, AoXlnR, mediates cellulose-inductive expression of the xylanolytic and cellulolytic genes in Aspergillus nidulans 査読有り

    Junichiro Marui, Noriyuki Kitamoto, Masashi Kato, Tetsuo Kobayashi and Norihiro Tsukagoshi

    FEBS Letters   528 巻   頁: 279-282   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Isomaltose formed by alpha-glucosidases triggers amylase induction in Aspergillus nidulans 査読有り

    Naoki Kato, Yuriko Murakoshi, Masashi Kato, Tetsuo Kobayashi and Norihiro Tsukagoshi

    Curr Genet   42 巻   頁: 43-50   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. No factors except for the Hap complex increase the Taka-amylase A gene expression by binding to the CCAAT sequence in the promoter region 査読有り

    M. Kato, F. Naruse, T. Kobayashi and N. Tsukagoshi

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   65 巻   頁: 2340-2342   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Regulation of amylolytic and (hemi-) cellulolytic genes in Aspergilli 招待有り

    Norihiro Tsukagoshi, Tetsuo Kobayashi and Masashi Kato

    J. Gen. Appl. Microbiol.   47 巻   頁: 1-19   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  81. Aspergillus oryzaeのCCAAT結合タンパク質の解析

    田中昭光、亀井健一、田上新次郎、加藤雅士、田上秀男、高木広明、小林哲夫、塚越規弘

    日本醤油研究所雑誌   27 巻 ( 4 ) 頁: 179-186   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  82. In vivo and in vitro analyses of the AmyR binding site of the Aspergillus nidulans agdA promoter; requirement of the CGG direct repeat for induction and high affinity binding of AmyR 査読有り

    S. Tani, T. Itoh, M. Kato, T. Kobayashi and N. Tsukagoshi

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   65 巻   頁: 1568-1574   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. AoHapB, AoHapC and AoHapE, subunits of the Aspergillus oryzae CCAAT-binding complex, are functionally interchangeable with the corresponding subunits in Aspergillus nidulans 査読有り

    A. Tanaka, K. Kamei, S. Tanoue, P. Papagiannopoulos, S. Steidl, A. A. Brakhage, M. A. Davis, M. J. Hynes, M. Kato, T. Kobayashi and N. Tsukagoshi

    Curr. Genet.   39 巻   頁: 175-182   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Characterization of the amyR gene encoding a transcriptional activator for the amylase genes in Aspergillus nidulans 査読有り

    S. Tani, Y. Katsuyama, T. Hayashi, H. Suzuki, M. Kato, K. Gomi, T. Kobayashi and N. Tsukagoshi

    Curr. Genet.   39 巻   頁: 10-15   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Chemo-enzymatic synthesis of 3-(2-naphthyl)-L-alanine by an aminotransferase from the extreme thermophile, Thermococcus profundus 査読有り

    S. Hanzawa, S. Oe, K. Tokuhisa, K. Kawano, T. Kobayashi, T. Kudo and H. Kakidani

    Biotechnol. Lett.   23 巻   頁: 589-591   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. カビの有用酵素生産に関与する転写因子 招待有り

    加藤雅士、五味勝也、塚越規弘、小林哲夫

    化学と生物   39 巻 ( 1 ) 頁: 40-46   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  87. A simple and rapid method for the preparation of a cell-free extract with CCAAT-binding activity from filamentous fungi 査読有り

    Masashi Kato, Kojiro Hayashi, Tetsuo Kobayashi and Norihiro Tsukagoshi

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   64 巻   頁: 455-477   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. An Aspergillus oryzae CCAAT-binding protein, AoCP, is involved in the high-level expression of the Taka-amylase A gene 査読有り

    Akimitsu Tanaka, Masashi Kato, Hideki Hashimoto, Ken-ichi Kamei, Fumiko Naruse, Peter Papagiannopoulos, Merryl A. Davis, Michael J. Hynes, Tetsuo Kobayashi and Norihiro Tsukagoshi

    Curr. Genet.   37 巻   頁: 380-387   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. A novel nuclear factor, SREB, binds to a cis-acting element, SRE, required for inducible expression of the Aspergillus oryzae Taka-amylase A gene in A. nidulans. 査読有り

    S. Tani, T. Kawaguchi, M. Kato, T. Kobayashi and N. Tsukagoshi

    Molecular and General Genetics   263 巻   頁: 232-238   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Structure and expression properties of the endo-β-1,4-glucanase A gane from a filamentous fungus <u>Aspergillus</u> <u>nidulans</u> 査読有り

    Go Chikamatsu, Kengo Shirai, Masashi Kato, Tetsuo Kobayashi and Norihiro Tsukagoshi

    FEMS Microbiology Letters   179 巻 ( 2 ) 頁: 239-245   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. The <u>Aspergillus</u> <u>nidulans</u> CCAAT-binding factor AnCP/AnCF is a heteromeric protein analogous to the HAP complex of <u>Saccharomyces</u> <u>cerevisiae</u> 査読有り

    M. Kato, A. Aoyama, F. Naruse, Y. Tateyama, K. Hayashi, M. Miyazaki, P. Papagiannopoulos, M. A. Davies, M. J. Hynes, T. Kobayashi and N. Tsukagoshi

    Molecular and General Genetics   257 巻   頁: 404-411   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Molecular cloning, nucleotide sequence and expression in <u>Escherichia</u> <u>coli</u> of hyperthermophilic glutamate dehydrogenose gene from <u>Thermococcus</u> <u>profundus</u> 査読有り

    Sadaharu Higuchi, Tetsuo Kobayashi, Kinuko Kimura, Koki Horikoshi and Toshiaki Kudo

    Journal of Fermentation and Bioengineering   83 巻 ( 5 ) 頁: 405-411   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. Sequence analysis of the gene for and characterization of D-Acetoin forming meso-2,3-butanediol dehydrogenase of <u>Klebsiella</u> <u>pneumoniae</u> expressed in <u>Escherichia</u> <u>coli</u>. 査読有り

    Sadaharu Ui, Yoshifumi Okajima, Akio Mimura, Haruhiko Kanai, Tetsuo Kobayashi and Toshiaki Kudo

    J. Fermentation and Bioengineering   83 巻 ( 1 ) 頁: 32-37   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. An <u>Aspergillus</u> <u>nidulans</u> nuclear protein, AnCP, involved in enhancement of Taka-amylase A expression, binds to the CCAAT-containing <u>taaG2</u>, <u>amdS</u>, and <u>gatA</u> promoters. 査読有り

    M. Kato, A. Aoyama, F. Naruse, T. Kobayasi and T. Tsukagoshi

    Molecular and General Genetics   254 巻   頁: 119-126   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Cloning, nucleotide sequence, and hyperexpression of alpha-amylase gene from an archaeon, <u>Thermococcus</u> <u>profundus</u>. 査読有り

    Jong Tae Lee, Haruhiko Kanai, Tetsuo Kobayashi, Teruhiko Akiba and Toshiaki Kudo

    J. Fermentation and Bioengineering   82 巻 ( 5 ) 頁: 432-438   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Molecular cloning and nucleotide sequence of the groEL gene from the alkaliphilic <u>Bacillus</u> sp. strain C-125 and reactivation of thermally inactivated alpha-glucosidase by recombinant GroEL. 査読有り

    Yi Xu, Tetsuo Kobayashi and Toshiaki Kudo

    Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   60 巻 ( 10 ) 頁: 1633-1636   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Preparation of a chiral acetoinic compound using transgenic Escherichia coli expressing the 2,3-butanediol gene. 査読有り

    Sadaharu Ui, Masato Odagiri, Akio Mimura, Haruhiko Kanai, Tetsuo Kobayashi and Toshiaki Kudo

    Journal of Fermentation and Bioengineering   81 巻 ( 5 ) 頁: 386-389   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. 超好熱細菌由来の超好熱酵素の特性解析とタンパク工学

    小林哲夫

    医薬資源研究振興会助成研究報告集1995 医薬資源研究振興会     頁: 13-15   1995年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  99. 原始の代謝系?-超好熱細菌の物質代謝-

    小林哲夫

    生物工学会誌   73 巻   頁: 250   1995年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  100. Properties of glutamate dehydrogenase and its involvement in alanine production in a hyperthermophitic archaeon, <u>Thermococcus profundus</u>. 査読有り

    Tetsuo Kobayashi, Sadaharu Higuchi, Kinuko Kimura, Toshiaki Kudo and Koki Horikoshi

    Journal of Biochemistry   118 巻 ( 3 ) 頁: 587-592   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. A hyperthermophilic sulfur-reducing archaebacterium, <u>Thremococcus</u> sp. DT1331, isolated from a deep-sea hydrothermal vent. 査読有り

    Yi Seong Kwak, Tetsuo Kobayashi, Teruhiko Akiba, Koki Horikoshi and Young Bae Kim

    Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   59 巻 ( 9 ) 頁: 1666-1669   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Purification and properties of extracellular amylase from hyperthermophilic archaeon <u>Thermococcus profundus</u> DT5432. 査読有り

    Young Chul Chung, Tetsuo Kobayashi, Haruhiko Kanai, Teruhiko Akiba and Toshiaki Kudo

    Applied and Environmental Microbiology   61 巻   頁: 1502-1506   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. 最古の生物-海洋性超好熱菌の代謝特性 招待有り

    小林哲夫

    化学と生物   33 巻 ( 12 ) 頁: 796-802   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  104. <u>Natronococcus amylolyticus</u> sp. nov., a haloalkaliphilic archaeon. 査読有り

    Haruhiko Kanai, Tetsuo Kobayashi, Rikizo Aono and Toshiaki Kudo

    International Journal of Systematic Bacteriology   45 巻 ( 4 ) 頁: 762-766   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. <u>Thermococcus profundus</u> sp. nov. , a new hyperthermophilic archaeon isolated from a deep-sea hydrothermal vent. 査読有り

    Tetsuo Kobayashi, Yi Seong Kwak, Teruhiko Akiba, Toshiaki Kudo and Koki Horikoshi

    Systematic and Applied Microbiology   17 巻   頁: 232-236   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Isolation and characterization of an extremely thermophilic sulfur-metabolizing bacterium from a deep-sea hydrothermal vent system. 査読有り

    Yi-Seong Kwaka, Tetsuo Kobayashi, Teruhiko Akiba, Koki Horikoshi and Young-Bae Kim

    J. Microbiology and Biotechnology   4 巻   頁: 36-40   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Cloning, expression and nucleotide sequence of the α-amylase gene from the haloalkaliphilic archaeon <u>Natronococcus</u> sp. strain Ah-36. 査読有り

    Tetsuo Kobayashi, Haruhiko Kanai, Rikizo Aono, Koki Horikoshi and Toshiaki Kudo

    J. Bacteriology   176 巻   頁: 5131-5134   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Location of F1ATPase-like genes on the physical map of the <u>Bacillus subtilis</u> 168 chromosome. 査読有り

    Katharine J. Sutherland, Tetsuo Kobayashi, Toshiaki Kudo and Koki Horikoshi

    Bioscience Biotechnology and Biochemistry   57 巻   頁: 1202-1203   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. 超好熱性古細菌<u>Pyrococcus furiosus</u>の特殊解糖系、Pyroglycolysis 招待有り

    小林哲夫

    蛋白質核酸酵素   38 巻   頁: 1575-1578   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  110. Ammonia assimilation in an extremely thermophilic archaebacterium, <u>Thermococcus profundus</u>. 招待有り

    Tetsuo Kobayashi

    RIKEN Review   ( 3 ) 頁: 7-8   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  111. 深海熱水環境下に棲息する超好熱性細菌の分離とその性質

    小林哲夫、掘越弘毅

    第8回しんかいシンポジウム報告書     頁: 343-349   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  112. Structure, function, and fate of the BlaR signal transducer involved in induction of β-lactamase in <u>Bacillus licheniformis</u> 査読有り

    YingFang Zhu, Derge Englebert, Bernard Joris, Jean-Marie Ghuysen, Tetsuo Kobayashi and J. Oliver Lampen

    J. Bacteriology   174 巻   頁: 6171-6178   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Molecular cloning, nucleotide sequence, and expression of the structural gene for alkaline serine protease from alkaliphilic <u>Bacillus</u> sp. 221. 査読有り

    Hideto Takami, Tetsuo Kobayashi, Masato Kobayashi, Mami Yamamoto, Satoshi Nakamura, Rikizo Aono and Koki Horikoshi

    Bioscience Biotechnology and Biochemistry   56 巻   頁: 1455-1460   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Analysis of the flagellin (<u>hag</u>) gene of alkalophilic <u>Bacillus</u> sp. C-125. 査読有り

    Yoh-ichiro Sakamoto, Katharine J. Sutherland, Jin Tamaoka, Tetsuo Kobayashi, Toshiaki Kudo and Koki Horikoshi

    J. General Microbiology   138 巻   頁: 2159-2166   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. Haloalkaliphilic maltotriose-forming α-amylase from the archaebacterium <u>Natronococcus</u> sp. strain Ah-36. 査読有り

    Tetsuo Kobayashi, Haruhiko Kanai, Takaya Hayashi, Teruhiko Akiba, Ryoichi Akaboshi and Koki Horikoshi

    J. Bacteriology   174 巻   頁: 3439-3444   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. Molecular cloning, nucleotide sequence and expression of the structural gene for a thermostable alkaline protease from <u>Bacillus</u> sp. no. AH-101. 査読有り

    Hideto Takami, Tetsuo Kobayashi, Rikizo Aono and Koki Horikoshi

    Applied Microbiology and Biotechnology   38 巻   頁: 101-108   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. 深海熱水噴出域および海底火山活動域における化学合成硫黄細菌の採集

    長沼毅、橋本惇、藤倉克則、鋤崎俊二、池本栄子、仲二郎、辻義人、堀田宏、小林哲夫、森屋和仁、加藤千明、掘越弘毅

    海洋科学技術センター試験研究報告     頁: 201-219   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  118. Expression in <u>Escherichia coli</u> of the carboxyl terminal domain of the BLAR sensory-transducer protein of <u>Bacillus licheniformis</u> as a water-soluble Mr 26000 penicillin-binding protein. 査読有り

    B. Joris, P. Ledent, T. Kobayashi, J. O. Lampen and J. M. Ghuysen

    FEMS Microbiology Letter   70 巻   頁: 107-114   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. 好アルカリ性菌の遺伝子工学 招待有り

    小林哲夫

    バイオインダストリー   6 巻   頁: 34-44   1989年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  120. Purification and biochemical characterization of streptothricin acetyltransferase coded by the cloned streptothricin-resistance gene of <u>Streptomyces lavendulae. </u> 査読有り

    Tetsuo Kobayashi, Sueharu Horinouchi, Takeshi Uozumi and Teruhiko Beppu

    J. Antibiotics   40 巻   頁: 1016-1022   1988年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. A hypothetical protein (P20), homologous to Tn3 repressor is encoded downstream from the <u>bla</u>regulatory region in <u>Bacillus licheniformis</u> 749. 査読有り

    Ying Fang Zhu, Tetsuo Kobayashi and J. Oliver Lampen

    Nucleic Acids Research   16 巻   頁: 5691   1988年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. Construction of an excretion vector and extracellular productionof human growth hormone from <u>Escherichia coli</u>. 査読有り

    Chiaki Kato, Tetsuo Kobayashi, Toshiaki Kudo, Takashi Furusato, Yuji Murakami, Toshiki Tanaka, Hideo Baba, Takeshi Oishi, Eiko Ohtsuka, Morio Ikehara, Tomoyoshi Yanagida, Hisayoshi Kato, Shigeru Moriyama and Koki Horikoshi

    Gene   54 巻   頁: 197-202   1987年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. A second regulatory gene, <u>blaR1</u>, encoding a potential penicillin-binding protein required for induction of β-lactamase in <u>Bacillus licheniformis</u>. 査読有り

    Tetsuo Kobayashi, Ying Fang Zhu, Nancy J. Nicholls and J. Oliver Lampen

    J. Bacteriology   169 巻   頁: 3873-3878   1987年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. Cloning and characterization of the streptothricin-resistance gene which encodes streptothricin acetyltransferase form <u>Streptomyces lavendulae</u>. 査読有り

    Tetsuo KObayashi, Takeshi Uozumi and Teruhiko Beppu

    J. Antibiotics   39 巻   頁: 688-693   1986年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. Construction of an excretion vector : extracellular production of <u>Aeromons</u> xylanase and <u>Bacillus</u> cellulases by <u>Escherichia coli</u>. 査読有り

    Chiaki Kato, Tetsuo Kobayashi, Toshiaki Kudo and Koki Horikoshi

    FEMS Microbiology Letter   36 巻   頁: 31-34   1986年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. Excretion of the penicillinase of an alkalophilic <u>Bacillus</u> sp. through the <u>Esherichia coli</u> outer membrane is caused by insertional activation of the <u>kil gene</u> in plasmid pMB9. 査読有り

    Tetsuo Kobayashi, Chiaki Kato, Toshiaki Kudo and Koki Horikoshi

    J. Bacteriology   166 巻   頁: 728-732   1986年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. Isolation and characterization of a pock-forming plasmid pTA4001 from <u>Streptomyces lavendulae</u>. 査読有り

    Tetsuo Kobayashi, Hidenori Shimotsu, Sueharu Horinouchi, Takeshi Uozumi and Teruhiko Bepp

    J. Antibiotics   37 巻   頁: 368-375   1984年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 11

  1. 第7版 化学便覧 応用科学編 8章 バイオテクノロジー 8.2.3 微生物への遺伝子導入と遺伝子発現

    小林哲夫( 担当: 単著)

    丸善出版  2014年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 改訂版 分子麹菌学

    北本勝ひこ、一島英治、秋田修、柏木豊、五味勝也、丸山潤一、高橋理、岩下和裕、織田健、小林哲夫、秦洋二、石田博樹、峰時俊貴、幸田明生、坊垣隆之、尹戴宇、阿部敬悦、上原健二、高橋徹、大滝真作、前田浩、山形洋平、長谷川史彦、山田修、小笠原博信、窪寺隆文、菊間隆志、堀尾哲也、伊藤清、北本則之、小関卓也、伏信進矢、竹内道雄、松島健一朗、楠本憲一、山本七瀬、畠山理広、吉井美華、荒巻功、杉山純多、J. W. ベネット( 担当: 共著)

    公益財団法人 日本醸造協会  2012年1月  ( ISBN:978-4-9903394-3-2

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. IFO微生物学概論

    大嶋泰治、荒井基夫、駒形和夫、杉山純多、中瀬崇、本田武司、宮道慎二、有田郁夫、生田和良、犬伏和之、上木厚子、遠藤銀朗、大熊盛也、大塚重人、岡田早苗、小川裕由、河村好章、熊ノ郷淳、古賀洋介、小迫芳正、後藤慶一、坂本光央、洲崎敏伸、須田彰一郎、高浪洋一、田中健治、中川恭好、中桐昭、羽柴輝良、吹春俊光、不藤亮介、辦野義己、山根恒夫、横田明、和知正明( 担当: 共著)

    培風館  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. *Aspergillus: Molecular Biology and Genomics(Editors: Masayuki Machida and Katsuya Gomi)Chapter 5 Transcriptional Regulation in Aspergillus

    Tetsuo Kobayashi and Masashi Kato( 担当: 共著)

    Caister Academic Press  2010年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  5. 応用微生物学(第2版)

    堀之内末治、横田明、工藤卓二、伊藤隆、中桐昭、高島昌子、野崎久義、神田康三、緒方靖哉、板根健、阪井康能、村田幸作、横田篤、湯本勲、金澤晋二郎、古川健介、水野猛、加藤雅士、山篠貴史、稲田利文、小林哲夫、土屋英子、五味勝也、北本勝ひこ、祥雲弘文、五十嵐泰夫、石井正治、依田幸司、喜多恵子、三原久明、江崎信芳、清水昌、山本憲二、大竹久夫( 担当: 共著)

    文永堂出版  2006年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. 応用微生物学

    "横田明,岡田元,鈴木基文,市原茂幸,小林哲夫,塚越規弘,五味勝也,中森茂,長田裕之,蓮見惠司,祥雲弘文,古川謙介,稲森悠平,清水康利,内山裕夫( 編:塚越規弘)"( 担当: 共著)

    朝倉書店  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    微生物の代謝

  7. Bergey's Manual of Systematic Bacteriology"Genus I. Thermococcus"

    Tetsuo Kobayashi( 担当: 単著)

    Springer-Verlag, GmbH  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  8. 微生物機能の多様性"深海微生物"

    小林哲夫( 担当: 単著)

    学会出版センター  1995年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. 好アルカリ性微生物"好アルカリ性バチルス遺伝子の利用"

    小林哲夫( 担当: 単著)

    学会出版センター  1993年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. Antibiotic Inhibition of Bacterial Cell Surface Assembly and Function"Induction of β-lactamase in <u>Bacillus</u> spp. , from penicillin binding to penicillinase"

    J. Oliver Lampen, Nancy J. Nicholls, Anthony J. Salerno, Matthew J. Grossman, Ying Fang Zhu, and Tetsuo Kobayashi( 担当: 共著)

    American Society for Microbiology  1988年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  11. Genetics and Biotechnology of Bacilli."Regulation of β-lactamase synthesis in <u>Bacillus licheniformis</u>"

    J. O. Lampen, M. J. Grossman, Y. F. Zhu, T. Kobayashi, A. J. Salerno, N. J. Nicholls, and I. H. Curran( 担当: 共著)

    Academic Press, Inc.  1988年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

▼全件表示

講演・口頭発表等 294

  1. 糸状菌による糖質のランキング機構に関する遺伝子発現制御の視点からの考察 招待有り

    小林 哲夫

    第17回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月16日 - 2017年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:佐賀   国名:日本国  

  2. Aspergillus nidulans における cAMP 依存性プロテインキナーゼ PkaA を介したセルラーゼ生産抑制機構

    國武絵美,李 怡,金丸京子,木村 真,木村哲哉,小林哲夫

    第17回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月16日 - 2017年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:佐賀   国名:日本国  

  3. 糸状菌MADS boxタンパク質McmAの多様な機能

    國武 絵美、李 諾、玉城 彰悟、金丸 京子、木村 真、小林 哲夫

    日本農芸化学会2,017年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月18日 - 2017年3月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  4. Fusarium graminearumにおけるアミノ酸代謝のトリコテセン生産制御への影響

    中嶋 佑一、前田 一行、晋 叙、塩原 拓也、鬼頭 良幸、金丸 京子、小林 哲夫、西内 巧、木村 真

    日本農芸化学会2,017年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月18日 - 2017年3月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  5. タイプAトリコテセン生産菌の経路酵素遺伝子変異株の解析

    田中 佑弥、杉浦 涼介、田中 彰、前田 一行、松井 宏介、中嶋 佑一、金丸 京子、小林 哲夫、安藤 直子、木村 真

    日本農芸化学会2,017年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月18日 - 2017年3月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  6. 誘導物質依存的リン酸化による麹菌転写因子 XlnR の活性制御

    浅井恒滋,塩谷友佑,杉本賢吾,金丸京子,木村 真, 小林哲夫

    第16回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月17日 - 2016年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学宇治キャンパス   国名:日本国  

  7. Aspergillus nidulans のミトコンドリア機能調節と菌体内分布

    金丸京子,稲葉真由子,木村 眞,小林哲夫

    第16回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月17日 - 2016年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学宇治キャンパス   国名:日本国  

  8. ClrB-ManS regulatory mechanism for mannanase gene expression in Aspergillus nidulans

    Nuo Li,Emi Kunitake, Kyoko Kanamaru, Makoto Kimura, Tetsuo Kobayashi

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月27日 - 2016年3月30日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  9. 糸状菌多糖分解酵素生産におけるキメラ転写因子の利用技術開発

    山口楓絵、國武絵美、金丸京子、木村真、小林哲夫

    日本農芸化学会2016年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月27日 - 2016年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  10. Aspergillus属における多糖分解酵素先生制御メカニズムの解明を目指したポストゲノム研究 招待有り

    小林哲夫

    第15回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月19日 - 2015年11月20日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:府中   国名:日本国  

  11. 麹菌転写因子XlnRの誘導物質依存的リン酸化の生理学的意義

    浅井恒滋、杉本賢吾、石川周平、金丸京子、木村真、小林哲夫

    第15回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月19日 - 2015年11月20日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:府中   国名:日本国  

  12. 糸状菌多糖分解酵素生産におけるキメラ転写因子の利用技術開発

    山口楓絵、國武絵美、金丸京子、木村真、小林哲夫

    第15回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月19日 - 2015年11月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:府中   国名:日本国  

  13. Binding features of ManR and ManS involved in cellulase and mannanase regulation in Aspergillus nidulans

    Nuo Li, Emi Kunitake, Kyoko Kanamaru, Makoto Kimura, and Tetsuo Kobayashi

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月19日 - 2015年11月20日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. 糸状菌における新規カーボンカタボライト抑制機構の発見

    内田遼太、野原健弘、國武絵美、金丸京子、木村真、小林哲夫

    日本農芸化学会2015年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月27日 - 2015年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山大学   国名:日本国  

  15. Nuo Li, Emi Kunitake, Kyoko Kanamaru, Makoto Kimura, Tetsuo Kobayashi

    Nuo Li, Emi Kunitake, Kyoko Kanamaru, Makoto Kimura, Tetsuo Kobayashi

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月27日 - 2015年3月29日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. へミセルロースの分解・代謝を制御する糸状菌転写因子XlnR/AraRのDNA結合特性

    石川香南、金丸京子、木村真、小林哲夫

    日本農芸化学会2015年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月27日 - 2015年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山大学   国名:日本国  

  17. 糸状菌が細胞外に分泌するβ-マンナン分解に関与する新規タンパク質の解析

    金子優平、石原紗彩那、望月麻衣、山本竜也、前林正弘、大場正春、小林哲夫、志水元亨、加藤雅士

    第14回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月15日 - 2014年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学 川内北キャンパス   国名:日本国  

  18. Functional binding characteristics of ManR/ClrB to regulate cellulase and mannanase production in Aspergillus nidulans

    Nuo Li, Emi Kunitake, Kyoko Kanamaru, Makoto Kimura, Tetsuo Kobayashi

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月15日 - 2014年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. 分泌酵素生産に関与するAspergillus nidulans SunAの機能解析

    船山あずみ、金丸京子、木村真、小林哲夫

    第14回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月15日 - 2014年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学 川内北キャンパス   国名:日本国  

  20. Fusarium graminearumおよびFusarium sporotrichioidesにおける転写因子TRI6の機能互換性

    中嶋佑一、前田一行、金丸京子、小林哲夫、木村真

    第14回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月15日 - 2014年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学 川内北キャンパス   国名:日本国  

  21. Aspergillus nidulansセルラーゼ・ヘミセルラーゼの発現に関わるトランスポーターの解析

    國武絵美、金丸京子、木村真、小林哲夫

    第14回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月15日 - 2014年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学 川内北キャンパス   国名:日本国  

  22. Aspergillus oryzae転写因子XlnR/AraRによる転写制御機構の解析

    石川香奈、金丸京子、木村真、小林哲夫

    第14回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月15日 - 2014年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学 川内北キャンパス   国名:日本国  

  23. 糸状菌ミトコンドリアの機能へのヒスチジンキナーゼHysAの関与

    林早紀、小島憲介、金丸京子、木村真、小林哲夫

    第14回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月15日 - 2014年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学 川内北キャンパス   国名:日本国  

  24. 分泌酵素生産に関与する Aspergillus nidulans SunA の機能解析

    船山あずみ,金丸京子,木村 真,小林哲夫

    第14回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月15日 - 2014年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学 川内北キャンパス   国名:日本国  

  25. Aspergillus属糸状菌におけるセルラーゼ・ヘミセルラーゼ遺伝子群の発現制御 招待有り

    小林哲夫、李諾、國武絵美

    第28回セルラーゼ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月11日 - 2014年7月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  26. Aspergillus oryzae 転写因子XlnR/AraRのDNA結合をめぐる競合

    石川香南、金丸京子、木村真、小林哲夫

    日本農芸化学会2014年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月27日 - 2014年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:明治大学   国名:日本国  

  27. 糸状菌の環境センサー、HysAを介した活性酸素種(ROS)の発生制御

    林早紀、小島憲介、松井哲児、木村真、金丸京子、小林哲夫

    日本農芸化学会2014年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月27日 - 2014年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:明治大学   国名:日本国  

  28. 化合物アレイを用いたトリコジエンシンターゼ阻害剤の探索

    前田一行、中嶋佑一、河村達郎、近藤恭光、斉藤臣雄、本山高幸、長田裕之、金丸京 子、小林哲夫、木村真

    日本農芸化学会2014年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月27日 - 2014年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:明治大学   国名:日本国  

  29. Aspergillus nidulans 転写因子 ManSが制御する多糖分解酵素遺伝子の同定

    渡邉亜也子、金丸京子、木村真、小林哲夫

    日本農芸化学会2014年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月27日 - 2014年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:明治大学   国名:日本国  

  30. Regulation of cellulase genes through pH signaling pathway in Aspergillus nidulans 国際会議

    Emi KUNITAKE, Daisuke HAGIWARA, Kentaro MIYAMOTO, Kyoko KANAMARU, Makoto KIMURA, Tetsuo KOBAYASHI

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月23日 - 2014年3月27日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:スペイン  

  31. Regulation of cellulolytic and hemicellulolytic genes by McmA and ManR/ClrB in Aspergillus nidulans 国際会議

    Nuo Li, Emi Kunitake, Ayako Watanabe, Kyoko Kanamaru, Makoto Kimura, and Tetsuo Kobayashi

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月23日 - 2014年3月27日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:スペイン  

  32. キシラン誘導型転写因子AmyR::XlnRによるアミラーゼ生産

    金子優平、田中寿基、丸井淳一朗、志水元亨、小林哲夫、加藤雅士

    第13回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月20日 - 2013年11月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:つくば国際会議場   国名:日本国  

  33. Molecular basis that devides ManR-dependent and ManR/McmA-dependent genes in Aspergillus nidulans

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月20日 - 2013年11月21日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  34. xyrA及びlarA遺伝子のXlnRとAraRによる協調的発現制御

    石川香南、川瀬智美、野口佑司、金丸京子、木村真、小林哲夫

    第13回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月20日 - 2013年11月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:つくば国際会議場   国名:日本国  

  35. pH応答因子PacCによる糸状菌セルラーゼ遺伝子発現制御

    國武絵美、萩原大祐、宮本健太郎、金丸京子、木村真、小林哲夫

    第13回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月20日 - 2013年11月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:つくば国際会議場   国名:日本国  

  36. Aspergillus nidulans転写因子ManSの機能

    渡邉亜也子、青山未来、金丸京子、木村真、小林哲夫

    第13回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月20日 - 2013年11月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:つくば国際会議場   国名:日本国  

  37. トリコテセン生合成遺伝子の転写因子をコードするTri6の機能解析

    中嶋佑一、鬼頭良幸、前田一行、市川雛代、小林哲夫、木村真

    第13回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月20日 - 2013年11月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:つくば国際会議場   国名:日本国  

  38. 糸状菌セルラーゼの環境pH依存的発現誘導メカニズム

    國武絵美,萩原大祐,宮本健太郎,金丸京子,木村真,小林哲夫

    日本農芸化学会中部支部第168回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  39. 糸状菌Aspergillus nidulans におけるデンプン分解酵素遺伝子群の転写活性化因子AmyRの非誘導条件下での細胞質局在様式の解析

    角健太,牧田智裕,奥村裕紀,志水元亨,小林哲夫,加藤雅士

    日本農芸化学会中部支部第168回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  40. 糸状菌におけるバイオマス分解酵素遺伝子群の発現制御機構

    小林哲夫

    生物工学会中部支部2013年度支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  41. 糸状菌ヒスチジンキナーゼHysAによるROS発生への効果

    林 早紀、金丸 京子、吉岡 めぐみ、松井 哲児、加藤 雅士、小林 哲夫

    日本農芸化学会2013年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月24日 - 2013年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学   国名:日本国  

  42. Regulation of cellulolytic genes by interaction of transcription factors McmA and ManR in Aspergillus nidulans

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月24日 - 2013年3月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  43. バイオマス分解酵素遺伝子群の転写制御マシナリーの解明とその応用

    小林 哲夫

    日本農芸化学会2013年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月24日 - 2013年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東北大学   国名:日本国  

  44. 麹菌ペントース代謝経路の遺伝子破壊による検証と新規遺伝子による補完

    井上 泰宏、渥美 元規、金丸 京子、木村 真、小林 哲夫

    日本農芸化学会2013年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月24日 - 2013年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学   国名:日本国  

  45. Aspergillus nidulans 転写因子ManR ManS遺伝子によるマンナナーゼ生産制御

    渡邉 亜也子、青山 未来、小川 真弘、金丸 京子、木村 真、小山 泰二、小林 哲夫

    日本農芸化学会2013年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月24日 - 2013年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学   国名:日本国  

  46. 糸状菌Aspergillus nidulans における糖飢餓条件に応答したセルラーゼ遺伝子群発現制御メカニズムの解析

    浅井 雄一郎、小川 真弘、金丸 京子、木村 真、小山 泰二、小林 哲夫

    日本農芸化学会2013年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月24日 - 2013年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学   国名:日本国  

  47. 糸状菌Aspergillus nidulansにおけるセルラーゼ生産のpH依存的制御

    宮本 健太郎、青山 未来、金丸 京子、木村 真、小林 哲夫

    日本農芸化学会2013年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月24日 - 2013年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学   国名:日本国  

  48. トリコテセン産生制御物質の探索・評価および作用機構の解析

    市川 雛代、前田 一行、中嶋 佑一、斉藤 臣雄、長田 裕之、小林 哲夫、木村 真

    日本農芸化学会2013年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月24日 - 2013年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学   国名:日本国  

  49. 麹菌農薬センサーAoNikAとAoNikBは正反対のスイッチ機能を持つ

    金丸 京子、伊谷 優佳里、松井 哲児、加藤 雅士、小林 哲夫

    日本農芸化学会2013年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月24日 - 2013年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学   国名:日本国  

  50. Cooperative regulation of Aspergillus nidulans cellulase genes by transcription factors McmA and ManR/ClrB 国際会議

    Tetsuo Kobayashi, Nuo Li, Miki Aoyama, Yohei Yamakawa, Masahiro Ogawa, Yasuji Koyama

    27th Fungal Genetic Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月12日 - 2013年3月17日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  51. 分子生物学的手法を用いたトリコテセン産生制御物質の作用機構

    市川雛代,前田一行,中嶋祐一,斉藤臣雄,長田裕之,小林哲夫,木村真

    日本マイコトキシン学会 第72回学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  52. Aspergillus nidulansにおけるマンナナーゼ生産制御機構

    渡邉亜也子,青山未来,金丸京子,木村 真,小林哲夫

    第12回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月12日 - 2012年11月13日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  53. Co-regulation of A. nidulans cellulase genes by transcription factors McmA and ManR

    Nuo Li, Miki Aoyama, Kyoko Kanamaru, Makoto Kimura, Tetsuo Kobayashi

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月12日 - 2012年11月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  54. Co-regulation of A. nidulans cellulase genes by transcription factors McmA and ManR

    Nuo Li, Miki Aoyama, Kyoko Kanamaru, Makoto Kimura, Tetsuo Kobayashi

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月12日 - 2012年11月13日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  55. 環境pHによる糸状菌セルラーゼの生産制御

    宮本健太郎,青山未来,金丸京子,木村真,小林哲夫

    第12回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月12日 - 2012年11月13日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  56. タイプBトリコテセンの生合成とその生産制御

    前田一行,市川雛代,兵藤壮一郎,富永直樹,大里修一,鎌倉高志,米山 勝美,小林哲夫,吉田稔,木村真

    日本マイコトキシン学会 第71回学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月6日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:那覇市   国名:日本国  

  57. トリコテセン生合成制御物質の探索と作用機構

    市川雛代,前田一行,中嶋祐一, 斉藤臣雄,長田裕之,小林哲夫,木村真

    日本マイコトキシン学会 第71回学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月6日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:那覇市   国名:日本国  

  58. 糸状菌Aspergillus nidulansにおけるセルラーゼおよびマンナナーゼ生産制御機構

    青山未来,金丸京子,小林哲夫

    日本農芸化学会2012年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月23日 - 2012年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都女子大学   国名:日本国  

  59. Aspergillus nidulans における酸化ストレス応答機構の解析

    佐古知美、山崎ゆかり、金丸京子、加藤雅士、小林哲夫

    日本農芸化学会2012年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月23日 - 2012年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都女子大学   国名:日本国  

  60. 糖新生制御因子AcuM、AcuKの新機能に関する解析

    浅井雄一郎、金丸京子、小林哲夫

    日本農芸化学会2012年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月23日 - 2012年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都女子大学   国名:日本国  

  61. Aspergillus oryzaeにおけるペントース代謝

    渥美元規、井上泰宏、金丸京子、小林哲夫

    日本農芸化学会2012年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月23日 - 2012年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都女子大学   国名:日本国  

  62. Aspergillus oryzaeの転写因子AraRの結合配列の決定

    川瀬智美、今枝美奈、加藤雅士、金丸京子、小林哲夫

    日本農芸化学会2012年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月23日 - 2012年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都女子大学   国名:日本国  

  63. Aspergillus nidulans AmyR の誘導物質依存的なリン酸化と分解

    森本翔太、大崎陽央、金丸京子、加藤雅士、小林哲夫

    日本農芸化学会2012年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月23日 - 2012年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都女子大学   国名:日本国  

  64. Involvement of the MADS box protein McmA in regulation of cellulase genes in filamentous fungi

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月23日 - 2012年3月25日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  65. 糸状菌 Aspergillus nidulans のヒスチジンキナーゼ PhkA, PhkB の機能解析

    佐古知美,山崎ゆかり,金丸京子,加藤雅士,小林哲夫

    第11回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月16日 - 2011年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  66. Aspergillus nidulans AmyR の誘導物質依存的な分解に関する解析

    大崎陽央,森本翔太,金丸京子,加藤雅士,小林哲夫

    第11回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月16日 - 2011年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  67. 麹菌転写因子 XlnR の誘導物質依存的リン酸化とその生理学的意義

    石川周平,野口祐司,金丸京子,加藤雅士,小林哲夫

    第11回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月16日 - 2011年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  68. 麹菌転写因子 XlnR の誘導物質依存的リン酸化とその生理学的意義

    石川周平,野口祐司,金丸京子,加藤雅士,小林哲夫

    第11回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月16日 - 2011年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  69. 糸状菌におけるセルラーゼ生産制御機構

    青山未来,金丸京子,小林哲夫

    第11回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月16日 - 2011年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  70. Regulation of hemicellulase and cellulase production in Aspergillus oryzae 国際会議

    Tetsuo Kobayashi

    International Union of Microbiological Societies 2011 Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月6日 - 2011年9月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  71. Aspergillus nidulans におけるセルラーゼ遺伝子の発現制御機構

    山川陽平、遠藤良知、金丸京子、加藤雅士、小林哲夫

    第10回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月18日 - 2010年11月19日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島大学   国名:日本国  

  72. Aspergillus nidulans におけるセルラーゼ遺伝子の発現制御機構

    山川陽平、遠藤良知、金丸京子、加藤雅士、小林哲夫

    第10回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月18日 - 2010年11月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島大学   国名:日本国  

  73. His-Asp リン酸リレー情報伝達系阻害剤のリン酸基転移に与える影響

    野田真奈美、小暮篤史、藤岡智則、金丸京子、加藤雅士、小林哲夫

    第10回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月18日 - 2010年11月19日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島大学   国名:日本国  

  74. Pentose catabolism and its regulation in Aspergillus oryzae 国際会議

    9th International Mycological Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月5日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  75. Transcriptional regulation of genes involved in hemicellulose and cellulose utilization in Aspergillus oryzae 国際会議

    Special Interest Group Meeting at 9th International Mycological Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月1日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  76. 麹菌マンナン加水分解酵素群転写制御因子はセルラーゼ遺伝子群も制御する

    小川 真弘、高橋 理、町田 雅之、小林 哲夫、小山 泰二

    日本農芸化学会2010年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  77. 糸状菌における鉄ホメオスタシス機構:転写抑制因子HapXと鉄関連遺伝子プロモーターとの相互作用

    有川 尚志、安藤 栄里子、杉山 純也、金丸 京子、小林 哲夫、加藤 雅士

    日本農芸化学会2010年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  78. 麹菌 Aspergillus oryzae の His-Asp リン酸リレー情報伝達因子の発現プロファイル

    松井 哲児、金丸 京子、加藤 雅士、小林 哲夫

    日本農芸化学会2010年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  79. 麹菌におけるペントース代謝系酵素の同定とその機能解析

    渥美 元規、野口 祐司、金丸 京子、加藤 雅士、小林 哲夫

    日本農芸化学会2010年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  80. カビと昆虫の共生関係:キクイムシに栽培される微生物群のDGGE法による解析

    鈴木 啓仁、梶村 恒、渡辺 健史、浅川 晋、北本 則行、金丸 京子、小林 哲夫、加藤 雅士

    日本農芸化学会2010年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  81. 麹菌におけるペントース代謝

    渥美元規、野口祐二、金丸京子、加藤雅士、小林哲夫

    第9回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  82. 糸状菌と昆虫の共生系:キクイムシに栽培される微生物群の解析

    鈴木啓仁、梶村恒、北本則之、小林哲夫、加藤雅士

    第9回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  83. 糸状菌CCAAT結合因子の存在量は栄養状態に応答する

    伊奈 慎太郎、高橋 明珠、小林 哲夫、加藤 雅士

    日本農芸化学会2009年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  84. 糸状菌転写因子HapXによる転写抑制機構

    安藤 栄里子、杉山 純也、小林 哲夫、加藤 雅士

    日本農芸化学会2009年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  85. 糸状菌における新規ヒスチジンキナーゼ HysA の機能解析

    松井 哲児、金丸 京子、加藤 雅士、小林 哲夫

    日本農芸化学会2009年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  86. 麹菌マンナナーゼ転写制御因子manR のスクリーニングと機能解析

    小川 真弘、戸田 智美、徳岡 昌文、高橋 理、小林 哲夫、町田 雅之、小山 泰二

    日本農芸化学会2009年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  87. DNAマイクロアレイによるAoXlnR2制御下遺伝子の網羅的同定

    金田貴詳、小川真弘、野口祐司、金丸京子、加藤雅士、小山泰二、小林哲夫

    第8回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  88. Aspergillus nidulansにおけるチトクロムc遺伝子の転写制御機構

    安藤栄里子、杉山純也、小林哲夫、加藤雅士

    第8回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  89. His to Asp phosphorelay system in filamentous fungi 国際会議

    4th Japan-Finland Biotechnology Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月2日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  90. 糸状菌転写因子AoXlnRの翻訳後修飾

    野口祐司、金丸京子、加藤雅士、小林哲夫

    第60回日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  91. DNAのビーズディスプレイ法を用いたDNA-転写因子間相互作用検出法

    兒島孝明、橋本陽子、加藤雅士、小林哲夫、中野秀雄

    第60回日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  92. 糸状菌Aspergillus nidulansのHis-Aspリン酸リレーネットワークの全体像: in vitroリン酸転移系による解析を中心として

    加藤 雅士、金丸 京子、小林 哲夫

    日本農芸化学会2008年度大会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  93. Aspergillus oryzaeのキシリトール代謝関連遺伝子破壊株によるキシリトール生産

    服部 興二、牛田 敬子、中村 浩平、北本 則行、小林 哲夫、鈴木 徹、高見澤 一裕

    日本農芸化学会2008年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  94. 糸状菌Aspergillus nidulansにおける低酸素誘導性ヒスチジンキナーゼを介した情報伝達機構

    金丸 京子、松井 哲児、加藤 雅士、小林 哲夫

    日本農芸化学会2008年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  95. Aspergillus nidulansにおける低酸素誘導性ヒスチジンキナーゼHK8-2の機能解析

    松井 哲児、金丸 京子、加藤 雅士、小林 哲夫

    日本農芸化学会2008年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  96. Aspergillus nidulans ヒスチジンキナーゼ NikA とストレス応答

    鈴木 麻子、金丸 京子、松林 良博、高見 絵里香、萩原 大祐、水野 猛、加藤 雅士、小林 哲夫

    日本農芸化学会2008年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  97. 糸状菌が生産するジテルペン化合物の生合成に関する研究

    南 篤志、田島 直人、橋元 誠、加藤 雅士、小林 哲夫、豊増 知伸、佐々 武史、加藤 修雄、大利 徹

    日本農芸化学会2008年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  98. GFP をレポーターとした糸状菌 CCAAT 結合因子サブユニット遺伝子の発現解析

    伊奈 慎太郎、鈴木 麻子、小林 哲夫、加藤 雅士

    日本農芸化学会2008年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  99. Aspergillus oryzaeのAoXlnR類似転写因子はアラビノース代謝を制御する

    金田 貴詳、小川 真弘、海附 玄龍、野口 祐司、金丸 京子、加藤 雅士、小山 泰二、小林 哲夫

    日本農芸化学会2008年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  100. 麹菌転写因子XlnRの誘導物質依存的な修飾機構

    野口 祐司、金丸 京子、加藤 雅士、小林 哲夫

    日本農芸化学会2008年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  101. 糸状菌CCAAT-box 結合因子による転写制御ネットワーク:リボソーマルタンパク質の転写抑制機構

    高橋 明珠、佐野 元昭1、小林 哲夫、加藤 雅士

    日本農芸化学会2008年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  102. 糸状菌CCAAT結合因子サブユニットの発現・局在性プロファイル

    伊奈慎太郎、小林哲夫、加藤雅士

    第7回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  103. Aspergillus oryzaeにおけるAoXlnR類似転写因子の機能同定

    金田貴詳、海附玄龍、野口祐司、金丸京子、加藤雅士、小山泰二、小林哲夫

    第7回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  104. Aspergillus nidulansヒスチジンキナーゼNikAの機能解析

    鈴木麻子、金丸京子、松林良博、高見絵里香、萩原大祐、水野猛、加藤雅士、小林哲夫

    第7回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  105. 糸状菌CCAAT-box結合因子によるリボソームタンパク質遺伝子の発現抑制機構

    高橋明珠、佐野元昭、小林哲夫、加藤雅士

    第7回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  106. Trichoderma reesei由来Xylanase regulator 1 (Xyr1)の結合配列の解析

    古川隆紀、志田洋介、小笠原渉、岡田宏文、加藤雅士、小林哲夫、森川康

    第7回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  107. 糸状菌Aspergillus nidulansヒスチジンキナーゼの機能解析

    金丸京子、松井哲児、鈴木麻子、山崎ゆかり、加藤雅士、小林哲夫

    第7回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  108. Direct xylitol conversion from xylan in Aspergillus oryzae

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  109. 麹菌転写活性化因子AoXlnR支配下にある多糖分解酵素遺伝子群の網羅的解析

    野口祐司、佐野元昭、神太郎、竹内道雄、加藤雅士、小林哲夫

    日本農芸化学会2007年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  110. 糸状菌Aspergillus nidulansの農薬応答におけるHis-Aspリン酸リレー系の解析

    萩原大祐、松林良博、金丸京子、加藤雅士、阿部敬悦、小林哲夫、水野猛

    日本農芸化学会2007年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  111. 糸状菌Aspergillus nidulansにおける多様な酸化ストレス応答機構の解析

    浅野祐広、萩原大祐、金丸京子、加藤雅士、小林哲夫、水野猛

    日本農芸化学会2007年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  112. Aspergillus nidulansのヒスチジンキナーゼPhkA、PhkBの生理的役割

    山崎ゆかり、金丸京子、丸井淳一朗、加藤雅士、小林哲夫

    日本農芸化学会2007年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  113. 糸状菌Aspergillus nidulansにおけるHis-Aspリン酸リレー情報伝達系のin vitro解析:Hptからレスポンスレギュレーターへの転移反応を中心にして

    東信宏、金丸京子、山篠貴史、水野猛、加藤雅士、小林哲夫

    日本農芸化学会2007年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  114. 糸状菌Aspergillus nidulansにおけるHis-Aspリン酸リレー情報伝達因子の解析

    金丸京子、加藤雅士、小林哲夫

    日本農芸化学会2007年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  115. Aspergillus nidulansヒスチジンキナーゼの発現部位解析

    鈴木麻子、東信宏、金丸京子、加藤雅士、小林哲夫

    日本農芸化学会2007年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  116. 糸状菌MADS box protein McmAの生理機能解析

    吉澤真、遠藤良知、金丸京子、加藤雅士、小林哲夫

    日本農芸化学会2007年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  117. 麹菌CCAAT-box結合因子によるリボソーマルタンパク質遺伝子の発現抑制

    高橋明珠、杉山純也、佐野元昭、小林哲夫、加藤雅士

    日本農芸化学会2007年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  118. 麹菌 CCAAT-box 結合因子によって制御される遺伝子の網羅的解析

    高橋明珠,杉山純也,合田秀矢,佐野元昭,小林哲夫,加藤雅士

    第6回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  119. 糸状菌 Aspergillus nidulans における多様な酸化ストレス応答機構の解析

    淺野祐広,萩原大祐,金丸京子,加藤雅士,小林哲夫,水野猛

    第6回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  120. Aspergillus nidulans レスポンスレギュレーター SskA,SrrA の時間的発現変動と農薬感受性との関連

    松林良博,金丸京子,萩原大祐,丸井淳一郎,水野猛,加藤雅士,小林哲夫

    第6回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  121. Aspergillus nidulans Histidine Kinase の部位特異的発現

    鈴木麻子,金丸京子,加藤雅士,小林哲夫

    第6回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  122. Aspergillus oryzae転写因子 AoXlnR 支配下にある多糖分解酵素遺伝子群の同定

    野口祐司,佐野元昭,加藤雅士,小林哲夫

    第6回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月13日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  123. Aspergillus nidulans における His-Asp 情報伝達系タンパク質の網羅的解析

    金丸京子,松林良博,東信宏,鈴木麻子,加藤雅士,小林哲夫

    第6回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  124. 糸状菌 Aspergillus nidulans の農薬応答における His-Asp リン酸リレー系の解析

    萩原大祐,松林良博,金丸京子,加藤雅士,阿部敬悦,小林哲夫,水野猛

    第6回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  125. In vitro リン酸リレー系を用いた Aspergillus nidulans His-Asp リン酸リレーネットワークの解析

    東信宏,金丸京子,松鹿昭則,山篠貴史,水野猛,加藤雅士,小林哲夫

    第6回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月13日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  126. 糸状菌Aspergillus nidulansにおけるHis-Asp リン酸リレーネットワークのin vitro解析

    東信宏、金丸京子、松鹿昭則、山篠貴史、水野猛、加藤雅士、小林哲夫

    日本農芸化学会中部支部代147回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  127. 麹菌が有する植物性バイオマス分解酵素遺伝子群の発現制御解析

    野口祐司,佐野元昭,加藤雅士,小林哲夫

    日本農芸化学会中部支部代147回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  128. マイクロビーズ上での分子ディスプレイ法を用いたDNA-転写因子複合体検出法

    橋本 陽子、兒島 孝明、加藤 雅士、小林 哲夫、中野 秀雄

    日本農芸化学会中部支部代147回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  129. Mechanical diversity in gene regulation by fungal transcription factors 国際会議

    2006 Korea-Japan Fungal Genetics and Biology COnference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月5日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  130. Transcriptional regulation by AoXlnR, a transcriptional activator of xylanase and cellulose genes in Aspergillus oryzae 国際会議

    2006 Korea-Japan Fungal Genetics and Biology Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月4日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  131. Regulation of amylolytic, xylanolytic and cellulolytic genes in filamentous fungi 国際会議

    3rd Japan-Finland Biotechnology Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:フィンランド共和国  

  132. Biochemical evidence for the presence of a His-Aspphosphorelay in filamentous fungi 国際会議

    8th European Conference on Fungal Genetics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年4月9日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  133. MCMA, a transcriptional regulator from a MADS – box familyparticipates in regulation of arginine catabolism in Aspergillus nidulans 国際会議

    8th European Conference on Fungal Genetics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年4月9日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  134. 糸状菌Aspergillus nidulansにおけるレスポンスレギュレーターの機能解析

    萩原 大祐、浅野 祐広、金丸 京子、加藤 雅士、小林 哲夫、山篠 貴史、水野 猛

    日本農芸化学会2006年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  135. 優性阻害型変異サブユニットを利用した麹菌CCAAT結合因子により制御される遺伝子群の網羅的解析

    高橋 明珠、杉山 純也、合田 秀矢、小林 哲夫、加藤 雅士

    日本農芸化学会2006年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  136. 麹菌キシラナーゼ・セルラーゼ転写活性化因子 AoXlnR の転写制御機構

    野口 祐司、田中 寿基、加藤 雅士、小林 哲夫

    日本農芸化学会2006年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  137. Aspergillus nidulansヒスチジンキナーゼNikAの生理機能解析

    松林 良博、丸井 淳一郎、加藤 雅士、小林 哲夫

    日本農芸化学会2006年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  138. 糸状菌転写活性化因子 AmyR における誘導物質依存的リン酸化の生理学的意義

    中村 貴、牧田 智裕、宮地 いつき、加藤 雅士、小林 哲夫

    日本農芸化学会2006年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  139. 糸状菌Aspergillus nidulansにおける His-Asp リン酸リレー情報伝達系のin vitro解析

    東 信宏、金丸 京子、松鹿 昭則、山篠 貴史、水野 猛、加藤 雅士、小林 哲夫

    日本農芸化学会2006年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  140. フローサイトメトリーを用いた転写因子AmyR-DNA複合体の検出法

    橋本 陽子、児島 孝明、加藤 雅士、小林 哲夫、中野 秀雄

    日本農芸化学会2006年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  141. 麹菌 CCAAT 結合因子により制御される遺伝子の網羅的解析:優勢阻害型変異サブユニット遺伝子を用いた検索系の開発

    杉山 純也, 高橋 明珠, 合田 秀也, 小林 哲夫, 加藤 雅士

    日本生物工学会平成17年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  142. 麹菌CCAAT結合因子優勢阻害型変異サブユニットの解析:制御される遺伝子群の網羅的解析への利用

    杉山純也,高橋明珠,合田秀矢,小林哲夫,加藤雅士

    第5回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  143. 糸状菌Aspergillus nidulansにおけるレスポンスレギュレーターの解析

    萩原大祐,丸井淳一朗,加藤雅士,小林哲夫,水野 猛

    第5回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  144. 糸状菌A. nidulansアミラーゼ遺伝子群の発現プロファイリング

    中村 貴,牧田智裕,加藤雅士,小林哲夫

    第5回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  145. 麹菌キシラナーゼ・セルラーゼ誘導因子AoXlnRの転写制御機構

    野口祐司,田中寿基,加藤雅士,小林哲夫

    第5回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  146. Aspergillus nidulansヒスチジンキナーゼ遺伝子nikA,phkA,phkBの機能解析

    松林良博,山崎ゆかり,丸井淳一朗,加藤雅士,小林哲夫

    第5回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  147. 糸状菌CCAAT結合因子の核局在化機構

    合田秀矢、長瀬崇、小林哲夫、加藤雅士

    日本農芸化学会2005年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  148. ラパマイシンを用いたアフラトキシン生産調節機構の解析

    近藤竜彦、多田倫子、牧田智裕、加藤雅士、小林哲夫、坂神洋次

    日本農芸化学会2005年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  149. 糸状菌転写活性化因子AmyRの誘導的核局在化機構とリン酸化による分解制御

    牧田智裕、坂口孝、中村貴、加藤雅士、小林哲夫

    日本農芸化学会2005年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  150. 糸状菌 CCAAT-box 結合因子の品質管理機構

    中村麻里子、合田秀矢、伊東達雄、小林哲夫、加藤雅士

    日本農芸化学会2005年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  151. 糸状菌におけるソルビトール資化遺伝子クラスターの同定

    上村由香里、遠藤良知、加藤雅士、小林哲夫

    日本農芸化学会2005年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  152. 糸状菌に普遍的なレスポンスレギュレーターSrrA の機能解析

    萩原大祐、丸井淳一朗、加藤雅士、小林哲夫、山篠貴史、水野猛

    日本農芸化学会2005年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  153. 糸状菌におけるHis-Asp phosphorelay の機能解析

    鈴木沙也香、丸井淳一朗、松林良博、東信宏、古川健太郎、萩原大祐、阿部敬悦、水野猛、加藤雅士、小林哲夫

    日本農芸化学会2005年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  154. 糸状菌アミラーゼ遺伝子群の発現プロファイル解析

    中村貴、牧田智裕、加藤雅士、小林哲夫

    日本農芸化学会2005年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  155. 誘導的核局在化を制御するAspergillus nidulans AmyRの構造変化

    伊東達雄、加藤雅士、小林哲夫

    日本農芸化学会2005年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  156. Inducer-dependent nuclear localization of a Zn(II)2Cys6 transcriptional activator, AmyR 国際会議

    23rd Fungal Genetics Conference at Asilomar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  157. In vitro analysis on the assembly mechanisms of the Aspergillus CCAAT-box binding factor 国際会議

    23rd Fungal Genetics Conference at Asilomar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月17日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  158. Characterization of Aspergillus oryzae genome structure 国際会議

    23rd Fungal Genetics Conference at Asilomar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月16日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  159. 糸状菌におけるアミラーゼ遺伝子群発現誘導の分子メカニズム

    小林哲夫

    第169回 酵母細胞研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    "キリンビール(株)横浜工場レセプションホール, 横浜"

  160. 糸状菌ハイブリッド型 histidine kinase の機能解析

    鈴木沙也香,丸井淳一朗,松林良博,東信宏,古川健太郎,萩原大祐,阿部敬悦,水野猛,加藤雅士,小林哲夫

    第4回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月5日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  161. 糸状菌転写活性化因子 AmyR の誘導的核局在化機構

    牧田智裕,加藤雅士,小林哲夫

    第4回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  162. 優性阻害変異 HapB サブユニットを用いた Hap 複合体依存遺伝子の発現抑制

    合田秀矢,杉山純也,小林哲夫,加藤雅士

    第4回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月5日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  163. Aspergillus 属 Hap 複合体アセンブリ機構の in vitro解析

    中村麻里子,合田秀矢,伊東達雄,小林哲夫,加藤雅士

    第4回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月5日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  164. Aspergillus nidulans AmyR のシグナル応答領域に関する解析

    坂口孝,牧田智裕,加藤雅士,小林哲夫

    第4回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月4日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  165. 誘導シグナルに応答した Aspergillus nidulans AmyR の構造変化

    伊東達雄,加藤雅士,小林哲夫

    第4回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月4日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  166. 麹菌 Aspergillus oryzae のゲノムとその特徴の解析

    町田 雅之, 佐野 元昭, 寺林 靖宜, 浅井 潔, 熊谷 俊高, 寺井 悟朗, 金 大真, 有田 正規, 田中 敏広, 菊池 久, 秋田 修, 阿部 敬悦, 柏木 豊, 北本 勝ひこ, 小林 哲夫, 五味 勝也, 竹内 道雄, 堀内 裕之, 穴澤 秀治, 小出 芳直, 小森 隆, 小山 泰二, 田中 昭光, 秦 洋二, 峰時 俊貴, 小笠原 直毅, 久原 哲

    日本生物工学会平成16年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  167. 糸状菌アミラーゼ遺伝子群の転写活性化因子AmyRのDNA結合特性

    伊東 達雄, 谷 修治, 伊藤 智之, 塚越 規弘, 加藤 雅士, 小林 哲夫

    日本生物工学会平成16年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  168. 抑制物質グルコースによるアミラーゼの発現誘導

    村越 有里子, 牧田 智裕, 加藤 雅士, 小林 哲夫

    日本生物工学会平成16年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  169. GENOME SEQUENCING OF ASPERGILLUS ORYZAE 国際会議

    7th European Conference on Fungal Genetics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年4月17日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  170. 転写因子XlnRによる糸状菌キシラナーゼ遺伝子群の転写制御機構:AmyR::XlnRキメラ転写因子を用いたXlnRの機能ドメイン解析

    田中寿基,丸井淳一朗,塚越規弘,加藤雅士,小林哲夫

    日本農芸化学会2004年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  171. AmyRのグルコースによる核移行誘発とアミラーゼ遺伝子の転写誘導

    村越有里子,牧田智裕,加藤雅士,塚越規弘,小林哲夫

    日本農芸化学会2004年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  172. Mcm1p結合配列によるAspergillus nidulans eglAの発現制御

    遠藤良知,加藤雅士,塚越規弘,小林哲夫

    日本農芸化学会2004年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  173. Aspergillus属アミラーゼ誘導因子AmyRのシグナル応答領域に関する解析

    坂口孝,牧田智裕,加藤雅士,塚越規弘,小林哲夫

    日本農芸化学会2004年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  174. 糸状菌CCAAT配列結合因子HAP複合体は複合体形成に依存して核移行する

    合田秀矢,田上新次郎,小林哲夫,塚越規弘,加藤雅士

    日本農芸化学会2004年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  175. 麹菌ゲノム解析

    "佐野元昭,田中敏広,五十嵐理恵,澤野寿彦,熊谷俊高,楠本憲一,有馬寿英,秋田修,阿部敬悦,柏木豊,北本勝ひこ,小林哲夫,五味勝也,竹内道雄,堀内裕之,穴澤秀治,小出芳直,小森隆,小山泰二,田中昭光,秦洋二,峰時俊貴,Jiujiang Yu,小笠原直毅,久原哲,菊池久,浅井潔,町田雅之"

    第3回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  176. 麹菌ゲノムの遺伝子予測

    "熊谷俊高,佐野元昭,田中敏広,五十嵐理恵,澤野寿彦,楠本憲一,有馬寿英,秋田修,阿部敬悦,柏木豊,北本勝ひこ,小林哲夫,五味勝也,竹内道雄,堀内裕之,穴澤秀治,小出芳直,小森隆,小山泰二,田中昭光,秦洋二,峰時俊貴,Jiujiang Yu,小笠原直毅,久原哲,菊池久,町田雅之,浅井潔"

    第3回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  177. 麹菌キシラナーゼ遺伝子特異的発現制御因子XlnRの機能ドメイン解析

    "田中寿基,丸井淳一朗,塚越規弘,加藤雅士,小林哲夫"

    第3回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月6日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  178. グルコースによるAmyR核局在化の誘発とアミラーゼ誘導

    "村越有里子,牧田智裕,加藤雅士,塚越規弘,小林哲夫"

    第3回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月6日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  179. CCAAT配列結合因子HAP複合体の核内移行に関する研究

    "合田秀矢,田上新次郎,小林哲夫,塚越規弘,加藤雅士"

    第3回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  180. Aspergillus nidulans eglA発現誘導へのMCM1p結合配列の関与

    "遠藤良知,加藤雅士,塚越規弘,小林哲夫"

    第3回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月6日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  181. 誘導シグナルに応答したAmyRの核局在化

    "牧田智裕,加藤雅士,塚越規弘,小林哲夫"

    第3回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月6日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  182. 糸状菌CCAAT-box結合複合体と相互作用する因子HapXの機能解析

    "長瀬崇,田中昭光,小林哲夫,塚越規弘,加藤雅士"

    第3回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月6日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  183. キメラ転写因子を用いた麹菌キシラナーゼ誘導因子XlnRの機能ドメイン解析

    "田中寿基,丸井淳一朗,塚越規弘,加藤雅士,小林哲夫"

    日本農芸化学会2003年度関西・中部支部合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  184. 糸状菌転写因子AmyRの核局在化機構-少糖類による核局在化の誘発-

    "村越有里子,牧田智裕,加藤雅士,塚越規弘,小林哲夫"

    日本農芸化学会2003年度関西・中部支部合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  185. Aspergillus nidulans AmyRの核移行に関する解析

    "牧田智裕,北川秀,赤坂祐樹,谷修治,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会2003年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年4月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  186. 麹菌CCAAT結合因子の機能ドメイン解析及び核局在化機構の解析

    "田上新次郎,合田秀矢,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会2003年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年4月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  187. 糸状菌Aspergillus nidulansセルラーゼ遺伝子の発現制御配列

    "遠藤良知,森本宗徳,小島美沙子,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会2003年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年4月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  188. 麹菌転写因子XlnRの機能解析とその標的遺伝子発現の上方制御

    "丸井淳一朗,北本則行,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会2003年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年4月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  189. Genome sequencing of Aspergillus oryzae 国際会議

    The 22nd Fungal Genetics Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  190. Upregulation of promoter activity of the Taka-Amylase A gene 国際会議

    The 22nd Fungal Genetics Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  191. Functional analysis of Aspergillus oryzae XlnR and upregulation of its target gene expression 国際会議

    The 22nd Fungal Genetics Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  192. Aspergillus nidulans AmyRの局在性に関する解析

    "北川秀,赤坂祐樹,牧田智裕,加藤直樹,谷修治,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    第2回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  193. 糸状菌アミラーゼ遺伝子群の転写誘導因子AmyRの機能解析

    "村越有里子,加藤直樹,牧田智裕,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    第2回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  194. 麹菌CCAAT結合複合体の分子解剖

    "田上新次郎,合田秀矢,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    第2回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  195. 麹菌キシラナーゼ・セルラーゼのセルロース誘導への転写活性化因子AoXlnRの関与

    "丸井淳一朗,北本則行,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    第2回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  196. "Hap複合体と相互作用する因子,AnHapX,の解析"

    "長瀬崇,田中昭光,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    第2回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  197. 糸状菌Aspergillus nidulansセルラーゼ遺伝子の転写誘導配列の同定

    "森本宗徳,小島美沙子,遠藤良知,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    第2回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月11日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  198. "Development of a novel artificial promoter, improvement of the promoter activity of the Taka-amylase gene" 国際会議

    9th International Symposium on the Genetics of Industrial Microorganisms 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月3日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  199. Characterization of functional domains in Aspergillus oryzae Hap subunits 国際会議

    9th International Symposium on the Genetics of Industrial Microorganisms 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月2日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  200. "Characterization of AmyR, a transcriptional activator for amylase genes in Aspergillus" 国際会議

    9th International Symposium on the Genetics of Industrial Microorganisms 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月2日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  201. 糸状菌アミラーゼ遺伝子の転写誘導機構

    小林哲夫

    糸状菌遺伝子研究会第23回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年6月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    "北とぴあ, 東京"

  202. "Functional analysis of the xylanolytic and cellulolytic transcriptional activator, AoXlnR, in Aspergillus oryzae" 国際会議

    6th European Conference on Fungal Genetics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年4月8日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  203. Isomaltose formed by alpha-glucosidases triggers amylase induction in Aspergillus nidulans 国際会議

    6th European Conference on Fungal Genetics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年4月7日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  204. Aspergillus nidulansアミラーゼ高生産変異の原因遺伝子sunAの構造

    "赤坂 祐樹,佐藤 綾子,勝山 陽子,加藤 直樹,加藤 雅士,小林 哲夫,塚越 規弘"

    日本農芸化学会2002年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  205. 生薬に由来する骨芽細胞分化促進因子の分離

    "青島 幸弘,長谷川 芳則,長谷川 将,長坂 敦,木村 知文,加藤 雅士,小林 哲夫,塚越 規弘"

    日本農芸化学会2002年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  206. 麹菌Hap複合体サブユニットの機能解析

    "田上 新次郎,亀井 健一,加藤 雅士,小林 哲夫,塚越 規弘"

    日本農芸化学会2002年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  207. タカアミラーゼAプロモーターを利用した高効率人工プロモーターの開発

    "鈴木 哉子,小出 芳直,加藤 雅士,小林 哲夫,塚越 規弘"

    日本農芸化学会2002年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  208. 糸状菌α-グルコシダーゼのアミラーゼ発現誘導への関与

    "加藤 直樹,村越 有里子,加藤 雅士,小林 哲夫,塚越 規弘"

    日本農芸化学会2002年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  209. 麹菌転写因子 AoXlnR によるキシラナーゼ・セルラーゼ誘導発現

    "丸井 淳一朗,北本 則行,加藤 雅士,小林 哲夫,塚越 規弘"

    日本農芸化学会2002年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  210. 糸状菌 Aspergillus nidulans セルラーゼ遺伝子の転写制御配列

    "森本 宗徳,小島 美沙子,加藤 雅士,小林 哲夫,塚越 規弘"

    日本農芸化学会2002年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  211. 糸状菌ビリルビンオキシダーゼのタンパク工学的耐熱化

    "坂野 弘一,加藤 雅士,小林 哲夫,塚越 規弘"

    日本農芸化学会2002年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  212. 麹菌キシラン・セルロース分解酵素に特異的な転写因子AoXlnRの機能解析

    "丸井淳一朗,北本則行,田中昭光,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    第1回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年11月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  213. 麹菌CCAAT結合複合体の分子解剖

    "田上新次郎,亀井健一,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    第1回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年11月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  214. Aspergillus nidulansα-グルコシダーゼのアミラーゼ誘導発現への関与

    "加藤直樹,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    第1回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年11月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  215. Aspergillus nidulansアミラーゼ高生産変異株の解析

    "赤坂祐樹,佐藤綾子,勝山陽子,加藤直樹,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    第1回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年11月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  216. 糸状菌Aspergillus nidulans eglA遺伝子のプロモーター解析

    "小島美紗子,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    第1回糸状菌分子生物学コンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年11月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  217. Aspergillus nidulansアミラーゼ高生産変異株AHP1102の変異遺伝子の同定

    "赤坂祐樹,佐藤綾子,勝山陽子,加藤直樹,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会中部支部第133回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年9月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  218. 麹菌Hap複合体サブユニットの分子解析

    "田上新次郎,亀井健一,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会中部支部第133回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年9月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  219. 麹菌転写因子AoXlnRによるキシラナーゼ遺伝子転写活性化機構

    "丸井淳一朗,北本則行,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会中部支部第133回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年9月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  220. Hap複合体とAmyRによるAspergllus nidulans α-グルコシダーゼ遺伝子の転写制御

    "伊藤智之,谷修治,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会中部支部第133回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年9月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  221. 糸状菌アスコルビン酸オキシダーゼの改変

    "杉野将尉,梶田幸子,加藤雅士,白井剛,高橋守,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会2001年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  222. Aspergillus nidulans AmyR のドメイン解析

    "鈴木勇人,勝山陽子,谷修治,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会2001年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  223. 麹菌キシラナーゼ発現誘導因子AoXlnRの機能解析

    "丸井淳一朗,田中昭光,北本則行,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会2001年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  224. "麹菌CCAAT結合複合サブユニット AoHapB, AoHapC, AoHapE のドメイン解析"

    "亀井健一,大西亮子,田上新次郎,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会2001年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  225. Aspergillus oryzae CCAAT 結合複合体AoCPと相互作用する因子の検索

    "田中昭光,加藤雅士,高木広明,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会2001年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  226. 糸状菌アミラーゼ発現誘導に関わるイソマルトース合成酵素の単離

    "加藤直樹,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会2001年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  227. 糸状菌 Aspergillus nidulans eglA 遺伝子のプロモーター解析

    "小島美沙子,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会2001年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  228. In vivo analysis of a regulatory factor in Aspergillus nidulans

    "ラオウマ,三村聡,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会2001年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  229. Aspergillus nidulans rAmyR の結合特性

    "谷修治,伊藤智之,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会2001年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  230. "A short N-terminal region adjacent to the central core region of AoHapC, a subunit of the Aspergillus oryzae CCAAT binding complex, is necessary for enhancement of gene expression" 国際会議

    21th Fungal Genetics Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月13日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  231. Functional domains and binding properties of Aspergillus nidulans AmyR 国際会議

    21th Fungal Genetics Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月13日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  232. "N terminal region of AoHAPC, a subunit of the Aspergillus oryzae CCAAT binding complex, is necessary to enhancement of gene expression" 国際会議

    "International Symposium on Molecular Biology of Filamentous Fungi, Aspergilli" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年10月21日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  233. Structure and function of AmyR involved in regulation of starch degrading enzymes 国際会議

    "International Symposium on Molecular Biology of Filamentous Fungi, Aspergilli" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年10月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    The University of Tokyo Tokyo Japan

  234. Functional domains of Aspergillus nidulans AmyR 国際会議

    "International Symposium on Molecular Biology of Filamentous Fungi, Aspergilli" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年10月21日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  235. Isolation and analysis of the AoxlnR gene encoding a transcriptional activator for xylanolytic enzymes in Aspergillus oryzae 国際会議

    "International Symposium on Molecular Biology of Filamentous Fungi, Aspergilli" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年10月20日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  236. Analyses of ESTs and the promoters of useful expression patterns from Aspergillus oryzae 国際会議

    "International Symposium on Molecular Biology of Filamentous Fungi, Aspergilli" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年10月20日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    "The University of Tokyo

  237. Characterization of a novel repressor in Aspergillus nidulans 国際会議

    "International Symposium on Molecular Biology of Filamentous Fungi, Aspergilli" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年10月20日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  238. Characterization of a novel repressor in #IAspergillus nidulans<i/>

    "S. Uma Rao, Satoshi Mimura, Masashi Kato, Tetsuo Kobayashi and Norihiro Tsukagoshi"

    日本農芸化学会中部支部第130回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  239. 麹菌CCAAT結合複合体サブユニットAoHapCのドメイン解析

    "亀井健一,大西亮子,田上新次郎,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会中部支部第130回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  240. #IAspergillus nidulans amyR<i/>変異株の解析

    "鈴木勇人,勝山陽子,谷修治,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会中部支部第130回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  241. 麹菌キシラナーゼ発現誘導因子AoXlnRの解析-AoXlnRとxynF1プロモーターとの相互作用-

    "丸井淳一朗,田中昭光,北本則行,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会中部支部第130回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  242. 大腸菌アスパルトキナーゼIII遺伝子の発現調節機構

    "高木明弘,丸井淳一朗,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会中部支部第130回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  243. #IAspergillus nidulans<i/> rAMYRの結合特性

    "谷修治,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会中部支部第130回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  244. 麹菌アミラーゼ発現誘導に対するグルコシダーゼ阻害剤の影響

    "加藤直樹,陶山幸枝,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会中部支部第130回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  245. 麹菌ゲノムサイエンス~麹菌EST解析プロジェクトを中心に

    "阿部敬悦,五味勝也,町田雅之,秋田修,柏木豊,小山泰二,山口庄太郎,竹内道雄,小林哲夫,堀内裕之,北本勝ひこ"

    日本農芸化学会2000年度大会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    "東京ビッグサイト, 東京"

  246. 糸状菌アスコルビン酸オキシダーゼの改変

    "杉野将尉,梶田幸子,加藤雅士,高橋守,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会2000年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  247. 麹菌CCAAT結合複合体サブユニットの解析

    "亀井健一,田中昭光,橋本秀紀,大西亮子,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会2000年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  248. 麹菌キシラナーゼ発現誘導因子の解析

    "丸井淳一朗,田中昭光,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会2000年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  249. 糸状菌アミラーゼ発現誘導因子amyRの遺伝子破壊による機能解析

    "谷修治,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会2000年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  250. 糸状菌アミラーゼ発現誘導因子AMYRの機能ドメイン解析

    "勝山陽子,谷修治,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会2000年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  251. アミラーゼ発現誘導に関わるイソマルトース合成酵素の諸性質

    "加藤直樹,陶山幸枝,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会2000年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  252. "Regulation of the Aspergillus oryzae xylanase gene, xynF1" 国際会議

    Fifth European Conference on Fungal Genetics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月1日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  253. Starch inducible regulation of Taka-amylase A gene in Aspergillus nidulans 国際会議

    Fifth European Conference on Fungal Genetics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月1日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  254. 糸状菌キシラナーゼ発現誘導因子の解析

    "丸井淳一郎,田中昭光,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会中部支部第127回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年10月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  255. 糸状菌アミラーゼ発現誘導因子の解析

    "谷修治,林友子,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会中部支部第127回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年10月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  256. 糸状菌イソマルトース合成酵素の解析

    "加藤直樹,陶山幸枝,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会中部支部第127回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年10月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  257. 麹菌CCAAT結合複合体サブユニットの解析

    "亀井健一,田中昭光,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会中部支部第127回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年10月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  258. 糸状菌CCAAT結合複合体によるアミラーゼ発現促進機構

    "橋本秀樹,田中昭光,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会中部支部第127回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年10月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  259. 麹菌キシラナーゼ遺伝子#IxynF1<i/>の発現制御機構に関する解析

    "丸井淳一朗,S. Uma Rao,三村聡,田中昭光,加藤雅士,小林哲夫,吉野庄子,北本則行,塚越規弘"

    日本農芸化学会1999年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  260. 糸状菌CCAAT配列結合複合体の諸性質

    "立山由貴子,林弘二郎,牧野能士,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会1999年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  261. 麹菌タカアミラーゼA遺伝子の発現誘導機構の解析~DNA結合タンパク質SREBの結合特性~

    "谷修治,林友子,加藤雅士,小林哲夫,五味勝也,塚越規弘"

    日本農芸化学会1999年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  262. タカアミラーゼA遺伝子(#ItaaG2<i/>)の発現誘導能欠損変異株の取得と解析

    "勝山陽子,陶山幸枝,谷修治,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会1999年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  263. 麹菌#IAspergillus oryzae<i/> CCAAT結合因子AoCPの解析

    "田中昭光,橋本秀紀,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会1999年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  264. #IAspergillus nidulans<i/>の#IeglA<i/>遺伝子の発現制御機構の解析

    "白井賢吾,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会1999年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  265. #IAspergillus nidulans<i/> glycogen branching enzyme遺伝子の単離と解析

    "松野綾,田中昭光,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会1999年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  266. 麹菌タカアミラーゼA遺伝子(#ItaaG2<i/>)の発現誘導に関わるイソマルトース合成酵素の精製と性質

    "陶山幸枝,谷修治,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会1999年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  267. 麹菌A. oryzae CCAAT結合因子AoCPによるタカアミラーゼA遺伝子の発現制御機構の解析

    "橋本秀紀,田中昭光,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会中部支部第124回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年10月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  268. 麹菌タカアミラーゼA遺伝子の発現誘導機構に関する解析-DNA結合タンパク質SREBの結合特性-

    "谷修治,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会中部支部第124回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年10月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  269. 糸状菌A. nidulans広域転写制御因子AnCPに制御される遺伝子の検索

    "牧野能士,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会中部支部第124回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年10月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  270. A. nidulans glycogen branching enzyme遺伝子の単離と解析

    "松野彩,田中昭光,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会中部支部第124回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年10月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  271. 麹菌タカアミラーゼA遺伝子の発現制御機構

    "小林哲夫, 塚越規弘"

    "日本農芸化学会1998年度大会シンポジウム,糸状菌の功罪:その分子生物学的背景を探る" 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年4月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    "名城大学, 名古屋"

  272. 麹菌キシラナーゼ遺伝子の発現制御機構に関する解析

    "三村聡,S. Uma Rao,加藤雅士,小林哲夫,吉野庄子,北本則之,塚越規弘"

    日本農芸化学会1998年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  273. 麹菌タカアミラーゼA遺伝子の発現制御機構の解析~#IAspergillus nidulans<i/>CCAAT結合タンパク質AnCPの諸性質~

    "立山由貴子,成瀬史子,宮崎真紀子,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会1998年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  274. 麹菌タカアミラーゼA遺伝子の発現制御機構の解析~CCAAT結合因子AnCP結合部位のランダムクローニング~

    "牧野能士,立山由貴子,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会1998年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  275. 麹菌タカアミラーゼAの生産における誘導物質の同定

    "陶山幸枝,谷修治,田中昭光,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会1998年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  276. 麹菌タカアミラーゼA遺伝子の発現制御機構の解析-#IA. oryzae<i/>CCAAT結合因子AoCPの解析-

    "田中昭光,橋本秀樹,成瀬史子,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会1998年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  277. 麹菌タカアミラーゼA遺伝子の発現制御機構の解析~#IAspergillus nidulans hapC<i/>欠失株を用いた解析~

    "成瀬史子,立山由貴子,橋本秀樹,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会1998年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  278. 麹菌タカアミラーゼA遺伝子の発現制御機構の解析~リコンビナントサブユニットを用いたCCAAT結合因子の再構成~

    "宮崎真紀子,林弘二郎,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会1998年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  279. 麹菌タカアミラーゼA遺伝子の発現制御機構の解析~誘導発現に関わるシスエレメントの同定~

    "谷修治,田中昭光,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会1998年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  280. 糸状菌#IAspergillus nidulans<i/>由来#IeglA<i/>遺伝子の構造解析

    "近松豪,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会1998年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  281. Functional analysis of a novel multi-substrate aminotransferase

    "Kobayashi, T."

    "Novo Nordisk Enzyme Symposium 1997, Enzyme Science and Function Developments" 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年11月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    "Overseas Vocational Training Association, Makuhari, Chiba"

  282. 超好熱古細菌Thermococcus profundus gdh遺伝子のクローニング及び発現

    "樋口貞春,小林哲夫,木村絹子,工藤俊章"

    日本農芸化学会1997年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年4月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  283. 大腸菌におけるリジン合成系の律速酵素アスパルトキナーゼIIIの合成調節機構の解析

    "小川一茂,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会1997年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年4月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  284. 糸状菌Aspergillusnidulansにおけるカルボキシメチルラーゼの生産とその性質

    "近松豪,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会1997年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年4月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  285. 麹菌タカアミラーゼA遺伝子の発現制御機構の解析~転写制御因子AnCPの諸性質~

    "青山昭則,成瀬史子,立山由貴子,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会1997年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年4月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  286. 麹菌タカアミラーゼA遺伝子の発現制御機構の解析~Aspergillus nidulans hap C欠失株を用いた解析~

    "成瀬史子,青山昭則,立山由貴子,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会1997年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年4月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  287. 麹菌タカアミラーゼA遺伝子の発現制御機構の解析:新規シスエレメントとDNA結合タンパク質

    "谷修治,川口勉,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会1997年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年4月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  288. 糸状菌Chaetomium gracileに由来するキシラナーゼ遺伝子の発現調節機構の解析

    "三村聡,加藤雅士,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会1997年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年4月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  289. "Klebsiella pneumoniae由来2,3-ブタンジオール脱水素酵素遺伝子のクローニングと発現"

    "宇井定春,岡嶋善史,三村精男,金井晴彦,小林哲夫,工藤俊章"

    日本農芸化学会1996年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  290. 麹菌タカアミラーゼA遺伝子の発現調節:CCAAT配列結合因子AnCP1の精製と諸性質

    "加藤雅士,青山昭則,成瀬史子,小林哲夫,塚越規弘"

    日本農芸化学会1996年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  291. 超好熱古細菌Thermococcus profundus DT5432が生産するアミラーゼの精製と諸性質

    "鄭永哲,小林哲夫,金井晴彦,青野力三,大熊盛也,秋葉晄彦,工藤俊章"

    日本農芸化学会1995年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年8月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  292. 組換え大腸菌によるアセトイン系化合物立体異性体の調製

    "宇井定春,小田切正人,三村精男,金井晴彦,小林哲夫,工藤俊章"

    日本農芸化学会1995年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年8月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  293. 高度好塩古細菌"Natronococcus amylolyticus"由来好塩性アミラーゼの各種塩濃度下における構造

    "金井晴彦,小林哲夫,大熊盛也,青野力三,工藤俊章"

    日本農芸化学会1995年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年8月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  294. Bacillus subtilisグルタミン酸脱水素酵素遺伝子のクローニングと解析

    "樋口貞治,小林哲夫,工藤俊章,木村絹子"

    日本農芸化学会1995年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年8月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

Works(作品等) 2

  1. 硫黄で育つ?古代細菌

    1993年

     詳細を見る

    発表場所:化学工業日報  

  2. 新種の超好熱性微生物

    1993年

     詳細を見る

    発表場所:日刊金属特報  

共同研究・競争的資金等の研究課題 15

  1. 糸状菌における多糖資化の優先順位決定に関わるシグナル伝達・遺伝子発現制御機構の解明

    2018年04月 - 2020年03月

    発酵研究所大型研究助成 

    小林哲夫

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 糸状菌セルラーゼ遺伝子群の発現制御に関わる情報伝達・転写制御系の解明

    2016年11月 - 2018年11月

    住友財団研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 糸状菌の培養環境に適応した物質生産制御システムの開発

    2011年08月 - 2016年03月

    イノベーション創出基礎的研究推進事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 木質バイオマスの直接酵素糖化と残渣リグニンの利用

    2007年07月 - 2009年03月

    RITE プログラム方式二酸化炭素固定化・有効利用技術開発「先端的研究」 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 転写因子AoXlnRを中核とするセルロース・キシラン分解酵素群の統御機構

    2007年04月 - 2008年03月

    長瀬科学技術振興財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 未利用バイオマス(樹皮)の高効率糖化先導技術の開発

    2006年07月 - 2010年03月

    バイオマスエネルギー高効率転換技術開発/バイオマスエネルギー先導技術開発 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 転写因子を標的とした分子育種によるバイオエタノール高生産糸状菌の創製

    2004年11月 - 2005年11月

    住友財団研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. 糸状菌(麹菌Aspergillus oryze RIB40)のゲノム解析とその利用に関する共同研究

    2001年08月 - 2006年03月

    国内共同研究 

  9. コウジ菌タカアミラーゼの誘導生産に関わるイソマルトース合成酵素遺伝子の解析と応用

    2001年04月 - 2002年03月

    財団法人野田産業科学研究所研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    委任経理金

  10. カビの酵素高生産能を活用した環境調和型工業プロセス技術の基盤研究

    2000年04月 - 2003年03月

    財団法人科学技術交流財団 科学技術総合研究委託費 地域先導研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  11. Aspergillus oryzae cDNAシークエンスプロジェクト

    1999年07月 - 2000年03月

      詳細を見る

    委任経理金

  12. コウジ菌デンプン分解酵素の生産制御機構の解析

    1997年06月 - 1998年03月

    財団法人旗影会研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    委任経理金

  13. 広域基質特異性を有する新規アミノ基転位酵素の機能解析とその応用

    1997年01月 - 1997年11月

      詳細を見る

    委任経理金

  14. 食品に含まれる生理機能物質の検索

    1996年07月 - 1997年03月

    財団法人旗影会研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    委任経理金

  15. 超好熱細菌由来の超好熱酵素の特性解析とタンパク工学

    1995年04月 - 1996年03月

    医薬資源研究振興会研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    委任経理金

▼全件表示

科研費 15

  1. 糸状菌多糖分解酵素遺伝子の転写抑制に関わる情報伝達ネットワークの解明

    2018年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 糸状菌SUNタンパク質の機能解明とその応用

    2012年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    小林哲夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 糸状菌のバイオマス分解酵素生産制御機構と代謝経路の包括的解明

    2010年04月 - 2013年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    五味勝也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  4. 転写因子群の協調と競合によるバイオマス分解酵素の生産制御

    2008年04月 - 2011年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    小林 哲夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 糸状菌転写因子AmyRの誘導物質依存的核移行に関する解析

    2006年04月 - 2008年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    小林哲夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. ゲノム情報から探るコウジカビの有用物質生産機構の分子基盤

    2005年07月 - 2010年03月

    科学研究費補助金  特定領域研究

    五味勝也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  7. 糸状菌糖質関連酵素遺伝子群の転写因子に関する機能ドメイン解析

    2001年07月 - 2003年01月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    小林哲夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  8. 糸状菌糖質分解酵素遺伝子の誘導発現に関わる情報伝達システムの解析

    1999年07月 - 2001年01月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    小林哲夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  9. アスコルビン酸オキシダーゼのタンパク質工学的改良と臨床診断・食品保蔵への応用

    1999年07月 - 2001年01月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    塚越規弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  10. 糸状菌における転写制御因子CCAAT結合複合体の解析

    1999年07月 - 2000年01月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    塚越規弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  11. 糸状菌における転写制御因子の分子解析とその応用

    1998年07月 - 2000年01月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)(2)

    塚越規弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

  12. 広域基質特異性を有する超好熱菌由来新規アミノ基転移酵素の酵素学的・蛋白工学的解析

    1997年07月 - 1999年01月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)(2) 09660077

    小林哲夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  13. 糸状菌におけるタンパク質の糖鎖修飾とその意義

    1997年07月 - 1999年01月

    科学研究費補助金  国際学術研究 09044214

    塚越規弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

  14. 糸状菌における糖質関連酵素遺伝子群の発現制御に関する分子生物学的解析とその応用

    1996年07月 - 1998年01月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)(2)

    塚越規弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

  15. 海洋性超好熱菌に由来する超耐熱酵素の分子生物学的解析とその応用

    1996年07月 - 1997年01月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)(2)

    小林哲夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

▼全件表示

産業財産権 1

  1. カビの胞子着生効率に影響するキナーゼ遺伝子の利用法

    小林哲夫、加藤雅士、金丸京子

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2008-051260  出願日:2008年3月24日

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学以外) 4

  1. 微生物生理学

    2010年4月 - 2011年3月 中部大学)

  2. 微生物生理学

    2009年4月 - 2010年3月 中部大学)

  3. 微生物生理学

    2008年4月 - 2009年3月 中部大学)

  4. 分子生物学特論II

    2002年4月 - 2003年3月 東京農工大学 農学部)