2022/04/21 更新

写真a

イシカワ アキラ
石川 明
ISHIKAWA, Akira
所属
大学院生命農学研究科 動物科学専攻 動物科学 准教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部
職名
准教授

学位 2

  1. 博士(農学) ( 1992年2月   名古屋大学 ) 

  2. 農学修士 ( 1988年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 6

  1. ニワトリ

  2. マウス

  3. 量的形質

  4. 量的形質遺伝子座

  5. 遺伝

  6. 育種

研究分野 4

  1. ライフサイエンス / 動物生産科学  / 動物遺伝育種学

  2. ライフサイエンス / 動物生命科学  / 量的形質遺伝子

  3. ライフサイエンス / 実験動物学  / 遺伝解析

  4. 環境・農学 / 遺伝育種科学  / 量的形質遺伝学

現在の研究課題とSDGs 5

  1. ニワトリ経済形質のQTL解析と社会実装

  2. 加齢によりメラニン色素合成能を獲得する新奇毛色突然変異マウスに関する遺伝的研究

  3. ニワトリ生得的恐怖行動の遺伝基盤の解明

  4. マウス成長形質の雑種強勢の遺伝的基盤の解明

  5. マウスの肥満抑制に関わる原因遺伝的バイリアンの解明

経歴 5

  1. 名古屋大学大学院生命農学研究科准教授に配置換

    2007年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学大学院生命農学研究科助教授

    2000年1月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学大学院生命農学研究科助手に配置換

    1999年4月 - 1999年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 連合王国エディンバラ大学客員研究員(文部省在外研究員)

    1996年3月 - 1997年1月

  5. 名古屋大学農学部助手

    1992年8月 - 1999年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会 7

  1. Genes   Genes

    2021年11月 - 2022年6月

  2. Life   Guest Editor

    2020年6月 - 2021年5月

  3. Animal Science Journal   Associate Editor

    2020年4月 - 現在

  4. Genes   Reviewer Board Member

    2020年1月 - 現在

  5. Scientific Reports   Editorial Board Members

    2019年5月 - 現在

  6. Frontiers in Genetics   Associate Editor

    2016年4月 - 2017年3月

  7. Labaratory Animal Research   Invited Editor

    2011年3月 - 現在

▼全件表示

 

論文 91

  1. Genetic identification of Ly75 as a novel quantitative trait gene for resistance to obesity in mice. 査読有り

    Makino K, Ishikawa A

    Scientific Reports   8 巻 ( 1 ) 頁: 17658   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-36073-0

    Web of Science

    PubMed

  2. Genetic architecture of innate fear behavior in chickens 査読有り

    Ishikawa, A., Sakaguchi, M., Nagano, A. J., Suzuki, S.

    BEHAVIOR GENETICS   50 巻 ( 6 ) 頁: 411 - 422   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10519-020-10012-0

    Web of Science

    PubMed

  3. A strategy for identifying quantitative trait genes using gene expression analysis and causal analysis 査読有り

    Ishikawa, A.

    Genes   8 巻 ( 12 ) 頁: 347   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/genes8120347

  4. QTL analysis for early growth in an intercross between native Japanese Nagoya and White Plymouth Rock chicken breeds using RAD sequencing-based SNP markers 査読有り

    Essa B. H., Suzuki S., Nagano A. J., Elkholya S. Z., Ishikawa A.

    ANIMAL GENETICS   52 巻 ( 2 ) 頁: 232 - 236   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/age.13039

    Web of Science

  5. Mapping QTLs for breast muscle weight in an F2 intercross between native Japanese Nagoya and White Plymouth Rock chicken breeds 査読有り

    Ishikawa, A., Essa, B. H., Nasr, S. M., and Suzuki, S.

    Life   11 巻 ( 8 ) 頁: 754   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/life11080754

  6. Usp46 is a quantitative trait gene regulating mouse immobile behavior in the tail suspension and forced swimming tests 査読有り

    Tomida, S., Mamiya, T., Sakamaki, H., Miura, M., Aosaki, T., Masuda, M., Niwa, M., Kameyama, T., Kobayashi, J., Iwaki, Y., Imai, S., Ishikawa, A., Abe, K., Yoshimura, T., Nabeshima, T., and Ebihara, S.

    Nat. Gent.   41 巻 ( 6 ) 頁: 688 - 695   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Mapping an overdominant quantitative trait locus for heterosis of body weight in mice 査読有り

    Ishikawa, A.

    J. Hered.   100 巻 ( 4 ) 頁: 501 - 504   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. A growth performance and nonlinear growth curve functions of large- and normal- 査読有り

    Haqani, M.I., Kawamura, K., Takenouchi, A., Kabir, M.H., Nakamura, Y., Ishikawa, A.* and Tsudzuki, M.

    JOURNAL OF POULTRY SCIENCE   58 巻 ( 2 ) 頁: 88 - 96   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    PubMed

  9. Quantitative trait loci for growth related-traits in Japanese quail (Coturnix japonica) using restriction-site associated DNA sequencing 査読有り

    Haqani, M.I., Nomura, S., Nakano, M., Goto, T., Nagano, A.J., Takenouchi, A., Nakamura, Y., Ishikawa, A., and Tsudzuki, M.

    Molecular Genetics and Genomics   296 巻 ( 5 ) 頁: 1147 - 1159   2021年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s00438-021-01806-w

  10. Mapping of quantitative trait loci controlling egg-quality and production traits in Japanese quail (Coturnix japonica) using restriction-site associated DNA sequencing 査読有り

    Haqani, M.I., Nomura, S., Nakano, M., Goto, T., Nagano, A.J., Takenouchi, A., Nakamura, Y., Ishikawa, A., and Tsudzuki, M.

    Genes   12 巻 ( 5 ) 頁: 735   2021年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/genes12050735

  11. Tonic immobility and open field responses in Nagoya, White Leghorn, and White Plymouth Rock chicks 査読有り

    Sakaguchi Marina, Ishikawa Akira

    JOURNAL OF POULTRY SCIENCE   57 巻 ( 3 ) 頁: 183 - 191   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2141/jpsa.0190085

    Web of Science

    PubMed

  12. Mapping of quantitative trait loci for growth and carcass-related traits in chickens using a restriction-site associated DNA sequencing method 査読有り

    JOURNAL OF POULTRY SCIENCE   56 巻 ( 3 ) 頁: 166 - 176   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2141/jpsa.0180066

    Web of Science

    PubMed

  13. Characterization of growth, fat deposition, and lipid metabolism-related gene expression in lean and obese meat-type chickens 査読有り

    JOURNAL OF POULTRY SCIENCE   56 巻 ( 2 ) 頁: 101 - 111   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2141/jpsa.0180064

    Web of Science

    PubMed

  14. Quantitative trait loci mapping for the shear force value in breast muscle of F2 chickens. 査読有り

    Ono T, Kouguchi T, Ishikawa A, Nagano AJ, Takenouchi A, Igawa T, Tsudzuki M

    Poultry Science   98 巻 ( 3 ) 頁: 1096 - 1101   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3382/ps/pey493

    Web of Science

    PubMed

  15. A longitudinal quantitative trait locus mapping of chicken growth traits. 査読有り

    Goto T., Ishikawa A., Nishibori M., Tsudzuki M.

    Molecular genetics and genomics   294 巻 ( 1 ) 頁: 243 - 252   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00438-018-1501-y

    Web of Science

    PubMed

  16. マウスの肥満を抑制する新奇遺伝子の同定 招待有り

    石川 明

    アグリバイオ   3 巻 ( 12 ) 頁: 1176 - 1178   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Differences in growth and fat deposition between White Plymouth Rock and Nagoya breeds as a tool for QTL analysis 査読有り 国際共著

    Ishikawa, A., El-Edel, M. A., and Essa, A. M. B. H.

    Dam. J. Vet. Sci.   1 巻   頁: 21 - 26   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5455/DJVS.26853

  18. 野生マウスの遺伝子プールから発掘した新奇肥満抑制遺伝子 招待有り

    石川 明

    Medical Science Digest   45 巻 ( 5 ) 頁: 285 - 286   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Identification of a putative quantitative trait gene for resistance to obesity in mice using transcriptome analysis and causal inference tests 査読有り

    Ishikawa, A.

    PLoS ONE   12 巻 ( 1 ) 頁: e0170652   2017年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0170652

  20. Development of a novel pink-eyed dilution mouse model showing progressive darkening of the eyes and coat hair with aging 査読有り

    Ishikawa, A., Sugiyama, M., Hondo, E., Kinoshita, K., Yamagishi, Y.

    Experimental Animals   64 巻 ( 2 ) 頁: 207 - 220   2015年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. L-tyrosine induces melanocyte differentiation in novel pink-eyed dilution castaneus mouse mutant showing age-related pigmentation 査読有り

    Hirobe, T. and Ishikawa, A.

    JOURNAL OF DERMATOLOGICAL SCIENCE   80 巻 ( 3 ) 頁: 203 - 211   2015年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jdermsci.2015.10.002

  22. Fine mapping and candidate gene search of quantitative trait loci for growth and obesity using mouse intersubspecific subcongenic intercrosses and exome sequencing 査読有り

    Ishikawa, A., and Okuno, S.

    PLOS ONE   9 巻 ( 11 ) 頁: e113233   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0113233

  23. Mapping of main-effect and epistatic quantitative trait loci for internal egg traits in an F2 resource population of chickens 査読有り

    Goto, T., Ishikawa, A., Goto, N., Nishibori, M., Umino, T., and Tsudzuki, M.

    JOURNAL OF POULTRY SCIENCE   51 巻 ( 4 ) 頁: 375-386   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Endothelin receptor B2 (EDNRB2) is responsible for the tyrosinase-independent recessive white (mow) and mottled (mo) plumage phenotypes in the chicken. 査読有り

    Kinoshita, K., Akiyama, T., Mizutani, M., Shinomiya, A., Ishikawa, A., Younis, H. H., Tsudzuki, M., Namikawa, T., Matsuda, Y.

    PLoS One   9 巻 ( 1 ) 頁: e86361   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Wild mice as bountiful resources of novel genetic variants for quantitative traits 招待有り 査読有り

    Ishikawa, A.

    Current Genomics   14 巻 ( 4 ) 頁: 225 - 229   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. QTL mapping for meat color traits using the F2 intercross between the Oh-Shamo (Japanese Large Game) and White Leghorn chickens 査読有り

    Yoshida, M., Ishikawa, A., Goto, T., Goto, N., Nishibori, M., and Tsudzuki, M.

    J. Poult. Sci.   50 巻 ( 3 ) 頁: 198 - 205   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Fine mapping of quantitative trait loci affecting organ weights by mouse intersubspecific subcongenic strain analysis 査読有り

    Mollah, Md. B. R. and Ishikawa, A.

    Animal Science Journal   84 巻 ( 4 ) 頁: 296 - 302   2013年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. 量的形質の遺伝的構造 : マウス成長関連形質のQTL解析から学んだこと 招待有り

    石川 明

    第17回動物遺伝育種シンポジウムプロシーディングス     頁: 35 - 41   2011年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  29. Mapping quantitative trait loci for egg production traits in an F2 intercross of Oh-Shamo and White Leghorn chickens 査読有り

    Goto, T., Ishikawa, A., Onitsuka, S., Goto, N., Fujikawa, Y., Umino, T., Nishibori, M., and Tsudzuki, M.

    Anim. Genet.   42 巻 ( 6 ) 頁: 634 - 641   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Intersubspecific subcongenic mouse strain analysis reveals closely linked QTLs with opposite effects on body weight 査読有り

    Mollah, Md. B. R. and Ishikawa, A.

    Mamm. Genome   22 巻 ( 5-6 ) 頁: 282 - 289   2011年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Characteristics of reversion to early feathering phenotype in the late feathering line of Nagoya breed chickens 査読有り

    Nakamura, A., Ishikawa, A., Nagao, K., Watanabe, H., Uchida, M. and Kansaku, N.

    J. Poultry Sci.   48 巻 ( 3 ) 頁: 155 - 161   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. A proximal genomic region of mouse chromosome 10 contains quantitative trait loci affecting fatness 査読有り

    Ishikawa, A., Tanahashi, T., and Kodama. H.

    Anim. Sci. J.   82 巻 ( 2 ) 頁: 209 - 214   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Growth curve analysis for a QTL resource family F2 intercross of the Oh-Shamo and White Leghorn breeds of chickens 査読有り

    Goto, N., Ishikawa, A., and Tsudzuki, M.

    J. Anim. Vet. Adv.   10 巻 ( 24 ) 頁: 3207 - 3211   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. 遅羽性(K)遺伝子が名古屋種雌の羽性形質および生産形質に及ぼす影響 査読有り

    中村明弘・石川 明・神作宜男・長尾健二・石代正義・近藤 一・野田賢治

    日本家禽学会誌   47 巻 ( J2 ) 頁: J85 - J91   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Development and characterization of a congenic strain carrying Pbwg12, a growth QTL on mouse chromosome 12. 査読有り

    Ishikawa, A. and Li, C.

    Exp. Anim.   59 巻 ( 1 ) 頁: 109 - 113   2010年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Usp46, encoding a ubiquitin specific peptidase, is a quantitative trait gene underlying “behavioral despair" in mice 招待有り 査読有り

    Ebihara, S., Tomida, S., Mamiya, T., Sakamaki, H., Miura, M., Aosaki, T., Masuda, M., Niwa, M., Kameyama, T., Kobayashi, J., Iwaki, Y., Imai, S., Ishiakwa, A., Abe, K., Yoshimura, T., and Nabeshima, T.

    Sleep and Biological Rhythms   8 巻   頁: 114 - 119   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. A wild derived quantitative trait locus on mouse chromosome 2 prevents obesity. 査読有り

    Mollah, Md. B. R. and Ishikawa, A.

    BMC Genetics   11 巻   頁: 84   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Genetic and molecular analysis of wild-derived arrhythmic mice 査読有り

    Watanabe, T., Suzuki, T., Ishikawa, A., Yokota, Y., Ueda, H. R., Yamada, R. G., Tei, H., Imai, S., Tomida, S., Kobayashi, J., Naito, E., Yasuo, S., Nakao, N., Namikawa, T., Yoshimura, T., and Ebihara, S.

    PLoS ONE   4 巻 ( 1 ) 頁: e4301   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. 量的形質変異の遺伝的基盤の複雑さ―マウス成長形質のQTL解析からの報告― 招待有り 査読有り

    石川明

    動物遺伝育種研究   36 巻 ( 1 ) 頁: 5 - 12   2008年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    マウスの成長形質のゲノムワイドQTL解析結果を例として、量的形質の変異の遺伝的基盤が複雑であることを示した。

  40. A genetic linkage map of the house musk shrew, Suncus murinus, constructed with PCR-based and RFLP markers 査読有り 国際共著

    Adjei, S., Sato, A., Nagase, T., Matsubara, K., Matsuda, Y., Namikawa, T., and Ishikawa, A.

    Exp. Anim.   57 巻 ( 2 ) 頁: 129 - 134   2008年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Quantitative trait loci for impaired glucose tolerance in nondiabetic SM/J and A/J mice 査読有り

    Hada, N., Kobayashi, M., Fujiyoshi, M., Ishikawa, A., Kuga, M., Nishimura, M., Ebihara, S., Ohno, T., and Horio, F.

    Physiol. Genomics   35 巻   頁: 65 - 74   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. An ontogenic network for quantitative trait loci affecting body weight in mice 招待有り 査読有り

    Ishikawa, A.

    Current Topics in Genetics   3 巻   頁: 69 - 75   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. 動物モデルによる多因子性疾患のQTL解析:その基礎的理論と解析方法(改訂版3)

    石川 明

    名古屋大学学術機関リポジトリ   http://hdl.handle.net/2237/6779 巻   2007年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

  44. 動物モデルによる多因子性疾患のQTL解析:その基礎的理論と解析方法(改訂版)

    石川 明

    名古屋大学学術機関リポジトリ   http://hdl.handle.net/2237/6779 巻   2006年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  45. Detection of quantitative trait loci causing abnormal spermatogenesis and reduced testis weight in the small testis (Smt) mutant mouse. 査読有り

    Bolor, H., Wakasugi, N., Zhao, W. D., and Ishikawa, A.

    Exp. Anim.   55 巻 ( 2 ) 頁: 97 - 108   2006年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Development and characterization of CATS markers for genetic linkage mapping in the house musk shrew, Suncus murinus. 査読有り

    Adjei, S., Sato, A., Tanaka, S., Kobayashi, E., Tanaka, K., Namikawa, T., and Ishikawa, A.

    Exp. Anim.   54 巻 ( 2 ) 頁: 173 - 180   2005年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Quantitative trait loci for proteinuria in the focal glomerulosclerosis mouse model. 査読有り

    Kim, E.-H., Lee, C.-H. , Hyun, B.-H., Suh, J.-G., Oh, Y.-S., Namikawa, T., Ishikawa, A.

    Mamm. Genome   16 巻 ( 4 ) 頁: 242 - 250   2005年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. A new mouse model for infantile neuroaxonal dystrophy, inad mouse, maps to mouse chromosome 1. 査読有り

    Matsushima, Y., Kikuchi, T., Kikuchi, H., Ichihara, N., Ishikawa, A., Ishijima, Y., and Tachibana, M.

    Mamm. Genome   16 巻 ( 2 ) 頁: 73 - 78   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Arrest of spermatogenesis at the early meiotic stage in the small testis mutant (Smt) mice. 査読有り

    Bolor, H., Zhao, W. D., Ishikawa, A., and Wakasugi, N.

    Exp. Anim.   54 巻 ( 4 ) 頁: 327 - 337   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Quantitative trait loci for glomerulosclerosis, kidney weight and body weight in the focal glomerulosclerosis mouse model. 査読有り

    Kim, E.-H., Lee, C.-H. , Hyun, B.-H., Suh, J.-G., Oh, Y.-S., Namikawa, T., Ishikawa, A.

    Exp. Anim.   54 巻 ( 4 ) 頁: 319 - 325   2005年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Further mapping of quantitative trait loci for postnatal growth in an intersubspecific backcross of wild Mus musculus castaneus and C57BL/6J mice. 査読有り

    Ishikawa, A., Hatada, S., Nagamine Y., and Namikawa, T.

    Genet. Res.   85 巻 ( 2 ) 頁: 127 - 137   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Changes of renal lesion-related parameters in FGS/Nga and the parental mouse strains, CBA/N and RFM/Nga. 査読有り

    Kim, E.-H., Choi, K.-S., Lee, K.-W., Suh, J.-G., Choi, Y.-K., Hyun, B.-H., Ishikawa, A., Namikawa, T., and Lee, C.-H.

    Exp. Anim.   53 巻 ( 2 ) 頁: 97 - 102   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Mapping major quantitative trait loci for postnatal growth in an intersubspecific backcross between C57BL/6J and Philippine wild mice by using principal component analysis. 査読有り

    Ishikawa, A., and Namikawa, T.

    Genes Genet. Syst.   79 巻 ( 1 ) 頁: 27 - 39   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Quantitative trait locus analysis of serum insulin, triglyceride, total cholesterol and phospholipid levels in the (SM/J × A/J) F2 mice 査読有り

    Anunciado, R. V. P., Nishimura, M., Mori, M., Ishikawa, A., Tanaka, S., Horio, F., Ohno, T., and Namikawa, T.

    Exp. Anim   52 巻 ( 1 ) 頁: 37 - 42   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. QTL解析(連載第7回ゲノム・ノート) 招待有り

    海老原史樹文,鈴木亨,吉村崇,石川明

    分子精神医学(先端医学社,東京)   2(2) 巻   頁: 178 - 180   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Mapping quantitative trait loci, affecting circadian photosensitivity in retinally degenerate mice 査読有り

    Yoshimura, T., Yokota, Y., Ishikawa, A., Yasuo, S., Hayashi, N., Suzuki, T., Okabayashi, N., Namikawa, T., and Ebihara, S.

    J. Biol. Rhythms   17 巻 ( 6 ) 頁: 512 - 519   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. 動物モデルによる多因子性疾患のQTL解析:その基礎的理論と解析方法 査読有り

    石川 明

    実験動物ニュース   51 巻 ( 4 ) 頁: 51 - 61   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Female mice of DDK strain are fully fertile in the intersubspecific crosses with Mus musculus molossinus and M. m. castaneus 査読有り

    Zhao, W. D., Ishikawa, A., Yamagata, T., Bolor, H., and Wakasugi, N.

    Mamm. Genome   13 巻 ( 7 ) 頁: 345 - 351   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Fluctuation in fertility phenotypes of the heterozygous (Om/+) mice owing to background genes 査読有り

    Zhao, W. D., Ishikawa, A., and Wakasugi, N.

    Mamm. Genome   13 巻 ( 2 ) 頁: 114 - 116   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Quantitative trait locus analysis of abnormal circadian period in CS mice. 査読有り

    Suzuki, T., Ishikawa, A., Yoshimura, T., Namikawa, T., Abe, H., Honma, S., Honma, K., and Ebihara, S.

    Mamm. Genome   12 巻 ( 4 ) 頁: 272 - 277   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Comparative FISH mapping of human cDNA clones to chromosomes of the musk shrew (Suncus murinus, Insectivora). 査読有り

    Matsubara, K., Ishikawa, A., Kuroiwa, A., Nagase, T., Nomura, N., Namikawa, T., and Matsuda, Y.

    Cytogenet. Cell Genet.   93 巻   頁: 258 - 262   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. The eye lens aplasia (elap) maps to mouse chromosome 2. 査読有り

    Aso, S., Ishikawa, A., Wakana, S., Baba, R., Fujita, M., and Namikawa, T.

    Exp. Anim.   50 巻 ( 1 ) 頁: 97 - 98   2001年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Chromosomal mapping of 18S-28S rRNA genes and 10 cDNA clones of Human chromosome 1 in the musk shrew (Suncus murinus). 査読有り

    Kuroiwa, A., Matsubara, K., Nagase, N., Nomura, N., Seong, J. K., Ishikawa, A., Anunciado, R. V. P., Tanaka, K., Yamagata, T., Masangkay, J. S., Dang, V.-B., Namikawa, T., and Matsuda, Y.

    J. Hered.   92 巻 ( 3 ) 頁: 282 - 287   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Quantitative trait loci for body weight in the intercross between SM/J and A/J mice. 査読有り

    Anunciado, R. V. P., Nishimura, M., Mori, M., Ishikawa, A., Tanaka, S., Horio, F., Ohno, T., and Namikawa, T.

    Exp. Anim.   50 巻 ( 4 ) 頁: 319 - 324   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Distribution of body weight, blood insulin and lipid levels in the SMXA recombinant inbred strains and the QTL analysis 査読有り

    Anunciado, R. V. P., Ohno, T., Mori, M., Ishikawa, A., Tanaka, S., Horio, F., Nishimura, M., and Namikawa, T.

    Exp. Anim.   49 巻 ( 3 ) 頁: 217 - 224   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Mapping Quantitative trait loci for circadian behavioral rhythms in SMXA recombinant inbred stains. 査読有り

    Suzuki, T., Ishikawa, A., Nishimura, M., Yoshimura, T., Namikawa, T., and Ebihara, S.

    Behav. Genet.   30 巻 ( 6 ) 頁: 447 - 453   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Detection of quantitative trait loci for body weight at 10 weeks from Philippine wild mice 査読有り

    Ishikawa, A., Matsuda, Y., and Namikawa, T.

    Mamm. Genome   11 巻 ( 10 ) 頁: 824 - 830   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Delayed development of reflexes and hyperactive locomotion in the spontaneous mutant "waltzing" of the musk shrew, Suncus murinus 査読有り

    Matsuura, A., Ohno, T., Matsushima, T., Namikawa, T., and Ishikawa, A.

    Exp. Anim.   48 巻 ( 3 ) 頁: 191 - 197   1999年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. An odontometrical difference in the mandibular molars of two laboratory strains of the musk shrew, Suncus murinus, derived from Bangladesh and Tokunoshima Island of Japan 査読有り

    Kondo, S., Hanamura, H., Ishikawa, A., Namikawa, T., and Wakatsuki, E.

    Okajimas Folia Anat.   76 巻 ( 5 ) 頁: 231 - 240   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Quantitative trait loci for growth traits in C57BL/6J X DBA/2J mice 査読有り

    Morris, K. H., Ishikawa, A., and Keightley, P. D.

    Mamm. Genome   10 巻 ( 3 ) 頁: 225 - 228   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Test of candidate gene-quantitative trait locus association applied to fatness in mice 査読有り

    Keightley, P. D., Morris, K. H., Ishikawa, A., Falconer, V. M., and Oliver, F.

    Heredity   86 巻 ( 6 ) 頁: 630 - 637   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. QTL解析:基礎理論と行動遺伝学への応用 招待有り 査読有り

    石川 明、鈴木 亨、海老原史樹文

    比較生理生化学   15 巻 ( 1 ) 頁: 49 - 58   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Open eyelids at birth, a new mutation in the musk shrew, Suncus murinus 査読有り

    Ishikawa, A., Naito, J., and Namikawa, T.

    Exp. Anim.   47 巻 ( 2 ) 頁: 105 - 110   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Hair growth and skin in the kinky-coat musk shrew, Suncus murinus 査読有り

    Ishikawa, A., and Hashimoto, T.

    Exp. Anim.   45 巻 ( 3 ) 頁: 227 - 232   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Genetic mapping of the rimy mutation on mouse chromosome 11 査読有り 国際共著

    Ishikawa, A.,and Keightley, P. D.

    Mouse Genome   94 巻 ( 4 ) 頁: 871 - 873   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Relationship between morphometric and mitochondrial DNA differentiation in laboratory strains of musk shrews Suncus murinus 査読有り

    Ishikawa, A.,Yamagata, T., and Namikawa, T.

    Jpn. J. Genet.   70 巻 ( 1 ) 頁: 57 - 74   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. A new spontaneous allele at the pink-eyed dilution(p)locus discovered in Mus musculus castaneus 査読有り

    Tsuji, A., Wakayama, T., and Ishikawa, A.

    Exp. Anim.   44 巻 ( 4 ) 頁: 347 - 351   1995年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Immunocytochemical identification of serotonergic supraependymal nerve fibers in the third ventricle of the house musk shrew, Suncus murinus 査読有り

    Hirunagi, K., Ishikawa, A., Namikawa, T., and Uryu, K.

    Ann. Anat.   177 巻 ( 4 ) 頁: 297 - 304   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Kinky coat, a new autosomal recessive mutation in the musk shrew, Suncus murinus 査読有り

    Ishikawa, A.,Hirunagi, K.,Oda, S.,Namikawa, T., and Tomita, T.

    Exp. Anim.   41 巻 ( 2 ) 頁: 203 - 214   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Red-eyed dilution (rd), a novel coat-color mutant gene in the musk shrew (Suncus murinus, Insectivora) 査読有り

    Ohno, T.,Oda, S.,Ishikawa, A., and Namikawa, T.

    Exp. Anim.   41 巻 ( 2 ) 頁: 173 - 179   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Inheritance and breeding of the waltzing mutant in the musk shrew (Suncus murinus, Insectivora) characterized by the circling and head-shaking behaviors 査読有り

    Ohno, T.,Ishikawa, A.,Yamagata, T.,Namikawa, T., and Tomita, T.

    Exp. Anim.   41 巻 ( 2 ) 頁: 123 - 129   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. An attempt at reciprocal crosses between laboratory strains of large and small musk shrews (Suncus murinus) : influence of body-weight difference between sexes on mating success 査読有り

    Ishikawa, A.,Yamagata, T., and Namikawa, T.

    Exp. Anim.   40 巻 ( 2 ) 頁: 145 - 152   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Postnatal growth pattern of F1 hybrids of a cross between two strains of large and small musk shrews, Suncus murinus 査読有り

    Ishikawa, A., and Namikawa, T.

    Exp. Anim.   40 巻 ( 2 ) 頁: 223 - 230   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. The inheritance of body weight in two strains of large and small musk shrews (Suncus murinus) : an estimate of the minimum number of genes for the weight difference 査読有り

    Ishikawa, A., and Namikawa, T.

    J. Growth   30 巻 ( 2 ) 頁: 197 - 206   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

  85. Genetic relationship among the musk shrews, Suncus murinus Insectivora, inhabiting islands and the continent based on mitochondrial DNA types 査読有り

    Yamagata, T.,Tanaka, Y.,Ishikawa, A.,Namikawa, T., and Tomita, T.

    Biochem. Genet.   28 巻 ( 3-4 ) 頁: 185 - 195   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. バングラデシュと日本を起源とするスンクス(Surcus murinus,Insectivora) 二系統間における大臼歯の大きさの差 査読有り

    花村 肇、石川 明、並河鷹夫

    成長   29 巻 ( 3-4 ) 頁: 227 - 238   1990年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Development of a laboratory line (SRI line) derived from the wild house musk shrew, Suncus murinus, indigenous to Sri Lanka 査読有り

    Ishikawa, A.,Akadama, I.,Namikawa, T., and Oda, S.

    Exp. Anim.   38 巻 ( 3 ) 頁: 231 - 237   1989年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. ジャコウネズミ(Suncus murinus) NagとBAN両系統間雑種における体重分布 査読有り

    石川 明、並河鷹夫

    成長   27 巻 ( 4 ) 頁: 150 - 153   1988年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Morphological and reproductive characteristics of musk shrews (Suncus murinus) collected in Bangladesh, and development of the laboratory line (BAN line) derived from them 査読有り

    Ishikawa, A.,Tsubota, Y., and Namikawa, T.

    Exp. Anim.   36 巻 ( 3 ) 頁: 253 - 260   1987年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Postnatal growth and development in laboratory strains of large and small musk shrews (Suncus murinus) 査読有り

    Ishikawa, A., and Namikawa, T.

    J. Mamm.   68 巻 ( 4 ) 頁: 766 - 774   1987年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Genetic differentiation between laboratory lines of the musk shrew (Suncus murinus, Insectivora) based on restriction endonuclease cleavage patterns of mitochondrial DNA 査読有り

    Yamagata, T.,Ishikawa, A.,Tsubota, Y.,Namikawa, T., and Hirai, A.

    Biochem. Genet.   25 巻 ( 5-6 ) 頁: 429 - 446   1987年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. 6. 量的形質とその遺伝. In: 動物遺伝育種学

    石川明(祝前博明,国枝哲夫,野村哲郎,万年英之(編))( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2017年3月  ( ISBN:978-4-254-45030-9

     詳細を見る

    総ページ数:204   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. Ⅵ-2.スンクスにおける遺伝的マーカーの開発. スンクスの生物学(磯村源蔵、織田銑一、東家一雄、宮木孝昌 編集)

    石川明( 担当: 共著)

    学会出版センター(東京都)  2011年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. Avian Genomics in Evolution, Agriculture and Health (Smith, J. and Nanda, I., eds.) ; Identification of quantitative trait loci affecting shank length, body weight and carcass weight from the Japanese cockfighting chicken breed, Oh-Shamo (Japanese Large Game)

    Tsudzuki, M., Onitsuka, S., Akiyama, R., Iwamizu, M., Goto, N., Nishibori, M., Takahashi, H., and Ishikawa, A.( 担当: 共著)

    Cytogenetics and Genome Research (ISBN 978-3-8055-8338-1.)  2007年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

講演・口頭発表等 18

  1. 日本鶏における気質の品種間差

    石川明、寺島桃恵、後藤直樹、都築政起

    日本家禽学会2022年度秋季大会  2022年3月29日  日本家禽学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  2. ニワトリのオープンフィールド行動に関わるQTLの候補遺伝子解析

    落合貴之、坂口真梨奈、河上眞一、石川明

    日本家禽学会2021年度秋季大会  2021年9月16日  日本家禽学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学オンライン   国名:日本国  

  3. ニワトリ初生雛における新規従順性テストの開発とその有効性の評価

    石川明、高沼朋香、後藤達彦、橋本典和、都築政起

    日本家禽学会2021年度秋季大会  2021年9月16日  日本家禽学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学オンライン   国名:日本国  

  4. 名古屋と白色レグホーン品種間のF2初生雛における生得的恐怖反応のQTL解析

    石川 明、坂口真梨奈、永野 惇、鈴木彩絵

    日本家禽学会2021年度春季大会  日本家禽学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  5. 名古屋と白色レグホーン間のオープンフィールド行動の差異に関わるQTLの候補遺伝子の探索

    落合貴之、坂口真梨奈、石川明

    日本動物遺伝育種学会第21回大会  日本動物遺伝育種学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸大学オンライン開催   国名:日本国  

    学会長特別賞を受賞した

  6. 加齢によりメラニン合成を促進する新奇突然変異マウスに関する遺伝学的研究

    竹中桃子、中野貴哉、石川明

    日本動物遺伝育種学会第21回大会  日本動物遺伝育種学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸大学オンライン開催   国名:日本国  

  7. マウス体重の雑種強勢を引き起こす超優性QTLのファインマッピング

    石川 明、松丸大豪

    第67回日本実験動物学会総会  日本実験動物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪府立国際会議場、大阪市   国名:日本国  

  8. 脂質異常症モデルマウスの候補遺伝子PLTPの活性と血中脂質濃度との関連

    石井玲佳、坪内宏樹、川瀬雅貴、杉本大空、一柳健司、石川明、大野民生、宮坂勇輝、村井篤嗣、堀尾文彦、小林美里

    第74回日本栄養・食糧学会大会  日本栄養・食糧学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台市  

  9. 自然発症した新規ベージュマウスの遺伝解析

    石川明、谷川加奈

    第66回日本実験動物学会総会  日本実験動物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡国際会議場、福岡市   国名:日本国  

  10. KFRS4ラットにおけるアトピー性皮膚炎発症遺伝子座の同定

    庫本高志、横江繭子、石川 明

    第66回日本実験動物学会総会  日本実験動物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡国際会議場、福岡市   国名:日本国  

  11. ニワトリのオープンフィールド行動に関するQTL解析

    坂口真梨奈、永野惇、石川明

    日本畜産学会第125回大会  日本畜産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:麻布大学   国名:日本国  

  12. Identification of a putative quantitative trait gene for resistance to obesity in mice 国際会議

    Ishikawa, A.

    EMBL Conference Mammalian Genetics and Genomics: From Molecular Mechanisms to Translational Applications 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Heidelberg, Germany   国名:ドイツ連邦共和国  

  13. Toward the identification of causal genes for quantitative trait variation: lessons from QTL studies on growth and obesity in mice 招待有り 国際会議

    Ishikawa, A.

    The 2017 KALAS International Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Yonsei University, Seoul   国名:大韓民国  

  14. マウスの成長形質関連遺伝子の探索 招待有り

    石川明

    日本動物遺伝育種学会第17回大会シンポジウム「ポストQTL時代のQTG・QTN研究の現状と展望」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  15. マウスからのニワトリへのトランスレーショナルリサーチ 〜ニワトリ量的形質遺伝子の同定を目指して〜 招待有り

    石川明

    第15回JAB(Japanese Avian Bioresource Project Research Center)特別セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:広島大学生物生産学部   国名:日本国  

  16. Using Next-generation sequencing to identify candidate genes for QTLs affecting body weight and fat weight in the mouse 国際会議

    Ishikawa, A.

    The 10th World Congress on Genetics Applied to Livestock Production 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:カナダ  

  17. ポストQTL解析時代におけるQTG研究の一例

    石川 明

    第7回JAB(Japanese Avian Bioresource Project Research Center)特別セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:広島大学生物生産学部   国名:日本国  

  18. 量的形質の遺伝的基盤の解明を目指して:マウスの体重形質を例として

    石川 明

    第42回応用動物科学セミナー招待講演(広島大学5研究科共同セミナー), 広島大学生物生産学部, 東広島市 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. ニワトリ新規ゲノム育種マーカーの開発事業

    2022年4月 - 2025年3月

    日本中央競馬会畜産振興事業  令和4年度日本中央競馬会畜産振興事業

    石川明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  2. ニワトリ・ウズラリソースの収集・保存・提供

    2022年4月 - 2027年3月

    ナショナルバイオリソースプロジェクト  ナショナルバイオリソースプロジェクト(プログラム名:中核的拠点整備プログラム)

    西島謙一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  3. 地場産業の国際競争力強化につなげる東海発ゲノム育種:鳥類バイオサイエンスの展開と家禽の新規系統樹立をめざして

    2021年12月 - 2023年3月

    国立大学イノベーション創出環境強化事業交付金  重点支援③

    西島謙一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  4. ニワトリの従順生に関する品種間差とその遺伝要因の探索

    2020年4月 - 2021年3月

    2020年度旗影会研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 13

  1. ニワトリの気質に関わる遺伝的基盤の解明と責任遺伝子の同定

    2022年4月 - 2026年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金   基盤研究(B)(一般)

    石川明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  2. 野生マウスの遺伝子プールから発掘した過体重と肥満抵抗性QTLの責任遺伝子の同定

    2016年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    石川 明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. ニワトリの経済形質発現に関与する候補遺伝子の同定-ゲノム育種実現のために

    2017年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    都築政起

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  4. 野生マウスの遺伝子プールから発掘した過体重と肥満抵抗性QTLの責任遺伝子の同定

    2016年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    石川明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 野生マウスの遺伝子プールから発掘した雑種強勢QTLの最有力候補遺伝子の同定

    2013年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. ニワトリの肉質を支配する量的形質遺伝子座(QTL)の探索-DNA育種のために

    2013年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    都築政起

      詳細を見る

    担当区分:その他 

  7. 新奇被毛色突然変異マウスの系統確立と加齢変化に関わるエピジェネティクスの役割

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 野生マウスの遺伝子プールから発掘したヘテローシスQTLの候補遺伝子解析

    2010年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    石川 明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 加齢に伴って眼と被毛色が変化する新奇自然発症突然変異マウスの系統確立と原因究明

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  萌芽研究,課題番号:20650062

    石川 明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. 野生マウスの遺伝資源から発掘したユニークな成長・肥満QTLの候補遺伝子の同定

    2007年4月 - 2010年1月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    石川明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. ニワトリ経済形質のQTL解析―初のDNA育種を目指して

    2007年4月 - 2010年1月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    都築政起

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  12. 野生マウスの遺伝資源から発掘したユニークな成長・肥満QTLの候補遺伝子の同定

    2007年4月 - 2010年1月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)(一般)

    石川明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  13. ユニークな食虫目実験動物スンクスにおける近交系の樹立と遺伝マーカーの整備

    2005年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金 

    石川明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 47

  1. 専門セミナー

    2022

  2. 博士論文研究1

    2022

  3. 博士論文研究2

    2022

  4. 博士論文研究3

    2022

  5. 博士論文研究4

    2022

  6. 博士論文研究5

    2022

  7. 博士論文研究6

    2022

  8. 遺伝学

    2022

  9. 卒業論文研究

    2022

  10. 修士論文研究4

    2022

  11. 食と農の科学

    2022

  12. 動物遺伝育種学特論

    2022

  13. 生命と技術の倫理

    2022

  14. 動物育種学

    2022

  15. 生命農学演習1

    2022

  16. 生命農学演習2

    2022

  17. 生命農学演習3

    2022

  18. 生命農学演習4

    2022

  19. 修士論文研究1

    2022

  20. 修士論文研究2

    2022

  21. 修士論文研究3

    2022

  22. 生命農学演習2

    2021

  23. 生命農学演習3

    2021

  24. 生命農学演習4

    2021

  25. 修士論文研究1

    2021

  26. 修士論文研究2

    2021

  27. 修士論文研究3

    2021

  28. 修士論文研究4

    2021

  29. 卒業論文研究

    2021

  30. 専門セミナー

    2021

  31. 生命と技術の倫理

    2021

  32. 動物育種学

    2021

  33. 遺伝学

    2021

  34. 食と農の科学

    2021

  35. 生命農学演習1

    2021

  36. 生命農学本論

    2021

  37. 動物遺伝育種学特論

    2021

  38. 動物育種学

    2021

  39. 遺伝学

    2021

  40. 動物育種学

    2021

  41. 遺伝学

    2021

  42. 生命と技術の倫理

    2021

  43. 生命と技術の倫理

    2021

  44. 食と農の科学

    2021

  45. 動物遺伝育種学特論

    2021

  46. 動物遺伝育種学特論

    2021

  47. 国内実地研修

    2019

▼全件表示

 

メディア報道 7

  1. 肥満抑制遺伝子を特定 新聞・雑誌

    中日新聞  中日新聞  朝刊21面  2018年12月

  2. 肥満を抑制する遺伝子を同定 インターネットメディア

    日本の研究.com  日本の研究.com  2018年12月

  3. 肥満を抑制する遺伝子発見 テレビ・ラジオ番組

    CBCテレビ  あさチャン  東海地方のニュース  2018年12月

  4. 肥満防ぐ遺伝子発見 新聞・雑誌

    朝日新聞  朝日新聞朝刊  朝刊社会28面  2018年12月

  5. 肥満抑える遺伝子特定 新聞・雑誌

    日刊工業新聞  日刊工業新聞  日刊工業新聞  2018年12月

  6. 肥満を抑制する遺伝子を同定 インターネットメディア

    名古屋大学  名古屋大学ホームページ  2018年12月

  7. 肥満を防ぐ遺伝子、マウスで発見 糖尿病予防に期待 インターネットメディア

    朝日新聞デジタル  朝日新聞デジタル  https://www.asahi.com/articles/ASLD463B8LD4OIPE02G.html?iref=pc_ss_date  2018年12月

▼全件表示

学術貢献活動 2

  1. Frontiers in Genetics

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

  2. Animal Science Journal

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等