2021/03/27 更新

写真a

カタヤマ アラタ
片山 新太
KATAYAMA, Arata
所属
名古屋大学 未来材料・システム研究所 システム創成部門 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 3

  1. 工学博士 ( 1986年3月   東京工業大学 ) 

  2. 工学修士 ( 1983年3月   東京工業大学 ) 

  3. 理学士 ( 1980年3月   広島大学 ) 

研究キーワード 6

  1. 嫌気性微生物学

  2. 細胞外電子伝達

  3. 腐植物質

  4. バイオレメディエーション

  5. 環境負荷低減技術

  6. 環境生物工学

研究分野 4

  1. その他 / その他  / 環境技術・環境材料

  2. その他 / その他  / 環境動態解析

  3. その他 / その他  / 土木環境システム

  4. その他 / その他  / 環境農学

現在の研究課題とSDGs 6

  1. 生物電気化学的方法を用いた微生物の活性化による環境浄化

  2. 環境負荷物質で汚染した土壌地下水の微生物の働きによる浄化

  3. 微生物燃料電池を用いた有害物質分解からのエネルギー回収

  4. 土壌地下水中の微生物群の構造解析とその活性

  5. 汚染土壌地下水の自然減衰および促進減衰の解析とモデル化

  6. 生物系廃棄物のリサイクル技術

▼全件表示

経歴 9

  1. 名古屋大学   未来材料・システム研究所   教授

    2015年10月 - 現在

  2. 名古屋大学エコトピア科学研究所副所長

    2007年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学エコトピア科学研究所教授

    2005年4月 - 2015年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学エコトピア科学研究機構教授

    2004年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学難処理人工物研究センター教授

    2000年7月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学大学院生命農学研究科助教授

    1999年4月 - 2000年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学農学部助教授

    1993年2月 - 1999年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. カリフォルニア大学デービス校環境毒物学科博士研究員

    1988年7月 - 1990年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 名古屋大学農学部助手

    1986年4月 - 1993年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 4

  1. 東京工業大学   大学院総合理工学研究科   化学環境工学専攻

    1981年4月 - 1986年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京工業大学   資源化学研究所   資源循環研究施設

    1980年11月 - 1981年3月

      詳細を見る

    備考: 研究生

  3. 広島大学   工学部

    1980年4月 - 1980年9月

      詳細を見る

    備考: 聴講生

  4. 広島大学   理学部   化学科

    1976年4月 - 1980年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 19

  1. 環境科学会   評議員, 理事 2003-2006,2007-2010, 2013-2019, 監事2020-

    2021年3月 - 現在

  2. 日本農薬学会   評議員1999-現在, 日本農薬学会誌編集委員長 2009-2010, 編集委員1993-2005,2007- 2017

    1999年4月 - 現在

  3. 日本微生物生態学会   編集委員幹事, 評議員 1995-1996,2007-2008

  4. 日本水環境学会   年会シンポジウム等検討委員会委員2006-2008

  5. 地盤工学会   ISO TC190 日本委員

    2000年4月 - 現在

  6. 資源循環廃棄物学会   東海北陸支部常議員

    2003年4月 - 現在

  7. 日本土木学会

  8. 日本農芸化学会   中部支部評議員、参与

    2009年4月 - 現在

  9. 日本土壌微生物学会   評議員2007-2009

  10. 日本生物工学会

  11. 日本農薬学会   農薬環境科学研究会委員, 委員長(2005-2009)

    1993年4月 - 現在

  12. 日本農薬学会   農薬サイエンティスト研究会委員

    1993年4月 - 2003年3月

  13. 国際微生物生態学会

  14. 日本土壌肥料学会   欧文誌編集委員 1989-1991,1999-2000

  15. アメリカ化学会

  16. アメリカ微生物学会

  17. Society of Environmental Toxicology and Chemistry

  18. 国際土壌学会議

  19. INternational Water Association

▼全件表示

委員歴 18

  1. 環境科学会   若手育成委員会担当理事、広報担当理事、大会実行委員長、監事  

    2020年11月 - 現在   

  2. 科学委員  

    2017年10月 - 2018年11月   

  3. 作物防除化学分野のアドバイザリー委員  

    2000年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. 日本農薬学会第44回大会実行委員会   実行委員  

    2018年4月 - 2019年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 第46回環境システム研究論文発表会実行委員会   実行委員  

    2018年4月 - 2018年10月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  6. 第29回廃棄物資源循環学会研究発表会実行委員会   実行委員  

    2017年12月 - 2018年9月   

  7. 実行委員長、科学委員  

    2016年10月 - 2017年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  8. 科学委員  

    2016年4月 - 2016年10月   

  9. 科学技術委員  

    2013年8月 - 2014年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  10. 第49回日本水環境学会年会   実行委員  

    2013年7月 - 2014年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  11. First International Symposium on Advanced Water Science and Technology (ISAWST-1)   地元実行委員  

    2012年9月 - 2012年11月   

  12. 土木学会平成24年度全国大会 第67回年次学術講演会   プログラム委員  

    2012年1月 - 2012年9月   

  13. 科学委員  

    2011年10月 - 2012年9月   

  14. 第16回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会実行委員会委員   実行委員  

    2010年1月 - 2010年7月   

  15. 第15回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会実行委員会委員   実行委員  

    2009年1月 - 2009年7月   

  16. R'09 Twin World Congress   organizing committee  

    2008年8月 - 2010年3月   

  17. 第14回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会実行委員会委員   実行委員  

    2008年1月 - 2008年7月   

  18. 第42回日本水環境学会大会実行委員会   大会実行委員長  

    2006年12月 - 2008年3月   

▼全件表示

受賞 4

  1. 武田研究奨励賞優秀研究賞

    2002年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 日本農薬学会賞業績賞(研究)

    2000年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 日本土壌肥料学会奨励賞

    1993年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. 望月喜多司記念賞

    2000年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 162

  1. Promotion of biological nitrogen fixation activity of an anaerobic consortium using humin as an extracellular electron mediator 査読有り 国際共著

    Sujan Dey, Takanori Awata, Jumpei Mitsushita, Dongdong Zhang, Takuya Kasai, Norihisa Matsuura, Arata Katayama

    Scientific Reports   11 巻   頁: 6567   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1038/s41598-021-85955-3

  2. Humin: No longer inactive natural organic matter 査読有り

    Duyen minh Pham, Takuya Kasai, Mirai Yamaura, Arata Katayama

    Chemosphere   269 巻   頁: 128697   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.chemosphere.2020.128697

  3. Humin Assists Reductive Acetogenesis in Absence of Other External Electron Donor

    Laskar Mahasweta, Kasai Takuya, Awata Takanori, Katayama Arata

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ENVIRONMENTAL RESEARCH AND PUBLIC HEALTH   17 巻 ( 12 )   2020年6月

  4. Anaerobic Dechlorination by a Humin-Dependent Pentachlorophenol-Dechlorinating Consortium under Autotrophic Conditions Induced by Homoacetogenesis

    Laskar Mahasweta, Awata Takanori, Kasai Takuya, Katayama Arata

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ENVIRONMENTAL RESEARCH AND PUBLIC HEALTH   16 巻 ( 16 )   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijerph16162873

    Web of Science

  5. Aggregatilinea lenta gen. nov., sp. nov., a slow-growing, facultatively anaerobic bacterium isolated from subseafloor sediment, and proposal of the new order Aggregatilineales ord. nov. within the class Anaerolineae of the phylum Chloroflexi

    Nakahara Nozomi, Nobu Masaru K., Takaki Yoshihiro, Miyazaki Masayuki, Tasumi Eiji, Sakai Sanae, Ogawara Miyuki, Yoshida Naoko, Tamaki Hideyuki, Yamanaka Yuko, Katayama Arata, Yamaguchi Takashi, Takai Ken, Imachi Hiroyuki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF SYSTEMATIC AND EVOLUTIONARY MICROBIOLOGY   69 巻 ( 4 ) 頁: 1185 - 1194   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1099/ijsem.0.003291

    Web of Science

  6. Development of sample preparation technique to characterize chemical structure of humin by synchrotron-radiation-based X-ray photoelectron spectroscopy 査読有り

    Duyen Minh Pham, Miyata Yasushi, Awata Takanori, Nakatake Masashi, Zhang Chung Fang, Kanda Keiji, Ogawa Satoshi, Ohta Shozo, Yagi Shinya, Katayama Arata

    SURFACE AND INTERFACE ANALYSIS   51 巻 ( 2 ) 頁: 226 - 233   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/sia.6574

    Web of Science

  7. Humin as an External Electron Mediator for Microbial Pentachlorophenol Dechlorination: Exploration of Redox Active Structures Influenced by Isolation Methods 査読有り

    Duyen Minh Pham, Katayama Arata

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ENVIRONMENTAL RESEARCH AND PUBLIC HEALTH   15 巻 ( 12 ) 頁: 2753   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijerph15122753

    Web of Science

  8. Bacteroides sedimenti sp nov., isolated from a chloroethenes-dechlorinating consortium enriched from river sediment

    Ismaeil Mohamed, Yoshida Naoko, Katayama Arata

    JOURNAL OF MICROBIOLOGY   56 巻 ( 9 ) 頁: 619-627   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12275-018-8187-z

    Web of Science

  9. Issues of conventional model of transfer of latent heat in soil

    Sakaguchi Iwao, Mochizuki Hidetoshi, Katayama Arata, Momose Toshihiko, Fujimaki Haruyuki

    INTERNATIONAL AGROPHYSICS   31 巻 ( 2 ) 頁: 303 - 306   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1515/intag-2016-0050

    Web of Science

  10. Phenol-degrading anode biofilm with high coulombic efficiency in graphite electrodes microbial fuel cell

    Zhang Dongdong, Li Zhiling, Zhang Chunfang, Zhou Xue, Xiao Zhixing, Awata Takanori, Katayama Arata

    JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING   123 巻 ( 3 ) 頁: 364-369   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2016.10.010

    Web of Science

  11. Identification of Multiple Dehalogenase Genes Involved in Tetrachloroethene-to-Ethene Dechlorination in a Dehalococcoides-Dominated Enrichment Culture

    Ismaeil Mohamed, Yoshida Naoko, Katayama Arata

    BIOMED RESEARCH INTERNATIONAL   2017 巻   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2017/9191086

    Web of Science

  12. Decrease in hydraulic conductivity of a paddy field using biocalcification in situ 査読有り

    Kağan Eryürük, Daisuke Suzuki, Shin'ya Mizuno, Tetsuji Akatsuka, Takayuki Tsuchiya, Suyin Yang, Hidemi Kitano and Arata Katayama

    Geomicrobiology Journal   33 巻 ( 8 ) 頁: 690-698   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Enhanced denitrification of Pseudomonas stutzeri by a bioelectrochemical system assisted with solid-phase humin 査読有り

    Zhixing Xiao, Takanori Awata, Dongdong Zhang, Chunfang Zhang, Zhiling Li, and Arata Katayama

    Journal of Bioscience and Bioengineering   122 巻   頁: 85-91   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. リレーコラム・理事が語る環境科学研究<第59回>定性と定量:技術の評価と開発 招待有り

    片山新太

    環境科学会誌   29 巻   頁: 189-190   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  15. Biofilm anode involved Geobacter in microbial fuel cell for phenol degradation

    Dongdong Zhang, Zhiling Li, Chunfang Zhang, Xue Zhou, Zhixing Xiao, Takanori Awata, Arata Katayama

    Journal of Bioscience and Bioengineering   122 巻   頁: XX   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Denitrification of Pseudomonas stutzeri coupled with CO2 reduction by Sporomusa ovata with hydrogen as electron donor assisted with solid-phase humin 査読有り

    Zhixing Xiao, Takanori Awata, Dongdong Zhang, and Arata Katayama

    Journal of Bioscience and Bioengineering   122 巻   頁: 307-313   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2016.02.002

  17. Spatial Abundance and Distribution of Potential Microbes and Functional Genes Associated with Anaerobic Mineralization of Pentachlorophenol in a Cylindrical Reactor 査読有り

    Zhiling Li, Jun Nan, Cong Huang, Bin Liang, Wenzong Liu, Haoyi Cheng, Chunfang Zhang, Dongdong Zhang, Deyong Kong, Kyoko Kanamaru, Tetsuo Kobayashi, Aijie Wang, and Arata Katayama

    Scientific Report   6 巻   頁: 19015   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2016.02.002

  18. Enhancement of multiple microbial reduction reactions with different redox potentials in a consortium by solid-phase humin as a redox mediator 査読有り

    Dongdong Zhang, Chunfang Zhang, Zhixing Xiao, Daisuke Suzuki, Arata Katayama

    Journal of Bioscience and Bioengineering   119 巻   頁: 188-194   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2014.07.010

  19. Reducing hydraulic conductivity of porous media using CaCO3 precipitation induced by Sporosarcina pasteurii 査読有り

    Kağan Eryürük, Suyin Yang, Daisuke Suzuki, Iwao Sakaguchi, Tetsuji Akatsuka, Takayuki Tsuchiya, Arata Katayama

    Journal of Bioscience and Bioengineering   119 巻   頁: 331-336   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2014.08.009

  20. Anaerobic mineralization of 2,4,6-tribromophenol to CO2 by a synthetic microbial community comprising Clostridium, Dehalobacter and Desulfatiglans 査読有り

    Zhiling Li, Naoko Yoshida, Aijie Wang, Jun Nan, Bin Liang, Chunfang Zhang, Dongdong Zhang, Daisuke Suzuki, Xue Zhou, Zhixing Xiao, and Arata Katayama

    Bioresouce Technology   176 巻   頁: 225-232   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Temporal distributions of functional microbes and putative genes associated with halogenated phenol anaerobic dehalogenation and further mineralization 査読有り

    Zhiling Li, Jun Nan, Jiaqi Yang, Xiao Jin, Arata Katayama

    RSC Advances     頁: XX   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Methylomagnum ishizawai gen. nov., sp. nov., a mesophilic type I methanotroph isolated from rice rhizosphere

    Ashraf Khalifa, Chol Gyu Lee, Takuya Ogiso, Chihoko Ueno, Dayéri Dianou, Toyoko Demachi, Arata Katayama and Susumu Asakawa

    Inernational Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology     2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1099/ijsem.0.000451

  23. Effects of bentonite and yeast extract as nutrient on decrease in hydraulic conductivity of porous media using CaCO3 precipitation induced by Sporosarcina pasteurii 査読有り

    Kağan Eryürük, Suyin Yang, Daisuke Suzuki, Iwao Sakaguchi, Arata Katayama

    Journal of Bioscience and Bioengineering   120 巻   頁: 411-418   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Polyphasic characterization of an anaerobic hexachlorobenzene-dechlorinating microbial consortium with a wide dechlorination spectrum for chlorobenzenes 査読有り

    Xue Zhou, Chunfang Zhang, Dongdong Zhang, Takanori Awata, Zhixing Xiao, Qi Yang, Arata Katayama

    Journal of Bioscience and Bioengineering   120 巻   頁: 62-68   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Assessment of soil remediation technologies by comparing health risk reduction and potential impacts using unified index 査読有り

    Iwao Sakaguchi, Yasushi Inoue, Shinichiro Nakamura, Yoshihiro Kojima, Ryo Sasai, Kayo Sawada, Kenji Suzuki, Chisato Takenaka, and Arata Katayama

    Clean Technologies and Environmental Policy   17 巻   頁: 1663-1670   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Characterization of humins from different natural sources and the effect on microbial reductive dechlorination of pentachlorophenol 査読有り

    Chunfang Zhang, Dongdong Zhang, Zhixing Xiao, Zhiling Li, Daisuke Suzuki, Arata Katayama

    Chemosphere   131 巻   頁: 110-116   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Anaerobic 4-chlorophenol mineralization in an enriched culture under iron-reducing conditions 査読有り

    Zhiling Li, Daisuke Suzuki, Chunfang Zhang, Suyin Yang, Naoko Yoshida, and Arata Katayama

    Journal of Bioscience and Bioengineering     2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2014.04.007

  28. A Practical Formula for Quantifying the Thermal Conductivity of Tottori Dune Sand 査読有り

    Hidetoshi Mochizuki, Iwao Sakaguchi, Arata Katayama

    Soil Science and Plant Nutrition     2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00380768.2014.938594

  29. Reclassification of Desulfobacterium anilini as Desulfatiglans anilini comb. nov. to Desulfatiglans gen. nov., and description of 4-chlorophenol-degrading sulfate-reducing bacterium-Desulfocitreum parachlorophenolica sp. nov. 査読有り

    Daisuke Suzuki, Xinxin Cui, Zhiling Li, Chunfang Zhang, and Arata Katayama

    Inernational Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology   64 巻   頁: 3081-3086   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1099/ijs.0.064360-0

  30. Insoluble Fe-HA complex as solid-phase electron mediator for microbial reductive dechlorination 査読有り

    Chunfang Zhang, Dongdong Zhang, Zhiling Li, Tetsuji Akatuka, Suyin Yang, Daisuke Suzuki, Arata Katayama

    Environmental Science and Technology     2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/es501056n

  31. Electrochemical Stimulation of Microbial Reductive Dechlorination of PCP by Using Solid-State Electron Mediator (humin) Immobilization 査読有り

    Dongdong Zhang, Chunfang Zhang, Zhiling Li, Daisuke Suzuki, Daisuke D. Komatsu, Urumu Tsunogai, and Arata Katayama

    Bioresouce Technology   164 巻   頁: 232-240   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.biortech.2014.04.071

  32. 複合嫌気微生物を用いた芳香族ハロゲン化合物の完全分解 招待有り

    片山新太

    名古屋大学アイソトープ総合センター広報誌Tracer   55 巻   頁: 3-8   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  33. Simulation of the Reductive Dechlorination Processes in a Lab-Scale Anaerobic Biobarrier with the Enriched TCP Dechlorination Consortium 査読有り

    Zhiling Li, Yasushi Inoue, Takuya Mizoguchi, Yohei Simizu, Naoko Yoshida and Arata Katayama

    Transactions of Tianjin University   18 巻   頁: 441-449   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1007/s12209-012-1768-8

  34. Characteristics of biochar and its application in remediation of contaminated soil

    Jingchun Tang, Wenying Zhu, Rai Kookana, Arata Katayama

    Journal of Bioscience and Bioengineering   116 巻 ( 6 ) 頁: 653–659   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  35. Effects of lactate and sulfate concentration ratios on the anaerobic mineralization of pentachlorophenol (PCP) in a combined PCP-dechlorinating and phenol-degrading culture 査読有り

    Suyin Yang, Yasushi Inoue, Arata Katayama

    Research Journal of Biotechnology   8 巻 ( 9 ) 頁: 4-9   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. A humin-dependent Dehalobacter species is involved in reductive debromination of tetrabromobisphenol A 査読有り

    Chunfang Zhang, Zhiling Li, Daisuke Suzuki, Lizhen Ye, Yoshida Naoko, and Arata Katayama

    Chemosphere   92 巻   頁: 1343-1348   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Involvement of Dehalobacter spp. in the anaerobic dechlorination of 2,4,6-trichlorophenol 査読有り

    Zhiling LI, Daisuke SUZUKI, Chunfang ZHANG, Naoko YOSHIDA, Suyin YANG, and Arata KATAYAMA

    Journal of Bioscience and Bioengineering   116 巻 ( 5 ) 頁: 602-609   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Use of a glass bead-containing liquid medium for efficient production of a soil-free culture with polychlorinated biphenyl-dechlorination activity 査読有り

    Daisuke SUZUKI, Daisuke BABA, Velayudhan Satheeja SANTHI, Robinson David Jebakumar SOLOMON, and Arata KATAYAMA

    World Journal of Microbiology and Biotechnology   29 巻   頁: 1461-1471   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11274-013-1310-8

  39. Long-term anaerobic mineralization of pentachlorophenol in a continuous-flow system using only lactate as an external nutrient 査読有り

    Zhiling LI, Yasushi INOUE, Daisuke SUZUKI, Lizhen YE and Arata KATAYAMA

    Environmental Science and Technology   47 巻   頁: 1534−1541   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/es303784f

  40. Evaluations of biodegradable plastics as solid electron donors for the reductive dechlorination of fhtalide by Dehalobacter species 査読有り

    Naoko Yoshida, Lizhen Ye, Fengmao Liu, Zhiling Li, Arata Katayama

    Bioresource Technology   130 巻   頁: 478-485   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.biortech.2012.11.139

  41. Effects of lactate and sulfate concentration ratios on the anaerobic mineralization of pentachlorophenol (PCP) in a combined PCP-dechlorinating and phenol-degrading culture 査読有り

    Suyin Yang, Yasushi Inoue, Arata Katayama

    Research Journal of Biotechnology   8 巻 ( 9 ) 頁: 4-9   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Hydrothermal treatment and characterization of model food garbage, focusing on the effect of additional foreign matter on internal temperature, pressure and products 査読有り

    M. N. A. Bhuiyan, Yasuaki Ito, Toyoko Demachi, Keizo Sugimoto, Arata Katayama, Tatsuya Hasegawa

    Journal of Material Cycles and Waste Management   16 巻 ( 2 ) 頁: 227-238   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10163-013-0182-1

  43. Hydrothermal treatment and characterization of model food garbage, focusing on the effect of additional foreign matter on internal temperature, pressure and products 査読有り

    M. N. A. Bhuiyan, Yasuaki Ito, Toyoko Demachi, Keizo Sugimoto, Arata Katayama, Tatsuya Hasegawa

    Journal of Material Cycles and Waste Management   16 巻 ( 2 ) 頁: 227-238   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10163-013-0182-1

  44. Hydrothermal treatment and characterization of model food garbage, focusing on the effect of additional foreign matter on internal temperature, pressure and products 査読有り

    Journal of Material Cycles and Waste Management   16 巻 ( 2 ) 頁: 227-238   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10163-013-0182-1

  45. 土壌汚染浄化技術の計画的開発目標設定手法の構築 査読有り

    井上康、片山新太

    土木学会論文集G(環境)   68 巻 ( 1 ) 頁: 60-71   2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Humin as an electron mediator for microbial reductive dehalogenation 査読有り

    Chunfang Zhang, Arata Katayama

    Environmental Science and Technology   46 巻   頁: 6575-6583   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/es3002025

  47. Methylomonas koyamae sp. nov., a novel type I methane-1 oxidizing bacterium from floodwater of a rice paddy field in Japan 査読有り

    Takuya Ogiso, Chihoko Ueno, Dayéri Dianou, Tran Van Huy, Arata Katayama, Makoto Kimura and Susumu Asakawa

    International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology   62 巻   頁: 1832-1837   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1099/ijs.0.035261-0

  48. Polyphasic characterization of two microbial consortia with wide dechlorination spectra for chlorophenols 査読有り

    Chunfang Zhang, Daisuke Suzuki, Zhiling Li, Lizhen Ye, Arata Katayama

    Journal of Bioscience and Bioengineering   114 巻 ( 5 ) 頁: 512-517   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2012.05.025

  49. Two-scale evaluation of remediation technologies for a contaminated site by applying economic input-output lifecycle assessment 査読有り

    Yasushi Inoue, Arata Katayama

    Journal of Hazardous Materials   192 巻   頁: 1234-1242   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1016/j.jhazmat.2011.06.029

  50. 有機塩素化合物の微生物分解 招待有り 査読有り

    片山新太

    地球環境   15 巻 ( 1 ) 頁: 45-53   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  51. Approach for estimating microbial growth and the biodegradation of hydrocarbon contaminants in subsoil based on field measurements: 2. Application in a field lysimeter experiment 査読有り

    Song, D. J. Kitamura, M. and Katayama, A.

    Environmental Science and Technology   44 巻 ( 17 ) 頁: 6795–6801   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Complete anaerobic mineralization of pentachlorophenol (PCP) under continuous flow conditions by sequential combination of PCP-dechlorinating and phenol-degrading consortia 査読有り

    Zhiling LI, Suyin YANG, Yasushi INOUE, Naoko YOSHIDA, and ArataKATAYAMA

    Biotechnology and Bioengineering   107 巻   頁: 775–785   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Mass balance and kinetic analysis of anaerobic microbial dechlorination of pentachlorophenol in a continuous flow column 査読有り

    Zhiling LI, Yasushi INOUE, Suyin YANG, Naoko YOSHIDA, and Arata KATAYAMA

    Journal of Bioscience and Bioengineering   110 巻 ( 3 ) 頁: 326-332   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Comparative characterization of composting processes with different raw materials and bulking agents 査読有り

    Jing-Chun Tang, Qixing Zhou and Arata Katayama

    Journal of Microbiology and Biotechnology   20 巻 ( 5 ) 頁: 925-934   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. *Bioavailability of Xenobiotics in the Soil Environment 査読有り

    Arata Katayama, Raj Bhula, Richard G.. Burns, Elizabeth Carazo, Allan Felsot, Denis Hamilton, Caroline Harris, Yong-Hwa Kim, Gijs Kleter, Werner Koedel, Jan Linders, Willie J.G.M. Peijnenburg, Aleksandar Sabljic, Gerald R. Stephenson, Kenneth D. Racke, Baruch Rubin, Keiji Tanaka, John Unsworth, R. Donald Wauchope

    Reviews of Environmental Contamination and Toxicology   203 巻   頁: 1-86   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  56. *Approach for estimating microbial growth and the biodegradation of hydrocarbon contaminants in subsoil based on field measurements: 1. Model development and verification 査読有り

    Song, D. J. and Katayama, A.

    Environmental Science and Technology   44 巻 ( 2 ) 頁: 767-773   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. 原位置バイオマーカーに基づく汚染修復速度の予測方法

    宋徳君、打木弘一、片山新太

    Proceedings of the 20th Symposium on Geo-Environments and Geo-Technics 2010     頁: 199-204   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  58. 環境・経済・社会・ヒューマンファクターに関わる評価指標に関する研究-持続可能型エコトピア実現に資する指標- 査読有り

    林希一郎、伊東英幸、古賀一男、田原讓、片山新太、伊藤秀章、有田裕二、井上泰志、小林敬幸

      22 巻   頁: 281-289   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Reductive dechlorination of polychlorinated biphenyls and dibenzo-p-dioxins in an enrichment culture containing Dehalobacter species 査読有り

    Naoko Yoshida, Lizhen Ye, Daisuke Baba and Arata Katayama

    Microbes and Environments   24 巻 ( 4 ) 頁: 343-346   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. *A Novel Dehalobacter sp. is involved in extensive 4,5,6,7-tetrachlorophthalide (fthalide) dechlorination 査読有り

    Naoko Yoshida, Lizhen Ye, Daisuke Baba and Arata Katayama

    Applied and Environmental Microbiology   75 巻 ( 8 ) 頁: 2400-2405   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. *Anaerobic mineralization of pentachlorophenol (PCP) by combining PCP-dechlorinating and phenol-degrading cultures 査読有り

    Suyin Yang, Atsushi Shibata, Naoko Yoshida, Arata Katayama

    Biotechnology and Bioengineering   102 巻   頁: 81-90   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Anaerobic biodegradation of biphenyl in various paddy soils and river sediment 査読有り

    Suyin Yang, Naoko Yoshida, Daisuke Baba, Arata Katayama

    Chemosphere   71 巻   頁: 328-336   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Isolation and Quantitative detection of tetrachloroethylene (PCE)-dechlorinating bacteria in unsaturated subsurface soil contaminated with chloroethenes 査読有り

    Naoko Yoshida, Kiyotoshi Asahi, Yasushi Sakakibara, Katsuhide Miyake and Arata Katayama

    Journal of Bioscience and Bioengineering   104 巻 ( 2 ) 頁: 91-97   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Polyphasic characterization of an anaerobic microbial community from paddy soil completely dechlorinating pentachlorophenol to phenol, 査読有り

    Naoko Yoshida, Yukina Yoshida, Yuko Handa, Hyo-Keun Kim, Shigeyuki Ichihara, Arata Katayama

    Science of the Total Environment   381 巻   頁: 233-242   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Anaerobic co-metabolic oxidation of 4-alkylphenols with medium-length or long alkyl chains by Thauera sp., strain R5 査読有り

    Shibata, A. and Katayama, A.

    Applied Microbiology and Biotechnology   75 巻 ( 5 ) 頁: 1151-1161   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Anaerobic biodegradation of 4-alkylphenols in a paddy soil microcosm supplemented with nitrate 査読有り

    Shibata, A. Toyota, K. Miyake, K. and Katayama, A.

    Chemosphere   68 巻 ( 11 ) 頁: 2096-2103   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Anaerobic biodegradation of polychlorinated biphenyls by microbial consortium from uncontaminated paddy soil 査読有り

    Daisuke Baba, Tsuyoshi Yasuta, Naoko Yoshida, Yuko Kimura, Katsuhide Miyake, Yasushi Inoue, Koki Toyota, Arata Katayama

    World Journal of Microbiology and Biotechnology   23 巻 ( 11 ) 頁: 1627-1636   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Enhanced anaerobic biodegradation of polychlorinated biphenyls in burnt soil culture 査読有り

    Daisuke Baba, Arata Katayama

    Journal of Bioscience and Bioengineering   104 巻 ( 1 ) 頁: 62-68   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Characterization of the anaerobic microbial consortium with enhanced degradation activity of polychlorinated biphenyl mixture 査読有り

    Daisuke Baba, Naoko Yoshida, Arata Katayama

    Journal of Bioscience and Bioengineering   104 巻 ( 4 ) 頁: 268-274   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Altered pesticide use on transgenic crops and the associated general impact from an environmental perspective, 査読有り

    Kleter GA, Bhula R, Bodnaruk K, Carazo E, Felsot AS, Harris CA, Katayama A, Kuiper HA, Racke KD, Rubin B, Shevah Y, Stephenson GR, Tanaka K, Unsworth J, Wauchope RD, Wong SS

    Pest management science   63 巻 ( 11 ) 頁: 1107-1115   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  71. Anaerobic biodegradation of biphenyl in various paddy soils and river sediment 査読有り

    Suyin Yang, Naoko Yoshida, Daisuke Baba, Arata Katayama

    Chemosphere   71 巻   頁: 328-336   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Effect of temperature on the reaction rate and microbial community in composting of cattle manure with rice straw 査読有り

    Jing-Chun Tang, Atsushi Shibata, Qixing Zhou and Arata Katayama

    Journal of Bioscience and Bioengineering   104 巻 ( 4 ) 頁: 321-328   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. 油汚染サイトの原位置微生物群集動態のモニタリング

    宋徳君、片山新太

    土と岩   54 巻   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  74. Temporal changes in distribution and composition of N from labeled fertilizer in soil organic matter fractions 査読有り

    Abe, T., Katayama, A., and Watanabe, A.

    Biology and Fertility of Soils   43 巻 ( 4 ) 頁: 427-435   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Aerobic/anaerobic biodegradation of phenol derivatives in various paddy soils 査読有り

    Shibata, A., Inoue, Y. and Katayama, A.

    Science of the Total Environment   367 巻   頁: 979-987   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Response of microbial activity and microbial community composition in soils to long-term arsenic and cadmium exposure 査読有り

    Nicola Lorenz, Therese Hintemann, Tanja Kramarewa, Arata Katayama, Tsuyoshi Yasuta, Petra Marschner and Ellen Kandeler

    Soil Biology and Biochemistry   38 巻   頁: 1430-1437   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Characterization of maturing process of cattle manure compost 査読有り

    Tang, J-C., Maie, N., Tada, Y. and Katayama, A.

    Process Biochemistry   41 巻   頁: 380-389   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Monitoring microbial community in a subsurface soil contaminated with hydrocarbons by quinone profile 査読有り

    Song, D.-J. and Katayama, A.

    Chemosphere   59 巻   頁: 305-314   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. 農薬の土壌環境における動態と残留 招待有り

    片山新太

    農薬環境科学研究   13 巻   頁: 1-10   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  80. 土壌汚染と微生物多様性 招待有り

    片山新太、亀谷美智康、倉橋明里、舩坂敬子、宋徳君、安田剛、北村充、梶浦章太郎、井上康

    土と微生物   59 巻 ( 2 ) 頁: 83-89   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  81. Evaluation for the behavior of LNAPL released in vadose zone as source of groundwater contamination 査読有り

    Dejun Song, Mitsuru Kitamura and Arata Katayama

    Environmental Engineering Research (JSCE)   42 巻   頁: 91-99   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Relating quinone profile detection to aerobic biodegradation in thermophilic composting processes of cattle manure with different bulking agents 査読有り

    Tang, J-C. and Katayama, A.

    World Journal of Microbiology and Biotechnology   21 巻   頁: 1249-1254   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Biodegradation kinetics of volatile hydrophobic organic compounds in the cultures with variable fractional volumes 査読有り

    Tien, T-H. and Katayama, A.

    Biotechnology and Bioengineering   85 巻 ( 6 ) 頁: 580-588   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. 土壌中における有機化学物質の生物有効性(bioavailability)の評価 招待有り

    片山新太

    第4回有機化学物質研究会資料「土壌中におけるPOPs残留メカニズムとリスク低減技術-土壌吸着現象の原理と利用-」農薬環境技術研究所     頁: 47-59   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  85. 土壌地下水汚染の浄化技術の開発動向―積極的浄化技術から環境浄化容量の利用へ― 招待有り

    片山新太、井上 康

    農薬環境科学研究   12 巻   頁: 57-66   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  86. Application of quinone profile analysis for the characterization of microbial ecology in environment 査読有り

    Chinese Journal of Applied Environment Biology   10 巻 ( 4 ) 頁: in printing   2004年

  87. Anaerobic Biodegradation of PCP in Japanese Paddy Field Soils 査読有り

    Kim, H-K. Inoue, Y., Handa, Y., Yasuta, T., Lee, K-S. and Katayama, A.

    the Korean Journal of Environmental Agriculture   23 巻 ( 3 ) 頁: 138-141   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Changes in microbial community structure in thermophilic composting process of manure detected by quinone profile method 査読有り

    Tang, J-C., Kanamori, T., Inoue, Y., Yasuta, T., Yoshida, S. and Katayama, A.

    Process Biochemistry   39 巻 ( 12 ) 頁: 1999-2006   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. *Application of the Rescue Number to the evaluation of remediation technologies for contaminated ground 査読有り

    Inoue, Y. and Katayama, A.

    Journal of Material Cycles and Waste Management   6 巻   頁: 48-57   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Environmental Fate and Safety

    日本農薬学会誌   28 巻   頁: 149-157   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  91. Functional characterization of soil microbial community based on utilization pattern of aromatic compounds 査読有り

    Marwati, U., Funasaka, K., Toyota, K. and Katayama, A.

    Soil Sci. Plant Nutr.   49 巻 ( 1 ) 頁: 143-147   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. The chemical and microbial properties of various compost products

    Soil Sci. Plant Nutr.   49 巻   頁: 273-280   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  93. Role of metabolism in the endocrine-disrupting effects of chemicals in aquatic and terrestrial systems, 査読有り

    Pure and Applied Chemistry   75 巻 ( 11-12 ) 頁: 1917-1932   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  94. Regulatory limits for pesticide residues in water

    Pure and Applied Chemistry   75 巻 ( 8 ) 頁: 1123-1155   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  95. Endocrine disruptors in the environment

    Pure and Applied Chemistry   75 巻 ( 5 ) 頁: 631-681   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  96. 鉱質畑地における給費の長期連用効果の解析(2)土壌の諸性質および養分集積に対する効果

    農業及び園芸   78 巻 ( 3 ) 頁: 407-413   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  97. Chlorothalonil degradation in soils treated repeatedly with chlorothalonil

    J. Pesticide Sci.   28 巻 ( 2 ) 頁: 208-211   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  98. Pesticide soil sorption parameters: theory, measurement, uses, limitations and reliability 査読有り

    Pest Management Science   58 巻   頁: 419-445   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  99. Changes in microbial community structure in soils incorporated with the mixture of glucose and peptone with reference to respiratory quinone profile 査読有り

    Katayama, A, Hu, H.-y., Nozawa, M., Takahashi, S. and Fujie, K.

    Soil Sci. and Plant Nutr.   48 巻 ( 6 ) 頁: 841-846   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. 厩肥を施用した農耕地断面における硝酸溶脱の実態例 査読有り

    片山新太、山川晴義、水谷浩孝、井上 康、豊田剛己、吉田重方

    環境科学会誌   15 巻 ( 4 ) 頁: 287-291   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. POPs汚染地盤に対する浄化処理技術の評価手法

    農薬環境科学研究   10 巻   頁: 47-59   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  102. Changes in respiratory quinone profile of a soil applied with pesticides 査読有り

    Katayama, A., Funasaka, K., Fujie, K.

    Biology and Fertility of Soils   33 巻   頁: 454-459   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. 難処理人工物の再資源化・無害化処理評価システム 査読有り

    山内睦文、伊藤秀章、藤澤敏治、松田仁樹、片山新太、恒川隆生、斎藤豊文、木塚徳志、田中拓、石原一彰

    廃棄物学会誌   12 巻 ( 3 ) 頁: 183-186   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. 牛糞厩肥リサイクルシステムにおける窒素の環境負荷量の推定 査読有り

    片山新太、水谷浩孝、鈴木聡子、多田豊、吉田重方

    環境科学会誌   14 巻 ( 4 ) 頁: 373-381   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Direct isolation of fungal hyphae degrading 2,4,5,6-tetrachloroisophthalonitrile from soil 査読有り

    43. Mori, T., Itoh, T., Yamamoto, H., Fujie, K. and Katayama, A.

    Soil Sci. Plant Nutr.   46 巻   頁: 745-749   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. 土壌中の農薬分解に関与する微生物群の構造と挙動

    日本農薬学会誌   25 巻   頁: 300-309   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  107. 農畜産業のネットワーク化におけるゼロエミッション化と環境管理

    環境科学会誌   13 巻 ( 1 ) 頁: 127-128   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  108. Changes in microbial community stracture in sil percolated with pentachlorophenol with reference to respiratory quinone profile 査読有り

    J. Pesticide Sci   24 巻   頁: 186-188   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. 農畜産リサイクルシステムにおける肥飼料成分の動態解析とゼロエミッション化

    環境科学会誌   12 巻 ( 1 ) 頁: 126-127   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  110. Linear relation between the amount of respiratory quinones and the microbial biomass in soil 査読有り

    Soil Sci, Plant Natr   45 巻   頁: 775-778   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. Detection of microbial groups metaholizing a substrate in soil by the [14C] quinone profile 査読有り

    Soil Sci, Plant Natr   45 巻   頁: 669-679   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Quantitative analysis of miafloral changes in abioreactor for waste water treatwment using novel indices of diversity and equitability of respiratory quinones 査読有り

    Water Research   33 巻   頁: 3263-3270   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Effect of drying treatment on the respiratory quinone profile in soil. 査読有り

    Soil Sci. Plant Nutr.   44 巻   頁: 467-470   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Analysis of respiratory quinone profile in soil for characterization of microbiota. 査読有り

    Soil Sci. Plant Nutr.   44 巻   頁: 393-404   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. 農業における農薬の役割と環境影響

    石川県農業短期大学研究報告   28 巻   頁: 67-70   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  116. 農耕地土壌における有機物の挙動および物質収支の解析 査読有り

    用水と廃水   40 巻 ( 5 ) 頁: 409-413   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. Long-term changes in micobial community stractures in soils subjected to different fertilizing practices revealed by quinone profile analysis 査読有り

    Soil Sci. Plant Nutr.   44 巻   頁: 559-569   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. Bacterial and fungal contributions to chlorothalonil degradation in soil 査読有り

    Soil Sci. Plant Nutr.   44 巻   頁: 297-304   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Recovery, size distribution and physiology of bacteria directly extracted from soil 査読有り

    Soil Sci. Plant Nutr.   44 巻   頁: 245-252   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. 農薬の土壌環境への影響:土壌微生物相への影響を中心に

    日本園芸学会シンポジウム     1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  121. Ubiquitous capability to substitute cholorine of cholorothalonil in bacteria 査読有り

    J. Pesticide Sci.   22 巻   頁: 12-16   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. Activities of some soil enzymes in different land use systems after deforestoration in hilly areas of West Lampung, South Sumatra, Indonesia 査読有り

    Soil. Sci. Plant Nutr.   43 巻   頁: 93-103   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. Estimation of DDT availability to DDT-degrading baterium in soil by direct extraction method of bacterial cells

    Chemosphere   35 巻   頁: 335-341   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. Accelerated microbial degradation of chlorothalonil in soil amended with farmyard manure 査読有り

    Soil Sci. Plant Nutr.   42 巻   頁: 315-322   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. Bioavailability and biodegradation rate of DDT by Bacillus sp. B75 in the presence of dissolved humic substances 査読有り

    Soil. Sci. Plant. Nutr.   42 巻   頁: 375-381   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. Microbial Degradation of Paraquat Sorbed to plant Residues 査読有り

    Journal of Agricultural and Food Chemistry   43 巻   頁: 1343-1347   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. Abiotic dissipation of chlorothalonil in soil accelerated by amendment with high applications of farmyard manure 査読有り

    Soil Biol. Biochem.   27 巻   頁: 147-151   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. Inhibitory action of dissolved humic substances on growth of soil bacteria degrading DDT 査読有り

    Soil Sci. Plant Nutr.   40 巻   頁: 525-530   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. 農薬施用による土壌微生物相の変動-非標的微生物への影響を中心として

    土壌伝染病談話会レポート,土壌伝染病談話会編 日本植物病理学会     頁: 45-54   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  130. リスクアセスメント

    日本農薬学会誌 特別号   19 巻   頁: S333-S339   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  131. 農薬連用土壌における微生物相の変動

    植物防疫   47 巻   頁: 351-354   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  132. Chemical and microbial degradation of atrazine in Japanese and Thai soils 査読有り

    J. Pesticide Sci.   18 巻   頁: 77-83   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  133. 土壌生態系に及ぼす農薬の影響評価のための推奨試験-2 畑土壌の影響評価試験

    農薬環境科学研究   1 巻   頁: 53-58   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  134. 土壌中における有機質廃棄物および人工有機化合物の分解と分解微生物の挙動に関する研究

    日本土壌肥料学雑誌   64 巻   頁: 255-256   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  135. Microbial degradation of DDT at extremely low concentrations 査読有り

    J. Pesticide Sci.   18 巻   頁: 353-359   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  136. Degradation of atrazine by soil bacteria in the stationary phase 査読有り

    J. Pesticide Sci.   18 巻   頁: 293-298   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. Degradation of organochlorine pesticides, particulary endosulfan, by Trichoderma harzianum 査読有り

    Environ. Toxicol. Chem.   12 巻   頁: 1059-1065   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  138. Formation of methylthiolated metabolite from the fungicide chlorothalonil by soil bacteria 査読有り

    Biosci. Biotech. Biochem.   56 巻   頁: 1520-1521   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  139. 農薬の土壌微生物に及ぼす副次的影響(Side Effects)

    エコケミストリー研究会ニュースレター   4 巻   頁: 1-4   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  140. Effect of pesticides on interaction among celluloce docomposition, microflora and soil conditions-Insertion of celluloce sheets in flooded soil samples- 査読有り

    Soil Sci. Plant Nutr.   38 巻   頁: 169-177   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  141. Degradation of the persistent organochlorine compound DDT by white-rot fungi under nutrieut-rich conditions 査読有り

    J. Pesticide Sci.   17 巻   頁: 279-281   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  142. Microflora in sois with long-term application of compost 査読有り

    J. Pesticide Sci.   17 巻   頁: 129-131   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  143. 土壌微生物による殺菌剤TPN分解の機構

    エコケミストリー研究会ニュースレター   3 巻   頁: 1-3   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  144. Effect of pesticides on cellelose degradation in soil under upland and flooded conditions 査読有り

    Soil Sci. Plant Nutr.   37 巻   頁: 1-6   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  145. Population change and characteristics of chlorothalonil-degrading bacteria in soil 査読有り

    J. Pesticide Sci   16 巻   頁: 239-245   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  146. Photochemically enhanced microbial degradation of environmental pollutants 査読有り

    Environ, Sci. Technol.   25 巻   頁: 1329-1333   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  147. Suppression of chlorothalouil dissipation in soil by repeated applications 査読有り

    J. Pesticide Sci   16 巻   頁: 233-238   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  148. Microbial degradation of chlorothalouil in soil

    Transactions of 14th international congress of soil science   III 巻   頁: 375-376   1990年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  149. Stabilization process of sewage sludge compost in soil 査読有り

    Soil Sci. Plant Nutr.   33 巻   頁: 123-135   1987年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  150. Decomposition process of various organic wastes in soil with reference to gel chromatography. 査読有り

    Soil Sci. Plant Nutr.   33 巻   頁: 471-486   1987年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  151. 下水汚泥の土壌中分解過程のゲルクロマトグラフィーによるモニタリング

    再生と利用   10 巻 ( 36 ) 頁: 34-38   1987年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  152. Effect of compost maturity on plant growth 査読有り

    Biocycle   27 巻 ( 4 ) 頁: 58-61   1986年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  153. Factors affecting the stabilization period of sewage sludge in soil with reference to gel chromatographic pattern 査読有り

    Soil Sci. Plant Nutr.   32 巻   頁: 383-395   1986年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  154. Application of gel chromatography to moniter the decomposition process of sewage sludge in soil 査読有り

    Soil Sci. Plant Nutr.   32 巻   頁: 211-222   1986年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  155. High performance size exclusion chromatography of water extract from sewage sludge-soil mixture 査読有り

    Soil Sci. Plant Nutr.   32 巻   頁: 479-486   1986年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  156. Inhibitory factors of sewage sludge compost for growth of Komatsuna, <u>Brassica</u> <u>campestris</u> L. var. <u>rapiferafroug</u> 査読有り

    Environ. Pollut. (Ser. A)   38 巻   頁: 45-62   1985年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  157. Effects of Compost maturity on growth of Komatsuna(<u>Brassica</u> <u>Rapa</u> var. <u>perpidis</u>) in Neabaver's pot I. Comparison of growth in compost treatments with that in inorganic nutrient treatments as controls 査読有り

    Soil Sci. Plant Nutr.   29 巻   頁: 251-259   1983年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  158. Effects of compost maturity on growth of Komatsung (<u>Brassica</u> <u>Rapa</u> var. <u>perpidis</u>) in Neubauer's pot II. Growth inhibitory factors and assessment of degree of maturity by org. -C/org. -N ratio of water extract 査読有り

    Soil Sci. Plant Nutr.   29 巻   頁: 239-250   1983年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  159. Effects of compost maturity on Komatsuna (<u>Brassica</u> <u>Rapa</u> var. <u>pervidis</u>) in Neubauer's pot 査読有り

    Biological reclamation and land utilization of urban wastes     1983年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  160. 消費生活における有機塩素の流れ 査読有り

    環境情報科学   11 巻 ( 3 ) 頁: 82-91   1982年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  161. Collins oxidation of methly(+)-13-abiet-8-en-oate and absolute configuration of suaveolic acid 査読有り

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   55 巻   頁: 527-533   1982年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  162. 都市ごみ中の揮発性塩素について 査読有り

    都市と廃棄物   12 巻 ( 8 ) 頁: 15-23   1982年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 22

  1. 99.人に役立つ土壌微生物 「微生物の事典」

    鈴木大典、片山新太( 担当: 共著)

    朝倉書店  2014年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 第15章 キノンプロファイル、「土壌微生物実験法 第3版」

    柴田敦司、片山新太( 担当: 共著)

    養賢堂  2013年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 名古屋大学エコトピア科学研究所編「エコトピア科学概論」 4.2人間環境と生態系の保全・修復技術

    片山新太( 担当: 共著)

    コロナ社  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 大熊盛也、工藤俊章監修「難培養微生物研究の最新技術II~ゲノム解析を中心とした最前線と将来展望」第18章「嫌気的脱ハロゲン化と環境保全」

    片山新太( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 有機物連用土壌における物質収支と微生物の動態

    「農業技術体系 土壌施肥編」追録16号 第1巻 「土壌の働きと根圏環境」農山漁村文化協会  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. 有機物連用土壌における物質収支と微生物の動態

    ( 担当: 単著)

    農山漁村文化協会編「環境保全型農学大事典1施肥と土壌管理」  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. 農薬の環境科学最前線-環境への影響評価とリスクコミュニケーション-

    ソフトサイエンス社  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. Numerical simulation of impact by precipitation on bioremediation process of hydrocarbon-contaminated groundwater, In “Groundwater engineering, -recent advances-“ Edited by Kono, I., Nishigaki, M., Komatsu, M. (total 626pp)

    Song, D. J. and Katayama, A.( 担当: 共著)

    A.A.Balkema Publisshers, Liss/Abingdon/Exton(PA)/Tokyo  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  9. 「先端化学シリーズ第II巻、電気化学/光化学/無機固体/環境ケミカルサイエンス、パート4 化学物質の生態影響評価」土壌マトリックスにおける化学物質と微生物の相互作用

    丸善  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. 環境生物工学

    講談社サイエンティフィック  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. 「植物と微生物による環境浄化」第6章 土壌微生物による農薬分解-生物有効性と微生物活性

    博友社  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. Characterization of soil microbiota with quinone profile, in Soil Biochemistry Vol.10

    Arata Katayama, Koichi Fujie( 担当: 共著)

    Marcel Dekker, Inc.  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  13. 「新 土と微生物(6) 土の菌類」第5章 土の菌類の定量

    博友社  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. 「生態工学」農耕地生態系の持続的管理、農耕地の持続的管理のための土壌特性の評価

    丸善  1999年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  15. 「新 土と微生物(4) 環境と微生物」第2章 農薬と微生物

    博友社  1999年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. 土壌中での動態、微生物分解

    「植物保護の辞典」  1997年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  17. Recommended tests for assessing the side-effects of pesticides on soil ecosystem, in Proceedings of International Symposium on Pesticide Science, Pesticide/Environment : Molecular Biological Approaches

    Pesticide Science Society of Japan  1993年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  18. Degradation of chlorinated aromatic compounds by microorganisms in soil -changes in degradation rate and soil microflora-, in Proceedings of International Symposium on Pesticide Science, Pesticide/Environment : Molecular Biological Approaches

    Pesticide Science Society of Japan  1993年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  19. Photochemical and microbial degradation technologies to remove toxic chemicals. In "Pesticide Waste Management"Ed. by Bourke, J.B., Felsot, A.S., Gilding T.J., Jensen, J.K. and Seiber, J.N.

    Matsumura F., Katayama, A.( 担当: 共著)

    ACS Symposium Series  1993年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  20. Pesticide Residue in relation to Crop Production Increment 国際共著

    Katayama, A. and Kuwatsuka, S. ( 担当: 共著 ,  範囲: Determination of diazinon, malathion and fenitrothion in vegetables and fishes in Bali and Java islands)

    NODAI Center for International Programs, Tokyo University of Agriculture, JSPS-DGHE Program  1992年 

     詳細を見る

    担当ページ:35-48   記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  21. Stabilization process of sewage sludge compost in soil, in "Compost : production, quality and use"

    Elsevier Applied Science  1987年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  22. 食塩より発生する塩化水素の基礎的研究、研究報告書(II)ー都市ゴミ中の揮発性塩素についてー 

    ( 担当: 共著)

    社団法人プラスチック処理促進協会 技術開発委員会  1982年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

▼全件表示

講演・口頭発表等 210

  1. Humin, an insoluble fraction of humic substances, as a key extracellular electron mediator in anaerobic microbial world 招待有り 国際会議

    Arata Katayama

    Vebleo webinar 2021 on Material Science, Engineering and Technology  2021年3月20日  Vebleo

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Webinar Online  

  2. 固体腐植物質による生物学的二酸化炭素資源化反応の促進

    笠井 拓哉,ラスカー マハシュウェタ,片山 新太

    日本農芸化学会2021年度(令和3年度)[仙台]大会  2021年3月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  3. Promotion of nitrogen-fixation activity of diverse heterotrophic diazotrophs by supplying extracellular electrons from humin, a solid-phase humic substance

    Dey Sujan, Kasai Takuya, Katayama Arata

    2021年3月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  4. How do solid-phase humic substances (humin) serve as extracellular electron mediator in multiple anaerobic microbial reactions?

    Pham Minh Duyen, Kasai Takuya, Katayama Arata

    日本農芸化学会2021年度(令和3年度)[仙台]大会  2021年3月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  5. Promotion of Biological Nitrogen Fixation Using Extracellular Electron Mediator –Humin 国際共著 国際会議

    Sujan Dey, Takuya Kasai, Arata Katayama

    The Water and Environment Technology Conference 2020  2020年11月8日  The Japan Society on Water Environment

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB Online  

  6. 固体腐植ヒューミンによる生物学的CO2固定・資源化反応の促進

    笠井拓哉、ラスカーマハスウェタ、粟田貴宣、片山新太

    日本農芸化学会2020年度大会  2020年3月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  7. Promotion of nitrogen fixing activity of anaerobic consortium using humin 国際会議

    Takanori Awata, Jumpei Mitsushita, Takuya Kasai, Norihisa Matsuura, Arata Katayama

    8th IWA Microbial Ecology and Water Engineering Specialist Conference 2019  2019年11月  The international Water Association

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hiroshima, Japan  

  8. Carbon-dioxide Fixation by Humin-Dependent Mixed Consortium Exercises Humin’s Alternate Functionality in Electron Transfer 国際会議

    Mahasweta Laskar, Takonori Awata, Takuya Kasai, Arata KATAYAMA

    International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2019  2019年11月2日  Institute of Materials and Systems for Sustainability, Nagoya University, Japan

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya, Japan  

  9. Biodegradation potential of four different pollutants in downstream of Yahagi river 国際会議

    Yajie Yu, Kai Uchida, Takanori Awata, Takuya Kasai, Arata Katayama

    International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2019  2019年11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  10. Extracellular Electron Transfer Function of Soil Humin: Potential Origins 国際会議

    Mirai Yamaura, Duyen Minh Pham, Takuya Kasai, Arata Katayama

    International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2019  2019年11月2日  Institute of Materials and Systems for Sustainability, Nagoya University, Japan

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya, Japan  

  11. Extracellular electron transfer mechanisms in Shewanella oneidensi 国際会議

    Takuya Kasai, Takehito Noto and Arata Katayama

    International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2019  2019年11月2日  Institute of Materials and Systems for Sustainability, Nagoya University, Japan

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Japan  

  12. Polyphasic Characterization of Solid-phase Humin Functioning External Electron Mediator for Anaerobic Microorganisms 国際会議

    Duyen Minh Pham, Arata Katayama

    International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2019  2019年11月2日  Institute of Materials and Systems for Sustainability, Nagoya University, Japan

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Japan  

  13. Acceleration of Biological Nitrogen Fixation Using Humin as External Electron Mediator 国際会議

    Sujan Dey, Takuya Kasai, Jumpei Mitsushita, Takanori Awata, Arata Katayama

    International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2019  2019年11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  14. Nitrogen fixing activity promoted by humin 国際会議

    Takanori Awata, Jumpei Mitsushita, Takuya Kasai, Norihisa Matsuura, Arata Katayama

    International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2019  2019年11月2日  Institute of Materials and Systems for Sustainability, Nagoya University, Japan

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Japan  

  15. Nanocarbon Electrocatalysts for Environmental Purification Devices using Microbes 国際会議

    Yasushi Miyata, Arata Katayama

    International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2019  2019年11月2日  Institute of Materials and Systems for Sustainability, Nagoya University, Japan

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya, Japan  

  16. Humin, insoluble humic substances, as the external electron donor for multiple microbial reducing reactions 国際会議

    Arata Katayama, Pham Minh Duyen, Takuya Kasai

    International Society for Microbial Electrochemistry and Technology, ISMET7, Global Conference  2019年10月9日  International Society for Microbial Electrochemistry and Technology

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Okinawa, Japan  

  17. Humin functions as the electron donor in reductive acetogensis

    Mahasweta Laskar, Takanori Awata, Takuya Kasai, Arata Katayama

    International Society for Microbial Electrochemistry and Technology, ISMET7, Global Conference  2019年10月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  18. Humin as an Insoluble External Electron Mediator in Microbial Reductive Reactions: Electrochemical Characterization of Humin Extracted from Different Soil Sources 国際会議

    Duyen Minh Pham, Yasushi Miyata, Arata Katayama

    International Society for Microbial Electrochemistry and Technology, ISMET7, Global Conference  2019年10月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  19. Promotion of biological nitrogen fixation with solid-phase humin 国際会議

    Takuya Kasai, Sujan Dey, Jumpei Mitsushita, Takanori Awata, Arata Katayama

    International Society for Microbial Electrochemistry and Technology, ISMET7, Global Conference  2019年10月9日  International Society for Microbial Electrochemistry and Technology

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Okinawa, Japan  

  20. Characterization of humin, insoluble humic substance, as versatile extracellular electron mediator for bioelectrochemical systems 国際会議

    Arata Katayama

    The 10th National Conference on Environmental Chemistry, China  2019年8月17日  Chinese Chemical Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Tianjing, China  

  21. Management of nitrogen fertilizer for energy-saving agricultural systems 招待有り 国際会議

    Arata Katayama

    The 10th National Conference on Environmental Chemistry, China  2019年8月17日  Chinese Chemical Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Tianjing, China  

  22. Homoacetogenesis induced autotrophic dechlorination in a humin dependent pentachlorophenol-dechlorinating consortium

    Mahasweta Laskar, Takanori Awata, Takuya Kasai, Arata Katayama

    Water and Environmental Technology Conference 2019  2019年7月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  23. The degradation potential of downstream area of Yahagi river on four toxic substances 国際会議

    Yajie Yu, Kai Uchida, Takanori Awata, Takuya Kasai, Arata Katayama

    Water and Environmental Technology Conference 2019  2019年7月13日  The Japan Society on Water Environment

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Osaka University, Japan  

  24. Microbial degradation capacity of water/sediment in watershed under different environment conditions 国際会議

    Arata Katayama

    MIRAI workshop (Sustainability)  2019年3月28日  MIRAI workshop

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tokyo Institute of Technology, Tokyo, Japan  

  25. ペンタクロロフェノールの微生物分解を促進する固体腐植物質の特徴 国際会議

    笠井拓哉、ファムデュエンミン、章春芳、片山新太

    日本農芸化学会2019年度大会(平成31年度大会)  2019年3月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  26. ヒューミンを利用した嫌気性微生物の窒素固定反応の促進

    三下純平、笠井拓哉、片山新太、粟田貴宜

    第53回日本水環境学会  2019年3月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  27. Soil Humin as External Electron Mediator in Anaerobic Microbial Reductive Reactions: Unveiling Redox-Active Components

    Pham Minh Duyen, Shozo Ohta, Takuya Kasai, Satoshi Ogawa, Shinya Yagi, Arata Katayama

    2019年1月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  28. Characterization of solid-phase humin as external electron mediator for anaerobic reducing reactions of microorganisms 招待有り 国際会議

    Kasai Takuya, Duyen Minh Pham, Yasushi Miyata, Shozo Ohta, Arata Katayama

    the 14th International Symposium on Persistent Toxic Substances 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Basel, Switzerland   国名:日本国  

  29. Design of anaerobic microbial community for bioremediation with bioelectrochemical system 招待有り 国際会議

    Arata Katayama

    MIRAI workshop (Sustainability) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  30. External Electron Mediating Function of Humin Extracted by Different Methods 国際会議

    Pham DM, Miyata Y, Ohta S & Katayama A

    Goldschmidt 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  31. Microbial electrochemical system for bioremediation of soil/groundwater and biosynthesis, and Evaluation of the potential of biodegradation in water/sediment in watershed 招待有り 国際会議

    Arata Katayama

    MIRAI workshop (Sustainability) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Gothenburg University, Gothenburg, Sweden   国名:日本国  

  32. Microbial electrochemical system for biodegradation of organic pollutants and energy production 招待有り 国際会議

    Arata Katayama

    The 4th International Conference on Environmental Pollution and Health 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Nankai University, Nankai, China   国名:中華人民共和国  

  33. 同一河川の異なる地点における難分解性化学物質の分解特性把握

    粟田貴宜、内田海、片山新太

    土木学会中部支部会  2018年3月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  34. 窒素固定微生物集積培養系に対するヒューミンの効果

    三下純平、粟田貴宜、片山新太

    土木学会中部支部会  2018年3月2日  日本土木学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学、日本  

  35. Development of Sample Preparation method for humic characterization by SR-based XPS: Part II. Method’s verification

    Pham Minh Duyen, Yasushi Miyata, Takanori Awata, Shozo Ohta, Masashi Nakatake, Satoshi Ogawa, Shinya Yagi, Arata Katayama

    2018年1月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  36. Development of Sample Preparation method for humic characterization by SR-based XPS: Part I. Comparison of various methods

    Pham Minh Duyen, Yasushi Miyata, Takanori Awata, Shozo Ohta, Masashi Nakatake, Satoshi Ogawa, Shinya Yagi, Arata Katayama

    2018年1月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  37. X-ray Spectroscopic Characterization of Humin as Bioelectrochemical Material 国際会議

    Pham Minh Duyen, Miyata Yasushi, Takanori Awata, Keiji Kanda, Satoshi Ogawa, Shozo Ohta

    the International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月 - 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya University   国名:日本国  

  38. Enhancement of microbial nitrate removal by humin-assisted bioelectrochemical system 国際会議

    Seitaro Deguchi, Takanori Awata, Arata Katayama

    the International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月 - 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University   国名:日本国  

  39. Trade-off between reduced health risk and increased unidentified health risk for assessment of genetically modified food 国際会議

    Iwao Sakaguchi (Tottori University), Arata Katayama

    the 14th International Symposium on Persistent Toxic Substances 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya University   国名:日本国  

  40. Role of Humin for the Stimulation of Microbial Reductive Dehalogenation 国際会議

    Chunfang Zhang1, Ning Zhang1, Dongdong Zhang1, Xinwei Yu2, Zhichao Zhang2, Arata Katayama

    the 14th International Symposium on Persistent Toxic Substances 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya University   国名:日本国  

  41. GABA antagonist activities of α-BHC enantiomers and their metabolic fate in the house fly 国際会議

    the 14th International Symposium on Persistent Toxic Substances 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya University   国名:日本国  

  42. Metagenomic charaterization of tetrachloroethene to ethene dechlorinating consortium and transcriptonal analysis of its reductive dehalogenses genes 国際会議

    Mohamed Ismaeil, Naoko Yoshida, Arata Katayama

    the 14th International Symposium on Persistent Toxic Substances 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya University   国名:日本国  

  43. Electrochemical characterization of metal-humic acid complexes as external electron mediator in bioelectrochemical technology 国際会議

    Pham Minh Duyen, Miyata Yasushi (Nagoya Municipal Industrial Research Institute), Takanori Awata, Kanda Keiji, Satoshi Ogawa, Shozo Ohta, Shinya Yagi, Arata Katayama

    the 14th International Symposium on Persistent Toxic Substances 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya University   国名:日本国  

  44. A large inserted sequence provides unprecedented high 1,2-dichloroethane dechlorination activity in Geobacter sp. AY 国際会議

    Yoshida Naoko1,2, Mamoru Oshiki3, Lisa Nonaka4, Yuu Hirose5, Kiyotoshi Asahi6, Arata Katayama

    the 14th International Symposium on Persistent Toxic Substances 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University   国名:日本国  

  45. The biodegradation potential of organic pollutants under different salinity and seasons in a river 国際会議

    Kai Uchida, Takanori Awata, Arata Katayama

    the 14th International Symposium on Persistent Toxic Substances 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University   国名:日本国  

  46. Electrochemical Characterization of Humin Extracted from Kamajima Paddy Soil

    Pham Minh Duyen, Miyata Yasushi, Takanori Awata, Kanda Keiji, Satoshi Ogawa, Shozo Ohta, Toyoko Demachi, Shinya Yagi, Arata Katayama

    Water and Environmental Technology Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hokkaido University   国名:日本国  

  47. 鉄還元菌によるマグネタイト生成と重金属の固定化

    土屋貴之、楊素銀、粟田貴宣、小川智史、八木伸也、片山新太

    第6回名古屋大学シンクロトロン光研究センターシンポジウム  2017年3月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学、日本   国名:日本国  

  48. Electrochemical characterization of solid-phase humicsubstance (humin)

    2017年3月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  49. Multi-scale evaluation of remediation technologies for contamianated sites 招待有り 国際会議

    Arata Katayama

    The 13th International Symposium on Persistent Toxic Substances 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月 - 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Helmholtz Centre for Environmental Research, Leipzig, Germany   国名:日本国  

  50. Reductive dechlorination of hexachlorobenzene (HCB) to benzene by a microbial consortium enriched from a contaminated sediment 国際会議

    Xue Zhou, Chunfang Zhang, Dongdong Zhang,Takanori Awata, Zhixing Xiao, Qi Yang, Arata Katayama

    The 9th PCB Workshop, PCBs riskevaluation and environmental protection 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kobe International Center, Kobe, Japan   国名:日本国  

  51. Screening of Dehalococcoides-promoting bacteria in tetrachloroethene-tp-ethene dechlorinating culture 国際会議

    Mohamed Ismaeil, Naoko Yoshida, Arata Katayama

    Water and Environment Technology Conference 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Chuo University, Tokyo, Japan   国名:日本国  

  52. Design of artificial anaerobic microbial community for bioremediation 招待有り 国際会議

    Arata Katayama

    the 2nd International Conference on Systems & Synthetic Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:London, UK   国名:日本国  

  53. 生物電気化学システムによる微生物硝酸還元反応の促進と制御

    出口世太郎、粟田貴宣、片山新太

    第50回日本水環境学会年会(2015年度)  2016年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  54. Electron Transfer assisted by solid-phase electron mediator (humin) in bioelectrochemical system for enhancing anaerobic bioremediation 国際会議

    D. Zhang, Z. Xiao, T. Awata, A. Katayama

    Second International symposium on Advanced Water Science and Technology (ISAWST-2) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University, Nagoya, Japan   国名:日本国  

  55. Solid-phase humin, A new natural material with redox mediating property for the anaerobic biotransformation of pollutants 国際会議

    Z. Xiao, D. Zhang, C. Zhang, T. Awata, A. Katayama

    Second International symposium on Advanced Water Science and Technology (ISAWST-2) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University, Nagoya, Japan   国名:日本国  

  56. Comparative metabolism of αBHC enantiomers in houseflie 国際会議

    K. Tanaka, Z. Xue, A. Katayama, K. Matsuda, N. Kurihara

    International Symposium on EcoTopia Science 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya University, Nagoya, Japan   国名:日本国  

  57. Assessment of decontamination technologies for radioactive caesium - affected farmland with unified index, disability - adjusted life years 国際会議

    A. Kuno, I. Sakaguchi, A. Katayama

    International Symposium on EcoTopia Science 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University, Nagoya, Japan   国名:日本国  

  58. In - situ bio remediation in a groundwater contaminated with chlorinated volatile organic compounds (VOCs) 国際会議

    X. Jin, T. Awata, X. Zhou, T. Demachi, K. Asahi, Y. Okamura, T. Simomura, K. Yokoyama, M. Kamada, Y. Mase, N. Yoshida, T. Horibe, A. Katayama

    International Symposium on EcoTopia Science 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University, Nagoya, Japan   国名:日本国  

  59. The Development of the Environmental Depollution Electrochemical Device using a Microbial Electrode 国際会議

    Y. Miyata, K. Kanda, T. Awata, A. Katayama

    International Symposium on EcoTopia Science 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University, Nagoya, Japan   国名:日本国  

  60. For developing of an alternative model on temperature dependence of soil thermal conductivity 国際会議

    I. Sakaguchi, H. Mochizuki, A. Katayama, T. Kasubuchi, T. Saito, K. Kawamoto, T. Komatsu

    International Symposium on EcoTopia Science 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University, Nagoya, Japan   国名:日本国  

  61. Characteristics of humin as solid-phase electron mediator 国際会議

    Arata Katayama, Chunfang Zhang

    International Symposium on EcoTopia Science 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya University, Nagoya, Japan   国名:日本国  

  62. Enhancement of Different Microbial Reduction Reactions by Humin as a Versatile Electron donor 国際会議

    D. Zhang, C. Zhang, Z. Xiao, D. Suzuki, A. Katayama

    International Symposium on EcoTopia Science 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地: Nagoya University, Nagoya, Japan   国名:日本国  

  63. An autotrophic co - culture system for enhanced nitrate reduction 国際会議

    Z. Xiao, T. Awata, D. Zhang, A. Katayama

    International Symposium on EcoTopia Science 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya University, Nagoya, Japan   国名:日本国  

  64. Biofilm anode involving Geobacter for phenol degradation and electricity production 国際会議

    Dongdong Zhang, Zhiling Li, Chunfang Zhang, Xue Zhou, Zhixing Xiao, Takanori Awata, Arata Katayama

    The 5th International Meeting on Microbial Electrochemistry and Technologies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Arizona State University, Tempe, Arizona, USA   国名:アメリカ合衆国  

  65. Humin-assisted bioelectrochemical system for the enhanced denitrification of Pseudomonas stutzeri (JCM20778) 国際会議

    Arizona State University, Tempe, Arizona, USA

    The 5th International Meeting on Microbial Electrochemistry and Technologies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  66. Anaerobic in-situ biostimulation in groundwater contaminated with chlorinated volatile organic compounds by nutrient injection 国際会議

    Xiao JIN, Takanori AWATA, Xue ZHOU, Toyoko DEMACHI, Kiyotoshi ASHAHI, Yuriko OKAMURA, Toshio HORIBE, Takuya SIMOMURA, Keiichi YOKOYAMA, Masami KAMADA , Takahasi MASE, Arata KATAYAMA

    Water and Environmental Technology Conference 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nihon University, Tokyo, Japan   国名:日本国  

  67. 水稲根圏より分離したタイプⅠメタン酸化細菌Methylomagnum ishizawai gen. nov., sp. nov.

    Ashraf Khalifa、李 哲揆、小木曽拓也、上野千穂子、Dayéri Dianou、出町豊子、片山新太、浅川 晋

    日本農芸化学会2015年度大会  2015年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  68. Enhancement of anaerobic microbial dehalogenation by extracellular electron transfer 招待有り 国際会議

    130. Arata Katayama, Chunfang Zhang, Dongdong Zhang, Zhixing Xiao, & Takanori Awata

    World Green Energy & Resources Congress  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Beijing, China   国名:中華人民共和国  

  69. Electrochemically-mediated microbial dehalogenation of halogenated aromatics 国際会議

    Dongdong Zhang, Cunfang Zhang, Zhixing Xiao, Daisuke Suzuki, and Arata Katayama

    The 11th International Symposium on Persistent Toxic Substances 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ホンコン(香港)特別行政区  

  70. Biokinetic analysis of 1,2-DCA dechlorination by Geobacter sp. AY harboring a plasmid pAY30 coding 1,2-DCA reductive dehalogenase

    Binti Abdullah Ummi Afi fah, Kiyotoshi Asahi, Yuu Hirose, Arata Katayama, Wataru Kioka, Naoko Yoshida

    2017年10月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  71. 細胞外電子伝達として機能する固体腐植ヒューミンによる嫌気脱ハロゲン微生物の活性化

    205. 章春芳、張冬冬、肖智興、鈴木大典、粟田貴宣、片山新太

    環境微生物系合同大会  2014年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  72. Anaerobic bioremediation technology for halogenated aromatic compounds using multiple microbial communities in combination 国際会議

    Arata Katayama

    SETAC Asia/Pacific 2014 Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  73. Unrestrained reductive dechlorination activity of Geobacter sp. AY that brought in a plasmid transferred from Dehalobacter 国際会議

    Yoshida Naoko, Kiyotoshi Asahi, Yuu Hirose, Arata Katayama

    15th International Symposium on Microbial Ecology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  74. Electron transfer from a graphite electrode assisted by solid-phase electron mediator (humin) immobilization enhances microbial reductive dechlorination of pentachlorophenol 国際会議

    Dongdong Zhang, Chunfang Zhang, Zhiling Li, Daisuke Suzuki, Arata Katayama

    15th International Symposium on Microbial Ecology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  75. Decrease in hydraulic conductivity of a paddy field using biocalcification method in situ 国際会議

    Kagan Eryuruk, Daisuke Suzuki, Tetsuji Akatsuka, Takayuki Tsuchiya, Suyin Yang, Arata Katayama

    15th International Symposium on Microbial Ecology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  76. Microbial degradation of persistent organic compounds 国際会議

    Arata Katayama, Naoko Yoshida, Zhiling Li, Suyin Yang

    13th IUPAC International Congress of Pesticide Chemistry, 248th National Meeting and Exposition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  77. Comparative metabolism of α-BHC enantiomers 国際会議

    Arata Katayama, Chunfang Zhang

    13th IUPAC International Congress of Pesticide Chemistry, 248th National Meeting and Exposition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  78. Solid-phase humin-assisted microbial dehalogenation of aromatic compounds under anaerobic conditions 国際会議

    Arata Katayama, Chunfang Zhang

    13th IUPAC International Congress of Pesticide Chemistry, 248th National Meeting and Exposition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  79. Humin based bio-electrochemical system for nitrate reduction using pure culture of Pseudomonas stutzeri and Shewanella CN32 国際会議

    120. Zhixing XIAO, Dongdong ZHANG, Chunfang ZHANG, Daisuke SUZUKI, and Arata KATAYAMA

    Water and Environment Technology Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  80. Biodegradation of chlorinated volatile organic compounds by river sediment microorganisms 国際会議

    121. Xue Zhou, Takaaki SUGIURA, Isaki SUZUKI, Fengmao Liu, Kiyotoshi Asahi, and Arata KATAYAMA

    Water and Environment Technology Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  81. Development of methodology to compare reduced health risk and unidentified health risk due to intake of genetically modified food 国際会議

    Iwao SAKAGUCHI and Arata KATAYAMA

    International Symposium on EcoTopia Science 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  82. Suppression of bioavailability of radioactive Cesium from soil to rice plants 国際会議

    T. Tsuchiya, T. Akatsuka, S. Yang, K. Eryuruk, D. Suzuki, M. Takasaki,K.Sawada, M. Fukushima, T. Abe, T. Usui, A. Katayama

    International Symposium on EcoTopia Science 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  83. Decrease of the plant-available radiocaesium using the iron compounds and clay minerals of 2:1 layer type 国際会議

    T. Akatsuka, S. Yang, T. Tsuchiya, K. Eryuruk, D. Suzuki, K. Sawada, M. Takasaki, M. Fukushima, T. Abe, T. Usui, A. Katayama

    International Symposium on EcoTopia Science 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  84. Determination of Physical Characteristics of Contaminated Soil of a Paddy Field in Fukushima Prefecture 国際会議

    K. Eryuruk, T. Akatsuka, D. Suzuki, T. Tsuchiya, S. Yang and A. Katayama

    International Symposium on EcoTopia Science 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  85. Electron Transfer from a Graphite Electrode Assisted by Solid-Phase Electron Mediator (humin) Immobilization Enhances Microbial Reductive Dechlorination of Pentachlorophenol 国際会議

    D. ZHANG, C. ZHANG, Z. LI, D. SUZUKI, A. KATAYAMA

    International Symposium on EcoTopia Science 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  86. Insoluble iron-humate complex as an electron mediator for microbial reductive dechlorination

    Chunfang ZHANG, Dongdong Zhang, Zhiling Li, Tetsuji Akatuka, Suying Yang, Daisuke Suzuki, Arata Katayama

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  87. Towards an Understanding of the Role of Humin as a Solid-phase Electron Mediator for Anaerobic Respiration 国際会議

    Chunfang ZHANG, Lizhen Ye, Demachi Toyoko, Daisuke Suzuki, Arata Katayama

    the 21st International Symposium on Environmental Biogeochemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  88. 排熱のみを熱源とした生物系未利用資源の処理シナリオ

    坂口巌、片山新太

    環境科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡県コンベンションアーツセンター「GRANSHiP」   国名:日本国  

  89. Reduction of hydraulic conductivities of glass beads using Sporosarcina pasteurii 国際会議

    Kağan ERYÜRÜK, Suyin YANG, Tetsuji AKATSUKA, Daisuke SUZUKI, Takayuki TSUCHIYA, Arata KATAYAMA

    WET2013-Water and Environmental Technology Copnference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  90. Anaerobic organohalide degradation by multiple microbial species for bioremediation 国際会議

    Arata Katayama

    Launching Ceremony of IWA China Anaerobic Digestion Committee & Sino-Dutch AD Technology Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  91. 3- クロロフェノール脱塩素嫌気性集積培養物における微生物群の増殖のための炭素源の特定

    鈴木大典,李智リン,章春芳,片山新太

    日本農芸化学会2013 年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学,仙台   国名:日本国  

  92. BHCと関連化合物のラット肝ミクロゾーム嫌気条件下での代謝

    197. 田中啓司1,2,辰己侑加理1,松田一彦1,鈴木大典2,片山新太2,栗原紀夫3(1近畿大・農,2名古屋大・エコトピア科研,3京大)

    日本農薬学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学、つくば   国名:日本国  

  93. 生物系未利用資源と排熱を利用した堆肥化の発酵熱による発電シナリオ

    坂口巌,片山新太

    第47 回日本水環境学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪(大阪工業大学 大宮キャンパス)   国名:日本国  

  94. Comparative study on the methods to decrease Strontium bioavailability 国際会議

    Suyin Yang, Kağan Eryürük, Tetsuji Akatsuka, Daisuke Suzuki, Kayo Sawada, Arata Katayama

    the 12th Expert Meeting on Solid Waste Management in Asia and Pacific Island (SWAPI) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  95. Towards an Understanding of the Role of Humin as a Solid-phase Electron Mediator for Anaerobic Respiration 国際会議

    Chunfang ZHANG, Lizhen Ye, Demachi Toyoko, Daisuke Suzuki, Arata Katayama

    the 21st International Symposium on Environmental Biogeochemistry(ISEM2013) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  96. Microbial cofinment technology of groundwater contaminated with halogenated organic pollutants 国際会議

    Katayama, A., Li, Z., Zhang, C., Zhang, D., Yang, S., and Suzuki, D.

    First International Symposium on Advanced Water Science and Technology (ISAWST-1) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  97. Analysis of transfer of latent heat in soil 国際会議

    Sakaguchi, I., Mochizuki, H., Kasubuchi, T. and Katayama, A.

    First International Symposium on Advanced Water Science and Technology (ISAWST-1) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  98. Microbial reductive dechlorination of pentachlorophenol mediated by humin 国際会議

    Zhang, C., Li, Z., Suzuki, D., and Katayama, A.

    First International Symposium on Advanced Water Science and Technology (ISAWST-1) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  99. Spatial distribution of functional populatioins in a long-term maintained column for pentachlorophenol (PCP) anaerobic mineralization 国際会議

    Li, Z., Suzuki, D., Zhang, C., Inoue, Y., and Katayama, A.

    First International Symposium on Advanced Water Science and Technology (ISAWST-1) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  100. Influence of electron donors and electron acceptors on the 3-chlorophenol dechlorination activity of anaerobic enrichment culture 国際会議

    Suzuki, D., Li, Z., Zhang, C., and Katayama, A.

    First International Symposium on Advanced Water Science and Technology (ISAWST-1) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  101. Horizontal and vertical profiles of radiocaesium in a contaminated paddy soil due to Fukushima nuclear power plant accident 国際会議

    Akatsuka, T., Suzuki, D., Eryuruku, K., Tsuchiya, T., Yang, S., Takasaki, M., Fukushima, M., Abe, T., Usui, T. and Katayama, A.

    First International Symposium on Advanced Water Science and Technology (ISAWST-1) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  102. Bioremediation of soil and groundwater in Japan 国際会議

    Arata Katayama

    The 3rd China (Binhai Tianjin) International Eco-city Forum & Expo 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  103. Bioavailability of Chemicals for Microbial Actions in Soil 国際会議

    Arata Katayama

    4th International Symposiym on Pesticide and Environmental Safty, 5th Pan Pacific Conference on Pesticide Science, 8th International Workshop on Crop Protection Chemistry and Regulatory Harmonization 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  104. Highly-sensitive detection of respiratory quinones in soil and groundwater 国際会議

    87. Arata KATAYAMA, Huy Van TRAN, Fengmao LIU, Dejun SONG, Toyoko DEMACHI

    The 14th Beijing Conference and Exhibition on Instrumental Analysis (BCEIA2011) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  105. Complete anaerobic mineralization of PCP in a continuous flow column by a consortium requiring no electron acceptor 国際会議

    14th International Biotechnology Symposium and Exhibition, Biotechnology for the Sustainability of Human Society, 14-18 September 2010, Palacongressi, Rimini – Italy 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  106. A Case Study of Passive Bioremediation of Contaminated Groundwater using River Sediment as Microbial Barrier, 国際会議

    14th International Biotechnology Symposium and Exhibition, Biotechnology for the Sustainability of Human Society, 14-18 September 2010, Palacongressi, Rimini – Italy 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  107. Dechlorination of monochlorophenols by anaerobic microbial communities enriched from a river sediment contaminated with chlorinated compounds 国際会議

    13th International Symposium on Microbial Ecology: Stewards of a changing planet, Washington State Convention and Trade Center, Seattle, WA, USA, August 22-27, 2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  108. Passive Bioremediation Technologies of Soil and Groundwater Using Anaerobic Microbial Populations,

    3rd Annual World Congress of Industrial Biotechnology 2010, Dalian, July 25-27, 2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  109. Changes in Microbial Community during the Natural Attenuation of Soil contaminated with Oil

    BIT's 1st Annual World Congress of Petroleum Microbiology (WCP) , 2010 : Challenges and Opportunities in Metagenomics Era, Dalian, China, July 25-27, 2010 (Invited) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  110. Anaerobic degradation of chlorinated phenols under continuous flow conditions 国際会議

    12th IUPAC International Congress of Pesticide Chemistry, Melbourne, Australia, 4th- 8th July 2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  111. Anaerobic microbial decomposition of chlorinated phenols 国際会議

    Water and Environment Technology Conference 2010(WET2010)Yokohama, Japan on the 25th-26th June2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  112. Anaerobic mineralization of pentachlorophenol (PCP) in continuous flow column by combination of reductive dechlorinators and anaerobic phenol degraders

    Zhiling Li, Suyin Yang, Yasushi Inoue, Naoko Yoshida, Arata Katyaama

    第44回日本水環境学会年会、福岡大学七隈キャンパス、2010年3月15日~17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  113. 嫌気性微生物群を用いた透過性反応浄化壁の寿命予測法に関する研究

    原茂樹、清水陽平、井上康、吉田奈央子、片山新太

    第44回日本水環境学会年会、福岡大学七隈キャンパス、2010年3月15日~17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  114. ヒートパイプ現象としての土壌中の潜熱輸送についての一考察

    坂口巌、望月秀俊、粕渕辰昭、片山新太

    2009年度土壌物理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    土壌中の潜熱輸送について、既存のモデルの問題点を明らかにするとともに、ヒートパイプモデルによる取り扱いを考察した。その結果、既存モデルでの論点である土壌の熱輸送特性を示す実験定数βには、潜熱輸送と水蒸気移動とを結ぶ仮定に由来した矛盾が含まれていることが明らかになった。また、ヒートパイプモデルを用いた解析から、水の物性値だけで熱伝導率の潜熱成分の7割を説明できることが分かった。

  115. Evaluation of Remedial and Preventive Technologies for Air, Water, and Soil Pollution, 国際会議

    R'09 Twin World Congress, Resource Management and Technology for Material and Energy Efficiency, Nagoya Japan/ Davos Switzerland, 14th-16th September 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  116. Complete dechlorination of pentachlorophenol in an anaerobic microbial column, 国際会議

    R'09 Twin World Congress, Resource Management and Technology for Material and Energy Efficiency, Nagoya Japan/ Davos Switzerland, 14th-16th September 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  117. RNSOIL, Risk-Cost Evaluation Framework for Remediation Technologies of Contaminated Soil and Groundwater, 国際会議

    R'09 Twin World Congress, Resource Management and Technology for Material and Energy Efficiency, Nagoya Japan/ Davos Switzerland, 14th-16th September 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  118. Enrichment of anaerobic bio-dechlorination activity of chlorinated aromatics from paddy soil for bioremediation technology 国際会議

    the 29th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (Dioxin 2009), Beijing, 23rd-28th August 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  119. 河川底質中に生息する嫌気性微生物の脱塩素機能

    鈴木武吉、杉浦隆明、劉 豊茂、土居良一、朝日教智(名古屋市環境科学研究所)、片山新太

    第15回地下水土壌汚染とその防止対策に関する研究集会(名古屋国際会議場白鳥ホール、名古屋市熱田区熱田西町)2009年6月18日~19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  120. 土壌地下水汚染浄化技術のRisk-Cost指標による包括的評価

    井上 康、片山新太

    第15回地下水土壌汚染とその防止対策に関する研究集会 (名古屋国際会議場白鳥ホール、名古屋市熱田区熱田西町)2009年6月18日~19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  121. 多環芳香族炭化水素の界面活性剤を用いた促進型バイオレメディエーションモデルの構築

    井上 康、山川 哲、河合桃子、Tien Hong Truong、片山新太

    第15回地下水土壌汚染とその防止対策に関する研究集会(名古屋国際会議場白鳥ホール、名古屋市熱田区熱田西町)2009年6月18日~19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  122. 嫌気性資材を用いた脱塩素反応を行うバイオバリアに関する研究

    宮本隆史、井上 康、吉田奈央子、片山新太

    第15回地下水土壌汚染とその防止対策に関する研究集会名古屋国際会議場白鳥ホール、名古屋市熱田区熱田西町)2009年6月18日~19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  123. 複合微生物群を用いたトリクロロフェノールの嫌気的脱塩素化カラムの活性と透水性

    原 茂樹、清水洋平、溝口卓弥、井上 康、吉田奈央子、片山新太

    第15回地下水土壌汚染とその防止対策に関する研究集会(名古屋国際会議場白鳥ホール、名古屋市熱田区熱田西町)2009年6月18日~19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  124. Characteristics of anaerobic microorganisms degrading persistent organic chemicals in paddy soil, 国際会議

    3rd International Symposium on Pesticide and Environmental Safety & 7th International Workshop on Crop Protection Chemistry and regulatory Harmonization, will be held in Beijing China, on October 9~13, 2007. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  125. ポリ塩化ビフェニル汚染土壌の嫌気微生物を用いた浄化

    片山新太、馬場大輔、吉田奈央子、葉麗珍、井上康

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  126. Characterization of two novel Dehalobacter species dechlorinating polychlorinated biphenyls and dibenzo-p-dioxins

    第23回日本微生物生態学会,愛媛大学,2007年9月15日~18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  127. Effect of particle size on the structure of microbial community in the culture containing glass beads,

    第23回日本微生物生態学会,愛媛大学,2007年9月15日~18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  128. 複合微生物群を用いたトリクロロフェノール嫌気的脱塩素化カラムの長期性能維持

    清水 陽平、溝口卓弥、井上 康、吉田 奈央子、片山 新太

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  129. 合理的な不法投棄廃棄物処理のための政策的仕組み(シンポジウム)

    社団法人環境科学会2007年会,長崎大学,2007年9月10日-9月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  130. コンポスト化過程の微生物の動態とコンポスト利用における環境影響

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  131. ポリ塩化ビフェニル混合物に対する嫌気的分解活性の獲得とその特性評価

    馬場大輔、吉田奈央子、木村優子、安田剛、片山新太

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  132. 還元鉄粉を用いたDehalobacter属細菌による塩素化多環芳香族化合物の脱塩素化

    吉田奈央子、葉 麗珍、太平 篤弘、馬場 大輔、井上 康、片山新太

    日本農芸化学会2007年度大会、東京農大、平成19年3月25日~27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  133. Thauera属R5株によるアルキルフェノール及びアルキルベンゼンの嫌気的コメタボリズム、

    柴田敦司、片山新太

    第41回日本水環境学会年会、大阪産業大学、平成19年3月15-17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  134. ポリ塩化ビフェニル混合物を分解する嫌気性コンソーシアの特性評価,

    馬場 大輔, 吉田 奈央子, 片山 新太

    日本水環境学会, 大阪産業大学、平成19年3月15-17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  135. Isolation and characterization of alginate degrading bacteria for disposal of seaweed wastes, 国際会議

    Workshop for studies on extracting resources from biowastes by the refinery technology, EcoTopia Science Symposium Series, Nagoya, 26-27 Feb 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  136. Hazardous chemicals in various biowastes in Japan, 国際会議

    Workshop for studies on extracting resources from biowastes by the refinery technology, EcoTopia Science Symposium Series, Nagoya, 26-27 Feb 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  137. Natural attenuation potential of a river sediment contaminated with chlorinated solvents and aromatic hydrocarbons, 国際会議

    3rd Cross-Strait Soil and Groundwater remediation conference, Taiwan Central University, Taiwan, 25-26 Dec 2006 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  138. Comprehensive Evaluation index for Remediation Technologies of Contaminated Site Based on Risk Assessment and Life Cycle Assessment 国際会議

    7th Eco Balance Conference, Designing Our Future Society Using Systems Thinking, Nov. 14-16, 2006 EPOCHAL TSUKUBA, Tsukuba, JAPAN 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  139. 新規Dehalobacter属類縁細菌による塩素化多環芳香族化合物の脱塩素化

    吉田 奈央子, 片山 新太

    日本微生物生態学会、東京大学農学部、2006年10月27日~30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  140. 不飽和土の油汚染源における自然減衰と微生物動態のモニタリング、

    北村充、宋德君、片山新太

    土木学会第61回年次学術講演会、立命館大学びわこ・くさつキャンパス、平成18年9月20日~22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  141. Enhanced anaerobic biodegradation of wide spectrum of polychlorinated biphenyl in soil-free cultures 国際会議

    11th International Symposium on Microbial Ecology, The hidden powers – Microbial Communities in Action, August 20-25, 2006, Vienna, Austria 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  142. Constructuion and characterization of an enrichment culture dechlorinating deiverse chlorinated aromatic compounds obtained from paddy soil 国際会議

    11th International Symposium on Microbial Ecology, The hidden powers – Microbial Communities in Action, August 20-25, 2006, Vienna, Austria 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  143. Biodegradation of chlorinated aliphatic hydrocarbons and benzene in an anaerobic river sediment. 国際会議

    11th IUPAC International Congress of Pesticide Chemistry, Kobe, Japan, August 6 to August 11, 2006 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  144. Evaluation index for remediation technologies, the rescue number for soil (RNSOIL) 国際会議

    11th IUPAC International Congress of Pesticide Chemistry, Kobe, Japan, August 6 to August 11, 2006 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  145. Characterization of anaerobic microbial community degrading pentachlorophenol obtained from paddy soil, 国際会議

    11th IUPAC International Congress of Pesticide Chemistry, Kobe, Japan, August 6 to August 11, 2006 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  146. Anaerobic biodegradation of 4-alkylphenols by a nitrate-reducing enrichment culture, 国際会議

    11th IUPAC International Congress of Pesticide Chemistry, Kobe, Japan, August 6 to August 11, 2006 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  147. 呼吸鎖キノン組成法による油汚染源の微生物群集構造のモニタリング、

    宋徳君、北村充、片山新太

    第41回地盤工学研究発表会、鹿児島、平成18年7月12日~15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:日本語  

  148. Characterization of microbial communities in non-contaminated subsurface soils for evaluating the potential of natural attenuation in oil contamination 国際会議

    International Symposium on Environmental Biotechnology (ISEB / ESEB / JSEB 2006), Leipzig, Germany, July 9 to 13, 2006 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  149. Enhanced anaerobic degradation of polychlorinated biphenyls by the microbial consortium originated from an uncontaminated paddy soil, 国際会議

    International Symposium on Environmental Biotechnology (ISEB / ESEB / JSEB 2006), Leipzig, Germany, July 9 to 13, 2006 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  150. 油汚染サイトのMNAにおける土壌地下水中の微生物群集構造

    服部展大、井上康、高畑陽、津留靖尚、西川雅高、片山新太

    第12回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会、京都大学、2006年6月29日~30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  151. 自然降雨条件下の油汚染源挙動のモニタリングと評価

    宋德君、北村充、片山新太

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  152. 地盤汚染浄化処理技術の包括的評価手法(RNsoil)へのLCA概念の適用、

    井上康、片山新太

    第12回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会、京都大学、2006年6月29日~30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  153. 熊本市におけるガソリン汚染サイトのMNAに関する研究、

    高畑陽、MNAフォローアップ研究部会、西川雅高、都留靖尚、片山新太、中杉修身

    第12回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会、京都大学、2006年6月29日~30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  154. PCE汚染土壌からのPCE脱塩素化細菌の分離

    吉田奈央子、朝日教智、榊原靖、片山新太

    日本農芸化学会2006年度大会、京都女子大学、2006年3月26日~28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  155. 水田土壌由来微生物群による芳香族塩素化合物の嫌気分解

    吉田奈央子1、吉田祐希奈2、半田木綿子3、金孝根4、市原茂幸2、片山新太1,3(1名大・エコトピア科学研究所、 2名城大・農、3名大・工・院・社会基盤工学、4韓国人参煙草研究所)

    日本農薬学会第31回大会、福岡工業大学、2006年3月21日~23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  156. 水田土壌の嫌気的ポリ塩化ビフェニル消失活性と微生物群集構造

    木村優子、馬場大輔、吉田奈央子、片山新太

    第40回日本水環境学会、東北学院大学土樋キャンパス、2006年3月15日~17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  157. 水田土壌より得られた嫌気性PCP分解微生物群の特性評価

    吉田奈央子1、吉田祐希奈2、半田木綿子3、金孝根4、市原茂幸2、片山新太1,3 (1名大・エコトピア科学研究所、 2名城大・農、3名大・工・院・社会基盤工学、4韓国人参煙草研究所)

    日本微生物生態学会第21回大会、福岡国際会議場、2005年10月30日~11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  158. 培養条件変化による嫌気的ポリ塩化ビフェニル分解の活性化

    馬場大輔、吉田奈央子、木村優子、片山新太

    日本微生物生態学会第21回大会、福岡国際会議場、2005年10月30日~11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  159. 油汚染地下水の自然減衰における微生物群の動態

    服部展大、井上康、津留靖尚、片山新太

    土木学会第60回年次学術講演会、早稲田大学西早稲田キャンパス、平成17年9月7日-9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  160. 多孔体内における浮遊・付着微生物の輸送特性

    島田和哉、井上康、片山新太

    土木学会第60回年次学術講演会 早稲田大学西早稲田キャンパス、平成17年9月7日-9日(島田君、第60回年次学術講演会優秀講演者賞受賞!) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  161. 汚染地盤浄化技術のリスク経済評価手法(RNsoil)の応用による開発目標の設定

    井上康、片山新太

    第11回地下水・土壌汚染のその防止対策に関する研究集会、市川市文化会館、6.16-18 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  162. 好気・嫌気的土壌条件におけるアルキルフェノール類の微生物分解

    柴田敦司、井上康、片山新太

    第11回地下水・土壌汚染のその防止対策に関する研究集会、市川市文化会館、6.16-18 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  163. 嫌気的ポリ塩化ビフェニル分解に関与する微生物の解明

    馬場大輔、三宅克英、豊田剛己、片山新太

    日本土壌微生物学会2005年度大会、名古屋大学、6.11-13 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  164. 好気・嫌気土壌条件下におけるフェノール誘導体分解微生物群の解析

    柴田敦司、豊田剛己、井上康、片山新太

    日本土壌微生物学会2005年度大会、名古屋大学、6.11-13 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  165. 土壌汚染と微生物多様性

    片山新太

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  166. Filtration theoryを応用した多孔質媒体中におけるカオリナイト輸送の定式化に関する検討

    鳥居謙悟、井上 康、片山新太

    日本地下水学会2005年春期講演会、東京農工大学、5.28(鳥居君、若手優秀講演賞!) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  167. 水田土壌におけるフェノール誘導体の好気・嫌気的微生物分解

    柴田敦司、井上康、片山新太

    日本農薬学会第30回大会、明治大学 3.18-3.20 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  168. ペンタクロロフェノール嫌気性分解微生物群の特性

    半田木綿子、金考根、井上康、市原茂幸、片山新太

    日本農薬学会第30回大会、明治大学 3.18-3.20 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  169. 嫌気土壌条件下におけるフェノール誘導体の微生物分解

    柴田敦司、豊田剛己、井上康、片山新太

    第20回日本微生物生態学会、東北学院大学 11.21-23 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  170. ポリ塩化ビフェニルの嫌気的分解活性の維持について

    馬場大輔、木村優子、安田剛、片山新太

    第20回日本微生物生態学会、東北学院大学 11.21-23 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  171. Development of evaluation method for remediation technologies to contaminates ground based on the Rescue Number 国際会議

    Fourth SETAC World Congress, Portland, USA, 15-19 November, 2004 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  172. 微生物マーカーとして用いられるイソプレノイドキノンの光分解特性

    梶田佳揮、安田 剛、北村さやか、片山新太

    (社)環境科学会2004年会 関西学院大学 9.29-30 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  173. Direct detection of microbial groups degrading a single compound in soil by quinone profile labeled with isotopic carbon, 国際会議

    4th International Conference on pesticide microbiology, Pesticides, Microbial functions and Biodiversity in Soils, 5-9 Sep 2004, Thessaloniki, Greece 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  174. 油汚染土の自然減衰過程における微生物バイオマスの変化

    宋德君、片山新太

    第10回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会 大阪国際交流センター、7.14-7.16 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  175. レスキュー・ナンバーを利用した地盤汚染浄化処理技術評価法の農用地汚染への適用

    井上康、片山新太

    第10回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会、大阪国際交流センター、7.14-7.16 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  176. 多孔質媒体内におけるカオリナイト粒子の輸送特性

    鳥居謙悟、井上康、片山新太

    第10回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会、大阪国際交流センター、7.14-7.16 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  177. 河川堆積層を模擬したカラムにおける微生物の輸送特性

    島田和哉、井上康、片山新太

    第10回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会、大阪国際交流センター、7.14-7.16 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  178. 土壌中での芳香族化合物分解関与微生物群の解析

    柴田敦司、加藤友成、上野喜昭、舩坂敬子、井上康、片山新太

    第10回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会、大阪国際交流センター、7.14-7.16 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  179. ライシメータを用いた不飽和土中の油動態モニタリング

    宋徳君、北村充、井上康、片山新太

    第39 回地盤工学会研究発表会、新潟市朱鷺メッセ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  180. Characterization of household waste composting under thermophilic treatment and maturing process 国際会議

    Sixth International Summer Symposium of JSCE 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  181. コンポスト微生物群集に対する温度の影響

    唐 景春, 片山新太

    日本土壌微生物学会、2004年6月、つくば 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  182. Mass balance analysis on manure composting process with different bulking agents,

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  183. IMPACT OF TRANSGENIC CROPS ON THE USE OF AGROCHEMICALS AND THE ENVIRONMENT, 国際会議

    IUPAC-KSPS International workshop on Pesticide 2003, Harmonization of data requirements and evaluation: Environmental chemistry, Toxicology/Ecotoxicology, Risk assessment, and Regulation. Seoul, Korea 13-16 October 2003 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  184. Anaerobic Biodegradation of PCP in Japanese Paddy Field Soils 国際会議

    IUPAC-KSPS International workshop on Pesticide 2003, Harmonization of data requirements and evaluation: Environmental chemistry, Toxicology/Ecotoxicology, Risk assessment, and Regulation. Seoul, Korea 13-16 October 2003 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  185. Direct detection of degrading microbial groups in field by 13C-labeled quinone profile 国際会議

    3rd Pan-Pacific Conference on Pesticide Science, Honolulu, Hawaii, 1-4 June, 2003 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  186. Numerical simulation of impact by precipitation on bioremediation process of hydrocarbon-contaminated groundwater

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  187. A method for determining Monod Kinetic Coefficients for Volatile Hydrophobic Organic Compounds 国際会議

    EGS-AGU-EUG Joint Assembly, Nice, France, 06 - 11 April 2003 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  188. Degradation and accumulation of endocrine active substances in soil and water 国際会議

    International SCOPE/IUPAC Symposium on Endocrine-Active Substances, 17-21 November 2002, Yokohama, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  189. Availability of pesticides for degradation and leaching 国際会議

    10th IUPAC International Congress on the Chemistry of Crop Protection, Innovative Solutions for Healthy Crops, Basel 2002 (Introduction of pesticide availability in soil environment: Chairman of the workshop) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  190. Holistic study on methods assessing the effects of agrochemicals on soil microorganisms, 国際会議

    10th IUPAC International Congress on the Chemistry of Crop Protection, Innovative Solutions for Healthy Crops, Basel 2002 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  191. Regulatory limits for pesticide residues in water - an International Union of Pure and Applied Chemistry project, 国際会議

    10th IUPAC International Congress on the Chemistry of Crop Protection, Innovative Solutions for Healthy Crops, Basel 2002 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  192. Distribution and degradation of endocrine active substances in soil and water, 国際会議

    IUPAC Symposium on Pesticide Regulation for Consumer and Environment Safety and Fair Practices in the Food Trade, Brisbane, Australia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  193. Evaluation methods of pesticides effects on soil microorganisms, 国際会議

    Proceedings of IUPAC-TACTRI/COA International Workshop on Pesticides 2000, Harmonization of pesticide management – Regulation, monitoring and evaluation, 177-180 Taichung, Taiwan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  194. Effect of agricultural practices on the structure of microbial community in soils: Characterization by respiratory quinone profile, 国際会議

    Abstracts of the 3rd International symposium on environmental aspects of pesticide microbiology, Pesticides, Soil microbiology and Sustainable agriculture, p.22 Monheim, Germany 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  195. 農畜産業のネットワーク化におけるゼロエミッション化と環境管理

    片山新太、吉田重方

    ゼロエミッション国際シンポジウム、予稿集33-37、豊橋 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  196. Microbial community structure in soils revealed by respiratory quinone profile, 国際会議

    Abstracts of 8th international symposium on microbial ecology, p.195, Halifax, Canada 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  197. Monitoring of soil microbiota by the quinone profile analysis, 国際会議

    Abstracts of 9th international congress of pesticide chemistry, The food-environment challenge, p.8D-014, London, UK 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  198. Effect of farmyard manure on the chlorothalonil-degrading capacities of bacteria and fungi in soil, 国際会議

    Abstracts of the 2nd International symposium on environmental aspects of pesticide microbiology, Pesticides, Soil Microbioogy and Soil Quality, Beanue, France 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  199. Contributions of bacteria and fungi to chlorothalonil degradation in soil, 国際会議

    Abstracts of 7th International Symposium of Microbial Ecology, C3-4.1, Santos, Brazil 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  200. Compost testing method for the compatibility of plants, Proceedings of First International 国際会議

    Symposium on Biological Waste Management, "A wasted Chance?", S43, p.1-8, Bochum, Germany 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  201. Enhancement of biodegradation of chlorothalonil in soil 国際会議

    Fallen Leaf Lake Conference, Microbial Ecology and Biological Control, South Lake Tahoe, CA, U.S.A. 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  202. Soil Bacteria tolerant to and degrading chlorothalonil 国際会議

    Eights IUPAC International Congress of Pesticide Chemistry, Washington DC, USA 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  203. Utilization of a Rhizosphere competent strain of Trichoderma harzianum for the degradation of pesticides, 国際会議

    Eights IUPAC International Congress of Pesticide Chemistry, Washington DC, USA 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  204. Enhancing effect of farmyard manure amendment on the dissipation of chlorothalonil in soil, 国際会議

    15th World Congress of Soil Science, Acapulco, Mexico 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  205. Recommended tests for assessing the side-effects of pesticides on soil ecosystem, 国際会議

    International Symposium on Pesticide Science, Pesticide/Environment: Molecular Biological Approaches 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  206. Degradation of chlorinated aromatic compounds by microorganisms in soil - changes in degradation rate and siol microflora - 国際会議

    International Symposium on Pesticide Science, Pesticide/Environment: Molecular Biological Approaches, Saitama, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  207. pH as a significant factor for biodegradation of the herbicide atrazine by soil microorganisms 国際会議

    Second European Conference on Ecotoxicology, Amsterdam (the Netherlands) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1992年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  208. Microbial degradation of the chlorinated aromatic compound DDT at extremely low concentration levels 国際会議

    Sixth International Symposium on Microbial Ecology, Barcelona (Spain) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1992年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  209. Microbial degradation of chlorothalonil in soil 国際会議

    14th international congress of soil science, Kyoto, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 1990年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  210. Effect of compost maturity on komatsuna (Brassica Rapa var. pervidis) in Neubauer's pot 国際会議

    International symposium on biological reclamation and land utilization of urban wastes, Naples (Italy) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1983年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

Works(作品等) 1

  1. 食塩より発生する塩化水素の基礎的研究、研究報告書(II)ー都市ゴミ中の揮発性塩素についてー 社団法人プラスチック処理促進協会 技術開発委員会

    1982年

     詳細を見る

    久保田宏、局俊明、片山新太、内田重男、土屋活美、鈴木哲雄、犬飼智、加茂浩

共同研究・競争的資金等の研究課題 27

  1. 温暖化ガス固定化のための生物電気化学システム

    2020年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円 ( 直接経費:2000000円 )

  2. 化学物質の還元反応に寄与する異種微生物間の固体腐植を介した細胞外電子伝達機構の解明

    2019年4月 - 2021年3月

    IFO公益社団法人 発酵研究所 平成31年度(2019年度)大型研究助成 

    片山新太

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:10000000円 ( 直接経費:10000000円 )

  3. 生物窒素固定を促進する細胞外電子伝達を担う固体腐植様物質の構造解明

    2019年1月 - 2019年12月

    公益財団法人 JFE21世紀財団 2018年度 技術研究助成 

    片山新太

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 地下水硝酸汚染を浄化対象とする電気化学支援型自立的生物脱窒システムの創製

    2014年6月 - 2017年3月

    平成26 年度旭硝子財団研究助成金(環境研究 近藤次郎グラント) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 土壌-微生物呼吸系に学ぶ地下水浄化システムの創製

    2012年10月 - 2013年9月

    第11回 積水化学 自然に学ぶものづくり 研究助成プログラム 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 放射能汚染土壌の飛散防止・洗浄・固化を行う生物処理実用システムの開発

    2012年7月 - 2014年3月

    環境省環境研究総合推進費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. バイオフィルム形成制御メカニズムを利用した難培養微生物培養の試み

    2012年4月 - 2013年3月

    公益財団法人 長瀬科学技術振興財団 研究助成  生化学

    三宅克英、片山新太

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:2500000円 ( 直接経費:2500000円 )

  8. Halorespiring Firmicutes – Exploring genomic plasticity of closely related dedicated degraders with diverging ecophysiological features and bioremediating capacity

    2009年11月

    International Cooperative Research 

  9. 好気および嫌気微生物群による土壌地下水汚染の浄化

    2008年11月 - 2009年6月

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  10. 芳香族塩素化合物を分解する嫌気性微生物マイクロ資材の研究開発

    2005年6月 - 2008年3月

    環境技術開発等推進費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  11. 災害ごみ減量化システム構築に関する政策研究

    2005年

    学内共同研究 

      詳細を見る

    災害時に発生するゴミのボランティアによる減量化システムの構築に関する研究

  12. 文理融合型エコシステム科学の展開

    2005年

    学内共同研究 

      詳細を見る

    文系・理系の接点を探る研究

  13. 環境中に存在する病原細菌モニタリング技術の開発

    2005年

    学内共同研究 

      詳細を見る

    人体等に感染する病原細菌の多くはその表面に固有の夾膜多糖を有する。この夾膜多糖はオペロンとして存在する生合成遺伝子群によって生産されることが最近の研究から明らかになりつつある。この遺伝子群は大腸菌由来のものや連鎖球菌由来のものなどいくつかのグループに分けられるが、グループごとに共通の配列が存在する。本研究はこれらの配列を指標として、河川や下水などの環境中にどのような病原菌が潜んでいるのかをモニタリングできるようにすることを目的としている。また病原菌の中には多糖を生産しないものも存在するが、これをモニタリングする場合には毒素関連の遺伝子を利用することを考えている。

  14. 文理融合型エコシステム科学の創成

    2004年

    学内共同研究 

      詳細を見る

    名古屋大学および内外の主要な研究者を集めたワークショップ及びシンポジウムを開催し、人間活動が自然生態系と共存するエコシステム社会の成立基盤である、科学技術と法律・経済・文化が融合した「文理融合型エコシステム科学」、即ち「現代社会における廃棄物排出とそれによる汚染問題および廃棄物回生・リサイクル技術の把握・評価と、廃棄物問題の無い社会を構築するための地域社会システムの創造へ向けた科学(エコシステム科学)の創成・体系作り」を目的として研究活動を行った。

  15. 土壌汚染に関する基礎研究

    2003年

    国内共同研究 

  16. バイオリアクターを用いた生物系廃棄物の分解過程における複合微生物群と物質収支に関する評価研究

    2002年 - 2003年

    国内共同研究 

  17. 土壌浄化に関する研究

    2001年 - 2003年

    国内共同研究 

  18. Impact of transgenic crops on the use of agrochemicals and the environment

    2001年

    International Cooperative Research 

  19. 複合汚染土壌の原位置バイオレメディエーションにおける微生物制御に関する研究

    2000年10月 - 2003年3月

    国内共同研究 

  20. 土壌微生物群集の化学物質分解能多様性に対するコンポスト施用効果の評価

    2000年10月 - 2001年9月

    2000年度昭和シェル石油環境研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  21. Endocrine disrupters in the environment

    2000年 - 2003年

    International Cooperative Research 

  22. Survey on the regulatory limits for pesticides in water

    2000年 - 2002年

    International Cooperative Research 

  23. 土壌に存在する多種類の油構成成分を分解する微生物群の検出とその活性化

    2000年 - 2001年

    財団法人鉄鋼業環境保全技術開発基金研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  24. 土壌中における芳香族化合物の分解・抱合体生成過程と関与する微生物群の解析

    2000年 - 2001年

    学内共同研究 

  25. Taxonomical and functional diversity of microbial communities in soils contaminated with heavy metals

    2000年

    International Cooperative Research 

  26. Bioavailability of xenobiotics in the soil environment

    2000年

    International Cooperative Research 

  27. Study on pesticide soil sorption parameters

    1999年 - 2002年

    International Cooperative Research 

▼全件表示

科研費 13

  1. 固体腐植の細胞外電子供与を利用する酢酸生成微生物の新規な二酸化炭素固定化機構

    研究課題/研究課題番号:20H04363  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金 

    片山 新太

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17940000円 ( 直接経費:13800000円 、 間接経費:4140000円 )

    光は使わないが、酸素の無い条件で水素を使って二酸化炭素から酢酸を生成する微生物は、高密度化が可能なことから、温暖化ガスの二酸化炭素を固定する技術として有望とされている。しかし、水素供給が不可欠である点が省エネルギー上の課題となってきた。本申請者らは、腐植物質の中で酸アルカリに不溶な固体腐植ヒューミンを電子伝達物質とすることによって、高効率に酢酸微生物に二酸化炭素固定させる可能性を見いだした。そこで、本研究では、この電子伝達メカニズムを解明することを目的とする。地球化学と微生物生態学の融合分野を切り拓く基礎研究であるとともに、新規な地球温暖化対策技術の端緒として大きな貢献が期待される。

  2. 環境浄化を担う嫌気性微生物のエネルギー源となる還元型固体腐植物質の生成・維持機構

    研究課題/研究課題番号:17H01899  2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金 

    片山 新太

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:18200000円 ( 直接経費:14000000円 、 間接経費:4200000円 )

    環境浄化で重要な嫌気性微生物の還元反応に対しエネルギー源として働く還元型固体腐植の生成維持機構の解明を目指し、固体腐植ヒューミン(酸アルカリに不溶の腐植物質)に含まれる酸化還元構造と、電気化学特性、および固体腐植ヒューミンを還元する嫌気性微生物群を調べた。電子供与能の異なる固体腐植ヒューミンにおける各種スペクトルの比較解析から、細胞外電子伝達へのペプチドグリカン構造の関与が示唆された。電気化学インピーダンス法による電気化学特性解析は微生物代謝の傾向とは一致するが、特性値は異なった。固体腐植ヒューミンの還元が見られる系で嫌気性微生物群は、その9割以上がClostridiales目に属した。
    土壌や底質に広く存在する腐植物質、特にその中でもかなりの割合を占める有機無機複合体である固体腐植ヒューミンが、嫌気性微生物に対して電気的エネルギー源として機能する機構の解析は、これまで不明であったエネルギー欠乏条件の自然環境の中で生残する微生物戦略の解明につながると同時に、それを利用して環境中で得られる小電力を利用した自立分散型の環境浄化システムの構築の端緒にもつながるものとして期待される。

  3. 地圏における環境浄化微生物の活性を担う電子伝達性固体腐植物質の生成消失過程

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 嫌気性押出し流れ電気培養集積系を用いたモノクロロ芳香族化合物の脱塩素菌の単離

    2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究、課題番号:23658272

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 有機化学物質汚染土壌地下水の生物修復速度の予測法の開発と応用

    2009年10月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  独立行政法人科学技術振興機構シーズ発掘試験研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 嫌気微生物群を用いた透過性反応浄化壁による芳香族塩素化合物分解の解析モデルの構築

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B),課題番号:20310041

    片山 新太

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. 汚染浄化微生物群集を制御する好気・嫌気土壌ミクロ環境の解明と創出

    2005年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    片山 新太

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    土壌環境中の微生物群集を制御する微視的環境の重要因子を解明する

  8. 芳香族塩素化合物の嫌気性浄化プロセスを担う土壌微生物群集の実体解明

    2004年 - 2005年

    科学研究費補助金  萌芽研究,課題番号:16658130

    片山 新太

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究は、芳香族塩素化合物の脱塩素微生物共同体の実体解明を目的とし、その再構築試験を通してその特性を明らかにするとともに利用技術の端緒を拓くことを目指している。PCBおよびペンタクロロフェノール(PCP)を対象化合物としているが、平成16年度は主にPCPを対象に実験を進めた。PCBは分解活性を得るために長期培養を進めている。 (1)PCP分解に対する各種酸化剤および基質、阻害剤添加の分解速度への影響  特性試験の結果から、この微生物群には、異なる2種類が存在することが示唆された。一つの微生物群では、電子受容体の硫酸イオン、硝酸イオンでPCP消失活性が阻害され、電子供与体の乳酸・酢酸により促進した。阻害剤のBESAの影響は無く、モリブデン酸では阻害された。熱処理により活性が失われた。また、H2分圧4.9%の混合ガス条件では阻害された。この微生物群を液体培地に植え継ぐと活性を消失した。以上より、この微生物群は、低H2分圧および固形物存在下で働くPCP消失活性を有し、酢酸を利用できる完全酸化型硫酸還元活性を持つ熱感受性菌がPCP消失活性に関与する微生物群であることが示唆された。もう一つの分解微生物群も、同様に低H2分圧条件下で働くPCP消失活性を有し(H2分圧4.9%で阻害)たが、電子供与体としてピルビン酸を用いる不完全酸化型硫酸還元活性(酢酸では消失活性無し)を持つ耐熱性菌群がPCP消失活性に関与していることが示唆された。 (2)脱塩素微生物群の活性維持方法の開発 半回分操作に加え、陰イオン交換樹脂を加えることで、PCP分解嫌気微生物群集の活性維持に成功した。

  9. 油汚染土壌における界面活性剤で促進した生物浄化のモデル化

    2002年10月 - 2004年9月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. 原位置バイオレメディエーションにおける地下地盤環境の微生物群集の動態解析と制御

    2002年 - 2004年

    科学研究費補助金  基盤研究(B)(2)  14380270

    片山新太

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    化学物質による地盤汚染に対し、微生物を用いた原位置バイオレメディエーション技術の開発が待望されている。しかし、原位置バイオレメディエーションで必要不可欠な、 地下地盤における分解微生物の分布・移動・活性の把握とその制御に関する知見は非常に少なく、大きな研究課題となっている。そこで本研究では、1)深度数メートルまでの地盤微生物群集の解析、2)微生物移動性の解析法の確立を集中的に研究し、原位置バイオレメディエーション技術の基礎的知見を得ることを目指した。 1)ライシメータを用いた油汚染模擬試験  野外ライシメータを利用して油汚染の自然減衰試験を行った。トルエン等の単環芳香族炭化水素を含むドデカン溶液を調合しモデル油とした。油の遺漏を想定し野外ライシメータで油汚染を起こし、その後の油の揮発、浸出から微生物分解を推定した。不飽和条件下では、比較的に分解速度は高いが、それでも濃度の非常に高い部位には1年以上油が残留した。油濃度変化と微生物群集構造変化の対応関係を調べたところ、油濃度の増加に伴い微生物量も増加し、分解菌と思われる微生物群集の特異的増加が観察された。油濃度の減少に伴い、もともとの微生物群集構造に戻った。 2)微生物の移動性の解析法確立  分解菌を導入するバイオオーギュメンテーションを想定し、分解微生物の地下地盤へ導入した際の移動性モデル試験を、川砂微生物を用いて行った。流速の高い時は、流出微生物数と土壌懸濁物量には正の相関が見られたが、低流速の場合は相関が見られなかった。このことから、流速によって流出する微生物の状態、即ち、土粒子に付着した微生物と浮遊した微生物の割合、が異なることが示唆された。

  11. 土壌有機窒素の構造変遷モデルの構築

    2002年 - 2004年

    科学研究費補助金  基盤研究(B)(2) 14360040

    渡邉彰

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    土壌中の窒素化合物が土壌有機物にどの様に取り込まれるかを解析

  12. 土壌中における芳香族化合物の分解・抱合体生成過程と関与する微生物群の解析

    2000年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  13. 環境中の微量存在する農薬等の化学物質の土壌生態系に及ぼす影響評価法の開発

    2000年 - 2001年

    科学研究費補助金  基盤研究(A)(1) 12306004

    山本広基

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

▼全件表示

産業財産権 9

  1. 電子伝達システム及びその用途

    片山新太、章春芳、張冬冬、李智灵、鈴木大典

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2015-529585(P2015-529585)  出願日:2014年7月

    公開番号:WO 2015/016238  公開日:2015年2月

    特許番号/登録番号:6410188  登録日:2018年10月  発行日:2018年10月

    権利者:国立大学法人名古屋大学   出願国:外国   取得国:外国

  2. 酢酸資化性の細胞外電子伝達微生物を用いた浄化剤及び浄化方法

    吉田奈央子、片山新太

     詳細を見る

    出願人:豊橋技術科学大学、名古屋大学

    出願日:2012年4月

    公開番号:2013-212468  公開日:2013年10月

    出願国:国内   取得国:国内

  3. PCB汚染物の減容処理システム

    片山新太、鈴木大典、城 康彰

     詳細を見る

    出願人:愛知電機株式会社

    出願番号:特願2010-191706  出願日:2010年8月

    公開番号:特開2012-045508 

    特許番号/登録番号:特許5725764  登録日:2015年4月 

    出願国:国内  

  4. 1,2-ジクロロエタンをエチレンに無毒化するジオバクター属細菌

    吉田奈央子、朝日教智、片山新太

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学、名古屋市

    出願番号:特願2010-177483  出願日:2010年8月

    公開番号:2012-034620  公開日:2012年2月

    特許番号/登録番号:05764880  登録日:2015年6月 

    権利者:東海国立大学機構,名古屋市   出願国:国内   取得国:国内

  5. 病原菌検出法及びそれに用いるキット

    法人名大

     詳細を見る

    出願日:2010年6月

    公開番号:WO 2011/004725  公開日:2011年1月

    公表番号:WO2011004725A1  公表日:2011年1月

    出願国:外国   取得国:外国

  6. 有機物汚染土壌における微生物分解容量の評価方法、及び汚染土壌修復速度の予測方法

    片山新太、宋德君、基礎地盤コンサルタンツ株式会社

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学総長、基礎地盤コンサルタンツ、宋德君

    出願番号:2009-062884  出願日:2009年3月

    公開番号:2010-213607  公開日:2010年9月

    特許番号/登録番号:05608869  登録日:2014年9月  発行日:2014年10月

    権利者:東海国立大学機構,基礎地盤コンサル,個人   出願国:国内   取得国:国内

  7. 多塩素化ビフェニル及びダイオキシン類を脱塩素化する微生物群集及びデハロバクター属細菌、並びに該微生物群集及び該デハロバクター属細菌の用途

    法人名大

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学

    出願番号:2007-114943  出願日:2007年4月

    公開番号:2008-263925  公開日:2008年11月

    特許番号/登録番号:05305212  登録日:2013年7月  発行日:2013年10月

    出願国:国内   取得国:国内

  8. 土壌核酸の分析方法

    岡村幸治、山下雅美、片山新太

     詳細を見る

    出願人:トヨタ自動車株式会社

    出願日:1996年8月

    公開番号:特許公開平10-66599 

    登録日:1998年3月 

    出願国:国内  

    PCR増幅の対象とする土壌中のDNAの簡便な抽出方法の提供。1)土壌試料を界面活性剤を含有する水性緩衝液と混合し、次に有機溶剤と混合して水相を分離し、(2)アルコール沈澱又はDNA精製用カラムによりDNAを濃縮し、(3)このDNAをPCRを阻害しない緩衝液に溶解し、そして(4)この溶液の10分の1以下の量を取ってPCRにより増幅する、ことを特徴とする土壌中のDNAの測定方法。簡便な方法で約1時間でほとんどすべての土壌試料中でDNAの抽出(約2μg/g土壌)が可能であり、PCR増幅の後102 (細胞/g土壌)の土壌微生物が検出できる。

  9. Photochemically enhanced microbial degradation of environmental pollutants

     詳細を見る

    出願番号:Appl.No. 687368, Filed on April 18, 1991  出願日:1991年4月

    特許番号/登録番号:United States Patent 5,342,779 (August 30, 1994)  登録日:1994年8月 

    出願国:外国  

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 27

  1. 防災・減災技術

    2020

  2. 社会環境保全学

    2020

  3. 人間活動と環境

    2019

  4. 衛生工学

    2019

     詳細を見る

    上下水道、水質汚濁、廃棄物

  5. 基礎セミナーA

    2019

  6. 地圏環境保全学セミナー

    2019

  7. 土水環境保全学特論

    2019

     詳細を見る

    土壌地下水汚染を巡る諸課題

  8. 衛生工学

    2018

     詳細を見る

    上下水道、水質汚濁、廃棄物

  9. 基礎セミナーA

    2018

  10. 土水環境保全学特論

    2018

     詳細を見る

    土壌地下水汚染を巡る諸課題

  11. 土水環境保全学演習

    2018

  12. 地圏環境保全学セミナー

    2018

  13. 人間活動と環境

    2018

  14. 社会環境システム工学

    2012

     詳細を見る

    土壌地下水汚染の問題、廃棄物の問題

  15. 基礎セミナーA

    2011

  16. 土水環境保全学セミナー

    2011

  17. 土水環境保全学演習

    2011

  18. 土水環境保全学特論

    2011

     詳細を見る

    土壌地下水汚染を巡る諸課題

  19. 環境地盤工学

    2011

     詳細を見る

    土壌地下水汚染の問題、廃棄物の問題

  20. 衛生工学

    2011

     詳細を見る

    上下水道、水質汚濁、廃棄物

  21. 環境地盤工学

  22. 力学I

  23. 総合科目「物質循環と廃棄物処理」

  24. 地圏環境プロジェクト

  25. 土壌地下水環境保全学セミナー

  26. 土壌地下水環境保全学

  27. 衛生工学

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 7

  1. 環境汚染と浄化の科学

    2009年4月 - 2010年3月 放送大学)

  2. 土壌地下水汚染の微生物による浄化

    2008年4月 - 2009年3月 東京工業大学)

  3. 微生物機能学特論

    2007年4月 - 2008年3月 岐阜大学大学院農学研究科)

  4. 環境微生物学特論

    2007年4月 - 2008年3月 島根大学大学院生物資源科学研究科)

  5. 環境衛生学特論

    2005年4月 - 2006年3月 産業医科大学大学院)

  6. 土壌地下水汚染とその浄化技術

    2005年4月 - 2006年3月 豊橋技術科学大学大学院)

  7. 大学院生物システム応用科学研究科特別講義

    2002年4月 - 2003年3月 東京農工大学)

▼全件表示

 

社会貢献活動 2

  1. 土中の微生物の役割とは? 土を生かし、果ては電気をやりとりする!?

    役割:取材協力, 助言・指導, 情報提供

    マイナビ農業  マイナビ農業https://agri.mynavi.jp/  2021年1月

  2. 人間活動と環境-ばい菌で水を浄化-

    役割:講師

    名古屋市立向陽高等学校  2020年11月