2021/06/03 更新

写真a

ハヤシ キイチロウ
林 希一郎
HAYASHI, Kiichiro
所属
名古屋大学 未来材料・システム研究所 システム創成部門 教授
職名
教授

学位 3

  1. 博士(国際協力学) ( 東京大学 ) 

  2. 修士(理学) ( 東京大学 ) 

  3. 理学学士 ( 東北大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 自然共生型社会実現のための再生可能エネルギーと環境エコロジー・システム評価に関する研究

研究分野 1

  1. 環境・農学 / 自然共生システム  / 国際環境協力、環境影響評価・環境政策、生態系サービス評価、

現在の研究課題とSDGs 4

  1. 自然共生型社会実現のための再生可能エネルギーと環境エコロジー・システム評価に関する研究

  2. 再生可能エネルギーの空間評価

  3. 生態系サービスの空間評価

  4. 持続可能性指標の開発(resources time footprint)

経歴 4

  1. 名古屋大学   未来材料・システム研究所   教授

    2015年1月 - 現在

  2. 名古屋大学   大学院工学研究科 社会基盤工学専攻   教授

    2008年10月 - 現在

  3. 名古屋大学   エコトピア科学研究所   教授

    2008年10月 - 2015年9月

  4. 名古屋大学   エコトピア科学研究所   助教授

    2006年4月 - 2008年10月

学歴 1

  1. 東京大学   環境学

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. International Association for Impact Assessment(IAIA)

  2. 環境アセスメント学会   理事

    2010年4月 - 現在

  3. 日本環境共生学会   理事

    2010年4月 - 現在

  4. 環境情報科学会

  5. 環境経済・政策学会

  6. 土木学会

▼全件表示

委員歴 14

  1. 国際協力機構   環境社会配慮助言委員会委員  

    2016年8月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  2. 環境アセスメント学会   奨励賞選考委員会委員  

    2020年8月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 日本環境共生学会   表彰委員会委員  

    2020年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. IAIA   Awards Committee member  

    2019年8月 - 2021年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 日本環境共生学会   学術・編集委員会副委員長  

    2019年5月 - 現在   

  6. 日本環境共生学会   第23回年次大会実行委員会副委員長  

    2019年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  7. International Journal of Environmental and Rural Development   Editorial Advisory Board member  

    2018年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  8. 国際協力機構   ラオス国持続可能な森林管理及びREDD+支援プロジェクト中間審査調査団  

    2017年10月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  9. 国際協力機構   ミャンマー国水環境管理及び環境影響評価制度の能力向上プロジェクトの専門家  

    2016年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  10. 日本環境共生学会   企画・広報委員会副委員長  

    2014年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  11. 環境アセスメント学会   理事  

    2010年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  12. 日本環境共生学会   理事  

    2010年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  13. 環境アセスメント学会   国際交流委員会委員  

    2010年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  14. 環境アセスメント学会   若手の会委員  

    2009年9月 - 現在   

▼全件表示

受賞 7

  1. Awards of Excellent Paper

    2021年3月   12th ICERD   Relationship between NDVI and Canopy Cover Sensed by Small UAV under Different Ground Resolution

    Ke Zhang, Hiromu Okazawa, Yuri Yamazaki, Kiichiro Hayashi, Osamu Tsuji

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

  2. 学会賞「論文賞」

    2020年9月   日本環境共生学会   1955年と現在の生態系サービス供給ポテンシャルの比較分析ー愛知県西部の事例ー

    小林航・林希一郎・大場真

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  3. Outstanding Presentation Award

    2019年11月   ICMASS2019   Convolutional Neural Networks for Tree Species Classification

    Yue Haung, Kiichiro Hayashi

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

  4. Award of excellent poster presentation

    2017年2月   ICERD8   Spatial assessment of land cover change and ecosystem services from a case study in Savannakhet Province, Laos.

    Thipphachanh Souphihalath, Kiichiro Hayashi, Makoto Ooba, Wataru Kobayashi

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

  5. 日本環境共生学会環境活動賞

    2015年9月   日本環境共生学会   名古屋市の森の生態系サービス調査

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  6. Award of Excellent paper

    2015年3月   ISERD  

    Makoto Ooba, Kiichiro Hayashi, Takahiro Suzuki, Rui Li

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

  7. 環境アセスメント学会奨励賞

    2008年5月   環境アセスメント学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    実務部門

▼全件表示

 

論文 57

  1. A Novel Tree Biomass Estimation Model Applying the Pipe Model Theory and Adaptable to UAV-Derived Canopy Height Models 査読有り 国際誌

    Takashi Machimura, Ayana Fujimoto, Kiichiro Hayashi, Hiroaki Takagi. Satoru Sugita

    Forests   12 巻 ( 2 ) 頁: 258   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. An End to End Process Development for UAV-SfM Based Forest Monitoring: Individual Tree Detection, Species Classification and Carbon Dynamics Simulation 査読有り 国際誌

    Ayana Fujimoto, Chihiro Haga, Takanori Matsui, Takashi Machimura, Kiichiro Hayashi, Satoru Sugita Hiroaki Takagi

      10 巻 ( 8 ) 頁: 680   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Outcomes from 10 years of biodiversity offsetting 査読有り 国際共著 国際誌

    Gibbons Philip, Macintosh Andrew, Constable Amy Louise, Hayashi Kiichiro

    GLOBAL CHANGE BIOLOGY   24 巻 ( 2 ) 頁: E643 - E654   2018年2月

     詳細を見る

  4. Geospatial distribution of ecosystem services and biomass energy potential in eastern Japan 査読有り 国際誌

    Makoto Ooba, Kiichiro Hayashi, Munoru Fujii

    Journal of Cleaner Production   130 巻   頁: 35-44   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. A long-term assessment of ecological-economic sustainability of woody biomass production in Japan. 査読有り 国際誌

    Makoto Ooba, Kiichiro Hayashi, Takashi Machimura, and Takanori Matsui

    Journal of Cleaner Production   88 巻   頁: 318-325   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. The resource occupancy to capacity ratio indicator -A common unit tomeasure sustainability 査読有り 国際誌

    Minoru Fujii, Kiichiro Hayashi, Hideyuki Ito, Makoto Ooba

    Ecological Indicators   46 巻   頁: 52-58   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. 環境・社会的条件を考慮した地熱導入ポテンシャルと地域内電力需要との比較分析 査読有り

    長島 匠 村山 武彦 錦澤 滋雄 長岡 篤, 林希一郎

    計画行政     2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. 住宅系地域の屋根設置型太陽光パネル導入要因分析 -空間・社会条件を用いた地区の広域推定モデル 査読有り

    川口 暢子, 林 希一郎, 山田 琢寛, 富野 友貴

    環境共生   36 巻 ( 2 ) 頁: 151 - 161   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  9. 都市緑地管理における資源占有の時間フットプリント評価. 査読有り

    川口暢子,林希一郎,藤井実

    環境共生   36 巻 ( 1 ) 頁: 53 - 64   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. GIS-based analysis for the energy potential and social feasibility of small-scale run-of-river hydropower in Yahagi River, Japan. 査読有り 国際共著 国際誌

    Yuri. Yamazaki, Kiichiro. Hayashi, Hiromu. Okazawa, Nobuko. Kawaguchi, Ferdinando. Villa

    IJERD   10 巻 ( 2 ) 頁: 138 - 145   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. 1955 年と現在の生態系サービス供給ポテンシャルの比較分析-愛知県⻄部の事例- 査読有り

    小林航, 林希一郎, 大場真

    環境共生   35 巻   頁: 5 - 17   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. 都市緑地管理活動に伴う投入作業量とCO2排出量の特徴-名古屋市での事例研究- 査読有り

    川口暢子, 林希一郎, 藤井実

    環境共生   35 巻   頁: 18-29   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. 持続可能性アセスメントにおける情報技術の応用がもたらすコミュニケーション−都市の長期政策への適用と地熱開発の合意形成への応用の検討― 査読有り

    柴田裕希,伊藤夏生,林希一郎,杉田暁

    環境科学会誌   35 巻 ( 2 ) 頁: 75 - 82   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Application of Integrated Modeling System to Ecosystem Services Evaluation. 査読有り

    Makoto Ooba, Kiichiro Hayashi.

    IJERD   8 巻 ( 2 ) 頁: 100-104   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Spatial Assessment of Cultural Ecosystem Services for Urban Forests based on a Multi-point Field Survey: Case in Nagoya City, Japan 査読有り

    K.HAYASHI, M.Ooba

    IJERD   8 巻 ( 2 ) 頁: 75 - 81   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Spatial assessment of land cover change and ecosystem services from a case study in Savannakhet Province, Laos 査読有り

    Thipphachanh Souphihalath, Kiichiro Hayashi, Makoto Ooba, Wataru Kobayashi

    International Journal of Environmental and Rural Development   8-1 巻   頁: 93-102   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Time series changes and future prospects of green space and the ecosystem services, case study of Funabashi City in Tokyo metropolitan area, Japan

    Natsuki Ito, Yuki Shibata, Satoru Sugita, Kiichiro Hayashi, Makoto Ooba

    IAIA'17 (International association for impact assessment 2017)     頁: web proceedings. www.iaia.org   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  18. Assessment of forest ecosystem services using unmanned aerial vehicles, case study of Chamaecyparis obtusa forest, in Takayama, Japan

    Yuya Katada, Kiichiro Hayashi, Satoru Sugita, Takashi Machimura, Ayana Fujimoto

    IAIA'17 (International association for impact assessment 2017)     頁: web proceedings. www.iaia.org   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  19. Spatial analysis of ecosystem disservice via disamenity of mosquitoes a case study in Nagoya City, Japan 査読有り

    Kiichiro Hayashi, Akira Sugiyama, Makoto Ooba

    International Journal of Environmental and Rural Development   7-2 巻   頁: 174-181   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Socio-economic and spatial evaluation of ecosystem services in Nagoya, Japan 査読有り

    Makoto Ooba, Hideyuki Ito, Kiichiro Hayashi

    International Journal of Environmental and Rural Development   7-2 巻   頁: 182-189   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Assessment of ecosystem services with land use maps: Conservation priorities under several greening scenarios in Nagoya City

    Makoto Ooba, Kiichiro Hayashi, Hideyuki Ito

    IAIA'16 (International association for impact assessment 2016)     頁: web proceedings. www.iaia.org   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  22. Temporal and Spatial Assessment of Ecosystem Services in 1955 and 2008: Case study in Nagoya and its suburbs, Japan

    Wataru Kobayashi, Kiichiro Hayashi, Makoto Ooba

    IAIA'16 (International association for impact assessment 2016)     頁: web proceedings. www.iaia.org   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  23. Assessment by land use change using SI models in Khon Kaen, Thailand

    Hideyuki Ito, Sho Ko, Keiji Watanabe, Takahiro Fujii, Kiichiro Hayashi

    IAIA'16 (International association for impact assessment 2016)     頁: web proceedings. www.iaia.org   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  24. Spatial Assessment of Ecosystem Services by New City Development - Case Study in Nay Pyi Taw, Myanmar 査読有り

    KAY KHAING LWIN,KIICHIRO HAYASHI, MAKOTO OOBA

    International Journal of Environmental and Rural Development   7-1 巻   頁: 55-61   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Analysis of Urban Ecosystem Services Considering Conservation Priority 査読有り

    Makoto. Ooba, Kiichiro Hayashi, Takahiro Suzuki, Rui Li

    International Journal of Environmental and Rural Development   6-2 巻   頁: 66-72   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. 民生(家庭)部門における太陽光発電による供給ポテンシャル-全国市区町村単位での電力需要との比較- 査読有り

    鷲見宏明, 林希一郎, 大場 真, 長谷川泰弘

    人間と環境   41 巻 ( 3 ) 頁: 2-14   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Webアンケートによる干潟の生物多様性・生態系サービスの主観的価値の要因分析-愛知県一色干潟を対象として- 査読有り

    伊東英幸, 林希一郎

    土木学会論文集G(環境)   71 巻 ( 6 ) 頁: II_199-II_205   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Cultural ecosystem service assessment in a semi-mountainous area of Japan: case in Toyota City 査読有り

    Kiichiro Hayashi, Makoo Ooba, Yasuhiro Hasegawa

    International Journal of Environmental and Rural Development   6-1 巻   頁: 97-102   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. LCAと環境経済評価の活用による生物多様性・生態系サービス評価-木造住宅と鉄骨住宅の事例研究- 査読有り

    伊東英幸, 林希一郎

    社会技術研究論文集   12 巻   頁: 34-42   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. 住宅における再生可能エネルギー発電設備の導入意向の要因分析 査読有り

    鷲見宏明、長谷川泰洋、林希一郎

    エネルギー・資源   35 巻 ( 6 ) 頁: 1-9   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Comparative Assessments of Ecosystem Services between Rural and Urban Areas 査読有り

    Makoto Ooba, Kiichiro Hayashi

    IJERD   5 巻 ( 2 ) 頁: 35 - 40   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. 豊田市稲武地区の森林を対象とした文化的生態系サービスの主観的重要度の評価特性 査読有り

    長谷川泰洋、林希一郎

    ランドスケープ研究   7 巻   頁: 116-125   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. 米国加州の生物多様性バンクにおける生態系サービスの重要度評価と経済価値評価 査読有り

    伊東英幸,太田貴大,林希一郎, 吉田謙太郎,胡升华

    環境アセスメント学会誌   12 巻 ( 2 ) 頁: 63-71   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. 都市近郊二次林の生物多様性評価手法の検討―名古屋市内二次林における豪州ハビタット・ヘクタールと生物多様性に関する指数との比較 査読有り

    長谷川泰洋,林希一郎

    環境アセスメント学会誌   12 巻 ( 2 ) 頁: 49-62   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Assessing impacts of forest conversion on terrestrial vertebrates combining forestry cost with HSI and InVEST: case of Toyota city, Japan. 査読有り 国際誌

    Dhakal Ambika, Ooba Makoto, Hayashi Kiichiro

    International Journal of Biodiversity Science, Ecosystem Services & Management   10 巻 ( 3 ) 頁: 198 - 215   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Assessments of regional carbon circulation by a biogeochemical model from multi aspects: A case study of forests in Toyota city 査読有り

    Ooba, M., Hayashi, K., Machimura, T., Matsui, T.

    Journal of Agricultural Meteorology   70 巻 ( 1 ) 頁: 41 - 54   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. 再生生態系の生態系サービスに対する重要度の探索的分析:愛知県豊田市の森林の事例 査読有り

    太田貴大・林希一郎・伊東英幸・大場真

    環境共生   22 巻   頁: pp.38-50   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. 豪州の生物多様性測定法(バイオバンキング影響評価手法)の利点と課題 ‐名古屋大学キャンパス周辺二次林への適用による事例研究 査読有り

    長谷川泰洋,林希一郎,吉野奈津子,マルホトラ カーティック

    環境共生   22 巻   頁: pp.51-63   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. 生態系サービスの文化サービスに対する主観的価値の決定要因-愛知県一色干潟における精神的療養と環境教育利用に着目して 査読有り

    太田貴大,林希一郎,伊東英幸

    環境情報科学学術研究論文集   26 巻   頁: pp.307-312   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Comparative Analysis of the Determining Factors that Define Service Area Perimeters of Conservation Banks in California 査読有り

    Takahiro Ota and Kiichiro Hayashi

    Papers on Environmental Information Science   24 巻   頁: 255-260   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. 有限性を考慮した資源・環境評価に関するエコトピア社会評価手法開発 査読有り

    藤井実、林希一郎、伊東英幸

    環境科学会誌   23 巻 ( 5 ) 頁: 410-418   2010年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. 主観的幸福度指標と環境汚染 -国内でのサーベイデータを用いた計量分析- 査読有り

    倉増啓、鶴見哲也、馬奈木俊介、林希一郎

    環境科学会誌   23 巻 ( 5 ) 頁: 401-409   2010年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. ABS(遺伝資源アクセスと利益配分)の課題と生物多様性保全 招待有り

    林希一郎

    季刊環境研究   57 巻   頁: 108-115   2010年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  44. 遺伝資源アクセスと利益配分(ABS)の生物多様性政策としての有効性に関する一考察-生物多様性オフセット,PESとの比較を交えて- 査読有り

    林希一郎

    環境共生   17 巻   頁: 27-34   2010年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. CTL, GTL, BTLを活用した航空代替燃料の比較研究 査読有り

    林希一郎、土田和寛、隈部和弘、長谷川達也

    環境情報科学論文集   23 巻   頁: 227-232   2009年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Multi-perspective Assessment Considered Life-Cycle on Diesel and Bio-diesel Fuels made from Crude Palm Oil in Indonesia

    Hideyuki, ITO, Kiichiro HAYASHI

    EASTS2009 proceedings   1 巻   頁: -   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: -

  47. 生物多様性条約COP10のABS(遺伝資源アクセスと利益配分)の論点 招待有り

    林希一郎

    環境アセスメント学会誌   7 巻 ( 2 ) 頁: 36-41   2009年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  48. Priority of Key Factors of SEA in Japan -Preliminary Results-

    Kiichiro HAYASHI

    IAIA09 proceedings     頁: web   2009年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  49. Comparision of Forest Plan Applied SEA in USA and Japan

    Hideyuki ITO, Kiichiro HAYASHI

    IAIA09 proceedings     頁: web   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  50. 環境・経済・社会・ヒューマンファクターに関わる評価指標に関する研究 -持続可能型エコトピア実現に資する指標- 査読有り

    林希一郎・伊東英幸・古賀一男・田原譲・片山新太・伊藤秀章・有田裕二・井上泰志・小林敬幸

    環境科学会誌   22 巻 ( 4 ) 頁: 281-289   2009年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. 政策と計画・プログラムに適用される戦略的環境アセスメント制度の多様性と国際比較 招待有り

    林希一郎

    環境アセスメント学会誌   7 巻 ( 1 ) 頁: 11-15   2009年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  52. インドネシアのパーム油製造プロセスにおけるバイオ廃棄物利用に係る環境影響評価 査読有り

    林希一郎

    環境情報科学論文集   22 巻   頁: 257-262   2008年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. 環境・リスク・経済・ヒューマンファクター・社会システムにかかわる科学技術評価指標の開発 -持続可能型エコトピア実現に関する指標-

    片山新太, 林希一郎, 伊東英幸, 古賀一男, 伊藤秀章, 有田裕二, 井上泰志, 小林敬幸, 田原譲, 中村愼一郎, 中野桂, 伊坪徳宏,

    環境科学会2008年会プログラム     頁: 156-157   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  54. Implication from World EIA Practices for Future Revision of Japanese EIA System

    Hayashi, K.

    IAIA08 proceedings     頁: web   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  55. 英国を中心とした欧州諸国のエネルギー関連税と環境税の制度分析 査読有り

    林希一郎

    環境情報科学論文集   21 巻   頁: p417-422   2007年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. 欧米アジア諸国の経験から見るSEA 制度の国際比較 招待有り 査読有り

    林希一郎

    環境アセスメント学会誌   5 巻 ( 2 ) 頁: 10-18   2007年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  57. 欧州諸国の温暖化対策関連税の活用から得られる示唆 -既存エネルギー関連税と環境税の関係の分析- 招待有り

    林希一郎

    財務省財務総合政策研究所「環境問題と経済・財政の対応に関する研究会」報告書     頁: 117-145   2007年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 18

  1. 現代国際協力論

    柳田辰雄編著( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第10章 生物多様性)

    東信堂  2021年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. Boosting Resource Productivity by Adopting the Circular Economy.

    Christian Ludwig, Cecilia Matasci(eds)( 担当: 共著 ,  範囲: Kiichiro Hayashi, Direct and Indirect Uses of Urban Forest Resources: Case in Nagoya City, Japan)

    Paul Scherrer Institute.  2017年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:430   記述言語:英語

  3. 工学生のための基礎生態学

    町村尚、惣田訓、露崎史朗、西田修三、大場真、岸本亨、齊藤修、吉田謙太郎、林希一郎、Philip Gibbons、松井孝典( 担当: 共著 ,  範囲: 林希一郎, Philip Gibbons, 「第14章 生物多様性オフセットとバンキング」)

    理工図書  2017年7月 

     詳細を見る

    総ページ数:166   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  4. Labor Forces and Landscape Management

    Hiroyuki Shimizu, Chika Takatori, Nobuko Kawaguchi (Eds.)( 担当: 共著 ,  範囲: M. Ooba, K. Hayashi, Connection to the ecosystem service studies)

    Springer Singapore  2017年 

     詳細を見る

    総ページ数:456   記述言語:英語 著書種別:学術書

  5. Nature Resources- Sustainable Targets, Technologies, Lifestyles and Governance

    Ludwig,chr., Matasci, C., Edelmann,X.( 担当: 共著 ,  範囲: Spatial assessment of subjective value of forest ecosystem services, a case study in Japan, pp. 219-223)

    Paul Scherrer Institute  2015年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:352   記述言語:英語

  6. 地域における生物多様性・生態系サービスの受益とその重要度, 大貝彰 ・宮田譲 ・青木伸一 編著『都市・地域・環境概論』

    林希一郎, 太田貴大( 担当: 単著)

    朝倉書店  2013年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. 「 1.3エコトピア指標」, 名古屋大学エコトピア科学研究所編『エコトピア科学概論- 持続可能な環境調和型社会実現のために -』

    林希一郎, 藤井実, 伊東英幸( 担当: 共著)

    コロナ社  2012年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. 「 4.1自然や生物多様性との共生」, 名古屋大学エコトピア科学研究所編『エコトピア科学概論- 持続可能な環境調和型社会実現のために -』

    林希一郎, 藤井実, 伊東英幸( 担当: 共著)

    コロナ社  2012年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. The Biodiversity Observation Network in the Asia-Pacific Region: Toward Further Development of Monitoring (Ecological Research Monographs)

    K.Yoshida and K. Hayashi: (Shin-Ichi Nakano, Tetsukazu Yahara, Tohru Nakashizuka ed.)( 担当: 共著)

    springer  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  10. 第11章米国と豪州の生物多様性オフセット・バンキングシステムの比較、馬奈木・IGES編『生物多様性の経済学』

    太田貴大、伊東英幸、林希一郎、マルホトラ・カーティク( 担当: 共著)

    昭和堂  2011年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. Handbook of Strategic Environmental Assessment

    Edited by Barry Sadler, Jiri Dusik, Thomas Fischer, Maria Partidario, Rob Verheem, Ralf Aschemann ( 担当: 共著)

    earthscan  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  12. はじめて学ぶ生物多様性と暮らし・経済

    林希一郎( 担当: 単著)

    中央法規出版  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. 生物多様性・生態系と経済の基礎知識

    林希一郎編著( 担当: 共著)

    中央法規  2010年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. 温暖化対策と経済成長の制度設計

    横山彰・財務省財務総合政策研究所編( 担当: 共著)

    勁草書房  2008年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    担当箇所:欧州諸国のエネルギー関連税と環境税の比較制度分析(林希一郎)

  15. 生物遺伝資源アクセスと利益配分に関する理論と実際 -医薬品開発を例に-

    林希一郎( 担当: 単著)

    大学教育出版  2007年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. 環境アセスメントの最新知識

    環境影響評価制度研究会( 担当: 共著)

    ぎょうせい  2006年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    環境アセスメント、戦略的環境アセスメントに関する最新動向を紹介する書籍を分担。筆者は、第1部環境アセスメントの「欧州における動向」、「北米における動向」、「EU」、「米国」、「カナダ」、「韓国」、また第2部戦略的環境アセスメントの「北米における動向」、「米国」、「カナダ」、「香港」を執筆。

  17. 環境経済・政策学の基礎知識

    佐和隆光監修、環境経済・政策学会編( 担当: 共著)

    有斐閣  2006年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    担当箇所:地域統合と環境(林希一郎)

  18. 欧州諸国の環境政策とその調和(in『EUの公共政策』(和気洋子、伊藤規子編著))

    林希一郎、竹本明生( 担当: 共著)

    慶応大学出版会  2006年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    担当部分:p1-30(林希一郎(3/4執筆)、竹本明生)

▼全件表示

講演・口頭発表等 81

  1. K.LAB demonstration 国際会議

    Kiichiro Hayashi

    ICERD12  2021年3月6日  ISERD

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  2. Relationship between NDVI and Canopy Cover Sensed by Small UAV under Different Ground Resolution 国際会議

    Ke ZHANG, Hiromu OKAZAWA, Yuri YAMAZAKI, Kiichiro HAYASHI and Osamu TSUJI

    ICERD12  2021年3月  ISERD

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. Analysis on Resources Time Footprint of Potential Site Selection for Small Hydropower Plant-A Case Study in Dan River Basin in China 国際共著

    Xiaoxun Huang, Kiichiro HAYASHI, Minoru FUJII, Nobuko KAWAGUCHI, Ferdinando Villa, Yuri Yamazaki

    23rd conference on Japan Association for Human and Environmental Symbiosis(2020)  2020年9月  Japan Association for Human and Environmental Symbiosis

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:on line  

  4. Automatic Detection of Solar Panels in Nagoya City Using Deep Learning Methods

    Yue Huang, Kiichiro Hayashi

    23rd conference on Japan Association for Human and Environmental Symbiosis(2020)  2020年9月  Japan Association for Human and Environmental Symbiosis

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:on line  

  5. 住宅用太陽光発電における導入ポテンシャルの推計 住宅用太陽光発電における導入ポテンシャルの推計

    松元俊樹, 林希一郎, 富野友貴, 中村真敏

    日本環境共生学会第23回(2020年度)日本環境共生学会学術大会(オンライン開催)  2020年9月  日本環境共生学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:on line  

  6. 環境・エネルギー問題を空間的に広い視野から捉える 招待有り

    林希一郎

    CRN研究会  2020年7月16日  中部異業種間リサイクルネットワーク協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋  

  7. ARIES Customized Modelling Aplication for Ecosystem Service Assessment and Renewable Energy Potential 国際共著 国際会議

    K. Hayashi, H. Okazawa, Y. Yamazaki, N. Kawaguchi, F. Villa, S. Balbi

    ESP10  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  8. Energy and Environmental Integrated Spatial Analysis in the Case of Japan. 国際共著 国際会議

    K. Hayashi, F. Villa, S. Balbi

    IAIA19  2019年5月  IAIA

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月 - 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Brisbane, Australia  

  9. 間伐に伴う森林バイオマス利用に関する資源占有の 時間フットプリント評価 ―愛知県の事例

    林希一郎,藤井実, 大場真

    電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名城大学   国名:日本国  

  10. Study on Assessment of Impacts on Ecosystem Services -Case Study of Wooden House and Steel Framed House-. 国際会議

    H. Ito and K. Hayashi

    ISETS'11 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. A Study on Priority of Benefits Arising from Utilization of Genetic Resources in Access and Benefit-Sharing issues in Japan 国際会議

    K. Hayashi

    ISETS'11 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. Study of Cost-Benefit Analysis on Biodiversity Banking-Case Study on Hypothetical Vernal Pool Banks in California, USA 国際会議

    S. Hu and K.Hayashi

    ISETS'11 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. Practical Application of Australian Biodiversity Banking Unit Measurring Systems in the Nagoya University Higashiyama Campus, Nagoya, Japan 国際会議

    K. Malhotra and K. Hayashi

    ISETS'11 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. 愛知県東部の持続的に管理された森林における総合的な生態系サービスの経済価値評価

    太田貴大,林希一郎

    自然環境復元学会第12回全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. Development, implementation and issues of Japanese environmental assessment and its future cooperation in East Asia 国際会議

    KEI International Conference 2011 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  16. 生物多様性保全のための生態系サービスの評価手法の一考察 ~環境への影響を人と自然とのつながりで考える~

    太田貴大,林希一郎

    環境アセスメント学会2011年度研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月 - 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  17. 米国カリフォルニア州のミティゲーションバンク契約における生態系サービスの考慮範囲

    太田貴大,林希一郎

    第3回日本湿地学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. 生態系サービスの文化的サービスとしての環境教育とその場所の価値評価の重要性についての提言:評価手法の開発を見据えて

    太田貴大,藤木泰斗,林希一郎

    日本環境教育学会第22回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. Determining Factors of Service Areas of Conservation Banks in California and How to Apply Lessons Learned to the Japanese Mitigation Banking System 国際会議

    T. Ota and K. Hayashi

    National Mitigation & Ecosystem Banking 2011 Annual Conference, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  20. 生物多様性損失型の経済社会からの転換

    林希一郎

    日本環境共生学会シンポジウム「生物多様性条約締約国会議COP10・MOP5の論点 -日本に求められていること-」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  21. 生物多様性と経済・企業との関係を理解する

    林希一郎

    北海道の生物多様性フォーラム、シンポジウム 生物多様性地域対話in 北海道、~市民・企業ができる生物多様性への取組~ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  22. 生物多様性 共存型社会のための経済・企業戦略

    林希一郎

    環境セミナー 地球温暖化と生物多様性について考える ~低炭素社会実現・生態系変化に企業はどう対応するべきか~ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  23. 生物多様性と都市活動

    林希一郎

    シンポジウム 企業・大学からみた「都市と生物多様性」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  24. 環境政策の観点からの生物多様性オフセット

    林希一郎

    生物多様性オフセットとは? CBD/COP10を前にその国際動向を学ぶ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. Multi-Perspective Assessment considered Life-Cycle on Diesel and Bio-diesel Fuels made from Crude Palm Oil in Indonesia 国際会議

    The 8th EASTS(Eastern Asia Society for Transportation Studies) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  26. 遺伝資源アクセスと利益配分(ABS)と新革新的資金メカニズム(COPIX/11)との関係 -生物多様性条約の課題-

    林希一郎

    環境経済・政策学会2009年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  27. 生物多様性と経済・市場

    林希一郎

    日本環境共生学会 ecoスペシャルセッション6生物多様性のパラダイム認識-COP10に向けて 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  28. 生物多様性政策における新しい革新的資金メカニズムの国際的論点

    林希一郎

    環境経済・政策学会2009年大会 企画セッション 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  29. Environmental impact assessment of Hydrogen Production System 国際会議

    R'09 Twin World Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  30. Study on Indicators for Sustainable EcoTopia Society from the Perspective of Environmental, Economic, Social and Human Aspects 国際会議

    R'09 Twin World Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  31. Environmental impact assessment of Hydrogen Production System 国際会議

    R'09 Twin World Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  32. What is Appropriate Benefit-sharing in the Access and Benefit-sharing Issues in the Convention on Biological Diversity? - Lesson and Learned from Practical Studies- 国際会議

    R'09 Twin World Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  33. Study on Alternative Forest Plan Applied Strategic Environmental Assessment in the U.S. 国際会議

    R'09 Twin World Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. エコトピア指標構築に関する研究

    林希一郎、伊東英幸、藤井実

    環境科学会2009年大会企画シンポジウム「持続可能な社会を目指すためのQoSL(クオリティー・オブ・サスティナブルライフ)の評価 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

  35. 生物多様性と経済に関する国際的な動き

    林希一郎

    生物多様性と民間事業者の参画 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  36. Priority of Key factors of SEA in Japan - Preliminary results - 国際会議

    29th Annual meetingof the International Association for Impact Assessment 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  37. Comparison of Forest Plan Applied SEA in USA and in Japan 国際会議

    29th Annual meetingof the International Association for Impact Assessment 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  38. Toward the Realization of Sustainable EcoTopia Society-Examination for Establishment of New Sustainable Indicators- 国際会議

    29th Annual meetingof the International Association for Impact Assessment 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  39. 諸外国に見る生物多様性を取り巻く新しい環境政策

    林希一郎

    日本環境アセスメント協会「生物多様性と環境配慮について」技術セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  40. 遺伝資源アクセスと利益配分~生物多様性条約のホットトピック~

    林希一郎

    環境監査研究会定例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  41. エコトピア指標

    林希一郎

    国際シンポジウム 健康影響評価とエコトピア指標の構築 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  42. 将来のエネルギー・環境制約下における航空代替燃料の比較研究

    土田和寛、林希一郎、隈部和弘、長谷川達也

    第25回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス、 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  43. EcoTopia INDEX FOR ASSESSMENT OF A RESOURCE CIRCULATION AND LOW GHG SOCIETY

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  44. Indonesian Palm Oil Bio-wastes and Its Environmental Impact 国際会議

    REWAS2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  45. 英国の炭化水素油税に見る環境税的役割

    林希一郎

    環境経済・政策学会2008年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  46. 将来のエネルギー・環境制約下における航空代替燃料導入の検討

    土田和寛、林希一郎、隈部和弘、長谷川達也

    東海燃焼セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  47. 環境・リスク・経済・ヒューマンファクター・社会システムにかかわる科学技術評価指標の開発 -持続可能型エコトピア実現に資する指標-

    林希一郎、伊東英幸、片山新太、伊藤秀章、有田裕二、井上泰志、小林敬幸、田原譲

    環境科学会2008年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. 計画・プログラムに適用されるNEPAの代替案の検討に関する研究

    伊東英幸、林希一郎

    2008年度環境アセスメント学会第7回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  49. 環境アセスメント制度の多様性と国際比較

    林希一郎

    2008年度環境アセスメント学会第7回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  50. バイオ資源の持続可能な利用に伴う政策課題

    林希一郎

    シンポジウム 持続可能な資源循環型社会の実現を目指したバイオ燃料の生産 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  51. Decisive factors for SEA from the perspective of Japanese experience 国際会議

    IAIA28th annual conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  52. Implication from World EIA Practices for Future Revision of Japanese EIA System 国際会議

    IAIA28th annual conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  53. The First China-Japan Science Forum on Environmental Changes,Bio-resources, and Global Warming and Academia Summit on Strategies for Building Research Networks in East Asia 国際会議

    Early Environmental Friendly Decision Making for Sustainable Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  54. Comparative Study on Strategic Environmental Assessment System in Selected Countries 国際会議

    International Symposium on EcoTopia Science 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  55. Environmental Impact of Palm Oil Industry in Indonesia 国際会議

    International Symposium on EcoTopia Science 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  56. Assessment on Alternative Aviation Fuels from Perspectives of Petro-leum Depletion and Environmental Restrictions in the Future

    Kazuhiro Tsuchida, Kiichiro Hayashi, Kazuhiro Kumabe, Tatsuya Hasegawa

    International Symposium on EcoTopia Science 2007  2007年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語  

  57. 欧米の経験から見るFTAの環境影響評価の役割と限界

    林希一郎

    環境経済・政策学会2007年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  58. 温暖化対策における既存エネルギー税と環境税の役割分担―英国を例に―

    林希一郎

    日本計画行政学会第30回全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  59. Comments on the Checklist on Environment for Trade Negotiators 国際会議

    OECD WORKSHOP, REGIONAL TRADE AGREEMENTS AND THE ENVIRONMENT 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  60. Developing sound environmental city center by strategic environmental decision making approach in a Tokyo business center 国際会議

    International Association of Impact Assessment, 07 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  61. SEA development in Japan 国際会議

    Learning Movement on Strategic Environmental Assessment: A Tool for Public Policy Development 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  62. SEA good practices - Japan and selected cases- 国際会議

    Learning Movement on Strategic Environmental Assessment: A Tool for Public Policy Development 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  63. 京都議定書と地球温暖化対策の進展

    林希一郎

    社団法人日本機械学会東海支部第103回講習会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  64. 早期段階の環境配慮の意思決定

    林希一郎

    社団法人電子情報技術産業協会ユビキタス社会のための低環境負荷技術専門委員会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  65. SEAのアジアでの発展と協力 国際会議

    林希一郎

    環境アセスメント学会第5回大会同時開催日韓合同国際シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  66. Comparative Study of SEA-like Approaches in Japan 国際会議

    International Association of Impact Assessment 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  67. 先進国EIA制度における早期段階手続き(スクリーニング及びスコーピング)の有効性からの示唆

    清水谷卓、林希一郎

    環境アセスメント学会第4回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  68. Japanese Guideline on Environmental Impact Assessment of EPA/FTA

    Kiichiro HAYASHI

    Joint Expert Seminar on Methods for the Assessment of Environmental Impact by Free Trade Agreements 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  69. 貿易自由化の環境影響評価手法のフレームワークの考え方

    林希一郎、宮原紀壽、新田晃

    環境アセスメント学会第3回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  70. 諸外国における政策等に適用されるSEA制度

    林希一郎、冨安健一郎

    環境アセスメント学会第3回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  71. 貿易自由化協定に対する環境影響評価の手続きと定量的評価手法の活用可能性について

    林希一郎、宮原紀壽、新田晃、和気 洋子、藤野 純一、竹中 直子、鄭  雨宗

    環境経済・政策学会2004年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  72. 海外におけるSEAの動向及び事例

    環境アセスメント学会制度部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  73. Japanese approach on the EIA of Free Trade Agreements 国際会議

    APEC Workshop on “The Environmental Impact Analysis of Trade Liberalization Measures—Methodology and Case Study" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  74. Getting to grips with SEA good practice -- selected experience with methods and procedure 国際会議

    International Association for Impact Assessment annual conference 2004 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  75. 貿易自由化の環境評価について -海外の動向を中心に-

    中島恵理、林希一郎

    環境アセスメント学会第2回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  76. 貿易自由化協定に関する環境影響評価手法 -日韓に関する事例分析の速報―

    林希一郎、宮原紀壽、中島恵理

    環境アセスメント学会第2回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  77. 事例と国内法制度の発展:生物多様性条約に基づく遺伝資源アクセスと利益配分(ABS)

    林希一郎

    環境経済・政策学会2003年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  78. Current Approached on Environmental Taxes

    International Forum Agenda for Environmental Issues 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  79. 貿易自由化協定の戦略的環境アセスメントの適用可能性について

    林希一郎

    第5回国際影響評価学会日本支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  80. 遺伝資源の利用と金銭的利益の配分に関する国際的対応状況の分析~生物多様性条約に基づく~

    林希一郎

    環境経済・政策学会2000年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  81. 中国農山村水田地帯の生物多様性

    林希一郎

    環境経済・政策学会1999年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 10

  1. 複合的な自然環境便益の時空間評価に関する基礎研究

    2020年 - 2021年2月

    問題複合体を対象とするデジタルアース共同利用・共同研究拠点 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 無人航空機を用いた緑の回廊プロジェクト地域(ギニア)での森林測量と植林の地理モデル解析

    2019年 - 2020年3月

    問題複合体を対象とするデジタルアース共同利用・共同研究拠点 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  3. 複合的な自然環境便益の時空間評価に関する基礎研究

    2019年 - 2020年2月

    問題複合体を対象とするデジタルアース共同利用・共同研究拠点 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 複合的な自然環境便益の時空間評価に関する基礎研究

    2018年 - 2019年2月

    問題複合体を対象とするデジタルアース共同利用・共同研究拠点 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 複合的な自然環境便益の時空間評価に関する基礎研究

    2017年 - 2018年2月

    問題複合体を対象とするデジタルアース共同利用・共同研究拠点 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 複合的な自然環境便益の時空間評価に関する基礎研究

    2016年 - 2017年2月

    問題複合体を対象とするデジタルアース共同利用・共同研究拠点 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. 環境保全オフセット導入のための生態系評価手法の開発

    2014年 - 2017年3月

    環境研究総合推進費 

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者  資金種別:競争的資金

  8. 生態系サービス・社会経済影響を考慮した生物多様性オフセットの総合評価手法の研究

    2010年 - 2014年3月

    先端研究助成基金助成金(最先端・次世代研究開発支援プログラム) 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  9. 経済的価値の内部化による生態系サービスの持続的利用を目指した政策オプションの研究

    2009年11月 - 2011年2月

    環境経済の政策研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  10. 国際影響評価学会第28回年次大会渡航旅費

    2008年5月

    国際学会等派遣事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 6

  1. WebGIS型セマンティックモデルによる農業生産性評価モデルの構築

    研究課題/研究課題番号:20K06351  2020年4月 - 2023年3月

    科研費補助金基盤C 

    岡澤 宏

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:1600000円

    近年,AIやICTの活用による農業生産管理が政策的に求められている。それには気象,地形,土地利用等のビッグデータを目的に沿った評価モデルで解析し,迅速に地域計画を策定する必要があるが,ビッグデータの統合評価モデルは専門知識を有する者にしか扱えない特異性がある。本研究では誰でも簡単にビッグデータによって農業生産評価が行えるWebGISに作物生産モデルを取り入れることを目的とする。これにより,農業生産の評価を統合できビッグデータの有効性が増すとともに,より生産効率の高い農業生産の可能性が期待できる。その第一歩として,本課題では国内における農業生産性評価モデルの適用とモデルの構築を試みる。

  2. 生物多様性オフセットにおける同等性、代替性評価に関する研究

    研究課題/研究課題番号:15K00622  2015年4月 - 2018年3月

    科研費補助金基盤C 

    林 希一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    本研究では、衛星データなどによる広域的な評価とオンサイトの詳細な現地調査の中間的なレベルの森林調査を多地点で行うことで、両調査を補完する方法を検討し、生物多様性オフセットおよび自然環境保全に関する環境政策に適用可能な総合評価方法を検討することを目的とした。具体的には、名古屋市内全域の森林を対象に網羅的かつ相対的に簡易な現地調査を行い、生物多様性・生態系サービスに関する基礎データを収集し、森林間の同等性、代替性を評価する手法を検討した。また、これらで得られた結果を用いつつ、近隣地などの広域の生態系サービス評価に適用可能な簡易な評価方法を検討した。この際、過去の森林状況を踏まえた分析を行った。

  3. 生物多様性条約に基づく生物遺伝資源の利用に伴う利益配分メカニズムの研究

    2008年11月 - 2011年3月

    科研費補助金基盤C  基盤研究(C)

    林希一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. バイオウェイストのリファイナリー型資源化

    2006年7月 - 2009年3月

    振興調整費  科学技術振興調整費

    長谷川達也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    バイオウェイスト(生物系廃棄物)からの有価物質の水熱抽出、水熱プロセスによるバイオ燃料化やガス化、水熱酸化燃焼による熱エネルギー回収などを段階的に行う、リファイナリー型資源化に関して学術的な基盤を確立する。

  5. 生物遺伝資源アクセスと利益配分に関する理論と実際

    2006年6月 - 2007年3月

    研究成果公開促進費・学術図書

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 適切な生態的国土管理のための生態的国土管理基礎コストの算出

    2014年 - 2017年3月

    科学研究費 基盤研究B 

      詳細を見る

    担当区分:その他  資金種別:競争的資金

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 9

  1. 基礎セミナーB 月

    2020

  2. 都市環境システム工学

    2020

  3. 社会資本計画学

    2020

  4. 環境社会システム工学演習

    2020

  5. 途上国開発特論Ⅰ

    2020

  6. 国際環境協力セミナー

    2020

  7. 基礎セミナーB 木

    2020

  8. 基礎セミナーB

    2011

  9. 途上国開発特論I

    2011

▼全件表示