Updated on 2022/04/15

写真a

 
TABATA, Eisuke
 
Organization
Graduate School of Engineering Graduate School of Engineering Associate professor
Graduate School
Graduate School of Environmental Studies
Undergraduate School
School of Engineering Architecture
Title
Associate professor
Contact information
メールアドレス

Degree 1

  1. Doctor of Engineering ( 2004.9   The University of Tokyo ) 

Research Interests 14

  1. 建築計画

  2. 地域環境計画

  3. 建築設計

  4. 家具設計

  5. 街路空間

  6. 大学施設

  7. 大学キャンパス

  8. 建築コミッショニング

  9. 物語性

  10. 語りの分析

  11. 環境の意味論

  12. 環境心理

  13. コミュニケーション

  14. 環境行動

Research Areas 8

  1. Social Infrastructure (Civil Engineering, Architecture, Disaster Prevention) / Architectural planning and city planning  / Basic Theories of Architectural Planning

  2. Social Infrastructure (Civil Engineering, Architecture, Disaster Prevention) / Architectural history and design  / Architectural Design/Furniture Design

  3. Social Infrastructure (Civil Engineering, Architecture, Disaster Prevention) / Architectural planning and city planning  / Street Space Planning

  4. Humanities & Social Sciences / Social psychology  / Environment-Behavior Studies

  5. Humanities & Social Sciences / Childhood and nursery/pre-school education  / Environmental Studies of Parents and Children

  6. Humanities & Social Sciences / Cognitive science  / Cognitive Science of Architecture and City Space

  7. Humanities & Social Sciences / Gender studies

  8. Humanities & Social Sciences / Design

▼display all

Current Research Project and SDGs 27

  1. 大学キャンパスの建築集合体(コレクティブフォーム)の研究

  2. 子連れコワーキングスペースの研究

  3. 児童館の空間計画学

  4. 吹抜けの3次元的資格接続性(VGA)の研究

  5. 中国の団地境界の形態と行動に関する研究

  6. 杉大径材を活用した現代建築の研究

  7. オールジェンダートイレの研究

  8. 場所への愛着と環境および経験の質との関係の研究

  9. 主観的意味に配慮した建築設計及び家具デザインの実践的研究

  10. 続き間型住宅(本屋普請)の再生に関する研究と実践

  11. 戦後の家具デザインと起居様式の研究

  12. スマホ依存社会での都市環境認知の研究

  13. 保育園児の散歩行動と街路空間の研究

  14. 建築コミッショニングの手法構築のための研究

  15. 大学施設におけるコモンスペースとコミュニケーションに関する研究

  16. 店舗業種とファサード構成及び立地に関する研究

  17. 地下鉄換気塔の意匠と周辺景観との関係性の研究

  18. 住環境の意味の構成からみた三軒協定の研究

  19. 環境の保全・活用における物語の効果に関する研究

  20. 大学研究施設の使い方と各分野の研究スタイルの関係

  21. ストリートパフォーマーの意識と環境行動

  22. 多国籍化する公営団地の共用空間の利用実態

  23. 大学キャンパスにおけるサインの研究

  24. 買物困難な高齢者等に対する支援環境に関する研究

  25. LED照明計画の環境行動的視点からの評価

  26. 人口減少時代における公共施設ストックのファシリティマネジメント手法

  27. 高蔵寺ニュータウンを対象とした団地再生に関する研究

▼display all

Research History 5

  1. Nagoya University   Graduate School of Engineering Graduate School of Engineering   Associate professor

    2015.7

  2. Nagoya University   Assistant Professor

    2009.4 - 2015.6

  3. Tohoku Bunka Gakuen University   Assistant Professor

    2007.4 - 2009.3

  4. エミュデザイン一級建築士事務所   設立

    2007.1 - 2009.3

  5. 渡辺誠/アーキテクツオフィス   所員

    2004.10 - 2006.7

Education 2

  1. The University of Tokyo   Graduate School, Division of Engineering   Department of Architecture

    2001.4 - 2004.9

  2. Tokyo Denki University

    1995.4 - 2001.3

Professional Memberships 4

  1. Architectural Institute of Japan

    1998.4

  2. Man-Environment Research Association

    2001.4

  3. Japan Society for Interior Studies

  4. 都市住宅学会

Committee Memberships 17

  1. 日本建築学会 東海賞選定委員会   委員長  

    2021.8   

  2. 愛知まちなみ建築賞 選考委員会   委員長(2021より)  

    2017.4   

      More details

    Committee type:Municipal

  3. 日本建築学会 建築計画委員会 空間研究小委員会   ワーキンググループ主査  

    2008.4   

  4. 名古屋まちなみデザインセレクション有識者懇談会   委員  

    2020.4   

      More details

    Committee type:Municipal

  5. 日本建築学会 都市計画委員会 キャンパス・リビングラボ小委員会   幹事(2021まで)  

    2017.4   

  6. 日本建築学会 東海支部設計計画委員会   委員  

    2009.4   

  7. 白馬駅周辺整備検討会   アドバイザー  

    2019.8   

      More details

    Committee type:Municipal

  8. 名古屋市   景観アドバイザー  

    2018.4 - 2021.3   

      More details

    Committee type:Municipal

  9. 日本建築学会 建築計画委員会 計画基礎運営委員会   委員  

    2018.4 - 2020.3   

  10. 愛知の木で家をつくる会、木愛の会主催 学生コンテスト   審査員  

    2015.12   

  11. 幸田町総合戦略推進委員会   委員長  

    2015.4   

  12. 半田市ふるさと景観賞選考委員会   委員  

    2015.4 - 2016.3   

      More details

    Committee type:Municipal

  13. 日本建築学会 東海支部設計計画委員会   幹事  

    2014.4 - 2016.3   

      More details

    Committee type:Academic society

  14. 日本建築学会 建築教育将来計画小委員会   教育の社会性検討WG委員  

    2013.4 - 2016.3   

  15. 日本建築学会住まい・まちづくり支援建築会議   委員  

    2012.4 - 2018.3   

  16. 日本建築学会 東海支部事業委員会   委員  

    2012.4 - 2013.3   

  17. 木造都市研究会 木愛の会   世話人(2016-2019まで代表世話人)  

    2011.4   

      More details

    Committee type:Other

▼display all

Awards 21

  1. 施工事例写真コンテスト リフォーム部門最優秀賞

    2021.10   日本金属サイディング工業会   リノベソムリエ

    株式会社ユーキ・コーポレーション(施工者)

     More details

    本屋普請の再生住宅のモデル設計として、リノベソムリエ川島モデルを設計。本賞は、施工者名義で応募。計2,707作品の応募の中から、2点の最優秀賞のうち1点に選定された。

  2. CERTIFICATE OF EXCELLENCE

    2020.10   14th International Conference on Environment-Behavior Studies Organizing Committee   EXPERIMENT ON AND VERIFICATION OF CO-WORKING SPACE USABLE WITH CHILDREN

    Eisuke TABATA

  3. 第3回あいち木づかい表彰 優秀賞

    2020.5   愛知県産材認証機構   多世代交流施設 豊坂ほっと館

    幸田町長、太幡研究室、阿波設計事務所ほか

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  4. サスティナブルキャンパス賞2019 奨励賞

    2019.11   サスティナブルキャンパス推進協議会   キャンパスから発信する地域産木材を活用したデザイン

    名古屋大学(工学部施設整備推進室)

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  5. 第13回キッズデザイン賞

    2019.11   特定非営利活動法人 キッズデザイン協議会   子連れコワーキングスペース

    名古屋大学 太幡研究室

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

    キッズデザインコンセプトブック2019掲載
    pp.54

  6. 愛知まちなみ建築賞

    2018.1   愛知県   名古屋大学NICを中心としたコレクティブフォーム(集合体)の形成

    名古屋大学工学部施設整備推進室(太幡英亮)

     More details

    Country:Japan

  7. 第一回インフラメンテナンス大賞文部科学大臣賞

    2017.7   文部科学大臣   大学施設の創造的再生に向けた教職恊働によるキャンパスマネジメント

    太幡英亮ほか

     More details

    Country:Japan

  8. ウッドデザイン賞2015

    2015.12   ウッドデザイン賞運営事務局   地域産小径丸太材による屋根付き駐輪場

    工学部施設整備推進室ほか

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  9. ウッドデザイン賞2015

    2015.12   ウッドデザイン賞運営事務局   名古屋大学多世代共用スペース

    未来社会創造機構まちづくりプロジェクト(太幡プロジェクト)

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  10. サスティナブルキャンパス賞2019 奨励賞

    2015.11   サスティナブルキャンパス推進協議会   名古屋大学キャンパスユニバーサルデザイン・ガイドライン

    名古屋大学(工学部施設整備推進室)

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  11. 2015年日本建築学会賞 業績賞

    2015.5   日本建築学会   名古屋大学キャンパスマネジメントによる創造的再生

    名古屋大学工学部施設整備推進室ほか

     More details

    Country:Japan

  12. 中部建築賞 入賞

    2014.12   中部建築賞協議会   Hakuba House_風景をつくる家

    太幡英亮

     More details

    Country:Japan

  13. 2014愛知環境賞(トータル・ビルコミッショニングの実践)

    2014.1   愛知県  

    名古屋大学工学部施設整備推進室(太幡英亮)

     More details

    Country:Japan

    名古屋大学研究所共同館におけるトータル・ビルコミッショニングの実践

  14. 日本建築学会東海賞(論文賞)

    2013.11   日本建築学会   保育園児の散歩行動と街路環境の関係-名古屋市認可外保育所での散歩行動観察を通じて-

    太幡英亮

     More details

    Country:Japan

  15. 日本建築学会作品選集2013

    2012.10   日本建築学会   名古屋大学ES総合館

    恒川和久、太幡英亮ほか

     More details

    Country:Japan

  16. 佐久島弘法プロジェクト3 大学対抗リノベーション大会 優勝

    2012.3   三河・佐久島アートプラン21  

     More details

    Country:Japan

  17. 環境省 省エネ・照明デザインアワード2011優秀事例

    2012.2   環境省   名古屋大学ES総合館

    工学部施設整備推進室

     More details

    Country:Japan

  18. 照明学会「平成23年照明普及賞・優秀施設賞」

    2012   一般社団法人照明学会   名古屋大学ES総合館

    工学部施設整備推進室

     More details

    Country:Japan

  19. 「暮らしの中の木の椅子展」入選

    2008.6   朝日新聞社   Emyu Chair w01

    太幡英亮

     More details

    Country:Japan

  20. キッチンデザインコンペ「Aキッチン」 優秀賞

    2000.10   日本女子大学  

    松沢(太幡)英亮

     More details

    Country:Japan

  21. 東京電機大学工学部建築学科「仲賞」

    1999.3   東京電機大学  

    松沢(太幡)英亮

     More details

    Country:Japan

▼display all

 

Papers 55

  1. 複雑ネットワークとして捉えた建築集合体の研究(その1):建築集合体が持つネットワーク構造の可視化による分析手法の検討 Reviewed

    片岡 裕貴, 太幡 英亮

    日本建築学会計画系論文集   Vol. 86巻 ( 784号 ) page: 1683 - 1691   2021.6

     More details

    Authorship:Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  2. STUDY ON HOUSING COMPLEX BOUNDARIES IN CHINA BASED ON ANALYSIS OF THE ACTIVITIES -A case of urban area in Tianjin city- Reviewed

      Vol. 86 ( 783 ) page: 1326 - 1336   2021.5

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: https://doi.org/10.3130/aija.86.1326

  3. A Study on the Patterns of Place Attachment from the Viewpoint of Experience Aspects for University Students Reviewed

      Vol. 85 ( 777 ) page: 2297 - 2305   2020.11

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  4. A Study on Architectural Planning of Children's Centers Based on Environment-Behavior Research Reviewed

      Vol. 85 ( 776 ) page: 2085 - 2094   2020.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  5. Study on Housing Complex Boundaries in China Based on the Analysis of Activities Reviewed

    Proceedings of the 14th International Conference on Environment-Behavior Studies(EBRA2020), organized by Environment-Behavior Research Association     page: 125 - 125   2020.10

     More details

    Authorship:Last author, Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

  6. Experiment on and Verification of Cowering Space Usable with Children Reviewed

    Proceedings of the 14th International Conference on Environment-Behavior Studies(EBRA2020), organized by Environment-Behavior Research Association     page: 206 - 207   2020.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

  7. EXPERIMENT AND VERIFICATION ON CO-WORKING SPACE USABLE WITH CHILDREN Reviewed

      Vol. 83 ( 747 ) page: 851 - 858   2018.5

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    In this study we conducted users' behavior observation and interview in order to demonstrate that a space where parents can take care of children while working is actually established. As a result, it was found that the sense of moderate distance between parents and children is important in the space. In terms of lifestyle, parents are asked to take care of their children as they work, if they cannot secure the whereabouts of their children, and are required to balance work and child rearing. Furthermore, it proved that this space provides them not only time to work and play together but also spiritual support for them.

  8. Design and experiment on interactive furniture that sharing atmosphere Reviewed

      ( 28 ) page: 129 - 134   2018.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  9. ANALYSIS AND ACTURAL DEVELOPMENT OF LIFECYCLE COMMISSIONING FOR A UNIVERSITY FACILITY -FROM THE PERSPECTIVE OF ARCHITECTURAL PLANNING- Reviewed

      Vol. 81 ( 719 ) page: 65 - 73   2016.1

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    This research aims to construct a total building commissioning process that is currently underdeveloped in the architectural planning and design field and clarify its value through practical cases of total building commissioning at a university research facility. We organized and verified lifecycle commissioning from the predesign phase to the occupancy and operation phase. We then analyzed the examination items and the examination flow in architectural commissioning by organizing all the documents on related subjects, including programming and design requirements. In addition, we surveyed participants regarding their attitudes about the commissioning and determined that attitudes varied because of differences in status.

  10. The Rerationship Between Nursery School Children's Walking Behavior and the Street Environment in Nagoya City Reviewed

      Vol. 78 ( 689 ) page: 1533 - 1542   2013.7

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    This paper examines nursery school children's walking behavior and related street space. The research methods used include a questionnaire administered to childcare workers, a study of walking routes, and an observation and analysis to understand the relationship between children's walking behavior and the street environment. What elements in street space are they related to, where are these elements found, and how are they related? Focusing on their relations to physical and social environments, this paper tries to understand children's walking behavior, related problems, and characteristics of the street environment where active behavior is observed. The paper could provide ways to evaluate the street environment.

  11. The meanings of the rocking chair in the animated film [CRAC!] Reviewed

      ( 23 ) page: 73 - 78   2013.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    Analytical considerations were made to interpret the meanings of the rocking chair in [CRAC!] an animated film by Canadian artist Frederic Back about the life of a rocking chair.
    In the first half of the article, the style and environmental idea of the film, as well as the background in Quebec culture and its peculiarity, are examined. Based on this analysis, positioning of the chair is identified in terms of history and form to prove that its design represents the peculiarity of Quebec culture.
    The second half of the article is devoted to an analysis of the story. After discussing changing times and repeated crises overcome by the rocking chair, as well as the variety of people and their actions involving the chair, the author reveals that these factors bring rich connotations to the chair.
    Accordingly, the Quebec culture, which has formed its identity through many struggles, is mirrored in the chair, which acquires meanings through changing times and crises. The characteristics of the environment created by natural materials and handworks, which foster diverse and close relationships among people, play an important role in this saga.

  12. STATISTICAL ANALYSIS VIA GOOGLE STREET VIEW OF SHOP FACADE DESIGN Reviewed

      Vol. 18 ( 39 ) page: 693 - 698   2012.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  13. A COMPARATIVE ANALYSIS OF THE STRUCTURAL MEANING OFSANGEN-KYOTEI (CLOSE NEIGHBOR AGREEMENT) A Case Study of Sangen-kyotei in Toda City (Part Two) Reviewed

    Eisuke TABATA, Kazuhiko NISHIDE

    JOURNAL OF ARCHITECTURE AND PLANNING   Vol. 75 ( 656 ) page: 2353 - 2361   2010.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    Sangen-kyotei is an agreement for the purpose of scenic development made by three residents living next to each other. As a system receiving government subsidy, it is unique. Residents use this system mainly to do planting to enhance the scenery. In our research, we performed a quantitative comparative analysis of the meaning of regional environment and environmental development based on the `narratives' of the residents. From this, we clarified the characteristics of each agreement area. In this way, we clarified the systemic possibilities of `sangen-kyotei' by expanding the meaning of the environment and the act through planting.

  14. A STUDY OF SANGENKYOUTEI IN TERMS OF THE MEANING Reviewed

      ( 629 ) page: 1417 - 1423   2008.7

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  15. Analysis of From, Elements and Evaluation of Collective Form in HARAJYUKU Reviewed

      ( 620 ) page: 84 - 94   2007.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  16. 名古屋大学における学生のキャンパスの認識とアフターコロナを見据えた講義室マネジメント Reviewed

    太幡英亮,井野雄太,恒川和久

    日本建築学会大会学術講演梗概集(選抜梗概)     page: 1089 - 1092   2021.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  17. 3DVGAによる大学施設の吹抜けの視覚的接続性に関する研究 Reviewed

    陳子嘉,太幡英亮

    日本建築学会大会学術講演梗概集(選抜梗概)     page: 1101 - 1104   2021.9

     More details

    Authorship:Last author, Corresponding author   Language:Japanese  

  18. 大学研究施設におけるテリトリー意識と打ち合わせ場所選択の関連性 Reviewed

    樋口圭太, 太幡英亮

    日本建築学会大会学術講演梗概集(選抜梗概)     page: 251 - 254   2020.9

     More details

    Authorship:Last author, Corresponding author   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)  

  19. 職住混合地でのエリアリノベーションにおける空間変容と地価変遷の関係性 ー名古屋那古野地区と東京馬喰町・東神田地区を対象としてー Reviewed

    伊阪遼, 太幡英亮

    日本建築学会大会学術講演梗概集(選抜梗概)     page: 61 - 64   2020.9

     More details

    Authorship:Last author, Corresponding author   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)  

  20. Practice and Verification of The Two-step Renovation Experiment of Public Dwelling Unit, "UR Free Style House" Reviewed

      Vol. 105   page: 151 - 158   2019.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  21. 大学キャンパスにおける建築集合体の形成に関する研究-名古屋大学東山キャンパスを対象として- Reviewed

    片岡 裕貴, 太幡 英亮

    日本建築学会大会学術講演梗概集(選抜梗概)     page: 37 - 40   2017.8

     More details

    Authorship:Last author, Corresponding author   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)  

  22. スケーラブル社会システム構築におけるデザインモデル Reviewed

    董 芸, 太幡 英亮, 関口 敦仁

    日本デザイン学会デザイン学研究     page: 144 - 145   2016.10

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  23. CAPACITY ANALYSIS AND CONSIDERATION OF MANAGEMENT METHOD IN TERMS OF PUBLIC FACILITIES Reviewed

    Misato SHIBATA, Eisuke TABATA, Shin MURAKAMI, Norie KAWANO Nobuyuki NOMURA, Toshiaki MATSUOKA and Kazuhisa TSUNEKAWA

      Vol. 81 ( 728 ) page: 2229 - 2237   2016.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    The purpose of this study is to indicate a new methodology of public facility management by comparing between the total
    amount of the capacity and the users' activity. In the previous paper we could reveal the characteristics of each chamber
    required for each activity and lead to a consideration of the relationship with the capacity by grasping qualitative aspects
    of the activities of citizens in public facilities. In this paper we tried to analyze each facility in terms of the capacity without
    considering their functional types and chamber names. Furthermore, based on the analysis of the activity and capacity, we
    could find the excess or deficiency of specific capacity that we could not know in the conventional management methods by
    focusing on the peak hours when activity occurs.

  24. A STUDY ON CONCERN BETWEEN CAPACITIES AND ACTIVITIES OF PUBLIC FACILITIES IN JAPAN Reviewed

    Shin Murakami , Norie Kawano , Misato Shibata , Eisuke Tabata , Kazuhisa Tsunekawa , Nobuyuki Nomura

    41st IAHS World Congress on Housing Sustainability and Innovation for the Future September 13 to 16, 2016 Albufeira, Algarve, Portugal     page: ID:263   2016.9

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

  25. ANALYSIS AND CONSIDERATION OF THE ACTIVITY IN PUBLIC FACILITY Reviewed

    Kazuhisa TSUNEKAWA, Misato SHIBATA, Eisuke TABATA, Shin MURAKAMI, Norie KAWANO, Nobuyuki NOMURA and Toshiaki MATSUOKA

      Vol. 80 ( 717 ) page: 2617-2623   2015.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    A lot of public facilities that were built in accordance with high economic growth and population growth have become old
    but it is difficult to maintain all of them. In addition the roles that public facilities should play have been also changing
    due to the change of the demographic ratio such as declining birth rate and aging population. Therefore it is necessary to
    reconsider how to supply public facilities that are able to satisfy citizens' needs.
    This study is aimed to analyze various citizens' concrete activity in public facilities in 3 municipalities including their
    potential needs about the facilities.

  26. UR Free Style House part 3: Analysis and evaluation of DIY renovation of existing rental dwelling units in Kozoji Newtown, Japan Reviewed

    Nobuyuki Nomura, Masanao Hattori, Eisuke Tabata, Norie Kawano, Kazuhisa Tsunekawa, Shin Murakami

    ETH Conference; The future of open building; September 9-11, 2015     2015.9

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

    DOI: 10.3929/ethz-a-010577453

  27. 高蔵寺ニュータウンにおける施設運営者・利用者・住民の意向を考慮した施設立地のあり方に関する研究 Reviewed

    納村, 信之; 岩佐, 育恵; 太幡, 英亮; 恒川, 和久; 村上, 心

    日本建築学会計画系論文集   Vol. 80 ( 711 ) page: 1009 - 1016   2015.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  28. 国立大学における点検および評価から見た施設維持管理手法に関する研究 Reviewed

    脇坂圭一,恒川和久,太幡英亮,松岡利昌

    日本建築学会技術報告集   Vol. 21 ( 47 ) page: 333 - 338   2015.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  29. UR FREESTYLE HOUSE (Part 1) -Reactivation project by DIY renovation for existing rental dwelling units in Kozoji New Town, Japan- Reviewed

    Nobuyuki Nomura, Masanao Hattori, Eisuke Tabata, Norie Kawano, Kazuhisa Tsunekawa, Shin Murakami

    Proceedings of International Conference of CIB W104 Open Building Implementation to be held as part of UIA World Congress     page: 922 - 930   2014.8

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

  30. UR FREESTYLE HOUSE (Part 2) -Possibilities of rental units by means of DIY renovation in Japan- Reviewed

    Shin Murakami, Norie Kawano, Masanao Hattori, Nobuyuki Nomura, Eisuke Tabata, Kazuhisa Tsunekawa

    Proceedings of International Conference of CIB W104 Open Building Implementation to be held as part of UIA World Congress     page: 931 - 937   2014.8

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

  31. 高蔵寺ニュータウンにおける住宅ストック及び施設分布からみた再生手法に関する考察 Reviewed

    納村信之,伊藤義浩,岩佐育恵,太幡英亮,恒川和久,川野紀江,村上心,谷口元

    日本建築学会計画系論文集   Vol. 79 ( 697 ) page: 677 - 684   2014.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  32. 廃校施設の建築の特徴と再利用時の改修工事に関する研究 Reviewed

    野沢英希,谷口 元,恒川和久,太幡英亮

    日本建築学会計画系論文集   Vol. 78 ( 684 ) page: 445 - 453   2013.2

     More details

    Authorship:Last author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  33. Study on Appropriate Relocation based on Users Awareness and Utility Sphere of Public Facilities Reviewed

    Nobuyuki Nomura, Tomonori Minamisawa, Kazuhisa Tsunekawa, Eisuke Tabata, Shin Murakami

    Proceedings of the 18th International Conference of CIB W104 Open building Implementation     page: 252 - 259   2012.11

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

  34. 廃校のある地域属性の特徴と再利用に関する研究-愛知県・岐阜県・三重県の事例を通して- Reviewed

    野沢英希, 谷口元, 恒川和久, 太幡英亮

    日本建築学会計画系論文集   Vol. 77 ( 674 ) page: 865 - 872   2012.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  35. A Study on the relation between expense and quality of maintenance service for facilities in university Reviewed

      Vol. 17 ( 36 ) page: 711 - 716   2011.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  36. 名古屋大学東山キャンパスにおけるコレクティブフォームの10年間の継続的設計とネットワーク分析

    太幡英亮, 片岡裕貴

    日本建築学会大会(東海) 都市計画部門研究懇談会資料「都市と大学のリデザインに向けたリビングラボラトリの可能性」     page: 33 - 36   2021.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)  

  37. 続き間型住宅ストックの再生による市場構築に向けた研究と実践

    太幡英亮, 熊谷僚馬

    日本建築学会大会(北陸)特別研究部門研究協議会資料「2030年の都市・建築・くらし:縮小都市のゆくえと対応策」     page: 57 - 58   2019.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)  

  38. 子連れコワーキングスペースの実験と実装の方法論

    太幡英亮

    日本建築学会大会(北陸)建築計画部門研究懇談会資料「建築・都市・農村計画研究者の方法論的転換ー若手研究者・実務家はいかに社会的課題と向き合っているかー」     page: 93   2019.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)  

  39. 実践と研究のスパイラル

    太幡英亮

    日本建築学会大会(東北)建築計画部門研究懇談会資料「建築・都市・農村計画研究のカッティングエッジー若手研究者は研究テーマといかに出会い、発展させてきたかー」     page: 113   2018.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  40. グーグルストリートビューの活用による商店ファサードデザインの統計的分析 -インターフェースデザインとしての建築ファサードに関する考察- Reviewed

    太幡英亮,深松風光,谷口元,恒川和久

    Designシンポジウム2010     page: USBメモリ(論文番号:dss10-0032   2010.11

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)  

  41. 行動分析から建築をデザインする(後編)

    太幡英亮

    SCENE 97   ( 97 ) page: 11-12   2019.4

     More details

    Language:Japanese  

    axona AICHIの発行する雑誌に掲載。大学施設の設計と行動分析を紹介。

  42. 名古屋圏における住宅建築

    太幡英亮

    名古屋圏の建築家と建築     page: 176-177   2019.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  43. 行動分析から建築をデザインする(前編)

    太幡英亮

    SCENE 96   ( 96 ) page: 11-12   2018.12

     More details

    Language:Japanese  

    axona AICHIの発行する雑誌に掲載。幸田町豊坂ほっと館の設計を紹介。

  44. ワークとライフをつなぐ木の部屋

    太幡英亮

    環(名古屋大学環境学研究科広報誌)   ( 35 ) page: 8   2018.9

     More details

    Language:Japanese  

  45. 「緑のキャンパスを再構築する」「市場の様な研究施設」 Reviewed

    恒川和久、太幡英亮、脇坂圭一ほか

    新建築 2017年4月号     page: 186 - 192   2017.4

  46. 研究を革新していく知をつなぎ活かす空間づくり

    太幡英亮

    SCENE 84   ( 84 ) page: 1-5   2015.12

     More details

    Language:Japanese  

    axona AICHIが発行する雑誌の表紙およびトップページに名古屋大学NICの設計の紹介を中心とした、研究空間のデザインについて寄稿。

  47. 大学での革新的研究に向けた「つなぐ」空間のデザイン(カタログトップページ寄稿) Invited

    太幡英亮

    CREATIVE COMMON SPACE 学び、集い、憩い、交流する共有空間(axona aichi)     page: pp.2-7   2014.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  48. 人間の心理・身体・行動から社会・環境問題まで横断的に捉え、建築で応える Invited Reviewed

    太幡英亮

    名古屋大学教養教育院プロジェクトギャラリー「clas」アニュアル2013     page: 102 - 105   2014.3

  49. 風景をつくる家(特集リード文)

    太幡英亮

    住宅建築 4月号     page: 4−5   2014.2

     More details

    Language:Japanese  

  50. Hakuba House(住宅作品) Reviewed

    太幡英亮、彦工務店

    住宅建築 4月号     page: 6-15   2014.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  51. 名古屋大学研究所共同館におけるトータル・ビルコミッショニングの実践 Invited

    名古屋大学環境学研究科奥宮研究室、工学部施設整備推進室ほか

    2014年愛知環境賞受賞事例集     page: 19   2014.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English  

  52. 名古屋大学ES総合館 Reviewed

    恒川和久、太幡英亮、矢永勝美、小林正明、森明生

    建築雑誌増刊 作品選集2013     page: 114-115   2013.3

     More details

    Language:Japanese  

  53. 大学施設での提案と実践-コミッショニングによる包括的視点-

    太幡英亮

    2012年日本建築学会大会(東海)建築計画部門パネルディスカッション資料「統合的視野からの建築計画学的実践」     page: 25-30   2012.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    DOI: 25-30

  54. キャンパス木質化の取り組み

    太幡英亮、恒川和久

    木材工業 2012 No.5(日本木材加工技術協会発行)   Vol. 67 ( 5 ) page: 225-228   2012.5

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    DOI: 225-228

  55. 新たなキャンパス建築のモデル

    太幡英亮

    季刊文教施設 44, 2011秋号   Vol. 44 ( 2011秋 ) page: 36-43   2011.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

▼display all

Books 16

  1. 空間五感 世界の建築・都市デザイン Reviewed

    日本建築学会編(建築計画委員会空間研究小委員会)( Role: Contributor)

    井上書院  2021.3 

     More details

    Book type:Scholarly book

  2. まちのようにキャンパスをつくり キャンパスのようにまちをつかう Reviewed

    上野武、小篠隆生、吉岡聡司、太幡英亮ほか( Role: Contributor)

    日本建築学会  2020.1  ( ISBN:9784818940031

     More details

    Responsible for pages:104-111,130-133   Language:Japanese

  3. 建築・都市計画のための空間学事典 Reviewed

    日本建築学会編( Role: Joint author ,  キャンパス空間、テリトリー、生活領域、共用空間)

    井上書院  2016.10 

     More details

    Language:Japanese Book type:Dictionary, encyclopedia

  4. 名古屋大学環境報告書

    名古屋大学環境報告書2020 編集チーム( Role: Contributor ,  3章.環境マネジメント・環境パフォーマンス(コラム:CAS-Net JAPAN奨励賞を受賞))

    名古屋大学  2020.9 

     More details

    Total pages:60   Responsible for pages:47   Book type:Report

  5. 超グリーン公共建築ガイドブック

    次世代公共建築研究会超グリーン建築部会編( Role: Contributor ,  Case2-15 名古屋大学ES総合館)

    一般社団法人公共建築協会  2018.9 

     More details

    Language:Japanese

  6. 名古屋大学環境報告書2017

    名古屋大学施設管理部、施設・環境計画推進室、環境安全衛生管理室( Role: Contributor ,  2-4, NICと多世代共用スペースから)

    名古屋大学  2017.9 

     More details

    Total pages:53   Responsible for pages:29   Book type:Report

  7. 名古屋大学施設報告書2016

    名古屋大学施設管理部、施設・環境計画推進室、環境安全衛生管理室( Role: Contributor ,  1章、キャンパスと施設ほか)

    名古屋大学  2017.3 

     More details

    Total pages:95   Book type:Report

  8. 名古屋大学キャンパスマスタープラン2016

    CMP策定WG、名古屋大学施設環境・計画推進室、工学部施設整備推進室、施設管理部( Role: Joint editor)

    名古屋大学  2016.3 

     More details

    Total pages:165   Book type:Report

  9. 名古屋大学環境報告書2015

    名古屋大学施設管理部、施設・環境計画推進室、環境安全衛生管理室( Role: Contributor ,  3-3, NICと多世代共用スペース)

    名古屋大学  2015.9 

     More details

    Total pages:40   Responsible for pages:12-13   Book type:Report

  10. 名古屋大学キャンパスマネジメントによる創造的再生

    名古屋大学施設環境・計画推進室、工学部施設整備推進室( Role: Joint editor)

    名古屋大学  2015.8 

     More details

    Total pages:18   Book type:Report

    2015年日本建築学会賞(業績賞)の受賞業績をまとめた記念誌。名古屋大学キャンパスにおけるこれまでの一連の活動が評価された受賞。執筆および編集を担当。

  11. 名古屋大学キャンパス・ユニバーサルデザイン・ガイドライン2015

    名古屋大学UDガイドライン策定WG、名古屋大学施設環境・計画推進室、工学部施設整備推進室、施設管理部( Role: Joint editor)

    名古屋大学  2015.7 

     More details

    Total pages:165   Book type:Report

  12. 名古屋大学キャンパス・サインマニュアル2012

    名古屋大学施設計画推進室、工学部施設整備推進室、施設管理部( Role: Joint editor)

    名古屋大学  2013.3 

     More details

    Total pages:78   Book type:Report

  13. 名古屋大学ファシリティマネジメント研究会記録集2007-2012

    名古屋大学施設計画推進室、工学部施設整備推進室( Role: Joint editor)

    名古屋大学  2013.3 

     More details

    Total pages:398   Book type:Report

    施設計画推進室、工学部施設整備推進室で開催してきたファシリティマネジメント研究会は、大学施設、病院施設、短期教育コースを合わせて20回を数える。これまでの成果をまとめた資料を編集した。

  14. 名古屋大学キャンパスマスタープラン2010

    CMP策定WG、名古屋大学施設環境・計画推進室、工学部施設整備推進室、施設管理部( Role: Joint editor)

    名古屋大学  2010.3 

     More details

    Total pages:165   Book type:Report

  15. axona AICHI 2018(愛知株式会社カタログ)

     More details

    Responsible for pages:358-359  

  16. axona AICHI 2021(愛知株式会社カタログ)

     More details

    Responsible for pages:93  

▼display all

Presentations 133

  1. 名古屋大学工学部新7号館PFI事業における広場の学生デザインコンペ

    太幡英亮

    サスティナブルキャンパス推進協議会「CAS-Net JAPAN」2021年次大会  2021.12.4  サスティナブルキャンパス推進協議会

     More details

    Event date: 2021.12

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:大阪大学  

  2. スギ大径丸太を用いた近年の建築事例にみる課題と可能性

    米田 直泰, 太幡 英亮

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋工業大学  

  3. 有松のまちなみに潜む揺らぎとは? Invited

    太幡英亮

    まちなか寺子屋  2020.11.8  やっとかめ文化祭実行委員会

     More details

    Event date: 2020.11

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:名古屋市有松  

  4. 渡辺力の「ヒモイス」とその時代背景との関連性に関する考察

    佐々木主海,太幡英亮

    日本インテリア学会大会 研究発表  日本インテリア学会

     More details

    Event date: 2020.10

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:梗概発行のみ  

  5. 地図メディアが認知地図形成の初期過程に及ぼす影響

    柴田桂吾,太幡英亮

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2020.9

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:千葉大学  

  6. アクティビティから見た中国の集合住宅団地のエッジに関する研究

    徐小雨,太幡英亮

    日本建築学会東海支部研究集会 

     More details

    Event date: 2020.2

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:椙山女学園大学  

  7. 経験的側面から見る場所への愛着の形成パターンに関する研究

    石原可南子,太幡英亮

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2019.9

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:金沢工業大学  

  8. 地域包括ケア病棟の 2 次医療圏における施設整備状況と入院患者動態に関する研究

    森下裕介,太幡英亮

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2019.9

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:金沢工業大学  

  9. フォトグラメトリを用いた空間の調査に関する研究

    近藤広隆,太幡英亮

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2019.9

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:金沢工業大学  

  10. Space for Diversity

    Eisuke TABATA

    2018.11 

     More details

    Event date: 2018.11

    Language:English   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

  11. 愛知県内8児童館での行動観察調査 環境行動調査にもとづく児童館の建築計画の研究 その2

    太幡英亮、山田大暉

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2018.9

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東北大学  

  12. 子連れ利用可能なコ・ワークスペースの研究(その4)-距離感を検証する実空間実験-

    董芸,市野清香,太幡英亮,恒川和久

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2018.9

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東北大学  

  13. 自動運転技術の発展を背景としたまちづくりの研究-自動運転車などのモビリティを背景とした愛知県幸田町の「まち」の革新-

    太田秀二、加藤宣幸、太幡英亮

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2018.9

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東北大学  

  14. 水と緑の景観づくり Invited

    太幡英亮

    白馬駅周辺整備検討会  2018.7 

     More details

    Event date: 2018.7

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:白馬村役場  

  15. 健康的なライフスタイル そのための「まち」と「すまい」

    太幡英亮

    第19回 まちとすまいの集い「健やかに築くまちとすまい」  2017.10.7  名古屋大学環境学研究科都市環境学専攻 建築学教室

     More details

    Event date: 2017.10

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

  16. 新亀崎モデル

    太幡英亮研究室ほか

    亀崎リノベ大学 三軒長屋2.0  2016.10.23  特定非営利法人亀崎まちおこしの会

     More details

    Event date: 2016.10

    Venue:愛知県半田市亀崎  

  17. 子連れ利用可能なコ・ワークスペースの研究(その 2 ) N大学での空間の設置と行動観察

    太幡英亮,市野清香,恒川和久

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2016.10

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  18. 子連れ利用可能なコ・ワークスペースの研究(その 3)利用シーンの分析とライフスタイルへの影響

    市野清香,太幡英亮,恒川和久

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2016.10

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  19. 経時的・横断的視点による戦後の公共施設整備に関する研究(その 2) 愛知県名古屋市における施設種別整備の状況

    陣昂太郎,恒川和久,太幡英亮

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2016.10

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  20. 経時的・横断的視点による戦後の公共施設整備に関する研究(その 1) 愛知県名古屋市における時代区分ごとの施設整備の概況

    恒川和久,陣昂太郎,太幡英亮

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2016.10

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  21. 建築デザインをやってみよう

    名古屋大学工学部 テクノサイエンスセミナー「広がる建築学」  2016.8.9  名古屋大学工学部

     More details

    Event date: 2016.8

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

  22. 住民属性別に見た紅葉施設における利用状況の特徴

    吉井大貴、恒川和久、太幡英亮

    日本建築学会東海支部研究報 

     More details

    Event date: 2016.2

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  23. 利用実態に基づいた子連れコ・ワークスペースに関する 研究 仕事をしながら子どもの面倒をみられる空間の成 立条件と利用者のライフスタイルに与える影響

    市野清香、恒川和久、太幡英亮

    日本建築学会東海支部研究報 

     More details

    Event date: 2016.2

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  24. 公共施設の歴史的整備過程に関する研究 愛知県名古屋 市を対象にして

    陣昂太郎、恒川和久、太幡英亮英亮

    日本建築学会東海支部研究報 

     More details

    Event date: 2016.2

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  25. 広域における公共施設データベース構築と運用に関する 研究 愛知県を対象にして

    鈴木翔大、斉藤孝治、恒川和久、太幡英亮

    日本建築学会東海支部研究報告 

     More details

    Event date: 2016.2

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  26. 用途別にみた公共施設配置の地域特性に関する研究 GISを用いた愛知県内各自治体公共施設実態

    斉藤孝治、恒川和久、太幡英亮

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2015.9

  27. 公共施設キャパシティの分析と愛知県西尾市におけるケーススタディ アクティビティとキャパシティの視点による公共施設マネジメントの提案 その2

    柴田美里、恒川和久、太幡英亮、村上心、川野紀江、納村信之、松岡利昌

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2015.9

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  28. 公共施設における市民アクティビティの分析 アクティビティとキャパシティの視点による公共施設マネジメントの提案 その1

    恒川和久、柴田美里、太幡英亮、村上心、川野紀江、納村信之、松岡利昌

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2015.9

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  29. 子連れ利用可能なコ・ワークスペースの民間事例と大学での実空間実験

    太幡英亮、松岡孟志、恒川和久

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2015.9

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  30. 公共施設における利用者属性と利用状況や意識の関係 愛知県内3自治体を対象として

    吉井大貴、恒川和久、太幡英亮

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2015.9

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  31. ナショナルイノベーションコンプレックスの建築について

    太幡英亮

    ナショナルイノベーションコンプレックス竣工式 

     More details

    Event date: 2015.6

    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

  32. 用途横断的にみた公共施設の配置状況に関する研究ーGISを用いた愛知県内各自治体公共施設実態の分析ー

    斉藤孝治,恒川和久,太幡英亮

    日本建築学会東海支部研究報告会 

     More details

    Event date: 2015.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名城大学   Country:Japan  

  33. 公共施設におけるアクティビティとキャパシティに着目した施設評価手法に関する研究

    柴田美里,恒川和久,太幡英亮,松岡利昌,村上心,川野紀江,納村信之

    日本建築学会東海支部研究報告会 

     More details

    Event date: 2015.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名城大学   Country:Japan  

  34. GISを用いた施設規模と距離に着目した施設充足度 による公共施設の配置分析手法 愛知県西尾市を対象として その2

    鈴木翔太,村上心,恒川和久,川野紀江,太幡英亮,納村信之,松岡利昌

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2014.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:神戸大学   Country:Japan  

  35. 市民集会施設における利用者アクティビティと団体属性や室特性に関する研究 愛知県西尾市を対象として その1

    柴田美里,恒川和久,太幡英亮,松岡利昌,村上心,川野紀江,納村信之

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2014.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:神戸大学   Country:Japan  

  36. 住宅地域における戸建住宅ストックの非住宅用途での利用可能性に関する研究 高蔵寺ニュータウンを事例として その2

    岩佐育恵,恒川和久,太幡英亮,村上心,川野紀江,納村信之

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2014.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:神戸大学   Country:Japan  

  37. 住宅地域における戸建住宅ストックの非住宅用途での利用可能性に関する研究 高蔵寺ニュータウンを事例として その1

    納村信之,岩佐育恵,恒川和久,太幡英亮,村上心,川野紀江

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2014.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:神戸大学   Country:Japan  

  38. 廃校の再利用において配慮すべき項目に関する考察 愛知県・岐阜県・三重県の事例を通して

    野澤英希,谷口元,恒川和久,太幡英亮

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2014.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:神戸大学   Country:Japan  

  39. ライフサイクルビルコミッショニングの大学施設での実践(その5) 施工フェーズから運用フェーズにおける建築コミッショニングの概要

    杉浦舞,谷口元,恒川和久,太幡英亮,中原信生,奥宮正哉

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2014.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:神戸大学   Country:Japan  

  40. 会話のシーン分析及びインタビュー調査から見た 交流と空間の関係 研究者間の交流を誘発する大学施設共用部の環境特性に関する研究(その2)

    飯塚修平,太幡英亮,恒川和久

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2014.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:神戸大学   Country:Japan  

  41. 平面分析と研究者の行動の定量的分析から見た交流と空間の関係 研究者間の交流を誘発する大学施設共用部の環境特性に関する研究(その1)

    太幡英亮,飯塚修平,恒川和久

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2014.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:神戸大学   Country:Japan  

  42. 動線空間に着目した大学施設の共用部における研究者間のコミュニケーションに関する研究

    飯塚修平,恒川和久,太幡英亮

    日本建築学会東海支部研究報告会 

     More details

    Event date: 2014.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  43. ライフサイクルビルコミッショニングの大学施設での実践(その5) 施工フェーズから運用フェーズにおける建築コミッショニングの概要,

    杉浦舞,萱野貴大,太幡英亮,谷口元,中原信生,奥宮正哉,恒川和久

    日本建築学会東海支部研究報告会 

     More details

    Event date: 2014.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  44. 施設白書における構成方法と記載項目の比較 ―自治体が公開する施設白書に関する比較研究 その1―

    恒川和久,柴田美里,太幡英亮,松岡利昌,村上心,川野紀江,納村信之

    日本建築学会東海支部研究報告会 

     More details

    Event date: 2014.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  45. 施設白書における施設分類方法と記載指標の比較 ―自治体が公開する施設白書に関する比較研究 その2―

    柴田美里,恒川和久,太幡英亮,松岡利昌,村上心,川野紀江,納村信之

    日本建築学会東海支部研究報告会 

     More details

    Event date: 2014.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  46. オープンソースGISを用いた公共施設の立地と利用実態に関する研究

    鈴木翔大,恒川和久,太幡英亮,松岡利昌,村上心,川野紀江,納村信之

    日本建築学会東海支部研究報告会 

     More details

    Event date: 2014.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  47. 戸建住宅ストックの非住宅としての活用に向けて ―高蔵寺ニュータウンを対象として―

    岩佐育恵,恒川和久,太幡英亮,村上心,川野紀江,納村信之

    日本建築学会東海支部研究報告会 

     More details

    Event date: 2014.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  48. 自主改修可能賃貸物件における評価と自主改修実験報告

    服部昌直,恒川和久,太幡英亮,納村信之,村上心,川野紀江

    日本建築学会東海支部研究報告会 

     More details

    Event date: 2014.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  49. 大学施設のトータルビルコミッショニングの実践研究(第4 報)施工フェ ーズコミッショニングプロセスの運営 International conference

    吉田新一、中原信生、奥宮正哉、谷口元、太幡英亮

    空気調和衛生工学会大会 

     More details

    Event date: 2013.9

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  50. 大学施設のトータルビルコミッショニングの実践研究第7 報 当初コミ ッショニングの実施とシミュレーションの活用、コミッショニングの評価

    奥宮正哉、吉田新一、岡田清嵩、中原信生、太幡英亮

    空気調和衛生工学会大会 

     More details

    Event date: 2013.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  51. 高蔵寺ニュータウンにおける施設分布の実態と可能性 立地の制約要因および外出行動の実態からの考察 その1

    納村信之、寺井孝至、谷口元、恒川和久、太幡英亮、脇坂圭一、村上心、川野紀江

    日本建築学会大会デザイン発表会学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2013.8 - 2013.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  52. 施設管理データ運用の実態と考察 大学における施設情報管理と業務プロセスから見た施設マネジメントに関する研究 その1

    恒川和久、脇坂圭一、松岡利昌、太幡英亮

    日本建築学会大会学術講演(オーガナイズドセッション) 

     More details

    Event date: 2013.8 - 2013.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:北海道大学   Country:Japan  

  53. 介護とプライバシーの両面からみた小規模多機能ホームの平面計画に関する研究 その2

    李莉、谷口元、太幡英亮、恒川和久、毛利志保、脇坂圭一

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2013.8 - 2013.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  54. 介護とプライバシーの両面からみた小規模多機能ホームの平面計画に関する研究 その1

    谷口元、李莉、太幡英亮、恒川和久、毛利志保、脇坂圭一

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2013.8 - 2013.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  55. 小規模保有施設の立地と周辺環境との関わりからみた課題と可能性 その2

    太幡英亮、竹内佑里、恒川和久、谷口元

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2013.8 - 2013.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  56. 小規模保有施設の立地と周辺環境との関わりからみた課題と可能性 その1

    竹内佑里、太幡英亮、恒川和久、谷口元

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2013.8 - 2013.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  57. 高蔵寺ニュータウンにおける施設分布の実態と可能性 立地の制約要因および外出行動の実態からの考察 その2

    寺井孝至、谷口元、恒川和久、太幡英亮、脇坂圭一、村上心、納村信之、川野紀江

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2013.8 - 2013.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  58. URフリースタイルハウス International conference

    岩佐育恵、納村信之、太幡英亮、川野紀江、恒川和久、村上心、服部昌直

    日本建築学会大会デザイン発表会 

     More details

    Event date: 2013.8 - 2013.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  59. 高蔵寺ニュータウンにおけるDIY賃貸住宅の課題と可能性

    服部昌直、太幡英亮、納村信之、川野紀江、恒川和久、岩佐育恵、村上心

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2013.8 - 2013.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:北海道大学   Country:Japan  

  60. 施設点検および施設性能評価の実態と考察 大学における施設情報管理と業務プロセスから見た施設マネジメントに関する研究 その2

    脇坂圭一、恒川和久、松岡利昌、太幡英亮

    日本建築学会大会学術講演(オーガナイズドセッション) 

     More details

    Event date: 2013.8 - 2013.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  61. 大学施設のトータルビルコミッショニングの実践研究第1報 プロジェクトの概要とコミッショニングプロセスの運営

    中原信生、湯沢秀樹、吉田新一、奥宮正哉、谷口元、太幡英亮

    空気調和衛生工学会大会 

     More details

    Event date: 2012.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  62. 施設総合評価と利用圏域・利用者意識からみた再配置計画 名古屋市をモデルとした公共施設評価指標と再配置計画に関する研究 その3

    南澤智規(名古屋大)・平手千裕・川野紀江・谷口元・恒川和久・太幡英亮・村上心

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2012.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  63. 研究科ごとにみる研究空間の面積特性とその配置について 大学における研究スタイルと空間利用の関係 その1

    恒川和久(名古屋大)・仲村萌・太幡英亮・谷口元

    日本建築学会大会 

     More details

    Event date: 2012.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  64. 面積構成による研究室の類型化と研究室ごとにみる研究空間について 大学における研究スタイルと空間利用の関係 その2

    仲村萌(愛知)・恒川和久・太幡英亮・谷口元

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2012.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  65. 大学施設共用空間における利用者の印象・行為からみる照明計画の検証 その1

    太幡英亮(名古屋大大学院)・權田国大・谷口元・恒川和久・久野覚・吉田友紀子

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2012.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  66. 大学施設共用空間における利用者の印象・行為からみる照明計画の検証 その2

    權田国大(NTT 都市開発)・太幡英亮・谷口元・恒川和久・久野覚・吉田友紀子

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2012.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  67. 大学施設内に提案された研究者間の交流空間の利用実態 N 大学ES 館のケーススタディ

    飯塚修平(名古屋大)・太幡英亮・恒川和久・谷口元

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2012.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  68. 保育園児の散歩ルートの物理的特徴からみた考察 保育園児の散歩行動とルートからみた街路環境の評価 その1

    竹内佑里(名古屋大)・古川智之・太幡英亮・恒川和久・谷口元

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2012.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  69. 保育園児の散歩における行為および対象環境要素と街路環境との関係性 保育園児の散歩行動とルートからみた街路環境の評価 その2

    古川智之(久米設計)・竹内佑里・太幡英亮・恒川和久・谷口元

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2012.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  70. 高蔵寺ニュータウン内外の商業施設の立地と変遷に関する研究

    岩佐育恵(名古屋大大学院)・恒川和久・太幡英亮・谷口元・村上心・納村信之

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2012.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  71. 高蔵寺ニュータウンにおける住宅ストック及び施設分布の実態からみた再生手法に関する考察 その1 International conference

    納村信之(名古屋商科大)・伊藤義浩・恒川和久・太幡英亮・谷口元・村上心

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2012.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  72. 高蔵寺ニュータウンにおける住宅ストック及び施設分布の実態からみた再生手法に関する考察 その2

    伊藤義浩(INA 新建築研究所)・納村信之・恒川和久・太幡英亮・谷口元・村上心

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2012.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  73. 廃校の地域属性と建築概要から見た再利用の特徴に関する研究 愛知県・岐阜県・三重県の事例を通して

    野沢英希(名古屋大大学院)・谷口元・恒川和久・太幡英亮

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2012.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  74. ライフサイクルビルコミッショニングの大学施設での実践 その1 総論、ビルコミッショニングの動向とプロジェクトの運営

    中原信生(建築設備コミッショニング協会)・谷口元・奥宮正哉・太幡英亮・湯澤秀樹

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2012.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  75. ライフサイクルビルコミッショニングの大学施設での実践 その2 建築計画の視点から、建築コミッショニングの実践

    萱野貴大(名古屋大)・太幡英亮・谷口元・中原信生・恒川和久

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2012.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  76. 各都市事例調査を通じた施設評価指標の提案 名古屋市をモデルとした公共施設評価指標と再配置計画に関する研究 その1

    川野紀江(椙山女学園大)・平手千裕・南澤智規・谷口元・恒川和久・太幡英亮・村上心

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2012.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  77. 市民視点と行政視点による公共施設の評価 名古屋市をモデルとした公共施設評価指標と再配置計画に関する研究 その2

    平手千裕(竹中工務店)・川野紀江・南澤智規・谷口元・恒川和久・太幡英亮・村上心

    日本建築学会大会学術講演 

     More details

    Event date: 2012.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  78. 名古屋市におけるストリートパフォーマーの意識と空間 〜ストリートパフォーマーの意識とパフォーマンス空間の選択・構築の関係 その2 〜

    太幡英亮, 今和泉拓, 恒川和久, 谷口元

    日本建築学会大会 

     More details

    Event date: 2011.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  79. 名古屋市におけるストリートパフォーマンスの行動観察 〜ストリートパフォーマーの意識とパフォーマンス空間の選択・構築の関係 その1 〜

    今和泉拓, 太幡英亮, 恒川和久, 谷口元

    日本建築学会大会 

     More details

    Event date: 2011.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  80. オフィスコンセプトの執務空間への具体化に関する考察 日本のオフィスにおけるコンセプトと執務空間の関係とその変遷 その2

    亀嶋一矢, 奥西範久, 太幡英亮, 恒川和久, 谷口元

    日本建築学会大会 

     More details

    Event date: 2011.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  81. 地域産スギ丸太による駐輪場

    堀内征弘, 古川忠稔, 太幡英亮, 恒川和久

    日本建築学会大会建築デザイン発表 

     More details

    Event date: 2011.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  82. 建物利用実態と空調稼働状況に関する考察 国立大学におけるエネルギーマネジメント その2

    塙雄太, 恒川和久, 太幡英亮, 谷口元

    日本建築学会大会 

     More details

    Event date: 2011.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  83. 大学施設のエネルギー消費状況による類型化 国立大学におけるエネルギーマネジメント その1

    恒川和久, 塙雄太, 太幡英亮, 谷口元

    日本建築学会大会 

     More details

    Event date: 2011.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  84. 建物の配置および周辺環境と建築計画の関わり ユニット型特別養護老人ホームにおける平面計画と立地の関係 その2

    辻野哲平, 谷口元, 恒川和久, 太幡英亮, 毛利志保, 董恩伯

    日本建築学会大会 

     More details

    Event date: 2011.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  85. 敷地特性およびユニットの配置構成 ユニット型特別養護老人ホームにおける平面計画と立地の関係 その1

    谷口元, 辻野哲平, 恒川和久, 太幡英亮, 毛利志保, 董恩伯

    日本建築学会大会 

     More details

    Event date: 2011.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  86. 買物困難な高齢者等に対する支援環境に関する研究

    金岡芳美, 谷口元, 恒川和久, 太幡英亮

    日本建築学会大会 

     More details

    Event date: 2011.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  87. 高蔵寺ニュータウンにおける高齢者の生活行動に関する研究

    寺井孝至,谷口元,恒川和久,太幡英亮, 生田京子

    日本建築学会大会 

     More details

    Event date: 2011.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  88. 多国籍化する公的団地における共用空間の利用実態と居住者意識 豊田市H 団地を事例として その2

    市川智章, 伊藤義浩, 太幡英亮, 恒川和久, 谷口元

    日本建築学会大会 

     More details

    Event date: 2011.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  89. 多国籍化する公的団地における共用空間の利用実態と居住者意識 豊田市H 団地を事例として その1

    伊藤義浩, 市川智章, 太幡英亮, 恒川和久, 谷口元

    日本建築学会大会 

     More details

    Event date: 2011.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  90. 都市部の認可外保育施設における表出に関する研究

    竹内佑里, 谷口元, 恒川和久, 太幡英亮

    日本建築学会大会 

     More details

    Event date: 2011.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  91. 日経ニューオフィス賞からみたオフィスの変遷に関する研究 日本のオフィスにおけるコンセプトと執務空間の関係とその変遷 その1

    奥西範久, 亀嶋一矢, 太幡英亮, 恒川和久, 谷口元

    日本建築学会大会 

     More details

    Event date: 2011.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  92. 大学キャンパスにおける通り名サインの有効性についての研究

    大岡豊, 太幡英亮, 恒川和久, 谷口元

    人間-環境学会大会 

     More details

    Event date: 2011.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  93. 学内・学外における留学生の生活行動に関する研究(多様な「生活の場」を中心として)

    「ダン コン」「谷口元」「恒川和久」「太幡英亮」

    日本建築学会東海支部研究発表会 

     More details

    Event date: 2011.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  94. 都市の縮退からみる東海三県の計画開発住宅市街地の分類・分析-再編手法に関する数量的シミュレーションを通して-

    「伊藤義浩」「生田京子」「太幡英亮」「恒川和久」「谷口元」

    日本建築学会東海支部研究発表会 

     More details

    Event date: 2011.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  95. 地下鉄換気塔の形状による類型化及び路線年代別分析 名古屋市営地下鉄を対象に

    「權田国大」「谷口元」「恒川和久」「太幡英亮」

    日本建築学会東海支部研究発表会 

     More details

    Event date: 2011.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  96. 学生・教員の評価を取り入れた大学講義室計画に関する研究

    「仲村萌」「恒川和久」「太幡英亮」「谷口元」

    日本建築学会東海支部研究発表会 

     More details

    Event date: 2011.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  97. 保育園児の散歩行動と地域環境との関係 International conference

    「古川智之」「太幡英亮」「生田京子」「恒川和久」「谷口元」

    日本建築学会東海支部研究発表会 

     More details

    Event date: 2011.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  98. 外国人の増加する公的団地の状況整理と共用空間の利用調査-他文化化する豊田市保見団地を事例として(その1)- International conference

    「市川智章」「谷口元」「恒川和久」「太幡英亮」

    日本建築学会東海支部研究発表会 

     More details

    Event date: 2011.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  99. ストリートパフォーマンスの活動実態とその空間の特性に関する研究-名古屋市都市部における調査報告-

    「今和泉拓」「谷口元」「恒川和久」「太幡英亮」

    日本建築学会東海支部研究発表会 

     More details

    Event date: 2011.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  100. 特別養護老人ホームにおける施設携帯と立地の関係に関する研究(周辺環境が施設形態に与える影響)

    「辻野哲平」「谷口元」「恒川和久」「太幡英亮」「毛利志保」

    日本建築学会東海支部研究発表会 

     More details

    Event date: 2011.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  101. 大学キャンパスにおける施設マネジメントのためのエネルギー消費量及び利用実態の把握に関する研究

    「塙雄太」「太幡英亮」「恒川和久」「谷口元」

    日本建築学会東海支部研究発表会 

     More details

    Event date: 2011.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  102. 旗竿敷地における住宅の外形ヴォリュームと外部空間の構成

    「広瀬友香」「生田京子」「太幡英亮」

    日本建築学会大会 

     More details

    Event date: 2010.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  103. 保育園児の散歩とそのルートからみる地域環境との関係性および環境評価

    「古川智之」「生田京子」「太幡英亮」

    日本建築学会大会 

     More details

    Event date: 2010.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  104. 学生・教員の評価を取り入れた大学講義室計画に関する研究

    「仲村萌」「恒川和久」「太幡英亮」「谷口元」

    日本建築学会大会 

     More details

    Event date: 2010.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  105. 廃校の再利用の状況と用途別に見た施設の特徴に関する研究 愛知県・岐阜県・三重県を事例として

    「野沢英希」「谷口元」「恒川和久」「太幡英亮」

    日本建築学会大会 

     More details

    Event date: 2010.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  106. 大学施設における清掃業務の実態と品質評価に関する研究 その1 大学間・部局間における清掃業務のベンチマーキング

    恒川和久・平松孝一・太幡英亮・松岡利昌・谷口元

    日本建築学会大会 

     More details

    Event date: 2010.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  107. ファサード構成の相関分析と類型化 店舗業種とファサード構成及び立地に関する研究 その2

    「深松風光」「谷口元」「恒川和久」「太幡英亮」

    日本建築学会大会 

     More details

    Event date: 2010.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  108. 大学施設における清掃業務の実態と品質評価に関する研究 その2 清掃業務の品質評価と利用者満足度 International conference

    「平松孝一」「恒川和久」「太幡英亮」「松岡利昌」「谷口元」

    日本建築学会 

     More details

    Event date: 2010.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  109. 都市の縮退からみる東海三県の計画開発住宅市街地の分類・分析

    「伊藤義浩」「生田京子」「太幡英亮」

    日本建築学会大会 

     More details

    Event date: 2010.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  110. 地下鉄換気塔の形状による類型化及び路線年代別分析 名古屋市営地下鉄を対象に

    「權田国大」「谷口元」「恒川和久」「太幡英亮」

    日本建築学会大会 

     More details

    Event date: 2010.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  111. 椅子の登場場面と登場人物の行為からの分析―アニメ作品「CRAC!」におけるロッキングチェアの意味の研究(その2)

    橋田貴彦、太幡英亮、及川幸太、角田知浩,橋本順哉

    日本インテリア学会第21回大会研究発表梗概集,31-32 

     More details

    Event date: 2009.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  112. 「CRAC!」の作風や作中椅子の歴史・文化的位置づけ―アニメ作品「CRAC!」におけるロッキングチェアの意味の研究(その1)

    太幡英亮、橋田貴彦、及川幸太、角田知浩、橋本順哉

    日本インテリア学会第21回大会研究発表梗概集,29-30 

     More details

    Event date: 2009.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  113. 住環境における植栽の意味の分類―科学的又は物語的側面から―

    太幡英亮

    日本建築学会大会学術講演梗概集,都市計画,627-628 

     More details

    Event date: 2008.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

    住環境における植栽を「科学的」意味と「物語的」意味という意味の分類概念を用いて分析し、その多面的性質について概観した。

  114. 鏡と客観性 -ショップデザインの提案-

    丸山友也,太幡英亮

    日本建築学会大会建築デザイン発表梗概集, 122-123 

     More details

    Event date: 2008.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

    合わせ鏡の原理を用いて、自己を客観視する装置としての環境を設計した。衣服の購買行動と心理の関係に考慮してインテリアデザインしたものである。衣服の什器も合わせて提案している。

  115. *科学的または物語的な植栽の意味論

    太幡英亮

    日本環境共生学会2007年度学術大会発表論文集, 93-97 

     More details

    Event date: 2007.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

    建築・都市研究分野の「植栽」に関する論文をもとに、植栽のもつ意味を分類した。

  116. 「語り」と「意味」の比較分析–戸田市三軒協定の事例調査をもとに(その3)-

    太幡英亮、西出和彦

    日本建築学会大会学術講演梗概集E-2, 89-90 

     More details

    Event date: 2007.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

    一連の三軒協定の調査をもとに、居住者と環境の結びつきを「意味」の側面から分析した。

  117. 居住者の「語り」からみた三軒協定-戸田市三軒協定の事例調査をもとに(その2)-

    松沢英亮,西出和彦

    日本建築学会大会学術講演梗概集E-2分冊, 405-406 

     More details

    Event date: 2004.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

    三軒協定地区居住者の「語り」を採取し、環境および行為の意味論の視点から、三軒協定制度の有効性について考察した。

  118. 集合体としての都市空間形成に関する考察-戸田市三軒協定の事例調査をもとに-

    松沢英亮,西出和彦

    日本建築学会大会学術講演梗概集E-2分冊, 439-440 

     More details

    Event date: 2003.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

    郊外住宅地における居住者主体の景観形成によって、建築の集合体が形成される事例として三軒協定地区を調査した。

  119. 「三軒協定」による建築集合体の形成と微小文化の生成に関する考察

    松沢英亮,西出和彦

    人間-環境学会大会2003 

     More details

    Event date: 2003.5

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

    三軒協定による環境・景観形成の背景にある、環境や日常的出来事の意味、行為や居住者自身の意味の共有を、微小文化の生成として考察した。

  120. Analysis of recognition, recognition factors and the evaluation of Aggregation in Harajyuku International conference

    The 5th International Symposium for Environment-behavior Studies 

     More details

    Event date: 2002.10

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

  121. 原宿における集合体の認識・要因・評価の分析建築の集合体の認識とその個性に関する研究(その1)

    松沢英亮、西出和彦

    日本建築学会大会学術講演梗概集E-1,887-888 

     More details

    Event date: 2002.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

    20人の調査員によって原宿における集合体を抽出し、その認識要因と環境の構成要素との関係から、各集合体の個性を分析した。

  122. 「ゆらぎ」の心理量の相関分析—街路景観の「ゆらぎ」の研究その11—

    奥平建人、船越徹、積田洋、恒松良純、菊田英明、松沢英亮、堀川猛

    日本建築学会大会学術講演梗概集E-1,989-990 

     More details

    Event date: 2001.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

    心理実験で用いた、繊細な、統一性のある、趣のある、暖かいなどの様々な評定尺度から、ゆらぎのイメージ構造が示された。

  123. 「ゆらぎ感」の心理量分析—街路景観の「ゆらぎ」の研究その12—

    菊田英明、船越徹、積田洋、恒松良純、松沢英亮、奥平建人、堀川猛

    日本建築学会大会学術講演梗概集E-1,991-992 

     More details

    Event date: 2001.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  124. 複合モデルの重回帰分析・数量化一類—モデル化によるゆらぎ特性の研究 (その5)—

    松沢英亮、船越徹、積田洋、恒松良純、菊田英明、奥平建人、堀川猛

    日本建築学会大会学術講演梗概集E-1,1033-1034 

     More details

    Event date: 2001.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

    心理実験の結果をもとに、建築を構成する要素の「高さ」や「幅」といった各属性のゆらぎ特性を多変量解析により明らかにした。

  125. 複合モデルによる心理量分析—モデル化によるゆらぎ特性の研究(その4)—

    堀川猛、船越徹、積田洋、恒松良純、菊田英明、松沢英亮、奥平建人

    日本建築学会大会学術講演梗概集E-1,1031-1032 

     More details

    Event date: 2001.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  126. 「ゆらぎ度」・「ゆらぎ感」の相関分析—街路景観の「ゆらぎ」の研究その13—

    恒松良純、船越徹、積田洋、菊田英明、松沢英亮、奥平建人、堀川猛

    日本建築学会大会学術講演梗概集E-1,993-994 

     More details

    Event date: 2001.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

    街路景観のゆらぎを、その物理量の変動(ゆらぎ度)と、心理実験により得られた心理量(ゆらぎ感)との相関関係から分析した。「適度な変化」がゆらぎ感に与える影響が示された。

  127. 街路景観におけるエレメントモデルを用いた心理量分析─モデル化によるゆらぎ特性の研究(その2)─

    松沢英亮、船越徹、積田洋、恒松良純、三輪田真人、菊田英明

    日本建築学会大会学術講演梗概集E-1,877-878 

     More details

    Event date: 2000.9

    Language:Japanese  

    街路景観を構成する「屋根」「軒」「格子」といったエレメントごとに「エレメントモデル」(街並みのエレベーション)を作成し、そのゆらぎの特性を分析した。

  128. 「ゆらぎ」の物理量分析(再調査)─街路景観の「ゆらぎ」の研究その10─

    三輪田真人、船越徹、積田洋、恒松良純、松沢英亮、菊田英明

    日本建築学会大会学術講演梗概集E-1,881-882 

     More details

    Event date: 2000.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

    日本全国の歴史的・現代的な街並み20カ所余りを現地調査・実測し、その物理的構成をデータ化し、ゆらぎの物理量を算出した。

  129. モデル図におけるゆらぎの比較・分析─ モデル化によるゆらぎ特性の研究(その3)─

    恒松良純、船越徹、積田洋、三輪田真人、菊田英明、松沢英亮

    日本建築学会大会学術講演梗概集E-1,879-880 

     More details

    Event date: 2000.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  130. 正規分布モデルによる心理量分析─ モデル化によるゆらぎ特性の研究(その1)─

    菊田英明、船越徹、積田洋、恒松良純、三輪田真人、松沢英亮

    日本建築学会大会学術講演梗概集E-1,875-876 

     More details

    Event date: 2000.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

    正規分布の分散値によるゆらぎを持つ、単純かつ仮想的なモデル(街並みのエレベーション)を作成し、その心理的評価を分析した。仮想的ゆらぎモデルの基礎的研究である

  131. 「ゆらぎエレメント」によるクラスター分析—街路景観の「ゆらぎ」に関する研究その7—

    恒松良純、船越徹、積田洋、菊田英明、松沢英亮、三輪田真人

    日本建築学会大会学術講演梗概集E-1,963-964 

     More details

    Event date: 1999.9

    Language:Japanese  

  132. 心理量の比較・分析 —街路景観の「ゆらぎ」に関する研究その9—

    菊田英明、船越徹、積田洋、恒松良純、三輪田真人、松沢英亮

    日本建築学会大会学術講演梗概集E-1,967-968 

     More details

    Event date: 1999.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  133. 物理量の比較・分析—街路景観の「ゆらぎ」に関する研究その8—

    松沢英亮、船越徹、積田洋、恒松良純、菊田英明、三輪田真人

    日本建築学会大会学術講演梗概集E-1,965-966 

     More details

    Event date: 1999.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

    各街路の物理量データから、塀や軒線、屋根の大きさや入り口の間隔などの「ゆらぎ度」を算出し、街路ごとの比較分析を行った。

▼display all

Works 46

  1. あかばねこども園

    太幡英亮,大鹿智哉,武田史朗

    2019.10
    -
    2022.3

     More details

    Work type:Architectural work   Location:愛知県田原市赤羽根  

    田原市の保育園3園の統合民営化によって誕生した、あかばねこども園の企画から設計・監理までを監修設計を行なった。
    2019年に計画開始、2020年に設計、2021年に施工、2022年3月に竣工した。
    街としてのこども園をコンセプトに、中央の広場を取り囲んで保育室群が家の様に連続し、建築とランドスケープが一体となった計画である。

  2. 7スツール(名古屋大学工学部新7号館家具設計)

    太幡英亮

    2021.6

     More details

    Work type:Architectural work   Location:名古屋大学  

  3. 名古屋大学NIC Idea Stoa 改修設計

    太幡英亮, 笹野直之ほか

    2021.3

     More details

    Work type:Architectural work   Location:名古屋大学  

  4. 白馬駅前施設再開発

    太幡英亮,大鹿智哉

    2020.12

     More details

    Work type:Architectural work   Location:長野県白馬村  

  5. 白馬駅前街路灯

    太幡英亮

    2019.10

     More details

    Work type:Architectural work   Location:長野県白馬村  

    白馬駅前の無電柱化に合わせて更新される街路灯のデザイン。

  6. TABIBITO OFFICE

    太幡英亮、名古屋大学太幡研究室ほか

    2018.12
    -
    2020.2

     More details

    Work type:Architectural work   Location:長野県安曇野市  

    安曇野の街中にある小規模なオフィス

  7. リノベソムリエ 川島モデル

    東海住宅ストック協議会 太幡英亮 ほか 

    2018.4
    -
    2019.1

     More details

    Work type:Architectural work   Location:岐阜県各務原市  

    国土交通省住宅ストック維持向上促進事業の採択を受けた東海住宅ストック協議会の活動として、東海地区に大量に存在する本屋普請住宅の、リノベーションのブランド化のモデル棟として、岐阜県各務原市の住宅を再生する提案。

  8. 下呂市オーガニックワークプレイス(キッズデザイン賞受賞)

    太幡英亮、名古屋大学太幡研究室ほか

    2017
    -
    2018

     More details

    Work type:Architectural work  

    岐阜県下呂市において、子連れ利用可能なコワーキングスペースおよび、NPOの拠点となる「オーガニックワークプレイス」を企画、計画、設計した。下呂の杉を活用し、学生のデザインによる家具を配置。子どもの空間と親の空間を隔てつつ繋ぐデザインとなっている。

  9. 豊坂ほっと館設計(第3回あいち木づかい表彰 優秀賞受賞)

    名古屋大学太幡研究室、阿波建築設計事務所

    2015.4
    -
    2018.3

     More details

    Work type:Architectural work  

    愛知県幸田町の多世代型児童館の構想、計画、設計、監理、監修。SCENE96掲載。

  10. 名古屋大学工学部新7号館

    山下設計、名古屋大学工学部施設整備推進室

    2015.1

     More details

    Work type:Architectural work  

  11. 名古屋大学研究所共同館2(建築ジャーナル2019年7月号掲載)

    佐藤総合計画、名古屋大学工学部施設整備推進室(太幡英亮)

    2015.1
    -
    2017.3

     More details

    Work type:Architectural work  

    基本計画、研究空間の設計、監理

  12. 名古屋大学創薬科学研究館

    山下設計、名古屋大学工学部施設整備推進室(太幡英亮)

    2014.4
    -
    2016.9

     More details

    Work type:Architectural work  

    基本計画、設計監修、監理

  13. 名古屋大学多世代共用スペース(キッズデザイン賞、ウッドデザイン賞受賞)

    名古屋大学太幡研究室

    2014.4
    -
    2015.6

     More details

    Work type:Architectural work  

    ・ウッドミック 2015年6月号、8月号掲載
    ・NHKニュース(東海3県) 2015年6月27日 放映

    未来社会創造機構社会イノベーションデザイン学センターまちづくりミニプロジェクトによるナショナルイノベーションコンプレックス内の内装設計。子連れワークプレイス。

  14. 『CHAT』 スタッキングチェア デザイン

    愛知株式会社、名古屋大学(太幡英亮)ほか

    2014.4
    -
    2015.3

     More details

    愛知株式会社との共同開発家具。
    イノベーションに向けた産学協同実践事例。
    axona AICHI総合カタログの2018・2019年版に掲載。
    愛知ブランド企業の底力vol.2 (出版:共同通信社)に掲載。

  15. 『MMT』 ミーティングテーブル デザイン

    愛知株式会社、名古屋大学(太幡英亮)ほか

    2014.4
    -
    2015.3

     More details

    愛知株式会社との共同開発家具。
    イノベーションに向けた産学協同実践事例。

  16. 名古屋大学ナショナルイノベーションコンプレックス(愛知まちなみ建築賞受賞、新建築・建築ジャーナルほか掲載)

    日本設計、名古屋大学工学部施設整備推進室(太幡英亮)

    2013.3
    -
    2015.3

     More details

    Work type:Architectural work  

    ・新建築 2017.04掲載
    ・建築ジャーナル 2015年7月号掲載
    ・Honesty(丸天産業)vol.7 掲載
    ・SCENE 84(axons AICHI)掲載

    名古屋大学モビリティイノベーションコンプレックスの設計コンセプトを提案し、基本的な空間構成を発案、基本計画を実施するとともに、基本設計、実施設計の監修を行った。

  17. 名古屋大学総合研究棟(地域環境系)基本計画及びコミッショニング(愛知環境賞受賞ほか)

    建築設備コミッショニング協会、名古屋大学工学部施設整備推進室(太幡英亮)ほか

    2011.1
    -
    2014.3

     More details

    Work type:Architectural work  

  18. HAKUBA House 住宅設計(設計・監理)(中部建築賞、リクシルメンバーズコンテスト入賞(施工者名)ほか)

    太幡英亮

    2010.4
    -
    2012.3

     More details

    Work type:Architectural work  

    • 第46回平成26年度中部建築賞作品集,pp.21, 中部建築賞協議会,(2014).
    • 住宅建築(2014).4月号,pp.6-15,建築資料研究社,(2014).
    • LIXILメンバーズコンテスト受賞作品集,pp.12, 株式会社LIXIL,(2014).
    中部建築賞、リクシルメンバーズコンテスト入賞(施工者名)ほか

  19. 名古屋大学ES総合館(日本建築学会作品選集、省エネ・照明デザインアワード優秀事例受賞ほか)

    工学部施設整備推進室(恒川和久、太幡英亮)ほか

    2009.4
    -
    2010.3

     More details

    Work type:Architectural work   Location:愛知県名古屋市  

    日本建築学会作品選集、省エネ・照明デザインアワード優秀事例、照明学会照明普及賞・優秀事例賞受賞ほか

  20. emyuchair-w01 椅子設計(暮らしの中の木の椅子展入選ほか)

    太幡英亮

    2007.11
    -
    2008

  21. 白馬駅前景観整備デザイン

    2018.2
    -
    2018.7

     More details

    白馬駅前の無電柱化事業にあわせた、景観整備のデザイン提案を行なった。2018年7月に白馬村役場での報告会。ローカルテレビ(ユーテレ)放映。大糸タイムス掲載。

  22. オークマ工作機械工学館 基本計画

    2017.2
    -
    2017.3

     More details

    名古屋大学内の寄付建物の基本計画

  23. 名古屋大学創薬科学研究教育拠点施設基本計画

    2013.5
    -
    2014.3

     More details

    名古屋大学創薬科学研究教育拠点施設の企画設計要件書の作成、空間構成の提案と、実施設計のアドバイス。

  24. 気仙沼大島集会所「板倉の集落」設計提案

    2013.4
    -
    2013.6

     More details

    東日本大震災で被災した気仙沼大島の港の近くに、仮設による集会所(復興写真展示、土産販売等にも使用)の設計を行った。大島住民や名古屋市の団体による大島復興支援を目的とした「みどりの風プロジェクト」の一環で行われるもの。実施は未定。

  25. 名古屋大学理学部B館前駐輪場基本設計

    2012.4
    -
    2013.6

     More details

    理学部B館前に整備予定の駐輪場の形態や構成の立案を行い、基本設計を行った。

  26. 名古屋大学減災連携研究センター基本計画

    2012.1
    -
    2012.3

     More details

    減災連携研究センターの基本的な空間構成を立案し、基本計画を行った。

  27. ボックス型木製ストリートファニチャー 設計

    2012

  28. 間伐材による目隠しルーバー 設計

    2012

  29. 間伐材ポール設計および街路環境整備計画

    2011.12
    -
    2012.3

  30. 名古屋大学2008ノーベル賞展示室 施設名サインデザイン

    2011.9
    -
    2013.3

     More details

    名古屋大学2008ノーベル賞展示室の施設名サインデザイン、素材やディテールの提案を行った。

  31. 名古屋大学理学館・理農館建物名サインデザイン

    2011.9
    -
    2012.3

     More details

    名古屋大学理学館・理農館建物名サインのデザイン、素材とディテールの提案を行った。

  32. ほこら「対」(佐久島弘法プロジェクト3大学対抗リノベーション大会優勝ほか)

    2011.7
    -
    2012.1

     More details

    佐久島にある弘法様のほこらの改修プロジェクト。計画・実施設計・施工のすべてを研究室の学生とともに行った。三河・佐久島アートプラン21佐久島弘法プロジェクト3 大学対抗リノベーション大会において優勝。

  33. TENKAI Chair の設計(名古屋デザインウィーク出展)

    2010.8
    -
    2010.11

  34. JOMON 新しい木造建築の提案(ムービーほか)(ティンバライズ建築展出展)

    2010.8
    -
    2010.10

  35. 間伐材丸太による駐輪場の設計協力

    2010.1
    -
    2012.3

  36. 名古屋大学ES総合館の建築と照明(インタビュー記事)

    2009.4
    -
    2010.3

  37. Shachi-Hoko-High-Chair 椅子設計(名古屋デザインウィーク出展)

    2009.4
    -
    2009.10

  38. 平板型LED照明のデザイン(名古屋大学工学部5号館)

    2009

  39. Tulip-Felt スツール設計(名古屋デザインウィーク出展)

    2008.5
    -
    2009

  40. インテリアCGの立体視動画(塩釜本町街づくりイベント出展)

    2007.10

  41. Wind Gate(モニュメント)実施設計 国際コンペ(設計事務所所員として)1等

    2006

     More details

    国際コンペ1等作品

  42. 東京住宅 建築設計(設計事務所所員として)(新建築住宅特集掲載)

    2005
    -
    2006

  43. CoCoon 建築設計 国際コンペ(設計事務所所員として)次点

    2005

     More details

    渡辺誠/アーキテクツオフィス 担当者として掲載

  44. RIBBON インテリア設計(設計事務所所員として)(日本の知覚展国際巡回展)

    2005

  45. 上海住宅 建築設計(設計事務所所員として)(新建築住宅特集掲載)

    2004
    -
    2005

  46. Mita 5 Gate Tower 建築設計

    2001.6
    -
    2002

▼display all

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 12

  1. 自動運転技術を背景とした新しいまちづくり

    2018.2 - 2018.12

    企業からの受託研究 

      More details

    自動運転車などのモビリティの革新を背景とした幸田町の「まち」の革新の検討

  2. コワーキングスペース基本構想および基本設計

    2017.1 - 2018.3

    学内共同研究 

  3. 豊坂児童館建設基本設計監修 学術コンサルティング

    2016.5 - 2017.3

    学内共同研究 

  4. ウォーカブルタウン基本構想

    2016.4 - 2018.3

    学内共同研究 

  5. コモンスペースの家具デザイン

    2014.4 - 2016.3

    学内共同研究 

  6. カラーリノベーションハウス

    2013.4 - 2014.3

    企業からの受託研究 

  7. 韓-日 環境建築の情報交流「設計・計画の現場から」

    2012.6 - 2012.7

    2012年度日本建築学会国際交流振興基金 

      More details

    Grant type:Competitive

    本事業は、日本建築学会国際交流振興基金の援助を受け、日本建築学会東海支部設計計画委員会を事業主体として実施されたものである。「建築設計・計画における環境配慮」をテーマとして韓国の研究機関との情報交流会を開催し、伝統建築、現代建築・都市の視察を合わせて行った。

  8. 木愛の会主催コンペ作品の実現(里山の自然と人とのつながりの維持保全に対する取り組み)

    2012.5 - 2012.10

    第6回人と自然の共生国際フォーラム活動助成事業 

      More details

    Grant type:Competitive

    2012年10月13日の第6回人と自然の共生国際フォーラム(会場:愛・地球博記念公園)にて成果発表。

  9. URフリースタイルハウス

    2012.4 - 2014.3

    国内共同研究 

      More details

    (社)都市住宅学会中部支部 高蔵寺ニュータウン研究会として受託

  10. 施設情報管理と業務プロセスの精査による施設マネジメント業務モデルの構築

    2012.4 - 2013.3

    大学施設マネジメント推進支援事業に関する委託事業 

      More details

    Grant type:Competitive

  11. 総合的なデータベースを用いたスペースの有効活用と整備の優先順位策定手法の構築

    2011.4 - 2012.3

    大学施設マネジメント推進支援事業に関する委託事業 

      More details

    Grant type:Competitive

  12. 三軒協定地区における微小文化的意味世界の物語り分析

    2003.4 - 2004.3

    東京大学21世紀COEプログラム 「都市空間の持続再生学の創出」 

      More details

    Grant type:Competitive

▼display all

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 6

  1. Empirical research on co-working space usable with children

    Grant number:18K04479  2018.4 - 2021.3

    Grants-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    TABATA Eisuke

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\4160000 ( Direct Cost: \3200000 、 Indirect Cost:\960000 )

    In recent years in Japan, many women want to create a balance between work hours and family hours. If one wants to spend both time with one’s children and still put in the hours at work, the development of a coworking space usable with children is the answer.
    We have set up a coworking space in a university that can be used with children as a place for conducting experiments. From the observation and some experiments, it became clear that an effect on the psychology and behavior of parents and children was caused by the resultant visual and auditory changes.
    Finally, in creating a space where one can balance work and childcare, an appropriate sense of distance between parent and child is important. Parents and children can concentrate on their own activities if these bubbles are moderately “involved” with each other.

  2. 自治体の施設特性とアクセシビリティからみた広域横断的な公共施設再編

    Grant number:18H01605  2018.4 - 2021.3

    科学研究費補助金 

    恒川 和久

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    平成30年度は、以下に示す本研究の3つの目的それぞれについて調査・分析を進めた。
    ① 各自治体における経時的な公共施設整備の状況を明らかにし、人口動向や財政状況と合わせ類型化したうえで、身の丈にあった公共施設ストックの将来モデルを策定する。→愛知県内全54自治体を対象とした公共施設集中整備期からみる自治体の類型化を行った。
    ② 複数の自治体からなる広域の地域において、住民の公共施設における利用者アクティビティごとの住民のアクセシビリティと受容する施設のキャパシティの観点から、複数自治体が相互補完する施設再配置のシミュレーションを行う。→東三河広域連合を結んでいる5自治体を対象として、アクセシビリティ比較に基づく公共施設の施設用途・自治体横断的な適正再配置手法に関する分析を行った。
    ③ シミュレーションの結果と各自治体の状況からライフサイクルコストが小さく、住民の満足を得られる広域的・横断的な施設再編のマネジメント手法を構築する。→奈良県御杖村を対象に過疎地域の公共施設再編における住民と行政の管理・運営に関する実態調査を行った。
    また、東京都千代田区、宮城県多賀城市といった国内自治体、及び、フィンランドの自治体や政府機関における、先進的な公共施設の整備や運営の方法の視察調査を行い、その手法や効果について考察した。
    本研究で掲げる3つの目的に対して、それぞれ下記の通り順調に進捗している。
    ① 各自治体の特性と公共施設整備状況による公共施設ストックの将来モデル策定では、愛知県内の全54自治体を対象に、戦後の公共施設ストックについて施設種別ごとの整備状況の数量的な把握を行った。各自治体の特性を示す人口の状況や財政状況を示す統計的なデータをあわせ、多変量解析により整備状況の類型化を行った。類型化で得られた各タイプを代表する自治体において、設置に関わる準拠法令や国の政策、財政的、地理的状況をあわせ分析することにより、各自治体に共通する整備の背景や要因を明らかにした。
    ②アクセシビリティ比較に基づく公共施設の適正再配置手法に関する分析では、住民の活動機会を計測する指標としてアクセシビリティを用いることで、利用者視点での公共施設の施設用途・自治体横断的な適正再配置手法を提案した。東三河広域連合を結んでいる5自治体を対象として、パーソントリップ調査を元に生活圏域を明らかにし、GISを用いて各地域から対象となる公共施設へのアクセシビリティ及び将来シナリオ比較に用いる減衰パラメータを算出した。そのうえで将来シナリオを比較することで施設の適正配置のあり方を示した。
    ③過疎地域の公共施設再編に関する実態調査では、厳しい財政状況に直面し、都市部での公共施設再編方法と同じ方法をとることは難しい過疎地域において、住民の生活実態とニーズをインタビュー調査からの細かな視点を取り入れて考察することにより、住民と行政の双方の視点による過疎地域での公共施設再編の方法を提案した。過疎化の進む奈良県御杖村におけるインタビュー調査から、住民にとって重要な公共施設を抽出し、これをふまえた公共施設再編方法を示し、財政支出をできるだけ抑えながらも、住民のニーズに応える再編の方法について提案することができた。
    今年度は、これまでの研究成果をふまえ、人口密度や構成・財政状況など地域特性の異なる以下の2地区を対象とし、無作為抽出による住民アンケート調査(各地区各5000部計1万部配布)により、施設での活動内容、人数、アクセス手段や時間といった利用者アクティビティの実態を把握する。
    a.名古屋東部尾張地区(長久手市・日進市・みよし市・豊明市・東郷町):広域行政に関する連携協定を締結済みであり、名古屋市に隣接する人口が増加している小都市群
    b.愛知県東三河地区(豊橋市・豊川市・蒲郡市・田原市・新城市):中核市を中心とする連携中枢都市圏に相当する都市群
    アンケート結果に基づく各地区でのアクティビティごとの圏域と、研究分担者による施設種別ごとの利用圏域研究の知見を統合化し、広域都市圏、および、地域生活圏における施設種別を超えた複数自治体で相互補完し、アクセシビリティを最適化する地域施設再配置について、GISを用いたシミュレーションを行う。
    人口規模が小さく財政的に厳しい自治体ほど、民間の力を活用した新たな整備手法の採用には消極的であり、柔軟な公共施設マネジメントを実践することが困難な状況にある。英国等のPFIやLABVは、本来、財政的に厳しい自治体が民間の資金やアイディアを活用して、公共事業を推進する手法である。こうした諸国の自治体や国内の先進事例の新たな手法について調査・分析を行い、公共施設再編のマネジメント手法を採用するための方策を明らかにする。

  3. Relocation of wide area,cross-use type public facilities by adapting facilities'capacity and users'activities

    Grant number:15H04096  2015.4 - 2018.3

    TSUNEKAWA Kazuhisa

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    We aimed at establishing relocation method of wide area, cross-use type public facilities by adapting facilities’ capacity and users’ activities. Our research clarified items as below.
    1)Based on a questionnaire survey of citizens’ utilizations for public facilities in 6 cities, we analyzed the distances between the locations of the users and the facilities that they used by GIS and determined standard planned areas for each kind of activity. 2) We showed how to judge probable lack and/or surplus of public facilities in each area from the adaptation of the capacity of available facilities and the volume of citizens’ activities in the area based on accessibility. 3) We simulated relocation of public facilities including private facilities exceeding purpose, and clarified methods of evaluation and utilization of public facility management.

  4. 建築コミッショニングの手法構築のための研究

    2012.4 - 2015.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    発注者の求める建築性能が入居後に実現されるよう、企画から運転段階まで確認・検証する「コミッショニング」の手法は設備分野で導入されつつある。しかし実際「建築」の性能は、空調・照明設備だけでなく計画・意匠・構造含めた「建築全体」として作り上げられるものであるから、特に「計画・意匠」の側面を含めたコミッショニングが求められる。本研究は、建築(計画・意匠)分野のコミッショニング手法を構築し、実践を通じてその価値を明らかにすることを目的とする。これは、細分化した研究成果の統合的な実践活用の可能性を探るプロセスでもある。

  5. 人口減少時代における公共施設ストックのファシリティマネジメント手法

    2012.4 - 2015.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    村上心

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  6. 環境の保全・活用における「物語」の効果に関する研究

    2008.4 - 2010.3

    科学研究費補助金  若手(スタートアップ)20810026

    太幡英亮

      More details

    Authorship:Principal investigator 

▼display all

Industrial property rights 2

  1. 椅子

    太幡英亮,熊澤工

     More details

    Applicant:太幡英亮,熊澤工

    Application no:意願2015-008480  Date applied:2015.4

    Country of applicant:Domestic  

  2. 一組のテーブルセット

    太幡英亮,浅野博

     More details

    Applicant:太幡英亮,浅野博

    Application no:意願2015-008481  Date applied:2015.4

    Country of applicant:Domestic  

 

Teaching Experience (On-campus) 13

  1. Architectural Design Workshop 1

    2020

  2. Space Design Workshop 2

    2020

  3. Basic Theory of Space Design

    2020

  4. Theory of Environmental Design

    2020

  5. 情報処理及び演習

    2012

     詳細を見る

    建築CAD(Computer Aided Design)ソフトを用いて二次元,三次元の建築設計を行うための技術に関する基礎的知識を身につける。実際にコンピュータを操作することによって,道具としてのコンピュータの活用を体得する。

  6. 空間設計工学及び演習第1

    2012

     詳細を見る

    小規模な空間を有する建築物の設計を行い,敷地の分析,プログラム,コンセプト,平面・断面・立面や構法の検討,という建築設計のプロセスについての基本事項を習得する.

  7. 建築設計及び演習第2

    2012

     詳細を見る

    都市的なスケールに影響を与える複雑なプログラムを有する建築、大規模な建築群を取り上げて空間の計画・デザイン技術の習得を測る

  8. 情報処理及び演習

    2011

     詳細を見る

    建築CAD(Computer Aided Design)ソフトを用いて二次元,三次元の建築設計を行うための技術に関する基礎的知識を身につける。実際にコンピュータを操作することによって,道具としてのコンピュータの活用を体得する。

  9. 空間設計工学及び演習第1

    2011

     詳細を見る

    小規模な空間を有する建築物の設計を行い,敷地の分析,プログラム,コンセプト,平面・断面・立面や構法の検討,という建築設計のプロセスについての基本事項を習得する.

  10. 建築設計及び演習第2

    2011

     詳細を見る

    都市的なスケールに影響を与える複雑なプログラムを有する建築、大規模な建築群を取り上げて空間の計画・デザイン技術の習得を測る

  11. 建築設計及び演習第2

    2009

  12. 情報処理及び演習

    2009

  13. 建築設計及び演習第1

    2009

▼display all

Teaching Experience (Off-campus) 4

  1. 建築・住居学特別講義

    2019.10 - 2020.3 Sugiyama Jogakuen University)

     More details

    Level:Postgraduate 

  2. 建築・住居学特別講義

    2017.4 - 2017.9 Sugiyama Jogakuen University)

     More details

    Level:Postgraduate 

  3. 建築設計論2

    2014.4 - 2015.9 Sugiyama Jogakuen University)

     More details

    Level:Undergraduate (specialized) 

  4. 建築計画学

    2010.4 - 2015.3 Kinjo Gakuin University)

     More details

    Level:Undergraduate (specialized) 

 

Social Contribution 42

  1. 第18回大学施設マネジメント研究会 「ライフサイクルを考慮した大学施設の戦略的維持管理」

    Role(s):Planner

    名古屋大学  2018.3

  2. 名大パパ+ママサロン

    Role(s):Organizing member

    名古屋大学  ホームカミングデイ2017  2017.10

  3. Space for Diversity 多様性とその融合をつくりだす空間のデザイン

    Role(s):Lecturer

    愛知株式会社  平成29年axona AICHI 感謝の集い  2017.9

  4. 2015年日本建築学会賞(業績)受賞記念行事 講演

    2015.8

  5. 幸田町HINT会議 講演

    2015.8

  6. 名大多世代共用スペース子どもを連れてコワーキング ワークショップ企画・開催

    Role(s):Planner, Organizing member

    名古屋大学未来社会創造機構  2015.8

  7. 幸田町ものづくり懇話会 講演

    2015.7

  8. 平成27年度名古屋大学協力会総会(NICの概要説明・見学会)

    2015.7

  9. 名大子育てワーカー子どもを連れてコワーキングオープンデイ(開所式)企画・開催

    2015.6

  10. 名古屋大学ナショナルイノベーションコンプレックス竣工式(建物概要説明・見学)

    2015.6

  11. 第2回「コウタチックワークショップ」企画・開催(幸田町まちづくりワークショプ)

    2015.1

     More details

    未来社会創造機構社会イノベーションデザイン学センターでのまちづくりミニプロジェクト(太幡リーダー)企画による市民参加型ワークショップの開催

  12. 第3回名古屋大学社会イノベーションデザイン学センターシンポジウム 講演「家具・建築・街 なめらかにつなぐ場所」

    2014.10

  13. 名大子育てワーカー子どもを連れてコワーキングオープンデイ(子連れワークショップ)企画・開催

    2014.9

     More details

    子育てワーカーが子連れで仕事をできるスペースの開発に向けた親子参加ワークショップの実装実験

  14. 第11回団地再生卒業設計賞名古屋展シンポジウム「DIYによる団地再生の試み」講演

    2014.9

     More details

    講演、パネルディスカッション

  15. 第1回「コウタチックワークショップ」企画・開催(幸田町まちづくりワークショップ)

    2014.7

  16. 名大子育てワーカーおしゃべりワークショップ(子連れワークショップ)企画・開催

    2014.7

     More details

    子育てワーカーが子連れで仕事をできるスペースの開発に向けた親子参加ワークショップ

  17. 木造都市研究会木愛の会主催 Hakuba Houseセミナー 講演

    2014.4

  18. 名古屋大学主催第9回エネルギーマネジメント研究・検討会 講演「建築コミッショニングの可能性」

    2014.3

  19. 平成25年度名古屋市エコ事業所優秀賞表彰式及び事例発表会 講演

    2014.2

  20. 名古屋大学主催 第13回大学施設マネジメント研究会 講演「大学での革新的研究に向けた「つなぐ」空間のデザインとプランニング」

    2014.2

  21. 2013年度日本建築学会東海賞授賞式 講演

    2014.2

  22. 国立大学法人等施設担当職員研修会(中堅クラス)講演

    2013.11

  23. ながくてアートフェスティバル2013 木造都市研究会木愛の会での企画・出展(竹林居(実物))

    2013.10

  24. 大同大学建築学科・名古屋大学社会環境工学科主催「中川運河再生をになう学生提案発表会」企画・司会

    2013.6

     More details

    建築学科の学生の設計課題を、大同大学、ミラノ工科大学の作品とともに、展示、発表する機会を企画し、司会を行った。

  25. 日本建築学会空間研究小委員会主催「いま、大学キャンパスに求められる空間とは」企画・司会

    2013.6

     More details

    大学・地域デザイン小委員会との共催で、東京電機大学千住キャンパスにて開催。研究会の企画および司会を担当。100名の参加者。

  26. 木造都市研究会木愛の会主催「Hakuba House 竣工見学会」作品解説

    2013.5

     More details

    設計した住宅の竣工見学会と解説。

  27. 一般社団法人中川運河キャナルアート「中川運河キャナルフューチャー実行委員会」委員

    2013.4

     More details

    中川運河再生にむけた将来像を構想する。

  28. ライティングフェア2013「照明学会照明普及賞受賞施設事例発表会」講演

    2013.3

     More details

    東京ビックサイトで開催されたライティングフェア2013(第11回国際照明総合展)における照明学会の発表会で「名古屋大学ES総合館」の照明デザインについて講演した。

  29. 木造都市研究会木愛の会セミナー「木を活かした建築・家具デザイン」コーディネーター

    2013.3

     More details

    建築家や家具デザイナーを招いたセミナーの企画と、討論を含めたコーディネーターを担当。

  30. 名古屋大学谷口・恒川・太幡研究室「micro macro architecture 展」企画・出展

    2013.2

     More details

    名古屋大学教養教育院プロジェクトギャラリー「clas」にて、2009年から2012年の間の、研究室の作品を展示。

  31. 木造都市研究会木愛の会6周年総会「~建築にとどまらない~木造都市の可能性を見出す」講演

    2012.12

     More details

    1年間の活動報告や、今後の都市空間への展開方法をプレゼン。国際的建築家、高松伸らとのディスカッションを行った。

  32. 都市住宅学会中部支部高蔵寺ニュータウン研究会主催「URフリースタイルハウス」展示

    2012.11

     More details

    UR都市機構中部支社と共同で、UR賃貸住宅のDIY改修による再生を提案する「URフリースタイルハウス」のパネル展示を行った。椙山女学園大学、名古屋商科大学との協同による、産学連携・大学間連携プロジェクトの成果発表でもある。高蔵寺ニュータウンの中央台団地の現地にて開催。

  33. 第6回人と自然の共生国際フォーラム内「木造都市研究会木愛の会 コンペ優秀作品実施展示会」

    2012.10

     More details

    愛・地球博記念公園内の地球市民交流センターで開催された「人と自然の共生国際フォーラム」にて、間伐材を活用した門柱の実施展示を行った。

  34. 日本建築学会住まい・まちづくり支援建築会議主催「住まいづくり市民セミナー@東海」総合司会

    2012.9

     More details

    セミナータイトル「巨大地震のBefore-After その日に備えたイメージトレーニング」

  35. 日本建築学会2012年大会建築計画部門パネルディスカッション講演

    2012.9

     More details

    「統合的視野からの建築計画学的実践」での講演
    講演タイトル「大学施設での提案と実践-コミッショニングによる包括的視点-」

  36. 木造都市研究会「木愛の会」主催第2回学生コンペ公開講評会

    2012.6

     More details

    公開講評会での講評

  37. 第11回大学施設マネジメント研究会講演(名古屋大学主催)

    2012.6

     More details

    講演「名古屋大学における総合的コミッショニングの事例報告」

  38. 電柱のないまちづくり支援ネットワーク公開セミナー講演(白馬駅前の無電化を考える会)

    2012.6

     More details

    講演「白馬駅前の景観を考える」

  39. 中部地方整備局主催第5回中部FM研究会 講演

    2012.2

  40. Archi-Clas 04 Selection 2011 出展・講演

    2011.6

  41. 木造都市研究会「木愛の会」トークセッション「木造公共建築が名古屋を変える」講演

    2011.6

  42. 木愛の会4周年記念シンポジウム「地域に、夢と希望を与える建築とは」講演

    2010.12

▼display all

Media Coverage 22

  1. すばり逸品 積み重ね楽々軽量いす(産学連携による家具について取材) Newspaper, magazine

    読売新聞社  読売新聞  経済面  2021.3

     More details

    Author:Other 

  2. 家具・空間提案デザイン学生コンテスト2019 審査委員長総評 Newspaper, magazine

    株式会社ウッドミック  ウッドミック 2020年5月号  28-29  2020.5

     More details

    Author:Other 

  3. 産官学協同、土壁づくりの再生住宅「リノベソムリエ 」完成見学会開く Newspaper, magazine

    株式会社ウッドミック  ウッドミック 2020年2月号  21-23  2020.2

     More details

    Author:Other 

  4. 下呂市「オーガニックプレイス」キッズデザイン賞受賞 Newspaper, magazine

    中日新聞社  中日新聞 岐阜  2019.8

  5. 白馬の景観 村民が知恵 計画策定へワークショップ開始 Newspaper, magazine

    信濃毎日新聞社  信濃毎日新聞 朝刊  2018.8

     More details

    Author:Other 

  6. 電柱のない風景を Newspaper, magazine

    大糸タイムス社  大糸タイムス 白馬・小谷版  1面  2018.7

  7. 愛知県幸田町に多世代交流施設「豊坂ほっと館」がオープン! Newspaper, magazine

    株式会社ウッドミック  ウッドミック 2015年6月号  20-21  2018.7

     More details

    Author:Other 

  8. 名古屋大学CMP 中央図書館を地下化へ 工学部地区は再開発 Newspaper, magazine

    建通新聞社  建通新聞(中部)  2017.8

     More details

    Author:Other 

  9. インフラメンテナンス大賞 名大が文科大臣賞 Newspaper, magazine

    建通新聞社  建通新聞(中部)  1面  2017.5

     More details

    Author:Other 

  10. 障害の壁 なくして学ぼう Newspaper, magazine

    朝日新聞社  朝日新聞  教育欄  2017.4

     More details

    Author:Other 

  11. 名古屋大学東山キャンパス Newspaper, magazine

    新建築社  新建築  186-195  2017.4

     More details

    Author:Myself 

  12. 「県産板材を使うモバイルシェッド提案学生コンテスト2016」選考 結果発表と記念講演開催 Newspaper, magazine

    株式会社ウッドミック  ウッドミック 2015年6月号  23-24  2017.3

     More details

    Author:Other 

  13. あいち木造ミーティング 18日木愛の会が開催 Newspaper, magazine

    木材工業新聞  木材工業新聞  3面  2016.9

     More details

    Author:Other 

  14. 名古屋大の女性研究者らネットワーク結成(多世代共用スペース) Newspaper, magazine

    毎日新聞大阪本社  毎日新聞  10面  2016.5

     More details

    Author:Other 

  15. 子育てワークプレイス木装化より見た地域産材利用の展望 Newspaper, magazine

    株式会社ウッドミック  ウッドミック 2015年8月号  35  2015.8

     More details

    Author:Other 

  16. 女性の活躍 学生も教員も(多世代共用スペース) Newspaper, magazine

    朝日新聞社  朝日新聞  33面 教育欄  2015.7

     More details

    Author:Other 

  17. 名大がキャンパス計画 Newspaper, magazine

    建設工業新聞社 名古屋支社・北陸総局  建設工業新聞  2015.6

     More details

    Author:Other 

  18. あいちの木シンポジウム開催 愛知県産の厚板材の利用考える Newspaper, magazine

    株式会社ウッドミック  ウッドミック 2015年6月号  29  2015.6

     More details

    Author:Other 

  19. 名大が日本建築学会賞受賞 Newspaper, magazine

    毎日新聞社  毎日新聞 朝刊  2015.4

     More details

    Author:Other 

  20. 名古屋大学 指針案まとめる ユニバーサルデザインで Newspaper, magazine

    建通新聞社  建通新聞(中部)  業界・行政ニュース欄  2015.4

     More details

    Author:Other 

  21. 名大がキャンパスUD指針案 Newspaper, magazine

    日刊建設工業新聞 名古屋支社・北陸総局  日刊建設工業新聞  9面  2015.4

     More details

    Author:Other 

  22. 名古屋大学様 ナショナルイノベーションコンプレックス(NIC)(インタビュー記事) Promotional material

    丸天産業  Honesty vol.7  表紙、p01-04  2015

     More details

    Author:Other 

▼display all

Academic Activities 46

  1. あいち木造ミーティング2020

    Role(s):Panel moderator, session chair, etc.

    木造都市研究会 木愛の会  2020.12

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

  2. 近代建築6月号別冊卒業制作2020(推薦文)

    Role(s):Review, evaluation

    近代建築社  2020.6

     More details

    Type:Scientific advice/Review 

  3. 第28回 愛知まちなみ建築賞

    Role(s):Review, evaluation

    愛知県  2020.4 - 2020.12

     More details

    Type:Scientific advice/Review 

  4. 名古屋まちなみデザインセレクション

    Role(s):Review, evaluation

    名古屋市  2020.4 - 2020.12

     More details

    Type:Scientific advice/Review 

  5. 木の連歌シリーズ part 14

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    木造都市研究会 木愛の会  2019.12

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  6. 木の連歌シリーズ part 13

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    木造都市研究会 木愛の会  2019.9

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  7. 第23回情報交流シンポジウム「大学キャンパス移転と都市戦略」

    Role(s):Panel moderator, session chair, etc.

    日本建築学会都市計画委員会  2019.9

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

    季刊文教施設77号(2020新春号)
    pp.54-61

  8. 愛知建築士会学生コンペ2019「情の建築」

    Role(s):Review, evaluation

    愛知建築士会  2019.8 - 2019.10

     More details

    Type:Scientific advice/Review 

  9. 木愛の会 静岡木造建築見学ツアー

    Role(s):Planning, management, etc.

    木造都市研究会 木愛の会  2019.7

  10. 第86回空間研究小委員会研究会「子連れの空間学」

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    日本建築学会建築計画委員会  2019.6

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

  11. 第27回 愛知まちなみ建築賞

    Role(s):Review, evaluation

    愛知県  2019.4 - 2019.12

     More details

    Type:Scientific advice/Review 

  12. あいち木造ミーティング2018

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    木造都市研究会 木愛の会  2018.10

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

  13. 第22回情報交流シンポジウム「新キャンパスで実践されたデザイン」

    Role(s):Planning, management, etc.

    日本建築学会都市計画委員会 キャンパス・地域再生WG  2018.9

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

    季刊文教施設77号(2020新春号)
    pp.54-61

  14. 第22回情報交流シンポジウム「新キャンパスで実践されたデザインーマスタープランと実際、そしてその先へー」

    Role(s):Planning, management, etc.

    日本建築学会都市計画委員会  2018.9

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

    季刊文教施設73号(2019新春号)
    pp.77-73掲載

    日本建築学会建築雑誌 2019年1月号
    pp.68-69掲載

  15. 愛知建築士会学生コンペ2018「旅の建築」

    Role(s):Review, evaluation

    愛知建築士会  2018.8 - 2018.10

     More details

    Type:Scientific advice/Review 

  16. 第26回 愛知まちなみ建築賞

    Role(s):Review, evaluation

    愛知県  2018.4 - 2018.12

     More details

    Type:Scientific advice/Review 

  17. 木の連歌シリーズ part9

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    木造都市研究会 木愛の会  2018.3

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  18. 地域産材を使うセルフビルドできる提案 学生コンテスト2017

    Role(s):Planning, management, etc., Review, evaluation

    あいちの木で家をつくる会  2018.2 - 2018.5

     More details

    Type:Scientific advice/Review 

  19. 人口減少時代の都市空間論

    Role(s):Planning, management, etc.

    日本建築学会 空間研究小委員会  2018.1

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  20. 白馬の百年後へ私たちが今日からできること「美し国から 2017景観」

    Role(s):Panel moderator, session chair, etc.

    NPO法人美し国づくり協会、白馬村、百馬力  2017.10

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

  21. あいち木造ミーティング2017

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    木造都市研究会 木愛の会  2017.9

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

  22. 第25回 愛知まちなみ建築賞

    Role(s):Review, evaluation

    愛知県  2017.4 - 2017.12

     More details

    Type:Scientific advice/Review 

  23. 木の連歌シリーズ part6

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    木造都市研究会 木愛の会  2017.3

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  24. 2016名古屋大学×名古屋市立大学設計演習合同講評会

    Role(s):Planning, management, etc., Review, evaluation

    2016.12

     More details

    Type:Scientific advice/Review 

  25. 木の連歌シリーズ part5

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    木造都市研究会 木愛の会  2016.12

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  26. 白馬村の百年後を考えるシンポジウム

    Role(s):Panel moderator, session chair, etc.

    百馬力  2016.12

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

  27. 住宅設計 学生アイデアコンペ「国産材が活きる2027年の文化を育む名古屋の住まい」

    Role(s):Review, evaluation

    株式会社ウッドフレンズ  2016.12 - 2017.3

     More details

    Type:Scientific advice/Review 

  28. 県産板材をつかうモバイルシェッド提案学生コンテスト2016

    Role(s):Planning, management, etc., Review, evaluation

    あいちの木で家をつくる会  2016.11 - 2017.3

     More details

    Type:Scientific advice/Review 

  29. 第18回まちとすまいの集い「しなやかな人・建築・都市」

    Role(s):Planning, management, etc.

    名古屋大学環境学研究科都市環境学専攻建築学教室  2016.11

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  30. あいち木造ミーティング

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    木造都市研究会 木愛の会  2016.9

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

  31. 愛知建築士会学生コンペ2016「移る建築」

    Role(s):Review, evaluation

    愛知建築士会  2016.8 - 2016.10

     More details

    Type:Scientific advice/Review 

  32. 木の連歌シリーズ part4

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    木造都市研究会 木愛の会  2016.7

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  33. 第17回大学施設マネジメント研究会「キャンパスマスタープランの新たな展開」

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    名古屋大学  2016.7

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  34. 木の連歌シリーズ part3

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    木造都市研究会 木愛の会  2016.5

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  35. これからの社会やライフスタイルに呼応する建築計画・設計の新潮流

    Role(s):Planning, management, etc.

    日本建築学会東海支部 設計計画委員会  2016.2

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

  36. 愛知県産材をつかう木製ストリートファニチャコンテスト2015

    Role(s):Planning, management, etc., Review, evaluation

    あいちの木で家をつくる会  2015.12 - 2016.5

     More details

    Type:Scientific advice/Review 

  37. 名古屋市都心部における新しい建築観の予兆(見学会)

    Role(s):Planning, management, etc.

    日本建築学会東海支部設計計画委員会  2015.12

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  38. 住宅設計アイデアコンペ「ニホンのくらし」

    Role(s):Review, evaluation

    株式会社ウッドフレンズ  2015.12 - 2016.3

     More details

    Type:Scientific advice/Review 

  39. 名古屋大学未来社会創造機構社会イノベーションデザイン学センター主催デザインコンペ「イノベーション、誘発する」

    Role(s):Planning, management, etc., Review, evaluation

    名古屋大学未来社会創造機構  2014.10

     More details

    Type:Scientific advice/Review 

  40. 第5回公共施設マネジメント教育コース「公共FMベンチマーキングに向けて」

    Role(s):Panel moderator, session chair, etc.

    名古屋大学  2013.8

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  41. 愛知建築士会学生コンペ2012

    Role(s):Review, evaluation

    愛知建築士会  2012.8 - 2012.10

     More details

    Type:Scientific advice/Review 

  42. 木造都市研究会「木愛の会」主催第2回学生コンペ

    Role(s):Planning, management, etc., Review, evaluation

    木造都市研究会 木愛の会  2012.3

     More details

    Type:Scientific advice/Review 

  43. 木愛の会5周年総会&記念シンポジウム「木造都市へのプロローグ」

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    木造都市研究会 木愛の会  2011.12

     More details

    Type:Competition, symposium, etc. 

  44. 愛知建築士会学生コンペ2011

    Role(s):Review, evaluation

    愛知建築士会  2011.8 - 2011.10

     More details

    Type:Scientific advice/Review 

  45. 愛知建築士会学生コンペ2010

    Role(s):Review, evaluation

    愛知建築士会  2010.8 - 2010.10

     More details

    Type:Scientific advice/Review 

  46. 「学都仙台コンソーシアム」 ロゴタイプ及びシンボルマーク「学都仙台コンソーシアム」 ロゴタイプ及びシンボルマーク予備審査

    Role(s):Review, evaluation

    学都仙台コンソーシアム  2008.1

     More details

    Type:Scientific advice/Review 

▼display all