2024/05/30 更新

写真a

ニワ ケン
丹羽 健
NIWA, Ken
所属
大学院工学研究科 附属クリスタルエンジニアリング研究センター 准教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 物理工学科
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(理学)

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 無機材料・物性

  2. ナノテク・材料 / 無機材料、物性

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 超高圧力下における物質合成

経歴 2

  1. 名古屋大学   准教授

    2015年10月 - 現在

  2. 名古屋大学   助教

    2008年4月 - 2015年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 1

  1. 東京大学   理学系研究科

    - 2008年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本高圧力学会   会計幹事

    2022年10月 - 現在

  2. 日本高圧力学会

    2022年10月 - 現在

  3. 日本セラミックス協会

  4. 日本金属学会

 

論文 79

  1. Decompression-Induced In-Plane Lone Pair Electrons in BiSF Synthesized under High Pressure 査読有り

    Zhong C., Tassel C., Kato D., Ogawa K., Niwa K., Tomita O., Ito Y., Kawaguchi S., Hasegawa M., Abe R., Kageyama H.

    Chemistry of Materials   36 巻 ( 9 ) 頁: 4495 - 4501   2024年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemistry of Materials  

    Stereochemically active lone pair electrons (LPEs) associated with p-block cations, such as Pb2+ and Bi3+, possess the capability of causing a reduction in the symmetry of crystal structures. However, LPEs leading to steric hindrance may impede structural stabilization; compounds with Bi3+, akin to those containing La3+ with comparable ionic radii, are not always encountered. In this study, we synthesized BiSF using high-pressure (5 GPa) synthesis. BiSF crystallizes in a PbFCl-type structure, exhibiting orthorhombic distortion due to stereochemically active LPEs oriented along the b axis. This contrasts sharply with other PbFCl-type tetragonal compounds (e.g., BiOF), which have van der Waals gaps formed by interlayer LPEs. First-principles calculations and in situ XRD indicate that BiSF is of ideal tetragonal symmetry under high pressure, featuring inactive LPEs. Upon depressurization, a notable expansion of the soft S2- anions occurs, enhancing hybridization between the Bi-6s/6p and S-3s/3p orbitals. This activation of the stereochemistry of LPEs results in a symmetry reduction. BiSF exhibits anisotropic thermal expansion, which is attributed to the contraction of the “LPE-mediated” Bi-F bonds. Our findings illustrate that the direction and shape of LPEs can be tailored during the postsynthesis decompression, underlining high-pressure synthesis as an effective approach for obtaining compounds with stereochemically active LPEs at ambient pressure.

    DOI: 10.1021/acs.chemmater.4c00114

    Scopus

  2. 新規モリブデン–窒素化合物の超高圧合成と窒素ダイマーによる軸圧縮異方性 査読有り

    佐々木 拓也, 浅野 秀斗, 丹羽 健, 長谷川 正

    高圧力の科学と技術   33 巻 ( 4 )   2024年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. 新規モリブデン–窒素化合物の超高圧合成と窒素ダイマーによる軸圧縮異方性 査読有り

    佐々木 拓也, 浅野 秀斗, 丹羽 健, 長谷川 正

    高圧力の科学と技術   33 巻 ( 4 )   2024年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. High-pressure synthesis and low-temperature thermal expansion behavior of homogeneous phosphorus-rich pseudo-binary compound (V0.5Cr0.5)P4 査読有り

    Chang, CC; Sasaki, T; Gaida, NA; Niwa, K; Hasegawa, M

    CERAMICS INTERNATIONAL   49 巻 ( 24 ) 頁: 40990 - 40994   2023年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Ceramics International  

    A black phosphorus layered homogeneous phosphorus-rich compound – (V0.5Cr0.5)P4 is synthesized using a large volume press under conditions of P = 5 GPa, 1100 °C, and 1 h of heating. (V0.5Cr0.5)P4 has a monoclinic (C2/c) structure with lattice parameters and cell volume of a = 5.2307(3)Å, b = 10.861(4)Å, c = 5.8253(4)Å, β = 110.784°, and V = 309.41(4)Å3, respectively. The thermal expansion behavior above about 110K has been investigated by low-temperature synchrotron XRD. The coefficient of thermal expansion, α, was calculated to be αa = 0.57 × 10−5K−1, αb = 0.70 × 10−5K−1, αc = 0.92 × 10−5K−1, αβ = 0.13 × 10−5K−1 and αv = 2.10 × 10−5K−1 at 293K. This thermal expansion behavior presents an anisotropic expansion characteristic different from pure black phosphorus due to the V/Cr atom that bonded the black phosphorus layers together.

    DOI: 10.1016/j.ceramint.2023.09.176

    Web of Science

    Scopus

  5. Thermal expansion behavior of vanadium pernitride, CuAl2-type VN2, synthesized under high pressures 査読有り

    Asano, S; Niwa, K; Sasaki, T; Hasegawa, M

    PROGRESS IN SOLID STATE CHEMISTRY   72 巻   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Progress in Solid State Chemistry  

    CuAl2-type VN2, which is synthesized under high pressure, is a recoverable material at ambient conditions and has a high bulk modulus. In this study, we investigated the thermal expansion behavior of CuAl2-type VN2 by low-temperature X-ray diffraction measurements between 109.3(5) K and 298.3(8) K. The axial thermal expansion coefficient of VN2 was determined to be αa = 2.7(9) × 10−6 K−1 and αc = 17.8(12) × 10−6 K−1 at 298.3(8) K, which has large anisotropy similar to that of compression behavior. It is found that the small coefficient of thermal expansion of the a-axis is due to the negative and positive effects on the a-axis length with increasing temperature of the bond angles and bond lengths of VN2, respectively. As a result, VN2 exhibits very large anisotropic thermal expansion behavior.

    DOI: 10.1016/j.progsolidstchem.2023.100426

    Web of Science

    Scopus

  6. High-Pressure Synthesis of a High-Pressure Phase of MnN Having NiAs-Type Structure 査読有り

    Asano, S; Niwa, K; Lawler, KV; Kawaguchi-Imada, S; Sasaki, T; Hasegawa, M

    INORGANIC CHEMISTRY   62 巻 ( 49 ) 頁: 20271 - 20278   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Inorganic Chemistry  

    A novel high-pressure phase of manganese mononitride, NiAs-type MnN, was successfully synthesized through a pressure-induced phase transition from a tetragonal distorted NaCl-type MnN at pressures above approximately 55 GPa. High-pressure experiments, including starting material preparation, were conducted using a laser-heated diamond anvil cell. This result is the first example of a nitride with a structural phase transition from the distorted NaCl-type to the NiAs-type structure. Upon decompression after the phase transition to NiAs-type structure, the NiAs-type MnN underwent a structural change to the distorted NaCl-type phase, indicating the phase transition was reversible. NiAs-type MnN has a higher density and bulk modulus in comparison to the distorted NaCl-type one. The phase transition pressure of MnN is lower than that of oxides, such as FeO and MnO, which show a structural phase transition from a NaCl-type to a NiAs-type structure. It is suggested that this is due to the lattice distortion caused by antiferromagnetic ordering.

    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.3c03241

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. 新規な14族元素窒化物の超高圧高温合成と結晶化学

    丹羽 健, 佐々木 拓也, 長谷川 正

    日本結晶学会誌   65 巻 ( Supplement ) 頁: s31 - s31   2023年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本結晶学会  

    DOI: 10.5940/jcrsj.65.s31

    CiNii Research

  8. Synthesis of garnet-type Mn4+-activated Y3(Al,Ga)5O12 and (Y,Gd)3Al5O12 phosphors with controlled emission by cation substitution 査読有り

    Sasaki, T; Asaka, R; Niwa, K; Gaida, NA; Hasegawa, M

    JOURNAL OF THE CERAMIC SOCIETY OF JAPAN   131 巻 ( 10 ) 頁: 696 - 700   2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the Ceramic Society of Japan  

    Ga- and Gd-substituted garnet-type Y3Al5O12:Mn4+ phosphors, Y3(Al11xGax)5O12:Mn4+ and (Y11yGdy)3Al5O12: Mn4+, were synthesized by a conventional solid-state reaction to elucidate the relationship between the emission and the local structure of the activator in the host material. Completely substituted Y3(Al11xGax)5O12 and 380 % substituted (Y11yGdy)3Al5O12 (y ¯ 30.8) solid solutions have been produced. The lattice parameters of the garnet-type solid solutions increased linearly with the substitution of Ga and Gd for Al and Y sites, respectively. The emission peak attributed to the Mn4+ luminescence center of their garnet-type solid solutions shifted toward a longer wavelength side by substituting Ga and Gd. The emission peak wavelength of the Mn4+-activated garnet-type solid solutions increased almost linearly with increasing the average bond length between the cation and anion in the dodecahedral sites. The dodecahedral site in the garnet structure is edge-sharing with the octahedral site where Mn4+ exists. These results indicate that the emission wavelength can be controlled by changing the local structure around Mn4+ due to the cation substitution of coordination polyhedra neighboring Mn4+ coordination polyhedra.

    DOI: 10.2109/jcersj2.23063

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

  9. Low-temperature thermal expansion behavior of the entropy-stabilized oxide (MgCoNiCuZn)O 査読有り

    Chang C.C., Sasaki T., Alexander Gaida N., Niwa K., Hasegawa M.

    Materials Letters   347 巻   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Materials Letters  

    The coefficient of thermal expansion (CTE) of entropy-stabilized oxide (MgCoNiCuZn)O has been firstly experimentally measured and studied at low temperatures below room temperature. The temperature-dependent lattice parameters of (MgCoNiCuZn)O were determined by synchrotron X-ray diffractometry. A CTE value of α = 2.2780x10-5 K−1 at 113 K for (MgCoNiCuZn)O was calculated using a second-degree polynomial fitting. The quenched homogeneous NaCl-type (MgCoNiCuZn)O structure has the highest CTE value below 133 K among all its constituent oxides. An unquenched (MgCoNiCuZn)O was also investigated, and the homogeneity was found to affect CTE values. Finally, the anisotropic behavior of the constituent oxides and (MgCoNiCuZn)O were also compared.

    DOI: 10.1016/j.matlet.2023.134601

    Scopus

  10. 新規遷移金属多窒化物の超高圧高温合成と圧縮および熱膨張特性 査読有り

    長谷川 正, 浅野 秀斗, 張 仲景, 佐々木 拓也, 丹羽 健

    熱測定   50 巻 ( 1 ) 頁: 13 - 19   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本熱測定学会  

    DOI: 10.11311/jscta.50.1_13

    CiNii Research

  11. High-pressure synthesis and crystal structures of molybdenum nitride Mo<sub>3</sub>N<sub>5</sub> with anisotropic compressibility by a nitrogen dimer 査読有り

    Sasaki, T; Yamamoto, T; Asano, S; Niwa, K; Hasegawa, M

    DALTON TRANSACTIONS   52 巻 ( 2 ) 頁: 469 - 475   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Dalton Transactions  

    A novel high-pressure molybdenum nitride phase, Mo3N5, was synthesized at above 45 GPa via a nitridation reaction of molybdenum with nitrogen under high pressure using a laser-heated diamond anvil cell. Mo3N5, having an N-N dimer and 7-coordinated Mo sites, crystallizes in an orthorhombic structure with a space group of Cmcm (No. 63) without other prototype structures. The refined lattice parameters for Mo3N5 were a = 2.86201(2) Å, b = 7.07401(6) Å, and c = 14.59687(13) Å. The DFT enthalpy calculation suggested that Mo3N5 is a high-pressure stable phase, which is also consistent with an increasing coordination number compared to ambient- and low-pressure phases. The zero-pressure bulk modulus of Mo3N5 was determined to be K0 = 328(4) GPa with K′0 = 10.1(6) by the fitting for the compression curve, which is almost consistent with the theoretical E-V curve and elastic stiffness constants. The compressibility of Mo3N5 has axial anisotropy corresponding to the N-N dimer direction in the crystal structure.

    DOI: 10.1039/d2dt03433f

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  12. Ultra-High-Pressure Synthesis of Transition Metal – Nitrogen Binary Compounds

    Niwa K, Asano S, Chang C.C, Sasaki T, Hasegawa M

    Review of High Pressure Science and Technology/Koatsuryoku No Kagaku To Gijutsu   33 巻 ( 1 ) 頁: 26 - 33   2023年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Review of High Pressure Science and Technology/Koatsuryoku No Kagaku To Gijutsu  

    The recent development of high-pressure experimental techniques combined with advanced characterization and analytical methods allows us to reveal the crystal chemistry of the transition metal-nitrogen binary compounds up to the megabar pressure regime. Novel early transition metal-nitrogen compounds, VN2, Nb2N3, and MoC-type WN0.6, have been synthesized by using a laser-heated diamond-anvil cell or DIA-type high-pressure apparatus. In addition to conventional high-pressure in-situ X-ray diffraction measurements, the low-temperature thermal expansion behavior and the valance state of transition metal ions of these newly synthesized compounds were revealed. In this article, the details of our experiments, and recent progress in high-pressure synthesis and crystal chemistry of transition metal-nitrogen binary compounds are reviewed.

    DOI: 10.4131/jshpreview.33.26

    Scopus

    CiNii Research

  13. High-pressure polycrystalline thin-film synthesis and semiconducting property of platinum pernitride 査読有り

    Niwa, K; Iizuka, T; Kurosawa, M; Nakamura, Y; Valencia, HO; Kishida, H; Nakatsuka, O; Sasaki, T; Gaida, NA; Hasegawa, M

    AIP ADVANCES   12 巻 ( 5 ) 頁: 055318 - 055318   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AIP Advances  

    A polycrystalline platinum pernitride (PtN2) thin-film was successfully synthesized via nitridation of a platinum thin-film deposited on α-Al2O3 substrate at the pressure of ∼50 GPa by using the laser-heated diamond anvil cell. The current-voltage characteristic and optical reflectance of the synthesized PtN2 thin-film were measured under ambient conditions. Combined with first-principles calculations, these experimental results have revealed that PtN2 exhibits semiconducting property with a bandgap of ∼2 eV. This high-pressure thin-film synthesis technique could also be applied for revealing the physical properties of other novel pernitrides synthesized under ultra-high pressure, which can offer new insights into the physical properties and functionality of the pernitrides and related nitrides.

    DOI: 10.1063/5.0090089

    Web of Science

    Scopus

  14. Synchrotron-Radiation Infrared Microspectroscopy of Marcasite-Type NiN<sub>2</sub> 査読有り

    Soda, K; Kawada, T; Niwa, K; Hasegawa, M; Ikemoto, Y

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   91 巻 ( 4 )   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the Physical Society of Japan  

    The electronic structure of the marcasite-type NiN2, newly synthesized under high pressures and high temperatures, was investigated using synchrotron-radiation infrared (IR) microspectroscopy and first-principles calculations based on the density functional theory (DFT). The IR spectrum of the marcasite-type NiN2 showed characteristic low reflectance of the semiconductor with spectral features probably due to defects or lattice vibrations and free carriers. The effective free-carrier concentration in the marcasite-type NiN2 was estimated by fitting a Drude-Lorentz model for the optical response to be 1024-25 m-3, much less than those of normal metals (1028-29 m-3) and comparable to the estimated concentration of the thermally-excited carrier in the conduction band. The DFT predictions could semi-quantitatively explain the experimental findings; at 36 GPa, the marcasite-type NiN2 had a narrow gap between the Ni 3d aσ bands split in the distorted octahedral coordination of N neighbors.

    DOI: 10.7566/JPSJ.91.044702

    Web of Science

    Scopus

  15. High pressure synthesis and the valence state of vanadium ions for the novel transition metal pernitride, CuAl<sub>2</sub>-type VN<sub>2</sub> 査読有り

    Asano, S; Niwa, K; Sasaki, T; Gaida, NA; Hasegawa, M

    DALTON TRANSACTIONS   51 巻 ( 7 ) 頁: 2656 - 2659   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Dalton Transactions  

    A novel transition metal pernitride, CuAl2-type VN2, has been synthesized at a pressure above 73.3 GPa. The bulk modulus has been determined to be K0 = 347(12) GPa. By hard X-ray absorption spectrum measurements of VN2, the valence state of transition metal ions in pernitrides has been for the first time experimentally reported.

    DOI: 10.1039/d1dt04310b

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  16. 超高圧力下での新物質・新結晶の溶液結晶成長 査読有り

    長谷川 正, 佐々木 拓也, Nico A. GAIDA, 丹羽 健

    日本結晶成長学会誌   49 巻 ( 2 ) 頁: n/a   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本結晶成長学会  

    DOI: 10.19009/jjacg.49-2-02

    CiNii Research

  17. Pressure-Tunable Crystal Structure and Magnetic Transition Temperature of the Nowotny Chimney-Ladder CrGeγ Phase 査読有り

    Sasaki, T; Noda, K; Gaida, NA; Niwa, K; Hasegawa, M

    INORGANIC CHEMISTRY   60 巻 ( 19 ) 頁: 14525 - 14529   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Inorganic Chemistry  

    A Nowotny chimney-ladder (NCL) chromium germanide (CrGeγ) with varying compositions has been synthesized under high pressure. Crystal structure parameters of the NCL CrGeγ have been calculated by Le Bail refinement based on the superspace group. The refined γof CrGeγ increases with the synthesis pressure, indicating an increasing Ge content. The NCL CrGeγ phases are ferromagnetic at T = 2 K regardless of their composition, and the magnetic transition temperature (TC) increases when the γbecomes higher. It is noteworthy that CrGe1.763 and CrGe1.774 synthesized at P = 10 and 14 GPa have magnetic transition temperatures of T = 295 and 333 K above room temperature, respectively. Surprisingly, the magnetic transition temperature has changed by δTC = 270 K, although the γvalues of the raw material and the sample synthesized at P = 14 GPa differ by only δγ= 0.05, corresponding to an atomic concentration of 0.62 atom %. The synthesis pressure acts as an essential parameter in tuning the composition of the NCL phase. Accordingly, the high-pressure synthesis may significantly control several physical characteristics of NCL phases by utilizing compositional and structural modulation.

    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.1c01887

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  18. Crystal and Electronic Structure of U<sub>7</sub>Te<sub>12</sub>-Type Tungsten Nitride Synthesized under High Pressure 査読有り

    Chang, CC; Sasaki, T; Gaida, NA; Niwa, K; Hasegawa, M

    INORGANIC CHEMISTRY   60 巻 ( 17 ) 頁: 13278 - 13283   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Inorganic Chemistry  

    Tungsten nitride continues to drive fundamental interests because of its potential as a functional compound, which combines features such as high hardness together with thermal, chemical, and wear resistance. Here, we report a novel tungsten nitride phase synthesized from MoC-type WN0.6 and molecular nitrogen after laser irradiation at P = 70 GPa in a diamond anvil cell. This novel phase is quenchable at ambient pressure and determined to be U7Te12-type tungsten nitride and crystallizes in the hexagonal space group (P6) having lattice parameters of a = 8.2398(3) Å, c = 2.94948(14) Å, and V = 173.423(13) Å3. Tungsten atoms are coordinated to eight and nine nitrogen atoms, higher than previously reported tungsten nitrides. The bulk modulus is determined to be K0 = 312 (5) GPa (K0′ = 4.0 fixed), and DFT calculations predict that U7Te12-type W7N12 has a metallic nature.

    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.1c01633

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  19. Nitriding synthesis and structural change of phosphorus nitrides at high pressures 査読有り

    Niwa, K; Iijima, Y; Ukita, M; Toda, R; Toyoura, K; Sasaki, T; Matsunaga, K; Gaida, NA; Hasegawa, M

    JOURNAL OF RAMAN SPECTROSCOPY   52 巻 ( 5 ) 頁: 1064 - 1072   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Raman Spectroscopy  

    The phase stability of γ-P3N5 and the possible formation of new phosphorus nitrides were investigated via high-pressure in situ Raman spectroscopy, X-ray diffraction measurements, and first-principles calculations up to approximately 80 GPa. In this study, γ-P3N5 was synthesized via the direct nitridation of black phosphorus at a pressure approximately above 12 GPa. The Raman spectrum, bulk modulus (K0 = 130.27(43) GPa), and compression behaviors (order of axial compressibility: βc > βa > βb) were experimentally measured for the first time. These experimental results were in good agreement with those of first-principles calculations. Our high-pressure in situ measurements and first-principles calculations revealed that γ-P3N5 persisted up to 80 GPa at room temperature. The compression of γ-P3N5 proceeded with the folding of the layer consisting of the corner- and edge-sharing PN4 and PN5. The present findings indicate that the P–N bonding with a low coordination number (PN4 and PN5) is preferable and stabilized for phosphorus nitride over a wide pressure range. However, laser heating between 67 and 70 GPa in the presence of nitrogen resulted in the formation of new PxNy, which included the possibility of a new high-pressure P3N5 phase. The Raman scattering measurements along with the decompression demonstrated that the local structure of the newly synthesized PxNy metastably persisted at atmospheric pressure. The present experimental and theoretical studies on phosphorus nitrides offer new insights into the high-pressure behaviors of covalent compounds consisting of highly coordinated polyhedra.

    DOI: 10.1002/jrs.6079

    Web of Science

    Scopus

  20. Electronic Structures of Transition-Metal Pernitrides Studied Using X-ray Absorption and Photoelectron Spectroscopy 査読有り

    Soda Kazuo, Kato Daiki, Komabuchi Mai, Terabe Toshiki, Takayama Shin, Ibaragi Toshiki, Kato Masahiko, Niwa Ken, Hasegawa Masashi, Takakura Shoichi, Nakatake Masashi

    Journal of the Physical Society of Japan   90 巻 ( 4 ) 頁: 44710 - 44710   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Society of Japan  

  21. Electronic Structures of Transition-Metal Pernitrides Studied Using X-ray Absorption and Photoelectron Spectroscopy 査読有り

    Soda Kazuo, Kato Daiki, Komabuchi Mai, Terabe Toshiki, Takayama Shin, Ibaragi Toshiki, Kato Masahiko, Niwa Ken, Hasegawa Masashi, Takakura Shoichi, Nakatake Masashi

    Journal of the Physical Society of Japan   90 巻 ( 4 ) 頁: 44710 - 44710   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Society of Japan  

  22. Phase relations and thermoelasticity of magnesium silicide at high pressure and temperature 査読有り

    Gaida, NA; Niwa, K; Sasaki, T; Hasegawa, M

    JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS   154 巻 ( 14 ) 頁: 144701   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Chemical Physics  

    Within the exploration of sustainable and functional materials, narrow bandgap magnesium silicide semiconductors have gained growing interest. Intriguingly, squeezing silicides to extreme pressures and exposing them to non-ambient temperatures proves fruitful to study the structural behavior, tune the electronic structure, or discover novel phases. Herein, structural changes and thermoelastic characteristics of magnesium silicides were probed with synchrotron x-ray diffraction techniques using the laser-heated diamond anvil cell and large volume press at high pressure and temperature and temperature-dependent synchrotron powder diffraction. Probing the ambient phase of Mg2Si (anti-CaF2-type Mg2Si, space group: Fm3¯m) at static pressures of giga-Pascals possibly unveiled the transformation to metastable orthorhombic anti-PbCl2-type Mg2Si (Pnma). Interestingly, heating under pressures introduced the decomposition of Mg2Si to hexagonal Mg9Si5 (P63) and minor Mg. Using equations of state (EoS), which relate pressure to volume, the bulk moduli of anti-CaF2-type Mg2Si, anti-PbCl2-type Mg2Si, and Mg9Si5 were determined to be B0 = 47(2) GPa, B0 ≈ 72(5) GPa, and B0 = 58(3) GPa, respectively. Employing a high-temperature EoS to the P-V-T data of anti-CaF2-type Mg2Si provided its thermoelastic parameters: BT0 = 46(3) GPa, B′T0 = 6.1(8), and (∂BT0/∂T)P = -0.013(4) GPa K-1. At atmospheric pressure, anti-CaF2-type Mg2Si kept stable at T = 133-723 K, whereas Mg9Si5 transformed to anti-CaF2-type Mg2Si and Si above T ≥ 530 K. This temperature stability may indicate the potential of Mg9Si5 as a mid-temperature thermoelectric material, as suggested from previous first-principles calculations. Within this realm, thermal models were applied, yielding thermal expansion coefficients of both silicides together with estimations of their Grüneisen parameter and Debye temperature.

    DOI: 10.1063/5.0044648

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  23. Crystal and Electronic Structures of MoSi<sub>2</sub>-Type CrGe<sub>2</sub> Synthesized under High Pressure 査読有り

    Sasaki, T; Kanie, K; Yokoi, T; Niwa, K; Gaida, NA; Matsunaga, K; Hasegawa, M

    INORGANIC CHEMISTRY   60 巻 ( 3 ) 頁: 1767 - 1772   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Inorganic Chemistry  

    Chromium germanides, namely, Nowotny chimney-ladder-phase CrGe1.77 and MoSi2-type CrGe2, were synthesized above 15 GPa or more via laser heating using a diamond anvil cell (LHDAC). MoSi2-type CrGe2, which is the most Ge-rich compound in the Cr-Ge system, crystallizes in the tetragonal structure with a space group of I4/mmm (no. 139) and lattice parameters of a = 3.24919(6) Å and c = 8.0523(3) Å and is isostructural with MoSi2. MoSi2-type CrGe2 has a deep pseudogap caused by the splitting of 3d orbitals with Cr, as evidenced by ab initio calculation. In this article, we have succeeded in synthesizing a binary compound between transition-metal and metalloid elements for the first time at high pressures above 10 GPa using the LHDAC. This pathway opens the possibility to explore more compounds in this system and may provide new insights into the fundamental interaction between these two elements.

    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.0c03240

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  24. Elasticity of nanocrystalline kyanite at high pressure and temperature from ultrasonic and synchrotron X-ray techniques 査読有り

    Gaida, NA; Gréaux, S; Kono, Y; Ohfuji, H; Kuwahara, H; Nishiyama, N; Beermann, O; Sasaki, T; Niwa, K; Hasegawa, M

    JOURNAL OF THE AMERICAN CERAMIC SOCIETY   104 巻 ( 1 ) 頁: 635 - 644   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the American Ceramic Society  

    Material properties, such as elasticity data at wide-ranging conditions of pressure and temperature, attract increasing attention for material and earth sciences. In particular, polycrystalline ceramics for next-generation photonic applications are nowadays fabricated by advanced syntheses techniques operating under elevated pressures and temperatures. Herein, the elastic properties of a synthetic transparent and reinforced aluminosilicate nanoceramic composed of triclinic kyanite with minor amounts of trigonal α-alumina crystals are investigated using in situ synchrotron X-ray diffraction and ultrasonic techniques at high-pressure (up to 11 GPa) and high-temperature (300-1500 K) conditions. This not only enables the determination of the equation of state (EoS) parameters by applying the pressure-volume-temperature (P-V-T) data to the high-temperature Birch-Murnaghan EoS but also yields the elastic moduli together with their P and T derivatives from the fit of the compressional and shear wave velocities to a finite strain EoS: KS0,300 = 186(2) GPa, K′S0,300 = 7.2(6), (∂KS0,300/∂T)P = −0.023(2) GPa K−1, G0,300 = 125(1) GPa G′0,300 = 2.3(2), (∂G0,300/∂T)P = −0.017(1) GPa K−1. On the basis of our acquired results, we propose to predict the elastic moduli of aluminosilicate ceramics by a linear function of the ratio of AlO6 octahedra and SiO4 tetrahedra within the constituting phases.

    DOI: 10.1111/jace.17464

    Web of Science

    Scopus

  25. Thermal Expansion of Incompressible U<sub>2</sub>S<sub>3</sub>-Type Nb<sub>2</sub>N<sub>3 </sub>Synthesized in a Diamond Anvil Cell

    Asano, S; Niwa, K; Sasaki, T; Gaida, NA; Hasegawa, M

    INORGANIC CHEMISTRY   59 巻 ( 12 ) 頁: 7915 - 7918   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Inorganic Chemistry  

    A novel niobium nitride, U2S3-type Nb2N3, has been successfully synthesized by nitridation of δ-NbN above approximately 30 GPa in a laser-heated diamond anvil cell. Nb2N3 crystallizes in the same orthorhombic structure (space group: Pnma) as η-Ta2N3. Nb2N3 consists of regular-shaped polyhedra, and the bulk modulus has been determined to K0 = 300(2) GPa. The low-temperature X-ray diffraction measurements have been successfully conducted for the tiny novel Nb2N3 between 297.7(5) and 106.3(3) K under ambient pressure. Nb2N3 shows no structural phase transition down to 106.3(3) K, and investigation of the linear thermal expansion coefficients yields αa = 3.36(9) × 10-6 K-1, αb = 5.39(10) × 10-6 K-1, αc = 6.77(15) × 10-6 K-1, respectively. Our study reveals that the incompressible novel nitride shows low thermal expansion behavior, which offers new insights for the development of functional nitrides and their crystal chemistry.

    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.0c01057

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Research

  26. Crystal structures and electronic properties of Sn<sub>3</sub>N<sub>4</sub> polymorphs synthesized <i>via</i> high-pressure nitridation of tin

    Niwa, K; Inagaki, T; Ohsuna, T; Liu, Z; Sasaki, T; Gaida, NA; Hasegawa, M

    CRYSTENGCOMM   22 巻 ( 20 ) 頁: 3531 - 3538   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CrystEngComm  

    The crystal structures, compression behaviors, and electronic properties of Sn3N4 polymorphs were investigated by means of high-pressure in situ measurements, transmission electron microscopy, and DFT ab initio calculations. The direct nitridation of tin above a pressure of 29.5 GPa by using a laser-heated diamond anvil cell resulted in the synthesis of highly crystalline monoclinic Sn3N4 which so far is consistent with the reported one. On the other hand, it was newly discovered that the monoclinic Sn3N4 undergoes phase transition twice along with decompression at ambient pressure. Advanced synchrotron X-ray powder diffraction measurements and TEM analyses on the recovered sample demonstrate that the newly recovered Sn3N4 crystallizes with orthorhombic symmetry and consists of irregularly shaped SnN5 and SnN6. DFT ab initio calculations reveal that this newly recovered orthorhombic Sn3N4 is an indirect band gap semiconductor having a narrower electronic energy gap than that of cubic spinel-type Sn3N4. The present results demonstrate that high-pressure nitridation is a powerful method to synthesize highly crystalline Sn3N4 polymorphs and reveal the new crystal chemistry of group IVA nitrides with respect to the variety of crystal structures and electronic properties.

    DOI: 10.1039/d0ce00210k

    Web of Science

    Scopus

  27. Hydrogen Depth-profiles in Nb Hydrides Formed in Supercritical Water 査読有り

    Soda Kazuo, Sugiura Shinya, Yamaguchi Kanta, Kato Masahiko, Niwa Ken, Hasegawa Masashi, Suzuki Kohtaku, Ishigami Ryoya, Ikenaga Eiji

    e-Journal of Surface Science and Nanotechnology   18 巻   頁: 152-158   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1380/ejssnt.2020.152

    Web of Science

  28. Nanowire crystals of tantalum nitride grown in ammonium halide fluxes at high pressures

    Gaida, NA; Sasaki, T; Liu, Z; Niwa, K; Hirozawa, M; Ohsuna, T; Hasegawa, M

    APPLIED PHYSICS LETTERS   116 巻 ( 12 )   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Applied Physics Letters  

    Nanowire crystals of a tantalum nitride phase have been grown from epsilon-tantalum nitride and ammonium halide precursors at high pressures exceeding several gigapascals. Synchrotron x-ray diffraction and Transmission Electron Microscopy (TEM) observations revealed that they had crystallized in an unreported hexagonal structure with lattice parameters of a = 3.050(1) Å and c = 2.909(2) Å. The one-dimensional growth orientation was along the crystallographic [001] direction. Scanning TEM-EDX elemental analyses showed that the nanowire crystals were composed of tantalum and nitrogen with small amounts of oxygen. The presence of the melted ammonium halides combined with supercritical ammonia acting as a reactive flux at high pressure and temperature played a significant role in the nanowire crystal growth. Raman spectroscopy performed on several single crystal nanowires pointed toward metallic properties, and the temperature dependence of the magnetization measured by Superconducting Quantum Interference Device magnetometry suggested a superconducting transition about 6.2 K. The analysis of the compression behavior revealed an incompressible nature, and the bulk modulus was determined to be 363(6) GPa.

    DOI: 10.1063/1.5140856

    Web of Science

    Scopus

  29. Microstructural effects on hardness and optical transparency of birefringent aluminosilicate nanoceramics 査読有り

    Gaida N.A, Nishiyama N, Beermann O, Schürmann U, Masuno A, Giehl C, Niwa K, Hasegawa M, Bhat S, Farla R, Kienle L

    International Journal of Ceramic Engineering and Science   2 巻 ( 2 ) 頁: 76 - 82   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Ceramic Engineering and Science  

    Transparent nanoceramics, synthesized at extreme conditions of high pressure and temperature, are new classes of materials highly attractive for photonic applications, such as optical windows, which require additional increased hardness and toughness. In this study, mechanical properties of transparent polycrystalline nanoceramics consisting of triclinic Al2SiO5 kyanite (~91.4 vol%) and trigonal Al2O3 corundum (~8.6 vol%) fabricated at high pressure (10 GPa) and temperature (1200-1400°C) were investigated. It is already known that the optical transparency of kyanite-based nanoceramics increases with decreasing average grain size. The present study shows that the hardness of these ceramics increases with decreasing grain sizes down to ~70 nm according to the Hall-Petch strengthening. This grain size seems to mark a transition range where an inverse Hall-Petch effect is indicated due to signs of a moderate hardness decrease at a smaller grain size of ~35 nm. The observed hardness-grain size relation can fairly be described by an existing composite model, which considers the crystals to be harder than the noncrystalline grain boundaries. Within the range of average grain sizes examined, the kyanite habit changes from more equant to more columnar. This behavior is associated with the observed strong crack deflection by the columnar kyanite grains with aspect (length to diameter) ratios ranging from ~2 to 10 and may positively affect the fracture toughness.

    DOI: 10.1002/ces2.10036

    Scopus

    CiNii Research

  30. 超高圧力下での直接窒化反応による白金族金属二窒化物の創製 査読有り

    長谷川 正, 丹羽 健

    応用物理   89 巻 ( 2 ) 頁: 87 - 91   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 応用物理学会  

    <p>白金族元素(Ru,Rh,Pd,Os,Ir,Pt)は常圧下では窒素に対して不活性であり,従来は窒化物を形成しないとされてきた.ところが,数十GPa以上の超高圧下での直接窒化反応を用いると,これらの金属の二窒化物が創製される.ここでは,金属二窒化物などの金属多窒化物という新しい物質群について,現在世界で展開されている物質科学研究の一端を紹介する.最初に,ダイヤモンドアンビルセルという超高圧発生装置とレーザー加熱を組み合わせた超高圧合成技術について説明する.次に,合成された白金族金属二窒化物の安定性,結晶構造,物性について簡単に紹介する.そして最後に,白金族元素以外の金属においても創製される二窒化物の研究例として,世界で唯一初めての単結晶育成に成功したCrの二窒化物について述べる.</p>

    DOI: 10.11470/oubutsu.89.2_87

    CiNii Research

  31. High-Pressure Synthesis and Crystal Structure of MoC-Type Tungsten Nitride by Nitridation with Ammonium Chloride

    Sasaki, T; Ikoma, T; Sago, K; Liu, Z; Niwa, K; Ohsuna, T; Hasegawa, M

    INORGANIC CHEMISTRY   58 巻 ( 24 ) 頁: 16379 - 16386   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Inorganic Chemistry  

    A novel tungsten nitride, MoC-type WN, was synthesized at 6 GPa and 1200 °C via nitridation of tungsten by ammonium chloride as a nitrogen source. This compound is isostructural with γ′-MoC, which has a hexagonal structure with a space group of P63/mmc (No. 194). Micrometer-sized single crystals of MoC-type WN were grown in molten ammonium chloride flux. In addition, NaCl-type WN and WC-type WN were synthesized via nitridation by ammonium chloride at 6 GPa and 1000 °C. Ammonium chloride is appropriate as a nitrogen source for nitride synthesis under high pressure. The new WN phase crystallizes in the hexagonal structure with unit cell parameters of a = 2.89248(2) Å and c = 10.17069(7) Å. The chemical formula of MoC-type WN refined by the Rietveld analysis from powder X-ray diffraction data was WN0.60(1). The zero-pressure bulk modulus, K0, of MoC-type WN was determined to be 338(3) GPa, which can be expected to be a hard material.

    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.9b01945

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Research

  32. Hydrogen-Storing Salt NaCl(H<sub>2</sub>) Synthesized at High Pressure and High Temperature

    Matsuoka, T; Muraoka, S; Ishikawa, T; Niwa, K; Ohta, K; Hirao, N; Kawaguchi, SI; Ohishi, Y; Shimizu, K; Sasaki, S

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C   123 巻 ( 41 ) 頁: 25074 - 25080   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physical Chemistry C  

    X-ray diffraction and Raman scattering measurements, and first-principles calculations are performed to search for the formation of a NaCl-hydrogen compound. When the NaCl and H2 mixture is laser-heated to above 1500 K at pressures exceeding 40 GPa, we observe the formation of NaClHx with P63/mmc structure which accommodates H2 molecules in the interstitial sites of the NaCl lattice forming ABAC stacking. Upon the decrease of pressure at 300 K, NaClHx remains stable down to 17 GPa. Our calculations suggest the observed NaClHx is NaCl(H2). In addition, a hydrogen-richer phase NaCl(H2)4 is predicted to become stable at pressures above 40 GPa.

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.9b06639

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

  33. High-Pressure Synthesis and Phase Stability of Nickel Pernitride

    Niwa, K; Fukui, R; Terabe, T; Kawada, T; Kato, D; Sasaki, T; Soda, K; Hasegawa, M

    EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY   2019 巻 ( 33 ) 頁: 3753 - 3757   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Journal of Inorganic Chemistry  

    The high-pressure nitridation of nickel was investigated using a laser-heated diamond-anvil cell. Marcasite-type nickel pernitride (NiN2) was synthesized at approximately 40 GPa, and it transformed into the tetragonal phase at approximately 3 GPa along with the decompression. The structural refinement of marcasite-type NiN2 at 36 GPa gives an N-N distance of 1.24 Å. The first-principles calculation reveals that the marcasite-type NiN2 is a narrow-gap semiconductor, and high-pressure in-situ X-ray diffraction measurements revealed a zero-pressure bulk modulus of 172(6) GPa. The axial ratios (c/a and b/a) of marcasite-type NiN2 are close to the upper-limit values of marcasite-type structures, which suggests that the stability of marcasite-type transition metal pernitrides strongly depends on the d-electrons.

    DOI: 10.1002/ejic.201900489

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

  34. Lithium ionic conductivities of α-LiBO<sub>2</sub> with two-dimensional Li-Li networks and γ-LiBO<sub>2</sub> with three-dimensional ones synthesized under high pressure 査読有り

    Hirose, E; Kataoka, K; Nagata, H; Akimoto, J; Sasaki, T; Niwa, K; Hasegawa, M

    JOURNAL OF SOLID STATE CHEMISTRY   274 巻   頁: 100 - 104   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Solid State Chemistry  

    Lithium ionic conductivities of two LiBO 2 polymorphs, i.e. the same composition Li borates: α-LiBO 2 and γ-LiBO 2 , which are ambient and high-pressure phases, have been measured by the AC impedance method between 450 and 520 K using their high-density polycrystalline samples synthesized under high pressures. It is found the intra-grain and total conductivities of the γ-LiBO 2 have been measured for the first time and be of the order 10 −5 ∼ 10 −6 Scm −1 and 10 −6 Scm −1 , respectively, both of which are higher in whole measured temperature range than those of the α-LiBO 2 . The higher lithium ionic conductivities of the former are discussed from the viewpoints of local structure and Li ion network in the crystal structures of the α-LiBO 2 and γ-LiBO 2 .

    DOI: 10.1016/j.jssc.2019.02.045

    Web of Science

    Scopus

  35. High-pressure synthesis, crystal growth, and compression behavior of hexagonal CrN<sub>2</sub> having one-dimensionally aligned nitrogen dimer 査読有り

    Niwa, K; Yamamoto, T; Sasaki, T; Hasegawa, M

    PHYSICAL REVIEW MATERIALS   3 巻 ( 5 )   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Review Materials  

    A hexagonal chromium pernitride, CrN2, has been successfully synthesized via a direct chemical reaction between chromium and molecular nitrogen at a pressure of approximately 70 GPa. The advanced synchrotron x-ray diffraction (XRD) measurements after recovery and structural refinement at 0.1 MPa demonstrated that CrN2 crystallizes in the anti-NiAs-type structure with lattice parameters of a=2.7465(3)Å and c=7.3670(4)Å. Micron-sized hexagonal habit compounds were found in the synthesized products, which indicated that the single crystal of hexagonal CrN2 was grown in the supercritical nitrogen at high pressure. High-pressure in situ XRD measurements were performed to determine the zero-pressure bulk modulus, K0, value of 286(6) GPa [K′0=2.5(7)] and remarkable incompressibility of the c axis. CrN2 is a unique example of the recoverable transition-metal pernitride which presents one-dimensionally aligned N-N dimers in the structure. The one-dimensionally aligned N-N dimers play an important role in controlling the mechanical and electronic properties of CrN2 as predicted by theoretical calculations.

    DOI: 10.1103/PhysRevMaterials.3.053601

    Web of Science

    Scopus

  36. Infrared spectroscopy on electronic structures of platinum-group metal pernitrides <i>M</i>N<sub>2</sub> (<i>M</i> = Ru, Rh, Ir, and Pt) 査読有り

    Soda, K; Komabuchi, M; Maeguchi, K; Kato, M; Terabe, T; Niwa, K; Hasegawa, M; Ikemoto, Y; Okamura, H

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   558 巻   頁: 54 - 58   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physica B: Condensed Matter  

    The electronic structures of platinum-group metal pernitrides MN 2 (M = Ru, Rh, Ir, and Pt) were investigated via synchrotron radiation infrared spectroscopy and first-principles calculations. Measured reflectance spectra of marcasite-type RuN 2 and RhN 2 showed Drude-like responses, approaching 1 as the photon energy was decreased, whereas reflectance of arsenopyrite-type IrN 2 and pyrite-type PtN 2 became ∼0.3 in the low photon energy region with a few features. These findings agreed well with the predictions of the metallic nature of marcasite-type RuN 2 and RhN 2 and the semiconducting properties of arsenopyrite-type IrN 2 and pyrite-type PtN 2 , respectively. The measured reflectance spectra were also reasonably consistent with the calculated optical responses. The band gaps of IrN 2 and PtN 2 were estimated to be 0.8 and 2.1 eV, respectively, via first-principles calculation with a modified Becke–Johnson (MBJ) potential for the exchange potential.

    DOI: 10.1016/j.physb.2019.01.017

    Web of Science

    Scopus

  37. High-Pressure Synthesis, Crystal Chemistry, and Ionic Conductivity of a Structural Polymorph of Li<sub>3</sub>BP<sub>2</sub>O<sub>8</sub> 査読有り

    Hirose, E; Kataoka, K; Nagata, H; Akimoto, J; Sasaki, T; Niwa, K; Hasegawa, M

    INORGANIC CHEMISTRY   57 巻 ( 24 ) 頁: 15048 - 15050   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Inorganic Chemistry  

    A new structural polymorph of Li 3 BP 2 O 8 has been successfully synthesized via a solid-state reaction between Li 3 PO 4 and BPO 4 at 4 GPa and 600 °C. The high-pressure phase of Li 3 BP 2 O 8 (HP-Li 3 BP 2 O 8 ) was found to crystallize in monoclinic symmetry with the cell parameters of a = 8.57010(4) Å, b = 11.11812(5) Å, c = 5.55380(3) Å, and β = 97.7269(3)° [space group P2 1 /a (No. 14)]. HP-Li 3 BP 2 O 8 has a new crystal structure that has not been reported so far. The total ionic conductivities measured for the polycrystalline sample by alternating-currrent impedance were 3.4 × 10 -7 and 2.1 × 10 -6 S/cm at 399 and 456 K, respectively. The lithium ionic conductivity of HP-Li 3 BP 2 O 8 was higher than that of the low-pressure phase Li 3 BP 2 O 8 in the temperature range of 375-456 K. This is caused by the difference in the dimensions of the lithium arrangements between LP- and HP-Li 3 BP 2 O 8 .

    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.8b03155

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  38. Structural stability of the Li-ion conductor Li<sub>7</sub>La<sub>3</sub>Zr<sub>2</sub>O<sub>12</sub> investigated by high-pressure in-situ X-ray diffraction and Raman spectroscopy

    Hirose, E; Niwa, K; Kataoka, K; Akimoto, J; Hasegawa, M

    MATERIALS RESEARCH BULLETIN   107 巻   頁: 361 - 365   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Materials Research Bulletin  

    The high-pressure behavior of Li7La3Zr2O12 (LLZO) with a garnet-related structure has been investigated for the first time by high pressure in situ X-ray diffraction measurements and Raman spectroscopy using a diamond anvil cell. It was found that the tetragonal LLZO transforms to the high-pressure cubic phase (HP-c-LLZO) at 71.8 GPa in a N2 medium and at 25.8 GPa in the absence of pressure mediums. Uniaxial compression in the absence of pressure mediums induced the phase transition at much lower pressures than in the hydrostatic case when N2 was used as the pressure medium. High pressure in situ Raman spectroscopy suggested that the Li coordination in HP-c-LLZO was different from that reported in cubic LLZO, which had been stabilized by doping Al at ambient pressure and room temperature.

    DOI: 10.1016/j.materresbull.2018.07.034

    Web of Science

    Scopus

  39. Valence-Band Electronic Structures of High-Pressure-Phase PdF<sub>2</sub>-type Platinum-Group Metal Dioxides <i>M</i>O<sub>2</sub> (<i>M</i> = Ru, Rh, Ir, and Pt)

    Soda, K; Kobayashi, D; Mizui, T; Kato, M; Shirako, Y; Niwa, K; Hasegawa, M; Akaogi, M; Kojitani, H; Ikenaga, E; Muro, T

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   87 巻 ( 4 )   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the Physical Society of Japan  

    The valence-band electronic structures of high-pressure-phase PdF2-type (HP-PdF2-type) platinum-group metal dioxides MO2 (M = Ru, Rh, Ir, and Pt) were studied by synchrotron radiation photoelectron spectroscopy and first-principles calculations. The obtained photoelectron spectra for HP-PdF2-type RuO2, RhO2, and IrO2 agree well with the calculated valence-band densities of states (DOSs) for these compounds, indicating their metallic properties, whereas the DOS of HP-PdF2-type PtO2 (calculated in the presence and absence of spin–orbit interactions) predicts that this material may be metallic or semimetallic, which is inconsistent with the electric conductivity reported to date and the charging effect observed in current photoelectron measurements. Compared with the calculated results, the valence-band spectrum of PtO2 appears to have shifted toward the high-binding-energy side and reveals a gradual intensity decrease toward the Fermi energy EF, implying a semiconductor-like electronic structure. Spin-dependent calculations predict a ferromagnetic ground state with a magnetization of 0.475 μB per formula unit for HP-PdF2-type RhO2

    DOI: 10.7566/JPSJ.87.044701

    Web of Science

    Scopus

  40. High pressure in-situ synthesis and physical properties of Cr<sub>3</sub>C<sub>2</sub>-Ni cermets 国際共著

    Zhai, WY; Gao, YM; Sun, L; Wang, YR; Niwa, K; Hasegawa, M

    CERAMICS INTERNATIONAL   43 巻 ( 18 ) 頁: 17202 - 17205   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Ceramics International  

    A novel Cr3C2-Ni cermets were successfully in-situ synthesized with Cr, C and Ni (20 wt%) mixed-powder at 1100 °C under 0–6 GPa isostatic pressure using a small-sized cubic-type multi-anvil press apparatus. High purity Cr3C2 phase was generated in the cermets. Comparing with the conventional and reactive sintering, the sintering temperature and the average grain size of Cr3C2 decreased by 200 °C and 50%, respectively. The physical properties, normalized lattice parameters and volumes of Cr3C2−20 wt%Ni cermet as a function of pressure had been studied both experimentally and by first-principles calculations for the first time.

    DOI: 10.1016/j.ceramint.2017.09.145

    Web of Science

    Scopus

  41. Pyrite form of group-14 element pernitrides synthesized at high pressure and high temperature

    Niwa, K; Ogasawara, H; Hasegawa, M

    DALTON TRANSACTIONS   46 巻 ( 30 ) 頁: 9750 - 9754   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Dalton Transactions  

    The chemical reaction of group-14 elements with molecular nitrogen at pressures above 60 GPa successfully leads to the formation of pyrite-type pernitrides. These new crystalline group-14 elemental pernitrides were found to show a bulk modulus higher than the other known group-14 elemental nitrides. Our results offer significant new progress in the solid-state chemistry of nitrides.

    DOI: 10.1039/c7dt01583f

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  42. Microbeam Hard X-ray Photoemission Study on Platinum-Group Metal Pernitrides

    Soda, K; Mizui, T; Komabuchi, M; Kato, M; Terabe, T; Suzuki, K; Niwa, K; Shirako, Y; Hasegawa, M; Akaogi, M; Kojitani, H; Ikenaga, E

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   86 巻 ( 6 ) 頁: 64804 - 64804   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the Physical Society of Japan  

    Using microbeam hard X-ray photoelectron spectroscopy, we clarified the valence-band electronic structures and chemical states of platinum-group metal (Ru, Ir, and Pt) pernitrides, which have been synthesized in supercritical nitrogen fluid under extremely high pressures and temperatures. Their nitrogen contents relative to the platinum-group metal are estimated to be 2 from the photoemission intensity, which is consistent with the studies reported to date. The observed valence-band structures agree quite well with theoretically predicted structures for the pyrite-type PtN2, arsenopyrite-type IrN2, and marcasite-type RuN2. The origin of their extremely large bulk moduli is discussed based on the current results of the valence-band structures and core-level chemical shifts.

    DOI: 10.7566/JPSJ.86.064804

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

  43. Highly Coordinated Iron and Cobalt Nitrides Synthesized at High Pressures and High Temperatures

    Niwa, K; Terabe, T; Kato, D; Takayama, S; Kato, M; Soda, K; Hasegawa, M

    INORGANIC CHEMISTRY   56 巻 ( 11 ) 頁: 6410 - 6418   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Inorganic Chemistry  

    Highly coordinated iron and cobalt nitrides were successfully synthesized via direct chemical reaction between a transition metal and molecular nitrogen at pressures above approximately 30 GPa using a laser-heated diamond anvil cell. The synthesized novel transition metal nitrides were found to crystallize into the NiAs-type or marcasite-type structure. NiAs-type FeN could be quenched at ambient pressure, although it was gradually converted to the ZnS-type structure after the pressure was released. On the other hand, CoN was recovered with ZnS-type structure through a phase transition from NiAs-type structure at approximately a few gigapascals during decompression. Marcasite-type CoN2 was also synthesized at pressures above approximately 30 GPa. High-pressure in situ X-ray diffraction measurement showed that the zero-pressure bulk modulus of marcasite-type CoN2 is 216(18) GPa, which is comparable to that of RhN2. This indicates that the interatomic distance of the N-N dimer in marcasite-type CoN2 is short because of weak orbital interaction between cobalt and nitrogen atoms, as in RhN2. Surprisingly, a first-principles electronic band calculation suggests that the NiAs-type FeN and CoN and marcasite-type CoN2 exhibit metallic characteristics with magnetic moments of 3.4, 0.6, and 1.2 μB, respectively. The ferromagnetic NiAs-type structure originates from the anisotropic arrangement of transition atoms stacked along the c axis.

    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.7b00516

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Research

  44. Synthesis, crystal structure and phase transition of a Xe-N<sub>2</sub> compound at high pressure: experimental indication of orbital interaction between xenon and nitrogen

    Niwa, K; Matsuzaki, F; Hasegawa, M

    PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS   19 巻 ( 1 ) 頁: 59 - 63   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c6cp06552j

    Web of Science

    PubMed

  45. High-Pressure Synthesis and Magnetic Behavior of A-Site Columnar-Ordered Double Perovskites, LnMn(Ga<sub>0.5</sub>Ti<sub>0.5</sub>)<sub>2</sub>O<sub>6</sub> (Ln = Sm, Gd)

    Shimura, G; Niwa, K; Shirako, Y; Hasegawa, M

    EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY   2017 巻 ( 4 ) 頁: 835 - 839   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Journal of Inorganic Chemistry  

    A-site columnar-ordered double perovskites, LnMn(Ga0.5Ti0.5)2O6(Ln = Sm, Gd), were successfully synthesized under high pressure and high temperature (6 GPa, 1375 K). From the synchrotron powder X-ray diffraction patterns, all of the diffraction peaks can be indexed by the P42/nmc space group with lattice parameters a, c ≈ 2ap(ap: primitive cubic perovskite lattice) and no ordering of the B-site cations. Rietveld analysis of the synchrotron powder X-ray diffraction patterns and Curie–Weiss fitting of their magnetizations reveal that the ionic formulae of these perovskites are Ln3+Mn2+(Ga3+0.5Ti4+0.5)2O2–6. SmMn(Ga0.5Ti0.5)2O6shows canted-antiferromagnetic behavior, whereas GdMn(Ga0.5Ti0.5)2O6exhibits two different magnetic states at low temperature depending on the applied magnetic field and shows an unusual magnetization curve. These magnetic behaviors originate by decreasing the antiferromagnetic interaction by substituting Ga3+(d10) for Ti4+(d0) and by decreasing the ferromagnetic interaction between columnar-ordered Ln3+and Mn2+.

    DOI: 10.1002/ejic.201601392

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

  46. Microbeam hard X-ray photoelectron and ion-beam analyses of Nb hydrides formed in supercritical water

    Kazuo Soda, Shinya Sugiura, Kanta Yamaguchi, Masahiko Kato, Ken Niwa, Masashi Hasegawa, Kohtaku Suzuki, Ryoya Ishigami, Eiji Ikenaga

    International Symposium on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices ‘17 Proceedings     2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. High pressure stability and ambient metastability of marcasite-type rhodium pernitride 査読有り

    K. Niwa, T. Terabe, K. Suzuki, Y. Shirako, M. Hasegawa

    Journal of Applied Physics   119 巻   頁: 065901   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Multicomponent A-site ordered perovskite BiMn3(Fe0.25Ti0.75)4O12: High-pressure synthesis, crystal chemistry and magnetic behavior 査読有り

    G. Shimura, K. Niwa, Y. Shirako, S. Muto, K. Kusaba, M. Hasegawa

    Solid State Communications   234-235 巻   頁: 40-44   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.ssc.2016.03.004

  49. Molecular routes syntheses of graphite-like C-N compounds with various N/C ratios in high pressure and temperature 査読有り

    T. HORIBE, K. KUSABA, K. NIWA, M. HASEGAWA, K. YASUDA, R. ISHIGAMI

    Journal of the Ceramic Society of Japan   124 巻 ( 10 ) 頁: 1013-1016   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2109/jcersj2.16123

  50. High-pressure synthesis and relationship between A-site ordering and local structure of multicomponent perovskites(Ln0.25Mn0.75) (Al0.25Ti0. 75)O3, Ln=La, Pr, Nd, Sm, Gd, Tb, Dy, Y 査読有り

    G. Shimura, Y. Shirako, K. Niwa, M. Hasegawa

    Journal of Solid State Chemistry   242 巻   頁: 55-62   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Angle-resolved hard x-ray photoemission study of Nb hydride formation in high-pressure supercritical water 査読有り

    Kazuo Soda, Hiroki Kondo, Kanta Yamaguchi, Masahiko Kato, Tatsuhito Shirak, Ken Niwa, Keiji Kusaba, Masashi Hasegawa, Kozina Xeniya, Eiji Ikenaga

    Journal of Alloys and Compounds   643 巻   頁: 195-200   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Growth of rectangular hollow tube crystals with rutile-type structure in supercritical fluids 査読有り

    K. Niwa, H. Ikegaya, T. Taguchi, S. Muto, T. Tokunaga and M. Hasegawa

    Journal of Physics: Conference Series (JPCS)   500 巻   頁: 022007   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  53. High pressure synthesis of marcasite-type rhodium pernitride 査読有り 国際共著

    K. Niwa, D. Dzivenko, K. Suzuki, R. Riedel, I. Troyan, M. Eremets and M. Hasegawa

    Inorganic Chemistry   53 巻   頁: 697-699   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Discovery of the last remaining binary platinum group pernitride RuN2 査読有り

    K. Niwa, K. Suzuki, S. Muto, K. Tatsumi, K. Soda, T. Kikegawa and M. Hasegawa

    Chemistry-A European Journal   20 巻 ( 43 ) 頁: 13885 - 13888   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. レーザー加熱式ダイアモンドアンビルセルを用いた新物質合成 招待有り 査読有り

    丹羽健,長谷川正

    高圧力の科学と技術   24 巻   頁: 178-187   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  56. Characterization of Nb Hydrides Synthesized in High-Pressure Supercritical Water by Micro-beam Hard X-ray Photoelectron Spectroscopy 査読有り

    K. Soda, H. Kondo, M. Kato, T. Shiraki, K. Niwa, K. Kusaba, M. Hasegawa, E. Ikenaga

    Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomena   186 巻   頁: 54-57   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Argon Solubility in SiO2 Melt under High Pressures : A New Experimental Result using Laser-Heated Diamond-Anvil Cell 査読有り

    K. Niwa, C. Miyakawa, J. Matsuda, T. Yagi

    Earth and Planetary Science Letters   363 巻   頁: 1-8   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Pressure-induced noble gas insertion into zeolite LTA and its incompressible behaviors at high pressure 査読有り

    K. Niwa, T. Tanaka, M. Hasegawa, T. Okada, T. Yagi, K. Kikegawa

    MICROPOROUS AND MESOPOROUS MATERIALS   182 巻   頁: 191-197   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Effects of Sn2+ Ion Size on Sn Doped SrTiO3 査読有り

    S. Suzuki, A. Honda, K. Suzuki, S. Higai, A. Ando, K. Niwa, M. Hasegawa

    Japanese Journal of Applied Physics   52 巻   頁: 09KC04   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  60. High pressure induced water penetration into 3-isopropylmalate dehydrogenase 査読有り

    T. Nagae, T. Kawamura, L. Chavas, K. Niwa, M. Hasegawa, C. Kato, N. Watanabe

    Acta Crystallographica D   68 巻   頁: 300–309   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. In-situ observation of shear stress-induced perovskite to post-perovskite phase transition in CaIrO3 and the development of its deformation texture in a diamond-anvil cell up to 30 GPa 査読有り

    K. Niwa, N. Miyajima, Y. Seto, K. Ohgushi, H. Gotou, T. Yagi

    Physics of the Earth and Planetary Interiors   194-195 巻   頁: 10–17   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. B1-to-B2 Structural Transitions in Rock Salt Intergrowth Structures 査読有り

    T. Yamamoto, Y. Kobayashi, T. Okada, T. Yagi, T. Kawakami, C. Tassel, S. Kawasaki, N. Abe, K. Niwa, T. Kikegawa, N. Hirao, M. Takano, H. Kageyama

    Inorg. Chem.   50 巻   頁: 11787-11794   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Growth and optical properties of rectangular hollow tube TiO2 crystals with rutile-type structure 査読有り

    K. Niwa, T. Taguchi, T. Tokunaga, M. Hasegawa

    Crystal Growth & Design   11 巻 ( 10 ) 頁: 4427-4432   2011年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Compression behaviors of binary skutterudite CoP3 in noble gases up to 40 GPa at room temperature 査読有り

    K. Niwa, D. Nomichi, M. Hasegawa, T. Okada, T. Yagi, T. Kikegawa

    Inorganic Chemistry   50 巻   頁: 3281–3285   2011年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. ダイアモンドアンビルセルとレーザー加熱を用いた超高圧超高温超臨界流体中での結晶成長

    長谷川正,丹羽健

    日本結晶成長学会誌   38 巻   頁: 4-11   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  66. 超高圧超高温下での超臨界流体を用いた無機化合物の合成と単結晶育成

    長谷川正,丹羽健

    セラミックス   46 巻   頁: 378-385   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  67. Lattice-preferred orientations in post-perovskite-type MgGeO3 formed by transformations from different pre-phases 査読有り

    T. Okada, T. Yagia, K. Niwa, T. Kikegawa

    Phys. Earth Planet. Int.   180 巻 ( 3-4 ) 頁: 195-202   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Submicron rectangular hollow tube crystals of rutile-type GeO2 査読有り

    K. Niwa, H. Ikegaya, M. Hasegawa, T. Ohsuna, T. Yagi

    J. Crystal Growth   312 巻 ( 10 ) 頁: 1731-1735   2010年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Deformation microtextures in CaIrO3 post-perovskite under high stress conditions using a laser-heated diamond anvil cell 査読有り

    N Miyajima, K Niwa, F Heidelbach, T Yagi and K Ohgushi

    Journal of Physics: Conference Series   215 巻   頁: 012097   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  70. Elasticity of CaIrO3 with perovskite and post-perovskite structure 査読有り

    K. Niwa, T. Yagi, K. Ohgushi

    Phys. Chem. Minerals     頁: DOI: 10.1007/s00269-010-0378-z   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Decomposition of perovskite FeTiO3 into wustite Fe1-xTi0.5xO and orthorhombic FeTi3O7 at high pressure 査読有り

    D. Nishio-Hamane, T. Yagi, M. Ohshiro, K. Niwa, T. Okada, Y. Seto

    Physical Review B   82 巻   頁: 092103   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Combining FIB milling and conventional Argon ion milling techniques to prepare high-quality site-specific TEM samples for quantitative EELS analysis of oxygen in molten iron 査読有り

    N. Miyajima, C. Holzapfel, Y. Asahara, L. Dubrovinsky, D.J. Frost, D.C. Rubie, M. Drechsler, K. Niwa, M. Ichihara, T. Yagi

    J. Microsc.   238 巻 ( 3 ) 頁: 200-209   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. The stability and equation of state for the cotunnite phase of TiO2 up to 70 GPa 査読有り

    D. Nishio-Hamane, A. Shimizu, R. Nakahira, K. Niwa, A. Sano-Furukawa, T. Okada, T. Yagi, T. Kikegawa

    Phys. Chem. Minerals   37 巻 ( 3 ) 頁: 129-136   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Synthesis of Ln nitrides (Ln = Ce, Pr, Gd, Lu) in high pressure and temperature 査読有り

    K. Niwa, M. Hasegawa, T. Yagi

    J. Alloys Compd.   477 巻   頁: 493–497   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. A new high-pressure polymorph of Ti2O3: implication for high-pressure phase transition in sesquioxide 査読有り

    D. Nishio-Hamane, M. Katagiri, K. Niwa, A. Sano-Furukawa, T. Okada, T. Yagi

    High Pressure Research   29 巻   頁: 379-388   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. 高圧下におけるSiO2メルトへの希ガス溶解度 査読有り

    丹羽健,八木健彦,宮川千絵,松田准一

    高圧力の科学と技術   18 巻   頁: 44-54   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. DACを用いたMgGeO3ポストペロブスカイト相の塑性変形実験と選択配向の観察 査読有り

    岡田卓,八木健彦,丹羽健

    高圧力の科学と技術   18 巻   頁: 244-253   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4131/JSHPREVIEW.18.244

  78. Lattice Preferred Orientation in CaIrO3 Perovskite and Post-Perovskite Formed by the Plastic Deformation Under Pressure 査読有り

    K. Niwa, T. Yagi, K. Ohgushi, S. Merkel, N. Miyajima, T. Kikegawa

    Phys. Chem. Minerals   34 巻   頁: 679-686   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1007/s00269-007-0182-6

  79. Synthesis of new La nitrides at high pressure and temperature 査読有り

    M. Hasegawa, K. Niwa, T. Yagi

    Solid State Commun.   141 巻   頁: 267-272   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.ssc.2006.10.032

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. 高圧力の科学・技術事典

    ( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2022年11月  ( ISBN:978-4-254-10297-0

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 高圧力の科学・技術事典

    ( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2022年11月  ( ISBN:9784254102970

     詳細を見る

    記述言語:日本語

講演・口頭発表等 311

  1. 新規マンガンケイ化物の超高圧合成と結晶構造および相安定性

    柴垣 湧・丹羽 健・佐々木 拓也・長谷川 正

    日本セラミックス協会2024年年会  2024年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本大学 黒髪キャンパス  

  2. 新規 Eu2+賦活 MAlB3O7(M = Ca, Sr)蛍光体の高圧合成と結晶構造および発光特性

    佐々木 拓也・杉浦 環太・丹羽健・長谷川 正

    日本セラミックス協会2024年年会  2024年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本大学 黒髪キャンパス  

  3. 高圧合成を利用したチムニー・ラダー化合物 MnGeγ の組成および磁性の制御

    田中 洸史朗・佐々木 拓也・丹羽 健・長谷川 正

    日本セラミックス協会2024年年会  2024年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本大学 黒髪キャンパス  

  4. 新規蛍光体 Eu2+賦活ケイ酸ストロンチウムの高圧合成および発光特性

    北原 拓海・佐々木 拓也・丹羽 健・長谷川 正

    日本セラミックス協会2024年年会  2024年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本大学 黒髪キャンパス  

  5. 超高圧下における C2N2(NH)の合成と相安定性

    丹羽 健・深井 俊史・佐々木 拓也・長谷川 正

    日本セラミックス協会2024年年会  2024年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本大学 黒髪キャンパス  

  6. 新規 Eu2+賦活 MAlB3O7(M = Ca, Sr)蛍光体の高圧合成と結晶構造および発光特性

    佐々木 拓也, 杉浦 環太, 丹羽健, 長谷川 正

    日本セラミックス協会2024年年会  2024年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本大学 黒髪キャンパス  

  7. 高圧合成を利用したチムニー・ラダー化合物 MnGeγ の組成および磁性の制御

    田中 洸史朗, 佐々木 拓也, 丹羽 健, 長谷川 正

    日本セラミックス協会2024年年会  2024年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本大学 黒髪キャンパス  

  8. 超高圧下における C2N2(NH)の合成と相安定性

    丹羽 健, 深井 俊史, 佐々木 拓也, 長谷川 正

    日本セラミックス協会2024年年会  2024年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本大学 黒髪キャンパス  

  9. 新規蛍光体 Eu2+賦活ケイ酸ストロンチウムの高圧合成および発光特性

    北原 拓海, 佐々木 拓也, 丹羽 健, 長谷川 正

    日本セラミックス協会2024年年会  2024年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本大学 黒髪キャンパス  

  10. 新規マンガンケイ化物の超高圧合成と結晶構造および相安定性

    柴垣 湧, 丹羽 健, 佐々木 拓也, 長谷川 正

    日本セラミックス協会2024年年会  2024年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本大学 黒髪キャンパス  

  11. 新規Eu2+賦活ケイ酸ストロンチウム蛍光体の高圧合成および発光特性

    北原 拓海,佐々木 拓也,丹羽 健,長谷川 正

    第6回固体化学フォーラム研究会  2024年1月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都大学 桂キャンパス  

  12. 複合結晶化合物 Cr–Ge 系チムニー・ラダー相の超高圧合成と組成変調による磁気物性変化

    佐々木拓也,野田航希,蟹江宏太,Nico Alexander Gaida,丹羽健,長谷川正

    第6回固体化学フォーラム研究会  2024年1月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都大学 桂キャンパス  

  13. 新規Eu2+賦活ケイ酸ストロンチウム蛍光体の高圧合成および発光特性

    北原 拓海, 佐々木 拓也, 丹羽 健, 長谷川 正

    第6回固体化学フォーラム研究会  2024年1月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都大学 桂キャンパス  

  14. 複合結晶化合物 Cr–Ge 系チムニー・ラダー相の超高圧合成と組成変調による磁気物性変化

    佐々木拓也, 野田航希, 蟹江宏太, Nico Alexander Gaida, 丹羽健, 長谷川正

    第6回固体化学フォーラム研究会  2024年1月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都大学 桂キャンパス  

  15. 超高圧力合成法による新規Cr–Si系化合物の創製と結晶化学

    佐々木 拓也,高野 航一,Gaida Nico Alexander,丹羽 健,長谷川 正

    シンクロトロン光研究センターシンポジウム2023 12thNUSR Symposium  2024年1月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  16. 高圧合成法を用いた逆ペロブスカイト窒化物Co3GaN の合成と磁性

    細江 信吾・佐々木 拓也・丹羽 健・長谷川 正

    シンクロトロン光研究センターシンポジウム2023 12thNUSR Symposium  2024年1月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  17. Siに富んだ新規Fe-Si系化合物の超高圧合成と結晶化学

    有賀 甚・丹羽 健・佐々木 拓也・長谷川 正

    シンクロトロン光研究センターシンポジウム2023 12thNUSR Symposium  2024年1月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  18. 超高圧合成による新規リン化ランタンの探索

    小泉 知也・丹羽 健・佐々木 拓也・長谷川 正

    シンクロトロン光研究センターシンポジウム2023 12thNUSR Symposium  2024年1月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  19. 新規Fe-Ge系化合物の高圧合成と結晶構造

    水野 聖也・佐々木 拓也・丹羽 健・長谷川 正

    シンクロトロン光研究センターシンポジウム2023 12thNUSR Symposium  2024年1月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  20. 新規Eu2+賦活アルミノホウ酸塩蛍光体の高圧合成と蛍光特性

    杉浦 環太・佐々木 拓也・丹羽 健・長谷川 正

    シンクロトロン光研究センターシンポジウム2023 12thNUSR Symposium  2024年1月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  21. 新規マンガンケイ化物の超高圧合成と相安定性

    柴垣湧、丹羽健、佐々木拓也、長谷川正

    シンクロトロン光研究センターシンポジウム2023 12thNUSR Symposium  2024年1月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  22. 新規Eu2+賦活ケイ酸ストロンチウム蛍光体の高圧合成および発光特性

    北原 拓海,佐々木 拓也,丹羽 健,長谷川 正

    シンクロトロン光研究センターシンポジウム2023 12thNUSR Symposium  2024年1月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  23. Siに富んだ新規Fe-Si系化合物の超高圧合成と結晶化学

    有賀 甚, 丹羽 健, 佐々木 拓也, 長谷川 正

    シンクロトロン光研究センターシンポジウム2023 12thNUSR Symposium  2024年1月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  24. 高圧合成法を用いた逆ペロブスカイト窒化物Co3GaN の合成と磁性

    細江 信吾, 佐々木 拓也, 丹羽 健, 長谷川 正

    シンクロトロン光研究センターシンポジウム2023 12thNUSR Symposium  2024年1月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  25. 超高圧合成による新規リン化ランタンの探索

    小泉 知也, 丹羽 健, 佐々木 拓也, 長谷川 正

    シンクロトロン光研究センターシンポジウム2023 12thNUSR Symposium  2024年1月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  26. 超高圧力合成法による新規Cr–Si系化合物の創製と結晶化学

    佐々木 拓也, 高野 航一, Gaida Nico Alexander, 丹羽 健, 長谷川 正

    シンクロトロン光研究センターシンポジウム2023 12thNUSR Symposium  2024年1月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  27. 新規マンガンケイ化物の超高圧合成と相安定性

    柴垣湧, 丹羽健, 佐々木拓也, 長谷川正

    シンクロトロン光研究センターシンポジウム2023 12thNUSR Symposium  2024年1月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  28. 新規Fe-Ge系化合物の高圧合成と結晶構造

    水野 聖也, 佐々木 拓也, 丹羽 健, 長谷川 正

    シンクロトロン光研究センターシンポジウム2023 12thNUSR Symposium  2024年1月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  29. 新規Eu2+賦活ケイ酸ストロンチウム蛍光体の高圧合成および発光特性

    北原 拓海, 佐々木 拓也, 丹羽 健, 長谷川 正

    シンクロトロン光研究センターシンポジウム2023 12thNUSR Symposium  2024年1月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  30. 新規Eu2+賦活アルミノホウ酸塩蛍光体の高圧合成と蛍光特性

    杉浦 環太, 佐々木 拓也, 丹羽 健, 長谷川 正

    シンクロトロン光研究センターシンポジウム2023 12thNUSR Symposium  2024年1月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  31. High pressure synthesis, crystal chemistry and physical properties of novel early transition-metal nitrides 国際会議

    Ken Niwa, Shuto Asano, Chang-Ching Chang, Takuro Yamamoto, Takuya Sasaki, Masashi Hasegawa

    MRM2023/IUMRS-ICA2023  2023年12月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:英語  

    開催地:Kyoto International Conference Center   国名:日本国  

  32. High-pressure synthesis, crystal chemistry, and ferromagnetism of novel incommensurate Nowotny chimney ladder Cr-Ge compounds 国際会議

    Takuya Sasak1, Koki Noda, Kota Kanie, Nico Alexander Gaida, Ken Niwa, Masashi Hasegawa

    MRM2023/IUMRS-ICA2023  2023年12月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:英語  

    開催地:Kyoto International Conference Center   国名:日本国  

  33. High pressure synthesis, crystal chemistry and physical properties of novel early transition-metal nitrides 国際会議

    Ken Niwa, Shuto Asano, Chang-Ching Chang, Takuro Yamamoto, Takuya Sasaki, Masashi Hasegawa

    MRM2023/IUMRS-ICA2023  2023年12月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto International Conference Center   国名:日本国  

  34. High-pressure synthesis, crystal chemistry, and ferromagnetism of novel incommensurate Nowotny chimney ladder Cr-Ge compounds 国際会議

    Takuya Sasak, Koki Noda, Kota Kanie, Nico Alexander Gaida, Ken Niwa, Masashi Hasegawa

    MRM2023/IUMRS-ICA2023  2023年12月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto International Conference Center   国名:日本国  

  35. 塩化アンモニウム溶媒を用いた多成分系金属窒化物の高圧高温単結晶育成

    佐々木 拓也・CHANG Chung-Ching・神崎 亮・丹羽 健・長谷川 正

    第52回結晶成長国内会議(JCCG-52)  2023年12月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:ウインクあいち  

  36. 塩化アンモニウム溶媒を用いた多成分系金属窒化物の高圧高温単結晶育成

    佐々木 拓也, CHANG Chung-Ching, 神崎 亮, 丹羽 健, 長谷川 正

    第52回結晶成長国内会議(JCCG-52)  2023年12月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ウインクあいち  

  37. 超高圧力下における新規Cr-Ge系チムニー・ラダー化合物の合成および組成変調と磁性 招待有り

    佐々木拓也,野田航希,蟹江宏太,Nico Alexander Gaida,丹羽健,長谷川正

    第17回 物性科学領域横断研究会 (領域合同研究会)  2023年11月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋工業大学  

  38. MN2などの遷移金属多窒化物の超高圧合成と結晶化学および弾性を中心とした物性 招待有り

    浅野 秀斗・丹羽 健・佐々木 拓也・長谷川 正

    第17回 物性科学領域横断研究会 (領域合同研究会)  2023年11月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋工業大学  

  39. MN2などの遷移金属多窒化物の超高圧合成と結晶化学および弾性を中心とした物性 招待有り

    浅野 秀斗, 丹羽 健, 佐々木 拓也, 長谷川 正

    第17回 物性科学領域横断研究会 (領域合同研究会)  2023年11月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋工業大学  

  40. 超高圧力下における新規Cr-Ge系チムニー・ラダー化合物の合成および組成変調と磁性 招待有り

    佐々木拓也, 野田航希, 蟹江宏太, Nico Alexander Gaida, 丹羽健, 長谷川正

    第17回 物性科学領域横断研究会 (領域合同研究会)  2023年11月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋工業大学  

  41. 高圧下における新規無機化合物の合成と評価 招待有り

    丹羽健,佐々木拓也,長谷川正

    第33回日本MRS年次大会  2023年11月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:万国橋会議センター  

  42. 高圧下における新規無機化合物の合成と評価 招待有り

    丹羽健, 佐々木拓也, 長谷川正

    第33回日本MRS年次大会  2023年11月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:万国橋会議センター  

  43. 最先端の超高圧実験手法と微小部分析技術が切り拓く物質科学の新展開 招待有り

    丹羽 健

    名古屋大学大学院工学研究科附属クリスタルエンジニアリング研究センター(RCCME)キックオフシンポジウム  2023年11月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学 東山キャンパス  

  44. 最先端の超高圧実験手法と微小部分析技術が切り拓く物質科学の新展開 招待有り

    丹羽 健

    名古屋大学大学院工学研究科附属クリスタルエンジニアリング研究センター(RCCME)キックオフシンポジウム  2023年11月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学 東山キャンパス  

  45. 新規Eu2+賦活アルミノホウ酸塩蛍光体の高圧合成と蛍光特性

    杉浦 環太・佐々木 拓也・丹羽 健・長谷川 正

    第64回高圧討論会  2023年11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:さわやかちば県民プラザ  

  46. NaCl型多成分系金属窒化物の高圧合成と物性

    佐々木 拓也・CHANG Chung-Ching・神崎 亮・丹羽 健・長谷川 正

    第64回高圧討論会  2023年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:さわやかちば県民プラザ  

  47. 高圧下における新規チムニー・ラダー相の合成と組成変調

    佐々木 拓也・蟹江 宏太・田中 洸史朗・野田 航希・丹羽 健・長谷川 正

    第64回高圧討論会  2023年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:さわやかちば県民プラザ  

  48. 新規遷移金属リン化物の超高圧合成と相安定性および結晶化学

    丹羽 健・西堂園 啓太・松尾 拓・尾形 立樹・佐々木 拓也・長谷川 正

    第64回高圧討論会  2023年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:さわやかちば県民プラザ  

  49. 高圧力下における新規遷移金属窒化物の合成と結晶構造

    浅野 秀斗・丹羽 健・佐々木 拓也・長谷川 正

    第64回高圧討論会  2023年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:さわやかちば県民プラザ  

  50. 窒素ハイドレートの圧力誘起相変化と圧力履歴

    米澤 遼平・佐々木 重雄・勝俣 麻・安井 悠介・木村 友亮・坂田 雅文・永江 峰幸・丹羽 健

    第64回高圧討論会  2023年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:さわやかちば県民プラザ  

  51. 高圧合成法を用いた逆ペロブスカイト窒化物Co3GaN の合成と磁性

    細江 信吾・佐々木 拓也・丹羽 健・長谷川 正

    第64回高圧討論会  2023年11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:さわやかちば県民プラザ  

  52. Siに富んだ新規Fe-Si系化合物の超高圧合成と結晶化学

    有賀 甚・丹羽 健・佐々木 拓也・長谷川 正

    第64回高圧討論会  2023年11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:さわやかちば県民プラザ  

  53. 超高圧合成による新規リン化ランタンの探索

    小泉 知也・丹羽 健・佐々木 拓也・長谷川 正

    第64回高圧討論会  2023年11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:さわやかちば県民プラザ  

  54. 新規Fe-Ge系化合物の高圧合成と結晶構造

    水野 聖也・佐々木 拓也・丹羽 健・長谷川 正

    第64回高圧討論会  2023年11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:さわやかちば県民プラザ  

  55. NaCl型多成分系金属窒化物の高圧合成と物性

    佐々木 拓也, CHANG Chung-Ching, 神崎 亮, 丹羽 健, 長谷川 正

    第64回高圧討論会  2023年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:さわやかちば県民プラザ  

  56. 高圧合成法を用いた逆ペロブスカイト窒化物Co3GaN の合成と磁性

    細江 信吾, 佐々木 拓也, 丹羽 健, 長谷川 正

    第64回高圧討論会  2023年11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:さわやかちば県民プラザ  

  57. 高圧力下における新規遷移金属窒化物の合成と結晶構造

    浅野 秀斗, 丹羽 健, 佐々木 拓也, 長谷川 正

    第64回高圧討論会  2023年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:さわやかちば県民プラザ  

  58. 高圧下における新規チムニー・ラダー相の合成と組成変調

    佐々木 拓也, 蟹江 宏太, 田中 洸史朗, 野田 航希, 丹羽 健, 長谷川 正

    第64回高圧討論会  2023年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:さわやかちば県民プラザ  

  59. 超高圧合成による新規リン化ランタンの探索

    小泉 知也, 丹羽 健, 佐々木 拓也, 長谷川 正

    第64回高圧討論会  2023年11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:さわやかちば県民プラザ  

  60. 窒素ハイドレートの圧力誘起相変化と圧力履歴

    米澤 遼平, 佐々木 重雄, 勝俣 麻, 安井 悠介, 木村 友亮, 坂田 雅文, 永江 峰幸, 丹羽 健

    第64回高圧討論会  2023年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:さわやかちば県民プラザ  

  61. 新規遷移金属リン化物の超高圧合成と相安定性および結晶化学

    丹羽 健, 西堂園 啓太, 松尾 拓, 尾形 立樹, 佐々木 拓也, 長谷川 正

    第64回高圧討論会  2023年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:さわやかちば県民プラザ  

  62. 新規Fe-Ge系化合物の高圧合成と結晶構造

    水野 聖也, 佐々木 拓也, 丹羽 健, 長谷川 正

    第64回高圧討論会  2023年11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:さわやかちば県民プラザ  

  63. 新規Eu2+賦活アルミノホウ酸塩蛍光体の高圧合成と蛍光特性

    杉浦 環太, 佐々木 拓也, 丹羽 健, 長谷川 正

    第64回高圧討論会  2023年11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:さわやかちば県民プラザ  

  64. Siに富んだ新規Fe-Si系化合物の超高圧合成と結晶化学

    有賀 甚, 丹羽 健, 佐々木 拓也, 長谷川 正

    第64回高圧討論会  2023年11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:さわやかちば県民プラザ  

  65. 新規な14族元素窒化物の超高圧高温合成と結晶化学 招待有り

    丹羽健,佐々木拓也,長谷川正

    令和5年(2023年)度日本結晶学会年会  2023年10月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:山口大常盤キャンパス  

  66. 新規な14族元素窒化物の超高圧高温合成と結晶化学 招待有り

    丹羽健, 佐々木拓也, 長谷川正

    令和5年(2023年)度日本結晶学会年会  2023年10月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:山口大常盤キャンパス  

  67. High-pressure synthesis of novel manganese nitrides 招待有り 国際会議

    Asano Shuto, Ken Niwa, Takuya Sasaki, Masashi Hasegawa

    International Core-to-Core Conference For Young Researchers  2023年9月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Online  

  68. Synthesis of multi-components MP4 (M = (V, Cr); (V, Cr, Mn); (V, Cr, Mo)) phosphides under high-pressure. 招待有り 国際会議

    Chung Ching Chang, Takuya Sasaki, Ken Niwa, Masashi Hasegawa

    International Core-to-Core Conference For Young Researchers  2023年9月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Online  

  69. High-pressure synthesis of novel manganese nitrides 招待有り 国際会議

    Asano Shuto, Ken Niwa, Takuya Sasaki, Masashi Hasegawa

    International Core-to-Core Conference For Young Researchers  2023年9月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online  

  70. Synthesis of multi-components MP4 (M = (V, Cr); (V, Cr, Mn); (V, Cr, Mo)) phosphides under high-pressure. 招待有り 国際会議

    Chung Ching Chang, Takuya Sasaki, Ken Niwa, Masashi Hasegawa

    International Core-to-Core Conference For Young Researchers  2023年9月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online  

  71. ガーネット型(Y,Gd)3(Al,Ga)5O12:Mn4+赤色蛍光体の合成とカチオン置換効果

    佐々木 拓也、安積 良太、丹羽 健、Gaida Nico Alexander、長谷川 正

    日本金属学会2023年秋期(第173回)講演大会  2023年9月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:富山大学五福キャンパス  

  72. 新規マンガンケイ化物の超高圧合成と相安定性

    柴垣湧、丹羽健、佐々木拓也、長谷川正

    日本金属学会2023年秋期(第173回)講演大会  2023年9月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:とやま自遊館  

  73. 新規Fe-Ge系化合物の高温高圧合成

    水野聖也、佐々木拓也、丹羽健、長谷川正

    日本金属学会2023年秋期(第173回)講演大会  2023年9月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:とやま自遊館  

  74. 逆ペロブスカイト窒化物Co3GaNの高温高圧合成と磁性

    細江信吾、佐々木拓也、丹羽健、長谷川正

    日本金属学会2023年秋期(第173回)講演大会  2023年9月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:とやま自遊館  

  75. 新規黄緑色蛍光体Eu賦活SrAlB3O7の高温高圧合成と蛍光特性

    杉浦 環太,佐々木 拓也,丹羽 健,長谷川 正

    日本金属学会2023年秋期(第173回)講演大会  2023年9月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:富山大学五福キャンパス  

  76. 新規Fe-Si系化合物の超高圧高温合成と結晶構造および相安定性

    有賀甚、丹羽健、河口沙織、佐々木拓也、長谷川正

    日本金属学会2023年秋期(第173回)講演大会  2023年9月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:富山大学五福キャンパス  

  77. 二リン化ランタンLaP2の高温高圧安定性

    小泉知也、丹羽健、佐々木拓也,長谷川正

    日本金属学会2023年秋期(第173回)講演大会  2023年9月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:とやま自遊館  

  78. ガーネット型(Y,Gd)3(Al,Ga)5O12:Mn4+赤色蛍光体の合成とカチオン置換効果

    佐々木 拓也, 安積 良太, 丹羽 健, Gaida Nico Alexander, 長谷川 正

    日本金属学会2023年秋期(第173回)講演大会  2023年9月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山大学五福キャンパス  

  79. 逆ペロブスカイト窒化物Co3GaNの高温高圧合成と磁性

    細江信吾, 佐々木拓也, 丹羽健, 長谷川正

    日本金属学会2023年秋期(第173回)講演大会  2023年9月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:とやま自遊館  

  80. 新規黄緑色蛍光体Eu賦活SrAlB3O7の高温高圧合成と蛍光特性

    杉浦 環太, 佐々木 拓也, 丹羽 健, 長谷川 正

    日本金属学会2023年秋期(第173回)講演大会  2023年9月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山大学五福キャンパス  

  81. 新規マンガンケイ化物の超高圧合成と相安定性

    柴垣湧, 丹羽健, 佐々木拓也, 長谷川正

    日本金属学会2023年秋期(第173回)講演大会  2023年9月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:とやま自遊館  

  82. 新規Fe-Si系化合物の超高圧高温合成と結晶構造および相安定性

    有賀甚, 丹羽健, 河口沙織, 佐々木拓也, 長谷川正

    日本金属学会2023年秋期(第173回)講演大会  2023年9月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山大学五福キャンパス  

  83. 新規Fe-Ge系化合物の高温高圧合成

    水野聖也, 佐々木拓也, 丹羽健, 長谷川正

    日本金属学会2023年秋期(第173回)講演大会  2023年9月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:とやま自遊館  

  84. 二リン化ランタンLaP2の高温高圧安定性

    小泉知也, 丹羽健, 佐々木拓也, 長谷川正

    日本金属学会2023年秋期(第173回)講演大会  2023年9月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:とやま自遊館  

  85. 新規Eu賦活ケイ酸塩蛍光体SrSi2O5:Eu2+の高圧合成および発光特性

    北原 拓海,佐々木 拓也,丹羽 健,長谷川 正

    日本セラミックス協会第36回秋季シンポジウム  2023年9月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス  

  86. 窒素二量体を有する新規窒化モリブデンMo3N5の超高圧合成および結晶構造と圧縮挙動

    佐々木 拓也,山本 拓朗,浅野 秀斗,丹羽 健,長谷川 正

    日本セラミックス協会第36回秋季シンポジウム  2023年9月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス  

  87. 新規Eu賦活ケイ酸塩蛍光体SrSi2O5:Eu2+の高圧合成および発光特性

    北原 拓海, 佐々木 拓也, 丹羽 健, 長谷川 正

    日本セラミックス協会第36回秋季シンポジウム  2023年9月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス  

  88. 窒素二量体を有する新規窒化モリブデンMo3N5の超高圧合成および結晶構造と圧縮挙動

    佐々木 拓也, 山本 拓朗, 浅野 秀斗, 丹羽 健, 長谷川 正

    日本セラミックス協会第36回秋季シンポジウム  2023年9月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス  

  89. Crystal chemistry of nitrides synthesized at high pressure and temperature 招待有り 国際会議

    Ken Niwa

    10th International Workshop on Spinel Nitrides and Related Materials  2023年9月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Ruedesheim / Rhine, Germany   国名:ドイツ連邦共和国  

  90. Crystal chemistry of nitrides synthesized at high pressure and temperature 招待有り 国際会議

    Ken Niwa

    10th International Workshop on Spinel Nitrides and Related Materials  2023年9月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Ruedesheim / Rhine, Germany   国名:ドイツ連邦共和国  

  91. Siに富んだ新規Fe-Si系化合物の超高圧合成と結晶構造

    有賀 甚,丹羽 健,佐々木 拓也,長谷川 正

    新学術領域研究「機能コアの材料科学」 若手の会・領域全体会議 合同会議  2023年8月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月 - 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学 武田ホール  

  92. 新規Eu賦活ケイ酸塩蛍光体SrSi2O5:Eu2+の高圧単相合成と発光特性

    北原 拓海,佐々木 拓也,丹羽 健,長谷川 正

    新学術領域研究「機能コアの材料科学」 若手の会・領域全体会議 合同会議  2023年8月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月 - 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学 武田ホール  

  93. Eu2+賦活新規蛍光体SrAlB3O7の高温高圧合成と蛍光特性

    杉浦 環太,佐々木 拓也,丹羽 健,長谷川 正

    新学術領域研究「機能コアの材料科学」 若手の会・領域全体会議 合同会議  2023年7月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月 - 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学 武田ホール  

  94. Eu2+賦活新規蛍光体SrAlB3O7の高温高圧合成と蛍光特性

    杉浦 環太, 佐々木 拓也, 丹羽 健, 長谷川 正

    新学術領域研究「機能コアの材料科学」 若手の会・領域全体会議 合同会議  2023年7月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月 - 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学 武田ホール  

  95. Siに富んだ新規Fe-Si系化合物の超高圧合成と結晶構造

    有賀 甚, 丹羽 健, 佐々木 拓也, 長谷川 正

    新学術領域研究「機能コアの材料科学」 若手の会・領域全体会議 合同会議  2023年8月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月 - 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学 武田ホール  

  96. 新規Eu賦活ケイ酸塩蛍光体SrSi2O5:Eu2+の高圧単相合成と発光特性

    北原 拓海, 佐々木 拓也, 丹羽 健, 長谷川 正

    新学術領域研究「機能コアの材料科学」 若手の会・領域全体会議 合同会議  2023年8月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月 - 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学 武田ホール  

  97. Synthesis, Crystal Growth and Physical Properties of High-Entropy Transition-Metal Nitrides under High-Pressures and High-Temperatures 招待有り 国際会議

    Masashi Hasegawa, Takuya Sasaki, Chung-Ching Chang, Ryo Kanzaki, Ken Niwa

    The Joint 28th AIRAPT and 60th EHPRG International Conference on High Pressure Science and Technology  2023年7月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Edinburgh International Conference Centre  

  98. High-pressure synthesis of multi-components (Cr1-x-yMnxVy)P4 phosphides 国際会議

    Chung Ching Chang, Takuya Sasaki, Nico Alexander Gaida, Ken Niwa, Masashi Hasegawa

    The Joint 28th AIRAPT and 60th EHPRG International Conference on High Pressure Science and Technology  2023年7月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Edinburgh International Conference Centre  

  99. High-pressure synthesis and characterization of NiAs-type novel manganese mononitride 国際会議

    Asano Shuto, Ken Niwa, Takuya Sasaki, Masashi Hasegawa

    The Joint 28th AIRAPT and 60th EHPRG International Conference on High Pressure Science and Technology  2023年7月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Edinburgh International Conference Centre  

  100. High-pressure synthesis and crystal chemistry of novel Cr-Ge compounds 国際会議

    Takuya Sasaki, Kota Kanie, Koki Noda, Nico Alexander Gaida, Ken Niwa, Masashi Hasegawa

    The Joint 28th AIRAPT and 60th EHPRG International Conference on High Pressure Science and Technology  2023年7月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:英語  

    開催地:Edinburgh International Conference Centre  

  101. Crystal chemistry of binary nitrides and phosphides synthesized at high pressure 招待有り 国際会議

    Ken Niwa, Shuto Asano, Takuro Yamamoto, Keita Nishidozono, Taku Matsuo, Takuya Sasaki, Masashi Hasegawa

    The Joint 28th AIRAPT and 60th EHPRG International Conference on High Pressure Science and Technology  2023年7月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Edinburgh International Conference Centre  

  102. Crystal chemistry of binary nitrides and phosphides synthesized at high pressure 招待有り 国際会議

    Ken Niwa, Shuto Asano, Takuro Yamamoto, Keita Nishidozono, Taku Matsuo, Takuya Sasaki, Masashi Hasegawa

    The Joint 28th AIRAPT and 60th EHPRG International Conference on High Pressure Science and Technology  2023年7月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Edinburgh International Conference Centre  

  103. High-pressure synthesis of multi-components (Cr1-x-yMnxVy)P4 phosphides 国際会議

    Chung Ching Chang, Takuya Sasaki, Nico Alexander Gaida, Ken Niwa, Masashi Hasegawa

    The Joint 28th AIRAPT and 60th EHPRG International Conference on High Pressure Science and Technology  2023年7月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Edinburgh International Conference Centre  

  104. High-pressure synthesis and crystal chemistry of novel Cr-Ge compounds 国際会議

    Takuya Sasaki, Kota Kanie, Koki Noda, Nico Alexander Gaida, Ken Niwa, Masashi Hasegawa

    The Joint 28th AIRAPT and 60th EHPRG International Conference on High Pressure Science and Technology  2023年7月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Edinburgh International Conference Centre  

  105. High-pressure synthesis and characterization of NiAs-type novel manganese mononitride 国際会議

    Asano Shuto, Ken Niwa, Takuya Sasaki, Masashi Hasegawa

    The Joint 28th AIRAPT and 60th EHPRG International Conference on High Pressure Science and Technology  2023年7月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Edinburgh International Conference Centre  

  106. Synthesis, Crystal Growth and Physical Properties of High-Entropy Transition-Metal Nitrides under High-Pressures and High-Temperatures 招待有り 国際会議

    Masashi Hasegawa, Takuya Sasaki, Chung-Ching Chang, Ryo Kanzaki, Ken Niwa

    The Joint 28th AIRAPT and 60th EHPRG International Conference on High Pressure Science and Technology  2023年7月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Edinburgh International Conference Centre  

  107. Synthesis, stability and properties of novel compounds under ultra-high pressure 招待有り 国際会議

    Masashi Hasegawa, Ken Niwa, Takuya Sasaki, Nico A.Gaida

    International Conference on PROCESSING & MANUFACTURING OF ADVANCED MATERIALS (THERMEC‘2023(  2023年7月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:the Technische Universität Wien  

  108. High pressure synthesis, compression behaviour, valence state and thermal expansion of novel vanadium pernitride, CuAl2-type VN2 国際会議

    Asano Shuto, Ken Niwa, Takuya Sasaki, Masashi Hasegawa

    International Conference on PROCESSING & MANUFACTURING OF ADVANCED MATERIALS (THERMEC‘2023(  2023年7月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:英語  

    開催地:the Technische Universität Wien  

  109. Synthesis of multi-components (Cr1-x-yMnxVy)P4 phosphides under high-pressure 国際会議

    Chung Ching Chang, Takuya Sasaki, Ken Niwa, Masashi Hasegawa

    International Conference on PROCESSING & MANUFACTURING OF ADVANCED MATERIALS (THERMEC‘2023(  2023年7月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:英語  

    開催地:the Technische Universität Wien  

  110. High pressure synthesis, compression behaviour, valence state and thermal expansion of novel vanadium pernitride, CuAl2-type VN2 国際会議

    Asano Shuto, Ken Niwa, Takuya Sasaki, Masashi Hasegawa

    International Conference on PROCESSING & MANUFACTURING OF ADVANCED MATERIALS (THERMEC‘2023(  2023年7月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:the Technische Universität Wien  

  111. Synthesis of multi-components (Cr1-x-yMnxVy)P4 phosphides under high-pressure 国際会議

    Chung Ching Chang, Takuya Sasaki, Ken Niwa, Masashi Hasegawa

    International Conference on PROCESSING & MANUFACTURING OF ADVANCED MATERIALS (THERMEC‘2023(  2023年7月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:the Technische Universität Wien  

  112. Synthesis, stability and properties of novel compounds under ultra-high pressure 招待有り 国際会議

    Masashi Hasegawa, Ken Niwa, Takuya Sasaki, Nico A.Gaida

    International Conference on PROCESSING & MANUFACTURING OF ADVANCED MATERIALS (THERMEC‘2023(  2023年7月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:the Technische Universität Wien  

  113. Early Transition Metal Nitrides and Phosphides Synthesized under High Pressures 国際会議

    K. Niwa, S. Asano, T. Yamamoto, K. Nishidozono, T. Matsuo, T. Sasaki, M. Hasegawa

    11th international Symposium on Nitride (ISNT2023)  2023年5月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:英語  

    開催地:Le Grand Large, Saint-Malo  

  114. SYNTHESIS AND CRYSTAL GROWTH OF HIGH-ENTROPY TRANSITION-METAL NITRIDES UNDER HIGH-PRESSURES AND HIGH-TEMPERATURES 国際会議

    T. Sasaki, R. Kanzaki, K. Niwa, M. Hasegawa

    11th international Symposium on Nitride (ISNT2023)  2023年5月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:英語  

    開催地:Le Grand Large, Saint-Malo  

  115. Early Transition Metal Nitrides and Phosphides Synthesized under High Pressures 国際会議

    K. Niwa, S. Asano, T. Yamamoto, K. Nishidozono, T. Matsuo, T. Sasaki, M. Hasegawa

    11th international Symposium on Nitride (ISNT2023)  2023年5月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Le Grand Large, Saint-Malo  

  116. SYNTHESIS AND CRYSTAL GROWTH OF HIGH-ENTROPY TRANSITION-METAL NITRIDES UNDER HIGH-PRESSURES AND HIGH-TEMPERATURES 国際会議

    T. Sasaki, R. Kanzaki, K. Niwa, M. Hasegawa

    11th international Symposium on Nitride (ISNT2023)  2023年5月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Le Grand Large, Saint-Malo  

  117. The low temperature thermal expansion behavior of entropy stabilized oxide (MgCoNiCuZn)O 国際会議

    Chung-Ching Chang, Takuya Sasaki, Nico Alexander Gaida, Ken Niwa, Masashi Hasegawa

    International Collaborative Meeting on Mixed-anion Compounds  2023年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  118. Phase stability and compression behavior of a novel high-pressure phase of manganese mononitride 国際会議

    Shuto Asano, Ken Niwa, Saori Kawaguchi, Takuya Sasaki, Masashi Hasegawa

    International Collaborative Meeting on Mixed-anion Compounds  2023年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  119. Eu2+賦活高圧相 SrAl4O7 蛍光体の高温高圧合成と蛍光特性

    杉浦 環太,佐々木 拓也,丹羽 健,長谷川 正

    公益社団法人日本セラミックス協会 2023 年年会  2023年3月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  120. 高圧力合成を利用したチムニー・ラダー相 CrGeγ の組成および磁気転移温度制御

    佐々木 拓也,野田 航希,ガイダニコ アレクサンダー,丹羽 健,長谷川 正

    公益社団法人日本セラミックス協会 2023 年年会  2023年3月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  121. 窒化炭素系化合物の超高圧合成と相安定性

    丹羽 健,深井 俊史,神 有輝,佐々木 拓也,長谷川 正

    公益社団法人日本セラミックス協会 2023 年年会  2023年3月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  122. 新規 Fe-Si 系化合物の超高圧合成と結晶構造

    有賀 甚,丹羽 健,佐々木 拓也,長谷川 正

    公益社団法人日本セラミックス協会 2023 年年会  2023年3月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  123. 高圧下における新規Ta-Sn系化合物の合成

    水野 聖也,佐々木 拓也,丹羽 健,長谷川 正

    日本金属学会2023年春期第172回講演大会  2023年3月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  124. 超高圧力合成法による新規Cr–Si系化合物の創製と結晶化学

    佐々木 拓也,高野 航一,Gaida Nico Alexander,丹羽 健,長谷川 正

    日本金属学会2023年春期第172回講演大会  2023年3月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    会議種別:ポスター発表  

  125. Thermal Expansion Behavior of the High Entropy Oxide (MgCoNiCuZn)O at Low Temperature 国際会議

    Chung-Ching Chang, Takuya Sasaki, Nico Alexander Gaida, Ken Niwa, Masashi Hasegawa

    International Workshop on High-Entropy Alloys  2023年2月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  126. ハイエントロピー酸化物(MgCoNiCuZn)Oの低温熱膨張および圧縮挙動

    張 仲景,佐々木 拓也,GAIDA Nico Alexander,丹羽 健,長谷川 正

    第63回高圧討論会  2022年12月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  127. 超高圧下におけるM(M = Fe, Ru)-C-H系化合物の合成と相安定性

    丹羽 健,中島 健太,佐々木 拓也,長谷川 正

    第63回高圧討論会  2022年12月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  128. Cr-Ge系チムニーラダー型非整合複合結晶の相安定性と磁性および元素置換

    佐々木 拓也,野田 航希,GAIDA Nico Alexander,丹羽 健,長谷川 正

    第63回高圧討論会  2022年12月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  129. N-Nダイマーを有する新規窒化モリブデンMo3N5の超高圧合成と結晶構造

    佐々木 拓也,山本 拓朗,浅野 秀斗,丹羽 健,長谷川 正

    第63回高圧討論会  2022年12月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  130. 新規な六方晶Cr-Ge系化合物の高温高圧合成と磁気的性質

    武田 良樹,佐々木 拓也,鬼丸 孝博,丹羽 健,長谷川 正

    第63回高圧討論会  2023年2月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  131. 新規高圧相マンガン窒化物の相安定性及び圧縮挙動

    浅野 秀斗,丹羽 健,河口 沙織,佐々木 拓也,長谷川 正

    第63回高圧討論会  2023年2月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  132. 新規W-Sn系化合物の超高圧合成と電子構造

    加藤 有真,佐々木 拓也,丹羽 健,長谷川 正

    第63回高圧討論会  2022年12月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  133. 5 族, 6族遷移金属ハイエントロピー窒化物単結晶の高温高圧合成

    神崎 亮,佐々木 拓也,GAIDA Nico Alexander,丹羽 健,長谷川 正

    第63回高圧討論会  2022年12月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  134. クリプトンハイドレートsH相の弾性的性質とケージ占有性に関する研究

    勝俣 麻,夏目 宏一,永江 峰幸,丹羽 健,木村 友亮,坂田 雅文,佐々木 重雄

    第63回高圧討論会  2022年12月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  135. 塩化アンモニウムを用いたハイエントロピー窒化物の高温高圧単結晶育成

    神崎 亮,佐々木 拓也,Gaida Nico Alexander,丹羽 健,長谷川正

    第32回 材料フォーラムTOKAI  2022年11月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  136. 新規W-Sn 系化合物の超高圧合成と結晶構造および電子構造

    加藤 有真,佐々木拓也,丹羽健,長谷川正

    第32回 材料フォーラムTOKAI  2022年11月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  137. 超高圧下におけるKr とのファンデルワールス化合物の探索

    朝田 敢斗,丹羽健,佐々木拓也,長谷川正

    第32回 材料フォーラムTOKAI  2022年11月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  138. 高圧下における塩化アンモニウムを用いたハイエントロピー遷移金属窒化物の合成

    神崎亮,佐々木拓也,丹羽健,Gaida Nico Alexander,長谷川正

    第32回 材料フォーラムTOKAI  2022年11月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  139. 新規六方晶Cr-Ge 系化合物の高温高圧合成と磁性

    武田良樹,佐々木拓也,丹羽健,長谷川正

    第32回 材料フォーラムTOKAI  2022年11月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  140. 高圧力下におけるGe 固溶ルチル型TiO2 の合成と結晶成長

    柴田 壮理,丹羽健,佐々木拓也,長谷川正

    第32回 材料フォーラムTOKAI  2022年11月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  141. Mn5Si3型Cr5Ge3の高圧合成と磁性

    武田 良樹,佐々木 拓也,丹羽 健,長谷川 正

    日本金属学会2022年秋期第171回講演大会  2022年9月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  142. 高温高圧下におけるハイエントロピー無機材料の創製 招待有り

    佐々木 拓也,丹羽 健,長谷川 正

    日本金属学会2022年秋期第171回講演大会  2022年9月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  143. 有機金属錯体を用いたM(M = Fe, Ru)-C-H系化合物の超高圧合成と相安定性

    丹羽 健,中島 健太,佐々木 拓也,長谷川 正

    日本金属学会2022年秋期第171回講演大会  2022年9月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  144. 超高圧力下におけるマンガン窒化物合成のその場観察と相安定性

    浅野 秀斗,丹羽 健,河口 沙織,佐々木 拓也,長谷川 正

    日本金属学会2022年秋期第171回講演大会  2022年9月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  145. 新規W-Sn系化合物の超高圧合成と結晶構造

    加藤 有真,佐々木 拓也,丹羽 健,長谷川 正

    日本金属学会2022年秋期第171回講演大会  2022年9月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  146. 塩化アンモニウムを用いたハイエントロピー遷移金属窒化物の高温高圧合成

    神崎 亮,佐々木 拓也,丹羽 健,Gaida Nico Alexander,長谷川正

    公益社団法人日本セラミックス協会第35回秋季シンポジウム  2022年9月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  147. The low temperature thermal expansion behavior of entropy stabilized oxide (MgCoNiCuZn)O

    2022年9月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  148. スピネル型ハイエントロピー酸化物蛍光体の合成と発光特性

    佐々木 拓也,丹羽 健,長谷川 正

    公益社団法人日本セラミックス協会第35回秋季シンポジウム  2022年9月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  149. マンガン窒化物の超高圧合成と高圧その場観察

    浅野 秀斗,丹羽 健,佐々木 拓也,長谷川 正

    公益社団法人日本セラミックス協会第35回秋季シンポジウム  2022年9月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  150. 超高圧高温下で成長したTa-N系ナノワイヤー結晶のモルフォロジーと構造

    長谷川 正、Gaida Nico、佐々木 拓也、石川 亮、丹羽 健、山根 久典、柴田 直哉、幾原 雄一

    日本金属学会2022年春期(第170回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  151. Highly Coordinated Tungsten Nitride with U7Te12-type Structure Synthesized Using the Laser-Heated Diamond Anvil Cell 国際会議

    Chung-Ching Chang, Takuya Sasaki, Nico Alexander Gaida, Ken Niwa, Masashi Hasegawa

    APS March Meeting 2022 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  152. 高配位遷移金属リン化物の超高圧合成と結晶化学

    丹羽 健・松尾 拓・西堂園 啓太・佐々木 拓也・GAIDA Nico Alexander・長谷川 正

    日本セラミックス協会2022年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  153. 高圧下における新規 Cr–Si 系化合物の合成と相安定性

    佐々木 拓也・高野 航一・ガイダ ニコ アレクサンダー・丹羽 健・長谷川 正

    日本セラミックス協会2022年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  154. U7Te12型タングステン窒化物の高圧合成および結晶構造

    張 仲景・佐々木 拓也・Gaida Nico Alexander・丹羽 健・長谷川 正

    日本セラミックス協会2022年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  155. 超高圧合成した新規二窒化バナジウムの価数状態、圧縮挙動及び熱膨張挙動

    浅野 秀斗・丹羽 健・佐々木 拓也・ガイダ ニコ アレキサンダー・長谷川 正

    日本セラミックス協会2022年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  156. 超高圧下における新規無機化合物の創製と物質科学 招待有り

    丹羽健

    ISSPワークショップ「高圧セミナー “最近の話題から”」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  157. High-pressure synthesis of highly coordinated U7Te12-type W7N12 国際会議

    Chung-Ching Chang, Nico Alexander Gaida, Takuya Sasaki, Ken Niwa, Masashi Hasegawa

    International Core-to-Core Conference on Mixed Anion Research for Energy Conversion 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  158. High-Pressure Synthesis and Thermal Expansion of Novel Transition Metal Pernitride, CuAl2-type VN2 国際会議

    Shuto Asano, Ken Niwa, Takuya Sasaki, Nico Alexander Gaida, Masashi Hasegawa

    International Core-to-Core Conference on Mixed Anion Research for Energy Conversion 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  159. マルチアンビルプレスを用いた新規 Eu 賦活 CaAl2 O4 蛍光体の高圧合成および発光特性

    立岩一晃,佐々木拓也,GAIDA Nico Alexander,丹羽健,長谷川正

    第10回名古屋大学シンクロトロン光研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  160. 前駆体を用いた 8 族遷移金属炭化物の超高温高圧合成

    中島健太,丹羽健,佐々木拓也,GAIDA Nico Alexander,長谷川正

    第10回名古屋大学シンクロトロン光研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  161. Cr-Ge 系 Chimney-Ladder 化合物の高温高圧合成および磁気的性質

    野田航希,佐々木拓也,ガイダ ニコ アレクサンダー,丹羽健,長谷川

    第10回名古屋大学シンクロトロン光研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  162. 新規なバナジウム二窒化物の高圧合成と熱膨張挙動

    浅野 秀斗 ・ 丹羽 健 ・ 佐々木 拓也 ・ GAIDA Nico Alexander ・ 長谷 川 正

    第10回名古屋大学シンクロトロン光研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  163. 超高圧下における新物質合成と放射光X線構造解析

    佐々木 拓也 , 丹羽 健, 長谷川 正

    第10回名古屋大学シンクロトロン光研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  164. 高配位数のW-N多面体を持つU7Te12型WNの高圧合成

    張 仲景, 佐々木 拓也, Gaida Nico Alexander, 丹羽 健, 長谷川 正

    第10回名古屋大学シンクロトロン光研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  165. ギガパスカル以上の超高圧力領域での新物質結晶成⻑ 招待有り

    ⻑谷川正,丹羽健,佐々木拓 也,Gaida Nico Alexander,石川 亮,山根久典,柴田直哉,幾原 雄一

    日本結晶成長学会第50回結晶成長国内会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:姫路   国名:日本国  

  166. メタンハイドレート sH 相におけるメタン分子の 51268 ケージ占有数に 関する考察

    角谷 一樹 ・ 久保田 雅人 ・ 永江 峰幸 ・ 丹羽 健 ・ 木村 友亮 ・ 坂田 雅文 ・ 佐々木 重雄

    第62回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:姫路   国名:日本国  

  167. 硫化水素ハイドレートの圧力誘起相変化

    久保田 雅人 ・ 角谷 一樹 ・ 永江 峰幸 ・ 丹羽 健 ・ 木村 友亮 ・ 坂田 雅文 ・ 佐々木 重雄

    第62回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:姫路   国名:日本国  

  168. 超高圧高温下で成長した Ta-N 系ナノワイヤー結晶のモルフォロ ジーと構造

    長谷川 正 ・ GAIDA Nico Alexander・佐々木 拓也・石川 亮・丹羽 健・山根 久典・柴田 直哉・ 幾原 雄一

    第62回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:姫路   国名:日本国  

  169. High-pressure synthesis of U7Te 12-type W7N12 with high coordination W-N polyhedra

    張 仲景 ・ 佐々木 拓也 ・ GAIDA Nico Alexander ・ 丹羽 健 ・ 長谷川 正

    第62回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:姫路   国名:日本国  

  170. 前駆体を用いた 8 族遷移金属炭化物の超高温高圧合成

    中島 健太 ・ 丹羽 健 ・ 佐々木 拓也 ・ GAIDA Nico Alexander ・ 長谷川 正

    第62回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:姫路   国名:日本国  

  171. Cr-Ge 系 Chimney-Ladder 化合物の高温高圧合成および磁気的性 質

    野田 航希 ・ 佐々木 拓也 ・ GAIDA Nico Alexander ・ 丹羽 健 ・ 長谷川 正

    第62回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:姫路   国名:日本国  

  172. 新規なバナジウム二窒化物の高圧合成と熱膨張挙動

    浅野 秀斗 ・ 丹羽 健 ・ 佐々木 拓也 ・ GAIDA Nico Alexander ・ 長谷 川 正

    第62回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:姫路   国名:日本国  

  173. マルチアンビルプレスを用いた新規 Eu 賦活 CaAl2O4 蛍光体の 高圧合成および発光特性

    立岩 一晃 ・ 佐々木 拓也 ・ GAIDA Nico Alexander ・ 丹羽 健 ・ 長谷川 正

    第62回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:姫路   国名:日本国  

  174. 超高圧高温下で成長した Ta-N 系ナノワイヤー結晶のモルフォロ ジーと構造

    長谷川 正 ・ GAIDA Nico Alexander・佐々木 拓也・石川 亮・丹羽 健・山根 久典・柴田 直哉・ 幾原 雄一

    第62回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:姫路   国名:日本国  

  175. 新規Cr-Si系化合物の高圧合成と結晶構造

    佐々木 拓也,高野 航一,GAIDA Nico Alexander,丹羽 健,長谷川 正

    第62回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:姫路   国名:日本国  

  176. 超高圧下における多結晶 PtN2 膜の合成と特性評価

    丹羽 健 ・ 飯塚 友規 ・ 黒澤 昌志 ・ 中村 優斗 ・ 岸田 英夫 ・ 中塚 理 ・ 佐々木 拓也 ・ GAIDA Nico Alexander ・ 長谷川 正

    第62回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:姫路   国名:日本国  

  177. ダイアモンドアンビルセルを用いたU7Te12型高配位新規窒化タングステンの合成

    張 仲景、Gaida Nico Alexander、佐々木 拓也、丹羽 健、長谷川 正

    日本金属学会2021年秋期(第169回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  178. Cr-Ge系 Chimney-Ladder化合物の組成および磁気的性質の圧力依存性

    野田 航希、佐々木 拓也、ニコ アレクサンダー ガイダ、丹羽 健、長谷川 正

    日本金属学会2021年秋期(第169回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  179. 超高圧下で単結晶サファイア基板上に成長したPtN2膜の性状と物性

    丹羽 健、飯塚 友規、黒澤 昌志、中村 優斗、岸田 英夫、中塚 理、佐々木 拓也、Gaida Nico Alexander、長谷川 正

    日本金属学会2021年秋期(第169回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  180. 超高圧合成による新規バナジウム二窒化物の合成と圧縮及び熱膨張挙動

    浅野 秀斗、丹羽 健、佐々木 拓也、Gaida Nico Alexander、長谷川 正

    日本金属学会2021年秋期(第169回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  181. アンモニウム塩を用いた多成分系5・6族遷移金属窒化物の高圧合成

    佐々木 拓也・神崎 亮・GAIDA Nico Alexander・丹羽 健・長谷川 正

    日本セラミックス協会第34回秋季シンポジウム  

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  182. High-pressure synthesis of tungsten nitride by nitridation with ammonium chloride 招待有り 国際会議

    Takuya Sasaki, Takahide Ikoma, Kazuki Sago, Ken Niwa, Masashi Hasegawa

    THERMEC'2021  

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:オーストリア共和国  

  183. High Pressure Synthesis, Compression Behaviours, Crystal Chemistry and Electronic States of Novel Metal Nitrides 招待有り 国際会議

    Shuto Asano,Masashi Hasegawa, Ken Niwa, Takuya Sasaki, Nico Alexander Gaida, Zheng Liu, Kazuo Soda, Tetsu Ohsuna

    THERMEC'2021  

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:オーストリア共和国  

  184. In situ synchrotron diffraction and sound velocity measurements of transparent nanoceramics consisting of low-symmetry crystals 招待有り 国際会議

    Nico Alexander Gaida, Steeve Gréaux, Yoshio Kono, Hideharu Kuwahara, Norimasa Nishiyama, Oliver Beermann, Ken Niwa, Masashi Hasegawa

    THERMEC'2021  

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:オーストリア共和国  

  185. ダイヤモンドアンビルセルを用いた新物質合成と物質科学

    丹羽 健

    日本高圧力学会主催 未来を拓く高圧力科学技術セミナーシリーズ(45) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  186. 超高圧下における新規遷移金属リン化物の合成と結晶構造および相安定性

    丹羽 健, 松尾 拓, 西堂園 啓太, 佐々木 拓也, GAIDA Nico Alexander, 長谷川 正

    第61回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  187. 新規ニオブ窒化物 Nb2N3 の超高圧合成と結晶構造および物性

    浅野 秀斗, 丹羽 健, 佐々木 拓也, GAIDA Nico Alexander, 長谷川 正

    第65回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  188. Synthesis of Novel Tungsten Nitrides under High-pressure and High-temperature using Diamond Anvil Cell

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  189. 新規 Cr-Ge 系金属間化合物の超高圧合成と結晶構造,弾性特性 および電子構造

    蟹江 宏太, 佐々木 拓也, 横井 達矢, 丹羽 健, GAIDA Nico Alexander, 松永 克志, 長谷川 正

    第63回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  190. Phase relations in magnesium silicides at high pressure and temperature from synchrotron diffraction techniques

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  191. 塩化アンモニウムを用いた窒化ニオブの高圧力合成と結晶化学

    佐々木 拓也, 生駒 鷹秀, GAIDA Nico Alexander, 丹羽 健, 長谷川 正

    第62回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  192. Growth of nanowire crystals of tantalum nitride in ammonium halides at high pressures

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  193. 新規Cr-Ge系金属間化合物の超高圧合成

    蟹江宏太, 佐々木拓也, 横井達矢, 丹羽健, GAIDA Nico Alexander, 松永克志, 長谷川正

    日本金属学会2020年秋期講演(第168回)大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  194. ダイアモンドアンビルセルを用いた高温高圧下における新規窒化タングステンの合成

    張仲景, 佐々木拓也, 丹羽健, ガイダニコ アレクサンダー, 長谷川正

    日本金属学会2020年秋期講演(第168回)大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  195. 超高圧力下における新規窒化タングステンの合成

    張 仲景,佐々木 拓也,丹羽 健,Nico Alexander Gaida,長谷川 正

    日本セラミックス協会 2020年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:明治大学 駿河台キャンパス   国名:日本国  

  196. 新規Cr-Ge系金属間化合物CrGe2の超高圧合成と結晶構造および弾性特性

    蟹江 宏太、丹羽 健、佐々木 拓也、Gaida Nico Alexander、長谷川 正

    日本セラミックス協会 2020年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:明治大学(駿河台キャンパス)  (東京都千代田区神田駿河台 1-1)   国名:日本国  

  197. アンモニウム塩を窒素源とした窒化ニオブの超高圧力合成と結晶化学

    佐々木 拓也,生駒 鷹秀,GAIDA Nico Alexander,丹羽 健,長谷川 正

    日本セラミックス協会 2020年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:工学院大学(新宿キャンパス)   国名:日本国  

  198. X線分光と光電子分光による遷移金属多窒化物の電子構造の評価

    曽田一雄, 加藤政彦, 丹羽健, 長谷川正

    日本金属学会2020年春期講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京工業大学 大岡山キャンパス(東京都目黒区)   国名:日本国  

  199. 高圧合成NbP2の顕微分光

    川田拓也,曽田一雄,加藤政彦,西堂園啓太,丹羽健,長谷川正,池本夕佳

    第33回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ウインクあいち(名古屋市)   国名:日本国  

  200. M添加BaTaO2NのNおよびO K吸収端軟X線分光

    茨木俊貴,加藤政彦,曽田一雄,Kojamberdiev Mirabbos,丹羽健,長谷川正,高倉将一,仲武昌史

    第33回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ウインクあいち(名古屋市)   国名:日本国  

  201. High Pressure Synthesis and Compression Behavior of Hexagonal CrN2 国際会議

    Ken NIWA, Takuro Yamamoto, Takuya Sasaki and Masashi Hasegawa

    Materials Research Meeting 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  202. Mechanical properties of transparent birefringent aluminosilicate nanoceramics 国際会議

    Nico Alexander GAIDA, Norimasa NISHIYAMA , Oliver BEERMANN, Atsunobu MASUNO, Ulrich SCHÜRMANN, Christopher GIEHL, Ken NIWA, Masashi HASEGAWA, Shrikant BHAT, Robert FARLA, Lorenz KIENLE

    MRM2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  203. High-pressure synthesis and crystal structure of MoC-type WNx 国際会議

    Takuya Sasaki, Takahide Ikoma, Kazuki Sago, Zheng Liu, Ken Niwa, Tetsu Ohsuna, Masashi Hasegawa

    MATERIALS RESEARCH MEETING 2019 (MRM2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  204. 塩化アンモニウムを用いた遷移金属窒化物の高圧高温単結晶育成

    生駒鷹秀,GAIDA Nico Alexander,佐々木拓也,丹羽健,長谷川正

    第48回結晶成長国内会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月 - 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪大学(銀杏会館)   国名:日本国  

  205. Growth of tantalum oxynitride nanowires under high pressure and temperature 国際会議

    GAIDA Nico Alexander, SASAKI Takuya, LIU Zheng, NIWA Ken, HIROZAWA Masaki, OHSUNA Tetsu, HASEGAWA Masashi

    PACRIM13 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月 - 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  206. Synthesis, crystal structure, and photoluminescence properties of Ce-doped garnet-type Ca2(Y,Gd)Sn2Al3O12 国際会議

    Takuya Sasaki, Takayoshi Iwai, Ken Niwa, Masashi Hasegawa

    The 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies (PACRIM13) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  207. 白金二窒化物薄膜の超高圧合成と物性

    飯塚 友規,丹羽 健,佐々木 拓也,長谷川 正

    第60回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:かでる2・7 北海道立道民活動センター   国名:日本国  

  208. LH-DACを用いた高圧高温超臨界水中での金属のレーザー加熱と水素化物の形成

    長谷川 正,曽田一雄,丹羽 健,大塚春男,杉浦慎哉,山口貫太,佐々木拓也,加藤政彦, 鈴木耕拓,石神龍哉

    日本高圧力学会第60回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:かでる2・7 北海道立道民活動センター(札幌市中央区)   国名:日本国  

  209. モリブデン二燐化物の超高圧高温相安定性と新規高圧生成相の評価

    松尾 拓,丹羽 健,佐々木 拓也,長谷川 正

    第60回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:かでる2・7 北海道立道民活動センター(札幌市中央区)   国名:日本国  

  210. 塩化アンモニウムを窒素源とした窒化タングステンの高圧合成と結晶化学

    佐々⽊ 拓也,⽣駒 鷹秀,佐合 ⼀樹,劉 崢,丹⽻ 健,⼤砂 哲,⻑⾕川 正

    第60回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:かでる2・7 北海道立道民活動センター(札幌市中央区)   国名:日本国  

  211. High-pressure growth of tantalum oxynitride nanowires

    Gaida Nico Alexander, Sasaki Takuya, Liu Zheng, Niwa Ken, Hirozawa Masaki, Ohsuna Tetsu, Hasegawa Masashi

    第60回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:かでる2・7 北海道立道民活動センター(札幌市中央区)   国名:日本国  

  212. ビスマス窒化物の超高圧合成と結晶構造および相安定性

    野村 俊介,丹羽 健,佐々木 拓也,長谷川 正

    第60回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:かでる2・7 北海道立道民活動センター   国名:日本国  

  213. 高温高圧合成手法を用いた新規IV族元素充填スクッテルダイト化合物の探査

    市川将成,丹羽 健,佐々木 拓也,長谷川 正

    第60回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:かでる2・7 北海道立道民活動センター(札幌市中央区)   国名:日本国  

  214. 新規窒化クロムの超高圧合成と結晶構造および圧縮挙動

    丹羽 健,山本拓朗,佐々木拓也,長谷川正

    第60回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:かでる2・7 北海道立道民活動センター(札幌市中央区)   国名:日本国  

  215. 塩化アンモニウムを用いた3d・4d遷移金属窒化物の高圧高温結晶成長

    生駒鷹秀,佐々木拓也,丹羽健,長谷川正

    第60回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:かでる2・7 北海道立道民活動センター(札幌市中央区)   国名:日本国  

  216. 白金二窒化物薄膜の超高圧合成と膜性状

    飯塚 友規,丹羽 健,佐々木 拓也,長谷川 正

    第29回学生による材料フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  217. Effect of lanthanide ion (Gd3+) or Y3+ doping on the color performance of NaCeMo2O8 yellow pigment

    Yanfei Cai, Takuya Sasaki, Ken Niwa, Masashi Hasegawa

    学生による材料フォーラム&日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  218. ビスマス窒化物の超高圧合成と結晶構造および相安定性

    野村 俊介,丹羽 健,佐々木 拓也,長谷川 正

    第29回学生による材料フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  219. 塩化アンモニウムを用いた層状ニオブ窒化物の高温高圧単結晶育成

    生駒鷹秀,佐々木拓也,丹羽健,長谷川正

    第29回学生による材料フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  220. Mn賦活ガーネット型構造赤色蛍光体の合成および発光特性

    安積 良太, 佐々木 拓也, 丹羽 健, 長谷川 正

    第29回 学生による材料フォーラム  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  221. 新規ニッケル二窒化物の超高圧高温合成および相安定性

    福井陸,丹羽健,佐々木拓也,長谷川正

    新学術領域研究「機能コアの材料科学」 第1回若手の会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:静岡県浜松市北区三ヶ日町下尾奈 2251   国名:日本国  

  222. 新規Cr-Ge系金属間化合物の超高圧合成と結晶構造

    蟹江 宏太、丹羽 健、佐々木 拓也、長谷川 正

    新学術領域研究「機能コアの材料科学」第一回若手の会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:静岡県浜松市北区三ヶ日町下尾奈 2251   国名:日本国  

  223. 新規アルミン酸塩(Ba,Sr)2Al6O11:Eu蛍光体の高圧合成と発光特性

    佐々木 拓也,丹羽 健,長谷川 正

    新学術領域研究「機能コアの材料科学」第1回若手の会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:静岡県浜松市北区三ヶ日町下尾奈 2251   国名:日本国  

  224. 新規CrN2の超高圧合成と単結合窒素配列による異方的軸圧縮挙動

    丹羽 健,山本拓朗,佐々木拓也,長谷川正

    日本金属学会 2019年秋期(第165回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山大学(津島キャンパス)   国名:日本国  

  225. High-pressure growth of tantalum oxynitride nanowires

    Gaida Nico Alexander, Sasaki Takuya, Liu Zheng, Niwa Ken, Hirozawa Masaki, Ohsuna Tetsu, Hasegawa Masashi

    日本金属学会2019年秋期講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山大学(津島キャンパス)   国名:日本国  

  226. Eu賦活新規アルミン酸塩(Sr,Ba)2Al6O11蛍光体の高圧合成,結晶構造および発光特性

    佐々木 拓也,丹羽 健,長谷川 正

    日本金属学会 2019年秋期(第165回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山大学(津島キャンパス)   国名:日本国  

  227. 白金二窒化物薄膜の超高圧合成と膜性状

    飯塚 友規,丹羽 健,佐々木 拓也,長谷川 正

    東京大学物性研究所短期研究会 高圧合成による新規材料開発と高圧下測定技術の集結 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学 物性研究所   国名:日本国  

  228. モリブデン燐化物の超高圧相安定性と新規相の生成

    松尾 拓,丹羽 健,佐々木 拓也,長谷川 正

    高圧合成による新規材料開発と高圧下測定技術の集結(東京大学物性研究所短期研究会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学 物性研究所   国名:日本国  

  229. Growth of tantalum oxynitride nanowires under high pressure

    Gaida Nico Alexander, Sasaki Takuya, Liu Zheng, Niwa Ken, Hirozawa Masaki, Ohsuna Tetsu, Hasegawa Masashi

    短期研究会「高圧合成による新規材料開発と高圧下測定技術の集結」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学物性研究所   国名:日本国  

  230. 新規充填スクッテルダイト化合物ZrCo4Sb12の高温高圧合成

    市川将成,佐々木 拓也,丹羽 健,長谷川 正

    高圧合成による新規材料開発と高圧下測定技術の集結(東京大学物性研究所短期研究会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学 物性研究所   国名:日本国  

  231. レーザー加熱式ダイアモンドアンビルセルを用いた新規遷移金属窒化物の超高圧合成と結晶化学

    丹羽 健,曽田 一雄,佐々木 拓也,長谷川 正

    高圧合成による新規材料開発と高圧下測定技術の集結(東京大学物性研究所短期研究会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京大学物性研究所柏キャンパス(本館6階 大講義室(A632))   国名:日本国  

  232. マルチアンビルプレスを用いた窒化タングステンの高圧合成と結晶構造

    佐々⽊ 拓也,⽣駒 鷹秀,佐合 ⼀樹,劉 崢,丹⽻ 健,⼤砂 哲,⻑⾕川 正

    東京大学物性研究所短期研究会 高圧合成による新規材料開発と高圧下測定技術の集結 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学 物性研究所   国名:日本国  

  233. 塩化アンモニウムを用いた層状ニオブ窒化物の高温高圧単結晶育成

    生駒鷹秀,佐々木拓也,丹羽健,長谷川正

    東京大学物性研究所短期研究会「高圧合成による新規材料開発と高圧下測定技術の集結」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学 物性研究所   国名:日本国  

  234. 白金二窒化物薄膜の超高圧合成と膜性状

    飯塚 友規,丹羽 健,佐々木 拓也,長谷川 正

    第4回固体化学フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡崎コンファレンスセンター   国名:日本国  

  235. モリブデン燐化物の超高圧相安定性と新規相の生成

    松尾 拓,丹羽 健,佐々木 拓也,長谷川 正

    第4回固体化学フォーラム研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡崎コンファレンスセンター   国名:日本国  

  236. 新規充填スクッテルダイト化合物ZrCo4Sb12の高温高圧合成

    市川将成,佐々木 拓也,丹羽 健,長谷川 正

    第4回固体化学フォーラム研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡崎コンファレンスセンター   国名:日本国  

  237. 新規アルミン酸塩Ba2Al6O11:Eu蛍光体の高圧合成と発光特性

    佐々木 拓也,丹羽 健,長谷川 正

    第4回固体化学フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡崎コンファレンスセンター   国名:日本国  

  238. 塩化アンモニウムを用いた層状ニオブ窒化物の高温高圧単結晶育成

    生駒鷹秀,佐々木拓也,丹羽健,長谷川正

    第4回固体化学フォーラム研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡崎コンファレンスセンター   国名:日本国  

  239. High-Pressure Synthetic Approach to Novel Binary Nitrides 国際会議

    Ken NIWA, Kentaro Suzuki, Toshiki Terabe, Takuro Yamamoto, Hirokazu Ogasawara, Shin Takayama, Tomoya Inagaki, Takuya Sasaki and Masashi Hasegawa

    10th International Symposium on Nitrides (ISNT2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:スペイン  

  240. 放射光と超高圧力場が切り拓く新物質創製

    丹羽 健

    シンクロトロン光利用者研究会:放射光入門 「材料研究の現場で活用される放射光分析技術」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:愛知県産業労働センター「ウインクあいち」 15階 交流センター   国名:日本国  

  241. 新規充填スクッテルダイト化合物ZrCo4Sb12の高温高圧合成

    市川将成,佐々木 拓也,丹羽 健,長谷川 正

    日本セラミックス協会 2019年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:工学院大学(新宿キャンパス)   国名:日本国  

  242. 塩化アンモニウムを用いた層状ニオブ窒化物の高温高圧単結晶育成

    生駒鷹秀,佐々木拓也,丹羽健,川田拓也,曽田一雄,長谷川正

    日本セラミックス協会2019年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:工学院大学(新宿キャンパス)   国名:日本国  

  243. 遷移金属多窒化物TN2のN 1s軟X線吸収スペクトル

    曽田一雄,前口景祐,川田拓也,茨木俊貴,加藤政彦,丹羽 健,長谷川 正,高倉将一,仲武昌史

    日本物理学会第74回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学伊都キャンパス(福岡県福岡市)   国名:日本国  

  244. 超高圧下で合成された新規二元系窒化物の結晶化学と圧縮特性

    丹羽 健,長谷川 正

    東北大学金属材料研究所 共同利用ワークショップ 放射光物質構造科学の新展開:高圧物質科学と地球惑星科学 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  245. 超高圧下で合成された新規レニウム多窒化物の結晶構造と相安定性

    丹羽 健,高山 新,劉 崢,大砂 哲,佐々木 拓也,長谷川 正

    第59回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  246. 新規な高配位ニオブリン化物の超高圧合成と構造相転移

    丹羽 健,西堂園 啓太,佐々木 拓也,長谷川 正

    公益社団法人 日本金属学会 2018年周期講演(第163回)大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  247. Ultra-high pressure synthesis of main group element nitrides 招待有り 国際会議

    Ken NIWA

    9th International Workshop on Spinel Nitrides and Related Materials 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  248. High pressure synthesis and characterization of new group-14 (elements) pernitrides 国際会議

    Ken NIWA, Hirokazu OGASAWARA, Tomoya INAGAKI, Masashi HASEGAWA

    Thermec 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:フランス共和国  

  249. 超高圧力下における新規多窒化物の合成と結晶化学

    丹羽 健

    第3回固体化学フォーラム研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  250. Ultra-high Pressure Synthesis of New Nitrides 国際会議

    Ken NIWA, Masashi HASEGAWA

    14th International Ceramics Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:イタリア共和国  

  251. High pressure crystal chemistry and compression behaviors of novel early transition-metal nitrides 国際会議

    Ken NIWA, Masashi HASEGAWA, Takuro YAMAMOTO, Kazuo SODA

    APS March Meeting 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  252. New group-14 element pernitrides synthesized at high pressure and temperature 国際会議

    Ken NIWA, Hirokazu OGASAWARA, Tomoya INAGAKI, Masashi HASEGAWA

    APS March Meeting 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  253. あいちシンクロトロン光を利用した超高圧下における回折実験と新規無機物質の探査

    丹羽 健・松崎 郁弥・寺部 俊紀・小笠原 宏和・西堂園 啓太・山本 拓朗・長谷川 正

    第7回名古屋大学シンクロトロン光研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  254. 高圧下における新規ニオブリン化物の合成と構造安定性 国際会議

    丹羽 健・西堂園 啓太・長谷川 正

    第58回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  255. 新規ニオブリン化物の高圧合成と結晶構造および安定性

    丹羽 健・西堂園 啓太・長谷川 正

    公益社団法人日本セラミックス協会第30回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  256. High Pressure Synthesis of Pyrite-type Group-14 Nitrides 国際会議

    Ken NIWA

    9th Iternational Symposium on Nitrides (ISNT2017) and 5th International Symposium on SiAlONs and Non-oxides (ISSNOX5) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月 - 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  257. Novel group-14 element nitrides synthesized at high pressure 国際会議

    Ken NIWA, Hirokazu OGASAWARA, Masashi HASEGAWA

    26th The International Conference on High Pressure Science and Technology (AIRAPT) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  258. High Pressure Synthesis and Characterization of Binary and Ternary Transition Metal Nitrides, 国際会議

    Masashi HASEGAWA, Ken NIWA

    Frontiers in Materials Processing Applications, Research and Technology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:フランス共和国  

  259. 新規パイライト型14族元素窒化物の超高圧合成

    丹羽 健・小笠原宏和・長谷川正

    日本セラミックス協会2017年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  260. 超高圧下で合成される新規窒化物 招待有り

    丹羽 健

    Workshop on Materials science under ultra-high pressure MATSUYAMA 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  261. 規Xe-N2系化合物の高圧合成と結晶構造および構造相転移

    丹羽 健・松崎 郁弥・白子 雄一・長谷川 正

    第57回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  262. High pressure synthesis of 3d transition metal nitrides in a laser heated diamond anvil cell 招待有り 国際会議

    Ken NIWA

    8th International Workshop Spinel Nitrides and Related Materials 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  263. Carbon polymorphic nanocrystals grown in ~GPa range high pressures using laser-heated diamond anvil cell 国際会議

    K. Niwa, T. Oda, M. Iida, K. Kusaba, Y. Shirako, M. Hasegawa

    The 18th International Conference on Crystal Growth and Epitaxy 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  264. High pressure synthesis of new transition metal nitrides with using laser-heated diamond anvil cell 国際会議

    Ken Niwa, Toshiki Terabe, Yuichi Shirako, Shunsuke Muto, Kazuyoshi Tatsumi, Tatsuya Mizui, Kazuo Soda, Masashi Hasegawa

    International Conference on PROCESSING & MANUFACTURING OF ADVANCED MATERIALS Processing, Fabrication, Properties, Applications(THERMEC2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月 - 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストリア共和国  

  265. 高圧下における新規3d遷移金属窒化物の合成と評価

    17. 丹羽 健,寺部 俊紀,水井 達也,加藤 大貴,白子 雄一,曽田 一雄,長谷川 正,亀卦川 卓美

    日本セラミックス協会2016年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  266. 超高圧直接窒化反応による窒化リンの合成と圧縮挙動

    丹羽 健,飯島 安紀,白子 雄一,浮田 昌也,豊浦 和明,松永 克志,長谷川 正

    第56回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:JMSアステールプラザ(広島市中区)   国名:日本国  

  267. 高密度結晶相により構成されたナノ多孔質構造シリカの合成と光学特性

    丹羽 健,佐々木 厳太,米田 智士,宇佐美 久尚,山中 茂,白子 雄一,長谷川 正

    日本セラミックス協会第28回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山大学(五福キャンパス)   国名:日本国  

  268. High Pressure Synthesis and Characterization of Transition Metal Nitrides 国際会議

    Ken Niwa, Kentaro Suzuki, Toshiki Terabe, Yuichi Shirako, Shunsuke Muto, Kazuyoshi Tatsumi, Tatsuya Mizui, Kazuo Soda, Takumi Kikegawa, Masashi Hasegawa

    Joint AIRAPT-25th & EHPRG-53rd International Conference on High Pressure Science and Technology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月 - 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:スペイン  

  269. Syntheses and A-site Order-disorder Transition in (A0.25Mn0.75)(B0.25Ti0.75)O3 Perovskites 国際会議

    Gen Shimura, Yuichi Shirako, Ken Niwa, Masashi Hasegawa

    Joint AIRAPT-25th & EHPRG-53rd International Conference on High Pressure Science and Technology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月 - 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  270. High Pressure Chemical Reactions for Carbon Polymorphic Crystals 国際会議

    Joint AIRAPT-25th & EHPRG-53rd International Conference on High Pressure Science and Technology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月 - 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:スペイン  

  271. 白金族多窒化物の高圧合成と化学結合の評価

    丹羽 健,鈴木 健太郎,寺部 俊紀,武藤 俊介,巽 一厳,水井 達也,曽田 一雄,亀掛川 卓美,長谷川 正

    日本セラミックス協会2015年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山大学(津島キャンパス)   国名:日本国  

  272. 白金族窒化物の高圧合成と評価

    丹羽 健,鈴木 健太郎,寺部 俊紀,武藤 俊介,巽 一厳,水井 達也,曽田 一雄,亀卦川 卓美,長谷川 正

    第55回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島大学(常三島キャンパス)   国名:日本国  

  273. 高圧高温合成法による新規バナジウム族窒化物の探査

    丹羽 健,奥野 賢太郎,長谷川 正

    日本セラミックス協会第27回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学(郡元キャンパス)   国名:日本国  

  274. Recent Discovery of Late transition Metal (Per)Nitrides and Their Chemical Bonding 国際会議

    Ken NIWA, Kentaro SUZUKI, Shunsuke MUTO, Kazuyoshi TATSUMI, Kazuo SODA, Masashi HASEGAWA

    ISNT 2014: 8th International Symposium on Nitrides in Conjunction with the 7th International Workshop on Spinel Nitrides and Related Materials and the Marie Curie ITN 7th Framework Programme FUNEA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月 - 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  275. Nano-carbon polymorphic crystals via reduction of carbon dioxide under high pressures 国際会議

    Ken Niwa, Masahiko Iida, Takashi Oda, Keiji Kusaba, Masashi Hasegawa

    The 6th Asian Conference on Crystal Growth and Crystal Technology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  276. Marcasite型白金族多窒化物の高圧高温合成と評価

    丹羽健,鈴木健太郎,武藤俊介,巽一厳,長谷川正

    日本セラミックス協会2014年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  277. レーザー加熱式ダイアモンドアンビルセルを用いた新規ロジウム窒化物の合成と評価

    丹羽健,鈴木健太郎,長谷川正,EREMETS Mikhail,DZIVENKO Dmytro,RIEDEL Ralf

    第54回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  278. ラマン散乱測定によるMarcasite型ロジウム窒化物中の窒素結合状態の評価

    丹羽健,鈴木健太郎,長谷川正,Mikhail Eremets,Dmytro Dzivenko,Ralf Riedel

    日本セラミックス協会第26 回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  279. 超高圧高温下での有機無機変換によるナノ構造C-N 系化合物の合成と評価及び分析

    丹羽健,堀部太嗣,神有輝,草場啓治,安田啓介,石神龍哉,長谷川正

    日本セラミックス協会第26 回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  280. Growth of rectangular hollow tube single crystals with rutile-type structure in supercritical fluids 国際会議

    Ken Niwa, Tomoharu Tokunaga, Masashi Hasegawa

    2013 APSSCCM/AIRAPT JOINT CONFERENCE 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  281. High-pressure synthesis of BiFeO3-BiAlO3 and BiFeO3-MnTiO3 solid solutions

    Gen Shimura, Keiji Kusaba, Tetsuya Miyawaki, Ken Niwa, Hidefumi Asano, Masashi Hasegawa

    2013 APSSCCM/AIRAPT JOINT CONFERENCE 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  282. Molecular Routes Syntheses of Nano-structured C and C-N Compounds in High Pressure and Temperature using LH-DAC 国際会議

    Ken Niwa, Masashi Hasegawa, Taishi Horibe, Yuki Jin, Keiji Kusaba, Keisuke Yasuda , Ryoya Ishigami

    2013 APSSCCM/AIRAPT JOINT CONFERENCE 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  283. 超高圧下直接窒化法によるMarcasite型ロジウム窒化物の合成とその弾性的性質

    丹羽健,鈴木健太郎,長谷川正,Mikhail Eremets,Dmytro Dzivenko,Ralf Riedel

    日本セラミックス協会2013年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  284. 超高圧高温超臨界水を用いた金属水素化物の合成

    白木達人,近藤広基,山口貫太,丹羽健,加藤政彦,曽田一雄,草場啓治,長谷川正

    日本セラミックス協会2013年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京工業大学(大岡山キャンパス)   国名:日本国  

  285. BiFeO3-BiAlO3系およびBiFeO3-MnTiO3系固溶体の高圧合成

    志村元,草場啓治,宮脇哲也,丹羽健,浅野秀文,長谷川正

    日本セラミックス協会2013年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京工業大学(大岡山キャンパス)   国名:日本国  

  286. パイライト型Ni1-xCuxS2の電子構造(I):CuS2

    曽田一雄, 臼井健介, 大澤周平, 近藤広基, 加藤政彦, 岩崎純也, 丹羽健, 草場啓治, 長谷川正

    UVSORシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡崎コンファレンスセンター   国名:日本国  

  287. BaNiO₂の高圧相転移

    光森成生, 草場啓治, 丹羽健, 長谷川正

    高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪大学   国名:日本国  

  288. 加圧による3-イソプロピルリンゴ酸脱水素酵素への水分子の侵入:深海微生物の酵素の圧力適応

    永江峰幸, 濱島祐輝, 河村高志, 丹羽健, 長谷川正, 加藤千明, 渡邉信久

    第53回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪大学   国名:日本国  

  289. 酸化六ホウ素(B₆O)焼結体の作製と熱電特性

    野引浩介, 草場啓治, 丹羽健, 長谷川正, 後藤弘匡, 八木健彦

    第53回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪大学   国名:日本国  

  290. 高圧高温下でのナノチューブ状窒化炭素の合成

    堀部太嗣, 丹羽健, 岡田卓, 草場啓治, 長谷川正

    第53回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪大学   国名:日本国  

  291. 高圧高温超臨界水を用いたNb水素化物の合成と表面分析

    白木達人, 丹羽健, 近藤広基, 山口貫太, 加藤政彦, 曽田一雄, 草場啓治, 長谷川正, 池永英司

    第53回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪大学   国名:日本国  

  292. Mg₂Si 高圧相の合成と熱電特性

    能丸大器, 草場啓治, 丹羽健, 長谷川正, 後藤弘匡, 八木健彦

    第53回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪大学   国名:日本国  

  293. BiFeO2-BiAlO2固溶体の高温高圧合成

    志村元, 草場啓治, 丹羽健, 長谷川正

    第53回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪大学   国名:日本国  

  294. 新規Ca-In 系化合物の高圧高温合成と結晶構造

    江口遼, 丹羽健, 草場啓治, 長谷川正

    第53回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪大学   国名:日本国  

  295. 加圧によるIPMDHへの水の侵入と深海微生物由来タンパク質の圧力適応

    第50回日本生物物理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  296. パイライト型NiS₂とCuS₂の高圧合成

    岩崎純也,草場啓治,臼井健介,丹羽健,曽田一雄,長谷川正

    日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  297. 高圧高温超臨界水を用いたNb 水素化物の合成と表面分析

    白木達人・丹羽健・近藤広基・山口貫太・加藤政彦・曽田一雄・草場啓治・長谷川正・池永英司

    日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  298. ルチル型酸化物(Ti, M)O2ナノチューブ単結晶の創製と分析

    田口鷹志・丹羽健・武藤俊介・草場啓治・長谷川正

    日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  299. 新規Ca-In 系化合物の高圧高温合成と結晶構造

    江口遼・丹羽健・草場啓治・長谷川正

    日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  300. 酸化六ホウ素(B₆O)焼結体の作製と熱電特性

    野引浩介・草場啓治・丹羽健・長谷川正・後藤弘匡・八木健彦

    日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  301. 高圧高温下でのナノチューブ状窒化炭素の合成

    堀部太嗣・丹羽健・草場啓治・長谷川正

    日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  302. 高温高圧下における超臨界二酸化炭素の強制還元によるナノカーボンの創製

    小田喬史・飯田雅彦・草場啓治・丹羽健・長谷川正

    日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  303. 高温超臨界窒素流体を用いた4族窒化物の高圧合成

    鈴木健太郎, 丹羽健, 草場啓治, 長谷川正

    日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  304. Mg₂Si 高圧相の合成と熱電特性

    能丸大器・草場啓治・丹羽健・長谷川正・後藤弘匡・八木健彦

    日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  305. BaNiO₂の高圧相転移

    光森成生・草場啓治・丹羽健・長谷川正

    日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  306. ZnO-MgO 固溶体の高圧合成

    嶋田大輝・草場啓治・丹羽健・長谷川正

    日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  307. Synthesis of new metal nitride under high pressure and temperature:Exploration for new carbon group nitride 国際会議

    Ken Niwa

    6th International Workshop on Spinel Nitrides and Related Materials in Conjunction with the Marie Curie ITN 7th Framework Programme FUNEA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  308. 超高圧超臨界流体を用いた中空角柱状ルチル型酸化物の単結晶育成

    丹羽健, 池谷仁志, 田口鷹志, 徳永智春, 草場啓治, 長谷川正

    日本セラミックス協会2012年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  309. 硬X線光電子分光による超臨界水中合成Nb水素化物の化学状態評価

    曽田一雄,近藤広基,野本拓也,森田啓介,加藤政彦,白木達人,丹羽健,長谷川正

    第25回日本放射光学会・放射光科学合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鳥栖市民文化会館・中央公民館   国名:日本国  

  310. 2-3-2 窒素ハイドレートの圧力誘起相変化と弾性的性質

    米澤 遼平, 勝俣 麻, 安井 悠介, 木村 友亮, 坂田 雅文, 佐々木 重雄, 永江 峰幸, 丹羽 健

    日本エネルギー学会大会講演要旨集  2023年8月1日  一般社団法人 日本エネルギー学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.20550/jietaikaiyoushi.32.0_26

    CiNii Research

  311. 2-3-2 窒素ハイドレートの圧力誘起相変化と弾性的性質

    米澤 遼平, 勝俣 麻, 安井 悠介, 木村 友亮, 坂田 雅文, 佐々木 重雄, 永江 峰幸, 丹羽 健

    日本エネルギー学会大会講演要旨集  2023年8月1日  一般社団法人 日本エネルギー学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. 高エネルギー密度窒化炭素の創製と機能創出

    2022年4月 - 2025年3月

    創発的研究支援事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 100万気圧を超える超高圧下でのC3N4の合成とその結合様式および高度の評価

    2012年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 物質合成用超高圧高温発生装置の開発と特異な結晶形態を有する新規機能性結晶の創製

    2011年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

科研費 8

  1. 超緻密窒化物セラミックスの合成と超硬質化メカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:23K23039  2024年2月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    丹羽 健

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3120000円 ( 直接経費:2400000円 、 間接経費:720000円 )

  2. 超緻密窒化物セラミックスの合成と超硬質化メカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:22H01771  2022年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    丹羽 健, 劉 崢, 劉 崢

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17810000円 ( 直接経費:13700000円 、 間接経費:4110000円 )

    超高圧合成法の利点は,高密度相により構成された結晶粒によって空隙が限りなくゼロに近い超緻密な多結晶体が合成される点である.そこで本研究では,世界に先駆けて代表者が発見したSiN2を薄膜で合成し,高度測定および高分解能電子顕微鏡観察から,二窒化物の硬質性と粒界の原子構造との相関を実験的に明らかにし,硬質性セラミックスの新たな学理構築を目指す.

  3. 高エネルギー密度窒化炭素の創製と機能創出

    2022年4月 - 2025年3月

    国立研究開発法人 科学技術振興機構  創発的研究支援事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 超硬質性SiN2バルク焼結体の合成と機能創製

    研究課題/研究課題番号:20K21080  2020年7月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    丹羽 健, ガイダ ニコアレキサンダー, ガイダ ニコアレキサンダー

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6110000円 ( 直接経費:4700000円 、 間接経費:1410000円 )

    本研究では,SiN2単相のバルク焼結体の合成と,その粒界・界面の構造および機械特性を原子レベルで明らかにすることを目的とする.その目的を達成するためには,高圧合成手法を改良することでSiN2単相のバルク焼結体を合成する必要がある.そして,その粒界・界面構造を高分解能電子顕微鏡により調べ,ナノインデンテーションや破壊靭性測定から超硬質機能性材料としての特性を明らかにする.シリコンと窒素はユビキタス元素であるため本研究テーマは材料科学的にも非常に重要であり,基礎から応用までSiN2の超硬質材としての展開が期待される.
    本申請課題である,第4の窒化珪素である『SiN2』のバルク焼結体の合成と,その粒界・界面構造および機械特性の解明になる.2020年度はSiN2単相バルク焼結体合成のための前駆体の評価および合成試料測定装置の改良に取り組んだ.共同研究者であるガイダ博士が大型プレスにて合成したγ型Si3N4の緻密焼結体を作製した.合成した数mmサイズの焼結体の表面に付着した試料カプセルを研磨して除去し,均一で透明な焼結体であることを確認した.本年度はガイダ博士により合成されたSi3N4高圧相の焼結多結晶体を,ダイアモンドアンビルセル中でさらに窒化してSiN2の焼結体を合成することを目的としていた.合成条件は60GPa以上で,この圧力領域における窒化物セラミックスの挙動はよくわかっていない.脱圧過程や焼結保持時間,焼結温度でその機械特性も大きく変わることが予想される.実施年度では前年からのコロナや情勢不安により,実験装置の入手が困難になる中,装置の不具合や改良等で時間がかかってしまったが,目的達成のため代替法も考慮して取り組んだ.また本研究成果の先を見越したデバイス化や,より先端的な研究の基礎となることを目的に,多窒化物の薄膜化にも取り組んできた.SiN2の薄膜が合成されるのがベストであるが,まずは金属系窒化物の中で初めて発見された多窒化物であるPtN2の薄膜合成に取り組んだ.その成果は投稿雑誌に受理されており,バルク体の合成および物性評価のさらにその先の研究の展開に見通しが立った.最終年度は本研究課題の最大の目的であるSiN2バルク多結晶体の物性(特に機械特性)の評価を目指す.
    昨今の情勢のため,実験装置や消耗品が思うように入手できない状態であるが,できる範囲で取り組み,幸い研究が大幅に停滞することはなかった.2021年度はバルク体研究のその先まで見越した研究成果を得ることができたため,最終年度である2022年度は超硬質性窒化物セミラックスの物質科学構築を目指して取り組む予定である.
    最終年度はSiN2バルク体の構造最適化およびその物性測定に注力する.結晶構造自身は明らかになっているが,その詳細(例えば原子変位パラメータなど)は不明であり,単相に近いバルク体が合成できれば明らかにすることができる.またSiN2はSi3N4より高い体積弾性率を有することがわかっているが,その組織との相関は不明である.最新の機械特性評価と電子顕微鏡による組織観察を組み合わせることで,そのメカニズムに迫る予定である.

  5. 希ガス充填型熱電変換材料の開発とラットラー物性の新展開

    2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. サブメガバールにおける化学反応が切り開く3d遷移金属多窒化物の結晶化学と電子物性

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. ユビキタス元素化合物の超高圧超高温領域における新物質・新結晶の創製

    2010年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究,課題番号:22013007

    丹羽 健

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 超高温高圧溶融状態からの高密度二酸化物ガラスの合成

    2008年9月 - 2010年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 61

  1. 高圧力物質科学特別実験及び演習A

    2022

  2. 物質科学特別輪講(高圧力物質科学)A

    2022

  3. 高圧力物質科学セミナー1C

    2022

  4. 高圧力物質科学セミナー1A

    2022

  5. 連続体の力学

    2022

  6. 連続体の力学

    2022

  7. 高圧力物質科学セミナー2E

    2022

  8. 高圧力物質科学セミナー2C

    2022

  9. 高圧力物質科学セミナー2A

    2022

  10. 先端材料と物性物理

    2022

  11. 高圧力物質科学特別実験及び演習A

    2020

  12. 高圧力物質科学セミナー1D

    2020

  13. 高圧力物質科学セミナー1C

    2020

  14. 高圧力物質科学セミナー1B

    2020

  15. 高圧力物質科学セミナー1A

    2020

  16. 物質科学特別輪講(高圧力物質科学)B

    2020

  17. 物質科学特別輪講(高圧力物質科学)A

    2020

  18. 高圧力物質科学特別実験及び演習B

    2020

  19. 高圧力物質科学特論

    2020

  20. エネルギーと環境

    2019

  21. 連続体の力学

    2019

  22. 材料工学実験第1

    2018

  23. 高圧力物質科学特論

    2018

  24. エネルギーと環境

    2018

  25. 連続体の力学

    2018

  26. エネルギーと環境

    2017

  27. 材料工学実験第2

    2017

  28. 材料工学実験第1

    2017

  29. 材料工学実験基礎

    2017

  30. 基礎セミナー

    2017

  31. エネルギーと環境

    2016

  32. 材料工学実験基礎

    2016

  33. 結晶物理学基礎

    2016

  34. 材料工学実験第2

    2016

  35. 材料工学実験第1

    2016

  36. 物理工学科概論

    2016

  37. 基礎セミナー

    2016

  38. 高圧力物質科学特論

    2016

  39. 物理工学科概論

    2015

  40. 理系基礎化学実験

    2015

  41. 物理工学科概論

    2014

  42. 材料工学実験第2

    2014

  43. 材料工学実験第1

    2014

  44. 材料工学実験第2

    2013

  45. 材料工学実験第1

    2013

  46. 物理工学科概論

    2013

  47. 材料工学実験第2

    2012

  48. 材料工学実験第1

    2012

  49. 物理工学科概論

    2012

  50. 材料工学実験第1

    2011

  51. 材料工学実験第2

    2011

  52. 物理工学科概論

    2011

  53. 材料工学実験第1

    2010

  54. 材料工学実験第2

    2010

  55. 物理工学科概論

    2010

  56. 材料工学実験第1

    2009

  57. 材料工学実験第2

    2009

  58. 物理工学科概論

    2009

  59. 材料工学実験第1

    2008

  60. 材料工学実験第2

    2008

  61. 物理工学科概論

    2008

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 19

  1. 高圧力物質科学特別実験及び演習A

    2022年 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  2. 高圧力物質科学セミナー2E

    2022年 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  3. 高圧力物質科学セミナー2C

    2022年 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  4. 高圧力物質科学セミナー2A

    2022年 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  5. 高圧力物質科学セミナー1C

    2022年 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  6. 高圧力物質科学セミナー1A

    2022年 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  7. 連続体の力学

    2022年 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  8. 連続体の力学

    2022年 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  9. 物質科学特別輪講(高圧力物質科学)A

    2022年 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  10. 先端材料と物性物理

    2022年 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

  11. 高圧力物質科学特論

    2020年 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  12. 高圧力物質科学特別実験及び演習B

    2020年 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  13. 高圧力物質科学特別実験及び演習A

    2020年 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  14. 高圧力物質科学セミナー1D

    2020年 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  15. 高圧力物質科学セミナー1C

    2020年 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  16. 高圧力物質科学セミナー1B

    2020年 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  17. 高圧力物質科学セミナー1A

    2020年 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  18. 物質科学特別輪講(高圧力物質科学)B

    2020年 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  19. 物質科学特別輪講(高圧力物質科学)A

    2020年 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

▼全件表示