2021/04/28 更新

写真a

オオマツ コウスケ
大松 亨介
OHMATSU, Kohsuke
所属
トランスフォーマティブ生命分子研究所 特任准教授
職名
特任准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 理学博士 ( 2008年3月   京都大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 触媒的不斉合成 有機分子触媒 有機金属触媒 分子認識

研究分野 2

  1. その他 / その他  / Organic Chemistry

  2. その他 / その他  / Synthetic Chemistry

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 高難度物質変換の実現を指向した分子触媒化学

経歴 2

  1. 名古屋大学大学院工学研究科化学・生物工学専攻 助教

    2008年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 日本学術振興会特別研究員(DC1)

    2005年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 京都大学   理学研究科   化学専攻

    2005年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 京都大学   理学研究科   化学専攻

    2003年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 京都大学   理学部   化学科

    1999年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 2

  1. 日本化学会

  2. 有機合成化学協会

受賞 3

  1. 若い世代の特別講演会講演証

    2014年3月   日本化学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 赤崎賞

    2013年   名古屋大学  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 春季年会学生講演賞

    2008年   日本化学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 37

  1. Mannich-type allylic C-H functionalization of enol silyl ethers under photoredox-thiol hybrid catalysis

    Nakashima Tsubasa, Ohmatsu Kohsuke, Ooi Takashi

    ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY   19 巻 ( 1 )   2021年1月

     詳細を見る

  2. Non-Enzymatic Hybrid Catalysis for Stereoconversion of l-Amino Acid Derivatives to d-Isomers

    Nagato Yuya, Kiyokawa Mari, Ueki Yusuke, Kikuchi Jun, Ohmatsu Kohsuke, Terada Masahiro, Ooi Takashi

    ASIAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   9 巻 ( 4 ) 頁: 561 - 565   2020年4月

  3. Zwitterionic 1,2,3-Triazolium Amidate as a Catalyst for Photoinduced Hydrogen-Atom Transfer Radical Alkylation

    Ohmatsu Kohsuke, Suzuki Ryuhei, Furukawa Yukino, Sato Makoto, Ooi Takashi

    ACS CATALYSIS   10 巻 ( 4 ) 頁: 2627 - 2632   2020年2月

  4. Cationic Organic Catalysts or Ligands in Concert with Metal Catalysts

    Ohmatsu Kohsuke, Ooi Takashi

    TOPICS IN CURRENT CHEMISTRY   377 巻 ( 6 )   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s41061-019-0256-1

    Web of Science

  5. Direct allylic C-H alkylation of enol silyl ethers enabled by photoredox-Bronsted base hybrid catalysis

    Ohmatsu Kohsuke, Nakashima Tsubasa, Sato Makoto, Ooi Takashi

    NATURE COMMUNICATIONS   10 巻   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-019-10641-y

    Web of Science

  6. Protonated Bis-1,2,3-triazole as an Anion-Binding Chiral Bronsted Acid for Catalytic Asymmetric Friedel-Crafts Reaction of Indoles with Imines

    Furukawa Yukino, Suzuki Ryuhei, Nakashima Tsubasa, Gramage-Doria Rafael, Ohmatsu Kohsuke, Ooi Takashi

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   91 巻 ( 8 ) 頁: 1252-1257   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/bcsj.20180098

    Web of Science

  7. Diastereo- and enantioselective phase-transfer alkylation of 3-substituted oxindoles with racemic secondary alkyl halides

    Ohmatsu Kohsuke, Furukawa Yukino, Kiyokawa Mari, Ooi Takashi

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   53 巻 ( 98 ) 頁: 13113-13116   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c7cc07122a

    Web of Science

  8. Determination of the absolute configuration of compounds bearing chiral quaternary carbon centers using the crystalline sponge method

    Sairenji Shiho, Kikuchi Takashi, Abozeid Mohamed Ahmed, Takizawa Shinobu, Sasai Hiroaki, Ando Yuichiro, Ohmatsu Kohsuke, Ooi Takashi, Fujita Makoto

    CHEMICAL SCIENCE   8 巻 ( 7 ) 頁: 5132-5136   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c7sc01524k

    Web of Science

  9. In Situ Electrophilic Activation of Hydrogen Peroxide for Catalytic Asymmetric alpha-Hydroxylation of 3-Substituted Oxindoles

    Ohmatsu Kohsuke, Ando Yuichiro, Ooi Takashi

    SYNLETT   28 巻 ( 11 ) 頁: 1291-1294   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0036-1558958

    Web of Science

  10. A Modular Strategy for the Direct Catalytic Asymmetric α-Amination of Carbonyl Compound 査読有り

    Kohsuke Ohmatsu, Yuichiro Ando, Tsubasa Nakashima, Takashi Ooi

    Chem   1 巻 ( 5 ) 頁: 802-810   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chempr.2016.10.012

  11. Multiple Absolute Stereocontrol in Pd-Catalyzed [3+2] Cycloaddition of Oxazolidinones and Trisubstituted Alkenes Using Chiral Ammonium-Phosphine Hybrid Ligands 査読有り

    Naomichi Imagawa, Yuya Nagato, Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   89 巻 ( 6 ) 頁: 649-656   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/bcsj.20160053

  12. Anion Stoichiometry-Dependent Selectivity Enhancement in Ion-Paired Chiral Ligand/Pd Complex-Catalyzed Enantioselective Allylic Alkylation 招待有り 査読有り

    Kohsuke Ohmatsu, Yoshiyuki Hara, Yuya Kusano, Takashi Ooi

    Synlett   27 巻 ( 7 ) 頁: 1047-1050   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0035-1561403

  13. Palladium-Catalyzed Branch-Selective Decarboxylative Allylation Using Ion-Paired Ligands 査読有り

    Yoshiyuki Hara, Yuya Kusano, Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi

    Chemistry Letters   45 巻 ( 5 ) 頁: 552-554   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.160158

  14. イオン対の活用に基づく新奇なキラル配位子の創製と応用

    大松亨介,大井貴史

    有機合成化学協会誌   73 巻 ( 2 ) 頁: 140-150   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  15. Design of supramolecular chiral ligands for asymmetric metal catalysis

    Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi

    Tetrahedron Lett.   56 巻   頁: 2043-2048   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2015.02.096

  16. Catalytic Asymmetric Cyanation of Alkylideneindolenines Generated from Sulfonylalkylindoles

    Kohsuke Ohmatsu, Yukino Furukawa, Daigo Nakaguro, Takashi Ooi

    Chem. Lett.   44 巻 ( 10 ) 頁: 1350-1352   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.150581

  17. Ligand-enabled multiple absolute stereocontrol in metal-catalysed cycloaddition for construction of contiguous all-carbon quaternary stereocentres 査読有り

    Kohsuke Ohmatsu, Naomichi Imagawa, Takashi Ooi

    Nature Chemistry   6 巻 ( 1 ) 頁: 47-51.   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/NCHEM.1796

  18. Asymmetric Alkylation of α-Cyanosulfones Catalyzed by Chiral 1,2,3-Triazolium Salts 招待有り 査読有り

    Kohsuke Ohmatsu, Yusuke Hakamata, Ayano Goto, Takashi Ooi

    Heterocycles   88 巻 ( 2 ) 頁: 1661-1666   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3987/COM-13-S(S)121

  19. Ligand-Controlled E/Z Selectivity and Enantioselectivity in Palladium-Catalyzed Allylation of Benzofuranones with 1,2-Disubstituted Allylic Carbonates 査読有り

    Kohsuke Ohmatsu, Mitsunori Ito, Takashi Ooi

    Chemical Communications   10 巻 ( 7 ) 頁: 4554-4557   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C3CC49338E

  20. In-Situ Generation of Ion-Paired Chiral Ligands: Rapid Identification of Optimal Ligand for Palladium-Catalyzed Asymmetric Allylation 査読有り

    Kohsuke Ohmatsu, Yoshiyuki Hara, Takashi Ooi

    Chemical Science   5 巻 ( 9 ) 頁: 3645-3650   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C4SC01032A

  21. Palladium-Catalyzed Asymmetric [3+2] Cycloaddition of 5-Vinyloxazolidinones with Imines Using Chiral Ammonium-Phosphine Hybrid Ligand 査読有り

    Kohsuke Ohmatsu, Shinya Kawai, Naomichi Imagawa, Takashi Ooi

    ACS Catalysis   4 巻 ( 12 ) 頁: 4304-4306   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/cs501369z

  22. Exploiting the Modularity of Ion-Paired Chiral Ligands for Palladium-Catalyzed Enantioselective Allylation of Benzofuran-2(3H)-ones 査読有り

    Kohsuke Ohmatsu, Mitsunori Ito, Tomoatsu Kunieda, Takashi Ooi

    Journal of the American Chemical Society   135 巻 ( 2 ) 頁: 590–593   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja312125a

  23. Carbene Transfer from Triazolylidene Gold Complexes as a Potent Strategy for Inducing High Catalytic Activity 査読有り

    Daniel Canseco-Gonzalez, Ana Petronilho, Helge Mueller-Bunz, Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi, Martin Albrecht

    Journal of the American Chemical Society   135 巻 ( 35 ) 頁: 13193-13203   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja406999p

  24. Asymmetric Substitution at the Tetrasubstituted Chiral Carbon: Catalytic Ring-Opening Alkylation of Racemic 2,2-Disubstituted Aziridines with 3-Substituted Oxindoles

    Kohsuke Ohmatsu, Yuichiro Ando, Takashi Ooi

    J. Am. Chem. Soc.   135 巻 ( 50 ) 頁: 18706-18709.   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja411647x

  25. Catalytic Asymmetric Mannich-Type Reactions of α-Cyano α-Sulfonyl Carbanions 招待有り 査読有り

    Kohsuke Ohmatsu, Ayano Goto, Takashi Ooi

    Chemical Communications     2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C2CC32398B

  26. Catalytic Asymmetric Ring Openings of Meso and Terminal Aziridines with Halides Mediated by Chiral 1,2,3-Triazolium Silicates 査読有り

    Kohsuke Ohmatsu, Yuta Hamajima, Takashi Ooi

    Journal of the American Chemical Society   21 巻 ( 134 ) 頁: 8794-8797   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja3028668

  27. Ion-Paired Chiral Ligands for Asymmetric Palladium Catalysis 査読有り

    Kohsuke Ohmatsu, Mitsunori Ito, Tomoatsu Kunieda, Takashi Ooi

    Nature Chemistry   6 巻 ( 4 ) 頁: 473-477   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nchem.1311

  28. Chiral 1,2,3-Triazoliums as New Cationic Organic Catalysts with Anion-Recognition Ability: Application to Asymmetric Alkylation of Oxindoles 査読有り

    Kohsuke Ohmatsu, Mari Kiyokawa, Takashi Ooi

    Journal of the American Chemical Society   133 巻 ( 5 ) 頁: 1307-1309   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi/abs/10.1021/ja1102844

  29. Al Lewis acid-catalyzed regiodivergent 1,2-rearrangement of α-siloxy aldehydes: scope and mechanism 査読有り

    Kohsuke Ohmatsu, Takayuki Tanaka, Takashi Ooi, and Keiji Maruoka

    Tetrahedron   65 巻 ( 36 ) 頁: 7516-7522   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. *An “Anti-Baldwin" 3-Exo-Dig Cyclization: Preparation of Vinylidene Cyclopropanes from Electron-Poor Alkenes 査読有り

    Matthew J. Campbell, Patrick D. Pohlhaus, Geanna Min, Kohsuke Ohmatsu, Jeffrey S. Johnson

    Journal of the American Chemical Society   130 巻 ( 29 ) 頁: 9180-9181   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Stabilized carbanions undergo an uncommon 3-exodig cyclization onto propargyl halides through an SN2′ substitution. Propargyl iodides as electrophiles are necessary to achieve good yields (36-95%) for most substrates, although the usefulness of chlorides and bromides is documented. A variety of monocyclic and bicyclic vinylidene cyclopropanes can be prepared. These products are not available by standard carbene methodology.

  31. *Complete Switch of Migratory Aptitude in Aluminum-Catalyzed 1,2-Rearrangement of Differently α,α-Disubstituted α-Siloxy Aldehydes 査読有り

    Kohsuke Ohmatsu, Takayuki Tanaka, Takashi Ooi, Keiji Maruoka

    Angewandte Chemie International Edition   47 巻 ( 58 ) 頁: 5203-5206   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The regiodivergent 1,2-rearrangement of α-siloxy aldehydes bearing α-aryl and α-alkyl substituents into a-siloxy ketones has been realized by using different aluminum Lewis acid catalyst/solvent systems. The scope of this unprecedented protocol has been investigated
    with various substrates and clearly demonstrates its utility for the selective synthesis of two structural isomers from one substrate.

  32. Practical Stereoselective Synthesis of β-Branched α-Amino Acids through Efficient Kinetic Resolution in the Phase-Transfer-Catalyzed Asymmetric Alkylations 査読有り

    Takashi Ooi, Daisuke Kato, Koji Inamura, Kohsuke Ohmatsu, Keiji Maruoka

    Organic Letters   9 巻 ( 20 ) 頁: 3945-3948   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Phase-transfer-catalyzed alkylation of glycinate Schiff base with racemic secondary alkyl halides proceeded with excellent levels of syn- and enantioselectivities under the influence of chiral quaternary ammonium bromide and 18-crown-6. The alkylation product can be selectively converted to the corresponding anti isomer, allowing the preparation of all the stereoisomers of β-alkyl-α-amino acid derivatives, an extremely valuable chiral building block.

  33. *Catalytic Asymmetric Rearrangement of α,α-Disubstituted α-Siloxy Aldehydes to Optically Active Acyloins Using Axially Chiral Organoaluminum Lewis Acids 査読有り

    Takashi, Ooi, Kohsuke Ohmatsu, Keiji Maruoka

    Journal of the American Chemical Society   129 巻 ( 9 ) 頁: 2410-2411   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A catalytic asymmetric rearrangement of α,α-dialkyl-α-siloxy aldehydes has been developed based on the design of a stereochemically defined, axially chiral organoaluminum Lewis acid. The scope of this unprecedented stereoselective rearrangement has been investigated with representative substrates, in which impressive kinetic resolution of racemic, α,α-disubstituted α-siloxy aldehydes has also been achieved. These results clearly demonstrate the utility of the present approach for the catalytic enantioselective synthesis of various acyloins and tertiary α-hydroxy aldehydes not readily accessible by the previously known asymmetric methodologies.

  34. 4. Organoaluminum-mediated selective 1,2-rearrangement of γ,γ-disubstituted γ-amino α,β-unsaturated carbonyl compounds leading to unsymmetrically substituted pyrroles 査読有り

    Takashi Ooi, Kohsuke Ohmatsu, Hiroki Ishii, Akira Saito, Keiji Maruoka

    Tetrahedron Letters   45 巻 ( 51 ) 頁: 9315-9317   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    γ,γ-Dialkyl-γ-amino-,β-unsaturated carbonyl compounds were found to undergo selective skeletal rearrangement under the influence of modified organoaluminum Lewis acid to give unsymmetrically substituted pyrroles through the rapid Paal–Knorr type cyclization upon acidic hydrolysis. This new structural reorganization of amino carbonyl compounds triggered by the 1,2-alkyl shift provides a unique entry to the synthesis of pyrroles, an important class of heterocycles with diverse biological activities.

  35. Meerwein-Ponndorf-Verley alkynylation of aldehydes: Essential modification of aluminum alkoxides for rate acceleration and asymmetric synthesis 査読有り

    Takashi Ooi, Tomoya Miura, Kohsuke Ohmatsu, Akira Saito, Keiji Maruoka

    Organic and Biomolecular Chemistry   2 巻 ( 22 ) 頁: 3312-3319   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A novel carbonyl alkynylation has been accomplished based on utilization of the Meerwein–Ponndorf–Verley (MPV) reaction system. The success of the MPV alkynylation crucially depends on the discovery of the remarkable ligand acceleration effect of 2,2-biphenol. For example, the alkynylation of chloral (2c) with the aluminium alkoxide 6(R = Ph), prepared in situ from Me3Al, 2,2-biphenol and 2-methyl-4-phenyl-3-butyn-2-ol (1a) as an alkynyl source, proceeded smoothly in CH2Cl2 at room temperature to give the desired propargyl alcohol 3ca in almost quantitative yield after 5 h stirring. The characteristic feature of this new transformation involving no metal alkynides can be visualized by the fact that the alkynyl group bearing keto carbonyl was transferred successfully to aldehyde carbonyl without any side reactions on keto carbonyl. Although the use of (S)-1,1-bi-2-naphthol and its simple analogues was found to be unsuitable for inducing asymmetry in this reaction, design of new chiral biphenols bearing a certain flexibility of the biphenyl axis led to satisfactory results in terms of enantioselectivity as well as reactivity.

  36. Efficient asymmetric catalysis of chiral organoaluminum complex for enantioselective ene reactions of aldehydes 査読有り

    Takashi Ooi, Kohsuke Ohmatsu, Daisuke Uraguchi, and Keiji Maruoka

    Tetrahedron Letters   45 巻 ( 23 ) 頁: 4481-4484   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Chiral organoaluminum complex 1 efficiently catalyzed the asymmetric hetero-ene reaction of commercially available 2-methoxypropene with aldehydes under mild conditions to give the corresponding β-hydroxymethyl ketones in good to excellent chemical yields with high enantiomeric excesses. The asymmetric catalysis of 1 was further applied to the carbonyl addition of methallylsilanes, where exclusive formation of the optically active allylic silanes was achieved.

  37. Isopropoxyaluminum 1,1'-biphenyl-2-oxy-2'-perfluorooctanesulfonamide as a catalyst for Tishchenko reaction 査読有り

    Takashi Ooi, Kohsuke Ohmatsu, Kouji Sasaki, Tomoya Miura, Keiji Maruoka

    Tetrahedron Letters   44 巻 ( 15 ) 頁: 3191-3193   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Isopropoxyaluminum 1,1′-biphenyl-2-oxy-2′-perfluorooctanesulfonamide has been evaluated as an aluminum-based catalyst for the Tishchenko reaction. This compound was found to exert high catalytic activity in the reaction with aliphatic aldehydes and also enabled smooth dimerization of enolizable aldehydes. This advantage was highlighted by the quantitative formation of ethyl acetate from acetaldehyde by the present system.

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. Aluminum Alkoxides and Phenoxides, Aluminum Amides

    Kohsuke Ohmatsu, Takashi Ooi( 担当: 共著)

    Georg Thieme Verlag KG  2011年  ( ISBN:9783131643216

     詳細を見る

    記述言語:英語

講演・口頭発表等 16

  1. Design of Modular Chiral Ionic Catalysts for Asymmetric Reactions 招待有り 国際会議

    Kohsuke Ohmatsu

    Shibasaki Corokium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月30日

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Tokyo   国名:日本国  

  2. イオン対の特性を活かした不斉触媒の設計と機能創出 招待有り

    大松 亨介

    東京農工大学若手講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月15日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  3. Design of Small Molecules for Chemistry and Biology 招待有り

    Kohsuke Ohmatsu

    The 2nd CSRS-ITbM Joint Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月7日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  4. Chiral 1,2,3-Triazolium Salts for Catalytic Asymmetric Reactions 招待有り

    Kohsuke Ohmatsu

    Cutting-Edge of Organocatalysts at The 95th CSJ Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  5. Asymmetric Synthesis of Chiral Small Molecules Containing Contiguous All-Carbon Quaternary Stereocenters 招待有り

    Kohsuke Ohmatsu

    The 2nd International Symposium on Transformative Bio-Molesules 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月12日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  6. 光学活性1,2,3-トリアゾリウム塩の創製と触媒的不斉合成への応用

    大松亨介

    有機分子触媒による未来型分子変換  第1回有機分子触媒 若手セミナー  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月8日 - 2012年9月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. Chiral 1,2,3-Triazolium Salts for Catalytic Asymmetric Reactions 国際会議

    Kohsuke Ohmatsu

    The 1st Nagoya Symposium on Green Synthesis & Catalysis  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  8. α-シロキシアルデヒドの1,2-転位反応における位置選択性の逆転

    大松亨介、田中隆行、大井貴史、丸岡啓二

    日本化学会第88春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. Aluminum-Catalyzed Selective 1,2-Rearrangement of alpha,alpha-Disubstituted alpha-Siloxy Aldehydes 国際会議

    14th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis (OMCOS14) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  10. Catalytic Asymmetric 1,2-Rearrangement of alpha,alpha-Disubstituted alpha-Siloxy Aldehydes with Designer Axially Chiral Organoaluminum Lewis Acids

    International Conference on Asymmetric Organocatalysis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  11. 光学活性有機アルミニウムルイス酸を用いる新規触媒的不斉1,2-転位反応の開発

    大松亨介、大井貴史、丸岡啓二

    日本化学会第87春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. 光学活性有機アルミニウムルイス酸を用いる新規触媒的不斉1,2-転位反応の開発

    日本化学会第86春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. Chiral Organoaluminum-Catalyzed 1,2-Rearrangement of alpha,alpha-Disubstituted alpha-Siloxy Aldehydes 国際会議

    The 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2005) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  14. 高活性アルミニウムルイス酸を用いたγ,γ-ジアルキル-γ-アミノ-α,β-不飽和カルボニル化合物の骨格転位反応

    大松亨介、大井貴史、丸岡啓二

    日本化学会第85春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. 光学活性有機アルミニウム触媒を用いる不斉エン反応の開発

    大松亨介、浦口大輔、大井貴史、丸岡啓二

    日本化学会第84春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. 新規Meerwein-Ponndorf-Verley-Oppenauer(MPVO)触媒のTishchenko反応への適用

    大松亨介、佐々木弘司、三浦智也、大井貴史、丸岡啓二

    日本化学会第83春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

科研費 4

  1. 励起状態の活用にもとづくイオン性中間体の発生と反応開発

    研究課題/研究課題番号:18K19073  2018年06月 - 2020年03月

    挑戦的研究(萌芽)

    大松 亨介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6240000円 ( 直接経費:4800000円 、 間接経費:1440000円 )

    可視光照射下、シリルエノールエーテルの一電子酸化によって生じるラジカルカチオンが非常に強い酸として振る舞うことを発見し、シリルエノールエーテルのアリル位-Hアルキル化反応を開発した。本反応は、シリルエノールエーテルのケイ素上の置換基にはほとんど依存せず、ラジカル受容体であるオレフィンも含めて広範な基質が適用可能であり、複雑な天然物誘導体の位置選択的な官能基化にも応用できる。また、基質適用範囲を実験的に検証すると同時に、計算化学的手法による基質と収率の相関解明にも取り組み、発生するアリルラジカルのアリル位のスピン密度の大きさが付加段階の活性化エネルギーに影響することを突き止めた。
    ラジカルカチオンの高い酸性度を改めて明示し、適切な触媒を用いることでメソリティック開裂によるフリーラジカルの生成過程を制御できることを実証した点で、有機化学分野に有益な知見を与えることができた。この知見をもとに様々な反応開発が可能になることから、萌芽的研究としての役割を十分に果たしたと考えられる。また、開発した反応は、従来変換困難であった位置での結合形成を可能にするため、天然物や医薬品などの複雑化合物の新規誘導体の提供につながると期待される。

  2. 双性イオン型トリアゾリウムアミデートの分子設計とラジカル触媒機能の創出

    研究課題/研究課題番号:18H01972  2018年04月 - 2021年03月

    大松 亨介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    前年度開発したトリアゾリウムアミデートの水素原子移動(HAT)触媒機能を追究すると同時に、その機能を活かした炭化水素化合物の効率的C-H変換反応を開発した。N-ベンゾイルまたはN-ピバロイル基を有する2種類のトリアゾリウムアミデートを合成し、酸化電位の測定や共役酸のBDEの算出、1電子酸化過程の速度を算出した。その結果、N-ピバロイル基を有するアミドのBDEは101.7 kcal/molであり、N-ベンゾイル体の100.2 kcal/molより大きい値であることが分かった。また2種のアミデートが光触媒によって一電子酸化される速度定数は、いずれも拡散速度定数に近い値となることを確認した、これらの結果から、N-ピバロイル基を有するアミデートがより強力なHAT触媒として働くと期待したが、予想に反して、N-ピバロイル体は非常に低活性であり、N-ベンゾイル基を有する触媒の方が高い活性を示した。この結果は、HATの遷移状態に立体効果が大きく影響することを示唆している。
    また、アミデートの共役酸は比較的高い酸性度を有し、アニオン中間体のプロトン化を制御する能力があることが分かった。具体的にはN-Bocピロリジンとαフェニルアクリレートを基質とするラジカル付加反応において、トリアゾリウムアミデートを用いた場合のみ高ジアステレオ選択的に反応が進行することを見出した。N-Bocピロリジンの水素引き抜きに続くラジカル付加によってαカルボニルラジカルが生じ、さらに1電子還元が進行することでエノラート中間が生成するが、このアニオンのプロトン化をアミデートの共役酸が担うことで、高い立体選択性が発現していることが示唆された。
    実績の概要欄記載の通り双性イオン型トリアゾリウムアミデートを用いた効率的な水素原子移動反応を実現することに成功しており、研究は順調に進展したと言える。また、トリアゾリウムアミデートの類縁体を多数合成し、構造活性相関を実施した結果から、本触媒のユニークな特性が示唆されている。ここで得られた知見を活かすことで、分子構造に由来する特徴的な機能を活かした反応開発に展開できると考えている。
    また、キラルなトリアゾリウムアミデートの開発には大きな進展がないが、一方で、N-ベンゾイルトリアゾリウムアミデートに代わる高性能なHAT触媒の開発が進んでいる。HAT反応における最大の課題である反応位置制御を担い得る触媒であり、最終年度の研究によって改良を重ねることで、先例のない高難度な位置選択的C-H変換反応を実現できる。
    HATの位置制御を最終年度の中心的課題として、この解決に資する触媒分子の開発に注力する。すでに端緒となる実験結果を得ており、触媒の基本骨格が定まっている状況にある。そのため、位置選択性の向上を目指した触媒分子の構造修飾が、具体的に行う研究内容になる。トリアゾリウムアミデートは潜在的に幅広い構造多様性を備えているが、本研究で計画する触媒分子を開発するためには新しい合成法の確立が不可欠であり、その検討から開始する。また、位置制御に有効な触媒を発見した段階で、極性官能基を有する化合物や生物活性化合物に代表される複雑分子を基質とした触媒反応の検討も行う。さらに、いくつかの反応で期待する位置選択性を実現できれば、HAT触媒反応を遷移金属触媒との協働によるC-Hアリール化等の様々な反応へと拡張し、アミデート触媒の適用性を実証する。さらに、得られる生成物の生物活性試験を行うことで、開発した反応が異分野にも貢献し得ることを明らかにする。

  3. イオン対の活用にもとづく超分子キラル反応場の創出

    研究課題/研究課題番号:16H01015  2016年04月 - 2018年03月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    大松 亨介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:5980000円 ( 直接経費:4600000円 、 間接経費:1380000円 )

    1,2,3-トリアゾールを主骨格とするアニオン捕捉型キラル分子を創製し、アキラルな酸との会合体の触媒機能評価に取り組んだ。さらに、組み合わせる酸を変更することで触媒の酸性度を調節できるという特徴を活かした反応開発を行った。アニオン捕捉分子として、C2対称構造をもつビス(アミド-1,2,3-トリアゾール)を合成し、反応制御に適切な酸性度の調節が必要なNスルホニルイミンへのインドールの付加反応をモデルとして触媒の機能評価を行った。ビストリアゾールとTfOHの1:1混合物を触媒として反応を実施したところ、目的の付加体が中程度の収率とエナンチオ選択性で得られ、同時にインドールが2分子付加した副生成物が生じた。副生成物は酸による目的生成物からのスルホンアミドの脱離を起点として生じるため、この経路を抑制するためには、触媒の酸性度を弱めることが効果的であると考えた。実際、組み合わせるアキラルな酸を比較的酸性度の低いものに変更することで、期待通り副生成物の生成を抑えることに成功した。キラルビストリアゾールとアキラルな酸との会合挙動について調べるため、1H NMRを用いた滴定実験やJob Plotの作成を行ったところ、ビストリアゾールと酸は1:2の会合体を形成し得ることや、ビストリアゾールのアミドプロトンはアニオンとの水素結合に関与しないことが示唆された。さらに各種比較実験の結果から、1:1会合体がより高い選択性を与えることや、アミド基は反応の促進と立体制御に重要であることが明らかになった。以上の知見をもとに反応条件の最適化とアミド基上の置換基修飾を重点的に検討した結果、標的とする付加反応を高収率かつ高エナンチオ選択的に進行させることに成功し、新たに開発した超分子型キラル酸触媒の力量を明示した。
    29年度が最終年度であるため、記入しない。
    29年度が最終年度であるため、記入しない。

  4. 連続不斉四級炭素をもつ擬天然生理活性化合物の創製を指向した精密迅速合成

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    大松 亨介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    不斉四級炭素が連続した骨格を有する分子を完璧な立体選択性で合成することは、現在の触媒的不斉合成を駆使しても極めて困難である。そのため、連続不斉四級炭素をもつ複雑なキラル化合物群の機能(生理活性等)に関する研究は、依然として未開拓のままである。もし、これまで合成困難であったキラル骨格を簡単かつ短工程で構築する手法を開発できれば、医薬をはじめとする新機能性物質の探索研究は飛躍的に進展する。本研究では、申請者が独自に開発してきた高機能で多様性に富んだ不斉触媒群を武器に、この目標を実現する。とくに多連続不斉四級炭素骨格の効率的構築法を開発し、擬天然生理活性化合物群の精密迅速合成を達成する。

産業財産権 2

  1. 1,2,3-トリアゾリウム塩

    大井貴史,大松亨介

     詳細を見る

    出願番号:特願2010-229144  出願日:2010年10月8日

    出願国:国内  

  2. ホスフィン複合配位子

     詳細を見る

    出願番号:特願2010- 55043  出願日:2010年3月11日

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 6

  1. 有機化学III

    2016

  2. 基礎化学実験

    2016

  3. 有機合成化学

    2016

  4. 基礎セミナーA

    2014

  5. 有機化学実験第2

    2011

  6. 有機化学実験第1

    2011

▼全件表示