2024/05/02 更新

写真a

マルヤマ ヒサタカ
丸山 央峰
MARUYAMA, Hisataka
所属
大学院工学研究科 マイクロ・ナノ機械理工学専攻 マイクロ・ナノシステム 准教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 機械・航空宇宙工学科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2007年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 1

  1. マイクロ・ナノロボティクス

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 知能機械学・機械システム

現在の研究課題とSDGs 2

  1. オプト・ケモロボットを用いたマルチスケール細胞解析システム

  2. 超リアル手術シミュレーションのためのハイドロゲル生体モデル

経歴 18

  1. 名城大学   理工学研究科   非常勤講師

    2022年4月 - 2023年3月

  2. 中部大学   工学部   非常勤講師

    2022年4月 - 2023年3月

  3. 中部大学   工学部   非常勤講師

    2021年4月 - 2022年3月

  4. 名城大学   理工学研究科   非常勤講師

    2021年4月 - 2022年3月

  5. 名城大学   理工学研究科   非常勤講師

    2020年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 中部大学   工学部   非常勤講師

    2020年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名城大学   理工学研究科   非常勤講師

    2019年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 中部大学   工学部   非常勤講師

    2019年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 中部大学   工学部   非常勤講師

    2018年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 名城大学   理工学研究科   非常勤講師

    2018年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 名城大学   理工学研究科   非常勤講師

    2017年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  12. 中部大学   工学部   非常勤講師

    2017年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  13. 名城大学   理工学研究科   非常勤講師

    2016年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  14. 中部大学   工学部   非常勤講師

    2016年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  15. 名古屋大学 准教授

    2013年7月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  16. 名古屋大学,助教

    2010年4月 - 2013年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  17. 東北大学 助教

    2008年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  18. 研究員

    2007年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   工学研究科   マイクロ・ナノシステム工学専攻

    2004年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   工学部   機械・航空工学科

    1998年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. IEEE

  2. 日本機械学会

  3. 日本ロボット学会

  4. 化学とマイクロ・ナノシステム研究会

  5. 計測自動制御学会

委員歴 37

  1. General affair char  

    2024年3月 - 2024年11月   

  2. 2024 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems   Editor  

    2024年3月 - 2024年11月   

  3. 2024 IEEE International Conference on Cyborg and Bionic Systems   Program Chair  

    2024年1月 - 2024年11月   

  4. 日本機械学会東海支部   運営委員  

    2023年3月 - 2024年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 2023 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems   Editor  

    2023年2月 - 2023年11月   

  6. Robomech2023実行委員会   市民企画担当  

    2022年9月 - 2023年6月   

  7. 計測自動制御学会中部支部   庶務幹事  

    2021年7月 - 2023年1月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  8. TC1 Nanorobotics and nanomanufacturing TC chair  

    2014年4月 - 2021年6月   

  9. General affair char  

    2023年4月 - 2023年11月   

  10. 2023 IEEE/SICE International Symposium on System Integration   Associate Editor  

    2022年9月 - 2023年1月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  11. General affair char  

    2022年4月 - 2022年11月   

  12. 2022 IEEE/SICE International Symposium on System Integration   Associate Editor  

    2021年9月 - 2022年1月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  13. General affair char  

    2021年4月 - 2021年11月   

  14. 2021 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems   Associate Editor  

    2021年2月 - 2022年10月   

  15. 2021 IEEE International Conference on Robotics and Automation   Associate Editor  

    2020年10月 - 現在   

  16. Conference Administration Co-Chair  

    2020年4月 - 2021年3月   

  17. General affair char  

    2020年4月 - 2021年3月   

  18. 日本機械学会2020年度年次大会   実行委員  

    2020年4月 - 2021年3月   

  19. 2020 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems   Associate Editor  

    2020年2月 - 2020年   

  20. 2020 IEEE International Conference on Cyborg and Bionic Systems   Associate Editor  

    2020年   

  21. MHS2019実行委員会   General affair char  

    2019年4月 - 現在   

  22. 2019 International Conference on Robotics and Automation   Associate Editor  

    2019年3月 - 2019年   

  23. 2020 IEEE/SICE International Symposium on System Integration   Associate Editor  

    2019年 - 2020年   

  24. MHS2018実行委員会   General affair char  

    2018年4月 - 2019年3月   

  25. Secretariat  

    2018年4月 - 2019年3月   

  26. MHS2017実行委員会   General affair char  

    2017年4月 - 2018年3月   

  27. 2018 IEEE International Conference on Cyborg and Bionic Systems   Associate Editor  

    2017年 - 2018年   

  28. MHS2016実行委員会   General affair char  

    2016年4月 - 2017年3月   

  29. IEEE NANO 2016実行委員会   Secretary  

    2016年4月 - 2017年3月   

  30. IEEE Robotics and Automation Society Japan Joint Chapter   Secretary  

    2015年4月 - 2017年3月   

  31. MHS2015実行委員会   General affair char  

    2015年4月 - 2016年3月   

  32. SI2015実行委員会   実行委員会幹事  

    2015年4月 - 2016年3月   

  33. 日本ロボット学会   日本ロボット学会誌査読小委員  

    2015年4月 - 2016年3月   

  34. General Affair Co-Chairs  

    2014年11月   

  35. MHS2013実行委員会   Local Arrangement Chair  

    2013年11月   

  36. LIFE2012 実行委員会   実行委員  

    2012年11月   

  37. Local arrangement chair  

    2012年11月   

▼全件表示

受賞 28

  1. 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ベストプレゼンテーション表彰

    2023年6月   日本機械学会   ハイドロゲルのマイクロ3次元造形を用いた光環境マイクロセンサの作製

    丸山央峰

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. Best Paper Awards

    2022年11月   IEEE   High-speed liquid exchange using a 3D printed probe with dual pumps

    Xu Du, Shingo kaneko, Hisataka Maruyama, Hirotaka Sugiura, Fumihito Arai

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. 特別功労賞(2020年度年次大会実行委員)

    2021年3月   日本機械学会東海支部  

    丸山央峰

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. 第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 優秀講演賞

    2020年12月   計測自動制御学会システムインテグレーション部門  

    丸山央峰,新井史人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  5. Best Paper Awards

    2019年12月   IEEE   Assembly and Monitoring of Modular Tissue Structure of Micro-Fibers

    Zhaoyu Wang, Taisuke Masuda, Ruixuan Weng, Hisataka Maruyama, Fumihito Arai

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  6. Robomech表彰

    2019年6月   日本機械学会   バイオニックセンサ ―バイオニックヒューマノイドのセンシング技術―

    新井史人,益田泰輔, 小俣誠二,丸山央峰,佐久間臣耶,室崎 裕一,河野英駿,原田香奈子,光石衛

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  7. Robomech表彰

    2018年6月   日本機械学会   バイオニックヒューマノイド: 光弾性応力センサを有する生体模倣網膜モデル

    丸山央峰,椿雅樹,益田泰輔,小俣誠二,新井史人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  8. 文部科学大臣表彰若手科学者賞

    2018年4月   文部科学省   光操作・計測技術を利用した単一細胞解析に関する研究

    丸山央峰

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  9. 優秀講演賞

    2018年2月   計測自動制御学会SI部門   複数の波長により機能制御可能な光駆動マイクロロボット

    丸山央峰,登森 勇介,益田泰輔,新井 史人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  10. Best Poster Award

    2017年11月   IEEE   Manipulation and Injection of a Specific magnetic Nanosensor using Optical Zeta Potential Control and Local Laser Heating

    Hairulazwan Hashim, Hisataka Maruyama, Taisuke Masuda, Fumihito Arai

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  11. 優秀研究賞

    2017年5月   化学とマイクロ・ナノシステム学会   光環境センサを用いた三次元組織内酸素分布計測

    丸山央峰、秋田祐甫、益田泰輔、小俣誠二、新井史人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  12. 奨励賞

    2017年4月   日本機械学会   単一細胞解析のためのマイクロ・ナノ操作・計測システムの研究

    丸山央峰

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  13. Best Paper Oral Award

    2016年7月   IEEE   Optical heating of metallic nanoparticles for fast injection of nanoscale sensor into living cells

    Jing Zhong, Hengjun Liu, Hisataka Maruyama, Fumihito Arai

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:イタリア共和国

  14. 社団法人日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ベストプレゼンテーション表彰

    2013年   日本機械学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  15. Best Paper Award

    2011年9月   The First International Conference on Manipulation, Manu­facturing and Measurement on the Nanoscale  

     詳細を見る

    受賞国:中華人民共和国

  16. Early Career Award

    2011年5月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  17. 第11回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 優秀講演賞

    2010年12月   計測自動制御学会システムインテグレーション部門  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  18. NANOKOREA AWARD (Certificate of Merit)

    2010年8月   Korea Nano Technology Research Society  

     詳細を見る

    受賞国:大韓民国

  19. 第10回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 優秀講演賞

    2009年   計測自動制御学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  20. 社団法人日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ベストプレゼンテーション表彰

    2009年   日本機械学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  21. 2008 IEEE International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science Best paper Award

    2008年   IEEE  

  22. 2008 IEEE International Conference on Robotics and Automation Best Automation Award

    2008年   IEEE  

  23. 2008 IEEE International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science Best Poster Award

    2008年   IEEE  

  24. The 2007 International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science Best Poster Award

    2007年   IEEE  

  25. 第15回化学とマイクロ・ナノシステム研究会 ベストポスター賞

    2007年   化学とマイクロ・ナノシステム研究会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  26. 第22回日本ロボット学会学術講演会 研究奨励賞

    2005年   日本ロボット学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  27. 2005 IEEE International Conference on Robotics and Automation IEEE Robotics and Automation Society Japan Chapter Young Award

    2005年   IEEE  

  28. IEEE, 2004 IEEE International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science Best Paper Award

    2004年   IEEE  

▼全件表示

 

論文 50

  1. Exploring the Effects of Doll Therapy on Cerebral Blood Flow in Young Adult Women: A Preliminary Study 査読有り

    Eiko Takano, Kei Ito, Shota Suzumura, Yoko Nagakawa, Atsushi Tsukahara, Hisataka Maruyama, Isao Makino and Izumi Kondo

    Gerontology & Geriatrics Studies     2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. 46. Instantaneous extracellular solution exchange for concurrent evaluation of membrane permeability of single cells 査読有り

    Shingo Kaneko, Sugiura Hirotaka, Masaru Tsujii, Hisataka Maruyama, Nobuyuki Uozumi, Fumihito Arai

    Lab on a Chip   24 巻   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Integration of Microfluidic Chip and Probe with a Dual Pump System for Measurement of Single Cells Transient Response

    Du Xu, Kaneko Shingo, Maruyama Hisataka, Sugiura Hirotaka, Tsujii Masaru, Uozumi Nobuyuki, Arai Fumihito

    MICROMACHINES   14 巻 ( 6 )   2023年6月

     詳細を見る

  4. Weight Illusion Caused by Sinusoidal Vibration Correlates with Grip Force Adjustment 査読有り

    Kim Giryeon, Okamoto Shogo, Maruyama Hisataka

    APPLIED SCIENCES-BASEL   13 巻 ( 4 )   2023年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/app13042717

    Web of Science

  5. Dynamic Deformation Measurement of an Intact Single Cell via Microfluidic Chip with Integrated Liquid Exchange. 査読有り

    Xu Du, Di Chang, Shingo Kaneko, Hisataka Maruyama, Hirotaka Sugiura, Masaru Tsujii Nobuyuki Uozumi, Fumihito Arai

    Engineering     2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.eng.2022.08.020.

  6. Fluorescence oxygen sensor array for non-contact and rapid measurement of oxygen consumption rate of single oocyte 招待有り 査読有り

    Hisataka Maruyama, Fumihito Arai

    Communications in Information and Systems   22 巻 ( 4 ) 頁: 459 - 475   2023年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. HIGH-SPEED AND PINPOINT LIQUID EXCHANGE ON MICROFLUIDIC CHIP USING 3D PRINTED DOUBLE-BARRELED MICROPROBE WITH DUAL PUMPS

    Du Xu, Kaneko Shingo, Maruyama Hisataka, Sugiura Hirotaka, Arai Fumihito

    2023 IEEE 36TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MICRO ELECTRO MECHANICAL SYSTEMS, MEMS     頁: 99 - 102   2023年

  8. 45. User Experience of Older People While Using Digital Health Technologies: A Systematic Review 査読有り

    Eiko Takano, Hisataka Maruyama, Tetsuta Takahashi, Kouki Mori, Kota Nishiyori, Yoshifumi Morita, Toshio Fukuda, Izumi Kondo, Yutaka Ishibashi

    Applied Science   13 巻   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Fluorescence oxygen sensor array for non-contact and rapid measurement of oxygen consumption rate of single oocyte

    Maruyama Hisataka, Arai Fumihito

    COMMUNICATIONS IN INFORMATION AND SYSTEMS   22 巻 ( 4 ) 頁: 459 - 475   2022年

     詳細を見る

  10. Microfluidic Bioreactor Made of Cyclo-Olefin Polymer for Observing On-Chip Platelet Production 査読有り

    Kumon Hiroki, Sakuma Shinya, Nakamura Sou, Maruyama Hisataka, Eto Koji, Arai Fumihito

    MICROMACHINES   12 巻 ( 10 )   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3390/mi12101253

    Web of Science

  11. Weakening of resistance force by cell-ECM interactions regulate cell migration directionality and pattern formation 査読有り

    Hagiwara Masaya, Maruyama Hisataka, Akiyama Masakazu, Koh Isabel, Arai Fumihito

    COMMUNICATIONS BIOLOGY   4 巻 ( 1 )   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s42003-021-02350-4

    Web of Science

  12. Evaluating Young's Modulus of Single Yeast Cells Based on Compression Using an Atomic Force Microscope with a Flat Tip 査読有り

    Chang Di, Hirate Takahiro, Uehara Chihiro, Maruyama Hisataka, Uozumi Nobuyuki, Arai Fumihito

    MICROSCOPY AND MICROANALYSIS   27 巻 ( 2 ) 頁: 392 - 399   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1017/S1431927620024903

    Web of Science

  13. Injection of a Fluorescent Microsensor into a Specific Cell by Laser Manipulation and Heating with Multiple Wavelengths of Light

    Maruyama Hisataka, Hashim Hairulazwan, Yanagawa Ryota, Arai Fumihito

    2020 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTICS AND AUTOMATION (ICRA)     頁: 3437 - 3442   2020年

     詳細を見る

  14. Hydrogel Fluorescence Microsensor with Fluorescence Recovery for Prolonged Stable Temperature Measurements 査読有り

    Hairulazwan Hashim, Hisataka Maruyama, Yusuke Akita, Fumihito Arai

    Sensors   19 巻 ( 12 ) 頁: 5247(13 pages)   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Hydrogel Heart Model with Temperature Memory Properties for Surgical Simulation

    Maruyama Hisataka, Yokota Yuki, Hosono Keisuke, Arai Fumihito

    SENSORS   19 巻 ( 5 )   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/s19051102

    Web of Science

  16. OPTICAL MEASUREMENT OF PRINCIPAL STESS ON RETINAL MODEL USING DIGITAL IMAGE CORRELATION FOR VITREORETINAL SURGERY SIMULATOR

    Maruyama Hisataka, Tsubaki Masaki, Okuda Kazuma, Omata Seiji, Masuda Taisuke, Arai Fumihito

    2019 20TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOLID-STATE SENSORS, ACTUATORS AND MICROSYSTEMS & EUROSENSORS XXXIII (TRANSDUCERS & EUROSENSORS XXXIII)     頁: 2225 - 2226   2019年

  17. Influenza virus replication raises the temperature of cells

    Maruyama Hisataka, Kimura Takahiro, Liu Hengiun, Ohtsuki Sumio, Miyake Yukari, Isogai Masashi, Arai Fumihito, Honda Ayae

    VIRUS RESEARCH   257 巻   頁: 94-101   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.virusres.2018.09.011

    Web of Science

  18. Three-Dimensional Blood Vessel Model with Temperature-Indicating Function for Evaluation of Thermal Damage during Surgery 査読有り

    Takeshi Hayakawa, Hisataka Maruyama, Takafumi Watanabe, Fumihito Arai

    Sensors   18 巻 ( 2 )   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.3390/s18020345

  19. Application of an indicator-immobilized-gel-sheet for measuring the pH surrounding a calcium phosphate-based biomaterial

    Masuda Taisuke, Maruyama Hisataka, Arai Fumihito, Anada Takahisa, Tsuchiya Kaori, Fukuda Toshio, Suzuki Osamu

    JOURNAL OF BIOMATERIALS APPLICATIONS   31 巻 ( 9 ) 頁: 1296-1304   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/0885328217699108

    Web of Science

  20. Polymer-based blood vessel models with micro-temperature sensors in EVE

    Mizoshiri Mizue, Ito Yasuaki, Hayakawa Takeshi, Maruyama Hisataka, Sakurai Junpei, Ikeda Seiichi, Arai Fumihito, Hata Seiichi

    NANOSENSORS, BIOSENSORS, INFO-TECH SENSORS AND 3D SYSTEMS 2017   10167 巻   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1117/12.2265050

    Web of Science

  21. Manipulation and Immobilization of a Single Fluorescence Nanosensor for Selective Injection into Cells 査読有り

    H. Hashim, H. Maruyama, T. Masuda, F. Arai

    Sensors   16 巻   頁: 2041   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Laser-driven gel microtool for single-cell manipulation based on temperature control with a photothermal conversion material 査読有り

    T. Hayakawa, M. Kikukawa, H. Maruyama, F. Arai

    Applied Physics Letters   109 巻   頁: 25410   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. The Influence of Virus Infection on the Extracellular pH of the Host Cell Detected on Cell Membrane 査読有り

    H. Liu H. Maruyama T. Masuda A. Honda F. Arai

    Frontiers in Microbilogy   7 巻   頁: 1127-1-8   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Vibration-assisted optical injection of a single fluorescent sensor into a target cell 査読有り

    Liu, Hengjun, Hisataka Maruyama, Taisuke Masuda, Fumihito Arai

    SENSORS AND ACTUATORS B-CHEMICAL   20 巻   頁: 40-49   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.snb.2015.04.135

  25. Avian Influenza Virus Infection of Immortalized Human Respiratory Epithelial Cells Depends upon a Delicate Balance between Hemagglutinin Acid Stability and Endosomal pH 査読有り

    T. Daidoji, Y. Watanabe, M. S Ibrahim, M. Yasugi, H. Maruyama, T. Masuda, F. Arai, T. Ohba, A. Honda, K. Ikuta, T. Nakaya

    Journal of Biological Chemistry   290 巻   頁: 10627 - 10642   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Virus Enrichment for Single Virus Infection by Using 3D Insulator Based Dielectrophoresis 査読有り

    Taisuke Masuda, Hisataka Maruyama, Ayae Honda, Fumihito Arai

    PLOSONE     2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1371/journal.pone.0094083

  27. Temperature Changes in Brown Adipocytes Detected with a Bimaterial Microcantilever 査読有り

    Masaaki K. Sato , Masaya Toda , Naoki Inomata , Hisataka Maruyama , Yuko Okamatsu-Ogura , Fumihito Arai , Takahito Ono , Akihiko Ishijima , Yuichi Inoue

    Biophysical Journal   106 巻 ( 11 ) 頁: 2458-2464   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Multi-fluorescent micro-sensor for accurate measurement of pH and temperature variations in micro-environments 査読有り

    Hengjun Liu, Hisataka Maruyama, Taisuke Masuda, Ayae Honda, Fumihito Araia

    Sensors and Actuators B   203 巻   頁: 54-62   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1016/j.snb.2014.06.079

  29. Fluorescent-Based Temperature Measurement with Simple Compensation of Photo-Degradation Using Hydrogel-Tool and Color Space Conversion 査読有り

    Hisataka Maruyama, Taisuke Masuda, Fumihito Arai

    Journal of Robotics and Mechatoronics   25 巻 ( 4 ) 頁: 596-602   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Evaluation of Thermal Conductivity of Single Carbon Nanotube in Air and Liquid Using 査読有り

    H.Maruyama, R.Kariya, and F.Arai

    Applied Physics Letters     頁: xxxx   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Aquaporin AqpZ Is Involved in Cell Volume Regulation and Sensitivity to Osmotic Stress in Synechocystis sp Strain PCC 6803 査読有り

    Akai, M, Onai, K, Morishita, M, Mino, H, Shijuku, T, Maruyama, H, Arai, F, Itoh, S, Hazama, A, Checchetto, V, Szabo, I, Yukutake, Y, Suematsu, M, Yasui, M, Ishiura, M, Uozumi, N

    JOURNAL OF BACTERIOLOGY   194 巻 ( 24 ) 頁: 6828-6836   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Functional characterization of K transporters in Synechocystis sp PCC 6803 査読有り

    Nanatani, K, Shijuku, T, Takano, Y ,Yamazaki, T, Zulkifli, L, Akai, M, Iitsuka, R, Matsumoto, H, Maruyama, Arai, F, Uozumi, N

    FEBS JOURNAL   279 巻   頁: 259-259   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Photoprocessible Hydrogel Microsensor for Local Environment Measurement on a Microfluidic Chip 査読有り

    Hisataka MaruyamaTomoyuki Otake Fumihito Ara

      16 巻 ( 5 ) 頁: 845-852   2011年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Nanomanipulation of single influenza virus using dielectrophoretic concentration and optical tweezers for single virus infection to a specific cell on a microfluidic chip 査読有り

    Hisataka Maruyama, Kyosuke Kotani, Taisuke Masuda, Ayae Honda, Tatsuro Takahata, Fumihito Arai

    Microfluidics and Nanofluidics   10 巻 ( 5 ) 頁: 1109-1117   2011年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Optical Adhesion Control of Hydrogel Microtools for On-Demand Immobilization and Measurement of Cells on a Microfluidic Chip 査読有り

    H. Maruyama, T. Fukuda, F. Arai

    J. Robotics and Mechatronics   22 巻 ( 5 ) 頁: 631-638   2010年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Size-Dependent Filtration and Trapping of Microparticles in a Microfluidic ChipUsing Graduated Gaps and Centrifugal Force 査読有り

    H. Maruyama, S. Sakuma, Y. Yamanishi, F. Arai

    Journal of Robotics and Mechatronics   22 巻 ( 3 ) 頁: 280-285   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Disposable Inkjet Mechanism for Microdroplet Dispensing 査読有り

    T. Mizunuma, Y. Yamanishi, S. Sakuma, H. Maruyama, F. Arai

    Journal of Robotics and Mechatronics   22 巻 ( 3 ) 頁: 341-347   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Massive Parallel Assembly of Microbeadsfor Fabrication of Microtools Having Spherical Structure and Powerful Manipulation by Optical Tweezers 査読有り

    H. Maruyama, R. Iitsuka, K. Ondam, F. Arai,

    Journal of Robotics and Mechatronics   22 巻 ( 3 ) 頁: 356-362   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Functional gel-microbead manipulated by optical tweezers for local environment measurement in microchip 招待有り 査読有り

    H. Maruyama, T. Fukuda, F. Arai

    Microfluidics and Nanofluidics   6 巻   頁: 383-389   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. 機能性マイクロツールのオンチップ作製と組み立てに関する研究 査読有り

    伊藤正樹, 丸山央峰, 中島正博, 福田敏男

    日本機械学会論文集(C編)   75 巻 ( 752 ) 頁: 194-199   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. On-Chip pH Measurement Using Functionalized Gel-Microbeads Positioned by Optical Tweezers 査読有り

    H. Maruyama, F. Arai, T. Fukuda

    Lab on a Chip   8 巻 ( 2 ) 頁: 346-351   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. 複数環境計測のための機能性ゲルツールのオンチップ作製 招待有り 査読有り

    丸山央峰, 新井史人, 伊藤正樹, 中島正博, 福田敏男

    日本ロボット学会誌   26 巻 ( 6 ) 頁: 583-589   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. On-Chip Microparticle Manipulation Using Disposable Magnetically Driven Microdevices 査読有り

    H. Maruyama, F. Arai, T. Fukuda

    Journal of Robotics and Mechatronics   18 巻 ( 3 ) 頁: 264-270   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. レーザトラップされた感熱性ゲルによるDNA分子のマニピュレーション 査読有り

    新井史人, 吉川慶一, 市川明彦, 丸山央峰, 福田敏男

    日本機械学会論文集(C編)   72 巻 ( 714 ) 頁: 464-470   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. On Chip Single-Cell Separation and Immobilization Using Optical Tweezers and Thermo Sensitive Hydrogel 査読有り

    F. Arai, Chinaik Ng, H. Maruyama, A. Ichikawa, Haitham El-Shimy, T. Fukuda

    Lab on a chip   5 巻 ( 12 ) 頁: 1399-1403   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Microfabrication and Laser Manipulation of Functional Microtool using In-Situ photofabrication 査読有り

    H. Maruyama, F. Arai, T. Fukuda

    Journal of Robotics and Mechatronics   17 巻 ( 3 ) 頁: 335-341   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Immobilization of individual cells by local photo polymerization on a chip 査読有り

    H. Maruyama, F. Arai, T. Fukuda, T. Katsuragi

    The Analyst   130 巻 ( 3 ) 頁: 304-310   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. 単一細胞の局所反応評価のためのオンチップ実験システム 査読有り

    新井史人,丸山央峰, 福田敏男,桂樹 徹

    日本機械学会論文集(C編)   70 巻   頁: 188 - 193   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Manipulation of Single Cell for Separation and Investigation

    Fumihito Arai, Akihiko Ichikawa, Hisataka Maruyama, Kouhei Motoo, Toshio Fukuda

    International J2ournal of ControlAutomation, and Systems   2 巻 ( 2 ) 頁: 135-143   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Pinpoint Injection of Microtools for Minimally Invasive Micromanipulation of Microbe by Laser Trap 査読有り

    Fumihito Arai, Hisataka Maruyama, Toshihiro Sakami, kihiko Ichikawa, Toshio Fukuda

    IEEE/ASME Transactions on Mechatronics   8 巻 ( 1 ) 頁: 3-9   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 7

  1. ロボット工学ハンドブック(第3版)

    丸山央峰( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第Ⅳ編 ロボット応用 12.1 マイクロロボティクスとは 12.6 〔事例〕光環境センサ搭載マイクロロボット)

    コロナ社  2023年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:1086   担当ページ:6   記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  2. 光操作・計測による単一細胞解析,月刊 細胞

    丸山央峰( 担当: 単著)

    ニューサイエンス社  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. 光技術コンタクト・バイオニックヒューマノイドによる医療革命

    原田香奈子,松永忠雄,芳賀洋一,光石衛,丸山央峰,新井史人( 担当: 共著)

    日本オプトメカトロニクス協会  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. Light Robotics - Structure-mediated Nanobiophotonics 1st Edition

    Hayakawa Takeshi, Maruyama Hisataka, Arai Fumihito( 担当: 共著 ,  範囲: Optically driven micro- and nanorobots)

    ELSEVIER  2017年  ( ISBN:978-0-7020-7096-9

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  5. 細胞の蛍光計測,細胞の特性計測・操作と応用

    丸山央峰( 担当: 単著)

    コロナ社  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  6. Nanorobotics: Current Approaches and Techniques

    新井史人,丸山央峰( 担当: 共著)

    2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  7. 細胞分離・操作技術の最前線

    ( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 128

  1. 光学式脈波センサ搭載歩行支援デバイスを用いた歩行中の脈拍数計測

    森孝貴、森山修、丸山央峰

    第24回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会  2023年12月16日  公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:朱鷺メッセ   国名:日本国  

  2. 微小生体物質操作のための光剛性可変マイクグリッパの作製

    丸山 央峰、山口義勝

    第24回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会  2023年12月15日  公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:朱鷺メッセ   国名:日本国  

  3. Walk-training Device Integrating Photoplethysmography Pulse Sensor in the Handle 国際会議

    Kouki Mori, Hisataka Maruyama

    MHS2023  2023年11月20日  Humanware Network Initiative

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  4. Optically-controlled Variable-stiffness Microgripper for Micromanipulation 国際会議

    Hisataka Maruyama, Yoshikatsu Yammaguchi

    MHS2023  2023年11月21日  Humanware Network Initiative

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  5. Contact Detection of Forceps for a Vitreoretinal Surgical Simulator Using Infrared Reflection Images of Forceps 国際会議

    Kenta Noda, Hisataka Maruyama

    MHS2023  2023年11月21日  Humanware Network Initiative

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  6. 105. Fabrication of Hydrogel Organ Model Mimicking Electrical Impedance for Evaluation of Communication between In-body and Out-of-body of In-body Cybernetic Avatar 国際会議

    Hisataka Maruyama, Du Jinhao, Daiki Ueda, Kento Kawahuku

    MHS2023  2023年11月20日  Humanware Network Initiative

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  7. 剛性可変マイクグリッパによる微小物体操作

    丸山央峰,山口義勝

    第41回 日本ロボット学会学術講演会  2022年9月12日  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  8. 光操作が可能なリファレンス機能を統合したメタル光環境マイクロセンサ

    丸山央峰、黒田樹生

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2023  2023年6月30日  日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月 - 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋国際会議場  

  9. 歩行支援デバイスに組込可能な光学式生体情報計測デバイス

    森孝貴、丸山央峰

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2023  2023年6月29日  日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月 - 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋国際会議場  

  10. 画像解析を用いた眼底手術訓練用網膜モデルへの鉗子の接触検出

    野田健太、丸山央峰

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2023  2023年6月29日  日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月 - 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋国際会議場  

  11. 熱インプリントによる精密レベリング機構を搭載したマイクロ3D造型システムによるハイドロゲル構造体

    丸山央峰、王健宇

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2023  2023年6月29日  日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月 - 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋国際会議場  

  12. 固液相転移性材料を用いた剛性可変マイクログリッパの作製

    丸山央峰、三輪拓夢

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2023  2023年6月30日  日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月 - 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋国際会議場  

  13. pH リファレンス機能統合のための多層メタル光環境センサの作製

    黒田樹生,丸山 央峰

    第23回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会  2022年12月14日  公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ   国名:日本国  

  14. Light-controlled microgripper with solid-liquid phase-transition tip 国際会議

    Hisataka Maruyama

    MHS2022  2022年11月30日  Humanware Network Initiative

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online   国名:日本国  

  15. High-speed liquid exchange using a 3D printed probe with dual pumps 国際会議

    Xu Du, Shingo Kaneko, Hisataka Maruyama, Hirotaka Sugiura, Fumihito Arai

    MHS2022  2022年11月30日  Humanware Network Initiative

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online   国名:日本国  

  16. Contact Detection between Forceps and Retinal Model Using Image Analysis for Ophthalmic Surgery Simulator 国際会議

    Kenta Noda, Hisataka Maruyama

    MHS2022  2022年11月30日  Humanware Network Initiative

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online   国名:日本国  

  17. Estimation of cauterization depth in hydrogel heart model having temperature memory and load measurement functions 国際会議

    Ryoma Yusaki, Hisataka Maruyama

    MHS2022  2022年11月30日  Humanware Network Initiative

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online   国名:日本国  

  18. Optically-Controlled Micromanipulation Using Variable Stiffness Microgripper Comprised of Photochromic Material 国際会議

    Hisataka Maruyama, Kazuya Honjo

    The 26th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences  2022年10月24日  CBMS

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hangzhou, China and Virtual   国名:中華人民共和国  

  19. 固液相転移性先端部を有する光制御マイクロ グリッパ

    丸山央峰

    第40回 日本ロボット学会学術講演会  2022年9月7日  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  20. ハイドロゲルのマイクロ3次元造形を用いた光環境マイクロセンサの作製

    丸山央峰,Jinayu Wang

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2022  2022年6月3日  日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:SORA 札幌コンベンションセンター  

  21. デジタル画像相関法を用いた眼底手術訓練用網膜モデルへの鉗子の接触検出

    野田健太,丸山央峰

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2022  2022年6月2日  日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:SORA 札幌コンベンションセンター  

  22. 温度メモリ・荷重計測機能を有する手術訓練用心臓モデルを用いた焼灼深さ推定

    湯崎遼真,丸山央峰

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2022  2022年6月2日  日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:SORA 札幌コンベンションセンター  

  23. 光制御剛性可変マイクログリッパを用いた微小物体操作

    本生和也,丸山央峰

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2022  2022年6月3日  日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:SORA 札幌コンベンションセンター  

  24. リファレンス機能統合ハイドロゲル光環境マイクロセンサのマイクロ 3D 光造形を用いた作製

    丸山 央峰,王 健宇

    第22回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会  公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  25. Unconstrained Pulse Measurement Using QCR Load Sensor with Pressure Propagation Mechanism Installed in Handle of Walk Training Robot 国際会議

    Mikito Ogusu, Hisataka Maruyama, Shiro Watanabe, Hirotaka Sugiura, Fumihito Arai

    MHS2021  2021年12月8日  Humanware Network Initiative

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online   国名:日本国  

  26. Microgripper Using Photochromic Material with Solid-Liquid Phase Transition 国際会議

    Kazuya Honjo, Hisataka Maruyama

    MHS2021  2021年12月6日  Humanware Network Initiative

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online   国名:日本国  

  27. Composite Fluorescent Microsensor with a Reference Function for pH Measurement in the Microenvironment 国際会議

    Hisataka Maruyama Wang Jianyu

    MHS2021  2021年12月6日  Humanware Network Initiative

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online   国名:日本国  

  28. 固液相転移性フォトクロミック材料を用いたマイクログリッパ

    本生 和也,丸山 央峰

    第39回日本ロボット学会学術講演会  2021年9月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  29. 組織内部のpH 計測のためのリファレンス機能を有する複合ハイドロゲル光環境センサ

    丸山 央峰,王 健宇

    第39回日本ロボット学会学術講演会  2021年9月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  30. Opto-Chemo Robotics: Optical micro-manipulation and measurement for bio-medical applications 招待有り 国際会議

    Hisataka Maruyama

    2021 HUST-NU High-Level Academic Virtual Forum  2021年8月7日  Artificial Intelligence and Automation, uazhong University of Science and Technology, Department of Micro-Nano Mechanical Science and Engineering, Nagoya University

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Online   国名:中華人民共和国  

  31. Fluorescent pH Measurement without Initial pH Value Using Reference Sensor for Local Environment Measurement 国際会議

    Hisataka Maruyama, Fumihito Arai

    The 7th International Conference on Advanced Mechatronics  2021年7月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  32. ハイスループット PCR 検体採取のための鼻腔内観察機能を有するハイドロゲルスワブ

    丸山央峰,原巧也

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会20201  2021年6月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  33. 組織内部の pH 計測のためのリファレンス機能を統合したハイドロゲル光環境センサ

    丸山央峰,新井史人

    第21回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2020年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  34. 組織内部のpH計測のためのリファレンス用ハイドロゲル光環境センサ

    丸山央峰,新井史人

    第38回日本ロボット学会学術講演会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  35. 磁性端を有するマイクロファイバーを用いた筋肉組織の創製

    王兆宇、益田泰輔、美木克貴、丸山央峰、新井史人

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2020  2020年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  36. リファレンス用光環境マイクロセンサを用いた細胞培養環境の pH 計測

    丸山央峰,新井史人

    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2020  2020年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  37. Injection of a Fluorescent Microsensor into a Specific Cell by Laser Manipulation and Heating with Multiple Wavelengths of Light 国際会議

    H. Maruyama, H. Hashim

    ICRA2020  2020年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  38. REFERENCE PH MICROSENSR FOR FLUORESCENCE MEASUREMENT IN CELL CULTURE ENVIRONMENT WITHOUT INITIAL PH INFORMATION 国際会議

    MicroTAS2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  39. Assembly and Monitoring of Modular Tissue Structure of Micro-Fibers 国際会議

    Z. Wang, T. Masuda R. Weng, H. Maruyama F. Arai

    MHS2019  2019年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  40. Fluorescence Microsensor using Near-Infrared Light for Physiological Measurement inside Tissue 国際会議

    H. Maruyama, T. Masuda, W. Ruixuan, W. Zhaoyu, E. Tokai, F. Arai

    MHS2019  2019年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  41. Injection of Fluorescence Microsensor by Manipulation and Heating Using Multiple Wavelength Lasers for Temperature Measurement of Cell 国際会議

    Y. Yanagawa, H. Maruyama F. Arai

    MHS2019  2019年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  42. 温度メモリ機能を有するハイドロゲル臓器モデルの作製

    横田悠樹,丸山央峰,新井史人

    第4回日本機械学会イノベーション講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  43. OPTICAL MEASUREMENT OF PRINCIPAL STESS ON RETINAL MODEL USING DIGITAL IMAGE CORRELATION FOR VITREORETINAL SURGERY SIMULATOR

    Maruyama Hisataka, Tsubaki Masaki, Okuda Kazuma, Omata Seiji, Masuda Taisuke, Arai Fumihito

    2019 20TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOLID-STATE SENSORS, ACTUATORS AND MICROSYSTEMS & EUROSENSORS XXXIII (TRANSDUCERS & EUROSENSORS XXXIII)  2019年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  44. Multimodal Measurement of Cell Culture Conditions using Hydrogel Culture Substrate having Fluorescence Microsensors 国際会議

    Hisataka Maruyama, Seiji Omata, Taisuke Masuda, Fumihito Arai

    2018 IEEE International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. Hydrogel Heart Model Having Temperature Indicating Function 国際会議

    Yuki Yokota, Hisataka Maruyama, Fumihito Arai

    2018 IEEE International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  46. Optical Measurement of Deformation Distribution on Retinal Model for Vitreoretinal Surgery Training 国際会議

    Hisataka Maruyama, Masaki Tsubaki, Kazuma Okuda, Seiji Omata, Taisuke Masuda, Fumihito Arai

    2018 IEEE International Conference on Cyborg and Bionic Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  47. Bionic-EyEに搭載する網膜モデルの光学式変形分布計測

    丸山央峰,椿雅樹,奥田和磨,小俣誠二,益田泰輔,新井史人

    第36回日本ロボット学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. 細胞解析のための光環境センシング 招待有り

    丸山央峰

    第46回可視化情報シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  49. 光学式接触計測機能を有する網膜モデル

    丸山央峰,椿雅樹,新井史人

    日本機械学会2018年度年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  50. 長期間酸素計測のためのハイドロゲル製光環境センサ

    秋田祐甫,丸山央峰,新井史人

    第36回日本ロボット学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  51. 光環境センシング:細胞凝集体の培養環境の三次元酸素モニタリング

    細野恵介,丸山央峰,池田誠一,新井史人

    ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  52. バイオニックセンサ ―バイオニックヒューマノイドのセンシング技術―

    新井史人,益田泰輔,小俣誠二,丸山央峰,佐久間臣耶,室崎 裕一,河野英駿,原田香奈子,光石衛

    ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  53. 光環境センシング -細胞培養状態のマルチモーダル計測-

    小林健,丸山央峰,小俣誠二,益田泰輔,新井史人

    ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  54. バイオニックアイ ―網膜モデルの光学式接触計測―

    遠藤優,丸山央峰,小俣誠二,益田泰輔,新井史人

    ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  55. 加熱温度を記憶できるハイドロゲルを用いた 生体類似心臓手術シミュレータ

    細野恵介,丸山央峰,池田誠一,新井史人

    ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  56. 複数の波長により機能制御可能な光駆動マイクロロボット

    丸山央峰,登森勇介,益田泰輔,新井 史人

    第18回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  57. Fabrication of Hollow Branch Structure without Core by Circumferential Exposure for Vascular Model with Temperature Indicating Function 国際会議

    Hisataka Maruyama, Yuki Yokota, Keisuke Hosono, Fumihito Arai,

    28th 2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  58. Hydrogel Fluorescent Sensor for Long-term Environmental Measurement 国際会議

    Yusuke Akita, Hisataka Maruyama, Taisuke Masuda, Fumihito Arai,

    28th 2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  59. Measurement of Oxygen Distribution in Three-Dimensional Tissue Using Fluorescence Microsensors 国際会議

    Hisataka Maruyama, Kentarou Mano, Taisuke Masuda, Seiji Omata, Fumihito Arai

    The 21st International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  60. 温度表示機能を有するハイドロゲル臓器モデルの 作製

    横田悠樹 丸山央峰 細野恵介 栗原雄基 新井史人

    第3回日本機械学会イノベーション講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  61. 温度メモリ機能を有する手術トレーニング用臓器モデル

    細野恵介,丸山央峰,横田悠樹,栗原雄基,新井史人

    第3回日本機械学会イノベーション講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  62. 長期間環境計測のためのハイドロゲル製光環境 センサ

    秋田祐甫,丸山央峰,益田泰輔,新井史人

    第35回日本ロボット学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  63. Micro Manipulation by Optical tweezer 招待有り 国際会議

    The 17th IEEE Nano Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  64. Manipulation and injection of a fluorescence microsensor with multiple wavelength light 国際会議

    The annual International Conference on Manipulation, Automation and Robotics at Small Scales 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  65. FABRICATION OF RETINA MODEL HAVING PHOTOELASTIC PRESSURE SENSOR FOR VITREORETINAL SURGERY SIMULATOR 国際会議

    Hisataka Maruayma, Masaki Tsubaki, Seiji Omata, Taisuke Masuda, Kanako Harada, Mamoru Mitsuishi, Kiyoto Totsuka, Fumiyuki Araki, Muneyuki Takao, Makoto Aihara, Fumhito Arai

    The 19th International Conference on Solid-State Sensors, Actuators and Microsystems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:台湾  

  66. 複数の波長を用いた光駆動蛍光センサの機能制御

    丸山央峰,竹内弘敬,益田泰輔,Hashim Hairulazwan,新井史人

    ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  67. 温度表示機能を有する手術トレーニング用臓器モデル

    細野恵介,丸山央峰,鈴木大志,渡邉貴文,早川健,田中智久,新井史人

    ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  68. 蛍光センサを用いた培養環境の酸素分布モニタリング

    真野健太郎,丸山央峰,益田泰輔,小俣誠二,新井史人

    ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  69. バイオニックヒューマノイド:光弾性応力センサを有する生体模倣網膜モデル

    丸山央峰,椿雅樹,益田泰輔,小俣誠二,新井史人

    ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  70. 単一卵子酸素消費量計測のためのオンチップ非接触蛍光センシング

    鬼頭雅伸,丸山央峰,新井史人

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  71. 光ゼータ電位制御による人工生体膜内蛍光センサの低侵襲・選択的細胞導入

    丸山央峰, 劉恒君,益田泰助,新井史人

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  72. Rapid Injection of fluorescent sensor into a cell by lcal chemical stimulus using optical tweezers

    Hengjun Liu, Hisataka Maruyama, Taisuke Masuda, Ayae Honda, Fumihito Arai

    化学とマイクロ・ナノシステム学会 第29回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  73. 蛍光酸素センサを用いたオンチップ単一卵子酸素消費量計測

    鬼頭雅伸, 丸山央峰,新井史人

    化学とマイクロ・ナノシステム学会 第28回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  74. Multi-fluorescent particle sensor for optical sensing of pH and temperature of cell

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  75. Selective Injection of Fluorescence Sensor Encapsulated in the Functional Lipid Capsule for Intracellular Measurement 国際会議

    Hisataka Maruyama, Taisuke Masuda, F. Arai

    2013 Internaltional Symposium on Micro-Nano Mechatronis and Human Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  76. Sensitivity Compensation of Multi-Fluorescence Sensor toward On-Chip Cell Measurement 国際会議

    Hengjun Liu, Hisataka Maruyama, Taisuke Masuda, Fumihito Arai

    2013 International Symposium on Micro-Nano Mechatoronics and Human Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  77. OPTICALLY-CONTROLLED SELECTIVE TRANSFECTION OF PARTILE SENSOR USING MULTILAYERED LIPOSOME CONTAINING PHOTOCHROMIC CHEMICAL INTO A CELL NUCLEUS 国際会議

    Hisataka Maruyama, Taisuke Masuda, Fumihito Arai

    The 17th International Symposium on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  78. Evaluation of Thermal Conductivity of Single Carbon Nanotube in Liquid and Air Using Photofabricated Fluorescence Microsensors 国際会議

    Hisataka Maruyama, Ryo Kariya, Fumihito Arai

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  79. OPTICAL CONTROL OF SURFACE POTENTIAL USING NANOCAPSULE FOR SELECTIVE INJCRION INTO CELL 国際会議

    H. Maruyama, T. Masuda, F. Arai

    Transducers2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  80. Selective Cell Injection of Fluorescence Particle Sensor Encapsulated in Fusogenic Liposome Using Optical Manipulation and Control of Surface Potential Using Photochromic Chemical 国際会議

    H. Maruyama, T. Masuda, A. Honda, F. Arai

    2013 IEEE International Conference on Robotics and Automation  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  81. 3D Fabrication and Manipulation of Hybrid Nanorobots by Laser for Single Cell Analysis 国際会議

    Shota Fukada, Kazuhisa Onda, Hisataka Maruyama, Taisuke Masuda, Fumihito Arai

    2013 IEEE International Conference on Robotics and Automation  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  82. Measurement of Photosynthesis Activity Using Single Synecocystis SP. PCC 6803 on Microchambers Having Gas Barrier Wall and Fluorescence Oxygen Sensor 国際会議

    H. Maruyama, Y. Matsuda, T. Niimi, N. Uozumi, K. Nanatani, F. Arai

    2012 International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  83. High Thermal Conductive Nano Pillars for Temperature Distribution Measurement of a Single Cell 国際会議

    T. Hayakawa, H. Maruyama, F. Arai

    2012 International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  84. 3D Fabrication 3D Fabrication of Hybrid Nanorobots by Laser for Single Cell Analysis 国際会議

    S. Fukada, H. Maruyama, T. Masuda, F. Arai

    2012 International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  85. Evaluation of Thermal Conductivity of Single Carbon Nanotube in Liquid Using Fluorescent Micropillars 国際会議

    R. Kariya, H. Maruyama, F. Arai

    2012 International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  86. IN-SITU MEASUREMENT OF PHOTOSYNTHESIS USING SINGLE SYNECOCYSTIS SP. PCC 6803 IN A MICROCHAMBER WITH GAS BARRIER WALL 国際会議

    Hisataka Maruyama, Yu Matsuda, Tomohide Niimi, Nobuyuki Unozumi, Kei Nanatani, F. Arai

    The Sixteenth International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月 - 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  87. Ultra Long-Lifetime and High-Sensitive Fluorescent Measurement Using Difference Compensation Method for Single Cell Analysis 国際会議

    H. Maruyama, R. Kariya, T. Matsuda, Y. Matsuda, T. Niimi, A. Honda, F. Arai

    IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  88. Fabrication and Cell Injection of Fusogenic Liposome Containing Single Sensor for Intracellular Measurement 国際会議

    H. Maruyama, T. Masuda, F. Arai

    IUMRS-International Conference on Electronic Materials 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  89. Evaluation of Thermal Conductivity of Single Carbon Nanotube in Liquid Using Photofabricated Fluorescent Micropillars 国際会議

    IEEE NANO2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  90. Optical-Controlled Selective Injection of Liposome Containing Nanosensor into a Specific Cell 国際会議

    IEEE NANO2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  91. Long-Lifetime Measurement and Control of Local Temperature Using Functional Gel-Tool Containing Quantum dot by Color Analysis of Fluorescent Spectrum 国際会議

    2011 International Symposium on Micro-Nano Mechtronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  92. LOCAL TEMPERATURE MEASUREMENT AND CONTROL USING FUNCTIONAL GEL-TOOL CONTAINNING A QUANTUM DOT BY COLOR ANALYSIS OF FLUORESCENCE SPECTRUM 国際会議

    Hisataka Maruyama, Taisuke Masuda, Fumihito Arai

    15th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  93. Temperature Measurement by Color Analysis of Fluorescent Spectrum Using Cell Investigation Tool Impregnated with Quantum Dot for Cell Measurement on a Microfluidic Chip 国際会議

    2011 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  94. Local Temperature Measurement and Control Using Functional Gel-Tool Containing a Quantum Dot by Color Analysis of Fluorescence Spectrum 国際会議

    Hisataka Maruyama, Taisuke Masuda, Kyohei Tomita, Fumihito Arai

    1st Annual International Conference on Manipulation, Manufacturing and Measurement on the Nanoscale 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月 - 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  95. Virus Enrichment for Single Virus Manipulation by using 3D Insulator Based Dielectrophoresis 国際会議

    Taisuke Masuda, Hisataka Maruyama, Ayae Honda, Fumihito Arai

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  96. Evaluation Method of Thermal Conductivity of Single Carbon Nanotube in Liquid Using Quantum Dot Hydrogel Sensor 国際会議

    Hisataka Maruyama, Kyohei Tomita, Ryo kariya, Fumihito Arai

    2011 11th IEEE International Conference on Nanotechnology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  97. Local Temperature Measurement Using Spectra Shift of Quantum-dot Hydrogel Sensor 国際会議

    2011 11th IEEE International Conference on Nanotechnology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  98. Recent Micro-nano Robotics in Microfluidic Chip for Cellular Investigation 国際会議

    Fumihito Arai, Hisataka Maruyama

    ICRA 2011 Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:中華人民共和国  

  99. Selective Injection and Laser Manipulation of Nanotool inside a Specific Cell Using Optical pH Regulation and Optical Tweezers 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  100. ACTIVE VIRUS FILTER FOR ENRICHMENT AND MANIPULATION OF VIRUS 国際会議

    T. Masuda, H. Maruyama, A. Honda, F. Arai

    MEMS2011 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:メキシコ合衆国  

  101. Nanomanipulation of Single Virus Using Dielectrophoretic Concentration on a Microfluidic Chip 国際会議

    H. Maruyama, K. Kotani, A. Honda, T. Takahata, F. Arai

    6th annual IEEE Conference on Automation Science and Engineering 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  102. Injection and Laser Manipulation of Nanotool Using Photo Responsive Chemical for Intracellular Measurement 国際会議

    H. Maruyama, K. Kotani, A. Honda, T. Takahata, F. Arai

    IEEE NANO 2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  103. Nanomanipulation of Single Influenza Virus Using Optical Tweezers and Dielectrophoretic Force on a Microfluidic Chip 国際会議

    H. Maruyama, K. Kotani, A. Honda, T. Takahata, F. Arai

    2010 IEEE Nanotechnology Materials and Devices Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  104. Massive Parallel Assembly of Microbeads for Fabrication of Microtools Having Spherical Structure and Powerful Laser Manipulation 国際会議

    2010 IEEE International Conference on Robotics and Automation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  105. Nanomanipulation of Single Virus Using Dielectrophoretic Concentration on a Microfluidic Chip 国際会議

    H. Maruyama, K. Kotani, A. Honda, T. Takahata, F. Arai

    6th annual IEEE Conference on Automation Science and Engineering 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  106. Optical pH Regulation Using Photochromic Material for Selective Cell Injection of Nanosensors 国際会議

    H. Maruyama, N. Inoue, F. Arai

    2010 IEEE Nanotechnology Materials and Devices Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  107. OPTICAL INJECTION AND MANIPULATION OF FUNCTIONAL NAOTOOL USING PHOTO-RESPONSIVE CHEMICAL AND OPTICALTWEEZERS FOR INTRACELLULAT MEASUREMENT 国際会議

    H. Maruyama, K. Kotani, A. Honda, T. Takahata, F. Arai

    14th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オランダ王国  

  108. ON-CHIP NANOMANIPULATION OF SINGLE INFLUENZA VIRUS USING DIELECTROPHORETIC CONCENTRATION AND OPTICAL TWEEZERS 国際会議

    H. Maruyama, K. Kotani, A. Honda, T. Takahata, F. Arai

    14th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オランダ王国  

  109. Optical pH Regulation Using Functional Nanotool Impregnating with Photo-Responsive Chemical for Intracellular Measurement 国際会議

    H. Maruyama, T. Masuda, N. Inoue, A. Honda, T. Takahata, F. Arai

    2010 International Synposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  110. 磁気駆動Robot-on-a-chip に関する研究-その3:磁気駆動マイクロツールを用いた微粒子の連続選別-

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  111. Microfluidic Chip with World-to-Chip Interface for Temperature Detection in Micro-nanoscale 国際会議

    2009 International Synposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  112. Development of a pH indicator immobilized-gel-sheet for microenviroment analysis 国際会議

    Proc. of 2009 International Synposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  113. On-chip particle-laden droplet dispensing by disposable inkjet system 国際会議

    2009 International Synposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  114. Fabrication of Functional Gel-Nanotool for Intracellular Measurement 国際会議

    2009 International Synposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  115. Giant liposome sorting/collection device: for individual analysis of artificial cell-models 国際会議

    2009 International Synposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語  

  116. ON-DEMAND ADHESION CONTROL OF FUNCTIONAL GEL-MICROTOOL USING PHOTORESPONSIVE CHEMICALS FOR ON-CHIP CELL MANIPULATION 国際会議

    13th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  117. SIZE-DEPENDENT FILTRATION AND TRAP OF MICROPARTICLES USINGCENTRIFUGAL FORCE AND GRADUATED MECHANICAL GAP IN MICROFLUIDIC CHIP 国際会議

    13th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  118. Size-Dependent Microparticle Filtration Using Magnetically Driven Microtool for Producing Gel-Microtool 国際会議

    2009 IEEE/RSJ Int'l Conference on Intelligent Robot and Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  119. Laser Manipulation and Optical Adhesion Control of Functional Gel-Microtool for On-Chip Cell Manipulation 国際会議

    2009 IEEE/RSJ Int'l Conference on Intelligent Robot and Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  120. SIZE-DEPENDENT PARTICLE FILTERATION USING MAGNETICALLY DRIVEN MICROTOOL AND CENTRIFUGAL FORCE IN MICROCHIP 国際会議

    MEMS2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  121. 細胞内環境計測のための機能性ナノツールの作製

    丸山 央峰 港谷 恭輔 飯塚 龍 本田 文江 江島 美穂 新井 史人

    第27回 日本ロボット学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  122. FUNCTIONALIZED HYDROGEL SURFACE PATTERNED IN A CHIP FOR LOCAL pH SENSISNG 国際会議

    MEMS2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  123. On-Demand Adhesive Control of Functional Gel-Tool for On-Chip Cell Measurement 国際会議

    Proc. of 2008 International Synposium on Micro-nanoMechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  124. ON-CHIP LOCAL PH MEASUREMENT AROUND INDIVIDUAL CELL USING OPTICALLY MANIPULATED GEL-TOOL WITH ADHESIVE CONTROLLABILITY 国際会議

    Twelfth International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  125. Fabrication of Functional Gel-Microbead for Local Environment Measurement in Microchip 国際会議

    2008 IEEE International Conference on Robotics and Automation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  126. Gel-tool Sensor Positioned by Optical Tweezers for Local pH Measurement in a Microchip 国際会議

    2007 IEEE International Conference on Robotics and Automation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  127. On-Chip Fabrication of Optical Multiple Microsensor Using Functional Gel-Microbead 国際会議

    2007 International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  128. ON-CHIP pH AND TEMPERATURE SENSING WITH GEL-TOOL MANIPULATED BY OPTICAL TWEEZERS 国際会議

    μTAS2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 9

  1. 分散・協調遠隔操作による生体内CAの評価技術

    研究課題番号:2722JC367c   2022年12月 - 2025年11月

    ムーンショット型研究開発事業   受託研究

    丸山央峰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:80000000円 ( 直接経費:61539円 、 間接経費:18461円 )

  2. 多感覚ICTを用いたフレイル予防・回復支援システムの研究開発

    研究課題番号:2722DA100c   2022年10月 - 2025年3月

    知の拠点愛知重点研究プロジェクト  共同研究

    丸山央峰,福田敏男

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:産学連携による資金

    配分額:10210334円 ( 直接経費:8430986円 、 間接経費:550384円 )

  3. 潜在構造発見の能動的探索AI

    研究課題番号:2722JC284c  2022年4月 - 2025年11月

    ムーンショット型研究開発事業   受託研究

    丸山央峰

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  4. オプト・ケモロボットを用いたマルチスケール細胞解析システム

    2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 基盤研究(B) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 光環境制御・計測が可能なマイクロ流体チップによる単一細胞解析システムへの挑戦

    2018年 - 2020年3月

    日本学術振興会  挑戦的研究(萌芽) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. トップダウン・ボトムアップ統合オンチップ細胞計測システム

    2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 基盤研究(B) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. バイオニックヒューマノイドのための光学式力分布センサ搭載網膜モデルの開発

    2016年2月 - 2019年3月

    革新的研究開発推進プログラム ImPACT 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. マイクロロボットによるオンチップ高速除核・分注技術

    2009年4月 - 2013年3月

    JST 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    卵子の核をロボット技術を用いて自動的に除核し,培養器に高速に分注する技術を開発する.

  9. その場光造形法による機能性3次元マイクロ構造物のオンチップ製作

    2008年4月 - 2009年3月

    笹川科学研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    顕微鏡の光を用いて観察領域でのその場光造形により微細作業に必要な構造体を構築する.

▼全件表示

科研費 15

  1. オンチップ局所環境制御による単一細胞の外部刺激応答特性の解明

    研究課題/研究課題番号:21H04543  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    新井 史人, 杉浦 広峻, 魚住 信之, 丸山 央峰

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    マイクロ流体チップとロボットシステムを統合し,光合成モデル細胞である藍藻に対して,外部刺激となるpLオーダーの微小液滴を,msオーダーの短時間で反応させる局所環境を構築し,これに応答する細胞特性の動的変化を単一細胞レベルで計測する.この計測系において,特定のイオン輸送体の遺伝子を欠損した遺伝子不活化株と正常株の比較を行い,特定のイオン輸送体の特性を調べる.オンチップでの局所環境状態の計測制御技術,単一細胞計測技術,動的力センシングシステム理論などを確立し,これらを活用することで,藍藻の外部刺激に対する動的応答特性を明らかにし,その仕組みを解明する.さらに,藍藻以外の単一細胞に拡張する.
    藍藻を用いて,生体膜で機能するイオン輸送体による環境適応能力を調査する.この目的を達成するため,マイクロ流体チップとマイクロプローブを有するオンチップロボットシステムを統合し,特定細胞への刺激量を動的かつ精密に制御し,細胞応答計測を動的に行うこととした.今年度は,以下に述べる2通りの方法で研究を進めた.
    (1) マイクロ流体チップ内の気液界面を使って,微小な液滴を10 ms以下の短時間で置換し,細胞に浸透圧変化などの外部刺激を与え,細胞の大きさ変化を高速ビションによって,計測・評価する.
    (2) マイクロ流体チップ上の細胞をマイクロプローブによって拘束し,超高分解能を有するピペットを用いて溶液を高速に吸引吐出制御することによって,msオーダーの短時間で外部刺激を与える.そして,マイクロプローブによって,細胞の機械特性を計測する.
    今年度は,チップ内の局所環境制御技術および,局所環境に細胞を位置決めし,動特性を計測する方法に関する基礎実験を行い,以下の成果を得た.A. 微細加工・システム構築:オンチップロボットおよびマイクロ流体チップの設計,並びに計測系全体のアーキテクチャの設計技術基盤の構築した.PZT駆動のマイクロポンプによって高速に溶液置換する方法の基礎実験を行った.B. 動的機械特性計測:藍藻の大きさ変化,粘弾性計測を実現する動的力センシングのための機構を設計し,システムを構築した.C. 環境制御・計測:蛍光色素を用いて,藍藻の生死判別を行い,溶液置換の前後で細胞膜への影響を調べた.これにより,藍藻が死にいたらない条件を調査した.D. 細胞計測・評価・機能解析:藍藻の生体膜で機能する輸送体および細胞体積調節蛋白質の遺伝子の不活化株を相同的遺伝子組換え技術によって作成し,動的な環境変化(刺激)による藍藻の力学的特性計測を行った.
    藍藻の生体膜で機能するイオン輸送体による環境適応能力を調査する目的を達成するため,特定細胞への刺激量を動的かつ精密に制御し,細胞応答計測を動的に行う2通りの方法を考案し,基本システムの設計を行い,原理検証のための基礎実験を行った.どちらの方法もそれぞれ有効性が得られ,順調に研究が進んでいると判断できる.以下にその概要をまとめる.
    (1) マイクロ流体チップ内の気液界面を使って,微小な液滴を10 ms以下の短時間で置換し,細胞に浸透圧変化などの外部刺激を与え,細胞の大きさ変化を高速ビションによって,計測・評価する方法では,実際に複数の藍藻に対して,ほぼ同時に外部刺激を与えることに成功した.単一細胞レベルで複数のデータを得られる点において有利であり,その有効性が示せた.また,蛍光色素を用いて,藍藻の生死判別を行い,死んだ細胞に独特の形状変化がみてとれることを明らかにした.以上により,藍藻の特性計測において,基礎的で重要な知見が得られたといえる.
    (2) マイクロ流体チップ上の細胞をマイクロプローブによって拘束し,超高分解能を有するピペットを用いて溶液を高速に吸引吐出制御することによって,短時間で外部刺激を与える方法では,実際に藍藻の計測データを取得できた.msオーダーの短時間を達成するために,PZT駆動のマイクロポンプを設計試作し,高速溶液置換の有効性を確認できた.これにより,より短時間で細胞に外部刺激を与え,プローブによって粘弾性がその場で評価できる見通しが立てられた点は大きな成果である.
    マイクロ流体チップとマイクロプローブを統合し,細胞への刺激を動的かつ精密に制御し,細胞応答計測を微小空間において動的に行う.今後も,以下に述べる2通りの方法で研究を進める.
    (1) マイクロ流体チップ内の気液界面を使って,微小な液滴を10 ms以下の短時間で置換し,細胞に浸透圧変化などの外部刺激を与え,細胞の大きさ変化を高速ビションによって,計測・評価する.
    (2) マイクロ流体チップ上の細胞をマイクロプローブによって拘束し,超高分解能を有するピペットを用いて溶液を高速に吸引吐出制御することによって,msオーダーの短時間で外部刺激を与える.そして,マイクロプローブによって,細胞の機械特性を計測する.
    今後は,技術的課題の見直しと,各計測機能の統合実装を行う.環境計測制御,動的機械特性計測系を実装し,各機能間の干渉の排除や,安定性の向上,測定レンジの調整,キャリブレーションを行う.また,藍藻を用いて,計測条件変化にともなう信号変化を観測し,計測対象の遺伝子発現の分析を行う.以下に,実施予定項目をまとめる.A. 微細加工・システム構築: オンチップロボットおよびマイクロ流体チップの改良に基づいて,並びに計測系全体のアーキテクチャの設計技術基盤の構築を推進する.B. 動的機械特性計測: 藍藻の生理活性を評価軸に加えて,大きさ変化や粘弾性計測を実現する,動的力センシングのための機構設計を行う.C. 環境制御・計測: 溶液置換に伴う細胞への悪影響を調べ,細胞が死にいたらない条件にて,チップおよび微小液滴内の濃度制御を調整できる技術を確立する.D. 細胞計測・評価・機能解析: 藍藻の生体膜で機能する輸送体および細胞体積調節蛋白質の遺伝子の不活化株を相同的遺伝子組換え技術によって作成し,動的な環境変化(刺激)による藍藻の力学的特性計測と評価を,正常株(野生株)と比較する.

  2. 赤血球回復時定数100倍激変現象の解明

    研究課題/研究課題番号:19H00749  2019年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    金子 真, 坂田 泰史, 伊藤 弘明, 大谷 朋仁, 丸山 央峰, 高山 俊男

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    直径6~8μmの赤血球が血管中で一番動きにくくなるのは直径5μm以下の毛細血管を通過するときである。申請者らが開発した人工毛細血管を内蔵した高速高分解能細胞操作システムを用いて、生体内では起こり得ない狭窄部で単一赤血球を静止させたところ、静止時間3分で赤血球回復時定数が100倍激変する現象を発見した。赤血球の変形特性は赤血球内部の細胞骨格の一部であるスペクトリンやアクチンとエネルギー源ATP(アデノシン三リン酸)が支配している。本研究では人工毛細血管内狭窄部ローディング中、細胞骨格やATPが時間とともにどのように変化しているのかを調べれることにより、赤血球回復時定数激変現象を解明する。
    人工毛細血管の狭窄部で単一赤血球を静止させたところ、静止時間3分で狭窄部から解放された赤血球回復時定数は数ミリ秒から数十秒に激変するローディング現象を発見した。本研究はこの現象のメカニズムを解明することを目的としている。2020年度までに行った研究実績で静止時間3分後であっても最初の数ミリ秒で元の赤血球の半分まで回復し、その後数十秒かけて元の大きさの90%まで回復するという二段階回復特性を見出した。2021年度の研究実績は以下の通りである。
    (1)ホームページの作成:二段階回復特性を理解し易いように図や写真を盛り込んだホームページを新たに作成した。最初の数ミリ秒で元の赤血球の半分まで回復し、その後数十秒かけて元の大きさの90%まで回復するという二段階回復特性は図3から容易に読み取ることができる。https://www1.meijo-u.ac.jp/~mkaneko/
    (2)機械インピーダンスモデル:生物学者からはローディング時間で回復時定数が100倍大きくなるのはローディングにより赤血球膜が傷つき赤血球内部液が外部に漏れ出たのではないかというコメントをいただいた。ところがこの膜損傷モデルには合点がいかない点がある。ローディング中に赤血球内部液が漏れ出れば回復力は弱まり90%回復は期待できない。一方赤血球をホームページ図6のばね2個(k1, k2)、粘性要素2個(C2, C1)の機械インピーダンスモデルを用いると膜損傷モデルに比べ明快に二段階回復特性が説明できた。
    (3)新規人工毛細血管による実験:真空プラズマ装置(2021年度購入)を使用して新規人工毛細血管を製作しローディング時間0秒での赤血球変形能実験を行い、想定内の結果を得ることができた。
    狭窄部で単一赤血球を静止させたところ、静止時間3分で狭窄部から解放された赤血球回復時定数は数ミリ秒から数十秒に激変するローディング現象を発見した。本研究はこの現象のメカニズムを解明することを目的としている。この原因を明らかにする上で、きわめて興味深い二段階回復特性を偶然見つけることができた。
    一方で生物学者からいただいたコメントはローディング時間で回復時定数が100倍大きくなるのはローディングにより赤血球膜が傷つき赤血球内部液が外に漏れ出る赤血球膜損傷モデルであった。ローディング中に赤血球内部液が漏れ出れば回復力は弱まり、時定数が大きくなることは否めない。ところが生物学者からいただいた赤血球膜損傷モデルには合点がいかない点があった。(1)赤血球膜が傷つき赤血球内部液が外に漏れ出るのであれば回復特性は期待できないはずである。さらに(2)赤血球は酸素を体中の細胞に運搬するという生命維持に重要な役目を担っており、その赤血球膜がわずか3分間のローディングで壊れるようであれば人類が地球上で生存し続けてきたという事実に疑問を覚える。膜損傷モデルが受け入れなれない理由がここにある。2021年度の実績報告で機械インピーダンスモデルを用いることでローディング現象を説明する十分なモデルを示すことができたのは予想しなかった新たな成果である。以上が「概ね順調に進展している」と判断した根拠である。
    2020年度研究中に、3分間ローディング後に赤血球を狭窄部から開放した際時間に対して二段階回復特性が見られることを突き止めた。すなわち、最初の数ミリ秒で元の赤血球の半分まで回復し、その後数秒の時間をかけて元の大きさの90%まで回復する。この現象に対して、生物学者からいただいたコメントは赤血球膜損傷モデルであったが、2021年度の研究で機械インピーダンスモデルを使えば赤血球の二段階回復特性を容易に説明できかつ十分なモデルを複数示せる目途がついた。この点を踏まえ2022年度の研究計画は以下の2点を中心に行う。
    (1)多層赤血球機械インピーダンスモデルによる順問題:二段階回復特性を実現するモデルとして赤血球を多層機械インピーダンスモデルで表現する方法を模索し、元々の赤血球形状を初期条件とし、例えば第一層に1個の粘性要素、第二層に1個の粘性要素と2個のバネを組み込み、二段階回復特性が実現可能かどうかについて順問題として吟味する。なお順問題とは機械インピーダンスを与え赤血球の振る舞いを調べる問題である。
    (2)多層赤血球機械インピーダンスモデルによる逆問題:二段階回復特性を与えて赤血球多層機械インピーダンスモデルを推定する逆問題について模索する。例えば赤血球の塑性変形10%、回復率90%等を与えて二層機械インピーダンスモデルのバネ、粘性要素の許容範囲を同定する。
    <BR>
    最終的には、伊藤弘明(研究分担者)、高山俊男(研究分担者)、金子真(研究代表者)らがまとめる実験結果と解析結果に対して坂田泰史(研究分担者)、大谷朋仁(研究分担者)が医学的見地から評価を行い、金子真(研究代表者)が総括を行う。なお、新しい知見が得られた時点で適宜学会発表を行う。

  3. オプト・ケモロボットを用いたマルチスケール細胞解析システム

    研究課題/研究課題番号:19H02096  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    丸山 央峰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:15340000円 ( 直接経費:11800000円 、 間接経費:3540000円 )

    大きさ数~十数 umの細胞1個単位および集団を対象として,温度,pH等の生理状態の計測,刺激に対する応答計測等の微細作業を実現するための,光を用いて駆動・計測・刺激を行うオプト・ケモロボットの基盤技術確立を目的とする.本研究により,(1)光で駆動し計測や刺激を行うカプセル型オプト・ケモロボット,(2)細胞培養環境に設置して計測や刺激を行うチップ型オプト・ケモロボット,の基盤技術を確立し,オプト・ケモロボットを用いて単一細胞および集団細胞を対象としたウイルス感染細胞内生理状態計測に基づくインフルエンザウイルス等の増殖・拡散メカニズム解明を目指す.
    本研究課題では,単一細胞レベルから集団細胞レベルでのマルチスケールでの細胞の生理状態を計測するためのデバイスとして,(1)光応答性の試薬を導入した機能性微粒子を作製し,異なる複数の波長の光を用いて駆動・計測・刺激を行うカプセル型オプト・ケモロボット,(2)基板上に光応答性の試薬を導入した微小構造体を作製し,光学式計測・刺激を行うチップ型オプト・ケモロボット,の基盤技術として,直径1 umのカプセル型で蛍光による温度計測機能を有し,1064 nmの光で操作808 nmの光で加熱が可能な細胞内計測用光環境センサ,およびpHの絶対測定を行うためのリファレンス機能を有する光環境センサの作製に成功した.
    本研究課題の実施期間に得られた,細胞内および培養環境の環境情報を精密に計測する技術は,工学的アプローチを基盤とし,生物化学において新しい知見を提供するための光化学・分子化学的アプローチを複合的に用いることを特色とした新規な微細操作・計測技術の開拓が期待される成果である.また,本成果は,例えばウイルス感染細胞におけるウイルス増殖過程の細胞の状態計測を行うことで,ウイルスが増えやすい,もしくは増えにくいように細胞機能を誘導する技術にブレークスルーを起こすことが期待でき,新たな感染症対策を開拓する可能性を有していると考える.

  4. 光環境制御・計測が可能なマイクロ流体チップによる単一細胞解析システムへの挑戦

    研究課題/研究課題番号:18K18834  2018年6月 - 2020年3月

    科学研究費助成事業   挑戦的研究(萌芽)

    丸山 央峰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:6240000円 ( 直接経費:4800000円 、 間接経費:1440000円 )

    本研究課題では,細胞内外の培養環境の計測を実現するため,蛍光回復により長期環境計測を実現するハイドロゲル光環境センサの作製では,蛍光を用いたセンサの課題である光退色を補償し,100回以上の計測が可能なセンサを作製した.ハイドロゲル光環境マイクロセンサのオンチップ作製では,マイクロ流体チップを用いて,前記のハイドロゲル光環境センサを10±0.5 umの範囲のサイズでの作製した.光操作・光刺激による蛍光マイクロセンサの選択的細胞導入では,異なる波長のレーザを用いた光操作・光刺激により10秒の加熱で70%の成功率で低侵襲に細胞内へ光環境センサを導入した.
    細胞内外の環境計測は,再生医療分野における細胞・組織の生理状態の可視化による好培養条件探索および刺激応答計測,インフルエンザウイルス等が感染したウイルス感染細胞内でのウイルス増殖を細胞状態を温度やpH,酸素濃度等をパラメータとして評価することで薬や治療法の対策等,等現在我々が直面している感染症への対策や,医療に関して大きな貢献が期待されるものである.

  5. オンチップ時空間制御による光合成細胞の環境応答機能の解明

    研究課題/研究課題番号:18H03762  2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    新井 史人, 魚住 信之, 丸山 央峰

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    藍藻の生体膜に発現しているイオン輸送体の一つである機械刺激受容性チャネル(メカノセンシティブチャネル:mechanosensitive channel, MscL)は,細胞の浸透圧調節および生体膜のテンションの調節に必須と考えられているが,細胞サイズが小さいことから,これまで,浸透圧変化に対する特性は不明な点が多い.本研究では,マイクロ流体チップ,ロボット,光ピンセットをオンチップで統合した新たなシステムを構築し,特定のイオン輸送体の有無によって現れる藍藻の機械特性の変化を実験的に明らかにした.
    大きさ2 μm程度の小さな細胞の評価は困難であり,その機能の多くは未解明なままである.光合成細胞である藍藻は,外界の浸透圧が下がると細胞が破裂し,死に至ってしまう.このため,イオン輸送体を用いてイオン等を流出させることにより細胞内の浸透圧を下げ,それ以上の水の流入を防ぐ適応機構が備わっている.本研究により,細胞の浸透圧変化に対する物理指標の変化を定量的に評価する方法論が示され,藍藻の生体膜で機能する特定のイオン輸送体によって現れる藍藻の特性が明らかになった.提案手法は,他の実験系にも適用できるため,波及効果がある.

  6. トップダウン・ボトムアップ統合オンチップ細胞計測システム

    研究課題/研究課題番号:16H04301  2016年4月 - 2019年3月

    丸山 央峰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:14820000円 ( 直接経費:11400000円 、 間接経費:3420000円 )

    本研究課題では,トップダウン・ボトムアップ的アプローチを統合したオンチップ細胞解析システムとして,1)光局所加熱による超高速細胞内導入を用いたボトムアップ細胞計測として,1064 nmおよび808 nmの異なる波長の赤外光を用いた蛍光センサの光操作および光加熱による細胞導入法の実現,2)トップダウン細胞計測に用いる蛍光センサの計測寿命延長のための,ハイドロゲル内の蛍光色素の拡散現象を用いた蛍光回復を用いた長寿命なハイドロゲル光環境センサの計測方法を用いて1000回以上の蛍光環境計測の実現,といった光計測法を用いたオンチップ細胞計測に必要な基盤技術を確立した.
    本研究は,オンチップで操作可能な蛍光センサとチップ内に集積した蛍光センサアレイにより,細胞培養,環境制御,光ピンセットによる単一ウイルスの特定細胞への感染,細胞内局所計測,細胞集団計測に至るまでの一連の細胞解析プロセスをオンチップで行う点にある.一貫してオンチップで行うことで外乱の影響を受けにくくできる特徴がある.将来,ウイルス増殖を予防する新薬等の新たな診断・治療法に関する知見が得られる可能性があり,医療技術の発展にも貢献でき世界的に大きなインパクトとなり,生物科学との学際領域におけるブレイクスルーが期待される.

  7. オンチップ細胞計測を基盤とする光合成細胞の外部刺激応答特性の解明

    研究課題/研究課題番号:15H02226  2015年4月 - 2018年3月

    新井 史人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    藍藻(Synechocystis sp. strain PCC6803)への外部刺激に対する細胞応答を計測するためのオンチップ細胞計測基盤を確立した.微細加工技術を用いて,マイクロ流体チップに,細胞を変形する加圧プローブと力計測用センサプローブを有するマイクロ・ナノロボットを組み込み,プローブの位置制御および力計測を安定に行うことが可能となった.このシステムを用いて,異なる浸透圧条件に置かれた藍藻の正常株と機械刺激受容性チャネルの遺伝子不活化株に対して浸透圧条件の違いで,細胞サイズと硬さの指標である等価ヤング率を評価した.浸透圧の変化に対する機械刺激受容性チャネルの役割を明らかにした.

  8. ブラウン運動を用いた細胞内マルチパラメータ計測カプセル型センサ

    2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 光機能制御ゲルツールを用いた細胞内の光操作・計測

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. オンチップロボティクスを基盤とする光合成細胞の機能計測と解析

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    新井史人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  11. 超高速操作による細胞計測と自律誘導モニタリング

    2011年10月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)

    新井史人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  12. 電気化学反応による表面機能制御を用いたマイクロ流体チップ制御機構

    2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  13. 光機能制御ゲルマイクロツールの光ピンセット操作によるオンチップ微細作業

    2009年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本課題では,光により機能制御可能な光機能制御ゲルマイクロツールを用いたオンチップ微細作業に関する研究を行った.主な成果としては,(1)細胞へのゲルツールの選択的固定方法として,フォトクロミック材料のスピロピランをゲルツールに導入し,紫外・可視光照射による可逆的な細胞付着制御,(2)細胞内の環境計測を目的とした,ロイコクリスタルバイオレットの紫外・可視光照射による可逆的なpH制御による選択的pH応答性リポフェクションによるゲルセンサの細胞導入,が挙げられる.

  14. オンチップ・テザードマイクロツールによる生体膜輸送体の動的計測と評価

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    新井 史人

      詳細を見る

    担当区分:その他 

  15. ゲルマイクロツールの光ピンセット操作による閉空間内の局所環境計測

    2007年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    丸山 央峰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

産業財産権 5

  1. 臓器モデル

    丸山 央峰

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学

    出願番号:特願2023-194976  出願日:2023年11月

  2. 細胞及び細胞集合体の蛍光酸素消費計測方法及び蛍光酸素消費計測システム

    丸山央峰,新井史人,鬼頭雅伸

     詳細を見る

    出願人:丸山央峰

    出願番号:特願2014-119977  出願日:2014年5月

    出願国:国内  

  3. 蛍光温度計測方法及び蛍光温度計測システム

    丸山央峰,新井史人

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:2011-257730  出願日:2011年11月

    出願国:国内  

  4. オンチップ微粒子連続選別・計測装置

    新井史人、丸山央峰,山西陽子

     詳細を見る

    出願人:東北大学

    出願番号:2009-135632  出願日:2009年6月

    出願国:国内  

    微粒子をサイズに応じて分離する

  5. 微小物体の固定,反応,観察方法

    新井史人,丸山央峰,福田敏男,桂樹 徹

     詳細を見る

    出願人:科学技術振興事業団

    出願番号:2003-326655  出願日:2003年9月

    出願国:国内  

    光硬化性樹脂で細胞を固定する手法

 

担当経験のある科目 (本学) 35

  1. 創造設計製作

    2021

  2. バイオロボティクスセミナー2D

    2021

  3. 生体機能工学特論

    2021

  4. 機械・航空宇宙工学序論

    2021

  5. 医工連携セミナー

    2020

  6. ナノバイオ計測化学講義

    2020

  7. 機械・航空宇宙工学序論

    2020

  8. 解析力学および演習

    2018

  9. 創造設計製作

    2018

  10. 生体機械工学特論

    2018

  11. 生体機械工学特論

    2017

  12. 生体工学

    2017

  13. 機械創造設計製作

    2017

  14. 解析力学および演習

    2017

  15. 機械創造設計製作

    2016

  16. 生体機械工学特論

    2016

  17. 生体工学

    2016

  18. 解析力学および演習

    2016

  19. 機械創造設計製作

    2015

  20. 生体工学

    2015

  21. 生体機械工学特論

    2015

  22. 解析力学および演習

    2015

  23. 機械創造設計製作

    2014

  24. 工場見学

    2014

  25. 生体機能工学特論

    2014

  26. 生体工学

    2014

  27. 生体機能工学特論

    2013

  28. 機械・航空工学科実験第1

    2013

  29. 生体機能工学特論

    2013

  30. 機械創造設計製作

    2013

  31. 生体工学

    2013

  32. 機械・航空工学科実験第1

    2012

  33. 機械・航空工学科実験第1

    2011

  34. 機械・航空工学科実験第2

    2011

  35. 機械・航空工学科実験第2

    2010

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 16

  1. 医療機械システム特論

    2023年10月 - 2024年3月 名城大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  2. ロボットフロンティア

    2023年4月 - 2023年7月 中部大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  3. 医療機械システム特論

    2022年10月 - 2023年1月 名城大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  4. ロボットフロンティア

    2022年4月 - 2022年7月 中部大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  5. 医療機械システム特論

    2021年10月 - 2022年1月 名城大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  6. ロボットフロンティア

    2021年4月 - 2021年7月 中部大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  7. 医療機械システム特論

    2020年10月 - 2021年3月 名城大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  8. ロボットフロンティア

    2020年4月 - 2020年7月 中部大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  9. 医療機械システム特論

    2019年10月 - 2020年3月 名城大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  10. ロボットフロンティア

    2019年4月 - 2019年7月 中部大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  11. 医療機械システム特論

    2018年10月 - 2019年3月 名城大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  12. ロボットフロンティア

    2018年4月 - 2018年7月 中部大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  13. 医療機械システム特論

    2017年10月 - 2018年3月 名城大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  14. ロボットフロンティア

    2017年4月 - 2017年7月 中部大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  15. 医療機械システム特論

    2016年10月 - 2017年3月 名城大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  16. ロボットフロンティア

    2016年4月 - 2016年7月 中部大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

▼全件表示

 

社会貢献活動 8

  1. 出前講義(刈谷北高校)

    役割:講師

    2023年10月

  2. 出前講義(桑名高校)

    役割:講師

    2023年7月

  3. 出前授業(西尾高校)

    役割:講師

    2019年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  4. 出前授業(岡崎北高校)

    役割:講師

    岡崎北高校  2018年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  5. 第3回EIIRISインテリジェントセンサ・MEMS研究会

    役割:講師

    2018年3月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者, 社会人・一般, 学術団体

    種別:講演会

  6. サイエンス・パートナーシップ・プログラム

    2014年8月

  7. サマーサイエンスキャンプ2013

    2013年7月

  8. スーパーサイエンスハイスクール

    2011年8月

▼全件表示