2022/08/23 更新

写真a

ウヤヌク ムハメツト
ウヤヌク ムハメット
UYANIK Muhammet
所属
大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻 有機化学 准教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 化学生命工学科
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2007年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 酸化反応

  2. 不斉合成

  3. 環境調和型反応の開拓

  4. 酸化反応

研究分野 1

  1. ナノテク・材料 / 有機合成化学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 環境調和型酸化的変換反応

経歴 2

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻 有機化学講座   准教授

    2020年5月 - 現在

  2. 名古屋大学   大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻 有機化学講座   助教

    2007年4月 - 2020年4月

学歴 3

  1. 名古屋大学   工学研究科   化学・生物工学専攻

    2006年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   工学研究科   化学・生物工学専攻

    2004年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   工学部   化学・生物工学科

    2000年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本化学会

  2. アメリカ化学会

  3. 有機合成化学協会

  4. アメリカ科学振興協会

  5. ヨウ素学会

委員歴 3

  1. Anatolian Conference on Synthetic Organic Chemistry (ACSOC II)   Scientific Committee  

    2015年9月 - 2016年3月   

  2. 有機合成化学協会誌   編集協力委員  

    2014年4月 - 2016年4月   

  3. Turkish Journal of Chemistry (The Scientific and Technological Research Council of Turkey)   編集委員  

    2013年1月 - 2016年12月   

受賞 17

  1. Asian Core Program / Advanced Research Network Lectureship Award

    2022年7月   15th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-15)   Enantioselective Ammonium Hypoiodite Catalysis for Oxidative Umpolung of Indoles

    ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:ホンコン(香港)特別行政区

  2. 日本化学会進歩賞

    2017年3月   日本化学会   デザイン型ヨウ素触媒による選択的酸化反応の開発

    ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. Thieme Chemistry Journal Award

    2016年1月   Thieme Publishing Group  

    ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:ドイツ連邦共和国

  4. Banyu Chemist Award (BCA)

    2015年10月   公益財団法人万有生命科学振興国際交流財団   ヨウ素酸化触媒システムの開発

    ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  5. 第4回グリーン・サステイナブル ケミストリー(GSC)奨励賞

    2015年7月   公益社団法人 新化学技術推進協会(JACI)   デザイン型ヨウ素触媒を用いる新酸化触媒システムの開発

    ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  6. 第7回井上リサーチアウォード

    2015年2月   井上科学振興財団   エナンチオ選択的酸化的ポリエン環化反応の開発

    ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  7. 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞

    2013年4月   文部科学省   デザイン型ヨウ素触媒を用いる酸化反応の開発に関する研究

    ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  8. 第15回ヨウ素学会シンポジウムポスター賞

    2012年9月   ヨウ素学会   IBS触媒とOxoneを用いるフェノールの1,2-キノンへの選択的酸化反応

    ウヤヌク ムハメット、六鹿 達矢、石原 一彰

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  9. 第26回若い世代の特別講演会講演賞

    2012年3月   日本化学会   超原子価ヨウ素触媒を用いる環境調和型選択的酸化反応

    ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  10. 第6わかしゃち奨励賞 最優秀賞

    2012年2月   愛知県若手研究者奨励事業   日本に豊富なヨウ素を利用した環境調和型酸化反応による未来型“ものづくり”

    ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  11. 第1回赤崎賞

    2011年3月   名古屋大学   レアメタルの代替元素としてヨウ素を触媒的に用いる環境調和型酸化反応の開拓

    ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  12. 平成22年度有機合成化学協会東海支部奨励賞

    2010年5月   社団法人有機合成化学協会   デザイン型超原子価ヨウ素化合物を触媒に用いる環境低負荷型選択的酸化的変換反応の開拓

    ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  13. 日本化学会第89春季年会 優秀講演賞(学術)

    2009年4月   日本化学会   超原子価ヨウ素(V)触媒を用いるアルコールの高効率酸化反応及びその反応機構

    ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  14. 2008年度有機合成化学協会研究企画賞(塩野義製薬)

    2009年2月   有機合成化学協会   デザイン型超原子価ヨウ素化合物を触媒に用いる環境低負荷型選択的酸化反応の開発

    ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  15. 日本化学会第88春季年会 優秀講演賞(学術)

    2008年4月   日本化学会   スーパーIBX酸化触媒の開発

    ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  16. 第4回グリーン&サステイナブルケミストリーポスター賞

    2008年3月   グリーン・サステイナブルケミストリーネットワーク   スーパーIBX酸化触媒の開発

    ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  17. 銅メダル

    1998年7月   International Biology Olympiad (IBO)  

    ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:ドイツ連邦共和国

▼全件表示

 

論文 54

  1. キラルアンモニウム次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応 招待有り

    ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    月間ファインケミカル   51 巻 ( 8 ) 頁: 31 - 39   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    過酸化水素あるいはアルコール過酸化物の存在下、キラルヨウ化第四級アンモニウムからin situで調製される次亜ヨウ素酸塩を触媒活性種に用いるエナンチオ選択的酸化的環化反応を開発した。本酸化システムの詳細な触媒機構を解明することで、高活性な不斉有機酸化触媒システムの構築に成功し、多くの生物活性物質に含まれる2,3-ジヒドロベンゾフラン、クロマン、テトラヒドロフラン、及びスピロラクトン骨格の新規不斉合成を達成した。

  2. Hypoiodite-Catalyzed Oxidative Umpolung of Indoles for Enantioselective Dearomatization 査読有り

    Tanaka Hiroki, Ukegawa Naoya, Uyanik Muhammet, Ishihara Kazuaki

    Journal of the American Chemical Society   144 巻 ( 13 ) 頁: 5756 - 5761   2022年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the American Chemical Society  

    Here we report the oxidative umpolung of 2,3-disubstituted indoles toward enantioselective dearomative aza-spirocyclization to give the corresponding spiroindolenines using chiral quaternary ammonium hypoiodite catalysis. Mechanistic studies revealed the umpolung reactivity of C3 of indoles by iodination of the indole nitrogen atom. Moreover, the introduction of pyrazole as an electron-withdrawing auxiliary group at C2 suppressed a competitive dissociative racemic pathway, and enantioselective spirocyclization proceeded to give not only spiropyrrolidines but also four-membered spiroazetidines that are otherwise difficult to access.

    DOI: 10.1021/jacs.2c01852

    DOI: 10.1021/jacs.2c01852

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: https://pubs.acs.org/doi/10.1021/jacs.2c01852

  3. Hypoiodite-catalysed oxidative homocoupling of arenols and tandem oxidation/cross-coupling of hydroquinones with arenes 査読有り

    Muhammet Uyanik, Dai Nagata, Kazuaki Ishihara

    Chemical Communications   57 巻 ( 88 ) 頁: 11625 - 11628   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/D1CC05171G

    DOI: 10.1039/D1CC05171G

  4. Oxidative Ritter-type Chloroamidation of Alkenes Using NaCl and Oxone 招待有り 査読有り

    Takehiro Kato, Yuya Okada, Yuto Fujii, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    Asian Journal of Organic Chemistry   10 巻 ( 11 ) 頁: 2907 - 2910   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A practical and environmentally benign method for the oxidative Ritter-type chloroamidation of alkenes was developed using sodium chloride and oxone as a chlorinating source and an oxidant, respectively. The reaction proceeded smoothly under non-aqueous conditions without the use of any catalyst. Excellent chemoselectivity (i. e., chloroamidation versus dichlorination) could be achieved for electron-deficient styrenes. In addition, this protocol could be easily applied to 7-gram-scale synthesis.

    DOI: 10.1002/ajoc.202100575

  5. Chiral Organoiodine-catalyzed Enantioselective Oxidative Dearomatization of Phenols 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Shinichi Ishizaki, Kazuaki Ishihara

    Organic Syntheses   98 巻   頁: 28 - 50   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15227/orgsyn.098.0028

    Web of Science

  6. Synthesis of Chiral Organoiodine Catalyst for Enantioselective Oxidative Dearomatization Reactions: N,N'-(2S,2' S)-(2-Iodo-1,3-phenylene)bis(oxy)bis(propane-2,1-diyl)bis(2,4,6-trimethylbenzamide) 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Shinichi Ishizaki, Kazuaki Ishihara

    Organic Syntheses   98 巻   頁: 1 - 27   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15227/orgsyn.098.0001

    Web of Science

  7. 高活性次亜ヨウ素酸塩/過酸化水素触媒システムを用いるカルボニルの酸化的α-アジド化反応

      23 巻   頁: 10 - 13   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. I+/TBHP Catalysis For Tandem Oxidative Cyclization To Indolo[2,3-b]quinolines 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Hiroki Tanaka, Kazuaki Ishihara

    Asian Journal of Organic Chemistry   10 巻 ( 1 ) 頁: 164 - 169   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A chemoselective I+/TBHP catalysis was developed for tandem oxidative cyclization/aromatization of indole derivatives under nearly neutral conditions to give the corresponding indolo[2,3-b]quinoline sulfonate salts, which could be easily isolated via only simple filtration of the crude reaction mixture. Interestingly both ionic and radical active species would be generated in situ for the corresponding oxidative transformations to proceed in a chemoselective manner.

    DOI: 10.1002/ajoc.202000570

  9. Hypoiodite-Catalyzed Chemoselective Tandem Oxidation of Homotryptamines to Peroxy- and Epoxytetrahydropyridoindolenines 査読有り

    Muhammet Uyanik, Hiroki Tanaka, Kazuaki Ishihara

    Organic Letters   22 巻 ( 20 ) 頁: 8049 - 8054   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We developed the hypoiodite-catalyzed tandem dearomative peroxycyclization of homotryptamine derivatives to peroxytetrahydropyridoindolenines under mild conditions. During the course of a mechanistic study, we found that a tandem oxidative cyclization/epoxidation as an unexpected reaction proceeded in the presence of TEMPO as an additive. Intramolecular oxidative aminocyclization of homotryptamines at the C-2 position would give tetrahydropyridoindole, a common intermediate for both reactions. Control experiments suggested that while oxidative coupling with TBHP at the C-3 position might afford peroxyindolenines, a preferential electrophilic addition of TEMPO+, which might be generated in situ by the hypoiodite-catalyzed oxidation of TEMPO, at C-3 position followed by elimination and epoxidation might give epoxyindolenines. This serendipitous finding prompted us to develop a chemoselective divergent synthesis of peroxy- and epoxyindolenines by simple modification of the reaction conditions.

    DOI: 10.1021/acs.orglett.0c03001

  10. Chemo‐ and Enantioselective Oxidative α-Azidation of Carbonyl Compounds 査読有り

    Muhammet Uyanik, Naoto Sahara, Mayuko Tsukahara, Yuhei Hattori, Kazuaki Ishihara

    Angewandte Chemie International Edition   59 巻 ( 39 ) 頁: 17110 - 17117   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report high-performance I+/H2O2 catalysis for the oxidative or decarboxylative oxidative α-azidation of carbonyl compounds by using sodium azide under biphasic neutral phase-transfer conditions. To induce higher reactivity especially for the α-azidation of 1,3-dicarbonyl compounds, we designed a structurally compact isoindoline-derived quaternary ammonium iodide catalyst bearing electron-withdrawing groups. The nonproductive decomposition pathways of I+/H2O2 catalysis could be suppressed by the use of a catalytic amount of a radical-trapping agent. This oxidative coupling tolerates a variety of functional groups and could be readily applied to the late-stage α-azidation of structurally diverse complex molecules. Moreover, we achieved the enantioselective α-azidation of 1,3-dicarbonyl compounds as the first successful example of enantioselective intermolecular oxidative coupling with a chiral hypoiodite catalyst.

    DOI: 10.1002/anie.202007552

  11. Chemoselective oxidative generation of ortho-quinone methides and tandem transformations 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kohei Nishioka, Ryutaro Kondo, Kazuaki Ishihara

    Nature Chemistry   12 巻 ( 4 ) 頁: 353 - 362   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ortho-Quinone methides are useful transient synthetic intermediates in organic synthesis. These species are most often generated in situ by the acid- or base-mediated transformation of phenols that have been pre-functionalized at a benzylic position, or by biomimetic oxidation of the corresponding ortho-alkylphenols with metal oxidants or transition-metal complexes. Here we describe a method for the transition-metal-free oxidative generation of o-QMs from ortho-alkylarenols, using hypoiodite catalysis under nearly neutral conditions, which can then be applied in one-pot tandem reactions. This method for the chemoselective oxidative generation of ortho-quinone methides may prove superior to previous methods with respect to environmental issues and scope, and can be applied to various tandem reactions such as inter- or intramolecular [4 + 2] cycloaddition, oxa-6π-electrocyclization, conjugate addition and spiroepoxidation.

    DOI: 10.1038/s41557-020-0433-4

  12. Chemoselective Oxidative Spiroetherification and Spiroamination of Arenols Using I+/Oxone Catalysis 査読有り

    Muhammet Uyanik, Naoto Sahara, Outa Katade, Kazuaki Ishihara

    Organic Letters   22 巻 ( 2 ) 頁: 560 - 564   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We developed a chemoselective oxidative dearomative spiroetherification and spiroamination of arenols using I+/oxone catalysis. The intramolecular dearomative C–O and C–N couplings proceeded much more efficiently under slightly acidic conditions to give the corresponding spiro adducts in higher yields compared with previous methods using transition metal or hypervalent iodine catalysts. Control experiments suggested that both hypoiodous acid and iodine might be active species for these reactions.

    DOI: 10.1021/acs.orglett.9b04324

  13. Designer C2-symmetric Chiral Diamide-type Organoiodine Catalysts 招待有り

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    TCI Mail   2019 巻 ( 182 ) 頁: 2 - 16   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    As the global issues of environment, energy, and natural resource scarcity increase, the development
    of environmentally friendly and efficient catalytic methodologies of organic synthesis is strongly demanded for the sustainable advancement of material civilization. For this purpose, the use of toxic heavy metals and precious transition metals as reactants and/or catalysts should be avoided as much as possible in the synthesis of medicinal and pharmaceutical products. Over the past decades, iodine compounds have been the focus of great attention due to their mild and chemoselective oxidizing properties and their environmentally benign characteristics in contrast to
    toxic metal oxidants. Furthermore, the development of chiral hypervalent iodine-catalyzed enantioselective oxidative transformation is one of the most challenging areas in asymmetric organocatalysis. Here, we demonstrate the rational
    design of conformationally flexible chiral diamide-type C2-symmetric organoiodine catalysis based on secondary
    nonbonding interactions for the enantioselective oxidative dearomatization of arenols. Several research groups
    have also reported highly enantioselective oxidative transformations using these conformationally flexible chiral
    organoiodine(III) catalysts or reagents. These examples highlight the substantial scope of conformationally flexible designer organoiodine(III) catalysis.

  14. デザイナーC2-対称ジアミド型キラルヨードアレーン触媒 招待有り

    ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    TCIメール   2019 巻 ( 182 ) 頁: 2 - 16   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    環境・エネルギー・資源問題が深刻化するなか,物質文明社会の持続的発展のためには,環境低負荷型触媒的精密有機合成法の開拓が有機合成化学の最重要課題の一つであり,遷移金属等のレアメタルや重金属等の毒性の強い金属資源を反応剤や触媒に用いる従来型の有機合成化学からの脱却が求められている。これに関連し近年,有毒な重金属酸化物の代替物質として超原子価ヨウ素化合物が注目されている。しかし,超原子価ヨウ素の化学は1世紀以上の長い歴史をもつにもかかわらず,不斉酸化反応の成功例はほとんどなく,不斉有機触媒の最も挑戦的な課題の一つとされていた。我々は,それまでの触媒設計概念とは全く異なる配座柔軟性に富むキラルヨードアレーンを分子設計した。本設計は,触媒活性中心(I(III))と側鎖末端の間に適切な非共有結合性二次的相互作用を導入することで有効な不斉場を構築することを特徴とし,酵素反応に見られる誘導適合のような不斉誘導が可能となる。これらの柔軟かつ機能的な触媒は,様々な酸化的変換反応において世界中で利用されるようになってきている。本総説では我々のC 2対称ジアミド型触媒設計とその応用例について紹介する。

  15. High-Performance Ammonium Hypoiodite/Oxone Catalysis for Enantioselective Oxidative Dearomatization of Arenols 査読有り

    Muhammet Uyanik, Takehiro Kato, Naoto Sahara, Outa Katade, Kazuaki Ishihara

    ACS Catalysis   9 巻 ( 12 ) 頁: 11619 - 11626   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A high-performance enantioselective quaternary ammonium hypoiodite catalysis was developed for the dearomatization of arenols using oxone as an environmentally benign oxidant. The oxidation of not only 1- and 2-naphthols but also phenols, which were hardly reactive using the previous hypoiodite catalysis, readily proceeded under mild conditions, and only inorganic wastes were generated from the oxidant used. Control experiments and Raman analysis revealed the in situ generation of I+ such as hypoiodous acid as an unstable active species and molecular iodine (I2) as a stable dormant species. Most of the advantages of the present I+/oxone catalysis, compared to previous I+/(H2O2 or ROOH) systems, may result from generation of the stable dormant state and the higher reactivity of catalysts under acidic conditions.

    DOI: 10.1021/acscatal.9b04322

  16. Ammonium Hypoiodite-Catalyzed Oxidative Dearomatizative Azidation of Arenols 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kohei Nishioka, Kazuaki Ishihara

    Chemistry Letters   48 巻 ( 4 ) 頁: 353 - 356   2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  



    The first transition metal-free catalytic oxidative dearomatizative azidation of arenols has been developed using hypoiodite catalysis with aqueous hydrogen peroxide and trimethylsilyl azide as an oxidant and azide source, respectively, under mild conditions. The corresponding quaternary azides can be obtained in high to excellent yields.

    DOI: 10.1246/cl.181036

  17. Front Cover: Regioselective Oxidative Chlorination of Arenols Using NaCl and Oxone (Eur. J. Org. Chem. 1/2019) 査読有り

    Muhammet Uyanik, Naoto Sahara, Kazuaki Ishihara

    European Journal of Organic Chemistry   2019 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 1   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/ejoc.201801769

  18. Regioselective Oxidative Chlorination of Arenols Using NaCl and Oxone 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Naoto Sahara, Kazuaki Ishihara

    European Journal of Organic Chemistry   2019 巻 ( 1 ) 頁: 27 - 31   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We developed a practical and environmentally benign method for the chlorinative dearomatization of arenols using transient electrophilic chlorinating species generated in situ from inexpensive sodium chloride and Oxone as a Cl source and oxidant, respectively, under mild conditions. Moreover, the regioselective chlorination or chlorinative dearomatization of 1-naphthols was also achieved by changing the reaction conditions.

    DOI: 10.1002/ejoc.201801063

  19. Asymmetric Total Synthesis of (-)-Maldoxin, a Common Biosynthetic Ancestor of the Chloropupukeananin Family 査読有り

    Takahiro Suzuki, Soichiro Watanabe, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara, Susumu Kobayashi, Keiji Tanino

    Organic Letters   20 巻 ( 20 ) 頁: 3919 - 3922   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The total synthesis of pestheic acid based on an intramolecular SNAr reaction without a nitro group and the asymmetric synthesis of (-)-maldoxin by a catalytic enantioselective oxidative dearomatization of pestheic acid are described. The reactivity of (-)-maldoxin as a diene in the Diels-Alder reaction is also investigated.

    DOI: 10.1021/acs.orglett.8b01502

  20. Chiral Hypervalent Organoiodine-Catalyzed Enantioselective Oxidative Spirolactonization of Naphthol Derivatives 査読有り

    Muhammet Uyanik, Takeshi Yasui, Kazuaki Ishihara

    The Journal of Organic Chemistry   82 巻 ( 22 ) 頁: 11946 - 11953   2017年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Highly enantioselective oxidative dearomatization of 2-naphthol derivatives was achieved for the first time by using conformationally flexible organoiodine catalysts derived from 2-aminoalcohol as a chiral source. Moreover, with the use of these catalysts, excellent enantioselectivities were also achieved for 1-naphthol derivatives, which had previously been obtained with only lower enantioselectivities. Furthermore, the product obtained from the present reaction could be transformed to a highly functionalized spirolactone in high yield and with excellent stereoselectivity.

    DOI: 10.1021/acs.joc.7b01941

  21. 4,5-Dimethyl-2-Iodoxybenzenesulfonic Acid Catalyzed Site-Selective Oxidation of 2-Substituted Phenols to 1,2-Quinols 査読有り

    Muhammet Uyanik, Tatsuya Mutsuga, Kazuaki Ishihara

    Angewandte Chemie International Edition   56 巻 ( 14 ) 頁: 3956 - 3960   2017年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A site-selective hydroxylative dearomatization of 2-substituted phenols to either 1,2-benzoquinols or their cyclodimers, catalyzed by 4,5-dimethyl-2-iodoxybenzenesulfonic acid with Oxone, has been developed. Furthermore, both the reaction rate and site selectivity could be further improved by the introduction of a trialkylsilylmethyl substituent at the 2-position of phenols. The corresponding 1,2-quinols could be transformed into various useful structural motifs by [4+2] cycloaddition cascade reactions.

    DOI: 10.1002/anie.201612463

  22. Ammonium Hypoiodite-Catalyzed Peroxidative Dearomatization of Phenols 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kohei Nishioka, Kazuaki Ishihara

    Heterocycles   95 巻 ( 2 ) 頁: 1132 - 1147   2017年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Here, we report the first transition metal-free peroxidative dearomatization of phenols using hypoiodite catalysis with TBHP. Hypoiodite salts are generated in situ from the corresponding quaternary ammonium iodides in the presence of TBHP, and the oxidative coupling reaction proceeds efficiently under mild conditions. The dearomatized products are versatile synthetic intermediates for further synthetic transformations to various complex structures including heterocycles. As a demonstration, the further oxidation of the unsaturated peroxide with TBHP afforded the corresponding peroxy epoxide in good yield.

    DOI: 10.3987/COM-16-S(S)84

  23. Enantioselective Synthesis of Masked Benzoquinones Using Designer Chiral Hypervalent Organoiodine(III) Catalysis 査読有り

    Muhammet Uyanik, Niiha Sasakura, Masahiro Mizuno, Kazuaki Ishihara

    ACS Catalysis   7 巻 ( 1 ) 頁: 872 - 876   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A highly enantioselective oxidative dearomatization of ortho- and para-hydroquinone derivatives to the corresponding masked ortho- and para-benzoquinones has been achieved by using chiral organoiodine(III) catalysts.

    DOI: 10.1021/acscatal.6b03380

  24. キラル第四級アンモニウム次亜ヨウ素酸塩触媒 招待有り

    ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    月間ファインケミカル   45 巻 ( 12 ) 頁: 16 - 24   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    過酸化水素あるいはアルコール過酸化物の存在下、キラルヨウ化第四級アンモニウムからin situで調製される次亜ヨウ素酸塩を触媒活性種に用いるエナンチオ選択的酸化的環化反応を開発した。本酸化システムの詳細な触媒機構を解明することで、高活性な不斉有機酸化触媒システムの構築に成功し、多くの生物活性物質に含まれる2,3-ジヒドロベンゾフラン、クロマン、テトラヒドロフラン、及びスピロラクトン骨格の新規不斉合成を達成した。

  25. Chiral Ammonium Hypoiodite Salt-Catalyzed Enantioselective Oxidative Cycloetherification to 2-Acyl Tetrahydrofurans 査読有り

    Muhammet Uyanik, Hiroki Hayashi, Hirokazu Iwata, Kazuaki Ishihara

    Chemistry Letters   45 巻 ( 3 ) 頁: 353 - 355   2016年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2-Acyl tetrahydrofuran is a fundamental structure in natural products and pharmaceuticals. We achieved a chiral quaternary ammonium hypoiodite salt-catalyzed enantioselective oxidative cycloetherification of δ-hydroxyketone derivatives. The corresponding 2-acyl tetrahydrofurans were obtained in high chemical yield with high enantioselectivity.

    DOI: 10.1246/cl.160004

  26. Practical Oxidative Dearomatization of Phenols with Sodium Hypochlorite Pentahydrate 査読有り

    Muhammet Uyanik, Niiha Sasakura, Mitsuyoshi Kuwahata, Yasukazu Ejima, Kazuaki Ishihara

    Chemistry Letters   44 巻 ( 3 ) 頁: 381 - 383   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A highly efficient and practical oxidative dearomatization of phenols using sodium hypochlorite pentahydrate as an inexpensive, strong oxidant is reported for the first time. The oxidation reactions proceeded very rapidly in the presence of water to give the desired products in excellent yields, and sodium chloride and water were the only by-products derived from the oxidant.

    DOI: 10.1246/cl.141130

  27. High-Performance Hypoiodite/Hydrogen Peroxide Catalytic System for the Oxylactonization of Aliphatic γ-Oxocarboxylic Acids 査読有り

    Muhammet Uyanik, Daisuke Suzuki, Mizu Watanabe, Hiroyasu Tanaka, Kikuo Furukawa, Kazuaki Ishihara

    Chemistry Letters   44 巻 ( 3 ) 頁: 387 - 389   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Highly efficient hypoiodite-catalyzed oxylactonization of aliphatic γ-oxocarboxylic acids to the corresponding γ-acyl-γ-butyrolactones was developed. Highly dilute reaction conditions and slow addition of the oxidant are each highly effective for promoting the high-performance hypoiodite/hydrogen peroxide catalytic oxidation system.

    DOI: 10.1246/cl.141110

  28. Chiral Ammonium Hypoiodite-catalyzed Enantioselective Oxidative Dearomatization of 1-Naphthols Using Hydrogen Peroxide 査読有り

    Muhammet Uyanik, Niiha Sasakura, Erina Kaneko, Kento Ohori, Kazuaki Ishihara

    Chemistry Letters   44 巻 ( 2 ) 頁: 179 - 181   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A highly enantioselective oxidative dearomatization of 1-naphthol derivatives (Kita spirolactonization) catalyzed by chiral hypoiodite species prepared in situ from chiral quaternary ammonium iodide in the presence of hydrogen peroxide is reported.

    DOI: 10.1246/cl.141012

  29. High-turnover hypoiodite catalysis for asymmetric synthesis of tocopherols 査読有り

    Muhammet Uyanik, Hiroki Hayashi, Kazuaki Ishihara

    Science   345 巻 ( 6194 ) 頁: 291 - 294   2014年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The diverse biological activities of tocopherols and their analogs have inspired considerable interest in the development of routes for their efficient asymmetric synthesis. Here, we report that chiral ammonium hypoiodite salts catalyze highly chemo- and enantioselective oxidative cyclization of γ-(2-hydroxyphenyl)ketones to 2-acyl chromans bearing a quaternary stereocenter, which serve as productive synthetic intermediates for tocopherols. Raman spectroscopic analysis of a solution of tetrabutylammonium iodide and tert-butyl hydroperoxide revealed the in situ generation of the hypoiodite salt as an unstable catalytic active species and triiodide salt as a stable inert species. A high-performance catalytic oxidation system (turnover number of ~200) has been achieved through reversible equilibration between hypoiodite and triiodide in the presence of potassium carbonate base. We anticipate that these findings will open further prospects for the development of high-turnover redox organocatalysis.

    DOI: 10.1126/science.1254976

  30. 2-ヨードベンゼンスルホン酸(pre-IBS)とOxoneを用いる選択的酸化反応 招待有り

    ウヤヌク ムハメット, 六鹿達矢, 石原一彰

    和光純薬時報   81 巻 ( 4 ) 頁: 5 - 9   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    著者らはIBXよりも遥かに活性が高く、選択性の優れたIBS触媒系を開発することができた。1–5 mol%のpre-IBSを用いて、第1級又は第2級アルコールを対応するアルデヒドやカルボン酸、またはケトンへ効率よく酸化できた。また、環状アルコールから触媒的カスケード型酸化反応によって環状エノンやラクトンを高収率で合成できた。さらに、本触媒的酸化システムをtert-アリルアルコールの転位/酸化反応及びフェノールのオルト選択的酸化反応に拡張することにも成功した。本IBS/Oxoneの触媒的酸化システムは、国内外の他の研究グループも加わり、さらに発展しつつある。今後も、触媒的IBS酸化はさらなる応用的発展が期待され、環境低負荷型酸化システムとして定着するであろう。

  31. Hydrogen Bonding and Alcohol Effects in Asymmetric Hypervalent Iodine Catalysis: Enantioselective Oxidative Dearomatization of Phenols 査読有り

    Muhammet Uyanik, Takeshi Yasui, Kazuaki Ishihara

    Angewandte Chemie International Edition   52 巻 ( 35 ) 頁: 9215 - 9218   2013年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A conformationally flexible C2-symmetric organoiodine(III) catalyst for the highly enantioselective catalytic oxidative dearomatization of phenols has been developed. Catalysis is controlled by intramolecular hydrogen-bonding interactions and additional achiral alcohols.

    DOI: 10.1002/anie.201303559

  32. Baeyer-Villiger Oxidation Using Hydrogen Peroxide 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    ACS Catalysis   3 巻 ( 5 ) 頁: 513 - 520   2013年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    The Baeyer-Villiger (BV) oxidation of carbonyl compounds to the corresponding esters or lactones is one of the most important transformations. We recently introduced a highly efficient and selective LiB(C6F5)4- or Ca[B(C6F5)4]2-catalyzed BV oxidation of ketones with aqueous hydrogen peroxide to give the corresponding lactones in high yield. In this perspective article, we focus on our discovery and the development of BV oxidation reactions and cascade oxidative transformations through representative metal catalysts and organocatalysts.

    DOI: 10.1021/cs300821u

  33. Conformationally-Flexible Chiral Hypervalent Organoiodine Catalysts for Enantioselective Oxidative Transformations 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    Journal of Synthetic Organic Chemistry, Japan   70 巻 ( 11 ) 頁: 1116 - 1122   2012年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The development of chiral hypervalent iodine-catalyzed oxidative transformations is one of the most challenging areas in asymmetric organocatalysis. Although several elegant chiral hypervalent iodine(III and V) reagents or catalysts had been developed for various asymmetric oxidation reactions, the enantioselectivities had been moderate before our paper was published in 2010. We have had a great interest in the development of organocatalysis based on hypervalent chemistry since 2007. In this account, we describe our design concept of conformationally-flexible chiral hypervalent organoiodine(III), and the results obtained for catalytic use of our chiral iodines(III) for enantioselective Kita oxidative spirolactonization. Additionally, other chiral hypervalent iodine-mediated asymmetric oxidation reactions reported after our publications are also highlighted briefly.

    DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.70.1116

    Web of Science

  34. Baeyer-Villiger Oxidation and Oxidative Cascade Reactions with Aqueous Hydrogen Peroxide Catalyzed by Lipophilic Li[B(C6F5)4] and Ca[B(C6F5)4]2 査読有り

    Muhammet Uyanik, Daisuke Nakashima, Kazuaki Ishihara

    Angewandte Chemie International Edition   51 巻 ( 36 ) 頁: 9093 - 9096   2012年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We have developed highly efficient and selective Li[B(C6F5)4] or Ca[B(C6F5)4]2 catalyzed Baeyer-Villiger (BV) oxidations of various cycloalkanones with 30-wt% aqueous hydrogen peroxide to give the corresponding lactones in high yield. Additionally, we have found that the reaction rate is accelerated with the use of oxalic acid as a co-catalyst. Moreover, beta-silyl cyclohexanones can be oxidized to either the corresponding unsaturated carboxylic acids or hydroxylactones in high yields through BV oxidation/b-elimination reaction sequences and subsequent epoxidation/cyclization reaction sequences, by controlling the amounts of H2O2 and oxalic acid. These reactions proceed under mild conditions and tolerate various functional groups.

    DOI: 10.1002/anie.201204286

  35. デザイン型ヨウ素触媒を用いる環境調和型選択的酸化反応 査読有り

    ウヤヌク ムハメット

    化学と工業   65 巻 ( 8 ) 頁: 625 - 626   2012年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    ヨウ素は容易に酸化されてその原子価を拡張し、超原子価状態となるため、遷移金属のような酸化・還元性を示す。我々は、ヨウ素のこの超原子価性に着目し、従来の毒性の強い重金属酸化剤や遷移金属触媒に代わる非金属系超原子価ヨウ素触媒による幾つかの高選択的環境調和型酸化反応の開発に成功した。

  36. IBS-Catalyzed Regioselective Oxidation of Phenols to 1,2-Quinones with Oxone 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Tatsuya Mutsuga, Kazuaki Ishihara

    Molecules   17 巻 ( 7 ) 頁: 8604 - 8616   2012年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We have developed the first example of hypervalent iodine(V)-catalyzed regioselective oxidation of phenols to ortho-quinones. Various phenols could be oxidized to the corresponding ortho-quinones in good to excellent yields using catalytic amounts of sodium salts of 2-iodobenzenesulfonic acids (pre-IBSes) and stoichiometric amounts of Oxone as a co-oxidant under mild conditions. The reaction rate of IBS-catalyzed oxidation under nonaqueous conditions was further accelerated in the presence of an inorganic base such as potassium carbonate (K2CO3), a phase transfer catalyst such as tetrabutylammonium hydrogen sulfate (n-Bu4NHSO4), and a dehydrating agent such as anhydrous sodium sulfate (Na2SO4).

    DOI: 10.3390/molecules17078604

  37. Catalysis with In Situ-Generated (Hypo)iodite Ions for Oxidative Coupling Reactions 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    ChemCatChem   4 巻 ( 2 ) 頁: 177 - 185   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This Concept highlights the discovery and development of oxidative coupling reactions catalyzed by the hypoiodite (IO) or iodite (IO2) ion, which are generated in situ from iodide (I-) ion with hydrogen peroxide or tert-butyl hydroperoxide as an environmentally benign oxidant. The most important features of these catalytic systems are 1) metal-free oxidation, 2) milder reaction conditions, 3) high chemoselectivity (they tolerate a wide range of various functional groups), 4) operational simplicity, and 5) water or tert-butyl alcohol as the only byproduct derived from the co-oxidant used.

    DOI: 10.1002/cctc.201100352

  38. 2-Iodoxy-5-Methylbenzenesulfonic Acid-Catalyzed Selective Oxidation of 4-Bromobenzyl Alcohol to 4-Bromobenzaldehyde or 4-Bromobenzoic Acid with Oxone 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara, Margaret Faul, Richard Crockett

    Organic Syntheses   89 巻   頁: 105 - 114   2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We have reported that 2-iodoxybenzenesulfonic acids (IBSs) which are in situ prepared from Oxone and 2-iodobenzenesulfonic acids show efficient catalytic activity on the alcohol oxidation under mild conditions. Here, we succeeded in scale up of the IBS-catalyzed alcohol oxidations.

    DOI: 10.15227/orgsyn.089.0105

  39. In Situ Generated (Hypo)Iodite Catalysts for the Direct α-Oxyacylation of Carbonyl Compounds with Carboxylic Acids 査読有り

    Muhammet Uyanik, Daisuke Suzuki, Takeshi Yasui, Kazuaki Ishihara

    Angewandte Chemie International Edition   50 巻 ( 23 ) 頁: 5331 - 5334   2011年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The intra- and intermolecular title reaction is catalyzed by an in situ generated ammonium (hypo)iodite species. Either H2O2 or tert-butyl hydroperoxide (TBHP) can be used as an environmentally benign oxidant and a wide range of substrates react to give the corresponding alpha-acyloxycarbonyl compounds in good to excellent yields.

    DOI: 10.1002/anie.201101522

  40. 非共有結合相互作用を利用したキラル超原子価ヨウ素触媒の開発:北スピロラクトン化反応への応用 招待有り

    ウヤヌク ムハメット, 安井猛, 石原一彰

    和光純薬時報   79 巻 ( 2 ) 頁: 2-5   2011年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    我々は2 , 6 -ジヒドロキシヨードベンゼンを基本骨格とし、乳酸をキラル源に柔軟な立体配座とC 2 対称性を保持したキラルヨードアレンの合理的設計を考案した。この有効性を実証するため、m -CPBA存在下、触媒量のヨードアレンから超原子価ヨウ素(III)触媒をin situ で調製し、1-ヒドロキシナフチルカルボン酸の北スピロラクトン化反応に試したところ、高い不斉収率で目的のスピロラクトンを得ることに成功した。現在、触媒前駆体は和光純薬から市販されている。本触媒技術で合成出来る光学活性スピロラクトンはさらに様々な合成変換が可能であることから、その応用範囲は広く、医薬品の製造技術としても期待される。これらの結果は、キラル超原子価ヨウ素化合物の設計、及びエナンチオ選択的酸化的カップリング反応の発展に大きく寄与するものと思われる。

  41. In Situ-Generated Chiral Quaternary Ammonium (Hypo)iodite Catalysis for Enantioselective Oxidative Cyclisations 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    Chimica Oggi-Chemistry Today   29 巻 ( 1 ) 頁: 18 - 21   2011年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    Very recently, we developed the first enantioselective oxidative cycloetherification of ketophenols to 2-acyl-2,3-dihydrobenzofuran derivatives catalysed by in situ generated chiral quaternary ammonium (hypo)iodite with hydrogen peroxide or tert-butyl hydroperoxide (TBHP) as an environmentally benign ideal oxidant. The optically active
    2-acyl 2,3-dihydrobenzofuran skeleton is a key structure in
    several medicinally and biologically active compounds.

  42. 2-Iodoxybenzenesulfonic Acid (IBS)-Catalyzed Oxidation of Alcohols 招待有り 査読有り

      43 巻 ( 3 ) 頁: 83 - 91   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. 金属を使わない不斉酸化的カップリング触媒 無機ヨウ素酸塩へのブレークスルー 招待有り

    石原一彰, UYANIK Muhammet

    化学   65 巻 ( 10 ) 頁: 12 - 17   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    触媒にキラルヨウ素酸塩を用い、共酸化剤に過酸化水素を用いた不斉分子内酸化的エーテル環化反応を開発した。金属を全く用いず、水のみを副生成物とする、常温、常圧下の理想的な不斉酸化的カップリングの成功である。本研究成果は2010年6月に米国科学誌「サイエンス」に掲載された)。本稿では、その開発の経緯、内容、意義について解説する。

  44. Quaternary Ammonium (Hypo)iodite Catalysis for Enantioselective Oxidative Cycloetherification 査読有り

    Muhammet Uyanik, Hiroaki Okamoto, Takeshi Yasui, Kazuaki Ishihara

    Science   328 巻 ( 5984 ) 頁: 1376 - 1379   2010年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    It is desirable to minimize the use of rare or toxic metals for oxidative reactions in the synthesis of pharmaceutical products. Hypervalent iodine compounds are environmentally benign alternatives, but their catalytic use, particularly for asymmetric transformations, has been quite limited. We report here an enantioselective oxidative cycloetherification of ketophenols to 2-acyl-,3-dihydrobenzofuran derivatives, catalyzed by in situ generated chiral quaternary ammonium (hypo)iodite salts, with hydrogen peroxide as an environmentally benign oxidant. The optically active 2-acyl 2,3-dihydrobenzofuran skeleton is a key structure in several biologically active compounds.

    DOI: 10.1126/science.1188217

  45. Chiral Hypervalent Iodine-Catalyzed Enantioselective Oxidative Kita Spirolactonization of 1-Naphthol Derivatives and One-Pot Diastereoselective Oxidation to Epoxyspirolactones 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Takeshi Yasui, Kazuaki Ishihara

    Tetrahedron   66 巻 ( 31 ) 頁: 5841 - 5851   2010年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We demonstrate here the rational design of a conformationally flexible C2-symmetric iodosylarene 8g based on secondary n-sigma* or hydrogen-bonding interactions as a chiral catalyst for the enantioselective Kita oxidative spirolactonization of 1-naphthol derivatives 5. Iodosylarenes 8 were generated in situ from iodoarenes 7 and mCPBA as a co-oxidant. Furthermore, epoxyspirolactone 15 was obtained by the one-pot oxidation of 5 with mCBPA in the presence of 7g. Thus, the enantioselective oxidation of 5 to 6 and the successive enantio- and diastereo-selective oxidation of 5 to 15 proceeded in good yields when we controlled the amount of mCPBA.

    DOI: 10.1016/j.tet.2010.04.060

  46. Enantioselective Kita Oxidative Spirolactonization Catalyzed by In Situ Generated Chiral Hypervalent Iodine(III) Species 査読有り

    Muhammet Uyanik, Takeshi Yasui, Kazuaki Ishihara

    Angewandte Chemie International Edition   49 巻 ( 12 ) 頁: 2175 - 2177   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Conformationally flexible C2-symmetric chiral iodosylarene, which has been rationally designed based on secondary n-σ* or hydrogen-bonding interactions, is a highly effective catalyst for the Kita oxidative spirolactonization. The present catalysis is applicable to a broader range of substrates and provides the highest enantioselectivity (up to 92% ee) among previous chiral hypervalent iodine-catalyzed reactions.

    DOI: 10.1002/anie.200907352

  47. Bromine-Catalyzed Aerobic Oxidation of Alcohols 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Ryota Fukatsu, Kazuaki Ishihara

    Chemistry-An Asian Journal   5 巻 ( 3 ) 頁: 456 - 460   2010年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We demonstrated that a simple and environmentally benign catalytic system HBr/NaNO2 is very effective for the selective oxidation of alcohols under balloon pressure of O2. Furthermore, the aerobic oxidation of alcohols was also achieved under balloon pressure of air instead of pure O2 with this HBr/NaNO2/HNO3 catalytic system.

    DOI: 10.1002/asia.200900609

  48. IBS-Catalyzed Oxidative Rearrangement of Tertiary Allylic Alcohols to Enones with Oxone 査読有り

    Muhammet Uyanik, Ryota Fukatsu, Kazuaki Ishihara

    Organic Letters   11 巻 ( 15 ) 頁: 3470 - 3473   2009年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 2-iodoxybenzenesulfonic acid (IBS)-catalyzed oxidative rearrangement of tertiary allylic alcohols to enones with powdered Oxone in the presence of potassium carbonate and tetrabutylammonium hydrogen sulfate has been developed.

    DOI: 10.1021/ol9013188

  49. Hypervalent iodine-catalyzed oxylactonization of ketocarboxylic acids to ketolactones 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Takeshi Yasui, Kazuaki Ishihara

    Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters   19 巻 ( 14 ) 頁: 3848 - 3851   2009年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The hypervalent iodine-catalyzed oxylactonization of ketocarboxylic acids to ketolactones was achieved in the presence of iodobenzene (10 mol%), p-toluenesulfonic acid monohydrate (20 mol%) and meta-chloroperbenzoic acid as a stoichiometric co-oxidant.

    DOI: 10.1016/j.bmcl.2009.03.148

  50. Hypervalent Iodine-Mediated Oxidation of Alcohols 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    Chemical Communications   2009 巻 ( 16 ) 頁: 2086 - 2099   2009年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Over the past two decades there has been a dramatic increse in the use of hypervalent iodine compounds in synthetic organic chemistry due to their mild and selective oxidizing properties. Hypervalent iodine compounds catalyze various oxidation reactions such as the oxidation of alcohols, alpha-oxidation of ketones, oxidative spirocyclization of phenols, etc. Very recently, we found that 2-iodoxybenzensulfonic acid (IBS), which was generated from 2-iodobenzenesulfonic acid in situ, was an extremely active and mild catalyst for the highly chemoselective oxidation of various alcohols with powdered Oxone to carbonyl compounds such as aldehydes, carboxylic acids, ketones and cycloalkenones under nonaqueous conditions. In this review, we focus on the design of hypervalent iodine catalysts and review the discovery and development of the oxidation of alcohols with the stoichiometric or catalytic use of hypervalent iodine compounds.

    DOI: 10.1039/b823399c

  51. 2-Iodoxybenzenesulfonic Acid as an Extremely Active Catalyst for the Selective Oxidation of Alcohols to Aldehydes, Ketones, Carboxylic Acids, and Enones with Oxone 査読有り

    Muhammet Uyanik, Matsujiro Akakura, Kazuaki Ishihara

    Journal of the American Chemical Society   131 巻 ( 1 ) 頁: 251 - 262   2008年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Electron-donating group-substituted 2-iodoxybenzoic acids (IBXs) were superior to IBX as catalysts for the oxidation of alcohols with Oxone under nonaqueous conditions. Furthermore, 2-iodoxybenzenesulfonic acid (IBS) was much more active than modified IBXs. Thus, we established a highly efficient and selective method for the oxidation of primary and secondary alcohols to carbonyl compounds such as aldehydes, carboxylic acids, and ketones with Oxone in nonaqueous nitromethane, acetonitrile, or ethyl acetate in the presence of 0.05-5 mol % of IBS, which was generated in situ from 2-iodobenzenesulfonic acid or its sodium salt. Cycloalkanones could be further oxidized to α,β-cycloalkenones or lactones by controlling the amounts of Oxone under the same conditions as above. Based on theoretical calculations, we considered that the relatively ionic character of the intramolecular hypervalent iodine-OSO2 bond of IBS might lower the twisting barrier of the alkoxyperiodinane intermediate.

    DOI: 10.1021/ja807110n

  52. Catalytic Diastereoselective Polycyclization of Homo(polyprenyl)arene Analogues Bearing Terminal Siloxyvinyl Groups 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

    Organic Letters   8 巻 ( 24 ) 頁: 5649 - 5652   2006年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Highly diastereoselective polycyclization of homo(polyprenyl)arene analogues bearing terminal siloxyvinyl groups was catalyzed by tin(IV) chloride (10 mol %). The cyclizations of tert-butyldiphenylsilyl and triisopropylsilyl polyenol ethers gave 4(equatorial)- and 4(axial)-siloxypolycycles as major isomers, respectively. The strong nucleophilicity of pro-C(9), a (6E) geometry, and a bulky silyl group effectively favored the 4-preference, whereas the weak nucleophilicity of pro-C(9), a (6Z)-geometry, and less steric hindrance of a silyl group favored the 4-preference.

    DOI: 10.1021/ol062378t

  53. Biomimetic Synthesis of Acid-Sensitive (-)- and (+)-Caparrapi Oxides, (-)- and (+)-8-Epicaparrapi Oxides, and (+)-Dysifragin Induced by Artificial Cyclases 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

    Bioorg. Med. Chem.   13 巻 ( 17 ) 頁: 5055 - 5065   2005年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Asymmetric total syntheses of acid-sensitive (-)- and (+)-caparrapi oxides (1) and (+)-8-epicaparrapi oxide (2) from farnesol (10) are achieved using Sharpless-Katsuki epoxidation and Lewis acid-assisted chiral Br?nsted acid (chiral LBA)-induced polyene cyclization as key steps. The relative configuration of (+)-dysifragin (4) is determined by a single-crystal X-ray diffraction and its total synthesis is accomplished by the diastereoselective epoxidation of (+)-1. Furthermore, (-)-1 can be directly synthesized from (S)-nerolidol (3) and (R)-LBA with 88% ds by reagent control, which overcame substrate control, while (-)-2 is obtained from (R)-3 and (R)-LBA with >99% ds by the double asymmetric induction.

    DOI: 10.1016/j.bmc.2005.04.029

  54. Biomimetic Synthesis of Acid-Sensitive (-)-Caparrapi Oxide and (+)-8-Epicaparrapi Oxide Induced by Artificial Cyclases 査読有り

    Muhammet Uyanik, Hideaki Ishibashi, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

    Organic Letters   7 巻 ( 8 ) 頁: 1601 - 1604   2005年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Asymmetric total syntheses of acid-sensitive (-)-caparrapi oxide (1) and (+)-8-epicaparrapi oxide (2) from farnesol (9) were achieved using Sharpless-Katsuki epoxidation and Lewis acid-assisted chiral Brnsted acid (chiral LBA)-induced polyene cyclization as key steps. Furthermore, (-)-1 could be directly synthesized from (S)-nerolidol (3) and (R)-LBA with 88% ds by reagent control which overcame substrate control, while (-)-2 was obtained from (R)-3 and (R)-LBA with >99% ds by the double-asymmetric induction.

    DOI: 10.1021/o1050295r

▼全件表示

書籍等出版物 8

  1. Asymmetric Hypervalent Iodine Catalysis, In: Catalytic Asymmetric Synthesis, 4th Ed., Takahiko Akiayama and Iwao Ojima (Eds.) 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara( 担当: 単著 ,  範囲: Chapter 7)

    John Wiley & Sons: Hooboken  2022年6月  ( ISBN:9781119736424

     詳細を見る

    担当ページ:pp. 243-276   記述言語:英語 著書種別:学術書

    DOI: 10.1002/9781119736424.ch7

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/9781119736424.ch7

  2. Catalytic Oxidative alpha-Functionalization of Carbonyls, In: Iodine Catalysis in Organic Synthesis, Kazuaki Ishihara and Kilian Muñiz (Eds.) 査読有り

    Muhammet Uyanik( 担当: 単著 ,  範囲: Chapter 10)

    Wiley-VCH: Weinheim  2022年1月  ( ISBN:9783527348299

     詳細を見る

  3. Oxidation of Alcohols and Amines, In: Patai's Chemistry of Functional Groups, Ilan Marek, Berit Olofsson and Zvi Rappoport (Eds.) 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara( 担当: 共著)

    John Wiley & Sons: Chichester  2019年4月  ( ISBN:9781119352303

     詳細を見る

    総ページ数:1032   担当ページ:pp. 261-306   記述言語:英語 著書種別:学術書

    DOI: 10.1002/9780470682531.pat0945

    その他リンク: https://www.amazon.com/Chemistry-Hypervalent-Halogen-Compounds-Functional/dp/1119352304

  4. alpha-Oxidation of Carbonyl Compounds, In: Science of Synthesis: Catalytic Oxidation in Organic Synthesis, K. Muniz (Ed.) 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara( 担当: 共著 ,  範囲: Chapter 10)

    Georg Thieme-Verlag: Stuttgart  2017年10月  ( ISBN:978-3132012417

     詳細を見る

    総ページ数:880   担当ページ:pp. 635–670   記述言語:英語 著書種別:学術書

    DOI: 10.1055/sos-SD-225-00320

  5. Asymmetric Oxidative Dearomatization Reaction, In: Asymmetric Dearomatization Reactions, Shu-Li Yu (Ed.) 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara( 担当: 共著 ,  範囲: Chapter 6)

    Wiley-VCH: Weinheim  2016年6月  ( ISBN:978-3527338511

     詳細を見る

    総ページ数:424   担当ページ:pp. 129–152   記述言語:英語 著書種別:学術書

    DOI: 10.1002/9783527698479.ch6

    その他リンク: https://www.amazon.com/Asymmetric-Dearomatization-Reactions-Shu-Li-You-dp-3527338519/dp/3527338519/ref=mt_hardcover?_encoding=UTF8&me=&qid=1568806280

  6. Functional Group Transformations via Carbonyl Derivatives, In: Comprehensive Organic Synthesis: 2nd Edition, Gary A. Molander and Paul Knochel (Eds.) 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara( 担当: 共著 ,  範囲: Chapter 6)

    Elsevier: Oxford  2014年4月  ( ISBN:9780080977423

     詳細を見る

    総ページ数:9806   担当ページ:pp. 573–597   記述言語:英語 著書種別:学術書

    DOI: 10.1016/B978-0-08-097742-3.00622-4

    その他リンク: https://www.amazon.com/Comprehensive-Organic-Synthesis-Paul-Knochel/dp/0080977421

  7. 2-Iodobenzenesulfonic Acid, In Catalytic Oxidation Reagents, Handbook of Reagents for Organic Chemistry Series, Philip L. Fuchs (ed.) 査読有り 国際共著

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara, Chi Zhang, Li-Qian Cui( 担当: 共著)

    John Wiley & Sons: Chichester  2013年9月  ( ISBN:978-1119953272

     詳細を見る

    総ページ数:782   担当ページ:pp. 332-338   記述言語:英語 著書種別:学術書

    DOI: 10.1002/047084289X.rn01214.pub2

    その他リンク: https://www.amazon.com/Catalytic-Oxidation-Reagents-Philip-Fuchs-dp-1119953278/dp/1119953278/ref=mt_hardcover?_encoding=UTF8&me=&qid=1568807612

  8. 1,2-Benziodoxol-3(1H)-one, 1-Hydroxy, 1-Oxide, In Catalytic Oxidation Reagents, Handbook of Reagents for Organic Chemistry Series, Philip L. Fuchs (ed.) 査読有り 国際共著

    K. C. Nicolaou, Tamsyn Montagnon, Phil S. Baran, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara( 担当: 共著)

    John Wiley & Sons: Chichester  2013年9月  ( ISBN:9781119953272

     詳細を見る

    総ページ数:782   担当ページ:pp. 32-48   記述言語:英語 著書種別:学術書

    DOI: 10.1002/047084289X.rn00236.pub2

▼全件表示

講演・口頭発表等 281

  1. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるインドールの極性転換

    ウヤヌク ムハメット、田中啓貴、石原一彰

    第14回有機触媒シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東北大学、仙台   国名:日本国  

  2. 高活性ハロゲン酸化触媒の開発 招待有り

    ウヤヌク ムハメット

    名古屋大学GTRリトリート合宿 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鈴鹿サーキット、三重県   国名:日本国  

  3. ヨウ素触媒を用いる環境低負荷型酸化反応の開発 招待有り

    ウヤヌク ムハメット

    グリーンプロセスインキュベーションコンソーシアム(GIC)平成30年度第59回研修セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:産業総合研究所東北センター, 仙台   国名:日本国  

  4. デザイン型キラル超原子価ヨウ素(III)触媒 招待有り

    Muhammet Uyanik

    京都大学第3回有機若手ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都大学, 京都府   国名:日本国  

  5. Hypoiodite Catalysis for Oxidative Coupling Reactions 招待有り 国際会議

    Muhammet Uyanik

    The 2nd M&M SYNTHECH Unit International Meeting 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Nagoya University, Nagoya   国名:日本国  

  6. Enantioselective Hypoiodite Catalysis 招待有り 国際会議

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    Tateshina Conference in Organic Chemistry 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Skypark Hotel, Nagano   国名:日本国  

  7. Enantioselective Hypoiodite Catalysis for Oxidative Cyclization 招待有り 国際会議

    Muhammet Uyanik

    HALCHEM VIII 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Meitetsu Inuyama Hotel, Inuyama   国名:日本国  

  8. Development of Selective Oxidation Reactions Using Designer Iodine Catalysts 招待有り

    Muhammet Uyanik

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:慶應義塾大学 日吉キャンパス   国名:日本国  

  9. デザイン型ヨウ素触媒による選択的酸化反応 招待有り

    Muhammet Uyanik

    特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡山大学、岡山   国名:日本国  

  10. Designer Iodine Catalysis for Oxidative Coupling Reactions 招待有り 国際会議

    Muhammet Uyanik

    2nd Joint Workshop on Chirality in Chiba University (WCCU) and Soft Molecule Activation (SMA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Chiba University, Chiba   国名:日本国  

  11. Development of Iodine-Based Oxidation Catalysis

    Muhammet Uyanik

    Institute for Molecular Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  12. Catalytic Oxidation Reactions Using Iodine Compounds

    Muhammet Uyanik

    The University of Tokyo Grad. School of Pharmaceutical Sciences, Organic Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  13. Catalytic oxidation reactions using iodine compounds 国際会議

    Muhammet Uyanik

    Anatolian Conference on Synthetic Organic Chemistry (ACSOC-2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:トルコ共和国  

  14. Enantioselective Oxidative Dearomatization of Phenols Using Hypervalent Organoiodine Catalysis 国際会議

    Muhammet Uyanik

    MEXT Canada/Japan Symposium (pre-ISHC) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:カナダ  

  15. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるエナンチオ選択的酸化的環化反応

    UYANIK Muhammet

    分子活性化第7回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:北海道大学   国名:日本国  

  16. ビアリール化合物の環境低負荷型合成

    ウヤヌク ムハメット

    JST復興促進プログラムA-STEP探索タイプマッチングイベント 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:仙台国際センター, 仙台   国名:日本国  

  17. Catalysis with In Situ-Generated (Hypo)iodite Ions for Oxidative Coupling Reactions 国際会議

    Muhammet Uyanik

    The 4th International Symposium for Young Chemists on Molecular Activation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  18. デザイン型ヨウ素触媒を用いる酸化反応

    ウヤヌク ムハメット

    日本化学第93春季年会-特別企画講演(有機分子触媒の最先端) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:立命館大学(びわこキャンパス、滋賀県)   国名:日本国  

  19. ヨウ素触媒を用いる不斉酸化反応

    東京理科大学薬学部ジョイントセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京理科大学薬学部、千葉   国名:日本国  

  20. 超原子価ヨウ素触媒を用いるエナンチオ選択的酸化的環化反応

    UYANIK Muhammet

    日本化学会第92回春季年会 若い世代の特別講演会講演賞 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:慶応大学(東京)   国名:日本国  

  21. Enantioselective Oxidative Dearomatization of Phenols 国際会議

    Muhammet Uyanik

    The 1st Nagoya Symposium on Green Synthesis & Catalysis (NSGSC-1) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  22. Hypervalent Iodine-Catalyzed Enantioselective Oxidative Cyclizations 国際会議

    Muhammet Uyanik

    Turkish Chemical Society 25th National Chemistry Congress with International Participation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月 - 2011年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:トルコ共和国  

  23. デザイン型超原子価ヨウ素化合物を触媒に用いる環境低負荷型選択的酸化的変換反応の開拓

    ウヤヌク ムハメット

    平成22年度有機合成化学協会東海支部若手研究者のためのセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:信州大学(長野)   国名:日本国  

  24. NaClとOxoneを用いるアルケンの酸化的Ritter型クロロアミド化反応

    藤井悠人、岡田侑也、加藤丈裕、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学会第102春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン方式   国名:日本国  

  25. キラル超原子価ヨウ素(III)触媒を用いるアレノールのエナンチオ選択的酸化的脱芳香族型フッ素化反応

    山本翔吾、田中啓貴、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学会第102春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン方式   国名:日本国  

  26. キラル第四級アンモニウム次亜臭素酸塩触媒を用いるアレノールのエナンチオ選択的脱芳香族型アジド化反応

    月森康夫、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学会第102春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン方式   国名:日本国  

  27. 次亜ヨウ素酸触媒を用いるインドールの極性転換を利用した脱芳香族化反応の開発

    田中啓貴、ウヤヌクムハメット、石原一彰

    日本化学会第102春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン方式   国名:日本国  

  28. 銅/ヨウ素協奏触媒を用いるエナンチオ選択的酸素酸化的カップリング反応

    松山俊輝、井原颯紀、加藤丈裕、ウヤヌクムハメット、石原一彰

    日本化学会第102春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン方式   国名:日本国  

  29. キラル第四級アンモニウム塩触媒を用いる(ヘテロ)アレノールのエナンチオ選択的酸化的脱芳香族型塩素化反応

    熊谷幸子、片出旺太、佐原直登、ウヤヌクムハメット、石原一彰

    日本化学会第102春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン方式   国名:日本国  

  30. 高活性次亜ハロゲン酸塩触媒を用いるアレノールのエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応

    加藤丈裕、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学会第102春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン方式   国名:日本国  

  31. 高活性次亜ハロゲン酸塩触媒を用いるアレノールのエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応

    加藤丈裕,佐原直登,ウヤヌク ムハメット, 長谷川淳也, 石原一彰

    名古屋大学GTR Annual Meeting 2021 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン方式   国名:日本国  

  32. キラル第四級アンモニウム次亜臭素酸塩触媒を用いるアレノールのエナンチオ選択的脱芳香族型アジド化反応の開発

    月森康夫、ウヤヌクムハメット、石原一彰

    第52回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン方式   国名:日本国  

  33. 高活性キラル第四級アンモニウム塩触媒による(ヘテロ)アレノール類のエナンチオ選択的脱芳香族型塩素化反応の開発

    熊谷幸子、片出旺太、佐原直登、ウヤヌクムハメット、石原一彰

    第52回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン方式   国名:日本国  

  34. 超原子価ヨウ素触媒を用いるアレノールのエナンチオ選択的酸化的脱芳香族型フッ素化反応

    山本翔吾、田中啓貴、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    第10回CSJ化学フェスタ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン方式  

  35. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるインドールアルカロイド類の酸化的合成法の開発

    田中啓貴、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    第50回複素環化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン方式  

  36. 高活性次亜ハロゲン酸塩触媒を用いるアレノールの酸化的脱芳香族化反応

    加藤丈裕、ウヤヌクム ハメット、石原一彰

    第37回有機合成化学セミナー  

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン方式  

  37. 高活性次亜ハロゲン酸塩触媒を用いるアレノールの酸化的脱芳香族化反応

    加藤丈裕、ウヤヌクム ハメット、石原一彰

    第24回ヨウ素学会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン方式  

  38. Hypoiodite-catalyzed Chemoselective Oxidative Dearomatization of Indole Derivatives

    Hiroki Tanaka, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    The 7th Noyori Forum 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  39. Hypoiodite-catalyzed Chemoselective Oxidative Cyclization of Indole Derivatives

    Hiroki Tanaka, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    101th Annual Spring Meeting of CSJ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  40. 2-アルキルスピロインドレニンの骨格転位型環拡大反応によるアゼピノインドールの合成

    安井俊博, 田中啓貴, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    日本化学会第101春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン方式   国名:日本国  

  41. キラル第四級アンモニウム次亜臭素酸塩触媒を用いるアレノールのエナンチオ選択的脱芳香族型アジド化反応

    月森康夫, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    日本化学会第101春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン方式   国名:日本国  

  42. 高活性キラル第四級アンモニウム塩触媒による(ヘテロ)アレノールのエナンチオ選択的脱芳香族型塩素化反応

    熊谷幸子, 佐原直人, 出旺太, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    日本化学会第101春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン方式   国名:日本国  

  43. 超原子価ヨウ素(Ⅲ)触媒を用いるアレノールの酸化的脱芳香族型フッ素化反応

    山本翔吾, 田中啓貴, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    日本化学会第101春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン方式   国名:日本国  

  44. Oxidative Dearomatization of Arenols Using High-performance Hypohalite Catalysis

    Takehiro Kato, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    101th Annual Spring Meeting of CSJ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. Enantioselective dearomatization of indoles for total synthesis of natural products

    Hiroki Tanaka, Naoya Ukegawa, Muhammet Uyanik, Toshio Nishikawa, Kazuaki Ishihara

    Nagoya University, GTR Annual Meeting 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  46. High-Performance Hypohalite Catalysis for Enantioselective Oxidative Dearomatization of Arenols

    Takehiro Kato, Naoto Sahara, Muhammet Uyanik, Junya Hasegawa, Kazuaki Ishihara

    Nagoya University, GTR Annual Meeting 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  47. キラル第四級アンモニウム次亜臭素酸塩触媒を用いるアレノールのエナンチオ選択的脱芳香族型アジド化反応

    月森康夫, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    第10回CSJ化学フェスタ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン方式   国名:日本国  

  48. 高活性キラル第四級アンモニウム塩触媒によるアレノールのエナンチオ選択的脱芳香族型塩素化反応

    熊谷幸子, 出旺太, 佐原直人, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    第10回CSJ化学フェスタ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン方式   国名:日本国  

  49. Designer quaternary ammonium hypoiodite catalysis for oxidative α-azidation of carbonyl compounds

    Naoto Sahara, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    100th Annual Spring Meeting of CSJ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  50. 2-アルキルスピロインドレニンの触媒的骨格転位によるアゼピノインドールの合成

    安井俊博, 田中啓貴, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    日本化学会第100春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本化学会第100春季年会(2020)講演予稿集   国名:日本国  

  51. Ammonium hypoiodite-catalyzed oxidative umpolung of indoles towards synthesis of alkaloids

    Hiroki Tanaka, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    100th Annual Spring Meeting of CSJ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  52. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるキノンメチドの化学選択的酸化的生成及びタンデム型反応

    近藤竜太郎, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    日本化学会第100春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本化学会第100春季年会(2020)講演予稿集   国名:日本国  

  53. キラルヨウ素(III)触媒を用いるエナンチオ選択的酸化的ビアリールカップリング反応

    石崎伸一, 田中啓貴, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    日本化学会第100春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本化学会第100春季年会(2020)講演予稿集   国名:日本国  

  54. キラル第4級アンモニウム次亜臭素酸塩触媒を用いるアレノールのエナンチオ選択的脱芳香族型アジド化反

    月森康夫, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    日本化学会第100春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本化学会第100春季年会(2020)講演予稿集   国名:日本国  

  55. 高活性キラル第四級アンモニウム塩触媒によるアレノールのエナンチオ選択的脱芳香族型塩素化反応

    熊谷幸子, 佐原直人, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    日本化学会第100春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本化学会第100春季年会(2020)講演予稿集   国名:日本国  

  56. 高活性キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を⽤いるアレノールのエナンチオ選択的酸化的脱芳⾹族化反応

    加藤丈裕, 佐原直人, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    日本化学会第100春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本化学会第100春季年会(2020)講演予稿集   国名:日本国  

  57. Enantioselective dearomatization of indoles for total synthesis of natural products

    Hiroki Tanaka, Naoya Ukegawa, Muhammet Uyanik, Toshio Nishikawa, Kazuaki Ishihara

    Nagoya University, GTR Annual Meeting 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  58. High-Performance Hypohalite Catalysis for Enantioselective Oxidative Dearomatization of Arenols

    Takehiro Kato, Naoto Sahara, Muhammet Uyanik, Junya Hasegawa, Kazuaki Ishihara

    Nagoya University, GTR Annual Meeting 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  59. Hypoiodite-catalyzed Chemoselective Oxidative Generation of ortho-Quinone Methides and Tandem Reactions

    Muhammet Uyanik

    The 12th Organocatalysis Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kyoto University   国名:日本国  

  60. 高活性次亜ハロゲン酸塩触媒を用いるフェノールのエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応

    加藤丈裕, 佐原直登,ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    第50回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:信州大学松本キャンパス, 長野県松本市   国名:日本国  

  61. 2-アルキルスピロインドレニンの1,3-転位型環拡大反応によるアゼピノインドールの合成

    安井俊博, 田中啓貴, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    第9回CSJ化学フェスタ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ワーホール船堀, 東京   国名:日本国  

  62. 実用化に向けたキラルヨウ素(III)触媒を用いるエナンチオ選択的酸化反応のスケールアップ検討

    石崎伸一, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    第9回CSJ化学フェスタ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀, 東京   国名:日本国  

  63. インドール類の極性転換に伴う触媒的エナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応

    田中啓貴, 請川直哉, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    第36回有機合成化学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長良川国際会議場, 岐阜県   国名:日本国  

  64. 高活性次亜ハロゲン酸塩触媒を用いたフェノール類のエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応

    加藤丈裕, 佐原直登,ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    第36回有機合成化学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長良川国際会議場, 岐阜県   国名:日本国  

  65. Hypoiodite-catalyzed Chemoselective Oxidative Generation of ortho-Quinone Methides and Tandem Reactions 国際会議

    Muhammet Uyanik, Kohei Nishioka, Kazuaki Ishihara

    The 27th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress (ISHC) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Miyako Messe, Kyoto   国名:日本国  

  66. IBS-catalyzed Highly Efficient and Selective Oxidation of Alcohols with Oxone 国際会議

    Ryutaro Kondo, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    The 27th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress (ISHC) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Miyako Messe, Kyoto   国名:日本国  

  67. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるインドールの不斉酸化的脱芳香族化反応

    田中啓貴, 請川直哉, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    第9回企業と博士人材の交流会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学, 愛知県   国名:日本国  

  68. キラル次亜ヨウ素塩触媒を用いるインドールの極性転換及び不斉脱芳香族化反応

    田中啓貴, 請川直哉, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    第22回ヨウ素学会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉大学, 千葉県   国名:日本国  

  69. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるインドールのエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応

    田中啓貴, 請川直哉, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    第54回天然物化学談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:山渓温泉鹿の湯, 札幌市北海道   国名:日本国  

  70. キラルヨウ素(III)触媒を用いるエナンチオ選択的酸化反応のスケールアップ検討

    石崎伸一, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    第54回有機反応若手の会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月 - 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:マリンロッジ海風館, 大阪府   国名:日本国  

  71. 2-アルキルスピロインドレニンの1,3-転移型環拡大反応によるアゼピノインドールの合成

    安井俊博, 田中啓貴, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    第52回有機金属若手の会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:敷せとうち児島ホテル, 岡山県倉敷市   国名:日本国  

  72. 高活性次亜ハロゲン酸塩触媒を用いるフェノールのエナンチオ選択的脱芳香族化反応

    加藤丈裕, 佐原直登, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    第52回有機金属若手の会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:敷せとうち児島ホテル, 岡山県倉敷市   国名:日本国  

  73. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるインドールのエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応

    田中啓貴, 請川直哉, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    名古屋大学GTRリトリート合宿 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鈴鹿サーキット, 三重県   国名:日本国  

  74. 高活性次亜ハロゲン酸塩触媒を用いるフェノールのエナンチオ選択的脱芳香族化反応

    加藤丈裕, 佐原直登, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    名古屋大学GTRリトリート合宿 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鈴鹿サーキット, 三重県   国名:日本国  

  75. IBS酸化触媒とOxoneを用いるアルコールの高効率的選択的酸化及び酸化的エステル化反応

    近藤竜太郎, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    日本化学会第99春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:甲南大学(岡本キャンパス), 兵庫県   国名:日本国  

  76. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるインドールのエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応

    田中啓貴, 請川直哉, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    日本化学会第99春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:甲南大学(岡本キャンパス), 兵庫県   国名:日本国  

  77. 2-アルキルスピロインドレニンの1,3-転位型環拡大反応によるアゼピノインドールの合成

    安井俊博, 田中啓貴, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    日本化学会第99春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:甲南大学(岡本キャンパス), 兵庫県   国名:日本国  

  78. キラルヨウ素(III)触媒を用いるエナンチオ選択的酸化反応のスケールアップ検討

    石崎伸一, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    日本化学会第99春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:甲南大学(岡本キャンパス), 兵庫県   国名:日本国  

  79. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるカルボニル化合物のエナンチオ選択的酸化的α-アジド化反応

    佐原直登, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    日本化学会第99春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:甲南大学(岡本キャンパス), 兵庫県   国名:日本国  

  80. キラル第四級アンモニウム塩触媒を用いるナフトール類のエナンチオ選択的酸化的脱芳香族型塩素化反応

    片出 旺太, 佐原直登, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    日本化学会第99春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:甲南大学(岡本キャンパス), 兵庫県   国名:日本国  

  81. 高活性次亜ハロゲン酸塩触媒を用いるフェノールのエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応

    加藤丈裕, 佐原直登, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    日本化学会第99春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:甲南大学(岡本キャンパス), 兵庫県   国名:日本国  

  82. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるキノンメチドの化学選択的生成及びタンデム型反応への応用

    西岡浩平, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    日本化学会第99春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:甲南大学(岡本キャンパス), 兵庫県   国名:日本国  

  83. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるカルボニル化合物のエナンチオ選択的酸化的α-アジド化反応

    佐原直登, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    名古屋大学L大学院・IGER平成29年度年次報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学, 名古屋   国名:日本国  

  84. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるキノンメチドの化学選択的生成及びタンデム型反応への応用

    西岡浩平, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    名古屋大学L大学院・IGER平成29年度年次報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学, 名古屋   国名:日本国  

  85. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるインドールのエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応

    田中啓貴, 請川直哉, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    名古屋大学 卓越大学院プログラムGTRキックオフミーティング 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学, 名古屋   国名:日本国  

  86. 高活性次亜ハロゲン酸塩触媒を用いるフェノールのエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応

    加藤丈裕, 佐原直登, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    名古屋大学 卓越大学院プログラムGTRキックオフミーティング 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学, 名古屋   国名:日本国  

  87. 高活性次亜ハロゲン酸塩触媒を用いるフェノールのエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応

    加藤丈裕, 佐原直登, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    IGER/ITbM 化学ワークショップ2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学, 名古屋   国名:日本国  

  88. インドール類の極性転換に伴うエナンチオ選択的酸化的環化反応の開発

    田中啓貴, 請川直哉, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    第49回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学, 名古屋   国名:日本国  

  89. フェノールの酸化反応による高活性キノンメチドの化学選択的生成法の開発及びタンデム型反応への応用

    西岡浩平, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    第49回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学, 名古屋   国名:日本国  

  90. キラル次亜ハロゲン酸塩触媒を用いるフェノール類のエナンチオ選択的脱芳香族型スピロラクトン化反応

    加藤丈裕, 佐原直登, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    第8回CSJ化学フェスタ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀(東京都)   国名:日本国  

  91. 超原子価ヨウ素(V)触媒を用いるアルコールの高効率的選択的酸化反応

    近藤竜太郎, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    第8回CSJ化学フェスタ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀(東京都)   国名:日本国  

  92. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いる直接的α-アジド化反応

    佐原直登, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    第8回企業と博士人材の交流会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学, 名古屋   国名:日本国  

  93. Enantioselective Hypoiodite Catalysis for Oxidative Coupling Reactions 国際会議

    Muhammet Uyanik, Hiroki Hayashi, Daisuke Suzuki, Hirokazu Iwata, Kazuaki Ishihara

    The 4th International Symposium on C-H Activation (ISCHA4) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月 - 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Keio University, Hiyoshi Campus, Yokohama   国名:日本国  

  94. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるインドール類のエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応

    田中啓貴, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    第53回天然物化学談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:伏尾温泉不死王閣(大阪府池田市)   国名:日本国  

  95. 超原子価ヨウ素(V)触媒を用いるアルコールの高効率的選択的酸化反応

    近藤竜太郎, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    第53回天然物化学談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:伏尾温泉不死王閣(大阪府池田市)   国名:日本国  

  96. キラル次亜ハロゲン酸塩触媒を用いるフェノール類のエナンチオ選択的脱芳香族型スピロラクトン化反応

    加藤丈裕, 佐原直登, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    第51回有機金属若手の会夏の学校 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都レイクフォレストリゾート   国名:日本国  

  97. 高活性次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるカルボニル化合物の直接α-アジド化反応

    佐原直登, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    有機合成化学協会第113回有機合成シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学 坂田・平田ホール   国名:日本国  

  98. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるスピロインドレニンの不斉合成

    田中啓貴, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    有機合成化学協会第113回有機合成シンポジウム  

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学 坂田・平田ホール   国名:日本国  

  99. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるカスケード型不斉アミノ環化反応による2-アシルピペラジンの合成

    岩田寛和, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第98春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部船橋キャンパス(千葉県)   国名:日本国  

  100. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるインドール類のエナンチオ選択的酸化的アミノスピロ環化反応

    田中啓貴, 請川直哉, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第98春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部船橋キャンパス(千葉県)   国名:日本国  

  101. キラル次亜ハロゲン酸塩触媒を用いるエナンチオ選択的脱芳香族型スピロラクトン化反応

    加藤丈裕, 佐原直登, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第98春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部船橋キャンパス(千葉県)   国名:日本国  

  102. キラル次亜ハロゲン酸塩触媒を用いるエナンチオ選択的脱芳香族型アミノ環化反応

    片出旺太, 佐原直登, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第98春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部船橋キャンパス(千葉県)   国名:日本国  

  103. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるカルボニル化合物の酸化的α-アジド化反応

    佐原直登, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第98春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部船橋キャンパス(千葉県)   国名:日本国  

  104. 超原子価ヨウ素(V)触媒を用いるアルコールの高効率的選択的酸化反応

    近藤竜太郎, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第98春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部船橋キャンパス(千葉県)   国名:日本国  

  105. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるキノンメチドの酸化的生成及びタンデム型反応への応用

    西岡, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第98春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部船橋キャンパス(千葉県)   国名:日本国  

  106. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるキノンメチドの酸化的生成及びタンデム型反応への応用

    西岡浩平, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    名古屋大学L大学院・IGER平成29年度年次報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University, Japan   国名:日本国  

  107. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒によるインドール類のエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応

    田中啓貴, 請川直哉, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    名古屋大学L大学院・IGER平成29年度年次報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University, Japan   国名:日本国  

  108. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるカルボニル化合物の酸化的α-アジド化反応

    佐原直登 , UYANIK Muhammet, 石原一彰

    名古屋大学L大学院・IGER平成29年度年次報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University, Japan   国名:日本国  

  109. Hypoiodite-catalyzed Chemoselective Direct α-Azidation of Carbonyl Compounds 国際会議

    Naoto Sahara, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    1st Singapore Japan Germany Trilateral Symposium on Precision Synthesis & Catalysis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nanyang Technological University, Singapore   国名:シンガポール共和国  

  110. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるインドール類のエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応

    田中啓貴, 請川直哉, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会秋季事業第7回CSJ化学フェスタ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール堀越 ,東京   国名:日本国  

  111. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるカスケード型酸化的不斉環化反応の開発

    岩田寛和, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会秋季事業第7回CSJ化学フェスタ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:タワーホール堀越 ,東京   国名:日本国  

  112. Hypoiodite-catalyzed Enantioselective Oxidative Dearomatization of Phenols 国際会議

    Outa Katade, Naoto Sahara, Takehiro Kato, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    HALCHEM VIII 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Meitetsu Inuyama Hotel, Inuyama   国名:日本国  

  113. Chiral Hypoiodite-catalyzed Enantioselective Oxidative Cascade Cyclization 国際会議

    Hirokazu Iwata, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    HALCHEM VIII 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Meitetsu Inuyama Hotel, Inuyama   国名:日本国  

  114. Hypoiodite-catalyzed Chemoselective Direct α-Azidation of Carbonyl Compounds 国際会議

    Naoto Sahara, Yuhei Hattori, Mayuko Tsukahara, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    HALCHEM VIII 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Meitetsu Inuyama Hotel, Inuyama   国名:日本国  

  115. Chiral Hypoiodite-catalyzed Enantioselective Oxidative Dearomatization of Indole Derivatives 国際会議

    Hiroki Tanaka, Naoya Ukegawa, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    HALCHEM VIII 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Meitetsu Inuyama Hotel, Inuyama   国名:日本国  

  116. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるアザスピロインドレニン類の不斉合成

    田中啓貴, 請川直哉, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    第20回ヨウ素学会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉大学西千葉キャンパス総合校舎, 千葉県   国名:日本国  

  117. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるアザスピロインドレニン類の不斉合成

    田中啓貴, 請川直哉, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    第50回有機金属若手の会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ホテルミリオーネ 札幌市北海道   国名:日本国  

  118. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるカルボニル化合物の化学選択的直接的α-アジド化反応

    佐原直登 , 服部悠平, 塚原万由子, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本プロセス化学会2017サマーシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪国際交流センター, 大阪   国名:日本国  

  119. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるカルボニル化合物の化学選択的α-アジド化反応

    佐原直登 , 服部悠平, 塚原万由子, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    第52回有機反応若手の会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪国際交流センター, 大阪   国名:日本国  

  120. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるフェノール類のエナンチオ及び化学選択的酸化的脱芳香族化反応

    片出旺太, 佐原直登, 加藤丈裕, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    第52回天然物化学談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:静岡県賀茂郡東伊豆町 熱川ハイツ   国名:日本国  

  121. 高活性次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるカルボニル化合物の酸化的α-アジド化反応

    佐原直登 , 服部悠平, 塚原万由子, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:慶應義塾大学 日吉キャンパス   国名:日本国  

  122. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるアザスピロインドレニン類の不斉合成

    請川直哉, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:慶應義塾大学 日吉キャンパス   国名:日本国  

  123. キラル超原子価ヨウ素触媒を用いるビアリールヒドロキシカルボン酸のエナンチオ選択的酸化的スピロラクトン化反応

    小枝 きらら, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:慶應義塾大学 日吉キャンパス   国名:日本国  

  124. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるortho-キノンメチドの生成を伴う酸化的タンデム反応

    西岡浩平, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:慶應義塾大学 日吉キャンパス   国名:日本国  

  125. IBS-Catalyzed Site-selective Oxidation of Phenols to 1,2-Quinols

    六鹿達矢, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:慶應義塾大学 日吉キャンパス   国名:日本国  

  126. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるエナンチオ選択的酸化的カスケード型環化反応

    岩田寛和, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:慶應義塾大学 日吉キャンパス   国名:日本国  

  127. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるフェノール類のエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応

    片出旺太, 佐原直登, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:慶應義塾大学 日吉キャンパス   国名:日本国  

  128. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるortho-キノンメチドの生成を伴う酸化的タンデム反応

    西岡, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    名古屋大学L大学院・IGER平成28年度年次報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University, Japan   国名:日本国  

  129. キラル超原子価ヨウ素触媒を用いるビアリールヒドロキシカルボン酸類の酸化的スピロラクトン化反応

    小枝きらら, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    第47回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:豊橋技術科学大学、愛知県   国名:日本国  

  130. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるカルボニル化合物の酸化的α-アジド化反応

    佐原直登, 服部悠平, 塚原万由子, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    フルオラス科学研究会第9回シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学、名古屋   国名:日本国  

  131. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるフェノール類の過酸化芳香族化反応

    西岡浩平, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    第19回ヨウ素学会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉大学西千葉キャンパス総合校舎, 千葉県   国名:日本国  

  132. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるフェノール類の過酸化芳香族化反応

    西岡浩平, ウヤヌク ムハメット, 石原一彰

    第6回企業と博士人材の交流会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学, 名古屋   国名:日本国  

  133. 次亜塩素酸ナトリウム・5水和物を用いる効率的酸化及び塩素化反応 招待有り 国際会議

    UYANIK Muhammet, 石原一彰, 桑畑光良, 江島靖和

    日本プロセス化学会2016サマーシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋国際会議場, 愛知県   国名:日本国  

  134. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるフェノール類の過酸化的脱芳香族化反応

    西岡浩平, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    第51回有機反応若手の会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:諏訪湖ホテル(長野県)   国名:日本国  

  135. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるエナンチオ選択的エーテル環化反応

    岩田寛和, 林裕樹, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    第51回有機反応若手の会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:諏訪湖ホテル(長野県)   国名:日本国  

  136. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるカルボニル化合物のα-アジド化反応

    佐原直登, 服部悠平, 塚原万由子, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    第51回天然物化学談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:湯沢東映ホテル(新潟県)   国名:日本国  

  137. ortho-キノンメチドの新規酸化的生成及びタンデム型反応への応用

    西岡浩平, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学京田辺キャンパス   国名:日本国  

  138. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるエナンチオ選択的酸化的エーテル環化反応

    岩田寛和, 林裕樹, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学京田辺キャンパス   国名:日本国  

  139. キラル超原子価ヨウ素(III)触媒を用いる1,4-ヒドロキノン誘導体のエナンチオ選択的脱芳香族化反応

    水野将宏, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学京田辺キャンパス   国名:日本国  

  140. キラル超原子価ヨウ素(III)触媒によるビアリールヒドロキシカルボン酸類の酸化的速度論的光学分割

    小枝きらら, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学京田辺キャンパス   国名:日本国  

  141. IBS触媒を用いるフェノール類の位置選択的酸化反応とその合成的応用

    六鹿達矢, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学京田辺キャンパス   国名:日本国  

  142. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるインドール類のエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応

    請川直哉, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学京田辺キャンパス   国名:日本国  

  143. 次亜塩素酸塩触媒を用いる酸化的脱芳香族化反応の開発

    佐原直登, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学京田辺キャンパス   国名:日本国  

  144. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるカルボニル化合物の酸化的α-アジド化反応

    服部悠平, 塚原万由子, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学京田辺キャンパス   国名:日本国  

  145. 次亜塩素酸ナトリウム五水和物を用いるカルボニル化合物の触媒的α-塩素化反応

    中嶋史雄, UYANIK Muhammet, 石原一彰, 桑畑光良, 江島靖和

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学京田辺キャンパス   国名:日本国  

  146. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるエナンチオ選択的酸化的環化反応と反応機構の解明

    林裕樹, 鈴木大介, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学京田辺キャンパス   国名:日本国  

  147. IBS触媒を用いるフェノール類の位置選択的酸化反応とその合成的応用

    六鹿達矢, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    名古屋大学L大学院・IGER平成27年度年次報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University, Japan   国名:日本国  

  148. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるエナンチオ選択的酸化的環化反応と反応機構の解明

    林裕樹, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    名古屋大学L大学院・IGER平成27年度年次報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University, Japan   国名:日本国  

  149. IBS触媒を用いるフェノール類の位置選択的酸化反応とその合成的応用

    六鹿達矢, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    名古屋大学グリーン自然科学国際教育研究プログラム・分子科学研究所リトリート研修「分子研め知られざる有機合成の世界」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:分子科学研究所(岡崎)   国名:日本国  

  150. ortho-キノンメチドの新規酸化的生成及びタンデム型反応への応用

    西岡浩平, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    名古屋大学グリーン自然科学国際教育研究プログラム・分子科学研究所リトリート研修「分子研め知られざる有機合成の世界」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:分子科学研究所(岡崎)   国名:日本国  

  151. 次亜ヨウ素酸触媒を用いるカルボニル化合物の酸化的α−ハロゲン化反応

    佐原直登, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    名古屋大学グリーン自然科学国際教育研究プログラム・分子科学研究所リトリート研修「分子研め知られざる有機合成の世界」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:分子科学研究所(岡崎)   国名:日本国  

  152. IBS触媒を用いるフェノールのortho位選択的酸化反応による1,2-キノールの合成

    六鹿達矢, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    第5回企業と博士人材の交流会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学, 名古屋   国名:日本国  

  153. 高活性キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるクロマンの不斉合成

    UYANIK Muhammet, 石原一彰

    テクノ・フェア名大2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  154. ortho-キノンメチドの新規酸化的生成法及びカスケード型反応への応用

    西岡浩平 , UYANIK Muhammet, 石原一彰

    第50回有機反応若手の会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島エアポートホテル (広島県)   国名:日本国  

  155. ortho-キノンメチドの新規酸化的生成法及びカスケード型反応への応用

    西岡浩平 , UYANIK Muhammet, 石原一彰

    第50回有機反応若手の会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島エアポートホテル (広島県)   国名:日本国  

  156. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるカルボニル化合物の酸化的α–ハロゲン化反応

    佐原直登 , UYANIK Muhammet, 石原一彰

    第48回有機金属若手の会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:白浜荘 (滋賀県)   国名:日本国  

  157. キラル超原子価ヨウ素(III)触媒を用いるビフェノール類の酸化的エナンチオマー識別

    小枝きらら , UYANIK Muhammet, 石原一彰

    第50回天然物化学談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:グリーンピア岩沼モンタナリゾート(宮城県)   国名:日本国  

  158. 次亜ヨウ素酸塩を触媒とするインドール類のエナンチオ選択的酸化型脱芳香族化反応

    請川直哉, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    第50回天然物化学談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:グリーンピア岩沼モンタナリゾート(宮城県)   国名:日本国  

  159. IBS触媒を用いるフェノール類のortho位選択的酸化反応による1,2-キノールの合成

    六鹿達矢, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    第107回有機合成シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:慶應義塾大学薬学部   国名:日本国  

  160. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いる位置及びエナンチオ選択的酸化的アミノ環化反応

    UYANIK Muhammet, 鈴木大介, 石原一彰

    CREST「高機能ナノ構造体」第5回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:コクヨホール、東京   国名:日本国  

  161. 次亜塩素酸ナトリウム五水和物を用いるフェノール類の実践的脱芳香族型酸化反応

    笹倉新葉, UYANIK Muhammet, 石原一彰, 桑畑光良, 江島靖和

    日本化学会第95春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス   国名:日本国  

  162. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いる位置及びエナンチオ選択的酸化的アミノ環化反応

    鈴木大介, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第95春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス   国名:日本国  

  163. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いる酸化的環化反応による脂環式エーテル類の不斉合成

    林裕樹, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第95春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス   国名:日本国  

  164. IBS触媒を用いるフェノール類のortho位選択的酸化反応による1,2-キノールの合成

    六鹿達矢, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第95春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス   国名:日本国  

  165. キラル超原子価ヨウ素(Ⅲ)触媒を用いるビフェノール類の酸化的エナンチオマー識別

    小枝きらら , UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第95春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス   国名:日本国  

  166. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるカルボニル化合物のα-酸化的C–Nカップリング反応

    塚原万由子 , UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第95春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス   国名:日本国  

  167. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるカルボニル化合物の酸化的a-塩素化反応

    佐原直登 , UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第95春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス   国名:日本国  

  168. キラルヨウ素(I or III)触媒を用いるフェノール類のエナンチオ選択的脱芳香族型酸化反応

    笹倉新葉, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第95春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス   国名:日本国  

  169. キラル超原子価ヨウ素(III)触媒を用いる(4-ヒドロキシフェニル)カルボン酸類のエナンチオ選択的スピロラクトン化反応

    水野将宏, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第95春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス   国名:日本国  

  170. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるフェノール類の酸化的ヘテロ-Diels-Alder反応

    西岡浩平 , UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第95春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス   国名:日本国  

  171. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるインドール類の脱芳香族型酸化反応

    請川直哉, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    日本化学会第95春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス   国名:日本国  

  172. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いたエナンチオ選択的酸化的アミノ環化反応

    鈴木大介、岡本裕晃、UYANIK Muhammet、石原一彰

    第45回中部化学関係学協会支部連合秋季大会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:中部大学(春日井、愛知県)   国名:日本国  

  173. 高活性次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるトコフェロールの不斉合成

    林裕樹, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    第31回有機合成化学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:休暇村志賀島、福岡県   国名:日本国  

  174. ペルフルオロアルキル鎖を利用するキラルヨウ化第四級アンモニウム触媒の設計:エナンチオ選択的脱水素カップリング反応の開発

    石原一彰, UYANIK Muhammet, 鈴木大介, 林裕樹

    フルオラス科学研究会第7回シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:北海道大学 、北海道   国名:日本国  

  175. キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるトコフェロールの不斉合成

    林裕樹, UYANIK Muhammet, 石原一彰

    創薬談話会2014in岐阜 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長良川温泉ホテルパーク、岐阜県   国名:日本国  

  176. 超原子価ヨウ素(V)触媒とOxoneを用いる2-置換フェノール類の2位選択的酸化反応とその合成的応用

    六鹿達矢、UYANIK Muhammet、石原一彰

    創薬談話会2014in岐阜 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長良川温泉ホテルパーク、岐阜県   国名:日本国  

  177. High-Turnover Hypoiodite Catalysis of Enantioselective Oxidative Cycloetherification to Synthesize Optically Active Tocopherols 国際会議

    Muhammet Uyanik, Hiroki Hayashi, Kazuaki Ishihara

    The 19th International Symposium on Homogeneous Catalysis (ISHC-XIX) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  178. IBS-Catalyzed ortho-Selective Oxidation of Phenols to 1,2-Quinols 国際会議

    Tatsuya Mutsuga, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    The 4th International Conference on Hypervalent Iodine Chemistry (ICHIC2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  179. Hypervalent Organoiodine Catalysis for Enantioselective Oxidative Dearomatization of Phenols 国際会議

    Muhammet Uyanik, Takeshi Yasui, Niiha Sasakura, Kazuaki Ishihara

    The 4th International Conference on Hypervalent Iodine Chemistry (ICHIC2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  180. Chiral Ammonium Hypoiodite Catalysis for Enantioselective Oxidative Cycloamination 国際会議

    Daisuke Suzuki, Hiroaki Okamoto, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    The 4th International Conference on Hypervalent Iodine Chemistry (ICHIC2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  181. Enantioselective Synthesis of ortho-Benzoquinone Monoacetals Using Chiral Hypervalent Organoiodine(III)-Catalysts 国際会議

    Niiha Sasakura, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    The 4th International Conference on Hypervalent Iodine Chemistry (ICHIC2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  182. Enantioselective Synthesis of Tocopherols Using Chiral Ammonium Hypoiodite Catalysis 国際会議

    Hiroki Hayashi, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    The 4th International Conference on Hypervalent Iodine Chemistry (ICHIC2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  183. 次亜ヨウ素酸塩を触媒とするフェノール誘導体の脱芳香族型スピロエポキシ化反応

    西岡浩平、UYANIK Muhammet、石原一彰

    第49回天然物化学談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:せとうち児島ホテル、岡山県   国名:日本国  

  184. 超原子価ヨウ素(V)触媒とOxoneを用いるフェノール類のオルト位選択的酸化反応による1,2-キノールの合成

    六鹿達矢、UYANIK Muhammet、石原一彰

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学(東山キャンパス、愛知県)   国名:日本国  

  185. キラル超原子価ヨウ素(III)触媒を用いるフェノール類のエナンチオ選択的脱芳香族型酸化反応による2,5-シクロヘキサジエノンの不斉合成

    水野将宏、UYANIK Muhammet、石原一彰

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学(東山キャンパス、愛知県)   国名:日本国  

  186. 次亜ヨウ素酸塩を触媒とするフェノール誘導体の脱芳香族型酸化反応

    西岡浩平、大堀健人、UYANIK Muhammet、石原一彰

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学(東山キャンパス、愛知県)   国名:日本国  

  187. 次亜ヨウ素酸塩を触媒とするカルボニル化合物の酸化的α-イミド化及びα-アジド化反応

    塚原万由子、UYANIK Muhammet、石原一彰

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学(東山キャンパス、愛知県)   国名:日本国  

  188. ヒドロキノンのタンデム型ワンポット酸化/クロスカップリング反応によるアリールキノンの合成

    永田大、UYANIK Muhammet、石原一彰

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学(東山キャンパス、愛知県)   国名:日本国  

  189. ヒドロキノンのタンデム型ワンポット酸化/クロスカップリング反応によるアリールキノンの合成

    永田大、UYANIK Muhammet、石原一彰

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学(東山キャンパス、愛知県)   国名:日本国  

  190. キラル次亜ヨウ素酸塩を触媒とするエナンチオ選択的酸化的アミノ環化反応による生理活性物質の合成

    鈴木大介、岡本裕晃、UYANIK Muhammet、石原一彰

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学(東山キャンパス、愛知県)   国名:日本国  

  191. キラル次亜ヨウ素酸塩を触媒とするエナンチオ選択的酸化的エーテル環化反応による2-アシルクロマン誘導体の不斉合成及び触媒機構の解明

    林裕樹、UYANIK Muhammet、石原一彰

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学(東山キャンパス、愛知県)   国名:日本国  

  192. キラル超原子価ヨウ素(III)触媒を用いるortho-ベンゾキノンモノアセタールの不斉合成

    笹倉新葉、UYANIK Muhammet、石原一彰

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学(東山キャンパス、愛知県)   国名:日本国  

  193. キラル超原子価ヨウ素(III)触媒を用いるortho-ベンゾキノンモノアセタールの不斉合成

    笹倉新葉、UYANIK Muhammet、石原一彰

    平成25年度IGER年次報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University   国名:日本国  

  194. キラル次亜ヨウ素酸塩を触媒とするエナンチオ選択的酸化的アミノ環化反応による生理活性物質の合成

    鈴木大介、岡本裕晃、UYANIK Muhammet、石原一彰

    平成25年度IGER年次報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University   国名:日本国  

  195. 超原子価ヨウ素(V)触媒とOxoneを用いるフェノール類のオルト位選択的酸化反応による1,2-キノールの合成

    六鹿達矢、UYANIK Muhammet、石原一彰

    平成25年度IGER年次報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University   国名:日本国  

  196. キラル次亜ヨウ素酸塩を触媒とするエナンチオ選択的酸化的エーテル環化反応による2-アシルクロマン誘導体の不斉合成及び触媒機構の解明

    林裕樹、UYANIK Muhammet、石原一彰

    平成25年度IGER年次報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University   国名:日本国  

  197. Hydrogen Bonding and Alcohol Effects in Asymmetric Hypervalent Organoiodine Catalysis: Enantioselective Oxidative Dearomatization of Phenols 国際会議

    Muhammet Uyanik, Takeshi Yasui, Kazuaki Ishihara

    The 8th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-8 & NICCEOCA-4) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  198. キラルヨウ素酸塩類を触媒として用いたエナンチオ選択的酸化的アミノ環化反応

    鈴木大介、岡本裕晃、UYANIK Muhammet、石原一彰

    第3回CSJ化学フェスタ2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀, 東京   国名:日本国  

  199. キラル超原子価ヨウ素触媒を用いるフェノール類のエナンチオ選択的脱芳香族型酸化反応の開発とortho-ベンゾキノンモノアセタールの不斉合成

    笹倉新葉、UYANIK Muhammet、石原一彰

    第3回CSJ化学フェスタ2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀, 東京   国名:日本国  

  200. ヨージド/TBHP触媒的酸化システムを用いるケトンのα位における酸化的C-Nカップリング反応

    塚原万由子、UYANIK Muhammet、石原一彰

    第16回ヨウ素学会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉大学、千葉   国名:日本国  

  201. ヨージド/TBHP触媒的酸化システムを用いるケトンのα位における酸化的C-Nカップリング反応 国際会議

    塚原万由子、UYANIK Muhammet、石原一彰

    第48回有機反応若手の会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:デュープレックス セミナーホテル、茨城   国名:日本国  

  202. (次)亜ヨウ素酸塩触媒によるフェノール類の酸化的ビアリールカップリング反応

    永田大、UYANIK Muhammet、石原一彰

    第48回有機反応若手の会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:デュープレックス セミナーホテル、茨城   国名:日本国  

  203. 超原子価ヨウ素(V)触媒とOxoneを用いるフェノール類の位置選択的酸化反応

    六鹿達矢、UYANIK Muhammet、石原一彰

    第46回有機金属若手の会 夏の学校2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮城蔵王ロイヤルホテル、宮城県   国名:日本国  

  204. キラル(次)亜ヨウ素酸塩触媒を用いるエナンチオ選択的2-アシルクロマン誘導体の不斉合成

    林裕樹、UYANIK Muhammet、石原一彰

    第48回天然物化学談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:アヤハレークサイドホテル、滋賀県大津市   国名:日本国  

  205. キラル超原子価ヨウ素(III)触媒を用いるフェノール類のエナンチオ選択的脱芳香族型酸化反応によるortho-ベンゾキノンモノアセタールの不斉合成

    笹倉新葉、UYANIK Muhammet、石原一彰

    第48回天然物化学談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  206. キラル(次)亜ヨウ素酸塩触媒によるエナンチオ選択的酸化的アミノ環化反応

    鈴木大介、岡本裕晃、UYANIK Muhammet、石原一彰

    第48回天然物化学談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:アヤハレークサイドホテル、滋賀県大津市   国名:日本国  

  207. Enantioselective Synthesis of 2-Acylchroman Derivatives Using Chiral (Hypo)iodite Catalysts 国際会議

    Hiroki Hayashi, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    Nagoya Symposium 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  208. Enantioselective Oxidative Cycloamination Catalyzed by Chiral (Hypo)iodite Species 国際会議

    Daisuke Suzuki, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    Nagoya Symposium 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  209. Chiral Hypervalent Iodine(III)-Catalyzed Enantioselective Oxidative Dearomatization of Phenols to ortho-Benzoquinone Monoacetals 国際会議

    Niiha Sasakura, Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    Nagoya Symposium 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  210. キラル超原子価ヨウ素(III)触媒を用いるフェノール類のエナンチオ選択的脱芳香型酸化反応とその反応機構

    安井猛、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学第93春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学(びわこキャンパス、滋賀県)   国名:日本国  

  211. 超原子価ヨウ素触媒(V)とOxoneを用いるフェノール類の位置選択的酸化反応とその合成的応用

    六鹿達矢、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学第93春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学(びわこキャンパス、滋賀県)   国名:日本国  

  212. (次)亜ヨウ素酸塩触媒によるケトンのalpha位での酸化的炭素-窒素カップリング反応

    塚原万由子、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学第93春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学(びわこキャンパス、滋賀県)   国名:日本国  

  213. (次)亜ヨウ素酸塩触媒によるフェノール類の酸化的ビアリールカップリング反応

    永田大、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学第93春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学(びわこキャンパス、滋賀県)   国名:日本国  

  214. キラル(次)亜ヨウ素酸塩触媒を用いる1-ナフトール誘導体のエナンチオ選択的脱芳香環型酸化反応

    大堀健人、安井猛、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学第93春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学(びわこキャンパス、滋賀県)   国名:日本国  

  215. キラル(次)亜ヨウ素酸塩触媒を用いる2-アシルクロマン誘導体のエナンチオ選択的合成

    林裕樹、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学第93春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学(びわこキャンパス、滋賀県)   国名:日本国  

  216. キラル(次)亜ヨウ素酸塩触媒によるエナンチオ選択的酸化的アミノ環化反応

    鈴木大介、岡本裕晃、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学第93春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学(びわこキャンパス、滋賀県)   国名:日本国  

  217. キラル超原子価ヨウ素(III)触媒を用いるフェノール類のエナンチオ選択的脱芳香型酸化反応によるortho-ベンゾキノンモノアセタールの不斉合成

    笹倉新葉、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学第93春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学(びわこキャンパス、滋賀県)   国名:日本国  

  218. キラル(次)亜ヨウ素酸塩触媒を用いる2-アシルクロマン誘導体のエナンチオ選択的合成

    林裕樹、UYANIK Muhammet、石原一彰

    IGER Annual Meeting 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University   国名:日本国  

  219. キラル(次)亜ヨウ素酸塩触媒によるエナンチオ選択的酸化的アミノ環化反応

    鈴木大介、UYANIK Muhammet、石原一彰

    IGER Annual Meeting 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  220. キラル超原子価ヨウ素(III)触媒を用いるフェノール類のエナンチオ選択的脱芳香型酸化反応によるortho-ベンゾキノンモノアセタールの不斉合成

    笹倉新葉、UYANIK Muhammet、石原一彰

    IGER Annual Meeting 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  221. キラル超原子価ヨウ素(III)触媒を用いるフェノール類のエナンチオ選択的脱芳香型酸化反応

    安井猛、UYANIK Muhammet、石原一彰

    IGER Annual Meeting 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  222. IBSとOxoneを用いるフェノール類の位置選択的酸化反応

    六鹿達矢、UYANIK Muhammet、石原一彰

    IGER Annual Meeting 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University   国名:日本国  

  223. Baeyer-Villiger Oxidation and Oxidative Cascade Reactions with Aqueous Hydrogen Peroxide Catalyzed by Lipophilic Li[B(C6F5)4] or Ca[B(C6F5)4]2 国際会議

    Muhammet Uyanik, Daisuke Nakashima, Kazuaki Ishihara

    The 7th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-7/NICCEOCA-3) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:シンガポール共和国  

  224. Highly Efficient and Selective Baeyer-Villiger Oxidation with Aqueous Hydrogen Peroxide Catalyzed by LiB(C6F5)4 or Ca[B(C6F5)4]2 国際会議

    Kazuaki Ishihara, Muhammet Uyanik, Daisuke Nakashima

    The 12th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-12) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  225. キラルヨウ素酸塩類を触媒に用いる酸化的カップリング反応による2-アシルクロマン誘導体の不斉合成

    林裕樹、UYANIK Muhammet、石原一彰

    第43回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋工業大学、名古屋   国名:日本国  

  226. 親油性触媒と過酸化水素水を用いるBaeyer–Villiger酸化反応

    UYANIK Muhammet、石原一彰

    第10回積水化学自然に学ぶものづくりフォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:イイノホール&カンファレンスセンター、東京   国名:日本国  

  227. IBS触媒とOxoneを用いるフェノールの1,2-キノンへの選択的酸化反応

    UYANIK Muhammet、六鹿達矢、石原一彰

    第15回ヨウ素学会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉大学、千葉   国名:日本国  

  228. キラル超原子価ヨウ素(III)触媒を用いるフェノール類の不斉脱芳香型酸化反応

    安井猛、UYANIK Muhammet、石原一彰

    第29回有機合成化学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:コンベンションアーツセンター、静岡   国名:日本国  

  229. キラル(次)亜ヨウ素酸塩触媒を用いるエナンチオ選択的酸化的エーテル化反応による光学活性2-アシルクロマン誘導体の合成

    林裕樹、UYANIK Muhammet、石原一彰

    日本プロセス化学会2012サマーシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都テルサ、京都   国名:日本国  

  230. Chiral Hypervalent Iodine Catalysis for Enantioselective Oxidative Dearomatization of Phenols 国際会議

    Muhammet Uyanik

    The 59th Organic Reactions and Processes Gordon Research Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  231. IBS触媒とOxoneを用いるフェノール類の酸化反応

    六鹿達矢、UYANIK Muhammet、石原一彰

    第45回有機金属若手の会 夏の学校2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:エバーグリーン富士、山梨   国名:日本国  

  232. キラル超原子価ヨウ素触媒を用いるフェノール類のエナンチオ選択的酸化的脱芳香型反応の開発

    笹倉新葉、UYANIK Muhammet、石原一彰

    第45回有機金属若手の会 夏の学校2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:エバーグリーン富士、山梨   国名:日本国  

  233. キラル(次)亜ヨウ素酸塩触媒を用いるエナンチオ選択的酸化的エーテル化反応による光学活性2-アシルクロマン誘導体の合成

    林裕樹、UYANIK Muhammet、石原一彰

    第47回天然物化学談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:阿蘇プラザホテル、熊本   国名:日本国  

  234. (次)亜ヨウ素酸塩触媒と過酸化水素によるフェノール類の酸化的カップリング反応

    永田大、UYANIK Muhammet、石原一彰

    第1回 JACI/GSCシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ベルサール神田、東京   国名:日本国  

  235. キラル(次)亜ヨウ素酸塩触媒を用いるエナンチオ選択的酸化的エーテル環化反応による光学活性2-アシルクロマン誘導体の合成

    林裕樹、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学会第92春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:慶応大学(東京)   国名:日本国  

  236. アルカリ・アルカリ土類金属塩を触媒とする過酸化水素によるバイヤー・ビリガー酸化反応

    中島大輔、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学会第92春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  237. IBS触媒とOxoneを用いる芳香族化合物の酸化反応

    六鹿達矢、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学会第92春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  238. キラル超原子価ヨウ素(III)触媒とmCPBAを用いるフェノール類のエナンチオ選択的北スピロラクトン化反応 国際会議

    安井猛、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学会第92春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  239. (次)亜ヨウ素酸塩触媒と過酸化水素によるフェノール類の酸化的ビアリールカップリング反応 国際会議

    永田大、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学会第92春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  240. キラル(次)亜ヨウ素酸塩触媒を用いるエナンチオ選択的分子内酸化的アミノ化反応を鍵とする光学活性2-アシルピロリジン合成

    鈴木大介、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学会第92春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:慶応大学(東京)   国名:日本国  

  241. ヨウ素酸塩類を触媒に用いるカルボニル化合物のα-オキシアシル化反応

    ウヤヌク ムハメット、鈴木大介、安井猛、石原一彰

    第14回ヨウ素学会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉大学(千葉)   国名:日本国  

  242. キラル(次)亜ヨウ素酸塩触媒によるエナンチオ選択的分子内酸化的エーテル化反応を鍵とする光学活性クロマン誘導体合成

    林裕樹、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学会第91回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本化学会第91春季年会(2011)講演予稿集   国名:日本国  

  243. キラル超原子価ヨウ素(III)触媒とm-CPBAを用いるエナンチオ選択的北スピロラクトン化反応

    安井猛、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学会第91回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本化学会第91春季年会(2011)講演予稿集   国名:日本国  

  244. キラル(次)亜ヨウ素酸塩類触媒と過酸化水素を用いるエナンチオ選択的北スピロラクトン化反応

    金子恵里奈、安井猛、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学会第91回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本化学会第91春季年会(2011)講演予稿集   国名:日本国  

  245. アルカリ・アルカリ土類金属の嵩高いボラート塩触媒と過酸化水素によるバイヤー・ビリガー酸化反応

    中島大輔、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学会第91回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本化学会第91春季年会(2011)講演予稿集   国名:日本国  

  246. (次)亜ヨウ素酸塩触媒とTBHPによるカルボニル化合物のα-アシロキシ化反応

    鈴木大介、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学会第91回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本化学会第91春季年会(2011)講演予稿集   国名:日本国  

  247. キラル(次)亜ヨウ素酸塩触媒によるエナンチオ選択的分子内酸化的アミノ化反応を鍵とする光学活性2-アシルインドリン合成

    岡本裕晃、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学会第91回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本化学会第91春季年会(2011)講演予稿集   国名:日本国  

  248. Hypervalent Iodine-catalyzed Enantioselective Oxidative Cycloetherification of 3-(2-Hydroxyphenyl)propan-1-ones to 2,3-Dihydrobenzofuran-2-Carbonyl Derivatives 国際会議

    Kazuaki Ishihara, Muhammet Uyanik, Hiroaki Okamoto, Takeshi Yasui

    The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  249. キラルアンモニウムヨウ素酸塩を触媒に用いる不斉酸化的エーテル環化反応の開発

    ウヤヌク ムハメット、岡本裕晃、安井猛、石原一彰

    第13回ヨウ素学会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉大学(千葉)   国名:日本国  

  250. ヨウ素酸塩触媒とTBHP共酸化剤を用いるカルボニル化合物のα-アシロキシ化反応

    鈴木大介、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    第41回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:豊橋技術科学大学(愛知)   国名:日本国  

  251. 過酸化水素水を酸化剤に用いる環境調和型触媒的バイヤー・ビリガー酸化反応

    中島大輔、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    第41回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:豊橋技術科学大学(愛知)   国名:日本国  

  252. 光学活性超原子価ヨウ素触媒による分子内酸化的エーテル化反応を鍵とする2,3-ジヒドロベンゾフラン-2-カルボニル誘導体の不斉合成

    岡本裕晃、安井猛、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学会第90回春季年会(大阪) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:近畿大学 本部キャンパス(大阪)   国名:日本国  

    ケトジヒドロベンゾフランは多くの生理活性物質のコア骨格となっており、その効率的な合成が強く求められている。我々は触媒量の光学活性四級アンモニウムヨージドと過酸化水素又はTBHPからIn situで調製した超原子価ヨウ素化合物を用いたケトフェノールの分子内酸化的エーテル化反応に成功した。詳細について本学会で報告する。

  253. 超原子価ヨウ素化合物を触媒に用いるカルボニル化合物とカルボン酸の酸化的分子間カップリング反応

    鈴木大介、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学会第90回春季年会(大阪) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:近畿大学 本部キャンパス(大阪)   国名:日本国  

    我々は共酸化剤としてtert-ブチルヒドロペルオキシド(TBHP)存在下、触媒量の四級アンモニウムヨージドからin situで調製される超原子価ヨウ素化合物を用い、様々なケトンとカルボン酸の分子間酸化的カップリング反応によって対応するαーアシロキシケトンを高収率で得た。詳細について本学会で報告する。

  254. 光学活性超原子価ヨウ素(III)触媒による1-ナフトール類の脱芳香型酸化反応を鍵とするスピロラクトンの不斉合成

    安井猛、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学会第90回春季年会(大阪) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:近畿大学 本部キャンパス(大阪)   国名:日本国  

    我々は、2,6-ジヒドロキシヨードベンゼンを基本骨格とし、乳酸をキラル源に用いるキラルヨードアレンの設計を行った。その結果、m-CPBA存在下、in situで調製される光学活性超原子価ヨウ素化合物を触媒に用いる1-ナフトール類の脱芳香型酸化反応において、高いエナンチオ選択性で目的のスピロラクトンを得ることに成功した。

  255. 臭素を触媒とするアルコールの酸素酸化反応

    深津良太、ウヤヌク ムハメット、石原 一彰

    日本化学会第90回春季年会(大阪) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:近畿大学 本部キャンパス(大阪)   国名:日本国  

    我々は触媒量の臭化水素と亜硝酸ナトリウムを用いて風船圧の酸素雰囲気下でアルコールを酸化することに成功した。さらに、触媒量の硝酸を添加剤に用いることで空気雰囲気下でも効率よく酸化反応が進行することを見だした。詳細について本学会で報告する。

  256. IBS酸化触媒とOxoneを用いるアルコールの酸化反応のスケールアップ及び三級アリルアルコールからのα,β-不飽和ケトンへの転位–酸化反応

    ウヤヌク ムハメット、深津良太、石原一彰

    日本化学会第90回春季年会(大阪) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:近畿大学 本部キャンパス(大阪)   国名:日本国  

    我々は既に2-ヨードベンゼンスルホン酸とオキソンからin situで調製される2-ヨードキシベンゼンスルホン酸(IBS)がアルコールの酸化反応において優れた触媒活性を示すことを報告している。今回、我々はアルコールの酸化反応のスケールアップを検討したので報告する。また、IBS触媒/オキソン酸化システムを三級アリルアルコールの転位ー酸化反応による不飽和ケトンの合成に拡張したので合わせて報告する。

  257. 超原子価ヨウ素化合物触媒と過酸化水素を用いるケトカルボン酸の高効率的オキシラクトン化反応の開発

    安井猛、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    第10回グリーン・サステイナブル ケミストリー(GSC)シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:一橋記念講堂(東京)   国名:日本国  

  258. Hypervalent Iodine-catalyzed Enantioselective Oxidative Cycloetherification of 3-(2-Hydroxyphenyl)propan-1-ones to 2,3-Dihydrobenzofuran-2-carbonyl Derivatives 国際会議

    Kazuaki Ishihara, Muhammet Uyanik, Hiroaki Okamoto

    The 11th International KYOTO conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  259. 超原子価ヨウ素触媒とOxoneを用いるtert-アリルアルコールからのα,β-不飽和ケトンへの転位-酸化反応

    深津良太、ウヤヌク ムハメット、石原 一彰

    第40回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岐阜大学(岐阜)   国名:日本国  

  260. キラル超原子価ヨウ素触媒と過酸化水素を用いるケトフェノールの不斉酸化的エーテル環化反応

    岡本裕晃、安井猛、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    第40回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜大学(岐阜)   国名:日本国  

  261. 2-Iodoxybenzenesulfonic Acid (IBS) as an Extremely Active Catalyst for the Oxiadation of Alcohols to Aldehydes, Ketones, and Carboxylic Acids with Oxone 国際会議

    Kazuaki Ishihara, Muhammet Uyanik

    The International Conference on Green and Sustainable Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:シンガポール共和国  

  262. キラル超原子価ヨウ素触媒と過酸化水素を用いるケトフェノールの不斉酸化的環状エーテル化反応

    岡本裕晃、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学会第89回春季年会(船橋) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学 船橋キャンパス(千葉)   国名:日本国  

    ジヒドロベンゾフランやクロマンは多くの生理活性物質のコア骨格となっており、その効率的な合成が強く求められている。我々は触媒量のテトラアルキルアンモニウムヨージドと過酸化水素からin situで調製した超原子価ヨウ素化合物を用いて、ケトフェノールの酸化的環化反応によるケトジヒドロベンゾフランの合成に成功した。また、光学活性なアンモニウムヨージドを用いた不斉酸化的環化反応にも成功したので報告する。

  263. 超原子価ヨウ素(V)触媒を用いるアルコールの高効率酸化反応及びその反応機構

    ウヤヌク ムハメット、 赤倉松次郎、 石原一彰

    日本化学会第89回春季年会(船橋) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学 船橋キャンパス(千葉)   国名:日本国  

    我々は2-ヨードベンゼンスルホン酸とオキソンからin situで調製される2-ヨードキシベンゼンスルホン酸(IBS)がアルコールの酸化反応においてIBXより優れた触媒活性を示すことを報告している。今回、我々はその適応範囲のさらなる拡張に成功した。また、反応機構について報告する。

  264. キラル超原子価ヨウ素化合物触媒と過酸化水素を用いるケトカルボン酸の不斉酸化的オキシラクトン化反応

    安井猛、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学会第89回春季年会(船橋) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学 船橋キャンパス(千葉)   国名:日本国  

    ケトラクトンは多くの天然物や生理活性物質のコア骨格となっており、その高効率的な合成が強く求められている。我々は過酸化水素存在下、触媒量のテトラアルキルアンモニウムヨージドから<I>in situ</I>で調製される超原子価ヨウ素化合物によるケトカルボン酸の酸化的オキシラクトン化反応に成功した。また、光学活性な四級アンモニウムヨージドを用いることによりエナンチオ選択的オキシラクトン化反応にも成功した。

  265. 高活性超原子価ヨウ素化合物(V)を触媒とする環境低負荷型アルコールの選択的酸化反応

    ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    第39回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学(愛知)   国名:日本国  

  266. 超原子価ヨウ素化合物を触媒に用いるケトカルボン酸のオキシラクトン化反応

    安井猛、ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学会第88回春季年会(東京) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立教大学 池袋キャンパス(東京)   国名:日本国  

    ケトラクトンのような骨格は多くの天然物や生理活性化合物のコア骨格となっており、その高効率的な合成は強く求められている。我々は化学量論量の酸化剤存在下で触媒量のヨードアレンとスルホン酸からin situで調製される超原子価ヨウ素化合物によるケトカルボン酸のオキシラクトン化反応に初めて成功した。

  267. スーパーIBX酸化触媒の開発

    ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学会第88春季年会(東京) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立教大学 池袋キャンパス(東京)   国名:日本国  

  268. スーパーIBX酸化触媒の開発

    ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    第8回グリーン・サステイナブル ケミストリー(GSC)シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:一橋記念講堂(東京)   国名:日本国  

  269. スーパーIBXを触媒に用いるアルコールの酸化反応

    ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    SORSTジョイントシンポジウム(8) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:コクヨホール(東京)   国名:日本国  

  270. 2-Iodoxybenzenesulfonic Acid (IBS) as an Extremely Active Catalyst for The Oxidation of Alcohols with Oxone 国際会議

    Kazuaki Ishihara, Muhammet Uyanik

    International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:シンガポール共和国  

  271. スーパーIBXを触媒に用いるアルコールの酸化反応

    ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    第38回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:三重大学(三重)   国名:日本国  

  272. IBXの置換基が及ぼすアルコールの酸化触媒能への加速効果

    ウヤヌク ムハメット、石原一彰

    日本化学会第87春季年会(吹田) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:関西大学 千里山キャンパス(大阪)   国名:日本国  

  273. 末端シロキシビニル基を有するホモポリプレニルアレン類似体のジアステレオ選択的環化反応

    ウヤヌク ムハメット、石原一彰、山本尚

    第48回天然有機化合物討論会 (仙台) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台国際センター(仙台)   国名:日本国  

  274. Diastereoselective Cyclization of Homo(polyprenyl)arene Analogues Bearing Terminal Siloxyvinyl Group Induced by Acids 国際会議

    Kazuaki Ishihara, Muhammet Uyanik, Hisashi Yamamoto

    International Conference on Biodiversity and Natural Products (IUPAC, Kyoto, Japan) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  275. 末端シロキシビニル基を利用した触媒的ポリエン環化反応の立体化学制御

    ウヤヌク ムハメット、石原一彰、山本尚

    日本化学会第86春季年会(船橋) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学 船橋キャンパス(千葉)   国名:日本国  

  276. Stereocontrol on the Catalytic Polyene Cyclization Using a Terminal Siloxyvinyl Group 国際会議

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

    0th International Conference on Cutting Edge Organic Chemistry in Asia (Nagoya, Japan) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  277. Stereocontrol on the Catalytic Polyene Cyclization Using a Terminal Siloxyvinyl Group 国際会議

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

    Nagoya University 21st Century COE-HRMS International Conference (Nagoya, Japan) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  278. バイオミメティックポリエン環化反応を鍵とする光学活性カパラッピオキシド、8–エピカパラッピオキシド、ジシフラギンの全合成

    ウヤヌク ムハメット、石原一彰、山本尚

    第22回有機合成化学夏季大学 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:高山市民文化会館(岐阜)   国名:日本国  

  279. バイオミメティックポリエン環化反応を鍵とする(-)-カパラッピオキシドと(+)-8-エピカパラッピオキシドの全合成

    ウヤヌク ムハメット、石原 一彰、山本 尚

    日本化学会第85春季年会(横浜) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川大学 横浜キャンパス(神奈川)   国名:日本国  

  280. (-)-Caparrapi Oxide と (+)-Epicaparrapi Oxide のバイオミメティック全合成

    ウヤヌク ムハメット、石原 一彰、山本 尚

    名古屋大学21世紀COE第2回有機化学若手研究会 (名古屋) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学(愛知)   国名:日本国  

  281. キラルLBAを用いる二環性モノテルペノイドの合成研究

    ウヤヌク ムハメット、石橋 英章、石原 一彰、山本 尚

    日本化学会第84春季年会 (大阪) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:関西学院大学 西宮上ケ原キャンパス(兵庫)   国名:日本国  

▼全件表示

その他研究活動 3

  1. デザイン型ヨウ素触媒を用いる新酸化触媒システムの開発

    2016年1月

     詳細を見る

    JACI News Letter (No.57)

  2. 高活性次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるクロマン類の不斉合成

    2014年7月

     詳細を見る

    文科省新学術領域研究「分子活性化」 News Letter-43

  3. 資源小国日本に豊富に存在するヨウ素を有効利用した環境調和型不斉合成

    2011年11月

     詳細を見る

    名大トピックス 「知の未来へ-若手研究者の紹介」

共同研究・競争的資金等の研究課題 27

  1. 高活性ハロゲン酸化触媒の開発

    研究課題番号:21H01932  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  2. ヨウ素触媒を用いる選択的酸化反応の開発

    研究課題番号:18H01973  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  3. 酸・塩基複合化学を基盤とする高次機能触媒の精密設計

    研究課題番号:15H05755  2015年7月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(S)

    石原 一彰

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者  資金種別:競争的資金

  4. デザイン型ヨウ素化合物を触媒とする酸化的カップリング反応の開発

    研究課題番号:15H05484  2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  若手研究(A)

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  5. エナンチオ選択的酸化的ポリエン環化反応の開発

    2015年4月 - 2017年3月

    公益財団法人井上科学振興財団  第7回井上リサーチアヴオード 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  6. オニウムヨウ素酸塩触媒と過酸化水素又は酸素による酸化的カップリング反応の開拓

    研究課題番号:25105722  2013年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  7. 有機分子触媒による酸化的炭素-炭素カップリング反応

    研究課題番号:25620078  2013年4月 - 2014年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  8. 超原子価ヨウ素触媒を用いる環境低負荷型有機変換反応

    研究課題番号:24245020  2012年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(A)

    石原 一彰

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者  資金種別:競争的資金

  9. デザイン型超原子価ヨウ素化合物を触媒に用いる環境調和型選択的酸化反応の開発

    研究課題番号:22750087  2010年 - 2012年

    日本学術振興会  科学研究費補助金  若手研究(B)

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  10. 酸・塩基複合化学を基盤とする高次機能触媒の精密設計

    研究課題番号:20245022  2008年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(A)

    石原 一彰

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  11. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるインドール類の酸化的脱芳香族化反応の開発

    2020年4月 - 2021年3月

    ヨウ素学会  ヨウ素学会 2020年度学術研究助成 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  12. 高活性次亜ハロゲン酸塩触媒を用いる酸化的アジド化反応の開発

    2018年4月 - 2019年3月

    公益財団法人野口研究所  野口研究所 2017年度野口遵研究助成金 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  13. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いる環境低負荷型不斉酸化的環状エーテル化反応の開発

    2015年4月 - 2016年3月

    公益財団法人東燃ゼネラル石油研究奨励財団  東燃ゼネラル石油研究奨励財団 第34回研究奨励助成 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  14. 高活性キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるエナンチオ選択的酸化的環状エーテル化反応によるトコフェロールの不斉合成

    2014年7月

    公益財団法人 矢崎科学技術振興記念財団  矢崎科学技術振興記念財団 H26年度前期国際交流援助 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  15. クロマン系生理活性物質の環境低負荷型不斉合成法の開発

    2012年11月 - 2013年10月

    科学技術振興機構(JST)  JST研究成果展開事業(A-STEP)【フィージビリティスタディ(探索タイプ)】平成24年度第2回公募 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  16. 環境調和型酸化的カップリング反応によるビアリール化合物の合成法の開発

    2012年10月 - 2013年9月

    科学技術振興機構(JST)  JST復興促進プログラム(A-STEP)【フィージビリティスタディ(探索タイプ)】平成24年度公募 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  17. α-アシロキシカルボニル化合物の環境調和型製造法の開発

    2011年12月 - 2012年7月

    科学技術振興機構(JST)  JST研究成果展開事業(A-STEP)【フィージビリティスタディ(探索タイプ)】平成23年度第2回公募 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  18. 光学活性超原子価ヨウ素触媒を用いるエナンチオ選択的酸化的カップリング反応の開発

    2011年2月 - 2012年3月

    公益財団法人理工学振興会  理工学振興会 平成23年度研究助成 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  19. 過酸化水素水を酸化剤に用いる触媒的バイヤー・ビリガー酸化反応:ε-カプロラクトンの高効率合成

    2010年10月 - 2011年3月

    科学技術振興機構(JST)  JST研究成果展開事業(A-STEP)【フィージビリティスタディ(探索タイプ)】平成22年度公募 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  20. 光学活性超原子価ヨウ素触媒を用いるエナンチオ選択的酸化的カップリング反応の開発

    2010年4月 - 2011年3月

    ヨウ素学会  ヨウ素学会 2010年度学術研究助成 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  21. デザイン型超原子価ヨウ素化合物を触媒に用いる環境低負荷型選択的酸化反応の開発

    2009年4月 - 2011年3月

    公益財団法人日東学術振興財団  日東学術振興財団 第26回学術研究助成 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  22. デザイン型超原子価ヨウ素化合物を触媒に用いる環境低負荷型選択的酸化反応の開発

    2009年4月 - 2011年3月

    塩野義製薬株式会社  第21回有機合成化学協会 研究企画賞(塩野義製薬) 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  23. 超原子価ヨウ素を触媒に用いる環境低負荷型選択的酸化反応の開発

    2008年4月 - 2009年3月

    公益財団法人昭和報公会  昭和報公会 2008年学術研究助成 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  24. 高活性超原子価ヨウ素触媒の設計と選択的酸化反応の開発

    2008年4月 - 2009年3月

    公益財団法人東燃ゼネラル石油研究奨励財団  東燃ゼネラル石油研究奨励財団 第27回研究奨励助成 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  25. 超原子価ヨウ素を触媒に用いる環境低負荷型選択的酸化反応の開発

    2007年11月 - 2009年12月

    名古屋大学  名古屋大学学術振興基金 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  26. 光学活性超原子価ヨウ素触媒の設計及びエナンチオ選択的酸化的ラクトン化反応の開発

    2007年10月 - 2008年3月

    名古屋大学  名古屋大学グローバルCOEプログラム若手自立的研究助成 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  27. 非金属系超原子価ヨウ素化合物を触媒に用いる高効率環境低負荷型アルコール酸化反応の開発と実用的応用

    2007年7月 - 2008年3月

    科学技術振興機構(JST)地域イノベーション創出総合支援事業「シーズ発掘試験」  JST地域イノベーション創出総合支援事業「シーズ発掘試験」平成19年度公募 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 27

  1. 高活性ハロゲン酸化触媒の開発

    研究課題/研究課題番号:21H01932  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17290000円 ( 直接経費:13300000円 、 間接経費:3990000円 )

    環境・資源問題が深刻化するなか、物質文明社会の持続的発展のためには、環境低負荷型精密有機合成法の開発が最重要課題の一つであり、貴金属や重金属等の毒性の強い金属資源を反応剤や触媒に用いる従来型の有機合成化学からの脱却が求められている。近年、金属を含まない有機分子触媒の開発が国内外で盛んであるが、その多くは酸・塩基触媒であり、酸化・還元型の有機分子触媒の開発は比較的遅れている。本申請研究では、貴金属や重金属の代替としてハロゲン(ヨウ素、臭素、塩素)の酸化・還元能を活かし、デザイン型ハロゲン化合物を有機分子触媒に用いる非金属系環境低負荷型酸化的カップリング反応及び不斉ハロゲン酸化触媒の開発を目指す。

  2. ヨウ素触媒を用いる選択的酸化反応の開発

    研究課題/研究課題番号:18H01973  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17290000円 ( 直接経費:13300000円 、 間接経費:3990000円 )

    本研究では、貴金属や重金属の代替元素としてヨウ素の酸化・還元能を活かし、デザイン型ヨウ素化合物を有機分子触媒に用いる非金属系環境低負荷型酸化的カップリング反応及び不斉ヨウ素触媒の開発を目的とした。本年度は、特に次亜ヨウ素酸塩触媒システムにおいて以下の成果が得られた。
    1.高活性新規次亜ヨウ素酸塩触媒システムの開発:これまでに、触媒量のキラル第四級アンモニウムヨウ化物と酸化剤に過酸化水素あるいはアルキルペルオキシドを用い、酸化的カップリング反応を開発している。触媒活性種は次亜ヨウ素酸アニオンであり、その対カチオンである第四級アンモニウムイオン近傍の反応場が不斉を誘起したり反応を促進する。本年度は、酸化剤としてOxoneを用いるキラル第四級アンモニウム次亜ヨウ素酸塩触媒による低活性アレノール類のエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応(スピロラクトン化)に成功した。尚、アレノール類の脱芳香族的スピロ環化は、上記のようにこれまでに、分子内求核種としてカルボキシル基を有する酸化的スピロラクトン化反応が数多く報告されていたが、分子内求核種にヒドロキシ基やアミド基を有する酸化的スピロエーテル化およびスピロアミノ化反応は報告例が少なく、特にその化学選択性に課題が残されていた。我々は、本I+/Oxone触媒を用い、酸化的スピロエーテル化及びスピロアミノ化反応の開発にも成功した。
    2.キノンメチドの新規生成法の開発:キノンメチドは医薬品や機能性材料の合成中間体としての有用性が期待されるものの、不安定ゆえに合成・取扱が困難で十分に活用できていなかった。本研究では、キノンメチドを、次亜ヨウ素酸塩触媒を用いて温和な条件下(常温・常圧)で効率よく合成する方法を開発した。また、不安定なキノンメチドを単離することなく、他の反応と組み合わせたワンポットによる多様な物質変換を可能にした(タンデム型反応)。
    1.高活性新規次亜ヨウ素酸塩/Oxone触媒システムの開発:本触媒システムでは、不安定な触媒活性種としてIOHが、安定なドーマント種としてI2が生成することを見出した。これにより従来のI+/H2O2やI+/ROOH触媒システムの大きな課題であった触媒失活等の非生産的経路は大幅に抑制できた。これ故、本I+/oxone触媒システムをさらに展開でき、従来法では達成困難な化学選択的酸化的スピロエーテル化及びスピロアミノ化反応にも成功した。また、本I+/oxone触媒システムでは、酸性条件下での水素結合相互作用またはin situで生成された触媒種であるI2とのハロゲン結合相互作用を介したヨウ化物の還元的脱離の加速により、これまでのI+/ (H2O2またはROOH) 触媒システムと比較して高活性の触媒作用を示すことも見出した。実際には、触媒量は最大0.1 mol%まで削減することができ、最高触媒回転数(TON)と回転頻度(TOF h-1)はそれぞれ900と450を達成した。本反応において、Oxoneの酸性度は反応性の向上だけでなく、化学選択性の向上にも関与していることが示唆された。
    2. キノンメチドの新規生成法の開発:古くからフェノールを原料に重金属酸化剤を用いてキノンメチドを生成する方法が知られているが、重金属の毒性の問題や反応の選択性が低いなど、合成法としては適用しづらく、実用的な生成法の開発が求められていた。本研究では、高活性な次亜ヨウ素酸塩触媒を開発し、フェノールを原料に温和な条件下(常温・常圧)でキノンメチドの高効率的生成法を開発した。本法は、従来法では困難とされていた様々なワンポットによるタンデム型反応に容易に応用できるため様々な合成的応用が可能であり、新薬の開発や医農薬品製造プロセスに利用できると期待される。
    本研究体制は、2020年度は2019年度と同じ人数を予定している。2020年度は、研究を維持し発展的に推進する。具体的には、
    1.高活性次亜ヨウ素酸塩触媒システムの構築及びエナンチオ選択的酸化的分子間カップリング反応の開発:これまでに未達成であった分子間のエナンチオ選択的炭素-窒素カップリング反応、具体的にはカルボニルのαアジド化反応を開発する。また、本触媒の活性化及び化学選択性のさらなる向上を目指し、触媒及び反応機構をより詳細に検討し、触媒の対カチオン及び反応場(添加剤効果)の精密設計を行う。
    2.超原子価ヨウ素(III or V)触媒を用いる(エナンチオ選択的)酸化反応を開発:これまでに、キラル超原子価ヨウ素(III)触媒を設計し、フェノールのエナンチオ選択的酸化的脱芳香族化反応、特に分子内炭素ー酸素カップリング反応を開発した。今後は、エナンチオ選択的ビアリールカップリング、即ち分子間炭素ー炭素カップリング反応を開発する。また、また、高活性超原子価ヨウ素(V)触媒であるIBSを用い、これまでに達成できなかったアルコールの常温での高化学選択的酸化反応及び酸化的エステル化反応の開発を目指す。

  3. 酸・塩基複合化学を基盤とする高次機能触媒の精密設計

    研究課題/研究課題番号:15H05755  2015年7月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(S

    石原 一彰

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者  資金種別:競争的資金

  4. デザイン型ヨウ素化合物を触媒とする酸化的カップリング反応の開発

    研究課題/研究課題番号:15H05484  2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  若手研究(A)

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:24180000円 ( 直接経費:18600000円 、 間接経費:5580000円 )

    酸・塩基触媒触媒の分野では、既に、有機分子触媒が従来の金属錯体触媒を凌駕しつつある。しかし、その一方で、遷移金属の特徴である酸化・還元機能をもったキラル有機分子触媒の開発は遅れている。現在、遷移金属の代替元素として注目されているのがヨウ素である。我々は、ヨウ素の超原子価の特徴を活かし、ヨウ素化合物を有機分子触媒に用いる環境低負荷型酸化的カップリング反応の開発及び不斉ヨウ素触媒の開発に成功した。触媒前駆体にはヨードアレンまたは第四級オニウムヨージドを、共酸化剤には過酸化水素や過酸化アルコールを用い、反応系に一切の毒性の強い物質を用いないことを特徴としている。

  5. エナンチオ選択的酸化的ポリエン環化反応の開発

    2015年4月 - 2017年3月

    公益財団法人井上科学振興財団  第7回井上リサーチアヴオード 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  6. オニウムヨウ素酸塩触媒と過酸化水素又は酸素による酸化的カップリング反応の開拓

    研究課題/研究課題番号:25105722  2013年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:6240000円 ( 直接経費:4800000円 、 間接経費:1440000円 )

    本研究では、重金属や遷移金属の代替元素としてヨウ素化合物を用いる触媒的酸化反応の開発を行った。具体的には、安定なヨウ化物と安全且つ安価な共酸化剤からin situで調製できる次亜ヨウ素酸塩触媒を用いて、高選択的環境低負荷型酸化的カップリング反応の開発を行った。
    (1)光学活性2-アシルクロマンは数多くの生理活性物質の分子骨格であり、その効率的不斉合成法の開発は重要である。キラル次亜ヨウ素酸塩を触媒とする、ケトフェノール類のエナンチオ選択的酸化的エーテル環化反応により、2-アシルクロマン誘導体の不斉合成に成功した。また、本反応の触媒機構を調査し、塩基の添加による触媒量の低減に成功した。
    (2)本触媒システムを拡張し、ヒドロキシケトンを基質として用いて、光学活性2-アシルテトラヒドロフランの不斉合成を検討した。その結果、CHPを酸化剤として用い、目的の生成物が高い化学及び不斉収率で得られた。また、イミダゾリル補助基は容易にカルボン酸へ変換でき、テラゾシン等2-アシルTHF骨格を含む多くの医薬品の不斉合成が可能となった。
    (3)触媒量の光学活性第四級アンモニウムヨージドと過酸化水素を用いて、1-ナフトール誘導体の高エナンチオ選択的脱芳香族型スピロラクトン化反応の開発に成功した。
    (4)我々は以前に、次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるカルボニル化合物とカルボン酸の酸化的分子内及び分子間カップリング反応に成功したが、脂肪族オキソカルボン酸のオキシラクトン化反応では生成物が中程度の収率でしか得られていなかった。本研究では脂肪族オキソカルボン酸のオキシラクトン化反応に有効な次亜ヨウ素酸/H2O2触媒システムを開発し、濃度が薄い条件や、H2O2を徐々に加えることで触媒失活経路を抑えることに成功し、高収率で対応するアシロラクトンを合成できた。尚、これらの生成物はポリマー原料として工業的に重要な化合物である。
    27年度が最終年度であるため、記入しない。
    27年度が最終年度であるため、記入しない。

  7. 有機分子触媒による酸化的炭素-炭素カップリング反応

    研究課題/研究課題番号:25620078  2013年4月 - 2014年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    ビアリールやアリールキノン化合物は、生物活性化合物や有機機能性材料に含まれる有用な分子骨格であり、その効率的な製造法が強く求められている。本研究ではヨウ素系触媒による直截的炭素-炭素カップリング反応によるビアリール化合物の新規合成法を開発した。具体的には触媒量のヨウ化物と化学量論量の過酸化水素水を用い、フェノール類の炭素-炭素ホモカップリング反応を開拓した。また、同媒的酸化システムと、アルカリ金属の嵩高いボラート塩とシュウ酸の酸触媒システムを組み合わせることで、ヒドロキノンとアリール化合物のワンポット酸化的クロスカップリング反応によるアリールキノンの新規合成法を開発した。

  8. 超原子価ヨウ素触媒を用いる環境低負荷型有機変換反応

    研究課題/研究課題番号:24245020  2012年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(A)

    石原 一彰

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者  資金種別:競争的資金

    超原子価ヨウ素化合物は重金属酸化剤の代替に利用できるなど、グリーン&サステイナブルケミストリーの観点から大変魅力的である。しかし、ヨウ素も資源としては必ずしも豊富とは言い難く、臭素、塩素に比べれば非常に少ない資源の一つである。元素戦略の観点から、レアメタルの代替にヨウ素を用いる触媒反応を見出し、デザイン型ヨウ素触媒を用いる高選択的有機合成反応を開発することを目的にした。具体的には、1価の次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるエナンチオ選択的酸化的カップリング反応、3価のヨードシルアレン触媒を用いる脱芳香族化反応、5価のヨードキシアレン触媒を用いるフェノールの位置選択的酸化反応に大別して研究成果を挙げた。

  9. デザイン型超原子価ヨウ素化合物を触媒に用いる環境調和型選択的酸化反応の開発

    研究課題/研究課題番号:22750087  2010年 - 2012年

    日本学術振興会  科学研究費補助金  若手研究(B)

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究では、 デザイン型超原子価ヨウ素化合物を触媒的に用いる幾つかの酸化的変換反応に成功した。具体的には、5 価の 2-ヨードキシベンゼンスルホン酸(IBS)を触媒とする、フェノール類の ortho-選択的酸化反応による対応する ortho-ベンゾキノン類の合成に初めて成功した。また、立体配座に柔軟性をもたせた 3 価の超原子価ヨウ素触媒をデザインし、それを触媒とする1-ナフトール誘導体の高エナンチオ選択的脱芳香環型酸化反応に成功した。さらに、触媒前駆体としてテトラアルキルアンモニウムヨージドを、共酸化剤として安全・安価な過酸化水素又は TBHP を用いる、 カルボニル化合物の環境低負荷型オキシアシル化反応にも成功した。

  10. 酸・塩基複合化学を基盤とする高次機能触媒の精密設計

    研究課題/研究課題番号:20245022  2008年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(A)

    石原 一彰

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    有機反応の反応性のみならず、官能基選択性、立体選択性、位置選択性、エナンチオ選択性、基質選択性を自在に制御するためには、触媒の精密設計が必要不可欠である。酵素は複雑な生体内においても完璧に近い反応制御を担っているが、小分子サイズの人工触媒での制御は困難である。本研究課題では、高度な触媒機能を発現するために、「酸・塩基複合化学」を基に予め緻密に設計した酸と塩基を複合し、その非結合性の化学的相互作用を触媒機能に利用する研究を遂行した。その結果、いくつかの新規酸・塩基複合触媒を創出し、従来技術を凌ぐ反応制御に成功した。

  11. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるインドール類の酸化的脱芳香族化反応の開発

    2020年4月 - 2021年3月

    ヨウ素学会  ヨウ素学会 2020年度学術研究助成 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  12. 高活性次亜ハロゲン酸塩触媒を用いる酸化的アジド化反応の開発

    2018年4月 - 2019年3月

    公益財団法人野口研究所  野口研究所 2017年度野口遵研究助成金 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  13. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いる環境低負荷型不斉酸化的環状エーテル化反応の開発

    2015年4月 - 2016年3月

    公益財団法人東燃ゼネラル石油研究奨励財団  東燃ゼネラル石油研究奨励財団 第34回研究奨励助成 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  14. 高活性キラル次亜ヨウ素酸塩触媒を用いるエナンチオ選択的酸化的環状エーテル化反応によるトコフェロールの不斉合成

    2014年7月

    公益財団法人 矢崎科学技術振興記念財団  矢崎科学技術振興記念財団 H26年度前期国際交流援助 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  15. クロマン系生理活性物質の環境低負荷型不斉合成法の開発

    2012年11月 - 2013年10月

    科学技術振興機構(JST)  JST研究成果展開事業(A-STEP)【フィージビリティスタディ(探索タイプ)】平成24年度第2回公募 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  16. 環境調和型酸化的カップリング反応によるビアリール化合物の合成法の開発

    2012年10月 - 2013年9月

    科学技術振興機構(JST)  JST復興促進プログラム(A-STEP)【フィージビリティスタディ(探索タイプ)】平成24年度公募 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  17. α-アシロキシカルボニル化合物の環境調和型製造法の開発

    2011年12月 - 2012年7月

    科学技術振興機構(JST)  JST研究成果展開事業(A-STEP)【フィージビリティスタディ(探索タイプ)】平成23年度第2回公募 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  18. 光学活性超原子価ヨウ素触媒を用いるエナンチオ選択的酸化的カップリング反応の開発

    2011年2月 - 2012年3月

    公益財団法人理工学振興会  理工学振興会 平成23年度研究助成 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  19. 過酸化水素水を酸化剤に用いる触媒的バイヤー・ビリガー酸化反応:ε-カプロラクトンの高効率合成

    2010年10月 - 2011年3月

    科学技術振興機構(JST)  JST研究成果展開事業(A-STEP)【フィージビリティスタディ(探索タイプ)】平成22年度公募 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  20. 光学活性超原子価ヨウ素触媒を用いるエナンチオ選択的酸化的カップリング反応の開発

    2010年4月 - 2011年3月

    ヨウ素学会  ヨウ素学会 2010年度学術研究助成 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  21. デザイン型超原子価ヨウ素化合物を触媒に用いる環境低負荷型選択的酸化反応の開発

    2009年4月 - 2011年3月

    公益財団法人日東学術振興財団  日東学術振興財団 第26回学術研究助成 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  22. デザイン型超原子価ヨウ素化合物を触媒に用いる環境低負荷型選択的酸化反応の開発

    2009年4月 - 2011年3月

    塩野義製薬株式会社  第21回有機合成化学協会 研究企画賞(塩野義製薬) 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  23. 超原子価ヨウ素を触媒に用いる環境低負荷型選択的酸化反応の開発

    2008年4月 - 2009年3月

    公益財団法人昭和報公会  昭和報公会 2008年学術研究助成 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  24. 高活性超原子価ヨウ素触媒の設計と選択的酸化反応の開発

    2008年4月 - 2009年3月

    公益財団法人東燃ゼネラル石油研究奨励財団  東燃ゼネラル石油研究奨励財団 第27回研究奨励助成 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  25. 超原子価ヨウ素を触媒に用いる環境低負荷型選択的酸化反応の開発

    2007年11月 - 2009年12月

    名古屋大学  名古屋大学学術振興基金 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  26. 光学活性超原子価ヨウ素触媒の設計及びエナンチオ選択的酸化的ラクトン化反応の開発

    2007年10月 - 2008年3月

    名古屋大学  名古屋大学グローバルCOEプログラム若手自立的研究助成 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  27. 非金属系超原子価ヨウ素化合物を触媒に用いる高効率環境低負荷型アルコール酸化反応の開発と実用的応用

    2007年7月 - 2008年3月

    科学技術振興機構(JST)地域イノベーション創出総合支援事業「シーズ発掘試験」  JST地域イノベーション創出総合支援事業「シーズ発掘試験」平成19年度公募 

    ウヤヌク ムハメット

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

▼全件表示

産業財産権 29

  1. 新規なアルキルカルボニルラクトン化合物及びその製造方法

    石原一彰, ウヤヌク ムハメット, 古川喜久夫, 田中博康

     詳細を見る

    出願人:三菱瓦斯化学株式会社, 国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2014-204756  出願日:2014年10月

    公開番号:特開2016-74614  公開日:2016年5月

    特許番号/登録番号:特許第6404666号  登録日:2018年9月  発行日:2018年10月

    権利者:三菱瓦斯化学株式会社, 国立大学法人名古屋大学   出願国:国内   取得国:国内

  2. 窒素原子を含む環構造を有する光学活性な芳香族化合物の製法

    石原一彰, ウヤヌク ムハメット, 鈴木大介

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2013-123423  出願日:2013年6月

    公開番号:特開2014-240365  公開日:2014年12月

    特許番号/登録番号:特許第6115946号  登録日:2017年3月  発行日:2017年4月

    権利者:国立大学法人名古屋大学   出願国:国内   取得国:国内

  3. 光学活性2-アシルクロマン化合物の製法およびそれに用いる触媒前駆体

    石原一彰, ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2012-194893  出願日:2012年9月

    公開番号:特開2014-51437  公開日:2014年3月

    特許番号/登録番号:特許第6004330号  登録日:2016年9月  発行日:2016年10月

    権利者:国立大学法人名古屋大学   出願国:国内   取得国:国内

  4. Iodoarene derivative, method for producing optically active spirolactone compound using same, and method for producing optically active cyclization adduct

    Kazuaki Ishihara, Muhammet Uyanik, Takeshi Yasui

     詳細を見る

    出願人:National University Corporation Nagoya University

    出願番号:EP-12754890  出願日:2012年3月

    公開番号:EP-2684863(A1)  公開日:2014年1月

    特許番号/登録番号:EP-2684863(B1)  登録日:2017年5月 

    権利者:National University Corporation Nagoya University   出願国:外国   取得国:外国

  5. Iodoarene derivative, method for manufacturing optically active spirolactone compound by using the same, and method for manufacturing optically active cycloadduct

    Kazuaki Ishihara, Muhammet Uyanik, Takeshi Yasui

     詳細を見る

    出願人:National University Corporation Nagoya University

    出願番号:US-14/002574  出願日:2012年3月

    公開番号:US-2013/0338364(A1)  公開日:2013年12月

    特許番号/登録番号:US-9000216(B2)  登録日:2015年4月 

    権利者:National University Corporation Nagoya University   出願国:外国 , 特許協力条約より出願   取得国:外国

    PCT Publication: WO2012/121248(A1), 2012.09.13.
    PCT Application: PCT/JP2012/055679, 2012.03.06.
    Application Priority Data: JP2011-052572, 2011.03.10.

  6. ヨードアレーン誘導体、それを用いた光学活性スピロラクトン化合物の製法及び光学活性な環化付加体の製法

    石原一彰, ウヤヌク ムハメット, 安井猛

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2013-503554  出願日:2012年3月

    公開番号:WO2012/121248  公開日:2012年9月

    公表番号:JP/WO2012/121248(A1)  公表日:2014年7月

    特許番号/登録番号:特許第5688647号  登録日:2015年2月 

    権利者:国立大学法人名古屋大学   出願国:国内 , 特許協力条約より出願   取得国:国内

    国際出願番号: PCT/JP2012/055679, 2012.03.06.
    優先権: 特願2011-052572, 2011.03.10.

  7. Method for producing aromatic compound having ring structure that includes nitrogen atom or oxygen atom

    Kazuaki Ishihara, Muhammet Uyanik

     詳細を見る

    出願人:National University Corporation Nagoya University

    出願番号:US-13/982424  出願日:2012年2月

    公開番号:US-2013/0338371(A1)  公開日:2013年12月

    特許番号/登録番号:US-9018394(B2)  登録日:2015年4月 

    権利者:National University Corporation Nagoya University   出願国:外国 , 特許協力条約より出願   取得国:外国

    PCT Publication: WO2012/111449(A1), 2012.08.23.
    PCT Application: PCT/JP2012/052424, 2012.02.02.
    Application Priority Data: JP2011-033808, 2011.02.18.

  8. 窒素原子又は酸素原子を含む環構造を有する芳香族化合物の製造方法

    石原一彰, ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2012-557880  出願日:2012年2月

    公開番号:WO2012/111449(A1)  公開日:2012年8月

    公表番号:JP/WO2012/111449(A1)  公表日:2014年7月

    特許番号/登録番号:特許第5929767号  登録日:2016年5月 

    権利者:国立大学法人名古屋大学   出願国:国内 , 特許協力条約より出願   取得国:国内

    国際出願番号: PCT/JP2012/052424, 2012.02.02.
    優先権: 特願2011-033808, 2011.02.18.

  9. Method for producing esters

    Kazuaki Ishihara, Muhammet Uyanik

     詳細を見る

    出願人:National University Corporation Nagoya University

    出願番号:EP-11837836  出願日:2011年10月

    公開番号:EP-2636665(A1)  公開日:2013年9月

    特許番号/登録番号:EP-2636665(B1)  登録日:2016年6月 

    権利者:National University Corporation Nagoya University   出願国:外国 , 特許協力条約より出願   取得国:外国

    PCT Publication: WO2012/060185(A1), 2012.05.10.
    PCT Application: PCT/JP2011/073340, 2011.10.11.
    Application Priority Data: JP2010-245944, 2010.11.02.

  10. Method for manufacturing ester

    Kazuaki Ishihara, Muhammet Uyanik

     詳細を見る

    出願人:National University Corporation Nagoya University

    出願番号:US-13/881544  出願日:2011年10月

    公開番号:US-2013/0217898(A1)  公開日:2013年8月

    特許番号/登録番号:US-8853426(B2)  登録日:2014年10月 

    権利者:National University Corporation Nagoya University   出願国:外国 , 特許協力条約より出願   取得国:外国

    PCT Publication: WO2012/060185(A1), 2012.05.10.
    PCT Application: PCT/JP2011/073340, 2011.10.11.
    Application Priority Data: JP2010-245944, 2010.11.02.

  11. エステルの製法

    石原一彰, ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2012-541793  出願日:2011年10月

    公開番号:WO2012/060185(A1)  公開日:2012年5月

    公表番号:JP/WO2012/060185(A1)  公表日:2014年5月

    特許番号/登録番号:特許第5920889号  登録日:2016年4月 

    権利者:国立大学法人名古屋大学   出願国:国内 , 特許協力条約より出願   取得国:国内

    国際出願番号: PCT/JP2011/073340, 2011.10.11.
    優先権: 特願2010-245944, 2010.11.02.

  12. α-酰氧基羰基化合物的制法以及α-酰氧基羰基化合物

    Kazuaki Ishihara, Muhammet Uyanik

     詳細を見る

    出願人:National University Corporation Nagoya University, Mitsubishi Rayon Co., Ltd.

    出願番号:CN-201410078904  出願日:2011年3月

    公開番号:CN-103864608(A)  公開日:2014年6月

    特許番号/登録番号:CN-103864608(B)  登録日:2016年3月 

    権利者:国立大学法人名古屋大学, 三菱レイヨン株式会社   出願国:外国 , 特許協力条約より出願   取得国:外国

  13. Method for producing α-acyloxycarbonyl compound and novel α-acyloxycarbonyl compound

    Kazuaki Ishihara, Muhammet Uyanik

     詳細を見る

    出願人:National University Corporation Nagoya University, Mitsubishi Rayon Co., Ltd.

    出願番号:EP-11750805  出願日:2011年3月

    公開番号:EP-2543658(A1)  公開日:2013年1月

    特許番号/登録番号:EP-2543658(B1)  登録日:2015年5月 

    権利者:National University Corporation Nagoya University, Mitsubishi Rayon Co., Ltd.   出願国:外国 , 特許協力条約より出願   取得国:外国

    PCT Publication: WO2011/108696(A1), 2011.09.09.
    PCT Application: PCT/JP2011/055043, 2011.03.04.
    Application Priority Data: JP2010-049003, 2010.03.05.

  14. α-아실옥시카보닐 화합물의 제조 방법 및 신규한 α-아실옥시카보닐 화합물

    Kazuaki Ishihara, Muhammet Uyanik

     詳細を見る

    出願人:National University Corporation Nagoya University, Mitsubishi Rayon Co., Ltd.

    出願番号:KR-20127023122  出願日:2011年3月

    公開番号:KR-20130004282(A)  公開日:2013年1月

    特許番号/登録番号:KR-101792298(B1)  登録日:2017年10月 

    権利者:National University Corporation Nagoya University, Mitsubishi Rayon Co., Ltd.   出願国:外国 , 特許協力条約より出願   取得国:外国

  15. Method for producing α-acyloxycarbonyl compound and novel α-acyloxycarbonyl compound

    Kazuaki Ishihara, Muhammet Uyanik

     詳細を見る

    出願人:National University Corporation Nagoya University, Mitsubishi Rayon Co., Ltd.

    出願番号:US-13/581734  出願日:2011年3月

    公開番号:US-2012/0323014(A1)  公開日:2012年12月

    特許番号/登録番号:US-8680322(B2)  登録日:2014年3月 

    権利者:National University Corporation Nagoya University, Mitsubishi Rayon Co., Ltd.   出願国:外国 , 特許協力条約より出願   取得国:外国

    PCT Publication: WO2011/108696(A1), 2011.09.09.
    PCT Application: PCT/JP2011/055043, 2011.03.04.
    Application Priority Data: JP2010-049003, 2010.03.05.

  16. α-酰氧基羰基化合物的制法

     詳細を見る

    出願人:National University Corporation Nagoya University, Mitsubishi Rayon Co., Ltd.

    出願番号:CN-201180012595  出願日:2011年3月

    公開番号:CN-102834368(A)  公開日:2012年12月

    特許番号/登録番号:CN-102834368(B)  登録日:2015年4月 

    権利者:National University Corporation Nagoya University, Mitsubishi Rayon Co., Ltd.   出願国:外国 , 特許協力条約より出願   取得国:外国

  17. α-醯氧基羰基化合物之製法及新穎α-醯氧基羰基化合物

    Kazuaki Ishihara, Muhammet Uyanik

     詳細を見る

    出願人:National University Corporation Nagoya University, Mitsubishi Rayon Co., Ltd.

    出願番号:TW-100107298  出願日:2011年3月

    公開番号:TW-201139360(A1)  公開日:2011年11月

    特許番号/登録番号:TW-I516473(B)  登録日:2016年1月 

    権利者:国立大学法人名古屋大学, 三菱レイヨン株式会社   出願国:外国 , 特許協力条約より出願   取得国:外国

  18. α-アシロキシカルボニル化合物の製法及び新規なα-アシロキシルカルボニル化合物

    石原一彰, ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学, 三菱レイヨン株式会社

    出願番号:特願2012-503280  出願日:2011年3月

    公開番号:WO2011/108696  公開日:2011年9月

    公表番号:JP/WO2011/108696  公表日:2013年6月

    特許番号/登録番号:特許第5770160号  登録日:2015年7月 

    権利者:国立大学法人名古屋大学, 三菱レイヨン株式会社   出願国:国内 , 特許協力条約より出願   取得国:国内

    国際出願番号: PCT/JP2011/055043, 2011.03.04.
    優先権: 特願2010-49003, 2010.03.05.

  19. ヨードベンゼン誘導体及びそれを用いた光学活性スピロラクトン化合物の製法

    石原一彰, ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2011-538342  出願日:2010年10月

    公開番号:WO2011/052388(A1)  公開日:2011年5月

    公表番号:JP/WO2011/052388(A1)  公表日:2013年3月

    特許番号/登録番号:特許第5747332号  登録日:2015年5月 

    権利者:国立大学法人名古屋大学   出願国:国内 , 特許協力条約より出願   取得国:国内

    国際出願番号: PCT/JP2010/068031, 2010.10.14.
    優先権: 特願2009-245275, 2009.10.26.

  20. カルボニル化合物の製造方法およびカルボニル化合物の製造に用いる酸化促進剤

    石原一彰, ウヤヌク ムハメット, 磯貝幸宏, 大原卓

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2009-284483  出願日:2009年12月

    公開番号:特開2010-100636  公開日:2010年5月

    特許番号/登録番号:特許第4590514号  登録日:2010年9月 

    権利者:国立大学法人名古屋大学   出願国:国内 , 特許協力条約より出願   取得国:国内

    国際公開番号: WO2009/028676(A1), 2009.03.05.
    国際出願番号: PCT/JP2008/065567, 2008.08.29.
    分割の表示: 特願2009-510225の分割, 2008.08.29.
    優先権: 特願2007-226843, 2007.08.31.

  21. 光学活性な環状エーテル化合物の製法及びそれに用いる触媒

    石原一彰, ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2009-211609  出願日:2009年9月

    公開番号:特開2011-057648  公開日:2011年3月

    特許番号/登録番号:特許第5544596号  登録日:2014年5月 

    権利者:国立大学法人名古屋大学   出願国:国内   取得国:国内

  22. Process for preparation of carbonyl compound and pro-oxidant for preparation of carbonyl compound

    Ishihara Kazuaki, Uyanik Muhammet, Isogai Yukihiro, Ohara Suguru

     詳細を見る

    出願人:National University Corporation Nagoya University

    出願番号:US-12/441194  出願日:2008年8月

    公開番号:US-2010/0041917(A1)  公開日:2010年2月

    特許番号/登録番号:US-8394995(B2)  登録日:2013年3月 

    権利者:National University Corporation Nagoya University   出願国:外国 , 特許協力条約より出願   取得国:外国

    PCT Publication: WO2009/028676(A1), 2009.03.05
    PCT Application: PCT/JP2008/065567, 2008.08.29.
    Application Priority Data: JP2007-226843, 2007.08.31.

  23. 羰基化合物的制造方法和用于制造羰基化合物的氧化促进剂

    Kazuaki Ishihara, Muhammet Uyanik, Yukihiro Isogai, Suguru Ohara

     詳細を見る

    出願人:National University Corporation Nagoya University

    出願番号:CN-200880000718  出願日:2008年8月

    公開番号:CN-101541725(A)  公開日:2009年9月

    特許番号/登録番号:CN-101541725(B)  登録日:2013年8月 

    権利者:国立大学法人名古屋大学   出願国:外国 , 特許協力条約より出願   取得国:外国

  24. Method for producing carbonyl compound and pro-oxidant used for production of carbonyl compound

    Kazuaki Ishihara, Muhammet Uyanik, Yukihiro Isogai, Suguru Ohara

     詳細を見る

    出願人:National University Corporation Nagoya University

    出願番号:EP-08828094  出願日:2008年8月

    公開番号:EP-2085373(A1)  公開日:2009年8月

    公表番号:EP-2085373(A1) 

    特許番号/登録番号:EP-2085373(B1)  登録日:2013年1月 

    権利者:National University Corporation Nagoya University   出願国:外国 , 特許協力条約より出願   取得国:外国

    PCT Publication: WO2009/028676(A1), 2009.03.05
    PCT Application: PCT/JP2008/065567, 2008.08.29.
    Application Priority Data: JP2007-226843, 2007.08.31.

  25. アリールヒドロキノン類の製法及びアリールキノン類の製法

    石原一彰, ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2014-046259  出願日:2014年3月

    公開番号:特開2015-168660  公開日:2015年9月

    出願国:国内  

  26. 含窒素環化合物の製造方法及び含窒素環化合物

    石原一彰, ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2014-500160  出願日:2013年1月

    公開番号:WO2013/121879(A1)  公開日:2013年8月

    公表番号:JP/WO2013/121879(A1)  公表日:2015年5月

    出願国:国内 , 特許協力条約より出願  

    国際出願番号: PCT/JP2013/051983, 2013.01.30.
    優先権: 特願2012-031224, 2012.02.16.

  27. ビアリール化合物の製造方法

    石原一彰, ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2014-500157  出願日:2013年1月

    公開番号:WO2013/121873(A1)  公開日:2013年8月

    公表番号:JP/WO2013/121873(A1)  公表日:2015年5月

    出願国:外国 , 特許協力条約より出願  

    国際出願番号: PCT/JP2013/051838, 2013.01.29.
    優先権: 特願2012-031223, 2012.02.16.

  28. 碘代芳烃衍生物、使用其的光学活性螺甾内酯化合物的制法和光学活性环化加成物的制法

    Kazuaki Ishihara, Muhammet Uyanik, Takeshi Yasui

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 名古屋大学

    出願番号:CN-201280012292  出願日:2012年3月

    公開番号:CN-103415501(A)  公開日:2013年11月

    出願国:外国 , 特許協力条約より出願  

  29. カルボニル化合物の製造方法

    石原一彰, ウヤヌク ムハメット

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2007-094377  出願日:2007年3月

    公開番号:特開2008-247872 

    出願国:国内  

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 72

  1. 有機化学特別実験及び演習Ⅱ

    2021

  2. 有機化学特別実験及び演習Ⅰ

    2021

  3. 有機化学セミナー 1C

    2021

  4. 有機化学セミナー 1A

    2021

  5. 有機・高分子化学基礎論

    2021

  6. 化学生命工学実験2

    2021

  7. 有機化学実験第1

    2021

  8. 有機化学セミナー 2E

    2021

  9. 有機化学セミナー 2C

    2021

  10. 有機化学セミナー 2A

    2021

  11. 化学生命工学実験3

    2021

  12. 有機化学2及び演習

    2021

  13. 生物機能工学実験

    2021

  14. 有機化学実験第2

    2021

  15. 有機化学Ⅰ

    2021

  16. 化学生命工学実験3

    2021

  17. 有機化学セミナー 2D

    2021

  18. 有機化学セミナー 2B

    2021

  19. 触媒有機合成学

    2021

  20. 有機化学セミナー 1D

    2021

  21. 有機化学セミナー 1B

    2021

  22. 有機化学Ⅰ

    2020

  23. 有機化学3及び演習

    2020

  24. 有機化学2及び演習

    2020

  25. 有機化学Ⅱ

    2020

  26. 化学生命工学科実験4(有機化学)

    2020

  27. 化学生命工学科実験2(有機化学)

    2020

  28. 触媒有機合成学

    2020

  29. 生物機能工学演習

    2020

  30. 化学生命工学科実験4(有機化学)

    2019

  31. 化学生命工学科実験2(有機化学)

    2019

  32. 有機化学3及び演習

    2018

  33. 生物機能工学演習1

    2018

  34. 生物機能工学実験

    2018

  35. 有機化学実験第1

    2018

  36. 生物機能工学演習1

    2017

  37. 生物機能工学実験

    2017

  38. 有機化学実験第1

    2017

  39. 生物機能工学演習1

    2016

  40. 生物機能工学実験

    2016

  41. 有機化学実験第1

    2016

  42. 有機化学実験第1

    2015

  43. 生物機能工学実験

    2015

  44. 生物機能工学演習1

    2015

  45. 生物機能工学演習1

    2014

  46. 生物機能工学実験

    2014

  47. 有機化学実験第1

    2014

  48. 有機化学実験第1

    2013

  49. 生物機能工学演習1

    2013

  50. 生物機能工学実験

    2013

  51. 生物機能工学実験

    2012

  52. 有機化学実験第1

    2012

  53. 生物機能工学演習1

    2012

  54. 有機化学実験第1

    2011

  55. 生物機能工学演習1

    2011

  56. 生物機能工学PBL

    2011

  57. 生物機能工学実験

    2011

  58. 生物機能工学PBL

    2010

  59. 生物機能工学実験

    2010

  60. 有機化学実験第1

    2010

  61. 生物機能工学演習1

    2010

  62. 生物機能工学演習1

    2009

  63. 生物機能工学PBL

    2009

  64. 生物機能工学実験

    2009

  65. 有機化学実験第1

    2009

  66. 生物機能工学実験

    2008

  67. 生物機能工学演習1

    2008

  68. 生物機能工学PBL

    2008

  69. 有機化学実験1

    2008

  70. 生物機能工学PBL

    2007

  71. 有機化学実験第1

    2007

  72. 生物機能工学演習1

    2007

▼全件表示

 

メディア報道 59

  1. Hypoiodite Catalysis Permits a General Oxidative Azidation of 1,3-Dicarbonyl Compounds 新聞・雑誌

    2020年9月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  2. アジド化合物 効率生成  名古屋大 優れた官能基許容性 新聞・雑誌

    化学工業日報  3面  2020年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59, 17110) の内容に関する記

  3. Transition Metal-Free Catalytic Approach Towards Selective Transformations of ortho-Quinone Methides 新聞・雑誌

    2020年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  4. 名大大学院研究グループ キノンメチド生成に新手法 医薬品や材料開発の鍵に 新聞・雑誌

    毎日新聞  19面  2020年4月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Nature Chem. 2020, 12, 353) の内容に関する記事

  5. 名古屋大 不安定な反応中間体 キノンメチドの新規合成法開発 金属不使用で副生成物はアルコールのみ 新薬開発や医農薬品製造に期待 新聞・雑誌

    科学新聞  4面  2020年4月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Nature Chem. 2020, 12, 353) の内容に関する記事

  6. 医薬品の鍵中間体キノンメチド ヨウ素触媒使い生成 名古屋大 新聞・雑誌

    化学工業日報  3面  2020年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Nature Chem. 2020, 12, 353) の内容に関する記事

  7. グリーンイノベーション 環境調和の酸化反応実現 名古屋大学大学院工学研究科ウヤヌク ムハメット氏 第4回GSC奨励賞「デザイン型ヨウ素触媒を用いる新酸化触媒システムの開発 新聞・雑誌

    化学工業日報  3面  2015年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    GSC奨励賞受賞の紹介

  8. 第14回GSC賞・第4回GSC奨励賞発表 【GSC奨励賞】名古屋大学UYANIK, Muhammet「デザイン型ヨウ素触媒を用いる新酸化触媒システムの開発 新聞・雑誌

    化学工業日報  9面  2015年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    GSC奨励賞受賞の紹介

  9. Building Up Quarternary Stereocenters of Chromans by Asymmetric Redox Organocatalysis: A New Entry to Vitamin E 新聞・雑誌

    2014年12月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  10. Enantioselective Synthesis of Tocopherols Through Oxidative Cyclization 新聞・雑誌

    2014年10月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  11. 次亜ヨウ素酸塩触媒を用いて天然型ビタミンEを高効率不斉合成 名古屋大グループ成功 新聞・雑誌

    科学新聞  4面  2014年8月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Science 2014, 345, 291) の内容に関する記事

  12. 酸化反応条件で抗酸化物質を効率的につくる インターネットメディア

    Chem-Station  Web portal  2014年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Science 2014, 345, 291) の内容に関する記事

  13. 酸化反応条件で抗酸化物質を効率的につくる 新聞・雑誌

    Chemical & Engineering News誌  92(29), page 8  2014年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Science 2014, 345, 291) の内容に関する記事

  14. ヨウ素触媒でビタミンE 名大院グループ、不斉合成に成功 新聞・雑誌

    中日新聞  朝刊3面  2014年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Science 2014, 345, 291) の内容に関する記事

  15. ビタミンE誘導体 環境対応の合成法 名大ヨウ素触媒で収率99% 新聞・雑誌

    化学工業日報  7面  2014年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Science 2014, 345, 291) の内容に関する記事

  16. ビタミンE合成効率よく安全に 名古屋大学、触媒開発 新聞・雑誌

    朝日新聞  夕刊8面  2014年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Science 2014, 345, 291) の内容に関する記事

  17. 名大、高活性のビタミンE成分を高純度で選択合成することに成功 新聞・雑誌

    日刊工業新聞  23面  2014年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Science 2014, 345, 291) の内容に関する記事

  18. Creating antioxidants by oxidation catalysis 新聞・雑誌

    2014年7月

  19. ヨウ素触媒性能アップ 柔らかい構造に変化 名大院成功 新聞・雑誌

    中日新聞  朝刊3面  2013年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Angew. Chem. Int. Ed. 2013, 52, 9215) の内容に関する記事

  20. 名大 ヨウ素系不斉触媒 収率99%の高活性 新聞・雑誌

    化学工業日報  4面  2013年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Angew. Chem. Int. Ed. 2013, 52, 9215) の内容に関する記事

  21. Baeyer-Villiger Oxidation and Oxidative Cascade Reactions with Aqueous Hydrogen Peroxide Catalyzed by Lipophilic LiB(C6F5)4] or Ca[B(C6F5)4]2 インターネットメディア

    2013年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  22. New catalyst for Baeyer-Villiger oxidation reactions 新聞・雑誌

    2012年11月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  23. 有機化合物から樹脂・医薬品原料 触媒使い安全に合成 名大 新聞・雑誌

    日刊工業新聞  21面  2012年9月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Angew. Chem. Int. Ed. 2012, 51, 909) の内容に関する記事

  24. エコな化学反応発見 名大大学院教授ら 原料生成 爆発の危険性なく 新聞・雑誌

    中日新聞  朝刊31面  2012年8月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Angew. Chem. Int. Ed. 2012, 51, 909) の内容に関する記事

  25. CPL原料のε-カプロラクトン 安全で高収率合成 名大 触媒で低毒性金属塩 新聞・雑誌

    化学工業日報  1面  2012年8月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Angew. Chem. Int. Ed. 2012, 51, 909) の内容に関する記事

  26. カルボニル化合物のα-アシロキシ化反応 新聞・雑誌

    TCIトピックス誌  2012年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 5331) の内容に関する記事

  27. ヨウ素を金属代替元素とする触媒的酸化反応へのアプローチ 新聞・雑誌

    ファルマシ誌   48(3)、ページ237  2012年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 5331) の内容に関する記事

  28. ポリマー樹脂などの原料 低コストで安全に合成 金属触媒や高価な共酸化剤不要 新聞・雑誌

    日刊工業新聞  23面  2011年9月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 5331) の内容に関する記事

  29. 新規酸化触媒 治験薬向け相次ぎ採用 大学からの導入の高活性2種 技術普及に弾み 新聞・雑誌

    化学工業日報  3面  2011年4月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    日産化学工業によるIBS酸化技術の実用化に関するニュース

  30. Pre-MIBSK for industrial-scale alcohol oxidation 新聞・雑誌

    2011年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  31. Green Catalysis: Iodine answers インターネットメディア

    2010年11月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  32. 若手研究者2人 第1回「赤崎賞」 名大で表彰式 新聞・雑誌

    中日新聞  朝刊16面  2010年11月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    赤崎賞受賞の紹介

  33. Quarternary Ammonium (hypo)iodite Catalysis for Enantioselective Oxidative Cycloetherification 新聞・雑誌

    2010年9月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  34. Catalytic Hypervalent Iodine Spirolactonization Using mCPBA as Co-oxidant 新聞・雑誌

    2010年9月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  35. 不斉合成に新たな道 安全・効率的 ヨウ素系触媒 新聞・雑誌

    化学工業日報  33面  2010年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Science 2010, 328, 1376) の内容に関する記事

  36. キラルアンモニウムヨウ素酸塩触媒による不斉合成で名古屋大学グループ、最高性能達成 新聞・雑誌

    科学新聞  4面  2010年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Science 2010, 328, 1376) の内容に関する記事

  37. Iodine improvement 新聞・雑誌

    2010年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  38. 不斉触媒:環境負荷少ない材料 名大、ヨウ素を主原料に 新聞・雑誌

    日経産業新聞  11面  2010年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Science 2010, 328, 1376) の内容に関する記事

  39. Iodine catalysis goes green. Synthetic chemistry: oxidative cyclization route chiral drug scaffolds is metal-free 新聞・雑誌

    2010年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  40. New tools for green chemistry 新聞・雑誌

    2010年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  41. A green and salty chiral catalyst 新聞・雑誌

    2010年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  42. 光学活性物質合成向け 無機ヨウ素触媒開発 名大 不斉収率さらに向上 新聞・雑誌

    化学工業日報  4面  2010年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Science 2010, 328, 1376) の内容に関する記事

  43. 目的の化合物、効率で生成 名大が不斉触媒 余分な副生成物作らず 新聞・雑誌

    日刊工業新聞  20面  2010年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Science 2010, 328, 1376) の内容に関する記事

  44. 名大の研究チーム、金属使わず不斉合成成功 副生成物は水だけに 新聞・雑誌

    毎日新聞  朝刊22面  2010年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Science 2010, 328, 1376) の内容に関する記事

  45. 環境に優しい合成法を開発 名大、新薬に活用も 新聞・雑誌

    朝日新聞  朝刊30面  2010年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Science 2010, 328, 1376) の内容に関する記事

  46. 薬の原料エコ生成 重金属使わずヨウ素で触媒 名大教授ら 新聞・雑誌

    読売新聞  朝刊28面  2010年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Science 2010, 328, 1376) の内容に関する記事

  47. 環境に優しい不斉合成 ヨウ素活用、副産物は水 医薬品への応用期待 名大大学院グループが成功 新聞・雑誌

    中日新聞  朝刊3面  2010年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Science 2010, 328, 1376) の内容に関する記事

  48. Clean, Green Chiral Reactions–Just Add a Salt 新聞・雑誌

    2010年6月

  49. Kita’s oxidative spirolactonization catalyzed by a hypervalent iodine(III) species 新聞・雑誌

    2010年5月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  50. ヨウ素を触媒 不斉合成 名大教授らが成功 金属使わず環境調和 新聞・雑誌

    中日新聞  朝刊3面  2010年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Angew. Chem. Int. Ed. 2010, 49, 2175) の内容に関する記事

  51. ヨウ素を使い安全な医薬品 名大、不斉合成で新手法 インターネットメディア

    共同通信社  2010年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Angew. Chem. Int. Ed. 2010, 49, 2175) の内容に関する記事

  52. ヨウ素から不斉合成触媒を開発=次世代抗生物質の生成に期待—名古屋大 インターネットメディア

    事実通信社(Yahoo Headlineニュース)  2010年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Angew. Chem. Int. Ed. 2010, 49, 2175) の内容に関する記事

  53. ヨウ素系不斉触媒で高効率合成 名大、収率90以上達成 新聞・雑誌

    化学工業日報  1面  2010年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Angew. Chem. Int. Ed. 2010, 49, 2175) の内容に関する記事

  54. 名大 化合物生成を効率化 医薬品向け 不斉触媒の性能向上 新聞・雑誌

    日刊工業新聞  19面  2010年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Angew. Chem. Int. Ed. 2010, 49, 2175) の内容に関する記事

  55. ヨウ素触媒で不斉合成 名大大学院グループ 薬品開発に期待 新聞・雑誌

    毎日新聞  朝刊22面  2010年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Angew. Chem. Int. Ed. 2010, 49, 2175) の内容に関する記事

  56. 薬合成をより安全に 名大教授らが新触媒 新聞・雑誌

    読売新聞  朝刊32面  2010年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文 (Angew. Chem. Int. Ed. 2010, 49, 2175) の内容に関する記事

  57. 高活性酸化触媒を拡充 日産化学、名大から技術導入 新聞・雑誌

    化学工業日報  2面  2009年4月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    日産化学工業によるIBS酸化技術の導入に関するニュース

  58. 超原子価ヨウ素化合物 ペルヨージナン試薬のルネッサンス 新聞・雑誌

    現代化学  3月号、ページ16-19  2009年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文(J. Am. Chem. Soc. 2009, 131, 251)の内容に関する記事。

  59. ヨウ素でエコ触媒 輸出2位・日本に豊富、名古屋大教授らが開発 新聞・雑誌

    中日新聞  朝刊3面  2009年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    論文(J. Am. Chem. Soc. 2009, 131, 251)の内容に関する記事。

▼全件表示