2021/03/31 更新

写真a

ミワ トミオ
三輪 富生
MIWA Tomio
所属
未来材料・システム研究所 システム創成部門 准教授
大学院工学研究科 土木工学専攻 准教授
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2005年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 1

  1. ITSを活用した都市交通マネジメント,プローブカーシステムを活用した交通状況の分析,ドライバーの経路選択行動分析, 交通量配分・シミュレーションモデルの開発

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 交通工学・国土計画

  2. その他 / その他  / 交通計画

現在の研究課題とSDGs 4

  1. 移動軌跡データを活用した道路交通の最適化

  2. 多様化する都市活動・交通評価のためのシミュレーションプラットフォームの構築

  3. 中山間地域における住民主体の交通マネジメント

  4. 新しい交通サービスの提供が人口分布に与える影響の分析

経歴 8

  1. シドニー大学交通運輸研究所客員研究員

    2013年7月 - 2014年6月

      詳細を見る

    国名:オーストラリア連邦

  2. 名古屋大学   グリーンモビリティ連携研究センター   准教授

    2011年7月 - 2016年3月

  3. 名古屋大学エコトピア科学研究所・准教授

    2009年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学   大学院工学研究科 土木工学専攻   准教授

    2009年4月 - 現在

  5. 名古屋大学大学院工学研究科社会基盤工学専攻・助教

    2007年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学大学院工学研究科社会基盤工学専攻・助手

    2006年11月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学大学院環境学研究科研究員

    2005年4月 - 2006年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 株式会社 片平エンジニアリング 本社交通環境部

    2000年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 名古屋大学   環境学研究科   都市環境学専攻

    2002年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   工学研究科   土木工学専攻

    1998年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   工学部   土木工学科

    1994年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 土木学会

  2. 交通工学研究会

  3. 日本都市計画学会

  4. 東アジア交通学会

委員歴 15

  1. Wiley and Hindawi   Journal of Advanced Transportation, Editorial Board Member  

    2020年10月 - 現在   

  2. MDPI   Sustainability, Editorial Board Member  

    2019年11月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 土木学会中部支部   幹事  

    2019年5月 - 2021年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. MDPI   Sustainability, Guest editor of special issue, “Sustainable Public Transport System”  

    2019年3月 - 2019年10月   

  5. MDPI   Sustainability, Guest editor of special issue, “Sustainable and Intelligent Transportation Systems”  

    2018年11月 - 2019年11月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  6. The second International Conference on Sustainability in Civil Engineering (ICSCE), 学術委員  

    2018年11月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  7. ITS Japan   第16回 アジア太平洋地域ITSフォーラムプログラム委員  

    2018年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  8. ITS Japan   International Journal of ITS Research編集委員  

    2017年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  9. 土木学会 土木学会論文集D3分冊編集小委員会   委員  

    2016年6月 - 2019年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  10. 土木学会土木計画学研究委員会 学術小委員会   委員  

    2014年11月 - 2015年11月   

  11. 土木学会土木計画学研究委員会 学術小委員会   委員  

    2012年11月 - 2013年11月   

  12. 土木学会土木計画学研究委員会   委員兼幹事  

    2012年6月 - 2013年5月   

  13. 土木学会中部支部事務局   幹事  

    2011年5月 - 2012年5月   

  14. 日本都市計画学会全国大会実行委員会   委員  

    2010年4月 - 2011年3月   

  15. 日本都市計画学会中部支部   幹事  

    2009年4月 - 2015年3月   

▼全件表示

受賞 7

  1. ベストポスター賞

    2019年12月   ITS Japan   一般街路交差点における合流支援方法に関する基礎的研究

    市岡佑樹, 三輪富生, 田代むつみ, 森川高行

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. 道路と交通論文省(経済社会部門)

    2016年6月   公益財団法人高速道路調査会   一般道路網を含む混雑緩和のための高速道路料金に関する研究

    三輪富生,浪崎隆裕

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  3. The Best Paper Award for discovering interesting facts at the 11th EASTS International Conference

    2015年9月   Eastern Asia Society for Transportation Studies  

     詳細を見る

    受賞国:フィリピン共和国

  4. 平成25年度近畿地方整備局研究発表会優秀賞

    2013年7月   国土交通省近畿地方整備局  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  5. 平成22年度道路と交通論文賞

    2011年5月   高速道路調査会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  6. 交通工学研究会論文賞

    2010年5月   社団法人交通工学研究会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  7. 日本交通学会賞

    2010年   日本交通学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 162

  1. Influence of personality traits on aberrant driving behaviors: A comparison of Japanese, Chinese, and Vietnamese drivers 査読有り

    Hussain Blawal, Sato Hitomi, Miwa Tomio, Morikawa Takayuki

    JOURNAL OF SAFETY RESEARCH   75 巻   頁: 178 - 188   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jsr.2020.09.011

    Web of Science

  2. Attitude toward physical activity as a determinant of bus use intention: A case study in Asuke, Japan 査読有り

    Tran Yen, Yamamoto Toshiyuki, Sato Hitomi, Miwa Tomio, Morikawa Takayuki

    IATSS RESEARCH   44 巻 ( 4 ) 頁: 293 - 299   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.iatssr.2020.03.002

    Web of Science

  3. The analysis of influences of attitudes on mode choice under highly unbalanced mode share patterns 査読有り

    Tran Yen, Yamamoto Toshiyuki, Sato Hitomi, Miwa Tomio, Morikawa Takayuki

    JOURNAL OF CHOICE MODELLING   36 巻   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jocm.2020.100227

    Web of Science

  4. Preliminary study on transit-induced residential gentrification in Nagoya, Japan 査読有り 国際共著

    Wang, L., Jiang, M., Miwa, T., Bardaka, E. and Morikawa, T.

    Asian Transport Studies   6 巻   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.eastsj.2020.100022

  5. Hazard Duration Model with Panel Data for Daily Car Travel Distance: A Toyota City Case Study 査読有り

    He Jiahang, Yamamoto Toshiyuki, Miwa Tomio, Morikawa Takayuki

    SUSTAINABILITY   12 巻 ( 16 )   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/su12166331

    Web of Science

  6. Demand forecast of public transportation considering positive and negative mass effects 査読有り

    Nguyen Ngoc T., Miwa Tomio, Morikawa Takayuki

    TRANSPORTATION RESEARCH PART D-TRANSPORT AND ENVIRONMENT   85 巻   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.trd.2020.102466

    Web of Science

  7. Big Trajectory Data Mining: A Survey of Methods, Applications, and Services 査読有り

    Wang Di, Miwa Tomio, Morikawa Takayuki

    SENSORS   20 巻 ( 16 )   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/s20164571

    Web of Science

  8. The tendency of public's attitudes to evaluate urban congestion charging policy in Asian megacity perspective: Case a study in Jakarta, Indonesia 査読有り

    Sugiarto Sugiarto, Miwa Tomio, Morikawa Takayuki

    CASE STUDIES ON TRANSPORT POLICY   8 巻 ( 1 ) 頁: 143 - 152   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cstp.2018.09.010

    Web of Science

  9. Simulation Analysis on Optimal Merging Control of Connected Vehicles for Minimizing Travel Time 査読有り

    Tashiro Mutsumi, Motoyama Hiroki, Ichioka Yuki, Miwa Tomio, Morikawa Takayuki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF INTELLIGENT TRANSPORTATION SYSTEMS RESEARCH   18 巻 ( 1 ) 頁: 65 - 76   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13177-018-0172-8

    Web of Science

  10. Eco-routing problem considering fuel consumption and probabilistic travel time budget 査読有り 国際共著

    Zeng Weiliang, Miwa Tomio, Morikawa Takayuki

    TRANSPORTATION RESEARCH PART D-TRANSPORT AND ENVIRONMENT   78 巻   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.trd.2019.102219

    Web of Science

  11. Factors Promoting Clean Energy in Japanese Cities: Nuclear Risks Versus Climate Change Risks 査読有り

    Nakano Ryoko, Miwa Tomio, Morikawa Takayuki

    SUSTAINABILITY   11 巻 ( 24 )   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/su11246918

    Web of Science

  12. Dataset on commuting patterns and mode-switching behavior under prospective policy scenarios for public transport 査読有り 国際共著

    Tosa Cristian, Miwa Tomio, Morikawa Takayuki

    DATA IN BRIEF   27 巻   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.dib.2019.104703

    Web of Science

  13. Response to the planned public transport system in Ho Chi Minh City: analysis of latent classes 査読有り

    Nguyen Ngoc T., Miwa Tomio, Morikawa Takayuki

    CLEAN TECHNOLOGIES AND ENVIRONMENTAL POLICY   21 巻 ( 10 ) 頁: 1925 - 1935   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10098-018-1638-8

    Web of Science

  14. Dynamic shared autonomous taxi system considering on-time arrival reliability 査読有り 国際共著

    Liu Zhiguang, Miwa Tomio, Zeng Weiliang, Bell Michael G. H., Morikawa Takayuki

    TRANSPORTATION RESEARCH PART C-EMERGING TECHNOLOGIES   103 巻   頁: 281 - 297   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.trc.2019.04.018

    Web of Science

  15. Non-linear fixed and multi-level random effects of origin-destination specific attributes on route choice behaviour 査読有り 国際共著

    Li Dawei, Miwa Tomio, Xu Chengcheng, Li Zhibin

    IET INTELLIGENT TRANSPORT SYSTEMS   13 巻 ( 4 ) 頁: 654 - 660   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1049/iet-its.2018.5251

    Web of Science

  16. An Exploration of Factors Affecting Drivers' Daily Fuel Consumption Efficiencies Considering Multi-Level Random Effects 査読有り 国際共著

    Li Dawei, Li Cheng, Miwa Tomio, Morikawa Takayuki

    SUSTAINABILITY   11 巻 ( 2 )   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/su11020393

    Web of Science

  17. A Comparative Analysis on Residents' Reservation Willingness for Bus Service Based on Option Price 査読有り

    Zheng Xun, Miwa Tomio

    SUSTAINABILITY   11 巻 ( 1 )   2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/su11010260

    Web of Science

  18. Incorporating Covariance Heterogeneity into Two-level Nested Logit: An Application to a Cooperative Ride System for Elderly People in Rural Areas of Aging Population, Japan. 査読有り 国際共著

    Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   13 巻   頁: 698 - 715   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11175/easts.13.698

    DOI: 10.11175/easts.13.698

  19. Spatial Mobility Survey Framework for Bucharest-Ilfov Metropolitan Area: A Life-course Approach 査読有り

    Toşa, C., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Romanian Journal of Population Studies   13 巻 ( 2 ) 頁: 25 - 34   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.24193/RJPS.2019.2.02

  20. Cross-Cultural Differences in Aberrant Driving Behaviors: Comparison of Japanese, Chinese, and Vietnamese Drivers 査読有り 国際共著

    Hussain, B., Sato, H., Xiong, S., Miwa, T., Nguyen, N.T. and Morikawa, T.

    Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   13 巻   頁: 43 - 59   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11175/easts.13.43

  21. A Comparative Analysis on Residents’ Paying Willingness for On-Road Public Transport Services Based on Option Price 査読有り 国際誌

    Zheng, X. and Miwa, T.

    Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   13 巻   頁: 221 - 237   2019年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11175/easts.13.221

  22. Shared Autonomous Taxi System and Utilization of Collected Travel-Time Information 査読有り 国際共著

    Liu Zhiguang, Miwa Tomio, Zeng Weiliang, Bell Michael G. H., Morikawa Takayuki

    JOURNAL OF ADVANCED TRANSPORTATION   2018 巻   頁: Article ID 8919721   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1155/2018/8919721

    Web of Science

  23. 都市内高速道路の交通量推計におけるリンクパフォーマンス関数の改良 査読有り

    中島寛崇,板橋遼,清水哲夫,三輪富生,茂木渉

    第38回交通工学研究発表会論文集     頁: 619-624   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. 豊田市足助地区におけるスクールバスの再編可能性に関する研究 査読有り

    秦竜平,三輪富生,剱持千歩,森川高行

    第38回交通工学研究発表会論文集     頁: 411-416   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Comparative Analysis on Citizen's Subjective Responses Related to Their Willingness to Pay for Renewable Energy in Japan Using Latent Variables 査読有り

    Nakano Ryoko, Miwa Tomio, Morikawa Takayuki

    SUSTAINABILITY   10 巻 ( 7 )   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/su10072423

    Web of Science

  26. Understanding Public Responses Towards Park-and-Ride in Conjunction with Transportation-Eco-Point: A Latent Class Modeling Approach 査読有り

    Tien Dung CHU, Tomio MIWA, Takayuki MORIKAWA, SUGIARTO

    Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   12 巻   頁: 505-521   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11175/easts.12.505

  27. Commuting behavior in emerging urban areas: Findings of a revealed preferences and stated-intentions survey in Cluj-Napoca, Romania

    Tosa Cristian, Sato Hitomi, Morikawa Takayuki, Miwa Tomio

    JOURNAL OF TRANSPORT GEOGRAPHY   68 巻   頁: 78-93   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtrangeo.2018.02.011

    Web of Science

  28. An Agent Based Simulation Model for Shared Autonomous Taxi System 査読有り

    Liu, Z., Miwa, T., Zeng, W. and Morikawa, T.

    Asian Transport Studies   5 巻 ( 1 ) 頁: 1-13   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11175/eastsats.5.1

  29. Switching to the Public Transport Modes for Commuting Trips Considering Latent Motivations in Ho Chi Minh City 査読有り

    Nguyen, N.T., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Asian Transport Studies   5 巻 ( 1 ) 頁: 117-136   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11175/eastsats.5.117

  30. Economic growth and urban metamorphosis: A quarter century of transformations within the metropolitan area of Bucharest 査読有り

    Tosa Cristian, Mitrea Andrei, Sato Hitomi, Miwa Tomio, Morikawa Takayuki

    JOURNAL OF TRANSPORT AND LAND USE   11 巻 ( 1 ) 頁: 273-295   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5198/jtlu.2018.1242

    Web of Science

  31. Exploring travellers' risk preferences with regard to travel time reliability on the basis of GPS trip records

    Zeng Weiliang, Miwa Tomio, Morikawa Takayuki

    EUROPEAN JOURNAL OF TRANSPORT AND INFRASTRUCTURE RESEARCH   18 巻 ( 1 ) 頁: 132-144   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  32. A PSYCHOLOGICAL INVESTIGATION ON PRIVATE VEHICLE USERS TOWARD PUBLIC TRANSPORT USAGE IN A DEVELOPING CITY 査読有り

    Nguyen, T.N., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Proceedings of 97th Annual Meeting of the Transportation Research Board     頁: CD-ROM   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  33. Recursive bivariate response models of the ex-ante intentions to link perceived acceptability among charge and refund options for alternative road pricing schemes 査読有り

    Sugiarto Sugiarto, Miwa Tomio, Morikawa Takayuki

    TRANSPORTATION LETTERS-THE INTERNATIONAL JOURNAL OF TRANSPORTATION RESEARCH   10 巻 ( 1 ) 頁: 52 - 63   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/19427867.2016.1228747

    Web of Science

  34. Application of the support vector machine and heuristic k-shortest path algorithm to determine the most eco-friendly path with a travel time constraint

    Zeng Weiliang, Miwa Tomio, Morikawa Takayuki

    TRANSPORTATION RESEARCH PART D-TRANSPORT AND ENVIRONMENT   57 巻   頁: 458-473   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.trd.2017.10.001

    Web of Science

  35. Range and Battery Depletion Concerns with Electric Vehicles

    Miwa Tomio, Sato Hitomi, Morikawa Takayuki

    JOURNAL OF ADVANCED TRANSPORTATION   2017 巻   頁: Article ID 7491234   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1155/2017/7491234

    Web of Science

  36. Inclusion of latent constructs in utilitarian resource allocation model for analyzing revenue spending options in congestion charging policy

    Sugiarto Sugiarto, Miwa Tomio, Morikawa Takayuki

    TRANSPORTATION RESEARCH PART A-POLICY AND PRACTICE   103 巻   頁: 36-53   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tra.2017.05.019

    Web of Science

  37. Discrete Choice Models for Gap Acceptance at Urban Expressway Merge Sections Considering Safety, Road Geometry, and Traffic Conditions

    Chu Tien Dung, Miwa Tomio, Morikawa Takayuki

    JOURNAL OF TRANSPORTATION ENGINEERING PART A-SYSTEMS   143 巻 ( 7 )   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1061/JTEPBS.0000053

    Web of Science

  38. Explaining Differences in Acceptance Determinants Toward Congestion Charging Policies in Indonesia and Japan

    Sugiarto Sugiarto, Miwa Tomio, Sato Hitomi, Morikawa Takayuki

    JOURNAL OF URBAN PLANNING AND DEVELOPMENT   143 巻 ( 2 )   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1061/(ASCE)UP.1943-5444.0000360

    Web of Science

  39. An optimal mandatory lane change decision model for autonomous vehicles in urban arterials

    Cao Peng, Hu Yubai, Miwa Tomio, Wakita Yukiko, Morikawa Takayuki, Liu Xiaobo

    JOURNAL OF INTELLIGENT TRANSPORTATION SYSTEMS   21 巻 ( 4 ) 頁: 271-284   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15472450.2017.1315805

    Web of Science

  40. Efficiency of routing and scheduling system for small and medium size enterprises utilizing vehicle location data

    Miwa Tomio, Bell Michael G. H.

    JOURNAL OF INTELLIGENT TRANSPORTATION SYSTEMS   21 巻 ( 3 ) 頁: 239-250   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1080/15472450.2017.1291350

    Web of Science

  41. Vehicle Type Choice, Usage, and CO2 Emissions in Ho Chi Minh City: Analysis and Simulation Using a Discrete-Continuous Model 査読有り

    Ngoc T. NGUYEN, Tomio MIWA, Takayuki MORIKAWA

    Asian Transport Studies   4 巻 ( 3 ) 頁: 499-517   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11175/eastsats.4.499

  42. Space-Time Prism Vertices for Morning and Evening Commuters, in Cluj-Napoca, Romania 査読有り

    Cristian, T., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Advanced Engineering Forum   21 巻   頁: 573-578   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/AEF.21.573

  43. Traffic Flow Smoothing Based on Individual Desired Speed 査読有り

    Y. Wakita, K. Yamada, T. Miwa, and T. Morikawa

    International Journal of Engineering Science and Innovative Technology   6 巻 ( 2 ) 頁: 33-40   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Route Choice Analysis Incorporating both Observed and Unobserved Origin-Destination Specific Heterogeneity 査読有り

    Li, D., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Proceedings of 96th Annual Meeting of the Transportation Research Board     頁: CD-ROM   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  45. Analysis on Heterogeneity in Drivers' Daily Fuel Consumption based on Multi-Level Model and Long Term Panel Data 査読有り

    Li, D., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Proceedings of 96th Annual Meeting of the Transportation Research Board     頁: CD-ROM   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  46. 電気自動車の航続距離が購入意向に与える影響に関するモデル分析 査読有り

    三輪富生,森川高行

    都市計画論文集   51 巻 ( 3 ) 頁: 667-672   2016年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. A Traffic Simulation for Hyper-congestion Traffic Flow in Shanghai Urban Expressway 査読有り

    Ma, D., Miwa, T., Morikawa, T. and Liu, Z.

    Proceedings of 23rd World Congress on Intelligent Transport Systems     頁: CD-ROM   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Explaining differences in acceptance determinants towards congestion charging policies in Indonesia and Japan 査読有り

    Sugiarto, Miwa, T., Sato, H. and Morikawa, T.

    Journal of Urban Planning and Development     頁: (online first)   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1061/(ASCE)UP.1 943-5444.0000360

  49. Modeling Time-of-Day Car Use Behavior: A Bayesian Network Approach 査読有り

    Li, D., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Transportation Research Part D   47 巻   頁: 54-66   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.trd.2016.04.011

  50. Prediction of vehicle CO2 emission and its application to eco-routing navigation 査読有り

    Zeng, W., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Transportation Research Part C   68 巻   頁: 194-214   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.trc.2016.04.007

  51. Application of hyperpath strategy and driving experience to risk-averse navigation 査読有り

    Zeng, W., Miwa, T. and Morikawa, T.

    IET Intelligent Transport Systems   10 巻 ( 5 ) 頁: 338-346   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1049/iet-its.2015.0065

  52. Incorporating observed and unobserved heterogeneity in route choice analysis with sampled choice sets 査読有り

    Li, D., Miwa, T., Morikawa, T. and Liu, P.

    Transportation Research Part C   67 巻   頁: 31-46   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.trc.2016.02.002

  53. Route Choice Analysis Incorporating both Observed and Unobserved Origin-Destination Specific Heterogeneity 査読有り

    Li, D., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Proceedings of 95th Annual Meeting of the Transportation Research Board     頁: CD-ROM   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Application of machine learning and heuristic k-shortest path algorithm to eco-routing problem with travel time constraint 査読有り

    Zeng, W., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Proceedings of 95th Annual Meeting of the Transportation Research Board     頁: CD-ROM   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Understanding Stochastic Characteristics of Recurrent Bottleneck Capacity for Alleviating Hyper-congestion on Shanghai Urban Expressway 査読有り

    Ma, D., Miwa, T., Morikawa, T. and Liu Z.

    Proceedings of 95th Annual Meeting of the Transportation Research Board     頁: CD-ROM   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Exploring trip fuel consumption by machine learning from GPS and CAN bus data 査読有り

    Zeng, W., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   11 巻   頁: 906-921   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11175/easts.11.906

  57. Analysis on characteristics of passenger car and motorcycle fleets and their driving conditions in developing country: a case study in Ho Chi Minh City 査読有り

    Chu, T. D., Miwa, T., Sato, H. and Morikawa, T.

    Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   11 巻   頁: 906-921   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11175/easts.11.906

  58. Allocation planning for probe taxi devices aimed at minimizing losses to travel time information users 査読有り

    Miwa, T., Ishiguro, Y., Yamamoto, T. and Morikawa, T.

    Journal of Intelligent Transportation Systems   19 巻 ( 4 ) 頁: 399-410   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15472450.2014.995760

  59. 一般道路網を含む混雑緩和のための高速道路料金に関する研究 査読有り

    三輪富生,浪崎隆裕,森川高行,山本俊行

    高速道路と自動車   58 巻 ( 12 ) 頁: 17-25   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. A Study on Use and Location of Community Cycle Stations 査読有り

    Sato, H., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Research in Transportation Economics   53 巻   頁: 13-19   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.retrec.2015.10.015

  61. Identification of activity stop locations in GPS trajectories by density-based clustering method combined with support vector machines 査読有り

    Gong, L., Sato, H., Yamamoto, T. Miwa, T. and Morikawa, T.

    Journal of Modern Transportation   23 巻 ( 3 ) 頁: 202-213   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s40534-015-0079-x

  62. Application of Lagrangian relaxation approach to α-reliable path finding in stochastic networks with correlated link travel times 査読有り

    Zeng, W., Miwa, T., Wakita, Y. and Morikawa, T.

    Transportation Research Part C   56 巻   頁: 309-334   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.trc.2015.04.018

  63. Use of latent variables representing psychological motivation to explore citizens' intentions with respect to congestion charging reform in Jakarta 査読有り

    Sugiarto, Miwa, T., Sato, H. and Morikawa, T.

    Urban, Planning and Transport Research   3 巻 ( 1 ) 頁: 46-67   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/21650020.2015.1037964

  64. Application of machine learning to explore traveler's risk-averse preference to travel time reliability from large-scale GPS data 査読有り

    Zeng, W., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Proceedings of 14th ITS Asia Pacific Forum     頁: CD-ROM   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Understanding the Effects of Various Factors on the Public Response to Congestion Charge: A latent Class Modeling Approach 査読有り

    Sugiarto, Miwa, T., Sato, H. and Morikawa, T.

    Journal of Transportation Technologies   5 巻 ( 2 ) 頁: 76-87   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4236/jtts.2015.52008

  66. Vehicle purchasing behaviors comparison in two-stage choice perspective before and after eco-car promotion policy in Japan 査読有り

    Xu, G., Miwa, T., Morikawa T. and Yamamoto, T.

    Transportation research part D   34 巻   頁: 195-207   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.trd.2014.11.001

  67. Activity stop and non-activity stop identification in GPS trajectories utilizing density-based clustering method and support vector machines 査読有り

    Gong, L., Sato, H., Morikawa, T. and Miwa, T.

    Proceedings of 94th Annual Meeting of the Transportation Research Board     頁: CD-ROM   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Modeling Time-of-Day Car Use Behavior: A Bayesian Network Approach 査読有り

    Li, D., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Proceedings of 94th Annual Meeting of the Transportation Research Board     頁: CD-ROM   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Analysis on Vehicles' Daily Fuel Consumption Frontiers using Long-term CAN Data 査読有り

    Li, D., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Proceedings of 94th Annual Meeting of the Transportation Research Board     頁: CD-ROM   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Finding a reliable shortest path for risk-averse navigation using historical driving experience of probe vehicle 査読有り

    Zeng, W., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Proceedings of 94th Annual Meeting of the Transportation Research Board     頁: CD-ROM   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Gap acceptance on urban expressway merging sections: An application of inverse time to collision 査読有り

    Chu, T. D., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Proceedings of 94th Annual Meeting of the Transportation Research Board     頁: CD-ROM   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Learning traveler's risk preference to travel time reliability using GPS probe data

    Zeng, W., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Journal of Highway and Transportation Research and Development   32 巻 ( S1 ) 頁: 50-58   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Analysis of Vehicles' Daily Fuel Consumption Frontiers with Long-Term Controller Area Network Data 査読有り

    Li, D., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Transportation research record: Journal of the Transportation research board   2503 巻   頁: 100-109   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3141/2503-11

  74. Use of Probe Vehicle Data to Determine Joint Probability Distributions of Vehicle Location and Speed on an Arterial Road 査読有り

    Cao, P., Miwa, T., and Morikawa, T.

    Transportation research record: Journal of the Transportation research board   2421 巻   頁: 103-114   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3141/2421-12

  75. ジャカルタと名古屋におけるロードプライシングの受容性に関する比較分析 査読有り

    佐藤仁美,Sugiarto,三輪富生,森川高行

    都市計画論文集   49 巻 ( 3 ) 頁: 441-446   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11361/journalcpij.49.441

  76. Analysis of Car Usage Time Frontiers Incorporating Both Inter- and Intraindividual Variation with GPS Data 査読有り

    Li, D., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Transportation research record: Journal of the Transportation research board   2413 巻   頁: 13-23   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3141/2413-02

  77. Congestion Charging Acceptability: A Preliminary Analysis Considering Jakarta Citizen's Consciousness 査読有り

    Sugiarto, Miwa, T., Sato, H. and Morikawa, T.

    Proceedings of 21st World Congress on Intelligent Transport Systems     頁: http://itswc.conferencespot.org/?qr=1   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Transportation Expenditure Frontier Models in Jakarta Metropolitan Area 査読有り

    Sugiart, Miwa, T., Sato, H. and Morikawa, T.

    Procedia - Social and Behavioral Sciences   138 巻   頁: 148-158   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.sbspro.2014.07.190

  79. Modeling distribution of travel time in signalized road section using truncated distribution 査読有り

    Cao, P., Miwa, T., and Morikawa, T.

    Procedia - Social and Behavioral Sciences   138 巻   頁: 137-147   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.sbspro.2014.07.189

  80. Examining the Variation of Household Vehicle Holding Behavior in the Chukyo Region in Japan 査読有り

    Yang, J., Tian, M., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Procedia - Social and Behavioral Sciences   138 巻   頁: 174-184   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.sbspro.2014.07.193

  81. Analysis of Drivers' Route Choice Behavior Considering Probabilistic Choice Set 査読有り

    Xu, G., Miwa, T., Morikawa, T.

    Procedia - Social and Behavioral Sciences   138 巻   頁: 76-85   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.sbspro.2014.07.183

  82. Modeling Speed Adjustment Behavior of Merging Vehicles at Urban Expressway Merging Sections 査読有り

    Chu, T. D., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Procedia - Social and Behavioral Sciences   138 巻   頁: 116-126   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.sbspro.2014.07.187

  83. An Analysis of Merging Maneuvers at Urban Expressway Merging Sections 査読有り

    Chu, T. D., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Procedia - Social and Behavioral Sciences   138 巻   頁: 105-115   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.sbspro.2014.07.186

  84. 多様な高速道路料金施策の分析に向けた交通均衡配分モデルの構築 査読有り

    三輪富生, 山本俊行, 森川高行

    高速道路と自動車   57 巻 ( 3 ) 頁: 23-31   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Considering En-Route Choices in Utility-Based Route Choice Modelling 査読有り

    Li, D., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Networks and Spatial Economics     頁: (online first)   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11067-014-9255-5

  86. Allocation planning for probe taxi devices based on information reliability 査読有り

    Miwa, T., Ishiguro, Y., Yamamoto, T. and Morikawa, T.

    Transportation Research Part C   34 巻   頁: 55-69   2013年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.trc.2013.05.004

  87. エコドライブ実施意識の差異を考慮したエコドライブ促進システムの効果分析 査読有り

    浪崎隆裕, 三輪富生, 森川高行, 山本俊行

    土木学会論文集D3   69 巻 ( 5 ) 頁: I_461 - I_470   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejipm.69.I_461

  88. Forecasting the Demand of Electric Vehicles Ownership and Usage in the Chukyo Region in Japan 査読有り

    Yang, J., Miwa, T., Morikawa, T. and Yamamoto, T.

    Proceedings of ICTE 2013     頁: 245-251   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1061/9780784413159.036

  89. Dynamic route choice behavior analysis considering en-route learning and choice 査読有り

    Li, D., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Transportation research record: Journal of the Transportation research board   2383 巻   頁: 1-9   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3141/2383-01

  90. A Discrete-Continuous Model for Analyzing the Ownership and Usage of Electric Vehicles Using Stated Preference Data 査読有り

    Yang, J., Miwa, T., Morikawa, T. and Yamamoto, T.

    Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   10 巻   頁: 499-514   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11175/easts.10.499

  91. Estimation of Dynamic Link Flows and Origin-Destination Matrices from Lower Polling Frequency Probe Vehicle Data 査読有り

    Cao, P., Miwa, T., Yamamoto, T., and Morikawa, T.

    Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   10 巻   頁: 762-775   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11175/easts.10.499

  92. Use of Private Probe Data in Route Choice Analysis to Explore Heterogeneity in Drivers' Familiarity with Origin-Destination Pairs 査読有り

    Li, D., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Transportation research record: Journal of the Transportation research board   2338 巻   頁: 20-28   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3141/2338-03

  93. Bi-level GLS estimation of dynamic Origin-Destination matrix for urban network using probe vehicle data 査読有り

    Cao, P., Miwa, T., Yamamoto, T. and Morikawa, T.

    Transportation research record: Journal of the Transportation research board   2333 巻   頁: 66-73   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3141/2333-08

  94. コミュニティサイクルシステムの利用実態とステーション配置に関する研究 査読有り

    佐藤仁美, 酒井良輔, 三輪富生, 森川高行

    土木学会論文集D3   69 巻 ( 5 ) 頁: I_563 – I_570   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejipm.69.I_563

  95. Modeling travelers' perception of travel time for dynamic route choice behavior analysis 査読有り

    Li, D., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Proceedings of the 19th ITS World Congress     頁: CD-ROM   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Examining the preference of electric vehicles purchasing behavior using stated preference data 査読有り

    Yang, J., Miwa, T., Morikawa, T. and Yamamoto, T.

    Journal of International City Planning     頁: 213-223   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Development of map matching algorithm for low frequency probe data 査読有り

    Miwa, T., Kiuchi, D., Yamamoto, T. and Morikawa, T.

    Transportation Research Part C   22 巻   頁: 132-145   2012年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In order to lower the operating costs of a large scale probe vehicle system, countermeasures for decreasing operating cost of the system, such as lowering of data polling frequency and use an existing fleet management system, are necessary. Such countermeasures, however, reduce the accuracy of the traffic information that is generated from the collected probe vehicle data. In this study, the authors developed several map matching algorithms that can be applied to low frequency and little information probe vehicle data. These map matching algorithms were verified using actual probe vehicle data collected in the area around Nagoya, Japan. The results show that the data can be map matched with a high degree of accuracy by combining an appropriate link cost, generation of reasonable candidate routes, evaluation of the routes, and introducing the concept of a driver's route choice.

    DOI: 10.1016/j.trc.2012.01.005

  98. 名古屋市における自転車走行空間の利用意向調査と整備効果の分析 査読有り

    三輪 富生,山本 俊行,森川 高行

    都市計画論文集   46 巻 ( 3 ) 頁: 793-798   2011年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. 統合型交通シミュレータを用いた貨物車自動走行レーンに関する基礎的研究 査読有り

    三輪富生,孫迅,森川高行

    高速道路と自動車   54 巻 ( 3 ) 頁: 33-41   2011年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. The Impact of Automated Truck Lanes on Intercity Expressways: A Study Using Hybrid Simulator 査読有り

    Sun, X., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Journal of Transportation Systems Engineering and Information Technology   11 巻 ( 3 ) 頁: 32-42   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Automated truck lanes (ATL) is a future technology for alleviating high proportion of truck usage. This paper proposes a hybrid microscopic-mesoscopic traffic simulator that can be used to precisely estimate the changes in traffic flows that would result from introduction of ATL on large-scale road networks. An integration framework is designed to ensure consistency of route choice and synchronization between mesoscopic and microscopic simulators. Microscopic car-following and lane-changing models are extended to reflect detailed interactions between cars and trucks. Three cases are simulated to evaluate the impact of ATL on traffic flows, proportion of trucks, travel time, and performance in total travel time saving. Finally, an analysis of safety and the effect of road incidents on travel time are also conducted using the hybrid simulator. Simulation results indicate that ATL can change traffic volumes not only on the expressway itself (New Tomei-Meishin Expressway) but also on the other expressways in the network, leading to shorter travel times and improved safety. For a more precise evaluation, the ATL system should be analyzed as part of a large-scale road network.

    DOI: 10.1016/S1570-6672(10)60120-1

  101. 討議過程の視覚化手法を用いた道路課金政策に対する市民の賛否態度特性の分析 査読有り

    安藤章,森川高行,三輪富生,山本俊行

    都市計画論文集   45 巻 ( 3 ) 頁: 481-486   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. A Study of Both Optimal Locations and Toll Levels Road Pricing Using Genetic Algorithm 査読有り

    Zuo, Z., Kanamori, R., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   8 巻   頁: 145-156   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. 低コストプローブカーデータを用いた道路交通流からの二酸化炭素排出状況の把握 査読有り

    三輪富生,尾形信一,山本俊行,森川高行

    第30回交通工学研究発表会論文集     頁: 141-144   2010年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. マルチクラス統合均衡モデルを用いたパッケージ施策の導入評価 査読有り

    金森亮,森川高行,三輪富生,左志

    第30回交通工学研究発表会論文集     頁: 309-312   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. A study of optimal refund level estimation of parking deposit system 査読有り

    Zuo, Z., KANAMORI, R., MIWA, T. and MORIKAWA, T.

    Proceedings of the 12th International Summer Symposium     頁: 251-254   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. A study of new method of optimal points of road pricing problem 査読有り

    Zuo, Z., KANAMORI, R., MIWA, T. and MORIKAWA, T.

    Proceedings of The 12th International Summer Symposium     頁: 259-262   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. A Simulation Study of Environmental Impact of Automated Truck Lanes on Intercity Expressways 査読有り

    Sun, X., Miwa, T., Yamamoto, T. and Morikawa, T.

    Proceedings of ICTTS 2010     頁: 959-968   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Comparison of Cordon and Optimal Toll Points Road Pricing Using Genetic Algorithm 査読有り

    Zuo, Z., Kanamori, R., Miwa, T. and Morikawa, T

    Proceedings of ICTTS 2010     頁: 535-544   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. A STUDY OF ACCEPTABILITY ON A PARKING DEPOSIT SYSTEM (PDS) AS A ALTERNATIVE ROAD PRICING SCHEME 査読有り

    Ando, A., Morikawa, T., Miwa, T. and Yamamoto, T.

    IET Intelligent Transport Systems   4 巻 ( 1 ) 頁: 61-75   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. Applying a structured dispersion parameter to multi-class stochastic user equilibrium assignment model 査読有り

    Miwa, T., Okada, Y. and Morikawa, T.

    Transportation research record: Journal of the Transportation research board     頁: in press   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. 総合交通戦略の策定に向けた統合型交通需要予測モデルの開発 査読有り

    金森亮,森川高行,山本俊行,三輪富生

    土木学会論文集D   65 巻 ( 4 ) 頁: 503-518   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. 情報の信頼性と収集頻度を考慮したタクシープローブカーの確率論的最適配置計画 査読有り

    三輪富生,石黒洋介,山本俊行,森川高行

    土木学会論文集D   65 巻 ( 4 ) 頁: 465-479   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. バスマップの見直しによるコミュニティバス利用意図の向上可能性に関する研究 査読有り

    杉浦栄紀,三輪富生,森川高行,山本俊行,加藤博和

    土木計画学研究・論文集   26 巻 ( 4 ) 頁: 715-724   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. 市民の討論過程からみた駐車デポジット制度(PDS)の賛否認知に関する基礎研究 査読有り

    安藤章,森川高行,三輪富生,山本俊行

    都市計画論文集   44 巻 ( 3 ) 頁: 121-126   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. 家族の共有時間に関する時点間および地点間比較 - 交通行動データを用いた分析 - 査読有り

    三輪富生,山本俊行,森川高行

    都市計画論文集   44 巻 ( 3 ) 頁: 745-750   2009年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. A Pilot Program and Future Prospects of PDS (Parking Deposit System) as an Alternative Road Pricing Scheme (scientific paper) 査読有り

    Ando, A., Morikawa, T., Miwa, T., Yamamoto, T. and Nakai, Y.

    Proceedings of the 16th World Congress on Intelligent Transport Systems     頁: CD-ROM   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. An integrated simulation system study for automated truck lane on intercity expressways (scientific paper) 査読有り

    Sun, X., Miwa, T., Yamamoto, T. and Morikawa, T.

    Proceedings of the 16th World Congress on Intelligent Transport Systems     頁: CD-ROM   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. Efficient Link Travel Time Estimation for Signalized Link by Small Size Probe Reports

    Li, Q., Miwa, T. and Morikawa T.

    Proceedings of the Ninth International Conference on Chinese Transportation Professionals     頁: 1-8   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  119. A Basic Study of the Effectiveness of a Parking Deposit System (PDS) 査読有り

    Miwa, T., Ando, A., Yamamoto, T. and Morikawa, T.

    Proceedings of International Symposium on City Planning     頁: 618-628   2009年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. Updating dynamic origin-destination matrices using observed link travel speed by probe vehicles 査読有り

    Yamamoto, T., Miwa, T., Takeshita, T. and Morikawa, T.

    In W.H.K. Lam, S.C. Wong and H.K. Lo (eds.) Transportation and Traffic Theory 2009: Golden Jubilee     頁: 723-738   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A method for updating dynamic O-D matrix using observed link travel speed of probe vehicles is developed. The method consists of two parts: link flow of total traffic is estimated from the link travel speed of probe vehicles, and dynamic O-D matrix is estimated using the estimated link flow and historical O-D matrix. The k-v function derived from the acceleration model by Gazis, et al. (1961) is applied to the link flow estimate, and the entropy maximization model proposed by Willumsen (1984) is applied to the dynamic O-D demand estimate. By using Bayesian inference approach, the variance of the estimate as well as the point estimate of link flow is obtained. Also, the entropy maximization model is extended to incorporate the difference in the reliability of link flow estimates among links. The results of a case study show that the accuracy of the estimated dynamic O-D matrix is improved by the proposed method, and that the accuracy of the link flow estimates obtained in dynamic O-D demand estimation is improved by the proposed method, too.

  121. *低コストプローブカーデータのオンラインマップマッチング手法の開発 査読有り

    三輪富生,木内大介,山本俊行,薄井智貴,森川高行

    交通工学   44 巻 ( 3 ) 頁: 100-110   2009年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    プローブカーシステムの普及には,データ収集頻度の低下などコスト低下対策が必要であるが,その場合,生成される交通情報の精度が低下する.本研究では,このような低コストプローブカーデータから高精度の交通情報を生成する方法を開発した.特に,適切なリンクコストの導入や走行経路候補の生成,選択などを組み合わせ,既存手法よりも高精度に処理が可能であることを示した.

  122. *Evaluation of Road Pricing Policy with Semi-Dynamic Combined Stochastic User Equilibrium Model 招待有り 査読有り

    Kanamori, R., Miwa, T. and Morikawa, T.

    International Journal of ITS Research   6 巻 ( 2 ) 頁: 67-77   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This study analyzes the effect of road pricing using a model with the following characteristics: 1) integration of trip generation (i.e. activity choice), destination choice, mode choice and route choice; 2) consideration of hourly traffic condition variations including queue evolution; and 3) approximate reproduction of trip chain along the time axis. An evaluation of road pricing in the Nagoya Metropolitan Area shows that pricing leads to an effective improvement in the environment as a result of a reduced number of car trips, and at the same time, there is a great reduction in the number of visitors because there is a change of destination and only a small shift to railway.

  123. Development and validation of internet-based personal travel assistance system for mobility management 査読有り

    Usui, T., Miwa, T., Yamamoto, T. and Morikawa, T.

    Proceedings of the 15th World Congress on Intelligent Transport Systems     頁: CD-ROM   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. A study of attitudes to RP among business establishments and the effectiveness of PDS 査読有り

    Ando, A., Morikawa, T., Miwa, T. and Yamamoto, T.

    Proceedings of the 15th World Congress on Intelligent Transport Systems     頁: CD-ROM   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. 道路課金政策に対する事業者の賛否意識構造と駐車デポジット制度(PDS)の有効性に関する研究 査読有り

    安藤章,森川高行,三輪富生,山本俊行

    都市計画論文集   43 巻 ( 3 ) 頁: 859-864   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. Webシステムを活用した広域モビリティ・マネジメント実施効果と行動変容の分析 査読有り

    薄井智貴,三輪富生,山本俊行,森川高行

    土木計画学研究・論文集   25 巻 ( 4 ) 頁: 1051-1062   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. 都心来訪者の駐車デポジットシステムに対する受容性に関する基礎的研究 査読有り

    三輪富生,新井秀幸,山本俊行,安藤章,森川高行

    土木計画学研究・論文集   25 巻 ( 1 ) 頁: 165-174   2008年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. Preliminary Analysis on Link Travel Time for Probe-Based Estimation Method by Microscopic Simulation 査読有り

    Li, Q., Miwa, T. and Morikawa, T.

    International Journal of ITS Research   6 巻 ( 1 ) 頁: 21-27   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. *プローブカーの速度情報を用いた動的OD交通量の推定可能性に関する研究 査読有り

    三輪富生,山本俊行,竹下知範,森川高行

    土木学会論文集D   64 巻 ( 2 ) 頁: 252-265   2008年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    プローブカーデータは利用制約が少なく情報収集エリアが広いが,交通量情報を提供せず,情報に大きなばらつきが含まれる.本研究は,このようなプローブカーデータを用いてOD交通量の推定を試みた.具体的には,リンク交通量を観測された速度からベイズ理論により推定し,その信頼性を考慮してOD交通量を推定する.結果として,プローブカー情報の信頼性を考慮することで,OD交通量の推定精度が向上することを示した.

  130. 駐車場所-駐車時間選択行動への離散-連続選択モデルの適用と駐車料金施策分析 査読有り

    三輪富生,山本俊行,森川高行

    都市計画論文集   43 巻 ( 1 ) 頁: 34-41   2008年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  131. ETCマイレージサービスの効果と新たな活用方法についての検討 査読有り

    佐藤仁美,三輪富生,森川高行

    高速道路と自動車   51 巻 ( 2 ) 頁: 18-25   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  132. Application of Time-Dependent Stochastic Equilibrium Assignment Model Considering Activity Choices to Nagoya Metropolitan Area 査読有り

    Kanamori, R., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   7 巻   頁: 612-627   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This paper examines an applicability of the traffic assignment model overcoming some drawbacks of conventional models. The developed model has the following characteristics: 1) integration of trip generation (i.e. activity choice), destination choice, mode choice and route choice; 2) expression of traveler's choice behavior as a nested logit structure; 3) consideration of hourly traffic condition variations including queue evolution; and 4) approximate reproduction of trip chain along the time axis. The reproducibility of developed model is shown under application to the Nagoya Metropolitan Area, Japan. Furthermore, as case study, we evaluate road pricing and railway's fare discount. These results suggest that the model allows us to compare various TDM policies effectively and evaluate in detail.

  133. 活動選択を考慮した時間帯別・統合均衡モデルの構築と適用 査読有り

    金森亮,三輪富生,森川高行

    土木計画学研究・論文集   24 巻 ( 3 ) 頁: 545-556   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  134. 時間帯別・確率的統合均衡モデルを用いた駐車デポジットシステムの導入評価 査読有り

    金森亮,森川高行,山本俊行,三輪富生

    土木計画学研究・論文集   24 巻 ( 4 ) 頁: 915-926   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  135. 都市圏レベルの交通需要予測手法の違いによる予測値の差の検証 -確率的統合均衡モデルと非集計モデルの比較- 査読有り

    金森亮,三輪富生,森川高行

    都市計画論文集   42 巻 ( 3 ) 頁: 565-570   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  136. ロードプライシングの受容意識構造を踏まえた駐車デポジットシステム(PDS)の有効性の検証 査読有り

    安藤章,森川高行,三輪富生,山本俊行

    都市計画論文集   42 巻 ( 3 ) 頁: 907-912   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. WEBによる自己診断型交通行動支援システムの開発と行動変化の分析 査読有り

    薄井智貴,森川高行,山本俊行,三輪富生

    情報利用技術シンポジウム論文集   16 巻   頁: 213-224   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  138. Fundamental study on new road pricing format from the perspective of acceptability 査読有り

    Ando, A., Morikawa, T., Miwa, T. and Yamamoto, T.

    Proceedings of the 14th World Congress on Intelligent Transport Systems     頁: CD-ROM   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  139. Evaluation of road pricing policy with semi-dynamic combined stochastic user equilibrium model 査読有り

    Kanamori, R., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Proceedings of the 14th World Congress on Intelligent Transport Systems     頁: CD-ROM   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This study analyzes the effect of road pricing using a model with the following characteristics: 1) integration of trip generation (i.e. activity choice), destination choice, mode choice and route choice; 2) consideration of hourly traffic condition variations including queue evolution; and 3) approximate reproduction of trip chain along the time axis. An evaluation of road pricing in the Nagoya Metropolitan Area shows that pricing leads to an effective improvement in the environment as a result of a reduced number of car trips, and at the same time, there is a great reduction in the number of visitors because there is a change of destination and only a small shift to railway.

  140. Applicability of Prevalent Sample Size Estimation Methods for Signalized Link 査読有り

    Li, Q., Miwa, T., Yamamoto, T. and Morikawa, T.

    Proceedings of the 14th World Congress on Intelligent Transport Systems     頁: CD-ROM   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  141. EFFICIENT ESTIMATION OF SIGNALIZED LINK TRAVEL TIME USING SMALL SIZE PROBE REPORTS 査読有り

    Qiang LI, Tomio MIWA, Toshiyuki YAMAMOTO and Taka MORIKAWA

    Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   6 巻   頁: 304-318   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The cost and capacity of the communication between probe vehicles and the operation center impose restrictions on the number of probe vehicles and thus it is expected that reliability of probe reports can be obtained by relatively small number of probe vehicles. Travel time on a signalized link is a multi-peak distribution because there are several subgroups divided by turning movements and intersection delay at downstream. When sample size is small, sampling error arises and it is difficult to estimate population mean using sample mean directly. In this paper, the sources of sampling errors are discussed and an estimation method that minimizes the effect of the sampling errors are proposed. The result shows that performance level of a signalized link can be estimated reliably using the proposed method and small size sample.

  142. Arterial link travel time estimation using historical probe data

    Li, Q., Miwa, T. and Morikawa T.

    Proceedings of The World Conference on Transport Research 2007     頁: CD-ROM   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  143. Time-Dependent Stochastic Equilibrium Assignment Model Considering Activity Choices

    Kanamori, R., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Proceedings of The World Conference on Transport Research 2007     頁: CD-ROM   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  144. 動的経路案内システム「PRONAVI」の開発と性能評価実験 査読有り

    森川高行,山本俊行,三輪富生,王立暁

    交通工学   42 巻 ( 3 ) 頁: 65-75   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    プローブカーにより交通情報を収集する試みが各地で始められている。プローブカーシステムは情報収集エリアの自由度が高く,路側観測機器と比較して飛躍的に情報収集エリアを広げる。P-DRGSコンソーシアムで開発を進める動的経路案内システムPRONAVIは,端末機に入力された起終点や出発時刻に基づいてセンターサーバで最短経路を探索し,インターネットを介して情報提供を行うシステムである。経路探索には,プローブカーデータより作成された蓄積データベースや,JARTIC情報等のリアルタイム情報を利用している。本論文は,PRONAVIに組み込まれた要素技術を概説するとともに,これを搭載した試験車両による走行実験から得られたデータを用いて,その旅行時間予測精度や経路案内性能に関する詳細な分析結果を示す。また,これにより,プローブカーデータが経路案内用データとして極めて有用であることを示す。

  145. Detecting and modeling heart rate variability for driving stress analysis in urban road network 査読有り

    Zeng, W., Miwa, T., Mutsumi, T. and Morikawa, T.

    Proceedings of 96th Annual Meeting of the Transportation Research Board     頁: CD-ROM   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  146. An analysis of effects of rainfall on travel speed at signalized surface road network based on probe vehicle data 査読有り

    Wang, L., Yamamoto, T., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Proceedings of ICTTS 2006     頁: 615-624   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  147. Preliminary Analysis on Dynamic Route Choice Behavior Using Probe-Vehicle Data 査読有り

    Morikawa, T. and T. Miwa

    Journal of Advanced Transportation   40 巻 ( 2 ) 頁: 141-163   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  148. 確率的利用者均衡配分モデルにおける分散パラメータに関する研究 査読有り

    岡田良之,三輪富生,森川高行

    土木計画学研究・論文集   22 巻 ( 3 ) 頁: 523-530   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  149. プローブカーデータを用いた動的な経路選択行動に関する基礎的分析 査読有り

    三輪富生,森川高行,倉内慎也

    土木計画学研究・論文集   22 巻 ( 3 ) 頁: 477-486   2005年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  150. Driver's Route Choice Behavior and its Implications on Network Simulation and Traffic Assignment 査読有り

    Morikawa, T., S. Kurauchi, T. Yamamoto, T. Miwa and K. Kobayashi

    SIMULATION APPROACHES IN TRANSPORTATION ANALYSIS -Recent Advances and Challenges-, Springer     頁: 341-369   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  151. 速度変化情報を用いた予測旅行時間の更新手法の検討 査読有り

    三輪富生,多和田雄介,山本俊行,森川高行

    第3回ITSシンポジウム2004 Proceedings     頁: 451-456   2005年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  152. 認知誤差を考慮したマルチクラス確率的利用者均衡配分モデルに関する研究 査読有り

    岡田良之,三輪富生,森川高行

    第24回交通工学研究発表会論文報告集     頁: 157 -160   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  153. プローブカーデータを利用した経路選択行動に関するモデル分析 査読有り

    三輪富生,森川高行

    土木計画学研究・論文集   21 巻 ( 2 ) 頁: 553-560   2004年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  154. プローブカーデータを用いたリンクコスト関数推定に関する研究 査読有り

    岡田良之,森川高行,三輪富生

    土木計画学研究・論文集   21 巻 ( 4 ) 頁: 1005-1010   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  155. Empirical Analysis on Multipurpose Applicability of Probe-Car Data (technical paper) 査読有り

    Takami, R., J. Hashiji, T. Miwa, T. Yamamoto and T. Morikawa

    Proceedings of the 11th World Congress on Intelligent Transport Systems     頁: CD-ROM   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  156. En-route Updating Methodology of Travel Time Prediction Using Accumulated Probe-car Data (scientific paper) 査読有り

    Miwa, T., Y. Tawada, T. Yamamoto and T. Morikawa

    Proceedings of the 11th World Congress on Intelligent Transport Systems     頁: CD-ROM   2004年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  157. Route Identification and Travel Time Prediction Using Probe-Car Data 査読有り

    Miwa, T., T. Sakai and T. Morikawa

    International Journal of ITS Research   2 巻 ( 1 ) 頁: 21-28   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  158. Analysis on Route Choice Behavior Using Probe-Vehicle Data, Proceedings of International Workshop on Behavior in Networks 査読有り

    Morikawa, T. and T. Miwa

    Proceedings of International Workshop on Behavior in Networks     頁: 253-262   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  159. Descriptive Analysis of Detouring Traffic though Neighborhood Streets Using Probe Car Data (technical paper) 査読有り

    Kitamura, S., T. Yamamoto, T. Yoshii and T. Miwa

    Proceedings of the 10th World Congress on Intelligent Transport Systems     頁: CD-ROM   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  160. Analysis on Route Choice Behavior Based on Probe-Car Data (scientific paper) 査読有り

    Proceedings of the 10th World Congress on Intelligent Transport Systems     頁: CD-ROM   2003年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  161. プローブカーデータを用いた経路特定手法と旅行時間推定に関する研究 査読有り

    三輪富生,境隆晃,森川高行

    第2回ITSシンポジウム2003 Proceedings     頁: 277-282   2003年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  162. プローブカーデータによるOD表の作成と経路選択行動の分析 査読有り

    三輪富生,森川高行,岡田良之

    第1回ITSシンポジウム2002 Proceedings     頁: 591-596   2002年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 道路投資の便益評価-理論と実践-(森地茂,金本良嗣編) 第12章 TDM施策に対する交通需要予測手法とロードプライシング代替案の評価

    森川高行,金森亮,三輪富生( 担当: 共著)

    東洋経済新報社  2008年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

MISC 1

  1. 自動運転車社会と若者のクルマ離れ 招待有り

    三輪富生  

    高速道路と自動車60 巻 ( 10 ) 頁: 11 - 11   2017年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等 172

  1. オープンデータを用いた乗用車対貨物車衝突事故の空間的分布に関する基礎的研究

    施展華, 楊甲, 三輪富生, 安藤良輔

    CSIS DAYS 2020  東京大学空間情報科学研究センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月20日 - 2020年11月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学(オンライン)   国名:日本国  

  2. 中山間地域における地域バス利用意識の差異に関する研究

    剱持千歩, 三輪富生, 佐藤仁美, 森川高行

    第62回土木計画学研究・発表会  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月13日 - 2020年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:信州大学(オンライン)   国名:日本国  

  3. 名古屋市における自動運転タクシーサービスの需要量に関する均衡分析

    森賢太郎, 三好壱晟, 三輪富生, 森川高行

    第62回土木計画学研究・発表会  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月13日 - 2020年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:信州大学(オンライン)   国名:日本国  

  4. 自動/手動運転混在環境における無信号交差点での協調制御

    施展華, 市岡佑樹, 田代むつみ, 三輪富生, 森川高行

    第62回土木計画学研究・発表会  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月13日 - 2020年11月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:信州大学(オンライン)   国名:日本国  

  5. A Comparison of High-speed Rail Operations in Two Typical Areas of Japan and China 国際共著 国際会議

    Chen, L., Miwa, T., Morikawa, T. and Xu, R.

    99th Annual Meeting of the Transportation Research Board  Transportation Research Board

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月12日 - 2020年1月16日

    記述言語:英語  

    開催地:Washington D.C.   国名:アメリカ合衆国  

  6. 一般街路交差点における合流支援方法に関する基礎的研究

    市岡佑樹, 三輪富生, 田代むつみ, 森川高行

    第17回ITSシンポジウム2019  2019年12月12日  ITS Japan

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月12日 - 2019年12月13日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  7. Influence of attitudes on travel mode choice with highly unbalanced mode share 国際会議

    Tran, Y. V., Yamamoto, T., Sato, H., Miwa, T. and Morikawa, T.

    The 6th International Choice Modelling Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月19日 - 2019年8月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  8. Bicycle Route Choice Behavior Analysis Considering both Absolute and Relative Utility Differences 国際会議

    Li, D., Bekhor, S., Chen, A. and Miwa, T.

    The 6th International Choice Modelling Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月19日 - 2019年8月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. A preliminary analysis of the relative importance bus system perceived quality service (PSQ) attributes among public and private mode users 国際会議

    Sugiarto, Fahlevi, H., Achmad, A., Anggraini, R., Fajri, L. and Miwa, T.

    The 3rd Global Research on Sustainable Transport and Logistics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月1日 - 2019年8月2日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:インドネシア共和国  

  10. モビリティブレンドの効果と自動運転に対する社会受容性

    佐藤仁美, 剱持千歩, 三輪富生, 森川高行

    第60回日本人間工学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月15日 - 2019年6月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. 無信号交差点における最適合流制御方法の検討

    田代むつみ, 野崎泰誠, 三輪富生, 森川高行

    第59回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月8日 - 2019年6月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名城大学   国名:日本国  

  12. 交通移動制約を考慮したトリップ頻度モデル

    三輪富生, 貫井修平, 佐藤仁美, 森川高行

    第59回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月8日 - 2019年6月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名城大学   国名:日本国  

  13. The effectiveness of Collected Travel-Time Data on Travel Time Saving in a Shared Autonomous Taxi System 国際会議

    Liu, Z., Miwa, T. and Morikawa, T.

    Civil Engineering Conference in the Asian Region 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. Multi-Level Correlations in Route Choice and Resulting Aggregated Demand Uncertainty in Reliability-Based Stochastic User Equilibrium 国際会議

    Li, D., Chen, A. and Miwa, T.

    The 23rd International Conference of Hong Kong Society for Transportation Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月8日 - 2018年12月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ホンコン(香港)特別行政区  

  15. Drivers' Passenger Choice Behavior in Ride Sharing Market of China Considering Taste Heterogeneity 国際会議

    Li, D., Miwa, T. and Chen, A.

    The 23rd International Conference of Hong Kong Society for Transportation Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月8日 - 2018年12月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ホンコン(香港)特別行政区  

  16. The effectiveness of historical travel-time information of road network in shared autonomous taxi system 国際会議

    Liu, Z., Miwa, T., Zeng, W. and Morikawa, T.

    International Symposium of Transport Simulation & International Workshop on Traffic Data Collection and its Standardization 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  17. 豊田市足助地区における地域バス「あいま~る」利用促進MM

    佐藤仁美, 剱持千歩, 三輪富生, 森川高行

    第十三回日本モビリティ・マネジメント会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月27日 - 2018年7月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:豊田市   国名:日本国  

  18. An agent-based simulation model for shared autonomous taxi system 国際会議

    Liu, Z., Miwa, T., Zeng, W. and Morikawa, T.

    World Transportation Convention 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月18日 - 2018年6月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  19. Residential Preferences of Individuals in Bucharest-Ilfov Metropolitan Area 国際会議

    Tosa, C., Sato, H., Miwa, T. and Morikawa, T.

    RSA Annual Conference 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月3日 - 2018年6月6日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:スイス連邦  

  20. Diffusion of Bike-Sharing System use in Cluj-Napoca 国際会議

    Toşa, C., Miwa, T., Sato H. and Morikawa, T.

    Transport Research Arena TRA2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月16日 - 2018年4月19日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. Response to the Planned Public Transport System in Ho Chi Minh City: Analysis on Latent Constructs 国際会議

    Nguyen, T.N., Miwa, T. and Morikawa, T.

    The 3rd International Conference of Low Carbon Asia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月1日 - 2017年11月3日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:タイ王国  

  22. ライドシェアシステムと自動運転車サービスの導入に関する基礎的研究

    鄭巽, 三輪富生, 森川高行

    第28回日本都市計画学会中部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. Eco-routing problem considering fuel consumption and probabilistic travel time budget

    Zeng, W., Miwa, T. and Morikawa, T.

    International Conference on Materials and Systems for Sustainability 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月29日 - 2019年10月1日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  24. Application of reliable path finding to a shared autonomous taxi system in a time-varying road network

    Liu, Z, Miwa, T., Zeng, W. and Morikawa, T.

    International Conference on Materials and Systems for Sustainability 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月29日 - 2017年10月1日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  25. Exploring Mode and Brand Choices in Motorcycle Dependent Cities for Policy Analysis Related to Emission Reduction 国際会議

    Chu, T.D., Nguyen, T.N., Miwa, T. and Morikawa, T.

    The 12th International Conference of Eastern Asia Society for Transportation Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月18日 - 2017年9月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ベトナム社会主義共和国  

  26. Study on cooperative ride system for the elderly in rural area of Japan 国際会議

    Sato, H., Kenmochi, C., Miwa, T. and Morikawa, T.

    The 12th International Conference of Eastern Asia Society for Transportation Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月18日 - 2017年9月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ベトナム社会主義共和国  

  27. Impacts on shopping and leisure trips in downtown after reforming bus service in Yangon, Myanmar 国際会議

    Nwe, S.M., Sato, H., Miwa, T. and Morikawa, T.

    The 12th International Conference of Eastern Asia Society for Transportation Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月18日 - 2017年9月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  28. Long-term residential mobility and travel behavior of elders in Bucharest-Ilfov Metropolitan Area 国際会議

    Tosa, C., Miwa, T., Sato, H. and Morikawa, T.

    RSA Central and Eastern Europe Conference 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月10日 - 2017年9月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ルーマニア  

  29. Route choice analysis considering driving comfort and travel time: application of a path-size random regret minimization model

    Zeng, W., Miwa, T. Tashiro, M. and Morikawa, T.

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月10日 - 2017年6月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  30. バスとタクシーのオプション価値に関する基礎的研究

    三輪富生, 鄭巽, 山本俊行, 森川高行

    第55回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月10日 - 2017年6月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛大学   国名:日本国  

  31. 運転時心拍の予測と経路探索への応用

    田代むつみ, 植村遼, 三輪富生, 森川高行

    第55回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月10日 - 2017年6月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛大学   国名:日本国  

  32. 高齢者の幸福感と共助による移動との関連分析

    佐藤仁美, 三輪富生, 剱持千歩, 森川高行

    第55回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月10日 - 2017年6月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛大学   国名:日本国  

  33. A Simulation Framework for Shared Autonomous Taxi Systems

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月10日 - 2017年6月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. Exploring travelers' route choice behavior from GPS trajectories: a path size logit model with sampling 国際会議

    International Choice Modelling Conference 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月3日 - 2017年4月5日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Cape Town, South Africa   国名:南アフリカ共和国  

  35. Traffic flow smoothing based on individual desired speed 国際会議

    Wakita, Y., Yamada, K., Miwa, T. and Morikawa, T.

    The International Conference on Engineering and Applied Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月21日 - 2017年2月23日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:シンガポール共和国  

  36. 中山間地における互助による交通システムの取り組み

    佐藤仁美, 剱持千歩, 三輪富生, 森川高行

    第54回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月4日 - 2016年11月6日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎大学   国名:日本国  

  37. Application of Random Forest to develop a driving stress model in urban road network

    Zeng W., Miwa, T., Tashiro, M. and Morikawa, T.

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月4日 - 2016年11月6日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  38. Exploring traveler's risk-averse preference to travel time uncertainty from large-scale GPS trip data 国際会議

    Zeng, W., Miwa, T. and Morikawa, T.

    The 5th hEART symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Delft, Netherlands   国名:オランダ王国  

  39. 中山間地域における高齢者のための共助交通システムに関する基礎分析

    三輪富生, Zheng, Y., Chu, D.T., 剱持千歩, 佐藤仁美, 森川高行

    第53回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月28日 - 2016年5月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学   国名:日本国  

  40. 運転ストレス最小化に向けたレーンレベル経路探索・誘導効果の検証

    田代むつみ, 塚本健太郎, 三輪富生, 森川高行

    第53回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月28日 - 2016年5月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学   国名:日本国  

  41. 衛星測位情報を用いた車線判別に関する基礎的研究

    本山裕貴, 田代むつみ, 三輪富生, 森川高行

    平成27年度土木学会中部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:豊田工業高等専門学校   国名:日本国  

  42. 注意喚起による速度抑制効果の基礎分析

    伊藤伸吾, 三輪富生, 佐藤仁美, 森川高行

    平成27年度土木学会中部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:豊田工業高等専門学校   国名:日本国  

  43. Modelling and Forecasting Car Ownership in Romania's Counties Using Bass Diffusion Model 国際会議

    Tosa, C., Miwa, T. and Morikawa, T.:

    European Transport Conference 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月28日 - 2015年9月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  44. 個人の希望速度に基づく交通流のスムーズ化に関する研究

    脇田佑希子, 山田 健太, 三輪富生, 森川高行

    第25回インテリジェント・システム・シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月24日 - 2015年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. 心拍データを用いた運転時の心理的負担場面に関する分析

    脇田佑希子, 三輪富生, 森川高行

    第51回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月6日 - 2015年6月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  46. A reliable routing for risk-averse navigation

    Zeng, W., Miwa, T. and Morikawa, T.

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月1日 - 2014年11月3日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  47. Stop point identification using constrained DBSCAN (density-based spatial clustering of application with noise) algorithm

    Gong, L., Sato, H., Miwa, T. and Morikawa, T.

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月1日 - 2014年11月3日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. Congestion Charging Acceptability: A Preliminary Analysis Considering Jakarta Citizen's Consciousness 国際会議

    Sugiarto, Miwa, T., Sato, H. and Morikawa, T.

    21st World Congress on Intelligent Transport Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月7日 - 2014年9月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  49. Web-based dynamic routing and scheduling system for SMEs: concept and perspective 国際会議

    Miwa, T. and Bell, M.G.H.

    21st World Congress on Intelligent Transport Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月7日 - 2014年9月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  50. Transportation Expenditure Frontier Models in Jakarta Metropolitan Area 国際会議

    Sugiart, Miwa, T., Sato, H. and Morikawa, T.

    9th International Conference on Traffic & Transportation Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月1日 - 2014年8月2日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  51. Modeling distribution of travel time in signalized road section using truncated distribution 国際会議

    Cao, P., Miwa, T., and Morikawa, T.

    9th International Conference on Traffic & Transportation Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月1日 - 2014年8月2日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  52. Examining the Variation of Household Vehicle Holding Behavior in the Chukyo Region in Japan 国際会議

    Yang, J., Tian, M., Miwa, T. and Morikawa, T.

    9th International Conference on Traffic & Transportation Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月1日 - 2014年8月2日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  53. Analysis of Drivers' Route Choice Behavior Considering Probabilistic Choice Set 国際会議

    Xu, G., Miwa, T., Morikawa, T.

    9th International Conference on Traffic & Transportation Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月1日 - 2014年8月2日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  54. Modeling Speed Adjustment Behavior of Merging Vehicles at Urban Expressway Merging Sections 国際会議

    Chu, T. D., Miwa, T. and Morikawa, T.

    9th International Conference on Traffic & Transportation Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月1日 - 2014年8月2日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  55. An Analysis of Merging Maneuvers at Urban Expressway Merging Sections 国際会議

    Chu, T. D., Miwa, T. and Morikawa, T.

    9th International Conference on Traffic & Transportation Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月1日 - 2014年8月2日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  56. Analysis on Car Use Time Frontier Using GPS Data: Incorporating 1 both Inter-Individual and Intra-Individual Variation 国際会議

    Li, D., Miwa, T. and Morikawa, T.

    93rd TRB Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月12日 - 2014年1月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  57. Joint probability distributions of vehicle locations and speeds from probe data on arterial road 国際会議

    Cao, P., Miwa, T., and Morikawa, T.

    93rd TRB Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月12日 - 2014年1月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  58. Forecasting the Demand of Electric Vehicles Ownership and Usage in the Chukyo Region in Japan 国際会議

    Yang, J., Miwa, T., Morikawa, T. and Yamamoto, T.

    International Conference on Transportation Engineering 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月19日 - 2013年10月20日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  59. Toward a resilient prediction system for non-uniform traffic data 国際会議

    Masutani, O., Liu, Z., Miwa, T. and Morikawa, T.

    20th World Congress on Intelligent Transport Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月14日 - 2013年10月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  60. Application of Truncated Distribution to Travel Time on Signalized Road Section 国際会議

    Cao, P., Miwa, T. and Morikawa, T.

    20th World Congress on Intelligent Transport Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月14日 - 2013年10月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  61. Estimation of Dynamic Link Flows and Origin-Destination Matrices from Lower Polling Frequency Probe Vehicle Data 国際会議

    Cao, P., Miwa, T., Yamamoto, T., and Morikawa, T.

    10th International Conference of Eastern Asia Society for Transportation Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月9日 - 2013年9月12日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:台湾  

  62. A Discrete-Continuous Model for Analyzing the Ownership and Usage of Electric Vehicles Using Stated Preference Data 国際会議

    Yang, J., Miwa, T., Morikawa, T. and Yamamoto, T.

    10th International Conference of Eastern Asia Society for Transportation Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月9日 - 2013年9月12日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:台湾  

  63. 観測交通量に基づく現況再現配分結果の再現性評価基準について

    安田幸司, 三輪富生

    平成25年度近畿地方整備局研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月11日 - 2013年7月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  64. Analysis of Drivers' Route Choice Behavior Considering Probabilistic Choice Set 国際会議

    Xu, G., Miwa, T., Morikawa, T.

    International Choice Modelling Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月3日 - 2013年7月5日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストラリア連邦  

  65. Considering En-Route Choices in Utility-Based Route Choice Modelling 国際会議

    Li, D., Miwa, T. and Morikawa, T.

    International Choice Modelling Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月3日 - 2013年7月5日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストラリア連邦  

  66. 高速道路の利用経路を考慮した交通均衡配分モデルの開発

    三輪富生,酒井大輔,山本俊行,森川高行

    第47回土木計画学研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月1日 - 2013年6月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島工業大学   国名:日本国  

  67. 学内セグウェイ共同利用システム導入における利用意向変化分析

    藤田桃子,三輪富生,剱持千歩,森川高行

    平成24年度土木学会中部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛知工業大学   国名:日本国  

  68. 電気自動車の充電切れに対する意識に関する研究

    小山田哲郎,三輪富生,森川高行,山本俊行

    平成24年度土木学会中部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛知工業大学   国名:日本国  

  69. エコドライブ実施意識の差異を考慮したエコドライブ促進システムの効果分析

    浪崎隆裕,三輪富生,山本俊行,森川高行

    平成24年度土木学会中部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛知工業大学   国名:日本国  

  70. Bi-level GLS estimation of dynamic Origin-Destination matrix for urban network using probe vehicle data 国際会議

    Cao, P., Miwa, T., Yamamoto, T. and Morikawa, T.

    92st Annual Meeting of the Transportation Research Board 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月13日 - 2013年1月17日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  71. Analysis of route choice using private probe data considering heterogeneity in familiarity to OD pairs 国際会議

    Li, D., Miwa, T. and Morikawa, T.

    92st Annual Meeting of the Transportation Research Board 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月13日 - 2013年1月17日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  72. Dynamic route choice behavior analysis considering en-route learning and choice 国際会議

    Li, D., Miwa, T. and Morikawa, T.

    92st Annual Meeting of the Transportation Research Board 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月13日 - 2013年1月17日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  73. 名古屋大学におけるパーソナルモビリティ共同利用システム導入に関する基礎的研究

    藤田桃子,三輪富生,森川高行

    第46回土木計画学研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月2日 - 2012年11月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  74. Webサイトと車載インジケータを用いた情報提供によるエコドライブ促進効果の分析

    三輪富生,川杉尚之,浪崎隆裕,森川高行,山本俊行

    第46回土木計画学研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月2日 - 2012年11月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  75. エコドライブ実施意識の差異を考慮したエコドライブ促進システムの効果分析

    浪崎隆裕,三輪富生,森川高行,山本俊行

    第46回土木計画学研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月2日 - 2012年11月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  76. Modeling travelers' perception of travel time for dynamic route choice behavior analysis 国際会議

    Li, D., Miwa, T. and Morikawa, T.

    19th ITS World Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月22日 - 2012年10月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストリア共和国  

  77. Estimating Dynamic Origin-Destination Demand from Probe Vehicle Data 国際会議

    Cao, P., Miwa, T. and Morikawa, T.

    The 8th China/Japan Joint Seminar on Urban and Transport Development & Sustainable Urban Transportation Development 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月24日 - 2012年8月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  78. Forecasting the Demand of Electric Vehicles in Chukyo Region in Japan 国際会議

    Yang, J., Miwa, T., Morikawa, T. and Yamamoto, T.

    The 8th China/Japan Joint Seminar on Urban and Transport Development & Sustainable Urban Transportation Development 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月24日 - 2012年8月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  79. Dynamic Route Choice Behavior Analysis Considering En-route Learning and Choice 国際会議

    Li, D., Miwa, T. and Morikawa, T.

    The 8th China/Japan Joint Seminar on Urban and Transport Development & Sustainable Urban Transportation Development 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月24日 - 2012年8月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  80. Examining the preference of electric vehicles purchasing behavior using stated preference data 国際会議

    Yang, J., Miwa, T., Morikawa, T. and Yamamoto, T.

    The International Symposium on Urban Planning 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月24日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:台湾  

  81. 大学キャンパスにおける立ち乗り型パーソナルモビリティ共同利用実験

    剱持千歩,森川高行,三輪富生

    第45回土木計画学研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月2日 - 2012年6月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  82. 車載器を活用したエコドライブ促進効果に関する研究

    川杉尚之,三輪富生,山本俊行,森川高行

    平成23年度土木学会中部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:信州大学   国名:日本国  

  83. 自転車の利用経路に対する意識に関する基礎的研究

    平野泰博,三輪富生

    平成23年度土木学会中部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:信州大学   国名:日本国  

  84. 電気自動車普及要因に関する基礎的研究

    酒井大輔,三輪富生,森川高行,山本俊行

    第44回土木計画学研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月25日 - 2011年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜大学   国名:日本国  

  85. コミュニティサイクルシステムの利用実態とステーション配置に関する研究

    佐藤仁美,酒井良輔,三輪富生,森川高行

    第44回土木計画学研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月25日 - 2011年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜大学   国名:日本国  

  86. 名古屋市における自転車走行空間整備の評価に関する研究

    三輪富生,中井陽平,寺澤匡史,森川高行,山本俊行

    第43回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月28日 - 2011年5月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    本研究は,名古屋市における自転車利用実態を把握し,より良い自転車走行空間の導入とネットワーク化の計画手法を提案することを目的としている.初めに,自転車利用者の経路選択行動に関するアンケート調査を実施し,道路環境が経路選択行動に与える影響を分析する.また,仮想の自転車走行空間に対する利用意向についても調査し,今後,自転車走行空間が整備された場合に起こりうる行動変化を表現可能な行動モデルを構築する.さらに,これを組み込んだ統合均衡モデルを構築し,自転車走行空間ネットワークの整備と交通行動変化の関係について分析を行う.これらの結果,自転車走行空間が整備されても,交通手段選択の変化は大きくないことや,自転車利用経路の変更は比較的大きく,歩道上の安全性確保が今後の課題となりうることを示した.

  87. 討議過程の視覚化手法を用いた道路課金政策に対する市民の賛否態度特性の分析

    安藤章,森川高行,三輪富生,山本俊行

    第45回日本都市計画学会学術研究論文発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月13日 - 2010年11月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  88. A study on travel time impact of automated truck lane on intercity expressways using hybrid simulator

    第42回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  89. 端末交通手段としてのカーシェアリングとコミュニティサイクルの活用に関する分析

    平松龍市郎,山本俊行,三輪富生,森川高行

    第21回日本都市計画学会中部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  90. マルチクラス統合均衡モデルを用いたパッケージ施策の導入評価

    金森亮,森川高行,三輪富生,左志

    第30回交通工学研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月21日 - 2010年9月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東洋大学 白山第二キャンパス   国名:日本国  

  91. 低コストプローブカーデータを用いた道路交通流からの二酸化炭素排出状況の把握

    三輪富生,尾形信一,山本俊行,森川高行

    第30回交通工学研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月21日 - 2010年9月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東洋大学 白山第二キャンパス   国名:日本国  

  92. A study of new method of optimal points of road pricing problem

    Zuo, Z., Kanamori, R., Miwa, T. and Morikawa, T.

    12st International Summer Symposium of JSCE 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  93. A study of optimal refund level estimation of parking deposit system

    Zuo, Z., Kanamori, R., Miwa, T. and Morikawa, T.

    12st International Summer Symposium of JSCE 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  94. Comparison of Cordon and Optimal Toll Points Road Pricing Using Genetic Algorithm 国際会議

    Zuo, Z., Kanamori, R., Miwa, T. and Morikawa, T.

    7th International Conference on Traffic and Transportation Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月3日 - 2010年8月5日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  95. A Simulation Study of Environmental Impact of Automated Truck Lanes on Intercity Expressways 国際会議

    Sun, X., Miwa, T., Yamamoto, T. and Morikawa, T.

    7th International Conference on Traffic and Transportation Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月3日 - 2010年8月5日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  96. 名古屋市地下鉄駅における駐輪場利用行動の調査分析

    三輪富生,上三垣かおり,木方千春,森川高行

    第41回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  97. Estimation of optimal refund level of parking deposit system

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  98. 近未来型個別モビリティの購入行動に関する基礎的研究

    松本卓,三輪富生,山本俊行,森川高行

    第40回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  99. A simulation study on environmental impact of automated truck lane on intercity expressway

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月23日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  100. 情報利用損失に着目したタクシープローブカーの最適割当計画

    三輪富生,石黒洋介,山本俊行,森川高行

    第40回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  101. 駐車デポジットシステム社会実験における被験者の交通行動変化に関する基礎的研究

    中井陽平,三輪富生,山本俊行,森川高行

    第40回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  102. Comparison of cordon and optimal location road pricing using genetic algorithm

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  103. A Study of Both Optimal Locations and Toll Levels Road Pricing Using Genetic Algorithm 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月16日 - 2009年11月19日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Surabaya, Indonesia   国名:インドネシア共和国  

  104. 市民の討論過程からみた駐車デポジット制度(PDS)の賛否認知に関する基礎研究

    安藤章,森川高行,三輪富生,山本俊行

    第44回日本都市計画学会学術研究論文発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月14日 - 2009年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長岡技術科学大学   国名:日本国  

  105. 家族の共有時間に関する時点間および地点間比較 - 交通行動データを用いた分析 -

    三輪富生,山本俊行,森川高行

    第44回日本都市計画学会学術研究論文発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月14日 - 2009年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長岡技術科学大学   国名:日本国  

  106. A Pilot Program and Future Prospects of PDS (Parking Deposit System) as an Alternative Road Pricing Scheme 国際会議

    Ando, A., Morikawa, T., Miwa, T., Yamamoto, T. and Nakai, Y.

    16th World Congress on Intelligent Transport Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月21日 - 2009年9月25日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:スウェーデン王国  

  107. An integrated simulation system study for automated truck lane on intercity expressways 国際会議

    Sun, X., Miwa, T., Yamamoto, T. and Morikawa, T.

    16th World Congress on Intelligent Transport Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月21日 - 2009年9月25日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:スウェーデン王国  

  108. Efficient Link Travel Time Estimation for Signalized Link by Small Size Probe Reports 国際会議

    Li, Q., Miwa, T. and Morikawa T.

    9th International Conference on Chinese Transportation Professionals 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月5日 - 2009年8月9日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  109. A Basic Study of the Effectiveness of a Parking Deposit System (PDS) 国際会議

    Miwa, T., Ando, A., Yamamoto, T. and Morikawa, T.

    International Symposium on City Planning 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:台湾  

  110. Updating dynamic origin-destination matrices using observed link travel speed by probe vehicles 国際会議

    Yamamoto, T., Miwa, T., Takeshita, T. and Morikawa, T.

    18th International Symposium on Transportation & Traffic Theory (ISTTT18) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月16日 - 2009年7月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ホンコン(香港)特別行政区  

  111. A Traffic Impact Analysis of Introducing Automated Truck Lanes in Japanese Expressways 国際会議

    Morikawa, T., Miwa, T. and Yamamoto, T.

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月23日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  112. 歩行者プローブデータ多面的活用のためのデータクリーニング手法に関する研究

    薄井智貴,三輪富生,山本俊行,森川高行

    第39回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  113. 一般市民の政策評価ためのWebベース意志決定支援システムの構築

    薄井智貴,三輪富生,山本俊行,森川高行

    情報処理学会第70回全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  114. 交通行動データからみた世帯の共有時間の時点・地点間比較分析

    高村真一,三輪富生,山本俊行,森川高行

    平成20年度土木学会中部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  115. 交通事故データとプローブカーデータを用いた潜在的交通事故危険度に関する研究

    寺田昌由,山本俊行,三輪富生,森川高行

    第7回ITSシンポジウム2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  116. Development and validation of internet-based personal travel assistance system for mobility management 国際会議

    15th World Congress on Intelligent Transport Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月16日 - 2008年11月20日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  117. A study of attitudes to RP among business establishments and the effectiveness of PDS 国際会議

    Ando, A., Morikawa, T., Miwa, T. and Yamamoto, T.

    15th World Congress on Intelligent Transport Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月16日 - 2008年11月20日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  118. 道路課金政策に対する事業者の賛否意識構造と駐車デポジット制度(PDS)の有効性に関する研究

    安藤章,森川高行,三輪富生,山本俊行

    第43回日本都市計画学会学術研究論文発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月8日 - 2008年11月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学   国名:日本国  

  119. 近未来型個別モビリティの需要量に関する基礎的研究

    三輪富生,杉田崇,森川高行,山本俊行,西村良博

    第38回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  120. 時間帯別・統合均衡モデルによる走行距離型プライシングの導入評価

    金森 亮,森川高行,三輪富生,左志

    第38回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  121. 近未来型個別モビリティの受容性に関する基礎的研究

    魚住明未,三輪富生,森川高行,山本俊行,河合菊子,西村良博

    第38回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  122. 第3回日本モビリティマネジメント会議(JCOMM)

    薄井智貴,剣持千歩,三輪富生,山本俊行,森川高行

    Webを活用した情報共有型モビリティ・マネジメントシステムの開発 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  123. 都市交通戦略の策定に向けた統合型交通需要予測手法の開発

    金森亮,三輪富生,山本俊行,森川高行

    第37回土木計画学研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  124. プローブカーデータによる時空間道路交通データベースの構築および自動更新手法

    薄井智貴,南宏樹,三輪富生,森川高行,山本俊行

    情報処理学会第70回全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  125. ロードプライシングの受容意識構造を踏まえた駐車デポジットシステム(PDS)の有効性の検証

    安藤章,森川高行,三輪富生,山本俊行

    第42回日本都市計画学会学術研究論文発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月17日 - 2007年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  126. 都市圏レベルの交通需要予測手法の違いによる予測値の差の検証 -確率的統合均衡モデルと非集計モデルの比較-

    金森亮,三輪富生,森川高行

    第42回日本都市計画学会学術研究論文発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月17日 - 2007年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  127. 駐車デポジットシステム導入時の交通変化予測とSP調査結果との比較分析

    金森 亮,三輪富生,森川高行

    第36回土木計画学研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  128. 駐車デポジットシステムの受容性に関する基礎的研究

    新井秀幸,三輪富生,山本俊行,安藤章,森川高行

    第36回土木計画学研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  129. 駐車デポジットシステム(PDS)とロードプライシングの受容性に関する比較研究

    安藤章,森川高行,三輪富生,山本俊行

    第36回土木計画学研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  130. WEBによる自己診断型交通行動支援システムの開発と行動変化の分析

    薄井智貴,森川高行,山本俊行,三輪富生

    第32回情報利用技術シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月25日 - 2007年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  131. Applicability of Prevalent Sample Size Estimation Methods for Signalized Link 国際会議

    Li, Q., Miwa, T., Yamamoto, T. and Morikawa, T.

    14th World Congress on Intelligent Transport Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月9日 - 2007年10月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  132. Fundamental study on new road pricing format from the perspective of acceptability 国際会議

    Ando, A., Morikawa, T., Miwa, T. and Yamamoto, T.

    14th World Congress on Intelligent Transport Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月9日 - 2007年10月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  133. Evaluation of road pricing policy with semi-dynamic combined stochastic user equilibrium model 国際会議

    Kanamori, R., Miwa, T. and Morikawa, T.

    14th World Congress on Intelligent Transport Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月9日 - 2007年10月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  134. Application of Time-Dependent Stochastic Equilibrium Assignment Model Considering Activity Choices to Nagoya Metropolitan Area 国際会議

    Kanamori, R., Miwa, T. and Morikawa, T.

    7th Conference of Eastern Asia Society for Transportation Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月24日 - 2007年9月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  135. Arterial link travel time estimation using historical probe data 国際会議

    Li, Q., Miwa, T. and Morikawa T.

    World Conference on Transport Research 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月24日 - 2007年6月28日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  136. Time-Dependent Stochastic Equilibrium Assignment Model Considering Activity Choices 国際会議

    Kanamori, R., Miwa, T. and Morikawa, T.

    World Conference on Transport Research 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月24日 - 2007年6月28日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  137. プローブカーデータによる交通状況変化時点の検出に関する研究

    三輪富生,岡本和大,山本俊行,森川高行

    第35回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  138. 統合型交通支援システムによる情報提供と行動変化の分析

    薄井智貴,剱持千歩,佐藤仁美,森川高行,山本俊行,三輪富生

    第35回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  139. コミュニティバスの利用促進にバスマップが果たしうる役割に関する研究

    杉浦栄紀,三輪富生,森川高行,山本俊行,加藤博和

    第35回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  140. 情報の信頼性と収集頻度を考慮したプローブカーの最適配置計画

    石黒洋介,三輪富生,山本俊行,森川高行

    第35回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  141. Vehicle-to-Vehicle Travel Time Variability along Signalized Corridor 国際会議

    Li, Q., Miwa, T., Yamamoto, T. and Morikawa, T.

    7th International Conference of Chinese Transportation Professionals 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月21日 - 2007年5月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  142. プローブ情報を活用した新しいナビゲーションシステムへの市民反応について

    剣持千歩,森川高行,山本俊行,三輪富生

    平成18年度土木学会中部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  143. Efficient Estimation of Signalized Link Travel Time Using Small Size Probe Reports 国際会議

    Li, Q., Miwa, T., Yamamoto, T. and Morikawa, T.

    7th Conference of Eastern Asia Society for Transportation Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  144. 低コストプローブカーデータのオンラインマップマッチング手法

    三輪富生,木内大介,山本俊行,森川高行

    第34回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  145. マルチモード経路案内システムPRONAVIによる情報利用行動の分析

    薄井智貴,三輪富生,山本俊行,森川高行

    第34回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  146. プローブカーデータを用いた降雨強度と速度低下の関係分析

    王立暁,三輪富生,山本俊行,森川高行

    第34回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  147. 時間帯別・統合均衡モデルを用いた各種ロードプライシングの政策評価に関する研究

    金森亮,三輪富生,森川高行

    第34回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  148. An analysis of effects of rainfall on travel speed at signalized surface road network based on probe vehicle data 国際会議

    Wang, L., Yamamoto, T., Miwa, T. and Morikawa, T.

    5th International Conference on Traffic and Transportation Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月2日 - 2006年8月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  149. プローブカーデータを用いたリンク旅行速度による動的OD交通量の推定

    三輪富生,山本俊行,竹下知範,森川高行

    第33回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  150. プローブ情報を活用した動的経路案内システムの研究開発 -P-DRGSコンソーシアムの取り組みと展望-

    三輪富生,森川高行,山本俊行

    第4回ITSシンポジウム2005 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  151. 誘発交通を考慮した時間帯別・統合均衡モデルの構築

    金森亮,三輪富生,森川高行

    第32回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  152. プローブカー情報を用いた動的経路案内システム「PRONAVI」の開発

    山本俊行,三輪富生,森川高行

    第8回情報論的学習理論ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  153. プローブカーデータを用いたマルチモード経路案内システム「PRONAVI」の開発と今後の展開

    三輪富生,森川高行,山本俊行,藤田貴司,中田貴之,竹内純一

    第31回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  154. 意思決定タイミングを内生化した動的な経路選択モデルの構築

    三輪富生,倉内慎也,森川高行

    第30回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  155. 確率的な経路選択行動による交通量変動の分析

    北村清州,山本俊行,三輪富生

    第30回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  156. 確率的利用者均衡配分モデルにおける分散パラメータに関する研究

    岡田良之,三輪富生,森川高行

    第30回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  157. Empirical analysis on multipurpose applicability of probe-car data 国際会議

    11th World Congress on Intelligent Transport Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月18日 - 2004年10月24日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  158. En-route updating methodology of travel time prediction using accumulated probe-car data 国際会議

    Miwa, T., Tawada, Y., Yamamoto, T. and Morikawa, T.

    11th World Congress on Intelligent Transport Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月18日 - 2004年10月24日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  159. 蓄積データによる予測旅行時間の更新手法に関する研究

    三輪富生,多和田雄介,山本俊行,森川高行

    土木学会第59回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  160. Analysis on route choice behavior using probe-vehicle data 国際会議

    International Workshop on Behavior in Networks 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  161. VICSデータとプローブデータの旅行時間情報に関する比較分析

    姜美蘭,王立暁,三輪富生,山本俊行,森川高行

    第29回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  162. Descriptive analysis of detouring traffic through neighborhood streets using probe car data 国際会議

    Kitamura, S., Yamamoto, T., Yoshii, T. and Miwa, T.

    10th World Congress on Intelligent Transport Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月16日 - 2003年11月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  163. Analysis on route choice behavior based on probe-car data 国際会議

    Miwa, T. and Morikawa, T.

    10th World Congress on Intelligent Transport Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月16日 - 2003年11月20日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:スペイン  

  164. プローブカーデータを用いた経路特定手法と旅行時間推定に関する実証的研究

    境隆晃,森川高行,三輪富生

    土木学会第58回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  165. プローブカーデータを利用したドライバーの経路選択行動に関する研究

    三輪富生,森川高行

    第27回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  166. プローブカーデータを用いたリンクコスト関数推定に関する研究

    岡田良之,森川高行,三輪富生

    第27回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  167. Driver's Route Choice Behavior and its Implication on Network Simulation and Traffic Assignment 国際会議

    (23) Morikawa, T., Kurauchi, S., Yamamoto, T., Miwa, T. and Kobayashi, K.

    International Symposium on Transport Simulation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  168. 複数の高速道路経路を考慮した確率的均衡配分法に関する研究

    三輪富生,森川高行

    第23回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  169. 複数の高速道路経路を考慮した確率的均衡配分法に関する研究

    三輪富生,森川高行

    土木学会第55回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  170. 都市圏レベルの均衡配分手法の適用性とリンクパフォーマンス関数の修正に関する研究

    三村健太郎・森川高行・三輪富生

    土木学会第55回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  171. 複数の高速道路経路を考慮した均衡配分モデルに関する研究

    三輪富生,森川高行

    第21回土木計画学研究・発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  172. 複数の高速道路経路を考慮した均衡配分モデルに関する研究

    三輪富生,森川高行

    第53回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 40

  1. 都市圏における自動運転バス・タクシーの導入が交通需要へ与える影響の分析

    2018年04月 - 2019年03月

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

    配分額:550000円

  2. 住民参加型ハイブリッド・モビリティシステムによる郊外地域の移動活性化

    2017年04月 - 2018年03月

    平成29年度センター・オブ・イノベーションプログラム若手連携研究ファンド 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:300000円

  3. 中山間地域におけるモビリティ活用型モデルコミュニティの構築

    2016年04月 - 2019年03月

    トヨタ・モビリティ基金 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:産学連携による資金

    配分額:360000000円

  4. カーナビゲーションシステム検索履歴および走行軌跡データを用いた交通情報の精度向上に関する研究

    2016年04月 - 2018年03月

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

  5. 自動バレーパーキング実現のための駐車場の技術要件に関する研究

    2016年04月 - 2017年03月

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:産学連携による資金

    配分額:1000000円

  6. 上海市快速道路における突発事象時の最適交通案内

    2014年08月 - 2015年07月

    学内共同研究 

  7. 次世代モビリティ社会を踏まえた移動空間評価手法の開発研究

    2014年04月 - 2015年03月

    道路政策の質の向上に資する技術研究開発 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. 世帯における節電意識と実際の節電効果の関係に関する分析

    2014年04月 - 2015年03月

    学内共同研究 

  9. パークアンドライドとエコポイントシステムによる公共交通利用の促進とCO2クレジットに関する研究

    2013年11月 - 2014年02月

    学内共同研究 

  10. 多様化・個別化社会イノベーションデザイン拠点~いつまでも活き活きと活動し暮らせる社会とモビリティ~

    2013年10月 - 現在

    革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  11. 道路勾配を考慮した電気自動車の電費に関する分析

    2013年07月 - 2014年03月

    ㈶日本デジタル道路地図協会 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  12. 車の高精度位置把握による走行支援に関する研究

    2013年07月 - 2014年03月

    学内共同研究 

  13. 平成24年度エネルギー使用合理化技術開発等事業(プローブ情報の集約化・共有化の推進事業)

    2012年11月 - 2013年03月

    学内共同研究 

  14. 上海市快速道路における突発事象時の最適交通案内

    2012年09月 - 2013年09月

    学内共同研究 

  15. 地域のCO2総排出量の見える化とエコドライブの効果評価

    2012年09月 - 2012年12月

    学内共同研究 

  16. 都市圏環状道路を有効に活用する道路料金政策のあり方

    2012年04月 - 2013年03月

    財団法人高速道路調査会 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  17. 先進的モビリティの技術開発・実証実験・都市実装の戦略に関する検討

    2011年10月 - 2012年03月

    学内共同研究 

  18. Evaluation of Traffic Prediction Methods

    2011年09月 - 2012年08月

    Cooperative Research within an Affiliated University or Institute 

  19. 自動抽出により個別化された道路交通情報の個別配信システムの開発

    2011年08月 - 2012年03月

    A-STEP(研究成果最適展開支援プログラム) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  20. 車載器プローブデータ収集とCO2排出量モデルの作成に関する研究

    2011年08月 - 2012年03月

    学内共同研究 

  21. 大規模災害発生時の帰宅困難者と交通渋滞の予測及び帰宅支援策の検討

    2011年07月 - 2012年03月

    ㈶日本デジタル道路地図協会研究委託 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  22. プローブカ―を応用した渋滞予測技術の高度化に関する研究

    2011年06月 - 2013年03月

    企業からの受託研究 

  23. 車載器プローブデータを活用した交通情報提供に関する研究

    2011年06月 - 2012年03月

    学内共同研究 

  24. 準天頂衛星「みちびき」による逆走防止・迷走防止データ取得と評価

    2010年10月 - 2011年12月

    学内共同研究 

  25. 車載器を活用したエコドライブに関する研究

    2010年06月 - 2011年07月

    学内共同研究 

  26. 次世代自動車等低炭素交通システムを実現する都市インフラと制度に関する研究

    2010年04月 - 2013年03月

    環境省 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  27. 情報の収集および提供の効率性に着目した道路交通情報システムの最適整備計画

    2010年04月 - 2011年03月

    財団法人堀情報科学振興財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  28. 次世代無線技術の利用による低コストで安定性の高い道路情報通信システムの開発

    2009年04月 - 2011年03月

    国土交通省 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  29. 若者のモビリティ・パターンの変化

    2009年04月 - 2011年03月

    STRATA 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  30. プローブカーデータと道路勾配情報を用いた道路交通流を起源とする環境負荷量の推定

    2009年04月 - 2010年03月

    財団法人日本デジタル道路地図協会 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  31. 社会受容性分析技術の研究

    2009年04月 - 2010年03月

    国内共同研究 

  32. プローブカーデータを活用した交通情勢調査における調査単位区間の最適設定

    2008年04月 - 2009年03月

    財団法人日本デジタル道路地図協会 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  33. プローブカーデータと車両感知器の統合によるリアルタイム道路環境モニタリングシステムの開発

    2008年04月 - 2009年03月

    独立行政法人科学技術振興機構 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  34. トラック事業者の運行効率化支援による都市圏の環境改善調査

    2008年04月 - 2009年03月

    国土交通省 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  35. 交通事故統合データベースとプローブカーデータを活用した潜在的交通事故危険度指標の計測

    2007年04月 - 2008年03月

    財団法人日本デジタル道路地図協会 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  36. 近未来型個別モビリティの受容性研究

    2007年04月 - 2008年03月

    国内共同研究 

  37. 駐車デポジット制度による受容性と柔軟性の高い都心部自動車流入マネジメント施策の研究と実証

    2006年04月 - 2009年03月

    国土交通省道路局:道路政策の質の向上に資する技術研究開発 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  38. 高速道路マイレージの道路利用及び道路政策マネジメントへの活用方法に関する調査研究

    2006年04月 - 2007年03月

    高速道路関連社会貢献協議会 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  39. プローブカーデータを活用したリンク旅行時間情報の信頼性指標及び更新頻度最適化に関する研究

    2006年04月 - 2007年03月

    財団法人日本デジタル道路地図協会 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  40. プローブ情報を活用した動的経路誘導システムの研究開発

    2003年04月 - 2008年03月

    総務省戦略的情報通信研究開発推進制度における研究主体育成型研究開発 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 24

  1. ICT時代における実空間移動の価値とモビリティ革命への含意

    研究課題/研究課題番号:20H00262  2020年04月 - 2024年03月

    森川 高行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ICTを活用したヴァーチャル活動が増加する中、本研究では、移動の価値を再考することを目的とし、以下の研究を実施する。移動の肉体的・精神的タスクが健康に与える影響の定量化、移動を伴わないヴァーチャル参加と、移動を伴うリアル参加でのコミュニケーションの効率性や活動の満足度などの計測、さらに、ICTの活用と移動量との関係性などを調査・分析する。これらの研究成果により、まちづくり、地域コミュニティ維持、交通インフラ整備、交通手段開発などの方向性や必要性を科学的に示すことが可能となる。

  2. 多様化する都市活動・交通評価のためのシミュレーションプラットフォームの構築

    研究課題/研究課題番号:19H02260  2019年04月 - 2023年03月

    三輪 富生

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17160000円 ( 直接経費:13200000円 、 間接経費:3960000円 )

    在宅勤務やテレワークなどの柔軟な働き方,女性や高齢者の社会進出,自動運転車サービスによる子供の自動車移動など,日々の活動や交通行動は多様化していく.本研究では,そのような多様化した都市活動を表現し,将来の都市交通政策を評価できる,新しい都市活動・交通シミュレーションプラットフォームの構築を目指す.
    そのために,居住地選択のような長期的意思決定,交通手段選択のような短期的意思決定に加え,1週間程度の期間内の多様な活動内容を決定する中期的意思決定モデルを構築する.さらに,都市活動・交通シミュレータを構築し,都市のコンパクト化と持続可能な中山間地域のための都市交通政策を検討する.
    本研究では,在宅勤務やテレワークなどの柔軟な働き方,自動運転車サービスによる子供の自動車移動など,多様化する日々の活動や交通行動を表現し,政策評価が可能な新しい都市活動・交通シミュレータの構築を目指している.
    多様な都市活動を表現するシステムの構築を目指して,2019年度は,居住地選択に関する世帯の意思決定に関する既往研究調査を実施し,分析方法を立案したうえで,大規模なアンケート調査を計画・実施した.この際,調査内容の妥当性を検証するため,事前調査も実施した.事前調査の回答精度等を評価の上,説明文や設問を再検討したうえで,紙媒体での本調査を計画・実施した.本調査においては,8パターンに分類したアンケート調査票を名古屋市東部および長久手町,日進市,三好町などの周辺都市に4000部を配布した.また,各世帯には世帯表1部と個人票5部を配布している.この結果,およそ400部の世帯から返信が得られた.これを電子データ化し,世帯の過去の交通行動や都市活動と居住地選択の経験および将来の居住地変更の可能性について分析を開始した.なお,回収されたデータには,空欄や不適切な回答などによる無効票はそれほど多くなく,一定程度の利用可能性が確認されている.
    また,上記の調査と並行して,多様な交通手段を対象とした交通量予測システムの開発を開始した.交通量配分では,事前調査のデータを用いて,自動運転タクシーに対する利用意向をモデル化し,自動運転タクシーが利用可能な状況や自動運転車専用車線が設置された場合の交通状況の変化に関する分析を開始した.
    さらに,道路交通流に自動運転車が混入した状況を想定し,自動運転車による交通流の制御効果を分析するためのミクロ交通流シミュレータの開発を開始した.今年度は,交差点における交通流制御効果するためのシステム構築を開始した.
    当初の予定通り,アンケート調査(プレ調査および本調査)を実施し,データを収集することができた.また,シミュレータの構築においても,当初予定していた交通流シミュレータに加えて,交通均衡状態を評価できるシステムの構築を開始することができた.
    ただし,在宅勤務の普及が想定していたより早く進む可能性が高いため,新たに,多様な働き方に焦点を当てたアンケート調査を実施する必要がある.
    昨年度回収したアンケート調査データを用いて,自動運転タクシーのような新たな交通サービスや,テレワークなどの多様な働き方が居住地選択に関する世帯の意思決定与える影響を分析する.また,昨年度のアンケートでは主に自動運転タクシーなどの柔軟な交通サービスに焦点を当てていたが,在宅勤務の普及など,最近の動向を踏まえて,働き方の変化と都市活動・交通行動の関係についてのアンケート調査を計画している.
    交通需要予測や交通流解析システムについては,昨年度構築したシステムのインプットデータや道路ネットワークデータを修正し,交通政策導入効果について分析を行うこととしている.
    これらの取り組みで得られた結果は,学会にて発表したり論文発表することを予定している.

  3. 都市規模に応じた自動運転サービスの在り方に関する研究

    2019年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  4. 都市規模に応じた自動運転サービスの在り方に関する研究

    研究課題/研究課題番号:19K04651  2019年04月 - 2022年03月

    佐藤 仁美

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では,都市規模に応じた自動運転車を含む交通システムの検討とその評価を行うことを目的としている.都市部や中山間地等を対象とし,自動運転の利用方法を整理し,どの移動が自動運転に代わり,誘発交通がどれくらい発生するのか,それによって生活満足度はどう変わるのかをアンケート調査データを用いて分析する.評価軸として,アクセシビリティ等の利便性やCO2排出量といった環境性だけではなく,幸福感やwell-being等も用いる.
    本研究の目的は,都市構造の違いによる望ましい自動運転サービスを検討することである.初年度である令和元年度は,まず,研究代表者らが,以前,日本,アメリカ,オランダで実施した自動運転に関するwebアンケート調査データを利用して,自動運転に対するイメージと利用意向の関係について分析分析を行った.サンプル数は各国1000名である.
    自動運転に対するイメージについては,「安全な/危険な」,「身近な/近寄りがたい」,「有用な/不要な」など18個の形容詞対について7段階で尋ねたものである.3ヶ国のデータをそれぞれ因子分析し,それらの結果を参考に,18個の形容詞対を関心,先進性,魅力,親近性,信頼性,利便性の6つの因子に分類した.18個の形容詞対と6つの因子,自動運車両の購入や利用意向の関係を明らかにするために多重指標モデルを適用し分析を行った.その結果,利用や購買意向を高めるためには,日本では自動運転への関心を高める必要があり,また安全性をアピールすることも重要であることが明らかとなった.また,アメリカでは自動運転への信頼性と魅力,オランダでは利便性をアピールすることで利用や購買意向を高める可能性が示唆された.一方で,3ヶ国ともに先進性を感じると利用・購買意欲が下がる傾向があることも明らかとなった.
    次年度は,国ごとの違いだけではなく,居住地の違いを考慮可能な分析を行い,都市構造と市民の利用意向や自動運転へのイメージの相違を明らかにする.
    アンケート調査を実施する予定であったが,既に実施されたアンケート調査の分析を先行したため,今年度は実施できていない.今年度実施した分析を踏まえて,調査設計を行う予定である.
    次年度は,国による違いだけではなく,居住地域による違い等も考慮することで,どのような都市で自動運転が望まれているのかを明らかにする分析を行う.さらに,様々なサービスレベルでの自動運転車両の購入意向や利用意向を尋ねた設問を用いて,サービスレベルの違いによる利用・購入意向についても分析を行う予定である.
    また,交通サービスが便利になったことによる誘発交通の把握などを目的として,アンケート調査を実施する.

  5. 運転ストレスに基づく車両の個別調停および交通社会全体最適化手法の提案

    2017年06月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  6. 運転ストレスに基づく車両の個別調停および交通社会全体最適化手法の提案

    研究課題/研究課題番号:17K18900  2017年06月 - 2020年03月

    挑戦的研究(萌芽)

    田代 むつみ

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では経路探索や他車との協調において,個々のドライバーが運転ストレスを感じることなく,かつ交通社会全体の交通流を最適化させる,新しい交通マネジメント手法の提案を行った.運転中にドライバーに発生する「運転ストレス」を心拍数の変化により定義し,道路構造や交通状況などの運転ストレス要因から予測するモデルを構築した.そして,レーンレベル運転ストレス最小化経路探索アルゴリズムを提案した.続いて,個々の車両情報がリアルタイムに共有される条件下において,信号の無い交差点において車両同士が協調して合流時のコンフリクトを回避するための制御方法を提案し,交通ミクロシミュレーションにより効果を検討した.
    個人毎の異なる価値観に基づいた心理的指標である「運転ストレス」を,交通マネジメントに直接活用するシステムは,他に類をみない新しい試みである.また本システムは,ドライバーのみならず,車を利用する全ての人のストレス検討にも応用可能であり,自動運転社会への移行段階における最適な交通マネジメントの検討にもつながる点で,研究の発展性は高い.交通情報の集約や共有化に関する取組みも近年国内外で急速に進められており,本研究が提案する協調制御アルゴリズムは,信号に代わる新たな交通マネジメント手法として実現可能性が高いと考える.

  7. アグレッシブ・ドライブがもたらす運転ストレスと交通効率性に関する研究

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  8. アグレッシブ・ドライブがもたらす運転ストレスと交通効率性に関する研究

    研究課題/研究課題番号:17H03324  2017年04月 - 2020年03月

    森川 高行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究課題では、運転ストレスと運転行動、交通事故経験などの関係分析、そして、日本、中国、ベトナムにおける運転行動と交通事故などの関係分析の2つの研究を実施した。その結果、運転ストレスと道路構造との関係を明らかにし、運転ストレスが少ない道路インフラの提案をした。また、運転ストレスが違反行動を促し、違反行為が交通事故の発生に関与している構造を確認できた。さらに、運転傾向と人格特性、交通事故との関係については、交通事故経験者で協調性が低い人は、いずれの国でも、アグレッシブな運転傾向があること、日本とベトナムの女性ドライバーで勤勉性が高い人は、交通規則違反を犯す可能性が低いことなどを明らかにした。
    心拍変動を運転ストレスの計測尺度として用いて、道路構造の評価を実施したり、運転ストレスと交通事故との関係を明らかにした研究はなく、学術的意義は大きい。心拍計測機は小型化し安価に手に入るようになっており、道路インフラの改善、交通事故の防止策の検討に利用できる可能性を示した点でも、本研究の社会的意義は大きいと考えられる。

  9. 完全自動運転による電気自動車共同利用システムに関する研究

    2016年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    山本俊行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  10. 完全自動運転による電気自動車共同利用システムに関する研究

    研究課題/研究課題番号:16H02367  2016年04月 - 2021年03月

    山本 俊行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    (1)電気自動車への転換可能性の分析
    ガソリン自動車から電気自動車への転換の大きな障害となっているのは電気自動車の1充電当たりの航続距離の短さである.消費者は,電欠により日常的な利用が影響を受けることを懸念し電気自動車への転換を躊躇する傾向がある.ただし,多くの自動車利用者の日常的な走行距離は現在の電気自動車の航続距離の範囲内であることも多い.本年度は,名古屋大学の公用車を対象として,長期的な走行距離観測データに基づき,1日の走行距離の分布をモデル化した.さらに,複数の電気自動車の航続距離と比較し,95%の日に走行距離が電気自動車の航続距離以内となる車両の割合を算出し,電気自動車への転換可能性を検討した.
    (2)パークアンドライド型自動運転車共同利用システムの導入可能性の分析
    郊外においては,自宅から最寄り駅まで自家用車で移動し,最寄り駅に自家用車を駐車して鉄道に乗り換え,鉄道で都心の勤務地に出勤するというパークアンドライド型の自家用車の利用がみられる.今年度は,パークアンドライドによって通勤行動を行う世帯が保有する自家用車が自動運転車両となった状況を仮定し,端末駅に駐車された自動運転車を郊外居住の高齢者等の域内交通手段として共同利用するシステムの導入可能性を検証した.
    (3)自動運転車共同利用システムのサービスモデルの受容性に関する分析
    自動運転車共同利用システムの受容性を向上させるためには,利用者の様々な需要に対応することが有効である.今年度は,子どもの単独利用の可否や大きな荷物の受け入れ可否,乗降時間の延長等の様々なサービスに対する賛否や支払意思額をアンケート調査に基づき分析し,将来の自動運転車共同利用システムの望ましい形態を明らかにした.
    本研究では,(1)完全自動運転車を用いた場合の自動車共同利用システムの運用方法,(2)共同利用システムの電気自動車から電力系統への電力供給によるピークシフト効果,(3)自動車共同利用システムの利用意向および自家用車の提供意向,の3点について明らかにすることを目的としている.(1)については,これまでに世帯が保有する自家用車を利用した共同利用システムの運用シミュレーションモデルを構築し,複数の形態での共同利用システムの運用効率性について検討を進めている.1つ目の形態は自家用車が1日の大半の時間に自宅の車庫に駐車されているという稼働率の低さに着目したものであり,自宅に駐車する自動運転車両を共同利用に貸し出す形でのシステムであり,その需要と供給のバランスについて検討した.また,もう一つの形態は,通勤時に郊外駅に駐車されるパークアンドライド車両に着目したものであり,郊外居住の高齢者等の域内交通手段としての活用を検討した.(2)については,実データに基づいて自家用車が電気自動車の場合とプラグインハイブリッド車の場合の充電タイミングに関する分析を行った他,電気自動車から電力系統への電力供給に対する参加意向に関するアンケート調査を実施している.また,ガソリン自動車の日々の走行距離の分析により,電気自動車への転換可能性について検討を進めている.(3)については,アンケート調査データに基づき,世帯の自家用車提供意向や自動運転車両による共同利用システムに対する利用意向等について把握している.また,子どもの単独利用の可否や大きな荷物の受け入れ可否,乗降時間の延長等の様々なサービスに対する賛否や支払意思額をアンケート調査に基づき分析している.
    (1)完全自動運転車を用いた場合の自動車共同利用システムの運用方法
    本年度までの分析では,共同利用システムの費用や待ち時間などのサービス水準は外生的に設定し感度分析を行っていた.また,共同利用車両の走行速度も混雑による影響は外生的に設定し感度分析を行っていた.今後は,これらのサービス水準による需要量と供給量の変化を内生的に検討するため,これまでより精緻なシミュレーションモデルを構築し,自動車共同利用システムの運用方法について検討を進める.
    (2)共同利用システムの電気自動車から電力系統への電力供給によるピークシフト効果
    本年度までの分析では,個々の自動車保有者がガソリン自動車から電気自動車に転換するか,また,電気自動車に転換した場合の充電タイミングの分析と車両から住宅等への放電(V2G)の意向について検討してきた.今後は,これらが居住地域の土地利用状況とどのような関係があるのか,その場合に,どの地域で電気自動車への転換を促進するのが有効か等に関して分析を進める.
    (3)自動車共同利用システムの利用意向および自家用車の提供意向
    本年度までの分析では,一般的な共同利用システムを仮定して利用意向や自家用車の提供意向の検討を進めてきた.今後は,駅端末交通として自動運転タクシーを利用する場合の利用意向等,具体的な利用場面を設定した形で人々の自動運転共同利用システムの利用意向の把握を進める.

  11. 外国人の現場ツイートと意見構造分析による日本の交通システムの国際評価手法

    2016年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    森川高行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  12. 中山間地域交通におけるシェアリングエコノミー

    研究課題/研究課題番号:16K12825  2016年04月 - 2018年03月

    三輪 富生

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3510000円 ( 直接経費:2700000円 、 間接経費:810000円 )

    本研究では,中山間地域でのシェアリングモビリティに対する市民意識や存在価値(オプション価値)について調査を行った.対象とした交通手段は,バスやタクシーなど既存交通手段,そして地域住民が運転する車に同乗するライドシェアシステムや自動運転車によるタクシーシステムとした.
    既往研究調査によってモビリティのオプション価値の推定方法を整理した上で,利用頻度が非常に少ない交通手段の価値を推定する方法を検討した.さらに,アンケート調査を実施し,分析データを収集した.分析結果より,交通手段のオプション価値はサービスレベルの影響を強く受けることや,高齢者ほど高い価値を示すことが明らかとなった.

  13. 外国人の現場ツイートと意見構造分析による日本の交通システムの国際評価手法

    研究課題/研究課題番号:16K14318  2016年04月 - 2018年03月

    森川 高行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では,外国人の視点を観光や交通政策,交通まちづくりへ反映するために,SNS(Social Networking Service)上の発言に着目し,その質と量から政策に活用できるかを検証することが目的である.分析に用いたデータは,2017年2月の1ヶ月間の日本国内でSNSに投稿された6万7千件のデータから居住者と考えられるユーザーを削除してたものである.その結果,交通や移動に関する投稿は少ないこと,写真での投稿や場所のみの投稿等が意外に多いこと,写真との関係も考慮しないとコメントだけの分析では判断が難しい場合があること,位置情報から周遊行動の把握の可能性があることが明らかとなった.

  14. 高精度位置情報を使ったナビのためのデジタル道路地図のあり方

    2014年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  15. 充電行動に着目した次世代モビリティの保有・利用需要予測と普及促進策の評価

    2013年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    山本俊行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  16. スマートフォン行動データとコンテクストデータを活用した活動・交通ログ自動生成手法

    2013年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金 

    森川高行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  17. 次世代自動車の普及に伴う新しい道路課金制度の提案とその定量的評価

    2012年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    森川高行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  18. 自動車利用に関する個人情報の社会的共有に対する受容性の分析

    2011年04月 - 2013年03月

    科学研究費補助金 

    山本俊行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  19. 準天頂衛星を活用した超高精度交通移動体マネジメント

    2011年04月 - 2013年03月

    科学研究費補助金 

    森川高行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  20. 交通手段間での経路選択行動の相互干渉を考慮した都市道路網の再整備

    2010年04月 - 2013年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    三輪富生

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  21. 道路課金政策と道路・都市施設の再配置による都心エリアマネジメント

    2009年04月 - 2012年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B),21360244

    森川高行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  22. 動的な経路選択行動モデルの開発とリアルタイム情報提供効果の分析

    2006年04月 - 2008年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B),課題番号:18760390

    三輪 富生

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  23. プローブカーデータが基盤的交通情報源となるための課題解決

    2006年04月 - 2008年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B),18360244

    森川高行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    情報通信技術の発達に伴い,道路を走行する車から交通情報を収集するプローブカーシステムが注目を集めている.特に,プロープカーシステムは,プローブカーが走行する全ての道路から交通情報を収集できることや,加速度や走行経路など様々な情報が取得できることが利点として挙げられる.しかしながら,プローブカーシステムによって大規模な交通情報収集を行うためには,交通情報としての有用性の提示,利用方法の確立,効率的な情報収集,提供方法のあり方など,多くの課題を解決する必要がある.本研究では,これらの課題を解決するための技術開発やシステム検討を行った. まず,プローブカーデータの有用性を提示するため,プローブカーデータを用いた経路案内システムを構築し,市販のカーナビゲーションシステムと性能比較を行った.この結果,プローブカーデータを活用した経路案内システムの方が統計的にも有意に性能が高いことが示された.さらに,通勤時の経路案内実験によって,構築したシステムの経路誘導効果を確認した.次いで,有効活用方法を開発することを目的とし,経路選択データとして利用することで極めて詳細な経路選択行動分析が可能となること,信号の制御効果の検証や交通事故分析に活用可能なこと,動的OD交通量の推定に利用可能なこと等を示した.さらに,データ収集の効率化および大規模システムの実現に向けた検討を行った.ここでは,プローブ情報の収集頻度が大規模システムの実現に大きな影響を与えることを明らかにしたうえで,低頻度データの特性や利用技術を開発し,大規模システムを実現するためのコスト分析やプローブカーの最適配置手法の開発を行った.本研究の実施により,大規模なプローブカーシステムの実現に向けた多くの課題について解決された,もしくは解決ための重要な検討がなされたといえる.

  24. プローブカーデータを利用した動的経路誘導システム構築のための基礎的研究開発

    2004年04月 - 2006年03月

    科学研究費補助金  萌芽研究

    森川高行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    昨年度開発した動的経路誘導システム『PRONAVI』をベースに,要素技術に関する基礎的研究を行った. プローブ情報は,広範囲の道路交通情報を収集可能であるが,プローブカーが走行した道路区間,時刻のみの情報が利用可能である.そこで,リアルタイムの交通状態変化をより正確に把握することが可能なVICSデータとの融合方法を開発した.具体的には,VICS情報から混雑や渋滞が発生したリンクを特定し,これを旅行時間情報に変換した上で蓄積されたプローブ情報と比較する.これにより,非日常的に発生した混雑や渋滞を旅行時間予測に効率的に利用することが可能となった.また,旅行時間予測精度の向上を図るため,交差点右左折時の遅れ時間を分析し,その結果を反映した最適経路案内システムを構築した.そして,それらの要素技術をPRONAVIに実装し,昨年度のシステムと比較して旅行時間予測精度が大きく向上することを実証した. 次に,より環境負荷の少ない公共交通への転換機会を創出するため,名古屋都市圏を網羅する鉄道ネットワークや時刻表データベースを構築し,そこにパークアンドライド駐車場の情報をも組み込んだマルチモード経路案内システムを構築した.また,それをPRONAVIに実装した上でインターネットを介した情報提供実験を行い,モニターの高い受容性を確認した. ここで,より広範囲でプローブ情報の収集・提供を行うためには,データ通信コストの大幅な削減が必要となる.そこで,プローブカーの通信頻度について検討を行い,旅行時間予測を行うために必要なデータ通信頻度を明らかにし,既存の車両管理システム等の低頻度データを用いても旅行時間予測が可能となることを示した. さらには,動的交通シミュレータの開発,ならびにそれを用いたプローブ旅行時間情報に基づく動的OD交通量推定アルゴリズムを開発し,交通需要の変動を精緻に再現できることを確認した.

▼全件表示

産業財産権 4

  1. ROUTE SEARCH SYSTEM, ROUTE SEARCH TERMINAL AND ROUTE SEARCH METHOD

     詳細を見る

    出願番号:200810186560.5, 101470006  出願日:2008年12月25日

    登録日:2009年7月1日 

    出願国:外国  

  2. ROUTE SEARCH SYSTEM, ROUTE SEARCH TERMINAL AND ROUTE SEARCH METHOD

     詳細を見る

    出願番号:12341397, US-2009-0164114-A1  出願日:2008年12月22日

    登録日:2009年7月1日 

    出願国:外国  

  3. 経路探索システム,経路探索端末及び経路探索方法

    森川高行,山本俊行,三輪富生,佐藤彰典,姚恩建,杉崎康弘

     詳細を見る

    出願番号:2007-332723  出願日:2007年12月25日

    公開番号:2009-156634 

    特許番号/登録番号:4512676  登録日:2010年5月21日 

    出願国:国内  

  4. 逐次型マップマッチングシステム,逐次型マップマッチング方法及び逐次型マップマッチングプログラム

    三輪富生,山本俊行,森川高行

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:2006-217394  出願日:2006年8月23日

    公開番号:2008-039698 

    登録日:2008年2月21日 

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 51

  1. 土木の統計学

    2020

  2. 情報通信技術と自動車交通

    2020

  3. 社会資本・空間計画学演習

    2020

  4. 環境土木工学実習

    2020

  5. 社会基盤計画学演習

    2020

  6. 数値解析特論

    2020

  7. 環境エコロジーシステムセミナー

    2020

  8. 工学概論第1

    2020

  9. 社会資本・空間計画学演習

    2016

  10. 環境エコロジーシステムセミナー

    2016

  11. 国際環境人材育成セミナー

    2016

  12. 数値解析特論

    2016

  13. 交通システム分析

    2016

  14. 社会基盤計画学演習

    2016

  15. 環境エコロジーシステムセミナー

    2016

  16. 情報通信技術と自動車交通

    2016

  17. 交通論

    2016

  18. 土木の統計学

    2016

  19. 交通論

    2015

  20. 土木の統計学

    2015

  21. 情報通信技術と自動車交通

    2015

  22. 環境エコロジーシステムセミナー

    2015

  23. 物理学実験

    2015

  24. 社会資本・空間計画学演習

    2015

  25. 社会基盤工学のフロンティア

    2015

  26. 交通システム分析

    2015

  27. 社会基盤計画学演習

    2015

  28. 環境エコロジーシステムセミナー

    2015

  29. 環境エコロジーシステムセミナー

    2014

  30. Intelligent Transportation Systems

    2014

  31. 土木の統計学

    2014

  32. 社会基盤計画学演習

    2014

  33. 環境エコロジーシステムセミナー

    2014

  34. 物理学実験

    2014

  35. 社会資本・空間計画学演習

    2014

  36. 物理学実験

    2013

  37. 社会基盤計画学セミナー

    2013

  38. 社会基盤計画学演習

    2013

  39. 社会基盤計画学セミナー

    2013

  40. 物理学実験

    2012

  41. 社会基盤計画学演習

    2012

  42. 社会基盤計画学セミナー

    2012

  43. 社会基盤計画学セミナー

    2012

  44. 社会資本・空間計画学演習

    2012

  45. 物理学実験

    2011

  46. 社会基盤計画学演習

    2011

  47. 社会基盤計画学セミナー

    2011

  48. 社会基盤計画学セミナー

    2011

  49. 社会資本・空間計画学演習

    2011

  50. 社会基盤計画学演習

    2007

  51. 計測技術及び実習

    2007

▼全件表示

 

社会貢献活動 17

  1. 豊田市立稲武小学校出前講義

    講師

    豊田市立稲武小学校(オンライン)  2021年2月16日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

    自動運転車の走る未来の社会について

  2. 第 222 回住宅経済研究会

    講師

    公益財団法人日本住宅総合センター  第 222 回住宅経済研究会  2020年12月1日

  3. 愛知県立西尾高等学校出前講座

    講師

    2019年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  4. 浜松日体高等学校出張講義

    講師

    2018年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  5. 第9回香嵐渓シンポジウム

    講師

    2018年10月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

  6. 一般財団法人運輸総合研究所研究会

    講師

    一般財団法人運輸総合研究所  2018年6月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 学術団体

    種別:講演会

  7. 名古屋街づくり研究会ミニサロン

    講師

    2018年6月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般

    種別:講演会

  8. 豊田まちと交通勉強会 第77回まちべん

    講師

    2018年1月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 行政機関

    種別:講演会

  9. Seminar at University of Communications and Transport (Ho Chi Minh City, Vietnam)

    講師

    University of Communications and Transport  2017年9月

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 研究者

    種別:講演会

  10. Seminar at University of Science (Ho Chi Minh City, Vietnam)

    講師

    2017年9月

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 研究者

    種別:出前授業

  11. 平成28年度名古屋大学公開講座

    講師

    名古屋大学  2016年9月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 社会人・一般

    種別:講演会

    道路交通とコミュニケーション-これまでとこれから-

  12. 愛知県立豊田西高校「豊西総合大学講座」

    2014年11月

     詳細を見る

    自転車利用施設の整備とその効果について

  13. 岐阜県立可児高等学校はつらつ講座

    2012年10月

     詳細を見る

    交通渋滞と交通情報
    ・なぜ交通渋滞が起こるのか?
    ・経路によって所要時間は同じなのか?
    ・交通情報の提供によって所要時間は短くなるのか?

  14. 北陸地方整備局新潟国道事務所第9回所内勉強会

    講師

    2011年1月

     詳細を見る

    対象: 行政機関

    種別:講演会

    名古屋市内の都市交通について

  15. China-Japan Seminor on Traffic Control Technology of Expressway

    2010年2月

     詳細を見る

    Optimum Allocation Problem of Taxi-Probe Vehicles

  16. 第13回京都大学交通学セミナー

    2007年5月

     詳細を見る

    プローブカーデータからの交通情報の生成について

  17. 平成16年度連続市民セミナー(豊田市)

    2004年10月

     詳細を見る

    世界のITSの現状と今後の展望

▼全件表示

メディア報道 1

  1. 平成28年度名古屋大学放送公開講座 テレビ・ラジオ番組

    東海ラジオ  名古屋大学リレーセミナー  2016年8月

     詳細を見る

    道路交通とコミュニケーション-これまでとこれから-

学術貢献活動 5

  1. 名古屋都心部交通特性に関する懇談会委員

    審査・評価

    名古屋市  2019年7月5日 - 2020年3月31日

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  2. 自動運転社会のまちづくり勉強会委員

    審査・評価

    名古屋都市センター  2016年12月 - 2019年3月

  3. 首都高速道路の交通量推計手法に関する検討会委員兼幹事

    審査・評価

    首都高速道路株式会社  2014年3月 - 現在

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  4. ITS Japan 環境ITSプロジェクト 効果検討WG

    企画立案・運営等

    ITS Japan  2006年8月1日 - 2007年3月31日

     詳細を見る

    種別:学術調査 

  5. 阪神高速道路将来交通量推計手法検討会

    審査・評価

    阪神高速道路株式会社  2005年7月 - 現在

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言