2022/05/12 更新

写真a

ヤマグチ ヒロキ
山口 浩樹
YAMAGUCHI, Hiroki
所属
大学院工学研究科 マイクロ・ナノ機械理工学専攻 マイクロ・ナノ機械科学 准教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 機械・航空宇宙工学科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2004年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 3

  1. 分子流体工学

  2. 希薄気体力学

  3. マイクロ気体流れ

研究分野 2

  1. ナノテク・材料 / 薄膜、表面界面物性  / 薄膜・表面界面物性

  2. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 流体工学  / 流体工学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 分子タギング法を用いたマイクロ気体流れの計測

  2. 熱遷移流とクヌッセン力の応用

  3. 高クヌッセン数流れにおける分子‐固体表面間相互作用の解明

経歴 5

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科 マイクロ・ナノ機械理工学専攻 マイクロ・ナノ機械科学   准教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. エクス-マルセイユ大学   客員研究員

    2015年7月 - 2015年10月

      詳細を見る

    国名:フランス共和国

  3. 名古屋大学   大学院工学研究科 マイクロ・ナノシステム工学専攻 マイクロ・ナノ機械科学   准教授

    2012年10月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. エクス-マルセイユ大学   客員研究員

    2012年7月 - 2013年1月

      詳細を見る

    国名:フランス共和国

  5. 名古屋大学   大学院工学研究科   講師

    2008年4月 - 2012年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会 1

  1. 日本機械学会

    1999年1月 - 現在

委員歴 14

  1. NEGF23-4th European Conference on Non-Equilibrium Gas Flows   Scientific Committee  

    2021年12月 - 2023年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本機械学会 RC286 流れの先進的計測・シミュレーション法と流体情報の高度利用に関する研究分科会   委員  

    2020年4月 - 2023年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 日本機械学会東海支部   運営委員,商議員  

    2020年4月 - 2021年3月   

  4. 日本機械学会2020年度年次大会実行委員会   委員  

    2019年4月 - 2020年9月   

  5. 日本機械学会 RC277 流れの数値解析と実験計測の双方向連携に関する研究分科会   委員  

    2018年4月 - 2020年3月   

  6. 日本機械学会流体工学部門   代議員・運営委員  

    2017年4月 - 2022年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  7. 日本機械学会流体工学部門技術委員会学術表彰WG   委員  

    2017年4月 - 2019年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  8. 日本機械学会 RC270 流れの知的制御とそれを実現するための先進計測法に関する研究分科会   委員  

    2016年4月 - 2018年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  9. 日本機械学会 P-SCC13 マイクロ熱流動に関する調査研究分科会   幹事  

    2015年4月 - 2017年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  10. 日本機械学会 トピックス委員   委員  

    2015年4月 - 2016年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  11. 日本機械学会流体工学部門技術委員会講習会WG   幹事  

    2014年4月 - 2015年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  12. 可視化情報学会会誌編集小委員会   委員  

    2011年7月 - 2012年7月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  13. 日本機械学会 P-SCC11 マイクロ気体流れに関する調査研究分科会   幹事  

    2011年4月 - 2013年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  14. 日米韓機械学会流体工学国際会議2011実行委員会   委員  

    2009年2月 - 2011年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

受賞 6

  1. 特別功労賞

    2021年3月   日本機械学会東海支部  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 日本機械学会賞(論文)

    2015年3月   日本機械学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 可視化情報学会 学会賞(論文賞)

    2013年7月   可視化情報学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. 日本機械学会賞(論文)

    2012年3月   日本機械学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  5. 日本機械学会熱工学部門講演論文表彰

    2009年11月   日本機械学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  6. 日本機械学会畠山賞

    1999年3月   日本機械学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 68

  1. Experimental measurements of thermal and tangential momentum accommodation coefficients on solid surfaces: Water vapor in comparison with noble gases 査読有り

    Yamaguchi H., Mori T., Ozaki Y., Matsuda Y., Niimi T.

    International Journal of Heat and Mass Transfer   183 巻   頁: 122195   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Heat and Mass Transfer  

    In the high Knudsen number flows, like micro gaseous flows and flows in vacuum, the gas-surface interaction plays an important role. Among many gas species, water is a common and useful fluid in wide area of engineering applications, and it is one of the main residual gas components in the high vacuum environment. However, experimental measurements on the gas-surface interaction of water molecules are still limited. In this study, we focus on the accommodation coefficient, which represents the mean behavior of gas molecules on the scattering process from a surface. We measure the thermal accommodation coefficient (TAC) and the tangential momentum accommodation coefficient (TMAC) of water molecules. TAC is measured from the heat flux between two surfaces with different temperatures in vacuum. TMAC is derived through the viscous slip coefficient from the measurement of the mass flow rate through a microtube. To investigate the characteristics of water molecules clearly, the measured accommodation coefficients are compared with those of noble gases, helium, neon, and argon, measured with the same apparatus and procedures. For the accommodation coefficients of noble gases, TAC increases with increasing the molecular weight, while TMAC decreases, which are in good agreement with the previous studies. The TAC and TMAC of water are slightly larger than those estimated from the corresponding molecular weight of noble gases.

    DOI: 10.1016/j.ijheatmasstransfer.2021.122195

    Scopus

  2. FRET measurement of polymer response under shear 査読有り

    Iwao R., Yamaguchi H., Obata M., Matsuda Y.

    Sensors   21 巻 ( 23 )   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Sensors  

    Polymer solutions under shear flow are often observed in manufacturing processes. Classically, polymer behavior is represented by Kuhn’s bead-spring model, in which only the elongation of polymer chains is assumed. In recent years, the compression of polymer chains under shear flow has been reported. In this study, we investigated the behavior of polymer chains dissolved in various concentrations under shear flow. We measured the time variation of the fluorescence intensity emitted from a FRET (fluorescence resonance energy transfer) polymer, which enabled us to study the change in the distance between both ends of a polymer chain. The polymer chains appeared to stretch and compress depending on the concentration of the polymer solution. The results showed that the deformation of polymer chains was different from the classical theory. The FRET measurement is a promising diagnostic method for understanding the dynamics of polymer chains.

    DOI: 10.3390/s21238033

    Scopus

  3. Extraction of Tangential Momentum and Normal Energy Accommodation Coefficients by Comparing Variational Solutions of the Boltzmann Equation with Experiments on Thermal Creep Gas Flow in Microchannels 査読有り 国際共著

    Missoni Tommaso, Yamaguchi Hiroki, Graur Irina, Lorenzani Silvia

    FLUIDS   6 巻 ( 12 )   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Fluids  

    In the present paper, we provide an analytical expression for the first-and second-order thermal slip coefficients, σ1,T and σ2,T, by means of a variational technique that applies to the integrodifferential form of the Boltzmann equation based on the true linearized collision operator for hard-sphere molecules. The Cercignani-Lampis scattering kernel of the gas-surface interaction has been considered in order to take into account the influence of the accommodation coefficients (αt, αn) on the slip parameters. Comparing our theoretical results with recent experimental data on the mass flow rate and the slip coefficient for five noble gases (helium, neon, argon, krypton, and xenon), we found out that there is a continuous set of values for the pair (αt, αn) which leads to the same thermal slip parameters. To uniquely determine the accommodation coefficients, we took into account a further series of measurements carried out with the same experimental apparatus, where the thermal molecular pressure exponent γ has been also evaluated. Therefore, the new method proposed in the present work for extracting the accommodation coefficients relies on two steps. First of all, since γ mainly depends on αt, we fix the tangential momentum accommodation coefficient in such a way as to obtain a fair agreement between theoretical and experimental results. Then, among the multiple pairs of variational solutions for (αt, αn), giving the same thermal slip coefficients (chosen to closely approximate the measurements), we select the unique pair with the previously determined value of αt . The analysis carried out in the present work confirms that both accommodation coefficients increase by increasing the molecular weight of the considered gases, as already highlighted in the literature.

    DOI: 10.3390/fluids6120445

    Web of Science

    Scopus

  4. Single-molecule tracking measurement of PDMS layer during curing process 査読有り

    Iwao Ryo, Yamaguchi Hiroki, Niimi Tomohide, Matsuda Yu

    PHYSICA A-STATISTICAL MECHANICS AND ITS APPLICATIONS   565 巻   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.physa.2020.125576

    Web of Science

  5. Molecular dynamics study on flow structure inside a thermal transpiration flow field 査読有り 国際誌

    Yamaguchi Hiroki, Kikugawa Gota

    PHYSICS OF FLUIDS   33 巻 ( 1 )   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physics of Fluids  

    Thermal transpiration flow is a thermally driven flow from a cold part toward a hot part using a temperature gradient along a wall under a high Knudsen number condition. Many studies have used this type of flow as a pump for microtechnology. The flows adopted in these studies were, in most cases, in the slip or transitional regime. Accordingly, in this research, thermal transpiration flow through a two-dimensional channel with nanoscale clearance in the height direction was studied using the molecular dynamics method. The solid atoms composing the channel walls were explicitly considered. The center part of the nanochannel was controlled as a hot reservoir, whereas both ends of the nanochannel were kept cold. The temperatures of the channel wall atoms were also controlled based on their positions by linearly interpolating the temperature between the hot and cold reservoirs. Two Knudsen number conditions were adopted by changing the width of the computational cell. To study the mean velocity distribution inside the nanochannel, these simulations were performed for 10 ns. We successfully obtained a mean velocity distribution inside the nanochannel, showing the thermal transpiration flow in the vicinity of the channel wall using the pressure-driven counterflow at the center in the height direction even under the dense gas condition. The velocity profile across the nanochannel in the height direction indicated that thermal transpiration flow was induced in the adsorption layer of gas molecules on the channel wall under the dense gas condition.

    DOI: 10.1063/5.0034146

    Web of Science

    Scopus

  6. Dynamics of impact cratering on granular bed by hydrogel sphere 査読有り 国際誌

    Matsuda Yu, Kamiya Ryota, Yamaguchi Hiroki, Uchiyama Tomomi

    PHYSICS OF FLUIDS   32 巻 ( 6 )   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physics of Fluids  

    A lot of studies on the dynamics of a granular impact cratering by a liquid drop have been carried out. However, the results so far are controversial due to the complex impact dynamics of a liquid drop, such as deformation, splash, and penetration into the granular bed. In this study, we focused on the dynamics of the granular impact cratering by a hydrogel sphere, which deforms without splashing and penetrating. We investigated the maximal deformation time of the sphere and the lift-off time of the grains. Both the maximal deformation time and the lift-off time are similar to each other and depend on the -1/2 power of the Young's modulus of the hydrogel sphere. This power law of the maximum deformation time is the same as an impact of a gel sphere on a flat solid surface. The angle of the ejected curtain was evaluated. The angle is larger for the impact with small deformation of the sphere than that for the impact with large deformation, and the angle is less dependent on the free-fall height. We also investigated the distributions of the ejected grains using the grains dyed by a fluorescent dye. The distribution was visualized by the fluorescent images captured before and after the impact. At the crater rim, the number of the dyed grains flying to and away are balanced. The number of the dyed grains gathered at the dimensionless distance from the crater center of 1.15, where the distance is nondimensionalized by the crater radius, is the largest. This maximum value for the number of the gathered grains is larger for the impact with small deformation than that with large deformation. This result is consistent with the dependence of the impact mode on the angle of the ejected curtain.

    DOI: 10.1063/5.0011406

    Web of Science

    Scopus

  7. Simultaneous measurement of gas-liquid interface motion and temperature distribution on heated surface using temperature-sensitive paint 査読有り 国際誌

    Matsuda Yu, Kawanami Osamu, Orimo Riki, Uete Keigo, Watanabe Atsufumi, Egami Yasuhiro, Yamaguchi Hiroki, Niimi Tomohide

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEAT AND MASS TRANSFER   153 巻   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Heat and Mass Transfer  

    We developed a simultaneous measurement technique for temperature distribution on a heated surface and gas-liquid interface motion of two-phase flows in microgap channel using temperature-sensitive paint (TSP). Since the TSP layer is optically transparent, the proposed method enables us to simultaneously measure the temperature distribution and the motion of gas-liquid interface through the TSP layer using an in-house stereoscope-like device. Since the refractive index of gas-phase differs from that of liquid-phase, the luminescent intensity of TSP in gas-phase varies from that in liquid-phase even though the temperatures are same in both phases. Then, we proposed a correction method for temperature distribution in gas-phase. To validate the proposed method, the temperature distribution measurements were conducted in liquid single-phase flow. The Nusselt numbers calculated from the measured temperatures were in good agreement with the Sieder-Tate equation. Then, we measured the temperature distributions for the boiling flows under several heated temperature conditions. The temperature distributions at growing bubble and bubble coalescence were successfully measured. TSP is useful method for investigating the temperature distribution in two-phase flows.

    DOI: 10.1016/j.ijheatmasstransfer.2020.119567

    Web of Science

    Scopus

  8. Measurement of Heat Transfer from Anodic Oxide Film on Aluminum in High Knudsen Number Flows 招待有り 査読有り

    H. Yamaguchi, K. Kito

    Micromachines   11 巻 ( 3 ) 頁: 234   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/mi11030234

  9. Design and demonstration of Knudsen heat pump without moving parts free from electricity 査読有り

    K.Kugimoto, Y.Hirota, T.Yamauchi, H.Yamaguchi, T.Niimi

    Applied Energy   250 巻   頁: 1260-1269   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apenergy.2019.05.065

  10. Electrophoretic Separation on an Origami Paper-Based Analytical Device Using a Portable Power Bank 査読有り 国際誌

    Matsuda Yu, Sakai Katsunori, Yamaguchi Hiroki, Niimi Tomohide

    SENSORS   19 巻 ( 7 )   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Sensors (Switzerland)  

    The electrophoresis of ampholytes such as amino acids on a paper device is difficult because of the variation of pH distribution in time. On the basis of this observation, we propose a paper-based analytical device (PAD) with origami structure. By folding a filter paper, a low operation voltage of 5 V was achieved, where the power was supplied by a 5 V 1.5 A portable power bank through the USB type A receptacle. As a demonstration, we carried out the electrophoretic separation of pI markers (pI 5.5 and 8.7). The separation was achieved within 4 min before the pH distribution on the paper varied. Though the separation distance was small, it could be increased by expanding the origami structure. This result indicates that our proposed PAD is useful for electrophoretic separation on a paper device.

    DOI: 10.3390/s19071724

    Web of Science

    Scopus

  11. Impact cratering on a granular bed by hydrogel spheres having intermediate property between solid and liquid 査読有り 国際誌

    Matsuda Yu, Fukui Satoru, Kamiya Ryota, Yamaguchi Hiroki, Niimi Tomohide

    PHYSICAL REVIEW E   99 巻 ( 3 )   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Review E  

    We investigated the low speed impact on a granular bed by a hydrogel sphere and especially focused on the resultant crater diameter. Though the crater diameter depends only on the impact kinetic energy for the solid sphere impact cratering, it also depends on the elastic energy for the hydrogel sphere. The hydrogel sphere impact cratering is classified into two dynamics: small and large indentation of the sphere. For the small indentation, the crater diameter is proportional to the 1/4 power of the energy for ejecting granular materials, which is calculated by substituting the elastic energy stored in the sphere from the impact kinetic energy. Considering the force balance between the inertial force and the indentation, we derived the relation between the impact kinetic energy, Young's modulus, and the crater diameter. In the large limit of Young's modulus, the relation leads to the 1/4 power law observed in solid sphere impact. The dependency of Young's modulus on the crater diameter for the large indentation of the sphere is larger than the impact with small indentation.

    DOI: 10.1103/PhysRevE.99.032906

    Web of Science

    Scopus

  12. Measurement of conductive heat transfer through rarefied binary gas mixtures 査読有り 国際誌

    Yamaguchi Hiroki, Hosoi Jumpei, Matsuda Yu, Niimi Tomohide

    VACUUM   160 巻   頁: 164 - 170   2019年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Vacuum  

    The conductive heat transfer through a rarefied binary gas mixture of helium and argon is experimentally investigated as a function of a molar fraction. The heat flux is measured from the free-molecular to near free-molecular flow regimes, and it is analyzed both in dimensional and dimensionless forms to clarify the effect from the gas-surface interaction. Then, the thermal accommodation coefficient is obtained by assuming a gas mixture as a single “virtual” species gas. The measured thermal accommodation coefficients for single component gases of helium and argon show good agreement with our previous results and data in literature. The thermal accommodation coefficient for a binary gas mixture is compared with the theoretical value derived in the free-molecular flow regime as a superposition of an independent heat transfer by each gas component. The measured results are well explained by the theory. However, there is a little discrepancy between them, suggesting variation in the thermal accommodation coefficient with a molar fraction in flow regimes other than the free-molecular flow regime.

    DOI: 10.1016/j.vacuum.2018.11.021

    Web of Science

    Scopus

  13. A novel heat pump system using a multi-stage Knudsen compressor 査読有り

    K. Kugimoto, Y. Hirota, T. Yamauchi, H. Yamaguchi, T. Niimi

    International Journal of Heat and Mass Transfer   127 巻   頁: 84-91   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijheatmasstransfer.2018.06.072

  14. Estimation of diffusive states from single-particle trajectory in heterogeneous medium using machine-learning methods 査読有り

    Matsuda Yu, Hanasaki Itsuo, Iwao Ryo, Yamaguchi Hiroki, Niimi Tomohide

    PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS   20 巻 ( 37 ) 頁: 24099-24108 - 24108   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c8cp02566e

    Web of Science

  15. Performance prediction method for a multi-stage Knudsen pump 査読有り

    K. Kugimoto, Y. Hirota, Y. Kizaki, H. Yamaguchi, T. Niimi

    Physics of Fluids   29 巻 ( 12 ) 頁: 122002   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.5001213

  16. Fine printing of pressure- and temperature-sensitive paints usingcommercial inkjet printer 査読有り

    Y. Matsuda, T. Kameya, Y. Suzuki, Y. Yoshida, Y. Egami, H. Yamaguchi, T. Niimi

    Sensors and Actuators B: Chemical   250 巻   頁: 563-568   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.snb.2017.04.188

  17. Molecular-dynamics study on characteristics of energy and tangential momentum accommodation coefficients 査読有り

    H. Yamaguchi, Y. Matsuda, T. Niimi

    Physical Review E   96 巻 ( 1 ) 頁: 013116   2017年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevE.96.013116

  18. Conductive heat transfer in a gas confined between two concentric spheres: From free-molecular to continuum flow regime 査読有り

    H. Yamaguchi, M.T. Ho, Y. Matsuda, T. Niimi, I. Graur

    International Journal of Heat and Mass Transfer   108 巻   頁: 1527-1534   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijheatmasstransfer.2016.12.100

  19. Viscous slip coefficients for binary gas mixtures measured from mass flow rates through a single microtube 査読有り

    H. Yamaguchi, K. Takamori, P. Perrier, I. Graur, Y. Matsuda, T. Niimi

    Physics of Fluids   28 巻   頁: 092001   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4961647

  20. Mass flow rate measurement of thermal creep flow from transitional to slip flow regime 査読有り

    H. Yamaguchi, P. Perrier, M. T. Ho, J. G. Méolans, T. Niimi, I. Graur

    Journal of Fluid Mechanics   795 巻   頁: 690-707   2016年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/jfm.2016.234

  21. Faster Convergence of Diffusion Anisotropy Detection by Three-Step Relation of Single-Particle Trajectory 査読有り

    Y. Matsuda, I. Hanasaki, R. Iwao, H. Yamaguchi, T. Niimi

    Analytical Chemistry   88 巻 ( 8 ) 頁: 4502-4507   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.analchem.6b00390

  22. Polymer-Particle Pressure-Sensitive Paint with High Photostability 査読有り

    Y. Matsuda, K. Uchida, Y. Egami, H. Yamaguchi, T. Niimi

    Sensors   16 巻 ( 4 ) 頁: 550   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/s16040550

  23. Micro-Molecular Tagging Velocimetry of Internal Gaseous Flow 査読有り

    H. Yamaguchi, K. Hayashida, Y. Ishiguro, K. Takamori, Y. Matsuda, T. Niimi

    Microfluidics and Nanofluidics   20 巻 ( 2 ) 頁: 32   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10404-015-1700-3

  24. Development of fast response bi-luminophore pressure-sensitive paint by means of an inkjet printing technique 査読有り

    Y. Egami, J. Ueyama, S. Furukawa, T. Kameya, Y. Matsuda, H. Yamaguchi, T. Niimi

    Measurement Science and Technology   26 巻 ( 6 ) 頁: 064004   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/0957-0233/26/6/064004

  25. Electric Conductive Pattern Element Fabricated Using Commercial Inkjet Printer for Paper-Based Analytical Devices 査読有り

    Y. Matsuda, S. Shibayama, K. Uete, H. Yamaguchi, T. Niimi

    Analytical Chemistry   87 巻 ( 11 ) 頁: 5762-5765   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.analchem.5b01568

  26. Measurement of thermal accommodation coefficients using a simplified system in a concentric sphere shells configuration 査読有り

    H. Yamaguchi, T. Imai, T. Iwai, A. Kondo, Y. Matsuda, T. Niimi

    Journal of Vacuum Science and Technology A   32 巻 ( 6 ) 頁: 061602   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1116/1.4901011

  27. Property Changes of Temperature-Sensitive Paint Immobilized in Acrylic Polymer Matrices 査読有り

    Y. Egami, Y. Matsuda, H. Yamaguchi, T. Niimi

    Sensors and Actuators B: Chemical   195 巻   頁: 677-681   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.snb.2014.01.091

  28. Thermal Transpiration Flow through a Single Rectangular Channel 査読有り

    H. Yamaguchi, M. Rojas-Cárdenas, P. Perrier, I. Graur, T. Niimi

    Journal of Fluid Mechanics   744 巻   頁: 169-182   2014年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/jfm.2014.70

  29. Pressure-Sensitive Molecular Film 招待有り 査読有り

    Y. Matsuda, H. Yamaguchi, T. Niimi

    Encyclopedia of Microfluidics and Nanofluidics     頁: 1-10   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  30. 陽極酸化被膜上のマイクロドット型PSP実現のためのインクジェット塗布条件 査読有り

    上山淳一, 古川聖, 亀谷知宏, 松田佑, 山口浩樹, 新美智秀, 江上泰広

    日本機械学会論文集   80 巻 ( 811 ) 頁: FE0040   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Dual luminescent arrays sensor fabricated by inkjet-printing ofpressure- and temperature-sensitive paints 査読有り

    T. Kameya, Y. Matsuda, Y. Egami, H. Yamaguchi, T. Niimi

    Sensors and Actuators B: Chemical   190 巻 ( 1 ) 頁: 70-77   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.snb.2013.08.011

  32. Unsteady pressure-sensitive paint measurement based on the heterodyne method using low frame rate camera 査読有り

    Y. Matsuda, D. Yorita, Y. Egami, T. Kameya, N. Kakihara, H. Yamaguchi, K. Asai, T. Niimi

    Review of Scientific Instruments   84 巻 ( 10 ) 頁: 105110   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4826085

  33. Reduction of Temperature Effects in Pressure-Sensitive Paint Measurements 査読有り

    Y. Egami, K. Fujii, T. Takagi, Y. Matsuda, H. Yamaguchi, T. Niimi

    AIAA Journal   51 巻 ( 7 ) 頁: 1779-1782   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2514/1.J052226

  34. ZnS-AgInS2 Nanoparticles as a Temperature Sensor 査読有り

    Y. Matsuda, T. Torimoto, T. Kameya, T. Kameyama, S. Kuwabata, H. Yamaguchi, T. Niimi

    Sensors and Actuators B: Chemical   176 巻   頁: 505-508   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.snb.2012.09.005

  35. Organic Electroluminescent Sensor for Pressure Measurement 査読有り

    Y. Matsuda, K. Ueno, H. Yamaguchi, Y. Egami, T. Niimi

    Sensors   12 巻 ( 10 ) 頁: 13899-13906   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/s121013899

  36. ドット配列による感圧/感温塗料の複合化 査読有り

    亀谷知宏,松田佑,江上泰広,山口浩樹,新美智秀

    日本機械学会論文集B編   78 巻 ( 791 ) 頁: 1327-1335   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaib.78.1327

  37. Investigation on heat transfer between two coaxial cylinders for measurement of thermal accommodation coefficient 査読有り

    H. Yamaguchi, K. Kanazawa, Y. Matsuda, T. Niimi, A. Polikarpov, I. Graur

    Physics of Fluids   24 巻 ( 6 ) 頁: 062002   2012年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4726059

  38. 感圧塗料の空間分解能に関する考察 査読有り

    松田佑,山口浩樹,江上泰広,新美智秀

    日本機械学会論文集B編   78 巻 ( 790 ) 頁: 1260-1266   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaib.78.1260

  39. 矩形管内気体流れに対するMTVの適用 査読有り

    山口浩樹,中嶋悠貴, 山口顕央, 松田佑, 新美智秀

    可視化情報学会論文集   32 巻 ( 6 ) 頁: 15-20   2012年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3154/tvsj.32.9

  40. Pressure-sensitive paint measurement on co-rotating disks in a hard disk drive 査読有り

    T. Kameya, Y. Matsuda, H. Yamaguchi, Y. Egami, T. Niimi

    Optics and Lasers in Engineering   50 巻 ( 1 ) 頁: 82-86   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Unsteady 2D Measurement of Dissolved Oxygen Distribution using Luminescent Sensor Film 査読有り

    Y. Matsuda, F. Nagashima, H. Yamaguchi, Y. Egami, T. Niimi

    Sensors and Actuators B: Chemical   160 巻 ( 1 ) 頁: 1464-1467   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.snb.2011.07.031

  42. Pressure-Sensitive Channel Chip for Visualization Measurement of Micro Gas Flows 査読有り

    Y. Matsuda, R. Misaki, H. Yamaguchi, T. Niimi

    Microfluidics and Nanofluidics   11 巻 ( 4 ) 頁: 507-510   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Experimental Measurement on Tangential Momentum Accommodation Coefficient in a Single Microtube 査読有り

    H. Yamaguchi, T. Hanawa, O. Yamamoto, Y. Matsuda, Y. Egami, T. Niimi

    Microfluidics and Nanofluidics   11 巻 ( 1 ) 頁: 57-64   2011年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. 感圧塗料計測における誤差評価 査読有り

    松田佑,山口浩樹,江上泰広,新美智秀

    日本機械学会論文集B編   77 巻 ( 777 ) 頁: 1189-1200   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. 窒素分子線における回転温度の実験的解析 査読有り

    山口浩樹,森山達也, 井出恭平, 伊藤淳, 松田佑, 新美智秀

    日本機械学会論文集B編   77 巻 ( 774 ) 頁: 282-291   2011年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Pressure-sensitive molecular film for investigation of micro gas flows 査読有り

    Y. Matsuda, T. Uchida, S. Suzuki, R. Misaki, H. Yamaguchi, T. Niimi

    Microfluidics and Nanofluidics   10 巻 ( 1 ) 頁: 165-171   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. 感圧塗料を用いた高速回転ディスク表面の圧力分布計測 査読有り

    亀谷知宏,松田佑,山口浩樹,江上泰広,新美智秀

    日本機械学会論文集C編   76 巻 ( 771 ) 頁: 3002-3007   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Extension and characterization of pressure-sensitive molecular film 査読有り

    Y. Matsuda, H. Mori, Y. Sakazaki, T. Uchida, S. Suzuki, H. Yamaguchi, T. Niimi

    Experiments in Fluids   47 巻 ( 6 ) 頁: 1025-1032   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Experimental Analyses of High Knudsen Number Flows 査読有り

    T. Niimi, H. Mori, H. Yamaguchi, Y. Matsuda

    International Journal of Emerging Multidisciplinary Fluid Sciences   1 巻 ( 3 ) 頁: 213-227   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Discussion on Measurement Mechanism of Pressure-Sensitive Paints 査読有り

    H. Yamaguchi, Y. Matsuda, H. Mori, T. Niimi

    Sensors and Actuators B: Chemical   142 巻   頁: 224-229   2009年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. 酸素感応色素を用いた混合流路内酸素濃度分布の計測 -第2報 流路形状が臨界Reynolds数に与える影響- 査読有り

    松田佑,林田将也,長島史裕,山口浩樹,新美智秀

    可視化情報学会論文集   29 巻 ( 10 ) 頁: 51-57   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. 酸素感応色素を用いた混合流路内酸素濃度分布の計測 -第1報 流動様式の可視化- 査読有り

    松田佑,林田将也,長島史裕,山口浩樹,新美智秀

    可視化情報学会論文集   29 巻 ( 8 ) 頁: 27-33   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. 高クヌッセン数流れのセンシング技術 招待有り 査読有り

    新美智秀,山口浩樹,松田 佑

    ながれ   28 巻 ( 3 ) 頁: 217-224   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  54. 高クヌッセン数流れへの適用を通した感圧塗料の測定原理についての一考察 査読有り

    山口 浩樹,松田 佑,森 英男,新美 智秀

    日本機械学会論文集B編   75 巻 ( 752 ) 頁: 730-735   2009年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. 二原子分子振動遷移衝突モデルの構築(第1報, 振動遷移確率) 査読有り

    山口 浩樹,高木 周,松本 洋一郎

    日本機械学会論文集B編   74 巻 ( 744 ) 頁: 1694-1699   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Si(100)極薄酸化表面の熱分解過程 査読有り

    杵淵郁也,山口浩樹,崎山幸紀,高木周,松本洋一郎

    表面科学   29 巻 ( 9 ) 頁: 537-542   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. 白金ポルフィリン錯体を用いた感圧分子膜の開発 査読有り

    松田 佑, 森 英男, 山口 浩樹, 坂崎 良樹, 内田 徹, 新美 智秀

    日本機械学会論文集B編   74 巻 ( 738 ) 頁: 385-391   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Inhomogeneous Decomposition of Ultrathin Oxide Films on Si(100): Application of Avrami Kinetics to Thermal Desorption Spectra 査読有り

    I. Kinefuchi, H. Yamaguchi, Y. Sakiyama, S. Takagi, Y. Matsumoto

    Journal of Chemical Physics   128 巻   頁: 164712 1-6   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. 感圧塗料の測定原理についての一考察 査読有り

    山口浩樹,松田佑,森英男,新美智秀

    日本機械学会論文集B編   73 巻 ( 725 ) 頁: 112-117   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Multiscale Analysis for Dissociative Adsorption of SiH4 on Si(100) Surface 査読有り

    Y. Sakiyama, Y. Iga, H. Yamaguchi, S. Takagi, Y. Matsumoto

    Surface & Coatings Technology   200 巻   頁: 3385-3388   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. 流体力学における希薄気体のシミュレーションの課題 招待有り 査読有り

    松本 洋一郎,山口 浩樹

    真空   49 巻 ( 8 ) 頁: 470-475   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  62. Ab Initio Studies of the Surface Reaction of Si2C and SiC2 with Si on 4H-SiC (000-1) surface 査読有り

    H. Yamaguchi, Y. Sakiyama, E. Makino, S. Onda, Y. Matsumoto

    Materials Science Forum   527-529 巻   頁: 235-238   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Energy transfer in hyperthermal Xe - graphite surface scattering 査読有り

    Y. Watanabe, H. Yamaguchi, M. Hashinokuchi, K. Sawabe, S. Maruyama, Y. Matsumoto, K. Shobatake

    European Physical Journal D   38 巻 ( 1 ) 頁: 103-109   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Trampoline motions in Xe-graphite (0001) surface scattering 査読有り

    Y. Watanabe, H. Yamaguchi, M. Hashinokuchi, K. Sawabe, S. Maruyama, Y. Matsumoto, K. Shobatake

    Chemical Physics Letters   413 巻   頁: 331-334   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Oxidation Dynamics of Si(100) Surface with O2 Molecular Beam 査読有り

    I. Kinefuchi, A. Ito, H. Yamaguchi, Y. Sakiyama, Y. Matsumoto

    Thermal Science and Engineering   13 巻 ( 4 ) 頁: 73-74   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Direct Simulation Monte Carlo Method on Rarefied Hypersonic Flow Around Flat Plates 査読有り

    N. Tsuboi, H. Yamaguchi, Y. Matsumoto

    Journal of Spacecraft and Rockets   41 巻 ( 3 ) 頁: 397-405   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. 希薄領域における極超音速非平衡流中の衝撃波/境界層干渉 (第2報,並進/回転エネルギー分布状態の比較) 査読有り

    坪井 伸幸,山口 浩樹,松本 洋一郎

    日本機械学会論文集B編   68 巻 ( 670 ) 頁: 1653-1660   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. 希薄領域における極超音速非平衡流中の衝撃波/境界層干渉 (第1報,連続体モデル及びLarsen‐Borgnakkeモデルとの比較) 査読有り

    坪井 伸幸,山口 浩樹,松本 洋一郎

    日本機械学会論文集B編   66 巻 ( 646 ) 頁: 1377-1386   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 道具としての流体力学

    山口浩樹 監修・松本洋一郎( 担当: 単著)

    日本実業出版社  2005年8月  ( ISBN:453403945X

     詳細を見る

    記述言語:日本語

MISC 2

  1. CWレーザーを用いたマイクロ気体流れに対する可視化計測

    木村圭佑, 山口浩樹, 松田佑, 新美智秀  

    可視化情報シンポジウム(CD-ROM)47th 巻   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    J-GLOBAL

  2. 紙流体チップ上での物質分離技術の開発

    前田日奈美, 松田佑, 山口浩樹, 新美智秀  

    日本機械学会東海支部総会講演会講演論文集(CD-ROM)67th 巻   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    J-GLOBAL

講演・口頭発表等 52

  1. 回転円板による接線方向運動量適応係数の計測

    高橋知宏,山口浩樹

    日本流体力学会年会2021  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京(オンライン)   国名:日本国  

  2. 多孔質体の表面性状が内部を通過する高クヌッセン数流れに与える影響

    山口浩樹,佐藤守

    日本機械学会2021年度年次大会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉(オンライン)   国名:日本国  

  3. 熱遷移流場内部における圧力分布に関する研究

    山口浩樹,伊藤宏晃,中井健吾

    日本機械学会2020年度年次大会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋(オンライン)   国名:日本国  

  4. Measurement of Heat Transfer in High Knudsen Number Flow from Anodic Oxide Aluminum Films 国際会議

    H. Yamaguchi, K. Kitou

    International Symposium on Thermal Effects in Gas flows In Microscale (ISTEGIM 2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Ettlingen   国名:ドイツ連邦共和国  

  5. 陽極酸化皮膜における熱的適応係数の計測

    山口浩樹,鬼頭憲司

    日本機械学会2019年度年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田   国名:日本国  

  6. マイクロスケール気体流れに対する実験的計測 招待有り

    山口浩樹,松田佑,新美智秀

    第79回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  7. アコモデーションポンプの作動条件に関する研究

    山口浩樹,松田佑,新美智秀

    日本機械学会2018年度年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:吹田   国名:日本国  

  8. 接線方向運動量適応係数に対する流路材質の影響

    山口浩樹,森大騎,松田佑,新美智秀

    日本流体力学会年会2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:豊中   国名:日本国  

  9. Molecular Dynamics Study on Thermal Transpiration Flow in Nanochannel with Explicit Wall Model 国際会議

    H. Yamaguchi, G. Kikugawa

    31st International Symposium on Rarefied Gas Dynamics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Glasgow   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  10. Measurement of Heat Transfer from Platinum Surface through Water Vapor 国際会議

    H. Yamaguchi, Y. Ozaki, Y. Matsuda, T. Niimi

    MicroFluidics and Non-Equilibrium Gas Flows Conference 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月 - 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Strasbourg   国名:フランス共和国  

  11. 分子動力学法を用いた接線方向運動量適応係数の解析

    山口浩樹,松田佑,新美智秀

    日本流体力学会年会2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月 - 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  12. Molecular Dynamics Study on Thermal Transpiration Flow in Nanochannels 国際会議

    H. Yamaguchi, G. Kikugawa

    The sixteenth International Symposium on Advanced Fluid Information 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  13. 分子動力学法による適応係数の導出

    山口浩樹,松田佑,新美智秀

    日本流体力学会年会2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  14. Measurement of Energy Accommodation Coefficient for Binary Gas Mixtures of Noble Gases 国際会議

    H. Yamaguchi, Y. Tatsuno, Y. Matsuda, T. Niimi

    30th International Symposium on Rarefied Gas Dynamics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  15. Molecular Dynamics Study on Thermal Transpiration Flow 国際会議

    H. Yamaguchi, G. Kikugawa

    The fifteenth International Symposium on Advanced Fluid Information 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  16. 熱遷移流における流路壁面上の圧力分布の可視化計測

    山口浩樹,松田佑,山口顕央,坂井田隼大,新美智秀

    日本流体力学会年会2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  17. Velocity profile measurement by MTV in a rectangular micro-channel 国際会議

    H. Yamaguchi, K. Hayashida, K. Takamori, Y. Matsuda, T. Niimi

    The 16th International Symposium on Flow Visualization 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  18. Experimental Study of Thermal Accommodation Coefficient on Non-metal Surface 国際会議

    H. Yamaguchi, T. Imai, T. Iwai, Y. Matsuda, T. Niimi

    The 5th International Conference on Heat Transfer and Fluid Flow in Microscale 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:フランス共和国  

  19. Velocity Profile Measurement of Gaseous Flow through Rectangular Channel by MTV 国際会議

    H. Yamaguchi, Y. Nakashima, A. Yamaguchi, Y. Matsuda, T. Niimi

    8th World Congress on Experimental Heat Transfer, Fluid Mechanics and Thermodynamics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ポルトガル共和国  

  20. Measurement of Rotational Temperature in Nitrogen Molecular Beam by REMPI 国際会議

    H. Yamaguchi, T. Moriyama, K. Ide, J. Ito, Y. Matsuda, T. Niimi

    28th International Conference on Rarefied Gas Dynamics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. Tangential Momentum Accommodation Coefficient measurements for various materials and gas species 国際会議

    H. Yamaguchi, Y. Matsuda, T. Niimi

    1st European Conference on Gas Micro Flows 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. ExperimentaExperimental Study on Tangential Momentum Accommodation Coefficient in a Single Microtube 国際会議

    H. Yamaguchi, T. Hanawa, O. Yamamoto, Y. Matsuda, Y. Egami, T. Niimi

    The 8th JSME-KSME Thermal & Fluids Engineering Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  23. Experimental Study on Measurement of Energy Accommodation Coefficient by Low-Pressure Method 国際会議

    H. Yamaguchi, K. Kanazawa, Y. Matsuda, T. Niimi

    The 4th International Conference on Heat Transfer and Fluid Flow in Microscale 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  24. Experimental Study on Measurement of Energy Accommodation Coefficient on Platinum Surface 国際会議

    H. Yamaguchi, K. Kanazawa, Y. Matsuda, T. Niimi

    The 3rd GASMEMS Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:イタリア共和国  

  25. Experimental Study on Measurement of Tangential Momentum Accommodation Coefficient in Microtube 国際会議

    H. Yamaguchi, T. Hanawa, O. Yamamoto, Y. Matsuda, Y. Egami, T. Niimi

    ASME 2010 8th International Conference on Nanochannels, Microchannels, and Minichannels 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  26. Experimental Study on Tangential Momentum Accommodation Coefficient by Mass Flow Rate through Microtube 国際会議

    H. Yamaguchi, T. Hanawa, O. Yamamoto, Y. Matsuda, Y. Egami, T. Niimi

    The 2nd GASMEMS Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:フランス共和国  

  27. Experimental Measurement of Rotational Energy Distribution in Nitrogen Molecular Beam by REMPI 国際会議

    H. Yamaguchi, K. Ide, T. Moriyama, Y. Yatsuda, Y. Egami, T. Niimi

    15th International Symposium on Applications of Laser Techniques to Fluid Mechanics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ポルトガル共和国  

  28. Experimental Measurement of Energy Accommodation Coefficient by Low-Pressure Method 国際会議

    H. Yamaguchi, Y. Aoki, K. Kanazawa, Y. Matsuda, T. Niimi

    ASME 2009 2nd Micro/Nanoscale Heat & Mass Transfer International Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  29. Experimental Measurement of Energy Accommodation Coefficient for Metal Surface by Low-Pressure Method 国際会議

    H. Yamaguchi, Y. Aoki, Y. Matsuda, T. Niimi

    7th World Conference on Experimental Heat Transfer, Fluid Mechanics and Thermodynamics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月 - 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ポーランド共和国  

  30. Molecular Dynamics Study on Rare Gas Scattering from Graphite 国際会議

    H. Yamaguchi, K. Shobatake, T. Niimi

    The 7th JSME-KSME Thermal & Fluids Engineering Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  31. Discussion on Application of Pressure Sensitive Paints to High Knudsen Number Flows 国際会議

    H. Yamaguchi, Y. Matsuda, H. Mori, T. Niimi

    Japanese-German Joint SeminarNew Prospects of Molecular Imaging Technology for Interdisciplinary Research 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  32. 高クヌッセン数流れに対する感圧塗料の適用について

    山口 浩樹,松田 佑,森 英男,新美 智秀

    日本流体力学会年会2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  33. Ar-Pt(111)系を用いた分子線散乱実験及び適応係数測定の分子動力学解析

    山口 浩樹,塙 常男,森 英男,新美 智秀

    2008年度日本機械学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    分子線散乱実験による詳細な散乱挙動と統計的平均量である適応係数の関係性について,分子動力学法を用いて詳細に解析した.

  34. Molecular Dynamics Study of Rare Gas-Graphite (0001) Surface Scattering 国際会議

    H. Yamaguchi, K. Shobatake, T. Niimi

    26th International Symposium on Rarefied Gas Dynamics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. 高クヌッセン数流れにおける感圧塗料の適用についての一考察

    山口 浩樹,松田 佑,森 英男,新美 智秀

    日本機械学会流体工学部門講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  36. 高クヌッセン数流れにおける感圧塗料の蛍光強度に関する一考察

    山口 浩樹,松田 佑,森 英男,新美 智秀

    日本流体力学会年会 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. Discussion on Luminescent Intensity of Pressure Sensitive Paint 国際会議

    H. Yamaguchi, Y. Matsuda, H. Mori, T. Niimi

    2007 ASME-JSME Thermal Engineering Conference and Summer Heat Transfer Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  38. DSMCによる表面反応を伴う高クヌッセン数流れのマルチスケ-ル解析

    坪井 伸幸,山口 浩樹

    2006年度日本機械学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  39. グラファイトからの希ガス散乱過程の分子動力学的解析

    山口 浩樹,渡部 佳優,正畠 宏祐,松本 洋一郎

    日本流体力学会年会 2006 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  40. Molecular Dynamics Study of Xe-graphite (0001) surface scattering 国際会議

    H. Yamaguchi, Y. Watanabe, K. Shobatake, S. Maruyama, Y. Matsumoto

    Rarefied Gas Dynamics - 25th International Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ロシア連邦  

  41. SiCの表面分解によるカーボンナノチューブ生成過程の分子動力学解析

    山口 浩樹, 丸山 茂夫

    第43回日本伝熱シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  42. Ab Initio Studies of the Surface Reaction of Si2C and SiC2 with Si on 4H-SiC (000-1) surface 国際会議

    H. Yamaguchi, Y. Sakiyama, E. Makino, S. Onda, Y. Matsumoto

    International Conference on Silicon Carbide and Related Materials 2005 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  43. Molecular Dynamics Study of Gas-Surface Interaction: Xenon Scattering from a Graphite surface 国際会議

    H. Yamaguchi, K. Shobatake, Y. Watanabe, Y. Matsumoto, S. Maruyama

    The 6th KSME-JSME Thermal & Fluids Engineering Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  44. グラファイト表面におけるキセノン原子散乱挙動の分子動力学的解析

    山口 浩樹,正畠 宏祐,渡部 佳優,松本 洋一郎,丸山 茂夫

    熱工学コンファレンス 2004 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  45. 二原子分子振動緩和/励起衝突モデルの構築

    山口 浩樹,高木 周,松本 洋一郎

    日本機械学会2004年度年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  46. Vibrational Relaxation/Excitation Collision Model of Diatomic Molecules for Rarefied Gas Flows 国際会議

    H. Yamaguchi, S. Takagi, Y. Matsumoto

    Rarefied Gas Dynamics - 24th International Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:イタリア共和国  

  47. 二原子分子振動緩和モデルの構築

    山口 浩樹,高木 周,松本 洋一郎,坪井 伸幸

    第35回流体力学講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. 二原子分子振動緩和モデルの構築

    山口 浩樹,高木 周,松本 洋一郎

    日本流体力学会年会2003 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  49. Relaxation Process of Vibrational Degree of Freedom in Binary Collision of Diatomic Molecules 国際会議

    H. Yamaguchi, S. Takagi, Y. Matsumoto

    The 5th JSME-KSME Fluids Engineering Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  50. Vibrational Relaxation of Diatomic Molecules in Rarefied Gas Flows 国際会議

    H. Yamaguchi, S. Takagi, Y. Matsumoto

    Rarefied Gas Dynamics - 23rd International Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  51. Three-Dimensional DSMC Simulation of shock wave-boundary layer interaction in hypersonic rarefied gas flow 国際会議

    N. Tsuboi, H. Yamaguchi, Y. Matsumoto

    The 23rd International Symposium on Shock Waves 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  52. 3D DSMC Simulation of Rarefied Hypersonic Flow over a Sharp Flat Plate 国際会議

    H. Yamaguchi, N. Tsuboi, Y. Matsumoto

    Rarefied Gas Dynamics - 22nd International Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストラリア連邦  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 5

  1. 熱駆動流を利用した紙ベース気体解析チップの開発

    2018年8月 - 2021年3月

    立松財団 研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1500000円 ( 直接経費:1500000円 )

  2. 流路壁面の温度勾配が駆動する流れの特性解明

    2017年12月 - 2018年12月

    日東学術振興財団 研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 環境計測のための小型一酸化窒素計測システムの開発

    2014年6月 - 2015年5月

    日比科学技術振興財団 研究開発助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. マイクロデバイスの熱管理のための熱遷移流に関する研究

    2013年9月 - 2014年9月

    日揮・実吉奨学会 研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 分子線によるグラファイト表面における散乱機構の解明

    2011年4月 - 2012年3月

    豊田理研スカラー 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 18

  1. 高クヌッセン数マイクロ熱流動場の制御を実現する表面ナノ構造の探索

    研究課題/研究課題番号:21K03853  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    山口 浩樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

  2. マイクロ・ナノスケールの表面構造を用いて熱的に駆動する動力機構の構築

    研究課題/研究課題番号:20K04279  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    米村 茂

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:1820000円 ( 直接経費:1400000円 、 間接経費:420000円 )

    マイクロ・ナノスケールの空間で気体温度場に不均一がある場合、気体分子によって固体表面にもたらされる運動量にアンバランスが生じ、クヌッセン力と呼ばれる力が固体に働く。本研究では、二つの物体に温度差を与え、それらを接近させることにより、両物体の間の気体に不均一な温度場を作り出し、クヌッセン力を働かせて相対運動を熱的に駆動する動力機構を構築することを目的とする。
    理論的な考察により、クヌッセン力が得られる条件を検討し、数値シミュレーションによって確認し、理論的予測と照らし合わせながら、所望の力を得るための条件を検討して行く。また、理論及び数値解析で得られた成果を検証することを目的として実験も行う。

  3. マイクロ熱流動場における実在表面に対応した境界条件の研究

    研究課題/研究課題番号:18K03946  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    山口 浩樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    マイクロ熱流動場ではクヌッセン数が大きくなるため,固体表面における境界条件が大きく影響する.しかし,実在の表面に対する境界条件を高精度に表現することは容易ではない.この境界条件とは分子の固体表面における散乱過程のことであり,代表的なパラメータとして分子の固体表面への平均的な適応割合を示す適応係数が知られており,熱輸送に関するエネルギー適応係数(EAC)や流動抵抗に関する接線方向運動量適応係数(TMAC)が実験的に計測されている.そこで,散乱過程に対する異なる統計平均量であるこれら二つの適応係数を同じ固体表面試料に対して比較解析することで,高クヌッセン数となるマイクロ熱流動場における実在表面に対する境界条件を提案することを目指す.
    本年度は,TMACに対する2つの計測システムとEACに対する計測システムの構築と検証を実施した.まずは,金属細線周りの外部流れを用いてTMACを計測する同心二重円管の計測システムでは,微細金属線を用いても流量変化が十分計測できることを確認した.一方で一部の実験結果が理論値と一致しないことから,実験装置の改良の必要性が明らかとなった.もう一方は,粘性真空計を参考にした平行円盤の回転を用いたTMACの計測システムであり,定量的にも既存の結果と矛盾しないことを確認した.更なる検証が今後求められる.EACの計測システムとしては大気圧に近い領域で計測可能な金属細線からの熱流束を計測するシステムの構築を行った.温度を一定にした状態での熱流束の計測からEACを導出できることを確認できたので,今後は高真空状態での計測が既存の知見と一致することを検証していく.
    また,実験結果と境界条件モデルに用いるパラメータセットとの関係を詳しく調査し,その関係性を明らかにした.
    当初の計画通り,同じ固体表面試料に対して二つの適応係数を計測して比較できるようにするための計測システムの構築を,それぞれ2種類のアプローチにより行った.新しく構築した計測システムの検証も進んでおり,さらなる改良により計測結果の精度の改善が期待できる.
    境界条件モデルに関しては,既存の結果を整理することにより,パラメーターセットと得られる統計平均量であるEACやTMACとの関係を明らかにした.この結果を用いることにより,実験的な計測結果を用いて高精度な境界条件のパラメーターセットを提案することが可能になると期待できる.
    今後は計測システムの検証を進め,その後TMAC及びEACの計測を行う.特にクヌッセン数に依存する流れ領域の違いによる影響を詳しく実験的に調査する.得られた結果から境界条件モデルのパラメーターセットを導出するとともに,境界条件モデルの改良についても検討を行う.

  4. ナノポアを有する多孔質体内の流動予測基盤の構築

    研究課題/研究課題番号:18H01368  2018年4月 - 2018年10月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

    新美智秀

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  5. 分子気体力学的なクヌッセン力により駆動するマイクロ物体輸送機構の構築

    研究課題/研究課題番号:17K06141  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    米村 茂

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:1430000円 ( 直接経費:1100000円 、 間接経費:330000円 )

    数値シミュレーションにおいて、マイクロ物体を異なる温度の基板に上から近づけたところ、物体の形状およびその他の条件によって、上向きあるいは下向きのクヌッセン力が得られることを確認し、その力の発生メカニズムを調査した。そして、実験により、物体に作用する力の影響を計測することに成功した。実験系を真空デシケーター内に設置することで圧力の影響も調査し、詳しく特性を解明することに成功した。
    物体の周りで、気体の平均自由行程程度の長さ(60ナノメートル)程度で温度変化がある場合、物体に働く力がアンバランスになり、物体に力を働かせることが出来る。このことを数値シミュレーションおよび実験により確かめ、その力のメカニズムを調査した。このことの理解が進めば、複雑な機構なしに、温度場を作るだけでマイクロ・ナノサイズの物体を輸送することが出来るようになる。マイクロ・ナノスケールでは複雑な加工が難しいため、シンプルであることが重要なポイントなのである。

  6. すべり流における温度ジャンプ係数の計測手法の開発

    研究課題/研究課題番号:16K14157  2016年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    山口 浩樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    本研究では,すべり流領域の固体表面において生じる温度ジャンプに対する計測手法の確立を目指した.そして,混合ガスの混合比に対する温度ジャンプ係数の特性の調査を試みた.同心球殻系の装置を利用した計測を試みたが,説明が困難な結果が確認された.そのため,装置内部に対する詳細な熱輸送解析を実施し,同軸円筒系の装置の設計,構築を行った.併せて,混合ガスの熱的適応係数の計測から温度ジャンプ係数の混合比に対する特性を推定した.

  7. クヌッセンポンプを用いたPM2.5濃度計測装置の開発

    研究課題/研究課題番号:26630048  2014年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    新美智秀

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  8. マイクロスケールにおける水分子の流動特性の解明

    研究課題/研究課題番号:26630049  2014年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    山口浩樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

  9. 分子スケールからの流体‐壁面間相互作用の相補的な解明

    研究課題/研究課題番号:23760153  2011年4月 - 2014年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  若手研究(B)

    山口浩樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:9900000円 )

  10. 機能性分子センサを備えたスマートマイクロ流路の開発

    研究課題/研究課題番号:23656132  2011年4月 - 2014年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    新美智秀

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  11. 高クヌッセン数マイクロ流れの多次元多変量複合同時計測

    研究課題/研究課題番号:21246034  2009年4月 - 2012年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(A)

    新美智秀

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  12. 圧力高分解能を実現する有機EL-PSPの開発

    研究課題/研究課題番号:21656052  2009年4月 - 2011年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    新美智秀

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  13. 高クヌッセン数流れ境界条件の解析

    研究課題/研究課題番号:20760111  2008年4月 - 2010年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  若手研究(B)

    山口浩樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

  14. 分子線実験と数値実験の融合による気体‐表面相互作用の詳細解明

    研究課題/研究課題番号:19656048  2007年4月 - 2009年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  萌芽研究

    新美智秀

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  15. 高クヌッセン数流れにおける気体分子-固体表面間相互作用の解析

    研究課題/研究課題番号:18769002  2006年4月 - 2008年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  若手研究(B)

    山口 浩樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3200000円 ( 直接経費:3200000円 )

  16. 高クヌッセン数流れのフォトニック・アナリシス

    研究課題/研究課題番号:18360086  2006年4月 - 2008年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

    新美 智秀

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  17. 表面触媒反応の量子分子動力学的解析

    研究課題/研究課題番号:04J10106  2004年4月 - 2006年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    山口浩樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  18. プラズマプロセッシングにおける非平衡希薄気体流れ

    研究課題/研究課題番号:01J06107  2001年4月 - 2004年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    山口浩樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学以外) 4

  1. 機械宇宙工学特別講義

    2020年12月 北海道大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  2. コンピュータリテラシ

    2008年4月 - 2009年3月 愛知工業大学)

  3. コンピュータリテラシ

    2007年4月 - 2008年3月 愛知工業大学)

  4. プログラミングB演習

    2005年4月 - 2006年3月 東洋大学)