2021/08/18 更新

写真a

ヨシノ マサヒト
吉野 正人
YOSHINO, Masahito
所属
大学院工学研究科 エネルギー理工学専攻 エネルギー材料工学 助教
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 エネルギー理工学科
職名
助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2003年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 6

  1. エネルギー貯蔵

  2. 金属材料一般

  3. エネルギー変換

  4. 光物性

  5. 無機化合物

  6. 電子構造

研究分野 5

  1. その他 / その他  / 構造・機能材料

  2. その他 / その他  / 無機材料・物性

  3. その他 / その他  / 金属物性

  4. その他 / その他  / 原子・分子・量子エレクトロニクス

  5. その他 / その他  / 機能材料・デバイス

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 酸化物中希土類イオンによる遷移スペクトルの解析

  2. 酸化物中水素イオンの存在状態の第一原理計算による解析

  3. 発光材料の性質の理解と材料設計

経歴 5

  1. 名古屋大学大学院工学研究科 助教

    2007年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学大学院工学研究科 助手

    2004年9月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学大学院工学研究科 研究員(COE)

    2003年5月 - 2004年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋産業科学研究所 研究員

    2003年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 日本学術振興会 特別研究員(DC1)

    2000年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 名古屋大学   工学研究科   材料機能工学専攻

    2000年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   工学研究科   材料機能工学専攻

    1998年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   工学部   材料機能工学科

    1994年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本金属学会

  2. 応用物理学会

  3. 日本セラミックス協会

  4. 日本化学会

  5. DV-Xα研究協会   常任幹事

    2005年4月 - 現在

委員歴 3

  1. 「水素脆化研究の基盤構築」研究会(「水素脆化研究の基盤としての材料中の水素の解析」フォーラム)   委員  

    2010年4月 - 2014年3月   

  2. 第39回東海若手セラミスト懇話会秋期講演会   実行委員長  

    2009年10月   

  3. 日本セラミックス協会 東海支部 東海若手セラミスト懇話会   運営委員  

    2007年4月 - 現在   

受賞 1

  1. 第9回DV-Xα研究協会奨励賞

    2003年8月   DV-Xα研究協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 89

  1. Fabrication of (Pb0.9Sr0.1)TiO3/SrTiO3 artificial superlattice thin films and their electromechanical response 査読有り

    Iguchi Yusuke, Yamada Tomoaki, Sakata Osami, Yoshino Masahito, Nagasaki Takanori

    JOURNAL OF THE CERAMIC SOCIETY OF JAPAN   128 巻 ( 8 ) 頁: 431 - 435   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本セラミックス協会  

    <p>Artificial superlattice thin films of (Pb<sub>0.9</sub>Sr<sub>0.1</sub>)TiO<sub>3</sub> (PST)<i><sub>n</sub></i>/SrTiO<sub>3</sub> (STO)<i><sub>m</sub></i> were grown on SrRuO<sub>3</sub>-electroded DyScO<sub>3</sub> (001)<sub>pc</sub> substrates by pulsed laser deposition. X-ray diffraction (XRD) showed that the fabricated superlattice thin films have a good periodicity in the out-of-plane direction, indicating the sharp interfaces regardless of the difference in layer thickness. Synchrotron XRD indicated that the film with <i>n</i>/<i>m</i> = 14/20 had a weak periodicity in the in-plane direction, which may had arisen from the ordered polar vortex arrays existing in the PST layers. All the fabricated superlattice thin films showed the electric field-induced strain, though its magnitude was smaller than that for typical ferroelectric materials.</p>

    DOI: 10.2109/jcersj2.20022

    Web of Science

    CiNii Article

  2. Enhanced intrinsic piezoelectric response in (001)-epitaxial single c-domain Pb(Zr,Ti)O-3 nanorods 査読有り 国際誌

    Okamoto Kazuki, Yamada Tomoaki, Nakamura Kentaro, Takana Hidenori, Sakata Osami, Phillips Mick, Kiguchi Takanori, Yoshino Masahito, Funakubo Hiroshi, Nagasaki Takanori

    APPLIED PHYSICS LETTERS   117 巻 ( 4 )   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/5.0012998

    Web of Science

  3. Large impact of strain on the electro-optic effect in (Ba, Sr)TiO3 thin films: Experiment and theoretical comparison 査読有り 国際誌

    Kondo Shinya, Yamada Tomoaki, Tagantsev Alexander K., Ma Ping, Leuthold Juerg, Martelli Paolo, Boffi Pierpaolo, Martinelli Mario, Yoshino Masahito, Nagasaki Takanori

    APPLIED PHYSICS LETTERS   115 巻 ( 9 )   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.5117218

    Web of Science

  4. Theoretical estimation of the linear electro-optic effect in compressively strained c-domain (Ba, Sr)TiO3 thin films using a phenomenological thermodynamic model 査読有り

    Kondo Shinya, Yamada Tomoaki, Tagantsev Alexander, Setter Nava, Yoshino Masahito, Nagasaki Takanori

    JOURNAL OF THE CERAMIC SOCIETY OF JAPAN   127 巻 ( 6 ) 頁: 348 - 352   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本セラミックス協会  

    <p>The influence of compressive strain on the linear electro-optic (EO) effect in <i>c</i>-domain (Ba<i><sub>x</sub></i>Sr<sub>1−</sub><i><sub>x</sub></i>)TiO<sub>3</sub> (BST) thin films was theoretically investigated using a phenomenological thermodynamic model. We considered that the <i>c</i>-domain BST thin films were grown on cubic substrates and an electric field was applied parallel to the direction of spontaneous polarization. To estimate the EO coefficients, we considered not only the intrinsic EO effect but also the elasto-optic effect by converse piezoelectric response. We found that the EO response is mostly determined by the difference in temperature from the ferroelectric-to-paraelectric phase transition boundary modified by the strain, and the elasto-optic effect appreciably affects the overall EO coefficient when the intrinsic EO effect is weak.</p>

    DOI: 10.2109/jcersj2.19011

    Web of Science

    CiNii Article

  5. Examination of Transmutation Effect on Responses of K-Type and N-Type Thermocouples at Fusion Blanket 査読有り 国際誌

    Tanaka Teruya, Noto Hiroyuki, Sato Fuminobu, Hishinuma Yoshimitsu, Sakaue Hiroyuki A., Yoshino Masahito

    FUSION SCIENCE AND TECHNOLOGY   75 巻 ( 8 ) 頁: 1076 - 1083   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15361055.2019.1658039

    Web of Science

  6. Theoretical Analysis of Nanogenerators with Aligned Nanorods for Piezoelectric Energy Harvesting 査読有り 国際誌

    Song Jundong, Yamada Tomoaki, Yoshino Masahito, Nagasaki Takanori

    SENSORS AND MATERIALS   31 巻 ( 11 ) 頁: 3669 - 3679   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18494/SAM.2019.2149

    Web of Science

  7. Influence of deposition conditions on self-assembled growth of Pb(Zr,Ti)O-3 nanorods by pulsed laser deposition at elevated oxygen pressure 査読有り

    Okamoto Kazuki, Yamada Tomoaki, Yasumoto Jun, Nakamura Kentaro, Yoshino Masahito, Nagasaki Takanori

    JOURNAL OF THE CERAMIC SOCIETY OF JAPAN   126 巻 ( 5 ) 頁: 276 - 280   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本セラミックス協会  

    Self-assembled Pb(Zr,Ti)O<sub>3</sub> (PZT) nanorods were grown by pulsed laser deposition (PLD) at an elevated oxygen pressure. PZT grew as a film in the initial growth stage and formed nanorods upon further deposition. The influence of the substrate temperature, target-substrate distance, and Pb composition of the targets on nanorod growth was investigated. It was found that the average radius of the PZT nanorods was larger at higher substrate temperatures and longer target-substrate distances, which can be explained respectively by the enhanced surface diffusion and shadowing effect of the PLD species. The results of this study can contribute to controlling the sizes of PZT nanorods to tune their piezoelectric response.

    DOI: 10.2109/jcersj2.17255

    Web of Science

    CiNii Article

  8. Indirect measurements of electrocaloric effect in ferroelectric thin films by positive-up-negative-down method 査読有り

    Matsuo Shogo, Yamada Tomoaki, Kamo Takafumi, Funakubo Hiroshi, Yoshino Masahito, Nagasaki Takanori

    JOURNAL OF THE CERAMIC SOCIETY OF JAPAN   125 巻 ( 6 ) 頁: 441 - 444   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本セラミックス協会  

    Positive-up-negative-down (PUND) polarization measurement was employed to indirectly estimate the electrocaloric (EC) effect in ferroelectric films. By subtracting the conductive component from the observed charge profile, the polarization values at various electric fields and temperatures were precisely determined. The estimated EC effect for an epitaxial Ba<sub>0.3</sub>Sr<sub>0.7</sub>O<sub>3</sub> thin film fabricated on SrRuO<sub>3</sub>/SrTiO<sub>3</sub> (001) substrate showed the largest temperature change at around the ferroelectric-paraelectric phase transition temperature, which agrees with the theoretical prediction. On the other hand, the EC effect estimated by the conventional hysteresis loop measurement showed different peaking temperature from the theoretical prediction. The deviation became larger with lowering the measurement frequency. The observed results indicate the importance of precise evaluation of polarization for the examined temperature-electric field space.

    DOI: 10.2109/jcersj2.16283

    Web of Science

    CiNii Article

  9. Enhanced figure of merit in Pb(Zr,Ti)O-3 nanorods for piezoelectric energy harvesting 査読有り 国際誌

    Song Jundong, Yamada Tomoaki, Okamoto Kazuki, Yoshino Masahito, Nagasaki Takanori

    AIP ADVANCES   10 巻 ( 10 )   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/5.0023937

    Web of Science

  10. Significant effect of Mg-pressure-controlled annealing: non-stoichiometry and thermoelectric properties of Mg2-Si1-xSbx 査読有り

    Kato Daisuke, Iwasaki Kouta, Yoshino Masahito, Yamada Tomoaki, Nagasaki Takanori

    PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS   20 巻 ( 40 ) 頁: 25939-25950   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c8cp04839h

    Web of Science

  11. Strong impact of SrTiO3/TiO2 buffer layer on epitaxial growth and dielectric response of Ba0.7Sr0.3TiO3 thin films on MgO 査読有り

    Kondo Shinya, Yamada Tomoaki, Yoshino Masahito, Nagasaki Takanori

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   57 巻 ( 9 )   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7567/JJAP.57.0902B1

    Web of Science

  12. Spectroscopic and first-principles calculation studies of the chemical forms of palladium ion in nitric acid solution for development of disposal of high-level radioactive nuclear wastes 査読有り

    Watanabe Shinta, Sato Toshikazu, Yoshida Tomoko, Nakaya Masato, Yoshino Masahito, Nagasaki Takanori, Inaba Yusuke, Takeshita Kenji, Onoe Jun

    AIP ADVANCES   8 巻 ( 4 )   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.5025778

    Web of Science

  13. Crystallographic orientation dependence of the sputtering yields of nickel and copper for 4-keV argon ions determined using polycrystalline targets 査読有り

    Nagasaki Takanori, Hirai Hiroharu, Yoshino Masahito, Yamada Tomoaki

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS   418 巻   頁: 34-40   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nimb.2017.12.023

    Web of Science

  14. Control of Mg content and carrier concentration via post annealing under different Mg partial pressures for Sb-doped Mg2Si thermoelectric material 査読有り

    Kato Daisuke, Iwasaki Kouta, Yoshino Masahito, Yamada Tomoaki, Nagasaki Takanori

    JOURNAL OF SOLID STATE CHEMISTRY   258 巻   頁: 93-98   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jssc.2017.10.003

    Web of Science

  15. Experimental study of effect of strain on electrocaloric effect in (001)-epitaxial (Ba, Sr)TiO3 thin films 査読有り

    Yamada Tomoaki, Matsuo Shogo, Kamo Takafumi, Funakubo Hiroshi, Yoshino Masahito, Nagasaki Takanori

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   56 巻 ( 10 )   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7567/JJAP.56.10PF15

    Web of Science

  16. Charge screening strategy for domain pattern control in nano-scale ferroelectric systems 査読有り

    Yamada Tomoaki, Ito Daisuke, Sluka Tomas, Sakata Osami, Tanaka Hidenori, Funakubo Hiroshi, Namazu Takahiro, Wakiya Naoki, Yoshino Masahito, Nagasaki Takanori, Setter Nava

    SCIENTIFIC REPORTS   7 巻   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-05475-x

    Web of Science

  17. High carrier concentration in Mg2Si1-xSbx (0 <= x <= 0.10) prepared by a combination of liquid-solid reaction, ball milling, and spark plasma sintering 査読有り

    Kato Daisuke, Iwasaki Kouta, Yoshino Masahito, Yamada Tomoaki, Nagasaki Takanori

    INTERMETALLICS   81 巻   頁: 47-51   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.intermet.2017.02.020

    Web of Science

  18. Nonlinear electric field dependence of electrocaloric effect in (001)-epitaxial (Ba, Sr) TiO3 thin films 査読有り

    Matsuo S., Yamada T., Yoshino M., Nagasaki T., Kamo T., Funakubo H.

    2017 JOINT IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON THE APPLICATIONS OF FERROELECTRIC (ISAF)/INTERNATIONAL WORKSHOP ON ACOUSTIC TRANSDUCTION MATERIALS AND DEVICES (IWATMD)/PIEZORESPONSE FORCE MICROSCOPY WORKSHOP (PFM)     頁: 68-70   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  19. Intra- and inter-atomic optical transitions of Fe, Co, and Ni ferrocyanides studied using first-principles many-electron calculations 査読有り

    Shinta Watanabe, Yuki Sawada, Masato Nakaya, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki, Tatsuya Kameyama, Tsukasa Torimoto, Yusuke Inaba, Hideharu Takahashi, Kenji Takeshita, Jun Onoe

    Journal of Applied Physics   119 巻   頁: 235102   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Ab initio Study on Face Azimuth Dependency of Surface Energy and Structure in PbTiO3 査読有り

    Yosuke Takagi, Tomoaki Yamada, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki

    Ferroelectrics   490 巻   頁: 167-173   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Domain Structure of Tetragonal Pb(Zr,Ti)O3 Nanorods and its Size Dependence 査読有り

    T. Yamada, D. Ito, O. Sakata, J. Kuroishi, T. Namazu, Y. Imai, T. Shiraishi, T. Shimizu, H. Funakubo, M. Yoshino, and T. Nagasaki

    Japanese Journal of Applied Physics   54 巻   頁: 10NA07   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Negligible Substrate Clamping Effect on Piezoelectric Response in (111)-Epitaxial Tetragonal Pb(Ti, Zr)O3 Films 査読有り

    T. Yamada, J. Yasumoto, D. Ito, O. Sakata, Y. Imai, T. Kiguchi, T. Shiraishi, T. Shimizu, H. Funakubo, M. Yoshino, T. Nagasaki

    Journal of Applied Physics   118 巻 ( 7 ) 頁: 072012   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Fabrication of Tetragonal Pb(Zr,Ti)O3 Nanorods by Focused Ion Beam and Characterization of the Domain Structure 査読有り

    D. Ito, T. Yamada, M. Yoshino, T. Nagasaki, O. Sakata, J. Kuroishi, T. Namazu, T. Shiraishi, T. Shimizu, and H. Funakubo

    Proc. IEEE ISAF-ISIF-PFM 2015     頁: 175-177   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Bi4Ti3O12 Nanowall Growth Driven by Anisotropic Growth Rate and Size Control 査読有り

    Tomoaki Yamada, Takaaki Shibata, Koji Ishii, Junichi Kimura, Hiroshi Funakubo, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki

    Japanese Journal of Applied Physics   52 巻   頁: 09Ka09   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7567/JJAP.52.09KA09

  25. Influence of Ba/Sr ratio in compressively-strained (Ba,Sr)TiO3(001) films on the ferroelectric phase transition 査読有り

    Tomoaki YAMADA, Itaru TAKUWA, Takafumi KAMO, Takashi IIJIMA, Masahito YOSHINO, Takanori NAGASAKI, Hiroshi FUNAKUBO

    Journal of the Ceramic Society of Japan   121 巻 ( 8 ) 頁: 690-692   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2109/jcersj2.121.690

  26. 原子化エネルギーから見た3d遷移金属フッ化物の化学結合

    森永正彦、斉藤由樹、伊藤和樹、吉野正人、湯川宏、中井浩巳

    DV-Xα研究協会会報   26 巻 ( 1&2 ) 頁: 58-61   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  27. Characterization of Er2O3 ceramic coatings by luminescence measurements 査読有り

    T. Tanaka, M. Yoshino, Y. Hishinuma, D. Zhang, W. Kada, F. Sato, T. Iida, T. Nagasaki, T. Muroga

    Journal of Nuclear Materials   417 巻 ( 1-3 ) 頁: 794-797   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  28. Energy expression of the chemical bond between atoms in metal oxides 査読有り

    Yoshifumi Shinzato, Yuki Saito, Masahito Yoshino, Hiroshi Yukawa, Masahiko Morinaga, Takeshi Baba and Hiromi Nakai

    Journal of Physics and Chemistry of Solids   72 巻 ( 7 ) 頁: 853-861   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Analysis of 4f-5d excitation spectra of Pr3+-doped SrY2O4

    S. Watanabe, Y. Ichikawa, M. Yoshino, T. Yamada, T. Nagasaki

    UVSOR Activity Report 10     頁: 84   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  30. Excitation and Emission Spectra for Nd3+ in SrY2O4

    M. Yoshino, Y. Ichikawa, S. Watanabe

    UVSOR Activity Report 09     頁: 131   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  31. First-principles and Experimental Analysis of f n-f n-1d 1 Absorption Spectra and Multiplet Energy Levels of Pr3+, Nd3+, and U3+ in LiYF4 査読有り

    S. Watanabe, K. Ogasawara, M. Yoshino, T. Nagasaki

    Physical Review B   81 巻 ( 12 ) 頁: 125128   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Analysis of 4f-5d excitation spectra of Pr3+-doped SrY2O4

    S. Watanabe, Y. Ichikawa, M. Yoshino, T. Yamada, T. Nagasaki

    UVSOR Activity Report   10 巻   頁: 84   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  33. Excitation Spectra for Ce3+ in SrY2O4

    M. Yoshino, S. Watanabe, Y. Ichikawa

    UVSOR Activity Report 08     頁: 122   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  34. Crystal structure of an oxygen deficient strontium cobaltate, Sr6Co5O14.3 査読有り

    K. Iwasaki, H. Yamane, T. Murase, M. Yoshino, T. Ito, T. Nagasaki, Y. Arita, T. Matsui

    Journal of the Ceramic Society of Japan   117 巻   頁: 89-93   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Neutron powder diffraction and difference maximum entropy methodanalysis of protium- and deuterium-dissolved BaSn0.5In0.5O2.75+α 査読有り

    T. Nagasaki, S. Shiotani, N. Igawa, M. Yoshino, K. Iwasaki, H. Fukazawa, W.Utsumi

    Journal of Solid State Chemistry   182 巻   頁: 2632-2639   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Measurement of f-d absorption spectrum for heavy lanthanides in LiYF4 by using the synchrotron light source and its analysis based on the first-principles calculation

    Shinta Watanabe, Kazuyoshi Ogasawara, Masahito Yoshino

    Open Research Center for Coordination Molecule-based Devices2008 Symposium on Coordination Compounds as Inorganic-organic Composite Materials abstract     頁: 31   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  37. Temperature dependence of the D–H replacement rates in rates in D-implanted oxide ceramics exposed to H2O vapor 査読有り

    K. Morita, B. Tsuchiya S. Nagata, K. Katahira, M. Yoshino, Y. Arita, T. Ishijima, H. Sugai

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B   258 巻 ( 1 ) 頁: 282-286   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. A water splitting model of Coulomb interactions of its dipole with surface defects of hydrogen implanted perovskite oxide 査読有り

    K. Morita, B. Tsuchiya S. Nagata, K. Katahira, M. Yoshino, J. Yuhara, Y. Arita, T. Ishijima, H. Sugai

    Solid State Ionics (Proceedings of the 16th International Conference on Solid State Ionics (SSI-16))   179 巻 ( 21-26 ) 頁: 793-796   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. *Location of deuterium atoms in BaZr0.5In0.5O2.75+α at 10 K by neutron powder diffraction 査読有り

    Takanori Nagasaki, Tsuyoshi Ito, Masahito Yoshino, Kouta Iwasaki, Shinya Shiotani, Hiroshi Fukazawa, Naoki Igawa, Yoshinobu Ishii

    J. Nucl. Sci. Technol.   Supplement 巻 ( 6 ) 頁: 122-127   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Thermoelectric Properties of Polycrystalline La1-xSrxCoO3 査読有り

    Kouta Iwasaki, Tsuyoshi Ito, Takanori Nagasaki, Yuji Arita, Masahito Yoshino, and Tsuneo Matsui

    J. Solid State Chem.     頁: in press   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Excitation Spectra for Lanthanides in YAG and its First-Principles Analysis

    M. Yoshino, S. Watanabe, H. Yoshida and K. Ogasawara

    UVSOR Activity Report 07     頁: 86   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  42. The Temperature dependence of Absorption Spectra for Heavy Lanthanides in LiYF4 and its First-Principles Analysis

    S. Watanabe, K. Ogasawara, and M. Yoshino

    UVSOR Activity Report 07     頁: 85   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  43. *1.5 μm Luminescence and Electronic Structures in Er-containing Compounds

    Yoshino, M

    Bulletin of the Society for Discrete Variational Xalpha   19 巻   頁: 31   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  44. Electrical conductivity and seebeck coefficient of Sr6Co5O14.3 single crystal 査読有り

    Iwasaki, Kouta; Murase, Tamotsu; Ito, Tsuyoshi; Yoshino, Masahito; Matsui, Tsuneo; Nagasaki, Takanori; Arita, Yuji

    Jpn. J. Appl. Phys. Part 1 - Regul. Pap. Brief Commun. Rev. Pap.   46 巻 ( 1 ) 頁: 256-260   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Rod-like single crystals of Sr6Co5O14.3 Were grown by the flux method, and the electrical conductivity (sigma), Seebeck coefficient (S) and power factor (sigma S-2) were investigated in the temperature range of 300-900 K in air to explore the potential as thermoelectric materials. Sr6Co5O14.3 is an oxygen-nonstoichiometric phase of Sr6Co5O15, which is a member of the homologous (A(3)Co(2)O(6))(m)(A(3)Co(3)O(9))(n) [A = Ca, Sr, Ba] series including Ca3Co2O6 (m = 1, n = 0) and BaCoO3 (m = 0, n = 1) as the end members. The rod-like single crystals mainly grew along Co-O one-dimensional chains (c-axis) consisting of face-sharing CoO6 octahedra and CoO6 triangular prisms. The electrical conductivity along the Co-O chains showed semiconducting behavior (260-9600 S m(-1) in the temperature range of 300-900 K). The Seebeck coefficient was positive, and decreased with increasing temperature (280-140 mu V K-1). The power factor increased with increasing temperature (0.20 x 10(-4)-1.9 x 10(-4) W m(-1) K-2), which was about one order of magnitude larger than that of polycrystalline Sr6Co5O15.

  45. Location of deuterium atoms in BaSn0.5In0.5O2.75+alpha by neutron powder diffraction at 10 K 査読有り

    Ito, Tsuyoshi; Nagasaki, Takanori; Iwasaki, Kouta; Yoshino, Masahito; Matsui, Tsuneo; Igawa, Naoki; Ishii, Yoshinobu

    Solid State Ion.   178 巻 ( 1-2 ) 頁: 13-17   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This paper describes a neutron diffraction study that has located hydrogen atoms in a proton-conducting perovskite oxide more definitely than ever. The neutron diffraction data were collected on BaSn0.5In0.5O2.75 with and without dissolved D2O at 10 K. Data analysis by the Rietveld method and the maximum entropy method revealed that deuterium atoms were located at or very close to the 12h site of the cubic perovskite structure (space group Pm3m) with an O-D distance of 1.0 angstrom. This hydrogen position is similar to those suggested by the previous computational studies for proton-conducting perovskite oxides. (c) 2006 Elsevier B.V All rights reserved.

  46. Power factor of La1-xSrxFeO3 and LaFe1-yNiyO3 査読有り

    Iwasaki, Kouta; Ito, Tsuyoshi; Yoshino, Masahito; Matsui, Tsuneo; Nagasaki, Takanori; Arita, Yuji

    J. Alloy. Compd.   430 巻 ( 1-2 ) 頁: 297-301   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The electrical conductivity (sigma), Seebeck coefficient (S), and power factor (sigma S-2) of perovskite-type LaFeO3, La1-xSrxFeO3 [0.1 <= x <= 0.4] and LaFe1-yNiyO3 [0.1 <= y <= 0.6] were investigated in the temperature range of 300-1100 K to explore their possibility as thermoelectric materials. The electrical conductivity of LaFeO3 showed semiconducting behavior, and its Seebeck coefficient changed from positive to negative around 650 K with increasing temperature. The electrical conductivity of LaFeO3 increased with the substitutions of Sr and Ni atoms, while its Seebeck coefficient decreased. The Seebeck coefficient of La1-xSrxFeO3 was positive, whereas that of LaFe1-yNiyO3 changed from positive to negative with increasing Ni content. The substitutions of Sr and Ni were effective in increasing the power factor of LaFeO3; 0.0053 x 10(-4) Wm(-1) K-2 for LaFeO3 (1050K), 1.1 x 10(-4) Wm(-1) K-2 for La1-xSrxFeO3 (x = 0.1 at 1100K) and 0.63 x 10(-4) Wm(-1) K-2 for LaFe1-yNiyO3 (y = 0.1 at 1100K).

  47. *Photoluminescence of Er-containing metal oxide in U-band 査読有り

    Takaaki Ito, Masahito Yoshino, Kouta Iwasaki, Tsuneo Matsui, Takanori Nagasaki

    Proceedings of International Symposium on EcoTopia Science 2007     頁: 128-130   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  48. Thermoelectric properties of (La,Ca)CrO3 査読有り

    Kouta Iwasaki, Hiroshi Kawashima, Takanori Nagasaki, Yuji Arita, Masahito Yoshino, Tsuneo Matsui

    Proceeding of the International Symposium on EcoTopia Science 2007     頁: 58-60   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  49. Thermoelectric properties of Fe3-xCoxSi Heusler alloys 査読有り

    Kohei Ishii, Kouta Iwasaki, Yuji Arita, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki, Tsuneo Matsui

    Proceeding of the International Symposium on EcoTopia Science 2007     頁: 142-144   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  50. Electrical conductivity and Seebek coefficient of Ba-Co-C-O single crystal 査読有り

    Teruhisa Yamamoto, Kouta Iwasaki, Yuji Arita, Hisanori Yamane, Takashi Takeda, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki, Tsuneo Matsui

    Proceeding of the International Symposium on EcoTopia Science 2007     頁: 145-147   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  51. Location of Deuterium Atoms in BaSn0.5In0.5O2.75+&#61537; at 77-473 K by Neutron Powder Diffraction 査読有り

    Tsuyoshi Ito, Takanori Nagasaki, Kouta Iwasaki, Masahito Yoshino, Tsuneo Matsui, Hiroshi Fukazawa, Naoki Igawa, and Yoshinobu Ishii

    Solid State Ionics   178 巻   頁: 607-613   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. The determination of deuteron site in SrZr0.95Sc0.05O3-alpha by neutron powder diffraction 査読有り

    Ito, Tsuyoshi; Nagasaki, Takanori; Iwasaki, Kouta; Yoshino, Masahito; Matsui, Tsuneo; Igawa, Naoki; Ishii, Yoshinobu

    Solid State Ion.   177 巻 ( 26-32 ) 頁: 2353-2356   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    High-resolution, powder, neutron diffraction data have been collected on the protonic conductors SrZr0.95Sc0.05O3-alpha with and without dissolved heavy water at a temperature of 10K. Diffraction data have been analyzed by the Rietveld and maximum entropy methods (MEM). The crystal structure of these samples at 10K is successfully refined assuming a perovskite-type structure with the space group Pnma. The deuterons are located outside the ZrO6/ScO6 octahedra near oxygen atoms. (c) 2006 Elsevier B.V. All rights reserved.

  53. Sr6Co5O15-δの熱電特性に及ぼす酸素量の影響 査読有り

    岩崎航太、伊藤剛、吉野正人、松井恒雄、長崎正雅、有田裕二

    第3回日本熱電学会学術講演会論文集     頁: 132-133   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Local geometry and energetics of hydrogen in orthorhombic SrZrO3 査読有り

    Liu, Y; Yoshino, M; Tatsumi, K; Tanaka, I; Morinaga, M; Adachi, H

    Mater. Trans.   46 巻 ( 6 ) 頁: 1106-1111   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The local geometry around hydrogen and activation energies for hydrogen transfer in undoped, Y-and Al-doped SrZO(4), have been studied using the density functional theory under the generalized gradient approximation. It is shown that strong, O-H bond is formed and orientated towards the outside of the ZrO6 octahedron in SrZrO3. The hydrogen tends to approach the dopant ion in the doped oxides. It is found that large local distortion is induced around hydrogen and dopant ion, and affects the activation energy of hydrogen transfer largely. The calculated activation energies are in agreement with the experimental values in the doped oxides.

  55. エルビウムをドープしたペロブスカイト型酸化物の1.5μm帯の発光と電子状態

    吉野 正人、伊藤 孝明、伊藤 剛、岩崎 航太、小泉 淳、小森 敏敬、鮎川 達也、周 震、豊島 広朗、小笠原 一禎、竹田 美和、森永 正彦、松井 恒雄、長崎 正雅

    DV-Xa研究協会会報   18 巻 ( 1 ) 頁: 56-61   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  56. *Local electronic structure and protonic conductivity in perovskite-type oxide, SrZrO3 査読有り

    Yoshino, M; Kato, K; Mutiara, E; Yukawa, H; Morinaga, M

    Mater. Trans.   46 巻 ( 6 ) 頁: 1131-1139   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Local electronic states around hydrogen and acceptor ions in SrZrO3 are simulated by the DV-X alpha molecular orbital method to examine their effects on protonic conductivity. The calculated ioncities of the acceptor dopant ion, M. and the surrounding six oxygen ions, O-(i) (i = 1-6) are found to change largely with M in the doped oxide, where M's are Yb, Y, In, Al and Ga. There is a clear tendency that the protonic conductivity decreases as these ionocities around the dopant ion. M, deviate further from the ones around the Zr ion in un-doped oxide. Also, in a geometrical viewpoint, the bond order between M and O-(i) (i = 1-6) ions is another indication to control the protonic conductivity. The presence of the slightly weaker M-O-(i) bond than the Zr-O bond causes small expansion of the MO6 octahedron, and then gives a nearly symmetrical position for proton to move readily to the neighboring oxygen sites. These results are also found in the other oxides, BaZrO3 and CaZrO3. Both the ionicity and the bond order are indeed useful parameters for the design of perovskite-type oxides with high protonic conductivity.

  57. *Nature of the chemical bond in complex hydrides, NaAlH4, LiAlH4, LiBH4 and LiNH2 査読有り

    Yoshino, M; Komiya, K; Takahashi, Y; Shinzato, Y; Yukawa, H; Morinaga, M

    J. Alloy. Compd.   404 巻   頁: 185-190   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    The most stable crystal structures of complex hydrides, MXHn (NaAlH4, LiAlH4, LiBH4 and LiNH2) were simulated by the plane-wave pseudopotential method. The local chemical bonds between constituent ions were simulated using the DV-X alpha molecular orbital method. As a result, it was found that the covalent interaction is operating between X and H ions to form a XHn ion in MXHn. In addition, the ionic interaction is operating between M and XHn ions through the charge transfer from M to XHn ions. On the basis of this understanding of the nature of the chemical bond between ions, a phase stability diagram of complex hydrides was proposed using two parameters. One is the bond energy of XH diatomic molecules and the other is electronegativity difference, Delta Phi(X-M), between M and X ions. The calculated stability change by doping into NaAlH4 could by explained qualitatively following this diagram. This diagram will provide us a clue to the modification of hydrides to lower the hydrogen decomposition temperature.

  58. Water uptake and infrared absorption in SrZr0.95M0.05O3-alpha (M=Ga, Sc, Y and Nd) 査読有り

    Ito, T; Nagasaki, T; Iwasaki, K; Yoshino, M; Matsui, T

    J. Therm. Anal. Calorim.   81 巻 ( 3 ) 頁: 545-548   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Proton concentration in SrZr0.95M0.05O3-alpha (M=Ga, Sc, Y and Nd) was measured with a thermobalance at different temperatures (T=673-973 K) and water vapor pressures (P-H2O=0.9-12.8 kPa). At all the pressures and temperatures examined, the amount of proton concentration in these samples is in the order of Sc>Y>Ga>Nd. By an equilibrium evaluation, we estimated the maximum possible proton concentration about 2.0 mol% in these samples. Infrared (IR) absorption spectra are measured in these samples. The absorption bands can be fitted by four (M=Ga, Y, Nd) or three (M=Sc) Gaussian bands.

  59. Enhanced 1.54 mu m photoluminescence from Er-containing ZnO through nitrogen doping 査読有り

    Zhou, Z; Komori, T; Yoshino, M; Morinaga, M; Matsunami, N; Koizumi, A; Takeda, Y

    Appl. Phys. Lett.   86 巻 ( 4 ) 頁: 041107   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Nitrogen doping into an erbium (Er)-containing ZnO specimen through the N+ irradiation and the subsequent annealing in air was found to increase the photoluminescence (PL) intensity around 1.54 mum by about 40 times. The existence of nitrogen in the specimen was proved firmly by means of the N-14(d,alpha)C-12 nuclear reaction analysis. Further, the Ne+ irradiation was conducted instead of the N+ irradiation, but no effect was observed in the PL spectra. So, it was concluded that the substitution of N for O could modify the local structure around Er3+, resulting in the surprisingly large enhancement of the PL intensity. (C) 2005 American Institute of Physics.

  60. First-principles study of protonic conduction in In-doped AZrO(3) (A=Ca, Sr, Ba) 査読有り

    Shi, CS; Yoshino, M; Morinaga, M

    Solid State Ionics   176 巻 ( 11-12 ) 頁: 1091-1096   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The first-principles calculations based on the density functional theory were carried out to investigate the effects of A-cations on the protonic conductivity of AZrO(3) (A=Ca, Sr, Ba). The local geometries around proton and dopant ion, formation energies of interstitial proton and activation energies for proton transfer were simulated in the In-doped CaZrO3, SrZrO3 and BaZrO3. The results showed that the crystallographic feature of AZrO(3) (A=Ca, Sr, Ba) is an important factor to control the protonic conduction. In the In-doped CaZrO3 or SrZrO3 with the orthorhombic structure, there is a unique stabilized proton site located between two adjacent octahedra. But in the In-doped BaZrO3 with the cubic structure, there exists a certain region of stable sites between them. As the ionic radii of A-cations decrease, the crystal symmetry changes from cubic to orthorhombic, resulting in the rotation of ZrO6 (or InO6) octahedra, which causes the increase of activation energies for proton transfer in the oxides.

  61. Effects of nitrogen irradiation on photoluminescence around 1.54 mu m from Er-containing ZnO 査読有り

    Zhou, Z; Komaki, T; Komori, T; Koizumi, A; Yoshino, M; Matsunami, N; Takeda, Y; Morinaga, M

    Mater. Trans.   45 巻 ( 9 ) 頁: 2906-2908   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The Er-containing ZnO specimens were treated through the N+ irradiation and the subsequent annealing, and the effect was investigated on the photoluminescence (PL) spectra around 1.54 mum. When the specimens were annealed at 1273 K in air after the N+ irradiation, the PL spectra changed remarkably. The PL intensity increased by about 35 times after the N+ irradiation and the subsequent annealing, and there was the attendant shift in the wavelength of the strongest peak from 1.534 to 1.539 mum. Thus, the N+ irradiation and the subsequent annealing could modify the local structure around Er3+ ions in ZnO, resulting in the surprisingly large enhancement of the PL intensity.

  62. 錯体系水素化物(NaAlH4, LiAlH4, LiBH4, LiNH2)の化学結合

    吉野 正人、小宮 健嗣、新里 喜文、高橋 義孝、湯川 宏、森永 正彦

    DV-Xa研究協会会報   17 巻 ( 1 ) 頁: 78-83   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  63. Er2O3からの吸収スペクトルの計算

    下出 晃広、吉野 正人、周 震、豊島 広朗、小笠原 一禎、森永 正彦

    DV-Xa研究協会会報   17 巻 ( 2 ) 頁: 226-228   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  64. Effects of dopants and hydrogen on the electrical conductivity of ZnO 査読有り

    Zhou, Z; Kato, K; Komaki, T; Yoshino, M; Yukawa, H; Morinaga, M; Morita, K

    J. European Ceram. Soc.   24 巻 ( 1 ) 頁: 139-146   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The effects of dopants on the electrical conductivity of ZnO were investigated through the ac impedance spectroscopy. The doping of Al increased the electrical conductivity of ZnO greatly, whereas the doping of Li decreased it both in the grain and in the grain boundary. The doping of the 3d transition metals (Co, Mn, and Cu) made the grain boundary more resistive, but the doping effect on the electrical conductivity inside the grain was varied depending on the doping elements. The doping of Co had no significant effects on the electrical conductivity of the grain, and the doping of Mn made the grain a little more resistive. The doping of Cu made the grain much more resistive. In addition, hydrogen was introduced into ZnO by the ion implantation method. The electrical conductivity in the hydrogen-implanted ZnO layer increased by four orders of magnitude. The mechanisms for the doping effects were discussed in this investigation.

  65. Effects of hydrogen doping through ion implantation on the electrical conductivity of ZnO 査読有り

    Zhou, Z; Kato, K; Komaki, T; Yoshino, M; Yukawa, H; Morinaga, M

    Int. J. Hydrog. Energy   29 巻 ( 3 ) 頁: 323-327   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Hydrogen ion implantation technique was applied to introduce hydrogen into ZnO. ZnO specimens with different electrical conductivity were prepared by the addition of some dopants. The elastic recoil detection analysis was used to measure the content of hydrogen in ZnO before and after the hydrogen ion implantation. The electrical conductivity of ZnO was increased greatly by the hydrogen ion implantation. The increase of the electrical conductivity varied with the dopants. The greatest increase was about 9 orders of magnitude in the highly resistive Cu-doped ZnO. The mechanism for such a hydrogen effect was discussed. (C) 2003 International Association for Hydrogen Energy. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

  66. First-principles Study of Protonic Conduction in Acceptor-doped SrZrO3 査読有り

    Shi, CS; Yoshino, M; Morinaga, M

    Journal of the Ceramics Society of Japan (Proceedings of the 5th International Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies (PACRIM-5)) (Nagoya, October 2003)   112 巻 ( 4 ) 頁: S742-S746   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  67. Changes in Electrical Conductivity of ZnO with Hydrogen Implantation 査読有り

    Zhou, Z; Kato, K; Komaki, T; Yoshino, M; Yukawa, H; Morinaga, M

    Journal of the Ceramics Society of Japan (Proceedings of the 5th International Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies (PACRIM-5)) (Nagoya, October 2003)   112 巻 ( 4 ) 頁: S668-S671   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  68. Energetics of native defects in Al2O3 and SiO2 査読有り

    Yoshino, M; Shinzato, Y; Morinaga, M

    Materials Science Forum   449-4 巻   頁: 713-716   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Formation energies of various defects in Al2O3 and SiO2 are calculated by using the plane-wave pseudopotential method. Also, the formation energies of Schottky defects and Frenkel defects are evaluated on the basis of these calculations. It is shown that formation energies of these defects are higher in SiO2 than in Al2O3. In other words, less defects are formed in SiO2 than in Al2O3. It is also found that the principal defect is the cation Frenkel defect in Al2O3 but the anion Frenkel defect in SiO2. These results agree with the experimental results that Al ions diffuse preferably in Al2O3 but oxygen ions diffuse in SiO2 at high temperatures.

  69. Characteristics of electron density distributions in metal oxides 査読有り

    Morinaga, M; Yoshino, M; Shimode, A; Okabayashi, K; Nakamatsu, F; Sekine, R

    Materials Science Forum   449-4 巻   頁: 77-80   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The electron density distributions in a series of metal oxides are calculated using the DV-Xalpha molecular orbital method. It is found that the logarithm of the electron density, logrho(r), decreases with the distance, r, from the oxygen nucleus, while keeping a constant slope relevant to oxygen atom. The magnitude of the slope is about 15.75 for O-1s electrons, and about 6.61 for O-2s, 2p electrons being nearly close to the respective values of 16 and 8, expected from the radial distribution functions of hydrogen-like atom containing only one electron. The extent of the region for the O-2s, 2p electrons changes with metal species in the oxides, but the slope remains unchanged. Furthermore, it is shown that the nature of the chemical bonding is well represented in 109 (rho(min)Z(-3)) VS. 2(Z/n) r(min) in plots, where rho(min) is the minimum electron density, r(min) is the distance r at rho(min), Z is the atomic number, and n is the principal quantum number.

  70. Modification of local electronic structures due to phase transition in perovskite-type oxides, SrBO3 (B=Zr, Ru, Hf) 査読有り

    Yoshino, M; Yukawa, H; Morinaga, M

    Mater. Trans.   45 巻 ( 7 ) 頁: 2056-2061   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The local electronic structures are simulated for a perovskite-type oxide with four polymorphous phases, SrZrO3, using the DV-Xalpha molecular orbital method. It is found that a series of phase transitions occurs at certain temperatures so as to retain not only the Zr-O bond strength, but also the Sr-O bond strength, by the tilting of ZrO6 octahedra and the attendant accommodation to the Zr-O and the Sr-O interionic distances. The occurrence of such smart phase transitions is observed in other perovskite-type oxides, SrRuO3 and SrHfO3. Another type of phase transition occurs by the cooperative ionic displacements along the [100] direction in BaTiO3. The differences in the local chemical bond are discussed between the two types of phase transitions.

  71. Photoluminescence around 1.54 mu m from Er-containing ZnO at room temperature 査読有り

    Zhou, Z; Komaki, T; Koizumi, A; Komori, T; Yoshino, M; Morinaga, M; Fujiwara, Y; Takeda, Y

    Mater. Trans.   45 巻 ( 7 ) 頁: 2003-2007   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The photoluminescence (PL) around the wavelength of 1.54 mum from the Er-containing ZnO specimens was measured at room temperature by the indirect excitation of the He-Cd laser (325 nm). The PL intensity varied greatly with the Er concentration and the specimen preparation conditions as well. The specimens with the Er content of about 2.6 at%, sintered at 1623 K, and cooled quickly to room temperature in air showed the highest PL intensity at 1.534 mum. The local structure of the optically active Er centers in ZnO was also discussed, and the appropriate optically active center might be the Er ions existing in the grain boundaries.

  72. A universal relation between electron density minima and ionic radii in ceramics 査読有り

    Yoshino, M; Morinaga, M; Shimode, A; Okabayashi, K; Nakamatsu, H; Sekine, R

    Mater. Trans.   45 巻 ( 7 ) 頁: 1968-1972   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A universal relation between electron density minima and ionic radii, was discovered from the first principles calculations of electronic structures in ceramics over 60 species, including oxides, borides, carbides, nitride and fluorides. Every ceramic falls on a curve Of log(rho(min)Z(-3)) vs. 2(Z/n)r(min), where rho(min) is the minimum electron density in the line linking the first-nearest-neighbor nuclei, r(min) is the distance r at rho(min) is the atomic number, and n is the principal quantum number.

  73. Electrical conductivity of Cu-doped ZnO and its change with hydrogen implantation 査読有り

    Zhou, Z; Kato, K; Komaki, T; Yoshino, M; Yukawa, H; Morinaga, M; Morita, K

    J. Electroceram.   11 巻 ( 1-2 ) 頁: 73-79   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The doping effects of Cu on the electrical conductivity of ZnO were studied in the simple binary system through the ac impedance spectroscopy. The Cu doping decreased the electrical conductivity of ZnO by several orders of magnitude. The Cu doping decreased the electrical conductivity of ZnO both in the grain and in the grain boundary. Hydrogen was introduced into the Cu-doped ZnO specimens by the ion implantation technique. The electrical conductivity of the hydrogen-implanted layer increased by about 9 orders of magnitude at most. The mechanism for such a hydrogen effect was also discussed.

  74. 電子密度分布に見られるユニバーサルな関係

    吉野 正人、岡林 功介、下出 晃広、森永 正彦、中松 博英、関根 理香

    DV-Xa研究協会会報   16 巻 ( 1 ) 頁: 46-48   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  75. Local geometries and energetics of hydrogen in acceptor-doped SrZrO3 査読有り

    Yoshino, M; Liu, Y; Tatsumi, K; Tanaka, I; Morinaga, M; Adachi, H

    Solid State Ion.   162 巻   頁: 127-133   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The local geometry and chemical bonding around proton and acceptor dopant in perovskite-type oxide SrZrO3 have been investigated by the pseudopotential method and the DV-Xalpha molecular orbital method. Special attention is directed towards the MO6 octahedron in the perovskite-type structure, where Ms are acceptor dopants (e.g., Y and Al) substituted for Zr ions in the oxide. <BR>It is shown that local electronic state of the constituent ions in the MO6 octahedron is a good measure of the local geometrical change of the octahedron with doping. For example, there is a strong resemblance in the local ionic state and hence the local geometry of the octahedron between the undoped and Y-doped oxides. However, there is little resemblance between the undoped and Al-doped oxides. The calculated activation energy for protonic conduction is higher in the Al-doped oxide than that in the Y-doped oxide, in agreement with experimental results. From these results, it is found that such an acceptor dopant that does not change local electronic state or local geometry of the octahedron is a preferable element for enhancing protonic conductivity in perovskite-type oxides.

  76. Energetics of hydrogen states in SrZrO3 査読有り

    Yoshino, M; Liu, Y; Tatsumi, K; Tanaka, I; Morinaga, M; Adachi, H

    Mater. Trans.   43 巻 ( 7 ) 頁: 1444-1450   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The optimized geometries and formation energies of hydrogen in the perovskite-type oxide, SrZrO3, have been calculated using the density functional theory under the generalized gradient approximation (GGA). The stable hydrogen sites in the oxide are examined with special interests. It is shown that the hydrogen is tightly bound to an oxygen ion and located slightly outside the ZrO6 octahedron in SrZrO3. The O-H bond orientates towards the second-nearest-neighbor oxygen ion, which induces large local displacements of adjacent oxygen ions. For example, the nearest-neighbor oxygen ions tend to approach the hydrogen. The addition of an acceptor dopant, yttrium, modifies such local distortion of oxygen ions around the hydrogen as to increase protonic conductivity. In addition, the calculated hydrogen formation energy shows that the hydrogen behaves as a shallow donor in SrZrO3. The fundamental principles of doping and atmosphere control in proton conducting oxides are also given in view of energetics.

  77. 水素修飾されたペロブスカイト型酸化物の局在量子構造 査読有り

    吉野 正人、劉 軼、森永 正彦

    セラミックス   37 巻 ( 6 ) 頁: 457-462   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  78. 化合物中の原子の周りの電子密度分布と化学結合

    吉野 正人、湯川 宏、森永 正彦

    DV-Xa研究協会会報   15 巻 ( 1 ) 頁: 40-42   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  79. DV-Xα法による材料設計-水素と材料-

    森永 正彦、湯川 宏、吉野 正人

    DV-Xa研究協会会報   15 巻 ( 1 ) 頁: 17-24   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  80. ペロブスカイト型酸化物SrZrO3中のアクセプタイオンの周りの局所電子状態とプロトン伝導性

    吉野 正人、加藤 勝也、Etty Mutiara、湯川 宏、森永 正彦

    DV-Xa研究協会会報   14 巻 ( 1 ) 頁: 70-73   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  81. Theoretical Study of Oxygen-vacancy Defects in Ferroelectric BaTiO3

      14 巻 ( 1 ) 頁: 114-117   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  82. Local Electronic Structures and Chemical Bonding in Proton Conducting Perovskite-type Oxides 査読有り

    Yoshino, M; Mutiara, E; Kato, K; Yukawa, H; Morinaga, M

    Proceedings of Fourth Pacific Rim International Conference on Advanced Materials and Processing (PRICM4)     頁: 563-566   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  83. Local electronic structures around hydrogen and acceptor ions in perovskite-type oxide, SrZrO3 査読有り

    Yoshino, M; Nakatsuka, K; Yukawa, H; Morinaga, M

    Solid State Ion.   127 巻 ( 1-2 ) 頁: 109-123   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Local electronic structures around hydrogen and acceptor ions in SrZrO3 are simulated by the DV-X alpha molecular orbital method. In pure SrZrO3, there is a band gap of about 6 eV between the O-2p valence band and the Zr-4d conduction band, in agreement with experiments. When Y or Sc is doped into SrZrO3, an acceptor level appears just above the valence band. When hydrogen is introduced into SrZrO3, a donor level appears below the conduction band. Also, an oxygen ion vacancy makes the defect level below the conduction band. It is shown that charge compensation takes place among these acceptor, donor and defect levels. In addition, local electronic structure around hydrogen is found to change largely with the acceptor dopants, Sc and Y. For example, the metal-oxygen bond strength changes in the order, Y-O < Zr-O < Sc-O, which probably modifies the thermal vibrational amplitude of oxygen ions near hydrogen, and affects protonic conductivity in the doped SrZrO3.

  84. プロトン伝導性ペロブスカイト型酸化物BaZrO3の電子状態

    吉野 正人、加藤 勝也、湯川 宏、森永 正彦

    DV-Xa研究協会会報   13 巻 ( 1 ) 頁: 27-31   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  85. Roles of the hydride forming and non-forming elements in hydrogen storage alloys 査読有り

    Nakatsuka, K; Yoshino, M; Yukawa, H; Morinaga, M

    J. Alloy. Compd.   295 巻   頁: 222-226   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The electronic structures of small octahedral model clusters containing hydrogen, 3d, 4d, 5d transition and non-transition elements are investigated by the DV-X alpha molecular orbital method. It is found that hydrogen makes a strong chemical bond with the hydride non-forming elements, B, as long as the hydride forming elements, A, exist in the neighborhood. This is a reason why hydrogen is located preferentially near the hydride non-forming elements in many hydrides. Also it is suggested that the ratio of the A-B bond strength to the A-A bond strength lies in a certain range for conventional hydrogen storage A-B alloys. (C) 1999 Elsevier Science S.A. All rights reserved.

  86. Modification of Electronic Structure Due to Phase Transition in Perovskite-type Oxide, SrZrO3 査読有り

    Yoshino, M; Yukawa, H; Morinaga, M

    Proceedings of an International Conference on Solid - Solid Phase Transformations (PTM'99) (Kyoto, May 1999)     頁: 645-648   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  87. ペロブスカイト型酸化物SrRuO3の電子状態と構造相転移の機構

    吉野 正人、川口 光晴、湯川 宏、森永 正彦

    DV-Xa研究協会会報   12 巻 ( 1 ) 頁: 118-122   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  88. Molecular Orbital Calculation of the Electronic Structures of Hydrogen in Perovskite-type Oxide, SrZrO3 査読有り

    Yoshino, M; Nakatsuka, K; Yukawa, H; Morinaga, M

    Reports of Korea-Japan DV-Xa Joint Symposium (Korea, August 1998)   11 巻 ( 1 ) 頁: 44-46   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  89. Electronic Structures of Polymorphous Phases in Perovskite-type Oxide, SrZrO3 査読有り

    Yukawa, H; Yoshino, M; Morinaga, M

    Reports of Korea-Japan DV-Xa Joint Symposium (Korea, August 1998)   11 巻 ( 1 ) 頁: 50-52   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

▼全件表示

MISC 1

  1. エピタキシャル強誘電体薄膜の歪みとドメイン構造がその電気光学特性に及ぼす影響

    近藤 真矢, 山田 智明, 吉野 正人, 長崎 正雅  

    超音波テクノ32 巻   頁: 35   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等 159

  1. シングルドメインPb(Zr, Ti)O3薄膜の電気光学効果

    近藤 真矢,山田 智明,吉野 正人,岸本 昭,寺西 貴志,長崎 正雅

    第68回応用物理学会春季学術講演会  2021年3月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  2. Pr3+添加ガーネット型酸化物における亜鉛・水素添加による発光特性の変化

    杉山 純一, 吉野 正人, 山田 智明 , 長崎 正雅

    第81回応用物理学会秋季学術講演会  2020年9月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  3. 常誘電体パイロクロア型酸化物La2Zr2O7に添加した希土類イオンの存在位置の広がりに関する第一原理計算

    横手 俊哉, 吉野 正人, 山田 智明 , 長崎 正雅

    第81回応用物理学会秋季学術講演会  2020年9月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  4. 第一原理計算によるパイロクロア型酸化物La2Zr2O7に添加したYの存在位置の解析

    吉野 正人, 横手 俊哉, 山田 智明 , 長崎 正雅

    日本セラミックス協会第33回秋季シンポジウム  2020年9月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学札幌キャンパス -> オンライン  

  5. Piezoelectric Response Driven By Imperfect Charge Screening In Polarization-Inclined Pb(Zr0.35Ti0.65)O3 Nanorods 国際会議

    T. Yamada, K. Okamoto, M. Yoshino, T. Nagasaki, and O. Sakata

    Joint Conference of the IEEE International Frequency Control Symposium & IEEE International Symposium on Applications of Ferroelectrics 2020 (IEEE IFCS-ISAF 2020)  2020年7月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Keystone, USA -> Virtual  

  6. 常誘電体パイロクロア型酸化物La2Zr2O7に添加したYの存在位置の広がりに関する第一原理計算

    横手 俊哉, 吉野 正人, 長崎 正雅, 山田 智明

    強誘電体応用会議 FMA-37  2020年5月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都市, ホテルコープイン京都  

  7. Ca-Ti-Nb-O系パイロクロア薄膜のAサイト組成がチューナブル誘電特性に及ぼす影響

    山田 智明, 籔内 彰人, 横手 俊哉, 小形 眞一, 吉野 正人, 長崎 正雅

    強誘電体応用会議 FMA-37  2020年5月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都市, ホテルコープイン京都  

  8. SrZr1-xTixO3中Pr3+の4f-4f遷移による発光の温度依存性

    久山 貴大, 吉野 正人, 山田 智明, 長崎 正雄

    2019年度日本セラミックス協会東海支部 学術研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名城大学   国名:日本国  

  9. Effect of high dose irradiation of reflectors used in detectors with radiation induced phosphors 国際会議

    Yuho Hirata, A. Yamazaki, K. Watanabe, S. Yoshihashi, A. Uritani, M. Yoshino, Y. Sakuragi

    20th International conference on Radiation Effects in Insulators 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ASTANA, KAZAKHSTAN   国名:カザフスタン共和国  

  10. Local lattice strain around alloying element and martensitic transformation in titanium alloys 国際会議

    Masahiko Morinaga, Hiroshi Yukawa, Masahito Yoshino

    The 14th World Conference on Titanium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:フランス共和国  

  11. 液体ブランケット用セラミック被覆材の焼成過程及び照射損傷による発光特性変化と電子状態計算

    森本純毅, 田中照也, 加藤太治, 坂上裕之, 吉野正人, 室賀健夫

    第32回プラズマ・核融合学会 年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  12. Fabrication and property investigation of metal hydride blocks for neutron shielding in a fusion reactor 国際会議

    25th International Toki Conference (ITC-25) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  13. マグネシウム中の合金元素近傍の局所格子歪と化学結合

    森永正彦, 吉野正人, 湯川宏, 本間智之, 鎌土重晴, 石川敦之, 中井浩巳

    日本金属学会2015年秋期講演大会(第157回) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学   国名:日本国  

  14. {100}, {111}配向Pb(Zr,Ti)O3ナノロッドのドメイン構造とそのサイズ依存性

    山田 智明, 伊藤 大介, 坂田 修身, 黒石 隼輝, 生津 資大, 清水 荘雄, 舟窪 浩, 吉野 正人, 長崎 正雅

    第76回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際会議場   国名:日本国  

  15. 正方晶Pb(Zr,Ti)O3ナノロッドのドメイン構造に及ぼす脱分極電界の影響

    山田 智明, 伊藤 大介, 坂田 修身, 黒石 隼輝, 生津 資大, 清水 荘雄, 舟窪 浩, 吉野 正人, 長崎 正雅

    本セラミックス協会第28回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  16. 第一原理計算によるフェロシアン化物ナノ粒子の吸収スペクトル解析(Ⅰ)

    澤田裕貴、渡邊真太、中谷真人、吉野正人、稲葉優介、高橋秀治、竹下健二、尾上順

    第28回 DV-Xα研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山形大学   国名:日本国  

  17. 希土類添加Ba3Y2B6O15の発光特性と電子状態の解析

    吉野正人、堀田元樹、渡邊真太、山田智明、長崎正雅

    第28回 DV-Xα研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山形大学   国名:日本国  

  18. マグネシウム中の合金元素近傍の局所格子歪と電子状態

    森永正彦、吉野正人、湯川宏、本間智之、鎌土重晴、石川敦之、中井浩巳

    第28回 DV-Xα研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山形大学   国名:日本国  

  19. 第一原理計算によるフェロシアン化物ナノ粒子の吸収スペクトル解析(Ⅱ)

    渡邊真太、澤田裕貴、中谷真人、吉野正人、稲葉優介、高橋秀治、竹下健二、尾上順

    第28回 DV-Xα研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山形大学   国名:日本国  

  20. プルシアンブルーナノ粒子の紫外可視吸収スペクトルにおける多体効果

    渡邊真太,澤田裕貴,中谷真人,吉野正人, 亀山達矢, 鳥本司, 稲葉優介, 高橋秀治, 竹下健二, 尾上順

    ナノ学会第13回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. 正方晶Pb(Zr,Ti)O3ナノロッドのドメイン構造とそのサイズ依存

    山田 智明, 伊藤 大介, 坂田 修身, 黒石 隼輝, 生津 資大, 白石 貴久, 清水 荘雄, 舟窪 浩, 吉野 正人, 長崎 正雅

    強誘電体応用会議FMA-32 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ホテルコープイン京都   国名:日本国  

  22. 集束イオンビームを用いた正方晶Pb(Zr,Ti)O3ナノロッドの作製とそのドメイン構造の評価

    伊藤大介, 山田智明, 坂田修身, 黒石隼輝, 生津資大, 白石貴久, 清水荘雄, 舟窪浩, 吉野正人, 長崎正雅

    日本セラミックス協会 2015年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山大学   国名:日本国  

  23. 第一原理計算と分光実験による複合酸化物中への希土類イオンの添加効果解析

    渡邊真太、吉野正人、山田智明、長崎正雅、中谷真人、尾上順、小笠原一禎

    第356回蛍光体同学会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:機械振興会館   国名:日本国  

  24. ペロブスカイト型プロトン伝導性酸化物SrTi0.97Sc0.03O3-δの赤外吸収スペクトルとその温度依存性

    中村亮介, 吉野正人, 山田智明, 長崎正雅

    平成26年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋工業大学   国名:日本国  

  25. Fe同位体積層試料を用いた水素誘起空孔の自己拡散促進効果の評価

    前田康貴, 大岡篤史, 片野宏志, 長崎正雅, 山田智明, 吉野正人

    日本原子力学会中部支部第46回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  26. Ce添加Ba3Y2B6O15の遷移スペクトル測定と解析

    堀田元樹, 吉野正人, 渡邊真太, 山田智明, 長崎正雅

    平成26年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋工業大学   国名:日本国  

  27. In-situ Analysis of Strain Influence on Dielectric Constant of (Ba,Sr)TiO3 Films with Different Orientations 国際会議

    Yoshinori Tanaka, Tomoaki Yamada, Toshiyuki Morikaku, Takahiro Namazu, Junichi Kimura, Hiroshi Funakubo, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  28. Ab-initio Study on Face Azimuth Dependency of Surface Energy and Structure in Ferroelectric PbTiO3 国際会議

    Yosuke Takagi, Tomoaki Yamada, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki

    The 9th Asian Meeting on Ferroelectricity and the 9th Asian Meeting on Electroceramics (AMF-AMEC-2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  29. 原子化エネルギーから見た高圧下のSiO2とMgSiO3の化学結合

    森永正彦、吉野正人、湯川宏、石川敦之、中井浩巳

    日本金属学会2014年秋期講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  30. PZT薄膜及びナノロッドの圧電特性に及ぼす基板拘束の影響

    山田智明,安本洵,坂田修身,吉野正人,長崎正雅,舟窪浩

    日本機械学会2014年度年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京電機大学   国名:日本国  

  31. Self-assembled epitaxial ferroelectric nanorods for large electromechanical response 国際会議

    T.Yamada, J.Yasumoto, K.Nakamura, M.Yoshino, T.Nagasaki, H.Tanaka, Y.Ehara, S.Yasui, H.Funakubo, O.Sakata

    2014 EMN Open Access Week Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  32. 正方晶PZT薄膜とナノロッドにおける逆圧電特性の結晶方位依存性

    山田智明,安本洵, 伊藤大介,坂田修身,今井康彦,白石貴久, 清水荘雄,舟窪浩, 吉野正人,長崎正雅

    第75回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学   国名:日本国  

  33. 第一原理計算による強誘電体PbTiO3の表面構造と表面エネルギーの面方位依存性の評価

    高木陽介, 山田智明, 吉野正人, 長崎正雅

    日本セラミックス協会第27回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学   国名:日本国  

  34. 原子化エネルギーから見た高圧下でのシリカの相転移と化学結合

    森永正彦、吉野正人、湯川 宏、 石川敦之、中井浩巳

    第27回 DV-Xα研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  35. Orientation dependence of piezoelectric response in epitaxially grown 1D-nanorods and 2D-thin films 国際会議

    T.Yamada, J.Yasumoto, K.Nakamura, H.Tanaka, O.Sakata, Y.Ehara, S.Yasui, T.Oikawa, M.Yoshino, T.Nagasaki, H.Funakubo

    International Conference "Piezoresponse Force Microscopy and Nanoscale Phenomena in Polar Materials" (PFM-2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  36. Piezoelectric Nanostructure for Future Small Energy Conversion Devices: Attempt at Growth and Characterization 国際会議

    T.Yamada, M.Yoshino, T.Nagasaki, H.Funakubo, O.Sakata, T.Kiguchi

    3rd Annual World Congress of Advanced Materials (WCAM-2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  37. 正方晶PZT薄膜におけるクランピング効果の配向依存性

    山田智明, 安本洵, 坂田修身, 今井康彦, 木口賢紀, 今野豊彦, 江原祥隆, 白石貴久, 及川貴弘, 舟窪浩, 吉野正人, 長崎正雅

    強誘電体応用会議FMA-31 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都市   国名:日本国  

  38. (Ba,Sr)TiO3薄膜の歪みが誘電率に及ぼす影響の配向依存性

    山田智明, 田中良典, 森角寿之, 生津資大, 木村純一, 舟窪浩, 吉野正人, 長崎正雅

    日本セラミックス協会2014年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:慶応大学   国名:日本国  

  39. (Ba,Sr)TiO3薄膜の歪みが誘電率に及ぼす影響〜結晶配向の制御と配向依存性の評価〜

    田中良典, 山田智明, 森角寿之, 生津資大, 木村純一, 舟窪浩, 吉野正人, 長崎正雅

    第52回セラミックス基礎科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  40. プロトン伝導性酸化物 BaSn0.5In0.5O2.75 の結晶構造の静的な乱れ(2)

    長崎正雅, 山田智明, 吉野正人, 井川直樹

    第52回セラミックス基礎科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  41. (Ba,Sr)TiO3薄膜のひずみが誘電率に及ぼす影響〜応力印加による誘電率変化のその場測定技術開発〜

    森角寿之, 生津資大, 田中良典, 山田智明, 木村純一, 舟窪浩, 吉野正人, 長崎正雅

    第52回セラミックス基礎科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  42. Structure-driven Large Piezoelectric Response in Epitaxially-grown Pb(Zr,Ti)O3 Nanorod Array 国際会議

    T. Yamada, J. Yasumoto, K. Nakamura, H. Tanaka, O. Sakata, Y. Ehara, S. Yasui, T. Oikawa, H. Funakubo, M. Yoshino, and T. Nagasaki

    2013 MRS Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  43. Piezoelectric Nanostructure: Structure Control and the Resulting Piezoelectric Properties 国際会議

    T.Yamada, J.Yasumoto, K.Nakamura, H.Tanaka, O.Sakata, Y.Ehara, S.Yasui, T.Oikawa, H.Funakubo, M.Yoshino, and T.Nagasaki

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  44. Analysis of Optical Properties and Local Structures for Lanthanides doped Y3Sc2Al3O12 国際会議

    Shinta Watanabe, Hitoshi Nagai, Masahito Yoshino, Kazuyoshi Ogasawara, Tomoaki Yamada, and Takanori Nagasaki

    Research Center for Coodination Molecule-based Devices "Searching for New Molecular Magnetic Compounds" 2013 Symposium on Coordination Compounds as Molecular Magnetic Materilas 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  45. 原子化エネルギーから見た遷移金属酸化物とフッ化物の化学結合

    森永正彦、齊藤由樹、伊藤和樹、吉野正人、湯川宏、中井浩巳

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢大学   国名:日本国  

  46. 鉄中固溶炭素原子と合金元素による水素トラップ作用

    吉野正人、谷本憲哉、澤井寛、森永正彦、湯川宏、山田智明、長﨑正雅、中井浩巳

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢大学   国名:日本国  

  47. 水素誘起空孔による金属原子の拡散促進効果の評価(2) Pd/Pd-Ag積層試料を用いた相互拡散係数測定

    片野 宏志, 篠田 浩介, 吉野 正人, 山田 智明, 長崎 正雅

    日本金属学会2013年秋期講演(第153回)大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:金沢大学   国名:日本国  

  48. チタン酸ストロンチウム薄膜における歪み誘起Antiferrodistortive相転移と強誘電相転移

    山田 智明, B. Wylie-van Eerd, J. Trodahl, 坂田 修身, 舟窪 浩, 吉野 正人, 長崎 正雅

    日本セラミックス協会第26回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:信州大学   国名:日本国  

  49. 原子化エネルギーから見た3d遷移金属フッ化物の化学結合

    森永正彦、斎藤由樹、伊藤和樹、吉野正人、湯川 宏、中井浩巳

    DV-Xα研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:龍谷大学   国名:日本国  

  50. Growth and Size Control of Bi4Ti3O12 Nanowalls and Their Piezoelectric Property 国際会議

    T. Yamada, T. Shibata, K. Ishii, M. Yoshino, J. Kimura, H. Funakubo, and T. Nagasaki

    2013 Joint UFFC, EFTF and PFM Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:チェコ共和国  

  51. Orientation dependence of clamping effect in tetragonal Pb(Zr0.35Ti0.65)O3 thin films 国際会議

    Jun Yasumoto, Tomoaki Yamada, Osami Sakata, Yasuhiko Imai, Takanori Kiguchi, Toyohiko J Konno, Yoshitaka Ehara, Takahisa Shiraisi, Takahiro Oikawa, Hiroshi Funakubo, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki

    7th International Conference on Science and Technology of Advanced Ceramics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  52. Bi4Ti3O12の成長速度異方性を利用したナノプレート構造の作製とその圧電応答

    山田 智明, 柴田 貴明, 吉野 正人, 木村 純一, 舟窪 浩, 長崎 正雅

    強誘電体応用会議FMA-30 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  53. Bi4Ti3O12の成長速度異方性を利用したナノプレート構造の作製とその圧電応答

    山田智明, 柴田貴明, 吉野正人, 木村純一, 舟窪浩, 長崎正雅

    強誘電体応用会議FMA-30 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都市   国名:日本国  

  54. PLD法を用いたBi4Ti3O12ナノプレート構造の作製とその圧電性

    山田智明,柴田貴明,吉野正人,舟窪浩,長崎正雅

    第60回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川工科大学   国名:日本国  

  55. 正方晶(111)Pb(Zr,Ti)O3薄膜の圧電特性に及ぼすクランピングの影響

    安本洵,山田智明,坂田修身,今井康彦,木口賢紀,今野豊彦,江原祥隆,白石貴久,及川貴弘,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    日本セラミックス協会2013年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京工業大学   国名:日本国  

  56. 1D-ferroelectric Structure Leading to Large Piezoelectric Responses: Attempts at the Growth and Characterizations 国際会議

    T. Yamada, K. Nakamura, H. Tanaka, O. Sakata, M. Yoshino, T. Nagasaki, H. Funakubo

    The 8th Asian Meeting on Ferroelectrics (AMF-8) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  57. 強誘電体のナノ構造化が創発する新規な圧電メカニズム 国際会議

    山田智明,中村健太郎,柴田貴明,坂田修身,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    第43回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋工業大学   国名:日本国  

  58. Analysis of Optical Properties for Pr3+-doped LaScO3 国際会議

    Shinta Watanabe, Kazuyoshi Ogasawara, Masahito Yoshino, Tomoaki Yamada, and Takanori Nagasaki

    Research Center for Coodination Molecule-based Devices "Searching for New Molecular Magnetic Compounds" 2012 Symposium on Coordination Compounds as Molecular Magnetic Materilas 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  59. 局所電子ビーム誘起発光測定の液体ブランケット用セラミック材料分析への適用研究

    田中照也,室賀健夫,坂上裕之,渡邉崇,相良明男,吉野正人,長崎正雅

    日本原子力学会 2012年秋の大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島大学東広島キャンパス   国名:日本国  

  60. パルスレーザー堆積法によるBi4Ti3O12ナノプレートの構造制御

    柴田貴明,山田智明,吉野正人,長崎正雅,舟窪浩

    日本セラミックス協会 第25回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  61. プロトン伝導性酸化物BaSn0.5In0.5O2.75 の結晶構造の静的な乱れ

    早川和孝,長崎正雅,山田智明,吉野正人,井川直樹,星川晃範,石垣徹

    日本セラミックス協会 第25回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  62. ガーネット構造酸化物に添加したNd3+の吸収特性に及ぼすホスト組成の影響

    長井仁史,吉野正人,渡邊真太,山田智明,長崎正雅

    2012年 秋季 第73回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛大学城北地区、松山大学文京キャンパス   国名:日本国  

  63. PLD法を用いたエピタキシャルPb(Zr,Ti)O3ナノロッドの成長過程の観察とその強誘電及び圧電特性

    山田智明,中村健太郎,田中秀典,江原祥隆,安井伸太郎,及川貴弘,坂田修身,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    第73回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛大学,松山大学   国名:日本国  

  64. 水素誘起空孔による金属原子の拡散促進効果の評価(1)イオンビーム蒸着同位体積層試料を用いた自己拡散係数測定方法の確立

    篠田浩介,小関良佑,吉野 正人,山田智明,長崎正雅

    日本金属学会2012年秋季(第151回)大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛大学   国名:日本国  

  65. Converse piezoelectric response of Pb(Zr,Ti)O3 nanorod-array grown by pulsed laser deposition at elevated oxygen pressure 国際会議

    T. Yamada, K. Nakamura, H. Tanaka, H. Funakubo, O. Sakata, M. Yoshino, and T. Nagasaki

    XXI International Materials Research Congress (IMRC) 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  66. Large piezoelectricity in epitaxial Pb(Zr,Ti)O3 nanorods grown by PLD at elevated oxygen pressure 国際会議

    T. Yamada, K. Nakamura, H. Tanaka, H. Funakubo, Y. Kodama, T. Kiguchi, J. Konnno, M. Yoshino, T. Nagasaki

    The 8th Asian Meeting on Electroceramics 2012 (AMEC-8) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  67. NbCおよびNb2O5にトラップされた水素の昇温脱離法による安定性の評価

    吉野 正人,酒井 智康,中嶋 一重,谷本 憲哉,湯川 宏,森永 正彦,渡邊 真太,山田 智明,長崎 正雅

    日本金属学会2012年度春期(第150回)大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜国立大学常盤台キャンパス   国名:日本国  

  68. 紫外励起におけるPr添加SrY2O4の発光スペクトル測定と解析

    市川佳広、吉野正人、渡邊真太、山田浩臣、恵良淳史、長崎正雅、田渕雅夫

    第41回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:豊橋技術科学大学   国名:日本国  

  69. In添加BaSnO3中の水素および欠陥周りの構造の解析

    尾尻将視、吉野正人、渡邊真太、長崎正雅

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  70. Characterization of Er2O3 ceramic coatings by luminescence measurements 国際会議

    14th International Conference on Fusion Reactor Materials (ICFRM-14) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  71. Anisotropic Electrical and Thermal Conductivity of Barium Cobalt Oxycarbonate Containing Co−O One−Dimensional Chains 国際会議

    The 2nd Anisotropic Science and Technology of Materials and Devices (ASTMD−2 2008) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  72. Measurement of f-d absorption spectrum for heavy lanthanides in LiYF4 by using the synchrotron light source and its analysis based on the first-principles calculation

    Open Research Center for Coordination Molecule-based Devices2008 Symposium on Coordination Compounds as Inorganic-organic Composite Materials 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年4月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  73. Co-O一次元鎖を有するBa-Co-C-O系化合物の熱電特性

    山本晃久、岩崎航太、巽一厳、吉野正人、有田裕二、長崎正雅、松井恒雄

    日本セラミックス協会2008年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  74. Y複合酸化物中Er3+の4f11-4f11遷移とUバンド領域の発光スペクトル形状

    吉野正人、伊藤孝明、岩崎航太、松井恒雄、長崎正雅

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  75. Crystal Growth and Thermoelectric Property of a Barium Cobalt Oxycarbonate

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  76. Luminescence of Er-containing metal oxides in U-band 国際会議

    JSPS Bilateral Joint Projects - Russian Foundation for Basic Research (RFBR) / Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  77. Thermoelectric Properties of Fe3-xCoxSi Heusler Alloys

    International Symposium on EcoTopia Science 2007, ISETS07 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  78. Photoluminescence of Er-containing metal oxide in U-band

    International Symposium on EcoTopia Science 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  79. Thermoelectric Properties of (La,Ca)CrO3

    International Symposium on EcoTopia Science 2007, ISETS07 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  80. Electrical Conductivity and Seebeck coefficient of Ba-Co-C-O Single Crystal

    International Symposium on EcoTopia Science 2007, ISETS07 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  81. Ba3Co2O6(CO3)0.7の単結晶育成と結晶構造

    山本晃久、岩崎航太、山根久典、武田隆史、吉野正人、有田裕二、長崎正雅、松井恒雄

    日本セラミックス協会第20回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  82. Er含有金属酸化物のUバンド領域における発光特性

    伊藤孝明、吉野正人、岩崎航太、松井恒雄、長崎正雅

    応用物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  83. ペロブスカイト型(La,Sr)CoO3の熱電特性

    岩崎航太、有田裕二、吉野正人、長崎正雅、松井恒雄

    第4回日本熱電学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  84. 酸化物中のErの配位数と電子状態および発光スペクトル

    吉野正人

    DV-Xα研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  85. Synthesis and Thermoelectric Properties of Perovskite-type (La,Sr)CoO3 国際会議

    The 26th International Conference on Thermoelectrics, ICT2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  86. LaCoO3の熱電特性に及ぼすSr置換の影響

    岩崎航太、伊藤剛、吉野正人、松井恒雄、長崎正雅、有田裕二

    日本セラミックス協会2007年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  87. Er と 3B 族元素(Al,Ga)を共添加した TiO2 の発光メカニズムの検討

    横井 太史、鮎川 達也、荒井 重勇、黒田 光太郎、竹田 美和、吉野 正人、森永 正彦

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  88. M(Al, Ga, Ti, Sn, Cu)および Y と Er の複合酸化物の近赤外発光スペクトル

    吉野 正人、伊藤 孝明、長崎 正雅

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  89. ペロブスカイト型酸化物BaSn0.5In0.5O2.75-D2O中の水素の存在位置とその挙動(2)

    伊藤剛、長崎正雅、岩崎航太、吉野正人、松井恒雄、深澤裕、井川直樹、石井慶信

    第32回固体イオニクス討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  90. ペロブスカイト型酸化物BaSn0.5In0.5O2.75-D2O中の水素の存在位置とその挙動(1)

    伊藤剛、長崎正雅、岩崎航太、吉野正人、松井恒雄、深澤裕、井川直樹、石井慶信

    第32回固体イオニクス討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  91. Thermoelectric Properties of Sr-Doped LaCoO3

    International Workshop on Advanced Ceramics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  92. Thermoelectric Properties of Sr6Co5O15-d Single Crystal

    Kouta Iwasaki, Tsuyoshi Ito, Masahito Yoshino, Tsuneo Matsui, Takanori Nagasaki, and Yuji Arita

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  93. Deuteron site in BaSn0.5In0.5O2.75-a and its change with temperature by neutron powder diffraction 国際会議

    13th Solid State Proton Conductors Conference, SSPC-13 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  94. Sr6Co5O15-δの結晶構造と電気的性質

    岩崎航太、山根久典、伊藤剛、吉野正人、松井恒雄、長崎正雅、有田裕二

    日本セラミックス協会第19回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  95. 酸化物中の重水素の挙動

    伊藤剛、長崎正雅、岩崎航太、吉野正人、松井恒雄、深澤裕、井川直樹、石井慶信

    日本セラミックス協会第19回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  96. Sr6Co5O15-δの熱電特性に及ぼす酸素量の影響

    岩崎航太、伊藤剛、吉野正人、松井恒雄、長崎正雅、有田裕二

    第3回日本熱電学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  97. 1.5 μm Luminescence and Electronic Structures in Er-containing Compounds 国際会議

    The 4th International Conference on DV-Xalpha Method (DV-Xalpha 2006) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  98. 1.5 μm luminescence and electronic structures in Er-containing oxides

    Nagoya University Nature COE International Lodging Seminar<BR><BR> 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  99. ペロブスカイト型酸化物中の重水素存在位置の決定

    伊藤剛、長崎正雅、岩崎航太、吉野正人、松井恒雄、井川直樹、石井慶信

    日本セラミックス協会2006年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  100. (La,Sr)FeO3、及びLa(Fe,Ni)O3の合成と出力因子

    岩崎航太、伊藤剛、吉野正人、松井恒雄、長崎正雅、有田裕二

    日本セラミックス協会2006年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  101. エルビウムを含む酸化物の 1.5 μm 帯フォトルミネッセンスと電子状態

    吉野 正人、伊藤 孝明、小泉 淳、豊島 広朗、小笠原 一禎、長崎 正雅

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  102. The Determination of Deuteron Site in SrZr0.95Sc0.05O3-a by Neutron Powder Diffraction

    International Symposium on Isotope Science and Engineering from Basics to Applications (2nd International Symposium on Isotope Effects in Physics, Chemistry and Engineering), ISE2005 (IEPCE-2) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  103. Water Uptake and Infrared Absorption in La2Zr1.95M0.05O7-a (M=In, Yb, Er and Y)

    International Symposium on EcoTopia Science 2005, ISETS 2005 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  104. エルビウムを添加したペロブスカイト型酸化物の1.5μm帯フォトルミネッセンス

    吉野 正人、伊藤 孝明、伊藤 剛、小泉 淳、周 震、小笠原 一禎、竹田 美和、森永 正彦、松井 恒雄、長崎 正雅

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  105. Water Uptake and Infrared Absorption in La2Zr1.95M0.05O7-a (M=In, Yb, Er and Y)

    International Symposium on EcoTopia Science 2005, ISET 2005 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  106. エルビウムをドープしたペロブスカイト型酸化物の1.5μm帯の発光と電子状態

    吉野 正人、伊藤 孝明、伊藤 剛、岩崎 航太、小泉 淳、小森 敏敬、鮎川 達也、周 震、豊島 広朗、小笠原 一禎、竹田 美和、森永 正彦、松井 恒雄、長崎 正雅

    DV-Xα研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  107. Powder Neutron Diffraction Study of SrZr0.95Sc0.05O3-a at 10 K 国際会議

    International Conference on Solid State Ionics, SSI-15 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  108. ペロブスカイト型水酸化物AMgH3(A=Na, K, Rb)の電子状態と化学結合

    小宮 健嗣、高橋 義孝、戎 戎、新里 喜文、日下 恵太、吉野 正人、湯川 宏、森永 正彦

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  109. bccニオブ合金中の水素の溶解と拡散

    新里 喜文、小宮 健嗣、高橋 義孝、吉野 正人、湯川 宏、南部 智憲、江崎 尚和、清水 信恵、森永 正彦

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  110. Na系およびLi系錯体水素化物の化学結合と安定性

    吉野 正人、小宮 健嗣、新里 喜文、高橋 義孝、湯川 宏、森永 正彦

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  111. Er2O3における吸収スペクトルの多重項計算

    下出 晃広、吉野 正人、周 震、森永 正彦、小笠原 一禎

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  112. Nature of the chemical bond in complex hydrides, NaAlH4, LiAlH4, LiBH4 and LiNH2 国際会議

    9th International Symposium on Metal-Hydrogen Systems, Fundamentals and Applications (MH2004) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  113. 錯体系水素化物(NaAlH4, LiAlH4, LiBH4, LiNH2)の化学結合

    吉野 正人、小宮 健嗣、新里 喜文、高橋 義孝、湯川 宏、森永 正彦

    DV-Xα研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  114. Er2O3からの吸収スペクトルの計算

    下出 晃広、吉野 正人、周 震、豊島 広朗、小笠原 一禎、森永 正彦

    DV-Xα研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  115. 水素を固溶したニオブおよびニオブ合金中の原子間の化学結合

    南部 智憲、清水 信恵、江崎 尚和、小宮 健嗣、新里 喜文、吉野 正人、湯川 宏、森永 正彦

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  116. 錯体系水素貯蔵材料の電子状態

    吉野 正人

    水素と材料研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  117. 軽元素を含む物質の電子密度分布の解析

    吉野 正人、後藤 匡良、岡林 功介、下出 晃広、湯川 宏、 森永 正彦、 中松 博英、関根 理香

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  118. ペロブスカイト型酸化物AZrO3(A=Sr, Ba, Ca)の第一原理計算とプロトン伝導

    師 春生、 吉野 正人、森永 正彦

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  119. Characteristics of Electron Density Distributions in Metal Oxides 国際会議

    International Symposium on Designing, Processing and Properties of Advanced Engineering Materials (ISAEM-2003) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  120. Energetics of Native Deffects in Al2O3 and SiO2 国際会議

    International Symposium on Designing, Processing and Properties of Advanced Engineering Materials (ISAEM-2003) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  121. アクセプタイオンをドープしたSrZrO3の電子状態の計算とプロトン伝導

    師 春生、 吉野 正人、森永 正彦

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  122. 電子密度から見た化学結合のユニバーサルな関係

    吉野 正人、岡林 功介、下出 晃広、森永 正彦、中松 博英、関根 理香

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  123. Characteristics of Chemical Bonding in Metal Oxides in View of Spatial Electron Density Distributions 国際会議

    Inter. Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies (PACRIM5) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  124. Formation Energy Calculations of Native Defects in Alumina and Silica 国際会議

    Inter. Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies (PACRIM5) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  125. Changes in Electrical Conductivity of ZnO with Hydrogen Implantation 国際会議

    Inter. Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies (PACRIM5) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  126. First-Principles Study of Protonic Conduction in Acceptor Doped SrZrO3 国際会議

    Inter. Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies (PACRIM5) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  127. 電子密度分布に見られるユニバーサルな関係

    吉野 正人、岡林 功介、下出 晃広、森永 正彦、中松 博英、関根 理香

    DV-Xα研究協会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  128. ZnOの電気伝導性に及ぼす焼結条件と不純物添加の効果

    周 震、加藤 勝也、小牧 孝直、吉野 正人、湯川 宏、森永 正彦

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  129. 金属材料保護皮膜SiO2中の格子欠陥の生成エネルギーの計算

    新里 喜文、吉野 正人、森永 正彦

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  130. 単原子結晶中の原子間の電子密度分布と化学結合

    岡林 功介、吉野 正人、湯川 宏、森永 正彦

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  131. Sintering and Doping Effects on the Electrical Conductivity of ZnO

    First Kyoto Workshop on Computational Materials Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  132. Local Electronic Structure and Proton Conduction in Perovskite-type Oxide, SrZrO3

    First Kyoto Workshop on Computational Materials Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  133. ZnOの電気伝導に及ぼす水素と不純物添加の効果

    加藤 勝也、周 震、小牧 孝直、吉野 正人、河合 圭悟、森田 健治、森永 正彦

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  134. SrZrO3中のプロトン近傍のイオン変位とプロトン伝導の活性化エネルギー

    吉野 正人、劉 軼、巽 一厳、田中 功、森永 正彦、足立 裕彦

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  135. DV-Xa法による材料設計-水素と材料-

    森永 正彦、湯川 宏、吉野 正人

    DV-Xα研究協会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  136. 化合物中の原子の周りの電子密度分布と化学結合

    吉野 正人、湯川 宏、森永 正彦

    DV-Xα研究協会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  137. Local Geometries and Energetics of Hydrogen in Acceptor-doped SrZrO3 国際会議

    11th international conference on solid state protonic conductors (SSPC-11) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  138. ペロブスカイト型酸化物SrZrO3の局所構造とプロトン伝導性

    吉野 正人、森永 正彦

    文部科学省科学研究費・特定領域研究(B) 局在量子構造に基づいた新しい材料機能創出技術の構築 若手の会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  139. アクセプタをドープしたSrZrO3中の水素の電子状態

    吉野 正人、劉 軼、巽 一厳、田中 功、森永 正彦、足立 裕彦

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  140. 化合物のなかの構成原子の周りの価電子の空間密度分布と化学結合

    吉野 正人、加藤 勝也、湯川 宏、森永 正彦

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  141. ペロブスカイト型酸化物SrZrO3の局所電子状態とプロトン伝導性

    吉野 正人、加藤 勝也、湯川 宏、森永 正彦

    文部科学省科学研究費・特定領域研究(B) 局在量子構造に基づいた新しい材料機能創出技術の構築 若手の会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  142. ペロブスカイト型酸化物SrZrO3中のアクセプタイオンの周りの局所電子状態とプロトン伝導性

    吉野 正人、加藤 勝也、Etty Mutiara、湯川 宏、森永 正彦

    DV-Xα研究協会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  143. Theoretical Study of Oxygen-vacancy Defects in Ferroelectric BaTiO3

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  144. CaZrO3とCaTiO3の電子状態とプロトン伝導性

    Etty Mutiara、吉野 正人、湯川 宏、森永 正彦

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  145. 高プロトン伝導酸化物BaZrO3, BaCeO3の電子状態

    吉野 正人、加藤 勝也、湯川 宏、森永 正彦

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  146. ペロブスカイト型酸化物ABO3 (A=Ca, B=Ti, Zr, Ru)の電子状態

    Etty Mutiara、吉野 正人、湯川 宏、森永 正彦

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  147. ペロブスカイト型酸化物BaZrO3の電子状態

    吉野 正人、Etty Mutiara、加藤 勝也、湯川 宏、森永 正彦

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  148. プロトン伝導性ペロブスカイト型酸化物BaZrO3の電子状態

    吉野 正人、加藤 勝也、湯川 宏、森永 正彦

    DV-Xα研究協会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  149. ペロブスカイト型酸化物ABO3(A=Sr, B=Ti, Zr, Hf)の構造相転移と電子状態

    吉野 正人、湯川 宏、森永 正彦

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  150. 分子軌道法によるペロブスカイト型酸化物SrRuO3の電子状態の解析

    吉野 正人、川口 光晴、湯川 宏、森永 正彦

    第9回学生による材料フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  151. プロトン伝導体SrZrO3中のアクセプターイオンの周りの局所電子構造

    吉野 正人、中塚 賢一、湯川 宏、森永 正彦

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  152. ペロブスカイト型酸化物SrZrO3の電子状態と構造相転移

    吉野 正人、湯川 宏、森永 正彦

    応用物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  153. ペロブスカイト型酸化物SrRuO3の電子状態と構造相転移の機構

    吉野 正人、川口 光晴、湯川 宏、森永 正彦

    DV-Xα研究協会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  154. Modification of Electronic Structure Due to Phase Transition in Perovskite-type Oxide, SrZrO3

    Inter. Conf. on Solid-Solid Phase Transformations (PTM'99) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  155. ペロブスカイト型酸化物SrRuO3の構造相転移と電子状態

    吉野 正人、川口 光晴、湯川 宏、森永 正彦

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  156. 分子軌道法によるペロブスカイト型酸化物SrZrO3中の水素の電子状態の解析

    吉野 正人、中塚 賢一、湯川 宏、森永 正彦

    中部化学関係学協会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  157. Electronic Structures of Polymorphous Phases in Perovskite-type Oxide, SrZrO3 国際会議

    Korea-Japan DV-Xalpha Joint Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  158. Molecular Orbital Calculation of the Electronic Structures of Hydrogen in Perovskite-type Oxide, SrZrO3 国際会議

    Korea-Japan DV-Xalpha Joint Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  159. ペロブスカイト型酸化物SrZrO3中の水素の電子状態

    吉野 正人、中塚 賢一、湯川 宏、森永 正彦

    日本金属学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 11

  1. 高速中性子検出用シンチレータ材料への応用を目指した水素含有希土類添加酸化物蛍光体の基礎研究

    2015年10月 - 2017年9月

    公益財団法人 泉科学技術振興財団 平成27年度研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 機能材料の照射損傷に伴う発光特性変化の機構研究

    2014年4月 - 現在

    国内共同研究 

  3. セラミック材料の水素透過特性に対する電界および放射線の影響に関する研究

    2013年4月 - 2014年3月

    国内共同研究 

  4. ブランケット用機能材料の分光測定法による特性評価

    2011年4月 - 2013年3月

    国内共同研究 

  5. 緑および赤色発光を同時に示す希土類添加酸化物による白色LED用蛍光体の開発

    2009年6月 - 2010年3月

    重点地域研究開発推進プログラム(シーズ発掘試験) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 酸化エルビウム被覆の照射誘起発光による特性評価

    2008年4月 - 2011年3月

    国内共同研究 

  7. 酸化物中の希土類イオンサイトの解析による新しい近赤外発光材料の開発

    2007年

    第23回(平成19年度) (財)村田学術振興財団 研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. 複合酸化物中のエルビウムの配位数で整理した広帯域波長通信用光増幅器材料の開発

    2007年

    (独)科学技術振興機構 重点地域研究開発推進プログラム(シーズ発掘試験) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. 次世代エネルギー機器への適応を目指した超高温環境共晶材料の開発

    2006年4月 - 2007年3月

    二国間交流事業 ロシアとの共同研究(RFBR) 

    原田祥久

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  10. Er添加ペロブスカイト型酸化物の1.5μm帯の発光に与える水素の影響の同位体効果

    2005年4月 - 2006年3月

    21世紀COE「同位体が拓く未来」平成17年度競争的資金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  11. 水分解水素放出・環境調和型酸化物セラミックスの大面積薄膜化技術の確立

    2005年

    NEDO技術開発機構 産業技術研究助成事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 12

  1. チタンと鉄の中の合金元素近傍の局所格子歪解析とマルテンサイト変態への格子歪の影響

    研究課題/研究課題番号:19K04991  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    森永正彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  2. 水素含有希土類添加酸化物の発光特性の物理と新規シンチレータ材料応用への展開

    研究課題/研究課題番号:18K04747  2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    吉野正人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

  3. 核融合炉中性子環境における温度・ひずみセンサーの特性変化、使用限界予測技術の確立

    研究課題/研究課題番号:16K06945  2016年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    田中照也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  4. 希土類化合物の化学結合のエネルギー表現と水素貯蔵材料設計への応用

    研究課題/研究課題番号:16K06711  2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    森永正彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  5. 核融合炉水素化物遮蔽ブロックの水素保持特性評価および特性向上・長寿命化の研究

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    田中照也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  6. 金属化合物の化学結合のエネルギー表現と水素貯蔵化合物の量子設計への応用

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    森永正彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  7. 三原色蛍光体の発光メカニズムの理論的解釈と透光性多結晶体シンチレータ材料への応用

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 化学結合のエネルギー表現に基づく鉄鋼の水素脆化機構の解明と量子合金設計への展開

    2010年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  9. 金属酸化物の化学結合のエネルギースケールでの新しい表現と量子材料設計への展開

    2008年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金 

    森永正彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  10. 焼結合成による新規赤外光増幅器用材料の創製と第一原理計算による電子状態の解析

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. アルミニウムとエルビウムを共添加した二酸化チタンからの異常発光現象

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金 

    森永 正彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  12. 電子論によるペロブスカイト型酸化物の構造相転移とプロトン伝導の予測

    2000年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  DC1

    吉野 正人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

産業財産権 1

  1. 酸化亜鉛系発光材料及びその製造方法

    森永 正彦、周 震、小森 敏敬、吉野 正人

     詳細を見る

    出願番号:2004-279400  出願日:2004年

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 26

  1. エネルギー理工学実験第2A

    2020

  2. エネルギー理工学セミナー1B、D

    2020

  3. エネルギー理工学実験第2B

    2020

  4. エネルギー理工学輪講A

    2020

  5. エネルギー理工学輪講B

    2020

  6. エネルギー理工学セミナー1A、C

    2020

  7. エネルギー理工学実験第2

    2019

  8. 量子エネルギー工学学生実験第2

    2018

  9. 数学2および演習

    2017

  10. 量子エネルギー工学学生実験第2

    2017

  11. 数学2および演習

    2016

  12. 量子エネルギー工学学生実験第2

    2016

  13. 量子エネルギー工学学生実験第2

    2015

  14. 数学2および演習

    2015

  15. 数学2および演習

    2014

  16. 量子エネルギー工学学生実験第2

    2014

  17. 量子エネルギー工学学生実験第2

    2013

  18. 数学2および演習

    2013

  19. 数学2および演習

    2012

  20. 量子エネルギー工学学生実験第2

    2012

  21. 数学2および演習

    2011

  22. 量子エネルギー工学学生実験第2

    2011

  23. 数学2および演習

    2010

  24. 量子エネルギー工学学生実験第2

    2010

  25. 量子エネルギー工学学生実験第1

    2009

  26. 量子エネルギー工学学生実験第2

    2009

▼全件表示