2022/07/31 更新

写真a

ヤマグチ ツヨシ
山口 毅
YAMAGUCHI, Tsuyoshi
所属
大学院工学研究科 物質プロセス工学専攻 先進プロセス工学 助教
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 マテリアル工学科
職名
助教
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(理学) ( 京都大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 溶液論

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 理学@化学@物理化学

  2. 自然科学一般 / 生物物理、化学物理、ソフトマターの物理

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 溶液の動的物性の分子論

  2. 二酸化炭素吸収液の構造と物性

  3. イオン液体と濃厚電解質溶液の構造とダイナミクス

経歴 3

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科 物質プロセス工学専攻 先進プロセス工学   助教

    2017年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   大学院工学研究科 物質制御工学専攻   助教

    2007年4月 - 2017年3月

  3. 名古屋大学   大学院工学研究科 物質制御工学専攻   助手

    2007年3月

所属学協会 7

  1. 電気化学会

  2. 溶液化学研究会

  3. 日本物理学会

  4. 日本化学会

  5. 化学工学会

  6. 分子シミュレーション研究会

  7. American Chemical Society

▼全件表示

受賞 3

  1. 溶液化学研究会学術賞

    2014年11月   溶液化学研究会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 溶液化学研究会奨励賞

    2007年   溶液化学研究会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. BCSJ賞

    2005年12月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 123

  1. Measurement of complex shear viscosity up to 3 GHz using an electrodeless AT-cut quartz transducer

    Yamaguchi Tsuyoshi, Matsuoka Tatsuro

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   61 巻 ( SG )   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Japanese Journal of Applied Physics  

    An experimental method is proposed to determine the frequency-dependent complex shear viscosity of liquids based on the quartz crystal microbalance with dissipation method. An AT-cut quartz transducer without metal electrodes is immersed in a sample liquid and the transducer is electrically coupled to the circuit through the dielectric response of the sample itself. After correcting for the apparent change in the resonance properties due to the dielectric coupling of the sample, our method is able to determine the viscosity of liquids of high polarity and low viscosity at frequencies as high as 3 GHz. The method was then applied to ethylene glycol and the viscoelastic relaxation in the GHz regime was observed. Furthermore, it was also applied to room-temperature ionic liquids to show that the dielectric correction of the resonance properties is valid for conductive liquids.

    DOI: 10.35848/1347-4065/ac4141

    Web of Science

    Scopus

  2. Comparison between longitudinal viscoelastic relaxation and sound dispersion of molecular liquids on the molecular scale

    Yamaguchi T.

    Journal of Chemical Physics   156 巻 ( 24 ) 頁: 244505   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Chemical Physics  

    Molecular dynamics simulation on some molecular liquids was performed to study sound dispersion on the molecular scale. The sound velocity was determined from the intermediate scattering function, and the relation between the longitudinal modulus and frequency was compared with the frequency-dependent longitudinal modulus in the q = 0 limit evaluated by the Kubo-Green theory. The sound dispersion of a monoatomic liquid up to qσ ≅ 2 was almost quantitatively explained by the viscoelasticity in the q = 0 limit when the wavenumber dependence of the heat capacity ratio was taken into account. The situation was similar for a polyatomic molecular liquid for which the intramolecular degrees of freedom were fixed. For a polyatomic liquid with intramolecular degrees of freedom, the sound dispersion on the molecular scale was connected to the high-frequency limit of the ultrasonic relaxation mode assigned to the vibrational energy relaxation. After subtracting the contribution of the vibrational energy relaxation, both the longitudinal viscoelasticity and the sound dispersion depended little on the presence of intramolecular degrees of freedom.

    DOI: 10.1063/5.0098098

    Scopus

    PubMed

  3. Implementation of solvent polarization in three-dimensional reference interaction-site model self-consistent field theory

    Yoshida N., Yamaguchi T., Nakano H.

    Chemical Physics Letters   797 巻   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Chemical Physics Letters  

    The three-dimensional reference interaction-site model self-consistent field (3D-RISM-SCF) theory is an electronic structure theory of solvated molecules, which can handle the electronic polarization of the solute molecule induced by the interaction with the solvent, whereas the electronic polarization of solvent molecules is ignored. Here, the solvent-polarizable model is implemented to take into account the electronic polarization of solvent molecules. It is applied to the water molecule in an aqueous solution and the p-nitroaniline molecule in an aqueous solution, and the effects of the solvent polarization on the properties of these solutes are demonstrated.

    DOI: 10.1016/j.cplett.2022.139579

    Scopus

  4. Volume viscosity and ultrasonic relaxation of ethanol-water mixtures studied by molecular dynamics simulations

    Yamaguchi Tsuyoshi

    PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS   24 巻 ( 20 ) 頁: 12311 - 12318   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Physical Chemistry Chemical Physics  

    The volume viscosity of ethanol-water mixtures at various compositions was calculated by means of equilibrium molecular dynamics simulations, and the results were compared with acoustic experiments. The volume viscosity exhibited a strong maximum around the ethanol mole fraction of 0.27, which is in agreement with experiments. The relaxation in the 100 ps regime, which had been revealed by ultrasonic spectroscopy, was also reproduced. Analysis of the two-body density and the adiabatic pressure fluctuation demonstrated that the large volume viscosity of the mixture originates from the long-range concentration fluctuation.

    DOI: 10.1039/d2cp00856d

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. Coupling between Translational Diffusion of a Solute and Dynamicsof the Heterogeneous Structure: Higher Alcohols and Ionic Liquids

    Yamaguchi Tsuyoshi

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B   126 巻 ( 16 ) 頁: 3125 - 3134   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Physical Chemistry B  

    Translational diffusion of nonpolar monoatomic solutes in a room-temperature ionic liquid and 1-octanol was studied by molecular dynamics simulation. The diffusion coefficient was evaluated in two different ways: (1) from the mean-square displacement of a freely diffusing solute and (2) from the time correlation function of force acting on a fixed solute. The diffusion of the free solute is much greater than the prediction of the Stokes-Einstein (SE) relation when the size of the solute is small, as has been reported by many experimental works. In contrast, the friction on fixed small solutes follows the SE relation. The mechanism of the solute diffusion in both solvents was then analyzed based on the coupling between the translational motion of the solute and the collective dynamics of the heterogeneous intermediate-range structure characteristic to these solvents. Analysis revealed that the coupling is present in all systems, but the relaxation is fast in the cases of free and small solutes. This suggests that the coupling can relax through the motion of the solute when the solute is free and small, while the relaxation of the heterogeneous structure itself is required for large or fixed solutes. The difference in the relaxation dynamics of the friction on the solute and the shear viscosity is explained as the coupling with different dynamic modes of the solvent. Therefore, the validity of the SE relation may not be a good criterion to judge whether the mechanisms of the diffusion and the viscosity are the same or not.

    DOI: 10.1021/acs.jpcb.2c01053

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. Decoupling between Solvent Viscosity and Diffusion of a Small Solute Induced by Self-Motion 査読有り

    Yamaguchi Tsuyoshi

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY LETTERS   12 巻 ( 32 ) 頁: 7696 - 7700   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physical Chemistry Letters  

    The self-diffusion of a monatomic solute in liquid 1-octanol and n-tetradecane was investigated by means of a molecular dynamics simulation. The diffusion coefficient of a solute as small as argon is much greater than that obtained from the hydrodynamic-based Stokes-Einstein (SE) relation, as was reported experimentally. A relaxation of the memory function of a freely diffusing solute is much faster than that of the autocorrelation function of a shear stress. However, the SE behavior is recovered when the solute is spatially fixed, and the diffusion coefficient is calculated from the force-force autocorrelation function. A relaxation of the autocorrelation function of the force also follows that of shear stress. The fast diffusion of a small solute is thus ascribed to the decoupling between the structural relaxation of solvent and the solute diffusion induced by the self-motion of the solute.

    DOI: 10.1021/acs.jpclett.1c02219

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. Molecular dynamics simulation study on the isomerization reaction in a solvent with slow structural relaxation 査読有り

    Yamaguchi Tsuyoshi

    CHEMICAL PHYSICS   542 巻   頁: 111056   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemical Physics  

    DOI: 10.1016/j.chemphys.2020.111056

    Web of Science

    Scopus

  8. Solvation dynamics in electronically polarizable solvents: Theoretical treatment using solvent-polarizable three-dimensional reference interaction-site model theory combined with time-dependent density functional theory 査読有り

    Yamaguchi Tsuyoshi, Yoshida Norio

    JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS   154 巻 ( 4 ) 頁: 044504   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Chemical Physics  

    DOI: 10.1063/5.0036289

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. Coupling between Structural and Dielectric Relaxations of Methanol and Ethanol Studied by Molecular Dynamics Simulation 査読有り

    Yamaguchi Tsuyoshi

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B   124 巻 ( 32 ) 頁: 7027 - 7036   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physical Chemistry B  

    DOI: 10.1021/acs.jpcb.0c05685

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  10. Nonequilibrium free-energy profile of charge-transfer reaction in polarizable solvent studied using solvent-polarizable three-dimensional reference interaction-site model theory 査読有り

    Yamaguchi Tsuyoshi, Yoshida Norio

    JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS   153 巻 ( 3 ) 頁: 034502   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Chemical Physics  

    DOI: 10.1063/5.0013083

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  11. Energy-Saving CO2 Capture by H-2 Gas Stripping for Integrating CO2 Separation and Conversion Processes 査読有り

    Machida Hiroshi, Esaki Takehiro, Yamaguchi Tsuyoshi, Norinaga Koyo

    ACS SUSTAINABLE CHEMISTRY & ENGINEERING   8 巻 ( 23 ) 頁: 8732 - 8740   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Sustainable Chemistry and Engineering  

    DOI: 10.1021/acssuschemeng.0c02459

    Web of Science

    Scopus

  12. Development of a solvent-polarizable three-dimensional reference interaction-site model theory (vol 152, 114108, 2020) 査読有り

    Yoshida Norio, Yamaguchi Tsuyoshi

    JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS   152 巻 ( 18 ) 頁: 189904   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Chemical Physics  

    DOI: 10.1063/5.0010622

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  13. Development of a solvent-polarizable three-dimensional reference interaction-site model theory 査読有り

    Norio Yoshida, Tsuyoshi Yamaguchi

    Journal of Chemical Physics   152 巻 ( 11 ) 頁: 114108   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/5.0004173

  14. Carbon Dioxide Absorption Heat in Liquid-Liquid and Solid-Liquid Phase-Change Solvents Using Continuous Calorimetry 査読有り

    Tran Khuyen V. B., Ando Ryuya, Yamaguchi Tsuyoshi, Machida Hiroshi, Norinaga Koyo

    INDUSTRIAL & ENGINEERING CHEMISTRY RESEARCH   59 巻 ( 8 ) 頁: 3475 - 3484   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Industrial and Engineering Chemistry Research  

    DOI: 10.1021/acs.iecr.9b04672

    Web of Science

    Scopus

  15. Dynamic Chelate Effect on the Li+-Ion Conduction in Solvate Ionic Liquids 査読有り

    Arai Nana, Watanabe Hikari, Yamaguchi Tsuyoshi, Seki Shiro, Ueno Kazuhide, Dokko Kaoru, Watanabe Masayoshi, Kameda Yasuo, Buchner Richard, Umebayashi Yasuhiro

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C   123 巻 ( 50 ) 頁: 30228 - 30233   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physical Chemistry C  

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.9b10770

    Web of Science

    Scopus

  16. Modelling of CO2 solubility in phase separation solvent composed of amine/ether/water system for CO2 capture 査読有り

    Machida Hiroshi, Ando Ryuya, Esaki Takehiro, Yamaguchi Tsuyoshi, Norinaga Koyo

    JOURNAL OF MOLECULAR LIQUIDS   292 巻   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Molecular Liquids  

    DOI: 10.1016/j.molliq.2019.111411

    Web of Science

    Scopus

  17. Composition Dependence of Translation-Orientation Coupling Constant in the Mixture of n-pentane and 2,2-dimethylpropane Studied by Molecular Dynamics Simulation 査読有り

    Matsuoka Tatsuro, Yatsuya Masaki, Yamaguchi Tsuyoshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   88 巻 ( 9 )   2019年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the Physical Society of Japan  

    DOI: 10.7566/JPSJ.88.093601

    Web of Science

    Scopus

  18. Effect of Molecular Orientational Correlations on Solvation Free Energy Computed by Reference Interaction Site Model Theory 査読有り

    Tanimoto Shoichi, Yoshida Norio, Yamaguchi Tsuyoshi, Ten-no Seiichiro L., Nakano Haruyuki

    JOURNAL OF CHEMICAL INFORMATION AND MODELING   59 巻 ( 9 ) 頁: 3770 - 3781   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Chemical Information and Modeling  

    DOI: 10.1021/acs.jcim.9b00330

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  19. Relation between Anharmonicity of Free-Energy Profile and Spectroscopy in Solvation Dynamics: Differences in Spectral Broadening and Peak Shift in Transient Hole-Burning Spectroscopy Studied by Equilibrium Molecular Dynamics Simulation 査読有り

    Yamaguchi Tsuyoshi, Yoshida Norio, Nishiyama Katsura

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B   123 巻 ( 32 ) 頁: 7036 - 7042   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physical Chemistry B  

    DOI: 10.1021/acs.jpcb.9b04711

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  20. Shear Thinning and Nonlinear Structural Deformation of Ionic Liquids with Long Alkyl Chains Studied by Molecular Dynamics Simulation 査読有り

    Yamaguchi Tsuyoshi

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B   123 巻 ( 29 ) 頁: 6260 - 6265   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physical Chemistry B  

    DOI: 10.1021/acs.jpcb.9b03557

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  21. High-frequency shear viscosity and ionic mobility of solutions of polyethylene glycol in ionic liquids

    Yamaguchi Tsuyoshi, Kikuzawa Takujiro

    JOURNAL OF MOLECULAR LIQUIDS   284 巻   頁: 252 - 257   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Molecular Liquids  

    DOI: 10.1016/j.molliq.2019.04.015

    Web of Science

    Scopus

  22. Collective Mesoscale Dynamics of Liquid 1-Dodecanol Studied by Neutron Spin-Echo Spectroscopy with Isotopic Substitution and Molecular Dynamics Simulation 査読有り 国際共著

    Yamaguchi Tsuyoshi, Faraone Antonio, Nagao Michihiro

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B   123 巻 ( 1 ) 頁: 239 - 246   2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physical Chemistry B  

    DOI: 10.1021/acs.jpcb.8b10299

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  23. Development of phase separation solvent for CO2 capture by aqueous (amine plus ether) solution

    Machida Hiroshi, Oba Kazuki, Tomikawa Takashi, Esaki Takehiro, Yamaguchi Tsuyoshi, Horizoe Hirotoshi

    JOURNAL OF CHEMICAL THERMODYNAMICS   113 巻   頁: 64 - 70   2017年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Chemical Thermodynamics  

    DOI: 10.1016/j.jct.2017.05.043

    Web of Science

    Scopus

  24. Durability and fire-hazardous-risk evaluation of unique phase separation solvent using high-boiling-point amine and ether 査読有り

    Maeda N., Kishimoto A., Machida H., Yamaguchi T., Yanase K., Norinaga K.

    International Journal of Greenhouse Gas Control   114 巻   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Greenhouse Gas Control  

    Durability and fire hazard risk evaluations were conducted to determine the process feasibility of a unique phase separation solvent with a low regeneration temperature (90 °C) consisting of an amine, ether, and a small amount of water. The results are as follows. I) The amine degradation rate of the phase separation solvent was determined to be less than 1/10 of that of monoethanolamine, which was attributed to the high oxidative resistance and low regeneration temperature of the former. II) The composition of the gas that formed in the absorber was completely out of the combustible range during the treatment of 6% oxygen-containing gas on a dry basis. Therefore, we believe that this phase separation solvent is applicable to the treatment of exhaust gas from coal-fired thermal power plants and can realize stable operation with a small amount of amine required for replenishment.

    DOI: 10.1016/j.ijggc.2021.103532

    Scopus

  25. Fluctuation in diethylene glycol diethyl ether/water mixtures near the lower critical solution temperature studied by small- and wide-angle x-ray scattering and thermodynamic calculation 査読有り

    Yanase K., Tran K.V.B., Yamaguchi T., Machida H., Norinaga K.

    Journal of Molecular Liquids   346 巻   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Molecular Liquids  

    We studied local structure of diethylene glycol diethyl ether (DEGDEE)-water mixtures near the lower critical solution temperature (LCST) by means of simultaneous small- and wide-angle x-ray scattering measurement and thermodynamic calculation based on the activity coefficient model. Long-wavelength limits of structure factors SNN(0), SCC(0), and SNC(0), which respectively represent mean square fluctuations in the particle number, the concentration, and their cross correlation, are determined from scattering intensity extrapolated to the zero scattering vector and thermodynamic quantities according to the Bhatia and Thornton formula. SNN(0) and SCC(0) exhibit maxima near critical concentration. We found that difference between partial molar volumes of water and DEGDEE essentially results in SNN(0) values being one order of magnitude larger than SCC(0) values. Further, we determined Kirkwood-Buff (KB) integrals to clarify a mixing state of the solution from a mesoscopic point of view. The KB integrals also exhibit extrema near critical concentration. These results demonstrate self-segregations of both DEGDEE and water in a nanometer length scale even at homogeneous solution states, which can be regarded as a precursor of the macroscopic phase separation. Concentration dependence of the wide-angle scattering curve suggests that the short-range structure, whose length scale is sub-nanometer, moderately changes between the intrinsic bulk structures of DEGDEE and water. Comparison of the KB integrals with those determined by the activity coefficient model using non-random two-liquid equation is presented and effects of the fluctuation on the phase behavior are discussed.

    DOI: 10.1016/j.molliq.2021.117830

    Scopus

  26. Momentum removal to obtain the position-dependent diffusion constant in constrained molecular dynamics simulation 査読有り

    Fujimoto Kazushi, Nagai Tetsuro, Yamaguchi Tsuyoshi

    JOURNAL OF COMPUTATIONAL CHEMISTRY   42 巻 ( 30 ) 頁: 2136 - 2144   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Computational Chemistry  

    The position-dependent diffusion coefficient along with free energy profile are important parameters needed to study mass transport in heterogeneous systems such as biological and polymer membranes, and molecular dynamics (MD) calculation is a popular tool to obtain them. Among many methodologies, the Marrink–Berendsen (MB) method is often employed to calculate the position-dependent diffusion coefficient, in which the autocorrelation function of the force on a fixed molecule is related to the friction on the molecule. However, the diffusion coefficient is shown to be affected by the period of the removal of the center-of-mass velocity, (Formula presented.), which is necessary when performing MD calculations using the Ewald method for Coulombic interaction. We have clarified theoretically in this study how this operation affects the diffusion coefficient calculated by the MB method, and the theoretical predictions are proven by MD calculations. Therefore, we succeeded in providing guidance on how to select an appropriate (Formula presented.) value in estimating the position-dependent diffusion coefficient by the MB method. This guideline is applicable also to the Woolf–Roux method.

    DOI: 10.1002/jcc.26742

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  27. Density and Viscosity Calculation of a Quaternary System of Amine Absorbents before and after Carbon Dioxide Absorption 査読有り

    Khuyen Viet Bao Tran, Sato Miho, Yanase Keiichi, Yamaguchi Tsuyoshi, Machida Hiroshi, Norinaga Koyo

    JOURNAL OF CHEMICAL AND ENGINEERING DATA   66 巻 ( 8 ) 頁: 3057 - 3071   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Chemical and Engineering Data  

    Viscosity and density of amine absorbents affect directly their flow, which is involved in the process design and simulation of carbon dioxide capture. A mixture of 2-(ethyl amino) ethanol (EAE), diethylene glycol diethyl ether (DEGDEE), and water changes its phase from homogeneous to two-liquid ones on CO2 absorption. It is difficult to calculate the viscosity and density of this phase separation solution, especially those of quaternary-component phases. In this research, models to calculate the density and viscosity of the quaternary-component system of EAE/DEGDEE/water/carbamate were suggested based on nonrandom two-liquid (NRTL)-DVOL and NRTL-DVIS models. Given the component concentrations, these models can replicate well the viscosity and density of the solutions. A good calculation result with a few numbers of parameters makes the models simple and easy to use.

    DOI: 10.1021/acs.jced.1c00195

    Web of Science

    Scopus

  28. Online composition analysis of phase separation solvent for carbon dioxide capture using ATR‐FT‐IR 査読有り

    Miho Sato, Khuyen Viet Bao Tran, Tsuyoshi Yamaguchi, Hiroshi Machida, Koyo Norinaga

    Journal of Advanced Manufacturing and Processing     2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/amp2.10067

  29. Online composition analysis of phase separation solvent for carbon dioxide capture using ATR‐FT‐IR 査読有り

    Miho Sato, Khuyen Viet Bao Tran, Tsuyoshi Yamaguchi, Hiroshi Machida, Koyo Norinaga

    Journal of Advanced Manufacturing and Processing   2 巻 ( 4 ) 頁: e10067   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1002/amp2.10067

  30. Translation-orientation coupling and Cox-Merz rule of liquid hexane 査読有り

    Yamaguchi Tsuyoshi, Matsuoka Tatsuro

    JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS   149 巻 ( 20 ) 頁: 204502   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Chemical Physics  

    DOI: 10.1063/1.5051680

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  31. Low temperature swing process for CO2 absorption-desorption using phase separation CO2 capture solvent 査読有り

    Machida Hiroshi, Ando Ryuya, Esaki Takehiro, Yamaguchi Tsuyoshi, Horizoe Hirotoshi, Kishimoto Akira, Akiyama Katsuya, Nishimura Makoto

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GREENHOUSE GAS CONTROL   75 巻   頁: 1 - 7   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Greenhouse Gas Control  

    DOI: 10.1016/j.ijggc.2018.05.010

    Web of Science

    Scopus

  32. Re-investigation of translational-orientational coupling behavior of nematogen in isotropic phase with non-nematogenic additives 査読有り

    Hanai Wataru, Yamaguchi Tsuyoshi, Matsuoka Tatsuro

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   57 巻 ( 7 ) 頁: 07LB05   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Applied Physics  

    DOI: 10.7567/JJAP.57.07LB05

    Web of Science

    Scopus

  33. Stress-structure coupling and nonlinear rheology of Lennard-Jones liquid 査読有り

    Yamaguchi Tsuyoshi

    JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS   148 巻 ( 23 ) 頁: 234507   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Chemical Physics  

    DOI: 10.1063/1.5026536

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  34. Coupling between mesoscopic dynamics and shear stress of room-temperature ionic liquid 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi

    Physical Chemistry Chemical Physics     2018年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c8cp02814a

  35. Shear Viscosity and Heterogeneous Structure of Alkylaminoethanol-Based CO2 Absorbents 査読有り

    Yamaguchi Tsuyoshi, Ando Ryuya, Yoshida Koji, Yamaguchi Toshio, Machida Hiroshi

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B   122 巻 ( 14 ) 頁: 4045 - 4050   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physical Chemistry B  

    DOI: 10.1021/acs.jpcb.8b00946

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  36. Stick boundary condition at large hard sphere arising from effective attraction in binary hard-sphere mixtures 査読有り

    Nakamura Yuka, Yoshimori Akira, Akiyama Ryo, Yamaguchi Tsuyoshi

    JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS   148 巻 ( 12 ) 頁: 124502   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Chemical Physics  

    DOI: 10.1063/1.5025202

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  37. Effects of mesoscopic domain structure on shear viscosity of ionic liquids

    Yamaguchi Tsuyoshi

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   255 巻   頁: .   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  38. Structural Origin of Shear Viscosity of Liquid Water 査読有り

    Yamaguchi Tsuyoshi

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B   122 巻 ( 3 ) 頁: 1255 - 1260   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physical Chemistry B  

    DOI: 10.1021/acs.jpcb.7b10893

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  39. Structural Relaxation and Viscoelasticity of a Higher Alcohol with Mesoscopic Structure 査読有り

    Yamaguchi Tsuyoshi, Saito Makina, Yoshida Koji, Yamaguchi Toshio, Yoda Yoshitaka, Seto Makoto

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY LETTERS   9 巻 ( 2 ) 頁: 298 - 301   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physical Chemistry Letters  

    DOI: 10.1021/acs.jpclett.7b02907

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  40. Development of phase separation solvent for CO2 capture by aqueous (amine plus ether) solution 査読有り

    Hiroshi Machida, Kazuki Oba, Takashi Tomikawa, Takehiro Esaki, Tsuyoshi Yamaguchi, Hirotoshi Horizoe

    JOURNAL OF CHEMICAL THERMODYNAMICS   113 巻   頁: 64 - 70   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Phase separation solvents for CO2 absorption have been designed which transform into two liquid phases after CO2 absorption. We studied seven types of amines and one type of ether-mixed solvents and observed that there are three types of phase phenomena, namely, no phase separation, phase separation with CO2 scrubbing, and initially immiscible. We also observed that these types can be classified using the hydrophobicity of the amine. The solubility of CO2 was measured in the phase separation solvent. In the lower-pressure region, the solvent formed a single liquid phase. When the amount of CO2 in solution reached a separation point, the solvent separated into two liquid phases. (C) 2017 Elsevier Ltd.

    DOI: 10.1016/j.jct2017.05.043

    Web of Science

  41. Decoupling between the Temperature-Dependent Structural Relaxation and Shear Viscosity of Concentrated Lithium Electrolyte 査読有り

    Yamaguchi Tsuyoshi, Yoshida Koji, Yamaguchi Toshio, Nagao Michihiro, Faraone Antonio, Seki Shiro

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B   121 巻 ( 37 ) 頁: 8767 - 8773   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physical Chemistry B  

    DOI: 10.1021/acs.jpcb.7b04633

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  42. Analysis of shear viscosity and viscoelastic relaxation of liquid methanol based on molecular dynamics simulation and mode-coupling theory 国際共著

    Yamaguchi Tsuyoshi, Faraone Antonio

    JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS   146 巻 ( 24 ) 頁: 244506   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Chemical Physics  

    DOI: 10.1063/1.4990408

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  43. Analysis of Prepeak Structure of Concentrated Organic Lithium Electrolyte by Means of Neutron Diffraction with Isotopic Substitution and Molecular Dynamics Simulation 査読有り

    Yamaguchi Tsuyoshi, Yoshida Koji, Yamaguchi Toshio, Kameda Yasuo, Ikeda Kazutaka, Otomo Toshiya

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B   121 巻 ( 21 ) 頁: 5355 - 5362   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physical Chemistry B  

    DOI: 10.1021/acs.jpcb.7b00686

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  44. Viscoelastic relaxations of high alcohols and alkanes: Effects of heterogeneous structure and translation-orientation coupling 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi

    Journal of Chemical Physics   146 巻 ( 9 ) 頁: 094511   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. The Equation of State and the Temperature, Pressure and Shear Dependence of Viscosity for a Highly Viscous Reference Liquid, Dipentaerythritol Hexaisononanoate 査読有り

    Scott Bair, Tsuyoshi Yamaguchi

      139 巻 ( 1 ) 頁: 011801   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1115/1.4033050

  46. Phase Separation Solvent for CO2 Capture 査読有り

    Machida Hiroshi, Esaki Takehiro, Oba Kazuki, Tomikawa Takashi, Yamaguchi Tsuyoshi, Horizoe Hirotoshi

    13TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON GREENHOUSE GAS CONTROL TECHNOLOGIES, GHGT-13   114 巻   頁: 823 - 826   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Energy Procedia  

    DOI: 10.1016/j.egypro.2017.03.1224

    Web of Science

    Scopus

  47. Experimental study on the relationship between the frequency-dependent shear viscosity and the intermediate scattering function of representative viscous liquids 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi

    Journal of Chemical Physics   145 巻 ( 19 ) 頁: 194505   2016年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Reorientational Relaxation of Small Solutes in Viscoelastic Liquids 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Yusuke Abe, Katsura Nishiyama

    Journal of Physical Chemistry B   120 巻 ( 9 ) 頁: 2491-2499   2016年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Mode-coupling theoretical study on the roles of heterogeneous structure in rheology of ionic liquids 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi

    Journal of Chemical Physics   144 巻 ( 12 ) 頁: 124514   2016年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Relationship between Structural Relaxation, Shear Viscosity, and Ionic Conduction of LiPF6/Propylene Carbonate Solutions 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Takuya Yonezawa, Koji Yoshida, Toshio Yamaguchi, Michihiro Nagao, Antonio Faraone, Shiro Seki

    Journal of Physical Chemistry B   119 巻 ( 51 ) 頁: 15675-15682   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Study on the temperature-dependent coupling among viscosity, conductivity and structural relaxation of ionic liquids 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Takuya Yonezawa, Shinobu Koda

    Physical Chemistry Chemical Physics   17 巻   頁: 19126-19133   2015年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Dielectrically-consistent Stell correction for integral equation theory on electrolyte solutions 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Shinobu Koda

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   88 巻 ( 6 ) 頁: 804   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Bimodal dielectric relaxation of electrolyte solutions in weakly polar solvents 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Shinobu Koda

    Journal of Chemical Physics   141 巻 ( 24 ) 頁: 244501   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Dielectric and shear relaxations of ionic liquid composed of symmetric ions 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Shinobu Koda

    Journal of Chemical Physics   141 巻 ( 14 ) 頁: 144503   2014年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Oscillatory and Steady Shear Viscosity: The Cox-Merz Rule, Superposition, and Application to EHL Friction 査読有り

    Scott Bair, Tsuyoshi Yamaguchi, Ludwig Brouwer, Hubert Schwarze, Philippe Vergne, Gerhard Poll

    Tribology International   79 巻   頁: 126-131   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Quantitative Analysis of Conductivity and Viscosity of Ionic Liquids in Terms of Their Relaxation Times 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Eiichiro Nakahara, Shinobu Koda

    Journal of Physical Chemistry B   118 巻 ( 21 ) 頁: 5752-5759   2014年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Relationship Between Microviscosity and High-Frequency Viscosity of Polymer Gel Electrolytes 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Ryo Matsui, Shinobu Koda

    Journal of Physical Chemistry B   117 巻 ( 23 ) 頁: 7077-7083   2013年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Collective dynamics of room-temperature ionic liquids and their Li ion solutions studied by high-resolution inelastic X-ray scattering 査読有り

    Kenta Fujii, Mitsuhiro Shibayama, Tsuyoshi Yamaguchi, Koji Yoshida, Toshio Yamaguchi, Shiro Seki, Hiroshi Uchiyama, Alfred Q. R. Baron, Yasuhiro Umebayashi

    Journal of Chemical Physics   138 巻 ( 15 ) 頁: 151101   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Interpretation of the Variation of Walden Product of Ionic Liquids with Different Alkyl Chain Lengths in Terms of Relaxation Spectra 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Eiichiro Nakahara, Keitaro Sueda, Shinobu Koda

    Journal of Physical Chemistry B   117 巻 ( 15 ) 頁: 4121-4126   2013年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Rheological Bases for Empirical Rules on Shear Viscosity of Lubrication Oils 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Taiga Akatsuka, Shinobu Koda

    Journal of Physical Chemistry B   117 巻 ( 11 ) 頁: 3232   2013年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Effects of hydrodynamic interaction on the equivalent conductivity minimum of electrolyte solutions in solvents of low dielectric constant 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Yuhei Shimoda, and Shinobu Koda

    Journal of Chemical Physics   138 巻 ( 2 ) 頁: 024503   2013年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Relationship between mesoscale dynamics and shear relaxation of ionic liquids with long alkyl chain 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Ken-ichi Mikawa, Shinobu Koda, Kenta Fujii, Hitoshi Endo, Mitsuhiro Shibayama, Hiroshi Hamano, Yasuhiro Umebayashi

    Journal of Chemical Physics   137 巻 ( 10 ) 頁: 104511   2012年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Effects of Lithium Salts on Shear Relaxation Spectra of Pyrrolidinium-Based Ionic Liquids 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Ken-ichi Mikawa, Shinobu Koda, Nobuyuki Serizawa, Shiro Seki, Kenta Fujii, Yasuhiro Umebayashi

    Journal of Physical Chemistry B   116 巻 ( 24 ) 頁: 7322-7327   2012年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Shear and conductivity relaxations of lithium ion electrolytes in polyethyleneglycol dimethyl ethers 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Yukihiro Yamada, Shinobu Koda

    Journal of Molecular Liquids   172 巻   頁: 93-101   2012年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Shear relaxation of water-ionic liquid mixtures 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Ken-ichi Mikawa, Shinobu Koda

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   85 巻 ( 6 ) 頁: 701-705   2012年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Pseudo-critical behavior on the partial molar volume of solutes in the isotropic phase of liquid crystal 査読有り

    Tatsuro Matsuoka, Shunsuke Nakamura, Tsuyoshi Yamaguchi, Shinobu Koda

    Chemical Physics Letters   521 巻   頁: 78-80   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Shear relaxation of ammonium- and phosphonium-based ionic liquids with oxyethylene chain 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Ken-ichi Mikawa, Shinobu Koda, Hiroki Fukazawa, Hideaki Shirota

    Chemical Physics Letters   521 巻   頁: 69-73   2012年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Assignment of the dielectric relaxation of ionic liquid and its implication to the ionic conduction mechanism 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi and Shinobu Koda

    Journal of Molecular Liquids   164 巻 ( 1-2 ) 頁: 49-52   2011年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Brownian dynamics simulation of a model simple electrolyte in solvents of low dielectric constant 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Taiga Akatsuka, and Shinobu Koda

    Journal of Chemical Physics   134 巻 ( 244506 ) 頁: 234506   2011年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Roles of translational and reorientational modes in translational diffusion of high-pressure water: comparison with soft-core fluids 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi and Shinobu Koda

    Journal of Chemical Physics   134 巻 ( 23 ) 頁: 234506   2011年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Dynamic mechanism of equivalent conductivity minimum of electrolyte solution 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Tatsuro Matsuoka, Shinobu Koda

    Journal of Chemical Physics   135 巻 ( 16 ) 頁: 164511   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Frequency-domain investigation of the ionic mobility of triflate salts in tetrahydrofuran 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Yukihiro Yamada, Tatsuro Matsuoka, Shinobu Koda, Yoshiro Yasaka, and Nobuyuki Matubayasi

    Journal of Physical Chemistry B   115 巻 ( 43 ) 頁: 12327-12676   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Shear Relaxation of Imidazolium-Based Room-Temperature Ionic Liquids 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Miyake Sho and Shinobu Koda

    Journal of Physical Chemistry B   114 巻 ( 24 ) 頁: 8126-8133   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Mode-coupling theoretical analysis of transport and relaxation properties of liquid dimethylimidazolium chloride 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi and Shinobu Koda

    Journal of Chemical Physics   132 巻 ( 11 ) 頁: 114502   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Solvation dynamics in polar solvents studied by means of RISM/mode-coupling theory 査読有り

    Nishiyama, Katsura; Yamaguchi, Tsuyoshi; Hirata, Fumio

    Journal of Physical Chemistry B   113 巻 ( 9 ) 頁: 2800-2804   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Electric and mechanical relaxations of LiClO4-propylene carbonate systems in 100 MHz region 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Masashi Hayakawa, Tatsuro Matsuoka, and Shinobu Koda

    Journal of Physical Chemistry B   113 巻 ( 35 ) 頁: 11988-11998   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Effects of frequency and power of ultrasound on the size reduction of liposome 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Masaru Nomura, Tatsuro Matsuoka, and Shinobu Koda

    Chemistry and Physics of Lipids   160 巻 ( 1 ) 頁: 58-62   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. A theoretical study on the frequency-dependent electric conductivity of electrolyte solutions II: Effect of hydrodynamic interaction 査読有り

    T. Yamaguchi, T. Matsuoka, and S. Koda

    Journal of Chemical Physics   130 巻 ( 9 ) 頁: 094506   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. A three-variable theory on the translation-reorientation coupling of molecular liquids 査読有り

    T. Yamaguchi, M. Hayakawa, T. Matsuoka, and S. Koda

    Journal of Molecular Liquids   147 巻 ( 1-2 ) 頁: 2-8   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Dynamic solvophobic effect and its cooperativity in the hydrogen-bonding liquids studied by dielectric and nuclear magnetic resonance relaxation 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Hiroki Furuhashi, Tatsuro Matsuoka, and Shinobu Koda

    Journal of Physical Chemistry B   112 巻 ( 51 ) 頁: 16633-16641   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The reorientational relaxation of solvent molecules in the mixture of nonpolar solutes and hydrogen-bonding liquids including water, alcohols and amides are studied by dielectric and 2H-nuclear magnetic resonance (NMR) spin-lattice relaxations. The retardation of the reorientational motion of the solvent by weak solute-solvent interaction is observed in all the solvent systems. On the other hand, no clear correlation between the strength of the solute-solvent interaction and the slowing down of the solvent motion is found in N,N-dimethylacetamide, which suggests the importance of the hydrogen bonding in the dynamic solvophobic effect. The cooperativity of the reorientational relaxation is investigated by the comparison between the collective relaxation measured by the dielectric spectroscopy and the single-molecular reorientation determined by NMR. The modification of the dielectric relaxation time caused by the dissolution of the solute is larger than that of the single-molecular reorientational relaxation time in all the solvents studied here. The effect of the static correlation between the dipole moments of different molecules is calculated from the static dielectric constant, and the effect of the dynamic correlation is estimated. The difference in the effects of the solutes on the collective and single-molecular reorientational relaxation is mainly ascribed to the dynamic cooperativity in the cases of water and alcohols, which is consistent with the picture on the dynamic solvophobicity derived by our previous theoretical analysis (Yamaguchi, T.; Matsuoka, T.; Koda, S. J. Chem. Phys. 2004, 120, 7590). On the other hand, the static correlation plays the principal role in the case of N-methylformamide.

  81. A theoretical study on the frequency-dependent electric conductivity of electrolyte solutions 査読有り

    T. Yamaguchi, T. Matsuoka, and S. Koda

    Journal of Chemical Physics   127 巻 ( 23 ) 頁: 234501   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The theory on the ultrasonic absorption of electrolyte solutions we have proposed previously [T. Yamaguchi, T. Matsuoka, and S. Koda, J. Chem. Phys., 126, 144505 (2007)] is extended to calculate the frequency-dependent electric conductivity of the solution. The ionic contribution of the dielectric relaxation spectrum is obtained at the same time.
    The theory is able to handle the contributions of both the ion-pair dynamics and the relaxation of ionic atmosphere, as is the case of ultrasonic absorption. The effect of the barrier height between the contact and solvent-separated ion pairs is investigated in detail. It is clarified that the competition between the dissociation and reorientational
    relaxation rates of the contact ion pair is an important factor for the ion pair to be regarded as the ion pair in terms of ionic conductivity.

  82. Theoretical study on the sound absorption of electrolytic solutions. II. Assignment of Relaxations 査読有り

    T. Yamaguchi, T. Matsuoka, and S. Koda

    Journal of Chemical Physics   127 巻 ( 6 ) 頁: 064508   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Translational friction and momentum dissipation of a solute in simple liquid studied by generalized Langevin theory for liquid under external field 査読有り

    T. Yamaguchi, T. Matsuoka, and S. Koda

    Journal of Molecular Liquids   134 巻 ( 1-3 ) 頁: 1-7   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Theoretical study on the sound absorption of electrolytic solutions. I. Theoretical formulation 査読有り

    T. Yamaguchi, T. Matsuoka, and S. Koda

    Journal of Chemical Physics   126 巻 ( 14 ) 頁: 144505   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Solute Dependence of Mobility of Solvent Molecules in Solvophobic Solute Solutions: Dielectric Relaxation of Nonpolar Solute / Alcohol Mixtures 査読有り

    A. Nagao, T. Yamaguchi, T. Matsuoka, and S. Koda

    Journal of Physical Chemistry A   110 巻 ( 10 ) 頁: 3377   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The dielectric relaxation spectra of alcohol/nonpolar solute mixtures are measured at several temperatures (-15CT25C) and for several molar fractions of solute (0Xs0.114) in the frequency range of 200MHzν20GHz. The double Debye type function is used for fitting of the spectra of mixtures, and the mean dielectric relaxation times (mean) of alcohol molecules are determined. In the systems having strong interaction between alcohol and nonpolar solutes, mean becomes shorter with an increase in the concentration of the solutes. On the other hand, mean becomes longer in the system having weak interaction between alcohol and nonpolar solutes. These results contradict with our intuitive predictions, do not correspond to mixing enthalpy, and are not explained by the hydrodynamic theory. They are attributed to the mechanism of the coupling between long-range electrostatic interactions and concentration fluctuation caused by the addition of solutes, which is suggested by Yamaguchi et al. based on the mode-coupling theory. [Yamaguchi, T.; Matsuoka, T.; Koda. S. J. Chem. Phys. 2004, 120, 7590]

  86. Mode-coupling study on the dynamics of hydrophobic hydration II: Aqueous solutions of benzene and rare gases 査読有り

    T. Yamaguchi, T. Matsuoka, and S. Koda

    Physical Chemistry Chemical Physics   8 巻 ( 6 ) 頁: 737-745   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Study of anomalous mobility of polar molecular solutions by means of the site-site memory equation formalism 査読有り

    A.E. Kobryn, T. Yamaguchi, and F. Hirata

    Journal of Molecular Liquids   125 巻 ( 1 ) 頁: 14-21   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Multi-pH Monte Carlo Simulation of Coil-Globule transition of weak polyelectrolyte 査読有り

    T. Yamaguchi, T. Kiuchi, T. Matsuoka and S. Koda

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   78 巻   頁: 2098   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A multi-pH generalized ensemble simulation method is proposed; it is applied to the titration of the model weak polyelectrolyte. The first-order coil-globule transition is found in a poor solvent case. The conformation of the transition state is closely examined.

  89. Observation of Ultrasonic Relaxation due to Micelle-Monomer Exchange Process in Aqueous Solutions of Rodlike Micelles 査読有り

    Tatsuro Matsuoka, Yukihiro Masuda, Tsuyoshi Yamaguchi and Shinobu Koda

    Japanese Journal of Applied Physics   43 巻 ( 5B ) 頁: 2924-2925   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Nuclear Magnetic Resonance and Molecular Dynamics Simulation Study on the Reorientational Relaxation of Solutes in Supercritical Methanol 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Nobuyuki Matubayasi, and Masaru Nakahara

    Journal of Molecular Liquids   119 巻 ( 1-3 ) 頁: 119-123   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Solvation dynamics in water investigated by RISM/mode-coupling theory 査読有り

    Katsura Nishiyama, Tsuyoshi Yamaguchi, Fumio Hirata, and Tadashi Okada

    Journal of Molecular Liquids   119 巻 ( 1-3 ) 頁: 63-66   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Pressure dependence of diffusion coefficient and orientational relaxtion time for acetonitrile and methanol in water: DRISM/mode-coupling study 査読有り

    A. E. Kobryn, T. Yamaguchi, and F. Hirata

    Journal of Molecular Liquids   119 巻 ( 1-3 ) 頁: 7-13   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. Molecular dynamics simulation study on the transient response of solvation structure during the translational diffusion of solute 査読有り

    T. Yamaguchi, T. Matsuoka, and S. Koda

    Journal of Chemical Physics   122 巻 ( 1 ) 頁: 014512   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. Site-site memory equation approach in study of density/pressure dependence of translational diffusion coefficient and rotational relaxation time of polar molecular solutions: acetonitrile in water, methanol in water, and methanol in acetonitrile 査読有り

    A. E. Kobryn, T. Yamaguchi, and F. Hirata

    Journal of Chemical Physics   122 巻 ( 18 ) 頁: 184511   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Generalized Langevin theory on the dynamics of simple fluids under external fields 査読有り

    T. Yamaguchi, T. Matsuoka and S. Koda

    Journal of Chemical Physics   123 巻 ( 3 ) 頁: 034504   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Solute dependence of polar solvation dynamics studied by RISM/mode-coupling theory 査読有り

    Katsura Nishiyama, Tsuyoshi Yamaguchi, Fumio Hirata, and Tadashi Okada

    Journal of Solution Chemistry   33 巻 ( 6-7 ) 頁: 631-639   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Polar solvation dynamics: A combination of the reference interaction-site model and mode-coupling theories

    Katsura Nishiyama, Tsuyoshi Yamaguchi, Fumio Hirata and Tadashi Okada

    Pure and Applied Chemistry   76 巻 ( 1 ) 頁: 71-77   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Nuclear Magnetic Resonance Study on the Reorientational Relaxation in Supercritical Alcohols 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi, Nobuyuki Natubayasi, and Masaru Nakahara

    Journal of Physical Chemistry A   108 巻 ( 8 ) 頁: 1319-1324   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Mode-coupling analysis of the translational and rotational diffusion of polar liquids; acetonitrile and water 査読有り

    T. Yamaguchi, S.-H. Chong and F. Hirata

    Journal of Molecular Liquids   112 巻 ( 3 ) 頁: 117-124   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. Mode-coupling study on the dynamics of hydrophobic hydration 査読有り

    T. Yamaguchi, T. Matsuoka and S. Koda

    Journal of Chemical Physics   120 巻   頁: 7590-7601   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The molecular motion of water in water-hydrophobic solute mixtures was investigated by the mode-coupling theory for molecular liquids based on the interaction-site description. When the model Lennard-Jones (LJ) solute
    was mixed with water, both the translational and reorientational motions of solvent water
    become slower, in harmony with various experiments and
    molecular dynamics simulations. We compared the mechanism of the slowing down with that of the pressure dependence of the molecular motion of neat water [T. Yamaguchi, S.-H. Chong and F. Hirata, J. Chem. Phys. 119, 1021-1034 (2003)]. We found that the decrease in the solvent mobility caused by the solute can essentially
    be elucidated by the same mechanism, that is, the fluctuation of the number density of solvent due to the cavity formation by the solute strengthens the friction on the collective polarization through the dielectric friction mechanism. We also employed the solute molecule
    that is the same as solvent water except for the amount of
    partial charges, in order to alter the strength of the solute-solvent interaction continuously.
    The mobility of the solvent water was reduced both by
    the hydrophobic and strongly hydrophilic solutes, but it
    was enhanced in the intermediate case. Such a behavior was discussed in connection with the concept of positive and negative hydrations.

  101. The statistical mechanics of the electro-acoustic effects of liquids 査読有り

    T. Yamaguchi, T. Matsuoka and S. Koda

    Journal of Chemical Physics   119 巻   頁: 4437-4448   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Mode-coupling calculation of the anomalous pressure effect on the ionic conductivity of molten LiBr 査読有り

    T. Yamaguchi, T. Matsuoka and S. Koda

    Journal of Chemical Physics   119 巻 ( 21 ) 頁: 11306-11317   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Dielectric relaxation spectrum of water studied by the site-site generalized Langevin / modified mode-coupling theory 査読有り

    T. Yamaguchi, S.-H. Chong, and F. Hirata

    Molecular Physics   101 巻   頁: 1211-1220   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. A theoretical study on the anomalous pressure dependence of the transport properties of ionic liquids:Comparison among lithium bromide, silica and water 査読有り

    T. Yamaguchi, A. Nagao, T. Matsuoka and S. Koda

    Journal of Chemical Physics   119 巻   頁: 11306-11317   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Theoretical study on the molecular motion of liquid water under high pressure 査読有り

    T. Yamaguchi, S.-H. Chong, and F. Hirata

    Journal of Chemical Physics   119 巻   頁: 1021-1034   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. The Study of the Nonpolar Solvation Dynamics in Supercritical Lennard-Jones Fluids in Terms of the Solvent Dynamic Structure Factor 査読有り

    T. Yamaguchi, Y. Kimura and M. Nakahara

    Journal of Physical Chemistry B   106 巻 ( 35 ) 頁: 9126-9134   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Translational diffusion and reorientational realxation of water analyzed by site-site generalized Langevin theory 査読有り

    T. Yamaguchi, S.-H. Chong, and F. Hirata

    Journal of Chemical Physics   116 巻   頁: 2502-2507   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Interaction-site model description of the reorientational relaxation of molecular liquids: Incorporation of the interaxial coupling into the site-site generalized Langevin / mode-coupling theory 査読有り

    T. Yamaguchi and F. Hirata

    Journal of Chemical Physics   117 巻   頁: 2216-2224   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. Site-site mode coupling theory for the shear viscosity of molecular liquids 査読有り

    T. Yamaguchi and F. Hirata

    Journal of Chemical Physics   115 巻   頁: 9340-9345   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. Non-Gaussian dynamics of a dilute hard-sphere gas 査読有り

    T. Yamaguchi and Y. Kimura

    Journal of Chemical Physics   114 巻   頁: 3029-3034   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. A mode-coupling approach to the attractive interaction effect on the solute diffusion in liquids 査読有り

    T. Yamaguchi, N. Matubayasi, and M. Nakahara

    Journal of Chemical Physics   115 巻   頁: 422-432   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Effects of the solute-solvent and solvent-solvent attractive interactions on solute diffusion 査読有り

    T. Yamaguchi and Y. Kimura

    Molecular Physics   98 巻   頁: 1553-1563   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Vibrational overtone dephasing in liquids under the influence of non-Gaussian noise 査読有り

    T. Yamaguchi

    Journal of Chemical Physics   114 巻   頁: 8530-8533   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Photo-excitation dynamics of phenol blue 査読有り

    Y. Kimura, T. Yamaguchi, and N. Hirota

    Physical Chemistry Chemical Physics   2 巻   頁: 1415-1420   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. Vibrational energy relaxation of azulene in the S2 state I: Solvent species dependence 査読有り

    T. Yamaguchi, Y. Kimura, and N. Hirota

    Journal of Chemical Physics   113 巻   頁: 2772-2783   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. Vibrational energy relaxation of azulene in the S2 state II: Solvent density dependence 査読有り

    T. Yamaguchi, Y. Kimura, and N. Hirota

    Journal of Chemical Physics   113 巻   頁: 4340-4348   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. The role of the attractive and the repulsive interactions in the nonpolar solvation dynamics in simple fluids from the gas-like to the liquid-like densities 査読有り

    T. Yamaguchi, Y. Kimura, and N. Hirota

    Journal of Chemical Physics   111 巻   頁: 4169-4185   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. Vibrational energy relaxation rates in the S2 state of azulene in nitrogen and carbon dioxide 査読有り

    Y. Kimura, T. Yamaguchi, and N. Hirota

    Chemical Physics Letters   303 巻   頁: 223-228   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Solvation state selective excitation in resonance Raman spectroscopy II: Theoretical calculation 査読有り

    T. Yamaguchi, Y. Kimura, and N. Hirota

    Journal of Chemical Physics   109 巻   頁: 9084-9095   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. Molecular dynamics simulation of solute diffusion in Lennard-Jones fluids 査読有り

    T. Yamaguchi, Y. Kimura, and N. Hirota

    Molecular Physics   94 巻   頁: 527-537   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. Solvation state selective excitation in resonance Raman spectroscopy I: Experimental study on the C=N and the C=O stretching mode of phenol blue 査読有り

    T. Yamaguchi, Y. Kimura, and N. Hirota

    Journal of Chemical Physics   109 巻   頁: 9075-9083   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. The excitation energy dependence of the Raman Stokes shift: the resonance Raman spectra of phenol blue in methanol 査読有り

    T. Yamaguchi, Y. Kimura, and N. Hirota

    Journal of Chemical Physics   107 巻   頁: 4436-4438   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. Solvent and Solvent Density Effects on the Spectral Shifts and the Bandwidths of the Absorption and the Resonance Raman Spectra of Phenol Blue 査読有り

    T. Yamaguchi, Y. Kimura, and N. Hirota

    Journal of Physical Chemistry A   101 巻   頁: 9050-9060   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. Overview of Liquids and Liquid-Based Systems 査読有り

    Toshiyuki Takamuku, Tsuyoshi Yamaguchi( 担当: 共著)

    Springer, Singapore  2021年 

     詳細を見る

    総ページ数:12   記述言語:英語 著書種別:学術書

    DOI: 10.1007/978-981-16-5395-7_1

  2. Dynamics of Molecular Liquids: From Water to Ionic Liquids 査読有り

    Tsuyoshi Yamaguchi( 担当: 単著)

    Springer, Singapore  2021年 

     詳細を見る

    総ページ数:34   記述言語:英語 著書種別:学術書

    DOI: 10.1007/978-981-16-5395-7_3

  3. 第6版 電気化学便覧 3.1「電解質溶液」

    梅林泰宏、山口毅( 担当: 共著)

    丸善  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

講演・口頭発表等 61

  1. 高圧水の体積粘性率と超音波緩和

    山口 毅

    日本物理学会年次大会  2022年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  2. Dynamics of Liquids with Multiscale Structure 招待有り 国際会議

    Tsuyoshi Yamaguchi

    Pacifichem 2021  2021年12月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  3. 分子動力学シミュレーションによるエタノール水溶液の超音波緩和の研究

    山口 毅

    第35回分子シミュレーション討論会  2021年11月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月 - 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  4. 溶媒の不均一構造のダイナミクスと小さい溶質分子の並進拡散のカップリング

    山口 毅

    第43回溶液化学シンポジウム  2021年10月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  5. 無電極水晶振動子を用いた液体のGHz領域に至る粘性測定 国際会議

    山口 毅

    第42回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム  2021年10月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  6. 無電極QCM-D法による液体のGHz領域における粘弾性測定

    山口 毅

    第15回分子科学討論会  2021年9月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  7. 高級アルコールの不均一構造のダイナミクスと溶質拡散のカップリング

    山口 毅

    第23回理論化学討論会  2021年5月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  8. 粘弾性溶媒中の溶質拡散の周波数依存性

    山口 毅

    日本物理学会年次大会  2021年3月14日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  9. 液体アルコールの誘電高周波プロセスと構造緩和のカップリング

    山口 毅

    日本物理学会秋季大会  2020年9月9日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  10. Effects of mesoscopic domain structure on shear viscosity of ionic liquids 招待有り 国際会議

    Tsuyoshi Yamaguchi

    225th ACS Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:New Orleans, USA   国名:アメリカ合衆国  

  11. 液体の高周波レオロジー:原理から応用まで 招待有り

    山口 毅

    日本材料学会第66期学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名城大学天白キャンパス   国名:日本国  

  12. 濃厚有機リチウム電解液のプレピーク構造:MD シミュレーションと中性子散乱による研究

    山口毅、吉田亨次、山口敏男、亀田恭男、池田一貴、大友季哉

    第39回溶液化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:産業技術総合研究所(つくば市)   国名:日本国  

  13. Liquid state theory for dynamics of electrochemical materials 国際会議

    Tsuyoshi Yamaguchi

    Pacifichem 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  14. イオン伝導性液体の構造緩和と輸送物性

    山口 毅

    電気化学会第82回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  15. イオン液体・電解質溶液の輸送物性に関する研究

    山口 毅

    第37回溶液化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  16. Experimental examination of the mode-coupling theoretical view on the transport properties of ionic systems 国際会議

    Tsuyoshi Yamaguchi

    International Meeting on Applications of Statistical Mechanics of Molecular Liquid on Soft Matter 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:タイ王国  

  17. Study on Transport Properties of room-temperature ionic liquids using relaxation measurements 国際会議

    Tsuyoshi Yamaguchi, Shinobu Koda

    9th Liquid Matter Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ポルトガル共和国  

  18. 溶質拡散に対する込み合いと分子間引力の効果の理論的研究

    山口 毅

    日本物理学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東海大学   国名:日本国  

  19. イオン液体の構造緩和と輸送物性

    山口毅,中原栄一郎,米澤拓也,香田忍

    第36回溶液化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:北海道大学札幌キャンパス   国名:日本国  

  20. ポリマーゲル電解液の局所粘度と高周波粘度の相関

    山口 毅, 松井 亮, 香田 忍

    電気化学会第80回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. イオン液体の粘度・伝導度の周波数依存性と構造緩和との比較

    山口 毅, 中原 栄一郎, 香田 忍

    日本物理学会第68回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. アルキル鎖長の異なるイミダゾリウム系イオン液体の緩和スペクトルとワルデン則

    山口 毅, 末田 圭太郎, 三河 健一, 中原 栄一郎, 香田 忍

    第35回溶液化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. ポリマー系電解液のワルデン則: 緩和スペクトルからのアプローチ

    山口 毅, 松井 亮, 香田 忍

    アジア連携分子研研究会「溶液・ソフトマターの新局面:実験及び理論研究手法の開拓と新規物性探索への展開」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  24. Mode-coupling theoretical study on the reorientational relaxation of water in the presence of hydrophobic solute 国際会議

    Tsuyoshi Yamaguchi

    Workshop on Exploring the Structures and Dynamics of Water at Interfaces 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  25. 低誘電率溶媒中のイオン伝導に対する流体力学相互作用の効果

    山口 毅, 下田 裕平, 香田 忍

    日本物理学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. 1-octyl-3-methylimidazolium chlorideの粘性緩和:中性子準弾性散乱との比較

    山口 毅, 三河 健一, 香田 忍

    第二回イオン液体討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  27. ポリマー媒質中のイオンの協同的並進ダイナミクス

    山口 毅, 山田 幸弘, 香田 忍

    分子科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  28. Molar conductivity minimum of electrolyte solutions in solvents of low polarity

    Tsuyoshi Yamaguchi, Shinobu Koda

    The 5th international mini-symposium on liquids  

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  29. ポリエチレンオキシド系リチウムイオン電解液の伝導度分散と粘性緩和

    山口 毅,山田 幸弘,香田 忍

    電気化学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  30. モード結合理論による水と階段ポテンシャル流体の拡散係数の密度依存性の比較

    山口 毅,香田 忍

    日本物理学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  31. ブラウン動力学シミュレーションによる低誘電率溶媒中のイオン輸送に関する研究

    山口 毅,赤塚 大賀,香田 忍

    溶液化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  32. Shear relaxation and ionic transport of imidazolium-based ionic liquids 国際会議

    Tsuyoshi Yamaguchi, Sho Miyake, Shinobu Koda

    EMLG/JMLG Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ウクライナ  

  33. イミダゾリウム系イオン液体のメガヘルツ領域における粘性緩和

    山口 毅三宅 翔香田 忍

    電気化学会第77回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. 電解質溶液のモル伝導度極小の出現機構:シミュレーションとの比較

    山口 毅、香田 忍

    第65回日本物理学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. ずりインピーダンス法によるイオン液体の粘性緩和の研究

    山口 毅三宅 翔香田 忍

    第32回溶液化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  36. リポソームの酸化に対する超音波照射時間と周波数の効果

    福崎怜奈山口 毅香田 忍

    第40回中化連 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. 表面増強ラマン法による金属表面吸着分子の超音波洗浄過程の観察

    榊原優一山口 毅香田 忍

    第18回ソノケミストリー討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  38. 超音波照射による脂質二重膜の酸化の研究

    福崎怜奈山口 毅香田 忍

    第18回ソノケミストリー討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  39. モード結合理論によるイオン液体の集団的ダイナミクスの研究

    山口 毅香田 忍

    第3回分子科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  40. ずりインピーダンス法によるLiClO4/PC系溶液の粘性緩和の研究

    山口 毅、松岡辰郎、香田 忍

    電気化学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. モード結合理論による電解質溶液のモル伝導度極小の出現機構

    山口毅、松岡辰郎、香田忍

    日本物理学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  42. モデル会合性電解質溶液のモル電気伝導度極小の理論的解析

    山口 毅、松岡辰郎、香田 忍

    第31回溶液化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  43. 銀ナノコロイド表面吸着分子のSERSに対する超音波照射効果の研究

    山口 毅、松岡辰郎、香田 忍

    第2回分子科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  44. 多価電解質水溶液のMHzからGHz領域に現れる緩和の理論的解析

    山口毅、松岡辰郎、香田忍

    日本物理学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. 水素結合性液体/無極性溶質混合系における回転緩和機構の協同性の研究

    古橋広樹、山口毅、松岡辰郎、香田忍

    第一回分子科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  46. 高濃度電解質溶液の電気伝導度分散の統計力学理論

    山口毅、松岡辰郎、香田忍

    理論化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  47. Study of Reorientational Relaxation Mechanism of Solvent Molecule in Hydrogen Bonded Solvent / Nonpolar Solute Mixtures

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  48. The Pseudo-Critical Effect on The Partial Molar Volume of Solutes in The Isotropic Phase of Liquid Crystals

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  49. Frequency and power effects of ultrasound on liposome solution

    International Symposium on Sonochemistry and Sonoprocessing 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  50. Dynamics of Liquids with Strong Coulombic Interaction

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  51. Theoretical study on the ion pair dynamics in the bulk relaxation spectra and conductivity of electrolyte solutions

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  52. ベシクル水溶液に対する超音波照射効果の研究

    野村勝、山口毅、松岡辰郎、香田忍

    第15回ソノケミストリー討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  53. 電解質水溶液の超音波吸収の理論計算の試み

    山口毅、松岡辰郎、香田忍

    第19回分子シミュレーション討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  54. Statistical Mechanical calculation of the ultrasonic relaxation of salt solutions

    USE2006 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  55. 超音波緩和から見たイオン対のダイナミクスの理論的研究

    山口毅、松岡辰郎、香田忍

    第29回溶液化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  56. Theoretical analysis on the transient response of solvation structure around a diffusing molecule 国際会議

    EMLG meeting 2005 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  57. 不均一場下の液体のダイナミクスの理論による溶質の並進拡散過程の研究

    山口毅、松岡辰郎、香田忍

    第28回溶液化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  58. 流動下にある流体の分子配向に関する分子動力学法による研究

    山口毅、松岡辰郎、香田忍

    日本物理学会秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  59. Phase Separation Solvent for CO2 Capture

    Machida Hiroshi, Esaki Takehiro, Oba Kazuki, Tomikawa Takashi, Yamaguchi Tsuyoshi, Horizoe Hirotoshi

    13TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON GREENHOUSE GAS CONTROL TECHNOLOGIES, GHGT-13  2017年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  60. Effects of mesoscopic domain structure on shear viscosity of ionic liquids 招待有り

    Tsuyoshi Yamaguchi

    225th ACS Annual Meeting  2018年3月18日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:New Orleans, USA  

  61. 液体の高周波レオロジー:原理から応用まで 招待有り 国際会議

    山口 毅

    日本材料学会第66期学術講演会  2017年5月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名城大学天白キャンパス  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. 緩和測定による高粘性電解液の輸送物性発現機構の解析法の開発

    2011年4月 - 2012年3月

    「豊田理研スカラー」研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. イオン液体の粘性発現機構の実験的・理論的研究

    2009年9月

    三菱化学研究奨励基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 9

  1. 動的溶液科学の推進

    研究課題/研究課題番号:22H05087  2022年5月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  学術変革領域研究(B)

    関山 直孝, 菅瀬 謙治, 吉田 紀生, 中村 秀樹, 山口 毅

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究領域は、化学的・物理的な状態が時空間的に変動する動的溶液環境に着目し、動的溶液環境が天然変性タンパク質の自己凝縮過程を制御する機構の解明を目指す。そのために、各計画研究で得られた結果や知見を統合し相互循環させることで力強く領域を推進する。加えて、領域内で得られた研究成果や研究手法を幅広い分野に向けて発信し、同時に他分野の知見も積極的に取り入れることで、本研究領域の発展を目指す。

  2. 動的溶液環境における天然変性タンパク質自己凝縮過程の理論研究

    研究課題/研究課題番号:22H05089  2022年5月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  学術変革領域研究(B)

    吉田 紀生, 山口 毅

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究領域の関山・菅瀬らのこれまでの実験から、動的溶液環境が天然変性タンパク質と直接相互作用することでその自己凝縮過程を制御するという仮説を得た。そこで本研究では、液体の統計力学理論をもとに、生体分子の動的溶媒分布を記述できる新理論を開発し、天然変性タンパク質の自己凝縮過程における動的溶液環境の影響を原子レベルで明らかにする。天然変性タンパク質を対象とし、組成・濃度・流れなどの動的溶液環境因子を試すことで、自己凝縮の要因、相互作用、熱力学的変化を予測し、自己凝縮モデルを構築する。このモデルを計画研究班で共有し、天然変性タンパク質の自己凝縮過程を制御する因子を同定する。

  3. 高度に溶媒応答を考慮した生体系の電子移動ダイナミクス理論の構築と展開

    研究課題/研究課題番号:19H02677  2019年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    吉田 紀生, 山口 毅, 中野 晴之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    生体系の電子移動過程においては、電子供与体および受容体をとりまく生体分子や溶媒分子といった環境のさまざまな性質が反応性に影響を与える。特に水分子の分布や配向の変化そして分極といった応答は電子移動の反応性を支配する重要な要因である。
    本研究では、分子性液体の積分方程式理論を基盤として、電子状態理論および溶媒和ダイナミクス理論を組み合わせることで、高度に溶媒の応答を考慮した溶液内および生体内電子移動反応理論を構築する。この理論を用いて、生体内電子移動過程における電子状態変化と溶媒和ダイナミクスの相関を明らかにする。
    生体系の電子移動過程においては、電子供与体および受容体をとりまく生体分子や溶媒分子といった環境のさまざまな性質が反応性に影響を与える。特に水分子の分布や配向の変化そして分極といった応答は電子移動の反応性を支配する重要な要因である。本研究では、分子性液体の積分方程式理論を基盤として、電子状態理論および溶媒和ダイナミクス理論を組み合わせることで、高度に溶媒の応答を考慮した溶液内および生体内電子移動反応理論を構築する。この理論を用いて、生体内電子移動過程における電子状態変化と溶媒和ダイナミクスの相関を明らかにすることを目的とする。
    本年度は生体分子の溶媒和理論である3D-RISM理論を拡張し、溶媒分極を取り入れた新理論の開発、およびプログラム実装を行った。溶媒分極はチャージレスポンスカーネル法により実装した。これにより、溶媒分極という量子化学的効果を古典電磁気学の範囲内で評価することを可能とした。理論構築にあたり、溶媒に作用する他の分子の分極効果をどのように取り込むか、取り込みによって誘電物性がどのように変化するかを明らかにした。本研究では、溶質分極による効果、周囲の溶媒分子の効果、周囲の分極した溶媒分子の効果のそれぞれについて見当し、そのすべてを取り込むことで高精度な記述を可能とした。
    また、これに並行して、拡張MOZプログラムの開発・整備を行った。この拡張にあたっては応募者がすでに開発済みのMOZプログラムを基盤とした開発を行った。
    溶媒分極型積分方程式理論の開発に成功し、プログラムの実装、応用計算および論文投稿まで行うことができた。さらにこの手法を基に、研究計画にはなかった新たな方法の着想得ることができた。このため、当初の計画以上に進展していると判断した。
    今後は、溶媒分極型積分方程式理論に対する、溶媒和ダイナミックス理論および非平衡溶媒和自由エネルギー理論の定式化およびプログラム実装を行う。この手法を、溶液内電子移動ダイナミックスへ応用する。
    また、引き続き拡張MOZ方程式理論の開発も並行して行う。

  4. 高周波ずりインピーダンス法によるマルチスケール構造を持つ液体のレオロジーの研究

    研究課題/研究課題番号:19K03768  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金   基盤研究(C)

    山口 毅

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    長さスケールが異なる複数の特徴的構造を有する液体について、MHz~GHz帯での複素粘性係数を測定し、各構造が粘性に与える寄与を実験的に明らかにする。緩和時間は構造により異なることから、複数の構造に起因する粘弾性緩和を評価するためには、幅広い周波数帯での測定が必要になる。そのため、無電極水晶振動子を用いたずりインピーダンス法による測定装置を開発し、複素粘性係数測定の上限周波数を1 GHz程度まで拡張する。NI転移付近の液晶等方相、高級アルコール、長いアルキル鎖を持つイオン液体などを対象とする。MDシミュレーションや、音響光学的手法による並進配向結合の測定も合わせて結果を検討する。
    液体中における無電極水晶振動子の共振測定用試料セルを試作し,共振特性の測定を試みた.用いた水晶振動子はATカット,基本周波数が64.5 MHzのものである.振動子の両面を試料液膜に接触させ,液膜の外側から電極および接地面で挟み,ベクトルネットワークアナライザ(VNA)で複素反射率(S11)の周波数依存性を測定することによって,振動子の共振特性を測定した.試料液膜の厚さを0.1 mm程度にすることによって,試料の誘電応答を介して振動子の力学的共振を測定することができた.比誘電率20以上の高誘電率液体を試料とした場合には,用いたVNAの測定上限である3 GHzまでの共振を測定が可能であった.一方,比誘電率10以下の液体では,測定上限が1 GHz以下に留まったことから,低誘電率液体の測定のためには,試料セルや測定法の改良が必要である.この測定手法では,振動子を含む試料セルの電気的応答が試料の誘電応答に依存することから,見かけ上の電気的共振特性は,振動子の力学的共振特性のみならず,試料の誘電応答にも依存することになる.粘性と誘電率共に既知の複数の液体試料の測定から,試料の誘電応答が電気的共振特性に与える影響は,直列等価回路で近似でき,この等価回路パラメータを用いることで,真の力学的共振パラメータを算出できることを見出した.測定周波数帯で粘弾性緩和を示さないと期待される低粘性液体であるアセトニトリルを参照液体,これと誘電率の近いエチレングリコールを試料液体として,両者の共振周波数と線幅の違いからエチレングリコールの複素粘性スペクトルを算出したところ,既報の超音波緩和と同程度の緩和周波数を持つ粘弾性緩和が見出された.
    本年度予定していた,高周波粘弾性測定装置の開発に関しては,概ね目途が付いたため,計画通り順調に研究が進んでいると判断している.
    令和2年度は,高周波粘弾性測定に関しては,研究対象とする試料液体を用いて,装置の改良をしつつ,解析用のデータ取得を試みる.研究対象試料のうち,高級アルコールとシアノビフェニル系液晶に関しては,誘電率が低いため,現状の装置では検出感度が低く,測定周波数上限が1 GHz以下に制限されている.そのため,電極面積を大きくして試料部の静電容量を大きくした試料セルを作成し,感度の増大と測定周波数域の拡大を図る.従来の測定手法で見られていた,メソ構造や並進配向結合に帰属される一番遅い緩和モードに加え,微視的な構造緩和に起因するモードが測定されることが期待されることから,両者の温度依存性を比較する予定である.長いアルキル鎖を持つイオン液体に関しては,試料が電気伝導性を有するため,振動子との電気的結合が強く大きな感度が得られることが期待される.一方で,非導電性試料における誘電的結合の補正がそのまま導電性試料に適用できるかどうかに関しては,実験的検証が必要である.
    シアノビフェニル系液晶に関しては,粘弾性測定の進捗状況に合わせて,偏光動的光散乱や超音波光回折などの,比較対象となる音響光学測定も進める.
    上記の実験的研究に加えて,巨視的粘弾性と微視的構造ダイナミクスの関係について,分子シミュレーションを用いた解析を行う.解析手法は我々がこれまでに開発した相互相関解析を中心とし,必要に応じて他の解析手法も開発する.また,誘電緩和などの他の緩和測定との実験的比較の解釈のため,他の実験的手法で見られる緩和ダイナミクスの微視的起源についても,分子シミュレーションを用いた解析を試みる.

  5. 高粘性液体における粘度と構造緩和のデカップリング

    研究課題/研究課題番号:16K05514  2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金   基盤研究(C)

    山口 毅

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    中性子・γ線準弾性散乱実験と横波超音波を用いた複素粘性係数測定を組み合わせることによって、粘性を支配する微視的液体構造の抽出を行った。静的構造因子が分子間距離に対応する単一のピーク(主ピーク)によって特徴づけられる場合には、主ピークの構造緩和が粘性を支配することが示された。一方、静的構造因子の低角部に中距離構造を反映したプレピークが存在する液体である、長いアルキル鎖を持つイオン液体および高級アルコールについて同様の解析を行ったところ、前者では粘度に対する中距離構造の寄与が小さく、後者では寄与が大きいという、系に依存する結果が得られた。
    液体の巨視的物性を微視的相互作用・分子運動から理解することは、液体の統計力学の根本的な問題の一つであり、巨視的粘性を支配する微視的構造を実験的に抽出するという本研究で提案した手法は、この根本的問題の解決に寄与するものである。また、線形応答としての粘性を支配する微視的モードの違いが非線形レオロジーに反映されるという知見も得られており、今後は非線形レオロジーへの発展が期待される。

  6. 相分離型省エネルギーCO2吸収剤の開発

    2015年10月 - 2019年3月

    科学技術振興機構  先端的低炭素化技術 

    町田 洋

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 周波数軸から見たイオン液体のワルデン積の研究

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 電気的・力学的緩和法によるポリマー電解液の輸送物性の研究

    2010年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 電解質溶液のモル電気伝導度極小に対するFuoss-Krausモデルの再検討

    2008年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    山口 毅

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 27

  1. 学生実験1

    2020

  2. 学生実験2

    2020

  3. 学生実験1

    2019

  4. 学生実験2

    2019

  5. 物理化学実験

    2018

  6. 化学工学実験

    2018

  7. 物理化学実験

    2017

  8. プロセス基礎セミナー

    2017

  9. 化学工学実験

    2017

  10. 化学工学実験

    2016

  11. プロセス基礎セミナー

    2016

  12. 物理化学実験

    2016

  13. 物理化学実験

    2015

  14. 化学工学実験

    2015

  15. プロセス基礎セミナー

    2015

  16. 物理化学実験

    2014

  17. 化学工学実験

    2014

  18. プロセス基礎セミナー

    2014

  19. プロセス基礎セミナー

    2013

  20. 化学工学実験

    2013

  21. 物理化学実験

    2013

  22. 物理化学実験

    2012

  23. 化学工学実験

    2012

  24. プロセス基礎セミナー

    2012

  25. 物理化学実験

    2011

  26. 化学工学実験

    2011

  27. プロセス基礎セミナー

    2011

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 環境化学・分析

    2020年9月 - 2020年1月

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目