2021/12/03 更新

写真a

モリイズミ ジュン
森泉 純
MORIIZUMI Jun
所属
大学院工学研究科 総合エネルギー工学専攻 エネルギー安全工学 准教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 エネルギー理工学科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 博士(工学) ( 1997年12月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 10

  1. 環境放射能

  2. 環境放射線

  3. 保健物理

  4. 放射線防護

  5. ラドン

  6. 炭素14

  7. 放射性炭素

  8. 放射性エアロゾル

  9. ガンマ線スペクトロメトリー

  10. 加速器質量分析

研究分野 2

  1. エネルギー / 原子力工学  / 保健物理 放射線防護 放射線計測

  2. 環境・農学 / 環境動態解析  / 同位体比解析 環境放射能

現在の研究課題とSDGs 5

  1. ラドンを用いた大気中成分の動態解析

  2. ガンマ線による環境放射能分布計測

  3. 屋内放射性エアロゾルの動態に関する研究

  4. 炭素同位体を用いた森林環境での炭素循環に関する研究

  5. 温室効果気体の炭素同位体解析

経歴 6

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科総合エネルギー工学専攻エネルギー安全工学講座エネルギー環境安全工学グループ   准教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   大学院工学研究科エネルギー理工学専攻エネルギー環境工学講座   准教授

    2009年6月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   大学院工学研究科エネルギー理工学専攻エネルギー環境工学講座   助教

    2007年4月 - 2009年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学   大学院工学研究科エネルギー理工学専攻エネルギー環境工学講座   助手

    2004年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学   大学院工学研究科原子核工学専攻エネルギー環境工学講座   助手

    1998年7月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 科学技術振興事業団   科学技術特別研究員

    1996年10月 - 1998年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

所属学協会 6

  1. 日本保健物理学会   編集委員会委員2009-2015, 国際対応委員会委員2019-2021

    2009年4月 - 現在

  2. 日本原子力学会   編集委員2009-2013, 保健物理・環境科学部会運営小委員会委員 2008-,部会等運営委員会委員 2014-2017

    2008年4月 - 現在

  3. 日本大気化学会

    - 現在

  4. 日本地球化学会

    - 現在

  5. 日本地球惑星科学連合

    - 現在

  6. 同位体科学会

▼全件表示

委員歴 6

  1. 公益財団法人海洋生物環境研究所   海洋放射能検討委員会委員  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    公益財団法人海洋生物環境研究所の受託による原子力規制庁「海洋環境における放射能調査及び総合評価」事業

  2. 愛知県   廃棄物処理施設審査会議構成員  

    2018年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  3. 名古屋市   環境影響評価審査会委員  

    2021年2月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  4. 放射化学会   2014年放射化学会年会・第58回放射化学討論会実行委員会実行委員  

    2013年9月 - 2014年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 三重県   災害廃棄物広域処理検討委員会専門委員  

    2012年5月 - 2013年5月   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  6. 一般社団法人日本保健物理学会   第45回研究発表会実行委員会実行委員  

    2011年6月 - 2012年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

受賞 1

  1. 日本保健物理学会論文賞

    2011年10月   一般社団法人日本保健物理学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 65

  1. Spatial distributions of atmospheric concentrations of radionuclides on 15 March 2011 discharged by the Fukushima Dai-Ichi Nuclear Power Plant Accident estimated from NaI(Tl) pulse height distributions measured in Ibaraki Prefecture 査読有り 国際誌

    Moriizumi Jun, Oku Atomu, Yaguchi Naoki, Kuwahara Yu, Yamazawa Hiromi

    JOURNAL OF NUCLEAR SCIENCE AND TECHNOLOGY   57 巻 ( 5 ) 頁: 495 - 513   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    福島第一原子力発電所事故により放出された大気放出され2011年3月15日に茨城県を通過した放射性プルーム(放射性雲)の複数の放射性核種の濃度の空間分布を、県内21箇所の環境放射線監視設備(モニタリングステーション)のNaI(Tl)検出器で連続測定されたγ線波高分布の記録を用いて明らかにした。従前推定にとどまっていたプルームの通過した軸位置を明確にし、軸付近でのより高濃度の存在を明らかにした。

    DOI: 10.1080/00223131.2019.1699191

    Web of Science

  2. 214Bi/214Pb RADIOACTIVITY RATIO IN RAINWATER FOR RESIDENCE TIME ESTIMATION OF CLOUD DROPLETS AND RAINDROPS. 査読有り

    Jun Moriizumi, Daisuke Kondo, Yuya Kojima, Heng Liu, Shigekazu Hirao and Hiromi Yamazawa

    Radiation Protection Dosimetry   167 巻 ( 1-3 ) 頁: 55-58   2015年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Continuous observation of radioactivity ratio of 214Bi/214Pb in rainwater with 15 min cyclic measurement was carried out at Nagoya, Japan, from Aug. 2011 to Jul. 2012 as tracers to characterize wet deposition.

    DOI: doi:10.1093/rpd/ncv220

  3. Continuous Observation of Atmospheric 222Rn Concentrations for Analytic Basis of Atmospheric Transport in East Asia. 査読有り

    Jun MORIIZUMI, Takehisa OHKURA, Shigekazu HIRAO , Yuki NONO , Hiromi YAMAZAWA , Yoon-Shin KIM , Qiuju GUO , Hitoshi MUKAI , Yasunori TOHJIMA and Takao IIDA

    Journal of Nuclear Science and Technology   Supplement 6 巻   頁: 173-179   2008年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The observation network of atmospheric radon-222 (222 Rn) concentration established in East Asia region is introduced, and the characteristics of the observations at two continental sites Beijing and Seoul and three remote sites Cape Ochiishi, Hachijo Is. and Hateruma Is. are discussed in this paper. Higher levels of 222 Rn concentrations with typical diurnal variation with early morning maxima were observed on the continent, and lower levels with no diurnal variation at remote islands. Seasonal variations with summer minima and winter maxima were commonly obtained at all five observatories, and they suggested contribution of 222 Rn originated from the continent to atmospheric 222 Rn over the remote islands isolated in the ocean. A backward trajectory analysis showed clear relationship between variation in wind field and in 222 Rn concentration at Hachijo Is., and proved availability of the observation for analysis of atmospheric transport in East Asia.

  4. Carbon isotopic analysis of atmospheric methane in urban and suburban areas : Fossil and non-fossil methane from local sources. 査読有り

    Jun Moriizumi, Koichiro Nagamine, Takao Iida and Yukimasa Ikebe

    Atmospheric Environment   32 巻 ( 17 ) 頁: 2947-2955   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Quantification of the impact of temperature difference between two connected indoor spaces on Rn-222 concentration 査読有り 国際共著 国際誌

    Ratiko, Moriizumi J., Yamazawa H., Nasruddin

    BUILDING AND ENVIRONMENT   149 巻   頁: 322 - 329   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.buildenv.2018.12.006

    Web of Science

  6. 冬季日本海側における高空間線量率事象の解析 査読有り

    永井 英志, 山澤 弘実, 森泉 純, 平尾 茂一

    保健物理   53 巻 ( 4 ) 頁: 219-229   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5453/jhps.53.219

  7. Air Concentration Estimation of Radionuclides Discharged from Fukushima Daichi Nuclear Power Station Using NaI(Tl) Detector Pulse Height Distribution Measured in Ibaraki Prefecture 査読有り

    Yuta Terasaka, Hiromi Yamazawa, Jun Hirouchi, Sigekazu Hirao, Hiroki Sugiura, Jun Moriizumi and Yu Kuwahara

    Journal of Nuclear Science and Technology     2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00223131.2016.1193453

  8. AN EXPERIMENTAL METHOD FOR QUANTITATIVELY EVALUATING THE ELEMENTAL PROCESSES OF INDOOR RADIOACTIVE AEROSOL BEHAVIOR 査読有り

    H. Yamazawa, S. Yamada, Y. Xu, S. Hirao and J. Moriizumi

    Radiation Protection Dosimetry   167 巻 ( 1-3 ) 頁: 171-175   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An experimental method for quantitatively evaluating the elemental processes governing the indoor behaviour of naturally occur- ring radioactive aerosols was proposed. This method utilises transient response of aerosol concentrations to an artificial change in aerosol removal rate by turning on and off an air purifier.

    DOI: doi:10.1093/rpd/ncv238

  9. EFFECT ON RADIOACTIVITY CONCENTRATION ESTIMATION OF RADON PROGENIES WITH NAI(TL) PULSE HEIGHT DISTRIBUTION FROM CONSIDERING GEOMETRIC STRUCTURE AROUND DETECTOR AND INFILTRATION OF RADIONUCLIDES 査読有り

    J. Hirouchi, Y. Terasaka, S. Hirao, J. Moriizumi, and H. Yamazawa

    Radiation Protection Dosimetry   167 巻 ( 1-3 ) 頁: 206-209   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/rpd/ncv245

  10. QUANTITATIVE EVALUATION OF 218Po BEHAVIOUR IN AIR IN AN ARTIFICIAL ENVIRONMENT 査読有り

    K. Yajima, S. Hirao, J. Moriizumi, and H. Yamazawa

    Radiation Protection Dosimetry   167 巻 ( 1-3 ) 頁: 130-134   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/rpd/ncv229

  11. Inverse Estimation of Radon Flux Distribution for East Asia Using Measured Atmospheric Radon Concentration 査読有り

    S. Hirao, R. Hayashi, J. Moriizumi, H. Yamazawa, Y. Tohjima and H. Mukai

    Radiation Protection Dosimetry   167 巻 ( 1-3 ) 頁: 97-101   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this study, the 222Rn flux density distribution at surface was estimated in East Asia with the Bayesian synthesis inversion using measurement data and a long-range atmospheric 222Rn transport model. Surface atmospheric 222Rn concentrations measured at Hateruma Island in January 2008 were used. The estimated 222Rn flux densities were generally higher than the prior ones. The area-weighted mean 222Rn flux density for East Asia in January 2008 was estimated to be 44.0 mBq m22 s21. The use of the estimated 222Rn flux density improved the discrepancy of the model-calculated concentrations with the measurements at Hateruma Island.

    DOI: doi:10.1093/rpd/ncv211

  12. Estimation of surface anthropogenic radioactivity concentrations from NaI(Tl) pulse-height distribution observed at monitoring station 査読有り

    J. Hirouchi, H. Yamazawa, S. Hirao, and J. Moriizumi

    Radiation Protection Dosimetry   164 巻 ( 3 ) 頁: 304-315   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/rpd/ncu305

  13. Seasonal behavior of radon decay products in indoor air and resulting radiation dose to human respiratory tract 査読有り 国際共著

    A.M.A. Mostafa, H. Yamazawa, M.A.M. Uosif and J. Moriizumi

    Journal of Radiation Research and Applied Sciences   8 巻 ( 1 ) 頁: 142-147   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jrras.2014.12.007

  14. INDOOR/OUTDOOR RADON DECAY PRODUCTS ASSOCIATED AEROSOL PARTICLE SIZE DISTRIBUTIONS AND THEIR RELATION TO TOTAL NUMBER CONCENTRATIONS 査読有り

    Jun Moriizumi, Shinya Yamada, Yang Xu, Ssatoru Matsuki, Shigekazu Hirao and Hiromi Yamazawa

    Radiation Protection Dosimetry   160 巻 ( 1-3 ) 頁: 196-201   2014年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The activity size distributions of indoor and outdoor radioactive aerosol associated with short-lived radon decay products were observed at Nagoya, Japan for some periods from 2010 to 2012, following the indoor observation by Mostafa et al. (2011). The tendency of smaller indoor AMAD after rainfalls showed in the previous study was not consistently obtained, while the consistent tendency of less indoor radioactive particles with diameters in the accumulation mode was observed again after rainfalls. The indoor aerosols showed activity size distributions similar to the outdoor ones. Non-radioactive aerosol particle concentrations measured with a laser particle counter suggested a somewhat liner relationship with AMAD.

    DOI: 10.1093/rpd/ncu080

  15. ON THE CHARACTERISTICS OF THE WET DEPOSITION PROCESS USING RADON AS A TRACER GAS 査読有り

    Heng Liu, Kondo Daisuke, Matsuda Motokiyo, Shigekazu Hirao, Jun Moriizumi and Hiromi Yamazawa

    Radiation Protection Dosimetry   160 巻 ( 1-3 ) 頁: 83-86   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A quantitatively characterised atmospheric process can provide important information on a variety of atmospheric models and help one to understand the deposition process in the atmosphere. In this study, the total activity concentrations of 214Pb and 214Bi and the activity ratios of 214Bi/214Pb in collected rain samples were measured by two-inch well-type NaI(Tl) detectors. Observed precipitations were classified by the origins of their air mass (continental/maritime) and their meteorological conditions (cold/ warm front, high/low pressure). The result shows that (1) when the air mass passed over the continent of Asia 5 d prior to the pre- cipitation, the activity concentration of radon decay products in the rainwater tended to be higher than when the air mass passed over from the Pacific Ocean; (2) higher activity concentrations were more frequently observed in precipitations accompanied with a cold front than warm/stationary front; (3) in general, the activity ratios of 214Bi/214Pb decrease with increase in rain intensity.

    DOI: 10.1093/rpd/ncu093

  16. Estimation of Infiltration and Surface Run-off Characteristics of Radionuclides from Gamma Dose Rate Change after Rain. 査読有り

    J. Hirouchi, S. Hirao, J. Moriizumi, H. Yamazawa and A. Suzuki

    Journal of Nuclear Science and Technology   51 巻 ( 1 ) 頁: 48-55   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Quantification of Emission Estimates of CO2, CH4 and CO for East Asia Derived from Atmospheric Radon-222 Measurements over the Western North Pacific 査読有り

    A. Wada, H. Matsueda, S. S. Murayama, S. Taguchi, S. Hirao, H. Yamazawa, J. Moriizumi, K. Tsuboi, Y. Niwa and Y. Sawa

    Tellus Series B Chemical and Physical Meteorology   65 巻   頁: 1-15   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Realistic and Practical Modeling of Tritium Deposition to Bare Soil 査読有り

    H. Yamazawa, M. Ota, J. Moriizumi

    Fusion Science and Technology   60 巻 ( 4 ) 頁: 1224-1227   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. THE WEATHER DEPENDENCE OF PARTICLE SIZE DISTRIBUTION OF INDOOR RADIOACTIVE AEROSOL ASSOCIATED WITH RADON DECAY PRODUCTS 査読有り

    Mostafa, A. M. A, TAmaki, K., Moriizumi, J., Yamazawa, H., and Iida, T.

    RADIATION PROTECTION DOSIMETRY   146 巻 ( 1-3 ) 頁: 19-22   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/rpd/ncr097

  20. A study on evaluation methods for 210Pb accumulation in adsorbents of natural gas treatment processes

    S. Kojima, R. Tsukamoto, M. Murata, J. Moriizumi, T. Iida and H. Yamazawa

    Naturally occurring radioactive material (NORM VI): proceedings of the sixth International Symposium on naturally occurring radioactive material, Marrakesh, Morocco, 22-26 March 2010.     頁: 333-344   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  21. 八丈島における222Rn散逸率の評価とその大気中濃度への影響 査読有り

    大倉毅史, 山澤弘実, 森泉 純, 平尾茂一, 飯田孝夫

    保健物理   45 巻 ( 3 ) 頁: 270-277   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Inverse modeling of Asian 222Rn flux using surface air 222Rn concentration 査読有り

    Shigekazu Hirao, Hiromi Yamazawa and Jun Moriizumi

    Journal of Environmental Radioactivity   101 巻   頁: 974-984   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Estimation of the Global 222Rn Flux Density from the Earth's Surface 査読有り

    Sigekazu HIRAO, Hiromi Yamazawa and Jun MORIIZUMI

    Japanese Journal of Health Physics   45 巻 ( 2 ) 頁: 161-171   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Accumulation of radon decay products in the dehydration process of LNG plants.

    Ryosuke Tsukamoto, Shuzo Kojima, Masao Murata, Jun Moriizumi, Hiromi Yamazawa and Takao Iida

    Proceedings of the 16th International Conference and Exhibition on Liquefied Natural Gas (LNG16), Apr. 18-21, 2010, Oran, Algeria.     頁: PO5-10   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  25. 東アジア域における大気中222Rn濃度連続測定ネットワークと洋上の孤島でにおける大気中222Rn濃度の後方流跡線解析 査読有り

    大倉毅史, 山澤弘実, 森泉 純, 平尾茂一, 郭 秋菊, 遠嶋康徳, 飯田孝夫

    大気環境学会誌   44 巻 ( 1 ) 頁: 42-51   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Development and Verification of Long-Range Atmospheric Transport Model of Radon-222 and Lead-210 Including Scavenging Process. 査読有り

    Sigekazu HIRAO, Hiromi YAMAZAWA, Takao IIDA, Yuki NONO, Jun MORIIZUMI, Katuhiro YOSHIOKA

    The Natural Radiation Environment 8th International Symposium (NRE VIII), Oct. 2007, AIP Conference Proceedings   1034 巻   頁: 407-410   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  27. Continuous Atmospheric Radon-222 Concentration Observation in East Asia. 査読有り

    Jun MORIIZUMI, Yuki NONO, Sigekazu HIRAO, Takehisa OHKURA, Hiroyuki AOSHIMA, Hiromi YAMAZAWA, Katuhiro YOSHIOKA, Yoon-Shin KIM, Qiuju GUO, Hitoshi MUKAI, Yasunori TOHJIMA, Takao IIDA

    The Natural Radiation Environment 8th International Symposium (NRE VIII), Oct. 2007, AIP Conference Proceedings   1034 巻   頁: 181-184   2008年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  28. The Measurement of Size Distribution of Indoor Natural Radioactive Aerosols by Imaging Plate Technique. 査読有り

    Takao IIDA, Naureen Mahbub RAHMAN, Akihiro MATSUI, Hiromi YAMAZAWA, Jun MORIIZUMI

    The Natural Radiation Environment 8th International Symposium (NRE VIII), Oct. 2007, AIP Conference Proceedings   1034 巻   頁: 137-140   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  29. Wet Deposition of Radon Decay Products and Its Relation with Long-Range Transported Radon. 査読有り

    Hiromi YAMAZAWA, Motokiyo MATSUDA, Jun MORIIZUMI, Takao IIDA

    The Natural Radiation Environment 8th International Symposium (NRE VIII), Oct. 2007, AIP Conference Proceedings   1034 巻   頁: 149-152   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  30. Estimation of Global Radon Exhalation Rate Distribution. 査読有り

    Masayoshi GOTO, Jun MORIIZUMI, Hiromi YAMAZAWA, Takao IIDA

    The Natural Radiation Environment 8th International Symposium (NRE VIII), Oct. 2007, AIP Conference Proceedings   1034 巻   頁: 169-172   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  31. Transportation of Soil Organic Mater in a Japanese Larch Forest: Radiocarbon and Stable Carbon Isotope Compositions Versus Soil Depth. 査読有り

    Wei LIU, Jun MORIIZUMI, Hiromi YAMAZAWA, Takao IIDA

    Journal of Nuclear Science and Technology   Supplement 6 巻   頁: 158-160   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Analysis of Carbon Isotope Ratio Variation in CO2 Efflux from Forest Floor. 査読有り

    Shintaro KAWAI, Hiromi YAMAZAWA, Jun MORIIZUMI, Wei LIU and Takao IIDA

    Journal of Nuclear Science and Technology   Supplement 6 巻   頁: 152-157   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Measurement and Modeling of the Oxidation Rate of Hydrogen Isotopic Gases by Soil. 査読有り

    Masakazu OTA, Hiromi YAMAZAWA, Jun MORIIZUMI, Takao IIDA

    Journal of Nuclear Science and Technology   Supplement 6 巻   頁: 185-190   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Development and Verification of Long-Range Atmospheric Radon-222 Transport Model. 査読有り

    Shigekazu HIRAO, Hiromi YAMAZAWA, Jun MORIIZUMI, Katsuhiro YOSHIOKA, Takao IIDA

    Journal of Nuclear Science and Technology   Supplement 6 巻   頁: 166-172   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Model of Variation in Carbon Isotopic Ratios in CO2 from Forest Floor.

    Shintaro KAWAI, Jun MORIIZUMI, Hiromi YAMAZAWA, Takao IIDA

    Proceedings of the 20th Symposium on Chronological Studies at Nagoya University Center for Chronological Research in 2007, Jan. 2008     頁: 46-50   2008年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  36. Development of Three-Dimensional Numerical Model for 222Rn and its Decay Products Coupled with a Mesoscale Meteorological Model I. Model Discription and Validation. 査読有り

    Masato NISHIZAWA, Haruyasu NAGAI, Masamichi CHINO, Jun MORIIZUMI, Katsuhiro YOSHIOKA, Takehisa OHKURA, Hiromi YAMAZAWA, Takao IIDA, Hitoshi MUKAI, Yasunori TOHJIMA, Nobukazu ODA and Fujio SHIMANO

    Journal of Nuclear Science and Technology   44 巻 ( 11 ) 頁: 1458-1466   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. The Study of Activity Median Aerodynamic Diameter Using Imaging Plate Technique for Assessment of Effective Dose from Radon and Its Decay Products 査読有り

    Naureen Mahbub Rahman, Takao Iida, Hiromi Yamazawa, Shintaro Yokoyama, Jun Moriizumi, Fumihiro Saito, and Tomonori Ito

    Radiation Protection Dosimetry   Advance Access 巻   頁: doi:10.1093/rpd/ncm221   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Phylogenetic Analysis of Bacteria Preserved in a Permafrost Ice Wedge for 25,000 Years 査読有り

    Taiki Katayama, Michiko Tanaka, Jun Moriizumi Toshio Nakamura, Anatoli Brouchkov, Thomas A. Douglas, Masami Fukuda, Fusao Tomita, and Kozo Asano

    APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY   73 巻 ( 7 ) 頁: 2360-2363, doi:10.1128/AEM.01715-06   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Phylogenetic analysis of bacteria preserved within an ice wedge from the Fox permafrost tunnel was undertaken by cultivation and molecular techniques. The radiocarbon age of the ice wedge was determined. Our results suggest that the bacteria in the ice wedge adapted to the frozen conditions have survived for 25,000 years.

  39. 能登半島地震前後の環境放射能の変動 査読有り

    小村和久、稲垣美幸、西川方敏、中西 孝、早川和一、唐 寧、楊 小陽、飯田孝夫、森泉 純

    地球科学   61 巻   頁: 335-342   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Measurement and modeling of oxidation rate of hydrogen isotopic gases by soil 査読有り

    Masakazu Ota, Hiromi Yamazawa, Jun Moriizumi, Takao Iida

    Journal of Environmental Radioactivity   97 巻   頁: 103-115   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Determination of Alpha Particle Detection Efficiency of an Imaging Plate (IP) Detector 査読有り

    Naureen Mahbub RAHMAN, Takao IIDA, Hiromi YAMAZAWA and Jun MORIIZUMI

    Japanese Journal of Health Physics   41 巻 ( 4 ) 頁: 272-278   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Depth profiles of radiocarbon and carbon isotopic compositions of organic matter and CO2 in a forest soil 査読有り

    Wei Liu, Jun Moriizumi, Hiromi Yamazawa, Takao Iida

    Journal of Environmental Radioactivity   90 巻   頁: 210-223   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Evaluation of aerosol sizing characteristic of an impactor using imaging plate technique 査読有り

    Naureen Mahbub Rahman, Takao Iida, Fumihiro Saito, Jun Koarashi, Keizou Yamasaki, Hiromi Yamazawa and Jun Moriizumi

    Radiation Protection Dosimetry   123 巻 ( 2 ) 頁: 171-181; doi:10.1093/rpd/ncl106   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Thermokarst Formation and Vegetation Dynamics Inferred from a Palynological Study in Central Yakutia, Eastern Siberia, Russia. 査読有り

    Fumitaka Katayama, Masami Fukuda, Nikorai P. Bosikov, Roman V. Desyatkin, Toshio Nakamura and Jun Moriizumi

    Arctic, Antarctic, and Alpine Research   38 巻 ( No.4 ) 頁: 561-570   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. The transport mechanisms of Rn-222 in soil at Tateishi as an anomaly spot in Japan 査読有り

    Iskandar D, Iida T, Yamazawa H, Moriizumi J, Koarashi J, Yamasoto K, Yamasaki K, Shimo M, Tsujimoto T, Ishikawa S, Fukuda M, Kojima H

    APPLIED RADIATION AND ISOTOPES   63 巻 ( NO.3 ) 頁: 401-408   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Estimation of radon-222 exhalation rate and control of radon-222 concentration in ventilated underground space 査読有り

    J. Moriizumi , M. Mori, E. Sasao, H. Yamazawa, T. Iida

    International Congress Series 1276 - High Levels of Radiation and Radon Areas: Radiation Dose and Health Effects     頁: 287-288   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  47. A study of atmospheric radon transport as a tracer of pollutants over Japan Sea 査読有り

    H. Aoshima, Y. Hashiguchi, J. Moriizumi, K. Yoshioka, Y. S. Kim and T. Iida

    Radioactivity in the Environment   7 巻   頁: 567-572 doi: 10.1016/S1569-4860(04)07068-8   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  48. Automobile exhaust as a source of 13C- and D-enriched atmospheric methane in urban areas 査読有り

    F. Nakagawa, U. Tsunogai, D. Komatsu, K. Yamada, N. Yoshida, J. Moriizumi, K. Nagamine, T. Iida and Y. Ikebe

    Organic Geochemistry   36 巻   頁: 727-738   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Radon exhalation from a ground surface during a cold snow season 査読有り

    H. Yamazawa, T. Miyazaki, J. Moriizumi, T. Iida, S. Takeda, S, Nagara, K. Sato, T. Tokizawa

    International Congress Series 1276 - High Levels of Radiation and Radon Areas: Radiation Dose and Health Effects     頁: 221-222   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  50. The Temporal Variation in Atmospheric Radon-222 Concentrations in West Siberian Forest: High Concentrations in Snow Covered Season

    J. Moriizumi, H. Yamazawa, H. Aoshima, T. Ohkura, T. Iida, T. Machida, T. Watai, O. A. Krasnov and G. Inoue

    Proceedings of the 7th International Workshop on the Geological Aspects of Radon Risk Mapping     頁: 73-79   2004年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  51. *A new extraction technique for atmospheric 14CO and its application 査読有り

    Jun Moriizumi, Akihiko Goto and Takao Iida

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B   223-224 巻   頁: 511-515   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Evalation of 14C abundance in soil respiration using accelerator mass spectrometry 査読有り

    J. Koarashi, T. Iida, J. Moriizumi and T. Asano

    Journal of Environmental Radioactivity   75 巻   頁: 117-132   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Evaluation of the atmospheric transport model NIRE-CTM-96 by using measured radon-222 concentrations 査読有り

    Shoichi Taguchi, Takao Iida and Jun Moriizumi

    Tellus   54B 巻   頁: 250-268   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Estimation of 14CO2 flux at soil-atmosphere interface and distribution of 14C in forest ecosystem 査読有り

    Jun Koarashi, Hikaru Amano, Mariko Andoh, Takao Iida and Jun Moriizumi

    Journal of Environmental Radioactivity   60 巻   頁: 249-261   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. JCO臨界事故から学ぶ原子力災害時情報伝達のあり方に関する一考察 査読有り

    堀場浩信, ,森泉 純, 飯田孝夫

    保健物理   37 巻 ( 1 ) 頁: 46-49   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Trace elements with large activation cross section in concrete materials in Japan. 査読有り

    Atsuo Suzuki, Takao Iida, Jun Moriizumi, Yoichi Sakuma, Jitsuya Takada, Keizo Yamasaki and Takaaki Yoshimoto

    Journal of Nuclear Science and Technology   38 巻 ( 7 ) 頁: 542-550   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Simulation of the concentrations and distributions of indoor radon and thoron 査読有り

    W. Zhuo, T. Iida, J. Moriizumi, T. Aoyagi and I. Takahashi

    Radiation Protection Dosimetry   93 巻 ( 4 ) 頁: 357-368   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Quantative measurements of trace elements with large activarion cross section for concrete materials in Japan 査読有り

    A. Suzuki, T. Iida, J. Moriizumi, T. Kameyama, Y. Sakuma, J. Takada, K. Yamasaki, T. Yoshimoto

    Proceedings of the 10th International Congress of the International Radiation Protection Association     頁: P5-325   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  59. The effects of different types of concrete on population doses. 査読有り

    A. Suzuki, T. Iida, J. Moriizumi, Y. Sakuma

    Radiation Protection Dosimetry   90 巻 ( 4 ) 頁: 437-443   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Indication of Methane Sources with Carbon Isotopic Analysis of West Siberian Airborne Samples

    J. Moriizumi, Y. Takahashi, S. Maksyutov, M. Sorokin, M. Yoneda, Y. Shibata, M. Morita and G. Inoue

    Proceedings of the Seventh Symposium on the Joint Siberian Permafrost Studies between Japan and Russia in 1998     頁: 149-157   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  61. Radiocarbon Analysis of Atmospheric Methane over Siberian Lowland to Estimate Fossil Methane Emission

    J. Moriizumi, Y. Takahashi. S. Maksyutov, M. Sorokin, M. Yoneda, Y. Shibata and G. Inoue

    Proceedings of International Workshop on Frontiers of Accelerator Mass Spectrometry     頁: 209-214   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  62. Application of 14C Isotopic Analysis to Siberian Airborne Measurements for Estimation of Fossil Methane Emission

    J. Moriizumi, Y. Takahashi, S. Maksyutov, M. Sorokin and G. Inoue

    Proceedings of the Fifth Symposium on the Joint Siberian Permafrost Studies between Japan and Russia in 1996     頁: 40-44   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  63. Estimation of areal flux of atmospheric methane in an urban area of Nagoya, Japan, inferred from atmospheric radon-222 data. 査読有り

    Jun Moriizumi, Koichiro Nagamine, Takao Iida and Yukimasa Ikebe

    Atmospheric Environment   30 巻 ( 10/11 ) 頁: 1543-1549   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. 大気中メタンの14C同位体比測定のための試料調製 査読有り

    森泉 純、永峰康一郎、飯田孝夫、池辺幸正、中村俊夫

    地球化学   29 巻 ( 2 ) 頁: 99-111   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Radiocarbon Dating of Methane Obtained from Air in the Ice Complex (Edoma), in Arctic Coast Area of East Siberia

    Jun Moriizumi, Takao Iida and Masami Fukuda

    Proceedings of the Third Symposium on the Joint Siberian Permafrost Studies between Japan and Russia in 1994     頁: 14-21   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 放射線と安全につきあう 利用の基礎と実際

    西澤邦秀,伊藤茂樹,松田尚樹,山内基弘,柴田理尋,熊谷 純,山澤弘実,森泉 純,小山修司,瓜谷 章,加藤克彦,竹中千里,本間道夫,小島康明( 担当: 分担執筆 ,  範囲: II-4章)

    名古屋大学出版会  2017年5月  ( ISBN:978-4-8158-0875-4

     詳細を見る

    総ページ数:238   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    RIからX線・シンクロトロン光まで、利用にあたって必要な知識を体系的に整理するとともに、図表を多用して視覚的に解説。大学や企業などで実際に放射線を取扱う人はもちろん、中学高校で放射線教育に携わる教員にも最適のテキスト。

講演・口頭発表等 36

  1. 屋内空気中からのPo-218およびPb-214付着・非付着成分の 除去過程毎の寄与率の解析

    森泉 純, 浅井智貴, 山澤弘実

    第3回日本放射線安全管理学会・日本保健物理学会合同大会  2021年12月2日  日本放射線安全管理学会・日本保健物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢(オンライン開催)   国名:日本国  

  2. 空気中Po-218およびPb-214の挙動に現れる異なる粒径の分子クラスターの表面沈着特性

    森泉 純,浅井智貴,山澤 弘実

    日本原子力学会2021年秋の大会  2021年9月9日  一般社団法人日本原子力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン(北海道大学, 札幌)   国名:日本国  

  3. 連続捕集方式による降水中短寿命ラドン壊変核種濃度観測

    森泉 純, 金子 慶保, 山澤 弘実

    日本保健物理学会第53回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪市からWeb開催に変更   国名:日本国  

  4. 連続捕集方式による降水中放射性核種濃度モニタリングの検討

    森泉 純, 金子 慶保, 山澤 弘実

    日本原子力学会2020年春の年会(開催中止) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福島大学(開催中止)   国名:日本国  

  5. 地上NaI(Tl)波高分布による放射性セシウムの地表面濃度および土壌中濃度深度分布の同時推定法

    森泉 純, 市川 寿, 平尾 茂一, 山澤 弘実

    日本原子力学会2019年秋の大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山大学, 富山市   国名:日本国  

  6. 換気のある一般家屋内でのラドン起因放射性エアロゾルの生成・除去解析

    森泉 純,直井 大志,山澤 弘実

    日本原子力学会2018年春の年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学吹田キャンパス(吹田市)   国名:日本国  

    一般家屋内の総エアロゾル濃度変動には屋内生成よりも屋外との交換過程の寄与が主で、屋外エアロゾルが流入経路で除去される効率は一定しなかった。屋内外の放射能粒径分布は概ね一致した。

  7. Quantitative evaluation of response of airborne Po-218 radioactivity to introducing fine particles with different size distributions from ambient aerosol 国際会議

    Jun Moriizumi, Kanako Yajima, Amin Kawahara and Hiromi Yamazawa

    9th International Symposium on Radiation Safety and Detection Technology (ISORD-9) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University, Nagoya, Japan   国名:日本国  

  8. 福島原発起源放射性核種の茨城県内大気中濃度を用いた放出率推定

    森泉 純,足立博昭,杉浦宏樹,寺阪祐太,平尾茂一,山澤弘実

    日本保健物理学会第49回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月 - 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:青森県弘前市   国名:日本国  

  9. 団粒構造破壊による土壌有機物分解促進の炭素同位体比解析

    森泉 純,酒井義人,早川修平,平尾茂一,山澤弘実

    第27回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学野依記念学術交流館, 名古屋市   国名:日本国  

  10. 214Bi/214Pb Radioactivity Ratio in Rainwater for Residence Time Estimation of Cloud Droplets and Raindrops 国際会議

    Jun MORIIZUMI, Daisuke KONDO, Yuya KOJIMA, Heng LIU, Shigekazu HIRAO and HiromiYAMAZAWA

    The 9th International Symposium on the Natural Radiation Environment (NRE-9) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. Indoor/outdoor radon decay products associated aerosol particle size distributions and their relation to total number concentrations 国際会議

    Jun Moriizumi, Shinya Yamada, Yang Xu, Satoru Matsuki, Shigekazu Hirao and Hiromi Yamazawa

    7th International Conference on Protection against Radon at Home and at Work (Radon2013) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:チェコ共和国  

  12. 雨水中214Bi/214Pb放射能比による雲粒・雨滴の存在時間の推定

    近藤 大祐,劉 珩,森泉 純,平尾 茂一,山澤 弘実

    日本原子力学会2012年秋の大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島大学東広島キャンパス   国名:日本国  

    湿性沈着過程に大きく影響する降水雲内での雲粒の滞留時間、落下した雨滴の存在時間を、雨水中Bi-214/Pb-214放射能比の変動を元に推定した。

  13. Size distribution measurement of total aerosol as a proxy of radioactivity size distribution of radon decay products associated aerosol particles

    Jun MORIIZUMI, Satoru MATSUKI, Shinya YAMADA, Ahmed M. A. MOSTAFA, Shigekazu HIRAO and Hiromi YAMAZAWA

    International Symposium on Natural Radiation Exposures and Low Dose Radiation Epidemiological Studies (NARE2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月 - 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  14. 警戒区域避難住民の一時帰宅スクリーニング参加報告

    森泉 純

    日本保健物理学会大44回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:水戸市   国名:日本国  

  15. 水田土壌に蓄積された14Cの水稲への移行に関する考察

    森泉 純,森 嘉貴,江川紗矢香,平子貴大,平尾茂一,山澤弘実

    日本原子力学会2011年秋の大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北九州市   国名:日本国  

  16. 水田土壌中有機物分解起源の二酸化炭素およびメタンの 炭素同位体比の中長期変動

    森泉 純,森 嘉貴,江川紗矢香,山澤弘実

    日本原子力学会2011春の年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井大学文教キャンパス   国名:日本国  

  17. Particle Size Distribution Measurement of Indoor Air Aerosol at Dwellings in a High Background Radiation Area in Orissa, India. 国際会議

    The 7th International Conference on High Levels of Natural Radiation and Radon Areas (7HLNRRA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  18. Estimation of Adsorption of Rn-222 and Accumulation of Pb-210 on Adsorbents for LNG Plants. 国際会議

    The 3rd Asian and Oceanic Congress on Radiation Protection 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  19. 屋内空気中ラドン壊変生成物放射性エアロゾル粒子の粒径分布の集中観測

    玉木健介、Ahmed M. A. MOSTAFA、森泉 純、山澤弘実

    日本原子力学会2010年春の年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    一般屋内空気中のラドン壊変生成物の付着した放射性エアロゾルの粒径分布を集中的に測定し、季節変動・日内変動・日々変動の傾向を評価した。粒径分布の変動要因、特に天候に伴う変動について考察した。

  20. Atmospheric Radon-222 Observation in East Asia and Its Application to Analysis of Atmospheric Transport Phenomena 国際会議

    Institute of Environmental and Industrial Medicine 20th Anniversary Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    Introducing cooperative work between research groups of Nagoya University and Institute of Environmental and Industrial Medicine, Hanyang University on the observation network operation of atmospheric radon-222 in Korea and its fruits.

  21. ラドン長距離大気輸送と降雨時空間ガンマ線線量率上昇;(2) 長距離輸送ラドン濃度の鉛直分布

    森泉 純、平尾茂一、藤原健吏、山澤弘実、飯田孝夫

    日本原子力学会2008年秋の大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    航空機による日本海上空のラドン222濃度鉛直分布の観測により、冬期のアジア大陸から北西太平洋へのラドン222の長距離大気輸送現象の鉛直構造を解析した。東アジア域長距離大気輸送モデルの数値計算の結果と比較し、モデルの検証を行った。

  22. 全球ラドン222散逸率分布の推定

    後藤真佳、○森泉 純、山澤弘実、飯田孝夫

    第13回大気化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    地表面からのラドン222の散逸率の全球分布と季節変動の定量的な評価を目的に、散逸率計算モデルの開発と散逸率の全球分布の作成を行った。

  23. *Continuous Atmospheric Radon-222 Concentration Observation in East Asia 国際会議

    8th International Symposium on the Natural Radiation Environment (NRE VIII) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  24. Continuous Observation of Atmospheric Radon-222 Concentrations for Analytic Basis of Atmospheric Transport in East Asia (II) 国際会議

    International Symposium on Isotope Science and Engineering from Basics to Applications 2007 (ISE2007) (3rd International Symposium on Isotope Effects in Physics, Chemistry and Engineering (IEPCE-3)) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  25. 御前崎市での大気中ラドン222濃度連続観測

    森泉 純 濃野友紀 飯田孝夫 山崎 直 榊原 守

    日本原子力学会2007年春の年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    静岡県御前崎市にて2年間にわたり、自然放射性核種であるラドン222の大気中濃度の連続観測を行った。ラド ン濃度の日変動の大きさと季節変動の特徴、および洋上の八丈島でのラドン観測結果との比較から、地表面の影響 を受けた気塊が太平洋岸の海岸付近の地域から移流する事象および滞留する事象を解析した。

  26. 14CO2 Emission from the Ground Surface in a Japanese Forest 国際会議

    International Symposium on Radiometric Dating Studies -Frontier of Technical developments and Applications of CHIME and AMS 14C Dating Methods 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  27. *Radiocarbon and stable carbon isotopic analysis for carbon cycle estimation in forest canopy and soil of a Japanese larch forest 国際会議

    Joint CACGP / IGAC / WMO Symposium ATMOSPHERIC CHEMISTRY AT THE INTERFACES 2006 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  28. 安定および放射性炭素同位体を用いた山林土壌中 およびキャノピー内のCO2生成・吸収・輸送成分の定量評価

    森泉 純、劉 衛、山澤弘実、小林 均、河合伸太郎、飯田孝夫

    第12回大気化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  29. Atmospheric Rn-222 Concentration Observation Network in East Asia for Analysis of Airborne Transportation 国際会議

    China-Japan-Korea Scientists Workshop on Environmental Radon and Thoron Study 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  30. Continuous observation of atmospheric Rn-222 concentrations for analytic basis of atmospheric transport in East Asia. 国際会議

    International Symposium on Isotope Science and Engineering from Basis to Applications (ISE2005) (2nd International Symposium on Isotope Effects in Physics, Chemistry and Engineering (IEPCE-2)) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  31. Radon measurements in Hachijo Island 国際会議

    1st Joint Workshop between Hanyang University and Nagoya University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  32. Tempral variations in atmospheric radon-222 concentrations in West Siberian forest: High concentrations in snow covered season. 国際会議

    7th International Workshop on the Geological Aspects of Radon Risk Mapping 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  33. Estimation of radon-222 exhalation rate and control of radon-222 concentration in ventilated underground space. 国際会議

    6th International Conference on High Levels of Natural Radiation and Radon Areas 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. Observation Network of Atmospheric 222Rn Concentrations in East Asia. 国際会議

    2nd International Workshop on Sandstorms and Associated Dustfall 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. 西シベリア・ベレゾレチカにおける大気境界層内とその上空のCO2濃度観測(2)-大気中ラドン222濃度変動のタワー観測

    森泉 純、青

    日本気象学会2003年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  36. Measurement of atmospheric 14CO concentrations and its application to urban air 国際会議

    9th International Conference on Acceletator Mass Spectrometry (AMS-9) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 12

  1. 自然放射線被ばく研究ネットワークの構築

    2009年5月 - 2012年3月

    特色ある大学教育支援プログラム 

    酒井 一夫

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    文部科学省振興調整費(国際共同研究の推進)「先進技術を基盤とした地域共通課題解決型共同研究」

  2. 天然ガス中ラドンの挙動解明

    2008年4月 - 2010年3月

    出資金による受託研究 

    飯田 孝夫, 山澤 弘実, 森泉 純

  3. 東アジア域における大気中ラドン222濃度連続観測網による大気輸送現象の解明

    2007年10月 - 2008年3月

    財団法人名古屋産業科学研究所 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    海外渡航助成

  4. ラドン観測データベースと発生量マップの整備に関する研究

    2005年4月 - 2007年3月

    気象研究所受託研究 

    飯田 孝夫

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 東シベリアの永久凍土およびアラスの年代学的研究

    2004年4月 - 2005年3月

    国内共同研究 

      詳細を見る

    東シベリアの永久凍土の気泡に含まれるメタンや有機物の炭素14年代測定により、永久凍土の成因や気候変動との相互作用を解明する。

  6. 同位体が拓く未来〜同位体科学の基盤から応用まで〜

    2003年10月 - 2008年3月

    21世紀COEプログラム 

    山本一良

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 放射性物質の広域輸送と降下挙動に関する研究

    2003年4月 - 2006年3月

    出資金による受託研究 

      詳細を見る

    原子力発電所で実施されている環境モニタリングでは、自然界に存在する放射能・放射線の変動の把握が重要である。大気中に存在するラドンとその長寿命子孫核種および宇宙線生成核種は気象条件等によって大きく変動するので、その変動要因と変動様態を知ることは環境モニタリングに有用である。また、遠隔地での事故時に放出される可能性のある人工放射性核種の大気中での挙動を予め数値シミュレーション等で予測しておくことも重要である。

  8. 平成15年度ラドン測定装置を利用した大気境界層観測に関する研究委託業務

    2003年

    国内研究委託 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. 永久凍土中のメタンガスの起源に関する研究

    2002年 - 2003年

    国内共同研究 

  10. 平成14年度ラドン測定装置を利用した大気境界層観測に関する研究委託業務

    2002年

    国内研究委託 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:その他

  11. 平成13年度ラドン測定装置を利用した大気境界層観測に関する研究委託業務

    2001年

    国内研究委託 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:その他

  12. ツンドラ地域から発生する温暖化ガスの起源に関する研究

    1999年 - 2001年

    国内共同研究 

▼全件表示

科研費 8

  1. 被ばく評価とトレーサ応用を目指した日本周辺のPb-210大気降下量評価

    研究課題/研究課題番号:20H04321  2020年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    山澤 弘実, 森泉 純

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    食物経由の天然放射性核種Pb-210(Po-210)による内部被ばくの現状把握およびPb-210トレーサ利用と目的として、(1)現有の長距離Rn-222大気輸送3次元数値モデルに基づき、Pb-210までの輸送・沈着過程を組み込んだ壊変核種輸送沈着モデルを開発し水平3km程度の高分解能計算を可能とし、(2)Rn-222壊変核種降水中濃度及び線量率の観測を行い湿性沈着過程のモデル化および検証を経て、(3)検証済みモデルを用いたPb-210降下量の空間分布及び季節変化を評価する。

  2. 環境データ高度利用による大気中放射能濃度の評価

    研究課題/研究課題番号:17K07008   2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    山澤弘実

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  3. 環境放射能の大気輸送過程研究の新展開

    研究課題/研究課題番号:24360392  2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    山澤 弘実

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  4. 地表面トリチウム循環の定量的評価

    研究課題/研究課題番号:16360473  2004年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    山澤弘実

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    トリチウムを模擬した重水素ガス(D2)等の土壌による酸化速度の温度・土壌水分量依存性に関する室内実験等を行い、環境中トリチウム移行モデルの開発・検証を行う。

  5. 大気中放射能をトレーサとした大気汚染物質の環境動態に関する研究

    研究課題/研究課題番号:16310039  2004年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    飯田 孝夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  6. 航空機搭載可能な大気中ラドン222濃度測定装置の開発

    研究課題/研究課題番号:14780411  2002年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. 東アジア域から北西太平洋への大気汚染物質の移動解明を目的とした大気中ラドンの動態解明 国際共著

    研究課題/研究課題番号:13480165  2001年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    飯田孝夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  8. 東アジアにおける大気汚染物質の挙動解明を目的とした自然放射能ラドンの同時測定 国際共著

    研究課題/研究課題番号:10044148  1998年4月 - 2000年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    飯田 孝夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 73

  1. 基礎セミナーA

    2020

  2. エネルギー理工学セミナーA

    2020

  3. エネルギー環境安全工学輪講B

    2020

  4. エネルギー環境安全工学輪講A

    2020

  5. 総合エネルギー工学特別講義II

    2020

     詳細を見る

    「環境モニタリング講義・演習」一般環境中の放射線・放射能のモニタリングについての集中講義形式での講義及び実習。

  6. エネルギー環境安全工学

    2020

  7. 放射線保健物理学

    2020

  8. 総合エネルギー工学基礎特論

    2020

  9. 総合エネルギー工学セミナー1D

    2020

  10. 総合エネルギー工学セミナー1C

    2020

  11. 総合エネルギー工学セミナー1B

    2020

  12. 総合エネルギー工学セミナー1A

    2020

  13. エネルギー環境安全工学

    2019

  14. 基礎セミナーA

    2019

  15. 放射線保健物理学

    2019

  16. 数学1及び演習

    2019

     詳細を見る

    常微分方程式、ベクトル解析

  17. 総合エネルギー工学基礎特論

    2019

  18. 総合エネルギー工学特別講義II

    2019

     詳細を見る

    「環境モニタリング講義・演習」一般環境中の放射線・放射能のモニタリングについての集中講義形式での講義及び実習。

  19. エネルギー理工学セミナー

    2019

  20. 放射線保健物理学

    2018

  21. 基礎セミナーB

    2018

  22. エネルギー環境安全工学

    2018

  23. 数学1及び演習

    2018

     詳細を見る

    常微分方程式、ベクトル解析

  24. 総合エネルギー工学基礎特論

    2018

  25. 量子エネルギー工学セミナー

    2018

  26. 総合エネルギー工学特別講義II

    2018

     詳細を見る

    「環境モニタリング講義・演習」一般環境中の放射線・放射能のモニタリングについての集中講義形式での講義及び実習。

  27. 量子エネルギー工学セミナー

    2017

  28. 放射線保健物理学

    2017

  29. 基礎セミナーB

    2017

  30. エネルギー環境安全工学

    2017

  31. 総合エネルギー工学特別講義II

    2017

     詳細を見る

    「環境モニタリング講義・演習」一般環境中の放射線・放射能のモニタリングについての集中講義形式での講義及び実習。

  32. 量子エネルギー工学セミナー

    2016

  33. エネルギー環境安全工学特論

    2016

  34. 基礎セミナーB

    2016

  35. 現代エネルギー・環境論

    2016

  36. 放射線保健物理学

    2016

  37. 量子エネルギー工学セミナー

    2015

  38. 基礎セミナーB

    2015

  39. エネルギー環境安全工学特論

    2015

  40. 放射線保健物理学

    2015

  41. 現代エネルギー・環境論

    2015

  42. 現代エネルギー・環境論

    2014

  43. エネルギー環境安全工学特論

    2014

  44. 基礎セミナーA

    2014

     詳細を見る

    「地球温暖化対策の虚と実」

  45. 放射線保健物理学

    2014

  46. 量子エネルギー工学セミナー

    2014

  47. 基礎セミナーA

    2013

     詳細を見る

    「地球温暖化対策の虚と実」

  48. 量子エネルギー工学セミナーA

    2013

  49. エネルギー環境安全工学特論

    2013

  50. 現代エネルギー・環境論

    2013

  51. 放射線保健物理学

    2013

  52. 量子エネルギー工学セミナー

    2013

  53. 現代エネルギー・環境論

    2012

  54. 放射線保健物理学

    2012

  55. 量子エネルギー工学特別講義第1

    2012

  56. 量子エネルギー工学セミナーA

    2012

  57. エネルギー環境安全工学特論

    2012

  58. 放射線保健物理学

    2011

  59. 現代エネルギー・環境論

    2011

  60. エネルギー環境安全工学特論

    2011

  61. 基礎セミナーB

    2010

  62. エネルギー環境工学セミナー

    2009

  63. エネルギー環境工学特別実験および演習

    2009

  64. エネルギー環境安全工学特論

    2009

  65. 量子エネルギー工学学生実験第2B

    2009

  66. 量子エネルギー工学学生実験第2A

    2009

  67. 量子エネルギー工学セミナー

    2009

  68. 量子エネルギー工学学生実験第2

    2004

  69. 量子エネルギー工学学生実験第2

    2003

  70. 量子エネルギー工学学生実験第2

    2002

  71. 量子エネルギー工学学生実験第2

    2001

  72. 量子エネルギー工学学生実験第2

    2000

  73. 量子エネルギー工学学生実験第2

    1999

▼全件表示

 

社会貢献活動 7

  1. スーパーグローバルハイスクール

    役割:講師

    文部科学省  名古屋大学  2018年9月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    岐阜県立関高等学校のスーパーグローバルハイスクールにおいて、生徒の大学訪問による実習

  2. 原子力規制人材育成事業 「物理現象から原子力安全を構築・確保できる原子力規制人材の育成」

    役割:講師, 企画, 報告書執筆

    原子力規制庁 名古屋大学工学研究科  名古屋大学  2016年4月 - 2021年3月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 社会人・一般

    種別:出前授業

    「環境モニタリング講義・演習」担当

  3. 原子力人材教育ネットワークによる戦略的人材育成モデル事業 第2回原子力基礎教育シリーズ・セミナー(TV講義)「環境放射能動態とモニタリング技術」

    役割:講師

    文部科学省  名古屋大学  2014年3月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生

    TV講義1「環境放射能と放射線」

  4. 日本アイソトープ協会平成25年度エンライトニングセミナー講演

    役割:講師

    日本アイソトープ協会  東京都  2013年7月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 社会人・一般

    演題「放射性物質の環境中移行挙動の研究について」

  5. 放射線・除染講習会 講師

    役割:講師, 助言・指導

    一般社団法人日本原子力学会・福島県  福島県郡山市  2012年9月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    「除染・情報プラザ」による福島県内自治体の要請に基づく講習会にて、放射線の人体影響の基礎について講習

  6. 第2回安全・安心フォーラム~除染推進に向けて 対話集会(健康影響)

    役割:助言・指導, 情報提供

    一般社団法人日本原子力学会・福島県  福島県郡山市 郡山女子大学  2012年1月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 行政機関

    福島第一原子力発電所事故の影響を受けた福島県の一般県民、町内会長等を対象として開催された。放射線の健康影響と除染に関する講演会(第一部)と対話集会(第二部)で構成された。

  7. 福島第一原子力発電所事故警戒区域避難住民の一時帰宅事業支援

    文部科学省  福島県  2011年5月 - 2011年8月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 行政機関

    福島第一原子力発電所事故の警戒区域からの避難住民の一時帰宅において、警戒区域から退出する住民およびスタッフの身体と持ち出し物品の放射性物質による汚染の検査(スクリーニング)要員として、文部科学省への福島県よりの要請に応じて参加。

▼全件表示