2022/04/21 更新

写真a

タカシマ ヨシフミ
高嶋 圭史
TAKASHIMA, Yoshifumi
所属
シンクロトロン光研究センター 教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
シンクロトロン光研究センター
職名
教授

学位 1

  1. 博士(理学) ( 1998年3月   広島大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 加速器科学

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 加速器物理

経歴 2

  1. 名古屋大学   シンクロトロン光研究センター   副センター長

    2012年10月 - 現在

  2. 名古屋大学   シンクロトロン光研究センター   教授

    2009年2月 - 現在

所属学協会 4

  1. 日本加速器学会

  2. 日本放射光学会

  3. 日本物理学会

  4. 公益社団法人日本金属学会

受賞 1

  1. 第20回超伝導科学技術賞

    2016年4月   超伝導科学技術研究会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 25

  1. Time-Domain Eddy Current and Wake Fields Analysis of Pulsed Multipole Magnet Beam Injector in Synchrotron Radiation Ring 査読有り

    Hideki KAWAGUCHI, Takumi MURAMATSU, Masahiro KATOH, Masahito HOSAKA, Yoshifumi TAKASHIMA

    IEICE TRANSACTIONS on Electronics   E105-C 巻 ( 4 ) 頁: 146 - 153   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. Time-Domain Eddy Current and Wake Fields Analysis of Pulsed Multipole Magnet Beam Injector in Synchrotron Radiation Ring

    Kawaguchi Hideki, Muramatsu Takumi, Katoh Masahiro, Hosaka Masahito, Takashima Yoshifumi

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E105C 巻 ( 4 ) 頁: 146 - 153   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1587/transele.2021REP0003

    Web of Science

  3. Graphene as reusable substrate for bialkali photocathodes

    Guo Lei, Yamaguchi Hisato, Yamamoto Masahiro, Matsui Fumihiko, Wang Gaoxue, Liu Fangze, Yang Ping, Batista Enrique R., Moody Nathan A., Takashima Yoshifumi, Katoh Masahiro

    APPLIED PHYSICS LETTERS   116 巻 ( 25 )   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1063/5.0010816

    Web of Science

  4. Helical Phase Structure of Radiation from an Electron in Circular Motion

    Katoh M., Fujimoto M., Mirian N. S., Konomi T., Taira Y., Kaneyasu T., Hosaka M., Yamamoto N., Mochihashi A., Takashima Y., Kuroda K., Miyamoto A., Miyamoto K., Sasaki S.

    SCIENTIFIC REPORTS   7 巻   2017年7月

  5. Angular Momentum of Twisted Radiation from an Electron in Spiral Motion

    Katoh M., Fujimoto M., Kawaguchi H., Tsuchiya K., Ohmi K., Kaneyasu T., Taira Y., Hosaka M., Mochihashi A., Takashima Y.

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   118 巻 ( 9 )   2017年2月

  6. Transient response of relativistic electron bunches to wave-number selected perturbations near the micro-bunching instability threshold 査読有り

    E. Roussel, C. Evain, M. Le Parquier, C. Szwaj, S. Bielawski, M. Hosaka, N. Yamamoto, Y. Takashima, M. Shimada, M. Adachi, H. Zen, S. Kimura, M. Katoh

    New J. Phys.   16 巻   頁: 063027-1 – 063027-11   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Beam injection with pulsed multipole magnet at UVSOR-III

    N. Yamamoto, H. Zen, M. Hosaka, T. Konomi, M. Adachi, K. Hayashi, J. Yamazaki, Y. Takashima and M. Katoh

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section A: Accelerators, Spectrometers   767 巻 ( 11 ) 頁: 26-33   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Microbunching Instability in Relativistic Electron Bunches: Direct Observations of the Microstructures Using Ultrafast YBCO Detectors

    E. Roussel, C. Evain, C. Szwaj, S. Bielawski, J. Raasch, P. Thoma, A. Scheuring, M. Hofherr, K. Ilin, S. Wünsch, M. Siegel, M. Hosaka, N. Yamamoto, Y. Takashima, H. Zen, T. Konomi, M. Adachi, S. Kimura, and M. Katoh

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   113 巻 ( 9 ) 頁: 094801   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Saturation of the laser-induced narrowband coherent synchrotron radiation process: Experimental observation at a storage ring 査読有り

    M. Hosaka, N. Yamamoto, Y. Takashima, C. Szwaj, M. Le Parquier, C. Evain, S. Bielawski, M. Adachi, H. Zen, T. Tanikawa, S. Kimura, M. Katoh, M. Shimada, T. Takahashi

    Phys. Rev. ST Accel. Beams   16 巻   頁: 020701-020708   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Generation of energy-tunable and ultra-short-pulse gamma rays via inverse Compton scattering in an electron storage ring 査読有り

    Y. Taira, M. Adachi, H. Zen, T. Tanikawa, N. Yamamoto, M. Hosaka, Y. Takashima, K. Soda, M. Katoh

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A   652 巻   頁: 696-770   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Ultra-short coherent terahertz radiation from ultra-short dips in electron bunches circulating in a storage ring 査読有り

    N. Yamamoto, M. Shimada, M. Adachi, H. Zen, T. Tanikawa, Y. Taira, S. Kimura, M. Hosaka, Y. Takashima, T. Takahashi, M. Katoh

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A   637 巻   頁: S112-S115   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Feasibility study of ultra-short gamma ray pulse generation by laser Compton scattering in an electron storage ring 査読有り

    Y. Taira, M. Adachi, H. Zen, T. Tanikawa, M. Hosaka, Y. Takashima, N. Yamamoto, K. Soda, M. Katoh

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A   637 巻   頁: S116-S119   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Laser-induced narrowband coherent synchrotron radiation: Efficiency versus frequency and laser power 査読有り

    C. Evain, C. Szwaj, S. Bielawski, M. Hosaka, Y. Takashima, M. Shimada, S. Kimura, M. Katoh, A. Mochihashi, T. Takahashi, T. Hara

    Physical Review Special Topics - Accelerators and Beams   13 巻 ( 9 ) 頁: 90703   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Transverse-Longitudinal Coupling Effect in Laser Bunch Slicing 査読有り

    M. Shimada, M. Katoh, M. Adachi, T. Tanikawa, S. Kimura, M. Hosaka, N. Yamamoto, Y. Takashima, and T. Takahashi

    Physical Review Letters   203 巻   頁: 144802-1 - 144802-4   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Local heating induced by Coherent Harmonic Generation on electron beam dynamics in storage ring 査読有り

    M. Labat, C. Bruni, G. Lambert, M. Hosaka, M. Shimada, M. Katoh, A. Mochihashi, Y. Takashima, T. Hara, and M. E. Couprie

    Europhysics Letters   81 巻   頁: 34004p1-34004p6   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Coherent Harmonic Generation experiments on UVSOR-II storage ring 査読有り

    M. Labat, G. Lambert, M.E. Couprie, M. Shimada, M. Katoh, M. Hosaka, Y. Takashima, T. Hara, and A. Mochihashi

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A   593 巻   頁: 1-5   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. *Tunable narrowband terahertz emission from mastered laser-electron beam interaction 査読有り

    S. Bielawski, C. Evain, T. Hara,M. Hosaka, M. Katoh, S. Kimura, A. Mochihashi, M. Shimada, C. Szwaj, T. Takahashi, and Y. Takashima

    Nature Physics   30 巻   頁: doi:10.1038/nphys916   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. *中部シンクロトロン光利用施設(仮称)計画 査読有り

    高嶋圭史、加藤政博、渡邉信久、保坂将人、竹田美和、山根隆、曽田一雄

    日本放射光学会誌   21 巻 ( 1 ) 頁: 10-19   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. *Intense Terahertz Synchrotron Radiation by Laser Bunch Slicing at UVSOR-II Electron Storage Ring 査読有り

    M. Shimada, M. Katoh, S. Kimura, A. Mochihashi, M. Hosaka, Y. Takashima, T. Hara, and T. Takahashi

    Japanese Journal of Applied Physics   47 巻   頁: 7939-7944   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Touschek lifetime measurement with a spurious bunch in single-bunch operation in the UVSOR-II electron storage ring 査読有り

    A. Mochihashi, M. Katoh, M. Hosaka, Y. Takashima, and Y. Hori

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research   A 572 巻   頁: 1033-1041   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. セシウムテルライド薄膜フォトカソードの量子効率の膜圧依存性 査読有り

    杉山陽栄、小早川久、竹田美和、高嶋圭史、浪花健一

    日本金属学会誌   69 巻   頁: 392-398   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. *Estimation of effective dose caused by stray radiations of photons, electrons and positrons around a small storage ring for a synchrotron radiation facility 査読有り

    Y. Takashima, S. Oki, H. Sugiyama, H. Kobayakawa

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research   A 551 巻   頁: 208-217   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. *Observation of Intense Bursts of Terahertz Synchrotron Radiation at UVSOR-II 査読有り

    Y. Takashima, M. Katoh, M. Hosaka, A. Mochihashi, S. Kimura, T. Takahashi

    Japanese Journal of Applied Physics   44 巻   頁: L1131-L1133   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Ion Trapping Phenomenon in UVSOR Electron Storage Ring 査読有り

    A. Mochihashi, M. Katoh, M. Hosaka, K. Hayashi, J. Yamazaki, Y. Takashima, Y. Hori

    Japanese Journal of Applied Physics   44 巻   頁: 430-437   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. セシウムテルライド薄膜フォトカソードの量子効率の基板依存性 査読有り

    杉山陽栄、小早川久、竹田美和、高嶋圭史、浪花健一

    日本金属学会誌   69 巻   頁: 493-496   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

科研費 2

  1. 放射光の位相構造制御法の開発

    研究課題/研究課題番号:20H00164  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    加藤 政博, 高嶋 圭史, 坂本 文人, 平 義隆, 藤 貴夫, 豊川 弘之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    高エネルギー自由電子から放射される光(電磁波)は電波からガンマ線まで全ての波長域に及び、高強度で指向性に優れていることからレーザーと並んで研究用光源として広く利用されている。本研究では、加速器の技術を用いて荷電粒子の運動を制御することで、放射光の波の時間構造や空間構造を制御する新しい光ビームの発生法を開拓しその利用の可能を探る。
    量子情報技術の基礎である物質系の量子状態制御には精密に位相制御されたレーザー光が必須と考えられている。これに対し研究代表者らは最近、シンクロトロン中に直列配置された2台のアンジュレータを用いて高エネルギー自由電子からの極端紫外放射光の中にアト秒精度で位相が固定されたダブルパルス状の波束を作り出し、電子群からの時間的に無秩序な自然放射を用いても個々の波束の位相構造を反映して原子の量子状態が制御できることを世界に先駆けて実証した。本研究ではこの全く新しい発想をアンジュレータからレーザー逆トムソン散乱に展開し、極端紫外線からX線・ガンマ線に至る幅広い波長領域において位相制御された放射光波束の発生法を開拓している。
    今年度は、真空紫外領域において、フェムト秒オーダーの超高速緩和現象の観測に成功するなど、応用面で顕著な成果が上がった。また、2台のアンジュレータによる偏光制御に関しても応用へ向けた技術の実証が進んだ。放射光の波面計測でも新しい解析手法による成果をあげることができた。マイケルソン干渉計による放射光波形の時間情報を反映した干渉波形の取得に成功した。光源開発面でも研究は順調に進展している。ガンマ線領域での放射波束の時間構造制御に向けて入射レーザーパルス成形装置の試作が進み、性能評価が行われた。また、電子軌道の精密制御のための位相子電磁石の高度化の検討も進んだ。
    以上の成果の大部分は学術誌、学会などにおいて発表した。
    光源開発側の技術開発が当初の予定通りに進展していることに加え、応用研究でも顕著な成果を創出することができたため、当初の計画以上に進展していると判断される。
    光源開発は当初の予定通り順調に進展しており、早期の実証実験へ向けてさらに研究を加速する。また、応用研究でもさらに幅広い分野への展開を図り成果の創出に努める。昨年度の成果を踏まえ、光学技術の専門家の干渉計測における知識と経験を導入することで研究をさらに加速する。

  2. 小型光源リングでの極短周期アンジュレータ実用化とそれに最適化した光源リングの設計

    研究課題/研究課題番号:19H04401  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    山本 樹, 高嶋 圭史, 大熊 春夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では,既存の低エネルギー小型電子蓄積リングに極短周期アンジュレータを設置して,実際に発生するアンジュレータ放射光のスペクトルを測定することにより,極短周期アンジュレータがこのような小型電子蓄積リングに於ける高エネルギー放射光源として有用であることを実証する。
    上記と平行して,極短周期アンジュレータに最適化した光源リングの設計を行う。非常に狭いギャップで動作する極短周期アンジュレータの実用性が,上記の実証を達成することにより,低エネルギーリングにおいても10keVクラスのアンジュレータ硬X線生成が可能な高輝度光源の設計・開発に新たな指針を与えると考える。

 

担当経験のある科目 (本学) 17

  1. 数学I及び演習

    2016

  2. 数学2及び演習

    2016

  3. 力学I

    2016

  4. 力学I

    2015

  5. 数学I及び演習

    2015

  6. 数学2及び演習

    2015

  7. 数学2及び演習

    2014

  8. 数学I及び演習

    2014

  9. 力学I

    2014

  10. 数学2及び演習

    2013

  11. 数学I及び演習

    2013

  12. 力学I

    2013

  13. 数学I及び演習

    2012

  14. 力学I

    2012

  15. 力学I

    2011

  16. 基礎セミナーB

    2011

  17. 数学I及び演習

    2011

▼全件表示