2022/03/31 更新

写真a

モリ ケンサク
森 健策
MORI, Kensaku
所属
大学院情報学研究科 知能システム学専攻 システム知能情報学 教授
大学院担当
大学院情報科学研究科
大学院情報学研究科
学部担当
情報学部 コンピュータ科学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス
ホームページ
外部リンク

学位 1

  1. 博士(工学)

研究キーワード 2

  1. 画像処理 高次画像処理 パターン認識 機械学習 医用画像処理 コンピュータ外科 コンピュータ支援画像診断 人工知能

  2. artificial intelligence

研究分野 3

  1. その他 / その他  / 知能情報学

  2. その他 / その他  / 知覚情報処理

  3. その他 / その他  / 医用システム

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 3次元画像処理とその医学応用に関する研究

経歴 11

  1. 名古屋大学   運営支援組織等 情報連携推進本部   副本部長

    2017年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   情報基盤センター   所長(センター長)

    2016年4月 - 現在

  3. 名古屋大学   運営支援組織等 情報連携推進本部 情報戦略室   室長

    2016年4月 - 現在

  4. 名古屋大学   大学院情報科学研究科 メディア科学専攻 知能メディア工学/工学部   教授

    2009年10月 - 2017年3月

  5. 名古屋大学大学院情報科学研究科メディア科学専攻准教授

    2007年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学大学院情報科学研究科メディア科学専攻助教授

    2003年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学難処理人工物研究センター助教授

    2001年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 名古屋大学大学院工学研究科計算理工学専攻講師

    2000年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 名古屋大学大学院工学研究科計算理工学専攻助手

    1997年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 日本学術振興会特別研究員(PD)

    1996年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 日本学術振興会特別研究員(DC1)

    1994年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 名古屋大学   工学研究科   情報工学

    1994年4月 - 1996年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   工学研究科   情報工学

    1992年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   工学部   電子工学科

    1988年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 36

  1. 日本医用画像工学会

    2020年 - 現在

  2. 電子情報通信学会   医用画像研究会専門委員会幹事

    2007年4月 - 現在

  3. 日本医用画像工学会   幹事

    2009年4月 - 現在

  4. 日本生体医工学会   代議員

    2007年4月 - 2010年3月

  5. IEEE

  6. SPIE   SPIE Medical Imaging Program Committee

    2005年4月 - 現在

  7. 日本生体医工学会

    2020年4月 - 現在

  8. 日本CT検診学会

    2020年4月 - 現在

  9. 東海支部連合大会

    2020年4月 - 現在

  10. 情報処理学会

    2020年4月 - 現在

  11. 日本がん検診・診断学会

    2020年4月 - 現在

  12. 日本呼吸内視鏡学会

    2020年4月 - 現在

  13. 日本消化器内視鏡学会

    2020年4月 - 現在

  14. 日本VR医学会   評議員

    2009年4月 - 2011年3月

  15. 日本コンピュータ外科学会   理事

    2008年4月 - 現在

  16. 電子情報通信学会   医用画像研究会幹事

    2007年4月 - 現在

  17. MICCAI (Medical Image Computing and Computer Assisted Surgery   Program Committee

    2007年4月 - 現在

  18. SPIE Medical Imaging Conference 2007, Computer Aided Diagnosis   Program Committee

    2007年4月 - 2009年3月

  19. SPIE Medical Imaging Conference 2007, Image Processing   Program Committee

    2007年4月 - 2009年3月

  20. 電子情報通信学会   医療情報通信技術時限研究専門委員会専門委員

    2006年4月 - 2008年3月

  21. SPIE Medical Imaging Conference 2007, Image Processing   Program Committee

    2006年4月 - 2008年3月

  22. SPIE Medical Imaging Conference 2007, Computer Aided Diagnosis   Program Committee

    2006年4月 - 2008年3月

  23. コンピュータ支援画像診断学会   評議員

    2005年4月 - 現在

  24. International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   Editorial Board

    2005年4月 - 現在

  25. Journal Medical Image Analysis   Editorial Board

    2005年4月 - 現在

  26. 電子情報通信学会   医用画像研究会幹事補佐

    2005年4月 - 2008年3月

  27. MICCAI (Medical Image Computing and Computer Assisted Intervention)   Area chair

    2005年4月 - 2007年3月

  28. SPIE Medical Imaging Conference 2006, Image Processing   Program Committee

    2005年4月 - 2007年3月

  29. MICCAI (Medical Image Computing and Computer Assisted Intervention)   Reviewer

    2004年4月 - 2006年3月

  30. 電子情報通信学会   医用画像研究会専門委員

    2003年4月 - 2005年3月

  31. 日本エム・イー学会   研究奨励賞選定委員会委員

    2003年4月 - 2005年3月

  32. MICCAI (Medical Image Computing and Computer Assisted Intervention)   Referee

    2003年4月 - 2004年3月

  33. 日本コンピュータ外科学会   編集委員

    2002年4月 - 現在

  34. CARS (Computer Assisted Radiology and Surgery)   Program Committee

    2001年4月 - 2008年3月

  35. Medical Image Analysis   Ad hoc Reviewer

  36. IEEE Transactions on Medical Imaging   Ad hoc Reviewer

▼全件表示

委員歴 27

  1. 学内   TMI卓越大学院広報委員会委員  

    2020年12月 - 現在   

  2. 一般財団法人高度情報科学技術研究機構   HPCI連携サービス委員  

    2020年5月 - 2021年3月   

  3. 学内   東山キャンパス倫理審査委員  

    2020年4月 - 現在   

  4. 学内   全国共同利用システム専門委員  

    2020年4月 - 現在   

  5. 学内   情報連携推進本部会議  

    2020年4月 - 現在   

  6. 学内   情報連携統括本部情報戦略室  

    2020年4月 - 現在   

  7. 学内   情報連携統括本部会議委員  

    2020年4月 - 現在   

  8. 学内   数理・データ科学教育研究センター 教育専門委員  

    2020年4月 - 現在   

  9. 学内   数理・データ科学教育研究センター運営委員  

    2020年4月 - 現在   

  10. 学内   全学技術センター運営専門委員会技術支援室委員  

    2020年4月 - 現在   

  11. 学内   全学技術センター運営委員会運営専門委員  

    2020年4月 - 現在   

  12. 学内   全学技術センター運営委員会人事委員  

    2020年4月 - 現在   

  13. 学内   連合第2群会議委員  

    2020年4月 - 現在   

  14. 学内   将来構想分科会委員  

    2020年4月 - 現在   

  15. 学内   教育分科会(全学教育委員会)委員  

    2020年4月 - 現在   

  16. 学内   セキュリティ専門委員  

    2020年4月 - 現在   

  17. 学内   安全保障委員  

    2020年4月 - 現在   

  18. 学内   情報連携推進本部業務会議 委員  

    2020年4月 - 現在   

  19. 学内   情報メディア教育システム運営協議会  

    2020年4月 - 現在   

  20. 学内   情報セキュリティ組織連絡協議会委員  

    2020年4月 - 現在   

  21. 学内   情報メディア教育システム専門委員  

    2020年4月 - 現在   

  22. 学内   プロジェクト・業務専門員会委員  

    2020年4月 - 現在   

  23. 公益財団法人 テルモ生命科学振興財団   研究開発助成選考委員  

    2020年4月 - 2022年3月   

  24. 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所   国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所SIP評価委員  

    2020年4月 - 2022年3月   

  25. 学内   CIBoG 運営委員  

    2019年4月 - 現在   

  26. 学内   CIBoGカリキュラム委員  

    2019年4月 - 現在   

  27. 一般社団法人 日本コンピュータ外科学会   国際委員会委員  

    2017年12月 - 2019年9月   

▼全件表示

受賞 20

  1. 日本医用画像工学会論文賞

    2009年8月   日本医用画像工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    計算機支援医用画像のための共通基盤システムの開発

  2. Certificate of Merit, Education Exhibit, Radiological Society of North America

    2009年11月   RSNA (Radiological Society of North America)  

  3. 文部科学大臣表彰 若手科学者賞

    2006年4月   文部科学省  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    仮想化内視鏡システム開発に対する貢献が評価されたものである。

  4. 功績賞

    2021年10月   日本医用画像工学会  

  5. 日本コンピュータ外科学会 2016年度講演論文賞

    2017年10月   一般社団法人 日本コンピュータ外科学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  6. Fellow

    2015年10月  

     詳細を見る

    受賞国:ドイツ連邦共和国

  7. Magna Cum Laude Education Exhibit

    2014年12月   Radiological Society of North America  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  8. Conference 8315, Honorable Mention Poster Award

    2012年2月   SPIE Medical Imaging 2012: Computer-Aided Diagnosis  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  9. Honorable Mention Poster Award

    2011年2月   SPIE Medical Imaging 2011: Image Processing  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  10. 2009年度 CAS Young Investigator Award ゴールド賞(日立メディコ賞)

    2010年11月   第19回日本コンピュータ外科学会大会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  11. Honorable Mention Poster Award

    2010年2月   SPIE Medical Imaging 2010: Computer-Aided Diagnosi  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  12. Certificate of Merit Education Exhibit

    2009年11月   RSNA(Radiological Society of North America)  

  13. Certificate of Merit

    2004年11月   Radiological Society of North America  

  14. International Society of Computer Assisted Surgery

    2004年6月   Best Poster Award (1st Prize)  

  15. 日本気管支学会論文賞

    2000年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  16. 電子情報通信学会ソサイエティ論文賞

    2000年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  17. 丹羽記念賞

    1998年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  18. 日本医用画像工学会奨励賞

    1997年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  19. 日本エム・イー学会論文賞

    1997年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  20. 日本医用画像工学会奨励賞

    1995年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 1590

  1. Label cleaning and propagation for improved segmentation performance using fully convolutional networks 査読有り

    Takaaki Sugino, Yutaro Suzuki, Taichi Kin, Nobuhito Saito, Shinya Onogi, Toshihiro Kawase, Kensaku Mori, Yoshikazu Nakajima

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery     2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1007/s11548-021-02312-5

  2. Predicting Violence Rating Based on Pairwise Comparison. 査読有り

    Ying JI, Yu WANG, Jien KATO, Kensaku MORI

    IEICE Transactions on Information and Systems   E103.D 巻 ( 12 ) 頁: 2578 - 2589   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1587/transinf.2020EDP7056

  3. Artificial Intelligence for Computer Vision in Surgery: A Call for Developing Reporting Guidelines. 招待有り 査読有り

    Kitaguchi D, Watanabe Y, Madani A, Hashimoto DA, Meireles OR, Takeshita N, Mori K, Ito M, Computer Vision in Surgery International Collaborative.

    Annals of surgery   275 巻 ( 4 ) 頁: e609 - e611   2022年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Annals of surgery  

    DOI: 10.1097/SLA.0000000000005319

    Scopus

    PubMed

  4. Artificial Intelligence-Based Total Mesorectal Excision Plane Navigation in Laparoscopic Colorectal Surgery. 招待有り 査読有り

    Igaki T, Kitaguchi D, Kojima S, Hasegawa H, Takeshita N, Mori K, Kinugasa Y, Ito M

    Diseases of the colon and rectum     2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/DCR.0000000000002393

    PubMed

  5. A cascaded fully convolutional network framework for dilated pancreatic duct segmentation 招待有り 査読有り

    Shen Chen, Roth Holger R., Hayashi Yuichiro, Oda Masahiro, Miyamoto Tadaaki, Sato Gen, Mori Kensaku

    INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY   17 巻 ( 2 ) 頁: 343 - 354   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery  

    Purpose: Pancreatic duct dilation can be considered an early sign of pancreatic ductal adenocarcinoma (PDAC). However, there is little existing research focused on dilated pancreatic duct segmentation as a potential screening tool for people without PDAC. Dilated pancreatic duct segmentation is difficult due to the lack of readily available labeled data and strong voxel imbalance between the pancreatic duct region and other regions. To overcome these challenges, we propose a two-step approach for dilated pancreatic duct segmentation from abdominal computed tomography (CT) volumes using fully convolutional networks (FCNs). Methods: Our framework segments the pancreatic duct in a cascaded manner. The pancreatic duct occupies a tiny portion of abdominal CT volumes. Therefore, to concentrate on the pancreas regions, we use a public pancreas dataset to train an FCN to generate an ROI covering the pancreas and use a 3D U-Net-like FCN for coarse pancreas segmentation. To further improve the dilated pancreatic duct segmentation, we deploy a skip connection on each corresponding resolution level and an attention mechanism in the bottleneck layer. Moreover, we introduce a combined loss function based on Dice loss and Focal loss. Random data augmentation is adopted throughout the experiments to improve the generalizability of the model. Results: We manually created a dilated pancreatic duct dataset with semi-automated annotation tools. Experimental results showed that our proposed framework is practical for dilated pancreatic duct segmentation. The average Dice score and sensitivity were 49.9% and 51.9%, respectively. These results show the potential of our approach as a clinical screening tool. Conclusions: We investigate an automated framework for dilated pancreatic duct segmentation. The cascade strategy effectively improved the segmentation performance of the pancreatic duct. Our modifications to the FCNs together with random data augmentation and the proposed combined loss function facilitate automated segmentation.

    DOI: 10.1007/s11548-021-02530-x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. Binary polyp-size classification based on deep-learned spatial information 招待有り 査読有り

    Itoh Hayato, Oda Masahiro, Jiang Kai, Mori Yuichi, Misawa Masashi, Kudo Shin-Ei, Imai Kenichiro, Ito Sayo, Hotta Kinichi, Mori Kensaku

    INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY   16 巻 ( 10 ) 頁: 1817 - 1828   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery  

    Purpose: The size information of detected polyps is an essential factor for diagnosis in colon cancer screening. For example, adenomas and sessile serrated polyps that are ≥ 10 mm are considered advanced, and shorter surveillance intervals are recommended for smaller polyps. However, sometimes the subjective estimations of endoscopists are incorrect and overestimate the sizes. To circumvent these difficulties, we developed a method for automatic binary polyp-size classification between two polyp sizes: from 1 to 9 mm and ≥ 10 mm. Method: We introduce a binary polyp-size classification method that estimates a polyp’s three-dimensional spatial information. This estimation is comprised of polyp localisation and depth estimation. The combination of location and depth information expresses a polyp’s three-dimensional shape. In experiments, we quantitatively and qualitatively evaluate the proposed method using 787 polyps of both protruded and flat types. Results: The proposed method’s best classification accuracy outperformed the fine-tuned state-of-the-art image classification methods. Post-processing of sequential voting increased the classification accuracy and achieved classification accuracy of 0.81 and 0.88 for polyps ranging from 1 to 9 mm and others that are ≥ 10 mm. Qualitative analysis revealed the importance of polyp localisation even in polyp-size classification. Conclusions: We developed a binary polyp-size classification method by utilising the estimated three-dimensional shape of a polyp. Experiments demonstrated accurate classification for both protruded- and flat-type polyps, even though the flat type have ambiguous boundary between a polyp and colon wall.

    DOI: 10.1007/s11548-021-02477-z

    DOI: 10.1007/s11548-021-02477-z

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. Depth-based branching level estimation for bronchoscopic navigation. 招待有り 査読有り

    Wang C, Hayashi Y, Oda M, Kitasaka T, Takabatake H, Mori M, Honma H, Natori H, Mori K

    International journal of computer assisted radiology and surgery   16 巻 ( 10 ) 頁: 1795 - 1804   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery  

    Purpose: Bronchoscopists rely on navigation systems during bronchoscopy to reduce the risk of getting lost in the complex bronchial tree-like structure and the homogeneous bronchus lumens. We propose a patient-specific branching level estimation method for bronchoscopic navigation because it is vital to identify the branches being examined in the bronchus tree during examination. Methods: We estimate the branching level by integrating the changes in the number of bronchial orifices and the camera motions among the frames. We extract the bronchial orifice regions from a depth image, which is generated using a cycle generative adversarial network (CycleGAN) from real bronchoscopic images. We calculate the number of orifice regions using the vertical and horizontal projection profiles of the depth images and obtain the camera-moving direction using the feature point-based camera motion estimation. The changes in the number of bronchial orifices are combined with the camera-moving direction to estimate the branching level. Results: We used three in vivo and one phantom case to train the CycleGAN model and four in vivo cases to validate the proposed method. We manually created the ground truth of the branching level. The experimental results showed that the proposed method can estimate the branching level with an average accuracy of 87.6%. The processing time per frame was about 61 ms. Conclusion: Experimental results show that it is feasible to estimate the branching level using the number of bronchial orifices and camera-motion estimation from real bronchoscopic images.

    DOI: 10.1007/s11548-021-02460-8

    DOI: 10.1007/s11548-021-02460-8

    Scopus

    PubMed

  8. Artificial intelligence and computer-aided diagnosis for colonoscopy: where do we stand now? 招待有り 査読有り

    Kudo Shin-Ei, Mori Yuichi, Abdel-aal Usama M., Misawa Masashi, Itoh Hayato, Oda Masahiro, Mori Kensaku

    TRANSLATIONAL GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   6 巻   頁: 64   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Translational Gastroenterology and Hepatology  

    Computer-aided diagnosis (CAD) for colonoscopy with use of artificial intelligence (AI) is catching increased attention of endoscopists. CAD allows automated detection and pathological prediction, namely optical biopsy, of colorectal polyps during real-time endoscopy, which help endoscopists avoid missing and/or misdiagnosing colorectal lesions. With the increased number of publications in this field and emergence of the AI medical device that have already secured regulatory approval, CAD in colonoscopy is now being implemented into clinical practice. On the other side, drawbacks and weak points of CAD in colonoscopy have not been thoroughly discussed. In this review, we provide an overview of CAD for optical biopsy of colorectal lesions with a particular focus on its clinical applications and limitations.

    DOI: 10.21037/tgh.2019.12.14

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. Deep learning system for automatic detection of bladder tumors in cystoscopic images 招待有り 査読有り

    Mutaguchi J., Oda M., Ueda S., Kinoshita F., Naganuma H., Matsumoto T., Lee K., Monji K., Kashiwagi K., Takeuchi A., Shiota M., Inokuchi J., Mori K., Eto M.

    EUROPEAN UROLOGY   79 巻   頁: S1022 - S1023   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  10. COVID-19診断支援AI開発における名古屋大学の取り組み 招待有り 査読有り

    小田 昌宏, 鄭 通, 林 雄一郎, 森 健策

    Medical Imaging Technology   39 巻 ( 1 ) 頁: 13 - 19   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本医用画像工学会  

    <p>本稿では,名古屋大学におけるCT像からのCOVID-19診断支援AI開発に対する取り組みを紹介する.新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が急速に世界に広まり,多くの感染者と死亡者を生じている.このように多数の患者を迅速に診断する必要がある状況では,AIによる診断支援が有効と考える.われわれは患者のCT像から画像所見に基づくCOVID-19典型度を自動判別するAI開発を行った.AIによる自動判別に必要となる3つの要素技術として肺野セグメンテーション,肺野領域クラスタリング,COVID-19典型度推定を開発し,CT像からの自動判別AIの処理フロー全体を構築した.本AIを開発する上で,多数の医療機関で撮影された膨大な画像を格納した医療画像ビッグデータクラウド基盤を活用し,実際のCOVID-19患者のCT像に対して高い精度での自動判別が可能であることを確認した.</p>

    DOI: 10.11409/mit.39.13

    CiNii Research

  11. Automated Detection of Spinal Schwannomas Utilizing Deep Learning Based on Object Detection From Magnetic Resonance Imaging 招待有り 査読有り 国際共著

    Ito Sadayuki, Ando Kei, Kobayashi Kazuyoshi, Nakashima Hiroaki, Oda Masahiro, Machino Masaaki, Kanbara Shunsuke, Inoue Taro, Yamaguchi Hidetoshi, Koshimizu Hiroyuki, Mori Kensaku, Ishiguro Naoki, Imagama Shiro

    SPINE   46 巻 ( 2 ) 頁: 95 - 100   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Spine  

    STUDY DESIGN: A retrospective analysis of magnetic resonance imaging (MRI) was conducted. OBJECTIVE: This study aims to develop an automated system for the detection of spinal schwannoma, by employing deep learning based on object detection from MRI. The performance of the proposed system was verified to compare the performances of spine surgeons. SUMMARY OF BACKGROUND DATA: Several MRI scans were conducted for the diagnoses of patients suspected to suffer from spinal diseases. Typically, spinal diseases do not involve tumors on the spinal cord, although a few tumors may exist at the unexpectable level or without symptom by chance. It is difficult to recognize these tumors; in some cases, these tumors may be overlooked. Hence, a deep learning approach based on object detection can minimize the probability of overlooking these tumors. METHODS: Data from 50 patients with spinal schwannoma who had undergone MRI were retrospectively reviewed. Sagittal T1- and T2-weighted magnetic resonance imaging (T1WI and T2WI) were used in the object detection training and for validation. You Only Look Once version3 was used to develop the object detection system, and its accuracy was calculated. The performance of the proposed system was compared to that of two doctors. RESULTS: The accuracies of the proposed object detection based on T1W1, T2W1, and both T1W1 and T2W1 were 80.3%, 91.0%, and 93.5%, respectively. The accuracies of the doctors were 90.2% and 89.3%. CONCLUSION: Automated object detection of spinal schwannoma was achieved. The proposed system yielded a high accuracy that was comparable to that of the doctors.Level of Evidence: 4.

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000003749

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  12. Depth estimation from single-shot monocular endoscope image using image domain adaptation and edge-aware depth estimation 招待有り 査読有り

    Oda M., Itoh H., Tanaka K., Takabatake H., Mori M., Natori H., Mori K.

    Computer Methods in Biomechanics and Biomedical Engineering: Imaging and Visualization     2021年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Computer Methods in Biomechanics and Biomedical Engineering: Imaging and Visualization  

    We propose a depth estimation method from a single-shot monocular endoscopic image using Lambertian surface translation by domain adaptation and depth estimation using multi-scale edge loss. We employ a two-step estimation process including Lambertian surface translation from unpaired data and depth estimation. The texture and specular reflection on the surface of an organ reduce the accuracy of depth estimations. We apply Lambertian surface translation to an endoscopic image to remove these texture and reflections. Then, we estimate the depth by using a fully convolutional network (FCN). During the training of the FCN, improvement of the object edge similarity between an estimated image and a ground truth depth image is important for getting better results. We introduced a muti-scale edge loss function to improve the accuracy of depth estimation. We quantitatively evaluated the proposed method using real colonoscopic images. The estimated depth values were proportional to the real depth values. Furthermore, we applied the estimated depth images to automated anatomical location identification of colonoscopic images using a convolutional neural network. The identification accuracy of the network improved from 69.2% to 74.1% by using the estimated depth images.

    DOI: 10.1080/21681163.2021.2012835

    Scopus

  13. Context encoder guided self-supervised siamese depth estimation based on stereo laparoscopic images 招待有り 査読有り

    Li W., Hayashi Y., Oda M., Kitasaka T., Misawa K., Mori K.

    Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE   11598 巻   2021年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE  

    This paper proposes a novel self-supervised depth estimation method guided by a context encoder. Depth estimation from stereo laparoscopic images is essential to robotic surgical navigation systems and robotic surgical platform. Recent work has shown that depth estimation of stereo image pairs can be formulated as a self- supervised learning task without ground-truth. However, most architectures based on convolutional neural lead to lose some spatial information because of the consecutive pooling and convolution operations. In order to tackle this problem, we add a contextual encoding module to the previous method. The context encoder module is formed by dense atrous convolution block and spatial pyramid pooling block that are used to extract and merge features on different scales. Also, we add the edge-awared smoothness for predicted disparity maps. In addition, we output multi-scale disparity predictions and corresponding image reconstruction for loss calculating. In the experiments, we showed that the proposed method has about 7.79% improvement in SSIM and about 17.76% improvement in PSNR for stereo image pairs compared with previous method. Also, the disparity maps and reconstructed images given by the proposed method have significant enhancements compared with the previous method.

    DOI: 10.1117/12.2582348

    Scopus

  14. Bronchial orifice segmentation on bronchoscopic video frames based on generative adversarial depth estimation 招待有り 査読有り

    Wang C., Hayashi Y., Oda M., Kitasaka T., Honma H., Takabatake H., Mori M., Natori H., Mori K.

    Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE   11598 巻   頁: 115980N-1 - 7   2021年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE  

    This paper describes a bronchial orifice (BO) segmentation method on real bronchoscopic video frames by using depth images. The BO is one of the anatomical characteristics in the bronchus, which is critical in clinical applications such as bronchus scene description and navigation path generation. Previous work used image appearance and the gradation of the real bronchoscopic image to segment orifice region, which behaved poorly in complex scenes including bubble or changes in illumination. To obtain a better segmentation result of BO even in the complex scenes, we propose a BO segmentation method using the distance between the bronchoscope camera and the bronchus lumen, which is represented by a depth image. Since the depth image is unavailable due to devices limitation, we use an image-to-image domain translation network named cycle generative adversarial network (CycleGAN) to estimate depth images from real bronchoscopic images. The BO regions are considered as the regions whose distances are larger than a distance threshold. We decide the distance threshold according to the depth images' projection profiles. Experimental results showed that the proposed method can find BO regions in the real bronchoscopic videos in real-time. We manually labeled BO regions as ground truth to evaluate the proposed method. The average Dice score of the proposed method was 77.0 %.

    DOI: 10.1117/12.2582341

    Scopus

  15. Attention-Guided Pancreatic Duct Segmentation from Abdominal CT Volumes 招待有り 査読有り

    Shen C., Roth H.R., Yuichiro H., Oda M., Miyamoto T., Sato G., Mori K.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   12969 LNCS 巻   頁: 46 - 55   2021年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)  

    Pancreatic duct dilation indicates a high risk of pancreatic ductal adenocarcinoma (PDAC), the deadliest cancer with a poor prognosis. Segmentation of dilated pancreatic duct from CT taken from patients without PDAC shows the potential to assist the early detection of PDAC. Most current researches include pancreatic duct segmentation as one additional class for patients who have already detected PDAC. However, the dilated pancreatic duct for people who have not yet developed PDAC is typically much smaller, making the segmentation difficult. Deep learning-based segmentation on tiny components is challenging because of the large imbalance between the target object and irrelevant regions. In this work, we explore an attention-guided approach for dilated pancreatic duct segmentation as a screening tool for pre-PDAC patients, enhancing the pancreas regions’ concentration and ignoring the unnecessary features. We employ a multi-scale aggregation to combine the information at different scales to improve the segmentation performance further. Our proposed multi-scale pancreatic attention-guided approach achieved a Dice score of 54.16% on dilated pancreatic duct dataset, which shows a significant improvement over prior techniques.

    DOI: 10.1007/978-3-030-90874-4_5

    Scopus

  16. COVID-19 Infection Segmentation from Chest CT Images Based on Scale Uncertainty 招待有り 査読有り

    Oda M., Zheng T., Hayashi Y., Otake Y., Hashimoto M., Akashi T., Aoki S., Mori K.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   12969 LNCS 巻   頁: 88 - 97   2021年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)  

    This paper proposes a segmentation method of infection regions in the lung from CT volumes of COVID-19 patients. COVID-19 spread worldwide, causing many infected patients and deaths. CT image-based diagnosis of COVID-19 can provide quick and accurate diagnosis results. An automated segmentation method of infection regions in the lung provides a quantitative criterion for diagnosis. Previous methods employ whole 2D image or 3D volume-based processes. Infection regions have a considerable variation in their sizes. Such processes easily miss small infection regions. Patch-based process is effective for segmenting small targets. However, selecting the appropriate patch size is difficult in infection region segmentation. We utilize the scale uncertainty among various receptive field sizes of a segmentation FCN to obtain infection regions. The receptive field sizes can be defined as the patch size and the resolution of volumes where patches are clipped from. This paper proposes an infection segmentation network (ISNet) that performs patch-based segmentation and a scale uncertainty-aware prediction aggregation method that refines the segmentation result. We design ISNet to segment infection regions that have various intensity values. ISNet has multiple encoding paths to process patch volumes normalized by multiple intensity ranges. We collect prediction results generated by ISNets having various receptive field sizes. Scale uncertainty among the prediction results is extracted by the prediction aggregation method. We use an aggregation FCN to generate a refined segmentation result considering scale uncertainty among the predictions. In our experiments using 199 chest CT volumes of COVID-19 cases, the prediction aggregation method improved the dice similarity score from 47.6% to 62.1%.

    DOI: 10.1007/978-3-030-90874-4_9

    Scopus

  17. Current status and future perspective on artificial intelligence for lower endoscopy 招待有り 査読有り

    Misawa M., Kudo S.E., Mori Y., Maeda Y., Ogawa Y., Ichimasa K., Kudo T., Wakamura K., Hayashi T., Miyachi H., Baba T., Ishida F., Itoh H., Oda M., Mori K.

    Gastroenterological Endoscopy   63 巻 ( 7 ) 頁: 1402 - 1416   2021年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Gastroenterological Endoscopy  

    The global incidence and mortality rate of colorectal cancer remains high. Colonoscopy is regarded as the gold standard examination for detecting and eradicating neoplastic lesions. However, there are some uncertainties in colonoscopy practice that are related to limitations in human performance. First, approximately one-fourth of colorectal neoplasms are missed on a single colonoscopy. Second, it is still difficult for nonexperts to perform adequately regarding optical biopsy. Third, recording of some quality indicators (e.g. cecal intubation, bowel preparation, and withdrawal speed)which are related to adenoma detection rate, is sometimes incomplete. With recent improvements in machine learning techniques and advances in computer performance, artificial intelligence-assisted computer-aided diagnosis is being increasingly utilized by endoscopists. In particular, the emergence of deep-learning, data-driven machine learning techniques have made the development of computer-aided systems easier than that of conventional machine learning techniques, the former currently being considered the standard artificial intelligence engine of computer-aided diagnosis by colonoscopy. To date, computer-aided detection systems seem to have improved the rate of detection of neoplasms. Additionally, computer-aided characterization systems may have the potential to improve diagnostic accuracy in real-time clinical practice. Furthermore, some artificial intelligence-assisted systems that aim to improve the quality of colonoscopy have been reported. The implementation of computer-aided system clinical practice may provide additional benefits such as helping in educational poorly performing endoscopists and supporting real-time clinical decision-making. In this review, we have focused on computer-aided diagnosis during colonoscopy reported by gastroenterologists and discussed its status, limitations, and future prospects.

    DOI: 10.11280/gee.63.1402

    Scopus

    CiNii Research

  18. Clinical and Genetic Characteristics of 18 Patients from 13 Japanese Families with CRX-associated retinal disorder: Identification of Genotype-phenotype Association 招待有り 査読有り

    Fujinami-Yokokawa Y., Fujinami K., Kuniyoshi K., Hayashi T., Ueno S., Mizota A., Shinoda K., Arno G., Pontikos N., Yang L., Liu X., Sakuramoto H., Katagiri S., Mizobuchi K., Kominami T., Terasaki H., Nakamura N., Kameya S., Yoshitake K., Miyake Y., Kurihara T., Tsubota K., Miyata H., Iwata T., Tsunoda K., Nishimura T., Hayashizaki Y., Kondo M., Shimozawa N., Horiguchi M., Yamamoto S., Kuze M., Naoi N., Machida S., Shimada Y., Nakamura M., Fujikado T., Hotta Y., Takahashi M., Mochizuki K., Murakami A., Kondo H., Ishida S., Nakazawa M., Hatase T., Matsunaga T., Maeda A., Noda K., Tanikawa A., Yamamoto S., Yamamoto H., Araie M., Aihara M., Nakazawa T., Sekiryu T., Kashiwagi K., Kosaki K., Piero C., Fukuchi T., Hayashi A., Hosono K., Mori K., Tanaka K., Furuya K., Suzuki K., Kohata R., Yanagi Y., Minegishi Y., Iejima D., Suga A., Rossmiller B.P., Pan Y., Oshima T., Nakayama M., Teruyama Y., Yamamoto M., Minematsu N., Sanbe H., Mori D., Kijima Y., Mawatari G., Kurata K., Yamada N., Itoh M., Kawaji H., Murakawa Y.

    Scientific Reports   10 巻 ( 1 )   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    Inherited retinal disorder (IRD) is a leading cause of blindness, and CRX is one of a number of genes reported to harbour autosomal dominant (AD) and recessive (AR) causative variants. Eighteen patients from 13 families with CRX-associated retinal disorder (CRX-RD) were identified from 730 Japanese families with IRD. Ophthalmological examinations and phenotype subgroup classification were performed. The median age of onset/latest examination was 45.0/62.5 years (range, 15–77/25–94). The median visual acuity in the right/left eye was 0.52/0.40 (range, −0.08–2.00/−0.18–1.70) logarithm of the minimum angle of resolution (LogMAR) units. There was one family with macular dystrophy, nine with cone-rod dystrophy (CORD), and three with retinitis pigmentosa. In silico analysis of CRX variants was conducted for genotype subgroup classification based on inheritance and the presence of truncating variants. Eight pathogenic CRX variants were identified, including three novel heterozygous variants (p.R43H, p.P145Lfs*42, and p.P197Afs*22). A trend of a genotype-phenotype association was revealed between the phenotype and genotype subgroups. A considerably high proportion of CRX-RD in ADCORD was determined in the Japanese cohort (39.1%), often showing the mild phenotype (CORD) with late-onset disease (sixth decade). Frequently found heterozygous missense variants located within the homeodomain underlie this mild phenotype. This large cohort study delineates the disease spectrum of CRX-RD in the Japanese population.

    DOI: 10.1038/s41598-020-65737-z

    Scopus

  19. Clinical characteristics in patients with ossification of the posterior longitudinal ligament: A prospective multi-institutional cross-sectional study 招待有り 査読有り

    Hirai T., Yoshii T., Ushio S., Mori K., Maki S., Katsumi K., Nagoshi N., Takeuchi K., Furuya T., Watanabe K., Nishida N., Watanabe K., Kaito T., Kato S., Nagashima K., Koda M., Ito K., Imagama S., Matsuoka Y., Wada K., Kimura A., Ohba T., Katoh H., Matsuyama Y., Ozawa H., Haro H., Takeshita K., Watanabe M., Matsumoto M., Nakamura M., Yamazaki M., Okawa A., Kawaguchi Y.

    Scientific Reports   10 巻 ( 1 )   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    Ossification of the posterior longitudinal ligament (OPLL) can occur throughout the entire spine and can sometimes lead to spinal disorder. Although patients with OPLL sometimes develop physical limitations because of pain, the characteristics of pain and effects on activities of daily living (ADL) have not been precisely evaluated in OPLL patients. Therefore, we conducted a multi-center prospective study to assess whether the symptoms of cervical OPLL are different from those of cervical spondylosis (CS). A total of 263 patients with a diagnosis of cervical OPLL and 50 patients with a diagnosis of CS were enrolled and provided self-reported outcomes, including responses to the Japanese Orthopaedic Association (JOA) Cervical Myelopathy Evaluation Questionnaire (JOACMEQ), JOA Back Pain Evaluation Questionnaire (JOABPEQ), visual analog scale (VAS), and SF-36 scores. The severity of myelopathy was significantly correlated with each domain of the JOACMEQ and JOABPEQ. There was a negative correlation between the VAS score for each domain and the JOA score. There were significantly positive correlations between the JOA score and the Mental Health, Bodily Pain, Physical Functioning, Role Emotional, and Role Physical domains of the SF-36. One-to-one matching resulted in 50 pairs of patients with OPLL and CS. Although there was no significant between-group difference in scores in any of the domains of the JOACMEQ or JOABPEQ, the VAS scores for pain or numbness in the buttocks or limbs were significantly higher in the CS group; however, there was no marked difference in low back pain, chest tightness, or numbness below the chest between the two study groups. The scores for the Role Physical and Body Pain domains of the SF-36 were significantly higher in the OPLL group than in the CS group, and the mean scores for the other domains was similar between the two groups. The results of this study revealed that patients with OPLL were likely to have neck and low back pain and restriction in ADL. No specific type of pain was found in patients with OPLL when compared with those who had CS.

    DOI: 10.1038/s41598-020-62278-3

    Scopus

  20. Robust endocytoscopic image classificationbased on higher-order symmetric tensoranalysis and multi-scale topologicalstatistics 査読有り

    Hayato Itoh, Yukitaka Nimura, Yuichi Mori, Masashi Misawa, Shin-Ei Kudo, Kinichi Hotta, Kazuo Ohtsuka, Shoichi Saito, Yutaka Saito, Hiroaki Ikematsu, Yuichiro Hayashi, Masahiro Oda, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   15 巻 ( 12 ) 頁: 2049 - 2059   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11548-020-02255-3

  21. Synthetic laparoscopic video generation for machine learning-based surgical instrument segmentation from real laparoscopic video and virtual surgical instruments 査読有り 国際共著

    Takuya Ozawa,Yuichiro Hayashi,Hirohisa Oda, Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Nobuyoshi Takeshita, Masaaki Ito, Kensaku Mori

    Computer Methods in Biomechanics and Biomedical Engineering: Imaging & Visualization     2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1080/21681163.2020.1835560

  22. Clinical impact of Endoscopic Surgical Skill Qualification System (ESSQS) by Japan Society for Endoscopic Surgery (JSES) for laparoscopic distal gastrectomy and low anterior resection based on the National Clinical Database (NCD) registry. 招待有り 査読有り

    Akagi T, Endo H, Inomata M, Yamamoto H, Mori T, Kojima K, Kuroyanagi H, Sakai Y, Nakajima K, Shiroshita H, Etoh T, Saida Y, Yamamoto S, Hasegawa H, Ueno H, Kakeji Y, Miyata H, Kitagawa Y, Watanabe M

    Annals of gastroenterological surgery   4 巻 ( 6 ) 頁: 721 - 734   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ags3.12384

    PubMed

  23. A visual SLAM-based bronchoscope tracking scheme for bronchoscopic navigation 招待有り 査読有り

    Wang Cheng, Oda Masahiro, Hayashi Yuichiro, Villard Benjamin, Kitasaka Takayuki, Takabatake Hirotsugu, Mori Masaki, Honma Hirotoshi, Natori Hiroshi, Mori Kensaku

    INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY   15 巻 ( 10 ) 頁: 1619 - 1630   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery  

    Purpose: Due to the complex anatomical structure of bronchi and the resembling inner surfaces of airway lumina, bronchoscopic examinations require additional 3D navigational information to assist the physicians. A bronchoscopic navigation system provides the position of the endoscope in CT images with augmented anatomical information. To overcome the shortcomings of previous navigation systems, we propose using a technique known as visual simultaneous localization and mapping (SLAM) to improve bronchoscope tracking in navigation systems. Methods: We propose an improved version of the visual SLAM algorithm and use it to estimate nt-specific bronchoscopic video as input. We improve the tracking procedure by adding more narrow criteria in feature matching to avoid mismatches. For validation, we collected several trials of bronchoscopic videos with a bronchoscope camera by exploring synthetic rubber bronchus phantoms. We simulated breath by adding periodic force to deform the phantom. We compared the camera positions from visual SLAM with the manually created ground truth of the camera pose. The number of successfully tracked frames was also compared between the original SLAM and the proposed method. Results: We successfully tracked 29,559 frames at a speed of 80 ms per frame. This corresponds to 78.1% of all acquired frames. The average root mean square error for our technique was 3.02 mm, while that for the original was 3.61 mm. Conclusion: We present a novel methodology using visual SLAM for bronchoscope tracking. Our experimental results showed that it is feasible to use visual SLAM for the estimation of the bronchoscope camera pose during bronchoscopic navigation. Our proposed method tracked more frames and showed higher accuracy than the original technique did. Future work will include combining the tracking results with virtual bronchoscopy and validation with in vivo cases.

    DOI: 10.1007/s11548-020-02241-9

    Web of Science

    Scopus

  24. Station number assignment to abdominal lymph node for assisting gastric cancer surgery 査読有り

    Yuichiro Hayashi, Kazunari Misawa, Kensaku Mori

    Computer Methods in Biomechanics and Biomedical Engineering: Imaging & Visualization     2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1080/21681163.2020.1835543

  25. A deformable model for navigated laparoscopic gastrectomy based on finite elemental method 招待有り 査読有り

    Chen Tao, Wei Guodong, Xu Lili, Shi Weili, Xu Yikai, Zhu Yongyi, Hayashi Yuichiro, Oda Hirohisa, Oda Masahiro, Hu Yanfeng, Yu Jiang, Jiang Zhengang, Li Guoxin, Mori Kensaku

    MINIMALLY INVASIVE THERAPY & ALLIED TECHNOLOGIES   29 巻 ( 4 ) 頁: 210 - 216   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Minimally Invasive Therapy and Allied Technologies  

    Background: Accurate registration for surgical navigation of laparoscopic surgery is highly challenging due to vessel deformation. Here, we describe the design of a deformable model with improved matching accuracy by applying the finite element method (FEM). Material and methods: ANSYS software was used to simulate an FEM model of the vessel after pull-up based on laparoscopic gastrectomy requirements. The central line of the FEM model and the central line of the ground truth were drawn and compared. Based on the material and parameters determined from the animal experiment, a perigastric vessel FEM model of a gastric cancer patient was created, and its accuracy in a laparoscopic gastrectomy surgical scene was evaluated. Results: In the animal experiment, the FEM model created with Ogden foam material exhibited better results. The average distance between the two central lines was 6.5mm, and the average distance between their closest points was 3.8 mm. In the laparoscopic gastrectomy surgical scene, the FEM model and the true artery deformation demonstrated good coincidence. Conclusion: In this study, a deformable vessel model based on FEM was constructed using preoperative CT images to improve matching accuracy and to supply a reference for further research on deformation matching to facilitate laparoscopic gastrectomy navigation.

    DOI: 10.1080/13645706.2019.1625926

    Web of Science

    Scopus

  26. Automated laparoscopic colorectal surgery workflow recognition using artificial intelligence: Experimental research 招待有り 査読有り

    Kitaguchi Daichi, Takeshita Nobuyoshi, Matsuzaki Hiroki, Oda Tatsuya, Watanabe Masahiko, Mori Kensaku, Kobayashi Etsuko, Ito Masaaki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGERY   79 巻   頁: 88 - 94   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Surgery  

    Background: Identifying laparoscopic surgical videos using artificial intelligence (AI) facilitates the automation of several currently time-consuming manual processes, including video analysis, indexing, and video-based skill assessment. This study aimed to construct a large annotated dataset comprising laparoscopic colorectal surgery (LCRS) videos from multiple institutions and evaluate the accuracy of automatic recognition for surgical phase, action, and tool by combining this dataset with AI. Materials and methods: A total of 300 intraoperative videos were collected from 19 high-volume centers. A series of surgical workflows were classified into 9 phases and 3 actions, and the area of 5 tools were assigned by painting. More than 82 million frames were annotated for a phase and action classification task, and 4000 frames were annotated for a tool segmentation task. Of these frames, 80% were used for the training dataset and 20% for the test dataset. A convolutional neural network (CNN) was used to analyze the videos. Intersection over union (IoU) was used as the evaluation metric for tool recognition. Results: The overall accuracies for the automatic surgical phase and action classification task were 81.0% and 83.2%, respectively. The mean IoU for the automatic tool segmentation task for 5 tools was 51.2%. Conclusions: A large annotated dataset of LCRS videos was constructed, and the phase, action, and tool were recognized with high accuracy using AI. Our dataset has potential uses in medical applications such as automatic video indexing and surgical skill assessments. Open research will assist in improving CNN models by making our dataset available in the field of computer vision.

    DOI: 10.1016/j.ijsu.2020.05.015

    Web of Science

    Scopus

  27. Clinical application of a surgical navigation system based on virtual thoracoscopy for lung cancer patients: real time visualization of area of lung cancer before induction therapy and optimal resection line for obtaining a safe surgical margin during surgery 招待有り 査読有り

    Nakamura Shota, Hayashi Yuichiro, Kawaguchi Koji, Fukui Takayuki, Hakiri Shuhei, Ozeki Naoki, Mori Shunsuke, Goto Masaki, Mori Kensaku, Yokoi Kohei

    JOURNAL OF THORACIC DISEASE   12 巻 ( 3 ) 頁: 672 - 679   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Thoracic Disease  

    Background: We have developed a surgical navigation system that presents virtual thoracoscopic images using computed tomography (CT) image data, as if you are observing intra-thoracic cavity in synchronization with the real thoracoscopic view. Using this system, we made it possible to simultaneously visualize the ‘area of lung cancer before induction therapy’ and the ‘optimal resection line for obtaining a safe surgical margin’ as a virtual thoracoscopic view. We applied this navigation system in the clinical setting in operations for lung cancer patients with chest wall invasion after induction chemoradiotherapy. Methods: The proposed surgical navigation system consisted of a three-dimensional (3D) positional tracker and a virtual thoracoscopy system. The 3D positional tracker was used to recognize the positional information of the real thoracoscope. The virtual thoracoscopy system generated virtual thoracoscopic views based on CT image data. Combined with these two technologies, patient-to-image registration was performed in two patients, and the results generated a virtual thoracoscopic view that was synchronized with the real thoracoscopic view. Results: The operations were started with video-assisted thoracic surgery (VATS), and the navigation system was activated at the same time. The virtual thoracoscopic view was synchronized with the real thoracoscopic view, which also simultaneously indicated the ‘area of lung cancer before induction therapy’ and the ‘optimal resection lines for obtaining a safe surgical margin’. We marked the optimal lines using an electric scalpel, and then performed lobectomy and chest wall resection with a sufficient surgical margin using these landmarks. Pathological examinations confirmed that the surgical margin was negative. No complications related to the navigation system were encountered during or after the procedures. Conclusions: Using this proposed navigation system, we could obtain a ‘CT-derived virtual intrathoracic 3D view of the patient’ that was aligned with the thoracoscopic view during surgery. The accurate identification of areas of cancer invasion before induction therapy using this system might be a useful for determining optimal surgical resection lines.

    DOI: 10.21037/jtd.2019.12.108

    Web of Science

    Scopus

  28. Tensor-cut: A tensor-based graph-cut blood vessel segmentation method and its application to renal artery segmentation 査読有り 国際共著

    Chenglong Wang, Masahiro Oda, Yuichiro Hayashi, Yasushi Yoshino, Tokunori Yamamoto, Alejandro F. Frangi, Kensaku Mori

    Medical Image Analysis   60 巻   頁: 101623   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.media.2019.101623

  29. [Pharmacological action and clinical effect of tedizolid phosphate (SIVEXTRO<sup>®</sup> Tablets 200 mg, for iv infusion 200 mg), a novel oxazolidinone-class antibacterial drug]. 招待有り 査読有り

    Mori M, Takase A

    Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica   155 巻 ( 5 ) 頁: 332 - 339   2020年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1254/fpj.20013

    PubMed

  30. 3Dプリンティングの最新動向 招待有り

    森 健策

    インナービジョン   35 巻   頁: 36 - 37   2020年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  31. Automated eye disease classification method from anterior eye image using anatomical structure focused image classification technique 招待有り 査読有り

    Oda Masahiro, Yamaguchi Takefumi, Fukuoka Hideki, Ueno Yuta, Mori Kensaku

    MEDICAL IMAGING 2020: COMPUTER-AIDED DIAGNOSIS   11314 巻   2020年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE  

    This paper presents an automated classification method of infective and non-infective diseases from anterior eye images. Treatments for cases of infective and non-infective diseases are different. Distinguishing them from anterior eye images is important to decide a treatment plan. Ophthalmologists distinguish them empirically. Quantitative classification of them based on computer assistance is necessary. We propose an automated classification method of anterior eye images into cases of infective or non-infective disease. Anterior eye images have large variations of the eye position and brightness of illumination. This makes the classification difficult. If we focus on the cornea, positions of opacified areas in the corneas are different between cases of the infective and non-infective diseases. Therefore, we solve the anterior eye image classification task by using an object detection approach targeting the cornea. This approach can be said as "anatomical structure focused image classification". We use the YOLOv3 object detection method to detect corneas of infective disease and corneas of non-infective disease. The detection result is used to define a classification result of an image. In our experiments using anterior eye images, 88.3% of images were correctly classified by the proposed method.

    DOI: 10.1117/12.2549951

    Web of Science

    Scopus

  32. Automated Pancreas Segmentation Using Multi-institutional Collaborative Deep Learning 招待有り 査読有り

    Wang P., Shen C., Roth H.R., Yang D., Xu D., Oda M., Misawa K., Chen P.T., Liu K.L., Liao W.C., Wang W., Mori K.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   12444 LNCS 巻   頁: 192 - 200   2020年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)  

    The performance of deep learning based methods strongly relies on the number of datasets used for training. Many efforts have been made to increase the data in the medical image analysis field. However, unlike photography images, it is hard to generate centralized databases to collect medical images because of numerous technical, legal, and privacy issues. In this work, we study the use of federated learning between two institutions in a real-world setting to collaboratively train a model without sharing the raw data across national boundaries. We quantitatively compare the segmentation models obtained with federated learning and local training alone. Our experimental results show that federated learning models have higher generalizability than standalone training.

    DOI: 10.1007/978-3-030-60548-3_19

    Scopus

  33. Abdominal artery segmentation method from CT volumes using fully convolutional neural network 招待有り 査読有り

    Oda Masahiro, Roth Holger R., Kitasaka Takayuki, Misawa Kazunari, Fujiwara Michitaka, Mori Kensaku

    INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY   14 巻 ( 12 ) 頁: 2069 - 2081   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery  

    Purpose : The purpose of this paper is to present a fully automated abdominal artery segmentation method from a CT volume. Three-dimensional (3D) blood vessel structure information is important for diagnosis and treatment. Information about blood vessels (including arteries) can be used in patient-specific surgical planning and intra-operative navigation. Since blood vessels have large inter-patient variations in branching patterns and positions, a patient-specific blood vessel segmentation method is necessary. Even though deep learning-based segmentation methods provide good segmentation accuracy among large organs, small organs such as blood vessels are not well segmented. We propose a deep learning-based abdominal artery segmentation method from a CT volume. Because the artery is one of small organs that is difficult to segment, we introduced an original training sample generation method and a three-plane segmentation approach to improve segmentation accuracy. Method : Our proposed method segments abdominal arteries from an abdominal CT volume with a fully convolutional network (FCN). To segment small arteries, we employ a 2D patch-based segmentation method and an area imbalance reduced training patch generation (AIRTPG) method. AIRTPG adjusts patch number imbalances between patches with artery regions and patches without them. These methods improved the segmentation accuracies of small artery regions. Furthermore, we introduced a three-plane segmentation approach to obtain clear 3D segmentation results from 2D patch-based processes. In the three-plane approach, we performed three segmentation processes using patches generated on axial, coronal, and sagittal planes and combined the results to generate a 3D segmentation result. Results : The evaluation results of the proposed method using 20 cases of abdominal CT volumes show that the averaged F-measure, precision, and recall rates were 87.1%, 85.8%, and 88.4%, respectively. This result outperformed our previous automated FCN-based segmentation method. Our method offers competitive performance compared to the previous blood vessel segmentation methods from 3D volumes. Conclusions : We developed an abdominal artery segmentation method using FCN. The 2D patch-based and AIRTPG methods effectively segmented the artery regions. In addition, the three-plane approach generated good 3D segmentation results.

    DOI: 10.1007/s11548-019-02062-5

    Web of Science

    Scopus

  34. A view of three dimensional unit structures of alveoli in peripheral lung 招待有り 査読有り

    Natori Hiroshi, Takabatake Hirotsugu, Mori Masaki, Oda Masahiro, Mori Kensaku, Koba Hiroyuki, Takahashi Hiroki

    EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL   54 巻   2019年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1183/13993003.congress-2019.PA3168

    Web of Science

  35. ARTIFICIAL INTELLIGENCE-ASSISTED POLYP DETECTION SYSTEM FOR COLONOSCOPY, BASED ON THE LARGEST AVAILABLE COLLECTION OF CLINICAL VIDEO DATA FOR MACHINE LEARNING 招待有り 査読有り

    Misawa Masashi, Kudo Shinei, Mori Yuichi, Cho Tomonari, Kataoka Shinichi, Maeda Yasuharu, Ogawa Yushi, Takeda Kenichi, Nakamura Hiroki, Ichimasa Katsuro, Toyoshima Naoya, Ogata Noriyuki, Kudo Toyoki, Hisayuki Tomokazu, Hayashi Takemasa, Wakamura Kunihiko, Baba Toshiyuki, Ishida Fumio, Itoh Hayato, Oda Masahiro, Mori Kensaku

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   89 巻 ( 6 ) 頁: AB646 - AB647   2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  36. Development of a new laparoscopic detection system for gastric cancer using near-infrared light-emitting clips with glass phosphor 招待有り 査読有り

    Inada S., Nakanishi H., Oda M., Mori K., Ito A., Hasegawa J., Misawa K., Fuchi S.

    Micromachines   10 巻 ( 2 )   2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Micromachines  

    Laparoscopic surgery is now a standard treatment for gastric cancer. Currently, the location of the gastric cancer is identified during laparoscopic surgery via the preoperative endoscopic injection of charcoal ink around the primary tumor; however, the wide spread of injected charcoal ink can make it difficult to accurately visualize the specific site of the tumor. To precisely identify the locations of gastric tumors, we developed a fluorescent detection system comprising clips with glass phosphor (Yb 3+ , Nd 3+ doped to Bi 2 O 3 -B 2 O 3 -based glasses, size: 2 mm × 1 mm × 3 mm) fixed in the stomach and a laparoscopic fluorescent detection system for clip-derived near-infrared (NIR) light (976 nm). We conducted two ex vivo experiments to evaluate the performance of this fluorescent detection system in an extirpated pig stomach and a freshly resected human stomach and were able to successfully detect NIR fluorescence emitted from the clip in the stomach through the stomach wall by the irradiation of excitation light (λ: 808 nm). These results suggest that the proposed combined NIR light-emitting clip and laparoscopic fluorescent detection system could be very useful in clinical practice for accurately identifying the location of a primary gastric tumor during laparoscopic surgery.

    DOI: 10.3390/mi10020081

    Scopus

  37. Automated Hand Eye Calibration in Laparoscope Holding Robot for Robot Assisted Surgery 招待有り 査読有り

    Jiang Shuai, Hayashi Yuichiro, Wang Cheng, Oda Masahiro, Kitasaka Takayuki, Misawa Kazunari, Mori Kensaku

    INTERNATIONAL WORKSHOP ON ADVANCED IMAGE TECHNOLOGY (IWAIT) 2019   11049 巻   2019年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1117/12.2521618

    Web of Science

  38. Colonoscope tracking method based on shape estimation network 招待有り 査読有り

    Oda Masahiro, Roth Holger R., Kitasaka Takayuki, Furukawa Kazuhiro, Miyahara Ryoji, Hirooka Yoshiki, Navab Nassir, Mori Kensaku

    MEDICAL IMAGING 2019: IMAGE-GUIDED PROCEDURES, ROBOTIC INTERVENTIONS, AND MODELING   10951 巻   2019年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE  

    This paper presents a colonoscope tracking method utilizing a colon shape estimation method. CT colonography is used as a less-invasive colon diagnosis method. If colonic polyps or early-stage cancers are found, they are removed in a colonoscopic examination. In the colonoscopic examination, understanding where the colonoscope running in the colon is difficult. A colonoscope navigation system is necessary to reduce overlooking of polyps. We propose a colonoscope tracking method for navigation systems. Previous colonoscope tracking methods caused large tracking errors because they do not consider deformations of the colon during colonoscope insertions. We utilize the shape estimation network (SEN), which estimates deformed colon shape during colonoscope insertions. The SEN is a neural network containing long short-term memory (LSTM) layer. To perform colon shape estimation suitable to the real clinical situation, we trained the SEN using data obtained during colonoscope operations of physicians. The proposed tracking method performs mapping of the colonoscope tip position to a position in the colon using estimation results of the SEN. We evaluated the proposed method in a phantom study. We confirmed that tracking errors of the proposed method was enough small to perform navigation in the ascending, transverse, and descending colons.

    DOI: 10.1117/12.2512729

    Web of Science

    Scopus

  39. Automatic segmentation of eyeball structures from micro-CT images based on sparse annotation 招待有り 査読有り

    Sugino Takaaki, Roth Holger R., Oda Masahiro, Omata Seiji, Sakuma Shinya, Arai Fumihito, Mori Kensaku

    MEDICAL IMAGING 2018: BIOMEDICAL APPLICATIONS IN MOLECULAR, STRUCTURAL, AND FUNCTIONAL IMAGING   10578 巻   頁: 105780V-1-105780V-6   2018年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1117/12.2293431

    Web of Science

  40. Cascade classification of endocytoscopic images of colorectal lesions for automated pathological diagnosis 招待有り 査読有り

    Itoh Hayato, Mori Yuichi, Misawa Masashi, Oda Masahiro, Kudo Shin-ei, Mori Kensaku

    MEDICAL IMAGING 2018: COMPUTER-AIDED DIAGNOSIS   10575 巻   頁: 1057516-1-1057516-6   2018年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1117/12.2293495

    Web of Science

  41. 3Dプリンタの最新動向 招待有り

    森 健策

    インナービジョン   33 巻   頁: 35 - 36   2018年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  42. A Multi-scale Pyramid of 3D Fully Convolutional Networks for Abdominal Multi-organ Segmentation 招待有り 査読有り

    Roth Holger R., Shen Chen, Oda Hirohisa, Sugino Takaaki, Oda Masahiro, Hayashi Yuichiro, Misawa Kazunari, Mori Kensaku

    MEDICAL IMAGE COMPUTING AND COMPUTER ASSISTED INTERVENTION - MICCAI 2018, PT IV   11073 巻   頁: 417 - 425   2018年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-3-030-00937-3_48

    Web of Science

  43. BESNet: Boundary-Enhanced Segmentation of Cells in Histopathological Images 招待有り 査読有り

    Oda Hirohisa, Roth Holger R., Chiba Kosuke, Sokolic Jure, Kitasaka Takayuki, Oda Masahiro, Hinoki Akinari, Uchida Hiroo, Schnabel Julia A., Mori Kensaku

    MEDICAL IMAGE COMPUTING AND COMPUTER ASSISTED INTERVENTION - MICCAI 2018, PT II   11071 巻   頁: 228 - 236   2018年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-3-030-00934-2_26

    Web of Science

  44. Develop and Validate a Finite Element Method Model for Deformation Matching of Laparoscopic Gastrectomy Navigation 招待有り 査読有り

    Chen Tao, Wei Guodong, Shi Weili, Hayashi Yuichiro, Oda Masahiro, Jiang Zhengang, Li Guoxin, Mori Kensaku

    MEDICAL IMAGING 2018: IMAGE-GUIDED PROCEDURES, ROBOTIC INTERVENTIONS, AND MODELING   10576 巻   2018年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1117/12.2293288

    Web of Science

  45. Deep Learning and Its Application to Medical Image Segmentation 招待有り 査読有り

    ROTH Holger R., SHEN Chen, ODA Hirohisa, ODA Masahiro, HAYASHI Yuichiro, MISAWA Kazunari, MORI Kensaku

    Medical Imaging Technology   36 巻 ( 2 ) 頁: 63 - 71   2018年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japanese Society of Medical Imaging Technology  

    One of the most common tasks in medical imaging is semantic segmentation. Achieving this segmentation automatically has been an active area of research, but the task has been proven very challenging due to the large variation of anatomy across different patients. However, recent advances in deep learning have made it possible to significantly improve the performance of image recognition and semantic segmentation methods in the field of computer vision. Due to the data driven approaches of hierarchical feature learning in deep learning frameworks, these advances can be translated to medical images without much difficulty. Several variations of deep convolutional neural networks have been successfully applied to medical images. Especially fully convolutional architectures have been proven efficient for segmentation of 3D medical images. In this article, we describe how to build a 3D fully convolutional network (FCN) that can process 3D images in order to produce automatic semantic segmentations. The model is trained and evaluated on a clinical computed tomography (CT) dataset and shows stateof-the-art performance in multi-organ segmentation.

    DOI: 10.11409/mit.36.63

    CiNii Research

  46. Colon Shape Estimation Method for Colonoscope Tracking Using Recurrent Neural Networks 招待有り 査読有り

    Oda Masahiro, Roth Holger R., Kitasaka Takayuki, Furukawa Kasuhiro, Miyahara Ryoji, Hirooka Yoshiki, Goto Hidemi, Navab Nassir, Mori Kensaku

    MEDICAL IMAGE COMPUTING AND COMPUTER ASSISTED INTERVENTION - MICCAI 2018, PT IV   11073 巻   頁: 176 - 184   2018年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-3-030-00937-3_21

    Web of Science

  47. <b>3Dプリンターの基礎と医療応用</b> 招待有り 査読有り

    森 健策

    心臓   49 巻 ( 11 ) 頁: 1104 - 1113   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益財団法人 日本心臓財団  

    DOI: 10.11281/shinzo.49.1104

    CiNii Research

  48. Automated mediastinal lymph node detection from CT volumes based on intensity targeted radial structure tensor analysis 招待有り

    Hirohisa Oda, Kanwal K. Bhatia, Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Shingo Iwano, Hirotoshi Homma, Hirotsugu Takabatake, Masaki Mori, Hiroshi Natori, Julia A. Schnabel, Kensaku Mori

    Journal of Medical Imaging   4 巻 ( 04 ) 頁: 1   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPIE-Intl Soc Optical Eng  

    DOI: 10.1117/1.jmi.4.4.044502

    CiNii Research

  49. Automatic anatomical labeling of arteries and veins using conditional random fields 招待有り 査読有り

    Kitasaka Takayuki, Kagajo Mitsuru, Nimura Yukitaka, Hayashi Yuichiro, Oda Masahiro, Misawa Kazunari, Mori Kensaku

    INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY   12 巻 ( 6 ) 頁: 1041 - 1048   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11548-017-1549-x

    Web of Science

  50. Accuracy of computer-aided diagnosis based on narrow-band imaging endocytoscopy for diagnosing colorectal lesions: comparison with experts 招待有り 査読有り

    Misawa Masashi, Kudo Shin-ei, Mori Yuichi, Takeda Kenichi, Maeda Yasuharu, Kataoka Shinichi, Nakamura Hiroki, Kudo Toyoki, Wakamura Kunihiko, Hayashi Takemasa, Katagiri Atsushi, Baba Toshiyuki, Ishida Fumio, Inoue Haruhiro, Nimura Yukitaka, Oda Msahiro, Mori Kensaku

    INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY   12 巻 ( 5 ) 頁: 757 - 766   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11548-017-1542-4

    Web of Science

  51. Artificial Intelligence for Endocytoscopy Provides Fully Automated Diagnosis of Histological Remission in Ulcerativ E. Coli Tis 招待有り 査読有り

    Yasuharu Maeda, Kudo Shinei, Mori Yuichi, Misawa Masashi, Wakamura Kunihiko, Hayashi Seiko, Ogata Noriyuki, Takeda Kenichi, Kudo Toyoki, Hayashi Takemasa, Katagiri Atsushi, Ishida Fumio, Ohtsuka Kazuo, Oda Masahiro, Mori Kensaku

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   85 巻 ( 5 ) 頁: AB248 - AB248   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  52. Diagnostic Ability of Automated Diagnosis System Using Endocytoscopy for Invasive Colorectal Cancer 招待有り 査読有り

    Takeda Kenichi, Kudo Shinei, Mori Yuichi, Kataoka Shinichi, Yasuharu Maeda, Ogawa Yushi, Nakamura Hiroki, Misawa Masashi, Kudo Toyoki, Wakamura Kunihiko, Hayashi Takemasa, Katagiri Atsushi, Baba Toshiyuki, Hidaka Eiji, Ishida Fumio, Inoue Haruhiro, Oda Masahiro, Mori Kensaku

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   85 巻 ( 5 ) 頁: AB408 - AB408   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  53. Computer-Aided Diagnosis Based on Endocytoscopy With Narrow-Band Imaging Allows Accurate Diagnosis of Diminutive Colorectal Lesions 招待有り 査読有り

    Misawa Masashi, Kudo Shinei, Mori Yuichi, Takeda Kenichi, Kataoka Shinichi, Nakamura Hiroki, Maeda Yasuharu, Ogawa Yushi, Yamauchi Akihiro, Igarashi Kenta, Hayashi Takemasa, Kudo Toyoki, Wakamura Kunihiko, Katagiri Atsushi, Baba Toshiyuki, Ishida Fumio, Oda Masahiro, Mori Kensaku

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   85 巻 ( 5 ) 頁: AB57 - AB57   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  54. Can Artificial Intelligence Correctly Diagnose Sessile Serrated Adenomas/Polyps? 招待有り 査読有り

    Mori Yuichi, Kudo Shinei, Ogawa Yushi, Misawa Masashi, Takeda Kenichi, Kudo Toyoki, Wakamura Kunihiko, Hayashi Takemasa, Ichimasa Katsuro, Maeda Yasuharu, Toyoshima Naoya, Nakamura Hiroki, Katagiri Atsushi, Baba Toshiyuki, Ishida Fumio, Oda Masahiro, Mori Kensaku, Inoue Haruhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   85 巻 ( 5 ) 頁: AB510 - AB510   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  55. 3Dイメージと3D印刷されたオブジェクトの利用が熟達者と初心者の空間的メンタルモデル形成に及ぼす影響 招待有り 査読有り

    前東 晃礼, 三輪 和久, 小田 昌宏, 中村 嘉彦, 森 建策, 伊神 剛

    人工知能学会研究会資料 先進的学習科学と工学研究会   79 巻 ( 0 ) 頁: 08   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 人工知能学会  

    DOI: 10.11517/jsaialst.79.0_08

    CiNii Research

  56. Automatic segmentation of airway tree based on local intensity filter and machine learning technique in 3D chest CT volume 招待有り 査読有り

    Meng Qier, Kitasaka Takayuki, Nimura Yukitaka, Oda Masahiro, Ueno Junji, Mori Kensaku

    INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY   12 巻 ( 2 ) 頁: 245 - 261   2017年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11548-016-1492-2

    Web of Science

  57. 3D FCN Feature Driven Regression Forest-Based Pancreas Localization and Segmentation 招待有り 査読有り

    Oda Masahiro, Shimizu Natsuki, Roth Holger R., Karasawa Ken'ichi, Kitasaka Takayuki, Misawa Kazunari, Fujiwara Michitaka, Rueckert Daniel, Mori Kensaku

    DEEP LEARNING IN MEDICAL IMAGE ANALYSIS AND MULTIMODAL LEARNING FOR CLINICAL DECISION SUPPORT   10553 巻   頁: 222 - 230   2017年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-3-319-67558-9_26

    Web of Science

  58. 3Dプリンタ・ユーザーインターフェイス等の最新動向 招待有り

    森 健策

    インナービジョン   32 巻   頁: 44 - 45   2017年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  59. 3Dプリンタの医療応用 招待有り

    森 健策

    医用画像情報学会雑誌   34 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 6   2017年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:医用画像情報学会  

    DOI: 10.11318/mii.34.1

    CiNii Research

  60. 3Dプリンタの医療応用 招待有り

    森 健策

    医用画像情報学会雑誌   34 巻   頁: 1 - 6   2017年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  61. 3Dプリンタ-の基礎と医療応用 招待有り

    森 健策

    月刊心臓   49 巻   頁: 1104 - 1113   2017年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  62. An improved method for pancreas segmentation using SLIC and interactive region merging 招待有り 査読有り

    Zhang Liyuan, Yang Huamin, Shi Weili, Miao Yu, Li Qingliang, He Fei, He Wei, Li Yanfang, Zhang Huimao, Mori Kensaku, Jiang Zhengang

    MEDICAL IMAGING 2017: COMPUTER-AIDED DIAGNOSIS   10134 巻   2017年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1117/12.2254366

    Web of Science

  63. Computer-Aided Diagnosis of Mammographic Masses Using Geometric Verification-Based Image Retrieval 招待有り 査読有り

    Li Qingliang, Shi Weili, Yang Huamin, Zhang Huimao, Li Guoxin, Chen Tao, Mori Kensaku, Jiang Zhengang

    MEDICAL IMAGING 2017: COMPUTER-AIDED DIAGNOSIS   10134 巻   2017年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1117/12.2255799

    Web of Science

  64. Comparison of the Deep-Learning-Based Automated Segmentation Methods for the Head Sectioned Images of the Virtual Korean Human Project 招待有り 査読有り

    Eshghi Mohammad, Roth Holger R., Oda Masahiro, Chung Min Suk, Mori Kensaku

    PROCEEDINGS OF THE FIFTEENTH IAPR INTERNATIONAL CONFERENCE ON MACHINE VISION APPLICATIONS - MVA2017     頁: 290 - 293   2017年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  65. Automatic Segmentation of Head Anatomical Structures from Sparsely-annotated Images 招待有り 査読有り

    Sugino Takaaki, Roth Holger R., Eshghi Mohammad, Oda Masahiro, Chung Min Suk, Mori Kensaku

    2017 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON CYBORG AND BIONIC SYSTEMS (CBS)     頁: 145 - 149   2017年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  66. Characterization of Colorectal Lesions Using a Computer-Aided Diagnostic System for Narrow-Band Imaging Endocytoscopy 招待有り 査読有り

    Misawa Masashi, Kudo Shin-ei, Mori Yuichi, Nakamura Hiroki, Kataoka Shinichi, Maeda Yasuharu, Kudo Toyoki, Hayashi Takemasa, Wakamura Kunihiko, Miyachi Hideyuki, Katagiri Atsushi, Baba Toshiyuki, Ishida Fumio, Inoue Haruhiro, Nimura Yukitaka, Mori Kensaku

    GASTROENTEROLOGY   150 巻 ( 7 ) 頁: 1531 - +   2016年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.gastro.2016.04.004

    Web of Science

  67. A Computer-Aided Diagnosis System for Endocytoscopy With Narrow-Band Imaging Provides Highly Accurate Diagnosis 招待有り 査読有り

    Misawa Masashi, Kudo Shin-ei, Mori Yuichi, Kataoka Shinichi, Maeda Yasuharu, Sako Tomoya, Watanabe Mayuko, Kudo Toyoki, Hisayuki Tomokazu, Wakamura Kunihiko, Hayashi Takemasa, Miyachi Hideyuki, Katagiri Atsushi, Ishida Fumio, Inoue Haruhiro, Nimura Yukitaka, Mori Kensaku

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   83 巻 ( 5 ) 頁: AB287 - AB288   2016年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  68. Clinical application of a surgical navigation system based on virtual laparoscopy in laparoscopic gastrectomy for gastric cancer 招待有り 査読有り

    Hayashi Yuichiro, Misawa Kazunari, Oda Masahiro, Hawkes David J., Mori Kensaku

    INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY   11 巻 ( 5 ) 頁: 827 - 836   2016年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11548-015-1293-z

    Web of Science

  69. 3Dイメージと3D印刷されたオブジェクトの利用が肝構造のメンタルモデル形成に与える影響 招待有り 査読有り

    前東 晃礼, 三輪 和久, 小田 昌宏, 中村 嘉彦, 森 建策, 伊神 剛

    人工知能学会研究会資料 先進的学習科学と工学研究会   76 巻 ( 0 ) 頁: 14   2016年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 人工知能学会  

    DOI: 10.11517/jsaialst.76.0_14

    CiNii Research

  70. An Improved Robust Hand-Eye Calibration for Endoscopy Navigation System 招待有り 査読有り

    He Wei, Kang Kumsok, Li Yanfang, Shi Weili, Miao Yu, He Fei, Yan Fei, Yang Huamin, Zhang Huimao, Mori Kensaku, Jiang Zhengang

    MEDICAL IMAGING 2016: IMAGE-GUIDED PROCEDURES, ROBOTIC INTERVENTIONS, AND MODELING   9786 巻   2016年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1117/12.2216910

    Web of Science

  71. 3Dプリンタ・ユーザーインターフェイス等の最新動向 招待有り

    森 健策

    インナービジョン   - 巻   頁: 44 - 45   2016年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  72. 3Dプリンティングのハンドリングのノウハウ 招待有り

    森 健策

    インナービジョン   31 巻   頁: 20 - 24   2016年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  73. Automated anatomical labeling of abdominal arteries and hepatic portal system extracted from abdominal CT volumes 招待有り 査読有り

    Matsuzaki Tetsuro, Oda Masahiro, Kitasaka Takayuki, Hayashi Yuichiro, Misawa Kazunari, Mori Kensaku

    MEDICAL IMAGE ANALYSIS   20 巻 ( 1 ) 頁: 152 - 161   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.media.2014.11.002

    Web of Science

  74. Automated Torso Organ Segmentation from 3D CT Images using Conditional Random Field 招待有り 査読有り

    Nimura Yukitaka, Hayashi Yuichiro, Kitasaka Takayuki, Misawa Kazunari, Mori Kensaku

    MEDICAL IMAGING 2016: COMPUTER-AIDED DIAGNOSIS   9785 巻   2015年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1117/12.2214845

    Web of Science

  75. 3Dプリンティングの現状と将来展望:医用画像処理と3Dプリンタによる臓器実体モデル作成とその利用 招待有り

    森 健策

    光技術コンタクト   53 巻   頁: 20 - 27   2015年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  76. A study on improvement of airway segmentation using Hybrid method 招待有り 査読有り

    Qier Meng, Kitasaka Takayuki, Nimura Yukitaka, Oda Masahiro, Mori Kensaku

    PROCEEDINGS 3RD IAPR ASIAN CONFERENCE ON PATTERN RECOGNITION ACPR 2015     頁: 549 - 553   2015年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  77. A Model-free Method for Annotating on Vascular Structure in Volume Rendered Images 招待有り 査読有り

    He Wei, Li Yanfang, Shi Weili, Miao Yu, He Fei, Yan Fei, Yang Huamin, Zhang Huimao, Mori Kensaku, Jiang Zhengang

    MEDICAL IMAGING 2015: IMAGE-GUIDED PROCEDURES, ROBOTIC INTERVENTIONS, AND MODELING   9415 巻   2015年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1117/12.2081610

    Web of Science

  78. Automated branching pattern report generation for laparoscopic surgery assistance 招待有り 査読有り

    Oda Masahiro, Matsuzaki Tetsuro, Hayashi Yuichiro, Kitasaka Takayuki, Misawa Kazunari, Mori Kensaku

    MEDICAL IMAGING 2015: COMPUTER-AIDED DIAGNOSIS   9414 巻   2015年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1117/12.2082488

    Web of Science

  79. Development of a new detection device using a glass clip emitting infrared fluorescence for laparoscopic surgery of gastric cancer 招待有り 査読有り

    Inada Shunko Albano, Fuchi Shingo, Mori Kensaku, Hasegawa Junichi, Misawa Kazunari, Nakanishi Hayao

    6TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON OPTICAL, OPTOELECTRONIC AND PHOTONIC MATERIALS AND APPLICATIONS (ICOOPMA) 2014   619 巻   2015年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1742-6596/619/1/012033

    Web of Science

  80. Development and clinical application of surgical navigation system for laparoscopic hepatectomy 招待有り 査読有り

    Hayashi Yuichiro, Igami Tsuyoshi, Hirose Tomoaki, Nagino Masato, Mori Kensaku

    MEDICAL IMAGING 2015: IMAGE-GUIDED PROCEDURES, ROBOTIC INTERVENTIONS, AND MODELING   9415 巻   2015年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1117/12.2082690

    Web of Science

  81. Connection method of separated luminal regions of intestine from CT volumes 招待有り 査読有り

    Oda Masahiro, Kitasaka Takayuki, Furukawa Kazuhiro, Watanabe Osamu, Ando Takafumi, Hirooka Yoshiki, Goto Hidemi, Mori Kensaku

    MEDICAL IMAGING 2015: COMPUTER-AIDED DIAGNOSIS   9414 巻   2015年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1117/12.2081977

    Web of Science

  82. Automated Torso Organ Segmentation from 3D CT Images using Structured Perceptron and Dual Decompostion 招待有り 査読有り

    Nimura Yukitaka, Hayashi Yuichiro, Kitasaka Takayuki, Mori Kensaku

    MEDICAL IMAGING 2015: COMPUTER-AIDED DIAGNOSIS   9414 巻   2015年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1117/12.2081774

    Web of Science

  83. 人工知能(AI)最新動向 学会発表を中心に(2)-Digital Poster発表を中心に

    森 健策

    インナービジョン   37 巻 ( 2 ) 頁: 30 - 31   2022年2月

  84. Uncertainty meets 3D-spatial feature in colonoscopic polyp-size determination 査読有り

    Hayato Itoh, Masahiro Oda, Kai Jiang, Yuichi Mori, Masashi Misawa, Shin-Ei Kudo, Kenichiro Imai, Sayo Ito, Kinichi Hotta, Kensaku Mori

    Computer Methods in Biomechanics and Biomedical Engineering: Imaging & Visualization     2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者  

    DOI: 10.1080/21681163.2021.2004445

  85. Aorta-aware GAN for non-contrast to artery contrasted CT translation and its application to abdominal aortic aneurysm detection 招待有り 査読有り

    T. Hu, M. Oda, Y. Hayashi, Z. Lu, K. K. Kumamaru, T. Akashi, S. Aoki, K. Mori, ``Aorta-aware GAN for non-contrast to artery contrasted CT translation and its application to abdominal aortic aneurysm detection

      17 巻 ( 1 ) 頁: 97 - 105   2022年1月

     詳細を見る

  86. mpact of the clinical use of artificial intelligence-assisted neoplasia detection for colonoscopy: a large-scale prospective, propensity score-matched study (with video) 査読有り

    Misaki Ishiyama, Shin-ei Kudo, Masashi Misawa, Yuichi Mori, Yasuharu Maeda, Katsuro Ichimasa, Toyoki Kudo, Takemasa Hayashi, Kunihiko Wakamura, Hideyuki Miyachi, Fumio Ishida, Hayato Itoh, Masahiro Oda, Kensaku Mori

      95 巻 ( 1 ) 頁: 155 - 163   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    DOI: 10.1016/j.gie.2021.07.022

  87. 大規模腹腔鏡動画像データベース構築に向けたオンラインアノテーションツールの開発

    伊東 隼人, 潘 冬平, 小澤 卓也, 小田 昌宏, 竹下修由, 伊藤 雅昭, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI), MI2021-65   121 巻 ( 347 ) 頁: 86 - 87   2022年1月

  88. 医用画像処理による人体構造の解析とその診断治療への応用 ~ 30年間の医用画像研究経験を振り返り未来を考える ~

    森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI), MI2021-74   121 巻 ( 347 ) 頁: 127 - 132   2022年1月

  89. 胸部CT像からのCOVID-19に関連した所見文の自動生成の検討

    岡崎 真治, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 橋本 正弘, 陣崎 雅弘, 明石 敏昭, 青木 茂樹, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI), MI2021-57   121 巻 ( 347 ) 頁: 49 - 54   2022年1月

  90. 高精度な大腸ポリープ検出に向けた物体検出モデルの解析

    伊東 隼人, 三澤 将史, 森 悠一, 工藤 進英, 小田 昌宏, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI), MI2021-63   121 巻 ( 347 ) 頁: 86 - 87   2022年1月

  91. Performance improvement of weakly supervised fully convolutional networks by skip connections for brain structure segmentation 査読有り

    Takaaki Sugino, Holger R. Roth, Mashiro Oda, Taichi Kin, Nobuhito Saito, Yoshikazu Nakajima, Kensaku Mori,

    Medical Physics   48 巻 ( 11 ) 頁: 7215 - 7227   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者  

    DOI: 10.1002/mp.15192

  92. 胸腔鏡下手術におけるパノラマビジョンリングの基礎開発 査読有り

    北坂 孝幸,林 雄一郎,中村 彰太,芳川 豊史,森 健策,中井 剛,中井 康博

    日本コンピュータ外科学会誌 第30回日本コンピュータ外科学会大会特集号   23 巻 ( 4 ) 頁: 318   2021年11月

  93. 自己教師あり学習による腹腔鏡動画像の手術器具セグメンテーション 査読有り

    丘 傑,林 雄一郎,小澤 卓也,小田 昌宏, 北坂 孝幸,三澤 一成, 竹下 修由, 伊藤 雅昭, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第30回日本コンピュータ外科学会大会特集号   23 巻 ( 4 ) 頁: 217 - 218   2021年11月

  94. 距離変換と管状構造フィルタによる肺マイクロCT画像からの細気管支・肺胞管抽出手法の検討 査読有り

    椎名 健, 小田 紘久, 鄭 通, 中村 彰太, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第30回日本コンピュータ外科学会大会特集号   23 巻 ( 4 ) 頁: 219 - 220   2021年11月

  95. 大規模腹腔鏡動画像データベース構築に向けたアノテーションツール開発 査読有り

    伊東 隼人,潘 冬平,小澤 卓也,小田 昌宏, 竹下 修由, 伊藤 雅昭, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第30回日本コンピュータ外科学会大会特集号   23 巻 ( 4 ) 頁: 243 - 244   2021年11月

  96. 腹腔鏡下胃切除術支援のための腹腔鏡映像からの術中操作の予測に関する初期検討 査読有り

    林 雄一郎, 三澤 一成, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第30回日本コンピュータ外科学会大会特集号   23 巻 ( 4 ) 頁: 248   2021年11月

  97. CT像の非等方性を考慮した3D CNNによるCOVID‒19症例の自動分類手法 査読有り

    小田 昌宏, 鄭 通, 林 雄一郎, 大竹 義人, 橋本 正弘, 明石 敏明, 青木 茂樹, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第30回日本コンピュータ外科学会大会特集号   23 巻 ( 4 ) 頁: 265 - 266   2021年11月

  98. MRI 画像からの大脳基底核のAIセグメンテーション―Skip Connection による抽出精度向上の検討 査読有り

    杉野貴明,金 太一,斎藤 季,川瀬 利弘,小野木 真哉,齊藤 延人,森 健策, 中島 義和

    日本コンピュータ外科学会誌 第30回日本コンピュータ外科学会大会特集号   23 巻 ( 4 ) 頁: 286   2021年11月

  99. CT 像からの腸管領域抽出改善に関する基礎的検討 査読有り

    小田紘久,林 雄一郎,北坂 孝幸,滝本 愛太朗,檜 顕成,内田 広夫,鈴木 耕次郎, 小田 昌宏, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第30回日本コンピュータ外科学会大会特集号   23 巻 ( 4 ) 頁: 287 - 288   2021年11月

  100. 複数の畳み込み範囲を持つグラフニューラルネットワークによる血管名自動命名手法の検討 査読有り

    出口 智也,林 雄一郎,北坂 孝幸,小田 昌宏, 三澤 一成,森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第30回日本コンピュータ外科学会大会特集号   23 巻 ( 4 ) 頁: 299 - 300   2021年11月

  101. 腹腔鏡下胃切除術の手術ナビゲーションにおける位置合わせ誤差の補正に関する検討 査読有り

    林 雄一郎, 三澤 一成,森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第30回日本コンピュータ外科学会大会特集号   23 巻 ( 4 ) 頁: 301 - 302   2021年11月

  102. Evaluation in real-time use of artificial intelligence during colonoscopy to predict relapse of ulcerative colitis: a prospective study 招待有り 査読有り

    Yasuharu Maeda, Shin-ei Kudo, Noriyuki Ogata, Masashi Misawa, Marietta Iacucci, Mayumi Homma, Tetsuo Nemoto, Kazumi Takishima, Kentaro Mochida, Hideyuki Miyachi, Toshiyuki Baba, Kensaku Mori, Kazuo Ohtsuka, Yuichi Mori

    Gastrointestinal Endoscopy     2021年10月

     詳細を見る

  103. 胸部 CT 像からの COVID-19 症例の自動分類手法

    小田 昌宏, 鄭 通, 林 雄一郎, 大竹 義人, 橋本 正弘, 明石 敏昭, 森 健策

    第40回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: 65 - 67   2021年10月

  104. VR Organ Puzzle: A Virtual Reality Application for the Education of Human Anatomy

    Siqi LI, Yuichiro HAYASHI,Michitaka FUJIWARA, Masahiro ODA, Kensaku MORI

        頁: 489 - 491   2021年10月

  105. Non-contrast to Artery Contrast CT Translation Via Representation-Aligned Generative Model

    Tao HU, Masahiro ODA, Yuichiro HAYASHI, Zhongyang LU, Toshiaki AKASHI, Shigeki AOKI, Kensaku MORI

        2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者  

  106. Clinical CT Super-resolution Utilizing Registered Clinical – Micro CT Database

    Tong ZHENG, Hirohisa ODA, Yuichiro HAYASHI, Shota NAKAMURA, Masaki MORI, Hirotsugu TAKABATAKE, Hiroshi NATORI, Masahiro ODA, Kensaku MORI

        頁: 394 - 400   2021年10月

  107. 距離マップを利用した肺マイクロ CT 像からの肺胞抽出

    椎名 健, 小田 紘久, 鄭 通, 中村 彰太, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 森 健策

    第40回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: 374 - 377   2021年10月

  108. ピットパターン特徴量の解析に向けた超拡大内視鏡画像の再構成法に関する初期的検討

    伊東 隼人, 小田 昌宏, 森 悠一, 三澤 将史, 工藤 進英, 森 健策

    第40回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: 309 - 317   2021年10月

  109. 深層学習とディジタルファントムを用いた骨陰影低減技術の開発

    五島 風汰, 田中 利恵, 小田 昌宏, 森 健策, 高田 宗尚, 田村 昌也, 松本 勲

    第40回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: 270 - 272   2021年10月

  110. 3D Kidney Tumor Semantic Segmentation using Cascaded Convolutional Networks 招待有り 査読有り

    第40回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: 243 - 248   2021年10月

  111. Attention 機構を導入したグラフニューラルネットワークによる,

    出口 智也, 林 雄一郎, 北坂 孝幸, 小田 昌宏,1 三澤 一成, 森 健策

    第40回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: 239 - 241   2021年10月

  112. 深度情報を利用した FCN による腹腔鏡映像からの血管領域自動抽出の検討

    榎本 圭吾, 林 雄一郎, 北坂 孝幸, 小田 昌宏,1 伊藤 雅昭, 竹下 修由, 三澤 一成, 森 健策

    第40回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: 235 - 241   2021年10月

  113. Vascular Structure Segmentation in Stereomicroscope Image

    Yunheng WU, Masahiro ODA, Yuichiro HAYASHI, Takanori TAKEBE, Kensaku MORI

        頁: 229 - 234   2021年10月

  114. Synthesized Perforation Detection from Endoscopy Videos Using Model Training with Synthesized Images by GAN

    Kai Jiang, Hayato Itoh, Masahiro Oda, Taishi Okumura, Yuichi Mori, Masashi Misawa, Takemasa Hayashi, Shin-Ei Kudo, Kensaku Mori

        頁: 199 - 201   2021年10月

  115. Improving Classification Accuracy of Hands' Bone Marrow Edema by Transfer Learning

    Dongping PAN, Masahiro ODA, Kou KATAYAMA, Takanobu Okubo, Kensaku MORI

        頁: 150 - 157   2021年10月

  116. 腸閉塞・イレウスの病変箇所特定における診断支援システムの精度評価

    小田 紘久, 林 雄一郎, 北坂 孝幸, 玉田 雄大, 滝本 愛太朗, 檜 顕成, 内田 広夫, 鈴木 耕次郎, 小田 昌宏, 森 健策

    第40回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: 129 - 131   2021年10月

  117. Self-attention Class Balanced DenseNet_LSTM framework for Subarachnoid Hemorrhage CT image Classification on Extremely Imbalanced Brain CT Dataset

    第40回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: 69 - 75   2021年10月

  118. VR Organ Puzzle: A Virtual Reality Application for the Education of Human Anatomy

    Siqi LI, Yuichiro HAYASHI,Michitaka FUJIWARA, Masahiro ODA, Kensaku MORI

        頁: 493 - 498   2021年10月

  119. Multi-task Federated Learning for Heterogeneous Pancreas Segmentation 招待有り 査読有り 国際共著

    Chen Shen, Pochuan Wang, Holger R. Roth, Dong Yang, Daguang Xu, Masahiro Oda, Weichung Wang, Chiou-Shann Fuh, Po-Ting Chen, Kao-Lang Liu, Wei-Chih Liao, Kensaku Mori

    LNCS12969     頁: 101 - 110   2021年9月

     詳細を見る

  120. Super-Resolution by Latent Space Exploration: Training with Poorly-Aligned Clinical and Micro CT Image Dataset 招待有り 査読有り

    Tong Zheng, Hirohisa Oda, Yuichiro Hayashi, Shota Nakamura, Masahiro Oda, Kensaku Mori

    LNCS12965     頁: 24 - 33   2021年9月

  121. Intestine segmentation with small computational cost for diagnosis assistance of ileus and intestinal obstruction 招待有り 査読有り

    Hirohisa Oda, Yuichiro Hayashi, Takayuki Kitasaka, Aitaro Takimoto, Akinari Hinoki, Hiroo Uchida, Kojiro Suzuki, Masahiro Oda, Kensaku Mori

    LNCS 12969     頁: 3 - 12   2021年9月

     詳細を見る

  122. 泌尿器科領域における画像処理

    森 健策

    泌尿器科   14 巻 ( 2 ) 頁: 213 - 220   2021年8月

  123. Can artificial intelligence help to detect dysplasia in patients with ulcerative colitis? 招待有り 国際誌

    Maeda Yasuharu, Kudo Shin-ei, Ogata Noriyuki, Misawa Masashi, Mori Yuichi, Mori Kensaku, Ohtsuka Kazuo

    ENDOSCOPY   53 巻 ( 07 ) 頁: E273 - E274   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Endoscopy  

    DOI: 10.1055/a-1261-2944

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Research

  124. Micro-CT-assisted cross-modality super-resolution of clinical CT: utilization of synthesized training dataset 査読有り

    T. Zheng, H. Oda, S. Nakamura, M. Mori, H. Takabatake, H. Natori, M. Oda, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   16 巻 ( sup.1 ) 頁: 12 - 14   2021年6月

  125. Unsupervised colonoscopic depth estimation by domain translations with a Lambertian-reflection keeping auxiliary task 査読有り

    Hayato Itoh, Masahiro Oda, Yuichi Mori, Masashi Misawa, Shin-Ei Kudo, Kenichiro Imai, Sayo Ito, Kinichi Hotta, Hirotsugu Takabatake, Masaki Mori, Hiroshi Natori,Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   16 巻 ( 6 ) 頁: 989 - 1001   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者  

    DOI: 10.1007/s11548-021-02398-x

  126. AIによる内視鏡外科手術支援と開発基盤としての手術動画データベース構築 招待有り 査読有り

    竹下 修由, 森 健策, 伊藤 正昭

    消化器外科   44 巻 ( 7 ) 頁: 1159 - 1166   2021年6月

  127. Three-dimensional surgical plan printing for assisting liver surgery, 査読有り

    Y. Hayashi, T. Igami, Y. Nakamura, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   16 巻 ( sup.1 ) 頁: 104 - 106   2021年6月

  128. COVID-19 lung infection and normal region segmentation from CT volumes using FCN with local and global spatial feature encoder 査読有り

    M. Oda, Y. Hayashi, Y. Otake, M. Hashimoto, T. Akashi, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   16 巻 ( sup.1 ) 頁: 19 - 20   2021年6月

  129. Experimental evaluation of loss functions in YOLO-v3 training for the perforation detection and localization in colonoscopic videos 査読有り

    K. Jiang, H. Itoh, M. Oda, T. Okumura, Y. Mori, M. Misawa, T. Hayashi, S. E. Kudo, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   16 巻 ( sup.1 ) 頁: 74 - 75   2021年6月

  130. Blood vessel regions segmentation from laparoscopic videos using fully convolutional networks with multi field of view input 査読有り

    K. Mori, S. Morimitsu, S. Yamamoto, T. Ozawa, T. Kitasaka, Y. Hayashi, M. Oda, M. Ito, N. Takeshita, K. Misawa

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   16 巻 ( sup.1 ) 頁: 56 - 57   2021年6月

  131. `Intestine segmentation combining Watershed transformation and machine learning-based distance map estimation 査読有り

    H. Oda, Y. Hayashi, T. Kitasaka, Y. Tamada, A. Takimoto, A. Hinoki, H. Uchida, K. Suzuki, H. Itoh, M. Oda, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   16 巻 ( sup.1 ) 頁: 89 - 90   2021年6月

  132. Real-time deformation simulation of hollow organs based on XPBD with small time steps and air mesh for surgical simulation 査読有り

    S. Li, Y. Hayashi, M. Oda, K. Misawa, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   16 巻 ( sup.1 ) 頁: 21 - 25   2021年6月

  133. Spatial Information Considered Module based on Attention Mechanism for Self-Supervised Depth Estimation from Laparoscopic Image Pairs 査読有り

    W. Li, Y. Hayashi, M. Oda, T. Kitasaka, K. Misawa, K. Mori

    nternational Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   16 巻 ( sup.1 ) 頁: 45 - 46   2021年6月

  134. 機械学習によるCOVID-19症例CT画像の診断支援 査読有り

    森 健策

    映像情報メディア学会誌   75 巻 ( 3 ) 頁: 326 - 329   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  135. Development of a computer-aided detection system for colonoscopy and a publicly accessible large colonoscopy video database (with video) 招待有り 査読有り 国際誌

    Misawa M., Kudo S.e., Mori Y., Hotta K., Ohtsuka K., Matsuda T., Saito S., Kudo T., Baba T., Ishida F., Itoh H., Oda M., Mori K.

    Gastrointestinal Endoscopy   93 巻 ( 4 ) 頁: 960 - 967   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Gastrointestinal Endoscopy  

    Background and Aims: Artificial intelligence (AI)–assisted polyp detection systems for colonoscopic use are currently attracting attention because they may reduce the possibility of missed adenomas. However, few systems have the necessary regulatory approval for use in clinical practice. We aimed to develop an AI-assisted polyp detection system and to validate its performance using a large colonoscopy video database designed to be publicly accessible. Methods: To develop the deep learning–based AI system, 56,668 independent colonoscopy images were obtained from 5 centers for use as training images. To validate the trained AI system, consecutive colonoscopy videos taken at a university hospital between October 2018 and January 2019 were searched to construct a database containing polyps with unbiased variance. All images were annotated by endoscopists according to the presence or absence of polyps and the polyps’ locations with bounding boxes. Results: A total of 1405 videos acquired during the study period were identified for the validation database, 797 of which contained at least 1 polyp. Of these, 100 videos containing 100 independent polyps and 13 videos negative for polyps were randomly extracted, resulting in 152,560 frames (49,799 positive frames and 102,761 negative frames) for the database. The AI showed 90.5% sensitivity and 93.7% specificity for frame-based analysis. The per-polyp sensitivities for all, diminutive, protruded, and flat polyps were 98.0%, 98.3%, 98.5%, and 97.0%, respectively. Conclusions: Our trained AI system was validated with a new large publicly accessible colonoscopy database and could identify colorectal lesions with high sensitivity and specificity. (Clinical trial registration number: UMIN 000037064.)

    DOI: 10.1016/j.gie.2020.07.060

    Scopus

    PubMed

  136. Contrastive Learningを用いた肺野CT画像からCOVID-19の自動判定 招待有り 査読有り

    加藤 聡太, 堀田 一弘, 小田 昌宏, 森 健策, 大竹 義人, 橋本 正弘, 明石 敏昭

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   120 巻 ( 432 ) 頁: 82 - 86   2021年3月

  137. カスケードCNNによる腹腔鏡動画からの出血領域自動抽出 招待有り 査読有り

    山本 翔太, 林 雄一郎, 盛満 慎太郎, 北坂 孝幸, 小田 昌宏, 竹下 修由, 伊藤 雅昭, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   120 巻 ( 431 ) 頁: 172 - 175   2021年3月

  138. Spectral-based Convolutional Graph Neural Networksを用いた腹部動脈領域の血管名自動命名に関する研究 招待有り 査読有り

    日比 裕太, 林 雄一郎, 北坂 孝幸, 伊東 隼人, 小田 昌宏, 三澤 一成, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   120 巻 ( 431 ) 頁: 176 - 181   2021年3月

  139. Artificial Intelligence System to Determine Risk of T1 Colorectal Cancer Metastasis to Lymph Node. 招待有り 査読有り 国際誌

    Kudo SE, Ichimasa K, Villard B, Mori Y, Misawa M, Saito S, Hotta K, Saito Y, Matsuda T, Yamada K, Mitani T, Ohtsuka K, Chino A, Ide D, Imai K, Kishida Y, Nakamura K, Saiki Y, Tanaka M, Hoteya S, Yamashita S, Kinugasa Y, Fukuda M, Kudo T, Miyachi H, Ishida F, Itoh H, Oda M, Mori K

    Gastroenterology   160 巻 ( 4 ) 頁: 1075 - 1084.e2   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Gastroenterology  

    Background & Aims: In accordance with guidelines, most patients with T1 colorectal cancers (CRC) undergo surgical resection with lymph node dissection, despite the low incidence (∼10%) of metastasis to lymph nodes. To reduce unnecessary surgical resections, we used artificial intelligence to build a model to identify T1 colorectal tumors at risk for metastasis to lymph node and validated the model in a separate set of patients. Methods: We collected data from 3134 patients with T1 CRC treated at 6 hospitals in Japan from April 1997 through September 2017 (training cohort). We developed a machine-learning artificial neural network (ANN) using data on patients’ age and sex, as well as tumor size, location, morphology, lymphatic and vascular invasion, and histologic grade. We then conducted the external validation on the ANN model using independent 939 patients at another hospital during the same period (validation cohort). We calculated areas under the receiver operator characteristics curves (AUCs) for the ability of the model and US guidelines to identify patients with lymph node metastases. Results: Lymph node metastases were found in 319 (10.2%) of 3134 patients in the training cohort and 79 (8.4%) of /939 patients in the validation cohort. In the validation cohort, the ANN model identified patients with lymph node metastases with an AUC of 0.83, whereas the guidelines identified patients with lymph node metastases with an AUC of 0.73 (P < .001). When the analysis was limited to patients with initial endoscopic resection (n = 517), the ANN model identified patients with lymph node metastases with an AUC of 0.84 and the guidelines identified these patients with an AUC of 0.77 (P = .005). Conclusions: The ANN model outperformed guidelines in identifying patients with T1 CRCs who had lymph node metastases. This model might be used to determine which patients require additional surgery after endoscopic resection of T1 CRCs. UMIN Clinical Trials Registry no: UMIN000038609

    DOI: 10.1053/j.gastro.2020.09.027

    DOI: 10.1053/j.gastro.2020.09.027

    Scopus

    PubMed

  140. Unsupervised segmentation of COVID-19 infected lung clinical CT volumes using image inpainting and representation learning 査読有り

    Tong Zheng, Masahiro Oda, Chenglong Wang, Takayasu Moriya, Yuichiro Hayashi, Yoshito Otake, Masahiro Hashimoto, Toshiaki Akashi, Masaki Mori, Hirotsugu Takabatake, Hiroshi Natori, Kensaku Mori

    Proc. SPIE 11596, Medical Imaging, 2021: Image Processing     頁: 115963F-1 - 6   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1117/12.2580641

  141. Extraction of lung and lesion regions from COVID-19 CT volumes using 3D fully convolutional networks 査読有り

    Yuichiro Hayashi, Masahiro Oda, Chen Shen, Masahiro Hashimoto, Yoshito Otake, Toshiaki Akashi, Kensaku Mori

    Proc.SPIE 11597, Medical Imaging 2021: Computer-Aided Diagnosis     頁: 115972A-1 - 6   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1117/12.2581818

  142. Extremely imbalanced subarachnoid hemorrhage detection based on enseNet-LSTM network with class-balanced loss and transfer learning 査読有り

    Zhongyang Lu, Masahiro Oda, Yuichiro Hayashi, Tao Hu, Hayato Itoh, Takeyuki Watadani, Osamu Abe, Masahiro Hashimoto, Masahiro Jinzaki, Kensaku Mori

    Proceedings Volume 11597, Medical Imaging 2021: Computer-Aided Diagnosis     頁: 115971Z   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1117/12.2582088

  143. Single-shot three-dimensional reconstruction for colonoscopic image analysis 査読有り

    Hayato Itoh, Masahiro Oda, Yuichi Mori, Masashi Misawa, Shin-ei Kudo, Kinnichi Hotta, Hirotsugu Takabatake, Masaki Mori, Hiroshi Natori, Kensaku Mori

    Proc. SPIE 11598, Medical Imaging 2021: Image-Guided Procedures, Robotic Interventions, and Modeling     頁: 115980E-1 - 6   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1117/12.2582660

  144. Intestinal region reconstruction of ileus cases from 3D CT images based on graphical representation and its visualization 査読有り

    Hirohisa Oda, Yuichiro Hayashi, Takayuki Kitasaka, Yudai Tamada, Aitaro Takimoto, Akinari Hinoki, Hiroo Uchida, Kojiro Suzuki, Hayato Itoh, Masahiro Oda, Kensaku Mori

    Proc.SPIE 11597, Medical Imaging 2021: Computer-Aided Diagnosis     2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1117/12.2581261

  145. Lung infection and normal region segmentation from CT volumes of COVID-19 cases 査読有り

    Masahiro Oda, Yuichiro Hayashi, Yoshito Otake, Masahiro Hashimoto, Toshiaki Akashi, Kensaku Mori

    Proc. SPIE 11597, Medical Imaging 2021: Computer-Aided Diagnosis     頁: 115972X-1 - 6   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1117/12.2582066

  146. 人工知能(AI)最新動向 AI研究から見たRSNA-AIの広がりを感じる大会 招待有り

    森 健策

    インナービジョン   36 巻 ( 2 ) 頁: 25 - 26   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  147. CT画像XAI技術で「新型コロナウィルス肺炎」を85%精度で識別

    小田 昌宏, 森 健策

    C-press   120 巻   頁: 5 - 6   2021年2月

  148. COVID-19診断支援AI開発における名古屋大学の取り組み

    小田 昌宏, 鄭 通, 林 雄一郎, 森 健策

      39 巻 ( 1 ) 頁: 13 - 19   2021年2月

  149. New method for the assessment of perineural invasion from perihilar cholangiocarcinoma 査読有り

    Hiroshi Tanaka, Tsuyoshi Igami, Yoshie Shimoyama, Tomoki Ebata, Yukihiro Yokoyama, Kensaku Mori, Masato Nagino,

    Surgery Today   51 巻 ( 2 ) 頁: 136 - 143   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-020-02071-x

  150. Current status and future perspective on artificial intelligence for lower endoscopy 招待有り 国際誌

    Misawa Masashi, Kudo Shin-ei, Mori Yuichi, Maeda Yasuharu, Ogawa Yushi, Ichimasa Katsuro, Kudo Toyoki, Wakamura Kunihiko, Hayashi Takemasa, Miyachi Hideyuki, Baba Toshiyuki, Ishida Fumio, Itoh Hayato, Oda Masahiro, Mori Kensaku

    DIGESTIVE ENDOSCOPY   33 巻 ( 2 ) 頁: 273 - 284   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Digestive Endoscopy  

    The global incidence and mortality rate of colorectal cancer remains high. Colonoscopy is regarded as the gold standard examination for detecting and eradicating neoplastic lesions. However, there are some uncertainties in colonoscopy practice that are related to limitations in human performance. First, approximately one-fourth of colorectal neoplasms are missed on a single colonoscopy. Second, it is still difficult for non-experts to perform adequately regarding optical biopsy. Third, recording of some quality indicators (e.g. cecal intubation, bowel preparation, and withdrawal speed) which are related to adenoma detection rate, is sometimes incomplete. With recent improvements in machine learning techniques and advances in computer performance, artificial intelligence-assisted computer-aided diagnosis is being increasingly utilized by endoscopists. In particular, the emergence of deep-learning, data-driven machine learning techniques have made the development of computer-aided systems easier than that of conventional machine learning techniques, the former currently being considered the standard artificial intelligence engine of computer-aided diagnosis by colonoscopy. To date, computer-aided detection systems seem to have improved the rate of detection of neoplasms. Additionally, computer-aided characterization systems may have the potential to improve diagnostic accuracy in real-time clinical practice. Furthermore, some artificial intelligence-assisted systems that aim to improve the quality of colonoscopy have been reported. The implementation of computer-aided system clinical practice may provide additional benefits such as helping in educational poorly performing endoscopists and supporting real-time clinical decision-making. In this review, we have focused on computer-aided diagnosis during colonoscopy reported by gastroenterologists and discussed its status, limitations, and future prospects.

    DOI: 10.1111/den.13847

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Research

  151. Dense-layer-based YOLO-v3 for Detection and Localization of Colon Perforations 招待有り 査読有り

    Jiang Kai, Itoh Hayato, Oda Masahiro, Okumura Taishi, Mori Yuichi, Misawa Masashi, Hayashi Takemasa, Kudo Shin-Ei, Mori Kensaku

    MEDICAL IMAGING 2021: COMPUTER-AIDED DIAGNOSIS   11597 巻   頁: 115971A-1 - 6   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE  

    Endoscopic submucosal dissection is a minimally invasive treatment for early gastric cancer. In endoscopic submucosal dissection, a physician directly removes the mucosa around the lesion under internal endoscopy by using the flush knife. However, the flush knife may accidentally pierce the colonic wall and generate a perforation on it. If physicians overlooking a small perforation, a patient may need emergency open surgery, since a perforation can easily cause peritonitis. For the prevention of overlooking of perforations, a computer-aided diagnosis system has a potential demand. We believe automatic perforation detection and localization function is very useful for the analysis of endoscopic submucosal dissection videos for the development of a computeraided diagnosis system. At current stage, the research of perforation detection and localization progress slowly, automatic image-based perforation detection is very challenge. Thus, we devote to the development of detection and localization of perforations in colonoscopic videos. In this paper, we proposed a supervised-learning method for perforations detection and localization in colonoscopic videos. This method uses dense layers in YOLO-v3 instead of residual units, and a combination of binary cross entropy and generalized intersection over union loss as the loss function in the training process. This method achieved 0.854 accuracy, 0.850 AUC score and 0.884 mean average precision for perforation detection and localization, respectively, as an initial study

    DOI: 10.1117/12.2582300

    Web of Science

    Scopus

  152. [総論]AI時代を見据えた消化器外科手術 AIによる大腸T2癌リンパ節転移予測 招待有り 査読有り

    中原 健太, 石田 文生, 一政 克朗, 森 悠一, 三澤 将史, 澤田 成彦, 工藤 進英, Villard Ben, 伊東 隼人, 森 健策

    日本消化器外科学会総会   75回 巻   頁: WS15 - 6   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  153. 多元計算解剖モデルと人工知能に基づく診断治療支援 招待有り 査読有り

    森 健策

    映像情報メディア学会誌   74 巻 ( 6 ) 頁: 909-915   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  154. Improving contrast and spatial resolution in crystal analyzer based x ray dark field imaging 査読有り

    Masami Ando Yuki Nakao Ge Jin Hiroshi Sugiyama Naoki Sunaguchi Yongjin Sung Yoshifumi Suzuki Yong Sun Michio Tanimoto Katsuhiro Kawashima Tetsuya Yuasa Kensaku Mori Shu Ichihara Rajiv Gupta,

    Medical Physics   47 巻 ( 11 ) 頁: 5505 - 5513   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/mp.14442

  155. Preliminary study of Loss-Function Design for Detection and Localization of Perforations with YOLO-v3 in Colonoscopic Images

      22 巻 ( 4 ) 頁: 348 - 349   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  156. 腸閉塞およびイレウスの診断支援システムにおける距離マップの導入

    小田 紘久, 林 雄一郎, 北坂 孝幸,玉田 雄大,滝本 愛太朗,檜 顕成, 内田 広夫,鈴木 耕次郎, 伊東 隼人,小田 昌宏,森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第29回日本コンピュータ外科学会大会特集号   22 巻 ( 4 ) 頁: 282 - 284   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  157. 局所情報に注目した腹腔鏡動画像からの出血領域抽出

    山本 翔太, 盛満 慎太郎,林 雄一郎,北坂 孝幸,小田 昌宏,伊藤 雅昭,竹下 修由, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第29回日本コンピュータ外科学会大会特集号   22 巻 ( 4 ) 頁: 285 - 286   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  158. Dilated convolution を用いた腹腔鏡動画像からの血管領域抽出における空間情報利用に関する検討

    盛満 慎太郎, 山本 翔太, 小澤 卓也, 北坂 孝幸, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 伊藤 雅昭, 竹下 修由,三澤 一成, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第29回日本コンピュータ外科学会大会特集号   22 巻 ( 4 ) 頁: 287 - 288   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  159. 表現学習に基づくクラスタリングによるCOVID-19 肺CT像からの病変部抽出手法

    鄭 通, 小田 昌宏, 王 成龍,林 雄一郎,橋本 正弘, 大竹 義人,明石 敏昭, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第29回日本コンピュータ外科学会大会特集号   22 巻 ( 4 ) 頁: 294 - 295   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  160. 深層学習によるMRI画像からの神経鞘腫の自動位置検出

    小田 昌宏, 伊藤 定之, 今釜 史郎, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第29回日本コンピュータ外科学会大会特集号   22 巻 ( 4 ) 頁: 296 - 297   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  161. 腹腔鏡動画像用オンラインアノテーションツールの開発

    屠 芸豪, 伊東 隼人,小澤 卓也,小田 昌宏, 竹下 修由,伊藤 雅昭,森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第29回日本コンピュータ外科学会大会特集号   22 巻 ( 4 ) 頁: 306 - 307   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  162. 呼吸器外科における仮想胸腔鏡像による手術ナビゲーションシステムを用いた手術支援の検討

    林 雄一郎, 中村 彰太,森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第29回日本コンピュータ外科学会大会特集号   22 巻 ( 4 ) 頁: 337   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  163. 気管支鏡ナビゲーションのための敵対的生成による内視鏡画像深度推定の評価

    王 成, 小田 昌宏,林 雄一郎,北坂 孝幸,本間 裕敏,高畠 博嗣,森 雅樹,名取 博, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第29回日本コンピュータ外科学会大会特集号   22 巻 ( 4 ) 頁: 338 - 339   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  164. SUN database : 大腸ポリープ自動検出器の精度評価に向けた試験用画像

    伊東 隼人, 三澤 将史,森 悠一,小田 昌宏,工藤 進英, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第29回日本コンピュータ外科学会大会特集号   22 巻 ( 4 ) 頁: 346 - 347   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  165. Cost savings in colonoscopy with artificial intelligence-aided polyp diagnosis: an add-on analysis of a clinical trial (with video) 招待有り 査読有り 国際誌

    Mori Y., Kudo S.e., East J.E., Rastogi A., Bretthauer M., Misawa M., Sekiguchi M., Matsuda T., Saito Y., Ikematsu H., Hotta K., Ohtsuka K., Kudo T., Mori K.

    Gastrointestinal Endoscopy   92 巻 ( 4 ) 頁: 905 - 911   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Gastrointestinal Endoscopy  

    Background and Aims: Artificial intelligence (AI) is being implemented in colonoscopy practice, but no study has investigated whether AI is cost saving. We aimed to quantify the cost reduction using AI as an aid in the optical diagnosis of colorectal polyps. Methods: This study is an add-on analysis of a clinical trial that investigated the performance of AI for differentiating colorectal polyps (ie, neoplastic versus non-neoplastic). We included all patients with diminutive (≤5 mm) rectosigmoid polyps in the analyses. The average colonoscopy cost was compared for 2 scenarios: (1) a diagnose-and-leave strategy supported by the AI prediction (ie, diminutive rectosigmoid polyps were not removed when predicted as non-neoplastic), and (2) a resect-all-polyps strategy. Gross annual costs for colonoscopies were also calculated based on the number and reimbursement of colonoscopies conducted under public health insurances in 4 countries. Results: Overall, 207 patients with 250 diminutive rectosigmoid polyps (104 neoplastic, 144 non-neoplastic, and 2 indeterminate) were included. AI correctly differentiated neoplastic polyps with 93.3% sensitivity, 95.2% specificity, and 95.2% negative predictive value. Thus, 105 polyps were removed and 145 were left under the diagnose-and-leave strategy, which was estimated to reduce the average colonoscopy cost and the gross annual reimbursement for colonoscopies by 18.9% and US$149.2 million in Japan, 6.9% and US$12.3 million in England, 7.6% and US$1.1 million in Norway, and 10.9% and US$85.2 million in the United States, respectively, compared with the resect-all-polyps strategy. Conclusions: The use of AI to enable the diagnose-and-leave strategy results in substantial cost reductions for colonoscopy.

    DOI: 10.1016/j.gie.2020.03.3759

    Scopus

    PubMed

  166. Prediction of dose distribution from luminescence image of water using a deep convolutional neural network for particle therapy 査読有り

    Takuya Yabe, Seiichi Yamamoto, Masahiro Oda, Kensaku Mori, Toshiyuki Toshito, Takashi Akagi

    Medical Physics   47 巻 ( 9 ) 頁: 3882-3891   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/mp.14372

  167. 名古屋大学スーパーコンピュータ「不老」における医用画像処理

    大島 聡史, 小田 昌宏, 片桐 孝洋, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   120 巻 ( 156 ) 頁: 69 - 74   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  168. Cross-phase CT Image Registration Using Convolutional Neural Network

    Tao Hu, Masahiro Oda, Yuichiro Hayashi, Zhongyang Lu, Kanako Kunishishima Kumamaru, Shigeki Aoki, Kensaku Mori

        頁: 276 - 280   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  169. Unsupervised 3D Super-resolution of Clinical CT Volumes by Utilizing Multi-axis 2D Super-resolution

    第39回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: 377 - 384   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  170. Preliminary Study on Classification of Hands' Bone Marrow Edema Using X-ray Images

    Dongping Pan, Masahiro Oda, Kou Katayama, Takanobu Okubo, Kensaku Mori

        頁: 488 - 493   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  171. 大腸内視鏡のための教師なし深度画像推定法における補助タスク検討

    伊東 隼人, 小田 昌宏, 森 悠一, 三澤 将史, 工藤 進英, 堀田 欣一, 高畠 博嗣, 森 雅樹, 名取 博, 森 健策

    第39回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: 563 - 568   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  172. Spatial Information Considered Self-Supervised Depth Estimation Based on Image Pairs from Stereo Laparoscope

    Wenda Li, Yuichiro Hayashi, Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Kazunari Misawa, Kensaku Mori

        頁: 602 - 606   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  173. 腹腔鏡手術動画像データベース構築に向けたリモートアノテーションツールのプロトタイプ開発

    屠 芸豪, 伊東 隼人, 小澤 卓也, 小田 昌宏, 竹下 修由, 伊藤 雅昭, 森 健策

    第39回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: 611 - 615   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  174. ニューラルネットワークとSpherical K-meansを用いた胃壁マイクロCT像からの層構造および腫瘍抽出の検討

    御手洗 翠, 小田 紘久, 杉野 貴明, 守谷 享泰, 伊東 隼人, 小田 昌宏, 小宮山 琢真, 古川 和宏, 宮原 良二, 藤城 光弘, 森 雅樹, 高畠 博嗣, 名取 博, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   120 巻 ( 156 ) 頁: 1 - 6   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  175. 広範囲の隣接関係を考慮したグラフニューラルネットワークを用いた腹部動脈血管名自動命名の検討

    日比 裕太, 林 雄一郎, 北坂 孝幸, 伊東 隼人, 小田 昌宏, 三澤 一成, 森 健策

    第39回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: 268 - 271   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  176. Preliminary Study of Perforation Detection and Localization for Colonoscopy Video

    Kai Jiang, Hayato Itoh, Masahiro Oda, Taishi Okumura, Yuichi Mori, Masashi Misawa, Takemasa Hayashi, Shin-Ei Kudo, Kensaku Mori

        頁: 142 - 147   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  177. 読影レポート解析を利用した医用画像データベースからのアノテーション付きデータセット作成に関する初期検討

    林 雄一郎, 鈴村 悠輝, 岡崎 真治, 小田 昌宏, 森 健策

    第39回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: 163 - 167   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  178. A study on Subarachnoid Hemorrhage automatic detection utilized Transfer Learning on extremely imbalanced brain CT datasets

    Zhongyang Lu, Masahiro Oda, Yuichiro Hayashi, Tao Hu, Hayato Ito,Takeyuki Watadani,Osamu Abe,Masahiro Hashimoto,Masahiro Jinzaki,Kensaku Mori

        頁: 168 - 172   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  179. COVID-19 症例の定量評価のためのCT 像からの肺野自動セグメンテーション

    小田 昌宏, 林 雄一郎, 大竹 義人, 橋本 正弘, 明石 敏昭, 森 健策

    第39回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: 181 - 184   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  180. Preliminary Study on Classification of Interstitial Cystitis Using Cystoscopy Images

    Tao Chu, Masahiro Oda, Akira Furuta, Tokunori Yamamoto, Kensaku Mori

        頁: 186 - 191   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  181. Dilated convolution を用いた FCN による腹腔鏡動画像からの血管領域抽出

    盛満 慎太郎, 山本 翔太, 北坂 孝幸, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 竹下 修由, 伊藤 雅昭, 三澤 一成, 森 健策

    第39回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: 230 - 233   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  182. 大域及び局所情報を用いた深層学習による出血領域自動セグメンテーション

    山本 翔太, 盛満 慎太郎, 林 雄一郎, 北坂 孝幸, 小田 昌宏, 伊藤 雅昭, 竹下 修由, 森 健策

    第39回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: 246 - 249   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  183. 泌尿器科画像診断に用いられるAI技術とその応用

    森 健策

    泌尿器外科   33 巻 ( 6 ) 頁: 557-561   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  184. Detecting ganglion cells on virtual slide images: Macroscopic masking by superpixel 査読有り

    H. Oda, Y. Tamada, K. Nishio, T. Kitasaka, H. Amano, K. Chiba, A. Hinoki, H. Uchida, M. Oda, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   15 巻 ( 1 ) 頁: S169 - S170   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  185. An Application of Multi-organ Segmentation from Thick-slice Abdominal CT Volumes using Transfer Learning 査読有り

    C. Shen, M. Oda, H. Roth, H. Oda, Y. Hayashi, K. Misawa, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   15 巻 ( 1 ) 頁: S17 - S18   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  186. Virtual cleansing by unpaired image translation of intestines for detecting obstruction 査読有り

    K. Nishio, H. Oda, T. Kitasaka, Y. Tamada, H. Amano, A. Takimoto, K. Chiba, Y. Hayashi, H. Itoh, M. Oda, A. Hinoki, H. Uchida, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   15 巻 ( 1 ) 頁: S21 - S22   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  187. TinyLoss: loss function for tiny image difference evaluation and its application to unpaired non-contrast to contrast abdominal CT estimation 査読有り

    M. Oda, T. Hu, K. K. Kumamaru, T. Akashi, S. Aoki, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   15 巻 ( 1 ) 頁: S25 - S26   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  188. SR-CycleGAN V2: CycleGAN-based unsupervised superresolution with pixel-shuffling 査読有り

    T. Zheng, H. Oda, T. Moriya, T. Sugino, S. Nakamura, M. Oda, M. Mori, H. Takabatake, H. Natori, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   15 巻 ( 1 ) 頁: S27 - S28   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  189. Blood vessel segmentation from laparoscopic video using ConvLSTM U-Net

    S. Morimitsu, S. Yamamoto, T. Ozawa, T. Kitasaka, Y. Hayashi, M. Oda, M. Ito, N. Takeshita, K. Misawa, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   15 巻 ( 1 ) 頁: S63 - S64   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  190. Extraction of blood vessel regions in liver from CT volumes using fully convolutional networks for computer assisted liver surgery 査読有り

    Y. Hayashi, C. Shen, T. Igami, M. Nagino, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   15 巻 ( 1 ) 頁: S152 - S153   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  191. AIによるSSA/Pの超拡大内視鏡診断 招待有り 査読有り

    小川 悠史, 工藤 進英, 森 悠一, 三澤 将史, 片岡 伸一, 前田 康晴, 一政 克朗, 石垣 智之, 工藤 豊樹, 若村 邦彦, 林 武雅, 馬場 俊之, 石田 文生, 伊東 隼人, 小田 昌宏, 森 健策

    日本大腸検査学会雑誌   36 巻 ( 2 ) 頁: 125 - 125   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)日本大腸検査学会  

  192. バーチャル・リアリティ手術シュミレーター(VRS)の意義と今後の展望

    藤原 道隆, 林 雄一郎, 高見 秀樹, 田中 千恵, 森 健策, 小寺 泰弘

    臨床外科   75 巻 ( 4 ) 頁: 476 - 482   2020年4月

  193. Cardiac fiber tracking on super high-resolution CT images: a comparative study 招待有り 国際誌

    Oda Hirohisa, Roth Holger R., Sugino Takaaki, Sunaguchi Naoki, Usami Noriko, Oda Masahiro, Shimao Daisuke, Ichihara Shu, Yuasa Tetsuya, Ando Masami, Akita Toshiaki, Narita Yuji, Mori Kensaku

    JOURNAL OF MEDICAL IMAGING   7 巻 ( 2 ) 頁: 026001 - 026001   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Medical Imaging  

    Purpose: High-resolution cardiac imaging and fiber analysis methods are required to understand cardiac anatomy. Although refraction-contrast x-ray CT (RCT) has high soft tissue contrast, it cannot be commonly used because it requires a synchrotron system. Microfocus x-ray CT (μCT) is another commercially available imaging modality. Approach: We evaluate the usefulness of μCT for analyzing fibers by quantitatively and objectively comparing the results with RCT. To do so, we scanned a rabbit heart by both modalities with our original protocol of prepared materials and compared their image-based analysis results, including fiber orientation estimation and fiber tracking. Results: Fiber orientations estimated by two modalities were closely resembled under the correlation coefficient of 0.63. Tracked fibers from both modalities matched well the anatomical knowledge that fiber orientations are different inside and outside of the left ventricle. However, the μCT volume caused incorrect tracking around the boundaries caused by stitching scanning. Conclusions: Our experimental results demonstrated that μCT scanning can be used for cardiac fiber analysis, although further investigation is required in the differences of fiber analysis results on RCT and μCT.

    DOI: 10.1117/1.JMI.7.2.026001

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Research

  194. 3Dプリンティングの最新動向 招待有り

    森 健策

    インナービジョン   35 巻 ( 2 ) 頁: 36-37   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語  

  195. Spatial information-embedded fully convolutional networks for multi-organ segmentation with improved data augmentation and instance normalization 査読有り

    Chen Shen, Chenglong Wang, Holger R. Roth, Masahiro Oda, Yuichiro Hayashi, Kazunari Misawa, Kensaku Mori

    Medical Imaging 2020: Image Processing   11313 巻   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  196. Automated eye disease classification method from anterior eye image using anatomical structure focused image classification technique 査読有り

    Masahiro Oda, Naoyuki Maeda, Takefumi Yamaguchi, Hideki Fukuoka, Yuta Ueno, Kensaku Mori

    Medical Imaging 2020: Image Processing   11314 巻   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  197. Improved visual SLAM for bronchoscope tracking and registration with pre-operative CT images

    Cheng Wang, Masahiro Oda, Yuichiro Hayashi, Takayuki Kitasaka, Hirotoshi Honma, Hirotsugu Takabatake, Masaki Mori, Hiroshi Natori, Kensaku Mori

    Medical Imaging 2020: Image Processing   11315 巻   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  198. Usefulness of fine-tuning for deep learning based multi-organ regions segmentation method from non-contrast CT volumes using small training dataset 査読有り

    Yuichiro Hayashi, Chen Shen, Holger R. Roth, Masahiro Oda, Kazunari Misawa, Masahiro Jinzaki, Masahiro Hashimoto, Kanako K. Kumamaru, Shigeki Aoki, Kensaku Mori

    Medical Imaging 2020: Image Processing   11314 巻   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  199. Organ segmentation from full-size CT images using memory-efficient FCN 査読有り

    Chenglong Wang, Masahiro Oda, Kensaku Mori

    Medical Imaging 2020: Image Processing   11314 巻   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  200. Multi-modality super-resolution loss for GAN-based super-resolution of clinical CT images using micro CT image database 査読有り

    Tong Zheng, Hirohisa Oda, Takayasu Moriya, Takaaki Sugino, Shota Nakamura, Masahiro Oda, Masaki Mori, Hirotsugu Takabatake, Hiroshi Natori, Kensaku Mori

    Medical Imaging 2020: Image Processing   11313 巻   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  201. Visualizing intestines for diagnostic assistance of ileus based on intestinal region segmentation from 3D CT images 査読有り

    Hirohisa Oda, Kohei Nishio, Takayuki Kitasaka, Hizuru Amano, Aitaro Takimoto, Akinari Hinoki, Hiroo Uchida, Kojiro Suzuki, Hayato Itoh, Masahiro Oda, Kensaku Mori

    Medical Imaging 2020: Image Processing   11314 巻   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  202. Visualising decision-reasoning regions in computer-aided pathological pattern diagnosis of endoscytoscopic images based on CNN weights analysis 査読有り

    Hayato Itoh, Zhongyang Lu, Yuichi Mori, Masashi Misawa, Masahiro Oda, Shin-ei Kudo, Kensaku Mori

    Medical Imaging 2020: Image Processing   11314 巻   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  203. 仮想腹腔鏡画像生成と深層学習による腹腔鏡画像からの術具領域セグメンテーション

    小澤 卓也, 林 雄一郎, 小田 紘久, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 竹下 修由, 伊藤 雅昭, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   119 巻 ( 399 ) 頁: 129 - 134   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  204. 腹腔鏡下手術支援のためのU-Netに基づく腹腔鏡動画像からの出血領域の推定

    山本 翔太, 林 雄一郎, 盛満 慎太郎, 小澤 卓也, 北坂 孝幸, 小田 昌宏, 竹下 修由, 伊藤 雅昭, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   119 巻 ( 399 ) 頁: 209 - 214   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  205. MICCAI 2019参加報告

    小田 昌宏, 伊東 隼人, 宮内 翔子, 諸岡 健一, 松崎 博貴, 花岡 昇平, 古川 亮, 増谷 佳孝, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   119 巻 ( 399 ) 頁: 219 - 226   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  206. CycleGANによる腸管電子洗浄とその腸管閉塞部位検出への応用

    西尾 光平, 小田 紘久, 千馬 耕亮, 北坂 孝幸, 林 雄一郎, 伊東 隼人, 小田 昌宏, 檜 顕成, 内田 広夫, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   119 巻 ( 399 ) 頁: 243 - 248   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  207. 臨床肺CT画像と切除肺マイクロCT画像の非剛体位置合わせ手法の検討

    波多腰 慎矢, 小田 紘久, 林 雄一郎, Holger R. Roth, 中村 彰太, 小田 昌宏, 森 雅樹, 高畠 博嗣, 名取 博, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   119 巻 ( 399 ) 頁: 249 - 254   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  208. Realistic Endoscopic Image Generation Method Using Virtual-to-real Image-domain Translation

    Masahiro Oda, Kiyohito Tanaka, Hirotsugu Takabatake, Masaki Mori, Hiroshi Natori, Kensaku Mori

    Healthcare Technology Letters   6 巻 ( 6 ) 頁: 214-219   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  209. Automatic Quantitative Analysis of Kidney Tumor Using 3D Fully Convolutional Network

    Chenglong Wang, Masahiro Oda, Yuichiro Hayashi, Naoto Sassa, Tokunori Yamamoto, Kensaku Mori

    RSNA2019     頁: UR002-EB-X   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  210. Technique for Improving Accuracy of Deep Learning-based Multi-Organ Segmentation from CT Volumes

    Chen Shen, Hirohisa Oda, MENG, Masahiro Oda, Holger R. Roth, Yuichiro Hayashi, Kensaku Mori, Takayuki Kitasaka, Kazunari Misawa

    RSNA2019     頁: N021-EC-X   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  211. Micro Lung Cancer Analysis Based on Micro CT Imaging Using Generative Adversarial Network

    Kensaku Mori, Takayasu Moriya, Hirohisa Oda, MENG , Midori Mitarai, Masahiro Oda, Shota Nakamura, Takaaki Sugino, Holger R. Roth

    RSNA2019     頁: CH007-EC-X   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  212. Generative Adversarial Networks Showcase: Their Mechanisms and Radiological Applications

    Masahiro Oda, Hirohisa Oda, Kanako K. Kumamaru, Shigeki Aoki, Hiroshi Natori, Kensaku Mori, Masaki Mori, Hirotsugu Takabatake

    RSNA2019     頁: AI020-EB-X   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  213. 大腸肛門病理学におけるAI利用の将来像

    森 健策

    日本大腸肛門病学学術集会 抄録号     頁: A17   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  214. 機械学習を用いた医療支援

    森 健策

    第84回日本泌尿器気学会東部総会, プログラム 抄録集     頁: 123   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  215. Tubular Structure Segmentation Using Spatial Fully Connected Network With Radial Distance Loss for 3D Medical images

    Chenglong Wang, Yuichiro Hayashi, Masahiro Oda, Hayato Itoh, Takayuki Kitasaka, Alejandro Frangi, Kensaku Mori

    MICCAI 2019   LNCS 11769 巻   頁: 348-356   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  216. Intelligent Image Synthesis to Attack a egmentation CNN Using Adversarial Learning

    Liang Chen, Paul Bentley, Kensaku Mori, Kazunari Misawa, Michitaka Fujiwara, Daniel Rueckert

    MICCAI 2019   LNCS 11827 巻   頁: 90-99   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  217. Spaciousness Filters for Non-contrast CT Volume Segmentation of the Intestine Region for Emergency Ileus Diagnosis

    Hirohisa Oda, Kohei Nishio, Takayuki Kitasaka, Benjamin Villard, Hizuru Amano, Kosuke Chiba, Akinari Hinoki, Hiroo Uchida, Kojiro Suzuki, Hayato Itoh, Masahiro Oda, Kensaku Mori

    MICCAI 2019   LNCS 11840 巻   頁: 104-114   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  218. 胸部領域AIの歴史と今後-歴史的研究を振り返りながら今後を展望する-

    森 健策

    臨床画像   35 巻 ( 10 ) 頁: 1139-1149   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  219. Realistic Endoscopic Image Generation Method Using Virtual-to-real Image-domain Translation

    Masahiro Oda, Kiyohito Tanaka, Hirotsugu Takabatake, Masaki Mori, Hiroshi Natori, Kensaku Mori

    MICCAI 2019 Healthcare Technology Letters     2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1049/htl.2019.0071

  220. Stable Polyp-Scene Classification via Subsampling and Residual Learning from an Imbalanced Large Dataset

    Hayato Itoh, Holger Roth, Masahiro Oda, Masashi Misawa, Yuichi Mori, Shin-Ei Kudo, Kensaku Mori

    MICCAI 2019 Healthcare Technology Letters     頁: 1-6   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1049/htl.2019.0079

  221. Unsupervised Segmentation of Micro-CT Images of Lung Cancer Specimen Using Deep Generative Models

    Takayasu Moriya, Hirohisa Oda, Midori Mitarai, Shota Nakamura, Holger R. Roth, Masahiro Oda, Kensaku Mori

    MICCAI 2019   LNCS 11769 巻   頁: 240-248   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  222. 人工知能時代の医療を考える

    森 健策

    EAJ NEWS「AI×医療」特集号   ( 181 ) 頁: 6-8   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  223. Precise estimation of renal vascular dominant regions using spatially aware fully convolutional networks, tensor-cut and Voronoi diagrams

    Chenglong Wang, Holger R. Roth, Takayuki Kitasaka, Masahiro Oda, Yuichiro Hayashi, Yasushi Yoshino, Tokunori Yamamoto, Naoto Sassa, Momokazu Goto, Kensaku Mori

    Computerized Medical Imaging and Graphics   77 巻 ( 10642 ) 頁: 1-13   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.compmedimag.2019.101642

  224. Unsupervised Segmentation of Micro-CT Images of Lung Cancer Specimen Using Deep Generative Models

    Takayasu Moriya, Hirohisa Oda, Midori Mitarai, Shota Nakamura, Holger R. Roth, Masahiro Oda, Kensaku Mori,

    LNCS11769     頁: 240-248   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  225. Tubular Structure Segmentation Using Spatial Fully Connected Network With Radial Distance Loss for 3D Medical images

    Chenglong Wang, Yuichiro Hayashi, Masahiro Oda, Hayato Itoh, Takayuki Kitasaka, Alejandro Frangi, Kensaku Mori

    LNCS11769     頁: 348-356   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  226. Intelligent Image Synthesis to Attack a segmentation CNN Using Adversarial Learning

    Liang Chen, Paul Bentley, Kensaku Mori, Kazunari Misawa, Michitaka Fujiwara, Daniel Rueckert,

    LNCS11827     頁: 90-99   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  227. Spaciousness Filters for Non-contrast CT Volume Segmentation of the Intestine Region for Emergency Ileus Diagnosis

    Hirohisa Oda, Kohei Nishio, Takayuki Kitasaka, Benjamin Villard, Hizuru Amano, Kosuke Chiba, Akinari Hinoki, Hiroo Uchida, Kojiro Suzuki, Hayato Itoh, Masahiro Oda, Kensaku Mori

    LNCS 11840     頁: 104-114   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  228. Artificial Intelligence-assisted System Improves Endoscopic Identification of Colorectal Neoplasms 査読有り 国際誌

    Kudo S.e., Misawa M., Mori Y., Hotta K., Ohtsuka K., Ikematsu H., Saito Y., Takeda K., Nakamura H., Ichimasa K., Ishigaki T., Toyoshima N., Kudo T., Hayashi T., Wakamura K., Baba T., Ishida F., Inoue H., Itoh H., Oda M., Mori K.

    Clinical Gastroenterology and Hepatology   18 巻 ( 8 ) 頁: 1874 - 1881   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Clinical Gastroenterology and Hepatology  

    Background & Aims: Precise optical diagnosis of colorectal polyps could improve the cost-effectiveness of colonoscopy and reduce polypectomy-related complications. However, it is difficult for community-based non-experts to obtain sufficient diagnostic performance. Artificial intelligence-based systems have been developed to analyze endoscopic images; they identify neoplasms with high accuracy and low interobserver variation. We performed a multi-center study to determine the diagnostic accuracy of EndoBRAIN, an artificial intelligence-based system that analyzes cell nuclei, crypt structure, and microvessels in endoscopic images, in identification of colon neoplasms. Methods: The EndoBRAIN system was initially trained using 69,142 endocytoscopic images, taken at 520-fold magnification, from patients with colorectal polyps who underwent endoscopy at 5 academic centers in Japan from October 2017 through March 2018. We performed a retrospective comparative analysis of the diagnostic performance of EndoBRAIN vs that of 30 endoscopists (20 trainees and 10 experts); the endoscopists assessed images from 100 cases produced via white-light microscopy, endocytoscopy with methylene blue staining, and endocytoscopy with narrow-band imaging. EndoBRAIN was used to assess endocytoscopic, but not white-light, images. The primary outcome was the accuracy of EndoBrain in distinguishing neoplasms from non-neoplasms, compared with that of endoscopists, using findings from pathology analysis as the reference standard. Results: In analysis of stained endocytoscopic images, EndoBRAIN identified colon lesions with 96.9% sensitivity (95% CI, 95.8%–97.8%), 100% specificity (95% CI, 99.6%–100%), 98% accuracy (95% CI, 97.3%–98.6%), a 100% positive-predictive value (95% CI, 99.8%–100%), and a 94.6% negative-predictive (95% CI, 92.7%–96.1%); these values were all significantly greater than those of the endoscopy trainees and experts. In analysis of narrow-band images, EndoBRAIN distinguished neoplastic from non-neoplastic lesions with 96.9% sensitivity (95% CI, 95.8–97.8), 94.3% specificity (95% CI, 92.3–95.9), 96.0% accuracy (95% CI, 95.1–96.8), a 96.9% positive-predictive value, (95% CI, 95.8–97.8), and a 94.3% negative-predictive value (95% CI, 92.3–95.9); these values were all significantly higher than those of the endoscopy trainees, sensitivity and negative-predictive value were significantly higher but the other values are comparable to those of the experts. Conclusions: EndoBRAIN accurately differentiated neoplastic from non-neoplastic lesions in stained endocytoscopic images and endocytoscopic narrow-band images, when pathology findings were used as the standard. This technology has been authorized for clinical use by the Japanese regulatory agency and should be used in endoscopic evaluation of small polyps more widespread clinical settings. UMIN clinical trial no: UMIN000028843.

    DOI: 10.1016/j.cgh.2019.09.009

    Scopus

    PubMed

  229. 人工知能による画像診断支援-どこまでできたか.そして,その先は?

    森 健策

    第46回 日本小児内視鏡研究会 プログラム・抄録集     頁: 11   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  230. Artificial intelligence and upper gastrointestinal endoscopy: Current status and future perspective 国際誌

    Mori Yuichi, Kudo Shin-ei, Mohmed Hussein E. N., Misawa Masashi, Ogata Noriyuki, Itoh Hayato, Oda Masahiro, Mori Kensaku

    DIGESTIVE ENDOSCOPY   31 巻 ( 4 ) 頁: 378 - 388   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Digestive Endoscopy  

    With recent breakthroughs in artificial intelligence, computer-aided diagnosis (CAD) for upper gastrointestinal endoscopy is gaining increasing attention. Main research focuses in this field include automated identification of dysplasia in Barrett's esophagus and detection of early gastric cancers. By helping endoscopists avoid missing and mischaracterizing neoplastic change in both the esophagus and the stomach, these technologies potentially contribute to solving current limitations of gastroscopy. Currently, optical diagnosis of early-stage dysplasia related to Barrett's esophagus can be precisely achieved only by endoscopists proficient in advanced endoscopic imaging, and the false-negative rate for detecting gastric cancer is approximately 10%. Ideally, these novel technologies should work during real-time gastroscopy to provide on-site decision support for endoscopists regardless of their skill; however, previous studies of these topics remain ex vivo and experimental in design. Therefore, the feasibility, effectiveness, and safety of CAD for upper gastrointestinal endoscopy in clinical practice remain unknown, although a considerable number of pilot studies have been conducted by both engineers and medical doctors with excellent results. This review summarizes current publications relating to CAD for upper gastrointestinal endoscopy from the perspective of endoscopists and aims to indicate what is required for future research and implementation in clinical practice.

    DOI: 10.1111/den.13317

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Research

  231. Artificial intelligence and upper gastrointestinal endoscopy: current status and future perspective 査読有り

    Yuichi Mori, Shinei Kudo, Hussein Ebaid Naeem Mohmed, Masashi Misawa, Noriyuki Ogata, Hayato Itoh, Masahiro Oda, Kensaku Mori

    Digestive endoscopy   34 巻 ( 4 ) 頁: 378-388   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111 den.13317

  232. 大腸内視鏡(コロノスコピー)画像診断支援ソフトウェアの開発

    森 健策

    インナービジョン 2019年7月号   34 巻 ( 7 ) 頁: 45   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  233. 内視鏡検査手術における超音波画像の利用-マルチモダリティ画像統合-

    森 健策

    計測と制御   58 巻 ( 7 ) 頁: 541-544   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  234. 単眼腹腔鏡映像からの奥行き推定を利用した術具セグメンテーション

    鈴木 拓矢, 道満 恵介, 目加田 慶人, 三澤 一成, 森 健策

    第38回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP1-11   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  235. 多元計算解剖学のその先にあるもの

    森 健策

    第38回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: SY2-5   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  236. 3D fully convolutional network を用いた腎腫瘍の定量評価における初期検討

    王 成龍, 小田 昌宏, 林 雄一郎, 佐々 直人, 山本 徳則, 森 健策

    第38回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP5-23   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  237. 深層学習を用いた非造影 CT 画像からの複数臓器領域の抽出に関する検討

    林 雄一郎, 申 忱, Roth Holger, 小田 昌宏, 三澤 一成, 森 健策

    第38回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP5-14   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  238. グラフ畳み込みニューラルネットワークを用いた腹部動脈血管名自動命名の初期検討

    日比 裕太, 林 雄一郎, 北坂 孝幸, 伊東 隼人, 小田 昌宏, 三澤 一成, 森 健策

    第38回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP5-11   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  239. 移学習を用いた腹部 thick-slice CT 像における多臓器領域の自動抽出の初期検討

    申 忱, ロス ホルガー, 林 雄一郎, 小田 紘久, 小田 昌宏, 三澤 一成, 森 健策

    第38回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP4-15   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  240. 深層学習を用いた腹腔鏡手術動画像の出血領域自動セグメンテーション

    山本 翔太, 小田 紘久, 林 雄一郎, 北坂 孝幸, 小田 昌宏, 伊藤 雅昭, 竹下 修由, 森 健策

    第38回日本医用画像工学会大会予稿     頁: OP4-13   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  241. 開腹手術映像における遮蔽物除去システムの VR 化

    北坂 孝幸, 伊藤 幹也, 駒形 和哉, 三澤 一成, 森 健策

    第38回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP4-10   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  242. μ CT を用いた改良版 Cycle-GAN による臨床用 CT 像の超解像処理

    鄭 通, 小田 紘久, 守谷 享泰, 杉野 貴明, 中村 彰太, 小田 昌弘, 森 雅樹, 高畠 博嗣, 名取 博, 森 健策

    第38回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP4-02   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  243. 小児腸閉塞患者の CT 像における CycleGAN を用いた電子洗浄手法の検討

    西尾 光平, 小田 紘久, 千馬 耕亮, 北坂 孝幸, 伊東 隼人, 小田 昌宏, 檜 顕成, 内田 広夫, 森 健策

    第38回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP3-20   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  244. 腹腔鏡動画像からの Fully Convolutional Network による血管領域抽出

    盛満 慎太郎, 小澤 卓也, 北坂 孝幸, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 伊藤 雅昭, 竹下 修由, 三澤 一成, 森 健策

    第38回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP3-12   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  245. Generative Adversarial Frameworks を用いた腹部 CT 像における非造影像からの造影像の推定

    小田 昌宏, 隈丸 加奈子, 青木 茂樹, 森 健策

    第38回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP3-07   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  246. AMED 大規模データベースを用いた CT 画像解析と病変検出への応用

    森 健策,小田 昌宏

    第38回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: SY1-5   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  247. Polyp size classification in colorectal cancer using a Siamese network

        頁: OP2-14   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  248. 表現学習と SVM による胃壁マイクロ CT 像の半教師ありセグメンテーション手法

    御手洗 翠, 小田 紘久, 杉野 貴明, 守谷 享泰, 伊東 隼人, 小田 昌宏, 小宮山 琢真, 森 雅樹, 高畠 博嗣, 名取 博, 森 健策

    第38回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP2-08   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  249. 深層学習における学習データセット規模拡大に応じた分類精度向上に関する実験的検討 ~超拡大大腸内視鏡画像における腫瘍性病変分類に向けた特徴量抽出~

    伊東 隼人, 森 悠一, 三澤 将史, 小田 昌宏, 工藤 進英, 森 健策

    第38回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP1-24   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  250. 少量のラベルデータを用いた学習によるイレウス症例 CT 像における拡張腸管の自動抽出

    小田 紘久, 西尾 光平, 北坂 孝幸, 天野 日出, 千馬 耕亮, 内田 広夫, 鈴木 耕次郞, 伊東 隼人, 小田 昌宏, 森 健策

    第38回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP1-15   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  251. 3D fully convolutional network を用いた腎腫瘍の定量評価における初期検討

    王 成龍, 小田 昌宏, 林 雄一郎, 佐々 直人, 山本 徳則, 森 健策

    第38回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP5-23   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  252. AMED 大規模データベースを用いた CT 画像解析と病変検出への応用

    森 健策, 小田 昌宏

    第38回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: SY1-5   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  253. Artificial intelligence and upper gastrointestinal endoscopy: current status and future perspective 査読有り

    Yuichi Mori, Shinei Kudo, Hussein Ebaid, Naeem Mohmed, Masashi Misawa, Noriyuki Ogata, Hayato Itoh, Masahiro Oda, Kensaku Mori

    Digestive endoscopy   34 巻 ( 4 ) 頁: 378-388   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  254. 医用画像AI

    森 健策

    医療機器学 第94回日本医療機器学会大会・学術集会   89 巻 ( 2 ) 頁: 107-108   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  255. Automatic egistration of unordered point clouds for the study of abdominal organs and lymph node eformations

    B. Villard, K. Tachi, K. Misawa, M. Oda, K. Mori

    Computer Assisted Radiology 33rd International Congress and Exhibition CARS 2019     頁: 0   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  256. Semi-automated small intestine segmentation by fully convolutional networks and Hessian analysis

    K. Mori, H. Oda, T. Sugino, K. Nishio, K. Chiba, K. Oshima, T. Kitasaka, M. Oda, C. Shirota, A. Hinoki, H. Uchida

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery CARS 2019   14 巻 ( 1 ) 頁: s119-120   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  257. 3D fully convolutional network-based head structure segmentation on multi-modal images from sparse annotation

    K. Mori, T. Sugino, H. Roth, M. Oda, T. Kin

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery CARS 2019   14 巻 ( 1 ) 頁: s120-121   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  258. Non-contrast to contrasted abdominal CT volume regression using fully convolutional network

    M. Oda, K. K. Kumamaru, S. Aoki, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery CARS 2019   14 巻 ( 1 ) 頁: 103-104   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  259. Computer-based virtual clinical trial for pulmonary function diagnosis with ynamic chest radiograph

    R. Tanaka, E. Samei, W. P. Segars, E. Abadi, H. Roth, H. Oda, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery CARS 2019   14 巻 ( 1 ) 頁: s20-21   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  260. Optical coherence tomography classification of multiple retinal diseases using DenseNet

    C. Wang, M. Oda, Y. Itoh, K.Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery CARS 2019   14 巻 ( 1 ) 頁: s69-70   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  261. Artificial neural network for the prediction of colorectal lymph node metastasis

    B. Villard, H. Itoh, K. Ichimasa, Y. Mori, M. Misawa, M. Oda, S. Kudo, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery CARS 2019     頁: 0   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  262. Evaluation of squeeze and excitation fully convolutional networks for multi-organ segmentation

    C. Shen, F. Milletari, H. Roth, M. Oda, B. Villard, Y. Hayashi, K. Misawa, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery CARS 2019   14 巻 ( 1 ) 頁: s29-30   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  263. Automatic segmentation of attention-aware artery region in laparoscopic colorectal surger

    S.Morimitsu, H. Itoh, T. Ozawa, H. Oda, T. Kitasaka, T. Sugino, Y. Hayashi, N. Takeshita, M. Ito, M. Oda, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery CARS 2019   14 巻 ( 1 ) 頁: s41-42   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  264. Polyp-size determination method using short colonoscopic video clip information

    H. Itoh, Y. Mori, M. Misawa, M. Oda, S. E. Kudo, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery CARS 2019   14 巻 ( 1 ) 頁: s88-89   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  265. Evaluation on econstruction accuracy of visual SLAM based bronchoscope tracking

    C. Wang, Masahiro Oda, Yuichiro Hayashi, Takayuki Kitasaka, Hayato Itoh, H. Honma, H. Takabatake, M. Mori, H. Natori, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery CARS 2019   14 巻 ( 1 ) 頁: S24-25   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  266. 3D fully convolutional network-based head structure segmentation on multi-modal images from sparse annotation

    K. Mori, T. Sugino, H. Roth, M. Oda, T. Kin

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery CARS 2019   14 巻 ( 1 ) 頁: s120-121   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  267. Automatic egistration of unordered point clouds for the study of abdominal organs and lymph node eformations

    B. Villard, K. Tachi, K. Misawa, M. Oda, K. Mori

    Computer Assisted Radiology 33rd International Congress and Exhibition CARS 2019     頁: 0   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  268. Computer-based virtual clinical trial for pulmonary function diagnosis with ynamic chest radiograph

    R. Tanaka, E. Samei, W. P. Segars, E. Abadi, H. Roth, H. Oda, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery CARS 2019   14 巻 ( 1 ) 頁: s20-21   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  269. Automatic segmentation of attention-aware artery region in laparoscopic colorectal surger

    S.Morimitsu, H. Itoh, T. Ozawa, H. Oda, T. Kitasaka, T. Sugino, Y. Hayashi, N. Takeshita, M. Ito, M. Oda, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery CARS 2019   14 巻 ( 1 ) 頁: s41-42   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  270. 深層学習を用いた脳CT像からの出血検出におけるデータ拡張とネットワーク構造の影響に関する考察

    魯 仲陽, 小田 昌宏, 鄭 通, 申 忱, 胡 涛, 渡谷 岳行, 阿部 修, 橋本 正弘, 陣崎 雅弘, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   119 巻 ( 51 ) 頁: 65-70   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  271. Radiomics nomogram for predicting the malignant potential of gastrointestinal stromal tumours preoperatively 査読有り

    Tao Chen, Zhenyuan Ning, Lili Xu, Xingyu Feng, Shuai Han, Holger R. Roth, Wei Xiong, Xixi Zhao, Yanfeng Hu, Hao Liu, Jiang Yu, Yu Zhang, Yong Li, Yikai Xu, Kensaku Mori, Guoxin Li

    European radiology   29 巻 ( 3 ) 頁: 1074-1082   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  272. ビッグデータとAIの医療応用

    森 健策

    最新醫學   74 巻 ( 3 ) 頁: 20-28   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  273. Scanning, registration, and fiber estimation of rabbit hearts using micro-focus and refraction-contrast x-ray CT

    Hirohisa Oda, Holger R. Roth, Takaaki Sugino, Naoki Sunaguchi, Noriko Usami, Masahiro Oda, Daisuke Shimao, Shu Ichihara, Tetsuya Yuasa, Masami Ando, Toshiaki Akita, Yuji Narita, Kensaku Mori

    Proceedings of SPIE 10953, Medical Imaging 2019     頁: 109531I-1-12   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  274. Lung segmentation based on a deep learning approach for dynamic chest radiography

    Yuki Kitahara, Rie Tanaka, Holger Roth, Hirohisa Oda, Kensaku Mori, Kazuo Kasahara, Isao Matsumoto

    Proceedings of SPIE 10950, Medical Imaging 2019     頁: 109503M-1-6   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  275. Multiclass vertebral fracture classification using probability SVM with multi-feature selection

    Liyuan Zhang, Huamin Yang, Jiashi Zhao, Weili Shi, Yu Miao, Fei He, Wei He, Yanfang Li, Ke Zhang, Kensaku Mori, Zhengang Jiang

    Proceedings of SPIE 10950, Medical Imaging 2019     頁: 1095025-1-11   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  276. Spinal curvature segmentation and location by transfer learning

    Jiashi Zhao, Zhengang Jiang, Kensaku Mori, Liyuan Zhang, Wei He, Weili Shi, Yu Miao, Fei Yan, Fei He

    Proceedings of SPIE 10950, Medical Imaging 2019     頁: 1095023-1-6   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  277. Unsupervised segmentation of micro-CT images based on a hybrid of variational inference and adversarial learning

    Takayasu Moriya, Holger R. Roth, Shota Nakamura, Hirohisa Oda, Masahiro Oda, Kensaku Mori

    Proceedings of SPIE 10953, Medical Imaging 2019     頁: 109530L-1-8   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  278. Weakly-supervised deep learning of interstitial lung disease types on CT images

    Chenglong Wang, Takayasu Moriya, Yuichiro Hayashi, Holger Roth, Le Lu, Masahiro Oda, Hirotugu Ohkubo, Kennsaku Mori

    Proceedings of SPIE 10950, Medical Imaging 2019     頁: 109501H-1-7   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  279. Multi-class abdominal organs segmentation with improved V-Nets

    Chen Shen, Fausto Milletari, Holger R. Roth, Hirohisa Oda, Masahiro Oda, Yuichiro Hayashi, Kazunari Misawa, Kensaku Mori

    Proceedings of SPIE 10949, Medical Imaging 2019     頁: 109490B-1-7   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  280. Dynamic chest radiography for pulmonary function diagnosis: A validation study using 4D extended cardiac-torso (XCAT) phantom

    Rie Tanaka, Ehsan Samei, William Paul Segars, Ehsan Abadi, Holger Roth, Hirohisa Oda, Kensaku Mori

    Proceedings of SPIE 10948, Medical Imaging 2019     頁: 109483I-1-7   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  281. Polyp-size classification with RGB-D features for colonoscopy

    Hayato Itoh, Holger Roth, Yuichi Mori, Masashi Misawa, Masahiro Oda, Shin-Ei Kudo, Kensaku Mori

    Proceedings of SPIE 10950, Medical Imaging 2019     頁: 1095015-1-7   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  282. Colonoscope tracking method based on shape estimation network

    Masahiro Oda, Holger R. Roth, Takayuki Kitasaka, Kazuhiro Furukawa, Yoshiki Hirooka, Nassir Navab, Kensaku Mori

    Proceedings of SPIE 10951, Medical Imaging 2019     頁: 109510Q-1-6   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  283. Visual SLAM for bronchoscope tracking and bronchus reconstruction in bronchoscopic navigation

    Wang Cheng, Kensaku Mori, Masahiro Oda, Yuichiro Hayashi, Takayuki Kitasaka, Hirotoshi Honma, Hirotsugu Takabatake, Masaki Mori, Hiroshi Natori

    Proceedings of SPIE 10951, Medical Imaging 2019     頁: 109510A-1-7   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  284. 3Dプリンティングの最新動向

    森 健策

    インナービジョン 2019年2月号   34 巻 ( 2 ) 頁: 40-41   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  285. Fully automated diagnostic system with artificial intelligence using endocytoscopy to identify the presence of histologic inflammation associated with ulcerative colitis (with video) 査読有り

    Yasuharu Maeda, Shin-eiKudo, Yuichi Mori, Masashi Misawa, Noriyuki Ogata, Seiko Sasanuma, Kunihiko Wakamura, Masahiro Oda, Kensaku Mori, Kazuo Ohtsuka

    Gastrointestinal endoscopy   89 巻 ( 2 ) 頁: 408-415   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  286. 3Dプリンティングの最新動向

    森 健策

    インナービジョン 2019年2月号   34 巻 ( 2 ) 頁: 40-41   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  287. Colonoscope tracking method based on shape estimation network

    Masahiro Oda, Holger R. Roth, Takayuki Kitasaka, Kazuhiro Furukawa, Yoshiki Hirooka, Nassir Navab, Kensaku Mori

    Proceedings of SPIE 10951, Medical Imaging 2019     頁: 109510Q-1-6   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  288. Automated hand eye calibration in laparoscope holding robot for robot assisted surgery

    Shuai Jiang, Yuichiro Hayashi, Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Kazunari Misawa, Kensaku Mori

    IFMIA 2019     頁: 0   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  289. Investigation of extracting the interlobular septa with combination of Hessian analysis and radial structure tensor in micro-CT volume

    Xiaotian Zhao, Hirohisa Oda, Shota Nakamura, Yuichiro Hayashi, Hayato Itoh, Masahiro Oda, Kensaku Mori

    IFMIA 2019     頁: 0   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  290. Wavelength Dependence of Ultrahigh-Resolution Optical Coherence Tomography Using Supercontinuum for Biomedical Imaging 査読有り

    Norihiko Nishizawa, Hiroyuki Kawagoe, Masahito Yamanaka, Miyoko atsushima, Kensaku Mori, Tsutomu Kawabe

    IEEE Journal of Selected Topics in Quantum Electronics   25 巻 ( 1 ) 頁: 7101115   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/JSTQE.2018.2854595

  291. 敵対的Dense U-netを用いた切除肺マイクロCT像の超解像

    鄭 通, 小田 紘久, Holger R. Roth, 小田 昌宏, 中村 彰太, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   118 巻 ( 412 ) 頁: 7-12   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  292. AI支援手術に向けた鏡視下手術画像の自動認識システムの開発

    北口 大地, 松崎 博貴, 渡部 嘉気, 青柳 吉博, 佐藤 大介, 巣籠 悠輔, 原 聖吾, 森 健策, 伊藤 雅昭

    第1回日本メディカルAI学会学術集会, 日本メディカルAI学会誌   1 巻   頁: 81   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  293. 切除肺のマイクロCT像における3D-DBPNを用いた超解像の検討

    鄭 通, 小田 紘久, 小田 昌宏, 守谷 享泰, 中村 彰太, 森 健策

    第11回呼吸機能イメージング研究会学術集会, プログラム抄録集     頁: 82   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  294. MICCAI2018参加報告

    小田 昌宏, 大竹 義人, 伊東 隼人, 杉野 貴明, 斉藤 篤, 古川 亮, 大西 峻, 井宮 淳, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   118 巻 ( 412 ) 頁: 221-228   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  295. 機械学習を用いた腹部動脈血管名自動命名におけるデータ拡張法の適用に関する検討

    鉄村 悠介, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 三澤 一成, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   118 巻 ( 412 ) 頁: 191-196   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  296. CTからの腹部多臓器抽出におけるgroup normalizationの影響に関する考察

    申 忱, Fausto Milletari, Holger R. Roth, 小田 紘久, 小田 昌宏, 林 雄一郎, 三澤 一成, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   118 巻 ( 412 ) 頁: 143-148   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  297. 不均衡データからの特徴選択 超拡大内視鏡画像の病理類型分類に向けて

    伊東 隼人, 森 悠一, 三澤 将史, 小田 昌宏, 工藤 進英, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   118 巻 ( 412 ) 頁: 109-114   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  298. 経時CT像間の腹部臓器の変形を考慮したリンパ節自動対応付け手法の検討

    舘 高基, 小田 昌宏, 林 雄一郎, 伊東 隼人, 中村 嘉彦, 北坂 孝幸, 三澤 一成, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   118 巻 ( 412 ) 頁: 97-102   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  299. マルチモーダル画像を用いた深層学習ベースの頭部解剖構造抽出 少量画像データ学習における抽出精度検証

    杉野 貴明, Holger R. Roth, 小田 昌宏, 金 太一, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   118 巻 ( 412 ) 頁: 65-70   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  300. AI支援手術に向けた鏡視下手術画像の自動認識システムの開発

    北口 大地, 松崎 博貴, 渡部 嘉気, 青柳 吉博, 佐藤 大介, 巣籠 悠輔, 原 聖吾, 森 健策, 伊藤 雅昭

    第1回日本メディカルAI学会学術集会, 日本メディカルAI学会誌   1 巻   頁: 81   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  301. CTからの腹部多臓器抽出におけるgroup normalizationの影響に関する考察

    申 忱, Fausto Milletari, Holger R. Roth, 小田 紘久, 小田 昌宏, 林 雄一郎, 三澤 一成, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   118 巻 ( 412 ) 頁: 143-148   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  302. AI搭載医療診断システム・機器のレギュレーションについて 査読有り

    鎮西清行, 清水昭伸, 森健策, 原田香奈子, 武田英明, 橋爪誠, 石塚真由美, 加藤進昌, 河盛隆造, 許俊鋭, 永田恭介, 山根隆志, 佐久間一郎, 大江和彦, 光石衛

    レギュラトリーサイエンス学会誌   9 巻 ( 1 ) 頁: 31 - 36   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 レギュラトリーサイエンス学会  

    近年, 人工知能〔Artificial Intelligence (AI)〕の研究の著しい発展に伴い, AI技術を搭載する医療機器とその他の医療システムの研究開発が急速に進められている. AI医療システムには開発者や審査において考慮すべき, 従来の医療システムにはない新しい要素がある. それは学習によりシステム性能などが変化しうるという可塑性, ブラックボックスとしての性質がもたらすシステムの振る舞いの予測困難さ, 高度な自律能に伴う医師らと患者の関係性の変化である. AI医療システムは, 今後急速に医療の場に導入されてくると考えられ, これらの特徴を十分考慮した研究開発や審査の体制を早急に構築しなければならない.

    DOI: 10.14982/rsmp.9.31

    CiNii Research

  303. 大腸内視鏡診断への人工知能応用:Endocytoを用いた診断支援システムの研究開発経験から

    森 悠一, 工藤 進英, 森 健策

    日本消化器病学会雑誌   115 巻 ( 12 ) 頁: 1030-1036   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  304. 大腸内視鏡治療誘導のためのRecurrent Neural Networkを用いた大腸内視鏡トラッキング手法の開発 査読有り

    小田 昌宏, Holger R. Roth, 北坂 孝幸, 古川 和宏, 宮原 良二, 廣岡 芳樹, Nassir Navab, 森 健策

    日本バーチャルリアリティ学会論文誌   23 巻 ( 4 ) 頁: 249-252   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18974/tvrsj.23.4_249

  305. Micro CT and Histopathological Image Registration Based on Deep-Learning Assisted Image Registration

    Kensaku Mori, Kai Nagara, Shota Nakamura, Hirohisa Oda, MENG, Holger R. Roth,, Masahiro Oda

    RSNA2018     頁: CH218-ED-X   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  306. Computer Assistance in Comparison of Kidney Function Variation Between Pre- and Post-nephrectomy

    Chenglong Wang, Masahiro Oda, Jun Nagayama, Yasushi Yoshino, Tokunori Yamamoto, Kensaku Mori

    RSNA2018     頁: UR007-EB-WEA   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  307. 3D High-Resolution Microstructure Imaging of the Heart

    Hirohisa Oda, MENG, Holger R. Roth,, Naoki Sunaguch, Tetsuya Yuasa, Toshiaki Akita, Kensaku Mori, Daisuke Shimao, Shu Ichihara, Masami Ando, Noriko Usami, Masahiro Oda, Yuji Narita

    RSNA2018     頁: CA001-EC-X   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  308. 病院内位置測位手法の検討

    山下 佳子, 大山 慎太郎, 大谷 智洋, 白鳥 義宗, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI), MICT2018-47   118 巻 ( 285 ) 頁: 41-44   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  309. U‒Net を用いた腹腔鏡動画像における出血領域検出に関する検討

    小澤 卓也, 小田 紘久, 伊東 隼人, 北坂 孝幸, Holger R. Roth, 小田 昌宏, 林 雄一郎, 三澤 一成, 伊藤 雅昭, 竹下 修由 , 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第27回日本コンピュータ外科学会大会特集号   20 巻 ( 4 18(6)-10 ) 頁: 370   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  310. ディープラーニングを用いた腹腔鏡映像からの腹腔鏡下胃切除術の手術工程解析の検討

    林 雄一郎, 杉野 貴明, 小田 昌宏, 三澤 一成, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第27回日本コンピュータ外科学会大会特集号   20 巻 ( 4 18(ⅩⅠ)-10 ) 頁: 368-369   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  311. 腹腔鏡把持ロボットのための自動ハンドアイキャリブレーションの検討

    蒋 帥, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 三澤 一成, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第27回日本コンピュータ外科学会大会特集号   20 巻 ( 4 18(Ⅹ)-10 ) 頁: 359   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  312. イレウス診断支援システムにおける閉塞部位の誤検出修正及び改善ツールの構築

    西尾 光平, 小田 紘久, 千馬 耕亮, 北坂 孝幸, Holger R. Roth, 伊東 隼人, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 檜 顕成, 内田 広夫, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第27回日本コンピュータ外科学会大会特集号   20 巻 ( 4 18(Ⅹ)-3 ) 頁: 348-349   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  313. SLAM ベースのビジュアルトラッキングにおける隣接フレーム利用再構成手法の評価

    王 成, 小田 昌宏, 林 雄一郎, 北坂 孝幸, 本間 裕敏, 高畠 博嗣, 森 雅樹, 名取 博, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第27回日本コンピュータ外科学会大会特集号   20 巻 ( 4 18(Ⅸ)-4 ) 頁: 342-343   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  314. ステレオ手術顕微鏡画像からの脳表の 3 次元形状復元と術前 MRI 画像との融合による脳神経外科手術支援の検討

    林 雄一郎, 藤井 正純, 柴田 睦実, Dilip Bhandari, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第27回日本コンピュータ外科学会大会特集号   20 巻 ( 4 18(Ⅷ)-4 ) 頁: 334-335   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  315. CT 像より自動抽出された動脈領域に対応した機械学習に基づく腹部動脈血管名自動命名法

    鉄村 悠介, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 三澤 一成, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第27回日本コンピュータ外科学会大会特集号   20 巻 ( 4 18(Ⅶ)-4 ) 頁: 322-323   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  316. 生成モデルを利用したマイクロ CT 画像の半教師ありセグメンテーション

    守谷 享泰, Holger R. Roth, 中村 彰太, 小田 紘久, 小田 昌宏, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第27回日本コンピュータ外科学会大会特集号   20 巻 ( 4 18(Ⅵ)-9 ) 頁: 312-313   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  317. 不均衡データセットからの学習データセット構築法 ―機械学習に基づく医用画像分類に向けて―

    伊東 隼人, 森 悠一, 三澤 将史, 小田 昌宏, 工藤 進英, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第27回日本コンピュータ外科学会大会特集号   20 巻 ( 4 18(Ⅲ)-5 ) 頁: 261-262   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  318. 深層学習を用いた屈折 X 線 CT 画像からの眼球構造抽出 ―Sparse annnotation データの学習法に関する検討―

    杉野 貴明, Holger R. Roth, 小田 昌宏, 砂口 尚輝, 島雄 大介, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第27回日本コンピュータ外科学会大会特集号   20 巻 ( 4 18(Ⅲ)-4 ) 頁: 259-260   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  319. 深層学習を用いたマイクロ CT 画像の超解像に関する初期的検討

    鄭 通, Holger R. Roth, 小田 昌宏, 小田 紘久, 中村 彰太, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第27回日本コンピュータ外科学会大会特集号   20 巻 ( 4 18(Ⅱ)-8 ) 頁: 252-253   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  320. 医用画像処理のための深層学習サンプルコード集 DMED

    小田 昌宏, 原 武史, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第27回日本コンピュータ外科学会大会特集号   20 巻 ( 4 18(Ⅱ)-5 ) 頁: 248-249   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  321. 超拡大内視鏡におけるAI

    森 健策, 伊東 隼人, 三澤 将史, 森 悠一, 工藤 進英

    日本光学会年次学術講演会講演予稿集     頁: 226-227   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  322. Investigation on the condition of using adjacent reconstruction in visual bronchoscope tracking

      118 巻 ( 286 ) 頁: 27-32   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  323. 3D High-Resolution Microstructure Imaging of the Heart

    Hirohisa Oda, MENG, Holger R. Roth, Naoki Sunaguch, Tetsuya Yuasa, Toshiaki Akita, Kensaku Mori, Daisuke Shimao, Shu Ichihara, Masami Ando, Noriko Usami, Masahiro Oda, Yuji Narita

    RSNA2018     頁: CA001-EC-X   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  324. Computer Assistance in Comparison of Kidney Function Variation Between Pre- and Post-nephrectomy

    Chenglong Wang, Masahiro Oda, Jun Nagayama, Yasushi Yoshino, Tokunori Yamamoto, Kensaku Mori

    RSNA2018     頁: UR007-EB-WEA   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  325. CT 像より自動抽出された動脈領域に対応した機械学習に基づく腹部動脈血管名自動命名法

    鉄村 悠介, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 三澤 一成, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第27回日本コンピュータ外科学会大会特集号   20 巻 ( 4 18(Ⅶ)-4 ) 頁: 322-323   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  326. DRINet for Medical Image Segmentation 査読有り

    Liang Chen, Paul Bentley, Kensaku Mori, Kazunari Misawa, Michitaka Fujiwara, Daniel Rueckert

    IEEE Transaction on Medical Imaging   37 巻 ( 11 ) 頁: 2453-2462   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  327. Real-Time Use of Artificial Intelligence in Identification of Diminutive Polyps During Colonoscopy: A Prospective Study 査読有り

    Yuichi Mori, Shin-ei Kudo, Masashi Misawa, Yutaka Saito, Hiroaki Ikematsu, Kinichi Hotta, Kazuo Ohtsuka, Fumihiko Urushibara, Shinichi Kataoka, Yushi Ogawa, Yasuharu Maeda, Kenichi Takeda, Hiroki Nakamura, Katsuro Ichimasa, Toyoki Kudo, Takemasa Hayashi, Kunihiko Wakamura, Fumio Ishida, Haruhiro Inoue, Hayato Itoh, Masahiro Oda, Kensaku Mori

    Annals of Internal Medicine     2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7326/M18-0249

  328. Towards Automated Colonoscopy Diagnosis: Binary Polyp Size Estimation via Unsupervised Depth Learning

    Hayato Itoh, Holger Roth, Le Lu, Masahiro Oda, Masashi Misawa, Yuichi Mori, Shin-ei Kudo, Kensaku Mori

    MICCAI 2018, LNCS 11071     頁: 176-184   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  329. Colon Shape Estimation Method for Colonoscope Tracking using Recurrent Neural Networks

    Masahiro Oda, Holger Roth, Takayuki Kitasaka, Kazuhiro Furukawa, Ryoji Miyahara, Yoshiki Hirooka, Hidemi Goto, Nassir Navab, Kensaku Mori

    MICCAI 2018, LNCS 11073     頁: 176-184   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  330. A Multi-scale Pyramid of 3D Fully Convolutional Networks for Abdominal Multiorgan Segmentation

    Holger Roth, Chen Shen, Hirohisa Oda, Takaaki Sugino, Masahiro Oda, Yuichiro Hayashi, Kazunari Misawa, Kensaku Mori

    MICCAI 2018, LNCS 11073     頁: 417-425   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  331. Fully Convolutional Network-based Eyeball Segmentation from Sparse Annotation for Eye Surgery Simulation Model

    Takaaki Sugino, Holger R. Roth, Masahiro Oda, Kensaku Mori

    International Workshop on Bio-Imaging and Visualization for Patient-Customized Simulations, BIVPCS 2018, LNCS 11042     頁: 118-126   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  332. Fully automated diagnostic system with artificial intelligence using endocytoscopy to identify the presence of histologic inflammation associated with ulcerative colitis (with video) 査読有り

    Yasuharu Maeda, Shin-eiKudo, Yuichi Mori, Masashi Misawa, Noriyuki Ogata, Seiko Sasanuma, Kunihiko Wakamura, Masahiro Oda, Kensaku Mori, Kazuo Ohtsuka

    Gastrointestinal endoscopy     2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.gie.2018.09.024

  333. Application of three-dimensional print in minor hepatectomy following liver partition between anterior and posterior sectors 査読有り

    Tsuyoshi Igami, Yoshihiko Nakamura, Masahiro Oda, Hiroshi Tanaka, Motoi Nojiri, Tomoki Ebata, Yukihiro Yokoyama, Gen Sugawara, Takashi Mizuno, Junpei Yamaguchi, Kensaku Mori, Masato Nagino

    ANZ Journal of Surgery   88 巻 ( 9 ) 頁: 882-885   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  334. BESNet: Boundary-enhanced Segmentation of Cells in Histopathological Images

    Hirohisa Oda, Holger Roth, Kosuke Chiba, Jure Sokolic, Takayuki Kitasaka, Masahiro Oda, Akinari Hinoki, Hiroo Uchida, Julia A Schnabel, Kensaku Mori

    MICCAI 2018, LNCS 11071     頁: 228-236   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  335. A Multi-scale Pyramid of 3D Fully Convolutional Networks for Abdominal Multiorgan Segmentation

    Holger Roth, Chen Shen, Hirohisa Oda, Takaaki Sugino, Masahiro Oda, Yuichiro Hayashi, Kazunari Misawa, Kensaku Mori

    MICCAI 2018, LNCS 11073     頁: 417-425   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  336. Anatomical location classification of gastroscopic images using DenseNet trained from Cyclical Learning Rate

    Qier Meng, Kiyohito Tanaka, Shin'ichi Satoh, Masaru Kitsuregawa, Yusuke Kurose, Tatsuya Harada, Hideaki Hayashi, Ryoma Bise, Seiichi Uchida, Masahiro Oda, Kensaku Mori

        頁: PS1-51   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  337. Sparse annotationによる深層学習ベースの解剖構造抽出:屈折X線CT像からの精密な眼球セグメンテーション

    杉野貴明,Holger R. Roth,小田昌宏,砂口尚輝,島雄大介,市原周,湯浅哲也,安藤正海,森健策

    MIRU2018     頁: PS3-11   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  338. 超拡大内視鏡における病理画像分類のための特徴選択法

    伊東 隼人, 森 悠一, 三澤 将史, 小田 昌宏, 工藤 進英, 森 健策

    MIRU2018     頁: PS2-17   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  339. Radiomics nomogram for predicting the malignant potential of gastrointestinal stromal tumours preoperatively 査読有り

    Tao Chen, Zhenyuan Ning, Lili Xu, Xingyu Feng, Shuai Han, Holger R. Roth, Wei Xiong, Xixi Zhao, Yanfeng Hu, Hao Liu, Jiang Yu, Yu Zhang, Yong Li, Yikai Xu, Kensaku Mori, Guoxin Li

    European radiology     頁: 1-9   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00330-018-5629-2

  340. Anatomical location classification of gastroscopic images using DenseNet trained from Cyclical Learning Rate

    Qier Meng, Kiyohito Tanaka, Shin'ichi Satoh, Masaru Kitsuregawa, Yusuke Kurose, Tatsuya Harada, Hideaki Hayashi, Ryoma Bise, Seiichi Uchida, Masahiro Oda, Kensaku Mori

    MIRU2018     頁: PS1-51   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  341. Attention U-Net: Learning Where to Look for the Pancreas

    Ozan Oktay, Jo Schlemper, Loic Le Folgoc, Matthew Lee, Mattias Heinrich, Kazunari Misawa, Kensaku Mori, Steven McDonagh?, Nils Y. Hammerla, Bernhard Kainz, Ben Glocker, Daniel Rueckert

    Medical Imaging with Deep Learning MIDL2018     頁: 00   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  342. マイクロCT画像からのRSTを用いた小葉壁抽出手法の検討

    趙 笑添, Holger R. Roth, 中村彰太, 小田紘久, 林 雄一郎, 守谷享泰, 長柄 快, 小田昌宏, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   118 巻 ( 150 ) 頁: 11-16   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  343. 教師なし深度推定を利用したRGB-D 特徴抽出に基づくポリープのトリナリサイズ推定

    伊東隼人, Holger Roth, 三澤将史, 森悠一, 小田昌宏, 工藤進英, 森健策

    第37回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP14-4   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  344. 機械学習を用いた腹部動脈血管名自動命名における臓器情報および多血管相互関係利用方法の検討

    鉄村 悠介, Holger Roth, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 三澤 一成, 森 健策

    第37回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP14-2   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  345. 隣接復元を用いたSLAMベースの気管支鏡追跡の改善

    王 成, 小田 昌宏, 林 雄一郎, 本間 裕敏, 高畑 博嗣, 森 雅樹, 名取 博, 森 健策

    第37回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP13-6   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  346. 腹腔鏡下手術のためのVR 手術再観察システムの開発

    鈴木 拓矢,道満 恵介,目加田 慶人,三澤 一成,森 健策

    第37回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP8-4   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  347. 脳神経外科手術支援のための手術顕微鏡画像からの脳表の3次元形状復元に関する検討

    林 雄一郎, 柴田 睦実, 藤井 正純, 森 健策

    第37回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP8-1   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  348. Fully convolutional networkを用いた小構造物セグメンテーション方法の検討及び腹部動脈への適用

    小田 昌宏, Holger R. Roth, 北坂 孝幸, 三澤 一成, 藤原 道隆, 森 健策

    第37回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP7-5   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  349. 胃の変形情報を利用した経時リンパ節の自動対応付け手法の精度向上に関する研究

    舘 高基, 小田 昌宏, 林 雄一郎, 中村 嘉彦, 北坂 孝幸, 三澤 一成, 森 健策

    第37回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP4-2   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  350. ウサギ心臓の屈折CT像における線維配向の可視化ならびに評価

    小田 紘久, Holger R. Roth, 砂口 尚輝, 宇佐美 紀子, 小田 昌宏 , 島雄 大介, 市原 周, 湯浅 哲也, 安藤 正海, 秋田 利明, 成田 裕司, 森 健策

    第37回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP1-8   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  351. 機械学習による内視鏡動画インスタンスセグメンテーションのための手動アノテーションツールの開発

    小澤 卓也, 小田 紘久, 伊東 隼人, 北坂 孝幸, Holger R. Roth, 小田 昌宏, 林 雄一郎, 三澤 一成, 伊藤 雅昭, 竹下 修由, 森 健

    第37回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP1-7   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  352. Fast Marching Algorithmに基づく小児CT像からの腸管閉塞部位検出手法

    西尾 光平, 小田 紘久, 千馬 耕亮, 北坂 孝幸, Holger Roth, 伊東 隼人, 小田 昌宏, 檜 顕成, 内田 広夫, 森 健策

    第37回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP1-6   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  353. Fully convolutional networkを用いた少量画像データ学習からの頭部解剖構造抽出

    杉野 貴明,Holger R. Roth,小田 昌宏,庄野 直之,金 太一,森 健策

    第37回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP1-1   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  354. Deformation matching of laparoscopic gastrectomy Navigation based on finite element analysis

    T. Chen, G. Wei, W. Shi, Y.Hu, J. Yu, Z.Jiang,K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   13 巻 ( 1 ) 頁: s67-68   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  355. Micro-focus X-ray CT of the heart:A comparison with X-ray refraction-contrast CT,

    Hirohisa Oda, Holger R. Roth, Naoki Sunaguchi, Daisuke Shimao, Takaaki Sugino, Masahiro Oda, Toshiaki Akita, Yuji Narita, Shu Ichihara, Tetsuya Yuasa, Masami Ando, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   13 巻 ( 1 ) 頁: s140-142   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  356. Polyp detection in colonoscopic videos by using spatio-temporal feature

    Hayato Itoh, Holger R. Roth, Masashi Misawa, Yuichi Mori, Masahiro Oda, Shin-ei Kudo, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   13 巻 ( 1 ) 頁: s97-98   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  357. Unsupervised deep learning based registration for aligning micro CT and histology images

    K. Nagara, S. Nakamura, H. Roth, M. Oda, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   13 巻 ( 1 ) 頁: s155-157   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  358. Deformation matching of laparoscopic gastrectomy Navigation based on finite element analysis

    T. Chen, G. Wei, W. Shi, Y.Hu, J. Yu, Z.Jiang, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   13 巻 ( 1 ) 頁: s67-68   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  359. Improvement of robustness of SLAM-based bronchoscope tracking by posture guided feature matching

    Cheng Wang,Masahiro Oda,Yuichiro Hayashi,Hirotoshi Honma, Hirotsugu Takabatake, Masaki Mori, Hiroshi Natori, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   13 巻 ( 1 ) 頁: s11-12   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  360. Automated ganglion cell detection using fully convolutional networks and evaluation under different training losses

    Hirohisa Oda, Kosuke Chiba, Holger R. Roth, Takayuki Kitasaka, Masahiro Oda, Akinari Hinoki, Hiroo Uchida, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   13 巻 ( 1 ) 頁: s104-106   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  361. Semi-supervised spherical K-means for segmenting idiopathic interstitial pneumonia from chest CT images

    C. Wang, T. Moriya, Y. Hayashi, M. Oda, H. Ohkubo, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   13 巻 ( 1 ) 頁: s27-28   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  362. Evaluation of 3D fully convolutional networks for multi-class organ segmentation in contrast-enhanced CT

    Chen Shen, Holger R. Roth, Hirohisa Oda, Masahiro Oda, Yuichiro Hayashi, Kazunari Misawa, Tadaaki Miyamoto, and Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   13 巻 ( 1 ) 頁: s21-22   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  363. Abdominal artery segmentation from CT volumes using fully convolutional network for small artery segmentation

    Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Kazunari Misawa, Michitaka Fujiwara, Kensaku Mori,

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   13 巻 ( 1 ) 頁: s20-21   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  364. Auto-context 3D fully convolutional networks for multi-scale semantic segmentation of abdominal CT volumes

    K. Mori, H. Roth, C. Shen, H. Oda, T. Sugino, M. Oda, Y. Hayashi, K. Misawa

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   13 巻 ( 1 ) 頁: s18-19   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  365. Unsupervised 3D micro-CT image segmentation based on a hybrid of VAE and GAN

    T. Moriya, H. Roth, S. Nakamura, H. Oda, K. Nagara, M. Oda, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   13 巻 ( 1 ) 頁: s15-17   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  366. Eye structure segmentation on micro-CT images using 3D fully convolutional network with sparsely-annotated training data

    T. Sugino, H. Roth, M. Oda, S. Omata, S. Sakuma, F. Arai, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   13 巻 ( 1 ) 頁: s182-184   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  367. Abdominal artery segmentation from CT volumes using fully convolutional network for small artery segmentation

    Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Kazunari Misawa, Michitaka Fujiwara, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   13 巻 ( 1 ) 頁: s20-21   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  368. Auto-context 3D fully convolutional networks for multi-scale semantic segmentation of abdominal CT volumes

    K. Mori, H. Roth, C. Shen, H. Oda, T. Sugino, M. Oda, Y. Hayashi, K. Misawa

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   13 巻 ( 1 ) 頁: s18-19   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  369. Automated ganglion cell detection using fully convolutional networks and evaluation under different training losses

    Hirohisa Oda, Kosuke Chiba, Holger R. Roth, Takayuki Kitasaka, Masahiro Oda, Akinari Hinoki, Hiroo Uchida, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   13 巻 ( 1 ) 頁: s104-106   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  370. An application of cascaded 3D fully convolutional networks for medical image segmentation 査読有り

    Roth Holger R., Oda Hirohisa, Zhou Xiangrong, Shimizu Natsuki, Yang Ying, Hayashi Yuichiro, Oda Masahiro, Fujiwara Michitaka, Misawa Kazunari, Mori Kensaku

    COMPUTERIZED MEDICAL IMAGING AND GRAPHICS   66 巻   頁: 90 - 99   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.compmedimag.2018.03.001

    Web of Science

    Scopus

  371. Artificial Intelligence-Assisted Polyp Detection for Colonoscopy: Initial Experience 査読有り

    Masashi Misawa, Shin-eiKudo, Yuichi Mori, Tomonari Cho, Shinichi Kataoka, Akihiro Yamauchi, Yushi Ogawa, Yasuharu Maeda, Kenichi Takeda, Katsuro Ichimasa, Hiroki Nakamura, Yusuke Yagawa, Naoya Toyoshima, Noriyuki Ogata, Toyoki Kudo, Tomokazu Hisayuki, Takemasa Hayashi, Kunihiko Wakamura, Toshiyuki Baba, Fumio Ishida, Hayato Ito, Roth Holger, Kensaku Mori

    Gastroenterology   154 巻 ( 8 ) 頁: 2027-2029   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.gastro.2018.04.003

  372. Advanced Endoscopic Navigation: Surgical Big Data, Methodology, and Applications 査読有り

    Luo X, Mori K, Peters TM

    Annual review of biomedical engineering   20 巻   頁: 221-251   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1146/annurev-bioeng-062117-120917

  373. Port placement planning method for assistant surgeon in laparoscopic gastrectomy

    Y. Hayashi, K. Misawa, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   13 巻 ( 1 ) 頁: s231-232   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  374. デスクトップ型マイクロCTによる微細解剖構造イメージング

    森 健策

    Medical Imaging Technology   36 巻 ( 3 ) 頁: 127-132   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  375. 特集/マイクロ解剖学のための微細解剖構造イメージング

    森 健策

    Medical Imaging Technology   36 巻 ( 3 ) 頁: 105-106   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  376. DRINet for Medical Image Segmentation 査読有り

    Liang Chen, Paul Bentley, Kensaku Mori, Kazunari Misawa, Michitaka Fujiwara, Daniel Rueckert

    IEEE Transaction on Medical Imaging     2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TMI.2018.2835303

  377. Regulatory Science on AI-based Medical Devices and Systems 査読有り

    Kiyoyuki Chinzei, Akinobu Shimizu, Kensaku Mori, Kanako Harada, Hideaki Takeda, Makoto Hashizume, Mayumi Ishizuka, Nobumasa Kato, Ryuzo Kawamori, Shunei Kyo, Kyosuke Nagata, Takashi Yamane, Ichiro Sakuma, Kazuhiko Ohe, Mamoru Mitsuishi

    Advanced Biomedical Engineering   7 巻   頁: 118-123   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: org/10.14326/abe.7.118

  378. Potential of artificial intelligence-assisted colonoscopy using an endocytoscope (with video) 査読有り

    Yuichi Mori, Shin-ei Kudo, Kensaku Mori

    Digestive Endoscopy   30 巻 ( S1 ) 頁: 52-53   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: org/10.1111/den.13005

  379. Cascaded 3D Fully Convolutional Networks for Medical Image Segmentation

    Holger Roth, Hirohisa Oda, Xiangrong Zhou, Natsuki Shimizu, Ying Yang, Chen Shen, Yuichiro Hayashi, Masahiro Oda, Michitaka Fujiwara, Kazunari Misawa, Kensaku Mori,

    GTC2018,     頁: S8532   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  380. Cascaded 3D Fully Convolutional Networks for Medical Image Segmentation

    Holger Roth, Hirohisa Oda, Xiangrong Zhou, Natsuki Shimizu, Ying Yang, Chen Shen, Yuichiro Hayashi, Masahiro Oda, Michitaka Fujiwara, Kazunari Misawa, Kensaku Mori

    GTC2018,     頁: S8532   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  381. Pre/intra-operative diagnosis and navigational assistance based on multidisciplinary computational anatomy

    Kensaku Mori, Masahiro Oda, Holger R roth, Yoshihiko Nakamura, Yoshito Mekada, Takayuki Kitasaka, Kazunari Misawa, Michitaka Fujiwara, Kazuhiro Durukawa, Shu Ichihara

        頁: 87-105   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  382. MICCAI2017参加報告

    大竹義人, 伊藤康一, 小田昌宏, 備瀬竜馬, 諸岡健一, 周 向栄, 斉藤 篤, 清水昭伸, 増谷佳孝, 佐藤嘉伸, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   117 巻 ( 518 ) 頁: 125-131   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  383. 複数のステレオ内視鏡画像からの臓器形状復元の定量評価

    柴田睦実, 林 雄一郎, 小田昌宏, 三澤一成, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   117 巻 ( 518 ) 頁: 117-122   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  384. CNNによる回帰を用いた臓器領域の位置推定手法の初期的検討

    清水南月, 小田昌宏, ロス ホルガー, 林 雄一郎, 三澤一成, 藤原道隆, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   117 巻 ( 518 ) 頁: 81-86   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  385. 3D U-Netと測地距離カーネルを取り入れた全連結条件付き確率場に基づく医用画像からの多臓器自動抽出

    楊 瀛, Roth Holger, 小田昌宏, 北坂孝幸, 三澤一成, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   117 巻 ( 518 ) 頁: 75-80   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  386. 超拡大内視鏡画像における腫瘍性ポリープ分類に向けたグラスマン距離に基づく特徴選択法

    伊東隼人, 森 悠一, 三澤将史, 小田昌宏, 工藤進英, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   117 巻 ( 518 ) 頁: 51-56   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  387. 開腹手術映像における遮蔽物除去手法の改善 FFDによる位置合わせ精度の評価

    北坂孝幸, 奥田透生, 佐藤 準, 豊田誠仁, 澤野弘明, 末永康仁, 三澤一成, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   117 巻 ( 518 ) 頁: 31-32   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  388. ディープラーニングを用いた教師なし学習によるレジストレーション手法の初期的検討

    長柄 快, Holger R. Roth, 中村彰太, 小田昌宏, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   117 巻 ( 518 ) 頁: 7-12   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  389. Artificial intelligence may help in predicting the need for additional surgery after endoscopic resection of T1 colorectal cancer 査読有り 国際誌

    Ichimasa Katsuro, Kudo Shin-ei, Mori Yuichi, Misawa Masashi, Matsudaira Shingo, Kouyama Yuta, Baba Toshiyuki, Hidaka Eiji, Wakamura Kunihiko, Hayashi Takemasa, Kudo Toyoki, Ishigaki Tomoyuki, Yagawa Yusuke, Nakamura Hiroki, Takeda Kenichi, Haji Amyn, Hamatani Shigeharu, Mori Kensaku, Ishida Fumio, Miyachi Hideyuki

    ENDOSCOPY   50 巻 ( 3 ) 頁: 230 - 240   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Georg Thieme Verlag KG  

    <jats:title>Abstract</jats:title><jats:p>
    Background and study aims Decisions concerning additional surgery after endoscopic resection of T1 colorectal cancer (CRC) are difficult because preoperative prediction of lymph node metastasis (LNM) is problematic. We investigated whether artificial intelligence can predict LNM presence, thus minimizing the need for additional surgery.</jats:p><jats:p>
    Patients and methods Data on 690 consecutive patients with T1 CRCs that were surgically resected in 2001 – 2016 were retrospectively analyzed. We divided patients into two groups according to date: data from 590 patients were used for machine learning for the artificial intelligence model, and the remaining 100 patients were included for model validation. The artificial intelligence model analyzed 45 clinicopathological factors and then predicted positivity or negativity for LNM. Operative specimens were used as the gold standard for the presence of LNM. The artificial intelligence model was validated by calculating the sensitivity, specificity, and accuracy for predicting LNM, and comparing these data with those of the American, European, and Japanese guidelines.</jats:p><jats:p>
    Results Sensitivity was 100 % (95 % confidence interval [CI] 72 % to 100 %) in all models. Specificity of the artificial intelligence model and the American, European, and Japanese guidelines was 66 % (95 %CI 56 % to 76 %), 44 % (95 %CI 34 % to 55 %), 0 % (95 %CI 0 % to 3 %), and 0 % (95 %CI 0 % to 3 %), respectively; and accuracy was 69 % (95 %CI 59 % to 78 %), 49 % (95 %CI 39 % to 59 %), 9 % (95 %CI 4 % to 16 %), and 9 % (95 %CI 4 % – 16 %), respectively. The rates of unnecessary additional surgery attributable to misdiagnosing LNM-negative patients as having LNM were: 77 % (95 %CI 62 % to 89 %) for the artificial intelligence model, and 85 % (95 %CI 73 % to 93 %; P < 0.001), 91 % (95 %CI 84 % to 96 %; P < 0.001), and 91 % (95 %CI 84 % to 96 %; P < 0.001) for the American, European, and Japanese guidelines, respectively.</jats:p><jats:p>
    Conclusions Compared with current guidelines, artificial intelligence significantly reduced unnecessary additional surgery after endoscopic resection of T1 CRC without missing LNM positivity.</jats:p>

    DOI: 10.1055/s-0043-122385

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Research

  390. Correction: Artificial intelligence may help in predicting the need for additional surgery after endoscopic resection of T1 colorectal cancer 査読有り

    Katsuro Ichimasa, Shin-ei Kudo, Yuichi Mori, Masashi Misawa, Shingo Matsudaira, Yuta Kouyama, Toshiyuki Baba, Eiji Hidaka, Kunihiko Wakamura, Takemasa Hayashi, Toyoki Kudo, Tomoyuki Ishigaki, Yusuke Yagawa, Hiroki Nakamura, Kenichi Takeda, Amyn Haji, Shigeharu Hamatani, Kensaku Mori, Fumio Ishida, Hideyuki Miyach

    Endoscopy   50 巻 ( 3 ) 頁: C2   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0044-100290

  391. Correction: Artificial intelligence may help in predicting the need for additional surgery after endoscopic resection of T1 colorectal cancer 査読有り

    Katsuro Ichimasa, Shin-ei Kudo, Yuichi Mori, Masashi Misawa, Shingo Matsudaira, Yuta Kouyama, Toshiyuki Baba, Eiji Hidaka, Kunihiko Wakamura, Takemasa Hayashi, Toyoki Kudo, Tomoyuki Ishigaki, Yusuke Yagawa, Hiroki Nakamura, Kenichi Takeda, Amyn Haji, Shigeharu Hamatani, Kensaku Mori, Fumio Ishida, Hideyuki Miyach

    Endoscopy   50 巻 ( 3 ) 頁: C2   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  392. Correction: Artificial intelligence may help in predicting the need for additional surgery after endoscopic resection of T1 colorectal cancer 査読有り

    Katsuro Ichimasa, Shin-ei Kudo, Yuichi Mori, Masashi Misawa, Shingo Matsudaira, Yuta Kouyama, Toshiyuki Baba, Eiji Hidaka, Kunihiko Wakamura, Takemasa Hayashi, Toyoki Kudo, Tomoyuki Ishigaki, Yusuke Yagawa, Hiroki Nakamura, Kenichi Takeda, Amyn Haji, Shigeharu Hamatani, Kensaku Mori, Fumio Ishida, Hideyuki Miyach

    Endoscopy   50 巻 ( 3 ) 頁: C2   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  393. Machine learning-based colon deformation estimation method for colonscope tracking

    Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Kazuhiro Furukawa, Ryoji Miyahara, Yoshiki Hirooka, Hidemi Goto, Nassir Navab, Kensaku Mori

    Proc. SPIE 10576, Medical Imaging 2018     頁: 1057619-1-1057619-6   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  394. Dense volumetric detection and segmentation of mediastinal lymph nodes in chest CT images

    Hirohisa Oda, Holger Roth, Kanwal K. Bhatia, Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Shingo Iwano, Hirotoshi Homma, Hirotsugu Takabatake, Masaki Mori, Hiroshi Natori, Julia A. Schnabel, Kensaku Mori,

    Proc. SPIE 10575, Medical Imaging 2018     頁: 1057502-1-1057502-6   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1117/12.2287066

  395. Unsupervised pathology image segmantaion using representation learning with spherical k-means

    Takayasu Moriya, Holger R. Roth, Shota Nakamura, Hirohisa Oda, Kai Nagara, Masahiro Oda, Kensaku Mori,

    Proc. SPIE 10581, Medical Imaging 2018     頁: 1058111-1-1058111-7   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1117/12.2292172

  396. Unsupervised segmentation of 3D medical images based on clustering and deep representation learning

    Takayasu Moriya, Holger R. Roth, Shota Nakamura, Hirohisa Oda, Kai Nagara, Masahiro Oda, Kensaku Mori

    Proc. SPIE 10578, Medical Imaging 2018     頁: 105780-1-105780-7   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1117/12.2293414

  397. Towards dense volumetric pancreas segmentation in CT using 3D fully convolutional network

    Holger Roth, Masahiro Oda, Natsuki Shimizu, Hirohisa Oda, Yuichiro Hayashi, Takayuki Kitasaka, Michitaka Fujiwara, Kazunari Misawa, Kensaku Mori

    Proc. SPIE 10574, Medical Imaging 2018     頁: 105740B-1-105740B-6   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1117/12.2293499

  398. Fine segmentation of tiny blood vessel based on fully-connected conditional random field

    Chenglong Wang, Masahiro Oda, Yasushi Yoshino, Tokunori Yamamoto, Kensaku Mori

    Proc. SPIE 10574, Medical Imaging 2018     頁: 10740K-1-10740K-7   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1117/12.2293486

  399. Develop and Validate a Finite Element Method Model for Deformation Matching of Laparoscopic Gastrectomy Navigation

    Tao Chena, Guodong Wei, Weili Shic, Yuichiro Hayashi, Masahiro Oda, Zhengang Jiang, Guoxin Li, Kensaku Mori

    Proc. SPIE 10576, Medical Imaging 2018     頁: 105761Y-1-10576Y-6   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  400. 医用工学と放射線技術科学との融合:期待される新技術

    戸田 尚宏, 小林 哲生, 山谷 泰賀, 有村 秀孝, 内山 良一, 森 健策, 藤田 広志, 原 武史

    日本放射線技術学会雑誌, 第73回総会学術大会シンポジウム2   74 巻 ( 2 ) 頁: 175-190   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  401. 術前術中後診断治療支援

    森 健策

    月刊「細胞]   50 巻 ( 1 ) 頁: 14-18   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  402. 3Dプリンタの最新動向

    森 健策

    インナービジョン 2018年2月号   33 巻 ( 2 ) 頁: 35-36   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  403. Application of three-dimensional print in minor hepatectomy following liver partition between anterior and posterior sectors 査読有り

    Tsuyoshi Igami, Yoshihiko Nakamura, Masahiro Oda, Hiroshi Tanaka, Motoi Nojiri, Tomoki Ebata, Yukihiro Yokoyama, Gen Sugawara, Takashi Mizuno, Junpei Yamaguchi, Kensaku Mori, Masato Nagino

    ANZ Journal of Surgery     2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ans.14331

  404. Study on the Robustness of ORB-SLAM Based Outlier Elimination in Bronchoscope Tracking -- RANSAC + EPnP for Outlier Detection --

    Cheng Wang, Masahiro Oda, Yuichiro Hayashi, Hirotoshi Honma, Hirotsugu Takabatake, Masaki Mori, Hiroshi Natori, Kensaku Mori

    MI2017-58   117 巻 ( 281 ) 頁: 47-52   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  405. On the influence of Dice loss function in multi-class organ segmentation of abdominal CT using 3D fully convolutional networks

    Chen Shen, Holger R. Roth, Hirohisa Oda, Masahiro Oda, Yuichiro Hayashi, Kazunari Misawa, Kensaku Mori

    MI2017-51   117 巻 ( 281 ) 頁: 15-20   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  406. Machine Learning Techniques for Automated Accurate Organ Segmentation and Their Applications to Diagnosis Assistance

    Masahiro Oda, Natsuki Shimizu, Holger R. Roth, Takayuki Kitasaka, Kazunari Misawa, Kensaku Mori, Michitaka Fujiwara, Daniel Rueckert

    RSNA 2017 (Radiological Society of North America) Scientific Assembly and Annual Meeting PROGRAM IN BRIEF     頁: 224   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  407. Automated Multi-Organ Segmentation in Abdominal CT with Hierarchical 3D Fully-Convolutional Networks

    Holger R. Roth, Hirohisa Oda, MENG, Yuichiro Hayashi, Masahiro Oda, Natsuki Shimizu, Kensaku Mori, Michitaka Fujiwara, Kazunari Misawa

    RSNA 2017 (Radiological Society of North America) Scientific Assembly and Annual Meeting PROGRAM IN BRIEF     頁: 267   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  408. 3D Microstructure Visualization of Lactiferous Duct Structure Based On Refraction X-Ray CT Imaging

    Kensaku Mori, Naoki Sunaguchi, Masami Ando, Tetsuya Yuasa, Daisuke Shimao, Shu Ichihara, Rajiv Gupta

    RSNA 2017 (Radiological Society of North America) Scientific Assembly and Annual Meeting PROGRAM IN BRIEF     頁: 179   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  409. 3Dプリンターの基礎と医療応用

    森 健策

    月刊心臓   49 巻 ( 11 ) 頁: 1104-1113   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  410. Automatic Segmentation of Head Anatomical Structures from Sparsely-annotated Images 査読有り

    Takaaki Sugino, Holger R. Roth, Mohammad Eshghi, Masahiro Oda, Min Suk Chung, Kensaku Mori

    IEEE International Conference on Cyborg and Bionic Systems     頁: 145-149   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  411. 機械学習を用いた腹部動脈血管名自動命名における臓器情報利用方法に関する一考察

    鉄村悠介,Holger Roth,林 雄一郎,小田昌宏,進藤幸治,大内田研宙,橋爪 誠,三澤一成, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第26回日本コンピュータ外科学会大会特集号   19 巻 ( 4 ) 頁: 361-362   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  412. 大腸内視鏡トラッキングのための regression forests を用いた大腸変形モデルの開発

    小田昌宏,北坂孝幸,古川和宏,宮原良二,廣岡芳樹,後藤秀実,Nassir Navabe, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第26回日本コンピュータ外科学会大会特集号   19 巻 ( 4 ) 頁: 343-344   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  413. 腹腔鏡下胃切除ナビゲーションにおける変形マッチングの有限要素法モデルを検証するための動物実験

    陳 韜, 魏 国棟,何 静怡,陳 光鋒,李 鐿,師 爲禮,祁 小龍,林 雄一郎,蒋 振剛,森 健策, 李 国新

    日本コンピュータ外科学会誌 第26回日本コンピュータ外科学会大会特集号   19 巻 ( 4 ) 頁: 339-340   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  414. 複数フレームのステレオ内視鏡画像を用いた臓器表面形状復元に関する検討

    柴田睦実,林 雄一郎,小田昌宏,三澤一成,森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第26回日本コンピュータ外科学会大会特集号   19 巻 ( 4 ) 頁: 326-327   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  415. 気管支鏡追跡における ORB-SLAM 適用に関する初期的検討

    王 成,小田昌宏,林 雄一郎,森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第26回日本コンピュータ外科学会大会特集号   19 巻 ( 4 ) 頁: 324-325   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  416. 超拡大大腸内視鏡画像を利用した病理自動診断 〜腫瘍性病変に関する分類精度解析〜

    伊東隼人,森 悠一,三澤将史,小田昌宏,工藤進英,森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第26回日本コンピュータ外科学会大会特集号   19 巻 ( 4 ) 頁: 319-320   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  417. 腹腔鏡下手術の教育支援に向けた VR 訓練システムの開発

    鈴木拓矢,道満恵介,目加田慶人,三澤一成,森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第26回日本コンピュータ外科学会大会特集号   19 巻 ( 4 ) 頁: 293   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  418. 音声認識及びジェスチャ認識による腹腔鏡下手術ナビゲーション非接触操作システムの開発

    阿部史明,道満恵介,目加田慶人,三澤一成,森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第26回日本コンピュータ外科学会大会特集号   19 巻 ( 4 ) 頁: 285   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  419. 血管芯線を用いた経時リンパ節の自動対応付け

    舘 高基,小田昌宏,中村嘉彦,三澤一成,森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第26回日本コンピュータ外科学会大会特集号   19 巻 ( 4 ) 頁: 278-279   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  420. 自動設計特徴量を用いた 3 次元腹部 CT 像における膵臓領域の位置推定

    清水南月,Holger R. Roth,小田昌宏,三澤一成,藤原道隆,森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第26回日本コンピュータ外科学会大会特集号   19 巻 ( 4 ) 頁: 270-271   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  421. 3D Fully Convolutional Networks と全連結条件付確率場による 3 次元 CT 画像からの多臓器自動抽出に関する検討

    楊 瀛,小田昌宏,Roth Holger,北坂孝幸,三澤一成, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第26回日本コンピュータ外科学会大会特集号   19 巻 ( 4 ) 頁: 268-269   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  422. レベルセット法を用いた腎臓皮質と髄質領域の分割

    王 成龍,小田昌宏,永山 洵,吉野 能,山本徳則,森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第26回日本コンピュータ外科学会大会特集号   19 巻 ( 4 ) 頁: 266-267   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  423. 開腹手術における 3 次元画像を用いた手術ナビゲーションシステムの臨床応用

    林 雄一郎, 三澤一成,森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第26回日本コンピュータ外科学会大会特集号   19 巻 ( 4 ) 頁: 253-254   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  424. マイクロ CT を用いた膵臓パラフィンブロック標本の解析

    進藤幸治,大内田研宙,Holger R. Roth,小田紘久,岩本千佳,小田昌宏,中村雅史,森 健策,橋爪 誠

    日本コンピュータ外科学会誌 第26回日本コンピュータ外科学会大会特集号   19 巻 ( 4 ) 頁: 244-245   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  425. MicroCT を用いた心筋配向解析手法の取り組み 〜MRI diffusion tensor 法との比較〜'

    秋田利明,小田紘久,森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第26回日本コンピュータ外科学会大会特集号   19 巻 ( 4 ) 頁: 243   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  426. 深層学習を用いたマイクロ CT 画像からの眼球構造自動抽出 〜少量データ学習による解剖構造抽出性能の検証

    杉野貴明,Holger R. Roth,小田昌宏,小俣誠二,佐久間臣耶,新井史人,森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第26回日本コンピュータ外科学会大会特集号   19 巻 ( 4 ) 頁: 241-242   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  427. サポートベクタマシンを用いたラジオミクスベースの消化管間質性腫瘍リスク評価システム

    陳 韜, 小田紘久, Holger R. Roth,北坂孝幸,小田昌宏,李 国新,森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第26回日本コンピュータ外科学会大会特集号   19 巻 ( 4 ) 頁: 239-240   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  428. Optimal port placement planning method for laparoscopic gastrectomy 査読有り

    Yuichiro Hayashi, Kazunari Misawa, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   12 巻 ( 10 ) 頁: 1677-1684   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11548-017-1548-y

  429. μCT 画像を用いた大変形を含む連続切片 HE 染色画像の 3 次元再構築

    長柄 快,Holger Roth,中村彰太,小田紘久,守谷享泰,小田昌宏,森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第26回日本コンピュータ外科学会大会特集号   19 巻 ( 4 ) 頁: 363-364   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  430. 色ヒストグラム特徴を用いた腹腔鏡手術映像の体外・体内シーン分類

    山田 和希, 道満 恵介, 目加田 慶人, 三澤 一成, 森 健策

    平成 29 年度日本生体医工学会東海支部大会プログラム・抄録集     頁: 00   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  431. 畳み込みニューラルネットワークを利用した超拡大大腸内視鏡画像における腫瘍・非腫瘍の分類

    伊東 隼人, 森 悠一, 三澤 将史, 小田 昌宏, 工藤 進英, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   117 巻 ( 220 ) 頁: 17-21   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  432. Micro-CT Guided 3D Reconstruction of Histological images

    Kai Nagara, Holger R. Roth, Shota Nakamura, Hirohisa Oda, Takayasu Moriya, Masahiro Oda, Kensaku Mori

    LNCS 10530     頁: 93-101   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  433. Motion Vector for Outlier Elimination in Feature Matching and Its Application in SLAM Based Laparoscopic Tracking

    Cheng Wang, Masahiro Oda, Yuichiro Hayashi, Kazunari Misawa, Holger Roth, Kensaku Mori

    LNCS 10550     頁: 60-69   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  434. 3D FCN Feature Driven Regression Forest-Based Pancreas Localization and Segmentation

    Masahiro Oda, Natsuki Shimizu, Holger R. Roth, Ken'ichi Karasawa, Takayuki Kitasaka, Kazunari Misawa, Michitaka Fujiwara, Daniel Rueckert, Kensaku Mori

    LNCS 10553     頁: 222-230   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  435. Virtual 3D microscope and magnified 3D print for naked eye analyses of alveoli and alveolar duct structures by Heitzman lung specimen with micro CT

    Hiroshi Natori, Masaki Mori, Hirotsugu Takabatake, Hirotoshi Homma, ensaku Mori, Masahiro Oda, Hiroyuki Koba, Hiroki Takahashi

    ERS International congress 2017     頁: Session 439   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  436. Tracking and Segmentation of the Airways in Chest CT Using a Fully Convolutional Network

    Qier Meng, Holger R. Roth, Takayuki Kitasaka, Masahiro Oda, Junji Ueno, Kensaku Mori

    LNCS 10434     頁: 198-207   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  437. TBS: Tensor-Based Supervoxels for Unfolding the Heart

    Hirohisa Oda, Holger R. Roth, Kanwal K. Bhatia, Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Toshiaki Akita, Julia A. Schnabel, Kensaku Mori

    LNCS 10433     頁: 681-689   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  438. Accuracy of diagnosing invasive colorectal cancer using computer-aided endocytoscopy 査読有り

    Kenichi Takeda, Shin-ei Kudo, Yuichi Mori, Masashi Misawa, Toyoki Kudo, Kunihiko Wakamura, Atsushi Katagiri, Toshiyuki Baba, Eiji Hidaka, Fumio Ishida, Haruhiro Inoue, Masahiro Oda, Kensaku Mori

    Endoscopy 2017   49 巻 ( 8 ) 頁: 798-802   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0043-105486

  439. K-means 法と Joint Unsupervised Learning による3次元医用画像の教師なしセグメンテーション

    守谷享泰, Holger R. Roth, 中村彰太, 小田紘久, 長柄快, 小田昌宏, 森健策

    第36回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP16-5   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  440. Multi-atlas pancreas segmentation: Atlas selection based on vessel structure 査読有り

    Kenichi Karasawa, Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Kazunari Misawa, Michitaka Fujiwara, Chengwen Chu, Guoyan Zheng, Daniel Rueckert, Kensaku Mori

    Medical Image Analysis   39 巻   頁: 18-28   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.media.2017.03.006

  441. 3DU-Netによる3次元胸部CT像からのリンパ節検出

    小田 紘久, KanwalK.Bhatia, HolgerR.Roth, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 岩野 信吾, 本間 裕敏, 高畠 博嗣, 森 雅樹, 名取 博 ,JuliaA.Schnabel, 森 健策

    第36回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP1-6   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  442. Torso organ segmentation in CT using fine-tuned 3D fully convolutional networks

    Holger ROTH,Ying YANG,Masahiro ODA,Hirohisa ODA, Yuichiro HAYASHI,Natsuki SHIMIZU,Takayuki KITASAKA,Michitaka FUJIWARA,Kazunari MISAWA,Kensaku MORI

        頁: OP1-8   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  443. Improvement on Robustness of ORB-SLAM Based Surgical Navigation System by Building Submap

    王成 , 小田昌宏, 林雄一郎, 三澤一成, 森健策

    第36回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP2-6   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  444. ステレオ内視鏡画像からの臓器形状復元手法における複数フレームの利用に関する初期的検討

    柴田 睦実, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 三澤 一成, 森 健策

    第36回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP2-8   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  445. 機械学習を用いた腹部動脈血管名自動命名における肝動脈分岐情報利用方法に関する一考察

    鉄村 悠介, 張 暁楠, Holger Roth, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 三澤 一成, 森 健策

    第36回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP6-1   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  446. A Study on Fine Blood Vessel Segmentation Using Fully-connected Conditional Random Field

        頁: OP11-2   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  447. CT 像から抽出した腹部動脈領域におけるCNN を用いた過検出削減でのパッチ画像生成手法の検討

    小田 昌宏, 山本 徳則, 吉野 能, 森 健策

    第36回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP11-7   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  448. マイクロ CT 画像情報を利用した特徴点対応付けに基づく顕微鏡画像の 3 次元再構築

    長柄 快, Holger R. ROTH, 中村 彰太, 小田 紘久, 守谷 享泰, 小田 昌宏, 森 健策

    第36回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP14-1   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  449. 血管情報を用いた経時リンパ節の自動対応付け手法に関する研究

    舘 高基, 小田 昌宏, 中村 嘉彦, 寶珠山 裕, 三澤 一成, 森 健策

    第36回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP15-4   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  450. 条件付き確率場による医用画像からの多臓器抽出におけるHigher Order Potential とボクセル連結構造の影響に関する考察

    楊瀛, 小田昌宏, Roth Holger, 北坂孝幸, 三澤一成, 森健策

    第36回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP16-4   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  451. Feature-based registration of micro CT volumes

    Kai Nagara, Shota Nakamura, Hoiger R. Roth, Masahiro Oda, Hirotoshi Homma, Hirotsugu Takabatake, Masaki Mori, Hiroshi Natori, Kesaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   12 巻   頁: S201-S203   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  452. Multi-organ segmentation in abdominal CT using 3D fully convolutional networks

    Holger R. Roth, Masahiro Oda, Yuichiro Hayashi, Hirohisa Oda, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   12 巻   頁: S55-S57   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  453. Endocytoscope image classification using deep convolutional neural networks

    Masahiro Oda, Yutaka Hoshiyama, Masashi Misawa, Yuichi Mori, Kenichi Takeda, Sin-ei Kudo, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   12 巻   頁: S147-S148   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  454. False positive reduction of abdominal artery segmentation from CT volumes based on deep convolutional neural networks

    Masahiro Oda, Tokunori Yamamoto, Yasushi Yoshino, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   12 巻   頁: S27-S29   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  455. Automatic Anatomical Labeling of Arteries and Veins Using Conditional Random Fields

    Takayuki Kitasaka, Mitsuru Kagajo, Yukitaka Nimura, Yuichiro Hayashi, Masahiro Oda, Kazunari Misawa, Kensaku Mori

    8th International Conference on Information Processing in Computer-Assisted Interventions (IPCAI 2017)     頁: -   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  456. 機械学習を用いた内視鏡画像自動診断

    第56回 日本生体医工学会大会 プログラム・抄録集     頁: 344   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  457. 3Dプリンタの医療応用

    森 健策

    医用画像情報学会雑誌   34 巻 ( 1 ) 頁: 1-6   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  458. Development of an automatic producing cholangiography procedure reconstructed from portal phase multidetector-row computed tomography images: Preliminary experience 査読有り

    Tomoaki Hirose, Tsuyoshi Igami, Kusuto Koga, Yuichiro Hayashi, Tomoki Ebata, Yukihiro, Yokoyama, Gen Sugawara, Takashi Mizuno, Junpei Yamaguchi, Kensaku Mori, Masato Nagino

    Surgery Today   47 巻 ( 3 ) 頁: 365-374   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-016-1394-5

  459. Supervoxel classification forests for estimating pairwise image correspondences 査読有り

    Fahdi Kanavati, Tong Tong, Kazunari Misawa, Michitaka Fujiwara, Kensaku Mori, Daniel Rueckert, Ben Glocker

    Pattern Recognition   63 巻   頁: 561-569   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.patcog.2016.09.026

  460. An improved method for pancreas segmentation using SLIC superpixels and interactive region merging

    Liyuan Zhang, Huamin Yang, Weili Shi, Yu Miao, Fei He, Wei He, Yanfang Li, Fei Yan, Huimao Zhang, Kensaku Mori, Zhengang Jiang

    Proceedings of SPIE   10134 巻   頁: 101343H-1-101343H-12   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: doi:10.1117/12.2254366

  461. Hessian-assisted supervoxel: structure-oriented voxel clustering and application to mediastinal lymph node detection from CT volumes

    Hirohisa Oda, Kanwal Bhatia, Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Shingo Iwano, Hirotoshi Homma, Hirotsugu Takabatake, Masaki Mori, Hiroshi Natori, Julia A. Schnabel, Kensaku Mori

    Proceedings of SPIE   10134 巻   頁: 101341D-1-101341D-12   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1117/12.2254782

  462. Computer-aided diagnosis of mammographic masses using geometric verification-based image retrieval

    Qingliang Li, Weili SHI, Huamin Yang, Huimao Zhang, Tao CHEN, Kensaku Mori, Guoxin LI, Zhengang Jiang

    Proceedings of SPIE   10134 巻   頁: 101342W-1-101342W-8   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: doi:10.1117/12.2255799

  463. Extracellular matrix directions estimation of the heart on microfocus X-ray CT volumes

    Hirohisa Oda, Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Toshiaki Akita, Kensaku Mori

    Proceedings of SPIE   10137 巻   頁: 101370M-1-101370M-9   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1117/12.2254949

  464. Extraction of membrane structure in eyeball from MR volumes

    Masahiro Oda, Kin Taichi, Kensaku Mori

    Proceedings of SPIE   10137 巻   頁: 101371S-1-101371S-6   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1117/12.2254095

  465. Airway extraction from 3D chest CT volumes based on iterative extension of VOI enhanced by cavity enhancement filter

    Qier Meng, Takayuki Kitasaka, Masahiro Oda, Kensaku Mori

    Proceedings of SPIE   10134 巻   頁: 101370M-1-101370M-9   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1117/12.2254233

  466. A study on surgical field retrieval for intelligent laparotomy video archive system

    Takayuki Kitasaka, Yuki Kondo, Yuri Kimura, Yuki Takanashi, Hiroaki Sawano, Yasuhito Suenaga, Kazunari Misawa, and Kensaku Mori

    International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA)     頁: 327-328   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  467. GPU Implementation of SLIC Supervoxel Oversegmentation

    Hirohisa Oda, Kanwal K. Bhatia, Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Shingo Iwano, Julia A. Schnabel, and Kensaku Mori

    International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA)     頁: 266-268   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  468. Airway segmentation from 3D chest CT volumes based on volume of interest using gradient vector flow

    Qier Meng, Takayuki Kitasaka, Masahiro Oda, and Kensaku Mori

    International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA)     頁: 192-195   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  469. Multi-scale Image Fusion Between Pre-operative Clinical CT and X-ray microtomography of Lung Pathology

    Holger Roth, Kai Nagara, Hirohisa Oda, Masahiro Oda, Tomoshi Sugiyama, Shota Nakamura, and Kensaku Mori

    International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA)     頁: 54-56   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  470. Structured Random Forestを用いた3次元腹部CT像からのリンパ節自動検出

    寳珠山 裕, Holger Roth, 小田 昌宏, 中村 嘉彦, 三澤 一成, 藤原 道隆, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   116 巻 ( 393 ) 頁: 23-28   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  471. MISTライブラリのためのGPUプログラミング

    小田 紘久, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   116 巻 ( 393 ) 頁: 133-136   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  472. Deep-Learning-Based Segmentation for the Head Sectioned Images of the Visible Korean Project

    Mohammad Eshghi, Holger R. Roth, Hirohisa Oda, Masahiro Oda, Min Suk Chung, Kensaku Mori

    MI2016-119   116 巻 ( 393 ) 頁: 191-194   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  473. Influence of Voxel-Connection Structure in Organ Segmentation Based on Conditional Random Field

    Ying Yang, Masahiro Oda, Kazunari Misawa, Daniel Rueckert, Kensaku Mori

    MI2016-112   116 巻 ( 393 ) 頁: 157-162   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  474. MICCAI 2016参加報告

    小田 昌宏, 宮内 翔子, 諸岡 健一, 周 向栄, 増谷 佳孝, 中口 俊哉, 井宮 淳, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   116 巻 ( 393 ) 頁: 185-190   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  475. 3Dプリンタ・ユーザーインターフェイス等の最新動向

    森 健策

    インナービジョン 2017年2月号   32 巻 ( 2 ) 頁: 44-45   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  476. Robust colonoscope tracking method for colon deformations utilizing coarse-to-fine correspondence findings 査読有り

    Masahiro Oda, Hiroaki Kondo, Takayuki Kitasaka, Kazuhiro Furukawa, Ryoji Miyahara, Yoshiki Hirooka, Hidemi Goto, Nassir Navab, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   12 巻 ( 1 ) 頁: 39-50   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11548-016-1456-6

  477. かがくゼミナール「立体臓器モデルを作ろう」実施報告

    森 健策, 長柄 快, 舘 高基, 伊神 剛, 堀内 智子

    名古屋市科学館紀要     頁: 35-41   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  478. Quantitative Analysis of Renal Dominant Regions based on Precise Renal Artery Segmentation'

    Chenglong Wang, Yoshihiko Nakamura, Masahiro Oda, Yasushi Yoshino, Tokunori Yamamoto, Kensaku Mori

    RSNA 2016 (Radiological Society of North America) Scientific Assembly and Annual Meeting PROGRAM IN BRIEF     頁: 214   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  479. Myofiber Visualization System for Micro CT Volumes of Left Ventricle

    Hirohisa Oda, Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Toshiaki Akita, Kensaku Mori

    RSNA 2016 (Radiological Society of North America) Scientific Assembly and Annual Meeting PROGRAM IN BRIEF     頁: 183   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  480. Naked Eye Visible Pores of Kohn and the Shapes of Alveoli on Magnified Three Dimensional Printed Model of the Lung Specimen by Virtual Image of Micro CT: Initial Experience

    Hiroshi Natori, Hirotsugu Takabatake, Masaki Mori, Hirotoshi Homma, Kensaku Mori, Masahiro Oda, Hiroyuki Koba, Hiroki Takahashi

    RSNA 2016 (Radiological Society of North America) Scientific Assembly and Annual Meeting PROGRAM IN BRIEF     頁: 151   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  481. Visualization Method of Myofiber Structure of the Left Ventricle Apex from Micro CT Volumes

    Hirohisa Oda, Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Toshiaki Akita, Kensaku Mori

    RSNA 2016 (Radiological Society of North America) Scientific Assembly and Annual Meeting PROGRAM IN BRIEF     頁: 94   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  482. ステレオ内視鏡画像からの臓器形状復元手法における誤対応点削減処理の提案と手術画像への適用

    柴田 睦実, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 三澤 一成, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第25回日本コンピュータ外科学会大会特集号(JSCAS2016)   18 巻 ( 4 ) 頁: 367-368   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  483. 脳神経外科手術ナビゲーションのためのステレオ画像からの脳表の3次元形状の復元

    Mohammad Eshghi, 林 雄一郎, 柴田 睦実, 小田 昌宏, 藤井 正純, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第25回日本コンピュータ外科学会大会特集号(JSCAS2016)   18 巻 ( 4 ) 頁: 246-247   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  484. Structured Random Forest を用いた3次元腹部CT像からのリンパ節自動検出に関する初期的検討~統計的特徴量を利用したリンパ節検出率の改善~

    寶珠山 裕, Holger R.Roth, 小田 昌宏, 中村 嘉彦, 三澤 一成, 藤原 道隆, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第25回日本コンピュータ外科学会大会特集号(JSCAS2016)   18 巻 ( 4 ) 頁: 287-288   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  485. 位置関係を用いた特徴量の導入による胆道領域セグメンテーション手法の改善

    陳 鵬飛, 田中 寛, 小田 紘久, 小田 昌宏, 林 雄一郎,伊神 剛, 椰野 正人, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第25回日本コンピュータ外科学会大会特集号(JSCAS2016)   18 巻 ( 4 ) 頁: 290-291   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  486. 血管木構造構築手法の改善とその血管名称自動対応付けへの応用

    張 暁楠, 加賀城 充, 小田 昌宏, 林 雄一郎, 三澤 一成, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第25回日本コンピュータ外科学会大会特集号(JSCAS2016)   18 巻 ( 4 ) 頁: 293-294   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  487. テンソルベースグラフカットを用いた血管抽出手法の実質臓器への応用

    王 成龍, 小田 昌宏, 吉野 能, 山本 徳則, 伊神 剛, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第25回日本コンピュータ外科学会大会特集号(JSCAS2016)   18 巻 ( 4 ) 頁: 295-296   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  488. 腹腔鏡下胃切除術におけるポート位置決定支援のためのポート位置プランニングシステムの開発

    林 雄一郎, 三澤 一成, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第25回日本コンピュータ外科学会大会特集号(JSCAS2016)   18 巻 ( 4 ) 頁: 350-351   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  489. 腹腔鏡ナビゲーションシステムにおける ORB-SLAM の適用に関する初期的検討

    王 成, Mohammad Eshghi, 小田 昌宏, 林 雄一郎, 三澤 一成, 蒋 振剛, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第25回日本コンピュータ外科学会大会特集号(JSCAS2016)   18 巻 ( 4 ) 頁: 355-356   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  490. 回帰木を用いたCT画像における臓器の局所化に関する特徴量の検討

    清水 南月, 小田 昌宏, 三澤 一成, 藤原 道隆, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第25回日本コンピュータ外科学会大会特集号(JSCAS2016)   18 巻 ( 4 ) 頁: 365-366   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  491. From macro-scale to micro-scale computational anatomy: perspective of the next 20 years 査読有り

    Kensaku Mori

    Medical Image Analysis     2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1016/j.media.2016.06.034

  492. Automatic segmentation of airway tree based on local intensity filter and machine learning technique in 3D chest CT volume 査読有り

    Qier Meng, Takayuki Kitasaka, Yukitaka Nimura, Masahiro Oda, Junji Ueno, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology Surgery     頁: (In Press)   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1007/s11548-016-1492-2

  493. Tensor-Based Graph-Cut in Riemannian Metric Space and Its Application to Renal Artery Segmentation

    Chenglong Wang, Masahiro Oda, Yuichiro Hayashi, Yasushi Yoshino, Tokunori Yamamoto, Alejandro F. Frangi, and Kensaku Mori

    MICCAI 2016   LNCS 9902 巻   頁: 353-361   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  494. Regression Forest-Based Atlas Localization and Direction Specific Atlas Generation for Pancreas Segmentation

    Masahiro Oda, Natsuki Shimizu, Kenichi Karasawa, Yukitaka Nimura, Takayuki Kitasaka, Kazunari Misawa, Michitaka Fujiwara, Daniel Rueckert, and Kensaku Mori

    MICCAI 2016   LNCS 9901 巻   頁: 556-563   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  495. Supervoxel classification forests for estimating pairwise image correspondences 査読有り

    Fahdi Kanavati, Tong Tong, Kazunari Misawa, Michitaka Fujiwara, Kensaku Mori, Daniel Rueckert, Ben Glocker

    Pattern Recognition   63 巻   頁: 561–569   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI:10.1016/j.patcog.2016.09.026

  496. 特集 画像ナビゲーションによる消化器癌手術 各論:胃癌手術におけるナビゲーションの現状と新しい取り組み

    藤原 道隆, 三澤 一成, 森 健策, 川嶋 絋一郎, 田中 由浩, 小寺 泰弘

    手術   70 巻 ( 10 ) 頁: 1275-1286   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  497. Development of an automatic producing cholangiography procedure reconstructed from portal phase multidetectorrow computed tomography images: Preliminary experience 査読有り

    Tomoaki Hirose, Tsuyoshi Igami, Kusuto Koga, Yuichiro Hayashi, Tomoki Ebata, Yukihiro, Yokoyama, Gen Sugawara, Takashi Mizuno, Junpei Yamaguchi, Kensaku Mori, Masato Nagino

    Surgery Today     2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1007/s00595-016-1394-5

  498. Cascade Registration of Micro CT Volumes taken in Multiple Resolutions

    Kai Nagara, Hirohisa Oda, Shota Nakamura, Masahiro Oda, Hirotoshi Homma, Hirotsugu Takabatake, Masaki Mori, Hiroshi Natori, Daniel Rueckert, and Kensaku Mori

    Medical Imaging and Augmented Reality, 7th International Conference, MIAR 2016   LNCS 9805 巻   頁: 269–280   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  499. Impact of an automated system for endocytoscopic diagnosis of small colorectal lesions: an international web-based study 査読有り

    Yuichi Mori, Shin-ei Kudo ,Philip Wai Yan Chiu, Rajvinder Singh , Masashi Misawa, Kunihiro Wakamura, Toyoki Kudo, Takemasa Hayashi, Atsushi Katagiri, Hideyuki Miyachi, Fumio Ishida, Yasuharu Maeda, Haruhiro Inoue, Yukitaka Nimura, Masahiro Oda, Kensaku Mori

    Endoscopy 2016   48 巻 ( 12 ) 頁: 1110-1118   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0042-113609

  500. Ⅰ 医療分野における3Dプリンタ利活用の最新動向 医療分野における3Dプリンタの応用動向─診療報酬改定の影響と今後の動向も含めて

    森 健策

    インナービジョン 2016年7月号   31 巻 ( 7 ) 頁: 4-7   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  501. Ⅲ 3Dプリンティングのハンドリングのノウハウ

    森 健策

    インナービジョン 2016年7月号   31 巻 ( 7 ) 頁: 20-24   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  502. Robust colonoscope tracking method for colon deformations utilizing coarse-to-fine correspondence findings 査読有り

    Masahiro Oda, Hiroaki Kondo, Takayuki Kitasaka, Kazuhiro Furukawa, Ryoji Miyahara ,Yoshiki Hirooka, Hidemi Goto, Nassir Navab, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery     頁: (accepted)   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1007/s11548-016-1456-6

  503. 開腹手術映像の知的アーカイブのための遮蔽物除去手法の評価

    北坂 孝幸, 後藤 慎史, 杉田 峻, 富永 迅, 澤野 弘明, 末永 康仁, 三澤一成, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   116 巻 ( 160 ) 頁: 5-6   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  504. 3次元腹部X線CT像からの経時リンパ節の自動検出精度の検討

    中村 嘉彦, 寳珠山 裕, 林 雄一郎, 北坂 孝幸, 三澤 一成, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   116 巻 ( 160 ) 頁: 39-42   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  505. A Study on Fast Interactive Segmentation on 3D Medical Image using Graph-cut

    Chenglong Wang, Masahiro Oda, Tokunori Yamamoto, Yasushi Yoshino, Shigeru Nawano, Kensaku Mori

      116 巻 ( 160 ) 頁: 23-28   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  506. 腹腔鏡下手術ナビゲーションシステムのためのステレオ内視鏡画像からの臓器形状復元の定量評価

    柴田 睦実, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 三澤 一成, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   116 巻 ( 160 ) 頁: 7-12   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  507. Surgical field retrieval for intelligent laparotomy video archive system

    Takayuki Kitasaka, Shinji Goto, Shun Sugita, Hayate Tominaga, Hiroaki Sawano, Yasuhito Suenaga, Kazunari Misawa, Kensaku MORI

        頁: PP-7   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  508. 腹腔鏡下胃切除術のための手術ナビゲーションシステムにおけるステレオ内視鏡画像からの臓器形状復元に関する検討

    柴田 睦実, 森田 千尋, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 三澤 一成, 森 健策

    第35回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP1-10   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  509. Structured Random Forest を用いた 3 次元腹部 CT 像からのリンパ節自動検出に関する初期的検討

    寳珠山 裕, 二村 幸孝, 小田 昌宏, 三澤 一成, 藤原 道隆, 森 健策

    第35回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP7-4   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  510. Regression Forest を用いた膵臓領域の局所化に関する初期的検討

    清水 南月, 小田 昌宏, 三澤 一成 ,藤原 道隆, 森 健策

    第35回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP8-7   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  511. 腹腔鏡下手術ナビゲーションシステムにおける剛体と非剛体レジストレーションを用いた臓器表面形状による位置合わせ手法の検討

    林 雄一郎, 森田 千尋, 三澤 一成, 森 健策

    第35回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: PP-29   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  512. Reduction of User Interaction Cost of Graph-cut Using Gradient Vector Flow in Blood Vessel Segmentation

    Chenglong WANG, Masahiro ODA, Yasushi YOSHINO, Tokunori YAMAMOTO, Kensaku MORI

        頁: OP6-5   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  513. Myofiber Extraction from Micro CT Volumes by Combining Structure Tensor and Hessian Matrix

    Hirohisa Oda, Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Toshiaki Akita, Kensaku Mori

        頁: OP6-6   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  514. Extraction of Intrahepatic Bile Duct from Dual-energy CT Volumes by Selective Use of Feature Values from Different Scales

    Pengfei CHEN, Hiroshi TANAKA, Masahiro ODA, Yuichiro HAYASHI, Tsuyoshi IGAMI, Masato NAGINO, Kensaku MORI

        頁: OP9-1   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  515. A Study on Volume Similarity Metric for Clinical and Micro CT Volume Registration

    NAGARA, Shota NAKAMURA, Masahiro ODA, Hirotoshi HOMMA, Hirotsugu TAKABATAKE, Masaki MORI, Hiroshi NATORI, Kensaku MORI

        頁: OP9-2   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  516. Port placement planning method for assistant surgeon in laparoscopic gastrectomy

    Y. Hayashi, K. Misawa, K. Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   13 巻 ( 1 ) 頁: s231-232   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  517. Characterization of Colorectal Lesions Using a Computer-Aided Diagnostic System for Narrow-Band Imaging Endocytoscopy 査読有り

    Masashi Misawa, Shin-ei Kudo, Yuichi Mori, Hiroki Nakamura, Shinichi Kataoka, Yasuharu Maeda, Toyoki Kudo, Takemasa Hayashi, Kunihiko Wakamura, Hideyuki Miyachi, Atsushi Katagiri, Toshiyuki Baba, Fumio Ishida, Haruhiro Inoue, Yukitaka Nimura, Kensaku Mori

    Gastroenterology   150 巻 ( 7 ) 頁: 1531-1532.e3   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI:10.1053/j.gastro.2016.04.004

  518. Port placement planning assistance for laparo - scopic gastrectomy based on anatomical structure analysis

    Yuichiro Hayashi, Kazunari Misawa, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery 2016   11 巻 ( 1 ) 頁: S265-S266   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  519. Comparison of Hessian-Matrix- and structure-tensor-based methods for myofiber structure extraction from micro-CT volumes

    Hirohisa Oda, Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Toshiaki Akita, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery 2016   11 巻 ( 1 ) 頁: S38-S39   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  520. Evaluation of efficiency of feature values for false positive reduction of automated mediastinal lymph node detection

    Chenglong Wang, Mitsuru Kagajo, Yoshihiko Nakamura, Masahiro Oda, Yasushi Yoshino, Tokunori Yamamoto, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery 2016   11 巻 ( 1 ) 頁: S42-S43   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  521. Segmentation method of abdominal arteries from CT volumes utilizing intensity transition along arteries

    Masahiro Oda, Tokunori Yamamoto, Yasushi Yoshino, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery 2016   11 巻 ( 1 ) 頁: S46-S47   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  522. Evaluation of efficiency of feature values for false positive reduction of automated mediastinal lymph node detection

    Hirohisa Oda, Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Shingo Iwano, Hirotoshi Homma, Hirotsugu Takabatake, Masaki Mori, Hiroshi Natori, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery 2016   11 巻 ( 1 ) 頁: S130-S131   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  523. A multi-scale and multi-modality statistical model of pancreas

    Akinobu Shimizu, Hidekata Hontani, Naoki Kobayashi, Hayaru Shouno, Kensaku Mori, Chika Iwamoto, Kenoki Ohuchida, Makoto Hashizume

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery 2016   11 巻 ( 1 ) 頁: S165-S166   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  524. Scale-seamless registration and visualization for micro-computational anatomy

    Kensaku Mori, Kai Nagara, Shota Nakamura, Masahiro Oda

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery 2016   11 巻 ( 1 ) 頁: S169-S171   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  525. An improved method for intrahepatic bile duct extraction from dual-energy CT volumes based on sample data adjustment for SVM training

    Pengfei Chen, Hiroshi Tanaka, Masahiro Oda, Yukihiro Hayashi, Tsuyoshi Igami, Masato Nagino, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery 2016   11 巻 ( 1 ) 頁: S218-S219   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  526. Clinical application of a surgical navigation system based on virtual laparoscopy in laparoscopic gastrectomy for gastric cancer 査読有り

    Yuichiro Hayashi, Kazunari Misawa, Masahiro Oda, David J. Hawkes, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology Surgery   11 巻 ( 5 ) 頁: 827-836   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1007/s11548-015-1293-z

  527. Progressive internal landmark registration for surgical navigation in laparoscopic gastrectomy for gastric cancer 査読有り

    Yuichiro Hayashi, Kazunari Misawa, David J. Hawkes, Kensaku Mor

    International Journal of Computer Assisted Radiology Surgery   11 巻 ( 5 ) 頁: 837-845   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1007/s11548-015-1346-3

  528. X線CTやMRIにおける3D画像

    森 健策

    メディカル&イメージング MOOK   4 巻   頁: 57-64   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  529. 多元計算解剖モデルの体系的開発 Sytematic Development of Multidisciplinary Computational Anatomy Models 腫瘍マルチスケール時空間モデリング

    森 健策

    第55回 日本生体医工学会大会プログラム・抄録集   54 巻 ( 1 ) 頁: 97   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  530. Precise renal artery segmentation for estimation of renal vascular dominant regions

    Chenglong Wang, Mitsuru Kagajo, Yoshihiko Nakamura, Masahiro Oda, Yasushi Yoshino, Tokunori Yamamoto, and Kensaku Mori

    Proceedings of SPIE Medical Imaging 2016   9784 巻   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1117/12.2217492

  531. Intensity targeted radial structure tensor analysis and its application for automated mediastinal lymph node detection from CT volumes

    Hirohisa Oda, Yukitaka Nimura, Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Shingo Iwano, Hirotoshi Honma, Hirotsugu Takabatake, Masaki Mori, Hiroshi Natori, and Kensaku Mori

    Proceedings of SPIE Medical Imaging 2016   9785 巻   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1117/12.2216663

  532. Ensemble lymph node detection from CT volumes combining local intensity structure analysis approach and appearance learning approach

    Yoshihiko Nakamura, Yukitaka Nimura, Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Kazuhiro Furukawa, Hidemi Goto, Michitaka Fujiwara, Kazunari Misawa, and Kensaku Mori

    Proceedings of SPIE Medical Imaging 2016   9785 巻   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1117/12.2214925

  533. Position-based adjustment of landmark based correspondence finding in electromagnetic sensor-based colonoscope tracking method

    Masahiro Oda, Hiroaki Kondo, Takayuki Kitasaka, Kazuhiro Furukawa, Ryoji Miyahara, Yoshiki Hirooka, Hidemi Goto, Nassir Navab, and Kensaku Mori

    Proceedings of SPIE Medical Imaging 2016   9786 巻   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1117/12.2216371

  534. Accurate airway segmentation based on intensity structure analysis and graph-cut

    Qier Meng, Takayuki Kitsaka, Yukitaka Nimura, Masahiro Oda, and Kensaku Mori

    Proceedings of SPIE Medical Imaging 2016   9784 巻   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1117/12.2216670

  535. 管腔構造に対する自動解剖名称アノテーション

    森 健策

    121回日本解剖学会総会・全国学術集会 講演プログラム・抄録集     頁: 93   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  536. 腹部動脈の血管名自動対応付けにおける分岐パターンを考慮した機械学習の利用の検討

    張 暁楠, 加賀城 充, 小田 昌宏, 三澤 一成, 森 健策

    電子情報通信学会 2016年総合大会プログラム   D-16-11 巻   頁: 81   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  537. 医療分野における3Dプリンタの応用

    森 健策

    宙舞   ( 78 ) 頁: 2-6   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  538. エキスパートによるRSNA 2015ベストリポート : 3Dプリンタ,ユーザーインターフェイス等の動向を中心に

    森 健策

    インナービジョン 2016年2月号   31 巻 ( 2 ) 頁: 41-42   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  539. MICCAI2015参加報告

    花岡 昇平, 唐澤 健一. 本谷 秀堅. 周 向栄. 平野 靖, 小田 昌宏, 増谷 佳孝, 清水 昭伸, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   115 巻 ( 401 ) 頁: 177-182   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  540. Dual-energy CT画像からの特徴抽出に基づく肝内胆管領域自動抽出

    陳 鵬飛, 田中 寛, 小田 昌宏, 林 雄一郎, 伊神 剛, 梛野 正人, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   115 巻 ( 401 ) 頁: 187-192   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  541. 解剖学的ランドマークに基づく自動臓器局所化とその膵臓セグメンテーションへの応用

    唐澤 健一, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 花岡 昇平, 林 雄一郎, 二村 幸孝, 三澤 一成, 藤原 道隆, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   115 巻 ( 401 ) 頁: 215-220   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  542. スケールシームレスナビゲーションのためのマルチスケールレジストレーション法の開発 マイクロCT像を用いた基礎的検討

    長柄 快, 中村 彰太, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 本間 裕敏, 高畠 博嗣, 森 雅樹, 名取 博, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   115 巻 ( 401 ) 頁: 351-356   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  543. 腹腔鏡下手術ナビゲーションシステムにおける臓器表面形状を用いた術中の非剛体レジストレーションに関する検討

    森田 千尋, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 三澤 一成, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   115 巻 ( 401 ) 頁: 357-362   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  544. マルチスケール画像処理のためのマイクロCT画像データベース構築 多元計算解剖学における画像処理アルゴリズム開発のためのデータベース構築

    森 健策, 長柄 快, 小田 昌宏

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   115 巻 ( 401 ) 頁: 165-170   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  545. 気管支構造情報を用いた気管支内腔壁面への気管支枝名自動表示の精度向上

    山本 貴洋, 北坂 孝幸, 二村 幸孝, 末永 康仁, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   115 巻 ( 401 ) 頁: 13-18   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  546. 条件付き確率場を利用した腹部動脈および肝門脈系の血管名自動対応付け

    加賀城 充, 二村 幸孝, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 三澤 一成, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   115 巻 ( 401 ) 頁: 19-24   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  547. Surgical and Radiological Studies on the Length of the Hepatic Ducts 査読有り

    Tomoaki Hirose, Tsuyoshi Igami, Tomoki Ebata, Yukihiro Yokoyama, Gen Sugawara, Takashi Mizuno, Kensaku Mori, Masahiko Ando, Masato Nagino

    World Journal of Surgery   39 巻 ( 12 )   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1007/s00268-015-3201-7

  548. Pneumoperitoneum simulation based on mass-spring-damper models for laparoscopic surgical planning 査読有り

    Yukitaka Nimura, Jia Di Qu, Yuichiro Hayashi, Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Makoto Hashizume, Kazunari Misawa, and Kensaku Mori

    Journal of Medical Imaging   2 巻 ( 4 )   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1117/1.JMI.2.4.044004

  549. New Tools for Analysis of Peripheral Lung Structures by Virtual Microscopy and Three Dimensional Printed out Scale up Tangible Model for Realization by Micro Focused CT Data of the Lung Specimen

    Hiroshi Natori, Hirotsugu Takabatake, Kensaku Mori, Masahiro Oda, Masaki Mori, Hirotoshi Homma, and Hiroyuki Koba

    RSNA 2015 (Radiological Society of North America) Scientific Assembly and Annual Meeting PROGRAM IN BRIEF     頁: 278   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  550. A Study on Improvement of Airway Segmentation using Hybrid Method

    Qier Meng, Takayuki Kitasaka, Yukitaka Nimura, Masahiro Oda, and Kensaku Mori

    The 3rd IAPR Asian Conference on Pattern Recognition (ACPR2015)     頁: 225-229   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  551. 超拡大内視鏡画像におけるテクスチャ情報を利用した自動病理診断に関する予備的検討

    二村 幸孝, 森 悠一, 三澤 将史, 工藤 進英, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第24回日本コンピュータ外科学会大会特集号   17 巻 ( 3 ) 頁: 264-265   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  552. 縦隔リンパ節検出のためのRadial Structure Tensor解析の改良に関する基礎的検討

    小田 紘久, 二村 幸孝, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 岩野 信吾, 本間 裕敏, 高畠 博嗣, 森 雅樹, 名取 博, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第24回日本コンピュータ外科学会大会特集号   17 巻 ( 3 ) 頁: 256-257   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  553. 磁気式位置センサを用いた大腸内視鏡トラッキング手法の精度解析

    小田 昌宏, 近藤 弘明, 北坂 孝幸, 古川 和宏, 宮原 良二, 廣岡 芳樹, 後藤 秀美, Nassir Navab, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第24回日本コンピュータ外科学会大会特集号   17 巻 ( 3 ) 頁: 254-255   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  554. 音声操作手術ナビゲーションシステムのための血管観察視点位置の自動決定法に関る検討

    林 雅大, 堂満 恵介, 目加田 慶人, 三澤 一成, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第24回日本コンピュータ外科学会大会特集号   17 巻 ( 3 ) 頁: 252-253   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  555. 深層学習を用いた3次元腹部CT像からのリンパ節検出における過検出削減に関する検討-学習データの人工生成が過検出削減に与える影響-

    寳珠山 裕, 二村 幸孝, 小田 昌宏, 三澤 一成, 藤原 道隆, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第24回日本コンピュータ外科学会大会特集号   17 巻 ( 3 ) 頁: 244-245   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  556. 3次元腹部CT像からのリンパ節抽出における特徴量計算のための球状モデルの利用

    孟 晨, 二村 幸孝, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 中村 嘉彦, 三澤 一成, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第24回日本コンピュータ外科学会大会特集号   17 巻 ( 3 ) 頁: 242-243   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  557. Graph-cutと血管追跡法を併用した腎動脈精密抽出手法における血管抽出性能評価

    王 成龍, 加賀城 充, 中村 嘉彦, 小田 昌宏, 吉野 能, 山本 徳則, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第24回日本コンピュータ外科学会大会特集号   17 巻 ( 3 ) 頁: 208-209   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  558. マルチスケール空洞強調フィルタと機械学習を用いた頑健性の高い気道抽出

    蒙 琪儿, 小田 紘久, 北坂 孝幸, 二村 幸孝, 小田 昌宏, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第24回日本コンピュータ外科学会大会特集号   17 巻 ( 3 ) 頁: 206-207   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  559. 条件付き確率場を用いた腹部動脈の血管名自動対応付け

    加賀城 充, 小田 昌宏, 林 雄一郎, 北坂 孝幸, 三澤 一成, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第24回日本コンピュータ外科学会大会特集号   17 巻 ( 3 ) 頁: 202-203   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  560. 3次元画像を用いた開腹手術の手術ナビゲーションシステムにおける手術支援画像の提示法の検討

    林 雄一郎, 三澤 一成, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第24回日本コンピュータ外科学会大会特集号   17 巻 ( 3 ) 頁: 170-171   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  561. 腹腔鏡手術ナビゲーションシステムのための軟性鏡カメラ方向測定装置の開発

    長柄 快, 柴田 睦実, 清水 南月, 小田 昌宏, 三澤 一成, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第24回日本コンピュータ外科学会大会特集号   17 巻 ( 3 ) 頁: 166-167   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  562. 腹腔鏡下手術ナビゲーションにおける非剛体レジストレーションを利用した術中の位置合わせに関する検討

    森田 千尋, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 三澤 一成, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第24回日本コンピュータ外科学会大会特集号   17 巻 ( 3 ) 頁: 163-164   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  563. 多元計算解剖学とコンピュータ外科-高度知能化治療支援に向けて-

    森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第24回日本コンピュータ外科学会大会特集号   17 巻 ( 3 ) 頁: 156   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  564. マイクロCT画像からの線維方向追跡に関する検討

    小田 紘久, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 秋田 利明, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   115 巻 ( 301 ) 頁: 9-14   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  565. Clinical application of a surgical navigation system based on virtual laparoscopy in laparoscopic gastrectomy for gastric cancer 査読有り

    Yuichiro Hayashi , Kazunari Misawa, Masahiro Oda, David J Hawkes, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery     2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1007/s11548-015-1293-z

  566. Leap Motionによる外科手術ナビゲーションシステム操作の一提案

    佐藤 淳史, 道満 恵介, 目加田 慶人, 三澤 一成, 森 健策

    平成27年度日本生体医工学会東海支部大会プログラム・抄録集     頁: 18   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  567. Tracking Accuracy Evaluation of Electromagnetic Sensor-based Colonoscope Tracking Method

    Masahiro Oda, Hiroaki Kondo, Takayuki Kitasaka, Kazuhiro Furukawa, Ryoji Miyahara, Yoshiki Hirooka, Hidemi Goto, Nassir Navab, and Kensaku Mori

    Second International Workshop on Computer-Assisted and Robotic Endoscopy Held in Conjunction with MICCAI 2015   LNCS 9515 巻   頁: 101-108   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  568. Supervoxel Classification Forests for Estimating Pairwise Image Correspondences Machine Learning in Medical Imaging

    Fahdi Kanavati, Tong Tong, Kazunari Misawa, Michitaka Fujiwara, Kensaku Mori, Daniel Rueckert, and Ben Glocker

    MICCAI 2015   LNCS 9352 巻   頁: 94-101   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  569. Structure specific atlas generation and its application to pancreas segmentation from contrasted abdominal CT volumes

    Kenichi Karasawa, Masahiro Oda, Kensaku Mori, and Takayuki Kitasaka

    MICCAI 2015 Workshop on Medical Computer Vision     頁: Algorithms for Big Data   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  570. 特集/マルチモダリティ医用画像の統合解析: マルチモダリティ画像の融合―治療応用を目的とした CT/超音波/内視鏡画像融合―

    森 健策

    Medical Imaging Technology   33 巻 ( 4 ) 頁: 170-176   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  571. `Observation-driven adaptive differential evolution and its application to accurate and smooth bronchoscope three-dimensional motion tracking 査読有り

    Xiongbiao Luo, Ying Wan, Xiangjian He, and Kensaku Mori

    Medical Image Analysis   24(1) 巻   頁: 282-296   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1016/j.media.2015.01.002

  572. A Study on Improvement of Renal Artery Segmentation Using Hybrid Method

    Chenglong Wang, Mitsuru Kagajo, Yoshihiko Nakamura, Masahiro Oda, Tokunori Yamamoto, Yasushi Yoshino, Kensaku Mori

      115 巻 ( 139 ) 頁: 7-12   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  573. シリーズ新潮流─The Next Step of Imaging Technology〈Vol.4〉3Dプリンタの医療応用最前線─利活用法から作製法まで─, 総論:3Dプリンタの医療応用の現状と展望

    森 健策

    ンナービジョン 2015年7月号   30 巻 ( 7 ) 頁: 40-44   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  574. III Know How & Technique─3Dプリンタの技術と運用の実際 :1.臓器モデル作製のための基礎知識─プリンタ選び,臓器造形,後処理,利用法まで

    森 健策

    インナービジョン 2015年7月号   30 巻 ( 7 ) 頁: 64-71   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  575. コンピュータビジョンの進化と医用画像認識理解の進化 ~ パネルディスカッション ~

    本谷 秀堅, 増谷 佳孝, 佐藤 嘉伸, 清水 昭伸, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   115 巻 ( 139 ) 頁: 27-32   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  576. Radial Structure Tensor に基づく塊状構造強調フィルタの縦隔リンパ節検出への利用に関する検討

    小田 紘久, 二村 幸孝, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 岩野 信吾, 本間 裕敏, 高畠博嗣, 森 雅樹, 名取 博, 森 健策

    第18回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015)     頁: SS4-10   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  577. 局所的濃度値情報を利用したCT像からの血管抽出手法の改善

    小田 昌宏, 加賀城 充, 山本 徳則, 吉野 能, 森 健策

    第34回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: PP34   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  578. 臓器情報に基づくルールベースの後処理による腹部動脈に対する解剖学的名称の自動対応付け精度向上

    加賀城 充, 中村 嘉彦, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 三澤 一成, 森 健策

    第34回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: PP31   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  579. A preliminary study on false positive reduction of bronchus segmentation using SVM

    Qier Meng, Takayuki Kitasaka, Hirohisa Oda, Yukitaka Nimura, Yoshihiko Nakamura, Masahiro Oda, Kensaku Mori

        頁: PP30   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  580. 気管支構造情報を利用した気管支内腔壁面への気管支枝名表示の自動化手法の開発

    山本 貴洋, 北坂 孝幸, 二村 幸孝, 末永 康仁, 森 健策

    第34回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: PP29   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  581. 腹腔鏡下手術ナビゲーションシステムにおける臓器と血管の情報に基づく位置合わせ手法の検討

    林 雄一郎, 森田 千尋, 三澤 一成, 森 健策

    第34回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: PP28   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  582. 大腸病変の超拡大血管所見に対する自動診断システム

    三澤 将史, 工藤 進英, 森 悠一, 片岡 伸一, 中村 大樹, 工藤 豊樹, 林 武雅, 若村 邦彦, 宮地 英行, 片桐 敦, 石田 文生, 井上 晴洋, 二村 幸孝, 森 健策

    第34回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: PP21   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  583. 球状モデルを用いた腹部CT像からのリンパ節自動検出手法の検討

    孟 晨, 小田 紘久, 二村 幸孝, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 中村 嘉彦, 三澤 一成, 森 健策

    第34回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: PP19   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  584. 3次元腹部造影CT像からの膵臓セグメンテーションにおける線状構造情報を用いた患者固有アトラス選択の有効性に関する検討

    唐澤 健一, 小田 昌宏, 林 雄一郎, 二村 幸孝, 北坂 孝幸, 三澤 一成, 藤原 道隆, 森 健策

    第34回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP8-4   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  585. マイクロCTと3Dプリンタを利用した肺微細構造拡大再現法に関する検討

    小田 昌宏, 本間 裕敏, 高畠 博嗣, 森 雅樹, 名取 博, 森 健策

    第34回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP6-4   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  586. SURF特徴量の照合による腹腔鏡手術映像へのタグ付け

    水谷 友一, 佐藤 梨果, 道満 恵介, 目加田 慶人, 三澤 一成, 森 建策

    第34回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP4-3   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  587. 開腹手術映像における遮蔽物除去手法の高精度化

    北坂 孝幸, 池井 友啓, 林 祐斗, 八重嶋 秀, 澤野 弘明, 水野 慎士, 末永 康仁, 三澤 一成

    第34回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP4-2   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  588. 深層学習を用いたCT像からのリンパ節検出における過検出削減に関する検討

    寳珠山 裕, 二村 幸孝, 小田 昌宏, 三澤 一成, 藤原 道隆, 森 健策

    第34回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP1-4   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  589. 複数検出手法の統合による3次元腹部X線CT像からの腹部リンパ節検出手法の精度向上

    中村 嘉彦, 二村 幸孝, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 古川 和宏, 後藤 秀実, 藤原 道隆, 三澤 一成, 森 健策

    第34回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP1-3   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  590. 大腸Endocytoscopyを用いた、自動診断システムの高精度化

    森 悠一, 工藤 進英, 若村 邦彦, 三澤 将史, 小川 悠史, 工藤 豊樹, 林 武雅, 宮地 英行, 片桐 敦, 石田 文生, 井上 晴洋, 二村 幸孝, 森 健策

    第34回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP1-1   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  591. 開腹手術映像からの遮蔽物除去手法の基礎的検討

    北坂 孝幸, 池井 友啓, 林 祐斗, 八重嶋 秀, 澤野 弘明, 水野 慎士, 末永 康仁, 三澤 一成, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   115 巻 ( 139 ) 頁: 65-68   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  592. `3Dプリンタ肝臓モデルを用いた手術支援の実際 ~ 手術野で使用するための工夫 ~

    田中 寛, 伊神 剛, 廣瀬 友昭, 中村 嘉彦, 江畑 智希, 横山 幸浩, 菅原 元, 水野 隆史, 小田 昌宏, 林 雄一郎, 二村 幸隆, 梛野 正人, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   115 巻 ( 139 ) 頁: 45-50   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  593. マイクロCTと3Dプリンタによる肺微細構造拡大再現モデルの作成に関する検討

    小田 昌宏, 本間 裕敏, 高畠 博嗣, 森 雅樹, 名取 博, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   115 巻 ( 139 ) 頁: 39-43   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  594. Size-by-size iterative segmentation method of blood vessels from CT volumes and its application method of blood vessels from CT volumes and its application to renal vasculature

    Masahiro Oda, Mituru Kagajo, Tokunori Yamamoto, Yasushi Yoshino, and Kensaku Mori,

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery 2015   10 巻 ( 1 ) 頁: S208-S210   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  595. Development of an automated method to print bronchial names on the virtual bronchial wall

    Takahiro Yamamoto, Takayuki Kitasaka, Yukitaka Nimura, Yasuhito Suenaga, and Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery 2015   10 巻 ( 1 ) 頁: S24-S25   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  596. Progressive internal landmark registration for image guided vessek camping in laparoscopic gastrectomy

    Yuichiro Hayashi, Kazunari Misawa, David Hawkes, and Kensaku Mori,

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery 2015   10 巻 ( 1 ) 頁: S60-S61   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  597. Intra-operative registration method using organ surface information for surgical navigation in laparoscopic gastrectomy

    Chihiro Morita, Yuichiro Hayashi, Oda Masahiro, David Hawkes, Kazunari Misawa, and Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery 2015   10 巻 ( 1 ) 頁: S55-S56   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  598. JOEM リポート&インフォメーション 2015-1 光部品生産技術部会 3Dプリンタを利用した新たな治療診断支援 マクロ構造からミクロ構造まで

    森 健策

    光技術コンタクト   53 巻 ( 6 ) 頁: 55   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  599. Discriminative Dictionary Learning for Abdominal Multi-Organ Segmentation 査読有り

    Tong Tong, Robin Wolz, Zehan Wang, Qinquan Gao, Kazunari Misawa, Michitaka, Fujiwara, Kensaku Mori, Joseph V. Hajnal, Daniel Rueckert

    Medical Image Analysis     2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1016/j.media.2015.04.015

  600. A study on bronchus segmentation based on machine learning method from chest CT Image

    Qier Meng, Takayuki Kitasaka, Yukitaka Nimura, Yoshihoko Nakamura, Masahiro Oda, Kensaku Mori

      115 巻 ( 25 ) 頁: 121-126   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  601. 3D臓器モデルを操作デバイスとするインタラクションシステム構築に関する予備的検討

    細野 佑介, 中村嘉彦, 張 暁楠, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 伊神 剛, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   115 巻 ( 25 ) 頁: 1-6   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  602. 多元計算解剖に基づいたコンピュータ診断・治療支援システム -研究計画と研究進捗-

    森 健策, 仁木 登

    第54回 日本生体医工学会大会 プログラム・抄録集   53 巻 ( 1 ) 頁: 144   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  603. 臓器情報を利用した血管名自動対応付け手法の検討

    加賀城 充, 中村 嘉彦, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 三澤 一成, 森 健策

    電子情報通信学会 2015年総合大会プログラム     頁: 76   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  604. 腹腔鏡下手術ナビゲーションにおける血管と臓器情報を用いた術中のレジストレーション手法に関する初期検討

    林 雄一郎, 森田 千尋, ホークス デイビット, 三澤 一成, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   114 巻 ( 482 ) 頁: 321-325   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  605. 反復抽出処理を用いた造影CT像からの血管抽出手法の開発

    小田 昌宏, 加賀城 充, 山本 徳則, 吉野 能, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   114 巻 ( 482 ) 頁: 311-316   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  606. X線暗視野法光学系を用いた屈折X線イメージングによる医用画像工学の創成と多元計算解剖学への展開

    安藤 正海, 湯浅 哲也, 砂口 尚輝, 森 健策, 鈴木 芳文, 市原 周, Rajiv Gupta

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   114 巻 ( 482 ) 頁: 295-300   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  607. 気管支内腔壁面への気管支枝名自動表示手法の開発

    山本 貴洋, 北坂 孝幸, 二村 幸孝, 末永 康仁, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   114 巻 ( 482 ) 頁: 253-258   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  608. 大腸ひだ検出処理に基づく大腸内視鏡ナビゲーションシステムに関する検討

    近藤 弘明, 小田 昌宏, 古川 和宏, 宮原 良二, 廣岡 芳樹, 後藤 秀美, 北坂 孝幸, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   114 巻 ( 482 ) 頁: 237-242   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  609. SVMを利用した3次元腹部CT像からの胆管領域セグメンテーション手法の開発

    古閑 楠人, 林 雄一郎, 廣瀬 友昭, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 伊神 剛, 梛野 正人, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   114 巻 ( 482 ) 頁: 227-232   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  610. 術中音声操作に基づく手術ナビゲーションにおけるユーザインタフェースの改良

    林 雅大, 道満 恵介, 目加田 慶人, 三澤 一成, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   114 巻 ( 482 ) 頁: 129-132   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  611. Automated anatomical labeling of abdominal arteries and hepatic portal system extracted from abdominal CT volumes 査読有り

    Tetsuro Matsuzaki, Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Yuichiro Hayashi, Kazunari Misawa, Kensaku Mori

    Medical Image Analysis   20 巻 ( 1 ) 頁: 152-161   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  612. 特集 RSNA 2014 A Century of Transforming Medicine:15. 3Dプリンタ,ユーザーインターフェイスの動向を中心に

    森 健策

    インナービジョン 2015年2月号   30 巻 ( 2 ) 頁: 46-47   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  613. マイクロCTを使用した三次元肺末梢構造の観察

    本間 裕敏, 高畠 博嗣, 森 雅樹, 名取 博, 小田 昌宏, 森 健策

    '第7回 呼吸機能イメージング研究会学術集会     頁: 78   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  614. Meclozine Promotes Longitudinal Skeletal Growth in Transgenic Mice with Achondroplasia Carrying a Gainof-Function Mutation in the FGFR3 Gene

    Masaki Matsushita, Satoru Hasegawa, Hiroshi Kitoh, Kensaku Mori, Bisei Ohkawara, Akihiro Yasoda, Akio Masuda, Naoki Ishiguro, Kinji Ohno

    Endocrinology   156 巻 ( 2 ) 頁: 548-554   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  615. Connection method of separated luminal regions of intestine from CT volumes

    Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Kazuhiro Furukawa, Osamu Watanabe, Takafumi Ando, Yoshiki Hirooka, Hidemi Goto, and Kensaku Mori

    SPIE Medcal. Imaging 2015     頁: accepted   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  616. Automated branching pattern report generation for laparoscopic surgery assistance

    Masahiro Oda, Tetsuro Matsuzaki, Yuichiro Hayashi, Takayuki Kitasaka, Kazunari Misawa, and Kensaku Mori

    SPIE Medical Imaging 2015     頁: accepted   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  617. Investigation of Optimal Feature Value Set in False Positive Reduction Process for Automated Abdominal Lymph Node Detection Method

    Yoshihiko Nakamura, Yukitaka Nimura, Takayuki Kitasaka, Shinji Mizuno, Kazuhiro Furukawa, Hidemi Goto, Michitaka Fujiwara, Kazunari Misawa, Masaki Ito, Shigeru Nawano, and Kensaku Mori

    SPIE Medical Imaging 2015     頁: accepted   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  618. Pancreas segmentation from 3D abdominal CT images using patient-specific weighted-subspatial probabilistic atlases

    Kenichi Karasawa, Masahiro Oda, Yuichiro Hayashi, Yukitaka Nimura, Takayuki Kitasaka, Kazunari Misawa, Michitaka Fujiwara, Daniel Rueckert, and Kensaku Mori

    SPIE Medical Imaging 2015     頁: accepted   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  619. 医用画像処理と3Dプリンタによる臓器モデル生成と診断治療支援への応用

    森 健策

    電子情報通信学会 2015年総合大会プログラム     頁: CS-4-8, p.65   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  620. 3Dプリンティングの現状と将来展望:医用画像処理と3Dプリンタによる臓器実体モデル作成とその利用'

    森 健策

    光技術コンタクト   53 巻 ( 2 ) 頁: 20-27   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  621. A Model-free Method for Annotating on Vascular Structure in Volume Rendered Images

    Wei He, Yanfang Li, Weili Shi, Yu Miao, Fei He, Fei Yan,, Huamin Yang, Huimao Zhang, Kensaku Mori, and Zhengang Jiang

    Proceedings of SPIE   9415 巻   頁: 941528-1-8   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  622. Development And Clinical Application of Surgical Navigation System for Laparoscopic Hepatectomy

    Yuichiro Hayashi, Tsuyoshi Igami, Tomoaki Hirose, Masato Nagino, and Kensaku Mori

    Proceedings of SPIE   9715 巻   頁: 94151X-1-6   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  623. Automated Torso Organ Segmentation from 3D CT Images using Structured Perceptron and Dual Decomposition

    Yukitaka Nimura, Yuichiro Hayashi, Kazunari Misawa, and Kensaku Mori

    Proceedings of SPIE   9414 巻   頁: 94143L-1-6   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  624. Adaptive marker-free registration using a multiple point strategy for real-time and robust endoscope electromagnetic navigation 査読有り

    Xiongbiao Luo, Ying Wan, Xiangjian He, and Kensaku Mori

    Computer Methods and Programs in Biomedicine   118 巻 ( 2 )   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1016/j.cmpb.2014.11.008

  625. Automated Organ Segmentation from CT Images using Structure Output Learning

    Yukitaka Nimura, Yuichiro Hayashi, Kazunari Misawa, Kensaku Mori

    2015 Joint Conference of the International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT) and the International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA)     頁: PS.1, 616   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  626. Pancreas segmentation from abdominal CT volumetric images using hierarchically-weighted probabilistic atlases

    Kenichi Karasawa, Masahiro Oda, Yuichiro Hayashi, Yukitaka Nimura, Takayuki Kitasaka, Kazunari Misawa, Michitaka Fujiwara, Kensaku Mori

    2015 Joint Conference of the International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT) and the International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA)     頁: PS.1, 617   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  627. Application of a Three-dimensional Print of a Liver in Hepatectomy for Small Tumors Invisible by Intraoperative Ultrasonography: Preliminary Experience

    Tsuyoshi Igami, Yoshihiko Nakamura, Tomoaki Hirose, Tomoki Ebata, Yukihiro Yokoyama, Gen Sugawara, Takashi Mizuno, Kensaku Mori, Masato Nagino

    World Journal of Surgery   38 巻 ( 12 ) 頁: 3163-3166   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  628. 3D Printed Liver Models for Diagnostic and Surgical Assistance: How to Prepare Data, Print and Utilize?

    Kensaku Mori, Yoshihiko Nakamura, Yuichiro Hayashi, Masahiro Oda, Tsuyoshi Igami, Tomoaki Hirose

    RSNA 2014   INE025-b 巻   頁: 312   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  629. Ⅲ計算解剖学応用システム開発:計画班からの報告 2.計算解剖モデルに基づく診断・治療の融合的支援'

    森 健策

    インナービジョン 2014年11月号   29 巻 ( 11 ) 頁: 22-25   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  630. Ⅵ計算解剖学:ワーキンググループ(WG)からの報告ー国際シンポジウムの報告も含めて

    森 健策, 清水 昭伸, 増谷 佳孝, 佐藤 嘉伸

    インナービジョン 2014年11月号   29 巻 ( 11 ) 頁: 22-25   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  631. MICCAI2014参加報告

    北坂 孝幸, 中込 啓太, 音丸 格, 小田 昌宏, 平野 靖, 増谷 佳孝, 金 亨燮

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   114 巻 ( 311 ) 頁: 49-54   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  632. 局所濃淡構造解析を用いた 3 次元腹部 X 線 CT 像からの胃がん症例における胃周辺の小径腫大リンパ節自動検出手法の検討

    中村 嘉彦, 北坂 孝幸, 古川 和宏, 後藤 秀実, 藤原 道隆, 三澤 一成, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第23回日本コンピュータ外科学会大会特集号   16 巻 ( 3 ) 頁: 310-311   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  633. Radial Structure Tensor 解析に基づく 3 次元腹部 CT 像からの胆管領域自動抽出に関する予備的検討

    古閑 楠人, 林 雄一郎, 廣瀬 友昭, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 伊神 剛, 梛野 正人, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第23回日本コンピュータ外科学会大会特集号   16 巻 ( 3 ) 頁: 292-293   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  634. 腹部 CT 像からの自動リンパ節検出のためのカスケード型識別器を使用したリンパ節存在位置の制限に関する予備的検討

    二村 幸孝, 林 雄一郎, 北坂 孝幸, 古川 和宏, 三澤一成, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第23回日本コンピュータ外科学会大会特集号   16 巻 ( 3 ) 頁: 290-291   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  635. 磁気式位センサと3次元 CT 像を用いた大腸内視鏡トラッキングにおける特徴点対応付け条件に関する検討

    近藤 弘明, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 古川 和宏, 宮原 良二, 廣岡 芳樹, 後藤 秀実, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第23回日本コンピュータ外科学会大会特集号   16 巻 ( 3 ) 頁: 250-251   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  636. 腹腔鏡下胃切除術の術中ナビゲーションシステムにおける複数臓器情報を用いた局所レジストレーション手法の検討

    森田 千尋, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 三澤 一成, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第23回日本コンピュータ外科学会大会特集号   16 巻 ( 3 ) 頁: 248-249   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  637. 腹腔鏡下胃切除術の手術ナビゲーションにおける血管の位置情報を用いた術中の位置合わせ手法の検討

    林 雄一郎, 三澤 一成, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第23回日本コンピュータ外科学会大会特集号   16 巻 ( 3 ) 頁: 178-179   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  638. 臓器重心位置を利用した腹部動脈に対する解剖学的名称の自動対応付け精度の向上

    加賀城 充, 中村 嘉彦, 小田 昌宏, 林 雄一郎, 北坂 孝幸, 三澤 一成, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第23回日本コンピュータ外科学会大会特集号   16 巻 ( 3 ) 頁: 173-174   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  639. 腹腔鏡下肝切除術における磁気センサーを用いたリアルタイムナビゲーションシステムの開発

    伊神 剛, 林 雄一郎, 廣瀬 友昭, 江畑 智希, 横山 幸浩, 菅原 元, 水野 隆史, 山口 淳平, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 板津 慶太, 森 健策, 挪野 正人

    日本内視鏡外科学会総会雑誌, 第27回日本内視鏡外科学会総会抄録集   19 巻 ( 410 ) 頁: 871   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  640. A New Image Similarity Measure for Bronchoscope Tracking Based on Image Registration

    Qier Meng,Takayuki Kitasaka, Yukitaka Nimura, Kensaku Mori

        頁: 16   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  641. 画像診断―イメージングアプローチ 腎細胞癌の下大動脈腫瘍塞栓血管3Dイメージング

    森 健策

    Nephrology Frontier 2014年9月号   13 巻 ( 3 ) 頁: 70(286)-74(290)   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  642. Real-time bronchoscope three-dimensional motion estimation usingmultiple sensor-driven alignment of CT images and electromagneticmeasurements 査読有り

    Xiongbiao Luo, Kensaku Mori

    Computerized Medical Imaging and Graphics   38 巻 ( 6 ) 頁: 540-548   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  643. Automated method for reconstructing fragmented luminal regions of intestine

    Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Kazuhiro Furukawa, Osamu Watanabe, Takafumi Ando, Yoshiki Hirooka, Hidemi Goto, and Kensaku Mori

    Proceedings of MICCAI 2014 Workshop on Abdominal Imaging     頁: ABDI-P3   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  644. New laparoscopic system for identify exact location of the primary tumor in the stomach using a glass fluorescent clip

    Shunko Albano Inada, Shingo Fuchi, Kensaku Mori, Junichi Hasegawa,Hayao Nakanishi, Kazunari Misawa

        頁: P-2333, p.215   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  645. Enhanced Differential Evolution to Combine Optical Mouse Sensor with Image Structural Patches for Robust Endoscopic Navigation

    Xiongbiao Luo, Uditha L. Jayarathne, A. Jonathan McLeod, and Kensaku Mori

    MICCAI 2014   Part II 巻 ( LNCS 8674 ) 頁: 340–348   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  646. Geodesic Patch-based Segmentation

    Zehan Wang, Kanwal K. Bhatia, Ben Glocker, Antonio Marvao, Tim Dawes, Kazunari Misawa, Kensaku Mori, and Daniel Rueckert

    MICCAI 2014   Part I 巻 ( LNCS 8673 ) 頁: 666–673   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  647. Application of a Three-dimensional Print of a Liver in Hepatectomy for Small Tumors Invisible by Intraoperative Ultrasonography: Preliminary Experience 査読有り

    Tsuyoshi Igami, Yoshihiko Nakamura, Tomoaki Hirose, Tomoki Ebata, Yukihiro Yokoyama, Gen Sugawara, Takashi Mizuno, Kensaku Mori, Masato Nagino

    World Journal of Surgery     2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI:10.1007/s00268-014-2740-7

  648. 時空間特徴照合による腹腔鏡手術映像へのタグ付け

    佐藤 健司, 道満 恵介, 目加田 慶人, 三澤 一成, 森 健策

    第33回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP3-1   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  649. 開腹手術映像における遮蔽物除去手法の基礎的検討

    北坂 孝幸, 石川 浩太. 山田 真弘. 木原 一輝. 澤野 弘明, 水野 慎士, 末永 康仁, 三澤 一成, 森 健策

    第33回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP3-8   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  650. 逐次構造学習を利用した医用画像からの臓器抽出における学習パラメータに関する調査

    二村 幸孝, 林 雄一郎, 北坂 孝幸, 森 健策

    第33回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP5-1   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  651. 個別尤度マップを用いた3次元腹部CT像からの膵臓領域セグメンテーション手法

    唐澤 健一, 林 雄一郎, 二村 幸孝, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 三澤 一成, 藤原 道隆, 森 健策

    第33回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP5-5   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  652. 仮想化内視鏡と磁気式位置センサによる腹腔鏡下手術ナビゲーションシステムの開発

    林 雄一郎, 伊神 剛, 廣瀬 友昭, 梛野 正人, 森 健策

    第33回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP6-1   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  653. 3Dプリンタを用いた3次元実体肝臓モデルによる外科手術支援に関する予備的検討

    中村 嘉彦, 林 雄一郎, 廣瀬 友昭, 伊神 剛, 梛野 正人, 森 健策

    第33回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: PP28   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  654. 腹腔鏡下胃切除術の術中ナビゲーションシステムにおける局所レジストレーション手法の開発

    森田 千尋, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 三澤 一成, 森 健策

    第33回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: PP27   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  655. 気管支枝名の気管支内腔壁面への印字手法の開発

    山本 貴洋, 北坂 孝幸, 二村 幸孝, 末永 康仁, 森 健策

    第33回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: PP24   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  656. 大腸の変形を考慮した磁気式位置センサおよび3次元CT像を用いた大腸内視鏡トラッキング手法の精度向上

    近藤 弘明, 小田 昌宏, 古川 和宏, 宮原 良二, 廣岡 芳樹, 後藤 秀実, 北坂 孝幸, 森 健策

    第33回日本医用画像工学会大会予稿集     頁: OP6-2   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  657. A Discriminative Structural Similarity Measure and its Application to Video-Volume Registration for Endoscope Three-Dimensional Motion Tracking 査読有り

    Xiongbiao Luo, Kensaku Mori

    IEEE TRANSACTIONS ON MEDICAL IMAGING   33 巻 ( 6 ) 頁: 1248-1261   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TMI.2014.2307052

  658. 画像情報処理技術を活用した診断・治療支援~腹部のがん治療を助ける画像処理技術~

    森 健策

    電気評論 2014年6月号   99 巻 ( 6 ) 頁: 19-24   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  659. Real-time bronchoscope three-dimensional motion estimation usingmultiple sensor-driven alignment of CT images and electromagneticmeasurements

    Xiongbiao Luo, Kensaku Mori

    Computerized Medical Imaging and Graphics   38 巻 ( 6 ) 頁: 540–548   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.compmedimag.2014.06.013

  660. Development of laparoscope surgery navigation system activated by utterance of anatomical name based on automated anatomical name recognition of abdominal blood vessels

    Kensaku Mori, Masayasu Hirata, Tetsuro Matsuzaki, Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Kazunari Misawa, Yuichiro Hayashi, Yoshito Mekada

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery(CARS2014)   9 巻 ( 1 ) 頁: S353-S354   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  661. Clinical application of 3D virtual navigation system to laparoscopic gastrectomy

    Yuichiro Hayashi, Kazunari Misawa, Masahiro Oda, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery(CARS2014)   9 巻 ( 1 ) 頁: S311-S312   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  662. False positive reduction based on SVM using intensity and texture information for automatic abdominal lymph node segmentation

    Yukitaka Nimura, Yoshihiko Nakamura, Yuichiro Hayashi, Takayuki Kitasaka, Kazuhiro Furukaw, Kazunari Misawa, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery(CARS2014)   9 巻 ( 1 ) 頁: S227-S228   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  663. A study on feature analysis in false positive reduction process of automated abdominal lymph node detection method

    Yoshihiko Nakamura, Takayuki Kitasaka, Shinji Mizuno, Kazuhiro Furukaw, Hidemi Goto, Michitaka Fujiwara, Kazunari Misawa, Masaaki Ito, Shigeru Nawano, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery(CARS2014)   9 巻 ( 1 ) 頁: S225-S227   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  664. A method for automated detection of lymph nodes from contrasted chest CT images using modified radial structure tensor

    Takayuki Kitasaka, Masahiro Oda, Shingo Iwano, Hirotoshi Honma, Hirotsugu Takabatake, Masaki Mori, Hiroshi Natori, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery(CARS2014)   9 巻 ( 1 ) 頁: S224-S225   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  665. An automated method for connecting separated luminal regions of intestine segmented from CT volumes

    Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Kazuhiro Furukawa, Osamu Watanabe, Takafumi Ando, Yoshiki Hirooka, Hidemi Goto, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery(CARS2014)   9 巻 ( 1 ) 頁: S223-S224   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  666. Development of marker-free estimation method of colonoscope tip position using electromagnetic sensors and CT volumes

    Hiroaki Kondo, Masahiro Oda, Kazuhiro Furukawa, Ryoji Miyahara, Yoshiki Hirooka, Hidemi Goto, Takayuki Kitasaka, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery(CARS2014)   9 巻 ( 1 ) 頁: S11-S12   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  667. Application of patient specific 3D liver model fabricated by 3D printer from CT volumes to aid liver cancer surgery

    Yoshihiko Nakamura, Yuichiro Hayashi, Tomoaki Hirose, Tsuyoshi Igami, asato Nagino, Kensaku Mori

      114 巻 ( 103 ) 頁: 43-46   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  668. Robust Real-Time Bronchoscope Electromagnetic Tracking Using an Adaptive Hybrid Registration Approach without Fiducials

    Luo Xiongbiao, Mori Kensaku

    2014 IEEE International Symposium on Biomedical Imaging(ISBI2014)     頁: 294-297   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  669. 画像処理・表示技術,インターフェイス,3Dプリンタ等の動向を中心に -画像表示技術としての3Dプリンティングとユーザーインターフェイス

    森 健策

    インナービジョン 2014年2月号   29 巻 ( 2 ) 頁: 51-52   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  670. Adaptive fiducial-free registration using multiple point selection for real-time electromagnetically navigated endoscopy

    Xiongbiao Luo and Kensaku Mori

    Proceedings of SPIE   9036 巻   頁: 90360A-1-10   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  671. Development of automated extraction method of biliary tract from abdominal CT volumes based on local intensity structure analysis

    Kusuto Koga, Yuichiro Hayashi, Tomoaki Hirose, Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Tsuyoshi Igami, Masato Nagino, and Kensaku Mori

    Proceedings of SPIE   9034 巻   頁: 903448-1-10   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  672. Automated abdominal lymph node segmentation based on RST analysis and SVM

    Yukitaka Nimura, Yuichiro Hayashi, Takayuki Kitasaka, Kazuhiro Furukawa, Kazunari Misawa, and Kensaku Mori

    Proceedings of SPIE   9035 巻   頁: 90352U-1-6   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  673. Colonoscope navigation system using colonoscope tracking method based on line registration

    Masahiro Oda, Hiroaki Kondo, Takayuki Kitasaka, Kazuhiro Furukawa, Ryoji Miyahara, Yoshiki Hirooka, Hidemi Goto, Nassir Navab, and Kensaku Mori

    Proceedings of SPIE   9036 巻   頁: 903626-1-7   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  674. Robust endoscope motion estimation via an animated particle filter for electromagnetically navigated endoscopy

    Xiongbiao Luo, Kensaku Mori

    IEEE Transactions on Biomedical Engineering   61 巻 ( 1 ) 頁: 85-95   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TBME.2013.2277609

  675. 3Dプリンタによる臓器モデル作製─作製方法から診断応用法まで

    森 健策

    インナービジョン 2014年1月号   29 巻 ( 1 ) 頁: 71-73   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  676. 分岐パターン解析による腹部動脈および肝門脈系に対する解剖学的名称の自動対応付け

    松崎 哲朗, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 林 雄一郎, 三澤 一成, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   113 巻 ( 410 ) 頁: 19-24   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  677. 3Dプリンタを用いた臓器造形とその応用に関する一考察

    森 健策, 小田 昌宏, 林 雄一郎, 二村 幸孝, 中村 嘉彦, 北坂 孝幸

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   113 巻 ( 410 ) 頁: 181-186   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  678. 小中高生向け講座「3Dプリンターで臓器モデルを作ろう!開催報告

    森 健策, 小田 昌宏, 二村 幸孝, 林 雄一郎

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   113 巻 ( 410 ) 頁: 175-180   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  679. 条件付き確率場による医用画像からの臓器抽出に関する予備的検討

    二村 幸孝, 林 雄一郎, 北坂 孝幸, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   113 巻 ( 410 ) 頁: 155-160   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  680. 気管支鏡ナビゲーションにおける複数センサを利用したマーカーフリーレジストレーション手法に関する予備的検討

    董 陽, 小田 紘久, 羅 雄彪, 二村 幸孝, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 本間 裕敏, 高畠 博嗣, 森 雅樹, 名取 博, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   113 巻 ( 410 ) 頁: 109-114   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  681. 特徴選択手法を用いた3次元腹部X線CT像からのリンパ節自動検出手法の改良

    中村 嘉彦, 水野 慎士, 北坂 孝幸, 古川 和宏, 後藤 秀実, 藤原 道隆, 三澤 一成, 伊藤 雅昭, 縄野 繁, 森 健策

    電子情報通信学会技術研究報告(MI)   113 巻 ( 410 ) 頁: 85-90   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  682. Externally Navigated bronchoscopy using 2-D motion sensors: Dynamic phantom validation 査読有り

    Xiongbiao Luo, Takayuki Kitasaka, Kensaku Mori

    IEEE Transactions on Medical Imaging   32 巻 ( 10 ) 頁: 1745-1764   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TMI.2013.2263152

  683. Automated Abdominal Multi-Organ Segmentation With Subject-Specific Atlas Generation 査読有り

    Robin Wolz, Chengwen Chu, Kazunari Misawa, Michitaka Fujiwara, Kensaku Mori, and Daniel Rueckert

    IEEE Transactions on Medical Imaging   32 巻 ( 9 ) 頁: 1723-1730   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TMI.2013.2265805

  684. Assessment of COPD severity by combining pulmonary function tests and chest CT images 査読有り

    Yukitaka Nimura, Takayuki Kitasaka, Hirotoshi Honma, Hirotsugu Takabatake, Masaki Mori, Hiroshi Natori, Kensaku Mori

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   8 巻 ( 3 ) 頁: 353-363   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11548-012-0798-y

  685. Automated Ulcer Detection Method From CT Images for Computer Aided Diagnosis of Crohn's Disease 査読有り

    Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Kazuhiro Furukawa, Osamu Watanabe, Takafumi Ando, Hidemi Goto, and Kensaku Mori

    IEICE Transactions on Information and Systems   E96-D 巻 ( 4 ) 頁: 808-818   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transinf.E96.D.808

  686. Anatomical annotation on vascular structure in volume rendered images 査読有り

    Zhengang Jiang, Yukitaka Nimura, Yuichiro Hayashi, Takayuki Kitasaka, Kazunari Misawa, Michitaka Fujiwara, Yasukazu Kajita, Toshihiko Wakabayashi, Kensaku Mori

    Computerized Medical Imaging and Graphics     頁: CMIG-1167   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.compmedimag.2013.03.001

  687. Hybrid electromagnetic and image-based tracking of endoscopes with guaranteed smooth output 査読有り

    Tobias Reichl, Xiongbiao Luo, Manuela Menzel, Hubert Hautmann, Kensaku Mori, Nassir Navab

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery     2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11548-013-0835-5

  688. 塊状構造強調処理の改良による3次元腹部X線CT像からのリンパ節自動検出手法の精度向上 査読有り

    中村 嘉彦,北坂 孝幸,水野 慎士,古川 和宏,後藤 秀実,藤原 道隆,三澤 一成,伊藤 雅昭,縄野 繁,森 健策

      31 巻 ( 1 ) 頁: 62-71   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  689. Contents-Rich Display for Medical Diagnostic and Surgical Aid 招待有り

    Kensaku Mori

    Proceedings of The International Display Workshops   19 巻   頁: 1561-1562   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  690. 3D-Virtual Laparoscopic Image (3D-VLI)とナビゲーションシステムを応用した腹腔鏡下胃切除術 招待有り

    三澤 一成, 伊藤 誠二, 伊藤 友一, 金城 和寿, 植村 則久, 木村 賢哉, 千田 嘉毅, 安部 哲也, 小森 康司, 金光 幸秀, 佐野 力, 清水 泰博, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 森 健策

    第25回日本内視鏡外科学会総会抄録集     頁: 238   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  691. 内視鏡手術コンピュータ支援のための自動解剖構造認識理解 招待有り

    森 健策

    第25回日本内視鏡外科学会総会抄録集     頁: 305   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  692. Extraction of Airways From CT (EXACT'09) 査読有り

    Pechin Lo, Bram van Ginneken, Joseph M. Reinhardt, Tarunashree Yavarna, Pim A. de Jong, Benjamin Irving, Catalin Fetita, Margarete Ortner, Rômulo Pinho, Jan Sijbers, Marco Feuerstein, Anna Fabijanska, Christian Bauer, Reinhard Beichel, Carlos S. Mendoza, Rafael Wiemker, Jaesung Lee, Anthony P. Reeves, Silvia Born, Oliver Weinheimer, Eva M. van Rikxoort, Juerg Tschirren, Kensaku Mori, Benjamin Odry, David P. Naidich, Ieneke Hartmann, Eric A. Hoffman, Mathias Prokop, Jesper H. Pedersen, and Marleen de Bruijne

    IEEE TRANSACTIONS ON MEDICAL IMAGING   31 巻 ( 11 ) 頁: 2093-2107   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  693. Observation-Driven Adaptive Differential Evolution for Robust Bronchoscope 3-D Motion Tracking

    Xiongbiao Luo, Kensaku Mori

    The 11th Asian Conference on Computer Vision (ACCV2012)   ( LNCS 7726 ) 頁: 259-271   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  694. CAD System for Mediastinal Lymph Node Diagnosis: Automated Segmentation and Visualization of Mediastinal Lymph Nodes from CT Images

    Kensaku Mori, Masahiro Oda, Yukitaka Nimura, Yoshihiko Nakamura, Takayuki Kitasaka, Shingo Iwano, Mitsuhiro Kishimoto, Masaki Mori, Hirotsugu Takabatake, Hirotoshi Homma, Hiroshi Natori

    RSNA (Radiological Society of North America) Scientific Assembly and Annual Meeting Program 2012   ( LL-INE1196 ) 頁: 338   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  695. Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Michitaka Fujiwara, Kazunari Misawa, Kensaku Mori

    CAD System for Diagnosis of Stomach Cancer Metastasis Based on Automated Enlarged Lymph Node Detection

    RSNA (Radiological Society of North America) Scientific Assembly and Annual Meeting Program 2012   ( LL-INE1195 ) 頁: 338   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  696. Automatic Naming System for Tracheobronchial Structures by Computational Anatomy

    Hirotoshi Homma, Masaki Mori, Hirotsugu Takabatake, Kensaku Mori, Yukitaka Nimura

    RSNA (Radiological Society of North America) Scientific Assembly and Annual Meeting Program 2012   ( LL-CHE2314 ) 頁: 273   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  697. Endoscope 3-D Motion Tracking Using An Aggressive Particle Filtering for Boosting Electromagnetic Guidance Endoscopy

    Xiongbiao Luo, Takayuki Kitasaka, and Kensaku Mori

    The 21st International Conference on Pattern Recognition (ICPR2012)   1 巻   頁: 117-120   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  698. 局所濃淡構造解析とグラフカットに基づく胸部CT 像からの気管支抽出に関する予備的検討

    二村 幸孝, 北坂 孝幸, 本間 裕敏, 高畠博嗣, 森 雅樹, 名取 博, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第21回日本コンピュータ外科学会大会特集号   14 巻 ( 3 ) 頁: 330-331   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  699. 重みつき尤度マップを用いた三次元腹部CT 像からの複数臓器抽出手法に関する研究

    褚 成文, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 三澤 一成, 藤原 道隆, 林 雄一郎, Robin Wolz, Daniel Rueckert, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第21回日本コンピュータ外科学会大会特集号   14 巻 ( 3 ) 頁: 326-327   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  700. 腹腔鏡下手術ナビゲーションシステムの開発と臨床応用

    三澤 一成, 伊藤 誠二, 伊藤 友一, 金城 和寿, 植村 則久, 木村 賢哉, 千田嘉毅, 安部 哲也, 小森 康司, 金光 幸秀, 佐野 力, 清水 泰博, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第21回日本コンピュータ外科学会大会特集号   14 巻 ( 3 ) 頁: 304-305   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  701. 過検出削減処理の改良による三次元腹部X 線CT 像からのリンパ節自動検出手法の精度向上

    中村 嘉彦, 北坂 孝幸, 水野 慎士, 古川 和宏, 後藤 秀実, 藤原 道隆, 三澤 一成, 伊藤 雅昭, 縄野 繁, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第21回日本コンピュータ外科学会大会特集号   14 巻 ( 3 ) 頁: 218-219   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  702. 手術ナビゲーションにおける術具の位置情報を利用した術前画像の術中更新に関する検討

    林 雄一郎, 藤井 正純, 梶田 泰一, 若林 俊彦, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第21回日本コンピュータ外科学会大会特集号   14 巻 ( 3 ) 頁: 228-229   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  703. 仮想胃展開像生成における切開線自動決定手法の評価

    水藤 倫彰, 林 雄一郎, 小田 昌宏, 北坂 孝幸, 飯沼 元, 三澤 一成, 縄野 繁, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第21回日本コンピュータ外科学会大会特集号   14 巻 ( 3 ) 頁: 286-287   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  704. 音声認識インタフェースを用いたナビゲーションシステム

    平田 正保, 目加田 慶人, 森 健策

    日本コンピュータ外科学会誌 第21回日本コンピュータ外科学会大会特集号   14 巻 ( 3 ) 頁: 296-297   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  705. 映像間照合による腹腔鏡手術シーン検索に関する検討

    佐藤 健司, 目加田 慶人, 森 健策, 三澤 一成

    日本コンピュータ外科学会誌 第21回日本コンピュータ外科学会大会特集号   14 巻 ( 3 ) 頁: 300-301   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  706. Traceable Particle Swarm Optimization for Electromagnetically Navigated Bronchoscopy

    Xiongbiao Luo, Takayuki Kitasaka, and Kensaku Mori

    Proceedings of MICCAI 2012 Workshop (AE-CAI)   ( LNCS 7815 ) 頁: 105-116   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  707. Multi-organ abdominal CT segmentation using hierarchically weighted subject-specific atlases

    Robin Wolz, Chengwen Chu, Kazunari Misawa, Kensaku Mori, and Daniel Rueckert

    Proceedings of MICCAI 2012   Part I 巻 ( LNCS 7510 ) 頁: 10-17   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  708. Method for detecting enlarged lymph nodes from 3D abdominal CT images with a multi-shape and multi-scale ellipsoidal structure detection filter

    Masahiro Oda, Takayuki Kitasaka, Michitaka Fujiwara, Kazunari Misawa, and Kensaku Mori

    Abdominal Imaging 2012, 4th International Workshop Held in Conjunction with MICCAI 2012   ( LNCS 7601 ) 頁: 238-245   2012年10月

     詳細を見る