2022/04/11 更新

写真a

ナカムラ ヒデキ
中村 英樹
NAKAMURA, Hideki
所属
大学院環境学研究科 都市環境学専攻 都市持続発展論 教授
大学院担当
大学院環境学研究科
大学院工学研究科
学部担当
工学部
工学部 環境土木・建築学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 工学博士 ( 1991年3月   東京大学 ) 

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 交通工学、交通計画

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 性能照査型道路計画設計と交通運用

  2. 道路の交通容量とサービスの質に関する研究

  3. 平面交差部の計画と設計,交通運用

経歴 6

  1. 名古屋大学   大学院環境学研究科 都市環境学専攻   教授

    2014年5月 - 現在

  2. 名古屋大学   グリーンモビリティ連携研究センター   教授

    2011年7月 - 2016年3月

  3. 名古屋大学   教養教育院   兼任教授

    2009年4月 - 2012年3月

  4. 名古屋大学   大学院工学研究科 社会基盤工学専攻   教授

    2007年10月 - 2014年4月

  5. 名古屋大学   大学院工学研究科 地圏環境工学専攻   准教授

    1996年4月 - 2007年9月

  6. 建設省   土木研究所   主任研究員

    1991年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 東京大学   工学系研究科   土木工学

    1988年4月 - 1991年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   工学系研究科   土木工学専攻

    1985年4月 - 1987年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 早稲田大学   理工学部   土木工学科

    1980年4月 - 1985年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. (公社)土木学会   フェロー

  2. (一社)交通工学研究会   会長・理事・技術顧問

  3. 世界交通学会   学術委員会副委員長

  4. 東アジア交通学会

  5. (公財)国際交通安全学会

  6. ITS Japan

▼全件表示

受賞 16

  1. 交通工学研究会 第39回交通工学研究発表会 研究奨励賞

    2019年8月   一般社団法人 交通工学研究会   信号交差点密度を考慮した道路事業便益の算出手法

    柿元祐史・中村英樹

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. 交通工学研究会 第33回論文賞

    2019年6月   一般社団法人 交通工学研究会   ラウンドアバウトの幾何構造が走行挙動特性に与える影響分析

    吉岡慶祐・中村英樹・下川澄雄・森田綽之

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  3. WCTR Topic Area C Best Paper Award, 15th World Conference on Transport Research (WCTR)

    2019年5月   World Conference on Transport Research Society   A Model Analysis of the Saturation Flow Rate Influenced by Downstream Conditions

    Zhu, H. and Nakamura, H.

     詳細を見る

    受賞国:インド

  4. 土木学会土木計画学研究委員会 平成30年度 優秀研究論文賞

    2018年11月   土木学会   幾何構造要因を考慮したラウンドアバウト流入交通容量推定モデル

    神戸信人・張馨・中村英樹・尾高慎二

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  5. 交通工学研究会 第38回交通工学研究発表会 研究奨励賞

    2018年8月   一般社団法人 交通工学研究会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  6. 交通工学研究会 第32回論文賞

    2018年6月   一般社団法人 交通工学研究会  

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  7. 交通工学研究会 第37回交通工学研究発表会 安全の泉賞

    2017年8月   一般社団法人 交通工学研究会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  8. 交通工学研究会 第31回論文賞

    2017年6月   一般社団法人 交通工学研究会  

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  9. 平成27年度 新道路技術会議 優秀技術研究開発賞

    2015年11月   新道路技術会議  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  10. 交通工学研究会 第35回交通工学研究発表会 研究奨励賞

    2015年9月   一般社団法人 交通工学研究会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  11. 交通工学研究会 第32回交通工学研究発表会 研究奨励賞

    2012年9月   一般社団法人 交通工学研究会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  12. 東アジア交通学会 第8回八十島義之助賞

    2009年11月   東アジア交通学会  

  13. 平成20年度 新道路技術会議 優秀技術研究開発賞

    2009年10月   国土交通省道路局 新道路技術会議  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  14. 交通工学研究会 第21回論文賞

    2007年5月   (社)交通工学研究会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  15. 交通工学研究発表会 研究奨励賞

    1998年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  16. 国際交通安全学会賞 論文部門

    1994年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 348

  1. Efficiency and Safety Evaluation of Left-turn Vehicles and Crossing Pedestrians in Signalized Intersections under the Autonomous Vehicle Mixed Flow Condition

    Pan Ang, Zhang Xin, Iryo-Asano Miho, Nakamura Hideki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF INTELLIGENT TRANSPORTATION SYSTEMS RESEARCH     2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:International Journal of Intelligent Transportation Systems Research  

    Field experiments of autonomous vehicles (AVs) have been conducted in many countries. However, efficiency evaluation of AV mixed flow and safety evaluation of conflicts between AVs and pedestrians in the real-world case are still limited. This study aims at evaluating the efficiency and safety of left-turn (LT) vehicles and pedestrians in signalized intersections, under the condition of AV mixed flow, by developing a simulation model. Post Encroachment Time (PET) and LT capacity were obtained. Further, gap/lag acceptance behavior and reaction time of LT vehicles were found to be critical parameters that affect efficiency and safety evaluations.

    DOI: 10.1007/s13177-021-00276-z

    Web of Science

    Scopus

  2. Modelling discharge flows at signalised intersections with adjustment of downstream effects

    Zhu H., Nakamura H.

    TRANSPORTMETRICA A-TRANSPORT SCIENCE     2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Transportmetrica A: Transport Science  

    Former studies revealed that before spillbacks happen intersection capacities can still be greatly affected by downstream queues and signals. However, there is no methodology reasonably accounting for this effect. This research aims to propose adjustment factor models (Adj models) for both saturation flow rate (SFR) and start-up lost time (SLT) in through lane groups considering downstream conditions. An improved cell transmission model is created to build a simulation platform that can well reproduce the downstream influence. By the experimental data, Adj models are derived through heuristic optimisation based regression analyses. Proposed adjustment factors are governed by common traffic indicators. Sensitivity analyses proved that approaches with high volumes, short segment lengths, large green ratios, positive offset, or large cycle lengths are more easily affected by downstream conditions. Through the validation, it is proved that the estimation error of SFR and SLT can be significantly reduced by the proposed adjustment factors.

    DOI: 10.1080/23249935.2021.1895360

    Web of Science

    Scopus

  3. Investigating the Efficiency and Safety of Signalized Intersections Under Mixed Flow Conditions of Autonomous and Human-Driven Vehicles

    Pan Ang, Zhang Xin, Nakamura Hideki, Alhajyaseen Wael

    ARABIAN JOURNAL FOR SCIENCE AND ENGINEERING   45 巻 ( 10 ) 頁: 8607 - 8618   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Arabian Journal for Science and Engineering  

    Field experiments of autonomous driving systems have already been started in several countries around the world. However, investigations on the performance of signalized intersections under the mixed flow condition of autonomous vehicle (AV) and human-driven vehicle (HDV) are still very limited, especially in terms of considering the interaction between vehicles. This study aims at developing a methodology to evaluate the efficiency and safety performance of signalized intersections under the conditions of AV mixed flows. If AVs are set aggressively such as small critical gap acceptance thresholds, approach capacity of signalized intersections may increase. However, the aggressive driving maneuver and the misjudgment by human drivers to AV may lead to some potential safety risks. On the other hand, if AVs are set conservatively to ensure large safety margins, for example by setting large critical gap thresholds or a longer following headway, a significant drop in the capacity is expected while the safety improvements may not be insured since extra delays will be imposed on HDVs which may induce risky behavior. This study finds that AVs with either excessively aggressive or conservative settings will lead to waste of capacity or potential safety hazard. AVs with aggressive settings will enable them to accept a short gap or lag, while AVs with conservative settings will increase the waiting time of the following HDVs, which may induce aggressive driving behavior. Both types of AV settings may contribute to safety risks represented by short time-to-collision and short post encroachment time.

    DOI: 10.1007/s13369-020-04810-1

    Web of Science

    Scopus

  4. Traffic safety culture of professional drivers in the State of Qatar

    Timmermans C., Alhajyaseen W., Reinolsmann N., Nakamura H., Suzuki K.

    IATSS Research   43 巻 ( 4 ) 頁: 286 - 296   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IATSS Research  

    Professional drivers play a significant role within the traffic system of the State of Qatar. With developing infrastructure, the need for professional drivers is growing. However, knowledge is lacking about their perception of traffic safety. Therefore, this study investigates the personal acceptance of risky driving and suggested traffic laws among this specific group of drivers, in order to create understanding about their likelihood to commit certain risky driving behaviors and their resistance to the implementation of certain traffic laws. The aim of this study is to establish which personal attributes of professional drivers in Qatar could influence a high likelihood to commit risky driving behaviors, estimating which specific groups of professional drivers impose the highest risk to violate certain traffic laws. Results indicate that transportation mode, origin and years of driving experience are all personal attributes that have a significant impact on the professional driver's risk to commit risky driving behaviors and their opposition to the implementation of related traffic laws. Distressing results have been found for the high likelihood to violate speed in school zones and the high risk to be distracted by any type of phone use while driving, suggesting the need to put emphasize on these safety hazards during the training programs of professional drivers at professional driving schools in the State of Qatar.

    DOI: 10.1016/j.iatssr.2019.03.004

    Web of Science

    Scopus

  5. Initial comparative analysis of international practice in road traffic signal control

    Tang K.

    Global Practices on Road Traffic Signal Control: Fixed-Time Control at Isolated Intersections     頁: 285 - 310   2019年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Global Practices on Road Traffic Signal Control: Fixed-Time Control at Isolated Intersections  

    DOI: 10.1016/B978-0-12-815302-4.00015-7

    Scopus

  6. Japan

    Nakamura H.

    Global Practices on Road Traffic Signal Control: Fixed-Time Control at Isolated Intersections     頁: 163 - 184   2019年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Global Practices on Road Traffic Signal Control: Fixed-Time Control at Isolated Intersections  

    DOI: 10.1016/B978-0-12-815302-4.00010-8

    Scopus

  7. Principles of road traffic signal control

    Boltze M.

    Global Practices on Road Traffic Signal Control: Fixed-Time Control at Isolated Intersections     頁: 7 - 17   2019年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Global Practices on Road Traffic Signal Control: Fixed-Time Control at Isolated Intersections  

    DOI: 10.1016/B978-0-12-815302-4.00002-9

    Scopus

  8. A comparative study on the operational performance of four-leg intersections by control type

    Arshi Abubeker N., Alhajyaseen Wael K. M., Nakamura Hideki, Zhang Xin

    TRANSPORTATION RESEARCH PART A-POLICY AND PRACTICE   118 巻   頁: 52 - 67   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Transportation Research Part A: Policy and Practice  

    The selection of proper control types at intersections at the planning stage is an important concern considering the difficulty in comparing the performance of different control types. Therefore, several manuals proposed selection charts to guide traffic engineers in identifying the control strategy that yields to the lowest delay and the highest level of service. However, most of these methodologies consider only total major and minor street traffic flows. They do not necessarily suggest to investigate the impact of turning traffic and pedestrian flows, which limits the applicability of their recommendations. Thus, this study aims to propose a procedure to assess the selection of the optimum control strategies among two-way stop, roundabout and signalization using average intersection vehicle delay as the evaluation criterion. The impact of turning traffic on the major and minor streets as well as the impact of pedestrians are integrated into the developed analytical methodology for the estimation of average intersection vehicle delay. A typical layout of isolated four-leg two-way intersection is assumed for the model development. It is concluded that turning traffic and pedestrians play essential roles in the performance of intersections. As pedestrian flow increases, signal control becomes prevailing over the other control types.

    DOI: 10.1016/j.tra.2018.08.039

    Web of Science

    Scopus

  9. Editors’ notes: Special issue on innovative intersection design and control for serving multimodal transport users

    Tian Z., Nakamura H., Boltze M., Chung E.

    Transportation Research Part C: Emerging Technologies   86 巻   頁: 639 - 640   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Transportation Research Part C: Emerging Technologies  

    DOI: 10.1016/j.trc.2017.11.022

    Web of Science

    Scopus

  10. A Study on the Impact of AV-HDV Mixed Traffic on Flow Dynamics of Single-Lane Motorway

    Kakimoto Y., Iryo-Asano M., Orhan E., Nakamura H.

    Transportation Research Procedia   34 巻   頁: 219 - 226   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Transportation Research Procedia  

    Due to the advancement in technology, it is likely to witness a deployment of Autonomous Vehicles (AV) on the road in the near future. High technical capability of AVs is expected to create different behavioral settings than Human-Driven Vehicles (HDV), such as shorter reaction time and time headway. However, considering AV-HDV mixed traffic conditions in the process of the dissemination, radical behavioral settings of AV might have negative impacts on traffic flow. This paper investigates safety, efficiency and comfort impacts of AV on a single lane motorway considering different reaction time, time headway and percentage of AV in a vehicle platoon. Results of Monte Carlo simulation show that with increased percentage of AV, safety, efficiency and comfort can be improved as far as the time headway of AV is similar to HDV under the assumption that AVs have smaller reaction time than HDVs. However, it can be concluded that the smaller desired minimum time headway may cause the unsafe and uncomfortable condition with the longer reaction time. Therefore, the setting of AV should be carefully selected considering the relationship between the reaction time and the desired minimum time headway.

    DOI: 10.1016/j.trpro.2018.11.035

    Web of Science

    Scopus

  11. Assessing Safety of Signalized Intersections: Influence of Geometric Attributes and Regionality on Traffic Accident Risk

    Shiomi Y., Watanabe K., Nakamura H., Akahane H.

    Transportation Research Record   2659 巻 ( 1 ) 頁: 71 - 79   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Transportation Research Record  

    Traffic accidents constitute a serious social problem. Thus, it is essential to identify and remove the risk factors affecting traffic accidents to enhance traffic safety at intersections. This study identified and quantified the main factors influencing traffic accident risk at signalized intersections to propose effective countermeasures. Google Earth was used to collect numerical data related to the geometric attributes of intersections in three regions in Japan: Kagawa, Shiga, and Aichi. A lognormal hurdle model that considered regionality and geometric attributes was then used to quantify factors influencing the risk of traffic accidents involving various types of collisions. The results indicate the existence of significant regional differences in the geometric attributes of intersections in those regions. The findings reveal that intersection size (indicated by the distance between stop lines), length of crosswalks, and setback distance of crosswalks generally and significantly influence all collision risk types; in addition, a compact intersection lowered the risk of all collision types. And in most cases, regional dummy variables were statistically significant. This finding suggests that in addition to intersection geometric attributes, regional differences in some factors influenced collision risk. Thus, it could be reasonably assumed that regionality stemmed from differences in driving characteristics.

    DOI: 10.3141/2659-08

    Web of Science

    Scopus

  12. An Analysis of Heavy Vehicle Impact on Roundabout Entry Capacity in Japan

    Kang Nan, Nakamura Hideki

    INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ENHANCING HIGHWAY PERFORMANCE (ISEHP), (7TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON HIGHWAY CAPACITY AND QUALITY OF SERVICE, 3RD INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON FREEWAY AND TOLLWAY OPERATIONS)   15 巻   頁: 308 - 318   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Transportation Research Procedia  

    Impact of heavy vehicles on roundabout entry capacity is generally considered through a heavy vehicle adjustment factor fHV which is calculated by heavy vehicle percentage and passenger car equivalent (PCE hereafter) value. The PCE value of trucks is generally set as 2.0 and estimated based on several considerations such as entry capacity and move-up time. All of these considerations are influenced by local driver behavior and geometry conditions. Thus, this paper aims to estimate entry capacity considering the characteristics of heavy vehicle behavior in Japan by microscopic simulation. Then based on the simulation results, the PCE value is also examined. Through the simulation study it is found that entry capacity is reduced when heavy vehicle percentage increases. Moreover, estimated PCE results show that the PCE value of entry flow increases when circulating flow increases but decreases when circulating flow is in high level. Also it is found that PCE of entry flow is lower than that of circulating flow which has priority at roundabouts.

    DOI: 10.1016/j.trpro.2016.06.026

    Web of Science

    Scopus

  13. Functionally Hierarchical Road Classification Considering the Area Characteristics for the Performance-oriented Road Planning

    Goto Azusa, Nakamura Hideki

    INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ENHANCING HIGHWAY PERFORMANCE (ISEHP), (7TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON HIGHWAY CAPACITY AND QUALITY OF SERVICE, 3RD INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON FREEWAY AND TOLLWAY OPERATIONS)   15 巻   頁: 732 - 748   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Transportation Research Procedia  

    This study aims to find out the necessary target travel speeds of roads in functionally hierarchical network which can achieve the target travel times for connecting centers with five different functions, considering the distribution of centers in the subjective area. In this paper, hierarchical road classification scenarios which consists of target travel speeds and road spacings are developed for differentiating road functions. Then travel times under the certain scenario are numerically calculated by an approximate method. Here, the calculation is based on a combination of hypothetical grid network and the actual motorway network. Finally, an application study of Tokaido region in Japan and southwest region in Germany demonstrated the impact of hierarchical road classification scenario on the achievement of the target travel time between centers in different categories.

    DOI: 10.1016/j.trpro.2016.06.061

    Web of Science

    Scopus

  14. Analysis and Modeling of Pedestrian Crossing Behavior during the Pedestrian Flashing Green Interval

    Iryo-Asano M., Alhajyaseen W.K.M., Nakamura H.

    IEEE Transactions on Intelligent Transportation Systems   16 巻 ( 2 ) 頁: 958 - 969   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:IEEE Transactions on Intelligent Transportation Systems  

    Pedestrian-vehicle conflicts are considered one of the most common safety problems at signalized intersections. In Japan, the pedestrian flashing green (PFG) is considered a safe time interval for pedestrians at crosswalks to finish crossing before conflicting vehicle streams are released. In most common phasing schemes, pedestrians have the right-of-way along with left-turning vehicles (in left-hand traffic). By law, pedestrians should not enter a crosswalk during the PFG. However, many of them rush into crosswalks without necessarily heeding approaching turning vehicles, which could increase the probability of severe conflicts. The objective of this paper is to analyze and model the probabilistic behavior of pedestrians after the onset of the PFG, which contains the pedestrians' decision of whether to give up crossing, as well as the pedestrian speed distribution. Empirical data analysis showed that longer crosswalks lead to significantly higher pedestrian stop probabilities. Furthermore, there is a significant difference between the pedestrians' speeds in the first and second halves of crosswalks. The results of a Monte Carlo simulation showed that the estimated models closely represent the overall stochastic behavior of the pedestrians from the onset of the PFG until the completion of crossing.

    DOI: 10.1109/TITS.2014.2346154

    Scopus

  15. Esimation of Roundabout Entry Capacity That Considers Conflict with Pedestrians

    Kang Nan, Nakamura Hideki

    TRANSPORTATION RESEARCH RECORD   2517 巻 ( 2517 ) 頁: 61 - 70   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Transportation Research Record  

    At roundabouts, the main streams that conflict with entry flow and have a significant effect on entry capacity are circulating flow and pedestrian flow. Pedestrian impact is estimated with an adjustment factor ( fped) in existing methods that were developed under standard roundabout designs, such as a physical splitter island at entry and exit. However, available space may limit these geometric designs in some locations (e.g., in Japan), and, as a result, the impact of driver and pedestrian behaviors on entry capacity probably changes. In a microscopic approach, entry vehicles cross pedestrian flow through available pedestrian gaps. Therefore, gap acceptance behavior is used to reproduce conflict with pedestrians. This analysis aimed to estimate roundabout entry capacity that considers conflict with pedestrians by gap acceptance behavior as well as several influencing factors, including presence or absence of a physical splitter island and the farside pedestrian yield rate (i.e., number of drivers yielding to the total farside pedestrian demand). Entry capacity was estimated two ways, with simulation analysis and a theoretical model. The estimated entry capacity results from the two approaches were compared, and the limitations of each approach were interpreted. Results from the two proposed approaches also were compared with those from the existing fped model that was applied in Highway Capacity Manual 2010 (referred to as HCM fped). Findings imply that HCM fped is not appropriate for Japanese situations. Both proposed approaches are expected to be used in the planning and design stages for roundabout implementation not only in Japan but also in other countries that must consider space limitations and pedestrians.

    DOI: 10.3141/2517-07

    Web of Science

    Scopus

  16. Application of social force model to pedestrian behavior analysis at signalized crosswalk

    Zeng Weiliang, Chen Peng, Nakamura Hideki, Iryo-Asano Miho

    TRANSPORTATION RESEARCH PART C-EMERGING TECHNOLOGIES   40 巻   頁: 143 - 159   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1016/j.trc.2014.01.007

    Web of Science

  17. An Estimation Method of Roundabout Entry Capacity Considering Pedestrian Impact

    Kang Nan, Nakamura Hideki

    9TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON TRAFFIC AND TRANSPORTATION STUDIES (ICTTS 2014)   138 巻   頁: 460 - 469   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1016/j.sbspro.2014.07.225

    Web of Science

  18. A Modified Social Force Model for Pedestrian Behavior Simulation at Signalized Crosswalks

    Zeng Weiliang, Nakamura Hideki, Chen Peng

    9TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON TRAFFIC AND TRANSPORTATION STUDIES (ICTTS 2014)   138 巻   頁: 521 - 530   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1016/j.sbspro.2014.07.233

    Web of Science

  19. Estimation of Roundabout Entry Capacity Under the Impact of Pedestrians by Applying Microscopic Simulation

    Kang Nan, Nakamura Hideki, Asano Miho

    TRANSPORTATION RESEARCH RECORD   ( 2461 ) 頁: 113 - 120   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.3141/2461-14

    Web of Science

  20. Stochastic approach for modeling the effects of intersection geometry on turning vehicle paths

    Alhajyaseen Wael K. M., Asano Miho, Nakamura Hideki, Dang Minh Tan

    TRANSPORTATION RESEARCH PART C-EMERGING TECHNOLOGIES   32 巻   頁: 179 - 192   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1016/j.trc.2012.09.006

    Web of Science

  21. Left-turn gap acceptance models considering pedestrian movement characteristics

    Alhajyaseen Wael K. M., Asano Miho, Nakamura Hideki

    ACCIDENT ANALYSIS AND PREVENTION   50 巻   頁: 175 - 185   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1016/j.aap.2012.04.006

    Web of Science

  22. Lane-Based Breakdown Identification at Diverge Sections for Breakdown Probability Modeling

    Ma Danpeng, Nakamura Hideki, Asano Miho

    TRANSPORTATION RESEARCH RECORD   ( 2395 ) 頁: 83 - 92   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.3141/2395-10

    Web of Science

  23. Development of Microscopic Traffic Simulation Model for Safety Assessment at Signalized Intersections

    Dang Minh Tan, Alhajyaseen Wael K. M., Asano Miho, Nakamura Hideki

    TRANSPORTATION RESEARCH RECORD   ( 2316 ) 頁: 122 - 131   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.3141/2316-14

    Web of Science

  24. Lane Utilization Analysis of Shared Left-turn Lane Based on Saturation Flow Rate Modeling

    Chen Peng, Nakamura Hideki, Asano Miho

    8TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON TRAFFIC AND TRANSPORTATION STUDIES (ICTTS)   43 巻   頁: 178 - 191   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1016/j.sbspro.2012.04.090

    Web of Science

  25. Implementing Travel Time Reliability for Evaluation of Congestion Relief Schemes on Expressways

    Mehran Babak, Nakamura Hideki

    TRANSPORTATION RESEARCH RECORD   ( 2124 ) 頁: 137 - 147   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.3141/2124-13

    Web of Science

  26. Desired Speed Distributions on Two-Lane Highways Under Various Conditions

    Catbagan Jerome L., Nakamura Hideki

    TRANSPORTATION RESEARCH RECORD   ( 2088 ) 頁: 218 - 226   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.3141/2088-23

    Web of Science

  27. Characteristics of breakdown phenomenon in merging sections of urban expressways in Japan

    Shawky Mohamed, Nakamura Hideki

    TRANSPORTATION RESEARCH RECORD   ( 2012 ) 頁: 11 - 19   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.3141/2012-02

    Web of Science

  28. Evaluation of performance measures for two-lane expressways in Japan

    Catbagan Jerome L., Nakamura Hideki

    HIGHWAY CAPACITY AND QUALITY OF SERVICE 2006   ( 1988 ) 頁: 111 - +   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  29. Discussion on the dynamic travel time estimation based on multiple data sources - Combining emerging data collection devices with conventional detectors

    Wang R, Nakamura H

    TRAFFIC AND TRANSPORTATION STUDIES, VOLS 1 AND 2, PROCEEDINGS     頁: 1377 - 1384   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  30. A novel agent-based framework for evaluating pedestrian safety at unsignalized mid-block crosswalks

    Zhu Hong, Almukdad Abdulkarim, Iryo-Asano Miho, Alhajyaseen Wael K. M., Nakamura Hideki, Zhang Xin

    ACCIDENT ANALYSIS AND PREVENTION   159 巻   頁: 106288   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Accident Analysis and Prevention  

    A critical safety problem in road networks is the conflicts on unsignalized crosswalks. Thus, a proactive approach to assess pedestrian safety performance is required. Simulating the microscopic road user behavior in a virtual platform is one of the typical approaches. However, current simulation tools are not flexible enough to properly reproduce various behaviors of pedestrians and drivers considering their interactions with the road environment and other road users. Therefore, the objective of this paper is to propose a novel agent-based framework for evaluating pedestrian safety at unsignalized crosswalks. Unsignalized mid-block crosswalks with refuge islands (UMCR) are considered as an example facility to implement the proposed framework, where relevant behavioral elements such as the reaction time, visual field with obstacles, and minimum safety margin time are addressed. Not only the pedestrian-vehicle interaction is modeled but also the vehicle-vehicle interaction is considered. Empirical validation on a UMCR shows that the proposed framework can reproduce reliable distributions of the post encroachment time compared to the observed distributions within an acceptable error range. The sensitivity analysis reveals that the high reaction time of drivers, small safety margin time, and visual obstacles near crosswalks increase the probability of serious conflicts. The results also show that the framework can reproduce traffic crashes under assumed extreme road conditions.

    DOI: 10.1016/j.aap.2021.106288

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  31. Lane-based Evaluation of the Traffic Flow Quality of Service in Urban Expressway Weaving Segments Based on Lane Utilization Rate 査読有り

    Zhou, Z., Nakamura, H., Iryo-Asano, M. and Kakimoto, Y.

    Proceedings for the 14th EASTS Conference     2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  32. An Analysis of the Left-turn Lane Capacity under Autonomous Vehicle Mixed Flow Considering the Influence of Pedestrian Volume and Crosswalk Length 査読有り

    Zhang, X., Wang, Y., Nakamura, H. and Liu, K.

    Proceedings for the 14th EASTS Conference     2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  33. Estimation of Roundabout Entry Capacity under Autonomous Vehicle Mixed Flows through a Traffic Simulator 査読有り

    Gao, Y., Zhang, X., Kang, N. and Nakamura, H.

    Proceedings for the 14th EASTS Conference     2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  34. Capacity Analysis of Signalized Traffic Circles in Comparison with Conventional Intersections 査読有り

    Bai, Y., Zhang, X. and Nakamura, H.

    Proceedings for the 14th EASTS Conference     2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  35. Estimation Method of Left-turn Lane Capacity under the Influence of Pedestrians and Crosswalk Layout at Signalized Crosswalks 査読有り 国際誌

    Emagnu, M. Y., Zhang, X., Iryo-Asano, M., and Nakamura, H.

    Journal of Civil Engineering   36 巻 ( 1 ) 頁: 32 - 40   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12962/j20861206.v36i1.9100

  36. Estimation of Expected Pedestrian Presence Time at the Conflict Area of Signalized Crosswalks 査読有り

    Emagnu, M.Y., Zhang, X., Iryo-Asano, M. and Nakamura, H.

    Journal of JSCE D3   76 巻 ( 5 ) 頁: I_1485 - I_1495   2021年4月

  37. 道路ネットワークの機能階層的利用に必要な道路・交通運用条件 査読有り

    関原敏裕・柿元祐史・中村英樹・井料美帆

    土木学会論文集D3(特集号)   76 巻 ( 5 ) 頁: I_1453 - I_1463   2021年4月

  38. 道路ネットワークの機能的階層化のための道路の性能目標の設定手法に関する研究 査読有り

    柿元祐史・中村英樹

    土木学会論文集D3(特集号)   76 巻 ( 5 ) 頁: I_1235 - I_1243   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. 信号交差点が連続する補助幹線道路における信号サイクル長短縮効果の実証実験 査読有り

    牧野修久・小林圭・池水丈明・中村英樹・鈴木弘司・井料美帆・柿元祐史

    交通工学論文集(特集号)   7 巻 ( 2 ) 頁: B_6 - B_13   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/23249935.2021.1895360

  40. A Comparative Study on the Operational Performance between Signalized Turbo Roundabouts and Signalized Intersections 査読有り

    Bai, Y., Zhang, X. and Nakamura, H.

    Asian Transport Studies   7 巻   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.eastsj.2021.100033

  41. Roundabout Entry Capacity Estimation under the Condition of Autonomous Vehicle Mixed Traffic Flows 査読有り

    Kang, N., Zhang, X. and Nakamura, H.

    100th Annual Meeting of Transportation Research Board     2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  42. A Comparative Study on the Capacity of Signalized Turbo Roundabouts and Signalized Intersections Considering Various Geometric Layouts 査読有り

    Bai, Y., Zhang, X. and Nakamura, H.

    100th Annual Meeting of Transportation Research Board     2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  43. Estimation of Waiting Pedestrian Occupancy-time at Signalized Crosswalks for Turning Vehicle Maneuver Analysis 招待有り 査読有り

    Emagnu, Y. M., Zhang, X., Iryo-asano, M. and Nakamura, H.

    100th Annual Meeting of Transportation Research Board     2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  44. サイクル長短縮による信号交差点の右折待ち行列延伸渋滞解消効果の実証分析 査読有り

    立松 秀樹, 森本 清誠, 田中 淳, 泉 典宏, 中村 英樹, 鈴木 弘司, 井料 美帆, 柿元 祐史

    交通工学論文集   7 巻 ( 2 ) 頁: B_55 - B_61   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 交通工学研究会  

    <p>愛知県の主要渋滞箇所の一つである春日井インター東交差点は、右折交通量に対して右折車線長が不足しており、右折待ち行列が直進車線まで延伸する状況が発生していた。その結果、後続直進車の通行が阻害され渋滞の要因の一つになっているとともに、右折待ち行列の末尾等への追突事故の危険性が懸念されていた。そこで本研究では、当該交差点において、右折待ち行列の延伸による渋滞解消のため、サイクル長を短縮する実証実験を実施した。本稿は、この実験に伴う円滑性・安全性の改善効果を検証した結果について報告するものである。</p>

    DOI: 10.14954/jste.7.2_B_55

  45. ESTIMATION OF EXPECTED PEDESTRIAN PRESENCE-TIME AT THE CONFLICT-AREA OF SIGNALIZED CROSSWALKS

    EMAGNU Yonas M., ZHANG Xin, IRYO-ASANO Miho, NAKAMURA Hideki

    土木学会論文集D3(土木計画学)   76 巻 ( 5 ) 頁: I_1485 - I_1495   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    <p>Crossing pedestrians is one of the critical factors in proper estimation of turning vehicle capacities at signalized intersections. Although individual pedestrian walking speeds and consequent pedestrian platoon maneuver are influenced by traffic signal settings, crosswalk length and bidirectional interactions of pedestrian flows, the existing capacity estimation methods of left-turning vehicles did not consider these impacts. This study aims to propose a method to estimate the expected pedestrian presence-time that pedestrian platoon occupies the conflict-area, considering the characteristics of pedestrian platoon maneuvers. Referring to the existing method to estimate time-dependent pedestrian presence probability distributions, this study re-estimated the parameters of the model using the additional database with higher pedestrian demand conditions. The model revealed that the increase of opposing pedestrian flow significantly reduces spatial variation. This model was applied to calculate expected pedestri</p>

    DOI: 10.2208/jscejipm.76.5_I_1485

  46. 信号交差点が連続する補助幹線道路における信号サイクル長短縮効果の実証実験

    牧野 修久, 小林 圭, 池水 丈明, 中村 英樹, 鈴木 弘司, 井料 美帆, 柿元 祐史

    交通工学論文集   7 巻 ( 2 ) 頁: B_6 - B_13   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 交通工学研究会  

    <p>愛知県は交通事故死者数が令和元年に 17 年ぶりに全国ワーストを脱却したが、今後更なる安全な道路交通環境の実現に向け、関係機関の一層の努力が求められている。本研究では、信号のサイクル長が長いことに起因して渋滞が発生し、これに伴う生活エリアへの通過交通により危険性が高まっている箇所を対象にサイクル長の短縮について検討し、実証実験により安全性や円滑性の観点から効果検証を行った。結果、右折レーンのない交差点など直進阻害が生じ信号の青時間が有効活用されていない箇所においてはサイクル長の短縮により、渋滞緩和や事故の危険性低下が確認された。一方、生活エリアへの抜け道利用の抑制効果については十分な効果がみられず、利用者への効果周知や生活道路への物理的デバイスの同時整備の必要性など今後の課題として確認した。</p>

    DOI: 10.14954/jste.7.2_B_6

  47. 道路ネットワークの機能的階層化のための道路の性能目標の設定手法に関する研究

    柿元 祐史, 中村 英樹

    土木学会論文集D3(土木計画学)   76 巻 ( 5 ) 頁: I_1235 - I_1243   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    <p>我が国の道路ネットワークは概成しつつあるが,本来発揮すべきサービスを十分提供できていない道路も多い.これらの解決には,道路ネットワークの機能的階層化によって各道路が発揮すべきサービス目標を明確にし,実道路の性能との乖離を明らかにすることが必要であると考えらえる.そこで本研究では,実道路の性能照査を行うことを目指し,任意の道路ネットワークの性能目標設定手法を提案することを目的とする.仮想の起点・終点間に,それぞれラインホール,および一般道路を用いる2つの経路を仮定し,ラインホールを用いる経路が最短時間または最小コストとなる道路ネットワークの必要条件を求めた.この必要条件を性能目標として,実道路を対象としたケーススタディにより性能目標を明らかにし,これらと実道路の性能の実態との乖離を明示した.</p>

    DOI: 10.2208/jscejipm.76.5_I_1235

  48. 道路ネットワークの機能階層的利用に必要な道路・交通運用条件

    関原 敏裕, 柿元 祐史, 中村 英樹, 井料 美帆

    土木学会論文集D3(土木計画学)   76 巻 ( 5 ) 頁: I_1453 - I_1463   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    <p>わが国の幹線道路では,信号交差点等の影響により旅行速度が依然として低く,本来求められる交通機能が十分に発揮されていない.この問題を解決するため,道路構造や交通運用の差別化を図りトリップの利用特性に応じた道路の役割分担を促す,道路の機能階層化が重要である.本研究では,3階層の道路ネ ットワークにおける道路・交通運用条件が,各階層の利用特性に与える影響を把握する.そして,道路ネ ットワークの機能階層的な利用を表現する指標を設定し,これを用いて道路ネットワークが機能階層的に利用されるための必要条件を検討した.その結果,IC間隔が短いほど階層間の自由速度の差別化が必要となる等,国内で課題となっている中位階層の幹線道路が明示的に利用されるための道路・交通運用条件の範囲を示すことが可能となった.</p>

    DOI: 10.2208/jscejipm.76.5_I_1453

  49. The ESRA initiative: Towards global monitoring and analysis of road safety performance

    Meesmann Uta, Nakamura Hideki

    IATSS RESEARCH   44 巻 ( 3 ) 頁: 163 - 165   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IATSS Research  

    DOI: 10.1016/j.iatssr.2020.10.001

    Web of Science

    Scopus

  50. Modeling of a novel risk index for evaluating the geometric designs of roundabouts

    Yoshioka Keisuke, Nakamura Hideki, Shimokawa Sumio, Morita Hirohisa

    ACCIDENT ANALYSIS AND PREVENTION   145 巻   頁: 105702   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Accident Analysis and Prevention  

    In the geometric design of roundabouts, safety-oriented approaches are required rather than specification design ones that simply determine the dimensions of the geometric structural elements. We herein propose a risk index (RI) that combines the invisibility probability and the crash impact as a performance measure for evaluating the safety of the geometric designs of roundabouts, and we also describe a method for calculating this index. Invisibility probability represents the probability that an entering vehicle cannot view a vehicle coming from the upstream in a circulatory roadway and crash impact represents the amount of lost kinetic energy at the time of collision corresponds to the impact of the crash. A numerical simulation to model this RI on the basis of various geometric conditions is further presented. It is demonstrated that the invisibility probability is large when the entry angle is small and that the crash impact increases when the deviation angle decreases. The proposed approach is expected to help resolve issues with currently existing roundabouts and improve the design of future roundabouts to enhance their safety performance.

    DOI: 10.1016/j.aap.2020.105702

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  51. Investigating the Efficiency and Safety of Signalized Intersections Under Mixed Flow Conditions of Autonomous and Human-Driven Vehicles 査読有り 国際共著

    Pan, A., Zhang, X., Nakamura, H. and Alhajyaseen, W.K.M.

    Arabian Journal for Science and Engineering     2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13369-020-04810-1

  52. Methodology to Evaluate the Quality of Service of Traffic Flow on Intercity Expressway Sections by using Follower Percentage

    Konda H., Nakamura H.

    Transportation Research Record   2674 巻 ( 6 ) 頁: 200 - 210   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Transportation Research Record  

    This study estimated composite headway distributions consisting of follower and non-follower headway elements and used the follower percentage obtained as the estimated parameters of those distributions to evaluate the quality of service (QOS) of traffic flow on Japanese intercity expressways under uncongested conditions. Analysis of pulse data obtained by vehicle detectors at multiple points with differing geometric structures showed that follower percentage is influenced by lane traffic volume, vehicle pair, and lane operation. Use of follower percentage also enabled clear and quantitative comparison and evaluation of the QOS of traffic flow for different lane operation formats, which could not be adequately expressed by such conventional macroscopic indices as average speed and traffic density. This indicates that follower percentage is a suitable performance measure for evaluating the QOS of traffic flow.

    DOI: 10.1177/0361198120918575

    Web of Science

    Scopus

  53. Introducing a multi-variate classification method: Risky driving acceptance among different heterogeneous driver sub-cultures

    Timmermans Chantal P. M., Alhajyaseen Wael K. M., Ross Veerle, Nakamura Hideki

    JOURNAL OF SAFETY RESEARCH   73 巻   頁: 81 - 91   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Safety Research  

    Introduction: Heterogeneous driving populations with many different origins are likely to have various sub-cultures that comprise of drivers with shared driver characteristics, most likely with dissimilar traffic safety cultures. An innovative methodology in traffic safety research is introduced which is beneficial for large datasets with multiple variables, making it useful for the multi-variate classification of drivers, driving attitudes and/or (risky) driving behaviours. Method: With the application of multidimensional scaling analysis (MDS), this study explores traffic safety culture in the State of Qatar using a questionnaire and investigates the similarity patterns between the questionnaire items, aiming to classify attitudes towards risky driving behaviours into themes. MDS is subsequently applied to classify drivers within a heterogeneous driving sample into sub-cultures with shared driver characteristics and different risky driving attitudes. Results: Results show that acceptance of speeding is highest among the young Arabic students and acceptance of distraction and drivers’ negligence such as phone use and not wearing a seatbelt is highest among male Arab drivers. Acceptance of extreme risk-taking like intoxicated driving and red-light running is highest among South-Asian business drivers. Conclusion: It is important and practical to understand risky behavioural habits among sub-cultures and thereby focussing on groups of drivers instead of individuals, because groups are easier to approach and drivers within sub-cultures are found to influence each other. By indicating which groups of drivers are most likely to perform specific risky driving themes, it is possible to target these groups and effectively emphasise certain subsets of risky driving behaviours during training or traffic safety education. Practical Applications: This study provides guidance for the improvement of driver education and targeted traffic safety awareness campaigns, intending to make changes to attitudes and habits within specific driver sub-cultures with the aim to improve traffic safety on the longer term.

    DOI: 10.1016/j.jsr.2020.02.009

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  54. Modeling the Impact of Downstream Conditions on Discharging Behavior of Vehicles at Signalized Intersections Using Micro-Simulation

    Zhu Hong, Nakamura Hideki, Alhajyaseen Wael

    ARABIAN JOURNAL FOR SCIENCE AND ENGINEERING   45 巻 ( 5 ) 頁: 4187 - 4202   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Arabian Journal for Science and Engineering  

    In areas where traffic demand is high and intersections are closely spaced, the drivers’ desire for quick discharge is demotivated by negative downstream conditions, such as long queues and poorly coordinated traffic signals, which may lead to lower saturation flow rate (SFR) for upstream lane groups. However, existing models do not consider this phenomenon. This paper proposes an improved intelligent driver model for reproducing the impacts of downstream traffic conditions on the discharging behavior of vehicles and the estimated SFR. A micro-simulation platform for two closely spaced signalized intersections is built to test the improved car-following model and to simulate the influenced SFR. Results from the sensitivity analysis and the comparison with empirical data show that the developed model could rationally and reliably reproduce the SFR reduction under different downstream conditions. As the queue in the downstream segment becomes longer and the offset becomes larger due to poor coordination, the SFR at the upstream intersection deteriorates. The developed model can be applied in traffic simulations to provide more realistic discharging behavior considering the downstream conditions.

    DOI: 10.1007/s13369-020-04411-y

    Web of Science

    Scopus

  55. Modeling Traffic Flows on Urban Arterials Considering the Downstream Influence

    Zhu Hong, Nakamura Hideki, Alhajyaseen Wael, Iryo-Asano Miho

    TRANSPORTATION RESEARCH RECORD   2674 巻 ( 5 ) 頁: 475 - 485   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Transportation Research Record  

    Arterials are important transportation facilities, undertaking the two functions of mobility and accessibility. In the urban area, signalized intersections along arterials are usually closely spaced and bear heavy traffic pressure. Capacities of intersections can be reduced by downstream intersections even without having spillback. This effect will be accumulated and amplified back along the traffic direction and may lead to severe congestion in the upstream intersection which can be frequently observed, especially during peak hours. However, existing traffic simulators cannot capture this phenomenon accurately because they ignore the capacity drop before spillback happens. In this study, downstream influence is quantified by a virtual optimal speed (vop). vop is the speed by which the upstream platoon reaches the endpoint of the queue ahead when the last vehicle in the downstream queue just starts. Based on that, two piecewise regression models, for start-up lost time and saturation flow rate, are formulated to estimate the capacity reduction. These regression models are further introduced to improve the modified cell transmission model (CTM). The result of the simulation experiment shows that the proposed CTM model has better performance in simulating traffic flow on signalized arterials than the existing CTM, especially in reproducing the traffic congestion in upstream. The analysis emphasized the importance of considering the downstream influence when simulating the traffic on signalized arterials. Finally, a sensitivity analysis is designed to further reveal the causes of upstream congestion.

    DOI: 10.1177/0361198120916477

    Web of Science

    Scopus

  56. 追従車構成率を用いた都市間高速道路の交通流のサービスの質の評価 査読有り

    近田博之・中村英樹

    高速道路と自動車   63 巻 ( 2 ) 頁: 22 - 29   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Analysis of Travel Speed on 4-Lane Signalized Arterials

    Akandwanaho E., Nakamura H.

    Transportation Research Procedia   48 巻   頁: 890 - 903   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Transportation Research Procedia  

    Signalized intersections are the major causes of delay to vehicular traffic along signalized arterials. Although a lot of research has been conducted about the optimization of the performance of signalized intersections, it is mostly applicable to the operations stage and involves changing signal phasing schemes. However, due to cost of roadways construction and the additional improvements after construction, the assessment of the potential performance of the roadway is very important even at the planning stage so that the plans do not call for some unfavorable design features along the arterial. The lack of performance oriented planning often leads to poor performance, such as very low travel speeds. In this work, we investigate the travel speed along a hypothesized 4-lane signalized arterial, and examine how it changes due to the signalized intersection density, cycle length, mean desired speed, and the function of the intersection. Results showed that cycle lengths up to 120 seconds were sufficient to yield high travel speed. At higher intersection densities, lower travel speeds will be achieved regardless of the mean desired speed. The function of the signalized intersection was also significant, showing the possibility of maintaining the traffic function of an arterial if it were crossed by a lower level road in the hierarchy. The importance of performance evaluation at the planning stage was further emphasized.

    DOI: 10.1016/j.trpro.2020.08.106

    Scopus

  58. 信号交差点密度を考慮した Q-V 関係式が道路事業便益推定に与える影響 査読有り

    柿元 祐史, 中村 英樹

    交通工学論文集   6 巻 ( 2 ) 頁: A_198 - A_205   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 交通工学研究会  

    <p><tt>道路事業を進めるにあたっては、費用便益分析により事業実施の妥当性を評価している。その際、道路種別に応じた交通量</tt>-<tt>旅行速度(</tt>Q-V<tt>)式を用いて交通量配分を行っているが、平面交差部の立体化等の道路事業では交通量に変化がなければ推定される旅行速度に感度がなく、事業の効果を適切に反映できていない。本論文では、交通流シミュレータを用いて信号交差点密度が </tt>Q-V <tt>式の自由速度に与える影響を分析し、平面交差部の立体化に感度を有する </tt>Q-V <tt>関係による便益算出への影響を評価した。その結果、</tt>Q-V <tt>式の自由速度は、信号交差点密度、青時間比、希望速度に応じて変化することを確認した。そして、</tt>1OD 2 <tt>経路の簡易ネットワークを用いて、信号交差密度を考慮した自由速度を用いる </tt>Q-V <tt>関係で道路事業の三便益を算出し、従来手法との便益差により新しい </tt>Q-V <tt>関係の効果を明らかにした</tt><tt>。 </tt></p>

    DOI: 10.14954/jste.6.2_A_198

  59. A Study on using Free Speed for Estimating Expressway Quality of Service 査読有り

    AKANDWANAHO Edwin, NAKAMURA Hideki

    交通工学論文集   6 巻 ( 2 ) 頁: A_244 - A_253   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 交通工学研究会  

    <p>Free speed (FS) is the speed that drivers would adopt if they were not influenced by the presence of other vehicles. This study hypothesises that the difference between the free speed distribution (FSD) and the actual speed distribution (ASD) is indicative of the quality of service (QOS) of traffic flow perceived by drivers. We use raw pulse detector data and the Modified Kaplan-Meier estimation method to derive FSD, which is then modelled based on cross-section geometry. The proposed model of FSD can be easily applied by practitioners without detailed speed and headway data. Additionally, ASD is investigated under various flow conditions, and a model is developed for its estimation based on geometric factors and traffic flow. We then define the Free Speed Index, <i>FSI = AS/FS</i> as an indicator of expressway QOS perception. <i>FSI</i> was found to decrease with an increase in traffic flow, and its potential applications are discussed.</p>

    DOI: 10.14954/jste.6.2_A_244

  60. 高速道路における追従状態を考慮した交通流のサービスの質に関する評価指標の検討 査読有り

    近田 博之, 中村 英樹

    交通工学論文集   6 巻 ( 2 ) 頁: A_9 - A_15   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 交通工学研究会  

    <p><tt>本研究では,交通流のサービスの質として,追従状態の程度などの機動性が利用者認識に関わる要素を明示していると捉え,それを表現し得る評価指標について検討した.追従状態の程度を表す評価指標には,追従車と非追従車の車頭時間成分からなる合成車頭時間分布曲線を推定することで得られるパラメータのひとつである,追従車構成率を採用した.幾何構造の異なる都市間高速道路上に設置された複数地点の車両感知器により検出されたパルスデータを用いて分析を行ったところ,追従車構成率は,車線,車線交通量,車種構成,車線運用によって影響を受けることが明らかとなった.また,小型車と大型車の挙動特性を反映し,追従車を実際の交通現象に即して確率的に捕捉することができ,非渋滞時における高速道路の交通流のサービスの質の評価に相応しい指標であることを示した.</tt></p>

    DOI: 10.14954/jste.6.2_A_9

  61. 自動車運転者の交通安全に関する意識の国際比較分析

    加古 陽子, 中村 英樹, 鈴木 一史, 柿元 祐史

    IATSS Review(国際交通安全学会誌)   45 巻 ( 1 ) 頁: 58 - 66   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益財団法人 国際交通安全学会  

    <p>近年、日本の年間交通事故件数および事故死者数は減少しているものの、その減少量は小さくなっている。今後、より効果的に交通事故を削減するために、交通安全対策は、自動車運転者の交通安全意識を踏まえて実施する必要がある。本研究では、IATSS研究調査プロジェクトの一環として、国や地域ごとに異なる交通安全意識を理解するため、日本、イタリア、エジプトの自動車運転者に対してアンケート調査を行った。本データのサンプルには偏りがあることは否めないながらも、交通違反・危険運転に対する許容度を比較分析することにより、各国の運転者の交通安全に対する意識の特徴を把握した。</p>

    DOI: 10.24572/iatssreview.45.1_58

  62. Study on Start-up Lost Time at Signalized Intersections Considering Downstream Conditions 査読有り

    Zhu, H. and Nakamura, H.

      75 巻 ( 5 ) 頁: I_1121 - I_1130   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Estimation of Roundabout Entry Capacity and Passenger Car Equivalent for Heavy Vehicles Considering the Impact of Geometric Elements 査読有り

    Fang, Y., Zhang, X. and Nakamura, H.

    Journal of JSCE D3   75 巻 ( 5 ) 頁: I_1167 - I_1176   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. ラウンドアバウト幾何構造の安全性能評価のためのリスク指標モデリング 査読有り

    吉岡慶祐・中村英樹・下川澄雄・森田綽之

    土木学会論文集D3   75 巻 ( 3 ) 頁: 191 - 201   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  65. Introduction

    Tang K.

    Global Practices on Road Traffic Signal Control: Fixed-Time Control at Isolated Intersections     頁: 1 - 5   2019年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Global Practices on Road Traffic Signal Control: Fixed-Time Control at Isolated Intersections  

    DOI: 10.1016/B978-0-12-815302-4.00001-7

    Scopus

  66. ESTIMATION OF ROUNDABOUT ENTRY CAPACITY AND PASSENGER CAR EQUIVALENT FOR HEAVY VEHICLES CONSIDERING THE IMPACT OF GEOMETRIC ELEMENTS

    FANG Yao, ZHANG Xin, NAKAMURA Hideki

    土木学会論文集D3(土木計画学)   75 巻 ( 5 ) 頁: I_1167 - I_1176   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    <p>Entry capacity is one of the most important indexes to evaluate the roundabout operational performance. Both the geometric elements and vehicle types have an impact on the entry capacity. Passenger Car Equivalent (PCE) for heavy vehicles is utilized for roundabout entry capacity estimation. In the Japanese Roundabout Manual (JRM), PCE is proposed as a constant value. However, it cannot reflect that the capacity of roundabouts varies with different geometric elements and heavy vehicle percentages. Therefore, the objective of this study is to estimate the PCE for heavy vehicles depending on various geometric elements. Entry capacity and PCE were estimated by the entry capacity equation in JRM and traffic simulator VISSIM, respectively. The results revealed that the entry capacity changes with different geometric elements and is significantly related to inscribed circle diameter. It was also concluded that PCE changes with increasing heavy vehicle percentages in the entering and circulating flows.</p>

    DOI: 10.2208/jscejipm.75.I_1167

  67. ラウンドアバウト幾何構造の安全性能評価のためのリスク指標モデリング

    吉岡 慶祐, 中村 英樹, 下川 澄雄, 森田 綽之

    土木学会論文集D3(土木計画学)   75 巻 ( 3 ) 頁: 191 - 201   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    <p> ラウンドアバウトの幾何構造設計では,単に幾何構造要素の寸法を決定する仕様設計ではなく,安全性能照査型の手法が求められる.しかし,わが国では安全性能照査型の設計を行うための評価方法や評価指標はこれまで検討されていない.そこで本研究は,ラウンドアバウト幾何構造の安全性能評価指標として,事故の起きやすさを表す見落とし確率と,事故が起きた時の重度を示す衝突強度の積で表されるリスク指標を提案し,その算出方法を提示した.また,任意の幾何構造を対象とした数値シミュレーション結果に基づき,幾何構造条件からリスク指標を算出するためのモデル化を行った.その結果,とくに流入部接続角度が小さいと見落とし確率が高くなり,また偏差角が小さいほど衝突強度が高くなることが明らかになった.</p>

    DOI: 10.2208/jscejipm.75.191

  68. STUDY ON START-UP LOST TIME AT SIGNALIZED INTERSECTIONS CONSIDERING DOWNSTREAM CONDITIONS

    ZHU Hong, NAKAMURA Hideki

    土木学会論文集D3(土木計画学)   75 巻 ( 5 ) 頁: I_1121 - I_1130   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    <p>Start-up lost time (SLT, hereinafter) is one of the basic parameters for evaluating the capacities of signalized intersections. In the urban area, intersections are closely spaced and traffic demand is high. Drivers' ambitions for the quick startup are demotivated by negative downstream traffic conditions, for example, limited available storage length, long queue and/or poorly coordinated traffic signals. The performance of upstream intersection is deteriorated including the growth in the SLT. In this paper, the influence of downstream conditions over SLT is analyzed by empirical study. The result indicates that SLTs at subject intersections are mainly influenced by downstream queue length, offset, segment length, and clearing vehicles. Short downstream segment length, long queue, positive offset, and long clearing time will lead to a high SLT value. Regarding this finding, the effect is further investigated by developing a new car-following model. The new model is built by improving the intelligent driver model and calibrated it with empirical data by a genetic algorithm. Through scenario simulation and comparison with empirical data, it is proved that the new model not only can reproduce the SLT increase under different downstream conditions but also have a good fit with real-world data.</p>

    DOI: 10.2208/jscejipm.75.I_1121

  69. 自動運転車両の混在が信号交差点交通容量に与える影響に関する分析

    鰐部 万磨, 柿元 祐史, 中村 英樹, 井料 美帆

    交通工学論文集   5 巻 ( 2 ) 頁: A_167 - A175   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 交通工学研究会  

    <p><tt>近年、運転支援システムが実用化され始め、自動運転システムによる安全性や円滑性の向上に期待が高まってきている。しかしながら、自動運転車の普及段階においては、必ずしもこれらの期待が実現するとは限らない。特に、信号交差点においては、車両が複雑に干渉しあうため、自動運転車の挙動パラメータの設定次第で円滑性に影響が出ることが懸念される。そこで本論文では、自動運転車の挙動パラメータ設定が信号交差点の直進車線の交通容量に与える影響をシミュレーションとモデル式を用いて分析し、自動運転車のパラメータと混入率を考慮した交通容量を算定した。その結果、自動運転車が普及することで信号のサイクル長を短くできることが明らかになった一方で、自動運転車のパラメータを慎重な設定にすることにより、円滑性が低下する可能性が示唆され</tt><tt>た。</tt></p>

    DOI: 10.14954/jste.5.2_A_167

  70. Performance evaluation of the inside intersection median-turn lane markings on the mobility and safety performance of signalized intersections in the Philippines and Japan

    Villegas J.J., Alhajyaseen W.K.M., Nakamura H., Goto A.

    IATSS Research   42 巻 ( 4 ) 頁: 230 - 239   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IATSS Research  

    Signalized intersections are one of the key elements that play a vital role at road networks. The efficiency and safety levels of intersections can affect the operational performance of the whole system. In general, turning traffic, especially median-turning, has always been considered as the most problematic movement in the operation of intersections. This becomes more critical with high turning demand where exclusive turning lanes (single or double) can be assigned to provide larger capacities for these movements and to reduce conflicts with through traffic. However, improper treatment of median-turn lanes could create cross-maneuvering behavior which may limit the expected increase in capacity and create safety issues. Median-turning lane markings are commonly provided at intersections in Japan to guide drivers while turning which is expected to reduce the conflicts among turning traffic. Meanwhile, in the Philippines, exclusive median-turn lanes are installed at intersections without proper treatment which may contribute to the low mobility and safety levels. Therefore, this study evaluated the impact of inside intersection lane markings on the operation of median-turn lanes in terms of mobility and safety. The vehicle maneuver, speed and interactions between the turning traffic were utilized as essential components for the assessment. The empirical analysis shows that conflicting trajectories were present on double turn lanes without median-turn lane markings in the Philippines, which resulted to serious conflicts among the turning vehicles and negatively influenced the turning speed and saturation flow rate of the turn lanes. On the other hand, the turn lane markings in Japan, provided a positive impact to mobility and safety of the turning lanes. Moreover, it was also found that the geometric characteristics and traffic signal phasing scheme highly affects the capacity and safety condition of signalized intersections.

    DOI: 10.1016/j.iatssr.2017.12.001

    Web of Science

    Scopus

  71. A Study on the Average Travel Speed on Interrupted Flow Multi-Lane Highways

    Akandwanaho Edwin, Iryo Miho, Nakamura Hideki

    INTERNATIONAL SYMPOSIUM OF TRANSPORT SIMULATION (ISTS'18) AND THE INTERNATIONAL WORKSHOP ON TRAFFIC DATA COLLECTION AND ITS STANDARDIZATION (IWTDCS'18) - EMERGING TRANSPORT TECHNOLOGIES FOR NEXT GENERATION MOBILITY   34 巻   頁: 51 - 58   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Transportation Research Procedia  

    Intersections, whether signalized, STOP controlled, or YIELD controlled form some of the main features that define interrupted flow facilities. In addition to the imposition to stop that comes with the red indication of traffic signals, other settings such as the cycle length and offsets have a great impact on the amount of delay encountered, and therefore the average travel speed. Improper settings are likely to bring about a reduction in the performance of the highway, and therefore it is important to forecast their potential impacts on the planned highways' performance. In this study, we examine the variation in the average travel speed along a hypothesized two-lane highway by changing the segment length, density of signalized intersections, cycle length, and offset settings. Results showed that average travel speed reduced with increased signalized intersection density, and that the network layout also had a significant impact on the travel speed. Furthermore, it was shown that based on the link length and the free flow travel time, the choice of cycle length and offset settings has a very significant impact on the travel speed.

    DOI: 10.1016/j.trpro.2018.11.013

    Web of Science

    Scopus

  72. A Lane-Based Analysis of Stochastic Breakdown Phenomena on an Urban Expressway Section

    GOTO Azusa, KATO Daichi, NAKAMURA Hideki

    Asian Transport Studies   5 巻 ( 1 ) 頁: 64 - 80   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Eastern Asia Society for Transportation Studies  

    In this study, stochastic breakdown phenomena on a two-lane section of a Japanese urban expressway are analyzed and modeled. Because the bottleneck of the subject section is supposed to be a complex geometry with an on-ramp, a horizontal curve and an uphill, analysis is conducted not only by cross section but also by lane to understand the characteristics of breakdowns in detail. For such a detailed analysis, applicability and limitation of the detector data with different aggregation intervals are also considered. Through the analysis, it is found that about 40% of breakdowns in the section occur first on the shoulder lane; one of the causes would be higher merging traffic volume. The estimation of breakdown probability shows that the capacity of the median lane is about 300-veh/h greater than that of the shoulder lane. Furthermore, it is found that the discharge flow rate deteriorates as the elapsed time after breakdown increases, especially at the beginning of congestion.

    DOI: 10.11175/eastsats.5.64

  73. 幾何構造要因を考慮したラウンドアバウト流入交通容量推定モデル

    神戸 信人, 張 馨, 中村 英樹, 尾高 慎二

    土木学会論文集D3(土木計画学)   74 巻 ( 5 ) 頁: I_1399 - I_1409   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    ラウンドアバウトの導入検討に際しては,流入部の交通容量の確認が重要となるが,我が国では未だその事例が少なく,ラウンドアバウトの幾何構造が交通容量に与える影響が十分明らかになっていない.また,ラウンドアバウトの流入交通容量は,我が国ではギャップアクセプタンス確率に基づく推定式により算定することとしているが,その際に必要となる車頭時間パラメータに幾何構造諸元が与える影響も明らかになっていない.そこで本研究では,我が国のラウンドアバウトで得られた観測データを用いて,幾何構造諸元が流入交通容量に与える影響を分析し,幾何構造諸元と交通条件を説明変数とする車頭時間パラメータの推定式を提案した.そして,これに基づきラウンドアバウトの幾何構造諸元が流入交通容量に与える影響を定量的に明らかにした

    DOI: 10.2208/jscejipm.74.I_1399

  74. 単路部における無信号二段階横断方式の評価

    石山 良太, 後藤 梓, 中村 英樹

    交通工学論文集   4 巻 ( 1 ) 頁: A_8 - A_16   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 交通工学研究会  

    <p><tt>わが国の無信号横断歩道では,横断者の安全・円滑な横断が確保されているとは言い難い現状にある.これに対して横断者の優先権を確保するため,近年,「二段階横断方式」すなわち道路中央部に設けられた交通島を利用して横断歩道を二段階で渡る方式が注目されている.しかし,わが国における適用事例はまだ限られており,効果を定量的に示すことが望まれる.本研究では,ビデオ観測データに基づき,横断者の横断判断に対して,横断所要時間および接近する車両の位置と速度が与える影響を分析した.そのうえで,二段階横断方式適用時のクリティカルギャップの変化を,横断者の車両交通流に対するギャップ選択モデルにより推定した.また,このクリティカルギャップを用いて横断者の平均遅れを計算することにより,円滑性の向上効果を定量的に評価した.</tt></p>

    DOI: 10.14954/jste.4.1_A_8

  75. ラウンドアバウトの幾何構造が走行挙動特性に与える影響分析

    吉岡 慶祐, 中村 英樹, 下川 澄雄, 森田 綽之

    交通工学論文集   4 巻 ( 1 ) 頁: A_47 - A_54   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 交通工学研究会  

    <p><tt>ラウンドアバウトでは,通常の十字交差点と異なり </tt>S <tt>字の走行軌跡が生じるため,安全性・円滑性の観点から適切な走行挙動が実現するような幾何構造設計が重要である.しかし我が国では,ラウンドアバウト特有の走行挙動特性と幾何構造の関係性は明らかになっていない.そこで本研究では,異なる幾何構造を有する </tt>7 <tt>箇所のラウンドアバウトにおいて,</tt>UAV(<tt>無人航空機</tt>)<tt>による走行挙動調査を実施し,幾何構造が走行挙動特性に与える影響について分析した.その結果,流入部の隅角部曲線半径と流出入部交差角度が,車両に加わる横方向加速度に対して重要な要素であることを明らかにした.さらに,過剰に大きい隅角部曲線半径や,流出入部交差角度が </tt>150°<tt>より小さい場合,車両に加わる横方向加速度が小さくなり,速度抑制が得られにくい構造であることを示した</tt><tt>. </tt></p>

    DOI: 10.14954/jste.4.1_A_47

  76. 海外のラウンドアバウト安全性能評価方法の我が国への適用性

    吉岡 慶祐, 中村 英樹, 下川 澄雄, 森田 綽之

    土木学会論文集D3(土木計画学)   74 巻 ( 5 ) 頁: I_1037 - I_1046   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    平成26年の改正道路交通法の施行以降,ラウンドアバウトは全国各地で導入が検討されており,今後もさらなる普及が期待されている.ラウンドアバウトの幾何構造設計は様々な幾何構造要素の組合せを決定するプロセスであり,その設計プロセスにおいて幾何構造設計全体に対する安全性能評価が必要不可欠である.しかし我が国では,安全性能を評価するための具体的な方法や指標は検討されていない.そこで本研究では,海外の設計ガイドライン等を調査し,アメリカのFastest PathやスイスのDeflection Angleに基づく安全性能評価の考え方や特徴について把握した.また,海外の評価方法を用いて国内の既存ラウンドアバウトの幾何構造を評価し,我が国における適用性について議論した.

    DOI: 10.2208/jscejipm.74.I_1037

  77. 都市間高速道路の車線減区間における確率的渋滞現象に関する研究

    加藤 大知, 柿元 祐史, 中村 英樹, 後藤 梓

    土木学会論文集D3(土木計画学)   74 巻 ( 5 ) 頁: I_1411 - I_1418   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    高速道路における渋滞現象は,その発生メカニズムや確率的特性,発生前後での交通容量の相違など,数多くの知見が蓄積されつつある.しかしながら,車線減区間のような車線利用特性の影響が大きい区間では,交通容量の低下は明らかであるものの未だ不明確な点が多く,詳細な分析が必要である.そこで本論文では,絞り込み形態が異なる複数の車線減区間を対象に,渋滞発生前後のメカニズムについて分析を行った.その中で,渋滞発生確率曲線の推定を行い,車線利用特性を踏まえた考察を行ったところ,渋滞発生確率は絞り込み車線が第一,登坂,合流車線の順に高くなることがわかった.要因として,第一車線の場合は渋滞発生前の車線利用の偏りが小さいこと,合流車線の場合は左からの追越が発生しているなど,車線利用特性の影響が大きいことを示した.

    DOI: 10.2208/jscejipm.74.I_1411

  78. A study on appropriate road spacing for the functionally hierarchical network planning

    Goto Azusa, Nakamura Hideki

    WORLD CONFERENCE ON TRANSPORT RESEARCH - WCTR 2016   25 巻   頁: 3821 - 3829   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Transportation Research Procedia  

    This study aims at formulating appropriate ranges of road spacing shown with the travel speeds in the classification for a two-level grid network. The appropriate range is determined by the maximum and minimum values. The minimum road spacing is determined so that the target travel speed can be achieved in operational stage. The maximum road spacing is calculated for satisfying the two conditions in which 1) target travel time can be achieved and 2) travel distance of higher target travel speed greater than that of lower target travel speed. Within the obtained range of road spacing, the maximum travel distance between Community Center (CMC) and Lower Urban Center (LUC) is calculated. Accordingly, it become possible to obtain the required scenario of target travel speed and road spacing in the subjective regions, for the assumed level of target travel time achievement.

    DOI: 10.1016/j.trpro.2017.05.266

    Web of Science

    Scopus

  79. An Analysis of Characteristics of Heavy Vehicle Behavior at Roundabouts in Japan

    Kang Nan, Nakamura Hideki

    WORLD CONFERENCE ON TRANSPORT RESEARCH - WCTR 2016   25 巻   頁: 1485 - 1493   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Transportation Research Procedia  

    Heavy vehicles behave differently from ordinary passenger cars due to their characteristics such as larger size. Thus, it should be carefully considered when designing a road facility or evaluating its performance. This paper aims at analyzing the characteristics of heavy vehicle behavior at roundabouts under the Japanese situations. By using field data observed at a single-lane roundabout in Japan, an empirical analysis on headway parameters was conducted for examining the characteristics of heavy vehicles. It was confirmed that the headways which are formed by heavy vehicles are commonly greater than those formed by passenger cars only. The results in this paper are expected to be used for roundabout performance evaluations such as roundabout entry capacity estimation.

    DOI: 10.1016/j.trpro.2017.05.176

    Web of Science

    Scopus

  80. Modelling Travel Speed along Japanese Highways/Streets for Planning Stage Application

    AKANDWANAHO Edwin, GOTO Azusa, NAKAMURA Hideki

    Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   12 巻 ( 0 ) 頁: 1604 - 1618   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Eastern Asia Society for Transportation Studies  

    Accurate estimation of travel speed along a transport facility is necessary in order to ensure that the facilities meet the required performance. In this paper, the performance of the Highway Capacity Manual travel speed model is checked for Japanese roads. Then, a travel speed estimation model is developed from data collected along a road section in Hamamatsu City, Japan. The model provides an estimate of the average travel speed along a road section by inputting demand flow rates, section length, number of signalised intersections, signalised intersection density, and the number of access points along the road in the travel direction. It is found that the travel speed slightly increases with increased section length, and decreases with increased access points and higher number and density of signalised intersections.

    DOI: 10.11175/easts.12.1604

  81. 信号交差点における歩車分離の程度と交差点性能との関係に関する解析的研究

    張 馨, 中村 英樹

    交通工学論文集   3 巻 ( 5 ) 頁: 11 - 20   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 交通工学研究会  

    信号交差点における横断歩行者と左折車との交錯を抑制するための対策として、歩車分離式信号制御や歩行者先行現示(Leading Pedestrian Interval; LPI)方式が挙げられる。このうちLPIとは、歩行者青を車両青よりも数秒先に表示し、先行する一部の時間のみ歩行者と車両を分離するものである。この方式は、安全性と円滑性の観点から、四現示など歩行者と左折車を同一現示で処理する制御方式と完全歩車分離式との間に位置付けることができる。本研究では、これらの3つの信号制御方式について、歩行者および車両遅れ時間、車両のDegree of saturation、交通容量や、歩行者の暴露時間などの交差点性能に関する比較分析を行い、これより特にLPIの適用範囲や歩車分離方式との境界条件などを明らかにした。

    DOI: 10.14954/jste.3.5_11

  82. ラウンドアバウトにおけるクリティカルギャップ推定手法に関する考察

    後藤 梓, 中村 英樹

    土木学会論文集D3(土木計画学)   73 巻 ( 5 ) 頁: I_1243 - I_1250   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    ラウンドアバウトにおけるクリティカルギャップは,流入交通容量の推定に必要であるほか,ドライバーの流入判断を安全面から評価する際にも用いることができると期待され,実観測データに基づいてこれを適切に推定することは極めて重要である.そこで本論文では,諸外国における代表的なクリティカルギャップ推定手法をレビューすると共に,これらを日本のラウンドアバウトに適用し,比較を行った.これにより,手法による推定結果の差異と観測サンプル数の偏りとの関係などが把握された.また,日本で一般に用いられるRaff's method以外の手法を用いることで,クリティカルギャップの代表値だけでなく,その分布のバラツキも考慮して,ドライバーの流入判断挙動を比較することが可能になった.

    DOI: 10.2208/jscejipm.73.I_1243

  83. A Factor Analysis of Traffic Accident Frequency by Type on Major Road Sections in Japan

    WATANABE Kazuki, NAKAMURA Hideki

    Asian Transport Studies   4 巻 ( 2 ) 頁: 392 - 407   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Eastern Asia Society for Transportation Studies  

    This study aims to identify influencing factors of traffic accidents on Japanese major roads through factor analysis and regression analysis for each accident type, considering their characteristics as rare events. The database consists of a five-year accident record and relevant road traffic condition data on major road sections in Aichi Prefecture, which includes the third largest conurbation area of Japan. From the results of the factor analysis, a trend of high accident rates in broad urban arterials is confirmed, and rear-end or side collisions are widely distributed in suburban areas. From the regression analysis, results reveal that the degree of impact by traffic volume is dependent on accident type, and suggests that several factors related to visibility have an influence on turning and side collisions. The study suggests that improving the quality of traffic flow on major roads by ensuring proper intersection spacing is important for establishing a safer road network.

    DOI: 10.11175/eastsats.4.392

  84. 対向直進車の走行車線位置に着目した右折ギャップアクセプタンス挙動の分析

    渡部 数樹, 中村 英樹

    交通工学論文集   2 巻 ( 2 ) 頁: A_85 - A_91   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 交通工学研究会  

    交錯する対向直進車と同一現示内で右折が許される丸青時のギャップアクセプタンス挙動は,信号交差点の安全性を検討する上での重要項目の 1 つである.本研究では,多車線交差点におけるギャップアクセプタンス挙動に着目し,ギャップ判断の意思決定プロセスを整理した上で,ギャップを形成する直進車の走行位置を考慮したギャップアクセプタンス判断を二項ロジットモデルにより表現した.モデル分析結果より,ギャップアクセプタンス判断には,ギャップ時間や対向直進車の速度などの要因に加え,ギャップ形成車両の車線走行位置の影響を受けていることが定量的に示された.さらに構築したモデルに基づく計算結果から,対向直進車線数が 1 車線である場合と比較して,ギャップ形成車両の配列によりクリティカルギャップの値が増減する可能性が示唆された.

    DOI: 10.14954/jste.2.2_A_85

  85. 信号交差点の横断歩行者密度分布モデルとその歩行者先行現示(LPI)設定への適用

    張 馨, 中村 英樹

    交通工学論文集   2 巻 ( 2 ) 頁: A_183 - A_192   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 交通工学研究会  

    信号交差点における歩行者信号の適切な設定は、利用者の安全性と円滑性の確保に極めて重要である。 これらを評価するには、信号表示の時間経過に伴った横断歩行者の存在位置を知ることが有益である。 そこで本研究では、歩行者青の経過時間、待機時間長、横断歩道長と歩行者交通量等が歩行者の存在位置分布に及ぼす影響を分析し、これらを推定するモデルを構築した。その結果、歩行者青の序盤に、横断歩道手前で待機する歩行者がまとまって横断歩道に進入し、時間の経過とともに起点から遠くなり、位置分布が広がっていくことが示された。横断歩道が長いほど、待機時間長が短いほど、位置分布のバラツキが大きくなる傾向がある。さらに、推定したモデルを用いて、歩行者先行現示(LPI)設定への適用方法および適用可能な条件について検討した。

    DOI: 10.14954/jste.2.2_A_183

  86. 交差点幾何構造を考慮した幹線道路信号交差点における交通事故リスク要因の分析

    塩見 康博, 渡部 数樹, 中村 英樹, 赤羽 弘和

    土木学会論文集D3(土木計画学)   72 巻 ( 4 ) 頁: 368 - 379   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    一般道で発生する交通事故の半数以上は交差点,および交差点付近で発生している.交通安全性を向上させるためには,交差点における交通事故リスク要因を定量化し,適切な交差点改良,あるいは交通運用を図ることが求められる.しかしながら,交差点毎にその幾何構造的特徴を数値化したデータベースはこれまでに整備されておらず,交通事故リスク要因の定量化がなされていないのが現状である.そこで,本研究ではGoogle Earthを用い,停止線間距離やアプローチの交差角度,ガードレールの有無や縁石の有無,車線運用や路面標示状況,沿道土地利用状況などのデータを数値化し,類型毎の事故リスクとの関係をポアソン回帰モデルにより分析した.その結果,交差点のコンパクト化が事故リスクの軽減に極めて有効であることなどが明らかとされた.

    DOI: 10.2208/jscejipm.72.368

  87. ラウンドアバウト流入交通容量推定のための大型車の乗用車換算係数

    後藤 梓, 康 楠, 中村 英樹, 真島 君騎

    交通工学論文集   2 巻 ( 6 ) 頁: 11 - 19   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 交通工学研究会  

    2014年の道路交通法改正に伴いラウンドアバウトの導入が各地で検討される中で,流入交通容量に対する大型車の影響を定量化することは,重要な検討課題である.そこで本研究は,日本のラウンドアバウトにおける大型車の乗用車換算係数(PCE)を推定することを目的とする.飽和状態のラウンドアバウトを実観測することは困難なため,実観測可能な乗用車・大型車のミクロ車両挙動に基づいてキャリブレーションした交通シミュレータを用いて,環道部・流入部どちらか片方のみに大型車が混入する場合の流入交通容量を計測し,大型車の乗用車換算係数(PCE)を推定した.その結果,大型車の乗用車換算係数は,環道部より流入部において大きいことが示された.また,環道部・流入部の両方に大型車が混入する場合の流入交通容量も推定可能となった.

    DOI: 10.14954/jste.2.6_11

  88. Development and Validation of a Roundabout Entry Capacity Model Considering Pedestrians under Japanese Conditions

    KANG Nan, KANBE Nobuto, NAKAMURA Hideki, ODAKA Shinji

    Asian Transport Studies   4 巻 ( 2 ) 頁: 350 - 365   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Eastern Asia Society for Transportation Studies  

    Besides circulating flow, pedestrian flow is another key conflict stream that significantly influences roundabout entry capacity. Due to limited space in Japan, several standard designs such as a physical splitter island cannot always be installed at the roundabout entry/exit. The impact of several influencing factors on entry capacity such as splitter islands was examined by applying a microscopic simulation to our previous research. A regression model was proposed based on the simulation results, which assumed that vehicles yielded to all pedestrians at the beginning of the crosswalk. In this paper, the regression model was validated using field data observed in Japan. The regression model was improved by adding a parameter to reflect drivers' compliance with pedestrians. The validation results indicate that the improved model shows good fitness to the field data and the results imply that roundabout geometry and traffic flow composition significantly influence entry capacity.

    DOI: 10.11175/eastsats.4.350

  89. 拠点間連絡性能を考慮した機能階層型道路ネットワーク構成の検討

    後藤 梓, 中村 英樹

    土木学会論文集D3(土木計画学)   72 巻 ( 5 ) 頁: I_939 - I_954   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    今後わが国では,生活・都市機能の集約した拠点間を効率的に連絡するため,道路ネットワークを機能階層型に再編してゆくことが重要である.そこで本研究では,拠点間連絡性能として目標旅行時間が与えられた場合に,これを連絡する道路ネットワークの望ましい階層構成を検討することを目的とする.道路ネットワークの階層構成は階層数,階層別目標旅行速度,道路間隔,下位階層との接続間隔の組み合わせからなり,沿道出入や階層間接続で生じる遅れなどが旅行速度に及ぼす影響を考慮してその代替案が構築される.今回は東海道地域を対象に,階層構成代替案において達成される拠点間旅行時間を推定し,特に自専道の発達していない半島や山間部の集落から生活拠点・高次都市拠点への連絡に対して,高速の階層を設定することの重要性が定量的に示された.

    DOI: 10.2208/jscejipm.72.I_939

  90. Modeling Pedestrian Presence Probability on Signalized Crosswalks for the Safety Assessment Considering Crosswalk Length and Signal Timing

    ZHANG Xin, NAKAMURA Hideki

    Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   11 巻 ( 0 ) 頁: 1403 - 1415   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Eastern Asia Society for Transportation Studies  

    Quantifying effects of crosswalk length and signal timing on pedestrians' presence position and timing is an important requirement for evaluating the probability of conflict. It can be utilized to provide a rational safety assessment and improve existing operational policies at signalized intersections. This study investigates the effects of crosswalk length and pedestrian green time on the spatiotemporal probability of pedestrian presence. It was found that the longer pedestrian green time and crosswalk length leads to the wider distribution of pedestrian presence probability. In addition, a surrogate safety measure for assessing pedestrian safety is proposed by utilizing the pedestrian presence probability model.

    DOI: 10.11175/easts.11.1403

  91. 日本におけるラウンドアバウトの実測最大交通量と交通容量の分析

    神戸 信人, 尾高 慎二, 康 楠, 中村 英樹, 森田 綽之

    土木学会論文集D3(土木計画学)   71 巻 ( 5 ) 頁: I_1017 - I_1025   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    近年,我が国では,地域の自発的な取り組みによりラウンドアバウトの社会実験や導入事例が増え,平成25年6月には道路交通法の一部を改正する法律が成立し,ラウンドアバウトが環状交差点として法的に位置付けられた.一方,未だラウンドアバウトの導入事例が少ないため,ラウンドアバウトを導入する際に必要となる,自動車や横断歩行者・自転車の交通状況の実測値を踏まえた交通容量上の判断基準は明確になっていないのが現状である.本研究では,ラウンドアバウト運用のされている既存円形交差点やラウンドアバウト社会実験での観測データを用いて,実現交通量の特性を分析した上で,軽井沢町六本辻ラウンドアバウトで観測された交通容量に関する考察を行うとともに,提案されている横断歩行者等を考慮した流入部交通容量推定式との比較を行う.

    DOI: 10.2208/jscejipm.71.I_1017

  92. 道路交通環境に着目した交通事故発生要因に関する統計モデル分析

    渡部 数樹, 中村 英樹

    土木学会論文集D3(土木計画学)   71 巻 ( 5 ) 頁: I_889 - I_901   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    本論文では,交通事故削減に向けた効率的な安全対策実施を目標として,道路交通や社会環境条件と事故発生との関係について事故類型別に統計モデル分析を行った.分析にあたっては,事故データに道路交通状況等の各種情報をGIS上で付与したデータベースを構築し,事故発生頻度を被説明変数とした負の二項分布回帰分析より影響要因の特定を試みた.分析結果より,幹線道路の事故発生頻度と混雑時平均旅行速度や交差点間距離が密接な関係にあることや,非幹線道路では道路幅員や用途地域等の要因が事故類型間で異なることを示した.さらに,非幹線道路の事故は旅行速度の低い幹線道路に近い位置で多発する傾向を示唆した.分析結果をふまえ,幹線道路の円滑性向上や階層化された道路ネットワークの再構築による安全性向上について考察した.

    DOI: 10.2208/jscejipm.71.I_889

  93. 機能的階層型道路ネットワーク計画における性能目標の設定

    後藤 梓, 中村 英樹

    交通工学論文集   1 巻 ( 2 ) 頁: A_107 - A_115   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 交通工学研究会  

    <tt>階層型道路ネットワーク計画では,個別道路の設計・運用に際して目標となる階層数・階層別目標旅行速度・道路間隔について,拠点配置特性や需要特性,目標旅行時間を考慮して適切に設定することが重要である.本論文では,これらの値を目標旅行時間達成状況と建設費用に基づいて設定する手法を提案 する.ここでは,トラフィック機能とアクセス機能のトレードオフ関係から変数の組み合わせが現実的であり,かつ比較検討可能なシナリオ数とするため,接続階層間では目標旅行速度比と道路間隔比の間に比例関係を仮定し,さらに目標旅行速度が最低と最高となる階層をそれぞれ所与とする.この手法のもと,典型的な拠点配置,格子状ネットワークを想定したケーススタディを行い,階層数が拠点間距離別旅行時間や建設費用に及ぼす影響について考察を行った.</tt>

    DOI: 10.14954/jste.1.2_A_107

  94. 日本におけるラウンドアバウト流入交通容量推定モデルに関する研究

    康 楠, 中村 英樹, 神戸 信人

    交通工学論文集   1 巻 ( 5 ) 頁: 19 - 28   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 交通工学研究会  

    従来用いられているラウンドアバウト流入交通容量の推定手法は,海外で標準的な道路構造や利用者挙動を前提としているが,日本においては用地制約等の都合上,流出入部分離島が必ずしも設置されないことも多く,これにより横断歩行者挙動やその交通容量への影響が海外諸国と異なる場合がある.本論文では,日本における各種条件が流入交通容量に与える影響についてシミュレーション分析を行い,それらの結果を用いて流入交通容量を推定する重回帰モデルを構築した.そして,これを軽井沢町六本辻ラウンドアバウトで観測されたデータを用いて検証するとともに,既往の手法との比較を行った.その結果,提案する手法では高い精度で各種条件における流入交通容量を推定可能であるのに対して,既往の方法では過大推計となることが示された.

    DOI: 10.14954/jste.1.5_19

  95. 信号交差点改良対策立案のための右直分離制御時の車両挙動分析

    渡部 数樹, 中村 英樹, 井料(浅野) 美帆

    土木学会論文集D3(土木計画学)   70 巻 ( 5 ) 頁: I_1013 - I_1022   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    信号交差点における右折関連事故は依然として高い割合にあり,右折車両の挙動を分析することは交差点の安全性を検討する上で極めて重要である.本論文では,他の道路利用者の影響を比較的受けない,直進・左折と分離された右折専用現示における右折車両挙動に着目し,道路構造や交通運用が各挙動に与える影響を分析する.分析結果より,専用現示における右折車両挙動には交差角度や停止線セットバック量といった道路構造が強く影響していることを示す.さらに,交通安全上の課題に対する対策立案や対策が挙動に及ぼす正負の効果を把握するため,一連の各挙動とその影響要因を整理することの必要性を述べる.最後に,交差点の安全性評価において,ミクロシミュレータ活用によるメリットや代替性安全性指標を包括的に評価することの必要性について考察する.

    DOI: 10.2208/jscejipm.70.I_1013

  96. 横断歩道長と歩行者信号現示を考慮した横断歩行速度のモデル化

    張 馨, 中村 英樹, 井料(浅野) 美帆, 陳 鵬

    土木学会論文集D3(土木計画学)   70 巻 ( 5 ) 頁: I_1031 - I_1040   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    信号交差点における横断歩行者の歩行速度特性を知ることは,歩行者の安全性の向上に極めて重要である.そのため,横断歩道の幾何構造および信号現示などによる横断歩行速度の変化を定量的に評価する必要がある.そこで本研究では,様々な横断歩道長や歩行者青時間長の横断歩道における歩行者青(PG)時の横断歩行速度を,横断の前半・後半に分けて分析し,これらを推定するモデルを構築した.その結果,横断歩道長が長くなるほど,また青時間開始から時間が経つほど,横断歩行速度が速くなることがわかった.さらに,これを既存の歩行者青点滅(PF)時間を対象としたモデルと比較し各説明変数の感度分析を行ったところ,青点滅時の方が全体的に横断歩行速度が速く,横断歩道長や横断開始タイミングに対する感度も高い傾向が見られた.

    DOI: 10.2208/jscejipm.70.I_1031

  97. A Crash Risk Estimation Model for Urban Expressway Basic Segments Considering Geometry, Traffic Flow and Ambient Conditions

    WU Yong, NAKAMURA Hideki, ASANO Miho

    Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   10 巻 ( 0 ) 頁: 1916 - 1929   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Eastern Asia Society for Transportation Studies  

    This study aims at developing a crash risk estimation model (CREM) considering the interaction of geometry, traffic flow and ambient conditions for basic segments of Nagoya Urban Expressway. A matched case-control study is firstly designed separately for three traffic conditions; low-density, high-density uncongested and congested regimes. Based on these case-control samples, conditional logistic regression is then applied and the CREM is finally developed. The results reveal that the model has statistical significance and acceptable goodness-of-fit, with 86.6%, 80.5% and 70.2% of predictive performance for each of the three traffic conditions, respectively. Regarding crash influencing factors, with the increase of traffic density, the significance of horizontal geometry affecting crash becomes lower. In contrast, the contribution of vertical geometry to crash risk is on the rise. Meanwhile, the effect of average speed on crashes gets more significant. Besides, nighttime or holiday can increase the relative risk compared to daytime or weekday, respectively.

    DOI: 10.11175/easts.10.1916

  98. MODELING GAP CHOICE BEHAVIOR AT URBAN EXPRESSWAY MERGING SECTIONS

    CHU Tien Dung, NAKAMURA Hideki, ASANO Miho

    土木学会論文集D3(土木計画学)   69 巻 ( 5 ) 頁: I_881 - I_891   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    This paper proposes an approach to model the gap choice behavior of merging vehicles under various traffic flow conditions at urban expressway merging sections in Nagoya, Japan. The gap choice is classified into three patterns denoted direct, yield and chase merging. Empirical analysis shows that mainline traffic conditions significantly affect the proportion of gap choice. In addition, yield and chase choices result in further merging position compared to direct one. This fact is necessary to be considered in order to design the acceleration lane to meet driver behavior under relevant operational traffic flow conditions. TTC is adopted as an index to determine the threshold of choosing a merging pattern. The results show that the thresholds of choosing direct/yield or chase, continue to chase or not and direct or yield are 4.3, 3.2 and 5.4 seconds, respectively. The gap choice behavior is modeled by applying binary logit model. The results reveal that relative speed and space gap, traffic conditions, acceleration lane length, and remaining distance significantly affect the gap choice behavior of merging drivers.

    DOI: 10.2208/jscejipm.69.I_881

  99. Effectiveness of Signal Coordination for Pedestrian Flows Considering Bi-directional Flow Impacts

    K.M. ALHAJYASEEN Wael, LI Meng, NAKAMURA Hideki, DAAMEN Winnie

    Asian Transport Studies   2 巻 ( 3 ) 頁: 223 - 238   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Eastern Asia Society for Transportation Studies  

    Existing signal control strategies do not consider pedestrian flows in optimizing signal parameters, which may impose significant delays on pedestrians. This study aims to investigate the rationality and effectiveness of designing signal coordination for pedestrians. A numerical case study in Japan is analyzed. Field survey is conducted to collect the geometric characteristics, signal timings and vehicular traffic condition information. In a parallel approach, the performances of signal coordination for vehicular and pedestrian traffic are estimated by using the vehicular traffic simulation tool Synchro/SimTraffic and the pedestrian simulation tool NOMAD. The results showed that the coordination for the major pedestrian flow led to a significant reduction in average delay (15%). Generally, it is concluded that the effectiveness of pedestrian signal coordination is not guaranteed but depends on the relationship between pedestrian platoon dispersion and the signal cycle length.

    DOI: 10.11175/eastsats.2.223

  100. 交差形式を考慮した機能的階層型道路ネットワークの評価

    後藤 梓, 中村 英樹, 浅野 美帆

    土木学会論文集D3(土木計画学)   68 巻 ( 5 ) 頁: I_751 - I_764   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    道路の機能に応じたサービスを提供する階層型ネットワークの概念は,国内外を問わずその重要性が認識されてきた.特にわが国では,幹線道路の混雑や生活道路における通過交通といった課題解消のため,実用展開に向けた議論がおこなわれている.しかし,階層型ネットワーク実現の鍵となる交差形式の設定が,個別の道路やネットワーク全体の性能に及ぼす影響については,計画段階においては定量的に検証されてこなかった.本論文では,利用者均衡配分に交差点遅れを組み込むことでこれを明示的に評価可能な手法を構築し,格子状の仮想ネットワークを用いて検証した.その結果,機能的階層化の実現には幹線道路における交差点遅れの軽減が重要であることと,これが実現した場合,生活道路における交通静穏化対策も有効的に機能することが示された.

    DOI: 10.2208/jscejipm.68.I_751

  101. 実車走行実験に基づくラウンドアバウトと信号交差点のCO<sub>2</sub>排出量の比較分析

    吉岡 慶祐, 米山 喜之, 宗広 一徳, 中村 英樹, 大口 敬

    土木学会論文集D3(土木計画学)   68 巻 ( 5 ) 頁: I_1253 - I_1259   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    ラウンドアバウトは,安全でエコな平面交差部の制御方式として注目されており,日本でも実用展開に向けた動きが高まりつつある.ラウンドアバウトは,交差点進入時に必ずしも停止を必要としないため,アイドリング時や発進時の燃料消費が抑えられると考えられる.しかしラウンドアバウトの実地導入経験が少ない我が国では,ラウンドアバウト走行時の環境負荷量を推定し,信号交差点などと比較を行った研究成果は報告されていない.<br>本稿は,実信号交差点および模擬ラウンドアバウトにおいて行われたプローブ走行調査結果から,それぞれのCO<sub>2</sub>排出量を推定し比較を行ったものである.その結果,ラウンドアバウトでは急な発進が少なく,停止時間も短いことから,信号交差点と比較してCO<sub>2</sub>排出量が抑えられることが明らかとなった.

    DOI: 10.2208/jscejipm.68.I_1253

  102. Saturation Flow Rate Analysis for Shared Left-turn Lane at Signalized Intersections in Japan

    Chen Peng, Nakamura Hideki, Asano Miho

    6TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON HIGHWAY CAPACITY AND QUALITY OF SERVICE   16 巻   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1016/j.sbspro.2011.04.475

    Web of Science

  103. ANALYSIS ON PEDESTRIAN SPEEDS AT INTERSECTIONS CONSIDEREING SIGNAL TIMING AND CROSSWALK LENGTH

    Alhajyaseen Wael K. M., Zhang Xin, Nakamura Hideki, Asano Miho

    Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   2011 巻 ( 0 ) 頁: 105 - 105   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Eastern Asia Society for Transportation Studies  

    Quantifying the effects of signal timing and crosswalk geometry on pedestrian speed is an important requirement for improving existing operational policies and for providing a rational safety assessment at signalized intersections. The objective of this paper is to macroscopically investigate the effects of signal timing, crosswalk length and pedestrian origin-destination on pedestrian speed at signalized crosswalks. Three signalized crosswalks in Nagoya City are videotaped. A pre-developed data processing program is utilized to extract speed data. Pedestrian signal timing is divided into six intervals. Depending on the entering time, each pedestrian is assigned to one of the intervals. Then the speed distributions in different time interval are estimated and compared. Generally, it is concluded the entering speeds of pedestrians increase as pedestrian green interval proceeds. Moreover, pedestrians show higher travel speeds at long crosswalks.

    DOI: 10.11175/eastpro.2011.0.105.0

  104. 往復分離2車線自専道の速度性能曲線の定式化

    内海 泰輔, 浜岡 秀勝, 中村 英樹

    土木学会論文集D3(土木計画学)   67 巻 ( 3 ) 頁: 261 - 269   2011年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    2003年の道路構造令の改正により,往復分離2車線横断面が自動車専用道路(自専道)の構造として採用できることとなった.本構造は従来の多車線横断面に比べ建設コストの縮減が見込まれるものの,実現する速度性能は不明確であり,道路交通状況によっては求められる速度サービスが確保できない恐れもある.<br> 本論文では,2車線自専道の性能照査型計画設計を念頭に置き,車両感知器データ等を用いて交通量―速度関係(速度性能曲線)について分析する.まず,大型車混入率や降雨などの速度への影響要因を定量的に明らかにする.そして,それらの結果をもとに速度性能曲線を定式化し,これを用いた性能照査手法を提示する.これにより,速度性能の観点から2車線自専道構造の導入の可否や,更なるコスト縮減の可能性について検討することが可能となる.

    DOI: 10.2208/jscejipm.67.261

  105. Urban Expressway Capacity Characteristics of Lane Closure Sections due to Accidents

    MA Danpeng, NAKAMURA Hideki, ASANO Miho

    Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   9 巻 ( 0 ) 頁: 1286 - 1299   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Eastern Asia Society for Transportation Studies  

    This paper investigates urban expressway capacity characteristics of lane closure sections due to accidents. Methodology includes the following parts: 1) identification of a breakdown due to an accident, 2) estimation of capacity under accident conditions, 3) exploring features of capacity drop percentage, and 4) fitting probability distribution of capacity drop percentage. Accident record data and loop detector data on Odaka Route of Nagoya Expressway during three years are utilized to fulfill the investigation. The results reveal that mean capacity value increases and its variance turns to be convergent with increase of lane closure duration. Accident types like multiple rear-end collisions and rear-end collisions result in comparatively greater values of capacity drop percentage. Also accidents on curve segments bring relatively higher capacity drops compared with those on straight segments. Furthermore, capacity drop percentage is shown to be stochastic, and Beta distribution can well fit its probability distribution.

    DOI: 10.11175/easts.9.1286

  106. Start-up Behavior Considering Interactions between the Clearing and Entering Vehicles during the Signal Change and Clearance Intervals

    Suzuki Kazufumi, Goto Azusa, Nakamura Hideki, Tang Keshuang, Asano Miho

    Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   2011 巻 ( 0 ) 頁: 306 - 306   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Eastern Asia Society for Transportation Studies  

    The signal change and clearance intervals, more specifically the all-red times, are often set longer than necessary in Japan. Too long all-red times not only increase lost time but also may induce aggressive pass and lead to safety drop. Hence, the objective of this study is to investigate the impacts of intersection geometry, signal control, and traffic conflicts on driver's start-up behavior during the signal change and clearance intervals. By using extensive field data, stochastic models are developed for estimating the distributions of starting response time (SRT) and acceleration rate of the entering vehicles. A numerical examination is performed to explore the possibility of reducing the length of all-red times when the aforementioned impacts on start-up behavior are incorporated into the calculation procedure. Conclusions support that the minimum required all-red times can be reduced by 1 second.

    DOI: 10.11175/eastpro.2011.0.306.0

  107. Impacts of Channelization Islands on the Left-turning Vehicle Maneuvers at Signalized Intersections in Japan

    TAN Dang minh, ASANO Miho, NAKAMURA Hideki

    Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   9 巻 ( 0 ) 頁: 1938 - 1952   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Eastern Asia Society for Transportation Studies  

    The number of pedestrian injuries and fatalities involved by left-turning vehicles (in left-hand traffic) at signalized intersections occupies a very large portion in traffic accidents. Installing channelization islands, e.g. raised islands or zebra marking islands at intersections is considered as one of the most important factors influencing on conflicts between pedestrians and left-turning vehicles. However, their impacts on vehicle maneuvers have not been quantitatively analyzed. The objective of this study, therefore, is to quantitatively evaluate the impacts of channelization islands, on maneuvers of left-turning vehicles. Results of the analyses on turning vehicle maneuvers conclude that the use of raised islands gives between one-and-a-half to two times greater impacts on the trajectory and the speeds as compared to the impacts of zebra islands. The use of zebra marking islands has low influence on the vehicle trajectory and the speed.

    DOI: 10.11175/easts.9.1938

  108. Effectiveness of Signal Coordination for Pedestrian Flows Considering Bi-directional Flow Impacts

    Alhajyaseen Wael K. M., Li Meng, Nakamura Hideki, Daamen Winnie

    Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   2011 巻 ( 0 ) 頁: 225 - 225   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Eastern Asia Society for Transportation Studies  

    Existing signal control strategies do not consider pedestrian flows in optimizing signal parameters, which may impose significant delays on pedestrians. This study aims to investigate the rationality and effectiveness of designing signal coordination for pedestrians. A Japanese numerical case study is analyzed. Field survey is conducted to collect the geometric characteristics, signal timings and vehicular traffic condition information. In a parallel approach, the performances of signal coordination for vehicular and pedestrian traffic are estimated by using the vehicular simulation tool Synchro/SimTraffic and the pedestrian simulation tool NOMAD. The results showed that the coordination for the major pedestrian flow led to a significant reduction in average delay (15%). Generally, it is concluded that the effectiveness of pedestrian signal coordination is not guaranteed but depends on the relationship between pedestrian platoon dispersion and the signal cycle length.

    DOI: 10.11175/eastpro.2011.0.225.0

  109. APPLICATION OF TRAVEL TIME RELIABILITY FOR PERFORMANCE ORIENTED OPERATIONAL PLANNING OF EXPRESSWAYS

    MEHRAN Babak, NAKAMURA Hideki

    土木学会論文集D3(土木計画学)   67 巻 ( 3 ) 頁: 283 - 299   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    &nbsp;Evaluation of impacts of congestion improvement scheme s on travel time reliability is very significant for road authorities since travel time reliability repr esents operational performance of expressway segments. In this paper, a methodology is presented to estimate travel tim e reliability prior to implementation of congestion relief schemes based on travel time variation modeling as a function of demand, capacity, weather conditions and road accident s. For subject expressway segmen ts, traffic conditions are modeled over a whole year considering demand and capacity as random variables. Patterns of demand and capacity are generated for each five minute interval by appl ying Monte-Carlo simulation technique, and accidents are randomly generated based on a model that links acci dent rate to traffic conditions. A whole year analysis is performed by comparing de mand and available capacity for each scenario and queue length is estimated through shockwave analysis for each time in terval. Travel times are estimated from refined speed-flow relationships developed for intercity expressways and buffer time index is estimated consequently as a measure of travel time reliability. For validation, estimated reliability indices are compared with measured values from empirical data, and it is shown that the proposed method is suitable for operational evaluation and planning purposes.

    DOI: 10.2208/jscejipm.67.283

  110. Analysis on the Variation of Left-turning Vehicle Spatial Trajectories Inside Intersections

    ALHAJYASEEN Wael K.M., ASANO Miho, SUZUKI Kazufumi, NAKAMURA Hideki

    Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   9 巻 ( 0 ) 頁: 1543 - 1557   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Eastern Asia Society for Transportation Studies  

    Although several safety countermeasures such as reforming intersection layouts have been implemented, methods to evaluate their effects prior to installation has not yet been established. One of the important safety issues at signalized intersections is the interaction between left-turning vehicles (left-hand traffic) and pedestrians/cyclists. This paper aims to analyze and model the trajectory variations of left-turning vehicles. Vehicle trajectories are collected at several signalized intersections with various traffic and geometric characteristics by video observations. The analysis reveals a significant variation in trajectories depending on intersection angle, number of exit lanes and vehicle type. For modeling individual vehicle trajectories and their distribution, the Euler-spiral-based approximation methodology is applied. Model validation showed that estimated trajectory distributions explain well the spatial maneuver of left-turning vehicles.

    DOI: 10.11175/easts.9.1543

  111. Analysis on the Variation of Left-Turning Vehicle Spatial Trajectories Inside Intersections

    Alhajyaseen Wael K. M., Asano Miho, Suzuki Kazufumi, Nakamura Hideki

    Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   2011 巻 ( 0 ) 頁: 309 - 309   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Eastern Asia Society for Transportation Studies  

    Although several safety countermeasures such as reforming intersection layouts have been implemented, methods to evaluate their effects prior to installation has not yet been established. One of the important safety issues at signalized intersections is the interaction between left-turning vehicles (left-hand traffic) and pedestrians/cyclists. This paper aims to analyze and model the trajectory variations of left-turning vehicles. Vehicle trajectories are collected at several signalized intersections with various traffic and geometric characteristics by video observations. The analysis reveals a significant variation in trajectories depending on intersection angle, number of exit lanes and vehicle type. For modeling individual vehicle trajectories and their distribution, the Euler-spiral-based approximation methodology is applied. Model validation showed that estimated trajectory distributions explain well the spatial maneuver of left-turning vehicles.

    DOI: 10.11175/eastpro.2011.0.309.0

  112. 性能照査型道路計画設計の導入に向けて

    中村 英樹, 大口 敬

    土木学会論文集D3(土木計画学)   67 巻 ( 3 ) 頁: 195 - 202   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    日本の道路交通は,本来その道路に求められるはずのトラフィック機能やアクセス機能に対応した望ましい性能が十分発揮できるようには必ずしも計画・設計されているとはいえず,道路構造や交通運用の上で,多くの改善の余地が残されている.コストを抑え,かつその道路に必要な機能に応じた性能を十分に発揮させるよう,交通の質を改善可能なコスト・パフォーマンスの高い道路として改良を施し,再編していくことが必要である.これらに対処するためには,従来の手法では限界があり,機能に対応した性能を実現するために必要な道路構造と交通運用の組合せを柔軟に採用する,性能照査型道路計画設計手法の導入が必要だと考えられる.本稿では,「性能照査型道路計画設計」の特集にあたって,その考え方の概要と関連する技術的検討課題,ならびに特集号の構成について述べる.

    DOI: 10.2208/jscejipm.67.195

  113. 駅前広場におけるキスアンドライド車両の停車特性に関する研究

    柿元 祐史, 浅野 美帆, 中村 英樹

    土木学会論文集D3(土木計画学)   67 巻 ( 5 ) 頁: 67_I_1079 - 67_I_1087   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    我が国の駅前広場は,タクシーの客待ち行列による混雑やキスアンドライド車両の増加への対応など,円滑性・安全性に関する問題が顕著となっており,駅前空間が最優先すべき交通結節機能がうまく発揮されない状態にある.特にキスアンドライド車両は挙動特性が十分明らかになっておらず,設計時の施設の配置においても車両の停車特性への考慮が不十分である場合が多い.そこで本研究は,駅前広場構造や施設配置などがキスアンドライド車両の停車特性に与える影響を明らかにすることを目的とする.実データの分析に基づいて停車位置選択のモデル化を行い,送迎の目的別に選択影響要因の違いを示した.また,停車位置のシミュレーションを行い,障害物や施設配置による停車位置選択への影響を把握することができた.

    DOI: 10.2208/jscejipm.67.67_I_1079

  114. 追従車密度を考慮した往復2車線道路における付加追越車線の設置水準に関する研究

    中村 英樹, 小林 正人, CATBAGAN Jerome L.

    土木学会論文集D3(土木計画学)   67 巻 ( 3 ) 頁: 270 - 282   2011年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    本論文では,往復2車線道路におけるサービスの質の評価指標として追従車密度を採用し,付加追越車線設置効果を評価する方法の開発を行う.そして,付加追越区間長とその設置間隔に応じて実現するサービスの質を定量的に求め,設計指針としての示唆を与えることを目的とする.交通流実態調査データに基づくシミュレーション実験によって得られた結果をモデル化することによって,付加追越区間長および片側1車線区間長と追従車密度の関係を定式化した.そして,付加追越車線の設置水準として,所要の性能目標を達成するための最短の区間長と最大の設置間隔の組合せを示した.さらにこの考え方を応用して,海外における典型的な2+1車線道路及び日本の2車線道路の付加追越車線の設置基準により実現すると考えられるサービスの質を評価した.

    DOI: 10.2208/jscejipm.67.270

  115. 日本における交通容量・サービスの質に関する研究の概観と展望

    大口 敬, 中村 英樹

    土木学会論文集D3(土木計画学)   67 巻 ( 3 ) 頁: 217 - 229   2011年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    日本では,道路交通混雑は早くから大きな社会的・技術的問題となっており,とくに交通渋滞の緩和を目的とした道路の交通容量に関する実証的調査・研究が,実務・研究の双方において取り組まれている.また,性能照査型の道路計画設計を取り入れて行くに際しては,実現する交通運用状態を示すサービスの質を的確に把握することが鍵となる.本稿では,高速道路および一般道における特徴的なボトルネック現象について,これまで得られた知見を整理した上で,近年の日本における交通容量・サービスの質に関わる研究の状況や実務上の技術的な取り扱いを概観するとともに,これらの分野における今後の研究の方向性について展望する.

    DOI: 10.2208/jscejipm.67.217

  116. Estimating the Minimum Required Width of Signalized Crosswalks Considering Bi-Directional Pedestrian Flow and Different Age Groups

    ALHAJYASEEN Wael K.M., NAKAMURA Hideki

    Asian Transport Studies   1 巻 ( 2 ) 頁: 181 - 198   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Eastern Asia Society for Transportation Studies  

    Existing manuals do not provide clear specifications for the required crosswalk width under different pedestrian demand volumes and characteristics. However, optimizing crosswalk configurations including width is an important concern to improve the overall performance of signalized intersections. The objective of this paper is to develop a methodology for estimating minimum required crosswalk width at different pedestrian demand volumes considering bi-directional flow and different pedestrian age groups. The developed methodology is based on modeling total pedestrian platoon crossing time which consists of discharge and crossing times. Discharge time is modeled by using shockwave theory while crossing time is modeled by applying aerodynamic drag theory. The developed models are then calibrated for crosswalks with mainly elderly or pupil pedestrian platoons. A set of criteria based on pedestrian crossing speed is developed to identify the minimum required crosswalk width. Finally, different required crosswalk widths are proposed for different pedestrian demand volumes and directional split ratios considering the effects of pupil and elderly pedestrian platoons.

    DOI: 10.11175/eastsats.1.181

  117. An Improved Follower Recognition Procedure to Estimate Follower Flow-Based Quality of Service Measures 査読有り

    Catbagan, J.L. and Nakamura, H.

    Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   Vol. 7 巻   頁: 16 pages in CD-ROM   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. *Modeling and Analysis of Pedestrian Flow at Signalized Crosswalks 査読有り

    Alhajyaseen, K.M.W. and Nakamura, H.

      Vol.26 巻   頁: 611-620   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Estimating the Minimum Required Width of Signalized Crosswalks Considering Bi-directional Pedestrian Flow and Different Age Groups 査読有り

    Alhajyaseen, K.M.W. and Nakamura, H.

    Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   Vol.7 巻   頁: 16 pages in CD-ROM   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. Estimation of Crosswalk Width to Minimize Cycle Length at Signalized Intersections 査読有り

    Alhajyaseen, Wael K. M. and Nakamura, H.

    Proceedings of the Eleventh International Summer Symposium, JSCE     頁: 213-216   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. Traffic Signal Control Optimization from the Viewpoint of Emission at Isolated Intersections

    Ma, D. and Nakamura, H.

      No.39 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. Assessing Impacts of Congestion Relief Schemes on Expressway Traffic Operations through Travel Time Reliability Analysis

    Mehran, B. and Nakamura, H.

    TRB 2nd international Symposium on Freeway and Tollway Operations     頁: 12 pages   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. *Considering Travel Time Reliability and Safety for Evaluation of Congestion Relief Schemes on Expressway Segments 査読有り

    Mehran, B. and Nakamura, H.

    IATSS Research   Vol.33 巻 ( No.1 ) 頁: 55-70   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. 幹線街路における沿道アクセス機能に応じた旅行速度性能曲線の定式化

    早河辰郎・中村英樹

    土木計画学研究・講演集   No.39 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. 往復2車線道路における付加追越車線の設置水準に関する研究

    小林正人・中村英樹

    土木計画学研究・講演集   No.39 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. 信号交差点における幾何構造と進入条件を考慮した右折走行軌跡のモデル化

    鈴木一史・中村英樹・石黒公規

    土木計画学研究・講演集   No.39 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. 日本におけるラウンドアバウトの交通容量と遅れの推定方法に関する考察

    吉岡慶祐・中村英樹

    土木計画学研究・講演集   No.39 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. 階層型道路ネットワークへの再編に向けて

    下川澄雄・内海泰輔・中村英樹・大口 敬

    土木計画学研究・講演集   No.39 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. Effects of Bi-directional Flow and Different Pedestrian Age-Groups on Capacity of Signalized Crosswalks

    Alhajyaseen, K.M.W. and Nakamura, H.

      No.39 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. Assessing Impacts of Hard Shoulder Utilization on Travel Time Reliability and Safety

    Mehran, B. and Nakamura, H

      No.39 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  131. 平面交差点の設計・運用方針の再考,巻頭言

    中村英樹

    交通工学   Vol.44, No.3 巻   頁: 1-2   2009年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  132. 日本におけるラウンドアバウトの計画・設計ガイドの検討

    中村英樹・大口 敬・馬渕太樹・吉岡慶祐

    交通工学   Vol.44 巻 ( No.3 ) 頁: 24-33   2009年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  133. *複数ボトルネックを含む高速道路区間における渋滞現象の確率的解析 査読有り

    稲野 晃・中村英樹・内海泰輔

    高速道路と自動車   第52巻 巻 ( 第1号 ) 頁: 19-29   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  134. A Probabilistic Approach to Evaluate Safety during Intergreen Intervals at Signalized Intersections

    Tang, K. and Nakamura, H.

    88th TRB Annual Meeting     頁: 24 pages, DVD-ROM   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  135. Catbagan, J. L. and Nakamura, H. 査読有り

    *Probability-Based Follower Identification in Two-Lane Highways

    88th TRB Annual Meeting     頁: 15 pages, DVD-ROM   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  136. A Methodology for Modeling Pedestrian Platoon Discharge and Crossing Times at Signalized Crosswalks

    Alhajyaseen, W. K. M. and Nakamura, H.

    88th TRB Annual Meeting     頁: 18 pages, DVD-ROM   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. Methodology for Assessing Impacts of Congestion Relief Schemes on Travel Time Reliability

    Mehran, B. and Nakamura, H.

    88th TRB Annual Meeting     頁: 18 pages, DVD-ROM   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  138. *Desired Speed Distributions on Two-Lane Highways under Various Conditions 査読有り

    Catbagan, J. L. and Nakamura, H.

    , Transportation Research Record , Traffic Flow Theory and Characteristics, Transportation Research Board   No. 2088 巻   頁: 218-226   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  139. Safety Evaluation for Intergreen Intervals at Signalized Intersections Based an Probabilistic Method

    Tang Keshuang, Nakamura Hideki

    TRANSPORTATION RESEARCH RECORD   ( 2128 ) 頁: 226 - 235   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.3141/2128-23

    Web of Science

  140. IMPACTS OF GROUP-BASED SIGNAL CONTROL POLICY ON DRIVER BEHAVIOR AND INTERSECTION SAFETY

    TANG Keshuang, NAKAMURA Hideki

    IATSS research   32 巻 ( 2 ) 頁: 81 - 94   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  141. Assessment of the Impacts of Opening the Hard Shoulder to Traffic on Travel Time Reliability

    Mehran, B. and Nakamura, H.

      No.38 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  142. A Proposed Methodology for Modeling Pedestrian Crossing Time at Signalized Crosswalks Considering Bi-directional Flow

    Alhajyaseen, W. and Nakamura,H.

      No.38 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  143. 実務者のための交通流調査講座,第5回 道路交通管理のための交通流調査 査読有り

    鈴木一史・中村英樹

    交通工学   Vol.43, No.6 巻   頁: 82-89   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  144. Impacts of Group-based Signal Control Policy on Driver Behavior and Intersection Safety 査読有り

    Tang, K. and Nakamura,H.

    IATSS Research   Vol.32, No.2 巻   頁: 81-94   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  145. 遅れと環境負荷に基づく交通量の少ない平面交差部の最適制御方式の検討

    吉岡慶祐・中村英樹・馬渕太樹

    第28回交通工学研究発表会論文集     頁: 37-40   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  146. 幹線街路における走行性能照査型道路計画設計手法の構築

    内海泰輔・中村英樹・中井麻衣子・小出貴文

    第28回交通工学研究発表会論文集     頁: 185-188   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  147. *時間交通需要変動特性を考慮した交通性能照査型道路計画設計法 査読有り

    内海泰輔・中村英樹

    土木計画学研究・論文集   Vol.25 巻   頁: 67-76   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  148. 交差点安全性評価を目的とした2D ナノシミュレーションにおける利用者挙動の表現

    鈴木一史・中村英樹

    土木計画学研究・講演集   No.37 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  149. Applying Travel Time Reliability for Pre-Evaluation of Expressway Congestion Improvement Schemes

    Mehran, B. and Nakamura, H

      No.37 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  150. Operational Performance of Group-Based Signal Control Policy Under Various Traffic Conditions

    Tang, K. and Nakamura, H

    10th International Conference on Application of Advanced Technologies in Transportation   CD-ROM 巻   頁: Athens   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  151. Two-Lane Highway Desired Speed Distributions under Various Conditions, 87th TRB Annual Meeting

    Catbagan, J.L. and Nakamura, H.

    Transportation Research Board     頁: 10 pages, CD-ROM   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  152. Characteristics of Breakdown Phenomenon in Merging Sections of Urban Expressways in Japan, Transportation Research Record

    Shawky, M. and Nakamura, H

    Transportation Research Board   No. 2012 巻   頁: 11-19   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  153. Traffic Management in Japan, Thema Forschung

    Nakamura, H

    Das Wissenschaftsmagazin der Technischen Universitat Darmstadt     頁: 62-64   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  154. Transport policy and organization in Japan

    Enoch Marcus, Nakamura Hideki

    TRANSPORT REVIEWS   28 巻 ( 2 ) 頁: 159 - 180   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1080/01441640701526699

    Web of Science

  155. 時間交通需要変動特性を考慮した交通性能照査型道路計画設計法

    内海 泰輔, 中村 英樹

    土木計画学研究・論文集   ( 25 ) 頁: 67 - 76   2008年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    我が国の道路は, 実現する交通性能を十分照査することなく過去に定められた仕様に基づき計画設計されている. 今まで以上にコスト・パフォーマンスの高い道路が求められる現在, 筆者らは仕様型ではなく性能照査型の道路計画設計の必要性を提唱している. 本論文では, 時間交通需要の変動を考慮し計画設計道路の交通性能を推計する手法を構築し, これを用いた性能照査型の道路計画設計法を提案した. これにより, その道路の機能に応じて求められる性能を確認し道路を計画設計することができる. また予算, 空間等の制約条件の下で, 代替案を比較検討することができ, 合理的な道路構造と交通運用の組合せを選択することも可能となる.

    DOI: 10.2208/journalip.25.67

  156. A Comparative Study on Traffic Characteristics and Driver Behavior at Signalized Intersections in Germany and Japan

    Tang, K. and Nakamura, H.

    Journal of the Eastern Asia Society of Transport Studies   Vol.7 巻   頁: 2470-2485   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  157. Performance Evaluation of Roundabouts Considering Traffic Conflicts

    Nakamura, H. and Mabuchi, T.

    Journal of the Eastern Asia Society of Transport Studies   Vol.7 巻   頁: 2412-2424   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  158. Influence of Heavy Vehicles on Japan Two-lane Highway Speed and Follower Flow Characteristics

    Catbagan, J.L. and Nakamura, H.

    Journal of the Eastern Asia Society of Transport Studies   Vol.7 巻   頁: 2533-2545   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  159. 性能照査型道路計画設計のための年間を通じた時間交通需要変動推計手法の構築 査読有り

    内海泰輔・中村英樹・渡辺将光

    土木計画学研究・論文集   Vol.24 巻   頁: 825-834   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  160. ラウンドアバウト外径と環道部の幾何構造決定方法

    馬渕太樹・中村英樹

    土木計画学研究・講演集   No.36 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  161. 信号遅れ推計に基づく幹線街路の旅行速度推定法

    内海泰輔・中村英樹・中井麻衣子

    土木計画学研究・講演集   No.36 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  162. ボトルネックが連続する区間における渋滞現象の分析

    稲野 晃・中村英樹・内海泰輔

    土木計画学研究・講演集   No.36 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  163. Three Aspects of Merging Capacity - Their Stochastic Nature 査読有り

    Shawky, M. and Nakamura, H.

    International Journal of ITS Research   Vol.5 巻   頁: 27-36   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  164. 性能照査型道路計画設計のための道路の利用特性に応じたカテゴリ分類に関する研究 査読有り

    内海泰輔・中村英樹

    交通工学   Vol.42, No.5 巻   頁: 53-64   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  165. Performance Evaluation of Highway Segments Using Travel Time Based Performance Measures 査読有り

    Mehran, B. and Nakamura, H.

    Journal of the Eastern Asia Society of Transport Studies   Vol.6 巻   頁: 10 pages   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  166. Reproducing the Hourly Traffic Demand Fluctuation throughout a Year for the Evaluation of Highway Cross-section Design 査読有り

    Nakamura, H., Utsumi, T. and Watanabe, M

    Proceedings of the Eastern Asia Society of Transport Studies   Vol.6 巻   頁: 14 pages   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  167. A Comparative Study on Traffic Characteristics and Driver Behavior at Signalized Intersections in Germany and Japan 査読有り

    Tang, K. and Nakamura, H.

    Journal of the Eastern Asia Society of Transport Studies   Vol.6 巻   頁: 16 pages   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  168. Influence of Heavy Vehicles on Japan Two-lane Highway Speed and Follower Flow Characteristics 査読有り

    Catbagan, L.J. and Nakamura, H.

    Journal of the Eastern Asia Society of Transport Studies   Vol.6 巻   頁: 12 pages   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  169. Performance Evaluation of Roundabouts Considering Traffic Conflicts 査読有り

    Nakamura, H. and Mabuchi, T.

    Journal of the Eastern Asia Society of Transport Studies   Vol.6 巻   頁: 12 pages   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  170. An Analysis on Saturation Flow Rate and Its Variability

    Tang, K. and Nakamura, H

    11th World Conference on Transport Research     頁: 19 pages in DVD   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  171. A Study on Merging Capacity Fluctuation on Japan Urban Expressways

    Shawky, M. and Nakamura, H.

    11th World Conference on Transport Research   - 巻   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  172. 性能照査型道路計画設計の考え方と検討課題

    中村英樹・内海泰輔・大口 敬

    土木計画学研究・講演集   No.35 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2007年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  173. 階層的道路ネットワーク-計画設計のモデル化

    桑原雅夫・森田綽之・尾崎晴男・中村英樹・大口 敬・浜岡秀勝・田中伸治

    土木計画学研究・講演集   No.35 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  174. 都市間一般道路単路部における交通量-速度曲線の提案

    内海泰輔・中村英樹

    土木計画学研究・講演集   No.35 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  175. Estimating Desired Speeds in Japan Two-lane Highways

    Catbagan, L. J. and Nakamura, H.

      No.35 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  176. 簡便な交通流観測ツールとしての画像処理へのニーズと実用課題

    鈴木一史・中村英樹

    交通工学   Vol.42, No.3 巻   頁: 20-27   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  177. Characteristics of Breakdown Phenomena in Japan Urban Expressway Merging Sections

    Shawky, M. and Nakamura, H

    86th TRB Annual Meeting     頁: 10 pages, CD-ROM   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  178. Signalized Intersection Design and Operations: Experiences in Germany and Japan

    Tang, K and Nakamura, H.

    7th International Conference of Chinese Transportation Professionals   Shanghai 巻   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  179. A Comparative Study on Traffic Characteristics and Driver Behavior at Signalized Intersections in Germany and Japan

    Tang Keshuang, Nakamura Hideki

    Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   2007 巻 ( 0 ) 頁: 324 - 324   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Eastern Asia Society for Transportation Studies  

    The authors are currently investigating the applicability of the operation policy, commonly applied at signalized intersections in Germany, for Japanese signalized intersections. As an initial step, this study analyzed traffic characteristics and driver behavior at several typical German and Japanese intersections to understand the impacts of such policy on them. The results showed that German intersections had significantly lower starting response time (SRT) and start-up lost time (SULT), which was due to the sequence of signal indications. However, no apparent variations existed in saturation flow rate (SFR) and lost time in amber (LTA). Left turners at German intersections tended to be more aggressive in choosing suitable gaps, indicated by critical gap and 1/PET values. Moreover, longer all-red clearance interval and gap adaptive control seemed to encourage aggressive pass. Lower stop-line crossing during amber (SCA) and red light violation (RLV) rates at German intersections were attributed to multiple factors.

    DOI: 10.11175/eastpro.2007.0.324.0

  180. REPRODUCING THE HOURLY TRAFFIC DEMAND FLUCTUATION THROUGHOUT A YEAR FOR THE EVALUATION OF HIGHWAY CROSS-SECTION DESIGN

    NAKAMURA Hideki, UTSUMI Taisuke, WATANABE Masamitsu

    Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   2007 巻 ( 0 ) 頁: 277 - 277   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Eastern Asia Society for Transportation Studies  

    The authors have advocated a new planning and design methodology in for highways in Japan, which includes operational performance check in consideration of the traffic demand fluctuation. For this method, it is necessary to reproduce the hourly traffic demand fluctuation on a planned and designed highway section throughout a year. This study proposes a method to reproduce it with two phases; reproducing the daily traffic demand phase and setting the hourly traffic demand coefficient phase, in consideration of potential hourly traffic demand on a day with congestion. The reproduced hourly traffic demand fluctuation using this method was validated on two expressway sections in Japan. As a result, we could verify that the reproduction precision was satisfactory except that it could not consider some special local characteristics.

    DOI: 10.11175/eastpro.2007.0.277.0

  181. PERFORMANCE EVALUATION OF ROUNDABOUTS CONSIDERING TRAFFIC CONFLICTS

    NAKAMURA Hideki, MABUCHI Taiki

    Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   7 巻 ( 0 ) 頁: 2412 - 2424   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Eastern Asia Society for Transportation Studies  

    A roundabout is an alternative type of junction control that reduces delay under low traffic demand. Conditions under which they are advantageous in terms of capacity and delay have been already shown in existing researches. However, the implementation of roundabouts is likely to be negatively evaluated, particularly in Japan; due to safety reasons since traffic conflicts are inevitable when merging. In this paper, a methodology for the performance evaluation of at-grade junctions considering a trading-off relationship between delay and vehicular conflicts is proposed. The performance of signalized intersections and roundabouts are also compared by applying this methodology. As a result, it was found that roundabouts are still more advantageous than signalized intersections when approaching traffic volume is less than 500 vph, even though not only delay but also conflicts were taken into account as evaluation indices.

    DOI: 10.11175/easts.7.2412

  182. PERFORMANCE EVALUATION OF HIGHWAY SEGMENTS USING TRAVEL TIME BASED PERFORMANCE MEASURES

    Mehran Babak, Nakamura Hideki

    Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   2007 巻 ( 0 ) 頁: 318 - 318   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Eastern Asia Society for Transportation Studies  

    This paper introduces some applications of travel time based performance measures and mainly the travel time reliability as a measure of performance. In this research, operational conditions of two different segments of an intercity expressway are evaluated and compared by using travel time based performance measures. While Buffer Time Index and Travel Time Index are used to evaluate travel time reliability and congestion, it is observed that travel times are more reliable during off-peak periods, whereas unreliability dramatically increases during the peak periods. Additionally, travel time reliability varies from time to time according to demand fluctuations and traffic influencing events. Finally, highway segments are found to be more susceptible to disruptions caused by traffic influencing events once congestion starts to build up.

    DOI: 10.11175/eastpro.2007.0.318.0

  183. INFLUENCE OF HEAVY VEHICLES ON JAPAN TWO-LANE HIGHWAY SPEED AND FOLLOWER FLOW CHARACTERISTICS

    CATBAGAN Jerome, NAKAMURA Hideki

    Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   7 巻 ( 0 ) 頁: 2533 - 2545   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Eastern Asia Society for Transportation Studies  

    The effects of heavy vehicles become more pronounced in two-lane highway facilities with passing restrictions since vehicles in a platoon do not have any other choice but to follow the leaders&rsquo; choice of speed, which is usually below their desired speed levels. Furthermore, platoon lengths are expected to be longer than usual, affecting level of service indicators such as follower density and average travel speed. This study aims to make a preliminary analysis of the influence of heavy vehicle on such facility types in Japan. Detector data were analyzed for two different time periods &mdash; peak and weekday. The speed of heavy vehicles has a direct effect on follower speed and follower density was found to become more sensitive to heavy vehicle percentage as flow rate increases. Average speed was also found to be more sensitive to heavy vehicle presence on upgrades, especially during the evening period.

    DOI: 10.11175/easts.7.2533

  184. Influence of Heavy Vehicles on Japan Two-Lane Highway Speed and Follower Flow Characteristics

    Catbagan Jerome Lejano, Nakamura Hideki

    Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   2007 巻 ( 0 ) 頁: 330 - 330   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Eastern Asia Society for Transportation Studies  

    The effects of heavy vehicles become more pronounced in two-lane highway facilities with passing restrictions since vehicles in a platoon do not have any other choice but to follow the leaders' choice of speed, which is usually below their desired speed levels. Furthermore, platoon lengths are expected to be longer than usual, affecting level of service indicators such as follower density and average travel speed. This study aims to make a preliminary analysis of the influence of heavy vehicle on such facility types in Japan. Detector data were analyzed for two different time periods - peak and weekday. The speed of heavy vehicles has a direct effect on follower speed and follower density was found to become more sensitive to heavy vehicle percentage as flow rate increases. Average speed was also found to be more sensitive to heavy vehicle presence on upgrades, especially during the evening period.

    DOI: 10.11175/eastpro.2007.0.330.0

  185. A COMPARATIVE STUDY ON TRAFFIC CHARACTERISTICS AND DRIVER BEHAVIOR AT SIGNALIZED INTERSECTIONS IN GERMANY AND JAPAN

    TANG Keshuang, NAKAMURA Hideki

    Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   7 巻 ( 0 ) 頁: 2470 - 2485   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Eastern Asia Society for Transportation Studies  

    The authors are currently investigating the applicability of the operation policy, commonly applied at signalized intersections in Germany, for Japanese signalized intersections. As an initial step, this study analyzed traffic characteristics and driver behavior at several typical German and Japanese intersections to understand the impacts of such policy on them. The results showed that German intersections had significantly lower starting response time (SRT) and start-up lost time (SULT), which was due to the sequence of signal indications. However, no apparent variations existed in saturation flow rate (SFR) and lost time in amber (LTA). Left turners at German intersections tended to be more aggressive in choosing suitable gaps, indicated by critical gap and 1/PET values. Moreover, longer all-red clearance interval and gap adaptive control seemed to encourage aggressive pass. Lower stop-line crossing during amber (SCA) and red light violation (RLV) rates at German intersections were attributed to multiple factors.

    DOI: 10.11175/easts.7.2470

  186. 性能照査型道路計画設計のための年間を通じた時間交通需要変動推計手法の構築

    内海 泰輔, 中村 英樹, 渡辺 将光

    土木計画学研究・論文集   ( 24 ) 頁: 825 - 834   2007年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    筆者らは, 性能照査型道路計画設計手法の導入を提案しているが, 計画/設計道路の性能をより的確に評価するためには, 年間8,760時間の時系列的な時間交通需要変動を考慮することが必要である. そこで本論文では, 日ベースと時間ベースの2段階に分け年間の時間交通需要変動を推計する手法を構築した. これにより車両感知器では直接観測することが困難な超過需要を考慮することができる. そして, この手法を用いて道路カテゴリ別の平均的な時間交通需要変動を推計した. これと各種条件・道路構造別の道路交通性能を組み合わせれば, 計画/設計道路で実現される交通状況を年間を通じて想定することができ, 道路の性能をより詳細に評価することが可能となる.

    DOI: 10.2208/journalip.24.825

  187. Effects of Heavy Vehicles on Following Behavior in Two-Lane Highway Sections

    Catbagan, J., Nakamura, H. and Utsumi, T

      No.34 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  188. On-Ramp Merging Capacity in Japan Urban Expressways: A Stochastic Approach

    Shawky, M. and Nakamura, H.

      No.34 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  189. ラウンドアバウトの幾何構造と性能に関する検討

    馬渕太樹・中村英樹

    土木計画学研究・講演集   No.34 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  190. ランドアクセスからみた道路のサービス水準の定量化に関する研究

    斉藤裕子・中村英樹・内海泰輔・馬渕太樹

    土木計画学研究・講演集   No.34 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  191. Evaluation of Performance Measures for Two-Lane Expressways in Japan, Transportation Research Record 査読有り

    Catbagan, L.J. and Nakamura, H.

    Transportation Research Board     頁: 111-118   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  192. 年間を通じた時間交通需要変動の再現手法の構築

    渡辺将光・中村英樹・内海泰輔

    土木計画学研究・講演集   No.34 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  193. 路上駐車を考慮した街路構造

    中村英樹・中井麻衣子

    交通工学   Vol.41, No.6 巻   頁: 40-44   2006年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  194. 交通流解析のためのビデオ画像処理システム TrafficAnalyzer の開発と性能検証

    鈴木 一史, 中村 英樹

    土木学会論文集   62 巻 ( 3 ) 頁: 276 - 287   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    交通工学分野においてビデオ画像観測は,車両などの詳細な挙動分析や交通状況の正確な把握に必須の観測手法であるが,車両走行軌跡のような詳細データをマニュアルで収集する場合,解析に膨大な時間と労力を要することが大きな課題であった.本研究では,画像処理技術を駆使することにより交通工学分野で多用される交通量計測,移動体追跡,車番認識を自動化し,データ収集作業の飛躍的な効率化を可能とする多機能ビデオ画像処理システムTrafficAnalyzerを開発した.本システムの性能を実際の家庭用デジタルビデオカメラ映像により検証した結果,交通量計測は概ね95%以上,車番認識は50%以上の認識性能を有し,移動体追跡では車両や歩行者などの詳細な挙動を1/10secごとに効率的に追跡できることを示した.

    DOI: 10.2208/jscejd.62.276

  195. TrafficAnalyzer - The Integrated Video Image Processing System for Traffic Flow Analysis

    Suzuki, K. and Nakamura, H.

    13th World Congress on Intelligent Transportation Systems     頁: 8 pages in CD-ROM   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  196. 車両間交錯度を考慮したラウンドアバウトと信号交差点の性能比較分析 査読有り

    中村英樹・馬渕太樹

    交通工学   Vol.41 巻 ( No.5 ) 頁: 69-79   2006年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  197. Lichtsignalsteuerung in Japanraffic Signal Control in Japan 査読有り

    Boltze, M., Kittler, W. and Nakamura, H.

    Strassenverkehrstechnik   50 巻 ( Jahrgang ) 頁: 531-537   2006年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  198. An Investigation on Performance Measures for Two-Lane Expressways in Japan

    Catbagan, L.J. and Nakamura, H.

    Proceedings of the 5th International Symposium on Highway Capacity and Quality of Service, Transportation Research Board     頁: 209-218   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  199. Randomness Nature of Breakdown Phenomena in Japan Urban Expressway Merging Sections

    Shawky, M. and Nakamura, H

    Proceedings of the 8th International Summer Symposium, Japan Society of Civil Engineers     頁: 239-242   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  200. An Overview on Capacity and Quality of Service Studies in Japan 招待有り

    Nakamura, H. and Oguchi, T.

    Proceedings of the 5th International Symposium on Highway Capacity and Quality of Service, Transportation Research Board     頁: 87-104   2006年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  201. 交通流解析のためのビデオ画像処理システムTrafficAnalyzerの開発と性能検証 査読有り

    鈴木一史・中村英樹

    土木学会論文集D   vol.62 巻 ( No.3 ) 頁: 276-287   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  202. 後悔と感心

    中村 英樹

    IATSS review = 国際交通安全学会誌   31 巻 ( 1 )   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  203. 道路機能に対応した性能照査型道路設計と交通運用

    中村 英樹

    IATSS review = 国際交通安全学会誌   31 巻 ( 1 ) 頁: 75 - 80   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:国際交通安全学会  

  204. 道路機能に対応した性能照査型道路設計と交通運用

    中村英樹

    IATSS Review   Vol. 31, No.1 巻   頁: 75-80   2006年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  205. 後悔と感心

    中村英樹

    IATSS Review 論壇   Vol. 31, No.1 巻   頁: 3   2006年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  206. 日本の交通容量・サービスの質に関する研究展望

    中村英樹・大口 敬

    土木計画学研究・講演集   No.33 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2006年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  207. 日本でのラウンドアバウト設計のための調査研究課題

    馬渕太樹・中村英樹

    土木計画学研究・講演集   No.33 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  208. 機能に対応した道路計画設計のための交通量変動特性分析

    内海泰輔・中村英樹・磯和賢一・渡辺将光

    土木計画学研究・講演集   No.33 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  209. 往復分離2車線自専道における交通量-速度曲線への影響要因分析

    稲野 晃・中村英樹・内海泰輔

    土木計画学研究・講演集   No.33 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  210. 開発事例を通した交通工学分野における画像処理技術の適用上の課題

    鈴木一史・中村英樹

    土木計画学研究・講演集   No.33 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  211. INSPECTORのトランジットモール実施影響評価への適用

    中村英樹・鈴木一史・眞壁武史

    土木計画学研究・講演集   No.33 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2006年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  212. 交通需要の時空間変動を考慮した新たな道路ネットワーク計画設計試論

    大口 敬・中村英樹・桑原雅夫

    土木計画学研究・講演集   No.33 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  213. Performance Measure Evaluation for Japan Two-Lane Expressways

    Catbagan, L.J. and Nakamura, H.

    85th TRB Annual Meeting     頁: 10 pages, CD-ROM   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  214. Quantifying Passing Lane Effects on Two Lane Expressways

    Catbagan, J., Nakamura, H. and Nakanishi, K

      No.32 巻   頁: 3ページ,CD-ROM   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  215. 交差点条件による平面交差部の性能評価

    馬渕太樹・中村英樹

    土木計画学研究・講演集   No.32 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  216. ビデオ画像を用いた都市高速合流部における合流挙動に関する分析

    渡辺将光・中村英樹

    土木計画学研究・講演集   No.32 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  217. 画像処理による交通量計測システムの開発と性能検証 査読有り

    鈴木一史・中村英樹

    第4回ITSシンポジウム論文集     頁: 365-370   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  218. Detection of Unmapped Road Links by Utilizing Off-Link Probe Data 査読有り

    Wang, R., Nakamura, H. and Izu, N.

    International Journal of ITS Research   Vol.3 巻   頁: 49-57   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  219. Parkraumbewirtschaftung – Was macht Japan anders?Parking Space Management: the Japanese Way 査読有り

    Trieb, A., Sch&auml;fer, P., Nakamura, H.

    Internationales Verkehrswesen, 57. Jahrgang, Nr.10     頁: 434-437   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  220. 車両の交錯リスクを考慮したラウンドアバウトと信号交差点の性能比較分析 査読有り

    馬渕太樹・中村英樹

    第25回交通工学研究発表会論文集     頁: 45-48   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  221. 路上駐停車の選択的受入れを考慮した街路構造設計に関する研究 査読有り

    中井麻衣子・中村英樹

    第25回交通工学研究発表会論文集     頁: 109-112   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  222. An Overview on Ramp Metering: Its Performance and Limits

    Shawky, M. and Nakamura, H.

    Proceedings of the 7th International Summer Symposium, Japan Society of Civil Engineers     頁: 235-238   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  223. Analysis of Two-Lane Expressway Traffic Characteristics

    Catbagan, J. and Nakamura, H.

    Proceedings of the 7th International Summer Symposium, Japan Society of Civil Engineers     頁: 239-242   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  224. 路上駐車の選択的受入れを考慮した街路構造について

    中井麻衣子・中村英樹

    土木計画学研究・講演集   No.31 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  225. 機能に対応した道路幾何構造設計のための道路階層区分の試案

    中村英樹・大口 敬・森田綽之・桑原雅夫・尾崎晴男

    土木計画学研究・講演集   No.31 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2005年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  226. ボトルネックベースで考える道路ネットワーク計画設計試論

    大口 敬・中村英樹・森田綽之・桑原雅夫・尾崎晴男

    土木計画学研究・講演集   No.31 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  227. 今後の道路幾何構造設計と交通運用へのツボ

    尾崎晴男・中村英樹・大口 敬・森田綽之・桑原雅夫

    土木計画学研究・講演集   No.31 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  228. 車両の交錯挙動に着目したラウンドアバウトの性能評価

    馬渕太樹・中村英樹

    土木計画学研究・講演集   No.31 巻   頁: 4ページ,CD-ROM   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  229. 成熟時代に求められる道路技術者の情熱

    中村英樹

    月刊建設   Vol.49 巻   頁: 4-5   2005年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  230. 道路交通パフォーマンスとサービス水準

    中村英樹

    交通工学   Vol.40, No.1 巻   頁: 7-10   2005年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  231. 遅れと交錯に着目したラウンドアバウトの性能評価手法

    馬渕太樹・中村英樹・鈴木弘司

    土木計画学研究・講演集   No.30 巻   頁: 4ページ   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  232. 信号制御と交差点構造が利用者のリスク挙動に与える影響の評価手法

    山口 哲・鈴木弘司・中村英樹・磯和賢一

    土木計画学研究・講演集   No.30 巻   頁: 4ページ   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  233. "道路交通のサービス水準"特集にあたって

    喜多 秀行, 中村 英樹

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE   ( 772 ) 頁: 1 - 2   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  234. ドライバーストレスの間接計測に基づく高速道路単路部におけるサービス水準の評価

    中村 英樹, 鈴木 弘司, 劉 俊晟

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE   ( 772 ) 頁: 11 - 21   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

  235. Analysis on Driver's Risky Behaviors at Signalized Intersections during Inter-green periods

    Suzuki, K., Nakamura, H., Yamaguchi, S.

    11th World Congress on Intelligent Transportation Systems     頁: 8 pages in CD-ROM   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  236. Estimation of Urban Street Geometric Characteristics by Using Probe Vehicle Data

    Wang, R., Nakamura, H., Izu, N.

    11th World Congress on Intelligent Transportation Systems     頁: 8 pages in CD-ROM   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  237. INSPECTOR – The Integrated Network Simulator for Performance Evaluation on Comprehensive Traffic OpeRation

    Nakamura, H., Suzuki, K.

    11th World Congress on Intelligent Transportation Systems     頁: 15 pages in CD-ROM   2004年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  238. ドライバーストレスの間接計測に基づく高速道路単路部におけるサービス水準の評価 査読有り

    中村英樹・鈴木弘司・劉 俊晟

    土木学会論文集   No.772 巻 ( IV-65 ) 頁: 11-21   2004年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  239. 自動車専用道路の可変図形情報板が交通流に与える影響に関する実証分析 査読有り

    渡辺康一・中村英樹

    第3回ITSシンポジウム論文集     頁: 245-250   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  240. 交通流解析のための簡便な多機能ビデオ画像処理システムの開発 査読有り

    鈴木一史・中村英樹

    第24回交通工学研究発表会論文集     頁: 69-72   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  241. 都心商業街区におけるパークアンドバスライド施策へのINSPECTORの適用 査読有り

    眞壁武史・中村英樹・鈴木一史

    第24回交通工学研究発表会論文集     頁: 197-200   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  242. 交通信号のインターグリーン時間におけるリスク挙動の要因分析 査読有り

    磯和賢一・鈴木弘司・中村英樹・山口 哲

    第24回交通工学研究発表会論文集     頁: 105-108   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  243. Analysis on Driver's and Pedestrian's Perception for the Evaluation of Cycle Length at Under-saturated Signalized Intersections

    Suzuki, K., Nakamura, H., Yamaguchi, S.

    10th World Conference on Transport Research     頁: 12 pages in CD-ROM   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  244. 街路ネットワーク交通流シミュレータINSPECTORの開発と駐車料金施策評価への適用 査読有り

    中村英樹・鈴木一史

    交通工学   Vol.39 巻 ( No.4 ) 頁: 72-83   2004年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  245. Influence of Probe Vehicle Sample Size on Expressway Travel Speed Estimation 査読有り

    Wang, R., Nakamura, H.

    Journal of the 10th WCTR     頁: 11 pages in CD-ROM   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  246. 道路パフォーマンスとその活用のための道路幾何構造上の課題

    中村英樹

    土木計画学研究・講演集   No.29 巻   頁: 4ページ   2004年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  247. 道路パフォーマンスを引き出す道路構造

    中村英樹

    道路   Vol.759 巻   頁: 26-31   2004年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  248. Behavior Risk Estimation Model for the Evaluation of Cycle Length Based on Driver's Perception at Signalized Intersection

    Suzuki, K., Nakamura, H. and Yamaguchi, S.

    8th International Conference on Applications of Advanced Technologies in Transportation (8th AATT), ASCE     頁: 208-212   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  249. Error Characteristic Analysis of Probe and Vehicle Detector Data in a Context of Expressway Travel Speed Estimation Combining Detector and Probe Data

    Wang, R. and Nakamura, H.

    8th International Conference on Applications of Advanced Technologies in Transportation (8th AATT), ASCE     頁: 6 pages   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  250. Performance of Expressway Travel Time Estimation on the Basis of Probe and Detector Data

    Nakamura, H., Wang, R.

    Proceedings of the International Conference on Transportation Systems Planning and Operation, Volume II     頁: 759-768   2004年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  251. "道路交通のサービス水準"特集にあたって

    喜多 秀行, 中村 英樹

    土木学会論文集   2004 巻 ( 772 ) 頁: 1 - 2   2004年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    DOI: 10.2208/jscej.2004.772_1

  252. 車両感知器とプローブデータを組み合わせた旅行時間推定手法の実証分析 査読有り

    中村英樹・王 鋭

    第2回ITSシンポジウム論文集     頁: 283-288   2003年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  253. リスク概念を用いた交通信号のサイクル長評価フレームワーク

    鈴木弘司・中村英樹・山口 哲

    土木計画学研究・講演集   No.28 巻   頁: 4ページ   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  254. 交通特性分析に基づくラウンドアバウト制御の適用性に関する検討

    シャマリー マナゲ・鈴木弘司・中村英樹

    土木計画学研究・講演集   No.28 巻   頁: 4ページ   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  255. Expressway Travel Time Estimation by Using the Combination of Detector and Probe Vehicle Data

    Wang, R. and Nakamura, H.

    proceedings of 10th World Congress on Intelligent Transport Systems     頁: 12 pages   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  256. 高級な道路の供給から合理的な機能の提供へ

    中村英樹

    交通工学   Vol.38 増刊号 巻   頁: 5-13   2003年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  257. 街路ネットワーク交通流シミュレータINSPECTORの基本構造と性能検証 査読有り

    鈴木一史・中村英樹

    第23回交通工学研究発表会論文集     頁: 181-184   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  258. Performance Analysis of Roundabouts as an Alternative for Intersection Control in Japan 査読有り

    Manage, S., Nakamura, H. and Suzuki, K.

    Journal of EASTS'03     頁: 871-883   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  259. Validation of an Improved Method to Estimate Expressway Travel Time by the Combination of Detector and Probe Data 査読有り

    Wang, R., Nakamura, H. and Goto, M.

    Journal of EASTS'03     頁: 2003-2014   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  260. 走行特性に着目したプローブカーの高速道路走行データ抽出法

    後藤 誠・中村英樹

    土木計画学研究・講演集   No.27 巻   頁: 4ページ   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  261. インターネットITS アプリケーション検証シミュレータ

    春田 仁・渋谷裕久・堀口良太・赤羽弘和・森川高行・中村英樹・植原啓介

    土木計画学研究・講演集   No.27 巻   頁: 4ページ   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  262. 駐車施策評価のための交通流シミュレータの開発と適用事例

    中村英樹・鈴木一史・櫻井淳史

    土木計画学研究・講演集   No.27 巻   頁: 4ページ   2003年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  263. 社会的ニーズと利用者ニーズ

    中村英樹

    高速道路と自動車   第46 巻 ( 第3 ) 頁: 18   2003年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  264. フローティング・カーと車両感知器データの組み合わせによる旅行時間推定精度向上の可能性

    中村英樹・王 鋭

    第1回ITSシンポジウム論文集     頁: 643-649   2002年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  265. 交通信号制御の高度化のための交通流検出新技術の活用性について

    鈴木弘司・中村英樹・彦坂崇夫

    土木計画学研究・講演集   No.26 巻   頁: 4 pages in CD-ROM   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  266. 都市属性による交通情報提供効果の相違に関するモデル分析

    渡辺剛史・鈴木弘司・中村英樹・加藤博和

    土木計画学研究・講演集   No.26 巻   頁: 4 pages in CD-ROM   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  267. Short Term Prediction Works in Traffic Engineering

    Wang, R., Nakamura, H.

    The State-of-the –art, 9th World Congress on Intelligent Transportation Systems     頁: 12 pages in CD-ROM   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  268. ドイツにおける都市圏総合交通マネジメントセンター設立の動向

    中村英樹

    運輸政策研究   Vol.5, No.2 巻   頁: 56-59   2002年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  269. ITSセンシング技術を活用した交通信号制御アルゴリズム

    越 正毅・桑原雅夫・赤羽弘和・尾崎晴男・安井一彦・中村英樹・大口 敬・吉井稔雄・堀口良太・小根山裕之

    土木計画学研究・講演集   No.25 巻   頁: 4 pages in CD-ROM   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  270. Discussion on the Dynamic Travel Time Estimation Based on Multiple Data Sources - Combining Emerging Data Collection Devices with Conventional Detectors, Traffic and Transportation Studies

    Wang, R., Nakamura, H.

    Proceedings of the Third International Conference on Traffic and Transportation Studies (ICTTS 2002)   Volume two 巻   頁: 1377-1384, ASCE   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  271. ドイツにおける道路交通情報サービスの展開

    中村英樹

    交通工学   Vol.37, No.3 巻   頁: 35-41   2002年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  272. ITSが目指す新しい地域社会

    中村英樹

    プロジェクト・レポート   No.32 巻   頁: 11-14   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  273. 都心商業街区におけるアクセス性と移動性の変化に伴う買物客の目的地・交通手段選択行動分析

    絹田裕一・中村英樹

    土木計画学研究・講演集   No.24(2) 巻   頁: 719-722   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  274. 高速道路単路部における事故率と交通状況との関連に関する統計的分析 査読有り

    彦坂崇夫・中村英樹

    第21回交通工学研究発表会論文報告集     頁: 173-176   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  275. 微視的交通流シミュレーションと交通手段選択モデルを組合せたパーク・アンド・ライド施策の評価システム 査読有り

    中村英樹・平松達仁・内海泰輔

    土木計画学研究・論文集   Vol.18 巻 ( No.5 ) 頁: 795-801   2001年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  276. Estimation of mental stress under the driving circumstances and its application in the consideration of driver's perception, Conference on Advanced Highway Capacity Modeling Techniques and Quality of Service

    Nakamura, H., Suzuki, K., Ryu, S.

    Transportation Research Board     頁: 118-127   2001年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  277. 高速道路単路部における交通容量・サービス水準管理施策の評価

    中村英樹・鈴木弘司・劉 俊晟

    第37回土木計画学シンポジウム論文集,(社)土木学会     頁: .231-238   2001年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  278. 東海豪雨における道路交通網被害と情報提供に関する調査分析

    中村英樹・加藤博和・安井伸一

    2000年9月東海豪雨災害に関するミニシンポジウム報告書,土木学会水理委員会河川部会     頁: 89-94   2001年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  279. 東海豪雨における道路交通網被害と情報提供に関する調査分析

    中村英樹・加藤博和・安井伸一

    2000年9月東海豪雨災害に関するミニシンポジウム報告書 土木学会水理委員会河川部会     頁: 89-94   2001年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  280. 微視的交通流シミュレーションと交通手段選択モデルを組合せたパーク・アンド・ライド施策の評価システム

    中村 英樹, 平松 達仁, 内海 泰輔

    土木計画学研究・論文集   ( 18 ) 頁: 795 - 802   2001年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    都市部におけるP&R戦略の立案に際しては, P&R駐車場の規模や配置, 駐車料金などの施策導入条件に応じたP&R需要を的確に推定し, かつそれらが周辺交通流にもたらす影響を評価することが必要である. 本論文では, 端末アクセス交通手段選択を含んだ交通手段選択モデルを構築して各種P&R関連施策に伴う幹線・端末交通需要の変化を表現するとともに, それに応じた交通流への影響を時間的・空間的に評価するために微視的交通流シミュレーションを開発した. これらを組合せ, さらにDP&Rモデルを加えることで, 出発地から目的地までのインターモーダルトリップと交通状況のシミュレートが可能なP&R施策評価システムを構築した. また, 本システムを名古屋東部地域に適用し, 駐車場整備や情報提供などP&R関連施策の効果について考察した.

    DOI: 10.2208/journalip.18.795

  281. 道路の提供するサービスの質とその計量

    中村英樹・劉 俊晟

    土木計画学研究・講演集   No.23(1) 巻   頁: 756-757   2000年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  282. マイクロ交通流シミュレーションと手段選択モデルを用いたダイナミック・パーク・アンド・ライドの評価

    中村英樹・平松達仁・内海泰輔

    土木計画学研究・講演集   No.23(1) 巻   頁: .587-590   2000年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  283. Evaluation of the Dynamic Park and Ride Information Strategy Using Microscopic Intermodal Trip and Traffic Simulation

    Nakamura, H., Hiramatsu, T.

    7th World Congress on Intelligent Transportation Systems     頁: 8 pages in CD-ROM   2000年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  284. ドライバー主観の計量による高速道路単路部のサービスの質の定量化とその要因分析 査読有り

    中村英樹・加藤博和・鈴木弘司・劉 俊晟

    土木計画学研究・論文集   No.17 巻   頁: 941-946   2000年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  285. An Analysis of the Interrelationship among Traffic Flow Conditions, Driving Behavior, and Degree of Driver's Satisfaction on Rural Motorways 査読有り

    Nakamura, H., Suzuki, K., Ryu, S.

    Transportation Research Board     頁: 42-52   2000年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  286. 現実的な交通容量からみたAHSの適用性に関する検討

    中村英樹

    運輸政策研究   Vol.2, No.4 巻   頁: 47-48   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  287. ドライバー主観の計量による高速道路単路部のサービスの質の定量化とその要因分析

    中村 英樹, 加藤 博和, 鈴木 弘司, 劉 俊晟

    土木計画学研究・論文集   ( 17 ) 頁: 941 - 946   2000年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    本研究は, 道路交通のサービスの質の1つの側面として, ドライバーの主観的快適性を表す満足度に基づいた定量化を試みるとともに, 満足度とそれを構成する印象, および交通状況との対応関係を明らかにすることを目的とする. 都市間高速道路の単路部を対象とした走行実験を実施し, 交通状況とドライバーの感覚に関するデータを収集し分析を行ったところ, 交通状況とドライバーの満足度, 運転挙動との間の対応関係を定量的に明示することができた. さらに, 満足度に基づくサービスの質の基準を仮定し, 既往の基準値と比較考察を行ったところ, 現在日本の高速道路の計画段階に想定している交通状況に対して, ドライバーは満足していない傾向にあることが示された.

    DOI: 10.2208/journalip.17.941

  288. 活動時間特性を考慮した観光客周遊行動シミュレーション 査読有り

    中村英樹・福岡真紀子

    第19回交通工学研究発表会論文報告集     頁: 153-156   1999年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  289. ドライバーの感覚に基づいた交通状況評価の計量手法と要因分析 査読有り

    中村英樹・加藤博和・鈴木弘司・劉 俊晟

    第19回交通工学研究発表会論文報告集     頁: 133-136   1999年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  290. An Applicability Study on the Dynamic Park and Ride System by A Traffic Simulation Incorporating User Behavior Model

    Nakamura, H., Kato, H., Utsumi, T.

    6th World Congress on Intelligent Transportation Systems     頁: 8 pages in CD-ROM   1999年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  291. ドライバーの満足度による高速道路単路部のサービス水準評価

    中村英樹・加藤博和・鈴木弘司・劉 俊晟

    土木計画学研究・講演集   No.22 巻   頁: 885-888   1999年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  292. ライフサイクル評価に基づく高速道路単路部のサービス水準設定に関する検討 査読有り

    中村英樹・加藤博和・劉 俊晟・丸田浩史・二村 達

    土木計画学研究・論文集   No.16 巻   頁: 933-940   1999年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  293. SPモデルを適用した名古屋におけるDynamic Park and Rideの導入効果分析 査読有り

    中村英樹・加藤博和・内海泰輔・平田 哲

    土木計画学研究・論文集   No.16 巻   頁: 949-954   1999年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  294. A Model Analysis on Effects of the Dynamic Park-and-Ride System in Japan, Using Stated Preference Data 査読有り

    Nakamura, H.

    Proceedings for HEUREKA'99, Optimierung in Verkehr und Transport     頁: 73-81   1999年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  295. 世紀の大改修プロジェクト : 統一ドイツのアウトバーン再生・整備事業

    中村 英樹

    土木学会誌   84 巻 ( 1 ) 頁: 4 - 9   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

  296. 総合都市交通戦略としての駐車管理

    中村英樹

    交通工学   Vol.34, No.1 巻   頁: 3-8   1999年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  297. 世紀の大改修プロジェクト,-統一ドイツのアウトバーン再生・整備事業-

    中村英樹

    土木学会誌   第84 巻 ( 第1 ) 頁: 4-9   1999年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  298. SPモデルを適用した名古屋におけるDynamic Park and Rideの導入効果分析

    中村 英樹, 加藤 博和, 内海 泰輔, 平田 哲

    土木計画学研究・論文集   ( 16 ) 頁: 949 - 954   1999年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    本論文は, TTS技術による情報提供のインターモーダル分野への適用例であるDynamic Park and Ride (DP&R) 施策を対象に, その導入効果の予測評価を試みたものである. 名古屋市東部地域において収集したSPデータを用いて, DP&Rシステム導入に伴うDP&R選択行動をモデル化するとともに, この選択モデルを組み込んだ簡便な交通シミュレーションを行った.その結果, DP&Rの実施が自動車走行距離やCO<SUB>2</SUB>排出の削減に寄与するためには, P&R駅における乗換抵抗や料金水準といったサービスの改善を同時に施す必要があることが定量的に示された.

    DOI: 10.2208/journalip.16.949

  299. ライフサイクル評価に基づく高速道路単路部のサービス水準設定に関する検討

    中村 英樹, 加藤 博和, 劉 俊晟, 丸田 浩史, 二村 達

    土木計画学研究・論文集   ( 16 ) 頁: 933 - 940   1999年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    道路の横断面構成は, 建設・維持管理費用や走行・時間費用はもとより, エネルギー消費・環境負荷にも大きく影響を及ぼすが, その決定に際して重要な役割を果たすのがサービス水準の設定である.本研究では, 高速道路単路部における横断面構成をライフサイクルにわたる費用 (Life Cycle Cost;LCC) の観点から評価することにより, サービス水準の設定を試みる. まず, 横断面構成, 地形・地域条件, AADTを入力条件とするLCCの推計手法を構築する. 次に, これらが最小となる横断面代替案において実現されるサービス水準を, 交通量-交通容量比 (<I>v/c</I>) で定量的に表現する. その結果, 規格の高い道路ほどLCCが小さくなる傾向や, 現行のサービス水準はLCC最小基準と拡張ライフサイクルCO<SUB>2</SUB>最小基準による最適値の概ね中間に位置することが示される.

    DOI: 10.2208/journalip.16.933

  300. 名古屋におけるDynamic Park and Rideの導入効果のモデル分析

    中村英樹・加藤博和・内海泰輔・平田哲

    土木計画学研究・講演集   No.21 巻   1998年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  301. 高速道路横断面構成のライフサイクル評価

    中村英樹・加藤博和・二村 達・劉 俊晟

    土木計画学研究・講演集   No.21 巻   頁: 649-652   1998年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  302. ゾーン単位でみた路上駐車の実態とその要因に関するマクロ分析

    中村英樹・絹田裕一・加藤博和

    土木計画学研究・講演集   No.21 巻   1998年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  303. 多車線道路単路部における車線数決定要因に関する国際比較分析 査読有り

    中村英樹・二村 達・劉 俊晟

    第18回交通工学研究発表会論文報告集     頁: 157-160   1998年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  304. SPデータを用いたDynamic Park and Rideの適用可能性に関するモデル分析 査読有り

    中村英樹・平田 哲・加藤博和・内海泰輔

    第18回交通工学研究発表会論文報告集     頁: 177-180   1998年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  305. 運輸交通部門におけるCO2削減に向けての施策技術展開

    中村英樹

    土木学会平成10年度全国大会研究討論会6     頁: 13-16   1998年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  306. 都市間高速道路の横断面構成の相違によるCO2排出量のライフサイクル評価 査読有り

    中村英樹・加藤博和・丸田浩史・二村 達

    土木学会環境システム研究   No.26 巻   頁: 261-270   1998年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  307. 目標設定型アプローチによる運輸起源のCO2排出削減施策の提示 査読有り

    中村英樹・林 良嗣・都築啓輔・加藤博和・丸田浩史

    土木計画学研究・論文集   No.15 巻   頁: 739-745   1998年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  308. 運輸交通部門からのCO2排出削減のための施策オプションとその目標設定

    林 良嗣・中村英樹・加藤博和・丸田浩史

    土木学会第6回地球環境シンポジウム講演集     頁: 121-127   1998年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  309. インターモーダル交通マネジメント~ドイツの経験と展望

    中村英樹

    季刊MOBILITY   No.110 巻   頁: 119-124   1998年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  310. Freizeitverkehr in Japan – ein &Uuml;berblick

    Nakamura, H.

    Internationales Verkehrswesen   50, Jahrgang 1+2 巻   頁: 28-29   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  311. 都市間高速道路の横断面構成の相違によるCO2排出量のライフサイクル評価

    土木学会環境システム研究     頁: 26   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  312. SPデータを用いたDynamic Park and Rideの適用可能性に関するモデル分析

    交通工学研究発表会論文報告集     頁: 18   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  313. 目標設定型アプローチによる運輸起源のCO2排出削減施策の提示

    土木計画学研究・論文集     頁: 15   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  314. 目標設定型アプローチによる運輸起源のCO2排出削減施策の提示

    中村 英樹, 林 良嗣, 都築 啓輔, 加藤 博和, 丸田 浩史

    土木計画学研究・論文集   ( 15 ) 頁: 739 - 745   1998年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    我が国の運輸交通部門からのCO2排出量を, どの規模の都市でどの程度削減する必要があり, またそのために求められる施策の程度がどのくらいかといった具体的な数値目標が明示されていない. CO2排出量削減を確実に達成するためには, 具体的な目標設定の上で, 交通施策を決断し努力する必要がある. 本研究では, 2010年におけるCO2排出量の必要削減量を設定し, その実現に向けて必要な交通施策目標値を提示する. 特に都市内旅客輸送に関しては, 交通機関分担率や輸送効率をはじめとした交通特性が都市の規模により異なることを考慮して, 必要なCO2排出削減量, およびそのための交通施策目標値を都市規模別に算出し, 実現可能性について考察する.

    DOI: 10.2208/journalip.15.739

  315. 都市間高速道路の横断面構成の相違によるCO<SUB>2</SUB>排出量のライフサイクル評価

    中村 英樹, 加藤 博和, 丸田 浩史, 二村 達

    環境システム研究   ( 26 ) 頁: 261 - 270   1998年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    This paper proposes a method for the comprehensive assessment on cross-sectional structures of inter-city motorways in terms of CO<SUB>2</SUB> emission. The index employed in this study is the &ldquo;Extended Life-cycle CO<SUB>2</SUB> (ELC-CO<SUB>2</SUB>)&rdquo; emission from highways. This takes into account of not only the CO<SUB>2</SUB> generated by highway construction and maintenance works, but also the CO<SUB>2</SUB> emission by traffic, which varies by highway cross-sectional design. Such traffic flow characteristics as traffic flow variations and/or speed-flow relationship is also investigated, which has not been considered in the conventional studies on LCA. The CO<SUB>2</SUB> emission by highway construction and maintenance works is estimated using &ldquo;combined method&rdquo;, for elevated, mounded, and tunnel sections respectively. Furthermore, various cross-sectional structures by several geographical and land-use conditions are assessed, through the calculation of ELC-CO<SUB>2</SUB> from each alternative.

    DOI: 10.2208/proer1988.26.261

  316. 運輸交通部門からのCO<SUB>2</SUB>排出削減のための施策オプションとその目標設定

    林 良嗣, 中村 英樹, 加藤 博和, 丸田 浩史

    地球環境シンポジウム講演論文集   ( 6 ) 頁: 121 - 127   1998年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    CO<SUB>2</SUB> emission from transport sector is drastically increasing, and this trend will never change without any appropriate countermeasures against that. Policies relating to reduction of CO<SUB>2</SUB> emission from transport sector are categorized by 1) stage in environmental influence mechanism, and 2) their method. On the other hand, a target value of CO<SUB>2</SUB> emission from Japanese urban passenger transport in 2010 is assumed to be the same level as that in 1990. Its value is estimated by population size of city, considering differences of transport properties and its effects on CO<SUB>2</SUB> reduction. Furthermore, required amount of each policy option for achieving the target value is calculated. Consequently, it is found that 1) no single policy option is effective, even if vehicle fuel consumption efficiency would be drastically improved, that results in necessity of combining various policy options, 2) effective measures in small cities is essential, whose transport activities are strongly dependent on automobiles and that cause about 80% of total CO<SUB>2</SUB> emission from urban passenger transport.

    DOI: 10.2208/proge.6.121

  317. 運輸起源のCO2排出削減に向けた交通施策の目標設定型アプローチ

    都築啓輔・中村英樹・林 良嗣

    土木計画学研究・講演集   No.20(2) 巻   頁: 145-148   1997年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  318. ドイツにおける観光交通計画への取り組み

    中村英樹

    土木学会土木計画学第8回ワンデーセミナー講演集     頁: 30-35   1996年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  319. 交通量変動特性を考慮した車線数決定方法に関する分析 査読有り

    山田晴利・中村英樹・西川昌宏

    土木技術資料   第38 巻 ( 第8 ) 頁: 26-31   1996年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  320. 30年後の環境共生型交通社会の実現に向けて,30年のあゆみ-21世紀への期待

    中村英樹

    (社)交通工学研究会     頁: 27-28   1996年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  321. ドイツに学ぶ豊かさへの意識

    中村英樹

    土木技術資料   38-5 巻   頁: 9   1996年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  322. Zur Enwicklung des Strassenwesens in Japan und in Deutschland 査読有り

        頁: 103-112   1996年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  323. ドイツにおける道路交通とインフラニーズの現状分析 ~再統一後5年を経過して~

    中村英樹

    道路   No.659 巻   頁: 65-70   1996年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  324. ドイツの道路横断面構造基準RAS-Q改正の動向

    中村英樹

    交通工学   Vol.31, No.1 巻   頁: 71-76   1996年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  325. Zur Entwicklung des Strassenwesens in Japan und in Deutschland

    Strassenverkehrstechnik   40 巻 ( 3 ) 頁: 103-112   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  326. ドイツに見る近距離公共交通活性化のための新しい試み

    中村英樹

    交通工学   Vol.30, No.3 巻   頁: 67-69   1995年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  327. 全国観光交通実態調査用いた発生量モデルに関する分析

    山田晴利・中村英樹・西川昌宏

    土木計画学研究・講演集No.17, スペシャルセッション「観光系道路交通施設整備の新たな視点」     頁: 1121-1122   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  328. Holiday Traffic Activities and Problems on Planning Procedure for Recreational Roads in Japan 査読有り

    Nakamura, H.

    IATSS Research   Volume 18 巻 ( No.2 ) 頁: 53-64   1994年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  329. 全国観光交通実態調査の概要

    山田晴利・中村英樹・橋口賢治

    交通工学   Vol.29, No.2 巻   頁: 9-18   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  330. 全国観光交通実態調査を用いた発生量モデルの提案 査読有り

    山田晴利・屋井鉄雄・中村英樹・兵藤哲朗

    交通工学   Vol.29 巻 ( No.2 ) 頁: 19-27   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  331. 全国観光交通実態調査

    山田晴利・中村英樹・橋口賢治・植村将一

    土木研究所資料   ( 第3270 ) 頁: 389   1994年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  332. Holiday Traffic Activities and Problems on Planning Procedure for Recreational Roads in Japan

    IATSS Research   18 巻 ( 2 ) 頁: 53-63   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  333. 全国観光交通実態調査を用いた交通発生量モデルの提案

    交通工学   29 巻 ( 2 ) 頁: 19-27   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  334. 日交通量変動パターンと道路特性の分析

    中村英樹・山田晴利

    土木計画学研究・講演集   No.16 巻   頁: 27-34   1993年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  335. 休日交通の現状と道路計画上の課題

    山田晴利・中村英樹

    都市計画第184号, 日本都市計画学会     頁: 40-43   1993年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  336. 休日交通特性に配慮した道路計画の必要性 査読有り

    山田晴利・中村英樹

    土木技術資料   第35 巻 ( 10 ) 頁: 27-33   1993年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  337. 休日交通の実態と道路計画上の問題点 査読有り

    中村英樹

    IATSS Review   Vol.19 巻 ( No.2 ) 頁: 94-101   1993年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  338. 英国における道路横断面の決定方法

    中村英樹

    高速道路と自動車   第36 巻 ( 第7 ) 頁: 29-36   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  339. 自動車走行台キロの将来推計

    橋口賢治・山田晴利・中村英樹・谷口栄一・安田泰二

    土木計画学研究・講演集   No.15 巻   頁: 739-745   1992年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  340. トリップチェーンを分解した休日観光OD推計モデル

    中村英樹・山田晴利・橋口賢治・藤田清二・星野夏樹

    土木計画学研究・講演集   No.15 巻   頁: 197-204   1992年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  341. 休日交通特性と道路計画

    中村英樹

    第49,50回交通工学講習会テキスト,交通工学研究会     頁: 223-238   1992年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  342. 織り込み区間の交通容量算出シミュレーション・モデル 査読有り

    中村英樹・桑原雅夫・越 正毅

    土木学会論文集   Ⅳ-16 巻 ( No.440 ) 頁: 51-59   1992年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  343. 織り込み区間の交通容量算出シミュレ-ション・モデル

    土木学会論文集   (]G0004[)-16 巻 ( 440 ) 頁: 51-59   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  344. A simulation model for the evaluation of weaving capacity, "Highway Capacity and Level of Service" 査読有り

    Nakamura, H., Kuwahara, M., Koshi, M.

    Transportation Research Board, Balkema     頁: 259-270   1991年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  345. 首都高速織り込み区間での交通流観測と運転挙動解析

    中村英樹・桑原雅夫・鈴木 隆・越 正毅・赤羽弘和

    土木計画学研究・講演集   No.12 巻   頁: 61-67   1989年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  346. An Overview on Area Traffic Control Systems

    Koshi, M., and Nakamura, H.

        頁: 1-26   1989年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  347. 飽和方形波モデルによる車群分割・二信号交差点連続停止と交通信号オフセットの関連解析

    中村英樹・越 正毅

    土木計画学研究・講演集   No.11 巻   頁: 291-298   1988年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  348. 車群分割および二信号交差点連続停止を評価基準とする交通信号オフセット 査読有り

    中村英樹・越 正毅

    生産研究   第40 巻 ( 8 ) 頁: 395-398   1988年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 16

  1. Global Practices on Road Traffic Signal Control : Fixed-Time Control at Isolated Intersections

    Tang, K., Boltze, M., Nakamura, H. and Tian, Z.( 担当: 共著)

    Elsevier  2019年5月  ( ISBN:9780128153024

     詳細を見る

    総ページ数:344   記述言語:英語 著書種別:学術書

    Global Practices on Road Traffic Signal Control is a valuable reference on the current state-of-the-art of road traffic signal control around the world. The book provides a detailed description of the common principles of road traffic signal control using a well-defined and consistent format that examines their application in countries and regions across the globe. This important resource considers the differences and special considerations across countries, providing useful insights into selecting control strategies for signal timing at intersections and pedestrian crosswalks. The book's authors also include success stories for coping with increasing traffic-related problems, examining both constraints and the reasons behind them.

    その他リンク: https://www.amazon.co.jp/Global-Practices-Traffic-Signal-Control-ebook/dp/B07RK2KG1P

  2. Global practices on road traffic signal control: Fixed-time control at isolated intersections

    Tang K., Boltze M., Nakamura H., Tian Z.( 担当: 単著)

    Global Practices on Road Traffic Signal Control: Fixed-Time Control at Isolated Intersections  2019年1月  ( ISBN:9780128153031

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    Global Practices on Road Traffic Signal Control is a valuable reference on the current state-of-the-art of road traffic signal control around the world. The book provides a detailed description of the common principles of road traffic signal control using a well-defined and consistent format that examines their application in countries and regions across the globe. This important resource considers the differences and special considerations across countries, providing useful insights into selecting control strategies for signal timing at intersections and pedestrian crosswalks. The book’s authors also include success stories for coping with increasing traffic-related problems, examining both constraints and the reasons behind them.

    DOI: 10.1016/C2017-0-02878-1

    Scopus

  3. Principles of road traffic signal control

    Boltze M., Nakamura H., Tian Z.( 担当: 単著)

    Global Practices on Road Traffic Signal Control: Fixed-Time Control at Isolated Intersections  2019年1月  ( ISBN:9780128153031

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    This chapter elaborates on the major principles of road traffic signal control which do not depend on national regulations. In the first part, the basic functionality of traffic signals is explained, including areas of application, signals and signal heads, signal program elements, and traffic signal control methods. Thereby, major terms used in the context of traffic signal control are explained. The second part summarizes the various impacts which traffic signals have on different road-user groups, and gives advice on a multicriteria and multimodal impact assessment. Section 2.3 briefly explains how to utilize traffic signals for a situation-responsive prioritization of public transport vehicles, for situations with critical air pollution levels, and for situations with special demand for noise protection. Finally, the fourth section introduces the concept of quality management for traffic signals and presents some basic principles of such quality management for the stages of planning, implementation, and operation.

    DOI: 10.1016/B978-0-12-815302-4.00002-9

    Scopus

  4. Japan

    Nakamura H., Iryo-Asano M., Oguchi T.( 担当: 単著)

    Global Practices on Road Traffic Signal Control: Fixed-Time Control at Isolated Intersections  2019年1月  ( ISBN:9780128153031

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    This chapter summarizes the basic concept and procedure of traffic signal control in Japan, including not only the current practical settings but also the ideas proposed in the forthcoming Japanese manual. In Section 10.1, a historical overview as well as the current statistics of traffic signal installations are provided. Section 10.2 explains the criteria for how to choose the intersection control type and the quantitative strategy for determining the installation of traffic signals is introduced. Basic ideas of adaptive signal control using time occupancy data are also shown. Regarding the signal phasing plan as in Section 10.4, movement-based control is rarely applied and simple two-phase plans or four-phase plans with permissive-protected right-turn phase (in left-hand traffic) are widely applied conventionally. The detailed calculation method of variables recommended in the Japanese manuals is given in Section 10.5. Although in-depth considerations are proposed in the manual, more simplified methods are applied in practice to obtain several variables, such as settings of intergreen time and minimum pedestrian crossing time. The calculation example in Section 10.7 provides practical approaches with these simple settings to demonstrate the actual conditions in Japan.

    DOI: 10.1016/B978-0-12-815302-4.00010-8

    Scopus

  5. Introduction

    Tang K., Tian Z., Boltze M., Nakamura H.( 担当: 単著)

    Global Practices on Road Traffic Signal Control: Fixed-Time Control at Isolated Intersections  2019年1月  ( ISBN:9780128153031

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    This chapter briefly introduces the motivation, scope, purpose, and structure of this book. Section 1.1 outlines the motivation for editing this book and for choosing road traffic signal control as the topic. Section 1.2 introduces the scope of the book, that is, fixed-time control at isolated intersections. Section 1.3 explains potential applications and audiences of the book. Section 1.4 highlights the book structure as well as major contents of each chapter of the book, together with the author information. Finally, Section 1.5 gives some explanations on national differences in notations and terminology.

    DOI: 10.1016/B978-0-12-815302-4.00001-7

    Scopus

  6. Initial comparative analysis of international practice in road traffic signal control

    Tang K., Boltze M., Tian Z., Nakamura H.( 担当: 単著)

    Global Practices on Road Traffic Signal Control: Fixed-Time Control at Isolated Intersections  2019年1月  ( ISBN:9780128153031

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    This chapter provides an initial comparative analysis of the state of the practice on fixed-time and isolated signal control in selected countries, based on previous chapters and existing guidelines. The compared items include the number of traffic signals, signal control modes, types of signal controllers and systems, signal displays, signal warrants, stage structure and sequence, some critical signal timing parameters, signal timing procedures, and performance evaluation. Major preliminary findings from the analysis are presented at the end of the chapter. The information presented in the chapter is based on the best knowledge of the authors with the intention of raising greater awareness and exchanging knowledge of traffic signal control from a global perspective. It is not intended, however, to serve as any standards or guidelines for general practice.

    DOI: 10.1016/B978-0-12-815302-4.00015-7

    Scopus

  7. 交通運用状態を考慮した道路計画設計のための交通容量とサービス水準に関する研究

    中村 英樹( 担当: 単著)

    [出版者不明]  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  8. 合理的な道路幾何構造設計と交通運用実態に関する海外学術調査

    中村 英樹( 担当: 単著)

    [出版者不明]  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  9. 高速道路のサービス水準の計量とその評価手法に関する研究

    中村 英樹( 担当: 単著)

    [出版者不明]  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  10. 都市間道路のサービス水準と幾何構造の評価に関する研究

    中村 英樹( 担当: 単著)

    [出版者不明]  1999年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  11. ラウンドアバウトマニュアル

    一般社団法人 交通工学研究会  2016年4月  ( ISBN:9784905990857

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  12. 交通工学ハンドブック2008

    ( 担当: 共著)

    (社)交通工学研究会  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. Proceedings of the 5th International Symposium on Highway Capacity and Quality of Service

    Nakamura, H. and Oguchi, T. ed.( 担当: 共著)

    Transportation Research Board  2006年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  14. A Model Analysis on Effects of the Dynamic Park and Ride System in Japan, Using Stated Preference Data

    HEUREKA '99, Optimierung in Verkehr und Transport  1999年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  15. 観光交通の特性,観光地交通計画の提案『魅力ある観光地と交通』

    中村英樹/森地・伊東・毛塚(編)( 担当: 共著)

    技報堂出版  1998年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. A simulation Model for the Evaluation of Weaving Capacity

    Highway Capacity and Level of Service, A. A. BALKEMA  1991年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

▼全件表示

講演・口頭発表等 3

  1. An Analysis of Characteristics of Heavy Vehicle Behavior at Roundabouts in Japan

    Kang N.

    Transportation Research Procedia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1016/j.trpro.2017.05.176

    Scopus

  2. A study on appropriate road spacing for the functionally hierarchical network planning

    Goto A.

    Transportation Research Procedia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1016/j.trpro.2017.05.266

    Scopus

  3. Verkehrssituation und Telematikeinsatz im Gro&szlig;raum Nagoya 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年

科研費 17

  1. 自動運転車の挙動特性と普及率に応じた安全・円滑な交差点制御手法に関する研究

    研究課題/研究課題番号:19H02261  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    中村 英樹, 柿元 祐史, 井料 美帆

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17160000円 ( 直接経費:13200000円 、 間接経費:3960000円 )

    道路ネットワークのボトルネックとなる交差点において,AVとHDVの間の相互作用を明らかにし,どのような交差点構造でいかに制御を行うことで混在交通流の安全性と円滑性の双方の向上につながるのかについて定量的に把握することが,AVの普及に際して解明すべき重要な課題である.本研究は,交差点部とその近傍において相互に影響し合うAVとHDVの混在環境を表現可能な交通流シミュレータを開発し,AVの普及率や制御アルゴリズムに基づく挙動特性に応じた安全かつ円滑な交差点構造と制御手法を提示することを目的とするものである.
    本年度はまず,自動運転車の混在が交通流に与える影響に関する研究レビューを行った後,特に交差点における自動運転車の挙動表現として重要となる設定パラメータの検討を行った.その結果,反応時間,最小車間距離,受け入れギャップ特性,加減速度性能が,交通流への影響感度が大きく重要なものであると考えた.そこで,これらのパラメータの設定を差別化することで,人の運転する車両HDVと自動運転車AVのパラメータ設定を行った.その際,自動運転車にはnAV(normal), aAV(aggressive), dAV(discreet)の3つの性能レベルを設定した.
    これらの各AVの混在が,信号交差点の交通容量に与える影響に対する感度分析を行うための簡便なシミュレーションを作成し,様々なAV混入率と交通条件の下で感度分析を試みた.特に,右折車については対向直進車間のギャップを縫って右折する必要があるが,この挙動を表現する際に,ギャップアクセプタンス確率分布の形状を,HDVと各種AVで差別化することで,それぞれ現実的な表現が可能であることが明らかとなった.また,対向右折車の挙動に対する直進車の反応についても表現可能となるよう,追従モデルを検討し,特にAVの予期せぬ挙動に対してのHDVの反応を考慮した.
    以上の感度分析結果,aAVの混入は交通容量を大幅に向上させることができる一方で,dAVが混入する場合には,混入率の増大に伴って交通容量が減少することが示唆された.これらの感度分析結果を受けて,今後は各種の信号現示パターンの設定について試みるとともに,混在の影響を最小化するようなAVのパラメータ設定を求めるため,様々な条件下での円滑性と安全性を評価することができるシミュレータの開発につなげていく.
    大きな問題もなく,ほぼ当初の計画通り進捗している.
    これまでのところ,当初の計画通り研究が進捗しており大きな問題も生じていないことから,今後も基本的に計画通り進めていく予定である.

  2. ラウンドアバウトの幾何構造に応じた車両挙動と性能評価に関する研究

    研究課題/研究課題番号:16H04426  2016年4月 - 2019年3月

    中村 英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:18850000円 ( 直接経費:14500000円 、 間接経費:4350000円 )

    本研究は,ラウンドアバウトの幾何構造に応じた流入交通容量,走行軌跡,走行速度の推定手法を開発し,設計に際しての安全性と円滑性に関わる性能照査手法を提案することを目的とする.
    流入交通容量推定式とミクロ交通シミュレータを用いて,幾何構造要素に応じた流入部交通容量とPCEを推定した結果,流入交通容量は幾何構造要素により変化し,ラウンドアバウトの外径および流入部幅員が有意に影響を与えることを明らかにした.安全性能評価指標として,事故の起きやすさを表す見落とし確率と,事故の重度を示す衝突強度の積で表されるリスク指標を提案した.そして,任意の幾何構造条件からリスク指標を算出するためのモデル化を行った.
    従来一定値が用いられてきたラウンドアバウトにおける大型車の乗用車換算係数が幾何構造により変化することを明らかにしたことで,幾何構造条件に応じた大型車を考慮した交通容量の推定が可能となった.また,設計段階において幾何構造条件を入力することで,計画するラウンドアバウトの安全性能を定量評価することが可能となった.これらの成果は有用な手法を与えるものであり,実務上の意義も高く,社会に貢献するものである.

  3. 錯視効果の交通システムへの活用

    研究課題/研究課題番号:26242003  2014年4月 - 2018年3月

    星加 民雄

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、音や衝撃などを付加し、錯視効果を活用した新型イメージハンプの開発およびラウンドアバウト交差点の進入口における速度抑制システムとして活用することを目的に研究遂行してきた。研究組織は心理学、交通工学、景観デザインの学際研究である。本研究では3種類のイメージハンプの研究開発、施工、走行実験検証を行った。一方、自転車道における速度抑制システムとしての研究開発も同時に行い、施工、走行実験検証を行った。これらの研究成果は、今後、導入されるラウンドアバウト交差点の進入口における速度抑制システム、中央島のシンボルサイン、誘導サインも含め、トータル交通システムとして活用されていくであろう。

  4. 歩行者・自転車を考慮したラウンドアバウトの性能評価に関する研究

    研究課題/研究課題番号:25289163  2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    中村 英樹, 浅野 美帆, 鈴木 弘司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:15470000円 ( 直接経費:11900000円 、 間接経費:3570000円 )

    本研究は,ラウンドアバウトにおける流入交通容量を横断歩行者や自転車などの利用者との交錯を考慮して定量的に評価するための手法の開発を目的とする.日本におけるラウンドアバウトの各種条件が流入交通容量に与える影響についてシミュレーション分析を行い,それらの結果を用いて流入交通容量を推定する重回帰モデルを構築した.そして,これを軽井沢町六本辻ラウンドアバウトで観測されたデータを用いて検証するとともに,既往の手法との比較を行った.その結果,提案する手法では高い精度で各種条件における流入交通容量を推定可能であるのに対して,既往の方法では過大推計となることが示された.

  5. 横断歩行者-車両間コンフリクト・モデリングによる信号交差点安全性評価

    研究課題/研究課題番号:22360205  2010年 - 2012年

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    中村 英樹, 浅野 美帆, 大口 敬, 浜岡 秀勝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:13390000円 ( 直接経費:10300000円 、 間接経費:3090000円 )

    本研究は,信号交差点における横断歩行者と自動車との交錯について,道路構造や交通運用に応じた安全性を定量的に評価するための手法の提案を目的とする.複数の交差点における交錯時の自動車・歩行者の挙動分析を通じて,交差点構造・交通運用と利用者挙動との関係,および利用者同士の相互作用のメカニズムを明らかになった.提案した評価手法により,十字型信号交差点の設計や運用方法の改善において,代替案の効果を事前に評価することを可能となった.

  6. 地球環境負荷とモビリティ・ディバイドを回避可能な途上国大都市の土地利用・交通戦略

    研究課題/研究課題番号:20310024  2008年 - 2010年

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    林 良嗣, 中村 英樹, 加藤 博和

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    途上国大都市における、モビリティ・ディバイド拡大抑制に資する交通政策のあり方を検討する。そのために、所得水準によるモビリティの差違と住民の価値観の関係についてアンケート調査を用いて把握した。さらに、自動車保有率モデルを用いて、経済成長が自動車保有率の格差にもたらす影響を分析した。その結果、所得水準による自動車保有状況の違いとそれがもたらすモビリティ・ディバイドについての定量的な把握が可能になった。そして、今後の経済成長によって拡大が予想される所得格差に対応するために、貧困層への移動手段確保が重要であることを明らかにした。

  7. 平面交差点の計画・構造設計と交通運用の一体的設計手法の構築

    研究課題/研究課題番号:18360248  2006年 - 2008年

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    尾崎 晴男, 中村 英樹, 大口 敬

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    道路交通において最も重要な位置を占める交差点を対象に、現行の設計手法の課題を改善することを目的に研究を実施した。渋滞時を含んだ計測交通量から、直接計測できない需要交通量を推定する手法を見出し、事故や渋滞が特に多い広幅員交差点の制御パラメータの設定法を車両交錯の回避の観点から分析した。さらに交差点制御の評価指標を既往文献から整理し、交差点の幾何構造と制御運用について、交通需要に応じた最適デザインの選択方法を提示した。

  8. 階層的ネットワーク構造に基づく道路の計画と設計

    研究課題/研究課題番号:18206055  2006年 - 2008年

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    桑原 雅夫, 森田 綽之, 尾崎 晴男, 中村 英樹, 大口 敬, 浜岡 秀勝, 田中 伸治

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、性能照査型の道路設計に向けて、以下を取りまとめた。(1)道路設計の手順について現行の課題とこれからの性能照査型の設計のあり方について体系化を行った、(2)道路の階層区分について提案を行った、(3)階層的な道路区分にしたがってその配置とネットワーク性能の関係を定量的に解析した、(4)道路の性能(MOE)と幾何構造の関係についていくつかの新たな知見を明らかにした、(5)交通需要の変動を考慮した設計需要の取り扱い方に関する提案を行った。

  9. 交通運用状態を考慮した道路計画設計のための交通容量とサービス水準に関する研究

    研究課題/研究課題番号:17360245  2005年 - 2007年

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    中村 英樹, 大口 敬, 森田 綽之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:10010000円 ( 直接経費:9200000円 、 間接経費:810000円 )

    1. 多車線道路のサービズ水準とその影響要因に関する分析
    各種道路条件・交通条件の下での交通容量や走行速度の実現値について実証するとともに,これらに影響を与える幾何構造要因の影響の程度について分析を行った.都市内および都市間高速道路,一般道路の車両感知器データ数か月分を用いて,側方余裕や車線幅員,勾配,平面線形などによる交通量〜地点速度関係の比較を行うことで,交通容量,速度とそれらの影響要因について精査した.そして,各種条件に応じた交通量〜地点速度(q-v)関係の定式化を行った.
    2. 往復2車線道路のサービス水準指標に関する分析
    追越の困難な往復2車線道路単路部のサービス水準指標として,追従車密度が最も適当であることを明らかにした.追従車密度を的確に推定するために,車両感知器生パルスデータによる追従の判定方法について検討を行った.そして,個々の車両の車頭時間と速度の双方を考慮し,追従状態を確率的に判定する方法を提案した.この方法を用いると,従来のように追従状態の閾値として一定値を用いるよりも的確に追従状態を判定することができることが示され,追従車密度をより現実的に推定することが可能となった.
    3. 街路におけるサービス水準に関する分析
    道路の計画設計段階において,信号交差点を含む街路区間の旅行速度の推定を行うことを目的として,信号制御,交通量レベルに応じた信号交差点における平均遅れの推定モデルの検討を行った.サイクル長や交差点への到着パターンの異なる信号交差点数箇所にて複数のビデオカメラによる交通流観測を行ってデータを収集し,流入部需要率,信号系統効果の良否,サイクル長などの,計画段階である程度想定可能な基本的情報に基づき推定可能なものとすることに留意してモデル化を行った.信号交差点の連続する3つの区間において本手法の検証を行ったところ,旅行速度を良好に推計可能であることが確認された.

  10. 交通運用と調和した都市部における新たな道路計画・設計論の構築

    研究課題/研究課題番号:17656165  2005年 - 2006年

    科学研究費助成事業  萌芽研究

    大口 敬, 小根山 裕之, 桑原 雅夫, 中村 英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    現在の考え方では,需要の実態を調査し需要予測モデルに基づいて計画し,それを受けて道路幾何構造を設計する,それでも対応しきれない部分を交通運用・管理対策に任せる,という「需要追随型・一方通行型」の計画・設計論である.しかし都市部においては交通需要は潜在化しており,このような考え方は論理的に破綻しており実態に合わない.また近年の公共投資抑制・社会資本の有効活用の方向性も加味すると,抜本的な新たな計画・設計の思想が必要とされている.本研究は,都市部における道路ネットワークの交通容量性能により顕在化する交通需要が制約される条件を明示的に考慮し,また道路幾何構造設計上の制約条件,交通運用・管理対策による交通性能の変動範囲を計画論の中に明示的に反映させ,道路ネットワーク全体を有効に機能させるために求められる計画・設計上の条件を理論・実証の両面から検討し,計画・設計論を構築・提案することを目的とする.
    交通運用性能を規定する交通容量の道路ネットワーク上における空間変動は,合流部・交差点部,その他交通容量上のボトルネックの発生要因となる道路幾何構造条件,および,車線運用,信号制御などの交通運用・制御により制約されて定まる.こうしたネットワーク上の交通容量の解析・評価手法について検討し,新しいネットワーク計画・制約の考え方を提案した.また,ボトルネックの実際の事例として,特に今後わが国における都市部で重要となると考えられる往復2車線分離道路の交通容量の現地実態調査を行い,およびその特性を分析した.

  11. 合理的な道路幾何構造設計と交通運輸実態に関する海外学関調査

    研究課題/研究課題番号:17404010  2005年 - 2006年

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    中村 英樹, 尾崎 晴男, 大口 敬

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:13100000円 ( 直接経費:13100000円 )

    いくつかの海外先進国では,各道路区間の機能に見合った合理的な道路幾何構造と交通運用の組み合わせを確保するために,きめ細かな配慮や工夫がなされている事例が少なくない.本研究は,日本において交通運用と一体となった道路幾何構造の設計手法を検討して行くために,それらが一部実運用されている海外数カ国において情報収集や観測調査を行ったものである.すなわち,(a)現地研究者・実務技術者へのヒアリングによる道路の計画設計手法の考え方に関する情報・資料収集,(b)道路幾何構造・交通運用の実態調査,および(c)利用者行動・車両挙動の実地観測等,計画設計手法と運用実態に関する情報,ならびに道路構造・交通実態データの収集を目的としたものである.
    まず,海外の大学研究者や行政機関でのヒアリングにより,本調査の対象とする道路構造・交通運用に関わるマニュアル,研究報告書,実務報告書等の資料を入手するとともに,それらの適用事例について実地視察を行うことにより実態を把握した.これより得られた情報を整理し,日本の道路構造令およびその他運用指針類との国際比較分析を行い,各国の設計・運用指針の特徴について考察を行った.
    次に,幾何構造条件,交通条件,制御条件等の異なる信号交差点4箇所(ドイツ3,イギリス1),及びラウンドアバウト9箇所(ドイツ5,イギリス2,オーストラリア2)において,ビデオカメラ数台を用いた利用者挙動の観測調査を実施した.同時に,これらの全対象交差点の幾何構造データと,信号交差点については調査時間帯における信号制御データを収集した.ビデオ撮影により得られた画像データに画像処理を施すことによって,各対象交差点における交通条件に関するデータを集計するとともに,交差点流入部,および交差点内部における車両,歩行者,自転車等の利用者の挙動特性について,交差点構造や信号制御条件と関連付けながら解析を行った.

  12. 道路交通サービスの質の評価に関する国際共同研究の企画調査

    研究課題/研究課題番号:14605016  2002年

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    喜多 秀行, 中村 英樹, 横松 宗太, 谷本 圭志, 宇野 伸宏, 清水 哲夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    「交通の質」に関する議論はこれまであまり明示的に行われておらず,交通密度等それと比較的高い相関性を有すると考えられる交通状態変数により「サービス水準」として便宜的な区分がなされていた程度である.しかし,「交通の質」を道路交通の計画・運用の評価指標として明示的に取り扱うべきとする要請の高まりと新しい分析技術の開発により,新たな展開の可能性が開かれつつあり,国際的な共同研究を実施し交通サービスの質に対する利用者の認識・評価を的確に把握する方法論を確立しようとする気運が高まってきた.そこで,本研究ではその基礎となる研究フレームを構築すべく,8名の国内研究者および独,米,加の6名の海外共同研究者で企画調査を行った.
    具体的には,まず各国における交通容量マニュアルのベースとなっている考え方を抽出して国内外における「交通の質」の評価に関する"社会的要請"とその背後にある状況を列挙・整理し,検討対象の明確化を図るとともに,既往研究のレビューを行い,研究課題に関する現時点における研究の到達範囲を整理した.これと並行して,研究組織を構成する研究者(代表者,分担者,海外研究協力者)の研究アプローチと対象領域を整理し,現時点における研究の欠落領域と重点的に取り組むべき領域を明らかにした.次いで,交通の質を規定するとして採用されている評価指標とその支配要因ならびにモデル構造を比較検討し,定量分析の基礎となる行動実態観測および意識データを統一的な観点から体系的に収集するため,既往研究等を参考にして調査項目や測定尺度,調査手法等を規定する共通の調査フレームを構築した.以上を基に,主として日本側研究者が取り組んできた「行動分析に基づく効用アプローチ」と,独・米・加の研究者による「意識調査に基づく統計アプローチ」を有機的に組み合わせた研究フレームを構築することができた.

  13. 高速道路のサービス水準の計量とその評価手法に関する研究

    研究課題/研究課題番号:12650529  2000年 - 2002年

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    中村 英樹, 加藤 博和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3200000円 ( 直接経費:3200000円 )

    本研究では,まず,道路の提供する機能とサービスの質について整理を行い,利用者の認識を反映したこれらの計量と評価が重要であることを示した.次に,走行快適性に代表される利用者認識は,走行環境に応じた車線変更挙動をモデル化することで,ドライバーのストレスとして間接的に計測可能であることを示した.走行調査データに基づき,高速道路単路部における各種の車両挙動モデルを推定し,これらを組み込んだ微視的交通流シミュレーションモデルを構築した.そして,効用関数の利用という間接的な計測方法による走行快適性評価値は,ドライバーの表明する主観的快適性評価値と同様の傾向を示すことが確認できた.また,実データを用いて,片側2車線高速道路区間における本シミュレーションモデルの再現性の確認を行ったところ,実現象を適切に再現可能であることが示された.以上のシミュレーションモデルを用いて,非渋滞流領域における様々な交通量レベルの交通状況を再現し,それぞれに対する区間平均効用値を算出した.その結果,交通量レベルの増加に伴い区間平均効用値が減少し,とりわけ,交通量-交通容量比が0.5および0.7付近で走行快適性が急激に低下することわかった.本手法を用いることにより,各交通運用状態における走行快適性の相違を,平均効用値という客観的計測値に基づき評価することができた.最後に,走行快適性と交通運用状態との関係を整理し,参考のためHCM2000によるLOSの上限値とも比較を行ったところ,本研究におけるドライバーの走行快適性変化の観点からみた交通運用状態の境界は,HCMの非渋滞流領域におけるLOS A〜Eの境界とほぼ一致した結果となった.最後に,高速道路単路部における交通状況と交通事故率の関連分析を通じて,サービス水準を安全性の観点から評価することを試みた.

  14. アジア途上国における交通整備・環境負荷管理の時間軸プログラム作成の方法論の開発

    研究課題/研究課題番号:09450192  1997年 - 1999年

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    林 良嗣, 奥田 隆明, 中村 秀樹, 森川 高行, 加藤 博和

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、急速な経済成長に社会資本整備が追いつかないことに起因する各種の都市問題を抱えている発展途上国大都市を対象に、今後いかに社会資本を整備すれば、その都市の発展のボトルネックを回避するとともに、環境を保全することができるかを分析することが可能な方法論を構築することを目的としている。
    そのためにまず、発展途上国が今後後を追うであろう先進国(ヨーロッパ・日本)の大都市を対象に、経済発展によって進展するモータリゼーションや交通インフラストラクチュアに対するニーズ変化のメカニズムを明らかにするとともに、それに対応すべく実施される交通インフラ整備制度等の調査を行い、国間比較分析を実施した。さらに、都市構造変化に伴う自動車保有状況の変化について計量モデルを構築し、さらに交通量・交通状況や環境負荷発生の変化をシミュレートすることを可能とした。その結果、途上国では交通インフラ整備に関する財政制度が不十分であり、都市内や近郊の鉄軌道も貧弱であるところにモータリゼーションや人口集中が発生するために、交通状況が急速に悪化するという図式が明らかとなった。そして、その回避のためには、都市発展に対応した交通インフラ整備を可能とするための財政制度、特に、都市発展によって需要が増加する土地や自動車市場から資金を還流させるシステムの整備が有効であることを示した。
    さらに、発展途上国の大都市における具体的な交通インフラ整備施策を検討する手法として、整備による交通状況変化を推計するモデルを構築している。その方法として、現地における公共交通機関利用に関する意識調査(SP:Stated Preference)データを用いて、新規に鉄道整備を行った場合の他機関からのモーダルシフトを予測するための将来交通手段選択モデルを構築し、鉄道整備のネットワーク形成状況やサービスレベルと利用状況との関係を明らかにすることができた。

  15. 都市間道路のサービス水準と幾何構造の評価に関する研究

    研究課題/研究課題番号:09650580  1997年 - 1998年

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    中村 英樹, 加藤 博和, 林 良嗣

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3000000円 ( 直接経費:3000000円 )

    本研究ではまず,日・米・独の各国を対象として,多車線道路の単路部における車線数決定方法,およびそれに関わる影響要因についての比較分析を通して,車線数決定に際して重要な位置を占めるサービスの質にかかわる考え方とその設定値について,わが国の水準は国際的にどの程度であるのかを明らかにした.
    次に,総費用,環境負荷の観点からの道路横断面構成の評価手法を用いて,総費用・環境負荷最小となる道路横断面構成とそのときのサービス水準について検討を行った.費用には,管理者費用として建設費用・維持管理費用を,利用者費用として時間費用・走行費用を計上し,これらを建設段階から供用後40年間の経年合計で積み上げて評価している.また,環境負荷としては,CO_2排出量にライフサイクルアセスメントの考え方を適用し,建設による排出と,維持管理および走行による排出を道路構造別に評価の対象としている.本手法を適用して算出した地形条件別の最適横断面と,既往の手法による決定横断面およびサービス水準について比較考察を行った.
    また,高速道路単路部の様々な交通量レベルにおける,ドライバー満足度や運転挙動の分析を通して,交通状況の具体的評価とドライバーの観点からの道路のサービス水準の設定を試みた.運転挙動データは,走行実験により収集し,これと同時にドライバーへのアンケート調査を行うことによりドライバーの交通状況への感覚を把握した.そして,これらの結果と車両感知器等から得られるマクロな交通特性データを,交通量レベルに応じて明示することが可能となった.さらに,これらの視点を生かしたサービス水準の設定を提案した.

  16. 日本の車検制度が環境や経済に及ぼした影響の分析と発展途上国への移転可能性の検討

    研究課題/研究課題番号:08650644  1996年

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    オマ-ル オスマン, 奥田 隆明, 中村 英樹, 林 良嗣

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、日本では従来より実施されてきた車検制度が、自動車の大気汚染物質排出を抑制する効果の分析手法を開発するとともに、その効果の事後的分析への適用をはかった。さらにその結果を踏まえ、車検制度を今後の発展途上国での交通公害対策として導入するにあたっての効果および課題について整理を行った。
    車検制度が自動車の大気汚染物質排出抑制に及ぼす効果には、1)代替促進効果:車検費用の賦課によって、車齢の高い車から新車への買い換えを促進させ、低排出車が早く普及する効果、2)車両整備効果:車両の劣化によって排出レベルが基準を上回るようになった車両に対し、整備によって排出レベルを低下させる効果、の2つがある。
    以上の効果を推計するために、まず1)については、車保有者の車両存廃選択行動を、集計ロジット型のモデルにより表現した。説明要因として、各車両の車齢に依存する維持・車検費用と、新車購入費用を組み込んだ。また2)については、運輸省が実施した排出ガス実態調査を利用して、車両の加齢による汚染物質排出量変化を車検制度がある場合とない場合に分けて推計るモデルを構築した。
    以上の計量モデルによる分析例として、日本の全乗用車を対象に車検制度による大気汚染物質削減効果を推計した。その結果、1989年においては、一酸化炭素については23.4%、炭化水素については16.0%、一定の削減効果があることが把握できた。また、両物質ともに、2)車両整備効果による削減が全体の95%以上を占めることも明らかになった。
    一方、発展途上国の車両整備制度に関する調査を行った結果、日本よりかなり緩やかであることが分かった。したがって、日本と同レベルの車検を実施した場合には、その効果は日本以上に得られることが予想される。

  17. 環境政策としての総合交通政策に関する日欧比較研究

    研究課題/研究課題番号:07455424  1995年 - 1996年

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    林 良嗣, 富田 安夫, 奥田 隆明, 中村 英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、近年、ヨーロッパで積極的に取り組まれている「環境政策としての総合交通政策」に焦点を当て、わが国の総合交通政策との相違点を明らかにするとともに、わが国で環境政策としての総合交通政策を進めて行くためには、具体的にどのような施策を実施して行く必要があるのかについて検討したものである。また、こうした施策が環境負荷削減にどの程度の効果を与えるのか、経済活動にどのような影響を与えるのかについて定量的な分析を行う新たな計量モデルを開発し、これを用いて施策の事前評価を試みたものである。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 6

  1. 基礎セミナーA

    2011

  2. 交通工学特論

    2009

  3. 基礎セミナーA

    2009

  4. 世界の建設プロジェクト

    2009

  5. 社会資本・空間計画学演習

    2009

  6. 交通論

    2009

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 1997年4月 - 1998年3月