Updated on 2022/04/01

写真a

 
TSUNEKAWA, Kazuhisa
 
Organization
Graduate School of Engineering Graduate School of Engineering Professor
Graduate School
Graduate School of Environmental Studies
Undergraduate School
School of Engineering Architecture
Title
Professor

Degree 1

  1. 博士(工学) ( 2012.7   名古屋大学 ) 

Research Interests 1

  1. Architectural Planning, Facility Management, Public Facilities, Workplace, Office, Campus, Architectural Design, City Plannning

Research Areas 4

  1. Social Infrastructure (Civil Engineering, Architecture, Disaster Prevention) / Architectural planning and city planning  / Architectural Planning

  2. Social Infrastructure (Civil Engineering, Architecture, Disaster Prevention) / Architectural planning and city planning  / Architectural Design

  3. Social Infrastructure (Civil Engineering, Architecture, Disaster Prevention) / Architectural planning and city planning  / City Plannning

  4. Social Infrastructure (Civil Engineering, Architecture, Disaster Prevention) / Architectural planning and city planning  / Facility Management

Current Research Project and SDGs 5

  1. 大学における施設運営やキャンパス計画に関する研究

  2. A study on Asset Management of public facilities

  3. 建物ストックの有効活用に関する研究

  4. Study on Work Style in office

  5. Study on Facilities Management

Research History 8

  1. Nagoya University   Head

    2020.4

  2. Nagoya University   Education and Research Center for Sustainable Co-Development

    2016.4

  3. Nagoya University   Graduate School of Engineering   Associate professor

    2012.11 - 2021.3

  4. Nagoya University   Disaster Mitigation Research Center

    2012.1

  5. Kyoto Institute of Technology   Designated associate professor

    2007.4 - 2020.3

      More details

    Country:Japan

  6. Nagoya University   Graduate School of Engineering   Lecturer

    2002.4 - 2012.10

      More details

    Country:Japan

  7. Nagoya University   Graduate School of Engineering   Assistant

    1996.2 - 2002.3

      More details

    Country:Japan

  8. OBAYASHI CORPORATION

    1988.4 - 1996.2

      More details

    Country:Japan

▼display all

Education 1

  1. Nagoya University   School of Engineering   Department of Architecture

    - 1988.3

      More details

    Country: Japan

Professional Memberships 7

  1. 日本建築学会

  2. The City Planning Institute of Japan

  3. 日本建築家協会

  4. 日本オフィス学会

  5. 日本ファシリティマネジメント推進協会

  6. サステイナブルキャンパス推進協議会(CAS-Net JAPAN)   幹事

    2014

  7. Association of Urban Housing Sciences

▼display all

Committee Memberships 37

  1. 文部科学省 国立大学法人等の施設整備の推進に関する調査研究協力者会議   委員  

    2021.10 - 2023.3   

      More details

    Committee type:Government

  2. 文部科学省 イノベーションコモンズの推進に関する有識者会議   委員  

    2021 - 2022   

      More details

    Committee type:Government

  3. 愛知県建築士審査会   会長  

    2020.4   

      More details

    Committee type:Municipal

  4. 静岡市 清水庁舎整備等事業者選定委員会   委員長  

    2019.4   

      More details

    Committee type:Municipal

  5. 日本建築学会 建築ストックマネジメント小委員会   委員  

    2019   

      More details

    Committee type:Academic society

  6. 日本建築学会 キャンパス・リビングラボラトリ小委員会   委員  

    2019   

      More details

    Committee type:Academic society

  7. 文部科学省 今後のラボデザインの在り方に関する調査研究協力者会議   委員  

    2019 - 2020   

      More details

    Committee type:Government

  8. 文部科学省 今後の国立大学法人等施設の整備充実に関する調査研究協力者会議   委員  

    2019 - 2020   

      More details

    Committee type:Government

  9. 文部科学省 今後の国立大学法人等施設整備に関する有識者会議   委員  

    2018 - 2019   

      More details

    Committee type:Academic society

  10. 静岡県・県有建築物品質向上アドバイザー会議   委員  

    2017.4   

      More details

    Committee type:Municipal

  11. 日本建築学会 都市・地域構造再編小委員会   委員  

    2017 - 2020   

      More details

    Committee type:Academic society

  12. 文部科学省 国立大学法人等施設の長寿命化に向けたライフサイクルの最適化に関する検討会    委員  

    2017 - 2018   

      More details

    Committee type:Academic society

  13. 日本建築学会東海支部設計計画委員会   委員長  

    2017 - 2018   

      More details

    Committee type:Academic society

  14. 愛知県建築士審査会   副会長  

    2016.4 - 2020.3   

      More details

    Committee type:Municipal

  15. 日本建築学会作品選集 東海支部選考部会   部会長  

    2015 - 2016   

      More details

    Committee type:Academic society

  16. Nagoya Arch Fes 2014 中部卒業設計展    1次審査委員  

    2014   

      More details

    Committee type:Other

  17. 日経ニューオフィス賞中部ブロック審査   審査委員長  

    2013   

      More details

    Committee type:Academic society

  18. 日本建築学会東海支部常議委員   常議委員  

    2013 - 2014   

      More details

    Committee type:Academic society

  19. 文部科学省 国立大学等施設の総合的なマネジメントに関する検討会   委員  

    2013 - 2014   

      More details

    Committee type:Government

  20. 日本建築学会東海賞選定委員   委員  

    2012   

      More details

    Committee type:Academic society

  21. 日本建築学会設計競技東海支部審査員   委員  

    2012   

      More details

    Committee type:Academic society

  22. 日本建築家協会東海支部設計競技審査員   審査員  

    2011   

      More details

    Committee type:Academic society

  23. 知的生産性研究委員会 建築空間部会   委員  

    2010 - 2012   

      More details

    Committee type:Other

  24. 日本建築学会 キャンパス・地域連携小委員会   委員  

    2009 - 2018   

      More details

    Committee type:Academic society

  25. 日本建築学会ワークプレイス小委員会   委員長  

    2009 - 2012   

      More details

    Committee type:Academic society

  26. 文部科学省 国立大学法人等施設の機能水準に関する調査研究委員会   委員  

    2009 - 2010   

      More details

    Committee type:Government

  27. 愛知県県営住宅ビジョン検討委員会   委員  

    2009   

      More details

    Committee type:Municipal

  28. 名古屋市 アセットマネジメント研究会   委員  

    2008 - 2010   

      More details

    Committee type:Municipal

  29. 日本建築家協会東海支部設計協議審査員   審査員  

    2007   

      More details

    Committee type:Academic society

  30. 日本ファシリティマネジメント推進協会、キャンパスFM研究部会   委員  

    2005   

      More details

    Committee type:Other

  31. 日本オフィス学会オフィス文化論研究部会   委員  

    2005 - 2006   

  32. 日本ファシリティマネジメント推進協会、品質評価手法研究部会   委員  

    2003   

      More details

    Committee type:Academic society

  33. 日本ファシリティマネジメント推進協会、ワークプレイス研究部会   委員  

    2003 - 2006   

      More details

    Committee type:Academic society

  34. ニューオフィス推進協議会・IT化時代のオフィスづくり検討委員会   委員長  

    2003   

      More details

    Committee type:Other

  35. 日経ニューオフィス賞中部ブロック審査   審査員  

    1999 - 2012   

      More details

    Committee type:Academic society

  36. 日本建築学会東海支部設計計画委員会   委員  

    1998   

      More details

    Committee type:Academic society

  37. 日本建築学会ワークプレイス小委員会   委員  

    1998   

      More details

    Committee type:Academic society

▼display all

Awards 20

  1. インフラメンテナンス大賞・文部科学大臣賞

    2017   国土交通省・総務省・文部科学省・厚生労働省・農林水産省・防衛省   大学施設の創造的再生に向けた教職協働によるキャンパスマネジメント

    名古屋大学

  2. 日本建築学会賞(業績)

    2015.5   日本建築学会   名古屋大学キャンパスマネジメントによる創造的再生

    名古屋大学 施設・環境計画推進室,工学部施設整備推進室,大学院環境学研究科奥宮研究室,施設管理部

     More details

    Country:Japan

    名古屋大学キャンパスマネジメントによる創造的再生

  3. 日経ニューオフィス賞・ニューオフィス推進賞

    2020   日本経済新聞社・ニューオフィス推進協会   名古屋大学エネルギー変換エレクトロニクス研究館(C-TECs)

  4. サスティナブルキャンパス評価システムプラチナ評価

    2020   サスティナブルキャンパス推進協議会   名古屋大学キャンパスを対象として

    名古屋大学

     More details

    Country:Japan

  5. 省エネ大賞・資源エネルギー長官賞(省エネ事例部門)

    2018   省エネルギーセンター   低炭素エコキャンパス実現に向けた教職協働によるエネルギーマネジメント

    名古屋大学

  6. ウッドデザイン賞・審査委員長賞

    2017   ウッドデザイン賞運営事務局   名古屋大学 音楽練習共用施設−宇宙線望遠鏡実験施設改修

    名古屋大学施設・環境計画推進室、長大他

  7. 愛知まちなみ建築賞

    2017   愛知県   名古屋大学NICを中心としたコレクティブ・フォーム(集合体)の形成

    名古屋大学施設計画推進室,工学部施設整備推進室,施設管理部他

  8. サスティナブルキャンパス評価システムプラチナ評価

    2016   サスティナブルキャンパス推進協議会   名古屋大学キャンパスを対象として

    名古屋大学

     More details

    Country:Japan

  9. ウッドデザイン賞

    2015   ウッドデザイン賞運営事務局   地域産小径丸太材による屋根付き駐車場

    古川忠稔、恒川和久、太幡英亮 他

     More details

    Country:Japan

  10. 日本ファシリティマネジメント大賞功績賞

    2013.2   日本ファシリティマネジメント協会   10. 大学におけるファシリティマネジメントの評価の指標と方法に関する研究

     More details

    Country:Japan

    大学におけるファシリティマネジメントの評価の指標と方法に関する研究

  11. 平成23年照明普及賞 優秀施設賞

    2013   一般社団法人照明学会   名古屋大学ES総合館

    名古屋大学

     More details

    Country:Japan

  12. 藤村賞

    2013   間宮晨一千デザインスタジオ   「未来の風景をつくる」住宅実施コンペ

    名古屋大学恒川研究室

     More details

    Country:Japan

  13. 省エネ・照明デザインアワード2011公共施設・総合施設部門優秀事例

    2012   環境省   名古屋大学ES総合館

    名古屋大学

     More details

    Country:Japan

  14. 日本建築学会 作品選集2013

    2012   一般社団法人 日本建築学会   名古屋大学ES総合館

    恒川和久・太幡英亮・矢永勝美・小林正明・森明生

     More details

    Country:Japan

  15. 三河・佐久島アートプラン21佐久島弘法プロジェクト3大学対抗リノベーション大会優勝

    2012   佐久島弘法プロジェクト実行委員会   ほこら「対」

    名古屋大学 恒川・太幡研究室

     More details

    Country:Japan

  16. サスティナブル住宅賞国土交通大臣賞

    2010   一般社団法人 建築環境・省エネルギー機構   松河戸の家

    笹野直之・田中英紀、恒川和久設計監修

     More details

    Country:Japan

  17. 日本ファシリティマネジメント大賞優秀賞

    2008.2   日本ファシリティマネジメント協会  

     More details

    Country:Japan

    名古屋大学のファシリティマネジメント

  18. 名古屋市都市景観賞

    2006.1   名古屋市   地下鉄名古屋大学駅および名古屋大学IB電子情報館

    名古屋大学施設計画推進室,工学部施設整備推進室,施設管理部他

     More details

    Country:Japan

    地下鉄名古屋大学駅および名古屋大学IB電子情報館

  19. 愛知まちなみ建築賞

    2005.2   愛知県   名古屋大学IB電子情報館および地下鉄名古屋大学駅

    名古屋大学施設計画推進室,工学部施設整備推進室,施設管理部他

     More details

    Country:Japan

    地下鉄名古屋大学駅および名古屋大学IB電子情報館

  20. 伊賀上野町家ファサード・リフォーム設計競技・佳作

    2004   上野商工会議所   伊賀上野町家ファサード・リフォーム設計競技

    恒川和久・恒川研究室

     More details

    Country:Japan

▼display all

 

Papers 124

  1. STUDY ON ACTUAL USAGE AND FACILITY MANAGEMENT OF COWORKING SPACE Reviewed

    IMAIZUMI Taku, SATO Hiroshi, IKUTA Kyoko, TSUNEKAWA Kazuhisa

    Journal of Architecture and Planning (Transactions of AIJ)   Vol. 86 ( 789 ) page: 2452 - 2463   2021.11

     More details

    Authorship:Last author   Language:Japanese   Publisher:Architectural Institute of Japan  

    <p>In recent years, due to changes in social conditions such as "development of ICT environment" and "work style reform", the number of workers who are not bound by the framework of places and organizations is increasing, and coworking spaces are increasing as places where those people work. The coworking space is not just about sharing the place to work but it is characterized by sharing wisdom and information and creating value by exchanging information, but since there are few previous studies. Therefore, the research is conducted with the aim of using it as a basic material for future facility planners and operators to plan and operate coworking spaces. </p><p>First, by conducting a questionnaire survey of domestic coworking spaces, we grasp basic data on facilities, operations, plans, and users, analyze the correlation of each answer, and analyze the relationship between operation policy, exchange policy, location, and the business they are doing together. In addition, we clarify that five clusters are generated by cluster analysis with scale and land price as variables, and each cluster is characterized by the response tendency such as building ownership, operating entity, initial investment cost, user base, operating purpose, and exchange policy. </p><p>Next, three facilities were selected from the cluster named "Large-scale high land price type", and behavior observation surveys and interview surveys were conducted with users. From behavioral observations and interview surveys with users, users select the place by comparing it with other places, and build it as a place suitable for themselves by continuing to use that place while paying attention to the relationship with others. It was used to move seats when the user changed the work content or changed his mood. It turned out that many people use it as a substitute for their home or office, and it is recognized as a base for telework. In addition, it is considered that the exchange between users is brought about by the mutual relationship between the users' willingness to interact, the intervention of the operator, the appropriate replacement of people, and the place that triggers them.</p><p>In addition, we conducted an interview survey with the operators of similar facilities. The interview survey with the operator was analyzed with reference to the M-GTA method. The process that the operator selected as the right person in the affiliated organization updates the layout and system of the facility while gaining awareness and conflict while operating based on his ideals and the needs of the users was clarified and shown with specific update cases. </p><p>From the above, we have shown the process of creating a new space, a coworking space, in which users and operators interact with each other at this research facility. In the future, we think that it will be possible to discuss the differences between the image of users and the image of operators by increasing the number of survey cases, such as targeting different clusters.</p>

    DOI: 10.3130/aija.86.2452

    CiNii Research

  2. STUDY ON PUBLIC FACILITIES IMPROVEMENT POLICIES ACCORDING TO THE DIFFERENCES OF CONSTRUCTION TRANSITION Reviewed

    SAITO Koji, TSUNEKAWA Kazuhisa, UCHIYAMA Miho

    Journal of Architecture and Planning (Transactions of AIJ)   Vol. 86 ( 788 ) page: 2441 - 2451   2021.10

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publisher:Architectural Institute of Japan  

    <p>1.Introduction</p><p>Aging of public facilities, declining population and increasing local government finance have been questioned conventionally. From such as situation, In April 2014, the Ministry of Internal Affairs and Communications requested municipalities to formulate a "Comprehensive Management Plan of Public Facilities and Infrastructures". In the plan, the facility reduction target and basic policy are described using uniform calculation of renewal and renovation expenses. However, the construction transition of public facilities differs from municipality to municipality, and the uniform calculation does not provide an appropriate analysis.</p><p> </p><p>2.Purpose of This Study</p><p>The purpose of this study is to consider public facilities improvement policies according to the differences of construction transition.</p><p> </p><p>3.Research Method</p><p>The method is classifying in the transition patterns of target municipalities by cluster analysis. Then, we estimate renewal and renovation expenses and reveal features and problems by each cluster.</p><p> </p><p>4.Research Result</p><p>The results of this study are summarised below.</p><p>1) By constructing the database of public facilities, it becomes possible to compare between municipalities.</p><p>2) The construction transitions of public facilities are classified into 4 types. These types are Economic growth period peak type, Early peak type, Two peaks type and Continuous construction type.</p><p>3) The transitions of renewal and renovation expenses are different for each type, and improvement policies such as reduction and leveling are also differ from type to type.</p><p>・ Municipalities that constructed public facilities in particular from 1950 to 1970 need to reduce public facilities quickly because it is difficult to level out renewal and renovation expenses due to early renewal period and many facilities that have not been renovated.</p><p>・ Municipalities that built intensively public facilities around 1980 have to level out expenses by renovating the facilities that have not been renovated and accelerating renewal time during the period up to about 2060. It is effective in reducing school facilities, government office, parenting support facilities and public housing built around 1980.</p><p>・ For municipalities that have continued to construct public facilities since 1990, it is desirable to consider renewal and renovation together and level out the expenses including the next about 40 years. They need to investigate surplus public facilities except school facilities and plan for reduction in those facilities.</p>

    DOI: 10.3130/aija.86.2441

    CiNii Research

  3. A STUDY ON THE CHARACTERISTICS OF REUSE OF CLOSED SCHOOLS AND THE CHANGES OF USAGE OVER TIME - In cace of Aichi, Gifu, Mie, and Sizuoka prefecture - Reviewed

      Vol. 86 ( 786 ) page: 2168 - 2179   2021.8

     More details

    Authorship:Last author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  4. A STUDY ON FACTORS THAT INFLUENCE THE DIFFERENCE IN THE USAGE SITUATION OF CLOSED SCHOOLS - In cace of Aichi, Gifu, Mie, and Sizuoka prefecture - Reviewed

      Vol. 86 ( 781 ) page: 1033 - 1043   2021.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  5. A STUDY ON FACTORS AFFECTING THE OCCURRENCE OF CLOSED SCHOOLS IN THE HEISEI PERIOD - In cace of Aichi, Gifu, Mie, and Sizuoka prefecture - Reviewed

      Vol. 85 ( 777 ) page: 2395 - 2405   2020.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  6. 住民の意識とニーズを踏まえた過疎地域における公共施設再編シナリオの提案〜奈良県御杖村を事例として Invited

    村上心,恒川和久,桐谷万奈人,川上隆二,川野紀江

    日本建築学会大会(北陸)建築計画部門研究協議会資料     page: 121 - 124   2019.9

  7. 自然立地条件を踏まえた土地利用計画と生活像の可能性 Invited

    柴田樹人,恒川和久

    日本建築学会大会(北陸)都市計画部門パネルディスカッション資料     page: 79 - 82   2019.9

  8. 公共施設マネジメントからみた公共施設再編のビジョン

    恒川和久

    日本建築学会大会(北陸)建築計画部門研究協議会資料     page: 15 - 18   2019.9

  9. Study on utilization area of public facilities for different kinds of activities Reviewed

    Nobuyuki Nomura, Shota Suzuki, Kazuhisa Tsunekawa, Eisuke Tabata, Shin Murakami, Norie Kawano

    The International Council for Research and Innovation in Building and Construction (CIB) World Building Congress 2019     page: 922-930   2019.8

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  10. 公共施設サービスからみた圏域のあり方 Invited Reviewed

    恒川和久

    地域開発   ( 630 ) page: 41 - 45   2019.7

  11. 公的賃貸集合住宅の二段階改修実験(URフリースタイルハウス)の実践と検証 Reviewed

    納村信之,服部昌直,恒川和久,太幡英亮,村上心,川野紀江

    日本都市住宅学会誌   ( 105 ) page: 151-158   2019.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  12. 公共施設公共施設再編により管理主体を変更した施設に関する研究‐ 浜松市の集会施設を事例として Reviewed

    生田京子,福永真也,兼松陽介,恒川和久

    日本建築学会技術報告集   Vol. 29 ( 59 ) page: 433-438   2019.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  13. 公共施設等総合管理計画における試算条件に関する考察-愛知県日進市の事例 Reviewed

    桃原勇二、加藤大輔、恒川和久

    日本建築学会技術報告集   Vol. 24 ( 56 ) page: 403-408   2018.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  14. 集中管理コントローラーの料金按分機能を活用した大学施設の個別分散型空調に対するエネルギーマネジメント手法 Reviewed

    田中英紀、恒川和久、奥宮正哉

    日本建築学会技術報告集   Vol. 24 ( 56 ) page: 265-269   2018.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  15. 子連れ利用可能なコワークスペースに関する実験と検証 Reviewed

    市野清香、太幡英亮、董芸、納村信之、恒川和久

    日本建築学会計画系論文集   Vol. 83 ( 747 ) page: 851-858   2018.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  16. 建築の設計課題における学生のスケッチの描画と記述から学習成果向上のための考察-初期段階の設計課題を通して Reviewed

    秋田美穂、恒川和久

    日本デザイン学会研究論文集   Vol. 64 ( 4 ) page: 59-68   2018.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  17. 建築設計教育における設計課題と学習成果に関する考察-初期段階の設計課題を通して- Reviewed

    秋田美穂、恒川和久

    日本建築学会計画系論文集   Vol. 82 ( 739 ) page: 2461-2468   2017.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  18. 集中管理コントローラーの料金按分機能を活用した適正な設備容量検討 Reviewed

    田中英紀、恒川和久、澤村茂貴、奥宮正哉

    日本建築学会技術報告集   Vol. 23 ( 54 ) page: 549-556   2017.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  19. 公共施設キャパシティの分析とマネジメント手法に関する考察-アクティビティとキャパシティに着目した公共施設マネジメントに関する研究 その2- Reviewed

    柴田美里、太幡英亮、村上心、川野紀江、納村信之、恒川和久

    日本建築学会計画系論文集   Vol. 81 ( 728 ) page: 2229-2237   2016.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  20. 市民集会施設機能の小学校施設での受入れに関する研究-西尾市を事例とした小学校施設ストックの地域との複合利用条件の設定- Reviewed

    川野紀江、村上心、恒川和久、柴田美里

    日本建築学会計画系論文集   Vol. 81 ( 726 ) page: 1755-1763   2016.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  21. A Study on Concern between Capacities and Activities of Public Facilities in Japa Reviewed

    Shin Murakami, Norie Kawano, Misato Shibata, Eisuke Tabata, Kazuhisa Tsunekawa, Nobuyuki Nomura

    Proceedings of International Conference of 41st IAHS World Congresss, Sustainability and Innovation for the Future     page: 922-930   2016.8

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  22. ライフサイクルコミッショニングの大学施設での実践と分析-建築計画的視点から- Reviewed

    太幡英亮、中原信生、奥宮正哉、恒川和久、湯澤秀樹、谷口元

    日本建築学会計画系論文集   Vol. 81 ( 719 ) page: 65-73   2016.1

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  23. 公共施設におけるアクティビティの分析と考察−アクティビティとキャパシティに着目した公共施設マネジメントに関する研究 その1 Reviewed

    恒川和久,柴田美里,太幡英亮,村上心,川野紀江,納村信之,松岡利昌

    日本建築学会計画系論文集   Vol. 80 ( 717 ) page: 2617-2624   2015.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  24. 公共施設配置の地域特性からみた都市計画への展開に関する考察-愛知県内各自治体公共施設実態より Invited

    恒川和久,斉藤孝治

    日本建築学会大会(関東)都市計画部門研究協議会資料     page: 121 - 124   2015.9

  25. UR Free Style House part 3: Analysis and evaluation of DIY renovation of existing rental dwelling units in Kozoji Newtown, Japan Reviewed

    Nobuyuki Nomura, Masanao Hattori, Eisuke Tabata, Norie Kawano, Kazuhisa Tsunekawa, Shin Murakami

    Proceedings of International Conference of CIB W104 Open Building Implementation to be held as part of UIA World Congress     page: 922-930   2015.8

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  26. 高蔵寺ニュータウンにおける施設運営者・利用者・住民の意向を考慮した施設立地のあり方に関する研究 Reviewed

    納村信之、岩佐育恵、太幡英亮、恒川和久、村上心

    日本建築学会計画系論文集   Vol. 80 ( 711 ) page: 1009-1016   2015.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  27. 国立大学における点検および評価から見た施設維持管理手法に関する研究 Reviewed

    脇坂圭一,恒川和久,松岡利昌,太幡英亮

    日本建築学会大会技術報告集   Vol. 21 ( 47 ) page: 333-338   2015.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  28. 居住地域における男性勤労者の交流拠点に関する考察―杉並区における「おやじの会」による市民活動を対象として― Reviewed

    神野郁也,谷口元,恒川和久

    日本建築学会計画系論文集   Vol. 79 ( 706 ) page: 2631-2639   2014.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  29. 分煙環境におけるコミュニケーションおよび空間利用状況—ウエラブルセンサーを活用した調査と考察 Reviewed

    松岡利昌,恒川和久,山下正太郎,石田頼弘,奥山隆平,佐藤直基,井上一郎

    日本オフィス学会誌   Vol. 6 ( 2 ) page: 44-50   2014.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  30. UR FREESTYLE HOUSE (Part 2) -Possibilities of rental units by means of DIY renovation in Japan- Reviewed

    Shin Murakami, Norie Kawano, Masanao Hattori, Nobuyuki Nomura, Eisuke Tabata, Kazuhisa Tsunekawa

    Proceedings of International Conference of CIB W104 Open Building Implementation to be held as part of UIA World Congress     page: 931-937   2014.8

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  31. UR FREESTYLE HOUSE (Part 1) -Reactivation project by DIY renovation for existing rental dwelling units in Kozoji New Town, Japan- Reviewed

    Nobuyuki Nomura, Masanao Hattori, Eisuke Tabata, Norie Kawano, Kazuhisa Tsunekawa, Shin Murakami

    Proceedings of International Conference of CIB W104 Open Building Implementation to be held as part of UIA World Congress     page: 922-930   2014.8

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  32. 高蔵寺ニュータウンにおける住宅ストック及び施設分布からみた再生手法に関する考察 Reviewed

    納村信之,伊藤義浩,岩佐育恵,太幡英亮,恒川和久,川野紀江,村上心,谷口元

    日本建築学会計画系論文集   Vol. 79 ( 697 ) page: 677-684   2014.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  33. 保育園児の散歩行動と街路環境の関係-名古屋市認可外保育所での散歩行動観察を通じて- Reviewed

    太幡英亮,古川智之,恒川和久,生田京子,谷口元

    日本建築学会計画系論文集   Vol. 78 ( 689 ) page: 1533-1542   2013.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  34. 廃校施設の建築概要の特徴と再利用時の改修工事に関する研究―愛知県・岐阜県・三重県の事例を通じて― Reviewed

    野沢英希,谷口元,恒川和久,太幡英亮

    日本建築学会計画系論文集   Vol. 78 ( 684 ) page: 445-453   2013.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  35. 自治体が公開する施設白書における構成方法と記載項目の比較 Invited

    柴田美里,恒川和久

    日本建築学会大会(東海)建築社会システム部門パネルディスカッション資料     page: 53 - 56   2012.9

     More details

    Authorship:Corresponding author  

  36. 建築計画におけるファシリティマネジメントの有効性〜大学におけるFM の実践から Invited

    恒川和久

    日本建築学会大会(東海)建築社会システム部門パネルディスカッション資料     page: 45 - 48   2012.9

     More details

    Authorship:Lead author  

  37. Study on Appropriate Relocation based on Users Awareness and Utility Sphere of Public Facilities Reviewed

    Nobuyuki Nomura, Tomonori Minamisawa, Kazuhisa Tsunekawa, Eisuke Tabata, Shin Murakami

    Proceedings of the 18th International Conference of CIB,W104 Open building Implementation     page: 252-259   2012.8

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  38. グーグルストリートビューの活用による商店ファサードの分析 Reviewed

    太幡英亮, 深松風光, 恒川和久, 谷口元

    日本建築学会大会技術報告集   Vol. 18 ( 39 ) page: 693-698   2012.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  39. 廃校のある地域属性の特徴と再利用に関する研究-愛知県・岐阜県・三重県の事例を通して- Reviewed

    野沢英希,谷口元,恒川和久,太幡英亮

    日本建築学会計画系論文集   Vol. 77 ( 674 ) page: 865-872   2012.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  40. 大学キャンパス内外における留学生の生活行動に関する研究 多様な生活を支える環境整備のために Reviewed

    段コン、谷口元、恒川和久,太幡英亮

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E-1   page: 26-29   2011.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  41. 大学施設のエネルギー消費状況による類型化 国立大学におけるエネルギーマネジメント その1

    恒川和久,塙雄太、太幡英亮、谷口元

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E-1   page: 1163-1164   2011.8

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  42. A Study on the Relation between Expense and Quality of Maintenance Service for Facilities in University Reviewed

    TSUNEKAWA Kazuhisa, HIRAMATSU Koichi, TABATA Eisuke, MATSUOKA Toshiaki and TANIGUCHI Gen

      Vol. 17 ( 36 ) page: 711-716   2011.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    The purpose of this study is to clarify the relation between quality and
    expense of cleaning service in universities. The research of expenses
    and specification of cleaning work order was conducted at 14 national
    and private universities. Results are as follows:
    1) As far as cleaning expense per square meter is concerned, that of
    private universities is twice and more than that of national universities.
    2) In terms of N University, there is a big difference between cleaning
    service scope and frequency in each department. 3) High frequency
    of cleaning work causes cleanness. However, it's not necessarily to
    enhance performance level even if expense of cleaning increases.

  43. Research on relation between facilities form and location in special elderly nursing home : Influence that ambient surrounding gives in facilities form

    DUAN Kun, TANIGUCHI Gen,, TSUNEKAWA Kazuhisa, TABATA Eisuke, MOHRI Shiho

      ( 49 ) page: 381-384   2011.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  44. Relationship between nursery school children's walking and community environment

      ( 49 ) page: 681-684   2011.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  45. A Study on Use of Common-use Space in Public Housing Complex where Number of Foreigners Increases : Cases Multi-cultural Housing Complex 'Homi' in Toyota City (Part1)

    ICHIKAWA Tomoaki, TABATA Eisuke, TSUNEKAWA Kazuhisa, TANIGUCHI Gen

      ( 49 ) page: 573-540   2011.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  46. Classification of urban planning and development housing of Tokai prefectures seen from shrinking city : Through the quantitative simulation about the method for restructuring

    ITO Yoshihiro, IKUTA Kyoko, TABATA Eisuke, TSUNEKAWA Kazuhisa, TANIGUCHI Gen

      ( 49 ) page: 533-536   2011.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  47. Classification Of The Subway Ventiating Tower By The Form And Environment And Line And Age Group Analysis : A Case Of Study Of Nagoya Subway

      ( 49 ) page: 493-496   2011.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  48. A Study on the Actual State and the Spatial Characteristics of Street Performances : Report from Rescerch in Urban Area of Nagoya City

    Imaizumi Taku, TABATA Eisuke, TSUNEKAWA Kazuhisa, TANIGUCHI Gen

      ( 49 ) page: 489-492   2011.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  49. A Study on Grasp of Energy Consumption and Actual Condition of Using Facility for Facility Management of University Campus

    HANAWA Yuta, TABATA Eisuke, TSUNEKAWA Kazuhisa, TANIGUCHI Gen

      ( 49 ) page: 477-480   2011.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  50. A Study on Lecture Room Planning of University with Students' and Teachers' Evaluation

    NAKAMURA Moe, TABATA Eisuke, TSUNEKAWA Kazuhisa, TANIGUCHI Gen

      ( 49 ) page: 473-476   2011.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  51. A study on International Students' living action/movement inside &outside campus : Mainly about various types of living space

    DUAN Kun, TANIGUCHI Gen, TABATA Eisuke, TSUNEKAWA Kazuhisa

      ( 49 ) page: 469-472   2011.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  52. 建築計画からファシリティマネジメント教育へ Invited

    JFMAカレント   Vol. 159   page: 12-15   2010.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  53. 大学施設における清掃業務の実態と品質評価に関する研究 その2 清掃業務の品質評価と利用者満足度

    平松孝一,恒川和久, 太幡英亮,松岡利昌,谷口元

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. F   page: 1227-1228   2010.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  54. 大学施設における清掃業務の実態と品質評価に関する研究 その1 大学間・部局間における清掃業務のベンチマーキング

    恒川和久, 平松孝一, 太幡英亮,松岡利昌,谷口元

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. F   page: 1225-1226   2010.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  55. A Study on Review of Conversion about Public School Facilities―In Case of Aichi,Gifu,Mie Prefecture―

    NOZAWA Hideki, TANIGUCHI Gen,TSUNEKAWA Kazuhisa,TABATA Eisuke

      Vol. F   page: 1213-1214   2010.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  56. Correlation analysis and cluster analysis of facadecomposition:A study on facade composition andlocation of shops from the viewpoint of business type

    FUKAMATSU Kazemitsu, TANIGUCHI Gen,TUNEKAWA Kazuhisa, TABATA Eisuke,

      Vol. E-1   page: 793-794   2010.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  57. Study on Lecture Room Planning of University with Students' and Teachers'Evaluation

    NAKAMURA Moe,TSUNEKAWA Kazuhisa,TABATA Eisuke,TANIGUCHI Gen

      Vol. E-1   page: 529-530   2010.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  58. Classifi cation of the subway ventilating tower by the form and lineand age group analysis a case of study of Nagoya Subway

      Vol. E-1   page: 281-282   2010.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  59. A Study on Review of Conversion about Public School Facilities : In Case of Aichi, Gifu, Mie Prefecture

    NOZAWA Hideki, TANIGUCHI Gen, TSUNEKAWA Kazuhisa

      ( 48 ) page: 349-352   2010.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  60. Categorization and Arial Characteristics of organizational unit spaces for research in engineering cource : A study on facility planning in the national universities campus Part2

    INAKOSHI Tatsuki, TAKESHITA Junji, TSUNEKAWA Kazuhisa, TANIGUCHI Gen

      ( 48 ) page: 425-428   2010.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  61. Categorization and Arial Characteristics of organizational unit spaces for research in engineering cource : A study on facility planning in the national universities campus Part1

    INAKOSHI Tatsuki, TAKESHITA Junji, TSUNEKAWA Kazuhisa, TANIGUCHI Gen

      ( 48 ) page: 421-424   2010.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  62. A Study on Transition of Offi ce in Japan and the Concept. ‐Analysis Using Application Data of Nikkei New Offi ce Prize.‐

    KAMEJIMA Kazuya, TSUNEKAWA Kazuhisa, TANIGUCHI Gen

      Vol. E-1   page: 503-504   2009.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  63. A Study on Facility Operational Expense and Energy Consumption on Hospitalin Affi lication with Universities -A Case Study on Universities in Chubu Area-

    HANAWA Yuta, TSUNEKAWA Kazuhisa, IKUTA Kyoko and TANIGUCHI Gen

      Vol. F   page: 1451-1452   2009.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  64. A Study on Review of Conversion about Public School Facilities―In Case of Aichi,Gifu,Mie Prefecture―

    NOZAWA Hideki, TANIGUCHI Gen, TSUNEKAWA Kazuhisa

      Vol. F   page: 1401-1402   2009.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  65. A Study on Refurbishment at Multi-family Houses in Malaysia (2)- Ways of living and details of refurbishments -

    ICHIKAWA tomoaki, KITOH kyoko, MAEDA yukie,TSUNEKAWA kazuhisa,IKUTA kyoko,TANIGUTI gen and MURAKAMI shin

      Vol. E-2   page: 159-160   2009.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  66. A study on refurbishments at Multi-family houses in Malaysia (1)- The resident image and residence door remodelling which wereseen from questionnaire survey -

    KITOH kyoko, ICHIKAWA tomoaki, MAEDA yukie,TSUNEKAWA kazuhisa,IKUTA kyoko,TANIGUTI gen and MURAKAMI shin

      Vol. E-2   page: 157-158   2009.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  67. A Study on Bench Marking Survey of Facility Operational Expense on Universities Reviewed

    TSUNEKAWA Kazuhisa,MATSUOKA Toshiaki and TANIGUCHI Gen

      Vol. 15 ( 29 ) page: 295-300   2009.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    The purpose of this study is to carry out bench marking survey of facility operational expense and to clarify the gap between the university types, scale, and positioning of expenses per square meter, in order to introduce facility management in universities. It analyzed to 14 national and private universities of Chubu district, and 7 ex-imperial universities by investigating operational expense, which consists of maintenance and energy expense. As a result, it turned out that there is a remarkable difference how to spend expense between national university and private university.

  68. Bench-marking of Facilty Costs on Regional Universities Activity for Establishment of the Consortium for Universities' FacilitiesManagement by Regional Cooperation

    TSUNEKAWA Kazuhisa, TANAKA Hironobu,MATSUOKA Toshiaki and TANIGUCHI Gen

      Vol. F   page: 221-224   2008.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  69. A study on trends of built years and distribution of public facilities: A casestudy in Nagoya City

    KAWAMURA Yoshitaka, TANIGUCHI Gen, TSUNEKAWA Kazuhisa

      Vol. F   page: 1283-1284   2008.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  70. A Study on Energy Use of Facilities in National UniversityEnergy Management of Facilities on University Campus, vol.1

    TANAKA Hironobu, TSUNEKAWA Kazuhisa,MATSUOKA Toshiaki and TANIGUCHI Gen

      Vol. F   page: 1253-1254   2008.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  71. A Study on Energy Use of Facilities in National UniversityEnergy Management of Facilities on University Campus, vol.1

    TANIGUCHI Gen, TSUNEKAWA Kazuhisa,MATSUOKA Toshiaki and TANAKA Hironobu

      Vol. F   page: 1251-1252   2008.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  72. A Study on the relations between building use in downtown andfacade : A case study in Nishiki 2 tyoume Naka-ku Nagoya City

    FUKAMATSU Kazemitsu, TANIGUCHI Gen,TSUNEKAWA Kazuhisa

      Vol. F   2008.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  73. A Study on review of public housing in local cities― In case of Tajimi Municipal Rented housing ―

    NISHIMURA Takeshi, TANIGUCHI Gen, MURAKAMI Shin,TSUNEKAWA Kazuhisa, IKUTA Kyoko

      Vol. F   page: 1409-1412   2008.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  74. Research on renewal of Public Housing based on case with PFI projects

      ( 46 ) page: 593-596   2008.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  75. ゆく言葉→フリーアドレス くる言葉←ノンテリトリアル Invited

    建築雑誌   Vol. 122 ( 1567 ) page: 42   2007.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  76. 建築部位・設備機器のライフサイクルマネジメントに関する研究 -国立大学法人のライフサイクルマネジメントに関する研究 その1-

    田中裕伸,恒川和久、谷口元、松岡利昌

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E-1   2007.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  77. 迷い行動が現れる空間の要素と心的反応に関する研究

    佐藤みな子,恒川和久、谷口元

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E-1   2007.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  78. 名古屋市営住宅居住者の人口構成と属性の変化に関する研究

    西村健,恒川和久、谷口元

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E-1   2007.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  79. GHP空調設備のライフサイクルマネジメントと利用状況に関する研究 -国立大学法人のライフサイクルマネジメントに関する研究 その2-

    平松孝一,恒川和久、谷口元、松岡利昌

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E-1   2007.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  80. 中部地方の事例からみるこれからのオフィス像

    オフィス論叢   Vol. 8   page: 83-88   2007.7

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  81. 日本的社会環境からみたオフィスの捉え方

    オフィス論叢   Vol. 8   page: 29-34   2007.7

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    オフィスを物理的空間としてだけではなく、働く人間と環境との相互関係が生起する場ーワークプレイスとして捉え,その相互関係のデザインを行うことが重要であることを説くとともに、日本の企業や個人独自の価値観や文化に基づいたワークプレイスを構築する必要性を論じている。

  82. 国立大学法人におけるファシリティマネジメントの実践 Invited

    松岡利昌、恒川和久

    日本ファシリティマネジメント大会、JFMA FORUM 2007,セミナー梗概集     page: 205-210   2007.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  83. 名古屋大学のキャンパスマスタープラン Invited

    オフィス論叢   Vol. 8   page: 15-19   2007.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  84. 日米大学キャンパスにおけるFMの比較考察 Invited

    日本ファシリティマネジメント大会、JFMA FORUM 2007,セミナー梗概集     page: 75-78   2007.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  85. オフィス文化論を支える諸学

    オフィス論叢   Vol. 7   page: 25-30   2006.7

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  86. 当事者参加による大規模施設計画の過程とその手法に関する研究~中部国際空港ターミナル・ユニバーサルデザイン研究会における情報提供・サイン計画を事例として~

    山口直希、恒川和久、谷口元

    日本建築学会東海支部研究報告集   ( 44 )   2006.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  87. オフィスにおける喫煙およびリフレッシュ行為とワーカーの行動との関係性に関する研究

    千葉裕紀、恒川和久、谷口元

    日本建築学会東海支部研究報告集   ( 44 )   2006.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  88. 学生の居場所の視点からみる大学の共通教育ゾーンに関する研究 M大学とN大学の利用実態の比較を通して

    孫イブン, 今井正次, 木下誠一, 恒川和久, 谷口元, 田中裕伸

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E-1   page: 365-366   2006

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  89. 市街地活性化の観点からみた既存ストック活用に関する研究 : 名古屋市長者町繊維街とその周辺におけるケーススタディ

    河本悠歩, 恒川和久, 谷口元

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E-1   page: 533-534   2006

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  90. ワークスタイル、コミュニケーションの指向性を決定づける内的・外的要因に関する考察

    千葉裕紀, 恒川和久, 谷口元

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E-1   page: 483-484   2006

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  91. 国立大学法人の光熱水料等費・維持管理費に関する研究

    伊與田智, 恒川和久, 谷口元

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E-1   page: 603-604   2006

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  92. どんぐりひろばの立地や利用状況とその変遷に関する研究 その1立地の変遷

    恒川和久,吉川一麿、 谷口元

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. F-1   page: 567-568   2006

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  93. どんぐりひろばの立地や利用状況とその変遷に関する研究 その2 形態と利用状況

    吉川一麿, 恒川和久, 谷口元

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. F-1   page: 569-570   2006

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  94. 障害当事者参加により計画された大規模施設の物理的環境の評価に関する研究 中部国際空港ターミナルビルにおけるサイン計画のウェイファインディングからの考察

    山口直希, 恒川和久, 谷口元

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. F-1   page: 567-568   2006

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  95. 大学キャンパスにおける学生の利用場所と意識に関する研究

    田中裕伸, 孫イブン, 恒川和久, 谷口元, 木下誠一, 今井正次

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E-1   page: 363-364   2006

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  96. 繁華街における外国人との職住の混在状況に関する研究

    佐藤 仁 , 谷口 元 , 恒川 和久

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E-2   page: 51-52   2006

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  97. A STUDY ON THE APPLICATION OF CURRENT AND ANTICIPATED WORK STYLE DIVERSITY : Work style directional change model for predictive facility management Reviewed

      Vol. 594   page: 33-38   2005.8

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  98. 都市とオフィスの関係からオフィス文化を考える

    オフィス論叢   Vol. 6   page: 105-110   2005.7

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  99. A COMPARATIVE STUDY ON BUILDING PERFORMANCE EVALUATION METHODOLOGY Reviewed

    ROUX Pieter C. LE ,KATO Akikazu ,TSUNEKAWA Kazuhisa

      Vol. 589   page: 41-46   2005.3

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  100. A COMPARATIVE STUDY ON BUILDING PERFORMANCE EVALUATION METHODOLOGY Reviewed

      Vol. 589   page: 41-46   2005

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  101. 壁面後退の形態と利用から見た広小路通りの景観に関する研究

    山本益義, 恒川和久, 籾山明久, 谷口元

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. F-1   page: 197-198   2004

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  102. パチンコ店の立地動向と周辺との関係性に関する研究

    米澤祐介, 恒川和久, 籾山明久, 谷口元

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E-1   page: 243-244   2004

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  103. 業務特性の反映を基にしたオフィス計画手法の検証

    浅野剛弘, 恒川和久, 籾山明久, 谷口元

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E-1   page: 247-248   2004

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  104. オフィスにおける組織から見た会話の特性に関する研究

    谷口隆二, 谷口元, 恒川和久, 籾山明久

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E-1   page: 249-250   2004

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  105. 既存オフィスビルの形状と立地からみた共同住宅への転用可能性に関する研究

    中村敏, 恒川和久, 籾山明久, 谷口元

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E-2   page: 477-478   2004

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  106. 採光からみたオフィスビルの住宅への転用可能性に関する研究

    加納史章, 山下哲郎, 恒川和久, 籾山明久

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E-1   page: 425-426   2003

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  107. オフィスレイアウトの変更によるワーカーの行動変化に関する研究

    藤田敏郎, 谷口元, 恒川和久, 籾山明久

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E-1   page: 191-192   2003

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  108. フィールドワーク 大名古屋論(3)パチカフェ--名古屋のビルディングタイプ(その1) Invited

    恒川 和久 , 籾山 明久 , 木綿 愛子 [他]

    10+1   Vol. 33   page: 185-200   2003

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  109. 工科系講座空間の類型化 : 国立大学キャンパスの施設計画に関する研究(その1)

    竹下 純治 , 福井 浩喜 , 恒川 和久 , 谷口 元

    日本建築学会東海支部研究報告集   ( 40 ) page: 549-552   2002.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  110. 執務と実験が混在する講座空間の事例考察 : 国立大学キャンパスの施設計画に関する研究(その4)

    福井 浩喜 , 竹下 純治 , 恒川 和久 , 谷口 元

    日本建築学会東海支部研究報告集   ( 40 ) page: 561-564   2002.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  111. 工科系講座空間の面積的特性 : 国立大学キャンパスの施設計画に関する研究(その2)

    竹下 純治 , 福井 浩喜 , 恒川 和久 , 谷口 元

    日本建築学会東海支部研究報告集   ( 40 ) page: 553-556   2002.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  112. A STUDY ON RELATIONSHIPS AMONG PLAN COMPOSITIONS, WORK-STYLES, AND COMMUNICATION BEHAVIORS IN OFFICE Reviewed

    Akio MORI, Kazuhisa TSUNEKAWA, et.al

    Journal of Architecture, Planning and Environmental Enginnering (Transactions of AIJ)   ( 551 ) page: 129-134   2002

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  113. 島型配置における業務行動の特性に関する研究

    塩崎創, 恒川和久, 谷口元

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E-1   page: 179-180   2002

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  114. 文部省面積基準と国立大学施設規模の実状に関する考察 国立大学キャンパスの施設計画に関する研究 Reviewed

    竹下純治,谷口 元,名執 潔,恒川和久

    日本建築学会計画系論文集   Vol. 527   page: 121-128   2000

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  115. 景観整備事業の実施計画策定の仕組み ─ 協働参加による街路環境デザインに関する研究(1)─

    有賀隆, 木方十根, 小松尚, 恒川和久, 谷口元

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. F-1   page: 979-980   2000

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  116. 景観整備事業におけるデザイン決定プロセス ─ 協働参加による街路環境デザインに関する研究(2)─

    恒川和久, 有賀隆, 木方十根, 小松尚, 谷口元

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. F-1   page: 981-982   2000

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  117. 個別事項のデザインプロセスにおける検討メディアの役割 ─ 協働参加による街路環境デザインに関する研究(3)─

    小松尚, 有賀隆, 木方十根, 恒川和久, 谷口元

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. F-1   page: 983-984   2000

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  118. 用途別利用面積に基づく講座の類型化に関する考察 : 工学系大学の施設計画に関する研究(その1)

    竹下 純治 , 崔 純恵 , 佐野 寿久 , 恒川 和久 , 名執 潔 , 谷口 元

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E-1   page: 325-326   1998.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  119. 高蔵寺における商店・オフィスの分布 : ニュータウンの変容過程に関する研究

    柴垣 安芸子 , 恒川 和久 , 名執 潔 , 谷口 元

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E-2   page: 257-258   1998.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  120. ワークプレイスにおけるコミュニケーションと空間の関係に関する研究

    恒川 和久 , 谷口 元 , 森川 篤志

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E-1   page: 671-672   1998.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  121. タイプ分類に基づく講座の利用状況に関する考察 : 工学系大学の施設計画に関する研究(その2)

    崔 純恵 , 竹下 純治 , 佐野 寿久 , 恒川 和久 , 名執 潔 , 谷口 元

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E-1   page: 327-328   1998.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  122. 多様なスペースを共有するフリーアドレスオフィスの利用行動に関する研究

    恒川 和久 , 谷口 元 , 小松 尚 , 森川 篤志

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E-1   page: 219-220   1997.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  123. Trial and Practice of Facility Management in OBAYASHI CORPORATION

    Proceedings of the 16th simposium on computer technology of information, systems and applications, Architectural institute of Japan     1993

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  124. 病棟における看護婦の行動・意識に関する研究

    恒川 和久 , 谷口 元 , 柳澤 忠 , 加藤 彰一 , 矢永 克美 , 篠原 佳則

    日本建築学会大会学術講演梗概集   Vol. E   page: 449-450   1987.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

Books 57

  1. History of Nagoya University 1871 - 2019

    ( Role: Joint author)

    2022.3  ( ISBN:9784815810634

     More details

    Responsible for pages:状05-220、下354-363、下517-532   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  2. まちのようにキャンパスをつくり キャンパスのようにまちをつかう

    上野武、小篠隆生、恒川和久ほか( Role: Contributor)

    日本建築学会  2020 

     More details

    Total pages:171   Responsible for pages:62-65, 73-75, 124-129   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  3. 蒲郡市公共施設マネジメント事業支援業務報告書

    恒川和久( Role: Joint editor)

    2021.3 

     More details

    Total pages:41   Responsible for pages:1-17, 25-41   Language:Japanese Book type:Report

  4. 日本の建築文化事典

    平井聖, 後藤治 (編集)( Role: Contributor)

    丸善出版  2020.1  ( ISBN:9784621304082

     More details

    Total pages:768   Language:Japanese Book type:Dictionary, encyclopedia

  5. 名古屋圏の建築家と建築

    名古屋圏の建築家と建築編集委員会( Role: Contributor ,  都市・名古屋の発展とキャンパス建築)

    建築メディア研究所  2019 

     More details

    Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

  6. これからのマンションに必要な50の条件

    安井秀夫、熊澤茂樹( Role: Contributor)

    幻冬舎  2018 

     More details

    Language:Japanese

  7. Towards the Implementation of the New Urban Agenda - Contributions from Japan and Germany to Make Cities More Environmentally Sustainable

    Müller, Bernhard, Shimizu, Hiroyuki (Eds.)( Role: Contributor)

    Springer  2017 

     More details

    Language:English Book type:Scholarly book

  8. 公共建築「つかうプログラム」と「つくるプロセス」

    恒川和久 ( Role: Sole author)

    公共建築協会  2016.4 

     More details

    Language:Japanese

  9. 名古屋大学キャンパスマスタープラン2016

    名古屋大学施設・環境計画推進室( Role: Joint author)

    名古屋大学  2016.3 

     More details

    Language:Japanese

  10. 公共施設配置の地域特性からみた都市計画への展開に関する考察ー愛知県内各自治体公共施設実態より/日本建築学会大会(関東)都市計画部門研究協議会資料

    恒川和久、斉藤孝治( Role: Joint author)

    日本建築学会  2015 

     More details

    Language:Japanese

  11. ここまでできる実践公共ファシリティマネジメント

    小島卓弥, 恒川和久、, ( Role: Joint author)

    学陽書房  2014.11 

     More details

    Language:Japanese

  12. 公共施設は、まちづくりを支えるもの、市域全体で考える視点を

    恒川和久( Role: Sole author)

    建築ジャーナル  2014.7 

     More details

    Language:Japanese

  13. 公共FMの実践に向けて公共FMはまちづくりの第一歩/建築ジャーナル

    恒川和久( Role: Sole author)

    日本ファシリティマネジメント協会  2014 

     More details

    Language:Japanese

  14. 名古屋大学ファシリティマネジメント研究会記録集2007−2012

    名古屋大学施設計画推進室他( Role: Joint author)

    名古屋大学  2013.3 

     More details

    Language:Japanese

  15. 教育研究と実務の一体化から生まれた教育プログラム/JAFMAジャーナル

    恒川和久、松岡利昌( Role: Joint author)

    日本ファシリティマネジメント協会  2013 

     More details

    Language:Japanese

  16. 自治体が公開する施設白書における構成方法と記載項目の比較/日本建築学会大会(東海)建築社会システム部門パネルディスカッション資料

    恒川和久、柴田美里 他( Role: Joint author)

    日本建築学会  2013 

     More details

    Language:Japanese

  17. 施設情報管理と業務プロセスの精査による施設マネジメント業務モデルの構築/大学施設マネジメント推進支援事業に関する委託事業報告書

    恒川和久 他( Role: Joint author)

    文部科学省  2013 

     More details

    Language:Japanese

  18. オフィス学へのアプローチ~研究室訪問:名古屋大学:恒川和久研究室/日本オフィス学会誌

    恒川和久( Role: Sole author)

    日本オフィス学会  2013 

     More details

    Language:Japanese

  19. 地域性への眼差し~東海/新建築住宅特集

    恒川和久( Role: Sole author)

    新建築社  2012 

     More details

    Language:Japanese

  20. 総合的データベースを用いたスペースの有効活用と整備の優先順位策定手法の構築/大学施設マネジメント推進支援事業に関する委託事業報告書

    恒川和久 他( Role: Joint author)

    文部科学省  2012 

     More details

    Language:Japanese

  21. キャンパス木質化の試み(連載:都市の木質化プロジェクト(5))

    恒川和久、太幡英亮( Role: Joint author)

    社団法人日本木材加工技術協会  2012 

     More details

    Language:Japanese

  22. 名古屋大学キャンパス整備ーマスタープランと実践例の紹介/日本建築学会大会(東海)都市計画部門研究懇談会資料「大学空間の社会的価値とその共創的継承」

    恒川和久、太幡英亮( Role: Joint author)

    日本建築学会  2012 

     More details

    Language:Japanese

  23. 建築計画におけるファシリティマネジメントの有効性~大学におけるFMの実践から/日本建築学会大会(東海)建築計画部門パネルディスカッション資料

    恒川和久( Role: Sole author)

    日本建築学会  2012 

     More details

    Language:Japanese

  24. 100人の著者による「仕事を面白くするオフィス」

    新世代オフィス研究センター( Role: Joint author)

    北斗書房  2011.8  ( ISBN:978-4-89467-210-9

     More details

    Language:Japanese

  25. 日経ニューオフィス賞についての調査報告書

    恒川和久,亀嶋一矢,奥西範久編著( Role: Joint author)

    ニューオフィス推進協議会  2011.3 

     More details

    Language:Japanese

    ファシリティマネジメント(FM)の基本的な考え方から、その業務内容までを示す、わが国ににおけるFMの教科書「総解説ファシリティマネジメント(2003)」の追補版である。近年の企業経営をとりまく環境の変化を踏まえ、FM業務についてより実践的な内容を紹介している。筆者は企業経営における社会的な環境変化と「ワークプレイス」の重要性、および、「大学施設のFM」の考え方について執筆している。

  26. いまからのキャンパスづくり~大学の将来戦略のためのキャンパス計画とマネジメント

    恒川和久他( Role: Contributor)

    日本建築学会  2011 

     More details

    Language:Japanese

  27. 低炭素エコキャンパス実現のためのエネルギーマネジメント~名古屋大学/季刊文教施設2011夏号

    恒川和久( Role: Sole author)

    一般社団法人文教施設協会  2011 

     More details

    Language:Japanese

  28. 設計に活かす建築計画

    ( Role: Joint author)

    学芸出版社  2010.4 

     More details

    Language:Japanese

  29. 名古屋大学キャンパスマスタープラン2010

    ( Role: Joint author)

    2010.3 

     More details

    Language:Japanese

  30. 建築計画からファシリティマネジメント教育へ/JAFMA Current

    恒川和久( Role: Sole author)

    日本ファシリティマネジメント協会  2010 

     More details

    Language:Japanese

  31. キャンパスマスタープラン2010とエネルギーマネジメントの目標/名古屋大学総長裁量教育研究改革・改善プロジェクト研究経費 研究成果報告書

    恒川和久( Role: Sole author)

    名古屋大学  2010 

     More details

    Language:Japanese

  32. The Dream of Office

    ( Role: Joint author)

    2009.9 

     More details

    Language:Japanese

  33. 低炭素エコキャンパス実現のためのFM/EM実践プロジェクト ファシリティマネジメント分科会 研究成果報告書

    谷口元、松岡利昌、恒川和久( Role: Joint author)

    2009.3 

     More details

    Language:Japanese

    大学施設マネジメントコンソーシアム設立への準備:昨年度より開催している中部地方の国公私立大学とのFM研究会を継続し、EMも含めた施設運営についての情報交換とベンチマーク調査を行い、地域連携コンソーシアム等外部組織の設立の可能性を検討した。
    ・附属病院をもつ中部地方の10大学の施設運営費についてベンチマーク調査を行い、エネルギーの使用実態について比較検討を行った。
    ・低炭素化を目指した予算制度導入の検討:学内ESCO・省エネ促進資金・施設修繕費留保金といった、これまでに提案した制度の導入を実現化するための検討を行った。

  34. 総解説ファシリティマネジメント 追補版

    FM推進連絡協議会編( Role: Joint author)

    日本経済新聞社  2009.1 

     More details

    Language:Japanese

    ファシリティマネジメント(FM)の基本的な考え方から、その業務内容までを示す、わが国ににおけるFMの教科書「総解説ファシリティマネジメント(2003)」の追補版である。近年の企業経営をとりまく環境の変化を踏まえ、FM業務についてより実践的な内容を紹介している。筆者は企業経営における社会的な環境変化と「ワークプレイス」の重要性、および、「大学施設のFM」の考え方について執筆している。

  35. 低炭素エコキャンパスの実現「名大エネルギービジョン」の策定に向けて/名古屋大学総長裁量教育研究改革・改善プロジェクト研究経費 研究成果報告書

    恒川和久( Role: Sole author)

    名古屋大学  2009 

     More details

    Language:Japanese

  36. 国立大学におけるファシリティマネジメント実践のための開発プロジェクト 研究成果報告書

    谷口元、松岡利昌、恒川和久( Role: Joint author)

    2008.3 

     More details

    Language:Japanese

    国立大学法人が所有・管理する土地・建物に関する運用の最適化を目指すファシリティマネジメントについて、大学の特殊性を考慮した実践的な研究を行った。
    地域連携大学施設コンソーシアム設立の検討、大学施設運営費ベンチマーキングの実施、施設運営費の包括的予算制度導入の提案、民間資金を活用した施設整備の検討など、FMの実践に関する研究を行った。

  37. 名古屋大学のキャンパスプランと豊田講堂/C&D

    恒川和久( Role: Sole author)

    名古屋CDフォーラム  2008 

     More details

    Language:Japanese

  38. エネルギー使用料評価と受益者負担制度の検討/名古屋大学総長裁量教育研究改革・改善プロジェクト研究経費 研究成果報告書

    恒川和久 他( Role: Joint author)

    名古屋大学  2008 

     More details

    Language:Japanese

  39. 国立大学におけるファシリティマネジメント実践のための開発プロジェクト/名古屋大学総長裁量教育研究改革・改善プロジェクト研究経費 研究成果報告書

    恒川和久 他( Role: Joint author)

    名古屋大学  2008 

     More details

    Language:Japanese

  40. オフィス文化論「オフィスを経営の力に10の提案」から、オフィスマーケット、三幸エステート

    恒川和久( Role: Sole author)

    日本オフィス学会  2008 

     More details

    Language:Japanese

  41. フリーアドレス /ノンテリトリアル,建築雑誌

    恒川和久( Role: Sole author)

    日本建築学会  2007.10 

     More details

    Language:Japanese

  42. 国立大学におけるファシリティマネジメント実践のための共同研究 研究成果報告書

    谷口元、松岡利昌、恒川和久( Role: Joint author)

    2007.3 

     More details

    Language:Japanese

    国立大学法人が所有・管理する土地・建物に関する運用の最適化を目指すファシリティマネジメントについて、大学の特殊性を考慮した実践的な研究を行った。
    施設管理一元化のための検討の一環として、ガスヒートポンプと屋上防水といった建築・設備部位のライフサイクルマネジメントについての分析を行った。

  43. 日米大学キャンパスにおけるFMの比較考察/日本ファシリティマネジメント大会JAFMA FORUM 2007セミナー梗概集

    恒川和久( Role: Sole author)

    日本ファシリティマネジメント協会  2007 

     More details

    Language:Japanese

  44. アーキテクテク:東海の現代建築ガイド

    ( Role: Joint author)

    建築ジャーナル  2006.4 

     More details

    Language:Japanese

  45. 国立大学法人のファシリティマネジメント基本計画立案に関する共同研究 研究成果報告書

    谷口元、松岡利昌、恒川和久( Role: Joint author)

    2006.3 

     More details

    Language:Japanese

    国立大学法人が所有・管理する土地・建物に関する運用の最適化を目指すFMの本格的な導入のため、大学経営におけるファシリティコスト(施設運営費)の実態を把握し、今後の方向性を示す基礎資料を得た。研究は以下の3つの視点から調査・分析を行い、FMに関する提言をまとめた。
    1)国立大学法人の経営状況の把握~10国立大学法人の公開財務諸表による財務分析
    2)財務的会計上の施設運営費の位置づけ~10国立大学法人の施設運営費ベンチマーキング
    3)名古屋大学における施設運営費の実態分析

  46. リノベーションの現場―協働で広げるアイデアとプロジェクト戦略

    五十嵐 太郎, リノベーションスタディーズ( Role: Joint author)

    彰国社  2005.12 

     More details

    Language:Japanese

  47. ファシリティマネジメント事例集 第2集 国立大学法人におけるFM推進の体制づくりと実施

    谷口元、恒川和久、籾山明久( Role: Joint author)

    日本ファシリティマネジメント推進協会  2005.7 

     More details

    Language:Japanese

    名古屋大学におけるファシリティマネジメントについて、その体制や組織、及び、マスタープランを中心とするFM戦略や、データベースを活用した施設の点検評価、大学キャンパスと地域の連携についての実践内容の紹介をしている。

  48. Assessing Building Performance, Building Performance Evaliation in Japan

    ( Role: Joint author)

    Elsevier  2005.1 

     More details

    Language:English

  49. IT時代のオフィスづくり手引書~IT時代のオフィス構築のヒント

    ニューオフィス推進協議会編( Role: Joint author)

    ニューオフィス推進協議会  2004.3 

     More details

    Language:Japanese

  50. 万博オルタナティブあるいは万博補完計画

    恒川和久、名古屋建築会議( Role: Joint author)

    10+1、INAX  2004 

     More details

    Language:Japanese

  51. パチカフェ~名古屋のビルディングタイプ その1

    恒川和久、名古屋建築会議( Role: Joint author)

    10+1  2003.12 

     More details

    Language:Japanese

  52. 「弱さ」を受け入れるワークプレイスを

    恒川和久( Role: Sole author)

    ニューオフィス  2003.9 

     More details

    Language:Japanese

  53. 総解説ファシリティマネジメント

    FM推進連絡協議会編( Role: Joint author)

    日本経済新聞社  2003.1 

     More details

    Language:Japanese

  54. アングラシティ~地下街図鑑

    恒川和久、名古屋建築会議・名古屋大学アングラグループ( Role: Joint author)

    10+1、INAX  2003 

     More details

    Language:Japanese

  55. 中小企業のオフィスづくり手引書

    ニューオフィス推進協議会編( Role: Joint author)

    ニューオフィス推進協議会  2002.3 

     More details

    Language:Japanese

  56. 建築設計資料集成総合編

    日本建築学会編( Role: Joint author)

    丸善  2001.9 

     More details

    Language:Japanese

    業務特性とオフィスレイアウト

  57. 人材確保と生産性向上を目指す先進中小企業オフィスの工夫事例に関する調査報告書

    ニューオフィス推進協議会編( Role: Joint author)

    ニューオフィス推進協議会  2001.3 

     More details

    Language:Japanese

▼display all

MISC 10

  1. 利用者の働き方からみるコワーキングスペース利用特性に関する研究

    山本和貴・加藤駿一・今和泉拓・生田京子・恒川和久

    日本建築学会東海支部研究報告集   ( 61 ) page: 269 - 272   2022.2

     More details

    Authorship:Last author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

  2. A study on public-private partnership processes in private-sector-led improvement project - A case study of Okazaki City, Aichi Prefecture -

    TSUMURA Tomohiro, TSUNEKAWA Kazuhisa

      Vol. 2021   page: 713 - 714   2021.9

     More details

    Authorship:Last author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

  3. Individual / Mutual Use of Public Facilities and Private Facilities and Usage Characteristics by Local Government - A Study on Daily Use of Public Facilities and Private Facilities Part2

    KODAMA Yui,TSUNEKAWA Kazuhisa

      Vol. 2021   page: 595 - 596   2021.9

     More details

    Authorship:Last author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

  4. Characteristics of Users as seen from User Attributes and User’s Sphere of Daily Use Facilities - A Study on Daily Use of Public Facilities and Private Facilities Part1

    TSUNEKAWA Kazuhisa, KODAMA Yui

      Vol. 2021   page: 597 - 598   2021.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

  5. オークランドにおける図書館とコミュニティスペースに関する研究 その2 -施設立地と平面計画について-

    楊萌・加藤大稀・市瀬智之・生田京子・中井孝幸・恒川和久・村上心

    日本建築学会大会学術講演梗概集(建築計画)   Vol. 2021   page: 933 - 934   2021.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

  6. オークランドにおける図書館とコミュニティスペースに関する研究 その1 -公共施設再編計画とオークランドライブラリーの整備方針について-

    加藤大稀・楊萌・市瀬智之・生田京子・中井孝幸・恒川和久・村上心

    日本建築学会大会学術講演梗概集(建築計画)   Vol. 2021   page: 931 - 932   2021.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

  7. オークランドにおける図書館とコミュニティスペースに関する研究 その3 -イベント・提供プログラムと協力団体について-

    市瀬智之・加藤大稀・楊萌・生田京子・中井孝幸・恒川和久・村上心

    日本建築学会大会学術講演梗概集(建築計画)   Vol. 2021   page: 935 - 936   2021.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

  8. コロナ禍における全国大学キャンパス利用者実態調査分析 その1 - コロナ禍前・自粛期間中の比較考察とキャンパス空間の意義 -

    斎尾直子・前本将志・小篠隆生・池内祥見・恒川和久・上野武・土田寛・小貫勅子・安森亮雄

    日本建築学会大会学術講演梗概集(都市計画)   Vol. 2021   page: 1073 - 1076   2021.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

  9. コロナ禍における全国大学キャンパス利用者実態調査分析 その2 -コロナ禍を経験した学生のキャンパス空間に対する自由意見の考察-

    前本将志・斎尾直子・小篠隆生・池内祥見・恒川和久・上野武・土田寛・小貫勅子・安森亮雄

    日本建築学会大会学術講演梗概集(都市計画)   Vol. 2021   page: 1077 - 1080   2021.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

  10. 名古屋大学における学生のキャンパスの認識とアフターコロナを見据えた講義室マネジメント – コロナ禍における大学キャンパス利用実態調査2020 をもとに– Reviewed

    太幡英亮・井野雄太・恒川和久

    日本建築学会大会学術講演梗概集(都市計画)   Vol. 2021   page: 1089 - 1092   2021.9

     More details

    Authorship:Last author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

▼display all

Presentations 42

  1. 公共建築と大学施設計画の観点からリビングラボラトリの可能性を考える Invited

    恒川和久

    日本建築学会キャンパス・リビングラボラトリ小委員会公開研究会  2021.3.27 

     More details

    Event date: 2021.3

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:オンライン  

  2. 持続可能な地域経営に必要な公共施設マネジメントとは

    恒川和久

    豊田市職員研修会  2021.2.3  豊田市

     More details

    Event date: 2021.2

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:豊田市役所  

  3. 公共施設および民間施設の日常利用実態の関連性に関する研究 愛知県東三河周辺地域を対象として

    児玉由衣,恒川 和久

    日本建築学会東海支部研究報告会  2021.2  日本建築学会

     More details

    Event date: 2021.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン  

  4. 民間主導の地区整備計画における官民連携プロセスに関する研究 愛知県岡崎市を対象として

    津村智弘,恒川和久

    日本建築学会東海支部研究報告会  2021.2  日本建築学会

     More details

    Event date: 2021.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン  

  5. 想定避難行動からみた避難施設の立地評価 - 愛知県6自治体を対象として - 地域差を考慮した生活圏と避難施設の設定からみた居住地のポテンシャル評価 その2

    竹内宏輔,恒川 和久

    日本建築学会東海支部研究報告会  2021.2  日本建築学会

     More details

    Event date: 2021.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン  

  6. 日常利用施設と避難施設の空間的合致の定量化手法を用いた自治体類型化 - 愛知県を対象として - 地域差を考慮した生活圏と避難施設の設定からみた居住地のポテンシャル評価 その1

    竹内宏輔,恒川 和久

    日本建築学会東海支部研究報告会  2021.2  日本建築学会

     More details

    Event date: 2021.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン  

  7. A study on the transition of land use from the viewpoint of the relationship between urban land and natural topography -A case study of Ichinomiya City, Aichi Prefecture-

    2020.9 

     More details

    Event date: 2020.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  8. 大学キャンパスからサスティナブルな都市・建築へ

    第12回まちとすまいの集い 

     More details

    Event date: 2010.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  9. ファシリティマネジメントに基づく名古屋大学キャンパスマスタープラン2010

    国立大学財務経営センター平成22年度第2回研究協議会 

     More details

    Event date: 2010.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  10. 学生・教員の評価と大学運営からみた教育環境

    「学びの空間が大学を変える」出版記念セミナー 

     More details

    Event date: 2010.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  11. 名古屋大学キャンパスマスタープラン2010とファシリティマネジメント

    立命館大学・キャンパス・ファシリティマネジメントに関する講演会 

     More details

    Event date: 2010.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  12. 名古屋大学キャンパスマスタープラン2010について

    戦略的なキャンパスマスタープラン作成にかかる研修会 

     More details

    Event date: 2010.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  13. 名古屋大学キャンパスマスタープラン2010について

    第7回大学施設マネジメント研究会 

     More details

    Event date: 2010.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  14. キャンパスマスタープラン2010とエネルギーマネジメントの目標

    第5回エネルギーに関する文理融合研究シンポジウム 

     More details

    Event date: 2010.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  15. ファシリティマネジメント高等教育拡充のために

    JFMA FORUM 2010 パネルディスカション 

     More details

    Event date: 2010.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  16. 低炭素エコキャンパスの実現とエネルギーマネジメント

    北海道大学・施設マネジメントに関する講演会 

     More details

    Event date: 2010.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  17. 中部FM研究会参加大学の清掃実態ベンチマーク調査結果について

    第6回大学施設マネジメント研究会 

     More details

    Event date: 2010.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  18. ニューオフィスからワークプレイスへ 建築計画学の研究の視点から

    中部クリエイティブオフィス懇話会 

     More details

    Event date: 2009.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  19. ワークプレイスとコミュニケーション 建築計画学の視点から

    日本建築学会大会(東北)研究協議会 

     More details

    Event date: 2009.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  20. 広小路・夢・デザイン ~広小路のRe Design

    広小路まちづくりシンポジウム 

     More details

    Event date: 2009.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  21. 低炭素エコキャンパスの実現『名大エネルギービジョン』の策定に向けて

    第4回エネルギーに関する文理融合研究シンポジウム 

     More details

    Event date: 2009.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  22. 知識社会におけるオフィス環境とワークスタイルモデル

    イトーキセミナー 

     More details

    Event date: 2008.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  23. 大学におけるファシリティマネジメントの意義

    谷口元、松岡利昌、恒川和久

    三重大学建築展・特別講演会 

     More details

    Event date: 2008.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  24. 働く人とその環境について考える

    知的生産性研究委員会基礎研究部会 

     More details

    Event date: 2008.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  25. エネルギー使用料評価と受益者負担制度の検討

    第3回エネルギーに関する文理融合研究シンポジウム 

     More details

    Event date: 2008.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  26. 名古屋大学のキャンパスマスタープラン

    日本建築学会東海支部講演会 

     More details

    Event date: 2007.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

  27. オフィスを経営の力に 10の提案 ~最新オフィスの動向

    東海事務機器流通協会講演会 

     More details

    Event date: 2007.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  28. オフィスを経営の力に 10の提案

    日本オフィス学会特別セミナー 

     More details

    Event date: 2007.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  29. 名古屋大学における施設マネジメントの取組み

    第1回大学施設マネジメント研究会 

     More details

    Event date: 2007.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  30. ファシリティマネジメントについて ~なぜFMが必要か、FMでなにができるのか

    中部FM研究会 

     More details

    Event date: 2007.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

  31. 日米大学キャンパスにおけるFMの比較考察

    JFMA FORUM 2007 

     More details

    Event date: 2007.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  32. 中部地方の事例からみるこれからのオフィス像

    日本オフィス学会第8回大会 

     More details

    Event date: 2007.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

  33. 名古屋大学のキャンパスマスタープラン

    日本オフィス学会第8回大会・記念講演 

     More details

    Event date: 2007.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

  34. 日米大学キャンパスFM事情

    日本ファシリティマネジメント協会米国大学FM視察報告会 

     More details

    Event date: 2007.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

  35. ファシリティマネジメントについて ~なぜFMが必要か、FMでなにができるのか

    国土交通省中部整備局建築実務研修会 

     More details

    Event date: 2006.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

  36. ワークプレイスとコミュニケーション~人間環境系のオフィスデザイン

    第52回NTT建築技術研究会 

     More details

    Event date: 2006.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

  37. 名古屋大学におけるファシリティマネジメント

    日本ファシリティマネジメント協会調査研究報告会 

     More details

    Event date: 2006.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

  38. オフィス環境とコミュニケーション ~コミュニケーションをどう分析するか

    日本建築学会 第1回ワークプレイス研究会 

     More details

    Event date: 2005.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

  39. コンバージョンと都市再生の可能性

    空気調和・衛生工学会中部支部第49回 建築設備研修会 

     More details

    Event date: 2005.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

  40. 都市とオフィスの関係からオフィス文化を考える

    日本オフィス学会第5回大会・パネルディスカッション 

     More details

    Event date: 2005.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

  41. ファシリティマネジメントの知識と技術

    東海北陸地区国立大学法人技術系中堅職員研修 

     More details

    Event date: 2005.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

  42. オフィス/情報技術によって変わることと変わらないこと

    日本ファシリティマネジメント推進協会研究報告会・記念講演 

     More details

    Event date: 2005.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

▼display all

Works 26

  1. 名古屋大学工学部新7号館

    2015

     More details

    Work type:Architectural work  

  2. 名古屋大学ナショナルイノベーションコンプレックス

    2013
    -
    2015

     More details

    Work type:Architectural work  

  3. ほこら「対」 三河・佐久島アートプラン21佐久島弘法プロジェクト3 

    2012

  4. 玉野台の家

    2012

  5. *名古屋大学ES総合館

    2011

  6. 松河戸の家

    2010

  7. 名古屋大学工学部8号館南棟改修設計

    2010

  8. 名古屋大学工学部5号館改修設計

    2009

  9. 名古屋都市センター企画展「都市に住む」

    2008
    -
    2009

     More details

    名古屋都市センター、名古屋近郊の8大学と協同、名古屋大学にて取りまとめ

  10. 広小路・夢・デザイン展

    2008
    -
    2009

     More details

    名古屋近郊の8大学と協同、名古屋大学にて取りまとめ

  11. 「生物多様性」をデザインする(ナゴヤ・デザイン・ウィーク2008企画)

    2008

  12. 名古屋大学工学部3号館改修設計

    2007

  13. 名古屋大学ブックス&カフェ・フロンテ(改築)、ダイニング・フォレスト(改修)

    2006

  14. 広小路ルネッサンスワークショップ

    2005.4
    -
    2006.3

  15. どんぐりひろばプロジェクト

    2005

     More details

    名古屋建築会議

  16. 『名古屋大学キャンパスマスタープラン2005』の策定

    2004.12
    -
    2006.3

     More details

    施設整備推進室の業務として参画

  17. 高浜の家

    2004
    -
    2005

  18. 大名古屋展

    2003
    -
    2003.12

  19. *名古屋大学IB電子情報館

    2003

     More details

    愛知まちなみ建築賞、名古屋市都市景観賞

  20. 地下鉄名古屋大学駅

    2003

     More details

    愛知まちなみ建築賞、名古屋市都市景観賞

  21. 名古屋大学工学研究科2号館改修設計

    2000
    -
    2002

  22. 吉根の家

    2000
    -
    2002

  23. 名古屋大学工学部4号館耐震補強・増築計画

    2000

  24. 名古屋大学北部生協広場の整備、設計

    1999

  25. 名古屋大学工学部ごみ集積場の整備、設計

    1998

  26. 名古屋大学ベンチャービジネスラボラトリー

    1996
    -
    1997

▼display all

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 16

  1. 蒲郡市公共施設マネジメント事業支援業務

    2020.6 - 2021.3

    学術コンサルティング契約 

    恒川和久

      More details

    Grant type:Other

    Grant amount:\3146000 ( Direct Cost: \2420000 、 Indirect Cost:\726000 )

  2. 経時的・横断的視点による戦後の公共施設整備に関する研究

    2017

    研究助成金 

    恒川和久

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\1000000

  3. 高蔵寺ニュータウンにおける賃貸集合住宅のDIY 住戸改修実験

    2013.4 - 2014.3

    受託研究 

  4. カラーリノベーションハウス

    2013.4 - 2014.3

    学内共同研究 

  5. ガスヒートポンプ設備の最適設計に関わる研究

    2012.4 - 2015.3

    受託研究 

  6. 大学の低炭素化に向けたユーザー側からの施策の研究

    2012.4 - 2013.3

    企業からの受託研究 

  7. 施設情報管理と業務プロセスの精査による施設マネジメント業務モデルの構築

    2012.4 - 2013.3

  8. 総合的なデータベースを用いたスペースの有効活用と整備の優先順位策定手法の構築

    2011.4 - 2012.3

  9. 新規サイディングボードの開発

    2010.4 - 2011.3

    企業からの受託研究 

  10. 低炭素エコキャンパス実現のためのFM/EM実践プロジェクト

    2008.4 - 2009.3

    学内共同研究 

  11. 名古屋大学東山団地等の再開発プロジェクト推進事業

    2008.4

    学内共同研究 

  12. 国立大学におけるファシリティマネジメント実践のための開発プロジェクト

    2007.4 - 2008.3

    学内共同研究 

      More details

    国立大学法人が所有・管理する土地・建物に関する運用の最適化を目指すファシリティマネジメントについて、大学の特殊性を考慮した実践的な研究を目指す。資産価値の評価、外部資金の調達、施設の一元管理の3つの課題について実践するためのプロジェクトを行う。

  13. ユニバーサルデザイン建築計画チェック診断プログラムの有効性検証調査

    2007.3 - 2007.4

    企業からの受託研究 

      More details

    各種施設のユニバーサルデザイン実施状況をNTTファシリティーズが開発した「ユニバーサルデザイン(UD)建築計画チェック診断プログラム」で調査診断するとともに当該施設の調査を行い、両調査を対比することにより、診断プログラムの問題点を抽出し、プログラム等の改善点を取りまとめる。

  14. リサイクル小型電動減容機のデザイン開発

    2006.6 - 2006.12

    企業からの受託研究 

  15. 国立大学におけるファシリティマネジメント実践のための共同研究

    2006.4 - 2007.3

    学内共同研究 

      More details

    国立大学法人が所有・管理する土地・建物に関する運用の最適化を目指すファシリティマネジメント(FM)について、大学の特殊性を考慮した実践的な研究を行った。

  16. 国立大学法人のファシリティマネジメント基本計画立案に関する共同研究

    2005.4 - 2006.3

    学内共同研究 

      More details

    国立大学法人が所有・管理する土地・建物に関する運用の最適化を目指すFMの本格的な導入のため、大学経営におけるファシリティコスト(施設運営費)※2の実態を把握し、今後の方向性を示す基礎資料を得た。研究は以下の3つの視点から調査・分析を行い、FMに関する提言をまとめた。 1)国立大学法人の経営状況の把握~10国立大学法人の公開財務諸表による財務分析 2)財務的会計上の施設運営費の位置づけ~10国立大学法人の施設運営費ベンチマーキング 3)名古屋大学における施設運営費の実態分析

▼display all

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 8

  1. 自治体の施設特性とアクセシビリティからみた広域横断的な公共施設再編

    Grant number:18H01605  2018.4 - 2022.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    恒川 和久, 太幡 英亮, 村上 心, 中井 孝幸, 大月 淳, 川野 紀江, 生田 京子, 納村 信之

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\17290000 ( Direct Cost: \13300000 、 Indirect Cost:\3990000 )

    平成30年度は、以下に示す本研究の3つの目的それぞれについて調査・分析を進めた。
    ① 各自治体における経時的な公共施設整備の状況を明らかにし、人口動向や財政状況と合わせ類型化したうえで、身の丈にあった公共施設ストックの将来モデルを策定する。→愛知県内全54自治体を対象とした公共施設集中整備期からみる自治体の類型化を行った。
    ② 複数の自治体からなる広域の地域において、住民の公共施設における利用者アクティビティごとの住民のアクセシビリティと受容する施設のキャパシティの観点から、複数自治体が相互補完する施設再配置のシミュレーションを行う。→東三河広域連合を結んでいる5自治体を対象として、アクセシビリティ比較に基づく公共施設の施設用途・自治体横断的な適正再配置手法に関する分析を行った。
    ③ シミュレーションの結果と各自治体の状況からライフサイクルコストが小さく、住民の満足を得られる広域的・横断的な施設再編のマネジメント手法を構築する。→奈良県御杖村を対象に過疎地域の公共施設再編における住民と行政の管理・運営に関する実態調査を行った。
    また、東京都千代田区、宮城県多賀城市といった国内自治体、及び、フィンランドの自治体や政府機関における、先進的な公共施設の整備や運営の方法の視察調査を行い、その手法や効果について考察した。
    本研究で掲げる3つの目的に対して、それぞれ下記の通り順調に進捗している。
    ① 各自治体の特性と公共施設整備状況による公共施設ストックの将来モデル策定では、愛知県内の全54自治体を対象に、戦後の公共施設ストックについて施設種別ごとの整備状況の数量的な把握を行った。各自治体の特性を示す人口の状況や財政状況を示す統計的なデータをあわせ、多変量解析により整備状況の類型化を行った。類型化で得られた各タイプを代表する自治体において、設置に関わる準拠法令や国の政策、財政的、地理的状況をあわせ分析することにより、各自治体に共通する整備の背景や要因を明らかにした。
    ②アクセシビリティ比較に基づく公共施設の適正再配置手法に関する分析では、住民の活動機会を計測する指標としてアクセシビリティを用いることで、利用者視点での公共施設の施設用途・自治体横断的な適正再配置手法を提案した。東三河広域連合を結んでいる5自治体を対象として、パーソントリップ調査を元に生活圏域を明らかにし、GISを用いて各地域から対象となる公共施設へのアクセシビリティ及び将来シナリオ比較に用いる減衰パラメータを算出した。そのうえで将来シナリオを比較することで施設の適正配置のあり方を示した。
    ③過疎地域の公共施設再編に関する実態調査では、厳しい財政状況に直面し、都市部での公共施設再編方法と同じ方法をとることは難しい過疎地域において、住民の生活実態とニーズをインタビュー調査からの細かな視点を取り入れて考察することにより、住民と行政の双方の視点による過疎地域での公共施設再編の方法を提案した。過疎化の進む奈良県御杖村におけるインタビュー調査から、住民にとって重要な公共施設を抽出し、これをふまえた公共施設再編方法を示し、財政支出をできるだけ抑えながらも、住民のニーズに応える再編の方法について提案することができた。
    今年度は、これまでの研究成果をふまえ、人口密度や構成・財政状況など地域特性の異なる以下の2地区を対象とし、無作為抽出による住民アンケート調査(各地区各5000部計1万部配布)により、施設での活動内容、人数、アクセス手段や時間といった利用者アクティビティの実態を把握する。
    a.名古屋東部尾張地区(長久手市・日進市・みよし市・豊明市・東郷町):広域行政に関する連携協定を締結済みであり、名古屋市に隣接する人口が増加している小都市群
    b.愛知県東三河地区(豊橋市・豊川市・蒲郡市・田原市・新城市):中核市を中心とする連携中枢都市圏に相当する都市群
    アンケート結果に基づく各地区でのアクティビティごとの圏域と、研究分担者による施設種別ごとの利用圏域研究の知見を統合化し、広域都市圏、および、地域生活圏における施設種別を超えた複数自治体で相互補完し、アクセシビリティを最適化する地域施設再配置について、GISを用いたシミュレーションを行う。
    人口規模が小さく財政的に厳しい自治体ほど、民間の力を活用した新たな整備手法の採用には消極的であり、柔軟な公共施設マネジメントを実践することが困難な状況にある。英国等のPFIやLABVは、本来、財政的に厳しい自治体が民間の資金やアイディアを活用して、公共事業を推進する手法である。こうした諸国の自治体や国内の先進事例の新たな手法について調査・分析を行い、公共施設再編のマネジメント手法を採用するための方策を明らかにする。

  2. Relocation of wide area,cross-use type public facilities by adapting facilities'capacity and users'activities

    Grant number:15H04096  2015.4 - 2018.3

    Grants-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    TSUNEKAWA Kazuhisa

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\17030000 ( Direct Cost: \13100000 、 Indirect Cost:\3930000 )

    We aimed at establishing relocation method of wide area, cross-use type public facilities by adapting facilities’ capacity and users’ activities. Our research clarified items as below.
    1)Based on a questionnaire survey of citizens’ utilizations for public facilities in 6 cities, we analyzed the distances between the locations of the users and the facilities that they used by GIS and determined standard planned areas for each kind of activity. 2) We showed how to judge probable lack and/or surplus of public facilities in each area from the adaptation of the capacity of available facilities and the volume of citizens’ activities in the area based on accessibility. 3) We simulated relocation of public facilities including private facilities exceeding purpose, and clarified methods of evaluation and utilization of public facility management.

  3. 人口減少時代における公共施設ストックのファシリティマネジメント手法

    2012.4 - 2015.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    村上心

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  4. 持続可能な地域の実現に貢献するサステイナブル・キャンパスモデル構築に関する研究

    2011.4 - 2013.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    上野武

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  5. オフィスにおけるワークスタイルと「場」の形成に関する研究

    2008.4

    科学研究費補助金  基盤研究(C)(一般)

    恒川和久

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  6. 国立大学法人経営におけるファシリティマネジメントの活用

    2007.4 - 2009.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)(一般)

    谷口元

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  7. 都心部に立地する中小規模オフィスビルの有効活用を促進する手法に関する研究

    2002.4 - 2004.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  8. オフィスにおける現実の組織と隠れた組織の二重構造に関する研究

    2000.4 - 2002.3

    科学研究費補助金  奨励研究(A)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    オフィスにおける執務者の領域や作業内容を行動観察調査により把握し,組織の論理に合わせて作られたオフィスレイアウトと実際の執務者の行動や心理を捉えることにより,これまでの組織の構造に適合する形での機能的オフィスレイアウトを超え,個人の生活環境も含めた二重の構造に適合したオフィス空間のあり方を考察した。

▼display all

 

Teaching Experience (On-campus) 89

  1. History of City and Civilization

    2021

  2. Space Design Workshop 1

    2021

  3. Architectural Design Workshop 2

    2021

  4. Architectural Planning 2

    2021

  5. Housing and Environment

    2021

  6. Seminar on Architectural and Environmental Design A

    2021

  7. Theory of Environmental Design

    2021

  8. Space Design Workshop I

    2020

  9. History of City and Civilization

    2020

  10. Architectural Planning 2

    2020

  11. Architectural Design Workshop 1

    2020

  12. すまいと環境

    2020

  13. すまいと環境

    2019

  14. 空間設計工学及び演習第2

    2019

  15. 建築設計及び演習第1

    2019

  16. 都市と文明の歴史

    2019

  17. 建築計画第2

    2019

  18. 建築計画第2

    2017

  19. 空間設計工学及び演習第2

    2017

  20. 情報処理及び演習

    2017

  21. 建築設計及び演習第1

    2017

  22. 都市と文明の歴史

    2017

  23. 空間設計工学及び演習第2

    2016

  24. 情報処理及び演習

    2016

  25. 建築設計及び演習第1

    2016

  26. 建築計画第2

    2016

  27. 都市と文明の歴史

    2016

  28. 建築設計及び演習第1

    2015

  29. 空間設計工学及び演習第2

    2015

  30. 情報処理及び演習

    2015

  31. 建築計画第2

    2015

  32. 都市と文明の歴史

    2015

  33. すまいと環境

    2014

  34. 空間設計工学及び演習第2

    2014

  35. 情報処理及び演習

    2014

  36. 建築設計及び演習第1

    2014

  37. 都市と文明の歴史

    2014

  38. 建築計画第2

    2014

  39. 都市と文明の歴史

    2013

  40. 建築設計及び演習第1

    2013

  41. 空間設計工学及び演習第2

    2013

  42. 情報処理及び演習

    2013

  43. 建築計画第2

    2013

  44. 建築計画第2

    2012

  45. 建築設計及び演習第1

    2012

  46. 情報処理及び演習

    2012

  47. 空間設計工学及び演習第1

    2012

  48. 都市と文明の歴史

    2012

  49. 空間設計工学及び演習第1

    2011

  50. 情報処理及び演習

    2011

  51. 都市と文明の歴史

    2011

  52. 建築計画第2

    2011

  53. 建築設計及び演習第1

    2011

  54. 空間設計工学及び演習第2

    2011

  55. 空間設計工学及び演習第2

    2010

  56. 空間設計工学及び演習第1

    2010

  57. 建築設計及び演習第1

    2010

  58. 都市と文明の歴史

    2010

  59. 建築計画第2

    2010

  60. 情報処理及び演習

    2010

  61. 総合設計及び演習

    2010

  62. 空間設計工学及び演習第2

    2009

  63. 総合設計及び演習

    2009

  64. 情報処理及び演習

    2009

  65. 建築計画第2

    2009

  66. 建築設計及び演習第1

    2009

  67. 空間設計工学及び演習第1

    2009

  68. 都市と文明の歴史

    2009

  69. 総合設計及び演習

    2008

  70. 空間設計工学及び演習第2

    2008

  71. 情報処理及び演習

    2008

  72. 建築設計及び演習第1

    2008

  73. 建築計画第2

    2008

  74. 空間設計工学及び演習第1

    2008

  75. 都市と文明の歴史

    2008

  76. 総合設計及び演習

    2007

  77. 情報処理及び演習

    2007

  78. 建築計画第2

    2007

  79. 空間設計工学及び演習

    2007

  80. 建築設計演習

    2007

  81. 都市と文明の歴史

    2007

  82. 都市と文明の歴史

    2006

  83. 総合設計及び演習

    2006

  84. 空間設計工学及び演習第2

    2006

  85. 情報処理及び演習

    2006

  86. 建築計画第2

    2006

  87. 空間設計工学及び演習第1

    2006

  88. 情報処理及び演習

    2005

  89. 情報処理及び演習

    2004

▼display all

Teaching Experience (Off-campus) 4

  1. 建築・住居学特別講義

    2017.4 - 2017.9 Sugiyama Jogakuen University)

     More details

    Level:Postgraduate 

  2. 建築・住居学特別講義

    2015.4 - 2015.9 Sugiyama Jogakuen University)

     More details

    Level:Postgraduate 

  3. ファシリティマネジメント論

    2009.4 - 2010.3 愛知淑徳大学)

  4. 新世代オフィス研究センター 特任講師

    2009.4 - 2010.3 京都工芸繊維大学)

 

Social Contribution 56

  1. 愛知県立芸術大学キャンパスマスタープラン2021策定

    Role(s):Advisor

    愛知県立芸術大学  2021.7 - 2022.3

  2. 白川町庁舎整備検討委員会

    Role(s):Presenter, Advisor, Organizing member

    岐阜県白川町  2021.5

  3. 蒲郡市公共施設マネジメント事業支援業務(実施計画見直し支援)

    Role(s):Advisor, Investigater, Report writing

    蒲郡市  2021.4 - 2022.3

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Investigation, survey

  4. 蒲郡市公共施設マネジメント事業支援業務

    Role(s):Advisor, Investigater, Report writing

    蒲郡市  2020.6 - 2021.3

     More details

    Audience: Governmental agency

    Type:Investigation, survey

  5. 三重弁護士会館設計者選定委員会 委員長

    三重弁護士会  2019

  6. 名古屋市 南郊運河私有地活用提案募集評価委員

    2018 - 2019

  7. 長久手市 市役所等公共施設ワークショップ

    2018

  8. 愛知県 県営住宅PFI事業者選定委員会

    2018

  9. 名古屋市 旧那古野小学校施設活用事業の公募に係る評価委員懇談会

    2018

  10. 弥富市行政改革推進委員会 委員

    2017

  11. 名古屋市旧亀島小跡地活用事業者評価委員懇談会 座長

    Role(s):Advisor

    2017

     More details

    Audience: Governmental agency

  12. 白川町庁舎整備検討委員会 委員長

    2017

  13. 名古屋市楠小学校改築建設委員会 アドバイザー

    2017

  14. 長久手市公共施設のあり方検討市民ワーキング ファシリテーター

    2017

  15. 愛知県警察運転免許試験場PFI事業者選定委員会  委員

    2016 - 2017

  16. 西尾市公共施設再配置第1次プロジェクトに関する全体モニタリング会議 座長

    2016 - 2017

  17. 江南市公共施設再配置計画検討委員会 副委員長 

    2016 - 2017

  18. 名古屋市立橘小学校の新しい学校づくりに関する懇談会 委員

    2016

  19. 名古屋市 市立幼稚園のあり方懇談会 座長

    2016

  20. 蒲郡市公共施設マネジメント実施計画策定会議

    2016

  21. 静岡県県有建築物品質向上会議 アドバイザー

    2015

  22. 小牧市公共ファシリティマネジメント推進計画検討委員会

    2015

  23. 名古屋市都市計画審議会立地誘導部会

    2015 - 2017

  24. 新城市公共施設等総合管理計画策定委員会

    Role(s):Advisor, Investigater

    2015 - 2017

  25. 名古屋市 市立幼稚園の今後のあり方懇談会 座長

    2015

  26. 清須市公共施設等総合管理計画策定検討会議 政策アドバイザー

    2015

  27. 豊川市ファシリティマネジメント推進会議 アドバイザー

    2015

  28. 蒲郡市公共施設のあり方検討市民会議 ファシリテーター

    2015

  29. 名古屋市立地適正化計画策定検討業務業者選定プロポーザル選定委員会

    2015

  30. 知立市公共ストックの総合管理のあり方に関する調査研究委員会

    2015

  31. 四日市市中心市街地活性化推進方策検討会議

    2015

  32. 三島市公共施設検討会議 アドバイザー

    Role(s):Advisor

    2014 - 2020

  33. 北方町新庁舎建築設計アドバイザー

    2014

  34. 名古屋市アセットマネジメント懇談会 座長 

    2014

  35. 新城市公共施設白書検討会議アドバイザー

    2014

  36. いなべ市新庁舎建設基本設計業務公募型プロポーザル選定委員会

    2014

  37. 高浜市役所本庁舎整備事業者選定委員会

    2014

  38. 豊川市公共施設適正配置計画策定委員会

    2014

  39. 知立市公共施設のあり方に関する調査研究会

    2014

  40. 岡崎市民会館改修設計業務受託者選定委員会

    2014

  41. 名古屋市立地適正化計画策定基礎調査業者選定プロポーザル審査委員会

    2014

  42. 八尾市公共施設マネジメントアドバイザー

    2013

  43. 田原市公共施設あり方委員会

    2013 - 2014

  44. 北方町新庁舎建築設計プロポーザル選定委員会

    2013

  45. 焼津市公共施設あり方委員会

    2013

  46. 新城市公共施設白書策定者プロポーザル選定委員会

    2013

  47. 名古屋市施設白書策定者プロポーザル選定委員会

    2013

  48. 西尾市公共施設再配置検討ワーキンググループ・アドバイザー

    2012 - 2013

  49. 名古屋市 昭和文化小劇場設計委託プロポーザル選定委員会

    2012

  50. 阿久比町新庁舎建設設計業務プロポーザル選定委員会

    2012

  51. 名古屋市 若葉寮移転改築ひばり荘改築設計委託プロポーザル選定委員会 委員

    2012

  52. 愛西市統合庁舎建設・改修設計業務受託者特定審査会

    2011

  53. 名古屋市都市景観アドバイザー

    2010.4 - 2012.3

  54. 名古屋市 広小路都市景観形成基準検討委員会

    2004

  55. 名古屋市 広小路ルネッサンス推進協議会街並み部会

    2003 - 2005

  56. ニューオフィス推進協議会ファシリティマネジメント講習会 講師

    2000

▼display all

Academic Activities 2

  1. NAGOYA Archi Fes 中部卒業設計展2021

    Role(s):Panel moderator, session chair, etc., Review, evaluation

    NAGOYA Archi Fes 中部卒業設計展実行委員会  2021.3

     More details

    Type:Exhibition 

  2. BIM を活用した建築生産・維持管理 プロセス円滑化モデル事業

    Role(s):Supervision (editorial), Planning/Implementing academic research

    株式会社久米設計  2020.5 - 2021.3

     More details

    Type:Scientific advice/Review