2021/04/01 更新

写真a

ナガサキ タカノリ
長﨑 正雅
NAGASAKI Takanori
所属
大学院工学研究科 エネルギー理工学専攻 エネルギー材料工学 教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 エネルギー理工学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 博士(工学) ( 1993年12月   東京大学 ) 

研究分野 1

  1. ナノテク・材料 / 無機材料、物性

現在の研究課題とSDGs 1

  1. エネルギー機能材料中の物理化学的性質に関する研究

経歴 1

  1. 日本原子力研究所

    1983年4月 - 1995年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 東京大学   工学系研究科   原子力工学

    - 1983年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   工学部   原子力工学

    - 1981年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本セラミックス協会

  2. 応用物理学会

  3. 日本金属学会

  4. 日本原子力学会

  5. 日本中性子科学会

委員歴 2

  1. (社)日本原子力学会   中部支部幹事  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. (社)日本原子力学会   評議員  

    2019年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

 

論文 110

  1. Enhanced figure of merit in Pb(Zr,Ti)O-3 nanorods for piezoelectric energy harvesting 査読有り

    Jundong Song, Tomoaki Yamada, Kazuki Okamoto, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki

    AIP Adv.   10 巻   頁: 105101   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/5.0023937

    Web of Science

  2. Fabrication of (Pb0.9Sr0.1)TiO3/SrTiO3 Artificial Superlattice Thin Films and Their Electromechanical Response 査読有り

    J. Ceram. Soc. Jpn.   128 巻   頁: 431   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2109/jcersj2.20022

  3. Enhanced Intrinsic Piezoelectric Response in (001)-epitaxial Single c-domain Pb(Zr,Ti)O3 Nanorods 招待有り 査読有り

    K. Okamoto, T. Yamada, K. Nakamura, H. Tanaka, O. Sakata, M. Phillips, T. Kiguchi, M. Yoshino, H. Funakubo, T. Nagasaki

    Appl. Phys. Lett.   117 巻   頁: 42905   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/5.0012998

  4. Large impact of strain on the electro-optic effect in (Ba, Sr)TiO3 thin films: Experiment and theoretical comparison 査読有り

    Kondo Shinya, Yamada Tomoaki, Tagantsev Alexander K., Ma Ping, Leuthold Juerg, Martelli Paolo, Boffi Pierpaolo, Martinelli Mario, Yoshino Masahito, Nagasaki Takanori

    Appl. Phys. Lett.   115 巻 ( 9 ) 頁: 092901   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.5117218

    Web of Science

  5. Theoretical Estimation of the Linear Electro-optic Effect in Compressively Strained c-domain (Ba, Sr)TiO3 Thin Films using a Phenomenological Thermodynamic Model 査読有り

    S. Kondo, T. Yamada, A. Tagantsev, N. Setter, M. Yoshino, T. Nagasaki

    J. Ceram. Soc. Japan   127 巻   頁: 345 - 352   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2109/jcersj2.19011

  6. Theoretical Analysis of Nanogenerators with Aligned Nanorods for Piezoelectric Energy Harvesting 査読有り

    Jundong Song, Tomoaki Yamada , Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki

    Sensors and Materials   31 巻 ( 11 ) 頁: 3669 - 3679   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18494/SAM.2019.2149

    Web of Science

  7. Significant effect of Mg-pressure-controlled annealing: non-stoichiometry and thermoelectric properties of Mg2-Si1-xSbx 査読有り

    Kato Daisuke, Iwasaki Kouta, Yoshino Masahito, Yamada Tomoaki, Nagasaki Takanori

    Phys. Chem. Chem. Phys.   20 巻 ( 40 ) 頁: 25939 - 25950   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c8cp04839h

    Web of Science

  8. Strong Impact of SrTiO3/TiO2 Buffer Layer on Epitaxial Growth and Dielectric Response of Ba0.7Sr0.3TiO3 Thin Films on MgO

    S. Kondo, T. Yamada, M. Yoshino, T. Nagasaki

    Jpn. J. Appl. Phys.   57 巻   頁: 0902B1-1-5   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7567.JJAP.57.0902B1

  9. Influence of deposition conditions on self-assembled growth of Pb(Zr,Ti)O3 nanorods by pulsed laser deposition at elevated oxygen pressure 査読有り

    Okamoto Kazuki, Yamada Tomoaki, Yasumoto Jun, Nakamura Kentaro, Yoshino Masahito, Nagasaki Takanori

    J. Ceram. Soc. Jpn.   126 巻 ( 5 ) 頁: 276 - 280   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2109/jcersj2.17255

    Web of Science

  10. Spectroscopic and first-principles calculation studies of the chemical forms of palladium ion in nitric acid solution for development of disposal of high-level radioactive nuclear wastes 査読有り

    Shinta Watanabe, Toshikazu Sato, Tomoko Yoshida, Masato Nakaya, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki, Yusuke Inaba, Kenji Takeshita, Jun Onoe

    AIP Advances   8 巻   頁: 045221-1-9   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.5025778

    Web of Science

  11. Crystallographic orientation dependence of the sputtering yields of nickel and copper for 4-keV argon ions determined using polycrystalline targets 査読有り

    Takanori Nagasaki, Hiroharu Hirai, Masahito Yoshino, Tomoaki Yamada

    Nucl. Instr. Meth. Phys. Res. B   418 巻   頁: 34 - 40   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nimb.2017.12.023

  12. Control of Mg content and carrier concentration via post annealing under different Mg partial pressures for Sb-doped Mg2Si thermoelectric material

    Daisuke Kato, Kouta Iwasaki, Masahito Yoshino, Tomoaki Yamada, Takanori Nagasaki

    J. Solid State Chem.   258 巻   頁: 93-98   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jssc.2017.10.003

  13. Influence of deposition conditions on self-assembled growth of Pb(Zr,Ti)O3 nanorods by pulsed laser deposition at elevated oxygen pressure

    Kazuki Okamoto, Tomoaki Yamada, Jun Yasumoto, Kentaro Nakamura, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki

    J. Ceram. Soc. Jpn.   126 巻   頁: 276-280   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.2109/jcersj2.17255

  14. Charge screening strategy for domain pattern control in nano-scale ferroelectric systems 査読有り

    Yamada Tomoaki, Ito Daisuke, Sluka Tomas, Sakata Osami, Tanaka Hidenori, Funakubo Hiroshi, Namazu Takahiro, Wakiya Naoki, Yoshino Masahito, Nagasaki Takanori, Setter Nava

    Sci. Rep.   7 巻   頁: 5236   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-05475-x

    Web of Science

  15. High carrier concentration in Mg2Si1-xSbx (0 <= x <= 0.10) prepared by a combination of liquid-solid reaction, ball milling, and spark plasma sintering 査読有り

    Kato Daisuke, Iwasaki Kouta, Yoshino Masahito, Yamada Tomoaki, Nagasaki Takanori

    INTERMETALLICS   81 巻   頁: 47-51   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.intermet.2017.02.020

    Web of Science

  16. Indirect measurements of electrocaloric effect in ferroelectric thin films by positive-up-negative-down method 査読有り

    S. Matsuo, T. Yamada, T. Kamo, H. Funakubo, M. Yoshino, T. Nagasaki

    J. Ceram. Soc. Jpn.   125 巻   頁: 441-444   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Experimental study of effect of strain on electrocaloric effect in (001)-epitaxial (Ba,Sr)TiO3 thin films 査読有り

    Tomoaki Yamada, Shogo Matsuo, Takafumi Kamo, Hiroshi Funakubo, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki

    Jpn. J. Appl. Phys.   56 巻   頁: 10PF15   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7567/JJAP.56.10PF15

  18. Nonlinear electric field dependence of electrocaloric effect in (001)-epitaxial (Ba, Sr) TiO3 thin films 査読有り

    Matsuo S., Yamada T., Yoshino M., Nagasaki T., Kamo T., Funakubo H.

    2017 JOINT IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON THE APPLICATIONS OF FERROELECTRIC (ISAF)/INTERNATIONAL WORKSHOP ON ACOUSTIC TRANSDUCTION MATERIALS AND DEVICES (IWATMD)/PIEZORESPONSE FORCE MICROSCOPY WORKSHOP (PFM)     頁: 68-70   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  19. Ab initio Study on Face Azimuth Dependency of Surface Energy and Structure in PbTiO3 査読有り

    Takagi Yosuke, Yamada Tomoaki, Yoshino Masahito, Nagasaki Takanori

    FERROELECTRICS   490 巻 ( 1 ) 頁: 167-173   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00150193.2015.1072693

    Web of Science

  20. Intra- and inter-atomic optical transitions of Fe, Co, and Ni ferrocyanides studied using first-principles many-electron calculations 査読有り

    Watanabe Shinta, Sawada Yuki, Nakaya Masato, Yoshino Masahito, Nagasaki Takanori, Kameyama Tatsuya, Torimoto Tsukasa, Inaba Yusuke, Takahashi Hideharu, Takeshita Kenji, Onoe Jun

    JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   119 巻 ( 23 )   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4954070

    Web of Science

  21. Fabrication of tetragonal Pb(Zr,Ti)O3 Nanorods by focused ion beam and characterizaqtion of the domain structure 査読有り

    Daisuke Ito, Tomoaki Yamada, Osami Sakata, Junki Kuroishi, Takahiro Namazu, Hiroshi Funakubo, Masahiro Yoshino, Takanori Nagasaki

    IEEE Trans. UFFC   64 巻   頁: 1642-1646   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Significant suppression of island growth in epitaxial (Pb, La)(Zr, Ti)O3 thin films by two-step growth technique 査読有り

    S. Kondo, T. Yamada, M. Yoshino, T. Shiota, K. Shinozaki, T. Nagasaki

    J. Ceram. Soc. Jpn.   124 巻   頁: 1127-1131   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Fabrication and characterization of (111)-epitaxial Pb(Zr0.35Ti0.65)O3/Pb(Zr0.65Ti0.35)O3 artificial superlattice thin film 査読有り

    Tomoaki Yamada, Youhei Ebihara, Takanori Kiguchi, Osami Sakata, Hitoshi Morioka, Takao Shimizu, Hiroshi Funakubo, Toyohiko J. Konno, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki

    Jpn. J. Appl. Phys.   55 巻   頁: 10TA20-1-5   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Domain structure of tetragonal Pb(Zr,Ti)O-3 nanorods and its size dependence 査読有り

    Yamada Tomoaki, Ito Daisuke, Sakata Osami, Kuroishi Junki, Namazu Takahiro, Imai Yasuhiko, Shiraishi Takahisa, Shimizu Takao, Funakubo Hiroshi, Yoshino Masahito, Nagasaki Takanori

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   54 巻 ( 10 )   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7567/JJAP.54.10NA07

    Web of Science

  25. Negligible substrate clamping effect on piezoelectric response in (111)-epitaxial tetragonal Pb(Zr, Ti)O-3 films 査読有り

    Yamada Tomoaki, Yasumoto Jun, Ito Daisuke, Sakata Osami, Imai Yasuhiko, Kiguchi Takanori, Shiraishi Takahisa, Shimizu Takao, Funakubo Hiroshi, Yoshino Masahito, Nagasaki Takanori

    JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   118 巻 ( 7 )   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4927810

    Web of Science

  26. Phase transitions associated with competing order parameters in compressively strained SrTiO3 thin films 査読有り

    Yamada Tomoaki, Wylie-van Eerd Benjamin, Sakata Osami, Tagantsev Alexander K., Morioka Hitoshi, Ehara Yoshitaka, Yasui Shintaro, Funakubo Hiroshi, Nagasaki Takanori, Trodahl H. J.

    PHYSICAL REVIEW B   91 巻 ( 21 )   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.91.214101

    Web of Science

  27. Suppressed polar distortion with enhanced Curie temperature in in-plane 90 degrees-domain structure of a-axis oriented PbTiO3 Film 査読有り

    Morioka Hitoshi, Yamada Tomoaki, Tagantsev Alexander K., Ikariyama Rikyu, Nagasaki Takanori, Kurosawa Toshiyuki, Funakubo Hiroshi

    APPLIED PHYSICS LETTERS   106 巻 ( 4 )   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4906861

    Web of Science

  28. Bi4Ti3O12 Nanowall Growth Driven by Anisotropic Growth Rate and Size Control 査読有り

    Yamada Tomoaki, Shibata Takaaki, Ishii Koji, Kimura Junichi, Funakubo Hiroshi, Yoshino Masahito, Nagasaki Takanori

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   52 巻 ( 9 )   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7567/JJAP.52.09KA09

    Web of Science

  29. Influence of Ba/Sr ratio in compressively-strained (Ba,Sr)TiO3(001) films on the ferroelectric phase transition 査読有り

    Yamada Tomoaki, Takuwa Itaru, Kamo Takafumi, Iijima Takashi, Yoshino Masahito, Nagasaki Takanori, Funakubo Hiroshi

    JOURNAL OF THE CERAMIC SOCIETY OF JAPAN   121 巻 ( 1416 ) 頁: 690-692   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2109/jcersj2.121.690

    Web of Science

  30. Influence of Ba/Sr ratio in compressively-strained (Ba,Sr)TiO3(001) films on the ferroelectric phase transition 査読有り

    Tomoaki Yamada, Itaru Takuwa, Takafumi Kamo, Takashi Iijima, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki, Hiroshi Funakubo

    J. Ceram. Soc. Japan   121 巻   頁: 690-692   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Bi4Ti3O12 nanowall growth driven by anisotropic growth rate and size control 査読有り

    T. Yamada, T. Shibata, K. Ishii, J. Kimura, H. Funakubo, M. Yoshino, T. Nagasaki

    Jpn. J. Appl. Phys.   52 巻   頁: 09KA09   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Characterization of Er2O3 ceramic coatings by luminescence measurements 査読有り

    T. Tanaka, M. Yoshino, Y. Hishinuma, D. Zhang, W. Kada, F. Sato, T. Iida, T. Nagasaki, T. Muroga

    J. Nucl. Mater.   417 巻   頁: 794-797   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jnucmat.2010.12.162

  33. Relativistic many-electron calculations of Cr3+ L2,3-edge x ray absorption near-edge structures for Cr3+:α-Al2O3 and α-Cr2O3 and magnetic circular dichroism of Cr3+ L2,3-edge x ray absorption near-edge structures for Cr3+:α-Al2O3 査読有り

    Shinta Watanabe, Takanori Nagasaki, Kazuyoshi Ogasawara

      110 巻   頁: 123524   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.3672442

  34. First-principles and experimental analysis of f(n)-f(n-1)d(1) absorption spectra and multiplet energy levels of Pr3+, Nd3+, and U3+ in LiYF4 査読有り

    Watanabe Shinta, Ogasawara Kazuyoshi, Yoshino Masahito, Nagasaki Takanori

    PHYSICAL REVIEW B   81 巻 ( 12 )   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.81.125128

    Web of Science

  35. First-principles and experimental analysis of f n-f n-1d1 absorption spectra and multiplet energy levels of Pr3+, Nd3+, and U3+ in LiYF4 査読有り

    Shinta Watanabe, Kazuyoshi Ogasawara, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki

    Phys. Rev. B   81 巻   頁: 125128   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Crystal structure of an oxygen deficient strontium cobaltate, Sr6Co5O14.3 査読有り

    Kouta Iwasaki, Hisanori Yamane, Tamotsu Murase, Masahito Yoshino, Tsuyoshi Ito, Takanori Nagasaki, Yuji Arita, Tsuneo Matsui

    J. Ceram Soc. Japan   117 巻   頁: 89-93   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Thermoelectric properties of Ba3Co2O6(CO3)0.7 containing one-dimensional CoO6 octahedral columns 査読有り

    Kouta Iwasaki, Teruhisa Yamamoto, Hisanori Yamane, Takashi Takeda, Shigeo Arai, Hidetoshi Miyazaki, Kazuyoshi Tatsumi, Masahito Yoshino, Tsuyoshi Ito,Yuji Arita, Shunsuke Muto, Takanori Nagasaki, Tsuneo Matsui

    J. Appl. Phys.   106 巻   頁: 034905   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. *Neutron powder diffraction and difference maximum entropy method analysis of protium- and deuterium-dissolved BaSn0.5In0.5O2.75+α 査読有り

    Takanori Nagasaki, Shinya Shiotani, Naoki Igawa, Masahito Yoshino, Kouta Iwasaki, Hiroshi Fukazawa, Wataru Utsumi

    J. Solid State Chem.   182 巻   頁: 2632-2639   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Effect of Gd2O3 dispersion on the thermal conductivity of UO2 査読有り

    Kouta Iwasaki, Tsuneo Matsui, Koichi Yanai, Ryouichi Yuda, Yuji Arita, Takanori Nagasaki, Noboru Yokoyama, Ichiro Tokura, Katsumi Une, Kenichi Harada

    J. Nucl. Sci. Technol   46 巻   頁: 673-676   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Location of deuterium atoms in BaZr0.5In0.5O2.75+α at 10 K by neutron powder diffraction 査読有り

    Takanori Nagasaki, Tsuyoshi Ito, Masahito Yoshino, Kouta Iwasaki, Shinya Shiotani, Hiroshi Fukazawa, Naoki Igawa, Yoshinobu Ishii

    J. Nucl. Sci. Technol.   Supplement 6 巻   頁: 122-127   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Thermoelectric properties of polycrystalline La1-xSrxCoO3 査読有り

    Kouta Iwasaki, Tsuyoshi Ito, Takanori Nagasaki, Yuji Arita, Masahito Yoshino, Tsuneo Matsui

    J. Solid State Chem.   181 巻 ( 11 ) 頁: 3145-3150   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Electrical conductivity and seebeck coefficient of Sr6Co5O14.3 single crystal 査読有り

    Iwasaki, Kouta; Murase, Tamotsu; Ito, Tsuyoshi; Yoshino, Masahito; Matsui, Tsuneo; Nagasaki, Takanori; Arita, Yuji

    Jpn. J. Appl. Phys. Part 1 - Regul. Pap. Brief Commun. Rev. Pap.   46 巻 ( 1 ) 頁: 256-260   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Rod-like single crystals of Sr6Co5O14.3 Were grown by the flux method, and the electrical conductivity (sigma), Seebeck coefficient (S) and power factor (sigma S-2) were investigated in the temperature range of 300-900 K in air to explore the potential as thermoelectric materials. Sr6Co5O14.3 is an oxygen-nonstoichiometric phase of Sr6Co5O15, which is a member of the homologous (A(3)Co(2)O(6))(m)(A(3)Co(3)O(9))(n) [A = Ca, Sr, Ba] series including Ca3Co2O6 (m = 1, n = 0) and BaCoO3 (m = 0, n = 1) as the end members. The rod-like single crystals mainly grew along Co-O one-dimensional chains (c-axis) consisting of face-sharing CoO6 octahedra and CoO6 triangular prisms. The electrical conductivity along the Co-O chains showed semiconducting behavior (260-9600 S m(-1) in the temperature range of 300-900 K). The Seebeck coefficient was positive, and decreased with increasing temperature (280-140 mu V K-1). The power factor increased with increasing temperature (0.20 x 10(-4)-1.9 x 10(-4) W m(-1) K-2), which was about one order of magnitude larger than that of polycrystalline Sr6Co5O15.

  43. *Location of deuterium atoms in BaSn0.5In0.5O2.75+α by neutron powder diffraction at 10 K 査読有り

    Ito, Tsuyoshi; Nagasaki, Takanori; Iwasaki, Kouta; Yoshino, Masahito; Matsui, Tsuneo; Igawa, Naoki; Ishii, Yoshinobu

    Solid State Ion.   178 巻   頁: 13-17   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Thermoelectric properties of (La,Ca)CrO3 査読有り

    Kouta Iwasaki, Hiroshi Kawashima, Takanori Nagasaki, Yuji Arita, Masahito Yoshino, Tsuneo Matsui

    Proceeding of the International Symposium on EcoTopia Science 2007 (CD-ROM)   N/A 巻   頁: -   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: -

  45. Electrical conductivity and Seebek coefficient of Ba-Co-C-O single crystal 査読有り

    Teruhisa Yamamoto, Kouta Iwasaki, Yuji Arita, Hisanori Yamane, Takashi Takeda, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki, Tsuneo Matsui

    Proceeding of the International Symposium on EcoTopia Science 2007 (CD-ROM)   N/A 巻   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Thermoelectric properties of Fe3-xCoxSi Heusler alloys 査読有り

    Kohei Ishii, Kouta Iwasaki, Yuji Arita, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki, Tsuneo Matsui

    Proceeding of the International Symposium on EcoTopia Science 2007 (CD-ROM)   N/A 巻   頁: -   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: -

  47. Photoluminescence of Er-containing metal oxide in U-band 査読有り

    Takaaki Ito, Masahito Yoshino, Kouta Iwasaki, Tsuneo Matsui, Takanori Nagasaki

    Proceeding of the International Symposium on EcoTopia Science 2007 (CD-ROM)   N/A 巻   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Thermoelectric properties of (La,Ca)CrO3 査読有り

    Kouta Iwasaki, Hiroshi Kawashima, Takanori Nagasaki, Yuji Arita, Masahito Yoshino, Tsuneo Matsui

    Proceeding of the International Symposium on EcoTopia Science 2007 (CD-ROM)   N/A 巻   頁: -   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: -

  49. Electrical conductivity and Seebek coefficient of Ba-Co-C-O single crystal 査読有り

    Teruhisa Yamamoto, Kouta Iwasaki, Yuji Arita, Hisanori Yamane, Takashi Takeda, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki, Tsuneo Matsui

    Proceeding of the International Symposium on EcoTopia Science 2007 (CD-ROM)   N/A 巻   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Thermoelectric properties of Fe3-xCoxSi Heusler alloys 査読有り

    Kohei Ishii, Kouta Iwasaki, Yuji Arita, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki, Tsuneo Matsui

    Proceeding of the International Symposium on EcoTopia Science 2007 (CD-ROM)   N/A 巻   頁: -   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: -

  51. Photoluminescence of Er-containing metal oxide in U-band 査読有り

    Takaaki Ito, Masahito Yoshino, Kouta Iwasaki, Tsuneo Matsui, Takanori Nagasaki

    Proceeding of the International Symposium on EcoTopia Science 2007 (CD-ROM)   N/A 巻   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. *Location of deuterium atoms in BaSn0.5In0.5O2.75+α at 77-473 K by neutron powder diffraction 査読有り

    Tsuyoshi Ito, Takanori Nagasaki, Kouta Iwasaki, Masahito Yoshino, Tsuneo Matsui, Hiroshi Fukazawa, Naoki Igawa, Yoshinobu Ishii

    Solid State Ionics   178 巻   頁: 607-613   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Electrical conductivity and Seebeck coefficient of Sr6Co5O14.3 single crystal 査読有り

    Kouta Iwasaki, Tamotsu Murase, Tsuyoshi Ito, Masahito Yoshino, Tsuneo Matsui, Takanori Nagasaki, Yuji Arita

    Jpn. J Appl. Phys.   46 巻   頁: 256-260   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Power factor of La1-xSrxFeO3 and LaFe1-yNiyO3 査読有り

    Kouta Iwasaki, Tsuyoshi Ito, Masahito Yoshino, Tsuneo Matsui, Takanori Nagasaki, Yuji Arita

    J. Alloys Compd.   430 巻   頁: 297-301   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Synthesis of an oxygen nonstoichiometric Sr6Co5O15 phase 査読有り

    Iwasaki, K; Ito, T; Matsui, T; Nagasaki, T; Ohta, S; Koumoto, K

    Mater. Res. Bull.   41 巻 ( 4 ) 頁: 732-739   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Sr6Co5O15, a member of the (A(3)CO(2)O(6)) m (A(3)Co(3)O(9))(n) [A = Ca, Sr, Ba] series, showed oxygen nonstoichiometry. Sr6Co5O15.12, Sr6Co5O14.98, Sr6Co5O14.45 and Sr6Co5O14.26 were prepared by a solid state reaction in air. The Sr6Co5O15 phase is stable in the temperature range of 873-973 K in air, there are structure transitions at 773 K and above 1023 K. With the loss of oxygen, the a-axis parameter of the Sr6Co5O15 phase decreased from 9.4988(3) angstrom (Sr6Co5O15.12) to 9.4390(4) angstrom (Sr6Co5O14.26) and the c-axis parameter increased from 12.3772(3) angstrom (Sr6Co5O15.12) to 12.5066(4) angstrom (Sr6Co5O14.26) with decreasing oxygen content. The Rietveld analysis of the powder X-ray diffraction data suggested that the increase in the c-axis was mainly due to the increase in the Co-Co distance between the CoO6 trigonal prism and CoO6 octahedron. (c) 2005 Elsevier Ltd. All rights reserved.

  56. The determination of deuteron site in SrZr0.95Sc0.05O3-α by neutron powder diffraction 査読有り

    Ito, Tsuyoshi; Nagasaki, Takanori; Iwasaki, Kouta; Yoshino, Masahito; Matsui, Tsuneo; Igawa, Naoki; Ishii, Yoshinobu

    Solid State Ion.   177 巻 ( 26-32 ) 頁: 2353-2356   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    High-resolution, powder, neutron diffraction data have been collected on the protonic conductors SrZr0.95Sc0.05O3-alpha with and without dissolved heavy water at a temperature of 10K. Diffraction data have been analyzed by the Rietveld and maximum entropy methods (MEM). The crystal structure of these samples at 10K is successfully refined assuming a perovskite-type structure with the space group Pnma. The deuterons are located outside the ZrO6/ScO6 octahedra near oxygen atoms. (c) 2006 Elsevier B.V. All rights reserved.

  57. Characterization of ion beam deposited Ag-107 thin films on Si(111) surface by means of rutherford backscattering Spectroscopy and reflection high energy electron diffraction 査読有り

    Asai, T; Takeuchi, M; Urano, A; Kobayashv, Y; Fukudai, Y; Yuharai, J; Nagasaki, T; Matsui, T

    J. Nucl. Sci. Technol.   43 巻 ( 4 ) 頁: 386-390   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The crystalline quality of the Ag-107 films on Si(111) surface grown by mass-separated low energy ion beam deposition (IBD) has been studied by means of combined techniques of reflection high energy electron diffraction (RHEED), low energy electron diffraction, and Rutherford backscattering spectroscopy (RBS). Although crystalline quality of the films hardly depends on Ag ion energy in the range of 30-100 eV for RHEED patterns, the RBS-channeling spectra clearly show the difference in the minimum channeling yield chi(min) and the increasing rate of the channeling yield d chi(z)/dz. The Ag ion energy to obtain a well-crystallized Ag film is found to be 30-50 eV. In addition,. it is shown that excellent quality of the Ag films grown at elevated temperature can be obtained by means of IBD.

  58. 「原子力関連材料と水素」シリーズ③ 水素エネルギー関連材料 水素エネルギー社会の実現に向けて

    波多野雄治,井上光浩,阿部孝之,中森裕子,折茂慎一,長崎正雅

    日本原子力学会誌   47 巻   頁: 15-23   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  59. Water uptake and infrared absorption in SrZr0.95M0.05O3-α (M=Ga, Sc, Y and Nd) 査読有り

    Ito, T; Nagasaki, T; Iwasaki, K; Yoshino, M; Matsui, T

    J. Therm. Anal. Calorim.   81 巻 ( 3 ) 頁: 545-548   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Proton concentration in SrZr0.95M0.05O3-alpha (M=Ga, Sc, Y and Nd) was measured with a thermobalance at different temperatures (T=673-973 K) and water vapor pressures (P-H2O=0.9-12.8 kPa). At all the pressures and temperatures examined, the amount of proton concentration in these samples is in the order of Sc>Y>Ga>Nd. By an equilibrium evaluation, we estimated the maximum possible proton concentration about 2.0 mol% in these samples. Infrared (IR) absorption spectra are measured in these samples. The absorption bands can be fitted by four (M=Ga, Y, Nd) or three (M=Sc) Gaussian bands.

  60. Thermoelectric properties of uranium filled skutterudites Uy(FexCo4-x)Sb12 査読有り

    Arita, Y; Ogawa, T; Kobayashi, H; Iwasaki, K; Matsui, T; Nagasaki, T

    J. Nucl. Mater.   344 巻 ( 1-3 ) 頁: 79-83   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The filled skutterudites of the form UyFexCo4-,Sb-12 were fabricated and the thermoelectric properties for certain samples studied. For samples containing 100% cobalt, uranium could not be incorporated, or 'filled', into the voids in the skutterudite structure. With substitution of iron for cobalt the void occupancy by uranium increased. Uranium filled samples indicated relatively large Seebeck coefficient and p-type behavior. The thermal conductivity, especially below 500 K, of UyFexCo4-,Sb-12 was strongly depressed by uranium filling and iron substitution. The dimensionless thermoelectric figure of merits, ZT, were improved by uranium filling and showed a maximum value ZT = 0.55 at 800 K for U(0.2)FeFo(3)Sb(12) of nominal composition. (c) 2005 Elsevier B.V. All rights reserved.

  61. Thermoelectric properties of UB4 from 300 to 850 K 査読有り

    Nishi, Y; Arita, Y; Matsui, T; Iwasaki, K; Nagasaki, T

    J. Phys. Chem. Solids   66 巻 ( 2-4 ) 頁: 652-654   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Seebeck coefficient and the electrical conductivity for polycrystalline (UB)-B-n (B-n(4): natural boron) were measured in the temperature range from 300 to 850 K. Seebeck coefficient increased with temperature from 8 mu VK- 1 at 300 K to 40 mu VK- 1 at 850 K, and the electrical conductivity decreased with increasing temperature from 2.7 X 10(3) Scm(- 1) at 300 K to 2.3 X 10(3) Scm(-1) at 850 K. The temperature dependence of the electrical conductivity suggested that UB4 had semimetallic character. The power factor for (UB4)-B-n showed the value of 3.4 X 10(-4) Wm(-1) K-2 at 850 K. The power factor for isotopically enriched (UB4)-B-n showed the value of 7.2 X 10(-4) Wm(-1) K-2 at 850 K. It was suggested that the power factor for UB4 was enhanced by the increase in carrier concentration with impurities. (c) 2004 Elsevier Ltd. All rights reserved.

  62. Influences of Bi and Cu substitutions on the power factor of Ca3Co2O6 査読有り

    Iwasaki, K; Yamane, H; Takahashi, J; Kubota, S; Nagasaki, T; Arita, Y; Nishi, Y; Matsui, T; Shimada, M

    J. Phys. Chem. Solids   66 巻 ( 2-4 ) 頁: 303-307   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Polycrystalline samples of Ca3Co2O6-based solid solutions, (Ca1-xBix)(3)Co2O6, Ca-3(Co1-xCux)(2)O-6 and (Ca1-xBix)(3)(Co1-xCux)(2)O-6, were prepared by solid state reaction at 1243 K in air. The single phases were obtained at x <= 0.02 for (Ca1-xBix)(3)Co2O6, Ca-3(Co1-xCux)(2)O-6 and (Ca1-xBix)(3)(Co1-xCux)(2)O-6, and the lattice parameters increased with increasing x. The electrical resistivity (rho) of the solid solutions exhibited semiconducting behavior in 300-1170 K, and the values of electrical resistivity decreased with increasing x (3.8 x 10(-2) Omega cm for (Ca0.98Bi0.02)(3)Co2O6, 5.7 x 10(-2) Omega cm for Ca-3(Co0.98Cu0.02)(2)O-6 and 4.8 x 10(-2) Omega cm for (Ca0.98Bi0.02)(3)(Co0.98Cu0.02)(2)O-6 at 1170 K). Seebeck coefficient (S) of the solid solutions were smaller than that of Ca3CO2O6 below 800 K, however, the values were almost the same as that of Ca3Co2O6 (around 140 mu V/K) above 1000 K. The power factor (S-2/rho) tended to increase with increasing temperature and x, and the maximum values were 5.0 x 10(-5) W/(m K-2) for (Ca0.98Bi0.02)(3)Co2O6, 3.7 x 10(-5) W/(m K-2) for Ca(Co0.98Cu0.02)(2)O-6 and 4.0 x 10(-5) W/(m K-2) for (Ca0.98Bi0.02)(3)(Co0.98Cu0.02)(2)O-6 at 1170 K. (c) 2004 Elsevier Ltd. All rights reserved.

  63. *Applicability of subpicosecond pulse lasers to determining thermal diffusivity of metals 査読有り

    Nagasaki, T; Ohno, H; Arita, Y; Matsui, T

    J. Phys. Chem. Solids   66 巻 ( 2-4 ) 頁: 560-564   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The transient reflectivity change due to subpicosecond laser-pulse heating is measured for aluminum sheets and a gold film. While hot electron relaxation and/or diffusion seem to control the temperature relaxation in the gold film, the ordinary thermal diffusion seems to be responsible for that in the aluminum sheets. It is possible to determine the characteristic time of the thermal diffusion in the aluminum sheets by fitting a theoretical curve to the observed transient reflectivity. Its reliability is, however, somewhat questionable because of the asymptotic nature of the temporal dependence. Small thermal diffusivity as well as short thermalization time between electrons and phonons is required for the thermal diffusivity to be accurately determined. (c) 2004 Elsevier Ltd. All rights reserved.

  64. 「原子力関連材料と水素」シリーズ② 核融合関連材料と水素

    長崎正雅,山口憲司,小西哲之

    日本原子力学会誌   46 巻   頁: 770-779   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  65. Electrical resistivity and Seebeck coefficient of Sr6Co5O15 査読有り

    Iwasaki, K; Shimada, M; Yamane, H; Takahashi, J; Kubota, S; Nagasaki, T; Arita, Y; Yuhara, J; Nishi, Y; Matsui, T

    J. Alloy. Compd.   377 巻 ( 1-2 ) 頁: 272-276   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Polycrystalline samples of Sr6Co5O15 (M = 1, n = 1) and Ca3Co2O6 (M = 1, n = 0), which are the members of homologous series (A(3)Co(2)O(6))(m)(A'3Co3O9)(n) (A, A' = Ca, Sr, Ba), were prepared by solid state reaction in air. The theoretical density ratios of obtained pellets, 89% for Sr6Co5O15 and 95% for Ca3Co2O6, sintered by the spark plasma sintering (SPS) method increased compared to those of Sr6Co5O15 (60%) and Ca3Co2O6 (67%) prepared by solid state reaction, respectively. Electrical resistivity (rho) of Sr6Co5O15 and Ca3Co2O6 exhibited semiconducting behavior in 300-1120 K. The temperature dependence of electrical resistivity for Sr6Co5O15 showed a hysteresis-like behavior. Electrical resistivity of Sr6Co5O15 (6.1 x 10(-2) to 4.6 Omega cm) and Ca3Co2O6 (4.1 x 10(-2) to 1.2 x 10(3) Omega cm) sintered by the SPS method were lower than those of Sr6Co5O15 (1.3 x 10(-1) to 8.0 Omega cm) and Ca3Co2O6 (1.5 x 10(-1) to 4.5 x 10(3) Omega cm) prepared by solid state reaction, respectively. Seebeck coefficient (S) of Sr6Co5O15 and Ca3Co2O6 were positive and more than 100 muV/K in 300-1120 K, and both compounds showed the different temperature dependences, respectively. The power factor (S-2/rho) tended to increase with increasing temperature; the maximum values of the power factor were 1.4 x 10(-5) W/(m K-2) for Sr6Co5O15 and 1.6 x 10(-5) W/(m K-2) for Ca3Co2O6 prepared by solid state reaction, and 3.0 x 10(-5) W/(m K-2) for Sr6Co5O15 and 5.2 x 10(-1) W/(m K-2) for Ca3Co2O6 sintered by the SPS method. (C) 2004 Elsevier B.V. All rights reserved.

  66. Lithium-isotope effect on ionic conductivity of (La0.52Li0.27)0.95Sr0.05TiO2.92 査読有り

    Shioya, S; Nagasaki, T; Matsui, T; Shigematsu, H

    Solid State Ion.   161 巻 ( 1-2 ) 頁: 55-59   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The lithium ionic conductivities of (La0.52Li0.27)(0.95)Sr0.05TiO2.92 with four different lithium isotopic composition (L-6 i/Li-7=95.56:4.44, 50.00:50.00, 7.42:92.58 and 0.06:99.4) were measured by impedance spectroscopy in the temperature range from 300 to 353 K. The ionic conductivity increased with Li-6 content and the results of the ionic conductivity seemed to follow a classical theory. (C) 2003 Elsevier B.V. All rights reserved.

  67. Isotope effects on thermal conductivity of boron carbide 査読有り

    Nishi, Y; Arita, Y; Matsui, T; Nagasaki, T

    J. Nucl. Sci. Technol.   39 巻 ( 4 ) 頁: 391-394   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The isotopically enriched disk samples of B-10(4) C-12, ((B0.75B0.25)-B-10-B-11)(4) C-12, (B-10(0.20) B-11(0.80))(4) C-12, B-10(4) C-13, B-10(4) (C-12(0.50) C-13(0.50)), B-11(4) ((C0.50C0.50)-C-12-C-13), (B4C)-B-11-C-12, B-11(4) C-13 and natural "B-4"C were prepared by the spark plasma sintering method. The thermal diffusivity for each sample was measured by the laser flash method over the temperature range from 290 to 1,450 K. The isotope effects on the thermal conductivities, which were calculated from the measured thermal diffusivities, the heat capacity for natural B4C and densities, were discussed in terms of the phonon-velocity and the scattering probability of phonon by isotopic impurity. The thermal conductivity decreased only with increasing the mean mass of boron. In the single-atom model, the phonon-velocity decreases with increasing the mass of atoms. The thermal conductivity obtained in this study was seen to be independent on the scattering probability of phonon by isotopic impurity, but to depend on the phonon-velocity. Isotope effects are thought to be difficult to detect in polycrystalline boron carbide.

  68. EXAFS study of reduced ceria doped with lanthanide oxides 査読有り

    Yamazaki, S; Matsui, T; Sato, T; Arita, Y; Nagasaki, T

    Solid State Ion.   154 巻   頁: 113-118   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The local structures around Ce and Ln atoms in Ce(1-x)Ln(x)O(2.00-y) (Ln=Y; x=0.05-0.30, Gd; x=0.10-0.30, Sm and Yb; x=0.20 and 0.30) were studied by extended X-ray absorption fine structure (EXAFS) spectroscopy. The Ce-O inter-atomic distances decreased with increasing oxygen deficiency caused by increasing the dopant content and reducing the valence of Ce in the samples. The Ce-O distances of reduced samples further decreased at high temperature. The Ln-O (Ln=Y, Gd and Yb) distances also decreased with increasing oxygen deficiency. The local structures of doped and reduced ceria were discussed in view of the phase stability of the samples. (C) 2002 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

  69. *Isotope effect in glass-transition temperature and ionic conductivity of lithium-borate glasses 査読有り

    Nagasaki, T; Morishima, R; Matsui, T

    J. Nucl. Sci. Technol.   39 巻 ( 4 ) 頁: 386-390   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The glass-transition temperature and the electrical conductivity of lithium borate (0.33Li(2)O-0.67B(2)O(3)) glasses with various isotopic compositions were determined by differential thermal analysis and by impedance spectroscopy, respectively. The obtained glass-transition temperature as well as the vibrational frequency of B-O network structure was independent of lithium isotopic composition. This result indicates that lithium ions, which exist as network modifier, only weakly interact with B-O network structure. In addition, the glass-transition temperature increased with B-10 content although the reason has not been understood. The electrical conductivity. on the other hand, increased with Li-6 content. The ratio of the conductivity of Li-6 Oass to that of Li-7 glass was found to be 2, being larger than the value (7/6)(1/2) calculated with the simple classical diffusion theory. This strong mass dependence could be explained by the dynamic structure model, which assumes local structural relaxation even far below the glass-transition temperature. Besides, the conductivity appeared to increase with the glass-transition temperature. Possible correlations between the glass-transition temperature and the electrical conductivity were discussed.

  70. Thermal expansion of (Ca1-xPux)TiO3 査読有り

    Sato, T; Hanajiri, Y; Yamashita, T; Matsui, T; Nagasaki, T

    J. Nucl. Mater.   294 巻 ( 1-2 ) 頁: 130-134   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The phase relationship between PuO2-x and CaTiO3 at room temperature was investigated by X-ray diffraction. It was found that Pu was soluble to at least 20 mol% in CaTiO3 in Ar-8% H-2. Solubility of Pu in CaTiO3 was extremely limited (below 5 mol%) under oxidizing condition. The thermal expansion of(Ca1-xPux)TiO3 (x = 0-0.15) was investigated in the temperature range from room temperature to 1273 K by high-temperature X-ray diffraction. The linear thermal expansion coefficients showed considerable anisotropy for the orthorhombic Pbnm structure and decreased with increasing Pu content. The structural phase-transition temperatures were estimated from the lattice constants and were relatively insensitive to the content of Pu dopant. The estimated melting point increased with increasing Pu content, indicating that the thermodynamic stability of CaTiO3 increased with the addition of Pu. (C) 2001 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

  71. Enthalpy and heat capacity of (Ca1-xPux)TiO3 (x=0 and 0.20) 査読有り

    Sato, T; Yamazaki, S; Yamashita, T; Matsui, T; Nagasaki, T

    J. Nucl. Mater.   294 巻 ( 1-2 ) 頁: 135-140   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Enthalpy increment measurements on (Ca1-xPux)TiO3 (x = 0 and 0.20) were carried out at temperatures between room temperature and 1180 K by the drop method using a high-temperature Calvet micro-calorimeter. The enthalpy increment values were given for CaTiO3 and (Ca0.80Pu0.20)TiO3 in polynomial expressions of temperature using Shomate's method. Heat capacity equations obtained in this study were used to derive the thermodynamic functions, namely entropy and free energy function, and to determine the thermodynamic formation values, namely the standard molar enthalpy of formation, the standard molar Gibbs free energy of formation and the standard molar entropy of formation. The Gibbs free energy of formation of (Ca0.80Pu0.20)TiO3 was smaller than that of CaTiO3 in the temperature range from room temperature to 1200 K, showing that (Ca0.80Pu0.20)TiO3 is thermodynamically more stable than CaTiO3. The thermodynamic stability of CaTiO3 uas found to increase by means of Pu substitution for Ca in CaTiO3. (C) 2001 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

  72. Thermal expansion and solubility limits of plutonium-doped lanthanum zirconates 査読有り

    Yamazaki, S; Yamashita, T; Matsui, T; Nagasaki, T

    J. Nucl. Mater.   294 巻 ( 1-2 ) 頁: 183-187   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Plutonium-doped and undoped lanthanum zirconates were prepared by solid state reaction. The solubility limit of Pu in La2Zr2O7 was studied by X-ray diffraction, and the solubility limits of Pu in pyrochlore-type phase prepared in air, vacuum and Ar-8%H-2 atmospheres were determined to be 10, 35 and 100 mol%, respectively. The compound with 80 mol% Pu prepared in air and the compounds with 80 and 100 mol% Pu prepared in vacuum showed single fluorite-type phases. Thermal expansion coefficients of (La1-xPux)(2)Zr2O7+y (x = 0, 0.05, 0.10 and 0.80) were also measured by high-temperature X-ray diffraction at temperatures between room temperature and 1273 K in air and He-8%H-2 atmospheres and were found to increase with increasing Pu content. The dependence of the linear thermal expansion coefficients on Pu content is discussed from the point of view of the radii of both tetravalent Pu in air and trivalent Pu in He-8%H2. (C) 2001 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

  73. Thermoelectric properties of Rh-doped Ru2Si3 prepared by floating zone melting method 査読有り

    Arita, Y; Mitsuda, S; Nishi, Y; Matsui, T; Nagasaki, T

    J. Nucl. Mater.   294 巻 ( 1-2 ) 頁: 202-205   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Precipitation-free samples of Rh-doped Ru2Si3 were prepared by the floating zone (FZ) method. The temperature dependences of the electrical resistivities and the Seebeck coefficients of Rh-doped Ru2Si3 (Rh content = 0, 4, 6 mol%) were measured. The electrical resistivities of both 4% and 6% Rh-doped Ru2Si3 were smaller than those of undoped Ru2Si3 prepared by the FZ method and 4% Rh-doped one prepared by other methods. The maximum value of the Seebeck coefficients for all samples was -175 muV/K at 673 K for 4% Rh-doped Ru2Si3. The dimensionless thermoelectric figure of merit reached 0.8 for 4% Rh-doped Ru2Si3 at 1073 K, which was about 50% larger than that of optimized n-type SiGe. (C) 2001 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

  74. Boron isotope effects on the thermoelectric properties of UB4 at low temperatures 査読有り

    Nishi, Y; Arita, Y; Terao, K; Matsui, T; Nagasaki, T

    J. Nucl. Mater.   294 巻 ( 1-2 ) 頁: 209-211   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The thermoelectric power and electrical resistivity of UB4 with three different boron isotope enrichments were measured in the temperature range from 80 to 300 K. The thermoelectric power of each sample decreased with decreasing temperature, but a slight saturation of the decrease due to phonon-drag effect was observed below 120 K for both boron isotope enriched samples. The resistivity decreased with decreasing temperature and there existed no large difference among the resistivities of natural boron. boron-10 enriched and boron-11 enriched samples. The figure of merit for thermoelectricity of UB4 was lower by three orders of magnitude than that of well-known thermoelectric material (Bi,Sb)(2)(Te, Se)(3). (C) 2001 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

  75. Thermoelectric properties of URu2Si2 and U2Ru3Si5 査読有り

    Arita, Y; Terao, K; Mitsuda, S; Nishi, Y; Matsui, T; Nagasaki, T

    J. Nucl. Mater.   294 巻 ( 1-2 ) 頁: 206-208   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The new possibility of uranium noble metal silicides for thermoelectric materials was investigated by the analogy with transition-metal silicides having good thermoelectric power. The Seebeck coefficient and electrical resistivity of URu2Si2 and U2Ru3Si5 were measured in the temperature range from 300 to 1100 K and Hall coefficient at room temperature. The Seebeck coefficients of URu2Si2 and U2Ru3Si5 were obtained to be -48.9 and -32.8 muV K-1 at 1100 K, respectively. The temperature dependences of the electrical resistivities for URu2Si2 and U2Ru3Si5 were small, which are similar to that of uranium metal rather than that of silicon semiconductor. As thermoelectric materials for high temperatures. URu2Si2 and U2Ru3Si5 were thought to be not promising. (C) 2001 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

  76. Vapor pressure measurements of lanthanum-bismuth alloys by mass-spectrometric method 査読有り

    Shoji, Y; Matsui, T; Nagasaki, T; Kurata, M; Inoue, T

    Int. J. Thermophys.   21 巻 ( 2 ) 頁: 585-591   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Vapor pressures of Bi-2 (g) over La0.03Bi0.97 and two-phase mixtures of Bi + LaBi2. LaBi2 + LaBi, LaBi + La4Bi3, La4Bi3 + La5Bi3, and La5Bi3 + La2Bi were measured in the temperature range from 795 to 1066 K with a time-of-flight mass spectrometer equipped with a tungsten Knudsen cell. The vapor pressure of Bi-2 (g) over the two-phase mixtures of La2Bi + La could not be detected experimentally in this temperature range. The thermodynamic activity of bismuth was determined from the vapor pressure of Bi-2 (g). Thermodynamic activities of lanthanum over alloys were derived from those of bismuth in the alloys in this study and that of lanthanum in the bismuth in a previous study by graphic integration of the Gibbs-Duhem equation. Thermodynamic quantities such as Gibbs Free energy of formation, excess enthalpy, etc., were also calculated from the thermodynamic activities.

  77. Phase relation in Li2MoO4-Li2WO4 system 査読有り

    Nagasaki, T; Inui, S; Matsui, T

    Thermochim. Acta   352 巻   頁: 81-85   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The compounds Li2MoO4 and Li2WO4 have the phenacite structures with almost the same lattice constants. It is expected and was actually reported that the Li2MoO4-Li2WO4 quasi-binary system forms a complete solid solution. In the present study, however, we found by differential thermal analysis (DTA) that the system actually forms a partial solid solution with the peritectic reaction. (C) 2000 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

  78. EXAFS analyses of CaTiO3 doped with Ce, Nd and U 査読有り

    Hanajiri, Y; Matsui, T; Arita, Y; Nagasaki, T; Shigematsu, H; Harami, T

    Solid State Ion.   108 巻 ( 1-4 ) 頁: 343-348   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The EXAFS (extended X-ray absorption fine structure) analyses were carried out for Ti-K, Ce-L3, Nd-L3 and U-L3 edges to make clear the local structures in (Ca1-xCex)TiO3 (x = 0.10, 0.20), (Ca1-xNdx)TiO3 (x = 0.05, 0.10, 0.15, 0.20) and (Ca1-xUx)(Ti1-2xAl2x)O-3 (x = 0, 0.05). With increasing neodymium content in (Ca1-xNdx)TiO3 the first nearest titanium-oxygen distances decreased. On the other hand, with increasing cerium content in (Ca1-xCex)TiO3, the first nearest titanium-oxygen distances increased. The first nearest titanium-oxygen distance in (Ca1-xUx)(Ti1-2xAl2x)O-3 was larger than that in undoped CaTiO3. With increasing dopant content, the first nearest dopant (cerium or neodymium)-oxygen distances increased. From the result of the compositional dependencies of bonding length (cation-oxygen distance), which is inversely proportional to the bonding energy, it is estimated that magnitude of the leaching rate of Ce-doped CaTiO3 is larger than those of Nd-doped and undoped CaTiO3. The experimental results on the leaching rates of doped and undoped CaTiO3 were consistent with this estimation. The structural change of (Ca0.80Ce0.20)TiO3 after a leaching test in HCl at 363 K for 140 days was also measured by X-ray diffraction and XANES analysis. (C) 1998 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

  79. Phase-transformation study of metastable tetragonal zirconia powder 査読有り

    Igawa, N; Nagasaki, T; Ishii, Y; Noda, K; Ohno, H; Morii, Y; Fernandez-Baca, JA

    J. Mater. Sci.   33 巻 ( 19 ) 頁: 4747-4758   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The rate of the transformation from the metastable tetragonal to the monoclinic phase of ZrO2 was measured in air from 850 degrees C to 1000 degrees C by neutron diffraction. This rate was found to be temperature dependent, and its measured values were considerably lower then those reported previously. The kinetics of this phase transformation is discussed in terms of a modified 'crystallite growth-martensitic transformation model' that includes the distribution of crystallite sizes. (C) 1998 Kluwer Academic Publishers.

  80. Phase identification and electrical conductivity of Li2WO4 査読有り

    Nagasaki, T; Kok, K; Yahaya, AH; Igawa, N; Noda, K; Ohno, H

    Solid State Ion.   96 巻 ( 1-2 ) 頁: 61-74   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This paper describes the phase identification by X-ray diffraction and Raman spectroscopy as well as the electrical conductivity measurement by a.c. two terminal method for Li2WO4. The results indicate that the high-temperature superionic polymorph which has been claimed by a few groups does not exist.

  81. High temperature phase transitions of CaTiO3 and (Ca0.85Nd0.15)TiO3 by X-ray diffractometry and differential thermal analysis 査読有り

    Matsui, T; Shigematsu, H; Arita, Y; Hanajiri, Y; Nakamitsu, N; Nagasaki, T

    J. Nucl. Mater.   247 巻   頁: 72-75   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The two phase transitions of CaTiO3 and (Ca0.85Nd0.15)TiO3 were studied by high temperature X-ray diffraction and differential thermal analysis in the temperature range 300-1723 K. The presence of the two kinds of phase transitions in CaTiO3 and (Ca0.85Nd0.15)TiO3 at about 1390 K and about 1530 K recently found by the heat capacity measurement in our laboratory was confirmed. From the X-ray diffraction patterns of CaTiO3 and (Ca0.85Nd0.15)TiO3, the first phase transition at lower temperature was due to the change from the orthorhombic Pbnm to the orthorhombic Cmcm structure, and the second one at higher temperature was due to change from Cmcm to the cubic Pm3m structure, originating from the sequential rotations of the TiO6 octahedra about one of the axes. Since no clear peak was seen at the phase transition around 1390 K in the DTA curve in contrast with the presence of the endothermic peak at the transition around 1530 K, it is thermodynamically considered that the former and the latter transition were secund-and first-order phase transition,respectively. (C) 1997 Elsevier Science B.V.

  82. Phase equilibria of CaTiO3 doped with Ce, Nd and U 査読有り

    Hanajiri, Y; Yokoi, H; Matsui, T; Arita, Y; Nagasaki, T; Shigematsu, H

    J. Nucl. Mater.   247 巻   頁: 285-288   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The solubility limits of Ce, Nd and U in CaTiO3, one of the promising host matrix for fixation of lanthanide and actinide elements, were determined by X-ray diffraction to be between 20 and 30 mol%, between 20 and 30 mol% and between 0 and 3 mol%, respectively. By substituting Al to Ti in CaTiO3, the solubility limit of U in CaTiO3 increased to be between 5 and 7.5 mol%. The thermogravimetric analyses of (Ca0.80Ce0.20)TiO3+y was carried out at 1273 K and 1373 K in the oxygen partial pressure range of 10(-14)-10(-6) Pa. In the higher oxygen partial pressure region, the sample of single CaTiO3 phase decomposed into three phases consisting of perovskite phase, CeO2 and TiO2. (C) 1997 Elsevier Science B.V.

  83. Application of synchrotron radiation to analysis of local structures in energy-related materials 査読有り

    Matsui, T; Tokunaga, T; Nagasaki, T; Arita, Y; Shigematsu, H; Harami, T; Ohno, H; Kobayashi, K

    J. Nucl. Mater.   248 巻   頁: 435-438   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Our recent results on the local structures around a specified atom in several kinds of energy-related materials, i.e., Mg doped UO2 as a new type of nuclear fuel, (La1-xMx)Zr2O7 (M = Nd or Ce) as a promising ceramic matrix for fixation of TRU elements, and La-2(Zr1-xYx)(2)O-7 Ba(Ce1-xYx)O-3 and Sr(Ce0.95Yb0.05O3 as a protonic conductor, determined by EXAFS using synchrotron radiation are summarized in relation to their anticipated functional properties. (C) 1997 Elsevier Science B.V.

  84. Contribution to the study of the U-Cs-Mo-I-O system 査読有り

    Ugajin, M; Nagasaki, T; Itoh, A

    J. Nucl. Mater.   230 巻 ( 3 ) 頁: 195-207   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The reactions in the U-Cs-Mo-I-O system at 1073 K have been studied as a function of oxygen potential. The chemical constitution and the morphology of the phases formed were examined by electron-probe microanalyzer and X-ray diffractometer. The existence of a two-phase field UO2+x + Cs2UO4 was confirmed in the U-Cs-O system, The threshold oxygen potential was determined for the decomposition of CsI by UO2+x to form Cs2U4O12 and gaseous iodine. The effect of molybdenum on the UO2+x-CsI reaction was also investigated. Predominance of Cs2MoO4 over Cs2UO4 was verified in a certain range of oxygen potentials. Some assessments and interpretations of the experimental results were made with the aid of thermodynamic calculations.

  85. Effect of surface impurities segregation and ion sputtering on ion driven deuterium permeation through copper 査読有り

    V. Bandurko, T. Nagasaki, K. Yamaguchi, M. Yamawaki

    J. Nucl. Mater.   222 巻   頁: 904-907   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The deuterium permeation through a polycrystalline copper membrane driven by an ion beam (3 keV D-2(+)) was measured as a function of temperature (573-873 K) and surface impurity concentration. For copper a single-impurity layer can be prepared by combining thermal annealing and argon ion bombardment. The surface recombination coefficient was evaluated from the measured permeation flux. Under assumption that the segregation of sulphur on the surface results in modification of the activation energy for chemisorption, E(C), the value of E(C) was calculated as a function of sulphur concentration.

  86. 常温核融合研究の最近 原研によるその後の検討報告

    日本原子力研究所「常温核融合」検討グループ

    原子力工業   41 巻 ( 6 ) 頁: 5-46   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  87. Reversible disproportionation of ZrCo under high temperature and hydrogen pressure 査読有り

    S. Konishi, T. Nagasaki, K. Okuno

    J. Nucl. Mater.   223 巻 ( 3 ) 頁: 294-299   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Chemical behavior of an intermetallic compound ZrCo with hydrogen at high temperature region was studied with respect to application utilizing the reversible hydrogenation. While ZrCo compound reacts with hydrogen to form ZrCoH(0-3) below 400 degrees C, the disproportionation reaction, 2ZrCo + H-2 --> ZrH2 + ZrCo2 occurs above 400 degrees C under hydrogen pressure higher than the equilibrium decomposition pressure of ZrCoH(0-3). X-ray diffraction analysis showed that the reaction is completed in 5 h at 500 degrees C and it takes more than 40 h at 400 degrees C. No sign of generation of ZrH2 + ZrCo2 phase was observed by the X-ray diffraction in 10 h at 400 degrees C, however. The disproportionated product completely returned to single-phase ZrCo when evacuated at or above 500 degrees C for several hours, thus this reaction is reversible. Kinetics of the disproportionation reaction was expressed by an Avrami equation R = 1 - exp{-(t/tau)(n)}. The reaction speed was expressed by an Arrhenius form. For practical application of ZrCo, the results suggest some operational precaution and limitation, and recovery treatment when the material is suspected to have lost some capacity by disproportionation reaction.

  88. Equilibrium hydrogen pressure on the solid solutions of ZrCo-HfCo intermetallic compounds 査読有り

    S. Konishi, T. Nagasaki, T. Hayashi, K. Okuno

    J. Nucl. Mater.   223 巻 ( 3 ) 頁: 300-304   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Systems of hydrogen gas and solid solutions of intermetallic compounds of ZrCo and HfCo were investigated. Both compounds form very similar cubic structures and the ingot obtained by are melting with composition of Zr-(1-x)HfxCo showed a single cubic phase by X-ray diffraction analysis. Pressure-composition isotherms of the H-Zr-(1-x)HfxCo (0 < x < 0.5) systems were measured below 400 degrees C or 1000 Torr. A single sloping plateau was observed on each isotherm obtained with these samples, suggesting that the sample is in a single phase, and a single process of hydrogenation has occurred. Repeated hydrogenation-dehydrogenation cycles did not generate separate ZrCo and HfCo phases. The equilibrium hydrogen pressure in the plateau region can be expressed in Arrhenius forms. The equilibrium pressure at the same temperature increases with increasing HfCo contents.

  89. Thermal diffusivity of neutron irradiated carbon-carbon composites 査読有り

    H. Matsuo, T. Nagasaki

    J. Nucl. Mater.   217 巻 ( 3 ) 頁: 300-303   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Thermal diffusivity of two kinds of two-directional carbon-carbon composites were studied after neutron irradiation at temperatures 640-1070-degrees-C to a maximum neutron fluence 1.98 X 10(25) n/m2 (E > 29 fJ, 0.18 MeV) in the JMTR (Japan Materials Testing Reactor). The decrease of thermal diffusivity was observed after irradiation, and its significant decrease occurred at low neutron fluence, followed by gradual decrease with neutron fluence. The changes in thermal diffusivity, which were normalized to unirradiated values, were large at low measurement temperatures and decreased with temperature and also increased with neutron fluence. The changes in thermal conductivity related to thermal diffusivity are also discussed.

  90. Improvements in ZrCo based tritium storage media 査読有り

    S. Konishi, T. Nagasaki, T. Hayashi, K. Okuno

    Fusion Technol.   26 巻 ( 3 ) 頁: 668-672   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Behavior and improvement of the ZrCo based intermetallic materials for tritium recovery, storage and supply are studied. Compound ZrCo was found to be subject to disproportionation at high temperature under high hydrogen pressure to form ZrCo2 and ZrH2. This process is completely reversed by vacuum treatment at temperature above 500 degrees C for several hours. Kinetics of the disproportionation was described to be similar to phase transition that have apparent incuvation time to take place. The logarithmic reaction rate constant was related to the reciprocal temperature. With some precautions drawn from the results, this reaction is not a problem in practice. For the application that needs prolonged supply of relatively high-pressure tritium, solid solution of ZrCo and HfCo was developed as an improvement of the material. Materials otained by are melting with compoistion of Zr-(1-x)HfxCo (0<x<0.5) exhibits single plateaus in pressure - composition isotherms when hydrogenated. Repeated hydrogenation - dehydrogenation cycles did not generate separate ZrCo and HfCo phases. The equilibrium hydrogen pressure in the plateau regions are expressed as a functio of reciprocal temperature and increases with increasing HfCo contents. This material provides controlled equilibrium hydrogen pressure required for specific applications of tritium storage nad supply.

  91. Steady-state hydrogen transport in a metal membrane exposed to hydrogen gas and/or a hydrogen ion beam: Reexamination of transport regime and synergistic effects 査読有り

    T. Nagasaki, H. Ohno

    J. Vac. Sci. Technol. A-Vac. Surf. Films   11 巻 ( 3 ) 頁: 588-596   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We reexamined the formalism to describe the steady-state hydrogen transport in a metal membrane exposed to hydrogen gas or a hydrogen ion beam. On the basis of the formalism, we derived the relation between the material/injection parameters and the transport regimes, which were characterized by specific profiles of the hydrogen concentration in the membrane or specific rate-limiting processes. The obtained relation was inconsistent with the previous one of Doyle and Brice (DB). Our derivation is directly based on the concentration profiles, and should therefore be correct as far as the concentration profile is concerned. We then extended the formalism to the ion-driven transport in the presence of the simultaneous gas-driven transport. Our formalism is different from DB's in that the former treats the increment in the concentration and the flux density due to the ion injection whereas the latter treats the total concentration and flux density. As far as the total quantities are concerned, DB's formalism will be preferable. However, our formalism may be more illuminating when the transport of the ion-originating hydrogen is important.

  92. Crystal structure of metastable tetragonal zirconia by neutron powder diffraction study 査読有り

    N. Igawa, Y. Ishii, T. Nagasaki, Y. Morii, S. Funahashi, H. Ohno

    J. Am. Ceram. Soc.   76 巻 ( 10 ) 頁: 2673-2676   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The crystal structure of metastable tetragonal zirconia prepared by the alkoxide method without any dopant has been examined by neutron diffraction at room temperature. The lattice parameters of this sample were a = 0.3591 +/- 0.0001 nm and c = 0.5169 +/- 0.0001 nm. The oxygen ions are shifted from their lattice sites in the [001] direction with a magnitude of DELTA/c = 0.046 +/- 0.004.

  93. Effect of neutron irradiation on dimensional changes of carbon-carbon composites 査読有り

    H. Matsuo, T. Nagasaki

    J. Nucl. Mater.   207 巻   頁: 330-332   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. Ion-driven permeation and surface recombination coefficient of deuterium for iron 査読有り

    T. Nagasaki, M. Saidoh, R. Yamada, H. Ohno

    J. Nucl. Mater.   202 巻 ( 3 ) 頁: 228-238   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The steady-state flux of deuterium permeation through an iron membrane (99.99 + % purity, 0.14 mm thickness) driven by a deuterium ion beam (5 keV D3+, 1.0 x 10(15) D-atoms cm-2 s-1) was measured in the range of 30-1050-degrees-C. The permeation flux increased with increasing temperature above 200-degrees-C whereas it was roughly constant below 150-degrees-C. Such temperature dependence was observed for nickel and copper as well, and has been ascribed to the transition in the rate-limiting processes of the deuterium transport in the membrane. The recombination coefficient of deuterium on iron surface was evaluated from the permeation flux density. In the case of alpha-iron, the evaluated value agreed with a semitheoretical one estimated using literature data of adsorption probability and solubility. This agreement indicates that the release kinetics reflects the activation barrier for hydrogen (deuterium) adsorption.

  95. Ion-driven permeation and surface recombination coefficient of deuterium for silver 査読有り

    T. Nagasaki, R. Yamada, H. Ohno

    J. Nucl. Mater.   195 巻 ( 3 ) 頁: 324-328   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Recombination coefficients of deuterium on metal surfaces evaluated from ion-driven permeation 査読有り

    T. Nagasaki, R. Yamada, H. Ohno

    J. Nucl. Mater.   191 巻   頁: 258-262   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The surface recombination coefficients of deuterium for polycrystalline Ni, Fe, Cu, and Ag were evaluated from the flux of ion-driven permeation. These data agreed rather quantitatively with semi-theoretical estimations based on a simple consideration of equilibrium. This demonstrates that the release kinetics is dominated by the activation barrier for adsorption as well as the solubility.

  97. Electrical properties of cubic, stabilized, single ZrO2-Gd2O3 crystals 査読有り

    T-K. Kang, T. Nagasaki, N. Igawa, K. Il-Hiun, H. Ohno

    J. Am. Ceram. Soc.   75 巻 ( 8 ) 頁: 2297-2299   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Electrical properties of single-crystal, cubic ZrO2 solid solutions containing 10.0, 12.5, and 15.0 mol% Gd2O3 were investigated. Electrical conductivities were measured by a two-terminal ac technique up to 831-degrees-C in air, and the observed data were compared with those reported for polycrystalline materials. Electrical conductivity and activation energy increased, and preexponential factor decreased with Gd2O3 content.

  98. Ion-driven permeation and surface recombination coefficient of deuterium for copper 査読有り

    T. Nagasaki, R. Yamada, H. Ohno

    J. Vac. Sci. Technol. A-Vac. Surf. Films   10 巻 ( 1 ) 頁: 170-179   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The flux density of deuterium permeation through polycrystalline copper membrane driven by an ion beam (5 keV D3+) was measured as a function of temperature (80-500-degrees-C) and implantation flux [(0.2-1.0) X 10(15) D atoms cm-2 s-1]. The observed dependence of permeation flux on both parameters changed around 200-300-degrees-C. This was found to be due to the transition in rate-controlling processes. The surface recombination coefficient of deuterium was evaluated from the permeation flux. In order to discuss it, the model for recombination coefficient based on one-dimensional potential-energy surface was extended, taking account of subsurface solution sites. The comparison between the experimentally and theoretically determined values supported the existence of the activation barrier for hydrogen chemisorption on copper.

  99. Neutron irradiation effects of PbO-SiO2 glasses 査読有り

    H. Ohno, T. Nagasaki, N. Igawa, H. Kawamura

    J. Nucl. Mater.   179 巻   頁: 473-476   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The effects of neutron irradiation on PbO-SiO2 glasses have been investigated by Raman spectroscopy. PbO-SiO2 (34.0, 49.6, 66.2 mol% SiO2) glasses were investigated to an integrated flux of 2 x 10(20) neutrons/cm2 (E > 1 MeV) using the Japan Materials Testing Reactor (JMTR). The effect of neutron irradiation is to selectively break the Si-O bond in a three dimensional network group and a more random or disordered system with small ionic species in SiO2-rich glasses is produced. Little change in Raman spectra was observed after neutron irradiation in PbO-rich glasses.

  100. Permeation of deuterium implanted into copper 査読有り

    T. Nagasaki, R. Yamada, H. Ohno

    J. Nucl. Mater.   179 巻   頁: 335-338   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The ion driven permeation of deuterium through a copper membrane has been investigated using a 5 keV D3+ beam of 1.0 x 10(15) D-atoms cm-2 s-1 at 80-800-degrees-C. Above 400-degrees-C the temperature dependence of the permeation rate in a steady state is characterized by a local minimum at approximately 700-degrees-C and a local maximum at approximately 500-degrees-C. Under continuous Ar+ bombardment on the backside surface of the sample, however, such a complex dependence disappears. These results indicate that the process on the backside surface limits the permeation rate at least in the absence of the continuous Ar+ bombardment. The complex temperature dependence also suggests that the surface condition and/or mechanism of recombinative release changes with temperature. Below 300-degrees-C, on the other hand, the permeation rate seems to decrease with increasing temperature. This can be attributed to a transition in the transport regime.

  101. Temperature dependence of the Raman spectrum in lithium oxide single crystal 査読有り

    Y. Ishii, T. Nagasaki, N. Igawa, H. Watanabe, H. Ohno

    J. Am. Ceram. Soc.   74 巻 ( 9 ) 頁: 2324-2326   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Temperature dependence of the Raman spectrum of lithium oxide single crystal has been measured over a temperature range of 80 to 1073 K. The frequency shift and the line width of the Raman spectrum in lithium oxide were about 531 and 4.5 cm-1 at 80 K, respectively. At 1073 K, the frequency shift and the line width attained the values of 464 and 112 cm-1, respectively. The strong temperature dependence of the frequency shift and line width was compared with data from some crystals with a fluorite structure.

  102. Grain-size dependence of thermal-shock resistance of yttria doped tetragonal zirconia polycrystals 査読有り

    M. Ishitsuka, T. Sato, T. Endo, M. Shimada, H. Ohno, H. Igawa, T. Nagasaki

    J. Am. Ceram. Soc.   73 巻 ( 8 ) 頁: 2523-2525   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Development of zirconium-cobalt beds for recovery, storage and supply of tritium 査読有り

    S. Konishi, T. Nagasaki, N. Yokokawa, Y. Naruse

    Fusion Eng. Des.   10 巻   頁: 355-358   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Electrical properties and phase stabilities of some ceramics irradiated by neutrons and ions 査読有り

    H. Ohno, T. Nagasaki, Y. Katano, J. Tateno, H. Katsuta

    J. Nucl. Mater.   155 巻   頁: 372-377   1988年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Simultaneous ion and gas driven permeation of deuterium through nickel 査読有り

    T. Nagasaki, R. Yamada, M. Saidoh, H. Katsuta

    J. Nucl. Mater.   151 巻 ( 2 ) 頁: 189-201   1988年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. A zirconium-cobalt compound as the material for a reversible tritium getter 査読有り

    T. Nagasaki, S. Konishi, H. Katsuta, Y. Naruse

    Fusion Technol.   9 巻 ( 3 ) 頁: 506-509   1986年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Temperature limitation of partially stabilized zirconia for the application of electrical insulators 査読有り

    H. Ohno, T. Nagasaki, T. Ishiyama, Y. Katano, H. Katsuta

    J. Nucl. Mater.   143 巻   頁: 392-395   1986年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Correlation behavior of lithium and tritium in some solid breeder materials 査読有り

    H. Ohno, S. Konishi, T. Nagasaki, T. Kurasawa, H. Katsuta, H. Watanabe

    J. Nucl. Mater.   133 巻   頁: 181-185   1985年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. Electrical conductivity of a sintered pellet of octalithium zirconate 査読有り

    H. Ohno, S. Konishi, T. Nagasaki, T. Kurasawa, H. Katsuta, H. Watanabe, T. Matsuo

    J. Nucl. Mater.   132 巻 ( 3 ) 頁: 222-230   1985年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. Vaporization of thoria-urania solid solution 査読有り

    M. Yamawaki, T. Nagasaki, M. Kanno

    J. Nucl. Mater.   130 巻   頁: 207-216   1985年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. エコトピア科学シリーズ3 環境調和型社会のためのエネルギー科学

    長崎正雅,森竜雄,長谷川豊,板谷義紀,長谷川達也,梶田信,成瀬一郎,森田成昭,伊藤孝至,早川直樹,小島寛樹,花井正広( 担当: 共著)

    コロナ社  2016年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

MISC 1

  1. Fabrication of Tetragonal Pb(Zr,Ti)O-3 Nanorods by Focused Ion Beam and Characterization of the Domain Structure 査読有り

    Ito Daisuke, Yamada Tomoaki, Sakata Osami, Kuroishi Junki, Namazu Takahiro, Funakubo Hiroshi, Yoshino Masahito, Nagasaki Takanori  

    IEEE Trans. UFFC63 巻 ( 10 ) 頁: 1642-1646   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

    DOI: 10.1109/TUFFC.2016.2569625

    Web of Science

講演・口頭発表等 244

  1. 常誘電体パイロクロア型酸化物La2Zr2O7に添加した希土類イオンの存在位置の広がりに関する第一原理計算

    横手俊哉,吉野正人,山田智明,長崎正雅

    第81回応用物理学会秋季学術講演会  2020年9月8日  応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    開催地:オンライン  

  2. 第一原理計算によるパイロクロア型酸化物La2Zr2O7に添加したYの存在位置の解析

    吉野正人,横手俊哉,山田智明,長崎正雅

    日本セラミックス協会第33回秋季シンポジウム  2020年9月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. Piezoelectric Response Driven By Imperfect Charge Screening In Polarization-Inclined Pb(Zr0.35Ti0.65)O3 Nanorods 国際会議

    T. Yamada, K. Okamoto, M. Yoshino, T. Nagasaki, O. Sakata

    Joint Conference of the IEEE International Frequency Control Symposium & IEEE International Symposium on Applications of Ferroelectrics 2020 (IEEE IFCS-ISAF 2020)  2020年7月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  4. 常誘電体パイロクロア型酸化物La2Zr2O7に添加したYの存在位置の広がりに関する第一原理計算

    横手俊哉,吉野正人,山田智明,長崎正雅

    強誘電体応用会議FMA-37  2020年5月29日  (社)日本誘電学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

  5. Ca-Ti-Nb-O系パイロクロア薄膜のAサイト組成がチューナブル誘電特性に及ぼす影響

    山田智明,籔内彰人,横手俊哉,小形眞一,吉野正人,長崎正雅

    強誘電体応用会議FMA-37  2020年5月29日  (社)日本誘電学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  6. Mg-pressure-controlled Annealing for Precise Control of Mg Content and Thermoelectric Properties of Mg2Si-based Materials

    Daisuke Kato, Kouta Iwasaki, Masahito Yoshino, Tomoaki Yamada, Takanori Nagasaki

    Materials Reseawrch Meeting 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. Control of Mg Content and Thermoelectric Properties of Mg2-δ(Si1-ySny)1-xSbx via Mg-Pressure-Controlled Annealing 国際会議

    Daisuke Kato, Kouta Iwasaki, Masahito Yoshino, Tomoaki Yamada, Takanori Nagasaki

    2019 MRS Fall Meeting & Exhibit 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  8. SrZr1-xTixO3中Pr3+の4f-4f遷移による発光の温度依存性

    久山貴大,吉野正人,山田智明,長崎正雅

    2019年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名城大学   国名:日本国  

  9. 引張応力下(PbxSr1−x)TiO3薄膜の膜厚がドメイン構造に与える影響

    太田悠登,山田智明,吉野正人,清水荘雄,舟窪浩,長崎正雅

    第39回電子材料研究討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ウインク愛知   国名:日本国  

  10. エピタキシャル強誘電体薄膜における歪みとドメイン構造が電気光学特性に与える影響

    近藤真矢,山田智明,吉野正人,長崎正雅

    第39回電子材料研究討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ウインク愛知   国名:日本国  

  11. Pr:BaZrO3におけるイットリウム・水素添加による発光特性の変化

    杉山純一,吉野正人,山田智明,長崎正雅

    第39回電子材料研究討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ウインク愛知   国名:日本国  

  12. 強誘電体(Pb0.9Sr0.1)TiO3/常誘電体SrTiO3人工超格子薄膜の作製と電気機械特性の評価

    井口雄介,山田智明,坂田修身,吉野正人,長崎正雅

    第39回電子材料研究討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ウインク愛知   国名:日本国  

  13. Manipulation of Domain Structure and Piezoelectric Response in Ferroelectric Nano-rods with Charge Screening Strategy 国際会議

    Tomoaki Yamada, Kazuki Okamoto, Daisuke Ito, Osami Sakata, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki

    The 5th International Conference on Advanced Electromaterials 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. Influence of Composition and Thickness on Domain Structure in (PbxSr1-x)TiO3 Thin Films 国際会議

    Tomoaki Yamada, Masahito Yoshino, Takao Shimizu, Hiroshi Funakubo, Takanori Nagasaki

    The 5th International Conference on Advanced Electromaterials 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. Enhanced Piezoelectric Response by Field-induced Phase Transition in (111)-tetragonal Pb(Zr,Ti)O3 Nanorods 国際会議

    T. Yamada, K. Okamoto, O. Sakata, M. Yoshino, T. Nagasaki

    19th US-Japan Seminar on Dielectric and Piezoelectric Ceramics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tsukuba   国名:日本国  

  16. AC field dependence of electro-optic property in epitaxial Pb(Zr, Ti)O3 thin films 国際会議

    Shinya Kondo, Tomoaki Yamada, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki

    The 13th Pacific Rim Conference of Cermic Societies (PACRIM13) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月 - 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Okinawa Convention Center   国名:日本国  

  17. Size dependence of piezoelectric response in (111)-oriented tetragonal Pb(Zr,Ti)O3nanorods 国際会議

    Kazuki Okamoto, Tomoaki1 Yamada, Osami Sakata, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki

    The 13th Pacific Rim Conference of Cermic Societies (PACRIM13)  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月 - 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. スパッタリング収率の結晶方位依存性とチャネリングの影響

    山本修平,長崎正雅,吉野正人,山田智明

    第80回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学札幌キャンパス   国名:日本国  

  19. (PbxSr1-x)TiO3薄膜における組成及び膜厚がドメイン構造に及ぼす影響

    太田悠登,山田智明,吉野正人,清水荘雄,舟窪浩,長崎正雅

    第80回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  20. Mg分圧制御加熱を用いたMg2−δ(Si0.5Sn0.5)1−xSbxのキャリア濃度・熱電特性制御

    加藤大輔,岩崎航太,吉野正人,山田智明,長崎正雅

    第16回日本熱電学会学術講演会(TSJ2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋工業大学   国名:日本国  

  21. エピタキシャルPb(Zr, Ti)O3薄膜の配向及び晶系が電気光学特性に与える影響

    近藤真矢,山田智明,吉野正人,長崎正雅

    第36回強誘電体応用会議 (FMA36)  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月 - 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:コープイン京都   国名:日本国  

  22. (111)正方晶Pb(Zr,Ti)O3ナノロッドにおける圧電応答のサイズ依存性

    岡本一輝,山田智明,坂田修身,今井康彦,吉野正人,長崎正雅

    日本セラミックス協会2019年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:工学院大学新宿キャンパス   国名:日本国  

  23. SrTiO3/TiO2エピタキシャルバッファー層の導入がMgO基板上(Ba, Sr)TiO3薄膜の電気・光学特性に与える影響

    近藤真矢,山田智明,吉野正人,長崎正雅

    第66回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京工業大学大岡山キャンパス   国名:日本国  

  24. Theoretical analysis of the influence of aspect ratio and density of nanorod arrays for piezoelectric energy harvesting

    Jundong Song, Tomoaki Yamada, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. 水蒸気を溶解させたCe1−xLaxO2−x/2の赤外吸収スペクトルの組成・温度依存性

    瀧俊貴,吉野正人,山田智明,長崎正雅

    2018年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. 第一原理計算によるLa2Zr2O7 に添加したYがプロトン伝導に与える影響の解析

    坂本貴大,吉野正人,山田智明,長崎正雅

    2018年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  27. Charge screening-induced large piezoelectric response in Pb(Zr,Ti)O3 artificial superlattice films 国際会議

    T. Yamada, Y. Ebihara, O. Sakata, T. Kiguchi, H. Morioka, M. Yoshino, T. Nagasaki

    The 10th Japan-China Symposium on Ferroelectric Materials and Their Applications (JCFMA10) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Inuyama   国名:日本国  

  28. Phase transition induced by applied electric field in (001) and (111)-epitaxial (K0.5Na0.5)NbO3 films 国際会議

    M. Kawano, T. Yamada, O. Sakata, Y. Imai, M. Yoshino, T. Nagasaki

    The 10th Japan-China Symposium on Ferroelectric Materials and Their Applications (JCFMA10) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Inuyama   国名:日本国  

  29. Temperature and strain dependences of electro-optic effect in c-domain (Ba,Sr)TiO3 thin films fabricated by pulsed laser deposition 国際会議

    S. Kondo, T. Yamada, M. Yoshino, T. Nagasaki

    The 10th Japan-China Symposium on Ferroelectric Materials and Their Applications (JCFMA10) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Inuyama   国名:日本国  

  30. Theoretical investigation of output voltage of piezoelectric nanogenerators with aligned nanorods 国際会議

    Jundong Song, Tomoaki Yamada, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki

    The 10th Japan-China Symposium on Ferroelectric Materials and Their Applications (JCFMA10) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Inuyama   国名:日本国  

  31. cドメイン(Ba, Sr)TiO3薄膜の歪みが電気光学効果に及ぼす影響(2)

    近藤真矢,山田智明,吉野正人,長崎正雅

    第79回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋国際会議場   国名:日本国  

  32. 電界印加による(001)/(111) (K0.5Na0.5)NbO3膜のドメインスイッチング

    川野充季,山田智明,坂田修身,今井康彦,吉野正人,長崎正雅

    第79回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋国際会議場   国名:日本国  

  33. Mg分圧制御加熱を用いたMg2−δSi1−xSbxのMg含有量制御および熱電特性

    加藤大輔,岩崎航太,吉野正人,山田智明,長崎正雅

    第15回日本熱電学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. パルスレーザー堆積法による圧電Pb(Zr,Ti)O3ナノロッドの成長および物性制御

    山田智明,岡本一輝,坂田修身,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    日本セラミックス協会第31回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. Control of Mg nonstoichiometry δ in Mg2±δSi1-xSbx and its effect on thermoelectric properties 国際会議

    Daisuke Kato, Kouta Iwasaki, Masahito Yoshino, Tomoaki Yamada, Takanori Nagasaki

    37th/16th International and European Conference on Thermoelectrics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Caen, France   国名:フランス共和国  

  36. Bottom-up Growth of Pb(Zr,Ti)O3 Nanorods by Pulsed Laser Deposition at Elevated Oxygen Pressure 国際会議

    K. Okamoto, T. Yamada, J. Yasumoto, K. Nakamura, M. Yoshino, T. Nagasaki

    2018 ISAF-FMA-AMF-AMEC-PFM Joint Conference (IFAAP2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月 - 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hiroshima   国名:日本国  

  37. Experimental Study of Effect of Strain on Electro-Optic Effect in Epitaxial (Ba, Sr)TiO3 Thin Films 国際会議

    S. Kondo, T. Yamada, A. K. Tagantsev, N. Setter, M. Yoshino, T. Nagasaki

    2018 ISAF-FMA-AMF-AMEC-PFM Joint Conference (IFAAP2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月 - 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hiroshima   国名:日本国  

  38. Domain Switching by Applied Electric Field in (001) and (111)-epitaxial (K0.5Na0.5)NbO3 Films 国際会議

    M. Kawano, T. Yamada, O. Sakata, Y. Imai, S. Matsuo, M. Yoshino, T. Nagasaki

    2018 ISAF-FMA-AMF-AMEC-PFM Joint Conference (IFAAP2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月 - 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hiroshima   国名:日本国  

  39. Domain Switching by Applied Electric Field in (001) and (111)-epitaxial (K0.5Na0.5)NbO3 Films 国際会議

    T. Yamada, D. Ito, T. Sluka, O. Sakata, H. Funakubo, T. Namazu, M. Yoshino, N. Setter, T. Nagasaki

    2018 ISAF-FMA-AMF-AMEC-PFM Joint Conference (IFAAP2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月 - 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hiroshima   国名:日本国  

  40. 電界下X線回折による(111)正方晶PbZr0.35Ti0.65O3ナノロッドの圧電特性の評価

    岡本一輝,山田智明,坂田修身,今井康彦,吉野正人,長崎正雅

    第65回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学西早稲田キャンパス,ベルサール高田馬場   国名:日本国  

  41. 圧電ナノジェネレータに向けた強誘電体ナノロッドの成長と物性制御

    山田智明,岡本一輝,伊藤大介,Song Jundong,Sluka Tomas,Setter Nava,坂田修身,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    第65回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学西早稲田キャンパス,ベルサール高田馬場   国名:日本国  

  42. 電界変調型エリプソメトリーを用いたSrTiO3単結晶基板上エピタキシャル(001)配向(Ba,Sr)TiO3薄膜の電気光学効果の評価

    近藤真矢,山田智明,吉野正人,長崎正雅

    日本セラミックス協会2018年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学川内北キャンパス   国名:日本国  

  43. 高レベル放射性廃液ガラス固化体の高品質・減容化に向けたフェロシアン化アルミニウム ナノ粒子のパラジウムイオン収着特性

    竹内俊喜, 渡邊真太,中谷真人,長崎正雅,吉野正人,稲葉優介,針貝美樹,竹下健二,尾上順

    日本原子力学会中部支部第49 回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  44. Nb/V系の相互拡散に及ぼす固溶水素の影響:拡散対の作製およびRBS のシミュレーション

    中島和真,長崎正雅,吉野正人,山田智明

    日本原子力学会中部支部第49 回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. 純金属におけるスパッタリング収率の結晶方位依存性

    平井大陽,長崎正雅,吉野正人,山田智明

    Plasma Conference 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  46. (111)正方晶PbZr0.35Ti0.65O3ナノロッドのサイズ制御による圧電特性の増大

    岡本一輝,山田智明,坂田修身,清水荘雄,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    日本セラミックス協会第37回エレクトロセラミックス研究討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  47. Ca-Ti-Nb-O系パイロクロア酸化物薄膜の合成と誘電特性評価

    山田智明,籔内彰人,吉野正人,長崎正雅

    日本セラミックス協会第30回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. Sb-doped Mg2Siにおける高キャリア濃度の実現とその熱力学的考察

    加藤大輔,岩崎航太,吉野正人,山田智明,長崎正雅

    第14回日本熱電学会学術講演会(TSJ2017)  

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  49. ペロブスカイト型および蛍石型強誘電体薄膜の電気熱量効果

    山田智明,松尾翔悟,加茂崇史,三村和仙,清水荘雄,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    強的秩序とその操作に関わる研究グループ第5回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  50. Y添加HfO2エピタキシャル薄膜における負の電気熱量効果

    松尾翔悟,山田智明,三村和仙,清水荘雄,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    第78回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  51. cドメイン(Ba, Sr)TiO3薄膜の歪みが電気光学効果に及ぼす影響 (1)

    近藤真矢,山田智明,Alexander K. Tagantsev,Nava Setter,吉野正人,長崎正雅

    第78回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  52. Crystallographic orientation dependence of sputtering yield of FCC metals determined using polycrystalline targets 国際会議

    H. Hirai, T. Nagasaki, M. Yoshino, T. Yamada

    IUMRS-ICAM 2017 (The 15th International Conference on Advanced Materials) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月 - 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  53. Charge Screening-Driven Large Piezoelectric Response in Pb(Zr,Ti)O3 Artificial Superlattice Thin Films 国際会議

    T. Yamada, Y. Ebihara, O. Sakata, T. Kiguchi, H. Morioka, M. Yoshino T. Nagasaki

    2017 International Forum on Functional Materials (IFFM 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  54. (001)エピタキシャル(Ba,Sr)TiO3薄膜における電気熱量効果の電場依存性

    山田智明,松尾翔吾,加茂崇史,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    第34回強誘電体応用会議(FMA-34) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月 - 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  55. Domain Formation in Pb(Zr,Ti)O3 Nanorods driven by Depolarizing Field 国際会議

    T. Yamada, D. Ito, T. Sluka, N. Setter, O. Sakata, T. Namazu, H. Funakubo, M. Yoshino, T. Nagasaki

    The 8th International Conference on Electroceramics (ICE2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  56. Theoretical Investigation of Influence of Strain on Electro-optic Effect in Ferroelectric Thin Films 国際会議

    S. Kondo, T. Yamada, A. K. Tagantsev, N. Setter, M. Yoshino, T. Nagasaki

    The 8th International Conference on Electroceramics (ICE2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  57. Indirect Measurements of Electrocaloric Effect in (001) (Ba, Sr)TiO3 Thin Films by Positive-up-negative-down Method 国際会議

    S. Matsuo, T. Yamada, T. Kamo, H. Funakubo, M. Yoshino, T. Nagasaki

    The 8th International Conference on Electroceramics (ICE2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  58. Nonlinear Electric Field Dependence of Electrocaloric Effect in (001)-epitaxial (Ba,Sr)TiO3 Thin Films 国際会議

    S. Matsuo, T. Yamada, T. Kamo, H. Funakubo, M. Yoshino, T. Nagasaki

    2017 Joint IEEE International Symposium on the Applications of Ferroelectrics, International Workshop on Acoustic Transduction Materials and Devices Workshop on Piezoresponse Force Microscopy (2017 Joint IEEE ISAF-IWATMD-PFM) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  59. Manipulation of Domain Structure in {100} Tetragonal Pb(Zr, Ti)O3 Nanorods by Charge Screening 国際会議

    T. Yamada, D. Ito, T. Sluka, N. Setter, O. Sakata, T. Namazu, H. Funakubo, M. Yoshino, T. Nagasaki

    2017 Joint IEEE International Symposium on the Applications of Ferroelectrics, International Workshop on Acoustic Transduction Materials and Devices Workshop on Piezoresponse Force Microscopy (2017 Joint IEEE ISAF-IWATMD-PFM) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  60. 金属多結晶を用いたスパッタリング収率の結晶方位依存性の評価(2)

    平井大陽,長崎正雅,吉野正人,山田智明

    第64回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  61. Positive-up-negative-down法による(Ba,Sr)TiO3薄膜の電気熱量効果の間接的評価

    山田智明,松尾翔吾,加茂崇史,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    第64回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  62. Impact of Charge Screening on Domain Structure in Pb(Zr, Ti)O3 Nanorods

    T. Yamada, D. Ito, O. Sakata, T. Namazu, T. Sluka, N. Setter, H. Funakubo, M. Yoshino, T. Nagasaki

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  63. Fe同位体拡散対を用いた水素誘起空孔による自己拡散促進効果の評価(2) 国際会議

    小川秀太,中島和真,大岡篤史,長崎正雅,山田智明,吉野正人

    日本原子力学会中部支部第48回研究発表 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  64. 圧電体Pb(Zr,Ti)O3薄膜のドメイン構造制御を目指したナノインプリント法の開発

    岡本一輝,山田智明,伊藤大介,吉野正人,長崎正雅

    日本原子力学会中部支部第48回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  65. Positive-up-negative-down法を用いた強誘電体薄膜の電気熱量効果の間接的評価

    松尾翔吾,山田智明,加茂崇史,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    日本原子力学会中部支部第48回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  66. 強誘電体薄膜の歪みが電気光学効果に及ぼす影響に対する現象論的モデル

    近藤真矢,山田智明,Alexander K. Tagantsev,Nava Setter,吉野正人,長崎正雅

    平成28年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  67. 紫外および真空紫外励起におけるPr添加SrY2O4の遷移スペクトル測定と解析

    錦昌太郎,吉野正人,渡邊真太,山田智明,長崎正雅

    平成28年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  68. Domain Pattern Control in Pb(Zr,Ti)O3 Nanorods by Charge Screening 国際会議

    T. Yamada, D. Ito, T. Sluka, N. Setter, O. Sakata, T. Namazu, H. Funakubo, M. Yoshino, T. Nagasaki

    The 10th Asian Meeting on Electroceramics-2016 (AMEC-2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:台湾  

  69. Structural and Piezoelectric Properties in (111) Tetragonal/Rhombohedral Pb(Zr,Ti)O3 Artificial Superlattice Thin Films 国際会議

    Y. Ebihara, T. Yamada, O. Sakata, T. Kiguchi, H. Morioka, T. Shimizu, H. Funakubo, T. J. Konno, M. Yoshino, T. Nagasaki

    The 10th Asian Meeting on Electroceramics-2016 (AMEC-2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:台湾  

  70. 結晶PDF解析及びMEM解析を用いたプロトン伝導性酸化物Ce1-xLaxO2-x/2の構造解析

    猿渡康治,長崎正雅,樹神克明,井川直樹,石垣徹

    日本中性子科学会第16回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  71. エピタキシャル(Ba, Sr)TiO3薄膜の残留歪み及び印加電界が電気熱量効果に与える影響

    松尾翔吾,山田智明,加茂崇史,舟窪浩,吉野正人,長﨑正雅

    第36回エレクトロセラミックス研究討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  72. 強誘電体Pb(Zr,Ti)O3ナノロッドの電荷遮蔽によるドメイン制御

    山田智明,伊藤大介,Sluka Tomas,Setter Nava,坂田修身,生津資大,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    第77回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  73. 金属多結晶を用いたスパッタリング収率の結晶方位依存性の評価(1)

    平井大陽,長﨑正雅,吉野正人,山田智明

    第77回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  74. 強誘電体(Ba,Sr)TiO3薄膜の電気熱量効果の電界依存性

    松尾翔吾,山田智明,加茂嵩史,舟窪浩,吉野正人,長﨑正雅

    日本セラミックス協会第29回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  75. Manipulation of Domain Structure in Pb(Zr,Ti)O3 Nanorods by Charge Screening 国際会議

    T. Yamada, D. Ito, O. Sakata, H. Funakubo, T. Namazu, M. Yoshino, T. Nagasaki

    11th Korea-Japan Conference on Ferroelectrics (KJC-FE11) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  76. 正方晶/菱面体晶Pb(ZrxTi1-x)O3人工超格子界面における電荷補償が圧電特性に与える影響

    山田智明,海老原洋平,坂田修身,森岡仁,木口賢紀,清水荘雄,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    強誘電体応用会議FMA-33 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  77. 高キャリア濃度を有するSb-doped Mg2Siの作製と熱的安定性評価

    加藤大輔,岩崎航太,吉野 正人,山田智明,長崎正雅

    第63回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  78. 2段階成膜によるエピタキシャル(Pb,La)(Zr,Ti)O3薄膜の異常粒成長の抑制

    近藤真矢,山田智明,吉野正人,長崎正雅

    日本セラミックス協会2016年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  79. 正方晶/菱面体晶Pb(Zr,Ti)O3人工超格子薄膜の作製と圧電特性の評価

    海老原洋平,山田智明,坂田修身,森岡仁,木口賢紀,今井康彦,清水荘雄,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    第54回セラミックス基礎科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  80. 希土類イオンおよびアクセプタイオンを添加したSrTiO3の発光・吸収測定と評価

    外野良樹,吉野正人,山田智明,長崎正雅

    平成27年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  81. Fe同位体拡散対を用いた水素誘起空孔による自己拡散促進効果の評価

    大岡篤史, 小川秀太, 前田康貴, 片野宏志, 長崎正雅, 山田智明, 吉野正人

    日本原子力学会中部支部第47回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  82. Ni多結晶とAr+ビームを用いたスパッタリング収率の結晶方位依存性の測定

    平井大陽, 武智博人, 長崎正雅, 山田智明, 吉野正人

    日本原子力学会中部支部第47回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  83. High carrier concentration in Sb-doped Mg2Si prepared by ball-milling and spark plasma sintering 国際会議

    D. Kato, K. Iwasaki, M. Yoshino, T. Yamada, T. Nagasaki

    2015 MRS Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月 - 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  84. Domain structure and piezoelectric response in one-dimensional PZT nanostructure 国際会議

    T. Yamada, D. Ito, O. Sakata, H. Funakubo, M. Yoshino, T. Nagasaki

    14th International Union of Materials Research Societies-International Conference on Advanced Materials (IUMRS-ICAM 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  85. 正方晶Pb(Zr,Ti)O3ナノロッドのドメイン構造に及ぼす脱分極電界の影響

    山田智明,伊藤大介,坂田修身,黒石隼輝,生津資大,清水荘雄,舟窪浩,木口賢紀,吉野正人,長崎正雅

    日本セラミックス協会第28回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  86. {100}, {111}配向Pb(Zr,Ti)O3ナノロッドのドメイン構造とそのサイズ依存性

    山田智明,伊藤大介,坂田修身,黒石隼輝,生津資大,清水荘雄,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    第76回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  87. ガラス固化体の高品質化・発生量低減のための白金族元素回収プロセスの開発;(6)多電子計算によるフェロシアン化物ナノ粒子の紫外可視拡散反射スペクトル解析 国際会議

    渡邊真太,澤田裕貴,中谷真人,吉野正人,長崎正雅,尾上順,稲葉優介,髙橋秀治,竹下健二

    日本原子力学会2015年秋の大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  88. Domain structure and piezoelectric response in epitaxial PZT 1D-nanorods and 2D-thin films 国際会議

    T. Yamada, D. Ito, O. Sakata, J. Yasumoto, T. Shiraishi, T. Shimizu, M. Yoshino, H. Funakubo, T. Nagasaki

    The 5th International Symposium on Organic and Inorganic Electronic Materials and Related Nanotechnologies (EM-NANO 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  89. Piezoelectric response in epitaxial PZT 1D-nanorods and 2D-thin films 国際会議

    T. Yamada, J. Yasumoto, D. Ito, O. Sakata, T. Kiguchi, H. Tanaka, Y. Ehara, S. Yasui, T. Oikawa, H. Funakubo, M. Yoshino, T. Nagasaki

    Symposium on Integrated Functionalities, and Piezoresponse Force Microscopy Workshop (IEEE ISAF-ISIF-PFM 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:シンガポール共和国  

  90. Fabrication of tetragonal Pb(Zr,Ti)O3 nanorods by focused ion beam and characterization of the domain structure 国際会議

    D. Ito, T. Yamada, O. Sakata, J. Kuroishi, T. Namazu, T. Shiraishi, T. Shimizu, H. Funakubo, M. Yoshino, T. Nagasaki

    2015 Joint IEEE International Symposium on Applications of Ferroelectric, International Symposium on Integrated Functionalities, and Piezoresponse Force Microscopy Workshop (2015 JOINT ISAF-ISIF-PFM CONFERENCE) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:シンガポール共和国  

  91. 正方晶Pb(Zr,Ti)O3ナノロッドのドメイン構造とそのサイズ依存 国際会議

    山田智明,伊藤大介,坂田修身,黒石隼輝,生津資大,白石貴久,清水荘雄,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    第32回強誘電体応用会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  92. 集束イオンビームを用いた正方晶Pb(Zr,Ti)O3ナノロッドの作製とそのドメイン構造の評価

    伊藤大介,山田智明,坂田修身,黒石隼輝,生津資大,白石貴久,清水荘雄,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    日本セラミックス協会2015年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  93. Fe同位体積層試料を用いた水素誘起空孔の自己拡散促進効果の評価

    前田康貴,大岡篤史,片野宏志,長崎正雅,山田智明,吉野正人

    日本原子力学会中部支部第46回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  94. Ce添加Ba3Y2B6O15の遷移スペクトル測定と解析 国際会議

    堀田元樹,吉野正人,渡邊真太,山田智明,長崎正雅

    平成26年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  95. ペロブスカイト型プロトン伝導性酸化物SrTi0.97Sc0.03O3−δの赤外吸収スペクトルとその温度依存性

    中村亮介,吉野正人,山田智明,長崎正雅

    平成26年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  96. In-situ analysis of strain influence on dielectric constant of (Ba,Sr)TiO3 films with different orientations 国際会議

    Yoshinori Tanaka, Tomoaki Yamada, Toshiyuki Morikaku, Takahiro Namazu, Junichi Kimura, Hiroshi Funakubo, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki

    The 6th China-Japan Symposium on Ferroelectric Materials and Their Applications  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  97. Ab-initio study on face azimuth dependency of surface energy and structure in ferroelectric PbTiO3 国際会議

    Yosuke Takagi, Tomoaki Yamada, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki

    The 9th Asian Meeting on Ferroelectricity and the 9th Asian Meeting on Electroceramics (AMF-AMEC-2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:中華人民共和国  

  98. Self-assembled epitaxial ferroelectric nanorods for large electromechanical response 国際会議

    T. Yamada, J. Yasumoto, K. Nakamura, M. Yoshino, T. Nagasaki, H. Tanaka, Y. Ehara, S. Yasui, H. Funakubo, O. Sakata

    EMN Open Access Week, Energy Materials Nanotechnology  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  99. 正方晶PZT薄膜とナノロッドにおける逆圧電特性の結晶方位依存性

    山田智明,安本洵,伊藤大介,坂田修身,今井康彦,白石貴久,清水荘雄,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    第75回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  100. 第一原理計算による強誘電体PbTiO3の表面構造と表面エネルギーの面方位依存性の評価 国際会議

    高木陽介,山田智明,吉野正人,長崎正雅

    日本セラミックス協会第27回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  101. PZT薄膜及びナノロッドの圧電特性に及ぼす基板拘束の影響

    山田智明,安本洵,坂田修身,吉野正人,長崎正雅,舟窪浩

    日本機械学会2014年度年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  102. Orientation dependence of piezoelectric response in epitaxially grown 1D-nanorods and 2D-thin films 国際会議

    T. Yamada, J. Yasumoto, K. Nakamura, H. Tanaka, O. Sakata, Y. Ehara, S. Yasui, T. Oikawa, M. Yoshino, T. Nagasaki, H. Funakubo

    International Conference "Piezoresponse Force Microscopy and Nanoscale Phenomena in Polar Materials" (PFM-2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ロシア連邦  

  103. Piezoelectric nanostructure for future small energy conversion devices: attempt at growth and characterization 国際会議

    T. Yamada, M. Yoshino, T. Nagasaki, H. Funakubo, O. Sakata, T. Kiguchi

    3rd Annual World Congress of Advanced Materials (WCAM-2014)  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  104. 正方晶PZT薄膜におけるクランピング効果の配向依存性

    山田智明,安本洵,坂田修身,今井康彦,木口賢紀,今野豊彦,江原祥隆,白石貴久,及川貴弘,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    第31回強誘電体応用会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月 - 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  105. Phase transitions Induced by two order parameters in in-plane compressed SrTiO3 thin films 国際会議

    T. Yamada, B. Wylie-van Eerd, O. Sakata, A.K. Tagantsev, H. Morioka, Y. Ehara, S. Yasui, H. Funakubo, T. Nagasaki, J. Trodahl

    Workshop on Acoustic Transduction Materials and Devices & Workshop on Piezoresponse Force Microscopy (ISAF/IWATMD/PFM) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  106. チタン酸ストロンチウム薄膜における歪み誘起AFD, FE相転移の観察

    山田智明,B. Wylie-van Eerd,坂田修身,A. K. Tagantsev,森岡仁,江原祥隆,安井伸太郎,舟窪浩,長崎正雅,J. Trodahl

    第61回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  107. (Ba,Sr)TiO3薄膜の歪みが誘電率に及ぼす影響の配向依存性

    山田智明,田中良典,森角寿之,生津資大,木村純一,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    日本セラミックス協会2014年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  108. プロトン伝導性酸化物BaSn0.5In0.5O2.75の結晶構造の静的な乱れ(2)

    長崎正雅,山田智明,吉野正人,井川直樹

    日本セラミックス協会第52回セラミックス基礎科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  109. (Ba,Sr)TiO3薄膜の歪みが誘電率に及ぼす影響~結晶配向の制御と配向依存性の評価~

    田中良典,山田智明,森角寿之,生津資大,木村純一,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    日本セラミックス協会第52回セラミックス基礎科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  110. (Ba,Sr)TiO3薄膜の歪みが誘電率に及ぼす影響~応力印加による誘電率変化のその場測定技術開発~

    森角寿之,生津資大,田中良典,山田智明,木村純一,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    日本セラミックス協会第52回セラミックス基礎科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  111. Pb(Mg1/3Nb2/3)O3薄膜における化学的秩序構造

    木口賢紀,範滄宇,今野豊彦,安本洵,長崎正雅,山田智明

    日本セラミックス協会第52回セラミックス基礎科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  112. 配向制御(Ba,Sr)TiO3を用いた歪みに鈍感な薄膜キャパシタ構造の作製

    田中良典,山田智明,森角寿之,生津資大,木村純一,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  113. Structure-driven large piezoelectric response in epitaxially-grown Pb(Zr,Ti)O3 nanorod array 国際会議

    T. Yamada, J. Yasumoto, K. Nakamura, H. Tanaka, O. Sakata, Y. Ehara, S. Yasui, T. Oikawa, H. Funakubo, M. Yoshino, T. Nagasaki

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  114. 鉄中固溶炭素原子と合金元素による水素トラップ作用

    吉野正人,谷本憲哉,澤井寛,森永正彦,湯川宏,山田智明,長崎正雅,中井浩巳

    日本金属学会2013年秋季講演大会(第153回) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  115. 水素誘起空孔による金属原子の拡散促進効果の評価(2)Pd/Pd-Ag積層試料を用いた相互拡散係数測定

    片野宏志,篠田浩介,吉野正人,山田智明,長崎正雅

    日本金属学会2013年秋季講演大会(第153回) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  116. チタン酸ストロンチウム薄膜における歪み誘起Antiferrodistortive相転移と強誘電相転移

    山田智明,Benjamin Wylie-van Eerd,Joe Trodahl,坂田修身,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    日本セラミックス協会第26回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  117. 鉛系リラクサー薄膜における化学的秩序構造の原子分解能観察

    木口賢紀,範滄宇,今野豊彦,安本洵,長崎正雅,山田智明

    日本セラミックス協会第26回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  118. Growth and size control of Bi4Ti3O12 nanowalls and their piezoelectric property 国際会議

    T. Yamada, T. Shibata, K. Ishii, M. Yoshino, J. Kimura, H. Funakubo, T. Nagasaki

    2013 Joint UFFC, EFTF and PFM Symposium  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  119. Orientation dependence of clamping effect in tetragonal Pb(Zr0.35Ti0.65)O3 thin films 国際会議

    J. Yasumoto, T. Yamada, O. Sakata, Y. Imai, T. Kiguchi, T. J. Konno, Y. Ehara, T. Shiraishi, T. Oikawa, H. Funakubo, M. Yoshino, T. Nagasaki

    The 7th International Conference on the Science and Technology for Advance Ceramics (STAC-7) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  120. PLD法を用いたBi4Ti3O12ナノプレート構造の作製とその圧電性

    山田智明,柴田貴明,吉野正人,舟窪浩,長崎正雅

    第60回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  121. 正方晶(111)Pb(Zr,Ti)O3薄膜の圧電特性に及ぼすクランピングの影響

    安本洵,山田智明,坂田修身,今井康彦,木口賢紀,今野豊彦,江原祥隆,白石貴久,及川貴弘,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    日本セラミックス協会2013年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  122. 強誘電体のナノ構造化が創発する新規な圧電メカニズム

    山田智明,中村健太郎,柴田貴明,坂田修身,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    第43回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  123. パルスレーザー堆積法によるBi4Ti3O12ナノプレートの構造制御

    柴田貴明,山田智明,吉野正人,長崎正雅,舟窪浩

    日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  124. プロトン伝導性酸化物BaSn0.5In0.5O2.75の結晶構造の静的な乱れ

    早川和孝,長崎正雅,山田智明,吉野正人,井川直樹,星川晃範,石垣 徹

    日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  125. 水素誘起空孔による金属原子の拡散促進効果の評価(1)イオンビーム蒸着同位体積層試料を用いた自己拡散係数測定方法の確立

    篠田浩介,小関良佑,吉野 正人,山田智明,長崎正雅

    日本金属学会2012年秋季(第151回)大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  126. ガーネット構造酸化物に添加したNd3+の吸収特性に及ぼすホスト組成の影響

    長井仁史,吉野正人,渡邊真太,山田智明,長崎正雅

    第73回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  127. PLD法を用いたエピタキシャルPb(Zr,Ti)O3ナノロッドの成長過程の観察とその強誘電及び圧電特性

    山田智明,中村健太郎,田中秀典,江原祥隆,安井伸太郎,及川貴弘,坂田修身,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    第73回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  128. Converse piezoelectric response of Pb(Zr,Ti)O3 nanorod-array grown by pulsed laser deposition at elevated oxygen pressure 国際会議

    T. Yamada, K. Nakamura, H. Tanaka, H. Funakubo, O. Sakata, M. Yoshino, T. Nagasaki

    XXI International Materials Research Congress (IMRC) 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:メキシコ合衆国  

  129. Large piezoelectricity in epitaxial Pb(Zr,Ti)O3 nanorods grown by PLD at elevated oxygen pressure 国際会議

    T. Yamada, K. Nakamura, H. Tanaka, H. Funakubo, Y. Kodama, T. Kiguchi, J. Konnno, M. Yoshino, T. Nagasaki

    The 8th Asian Meeting on Electroceramics 2012 (AMEC-8) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:マレーシア  

  130. NbCおよびNb2O5にトラップされた水素の昇温脱離法による安定性の評価

    吉野正人,酒井智康,中嶋一重,谷本憲哉,湯川宏,森永正彦,渡邊真太,山田智明,長崎正雅

    日本金属学会2012年春期(第150回)大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  131. 引張り歪みを有する(111)エピタキシャル(Ba,Sr)TiO3薄膜の面内および面外の誘電応答

    山田智明,多久和至,舟窪浩,Alexander Kvasov,Alexander Tagantsev,吉野正人,長崎正雅

    第59回応用物理学関係連合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  132. 高温その場観察による燃料電池用水素伝導材料中の水素分布の特定

    井川直樹,長崎正雅,田口富嗣,星川晃範,石垣徹,森井幸生,林眞琴

    第3回MLFシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  133. Study of enhancement of self-diffusion in metals under hydrogen atmosphere using isotope heterostructure prepared by ion beam deposition 国際会議

    Takanori Nagasaki, Ryosuke Ozeki, Masahiro Ikenoya, Kosuke Shinoda, Tomoaki Yamada, Masahito Yoshino, Shinta Watanabe

    International Symposium on EcoTopia Science 2011 (ISETS'11) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  134. Piezoelectricity of nano-structured lead-zirconate-titanate 国際会議

    Tomoaki Yamada, Hidenori Tanaka, Hiroshi Funakubo, Kentaro Nakamura, Shinta Watanabe, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki

    International Symposium on EcoTopia Science 2011 (ISETS'11) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  135. Experimental and theoretical analysis of optical properties for Pr3+-doped LaScO3 国際会議

    Shinta Watanabe, Masahito Yoshino, Tomoaki Yamada, Takanori Nagasaki, Kazuyoshi Ogasawara

    International Symposium on EcoTopia Science 2011(ISETS'11)  

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  136. PLD法を用いた強誘電体ナノロッド集合体の成長とその非線形特性(10)

    山田智明,中村健太郎,吉野正人,長崎正雅,田中秀典,舟窪浩

    日本金属学会2011年秋期(第149回)大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  137. Structural and piezoelectric properties of Pb(Zr,Ti)O3 nanorods grown by PLD 国際会議

    T. Yamada, H. Tanaka, H. Funakubo, Y. Kodama, T. Kiguchi, K. Nakamura, M. Yoshino, T. Nagasaki

    15th US-Japan Seminar on Dielectric and Piezoelectric Ceramics  

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  138. PLD法を用いたエピタキシャルPb(Zr,Ti)O3ナノロッドの成長過程の観察とその強誘電及び圧電特性

    山田智明,中村健太郎,田中秀典,江原祥隆,安井伸太郎,及川貴弘,坂田修身,舟窪浩,吉野正人,長崎正雅

    第73回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  139. Pb(Zr,Ti)O3ナノロッド集合体の基板上へのエピタキシャル成長とその圧電特性

    山田智明,田中秀典,舟窪浩,兒玉裕美子,木口賢紀,今野豊彦,吉野正人,長崎正雅

    日本セラミックス協会第24回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  140. An approach for self-assembled epitaxial Pb(Zr,Ti)O3 nanorod-array toward enhanced piezoelectric responses 国際会議

    T. Yamada, H. Tanaka, H. Funakubo, Y. Kodama, T. Kiguchi, T. J. Konno, M. Yoshino, T. Nagasaki

    The 20th IEEE International Symposium on Applications of Ferroelectrics, International Symposium on Piezoresponse Force Microscopy & Nanoscale Phenomena in Polar Materials (ISAF-PFM-2011) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  141. Ferroelectric and piezoelectric properties of vertically arrayed epitaxial Pb(Zr,Ti)O3 nanorods 国際会議

    T. Yamada, H. Tanaka, H. Funakubo, M. Yoshino, T. Nagasaki

    The 9th International Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies (PacRim 9) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  142. PLD法によるPb(Zr,Ti)O3ナノロッドのエピタキシャル成長と圧電特性の検討

    山田智明,田中秀典,舟窪浩,坂田修身,木口賢紀,長崎正雅

    第28回強誘電体応用会議 (FMA28)  

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  143. 金属炭化物および金属酸化物にトラップされた水素の昇温脱離法による安定性の評価

    吉野正人,酒井智康,谷本憲哉,湯川宏,森永正彦,渡邊真太,山田智明,長崎正雅,馬場健,中井浩巳

    日本金属学会2011年春期(第148回)大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  144. 歪み(Ba,Sr)TiO3薄膜の相転移温度に与えるBa/Sr組成比の影響

    山田智明,多久和至,加茂嵩史,飯島高志,長崎正雅,舟窪浩

    第58回応用物理学関連連合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  145. ボトムアップ手法によるペロブスカイト型薄膜成長と誘電特性設計

    山田智明,多久和至,加茂嵩史,飯島高志,N. Setter,舟窪浩,長崎正雅

    日本セラミックス協会2011年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  146. 金属同位体ヘテロ構造を用いた水素誘起空孔の自己拡散促進効果の測定-イオンビーム蒸着法による48Ti/nTi試料の作製と評価-

    小関良佑,池野谷雅宏,山田智明,柚原淳司,長崎正雅,松井恒雄

    日本原子力学会中部支部第42回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  147. Gd2O3分散型UO2燃料の熱伝導率に及ぼす分散粒子サイズの影響 国際会議

    石田国大,松井恒雄,長崎正雅,岩崎航太,梁井康市,中嶋英彦,宇根勝己,原田健一

    日本原子力学会中部支部第42回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  148. Epitaxial Growth of Pb(Zr,Ti)O3 Nano-rods and their Piezoelectric Responses 国際会議

    Tomoaki Yamada, Hidenori Tanaka, Hiroshi Funakubo, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki

    The 27th International Korea-Japan Seminar on Ceramics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  149. Crystal Growth and Power Factor of Ba12Co11O33-δ Having a Pseudo-one-dimensional Structure 国際会議

    Kouta Iwasaki, Daisuke Kitagawa, Masahito Yoshino, Takanori Nagasaki, Tsuneo Matsui

    3rd International Congress on Ceramics (ICC-3) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  150. 紫外励起におけるPr添加SrY2O4の発光スペクトル測定と解析

    市川佳広,吉野正人,渡邊真太,山田浩臣,恵良淳史,長崎正雅,田渕雅夫

    第41回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:ドイツ語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  151. 擬一次元構造を有するBa-Co-O系化合物の合成と熱電特性

    第7回日本熱電学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  152. Thermoelectric Properties of Cobalt Oxides Containing One-dimensional Co–O Network 国際会議

    The 21st IUPAC International Conference on Chemical Thermodynamics (ICCT-2010) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  153. In添加BaSnO3中の水素および欠陥周りの構造の解析

    尾尻将視,吉野正人,渡邊真太,長崎正雅

    日本金属学会2010 年春期大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  154. ペロブスカイト型プロトン伝導性酸化物中における赤外吸収スペクトルの水素濃度および添加物種類・濃度に対する依存性

    後藤翔,長崎正雅,吉野正人

    第48回セラミックス基礎科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  155. Characterization of Er2O3 ceramic coatings by luminescence measurements 国際会議

    14th International Conference on Fusion Reactor Materials (ICFRM-14) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  156. ペロブスカイト型(La,Sr)CoO3,及び(La,Sr)2CoO4の電気的性質

    柚井崇宏,岩崎航太,吉野正人,有田裕二,長崎正雅,松井恒雄

    日本セラミックス協会2009年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  157. 層状ペロブスカイト型La2-xSrxCoO4の合成と熱電特性

    柚井崇宏,岩崎航太,有田裕二,長崎正雅,松井恒雄

    第47回セラミックス基礎科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  158. 重水・軽水を溶解したBa(Sn, In)O3系プロトン伝導体の粉末中性子回折と差MEM 解析(1)―差MEM解析の原理とその空間分解能

    長崎正雅,塩谷真也,井川直樹,岩崎航太,吉野正人,深澤裕,内海渉

    第47回セラミックス基礎科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  159. 重水・軽水を溶解したBa(Sn, In)O3系プロトン伝導体の粉末中性子回折と差MEM 解析(2)―実測データの差MEM解析とその評価

    塩谷真也,長崎正雅,井川直樹,岩崎航太,吉野正人,深澤裕,内海渉

    第47回セラミックス基礎科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  160. Crystal Growth and Thermoelectric Property of Ba3Co2O6(CO3)x 国際会議

    The IUMRS International Conference in Asia 2008 (IUMRS-ICA2008) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  161. イオンビーム蒸着法を用いたZnSe(111)基板上への74Ge薄膜の作製

    東倉一郎,小関良佑,柚原淳司,長崎正雅,松井恒雄

    日本原子力学会中部支部第40回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  162. Development of a thermal diffusivity measurement apparatus for thin films with high temporal resolution 国際会議

    The 4th International Conference on Laser Probing (LAP2008) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  163. Thermal conductivity of Gd2O3-dispersed UO2 pellet 国際会議

    ATALANTE 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  164. Y複合酸化物中Er3+の4f11-4f11遷移とUバンド領域の発光スペクトル形状

    吉野正人,伊藤孝明,岩崎航太,松井恒雄,長崎正雅

    日本金属学会2008年春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  165. Co-O1次元鎖を有するBa-Co-C-O系化合物の熱電特性

    山本晃久,岩崎航太,巽一厳,吉野正人,有田裕二,長崎正雅,松井恒雄

    日本セラミックス協会2008年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  166. 高指数の反射の欠如がMEMイメージングの分解能に及ぼす影響-プロトン伝導性酸化物を例として-

    長崎正雅,吉野正人

    第46回セラミックス基礎科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  167. ペロブスカイト型プロトン伝導性酸化物中の水素の占有位置

    長崎正雅

    東北大学グローバルCOE研究会 HERMES・HRPD合同ユーザーミーティング――定常炉粉末回折装置の将来像を考える―― 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  168. IBD法を用いたZnSe(100)基板上への74Ge薄膜の作製

    土田祐二,東倉一郎,柚原淳司,長崎正雅,松井恒雄

    日本原子力学会中部支部第39回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  169. Thermoelectric properties of (La,Ca)CrO3

    International Symposium on EcoTopia Science 2007 (ISETS07) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  170. Photoluminescence of Er-containing metal oxide in U-band

    International Symposium on EcoTopia Science 2007 (ISETS07) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  171. Thermoelectric properties of Fe3-xCoxSi Heusler alloy 国際会議

    International Symposium on EcoTopia Science 2007 (ISETS07) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  172. Electrical conductivity and Seebek coefficient of Ba-Co-C-O single crystal

    International Symposium on EcoTopia Science 2007 (ISETS07) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  173. Growth of isotopically pure germanium films on transparent substrates by ion beam deposition

    International Symposium on Isotope Science and Engineering from Basics to Applications (ISE2007) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  174. Location of deuterium atoms in BaZr0.5In0.5O2.75+α by neutron powder diffraction

    International Symposium on Isotope Science and Engineering from Basics to Applications (ISE2007) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  175. Ba3Co2O6(CO3)0.7 の単結晶育成と結晶構造

    山本晃久,岩崎航太,吉野正人,有田裕二,長崎正雅,松井恒雄,山根久典,武田隆史

    日本セラミックス協会第20回秋期シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  176. Er含有金属酸化物のUバンド領域における発光特性

    伊藤孝明,吉野正人,岩崎航太,松井恒雄,長崎正雅

    第68回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  177. Ba-Co-C-O単結晶の育成と出力因子

    山本晃久,岩崎航太,有田裕二,長崎正雅,松井恒雄

    第4回日本熱電学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  178. ペロブスカイト型(La, Sr)CoO3の熱電特性

    岩崎航太,有田裕二,吉野正人,長崎正雅,松井恒雄

    第4回日本熱電学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  179. M(Al, Ga, Ti, Sn, Cu)およびYとErの複合酸化物の近赤外発光スペクトル

    吉野正人,伊藤孝明,長崎正雅

    日本金属学会2007年春期大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  180. Gd2O3固溶および分散UO2の熱伝導率

    横山登,松井恒雄,岩崎航太,有田裕二,長崎正雅,梁井康市,油田良一,宇根勝己,野田宏

    日本原子力学会2007年春の年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  181. LaCoO3の熱電特性に及ぼすSr置換の影響

    岩崎航太,伊藤剛,吉野正人,松井恒雄,長崎正雅,有田裕二

    日本セラミックス協会2007年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  182. イオンビーム蒸着法を用いた透明基板上への同位体制御Ge 薄膜の作製

    竹内雅憲,土田祐二,柚原淳司,長崎正雅,松井恒雄

    日本原子力学会中部支部第38回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  183. Co-O一次元鎖を有するSr6Co5O15-δの合成と電気的性質

    岩崎航太,伊藤剛,吉野正人,松井恒雄,長崎正雅,有田裕二

    平成18年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  184. ペロブスカイト型酸化物BaSn0.5In0.5O2.75-D2O中の水素の存在位置とその挙動(2)

    伊藤剛,長崎正雅,岩崎航太,吉野正人,松井恒雄,深澤裕,井川直樹,石井慶信

    第32回固体イオニクス討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  185. ペロブスカイト型酸化物BaSn0.5In0.5O2.75-D2O中の水素の存在位置とその挙動(1)

    伊藤剛,長崎正雅,岩崎航太,吉野正人,松井恒雄,深澤裕,井川直樹,石井慶信

    第32回固体イオニクス討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  186. Thermoelectric properties of Sr-doped LaCoO3 国際会議

    International Workshop on Advanced Ceramics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  187. Thermoelectric properties of Sr6Co5O15-δ single crystal 国際会議

    Asia Young Ceramist Conference in Tokai (AYCeCT) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  188. Sr6Co5O15-δの結晶構造と電気的性質

    岩崎航太,山根久典,伊藤剛,吉野正人,松井恒雄,長崎正雅,有田裕二

    日本セラミックス協会第19回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  189. 酸化物中の水素同位体の挙動

    伊藤剛,長崎正雅,岩崎航太,吉野正人,松井恒雄,深澤裕,井川直樹,石井慶信

    日本セラミックス協会第19回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  190. Deuteron site in BaSn0.5In0.5O2.75-α and its change with temperature by neutron powder diffraction 国際会議

    13th Solid State Proton Conductors Conference (SSPC-13) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  191. ペロブスカイト型La1-xAxCrO3 [A = Ca, Sr]の合成と熱電特性

    川島裕史,岩崎航太,長崎正雅,松井恒雄,有田裕二

    第3回日本熱電学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  192. Sr6Co5O15-δの熱電特性に及ぼす酸素量の影響

    岩崎航太,伊藤剛,吉野正人,松井恒雄,長崎正雅,有田裕二

    第3回日本熱電学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  193. エルビウムを含む酸化物の1.5 μm帯フォトルミネッセンスと電子状態

    吉野正人,伊藤孝明,小泉淳,豊島広朗,小笠原一禎,長崎正雅

    日本金属学会2006年春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  194. ペロブスイト型酸化物中の重水素位置の決定

    伊藤剛,長崎正雅,岩崎航太,吉野正人,松井恒雄,井川直樹,石井慶信

    日本セラミックス協会2006年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  195. ペロブスカイト型酸化物中の重水素位置の決定

    伊藤剛,長崎正雅,岩崎航太,吉野正人,松井恒雄,井川直樹,石井慶信

    日本セラミックス協会2006年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  196. Sr-Ba-Co-O系単結晶の育成と出力因子

    村瀬有,岩崎航太,吉野正人,松井恒雄,長崎正雅,有田裕二

    日本セラミックス協会2006年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  197. (La, Sr)FeO3,及びLa(Fe, Ni)O3の合成と出力因子

    岩崎航太,伊藤剛,吉野正人,松井恒雄,長崎正雅,有田裕二

    日本セラミックス協会2006年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  198. イオンビーム蒸着法を用いたSi(111)表面上の同位体制御Ag薄膜の作製と高エネルギーイオン散乱分析

    浅井貴博,竹内雅憲,浦野晃宏,小林靖史,福田祐一,柚原淳司,長崎正雅,松井恒雄

    第6回「イオンビームによる表面・界面解析」特別研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  199. イオンビーム蒸着法を用いたGe同位体制御薄膜の作製

    竹内雅憲,浦野晃宏,浅井貴博,長崎正雅,松井恒雄

    第6回「イオンビームによる表面・界面解析」特別研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  200. パイロクロア型酸化物La2(Zr0.975M0.025)2O7-α (M=In, Yb, Er, Y)の電気伝導

    小野木裕崇,長崎正雅,吉野正人,伊藤剛,松井恒雄

    日本原子力学会中部支部第37回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  201. ペロブスカイト型酸化物BaZr0.95M0.05O3-α (M = Ga, Sc, Y and Nd)の水蒸気溶解量及び赤外吸収スペクトル

    佐藤慎二郎,伊藤剛,岩崎航太,吉野正人,長崎正雅,松井恒雄佐藤慎二郎,伊藤剛,岩崎航太,吉野正人,長崎正雅,松井恒雄

    日本原子力学会中部支部第37回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  202. Power Factor of Sr Doped LaCoO3 国際会議

    The 2005 MRS Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  203. エルビウムを添加したペロブスカイト型酸化物の1.5 μm帯フォトルミネッセンス

    吉野正人,伊藤孝明,伊藤剛,小泉淳,周震,小笠原一禎,竹田美和,森永正彦,松井恒雄,長崎正雅

    日本金属学会2005年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  204. (La,Sr)CoO3の合成と出力因子

    岩崎航太,松井恒雄,長崎正雅,有田裕二

    日本セラミックス協会第18回秋期シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  205. The determination of deuteron site in SrZr0.95Sc0.05O3-α by neutron powder diffraction

    International Symposium on Isotope Science and Engineering from Basics to Applications 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  206. Isotopically-purified homoepitaxial film growth of 74Ge by ion beam deposition

    International Symposium on Isotope Science and Engineering from Basics to Applications 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  207. Structural analysis of 107Ag thin films on Si(111) surface grown by ion beam deposition

    International Symposium on Isotope Science and Engineering from Basics to Applications 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  208. Isotope effect in Electrical Conductivity of Lithium-Borate Glasses

    International Symposium on Isotope Science and Engineering from Basics to Applications 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  209. (La,Sr)CoO3の出力因子

    岩崎航太,松井恒雄,長崎正雅,有田裕二

    第2回日本熱電学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  210. Co-O一次元鎖を有するSr-Co-O系単結晶の育成と出力因子

    岩崎航太,村瀬有,松井恒雄,長崎正雅,有田裕二

    第2回日本熱電学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  211. α-RuSiの熱電特性

    川井博司,有田裕二,岩崎航太,松井恒雄

    第2回日本熱電学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  212. Thermoelectric Properties of Cu- or Ni-doped Co3O4

    International Symposium on EcoTopia Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  213. Power Factor of La(Fe, Ni)O3

    International Symposium on EcoTopia Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  214. Electrical Conductivity and Seebeck Coefficient of Sr-Co-O Single Crystal

    International Symposium on EcoTopia Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  215. Water uptake and infrared absorption in La2Zr1.95M0.05O7-α (M = In, Yb, Er and Y)

    International Symposium on EcoTopia Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  216. エルビウムをドープしたペロブスカイト型酸化物の1.5 μm帯の発光と電子状態

    吉野正人,伊藤孝明,伊藤剛,岩崎航太,小泉淳,小森敏敬,鮎川達也,周震,豊島広朗,小笠原一禎,竹田美和,森永正彦,松井恒雄,長崎正雅

    第18回DV-Xα研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  217. Powder neutron diffraction study of SrZr0.95Sc0.05O3-α at 10 K 国際会議

    15th International Conference on Solid State Ionics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  218. Rh(111)表面上の酸化スズ超薄膜の作製と構造評価

    田島大輔,石川義記,柚原淳司,長崎正雅,松井恒雄

    日本物理学会第60回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  219. Ru(0001)表面上における鉛とスズの二次元合金の作製と原子配列

    石川義記,田島大輔,柚原淳司,長崎正雅,松井恒雄

    日本物理学会第60回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  220. Co-O一次元鎖を有するSr-Co-O系単結晶の電気的性質

    村瀬有,岩崎航太,松井恒雄,長崎正雅,有田裕二

    日本セラミックス協会2005年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  221. 稜共有CoO6八面体を有する(Co, Cu)3O4と(Co, Cu)Oの熱電特性

    岩崎航太,竹内隆浩,松井恒雄,長崎正雅,有田裕二

    第15回日本MRS学術シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  222. Co-O一次元鎖を有する(A3Co2O6)m(A'3Co3O9)n [A,A'=Ca, Sr, Ba]の熱電特性

    岩崎航太,松井恒雄,長崎正雅,有田裕二,柚原淳司,山根久典,高橋純一,窪田俊一,島田昌彦

    日本原子力学会中部支部第36回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  223. サブピコ秒パルスレーザーを用いた金属試料の熱拡散率測定

    鈴木繁樹,長崎正雅,松井恒雄

    日本原子力学会中部支部第36回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  224. イオンビーム蒸着における基板清浄化の影響

    浦野晃宏,浅井貴博,竹内雅憲,水野雄介,長崎正雅,松井恒雄

    日本原子力学会中部支部第36回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  225. Ca3Co2O6の熱電特性

    高橋純一,岩崎航太,松井恒雄,長崎正雅,有田裕二,柚原淳司,山根久典,島田昌彦

    第4回東北大学多元物質科学研究所研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  226. Sr6Co5O15の酸素不定比性と結晶構造

    岩崎航太,松井恒雄,長崎正雅,有田裕二,柚原淳二

    平成16年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  227. 稜共有CoO6八面体を有する酸化物の合成および熱電特性

    竹内隆浩,岩崎航太,松井恒雄,有田裕二,長崎正雅

    平成16年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  228. Proton solubility in proton conductors SrZr0.95M0.05O3-α (M = Ga, Sc, Y and Nd)

    The Third International Symposium on the New Frontiers of Thermal Studies of Materials 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  229. Thermal Conductivity of Oxides Containing Face- or Edge-Sharing CoO6 Polyhedra

    The Third International Symposium on the New Frontiers of Thermal Studies of Materials 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  230. Co-O一次元鎖を有するSr6Co5O15の酸素不定比性と結晶構造の精密化

    岩崎航太,松井恒雄,長崎正雅

    日本結晶学会平成16年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  231. Structural analysis of silver thin films on Si(111) surface grown by ion beam deposition 国際会議

    15th International Workshop on Inelastic Ion Surface Collisions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  232. Sr6Co5O15の酸素不定比性

    岩崎航太,松井恒雄,長崎正雅

    日本セラミックス協会第17回秋期シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  233. Thermoelectric properties of uranium filled (Co, Fe)Sb3 国際会議

    11th Symp. on Thermodynamics on Nuclear Materials, STNM-11 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  234. 稜共有CoO6八面体を有する酸化物の熱電特性

    竹内隆浩,岩崎航太,松井恒雄,有田裕二,長崎正雅

    第1回日本熱電学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  235. イオンビームを用いた同位体制御銀薄膜の創製と結晶性評価

    浅井貴博,小林靖史,福田祐一,柚原淳司,長崎正雅,松井恒雄

    第3回表面科学会中部支部若手講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  236. 高温加水法によるフッ化アルミニウムの酸化転換反応

    鈴木悟,長崎正雅,松井恒雄,可児祐子,笹平朗,河村文雄

    日本原子力学会2003年秋の大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  237. Rh-Ge系化合物の作製と熱電特性

    杉江昭憲,松井恒雄,長崎正雅,有田裕二,岩崎航太

    日本原子力学会2003年秋の大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  238. イオンビーム蒸着法を用いたSiおよびCu薄膜の作製と評価

    水野雄介,小林靖史,浦野晃宏,長崎正雅,松井恒雄

    日本原子力学会2003年秋の大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  239. Co-O一次元鎖を有する酸化物セラミックスの熱電特性

    岩崎航太,山根久典,高橋純一,窪田俊一,長崎正雅,有田裕二,柚原淳二,島田昌彦,松井恒雄

    熱電変換シンポジウム2003(TEC2003) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  240. イオンビーム蒸着法によるFeおよびAg薄膜の作製

    小林靖史,福田祐一,水野雄介,長崎正雅,松井恒雄

    理応用物理学会薄膜表面物分科会 第3回「イオンビームによる表面・界面解析」研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  241. Co-U-O系化合物の熱電特性

    小林玄樹,有田裕二,松井恒雄,長崎正雅

    日本原子力学会2002年秋の大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  242. リチウムイオン伝導性酸化物(La0.55Li0.35)0.95Sr0.05TiO3 のリウチムイオン伝導に及ぼす6Liと7Li の同位体効果

    塩谷俊介,松井恒雄,長崎正雅,重松宏武

    日本原子力学会2002年秋の大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  243. ウラン充填スクッテルダイト化合物UyFexCo4-xSb12 の熱電特性(1)

    有田裕二,小川貴志,小林玄樹,松井恒雄,長崎正雅

    日本原子力学会2002年秋の大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  244. プロトン導電性酸化物SrZr0.95M0.05O3-α (M=Ga, Sc, Y, Nd) の水蒸気(プロトン)溶解量(2)

    伊藤剛,長崎正雅,松井恒雄

    日本原子力学会2002年春の年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 7

  1. プロトン伝導体の精密結晶構造の研究

    2013年4月 - 2014年3月

    国内共同研究 

  2. セラミック材料の水素透過特性に対する電界および放射線の影響に関する研究

    2013年4月 - 2014年3月

    国内共同研究 

  3. 粉末の焼結に関する研究

    2012年4月 - 2019年3月

    国内共同研究 

  4. プロトン伝導体の精密結晶構造の研究

    2012年4月 - 2013年3月

    国内共同研究 

  5. ブランケット用機能材料の分光測定法による特性評価

    2012年4月 - 2013年3月

    国内共同研究 

  6. セラミック被覆内における水素同位体挙動の研究

    2011年4月 - 2012年3月

    国内共同研究 

  7. プロトン伝導体の精密結晶構造の研究

    2011年4月 - 2012年3月

    国内共同研究 

▼全件表示

産業財産権 4

  1. トリチウムの回収,貯蔵,供給に使用する材料

    小西哲之,長崎正雅,林巧,奥野健二

     詳細を見る

    出願番号:特願平05-250229  出願日:1993年8月

    公開番号:特開平07-062478 

    特許番号/登録番号:特許第3401703号  登録日:2003年2月 

    出願国:国内  

  2. Active metal bed

     詳細を見る

    出願番号:160906  出願日:1988年2月

    特許番号/登録番号:4859427  登録日:1989年8月 

    出願国:外国  

  3. Method of Recovery, Storage and Supply of Gaseous Tritium

     詳細を見る

    出願番号:529235  出願日:1987年2月

    特許番号/登録番号:CA 1320336  登録日:1993年7月 

    出願国:外国  

  4. トリチウムガスの回収,貯蔵及び供給法

     詳細を見る

    出願番号:特願昭61-25285  出願日:1986年2月

    特許番号/登録番号:特許第1760212号  登録日:1993年5月 

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 34

  1. エネルギー理工学概論

    2020

  2. エネルギー材料学

    2020

  3. エネルギー理工学基礎特論

    2020

  4. 量子ビーム分析科学

    2020

  5. 固体化学

    2020

  6. エネルギー材料学

    2019

  7. エネルギー理工学セミナーA

    2019

  8. エネルギー理工学セミナーB

    2019

  9. 固体化学

    2019

  10. エネルギー理工学基礎特論

    2019

  11. 量子ビーム実験

    2018

  12. エネルギー材料学

    2018

  13. エネルギー材料基礎科学

    2018

  14. エネルギー理工学セミナーB

    2018

  15. エネルギー理工学セミナーA

    2018

  16. エネルギー理工学序論

    2017

  17. エネルギー材料基礎科学

    2017

  18. エネルギー理工学基礎特論

    2017

  19. 量子ビーム実験

    2017

  20. エネルギー理工学セミナーB

    2017

  21. エネルギー理工学セミナーA

    2017

  22. エネルギー材料基礎科学

    2016

  23. 基礎セミナーA

    2016

  24. エネルギー材料基礎科学

    2015

  25. 基礎セミナーA

    2015

  26. エネルギー材料基礎科学

    2014

  27. 基礎セミナーA

    2014

  28. エネルギー材料基礎科学

    2013

  29. 基礎セミナーA

    2013

  30. エネルギー材料基礎科学

    2012

  31. 物性物理学A

    2011

  32. 量子エネルギー工学セミナーB

    2006

  33. 量子化機能材料特論

  34. 物性物理学A

▼全件表示

 

社会貢献活動 1

  1. これからのエネルギー源を考える 日本の未来に向けて知っておかなければならないこと

    役割:講師

    愛知県立小牧南高等学校  原子力・エネルギー教育支援事業  2020年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

学術貢献活動 2

  1. 中部電力原子力安全向上会議アドバイザリーボード

    役割:審査・評価

    2020年5月 - 現在

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  2. 「蓄熱輸送システムでの利活用を目的とした化学蓄熱体と 反応プロセスの実用化開発」検討会

    役割:審査・評価

    トヨタ自動車株式会社  - 2020年6月

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言