2022/04/19 更新

写真a

カワグチ ノブオ
河口 信夫
KAWAGUCHI, Nobuo
所属
未来社会創造機構 モビリティ社会研究所 モビリティサービス研究部門 教授
大学院工学研究科 教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部
職名
教授
外部リンク

学位 2

  1. 博士(工学) ( 1997年2月   名古屋大学 ) 

  2. 修士(工学) ( 1992年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 5

  1. 時空間情報システム

  2. スマートシティ

  3. 位置情報システム

  4. ユビキタスセンシング

  5. ユビキタス・システム

研究分野 7

  1. その他 / その他  / ユビキタスコンピューティング

  2. その他 / その他  / メディア情報学・データベース

  3. その他 / その他  / 計算機システム・ネットワーク

  4. その他 / その他  / 通信・ネットワーク工学

  5. その他 / その他  / ソフトウエア

  6. 情報通信 / 情報学基礎論

  7. 情報通信 / ヒューマンインタフェース、インタラクション  / 行動センシング

▼全件表示

現在の研究課題とSDGs 7

  1. 位置情報システムに関する研究開発

  2. コンテキスト・人間行動センシングシステム

  3. 無線LANを用いた位置推定とその応用に関する研究

  4. オープンデータの利活用に関する研究

  5. 新世代ネットワークコミュニケーション

  6. エコ・ユビキタスシステムの開発

  7. 項書換え系の解析,検証,変換のための視覚的支援手法.

▼全件表示

経歴 11

  1. 名古屋大学   未来社会創造機構   機構長補佐

    2016年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   未来社会創造機構 社会イノベーションデザイン学センター   副センター長

    2015年4月 - 2019年3月

  3. 名古屋大学   大学院工学研究科   教授

    2009年6月 - 現在

      詳細を見る

  4. 名古屋大学大学院工学研究科 教授

    2009年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学大学院工学研究科 准教授

    2006年4月 - 2009年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 国立情報学研究所 客員助教授

    2005年3月 - 2006年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学情報連携基盤センター 助教授

    2002年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 名古屋大学大型計算機センター 助教授

    2000年10月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 名古屋大学工学研究科 講師

    1999年4月 - 2000年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 名古屋大学工学研究科 助手

    1997年4月 - 1999年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 名古屋大学工学部 助手

    1995年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   工学研究科   情報工学専攻

    1990年4月 - 1995年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   工学部   電気

    1986年4月 - 1990年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 9

  1. 情報処理学会   理事

    2011年6月 - 現在

  2. 電気学会

  3. ACM

  4. IEEE

  5. 日本音響学会

  6. 電子情報通信学会

  7. 人工知能学会

  8. ソフトウェア科学会

  9. 電気学会

      詳細を見る

▼全件表示

委員歴 6

  1. 日本学術振興会 学術システム研究センター   主任研究員  

    2018年4月 - 2022年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    科学研究費補助金や特別研究員制度などに関する議論や科研費の審査員の選考・審査の検証などを行った。

  2. 総務省 スマートIoT推進フォーラム テストベッド分科会   分科会長  

    2016年8月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    情報通信機構(NICT)の総合テストベッドなどの利活用・普及や次世代テストベッドに関する提言を行う

  3. 国土交通省 新道路技術会議   委員  

    2017年10月 - 2021年10月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  4. 総務省G空間×ICT推進会議   委員  

    2013年3月 - 2016年2月   

  5. 国土地理院測量行政懇談会基本政策部会   部会委員  

    2012年4月 - 2013年9月   

  6. 国土地理院 地理空間情報産学官中部地区連絡協議会   委員  

    2010年8月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

▼全件表示

受賞 3

  1. 情報処理学会 論文賞

    2013年6月   情報処理学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. Best Demo Award

    2009年5月   Mobile Data Management 2009  

  3. 山下記念研究賞

    2005年7月   情報処理学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 480

  1. Deep Learning for Ballroom Dance Recognition: A Temporal and Trajectory-Aware Classification Model With Three-Dimensional Pose Estimation and Wearable Sensing 査読有り

    Matsuyama Hitoshi, Aoki Shunsuke, Yonezawa Takuro, Hiroi Kei, Kaji Katsuhiko, Kawaguchi Nobuo

    IEEE SENSORS JOURNAL   21 巻 ( 22 ) 頁: 25437 - 25448   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Sensors Journal  

    Dance performance recognition methods have been investigated and shown various applications such as picture-pose evaluation and synchronizing foot timing and direction. However, detailed analysis and feedback are still missing. To provide them, understanding the performance by component level is necessary. Specifically, we formulate it as a dance-figure classification problem using three-dimensional body joints and wearable sensors. Our model is based on long short-term memory (LSTM) and includes the temporal and trajectory-wise structure that uses the trajectory information in a timestep and the temporal masking module. As a result, we achieved 93% accuracy with our proposed method, which is highly overwhelming the baseline result (84.7%) and very close to the accuracy of the experienced dancers (93.6%). We have made the dataset of ballroom dance performance dataset open to researchers to develop the activity recognition field further.

    DOI: 10.1109/JSEN.2021.3098744

    Web of Science

    Scopus

  2. 機械学習による慣性センサを用いた転倒動作検知に関する研究

    東浦圭亮,吉田拓人,加納一馬,瀧上昂希,山口公平,浦野健太,青木俊介,米澤拓郎,河口信夫

    社会システムと情報技術研究ウィーク (WSSIT2022)     2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  3. RobotNEST: Toward a Viable Testbed for IoT-Enabled Environments and Connected and Autonomous Robots 査読有り

    Aoki Shunsuke, Yonezawa Takuro, Kawaguchi Nobuo

    IEEE SENSORS LETTERS   6 巻 ( 2 )   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Sensors Letters  

    Autonomous mobile robots (AMRs), including delivery robots, security robots, and automated wheelchairs, are very promising for improving the quality of life, safety, mobility, and productivity. To deploy such sensor-rich AMRs in real-world society, we have to resolve not only technical challenges but also ethical and societal issues. In addition, since multiple companies are developing different types of AMRs individually, we have to design and develop practical platform to enable safe cooperation and collaboration before using them in the society. Hence, in this letter, we present a viable Nagoya Experimental Site and Testbed named <italic>RobotNEST</italic> developed at Nagoya City, Japan, where we leverage vehicular communications and edge/cloud computing technologies to develop cooperative mobile robots. RobotNEST provides real-world AMRs, experimental fields, learning kits, and infrastructural sensors and communications, including 5G private networks. We also introduce multiple developed applications at RobotNEST that enable safe cooperation for autonomous robots. Finally, we discuss the scalability and limitations of the testbed and conclude with future research directions.

    DOI: 10.1109/LSENS.2021.3139624

    Web of Science

    Scopus

  4. Synthetic People Flow: Privacy-Preserving Mobility Modeling from Large-Scale Location Data in Urban Areas 査読有り

    Tamura N., Urano K., Aoki S., Yonezawa T., Kawaguchi N.

    Lecture Notes of the Institute for Computer Sciences, Social-Informatics and Telecommunications Engineering, LNICST   419 LNICST 巻   頁: 553 - 567   2022年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Lecture Notes of the Institute for Computer Sciences, Social-Informatics and Telecommunications Engineering, LNICST  

    Recently, there has been an increasing demand for traffic simulation and congestion prediction for urban planning, especially for infection simulation due to the Covid-19 epidemic. On the other hand, the widespread use of wearable devices has made it possible to collect a large amount of user location history with high accuracy, and it is expected that this data will be used for simulation. However, it is difficult to collect location histories for the entire population of a city, and detailed data that can reproduce trajectories is expensive. In addition, such personal location histories contain private information such as addresses and workplaces, which restricts the use of raw data. This paper proposes Agent2Vec, a mobility modeling model based on unsupervised learning. Using this method, we generate synthetic human flow data without personal information.

    DOI: 10.1007/978-3-030-94822-1_36

    Scopus

  5. 3次元LiDARを搭載した自律走行ロボットを用いたWi-Fi電波強度および通信速度測定システム

    盛下 泰暉, 浅井 悠佑, 浦野 健太, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    情報処理学会研究報告   2021-MBL-101 巻 ( 34 ) 頁: 1 - 6   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  6. 大規模ユーザの滞在情報に基づくエリアの特徴付けとCOVID-19による影響分析 査読有り

    庄子 和之, 青木 俊介, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    情報処理学会論文誌   62 巻   頁: 1644 - 1657   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. スマートメータを利用した行動認識のための電気使用量クラスタリングに関する検討

    深谷 暢也,浦野 健太,青木 俊介, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    令和3年度 電気・電子・情報関係学会東海支部連合     2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  8. A Gaze-Based Unobstructive Information Selection by Context-Aware Moving UI in Mixed Reality 査読有り

    Hayashida N., Matsuyama H., Aoki S., Yonezawa T., Kawaguchi N.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   12782 LNCS 巻   頁: 301 - 315   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)  

    Mixed reality (MR) technology has been attracting attention in the automobile industry and logistics industry for work training and remote work support for newcomers. However, work support using MR technology has the problem that displaying too much information obstructs the user’s field of vision and rather interferes with the work. Therefore, it is necessary to detect the user’s intention and provide only the information that the user wants. In addition, the system should be able to detect naturally from the user’s behavior without interrupting the work, which the user explicitly selects. To solve these problems, in this paper, we use the user’s gaze to determine whether to display content by estimating whether or not they are looking at information. Another problem with gaze-based research in MR work support is that it is difficult to determine which space you are looking at in a space where virtual space and real space intersect. In order to overcome this problem, in this research, we grasp the user’s behavior from the movement of the user’s gaze, and we suggest a way to determine make the user interface (UI) the movement of the gaze that is unlikely to occur during that behavior to see if the user is looking at the UI. As a result of the experiment, we were able to promote the movement of gaze that is different from the characteristics of the movement of gaze during work with the proposed UI movement.

    DOI: 10.1007/978-3-030-77015-0_22

    Scopus

  9. DigiMobot: Digital twin for human-robot collaboration in indoor environments 査読有り

    Fukushima Y., Asai Y., Aoki S., Yonezawa T., Kawaguchi N.

    IEEE Intelligent Vehicles Symposium, Proceedings   2021-July 巻   頁: 55 - 62   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Intelligent Vehicles Symposium, Proceedings  

    Human-robot collaboration and cooperation are critical for Autonomous Mobile Robots (AMRs) in order to use them in indoor environments, such as offices, hospitals, libraries, schools, factories, and warehouses. Since a long transition period might be required to fully automate such facilities, we have to deploy AMRs while improving safety in the mixed environments of human and mobile robots. In addition, human behaviors in such environments might be difficult to predict. In this paper, we present a Digital Twin for Autonomous Mobile Robots system named DigiMobot to support, manage, monitor, and validate AMRs in indoor environments. First, DigiMobot can simulate human behaviors and robot movements to verify and validate AMRs to improve safety in a virtual world. Secondly, DigiMobot can monitor and manage AMRs in the physical world by collecting sensor data from each robot in real-time. Since DigiMobot enables us to test the robot systems in the virtual world, we can deploy and implement AMRs in each facility without any modifications. To show the feasibility of DigiMobot, we develop a software framework and two different types of autonomous mobile robots. Finally, we conduct real-world experiments in a warehouse located in Saitama, Japan, in which more than 400, 000 items are stored for commercial purposes.

    DOI: 10.1109/IV48863.2021.9575499

    Scopus

  10. How to monitor multiple autonomous vehicles remotely with few observers: An active management method

    Ding M., Takeuchi E., Ishiguro Y., Ninomiya Y., Kawaguchi N., Takeda K.

    IEEE Intelligent Vehicles Symposium, Proceedings   2021-July 巻   頁: 1168 - 1173   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Intelligent Vehicles Symposium, Proceedings  

    In this research, we proposed an active management method to tele-monitor and tele-operate more autonomous vehicles (AVs) with few observers by adjusting the movement of the AVs actively. A management system is created to get the status from the AVs and separate the monitoring requirement to the observers optimally. When the requirements might be intensive, the management system can also adjust the movements of the AVs actively to distribute the monitoring time, which can make the observers monitor more vehicles. We implement and verify the management system in an autonomous driving simulator - CARLA for the limited number of AVs and observers. Based on the data acquired from the driving simulator, we also create a numerical simulator and tested our method with the pairs of a large number of AVs and observers. The result of both simulators shows that our method can reduce the utilization degree of observers and make them monitor more AVs.

    DOI: 10.1109/IV48863.2021.9575997

    Scopus

  11. 自律移動ロボットのセンサ機器を用いた人流推定手法の提案

    下里 浩昇, 片山 晋, 浦野 健太, 青木 俊介, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    マルチメディア、分散、協調とモバイル DICOMO2021シンポジウム     2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  12. 大規模公園環境におけるWiFiパケットセンサデータの利活用に関する分析と課題

    村井 大地, 浦野 健太, 青木 俊介, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    マルチメディア、分散、協調とモバイル DICOMO2021シンポジウム     2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  13. IoTに基づく潜在的社会需要の推定と柔軟なサービス需給交換基盤

    永田 吉輝, 村井 大地, 片山 晋, 浦野 健太, 青木 俊介, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    マルチメディア、分散、協調とモバイル DICOMO2021シンポジウム     2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  14. 時空間ルーティングを用いた複数自律移動ロボットの協調走行

    福島 悠人, 浅井 悠佑, 浦野 健太, 青木 俊介, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    マルチメディア、分散、協調とモバイル DICOMO2021シンポジウム     2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  15. 赤外線グリッドセンサを用いた深層学習での人の位置推定手法の検討

    戸出 悠太, 片山 晋, 浦野 健太, 青木 俊介, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    マルチメディア、分散、協調とモバイル DICOMO2021シンポジウム     2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  16. Transformerモデルを用いた人流の時系列予測

    挺屋 友幹, 片山 晋, 浦野 健太, 青木 俊介, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    マルチメディア、分散、協調とモバイル DICOMO2021シンポジウム     2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  17. 加速度の時空間情報を考慮した進行方向推定手法の検討

    吉田 拓人, 浦野 健太, 青木 俊介, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    マルチメディア、分散、協調とモバイル DICOMO2021シンポジウム     2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  18. 都市を対象とした大規模移動履歴に基づく疑似人流データ生成手法

    田村 直樹, 浦野 健太, 青木 俊介, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    マルチメディア、分散、協調とモバイル DICOMO2021シンポジウム     2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  19. 時間・空間的相関を考慮した人流の時系列予測手法

    挺屋 友幹, 青木 俊介, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)     2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  20. An end-to-end ble indoor localization method using lstm

    Urano K., Hiroi K., Yonezawa T., Kawaguchi N.

    Journal of Information Processing   29 巻 ( 0 ) 頁: 58 - 69   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Information Processing  

    This paper proposes an indoor localization method for Bluetooth Low Energy (BLE) devices using an end-to-end LSTM neural network. We focus on a large-scale indoor space where there is a tough environment for wireless indoor localization due to signal instability. Our proposed method adopts end-to-end localization, which means input is a time-series of signal strength and output is the estimated location at the latest time in the input. The neural network in our proposed method consists of fully-connected and LSTM layers. We use a custom-made loss function with 3 error components: MSE, the direction of travel, and the leap of the estimated location. Considering the difficulty of data collection in a short preparation term, the data generated by a simple signal simulation is used in the training phase, before training with a small amount of real data. As a result, the estimation accuracy achieves an average of 1.92 m, using the data collected in GEXPO exhibition in Miraikan, Tokyo. This paper also evaluates the estimation accuracy assuming the troubles in a real operation.

    DOI: 10.2197/ipsjjip.29.58

    Scopus

    CiNii Research

  21. 複数の自動運転車両を少人数で遠隔監視するための能動的管理手法

    丁 明, 竹内 栄二郎, 石黒 洋生, 二宮 芳樹, 河口 信夫, 武田 一哉

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2021 巻 ( 0 ) 頁: 2P1-B10   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmermd.2021.2p1-b10

    CiNii Research

  22. RGNet: Robust Gravity Estimation Neural Network for IMU-based Localization Using Smartphone 査読有り

    Yoshida T., Urano K., Aoki S., Yonezawa T., Kawaguchi N.

    13th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Network, ICMU 2021     2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:13th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Network, ICMU 2021  

    With the rapid development of Micro Electro-Mechanical Systems (MEMS) technologies, indoor navigation and localization with Inertial Measurement Unit (IMU) has been increasingly feasible. IMU-based indoor localization is a low-cost, energy-efficient, and infrastructure-free approach. There are various methods for it, and most of them require gravity estimation (e.g. the projection of angular velocity, the extraction of horizontal acceleration). In particular, when you use a smartphone, it changes the orientation of its IMU frequently, therefore the gravity estimation needs to be more robust to sensor orientation and its noise. In this paper, we propose a gravity estimation method based on deep learning called RGNet (Robust Gravity Estimation Neural Network) that is robust to sensor orientation and noise. We train an LSTM (Long short-term memory)-based neural network that estimates gravity from acceleration and angular velocity. Furthermore, for the problem that it is difficult to prepare the ground truth of gravity directly, we propose a method to train the gravity estimation neural network indirectly using the heading, taking advantage of the fact that the heading can be estimated from the gravity and angular velocity. The evaluation results show that the accuracy of the proposed method outperformed the baseline gravity estimation method (Android API, Low-pass filter, and Extended Kalman filter). We also confirmed that the accuracy of IMU-based localization is affected by the difference in gravity estimation methods.

    DOI: 10.23919/ICMU50196.2021.9638853

    Scopus

  23. Person-Flow Estimation with Preserving Privacy Using Multiple 3D People Counters 査読有り

    Nagata Y., Yonezawa T., Kawaguchi N.

    Lecture Notes of the Institute for Computer Sciences, Social-Informatics and Telecommunications Engineering, LNICST   372 巻   頁: 615 - 634   2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Lecture Notes of the Institute for Computer Sciences, Social-Informatics and Telecommunications Engineering, LNICST  

    The spread of mobile phones made it easy to estimate person-flow for corporate marketing, crowd analysis, and countermeasures for disaster and disease. However, due to recent privacy concerns, regulations have been tightened around the world and most smartphone operating systems have increased privacy protection. To solve this, in this study, we propose the person-flow estimation technique with preserving privacy. We use 3D People Counter which can record only the time and direction of passing people, a person’s height, and walking speed, therefore it preserves privacy from the moment of collecting data. To estimate people’s in-out data, we propose four methods and they use some of the sensor data above in different combinations. We compared these methods and the height-based method could estimate about 79% of the sensor data as in-out data. Additionally, we also created a system to interpolate in-out data into person-flow data and to visualize it. By using this method, we believe that it can be used for the purposes described in the beginning.

    DOI: 10.1007/978-3-030-76063-2_41

    Scopus

  24. Estimating and Leveraging Latent Social Demand Based on IoT sensors: An Empirical Study in a Large Public Park 査読有り

    Nagata Y., Murai D., Katayama S., Urano K., Aoki S., Yonezawa T., Kawaguchi N.

    13th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Network, ICMU 2021     2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:13th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Network, ICMU 2021  

    The continuously changing conditions of cities are now technically understandable in the information space through real-world sensing methods and analytical methods such as big data analysis and machine learning. On the other hand, it is currently difficult to estimate and present what the people in the city need (latent demand). This paper aims to solve latent demand by developing Latent Demand Resolver (LD-Resolver), the new latent demand estimation and exchanging system. LD-Resolver has two components, Latent Demand Extractor (LD-Extractor) and Latent Demand Exchanger (LD-Exchanger). LD-Extractor extracts a latent demand from various social conditions using IoT sensors, Web, and SNS. LD-Exchanger has a new structure to exchange a latent demand with an appropriate service supply. Finally, we developed the LD-Resolver and conducted a demonstration experiment at the Higashiyama Zoo and Botanical Garden to verify the method. As a result of the two-week experiment, the proposed method can be effectively used in actual facility operations.

    DOI: 10.23919/ICMU50196.2021.9638789

    Scopus

  25. A Basic Study on Ballroom Dance Figure Classification with LSTM Using Multi-modal Sensor

    Matsuyama H., Hiroi K., Kaji K., Yonezawa T., Kawaguchi N.

    Smart Innovation, Systems and Technologies   204 巻   頁: 209 - 226   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Smart Innovation, Systems and Technologies  

    The paper presents a ballroom dance figure classification method with LSTM using video and wearable sensors. Ballroom dance is a popular sport among people regardless of age or sex. However, learning ballroom dance is very difficult for less experienced dancers as it has many complex types of “dance figures”, which is a completed set of footsteps. Therefore, we aim to develop a system to assist dance exercise which gives advice proper to each dance figure characteristic by recognizing dance figures correctly. While the major approach to recognize dance performance is to utilize video, we cannot simply adopt it for ballroom dance because the images of dancers overlap each other. To solve the problem, we propose a hybrid figure recognition method combining video and wearable sensors to enhance its accuracy and robustness. We collect video and wearable sensor data of seven dancers including acceleration, angular velocity, and body parts location change by pose estimation. After that, we preprocess them and put them into an LSTM-based deep learning network. As a result, we confirmed that our approach achieved an F1-score of 0.86 for 13 figure types recognition using the multi-modal sensors with trial-based fivefold cross-validation. We also performed user-based cross-validation, and sliding window algorithms. In addition, we compared the results with our previous method using Random Forest and also evaluated the robustness with occlusions. We found the LSTM-based method worked better than Random Forest with keypoint data. On the other hand, LSTM could not perform well with a sliding window algorithm. We consider the LSTM-based method would work better with a larger dance figure data, which is our next work. In addition, we will investigate how to solve occlusion problems with pose estimation.

    DOI: 10.1007/978-981-15-8944-7_13

    Scopus

  26. ER-Chat: 感情制御を伴う対話システム におけるテキスト応答生成手法

    片山 晋, 米澤 拓郎, 大越 匡, 中澤 仁, 河口 信夫

    情報処理学会研究報告 ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2020-UBI-68 No.26 巻   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  27. 感情制御を伴うテキスト対話システムの実現

    片山 晋, 米澤 拓郎, 大越 匡. 中澤 仁. 河口信夫

    人間情報学会オーラルセッション   第37回 巻   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  28. Person-Flow Estimation with Preserving Privacy using Multiple 3D People Counters 査読有り

    Yoshiteru Nagata, Takuro Yonezawa, Nobuo Kawaguchi

    Transaction of 5th EAI International Conference on IoT in Urban Space     2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  29. Autonomous Mobile Robot System for Human Machine Harmonization using Harmoawre 招待有り

    Nobuo Kawaguchi

    IEEE InTech Forum     2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  30. COVID-19における人流分析とHarmoware-VISによる可視化 招待有り

    河口信夫

    電子情報通信学会 SeMI 研究会     2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  31. 社交ダンスの動作特性を考慮した マルチモーダルセンサによるダンスフィガー認識 査読有り

    松山 仁, 浦野 健太,廣井 慧, 梶 克彦, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    情報処理学会論文誌   Vol. 61 巻 ( No. 10 )   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. A Basic Study on Ballroom Dance Figure Classification with LSTM using Multi-modal Sensor 査読有り

    Hitoshi Matsuyama, Kei Hiroi, Katsuhiko Kaji, Takuro Yonezawa, Nobuo Kawaguchi

    2nd International Conference on Activity and Behavior Computing     2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  33. 分散型人流・交通流シミュレータの大規模環境における 動作実証

    平野 流,米澤 拓郎,河口 信夫

    電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会     2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  34. エリア毎の滞在利用情報を用いた移動遷移モデルの分析

    庄子 和之,米澤 拓郎,河口 信夫

    電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会     2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  35. Wi-Fiパケットセンサを用いた大規模レジャー施設における人流分析

    村井 大地,米澤 拓郎,河口 信夫

    電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会     2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  36. Civic Crowdsensing through Location-aware Virtual Monsters 査読有り

    Takuro Yonezawa, Mina Sakamura, Jin Nakazawa, Nobuo Kawaguchi

    22nd INTERNATIONAL CONFERENCE ON HUMAN-COMPUTER INTERACTION (HCII 2020)     2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  37. Nurse Care Activity Recognition Challenge: A Comparative Verification of Multiple Preprocessing Approaches 査読有り

    Hitoshi Matsuyama, Takuto Yoshida, Nozomi Hayashida, Yuto Fukushima, Takuro Yonezawa, Nobuo Kawaguchi

    UbiComp-ISWC '20: Adjunct Proceedings of the 2020 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2020 ACM International Symposium on Wearable Computer     頁: 414   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  38. 人と協調する倉庫内配送ロボットのシミュレーションを用いた最適化の検討

    浅井悠佑, 廣井 慧, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    マルチメディア、分散、協調とモバイル DICOMO2020シンポジウム     2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  39. 大規模分散環境における人流・交通流シミュレータの設計と課題

    平野 流, 廣井 慧, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    マルチメディア、分散、協調とモバイル DICOMO2020シンポジウム     2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  40. 複数の3D通過センサによるプライバシーを考慮した人流推定手法

    永田 吉輝, 廣井 慧, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    マルチメディア、分散、協調とモバイル DICOMO2020シンポジウム     2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  41. 滞在に関する時系列情報を用いたエリア毎の分散表現の検討

    庄子和之,廣井慧,米澤拓郎,酒田理人,河口信夫

    マルチメディア、分散、協調とモバイル DICOMO2020シンポジウム     2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  42. Wi-Fiパケットセンサを用いた大規模レジャー施設における行動パターンの分析

    村井大地, 廣井 慧, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    マルチメディア、分散、協調とモバイル DICOMO2020シンポジウム     2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  43. ドキドキをセンシングして可視化するLEDライティングデバイス

    浦野 健太, 廣井 慧, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    マルチメディア、分散、協調とモバイル DICOMO2020シンポジウム     2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  44. 粒度の異なる多様な時空間データの保存・抽出システムの設計と実装

    鷲田 健斗, 廣井 慧, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    マルチメディア、分散、協調とモバイル DICOMO2020シンポジウム     2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  45. CityFeder: 異種スマートシティ基盤を柔軟につなぐ プログラマブル・フェデレーション機構

    米澤 拓郎, 河崎 隆文, 吉田 拓人, 伊藤 友隆, 上津原 一利, 古城 篤, 中澤 仁, 河口 信夫

    マルチメディア、分散、協調とモバイル DICOMO2020シンポジウム     2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  46. Synerex: 超スマート社会を支える需給交換プラットフォームの設計コンセプトと機能

    河口 信夫, 米澤 拓郎, 廣井 慧

    情報処理学会研究報告 ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2020-UBI-65(49) 巻   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  47. 歩容に頑健なPDRのための深層学習を用いた進行方向推定手法

    吉田 拓人, 廣井 慧, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)     2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  48. 柔軟に構成を変更可能な人流・交通流シミュレータの設計と評価

    平野 流, 廣井 慧, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    研究報告モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会(MBL)     2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  49. マルチモーダル社交ダンス認識における従来手法と深層学習の比較評価

    松山 仁, 廣井 慧, 梶 克彦, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)     2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  50. ドキドキをセンシングして可視化するLEDライティングデバイスの検討

    浦野 健太,廣井 慧,米澤 拓郎,河口 信夫

    研究報告モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会(MBL)     2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  51. 個人に依存した時空間セマンティクスの分散表現の検討

    庄子 和之, 米澤 拓郎, 廣井 慧, 河口 信夫

    情報処理学会研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2020-UBI-65(30) 巻   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  52. 高精度MI磁気センサを用いたSMM位置推定の精度評価

    渡邊 康祐 , 廣井 慧 , 米澤 拓郎 , 梶 克彦 , 河口 信夫

    情報処理学会研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2020-UBI-65(31) 巻   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  53. 倉庫における人と自律配送ロボットの協調制御手法の基礎的検討

    浅井 悠佑, 廣井 慧, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    情報処理学会研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)   2020-UBI-65(33) 巻   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  54. 回転磁石マーカを用いたスマートフォン2次元経路推定 査読有り

    渡邊 康祐, 廣井 慧, 米澤 拓郎, 梶 克彦, 河口 信夫

    情報処理学会論文誌   Vol.61 巻 ( No.2 )   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. 地形の影響を考慮した積雪時のバス遅延の分析と到着時刻予測への適用 査読有り

    廣井 慧, 花之内 広太郎, 今井 瞳, 河口 信夫

    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)   140 巻 巻 ( 2 号 ) 頁: 257 - 266   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. An analysis of bus traffic delay with geographical characteristics and an application to arrival time prediction in snowfall situation

    Hiroi K., Hananouchi K., Imai H., Kawaguchi N.

    IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   140 巻 ( 2 ) 頁: 257 - 266   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems  

    Bus transportation service is more influenced than other public transport by various factors such as traffic congestion, weather condition, number of passengers, traffic signals. These factors often cause delay and the users may feel inconvenience while waiting at the bus stop. In the case of snowfall event, a large delay occurs, which greatly reduces the convenience of the bus. This paper aims at highly accurate arrival time prediction for each bus stop section in snow event in urban area. We investigate vulnerability of bus operations to snowfall and incorporate into predictions using geographical characteristics. In each bus stop section, we estimate geographical characteristics (gradient angle and gradient direction) and snow accumulation amount with detailed spatial resolution as factors affecting bus delay. Then, we evaluate a prediction accuracy using the arrival time prediction model with multiple regression analysis and the Kalman filter. As a result of the multiple regression analysis, it was found that the geographical characteristics of each bus stop section were the explanatory variables that greatly affect the bus delay at snowfall event. Furthermore, we predicted the bus arrival time using actual bus operation data. Of the 29 routes, 18 routes showed improvement in the predicted arrival time.

    DOI: 10.1541/ieejeiss.140.257

    Scopus

    CiNii Research

  57. Civic Crowdsensing Through Location-Aware Virtual Monsters

    Yonezawa T., Sakamura M., Kawaguchi N., Nakazawa J.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   12203 LNCS 巻   頁: 464 - 476   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)  

    We present a new model for encouraging people to get involved with monitoring and taking part in the life of cities. Cities could be smarter if IoT and people could serve as engaged and pro-active data resources (i.e., crowd sensing). This study tackles two challenges: methods by which the privacy of people who act as sensors/actuators can be guaranteed and methods to create a unified programming model for crowd sensors alongside other IoT functions. To achieve these goals, we introduce a new concept called Lokemon (Location Monster). Each sensing space is characterized as a personified target. Lokemon asks users to imagine themselves to be monsters associated with target spots when achieving sensing tasks. Lokemon is also expressed as a PubSub node so that the data from Lokemon can be easily accessed in the same way as data from IoT is assessed. The article explains the concept of Lokemon and its programming model. We report our evaluation of the effectiveness of Lokemon in a campus experiment that was performed for four weeks.

    DOI: 10.1007/978-3-030-50344-4_33

    Scopus

  58. ユーザの休日における外出先POI情報に基づくプライバシーを考慮した居住地属性推定手法の一検討

    湯木悠太, 米澤拓郎, 廣井慧, 河口信夫

    情報処理学会研究報告モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会(MBL)   Vol.2019-MBL-03 巻 ( No.7 )   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  59. Anomaly Event Detection using Bus Management Information -Case Study of Anomaly Operation Status Detection and Its Application 査読有り

    Wei Sun , Kei Hiroi , Takuro Yonezawa , Nobuo Kawaguchi

      ( 2019-ITS-79(5) ) 頁: 1 - 5   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  60. An End-to-End BLE Indoor Location Estimation Method using LSTM 査読有り

    Kenta Urano, Kei Hiroi, Takuro Yonezawa, Nobuo Kawaguchi

    ICMU2019     2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  61. An End-to-End BLE Indoor Location Estimation Method Using LSTM

    Urano K., Hiroi K., Yonezawa T., Kawaguchi N.

    2019 12th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Network, ICMU 2019     2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:2019 12th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Network, ICMU 2019  

    Indoor location estimation has long been researched to realize location-based services. In this paper, we propose an indoor location estimation method for Bluetooth Low Energy (BLE) devices using end-to-end LSTM neural network. We focus on large-scale exhibition where is a tough environment for wireless indoor location estimation due to signal strength instability. To achieve higher accuracy, deep learning based methods are proposed rather than trilateration or fingerprint. Existing deep learning based methods estimate the location from the probabilities using the difference of query signal strength and autoencoder-reconstruction of it. Proposed method adopts end-to-end location estimation, which means the neural network takes a time-series of signal strength and outputs the estimated location at the latest time in the input time-series. We also build a loss function which takes how a person walks into account. Considering the difficulty of data collection within a short preparation term of an exhibition, the data generated by a simple simulation is used in the training phase before training with a small amount of real data. As a result, the estimation accuracy is average of 1.92m, using the data collected in GEXPO exhibition in Miraikan, Tokyo. Proposed method outperforms our previous trilateration based method's 4.51m average.

    DOI: 10.23919/ICMU48249.2019.9006638

    Scopus

  62. Sampling Rate Dependency in Pedestrian Walking Speed Estimation using DualCNN-LSTM 査読有り

    Takuto Yoshida, Junto Nozaki, Kenta Urano, Kei Hiroi, Katsuhiko Kaji, Takuro Yonezawa, Nobuo Kawaguchi

    Ubicomp2019     2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  63. End-to-End Walking Speed Estimation Method for Smartphone PDR using DualCNN-LSTM 査読有り

    Nobuo Kawaguchi, Junto Nozaki, Takuto Yoshida, Kei Hiroi, Takuro Yonezawa, Katsuhiko Kaji

    The Tenth International Conference on Indoor Positioning and Indoor Navigation(IPIN2019).     2019年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  64. Ballroom Dance Step Type Recognition by Random Forest Using Video and Wearable Sensor 査読有り

    Hitoshi Matsuyama, Kei Hiroi, Katsuhiko Kaji, Takuro Yonezawa, Nobuo Kawaguchi

    UBICOMP/ISWC'19     2019年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  65. 歩容に頑健なPDRのための深層学習を用いた歩行速度推定手法

    吉田 拓人, 野崎 惇登, 廣井 慧, 梶 克彦, 米澤 拓郎, 河口 信夫

    研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)     2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  66. ニューラルネットワークを用いた大規模イベント向けBLE屋内位置推定の比較評価

    浦野健太,廣井慧,米澤拓郎,河口信夫

    マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2019論文集(DICOMO2019)     2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  67. 回転磁石マーカを用いたスマートフォン所持者の2次元経路推定

    渡邊康祐, 廣井慧, 米澤拓郎, 梶克彦, 河口信夫

    マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2019論文集(DICOMO2019)     2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  68. 人の回避行動を考慮した移動ロボットの経路計画法の検討

    浅井悠佑,廣井慧,米澤拓郎,河口信夫

    マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2019論文集(DICOMO2019)     2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  69. 異なるサービス提供者間におけるトラストモデル とその実装に関する研究

    平野流,廣井慧,米澤拓郎,河口信夫

    マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2019論文集(DICOMO2019)     2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  70. 自動運転車のレーザセンサを利用した路面性状調査 査読有り

    浦野健太, 廣井慧, 加藤真平, 駒形望, 河口信夫

    マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2018論文集(DICOMO2018)   - 巻 ( - ) 頁: 264 - 269   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  71. 高齢者の外出促進を目的とした行動認識の適応学習およびチャットアプリケーションの実証実験 査読有り

    玉森 聡, 石黒 祥生, 廣井 慧, 河口 信夫, 武田 一哉

    コンシューマ・デバイス&システム(CDS)研究会トランザクション   9 巻 ( 2 ) 頁: 33 - 46   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  72. Hybrid activity recognition for ballroom dance exercise using video and wearable sensor

    Matsuyama H., Hiroi K., Kaji K., Yonezawa T., Kawaguchi N.

    2019 Joint 8th International Conference on Informatics, Electronics and Vision, ICIEV 2019 and 3rd International Conference on Imaging, Vision and Pattern Recognition, icIVPR 2019 with International Conference on Activity and Behavior Computing, ABC 2019     頁: 112 - 117   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:2019 Joint 8th International Conference on Informatics, Electronics and Vision, ICIEV 2019 and 3rd International Conference on Imaging, Vision and Pattern Recognition, icIVPR 2019 with International Conference on Activity and Behavior Computing, ABC 2019  

    In this paper, we propose a hybrid activity recognition method for ballroom dance exercise using video and wearable sensor. The purpose of our research is to design a mechanism to support ballroom dance exercise, and this paper reports the first part to design a mechanism is to support ballroom dance exercise, and this paper reports the first outcome to achieve the purpose - recognizing ballroom dance exercise. There are two conceivable ways to recognize dance exercise: videos and wearable sensor. However, each of them has its disadvantages. Using video is a good way to recognize the movement of the body. However, it cannot provide us accurate timing or strength of foot actions because the number of their flames per seconds is too small to recognize the fast movements of dancers. On the other hand, while a wearable sensor is good at recognizing foot timing and strength, it is not good at recognizing the movement of the whole body. Therefore we propose a hybrid recognition method utilizing the merits of both video and wearable sensor. This paper focuses to recognize four different types of steps in Latin American, a kind of ballroom dance. For each step, we record wearable sensing data and videos. As a result, it is found that the accuracy of step recognition is improved by adding wearable sensing data to video data shot from two different angles.

    DOI: 10.1109/ICIEV.2019.8858524

    Scopus

  73. Road Surface Condition Inspection Using a Laser Scanner Mounted on an Autonomous Driving Car 査読有り

    Kenta Urano, Kei Hiroi, Shinpei Kato, Nozomi Komagata, Nobuo Kawaguchi

    PerVehicle 2019   - 巻 ( - ) 頁: 826 - 831   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  74. A smartphone 3D positioning method using a spinning magnet marker 査読有り

    Watanabe K., Hiroi K., Kamiyama T., Sano H., Tsukamoto M., Katagiri M., Ikeda D., Kaji K., Kawaguchi N.

    Journal of Information Processing   27 巻 ( 0 ) 頁: 10 - 24   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Information Processing  

    In recent years, the importance of location information has increased due to the popularization of terminals such as smartphones. Our purpose is to estimate the 3D position of smartphones within several centimeters. This location information can reveal a person’s behavior patterns and subject of interest. A method based on dynamic magnetism can estimate the 3D position of a terminal within several centimeters, and it is robust against the environment. However, since the performance of the smartphone’s magnetic sensor is limited, this method cannot be used in smartphones. In this research, we propose a smartphone 3D positioning method using a Spinning Magnet Marker (SMM) that spins a powerful neodymium magnet with a motor. Magnetoquasistatic field generated by an SMM is detected by a magnetic sensor mounted on a smartphone, and the 3D position of a smartphone based on the SMM is estimated from the magnetism. We developed an SMM with a stepper motor to improve estimation accuracy. In addition, we studied the magnetism generated by an SMM and derive equations to estimate the 3D position of a smartphone. Furthermore, we improved the estimation accuracy and expanded coverage by introducing a noise reduction method. We evaluate the estimation accuracy of the proposed method. When the azimuth angle is 0 ◦ , the elevation angle is 0 ◦ , and the distance is 3 m, the azimuth angle is estimated with a mean error of 1 ◦ , the elevation angle is estimated with a mean error of 4 ◦ , and the distance is estimated with a mean error of 9 cm.

    DOI: 10.2197/ipsjjip.27.10

    Scopus

    CiNii Research

    researchmap

  75. Ballroom Dance Step Type Recognition by Random Forest Using Video and Wearable Sensor

    Matsuyama Hitoshi, Hiroi Kei, Kaji Katsuhiko, Yonezawa Takuro, Kawaguchi Nobuo

    UBICOMP/ISWC'19 ADJUNCT: PROCEEDINGS OF THE 2019 ACM INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON PERVASIVE AND UBIQUITOUS COMPUTING AND PROCEEDINGS OF THE 2019 ACM INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON WEARABLE COMPUTERS     頁: 774-780   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1145/3341162.3344852

    Web of Science

    Scopus

  76. Editor's Message to Special Issue of Pervasive System and Intelligent Transportation Systems for Future Life. 査読有り

    Nobuo Kawaguchi

    JIP   27 巻 ( 0 ) 頁: 1 - 1   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Information Processing  

    DOI: 10.2197/ipsjjip.27.1

    Scopus

    CiNii Research

    researchmap

  77. Flood Area Estimation using Personal Location Data - Case Study of Japan Floods in 2018-

    Hiroi Kei, Yoshida Takahiro, Yamagata Yoshiki, Kawaguchi Nobuo

    2019 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON PERVASIVE COMPUTING AND COMMUNICATIONS WORKSHOPS (PERCOM WORKSHOPS)     頁: 285-291   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  78. Sampling Rate Dependency in Pedestrian Walking Speed Estimation Using DualCNN-LSTM

    Yoshida Takuto, Nozaki Junto, Urano Kenta, Hiroi Kei, Kaji Katsuhiko, Yonezawa Takuro, Kawaguchi Nobuo

    UBICOMP/ISWC'19 ADJUNCT: PROCEEDINGS OF THE 2019 ACM INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON PERVASIVE AND UBIQUITOUS COMPUTING AND PROCEEDINGS OF THE 2019 ACM INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON WEARABLE COMPUTERS     頁: 862-868   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1145/3341162.3343765

    Web of Science

    Scopus

  79. 配布型BLEタグとタンデムスキャナを用いた屋内位置推定手法 査読有り

    浦野健太, 廣井慧, 梶克彦, 河口信夫

    情報処理学会論文誌   60 巻   頁: 58 - 75   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  80. Road Surface Condition Inspection Using a Laser Scanner Mounted on an Autonomous Driving Car. 査読有り

    Kenta Urano, Kei Hiroi, Shinpei Kato, Nozomi Komagata, Nobuo Kawaguchi

    IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications Workshops, PerCom Workshops 2019, Kyoto, Japan, March 11-15, 2019     頁: 826 - 831   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Inspection and repair of road infrastructures are important for safety. While highways and motorways are periodically inspected with specialized vehicles, the roads which are maintained by local governments are not inspected because of lack of budget and workforce. In the future, however, a large number of autonomous driving cars will run everywhere. They are equipped with laser scanners to recognize the surroundings. If we utilize these sensors to inspect the road surface condition automatically, the cost of inspection will be reduced dramatically. In this paper, we extract transverse profiles of a road using point clouds which are recorded by a laser scanner mounted on an autonomous driving car. Point clouds are converted to the same format of special vehicle. We compared the data recorded by a specialized vehicle and a car with a laser scanner in Ichinomiya, Aichi prefecture, Japan and found that proposed method can be used as a preliminary survey to find where needs the detailed inspection.

    DOI: 10.1109/PERCOMW.2019.8730820

    Scopus

    researchmap

  81. Gait Dependency of Smartphone Walking Speed Estimation using Deep Learning. 査読有り

    Takuto Yoshida, Junto Nozaki, Kenta Urano, Kei Hiroi, Takuro Yonezawa, Nobuo Kawaguchi

    Proceedings of the 17th Annual International Conference on Mobile Systems, Applications, and Services, MobiSys 2019, Seoul, Republic of Korea, June 17-21, 2019.     頁: 641 - 642   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACM  

    This paper proposes an accurate estimation method of walking speed using deep learning for smartphone-based Pedestrian Dead Reckoning (PDR). PDR requires to estimate speed and direction of pedestrians accurately using accelerometer and gyroscope. To improve the accuracy of PDR, existing works focused to improve the key factors of speed estimation (i.e., stride and/or step estimation) by adapting deep learning. On the contrary, our research proposes to adapt deep learning more directly to estimate walking speed from sensor data of smartphone. We evaluate the accuracy of proposed method by comparing with conventional PDR method. As a result, we confirmed that proposed method can estimate the speed more accurately.

    DOI: 10.1145/3307334.3328667

    Scopus

    researchmap

  82. Hybrid Activity Recognition for Ballroom Dance Exercise using Video and Wearable Sensor

    Matsuyama Hitoshi, Hiroi Kei, Kaji Katsuhiko, Yonezawa Takuro, Kawaguchi Nobuo

    2019 JOINT 8TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFORMATICS, ELECTRONICS & VISION (ICIEV) AND 2019 3RD INTERNATIONAL CONFERENCE ON IMAGING, VISION & PATTERN RECOGNITION (ICIVPR) WITH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACTIVITY AND BEHAVIOR COMPUTING (ABC)     頁: 112 - 117   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  83. Road Surface Condition Inspection Using a Laser Scanner Mounted on an Autonomous Driving Car

    Urano Kenta, Hiroi Kei, Kato Shinpei, Komagata Nozomi, Kawaguchi Nobuo

    2019 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON PERVASIVE COMPUTING AND COMMUNICATIONS WORKSHOPS (PERCOM WORKSHOPS)     頁: 826 - 831   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  84. Compensation Scheme for PDR Using Component-Wise Error Models 査読有り

    Nozaki Junto, Hiroi Kei, Kaji Katsuhiko, Kawaguchi Nobuo

    HUMAN ACTIVITY SENSING: CORPUS AND APPLICATIONS     頁: 29 - 46   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: 10.1007/978-3-030-13001-5_3

    Web of Science

    researchmap

  85. A Smartphone Short-Range Path Estimation with Hyperbolic Function for Spinning Magnet Marker. 査読有り

    Kosuke Watanabe, Nobuo Kawaguchi

    IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications Workshops, PerCom Workshops 2019, Kyoto, Japan, March 11-15, 2019     頁: 459 - 460   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    Recently, an importance of location information has increased with the spread of smartphones. Our purpose is to estimate a smartphone position with a few centimeters error. In addition, we would like to recognize behavior patterns of people, and targets of their interest. These information will provide new services. For example, at an event venue, it will be possible to provide information about other exhibits according to their positions. There is a method that can estimate a position of a magnetic sensor with a few centimeters error is using dynamic magnetism. This method is available even if under strong environmental magnetism because it uses frequency of dynamic magnetism to positioning. However, it is difficult to apply these positioning methods to a smartphone, because a sampling frequency of a magnetic sensor mounted on a smartphone is dozen of hertz, whereas these methods use a dynamic magnetism with several kilohertz [1], [2]. Therefore, we developed a Spinning Magnetic Marker (SMM) which generates dynamic magnetism by spinning a strong magnet, and proposed a positioning method based on dynamic magnetism which can be applied to a smartphone [3], [4]. In this study, we propose a method to estimate a short-range path of a moving smartphone by the hyperbolic function, and curve fitting with magnetism equation.

    DOI: 10.1109/PERCOMW.2019.8730728

    Scopus

    researchmap

  86. An End-to-End BLE Indoor Location Estimation Method Using LSTM

    Urano Kenta, Hiroi Kei, Yonezawa Takuro, Kawaguchi Nobuo

    2019 TWELFTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MOBILE COMPUTING AND UBIQUITOUS NETWORK (ICMU)     2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  87. Basic Study of BLE Indoor Localization using LSTM-based Neural Network. 査読有り

    Kenta Urano, Kei Hiroi, Takuro Yonezawa, Nobuo Kawaguchi

    Proceedings of the 17th Annual International Conference on Mobile Systems, Applications, and Services, MobiSys 2019, Seoul, Republic of Korea, June 17-21, 2019.     頁: 558 - 559   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACM  

    In this paper, LSTM-based neural network is applied to indoor localization using mobile BLE tag’s signal strength collected by multiple scanners. Stability of signal strength is a critical factor of wireless indoor localization for higher accuracy. While traditional methods like trilateration and fingerprinting suffer from noise and packet loss, deep learning based methods perform well. We focus on large-scale exhibition where wireless signal gets unstable due to many people. Proposed neural network consists of fully connected layers for noise removal and LSTM layers for time-series feature extraction. The network takes the time-series of signal strength as input and outputs the estimated location. In the evaluation, the number of layers is changed to find the optimal structure. As a result, the best configuration achieved the error of 2.44m at 75 percentile for the data of a large-scale exhibition in Tokyo.

    DOI: 10.1145/3307334.3328624

    Scopus

    researchmap

  88. Capturing Subjective Time as Context and It's Applications. 査読有り

    Takuro Yonezawa, Yuuki Nishiyama, Kei Hiroi, Nobuo Kawaguchi

    Proceedings of the 17th Annual International Conference on Mobile Systems, Applications, and Services, MobiSys 2019, Seoul, Republic of Korea, June 17-21, 2019.     頁: 647 - 648   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACM  

    We propose an integrated framework for sensing, recognizing and utilizing of subjective time as context. Various studies on experimental psychology have showed several factors which affects subjective time. Those factors should be partially captured by ubiquitous sensors such as smartphones and wearable devices, therefore, we tackle to create common and individual model for subjective time based on the sensor data. We report our first prototype implementation for the framework based on AWARE framework with adding experience sampling method for subjective time recognition. In addition, we discuss potential applications which leveraging advantages of subjective time as context.

    DOI: 10.1145/3307334.3328719

    Scopus

    researchmap

  89. End-to-end walking speed estimation method for smartphone PDR using DualCNN-LSTM

    Kawaguchi N., Nozaki J., Yoshida T., Hiroi K., Yonezawa T., Kaji K.

    CEUR Workshop Proceedings   2498 巻   頁: 463 - 470   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CEUR Workshop Proceedings  

    Most of the current inertial positioning systems can be categorized as the strapdown algorithm and the step-and-heading approach. However, for the strapdown algorithm using smartphone as a sensor device, the accuracy of the current MEMS based accelerometer are not enough for estimating relative movement. Also, for the step-and-heading approach, robust estimation of step length is always difficult. In this paper, we propose an end-to-end walking speed estimation method using Deep Learning to overcome these problems. By using our method, we can achieve a smartphone PDR with higher accuracy and better robustness to gait type.

    Scopus

  90. Human Activity Sensing Corpus and Applications Preface

    Kawaguchi Nobuo, Nishio Nobuhiko, Roggen Daniel, Inoue Sozo, Pirttikangas Susanna, Van Laerhoven Kristof

    HUMAN ACTIVITY SENSING: CORPUS AND APPLICATIONS     頁: V - V   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  91. Short Segment Random Forest with Post Processing Using Label Constraint for SHL Recognition Challenge

    Matsuyama Hitoshi, Urano Kenta, Hiroi Kei, Kaji Katsuhiko, Kawaguchi Nobuo

    PROCEEDINGS OF THE 2018 ACM INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON PERVASIVE AND UBIQUITOUS COMPUTING AND PROCEEDINGS OF THE 2018 ACM INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON WEARABLE COMPUTERS (UBICOMP/ISWC'18 ADJUNCT)     頁: 1636-1642   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1145/3267305.3267532

    Web of Science

  92. A Slope-robust Cascaded Ground Segmentation in 3D Point Cloud for Autonomous Vehicles

    Narksri Patiphon, Takeuchi Eijiro, Ninomiya Yoshiki, Morales Yoichi, Akai Naoki, Kawaguchi Nobuo

    2018 21ST INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT TRANSPORTATION SYSTEMS (ITSC)     頁: 497-504   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  93. Activity Recognition Using Dual-ConvLSTM Extracting Local and Global Features for SHL Recognition Challenge

    Yuki Yuta, Nozaki Junto, Hiroi Kei, Kaji Katsuhiko, Kawaguchi Nobuo

    PROCEEDINGS OF THE 2018 ACM INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON PERVASIVE AND UBIQUITOUS COMPUTING AND PROCEEDINGS OF THE 2018 ACM INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON WEARABLE COMPUTERS (UBICOMP/ISWC'18 ADJUNCT)     頁: 1643-1651   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1145/3267305.3267533

    Web of Science

  94. IMAGE TRANSLATION BETWEEN SAR AND OPTICAL IMAGERY WITH GENERATIVE ADVERSARIAL NETS

    Enomoto Kenji, Sakurada Ken, Wang Weiming, Kawaguchi Nobuo, Matsuoka Masashi, Nakamura Ryosuke

    IGARSS 2018 - 2018 IEEE INTERNATIONAL GEOSCIENCE AND REMOTE SENSING SYMPOSIUM     頁: 1752-1755   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  95. Image-Matching Based Identification of Store Signage Using Web-Crawled Information

    Liao Chenyi, Wang Weimin, Sakurada Ken, Kawaguchi Nobuo

    IEEE ACCESS   6 巻   頁: 45590-45605   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/ACCESS.2018.2865490

    Web of Science

  96. 回転磁石マーカに基づくスマートフォン位置推定 査読有り

    武島知勲, 梶克彦, 廣井慧, 河口信夫, 神山剛, 太田賢, 稲村浩

    情報処理学会論文誌ジャーナル(Web)   59 巻 ( 1 ) 頁: 138 - 149   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  97. Image Translation Between Sar and Optical Imagery with Generative Adversarial Nets. 査読有り

    Kenji Enomoto, Ken Sakurada, Weiming Wang, Nobuo Kawaguchi, Masashi Matsuoka, Ryosuke Nakamura

    2018 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium, IGARSS 2018, Valencia, Spain, July 22-27, 2018   2018-July 巻   頁: 1752 - 1755   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    In this paper, we propose a method for the translation from Synthetic Aperture Radar (SAR) to optical images using conditional Generative Adversarial Networks (cGANs). Satellite images have been widely utilized for various purposes, such as natural environment monitoring (pollution, forest or rivers), transportation improvement and prompt emergency response to disasters. However, the obscurity caused by clouds leads to unstable monitoring of the ground situation while using the optical camera. Images captured by a longer wavelength are introduced to reduce the effects of clouds. In particular, SAR images are known to be nearly unaffected by clouds and are often used for stably observing the ground situation. On the other hand, SAR images have lower spatial resolution and visibility than optical images. Therefore, we propose a deep neural network that generates optical images from SAR images. Finally, we confirm the feasibility of the proposed network on a dataset consisting of optical images and the corresponding SAR images.

    DOI: 10.1109/IGARSS.2018.8518719

    Scopus

    researchmap

  98. Scale Estimation of Monocular SfM for a Multi-modal Stereo Camera. 査読有り

    Shinya Sumikura, Ken Sakurada, Nobuo Kawaguchi, Ryosuke Nakamura

    CoRR   abs/1810.11856 巻   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  99. 仮想空間を利用した空間認識能力の計測手法の提案 査読有り

    嶋田光佑, 廣井慧, 梶克彦, 河口信夫

    情報処理学会論文誌   59 巻 ( 1 ) 頁: 150 - 167   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  100. Reflectance Intensity Assisted Automatic and Accurate Extrinsic Calibration of 3D LiDAR and Panoramic Camera Using a Printed Chessboard

    Wang Weimin, Sakurada Ken, Kawaguchi Nobuo

    REMOTE SENSING   9 巻 ( 8 )   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/rs9080851

    Web of Science

  101. FloodEye: Real-time flash flood prediction system for urban complex water flow

    Hiroi K., Kawaguchi N.

    Proceedings of IEEE Sensors     2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Proceedings of IEEE Sensors  

    This study presents a water-level sensor system that has multiple functions: real-time river-level monitoring and high accurate flood prediction for urban complex water flow (CWF) flooding caused by Localized Heavy Rain. Traditional water-level sensors for large-scale river can detect water-level rising, though they have limitations in detecting urban river dyke height to alert about flooding. This is a result of various riverside environmental limitations. Additionally, previous prediction methods are difficult to detect CWF flooding with high accuracy because water rising differ depends on a location's environment. Therefore, we propose a detection scheme for CWF by developing a water-level sensor system that works in various installation environments using infrared image processing with both low installation and operation cost. We implemented a CWF prediction system that produces accurate and early predictions using a Linear Regression (LR) of deep learning approach with data assimilation. Evaluating based on actual installations (over 1,000 days, 13 locations), our system proved to accurately monitor and predict water-level rising after 5 minutes.

    DOI: 10.1109/ICSENS.2016.7808626

    Scopus

  102. Filmy Cloud Removal on Satellite Imagery with Multispectral Conditional Generative Adversarial Nets

    Enomoto Kenji, Sakurada Ken, Wang Weimin, Fukui Hiroshi, Matsuoka Masashi, Nakamura Ryosuke, Kawaguchi Nobuo

    2017 IEEE CONFERENCE ON COMPUTER VISION AND PATTERN RECOGNITION WORKSHOPS (CVPRW)     頁: 1533-1541   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/CVPRW.2017.197

    Web of Science

  103. 5th Int. Workshop on Human Activity Sensing Corpus and Applications (HASCA): Towards Open-Ended Context Awareness

    Kawaguchi Nobuo, Inoue Sozo, Nishio Nobuhiko, Pirttikangas Susanna, Roggen Daniel, Van Laerhoven Kristof

    PROCEEDINGS OF THE 2017 ACM INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON PERVASIVE AND UBIQUITOUS COMPUTING AND PROCEEDINGS OF THE 2017 ACM INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON WEARABLE COMPUTERS (UBICOMP/ISWC '17 ADJUNCT)     頁: 530-536   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1145/3123024.3124410

    Web of Science

  104. A Location Estimation Method using Mobile BLE Tags with Tandem Scanners

    Urano Kenta, Hiroi Kei, Kaji Katsuhiko, Kawaguchi Nobuo

    PROCEEDINGS OF THE 2017 ACM INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON PERVASIVE AND UBIQUITOUS COMPUTING AND PROCEEDINGS OF THE 2017 ACM INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON WEARABLE COMPUTERS (UBICOMP/ISWC '17 ADJUNCT)     頁: 577-586   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1145/3123024.3124405

    Web of Science

  105. Compensation Scheme for PDR using Sparse Location and Error Model

    Nozaki Junto, Hiroi Kei, Kaji Katsuhiko, Kawaguchi Nobuo

    PROCEEDINGS OF THE 2017 ACM INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON PERVASIVE AND UBIQUITOUS COMPUTING AND PROCEEDINGS OF THE 2017 ACM INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON WEARABLE COMPUTERS (UBICOMP/ISWC '17 ADJUNCT)     頁: 587-596   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1145/3123024.3124406

    Web of Science

  106. Event.Locky: System of event-data extraction from webpages based onweb mining 査読有り

    Liao C., Hiroi K., Kaji K., Sakurada K., Kawaguchi N.

    Journal of Information Processing   25 巻 ( 0 ) 頁: 321 - 330   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Information Processing  

    Nearby event data, such as those for exhibitions and sales promotions, may help users spend their free time more efficiently. However, most event data are hidden in millions of webpages, which is very time-consuming for a user to find such data. To address this issue, we use web mining that extracts event data from webpages. In this paper, we propose and discuss the implementation of Event.Locky – a system for extracting event data from webpages in a user-defined area and displaying them to a user in a spatial-temporal structure. Furthermore, we design two core algorithms for event data extraction in Event.Locky: webpage-data-record extraction and event-record classification. The former is used to convert a semi-structural HTML document into processable structured data. The latter filters out non-event data from extracted data records using machine learning. We trained and evaluated Event.Locky with an actual dataset composed by 96 restaurants and shops at Nagoya train station. As a result, our event-classification algorithm achieved an F1 score of 91.61%, an increase of 3.07% from current event-classification algorithms. The combination of our event-classification algorithm and our data-record-extraction algorithm achieved F1 score 83.96% to extract event records from webpages. That increased 1.6% from current algorithm. Finally, we discuss the feasibility of Event.Locky in an actual online environment through the implementation of a demonstration application.

    DOI: 10.2197/ipsjjip.25.321

    Scopus

    CiNii Research

    researchmap

  107. 通路に設置した回転する磁石による歩行者の通過検出手法 査読有り

    武島知勲, 梶克彦, 廣井慧, 河口信夫, 神山剛, 太田賢, 稲村浩

    情報処理学会論文誌   58 巻 ( 1 ) 頁: 43 - 56   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  108. 歩行時の磁気センシングデータを利用した屋内位置推定手法 査読有り

    村田雄哉, 梶克彦, 廣井慧, 河口信夫, 神山剛, 太田賢, 稲村浩

    情報処理学会論文誌ジャーナル(Web)   58 巻 ( 1 ) 頁: 57 - 67   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  109. Dense Optical Flow based Change Detection Network Robust to Difference of Camera Viewpoints. 査読有り

    Ken Sakurada, Weimin Wang, Nobuo Kawaguchi, Ryosuke Nakamura

    CoRR   abs/1712.02941 巻   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  110. A three-dimensional smartphone positioning method using a spinning magnet marker 査読有り

    Watanabe K., Hiroi K., Kamiyama T., Sano H., Tsukamoto M., Katagiri M., Ikeda D., Kaji K., Kawaguchi N.

    2017 10th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Network, ICMU 2017   2018-January 巻   頁: 1 - 7   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:2017 10th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Network, ICMU 2017  

    We propose a method of detecting the precise three-dimensional position of a smartphone using a Spinning Magnet Marker (SMM). An SMM is a device that generates a dynamic magnetic field by spinning a strong magnet with a motor. In the proposed method, the magnetic sensor of a smartphone detects the magnetic field generated by an SMM, and the three-imensional position of the smartphone is estimated with an accuracy of better than several tens of centimeters based on the magnetic field and the motor angle of the SMM. It is expected that such precise three-dimensional positioning will enable not only better navigation of users to their destinations but also a better understanding of human behavior. First, we construct theoretical equations relating the magnetic field generated by the SMM to the three-dimensional position of the smartphone in three-dimensional polar coordinates. Second, we evaluate the estimation accuracy of the proposed method with the distance between the SMM and the smartphone fixed at 1.0 m. The azimuth is estimated with a mean error of within 11 degrees, and the elevation is estimated with a mean error of within 10 degrees. The distance is estimated with a mean error of within 19 cm at distances of up to 3.0 m.

    DOI: 10.23919/ICMU.2017.8330076

    Scopus

    researchmap

  111. A Three-Dimensional Smartphone Positioning Method using a Spinning Magnet Marker

    Watanabe Kosuke, Hiroi Kei, Kamiyama Takeshi, Sano Hiroyuki, Tsukamoto Masakatsu, Katagiri Masaji, Ikeda Daizo, Kaji Katsuhiko, Kawaguchi Nobuo

    2017 TENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MOBILE COMPUTING AND UBIQUITOUS NETWORK (ICMU)     頁: 38 - 44   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  112. 「究極のヒューマンインタフェースの実現を目指して」

    河口 信夫

    知能と情報   28 巻 ( 6 ) 頁: 169 - 169   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本知能情報ファジィ学会  

    DOI: 10.3156/jsoft.28.6_169

    CiNii Research

  113. Wi-Fi Human Behavior Analysis and BLE Tag Localization: A Case Study at an Underground Shopping Mall 査読有り

    Kawaguchi N., Hiroi K., Shionozaki A., Asukai M., Nasu T., Hashimoto Y., Nakamura T., Gotou T., Ando S.

    ACM International Conference Proceeding Series   28- 巻   頁: 151 - 159   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ACM International Conference Proceeding Series  

    Techniques for obtaining customers' behavior (dwell time, count, and flow) in a shopping mall or large exhibit are highly sought-after by organizers or shop owners. Additionally, ways of effectively directing customers from cyber space such as the Web or smartphone apps to physical retail stores are also in high demand. "Online to Offline (O2O) Marketing" has recently been attracting attention to make these a reality. However, the know-how accumulated through "O2O Marketing" is not shared widely as it can be sensitive for business and customer's privacy. In this paper, we provide the knowledge obtained through the demonstration experiments held by the "O2O Digital Marketing Study Group" organized by NPO Lisra at a large underground shopping mall in Nagoya. 250 BLE tags and 12 Wi-Fi scanners were installed in this mall. We also organized a "coupon campaign" to increase the number of participants. We were able to effectively collect visiting customer count measurements via Wi-Fi scanners irrespective of the anonymization of BSSID, as our results showed similar trends collected by optical human detectors inherently installed at the venue. This paper provides preliminary insight into understanding the behaviors of retail shoppers and we believe this is a firm starting point for this area.

    DOI: 10.1145/2994374.2994403

    Scopus

    researchmap

  114. PIEM: Path Independent Evaluation Metric for Relative Localization 査読有り

    Abe M., Kaji K., Hiroi K., Kawaguchi N.

    2016 International Conference on Indoor Positioning and Indoor Navigation, IPIN 2016     頁: 1 - 8   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:2016 International Conference on Indoor Positioning and Indoor Navigation, IPIN 2016  

    There are many methods for indoor positioning. These methods are divided into the relative localization and absolute localization. In the relative localization, one widely used method is Pedestrian Dead Reckoning (PDR). Relative localization estimates the moving distance, orientation, and height of the pedestrian. However, relative localization has a problem caused by an accumulated error: the longer the path, the worse the accuracy of relative localization. There is another problem in the existing evaluating metrics: they compare only the actual location and the estimated location of the destination. Relative localization also has this evaluation problem. We propose PIEM: Path Independent Evaluation Metric for Relative Localization. PIEM is a path independent evaluation metric, considering the complexity of the path; distance, orientation, and height. Then we evaluate these three factors of relative localization in addition to the position. Our proposed method showed more consistent results for the complexity of the path than the existing methods of relative localization evaluation.

    DOI: 10.1109/IPIN.2016.7743587

    Scopus

    researchmap

  115. Incremental and Enhanced Scanline-Based Segmentation Method for Surface Reconstruction of Sparse LiDAR Data

    Wang Weimin, Sakurada Ken, Kawaguchi Nobuo

    REMOTE SENSING   8 巻 ( 11 )   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/rs8110967

    Web of Science

  116. Urban planning: Is a networked compact city vision realistic?

    Kawaguchi N.

    Labor Forces and Landscape Management: Japanese Case Studies     頁: 373-380   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-981-10-2278-4_18

    Scopus

  117. Estimating 3D Pedestrian Trajectories using Stability of Sensing Signal

    Kaji Katsuhiko, Kawaguchi Nobuo

    2016 INTERNATIONAL CONFERENCE ON INDOOR POSITIONING AND INDOOR NAVIGATION (IPIN)     頁: .   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  118. UbiComp/ISWC 2015 PDR Challenge Corpus 査読有り

    Kaji Katsuhiko, Abe Masaaki, Wang Weimin, Hiroi Kei, Kawaguchi Nobuo

    UBICOMP'16 ADJUNCT: PROCEEDINGS OF THE 2016 ACM INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON PERVASIVE AND UBIQUITOUS COMPUTING     頁: 696 - 704   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiComp 2016 Adjunct - Proceedings of the 2016 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing  

    PDR (Pedestrian Dead Reckoning) is a very promising technology for indoor positioning. We held a technical challenge, entitled the UbiComp/ISWC 2015 PDR Challenge, consisting of the following three categories: Algorithm, Evaluation, and Exhibition. In this paper, we specially focus on collected data for PDR algorithm category. UbiComp/ISWC participants equip smartphone by hand and walk around the particular floors. The pedestrian sensing data is collected. The number of our prepared route pattern is 5. Over two days, we collected the sensing data of 105 subjects. The total number of collected pedestrian sensing data was 343. After removing faulty data, this number was 241 and the number of unique subjects was 103. Sensor types are accelerometer, gyro, magnetic, and air pressure. We, PDR Challenge organizers, provide the corpus as UbiComp/ISWC 2015 PDR Challenge Corpus. The corpus contains ground truth of 3-D coordinates of the pedestrian sensing data for each second.

    DOI: 10.1145/2968219.2968276

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  119. 4th Workshop on Human Activity Sensing Corpus and Applications: Towards Open-Ended Context Awareness 査読有り

    Kawaguchi Nobuo, Nishio Nobuhiko, Roggen Daniel, Inoue Sozo, Pirttikangas Susanna, van Laerhoven Kristof

    UBICOMP'16 ADJUNCT: PROCEEDINGS OF THE 2016 ACM INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON PERVASIVE AND UBIQUITOUS COMPUTING     頁: 690 - 695   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiComp 2016 Adjunct - Proceedings of the 2016 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing  

    Current motion sensors in wearable devices are primarily used for simple orientation and motion sensing. They provide however signals related to more complex and subtle human behaviours which will enable next-generation human-oriented computing in scenarios of high societal value. This requires large scale human activity corpuses and improved methods to recognise activities and their context. This workshop deals with the challenges of designing reproducible experimental setups, running large-scale dataset collection campaigns, designing robust activity and context recognition methods and evaluating systems in the real world. As a special topic, we wish to reflect on the challenges and approaches to recognise activities outside of a pre-defined set to achieve an open-ended activity and context awareness. Following the success of previous years, this workshop is the place to share experiences on human activity corpus and their applications and to discuss the future of activity sensing, in particular towards open-ended contextual intelligence.

    DOI: 10.1145/2968219.2968294

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  120. A Better Positioning with BLE Tag by RSSI Compensation through Crowd Density Estimation 査読有り

    Hiroi Kei, Shinoda Yoichi, Kawaguchi Nobuo

    UBICOMP'16 ADJUNCT: PROCEEDINGS OF THE 2016 ACM INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON PERVASIVE AND UBIQUITOUS COMPUTING     頁: 831 - 840   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiComp 2016 Adjunct - Proceedings of the 2016 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing  

    We present a scheme that improves accuracy of 2.4GHz RF tag based indoor positioning. The accuracy of indoor positioning using 2.4GHz RF tags is affected by propagation loss caused by human body shielding, especially in crowded situations. This paper proposes a RSSI compensation scheme that estimate a crowd density level based on detected 2.4 GHz RSSI. We developed a scanner system to sense BLE (Bluetooth Low Energy) tag for 2.4 GHz RSSI compensation. We deployed 40 BLE scanners and over 100 BLE tags, and collected data for 100 participants at an actual event over a period of four days. Using the collected data, we estimated crowd density level that can be applied to the proposed compensation scheme based on theoretical methods on propagation loss. Our scheme resulted in 59.8% higher accuracy than simple positioning method without the compensation.

    DOI: 10.1145/2968219.2968293

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  121. A Location Estimation Method using BLE Tags Distributed Among Participants of a Large-Scale Exhibition 査読有り

    Urano Kenta, Hiroi Kei, Kaji Katsuhiko, Kawaguchi Nobuo

    ADJUNCT PROCEEDINGS OF THE 13TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MOBILE AND UBIQUITOUS SYSTEMS: COMPUTING NETWORKING AND SERVICES (MOBIQUITOUS 2016)   28-November-2016 巻   頁: 124 - 129   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ACM International Conference Proceeding Series  

    Indoor location estimation is essential technology when we analyse the participants' activities in large-scale exhibition. There are some problems with existing methods such as PDR, ultrasound and laser range finder: installation location of measurement equipment at large site, cost for measurement equipment, and necessity of smartphone application. We focus on Bluetooth Low Energy(BLE). Currently, BLE technology is used as proximity notification for smart-phones and cannot detect the exact distance between two BLE devices. This is because BLE radiowave is unstable and signal strength changes every time at the same distance. In this paper, we propose a location estimation method which utilizes BLE beacon tags and single board computers. In contrast to conventional ways using location-fixed BLE beacons, BLE beacon tags are distributed to participants at the event. Signal strengths of BLE advertising packets captured by multiple location-fixed scanners are used for location estimation. The method requires less cost for equipment and labor of installing an application. It can be used without complex initial setting. We had a data collection experiment at real large-scale exhibition. We estimate locations of participants by applying the proposed method to the collected data, then evaluate accuracy of estimation and analyse the activities such as the time of longer stay booths based on participants' occupation. As a result, we could track the movement of the participants to some meters error and find the characteristic booths based on longer-stay booths per occupations.

    DOI: 10.1145/3004010.3004051

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  122. FloodEye: Real-time Flash Flood Prediction System for Urban Complex Water Flow

    Hiroi Kei, Kawaguchi Nobuo

    2016 IEEE SENSORS     頁: .   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  123. HASC-PAC2016: Large Scale Human Pedestrian Activity Corpus and Its Baseline Recognition 査読有り

    Ichino Haruyuki, Kaji Katsuhiko, Sakurada Ken, Hiroi Kei, Kawaguchi Nobuo

    UBICOMP'16 ADJUNCT: PROCEEDINGS OF THE 2016 ACM INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON PERVASIVE AND UBIQUITOUS COMPUTING     頁: 705 - 714   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiComp 2016 Adjunct - Proceedings of the 2016 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing  

    Human activity recognition by wearable sensors will enable a next-generation human-oriented ubiquitous computing. However, most of the existing research on human activity recognition is based on a small number of subjects, and lab-created-data. To overcome this problem, we hold HASC Challenge as a technical challenge to collect the data for activity recognition. In addition to HASC Challenge, we collected indoor pedestrian sensing data of 107 people with a balance of gender and age (HASC-IPSC). Through these data collection, we gathered 111,968 sensor files of 510 subjects. For the convenience of the future researchers in this field, we combined them as a single corpus named HASC-PAC2016 and make it public. Baseline recognition result of HASC-PAC2016 segmented data is 73.4% accuracy for overall, 81.4% for limited by terminal position, and 85.1% with file-based recognition. For sequence data, we only get 73.4% even for limited subjects. This shows we need further research of activity recognition using HASC-PAC2016.

    DOI: 10.1145/2968219.2968277

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  124. Measurement Methods of Spatial Ability using a Virtual Reality System

    Shimada Kosuke, Hiroi Kei, Kawaguchi Nobuo, Kaji Katsuhiko

    2016 NINTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MOBILE COMPUTING AND UBIQUITOUS NETWORKING (ICMU)     頁: 80-85   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  125. Multi-Algorithm On-Site Evaluation System for PDR Challenge

    Kaji Katsuhiko, Kanagu Kohei, Murao Kazuya, Nishio Nobuhiko, Urano Kenta, Iida Hirokazu, Kawaguchi Nobuo

    2016 NINTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MOBILE COMPUTING AND UBIQUITOUS NETWORKING (ICMU)     頁: 74-79   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  126. 安定センシング区間検出に基づく3次元歩行軌跡推定手法 査読有り

    梶克彦, 河口信夫

    情報処理学会論文誌   57 巻 ( 1 ) 頁: 12 - 24   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  127. Multi-algorithm on-site evaluation system for PDR challenge 査読有り

    Kaji K., Kanagu K., Murao K., Nishio N., Urano K., Iida H., Kawaguchi N.

    2016 9th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking, ICMU 2016     頁: 74 - 79   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:2016 9th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking, ICMU 2016  

    PDR (Pedestrian Dead Reckoning) is a very promising technology for indoor positioning. We held a technical challenge, entitled the UbiComp/ISWC 2015 PDR Challenge, consisting of the following three categories: a PDR algorithm category; a PDR Evaluation method category; and an exhibition. In this paper, we especially focus on several systems for the PDR algorithm category. A PDR skeleton was prepared for the participants. Using an Android skeleton, participants focus on implementing the PDR algorithm because of the skeleton's various functions, such as sensor data acquisition, trajectory visualization, and sensor data upload. The evaluation server evaluates the accuracy of each PDR algorithm automatically as often as sensor data is uploaded to the server and provides a trajectory image file so that participants can compare their PDR algorithms in real time.

    DOI: 10.1109/ICMU.2016.7742094

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  128. FloodEye: Real-time Flash Flood Prediction System for Urban Complex Water Flow 査読有り

    Kei Hiroi, Nobuo Kawaguchi

    2016 IEEE SENSORS     2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This study presents a water-level sensor system that has multiple functions: real-time river-level monitoring and high accurate flood prediction for urban complex water flow (CWF) flooding caused by Localized Heavy Rain. Traditional water-level sensors for large-scale river can detect water-level rising, though they have limitations in detecting urban river dyke height to alert about flooding. This is a result of various riverside environmental limitations. Additionally, previous prediction methods are difficult to detect CWF flooding with high accuracy because water rising differ depends on a location's environment. Therefore, we propose a detection scheme for CWF by developing a water-level sensor system that works in various installation environments using infrared image processing with both low installation and operation cost. We implemented a CWF prediction system that produces accurate and early predictions using a Linear Regression (LR) of deep learning approach with data assimilation. Evaluating based on actual installations (over 1,000 days, 13 locations), our system proved to accurately monitor and predict water-level rising after 5 minutes.

    Web of Science

    researchmap

  129. Proceedings of the 7th ACM SIGSPATIAL International Workshop on Indoor Spatial Awareness, ISA 2015: Foreword

    Li K., Kawaguchi N.

    Proceedings of the 7th ACM SIGSPATIAL International Workshop on Indoor Spatial Awareness, ISA 2015     頁: .   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Proceedings of the 7th ACM SIGSPATIAL International Workshop on Indoor Spatial Awareness, ISA 2015  

    Scopus

  130. Proposal of IndoorGML Extended Data Model for Pedestrian-Oriented Voice Navigation Sy 査読有り

    Hirokazu Iida, Kei Hiroi, Katsuhiko Kaji, Nobuo Kawaguchi

    Proceedings of the 7th ACM SIGSPATIAL International Workshop on Indoor Spatial Awaren     頁: 9 - 14   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Proceedings of the 7th ACM SIGSPATIAL International Workshop on Indoor Spatial Awareness, ISA 2015  

    We propose Landmark-Conscious Voice Navigation as one type of a pedestrian navigation system, which navigate users by only voice guidance. It is necessary to standardize data model in order to use this system widely. In a previous paper[1], we constructed a basic voice navigation system, which uses Open Street Map based data model. In this paper, at first, we conduct an experiment of voice navigation at an underground shopping area of Nagoya Station with two types of landmark descriptions. After that, we discuss what data structure is necessary to describe landmark information for voice navigation. Therefore, we propose to extend IndoorGML1.0 by adding landmark space as a new defined data model for voice navigation. The main contribution of this paper is that we conduct an experiment of voice navigation and research how different landmark descriptions affect users; furthermore, we discuss a IndoorGML extended data model for voice navigation.

    DOI: 10.1145/2834812.2834814

    Scopus

    researchmap

  131. Velobug: A mobile system for 3D indoor mapping 査読有り

    Wang W., Kaji K., Yamakawa K., Kawaguchi N., Hiroi K.

    UbiComp and ISWC 2015 - Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and the Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers     頁: 337 - 340   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiComp and ISWC 2015 - Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and the Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers  

    In this work, we implement a mobile system called Velobug to measures 3D data of the environment. Velobug could generate dense and colored point cloud to reconstruct the environment for 3D mapping with long effective range. Velobug is mainly consisted of a Velodyne HDL-32e LiDAR senor and a Point Grey Research Ladybug3 panoramic camera. The LiDAR sensor is utilized to acquire 3D data of the environment and generate point cloud. Pictures captured by the panoramic camera are used for complementing RGB information of the point cloud after the calibration between the panoramic camera and the LiDAR sensor. We could maker point cloud denser by registering multiple frames of point cloud with Generalized Iterative Closet Point(Generalized-ICP) method. We evaluate Velobug in an underground shopping street near Nagoya Station. The experiment result shows the mobility, practicability and efficiency in reconstruction for 3D indoor mapping.

    DOI: 10.1145/2800835.2800878

    Scopus

    researchmap

  132. Design and implementation of algorithm for estimation of elevator travel distance using smartphone accelerometer 査読有り

    Martinez A., Hiroi K., Kawaguchi N.

    UbiComp and ISWC 2015 - Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and the Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers     頁: 1489 - 1498   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiComp and ISWC 2015 - Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and the Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers  

    Since the advent of smartphones equipped with sophisticated sensing hardware, human activity recognition research has moved from utilizing dedicated sensing devices to using commercial smartphones. This paper presents the design of an algorithm to recognize and estimate travel distance when riding an elevator and its corresponding implementation within an app for a smartphone running Apple's mobile operating system (iOS). The algorithm receives solely the signal of the smartphone's accelerometer, recognizes that it belongs to an elevator ride, and proceeds to calculate the distance traveled by the rider. The algorithm has been designed in a way that simplifies the necessary operations to calculate the travel distance with the objective of minimizing processing power, while keeping the corresponding estimations highly accurate. This is an initial attempt towards the building of a robust, but simple and fast, real-time human activity recognition service on a wearable platform.

    DOI: 10.1145/2800835.2801620

    Scopus

    researchmap

  133. 屋内測位の基幹技術としての歩行者デッドレコニング (小特集 ウェアラブル・ユビキタスコンピューティング研究の最新動向)

    河口 信夫, 梶 克彦

    情報処理   56 巻 ( 9 ) 頁: 855-857   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  134. スマートステーションなごや:次世代屋内位置情報サービスの研究開発

    河口 信夫, 坂 涼司, 一円 真治, 飯田 啓量, 山川 健司, 廣井 慧, 梶 克彦

    情報処理学会研究報告. UBI, [ユビキタスコンピューティングシステム]   2015 巻 ( 4 ) 頁: 1-7   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    大規模駅周辺は複雑な立体構造を構成しており,店舗や構造の情報が集約されていないため,利用者のプロファイルや目的に応じた情報提供が適切になされていない.そこで,ICT を活用し大規模駅において利用者の多様な状況に対応し,適切な店舗や経路の推薦やナビゲーションを行う総合的な情報提供・屋内案内サービスを実現する.また,利用者の利便性を向上させると同時に,駅関連事業者との適切な情報流通を実現し,地域社会の活性化を促進する.特に,東京や大阪と並んで複雑な構造をしている名古屋駅周辺を対象とし,次世代位置情報サービスを提供するスマートステーション化することを目指す.本研究は,1.無線 LAN・磁気・PDR を統合した屋内位置推定,2.音声に基づいて経路案内を行うナビゲーションシステム,3.目的志向の店舗推薦システム,4.店舗情報の継続的更新を可能にするクラウドソーシングシステムといった 4 つのサブテーマから構成される.

  135. HTML構造解析と機械学習に基づくイベント情報抽出システムの提案

    廖 宸一, 廣井 慧, 梶 克彦, 河口 信夫

    情報処理学会研究報告. UBI, [ユビキタスコンピューティングシステム]   2015 巻 ( 13 ) 頁: 1-7   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本研究は,店舗のホームページやブログからクーポンやキャンペーンなどのイベント情報を抽出する方法を提案する.この方法を利用してユーザはをひとつひとつの店舗のホームページの閲覧を必要とせず,イベント情報抽出の網羅性と効率性を支援できる.本提案は Web ページブロック分割およびイベント情報認識の二つのタスクから構成される.一つ目のタスクでは Web ページをタイトルや説明文や日付などのイベント情報を含むブロックに分割する.従来の研究は特定なタグ,画面構成あるいはブロックの機能などを特徴量として Web ページを分割することが多く,半構造化データのイベント情報抽出が難しかった.本研究では HTML 構造解析に基づいて Web ページをブロックに分割する.二つ目のタスクとは分割されたブロックから不用な情報を取り除くため,イベント情報を識別する.本研究では機械学習の手法を用いてイベント情報の識別を実現する.名古屋駅地下街 「エスカ」 と 「ユニモール」 にある店舗 96 軒を対象として行った検証実験とその結果を示す.

  136. UbiComp2015チャレンジ

    河口 信夫

    情報処理学会研究報告. UBI, [ユビキタスコンピューティングシステム]   2015 巻 ( 58 ) 頁: .   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. UbiComp2015チャレンジ

    河口 信夫

    情報処理学会研究報告. MBL, [モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会研究報告]   2015 巻 ( 58 ) 頁: .   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  138. 歩行時の磁気センシングデータの比較による移動経路推定手法 (知的環境とセンサネットワーク)

    村田 雄哉, 梶 克彦, 廣井 慧, 河口 信夫, 神山 剛, 太田 賢, 稲村 浩

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 巻 ( 418 ) 頁: 61-66   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    スマートフォンやタブレット端末の普及とともに,ナビゲーションやライフログ管理などの位置情報サービスが普及し,GPS精度の不十分な屋内において位置情報を取得する方法が必要とされている.本研究では,磁気センサのみを利用した移動経路推定手法を提案する.屋内環境において移動経路は限られており,移動中に観測される磁気データは経路ごとに異なる.提案手法ではパーティクルフィルタを用い,候補となる経路の磁気データと推定対象の経路の磁気データを比較し,最終的にパーティクルの最も多く存在した経路を推定経路とみなす.パーティクルを時系列方向だけでなく逆方向にも移動可能にしており,経路を逆に進んだ場合にも経路を推定可能である.実環境で収集されたデータをもとに評価実験を行った.3種類の候補経路から経路を推定する場合,推定経路の正解率は約97%であった.

  139. Indoor Positioning Method Integrating Pedestrian Dead Reckoning with Magnetic Field and WiFi Fingerprints

    Ban Ryoji, Kaji Katsuhiko, Hiroi Kei, Kawaguchi Nobuo

    2015 EIGHTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MOBILE COMPUTING AND UBIQUITOUS NETWORKING (ICMU)     頁: 167 - 172   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  140. An Event Data Extraction Method Based on HTML Structure Analysis and Machine Learning 査読有り

    Liao Chenyi, Hiroi Kei, Kaji Katsuhiko, Kawaguchi Nobuo

    IEEE 39TH ANNUAL COMPUTER SOFTWARE AND APPLICATIONS CONFERENCE WORKSHOPS (COMPSAC 2015), VOL 3   3 巻   頁: 217 - 222   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Proceedings - International Computer Software and Applications Conference  

    This paper proposes an event data extraction method that extracts business event data, such as coupons, tickets, sales campaigns, etc., from a homepage or blog of shops and pushes them to users. Users no longer need to browse their favorite shops' homepage one by one. The method supports comprehensiveness and effectiveness for event data obtainment. This proposition works into two tasks: web page block segmentation and event data identification. The first task segments the web page into blocks. Each of the blocks includes information, such as title, notification, date, etc. Relating to event information. Many related works suppose web page block segmentation based on specific tags, vision, function, etc. In this research, we propose a web page block segmentation method based on HTML document structure analysis. The second task is used to identity event data from segmented blocks. We propose a method to implement event data identification based on machine learning. We show the results of a verification experiment. Experimental data are from 96 shops located in two underground shopping streets UNIMALL and ESCA, at a train station in the city of Nagoya (Japan). Because the event data identification depends on the Japanese language, this method is available for all the Japanese home page.

    DOI: 10.1109/COMPSAC.2015.235

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  141. A pedestrian passage detection method by using spinning magnets on corridors. 査読有り

    Chihiro Takeshima, Katsuhiko Kaji, Kei Hiroi, Nobuo Kawaguchi, Takeshi Kamiyama, Ken Ohta, Hiroshi Inamura

        頁: 411 - 414   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1145/2800835.2800940

    researchmap

  142. A pedestrian passage detection method by using spinning magnets on corridors. 査読有り

    Chihiro Takeshima, Katsuhiko Kaji, Kei Hiroi, Nobuo Kawaguchi, Takeshi Kamiyama, Ken Ohta, Hiroshi Inamura

    Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers, UbiComp/ISWC Adjunct 2015, Osaka, Japan, September 7-11, 2015     頁: 411 - 414   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ACM  

    DOI: 10.1145/2800835.2800940

    researchmap

  143. 浸水被害の画像を用いた市街地における浸水深の検出手法の提案

    廣井慧 , 河口信夫

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2014 巻 ( 3 ) 頁: 1-6   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    都市域での豪雨が起こす市街地の浸水被害を軽減するためには,浸水の発生箇所やその浸水深のような,浸水状況の情報提供が有効である.浸水状況を知ることで,道路上の危険箇所の歩行やアンダーパスでの車両の水没からの回避が可能になると考えられる.しかし,既存で用いられる水位計は定点観測用途が主であり,観測地点数が限られるため,観測点以外の浸水状況が把握できない.また,豪雨の発生時には浸水の様子を撮影した画像がインターネット上で多数共有されるが,浸水深を検出するためには量水板のように水位と比較可能な目安となる対象物が必要となるため,このような画像から浸水深を知ることが難しい.そこで,市街地における観測点以外の地点での浸水深の把握を目的に,インターネット上から収集した市街地の浸水の様子を撮影した画像を活用して,浸水深を検出する手法を提案する.本手法は,画像に写る人物の大きさと水位を比較し,人への影響に応じて膝以下,股下以下,胸部以下,胸部以上という分類で浸水深を推定することで,目安となる対象物を必要とせず,浸水深の検出を可能にする.提案手法を用いて,過去に市街地で発生した実際の浸水被害における浸水深を検出し,その結果を述べる.

  144. 安定歩行区間に基づく歩行軌跡推定手法

    梶克彦 , 河口信夫

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2014 巻 ( 19 ) 頁: 1-8   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    複数の歩行センシングデータを用いて建物構造を生成するためには,歩行センシングデータから歩行軌跡を正確に推定できなければならない.本稿では,右左折や蛇行を伴わない歩行が一定時間以上安定してセンシングできている区間を安定歩行区間と定義し,それに基づいて歩行軌跡を推定する手法を提案する.一般的に人は合理的に行動するため,安定歩行時には直線的な軌跡をたどると考えられる.また屋内の通路の多くは直線的である.よって,混雑した通路や複雑な形状の建物の歩行を除けば,移動の大半は直線的な歩行とみなせる.安定歩行区間の検出には角速度を用いる.検出された安定歩行区間を直線的な歩行とみなし,角速度に乗っているオフセット値を求め,ドリフトを除去する.また,多くの通路の曲がり角の角度が 90 度であるという建物知識を導入し,安定歩行区間同士が平行または垂直になるように歩行軌跡を修正する.さらに,安定歩行区間が一定以上の割合となる歩行センシングデータを,高精度の歩行軌跡推定が期待できる信頼性の高いデータみなす.屋内歩行センシングコーパス HASC-IPSC を用いて提案手法の評価実験を行い,歩行軌跡の推定手法と信頼性の高い歩行センシングデータの発見手法の双方で有効性を確認した.信頼性の高いデータに限定すれば,歩行軌跡末端における進行方向の誤差平均は約 7 度となり,90 度以上の大きな誤差になる割合は約 1 %となった.

  145. 自律型電源を用いた停電時に運用可能な市街地の浸水観測システムの提案 (ITS)

    廣井 慧, 仲倉 利浩, 落合 秀也, 井上 朋哉, 山形 与志樹, 河口 信夫

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 巻 ( 225 ) 頁: 5-11   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    都市域で発生する豪雨は,市街地の浸水を招き,避難者の歩行困難やアンダーパスでの車両の水没等,道路交通に大きな被害を与える.特に中小河川や水路から溢れる水は,一般市町村道のような生活道路の浸水を招く.浸水の発生箇所や浸水深の情報提供は,歩行者や車両の被害軽減に有効であるため,生活道路での浸水の情報提供を実現を目指し,安価で簡易に構築可能な浸水観測ネットワークFloodEyeの開発と実環境での運用を行っている.しかし,豪雨や浸水被害が拡大すると,市街地では停電が発生することが多く,浸水観測やデータ提供の継続が難しい.そこで本研究は,被害拡大後も安定的に運用でき,生活道路の浸水被害軽減に活用できる浸水観測システムの開発を行う.本システムは,豪雨発生前に太陽光から蓄電した電力を活用し,停電時に観測とFloodEyeへのデータ伝送をする自律型電源機能をもつ.本システムを実環境に設置して,観測とデータ伝送を行い,連続した降雨日での電力消費量を計測した.この計測結果をもとに,同程度の降雨発生時に安定的な運用を実現するための効率的な電力使用の分析を行う.近傍の降水量や警報の発表状況から推定する被害拡大の可能性,観測結果からの浸水の発生状況を用いた,観測とデータ伝送の制御開始タイミングの決定と時間間隔の最適化の考察結果を述べる.

  146. 自律型電源を用いた停電時に運用可能な市街地の浸水観測システムの提案

    廣井慧 , 仲倉利浩 , 落合秀也 , 井上朋哉 , 山形与志樹 , 河口信夫

    情報処理学会研究報告. ITS, [高度交通システム]   2014 巻 ( 2 ) 頁: 1 - 7   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    都市域で発生する豪雨は,市街地の浸水を招き,避難者の歩行困難やアンダーパスでの車両の水没等,道路交通に大きな被害を与える.特に中小河川や水路から溢れる水は,一般市町村道のような生活道路の浸水を招く.浸水の発生箇所や浸水深の情報提供は,歩行者や車両の被害軽減に有効であるため,生活道路での浸水の情報提供を実現を目指し,安価で簡易に構築可能な浸水観測ネットワーク FloodEye の開発と実環境での運用を行っている.しかし,豪雨や浸水被害が拡大すると,市街地では停電が発生することが多く,浸水観測やデータ提供の継続が難しい.そこで本研究は,被害拡大後も安定的に運用でき,生活道路の浸水被害軽減に活用できる浸水観測システムの開発を行う.本システムは,豪雨発生前に太陽光から蓄電した電力を活用し,停電時に観測と FloodEye へのデータ伝送をする自律型電源機能をもつ.本システムを実環境に設置して,観測とデータ伝送を行い,連続した降雨日での電力消費量を計測した.この計測結果をもとに,同程度の降雨発生時に安定的な運用を実現するための効率的な電力使用の分析を行う.近傍の降水量や警報の発表状況から推定する被害拡大の可能性,観測結果からの浸水の発生状況を用いた,観測とデータ伝送の制御開始タイミングの決定と時間間隔の最適化の考察結果を述べる.

  147. 屋内歩行センシングコーパスHASC-IPSC利用のすすめ

    梶克彦 , 渡辺穂高 , 坂涼司 , 河口信夫

    情報処理学会研究報告. MBL, [モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会研究報告]   2014 巻 ( 8 ) 頁: 1 - 2   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    近年のモバイルコンピューティング分野で盛んな研究テーマとして,屋内位置推定や建物構造の自動推定が挙げられる.しかし,現在までにこれらの研究で共通して利用可能なデータは存在せず,新たな手法を提案しても,既存研究との精度の比較検討が困難であった.そこで我々は,屋内位置推定研究と建物構造推定研究を主なターゲットとした,屋内歩行センシングコーパス (HASC-IPSC) を構築した.このデータ収集対象環境として選定した建物は,名古屋大学 IB 電子情報館の北棟 (B1F-5F),中棟 (B1F-2F),南棟 (1F-3F) の 3 つの建物である.これらの建物は互いに隣接しており,中庭や地下通路を通じて行き来できる (図1).被験者は Android 端末 2 台 (Nexus 4,Garaxy S3) を装着して建物内の様々な経路を移動する.この際被験者には普段と同様の歩行を心がけてもらい,通路中央の歩行,ドアを自分自身で開ける,階段を 1 段ずつ昇降するよう指示している.センサデータ収集には HASC Logger を用いた.収集したセンサ情報は,加速度 (3 軸),角速度 (3 軸),地磁気 (3 軸),気圧,無線 LAN の計 5 種類である.無線 LAN のサンプリングレートは 1Hz,その他は 100Hz とした.経路移動のセンサデータに対して,右左折や階段昇降といった詳細な行動ラベルが人手により付与されている.移動開始・終了,右左折やドア通過,階段昇降の開始・終了などのイベントに対しては,その行動をした時刻,行動の種類,対応するノード ID がラベルとして付与されている.また,イベントとイベントの間の移動行動 (リンクに相当) に対しては,行動の開始・終了時刻,行動の種類 (歩行・階段昇降),移動距離がラベルとして付与される.行動距離は,階段等の上下移動を伴う移動の場合,水平方向の移動距離に加え,垂直方向の移動距離,階段の段数が記述される.ラベルデータから経路を可視化した例を図 2 に示す.また各歩行移動データには,スタート地点を原点とした 1 秒ごとの 3 次元座標の正解データも用意されている.このデータを利用して,各研究で提案された歩行者デッドレコニング手法の精度を検証可能である.また,建物全体の歩行空間ネットワーク構造 (図 3) も用意されており,複数の歩行センシングデータを統合して建物構造を自動推定する研究のリファレンスデータとして利用できる.主な統計情報を表 1 に示す.被験者総数は 107 名,延べ経路センシングデータ数は 452 である.経路の種類は 114 種類であり,このうち同一建物内移動経路を 56 種類,異なる建物間の移動経路を 58 種類である.これまでの HASC Corpus では,被験者の年齢・性別的な偏りがみられていた.年齢や性別の違いは行動の仕方に影響を与える.例えば 20 代男性と 60 代女性では,歩行や階段昇降の姿勢や移動速度は明らかに異なる.そこで,HASC-IPSC ではできるだけ年齢と性別をバランスさせ,男女それぞれにつき 5 歳ごとの各世代の被験者数を 5 名程度用意した (表 2).本コーパスは,利用規約に同意いただければ,誰でも無料で利用可能である (http://hasc.jp/ipsc/).HASC-IPSC が本研究分野の発展促進に寄与することを期待する.

  148. Linked Open Dataによる店舗POIの公開と活用手法の提案

    一円真治, 梶克彦, 廣井慧, 河口信夫

    マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2014論文集   2014 巻   頁: 1930-1938   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  149. 集約情報を用いた通知ダイアログへの対応支援手法

    上島愛史, 梶克彦, 河口信夫, 竹中光, 武内重樹, 岡本学

    マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2014論文集   2014 巻   頁: 93-99   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  150. 時空間情報に基づくイベント情報の集約システムの開発

    廖宸一, 梶克彦, 廣井慧, 河口信夫

    マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2014論文集   2014 巻   頁: 657-665   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  151. 無線LANモバイル基地局検出のための基地局情報収集フレームワーク

    武島知勳, 梶克彦, 廣井慧, 河口信夫

    マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2014論文集   2014 巻   頁: 975-981   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  152. ライフログ写真データに基づく連想検索に関する研究

    上村真也, 梶克彦, 廣井慧, 竹中光, 武内重樹, 岡本学, 河口信夫

    マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2014論文集   2014 巻   頁: 1104-1111   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  153. 歩行者自律測位における行動センシング知識の利用

    村田雄哉, 梶克彦, 廣井慧, 河口信夫

    マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2014論文集   2014 巻   頁: 1614-1619   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  154. NPO法人位置情報サービス研究機構(Lisra)の設立経緯と活動について

    河口 信夫

    電子情報通信学会誌 = The journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers   97 巻 ( 6 ) 頁: 488 - 492   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    全てのものや人は位置情報を有しており,その幅広い活用が期待されているにもかかわらず,現在の位置晴報サービスがその期待を満たしているとは言えない.また,インターネットを利用して,多くのユーザの協力を通じて大規模なデータ収集が行われているが,集まったデータの交換や流通は十分に進んでいない.このような課題を解決し,位置情報サービスの更なる発展を進めるため,我々はNPO法人位置情報サービス研究機構(Lisra)を設立した.本稿では,本法人の設立の経緯とLisraの活動について紹介する.

  155. 距離画像による空間情報マッチングに基づくマーカレスARシステムの設計と実装 査読有り

    山川健司,梶克彦,河口信夫

    情報処理学会論文誌(コンシューマ・デバイス&システム研究会トランザクション,CDS9)   4 巻 ( 1 ) 頁: 1-10   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  156. HASC-IPSC : 屋内歩行センシングコーパス (モバイルネットワークとアプリケーション)

    梶 克彦, 渡辺 穂高, 坂 涼司, 河口 信夫

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 巻 ( 495 ) 頁: 69-76   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年モバイルコンピューティング分野で盛んな研究テーマとして,屋内位置推定や建物構造の自動推定が挙げられる.しかし,現在までにこれらの研究で共通して利用可能なデータが存在せず,新たな手法を提案しても,既存研究との精度の比較検討が困難であった.我々は,屋内位置推定研究と建物構造推定研究を主なターゲットとした,屋内歩行センシングコーパス(GASC-IPSC)を構築した.被験者はスマートフォンを装着して建物内の様々な経路を移動する.スマートフォンに記録された加速度等のセンサデータに対して,右左折や階段昇降といった詳細な行動ラベルが人手で付与されている.また各歩行移動データには,スタート地点を原点とした1秒ごとの3次元座標の正解データも用意されている.このデータを利用して,各研究で提案された歩行者デッドレコニング手法の精度を検証可能である.また建物全体の歩行空間ネットワーク構造の正解データが用意されており,複数の歩行センシングデータを統合して建物構造を自動推定する研究のリファレンスデータとして利用できる.

  157. HASC-IPSC: 屋内歩行センシングコーパス

    梶克彦 , 渡辺穂高 , 坂涼司 , 河口信夫

    情報処理学会研究報告. MBL, [モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会研究報告]   2014 巻 ( 41 ) 頁: 1-8   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年モバイルコンピューティング分野で盛んな研究テーマとして,屋内位置推定や建物構造の自動推定が挙げられる.しかし,現在までにこれらの研究で共通して利用可能なデータが存在せず,新たな手法を提案しても,既存研究との精度の比較検討が困難であった.我々は,屋内位置推定研究と建物構造推定研究を主なターゲットとした,屋内歩行センシングコーパス (HASC-IPSC) を構築した.被験者はスマートフォンを装着して建物内の様々な経路を移動する.スマートフォンに記録された加速度等のセンサデータに対して,右左折や階段昇降といった詳細な行動ラベルが人手で付与されている.また各歩行移動データには,スタート地点を原点とした 1 秒ごとの 3 次元座標の正解データも用意されている.このデータを利用して,各研究で提案された歩行者デッドレコニング手法の精度を検証可能である.また建物全体の歩行空間ネットワーク構造の正解データが用意されており,複数の歩行センシングデータを統合して建物構造を自動推定する研究のリファレンスデータとして利用できる.

  158. HASC-IPSC: 屋内歩行センシングコーパス

    梶克彦 , 渡辺穂高 , 坂涼司 , 河口信夫

    情報処理学会研究報告. UBI, [ユビキタスコンピューティングシステム]   2014 巻 ( 41 ) 頁: 1 - 8   2014年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    近年モバイルコンピューティング分野で盛んな研究テーマとして,屋内位置推定や建物構造の自動推定が挙げられる.しかし,現在までにこれらの研究で共通して利用可能なデータが存在せず,新たな手法を提案しても,既存研究との精度の比較検討が困難であった.我々は,屋内位置推定研究と建物構造推定研究を主なターゲットとした,屋内歩行センシングコーパス (HASC-IPSC) を構築した.被験者はスマートフォンを装着して建物内の様々な経路を移動する.スマートフォンに記録された加速度等のセンサデータに対して,右左折や階段昇降といった詳細な行動ラベルが人手で付与されている.また各歩行移動データには,スタート地点を原点とした 1 秒ごとの 3 次元座標の正解データも用意されている.このデータを利用して,各研究で提案された歩行者デッドレコニング手法の精度を検証可能である.また建物全体の歩行空間ネットワーク構造の正解データが用意されており,複数の歩行センシングデータを統合して建物構造を自動推定する研究のリファレンスデータとして利用できる.

  159. BI-7 知的環境の実現に向けたビッグデータ利活用(BI-7.知的環境の実現に向けたビッグデータ利活用,依頼シンポジウム,ソサイエティ企画)

    大橋 正良, 河口 信夫, 神武 直彦, 上田 修功

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014 巻 ( 2 ) 頁: "SS-71"   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  160. 磁気とWiFi電波強度を含んだマップ情報に歩行者デッドレコニングを併用した屋内位置推定手法 (知的環境とセンサネットワーク)

    坂 涼司, 梶 克彦, 河口 信夫

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 巻 ( 399 ) 頁: 23-28   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    駅や商業施設などの屋内環境においてはGPSの精度が十分でない場合が多く,ナビゲーションやライフログ等のサービス実現のためには,屋内においても利用可能な位置推定手法が必要とされる.屋内環境においても利用可能な位置推定手法として,WiFi電波を利用する手法や歩行者デッドレコニングなどが研究されている.本論文では,以上の手法に加え建物の残留磁気を利用する位置推定手法を提案する.提案手法では,事前に対象とするマップ上における磁気とWiFi電波強度を測定してデータベースを作成する.そして,パーティクルフィルタを利用して,データベースの値と歩行者の観測センサデータを比較しながら位置の推定を行う.また,実環境において評価実験を行い平均4m以下の誤差で位置推定が可能であることを確認した.

  161. 無線LAN環境特異点に基づくゲート通過検出手法

    梶 克彦, 河口 信夫

    情報処理学会論文誌   55 巻 ( 1 ) 頁: 366 - 377   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    本稿では,ユーザがスマートフォンを携帯して屋内を歩行する状況を想定し,無線LANと加速度の情報を併用したゲート通過検出手法を提案する.ドアやエレベータなどのゲートは物理的に通路や部屋を分断する構造物であり,無線LANの電波はゲートによって減衰または遮断される.よって,ゲートの前後において電波環境が大きく異なる.我々はこのような地点を無線LAN環境特異点と定義し,無線LAN距離関数から導かれる移動距離と加速度信号から推定される移動距離を用いて特異点検出を行う.特異点が検出された区間をゲート通過区間であると見なす.実環境においてゲート通過検出手法の評価実験を実施し,半数以上のゲート通過を検出可能であることを確認した.また,同一ゲートの通過推定に関しては,特定のゲートに限り90%を超える高い精度での推定が可能であることを確認した.We propose a gate passing detection method based on WiFi signal strength and accelerometer of the user&#039;s smartphone. Gate such as door and elevater devides physical areas such as room and hallway. Thus, the WiFi environments of them tend to vary on a large scale. Conversely, it can be said that a gate should exist when the point that the WiFi environment varies on a large scale. We define such point &quot;WiFi Significant Point.&quot; We propose the detection method based on WiFi distance function and estimated moving distance according to accelerometer. We evaluated the proposal method and found out that more than half part of gate passing can be detected. We also found that the existence of gates that can be estimated same gate passing with a high degree of accuracy.

    researchmap

  162. 無線LAN環境特異点に基づくゲート通過検出手法 査読有り

    梶克彦,河口信夫

    情報処理学会論文誌   55 巻 ( 1 ) 頁: 366-377   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本稿では,ユーザがスマートフォンを携帯して屋内を歩行する状況を想定し,無線LAN と加速度の
    情報を併用したゲート通過検出手法を提案する.ドアやエレベータなどのゲートは物理的に通路や部屋を
    分断する構造物であり,無線LAN の電波はゲートによって減衰または遮断される.よって,ゲートの前
    後において電波環境が大きく異なる.我々はこのような地点を無線LAN 環境特異点と定義し,無線LAN
    距離関数から導かれる移動距離と加速度信号から推定される移動距離を用いて特異点検出を行う.特異点
    が検出された区間をゲート通過区間であるとみなす.実環境においてゲート通過検出手法の評価実験を実
    施し,半数以上のゲート通過を検出可能であることを確認した.また,同一ゲートの通過推定に関しては,
    特定のゲートに限り90%を超える高い精度での推定が可能であることを確認した.

  163. Design and Implementation of Event Information Summarization System

    Liao Chenyi, Kaji Katsuhiko, Hiroi Kei, Kawaguchi Nobuo

    2014 38TH ANNUAL IEEE INTERNATIONAL COMPUTER SOFTWARE AND APPLICATIONS CONFERENCE WORKSHOPS (COMPSACW 2014)     頁: 572-577   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/COMPSACW.2014.96

    Web of Science

  164. Proposal of a Platform Integrating POI Information

    Ichien Shinji, Kaji Katsuhiko, Kawaguchi Nobuo

    2014 SEVENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MOBILE COMPUTING AND UBIQUITOUS NETWORKING (ICMU)     頁: 123 - 128   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  165. 測位技術の変遷:—天文航法から屋内測位まで測位メディアの観点から—

    河口 信夫

    電気学会誌   134 巻 ( 12 ) 頁: 832 - 835   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Institute of Electrical Engineers of Japan  

    測位技術の変遷 —天文航法から屋内測位まで測位メディアの観点から— 河口 信夫

    DOI: 10.1541/ieejjournal.134.832

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/10041810063?from=CiNii

  166. 距離画像による空間情報マッチングに基づくマーカレスARシステムの設計と実装 査読有り

    山川健司, 梶克彦, 河口信夫

    情報処理学会論文誌コンシューマ・デバイス&システム(CDS)   4 巻 ( 1 ) 頁: 12 - 21   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  167. Privacy protection in WiFi-based location estimation 査読有り

    Peng Z., Kaji K., Kawaguchi N.

    2014 7th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking, ICMU 2014     頁: 62 - 67   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:2014 7th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking, ICMU 2014  

    In recent years, along with the spread of WiFi-based location estimation service, the privacy problem has been pointed out. For existing WiFi-based location estimation service, users' traces and position information can be obtained fraudulently. Personal privacy may be compromised. This research proposes an algorithm that determines the reliability of the user by considering the probability of both spatial and temporal to resolve the privacy problem in WiFi-based location estimation. Meanwhile, we are operating a portal Locky.jp on location estimation using WiFi. Based on the actual data of base stations stored in the Locky.jp database, we confirm this algorithm. As a result, the percentage of returning position for privacy invasion data and whole data (privacy invasion data is also included) are about 20% and 55% respectively. In summary, we know that this algorithm reduced the privacy invasion to about 20% in the WiFi-based location estimation system. © 2014 IEEE.

    DOI: 10.1109/ICMU.2014.6799059

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  168. International Workshop on Human Activity Sensing Corpus and Its Application (HASCA2014) 査読有り

    Kawaguchi Nobuo, Nishio Nobuhiko, Roggen Daniel, Inoue Sozo, Pirttikangas Susanna

    PROCEEDINGS OF THE 2014 ACM INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON PERVASIVE AND UBIQUITOUS COMPUTING (UBICOMP'14 ADJUNCT)     頁: 715 - 719   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiComp 2014 - Adjunct Proceedings of the 2014 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing  

    Recent advancement of technology enables installations of small sized accelerometers or gyroscopes on various kinds of wearable/portable information devices. By using such wearable sensors, these devices can estimate its posture or status. However, most of current devices only utilize these sensors for simple orientation and gesture recognition. More deep understandings and recognition of human activity through these sensors will enable the next-generation human-oriented computing. To enable the real-world application by these kinds of wearable sensors, a large scale human activity sensing corpus might play an important role. Additionally, we have now a lot of high-performance mobile devices in real-world such as smart-phones. It is a great challenge to utilize such an enormous number of wearable sensors to collect a large-scale activity corpus. In recent years, there are several ongoing projects which are collecting human activities. Following on a huge success of last year's workshop, we are further planning to share these experiences of current research on human activity corpus and its applications among the researchers and the practitioners and to have a deep discussion for future of activity sensing.

    DOI: 10.1145/2638728.2641314

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://dblp.uni-trier.de/db/conf/huc/ubicomp2014ap.html#conf/huc/KawaguchiINPR14

  169. Pedestrian Dead Reckoning Based on Human Activity Sensing Knowledge 査読有り

    Murata Yuya, Kaji Katsuhiko, Hiroi Kei, Kawaguchi Nobuo

    PROCEEDINGS OF THE 2014 ACM INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON PERVASIVE AND UBIQUITOUS COMPUTING (UBICOMP'14 ADJUNCT)     頁: 797 - 806   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiComp 2014 - Adjunct Proceedings of the 2014 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing  

    This research addresses improvement of the accuracy of pedestrian dead reckoning (PDR), which is one effective technique to estimate indoor positions using smartphone sensors. Even though various techniques using step lengths and their number have been previously proposed for PDR, insufficient accuracy is gotten from smartphone sensors. In this research, we define human activity sensing knowledge and propose improvements to PDR accuracy based on it. Human activity sensing knowledge consists of four kinds of information: pedestrian, environmental, activity, and terminal. Previous studies separately used these kinds of information; however, no study has systematically arranged them for use in PDR. We improved PDR accuracy by adjusting the step length in passages and on stairs and revised activity recognition error with human activity sensing knowledge. To investigate the effectiveness of that strategy, we used HASC-IPSC, which is an indoor pedestrian sensing corpus. After our investigation, activity recognition accuracy improved from 71.2% to 91.4%, and the distance estimation error was reduced from approximately 27 m to approximately 7 m using human activity sensing knowledge. Copyright 2014 ACM.

    DOI: 10.1145/2638728.2641305

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://dblp.uni-trier.de/db/conf/huc/ubicomp2014ap.html#conf/huc/MurataHKK14

  170. Privacy Protection in WiFi-based Location Estimation

    Peng Zuotao, Kaji Katsuhiko, Kawaguchi Nobuo

    2014 SEVENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MOBILE COMPUTING AND UBIQUITOUS NETWORKING (ICMU)     頁: 62 - 67   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  171. みんなで作る位置情報サービス~スマートステーションなごや構想~

    河口 信夫

    測量   2014年4月号 巻   頁: 10 - 15   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  172. 位置情報技術の進化と活用事例

    河口 信夫

    OHM   2014年3月号 巻   頁: 8 - 11   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  173. スマートな位置情報サービスの構築に向けて ~NPO法人 Lisraの取り組み~

    河口 信夫

    アーバン・アドバンス   2014年3月号 巻   頁: 47 - 55   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  174. Gate-passing detection method based on WIFI significant points

    Kaji K., Kawaguchi N.

    Lecture Notes in Engineering and Computer Science   2 LNECS 巻   頁: 1409 - 1414   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Lecture Notes in Engineering and Computer Science  

    We propose a gate-passing detection method based on WiFi signal strength and the accelerometers of user smartphones. Since doors divide such physical areas as rooms and hallways, the WiFi environments tend to greatly vary. A gate should exist when the points in the WiFi environments vary on a large scale. We define such points as WiFi significant points and propose a detection method based on a WiFi distance function and estimated moving distance according to an accelerometer. We evaluated our proposed method and found out that most door passings can be detected. We also found that we can estimate the existence of doors that have identical door passings with a high degree of accuracy.

    Scopus

  175. Elevator Acceleration Sensing: Design and Estimation Recognition Algorithm Using Crowdsourcing 査読有り

    Tianhui Yang, Katsuhiko Kaji and Nobuo Kawaguchi

    CDS 2013: The 1st IEEE International Workshop on Consumer Devices and Systems     頁: 534-539   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  176. Gate-Passing Detection Method Based on WiFi Significant Points 査読有り

    Katsuhiko Kaji, Nobuo Kawaguchi

    The World Congress on Engineering 2013, Certificate of Merit for The 2013 International Conference of Wireless Networks     頁: 1409-1414   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  177. 実世界に広がる装着型センサを用いた行動センシングとその応用:1. 大規模人間行動センシングデータベースHASC Corpusとその応用 招待有り 査読有り

    河口信夫

    情報処理   54 巻 ( 6 ) 頁: 564-567   2013年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    音声や画像といった分野では,大規模データの活用により性能向上が図られてきたが,行動認識には利用できるデータが存在していない.我々は人間行動センシングコンソーシアム(Human Activity Sensing Consortium: HASC)を設立し,行動認識技術のより一層の進展のために大規模な行動センシングデータベース HASC corpusを構築した.HASC Challenge を2010年から3年間開催し,300名を超える被験者の行動データを収集した.データの応用例として被験者数の増大に基づく認識率向上や,経路識別を示す.また,年齢にバランスしたデータや,屋内案内をターゲットとしたデータ収集も進めている.これらのデータの多くは登録すれば無償で利用できるため,ぜひ利用して,あらたな成果を生んでいただきたい.

  178. Scalable QoS for XCAST Using Differentiated Services Architecture 査読有り

    Odira Elisha Abade, Katsuhiko Kaji, Nobuo Kawaguchi

      20 巻 ( 1 ) 頁: 131-144   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  179. A Localization Method for Markerless AR Using a Depth Image Sensor 査読有り

    Kenji Yamakawa,Katsuhiko Kaji, Nobuo Kawaguchi

    Proceedings of the the International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT'13)     頁: 1182-1187   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  180. An Intuitive Multi-touch Interface Using Finger Posture for Operating 3D Objects 査読有り

    Shingo Baba, Katsuhiko Kaji, and Nobuo Kawaguchi Toshiyuki Hagiya and Tsuneo Kato

    Proceedings of the the International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT'13)     頁: 244-249   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  181. Elevator acceleration sensing: Design and estimation recognition algorithm using crowdsourcing

    Yang Tianhui, Kaji Katsuhiko, Kawaguchi Nobuo

    2013 IEEE 37TH ANNUAL COMPUTER SOFTWARE AND APPLICATIONS CONFERENCE WORKSHOPS (COMPSACW)     頁: 534-539   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/COMPSACW.2013.97

    Web of Science

  182. Gate-Passing Detection Method Based on WiFi Significant Points 査読有り

    Katsuhiko Kaji, Nobuo Kawaguchi

    WORLD CONGRESS ON ENGINEERING - WCE 2013, VOL II     頁: 1409 - 1414   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:INT ASSOC ENGINEERS-IAENG  

    We propose a gate-passing detection method based on WiFi signal strength and the accelerometers of user smart-phones. Since doors divide such physical areas as rooms and hallways, the WiFi environments tend to greatly vary. A gate should exist when the points in the WiFi environments vary on a large scale. We define such points as WiFi significant points and propose a detection method based on a WiFi distance function and estimated moving distance according to an accelerometer. We evaluated our proposed method and found out that most door passings can be detected. We also found that we can estimate the existence of doors that have identical door passings with a high degree of accuracy.

    Web of Science

    researchmap

  183. Gate-Passing Detection Method Based on WiFi Significant Points

    Kaji Katsuhiko, Kawaguchi Nobuo

    WORLD CONGRESS ON ENGINEERING - WCE 2013, VOL II     頁: 1409 - 1414   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  184. HASC-IPSC: Indoor pedestrian sensing corpus with a balance of gender and age for indoor positioning and floor-plan generation researches 査読有り

    Kaji K., Ban R., Watanabe H., Kawaguchi N.

    UbiComp 2013 Adjunct - Adjunct Publication of the 2013 ACM Conference on Ubiquitous Computing     頁: 605 - 610   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiComp 2013 Adjunct - Adjunct Publication of the 2013 ACM Conference on Ubiquitous Computing  

    Up till now, the majority of researches related to location estimation and floor plan creation have used different kinds of data and there has simply been no technique to compare the relative advantages and disadvantages. We collected indoor pedestrian sensing data of 100 people with a balance of gender and age. The data is part of the HASC corpus, free to use for research purposes. Copyright © 2013 ACM.

    DOI: 10.1145/2494091.2495981

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://dblp.uni-trier.de/db/conf/huc/ubicomp2013ap.html#conf/huc/KajiWBK13

  185. Scalable QoS for XCAST Using Differentiated Services Architecture

    Abade Odira Elisha, Kaji Katsuhiko, Kawaguchi Nobuo

    Information and Media Technologies   8 巻 ( 1 ) 頁: 182 - 195   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Information and Media Technologies 編集運営会議  

    Explicit multiunicast (XCAST) has been proposed as a multicasting scheme with complementary scaling properties which can solve the scalability problems of conventional IP Multicast. XCAST is suitable for videoconferencing, online games and IPTV. This paper deals with QoS provisioning in XCAST networks using Differentiated Services (DiffServ). We show that integration of DiffServ in XCAST is a non-trivial problem due to inherent architectural differences between XCAST and DiffServ. We then propose a scheme called QS-XCAST that uses dynamic DSCPs to adapt to the heterogeneity of receivers in an XCAST network. We also provide an algorithm for harmonizing the <i>receiver-driven</i> and <i>sender-driven</i> QoS approaches between XCAST and DiffServ thereby determining the correct DSCP-PHB for all links in an XCAST network. By simulating using OMNeT++ we evaluate QS-XCAST using four metrics: throughput, average per-hop-delay, link utilization and forwarding fairness to other traffic in the network. Our solution eliminates <i>DSCP confusion</i> and <i>collusion attack</i> problems to which naive XCAST QoS provisioning is vulnerable. It also offers a more efficient bandwidth utilization, better forwarding fairness and less traffic load compared to the existing XCAST.

    DOI: 10.11185/imt.8.182

    CiNii Research

  186. Chairs' summary/proposal for international workshop on human activity sensing corpus and its application (HASCA2013) 査読有り

    Kawaguchi N., Nishio N., Roggen D., Fujinami K., Pirttikangas S.

    UbiComp 2013 Adjunct - Adjunct Publication of the 2013 ACM Conference on Ubiquitous Computing     頁: 599 - 603   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiComp 2013 Adjunct - Adjunct Publication of the 2013 ACM Conference on Ubiquitous Computing  

    Recent advancement of technology enables installations of small sized accelerometers or gyroscopes on various kinds of wearable/portable information devices. By using such wearable sensors, these devices can estimate its posture or status. However, most of current devices only utilize these sensors for simple orientation and gesture recognition. More deep understandings and recognition of human activity through these sensors will enable the next-generation human-oriented computing. To enable the real-world application by these kinds of wearable sensors, a large scale human activity sensing corpus might play an important role. Additionally, we have now a lot of high-performance mobile devices in real-world such as smart-phones. It is a great challenge to utilize such an enormous number of wearable sensors to collect a large-scale activity corpus. In recent years, there are several ongoing projects which are collecting human activities. In this workshop, we are planning to share these experiences of current research on the human activity corpus and its applications among the researchers and the practitioners and to have a deep discussion for future of activity sensing. Copyright © 2013 ACM.

    DOI: 10.1145/2494091.2495992

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://dblp.uni-trier.de/db/conf/huc/ubicomp2013ap.html#conf/huc/KawaguchiNRFP13

  187. 大規模人間行動センシングデータベースHASC Corpusとその応用

    河口 信夫

    情報処理学会誌   Vol.54, No.6 巻   頁: 564 - 567   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  188. Design and Implementation of WiFi Indoor Localization based on Gaussian Mixture Model and Particle Filter 査読有り

    Katsuhiko Kaji, Nobuo Kawaguchi

    Proceedings of the International Conference on Indoor Positioning and Indoor Navigation (IPIN'12)     2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: http://dx.doi.org/10.1109/IPIN.2012.6418943

  189. Application Layer Traffic Engineering for Multipoint Communication System 査読有り

    Yumi Nakayama, Katsuhiko Kaji, Nobuo Kawaguchi

    The 15th International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS-2012)     頁: 284-289   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  190. 大規模人間行動センシングコーパスHASC2012corpus の概要とその応用 査読有り

    河口 信夫, 渡辺 穂高, 楊 天輝, 小川 延宏, 岩崎 陽平, 梶 克彦, 寺田 努, 村尾 和哉, 羽田 久一, 井上 創造, 川原 圭博, 角 康之, 西尾 信彦

    情報処理学会シンポジウムシリーズマルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2012)論文集     頁: 1110–1116   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    人間行動の理解は,情報システムの究極の目標の一つである.我々は装着型センサを用いた人間行動の大規模コーパスの構築を行うために,HASC Challengeを2010年,2011年と開催した.これらの成果として,HASC2011corpus(被験者数116, 行動データ数4898),HASC2012corpus(被験者数136, 行動データ数7668)を構築した.本稿では,HASC2012corpusの概要と,新たな実環境データの応用について述べる.

    researchmap

  191. HASC2012corpus: Large Scale Human Activity Corpus and Its Application 査読有り

    KAWAGUCHI Nobuo, WATANABE Hodaka, YANG Tianhui, OGAWA Nobuhiro, IWASAKI Yohei, KAJI Katsuhiko, TERADA Tsutomu, MURAO Kazuya, HADA Hisakazu, INOUE Sozo, SUMI Yasuyuki, KAWAHARA Yoshihiro, NISHIO Nobuhiko

    the Second International Workshop of Mobile Sensing: From Smartphones and Wearables to Big Data(Held with IPSN2012 and CPSWeek 2012)     頁: 10 - 14   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  192. Design and Implementation of WiFi Indoor Localization based on Gaussian Mixture Model and Particle Filter

    Kaji Katsuhiko, Kawaguchi Nobuo

    2012 INTERNATIONAL CONFERENCE ON INDOOR POSITIONING AND INDOOR NAVIGATION (IPIN)     頁: .   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  193. Gaussian mixture model and particle filter 査読有り

    Kaji K., Kawaguchi N.

    2012 International Conference on Indoor Positioning and Indoor Navigation, IPIN 2012 - Conference Proceedings     頁: 1 - 9   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:2012 International Conference on Indoor Positioning and Indoor Navigation, IPIN 2012 - Conference Proceedings  

    Up to now Scene Analysis has been based on the WiFi location estimation technique and it has been necessary to have a large scale database and a large amount of calculation. We propose a WiFi estimation method that uses little data or calculation. First of all we apply Gaussian Mixture Model to represent the large scale WiFi database to decrease the WiFi data by no less than 95%. Secondly, we apply Particle Filter to adjust the possible calculation quantity needed for the location estimation technique. As experimental result, we achieved real-time location estimation within 6~10m. Another important issue for Scene Analysis technique is the high cost of operation of the previous WiFi observation. Accordingly crowdsourcing approach was used, employing as system where some users could contribute and other uses could share. The ideal system is a composition of the Web and mobile terminal. WiFi data observed by mobile terminals is uploaded to a Web server where it is managed and integrated into GMM and large scale operations are carried out on data and calculations. When the lightweight modeled data is downloaded to the mobile-terminal, the mobile terminal then has the ability to carry out real-time location estimation independently. © 2012 IEEE.

    DOI: 10.1109/IPIN.2012.6418943

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  194. QS-XCAST: a QoS aware XCAST implementation. 査読有り

    Odira Elisha Abade, Katsuhiko Kaji, Nobuo Kawaguchi

    International ICST Conference on Simulation Tools and Techniques, SIMUTOOLS '12, Sirmione-Desenzano, Italy, March 19-23, 2012     頁: 307 - 310   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICST/ACM  

    DOI: 10.4108/icst.simutools.2012.247761

    researchmap

    その他リンク: http://dl.acm.org/citation.cfm?id=2263067

  195. External device session initiation framework using mobile phone connection information 査読有り

    Asai T., Kaji K., Kawaguchi N.

    Asian Internet Engineeering Conference, AINTEC 2012     頁: 55 - 61   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Asian Internet Engineeering Conference, AINTEC 2012  

    Recent advancement of communications systems enables that any person can easily connect to others using network devices. However, it is still bothering to setup an external device to communicate with other devices. This paper proposes a framework for external device session initiation using a mobile phone connection information. To overcome the complex configuration issues, we employ several global servers for session initiation. By using connection information of a mobile phone, one can easily connect an external device with other device without setting any connection information. By using the framework, we have developed a prototype which can easily connect Kiosk video terminal with other device just facing an Android smartphone with NFC feature over the Kiosk terminal. We have counted the steps required to the user for the session initiation, and confirm the framework overcomes the issues. Copyright 2012 ACM.

    DOI: 10.1145/2402599.2402607

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://dblp.uni-trier.de/db/conf/aintec/aintec2012.html#conf/aintec/AsaiKK12

  196. A Proposal of Landmark-conscious Voice Navigation 査読有り

    河口 信夫

    The Sixth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking(ICMU 2012)     頁: 56 - 61   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  197. App.Locky:コンテキスト依存型サービス推薦を目的としたユーザ状況収集プラットフォーム 査読有り

    矢野幹樹,梶克彦,河口信夫

    情報処理学会論文誌   52 巻 ( 12 ) 頁: 3274-3288   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    モバイル端末向けに提供されるWeb サービスやアプリケーションなどのサービス
    の数は爆発的に増加しており,膨大な数のサービスの中から自分に必要な物を探し出
    すことが困難となりつつある.我々は,ユーザの状況に応じてサービスの推薦を行う
    システムの実現を目指す.推薦を実現する上で必要となる学習情報の獲得を行うため
    に,現在状況をクエリとするアプリ検索サービスを提供し,ユーザ状況の収集から推
    薦までを行うプラットフォームを提案する.提案に基づいた状況依存型アプリ検索シ
    ステム「App.Locky」の実装を行い,インターネット上にて公開した上で,実ユーザ
    を対象とした大規模検索ログ収集実験を行った.実験の結果,収集された検索ログを
    ユーザ状況の推定に利用可能であることを確認した.

  198. indoor.Locky: UGCを利用した無線LAN 屋内位置情報基盤 査読有り

    梶克彦,河口信夫

    情報処理学会論文誌   52 巻 ( 12 ) 頁: 3263-3273   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    我々は,様々な建物において屋内位置情報を一般に利用できる環境の実現を目指し,
    GMM に基づく無線LAN 位置推定技術を用いた屋内位置情報基盤indoor.Locky の
    研究開発を行っている.本基盤の実用化に向けた最も大きな問題は, 一般ユーザが行
    う事前の無線LAN 観測の作業コストが高いという点である.そこで,この作業を複
    数ユーザで分担できるようUGC(User Generated Content) のアプローチを採用す
    る.商業施設に置いて実証実験を行い,複数ユーザの観測情報がWeb サービス側で
    正常に統合されることを確認した.また最も作業コストと位置推定精度のバランスが
    とれた観測地点の間隔が5m 程度であることを明らかにした.これにより,一般ユー
    ザが行う観測作業の適切な間隔を提示可能になるため,多くの箇所の観測を行ってし
    まい作業コストが必要以上増加してしまうのを防ぐことができる.

  199. クラウドソーシングによる屋内構造地図情報の構築と収集 (モバイルマルチメディア通信)

    鈴木 友基, 梶 克彦, 河口 信夫

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   111 巻 ( 296 ) 頁: 1-6   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    現在,無線LANなどを用いた多くの屋内測位の研究が進んでいる.しかし,屋内測位の応用に向けた建物や地下街の構造的な地図情報は広く存在しない.ナビゲーションや詳細なユーザ位置に応じた情報配信などの屋内位置情報サービスの実現に屋内地図情報は必要である.また,屋内測位研究の発展にも屋内地図情報は有用である.本研究では,Web上や施設内の案内などのフロアマップ画像をもとに,クラウドソーシングのアプローチで屋内構造地図情報を広く収集することを目指す.本稿では,フロアマップの入手・自動構造化・人手での修正・構造情報の集約・構造情報の共有利用,といった一連の流れと,それを支援するシステムについて述べる.また,構造情報の内容の詳細についても述べる.

  200. 位置推定のための健全性維持手法の大規模無線LANデータベースへの適用 (モバイルマルチメディア通信)

    何 韜, 梶 克彦, 河口 信夫

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   111 巻 ( 296 ) 頁: 13 - 18   2011年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    我々は無線LANを用いた位置情報・測位に関するポータルLocky.jpを運営している.一般ユーザが観測し投稿された無線LAN情報をデータベース化し,そデータベースをもとに現在位置を推定することが可能である.しかし,無線LAN観測における不具合や,引っ越し,新幹線内基地局,モバイルWiFiなど移動する基地局が存在し,これらのデータを適切に処理しなければ位置推定精度に悪影響を及ぼしてしまう.本研究では,Locky.jpで収集された大規模基地局データベースを対象として,無線LAN観測における不具合と移動基地局を検出し,データを修正することで,無線LANデータベースの健全性を維持する.評価実験の結果,これらの修正を施すことにより,位置推定精度が向上することを確認できた.

  201. 位置推定のための健全性維持手法の大規模無線LANデータベースへの適用

    何 韜, 梶 克彦, 河口 信夫

    電子情報通信学会技術研究報告. MoMuC, モバイルマルチメディア通信   111 巻 ( 296 ) 頁: 13-18   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  202. クラウドソーシングによる屋内構造地図情報の構築と収集

    鈴木 友基, 梶 克彦, 河口 信夫

    電子情報通信学会技術研究報告. MoMuC, モバイルマルチメディア通信   111 巻 ( 296 ) 頁: 1-6   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  203. ユビキタスシステムにおける大規模データ処理 : Locky.jpの経験から

    河口 信夫

    電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学   111 巻 ( 173 ) 頁: .   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Locky.jpでは100万を超える無線LAN基地局情報を1億を超えるユーザ提供情報から抽出している.「駅.Locky」を始めとするスマートフォンアプリ群も100万ダウンロードを越え,一般のユーザによる利用情報や,ユーザの状況情報などの大量の利用情報が収集されている.ユビキタスシステムでは多様な大規模情報を扱う枠組みが必要であるが,まだその手法は十分に確立されているとは言えない.本講演では,これまでの事例の紹介と,多様な情報を扱うための取組を紹介する.

  204. HASC Challenge2010 :人間行動理解のための装着型加速度センサデータコーパスの構築 査読有り

    河口 信夫, 小川 延宏, 岩崎 陽平, 梶 克彦, 寺田 努, 村尾 和哉, 井上 創造, 川原 圭博, 角 康之, 西尾 信彦

    情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO 2011) 論文集   2011 巻 ( 1 ) 頁: 69 - 75   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  205. Design, Implementation and Evaluation of a Routing Engine for a Multipoint Communication Protocol: XCAST6 査読有り

    Odira Elisha Abade, Katsuhiko Kaji, Nobuo Kawaguchi

    International Journal of Computer Science and Network Security   11 巻 ( 5 ) 頁: 200-209   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this paper we therefore propose an "XCAST6 Routing Engine", an out-of-the-box solution that simplifies gradual deployment of XCAST in the real-world. The contribution of this paper is two fold. We not only provide a simple solution that can hasten deployment of XCAST on the real Internet but we also exemplify through experimental performance evaluation of our
    solution with respect to a number of performance and resource utilization metrics, that contrary to other perceptions, XCAST does not actually add an extra ordinary load to the routing resources.

  206. 映像内コンテンツの視認性を改善する配信映像加工手法

    梶 克彦, 河口 信夫

    電子情報通信学会技術研究報告. LOIS, ライフインテリジェンスとオフィス情報システム = IEICE technical report. LOIS, Life intelligence and office information systems   111 巻 ( 50 ) 頁: 75-82   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年,プレゼンテーション映像の配信需要が高まり,学会発表の様子を撮影し配信する例が多くみられるようになった.しかし,プレゼンテーション映像を視聴する際,スクリーンに投影されたスライドや紙に印刷したポスタなど,映像内に映っているコンテンツの視認性が低く説明内容を十分に理解できないという問題がある.そこで,本研究では配信映像の中に映っているコンテンツの視認性を改善する配信映像加工手法を提案する.本手法では,映像内コンテンツのオリジナルデータがWeb上から獲得可能であることを前提とし,配信映像内のコンテンツ領域に,あらかじめローカル保存したオリジナルデータを重ね合わせて再生する.提案手法の適用例としてポスタ発表生中継システムを実装した.本システムの評価実験を実施し,ポスタ内容の視認性を向上し,視聴時のストレスや内容理解に必要な労力を低く抑えられることを確認した.

  207. Gaussian Mixture Modelを用いた無線LAN位置推定手法 査読有り

    藤田迪,梶克彦,河口信夫

    情報処理学会論文誌   52 巻 ( 3 ) 頁: 1069-1081   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 1069-1081

  208. HASC challenge: Gathering large scale human activity corpus for the real-world activity understandings 査読有り

    Kawaguchi N., Ogawa N., Iwasaki Y., Kaji K., Terada T., Murao K., Inoue S., Kawahara Y., Sumi Y., Nishio N.

    ACM International Conference Proceeding Series   ( Article 27 ) 頁: 27   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ACM International Conference Proceeding Series  

    Understandings of human activity through wearable sensors will enable the next-generation human-oriented computing. However, most of researches on the activity recognition so far are based on small number of test subjects, and not well adapted for real world applications. To overcome the situation, we have started a project named "HASC Challenge" to collect a large scale human activity corpus. By the end of 2010, by the collaboration of 20 teams, more than 6700 accelerometer data with 540 subjects have been collected through our project. We also developed a tool named "HASC Tool" for management, evaluation and collection of the large number of activity sensor data. Copyright 2011 ACM.

    DOI: 10.1145/1959826.1959853

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://dblp.uni-trier.de/db/conf/aughuman/aughuman2011.html#conf/aughuman/KawaguchiOIKTMIKSN11

  209. HASC2011corpus: Towards the Common Ground of Human Activity Recognition

    Kawaguchi Nobuo, Yang Ying, Yang Tianhui, Ogawa Nobuhiro, Iwasaki Yohei, Kaji Katsuhiko, Terada Tsutomu, Murao Kazuya, Inoue Sozo, Kawahara Yoshihiro, Sumi Yasuyuki, Nishio Nobuhiko

    UBICOMP'11: PROCEEDINGS OF THE 2011 ACM INTERNATIONAL CONFERENCE ON UBIQUITOUS COMPUTING     頁: 571-572   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  210. Distributed Human Activity Data Processing using HASC Tool

    Kawaguchi Nobuo, Ogawa Nobuhiro, Iwasaki Yohei, Kaji Katsuhiko

    UBICOMP'11: PROCEEDINGS OF THE 2011 ACM INTERNATIONAL CONFERENCE ON UBIQUITOUS COMPUTING     頁: 603-604   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  211. Quantitative simulation of XCAST6 performance using OMNeT++ 査読有り

    Abade O., Kaji K., Kawaguchi N.

    Asian Internet Engineeering Conference, AINTEC 2011     頁: 22 - 29   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Asian Internet Engineeering Conference, AINTEC 2011  

    Explicit multiunicast (XCAST) is a form of small group multicast in which the sender embeds IP addresses of all receiving nodes in a special header and sends it with all data packets. On sending, each XCAST-aware router in the path examines the packet and partitions the destinations into various sets based on their next hops. For each set, the router uses a bitmap in the packet header to ensure that each copy of the packet is delivered only to destinations whose corresponding bits in the bitmap are set to 1. Sometimes real world implementation of XCAST6 can take a long time to deploy and resource constraints can limit the scale of testing that can be done. We have therefore integrated XCAST6 into the IPv6 stack of INET Framework for OMNeT++ to allow for large-scale, exhaustive and realistic investigation of XCAST6 characteristics and to complement our current research into real world deployment of XCAST6. The contribution of this paper is two fold. First, it describes our implementation of XCAST6 in OMNeT++'s INET framework. Secondly, it experimentally shows the effectiveness of XCAST6 with regards to various multicast performance metrics such as stress, end-to-end delay, efficiency and packet processing overhead rate.

    DOI: 10.1145/2089016.2089021

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://dblp.uni-trier.de/db/conf/aintec/aintec2011.html#conf/aintec/AbadeKK11

  212. Gaussian Mixture Modelを用いた無線LAN位置推定手法 査読有り

    藤田迪, 梶克彦, 河口信夫

    情報処理学会論文誌   52 巻 ( 3 ) 頁: 1069 - 1081   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  213. HASC2011corpus: Towards the common ground of human activity recognition 査読有り

    Kawaguchi N., Yang Y., Yang T., Ogawa N., Iwasaki Y., Kaji K., Terada T., Murao K., Inoue S., Kawahara Y., Sumi Y., Nishio N.

    UbiComp'11 - Proceedings of the 2011 ACM Conference on Ubiquitous Computing     頁: 571 - 572   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiComp'11 - Proceedings of the 2011 ACM Conference on Ubiquitous Computing  

    Human activity recognition through the wearable sensor will enable a next-generation human-oriented ubiquitous computing. However, most of research on human activity recognition so far is based on small number of subjects, and non-public data. To overcome the situation, we have gathered 4897 accelerometer data with 116 subjects and compose them as HASC2011corpus. In the field of pattern recognition, it is very important to evaluate and to improve the recognition methods by using the same dataset as a common ground. We make the HASC2011corpus into public for the research community to use it as a common ground of the Human Activity Recognition. We also show several facts and results of obtained from the corpus. © 2011 Authors.

    DOI: 10.1145/2030112.2030218

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://dblp.uni-trier.de/db/conf/huc/ubicomp2011.html#conf/huc/KawaguchiYYOIKTMIKSN11

  214. indoor.Locky: UGCを利用した無線LAN 屋内位置情報基盤 査読有り

    梶克彦, 河口信夫

    情報処理学会論文誌   52 巻 ( 12 ) 頁: 3263 - 3273   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  215. Distributed human activity data processing using HASC tool 査読有り

    Kawaguchi N., Ogawa N., Iwasaki Y., Kaji K.

    UbiComp'11 - Proceedings of the 2011 ACM Conference on Ubiquitous Computing     頁: 603 - 604   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiComp'11 - Proceedings of the 2011 ACM Conference on Ubiquitous Computing  

    To accelerate and simplify human activity recognition research, we have been developing a data processing tool named "HASC Tool." As the activity corpus becomes huge, it is not simple to handle the large number of files because it takes a lot of time to process. In this paper, we propose a distributed data processing mechanism which is implemented in the HASC Tool. By using the system, we can simply scale the local system into distributed processing. We also show the preliminary experimental result. © 2011 Authors.

    DOI: 10.1145/2030112.2030234

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://dblp.uni-trier.de/db/conf/huc/ubicomp2011.html#conf/huc/KawaguchiOIK11

  216. App.locky: Users' context collecting platform for context-aware application recommendation 査読有り

    Kaji K., Yano M., Kawaguchi N.

    UbiCrowd'11 - Proceedings of the 2nd International Workshop on Ubiquitous Crowdsouring     頁: 29 - 32   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:UbiCrowd'11 - Proceedings of the 2nd International Workshop on Ubiquitous Crowdsouring  

    Recently, it has become very hard for users to find their desired mobile services because the number of applications and Web services are rapidly increasing. Therefore, it is important to realize context-aware application recommendation. Because it is necessary to collect large learning data to estimate user's context, we propose a platform for collecting users' context and relationship between context and application by providing an application search system that inquires user's current context. We implemented a system named "App.Locky" based on our proposal and conducted experiments by publishing the system on the internet. As a result, we confirmed that collected search logs can be used to estimate user's context and relationship between context and application. © 2011 ACM.

    DOI: 10.1145/2030100.2030110

    Scopus

    researchmap

  217. App.Locky:コンテキスト依存型サービス推薦を目的としたユーザ状況収集プラットフォーム 査読有り

    矢野幹樹, 梶克彦, 河口信夫

    情報処理学会論文誌   52 巻 ( 12 ) 頁: 3274 - 3288   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  218. indoor.Locky : UGCを利用した無線LAN屋内位置情報基盤 査読有り

    河口 信夫

    情報処理学会論文誌   Vol.52, No.12 巻   頁: 3263 - 3273   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  219. 大規模データベースと装着型センサで人間行動を理解する

    河口 信夫

    情報処理   52-1 巻   頁: 32 - 36   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  220. 大規模データベースと装着型センサで人間行動を理解する 招待有り

    河口信夫

    情報処理   52 巻 ( 1 ) 頁: 32   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  221. 人間行動理解のための信号処理 招待有り

    河口信夫,武田一哉

    電子情報通信学会誌   93 巻 ( 12 ) 頁: 1060   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  222. 人間行動理解のための信号処理

    河口 信夫, 武田 一哉

    電子情報通信学会誌 = The journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers   93 巻 ( 12 ) 頁: 1060-1062   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  223. 駅.Locky : 無線LAN位置推定を用いた時刻表アプリの開発

    矢野 幹樹, 岩崎 陽平, 河口 信夫

    全国大会講演論文集   72 巻 ( 0 ) 頁: 289-290   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  224. D-19-8 プライバシー保護を考慮した公共センサ応用(D-19.情報通信システムセキュリティ,一般セッション)

    北出 卓矢, 岩崎 陽平, 河口 信夫, 平野 靖, 梶田 将司, 間瀬 健二

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2010 巻 ( 2 ) 頁: .   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  225. 省エネ意識向上を目指した細粒度電力センシング・提示システムの構築

    上田 泰嵩, 小川 延宏, 河口 信夫, 片山 正昭

    電気学会研究会資料. CMN, 通信研究会   2010 巻 ( 1 ) 頁: 27-32   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  226. TimeTable.Locky: Nation wide WiFi location information system based on user contributed information 査読有り

    Yano M., Kaji K., Kawaguchi N.

    Proceedings of the 3rd International Workshop on Location and the Web, LocWeb 2010     頁: 24 - 25   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Proceedings of the 3rd International Workshop on Location and the Web, LocWeb 2010  

    We introduce an iPhone / iPod touch timetable application using WiFi location system named "Eki.Locky". This application adopts UGC (User Generated Content) approach to collect TimeTable information andWiFi access point (AP) information from public users. Since the service started in October 2009, Eki.Locky has been used by over 440,000 people, posted timetable information covers 98% of all stations in Japan and 350,000 WiFi AP information were collected. In addition, since June 2010, we started a new version of this application named "TimeTable.Locky" which supports any timetable such as buses and airplanes. TimeTable.Locky also has been used large number of people, and collected over 23,000 of timetable information. Copyright 2010 ACM.

    DOI: 10.1145/1899662.1899669

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://dblp.uni-trier.de/db/conf/locweb/locweb2010.html#conf/locweb/YanoKK10

  227. *高度な実世界イベント認識を手軽に利用可能にするInstant Learning Sound Sensor の提案 査読有り

    根岸 佑也,河口 信夫

    情報処理学会論文誌   50 巻 ( 4 ) 頁: 1272,1286   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  228. Wireless Lan-Based Vehicular Location Information Processing

    Ito Seigo, Kawaguchi Nobuo

    IN-VEHICLE CORPUS AND SIGNAL PROCESSING FOR DRIVER BEHAVIOR     頁: 69-+   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-0-387-79582-9_6

    Web of Science

  229. WiFi Location Information System for Both Indoors and Outdoors

    Kawaguchi Nobuo

    DISTRIBUTED COMPUTING, ARTIFICIAL INTELLIGENCE, BIOINFORMATICS, SOFT COMPUTING, AND AMBIENT ASSISTED LIVING, PT II, PROCEEDINGS   5518 巻   頁: 638-645   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  230. NAT Free Open Source 3D Video Conferencing using SAMTK and Application Layer Router

    Kawaguchi Nobuo, Nishiura Shuntaro, Abade Odira Elisha, Kurosawa Takahiro, Jinmei Tatsuya, Muramoto Eiichi

    2009 6TH IEEE CONSUMER COMMUNICATIONS AND NETWORKING CONFERENCE, VOLS 1 AND 2     頁: 9-+   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  231. Underground Positioning: Subway Information System using WiFi Location Technology

    Kawaguchi Nobuo, Yano Motoki, Ishida Shogo, Sasaki Takeshi, Iwasaki Yohei, Sugiki Kenji, Matsubara Shigeki

    MDM: 2009 10TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MOBILE DATA MANAGEMENT     頁: 371-372   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  232. *PlanetLabを用いたIPv6オーバレイネットワークの構築 査読有り

    櫻井覚,管文鋭,松井大輔,今井祐二,村本衛一,河口信夫

    情報処理学会論文誌   49 巻 ( 9 ) 頁: 3234-3244   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  233. *ユビキタスコンピューティングにおけるコンテキストセンシングとデータ処理 査読有り

    根岸佑也,河口信夫

    人工知能学会誌   23 巻 ( 5 ) 頁: 597-603   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  234. *Locky.jp : 無線LANを用いた位置情報ポータルとその応用 招待有り 査読有り

    河口信夫

    ヒューマンインタフェース学会誌   Vol.10 巻 ( No.1 ) 頁: 15-20   2008年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  235. *ACS:多様な人間関係を表現可能なソーシャルネットワーキングシステム 査読有り

    高井一輝,河口信夫

    情報処理学会論文誌   Vol.48 巻 ( No.7 ) 頁: 2328-2339   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  236. Practice and Analysis of an Extension Course for Training Trainers of Embedded Software 査読有り

    Masaki Yamamoto, Shinya Honda, Hiroaki Takada, Kiyoshi Agusa, Hiroyuki Tomiyama, Kenji Mase, Nobuo Kawaguchi, and Nobuyuki Kaneko

    ACM SIGBED Review   Vol. 4 巻 ( No. 1 ) 頁: 73-81   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  237. Instant learning sound sensor: Flexible environmental sound recognition system

    Negishi Yuya, Kawaguchi Nobuo

    INSS 07: PROCEEDINGS OF THE FOURTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON NETWORKED SENSING SYSTEMS     頁: 305-305   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  238. 無線LANを用いた広域な位置情報システムに関する検討 査読有り

    伊藤誠悟,吉田廣志,河口信夫

    情報処理学会論文誌   Vol.47 巻 ( No.12 ) 頁: 3124-3136   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  239. アクセスポイントの選択を考慮したベイズ推定による無線LANハイブリッド位置推定手法とその応用 査読有り

    伊藤誠悟, 河口信夫

    電気学会論文誌 C電子・情報・システム部門誌   Vol.126 巻 ( No.10 ) 頁: 1212-1220   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  240. 社会人に対する組込みソフトウェア技術の再教育の取り組み 査読有り

    山本雅基,阿草清滋,間瀬健二,高田広章,河口信夫, 冨山宏之,本田晋也,金子伸幸

    電気学会, A部門, 教育フロンティア研究会   Vol.126, No.7 巻   頁: 563-569   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  241. 無線LANの受信電波強度分布間類似度による方向推定手法 査読有り

    伊藤誠悟,佐藤弘和,河口信夫

    情報処理学会論文誌   Vol.47 巻 ( No.1 ) 頁: 51-62   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  242. Characterizing in-car conversational speech of different dialogue modes

    Fujimura Hiroshi, Miyajima Chiyomi, Kawaguchi Nobuo, Itou Katsunobu, Takeda Kazuya, Itakura Fumitada

    ICICIC 2006: FIRST INTERNATIONAL CONFERENCE ON INNOVATIVE COMPUTING, INFORMATION AND CONTROL, VOL 2, PROCEEDINGS     頁: 552-+   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  243. Dialogue Structure Annotation of In-car Speech Corpus based on Speech-Act Tag

    Shingo Kato, Shigeki Matsubara, Yukiko Yamaguchi, Nobuo Kawaguchi

        頁: 159-163   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  244. 対話構造木コーパスを用いた発話意図予測

    加藤真吾,松原茂樹,山口由紀子,河口信夫

    第7回音声言語シンポジウム論文集(情報処理学会研究報告(SIG-SLP-59))     頁: 73-78   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  245. 多様な接続手法に対応したデスクトップ画面共有システム 査読有り

    根岸佑也,河口信夫

    電気学会論文誌 C電子・情報・システム部門誌   Vol.125-C, No.12 巻   頁: 1882-1890   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  246. 無線LANを用いた測位ポータルlocky.jpにおける位置情報サービス

    吉田廣志,伊藤誠悟,河口信夫

    情報処理学会グループウェアおよびネットワークサービス研究会   GNWS2005 巻   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  247. WebCodget: Webサーバに移動して動作する組込み機器向け移動ソフトウェア 

    河口信夫,春原雅志

    情報処理学会ユビキタスコンピューティング研究会   2005-UBI-009 巻   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  248. XCAST技術のデプロイメントとプロモーションイベントの評価

    田中和也,河口信夫

    情報処理学会グループウェアとネットワークサービスワークショップ2005   GNWS2005 巻   頁: 1-6   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  249. 指向性アンテナを用いた無線LANアクセスポイントの位置推定手法 査読有り

    佐藤弘和, 伊藤誠悟, 河口信夫

    電子情報通信学会 和文論文誌D-I 特集号 ユビキタス社会構築のためのネットワークに対する理論とその応用小特集   Vol.J88-D-I, No.11 巻   頁: 1634-1647   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  250. Construction of Structurally Annotated Spoken Dialogue Corpus

    Shingo Kato, Shigeki Matsubara, Yukiko Yamaguchi, Nobuo Kawaguchi

    Proceedings of IJCNLP-2005 Workshop on Asian Language Resources   ALR2005 巻   頁: 40-47   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  251. 大学における社会人向け組込みソフトウェア技術者人材養成の実施と分析 査読有り

    山本雅基,阿草清滋,高田広章,間瀬健二,富山宏之,河口信夫,本田晋也,金子伸幸

    SEC journal   No.1, Vol.4 巻   頁: 36-45   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  252. NEXCESS: Nagoya University Extension Courses for Embedded Software Specialists

    Masaki Yamamoto, Hiroyuki Tomiyama, Hiroaki Takada, Kiyoshi Agusa, Kenji Mase, Nobuo Kawaguchi, Shinya Honda, Nobuyuki Kaneko

    SIGBED Review   Vol.2, No.4 巻   頁: 20-24   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  253. 音声対話コーパスにおける発話意図タグの設計と評価 査読有り

    入江友紀,松原茂樹,河口信夫,山口由紀子,稲垣康善

    電子情報通信学会論文誌   Vol.J88-D-II, No.10 巻   頁: 2169-2173   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  254. NEXCESS: Nagoya University Extension Courses for Embedded Software Specialists

    Masaki Yamamoto, Hiroyuki Tomiyama, Hiroaki Takada, Kiyoshi Agusa, Kenji Mase, Nobuo Kawaguchi, Shinya Honda, Nobuyuki Kaneko

    Proceedings of 2005 Workshop on Embedded Systems Education, WESE2004   WESE2005 巻   頁: 16-20   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  255. Orientation Estimation Method and Orientation-Location Based Service Using Wireless LAN

    Seigo Ito, Nobuo Kawaguchi

      Ubicomp2005 巻   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  256. Towards Robust Spoken Dialogue System Using Large-Scale In-car Speech Corpus

    Yukiko Yamaguchi, Keita Hayashi, Takahiro Ono, Shingo Kato, Yuki Irie, Tomohiro Ohno, Hiroya Murao, Shigeki Matsubara, Nobuo Kawaguchi, Kazuya Takeda

    Proceedings of Workshop on DSP for in-Vehicle and Mobile Systems   DSP-in-Car2005 巻   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  257. Construction and Utilization of Bilingual Speech Corpus for Simultaneous Machine Interpretation Research

    Hitomi Tohyama, Shigeki Matsubara, Nobuo Kawaguchi,Yasuyoshi Inagaki

    Proceedings of 9th European Conference on Speech Communication and Technology   Eurospeech2005 巻   頁: 1585-1588   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  258. XCASTを用いたオンラインコミュニケーション支援

    田中和也,河口信夫

    地域ネットワーク連携ワークショップ 2005 in 沖縄     2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  259. locky.jp: 無線LANを用いた位置情報・測位ポータル

    伊藤誠悟,河口信夫

    情報処理学会研究報告 モバイルコンピューティングとユビキタス通信   2005-MBL-34(4) 巻   頁: 25-31   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  260. 研究開発用テストベッドネットワークJGNIIについて

    河口信夫

    名古屋大学情報連携基盤センターニュース   Vol.4, No.3 巻   頁: 196-199   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  261. ユーザインタフェースの遠隔操作による機器間連携

    根岸佑也, 河口信夫

    情報処理学会マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO)シンポジウム論文集   DICOMO2005 No.6 巻   頁: 73-76   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  262. XCASTを用いた統合コミュニケーション環境の構築

    田中和也,河口信夫

    情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2005)シンポジウム   DICOMO2005 巻   頁: 13-16   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  263. 話し言葉解析に基づく話者知識の自動獲得

    小野貴博,大野誠寛,松原茂樹,山口由紀子,河口信夫,吉川正俊

    人工知能学会2005年全国大会   1E1-04 巻   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  264. Position Estimation of Wireless Access Point using Directional Antennas

    Hirokazu Satoh, Seigo Ito and Nobuo Kawaguchi

    International Workshop on Location- and Context-Awareness (LoCA 2005)   LNCS 3479 巻   頁: 144-156   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  265. VPcogma: A Light-Weight Cooperative Middleware for Ubiquitous Embedded Devices

    Nobuo Kawaguchi

    International Workshop on Software Architectures for Self-Organization(SASO'05) with Pervasive2005   SASO2005 巻   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  266. 名古屋大学情報セキュリティ対策推進室の活動

    竹内義則,山口由紀子,河口信夫,山里敬也,長谷川明生,坂部俊樹

    情報処理学会研究報告   2005-CSEC-29(1) 巻   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  267. Design, Implementation and Evaluations of a Direction Based Service System for both Indoor and Outdoor 査読有り

    Yohei Iwasaki, Nobuo Kawaguchi, Yasuyoshi Inagaki

    Ubiquitous Computing Systems   LNCS, 3598 巻   頁: 20-36   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  268. Bayesian Based Location Estimation System Using Wireless LAN

    Seigo ITO, Nobuo KAWAGUCHI

    Proceedings of Third IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications Workshops   IEEE Computer Society Order Number P2300 巻   頁: 273-278   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  269. 発話意図タグに基づく対話構造の記述

    加藤真吾,松原茂樹,山口由紀子,河口信夫

    言語処理学会第11回年次大会発表論文集     頁: 129-132   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  270. Robust Dependency Parsing of Spontaneous Japanese Spoken Language

    Tomohiro OHNO, Shigeki MATSUBARA, Nobuo KAWAGUCHI, Yasuyoshi INAGAKI

    IEICE Transactions on Information and Systems   Vol.E88-D No.3 巻   頁: 545-552   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  271. Azim: Direction Based Service System for both Indoor and Outdoor 査読有り

    Yohei Iwasaki, Nobuo Kawaguchi, Yasuyoshi Inagaki

    IEICE Transactions on Communications   Vol.E88-B, No.3 巻   頁: 1034-1044   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  272. CIAIR In-Car Speech Corpus--Influence of Driving Status-- 査読有り

    Nobuo KAWAGUCHI, Shigeki MATSUBARA, Kazuya TAKEDA, Fumitada ITAKURA

    IEICE Transactions on Information and Systems   Vol.E88-D No.3 巻   頁: 578-582   2005年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  273. Construction and Evaluation of a Large In-Car Speech Corpus 査読有り

    Kazuya TAKEDA, Hiroshi FUJIMURA, Katsunobu ITOU, Nobuo KAWAGUCHI, Shigeki MATSUBARA, Fumitada ITAKURA

    IEICE Transactions on Information and Systems   Vol.E88-D No.3 巻   頁: 553-561   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  274. 指向性アンテナを用いた無線LAN基地局位置推定手法に基づく基地局探索支援システムの設計と実装

    佐藤弘和, 伊藤誠悟, 河口信夫

    情報処理学会第67回全国大会     2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  275. 話し言葉解析に基づく対話データからの情報抽出

    小野貴博,大野誠寛,松原茂樹,山口由紀子,河口信夫,吉川正俊

    2005年電子情報通信学会総合大会     2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  276. CIAIR車内音声対話コーパスにおける発話意図タグの設計と評価

    入江友紀,松原茂樹,河口信夫,山口由紀子,稲垣康善

    自然言語処理学会     2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  277. ベイズ推定を用いた位置推定システムと応用アプリケーション

    伊藤誠悟,佐藤弘和,河口信夫

    情報処理学会第67回全国大会   Vol-3 巻   頁: 755-756   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  278. Example-Based Query Generation for Spontaneous Speech

    Hiroya MURAO, Nobuo KAWAGUCHI, Shigeki MATSUBARA, Yasuyoshi INAGAKI

    IEICE Transactions on Information and Systems   Vol.E88-D No.2 巻   頁: 324-329   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  279. 無線LANの電波強度分布類似度を用いた方向推定手法

    伊藤誠悟,佐藤弘和,河口信夫

      DICOMO2005 巻   頁: 557-560   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  280. Touch-and-Connect: ユビキタス環境における接続指示フレームワーク 査読有り

    岩崎陽平,河口信夫,稲垣康善

    情報処理学会論文誌   Vol.45, No.12 巻   頁: 2642-2654   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  281. CIAIR Simultaneous Interpretation Corpus

    Hitomi Tohyama, Shigeki Matsubara, Koichiro Ryu, Nobuo Kawaguch, Yasuyoshi Inagaki

      Oriental COCOSDA 2004 巻   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  282. Design and Evaluation of Layered Intention Tag In-Car Speech Corpus

    Yuki Irie, Shigeki Matsubara, Nobuo Kawaguchi, Yukiko Yamaguchi and Yasuyoshi Inagaki

    Proceedings of Oriental-COCOSDA-2004   Oriental COCOSDA2004 巻   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  283. Design, Implementation and Evaluations of a Direction Based Service System for both Indoor and Outdoor

    Yohei Iwasaki, Nobuo Kawaguchi and Yasuyoshi Inagaki

    2nd International Symposium on Ubiquitous Computing Systems (UCS 2004)     頁: 7-14   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  284. 指向性アンテナを用いた無線LANアクセスポイントの位置推定

    佐藤弘和, 河口信夫, 稲垣康善

    情報処理学会 ユビキタスコンピューティングシステム研究会 第6回研究発表会研究報告   Vol.2004, No.112 巻   頁: 15-20   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  285. CONSTRUCTION AND ANALYSIS OF A MULTI-LAYERED IN-CAR SPOKEN DIALOGUE CORPUS 査読有り

    Nobuo Kawaguchi, Shigeki Matsubara, Itsuki Kishida, Yuki Irie, Hiroya Murao, Yukiko Yamaguchi, Kazuya Takeda and Fumitada Itakura

    DSP for In-Vehicle and Mobile Systems   Huseyin Abut (Editor), John H.L. Hansen (Editor), Kazuya Takeda (Editor) 巻   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  286. CIAIR In-Car Speech Database

    Nobuo KAWAGUCHI, Shigeki MATSUBARA, Yukiko YAMAGUCHI, Kazuya TAKEDA, Fumitada ITAKURA

    INTERSPEECH2004     2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  287. Speech Understanding, Dialogue Management and Response Generation in Corpus-Based Spoken Dialogue System

    Keita Hayashi, Yukiko Yamaguchi, Shigeki Matsubara, Nobuo Kawaguchi

    Proceedings of 8th International Conference on Spoken Language Processing   INTERSPEECH 2004-ICSLP 巻   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  288. Example-based Spoken Dialogue System with Online Example Augmentation

    Hiroya Murao, Nobuo Kawaguchi, Shigeki Matsubara, and Yukiko Yamaguchi, Yasuyoshi Inagaki

    Proceedings of 8th International Conference on Spoken Language Processing   Interspeech-ICSLP 2004 巻   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  289. Speech Intention Understanding based on Decision Tree Learning

    Yuki Irie, Shigeki Matsubara, Nobuo Kawaguchi, Yukiko Yamaguchi and Yasuyoshi Inagaki

    Proceedings of 8th International Conference on Spoken Language Processing   INTERSPEECH 2004-ICSLP 巻   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  290. Robust Dependency Parsing of Spontaneous Japanese Speech and Its Evaluation

    Tomohiro Ohno, Shigeki Matsubara, Nobuo Kawaguchi, and Yasuyoshi Inagaki

    The 8th International Conference on Spoken Language Processing (INTERSPEECH 2004-ICSLP)   INTERSPEECH 2004-ICSLP 巻   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  291. cogma : A Universal Middleware for Ubiquitous Information Environment

    Nobuo Kawaguchi

    Middleware 2004 Poster session   Workshops on Middeware2004 巻   頁: 329   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  292. 実環境における無線LANを用いた位置推定システムとその応用

    伊藤誠悟、河口信夫

    情報処理学会研究会   IPSJ-SIG-MBL-30(5) 巻   頁: 33-40   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  293. 意図タグ出現パターンに基づく対話の構造解析

    加藤真吾,松原茂樹,山口由紀子,河口信夫

    2004年度電気関係学会東海支部連合大会     2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  294. CIAIR同時通訳データベース -設計・構築・分析-

    遠山 仁美,松原 茂樹,笠 浩一朗,河口 信夫, 稲垣 康善

    電気関係学会東海支部連合大会講演論文集     2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  295. 多様な接続手法に対応したデスクトップ画面共有システム

    根岸 佑也, 河口 信夫

    2004年度電気関係学会東海支部連合大会     2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  296. 多様な接続手法に対応したデスクトップ画面共有システム

    根岸佑也,河口信夫

    第3回SPAサマーワークショップ     2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  297. アドホックネットワークにおける機器間の新しい信頼関係--機能に基づく認証方式の提案--

    Karim Hamzaoui, 河口 信夫

    第3回SPAサマーワークショップ     2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  298. 名古屋大学における無線ネットワークとセキュリティ調査について

    河口信夫

    名古屋大学情報連携基盤センターニュース   Vol.3, No.3 巻   頁: 117-120   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  299. CIAIR同時通訳データベースの構築と利用

    遠山仁美, 松原茂樹, 笠浩一朗, 河口信夫, 稲垣康善

    信学技報   Vol.104, No.170. TL2004-1~11 巻   頁: 7-12   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  300. アドホックネットワークにおける機器間の新しい信頼関係--機能に基づく認証方式の提案-- 査読有り

    Karim Hamzaoui, 河口 信夫

    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2004)シンポジウム   Vol2004,No.7 巻   頁: 5-8   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  301. ユビキタス情報環境における履歴を用いた機器操作支援手法

    河口信夫,宮崎俊和,稲垣康善

    情報処理学会ユビキタスコンピューティング研究会/映像情報メディア学会技術報告   2004-UBI-4(11) 巻   頁: 57-62   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  302. Azim: Direction Based Service using Azimuth Based Position Estimation

    Yohei Iwasaki, Nobuo Kawaguchi, Yasuyoshi Inagaki

    THE 24th INTERNATIONAL CONFERENCE ON DISTRIBUTED COMPUTING SYSTEMS (ICDCS 2004)   ICDCS2004 巻   頁: 700-709   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  303. ユビキタス情報機器の操作履歴に基づくユーザ支援

    宮崎 俊和,河口 信夫,稲垣 康善

    第7回プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ   SPA2004 巻   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  304. ソフトウェアの動的更新におけるデータ変換のためのXSLコード作成支援

    佐伯 智之,河口 信夫,稲垣 康善

    第7回プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ   SPA2004 巻   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  305. CIAIR車内音声対話コーパスを用いた対話フロー解析

    加藤真吾, 入江友紀, 山口由紀子, 松原茂樹, 河口信夫

    情報処理学会全国大会   Vol.2 巻   頁: 157-158   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  306. コーパスに基づく発話理解・対話制御・応答生成-コーパスベース音声対話システムの構築-

    林啓太, 入江友紀, 山口由紀子, 松原茂樹, 河口信夫

    情報処理学会全国大会   Vol.2 巻   頁: 167-168   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  307. 同時通訳研究のための対訳コーパスの設計と構築

    遠山仁美,松原茂樹,笠浩一朗,河口信夫,稲垣康善

    言語処理学会第11回年次大会発表論文集     頁: 966-969   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  308. 同時通訳コーパスを用いた通訳単位の統語的分析

    笠 浩一朗,松原 茂樹,河口 信夫,稲垣 康善

    情報処理学会第66回全国全国大会講演論文集     2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  309. MULTIMEDIA CORPUS OF IN-CAR SPEECH COMMUNICATION 査読有り

    Nobuo Kawaguchi, Kazuya Takeda and Fumitada Itakura

    Journal of VLSI Signal Processing   Vol. 36, Issue 2 巻   頁: 153-159   2004年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  310. CIAIR IN-CAR SPOKEN DIALOGUE CORPUS AND ITS APPLICATION

    Nobuo Kawaguchi, Shigeki Matsubara, Hiroya Murao, Itsuki Kishida, Yuki Irie, Yukiko Yamaguchi, Kazuya Takeda, and Fumitada Itakura

    Proc. in Special Workshop in MAUI (SWIM)   SWIM2004 巻   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  311. Cogma: A Middleware for Cooperative Smart Appliances for Ad hoc Environment

    Nobuo Kawaguchi

    Proc. of International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking   ICMU2004 巻   頁: 146-151   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  312. CIAIR車内音声対話コーパスを用いた対話フロー解析

    加藤真吾,入江友紀,山口由紀子,松原茂樹,河口信夫

    2004春期情報処理学会全国大会     2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  313. コーパスに基づく発話理解・対話制御・発話生成 -コーパスベース音声対話システムの構築-

    林啓太,入江友紀,山口由紀子,松原茂樹,河口信夫

    情報処理学会全国大会2004年春期     2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  314. CIAIR 実走行車内音声データベース

    河口信夫,松原茂樹, 山口由紀子,武田一哉,板倉文忠

    第5回音声言語シンポジウム論文集(情報処理学会研究報告)   SPLC2003(2003-SLP-49)No.49 巻   頁: 139-144   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  315. WOZによるオンライン修正が可能な事例ベース音声対話システム

    村尾浩也, 河口信夫, 松原茂樹, 山口由紀子, 武田一哉, 稲垣康善

    情報処理学会研究報告   2003-SLP-49 No.124 巻   頁: 269-274   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  316. RICA:動的にサービス構成の変更が可能な分散ディスプレイシステム

    斉藤功治,河口信夫,稲垣康善

    インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(日本ソフトウェア科学会資料シリーズ)   WISS2003 巻   頁: 129-134   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  317. 同時通訳を介した異言語間対話の時間的特徴--逐次通訳との比較に基づく対訳コーパスの分析

    大原誠, 松原茂樹, 笠浩一朗, 河口信夫, 稲垣康善

    通訳研究(日本通訳学会誌)   No.3 巻   頁: 35-53   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  318. VPcogma: 組み込み機器を対象としたバイナリポータブルなユビキタス環境構築ミドルウェア

    河口信夫, 金岡弘記, 木曽陽一, 細川勲

    情報処理学会研究報告   2003-UBI-2 No.115 巻   頁: 97-98   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  319. Azim:方向センサを用いたユビキタス位置情報サービス

    岩崎陽平, 河口信夫, 稲垣康善

    情報処理学会研究報告   2003-UBI-2 No.115 巻   頁: 25-30   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  320. An Advanced Japanese Speech Corpus for In-Car Spoken Dialogue Research

    Yuki Irie, Nobuo Kawaguchi, Shigeki Matsubara, Itsuki Kishida, Yukiko Yamaguchi, Kazuya Takeda, Fumitada Itakura, and Yasuyoshi Inagaki

    International Coordinating Committee on Speech Databases and Speech I/O System Assessment   Oriental COCOSDA-2003 巻   頁: 209-216   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  321. Spiral Construction of Syntactically Annotated Spoken Language Corpus

    Tomohiro Ohno, Shigeki Matsubara, Nobuo Kawaguchi, and Yasuyoshi Inaga

    Proceedings of 2003 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (NLPKE-2003)   NLPKE-2003 巻   頁: 477-483   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  322. Bilingual Speech Dialogue Corpus for Simultaneous Machine Interpretation Research

    Koichiro Ryu, Shigeki Matsubara, Nobuo Kawaguchi, and Yasuyoshi Inagaki

    International Coordinating Committee on Speech Databases and Speech I/O System Assessment   Oriental COCOSDA-2003 巻   頁: 217-224   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  323. ユビキタス情報環境の構築と利用

    河口信夫

    平成15年度電気関係学会東海支部連合大会講演論文集     頁: 77-78   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  324. Construction of an Advanced In-Car Spoken Dialogue Corpus and its Characteristic Analysis

    Itsuki Kishida, Yuki Irie, Yukiko Yamaguchi, Shigeki Matsubara, Nobuo Kawaguchi and Yasuyoshi Inagaki

    The 8th European Conference on Speech Communication and Technology   EUROSPEECH2003 巻   頁: 15811584   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  325. ユビキタス情報環境を実現する基盤ソフトウェア

    河口信夫

    情報学ワークショップ(WiNF2003)論文集   WINF2003 巻   頁: 97-100   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  326. 音声・映像・運転行動コーパスを用いた車内情報インタフェース研究

    武田一哉, 河口信夫, アブット・フセイン, 板倉文忠

    第2回情報科学技術フォーラム   FIT2003 巻   頁: 4-5   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  327. 安心で快適な次世代ユビキタスネットワークサービスを目指して

    河口信夫

    名古屋大学情報連携基盤センターニュース   Vol.2, No.3 巻   頁: 274-275   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  328. 意図タグつきコーパスを用いた発話意図推定手法

    入江友紀, 松原茂樹, 河口信夫, 山口由紀子, 稲垣康善

    人工知能学会研究会資料   SIG-SLUD-A301-03 巻   頁: 7-12   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  329. ユビキタス環境におけるモバイルエージェントを用いたソフトウェアの動的更新手法

    佐伯智之, 河口信夫, 稲垣康善

    情報処理学会マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2003)シンポジウム論文集   DICOMO2003 No.9 巻   頁: 593-596   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  330. 動的に連携可能な情報提示型サービス機器とその利用手法の提案

    斉藤功治, 河口信夫, 稲垣康善

    情報処理学会マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO)シンポジウム論文集   DICOMO2003 No.9 巻   頁: 689692   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  331. 耐タンパハードウェアを用いたモバイルエージェント保護手法 査読有り

    春木洋美, 河口信夫, 稲垣康善

    情報処理学会論文誌   Vol.44,No.6 巻   頁: 1613-1624   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  332. Example-based Spoken Dialogue System using WOZ System Log

    Hiroya Murao, Nobuo Kawaguchi, Shigeki Matsubara, Yukiko Yamaguchi and Yasuyoshi Inagaki

    The 4th SIGdial Workshop on Discours and Dialogue   SIGDIAL2003 巻   頁: 140-148   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  333. 名古屋大学無線ネットワーク実証実験

    河口信夫

    名古屋大学情報連携基盤センターニュース   Vol.2, No.2 巻   頁: 117-120   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  334. CONSTRUCTION AND ANALYSIS OF THE MULTI-LAYERED IN-CAR SPOKEN DIALOGUE CORPUS

    Nobuo Kawaguchi, Shigeki Matsubara, Itsuki Kishida, Yuki Irie, Yukiko Yamaguchi, Kazuya Takeda, Fumitada Itakura

    The Workshop on DSP in Mobile and Vehicular Systems   DSP-in-cars 巻   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  335. データ構造の変更に対応したソフトウェアの動的更新手法

    佐伯智之, 河口信夫, 稲垣康善

    第6回プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ(Sysems for Programming and Applications)   SPA2003 巻   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  336. 多様なコンテンツに対するメディアメタデータの付与とその利用

    古田恒志, 河口信夫, 稲垣康善

    情報処理学会研究報告,「グループウェアとネットワークサービス」   2003-GN-47 No.33 巻   頁: 55-60   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  337. 大規模音声言語コーパスの高度化と走行車内音声対話の特徴分析

    岸田樹, 入江友紀, 山口由紀子, 松原茂樹、河口信夫, 稲垣康善

    言語処理学会第9回年次大会発表論文集     頁: 133-136   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  338. 統計的構文解析器を用いた音声言語係り受けコーパスの構築

    大野誠寛,松原茂樹,河口信夫,稲垣康善

    言語処理学会第9回年次大会発表論文集     頁: 703-706   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  339. 日本語音声対話文の統計的係り受け解析とその評価

    大野誠寛, 松原茂樹, 河口信夫, 稲垣康善

    情報処理学会第65回全国大会講演論文集   Vol.2 巻   頁: 1-2   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  340. Touch-and-Connect:A Connection Request Framework for Ad-Hoc Networks and the Pervasive Computing Environment

    Yohei Iwasaki, Nobuo Kawaguchi and Yasuyoshi Inagaki

    The 1st IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications   PerCom2003 巻   頁: 20-29   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  341. 汎用音声認識エンジンJulius/JulianのPDAへの移植と性能評価

    原 直,河口 信夫,武田 一哉,板倉 文忠

    情報処理学会研究会, 音声言語情報処理   2002-SLP-45-22 巻   頁: 131-136   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  342. 拡張性を備えたオープンな電話対話システム開発ツールTEDDI

    伊藤和明, 山口由紀子, 河口信夫, 松原茂樹, 稲垣康善

    第4回音声言語シンポジウム論文集(情報処理学会研究報告)   2002-SLP-44 No.121 巻   頁: 153-158   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  343. WOZシステムのログ情報を利用した事例ベース音声対話システムの開発

    村尾浩也, 河口信夫, 松原茂樹, 山口由紀子, 稲垣康善

    第4回音声言語シンポジウム論文集(情報処理学会研究報告)   2002-SLP-44 No.121 巻   頁: 135-140   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  344. 音声対話システム発話に関する嗜好調査

    青山龍, 山口由紀子, 河口信夫, 松原茂樹, 稲垣康善

    人間工学東海支部2002年研究大会     頁: 47-48   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  345. 音声対話システムのための事例の基づく発話生成手法の提案

    青山龍, 松原茂樹, 河口信夫, 稲垣康善

    平成13年度電気関係学会東海支部連合大会講演論文集     2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  346. 対話同時通訳コーパスの構築とその特徴分析

    大原誠, 松原茂樹, 笠浩一郎, 河口信夫, 稲垣康善

    電子情報通信学会技術研究報告   TL2002-25, Vol.102, No.412 巻   頁: 5-10   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  347. 情報提示機器を用いた情報共有手法の提案

    斉藤功治, 河口信夫, 稲垣康善

    電気関係学会東海支部連合大会     2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  348. 拡張性を備えた対話システム開発ツールの構築

    伊藤和明, 山口由紀子, 河口信夫, 松原茂樹, 稲垣康善

    第1回情報科学技術フォーラム(FIT2002)論文集     頁: 209-210   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  349. 音声対話コーパスを用いた発話の重なりの分析

    岸田樹, 松原茂樹, 河口信夫, 山口由紀子, 稲垣康善

    電気関係学会東海支部連合大会講演論文集   No.500 巻   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  350. 文末の表層情報を用いた発話行為タグ推定

    入江友紀, 松原茂樹, 河口信夫,山口由紀子, 稲垣康善

    電気関係学会東海支部連合大会講演論文集   No.497 巻   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  351. 係り受けに基づく話し言葉コーパスの統計的分析

    大野 誠寛,村瀬 隆久,松原 茂樹,河口 信夫,稲垣 康善

    電気関係学会東海支部連合大会講演論文集     頁: 245   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  352. 情報提示機器を用いた情報共有手法の提案

    斉藤功治, 河口信夫, 稲垣康善

    第1回SPAサマーワークショップ   SPA-SUMMER2002 巻   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  353. Touch-and-Connect:無線機器間の直接的な接続指示手法

    岩崎陽平, 河口信夫, 稲垣康善

    第1回SPAサマーワークショップ   SPA-SUMMER2002 巻   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  354. Stochastic Dependency Parsing of Spontaneous Japanese Spoken Language

    Shigeki Matsubara, Takahisa Murase, Nobuo Kawaguchi, and Yasuyoshi Inagaki

    The 17th International Conference on Computational Linguistics   COLING-2002 巻   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  355. Example-based Speech Intention Understanding and Its Application to In-Car Spoken Dialogue System

    Shigeki Matsubara, Shinichi Kimura, Nobuo Kawaguchi, Yukiko Yamaguchi, and Yasuyoshi Inagaki

    The 17th International Conference on Computational Linguistics   COLING-2002,Vol.2 巻   頁: 633-639   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  356. モバイルネットワーク上におけるメディアメタデータの付与とその活用

    古田恒志 , 河口信夫, 稲垣康善

    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム   DICOMO2002 巻   頁: 233-236   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  357. An Example-based Approach to Speech Interntion Understanding

    Shinichi Kimura, Shigeki Matsubara, Nobuo Kawaguchi, Yukiko Yamaguchi and Yasuyoshi Inagaki

    The 6th World Multiconference on Systemics,Cybernetics and Informatics(SCI-2002)   SCI-2002, Vol.Ⅸ 巻   頁: 348-353   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  358. Design and Development Tool for Telephone-based Network Information System

    Yukiko Yamaguchi, Kazuaki Ito, Nobuo Kawaguchi, Shigeki Matsubara, and Yasuyoshi Inagaki

    The 6th World Multiconference on Systemics,Cybernetics and Informatics   SCI-2002,Vol.Ⅲ 巻   頁: 285-290   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  359. Appliance Bonding:情報家電間連携の動的な指示手法

    河口信夫, 梶克彦, 稲垣康善

    情報処理学会 情報家電コンピューティング研究グループ,第3回研究会予講集     頁: 29-34   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  360. 音声対話コーパスの収集と利用-より豊かな車内音声対話システムを目指して-

    松原茂樹, 河口信夫, 外山勝彦, 武田一哉

    人工知能学会誌   Vol.17,No.3 巻   頁: 279-284   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  361. Multi-Dimensional Data Acquisition for Integrated Acoustic Information Research

    Nobuo Kawaguchi, Shigeki Matsubara, Kazuya Takeda, and Fumitada Itakura

    The 3rd International Conferece on Language Resources and Evalution   LREC-2002,Vol.Ⅰ 巻   頁: 2043-2046   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  362. Bilingual Spoken Monologue Corpus for Simultaneous Machine Interpretation Reserch

    Shigeki Matsubara, Akira Takagi, Nobuo Kawaguchi, and Yasuyoshi Inagaki

    The 3rd International Conference on Language Resources and Evalution   LREC-2002,Vol.Ⅰ 巻   頁: 153-159   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  363. CIAIR speech corpus for real world speech recognition

    Nobuo Kawaguchi, Kazuya Takeda, Shigeki Matsubara, Ikuya Yokoo, Taisuke Ito, Kiyoshi Tatara, Tetsuya Shinde and Fumitada Itakura

    International Joint Conference of the 5th Symposium on Natural Language Processing   SNLPoCOCOSDA-2002 巻   頁: 288-295   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  364. A Corpus-based Analysis of Simultaneous Interpretation

    AkiraTakagi, Shigeki Matsubara, Nobuo Kawaguchi, and Yasuyoshi Inagaki

    International Joint Conference of the 5th Symposium on Natural Language Processing   SNLP-2002 巻   頁: 167-174   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  365. 無線機器間の直観的な接続指示手法

    岩崎陽平, 河口信夫, 稲垣康善

    情報処理学会研究報告   2002-DPS-107 巻   頁: 13-18   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  366. 同時通訳コーパスを用いた通訳者発声タイミングの分析

    高木亮, 松原茂樹, 河口信夫, 稲垣康善

    言語処理学会     2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  367. 音声対話処理における係り受け解析への統計情報の利用

    村瀬隆久, 松原茂樹, 河口信夫, 稲垣康善

    言語処理学会第8回年次大会発表論文集     2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  368. モバイルエージェントシステムにおけるオンデマンドコード移送とバージョン管理

    植田智, 河口信夫, 稲垣康善,

    情報処理学会全国大会     2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  369. 車内音声対話システムのための事例に基づく発話意図推定

    木村晋一, 松原茂樹, 河口信夫, 山口由紀子, 稲垣康善

    情報処理学会研究報告   SIG-SLP-40 巻   頁: 115-120   2002年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  370. 係り受け関係を用いた発話意図推定手法

    木村晋一, 松原茂樹, 河口信夫, 稲垣康善

    情報処理学会研究報告   SIG-SLP-40 巻   頁: 115-120   2002年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  371. X-Win32+SSHを使ってみよう

    河口信夫, 瀬川午直, 奥村小百合

    名古屋大学大型計算機センター ニュース   Vol.33, No.1 巻   頁: 14-22   2002年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  372. 実走行車内音声対話データベース

    河口信夫, 松原茂樹, 武田一哉, 板倉文忠, 稲垣康善

    電子情報通信学会議技術研究報告   SP-2001-107,Vol.101,No.523 巻   頁: 31-36   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  373. 同時通訳コーパスの設計と構築

    松原茂樹, 相澤靖之, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    通訳研究 日本通訳学会   No.1 巻   頁: 85-102   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  374. Example-Based Query Generation for Spontaneous Speech

    Hiroya Murao, Nobuo Kawaguchi, Shigeki Matsubara, and Yasuyoshi Inagaki

    The 7th IEEE workshop on Automatic Speech Recognition and Understanding   ASRU01 巻   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  375. cogma:動的ネットワーク環境における組み込み機器間の連携ミドルウェア

    河口信夫, 稲垣康善

    情報処理学会コンピュータシステム・シンポジウム     頁: 1-8   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  376. 無線機器間の接続インターフェースの提案と実装

    岩崎陽平, 河口信夫, 稲垣康善

    平成13年度電気関係学会東海支部連合大会講演論文集     2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  377. Flexible Group Management on Ad Hoc Network Using Mobile Agents

    Yuuki Miyagoshi, Nobuo Kawaguchi, and Yasuyoshi Inagaki

    The 4th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications   WPMC2001 巻   頁: 835-840   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  378. Multimedia Data Collection of In-Car Speech Communication

    Nobuo Kawaguchi, Shigeki Matsubara, Kazuya Takeda, and Fumitada Itakura

    The 7th European Conference on Speech Communication and Technology   EUROSPEECH2001 巻   頁: 2027-2030   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  379. Multi-Link Ad-Hoc Communicaion System based on Mobile Agents

    Nobuo Kawaguchi, Yasuyoshi Inagaki

    The ACIS 2nd International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking&Parallel/Distributed Computing   SNPD'01 巻   頁: 311-318   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  380. 耐タンパハードウェアを用いたモバイルエージェント保護手法

    春木洋美, 河口信夫, 稲垣康善

    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム論文集   DICOMO2001 巻   頁: 43-48   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  381. 統計データを用いた話し言葉音声の係り受け解析

    松原茂樹, 佐藤利光, 河口信夫, 稲垣康善

    情報処理学会研究報告   Vol2001,No.54(NL-143)/No.55(SLP-36) 巻   頁: 23-28   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  382. 複数の音声対話システムの統合制御機構とその評価

    河口信夫, 長森誠, 松原茂樹, 稲垣康善

    情報処理学会研究報告   Vol.2001,No.54(NL-143)/No.55(SLP-36) 巻   頁: 63-70   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  383. 走行車室内音声対話収録システムの開発

    河口信夫, 牛窪誠一, 松原茂樹, 岩博之, 梶田将司, 武田一哉, 板倉文忠

    電子情報通信学会論文誌   D-Ⅱ,Vol.J84-DⅡ,No.6 巻   頁: 909-917   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  384. 無線LAN技術の現状とその導入

    河口信夫

    名古屋大学大型計算機センターニュース   Vol.32, No.1 巻   頁: 42-52   2001年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  385. 実走行車内音声対話コーパスの設計と特徴

    河口信夫, 松原茂樹, 若松佳宏, 梶田将司, 武田一哉, 板倉文忠, 稲垣康善

    情報処理学会研究報告   Vol2000,No.199(SLP-34) 巻   頁: 179-184   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  386. 対話事例を利用した音声対話システム

    村尾浩也, 河口信夫, 松原茂樹, 稲垣康善

    情報処理学会研究報告   Vol.2000,No.199(SLP-34) 巻   頁: 197-202   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  387. Ad-Hoc On-Demand Communication System based on Mobile Agents

    Nobuo Kawaguchi,Yasuyoshi Inagaki

    The 3rd International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications   WPMC2000 巻   頁: 1061-1066   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  388. Construction of Speech Corpus in Moving Car Enviroment

    Nobuo Kawaguchi, Shigeki Matsubara, Hiroyuki Iwa, Shoji Kajita, Kazuya Takeda, Fumitada Itakura and Yasuyoshi Inagaki

    The 6th International Conference on Spoken Language Processing   ICSLP2000 巻   頁: 362-365   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  389. 音声翻訳研究のための話し言葉コーパスの構築

    松原茂樹, 相澤靖之, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    情報処理学会第61回全国大会講演論文集     頁: 350-351   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  390. 漸増的に端末を認識するアドホックネットワーク構築手法の評価

    戸崎貴資, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    情報処理学会研究報告   2000-MBL-14 巻   頁: 47-54   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  391. 実走行車内における音声データベース

    河口信夫, 松原茂樹, 岩博之, 梶田将司, 武田一哉, 板倉文忠, 稲垣康善

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集     2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  392. 携帯情報端末間の情報共有を支援するモバイルエージェントシステム

    河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    平成11年度後期情報処理学会第59回     頁: 299-300   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  393. 音声対話MP3プレーヤの実現とその評価

    木村晋一, 松原茂樹, 河口信夫, 稲垣康善

    平成12年度電気関係学会東海支部連合大会講演論文集     頁: 563   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  394. アドホックネットワークにおける投票システムの実現

    植田智, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善,

    平成12年度電気関係学会東海支部連合大会講演論文集     頁: 611   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  395. 日英同時通訳のためのパラレル会話コーパスの分析

    相澤靖之, 松原茂樹, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    電気関係学会東海支部連合大会講演論文集     頁: 629   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  396. マルチドメイン音声対話システムの構築手法

    長森誠, 河口信夫, 松原茂樹, 外山勝彦, 稲垣康善

    情報処理学会研究報告   2000-NL-137 巻   頁: 83-89   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  397. アドホックネットワークにおける柔軟なグループ管理手法-モバイルエージェントを用いた実現-

    宮越勇樹, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム論文集   DICOMO2000 巻   頁: 1-6   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  398. モバイルエージェントを用いたファイルの管理システムの提案

    杉浦俊一, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム論文集   DICOMO2000 巻   頁: 145-150   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  399. Simultaneous Japanese-English Interpretation based on Early Prediction of English Verb

    Shigeki Matsubara, Keiichi Iwashima, Nobuo Kawaguchi, Katsuhiko Toyama and Yasuyoshi Inagaki

    The 4th Symposium on Natural Language Processing   SNLP-2000 巻   頁: 268-273   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  400. モバイルアドホックネットワークにおけるコミュニケーション支援手法

    河口信夫, 清水邦彦, 外山勝彦, 稲垣康善

    情報処理学会研究報告   MBL-13 巻   頁: 55-60   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  401. 係り受け関係を用いた即時発話理解-音声対話メールシステムにおける手法-

    伊藤傑, 松原茂樹, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    言語処理学会第6回年次大会発表論文集     2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  402. 実走行環境下における車内音声データベースの構築

    河口信夫, 梶田将司, 岩博之, 松原茂樹, 武田一哉, 板倉文忠

    音響学会講演論文集     2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  403. 車内音声対話コーパスの構築

    河口信夫, 松原茂樹, 武田一哉, 外山勝彦, 稲垣康善

    情報処理第60回全国大会講演論文集     2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  404. モバイルエージェントの組合せに基づく柔軟なファイル管理手法

    杉浦俊一, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    情報処理学会第60回全国大会講演論文集     2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  405. 実走行車内における音声データベースの構築

    河口信夫, 松原茂樹, 岩博之, 梶田将司, 武田一哉, 板倉文忠

    情報処理学会研究報告   1999-SLP-30-12 巻   頁: 57-62   2000年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  406. Spoken Language Corpus for Machine Interpretation Research

    Yasuyuki Aizawa, Shigeki Matsubara, Nobuo Kawaguchi, Katsuhiko Toyama, and Yasuyoshi Inagaki

    The 6th International Conference on Spoken Language Processing   ICSLP2000 巻   頁: 398-401   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  407. MAGNET: Ad hoc Network System Based on Mobile Agents

    Computer Communications   23 巻 ( 8 ) 頁: 761-768   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  408. An Open Architecture for the Multi-Domain Multi-Modal Conversational Systems

    Nobuo Kawaguchi, Shigeki Matsubara, Katsuhiko Toyama, and Yasuyoshi Inagaki

      ICICS'99 巻   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  409. モーバイル環境下の自律分散通信の実現とその応用

    河口信夫,片桐秀樹,内柴道浩,外山勝彦,稲垣康善

    モーバイルコンピューティング'99シンポジウム論文集     頁: 31-32   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  410. アドホックネットワーク上の柔軟な情報共有システム~モバイルエージェントに基づく実現~

    杉浦俊一, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    平成11年度電気関係学会東海支部連合大会講演論文集   583 巻   頁: 292   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  411. アドホックネットワーク上における情報分散共有手法

    清水邦彦, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    平成11年度電気関係学会東海支部連合大会講演論文集   584 巻   頁: 292   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  412. 漸増的に端末を認識するアドホックネットワーク構築手法

    戸崎貴資, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム論文集   DICOMO1999 巻   頁: 261-266   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  413. モバイルエージェントによるアドホックネットワークの構築

    河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    第2回プログラミング及び応用のシステムに関するワークショップ   SPA1999 巻   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  414. モバイルエージェントに基づく動的拡張可能なソフトウェアシステム

    河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    情報処理学会,夏のプログラミングシンポジウム報告集     頁: 71-78   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  415. An Architecture for Multi-Domain Spoken Dialog Systems

    Proceedings of 5th Natural Language Processing Pacific Rim Symposium(NLPRS'99)     頁: 463--466   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  416. Ad・Hoc Network System based on Infrared Communication

    Proceedings of the 1999 ICPP Workshops     頁: 114-119   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  417. MAGNET : Ad-Hoc Network System based on Mobile Agents 査読有り

    Mobile Ageats for Telecommunication Applications(MATA'99)     頁: 127-142   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  418. 同時対話データの収集とのその分析

    長森誠, 木村晋一, 松原茂樹, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    平成11年度電気関係学会東海支部連合大会講演論文集     頁: 597   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  419. 赤外線モバイルアドホックネットワークの構築手法

    河口信夫, 戸崎貴資, 外山勝彦, 稲垣康善

    平成11年度電気関係学会電子・情報システム部門大会講演論文集     頁: 373-374   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  420. アドホックネットワークを実現するモバイルエージェントシステム

    河口信夫, 杉浦俊一, 外山勝彦, 稲垣康善

    人工知能学会全国大会(第13回)論文集   1月24日 巻   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  421. 話し言葉インターフェースを備えた車内秘書システムの提案

    松原茂樹, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    人工知能学会全国大会(第13回)論文集   2月16日 巻   頁: 231-234   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  422. ユビキタスネットワーク環境における携帯情報システムの提案

    河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    平成11年度電気関係学会東海支部連合大会講演論文集     頁: 583   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  423. 漸進的な連続音声認識システムの試作

    田島慶一, 河口信夫, 松原茂樹, 外山勝彦, 稲垣康善

    平成11年度電気関係学会東海支部連合大会講演論文集     頁: 598   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  424. 赤外線通信を用いた頑健なモバイルアドホックネットワーク構築手法

    片桐秀樹, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    情報処理学会研究報告   98-MBL-7-9 巻   頁: 63-70   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  425. マルチモーダル図形エディタのための漸進的な話し言葉処理手法

    松原茂樹, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    情報処理学会研究報告   98-SLP-23 巻   頁: 7-12   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  426. 赤外線通信を用いたモバイルアドホックネットワークの実現とその応用

    河口信夫, 片桐秀樹, 内柴道浩, 外山勝彦, 稲垣康善

    情報処理学会第57回全国大会講演論文集(3)     頁: 639-640   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  427. モーバイルアドホックネットワーク上のアプリケーション構築手法

    内柴道浩, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    平成10年度電気学会東海支部連合大会   611 巻   頁: 306   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  428. 漸増的に端末を認識するアドホックネットワークの提案

    河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    平成10年度電気関係学会東海支部連合大会講演論文集   612 巻   頁: 306   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  429. 導出原理を用いた多エージェント自己認識論理の決定手続きの効率化

    本田和利, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    電子情報通信学会議技術研究報告   AI98-89 巻   頁: 33-40   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  430. Sync/Mail:話し言葉の漸進的変換に基づく即答応答インターフェース

    松永悟, 松原茂樹, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    情報処理学会研究報告   98-SLP-24 巻   頁: 33-40   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  431. モーバイル環境下の自律分散通信の実現とその応用

    情報処理学会DiCoMo'98講演論文集   98 巻 ( 8 ) 頁: 619-626   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  432. 遺伝的プログラミングを用いた自動ゲームプログラミング

    人工知能学会全国大会(第12回)論文集     頁: 120-121   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  433. 発話同時理解に基づくマルチモーダル図形エディタ

    情報処理学会研究報告,98-SLP-22   98 巻 ( 68 ) 頁: 1-6   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  434. 発話に即時応答可能なメールツールの提案

    松永悟, 松原茂樹, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    情報処理学会第57回全国大会講演論文集     頁: 209-210   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  435. モバイルアドホックネットワーク構築のための分散アルゴリズムの提案とその実現

    片桐秀樹, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    情報処理学会第57回全国大会   Vol.3 巻   頁: 558-559   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  436. 項書換え系の拡張された階層的結合における停止性のモジュラー性

    大野健治, 河口信夫, 酒井正彦, 坂部俊樹, 稲垣康善

    電子情報通信学会議技術研究報告   SS97-84 巻   頁: 57-61   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  437. 多エージェント系自己認識論理の視覚的環境--導出原理を用いた決定手続きの視覚化--

    本田和利, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    平成9年後期情報処理学会第55回全国大会   2W-4 巻   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  438. 書換え型計算モデルの解析・検証・変換のための視覚的支援手法に関する研究

    河口信夫

    名古屋大学大学院工学研究科 博士学位論文     1997年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  439. A Multi-Modal Interaction System based on Incremental Interpretation of Natural Language

    Shigeki Matsubara, Nobuo Kawaguchi, Hiroyuki Ymamoto, and Yasuyoshi Inagaki

    The 8th International Energy Week Conference & Exhibition   ETCE'97 巻   頁: 138-144   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  440. An Interactive Multimodal Drawing System based on Incremental Interpretation

    Shigeki Matsubara, Hiroyuki Yamamoto, Nobuo Kawaguchi, Yasuyoshi Inagaki, and KatsuhikoToyama

    IJCAI197 Workshop:Intelligent Multimodal System     頁: 55-62   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  441. 依存対に基づく高階項書換え系の停止性証明

    渡辺啓嗣, 河口信夫, 酒井正彦, 坂部俊樹, 稲垣康善

    電子情報通信学会議技術研究報告   SS97-85 巻   頁: 63-70   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  442. モーバイル環境下における赤外線を用いた自律分散通信プロトコル

    片桐秀樹, 河口信夫, 稲垣康善

    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム論文集   DICOMO1997 巻   頁: 67-72   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  443. 遺伝的プログラミングを用いたゲームの局面評価関数の学習(共著)

    電子情報通信学会技術報告   KBSE96-35 巻   頁: 17-24   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  444. 原始帰納関数を実現する項書換え系の遺伝的プログラミングによる学習

    人工知能学会全国大会(第11回)論文集     頁: 26-02   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  445. 異性体ソフトウェア郡のバイナリ生成・管理手法の関する提案

    臼田尚志, 萩原秀和(高岳製作所), 河口信夫, 稲垣康善(名古屋大学)

    情報処理学会春季全国大会     1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  446. 自然言語の漸進的解釈に基づくマルチモーダルファイル検索システムSync/Search

    松永悟, 松原茂樹, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    ソフトウェア科学会第14回大会     頁: 97-100   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  447. 異性体ソフトウェア群のバイナリ生成・管理手法

    臼田尚志, 萩原秀和(高岳製作所), 河口信夫, 稲垣康善(名古屋大学)

    ソフトウェア科学会第14回大会     頁: 161-164   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  448. 複数回投票によるエージェント間合意形成方式の提案

    伊藤栄紀, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    電気関係学会東海支部連合大会     頁: 621   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  449. Classifier Systemを用いた対戦によるゲームプレイルールの学習

    梅原聡, 河口信夫, 外山勝彦, 稲垣康善

    電気関係学会東海支部連合大会     頁: 611   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  450. 高階項書換え系の視覚的解析支援環境の実現

    渡邉啓嗣, 河口信夫, 酒井正彦, 坂部俊樹, 稲垣康善

    電気関係学会東海支部連合大会     頁: 644   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  451. 項書換え系の完備化アルゴリズムの視覚化

    進直孝, 河口信夫, 酒井正彦, 坂部俊樹

    電気関係学会東海支部連合大会     頁: 643   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  452. 自然言語の漸進的処理に基づくマルチモーダル作図システムの提案

    山本博之, 松原茂樹, 河口信夫, 稲垣康善

    電気関係学会東海支部連合大会     頁: 586   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  453. 異性体ソフトウェア群のバージョン管理に関する一考案

    臼田尚志, 萩原秀和, 河口信夫, 稲垣康善

    電気関係学会東海支部連合大会     頁: 569   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  454. 赤外線通信を用いたモバイルネットワークの提案

    河口信夫, 片桐秀樹, 外山勝彦, 稲垣康善

    電気関係学会東海支部連合大会     頁: 578   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  455. ソートの同値分類に基づく項書換え系の型推論とその視覚化

    宮下大, 酒井正彦, 河口信夫, 坂部俊樹

    電気関係学会東海支部連合大会     頁: 642   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  456. 自然言語の漸進的解釈に基づくマルチモーダル対話システム -図形エディタSync/Draw-

    山本博之, 松原茂樹, 河口信夫, 稲垣康善

    インタラクティブシステムとソフトウェアIV     頁: 121-130   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  457. GPを用いた原始帰納関数を実現するTRSの学習

    桑山高史, 河口信夫, 稲垣康善

    平成8年度電気関係学会東海支部連合大会   589 巻   頁: 295   1996年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  458. 遺伝的プログラミングを用いたゲームの局面評価関数の生成

    堀之内剛史, 河口信夫, 稲垣康善

    第10回人工知能学会全国大会   3月22日 巻   頁: 649-652   1996年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  459. GPによるゲームの評価関数生成のための事例獲得--ゲームの対戦に基づく事例の信頼度の学習--

    堀之内剛史, 河口信夫, 稲垣康善

    平成8年度電気関係学会東海支部連合大会   590 巻   頁: 295   1996年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  460. 項書換え系の解析・検証・変換のための視覚的支援手法

    コンピュータソフトウェア   13 巻 ( 1 ) 頁: 23-36   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  461. 関数型プログラミング言語StandardMLを用いた項書換え計算の視覚化の実現

    電気学会論文誌C   116-C 巻 ( 1 ) 頁: 103-110   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  462. 多エージェント系自己認識論理の視覚的環境 -タブロー法に基づく決定手続きの視覚化-

    電子情報通信学会全国大会     頁: D-123   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  463. TERSE : A Visual Environment for Supporting Analysis, Verification and Transformation of Term Rewriting Systems 査読有り

    Nobuo Kawaguchi, Yasuyoshi Inagaki

    Proceedings of AMAST 96, LNCS 1101     頁: 571-574   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  464. 項書換え系における書換え関係の視覚化

    大野健治, 河口信夫, 坂部俊樹, 稲垣康善

    電気関係学会東海支部連合大会     頁: 657   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  465. 項書換え系における書換え系列の視覚化の拡張--中間実行とフィルター--

    河口信夫, 坂部俊樹, 稲垣康善

    電気関係学会東海支部連合大会     頁: 659   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  466. Martin-Lofの型理論に基づくプログラム合成のための定理証明系

    中山毅, 河口信夫, 坂部俊樹, 稲垣康善

    電気関係学会東海支部連合大会     頁: 660   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  467. 項書換え系における再帰経路順序の視覚化

    河口信夫, 大橋達也, 坂部俊樹, 稲垣康善

    1995年度電気関係学会東海支部連合大会   638 巻   頁: 319   1995年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  468. 可換則に基づく貢書換え系の自動変換システムとその評価

    河口信夫, 坂部俊樹, 稲垣康善

    (平成6年度前期)情報処理学会第48回全国大会講演論文集   1G-1 巻   頁: 271-272   1994年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  469. 項書換え系の計算量解析の自動化

    河口信夫, 坂部俊樹, 稲垣康善

    平成6年度(1994)電気関係学会東海支部連合大会   611 巻   1994年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  470. TERSE: TErm Rewrinting Support Environment

    Nobuo Kawaguchi, Toshiki Sakabe, and Yasuyoshi Inagaki

    The 1994 ACM SIGPLAN Workshop on Standard ML and its Applications   ML94 巻   頁: 91-100   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  471. 代数的仕様の解析・検証・変換のための視覚的支援環境

    河口信夫, 坂部俊樹, 稲垣康善

    第1回ソフトウェア工学の基礎ワークショップFOSE'94論文集     頁: 9-16   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  472. グラフィカルユーザーインタフェースを持つ項書換え系の解析・変換支援環境

    信学技報   ( SS-93 ) 頁: 44   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  473. 視覚的項書換え環境のSMLによる実現

    河口信夫, 坂部俊樹, 稲垣康善

    ソフトウェア科学会第11回大会論文集   D6-4 巻   頁: 285-288   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  474. ωメタレベルインタプリタを持つ書換えシステム

    河口信夫, 坂部俊樹, 稲垣康善

    電子情報通信学会春季大会講演論文集     1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  475. 可換則に基づいたTRSの変換について

    河口信夫, 坂部俊樹, 稲垣康善

    平成5年度(1993年)度電気関係学会東海支部連合大会   613 巻   1993年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  476. 可換則に基づく項書換え系の変換と必須呼びによる効率の評価

    信学技報   COMP193 巻 ( 64 ) 頁: 21-29   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  477. リフレクションの機能を持つ書換え計算モデルに関する研究

    河口信夫

    名古屋大学大学院工学研究科 修士学位論文     1992年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  478. リフレクティブ書換え計算モデル

    河口信夫, 酒井正彦, 坂部俊樹, 稲垣康善

    平成3年度(1991)電気関係学会東海支部連合大会   582 巻   頁: 582   1991年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  479. 代数的プログラミング環境

    河口信夫, 酒井正彦, 坂部俊樹, 稲垣康善

    平成2年度(1990)電気関係学会東海支部連合大会   542 巻   頁: 542   1990年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  480. 関数型プログラムの検証に関する基礎的研究

    河口信夫

    名古屋大学工学部卒業論文     1990年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 6

  1. 未来へつなぐデジタルシリーズ C言語

    杉浦 茂樹, 久保田 稔, 打矢 隆弘, 河口 信夫, 佐藤 文明( 担当: 共著)

    共立出版  2014年11月  ( ISBN:978-4-320-12350-2

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    本書では,このようなC言語について特に電気工学,電子工学,情報工学の各分野で必要とされる基礎的な内容について学ぶ。

  2. つながるクルマ

    河口, 信夫, 高田, 広章, 佐藤, 健哉( 担当: 単著)

    コロナ社  2020年11月  ( ISBN:9784339027730

     詳細を見る

    総ページ数:x, 193p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  3. Human Activity Sensing : Corpus and Applications

    Kawaguchi Nobuo, Nishio Nobuhiko, Roggen Daniel, Inoue Sozo, Pirttikangas Susanna, Laerhoven Kristof van( 担当: 単著)

    Springer  2019年  ( ISBN:9783030130039

     詳細を見る

  4. Urban planning: Is a networked compact city vision realistic?

    Kawaguchi N., Murayama A.( 担当: 単著)

    Labor Forces and Landscape Management: Japanese Case Studies  2016年1月  ( ISBN:9789811022777

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    The largest impact on Japanese cities is the arrival of the serious depopulating, hyper-aged society. Only scarce public money is available for landscape management, including the new development of parks and maintenance of existing parks as urban facilities. Urban greening policies must shift toward increasing greenspace along public-owned roads and on private property. Many cities pursue a vision of the networked compact urban society where an increase of population and building density center around public transit stations and decreases in areas under-served by public transit. The increase of greenspace will have significant influence on landscape management labor accounts, especially in de-intensifying urban areas. This leads to the question whether or not a vision of the networked compact city is realistic. The authors conclude that in order to answer this question, further consideration of urban block scale is necessary.

    DOI: 10.1007/978-981-10-2278-4_18

    Scopus

  5. C言語

    今野 将, 杉浦 茂樹, 久保田 稔(情報工学), 打矢 隆弘, 河口 信夫, 佐藤 文明, 白鳥 則郎( 担当: 単著)

    共立出版  2014年  ( ISBN:9784320123502

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  6. Advances for In-Vehicle and Mobile Systems: Challenges for International Standards

    Huseyin Abut , John H.L. Hansen,Kazuya Takeda(Editor)( 担当: 共著)

    Springer  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

▼全件表示

MISC 115

  1. 高精度MI磁気センサを用いたSMM位置推定の精度評価

    渡邊康祐, 廣井慧, 米澤拓郎, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会研究報告(Web)2020 巻 ( MBL-94 )   2020年

     詳細を見る

  2. 社交ダンスの動作特性を考慮したマルチモーダルセンサによるダンスフィガー認識

    松山仁, 浦野健太, 廣井慧, 廣井慧, 梶克彦, 米澤拓郎, 河口信夫  

    情報処理学会論文誌ジャーナル(Web)61 巻 ( 10 )   2020年

     詳細を見る

  3. 歩容に頑健なPDRのための深層学習を用いた進行方向推定手法

    吉田拓人, 廣井慧, 米澤拓郎, 河口信夫  

    情報処理学会研究報告(Web)2020 巻 ( MBL-94 )   2020年

     詳細を見る

  4. 回転磁石マーカを用いたスマートフォン2次元経路推定

    渡邊康祐, 廣井慧, 米澤拓郎, 梶克彦, 河口信夫, 河口信夫  

    情報処理学会論文誌ジャーナル(Web)61 巻 ( 2 )   2020年

     詳細を見る

  5. 地形の影響を考慮した積雪時のバス遅延の分析と到着時刻予測への適用

    廣井慧, 花之内広太郎, 今井瞳, 河口信夫, 河口信夫  

    電気学会論文誌 C140 巻 ( 2 )   2020年

     詳細を見る

  6. 柔軟に構成を変更可能な人流・交通流シミュレータの設計と評価

    平野流, 米澤拓郎, 廣井慧, 河口信夫, 河口信夫  

    情報処理学会研究報告(Web)2020 巻 ( MBL-94 )   2020年

     詳細を見る

  7. 個人に依存した時空間セマンティクスの分散表現の検討

    庄子和之, 米澤拓郎, 廣井慧, 河口信夫, 河口信夫  

    情報処理学会研究報告(Web)2020 巻 ( MBL-94 )   2020年

     詳細を見る

  8. Synerex:超スマート社会を支える需給交換プラットフォームの設計コンセプトと機能

    河口信夫, 米澤拓郎, 廣井慧  

    情報処理学会研究報告(Web)2020 巻 ( MBL-94 )   2020年

     詳細を見る

  9. ドキドキをセンシングして可視化するLEDライテイングデバイスの検討

    浦野健太, 廣井慧, 米澤拓郎, 河口信夫  

    情報処理学会研究報告(Web)2020 巻 ( MBL-94 )   2020年

     詳細を見る

  10. マルチモーダル社交ダンス認識における従来手法と深層学習の比較評価<英文title>Comparison and Evaluation of Ballroom Dance Figure Type Recognition Using Multi-modal Sensor

    松山仁, 廣井慧, 梶克彦, 米澤拓郎, 河口信夫  

    情報処理学会研究報告(Web)2020 巻 ( MBL-94 )   2020年

     詳細を見る

  11. 倉庫における人と自律配送ロボットの協調制御手法の基礎的検討

    浅井悠佑, 廣井慧, 米澤拓郎, 河口信夫  

    情報処理学会研究報告(Web)2020 巻 ( MBL-94 )   2020年

     詳細を見る

  12. ER-Chat:感情制御を伴う対話システムにおけるテキスト応答生成手法

    片山晋, 米澤拓郎, 大越匡, 中澤仁, 河口信夫, 河口信夫  

    情報処理学会研究報告(Web)2020 巻 ( HCI-190 )   2020年

     詳細を見る

  13. 歩容に頑健なPDRのための深層学習を用いた歩行速度推定手法

    吉田拓人, 野崎惇登, 廣井慧, 梶克彦, 米澤拓郎, 河口信夫  

    情報処理学会研究報告(Web)2019 巻 ( UBI-63 ) 頁: Vol.2019‐UBI‐63,No.3,1‐7 (WEB ONLY)   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  14. 回転磁石マーカを用いたスマートフォン所持者の2次元経路推定

    渡邊康祐, 廣井慧, 米澤拓郎, 梶克彦, 河口信夫, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2019 巻 ( 1 ) 頁: ROMBUNNO.1B‐3   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  15. 異なるサービス提供者間におけるトラストモデルとその実装に関する研究

    平野流, 廣井慧, 米澤拓郎, 河口信夫, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2019 巻 ( 1 )   2019年

     詳細を見る

  16. ユーザの休日における外出先POI情報に基づくプライバシーを考慮した居住地属性推定手法の一検討

    湯木悠太, 米澤拓郎, 廣井慧, 河口信夫, 河口信夫  

    情報処理学会研究報告(Web)2019 巻 ( ITS-79 )   2019年

     詳細を見る

  17. バス運行実績データの分析に基づく到着時刻予測モデルの提案と精度検証

    今井瞳, 今井瞳, 廣井慧, 廣井慧, 河口信夫, 河口信夫, 河口信夫  

    情報処理学会論文誌ジャーナル(Web)60 巻 ( 1 )   2019年

     詳細を見る

  18. 回転磁石マーカを用いた基礎的なスマートフォン経路推定

    渡邊康祐, 廣井慧, 梶克彦, 河口信夫, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2018 巻 ( 1 ) 頁: ROMBUNNO.5F‐5   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  19. 自動運転社会におけるSynergic Mobilityの創出

    河口信夫, 河口信夫, 河口信夫  

    電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)2018 巻   2018年

     詳細を見る

  20. 疎な位置情報と誤差モデルを用いたPDRの補正手法

    野崎惇登, 廣井慧, 廣井慧, 梶克彦, 梶克彦, 河口信夫, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2017 巻 ( 1 ) 頁: 29‐37   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  21. 回転磁石マーカによるスマートフォンの3次元位置推定手法

    渡邊 康祐, 廣井 慧, 神山 剛, 佐野 博之, 塚本 昌克, 片桐 雅二, 池田 大造, 梶 克彦, 河口 信夫  

    マルチメディア,分散協調とモバイルシンポジウム2017論文集 ( 2017 ) 頁: 1588 - 1597   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  22. 回転磁石マーカによるスマートフォンの3次元位置推定手法

    渡邊康祐, 廣井慧, 神山剛, 佐野博之, 塚本昌克, 片桐雅二, 池田大造, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2017 巻 ( 1 ) 頁: 1588‐1597   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  23. タンデムスキャナを用いた配布型BLEタグ位置推定手法

    浦野健太, 浦野健太, 廣井慧, 廣井慧, 梶克彦, 梶克彦, 河口信夫, 河口信夫, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2017 巻 ( 1 ) 頁: 1598‐1606   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  24. 空間認識能力計測のためのスマートフォンVRシステムの構築

    嶋田光佑, 廣井慧, 梶克彦, 河口信夫, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集79th 巻 ( 3 ) 頁: 3.85‐3.86   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  25. 回転磁石マーカを用いたスマートフォン3次元位置推定の基礎的検討

    渡邊 康祐, 廣井 慧, 神山 剛, 佐野 博之, 塚本 昌克, 片桐 雅二, 池田 大造, 梶 克彦, 河口 信夫  

    第79回全国大会講演論文集2017 巻 ( 1 ) 頁: 453 - 454   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    この研究では磁石を回転させて周期的に変化する磁場を発生させる磁場マーカーを用いて、スマートフォンの磁場マーカーからの距離、方位角、仰角を特定する。提案手法は回転角度を取得できるステッピングモーターを用いて磁石を回転させ、磁場のノルムが極大値をとった時刻でのモーターの角度データを取得することで、スマートフォンの磁場マーカーからの相対的な方位角を推定する。さらにセンサーの値と仰角との関係を理論的に導出し、ノルムが極値をとった時刻における磁場の各方向成分から仰角を推定する。実験の結果、1m離れた距離での方位角の特定は平均誤差6゜以内、仰角の特定は0゜での測定で平均誤差3゜以内であった。

    CiNii Books

    researchmap

  26. 回転磁石マーカを用いた3次元位置推定の基礎的検討

    渡邊康祐, 廣井慧, 神山剛, 佐野博之, 塚本昌克, 片桐雅二, 池田大造, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集79th 巻 ( 3 ) 頁: 3.453‐3.454   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  27. 大規模展示会における来場者分析のための配布型BLEタグを用いた位置推定手法

    浦野健太, 廣井慧, 廣井慧, 梶克彦, 梶克彦, 河口信夫, 河口信夫, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2016 巻 ( 1 ) 頁: 1236‐1243   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  28. 回転磁石マーカに基づくスマートフォン位置推定

    武島知勲, 梶克彦, 廣井慧, 河口信夫, 神山剛, 太田賢, 稲村浩  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2016 巻 ( 1 ) 頁: 889‐898   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  29. 仮想空間システムを用いた空間認識能力計測手法の提案

    嶋田光佑, 廣井慧, 梶克彦, 河口信夫, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2016 巻 ( 1 ) 頁: 789‐797   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  30. 仮想空間システムを用いた歩行者ナビ利用状況計測手法の提案

    嶋田光佑, 廣井慧, 梶克彦, 河口信夫, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集78th 巻 ( 3 ) 頁: 3.411-3.412   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  31. 音声ナビゲーションにおけるユーザ属性を考慮したランドマーク提示手法の提案

    飯田啓量, 櫻田健, 廣井慧, 河口信夫, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2016 巻 ( 1 )   2016年

     詳細を見る

  32. 路線バスの運行データ分析に基づく到着時刻予測と精度解析

    今井瞳, 廣井慧, 廣井慧, 河口信夫, 河口信夫, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2016 巻 ( 1 )   2016年

     詳細を見る

  33. ウェアラブル・ユビキタスコンピューティング研究の最新動向 2 屋内測位の基幹技術としての歩行者デッドレコニング

    河口信夫, 河口信夫, 梶克彦  

    情報処理56 巻 ( 9 ) 頁: 855 - 857   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  34. 頭部ジェスチャによる入力インタフェースの開発と音声ナビゲーションへの適用

    石村昇平, 梶克彦, 廣井慧, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2015 巻 ( 1 ) 頁: 709‐714   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  35. 通路に設置した回転する磁石による歩行者の通過検出手法

    武島知勲, 梶克彦, 廣井慧, 河口信夫, 神山剛, 太田賢, 稲村浩  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2015 巻 ( 1 ) 頁: 691‐699   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  36. 経路の複雑さによらないPDR評価指標と経路可視化ツールの提案

    安部真晃, 梶克彦, 廣井慧, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2015 巻 ( 1 ) 頁: 334‐339   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  37. 歩行者向け音声ナビゲーションのためのIndoorGML拡張データモデルの提案

    飯田啓量, 廣井慧, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2015 巻 ( 1 ) 頁: 561‐567   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  38. 歩行者向けナビゲーション評価のための仮想空間システムの構築

    嶋田光佑, 廣井慧, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2015 巻 ( 1 ) 頁: 553‐560   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  39. 歩行時の磁気センシングデータを利用した屋内位置推定手法

    村田雄哉, 梶克彦, 廣井慧, 河口信夫, 神山剛, 太田賢, 稲村浩  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2015 巻 ( 1 ) 頁: 1024‐1030   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  40. スマートステーションなごや:次世代屋内位置情報サービスの研究開発

    河口信夫, 坂涼司, 一円真治, 飯田啓量, 山川健司, 廣井慧, 梶克彦  

    情報処理学会研究報告(Web)2015 巻 ( UBI-46 ) 頁: VOL.2015-UBI-46,NO.4 (WEB ONLY)   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  41. HTML構造解析と機械学習に基づくイベント情報抽出システムの提案

    LIAO Chenyi, 廣井慧, 梶克彦, 河口信夫, 河口信夫  

    情報処理学会研究報告(Web)2015 巻 ( UBI-46 ) 頁: VOL.2015-UBI-46,NO.13 (WEB ONLY)   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  42. A Mobile System for 3D Indoor Mapping Using LiDAR and Panoramic Camera

    Weimin Wang, Kenji Yamakawa, Kei Hiroi, Katsuhiko Kaji, Nobuo Kawaguchi  

    情報処理学会研究報告. UBI, [ユビキタスコンピューティングシステム]2015 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 7   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    Limited by the poor vertical resolution of multi-laser LiDAR sensors like Velodyne HDL-32E, the sparsity of 3D points increases drastically in vertical direction as the distance from Velodyne increases. Interpolating in the point cloud is a method that often used to solve this problem. In this paper, we propose a mobile system consist of a Velodyne LiDAR sensor and a panoramic camera(we utilize a Ladybug3 panoramic camera here) for indoor mapping. We call it Velobug(Velodyne and Ladybug) system for practical purpose. Velobug can be used to obtain denser points clouds by deflecting Velodyne and rotating it around plumb line. Also with the Ladybug3 panoramic camera under Velodyne, we can get a colored point cloud by corresponding each 3D point to a pixel on the panoramic image acquired from Ladybug3 after the calibration of Velobug. Generalized Iterative Closet Point(Generalized-ICP) is adopted in frame-to-frame registration of the point clouds for indoor mapping.

    CiNii Books

    researchmap

  43. 歩行者デッドレコニングに基づく軌跡推定の評価法の提案

    安部真晃, 梶克彦, 廣井慧, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集77th 巻 ( 3 ) 頁: 3.295-3.296   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  44. 屋内歩行者向け音声ナビゲーションのためのデータモデルの提案

    飯田啓量, 廣井慧, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集77th 巻 ( 3 ) 頁: 3.377-3.378   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  45. 安定気圧区間に基づくフロア間移動推定

    梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集77th 巻 ( 3 ) 頁: 3.7-3.8   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  46. 個人の空間認識能力に応じた歩行者向けナビゲーションの提案

    嶋田光佑, 廣井慧, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集77th 巻 ( 3 ) 頁: 3.367-3.368   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  47. UbiComp2015チャレンジ

    河口 信夫  

    研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)2015 巻 ( 58 ) 頁: 1 - 1   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    CiNii Books

    researchmap

  48. 歩行時の磁気センシングデータの比較による移動経路推定手法

    村田雄哉, 梶克彦, 廣井慧, 河口信夫, 神山剛, 太田賢, 稲村浩  

    電子情報通信学会技術研究報告114 巻 ( 418(ASN2014 107-155) ) 頁: 61 - 66   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  49. 安定歩行区間に基づく歩行軌跡推定手法

    梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会研究報告(Web)2014 巻 ( UBI-44 ) 頁: VOL.2014-UBI-44,NO.19 (WEB ONLY)   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  50. 浸水被害の画像を用いた市街地における浸水深の検出手法の提案

    廣井慧, 河口信夫  

    研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)2014 巻 ( 3 ) 頁: 1 - 6   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    都市域での豪雨が起こす市街地の浸水被害を軽減するためには,浸水の発生箇所やその浸水深のような,浸水状況の情報提供が有効である.浸水状況を知ることで,道路上の危険箇所の歩行やアンダーパスでの車両の水没からの回避が可能になると考えられる.しかし,既存で用いられる水位計は定点観測用途が主であり,観測地点数が限られるため,観測点以外の浸水状況が把握できない.また,豪雨の発生時には浸水の様子を撮影した画像がインターネット上で多数共有されるが,浸水深を検出するためには量水板のように水位と比較可能な目安となる対象物が必要となるため,このような画像から浸水深を知ることが難しい.そこで,市街地における観測点以外の地点での浸水深の把握を目的に,インターネット上から収集した市街地の浸水の様子を撮影した画像を活用して,浸水深を検出する手法を提案する.本手法は,画像に写る人物の大きさと水位を比較し,人への影響に応じて膝以下,股下以下,胸部以下,胸部以上という分類で浸水深を推定することで,目安となる対象物を必要とせず,浸水深の検出を可能にする.提案手法を用いて,過去に市街地で発生した実際の浸水被害における浸水深を検出し,その結果を述べる.

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1001/00105925/

  51. 自律型電源を用いた停電時に運用可能な市街地の浸水観測システムの提案 (ITS)

    廣井 慧, 仲倉 利浩, 落合 秀也, 井上 朋哉, 山形 与志樹, 河口 信夫  

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報114 巻 ( 225 ) 頁: 5 - 11   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    都市域で発生する豪雨は,市街地の浸水を招き,避難者の歩行困難やアンダーパスでの車両の水没等,道路交通に大きな被害を与える.特に中小河川や水路から溢れる水は,一般市町村道のような生活道路の浸水を招く.浸水の発生箇所や浸水深の情報提供は,歩行者や車両の被害軽減に有効であるため,生活道路での浸水の情報提供を実現を目指し,安価で簡易に構築可能な浸水観測ネットワークFloodEyeの開発と実環境での運用を行っている.しかし,豪雨や浸水被害が拡大すると,市街地では停電が発生することが多く,浸水観測やデータ提供の継続が難しい.そこで本研究は,被害拡大後も安定的に運用でき,生活道路の浸水被害軽減に活用できる浸水観測システムの開発を行う.本システムは,豪雨発生前に太陽光から蓄電した電力を活用し,停電時に観測とFloodEyeへのデータ伝送をする自律型電源機能をもつ.本システムを実環境に設置して,観測とデータ伝送を行い,連続した降雨日での電力消費量を計測した.この計測結果をもとに,同程度の降雨発生時に安定的な運用を実現するための効率的な電力使用の分析を行う.近傍の降水量や警報の発表状況から推定する被害拡大の可能性,観測結果からの浸水の発生状況を用いた,観測とデータ伝送の制御開始タイミングの決定と時間間隔の最適化の考察結果を述べる.

    CiNii Books

    researchmap

  52. 自律型電源を用いた停電時に運用可能な市街地の浸水観測システムの提案

    廣井慧, 仲倉利浩, 落合秀也, 井上朋哉, 山形与志樹, 河口信夫  

    研究報告高度交通システムとスマートコミュニティ(ITS)2014 巻 ( 2 ) 頁: 1 - 7   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    都市域で発生する豪雨は,市街地の浸水を招き,避難者の歩行困難やアンダーパスでの車両の水没等,道路交通に大きな被害を与える.特に中小河川や水路から溢れる水は,一般市町村道のような生活道路の浸水を招く.浸水の発生箇所や浸水深の情報提供は,歩行者や車両の被害軽減に有効であるため,生活道路での浸水の情報提供を実現を目指し,安価で簡易に構築可能な浸水観測ネットワーク FloodEye の開発と実環境での運用を行っている.しかし,豪雨や浸水被害が拡大すると,市街地では停電が発生することが多く,浸水観測やデータ提供の継続が難しい.そこで本研究は,被害拡大後も安定的に運用でき,生活道路の浸水被害軽減に活用できる浸水観測システムの開発を行う.本システムは,豪雨発生前に太陽光から蓄電した電力を活用し,停電時に観測と FloodEye へのデータ伝送をする自律型電源機能をもつ.本システムを実環境に設置して,観測とデータ伝送を行い,連続した降雨日での電力消費量を計測した.この計測結果をもとに,同程度の降雨発生時に安定的な運用を実現するための効率的な電力使用の分析を行う.近傍の降水量や警報の発表状況から推定する被害拡大の可能性,観測結果からの浸水の発生状況を用いた,観測とデータ伝送の制御開始タイミングの決定と時間間隔の最適化の考察結果を述べる.

    CiNii Books

    researchmap

  53. 発展途上国における土のうの共有を可能にするWebシステム”Do you know Donou?”の提案

    飯田啓量, 安部真晃, 嶋田光佑, 廣井慧, 梶克彦, 河口信夫  

    電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)2014 巻   頁: ROMBUNNO.L2-8   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  54. 歩行中でも利用可能な頭部ジェスチャインタフェース

    石村昇平, 廣井慧, 梶克彦, 河口信夫  

    電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)2014 巻   頁: ROMBUNNO.N2-1   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  55. 屋内歩行センシングコーパスHASC‐IPSC利用のすすめ

    梶克彦, 渡辺穂高, 坂涼司, 河口信夫  

    情報処理学会研究報告(Web)2014 巻 ( MBL-72 ) 頁: VOL.2014-MBL-72,NO.8 (WEB ONLY)   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  56. 集約情報を用いた通知ダイアログへの対応支援手法

    上島愛史, 梶克彦, 河口信夫, 竹中光, 武内重樹, 岡本学  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2014 巻 ( 1 ) 頁: 93 - 99   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  57. 無線LANモバイル基地局検出のための基地局情報収集フレームワーク

    武島知勳, 梶克彦, 廣井慧, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2014 巻 ( 1 ) 頁: 975 - 981   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  58. 歩行者自律測位における行動センシング知識の利用

    村田雄哉, 梶克彦, 廣井慧, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2014 巻 ( 1 ) 頁: 1614 - 1619   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  59. 時空間情報に基づくイベント情報の集約システムの開発

    LIAO Chenyi, 梶克彦, 廣井慧, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2014 巻 ( 1 ) 頁: 657 - 665   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  60. ライフログ写真データに基づく連想検索に関する研究

    上村真也, 梶克彦, 廣井慧, 竹中光, 武内重樹, 岡本学, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2014 巻 ( 1 ) 頁: 1104 - 1111   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  61. Linked Open Dataによる店舗POIの公開と活用手法の提案

    一円真治, 梶克彦, 廣井慧, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2014 巻 ( 1 ) 頁: 1930 - 1938   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  62. NPO法人位置情報サービス研究機構(Lisra)の設立経緯と活動について

    河口 信夫  

    電子情報通信学会誌 = The journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers97 巻 ( 6 ) 頁: 488 - 492   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    全てのものや人は位置情報を有しており,その幅広い活用が期待されているにもかかわらず,現在の位置晴報サービスがその期待を満たしているとは言えない.また,インターネットを利用して,多くのユーザの協力を通じて大規模なデータ収集が行われているが,集まったデータの交換や流通は十分に進んでいない.このような課題を解決し,位置情報サービスの更なる発展を進めるため,我々はNPO法人位置情報サービス研究機構(Lisra)を設立した.本稿では,本法人の設立の経緯とLisraの活動について紹介する.

    CiNii Books

    researchmap

  63. 行動知識を用いた歩行者自律測位手法の検討

    村田雄哉, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集76th 巻 ( 3 ) 頁: 3.201-3.202   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  64. 無線LAN位置推定におけるモバイル基地局の検出とその応用

    武島知勳, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集76th 巻 ( 3 ) 頁: 3.181-3.182   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  65. 旅行に関する文脈情報収集システム「旅ノ記憶」の設計と開発

    LIAO Chenyi, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集76th 巻 ( 4 ) 頁: 4.469-4.470   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  66. マルチセンサ位置推定手法における無線LAN受信遅延の影響

    巾達也, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集76th 巻 ( 3 ) 頁: 3.177-3.178   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  67. クラウドソーシングに基づくレストランの不定な閉店時刻の推定

    梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集76th 巻 ( 3 ) 頁: 3.35-3.36   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  68. ポップアップダイアログの認識に基づく対応支援手法

    上島愛史, 梶克彦, 河口信夫, 竹中光, 武内重樹, 岡本学  

    情報処理学会全国大会講演論文集76th 巻 ( 4 ) 頁: 4.129-4.130   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  69. HASC‐IPSC:屋内歩行センシングコーパス

    梶克彦, 渡辺穂高, 坂涼司, 河口信夫  

    電子情報通信学会技術研究報告113 巻 ( 495(MoNA2013 71-84) ) 頁: 69 - 76   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  70. HASC-IPSC: 屋内歩行センシングコーパス

    梶克彦, 渡辺穂高, 坂涼司, 河口信夫  

    研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)2014 巻 ( 41 ) 頁: 1 - 8   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    近年モバイルコンピューティング分野で盛んな研究テーマとして,屋内位置推定や建物構造の自動推定が挙げられる.しかし,現在までにこれらの研究で共通して利用可能なデータが存在せず,新たな手法を提案しても,既存研究との精度の比較検討が困難であった.我々は,屋内位置推定研究と建物構造推定研究を主なターゲットとした,屋内歩行センシングコーパス (HASC-IPSC) を構築した.被験者はスマートフォンを装着して建物内の様々な経路を移動する.スマートフォンに記録された加速度等のセンサデータに対して,右左折や階段昇降といった詳細な行動ラベルが人手で付与されている.また各歩行移動データには,スタート地点を原点とした 1 秒ごとの 3 次元座標の正解データも用意されている.このデータを利用して,各研究で提案された歩行者デッドレコニング手法の精度を検証可能である.また建物全体の歩行空間ネットワーク構造の正解データが用意されており,複数の歩行センシングデータを統合して建物構造を自動推定する研究のリファレンスデータとして利用できる.

    CiNii Books

    researchmap

  71. 磁気とWiFi電波強度を含んだマップ情報に歩行者デッドレコニングを併用した屋内位置推定手法

    坂涼司, 梶克彦, 河口信夫  

    電子情報通信学会技術研究報告113 巻 ( 399(ASN2013 118-161) ) 頁: 23 - 28   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  72. 距離画像による空間情報マッチングに基づくマーカレスARシステムの設計と実装

    山川健司, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2013 巻 ( 2 ) 頁: ROMBUNNO.DS-11   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  73. 無線LAN位置推定におけるプライバシ保護

    PENG Zuotao, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2013 巻 ( 2 ) 頁: ROMBUNNO.6B-5   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  74. 特定の移動経路を対象とした行動イベント系列に基づく位置推定手法

    渡辺穂高, 渡邉翔太, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2013 巻 ( 2 ) 頁: ROMBUNNO.1G-2   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  75. 建物内移動情報の部分マッチングに基づく建物構造生成

    梶克彦, 渡辺穂高, 坂涼司, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2013 巻 ( 2 ) 頁: ROMBUNNO.6B-3   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  76. POI情報統合プラットフォームの提案

    一円真治, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2013 巻 ( 2 ) 頁: ROMBUNNO.6B-2   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  77. 実世界に広がる装着型センサを用いた行動センシングとその応用:1. 大規模人間行動センシングデータベースHASC Corpusとその応用

    河口 信夫  

    情報処理54 巻 ( 6 ) 頁: 564 - 567   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:情報処理学会 ; 1960-  

    音声や画像といった分野では,大規模データの活用により性能向上が図られてきたが,行動認識には利用できるデータが存在していない.我々は人間行動センシングコンソーシアム(Human Activity Sensing Consortium: HASC)を設立し,行動認識技術のより一層の進展のために大規模な行動センシングデータベース HASC corpusを構築した.HASC Challenge を2010年から3年間開催し,300名を超える被験者の行動データを収集した.データの応用例として被験者数の増大に基づく認識率向上や,経路識別を示す.また,年齢にバランスしたデータや,屋内案内をターゲットとしたデータ収集も進めている.これらのデータの多くは登録すれば無償で利用できるため,ぜひ利用して,あらたな成果を生んでいただきたい.

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1001/00091947/

  78. 距離画像情報を用いた室内マーカレスARとその応用

    山川健司, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集75th 巻 ( 4 ) 頁: 4.57-4.58   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  79. 装着型センサの姿勢推定に基づく移動軌跡の可視化

    坂涼司, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集75th 巻 ( 3 ) 頁: 3.153-3.154   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  80. 多様な場所への移動をモチベートさせるライフログ活用システム

    梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集75th 巻 ( 3 ) 頁: 3.37-3.38   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  81. ハイブリッド位置情報サービスのためのPOI情報の統合プラットフォーム

    一円真治, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集75th 巻 ( 3 ) 頁: 3.193-3.194   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  82. Scalable QoS for XCAST Using Differentiated Services Architecture

    OdiraElishaAbade, Katsuhiko Kaji, Nobuo Kawaguchi  

    情報処理学会論文誌53 巻 ( 11 ) 頁: 14p   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:情報処理学会  

    Explicit multiunicast (XCAST) has been proposed as a multicasting scheme with complementary scaling properties which can solve the scalability problems of conventional IP Multicast. XCAST is suitable for videoconferencing, online games and IPTV. This paper deals with QoS provisioning in XCAST networks using Differentiated Services (DiffServ). We show that integration of DiffServ in XCAST is a non-trivial problem due to inherent architectural differences between XCAST and DiffServ. We then propose a scheme called QS-XCAST that uses dynamic DSCPs to adapt to the heterogeneity of receivers in an XCAST network. We also provide an algorithm for harmonizing the receiver-driven and sender-driven QoS approaches between XCAST and DiffServ thereby determining the correct DSCP-PHB for all links in an XCAST network. By simulating using OMNeT++ we evaluate QS-XCAST using four metrics: throughput, average per-hop-delay, link utilization and forwarding fairness to other traffic in the network. Our solution eliminates DSCP confusion and collusion attack problems to which naive XCAST QoS provisioning is vulnerable. It also offers a more efficient bandwidth utilization, better forwarding fairness and less traffic load compared to the existing XCAST.------------------------------This is a preprint of an article intended for publication Journal ofInformation Processing(JIP). This preprint should not be cited. Thisarticle should be cited as: Journal of Information Processing Vol.21(2013) No.1 (online)DOI http://dx.doi.org/10.2197/ipsjjip.21.131------------------------------Explicit multiunicast (XCAST) has been proposed as a multicasting scheme with complementary scaling properties which can solve the scalability problems of conventional IP Multicast. XCAST is suitable for videoconferencing, online games and IPTV. This paper deals with QoS provisioning in XCAST networks using Differentiated Services (DiffServ). We show that integration of DiffServ in XCAST is a non-trivial problem due to inherent architectural differences between XCAST and DiffServ. We then propose a scheme called QS-XCAST that uses dynamic DSCPs to adapt to the heterogeneity of receivers in an XCAST network. We also provide an algorithm for harmonizing the receiver-driven and sender-driven QoS approaches between XCAST and DiffServ thereby determining the correct DSCP-PHB for all links in an XCAST network. By simulating using OMNeT++ we evaluate QS-XCAST using four metrics: throughput, average per-hop-delay, link utilization and forwarding fairness to other traffic in the network. Our solution eliminates DSCP confusion and collusion attack problems to which naive XCAST QoS provisioning is vulnerable. It also offers a more efficient bandwidth utilization, better forwarding fairness and less traffic load compared to the existing XCAST.------------------------------This is a preprint of an article intended for publication Journal ofInformation Processing(JIP). This preprint should not be cited. Thisarticle should be cited as: Journal of Information Processing Vol.21(2013) No.1 (online)DOI http://dx.doi.org/10.2197/ipsjjip.21.131------------------------------

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1001/00087059/

  83. 人間行動理解を目的とした装着型センサデバイスの姿勢推定手法とその可視化

    坂涼司, 梶克彦, 河口信夫  

    電気関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)2012 巻   頁: ROMBUNNO.M3-4   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  84. マーカレスARのための距離画像センサを用いた自己位置推定手法

    山川健司, 梶克彦, 河口信夫  

    電気関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)2012 巻   頁: ROMBUNNO.K2-5   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  85. 特定の移動経路を対象とする行動センシング情報収集フレームワーク

    渡辺穂高, 渡邉翔太, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2012 巻 ( 1 ) 頁: ROMBUNNO.DS-14   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  86. 無線LAN環境特異点に基づくゲート通過検出手法

    梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2012 巻 ( 1 ) 頁: ROMBUNNO.2B-3   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  87. 指の識別に基づく3Dオブジェクトの直観的な操作インタフェース

    馬場信吾, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2012 巻 ( 1 ) 頁: ROMBUNNO.5E-2   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  88. 多地点間通信のためのアプリケーション層トラフィックエンジニアリング

    中山裕美, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2012 巻 ( 1 ) 頁: ROMBUNNO.8C-4   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  89. ランドマークの視認性に基づく歩行者向け音声ナビゲーションの提案

    渡邉翔太, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2012 巻 ( 1 ) 頁: ROMBUNNO.7E-2   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  90. 遠隔者の側面表情を視認可能なテレプレゼンスロボット

    梶克彦, 河口信夫, 石川幹, 滝和也  

    情報処理学会研究報告(CD-ROM)2011 巻 ( 6 ) 頁: ROMBUNNO.GN-83,NO.16   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  91. 音声のみを用いた屋内歩行者ナビゲーションシステムの検討

    渡邉翔太, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集74th 巻 ( 3 ) 頁: 3.439-3.440   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  92. 装着型センサを活用した行動情報によるユーザ移動経路推定

    小川延宏, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集74th 巻 ( 3 ) 頁: 3.361-3.362   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  93. 異種センサデータの蓄積・管理・可視化のためのフレームワーク

    後藤航, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集74th 巻 ( 3 ) 頁: 3.553-3.554   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  94. 端末移動に伴う無線LANの電波環境変化に着目した構造物検出手法

    梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集74th 巻 ( 3 ) 頁: 3.89-3.90   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  95. 携帯端末間の接続情報を用いた異種外部デバイス間の通信確立手法

    浅井俊晴, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集74th 巻 ( 4 ) 頁: 4.323-4.324   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  96. 加速度・角速度を用いたセンサデバイスの装着位置・方向推定手法

    渡辺穂高, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集74th 巻 ( 3 ) 頁: 3.359-3.360   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  97. 加速度センサを用いたエレベータ区間検出と移動距離推定

    YANG Tianhui, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集74th 巻 ( 3 ) 頁: 3.441-3.442   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  98. タイピング情報に着目したターミナル共有型遠隔サポートシステム

    河合貴嗣, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集74th 巻 ( 4 ) 頁: 4.273-4.274   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  99. 位置推定のための健全性維持手法の大規模無線LANデータベースへの適用

    HE Tao, 梶克彦, 河口信夫  

    電子情報通信学会技術研究報告111 巻 ( 296(MoMuC2011 27-36) ) 頁: 13 - 18   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  100. クラウドソーシングによる屋内構造地図情報の構築と収集

    鈴木友基, 梶克彦, 河口信夫  

    電子情報通信学会技術研究報告111 巻 ( 296(MoMuC2011 27-36) ) 頁: 1 - 6   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  101. HASC2011corpusを用いたサンプリング周波数と人間行動認識率の相関分析

    YUAN Ying, YANG Tianhui, 小川延宏, 梶克彦, 河口信夫  

    電気関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)2011 巻   頁: ROMBUNNO.F4-3   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  102. 屋内位置情報基盤のためのフロアマップ構造化システム

    鈴木友基, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2011 巻 ( 1 ) 頁: 713 - 719   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  103. SAMTK‐3Dを用いた多地点間仮想空間コミュニケーションとその応用

    浅井俊晴, 中山裕美, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2011 巻 ( 1 ) 頁: 1664 - 1671   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  104. GMMに基づく無線LAN位置推定精度と電波観測情報の関連性評価

    梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2011 巻 ( 1 ) 頁: 449 - 455   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  105. HASC2010corpusを用いた被験者数と人間行動認識率の相関分析

    小川延宏, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)2011 巻 ( 1 ) 頁: 76 - 82   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  106. 映像内コンテンツの視認性を改善する配信映像加工手法

    梶克彦, 河口信夫  

    電子情報通信学会技術研究報告111 巻 ( 50(LOIS2011 1-8) ) 頁: 75 - 82   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  107. 多地点間仮想空間コミュニケーションのための3次元音響機能

    中山裕美, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集73rd 巻 ( 2 ) 頁: 2.253-2.254   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  108. 位置推定のための無線LAN観測データベースの健全性維持手法

    Kawaguchi Nobuo, Kaji Katsuhiko, He Tao, 河口 信夫, 梶 克彦, 何 韜  

    情報処理学会第73回全国大会講演論文集3 巻   頁: 281 - 282   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    researchmap

  109. 仮想空間コミュニケーションのための携帯端末を用いたメディア機器の動的連携手法

    浅井俊晴, 河口信夫, 梶克彦  

    全国大会講演論文集2011 巻 ( 1 ) 頁: 275 - 277   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    身の回りにあるカメラ・モニタ・マイク・スピーカといったメディア機器を活用し,&lt;br /&gt;多地点間のグループコミュニケーションを行うことを目的に,スマートホンを操作端&lt;br /&gt;末としてメディア機器を動的に連携させるシステムを開発した.本システムでは,&lt;br /&gt;多数のカメラを利用し,3次元仮想空間上で立体的な映像コミュニケーションが実現&lt;br /&gt;可能である.また,移動の際にも通信を維持したまま異なるメディア機器を渡り歩く&lt;br /&gt;ことが可能である.これを実現するためには,デバイスのアクセス権限,組み合わせ&lt;br /&gt;方,通信品質など多くの設定が必要となる.本連携手法では,スマートホンを用いる&lt;br /&gt;ことにより,煩雑な設定をユーザが行うことなく,システム側が状況を理解し,適切&lt;br /&gt;なメディア機器の連携を実現している.

    researchmap

  110. 位置推定のための無線LAN観測データベースの健全性維持手法

    何韜, 梶克彦, 河口信夫  

    全国大会講演論文集2011 巻 ( 1 ) 頁: 281 - 283   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    無線LANを用いた位置推定技術が一般に利用可能になりつつある.一方,無線LANの基地局は,廃棄されたり,引っ越しなどにより位置が変更される場合もあると同時に,新幹線に搭載されたりモバイルWiFiのように常時移動するような特殊な基地局も存在するため,位置推定の精度低下を引き起こす.本研究では,Locky.jpで収集された80万基地局の無線LAN観測データベースを対象とし,これらの問題となる基地局の検出によりデータベースの健全性を維持する手法を提案する.また,本手法による位置推定精度の向上を検証した.

    researchmap

  111. 大規模データベースと装着型センサで人間行動を理解する--次世代の快適・健康システムの実現を目指して (特集 未来社会をプロデュースするICT) -- (未来プロデューサ7)

    河口 信夫  

    情報処理52 巻 ( 1 ) 頁: 32 - 36   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:情報処理学会  

    researchmap

  112. 無線LAN屋内位置推定のためのフロアマップの構造化

    鈴木友基, 梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会全国大会講演論文集, 20112011 巻 ( 1 ) 頁: 287 - 289   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    我々は屋内位置推定技術として、無線LANを用いた手法を研究している。(2010-MBL-56 indoor.Locky)この手法では、推定位置情報をフロアマップの座標として提供している。また、一般ユーザからフロアマップを投稿してもらうことから、フロアマップはカメラで撮影された画像やWebサイトに掲載された画像などの簡易なものであり、情報提供のための構造情報を有していない。本研究では、画像処理やOCRなどを用いて、フロアマップから部屋などの構造情報を抽出する。フロアマップの構造化により、壁など無線LANの電波強度に影響する情報の位置推定への活用や、推定結果を部屋名などで表現することが可能になる。

    researchmap

  113. 《第19回》次世代ユビキタス・コミュニケーション・エコ環境の構築を目指すユビグラフ(大学発のベンチャービジネス)

    河口 信夫, 安藤 真介  

    映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア65 巻 ( 5 ) 頁: 679 - 682   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人映像情報メディア学会  

    DOI: 10.3169/itej.65.679

    Scopus

    researchmap

  114. indoor.Locky:屋内位置推定のための無線LAN情報プラットフォーム

    梶克彦, 河口信夫  

    情報処理学会研究報告(CD-ROM)2010 巻 ( 4 ) 頁: ROMBUNNO.MBL-56,1   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  115. 人間行動理解のための信号処理(学生/教養のページ)

    河口 信夫, 武田 一哉  

    電子情報通信学会誌93 巻 ( 12 ) 頁: 1060 - 1062   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等 66

  1. Civic Crowdsensing Through Location-Aware Virtual Monsters

    Yonezawa T.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1007/978-3-030-50344-4_33

    Scopus

  2. An End-to-End BLE Indoor Location Estimation Method Using LSTM

    Urano K.

    2019 12th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Network, ICMU 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.23919/ICMU48249.2019.9006638

    Scopus

  3. Poster: Capturing subjective time as context and it’s applications

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1145/3307334.3328719

    Scopus

  4. Gait dependency of smartphone walking speed estimation using deep learning

    Yoshida T.

    MobiSys 2019 - Proceedings of the 17th Annual International Conference on Mobile Systems, Applications, and Services 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1145/3307334.3328667

    Scopus

  5. Poster: Basic Study of BLE Indoor Localization using LSTM-based Neural Network

    Urano K.

    MobiSys 2019 - Proceedings of the 17th Annual International Conference on Mobile Systems, Applications, and Services 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1145/3307334.3328624

    Scopus

  6. Hybrid activity recognition for ballroom dance exercise using video and wearable sensor

    Matsuyama H.

    2019 Joint 8th International Conference on Informatics, Electronics and Vision, ICIEV 2019 and 3rd International Conference on Imaging, Vision and Pattern Recognition, icIVPR 2019 with International Conference on Activity and Behavior Computing, ABC 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/ICIEV.2019.8858524

    Scopus

  7. Road Surface Condition Inspection Using a Laser Scanner Mounted on an Autonomous Driving Car

    Urano K.

    2019 IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications Workshops, PerCom Workshops 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/PERCOMW.2019.8730820

    Scopus

  8. A Smartphone Short-Range Path Estimation with Hyperbolic Function for Spinning Magnet Marker

    Watanabe K.

    2019 IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications Workshops, PerCom Workshops 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/PERCOMW.2019.8730728

    Scopus

  9. End-to-end walking speed estimation method for smartphone PDR using DualCNN-LSTM

    Kawaguchi N.

    CEUR Workshop Proceedings 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  10. Image translation between SAR and optical imagery with generative adversarial nets

    Enomoto K.

    International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/IGARSS.2018.8518719

    Scopus

  11. A three-dimensional smartphone positioning method using a spinning magnet marker

    Watanabe K.

    2017 10th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Network, ICMU 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.23919/ICMU.2017.8330076

    Scopus

  12. FloodEye: Real-time flash flood prediction system for urban complex water flow

    Hiroi K.

    Proceedings of IEEE Sensors 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/ICSENS.2016.7808626

    Scopus

  13. Wi-Fi Human Behavior Analysis and BLE Tag Localization: A Case Study at an Underground Shopping Mall

    Kawaguchi N.

    ACM International Conference Proceeding Series 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1145/2994374.2994403

    Scopus

  14. PIEM: Path Independent Evaluation Metric for Relative Localization

    Abe M.

    2016 International Conference on Indoor Positioning and Indoor Navigation, IPIN 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/IPIN.2016.7743587

    Scopus

  15. Multi-algorithm on-site evaluation system for PDR challenge

    Kaji K.

    2016 9th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking, ICMU 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/ICMU.2016.7742094

    Scopus

  16. A proposal of IndoorGML extended data model for pedestrian-oriented voice navigation system

    Iida H.

    Proceedings of the 7th ACM SIGSPATIAL International Workshop on Indoor Spatial Awareness, ISA 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1145/2834812.2834814

    Scopus

  17. Velobug: A mobile system for 3D indoor mapping

    Wang W.

    UbiComp and ISWC 2015 - Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and the Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1145/2800835.2800878

    Scopus

  18. A pedestrian passage detection method by using spinning magnets on corridors

    Takeshima C.

    UbiComp and ISWC 2015 - Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and the Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1145/2800835.2800940

    Scopus

  19. Design and implementation of algorithm for estimation of elevator travel distance using smartphone accelerometer

    Martinez A.

    UbiComp and ISWC 2015 - Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and the Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1145/2800835.2801620

    Scopus

  20. Privacy protection in WiFi-based location estimation

    Peng Z.

    2014 7th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking, ICMU 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/ICMU.2014.6799059

    Scopus

  21. International workshop on human activity sensing corpus and its application (HASCA2014)

    Kawaguchi N.

    UbiComp 2014 - Adjunct Proceedings of the 2014 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1145/2638728.2641314

    Scopus

  22. Pedestrian dead reckoning based on human activity sensing knowledge

    Murata Y.

    UbiComp 2014 - Adjunct Proceedings of the 2014 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1145/2638728.2641305

    Scopus

  23. Gate-passing detection method based on WIFI significant points

    Kaji K.

    Lecture Notes in Engineering and Computer Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  24. HASC-IPSC: Indoor pedestrian sensing corpus with a balance of gender and age for indoor positioning and floor-plan generation researches

    Kaji K.

    UbiComp 2013 Adjunct - Adjunct Publication of the 2013 ACM Conference on Ubiquitous Computing 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1145/2494091.2495981

    Scopus

  25. Chairs' summary/proposal for international workshop on human activity sensing corpus and its application (HASCA2013)

    Kawaguchi N.

    UbiComp 2013 Adjunct - Adjunct Publication of the 2013 ACM Conference on Ubiquitous Computing 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1145/2494091.2495992

    Scopus

  26. Scalable QoS for XCAST Using Differentiated Services Architecture 国際会議

    Abade Odira Elisha, Kaji Katsuhiko, Kawaguchi Nobuo

    Information Processing Society of Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    Explicit multiunicast (XCAST) has been proposed as a multicasting scheme with complementary scaling properties which can solve the scalability problems of conventional IP Multicast. XCAST is suitable for videoconferencing, online games and IPTV. This paper deals with QoS provisioning in XCAST networks using Differentiated Services (DiffServ). We show that integration of DiffServ in XCAST is a non-trivial problem due to inherent architectural differences between XCAST and DiffServ. We then propose a scheme called QS-XCAST that uses dynamic DSCPs to adapt to the heterogeneity of receivers in an XCAST network. We also provide an algorithm for harmonizing the <i>receiver-driven</i> and <i>sender-driven</i> QoS approaches between XCAST and DiffServ thereby determining the correct DSCP-PHB for all links in an XCAST network. By simulating using OMNeT++ we evaluate QS-XCAST using four metrics: throughput, average per-hop-delay, link utilization and forwarding fairness to other traffic in the network. Our solution eliminates <i>DSCP confusion</i> and <i>collusion attack</i> problems to which naive XCAST QoS provisioning is vulnerable. It also offers a more efficient bandwidth utilization, better forwarding fairness and less traffic load compared to the existing XCAST.

  27. External device session initiation framework using mobile phone connection information

    Asai T.

    Asian Internet Engineeering Conference, AINTEC 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1145/2402599.2402607

    Scopus

  28. Gaussian mixture model and particle filter

    Kaji K.

    2012 International Conference on Indoor Positioning and Indoor Navigation, IPIN 2012 - Conference Proceedings 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/IPIN.2012.6418943

    Scopus

  29. Scalable QoS for XCAST Using Differentiated Services Architecture (Preprint) 国際会議

    OdiraElishaAbade, Katsuhiko Kaji, Nobuo Kawaguchi

    情報処理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    Explicit multiunicast (XCAST) has been proposed as a multicasting scheme with complementary scaling properties which can solve the scalability problems of conventional IP Multicast. XCAST is suitable for videoconferencing, online games and IPTV. This paper deals with QoS provisioning in XCAST networks using Differentiated Services (DiffServ). We show that integration of DiffServ in XCAST is a non-trivial problem due to inherent architectural differences between XCAST and DiffServ. We then propose a scheme called QS-XCAST that uses dynamic DSCPs to adapt to the heterogeneity of receivers in an XCAST network. We also provide an algorithm for harmonizing the receiver-driven and sender-driven QoS approaches between XCAST and DiffServ thereby determining the correct DSCP-PHB for all links in an XCAST network. By simulating using OMNeT++ we evaluate QS-XCAST using four metrics: throughput, average per-hop-delay, link utilization and forwarding fairness to other traffic in the network. Our solution eliminates DSCP confusion and collusion attack problems to which naive XCAST QoS provisioning is vulnerable. It also offers a more efficient bandwidth utilization, better forwarding fairness and less traffic load compared to the existing XCAST.------------------------------This is a preprint of an article intended for publication Journal ofInformation Processing(JIP). This preprint should not be cited. Thisarticle should be cited as: Journal of Information Processing Vol.21(2013) No.1 (online)DOI http://dx.doi.org/10.2197/ipsjjip.21.131------------------------------Explicit multiunicast (XCAST) has been proposed as a multicasting scheme with complementary scaling properties which can solve the scalability problems of conventional IP Multicast. XCAST is suitable for videoconferencing, online games and IPTV. This paper deals with QoS provisioning in XCAST networks using Differentiated Services (DiffServ). We show that integration of DiffServ in XCAST is a non-trivial problem due to inherent architectural differences between XCAST and DiffServ. We then propose a scheme called QS-XCAST that uses dynamic DSCPs to adapt to the heterogeneity of receivers in an XCAST network. We also provide an algorithm for harmonizing the receiver-driven and sender-driven QoS approaches between XCAST and DiffServ thereby determining the correct DSCP-PHB for all links in an XCAST network. By simulating using OMNeT++ we evaluate QS-XCAST using four metrics: throughput, average per-hop-delay, link utilization and forwarding fairness to other traffic in the network. Our solution eliminates DSCP confusion and collusion attack problems to which naive XCAST QoS provisioning is vulnerable. It also offers a more efficient bandwidth utilization, better forwarding fairness and less traffic load compared to the existing XCAST.------------------------------This is a preprint of an article intended for publication Journal ofInformation Processing(JIP). This preprint should not be cited. Thisarticle should be cited as: Journal of Information Processing Vol.21(2013) No.1 (online)DOI http://dx.doi.org/10.2197/ipsjjip.21.131------------------------------

  30. 位置推定のための健全性維持手法の大規模無線LANデータベースへの適用(ホームネットワーク,ユビキタスネットワーク,クラウドコンピューティング,コンテキストアウェア,位置情報サービス,e-コマース及び,一般) 国際会議

    何 韜, 梶 克彦, 河口 信夫

    一般社団法人電子情報通信学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    我々は無線LANを用いた位置情報・測位に関するポータルLocky.jpを運営している.一般ユーザが観測し投稿された無線LAN情報をデータベース化し,そデータベースをもとに現在位置を推定することが可能である.しかし,無線LAN観測における不具合や,引っ越し,新幹線内基地局,モバイルWiFiなど移動する基地局が存在し,これらのデータを適切に処理しなければ位置推定精度に悪影響を及ぼしてしまう.本研究では,Locky.jpで収集された大規模基地局データベースを対象として,無線LAN観測における不具合と移動基地局を検出し,データを修正することで,無線LANデータベースの健全性を維持する.評価実験の結果,これらの修正を施すことにより,位置推定精度が向上することを確認できた.

  31. クラウドソーシングによる屋内構造地図情報の構築と収集(ホームネットワーク,ユビキタスネットワーク,クラウドコンピューティング,コンテキストアウェア,位置情報サービス,e-コマース及び,一般) 国際会議

    鈴木 友基, 梶 克彦, 河口 信夫

    一般社団法人電子情報通信学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    現在,無線LANなどを用いた多くの屋内測位の研究が進んでいる.しかし,屋内測位の応用に向けた建物や地下街の構造的な地図情報は広く存在しない.ナビゲーションや詳細なユーザ位置に応じた情報配信などの屋内位置情報サービスの実現に屋内地図情報は必要である.また,屋内測位研究の発展にも屋内地図情報は有用である.本研究では,Web上や施設内の案内などのフロアマップ画像をもとに,クラウドソーシングのアプローチで屋内構造地図情報を広く収集することを目指す.本稿では,フロアマップの入手・自動構造化・人手での修正・構造情報の集約・構造情報の共有利用,といった一連の流れと,それを支援するシステムについて述べる.また,構造情報の内容の詳細についても述べる.

  32. Instant Learning Sound Sensor: Flexible Real-World Event Recognition System for Ubiquitous Computing 国際会議

    Ubiquitous Computing Systems, 4th International Symposium(UCS 2007) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  33. Locky.jp:無線LANを用いた位置推定とその応用

    電子情報通信学会 ITS研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  34. ユビキタス最前線

    河口信夫

    名古屋大学協力会 情報通信セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  35. 無線LANを用いた位置情報ポータルLocky.jpとその応用

    河口信夫

    Place XML成果報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  36. 次世代ユビキタスネットワークを探る

    河口信夫

    2006年度名古屋大学公開講座 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. XCAST技術とその応用 -多地点接続の実現-

    INTEROP2006 カンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  38. XCAST技術とその応用

    河口信夫

    中国JGN2・ICTフォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  39. 東海地域におけるJGN2コミュニティネットワークの活動について

    河口信夫

    JGN2シンポジウム,JGN2利用促進部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国