2021/05/06 更新

写真a

イシハラ カズアキ
石原 一彰
ISHIHARA Kazuaki
所属
大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻 有機化学 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 工学博士 ( 1991年3月   名古屋大学 ) 

  2. 工学修士 ( 1988年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 6

  1. 有機合成化学

  2. グリーンケミストリー

  3. 触媒設計化学

  4. 触媒設計化学

  5. 有機合成化学

  6. グリーンケミストリー

研究分野 7

  1. その他 / その他  / 化学 複合化学 合成化学

  2. その他 / その他  / 化学 複合化学 環境関連化学

  3. その他 / その他  / 工学 プロセス工学 触媒・資源化学プロセス

  4. その他 / その他  / 工学 プロセス工学 反応工学・プロセスシステム

  5. その他 / その他  / 化学 複合化学 生体関連化学

  6. その他 / その他  / 化学 基礎化学 有機化学

  7. ナノテク・材料 / 有機合成化学

▼全件表示

現在の研究課題とSDGs 5

  1. 複合酸触媒の開発

  2. 環境調和型有機合成法の開発

  3. 酸・塩基複合触媒の開発

  4. 超原子価ヨウ素触媒の開発

  5. 超分子酸・塩基複合触媒の開発

経歴 11

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻 有機化学   教授

    2017年4月 - 現在

  2. 名古屋大学大学院工学研究科化学・生物工学専攻・教授

    2004年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学大学院工学研究科化学・生物工学専攻・教授

    2004年4月 - 現在

  4. 名古屋大学   大学院工学研究科 化学・生物工学専攻   教授

    2002年8月 - 2017年3月

  5. 名古屋大学大学院工学研究科生物機能工学専攻・教授

    2002年8月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学大学院工学研究科生物機能工学専攻・助教授

    2001年4月 - 2002年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学難処理人工物研究センター・助教授

    1997年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 名古屋大学大学院工学研究科生物機能工学専攻・助手

    1996年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 名古屋大学工学部生物機能工学科・助手

    1994年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 名古屋大学工学部物質化学科・助手

    1992年7月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. ハーバード大学化学科・博士研究員

    1991年4月 - 1992年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   工学研究科   応用化学

    1988年4月 - 1991年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   工学部   応用化学

    1982年4月 - 1986年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 8

  1. 日本化学会

  2. 有機合成化学協会   有機合成化学協会東海支部幹事

    2002年4月 - 現在

  3. アメリカ化学会(American Chemical Society)

  4. ヨウ素学会   評議員

    2011年4月 - 現在

  5. 近畿化学会

  6. 日本学術会議   日本学術会議連携会員

    2020年10月 - 現在

  7. 日本薬学会

    2010年1月 - 現在

  8. フルオラス科学研究会   会長

    2008年4月 - 現在

▼全件表示

受賞 30

  1. 日本化学会賞

    2018年3月   日本化学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. Nankai University Lectureship on Organic Chemistry

    2018年3月   Nankai University  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:中華人民共和国

  3. 日本化学会賞

    2018年3月   日本化学会  

    石原 一彰

  4. 日本プロセス化学会優秀賞

    2017年12月   日本プロセス化学会  

    多畑勇志、波多野学、石原一彰

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  5. Asian Core Program / Advanced Resaerch Network Lectureship Award (from Coordinator (Hong Kong)

    2017年11月   ACP-2017-China  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:中華人民共和国

  6. 平成29年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)

    2017年4月   文部科学省  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  7. Asian Core Program / Advanced Resaerch Network Lectureship Award (from Coordinator (Korea)

    2016年10月   ACP-2016-Korea  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:大韓民国

  8. 有機合成化学協会賞

    2016年2月   有機合成化学協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  9. 2015年度ヨウ素学会賞

    2015年9月   ヨウ素学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  10. The 2014/2015 Pacific Rim Frontiers in Chemistry Lectureship

    2015年5月   University of Alberta, Canada  

     詳細を見る

    受賞国:カナダ

  11. Asian Core Program Lectureship Award (from Coordinator (Taiwan)

    2014年12月   The 9th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-9)/The 5th New Phase International Conference on Cutting-Edge Organic Chamistry in Asia (NICCEOCA-5)  

     詳細を見る

    受賞国:台湾

  12. Asian Core Program Lectureship Award (from Coordinator (Hong Kong)

    2014年12月   The 9th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-9)/The 5th New Phase International Conference on Cutting-Edge Organic Chamistry in Asia (NICCEOCA-5)  

     詳細を見る

    受賞国:ホンコン(香港)特別行政区

  13. 2013-2014 AbbVie Lectureship in Organic Chemistry

    2014年9月   University of Illinois at Urabana-Champaign  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  14. 市村学術賞(貢献賞)

    2013年4月   (公財)新技術開発財団  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  15. 2012年度矢崎学術賞(功績賞)

    2013年3月   公益財団法人 矢崎学術振興記念財団  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  16. 2012年度第一三共・創薬有機化学賞

    2013年2月   有機合成化学協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  17. Fellow of the Royal Society of Chemitsry

    2013年1月   The Royal Chemical Society  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  18. 第27回井上学術賞

    2011年2月   財団法人 井上科学振興財団  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  19. The 5th Mukaiyama Award

    2009年9月   The Society of Synthetic Organic Chemistry, Japan  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  20. 第3回カッティングエッジ有機化学アジア国際会議レクチャーシップ賞(香港)

    2008年10月  

  21. 第21回日本IBM科学賞

    2007年11月   日本IBM  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  22. Japan/UK GSC Syposium Lectureship

    2007年3月   The Chemical Society of Japan  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  23. 第0回カッティングエッジ有機化学アジア国際会議レクチャーシップ賞(台湾)

    2006年3月   日本学術振興会アジアコアプログラム  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  24. 第0回カッティングエッジ有機化学アジア国際会議レクチャーシップ賞(韓国)

    2006年3月   日本学術振興会アジアコアプログラム  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  25. BCSJ賞

    2005年8月   日本化学会欧文誌編集局  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  26. 日本学術振興会賞

    2005年3月   日本学術振興会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  27. 第2回グリーン・サステイナブルケミストリー文部科学大臣賞

    2003年3月   (財)化学技術戦略推進機構内 GSC ネットワーク  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  28. Theme化学誌賞

    2001年8月   Theme  

  29. 第45回日本化学会進歩賞

    1996年3月   日本化学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  30. 第10回井上研究奨励賞

    1994年2月   財団法人 井上科学振興財団  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 360

  1. Multifactor control of vinyl monomer sequence, molecular weight, and tacticity via iterative radical additions and olefin metathesis reactions 招待有り 査読有り

    Masato Miyajima, Kotaro Satoh, Takahiro Horibe, Kazuaki Ishihara, Masami Kamigaito

    J. Am. Chem. Soc.   142 巻 ( 44 ) 頁: 18955 - 18962   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.0c09289

  2. Enantio‐ and site‐selective α‐fluorination of N‐acyl‐3,5‐dimethylpyrazoles catalyzed by chiral π–Cu(II) complexes 査読有り

    Kazuaki Ishihara, Kazuki Nishimura, Katsuya Yamakawa

    Angew. Chem. Int. Ed.   59 巻 ( 40 ) 頁: 17641 - 17647   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.202007403

  3. Chemo- and enantioselective oxidative α-azidation of carbonyl compounds 査読有り

    Muhammet Uyanik, Naoto Sahara, Mayuko Tsukahara, Yuhei Hattori, Kazuaki Ishihara

    Angew. Chem. Int. Ed.   59 巻 ( 39 ) 頁: 17110 - 17117   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.202007552

  4. Enantioselective 1,4-addition reaction of α,β-unsaturated carboxylic acids with cycloalkanones using cooperative chiral amine-boronic acid catalysts 査読有り

    Takahiro Horibe, Takashi Hazeyama, Yuta Nakata, Kazuki Takeda, Kazuaki Ishihara

    Angew. Chem. Int. Ed.     2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.202007639

  5. One-pot Michael addition-enantioselective Conia-ene cyclization tandem reaction induced through chiral iron(III)-silver(I) cooperative catalysis 招待有り 査読有り

    Takahiro Horibe, Masato Sakakibara, Rin Hiramatsu, Kazuki Takeda, Kazuaki Ishihara

    Angew. Chem. Int. Ed.     2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ange.202007180

  6. Insight into the Mechanism of the Acylation of Alcohols with Acid Anhydrides Catalyzed by Phosphoric Acid Derivatives 招待有り 査読有り

    Hiroyuki Hayashi, Shotaro Yasukochi, Tatsuhiro Sakamoto, Manabu Hatano, and Kazuaki Ishihara

    J. Org. Chem.   86 巻   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

    DOI: 10.1021/acs.joc.1c00102

  7. Chiral organoiodine-catalyzed enantioselective oxidative dearomatization of phenols 招待有り 査読有り

    Org. Synth.   98 巻   頁: 28 - 50   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15227/orgsyn.098.0028

  8. Synthesis of chiral organoiodine catalyst for enantioselective oxidative dearomatization reactions: N,N'-(2S,2'S)-(2-iodo-1,3-phenylene)bis(oxy)bis(propane-2,1-diyl)bis(2,4,6-trimethylbenzamide) 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Shinichi Ishizaki and Kazuaki Ishihara

    Org. Synth.   98 巻   頁: 1 - 7   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15226/orgsyn.098.0001

  9. Chemoselective transesterification of methyl (meth)acrylates catalyzed by sodium(I) or magnesium(II) aryloxides 査読有り

    Jie Qi Ng, Hiro Arima, Takuya Mochizuki, Kohei Toh, Kai Matsui, Manussada Ratanasak, Jun-Ya Hasegawa, Manabu Hatano, Kazuaki Ishihara

    ACS Catal.   11 巻 ( 1 ) 頁: 199 - 207   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1021/acscatal.0c04217

  10. Reusable silica-supported ammonium BINSate catalysts for enantio- and diastereoselective Friedel–Crafts-type double aminoalkylation of N-alkylpyrroles with aldimines 招待有り 査読有り

    Manabu Hatano, Xue Zhao, Takuya Mochizuki, Kyogo Maeda, Ken Motokura, Kazuaki Ishihara

    Asian J. Org. Chem.   10 巻 ( 2 ) 頁: 360 - 365   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

    DOI: 10.1002/ajoc.202000570

  11. Enantioselective aza-Friedel–Crafts reaction of indoles and pyrroles catalyzed by chiral C1-symmetric bis(phosphoric acid) 査読有り

    Manabu Hatano, Kohei Toh, Kazuaki Ishihara

    Org. Lett.   22 巻 ( 24 ) 頁: 9614 - 9620   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.0c03662

  12. I+/TBHP catalysis for the tandem oxidative cyclization to indolo[2,3-b]quinolines 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Hiroki Tanaka, Kazuaki Ishihara

    Asian J. Org. Chem.   10 巻 ( 1 ) 頁: 164 - 169   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ajoc.202000570

  13. Hypoiodite-catalyzed chemoselective tandem oxidation of homotryptamines to peroxy- and epoxytetrahydropyridoindolenines 査読有り

    Muhammet Uyanik, Hiroki Tanaka, Kazuaki Ishihara

    Org. Lett.   22 巻 ( 20 ) 頁: 8049 - 8054   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.0c03001

  14. Halogen-bonding interaction between I2 and N-iodosuccinimide in Lewis base-catalyzed iodolactonization 査読有り

    Takahiro Horibe, Yasutaka Tsuji, and Kazuaki Ishihara

    Org. Lett.   22 巻   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.0c01735

  15. Chemoselective oxidative generation of ortho-quinone methides and tandem transformations 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kohei Nishioka, Ryutaro Kondo, Kazuaki Ishihara

      12 巻 ( 4 ) 頁: 353-362   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41557-020-0433-4

  16. Cationic iron(III) salt as an initiator for radical cation-induced [4 + 2] cycloaddition 招待有り 査読有り

    Takahiro Horibe, Shuhei Ohmura, Kei Katagiri, Kazuaki Ishihara

    Asian J. Org. Chem.   9 巻 ( 3 ) 頁: 395-398   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ajoc.201900749

  17. Initiators for radical cation-induced [2 + 2]- and [4 + 2]-cycloadditions of electron-rich alkenes 招待有り

    Takahiro Horibe, Kazuaki Ishihara

    Chem. Lett.   49 巻 ( 1 ) 頁: 107-113   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1246/cl.190790

  18. Chemoselective oxidative spiroetherification and spiroamination of arenols using I+/Oxone catalysis 査読有り

    Muhamet Uyanik, Naoto Sahara, Outa Katade, Kazuaki Ishihara

    Org. Lett.   22 巻 ( 2 ) 頁: 560-564   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.9b04324

  19. Radical cation-induced crossed [2 + 2] cycloaddition of electron-deficient anetholes initiated by iron(III) salt 査読有り

    Takahiro Horibe, Kei Katagiri, Kazuaki Ishihara

    Adv. Synth. Catal.   362 巻 ( 4 ) 頁: 960-963   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/adsc.201901337

  20. High-performance ammonium hypoiodite/Oxone catalysis for enantioselective oxidative dearomatization of arenols 査読有り

    Muhammet Uyanik, Takehiro Kato, Naoto Sahara, Outa Katade, Kazuaki Ishihara

    ACS Catal.   9 巻 ( 12 ) 頁: 11619-11626   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acscatal.9b04322

  21. Enantioselective oxidative coupling reaction of 2-naphthol derivatives catalyzed by chiral diphosphine oxide-iron(II) complexes 査読有り

    Takahiro Horibe, Keita Nakagawa, Takashi Hazeyama, Kazuaki Takeda, Kazuaki Ishihara

    Chem. Commun.   55 巻 ( 91 ) 頁: 13677-13680   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c9cc07834g

  22. ホウ素Lewis酸—キラルリン酸複合触媒を用いるマルチ選択的[2+2]/[4+2]付加環化反応 招待有り 査読有り

    波多野学,石原一彰

    化学工業   70 巻 ( 9 ) 頁: 634-642   2019年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Highly active chiral dilithium(I) binaphthyldisulfonate catalysts for enantio- and chemoselective Strecker-type reactions

    Manabu Hatano, Kosuke Nishio, Takuya Mochizuki, Keisuke Nishikawa, Kazuaki Ishihara

    ACS Catal.   9 巻 ( 9 ) 頁: 8178-8196   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acscatal.9b04322

  24. 塩化鉄(III)を用いた芳香族ラジカルカチオンの単離と反応性 招待有り 査読有り

    堀部貴大,大村修平,石原一彰

    ケミカルエンジニヤリング   64 巻 ( 5 ) 頁: 297-304   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Ammonium Hypoiodite-catalyzed Oxidative Dearomatizative Azidation of Arenols 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kohei Nishioka, Kazuaki Ishihara

    Chem. Lett.   48 巻 ( 4 ) 頁: 353-356   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.181036

  26. Tris(pentafluorophenyl)borane-assisted chiral phosphoric acid catalysts for enantioselective inverse-electron-demand hetero-Diels-Alder reaction of α,β-substituted acroleins 招待有り 査読有り

    Manabu Hatano, Tatsuhiro Sakamoto, Kazuaki Ishihara

    Asian J. Org. Chem.   8 巻 ( 7 ) 頁: 1061-1066   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ajoc.201900104

  27. Enantioselective [1,3] O-to-C rearrangement: dearomatization of alkyl 2-allyloxy/benzyloxy-1/3-naphthoates catalyzed by a chiral pi-Cu(II) complex

    Yao Lu, Ishihara Kazuaki

    CHEMICAL SCIENCE   10 巻 ( 8 ) 頁: 2259-2263   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c8sc05601c

    Web of Science

  28. Structure and Reactivity of Aromatic Radical Cations Generated by FeCl3

    Horibe Takahiro, Ohmura Shuhei, Ishihara Kazuaki

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   141 巻 ( 5 ) 頁: 1877-1881   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.8b12827

    Web of Science

  29. Ammonium hypoiodite-catalyzed oxidative dearomatizative azidation of arenols 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kohei Nishioka, Kazuaki Ishihara

    Chem. Lett.   48 巻 ( 4 ) 頁: 353-356   2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1246/cl.181036

  30. Regioselective Oxidative Chlorination of Arenols Using NaCl and Oxone 招待有り 査読有り

    Uyanik Muhammet, Sahara Naoto, Ishihara Kazuaki

    EUROPEAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   2019 巻 ( 1 ) 頁: 27 - 31   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/ejoc.201801063

    Web of Science

  31. Author Correction: Pentamethylcyclopentadienyl rhodium(iii)–chiral disulfonate hybrid catalysis for enantioselective C–H bond functionalization 査読有り

    Shun Satake, Takumaru Kurihara, Keisuke Nishikawa, Takuya Mochizuki, Manabu Hatano, Kazuaki Ishihara, Tatsuhiko Yoshino, Shigeki Matsunaga

    Nature Catalysis   2 巻 ( 1 ) 頁: 94   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Nature  

    DOI: 10.1038/s41929-018-0214-2

  32. [解説] “デザイン型Brønsted酸触媒を用いるエナンチオ選択的アザ-Friedel-Crafts反応” 招待有り 査読有り

    波多野学,石原一彰

    触媒   61 巻 ( 5 ) 頁: 298-304   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  33. Designer C2-symmetric Chiral Diamide-type Organoiodine Catalysts 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik and Kazuaki Ishihara

    TCIMAIL   ( 182 ) 頁: 2-14   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  34. デザイナーC2対称ジアミド型キラルヨードアレーン触媒

    ウヤヌク ムハメット、石原 一彰

    TCIメール   ( 182 ) 頁: 2-16   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  35. Synthesis of 1,1-Spirobiindane-7,7-Disulfonic Acid and Disulfonimide: Application for Catalytic Asymmetric Aminalization 招待有り 査読有り

    Kurihara Takumaru, Satake Shun, Hatano Manabu, Ishihara Kazuaki, Yoshino Tatsuhiko, Matsunaga Shigeki

    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL   13 巻 ( 17 ) 頁: 2378-2381   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asia.201800341

    Web of Science

  36. Enantioselective aza-Friedel-Crafts reaction of furan with alpha-ketimino esters induced by a conjugated double hydrogen bond network of chiral bis(phosphoric acid) catalysts 査読有り

    Hatano Manabu, Okamoto Haruka, Kawakami Taro, Toh Kohei, Nakatsuji Hidefumi, Sakakura Akira, Ishihara Kazuaki

    CHEMICAL SCIENCE   9 巻 ( 30 ) 頁: 6361 - 6367   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry ({RSC})  

    DOI: 10.1039/c8sc02290a

    Web of Science

  37. ホウ素触媒でカルボン酸を自在に変換する! アシロキシボラン中間体を鍵とするエナンチオ選択的変換反応

    堀部貴大、石原一彰

    化学   73 巻 ( 8 ) 頁: 25-28   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Pentamethylcyclopentadienyl rhodium(III)-chiral disulfonate hybrid catalysis for enantioselective C-H bond functionalization 査読有り

    Satake Shun, Kurihara Takumaru, Nishikawa Keisuke, Mochizuki Takuya, Hatano Manabu, Ishihara Kazuaki, Yoshino Tatsuhiko, Matsunaga Shigeki

    NATURE CATALYSIS   1 巻 ( 8 ) 頁: 585 - 591   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Nature  

    DOI: 10.1038/s41929-018-0106-5

    Web of Science

  39. Thiourea-I-2 as Lewis Base-Lewis Acid Cooperative Catalysts for Iodochlorination of Alkene with In Situ-Generated I-Cl 査読有り

    Horibe Takahiro, Tsuji Yasutaka, Ishihara Kazuaki

    ACS CATALYSIS   8 巻 ( 7 ) 頁: 6362 - 6366   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society ({ACS})  

    DOI: 10.1021/acscatal.8b01565

    Web of Science

  40. Preface 招待有り

    Ishihara Kazuaki

    JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN   76 巻 ( 6 ) 頁: 563-563   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. The ortho-substituent on 2,4-bis(trifluoromethyl) phenylboronic acid catalyzed dehydrative condensation between carboxylic acids and amines 査読有り

    Wang Ke, Lu Yanhui, Ishihara Kazuaki

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   54 巻 ( 43 ) 頁: 5410 - 5413   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c8cc02558d

    Web of Science

    Scopus

  42. Enantioselective Halo-oxy- and Halo-azacyclizations Induced by Chiral Amidophosphate Catalysts and Halo-Lewis Acids 査読有り

    Lu Yanhui, Nakatsuji Hidefumi, Okumura Yukimasa, Yao Lu, Ishihara Kazuaki

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   140 巻 ( 19 ) 頁: 6039 - 6043   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.8b02607

    Web of Science

    Scopus

  43. Metal-free transesterification catalyzed by tetramethylammonium methyl carbonate 査読有り

    Hatano Manabu, Tabata Yuji, Yoshida Yurika, Toh Kohei, Yamashita Kenji, Ogura Yoshihiro, Ishihara Kazuaki

    GREEN CHEMISTRY   20 巻 ( 6 ) 頁: 1193 - 1198   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c7gc03858e

    Web of Science

    Scopus

  44. ボロン酸触媒を用いるアミド縮合反応 招待有り 査読有り

    石原一彰

    PETROTECH   41 巻 ( 1 ) 頁: 16-19   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Enantioselective Aza-Friedel-Crafts Reaction of Indoles with Ketimines Catalyzed by Chiral Potassium Binaphthyldisulfonates 査読有り

    Hatano Manabu, Mochizuki Takuya, Nishikawa Keisuke, Ishihara Kazuaki

    ACS CATALYSIS   8 巻 ( 1 ) 頁: 349 - 353   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acscatal.7b03708

    Web of Science

    Scopus

  46. Bronsted Acid/Lewis Base Hybrid Complexes 招待有り 査読有り

    Hatano Manabu, Ishihara Kazuaki

    CHIRAL LEWIS ACIDS   62 巻   頁: 91-120   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/3418_2015_143

  47. Synthesis of 1,1’-spirobiindane-7,7’-disulfonic acid and disulfonimide: Application for catalytic asymmetric aminalization 査読有り

    Takumaru Kurihara, Shun Satake, Manabu Hatano, Kazuaki Ishihara, Tatsuhiko Yoshino, Shigeki Matsunaga

    Chem. Asian J.   13 巻 ( 17 ) 頁: 2373 - 2377   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Chiral supramolecular U-shaped catalysts induce the multiselective Diels–Alder reaction of propargyl aldehyde 査読有り

    Manabu Hatano, Tatsuhiro Sakamoto, Tomokazu Mizuno, Yuta Goto, Kazuaki Ishihara

    J. Am. Chem. Soc.   2018 巻   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Chiral pyrophosphoric acid catalysts for the para-selective and enantioselective aza-Friedel–Crafts reaction of phenols 招待有り 査読有り

    Haruka Okamoto, Kohei Toh, Takuya Mochizuki, Hidefumi Nakatsuji, Akira Sakakura, Manabu Hatano, Kazuaki Ishihara

    Synthesis   50 巻   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Selenium-Iodine Cooperative Catalyst for Chlorocyclization of Tryptamine Derivatives 査読有り

    Horibe Takahiro, Ohmura Shuhei, Ishihara Kazuaki

    ORGANIC LETTERS   19 巻 ( 20 ) 頁: 5525 - 5528   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.7b02613

    Web of Science

  51. Enantioselective Conjugate Hydrocyanation of alpha,beta-Unsaturated N-Acylpyrroles Catalyzed by Chiral Lithium(I) Phosphoryl Phenoxide 査読有り

    Hatano Manabu, Yamakawa Katsuya, Ishihara Kazuaki

    ACS CATALYSIS   7 巻 ( 10 ) 頁: 6686 - 6690   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acscatal.7b02551

    Web of Science

  52. Design of Boronic Acid-Base Complexes as Reusable Homogeneous Catalysts in Dehydrative Condensations between Carboxylic Acids and Amines 査読有り

    Lu Yanhui, Wang Ke, Ishihara Kazuaki

    ASIAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   6 巻 ( 9 ) 頁: 1191 - 1194   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ajoc.201700194

    Web of Science

  53. Enantioselective cycloaddition of styrenes with aldimines catalyzed by a chiral magnesium potassium binaphthyldisulfonate cluster as a chiral Brønsted acid catalyst 査読有り

    Manabu Hatano, Keisuke Nishikawa, Kazuaki Ishihara

    Journal of the American Chemical Society   139 巻 ( 25 ) 頁: 8424-8427   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.7b04795

  54. 4,5-Dimethyl-2-Iodoxybenzenesulfonic Acid Catalyzed Site-Selective Oxidation of 2-Substituted Phenols to 1,2-Quinols 査読有り

    Uyanik Muhammet, Mutsuga Tatsuya, Ishihara Kazuaki

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   56 巻 ( 14 ) 頁: 3956 - 3960   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201612463

    Web of Science

  55. Enantioselective synthesis of masked benzoquinones using designer chiral hypervalent organoiodine(III) catalysis 査読有り

    Muhammet Uyanik, Niiha Sasakura, Masahiro Mizuno, Kazuaki Ishihara

    ACS Catalysis   7 巻 ( 1 ) 頁: 872-876   2017年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acscatal.6b03380

  56. 酸塩基複合化学に立脚する高機能触媒の創製 招待有り 査読有り

    石原一彰

    有機合成化学協会誌   75 巻 ( 2 ) 頁: 98-110   2017年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Design of High Performance Catalysts Based on Acid-Base Combination Chemistry 招待有り 査読有り

    Ishihara Kazuaki

    JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN   75 巻 ( 2 ) 頁: 6-18   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  58. AMMONIUM HYPOIODITE-CATALYZED PEROXIDATIVE DEAROMATIZATION OF PHENOLS 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kohei Nishioka, Kazuaki Ishihara

    HETEROCYCLES   95 巻 ( 2 ) 頁: 1132 - 1147   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Here, we report the first transition metal-free peroxidative dearomatization of phenols using hypoiodite catalysis with TBHP. Hypoiodite salts are generated in situ from the corresponding quaternary ammonium iodides in the presence of TBHP, and the oxidative coupling reaction proceeds efficiently under mild conditions. The dearomatized products are versatile synthetic intermediates for further synthetic transformations to various complex structures including heterocycles. As a demonstration, the further oxidation of the unsaturated peroxide with TBHP afforded the corresponding peroxy epoxide in good yield.

    DOI: 10.3987/COM-16-S(S)84

    Web of Science

  59. Chiral hypervalent organoiodine-catalyzed enantioselective oxidative spirolactonization of naphthol derivatives 査読有り

    Muhammet Uyanik, Takeshi Yasui, Kazuaki Ishihara

    J. Org. Chem.   82 巻 ( 22 ) 頁: 11946 - 11953   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. キラル第四級アンモニウム次亜ヨウ素酸塩触媒 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, 石原一彰

    月刊ファインケミカル   45 巻 ( 12 ) 頁: 16-24   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  61. Regioselective 1,4- and 1,6-conjugate additions of Grignard reagent-derived organozinc(II)ates to poly-conjugated esters 査読有り

    Manabu Hatano, Mai Mizuno, Kazuaki Ishihara

    Organic Letters   18 巻 ( 18 ) 頁: 4462-4465   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.6b01774

  62. キラルビナフチルジスルホン酸(BINSA)を用いる精密分子設計 招待有り 査読有り

    波多野学、石原一彰

    化学工業   67 巻 ( 9 ) 頁: 660-667   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  63. Enantioselective bromocyclization of 2-gernaylphenols induced by chiral phosphite-urea bifunctional catalysts 査読有り

    Yasuhiro Sawamura, Yoshihiro Ogura, Hidefumi Nakatsuji, Akira Sakakura, Kazuaki Ishihara

    Chem. Commun.   52 巻 ( 36 ) 頁: 6068-6071   2016年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. 【特集】不斉合成の進展と最新研究: “リン酸の酸・塩基協奏機能を活用したホウ素Lewis酸-キラルリン酸複合高活性触媒の開発 招待有り 査読有り

    波多野学、石原一彰

    月刊ファインケミカル   45 巻 ( 2 ) 頁: 24-32   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Enantioselective Diels-Alder reaction induced by chiral supramolecular Lewis acid catalysts based on CN···B and PO···B coordination bonds 招待有り 査読有り

    Manabu Hatano, Kazushi Hayashi, Tatsuhiro Sakamoto, Yuma Makino, Kazuaki Ishihara

    Synlett   27 巻 ( 7 ) 頁: 1061-1067   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Enantioselective cyanosilylation of ketones with extremely reactive lithium(I) dicyanotrimethylsilicate(IV) catalyzed by chiral lithium(I) phosphoryl phenoxide 査読有り

    Manabu Hatano, Katsuya Yamakawa, Tomoaki Kawai, Takahiro Horibe, Kazuaki Ishihara

    Angew. Chem. Int. Ed.   55 巻 ( 12 ) 頁: 4021-4025   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Chiral ammonium hypoiodite salt-catalyzed enantioselective oxidative cycloetherification to 2-acyl tetrahydrofurans 査読有り

    Muhammet Uyanik, Hiroki Hayashi, Hirokazu Iwata, Kazuaki Ishihara

    Chem. Lett.   45 巻 ( 3 ) 頁: 353-355   2016年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Enantioselective cyano-alkoxycarbonylation of α-oxoesters promoted by Brønsted acid-Lewis base cooperative catalysts 査読有り

    Kazuaki Ishihara, Yoshihiro Ogura

    Org. Lett.   17 巻 ( 24 ) 頁: 564-570   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Structurally defined molecular hypervalent iodine catalysts for intermolecular enantioselective reactions 査読有り

    Stefan Haubenreisser, Thorsten H. Wöste, Claudio Martínez, Kazuaki Ishihara, Kilian Muñiz

    Angew. Chem. Int. Ed.   55 巻 ( 1 ) 頁: 413-417   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Boronic acid-DMAPO cooperative catalysis for dehydrative condensation between carboxylic acids and amines 査読有り

    Kazuaki Ishihara, Yanhui Lu

    Chem. Sci.   7 巻 ( 2 ) 頁: 1276-1280   2015年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Boron tribromide-assisted chiral phosphoric acid catalyst for a highly enantioselective Diels-Alder reaction of 1,2-dihydropyridines 査読有り

    Manabu Hatano, Yuta Goto, Atsuto Izumiseki, Matsujiro Akakura, Kazuaki Ishihara

    J. Am. Chem. Soc.   137 巻 ( 42 ) 頁: 13472-13475   2015年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Remote tris(pentafluorophenyl)borane-assisted chiral phosphoric acid catalysts for the enantioselective Diels-Alder reaction 招待有り 査読有り

    Manabu Hatano, Hideyuki Ishihara, Yuta Goto, Kazuaki Ishihara

    Synlett   27 巻 ( 4 ) 頁: 564-570   2015年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Broensted Acid/Lewis Base Hybrid Complexes

    Manabu Hatano, Kazuaki Ishihara

    Top. Organomet. Chem.   62 巻   頁: 91-120   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Stereoselective Electrophilic Cyclization 招待有り 査読有り

    Akira Sakakura, Kazuaki Ishihara

    The Chemical Record   15 巻 ( 4 ) 頁: 728-742   2015年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/tcr.201500005

  75. 高機能触媒の超分子設計 招待有り 査読有り

    波多野学、石原一彰

    化学工業   66 巻 ( 5 ) 頁: 381-388   2015年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. C- and N-selective Grignard addition reactions of α-aldimino esters in the presence or absence of Zinc(II) chloride: Synthetic applications to optically active azacycles 査読有り

    Manabu Hatano, Kenji Yamashita, Kazuaki Ishihara

    Org. Lett.   17 巻 ( 10 ) 頁: 2412-2415   2015年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.5b00927

  77. アルキルZ 試薬:亜鉛(II)アート錯体を用いるケトン及びイミノエステルへの高効率Grignard付加反応の開発 招待有り 査読有り

    波多野学、石原一彰

    和光純薬時報   83 巻 ( 2 ) 頁: 2-5   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  78. トコフェロールを不斉合成するための高活性次亜ヨウ素塩触媒 招待有り 査読有り

    石原一彰

    サイエンス誌に載った日本人研究者     頁: 56   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  79. High-performance hypoiodite/hydrogen peroxide catalytic system for the oxylactonization of aliphatic γ-oxocarboxylic acids 査読有り

    Muhammet Uyanik, Niiha Sasakura, Mitsuyoshi Kuwahata, Yasukazu Ejima, Kazuaki Ishihara

    Chem. Lett.   44 巻 ( 3 ) 頁: 381-383   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.141130

  80. Chiral ammonium hypoiodite-catalyzed enantioselective oxidative dearomatization of 1-naphthols using hydrogen peroxide 査読有り

    Muhammet Uyanik, Niiha Sasakura, Erina Kaneko, Kento Ohori, Kazuaki Ishihara

    Chem. Lett.   44 巻 ( 2 ) 頁: 179-181   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.141012

  81. Boronic acid-catalyzed reactions of carboxylic acids 招待有り 査読有り

    Kazuaki Ishihara

    Synthesis and Application of Organoboron Compounds, Topics in Organometallic Chemistry 49   49 巻   頁: 243-270   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-3-319-13054-5_8

  82. Unusual imino-C-selective and diastereoselective alkyl addition to β,γ-alkynyl-α-imino esters with zinc(II) ate complexes 査読有り

    Manabu Hatano, Kenji Yamashita, Mai Mizuno, Orie Ito, Kazuaki Ishihara

    Angewandte Chemie International Edition   54 巻 ( 9 ) 頁: 2707-2011   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201408916

  83. Remote tris(pentafluorophenyl)borane-assisted chiral phosphoric acid catalysts for the enantioselective Diels-Alder reaction 招待有り 査読有り

    Manabu Hatano, Hideyuki Ishihara, Yuta Goto, Kazuaki Ishihara

    Synlett     頁: in press   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Structurally defined molecular hypervalent iodine catalysts enable intermolecular enantioselective reaction control 査読有り

    Stefan Haubenreisser, Thorsten H. Wöste, Caludio Martínez, Kazuaki Ishihara, Kilian Muñiz

    Angewandte Chemie International Edition     頁: in press   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Boron tribromide-assisted chiral phosphoric acid catalyst for a highly enantioselective Diels-Alder reaction of 1,2-dihydropyridines 査読有り

    Manabu Hatano, Yuta Goto, Atsuto Izumiseki, Matsujiro Akakura, Kazuaki Ishihara

    Journal of the American Chemical Society     頁: in press   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. 第2章 薬品関係 3 テーラーメード型超分子触媒 招待有り 査読有り

    波多野学、石原一彰

    超分子材料の設計と応用展開(監修:原田 明、シーエムシー出版)     頁: 162-175   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Enantioselective 1,3-dipolar cycloaddition of azomethine imines with propioloylpyrazoles induced by chiral pi-cation catalysts 査読有り

    Masahiro Hori, Akira Sakakura, Kazuaki Ishihara

    Journal of the American Chemical Society   136 巻 ( 38 ) 頁: 13198-13201   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja508441t

  88. High-turnover hypoiodite catalysis for asymmetric synthesis of tocopherols 査読有り

    Muhammet Uyanik, Hiroki Hayashi, Kazuaki Ishihara

    Science   345 巻 ( 6194 ) 頁: 291-294   2014年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.1254976

  89. Cooperative activation with chiral nucleophilic catalysts and N-haloimides on enantioselective iodolactonization of 4-arylmethyl-4-pentenoic acids 査読有り

    Hidefumi Nakatsuji, Yasuhiro Sawamura, Akira Sakakura, Kazuaki Ishihara

    Angewandte Chemie International Edition   53 巻 ( 27 ) 頁: 291-294   2014年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201400946

  90. Catalytic enantioselective inverse electron-demand hetero-Diels-Alder reaction with allylsilanes 査読有り

    Yuki Matsumura, Takahiro Suzuki, Akira Sakakura, Kazuaki Ishihara

    Angewandte Chemie International Edition   53 巻 ( 24 ) 頁: 6131-6134   2014年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201402934

  91. The enantioselective Diels-Alder reaction of 1,2-dihydropyridines with alpha-acyloxyacroleins catalyzed by chiral primary ammonium salt 査読有り

    Kazuaki Ishihara, Hiroki Yamada, Matsujiro Akakur

    Chemical Communications   50 巻 ( 48 ) 頁: 6357-6360   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201402934

  92. Selective bromocyclization of 2-geranylphenols promoted by phosphite-urea cooperative catalysts 招待有り 査読有り

    Yasuhiro Sawamura, Hidefumi Nakatsuji, Matsujiro Akakura, Akira Sakakura, Kazuaki Ishihara

    Chirality     2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chir.22297

  93. Chiral 1,1'-binaphthyl-2,2'-disulfonic acid (BINSA) and its derivatives for asymmetric catalysis 査読有り

    Manabu Hatano, Kazuaki Ishihara

    Asian Journal of Orgnic Chemitsry   3 巻   頁: 352-365   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ajoc.201300256

  94. ハロゲンをLewis酸中心として活用する高選択的有機変換反応の開発 招待有り 査読有り

    石原一彰

    有機合成化学協会誌   72 巻 ( 2 ) 頁: 137-148   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. キラルビナフチルジスルホン酸を鍵とする分子触媒設計の新機軸 招待有り 査読有り

    波多野学、西川圭祐、石原一彰

    TCIメール     頁: -   2014年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  96. Innovative molecular design of chiral 1,1'-binaphthyl 2,2'-disulfonic acid (BINSA) 招待有り 査読有り

    Manabu Hatano, Keisuke Nishikawa, Kazuaki Ishihara

    TCI Mail     頁: -   2014年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  97. ビス(トリフリル)メチル基をもつ強酸性炭素酸 招待有り 査読有り

    石原一彰

    フルオラス科学研究会     頁: 1-1   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  98. Chiral supramolecular magnesium(II) binaphtholate catalysts for the enantioselective direct Mannich-type reaction and hetero-Diels-Alder reaction 査読有り

    Manabu Hatano, Takahiro Horibe, Kenji Yamashita, Kazuaki Ishihara

    Asian J. Org. Chem.   2 巻 ( 11 ) 頁: 952-956   2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ajoc.201300190

  99. 2-ヨードベンゼンスルホン酸(pre-IBS)とOxoneを用いる選択的酸化反応

    Uynaik, Muhammet、六鹿達矢、石原 一彰

    和光純薬時報   81 巻 ( 4 ) 頁: 5-9   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  100. Synthesis of optically pure 3,3'-diaryl binaphthyl disulfonic acids via stepwise N-S bond cleavage 査読有り

    Manabu Hatano, Takuya Ozaki, Keisuke Nishikawa, Kazuaki Ishihara

    Journal of Organic Chemistry   78 巻 ( 20 ) 頁: 10405-10413   2013年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jo401848z

  101. 安価なキラル超分子マグネシウム(Ⅱ)-ビナフトラート触媒を用いた光学活性リン化合物の実用的合成法の開発 招待有り

    波多野学, 石原一彰

    月刊ファインケミカル   42 巻 ( 18 ) 頁: 45-52   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. "Phosphite-urea" cooperative high-turnover catalysts for the highly selective bromocyclization of homogeranylarenes 査読有り

    Yasuhiro Sawamura, Hidefumi Nakatsuji, Akira Sakakura, Kazuaki Ishihara

    Chemical Sciences     2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C3SC51432C

  103. Synthesis of optically pure 3,3'-diaryl binaphthl disulfonic acids via stepwise N-S bond cleavage 査読有り

    Manabu Hatano, Takuya Ozaki, Keisuke Nishikawa, Kazuaki Ishihara

    J. Org. Chem.   78 巻 ( 20 ) 頁: 10405-10413   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jo401848z

  104. [研究紹介] 有機反応を自在に操る触媒工房” 招待有り

    石原 一彰

    名古屋大学工学研究科情報誌 press E   ( 33 ) 頁: 10-10   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Hydrogen bonding and alcohol effects in asymmetric hypervalent iodine catalysis: Enantioselective oxidative dearomatization of phenols 査読有り

    Muhammet Uyanik, Takeshi Yasui, Kazuaki Ishihara

    Angewandte Chemie International Edition   52 巻 ( 32 ) 頁: 9215-9218   2013年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201303559

  106. Enantioselective cyano-ethoxycarbonylation of isatins promoted by a Lewis base-Brønsted acid cooperative catalyst 査読有り

    Yoshihiro Ogura, Matsujiro Akakura, Akira Sakakura, Kazuaki Ishihara

    Angewandte Chemie International Edition   52 巻 ( 32 ) 頁: 8299-8383   2013年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201303572

  107. Primary alkylboronic acids as highly active catalysts for the dehydrative amide condensation of α-hydroxycarboxylic acids 査読有り

    Risa Yamashita, Akira Sakakura, Kazuaki Ishihara

    Organic Letters   15 巻 ( 14 ) 頁: 3654-3657   2013年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ol401537f

  108. Kinetic resolution of racemic carboxylic acids through asymmetric protolactonization promoted by chiral phosphonous acid diester 査読有り

    Masayuki Sakuma, Akira Sakakura, Kazuaki Ishihara

    Organic Letters   15 巻 ( 11 ) 頁: 2838-2841   2013年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ol401313d

  109. 不斉触媒化のためのブレークスルー –— 有機分子触媒を用いるエナンチオ選択的ハロラクトン化反応 招待有り 査読有り

    仲辻 秀文、石原 一彰

    化学   68 巻 ( 5 ) 頁: 72-73   2013年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. Chiral magnesium(II) binaphtholates as cooperative Bronsted/Lewis acid-base catalysts for highly enantioselective addition of phosphorus nucleophiles to alpha,beta-unsaturated esters and ketones 査読有り

    Manabu Hatano, Takahiro Horibe, Kazuaki Ishihara

    Angewandte Chemie International Edition   52 巻 ( 17 ) 頁: 4549-4553   2013年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201300938

  111. Baeyer-Villiger Oxidation Using Hydrogen Peroxide 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    ACS Catalysis   3 巻 ( 4 ) 頁: 513-520   2013年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/cs300821u

  112. Lanthanum(III) catalysts for highly efficient and chemoselective transesterification 招待有り 査読有り

    Manabu Hatato, Kazuaki Ishihara

    Chem. Commun.   49 巻 ( 20 ) 頁: 1983-1997   2013年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C2CC38204K

  113. Conformationally-flexible chiral hypervalent Organoiodine catalysts for enantioselective Oxidative Transformations 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    J. Synth. Org. Chem., Jpn   70 巻 ( 11 ) 頁: 1116-1122   2012年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. テーラーメイド超分子触媒の設計 招待有り 査読有り

    波多野学,石原一彰

      57 巻 ( 9 ) 頁: 56-61   2012年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  115. Baeyer-Villiger oxidation and oxidative cascade reactions with aqueous hydrogen peroxide catalyzed by lipophilic Li[B(C6F5)4] and Ca[B(C6F5)4]2 査読有り

    Muhammet Uyanik, Daisuke Nakashima, Kazuaki Ishihara

    Angewandte Chemie International Edition   51 巻 ( 36 ) 頁: 9093-9096   2012年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201204286

  116. alpha-Heterosubstituted beta-alkylacroleins as useful multisubstituted dienophiles for enantioselective Diels-Alder reactions 査読有り

    Akira Sakakura, Hiroki Yamada, Kazuaki Ishihara

    Asian J. Org. Chem.   1 巻 ( 2 ) 頁: 133-137   2012年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ajoc.201200054

  117. In situ generated "lanthanum(III) nitrate alkoxide" as a highly active and nearly neutral transesterification catalyst 査読有り

    Manabu Hatano, Sho Kamiya, Kazuaki Ishihara

    Chem. Commun.   48 巻 ( 76 ) 頁: 9465-9467   2012年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ajoc.201200054

  118. IBS-Catalyzed Regioselective Oxidation of Phenols to 1,2-Quinones with Oxone 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Tatsuya Mutsuga, Kazuaki Ishihara

    Molecules   17 巻 ( 7 ) 頁: 8604-8616   2012年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/molecules17078604

  119. N,N-Diarylammonium pyrosulfate as a highly effective reverse micelle-type catalyst for hydrolysis of esters 査読有り

    Yoshiki Koshikari, Akira Sakakura, Kazuaki Ishihara

    Organic Letters   14 巻 ( 12 ) 頁: 3194-4197   2012年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ol301290c

  120. Enantioselective Diels-Alder reaction of alpha-(acylthio)acroleins: a new entry to sulfur-containing chiral quaternary carbons 査読有り

    Akira Sakakura, Hiroki Yamada, Kazuaki Ishihara

    Organi Letters   14 巻 ( 12 ) 頁: 2972-2975   2012年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ol300921f

  121. Enantioselective direct aminalization with primary carboxamides catalyzed by chiral ammonium 1,1'-binaphthyl-2,2'-disulfonates 招待有り 査読有り

    Manabu Hatano, Takuya Ozaki, Yoshihiro Sugiura, Kazuaki Ishihara

    Chemical Communications   48 巻 ( 41 ) 頁: 4986-4988   2012年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C2CC31530K

  122. 医薬品製造のための毒性元素を用いない合成法の開拓

    石原 一彰

    Nagoya University eブックシリーズ1「最先端メディカルエンジニアリング」     頁: 36-40   2012年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  123. Conformationally flexible chiral supramolecular catalysts for enantioselective Diels-Alder reactions with anomalous endo/exo selectivities 招待有り 査読有り

    Manabu Hatano, Kazuaki Ishihara

    Chemical Communications   48 巻 ( 36 ) 頁: 4273-4283   2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C2CC00046F

  124. 2-Iodoxy-5-methylbenzenesulfonic acid-catalyzed selective oxidation of 4-bromobenzyl alcohol to 4-bromobenzaldehyde or 4-bromobenzoic acid with oxone 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    Organic Syntheses   89 巻 ( 1 ) 頁: 105-114   2012年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. 工業化を指向した触媒的エステル交換反応の開発 招待有り 査読有り

    波多野学,石原一彰

    科学と工業   86 巻 ( 1 ) 頁: 3-10   2012年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. Catalysis with in situ-generated (hypo)iodite ions for oxidative coupling reactions 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    ChemCatChem   4 巻 ( 2 ) 頁: 177-185   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cctc.201100352

  127. Hydrophobic N,N-diarylammonium pyrosulfates as dehydrative condensation catalysts under aqueous conditions 査読有り

    Akira Sakakura, Yoshiki Koshikari, Matsujiro Akakura, Kazuaki Ishihara

    Organic Letters   14 巻 ( 1 ) 頁: 30-33   2011年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ol2027366

  128. Intramolecular dehydrative condensation of dicarboxylic acids with Brønsted base-assisted boronic acid catalysts 招待有り 査読有り

    Akira Sakakura, Risa Yamashita, Takuro Ohkubo, Matsujiro Akakura, Kazuaki Ishihara

    Australian Journal of Chemistry   64 巻 ( 11 ) 頁: 1458-1465   2011年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Bifunctional Broensted base-assisted boronic acid catalysts, arylboronic acids bearing two sterically bulky (N,N-dialkylamino)methyl groups at the 2,6-positions, exhibit remarkable activities for the dehydrative intramolecular condensation of dicarboxylic acids. The steric bulkiness of the (N,N-dialkylamino)methyl groups of 1, which prevents the formation of less active species such as the N to B chelated species and triarylboroxines 3, is crucial for the high catalytic activity. This is the first successful method for the catalytic dehydrative self-condensation of di- and tetracarboxylic acids.

  129. Enantioselective Diels-Alder reactions with anomalous endo/exo selectivities using conformationally flexible chiral supramolecular catalysts 査読有り

    Manabu Hatano, Tomokazu Mizuno, Atsuto Izumiseki, Ryota Usami, Takafumi Asai, Matsujiro Akakura, Kazuaki Ishihara

    Angewandte Chemie International Edition   50 巻 ( 51 ) 頁: 12189-12192   2011年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201106497

  130. Catalytic enantioselective alkyl and aryl addition to aldehydes and ketones with organozinc reagents derived from alkyl Grignard reagents or arylboronic acids 査読有り

    Manabu Hatano, Riku Gouzu, Tokokazu Mizuno, Hitoshi Abe, Toshihide Yamada, Kazuaki Ishihara

    Catalysis Science & Technology   1 巻 ( 7 ) 頁: 1149-1158   2011年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A highly practical, catalytic enantioselective alkyl and aryl addition to aldehydes and ketones with organozinc reagents, which were prepared in situ from commercially available Grignard reagents or arylboronic acids, was developed. A chiral phosphoramide ligand was essential for promoting the addition reactions in high yields with high enantioselectivities.

    DOI: 10.1039/C1CY00108F

  131. Enantioselective Friedel-Crafts aminoalkylation reaction catalyzed by chiral ammonium 1,1'-binaphthyl-2,2'-disulfonates 招待有り 査読有り

    Manabu Hatano, Yoshihiro Sugiura, Matsujiro Akakura, Kazuaki Ishihara

    Synlett   ( 9 ) 頁: 1247-1250   2011年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  132. Chiral Lewis base-assisted Brønsted acid (LBBA)-catalyzed enantioselective cyclization of 2-geranylphenols 査読有り

    Akira Sakakura, Masayuki Sakuma, Kazuaki Ishihara

    Organic Letters   13 巻   頁: ASAP   2011年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  133. Desymmetrization of meso glycerol derivatives induced by L-histidine-derived acylation catalysts 査読有り

    Akira Sakakura, Syuhei Umemura, Kazuaki Ishihara

    Advanced Synthesis and Catalysis     頁: in press   2011年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  134. In situ generated (hypo)iodite catalysts for the direct α-oxyacylation of carbonyl compounds with carboxylic acids 査読有り

    Muhammet Uyanik, Daisuke Suzuki, Takeshi Yasui, Kazuaki Ishihara

    Angewandte Chemie Inetrnational Edition   50 巻 ( 23 ) 頁: 5331-5334   2011年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201101522

  135. 非共有結合相互作用を利用したキラル超原子ヨウ素触媒の開発:北スピロラクトン化反応への応用 招待有り 査読有り

    Uyanik Muhammet, 安井猛, 石原一彰

    和光純薬事報   79 巻 ( 2 ) 頁: 2-5   2011年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  136. 酸塩基複合化学を基盤とする高機能触媒の創製 招待有り 査読有り

    石原一彰

    未来材料   11 巻 ( 4 ) 頁: 11-19   2011年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. Commercially available neat organozincs as highly reactive reagents for catalytic enantioselective addition to ketones and aldehydes under solvent free conditions 招待有り 査読有り

    Manabu Hatano, Tomokazu Mizuno, Kazuaki Ishihara

    Tetrahedron   67 巻 ( 24 ) 頁: 4417-4424   2011年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  138. Brønsted base-assisted boronic acid catalysis for the dehydrative intramolecular condensation of dicarboxylic acids 査読有り

    Akira Sakakura, Takuro Ohkubo, Risa Yamashita, Matsujiro Akakura, Kazuaki Ishihara

    Organic Letters   13 巻 ( 5 ) 頁: 892-895   2011年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  139. In situ-generated chiral quaternary ammonium (hypo)iodite catalysis for enantioselective oxidative cyclizations 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    Chimica Oggi-Chemistry Today   29 巻 ( 1 ) 頁: 18-21   2011年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  140. Asymmetric Cu(II) catalyses for cycloaddition reactions based on pai-cation or n-cation interaction 招待有り 査読有り

    Akira Sakakura, Kazuaki Ishihara

    Chemical Society Reviews   40 巻 ( 1 ) 頁: 163-172   2011年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  141. 自分たちの力を信じよう〜化学者の立場から 招待有り 査読有り

    石原一彰

    「今こそ、学問の話をしよう」、わくわくキャッチ!「東日本大震災」復興と学び応援プロジェクト、河合塾     頁: -   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  142. Lanthanum(III) isopropoxide-catalyzed chemoselective transesterification of dimethyl carbonate and methyl carbamates 査読有り

    Manabu Hatano, Sho Kamiya, Katsuhiko Moriyama, Kazuaki Ishihara

    Organic Letters   13 巻 ( 3 ) 頁: 430-433   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  143. Ligand-assisted rate acceleration in lanthanum(III) isopropoxide-catalyzed transesterification of carboxylic esters 査読有り

    Manabu Hatano, Yoshiro Furuya, Takumi Shimmura, Kastuhiko Moriyama, Sho Kamiya, Toshikatsu Maki, Kazuaki Ishihara

    Organic Letters   13 巻 ( 3 ) 頁: 426-429   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  144. 2-Iodoxybenzenesulfonic acid (IBS) catalyzed oxidation of alcohols 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    Aldrichimica Acta   43 巻 ( 3 ) 頁: 83-91   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  145. 超原子価ヨウ素触媒を用いるアルコールの選択的酸化反応 招待有り 査読有り

    石原一彰

    ヨウ素学会会報   ( 13 ) 頁: 136-145   2010年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  146. 金属を使わない不斉酸化的カップリング触媒 無機ヨウ素酸塩へのブレークスルー 招待有り 査読有り

    石原一彰, Muhammet Uyanik

    化学   65 巻 ( 10 ) 頁: 12-17   2010年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  147. 酸塩基複合触媒 招待有り 査読有り

    石原一彰

    ファインケミカル   139 巻 ( 8 ) 頁: 33-41   2010年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  148. Chiral hypervalent iodine-catalyzed enantioselective oxidative Kita spirolactonization of 1-naphthol derivatives and one-pot diastereoselective oxidation to epoxyspirolactones 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Takeshi Yasui, Kazuaki Ishihara

    Tetrahedron   66 巻 ( 31 ) 頁: 5841-5851   2010年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  149. 超原子価ヨウ素触媒を用いるアルコールの選択的酸化反応の開発 招待有り 査読有り

    石原一彰

    触媒   52 巻 ( 7 ) 頁: 497-502   2010年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  150. Quaternary ammonium (hypo)iodite catalysis for enantioselective oxidative cycloetherification 査読有り

    Muhammet Uyanik, Hiroaki Okamoto, Takeshi Yasui, Kazuaki Ishihara

    Science   328 巻 ( 5984 ) 頁: 1376-1379   2010年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.1188217

  151. Catalytic enantioselective synthesis of sterically demanding alcohols using di(2°-alkyl)zinc prepared by the refined Charette's method 査読有り

    Manabu Hatano, Tomokazu Mizuno, Kazuaki Ishihara

    Chem. Commun.   46 巻 ( 30 ) 頁: 5443-5445   2010年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  152. Which is the actual catalyst: chiral phosphoric acid or chiral calcium phosphate? 査読有り

    Manabu Hatano, Katsuhiko Moriyama, Toshikatsu Maki, Kazuaki Ishihara

    Angewandte Chemie International Edition   49 巻 ( 22 ) 頁: 3823-3826   2010年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201000824

  153. Organoammonium salt-catalyzed enantioselective cycloaddition reactions with α-(acyloxy)- or α-(N,N-diacylamino)acroleins 招待有り 査読有り

    Akira Sakakura, Kazuaki Ishihara

    Bull Chem. Soc. Jpn.   83 巻 ( 4 ) 頁: 313-322   2010年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  154. Bromine-catalyzed aerobic oxidation of alcohols 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Ryota Fukatsu, Kazuaki Ishihara

    Chem. Asian. J.   5 巻 ( 3 ) 頁: 456-460   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  155. *Enantioselective Kita oxidative spirolactonization catalyzed by in situ generated chiral hypervalent iodine(III) species 査読有り

    Muhammet Uyanik, Takeshi Yasui, and Kazuaki Ishihara

    Angew. Chem. Int. Ed.   49 巻 ( 12 ) 頁: 2175-2177   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  156. Zinc(II)-catalyzed Grignard addition to ketones with RMgBr and RMgI 査読有り

    Manabu Hatano, Orie Ito, Shinji Suzuki, Kazuaki Ishihara

    Chem. Commun.   46 巻 ( 15 ) 頁: 2674-2676   2010年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  157. *Chiral lithium(I)-binaphtholate salts for the enantioselective direct Mannich-type reaction with a change of syn/anti and absolute stereochemistry 査読有り

    Manabu Hatano, Takahiro Horibe, Kazuaki Ishihara

    J. Am. Chem. Soc.   132 巻 ( 1 ) 頁: 56-57   2010年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  158. A concise synthesis of (S)-(+)-ginnol based on catalytic enantioselective addition of comemrcially unavailable di(n-alkyl)zinc to aldehydes and ketones 招待有り 査読有り

    Manabu Hatano, Tomokazu Mizuno, Kazuaki Ishihara

    Synlett   ( 13 ) 頁: 2024-2028   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  159. Catalytic enantioselective 1,3-dipolar cycloadditions of nitrones with propioloylpyrazoles and acryloylpyrazoles induced by chiral π-cation catalysts 査読有り

    Akira Sakakura, Masahiro Hori, Makoto Fushimi, Kazuaki Ishihara

    Journal of the American Chemical Society   132 巻 ( 44 ) 頁: 15550-15552   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja1081603

  160. In situ-generated chiral quaternary ammonium (hypo)iodite catalysis for enantioselective oxidative cyclizations 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    Chimica Oggi–Chemistry Today     頁: in press   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  161. Highly practical BINOL-derived acid–base combined salt catalysts for the asymmetric direct Mannich-type reaction 招待有り 査読有り

    Manaubu Hatano, Kazuaki Ishihara

    Synthesis     頁: ASAP   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  162. Asymmetric Cu(II) catalyses based on π–cation or n–cation interaction 招待有り 査読有り

    Akira Sakakura, Kazuaki Ishihara

    Chem. Soc. Rev.     頁: in press   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  163. Magnesium(II)-binaphtholate as a practical chiral catalyst for the enantioselective direct Mannich-type reaction with malonates 査読有り

    Manabu Hatano, Takahiro Horibe, Kazuaki Ishihara

    Org. Lett.   12 巻 ( 15 ) 頁: 3502-3505   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  164. Zinc(II)-catalyzed addition of Grignard reagents to ketones 査読有り

    Manabu Hatano, Orie Ito, Shinji Suzuki, Kazuaki Ishihara

    J. Org. Chem.   75 巻 ( 15 ) 頁: 5008-5016   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  165. Highly chemoselective stoichimetric alkylation of ketones with Grignard reagent-derived zinc(II) ate complexes 招待有り 査読有り

    Manabu Hatano, Shinji Suzuki, Kazuaki Ishihara

    Synlett   ( 2 ) 頁: 321-324   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  166. Synthesis of chiral 3,3'-disubstituted 1,1'-binaphthyl-2,2'-disulfonic acids 招待有り 査読有り

    Manabu Hatano, Yoshihiro Sugiura, Kazuaki Ishihara

    Tetrahedron: Asymmetry   21 巻 ( 9-10 ) 頁: 1311-1314   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  167. Nucleophilic phosphine-catalyzed iodocyclization of isoprenoids bearing an oxygen terminal group 招待有り 査読有り

    Akira Sakakura, Gakujun Shomi, Atsushi Ukai, Kazuaki Ishihara

    Heterocycles   82 巻 ( 1 ) 頁: ASAP   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  168. *2-Iodoxybenzenesulfonic acid (IBS) as an extremely active catalyst for the selective oxidation of alcohols to aldehydes, ketones, carboxylic acids and enones with Oxone® 査読有り

    Muhammet Uyanik, Matsujiro Akakura, Kazuaki Ishihara

    J. Am. Chem. Soc.   131 巻 ( 51 ) 頁: 251-262   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  169. *Rational design of highly effective asymmetric Diels–Alder catalysts bearing 4,4'-sulfonamidomethyl groups 査読有り

    Akira Sakakura, Rei Kondo, Yuki Matsumura, Matsujiro Akakura, Kazuaki Ishihara

    J. Am. Chem. Soc.   131 巻 ( 49 ) 頁: 17762-17764   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  170. IBS-catalyzed oxidative rearrangement of tertiary allylic alcohols to enones with oxone® 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Ryota Fukatsu, and Kazuaki Ishihara

    Org. Lett.   11 巻 ( 15 ) 頁: 3470-3473   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  171. Chiral lanthanum(III)-binaphthyldisulfonate complexes for catalytic enantioselective Strecker reaction 招待有り 査読有り

    Manabu Hatano, Yasushi Hattori, Yoshiro Furuya, Kazuaki Ishihara

    Org. Lett.   11 巻 ( 11 ) 頁: 2321-2324   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  172. 3-Pyrroline-1-carbonyl (Pyroc) group: A removable protecting group for the kinetic resolution of racemic carboxylic acids and alcohols through catalytic asymmetric acylation 招待有り 査読有り

    Akira Sakakura, Shuhei Umemura, Kazuaki Ishihara

    Synlett   ( 10 ) 頁: 1647-1650   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  173. Rational design of dynamic ammonium salt catalysts towards more flexible and selective function 招待有り 査読有り

    Kazuaki Ishihara

    Proc. Jpn. Acad., Ser. B   85 巻 ( 8 ) 頁: 290-313   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  174. Hypervalent iodine-catalyzed oxidation of alcohols 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara

    Chem. Commun.   ( 16 ) 頁: 2086-2099   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  175. Dehydrative condensation catalyses 招待有り 査読有り

    Kazuaki Ishihara

    Tetrahedron   65 巻 ( 6 ) 頁: 1085-1109   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  176. Chiral lanthanum(III)-binaphthyldisulfonate complexes for catalytic enantioselective Strecker reaction 査読有り

    Manabu Hatano, Yasushi Hattori, Yoshiro Furuya, Kazuaki Ishihara

    Org. Lett.   11 巻 ( 11 ) 頁: 2321-2324   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  177. Hypervalent iodine-catalyzed oxylactonization of ketocarboxylic acids to ketolactones 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik; Takeshi Yasui; Kazuaki Ishihara

    Bioorg. Med. Chem. Lett.   19 巻 ( 14 ) 頁: 3848-3851   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  178. Highly efficient synthesis of functionalized tertiary alcohols catalyzed by potassium alkoxide–crown ether complexes 査読有り

    Manabu Hatano, Shinji Suzuki, Eri Takagi, Kazuaki Ishihara

    Tetrahedron Lett.   65 巻 ( 10 ) 頁: 2102-2109   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  179. Enantioselective alkynylation to aldimines catalyzed by chiral 2,2'-di(2-aminoaryloxy)-1,1'-binaphthyl–copper(I) complexes 査読有り

    Manabu Hatano, Takafumi Asai, Kazuaki Ishihara

    Tetrahedron Lett.   49 巻 ( 2 ) 頁: 379-382   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  180. Catalytic enantioselective organozinc addition toward optically active tertiary alcohol synthesis 招待有り 査読有り

    Manabu Hatano, Kazuaki Ishihara

    The Chemical Record   8 巻 ( 3 ) 頁: 143-155   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  181. 有機金属求核剤の炭素-金属結合活性化を基盤とする酸・塩基複合触媒システムの開発 招待有り 査読有り

    波多野学,石原一彰

    有機合成化学協会   66 巻 ( 6 ) 頁: 564-477   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  182. Chiral lithium salts of phosphoric acids as Lewis acid–base conjugate catalysts for the enantioselective cyanosilylation of ketones 査読有り

    Manabu Hatano, Takumi Ikeno, Tokihiko Matsumura, Shinobu Torii, Kazuaki Ishihara

    Adv. Synth. Catal.   350 巻 ( 11+12 ) 頁: 1776-1780   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  183. Selective synthesis of cyclic phosphoric acid diesters through oxorhenium(VII)-catalyzed dehydrative condensation of phosphoric acid with alcohols 査読有り

    Akira Sakakura, Masayuki Sakuma, Mikimoto Katsukawa, Kazuaki Ishihara

    Heterocycles   76 巻 ( 1 ) 頁: 657-665   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  184. Open-air and solvent-free ester condensation catalyzed by sulfonic acids 査読有り

    Akira Sakakura, Yoshiki Koshikari, Kazuaki Ishihara

    Tetrahedron Lett.   49 巻 ( 34 ) 頁: 5017-5020   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  185. Kinetic resolution of racemic carboxylic acids by an L-histidine-derived sulfonamide-induced enantioselective esterification reaction 査読有り

    Kazuaki Ishihara, Yuji Kosugi, Shuhei Umemura, Akira Sakakura

    Org. Lett.   10 巻 ( 15 ) 頁: 3191-3194   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  186. Organocatalytic enantioselective Diels–Alder reaction of dienes with α-(N,N-diacylamino)acroleins 査読有り

    Kazuaki Ishihara, Kazuhiko Nakano, Matsujiro Akakura

    Org. Lett.   10 巻 ( 13 ) 頁: 2893-2896   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  187. Rate-accelerating effect by the neighboring-group participation of protecting groups in the dehydrative cyclization of 1,3,5-triketones 査読有り

    Akira Sakakura, Hitoshi Watanabe, Kazuaki Ishihara

    Org. Lett.   10 巻 ( 12 ) 頁: 2569-2572   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  188. Convergent total syntheses of fluvibactin and vibriobactin using molybdenum(VI) oxide-catalyzed dehydrative cyclization as a key step 査読有り

    Akira Sakakura, Shuhei Umemura, Kazuaki Ishihara

    Chem. Commun.   ( 30 ) 頁: 3561-3563   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  189. Zwitterionic salts as mild organocatalysts for transesterification 査読有り

    Kazuaki Ishihara, Masatoshi Niwa, Yuji Kosugi

    Org. Lett.   10 巻 ( 11 ) 頁: 2187-2190   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  190. Catalytic enantioselective [2+4] and [2+2] cycloaddition reactions with propiolamides 査読有り

    Kazuaki Ishihara, Makoto Fushimi

    J. Am. Chem. Soc.   130 巻 ( 24 ) 頁: 7532-7533   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  191. Recent progress in the catalytic synthesis of tertiary alcohols from ketones with organometallic reagents 招待有り 査読有り

    Manabu Hatano, Kazuaki Ishihara

    Synthesis   ( 11 ) 頁: 1647-1675   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  192. 高効率エステル縮合反応の開発 招待有り 査読有り

    石原一彰

    塗装工学   43 巻 ( 8 ) 頁: 274-286   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  193. *Pyridinium 1,1'-binaphthyl-2,2'-disulfonates as highly effective chiral Brønsted acid–base combined salt catalysts for enantioselective Mannich-type reaction 査読有り

    Manabu Hatano, Toshikatsu Maki, Katsuhiko Moriyama, Manabu Arinobe, Kazuaki Ishihara

    J. Am. Chem. Soc.   130 巻 ( 50 ) 頁: 16858-16860   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  194. Asymmetric intramolecular Cannizzaro reaction of anhydrous phenylglyoxal 招待有り 査読有り

    Kazuaki Ishihara, Takayuki Yano, Makoto Fushimi

    J. Fluorine. Chem.   129 巻 ( 10 ) 頁: 994-997   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  195. Dimeric scandium(III) and monomeric lanthanide(III) complexes with perfluoropropane-1,3-disulfonates as counter anions for Lewis acid catalysis 査読有り

    Manabu Hatano, Eri Takagi, Manabu Arinobe, Kazuaki Ishihara

    J. Organomet. Chem.   692 巻 ( 1-3 ) 頁: 569-578   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  196. Enantioselective biomimetic polyene cyclization of polyprenoids Long-sought enantioselective reaction induced by a “chiral halonium ion 招待有り 査読有り

    Akira Sakakura, Kazuaki Ishihara

    Chimica Oggi   25 巻 ( Suupl. ) 頁: 9-12   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  197. Enantioselective conjugate addition of dialkylzinc to cyclic enones catalyzed by chiral binaphthyldiamine-copper(I) complexes 査読有り

    Manabu Hatano, Takagumi Asai, Kazuaki Ishihara

    Tetrahderon Lett.   48 巻 ( 49 ) 頁: 8590-8594   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  198. Widely useful DMAP-catalyzed esterification under auxiliary base- and solvent-free conditions 査読有り

    Akira Sakakura, Kimio Kawajiri, Takuro Ohkubo, Yuji Kosugi, Kazuaki Ishihara

    J. Am. Chem. Soc.   129 巻 ( 47 ) 頁: 14775-14779   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  199. Highly active chiral phosphoramide-Zn(II) complexes as conjugate acid–base catalysts for enantioselective organozinc addition to ketones 査読有り

    Manabu Hatano, Takashi Miyamoto, Kazuaki Ishihara

    Org. Lett.   9 巻 ( 22 ) 頁: 4535-4538   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  200. Sodium phenoxide–phosphine oxides as extremely active Lewis base catalysts for the Mukaiyama aldol reaction with ketones 査読有り

    Manabu Hatano, Eri Takagi, Kazuaki Ishihara

    Org. Lett.   9 巻 ( 22 ) 頁: 4527-4530   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  201. Bulky phosphazenium cation catalysis for dehydrative condensation of phosphoric acid with alcohols 招待有り 査読有り

    Akira Sakakura, Mikimoto Katsukawa, Takaomi Hayashi, Kazuaki Ishihara

    Green Chem.   9 巻 ( 10 ) 頁: 1166-1169   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  202. Enantioselective biomimetic polyene cyclization of polyprenoids Long-sought enantioselective reaction induced by a "chiral halonium ion" 招待有り 査読有り

    Akira Sakakura, Kazuaki Ishihara

    Chimica Oggi–Chemistry Today   25 巻 ( Suppl. ) 頁: 9-12   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  203. Rational design of minimal artificial Diels-Alderases based on copper(II) cation-aromatic pai attractive interaction 招待有り 査読有り

    Kazuaki Ishihara, Makoto Fushimi, Matsujiro Akakura

    Acc. Chem. Res.   40 巻 ( 9 ) 頁: 1049-1055   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  204. Recent progress in selective additions of organometal reagents to carbonyl compounds 招待有り 査読有り

    Manabu Hatano, Takashi Miyamoto and Kazuaki Ishihara

    Current Organic Chemistry   11 巻 ( 2 ) 頁: 127-157   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  205. Design of highly functional small-molecule catalysts and related reactions based on acid-base combination chemistry 招待有り 査読有り

    Kazuaki Ishihara, Akira Sakakura, Manabu Hatano

    Synlett   ( 5 ) 頁: 686-703   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  206. Enantioselective [2+2] cycloaddition of unsaturated alkenes with ア-acyloxyacroleins catalyzed by chiral organoammonium salts 査読有り

    Kazuaki Ishihara, Kazuhiko Nakano

    J. Am. Chem. Soc.   129 巻 ( 29 ) 頁: 8930-8931   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  207. Direct ester condensation catalyzed by bulky diarylammonium pentafluorobenzenesulfonates 招待有り 査読有り

    Akira Sakakura, Shoko Nakagawa, Kazuaki Ishihara

    Nature Protocol   2 巻 ( 7 ) 頁: 1746-1751   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  208. Catalytic synthesis of peptide-derived thiazolines and oxazolines using bis(quinolinolato)dioxomolybdenum(VI) complexes 査読有り

    Akira Sakakura, Rei Kondo, Shuhei Umemura and Kazuaki Ishihara

    Adv. Synth. Catal.   349 巻 ( 10 ) 頁: 1641-1646   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  209. New boron(III)-catalyzed amide and ester condensation reactions 招待有り 査読有り

    Toshikatsu Maki, Kazuaki Ishihara and Hisashi Yamamoto

    Tetrahedron   63 巻 ( 35 ) 頁: 8645-8657   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  210. Dehydrative cyclizaion catalyzed by the combination of molybdenum(VI) oxides and benzoic acids: First synthesis of the antitumour substance BE-70016 招待有り 査読有り

    Akira Sakakura, Shuhei Umemura, Rei Kondo, Kazuaki Ishihara

    Adv. Synth. Catal.   349 巻 ( 4-5 ) 頁: 551-555   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  211. Kinetic resolution of racemic alcohols catalyzed by minimal artificial acylases derived from L-histidine 招待有り 査読有り

    Yuji Kosugi, Matsujiro Akakura, Kazuaki Ishihara

    Tetrahedron   63 巻 ( 28 ) 頁: 6191-6203   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  212. Unusual rate acceleration in the Brソnsted acid catalyzed dehydration reactions: Local hydrophobic environment in aggregated N-(2,6-diphenylphenyl)-N-mesitylammonium pentafluorobenzenesulfonates 査読有り

    Akira Sakakura, Hitoshi Watanabe, Shoko Nakagawa, Kazuaki Ishihara

    Chem. Asian J.   2 巻 ( 4 ) 頁: 477-483   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  213. Enantioselective halocyclization of polyprenoids induced by nucleophilic phosphoramidites 査読有り

    Akira Sakakura, Atsushi Ukai, Kazuaki Ishihara

    Nature   455 巻 ( 7130 ) 頁: 900-903   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  214. Perrhenic acid-catalyzed dehydration from primary amides, aldoximes, N-monoacylureas, and ア-substituted ketoximes to nitrile compounds 査読有り

    Yoshiro Furuya, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   80 巻 ( 2 ) 頁: 400-406   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  215. Oxorhenium(VII)-catalyzed direct condensation of phosphoric acid with an alcohol 査読有り

    Akira Sakakura, Mikimoto Katsukawa, Kazuaki Ishihara

    Angew. Chem. Int. Ed.   46 巻 ( 9 ) 頁: 1423-1426   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  216. 究極のアルキル化剤の創製に挑む 効率的な第三級アルコール合成反応の開発 査読有り

    波多野学、鈴木伸治、石原一彰

    化学   62 巻 ( 3 ) 頁: 16-20   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  217. Bulky diarylammonium arenesulfonates as mild and extremely active dehydrative ester condensation catalysts 招待有り 査読有り

    Akira Sakakura, Shoko Nakagawa, Kazuaki Ishihara

    Tetrahedron   62 巻 ( 2-3 ) 頁: 422-433   2006年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  218. 低環境負荷型触媒的脱水反応プロセスの開発 査読有り

    坂倉彰, 石原一彰

    有機合成化学協会誌   64 巻 ( 6 ) 頁: 651-663   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  219. Bulky diarylammonium arenesulfonates as mild and extremely active dehydrative ester condensation catalysts 招待有り 査読有り

    Akira Sakakura, Shoko Nakagawa, Kazuaki Ishihara

    Tetrahedron   62 巻 ( 2-3 ) 頁: 422-433   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  220. Enantioselective Diels-Alder reaction of ア-acyloxyacroleins catalyzed by chiral 1,1'-binaphthyl-2,2'-diammonium salts 招待有り 査読有り

    Akira Sakakura, Kenji Suzuki, Kazuaki Ishihara

    Adv. Synnth. Catal.   348 巻 ( 16-17 ) 頁: 2457-2465   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  221. Catalytic diastereoselective polycyclization of homo(polyprenyl)arene analogues bearing terminal siloxyvinyl groups 査読有り

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

    Org. Lett.   8 巻 ( 24 ) 頁: 5649-5652   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  222. Iron(III)-zirconium(IV) combined salt immobilized on N-(polystyrylbutyl)pyridinium triflylimide as a reusable catalyst for a dehydrative esterification reaction 招待有り 査読有り

    Yuka Nakamura, Toshikatsu Maki, Xiaowei Wang, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

    Adv. Synth. Catal.   348 巻 ( 12-13 ) 頁: 1505-1510   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  223. Highly efficient alkylation to ketones and aldimines with Grignard reagents catalyzed by zinc(II) chloride 査読有り

    Manabu Hatano, Shinji Suzuki, Kazuaki Ishihara

    J. Am. Chem. Soc.   128 巻 ( 31 ) 頁: 9998-9999   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  224. 3,3'-Diphosphoryl-1,1'-bi-2-naphthol-Zn(II) complexes as conjugate acid-base catalysts for enantioselective dialkylzinc addition to aldehydes 査読有り

    Manabu Hatano, Takashi Miyamoto, Kazuaki Ishihara

    J. Org. Chem.   71 巻 ( 17 ) 頁: 6474-6484   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  225. Design of Bronsted acid-assisted chiral Brソnsted acid (Chiral BBA) catalyst bearing a bis(triflyl)methyl group for a Mannich-type reaction 査読有り

    Aiko Hasegawa, Yuki Naganawa, Makoto Fushimi, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

    Org. Lett.   8 巻 ( 15 ) 頁: 3175-3178   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  226. Enantioselective dialkylzinc addition to aldehydes catalyzed by chiral Zn(II)-BINOLates bearing phosphonates and phosphoramides in the 3,3'-positions 査読有り

    Manabu Hatano, Takashi Miyamoto, Kazuaki Ishihara

    Synlett   ( 11 ) 頁: 1762-1764   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  227. Chiral 1,1'-binaphthyl-2,2'-diammonium salt catalysts for the enantioselective Diels-Alder reaction with ア-acyloxyacroleins 査読有り

    Akira Sakakura, Kenji Suzuki, Kazuhiko Nakano, Kazuaki Ishihara

    Org. Lett.   8 巻 ( 11 ) 頁: 2229-2232   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  228. Design of a small-molecule catalyst using intramolecular cation-pai interaction for enantioselective Diels-Alder and Mukaiyama-Michael reactions: L-DOPA-derived monopeptideoCu(II) complex 査読有り

    Kazuaki Ishihara, Makoto Fushimi

    Org. Lett.   8 巻 ( 9 ) 頁: 1921-1924   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  229. 4,5,6,7-Tetrachloro[d][1,3,2]dioxaborol-2-ol as an effective catalyst for the amide condensation of sterically demanding carboxylic acids 査読有り

    Toshikatsu Maki, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

    Org. Lett.   8 巻 ( 7 ) 頁: 1431-1434   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  230. Crucial role for the conjugate base for silyl Lewis acid-induced Mukaiyama aldol reaction 査読有り

    Yukihiro Hiraiwa, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

    Eur. J. Org. Chem.   ( 8 ) 頁: 1837-1844   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  231. Design of chiral macrocyclic complexes based on trans-chelation of n:n metal-bidenatete P,N- or P,P-ligands 査読有り

    Manabu Hatano, Takafumi Asai, Kazuaki Ishihara

    Chem. Lett.   35 巻 ( 2 ) 頁: 172-173   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  232. 疎水機能をもつエステル脱水縮合触媒の設計 招待有り

    石原一彰

    化学工業   57 巻 ( 6 ) 頁: 426-430   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  233. 第三級アルコール合成のブークスルー -アート錯体を用いたケトンへのGrignard試薬の高効率的付加反応

    波多野学, 石原一彰

    化学   61 巻 ( 11 ) 頁: 68-69   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  234. Highly alkyl-selective addition to ketones with magnesium ate complexes derived from Grignard reagents 査読有り

    Manabu Hatano, Tokihiko Matsumura, Kazuaki Ishihara

    Org. Lett.   7 巻 ( 4 ) 頁: 573-576   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  235. N-Alkyl-4-boronopyridinium halides versus boric acid as catalysts for the esterification of ア-hydroxycarboxylic acids 査読有り

    Toshikatsu Maki, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

    Org. Lett.   7 巻 ( 22 ) 頁: 5047-5050   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  236. N-Alkyl-4-boronopyridinium salts as thermally stable and reusable amide condensation catalysts 査読有り

    Toshikatsu Maki, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

    Org. Lett.   7 巻 ( 22 ) 頁: 5043-5046   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  237. Enantioselective addition of organozinc reagents to aldehydes catalyzed by 3,3'-bis(diphenylphosphinoyl)-BINOL 査読有り

    Manabu Hatano, Takashi Miyamoto, Kazuaki Ishihara

    Adv. Synth. & Catal.   347 巻 ( 11-13 ) 頁: 1561-1568   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  238. Cyanuric chloride as a mild and active Beckmann rearrangement catalyst 査読有り

    Yoshiro Furuya, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

    J. Am. Chem. Soc.   127 巻 ( 32 ) 頁: 11240-11241   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  239. Design of an organocatalyst for the enantioselective Diels-Alder reaction with ア-acyloxyacroleins 査読有り

    Kazuaki Ishihara, Kazuhiko Nakano

    J. Am. Chem. Soc.   127 巻 ( 30 ) 頁: 10504-10505   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  240. Chiral lithium binaphtholate aqua complex as a highly effective asymmetric catalyst for cyanohydrin synthesis 査読有り

    Manabu Hatano, Takumi Ikeno, Takashi Miyamoto, Kazuaki Ishihara

    J. Am. Chem. Soc.   125 巻 ( 31 ) 頁: 10776-10777   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  241. Facile synthesis of aryl- and alkyl-bis(trifluoromethylsulfonyl)methanesモ (Selected as a BCSJ award artcile) 査読有り

    Aiko Hasegawa, Takuo Ishikawa, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   ( 78 ) 頁: 1401-1410   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  242. Zr(IV)-Fe(III), -Ga(III), and -Sn(IV) binaryl metal complexes as synergistic and reusable esterification catalysts 査読有り

    Atsushi Sato, Yuka Nakamura, Toshikatsu Maki, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

    Adv. Synth. & Catal   347 巻 ( 10 ) 頁: 1337-1440   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  243. Biomimetic synthesis of acid-sensitive (-)- and (+)-caparrapi oxides, (-)-and (+)-8-epicaparrapi oxides, and (+)-dysifragin induced by artificial cyclases 査読有り

    Biomimetic synthesis of acid-sensitive (-)- and (+)-caparrapi oxides, (-)-and (+)-8-epicaparrapi oxides, and (+)-dysifragin induced by artificial cyclases

    Bio. Med. Chem.   13 巻 ( 17 ) 頁: 5055-5065   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  244. Selective synthesis of phosphate monoesters by dehydrative condensation of phosphoric acid and alcohols by nucleophilic bases 査読有り

    Akira Sakakura, Mikimoto Katsukawa, Kazuaki Ishihara

    Org. Lett.   7 巻 ( 10 ) 頁: 1999-2002   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  245. Molybdenum oxides as highly effective dehydrative cyclization catalysts directed toward the synthesis of oxazolines and thiazolines 査読有り

    Akira Sakakura, Rei Kondo, Kazuaki Ishihara

    Org. Lett.   7 巻 ( 10 ) 頁: 1971-1974   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  246. Biomimetic synthesis of acid-sensitive (-)-caparrapi oxide and (+)-8-epicaparrapi oxide induced by artificial cyclases 査読有り

    Muhammet Uyanik, Hideaki Ishibashi, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

    Org. Lett.   7 巻 ( 8 ) 頁: 1601-1604   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  247. Bulky diarylammonium arenesulfonates as selective esterification catalysts 査読有り

    Kazuaki Ishihara, Shoko Nakagawa, Akira Sakakura

    J. Am. Chem. Soc.   127 巻 ( 12 ) 頁: 4168-4169   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  248. Synthesis of (all-rac)-ア-tocopherol in supercritical carbon dioxide: Tuning of the product selectivity in batch and continuous-flow reactors 査読有り

    Yoshiaki Kokubo, Aiko Hasegawa, Shigeki Kuwata, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto, Takao Ikariya

    Adv. Synth. Catal.   ( 347 ) 頁: 220-224   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  249. ヒスチジン骨格を利用した小分子人工酵素の設計

    小杉裕士, 石原一彰

    化学   60 巻 ( 4 ) 頁: 72-73   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  250. Chiral molecular recognition by aluminum tris(2,6-diphenylphenoxide) in an asymmetric 1,4-addition 査読有り

    Hirotsugu Ito, Takashi Nagahara, Kazuaki Ishihara, Susumu Saito, Hisashi Yamamoto

    Angew. Chem. Int. Ed.   43 巻 ( 8 ) 頁: 994-997   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  251. Rational design of an L-histidine-derived minimal artificial acylase for the kinetic resolution of racemic alcohols 査読有り

    Rational design of an L-histidine-derived minimal artificial acylase for the kinetic resolution of racemic alcohols

    J. Am. Chem. Soc.   126 巻 ( 39 ) 頁: 12212-12213   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  252. A new artificial cyclase for polyprenoids: Enantioselective total synthesis of (-)-chromazonarol, (+)-8-epi-puupehedione, and (-)-11'-deoxytaondiol methyl ether 査読有り

    Hideaki Ishibashi, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamot

    J. Am. Chem. Soc.   126 巻 ( 36 ) 頁: 11122-11123   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  253. Water-tolerant and reusable catalysts for direct ester condensation between equimolar amounts of carboxylic acids and alcohols 査読有り

    Masaya Nakayama, Atsushi Sato, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

    Adv. Synth. Catal.   ( 346 ) 頁: 1275-1279   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  254. Arylboronic acid-catalyzed direct condensation of carboxylic acids with ureas 査読有り

    Toshikatsu Maki, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

    Synlett   ( 8 ) 頁: 1355-1358   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  255. Tin(IV) Chloride-Chiral Pyrogallol Derivatives as New Lewis Acid-Assisted Chiral Brソnsted Acids for Enantioselective Polyene Cyclization 査読有り

    Keiko Kumazawa, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

    Org. Lett.   6 巻 ( 15 ) 頁: 2551-2554   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  256. Synthesis of carboxaimdes by LDA-catalyzed Haller-Bauer and Cannizzaro reactions 査読有り

    Kazuaki Ishihara, Takayuki Yano

    Org. Lett.   6 巻 ( 12 ) 頁: 1983-1986   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  257. Asymmetric direct aldol reaction assisted by water and a proline-derived tetrazole catalyst 査読有り

    Hiromi Torii, Masakazu Nakadai, Kazuaki Ishihara, Susumu Saito, Hisashi Yamamoto

    Angew. Chem. Int. Ed.   43 巻 ( 15 ) 頁: 1983-1986   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  258. Asymmetric vinylogous direct aldol reaction using aluminum tris[2,6-bis(4-alkylphenyl)phenoxide] 査読有り

    Hiroshi Takikawa, Kazuaki Ishihara, Susumu Saito, Hisashi Yamamoto

    Synlett   ( 4 ) 頁: 732-734   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  259. New bulky chiral Lewis acid catalyst: 3,3'-di(2-mesitylethynyl)binaphthol-titanium(IV) complex 査読有り

    Kazuaki Ishihara, Jun Kobayashi, Kazuhiko Nakano, Hideaki Ishibashi, Hisashi Yamamoto

    Chirality   ( 15 ) 頁: 135-138   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  260. 環境調和型触媒の高効率有機合成への応用 招待有り

    石原一彰

    ファインケミカル   32 巻 ( 20 ) 頁: 21-34   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  261. 高効率新規ルイス酸触媒による重合 招待有り

    石原一彰

    高分子   52 巻 ( 4 ) 頁: 272   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  262. 環境調和型高効率有機反応プロセスへの転換 招待有り

    石原一彰

    化学工業   54 巻 ( 1 ) 頁: 28-34   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  263. Trimethylsilyl pentafluorophenylbis(trifluoromethanesulfonyl)methide as a super Lewis acid catalyst for the condensation of trimethylhydroquinone with isophytol 査読有り

    Aiko Hasegawa, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

    Angew. Chem. Int. Ed.   42 巻 ( 46 ) 頁: 5731-5733   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  264. Aldol synthesis with an aqueous solution of formalin 査読有り

    Nobuko Ozasa, Manabu Wadamoto, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

    Synlett   ( 14 ) 頁: 2219-2221   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  265. A new method for the preparation of aluminum and titanium tris(2,6-diphenylphenoxide) reagents and their application in organic synthesis 査読有り

    Atsushi Sato, Asuka Hattori, Kazuaki Ishihara, Susumu Saito, Hisashi Yamamoto

    Chem. Lett.   32 巻 ( 11 ) 頁: 1006-1007   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  266. (3,4,5-Trifluorophenyl)boronic acid-catalyzed amide condensation of carboxylic acids and amines: N-Benzyl-4-phenylbutyramide (4-Phenylbutyramide, N-benzyl-)

    Kazuaki Ishihara, Suguru Ohara, Hisashi Yamamoto

    Org. Synth.   79 巻   頁: 176ミ185   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  267. The crystallographic structure of a Lewis acid-assisted chiral Brソnsted acid as an enantioselective protonation reagent for silyl enol ethers

    Kazuaki Ishihara, Daisuke Nakashima, Yukihiro Hiraiwa, Hisashi Yamamoto

    Journal of the American Chemical Society   125 巻 ( 1 ) 頁: 25-26   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  268. Single-pass reaction column system with super Brソnsted acid-loaded resin

    Kazuaki Ishihara, Aiko Hasegawa, Hisashi Yamamoto

    Synlett   ( 8 ) 頁: 1296-1298   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  269. Crucial role of the counterion of silyl Lewis acid in the Mukaiyama aldol reaction

    Kazuaki Ishihara, Yukihiro Hiraiwa, Hisashi Yamamoto

    Chemical Communications   ( 15 ) 頁: 1564-1565   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  270. Rhenium(VII) oxo complexes as extremely active catalysts in the dehydration of primary amides and aldoximes to nitriles

    Kazuaki Ishihara, Yoshiro Furuya, Hisashi Yamamoto

    Angewandte Chemie International Editon   41 巻 ( 16 ) 頁: 2983ミ2986   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  271. Direct ester condensation from a 1:1 mixture of carboxylic acids and alcohols catalyzed by hafnium(IV) or zirconium(IV) salts

    Kazuaki Ishihara, Masaya Nakayama, Suguru Ohara, Hisashi Yamamoto

    Tetrahedron   58 巻 ( 41 ) 頁: 8179-8188   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  272. Lewis acid-activated chiral leaving group: Enantioselective electrophilic addition to prochiral olefins

    Hiroko Nakamura, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

    The Journal of Organic Chemistry   67 巻 ( 15 ) 頁: 5124-5137   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  273. Enantio- and diastereoselective stepwise cyclization of polyprenoids induced by chiral and achiral LBAs. A new entry to (-)-ambrox, (+)-podocarpa-8,11,13-triene diterpenoids, and (-)-tetracyclic polyprenoid of sedimentary origin

    Kazuaki Ishihara, Hideaki Ishibashi, Hisashi Yamamoto

    Journal of the American Chemical Society   124 巻 ( 14 ) 頁: 3647ミ3655   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  274. A fluorous super Brソnsted acid catalyst: Application to fluorous catalysis without fluorous solvents

    Kazuaki Ishihara, Aiko Hasegawa, Hisashi Yamamoto

    Synlett   ( 8 ) 頁: 1299ミ1301   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  275. フッ素特性を活かした触媒開発 -フッ素系溶媒を使用しない[固/液]フルオラス二相系への新展開- 招待有り

    石原一彰、山本 尚

    化学   57 巻 ( 8 ) 頁: 30-33   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  276. フルオラスケミストリーの新展開 招待有り

    石原一彰

    化学と工業   55 巻 ( 8 ) 頁: 865-868   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  277. スーパールイス酸、スーパーブレンステッド酸触媒の設計 招待有り

    石原一彰、山本 尚

    TCIメール   ( 115 ) 頁: 2-26   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  278. Chiral proton donor reagents: Tin tetrachloride-coordinated optically active banaphthol derivativesモ 招待有り

    Hideaki Ishibashi, Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

    The Chemical Record   2 巻 ( 3 ) 頁: 177-188   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  279. Polystyrene-bound tetrafluorophenylbis(triflyl)methane as an organic-solvent-swellable and strong Brφnsted acid catalyst 査読有り

    Angewandte Chemie International Editon   40 巻 ( 21 ) 頁: 4077-4079   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  280. A high yield procedure for the Me_3_SiNTf_2_-induced carbon-carbon bond-forming reactions of silyl nucleophiles with carbonyl compounds: The importance of addition order and solvent effects 査読有り

    Kazuaki Ishihara Yukihiro Hiraiwa Hisasi Yamamoto

    Synlett   ( 12 ) 頁: 1851-1854   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  281. 3,5-Bis(perfluorodecyl)phenylboronic Aicd as an easily Recyclable Direct Amide Condensation Catalyst 査読有り

    Kazuaki Ishihara, Shoichi Kondo, Hisashi Yamamoto

    Synlett   ( 9 ) 頁: 1371-1374   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  282. A Green Method for the Selective Esterification of Primary Alcohols in the Presence of Secondary Alcohols or Aromatic Alcohols 査読有り

    Kazuaki Ishihara, Masaya Nakayama, Hisashi Yamamoto

    Synlett   ( 7 ) 頁: 1117-1120   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  283. Asymmetric Synthesis of (R)-Limonene and (S)-Cembrene-A by an Intramolecular Cyclization Reaction Using a Chiral Leaving Group 査読有り

    Kazuaki Ishihara, Hiroko Nakamura, Hisashi Yamamoto

    Synlett   ( 7 ) 頁: 1113-1116   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  284. Design of multinuclear Chiral Organoaluminum Complexes with (R)-Binaphthol Derivatives 査読有り

    Kazuaki Ishihara, Jun Kobayashi, Kazato Inanaga, Hisashi Yamamoto

    Synlett   ( 3 ) 頁: 394-396   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  285. Enantioselective Biomimetic Cyclization of Homo(polyprenyl)arenes. A New Entry to (+)-Podcarpa-8,11,13-triene Diterpenoids and (ミ)-Tetracyclic Polyprenoid of Sedimentary Origin 査読有り

    Kazuaki Ishihara, Hideaki Ishibashi, Hisashi Yamamoto

    Journal of the American Chemical Society   123 巻 ( 7 ) 頁: 1505-1506   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  286. Development of dehydrative condensation catalyst 招待有り

    Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto

      56 巻 ( 1 ) 頁: 64-65   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  287. ルイス酸を用いるエステル縮合及びアミド縮合反応の開発 招待有り

    石原一彰、山本 尚

    化学と工業   54 巻 ( 9 ) 頁: 1061-1063   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  288. Direct Condensation of Carboxylic Acids With Alcohols Catalyzed by Hafnium(IV)Salts(共著) 査読有り

    Science   290 巻   頁: 1140-1142   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  289. Enantioselective Protonation of Silyl Enol Ethers With Lewis Acid-Assisted Chiral Brφnsted Acids (Chiral LBAs):Reaction Scope and Mechanistic Insights(共著)

    Journal of the American Chemical Society   122巻 巻 ( 34号 ) 頁: 8120-8130   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  290. Removal of Palladium(II)From Aqueous and Organic Solutions by Polystyrene-bound Tromercaptotriazine(共著)

    Chemistry Leetters   10号 巻   頁: 1218-1219   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  291. Homogeneous Debenzylation Using Exteemely Active Catasts:Tris(Triflyl)Methane,Scandium (III)Tris (Triflyl)Methide,And Copper(II)Tris (Triflyl)Methide(共著)

    Synlett   ( 1号 ) 頁: 80-82   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  292. Pyrolysis of Benzenediazonium Bis (Trifluoromethanesulfonyl)Methide(共著)

    Journal of Fluorine Chemistry   106巻 巻   頁: 139-141   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  293. Direct Polycondensation of Carboxylic Acids and Amines Catalyzed by 3,4,5-Trifluorophenylboronic Acid(共著)

    Macromolecules   33巻 巻 ( 10号 ) 頁: 3511-3513   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  294. Chiral SEM Ether-Tin Tetrachloride as an Enantioselective Hydroxymethylating Reagent for Trisubstituted Alkenes(共著)

    Synlett   106巻 巻   頁: 139-141   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  295. The Scope and Limitations of Chiral B-[3,5-Bis(Trifluoromethyl)Phenyl]Oxazaborolidine Catalyst for Use in the Mukaiyama Aldol Reaction(共著)

    The Journal of Organic Chemistry     2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  296. Enantioselective Biomimetic Cyclization of Isoprenoids Using Chiral LBAs:Abnormal Claisen Rearrangements and Successive Cyclizations(共著)

    Journal of the American Chemical Society   122巻 巻 ( 34号 ) 頁: 8131-8140   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  297. A New and Extremely Active Corey's Chiral Oxazaborolidine Catalyst(共著)

    Synlett   ( 8 ) 頁: 1283-1285   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  298. Arylboron Compounds as Acid Catalysts in Organic Synthetic Transformation(共著)

    European Journal of Organic Chemistry   ( 3 ) 頁: 527-538   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  299. The First Enantioselective Biomimetic Cyclization of Polyprenoids(共著)

    Journal of the American Chemical Society   121 巻 ( 29 ) 頁: 4906-4907   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  300. Chiral SEM Ether-Tin Tetrachloride as an Enantioselective Hydroxymethylating Reagent for Silyl Enol Ethers : γ-Effect of Silicon(共著)

    Journal of the American Chemical Society   121 巻 ( 33 ) 頁: 7720-7721   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  301. Design of Brфnsted Acid-Assisted Chiral Lewis Acid (BLA) Catalysts for Highly Enantioselective Diels-Alder Reactions(共著)

    Journal of the American Chemical Society   120 巻 ( 28 ) 頁: 6920-6930   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  302. Metal-Templated Macrolactamization of Triamino and Tetramino Esters. Facile Synthesis of Macrocyclic Spermidine and Spermine Alkaloids, (S)-(+)-Dihydroperiphylline, (±)-Buchnerine, (±)-Verbacine, (±)-Verbaskine, and(±)-Verbacenine(共著)

    Bulletin of Chemical Society of Japan   71 巻 ( 5 ) 頁: 1221-1230   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  303. Highly Regio-and Stereoselective lsomerization of Silyl Enol Ethers Catalyzed by LBA. A Remarkable Enantiomer Discrimination of Chiral LBA(共著)

    The Journal of Organic Chemistry   63 巻 ( 19 ) 頁: 6444-6445   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  304. Synthesis of C3 Symmetric, Optically Active Triamidoamine and Protetraazaphosphatrane(共著)

    The Journal of Chemistry   63 巻 ( 16 ) 頁: 5692-5695   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  305. Designer Lewis Acids for Selective Organic Syntehsis(共著)

    Pure & Applied Chemistry   70 巻 ( 8 ) 頁: 1507-1512   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  306. Rational Design of a New Chiral Lewis Acid Catalyst for Enantioselective Diels-Alder Reaction : Optically Active 2-Dichloroboryl-1,1'-binaphthyl(共著)

    Synlett   ( 10 ) 頁: 1053-1056   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  307. アリールホウ素化合物のルイス酸触媒としての新展開(共著)

    有機合成化学協会誌   56 巻 ( 1 ) 頁: 61-69   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  308. Design of Brфnsted Acid-Assisted Chiral Lewis Acid(BLA)Catalysts for Highly Enantioselective Diels-Alder Reactions(共著) 査読有り

    Journal of the American Chemical Society   120 巻 ( 28 ) 頁: 6920-6930   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  309. Bis(pentafluorophenyl) borinic acid as a Highly Effective Oppenaner Oxidation Catalyst for Allylic and Benzylic Alcohols(共著)

    The Journal of Organic Chemistry   62 巻 ( 17 ) 頁: 5664-5665   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  310. First Enantioselective Protonation of Prochiral Allyltrimethyltins Using LBA(共著)

    Synlett     頁: 758-760   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  311. Asymmetric Synthesis with Chiral Lewis Acid Catalyst(共著)Hisashi Yamamoto

    CaTTech     頁: 51-62   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  312. Diarylborinic Acids as Efficient Catalysts for Selective Dehydration of Aldols(共著)Hideki Kurihara, Hisashi Yamamoto

    Synlett   ( 5 ) 頁: 597-599   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  313. ルイス酸とブレンステッド酸の組合せ

    化学と工業   50 巻 ( 10 ) 頁: 1489-1491   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  314. Catalytic Enantioselective Diels-Alder Reaction of Dienes and Acetylenic Dienophiles(共著)Shoichi Kondo, Hideki Kurihara, Hisashi Yamamoto, Shigenori Ohashi, Satoshi Inagaki

    The Journal of Organic Chemistry   62 巻 ( 10 ) 頁: 3026-3027   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  315. Asymmetric Protonation of Enol Derivatives(共著)Akira Yanagisawa, Hisashi Yamamoto

    Synlett   ( 5 ) 頁: 411-420   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  316. Scandium Trifluoromethanesulfonate as an Extremely Active Lewis Acid Catalyst in Acylation of Alcohols with Acid Anhydrides and Mixed Anhydrides(共著)Manabu Kubota, Hideki Kurihara, Hisashi Yamamoto

    The Journal of Chemistry   61 巻 ( 14 ) 頁: 4560-4567   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  317. Stereospecific Annulation of Hydroxy Vinyl Ethers.Synthetic Application to Polyfunctionalized Cyclic Compounds(共著)Naoyuki Hanaki,Makoto Kaino,Yuji Naruse,Hisashi yamamoto

    Tetrahedron   52 巻 ( 21 ) 頁: 7297-7320   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  318. 3,4,5-Trifluorobenzeneboronic Acid as an Extremely Active Amidation Catolyst(共著) Suguru Ohara, Hisashi Yamamoto

    The Journal of Organic Chemistry   61 巻 ( 13 ) 頁: 4196-4197   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  319. シントン

    化学   45 巻   頁: 56-57   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  320. A New Powerful and Practical BLA Catalyst for HIghly Enantioselective Diels-Alder Reaction:An Extreme Aceelevation of Reaction Rate by Bronsted Acid [(共著)] Hideki Kurihara,hisashi Yamamoto

    Journal of the American Chemial Society   118 巻 ( 12 ) 頁: 3049-3050   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  321. Antimony-Templated Macrolactamization of Tetraamino Esters.Facile Synthesis of Macrocyclic Alkaloids,(±)-Buchnerine,(±)-Verbacine,(±)-Verbaskine,(±)-Verbacenine [(共著)] Yoshichika Kuroki,Naoyuki Hanaki,Suguru Ohara,Hisashi Yamamoto

    Journal of the American Chemical Society   118 巻 ( 6 ) 頁: 1569-1570   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  322. Scandium Trifluoromethanesulfonimide and Scandium Trifluoromethane sulfonate as Extremely Active Acetalization Catalysts(共著)Yoshinori Karumi, Manabu Kubota, Hisashi Yamamoto

    Synlett   ( 9 ) 頁: 839-841   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  323. A New Scandium Complex as an Extremely Active Acylation Catalyst [(共著)] Manabu Kubota,Hisashi Yamamoto

    Synlett   ( 3 ) 頁: 265-266   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  324. First Example of a Highly Enantioselective Catalytic Protonation of Silyl Enol Ethers Using a Novel LBA System(共著)Shingo Nakamura, Masanobu Kaneeda, Hisashi Yamamoto

    Journal of the American Chemical Society   118 巻 ( 50 ) 頁: 12854-12855   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  325. Practical Synthesis of α-Tocopherol. Trifluoromethanesulfonimide as an Extremely Active Brcpnsted Acid Catalyst for the Condensation of Trimethylhydroquinone with Isophytol(共著)Manabu Kubota, Hisashi Yamamoto

    Synlett   ( 11 ) 頁: 1045-1046   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  326. Highly Regio-and Stereoselective Annulation-Elimination Reaction of 1-Cycloalkenyl 3-Hydroxypropyl Enthers: A Novel Approach to 2-Substituted δ-Lactones,Macrocyclic Oxolactones,and Bicyclic Hydroxyethers [(共著)] Naoyuki Hanaki,Hisashi Yamamoto

    Journal of Chemical Society,Chemical Communication     頁: 1117-1118   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  327. Tris(pentafluorophenyl)boron as an Efficient,Air Stable,and Water Tolerant Lewis Acid Catalyst [(共著)] Naoyuki Hanaki,Miyuki Funahashi,Maymi Miyata,Hisashi Yamamoto

    Bulletin of Chemical Society Japan   68 巻   頁: 1721-1730   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  328. Scandium Trifluoromethanesulfonate as An Extremely Acylation Catalyst(共著)

    Journal of the American Chemical Society   117 巻 ( 15 ) 頁: 4413-4414   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  329. Tris(pentafluorophenyl)bovon as an Efficient Catalyst in the Stereoselective Rearrangement of Epoxides [(共著)] Naoyuki Hanaki,Hisashi Yamamoto

    Synlett   ( 7 ) 頁: 721-722   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  330. A Concise Synthesis of (+)-(s)-Dihydroperiphylline(共著)

    Synlett   ( 1 ) 頁: 41-42   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  331. Designer Lewis Acids for Selective Organic Synthesis [(共著)] Hisashi Yamamoto, Keiji Maruoka

    Journal of Synthetic Organic Chemistry, Japan   52 巻   頁: 912-922   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  332. Asymmetric Hetero Diels-Alder Reaction Catalyzed by Stable and Easily Prepared CAB Catalysts(共著)

    Tetrahedron   50 巻 ( 4 ) 頁: 979-988   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  333. Tris(pentafluorophenyl) boron as an Efficient Catalyst in the Aldol-Type Reaction of Ketene Silyl Acetals with Imines(共著)

    Synlett   ( 11 ) 頁: 963-964   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  334. A New Chiral Promoter for Asymmetric Aza Diels-Alder and Aldol-Type Reactions of Imines(共著)

    Journal of the American Chemical Society   116 巻 ( 23 ) 頁: 10520-10524   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  335. Lewis Acid Assisted Chiral BrΦnsted Acid(LBA) for Enantioselective Protonation of Silyl Enol Ethers and Ketene Bis(trialkylsilyl) Acetals(共著)

    Journal of the American Chemical Society   116 巻 ( 24 ) 頁: 11179-11180   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  336. キラルアシロキシホウ素(CAB)触媒-一般性と高選択性を兼ね備えた不斉触媒

    化学   49 巻 ( 2 ) 頁: 140-141   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  337. First Application of Hydrogen Bonding Interactions to the Design of Asymmetric Acylation of Meso-Diols with Optically Active Acyl Halides(共著)

    Synlett   ( 8 ) 頁: 611-614   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  338. BrΦnsted Acid-Assisted Chiral Lewis Acid(BLA) Catalyst for Asymmetric Diels-Alder Reaction(共著)

    Journal of the American Chemical Society   116 巻 ( 4 ) 頁: 1561-1562   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  339. Enantioselective Diels-Alder Reaction of α-Bromo-α, β-enals with Dienes Under Catalysis by CAB (共著)Qingzhi Gao, Hisashi Yamamoto

    The Journal of Organic Chemistry   58 巻 ( 24 ) 頁: 6917-6919   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  340. An Extremely Simple, Convenient, and Selective Method for Acetylating Primary Alcohols (共著) Hideki Kurihara, Hisashi Yamamoto

    The Journal of Organic Chemistry   58 巻 ( 15 ) 頁: 3791-3793   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  341. Catalytic Enantioselective Diels-Alder Reactions Using Titanium Complexes of Cis-N-Sulfonyl-2-amino-1-indanols (共著)E. J. Corey. T. D. Roper, G. Sarakinos

    Tetrahedron Letters   34 巻 ( 52 ) 頁: 8399-8402   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  342. ホウ素(共著)山本尚

    季刊化学総説   19 巻   頁: 3-16   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  343. Reductive Cleavage of Chiral Acetals Using New Aluminum Catalyst (共著) Naoyuki Hanaki, Hisashi Yamamoto

    Synlett   2 巻   頁: 127-129   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  344. Catalytic Asymmetric Allylation Using a Chiral (Acyloxy)borane Complex as a Versatile Lewis Acid Catalyst (共著)Makoto Mouri, Qingzhi Gao, Tohru Maruyama, Kyoji Furuta, Hisashi Yamamoto

    Journal of the American Chemical Society   115 巻 ( 24 ) 頁: 11490-11495   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  345. Mechanistic Studies of a CAB-Catalyzed Asymmetric Diels-Alder Reaction (共著) Qingzhi Gao, Hisashi Yamamoto

    Journal of the American Chemical Society   115 巻 ( 22 ) 頁: 10412-10413   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  346. Highly Diastereoselective Acetal Cleavages Using Novel Reagents Prepared from Organoaluminum and Pentafluorophenol (共著)Naoyuki Hanaki, Hisashi Yamamoto

    Journal of the American Chemical Society   115 巻 ( 23 ) 頁: 10695-10704   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  347. Tris(pentafluorophenyl)boron as a New Efficient, Air Stable, and Water Tolerant Catalyst in the Aldol-Type and Michael Reactions (共著) Naoyuki Hanaki, Hisashi Yamamoto

    Synlett   8 巻   頁: 577-579   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  348. Catalytic Asymmetric Aldol-Type Reactions Using a Chiral (Acyloxy)borane Complex (共著) Tohru Maruyama, Makoto Mouri, Qingzhi Gao, Kyoji Furuta, Hisashi Yamamoto

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   66 巻 ( 11 ) 頁: 3483-3491   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  349. Highly Enantioselective Catalytic Diels-Alder Addition Promoted by a Chiral Bis(oxazoline)-Magnesium Complex (共著) E. J. Corey

    Tetrahedron Letters   33 巻 ( 45 ) 頁: 6807-6810   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  350. Highly Selective Acetal Cleavage Using New Organoaluminum Reagents

    Journal of the American Chemical Society   113 巻 ( 18 ) 頁: 7074-7075   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  351. キラルシントンと不斉合成

    化学   45 巻 ( 1 ) 頁: 56-57   1990年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  352. Stereospecific Cyclization of Vinyl Ether Alcohols. Facile Synthesis of (-) -Lardolure

    The Journal of Organic Chemistry   55 巻 ( 23 ) 頁: 5814-5815   1990年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  353. Stereoselective Reduction of Bicyclic Acetals. A Method for Reductive Generation of Heterocyclic Ring Systems

    Tetrahedron   46 巻 ( 13/14 ) 頁: 4595-4612   1990年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  354. On the Mechanism of Lewis Acid-Mediated Nucleophilic Substitution Reactions of Acetals

    The Journal of Organic Chemistry   55 巻 ( 25 ) 頁: 6107-6115   1990年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  355. Chiral Aryl Grignard Reagents-Generation and Reactions with Carbonyl Compounds

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   62 巻 ( 11 ) 頁: 3736-3738   1989年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  356. Diastereoselective Aldol Synthesis Using Acetal Templates

    Tetrahedron Letters   30 巻 ( 14 ) 頁: 1825-1828   1989年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  357. Reductive Cleavages of Homochiral Acetals : Inversion of the Stereoselectivity (共著) Atsunori Mori, Isao Arai, Hisashi Yamamoto

    Tetrahedron   43 巻 ( 4 ) 頁: 755-764   1987年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  358. Stereoselective Reduction of Bicyclic Acetals. A Method for Reductive Generation of Heterocyclic Ring Systems (共著) Atsunori Mori, Hisashi Yamamoto

    Tetrahedron Letters   28 巻 ( 52 ) 頁: 6613-6616   1987年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  359. Reductive Cleavages of Chiral Acetals Using Lewis Acid-Hydride System

    Tetrahedron Letters   27 巻 ( 8 ) 頁: 987-990   1986年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  360. Reductive Cleavages of α, β-Alkynyl Acetals. New Route to Optically Pure Propargylic Alcohols

    Tetrahedron Letters   27 巻 ( 8 ) 頁: 983-986   1986年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 66

  1. "Oxidation of alcohols and amines" in Patai's Chemistry of Functional Groups

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara( 担当: 共著)

    John Wiley & Sons  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  2. "Oxidation of alcohols and amines" in Patai's Chemistry of Functional Groups

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara( 担当: 共著)

    John Wiley & Sons  2018年9月 

     詳細を見る

    担当ページ:00-00   記述言語:英語 著書種別:学術書

  3. "10 α-Oxidation of Carbonyl Compounds" in Science of Synthesis: Catalytic Oxidation in Organic Synthesis

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara( 担当: 共著)

    Thieme Chemistry  2018年8月  ( ISBN:9783132012417

     詳細を見る

    総ページ数:880   記述言語:英語 著書種別:学術書

  4. "10 α-Oxidation of Carbonyl Compounds" in Science of Synthesis: Catalytic Oxidation in Organic Synthesis

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara( 担当: 共著)

    Thieme Chemistry  2018年8月  ( ISBN:9783132012417

     詳細を見る

    総ページ数:880   担当ページ:635-670   記述言語:英語 著書種別:学術書

  5. “ホウ酸・ボロン酸触媒を用いるアミド縮合反応の開発と工業利用” in 有機分子触媒の開発と工業利用

    石原一彰( 担当: 単著)

    シーエムシー出版  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  6. “ホウ酸・ボロン酸触媒を用いるアミド縮合反応の開発と工業利用” in 有機分子触媒の開発と工業利用

    石原一彰( 担当: 単著)

    シーエムシー出版  2018年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:48-59   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  7. "Lewis Acids" in Boron Reagents in Synthesis, Editor: Adiel Coca, Volume 1236

    Manabu Hatano, Kazuaki Ishihara( 担当: 共著)

    American Chemical Society  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  8. "Bifunctional Lewis Base Catalysis with Dual Activation of R-M and C-O (n to sigma)" in "Lewis Base Catalysis in Organic Synthesis," 3 Volumes Set, edited by Edwin Vedejs and Scott E. Denmark

    Manabu Hatano and Kazuaki Ishihara( 担当: 共著)

    Wiley-VCH  2016年9月  ( ISBN:978-3-527-33618-0

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  9. "Chapter 6. Asymmetric Oxidative Dearomatization Reaction" in Asymmetric Dearomatization Reactions, edited by Shu-Li You

    Muhammet Uyanik and Kazuaki Ishihara( 担当: 共著)

    Wiley-VCH  2016年8月  ( ISBN:978-3-527-33851-1

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  10. "Chapter 9: Higher Terpenses and Steroids" In From biosynthesis to total synthesis: Strategies and tactics for natural products, Ed. Alexandros L. Zografos

    Kazuaki Ishihara( 担当: 単著)

    Wiley  2016年4月  ( ISBN:978-1-118-75173-2

     詳細を見る

    記述言語:英語

  11. “19.1.5 有機アルミニウム化合物” In 有機合成実験法ハンドブック 第2版(中井武編集代表)

    石原一彰( 担当: 単著)

    丸善出版  2015年11月  ( ISBN:978-4-621-08948-4

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. "Chapter 2. Alkali Metal (Li, Na, K)-based Catalysts" In Sustainable Catalysis : With Non-endangered Metals, Part 1, Ed. Michael North

    Manabu Hatano, Kazuaki Ishihara( 担当: 共著)

    The Royal Society of Chemistry  2015年11月  ( ISBN:978-1-78262-056-3

     詳細を見る

    記述言語:英語

  13. "Boronic acid-catalyzed reactions of carboxylic acids" In Synthesis and Application of Organoboron Compounds, Topics in Organometallic Chemistry 49 (Eds. E. Fernández, A. Whiting)

    Kazuaki Ishihara( 担当: 単著)

    Springer International Publishing  2015年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  14. 第2章 薬品関係 3 テーラーメード型超分子触媒(超分子材料の設計と応用展開)

    波多野学、石原一彰( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2014年9月  ( ISBN:978-4-7813-0973-6

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  15. 6.14 Functional Group Transformations via Carbonyl Dervatives In: Gary A. Molander and Paul Knochel (eds.), Comprehensive Organic Synthesis, 2nd Edition

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihaira( 担当: 共著)

    Oxford: Elsevier  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  16. 5.9 Intermolecular Diels-Alder Reactions In: Gary A. Molander and Paul Knochel (eds.), Comprehensive Organic Synthesis, 2nd Edition

    Kazuaki Ishihaira, Akira Sakakura( 担当: 共著)

    Oxford: Elsevier  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  17. 5.10 Hetero-Diels-Alder Reactions In: Gary A. Molander and Paul Knochel (eds.), Comprehensive Organic Synthesis, 2nd Edition

    Kazuaki Ishihaira, Akira Sakakura( 担当: 共著)

    Oxford: Elsevier  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  18. 酵素の触媒機能を有する分子触媒の研究動向(触媒技術の動向と展望2013(触媒年鑑))

    石原 一彰( 担当: 単著)

    触媒学会  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  19. 第4章 第6節 縮合剤を用いないカルボン酸誘導体合成技術(触媒の設計・反応制御 事例集)

    石原 一彰( 担当: 単著)

    (株)技術情報協会  2013年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  20. Science of Synthesis Knowledge Updates 2013/1

    A. Fuertner (Vol. 9), K. Ishihara (Vo. 7), J. J. Li (Vol. 16), M G. Moloney (Vol. 5)( 担当: 共著)

    Georg Thieme Verlag KG  2013年4月  ( ISBN:9783131727411

     詳細を見る

    記述言語:英語

  21. 1,2-Benziodoxol-3(1H)-one, 1-Hydroxy, 1-Oxide ( e-EROS Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis)

    K. C. Nicolaou, Tamsyn Montagnon, Phil S. Baran, Muhammet Uyanik and Kazuaki Ishihara( 担当: 共著)

    John Wiley & Sons, Ltd  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  22. 医薬品製造のための毒性元素を用いない合成法の開拓(Nagoya University eブックシリーズ1「最先端メディカルエンジニアリング」)

    石原 一彰( 担当: 単著)

    名古屋大学最先端メディカルエンジニアリング編集委員会編  2012年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  23. Science of Synthesis Knowledge Updates 2011/4

    D. G. Hall (Vol. 6), K. Ishihara (Vo. 7), J. J. Li (Vol. 16), I. Marek (Vol. 2), M. North (Vol. 19), E. Schaumann (Vol. 27), S. M. WEINREB (Vol. 17), M. Yus (Vol. 8) Volume Eds.( 担当: 共著)

    Georg Thieme Verlag KG  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  24. 第16章 超原子価ヨウ素触媒を用いる選択的酸化反応(「ヨウ素の化学と最新応用技術、監修:横山正孝)

    石原一彰( 担当: 単著)

    シーエムシー出版  2011年7月  ( ISBN:978-4-7813-0435-9

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  25. Science of Synthesis Knowledge Updates 2011/1

    E. M. Carreira (Vol. 12), J. Drabowicz (Vol. 39), K. Ishihara (Vol. 7), J. J. Li (Vol. 16), E. J. Thomas (Vol. 15) Volume Eds.( 担当: 共著)

    Georg Thieme Verlag KG, Stuttgart  2011年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  26. Science of Synthesis Knowledge Updates 2010/4

    J. M. Bode, E. M. Carreira, K. Ishihara, J. J. Li, I. Marek, M. Oestreich, E. Schaumann, M. Yus( 担当: 共著)

    Georg Thieme Verlag KG, Stuttgart  2011年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  27. サイエンス誌に載った日本人研究者

    石原一彰( 担当: 単著)

    2011年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  28. Science of Synthesis Knowledge Updates 2010/3

    K. Ishihara, D. J. Procter, E. Schaumann( 担当: 共著)

    Georg Thieme Verlag KG  2011年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  29. "Design of dynamic salt catalysts based on acid–base combination chemistry" in Pharmaceutical Process Chemistry, Takayuki Shioiri, Kunizuke Izawa, and Toshiro Konoike Eds.

    Kazuaki Ishihara( 担当: 単著)

    Wiley–VCH Verlag, GmbH & Co. KGaA  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  30. 有機分子触媒化学の躍進 in「化学のブレイクスルー 革新論文から見たこの10年の進歩と未来」

    石原一彰( 担当: 単著)

    化学同人  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  31. No. 140 α-置換型アクロレインの不斉付加環化反応「使える有機合成反応241実践ガイド」, 丸岡啓二, 野崎京子, 石井康敬, 大寺純蔵, 富岡清編著

    石原一彰( 担当: 単著)

    化学同人  2010年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  32. No. 240 ラセミカルボン酸の不斉エステル反応 「使える有機合成反応241実践ガイド」, 丸岡啓二, 野崎京子, 石井康敬, 大寺純蔵, 富岡清編著

    石原一彰( 担当: 単著)

    化学同人  2010年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  33. No. 218 アルコールの酸化反応 「使える有機合成反応241実践ガイド」, 丸岡啓二, 野崎京子, 石井康敬, 大寺純蔵, 富岡清編著

    石原一彰( 担当: 単著)

    化学同人  2010年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  34. No. 148 1,3-ジケトンの直截的不斉Mannich反応 「使える有機合成反応241実践ガイド」, 丸岡啓二, 野崎京子, 石井康敬, 大寺純蔵, 富岡清編著

    石原一彰( 担当: 単著)

    化学同人  2010年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  35. 2-Iodobenzenesulfonic acid

    Muhammet Uyanik, Kazuaki Ishihara( 担当: 共著)

    John Wiley & Sons, Ltd.  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  36. "1,1′-(1,2-Phenylene)bis(1,1-diphenyl)phosphine oxide"in Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis

    Manabu Hatano, Kazuaki Ishihara( 担当: 共著)

    John Wiley & Sons, Ltd.  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  37. 11章 酸塩基複合せん触媒 付加環化反応を中心として,「化学フォロンティア21、進化を続ける有機触媒 有機合成を革新する第三の触媒」

    坂倉彰, 石原一彰( 担当: 共著)

    化学同人  2009年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  38. 1-[Bis(trifluoromethanesulfonyl)methyl]-2,3,5,6-pentafluorobenzene in Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis, Second Edition

    ( 担当: 共著)

    John Wiely & Sons, Ltd.  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  39. ヨウ素でエコ触媒,「環境報告書2009」

    石原一彰( 担当: 単著)

    名古屋大学  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  40. 有機分子触媒化学の躍進; 別冊化学「化学のブレークスルー 【有機化学編】 革新論文から見たこの10年の進歩と未来」

    石原一彰( 担当: 単著)

    化学同人  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  41. Acid Catalysis in Modern Organic Synthesis

    Hisashi Yamamoto, Kazuaki Ishihara Eds.( 担当: 共著)

    Wiley–VCH Verlag, GmbH & Co. KGaA, Weinheim  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  42. Mg(II), Ca(II), and Zn(II) Lewis Acids; In Acid Catalysis in Modern Organic Synthesis, Hisashi Yamamoto, Kazuaki Ishihara Eds.

    Manabu Hatano, Kazuaki Ishihara( 担当: 共著)

    Wiley–VCH Verlag, GmbH & Co. KGaA, Weinheim.  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  43. 触媒便覧 3.1.1 ハメットの酸度関数H0, H–の定義、3.1.2 ブレンステッド則、3.1.3 ハメット則,タフト則など、3.1.4 典型的酸塩基触媒反応と反応速度式

    石原一彰( 担当: 単著)

    講談社サイエンティフィク  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  44. 第4章 材料プロセッシングへの応用、4.1自然に学ぶ新物質・新材料の合成、 “4.1.1 はじめに”及び“4.1.2 酵素を凌駕する人工小分子触媒の開発”; In 自然に学ぶ材料プロセッシングの創成

    名古屋大学21世紀COE「自然に学ぶ材料プロセッシングの創成」教科書編集委員会編( 担当: 単著)

    三共出版  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  45. Chiral Brønsted/Lewis acid catalysts; In New Frontiers in Asymmetric catalysis, Koichi Mikami and Mark Lautens, Eds.

    Kazuaki Ishihara and Hisashi Yamamoto( 担当: 共著)

    John Wiely & Sons, Inc., Hoboken, New Jersey  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  46. 第17章 イオン液体を触媒の支持体として用いる脱水縮合反応; In 固体化触媒のルネッサンス, 監修:小林修, 小山田秀和

    石原一彰( 担当: 単著)

    シーエムシー出版  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  47. 第10章 酸・塩基複合型キラル有機分子触媒触媒の設計in 有機分子触媒の新展開,監修:柴崎正勝

    石原一彰( 担当: 単著)

    シーエムシー出版  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  48. 第III編 触媒・その他への応用 第3章 再利用可能な酸触媒の設計in フルオラスケミストリー、監修:大寺純蔵

    石原一彰( 担当: 単著)

    シーエムシー出版  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  49. Organoboronic acids and organoborinic acids as Bronsted-Lewis acid catalysts in organic synthesisIn Boronic Acids, Dennis G. Hall Ed.

    Kazuaki Ishihara( 担当: 単著)

    Wiley-VCH Verlag, GmbH & Co. KGaA, Weinheim  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  50. 6.1.13 Product subclass 13: peroxyboranes

    Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto( 担当: 共著)

    Georg Thieme Verlag: Stuttgart  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  51. 6.1.12 Product subclass 12: aryloxy-and alkoxyborates

    Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto( 担当: 共著)

    Georg Thieme Verlag  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  52. 6.1.11 Product subclass 11: aryloxy-and alkoxyboranes (including protecting groups)

    Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto( 担当: 共著)

    Georg Thieme Verlag  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  53. Boron and silicon Lewis acids for Mukaiyama aldol reactions

    Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto( 担当: 共著)

    Wiley-VCH  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  54. (R*,R*)-ア-(2,6-Diisopropoxybenzoyloxy)-5-oxo-1,3,2-dioxaborolane-4-acetic acid

    Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto( 担当: 共著)

    John Wiely & Sons Inc.  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  55. (R)-2-Hydroxy-2'-Methoxy-1,1'-Binaphthyl

    Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto( 担当: 共著)

    John Wiley & Sons Inc.  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  56. Arylboron Catalysts for Stereoselective Organic Transformations

    Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto( 担当: 共著)

    American Chemical Society  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  57. Achiral B(III) Lewis Acids

    Kazuaki Ishihara( 担当: 単著)

    WILEY-VCH  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  58. Sb(III) and Sb(V) Lewis Acids

    Kazuaki Ishihara( 担当: 単著)

    WILEY-VCH  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  59. Sn(II) and Sn(IV) Lewis Acids

    Kazuaki Ishihara( 担当: 単著)

    WILEY-VCH  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  60. Chiral B(III) Lewis Acids

    Kazuaki Ishihara( 担当: 単著)

    WILEY-VCH  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  61. Boron Reagents

    Kazuaki Ishihara( 担当: 単著)

    Oxford University Press  1999年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  62. Highly Stereoselective Synthesis of β-Amino Esters via Double Stereodifferentiation(共著)Kouji Hattori, Hisashi Yamamoto

    Enantioselective Synthesis of β-Amino Acids Juaristi, E. , Ed. , WILEY-YCH : New York  1997年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  63. Highly stereoselective synthesis of イ-amino esters via double stereodifferentiation

    Kazuaki Ishihara, Kouji Hattori, Hisashi Yamamoto( 担当: 共著)

    WILEY-VCH  1997年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  64. Chiral Lewis Acid Catalysts 「(共著)」 Hisashi Yamamoto

    Advances in Catalytic Processes;JAI Press Inc.  1995年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  65. Chiral Lewis acid catalysts

    Kazuaki Ishihara, Hisashi Yamamoto( 担当: 共著)

    Advances in Catalytic Processes; JAI Press Inc.  1995年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  66. New Stereoselective Propanal/Propanoic Acid Synthons for Aldol Reactions

    The Journal of Organic Chemistry  1990年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

▼全件表示

MISC 8

  1. Chiral Pyrophosphoric Acid Catalysts for the para -Selective and Enantioselective Aza-Friedel-Crafts Reaction of Phenols 招待有り 査読有り

    Okamoto Haruka, Toh Kohei, Mochizuki Takuya, Nakatsuji Hidefumi, Sakakura Akira, Hatano Manabu, Ishihara Kazuaki  

    SYNTHESIS-STUTTGART50 巻 ( 23 ) 頁: 4577-4590   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1055/s-0037-1610250

    Web of Science

  2. Chiral Supramolecular U-Shaped Catalysts Induce the Multiselective Diels-Alder Reaction of Propargyl Aldehyde 査読有り

    Hatano Manabu, Sakamoto Tatsuhiro, Mizuno Tomokazu, Goto Yuta, Ishihara Kazuaki  

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY140 巻 ( 47 ) 頁: 16253-16263   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1021/jacs.8b09974

    Web of Science

  3. Boron Tribromide-Assisted Chiral Phosphoric Acid Catalysts for Enantioselective [2+2] Cycloaddition 招待有り 査読有り

    Sakamoto Tatsuhiro, Mochizuki Takuya, Goto Yuta, Hatano Manabu, Ishihara Kazuaki  

    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL13 巻 ( 17 ) 頁: 2373-2377   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/asia.201800351

    Web of Science

  4. Asymmetric Total Synthesis of (-)-Maldoxin, a Common Biosynthetic Ancestor of the Chloropupukeananin Family 査読有り

    Suzuki Takahiro, Watanabe Soichiro, Uyanik Muhammet, Ishihara Kazuaki, Kobayashi Susumu, Tanino Keiji  

    ORGANIC LETTERS20 巻 ( 13 ) 頁: 3919-3922   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.8b01502

    Web of Science

  5. Preface 招待有り 査読有り

    Ishihara Kazuaki  

    JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN76 巻 ( 6 ) 頁: 563-563   2018年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    Web of Science

  6. Bronsted Acid/Lewis Base Hybrid Complexes 招待有り 査読有り

    Hatano Manabu, Ishihara Kazuaki  

    CHIRAL LEWIS ACIDS62 巻   頁: 91-120   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/3418_2015_143

    Web of Science

  7. Chiral Hypervalent Organoiodine-Catalyzed Enantioselective Oxidative Spirolactonization of Naphthol Derivatives 査読有り

    Uyanik Muhammet, Yasui Takeshi, Ishihara Kazuaki  

    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY82 巻 ( 22 ) 頁: 11946-11953   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1021/acs.joc.7b01941

    Web of Science

  8. Design of high peiformance catalysts based on acid-base combination chemistry

    Kazuaki Ishihara  

    Yuki Gosei Kagaku Kyokaishi/Journal of Synthetic Organic Chemistry75 巻 ( 2 ) 頁: 98 - 110   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:Society of Synthetic Organic Chemistry  

    The acid-base combination chemistry is one of the most reliable concepts for designing high performance catalysts. Acid-base combined catalysts can be classified into two types, ion pair catalysts type A and acid-base cooperative catalysts type B . Type A can be subclassified into acidic basic neutral salt catalysts types Al A2 A3 . Type B can be subclassified into conjugationally noninteractive interactive acid-base catalysts types Bl B2 . Tailor-made multi-selective catalysts can also be designed based on the acid-base combination chemistry. Our recent progress has been described here.

    DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.75.98

    Scopus

▼全件表示

講演・口頭発表等 285

  1. Chemoselective Transesterification of Methyl (Meth)acrylates Catalyzed by Sodium(I) or Magnesium(II) Aryloxides

    Jie Qi Ng, Hiro Arima, Takuya Mochizuki, Kohei Toh, Kai Matsui, Manussada Ratanasak, Jun-Ya Hasegawa, Manabu Hatano, Kazuaki Ishihara

    2021年3月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月19日 - 2021年3月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  2. 高機能触媒設計のための新結合様式の開拓 招待有り

    石原一彰

    新春企画Zoom Webinar「新結合様式の開拓と機能の創製」  2021年1月5日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月5日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン会議  

  3. キラルπ–銅(II)触媒を用いるアシルピラゾールのエナンチオ選択的α-ハロゲン化反応 招待有り

    石原一彰

    分子性触媒による高度分子変換技術第184委員会講習会  2020年12月16日  分子性触媒による高度分子変換技術第184委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月16日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン会議  

  4. The Power of Oxidative Iodine Catalysis 招待有り 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Chiral India 2020 "New pharmaceutical technologies: Shaping the future of drug development"  2020年12月3日  Chiral India

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月2日 - 2020年12月4日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Online   国名:インド  

  5. 酸塩基複合化学を基盤とする高機能触媒の設計

    石原一彰

    大学院集中講義&公開講演会  2020年11月30日  岡山大学大学院自然科学研究科

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月30日 - 2020年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:岡山大学  

  6. 酸塩基複合化学を基盤とする精密触媒の設計

    石原一彰

    学術講演会  2020年10月5日  東亞合成株式会社R&D総合センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月5日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  7. 「ヨウ素」の力

    石原一彰

    2020 GTR Seeds Seminar  2020年9月9日  ITbm/GTRコンソーシアム2020年度第5回ワークショップ

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月9日

    開催地:オンライン会議  

  8. IL-5 I(III)-Catalyzed Enantioselective Synthesis of Masked ortho-Benzoquinones and Related Reactions 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    ICHIC 2016 (5th International Conference of Hypervalent Iodine Chemistry) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月3日 - 2016年7月6日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:スイス連邦  

  9. Enantioselective iodocyclization reacions induced by chiral Lewis acid-base catalysis 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Organic Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月29日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  10. Enantioselective iodocyclization reacions induced by chiral Lewis acid-base catalysis 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Organic Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月28日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  11. Cooperative Activation with Chiral Lewis Base Catalysts and N-Haloimides: Catalytic Enantioselective Iodocyclization 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Organic Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:スウェーデン王国  

  12. KN09 Cooperative Activation with Chiral Lewis Base Catalysts and N-Haloimides: Catalytic Enantioselective Iodocyclization 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    2nd International Symposium on Halogen Bonding (ISXB2) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月6日 - 2016年6月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:スウェーデン王国  

  13. フッ素置換基を利用する触媒設計

    石原一彰

    第13回フッ素相模セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月2日 - 2016年6月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:相模中央化学研究所 大会議室、神奈川県綾瀬市   国名:日本国  

  14. 有機反応を自在に操るための酸塩基複合化学

    石原一彰

    講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:協和発酵キリン株式会社 富士リサーチパーク、静岡県駿東郡長泉町   国名:日本国  

  15. エステル・アミド縮合触媒の開発

    石原一彰

    第5回慶應義塾大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウム 有機合成化学ー効率化と環境調和性ー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:慶應義塾大学矢上キャンパス、厚生棟大会議室   国名:日本国  

  16. 酸塩基複合化学に立脚する高機能触媒の創製

    石原一彰

    2015年度有機合成化学協会賞(学術的)受賞講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:如水会館スターホール   国名:日本国  

  17. キラルビナフチルジスルホン酸(BINSA)を用いる超分子触媒の設計と反応開発

    石原一彰

    新学術領域研究「精密制御反応場」第1回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京工業大学蔵前会館くらまえホール   国名:日本国  

  18. 非共有結合性相互作用を鍵とする高機能触媒の設計

    石原一彰

    日本薬学会関東支部第40回学術講演会「創薬イノベーションを支える最先端サイエンス」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:長井記念館長井記念ホール   国名:日本国  

  19. ORGN 609: Boronic acid-DMAPO cooperative catalysis for dehydrative condensation of carboxylic acids with amines 国際会議

    Kazuaki Ishihara, Yanhui Lu

    Organoboron Chemistry: Applications in Organic Synthesis, Biology, and Materials (#100), , Pacifichem 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月15日 - 2015年12月20日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  20. ORGN 1728: Synthesis of 3,3'-Diaryl-1,1'-binaphthalene-2,2'-disulfonic Acids and Design of Chiral 3,3'-Ar2-BINSA Salt Catalysts 国際会議

    Kazuaki Ishihara, Manabu Hatano, Keisuke Nishikaw

    New Organosulfur Chemistry (#436) [3A], Pacifichem 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月15日 - 2015年12月20日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  21. ORGN 1172: Enantioselective iodocyclization induced by chiral base-acid cooperative catalysis 国際会議

    Kazuaki Ishihara, Hidefumi Nakatsuji

    Recent Trends in Organocatalysis (#122) [1A], Pacifichem 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月15日 - 2015年12月20日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  22. Rational Design of Chiral Acid-Base Combined Catalysts 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    14th Symposium on Chemical Approach to Chirality 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:日本国  

  23. 大学は人生の通過点に過ぎない。その先の夢に向かって、今すべきことを。

    石原一彰

    プチカー(大学・学部を知るワークショップ) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:愛知県立丹羽高等学校   国名:日本国  

  24. Rational Design of Supramolecular Acid-Base Catalysts 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    2015 Asian Core Program Lectureship Award on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (by Coordinator of Taiwan) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:台湾  

  25. Rational Design of Supramolecular Acid-Base Catalysts 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    2015 Asian Core Program Lectureship Award on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (by Coordinator of Taiwan) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:台湾  

  26. Rational Design of Supramolecular Acid-Base Catalysts 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    2015 Asian Core Program Lectureship Award on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (by Coordinator of Taiwan) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:台湾  

  27. O-3 アミド脱水縮合反応に有効なフッ素含有フェニルボロン酸触媒:新たな展開へ

    石原一彰、魯彦会

    フルオラス科学研究会第8回シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:清水テルサ(静岡市東部勤労者福祉センター)   国名:日本国  

  28. 酸塩基複合化学を鍵とする触媒活性と選択性の制御

    石原一彰

    第9回北里化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  29. ヨウ素触媒及び反応剤を用いる高選択的有機変換反応の開発

    石原一彰

    第18回ヨウ素学会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:千葉大学西千葉キャンパス総合校舎   国名:日本国  

  30. [L-15] Enantioselective halocyclizations induced by chiral base-acid cooperarive catalysis 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    HALCHEM VII (7th International Meeting on Halogen Chemistry) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月3日 - 2015年9月6日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ポーランド共和国  

  31. 酸塩基複合化学を鍵とするキラル金属塩触媒の設計

    石原一彰

    有機合成夏期セミナー「明日の有機合成化学」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月1日 - 2015年9月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪科学技術センター8F 中・小ホール   国名:日本国  

  32. [C-3] Design of Supramolecular Catalysts for the Enantio-, Diastereo-, Regio-, and Substrate-Selective Diels-Alder Reaction 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    The chemistry of organocatalysts 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月6日 - 2015年7月9日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  33. 酸塩基二重活性化を利用する高機能触媒の設計:アミド宿業反応及び不斉ヘテロ環化反応への展開

    石原一彰

    平成27年度前期(春季)有機合成化学講習会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月15日 - 2015年6月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:(公社)日本薬学会長井記念館長井記念ホール(東京、渋谷)   国名:日本国  

  34. Rational Design of Supramolecular Acid-Base Catalysts 国際会議

    Organic Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月5日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ホンコン(香港)特別行政区  

  35. Rational Design of Supramolecular Acid-Base Catalysts 国際会議

    Organic Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ホンコン(香港)特別行政区  

  36. Rational Design of Supramolecular Acid-Base Catalysts 国際会議

    Organic Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月3日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ホンコン(香港)特別行政区  

  37. Rational Design of Supramolecular Acid-Base Catalysts 国際会議

    Organic Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月2日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ホンコン(香港)特別行政区  

  38. Rational Design of High Performance Catalysts Based on Organoboronic Acids 国際会議

    Organic Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:カナダ  

  39. Rational Design of High Performance Catalysts Based on Organoboronic Acids 国際会議

    Organic Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:カナダ  

  40. Rational Design of High Performance Catalysts Based on Organoboronic Acids 国際会議

    Organic Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:カナダ  

  41. 技が冴える分子世界の匠のはなし

    石原一彰

    名古屋大学オープンレクチャー2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学工学研究科1号館144講義室   国名:日本国  

  42. 酸塩基複合化学を基盤とする高機能触媒の開発

    石原一彰

    講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:第一三共株式会社品川研究開発センター   国名:日本国  

  43. トコフェロールの触媒的不斉合成

    石原一彰

    第26回ビタミンE研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月9日 - 2015年1月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北里大学薬学部コンベンションホール   国名:日本国  

  44. エステル・アミド縮合触媒の開発

    石原一彰

    講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月7日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:株式会社大阪合成有機化学研究所本社   国名:日本国  

  45. 酸塩基複合化学を基盤とする触媒設計

    石原一彰

    特別講演会(ホスト:国嶋崇隆教授) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月12日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:金沢大学医薬保健研究領域薬学系   国名:日本国  

  46. Catalytic enantioselective cyclization reaction to construct chroman skeletons 国際会議

    Kazuaki Ishiahra

    The 9th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-9)/The 5th New Phase International Conference on Cutting-Edge Organic Chamistry in Asia (NICCEOCA-5) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月1日 - 2014年12月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:マレーシア  

  47. 遷移金属の代替元素としてヨウ素を利用した触媒的酸化的カップリング反応の開発

    石原一彰

    第24回グリーンケミストリーフォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鳥取大学工学研究科大講義室   国名:日本国  

  48. 酸塩基複合化学を基盤とする触媒設計

    石原一彰

    特別講演会(ホスト:南方聖司教授) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月7日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻   国名:日本国  

  49. 超分子触媒を用いるエナンチオ-、ジアステレオ-、レジオ-、基質選択的Diels-Alder反応

    石原一彰

    戦略目標「プロセスインテグレーションによる次世代ナノシステムの創製」3研究領域第2回合同公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:コクヨホール(品川)   国名:日本国  

  50. The Development of Catalytic Enantioselective Cyclizations Based on Iodine Chemistry 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    AbbVie lecture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月25日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:アメリカ合衆国  

  51. Design of High-perfprmance Catalysts Based on Halogen Chemistry 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Organic Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月17日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  52. Design of High-perfprmance Catalysts Based on Halogen Chemistry 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Organic Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  53. Design of High-perfprmance Catalysts Based on Halogen Chemistry 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Organic Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  54. Design of High-perfprmance Catalysts Based on Halogen Chemistry 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Organic Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  55. Design of High-perfprmance Catalysts Based on Halogen Chemistry 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Organic Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  56. Design of High-perfprmance Catalysts Based on Halogen Chemistry 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Organic Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月12日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  57. I-5 プロセス化学を指向した酸塩基複合触媒の開発

    石原一彰

    日本プロセス化学会2014サマーシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月31日 - 2014年8月1日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:タワーホール船堀(東京都江戸川区)   国名:日本国  

  58. Enantioselective 1,3-Dipolar Cycloaddition of Azomethine Imines with Propioloylpyrazoles Induced by Chiral π-Cation Catalysts 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    4th International Conference on Coordination Chemistry (ICCC-41) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月21日 - 2014年7月25日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:シンガポール共和国  

  59. 酵素機能を指向する酸塩基複合触媒の設計

    石原一彰

    創薬懇話会2014 in 岐阜 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月10日 - 2014年7月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:長良川温泉ホテルパーク(岐阜市)   国名:日本国  

  60. Rational design of High-performance Catalysts Based on Acid-Base Combination Chemistry 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月24日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:イタリア共和国  

  61. (IL26) Catalytic Enantioselective Iodolactonization of 4-Substituted 4-Pentenoic Acids Promoted through Halogen Bonding 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    1st International Symposium on Halogen Bonding (ISXB-1) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月18日 - 2014年6月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:イタリア共和国  

  62. Rational design of High-performance Catalysts Based on Acid-Base Combination Chemistry 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    A mini symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月17日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:スイス連邦  

  63. 酸塩基複合化学を基盤とする機能触媒の設計

    石原一彰

    CREST「プロセスインテグレーションに向けた高機能ナノ構造体の創出」研究領域 第4回公開シンポジウム 高機能ナノ構造体 −分子の世界からマクロの世界へ− 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:コクヨホール(品川)   国名:日本国  

  64. PL5 Stereoselective halocyclization Catalyzed by Chiral Lewi Bases 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    The 6th ORCA Meeting (The 6th Organocatalysis Meeting) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月7日 - 2014年5月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:イタリア共和国  

  65. TLO-11 高効率アミド合成:ボロン酸とDMAPOの協奏触媒による脱水縮合反応

    石原一彰

    TLO/大学知的財産本部技術移転セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月9日 - 2014年4月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京ビッグサイト   国名:日本国  

  66. 化学研究者・研究者育成のための魅力ある大学・大学院教育を目指して

    石原一彰

    第43回東海地区化学教育セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学工学研究科1号館121講義室   国名:日本国  

  67. 安価で高活性なランタン触媒の開発とエステル交換反応への展開

    石原 一彰

    日本希土類学会第31回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:ホテル ルブラ王山   国名:日本国  

  68. 超原子価ヨウ素触媒を用いる高選択的有機変換反応の開発

    石原 一彰

    第104回有機合成シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月6日 - 2013年11月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:早稲田大学国際会議場   国名:日本国  

  69. 酸塩基複合化学を基盤とする高機能触媒の開発

    石原 一彰

    京都大学薬学研究科特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都大学薬学研究科   国名:日本国  

  70. ブロモポリエン環化反応に有効な高活性酸塩基複合触媒の開発

    石原一彰、澤村泰弘、仲辻秀文、坂倉彰

    戦略的創造研究推進事業 戦略目標「プロセスインテグレーションによる次世代ナノシステムの創製」 3領域合同公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:コクヨホール(品川)   国名:日本国  

  71. 含フッ素亜リン酸エステル触媒を用いる位置及び立体選択的ブロモポリエン環化反応

    石原一彰、澤村泰弘、仲辻秀文、坂倉彰

    フルオラス科学研究会第6回シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山国際交流センター2F 国際会議場   国名:日本国  

  72. Nucleophilic Phosphorus Catalyst-induced Stereoselective Halocyclizations 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    The 16th Japan-Korea Seminar on Organic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月27日 - 2013年9月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  73. Unusual C-Selective and Diastereoselective Alkylation to α-Imino Esters with Zinc(II) Ate Reagent 国際会議

    Kazuaki Ishihara

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月23日 - 2013年9月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  74. 大発見・大発明に大切なセレンディピティーのはなし

    石原 一彰

    秋の名古屋大学オープンレクチャー2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学 理学南館1階坂田・平田ホール   国名:日本国  

  75. 酸塩基複合触媒の精密設計

    石原 一彰

    早稲田大学理工学院術院化学・生命化学科講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:早稲田大学西早稲田キャンパス55号館   国名:日本国  

  76. Rational Design of Chiral Supramolecular Catalysts Based on Acid-Base Combination Chemistry 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Organic Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  77. Rational Design of Chiral Supramolecular Catalysts Based on Acid-Base Combination Chemistry 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Organic Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  78. Rational Design of Chiral Supramolecular Catalysts Based on Acid-Base Combination Chemistry 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Organic Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  79. Rational Design of Chiral Supramolecular Catalysts Based on Acid-Base Combination Chemistry 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Organic Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  80. Rational Design of Chiral Supramolecular Catalysts Based on Acid-Base Combination Chemistry 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Organic Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  81. 6-2. 配座柔軟性のあるキラル超原子価ヨウ素触媒を用いるエナンチオ選択的脱水素型分子内カップリング反応の開発

    石原一彰 、UYANIK Muhammet、安井猛

    第3回公開シンポジウム「高機能ナノ構造体 分子の世界からマクロの世界へ」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月4日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:コクヨホール(品川)   国名:日本国  

  82. 6-1. キラルマグネシウムビナフトラート超分子触媒を用いるエナンチオ選択的求核付加反応の開発

    石原一彰, 波多野学, 堀部貴大

    第3回公開シンポジウム「高機能ナノ構造体 分子の世界からマクロの世界へ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月4日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:コクヨホール(品川)   国名:日本国  

  83. Rational Design of Chiral Supramolecular Catalysts for Endo/Exo- and Enantioselective Diels-Alder Reaction 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Nagoya Symposium 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月23日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  84. Rational Design of Chiral Supramolecular Catalysts Based on Acid-Base Combination Chemistry 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    7th International Symposium on Acid-Base Catalysis (ABC-7) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月12日 - 2013年5月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:日本国  

  85. Rational Design of Chiral Supramolecular Catalysts 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    4th UK/Japan Conference in Catalytic Asymmetric Synthesis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月19日 - 2013年4月20日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  86. 高機能ソフト超分子触媒の開発

    石原 一彰

    日本化学会第93春季年会、有機合成化学を起点とするものづくり戦略 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:立命館大学びわこ・くさつキャンパス   国名:日本国  

  87. 夢の化学反応にかける学生たちの研究のはなし

    石原 一彰

    名古屋大学オープンレクチャー2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月20日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学東山キャンパス   国名:日本国  

  88. ハロゲンを利用する高選択的触媒反応の開発

    石原 一彰

    講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:持田製薬株式会社総合研究所記念館会議室(静岡県御殿場市)   国名:日本国  

  89. 超原子価ヨウ素触媒を用いる脱水素型有機変換反応の開発

    石原 一彰

    講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月25日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:宝塚、大阪   国名:日本国  

  90. 環境に優しい過酸化水素を用いる酸化反応の開発

    石原 一彰

    講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:葛飾区新宿金町 東京テクノパーク   国名:日本国  

  91. 超原子価ヨウ素触媒を用いる選択的カップリング反応

    石原 一彰

    講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京工業大学資源化学研究所   国名:日本国  

  92. Liphophilic ammonium pyrosulfate catalysts for esterification and hydrolysis under aqueous conditions 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    First Japan-USA Organocatalytic Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月15日 - 2012年12月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  93. Hypervelent Iodine Catalyses 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    6th International Meeting on Halogen Chemistry (HALCHEM-VI) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月8日 - 2012年12月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:インド  

  94. 超原子価ヨウ素触媒

    石原 一彰

    有機合成化学協会東海支部総合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:信州大学繊維学部、総合研究等7階 ミーティングルーム1   国名:日本国  

  95. Highly Efficient and Selective Baeyer-Villiger Oxidation with Aqueous Hydrogen Peroxide Catalyzed by LiB(C6F5)4 or CaB(C6F5)¬4 国際会議

    Kazuaki Ishihara Muhammet Uyanik, Daisuke Nakashima

    The 12th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemitsry (IKCOC-12) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月12日 - 2012年11月16日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  96. Hypervalent Iodine Catalyses 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    The 12th Tateshina Conference on Organic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月9日 - 2012年11月11日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  97. 酵素を凌駕する超分子触媒の開発を目指して

    石原 一彰

    講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月23日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京理科大学薬学部(千葉県野田市)   国名:日本国  

  98. 超原子価ヨウ素触媒を用いるエナンチオ選択的酸化的カップリング反応

    石原 一彰

    第2回大塚有機合成シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月15日 - 2012年10月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:能力開発研究所・ヴェガホール、徳島県   国名:日本国  

  99. Hypervalent Iodine Catalyses 国際会議

    The Fifth International Forum on Homogeneous Catalysis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月9日 - 2012年10月12日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  100. 鏡の国のサイエンス –アリスが見た分子の左右— 国際会議

    石原 一彰

    あいちサイエンスフェスティバル2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:ジュンク堂書店ロフト名古屋店7階ブックサロン(名古屋市中区栄ナディアパーク)   国名:日本国  

  101. 環境に優しい縮合触媒の開発: ボロン酸触媒を用いるアミド、エステル、カルボン酸無水物合成法

    石原 一彰

    テクノフェア名大2012 –未来を明日に近づける技術— 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月31日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学豊田講堂・シンポジオンホール   国名:日本国  

  102. Enantioselective Diels-Alder Reactions with Anomalous Endo/Exo-selectivities Using Conformationally Flexible Chiral Supramolecular Catalysts 国際会議

    Kazuaki Ishihara, Manabu Hatano, Tomokazu Mizuno, Atsuto Izumiseki, Ryota Usami, Takafumi Asai, Matsujiro Akakura

    International Conference on Molecular Catalysis (ICMFC-2) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月30日 - 2012年7月31日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:シンガポール共和国  

  103. Rational Design of Conformationally Flexible Supramolecular Catalysts 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Special Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月6日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  104. Rational Design of Conformationally Flexible Supramolecular Catalysts 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Special Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月5日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  105. Rational Design of Conformationally Flexible Supramolecular Catalysts 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Special Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  106. Enantioselective Diels-Alder Reactions with Anomalous Endo/Exo-selectivities Using Conformationally Flexible Chiral Supramolecular Catalysts 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    The 8th SINO-US Chemistry Professors Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月1日 - 2012年7月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  107. Rational Design of Conformationally Flexible Supramolecular Catalysts 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Special Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  108. 超原子価ヨウ素触媒を用いる緑の合成化学

    石原 一彰

    特別セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大正製薬株式会社製薬技術研究所, さいたま市   国名:日本国  

  109. テーラーメイド型超分子触媒の設計 ー 酵素を凌駕する触媒活性、立体及び反応選択性制御を目指して

    石原 一彰

    CRESTプロセスインテグレーションに向けた高機能ナノ構造体の創出 研究領域 研究総括 立教大学 入江正浩 第2回公開シンポジウム ー 分子の世界からマクロの世界へ ー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:コクヨホール(品川)   国名:日本国  

  110. 日本発!ヨウ素を触媒に用いる緑の合成化学 ーものづくりと環境技術ー

    石原 一彰

    第23回名大カフェ “Science, and Me” 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:アルテーゴ ドゥ ショウズ(名古屋市中区錦)   国名:日本国  

  111. 超原子価ヨウ素触媒を用いる低環境負荷型有機変換反応の開拓

    石原 一彰

    プロセス化学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京ビッグサイト   国名:日本国  

  112. デザイン型グリーン触媒:エステル交換、加水分解、脱水縮合、Baeyer-Villiger酸化、etc.

    石原 一彰

    TLO/大学知的財産本部技術移転セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京ビッグサイト   国名:日本国  

  113. 配座柔軟性を活かした超分子不斉触媒の設計

    石原 一彰

    理研セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:理化学研究所基幹研究所物質棟S-507会議室、埼玉県和光市   国名:日本国  

  114. Conformationally Flexible Supramolecular Catalysts 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Special Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月3日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:シンガポール共和国  

  115. Asymmetric Hypervalent Iodine Catalyses 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Special Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月2日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:インド  

  116. Conformationally Flexible Supramolecular Catalysts 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Special Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月1日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:インド  

  117. Conformationally Flexible Supramolecular Catalysts 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    AstraZeneca Excellence in Chemistry Award 2011 - Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月31日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:インド  

  118. 酵素を凌駕する動的超分子触媒の設計

    石原 一彰

    積水メディカル岩手工場セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岩手県花巻積水メディカル岩手工場   国名:日本国  

  119. 超原子価ヨウ素触媒

    石原 一彰

    第22回万有仙台シンポジウム 有機合成化学における新物質・新手法・新思想 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:仙台国際センター   国名:日本国  

  120. Asymmetric Hypervalent Iodine Catalyses 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    8th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium (AIMECS11) "Frontier of Medicinal Science" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月29日 - 2011年12月2日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  121. 酵素を凌駕する動的超分子触媒の設計

    石原一彰

    特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:千葉大学理学部4号館1階マルチメディア1   国名:日本国  

  122. レディメイド小分子触媒からテーラーメイド超分子触媒への新展開

    石原一彰

    第2回ものづくりを革新する新しい触媒研究会:有機分子触媒からクロスカップリング金属触媒まで 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋工業大学19号館602号室(名古屋市昭和区御器所町)   国名:日本国  

  123. エステル、ラクトン、カルボン酸無水物の新しい触媒的製造法

    石原一彰

    名古屋大学新技術説明会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:科学技術振興機構JSTホール(東京・市ヶ谷)   国名:日本国  

  124. Asymmetric Hypervalent Iodine Catalyses 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    The 15th Korea-Japan Seminar on Organic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月30日 - 2011年10月3日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:大韓民国  

  125. Asymmetric Hypervalent Iodine Catalyses 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:スイス連邦  

  126. Advanced Hypervalent Iodine Catalyses 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    The 22nd French-Japanese Symposium of Medicinal and Fine Chemistry (FJS-2011) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月11日 - 2011年9月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:フランス共和国  

  127. Asymmetric Hypervalent Iodine Catalyses 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月9日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  128. 人工酵素への挑戦:レディメイドからテーラーメイドへ

    石原一彰

    テクノフェア名大2011 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学豊田講堂   国名:日本国  

  129. Hypervalent Iodine-catalyzed Enantioselective Oxidative Cyclizations 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  130. Asymmetric Hypervalent Iodine Catalyses 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    The 23rd International Symposium on Chiral Discrimination (ISCD 23) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月10日 - 2011年7月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  131. 元素戦略に基づく酸・塩基複合触媒の精密設計

    石原一彰

    第23回万有札幌シンポジウム 有機化学の深化と多様化 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:北海道大学工学部オープンホール   国名:日本国  

  132. 工学部が拓く道 国際会議

    石原一彰

    特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:滝学園講堂   国名:日本国  

  133. Rational Design of Asymmetric Cu(II) Catalyses Based on pi- or n-Cation Interactions 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Nagoya University Global COE-RCMS International Symposium on Organic Chemistry and the 7th Yoshimasa Hiarata Memorial Lecture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月17日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  134. Hypervalent Iodine Catalyses 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    The Symposium of Catalysis and Sensing for Health (CAS) 11 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月31日 - 2011年2月2日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  135. Hypervalent Iodine-catalyzed Enantioselective Oxidative Cyclizations 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    Organic Seminar on the Cardiff University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月28日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  136. 酸・塩基複合化学を基盤にする高機能触媒の設計

    石原一彰

    第一三共株式会社講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:第一三共株式会社製薬技術本部(平塚事業所)、神奈川県   国名:日本国  

  137. Hypervalent iodine-catalyzed enantioselective oxidative cycloetherification of 3-(2-hydroxyphenyl)propan-1-ones to 2,3-dihydrobenzofuran-2-carbonyl derivatives 国際会議

    Pacifichem2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  138. Enantioselective direct Mannich-type reaction catalyzed by chiral lithium complexes 国際会議

    Pacifichem2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  139. Hypervalent Iodine-catalyzed Enantioselective Oxidative Cyclizations 国際会議

    The XIV Organic Chemistry Conference (OCC) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  140. キラルヨウ素触媒を用いる不斉酸化的カップリング反応

    石原一彰

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  141. Hypervalent Iodine-Catalyzed Enntioselective Oxidative Cyclizations 国際会議

    The Fourth International Forum on Homogeneous Catalysis and the First China-Canada Bilaterial Symposium on Catalysis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  142. 有機触媒を用いるエナンチオ選択的カップリング反応

    石原一彰

    第3回有機触媒シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  143. 酸・塩基複合型機能触媒の設計

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  144. 超原子価ヨウ素触媒を用いる精密有機合成法の開拓

    石原一彰

    大日本住友製薬株式会社プロセス化学研究所 特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  145. 医薬品・有機材料の合成に用いるグリ-ン触媒

    石原一彰

    テクノフェア名大2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  146. Hypervalent Iodine-Catalyzed Enantioselective Oxidatibve Cyclizations 国際会議

    3rd international Conference on Hypervalent Iodine Chemistry (ICHIC2010) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  147. 超原子価ヨウ素触媒研究の展開

    協和発酵キリン株式会社 富士サーチパーク創薬化学研究所 特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  148. Enantioselective oxidative cyclizations catalyzed by chiral hypervalent iodines

    BIT's 1st Annual World of Congress of Catalytic Asymmetric Synthesis 2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  149. TLO Academic Seminar: “エステル交換触媒、カルボン酸の脱水縮合触媒、不斉超原子価ヨウ素触媒”

    石原一彰

    CPhI JAPAN 2010(国際医薬品原料・中間体展) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  150. 超原子価ヨウ素触媒を鍵とする酸化反応の開発

    石原一彰

    セントラル硝子(株)・化学研究所特別 講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  151. 超原子価ヨウ素触媒を鍵とする酸化反応の開発

    石原一彰

    持田製薬株式会社総合研究所 特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  152. 超原子価ヨウ素触媒を用いるアルコールの酸化反応

    石原一彰

    新化学発展協会 先端化学技術部会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  153. 超原子価ヨウ素触媒を鍵とする酸化反応の開発とその後の展開

    石原一彰

    有機合成化学講習会 有機合成化学の社会的意義 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  154. Hpervalent iodine-catalyzed enantioselective oxidative cycloethrification of 3-(2-hydroxyphenyl)propan-1-ones to 2,3-dihydrobenzobenzofuran-2-carbonyl derivatives 国際会議

    The 11th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistr 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  155. ハロゲンを触媒に用いる高選択的酸化反応

    石原一彰

    積水メディカル岩手工場特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  156. 超原子価ヨウ素触媒を用いるアルコールの選択的酸化反応

    石原一彰

    第12回ヨウ素学会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  157. ハロゲンを触媒に用いる高選択的酸化反応

    石原一彰

    日産化学工業株式会社物質科学研究所特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  158. Chiral lithium(I)-binaphtholate complexes for the diastereo- and enantioselective direct Mannich-type reaction 国際会議

    The 14th Japan–Korea Seminar on Organic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月24日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  159. Rational Design of Highly Functional Acid–Base Combined Catalysts 国際会議

    Seminar in the Hong Kong University of Science and Technology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  160. Rational Design of Highly Functional Acid–Base Combined Catalysts 国際会議

    Seminar in the Chinese University of Hong Kong 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月7日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  161. Rational Design of Highly Functional Acid–Base Combined Catalysts 国際会議

    Seminar in the University of Hong Kong 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月6日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  162. Rational Design of Highly Functional Acid–Base Combined Catalysts 国際会議

    The 26th Seminar on Synthetic Organic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  163. 選択的有機合成のための高機能触媒の開発

    石原一彰

    テクノフェア名大2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  164. 酸塩基複合化学を基盤にする高機能触媒の設計

    石原一彰

    武田薬品工業株式会社特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  165. 非結合性分子内相互作用を活用した機能触媒の設計

    石原一彰

    宇部興産(株)技術開発研究所特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  166. 2-Iodoxybenzenesulfonic acid (IBS) as an Extremely Active Catalyst for the Selective Oxidation of Alcohols to Aldehydes, Ketones, Carboxylic Acids, and Enones with Oxone® 国際会議

    The International Conference on Green and Sustainable Chemistry, Furama Riverfront Hotel, Singapore 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  167. cat. I(V)/Oxoneを用いるアルコール酸化反応、cat. Zn(II)/RMgXを用いるアルコールの不斉合成、La(III)触媒を用いる官能基選択的エステル交換反応 国際会議

    石原一彰

    CPhI JAPAN 2009(国際医薬品原料・中間体展) TLO Academic Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  168. 超原子価ヨウ素触媒を用いるアルコールの選択的酸化反応

    石原一彰

    愛媛大学大学院理工学研究科特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  169. フッ素含有強酸とのキラル塩触媒を用いる不斉環化反応及び触媒的エステル合成法の開発

    石原一彰

    セントラル硝子(株)・化学研究所特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  170. 2-Iodoxybenzenesulfonic Acid (IBS) as an Extremely Active catalyst for the Selective Oxidation of Alcohols to Aldehydes, Ketones and Carboxylic Acids with Oxone® 国際会議

    5th Yoshimasa Hirata Memorial Lacture and the 1st G-COE International Symposium on Elucidation and Design of Materials and Molecular Functions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  171. 酸・塩基複合化学を基盤とする高機能触媒の設計

    石原一彰

    静岡県立大学薬学部特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  172. 疎水効果を利用した脱水縮合触媒反応の開発

    石原一彰

    第32回フッ素化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  173. 酸・塩基複合化学を基盤とする高機能触媒の設計

    石原一彰

    アステラス製薬(株)大阪鹿島事業所特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  174. 超原子価ヨウ素触媒を用いるアルコール酸化自在制御法の開拓

    石原一彰

    学習院大学理学部化学科特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  175. 酸化、エステル縮合反応に有効な高活性触媒の開発

    石原一彰

    三菱レーヨン中央技術研究所特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  176. Design of dynamic salt catalysts based on acid–base combination chemistry 国際会議

    The First International Symposium on Process Chemistry (ISPC 08) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月28日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  177. カチオン・π相互作用を利用する不斉環化触媒の合理的設計

    石原一彰

    文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「炭素資源の高度分子変換」「第5回公開シンポジウム」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  178. 機能触媒創製のための酸・塩基複合化学:「硬い分子性触媒」から「変幻自在な柔らかい動的錯体触媒」へ

    石原一彰

    岐阜大学大学院工学研究科応用化学専攻特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  179. 酸・塩基複合化学を基盤とする触媒設計戦略:「硬い分子性触媒」から「変幻自在な柔らかい動的錯体触媒」へ

    石原一彰

    積水メディカル株式会社特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  180. 酸・塩基複合化学を基盤とする触媒設計戦略:「硬い分子性触媒」から「変幻自在な柔らかい動的錯体触媒」へ

    石原一彰

    第18回万有福岡シンポジウム 環境に優しい有機合成研究のフロンティア 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  181. 革新的なエステル縮合触媒、酸化触媒、不斉Mannich触媒の開発 国際会議

    Kazuaki Ishihara

    CPhI JAPAN 2008(国際医薬品原料・中間体展) TLO Academic Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年4月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  182. Design of highly functional catalysts based on acid–base combination chemisty 国際会議

    School of Molecular Science (BK21) International Symposium-2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  183. 酸・塩基複合化学を基盤とする精密分子触媒設計

    石原一彰

    SORSTジョイントシンポジウム(8) “「有機合成力」-そのダイナミズム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  184. 触媒的脱水環化反応を鍵とするγ-ピロン、オキサゾリン類の合成研究

    石原一彰

    東京工業大学特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  185. Superlight fluorous catalysis

    石原一彰

    第3回フルオラス研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  186. 2-Iodoxybenzenesulfonic acid (IBS) as an extremely active catalyst for the oxidation of alcohols with oxone® 国際会議

    International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  187. 酸・塩基複合化学を基盤とする低環境負荷型触媒反応の設計(前半)”及び “酸・塩基複合化学を基盤とする不斉触媒反応の設計(後半)

    石原一彰

    客員教授特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  188. 酸塩基複合化学を基盤とする機能触媒の創製

    石原一彰

    有機合成化学協会関東支部秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  189. 酸・塩基複合型高機能触媒の設計と低環境負荷型精密有機合成反応の開拓

    石原一彰

    第21回IBM科学賞授賞式 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  190. ラセミ及び光学活性第3級アルコールの高効率触媒的合成法

    石原一彰

    平成19年度第3回技術シーズ発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  191. A new catalytic method for the Mukaiyama aldol reaction with ketones to prevent a reverse reaction 国際会議

    4th Japanese–Sino Symposium on Organic Chemistry for Young Scientists 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月24日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  192. 酸・塩基複合化学を基盤とする高機能触媒の設計

    石原一彰

    セミナー「ファインプロセスの最前線」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  193. 酸・塩基複合化学を基盤とする高機能触媒の設計

    石原一彰

    セミナー「ファインプロセスの最前線」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  194. 酸・塩基複合化学を基盤とする触媒設計戦略

    石原一彰

    有機合成夏期セミナー「明日の有機合成化学」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  195. 酸・塩基複合化学を基盤とする高機能小分子触媒の設計

    石原一彰

    新材料システム研究会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  196. Design of ultra-light fluorous catalysts for the dehydrative condensation reaction 国際会議

    The 2nd International Symposium on Fluorous Technologies (ISoFT07) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月1日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  197. Enantioselective [2+2] cycloaddition of unsaturated alkenes with α-acyloxyacroleins catalyzed by chiral organoammonium salts

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  198. Serendipity

    石原一彰

    滝高等学校講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  199. 酸塩基複合化学を基盤とするグリーン触媒の設計

    石原一彰

    大学院講義・特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  200. Sodium pheoxide–phosphine oxides as extremely active Lewis base catalysts for the Mukaiyama aldol reaction with ketones to generate vicinal quaternary carbon centers 国際会議

    8th International Symposium on Carbanion Chemistry (ISCC-8) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月7日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  201. 酸塩基複合化学を基盤とする触媒的エステル縮合反応の新展開

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  202. Biomimetic enantioselective haloiodocyclization of polyprenoids induced by nucleophilic phosphoramidites 国際会議

    International Conference on Asymmetric Organocatalysis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月29日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  203. バイオミメティックポリンエン環化反応

    第60回パネル討論会「有機合成化学の最前線 - 環をつくる」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  204. 酸・塩基複合化学を基盤とする機能触媒の設計

    石原一彰

    東京農業工業大学特別セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  205. 有機金属求核剤の炭素ー金属結合活性化を基盤とする高効率触媒反応の開発 国際会議

    石原一彰

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  206. 酸・塩基複合化学を基盤とする機能触媒の設計

    石原一彰

    万有製薬株式会社創薬技術研究所特別セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  207. Design of dehydrative condensation catalysts based on acid–base combination chemistry 国際会議

    Japan/UK Green Sustainable Chemistry Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  208. 酸・塩基複合化学に基づく精密機能小分子触媒の設計:バイオミメティックハロポリエン環化反応

    第一回有機触媒研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  209. 低環境負荷型触媒的脱水縮合反応プロセスの開発

    石原一彰

    日本サーファクタント工業株式会社特別セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  210. 酸・塩基複合化学に基づく精密機能小分子触媒の設計

    石原一彰

    和光純薬工業株式会社特別セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  211. Molybdenum(VI) Oxides as Highly Effective Dehydrative Cyclization Catalysts for the Synthesis of Oxazolines and Thiazolines 国際会議

    2nd International Conference on Heterocyclic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  212. 最小のサイズで最高の触媒機能を追求する精密有機合成触媒の開発

    石原一彰

    第4回名古屋大学東京フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  213. Design of Highly Functional Small-molecule Catalysts Based on Acid-Base Combination Chemistry 国際会議

    Lectureship seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月23日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  214. Design of Highly Functional Small-molecule Catalysts Based on Acid-Base Combination Chemistry 国際会議

    Lectureship seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  215. Design of Highly Functional Small-molecule Catalysts Based on Acid-Base Combination Chemistry 国際会議

    Lectureship seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  216. 酸・塩基複合化学に基づく精密分子触媒設計

    石原一彰

    第37回中部化学関係協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  217. エステル縮合触媒の基礎と応用

    石原一彰

    特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  218. Rational Design of Small-molecule Artificial Enzymes Based on Acid-Base Combination Chemsitrty

    The 16th Symposium on Optically Active Compounds 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  219. 低環境負荷型脱水縮合反応プロセスの開発

    石原一彰

    JST CREST環境ナノ触媒領域ワークショップ京都「グリーン有機合成の最前線」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月6日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  220. Design of Small Artificial Catalysts Based on the Acid-Base Combination Chemistry 国際会議

    Lectureship seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  221. Design of Small Artificial Catalysts Based on the Acid-Base Combination Chemistry 国際会議

    Lectureship seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  222. Design of Small Artificial Catalysts Based on the Acid-Base Combination Chemistry 国際会議

    Lectureship seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月12日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  223. 触媒的アシル化反応プロセスの新展開

    石原一彰

    「酸・塩基複合型有機触媒の精密設計」第1回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月4日

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  224. バイオミメティックポリエン環化反応の新展開

    石原一彰

    第41回天然物化学談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  225. 環境低負荷型脱水縮合反応プロセスを指向した均一系触媒の設計:アミド、エステル、リン酸エステル 国際会議

    石原一彰

    国際医薬品原料・中間体展 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年4月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  226. カチオンーπ電子相互作用を利用した小分子不斉Diels-Alder触媒の設計

    石原一彰

    「動的錯体の自在制御化学」第5回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  227. Rational design of small-molecule artificial enzymes based on acid-base combined chemistry 国際会議

    0th Nagoya organic Chemistry Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  228. 酵素を凌駕する酸・塩基複合型小分子触媒の設計

    石原一彰

    特別講演会、富士写真フィルム有機合成化学研究所 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  229. Design of L-amino acid-derived small artificial enzymes: artificial acylases and Diels-Alderases 国際会議

    Organocatalyzed Asymmetric Synthesis, The 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月19日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  230. Design of dehydrative condensation catalysts 国際会議

    Joint US-Japan Workshop on Sustainable Chemical Synthesis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  231. フッ素化学を利用した脱水縮合触媒の開発

    石原一彰

    平成17年度第1回フルオラス研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  232. 酵素を凌駕する酸塩基複合型小分子人工触媒の設計

    石原一彰

    21世紀COEプログラム 東工大-名大材料系COE合同シンポジウム「自然に学ぶナノマテリアルの開拓」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  233. 招待講演  酵素を凌駕する酸・塩基複合型小分子触媒の設計

    特別講演会、帝人ファーマ、東京研究センター 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  234. 招待講演  環境低負荷型脱水縮合反応プロセスを指向した均一系触媒の設計

    特別講演会、三菱レイヨン株式会社横浜技術研究所、 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  235. 招待講演  低環境負荷型酸塩基複合触媒の精密設計

    特別講演会、万有製薬株式会社 合成技術研究所 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  236. 招待講演  均一系脱水縮合触媒の設計と固定化

    第41回触媒フォーラム「固体触媒と均一触媒の融合をめざして」、p.5-7、触媒学会主催 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  237. Invited Lecture メDesign of dehydrative condensation catalysts directed toward GSC 国際会議

    2nd International Conference on Green and Sustainable Chemistry, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月24日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  238. Invited Lecture  Design of dehydrative condensation catalysts directed toward GSC 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月23日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  239. Invited Lecture Design of dehydrative condensation catalysts directed toward GSC 国際会議

    The 2nd International Conference on Green and Sustainable Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  240. 特別セミナー 低環境負荷型触媒的有機合成反応プロセスの開発とノウハウ

    日本テクノセンター主催、東京都千代田区九段 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  241. 招待講演 酵素を凌駕する小分子グリーン触媒の設計

    先端技術講演会「グリーン・サステイナブルケミストリーへの招待」、旭化成ファインケム株式会社主催 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  242. 招待講演 酵素を凌駕する小分子グリーン触媒の設計

    三共アグロ株式会社農業科学研究所 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  243. 招待講演 脱水縮合触媒によるグリーンケミカルプロセスの開発

    21世紀COE「京都大学化学連携研究拠点」化学研究所 精密有機合成セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  244. 招待講演 Design of Reusable Ester Condensation Catalysts

    The 3rd Symposium of Noguchi Fluorous Project,財団法人野口研究所、 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  245. 招待講演 高効率有機反応プロセスを指向した複合酸触媒の設計

    SORSTジョイントシンポジウム(2) 進化する有機合成化学、独立行政法人 科学技術振興機構(JST) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  246. グリーンケミストリーを指向した小分子人工酵素の設計

    第10回精密合成化学セミナー 有機合成における新展開、北海道大学大学院工学研究科分子化学専攻精密合成化学講座主催 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  247. 招待講演 酵素を凌駕する小分子グリーン触媒の設計

    第10回グリーンケミストリーフォーラム、日本化学会グリーンケミストリー研究会主催、東京工業大学・百年記念館 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  248. 招待講演 グリーンケミカルプロセスを指向した小分子人工酵素の開発

    第2回有機化学者若手研究会、名古屋大学21世紀COEプログラム「物質科学の拠点形成:分子機能の解明と創造」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  249. 招待講演 エステル縮合触媒

    山形大学工学部、山形県米沢市 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  250. 招待講演 グリーン触媒の分子設計

    中部化学関係学協会支部連合秋季大会、特別討論会:先導的有機化学の探究:発見と発明、中部化学関係学協会支部連合協議会、名古屋大学東山キャンパス) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  251. 招待講演 Design of Esterification Catalysts Directed towards Green Processes

    The 1st SIOC-NU Joint Conference for Young Scientists (Shanghai Institute Technology, Shanghai, China) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月7日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  252. 招待講演 環境調和型触媒的脱水縮合反応プロセスの開発

    有機合成化学講習会(有機合成化学協会主催、日本薬学会長井記念ホール、東京都渋谷区) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  253. 依頼講演 環境調和型高効率エステル縮合反応の開発

    産学官テクノプラザ(財団法人 中部科学技術センター、名古屋市工業研究所、名古屋市熱田区) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  254. 受賞講演 環境調和型触媒的高効率有機合成プロセスの開発

    第4回グリーン・サステイナブル ケミストリー シンポジウム(グリーン・サステイナブル ケミストリー ネットワーク、学術総合センター・一ツ橋記念講堂 東京都千代田区一ツ橋) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  255. 依頼講演 スーパールイス酸触媒の設計

    合同班会議:特定領域研究「動的錯体の自在制御化学」(大阪コスモスクエア 国際交流センター) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年12月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  256. 招待講演 環境調和型触媒的高効率有機反応プロセスの開発

    特別講演会(萬有製薬(株)合成技術研究所 愛知県岡崎市) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  257. 招待講演 Highly Efficient Organic Syntheses Using Environmentally Benign Catalysts 国際会議

    The 14th CRC International Symposium on Molecular Catalysis of the Next Generation (Conference Hall, Hokkaido University, Sapporo, Japan) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月24日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  258. 依頼講演 環境調和型触媒的高効率有機合成プロセスの開発

    第4回テクノ・フェア名大2003(名古屋大学工学研究科、名古屋大学シンポジオンホール) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  259. 招待講演 環境調和型触媒的高効率有機合成プロセスの開発

    特別講演会(大日本インキ化学工業(株) 堺工場、大阪府高石市高砂) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  260. 環境調和型触媒反応の開発:エステル、アミド、ニトリル、ビタミンEの合成モ

    特許流通フェア、技術シーズ発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  261. 環境調和型触媒的高効率有機合成プロセスの開発モ

    特別講演会(竹本油脂株式会社、蒲郡) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  262. 環境調和型触媒的高効率有機合成プロセスの開発モ

    若手研究者のためのセミナー(有機合成化学協会東海支部、三重大学工学部多目的会議室) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  263. 環境に優しい触媒の設計と高効率合成プロセスへの展開

    特別講演会(京都大学再生医科学研究所、京都) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年5月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  264. 環境調和型触媒を用いる高効率有機合成への応用

    特別講演会(イハラケミカル工業静岡研究所、静岡) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年4月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  265. シリルエノールエーテルの不斉プロトン化剤として有効なルイス酸複合型キラルブレンステッド酸の結晶構造

    日本化学会第83春季年会(早稲田大学、東京) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  266. Highly efficient organic syntheses using environmentally benign catalystsモ

    Students and Young Scientists Forum on GSC (Sophia University, Tokyo) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  267. グリーン触媒を用いる高効率有機反応プロセスの開発

    特別講演会(住友化学工業株式会社 宝塚 農業化学品研究所) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年2月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  268. 生体酵素を凌駕するグリーン触媒の設計と高効率的合成プロセスへの展開

    特別講演会(ファイザー製薬株式会社 武豊 中央研究所 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年1月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  269. 招待講演「グリーンケミストリー指向型触媒的プロセスの開発」

    特別講演会(協和油化株式会社 四日市研究所) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  270. [Catalytic Organic Reactions and Processes Directed toward Green Chemistry]

    Seminar (Minnesota University, USA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月20日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  271. [Catalytic organic reactions and Processes Direvted toward Green Chemistry]

    Seminar (North Dakota State University, USA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月19日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  272. 依頼講演「(-)-Ambroxの全合成」

    第4回夏の勉強会「有機分子構築法」(京都薬科大学セミナーハウス) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年6月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  273. 招待講演「夢の脱水重縮合触媒を探し求めて」

    第95回東海高分子研究会講演会(名古屋大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー3F、ベンチャーホール) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年5月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  274. 招待講演「グリーンケミストリー指向型触媒的プロセスの開発」

    特別講演会(花王株式会社 和歌山 素材開発研究所) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年5月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  275. 招待講演「夢の脱水縮合触媒を探し求めて」

    講演会(東京工業大学資源化学研究所) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年12月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  276. 招待講演“Design of Chiral BrΦnsted-Lewis Acid Catalysts”

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年7月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  277. 招待講演“Lewis Acid-Assisted Chiral BrΦnsted Acid Catalysts and Lewis Acid-Assisted Chiral Acetal Reagents” 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年11月3日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  278. 招待講演「ルイス酸複合型キラルブレンステッド酸(LBA)触媒を用いる不斉合成」

    特別講演会(九州大学機能物質科学研究所) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年7月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  279. 依頼講演「ルイス酸複合型キラルブレンステッド酸触媒を用いるオレフィンのエナンチオ面選択的反応」

    第29回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(豊橋技術科学大学) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年10月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  280. 招待講演「ブレンステッド-ルイス複合酸触媒の設計」

    特別講演会(帝人(株)東京研究センター) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年7月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  281. 招待講演“Molecular Design of BrΦnsted-Lewis Acid Catalysts”

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年5月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  282. 依頼講演「多様な機能を持つブレンステッドールイス複合酸触媒の設計」

    日本化学会春季年会(京都,同志社大学) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年3月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  283. 招待講演「ルイス酸とブレンステッド酸の組み合わせ」 )

    一般雑誌会(東北大学理学部 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年10月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  284. 依頼講演「スイス酸とブレンステッド酸の組み合わせ」

    有機金属若手の会(茨木県,大心苑) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年7月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  285. 進歩賞受賞講演「ルイス酸ーブレンステッド酸複合触媒による高次立体制御法の開拓」

    日本化学会春季年会(東京、青山学院大学) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

▼全件表示

Works(作品等) 6

  1. ビス(トリフリル)メチル基をもつ強酸性炭素酸

    2014年9月

     詳細を見る

    発表場所:フルオラス科学研究会  

  2. ビス(トリフリル)メチル基をもつ強酸性炭素酸

    2014年9月

     詳細を見る

    発表場所:フルオラス科学研究会  

  3. 有機化学的な視点で生命化学を学ぶための大学用教科書として最適

    2013年2月

     詳細を見る

    発表場所:現代化学 2013, No. 503(2), 69  

  4. 有機化学的な視点で生命化学を学ぶための大学用教科書として最適

    2013年2月

     詳細を見る

    発表場所:現代化学 2013, No. 503(2), 69  

  5. Profile of Kazuaki Ishihara

    2012年3月

     詳細を見る

    発表場所:Angew. Chem. Int. Ed. 2012, 51, 4269, DOI: 10.1002/anie.201200570  

  6. Profile of Kazuaki Ishihara

    2012年3月

     詳細を見る

    発表場所:Angew. Chem. Int. Ed. 2012, 51, 4269, DOI: 10.1002/anie.201200570  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 41

  1. 最先端機能分子・材料合成技術ユニット

    2016年04月 - 2018年03月

    研究大学強化促進事業最先端国際研究ユニット 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 酸・塩基複合型超分子動的錯体を鍵とする高機能触媒の創製

    2009年10月 - 2016年03月

    科学技術振興機構(JST), CREST 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 革新的部材産業創出プログラム;大項目:グリーン・サステイナブルケミカルプロセス基盤技術開発;中項目:高機能不均一触媒の開発と環境調和型化学プロセスの研究開発

    2008年09月 - 2012年03月

    NEDO 革新的部材産業創出プログラム 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. ナノサイズのキャビティーをもつルイス酸材料の精密設計

    2008年04月 - 2009年03月

    財団法人矢崎科学技術振興記念財団 一般研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. バイオミメティックなドミノ反応を利用した生物活性物質の効率合成法の開拓

    2007年04月 - 2008年03月

    積水化学 自然に学ぶものづくり 研究助成プログラム 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 高活性IBXを触媒に用いる選択的酸化反応の開発

    2007年04月 - 2008年03月

    協和発酵ケミカル 第一回協和発酵ケミカル シーズコンテスト 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 第2回ヘテロ環化学国際会議

    2006年12月

    財団法人 スズキ財団研究者海外研修助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. 酸・塩基複合化学を基盤とする高機能小分子触媒の設計

    2006年04月 - 2007年03月

    財団法人 東レ科学振興会 第47回東レ科学技術研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. ペプチド、ナイロン、アラミド類の低環境負荷製造法の開発

    2006年04月 - 2007年03月

    独立行政法人科学技術振興機構 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  10. ナノ触媒の設計とその機能発現に関する研究

    2006年04月 - 2007年03月

    独立行政法人科学技術振興機構 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  11. 第2回 グリーン&サステイナブルケミストリー国際会議

    2005年06月

    財団法人 大幸財団海外学術交流研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  12. アシル化酵素を凌駕する非金属系高活性キラル塩基・求核触媒の開発

    2005年04月 - 2006年03月

    財団法人 長瀬科学技術振興財団研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  13. ルイス酸精密反応剤の開発

    2005年04月 - 2006年03月

    独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  14. 多環状テルペノイド類のバイオミマティックカスケード合成法の開拓

    2005年04月 - 2006年03月

    ノバルティス科学振興財団 第19回ノバルティス研究奨励金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  15. 環境低負荷型触媒的有機反応プロセスの開拓と新機能性有機材料の創出

    2005年04月 - 2006年03月

    財団法人 日本証券奨学財団研究調査助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  16. 高活性非金属系有機分子触媒の開発

    2004年04月 - 2005年05月

    市原国際奨学財団 第12回研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  17. 超強酸性有機材料の精密分子設計

    2004年04月 - 2005年03月

    財団法人 池谷科学技術振興財団 研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  18. ルイス酸精密反応剤の開発

    2004年04月 - 2005年03月

    独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  19. 酵素を凌駕する非金属系高活性キラル有機分子触媒の設計

    2004年04月 - 2005年03月

    住友財団基礎科学研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  20. フルオラスルイス酸及びブレンステッド酸触媒の設計

    2004年04月 - 2005年03月

    財団法人 野口研究所 Noguchi Fluorous Project 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  21. ゴートンリサーチコンファレンス:有機反応とプロセス

    2003年07月

    財団法人大幸財団海外学術交流研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  22. ゴードンリサーチコンファレンス:有機反応とプロセス

    2003年07月

    財団法人井上科学振興財団国際研究集会旅費援助 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  23. 高活性グリーン触媒の設計

    2003年04月 - 2004年03月

    徳山科学技術振興財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  24. ルイス酸精密反応剤の開発

    2003年04月 - 2004年03月

    独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  25. 自己組織化触媒の開発とバイオミメティック合成法の開拓

    2003年04月 - 2004年03月

    上原記念生命科学財団 研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  26. 新規超強酸性有機材料の精密分子設計と応用

    2003年04月 - 2004年03月

    松籟科学技術振興財団 研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  27. グリーンケミストリー指向型触媒的精密有機合成プロセスの開拓及び新規機能性有機材料の創製

    2003年04月 - 2004年03月

    財団法人 小笠原科学技術振興財団 研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  28. エネルギーを有効利用する触媒的脱水縮合反応プロセスの開発

    2003年04月 - 2004年03月

    財団法人 岩谷直治記念財団 第30回岩谷科学技術研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  29. 光学活性テルペノイドのバイオミメティック合成

    2003年04月 - 2004年03月

    財団法人 興和生命科学振興財団 研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  30. 環境調和型触媒的不斉ディールス・アルダー反応の開発

    2003年04月 - 2004年03月

    公益信託 三菱化学研究奨励基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  31. 人工酵素の設計と生理活性物質のバイオミメティック合成法の開拓

    2003年04月 - 2004年03月

    財団法人 立松財団 特別研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  32. 人工環化酵素の設計とポリ環状テルペノイド類の効率的不斉合成への応用

    2003年04月 - 2004年03月

    財団法人 三菱財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  33. フルオラス触媒を用いる環境調和型効率有機合成

    2003年04月 - 2004年03月

    財団法人 野口研究所 Noguchi Fluorous Project 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  34. ルイス酸複合型キラルブレンステッド酸を用いるエナンチオ選択的ポリエン環化反応の研究

    2002年04月 - 2004年03月

    財団法人旭硝子財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  35. 環境調和型触媒的脱水縮合反応の開発

    2002年04月 - 2004年03月

    財団法人山田科学振興財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  36. ルイス酸複合型キラルブレンステッド酸を用いるバイオミメティックポリエン環化反応

    2002年04月 - 2003年03月

    財団法人武田振興財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  37. 超強酸性有機材料及び触媒の精密分子設計

    2002年04月 - 2003年03月

    財団法人マツダ財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  38. 高機能超強酸性材料の分子設計

    2002年04月 - 2003年03月

    財団法人泉科学技術振興財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  39. ルイス酸精密反応剤の開発

    2002年04月 - 2003年03月

    独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  40. 酵素を凌駕するキラルルイス塩基ーブレンステッド酸複合触媒の設計

    2002年04月 - 2003年03月

    倉田奨学金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  41. エネルギーを有効利用した触媒的脱水縮合反応プロセスの構築

    2002年04月 - 2002年03月

    ゼネラル石油研究奨励財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 23

  1. アクリル酸エステル・オリゴペプチドの革新的触媒低温縮合法の開発

    研究課題/研究課題番号:20K20559  2020年07月 - 2023年03月

    挑戦的研究(開拓)

    石原 一彰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:25740000円 ( 直接経費:19800000円 、 間接経費:5940000円 )

    α,β-不飽和カルボン酸由来のエステルは、近年、電子材料分野におけるUV硬化系の増大とともにモノマーの需要と高純度化の要求が高まっている。創薬の分野ではペプチド抗体医薬に注目が集まっている。このように益々需要が増しているα,β-不飽和カルボン酸エステルやペプチドではあるが、これらの合成に適用できる合成技術は限られており、α,β-不飽和カルボン酸エステル合成触媒にはMichael反応や重合反応の抑制が、ペプチド合成触媒にはエピ化の抑制とペプチドの難溶解性の克服が求められる。これらの合成に必要な触媒開発にはこれまでの学術の体系や方向を大きく変革・転換させるようなブレイクスルーが絶対的に必要である。

  2. 触媒的脱水縮合法によるオリゴペプチド合成法の開拓

    研究課題/研究課題番号:18K19072  2018年06月 - 2020年03月

    挑戦的研究(萌芽)

    石原 一彰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6240000円 ( 直接経費:4800000円 、 間接経費:1440000円 )

    市販のモレキュラーシーブス5Aをテトラフルオロホウ酸で処理した固体触媒を用いるという簡便な手法で、N-保護アミノ酸とアミノ酸エステルからのジペプチド合成および一般的なカルボン酸とアミンのアミド脱水縮合反応を達成した。ジペプチド合成ではほとんどエピ化は進行しなかった。また、固体触媒の回収・再利用にも成功した。
    触媒的脱水縮合反応によるカルボン酸とアミンからのアミド合成は最も理想的であるが、エピ化しやすいペプチド合成への応用は一般的に難しい。今回、市反応モレキュラーシーブス5Aとテトラフルオロホウ酸から活性な固体触媒を調製し、単純なアミドのみならずジペプチドの合成にも成功した学術的意義は大きい。エピ化もほとんど抑えられ、触媒の回収・再利用にも成功し、実用化が期待される。

  3. 高機能酸塩基複合ナノ触媒の開発

    2015年06月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(S)

    石原一彰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 超分子反応場による立体選択性制御法の開拓

    研究課題/研究課題番号:15H05810  2015年06月 - 2020年03月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    石原 一彰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:43160000円 ( 直接経費:33200000円 、 間接経費:9960000円 )

    酸塩基複合化学を基盤にテーラーメード超分子触媒を精密設計する手法を用い、その触媒活性中心近傍に所望の反応遷移状態を安定化するための反応場を構築し、高難度分子変換制御を研究目的として実施した。以下、代表的な研究成果を列記する。
    (1)1,1'-ビナフチル-2,2'-ジスルホン酸(BINSA)をキラルBroensted酸ユニットとして用い、その超分子金属塩触媒を精密設計し、エナンチオ選択的及び化学選択的Strecker反応を開発した。
    (2)Lewis酸複合型キラルLewis酸(LLA)触媒をテーラーメードで分子設計し、プロパルギルアルデヒドのマルチ選択的Diels-Alder反応に成功した。
    新規医薬品・機能有機材料の開発には有機合成化学の技術革新が必要不可欠である。この研究成果はこれまで合成が困難であった有機化合物を選択的に合成できることを実証するものであり、本研究を推進していくことで、近い将来、合成したい物質を意のままに合成できるようになることが大いに期待される。物質を意のままに合成できれば、社会に役立つ新しい機能物質の開発に繋がるはずである。同時に、製造方法の革新は地球環境負荷の低減に大いに貢献するものである。

  5. 高機能酸塩基複合ナノ触媒の開発

    2015年06月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(S)

    石原一彰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:199940000円 ( 直接経費:153800000円 、 間接経費:46140000円 )

  6. 高機能酸塩基複合ナノ触媒の開発

    研究課題/研究課題番号:15H05755  2015年05月 - 2020年03月

    石原 一彰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:199940000円 ( 直接経費:153800000円 、 間接経費:46140000円 )

    酸塩基複合化学を基盤にナノサイズの超分子触媒を精密設計し、その触媒活性中心近傍に所望の反応遷移状態を安定化するための反応場を構築し、高活性・高選択性を制御することを研究目的として実施した。2018年度の主な成果を以下に記す。
    (1)アミド脱水縮合触媒として比較的安価かつ活性の高い2,4-ビス(トリフルオロメチル)フェニルボロン酸を開発した。また、この触媒の活性種は二量体無水物であることをESI-MS分析によって明らかにした。
    (2)キラルアミドリン酸エステルとハロ琥珀酸イミドをそれぞれ塩基触媒、酸として用いるエナンチオ選択的ヨードエーテル環化反応及びヨードアザ環化反応を開発した。ヨウ素の酸塩基二重活性化が本反応の鍵であることをX線結晶構造解析によって明らかにした。
    (3)チオウレアを塩基触媒にin situでIClを発生させ、選択的なヨードクロロ化反応を開発した。チオウレアとI2とNCSから生じる活性中間体のX線結晶構造解析に成功した。
    (4)ボロン酸、キラルビナフトール由来の配位子、トリス(ペンタフルオロフェニル)ボロンの3成分からキラル超分子触媒をin situで調製し、プロパルギルアルデヒドとシクロペンタジエンとのエナンチオ選択的かつ基質選択的Diles-Alder反応を開発した。超分子触媒の活性中心近傍に深い反応空間を構築し、その中でマルチ選択的に反応を制御することに初めて成功した。これはいわば基質や生成物に応じたテーラーメイド型超分子触媒の創製である。
    (5)キラルビスリン酸触媒を設計し、その分子内水素結合ネットワークによって増強した酸性プロトンが活性中心となるアザ-Friedel-Crafts反応を開発した。これは言わば酵素の水素結合ネットワークをモデル化した成果として注目される。
    当初の計画以上に、酸塩基複合化学を基盤に高機能触媒を幾つも開発し論文発表することができた。具体的には、2,4-ビス(トリフルオロメチル)フェニルボロン酸触媒の活性種が二量体無水物であることをESI-MS分析によって明らかにしたことである。これは想定外の結果であり、これをヒントにさらなる触媒設計を進めて、より高活性な触媒開発を目指して次年度も継続的に研究を遂行したい。
    酸塩基複合化学を基盤により精密に触媒を設計し、マルチ選択的反応を制御できるように研究を推進していく。

  7. 超分子反応場による立体選択性制御法の開拓

    2015年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)計画班

    石原一彰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 超分子反応場による立体選択性制御法の開拓

    2015年04月 - 2020年03月

    科学研究費助成事業  新学術領域研究(研究領域提案型)計画班

    石原一彰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:43160000円 ( 直接経費:33200000円 、 間接経費:9960000円 )

  9. 触媒的脱水縮合による革新的ペプチド合成法の開発

    2015年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金 

    石原一彰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. 高機能酸塩基複合ナノ触媒の開発

    2015年04月 - 2015年05月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    石原一彰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. ペプチド合成を指向したアミド脱水縮合触媒の開発

    2014年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究、課題番号26620079

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  12. 超原子価ヨウ素触媒を用いる環境低負荷型有機変換反応

    2012年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)、課題番号24245020

    石原 一彰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  13. 酸・塩基複合化学を基盤とする高次機能触媒の精密設計

    2008年04月 - 2011年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(A),課題番号:20245022

    石原 一彰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  14. キラル有機塩触媒によるエナンチオ選択的環化反応の開発

    2007年04月 - 2009年03月

    科学研究費補助金  特定領域研究(公募,A01),課題番号:19020021

    石原 一彰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  15. 小分子人工ディールスーアルダーゼの精密設計

    2006年04月 - 2007年03月

    科学研究費補助金  特定領域研究、公募研究、課題番号:18037027

  16. 無機・有機界面構造形成プロセス

    2005年04月 - 2006年03月

    科学研究費補助金  21世紀COEプログラム「自然に学ぶ材料プロセッシングの創成」

    浅井滋生

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  17. スーパールイス酸触媒を用いる高効率反応の開発

    2004年04月 - 2006年03月

    科学研究費補助金  特定領域研究、公募研究、課題番号:16033228

    石原 一彰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  18. 無機・有機界面構造形成プロセス

    2004年04月 - 2005年03月

    科学研究費補助金  21世紀COEプログラム「自然に学ぶ材料プロセッシングの創成」

    浅井滋生

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  19. 人工酵素の設計と生物活性物質のバイオミメティック合成法の開拓

    2004年04月 - 2005年03月

    科学研究費補助金  COEオープンクラスター[21世紀COEプログラム「自然に学ぶ材料プロセッシングの創成」]

    坂倉彰

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  20. モレキュラーエコノミーを指向する有機合成反応

    2004年04月 - 2005年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C) 課題番号:16635002

    岩澤伸治

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  21. 環境調和型高活性酸・塩基触媒の開発と高効率精密合成法の開拓

    2003年04月 - 2007年10月

    科学研究費補助金  基盤研究(A) 課題番号:15205021

    石原一彰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  22. 人工酵素の設計と生物活性物質のバイオミメティック合成法の開拓

    2003年04月 - 2004年03月

    科学研究費補助金  COEオープンクラスター[自然に学ぶ材料プロセッシングの創成]

    石原一彰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  23. スーパールイス酸触媒を用いる高効率反応の開発

    2003年04月 - 2004年03月

    科学研究費補助金  特定領域研、公募研究、課題番号:15036231

    石原一彰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

産業財産権 85