2021/10/20 更新

写真a

フクワ ノブオ
福和 伸夫
FUKUWA, Nobuo
所属
減災連携研究センター 強靭化共創部門 教授
大学院担当
大学院環境学研究科
職名
教授
連絡先
メールアドレス
プロフィール
建築耐震工学、地震工学、地域防災に関わる教育・研究に携わる傍ら、防災・減災活動を実践。産官学民の連携を図り、災害被害軽減の国民運動作りに関わり、南海トラフ地震対策を主導。
外部リンク

学位 2

  1. 工学博士 ( 1989年5月   名古屋大学 ) 

  2. 工学修士 ( 1981年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 21

  1. リアルタイム防災

  2. 振動モニタリング・センシング

  3. 災害情報

  4. 教材

  5. 減災

  6. 人材育成

  7. 防災教育・啓発

  8. 地域防災

  9. 地震防災

  10. 環境振動

  11. 住宅振動

  12. 制震

  13. 免震

  14. 耐震性能

  15. 地震応答

  16. 動的相互作用

  17. 地盤震動

  18. 地盤モデル

  19. 強震動

  20. 地震工学

  21. 耐震工学

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 工学@建築学@建築構造・材料

  2. その他 / その他  / 複合領域@自然災害科学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 建築構造物の振動性状に関する研究

  2. 地盤震動に関する研究

  3. 都市地震防災に関する研究

経歴 9

  1. 名古屋大学   減災連携研究センター   教授

    2012年1月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   減災連携研究センター   所長(センター長)

    2012年1月 - 2021年3月

  3. 名古屋大学減災連携研究センター、教授(兼務)

    2010年12月 - 2011年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学大学院環境学研究科副研究科長

    2009年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学   環境学研究科副研究科長

    2009年4月 - 2011年3月

  6. 名古屋大学大学院環境学研究科教授

    2001年4月 - 2011年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学先端技術共同研究センター教授

    1997年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 名古屋大学工学部助教授

    1991年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 清水建設(株)

    1981年4月 - 1991年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   工学研究科   建築学専攻

    - 1981年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   工学部   建築学科

    - 1979年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 11

  1. 日本地震工学会   会長

    2017年5月 - 2019年5月

  2. 日本地震工学会   副会長

    2013年6月 - 2015年5月

  3. 日本活断層学会   理事

    2012年4月 - 2014年3月

  4. 日本地震工学会   理事

    2008年4月 - 2011年3月

  5. 日本建築学会   理事

    2005年4月 - 2008年3月

  6. 防災教育普及協会   理事

    2014年9月 - 現在

  7. 地域安全学会

  8. 災害情報学会

  9. 地盤工学会

  10. 自然災害学会

  11. 日本工学アカデミー

    2016年9月 - 現在

▼全件表示

委員歴 72

  1. 名古屋市、災害弔慰金等支給審査委員会   委員長  

    2021年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  2. 国土交通省、国土審議会計画部会   特別委員  

    2021年9月 - 現在   

  3. 出光興産、安全保安諮問委員会   委員  

    2021年8月 - 2021年12月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  4. 名古屋都市センター、三の丸研究会(防災部会)   委員  

    2021年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  5. 内閣官房国土強靭化推進室事前防災・複合災害ワーキンググループ   委員  

    2020年12月 - 2021年5月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  6. 中央防災会議日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震対策検討ワーキンググループ   委員  

    2020年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  7. 内閣府病院船の活用に関する検討会   座長  

    2020年9月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  8. 中部防災推進ネットワーク   会長  

    2020年7月 - 現在   

  9. (財)国土技術研究センター地球環境問題を踏まえた都市・地域形成における技術政策に関する勉強会   委員  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  10. 岐阜市岐阜城天守閣耐震化検討委員会   副委員長  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  11. 資源エネルギー庁燃料安定供給対策に関する調査等事業検討委員会   委員  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  12. 日本商工会議所社会資本整備専門委員会   委員  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  13. 日本商工会議所地域BCM研究会   委員長  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  14. (独)日本学術振興会科学研究費委員会専門委員、審査・評価第2部会C小委員会II基盤研究(S)   委員  

    2020年4月 - 2021年11月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  15. 愛知県建築物耐震改修促進計画に関する有識者会議   座長  

    2020年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  16. 名古屋市地域強靱化計画の見直しに関する有識者懇談会   委員  

    2020年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  17. 最高裁判所建築関係訴訟委員会   委員  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  18. 愛知県後方支援を担う新たな防災拠点の整備に関する検討会   委員長  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  19. 内閣府南海トラフ地震臨時情報に伴う防災対応中部連絡会   委員  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  20. 静岡県耐震改修促進計画懇話会   委員長  

    2019年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  21. 大学共同利用機関法人自然科学研究機構・核融合科学研究所重水素実験安全評価委員会   委員  

    2018年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  22. 国土交通省国土技術行政の基本政策懇談会   委員  

    2018年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  23. 岡崎市総合計画審議会   委員  

    2017年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  24. 名古屋鉄道明治村国宝茶室「如庵」・重要文化財「旧正伝院書院」修理委員会   委員  

    2017年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  25. 緊急地震速報利用者協議会   会長  

    2017年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  26. 一般社団法人中部圏地域創造ファンド   評議員  

    2017年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  27. 愛知工業大学地域防災研究センター評価委員会   委員長  

    2016年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  28. 静岡県津波防災地域づくり推進アドバイザー   アドバイザー  

    2016年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  29. 地震調査研究推進本部政策委員会   委員長  

    2016年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  30. 内閣府相模トラフ沿いの巨大地震等による長周期地震動検討会   委員  

    2015年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  31. 内閣府TEAM防災ジャパン   アドバイザー  

    2015年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  32. 文部科学省HPCI計画推進委員会ポスト「京」で重点課題推進ワーキンググループ   委員  

    2015年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  33. 内閣府防災教育チャレンジプラン実行委員会   委員  

    2014年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  34. 公益財団法人 明治村   評議員  

    2014年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  35. (研)防災科学技術研究所強震観測事業推進連絡会議   委員  

    2014年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  36. 東三河地域防災協議会   オブザーバー  

    2014年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  37. 国土交通省社会資本整備審議会・交通政策審議会 技術部会    臨時委員  

    2013年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  38. (一社)日本ガス協会ガス工作物技術基準調査委員会第3小委員会   委員長  

    2013年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  39. (一社)日本ガス協会ガス工作物技術基準調査委員会   委員  

    2013年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  40. 安城市減災まち作り研究会   顧問  

    2013年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  41. 西三河防災減災連携研究会   座長  

    2013年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  42. (公財)ひょうご震災記念21世紀研究機構人と防災未来センター   上級研究員  

    2013年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  43. 静岡県防災・原子力学術会議 地震・火山対策分科会   委員  

    2012年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  44. 三重県防災・減災対策検討会議   委員  

    2012年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  45. 田原市防災会議   専門委員  

    2012年2月 - 現在   

  46. 国土交通省中部地方整備局南海トラフ地震対策中部圏戦略会議   委員  

    2011年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  47. 愛知県、防災局アドバイザー   アドバイザー  

    2011年8月 - 現在   

  48. 石川県防災会議専門委員、震災対策部会   委員  

    2011年7月 - 2012年3月   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  49. 愛知県防災安全局   アドバイザー  

    2011年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  50. 田原市防災会議   専門委員  

    2011年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  51. 愛知県警察本部災害対策課   アドバイザー  

    2011年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  52. 愛知県、防災対策有識者懇談会   会長  

    2011年4月 - 2013年6月   

  53. 名古屋市、地震災害対策の強化推進に係る緊急提言会議   幹事  

    2011年4月 - 2011年6月   

  54. 内閣府、災害被害を軽減する国民運動   サポーター  

    2010年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  55. 防災推進協議会、防災知識の普及啓発に関する検討委員会   委員長  

    2010年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  56. 愛知県設計用入力地震動研究協議会設計用入力地震動作成検討部会   部会長  

    2010年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  57. 愛知建築地震災害軽減システム研究協議会   会長  

    2010年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  58. 東京大学地震研究所協議会   協議員  

    2010年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  59. 内閣府災害被害を軽減する国民運動   サポーター  

    2010年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  60. 東京大学地震研究所協議会   協議員  

    2010年4月 - 2012年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  61. 愛知県あいち防災協働社会形成推進協議会   アドバイザー  

    2007年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  62. 全国知事会地方自治先進政策センター・頭脳センター   専門委員  

    2007年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  63. 岐阜県建築構造専門委員会   委員  

    2007年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  64. 文部科学省科学技術・学術審議会   専門委員  

    2006年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  65. 文部科学省防災科学技術委員会   委員  

    2006年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  66. 愛知建築地震災害軽減システム研究協議会   会長  

    2005年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  67. 京都大学防災研究所巨大災害研究センター運営協議会   委員  

    2004年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  68. (株)確認サービス構造性能評価委員会   副委員長  

    2004年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  69. (株)確認サービス耐震評定委員会委員   委員  

    2004年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  70. 日本建築学会司法支援建築会議   委員  

    2001年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  71. 東京大学生産技術研究所   研究員  

    1997年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  72. (財)愛知県建築住宅センター耐震構造委員会   委員  

    1995年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

▼全件表示

受賞 20

  1. 防災功労者内閣総理大臣表彰

    2019年9月   内閣総理大臣  

  2. 防災担当大臣表彰防災功労者

    2014年9月   内閣府  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(理解増進部門)

    2007年4月   文部科学省  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    体感型振動実験教材を用いた耐震化の理解増進と防災普及啓発

  4. 日本建築学会賞(論文)

    2003年5月   日本建築学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    構造物と地盤の振動現象の解明と都市地震防災への活用に関する研究

  5. 日本建築学会教育賞(教育貢献)

    2008年5月   日本建築学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  6. 日本建築学会著作賞

    2019年5月   日本建築学会   次の震災について本当のことを話してみよう。

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  7. 地域安全学会技術賞

    2008年11月   地域安全学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  8. 日本災害情報学会廣井賞

    2009年10月   日本災害情報学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  9. 第25回工学教育賞、論文・論説部門

    2021年3月   日本工学教育協会   2スケールの実験を組み合わせる体験型教育の提案と実践

    山口皓平、原進、井上剛志、岡本正吾、宮田喜久子、福和伸夫、飛田潤

  10. グッドデザイン賞(新領域デザイン部門)

    2007年10月   財団法人日本産業デザイン振興会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    触れて学ぶ耐震実験教材「ぶるる」

  11. 日本耐震グランプリ

    2009年11月   東京いのちのポータルサイト  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  12. 兵庫県功労者 防災功労

    2021年5月   兵庫県  

    福和伸夫

  13. 第25回工学教育賞、論文・論説部門

    2021年3月   日本工学教育協会   2スケールの実験を組み合わせる体験型教育の提案と実践:実際の免振建築物を用いた自由振動実験と模型装置を用いた振動のアクティブ制御実験による振動と制御の工学教育

    山口皓平、原進、井上剛志、岡本正吾、宮田喜久子、福和伸夫、飛田潤

  14. Yahoo!ニュース 個人、12月の月間MVA

    2020年1月   Yahoo   南海トラフ地震の津波避難のため、テレビ各局がヘリ映像を共有化する「名古屋モデル」

  15. ジャパンレジシエンスアワード2019、優秀賞

    2019年3月   一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会   産官学の結集による地域強靭化推進拠点「あいち・なごや強靭化共創センター」の設立とその実践

    あいち・なごや強靭化共創センター

  16. Yahoo!ニュース 個人、10月の月間MVA

    2018年11月   Yahoo   ダンパー改ざん、不正は許されないが安全への過度な心配は不要、技術への信頼失墜は重大

  17. Yahoo!ニュース 個人、9月の月間MVA

    2018年10月   Yahoo   震度 7 で孤立した北海道、台風被害で足止めの関空 自律とボトルネック解消の大切さ

  18. ジャパンレジシエンスアワード2017 最優秀レジリエンス賞

    2017年3月   一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会   高校生防災セミナー

    減災連携研究センター&愛知県教育委員会&愛知県防災局

  19. ジャパンレジシエンスアワード2016 最優秀レジリエンス賞

    2016年3月   一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会   防災・減災カレッジ

    あいち防災協働社会推進協議会

  20. ジャパンレジシエンスアワード2015 最優秀レジリエンス賞

    2015年3月   一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会   減災館を活用した減災ルネサンス

    減災連携研究センター

▼全件表示

 

論文 854

  1. 組織間連携構築のための「住」をテーマとした防災研修プログラムの開発

    荒木裕子、新井伸夫、倉田和己、千葉啓広、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 361 - 362   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. 人間の動作による加振力を低減するための大質量・低剛性防振架構の振動特性

    小澤摩納、朝日智生、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 425 - 426   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. 多様なセンサーに対応した総合的波形分析・可視化システムの開発 その2 センサーの性能評価とリアルタイム波形処理

    平井敬、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 995 - 996   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. 多様なセンサーに対応した総合的波形分析・可視化システムの開発 その1:時系列データのオブジェクト指向分析と波形処理 Web システムの設計

    大田川駿也、平井敬、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 993 - 994   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. オイルダンパーの交換に伴う免震建物の減衰特性とオイルダンパー特性の計測

    金子直人、前田理沙、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 929 - 930   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. 多様な振動観測に基づく免震建物の振動特性評価 その2 自由振動実験に基づく振動特性の評価

    佐藤龍汰、高井和巳、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 925 - 926   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. 多様な振動観測に基づく免震建物の振動特性評価 その1 微動・強震観測記録に基づく振動特性の評価

    高井和巳、佐藤龍汰、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 923 - 924   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. 文化財茶室・書院建築の振動特性その2(構造モデルによる検討)

    藤井智規、吉原明里、平井敬、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 885 - 886   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. 文化財茶室・書院建築の振動特性その1(常時微動計測及び加振実験結果に基づく補修前後の比較)

    吉原明里、藤井智規、平井敬、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 883 - 884   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. 加振試験に基づく免震オイルダンパーの減衰特性と性能評価法の検討

    前田理沙、金子直人、中村悠太、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 497 - 498   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. 微動源の特性と配置が分散曲線推定結果に及ぼす影響 常時微動シミュレーションに基づく検討

    石川舞花、平井敬、高橋広人、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 327 - 328   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. 地震時被害予測のためのエレベーターロープの応答解析手法の検討

    杉浦崚介、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 183 - 184   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. 災害と住宅 招待有り

    福和伸夫

    住宅   ( 70 ) 頁: 3 - 5   2021年9月

  14. 彼を知り己を知れば百戦殆からず」で南海トラフ地震を乗り越え「災い転じて福となす」 招待有り

    福和伸夫

    ネットわーク   ( 187 ) 頁: 8 - 9   2021年9月

  15. 地域と連携した強震観測の展開 招待有り

    飛田潤、福和伸夫、平井 敬

    日本地震学会ニュースレター   74 巻 ( NL3 ) 頁: 20 - 23   2021年9月

  16. 歴史に学び来たる災禍を乗り越え未来を拓く 招待有り

    福和伸夫

    日本鉄道施設協会誌   ( 59 ) 頁: 2 - 2   2021年9月

  17. 温故知新で未来を拓く 招待有り

    福和伸夫

    BELCA NEWS   ( 176 ) 頁: 1 - 1   2021年7月

  18. 過去の災禍に学ぶ来たる大震災への対策

    福和伸夫

    安全工学シンポジウム     2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. 広域大規模災害への連携対応を目的とした社会基盤情報整理-重層的管理を伴う上水の早期復旧を対象とした試み- 査読有り

    千葉啓広、新井伸夫、倉田和己、荒木裕子、福和伸夫

    災害情報   ( 19-2 ) 頁: 109 - 120   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. 震源域におけるグリーン関数の空間分布と強震動生成域の配置に関する研究 査読有り

    寺島芳洋,福和伸夫

    日本建築学会構造系論文集   86 巻 ( 783 ) 頁: 696 - 705   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. 巨大地震に備えて 招待有り

    福和伸夫

    月刊技術士   ( 4 ) 頁: 3 - 3   2021年4月

  22. 必ず来る地震に備え災い転じて福と為す 招待有り

    福和伸夫

    RE   ( 210 ) 頁: 22 - 25   2021年4月

  23. 災害発生のメカニズムを理解・納得し、我がことと考え対策を誘発するための減災館 招待有り

    福和伸夫

    理科教育ニュース     頁: 2-3   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  24. Significance of Disaster Debris Reduction for Disaster Waste Management

    N. Hirayama and N. Fukuwa

    proceedings of 17th WCEE     2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. 実在免震建物の振動実験におけるオイルダンパーの減衰力計測 査読有り

    金子直人、前田理沙、飛田潤、福和伸夫、中村悠太

    構造工学論文集   67B 巻   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. 南海トラフ地震に対する杭基礎中層庁舎建物の応答評価と防災啓発への活用 査読有り

    護雅史、飛田潤、福和伸夫

    構造工学論文集   67B 巻   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. 地震調査研究推進本部 東北地方太平洋沖地震から10年 政策委員会 招待有り

    福和伸夫

    地震本部ニュース     頁: 4   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  28. 科学と災害 減災のための報道、巻頭言 招待有り

    福和伸夫

    JASTJ NEWS   ( 23 ) 頁: 98   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  29. 地震のときの揺れを体感し、建物の耐震対策を誘発するための教材作り 招待有り

    福和伸夫

    理科教育ニュース     頁: 2-3   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  30. 過去の災禍を振り返り今後について考える~「知彼知己者、百戰不殆」で「転禍為福」~ 招待有り

    福和伸夫

    日本建築学会振動運営委員会シンポジウム「東日本大震災から10年 ―建築振動分野の課題と展望」     頁: 103-112   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  31. 震度観測体制の年代差・地域差の定量評価と震度情報の解釈 査読有り

    杉山充樹、吉岡優樹、平井敬、福和伸夫

    日本地震工学会論文集   20 巻 ( 7 ) 頁: 101-119   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. 様々な災禍を乗り越える「生きる力」を育むために 招待有り

    福和伸夫

    月刊「日本教育」   ( 10月 ) 頁: pp.8-11   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  33. 基礎自治体職員向け防災研修の実態から考える県域を対象とした研修の役割 査読有り

    荒木裕子、新井伸夫、倉田和己、福和伸夫、加藤孝則、近藤昭仁、高橋拓也

    地域安全学会論文集   37 巻   頁: 151-158   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. 愛知県における震災時の医療用医薬品供給体制

    太宅啓人、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 605-606   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. 新型コロナ禍の先の時代を見据えて 招待有り

    福和伸夫

    消防防災の科学   141 巻   頁: pp.4-6   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  36. リスクと監査 招待有り

    福和伸夫

    監査役   ( 713 ) 頁: p.3   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  37. Long-Term Vibration Experiment of a Base Isolated Building

    J. Tobita and N. Fukuwa

    proceedings of 17th WCEE     頁: 12p   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Estimation of Earthquake Ground Motions by Mega-quake along Nankai Trough for Structural Design in Tokai Region, Japan

    M. Mori, N. Fukuwa, T. Nishizawa K. Umemura, J. Miyakoshi, A. Oana, K. Dan, H.Takahashi, S. Ito

    proceedings of 17th WCEE     頁: 12p   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. 災害初動期における浸水推定図を用いた災害廃棄物量の推定手法

    平山修久、中村晋一郎、福和伸夫、野村一保

    第31回廃棄物資源循環学会研究発表会     頁: 4p   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. 地震によるエレベーターの運転停止と閉じ込めの事例分析、地震によるエレベーターの運転停止と閉じ込めの事例分析

    杉浦崚介、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 2267-2268   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. 集客施設で生じるたてのり振動の制御及び人体の動的応答を考慮した不快感の評価に関する研究

    小澤摩納、朝日智生、福和伸夫、駒澤真人

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 439-440   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. 常時微動計測及び自由振動実験に基づく文化財茶室・書院建築の振動特性

    吉原明里、藤井智規、平井 敬、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 557-558   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. 建設段階における超高層免震建物の振動計測(その2)常時微動及び新幹線列車振動を利用した建物内のせん断波伝播の検討

    井上莉彩子、佐藤龍汰、飛田潤、福和伸夫、奥祥平

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 537-538   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. 建設段階における超高層免震建物の振動計測(その1)建設段階の振動特性の変化

    佐藤龍汰、井上莉彩子、飛田潤、福和伸夫、奥祥平

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 535-536   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. 免震・制振オイルダンパーの減衰性能評価実験(その2 可搬型現地性能試験にむけた小型ダンパー実験)

    前田理沙、金子直人、中村悠太、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 533-534   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. 免震・制振オイルダンパーの減衰性能評価実験(その1 実在免震建物の振動実験に基づく減衰性能評価)

    金子直人、前田理沙、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 531-532   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. 南海トラフ地震に対する杭基礎中層庁舎建物の応答評価とその防災対策への活用

    護雅史、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 269-270   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. モバイル空間統計に基づく南海トラフ地震臨時情報発表時の津波防災対応計画に向けた浸水域の人口特性の把握

    松原 健太郎、飛田 潤、福和 伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 261-262   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. 震度観測の時空間的特徴の把握に関する研究 その2 空間分布に関する検討

    吉岡優樹、杉山充樹、平井敬、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 229-230   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. 震度観測の時空間的特徴の把握に関する研究 その1 震度観測の変遷に関する検討

    杉山充樹、吉岡優樹、平井敬、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 227-228   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. 防災意識啓発・振動論教育用教材としてのアプリケーションの開発に向けた検討

    橋本麻友子、平井敬、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 13-14   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. 被災者の住まいの確保に影響を及ぼす住宅耐震化率の変遷と現状

    鈴木朝貴、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 749-750   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. 震災時における産業用石油製品の需給に関する研究

    碓氷匠、新井伸夫、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 611-612   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. 阪神・淡路大震災の最大の教訓「耐震化」を抜本的に進めたい 招待有り

    福和伸夫

    HEM21     頁: p.1   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  55. Experience-Based Lecture for Vibration Engineering Using Dual-Scale Experiments: Free Vibration of an Actual Seismic Building and Controlling the Vibration of Scale-Down Experimental Model 査読有り

    IEEE Access   8 巻   頁: 94767-94779   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. 南海トラフ広域地震防災研究プロジェクト 招待有り

    金田義行、福和伸夫、小平秀一、古村孝志

    地震本部ニュース   12 巻 ( 4 ) 頁: pp.4-7   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  57. 産学官民が連携して大規模災害に立ち向かう拠点「減災館」 招待有り

    福和伸夫

    産学官連携ジャーナル     頁: pp.4-6   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  58. 阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震の教訓を活かし来る大地震に備える、特集・平成における震災の記憶と教訓 招待有り

    福和伸夫

    BELCA NEWS   ( 170 ) 頁: pp.23-28   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  59. ステップ関数成分除去による強震加速度記録に基づく変位波形推定 査読有り

    森脇美沙、平井敬、福和伸夫

    日本建築学会構造系論文集   85 巻 ( 767 ) 頁: 29-37   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. 災い転じて福となせる行政マンの育成を~防災、国土・まちを築く技術者~ 招待有り

    福和伸夫

    試験と研修   ( 51 ) 頁: p.1   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  61. Experience-Based Lecture for Vibration Engineering Using Dual-Scale Experiments: Free Vibration of an Actual Seismic Building and Controlling the Vibration of Scale-Down Experimental Model

    Yamaguchi Kohei, Hara Susumu, Okamoto Shogo, Inoue Tsuyoshi, Miyata Kikuko, Fukuwa Nobuo, Tobita Jun

    IEEE ACCESS   8 巻   頁: 94767 - 94779   2020年

  62. 南海トラフ沿いの異常な現象への防災対応 招待有り

    福和伸夫

    地震ジャーナル   ( 68 ) 頁: pp.1-13   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  63. 国難といわれる南海トラフ地震で医療を継続するために 招待有り

    福和伸夫

    麻酔   68 巻 ( 38 ) 頁: pp.36-46   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  64. 災害廃棄物処理からみた住宅耐震化に係る災害時の社会的費用の低減効果に関する検討 査読有り

    平山修久、福和伸夫

    地域安全学会論文集   ( 35 ) 頁: 263-269   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. モバイル空間統計を用いた人口動態に基づく地域類型化と地震対策への活用 査読有り

    山田航輝、倉田和己、福和伸夫

    日本建築学会計画系論文集   84 巻 ( 765 ) 頁: 2345-2356   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. 関東平野における長周期地震動の伝播特性と震源位置による変動 査読有り

    寺島芳洋,福和伸夫

    日本地震工学会論文集   19 巻 ( 6 ) 頁: 16-35   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. 今後10年 将来に向けた課題 招待有り

    福和伸夫

    日本地震工学会誌   ( 38 ) 頁: 32-35   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  68. 長周期地震動と地震工学 招待有り

    福和伸夫

    日本地震工学会・大会-2019梗概集     頁: 6p.   2019年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. 相反定理を用いた関東平野における長周期地震動の震源位置による変動

    寺島芳洋、福和伸夫

    日本地震工学会・大会-2019梗概集     頁: 10p.   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. 永久磁石とボールベアリングを用いた教育用せん断振動模型の開発 査読有り

    江原夏季、平井敬、福和伸夫

    日本建築学会構造系論文集   84 巻 ( 763 ) 頁: 1165-1173   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. 地震観測・常時微動計測に基づく杭基礎中層庁舎建物の振動特性に関する分析

    天野靖大、護雅史、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 1025-1026   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. 永久磁石とボールベアリングを用いたせん断振動模型の静的・動的復元力特性

    江原夏季、平井敬、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 941-942   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. 建設中の超高層免震建物の継続的な振動計測

    井上莉彩子、福和伸夫、飛田潤、高橋武宏、竹内祥平、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 707-708   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. フーリエ振幅と群遅延時間によるグリーン関数の補間を用いた効率的地震動評価手法

    福井優太、平井敬、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 573-574   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. 大阪府北部の地震の地震動特性に関する研究 兵庫県南部地震及び2018年島根県西部の地震と比較して

    杉山充樹、平井敬、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 547-548   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. 有限差分法を用いた常時微動シミュレーションによるH/Vスペクトルと分散曲線

    水間健太、平井敬、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 511-512   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. 有限差分法による長周期地震動シミュレーションと波線追跡法による伝播経路の推定

    寺島芳洋、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 467-468   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. モバイル空間統計を用いた地域災害特性の類型化と地震被害想定に向けた活用 その3 津波浸水域における災害対応力の時間変化に関する検討

    松原健太郎、倉田和己、山田航輝、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 345-346   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. モバイル空間統計を用いた地域災害特性の類型化と地震被害想定に向けた活用の検討 その2 地域類型化による日中の人口流入・流出地域における災害リスクの評価

    山田航輝、倉田和己、松原健太郎、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 343-344   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. モバイル空間統計を用いた地域災害特性の類型化と地震被害想定に向けた活用の検討 その1 クラスター分析を用いた一日の人口変動に基づく地域類型化手法の提案

    倉田和己、山田航輝、松原健太郎、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 341-342   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. 振動実験に基づく免震建物の応答と免震装置の特性 その2 免震装置の摩擦と粘性減衰特性

    鵜生明穂、飛田潤、福和伸夫、金子直人

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 279-280   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. 振動実験に基づく免震建物の応答と免震装置の特性 その1 免震建物の応答性状とオイルダンパーの減衰特性

    金子直人、鵜生明穂、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 277-278   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. 南海トラフ地震後の産業早期復旧を妨げる要因の分析

    碓氷匠、倉田和己、新井伸夫、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 907-908   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. アンケートと現状分析に基づく災害拠点病院の課題と対策

    太宅啓人、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 787-788   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. 地区防災カルテをきっかけとした減災まちづくり推進に関する研究(その2) 地区防災カルテの位置づけと活用

    石原宏、新井伸夫、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 391-392   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. 南海トラフ地震に関連する情報(臨時)が出された際の福祉施設の対応に関する研究 串本町に立地する特養にしき園の事例

    木作尚子、福和伸夫

    日本建築学会大会学術講演梗概集     頁: 511-512   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. 巨大地図を用いた災害廃棄物ワークショップ手法の検討

    平山修久、太田智大、永田尚人、葛畑秀亮、吉識郷、福和伸夫、河田惠昭

    廃棄物資源循環学会研究発表会     頁: 119-120   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. 南海トラフ地震から地域と家族を守るために

    福和伸夫

    広報ちりゅう   ( 901 ) 頁: 7   2019年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. 建築物の地震対策と社会の防災意識 招待有り

    福和伸夫

    RE   ( 203 ) 頁: 38-41   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  90. 彼を知り己を知れば百戦殆うからずの備え 招待有り

    福和伸夫

    JFMAジャーナル   ( 195 ) 頁: 45-47   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  91. 長周期地震動に対する気象庁の取り組みへの期待 招待有り

    福和伸夫

    2019年度版気象年鑑   8 巻   頁: 3   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  92. 彼を知り己を知れば百戦殆うからず 招待有り

    福和伸夫

    Strec協会ニュース   ( 60 ) 頁: 18   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  93. 理科から社会に主役が移った南海トラフ地震対策 招待有り

    福和伸夫

    日本災害情報学会NewsLetter   ( 77 ) 頁: 3   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  94. 平成の時代の地震と地震工学 招待有り

    福和伸夫

    地震工学会NEWSLETTER   8 巻 ( 1 ) 頁: 2-3   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  95. 着眼大局・着手小局で災い転じて福となす 招待有り

    福和伸夫

    生活協同組合研究   518 巻   頁: 8   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  96. 南海トラフ地震の被害軽減を目指す研究・備え・対応の拠点「名古屋大学減災館」 招待有り

    福和伸夫

    全科協ニュース   49 巻 ( 1 ) 頁: 8-9   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  97. 巨大災害を前にした防災・減災に応える社会資本 招待有り

    福和伸夫

    道路建設   ( 773 ) 頁: 6   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  98. 地区防災カルテをきっかけとした減災まちづくりの推進に関する研究(その 1) ~稲沢市下津地区~

    石原宏、新井伸夫、福和伸夫

    日本建築学会東海支部研究発表会論文集     頁: 4   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. 中部地域での南海トラフ地震対策の現状 招待有り

    福和伸夫

    都市計画   ( 337 ) 頁: 28-33   2019年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  100. 長周期地震動対策を促す名古屋大学減災館での取り組み 招待有り

    福和伸夫

    BELCA NEWS   30 巻 ( 166 ) 頁: 28-33   2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  101. 関東平野における長周期地震動の伝播特性と震源位置による変動

    寺島芳洋,福和伸夫

    第15回日本地震工学シンポジウム     頁: 1739-1748   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. 免震建物を活用した多様な振動実験・計測

    鵜生明穂,飛田潤,福和伸夫

    第15回日本地震工学シンポジウム     頁: 3485-3494   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. 東海地域における南海トラフの地震に対する設計用入力地震動について

    宮腰淳一、壇 一男、石井やよい、小穴温子、福和伸夫、護 雅史、西澤崇雄、梅村建次、千賀英樹、高橋広人

    第15回日本地震工学シンポジウム     頁: 3102-3111   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. 生体損傷回復の誘導原理を応用した社会インフラの復旧戦略

    上田遼、福和伸夫

    第15回日本地震工学シンポジウム     頁: 3082-3091   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. 諦める災害と乗り越える災害 招待有り

    福和伸夫

    J2TOP     頁: 13-15   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  106. 予知から防災へ~「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」で大災害を乗り越える 招待有り

    福和伸夫

    月刊不動産流通   ( 439 ) 頁: 8-9   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  107. モバイル空間統計を用いた時空間的な人口集積エリアの解明と災害時の事態想定に向けた基礎的検討

    山田航輝、倉田和己、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1031-1032   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. 産業維持のため地震時の機能不全の全体像を俯瞰し個社の対策を進める 招待有り

    福和伸夫

    研究レターHEM21OPINION   ( 49 ) 頁: 1   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  109. 社会のあらゆる力を結集し巨大地震災害の被害軽減を図る 招待有り

    福和伸夫

    法律のひろば   71 巻 ( 9 ) 頁: 36-45   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  110. 見たくないことを見て「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」で「災い転じて福となす」 招待有り

    福和伸夫

    ACe建設業界   89 巻   頁: 30-31   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  111. 南海トラフ地震を想定した東海地域における設計用入力地震動の策定 その4 長周期建物の地震時応答評価

    西澤崇雄、梅村建次、千賀英樹、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 801-802   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. 南海トラフ地震を想定した東海地域における設計用入力地震動の策定 その3 地震動評価結果

    宮腰淳一、壇一男、小穴温子、石井やよい、高橋広人、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 799-800   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. 南海トラフ地震を想定した東海地域における設計用入力地震動の策定 その2 断層モデルの設定と要素地震

    小穴温子、壇一男、宮腰淳一、石井やよい、高橋広人、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 797-798   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. 南海トラフ地震を想定した東海地域における設計用入力地震動の策定 その1 地震動策定の位置づけと経緯、及び評価地点

    護雅史、福和伸夫、西澤崇雄、梅村建次、壇一男、宮腰淳一、高橋広人

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 795-796   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. 2016年4月1日三重県南東沖地震の強震観測記録を用いた南海トラフ巨大地震の地震動予測

    福井優太、平井敬、倉田和己、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 793-794   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. スペクトルフィッティングを用いたステップ関数成分除去による地震動変位の推定

    森脇美沙、平井敬、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 757-758   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. 2016年熊本地震に関する新聞記事の分析

    杉浦友亮、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 661-662   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. グリーン関数の相関性を活用した有限差分法による常時微動シミュレーション

    水間健太、平井敬、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 617-618   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. 防災意識啓発及び振動論教育のための磁石とベアリングを用いた剪断振動模型の開発

    江原夏季、平井敬、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 539-540   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. 振動計測に基づく2016年熊本地震で被災した低層RC造杭基礎建物及びその周辺地盤の振動特性の分析

    丹裕也、護雅史、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 485-486   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. 実在免震建物を活用した多様な振動実験・計測(その3 免震層擁壁の変形特性と動土圧発生の特性)

    成澤健太、飛田潤、福和伸夫、鵜生明穂、梅村巧

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 227-228   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. 実在免震建物を活用した多様な振動実験・計測(その2 常時微動・振動実験・地震観測に基づく立体振動特性)

    梅村巧、飛田潤、福和伸夫、成澤健太、鵜生明穂

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 225-226   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. 実在免震建物を活用した多様な振動実験・計測(その1 振動実験に基づく免震建物の振動特性の推定)

    鵜生明穂、飛田潤、福和伸夫、成澤健太、梅村巧

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 223-224   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. 2016年三重県南東沖の地震の強震観測記録に基づく東海地域の建物応答の分析

    国松行、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 195-196   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. 常時微動計測に基づく杭基礎中層庁舎建物の振動特性に関する分析

    天野靖大、護雅史、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: pp.103-104   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. 質問紙調査に基づく全国防災学習施設データベースの開発

    倉田和己、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 35-36   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. 生体損傷回復の誘導原理を応用した社会インフラの復旧戦略に関する試論

    上田遼、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 183-184   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. 彼を知り己を知れば百戦殆うからず 招待有り

    福和伸夫

    STRUCTURE   ( 147 ) 頁: 12-13   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  129. ICTを活用し総力で国難・南海トラフ地震を凌ぐ 招待有り

    福和伸夫

    JACIC情報   ( 118 ) 頁: 5-8   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  130. 彼を知り己を知れば百戦殆うからず 招待有り

    福和伸夫

    地震ジャーナル   ( 65 ) 頁: 1   2018年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  131. 総論:南海トラフ地震への地震工学の取組み 招待有り

    福和伸夫

    日本地震工学会誌   ( 34 ) 頁: 1-4   2018年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  132. 名古屋大学減災館を活用した振動工学教育 査読有り

    岡本正吾、原進、福和伸夫、野田利弘、田代喬、飛田潤、長江拓也、倉田和己、井上剛志

    工学教育   66 巻 ( 2 ) 頁: 64-68   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  133. 愛知県内自治体の地区防災カルテと地域組織に関する調査

    石原宏、新井伸夫、福和伸夫

    日本建築学会東海支部研究発表会論文集     頁: 681-684   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  134. 実在免震建物の振動実験による減衰特性の推定

    鵜生明穂、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会東海支部研究発表会論文集     頁: 125-128   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  135. 2016年4月1日三重県南東沖の地震の強震観測記録を用いた南海トラフ巨大地震の地震動予測と地震応答体験環境の構築

    福井優太、平井敬、倉田和己、福和伸夫

    日本建築学会東海支部研究発表会論文集     頁: 121-124   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  136. 災害に強い地域作りと危機管理~災害対応力の強化と減災~② 招待有り

    福和伸夫

    判例地方自治   ( 428 ) 頁: 101-105   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  137. 名古屋大学減災館~南海トラフ地震を前にした研究・備え・対応の拠点~ 招待有り

    福和伸夫

    建築防災   ( 481 ) 頁: 16-21   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  138. 災害に強い地域作りと危機管理~災害対応力の強化と減災~① 招待有り

    福和伸夫

    判例地方自治   ( 427 ) 頁: 101-105   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  139. 実効性のあるBCPの策定に向けて社会のボトルネックを明らかにする試み-『本音の会』の取り組み-

    新井伸夫、土屋泰広、近藤斎、大熊裕輝、都築充雄、福和伸夫

    日本地震工学会     頁: x   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  140. 愛知県周辺地域における設計入力地震動の検討

    護雅史、西澤崇雄、梅村建次、千賀英明、壇一男、宮腰淳一、高橋広人、福和伸夫

    シンポジウム「大振幅地震動に対する設計と地震対策の最新動向」、日本建築学会近畿支部     頁: x   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  141. 強震動データの有効活用へ向けた可視化統合プラットフォームの構築

    倉田和己、福井優太、平井敬、福和伸夫

    日本地震工学会     頁: x   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  142. 南海トラフ広域地震防災研究プロジェクト(中間報告)

    金田義行、福和伸夫、小平秀一、古村孝志

    日本地震学会秋季大会     頁: x   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  143. 災害情報共有システムの社会実装に向けたマネジメント-基礎自治体の総合防災訓練へ適用における課題-

    千葉啓広、倉田和己、坂上寛之、新井伸夫、福和伸夫

    日本災害情報学会     頁: x   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  144. 南海トラフ地震タイムライン策定に向けた検討

    紅林優樹、平山修久、福和伸夫

    日本災害情報学会     頁: x   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  145. 災害時疎開シミュレーションの構築と検証

    齊藤健太、廣井悠、福和伸夫

    日本災害情報学会     頁: x   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  146. 私たちも住民。他の専門域では素人。 招待有り

    竹内薫、福和伸夫

    建築雑誌   132 巻 ( 1701 ) 頁: 16-21   2017年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  147. 2016年熊本地震で被災した低層RC造杭基礎建物の非線形相互作用解析 常時微動計測結果に基づく検討

    丹裕也、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 765-766   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  148. 鋳鉄柱脚および鋼柱脚のすべり摩擦性状に関する振動台実験

    西崚汰、長江拓也、榎田竜太、福和伸夫、平井敬

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 557-558   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  149. 大型振動台を用いた構造骨組加力実験と解析評価 その2 数値モデルによるS造評価

    鳥谷尾駿佑、長江拓也、松宮智央、岡崎太一郎、高橋典之、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 543-544   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  150. 実在免震建物を利用した振動実験環境 その2 動土圧と周辺地盤の振動

    成澤健太、飛田潤、福和伸夫、鵜生明穂

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 539-540   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  151. 実在免震建物を利用した振動実験環境 その1 免震建物の基本的な振動特性の評価

    鵜生明穂、飛田潤、福和伸夫、成澤健太

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 537-538   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  152. 常時微動計測に基づく大規模杭基礎構造物の立体振動挙動

    奥祥平、都築充雄、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 523-524   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  153. 仮想現実技術と振動台を組み合わせた超高層建物の地震応答体験環境の構築

    福井優太、倉田和己、平井敬、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 407-408   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  154. グリーン関数の相反性を利用した長周期地震動作成システムの構築

    平井敬、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 405-406   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  155. 中京地域で発生する長周期 地震動に対する不整形な堆積盆地構造の影響

    山田沙代、平井敬、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 317-318   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  156. 地震動予測式への適用を前提とする地域の地震観測記録を用いたサイト特性の推定

    高橋広人、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 245-246   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  157. 高密度強震観測記録に基づく2016年三重県南東沖の地震による東海地方の地震動の特性分析

    小島大輝、山田沙代、平井敬、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 173-174   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  158. 防災・減災啓発施設の利活用による学習効果の評価に関する探索的研究

    高橋花野子、倉田和己、福和 伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 5-6   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  159. 自然災害と地域特性を考慮した企業倒産に関する基礎的研究

    松本武士、廣井悠、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 907-908   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  160. 東海4県の地震災害リスクに関する空間データベースの構築と土地利用評価へ向けた基礎的検討 その2 地 震災害リスク把握の試みと情報共有ツールの有用性の検討

    倉田和己、山田航輝、石原宏、新井伸夫、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 787-788   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  161. 東海4県の地震災害リスクに関する空間デー?ベースの構築と土地利用評価へ向けた基礎的検討 その1 空間データベースの概要と地震ハザード分布傾向の把握

    山田航輝、倉田和己、石原宏、新井伸夫、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 785-786   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  162. 平成28年熊本地震後の人口移動との比較による震災時疎開シミュレーションの検証

    齊藤健太、廣井悠、福和 伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 747-748   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  163. 中京地域で発生する長周期地震動に対する堆積盆地及び付加体の影響 査読有り

    山田沙代、平井敬、福和伸夫

    日本建築学会構造系論文集   82 巻 ( 738 ) 頁: 1165-1175   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  164. 新会長挨拶 招待有り

    福和伸夫

    日本地震工学会誌   31 巻   頁: 1   2017年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  165. 平常時と災害時の両面で活用できる地域災害情報収集・共有システムの開発と適用 査読有り

    倉田和己、新井伸夫、千葉啓広、上園智美、福和伸夫

    災害情報   6 巻 ( 15 ) 頁: 251-258   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  166. 「地」を大切に「克災」し「減災ルネサンス」で未来を拓く 招待有り

    福和伸夫

    土木学会誌   102 巻 ( 6 ) 頁: x   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  167. IN-PLANE DYNAMIC BEHAVIOR OF TWO ADJACENT BUILDINGS FOCUSED ON DIFFERENT EMBEDMENT DEPTHS AND FOUNDATION TYPES 査読有り

    Ogut Oguz Can、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会構造系論文集   82 巻 ( 734 ) 頁: 521-531   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  168. 地震被害軽減のため研究と減災行動を繋ぐ 招待有り

    福和伸夫

    水文・水資源学会誌   30 巻 ( 2 ) 頁: 85-88   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  169. 実在免震建物を利用した振動実験環境の構築 査読有り

    成澤健太、福和伸夫、飛田潤

    構造工学論文集   63B 巻 ( 1 ) 頁: 251-258   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  170. 講義を行う建物ごと自由振動させる体験型振動工学授業の試み 査読有り

    原進、福和伸夫、野田利弘、田代喬、飛田潤、長江拓也、倉田和己、井上剛志

    計測自動制御学会論文集   53 巻 ( 1 ) 頁: 99-101   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  171. 兵庫県南部地震・熊本地震から改めて学ぶ建築物の耐震性 招待有り

    福和伸夫

    HEM21研究レター   39 巻   頁: 1   2017年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  172. Effect of Rocking Foundation Input Motion on The Nonlinear Response Characteristics of Superstructure

    Proc. of 16th World Conference on Earthquake Engineering     頁: 11p   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  173. Three-Dimensional Surface Layer Model for Strong Motion and Liquefaction Prediction

    Proc. of 16th World Conference on Earthquake Engineering     頁: 11p   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  174. Green's Function Database and Detailed Ground Motion Prediction for Central Japan Based on The Reciprocity Theorem

    Proc. of 16th World Conference on Earthquake Engineering     頁: 12p   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  175. 歴史に学び現代を点検し大震災に備える 招待有り

    福和伸夫

    日本ばね学会2016年秋季ばね及び復元力応用講演会講演論文集     頁: 1-3   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  176. 地震防災対策の現状と課題~熊本地震を受けて今後を考える~ 招待有り

    福和伸夫

    自治体法務研究   2016年冬号 巻   頁: 11-15   2016年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  177. 地震動観測記録と有限差分解析に基づく中京地域で観測される長周期地震動の震源位置依存性に関する研究 査読有り

    山田沙代、平井敬、福和伸夫

    日本建築学会構造系論文集   81 巻 ( 728 ) 頁: 1647-1656   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  178. 地域連携・情報活用を目的とした情報基盤システム構築に向けたデータ整備の課題

    千葉啓広、新井伸夫、倉田和己、上園智美、福和伸夫

    日本災害情報学会予稿集     頁: 62-63   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  179. 基礎自治体間の広域連携を実現するための課題抽出と具体的検討の促進に向けた取り組み

    新井伸夫、上園智美、倉田和己、千葉啓広、福和伸夫

    日本災害情報学会予稿集     頁: 140-141   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  180. 平常時と災害時の両面で活用できる地域情報収集・共有システムの開発と実践

    倉田和己、新井伸夫、千葉啓広、上園智美、福和伸夫

    日本災害情報学会予稿集     頁: 208-209   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  181. Dynamic Response of Tall Buildings on Sedimentary Basin to Long-Period Seismic Ground Motion 査読有り

    Journal of disaster research   11 巻 ( 5 ) 頁: 857-869   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  182. 大震災を前にした建築物の耐震安全性の諸課題 招待有り

    福和伸夫

    都市問題   107 巻 ( 9 ) 頁: 9-19   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  183. 濃尾平野地域における南海トラフの地震に対する長周期地震動の比較

    高橋広人、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1241-1242   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  184. 表層地盤モデルに基づく1944年東南海地震による名古屋市の住家被害と地盤特性に関する研究 査読有り

    高橋広人、福和伸夫、岸浦正樹

    日本地震工学会論文集   16 巻 ( 9 ) 頁: 46-66   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  185. 空間経済学に基づく福島県における産業復興政策の人口流出抑制効果の分析

    松本武士、廣井悠、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1133-1134   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  186. 空き家の活用による災害後の仮住まい住宅の確保に関する研究 疎開シミュレーションを用いた量的検討

    齊藤健太、廣井悠、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1137-1138   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  187. Dynamic Behavior of Tall Adjacent Buildings Having Different Foundation Embedment Depths

    Ogut Oguz Can、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 853-854   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  188. 特徴的な加振実験機構を有した地域減災拠点におけるBIMの活用事例

    倉田和己、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 115-116   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  189. 防災・減災啓発施設の利活用による学習効果についての実態調査

    高橋花野子、倉田和己、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 29-30   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  190. 継続的地震観測記録に基づく異なる構造種別の中層建物の地震応答特性

    藤綱晋太郎、福和伸夫、中溝大機、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 759-760   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  191. 免震建物の加振実験による動土圧の観測

    成澤健太、飛田潤、福和伸夫、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 907-908   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  192. 常時微動計測に基づく大規模構造物の基礎の挙動

    奥祥平、都築充雄、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 945-946   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  193. 大阪堆積盆地上の長周期地震動の震源位置による変動

    平井敬、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1151-1152   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  194. 有限差分法に基づく中京地域で観測される地震動の震源位置依存性に関する研究

    山田沙代、平井敬、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1153-1154   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  195. 平常時と災害時の両面における地域情報収集モバイルアプリケーションの活用

    倉田和己、護雅史、福和伸夫

    地域安全学会梗概集   ( 38 ) 頁: 25-28   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  196. 仮想現実ソフトウェアと震動体感環境の融合による効果的な減災啓発ツールの開発 査読有り

    倉田和己、福和伸夫

    災害情報   ( 14 ) 頁: 83-96   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  197. Conceptual Design of Cable Driven Parallel Mechanism for Planar Earthquake Simulator

    D.Matsuura, S.Ishida, M.Akramin, E.B.Küçüktabak, Y.Sugahara, Y.Takeda, N.Fukuwa and M.Yoshida

    Proceedings of 21st CISM IFToMM Symposium on Robot Design, Dynamics and Control     頁: 8p   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  198. 防災・減災啓発施設の学習効果評価へ向けた実態調査と整理手法の提案

    高橋花野子、倉田 和己、福和 伸夫

    地域安全学会梗概集   ( 38 ) 頁: 29-32   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  199. 3×JAPAnで地域力を育み地震災害を未然に防ぐ 招待有り

    福和伸夫

    地域防災     頁: 4-7   2016年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  200. 防災・減災を推進して地震災害を克服し未来を共創する 招待有り

    福和 伸夫

    KYB技報   ( 52 ) 頁: 3-7   2016年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  201. 予測被災地に居住する地震工学研究者 迫りくる大震災と報道を考える 招待有り

    福和 伸夫

    月刊Journalism   ( 318 ) 頁: 59-66   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  202. 過去に学び現代を点検し今後の防災・減災を考える 招待有り

    福和 伸夫

    消防科学と情報   ( 123 ) 頁: 4p   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  203. The Practice and the Role of Earthquake Engineering Researchers in Constructing a Resilient Society 招待有り

    N.Fukuwa

    Proceedings of World Engineering Conference and Convention     頁: 6p   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  204. 東海地域における防災・減災対策の現状 招待有り

    福和 伸夫

    都市計画   ( 318 ) 頁: 20-23   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  205. 仮想現実ソフトウェアと震動体感環境の融合による効果的な減災啓発ツールの開発

    倉田 和己、福和 伸夫

    災害情報学会大会梗概集     頁: 92-93   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  206. 地域減災拠点の利活用による住民の行動誘発に関する実践的研究

    高橋 花野子、倉田 和己、福和 伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 59-60   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  207. A simplified method for impedance and foundation input motion of a foundation supported by pile groups and its application 査読有り

    Computers And Geotechnics   69 巻   頁: 301-319   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  208. 映像・音声・揺れによる地震時室内被害再現環境を活用した災害時医療対応訓練の試み

    倉田 和己、長江 拓也、福和 伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1055-1056   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  209. 鉄骨造超高層建物の振動台実験における汎用強震計による構造損傷評価

    波多野 智也、飛田 潤、長江 拓也、福和 伸夫、平山 義治

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 935-936   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  210. 発電施設の振動性状に及ぼす周辺地盤の影響 その2 解体途中の大規模杭基礎構造物の振動性状

    杉山 拓真、奥 祥平、都築 充雄、飛田 潤、福和 伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 919-920   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  211. 発電施設の振動性状に及ぼす周辺地盤の影響 その1 地盤条件の相違が地盤震動特性に及ぼす影響

    奥 祥平、杉山 拓真、都築 充雄、飛田 潤、福和 伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 917-918   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  212. 建設段階の継続的微動計測に基づく免震建物の振動特性

    藤綱晋太郎、飛田 潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 911-912   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  213. 免震建物の加力実験および振動実験に基づく性能評価

    平野 貴士、長江 拓也、飛田 潤、福和 伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 551-552   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  214. 中京地域におけるグリーン関数データベースの作成と詳細な地震動予測 その2 予測地震動による建物応答

    千賀英樹、平井 敬、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 139-140   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  215. 中京地域におけるグリーン関数データベースの作成と詳細な地震動予測 その1 地震動予測

    平井 敬、千賀英樹、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 137-138   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  216. 多重クラックモデルに基づくアスペリティモデルデータベースの構築

    谷 枝里子、高橋広人、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 115-116   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  217. 軟弱地盤における地震動強さに表層地盤増幅評価手法の違いが与える影響

    小田侑生、護 雅史、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 87-88   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  218. 地震動観測記録の表面波部の震源位置依存性

    山田 沙代、平井 敬、福和 伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 49-50   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  219. 地震記録に基づくサイト特性と地震波到来方向の関係に関する研究

    高橋広人、平井 敬、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 47-48   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  220. 地盤モデルに基づく伝達関数を用いた任意震源よる地震動予測 査読有り

    平井敬、福和伸夫

    日本建築学会構造系論文集   80 巻 ( 714 ) 頁: 1227-1237   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  221. 克災⑥災害後の対応力と回復力をつけて地方創生につなげる 招待有り

    福和伸夫

    月刊フェスク   ( 405 ) 頁: 2-9   2015年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  222. まちの地形と災害 招待有り

    福和伸夫

    なごや文化情報     頁: 3   2015年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  223. 特別寄稿 名古屋大学減災連携研究センターと減災館 招待有り

    福和伸夫

    土と岩   ( 63 ) 頁: 55-64   2015年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  224. 過去の地震に学び今後の地震災害を未然に防ぐ 招待有り

    福和伸夫

    月刊不動産流通   ( 394 ) 頁: 8-9   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  225. レジリエントな社会と兵庫行動枠組み(HFA) 招待有り

    福和伸夫

    21世紀ひょうご   ( 18 ) 頁: 40-52   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  226. 名古屋市域のPS 検層データに基づく地盤の平均S 波速度の推定精度に関する考察 査読有り

    高橋広人、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会技術報告集   21 巻 ( 47 ) 頁: 375-380   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  227. 常時微動計測及び固有値解析に基づく鋼構造大規模工場建屋の振動特性の推定

    吉田圭佑、椙山拓真、飛田潤、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会東海支部研究報告書   ( 53 ) 頁: 285-288   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  228. 克災⑤社会の抵抗力をつけて災害を凌ぐ 招待有り

    福和伸夫

    月刊フェスク   ( 401 ) 頁: 2-9   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  229. 堆積盆地構造が地震動の周期特性に与える影響 査読有り

    寺島芳洋、平井敬、福和伸夫

    日本建築学会構造系論文集   80 巻 ( 708 ) 頁: 219-229   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  230. 必ず出会う震災から子供たちの命を守る 招待有り

    福和伸夫

    KGKジャーナル   50-1 巻 ( 395 ) 頁: 2-3   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  231. マグニチュード9クラスのプレート境界地震による強震動と津波の予測のための統一断層モデルの設定方法

    壇一男、石井やよい、宮腰淳一、高橋広人、護雅史、福和伸夫

    日本地震工学シンポジウム     頁: 2821-2380   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  232. 強震観測記録に基づく濃尾平野おける地盤動特性の変動域

    都築和敏、平井敬、護雅史、福和伸夫

    日本地震工学シンポジウム     頁: 3121-3130   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  233. 協働により減災を実現するための研究・備え・対応の拠点の構築

    倉田和己、福和伸夫

    日本地震工学シンポジウム     頁: 1789-1798   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  234. 地震・津波災害に強いまちづくり 招待有り

    福和伸夫

    消防科学と情報   ( 118 ) 頁: 7-10   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  235. 減災で克災し日本のルネサンスを! 招待有り

    福和伸夫

    SECURITY TIME   434 巻   頁: 16-23   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  236. 高密度常時微動計測に基づく軟弱地盤に立地する杭基礎中層RC造建物の振動特性と動的相互作用効果 査読有り

    山下善也、護雅史、福和伸夫、飛田潤、井上波彦

    日本建築学会技術報告集   20 巻 ( 46 ) 頁: 895-899   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  237. 克災④ 危険を回避して災害を未然に防ぐ 招待有り

    福和伸夫

    月刊フェスク   ( 396 ) 頁: 2-9   2014年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  238. 減災連携研究センターと減災館 招待有り

    福和伸夫

    名古屋大学全学同窓会広報誌NUAL   ( 22 ) 頁: 1-5   2014年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  239. 2011年東北地方太平洋沖地震における宮城県内に建設された戸建免震住宅の免震層変形と地盤震動特性との関係 査読有り

    高橋 武宏、福和 伸夫

    日本建築学会構造系論文集   79 巻 ( 704 ) 頁: 1469-1479   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  240. 振動実験・強震観測に基づく超高層建物の振動特性とその変化 査読有り

    松下卓矢、西澤崇雄、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会技術報告集   20 巻 ( 46 ) 頁: 879-884   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  241. 微動記録・地震記録に基づく基礎入力動の推定 査読有り

    天埜貴仁、護雅史、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会技術報告集   20 巻 ( 46 ) 頁: 885-890   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  242. 迫りくる首都地震〜過去に学び、破局を防 招待有り

    福和伸夫

    首都防災フォーラム     頁: 29-32   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  243. 動的相互作用効果を考慮した杭基礎中層RC造建物のモデル化と実観測記録による検証

    山下善也、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 7-8   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  244. 旧版地図を活用した時代別災害危険度の評価手法開発(その 1:データと手法の概要 :データと手法の概要)

    倉田和己、舩越恵美、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 149-150   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  245. 旧版地図を活用した時代別災害危険度の評価手法開発(その 2:被害想定 被害想定 を用いた検討 を用いた検討)

    舩越恵美、倉田和己、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 151-152   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  246. 表層地盤増幅評価手法の違いが地震動強さに与える影響

    小田侑生、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 157-158   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  247. 1自由度系弾塑性応答解析による南海トラフ巨大地震おける工場建屋の評価

    吉田圭佑、杉山拓真、護雅史、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 165-166   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  248. 2011年東北地方太平洋沖震の建物被害データに基づく動強さと関係ついて

    川合佳穂、山本真一郎、宮腰淳一、福和伸夫、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 191-192   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  249. 地震観測記録と地盤構造モデルに基づく伝達関数を用いた任意の震源による地震動予測手法の検討

    平井 敬、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 305-306   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  250. 東海地域における南海トラフ巨大地震に対する設計用入力地震動の検討 その1 愛知県設計用入力地震動研究協議会の取組概要

    児玉文香、福和伸夫、護 雅史、西澤崇雄、梅村建次、壇 一男、宮腰淳一

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 331-332   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  251. 東海地域における南海トラフ巨大地震に対する設計用入力地震動の検討 その2 強震動予測

    石井やよい、小穴温子、壇一男、宮腰淳一、高橋広人、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 333-334   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  252. 東海地域における南海トラフ巨大地震に対する設計用入力強震動の検討 その3 表層地盤の地震応答解析

    高橋広人、西澤崇雄、梅村建次、宮腰淳一、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 335-336   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  253. 東海地域における南海トラフ巨大地震に対する設計用入力地震動の検討 その4 建物の応答

    西澤崇雄、梅村建次、高橋広人、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 337-338   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  254. 微動アレイ探査に基づく半田市おける深部地盤構造の推定

    藤綱晋太郎、福和伸夫、護雅史、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 373-374   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  255. 強震観測記録と距離減衰式を用いた愛知県の地盤震動特性に関する研究

    都築和敏、護雅史、宮腰淳一、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 381-382   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  256. 2次元有限要素解析に基づく大規模生産施設が立地する不整形盤の震動特性

    杉山拓真、吉田圭佑、護雅史、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 417-418   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  257. 堆積盆地構造が地震動の周期特性に与える影響-3 次元有限差分法を用いた検討

    寺島芳洋、平井敬、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 421-422   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  258. 建設段階の継続的観測に基づく三角形平面免震建物の振動特性

    平野貴士、護雅史、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 611-612   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  259. 地震観測記録に基づく免震建物の上下方向振動特性に関する研究

    李彦劼、護雅史、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 613-614   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  260. 鉄骨造高層建物縮小試験体の振動台実験における汎用強震計モニタリング

    平山義治、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 913-914   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  261. 長期の強震観測に基づく中低層建物の応答増幅に関する研究

    松下卓矢、飛田潤、福和伸夫、中溝大機

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 959-960   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  262. 常時微動および地震観測に基づく超高層建物の振動特性に関する研究

    波多野智也、飛田潤、福和伸夫、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 989-990   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  263. 振動台実験に基づく速度感応型性能可変ダンパを用いた小規模免震構造物の変位制御に関する研究 その6 速度感応型性能可変ダンパの復元力モデル構築

    高橋武宏、平野茂、及川孝則、松本和行、堀健太郎、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 441-442   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  264. 振動台実験に基づく速度感応型性能可変ダンパを用いた小規模免震構造物の変位制御に関する研究 その7 実大振動台実験結果の検証

    堀健太郎、松本和行、三宅辰哉、平野茂、高橋武宏、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 443-444   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  265. 振動台実験に基づく速度感応型性能可変ダンパを用いた小規模免震構造物の変位制御に関する研究 その8 速度感応型性能可変ダンパの最適設計に関する検討

    松本和行、堀健太郎、三宅辰哉、高橋武宏、平野茂、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 445-446   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  266. 大規模試験施設による地盤環境振動の伝播特性と地中壁による遮断効果

    河合智文、飛田潤、福和伸夫、平井敬

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 317-318   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  267. 学習し、行動して南海トラフ地震を克服する 招待有り

    福和伸夫

    子とともにゆう&ゆう     頁: 22-23   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  268. Synthesis of Earthquake Sound Using Seismic Ground Motion Records 査読有り

    Bulletin of the Seismological Society of America   104 巻 ( 4 ) 頁: 1777-1784   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  269. 減災社会の実現を目指して 招待有り

    福和伸夫

    名大トピックス   ( 254 ) 頁: 6-7   2014年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  270. 継続的な地震観測及び微動計測に基づく高層免震建物の建設時における振動特性の変化 査読有り

    天埜貴仁、高橋武宏、福和伸夫、護雅史、飛田潤

    日本建築学会構造系論文集   79 巻 ( 700 ) 頁: 721-730   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  271. 克災③ 総力を結集し災害を克服する 招待有り

    福和伸夫

    月刊フェスク   ( 392 ) 頁: 2-9   2014年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  272. 実大震動台実験に基づく戸建免震住宅の免震層変形抑制に関する研究 査読有り

    高橋武宏、天埜貴仁、福和伸夫

    日本建築学会構造系論文集   79 巻 ( 699 ) 頁: 565-574   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  273. 長期の強震観測に基づく複数の中低層建物の応答特性とその変化 招待有り 査読有り

    松下卓矢、飛田潤、福和伸夫

    構造工学論文集   60B 巻   頁: 871-882   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  274. 総論 東日本大震災から学んだこと~過去の震災を振り返り、現代社会を点検し、今後の震災対策に生かす~ 招待有り

    福和伸夫

    月刊誌「安全と健康」     頁: 17-22   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  275. 東日本大震災に学ぶ 招待有り

    福和伸夫

    JUDGEくん   ( 16 ) 頁: 2-3   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  276. 克災② 文系的に納得し事前に備える 招待有り

    福和伸夫

    月刊フェスク   ( 388 ) 頁: 2-9   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  277. 大規模工場が立地する不整形盤の震動特性に関する研究

    杉山 拓真、吉田 圭佑、護 雅史、飛田 潤、福和 伸夫

    日本建築学会東海支部研究報告集   ( 52 ) 頁: 257-260   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  278. 高密度常時微動計測に基づく杭基礎中層RC 造建物の振動特性と動的相互作用効果

    山下 善也、福和 伸夫、護 雅史、飛田 潤

    日本建築学会東海支部研究報告集   ( 52 ) 頁: 253-256   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  279. 実測に基づく基礎入力動の推定に関する研究

    天埜貴仁、高橋武宏、福和伸夫、護雅史、飛田潤

    日本建築学会東海支部研究報告集   ( 52 ) 頁: 249-252   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  280. 振動実験・強震観測に基づく超高層建物の振動特性

    松下 卓矢、西澤崇雄、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会東海支部研究報告集   ( 52 ) 頁: 241-244   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  281. 東北地方太平洋沖震における建物被害に関する研究

    川合 佳穂、宮腰 淳一、山本 真一郎、福和 伸夫、護 雅史

    日本建築学会東海支部研究報告集   ( 52 ) 頁: 237-240   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  282. 動的相互作用と地盤非線形性を考慮した南海トラフの巨大地震に対する建物応答評価

    丹羽智是、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会東海支部研究報告集   ( 52 ) 頁: 233-236   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  283. 我が国の建築物の耐震性:建築基準法が規定する耐震性とは? 招待有り

    福和伸夫

    ひょうご震災記念21世紀研究機構・研究レター   ( 21 ) 頁: 1   2014年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  284. 企業の克災-過去に学び現在を点検し南海トラフ巨大地震に備える- 招待有り

    福和伸夫

    IEレビュー   54 巻 ( 5 ) 頁: 6-12   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  285. 2011年東北地方太平洋沖地震における戸建免震住宅の免震層変形と足柄平野の地盤震動特性との関係 招待有り 査読有り

    高橋武宏、福和伸夫

    日本建築学会構造系論文集   78 巻 ( 694 ) 頁: 2123-2131   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  286. 3次元有限差分法と相反定理を用いた堆積盆地の地盤震動性状の評価手法 招待有り 査読有り

    平井敬、福和伸夫

    日本建築学会構造系論文集   78 巻 ( 694 ) 頁: 2083-2192   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  287. 南海トラフ巨大地震を前に建築界の減災を想う 招待有り

    福和伸夫

    Architect     頁: 17   2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  288. 克災 過去の震災に学び南海トラフ巨大地震に克つ 招待有り

    福和伸夫

    第104回名古屋大学医学部学友会     頁: 23   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  289. マグニチュード9 クラスのプレート境界地震による強震動予測のための断層モデルの設定方法-南海トラフ巨大地震への適用と東海地方における強震動の試算例- 査読有り

    壇一男、石井やよい、宮腰淳一、高橋広人、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会構造系論文集   78 巻 ( 692 ) 頁: 1685-1694   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  290. 振動台実験に基づく地震時室内被災状況のモニタリング技術とシミュレーションの開発 招待有り 査読有り

    松下卓矢、倉田和己、飛田潤、福和伸夫、吉澤睦博、長江拓也

    日本建築学会技術報告集   19 巻 ( 43 ) 頁: 871-874   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  291. 南海トラフ広域地震防災研究プロジェクトチーム:南海トラフ広域地震防災研究プロジェクト

    金田義行、福和伸夫、古村孝志

    日本地震学会講演予稿集     頁: 1p   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  292. 3 次元有限差分法と相反定理を利用した堆積盆地の形状による地盤震動特性の評価

    平井敬、福和伸夫

    日本地震学会講演予稿集     頁: 1p   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  293. 克災① 理系的に地震災害軽減を考える 招待有り

    福和伸夫

    月刊フェスク   ( 383 ) 頁: 2-9   2013年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  294. 東京一極集中是正が首都防災の一丁目一番地 招待有り

    福和伸夫

    首都防災フォーラム資料集     頁: 2p   2013年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  295. 過去の震災に学び南海トラフ巨大地震に備える 招待有り

    福和伸夫

    月刊誌「共済と保険」、日本共済協会   55 巻 ( 8 ) 頁: 22-33   2013年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  296. 地震による災害被害軽減のための安全学−過去に学び現代を点検し抵抗力と回復力のある社会を作り巨大災害を克服する− 招待有り

    福和伸夫

    日本安全学教育研究会誌   6 巻 ( 522 ) 頁: 85-90   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  297. 振動台実験に基づく速度感応型性能可変ダンパを用いた小規模免震構造物の変位制御に関する研究 (その4 実大振動台実験[Phase2]における応答性状及び家具等の転倒状況)

    河尻出、松本和行、三宅辰哉、平野茂、高橋武宏、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 483-484   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  298. 振動台実験に基づく速度感応型性能可変ダンパを用いた小規模免震構造物の変位制御に関する研究 (その3 実大振動台実験の概要)

    平野茂、高橋武宏、松本和行、及川孝則、天埜貴仁、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 481-482   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  299. 3 階建て戸建免震住宅の振動特性と環境振動に関する研究(その2)強制加振実験と環境振動の分析

    山口隆、及川孝則、高橋武宏、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 479-480   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  300. 3 階建て戸建免震住宅の振動特性と環境振動に関する研究(その1)対象建物及び実験の概要

    及川孝則、山口隆、高橋武宏、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 477-478   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  301. 有限差分法による表面波を含む理論波形に対するスペクトルインバージョンの適用性

    寺島芳洋、福和伸夫、護雅史、宮腰淳一、平井敬

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 239-330   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  302. 有限差分法と相反定理による堆積盆地の地盤震動特性評価法

    平井敬、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 259-260   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  303. 名古屋市域における表層地盤の非線形特性

    高橋広人、護雅史、野田利弘、宮腰淳一、都築充雄、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 253-254   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  304. 大規模工場が立地する不整形地盤の震動特性に関する研究

    杉山拓真、吉田圭佑、護雅史、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 205-206   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  305. 南海トラフ巨大地震に対する設計用地震動のための断層モデル

    宮腰淳一、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 137-138   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  306. 高密度常時微動計測に基づく軟弱地盤に立地する杭基礎中層RC造建物の振動特性と動的相互作用効果 その2.高密度計測に基づく詳細な分析

    山下善也、護雅史、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 9-10   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  307. 高密度常時微動計測に基づく軟弱地盤に立地する杭基礎中層RC造建物の振動特性と動的相互作用効果 その1.建物及び計測概要と基本的な振動特性

    護雅史、山下善也、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 7-8   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  308. 振動台実験に基づく速度感応型性能可変ダンパを用いた小規模免震構造物の変位制御に関する研究 (その5実大振動台実験Phase4における応答性状及び家具等の転倒状況)

    高橋武宏、平野茂、松本和行、及川孝則、天埜貴仁、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 485-486   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  309. ストローで地震に強い家を作る 招待有り

    福和伸夫

    理科教育ニュース、少年写真新聞   ( 891 ) 頁: 1,3-4,8   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  310. 築年数により区分した木造建物の被害率曲線に関する検討

    山本真一郎、吉元怜毅、福和伸夫、護雅史、宮腰淳一

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1213-1214   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  311. 防災関連商品の販売実数データを用いた東日本大震災における被災地域外の物品需要特性に関する研究

    倉田和己、福和伸夫、野村一保

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1173-1174   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  312. 南海トラフ巨大地震に対する被害想定に関する研究 その2. 強震動予測結果に基づく動的相互作用を考慮した建物応答評価

    丹羽智是、川合佳穂、福和伸夫、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1135-1136   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  313. 南海トラフ巨大地震に対する被害想定に関する研究 その1 地盤条件やモデル化が表層地盤増幅特性に与える影響

    川合佳穂、丹羽智是、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1133-1134   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  314. 旧版地形図を用いた名古屋市域における土地利用の変遷と災害危険度変化の把握に関する研究

    舩越恵美、倉田和己、脇田久美子、福和伸夫、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1127-1128   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  315. 地理空間情報と統計情報を利用した全国の災害危険度に関する地域特性の把握

    脇田久美子、倉田和己、福和伸夫、飛田潤、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1125-1126   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  316. 常時微動計測に基づく鉄骨造大規模工場建屋の振動特性に関する研究

    吉田圭佑、杉山拓真、飛田潤、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 655-656   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  317. 旧型強震計とマイクロサーバを用いた強震観測システムの構築

    小島宏章、飛田潤、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 621-622   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  318. S 造19 階建てオフィスビルの観測に基づく常時微動、台風、地震時の固有振動数の変化

    平山義治、飛田 潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 599-600   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  319. 長期の強震観測に基づく中低層建物の応答分析

    松下卓矢、飛田潤、小島宏章、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 595-596   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  320. 建設時の継続的観測に基づく超高層免震建物の振動特性の変化に関する研究

    天埜貴仁、高橋武宏、福和伸夫、護雅史、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 525-526   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  321. データベースに基づく免震建物の巨大地震時の応答評価

    河村祐樹、福和伸夫、飛田潤、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 523-524   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  322. 地震動観測記録に基づく免震建物の応答性状に関する研究

    李彦劼、護雅史、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 513-514   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  323. ITシステムを巨大地震から守る[後編]~復旧へ向けて~ 招待有り

    福和伸夫

    JECCNEWS   ( 522 ) 頁: 6-7   2013年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  324. 長周期地震動 招待有り

    福和伸夫

    予防時報   ( 254 ) 頁: 12-17   2013年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  325. 地震工学会の活性化をめざして 招待有り

    福和伸夫

    JAEE NEWSLETTER   ( 4 ) 頁: 1   2013年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  326. 南海トラフ巨大地震に備える 招待有り

    福和伸夫

    地域問題研究   ( 84 ) 頁: 10-15   2013年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  327. ITシステムを巨大地震から守る[前編]~巨大地震に備えて~ 招待有り

    福和伸夫

    JECCNEWS   ( 521 ) 頁: 2-3   2013年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  328. 建築物の地震対策と防災意識 招待有り 査読有り

    福和伸夫

    地盤工学会誌   61 巻 ( 3 ) 頁: 6-9   2013年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  329. 過去の災害に学び地域防災力を高める 招待有り

    福和伸夫

    消防研修   ( 93 ) 頁: 11-17   2013年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  330. 連続シンポジウム巨大災害から生命と国土を護る 第3回:減災社会をどう実現するか 招待有り

    福和伸夫

    学術の動向     頁: 18-21   2013年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  331. 大規模堆積盆地における地盤卓越周期の変動と長周期建物の耐震設計における課題

    寺島芳洋、高橋広人、福和伸夫

    日本建築学会東海支部研究報告集   ( 51 ) 頁: 153-156   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  332. 2011年東北地方太平洋沖地震と南海トラフで発生する地震に対する動的相互作用を考慮した建物応答評価

    丹羽智是、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会東海支部研究報告集   ( 51 ) 頁: 137-140   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  333. 明治以降の地図による名古屋市での集落変遷の把握と災害危険度把握のための基礎的考察

    舩越恵美、橋本朋子、脇田久美子、倉田和己、福和伸夫、護雅史

    日本建築学会東海支部研究報告集   ( 51 ) 頁: 157-160   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  334. 常時微動計測に基づく名古屋市内の池跡地の地盤震動特性

    橋本朋子、舩越恵美、福和伸夫、護雅史、飛田潤

    日本建築学会東海支部研究報告集   ( 51 ) 頁: 181-184   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  335. 振動台実験と3D表現環境に基づく地震時室内被害状況シミュレーションのリアリティ向上

    松下卓矢、倉田和己、飛田潤、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会東海支部研究報告集   ( 51 ) 頁: 161-164   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  336. 長期の継続的な振動観測による中低層建物の振動特性把握

    豊部立、小島宏章、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会東海支部研究報告集   ( 51 ) 頁: 177-180   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  337. 震源域や断層パラメータ設定方法の異なる震源モデルを用いた南海トラフ巨大地震における強震動評価

    渡辺莉奈、宮腰淳一、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会東海支部研究報告集   ( 51 ) 頁: 145-148   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  338. TMD を用いた免震建物の地震時の応答低減効果に関する研究

    天埜貴仁、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会東海支部研究報告集   ( 51 ) 頁: 141-144   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  339. 南海トラフの巨大地震の断層モデルの設定と経験的グリーン関数法による強震動予測

    石井やよい、壇一男、宮腰淳一、高橋広人、護雅史、福和伸夫

    清水建設研究所報   ( 90 ) 頁: 10p   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  340. 南海トラフ巨大地震に対する複数の震源モデルによる強震動予測

    渡辺莉奈、宮腰淳一、護雅史、福和伸夫

    日本地震工学会     頁: 2p   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  341. 座談会「建築の耐震に期待すること」

    池田浩敬、佐土原聡、深澤義和、福和伸夫

    建築雑誌   127 巻 ( 1637 ) 頁: 40-45   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  342. 南海トラフにおける巨大地震をテーマとした市民目線の災害シナリオと啓発アプリケーションの開

    倉田和己、新井伸夫、福和伸夫

    日本災害情報学会     頁: 248-251   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  343. 南海トラフ巨大地震の断層パラメータの違いが強震動予測結果に与える影響

    渡辺莉奈、宮腰淳一、護雅史、福和伸夫

    日本地震学会講演予稿集     頁: 1p   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  344. 相反定理を用いた地震動計算法の提案

    平井敬、福和伸夫

    日本地震学会講演予稿集     頁: 255   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  345. 震源方位による大規模堆積盆地の震動性状の違い -3次元有限差分法シミュレーションによる検討-

    平井敬、福和伸夫

    日本地震学会講演予稿集     頁: 89   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  346. 長周期・長時間地震動の生成と長周期建築構造物の応答 招待有り

    福和伸夫

    鋼構造技術情報誌   ( 11 ) 頁: 3-7   2012年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  347. 地震時の室内被害による建物機能損失に関する実験的研究 その9 室内被災状況のモニタリングとシミュレーション 360 度映像の活用

    倉田和己、松下卓矢、飛田潤、護雅史、福和伸夫、長江拓也、吉澤睦博

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1055-1056   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  348. 強震観測記録を利用したモーメントマグニチュードの即時推定 査読有り

    平井敬、福和伸夫

    地震 第2輯   65 巻 ( 1 ) 頁: 31-42   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  349. Seismic Loss of Functionality in High-Rise and Low-Rise Office Buildings: The 2011 E-Defense Shaking Table Test

    M. Yoshizawa, T. Nagae, K. Fukuyama, T. Inoue, K. Kajiwara, T. Saito, N. Fukuwa, H. Kitamura and M. Nakashima

    Proceedings of 15th World Conference on Earthquake Engineering     頁: Paper No.3977, 10p.   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  350. Long-term Structural Monitoring and Damage Detection of High-rise Buildings by use of Fiber Optic Sensors

    J. Tobita, N. Fukuwa, T. Nishizawa and K. Imaeda

    Proceedings of 15th World Conference on Earthquake Engineering     頁: Paper No.3756, 8p.   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  351. A New Uplift Foundation Analysis Model to Simulate Dynamic Nonlinear Soil-Structure-Interaction

    F. Zhou, M. Mori and N. Fukuwa

    Proceedings of 15th World Conference on Earthquake Engineering     頁: Paper No.2191, 10p.   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  352. Simplified Evaluation Methods for Impedance and Foundation Input Motion of Embedded Foundation

    M. Mori, N. Fukuwa, J. Tobita and T. Suzuki

    Proceedings of 15th World Conference on Earthquake Engineering     頁: Paper No.2097, 10p.   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  353. E-Defense Shaking Table Tests on a Steel High-rise Building Retrofitted by Dampers against Long-period Ground Motions

    D. Sato, Y. Shimada, H. Ouchi, Y. Oshita, H. Kitamura, T. Nagae, K. Fukuyama, K. Kajiwara, T. Inoue, M. Nakashima, T. Saito and N. Fukuwa

    Proceedings of 15th World Conference on Earthquake Engineering     頁: Paper No.1493, 8p.   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  354. Source modeling of hypothetical Tokai-Tonankai-Nankai, Japan, Earthquake and Strong Ground Motion Simulation Using the Empirical Green’s Functions

    Y. Ishii & K. Dan, H. Takahashi, J. Miyakoshi, M. Mori and N. Fukuwa

    Proceedings of 15th World Conference on Earthquake Engineering     頁: Paper No.978, 8p.   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  355. Synthesis of Earthquake Sound Using Seismic Motion Record and its Application to Audiovisual Earthquake Experience System

    T. Hirai, K. Kurata, N. Fukuwa and M. Mori

    Proceedings of 15th World Conference on Earthquake Engineering     頁: Paper No.380, 9p.   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  356. Estimation of Crustal Deformation and Magnitude of the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake Using Strong Ground Motion Records

    T. Hirai and N. Fukuwa

    Proceedings of 15th World Conference on Earthquake Engineering     頁: Paper No.371, 10p.   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  357. Design of Base Isolated Buildings Built Right above a Fault,

    Takao Nishizawa, Kazuhiro Yoshihara, Nobuo Fukuwa and Yasuhiro Suzuki

    Proceedings of 15th World Conference on Earthquake Engineering     頁: Paper No.122, 10p.   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  358. 大規模な伝統木造建築物の常時微動計測

    藤井智規、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 297-298   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  359. 空気浮上式移動機構による大重量積載震動台の開発

    吉田稔、広瀬茂男、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1243-1244   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  360. 大地震後の超高層建物の解体に関する一考察

    曽我裕、福和伸夫、護雅史、飛田潤、今枝賢志朗

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1211-1212   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  361. 東北地方太平洋沖地震における地震発生直後のテレビ報道分析

    脇田久美子、福和伸夫、飛田潤、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1193-1194   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  362. 尾張名所図会における名古屋市域の景観情報と地盤・ハザード情報の対応

    橋本朋子、福和伸夫、護雅史、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1185-1186   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  363. 長期の強震観測に基づく中低層建物の応答性状に関する研究 その2 2011年東北地方太平洋沖地震前後の振動特性の変化

    小島宏章、豊部立、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1161-1162   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  364. 長期の強震観測に基づく中低層建物の応答性状に関する研究 その1 最大応答値と応答性状

    豊部立、小島宏章、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1159-1160   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  365. 地震時損傷評価のための強震計による中層RC造建築物の復元力特性評価

    海野元伸、飛田潤、福和伸夫、長江拓也、松森泰造

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1077-1078   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  366. 地震時の室内被害による建物機能損失に関する実験的研究 (その10)室内被災状況のモニタリングとシミュレーション(家具転倒評価から安全対策へ)

    松下卓矢、倉田和己、飛田潤、護雅史、福和伸夫、長江拓也、吉澤睦博

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1057-1058   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  367. 南海トラフの巨大地震による強震動と津波の予測のための統一震源モデルの設定(その1)2011年東北地方太平洋沖地震の断層パラメータのアスペリティモデルによる解釈

    壇一男、石井やよい、具典淑、宮腰淳一、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 55-56   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  368. 南海トラフの巨大地震による強震動と津波の予測のための統一震源モデルの設定(その2)南海トラフの巨大地震の断層パラメータの設定例

    石井やよい、壇一男、具典淑、宮腰淳一、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 57-58   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  369. 各種震源過程結果を用いた2011年東北地方太平洋沖地震における強震観測記録の再現性について

    渡辺莉奈、平井敬、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 59-60   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  370. 強震記録に基づくモーメントマグニチュードの即時推定

    平井敬、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 95-96   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  371. 堆積盆地における地盤と超高層建物との共振現象に関する研究 その1 大阪平野の地盤周期の分析と強震動予測

    寺島芳洋、高橋広人、福和伸夫、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 151-152   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  372. 堆積盆地における地盤と超高層建物との共振現象に関する研究 その2 仮想超高層建物モデルを用いた応答解析

    高橋広人、寺島芳洋、福和伸夫、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 153-154   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  373. 免震ダンパー接続型付加減衰機構の開発(その1) 開発意図とモデルケーススタディー

    安田拓矢、森高英夫、築谷朋也、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 275-276   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  374. 免震ダンパー接続型付加減衰機構の開発(その2) 接続装置の作動実験

    露木保男、築谷朋也、鈴木和廣、村尾秀己、安田拓矢、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 277-278   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  375. 振動台実験に基づく速度感応型性能可変ダンパを用いた小規模免震構造物の変位制御に関する研究 その1 振動台実験の目的と概要

    高橋武宏、天埜貴仁、福和伸夫、護雅史、平野茂、及川孝則

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 443-444   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  376. 振動台実験に基づく速度感応型性能可変ダンパを用いた小規模免震構造物の変位制御に関する研究 その2

    天埜貴仁、高橋武宏、福和伸夫、護雅史、平野茂、及川孝則

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 445-446   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  377. 携帯情報端末の内蔵センサを用いた簡易地震計の性能と建物モニタリングへの展開

    平山義治、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 627-628   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  378. 2011年東北地方太平洋沖地震における動的相互作用を考慮した建物応答評価 その1 解析概要と鉄骨造建物のマクロ的評価

    護雅史、丹羽智是、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 627-628   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  379. 2011年東北地方太平洋沖地震における動的相互作用を考慮した建物応答評価 その2.地震応答解析結果とその分析

    丹羽智是、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 629-630   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  380. 基礎の浮上りを考慮した低層RC建物地震時応答解析

    周方圓、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 663-664   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  381. 地震時の室内被害による建物機能損失に関する実験的研究 その1 実験概要

    吉澤睦博、長江拓也、福山國夫、井上貴仁、梶原浩一、斉藤大樹、北村春幸、福和伸夫、中島正愛

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1039-1040   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  382. 南海トラフ巨大地震の断層パラメータの違いが名古屋地域の地震動に与える影響

    宮腰淳一、渡辺莉奈、福和伸夫、護雅史

    自然災害学会     頁: 2p.   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  383. これからの大震災に向けて、巨大地震に備える第12回 招待有り

    福和伸夫

    愛知の建築     頁: 14-15   2012年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  384. 強震動データの活用と説明力向上により利用者の想像力を喚起し耐震化を誘導するための建物応答シミュレーションソフトウェア開発 査読有り

    倉田和己、福和伸夫、護雅史、飛田潤

    地域安全学会論文集   17 巻   頁: 10p   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  385. 巨大地震への備え-建築構造技術者に向けて- 招待有り

    福和伸夫

    structure   ( 123 ) 頁: 20-23   2012年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  386. 地震観測記録に基づく建物と地盤の相対変位と地震時土圧の関係 査読有り

    周方圓,護雅史,福和伸夫,飛田潤

    日本建築学会構造系論文集   77 巻 ( 675 ) 頁: 685-693   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  387. リアルタイム変位波形によるモーメントマグニチュードの即時推定

    平井敬、福和伸夫

    日本地球惑星科学連合2012年大会     頁: SSS26-05   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  388. 東日本大震災に学び南海トラフ巨大地震に備え名古屋を活性化する 招待有り

    福和伸夫

    ほだ沖   ( 44 ) 頁: 4-9   2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  389. E-ディフェンスによるオフィス建物の地震時機能損失に関する実験的研究

    吉澤睦博、長江拓也、福山國夫、井上貴仁、梶原浩一、斉藤大樹、福和伸夫、北村春幸、中島正愛

    日本建築学会シンポジウム「東日本大震災からの教訓、これからの新しい国つくり     頁: 4p   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  390. 強震記録に基づく東北地方太平洋沖震による地殻変動分布の算定 査読有り

    平井敬、福和伸夫

    日本建築学会構造系論文集   77 巻 ( 673 ) 頁: 341-350   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  391. 光ファイバセンサによる高層建物解体時の柱軸変形の計測 査読有り

    今枝賢志朗、飛田潤、福和伸夫、矢代晴実、曽我裕

    構造工学論文集   58B 巻   頁: 145-152   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  392. 振動実験・強震観測に基づく名古屋テレビ塔の振動特性 査読有り

    豊部立、飛田潤、福和伸夫、西澤崇雄

    構造工学論文集   58B 巻   頁: 153-162   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  393. CFT柱における充填コンクリートの収縮挙動に関する実験的研究 査読有り

    西澤崇雄、大野富男、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会技術報告集   18 巻 ( 38 ) 頁: 209-214   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  394. 振動実験及び継続的な振動観測に基づく名古屋テレビ塔の振動特性の推定

    豊部立、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会東海支部研究報告集     頁: 325-328   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  395. 強震観測記録に基づくPCaPC造建物の上部構造及び基礎-地盤系の複素剛性評価

    海野元伸、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会東海支部研究報告集     頁: 345-348   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  396. 光ファイバセンサによる柱の動的軸変形計測に基づく高層建物の固有振動特性の推定

    今枝賢志朗、飛田潤、福和伸夫、矢代晴実

    日本建築学会東海支部研究報告集     頁: 333-336   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  397. 2011年東北地方太平洋沖地震において足柄平野に建つ免震住宅で観測された応答変位とH/Vスペクトルの関係

    田中佑治、高橋武宏、福和伸夫、飛田潤、護雅史

    日本建築学会東海支部研究報告集     頁: 341-344   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  398. 各種震源過程結果を用いた2011 年東北地方太平洋沖地震における強震観測記録の再現性について

    渡辺莉奈、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会東海支部研究報告集     頁: 345-348   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  399. 埋込み基礎の基礎入力動簡易評価法におけるインピーダンス評価の影響

    鈴木承慈、護雅史、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会東海支部研究報告集     頁: 353-356   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  400. 地震調査研究への期待 招待有り

    福和伸夫

    地震本部ニュース     頁: 12   2012年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  401. 強震記録による東北地方太平洋沖地震に伴う地殻変動の算定とモーメントマグニチュード即時推定の可能性

    平井敬、福和伸夫

    地震学会予稿集     頁: 1   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  402. 東日本大震災に学び大震災に備える 招待有り

    福和伸夫

    東海望楼     頁: 67-71   2011年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  403. 事前対策の実施促進を目的とした地震災害疑似体験ウェブ・アプリケーションの開発

    新井伸夫、福和伸夫、倉田和己

    日本災害情報学会大会     頁: 79-84   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  404. 長周期地震動を受ける超高層建物の鋼製ダンパーによる制振改修に関するE-ディフェンス振動台実験 査読有り

    佐藤大樹、長江拓也、大内隼人、島田侑、北村春幸、福山國夫、梶原浩一、井上貴仁、中島正愛、斉藤大樹、福和伸夫

    日本建築学会構造系論文集   76 巻 ( 667 ) 頁: 1639-1648   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  405. 名古屋地域の防災対策 招待有り

    福和伸夫

    予防時報   ( 247 ) 頁: 26-31   2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  406. 継続時間の長い強震動予測手法に関する研究

    高橋広人、福和伸夫、護雅史、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 69-70   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  407. 改良地盤に支持された免震建物の振動特性に関する研究 その3 地震観測記録を用いた地震時土圧-相対変位関係の評価

    周方圓、福和伸夫、飛田潤、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 225-226   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  408. 地震リスクの説明力向上のための名所江戸百景の活用

    橋本朋子、田中清和、福和伸夫、飛田潤、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 165-166   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  409. 半経験的強震動予測手法を用いる際の補正に関する研究~距離減衰、放射特性、破壊伝播方向についての検討~

    渡辺莉奈、平井敬、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 81-82   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  410. 平成23 年東北地方太平洋沖地震における名古屋市域の地盤・建物の地震観測記録(その1)地震観測記録の概要

    飛田潤、小島宏章、福和伸夫、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 337-338   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  411. 大地震後の中高層建物の解体に関する一考察

    曽我裕、福和伸夫、護雅史、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 981-982   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  412. ヘッドマウントディスプレイを活用した地震の揺れ体験による減災行動の誘導

    倉田和己、護雅史、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 979-980   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  413. 東日本大震災に関わるライフラインの被害と復旧について

    田中佑治、福和伸夫、護雅史、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 975-976   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  414. 津波による人的被害と標高・人口分布の関連についての考察

    脇田久美子、福和伸夫、護雅史、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 971-972   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  415. 東日本大震災に関わる新聞情報の収集と分析

    平井敬、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 943-944   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  416. 減災連携研究センターと東日本大震災・情報集約拠点の設置

    護雅史、福和伸夫、飛田潤、鈴木康弘

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 937-938   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  417. 南海トラフ巨大地震発生時における建築物の応答評価に基づく高機能都市の被災シナリオ作成に関する研究

    彦坂智基、曽我裕、福和伸夫、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 925-926   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  418. 公開資料を用いた簡易地震被害推定と地域対応力とに基づく耐震化目標設定に向けた考察

    池田政人、林孝幸、倉田和己、福和伸夫、護雅史、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 893-894   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  419. 構造性能把握のためのライフタイムモニタリングの提案

    西澤崇雄、大野富男、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 841-842   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  420. ネットワーク接続小型地震計の多点同時観測による高層建物試験体の損傷検出

    平山義治、飛田潤、長江拓也、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 439-440   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  421. 常時微動計測・人力加振実験に基づく名古屋テレビ塔の振動特性の推定

    豊部立、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 373-374   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  422. 光ファイバセンサによる高層建物解体時の柱軸変形の計測

    今枝賢志朗、飛田潤、福和伸夫、矢代晴実

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 371-372   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  423. 高密度強震観測・振動実験に基づくPCaPC造建物の層及び基礎-地盤系の復元力特性評価

    海野元伸、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 361-362   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  424. 平成23 年東北地方太平洋沖地震における名古屋市域の地盤・建物の地震観測記録(その2)中低層建物と免震建物の地震応答性状

    小島宏章、飛田潤、福和伸夫、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 339-340   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  425. 東日本大震災を教訓に名古屋のまち作りと名古屋都市センターの役割を考える 招待有り

    福和伸夫

    アーバンアドバンス   ( 55 ) 頁: 19-27   2011年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  426. 青少年を対象とした耐震まちづくり啓発のための枠組みづくり 査読有り

    護雅史、川端寛文、松田曜子、福和伸夫

    学術雑誌「減災」   5 巻 ( 664 ) 頁: 45-52   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  427. マンションの高層化と地震への備え 招待有り

    福和伸夫

    新都市ハウジングニュース   ( 62 ) 頁: 1-3   2011年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  428. 特集「この10年の地震工学の動向と発展」について 招待有り

    福和伸夫

    日本地震工学会誌   ( 14 ) 頁: 4   2011年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  429. モード学園スパイラルタワーズにおけるライフタイムモニタリング 招待有り

    西澤崇雄、大野富男、飛田潤、福和伸夫

    STRUCTURE   ( 119 ) 頁: 50-51   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  430. 耐震診断結果に基づく公営集合住宅建物の地震被害率の予測に関する研究 査読有り

    白瀬陽一、榊原啓太、福和伸夫、護雅史

    日本建築学会構造系論文集   76 巻 ( 664 ) 頁: 1087-1094   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  431. 改良地盤上に立地した免震建物の地震時応答性状に関する考察 査読有り

    周方園、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会技術報告集   ( 36 ) 頁: 473-478   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  432. KiK-net強震波形を用いた東北地方太平洋沖地震による地殻変動の算定

    平井 敬、福和伸夫、護雅史

    地球惑星科学連合大会     頁: 1   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  433. 1923年関東地震における鉄筋コンクリート造建物の被害に関する研究-動的特性に基づく構造被害の評価- 査読有り

    林章二、福和伸夫、宮腰淳一

    日本建築学会構造系論文集   76 巻 ( 661 ) 頁: 481-489   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  434. New Approach for Strong Motion Observation using Low-cost Sensors in collaboration with Nonprofessional Partners

    J.Tobita and N.Fukuwa

    8th International Conference on Urban Earthquake Engineering     頁: 6   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  435. 歴史的建造物の保存修復事例に基づく保存方針と耐震補強方法の対応関係の分析 査読有り

    林章二、福和伸夫、松波秀子

    構造工学論文集   57B 巻   頁: 653-664   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  436. 高密度観測・強制加振実験に基づく地盤-建物連成系の立体振動性状及び履歴特性評価 査読有り

    海野元伸、福和伸夫、飛田潤

    構造工学論文集   57B 巻   頁: 239-248   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  437. 埋込み基礎の基礎入力動簡易評価法 査読有り

    鈴木承慈、福和伸夫、護雅史

    日本建築学会構造系論文集   76 巻 ( 661 ) 頁: 535-541   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  438. 国内免震建物のデータベース構築と現状分析 査読有り

    田中佑治、福和伸夫、飛田潤、護雅史

    日本建築学会技術報告集   17 巻 ( 35 ) 頁: 79-84   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  439. 一般協力者との連携と安価・旧型強震計の活用による新たな地震観測体制「Pネット」

    飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会東海支部研究報告集     頁: 117-120   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  440. 強震動予測に基づく想定東海・東南海地震時に予想される建築物の標準せん断力ベースシア係数分布―経験的グリーン関数法に基づいて―

    鶴ヶ野翔平、高橋広人、福和伸夫、護雅史、曽我裕

    日本建築学会東海支部研究報告集     頁: 121-124   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  441. 地震の音を作る-地震動と同じ継続時間を有する音の作成法- 査読有り

    平井敬、福和伸夫

    地震 第2輯   63 巻 ( 3 ) 頁: 153-163   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  442. 第13 回日本地震工学シンポジウム開催報告

    和田章、倉本洋、勝俣英雄、福和伸夫、久田嘉章

    日本地震工学会誌   ( 13 ) 頁: 49-54   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  443. 設計から竣工後までの長期的な品質確保のための光ファイバセンサによる高層建物の構造性能把握に関する研究 査読有り

    西澤崇雄、大野富男、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会構造系論文集   75 巻 ( 658 ) 頁: 2247-2255   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  444. 小学生に対する防災教育が保護者の防災行動に及ぼす影響 査読有り

    豊沢純子、唐沢かおり、福和伸夫

    教育心理学研究   58 巻 ( 4 ) 頁: 480-490   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  445. 地震観測記録に基づく複数の発電所サイトの地盤振動特性に関する研究

    大河内靖雄、水野秀昭、山本景司、福和伸夫、護雅史

    第13回地震工学シンポジウム     頁: 262-267   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  446. 実測記録に基づく社寺建築物の振動特性

    藤井智規、飛田潤、福和伸夫

    第13回地震工学シンポジウム     頁: 2126-2131   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  447. 地震観測記録に基づく複数の発電所建屋の振動特性に関する研究

    岩城梨佳、都築充雄、大久保浩光、山本景司、福和伸夫、護雅史

    第13回地震工学シンポジウム     頁: 2818-2823   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  448. 高機能社会における既存建物の耐震性能評価

    彦坂智基、曽我裕、福和伸夫、護雅史、高橋広人

    第13回地震工学シンポジウム     頁: 2207-2214   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  449. 継続時間の長い強震動の半経験的合成手法に関する研究

    高橋広人、福和伸夫、護雅史、飛田潤

    第13回地震工学シンポジウム     頁: 1921-1928   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  450. VR技術を用いた時刻歴波形の動画表示による強震記録・応答予測の説明力向上

    倉田和己、福和伸夫、護雅史

    第13回地震工学シンポジウム     頁: 1866-1870   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  451. 強震計を用いた高層建物の損傷評価と構造ヘルスモニタリング

    飛田潤、福和伸夫

    第13回地震工学シンポジウム     頁: 1576-1583   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  452. 設計時から竣工後までの高層建物の品質確保・性能把握のための光ファイバセンサによる構造モニタリング

    西澤崇雄、大野富男、飛田潤、福和伸夫

    第13回地震工学シンポジウム     頁: 1544-1551   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  453. 埋込み基礎の簡易的基礎入力動評価法

    鈴木承慈、福和伸夫、護雅史

    第13回地震工学シンポジウム     頁: 1001-1008   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  454. 復旧・復興戦略策定のための地域対応力を考慮した地震災害定量化に関する基礎的研究

    池田政人、林孝幸、倉田和己、福和伸夫、護雅史

    第13回地震工学シンポジウム     頁: 706-713   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  455. 性能評定・評価資料のデータベース化に基づく国内免震建物の現状

    田中佑治、福和伸夫、飛田潤、護雅史

    第13回地震工学シンポジウム     頁: 569-576   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  456. 実測記録に基づく社寺建築物の振動特性

    藤井智規、飛田潤、福和伸夫

    第13回地震工学シンポジウム     頁: 2126-2131   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  457. 国内免震建物のデータベースの構築と分析 招待有り

    田中佑治、福和伸夫、飛田潤、護雅史

    MENSHIN   ( 70 ) 頁: 33-39   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  458. 4階建てRC造建物の解体時振動計測に基づく振動特性の把握

    小島宏章、飛田潤、福和伸夫

    第13回地震工学シンポジウム     頁: 4033-4039   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  459. 軟弱地盤に立地する大規模群杭に支持された重要基盤施設の地震時損傷評価

    護雅史、福和伸夫、周方圓

    第13回地震工学シンポジウム     頁: 3665-3669   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  460. 部分的な地盤改良が免震建物の地震時挙動に与える影響

    周方圓、護雅史、福和伸夫

    第13回地震工学シンポジウム     頁: 3657-3664   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  461. 震源域アスペリティ分布の推定誤差が強震動予測に与える影響

    平井敬、高橋広人、福和伸夫、鷺谷威

    第13回地震工学シンポジウム     頁: 3550-3557   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  462. 1923年関東地震における鉄筋コンクリート造建物の被害(想定入力地震波を用いた応答解析による構造被害の評価)

    林章二、福和伸夫、宮腰淳一

    第13回地震工学シンポジウム     頁: 3487-3494   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  463. 解体時の継続的観測に基づく高層建物の振動特性

    今枝賢志朗、飛田潤、福和伸夫、矢代晴実

    第13回地震工学シンポジウム     頁: 2840-2847   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  464. 高密度観測・強制加振実験に基づく地盤-建物連成系の振動モデル構築

    海野元伸、飛田潤、福和伸夫、小島宏章

    第13回地震工学シンポジウム     頁: 2824-2831   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  465. 超高層建物に関するE-ディフェンス振動台実験

    長江拓也、福山國夫、梶原浩一、井上貴仁、中島正愛、斉藤大樹、北村春幸、福和伸夫

    第13回地震工学シンポジウム     頁: 2677-2684   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  466. 超高層建物に関するE-ディフェンス振動台実験

    長江拓也、福山國夫、梶原浩一、井上貴仁、中島正愛、斉藤大樹、北村春幸、福和伸夫

    第13回地震工学シンポジウム     頁: 2677-2684   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  467. 絵図解説(岐阜市街大地震の図/1891 年濃尾地震) 招待有り

    福和伸夫

    予防時報   ( 243 ) 頁: 1-3   2010年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  468. 地震動波形を用いた地震の音の作成法

    平井敬、福和伸夫

    日本地震学会講演予稿集     頁: 1p   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  469. 地名から地域性に思いを馳せ土地に適った建物を作る 招待有り

    福和伸夫

    アーガスアイ   48 巻 ( 564 ) 頁: 13-20   2010年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  470. 多数の地震観測記録に基づく発電所建屋および地盤の振動特性に関する研究 (その1)観測概要と表層地盤の震動特性について

    大河内靖雄、水野秀昭、山本景司、岩城梨佳、福和伸夫、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1-2   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  471. PCaPC 造7 階建物の地震記録に基づく伝達関数の振幅値が変動する要因に関する研究

    小島宏章、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 17-18   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  472. 多数の地震観測記録に基づく発電所建屋および地盤の振動特性に関する研究 (その2)発電所建屋の立体振動性状の把握

    岩城梨佳、福和伸夫、護雅史、都築充雄、大久保浩光、山本景司

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 3-4   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  473. 一般協力者との連携による強震観測体制「Pネット」の観測状況と活用方策

    今枝賢志朗、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 19-20   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  474. 社寺建築物の耐震改修工事の過程における段階的常時微動計測

    藤井智規、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 603-604   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  475. 1923 年関東地震における鉄筋コンクリート造建物の被害-動的応答解析に基づく構造被害の検討-

    林章二、福和伸夫、飛田潤、宮腰淳一、牧原慎一郎

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 1051-1052   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  476. 長周期地震動を受ける超高層建物と免震建物の床応答特性に関する研究 その4 地震応答解析結果に基づく超高層建物と免震建物の床応答特性

    片山貴裕、千葉大輔、吉田献一、土肥博、中野時衛、高橋広人、鶴ヶ野翔平、福和伸夫、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 949-950   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  477. 長周期地震動を受ける超高層建物と免震建物の床応答特性に関する研究 その3 地震応答解析による地表地震動の予測

    鶴ヶ野翔平、高橋広人、福和伸夫、護雅史、千葉大輔、片山貴裕、吉田献一、中野時衛、土肥博

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 947-948   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  478. 長周期地震動を受ける長周期構造物の床応答特性に関する研究 その2 経験的グリーン関数法を用いた地震動予測

    高橋広人、鶴ヶ野翔平、福和伸夫、護雅史、千葉大輔、片山貴裕、吉田献一、土肥博、中野時衛

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 945-946   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  479. 長周期地震動を受ける超高層建物と免震建物の床応答特性に関する研究 その1 研究の目的と小地震記録概要

    千葉大輔、吉田献一、土肥博、中野時衛、片山貴裕、高橋広人、鶴ヶ野翔平、福和伸夫、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 943-944   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  480. 減災行動を誘導するバーチャル地震体感 Web アプリケーションの開発

    倉田和己、福和伸夫、護雅史、飛田潤、小島宏章

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 863-864   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  481. 公共建築物の耐震性能閲覧システムの構築と愛知県及び名古屋市の施策展開に関する一考察

    星野有美、倉田和己、福和伸夫、護雅史、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 853-854   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  482. 高機能社会における既存建物の耐震性能評価、日本建築学会学術講演梗概集(その2)地震応答解析結果

    彦坂智基、曽我裕、福和伸夫、護雅史、高橋広人

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 849-850   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  483. 高機能社会における既存建物の耐震性能評価(その1)検討対象建物と入力地震動

    曽我裕、彦坂智基、福和伸夫、護雅史、高橋広人

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 847-848   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  484. 復旧・復興戦略策定のための地域対応力を考慮した地震災害定量化に関する基礎的研究(その2:被害定量化)

    林孝幸、池田政人、倉田和己、福和伸夫、護雅史、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 845-846   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  485. 復旧・復興戦略策定のための地域対応力を考慮した地震災害定量化に関する基礎的研究(その1:手法提案と試算)

    池田政人、林孝幸、倉田和己、福和伸夫、護雅史、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 843-844   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  486. 名所江戸百景描画地点の地形・景観変化と常時微動観測に基づく地盤震動特性の説明性向上 その2 常時微動H/Vスペクトルによる浮世絵描画地点の地盤条件の考察

    川崎雄貴、田中清和、福和伸夫、飛田潤、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 741-742   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  487. 基礎の浮上りに伴う振動方向間の応答連成効果を評価可能な地震応答解析モデルの構築

    杉本浩一、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 683-684   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  488. 名所江戸百景描画地点の地形・景観変化と常時微動観測に基づく地盤震動特性の説明性向上 その1 江戸時代の浮世絵に着目した都市域の地盤状況の考察

    飛田潤、川崎雄貴、田中清和、福和伸夫、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 739-740   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  489. 基礎の浮上りに伴う振動方向間の応答連成効果を評価可能な地震応答解析モデルの構築

    杉本浩一、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 703-704   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  490. 埋込み基礎の簡易的基礎入力動評価法

    鈴木承慈、福和伸夫、護雅史、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 664-665   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  491. 改良地盤に支持された免震建物の振動特性に関する研究 その2 部分的な地盤改良が基礎応答に与える影響についての解析的検討

    周方圓、護雅史、福和伸夫、後藤圭佑

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 642-643   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  492. 改良地盤に支持された免震建物の振動特性に関する研究 その1 地震観測記録に基づく建物応答特性分析

    護雅史、福和伸夫、飛田潤、後藤圭佑

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 640-641   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  493. 性能評定・評価資料のデータベース化に基づく国内免震建物の現状について

    田中佑治、福和伸夫、飛田潤、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 303-304   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  494. 不整形超高層建物の構造ヘルスモニタリング~建物加振実験の柱変動歪に関する考察~

    西澤崇雄、大野富男、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 179-180   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  495. 一般的な強震計を用いた高層建物試験体の層の履歴特性の推定と損傷評価

    平田悠貴、飛田潤、福和伸夫、長江拓也

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 157-158   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  496. 高密度観測・強制加振実験に基づくPCaPC 造建物の立体振動性状に関する研究

    海野元伸、小島宏章、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 117-118   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  497. 汎用強震計による鋼構造試験体の地震応答と変位計測

    平山義治、飛田潤、福和伸夫、長江拓也

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 69-70   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  498. Measurement Using Optical Fiber Sensors in order to Ensure and Keep Track of the Quality and Performance of Buildings from the Design to Post-Competion Stages

    T.Nishizawa, T.Ohno, J.Tobita and N.Fukuwa

    5th World Conference on Structural Control and Monitoring     頁: 15p   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  499. Structural Damage Evaluation of High-Rise Buildings Subjected to Long-Period Earthquake Shaking by Use of Strong Motion Accelerographs and Fiber Optic Sensors

    J. Tobita, N. Fukuwa and Y. Hirata

    5th World Conference on Structural Control and Monitoring     頁: 11p   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  500. 繰返し使用が可能な強非線形建物・地盤実験模型の開発 査読有り

    佐武直紀、福和伸夫

    日本建築学会技術報告集   16 巻 ( 33 ) 頁: 807-810   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  501. 基礎形状の不整形性や基礎形式の混用がねじれ基礎入力動に与える影響 査読有り

    岩城梨佳、福和伸夫、護雅史、彦坂智基

      ( 649 ) 頁: 531-538   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  502. 普及型強震計による高層建物の応答特性と損傷のモニタリング 査読有り

    飛田潤、福和伸夫、平田悠貴、長江拓也

    構造工学論文集   56B 巻   頁: 229-236   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  503. 防災意識啓発と人材育成のためのメディアを介した教材づくりと人づくり、災害情報を防災教育にどう活かすか 招待有り

    福和伸夫

    災害情報   ( 8 )   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  504. 地震本部の成果発信の可能性􀀀建築耐震設計における成果の活用􀀀安全性の検証に予測地図の基礎データや技術資料を有効利用 招待有り

    福和伸夫

    地震本部ニュース     頁: 6-9   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  505. 超高層建物の下層階に部分配置する履歴型ダンパーの効果と影響に関する検討-長周期地震動を想定した耐震改修- 査読有り

    島田侑、佐藤大樹、長江拓也、北村春幸、福山國夫、梶原浩一、井上貴仁、中島正愛、斉藤大樹、福和伸夫、日高桃子

      ( 649 ) 頁: 549-557   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  506. 建物被害調査資料に基づく1923 年関東地震における鉄筋コンクリート造建物の被害に関する研究 査読有り

    林章二、牧原慎一郎、福和伸夫、飛田潤

      75 巻 ( 648 ) 頁: 251-260   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  507. 1923 年関東地震の被害分析支援用ウェブ-GIS の開発 査読有り

    林 章二、牧原慎一郎、倉田和己、福和伸夫、飛田 潤

    日本建築学会技術報告集   16 巻 ( 32 ) 頁: 97-100   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  508. 高機能社会における都市部に立地する一般中高層建物の耐震性能評価

    彦坂智基、曽我裕、福和伸夫、護雅史

    日本建築学会東海支部研究報告集     頁: 241-244   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  509. 平面的不整形な改良地盤に支持された免震病院建物の振動特性に関する研究

    後藤圭佑、護雅史、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会東海支部研究報告集     頁: 233-236   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  510. 加速度計の記録に基づく高層建物の層間変形と損傷の評価

    平田悠貴、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会東海支部研究報告集     頁: 225-228   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  511. 実際的な広域地震被害想定のための地域地震対応能力に関する基礎的検討

    池田政人、福和伸夫、護雅史、飛田潤

    日本建築学会東海支部研究報告集     頁: 217-220   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  512. 住宅耐震化の展望、阪神淡路大震災から15年~開けてきた展望~ 招待有り

    福和伸夫

    災害情報学会ニュースレター   ( 40 ) 頁: 3   2010年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  513. 地震防災啓発のための小型簡易液状化模型の開発

    佐武直紀、飯沼博幸、梶原透、福和伸夫

    日本地震工学会梗概集     頁: 240-241   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  514. 長周期地震動と高層マンション 招待有り

    福和伸夫

    第3回耐震グランプリ「耐震化推進の新たなステージへ」資料集     頁: 50-53   2009年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  515. 地域の防災力を向上させるヒトづくり 招待有り

    福和伸夫

    月刊地方自治職員研修     頁: 21-23   2009年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  516. 光ファイバセンサによる高層建物建設時の柱軸力変化の計測 査読有り

    西澤崇雄、大野富男、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会技術報告集   ( 31 ) 頁: 751-756   2009年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  517. 大地震を前にした現代社会の点検 招待有り

    福和伸夫

    時局     頁: 34-35   2009年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  518. Integrated Disaster Simulator using WebGIS and its Application to Community Disaster Mitigation Activities 査読有り

    Journal of Natural Disaster Science   30 巻 ( 2 ) 頁: 71-82   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  519. 高機能社会における被災シナリオと課題・住宅編 招待有り

    福和伸夫

    日本建築学会大会構造部門研究協議会「高機能社会に求められる建築構造と構造委員会が果たすべき役割」資料集     頁: 71-82   2009年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  520. 防災まちづくりの始動時における活動助成金の役割に関する考察

    川端寛文、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 487-488   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  521. 常時微動計測に基づく社寺建築の移築・耐震補強に伴う振動特性の変化

    藤井智規、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 553-554   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  522. 不整形超高層建物の構造ヘルスモニタリングのための建物重量評価

    西澤崇雄、大野富男、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 717-718   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  523. 立体振動分析支援アニメーションツールを用いた隣接建物振動特性の検討

    廣野衣美、飛田潤、福和伸夫、護雅史、小島宏章

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 577-578   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  524. 強震計と光ファイバセンサによる鋼構造試験体の地震応答と損傷の評価 その2 光ファイバセンサによる動的柱変形の利用

    飛田潤、福和伸夫、西澤崇雄、平田悠貴

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 545-546   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  525. 強震計と光ファイバセンサによる鋼構造試験体の地震応答と損傷の評価 その1 限定された機材・観測体制での強震観測記録の利用

    平田悠貴、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 543-544   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  526. 基礎形状の不整形性や基礎形式の混用が基礎入力動に与える影響(その2)太さや長さの異なる杭を併用した場合の影響について

    岩城梨佳、彦坂智基、福和伸夫、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 375-376   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  527. 基礎形状の不整形性や基礎形式の混用が基礎入力動に与える影響(その1)三角形状の基礎と一部に根入れのある基礎について

    彦坂智基、岩城梨佳、福和伸夫、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 373-374   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  528. 基礎滑りを考慮した低層RC造事務所建物の地震時挙動について

    杉本浩一、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 353-354   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  529. 改良地盤に支持された中層免震建物の振動特性に関する研究-上部建物工事の進行に伴う土圧分布の変化に関する報告-、

    後藤圭佑、護雅史、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 335-336   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  530. 低層RC造事務所建物の地震被害予測に関する研究 その4地震応答解析モデルを用いたパラメータスタディ

    宮腰淳一、中村祥保、護雅史、福和伸夫、後藤盛昌

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 281-282   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  531. 1923年関東地震における建物被害評価に関する研究 その2 調査資料および常時微動測定結果による鉄筋コンクリート造被害分析

    林章二、牧原慎一郎、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 279-280   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  532. 1923年関東地震における建物被害評価に関する研究 その1 調査資料に基づく被害分析

    牧原慎一郎、林章二、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 277-278   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  533. 地震災害対応に関する個人の意識と実際の地域対応力の差からみた防災体制の問題点

    池田政人、倉田和己、福和伸夫、護雅史、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 241-242   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  534. 減災行動誘導のための地震ハザード・リスク情報の説明力向上に関する研究(その2)自宅の揺れを体感できるバーチャル振動台システムの開発

    倉田和己、福和伸夫、飛田潤、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 211-212   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  535. 減災行動誘導のための地震ハザード・リスク情報の説明力向上に関する研究(その1)GoogleEarthを用いたハザード・リスク情報の相互運用

    福和伸夫、倉田和己、飛田潤、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 209-210   2009年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  536. 最新のモバイル機器を用いたユビキタス的地震防災啓発と災害情報収集システムの可能性

    護雅史、福和伸夫、飛田潤、倉田和己

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 205-206   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  537. 継続時間の長い強震動の作成に関する検討

    高橋広人、福和伸夫、護雅史、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 113-114   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  538. 南海トラフでの地震の連動による強震動特性の差異の分析と強震動分析ツールの開発

    鶴ヶ野翔平、高橋広人、福和伸夫、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 95-96   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  539. 減災行動を誘導するための統合型地震応答体感環境の構築 査読有り

    護雅史、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会技術報告集   15 巻 ( 30 ) 頁: 605-610   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  540. ユビキタス的地震防災啓発と効率的な災害情報収集のための最新携帯端末の活用法

    護雅史、福和伸夫、飛田潤、倉田和己

    地域安全学会梗概集     頁: 113-116   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  541. 高層建物の耐震性能を検証する大規模実験システムの構築-E-ディフェンス震動台実験- 査読有り

    931) 長江拓也、鍾育霖、島田侑、福山國夫、梶原浩一、井上貴仁、中島正愛、斉藤大樹、北村春幸、福和伸夫、日高桃子

    日本建築学会構造系論文集   ( 640 ) 頁: 1163-1171   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  542. 耐震化の促進に向けて 招待有り

    福和伸夫

    建築人   4 巻 ( 2 ) 頁: 20-21   2009年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  543. Ground Vibration Caused by Tunnel Construction and its Effects on Electron Microscope 査読有り

    J.Tobita and N.Fukuwa

    Journal of Asian Architecture and Building Engineering   8 巻 ( 1 ) 頁: 267-273   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  544. *Prediction of Strong Ground Motion and Building Damage in Urban Area and Development of Disaster Mitigation Strategy 査読有り

    N.Fukuwa, J.Tobita, M.Mori and H.Takahashi

    Journal of Disaster Research   4 巻 ( 2 ) 頁: 135-141   2009年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  545. 名古屋市域浅部地盤のN 値とS 波速度の関係

    高橋広人, 池田善考, 辻岡秀樹, 福和伸夫

    第39回地盤工学研究発表会   - 巻   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  546. 実大振動台実験による戸建て免震住宅の装置別応答性状比較その7荷重偏心による応答性状比較

    中田信治, 花井勉, 宇津野将司, 飯田秀年, 桐山伸一, 福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 421-422   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  547. 実大振動実験による戸建て免震住宅の装置別応答性状比較その8軸力変動, ダンパー評価がねじれ振動へ与える影響

    宇津野将司, 中田信治, 皆川隆之, 桐山 伸一, 花井勉, 福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 423-424   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  548. 豊田市における建築行政推進のための強震動予測

    藤川智, 武藤尊彦, 早川崇, 宮腰淳一, 松島信一, 森川和彦, 佐藤俊明, 壇一男, 福和伸夫, 久保哲夫

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 527-528   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  549. 名古屋市三の丸地区における耐震改修用の地震動作成(その1)全体概要

    中田猛, 福和伸夫, 藤川智, 壇一男, 佐藤俊明, 柴田昭彦, 白瀬陽一, 斉藤賢二

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 529-530   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  550. 名古屋市三の丸地区における耐震改修用の地震動作成(その2)想定新東海地震による強震動予測

    武藤尊彦, 宮腰淳一, 壇一男, 藤川智, 早川崇, 佐藤俊明, 福和伸夫, 中田猛

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 531-532   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  551. 名古屋市三の丸地区における耐震改修用の地震動作成(その3)推定伏在断層に起因する想定地震の強震動予測

    松島信一, 宮腰淳一, 武藤尊彦, 森川和彦, 壇一男, 佐藤俊明, 福和伸夫, 中田猛

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 533-534   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  552. 表層地盤の速度構造のモデルの違いによる地震動伝播特性への影響に関する研究

    山田芳人, 福和伸夫, 飛田潤, 中野優

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 545-546   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  553. 洪積丘陵地の表層地盤構造と地震動特性

    木村憲司, 鈴木彰弘, 飛田潤, 福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 549-550   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  554. 基盤の形状変化に伴う波動伝播特性に関する検討

    成田忠祥, 福和伸夫, 飛田潤, 中野優

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 587-588   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  555. 隣接建物の建設に伴う振動特性の変化(その1)既存建物の振動特性の推移

    山崎靖典, 小島宏章, 文学章, 福和伸夫, 飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 639-640   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  556. 隣接建物の建設に伴う振動特性の変化(その2)隣接建物と既存建物の建設段階毎の振動特性の変化

    文学章, 小島宏章, 山崎靖典, 福和伸夫, 飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 641-642   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  557. プレキャストプレストレストコンクリート造建物の建設段階に伴う振動特性の変化

    小島宏章, 福和伸夫, 飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 647-648   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  558. N値を用いた名古屋市域の浅部地盤のモデル化

    高橋広人, 福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 695-696   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  559. 中低層建築物の固有振動数・減衰定数に関するデータベース構築

    浜田栄太, 小島宏章, 福和伸夫, 飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 843-844   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  560. 鉄骨住宅の固有振動特性に関する研究 その3近接固有値による連成うなり振動を考慮した分析

    西畑尚, 福和伸夫, 飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 931-932   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  561. 地域防災協働態勢を支援する防災拠点のためのシステム群

    飛田潤, 福和伸夫, 中野優

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 1025-2026   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  562. 名古屋市における木造住宅の耐震診断結果に関する考察

    藤井智規, 福和伸夫, 飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集   C-1 巻   頁: 135-136   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  563. 既存RC 造学校建築の耐震性能(その1:耐震診断結果の分析)

    竹生修治, 白瀬陽一, 宮腰淳一, 福和伸夫, 飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集   C-1 巻   頁: 719-720   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  564. 既存RC 造学校建築の耐震性能(その2:復元力特性の設定)

    白瀬陽一, 竹生修治, 宮腰淳一, 福和伸夫, 飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集   C-1 巻   頁: 721-722   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  565. 地震防災情報ポータルWeb サイトの開発

    倉田和己, 福和伸夫, 飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集   A-2 巻   頁: 529-530   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  566. 光ファイバーセンサーによる鋼構造試験体構築時の柱軸変形の計測 査読有り

    飛田潤,福和伸夫,西澤崇雄

    構造工学論文集   55B 巻   頁: 577-582   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  567. 住民の減災行動を誘導すると共に適切な発災時対応を促す災害情報 招待有り 査読有り

    福和伸夫

    電子情報通信学会誌   92 巻 ( 3 ) 頁: 168-173   2009年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  568. 防災活動とPTA~大規模災害に備えたネットワークづくり~ 招待有り

    福和伸夫

    全国高等学校PTA連合会会報   ( 50 ) 頁: 208-235   2009年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  569. 学生教育と市民啓発のための耐震教材「ぶるる」の開発と活用 招待有り

    福和伸夫

    2008年度日本建築学会東海支部研究発表会シンポジウム講演集   ( 50 ) 頁: 10-11   2009年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  570. 改良地盤に支持された中層免震建物の振動特性に関する研究 上部建物工事の進行に伴う土圧の変化

    後藤圭佑、飛田潤、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会東海支部研究報告集     頁: 225-228   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  571. S 造建物とPCaPC 造建物の強震観測記録に基づく振動特性評価に関する研究

    小島宏章、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会東海支部研究報告集     頁: 221-224   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  572. 低層RC造事務所建物の実被害に影響を与える諸要因に関する研究 非線形動的相互作用効果が建物応答に与える影響

    杉本浩一、護雅史、福和伸夫

    日本建築学会東海支部研究報告集     頁: 217-220   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  573. 杭基礎建物の振動性状に影響する諸要因についての解析的検討―杭の断面性能、基礎のねじれ振動について―

    岩城梨佳、福和伸夫、護雅史

    日本建築学会東海支部研究報告集     頁: 193-196   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  574. 常時微動計測による高層建物試験体の振動特性とその変化

    平田悠貴、飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会東海支部研究報告集     頁: 189-192   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  575. 光ファイバーセンサーによる高層建物試験体の静的・動的な柱変形の計測

    飛田潤、福和伸夫、西澤崇雄

    日本建築学会東海支部研究報告集     頁: 185-188   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  576. ウェブGISとデータ相互運用技術による強震観測記録の統合利用環境 査読有り

    飛田潤、福和伸夫、倉田和己

    日本地震工学会論文集   9 巻 ( 2 ) 頁: 51-60   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  577. *地震ハザードの説明力向上のための地名活用に関する研究―地形に由来する分類方法の提案と活用可能性の検討― 査読有り

    河合真梨子、福和伸夫、護雅史、飛田潤

    日本建築学会構造系論文集   ( 636 ) 頁: 409-416   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    地名の中に埋め込まれた災害危険度情報を丹念なデータ分析により明らかにしたものである。とくに、過去の地名が改変されにくく高密度に存在するバス停名に着目し、三大都市圏での地名と地形との相関を分析している。この結果、多くの地名には過去の地形の情報が埋め込まれており、地名に含まれる漢字と地形との相関を通して、地震危険度情報の説明力を増すことを明らかにしている。

  578. 防災教材、振動論教材としての卓上2軸振動台とその模型の開発 査読有り

    花井勉、石井渉、押田光弘、村尾秀己、福和伸夫

    日本建築学会技術報告集   15 巻 ( 29 ) 頁: 57-60   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  579. 地震防災教育のための津波実験装置の開発 査読有り

    佐武直紀、福和伸夫、原徹夫、太田賢治、飯沼博幸

    日本建築学会技術報告集   15 巻 ( 29 ) 頁: 321-324   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  580. 地盤・建物振動特性の現地簡易評価のための常時微動観測分析システムの開発 査読有り

    飛田潤、福和伸夫、佐武直紀、原徹夫、太田賢治、小出栄治

    日本建築学会技術報告集   15 巻 ( 29 ) 頁: 61-64   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  581. 名古屋市三の丸地区における耐震改修用の基盤地震動の作成

    宮腰淳一, 中田猛, 福和伸夫, 柴田昭彦, 白瀬陽一, 斉藤賢二

    日本地震工学会年次大会   - 巻   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  582. 企業や住民を防災行動に誘導するには 招待有り

    福和伸夫

    緊急地震速報講習会・展示会報告集     頁: 48-54   2008年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  583. 中京地域の三次元地盤モデル

    細川晴央、吉見雅行、関口春子、吉田邦一、杉山雄一、佐竹健治、福和伸夫、鈴木晴彦、松山尚典、劉瑛、滝沢文教

    活断層・古地震研究報告   8 巻   頁: 203-254   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  584. 擬似経験的グリーン関数法を用いた強震動予測

    高橋広人、林宏一、福和伸夫

    応用地質技術年報   28 巻   頁: 15-28   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  585. *地震に負けない力を身につけるための防災教育 招待有り

    福和伸夫

    地震ジャーナル   ( 46 ) 頁: 29-37   2008年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    今世紀前半に国家予算の数倍にも達する地震被害を経験することが懸念されている。この回避には国民一人一人の防災行動を促す防災教育・啓発しかない。本稿は、防災教育を抜本的に進め災害被害軽減のための国民運動を作り出すため、理工学的立場と社会科学的立場を組み合わせたヒト・モノ・コト作りを通した防災教育のあり方を提案している。

  586. 2軸ロングストローク振動台を中心とした統合型地震応答体感環境

    飛田潤、福和伸夫、護雅史

    地域安全学会梗概集     頁: 123-126   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  587. 効果的な防災意識啓発を支援するためのWebGIS開発 査読有り

    倉田和己、福和伸夫、飛田潤

    地域安全学会論文集   ( 10 ) 頁: 293-300   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  588. 災害被害を軽減する国民運動をめざす地方自治体の誘導事業に関する考察 査読有り

    川端寛文、福和伸夫、飛田潤、護雅史

    地域安全学会論文集   ( 10 ) 頁: 205-214   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  589. 2004年9月5日紀伊半島南東沖の地震(Mj7.4)における建物応答性状

    小島宏章, 山崎靖典, 浜田栄太, 福和伸夫, 飛田潤

    建築学会東海支部研究報告集     頁: 229-232   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  590. 比較的長周期域での振動特性評価のための可搬型微動計の開発

    佐武直紀、福和伸夫、飛田潤、小出栄治、太田賢治:

    日本地震工学会     頁: 124-125   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  591. 災害被害を軽減する国民運動の実践 招待有り

    福和伸夫

    第2回耐震グランプリ「耐震がつくる安心安全な地域社会」資料集     頁: 96-99   2008年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  592. 旧型強震計の活用と一般観測協力者との連携による強震観測体制「Pネット」の展開

    飛田潤、福和伸夫

    日本地震工学会     頁: 46-47   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  593. 微動・強風・地震時の建築構造物の振動性状に関する研究

    山崎靖典, 小島宏章, 浜田栄太, 福和伸夫, 飛田潤

    建築学会東海支部研究報告集     頁: 233-236   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  594. 迫り来る大地震。あなたは「その時」がイメージできていますか 招待有り

    福和伸夫

    那古野     頁: 4-5   2008年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  595. 愛知県庁本庁舎免震レトロフィット工事における基本設計の概要 査読有り

    西澤崇雄、大野富雄、大西稔、福和伸夫

    日本建築学会技術報告集   ( 28 ) 頁: 465-470   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  596. 防災活動を行う大学生を対象とした広域ネットワークの構築と防災教育の実践

    倉田和己, 福和伸夫, 飛田潤

    建築学会東海支部研究報告集     頁: 237-240   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  597. 2007年能登半島地震による總持寺の被害と地盤探査・建物振動計測 査読有り

    藤井智規、魚津忠弘、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会技術報告集   ( 28 ) 頁: 443-446   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  598. 多点多成分振動観測記録の効果的な分析を支援する動画アプリケーションの開発 査読有り

    廣野衣美、牧原慎一郎、福和伸夫、飛田潤、護雅史、小島宏章

    日本建築学会技術報告集   ( 28 ) 頁: 423-428   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  599. Influence of Seismometer Foundation, Adjacent Building and Surface Ground Condition on Strong Motion Records

    M.Mori, N.Fukuwa and J.Tobita

    Proceedings of 14th World Conference of Earthquake Engineering, Beijing   ( Paper No.02-0052 ) 頁: 8p   2008年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  600. Strong Ground Motion Prediction by Using New Analysis Method Named `Pseudo Empirical Green's Function Procedure'

    H.Takahashi, N.Fukuwa, H.Senga, K.Hayashi, M.Mori, J.Tobita

    Proceedings of 14th World Conference of Earthquake Engineering, Beijing   ( Paper No. 03-03-0031 ) 頁: 8p   2008年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  601. WebGIS Simulator for Promotion of Seismic Retrofitting and Community Disaster Mitigation Activities

    J.Tobita, N.Fukuwa, M.Mori, H.Sakaue, H.Takahashi and T.Hanai

    Proceedings of 14th World Conference of Earthquake Engineering, Beijing   ( Paper No.09-01-0023 ) 頁: 8p   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  602. *Developement of Vibration Experiment Education Material for Structural and Soil Dynamics

    N.Fukuwa, J.Tobita, M.Mori, E.Koide, T.Hanai

    Proceedings of 14th World Conference of Earthquake Engineering, Beijing   ( Paper No. 12-03-0109 ) 頁: 8p   2008年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  603. 高層建物の耐震性評価に関するE-ディフェンス実験 その3 架構の構造諸元と加振計画

    長江拓也、鍾育霖、福山國夫、梶原浩一、井上貴仁、中島正愛、斉藤大樹、北村春幸、福和伸夫、日高桃子

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 827-828   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  604. 低層RC造事務所建物の地震被害予測に関する研究 (その1)研究概要と診断データベース

    佐々木哲朗、飛田潤、護雅史、福和伸夫、後藤盛昌、宮腰淳一、白瀬陽一

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 705-706   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  605. 家具転倒防止のビフォアアフター 招待有り

    福和伸夫

    広報ぼうさい   47 巻   頁: 10-11   2008年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  606. 大学発の地域防災への取り組み ~中京圏における地震防災ホームドクター計画~ 招待有り

    福和伸夫

    人と国土21     頁: 42-45   2008年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  607. 地震防災意識啓発のための津波模型の開発

    佐武直紀、太田賢治、飯沼博幸、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 683-684   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  608. ハザード情報を実感し耐震化行動へ結びつけるためのシステムとWebGIS 技術

    倉田和己、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 503-504   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  609. 高層建物の耐震性評価に関するE-ディフェンス実験 (その10)高層建物の強震応答と損傷のモニタリング

    飛田潤、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 881-882   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  610. 低層RC造事務所建物の地震被害予測に関する研究 (その1)研究概要と診断データベース

    佐々木哲朗、飛田潤、護雅史、福和伸夫、後藤盛昌、宮腰淳一、白瀬陽一

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 705-706   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  611. 減災行動誘導のための統合型地震応答体感環境の構築

    福和伸夫、飛田潤、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 841-842   2008年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  612. 不整形超高層建物の建設時観測に基づく柱歪・振動特性変化に関する研究 その2 常時微動記録に基づく振動特性の変化

    小島宏章、西澤崇雄、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 275-276   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  613. 不整形超高層建物の建設時観測に基づく柱歪・振動特性変化に関する研究 その1 柱歪モニタリングの概要不整形超高層ビルの柱歪モニタリングの概要

    西澤崇雄、大野富男、飛田潤、福和伸夫、護雅史、小島宏章

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 273-274   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  614. 高密度常時微動計測に基づく大規模SRC造事務所建物の振動特性

    平田悠貴、飛田潤、福和伸夫、護雅史、大河内靖雄、佐々木哲朗

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 153-154   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  615. 三次元アニメーションによる高密度観測記録の効果的分析支援ツールの開発

    廣野衣美、福和伸夫、飛田潤、護雅史、小島宏章

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 169-170   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  616. 地震観測記録に及ぼす隣接建物の影響

    河本悠歩、護雅史、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 13-14   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  617. 多数本杭支持建物の動的相互作用を考慮した解析モデルに関する研究―SRC造10階建て建物を対象として―

    岩城梨佳、福和伸夫、護雅史、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 35-36   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  618. 改良地盤に支持された中層免震建物の振動特性に関する研究(その2)地盤改良がインピーダンスに与える影響

    護雅史、後藤圭佑、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 27-28   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  619. 改良地盤に支持された中層免震建物の振動特性に関する研究(その1)地盤改良の調査結果及びS波速度構造の推定

    後藤圭佑、護雅史、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 25-26   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  620. 擬似経験的グリーン関数法を用いた長周期地震動の予測 その3想定東海・東南海地震への適用

    大河内靖雄、鈴木陽、都築充雄、高橋広人、坪井利弘、稲田修、鈴木晴彦、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 891-892   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  621. 擬似経験的グリーン関数法を用いた長周期地震動の予測 その2地震観測記録に基づく震源特性の影響の検討

    高橋広人、千賀英樹、大久保浩光、福和伸夫、鈴木晴彦、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 889-890   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  622. 擬似経験的グリーン関数法を用いた長周期地震動の予測 その1二次元有限差分法に基づく震源特性と地盤構造の伝達関数に及ぼす影響

    千賀英樹、高橋広人、福和伸夫、林宏一、護雅史

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 887-888   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  623. 1923年関東地震における鉄筋コンクリート造建物の被害調査報告の分析 その2 調査資料に基づく地震被害分析

    牧原慎一郎、林章二、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 671-672   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  624. 1923年関東地震における鉄筋コンクリート造建物の被害調査報告の分析 その1 震災予防調査会と清水組の調査資料概要

    林章二、牧原慎一郎、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 669-670   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  625. 低層RC造事務所建物の地震被害予測に関する研究(その3)地震応答解析モデルの構築と被害率の算定

    宮腰淳一、白瀬陽一、護雅史、福和伸夫、後藤盛昌、佐々木哲朗

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 709-710   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  626. 低層RC造事務所建物の地震被害予測に関する研究 (その2)個別建物におけるモデル化の違いが建物応答値に与える影響

    杉本浩一、護雅史、福和伸夫、白瀬陽一、宮腰淳一、後藤盛昌

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 707-708   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  627. 防災教材、振動論教材としての卓上2軸振動台とその模型の開発

    石井渉、花井勉、押田光弘、村尾秀己、福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 845-846   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  628. 高層建物の耐震性評価に関するE-ディフェンス実験 その2 実験システムの提案と設計

    福山國夫、鍾育霖、島田侑、長江拓也、梶原浩一、井上貴仁、中島正愛、斉藤大樹、北村春幸、福和伸夫、日高桃子

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 825-826   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  629. 高層建物の耐震性評価に関するE-ディフェンス実験 その1「長周期地震動による被害軽減対策の研究開発」の全体計画と概要

    井上貴仁、長江拓也、梶原浩一、福山國夫、中島正愛、斉藤大樹、北村春幸、福和伸夫、日高桃子

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 823-824   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  630. 中高層RC造集合住宅の地震被害を説明可能な地震応答解析モデルの構築 (その2) 地震応答解析による被害率の算定

    白瀬陽一、榊原啓太、福和伸夫、護雅史、宮腰淳一

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 77-78   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  631. 中高層RC造集合住宅の地震被害を説明可能な地震応答解析モデルの構築 (その1)名古屋市における典型的な中高層RC造集合住宅の地震応答解析モデルの作成

    榊原啓太、白瀬陽一、福和伸夫、護雅史、宮腰淳一

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 75-76   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  632. 重要文化財・旧三重県庁舎の耐震補強と常時微動計測による建物振動特性の変化の確認

    藤井智規、石川新太郎、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 61-62   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  633. 地震ハザードの説明力向上のための地名活用に関する研究―3大都市圏におけるバス停名を用いた分析―

    河合真梨子、福和伸夫、護雅史、飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集     頁: 843-844   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  634. 市民への防災意識の普及啓発 招待有り

    福和伸夫

    建築士   57 巻 ( 672 ) 頁: 25   2008年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  635. 中国・四川大地震から学ぶ道路の役割と震災対策 招待有り

    福和伸夫

    道路   808 巻   頁: 4-9   2008年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  636. 総論・企業における地震対策のあり方 招待有り

    福和伸夫

    安全と健康   9 巻 ( 8 ) 頁: 17-21   2008年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  637. 予期される震災を前に地域ぐるみの耐震化を 招待有り

    福和伸夫

    都道府県展望     頁: 57-61   2008年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  638. 中京圏の3次元地盤構造モデル

    堀川晴央・吉見雅行・関口春子・吉田邦一・杉山雄一・佐竹健治・福和伸夫・鈴木晴彦・松山尚典・劉瑛・滝沢文教

    地球惑星科学合同大会     頁: CD   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  639. 地盤・杭・建物の高密度強震観測に基づくPCaPC造7階建て建物の振動特性

    松井政樹, 小島宏章, 福和伸夫, 飛田潤, 山崎靖典, 浜田栄太

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 85-86   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  640. *Key Parameters Governing the Dynamic Response of Long-Period Structures 査読有り

    N. Fukuwa and J. Tobita

    Journal of Seismology   12 巻 ( 2 ) 頁: 295-306   2008年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  641. 地形改変の進んだ丘陵地における浅部地盤モデルの構築(その1)基礎的地盤データのコンパイル

    平墳義正, 高橋広人, 木村憲司, 鈴木章弘, 福和伸夫, 飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 201-202   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  642. 地震防災啓発ラジオ番組の実践とその評価 査読有り

    新井伸夫、福和伸夫、佐枝一史、沢田孝、坂上寛之

    災害情報   ( 6 ) 頁: 119-126   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  643. 地形改変の進んだ丘陵地における浅部地盤モデルの構築(その2)微動アレイ探査に基づく表層地盤のS波速度構造の推定

    鈴木章弘, 木村憲司, 高橋広人, 福和伸夫, 飛田潤, 平墳義正

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 203-204   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  644. 根入れを有する直接基礎における側面と底面の動的相互作用特性とそれらの重合による地盤ばねの実用的評価法の検討 査読有り

    護雅史,福和伸夫,酒井理恵子,文学章

    日本建築学会構造系論文集   ( 626 ) 頁: 535-542   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  645. 地形改変の進んだ丘陵地における浅部地盤モデルの構築(その3)地震観測記録に基づく表層地盤の震動特性の検討

    木村憲司, 鈴木章弘, 高橋広人, 福和伸夫, 飛田潤, 平墳義正

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 205-206   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  646. 名古屋市三の丸地区における免震改修設計用地震動の策定 招待有り

    福和伸夫

    公共建築   ( 194 ) 頁: 20-23   2008年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  647. 地形改変の進んだ丘陵地における浅部地盤モデルの構築(その4)H/Vスペクトルに基づく地盤モデル修正の適用性に関する検討

    高橋広人, 福和伸夫, 鈴木章弘, 木村憲司, 飛田潤, 平墳義正

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 207-208   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  648. 建設時の継続的な振動観測に基づく高層建物の振動特性 招待有り 査読有り

    飛田潤, 福和伸夫、松井政樹、小島宏章

    日本建築学会構造系論文集   ( 625 ) 頁: 391-398   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  649. 大地震を前に我々の実力を点検し耐震研究の役割を考える 招待有り

    福和伸夫

    名城大学高度制震実験・解析研究センター開所式記念講演会     頁: 5-6   2008年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  650. 基盤段差が波動伝播特性に与える影響に関する研究

    山田芳人, 成田忠祥, 高橋広人, 福和伸夫, 飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 247-248   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  651. 名古屋は防災でも元気!「恐るべし名古屋」~地域防災の原点を考えるための活動~ 招待有り

    福和伸夫

    震災予防協会講演会・地震・火山噴火と人間:溢れ出る情熱に学ぶ災害軽減への道・講演集     頁: 23-28   2008年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  652. Effect of the Fear-arousing Communication for Disaster Preparedness Actions and Longitudinal Changes of Fear and Risk Perception

    J.Toyosawa, K.Karasawa and N.Fukuwa

    9th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology, Albuquerque     頁: CD-ROM   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  653. 災害被害軽減のための地盤情報の共有化と活用 招待有り

    福和伸夫

    第2回「統合化地下構造データベースの構築」シンポジウム予稿集     頁: 1-8   2008年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  654. 地表地震計の基礎形状が地震観測記録に与える影響

    河本悠歩、護雅史、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会東海支部研究報告集     頁: 145-148   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  655. 耐震化を進めるための防災教材の開発と教育の実践 招待有り

    福和伸夫

    建築防災     頁: 23-29   2008年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  656. 濃尾平野の三次元不整形地盤構造が後続位相に与える影響に関する研究

    成田忠祥, 高橋広人, 福和伸夫, 飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 263-264   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  657. 家具転倒防止対策促進のための振動実験・シミュレータウェブの作成 査読有り

    酒入行男, 山岸秀之, 中田信治, 花井勉, 福和伸夫, 鶴田庸介, 鈴木章弘, 飛田潤

    日本建築学会技術報告集   ( 26 ) 頁: 463-468   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  658. 強震計の設置状況が計測震度と地震記録へ及ぼす影響

    浜田栄太, 小島宏章, 福和伸夫, 飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 369-370   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  659. 中山間地域における地震ハザードマップの精度向上にむけて 査読有り

    濱田俊介, 宮田善郁, 高橋広人, 金子史夫, 加藤智和, 森田義美, 福和伸夫

    地域安全学会   ( 9 ) 頁: 131-136   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  660. 微動・強風・地震時の建築構造物の振動性状の差異

    山崎靖典, 小島宏章, 福和伸夫, 飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 405-406   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  661. 住宅の耐震化推進する 招待有り

    福和伸夫

    季報住宅金融   ( 平成19年秋 ) 頁: 30-45   2007年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  662. 隣接建物間相互作用に関する研究(その1)地表面基礎のインピーダンスと基礎入力動

    文学章, 酒井理恵子, 福和伸夫, 小島宏章, 飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 471-472   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  663. 緊急地震速報の本運用に当たって 招待有り

    福和伸夫、新井伸夫

    予防時報   ( 231 ) 頁: 21-27   2007年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  664. 隣接建物間相互作用に関する研究(その2)根入れ基礎と杭基礎のインピーダンスと基礎入力動

    酒井理恵子, 文学章, 福和伸夫, 小島宏章, 飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 473-474   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  665. 地形改変の進んだ丘陵地における強震動予測のための表層地盤モデルの構築-名古屋大学東山キャンパスを例として- 査読有り

    高橋広人,福和伸夫,鈴木康弘,海津正倫,飛田潤

    日本建築学会構造系論文集   ( 618 ) 頁: 33-39   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  666. 振動模型実験教材による耐震教育・防災意識啓発の試み(その1)実験教材の概要と活用

    福和伸夫, 鶴田庸介, 倉田和己, 小出栄治, 原 徹夫

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 547-548   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  667. 耐震化を促進するための地域防災力向上シミュレータ 査読有り

    福和伸夫、坂上寛之、花井勉、高橋広人、飛田潤、鈴木康弘

    日本地震工学会論文集   7 巻 ( 4 ) 頁: 5-22   2007年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    住民を適切な防災行動に誘導するために、住民が自身の地震危険度を実感できるシミュレータを開発している。最新の研究成果に基づき、ウェブ上で、自宅の揺れ、家屋の倒壊や室内の家具の転倒を予測・再現し、住民が地震危険度に「気づき」、防災対策を「学ぶ」総合的なツールである。この成果は、メディアに大きく取り上げられるとともに、イノベーション25での社会還元加速プロジェクトでも活用されようとしている。

  668. 振動模型実験教材による耐震教育・防災意識啓発の試み(その2)長周期地震動の体感教材とペーパークラフト教材

    鶴田庸介, 倉田和己, 福和伸夫, 太田賢治, 原徹夫

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 549-550   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  669. 住民の自発的耐震化行動を誘導するシステム作り 招待有り

    福和伸夫

    消防防災   ( 21 ) 頁: 16-26   2007年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  670. 振動模型実験教材による耐震教育・防災意識啓発の試み(その3)

    花井勉, 福和伸夫, 石井 渉, 鶴田庸介, 倉田和己, 原徹夫

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 551-552   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  671. 地震から命を守り、まちを守るために今やるべきこと 招待有り

    福和伸夫

    アーバン・アドバンス   ( 43 ) 頁: 1-9   2007年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  672. 振動模型実験教材による耐震教育・防災意識啓発の試み(その4)実験教材を活用したEラーニングの開発

    倉田和己, 鶴田庸介, 福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 553-554   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  673. 耐震化促進eラーニングのための自然言語インターフェース開発 査読有り

    倉田和己、福和伸夫、飛田潤

    日本建築学会技術報告集   ( 25 ) 頁: 331-336   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  674. 3階建て免震住宅の実大振動実験(その1)実験概要

    桐山伸一, 中田信治, 飯田秀年, 山本健史, 花井勉, 福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 801-802   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  675. 耐震・振動論学習のための能動型振動シミュレーション教材の開発 査読有り

    鶴田庸介、福和伸夫

    日本建築学会技術報告集   ( 25 ) 頁: 327-330   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  676. 3階建て免震住宅の実大振動実験(その2)実験結果の全体像

    中田信治, 桐山伸一, 飯田秀年, 山本健史, 花井勉, 福和伸夫,

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 803-804   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  677. 耐震化促進のための社寺建築倒壊実験模型の開発 査読有り

    福本有希、花井勉、福和伸夫、魚津忠弘、石井渉

    日本建築学会技術報告集   ( 25 ) 頁: 165-169   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  678. 3階建て免震住宅の実大振動実験(その3)入力地震動の性質と応答

    飯田秀年, 中田信治, 桐山伸一, 山本健史, 花井勉, 福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 805-806   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  679. 観測された動特性を説明可能な振動解析モデルの構築 査読有り

    榊原啓太、福和伸夫、飛田潤、小島宏章

    日本建築学会技術報告集   ( 25 ) 頁: 65-68   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  680. 3階建て免震住宅の実大振動実験(その4)上部架構・免震層の違いによる応答比較

    山本健史, 飯田秀年, 中田信治, 花井勉, 桐山伸一, 福和伸夫

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 807-808   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  681. 常時微動計測による博物館明治村の近代建築物の振動性状データベース構築 査読有り

    藤井智規、福和伸夫、千賀英樹、飛田潤、吉田明義

    日本建築学会技術報告集   ( 25 ) 頁: 59-64   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  682. 地理情報システムを用いた愛知県の耐震診断の進捗状況に関する研究

    藤井智規, 福和伸夫, 飛田潤

    日本建築学会学術講演梗概集   B-2 巻   頁: 95-96   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  683. 長周期構造物の応答を再現するロングストローク簡易振動台の開発 査読有り

    福和伸夫、佐武直紀、原徹夫、太田賢治、飯沼博幸、鶴田庸介、飛田潤

    日本建築学会技術報告集   ( 25 ) 頁: 55-58   2007年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  684. 耐震診断結果を用いた低層RC造校舎の地震被害率の予測に関する研究(その1)愛知県における典型的な低層RC造校舎の地震応答解析モデルの作成

    平松悠, 白瀬陽一, 竹生修治, 福和伸夫, 宮腰淳一

    日本建築学会学術講演梗概集   C-1 巻   頁: 715-716   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  685. 大地震に備えた地域防災力の向上 招待有り

    福和伸夫

    都市問題研究   59 巻 ( 6 ) 頁: 67-83   2007年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  686. 耐震診断結果を用いた低層RC造校舎の地震被害率の予測に関する研究(その2)愛知県における典型的な低層RC造校舎の地震応答解析による被害率の予測

    白瀬陽一, 平松悠, 竹生修治, 福和伸夫, 宮腰淳一

    日本建築学会学術講演梗概集   C-1 巻   頁: 717-718   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  687. 名古屋地区における強震観測の高度化と活用 招待有り

    福和伸夫

    建築防災     頁: 23-29   2007年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  688. Vibration Experiment Education Materials and Web-GIS Simulators to Promote Seismic Retrofitting 招待有り

    N.Fukuwa

    Proceedings of the International Symposium on Seismic Risk Reduction     頁: 81-92   2007年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  689. 地盤・建物系の高密度強震観測の展開と建物動的挙動の検討 査読有り

    飛田潤、福和伸夫、小島宏章、浜田栄太

    日本地震工学会論文集   7 巻 ( 2 ) 頁: 37-56   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  690. Evaluation of a large scale pile group for a nonlinear earthquake response analysis of pile-supported building by using frame models

    M.Mori, N.Fukuwa and X.Wen

        頁: 15p   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  691. An Efficient Soil Structure Interaction Analysis Method of a Large Scale Pile Group

    N.Fukuwa and X.Wen

        頁: 13p   2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  692. Development of Education Materials for Soil and Structural Dynamics 招待有り

    N.Fukuwa

        頁: 12p   2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  693. 東海・東南海・南海地震~過去と現在の比較を通して今後の備えを考える~ 招待有り

    福和伸夫

    学術雑誌「減災」   ( 2 ) 頁: 38-46   2007年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  694. 子供たちが地震で被災しないために今何をすべきか 招待有り

    福和伸夫

    季刊・文教施設   ( 25 ) 頁: 51-55   2007年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  695. ウェブGIS による堆積平野の深部地盤構造データベース 査読有り

    飛田潤、福和伸夫、高橋広人

    日本建築学会技術報告集   ( 24 ) 頁: 435-438   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  696. On-line Monitoring for Dynamic Response and Environmental Conditions of Buildings with Web-based Interface and Database 査読有り

      ( 24 ) 頁: 6p   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  697. Web-GISによる自発的地域防災情報構築システム 査読有り

    飛田潤、福和伸夫

    第12回日本地震工学シンポジウム     頁: 4p   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  698. 地盤モデルに基づく2地点間の伝達関数と地震観測記録を用いた任意地点における地震動の推定 査読有り

    高橋広人,福和伸夫,林宏一,飛田潤

    日本建築学会構造系論文集   ( 609 ) 頁: 81-88   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    3次元堆積構造を反映した面的な強震動予測法を提示している。兵庫県南部地震以降に整備された強震観測網と地下構造データを最大限活用した方法であり、経験的グリーン関数法と3次元ハイブリッド法を組み合わせた方法である。この方法は、大都市が立地し、観測記録・地下構造データが充実した関東・大阪・濃尾平野では最良の方法であり、ハザードマップや重要建築物の安全性検討に用いられつつある。

  699. 地域における耐震化推進のための戦略と実践 招待有り

    福和伸夫

    建築雑誌   121 巻 ( 1553 ) 頁: 16-17   2006年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  700. 巨大地震に備えながら建築構造・免震に思う徒然 招待有り

    福和伸夫

    MENSHIN   ( 54 ) 頁: 1-5   2006年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  701. Key Parameters Governing the Dynamic Response of Long-Period Structures 招待有り

    N. Fukuwa and J. Tobita

    International Workshop on Long-Period Ground Motion Simulation and Velocity Structures     頁: 79-86   2006年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  702. 直接基礎、杭基礎とパイルド・ラフト基礎の動的相互作用特性 査読有り

    文学章、福和伸夫

    日本建築学会構造系論文集   ( 608 ) 頁: 53-60   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  703. 耐震診断結果に基づく低層鉄筋コンクリート造学校建物の地震被害率の予測に関する研究 査読有り

    白瀬陽一、竹生修治、平松悠、福和伸夫、宮腰淳一

    日本建築学会構造系論文集   ( 607 ) 頁: 63-71   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  704. 大規模群杭の効率的な動的相互作用解析法 査読有り

    文学章、福和伸夫、小島宏章、酒井理恵子

    日本建築学会構造系論文集   ( 607 ) 頁: 109-116   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    従来、大自由度のため解析が困難であった大規模群杭の動的相互作用解析を可能にする新たな方法を提示している。これは、薄層法によるグリーン関数を用いて、各深度断面での多点加振に対する受振断面での重み付き平均変位を求め、大規模群杭の問題を集約群杭の問題に置換する独創的な方法である。この方法を用いて、喫緊の課題である埋立地盤に立地する火力発電施設の巨大地震に対する安全性検討が行われている。

  705. 隣接建物の存在が杭基礎の動的相互作用特性に与える影響に関する解析的検討 査読有り

    文学章、福和伸夫

    日本建築学会構造系論文集   ( 606 ) 頁: 147-154   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  706. 建物観測のためのインターネット活用型低コスト地震計の開発 査読有り

    小出栄治、福和伸夫、正木和明、原徹夫、太田賢治、糸魚川貢一

    日本建築学会技術報告集   ( 23 ) 頁: 453-458   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  707. 東海地域における巨大地震発生に備えた具体的取組、,「特集:巨大地震による長周期地震動とその対応策 招待有り

    福和伸夫

    月刊地球号外   ( 55 ) 頁: 234-239   2006年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  708. 減災のための多面的なネットワーク作り 招待有り

    福和伸夫

    土と岩   ( 54 ) 頁: 11-20   2006年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  709. 地震災害の軽減をめざして 招待有り

    福和伸夫

    青淵     頁: 13-15   2006年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  710. 「気づき」と「学び」から始める身近な防災 招待有り

    福和伸夫

    広報ぼうさい   ( 33 ) 頁: 1   2006年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  711. 巨大地震(東海・東南海・南海地震・首都圏直下)とは~過去を振り返り将来に備える 招待有り

    福和伸夫

    JSSC   ( 60 ) 頁: 1-5   2006年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  712. 教養読本「東海・東南海・南海地震」 招待有り

    福和伸夫

    地質と調査   ( 06第1号 ) 頁: 27-30   2006年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  713. 直接基礎の基礎形状と基礎形式が動的相互作用効果に及ぼす影響 査読有り

    文学章、福和伸夫

    構造工学論文集   52B 巻   頁: 23-31   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  714. 隣接建物の存在が直接基礎の動的相互作用特性に与える影響 査読有り

    文学章、福和伸夫

    日本建築学会構造系論文集   ( 600 ) 頁: 97-105   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  715. 地震動予測のための表層地盤のモデル化手法の提案と検証 査読有り

    高橋広人、福和伸夫

    日本建築学会構造系論文集   ( 599 ) 頁: 51-59   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  716. 観測記録に基づく微動時・強風時・地震時の建築物の応答性状の違いの分析 査読有り

    福和伸夫, 山崎靖典, 小島宏章, 飛田潤

    日本建築学会構造系論文集   598 巻   頁: 61-68   2005年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  717. 防災・安全情報を提供する施設管理システムの構築 査読有り

    高橋広人, 福和伸夫, 飛田潤, 古瀬勇一

    日本建築学会技術報告集   22 巻   頁: 559-562   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  718. 耐震化促進のための木造建物倒壊実験教材の開発 査読有り

    福和伸夫, 花井勉, 石井渉, 鶴田庸介, 倉田和己, 小出栄治

    日本建築学会技術報告集   22 巻   頁: 99-102   2005年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  719. 建物耐震化促進のための振動実験教材の開発 査読有り

    福和伸夫,原徹夫,小出栄治,倉田和己,鶴田庸介

    地域安全学会論文集   7 巻   頁: 23-34   2005年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    政府の地震防災戦略での最重要課題である家屋の耐震化を促進するために、子供から専門家まで、誰もが耐震化の重要性とその効果を実感できる一連の振動実験教材を開発・提案している。この教材は、耐震実験教材のひな形として、国内外で幅広く活用され、中央防災会議・都道府県防災会議・国内外の学会・防災フェア・メディアなどで多用されている。この成果により、文部科学大臣表彰科学技術賞(理解増進部門)にも採択された。

  720. 座談会・頻発する地震による建物被害とその対策 招待有り

    山崎文雄・中埜良昭・林康裕・福和伸夫・翠川三郎

    予防時報   223 巻   頁: 20-29   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  721. Web Based Online Monitoring and Database Systems for Dynamic Response of Structures and Ground 査読有り

    J.Tobita, H.Kojima and N.Fukuwa

    Structural Engineering     頁: 703-710   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  722. Comparison of Seismic Performance of Base-isolated House with Various Devices 査読有り

    S.Nakata, T.Hanai, S.Kiriyama and N.Fukuwa

    The First International Conference on Advances in Experimental, Structural Engineering     頁: 497-504   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  723. Strategic Observation Program for Dynamic Response of Buildings 査読有り

    H.Kojima, N.Fukuwa and J.Tobita

    The First International Conference on Advances in Experimental, Structural Engineering     頁: 703-710   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  724. 地域防災力向上のための防災情報共有化 招待有り

    福和伸夫

    土木学会第6回地震災害マネジメントセミナー「災害情報の共有化」を考える-その現状と課題について-     頁: 1-6   2005年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  725. 2004年東海道沖地震における名古屋での観測例~濃尾平野の地震動特性と中低層建物の応答~ 招待有り

    福和伸夫

    第4回強震データの活用に関するシンポジウム     頁: 17-22   2005年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  726. 地域における多機関の強震観測網のネットワーク化と地域防災への活用, 「日本の強震観測50年」―歴史と展望― 招待有り

    福和伸夫, 飛田潤

    防災科学技術研究所研究資料   ( 264 ) 頁: 223-230   2005年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  727. 子供の安全確保をどう図るか 招待有り

    福和伸夫

    教職研修   33 巻 ( 6 ) 頁: 42-45   2005年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  728. 強震観測・常時微動計測に基づく中低層建物の入力損失効果に関する研究 査読有り

    小島宏章,福和伸夫,飛田潤

    日本建築学会論文集   ( 587 ) 頁: 77-84   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  729. 減災は防災教育から 招待有り

    福和伸夫

    都市問題研究   57 巻 ( 1 ) 頁: 72-85   2005年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  730. 地震防災・耐震設計と表層地盤増幅 招待有り

    福和伸夫, 高橋広人

    第32回地盤震動シンポジウム     頁: 113-122   2005年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  731. 地域防災協働態勢を支援するシステムと防災拠点の構築 査読有り

    飛田潤, 福和伸夫, 中野優

    日本建築学会技術報告集   ( 20 ) 頁: 367-370   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  732. 中京圏における地震防災力向上のための大学研究者による実践研究 査読有り

    福和伸夫,飛田潤,鈴木康弘

    地域安全学会論文集   6 巻   頁: 223-232   2004年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    切迫する東海地震・東南海地震を前に、東海地域の防災力を早期に向上させるために、名古屋大学の研究者を中心とした防災活動の地域モデルを提案し、実践効果を検証している。文部科学省地域貢献特別事業の一環として進めた「中京圏ホームドクター計画」は、大学と地域とが協働する地域防災力向上のモデルとして国内外から着目を浴びており、中央防災会議の「災害被害を軽減する国民運動の推進」やルーマニア国の地震災害軽減プロジェクトなどの国際プロジェクトの手本となっている。

  733. 名古屋大学と地域が連携した防災ネットワーク 招待有り

    福和伸夫

    広島大学地域防災ネットワークシンポジウム2004, 講演論文報告集     頁: 29-36   2004年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  734. 次の地震に備えた社会の動き, 総特集「1944年東南海地震と1945年三河地震(下)-60年-」 招待有り

    福和伸夫

    月刊地球   26 巻 ( 12 ) 頁: 869-876   2004年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  735. 4.5地域防災計画への利用, 地震動予測地図の工学利用-地震ハザードの共通情報基盤を目指して 招待有り

    福和伸夫

    防災科学技術研究所研究資料   258 巻   頁: 108-119   2004年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  736. Dynamic Response of Low and Medium-rise Building Based on Detailed Observation Considering Soil-Sturcture Interaction 査読有り

    H.Kojima, N.Fukuwa and J.Tobita

    Proc. of 13th World Conference on Earthquake Engineering     頁: 1243-1251   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  737. Comparison of Seismic Performance of Base-Isolated House with Various Devices 査読有り

    T.Hanai, S.Nakata, S.Kiriyama, and N.Fukuwa

    13th World Conference on Earthquake Engineering, Vancouver     頁: 1203-1212   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  738. Systems and Programs for Community Disaster Mitigation Activities 査読有り

    J.Tobita and N.Fukuwa

    Proc. of 13th World Conference on Earthquake Engineering     頁: 899-904   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  739. Proposal of Strategic Seismic Observation of Soil-Structure System and Data Publication through Web 査読有り

    N.Fukuwa, J.Tobita and H.Kojima

    Proc. of 13th World Conference on Earthquake Engineering     頁: 483-492   2004年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  740. 巨大地震を前にした構造技術 招待有り

    福和伸夫

    STRUCTURE   90 巻   2004年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  741. 命を守る地震防災・地震工学~過去から未来へ~ 招待有り

    福和伸夫

    建築雑誌   119 巻 ( 1513 ) 頁: 56-59   2004年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  742. 東海地震・東南海地震を前にした地域の備えの現状 招待有り

    福和伸夫

    JCCA 図夢in中部   13 巻   頁: 3-15   2004年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  743. 南海トラフでの地震3兄弟を前にした防災教育 招待有り

    福和伸夫

    教育愛知   51 巻 ( 10 ) 頁: 6-11   2004年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  744. 実大振動実験と強震観測に基づく低層鉄骨住宅の振幅依存性に関する研究 査読有り

    中田信治、福和伸夫、西畑尚

    日本建築学会構造系論文集   ( 574 ) 頁: 85-92   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  745. 建築技術者から見る東海地震対策 招待有り

    福和伸夫

    建築防災     頁: 30-36   2003年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  746. 相互作用を考慮した設計例:試設計②杭支持高層建物 招待有り

    白瀬陽一、荒瀬進、福和伸夫

    第7回構造物と地盤の動的相互作用シンポジウム     頁: 39-50   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  747. 住家被害を利用した1891年濃尾地震の地震動強さ分布の分析 査読有り

    宮腰淳一、佐藤俊明、福和伸夫

    地域安全学会論文集   5 巻   頁: 77-86   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  748. 免震層変位を制限した戸建て免震住宅の耐震等級対応法とライフサイクルコスト評価 査読有り

    花井勉,福和伸夫,森保宏,皆川隆之

    日本建築学会構造系論文集   ( 572 ) 頁: 89-96   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  749. 携帯手回し振動台「ぶるる」の開発 査読有り

    福和伸夫, 原徹夫, 小出栄治, 生田領野

    日本建築学会技術報告集   ( 17 ) 頁: 83-86   2003年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  750. 建物強震観測DB公開用webシステムの構築 査読有り

    小島宏章, 福和伸夫, 飛田潤, 中野優

    日本建築学会技術報告集   ( 17 ) 頁: 553-558   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  751. 建築物の耐震設計と活断層 招待有り

    福和伸夫

    土と岩   ( 51 ) 頁: 14-26   2003年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  752. 微小振動領域における鉄骨住宅の振動特性と交通振動対策 査読有り

    中田信治, 福和伸夫

    日本建築学会構造系論文集   ( 563 ) 頁: 75-82   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    鉄骨プレハブ住宅を対象に、環境振動障害の発生事例を分析し、振動問題が発生する地盤・建物条件を明らかにしている。また、振動恕限度実験により人間の振動感覚についての新たな知見を得ている。さらに、具体的に振動障害が発生した事例についての、振動対策手法について新たな提案を行っている。

  753. 建物の地震時挙動に関する問題点の整理 招待有り

    飛田潤, 福和伸夫

    第3回強震データの活用に関するシンポジウム     頁: 1-12   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  754. 防災まちづくり事業におけるTIF(Tax Increment Financing)の導入可能性について

    新井伸夫,福和伸夫

    地域安全学会梗概集   ( 12 ) 頁: 133-136   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  755. 地震防災技術者の取り組み、特集記事・南海トラフの巨大地震を考える 招待有り

    福和伸夫

    自然災害科学   21 巻 ( 3 ) 頁: 213-217   2002年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    南海トラフの巨大地震を前にして、地震防災技術者のあり方について論じている。人・技術・データの3つの観点から現状を分析し、さらに人については、専門家・市民と両者の媒介者の3者の協働をどのように進めるかについての戦略を示している。

  756. 濃尾平野における最大加速度分布と地震計の設置条件の影響 査読有り

    中野優, 田中久美子, 福和伸夫, 飛田潤, 鎌田丈史

    第11回日本地震工学ジンポジウム     頁: 251-256   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    濃尾平野の多機関による大量の強震観測記録を分析することにより、記録に見られる地震計設置条件の影響の存在を指摘し、代表的観測地点において、強震計設置位置周辺の建物・地盤の多点常時微動観測から、観測記録に及ぼす近接建物の影響の大きさを明らかにした。

  757. 地域の被災ポテンシャル評価方法の検討-延焼火災の視点から-

    新井伸夫, 福和伸夫

    第11回日本地震工学ジンポジウム     頁: 2209-2212   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    隣棟間距離をパラメータとして隣接する建物の連接の判定を行い、連接する木造建物及び防火木造建物の総面積を測定し、その値の変動の傾向から延焼火災に対する地域の脆弱性を評価する手法を新たに提案した。

  758. 振動実測と解析に基づくS造及びSRC造10階建て建物の振動特性評価 査読有り

    小島宏章, 岡田純一, 福和伸夫, 飛田潤

    第11回日本地震工学ジンポジウム     頁: 1343-1348   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    同一敷地に立地するS造純ラーメン10階建て建物とSRC造耐震壁付ラーメン10階建て建物の強震記録を比較することにより、振動特性の振幅依存性や、捩れ動を含む立体振動挙動の存在について分析し、フレーム解析により解析を行った上で、雑壁や2次壁のモデル化の重要性を指摘している。

  759. 双方向災害情報伝達に基づく地域防災拠点支援システム 査読有り

    飛田潤,福和伸夫

    第11回日本地震工学シンポジウム     頁: 2339-2342   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    小学校の防災教育と理科教育の改善を図り、かつ、防災拠点化を図るための新しい災害情報システムを考案している。地震計、気象センサー、ライブカメラなどとパソコンを一体化し、インターネット接続することにより、教育、防犯、防災、環境対策などを一体として扱えるシステムを提案している。

  760. 名古屋圏の地震防災と濃尾平野の強震動予測用地盤構造モデル 招待有り

    福和伸夫

    充てん   ( 42 ) 頁: 1-11   2002年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  761. 南海トラフの巨大地震に備えた地域協働の試み 招待有り

    福和伸夫

    土木学会全国大会研究討論会「東海、東南海、南海地震 必ずくる巨大地震に我々はどう対処するか」     頁: 23-26   2002年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  762. 名古屋圏における地震防災のためのモノ作りと仕組み作り 招待有り

    福和伸夫

    建築学会災害PD     頁: 11-17   2002年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  763. 巨大地震を前にした地域防災と大学の役割 招待有り

    福和伸夫

    学士会報   ( 836 ) 頁: 170-175   2002年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    東海地震や東南海地震を前にしたわが国の地震防災対策の現状について分析すると共に、地域の協働の重要性を指摘し、その中における大学の果すべき役割について論じている。

  764. 南海トラフの巨大地震に備えた地震防災技術者の取り組みについて 招待有り

    福和伸夫

    土木学会「近年の国内・外で発生した大地震の記録と課題」シンポジウム論文集     頁: 49-56   2002年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  765. 濃尾平野の地盤調査とそのモデル化 査読有り

    福和伸夫, 佐藤俊明, 早川崇, 池田善考, 野崎京三

    月刊地球   ( 号外37号 ) 頁: 108-118   2002年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    濃尾平野を対象に既存の反射法・屈折法探査データ、深井戸データ、重力データ、微動データ、強震観測データなどをコンパイルし、深部地盤構造をモデリングしている。得られたモデルを用いて推定した地盤の周期特性は、強震観測記録や微動記録の特性を良く表現している。本モデルは濃尾平野では初めての本格的地盤構造モデルであり、当地の強震動予測の基礎となるものである。

  766. 地盤周期に着目した免震住宅の簡易応答評価法 査読有り

    花井勉, 福和伸夫, 皆川隆之

    日本建築学会構造系論文集   ( 555 ) 頁: 93-100   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    戸建て免震住宅の普及を目的に、簡易な地震応答評価法を提案している。ここでは、国土交通省告示で与えられた地震動の応答スペクトルに基づいて多数のパラメータ解析を実施し、これに基づいて地盤応答の簡易評価法を示している。さらに、1自由度系の弾塑性応答解析から、免震建物の応答及び免震層変位を簡易に評価する推定法を導出している

  767. 観測記録に基づくSRC造10階建物の平面増築による振動特性変化 査読有り

    岡田純一, 福和伸夫, 飛田潤

    構造工学論文集   48B 巻   頁: 437-444   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    10階建てSRC造学校建築を対象に、平面形状の変化が立体振動性状に与える影響を強震観測並びに微動観測から明らかにした。その結果、偏心に伴うねじれ動、床の面内・面外変形などの立体振動特性の重要性が示された。また、立体フレーム解析及び壁フレームの3次元有限要素解析により、通常は無視される袖壁・腰壁付フレームの剛性効果の重要性が明らかにされた。

  768. 常時微動計測・強震観測に基づく動的相互作用効果の階数依存性に関する研究〜S造及びSRC造10階建物の建設段階毎の動特性の変化〜 査読有り

    小島宏章, 福和伸夫, 飛田潤

    構造工学論文集   48B 巻   頁: 453-460   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    同一敷地に建設されたSRC造とS造の10階建学校建築を対象に、建設時に建物階数が増加すると共に、微動計測並びに強震観測を実施し、構造形式と建物階数の違いによる構造物-地盤動的相互作用の影響度合いの変化を分析している。その結果、基礎構造に比べ上部構造剛性の大きい場合に、特に低層時に相互作用の影響が大きく現れることを実証している。

  769. 地震応答の観点から見た地震動指標に関する検討〜地震動強さ・周期・継続時間の3要素〜 査読有り

    大河内靖雄, 鎌田丈史, 福和伸夫, 中野優, 飛田潤

    構造工学論文集   48B 巻   頁: 429-436   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    東海地域で得られた強震記録を元に、地震動の様々な強さ指標の相互関係について分析すると共に、地震動強さ、地震動の卓越周期、地震動の継続時間の3者について、地盤構造との相関を分析している。さらに、具体的な建物を想定して、濃尾平野内の建物応答の差異を分析している。

  770. 地震動予測地図の地域防災への活用 招待有り

    福和伸夫

    地震動予測地図ワークショップ-地震調査研究と地震防災工学・社会科学との連携     頁: 73-84   2002年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  771. マスメディアと研究者のための地震災害に関する懇話会(NSL=Network for Saving Life

    山岡耕春, 福和伸夫, 鈴木康弘

    日本地震学会ニュースレター   13 巻 ( 6 ) 頁: 11-13   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  772. 地域の防災力向上のためのウェア作り:安震君とその周辺 招待有り

    福和伸夫

    地震工学ニュース   ( 183 ) 頁: 6-9   2002年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    地域の地震防災力向上のために必要となるソフトウェア、フューマンウェア、ハードウェアについて、新しい取り組みを紹介している。GISとセンシングを取り入れた双方向災害情報システム「安震君」、防災のための協働の仕組み作り、防災教育のための教材「ぶるる」作りなどである。

  773. 常時微動計測に基づく低層RC造建物の伝達関数推定にレーリー波による回転入力が与える影響 査読有り

    八木茂治, 福和伸夫, 飛田潤

    日本建築学会構造系論文集   ( 552 ) 頁: 77-84   2002年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    一般に常時微動に基づく振動特性の同定が困難な低層建物について、同定が困難になる理由が、主としてレーリー波の存在にあることを、観測及び理論により示している。さらに、それを踏まえて、交通振動等によりレーリー波が卓越した場合の振動システムの推定について新たな知見を示している。

  774. Seismic Performance of Building and Soil Structure Interaction

    N. Fukuwa and J. Tobita

    The 2002 Japan-Taiwan Joint Seminar on Earthquake Mechanisms and Hazards     頁: 56-65   2002年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  775. Anshin-System :Intercommunication System for Earthquake Hazard and Disaster Information

    J. Tobita and N. Fukuwa

    The 2002 Japan-Taiwan Joint Seminar on Earthquake Mechanisms and Hazards     頁: 66-67   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  776. Model Test on Dynamic Cross Interaction of Adjacent Buildings in Nuclear Power Plants –Overview and Outline of Earthquake Observation in the Field Test

    Y. Kitada, M. Iguchi, N. Fukuwa, K. Kusakabe, T. Nishikawa, and Y. Shinozaki

    Transactions, SmiRT 16     頁: paper #1272, 8p   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  777. 大規模地震に対する堆積平野上の長周期構造物の耐震設計を考える 招待有り

    福和伸夫

    第8回免震フォーラムー地震活動期における免震建築物を考えるー     頁: 4p   2001年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  778. 強震観測・強制振動実験・常時微動計測に基づく隣接する中低層建物の振動特性 査読有り

    松山智恵, 福和伸夫, 飛田潤

    日本建築学会構造系論文集   ( 545 ) 頁: 87-94   2001年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    6階建てと3階建ての2つの建物が隣接して存在する場合の地震時挙動に及ぼす隣接建物間の動的相互作用問題を実証的に明らかにしている。論文中では、強震観測、強制振動実験、常時微動観測に基づいて、多面的に隣接建物間相互作用を分析し、小規模な3階建て建物の振動性状が6階建て建物に大きく影響を受けること、隣接建物の影響の変動によって入力損失特性の変動が顕著になること、両建物が相互にお辞儀するモードが発生すること、多入力システムになることなどが明らかになっている。

  779. オンライン強震波形データ収集システムの構築と既存強震計・震度計のネットワーク化 査読有り

    飛田潤, 福和伸夫, 中野優, 山岡耕春

    日本建築学会技術報告集   ( 13 ) 頁: 49-52   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    東海地域の既存強震観測機関の強震観測ネットを統合化した大都市圏強震動総合観測ネットワークシステムを構築した事例を紹介している。新しい通信手段を駆使して利用することにより、各観測機関の特殊事情に即したネットワーク化により、わが国で稀に見る他機関の観測ネットワークシステムを実現した。

  780. 東南海沖地震に対する備えは十分か 招待有り

    福和伸夫

    天伯第108号, 豊橋技術科学大学学報     頁: 179-181   2001年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  781. Proposal of a Test Methodology to Evaluate Non-Linear Soil Structure Interaction

    Y. Kitada, T. Kubo, K. Seo and N. Fukuwa

    2nd US-Japan Soil Structure Interaction Workshop     頁: 8p   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  782. Evaluation of Seismic Input Motions and Responses of Buildings in Nuclear Power Plants

    A. Suzuki, Y. Kitada, M. Iguchi, N. Fukuwa and S. Tamori

    2nd US-Japan Soil Structure Interaction Workshop     頁: 17p   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  783. SSI Effect on Dynamic Characteristics of Low & Medium Rise Buildings Based on Simplified Analysis and Observation

    N. Fukuwa and J. Tobita

    2nd US-Japan Soil Structure Interaction Workshop     頁: 10p   2001年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  784. 地域における地震動予測地図への対応と防災への活用 招待有り

    福和伸夫

    地震調査研究と地震防災工学の連携ワークショップ「地震動予測地図の作成に向けて −現状と今後の課題−」予稿集     頁: 45-58   2001年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  785. 耐震設計における動的相互作用に関わる課題 招待有り

    福和伸夫

    第6回構造物と地盤の動的相互作用シンポジウム     頁: 135-150   2001年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  786. 双方向災害情報システム「安震システム」と携帯型災害情報端末「安震君」 査読有り

    日本建築学会技術報告集   12 巻   頁: 227-232   2001年1月

     詳細