2022/07/06 更新

写真a

ユカワ ノブキ
湯川 伸樹
YUKAWA Nobuki
所属
大学院工学研究科 附属材料バックキャストテクノロジー研究センター 産学連携部門 准教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部
工学部 マテリアル工学科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 工学博士 ( 1987年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 塑性加工,塑性力学,有限要素法,鍛造,圧延,せん断, 延性破壊

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 工学@機械工学@機械材料・材料力学

  2. その他 / その他  / 工学@材料工学@材料加工・処理

現在の研究課題とSDGs 6

  1. 金属材料の加工熱処理における欠陥・組織・特性予測

  2. 金属水素透過膜の開発

  3. 金属材料の延性破壊予測

  4. 金属の塑性加工による異種金属固相拡散接合

  5. 塑性加工プロセスの計算機シミュレーション

  6. 加工プロセスにおける酸化被膜の影響

▼全件表示

経歴 6

  1. 名古屋大学   工学研究科   准教授

    2007年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   工学研究科   助教授

    1998年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   工学研究科   講師

    1995年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学   工学部   助手

    1990年5月 - 1995年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. ミシガン大学   工学部   研究員

    1988年9月 - 1990年4月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  6. 日本学術振興会   研究員

    1988年4月 - 1989年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 名古屋大学   工学研究科   金属工学及び鉄鋼工学専攻

    1985年4月 - 1987年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   工学研究科   金属工学および鉄鋼工学

    1982年4月 - 1985年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   工学部   鉄鋼工学科

    1978年4月 - 1982年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本塑性加工学会

  2. 日本鉄鋼協会

  3. 日本機械学会

  4. 日本計算工学会

  5. 軽金属学会

委員歴 13

  1. 日本塑性加工学会   副会長  

    2022年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本塑性加工学会   理事  

    2016年5月 - 2020年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 日本塑性加工学会 2020年度春季講演大会実行委員会   実行委員  

    2019年4月 - 2020年6月   

  4. 日本塑性加工学会 東海支部   支部長  

    2017年4月 - 2019年4月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 日本塑性加工学会 プロセッシング計算力学分科会   運営委員  

    1993年4月 - 現在   

  6. 日本鉄鋼協会 創形創質工学部会   運営委員  

    1993年4月 - 現在   

  7. 日本鉄鋼協会 創形創質工学部会 数理モデリングフォーラム   座長  

    2008年4月 - 現在   

  8. 日本塑性加工学会 プロセッシング計算力学分科会   主査  

    2013年4月 - 2017年3月   

  9. 日本塑性加工学会 新塑性加工技術シリーズ出版専門部会   部会長  

    2014年9月 - 2018年3月   

  10. ICTP2014実行委員会   委員  

    2012年9月 - 2014年11月   

  11. 日本塑性加工学会 平成25年春季講演大会実行委員会   委員  

    2012年6月 - 2013年7月   

  12. ICFG2012実行委員会   実行委員  

    2011年4月 - 2012年11月   

  13. 日本鉄鋼協会 第168回秋季講演大会 実行委員会   実行委員  

    2012年9月 - 2014年9月   

▼全件表示

受賞 10

  1. 日本塑性加工学会 フェロー

    2019年1月   日本塑性加工学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. 天田財団 優秀賞

    2016年5月   天田財団  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 日本塑性加工学会賞 論文賞 

    2015年5月   一般社団法人 日本塑性加工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. 日本塑性加工学会賞 技術開発賞

    2011年5月   日本塑性加工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  5. 日本鉄鋼協会 西山記念賞

    2007年3月   日本鉄鋼協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  6. 日本塑性加工学会賞 会田技術奨励賞

    2006年5月   日本塑性加工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  7. 日本塑性加工学会東海支部 研究賞

    2004年4月   日本塑性加工学会東海支部  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  8. 日本塑性加工学会東海支部 研究賞

    2002年4月   日本塑性加工学会東海支部   

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  9. 永井科学技術財団 学術賞

    1995年   永井科学技術財団  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  10. 日本塑性加工学会賞 新進賞

    1993年5月   日本塑性加工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 64

  1. Development of a Prediction Model and Process–Microstructure–Property Database on Forging and Heat Treatment of Superalloy 720Li 査読有り

    Nobufumi Ueshima, Chuya Aoki. Toshio Osada, Satoko Horikoshi, Akira Yanagida, Hideyuki Murakami, Toshiki Ishida, Yoko Yamabe-Mitarai, Katsunari Oikawa, Nobuki Yukawa, Jun Yanagimoto

    SuperAlloys 2020     頁: 491 - 499   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: https://doi.org/10.1007/978-3-030-51834-9_48

  2. 熱延ロールに生じる黒皮の熱伝達に及ぼす影響 査読有り

    藤原昌平・阿部英詞・湯川伸樹

    鉄と鋼   104 巻 ( 12 ) 頁: 735-741   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2355/tetsutohagane.TETSU-2018-049

    Web of Science

  3. Prediction on microstructure and mechanical properties of hot forged Ni-based super alloy by optimization using genetic algorithms 査読有り

    Yamada Takayuki, Abe Eiji, Osawa Chihiro, Yukawa Nobuki

      15 巻   頁: 356 - 363   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.promfg.2018.07.230

    Web of Science

  4. Thermal properties of oxide scale on surface of work roll in hot rolling mill 査読有り

    Nobuki Yukawa, Eiji Abe, Shohei Fujiwara

    Procedia Manufacturing   15 巻   頁: 59-64   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Estimation of friction by using improved calibration curves of ring compression test for hot forging of steel 査読有り

    Asai Kazuhito, Kitamura Kazuhiko, Yukawa Nobuki, Hayashi Nobukazu

    Procedia Enginerring   207 巻   頁: 2280-2285   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.proeng.2017.10.995

    Web of Science

  6. Stress-strain curve measurements of aluminum alloy and carbon steel by unconstrained-type high-pressure torsion testing

    Yogo Yasuhiro, Sawamura Masatoshi, Iwata Noritoshi, Yukawa Nobuki

    MATERIALS & DESIGN   122 巻   頁: 226-235   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.matdes.2017.03.007

    Web of Science

  7. ニッケル基超合金の熱間鍛造におけるひずみ回復による軟化現象および第二相析出の影響 査読有り

    櫻井信吾,大竹拓至,岡島琢磨,藤原正尚,木村利光,湯川伸樹

    電気製鋼   87 巻 ( 1 )   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 13-20

  8. 冷間鍛造用金型の疲労損傷に及ぼす炭化物の影響 -冷間鍛造用金型の損傷予測手法の提案 第1報- 査読有り

    阿部英嗣,前田康裕,石黒太浩,湯川伸樹,石川孝司,岡島琢磨

    塑性と加工   55 巻 ( 644 ) 頁: 868-872   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    冷間鍛造における金型損傷影響因子の抽出と損小メカニズムを考慮した寿命予測手法の確立をめざし,実際の鍛造条件を模擬した上で各種条件が損傷に及ぼす影響を加速評価可能な実鍛造模擬損傷試験を開発した。低寿命破壊における金型の損傷に及ぼす炭化物の影響を調査した。

  9. マッシュシーム溶接部の段差平坦化に及ぼすクロススウェージングの影響 ―マッシュシーム溶接機の連続冷延プロセスへの適用第3報― 査読有り

    斎藤武彦,富永憲明,河角知美,田方浩智,湯川伸樹,石川孝司

    塑性と加工   55 巻 ( 640 ) 頁: 451-455   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    アルミ材による冷間スウェージング試験,溶接と溶接直後スウェージングの連続工程における応力測定,3次元FEMによるクロススウェージングの変形解析を行った。

  10. Control of thermal contraction of aluminum alloy for precision cold forging 査読有り

    Takashi Ishikawa, Takahiro Ishiguro, Nobuki Yukawa, Takamitsu Goto,

    CIRP Annals   63 巻 ( 1 ) 頁: 289-292   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Thermal contraction affects the final geometry of a cold forged product. Control of the thermal geometry changes of aluminum alloys is essential because aluminum alloys have higher thermal conductivity than other metals. Finite element analysis revealed that inhomogeneous temperature distributions cause local heat shrinkage, which lowers the accuracy of the final geometry. An optimal slide motion was proposed to ensure uniform temperature distribution. Simulation results indicated that oscillatory slide motion is superior at ensuring a uniform temperature distribution, and this was confirmed by experiments. Our study showed that process design with consideration for temperature distribution is advantageous.

  11. 溶接部の段差折れ込み変形を防止したマッシュシーム溶接機の開発 -マッシュシーム溶接機連続冷延プロセスへの適用 第1報- 査読有り

    斎藤武彦,富永憲明,湯川伸樹,石川孝司,田方浩智,佐藤恵 一

    塑性と加工     頁: 印刷中   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Experimental Approach for Investigation of Micro Void Behavior on Dual Phase Steel during Plastic Deformation 査読有り

    T. Ishiguro, T. Ishikawa, N. Yukawa, H. Yoshida, N. Fujita

    Key Engineering Materials   535-536 巻   頁: 396-399   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. 中炭素鋼の延性破壊に及ぼす応力三軸度と組織異方性の影響 査読有り

    石黒太浩, 阿部英嗣, 上野紘一, 湯川伸樹, 藤原正尚, 吉田広明, 石川孝司

    塑性と加工   54 巻 ( 634 ) 頁: 993-997   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. ニオブの圧縮変形特性におよぼすタングステンおよびモリブデンの添加効果 査読有り

    土本憲太郎,湯川宏,南部智憲,松本佳久,湯川伸樹,石黒太浩,村田純教

    日本金属学会誌   76 巻 ( 10 ) 頁: 印刷中   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Development of Virtual Laboratory System for Prediction of Micro Structure and Mechanical Property of Vanadium Microalloyed Steel 査読有り

    N. Yukawa, T. Ishikawa, T. Matsuo, Y. Nozaki

    Steel Rolling International   ICTP2011 Special Edition 巻   頁: 586   2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Noched Plate Tensile Test Using Image Analysis and Its Application for Deformation 査読有り

    Y. Yoshida, N. Yukawa, T. Ishikawa

    Steel Research International   ICTP2011 Special Edition 巻   頁: 586   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Dual Phase鋼板の内部損傷発展に及ぼす微細組織の影響 査読有り

    石黒太浩・吉田佳典・湯川伸樹・石川孝司・吉田博司・藤田展弘

    鉄と鋼   97 巻 ( 3 ) 頁: 136-142   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. せん断加工における工具摩耗に及ぼす被加工材質の影響 査読有り

    石黒太浩・中村圭佑・早川暢祥・吉田佳典・湯川伸樹・石川孝司・村瀬 道徳・中野 奨・吉田浩二

    鉄と鋼   97 巻 ( 3 ) 頁: 99-107   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Cold Forge Bonding of Steel and Aluminum Alloy 査読有り

    Takashi Ishikawa, Yoshinori Yoshida, Nobuki Yukawa, Michiaki Kamiyama, Hirotaka Ogitani, Tomoaki Suganuma3

    Steel Research International   81 巻 ( 9 ) 頁: 322-325   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Influences of Sheared Surface Properties and Induced Strain on Hole Expansion Limit of Steel Sheet 査読有り

    Yoshinori Yoshida, Takahiro Ishiguro, Nobuki Yukawa. Takashi Ishikawa, Zhigang Wang

    Steel Research International   81 巻 ( 9 ) 頁: 670-673   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Influence of Slide Motion on Dimensional Accuracy in Cold Backward Extrusion by Using Servo Press 査読有り

    Takahiro Ishiguro, Masayuki Yoshimura, Yoshinori Yoshida, Nobuki Yukawa, Takashi Ishikawa

    Steel Research International   81 巻 ( 9 ) 頁: 410-413   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Research on some basic deformations in free forging with robot and servo-press 査読有り

    Xin-yun Wang, Nobuki Yukawa, Yoshinori Yoshita, Takuya Sukeda, Takashi Ishikawa

    Journal of Materials Processing Technology   209 巻 ( 6 ) 頁: 3030-3038   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Deformation Analysis of Shearing Process Using Results of Notched Round Bar Tension Test 査読有り

    Takahiro Ishiguro, Yoshinori Yoshida, Nobuki Yukawa and Takashi Ishikawa

    Materials Transactions   50 巻 ( 7 ) 頁: 1671-1677   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. *調質圧延におけるズーミング法を用いた表面粗さの転写解析 査読有り

    湯川伸樹・秋山友彦・吉田佳典・石川孝司

    鉄と鋼   93 巻 ( 10 ) 頁: 399-404   2008年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    マルチスケール解析の一種であるズーミング法を平面ひずみ剛塑性有限要素解析に適用し,板表面の微小領域の詳細な解析を試みた.この解析により,ドライ調質圧延を対象にロールのミクロな凹凸が材料に転写されてゆく機構を調べた.さらに圧下率や表面凹凸のプロフィールの違い,ロール径,被圧延材料など各種圧延条件の粗さ転写率に及ぼす影響について調査した.

  25. アルミニウム押出ビレット表層の変形挙動に及ぼす押出し方法およびダイス形状の影響 査読有り

    佐野秀男・石川孝司・湯川伸樹・吉田佳典・金子貴俊

    軽金属   58 巻 ( 5 ) 頁: 183-188   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. 直接押出ビレット表層の変形挙動に及ぼすビレット後端面潤滑条件の影響 査読有り

    佐野秀男・石川孝司・湯川伸樹・吉田佳典・金子貴俊・坂本順一

    軽金属   58 巻 ( 5 ) 頁: 189-193   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. 調質圧延におけるズーミング法を用いたロール粗さの転写解析 招待有り

    湯川伸樹・秋山友彦・吉田佳典・石川孝司

    日本鉄鋼協会創形創質工学部会シンポジウムテキスト   2007 巻   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    調質圧延における表面粗さの転写挙動を調査するため、ズーミング法を用いた剛塑性有限要素解析を開発した。圧延中にロール表面のミクロ凹凸が板表面に転写されて行く機構、圧下率やロール表面凹凸のプロフィールなどの違いが粗さ転写率に及ぼす影響について、調査した。

  28. *板圧延における圧延方向に平行な表面疵の変形過程の解析 査読有り

    湯川伸樹、吉田佳典,石川孝司

    鉄と鋼   92 巻 ( 11 ) 頁: 661-666   2006年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    圧延方向に対して平行な方向に疵が存在する場合の疵変形ついて調査することを目的として,解析プログラムを一般化平面ひずみ問題に適用できるよう拡張を行った.そしてそれを用いて圧延後の疵形状に対する初期疵形状,疵の位置,圧下率や摩擦条件などの影響を調査した.また側面の皺や疵が圧延による板のバルジ変形によって板上面に回り込んで圧延方向に平行な疵となるシーム疵についても,実験および解析を用いて調査し,本解析手法の妥当性を検討した.

  29. *Effect of Extrusion Conditions on Metal Flow and Microstructures of Aluminum Alloys 査読有り

    Y. Yoshida, N. Yukawa, T. Ishikawa

    Annals of the CIRP   55 巻 ( 11 ) 頁: 275-276   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. *板圧延における表面疵の変形に及ぼす圧延条件の影響 査読有り

    湯川伸樹、小谷内章、吉田佳典、石川孝司

    鉄と鋼   91 巻 ( 12 ) 頁: 861-867   2005年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. *せん断加工の変形解析における空孔生成臨界ひずみモデルの導入 査読有り

    吉田佳典、村瀬泰章、湯川伸樹、石川孝司

    塑性と加工   46 巻 ( 532 ) 頁: 392-396   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Analytical Approach to Elimination of Surface Micro-Defects in Forging 査読有り

    T. Ishikawa, N. Yukawa, Y. Yoshida, Y. Tozawa

    Annals of the CIRP   54 巻 ( 1 ) 頁: 245-251   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. 板圧延における表面疵変形過程の解析

    湯川伸樹、吉田佳典,石川孝司、田川哲哉、浅川基男、小森和武、柳本潤

    日本鉄鋼協会創形創質工学部会シンポジウムテキスト     頁: 2004   2004年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. 板圧延における表面疵変形過程のシミュレーション 査読有り

    石川孝司、湯川伸樹、吉田佳典、殿畑雄飛

    鉄と鋼   89 巻 ( 11 ) 頁: 1142-1149   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. 延性破壊を考慮した剛塑性FEMによるせん断加工の変形解析 査読有り

    吉田佳典、湯川伸樹、石川孝司

    塑性と加工   44 巻 ( 510 ) 頁: 735-739   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Development of high-speed superplastic Al alloy by the MA process using Al foil 査読有り

    Ishikawa, T.; Yukawa, N.; Yoshida, Y.; Murakami, K.

    J. Materials Processiong Technology   13 巻 ( 1-3 ) 頁: 632-635   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Prediction of Dimensional of Difference of Product from Tool in Cold Backward Extrusion 査読有り

    Ishikawa, T., Yukawa, N., Yoshida, Y.

    Annals of the CIRP   43 巻 ( 1 ) 頁: 169-172   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. 冷間多段押出し成形における内部欠陥の予測 査読有り

    石川孝司, 湯川伸樹,吉田佳典,伊藤克浩・池田実

    塑性と加工   42 巻 ( 488 ) 頁: 949-953   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. オーステナイト系ステンレス鋼の加工誘起変態に対する加工経路の影響 査読有り

    三加学,湯川伸樹,石川孝司

    塑性と加工   41 巻 ( 474 ) 頁: 675-679   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. ICリードフレーム打抜き時のリード変位に及ぼす焼鈍の影響 査読有り

    山田廣志,山下学,湯川伸樹,石川孝司

    塑性と加工   41 巻 ( 469 ) 頁: 136-140   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. オーステナイト系ステンレス鋼の加工誘起変態に対する化学塑性の影響 査読有り

    三加学,湯川伸樹,石川孝司

    塑性と加工   41 巻 ( 466 ) 頁: 64-68   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Computer simulation and Control of Microstructure and Mechanical Properties in Hot Forging 査読有り

    Ishikawa, T., Yukawa, N., Yoshida

    Annals of the CIRP   46 巻 ( 1 ) 頁: 187-190   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. バナジウム非調質鋼の熱間鍛造における結晶粒径の予測 査読有り

    王哲,吉田佳典,湯川伸樹,石川孝司

    塑性と加工   40 巻 ( 460 ) 頁: 430-434   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. フェライト・パーライト組織と硬さの予測-V非調質鋼の熱間鍛造における材質予測(2)- 査読有り

    王哲,河野亮,湯川伸樹,石川孝司

    塑性と加工   40 巻 ( 465 ) 頁: 992-996   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. 打抜き加工の有限要素解析 査読有り

    湯川伸樹,犬飼佳彦,吉田佳典,石川孝司

    塑性と加工   39 巻 ( 454 ) 頁: 1129-1133   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. オーステナイト系ステンレス鋼の加工誘起変態に及ぼす加工条件の影響 査読有り

    三加学,湯川伸樹,石川孝司

    塑性と加工   39 巻 ( 444 ) 頁: 72-73   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Formability of superplastic aluminum alloy processed by mechanical alloying 査読有り

    Ishikawa, T., Yukawa, N., Suzuki, K., Suzuki, Y., Jimma, T.

    J. Materials Processing Technology   60 巻   頁: 236-240   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Numerical Simulation for Superplastic Forming of Aluminum Alloy Processed by Mechanical Alloying 査読有り

    Ishikawa T., Yukawa, N.

    Thermec '97   1 巻   頁: 90   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Visioplasticityによるせん断工具摩耗現象の解明 査読有り

    塑性と加工   37 巻 ( 428 ) 頁: 957-962   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Superplastic Forming of Alumium Alloy Sheet Processed by Mechanical Alloying 査読有り

    Ishikawa, T., Yukawa, N., Suzuki, Y.

    Proc. Int. Symp. Towards Innovation in Superplasticity   1 巻   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. アダプティブ・リメッシング法の変形・温度連成剛塑性FEM解析への適用 査読有り

    塑性と加工   36 巻 ( 410 ) 頁: 248-253   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Numerical Modering of Profile and Flatness in Strip Rolling 査読有り

    Ishikawa, T., Yukawa, N.

    Iron and Steel Engineering   72 巻 ( 4 ) 頁: 44-45   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. メカニカルアロイング法により作製したアルミニウム合金の超塑性変形と微細組織 査読有り

    軽金属   43 巻 ( 5 ) 頁: 269-274   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. 非接触計測法による圧延板形状の測定 査読有り

    塑性と加工   33 巻 ( 373 ) 頁: 162-167   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. モアレトポグラフティによる圧延板形状の測定

    材料試験技術   36 巻 ( 2 ) 頁: 163-168   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. 剛塑性有限要素解析のための並列処理コンピュータの試作 査読有り

    塑性と加工   31 巻 ( 348 ) 頁: 104-110   1990年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Application of Adaptive Remeshing Method to Simulation of Material Forming Processes 査読有り

    Yukawa, N., Tezuka, A., Kikuchi, N.

    Computer Aided Innovation of New Materials     頁: 621-624   1990年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. 並列コンピュータによる剛塑性有限要素解析のための並列処理ソフトウェアの開発 査読有り

    塑性と加工   30 巻 ( 347 ) 頁: 1646-1652   1989年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. 圧延板の形状に及ぼす圧延条件の影響(圧延板の平坦度不良に関する解析的研究4) 査読有り

    石川孝司,湯川伸樹

    塑性と加工   30 巻 ( 336 ) 頁: 91-96   1989年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Optimization of Pass Schedule from the View Point of Shape and Profile of Cold Rolled Strip 査読有り

    Annals of the CIRP   38 巻 ( 1 ) 頁: 257   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. ロール出口下流の応力分布と平坦度不良の発生限界(圧延板の平坦度不良に関する解析的研究3) 査読有り

    高紅維,湯川伸樹

    塑性と加工   29 巻 ( 330 ) 頁: 761-766   1988年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. 圧延板の残留応力に対する理論解析 査読有り

    湯川伸樹,石川孝司,戸澤康壽

    塑性と加工   28 巻 ( 312 ) 頁: 28-31   1987年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. 平板の内部応力による座屈後の形状(圧延板の平坦度不良に関する解析的研究-2-) 査読有り

    湯川伸樹,石川孝司,戸澤康壽

    塑性と加工   28 巻 ( 318 ) 頁: 726-732   1987年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. 平板の内部応力による座屈限界(圧延板の平坦度不良に関する解析的研究-1-) 査読有り

    湯川伸樹,石川孝司,戸澤康壽

    塑性と加工   28 巻 ( 314 ) 頁: 251-256   1987年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 6

  1. 精密鍛造

    日本塑性加工学会・鍛造分科会( 担当: 共著)

    日刊工業新聞社  2010年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 例題で学ぶ はじめての塑性力学

    日本塑性加工学会編( 担当: 共著)

    森北出版  2009年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 塑性加工入門

    日本塑性加工学会編( 担当: 共著)

    コロナ社  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 塑性加工便覧

    日本塑性加工学会編( 担当: 共著)

    コロナ社  2006年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 静的解法FEM -バルク加工

    日本塑性加工学会編( 担当: 共著)

    コロナ社  2003年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. 非線形有限要素法 -線形弾性解析から塑性加工解析まで-

    日本塑性加工学会編( 担当: 共著)

    コロナ社  1994年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 14

  1. Deformation of Center Porosity in Slab Rolling after Continuous Casting 招待有り 国際会議

    Nobuki Yukawa

    8th Asia Steel International Conference(Asia Steel 2021)  2021年12月7日  Korean Institute of Metals and Materials

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Gyeongju, Korea(Hybrid)  

  2. Prediction on Microstructure of Large Scale Hot Forged Ni-based Super Alloy 国際会議

    N. Yukawa, T. Yamada, C. Osawa, E. Abe

    The 13th International Conference on the Technology of Plasticity ICTP2021  2021年7月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. 熱間圧延における鋳片内在介在物に起因する表面欠陥発生機構の解明

    湯川伸樹, 山口耕平1, 阿部英嗣1, 永井真二

    日本鉄鋼協会 第182回秋季講演大会  2021年9月4日  日本鉄鋼協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  4. Ni基合金鍛造材の組織予測―予測モジュールの概要とシミュレーション結果― 招待有り

    湯川伸樹

    SIPシンポジウム  2018年12月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  5. 鋼材の応力三軸度および多軸応力状態を考慮した延性破壊予測 招待有り

    湯川伸樹,成宮洋輝

    日本鉄鋼協会 第180回秋季講演大会  2020年9月18日  日本鉄鋼協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Web開催  

  6. Deformation of surface micro defects in plate and bar rolling 招待有り 国際会議

    Nobuki Yukawa

    Asia Steel 2015  2015年10月6日  The Iron and Steel Institute of Japan

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Yokohama, Japan   国名:日本国  

  7. 高面圧下における工具―材料間の熱間熱伝達係数測定 招待有り

    湯川伸樹

    数理モデリングフォーラム 2019年度第2回研究会  2020年1月29日  日本鉄鋼協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  8. サーボプレスを用いた熱間逐次鍛造技術の開発 招待有り

    湯川伸樹

    第334回塑性加工シンポジウム  2019年9月25日  日本塑性加工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:刈谷市  

  9. 厚板圧延における欠陥の変形解析 招待有り

    湯川伸樹

    日本塑性加工学会 圧延工学分科会 第128回研究会  2018年3月2日  日本塑性加工学会 圧延工学分科会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:東京  

  10. 圧延における鋼材表面疵の変形挙動 招待有り

    湯川伸樹

    日本鉄鋼協会討論会  2017年3月15日  日本鉄鋼協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京都  

  11. 絞り加工の基礎 招待有り

    湯川伸樹

    プレス加工CAE活用研究会  2015年8月31日  長野県工業技術総合センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  12. 板圧延における表面疵変形過程の解析 招待有り

    湯川伸樹

    鉄鋼工学アドバンスドセミナー  2008年10月23日  日本鉄鋼協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:川崎市  

  13. Deformation analysis and microstructure prediction in metal forming 招待有り 国際会議

    Nobuki Yukawa

    ISEAM2008  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Nagoya  

  14. DEFORMATION ANALYSIS OF SURFACE MICRODEFECTS IN PLATE ROLLING 国際会議

    N. Yukawa, A. Koyachi, Y. Yoshida and T. Ishikawa

    ICTP2005  2005年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 14

  1. 大型水素分離合金膜の形状最適化および成形技術の開発

    2020年12月 - 現在

    天田財団重点研究開発助成 

    湯川伸樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:9936000円

  2. 熱間鍛造プロセス内における異材接合メカニズムの解明

    2021年4月 - 現在

    国内共同研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

    配分額:780000円

  3. 冷間鍛造における延性破壊に関する基礎研究

    2011年4月 - 現在

    国内共同研究  委託研究

    湯川伸樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6000000円

  4. 温間鍛造における組織・特性予測

    2020年1月 - 2022年3月

    国内共同研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

    配分額:2210000円

  5. バナジウム系合金膜による次世代エネルギーキャリアからの 革新的水素分離・精製基盤技術の創出

    2018年4月 - 2020年3月

    特色ある大学教育支援プログラム 

    西村睦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:9990000円

    アンモニアやメチルシクロヘキサン等のエネルギーキャリアからの水素分離・精製に、世界で初めてバナジウム系合金膜を適用し、水素分離デバイスを試作する。エネルギーキャリアを含む混合ガス中でのV合金の水素固溶特性、水素透過特性、機械的特性の基礎的な評価から開始して、最終的にはV合金膜を複数個組み込んだ分離デバイスを作製し、高純度水素の製造能力3Nm3/hr.の水素精製流量を見据えたデバイス実証試験を行う。

  6. ニッケル基超合金の鍛造数値解析システム基盤技術の開発

    2014年9月 - 2018年3月

    戦略的イノベーション創造プログラム 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 熱間圧延ロール研究会

    2014年4月 - 2017年3月

    日本鉄鋼協会研究会 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. 加工プロセスにおける酸化皮膜の影響

    2011年4月 - 2017年3月

    日本鉄鋼協会研究会 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. 圧延板の表面疵解析

    2005年 - 2007年

    国内共同研究 

  10. 調質圧延のミクロ変形解析

    2004年4月 - 2008年3月

    日本鉄鋼協会研究会 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  11. 階層構造を有する材料の変形特性のモデル化と加工解析手法の開発

    2003年4月 - 2005年3月

    スズキ財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  12. せん断加工の破壊現象を考慮した剛塑性有限要素法による変形解析

    1998年1月 - 2000年1月

    天田金属加工機械技術振興財団研究開発助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  13. 変形・温度連成FEM解析に対する要素分割の最適化に関する研究

    1992年2月 - 1993年1月

    天田金属加工機械技術振興財団助成研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  14. 塑性加工の数値シミュレーションの高機能化

    1992年1月 - 1995年1月

    天田金属加工機械技術振興財団助成研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 6

  1. 板成形と鍛造加工を併用した新しい増肉成形法の開発とその最適化

    2003年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    湯川 伸樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 三次元鍛造加工プロセスの最適化に関する研究

    1994年4月 - 1995年3月

    科学研究費補助金  奨励研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 高強度軽合金の高速超塑性鍛造に関する研究

    1992年4月 - 1994年3月

    科学研究費補助金  一般研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  4. 複雑形状部品の鍛造加工プロセスの最適化

    1992年4月 - 1993年3月

    科学研究費補助金  奨励研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 塑性加工解析の精度向上のためのベンチマークテスト

    1987年4月 - 1989年3月

    科学研究費補助金  総合研究(A)

  6. 極薄板の形状不良に関する研究

    1988年4月 - 1989年3月

    科学研究費補助金  奨励研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

産業財産権 4

  1. 水素透過装置、水素透過金属膜、水素透過金属膜の製 造方法、ガスケット、及びガスケットの製造方法

    湯川 宏、湯川 伸樹 ,吉永 英雄、中川 宏司,西村 睦,南部 智憲、松本 佳久

     詳細を見る

    出願番号:PCT/JP2019/046823  出願日:2019年11月

    出願国:国内  

  2. 薄肉被検査材の変形抵抗同定方法

    湯川伸樹,阿部英嗣,柿本英男

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学,神戸製鋼所株式会社

    出願番号:特願2015-100806  出願日:2017年7月

    出願国:国内  

  3. 素材と金型との熱伝達係数を同定する方法

    湯川伸樹,阿部英嗣,柿本英樹

     詳細を見る

    出願番号:特願2016-139482  出願日:2016年7月

    出願国:国内  

  4. 微細結晶材料の製造法

    石川孝司,湯川伸樹,吉田佳典,村上健二

     詳細を見る

    出願番号:特願2002-129208  出願日:2000年10月

    公開番号:特開2002-129208 

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 52

  1. 設計製図

    2021

  2. 材料塑性学

    2020

  3. 設計製図

    2020

  4. 構造材料学及び演習

    2020

  5. 材料塑性学

    2019

  6. 構造材料学および演習

    2019

  7. 設計・製図

    2019

  8. 材料塑性加工学

    2018

  9. 設計製図

    2018

  10. 設計・製図

    2018

  11. 材料強度学

    2018

  12. 材料塑性加工学

    2017

  13. 材料工学設計製図

    2017

  14. 材料強度学

    2017

  15. 材料基礎数学

    2017

  16. 材料塑性加工学

    2016

  17. 材料工学設計製図

    2016

  18. 材料工学設計製図

    2015

  19. 材料塑性加工学

    2015

  20. 鍛造特論

    2014

  21. 数学1および演習

    2014

  22. 材料工学設計製図

    2014

  23. 材料塑性加工学

    2014

  24. 材料基礎数学

    2016

  25. 材料基礎数学

    2015

  26. 材料基礎数学

    2014

  27. 数学1および演習

    2013

  28. 弾塑性学

    2013

  29. 材料工学設計製図

    2013

  30. 鍛造特論

    2013

  31. 材料成形学

    2012

  32. 塑性計算力学特論

    2012

  33. 弾塑性学

    2012

  34. 材料工学設計製図

    2012

  35. 鍛造特論

    2012

  36. 材料成形学

    2011

  37. 弾塑性学

    2011

  38. 材料工学設計製図

    2011

  39. 鍛造特論

    2011

  40. 塑性計算力学特論

    2010

  41. 材料成形学

    2010

  42. 材料塑性学

    2021

  43. 材料強度学

    2015

  44. 材料基礎数学

    2013

  45. 弾塑性学

    2010

  46. 材料工学設計製図

    2010

  47. 鍛造特論

    2010

  48. 力学及び演習

    2009

  49. 力学Ⅱ

    2009

  50. 力学II

    2003

  51. 弾塑性学

  52. 塑性計算力学特論

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 22

  1. 生産加工学1

    2019年4月 - 2020年3月 岐阜大学)

  2. 生産加工学1

    2014年4月 - 2015年3月 岐阜大学)

  3. 材料力学

    2016年4月 - 2017年3月 鈴鹿工業高等専門学校)

  4. 設計生産システム講座特別講義II

    2004年4月 - 2005年3月 東京農工大学)

  5. エネルギー有効利用論

    2006年4月 - 2007年3月 京都大学)

  6. 金属加工学

    2000年4月 - 2001年3月 名古屋工業大学)

  7. 1996年4月 - 1997年3月 Daido University)

  8. 設計生産システム講座特別講義II

    2011年4月 - 2012年3月 東京農工大学)

  9. 設計生産システム講座特別講義II

    2010年4月 - 2011年3月 東京農工大学)

  10. 設計生産システム講座特別講義II

    2009年4月 - 2010年3月 東京農工大学)

  11. 設計生産システム講座特別講義II

    2008年4月 - 2009年3月 東京農工大学)

  12. 設計生産システム講座特別講義II

    2007年4月 - 2008年3月 東京農工大学)

  13. 設計生産システム講座特別講義II

    2006年4月 - 2007年3月 東京農工大学)

  14. 設計生産システム講座特別講義II

    2006年4月 - 2007年3月 東京農工大学)

  15. 設計生産システム講座特別講義II

    2005年4月 - 2006年3月 東京農工大学)

  16. 設計生産システム講座特別講義II

    2005年4月 - 2006年3月 東京農工大学)

  17. 金属加工学

    2004年4月 - 2005年3月 名古屋工業大学)

  18. 設計生産システム講座特別講義II

    2003年4月 - 2004年3月 東京農工大学)

  19. 金属加工学

    2003年4月 - 2004年3月 名古屋工業大学)

  20. 設計生産システム講座特別講義II

    2002年4月 - 2003年3月 東京農工大学)

  21. 金属加工学

    2002年4月 - 2003年3月 名古屋工業大学)

  22. 金属加工学

    2001年4月 - 2002年3月 名古屋工業大学)

▼全件表示

 

社会貢献活動 2

  1. 塑性加工学講座 講師

    役割:講師

    日本塑性加工学会  塑性加工学講座 板成形基礎  2014年4月 - 現在

  2. 日本鍛造協会 鍛造マネージャー塾

    役割:講師

    日本鍛造協会  2007年4月 - 2021年3月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 企業

    種別:セミナー・ワークショップ

    大学,学会,産業界が連携して,ものづくりの重要なひとつの分野である鍛造について,将来の中核人材を育成する教育事業を行っている.