2022/04/23 更新

写真a

サソウ アキヒロ
佐宗 章弘
Akihiro Sasoh
所属
大学院工学研究科 附属フライト総合工学教育研究センター 教授
役員等 副総長
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 機械・航空宇宙工学科
職名
教授

学位 1

  1. 工学博士 ( 1989年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 宇宙推進工学 圧縮性流体力学 高エンタルピー流 衝撃波 プラズマ レーザー超音速流 電気推進

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 流体工学

  2. その他 / その他  / 航空宇宙工学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 衝撃波と前方流れとの干渉

  2. 非化学宇宙推進法

  3. ソニックブームに関する研究

経歴 5

  1. 名古屋大学   副総長

    2019年4月 - 2022年3月

  2. 名古屋大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻 教授   教授

    2006年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 東北大学流体科学研究所 教授   教授

    2003年3月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 東北大学流体科学研究所 助教授   助教授

    1991年7月 - 2003年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学工学部航空学科助手   助手

    1989年4月 - 1991年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 東京大学   工学系研究科   航空学

    1986年4月 - 1989年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   工学系研究科   航空学

    1984年4月 - 1986年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 東京大学   工学部   航空学科

    1979年4月 - 1984年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 9

  1. 国際衝撃波学会   代表理事

    2013年5月 - 現在

  2. レーザー学会

  3. 日本流体力学会

  4. 日本機械学会

  5. 日本航空宇宙学会   理事(編集担当)

  6. アメリカ航空宇宙学会

  7. 日本衝撃波研究会

  8. 火薬学会

  9. 日本工学アカデミー

▼全件表示

受賞 4

  1. ISBEP (International Symposium on Beamed Energy Propulsion) Award

    2008年11月   American Institute of Beamed Energy Propulsion  

  2. 日本航空宇宙学会論文賞

    1999年4月   日本航空宇宙学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 日本流体力学会竜門賞

    1998年2月   日本流体力学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. トーキン科学技術振興財団 研究奨励賞

    1992年3月   トーキン科学技術振興財団  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 194

  1. Electrostatic-magnetic hybrid ion acceleration for high-thrust-density operation 査読有り 国際誌

    Ichihara D., Nakano R., Nakamura Y., Kinefuchi K., Sasoh A.

    JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   130 巻 ( 22 )   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1063/5.0066083

    Web of Science

  2. Numerical Investigation of a Ballistic Range Free Flight Model 査読有り 国際誌

    Mahomed I, Roohani H., Skews B. W., Gledhill I. M. A., Yamashita Y., Fujiwara H., Suzuki T., Iwakaka A., Sasoh A.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES   22 巻 ( 6 ) 頁: 1293 - 1301   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1007/s42405-021-00405-8

    Web of Science

  3. Energy conversion efficiency of electrical exploding foil accelerators 査読有り 国際誌

    Ichihara D., Fukushima G., Kuwabara D., Sasoh A.

    AIP ADVANCES   11 巻 ( 9 )   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1063/5.0061699

    Web of Science

  4. Losing the shock wave front profile due to interaction with turbulence 査読有り 国際誌

    Fukushima Gaku, Wei Jiaxi, Ogawa Shingo, Hagiwara Jun, Nakamura Yusuke, Sasoh Akihiro

    FLUID DYNAMICS RESEARCH   53 巻 ( 2 )   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1088/1873-7005/abeda4

    Web of Science

  5. In-tube shock wave compression by piston effect of unsteady jet 査読有り

    Daisuke KUWABARA, Hirokatsu KAWASAKI, Akira IWAKAWA, Akihiro SASOH

    Mechanical Engineering Journa   17 巻 ( 3 )   2021年4月

     詳細を見る

  6. Impacts of grid turbulence on the side projection of planar shock waves 査読有り 国際誌

    Fukushima G., Ogawa S., Wei J., Nakamura Y., Sasoh A.

    SHOCK WAVES   31 巻 ( 2 ) 頁: 101 - 115   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1007/s00193-021-01000-2

    Web of Science

  7. Speckle beam-oriented schlieren technique 査読有り 国際誌

    Nakamura Yusuke, Suzuki Takumi, Kinefuchi Kiyoshi, Sasoh Akihiro

    EXPERIMENTS IN FLUIDS   62 巻 ( 1 )   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1007/s00348-020-03113-3

    Web of Science

  8. Coupling analysis of unsteady aerodynamics and vehicle behavior with road input: Modeling and verification in road tests 査読有り 国際誌

    Maeda Kazuhiro, Tsubakino Daisuke, Hara Susumu, Sasoh Akihiro

    MECHANICAL ENGINEERING JOURNAL   8 巻 ( 4 )   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1299/mej.21-00095

    Web of Science

  9. Thrust Density Enhancement in an Electrostatic-Magnetic Hybrid Thruster 査読有り 国際誌

    Ichihara Daisuke, Oka Koichiro, Higo Ayumi, Nakamura Yusuke, Kinefuchi Kiyoshi, Sasoh Akihiro

    JOURNAL OF PROPULSION AND POWER   37 巻 ( 6 ) 頁: 973 - 976   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2514/1.B38480

    Web of Science

  10. Investigations of unsteady aerodynamic effects generated by heave and pitch motion in different vehicle body shapes with model excitation tests 査読有り

      17 巻 ( 5 )   2020年9月

     詳細を見る

  11. Influence of cellophane diaphragm rupture processes on the shock wave formation in a shock tube 査読有り 国際誌

    Fukushima G., Tamba T., Iwakawa A., Sasoh A.

    SHOCK WAVES   30 巻 ( 5 ) 頁: 545 - 557   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00193-020-00951-2

    Web of Science

  12. Application of laser energy deposition to improve performance for high speed intakes 査読有り

    A. Russell, M. Myokan, H. Bottinib, A. Sasohb, H. Zare-Behtasha and K. Kontis

    Propulsion and Power Research   9 巻 ( 1 ) 頁: 15 - 25   2020年3月

     詳細を見る

  13. Repetitive Energy Deposition at a Supersonic Intake in Subcritical and Buzz Modes 査読有り 国際誌

    Myokan Manabu, Kubota Akiya, Iwakawa Akira, Sasoh Akihiro

    AIAA JOURNAL   58 巻 ( 1 ) 頁: 107 - 117   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2514/1.J058519

    Web of Science

  14. High-Specific-Impulse Electrostatic Thruster with Argon Propellant 査読有り 国際誌

    Ichihara Daisuke, Matsuba Toshihiro, Iwakawa Akira, Sasoh Akihiro

    JOURNAL OF PROPULSION AND POWER   36 巻 ( 2 ) 頁: 256 - 263   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2514/1.B37675

    Web of Science

  15. Central and External Cathode Operations in a Diverging-Magnetic-Field Electrostatic Thruster 査読有り 国際誌

    Ichihara Daisuke, Nakagawa Yoshiya, Iwakawa Akira, Sasoh Akihiro

    JOURNAL OF PROPULSION AND POWER   36 巻 ( 1 ) 頁: 68 - 77   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2514/1.B37636

    Web of Science

  16. Boundary Effect on the Laser-ablation Impulse Characteristics of a Flat-Head Cylinder 査読有り 国際誌

    Katagiri Yusuke, Ichihara Daisuke, Tsuruta Hisashi, Sasoh Akihiro

    TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES   63 巻 ( 3 ) 頁: 109 - 112   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2322/tjsass.63.109

    Web of Science

  17. Sunflower effect: enhancement of laser-pulse-induced impulse in the beam incident direction due to surface undulation 査読有り 国際誌

    Katagiri Yusuke, Sasoh Akihiro

    PHYSICA SCRIPTA   94 巻 ( 8 ) 頁: 085004   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1402-4896/ab1944

    Web of Science

  18. Experimental investigation of the interaction of a weak planar shock with grid turbulence in a counter-driver shock tube 査読有り 国際誌

    Tamba Takahiro, Fukushima Gaku, Kayumi Masaya, Iwakawa Akira, Sasoh Akihiro

    PHYSICAL REVIEW FLUIDS   4 巻 ( 7 ) 頁: 073401   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevFluids.4.073401

    Web of Science

  19. Electrostatic-magnetic-hybrid thrust generation in central-cathode electrostatic thruster (CC-EST)

    Sasoh Akihiro, Kasuga Hayato, Nakagawa Yoshiya, Matsuba Toshihiro, Ichihara Daisuke, Iwakawa Akira

    ACTA ASTRONAUTICA   152 巻   頁: 137 - 145   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.actaastro.2018.07.052

    Web of Science

  20. Amplification and attenuation of shock wave strength caused by homogeneous isotropic turbulence

    Tanaka K., Watanabe T., Nagata K., Sasoh A., Sakai Y., Hayase T.

    PHYSICS OF FLUIDS   30 巻 ( 3 )   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.5019867

    Web of Science

  21. Rapid distortion theory analysis on the interaction between homogeneous turbulence and a planar shock wave 査読有り 国際誌

    Kitamura T., Nagata K., Sakai Y., Sasoh A., Ito Y.

    JOURNAL OF FLUID MECHANICS   802 巻   頁: 108 - 146   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/jfm.2016.313

    Web of Science

  22. Electrostatic ion acceleration across a diverging magnetic field 査読有り 国際誌

    Ichihara D., Uchigashima A., Iwakawa A., Sasoh A.

    APPLIED PHYSICS LETTERS   109 巻 ( 5 ) 頁: 053901   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4960363

    Web of Science

  23. Moderation of near-field pressure over a supersonic flight model using laser-pulse energy deposition 査読有り 国際誌

    Furukawa D., Aoki Y., Iwakawa A., Sasoh A.

    PHYSICS OF FLUIDS   28 巻 ( 5 ) 頁: 051701   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4950783

    Web of Science

  24. Anode Geometry Effects on Ion Beam Energy Performance in Helicon Electrostatic Thruster 査読有り 国際誌

    Uchigashima Akira, Baba Teruaki, Ichihara Daisuke, Iwakawa Akira, Sasoh Akihiro, Yamazaki Takuya, Harada Shota, Sasahara Matsutaka, Iwasaki Tomoji

    IEEE TRANSACTIONS ON PLASMA SCIENCE   44 巻 ( 3 ) 頁: 306 - 313   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TPS.2016.2522079

    Web of Science

  25. Field experiment of blast wave pressure modulation past a turbulent flow 査読有り 国際誌

    Tamba Takahiro, Furukawa Daiki, Aoki Yuma, Kayumi Masaya, Iwakawa Akira, Sasoh Akihiro, Matsunaga Takehiro, Izumo Mitsuo, Sugiyama Yuta, Matsumura Tomoharu, Nakayama Yoshio

    SCIENCE AND TECHNOLOGY OF ENERGETIC MATERIALS   77 巻 ( 3-4 ) 頁: 91 - 97   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  26. RAMAC25 査読有り 国際誌

    Sasoh Akihiro

    HYPERVELOCITY LAUNCHERS   10 巻   頁: 205 - 216   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1007/978-3-319-26018-1_8

    Web of Science

  27. Laser Focusing 査読有り 国際誌

    Sasoh Akihiro

    EXPERIMENTAL METHODS OF SHOCK WAVE RESEARCH   9 巻   頁: 99 - 108   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1007/978-3-319-23745-9_4

    Web of Science

  28. Counter-driver shock tube 査読有り 国際誌

    Tamba T., Nguyen T. M., Takeya K., Harasaki T., Iwakawa A., Sasoh A.

    SHOCK WAVES   25 巻 ( 6 ) 頁: 667 - 674   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00193-015-0594-z

    Web of Science

  29. In-Tube Catapult Launch from Rectangular-Bore Aeroballistic Range 査読有り 国際誌

    Sasoh Akihiro, Imaizumi Takahiro, Toyoda Atsushi, Ooyama Takeshi

    AIAA JOURNAL   53 巻 ( 9 ) 頁: 2781 - U23   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2514/1.J053540

    Web of Science

  30. Frequency modulation in shock wave-boundary layer interaction by repetitive-pulse laser energy deposition 査読有り 国際誌

    Tamba T., Pham H. S., Shoda T., Iwakawa A., Sasoh A.

    PHYSICS OF FLUIDS   27 巻 ( 9 ) 頁: 10.1063/1.4931924   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4931924

    Web of Science

  31. Low-Boom Performance Demonstration of a Long, Staged Aftbody 査読有り 国際誌

    Toyoda Atsushi, Suzuki Kakuei, Imaizumi Takahiro, Sasoh Akihiro

    TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES   58 巻 ( 5 ) 頁: 307 - 309   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  32. Staged Aft Body for Alleviation of Tail Boom 査読有り 国際誌

    Toyoda Atsushi, Suzuki Kakuei, Imaizumi Takahiro, Sasoh Akihiro

    AIAA JOURNAL   52 巻 ( 12 ) 頁: 2899 - +   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2514/1.J052518

    Web of Science

  33. Electrostatic acceleration of helicon plasma using a cusped magnetic field 査読有り 国際誌

    Harada S., Baba T., Uchigashima A., Yokota S., Iwakawa A., Sasoh A., Yamazaki T., Shimizu H.

    APPLIED PHYSICS LETTERS   105 巻 ( 19 ) 頁: 194101(4pages)   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4900423

    Web of Science

  34. Statistical behavior of post-shock overpressure past grid turbulence 査読有り 国際誌

    Sasoh Akihiro, Harasaki Tatsuya, Kitamura Takuya, Takagi Daisuke, Ito Shigeyoshi, Matsuda Atsushi, Nagata Kouji, Sakai Yasuhiko

    SHOCK WAVES   24 巻 ( 5 ) 頁: 489 - 500   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00193-014-0507-6

    Web of Science

  35. Laser energy deposition effectiveness on shock-wave boundary-layer interactions over cylinder-flare combinations 査読有り 国際誌

    Osuka T., Erdem E., Hasegawa N., Majima R., Tamba T., Yokota S., Sasoh A., Kontis K.

    PHYSICS OF FLUIDS   26 巻 ( 9 ) 頁: 096103(17pages)   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4896288

    Web of Science

  36. Supersonic aerodynamic performance of truncated cones with repetitive laser pulse energy depositions 査読有り 国際誌

    Sasoh A., Kim J. -H., Yamashita K., Sakai T.

    SHOCK WAVES   24 巻 ( 1 ) 頁: 59 - 67   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00193-013-0463-6

    Web of Science

  37. On invariants in grid turbulence at moderate Reynolds numbers 査読有り 国際誌

    Kitamura T., Nagata K., Sakai Y., Sasoh A., Terashima O., Saito H., Harasaki T.

    JOURNAL OF FLUID MECHANICS   738 巻   頁: 378 - 406   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/jfm.2013.595

    Web of Science

  38. Repetitive Pulse Performance of One-Micrometer Laser-Ablation Propulsion onto Aluminum 査読有り 国際誌

    Tsuruta Hisashi, Wang Bin, Wang Zhogyuan, Yokota Shigeru, Sasoh Akihiro

    JOURNAL OF PROPULSION AND POWER   30 巻 ( 6 ) 頁: 1485 - 1489   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2514/1.B35288

    Web of Science

  39. Aerospace Application 査読有り 国際誌

    Sasoh Akihiro

    MICRO-NANO MECHATRONICS - NEW TRENDS IN MATERIAL, MEASUREMENT, CONTROL, MANUFACTURING AND THEIR APPLICATIONS IN BIOMEDICAL ENGINEERING     頁: 271 - 285   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  40. DRAG REDUCTION PERFORMANCE DUE TO REPETITIVE LASER PULSES ON THE BLUNT BODY 査読有り 国際誌

    Kim Jae-Hyung, Sasoh Akihiro

    PROCEEDINGS OF THE ASME/JSME/KSME JOINT FLUIDS ENGINEERING CONFERENCE 2011, VOL 1, PTS A-D     頁: 3363 - 3368   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  41. Laser Ablation Propulsion Performance of Surface-Modified Polyoxymethylene 査読有り 国際誌

    Sasoh Akihiro, Ogita Naoya, Shikida Mitsuhiro, Sinko John E.

    JOURNAL OF PROPULSION AND POWER   28 巻 ( 4 ) 頁: 840 - 847   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2514/1.B34372

    Web of Science

  42. Wave Drag Reduction with Acting Spike Induced by Laser-Pulse Energy Depositions 査読有り 国際誌

    Kim Jae-Hyung, Matsuda Atsushi, Sakai Takeharu, Sasoh Akihiro

    AIAA JOURNAL   49 巻 ( 9 ) 頁: 2076 - 2078   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2514/1.J051145

    Web of Science

  43. Interactions among baroclinically-generated vortex rings in building up an acting spike to a bow shock layer 査読有り 国際誌

    Kim Jae-Hyung, Matsuda Atsushi, Sasoh Akihiro

    PHYSICS OF FLUIDS   23 巻 ( 2 )   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1063/1.3534002

    Web of Science

  44. Effects of Propellant Surface Morphology on Laser Ablative Propulsion Performance 査読有り 国際誌

    Ogita Naoya, Shikida Mitsuhiro, Sasoh Akihiro

    BEAMED ENERGY PROPULSION: SEVENTH INTERNATIONAL SYMPOSIUM   1402 巻   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1063/1.3657030

    Web of Science

  45. Review on Japanese-German-US Cooperation on Laser-Ablation Propulsion 査読有り 国際誌

    Scharring Stefan, Sinko John E., Karg Stephanie, Eckel Hans-Albert, Roeser Hans-Peter, Sasoh Akihiro, Ogita Naoya, Umehara Noritsugu, Tsukiyama Yosuke

    BEAMED ENERGY PROPULSION: SEVENTH INTERNATIONAL SYMPOSIUM   1402 巻   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1063/1.3657015

    Web of Science

  46. In-Tube Rocket Propulsion Using Repetitive Laser Pulses 査読有り 国際誌

    Sasoh Akihiro

    JOURNAL OF THERMAL SCIENCE   20 巻 ( 3 ) 頁: 201 - 204   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1007/s11630-011-0458-5

    Web of Science

  47. Efficient Supersonic Drag Reduction using Repetitive Laser Pulses of up to 80 kHz 査読有り 国際誌

    Sasoh Akihiro, Kim Jae-Hyung, Yamashita Kiyokazu, Sakai Takeharu, Matsuda Atsushi

    BEAMED ENERGY PROPULSION: SEVENTH INTERNATIONAL SYMPOSIUM   1402 巻   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1063/1.3657050

    Web of Science

  48. Supersonic Drag Reduction with Repetitive Laser Pulses Through a Blunt Body 査読有り 国際誌

    Sasoh Akihiro, Sekiya Yohei, Sakai Takeharu, Kim Jae-Hyung, Matsuda Atsushi

    AIAA JOURNAL   48 巻 ( 12 ) 頁: 2811 - 2817   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2514/1.J050174

    Web of Science

  49. Modulations of a weak shock wave through a turbulent slit jet 査読有り 国際誌

    Kim Jae-Hyung, Sasoh Akihiro, Matsuda Atsushi

    SHOCK WAVES   20 巻 ( 4 ) 頁: 339 - 345   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1007/s00193-010-0265-z

    Web of Science

  50. A Review of Laser Ablation Propulsion 査読有り 国際誌

    Phipps Claude, Bohn Willy, Lippert Thomas, Sasoh Akihiro, Schall Wolfgang, Sinko John

    INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON HIGH POWER LASER ABLATION 2010   1278 巻   頁: 710 - +   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  51. Usage Of Polyacetal Powders As Laser Ablation Propulsion Propellants 査読有り 国際誌

    Sasoh Akihiro, Ogita Naoya, Sinko John E.

    BEAMED ENERGY PROPULSION   1230 巻   頁: 163 - +   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  52. Update On CO2 Laser Ablation Of Polyoxymethylene At 101 kPa 査読有り 国際誌

    Sinko John E., Scharring Stefan, Ogita Naoya, Sasoh Akihiro, Eckel Hans-Albert, Roeser Hans-Peter

    INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON HIGH POWER LASER ABLATION 2010   1278 巻   頁: 548 - +   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  53. Survey Of CO2 Laser Ablation Propulsion With Polyoxymethylene Propellant 査読有り 国際誌

    Sinko John E., Sasoh Akihiro

    BEAMED ENERGY PROPULSION   1230 巻   頁: 231 - +   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  54. Review: Laser-Ablation Propulsion 査読有り 国際誌

    Phipps Claude, Birkan Mitat, Bohn Willy, Eckel Hans-Albert, Horisawa Hideyuki, Lippert Thomas, Michaelis Max, Rezunkov Yuri, Sasoh Akihiro, Schall Wolfgang, Scharring Stefan, Sinko John

    JOURNAL OF PROPULSION AND POWER   26 巻 ( 4 ) 頁: 609 - 637   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2514/1.43733

    Web of Science

  55. Modeling CO2 Laser Ablative Impulse with Polymers 査読有り 国際誌

    Sinko John E., Phipps Claude R., Sasoh Akihiro

    INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON HIGH POWER LASER ABLATION 2010   1278 巻   頁: 699 - +   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  56. Measurement Issues In Pulsed Laser Propulsion 査読有り 国際誌

    Sinko John E., Scharring Stefan, Eckel Hans-Albert, Roeser Hans-Peter, Sasoh Akihiro

    BEAMED ENERGY PROPULSION   1230 巻   頁: 125 - +   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  57. Laser Propulsion Standardization Issues 査読有り 国際誌

    Scharring Stefan, Eckel Hans-Albert, Roeser Hans-Peter, Sinko John E., Sasoh Akihiro

    INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON HIGH POWER LASER ABLATION 2010   1278 巻   頁: 780 - +   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  58. Critical Fluences And Modeling Of CO2 Laser Ablation Of Polyoxymethylene From Vaporization To The Plasma Regime 査読有り 国際誌

    Sinko John E., Phipps Claude R., Tsukiyama Yosuke, Ogita Naoya, Sasoh Akihiro, Umehara Noritsugu, Gregory Don A.

    BEAMED ENERGY PROPULSION   1230 巻   頁: 395 - +   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  59. CO2 Laser Ablation Propulsion Area Scaling With Polyoxymethylene Propellant 査読有り 国際誌

    Sinko John E., Ichihashi Katsuhiro, Tsukiyama Yosuke, Ogita Naoya, Sakai Takeharu, Umehara Noritsugu, Sasoh Akihiro

    BEAMED ENERGY PROPULSION   1230 巻   頁: 207 - +   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  60. CO2 Laser Ablation Area Scaling And Redeposition On Flat Polyoxymethylene Targets 査読有り 国際誌

    Sinko John E., Scharring Stefan, Tsukiyama Yosuke, Ichihashi Katsuhiro, Ogita Naoya, Sasoh Akihiro, Umehara Noritsugu, Eckel Hans-Albert, Roeser Hans-Peter

    INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON HIGH POWER LASER ABLATION 2010   1278 巻   頁: 538 - +   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  61. Richtmyer-Meshkov instability in laser plasma-shock wave interaction 査読有り 国際誌

    Sasoh A., Mori K., Ohtani T.

    SHOCK WAVES, VOL 2, PROCEEDINGS     頁: 1199 - +   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  62. Wall-Propelled, In-Tube Propulsion with Repetitive-Pulse Laser Ablation 査読有り 国際誌

    Sasoh Akihiro, Suzuki Shingo, Matsuda Atsushi

    JOURNAL OF PROPULSION AND POWER   25 巻 ( 2 ) 頁: 540 - 542   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2514/1.39999

    Web of Science

  63. Interaction between laser-induced plasma and shock wave over a blunt body in a supersonic flow 査読有り 国際誌

    Sakai T., Sekiya Y., Mori K., Sasoh A.

    PROCEEDINGS OF THE INSTITUTION OF MECHANICAL ENGINEERS PART G-JOURNAL OF AEROSPACE ENGINEERING   222 巻 ( G5 ) 頁: 605 - 617   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1243/09544100JAERO294

    Web of Science

  64. Ablative impulse characteristics of polyacetal with repetitive CO2 laser pulses 査読有り 国際誌

    Suzuki Koji, Sawada Keisuke, Takaya Ryota, Sasoh Akihiro

    JOURNAL OF PROPULSION AND POWER   24 巻 ( 4 ) 頁: 834 - 841   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2514/1.32477

    Web of Science

  65. Wall-ablative, laser-driven in-tube accelerator 査読有り 国際誌

    Sasoh Akihiro, Suzukia Shingo, Matsuda Atsushi

    HIGH-POWER LASER ABLATION VII, PTS 1-2   7005 巻   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1117/12.786500

    Web of Science

  66. Time-resolved measurements of impulse generation in pulsed laser-ablative propulsion 査読有り 国際誌

    Anju Kohei, Sawada Keisuke, Sasoh Akihiro, Mori Koichi, Zaretsky Eugene

    JOURNAL OF PROPULSION AND POWER   24 巻 ( 2 ) 頁: 322 - 329   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2514/1.32017

    Web of Science

  67. Moderate-acceleration launch using repetitive-pulse laser ablation in a tube 査読有り 国際誌

    Sasoh Akihiro, Suzuki Shingo, Shimono Masaya, Sawada Keisuke

    JOURNAL OF PROPULSION AND POWER   24 巻 ( 5 ) 頁: 1144 - 1146   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2514/1.36168

    Web of Science

  68. Diagnostics and impulse performance of laser-ablative propulsion 査読有り 国際誌

    Sasoh Akihiro, Mori Koichi, Anju Kohei, Suzuki Koji, Shimono Masaya, Sawada Keisuke

    BEAMED ENERGY PROPULSION   997 巻   頁: 232 - +   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  69. Access to space without energy and propellant on board 査読有り 国際誌

    Sasoh Akihiro, Jeung In-Seuck, Choi Jeong-Yeol

    BEAMED ENERGY PROPULSION   997 巻   頁: 37 - +   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  70. Spatio-temporal filament behaviour in a dielectric barrier discharge plasma actuator 査読有り 国際誌

    Sasoh A., Kikuchi K., Sakai T.

    JOURNAL OF PHYSICS D-APPLIED PHYSICS   40 巻 ( 14 ) 頁: 4181 - 4184   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1088/0022-3727/40/14/012

    Web of Science

  71. Expansion tube operation with thin secondary diaphragm 査読有り 国際誌

    Furukawa Takeshi, Aochi Takanobu, Sasoh Akihiro

    AIAA JOURNAL   45 巻 ( 1 ) 頁: 214 - 217   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2514/1.23846

    Web of Science

  72. Pressure effect in a shock-wave-plasma interaction induced by a focused laser pulse 査読有り 国際誌

    Sasoh A., Ohtani T., Mori K.

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   97 巻 ( 20 )   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.97.205004

    Web of Science

  73. Impactless, in-tube sabot separation technique useful for modest-sized supersonic ballistic ranges 査読有り 国際誌

    Sasoh Akihiro, Oshiba Shin

    REVIEW OF SCIENTIFIC INSTRUMENTS   77 巻 ( 10 )   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1063/1.2360766

    Web of Science

  74. Shock-tube operation with laser-beam-induced diaphragm rupture 査読有り 国際誌

    Sasoh A, Takahashi T, Watanabe K, Torikai H, Yang QS

    AIAA JOURNAL   44 巻 ( 5 ) 頁: 1110 - 1112   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  75. Acceleration history in laser-ablative impulse measured using Velocity Interferometer (VISAR) 査読有り 国際誌

    Mori Koichi, Anju Kohei, Sasoh Akihiro, Zaretsky Eugene

    HIGH-POWER LASER ABLATION VI, PTS 1 AND 2   6261 巻   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1117/12.669426

    Web of Science

  76. Ambient pressure dependence of laser-induced impulse onto polyacetal 査読有り 国際誌

    Watanabe Keiko, Mori Koichi, Sasoh Akihiro

    JOURNAL OF PROPULSION AND POWER   22 巻 ( 5 ) 頁: 1149 - 1151   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2514/1.22750

    Web of Science

  77. Speckle-beam oriented schlieren technique 査読有り

    Yusuke NAKAMURA, Takumi SUZUKI, Kiyoshi KINEFUCHI, Akihiro SASOH

    Experiments in Fluids   62 巻 ( 13 )   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Investigations of unsteady aerodynamic effects generated by heave and pitch motion in different vehicle body shapes with model excitation tests 査読有り

    Kazuhiro MAEDA, Daisuke TSUBAKINO, Susumu HARA, Akihiro SASOH

    Mechanical Engineering Journal   17 巻 ( 5 ) 頁: 20 - 276   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/mej.20-00276

  79. In-tube shock wave compression by piston effect of unsteady jet 査読有り

    Daisuke KUWABARA, Hirokatsu KAWASAKI, Akira IWAKAWA, Akihiro SASOH, Tetsuya YAMASHITA and Koji TAGUCHI

    Mechanical Engineering Journal   17 巻 ( 3 )   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/mej.19-00534

  80. Application of laser energy deposition to improve performance for high speed intakes 査読有り

    A. Russell, M. Myokan, H. Bottini, A. Sasoh, H. Zare-Behtasha and K. Kontis,

    Propulsion and Power Research   19 巻 ( 1 ) 頁: 15 - 25   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jppr.2019.11.002

  81. Similar Thrust Performance in Diverging-Magnetic-Field Electrostatic Thruster with Monoatomic Propellants 査読有り

    Ichihara Daisuke, Sasoh Akihiro

    JOURNAL OF PROPULSION AND POWER   35 巻 ( 1 ) 頁: 236 - 238   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2514/1.B37294

    Web of Science

  82. Effects of Repetitive Laser Energy Deposition on Supersonic Duct Flows

    Hoang Son Pham, Manabu Myokan, Takahiro Tamba, Akira Iwakawa, and Akihiro Sasoh

    AIAA JOURNAL   56 巻 ( 2 ) 頁: 542-553   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2514/1.J056190

  83. Operation Characteristics of Applied-Field Magnetoplasmadynamics Thruster Using Hollow Cathode

    Hayato KASUGA, Jeohun JEONG, Keisuke MIZUTANI, Akira IWAKAWA, Akihiro SASOH, Kohei KOJIMA, Tatsuya KIMURA, Yoshihiro KAWAMATA, and Masaaki YASUI

    Transactions of The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences   16 巻 ( 1 ) 頁: 69-74   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2322/tastj.16.69

  84. Finite response time of shock wave modulation by turbulence

    Inokuma Kento, Watanabe Tomoaki, Nagata Koji, Sasoh Akihiro, Sakai Yasuhiko

    PHYSICS OF FLUIDS   29 巻 ( 5 )   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4982932

    Web of Science

  85. Ten-Ampere-Level, Applied-Field-Dominant Operation in Magnetoplasmadynamic Thrusters

    Daisuke Ichihara, Tomoki Uno, Hisashi Kataoka, Jaehun Jeong, Akira Iwakawa, and Akihiro Sasoh

    Journal of Propulsion and Power   33 巻 ( 2 ) 頁: 360-369   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2514/1.B36179

  86. Effects of magnetic field profile near anode on ion acceleration characteristics of a diverging magnetic field electrostatic thruster

    D. Ichihara, A. Iwakawa, and A. Sasoh

    Journal of Applied Physics   122 巻 ( 4 ) 頁: 043302(10pages)   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4995286

  87. Power matching between plasma generation and electrostatic acceleration in helicon electrostatic thruster

    Daisuke Ichihara, Yoshiya Nakagawa, Akira Uchigashima, Akira Iwakawa, Akihiro Sasoh, and Takuya Yamazaki

    Acta Astronautica   139 巻   頁: 157–164   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.actaastro.2017.06.032

  88. Changes in divergence-free grid turbulence interacting with a weak spherical shock wave

    T. Kitamura, K. Nagata, Y. Sakai, A. Sasoh, and Y. Ito

    Physics of Fluids   29 巻   頁: 065114(9pages)   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4984835

  89. Mach-number Effect on Supersonic Drag Reduction using Repetitive Laser Energy Depositions over Blunt-Body

    Akira Iwakawa; Tatsuro Shoda; Ryosuke Majima; Son Hoang Pham; Akihiro Sasoh

    Transactions of the JSASS / Aerospace Technology Japan   60 巻 ( 5 ) 頁: 303–311   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Impacts of laser energy deposition on flow instability over double-cone model

    Hoang Son Pham, Tatsuro Shoda, Takahiro Tamba, Akira Iwakawa and Akihiro Sasoh

    AIAA Journal   55 巻 ( 9 ) 頁: 2992-3000   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2514/1.J055670

  91. Electrostatic/magnetic ion acceleration through a slowly diverging magnetic nozzle between a ring anode and an on-axis hollow cathode

    Akihiro Sasoh, Keisuke Mizutani, and Akira Iwakawa

    AIP Advances   7 巻   頁: 065204(6pages)   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4985380

  92. Ablation Spot Area and Impulse Characteristics of Polymers Induced by Burst Irradiation of 1μm Laser Pulses

    Hisashi Tsuruta, Oskar Dondelewski, Yusuke Katagiri, Bin Wang and Akihiro Sasoh

    Acta Astronautica   136 巻   頁: 46-54   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.actaastro.2017.03.006

  93. Mach Number Effect on Supersonic Drag Reduction using Repetitive Laser Energy Depositions over a Blunt Body

    Iwakawa Akira, Shoda Tatsuro, Majima Ryosuke, Pham Son Hoang, Sasoh Akihiro

    TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES   60 巻 ( 5 ) 頁: 303-311   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  94. Suppression of low-frequency shock oscillations over boundary layer by repetitive laser pulse energy deposition 査読有り

    Akira Iwakawa,Tatsuro Shoda,Hoang Son Pham,Takahiro Tamba,Akihiro Sasoh

    aerospace   3(2) 巻   頁: 13   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/aerospace3020013

  95. Field experiment of blast wave pressure modulation past a turbulent flow 査読有り

    Takahiro Tamba, Daiki Furukawa, Yuma Aoki, Masaya Kayumi, Akira Iwakawa, Akihiro Sasoh, Takehiro Matsunaga, Mitsuo Izumo, Yuta Sugiyama, Tomoharu Matsumura, and Yoshio Nakayama

    Science and Technology of Energetic Materials   77 巻 ( 4 ) 頁: 91-97   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Suppression of low-frequency shock oscillations over boundary layer by repetitive laser pulse energy deposition

    Akira Iwakawa, Tatsuro Shoda, Hoang Son Pham, Takahiro Tamba, Akihiro Sasoh

    Aerospace   13 巻 ( 2 ) 頁: Article number 13   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/aerospace3020013

  97. 矩形断面形状を有する定常・外部磁場印加MPD スラスターの作動特性

    市原大輔,原田翔太,片岡久志,横田茂,佐宗章弘

    日本航空宇宙学会論文集   63 巻 ( 2 ) 頁: 37-44   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Influence of Microscopic Crater Formation on Impulse Generated with Repetitive Pulsed Laser Ablation

    Hisashi Tsuruta, Bin Wang, Zhogyuan Wang, Akihiro Sasoh

    Aerospace Technology Japan   13 巻   頁: 33-36   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2322/tastj.13.33

  99. Low-Boom Performance Demonstration of a Long, Staged Aftbody

    Atsushi Toyoda , Kakuei Suzuki , Takahiro Imaizumi , Akihiro Sasoh

    Trans.Japan Soc.Aero.Space Sci   58 巻 ( 5 ) 頁: 307-309   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2322/tastj.58.307

  100. Ring-Force Balance System for Small Wind Tunnels 査読有り

    Akira IWAKAWA,Takeshi OSUKA,Tatsuro SHODA,Akihiro SASOH,Hiromitsu KAWAZOE

    Transactions of The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology Japan   13 巻   頁: 51-60   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2322/tastj.13.51

  101. 円錐スパイクとエネルギー付加の組み合わせによる鈍頭物体の超音速抗力低減

    岩川輝, 長谷川直紀,大須賀健,摩嶋亮祐,酒井武治,佐宗章弘

    日本航空宇宙学会論文集   62 巻 ( 3 ) 頁: 99-106   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2322/jjsass.62.99

  102. Repetition Frequency Dependence of Wave Drag Reduction Induced by Laser-Pulse-Energy Depositions 査読有り

    Akira IWAKAWA, Takeharu SAKAI, Akihiro SASOH

    Aerospace Technology Japan   11 巻   頁: 53-60   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Operation Characteristics of a Steady-State, Two-Dimensional MPD Thruster Using a Hollow Cathode

    Masaki Yonemoto, Akihiro Sasoh

    28 ISTS Special Issue of Transaction of JSASS   10 巻   頁: Pb_7-Pb_12   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Laser Ablation Propulsion Performance of Surface-Modified Polyoxymethylene

    Akihiro Sasoh, Naoya Ogita, Mitsuhiro Shikida, John E. Sinko

    Journal of Propulsion and Power   28 巻 ( 4 ) 頁: 840-847   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. 格子乱流のエネルギー減衰域における不変量について

    北村拓也,長田孝二,佐宗章弘,酒井康彦,寺島修,齋藤大輝, 原崎 辰耶

    日本機械学会論文集(B 編)   78 巻 ( 795 ) 頁: 1928-1941   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Preheating Technique to Enhanse the Laser Ablation Impulse from Polymer Materials 査読有り

    Koichi Mori , Akihiro Sasoh

    International Journal of Aerospace Innovations   3 巻 ( 1 ) 頁: 51-57   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Review of CO2 laser ablation propulsion with polyoxymethylene 査読有り

    John E. Sinko and Akihiro Sasoh

    International Journal of Aerospace Innovations   3 巻 ( 2 ) 頁: 93-129   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Experimental Determination of the Impulse Coupling Coefficient - Standardization Issues 査読有り

    S. Scharring, J. E. Sinko, A. Sasoh, H.-A. Eckel and H.-P. Roser

    International Journal of Aerospace Innovations   3 巻 ( 1 ) 頁: 33-43   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. Impact Fracture Behavior of Ceramics and PE-Fiber-Reinforced Mortars

    Yasuhiro Tanabe, Masayoshi Yamada1, Akihiro Sasoh, Minoru Kunieda

    Key Engineering Materials   484 巻   頁: 75-81   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. 胴体先端形状修正による翼胴型超音速複葉翼機のソニックブーム低減化

    大久保正幸, 豊田篤,山下博, 小川俊広,大林茂,清水克也,鈴木角栄,松田淳,佐宗章弘

    日本航空宇宙学会論文集   59 巻 ( 688 ) 頁: 119-125   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. In-Tube Rocket Propulsion Using Repetitive Laser Pulses

    Akihiro Sasoh

    Journal of Thermal Science   20 巻 ( 3 ) 頁: 1-4   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Interactions among baroclimically-generated vortex rings in building up an acting spike to a bow shock layer

    Jae-Hyung Kim, Atsushi Matsuda, Akihiro Sasoh

    PHYSICS OF FLUIDS 23     頁: 021703-1-4   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Wave Drag Reduction with Acting Spike Induced by Laser-Pulse Energy Depositions 査読有り

    Jae-Hyung Kim, Atsushi Matsuda, Takeharu Sakai, Akihiro Sasoh

    AIAA Journal   49 巻 ( 9 ) 頁: 2706-2078   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Experimental-Numerical Combination Diagnostics for Near-Field Flow over Supersonic Flight Model

    Atsushi Matsuda, Katsuya Shimizu, Kakuei Suzuki, Akihiro Sasoh, Keiichi Murakami, & Takashi Aoyama

    Transactions of JSASS Space Technology of Japan   9 巻   頁: 37-41   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. Aluminum-extrusion, square-bore, aero-ballistic range for launching three-dimensional projectiles

    International Journal of Aerospace Innovations   2 巻 ( 3 ) 頁: 147-156   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. The modulations of weak shock wave through turbulent slit jet

    Shock Waves   ( 20 ) 頁: 339-345   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. Review: Laser Ablation Propulsion

    C. Phipps, M. Birkan, W. Bohn, H.-A. Eckel, H. Horisawa, T. Lippert, M. Michaelis, Y. Rezunkov, A. Sasoh, W. Schall, S. Scharring, and J. Sinko

    Journal of Propulsion and Power   126 巻 ( 4 ) 頁: 609-637   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. Supersonic Drag Reduction with Repetitive Laser Pulses through a Blunt Body

    Akihiro Sasoh,Yohei Sekiya,Takeharu Sakai,Jae-Hyung Kim and Atsushi Matsuda

    AIAA Journal   48 巻 ( 12 ) 頁: 2811-2817   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. *Wall-Propelled, In-Tube Propulsion with Repetitive-Pulse Laser Ablation

    Akihiro Sasoh, Shingo Suzuki and Atsushi Matsuda

    Journal of Propulsion and Power   25 巻 ( 2 ) 頁: 540-542   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. Ablative Impulse Characteristics of Polyacetal with Repetitive CO2 Laser Pulses 査読有り

    Koji Suzuki, Keisuke Sawada Ryota Takaya, Akihiro Sasoh

    Journal of Propulsion and Power   24 巻 ( 4 ) 頁: 834-841   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. Time-Resolved Measurements of Impulse Generation in Pulsed Laser-Ablative Propulsion 査読有り

    Kohei Anju, Keisuke Sawada, Akihiro Sasoh, Koichi Mori, Eugene Zaretsky,

    Journal of Propulsion and Power   24 巻 ( 2 ) 頁: 322-329   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. Impulse Generation Mechanisms in Laser-Driven In-Tube Accelerator 査読有り

    Choi, J.-Y., Sasoh, A., Jeung, I.-S., Urabe, N. and Kleine, H.

    Transactions of The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences   51 巻 ( 172 ) 頁: 71-77   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. Moderate-Acceleration Launch Using Repetitive-Pulse Laser Ablation In Tube 査読有り

    Sasoh, A., Suzuki, S, Shimono, M. and Sawada, K.

    Journal of Propulsion and Power   24 巻   頁: in press   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. Interaction Between laser-Induced Plasma and Shock Wave Over a Blunt Body in a Supersonic Flow 査読有り

    Takeharu Sakai, Yohei Sekiya, Koichi Mori, and Akihiro Sasoh

    Journal of Aerospace Engineering   222 巻   頁: 605-617   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. レーザパルスにより誘起されるプラズマ-衝撃波干渉場 査読有り

    森浩一,大谷俊朗,佐宗章弘

    日本機械学会論文集B   73 巻 ( 727 ) 頁: 670-675   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. Expansion Tube Operation with Thin Secondary Diaphragm 査読有り

    Takeshi Furukawa, Takanobu Aochi and Akihiro Sasoh

    AIAA J.   45 巻 ( 1 ) 頁: 214-217   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. Spatio-temporal filament behavior in a dielectric barrier discharge plasma actuator 査読有り

    A. Sasoh, K. Kikuchi, and T. Sakai

    Journal of Physics D: Applied Physics   40 巻   頁: 4181-4184   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. *Pressure effect in plasma-shock wave interaction induced by laser pulse irradiation over a parabola 査読有り

    A. Sasoh, T. Ohtani and K. Mori

    Physical Review Letters   97 巻 ( 20 )   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. Ambient Pressure Dependence of Laser-Induced Impulse onto Polyacetal 査読有り

    K. Watanabe, K. Mori and A. Sasoh

    J. Propulsion and Power   22 巻 ( 5 ) 頁: 1148-1151   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. Impact-less, in-tube sabot separation useful for modest-sized supersonic ballistic ranges 査読有り

    Akihiro Sasoh and Shin Oshiba

    Review of Scientific Instruments   77 巻 ( 10 )   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  131. Shock Tube Operation with Laser Beam Induced Diaphragm Rupture 査読有り

    A. Sasoh, T. Takahashi, K. Watanabe, H. Torikai, and Q-S. Yang

    AIAA Journal   44 巻 ( 5 ) 頁: 1110-1112   2006年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  132. Multiband Radiation Model for Simulation of Galileo Probe Entry Flowfield 査読有り

    S. MATUSYAMA, Y. SHIMOGONYA, N. OHNISHI, A. SASOH AND K. SAWADA

    Journal of Thermophysics and Heat Transfer   20 巻 ( 3 ) 頁: 611-614   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  133. Suppression of discharge current oscillations in a Hall Thruster 査読有り

    N. Yamamoto, S. Yokota, K. Watanabe, A. Sasoh, K. Komurasaki and Y. Arakawa

    Trans. Japan Soc. Aero. Space Sci.   48 巻 ( 161 ) 頁: 169-174   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  134. Numerical Simulation of Galileo Probe Entry Flowfield with Radiation and Ablation 査読有り

    S. Matsuyama, N. Ohnishi, A. Sasoh and K. Sawada,

    Journal of Thermophysics and Heat Transfer   19 巻 ( 1 ) 頁: 28-35   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  135. Behavior of bubbles induced by the interaction of a laser pulse with a metal plate in water 査読有り

    A. Sasoh, K. Watanabe, Y. Sano and N. Mukai

    Applied Physics A   80 巻 ( 7 ) 頁: 1497-1500   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  136. Blast wave characteristics under laser-driven in-tube accelerator operation conditions, 査読有り

    X. Yu, T. Ohtani, S. Kim, T. Ogawa, I-S. Jeung and A. Sasoh

    Science and Technology of Energetic Materials   66 巻 ( 2 ) 頁: 274-282   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. Impulse Generation Using a 300-J-Class Laser with Confinement Geometries in Air 査読有り

    K. Watanabe and A. Sasoh

    Transaction of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences   48 巻 ( 159 ) 頁: 49-52   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  138. Impulse dependence on propellant condition in laser-driven in-tube accelerator 査読有り

    A. Sasoh, N. Urabe, S. Kim and I.-S. Jeung

    Transaction of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences   48 巻 ( 160 ) 頁: 63-70   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  139. レーザーピーニングで誘起される水中圧力波に対する金属板厚の影響 査読有り

    渡辺圭子, 佐野雄二, 向井成彦, 鳥飼宏之, 佐宗章弘

      5 巻 ( 339 ) 頁: 161-166   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  140. Distributed-Memory Parallelization of Radiative Transfer Calculation in Hypersonic Flow 査読有り

    S. Matsuyama, N. Onishi, A. Sasoh and K. Sawada

    Parallel Computational Fluid Dynamics-New Frontiers and Multi-Disciplinary Applocations     頁: 491-498   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  141. Parallel Computation of Fully-Coupled Hypersonic Radiating Flowfield Using Multi-Band Model 査読有り

    S. Matsuyama, T. Sakai, A. Sasoh and K. Sawada

    Journal of Thermophysics and Heat Transfer   17 巻   頁: 21-28   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  142. Laser-Powerd Launch in Tube 査読有り

    A. Sasoh, M. Kister, N. Urabe and K. Takayama

    Transactions of the Japan Society for Aeronautics and Space Sciences   46 巻 ( 151 ) 頁: 52-54   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  143. High Ram-Acceleration Using Open-Base Projectile 査読有り

    Y. Hamate, A. Sasoh and K. Takayama

    Journal of Propulsion and Power   19 巻   頁: 190-195   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  144. Impulse scaling in laser-driven in-tube accelerator 査読有り

    A. Sasoh, N. Urabe, S. Kim and I. -S. Jeung

    Applied Physics A   77 巻   頁: 349-352   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  145. Frequency Characteristics and Dynamical Behaviors of Self-Modulation In Vertical-Cavity Suface-Emitting Lasers 査読有り

    Q. Yang and A. Sasoh

    Optics Communications   219 巻   頁: 307-315   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  146. Numerical Investigation of High-Enthalpy Flows Generated by Expansion Tube 査読有り

    H. Otsu, T. Abe, Y. Ohnishi, A. Sasoh and K. Takayama

    AIAA Journal   40 巻   頁: 2423-2430   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  147. Impact of Unsteady Disturbance on Multi-Lane Traffic Flow 査読有り

    A. Sasoh

    Journal of the Physical Society of Japan   71 巻   頁: 989-996   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  148. Shock Wave Relation Containing Lane Change Source Term for Two-Lane Traffic Flow 査読有り

    A. Sasoh and T. Ohara

    Journal of the Physical Society of Japan   71 巻   頁: 2075-2083   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  149. Numerical and Experimental Investigation of Wave Dynamic Processes In High-Speed Train/Tunnels 査読有り

    Z. Jiang, K. Matsuoka, A. Sasoh and K. Takayama

    Acta Mechanica Sinica   18 巻   頁: 209-226   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  150. Impulse Enhancement of Laser Propulsion In Tube 査読有り

    A. Sasoh, J-Y. Choi, I-S. Jeung, N. Urabe, H. Kleine and K. Takayama

    Postepy Astronautyki   27 巻   頁: 40-50   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  151. Gun Interior Ballistic Performance with Ammonium Nitrate-Alcohol Propellants 査読有り

    A. Sasoh, T. Ogawa, K. Takayama, K. Ikuta, N. Nagayasu and S. Ohtsubo

    Journal of Propulsion and Power   17 巻   頁: 120-124   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  152. *Laser-driven in-tube accelerator 査読有り

    A. Sasoh

    Review of Scientific Instruments   72 巻   頁: 1893-1898   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  153. Plural voltage minima in an arc-heated channel flow 査読有り

    A. Sasoh

    Physics of Plasmas   8 巻   頁: 1376-1383   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  154. Small-Bore Ram Accelerator Operation 査読有り

    A. Sasoh, Y. Hamate and K. Takayama

    Journal of Propulsion and Power   17 巻   頁: 622-628   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  155. Effective Test Time Evaluation in High-Enthalpy Expansion Tube 査読有り

    A. Sasoh, Y. Ohnishi, D. Ramjaun, K. Takayama, H. Otsu and T. Abe

    AIAA Journal   39 巻   頁: 2141-2147   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  156. Nonlinear Stability of Optimal Velocity Traffic Flow Model to Unsteady Disturbance 査読有り

    A. Sasoh

    Journal of the Physical Society of Japan   70 巻   頁: 3161-3166   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  157. Laser-propelled ram accelerator 査読有り

    A. Sasoh

    Journal de Physique IV   10 巻 ( Pr11 ) 頁: 41-47   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  158. Ionizing Nitrogen and Air Flows in a Superorbital Expansion Tube 査読有り

    T. J. McIntyre, A. I. Bishop, A. M. Thomas, A. Sasoh and H. Rubinsztein-Dunlop

    AIAA Journal   38 巻   頁: 1685-1691   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  159. Quantitative Effects of Projectile-Launch Tube Wall Friction on Ballistic Range Operation 査読有り

    A. Sasoh, S. Ohba and K. Takayama

    AIAA Journal   38 巻   頁: 1709-1715   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  160. Flow Establishment over Constrictor in Arcjet Operation 査読有り

    A. Sasoh

    Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences   43 巻   頁: 23-30   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  161. プリル硝安-アルコール混合物(ANA)の爆薬特性 査読有り

    永易伸生, 河野雄次, 大坪信武, 生田一成, 佐宗章弘, 高山和喜

    火薬学会誌   61 巻   頁: 114-119   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  162. Projectile acceleration in a single-stage gun at breech pressures below 50 MPa 査読有り

    A. Sasoh, S. Ohba and K. Takayama

    Shock Waves   10 巻   頁: 235-240   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  163. High-Enthalpy Expansion Tube Experiments with Gas Injection 査読有り

    A. Sasoh, R. G. Morgan, B. N. Littleton, T. J. McIntyre and A. I. Bishop

    AIAA Journal   38 巻   頁: 2253-2259   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  164. Ram accelerator operations at acceleration level up to 6 × 104 g 査読有り

    Y. Hamate, A. Sasoh and K. Takayama

    Journal de Physique IV   10 巻 ( Pr11 ) 頁: 3-9   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  165. Investigation on utilization of liquid propellant in ballistic range experiments 査読有り

    A. Sasoh, S. Ohba, and K. Takayama

      60 巻   頁: 205-211   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  166. Diaphragm rupture. Impingement by a conically-nosed, ram-accelerator projectile 査読有り

    A. Sasoh, J. Maemura, S. Hirakata, K. Takayama, J. Falcovitz

    Shock Waves   9 巻   頁: 19-30   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  167. Use of ammonium nitrate-alcohol (ANA) for ballistic range propellant 査読有り

    A. Sasoh, T. Ogawa, K. Takayama

    Shock Waves   9 巻   頁: 291-294   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  168. Experiments on Attenuation of Weak Shock Waves in High-Speed Train Tunnels 査読有り

    A. Sasoh, K. Matsuoka, K. Takayama, S. Hirano, S. Ono, Y. Makino and K. Ootsuta

    JSME International Journal, Series B   41 巻   頁: 814-821   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  169. 衝撃波管実験に有用な任意同期マルチプレクサシステムの開発 査読有り

    佐宗 章弘, 川端荘平, 門脇忠

    日本航空宇宙学会誌   46 巻   頁: 311-313   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  170. Technology and Application Aspects of Applied Field Magnetoplasmadynamic Propulsion 招待有り 査読有り

    G. Krulle, M. Auweter-Kurtz and A. Sasoh

    Journal of Propulsion and Power   14 巻   頁: 754- 763   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  171. Numerical and Theoretical Studies on Detonation Initiation by A Supersonic Projectile 査読有り

    Y. Ju, G. Masuya and A. Sasoh

    Proceedings of 27th Symposium (International) on Combustion     頁: 2225-2231   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  172. Application of sound-absorbent plastic to weak-shock-wave attenuators 査読有り

    K. Ootsuta, K. Matsuoka, A. Sasoh and K. Takayama

    Review of Scientific Instruments   69 巻   頁: 1724-1729   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  173. 高速列車トンネル突入による圧縮波の衝撃波への遷移 査読有り

    佐宗章弘, 松岡敬, 高山和喜

    日本機械学会論文集(B編)   63 巻   頁: 3944-3951   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  174. ラム加速機の始動過程に関する実験研究 査読有り

    佐宗章弘, 平形修二, 高山和喜

    日本航空宇宙学会誌   46 巻   頁: 37-45   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  175. Attenuation of weak shock waves along pseudo-perforated walls 査読有り

    A. Sasoh, K. Matsuoka, K. Nakashio, E. Timofeev, K. Takayama, P. Voinovich, T. Saito, S. Hirano, S. Ono. Y. Makino

    Shock Waves   8 巻   頁: 149-159   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  176. Ram Accelerator Operation Analysis in Thermally Choked and Transdetonative Propulsive Modes 査読有り

    A. Sasoh and C. Knowlen

    Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space, Sciences   40 巻   頁: 130-148   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  177. Numerical Study of Detonation Initiation by a Supersonic Sphere 査読有り

    Y. JU and A. Sasoh

    Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space, Sciences   40 巻   頁: 19-29   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  178. Hollow Projectile Operation in the Ram Accelerator 査読有り

    A. Sasoh, A. J. Higgins, C. Knowlen, A. P. Bruckner

    Journal of Propulsion and Power   12 巻   頁: 1183-1186   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  179. The reflection of a shock wave over a cone 査読有り

    J. Yang, A. Sasoh, K. Takayama

    Shock Waves   6 巻   頁: 267-273   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  180. Thrust Formula for Applied-Field Maganetoplasmadynamic Thrusters Derived from Energy Conservation Equation 査読有り

    A. Sasoh and Y. Arakawa

    Journal of Propulsion and Power   11 巻   頁: 351-356   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  181. Experimental investigation on tunnel sonic boom 査読有り

    K. Takayama, A. Sasoh, O. Onodera, R. Kaneko, Y. Matsui

    Shock Waves   5 巻   頁: 127-138   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  182. *Characterization of disturbance propagation in weak shock-wave reflections 査読有り

    A. Sasoh and K. Takayama

    Journal of Fluid Mechanics   277 巻   頁: 331-345   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  183. Simple formulation of magnetoplasmadynamic acceleration 査読有り

    A. Sasoh

    Physics of Plasmas   1 巻   頁: 464-469   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  184. Generalized Hall Acceleration 査読有り

    A. Sasoh

    Journal of Propulsion and Power   10 巻   頁: 251-254   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  185. Scaled train tunnel simulator for weak shock wave generation experiment 査読有り

    A. Sasoh, O. Onodera and K. Takayama

    Review of Scientific Instruments,   65 巻   頁: 3000-3004   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  186. A high-resolution thrust stand for ground tests of low-thrust space propulsion devices 査読有り

    A. Sasoh and Y. Arakawa

    Review of Scientific Instruments   64 巻   頁: 719-723   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  187. Numerical Study on Atom-Molecule Radiation Flowfield around a Hypersonic Blunt Body 査読有り

    X.-Y. Chang, A. Sasoh and T. Fujiwara

    Transactions of the Japan Society for Aeronautics and Space Sciences   35 巻   頁: 177-186   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  188. バリスティック・レンジによる極超音速流実験(第1報)画像観測及びその処理方法 査読有り

    張 新宇, 辺見 真, 佐宗 章弘, 藤原 俊隆

    日本航空宇宙学会誌   41 巻   頁: 81-87   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  189. *Electromagnetic Effects in an Applied-Field Magnetoplasmadynamic Thruster 査読有り

    A. Sasoh and Y. Arakawa

    Journal of Propulsion and Power   8 巻   頁: 98-102   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  190. A weak shock wave reflection over wedges 査読有り

    A. Sasoh, K. Takayama and T. Saito

    Shock Waves   2 巻   頁: 277-281   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  191. 再突入時に形成される極超音速非平衡衝撃波層からの輻射熱伝達

    佐宗章弘, 張新宇, 村山俊之, 藤原俊隆

    日本航空宇宙学会誌   39 巻   頁: 531-538   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  192. 荒川義博外部磁場のあるMPD推進機におけるホール加速 査読有り

    佐宗章弘, アンダース E. ソレム

    日本航空宇宙学会誌   37 巻   頁: 528-534   1989年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  193. Steady-State Permanent Magnet Magnetoplasmadynamic Thruster 査読有り

    Y.Arakawa and A.Sasoh

    Journal of Propulsion and Power   5 巻   頁: 301-304   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  194. Steady-State MPD Arc Thruster with a Permanent Magnet 査読有り

    Y.Arakawa and A.Sasoh

    Journal of Propulsion and Power   4 巻   頁: 287-289   1988年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 6

  1. Compressible Fluid Dynamics and Shock Waves

    Akihiro Sasoh( 担当: 単著)

    Springer  2020年  ( ISBN:978-981-15-0503-4

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:教科書・概説・概論

  2. 圧縮性流体力学・衝撃波

    佐宗章弘( 担当: 単著)

    コロナ社  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. ながれの事典

    神部勉(編)( 担当: 共著)

    丸善  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 電気推進ロケット入門

    栗木恭一,荒川義博(編)( 担当: 共著)

    東京大学出版会  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. Ram Accelerators

    K. Takayama and A. Sasoh (eds)( 担当: 共著)

    Springer-Verlag, Heidelberg  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  6. 衝撃波ハンドブック

    高山 和喜(編)( 担当: 共著)

    シュプリンガー・フェアラーク東京  1995年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 93

  1. Square-bore ballistic range for launching three-dimensional projectiles 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  2. Supersonic Drag Reduction with Repetitive Laser Pulses through a Blunt Body 国際会議

    40thAIAA Plasmadynamics and Laser Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. Supersonic Drag Reduction with Repetitive Laser Pulses through a Blunt Body 国際会議

    47th AIAA Aerospace Sciences Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:英語  

  4. Plasma Behavior Induced by Repetitive Laser Pulses

    39th Plasmadynamics and Lasers Conference, Seattle, Washington 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語  

  5. Wall-Propelled, In-Tube Propulsion with Repetitive-Pulse Laser Ablation

    39th Plasmadynamics and Lasers Conference, Seattle, Washington 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語  

  6. Unsteady Interaction of Blunt Bodies With Laser Induced Plasma in a Supersonic Flow

    39th Plasmadynamics and Lasers Conference, Seattle, Washington 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語  

  7. Wall-ablative, laser-driven in-tube accelerator

    High-Power Laser Ablation Ⅶ, Taos, NM, USA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年4月

    記述言語:英語  

  8. Moderate-Acceleration Launch Using Repetitive-Pulse Laser Ablation In Tube

    46th AIAA Aerospace Sciences Meeting and Exhibit, Reno, Nevada 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:英語  

  9. Computational Simulation of Local Impulse Generation in Intense Laser-Solid Interaction

    46th AIAA Aerospace Sciences Meeting and Exhibit, Reno, Nevada 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:英語  

  10. Optical Observation of Discharge Plasma Structure in DBD Plasma Actuator

    38th AIAA Plasmadynamics and Lasers ConferenceIn conjunction with the16th International Conference on MHD Energy Conversion , Miami, FL 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:英語  

  11. Time-resolved and Integrated Laser Ablative Impulse Performance of Polyacetal

    38th AIAA Plasmadynamics and Lasers ConferenceIn conjunction with the16th International Conference on MHD Energy Conversion , Miami, FL 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:英語  

  12. Laser-Ablative Propulsion Using Polyacetal at Low Ambient Pressures

    45th AIAA Aerospace Sciences Meeting and Exhibit, Reno, Nevada 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:英語  

  13. Impulse Generation by Nd:YAG Laser Ablation of Aluminum

    45th AIAA Aerospace Sciences Meeting and Exhibit, Reno, Nevada 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:英語  

  14. Experiments of Laser^Pulse-Induced Drag Modulation in Supersonic Flow 国際会議

    37th Plasmadynamics and Lasers Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  15. Experiments of Laser-Pulse-Induced Drag Modulation in Supersonic Flow

    37th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, San Francisco, California 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語  

  16. Acceleration history in laser-ablative impulse measured using Velocity Interferometer (VISAR) 国際会議

    High-Power Laser Ablation Ⅵ, Taos, NM, U.S.A. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  17. Expansion Tube Operation with Thin Secondary Diaphragm 国際会議

    44th AIAA Aerospace Sciences Meeting and Exhibit, Reno, NV, U.S.A. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  18. Expansion Tube Operation with Thin Secondary Diaphragm

    44th AIAA Aerospace Sciences Meeting and Exhibit, Reno, Nevada 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:英語  

  19. Toward the Optimal Operation of Laser-Driven In-Tube Accelerator

    44th AIAA Aerospace Sciences Meeting and Exhibit, Reno, Nevada 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:英語  

  20. Numerical Analysis of Expanding Nonequilibrium Plasma in a Gas-Driven Laser Propulsion

    44th AIAA Aerospace Sciences Meeting and Exhibit, Reno, Nevada 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:英語  

  21. Time-Resolved Force Measurement over Laser-Ablated Materials

    Fourth International Symposium on Beamed Energy Propulsion, Nara, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語  

  22. Pulsed Laser Propulsion Performance of 11-cm Parabolic `Bell'Engines: CO2 TEA vs. EDL

    Fourth International Symposium on Beamed Energy Propulsion, Nara, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語  

  23. Physical Processes of the Interaction Between Laser-Generated Plasma and Blast Wave Appearing in Laser-Driven In-Tube Accelerator Configuration

    Fourth International Symposium on Beamed Energy Propulsion, Nara, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語  

  24. Impulse Characteristics of Laser-driven In-Tube Accelerator(LITA)

    Fourth International Symposium on Beamed Energy Propulsion, Nara, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語  

  25. Blast Wave Formation by Laser-Sustained Nonequilibrium Plasma in the Laser-Driven In-tube Accelerator Operation

    Fourth International Symposium on Beamed Energy Propulsion, Nara, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語  

  26. Numerical Simulation of Laser-Driven In-Tube Accelerator Operation

    Fourth International Symposium on Beamed Energy Propulsion, Nara, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語  

  27. Secondary diaphragm rupture processes in expansiontube

    Proceedings of the 25th International Symposium on Shock Waves, Bangalore,India 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語  

  28. Experimental study of the interaction between thelaser-generated plasma and a shock wave

    Proceedings of the 25th International Symposium on Shock Waves, Bangalore,India 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語  

  29. Propulsive impulse generation using laser pulse - solid/gas interactions 国際会議

    International Workshop on Explosion, Shock Wave and Hypervelocity Phenomena 2005 (ESHP Workshop 2005) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  30. Impulse Generation Scaling Laws in Laser-Driven In-Tube Accelerator

    36th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, Toronto, Ontario 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:英語  

  31. Time-Resolved Measurement of the Impulse Generation Processes in POM Laser-Ablation

    36th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, Toronto, Ontario 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:英語  

  32. Numerical Analysis of Laser-Driven In-Tube Accelerator Operation

    43rd AIAA Aerospace Sciences Meeting and Exhibit, Reno, Nevada 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    記述言語:英語  

  33. Calculation of Unsteady Flowfield in Expansion Tube Using Contact Surface Resolving Technique

    43rd AIAA Aerospace Sciences Meeting and Exhibit, Reno, Nevada 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    記述言語:英語  

  34. Fascinating Experimental Observations of Spatiotemporally Localized Flows Utilizing Pulsed Laser Energy 国際会議

    Colloquium at Dept. Mechanical, Aerospace and Nuclear Engineering, Rensselaer Polytechnic Institute 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  35. Large impulse launch using 300-J CO2 TEA laser

    Third International Symposium on Beamed Energy Propulsion, Troy, New York 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:英語  

  36. Experimental Investigation of Airbreathing Laser Propulsion Engines: CO2TEA vs. EDL

    Third International Symposium on Beamed Energy Propulsion, Troy, New York 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:英語  

  37. Detailed Impulse Generation Mechanisms in the Laser-Driven In-Tube Accelerator

    Third International Symposium on Beamed Energy Propulsion, Troy, New York 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:英語  

  38. Presence of shock wave like structures in pedestrian motion

    Proceedings of the 24th International Symposium on Shock Waves, Beijing, China 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:英語  

  39. Active diaphragm rupture with laser beam irradiation

    Proceedings of the 24th International Symposium on Shock Waves, Beijing, China 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:英語  

  40. Impulse characteristics of laser-induced blast wave in monoatomic gases

    Proceedings of the 24th International Symposium on Shock Waves, Beijing, China 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:英語  

  41. Shock wave phenomena in underwater laser peening

    Proceedings of the 24th International Symposium on Shock Waves, Beijing, China 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:英語  

  42. A Pulsed Plasma Thruster Using Water as the Propellant

    40th AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference and Exhibit, Fort Lauderdale, Florida 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:英語  

  43. Laser impulse generation required for space debris deorbiting(Invited Paper)

    High-Power Laser Ablation Ⅴ,Taos, New Mexico, USA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年4月

    記述言語:英語  

  44. Laser-Induced Shock Impulse Generation and Its Aerospace Applications

    42nd AIAA Aerospace Sciences Meeting and Exhibit, Reno, Nevada 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年1月

    記述言語:英語  

  45. Laser Impulse Generation in Flight

    42nd AIAA Aerospace Sciences Meeting and Exhibit, Reno, Nevada 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年1月

    記述言語:英語  

  46. Active Shock-tube-diaphragm Rupture with Laser Beam Irradiation

    42nd AIAA Aerospace Sciences Meeting and Exhibit, Reno, Nevada 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年1月

    記述言語:英語  

  47. Useful In-space Impulse Generation Powered by Laser Energy

    Second International Symposium on Beamed Energy Propulsion, Sendai, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:英語  

  48. In-Tube Laser Propulsion; Performance and Application Prospects

    Second International Symposium on Beamed Energy Propulsion, Sendai, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:英語  

  49. Dependence of Initial Plasma Size on Laser-driven In-Tube Accelerator (LITA) Performance

    Second International Symposium on Beamed Energy Propulsion, Sendai, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:英語  

  50. Trajectory-Based Heating Analysis of Galileo Probe Entry Flowfield with Radiation and Ablation

    36th AIAA Thermophysics Conference, Orlando, Florida 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:英語  

  51. Advanced Laser-driven In-Tube Accelerators

    34th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, Orlando, Florida 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:英語  

  52. High-power/applied-field MPD research activities in Japan -- Past and future prospects 国際会議

    Technology and System Options Towards Megawatt Level Electric Propulsion, Gli Incontri di Lerici, Anno II-International Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  53. レーザーとプラズマの相互作用による飛翔体の加速

    第15回「電磁力関連のダイナミックス」シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  54. 有限時間エネルギー開放を伴う流動とインパルス発生

    火薬学会 第62回通常総会並びに2003年度春季研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  55. In-Tube Laser Propulsion Configurations

    First International Symposium on Beamed Energy Propulsion, Huntsville, Alabama 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:英語  

  56. Vertical Launch Performance of Laser-driven In-Tube Accelerator

    First International Symposium on Beamed Energy Propulsion, Huntsville, Alabama 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:英語  

  57. Numerical Analysis of Carbon Dioxide Flowfield in Expansion-Tube

    8th AIAA/ASME Joint Thermophysics and Heat Transfer Conference, St. Louis, Missouri 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年6月

    記述言語:英語  

  58. Assessment of the Thermochemical Model for a Super-orbital Reentry Flow

    8th AIAA/ASME Joint Thermophysics and Heat Transfer Conference, St. Louis, Missouri 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年6月

    記述言語:英語  

  59. Numerical Simulation of Galileo Probe Entry Flowfield with Radiation

    8th AIAA/ASME Joint Thermophysics and Heat Transfer Conference, St. Louis, Missouri 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年6月

    記述言語:英語  

  60. Laser-Driven In-Tube Accelerator Operation Using Monoatomic Gases

    33rd Plasmadynamics and Lasers Conference, Maui, Hawaii 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年5月

    記述言語:英語  

  61. Numerical Study of Laser-Induced Pulsed Airbreathing Propulsion

    33rd Plasmadynamics and Lasers Conference, Maui, Hawaii 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年5月

    記述言語:英語  

  62. Impulse enhancement by in-tude operation in laser propulsion (Invited Paper)

    High-Power Laser Ablation Ⅳ,Taos,USA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年4月

    記述言語:英語  

  63. Numerical study of non-ideal diaphragm rupture in expansion tube

    AIAA Aerospace Sciences Meeting and Exhibit, 40th, Reno, NV 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年1月

    記述言語:英語  

  64. Open-base projectile performance in ram accelerator

    AIAA Aerospace Sciences Meeting and Exhibit, 40th, Reno, NV 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年1月

    記述言語:英語  

  65. Pressure and Thrust Generation Using Laser Beam Focusing Through Forward-Facing Reflector

    Proceedings of the 23rd International Symposium on Shock Waves, Fort Worth, Texas, USA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:英語  

  66. In-Situ Sampling of Gases and Debris from Volcanic Plumes

    Proceedings of the 23rd International Symposium on Shock Waves, Fort Worth, Texas, USA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:英語  

  67. Shock Wave Phenomena in Multilane Traffic Flows

    Proceedings of the 23rd International Symposium on Shock Waves, Fort Worth, Texas, USA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:英語  

  68. Magnetoplasmadynamic Experiments Using Expansion Tube

    Proceedings of the 23rd International Symposium on Shock Waves, Fort Worth, Texas, USA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:英語  

  69. LITA (Laser-driven In-Tube Accelerator) operation under elevated pressures

    AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference and Exhibit, 37th, Salt Lake City, UT 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:英語  

  70. Numerical and experimental studies of laser-driven ram accelerator

    AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference and Exhibit, 37th, Salt Lake City, UT 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:英語  

  71. Numerical simulation of transient flowfield in expansion-tube

    AIAA Thermophysics Conference, 35th, Anaheim, CA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年6月

    記述言語:英語  

  72. Hypersonic flow generation and diagnostics in expansion tube

    AIAA/NAL-NASDA-ISAS International Space Planes and Hypersonic Systems and Technologies Conference, 10th, Kyoto, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年4月

    記述言語:英語  

  73. Laser-Driven In-Tube Accelerator: Reusable Space Launch System 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  74. Parallel computation of fully-coupled hypersonic radiating flowfield using multi-band model

    Aerospace Sciences Meeting and Exhibit, 39th, Reno, NV 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年1月

    記述言語:英語  

  75. In-tube laser propulsion

    AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, 31st, Denver, CO 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年7月

    記述言語:英語  

  76. RAMAC25 multi-stage operation

    AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference and Exhibit, 36th, Huntsville, AL 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年7月

    記述言語:英語  

  77. Ram Accelerator Research Activities at Shock Wave Research Center 国際会議

    Fourth International Workshop on Ram Accelerators 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  78. Simulation of ablative mixing layers in superorbital flows

    Proceedings of the 22nd International Symposium on Shock Waves 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年7月

    記述言語:英語  

  79. High acceleration operation in a small-bore ram accelerator

    Proceedings of the 22nd International Symposium on Shock Waves 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年7月

    記述言語:英語  

  80. Soft launch using single-stage chemical gun

    Proceedings of the 22nd International Symposium on Shock Waves 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年7月

    記述言語:英語  

  81. High acceleration ram accelerator operation

    AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference and Exhibit, 35th, Los Angeles, CA 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年6月

    記述言語:英語  

  82. Ballistic range performance of ammonium nitrate-alcohol (ANA) propellant

    AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference and Exhibit, 35th, Los Angeles, CA 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年6月

    記述言語:英語  

  83. Significance of unsteadiness in operation of the small bore ram accelerator

    AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference and Exhibit, 34th, Cleveland, OH 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年7月

    記述言語:英語  

  84. Ionization measurements in a super-orbital expansion tube

    Advanced Measurement and Ground Testing Technology Conference, 20th, Albuquerque, NM, 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年6月

    記述言語:英語  

  85. Experimental studies of 25-mm-bore ram accelerator at the Shock Wave Research Center

    AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference and Exhibit, 33rd, Seattle, WA 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年7月

    記述言語:英語  

  86. Benchmark test of reflection of weak shock waves from shallow wedges

    Proceedings of the 21st International symposium on Shock Waves 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年7月

    記述言語:英語  

  87. Attenuation of weak shock waves along pseudo-perforated walls

    Proceedings of the 21st International symposium on Shock Waves 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年7月

    記述言語:英語  

  88. Fluid dynamic processes of diaphragm rupturing by a conically-nosed projectile

    Proceedings of the 21st International symposium on Shock Waves 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年7月

    記述言語:英語  

  89. Real-scale experimental simulation of tunnel sonic booms

    Proceedings of the 21st International symposium on Shock Waves 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年7月

    記述言語:英語  

  90. Operation tests of a 25-mm-bore ram accelerator

    ASME, SAE, and ASEE, Joint Propulsion Conference and Exhibit, 32nd, Lake Buena Vista, FL 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年7月

    記述言語:英語  

  91. Effect of finite rate chemical reactions on ram accelerator thrust characteristics

    ASME, SAE, and ASEE, Joint Propulsion Conference and Exhibit, 31st, San Diego, CA 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年7月

    記述言語:英語  

  92. Equilibrium and nonequilibrium radiation heat transfer over a reentry blunt body

    SAE, ASME, and ASEE, Joint Propulsion Conference, 26th, Orlando, FL 

     詳細を見る

    開催年月日: 1990年7月

    記述言語:英語  

  93. Steady-state permanent magnet MPD thruster

    DGLR, and JSASS, International Electric Propulsion Conference,19th, Colorado Springs, CO 

     詳細を見る

    開催年月日: 1987年5月

    記述言語:英語  

▼全件表示

科研費 40

  1. 前方流速場nudgeによる衝撃波変調~波面消失原理実証と応用展開

    研究課題/研究課題番号:21H04589  2021年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    佐宗 章弘, 中村 友祐, 北村 圭一, 長田 孝二, 太田 匡則, 市原 大輔, 杵淵 紀世志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:42380000円 ( 直接経費:32600000円 、 間接経費:9780000円 )

    本研究では、衝撃波面前方に僅かな流速場を誘起すること(流速場nudge)によって波面を消失させるくらい積極的に背後圧力の増加を抑制する方法を原理実証し、ソニックブームなどの衝撃波被害緩和に応用することを目的とする。主要実験装置として「流動衝撃波管」を開発し、既設の屋内自由空間も活用して実験サイトを整備し、数値解析と光学可視化計測と密接にタイアップして研究を推進する。流速変化領域の有限長さや多次元性の影響等も含めて、関連する流体力学現象を解明し、衝撃波緩和・消失デバイスを原理実証、機能評価し、応用展開につなげる。

  2. 平面衝撃波‐等方性乱流干渉の可視化実測および統計量データの活用

    研究課題/研究課題番号:18H03813  2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    佐宗 章弘, 岩川 輝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:44460000円 ( 直接経費:34200000円 、 間接経費:10260000円 )

    独自開発した「対向衝撃波管」を用いて、衝撃波‐乱流の状態を独立に変化させた干渉実験を実施した。衝撃波マッハ数、乱流マッハ数、干渉距離を独立に変化させた干渉実験を行った結果、衝撃波面の変形に対して、干渉距離が大きく影響することが示され、従来の定常状態を扱う概念から、非定常性を導入することの重要性を示すことができた。比較的衝撃波マッハ数が低く、乱入マッハ数が高い場合、干渉距離が積分スケールの10倍程度以上になると、シュリーレン画像において衝撃波面が消失することが示された。この事実は、リーマン問題をベースとしたモデルによって良く説明できることが示された。
    従来の航空宇宙工学における空気力学では、航空機の空力係数(抗力、揚力などの空気力と主流流れを関係付ける係数)に象徴されるように、ほとんどが上流に擾乱がなく一様な定常流れ(以下「平均流」)を対象としてきた。これに対して、衝撃波-乱流干渉では、現象が本質的に非定常で、その過程を捉えなければ流れの本質をつかむことができない。本研究によって衝撃波面の挙動が非定常性に支配され、乱流領域との干渉距離が大きく影響を及ぼすことが定量的に明らかになり、ソニックブームの基準策定等に対しても、重要な知見となった。

  3. 宇宙デブリ脱軌道ミッションの概念設計研究

    研究課題/研究課題番号:16H02426  2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    戎崎 俊一, CASOLINO MARCO, 佐宗 章弘, 山川 宏, 滝澤 慶之, 榊 直人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    宇宙デブリ特に10cmサイズ以下の小さなデブリが宇宙開発の重大な障害になりつつある。宇宙高輝度レーザーを用いてその脱軌道を行うミッションの概念設計を行った。レーザーによる宇宙デブリ脱軌道プロセスのうち、ステップ1:検出、ステップ2:追尾について、実験室でEUSO望遠鏡の1/10望遠鏡による模擬デブリ検出・追尾実験を行った。また、脱軌道ミッションは高度600-900mの太陽同期軌道に投入し、常に薄明帯にいて太陽反対方向を観測するのがもっとも効率的であることが分かった。さらに、デブリ物質に対するアブレーションの応答を調べ、抑制トルクのかけ方の研究を行った。
    これまで全く有効な対策が存在しなかったcmサイズのデブリに対して、始めて実現可能な対策を提案するもので、社会的な意義が非常に高く社会的な関心も高い。追尾手法について、デブリの軌道位置を予測し、もっとも最適な位置で標的を待ち受ける新しい制御手法を開発した。さらに、衛星のミッション終了後のデブリ化阻止技術へ本件のレーザーアブレーションを用いた回転・軌道抑制技術の転用が可能であることが分かり、実用化に向けて私企業と具体的な議論を始めている。

  4. 「乱れ」の積極的導入による超音速流れの変調と能動制御

    研究課題/研究課題番号:15H02321  2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    佐宗 章弘, 岩川 輝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:44720000円 ( 直接経費:34400000円 、 間接経費:10320000円 )

    本研究では、超音速流れが「乱れ」によって変調されるメカニズムを解明し、それを積極的に利用した新しい超音速飛行技術を開発することを目的とした。120mm×120mmの矩形断面を持つ対向衝撃波管システムを完成させ、衝撃波-格子乱流対向干渉実験を行うことを可能とした。その結果、乱流中を伝播する距離が長くなるにつれて衝撃波面の乱れが大きくなり、波面トポロジーが変化することを実証した。また、マッハ1.9の超音速風洞内の流れに繰返しレーザーパルスによって乱れを導入することにより、衝撃波振動が導入する擾乱の周波数よりも低い帯域に変調し、超音速ダクト内の衝撃波振動、全圧損失が低減できることを実証した。

  5. ヘリコンプラズマ静電加速スラスターの推進性能実証

    研究課題/研究課題番号:15K14250  2015年4月 - 2016年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    佐宗 章弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    本研究では、近い将来の大型・高ペイロード比宇宙輸送推進装置として独自技術となる「ヘリコンプラズマ静電加速スラスター」のビームエネルギー特性、イオンビーム電流特性を取得し、本スラスターの作動最適化の指針を得ることを目的と定めた。推進剤流量が比較的低いときには、リング状陽極の内径がヘリコンプラズマ源の出口直径に近いほうが良好なビームエネルギー特性が得られた。このとき、実効的には陽極リングの内面が主要な役割を果たしていることが確かめられた。陽極内径が大きくなると、陽極内面よりも下流側側面の役割が大きくなり、その部分を絶縁体で覆うと、静電加速特性が極端に悪化した。

  6. 野外爆発実験を利用したソニックブーム乱流変調シミュレーション

    研究課題/研究課題番号:26630442  2014年4月 - 2015年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    佐宗 章弘, 横田 茂, 酒井 康彦, 長田 孝二, 中山 良男

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    本研究では、野外爆発実験で発生する衝撃波の背後の圧力変動に対する、人為的に発生させた速度場の乱れの影響についての定量評価データを得るシミュレーション実験手法を開発した。雷薬0.51gを紙筒内に充填し、電気導火線で着火し爆発させることで衝撃波を生成し、送風機、ダクト部、格子から構成される乱流源からの風向きを,衝撃波と対向するように設置した。爆点から6000 mm、格子から爆点側に500 mmの同一平面内にマイクロホンを 4台設置し多点測定した結果、乱流による過剰圧ピーク値の変動が±40%以上にも達することが示され、空間的にもランダムな箇所で変調が起こることが実証された。

  7. 熱可塑CFRPの直接その場成形プロセスの解明と実用展開

    研究課題/研究課題番号:25220914  2013年5月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(S)

    石川 隆司, 名波 則路, 佐宗 章弘, 池田 忠繁, 仙場 淳彦, 田邊 靖博, 酒井 武治, 吉水 大介

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    熱可塑樹脂テープと炭素繊維束を直接含浸・積層し、炭素繊維強化複合材を成形する手法(直接その場成形法)の提案、その各過程の基礎現象の解明、さらに実用に向けた評価法の確立を行った。レーザー加熱による直接その場成形法実証簡易模型を製作し、含浸過程の解析、成形条件の最適化を行い、簡易模型で製作した複合材が熱プレス機で製作した複合材と同等の曲げ強度が得られることを実証した。また、飛翔物の衝突により生じる複合材の挙動を定量的に解析するための高速度3次元計測手法を確立し、樹脂と繊維の界面の接着力、樹脂の特性が衝撃挙動に与える影響を調査し、界面接着強度を向上させる新たな繊維の表面処理手法の目途が立った。

  8. 熱可塑CFRPの直接その場成形法の提案と破壊プロセスの解明

    研究課題/研究課題番号:25249123  2013年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    石川 隆司, 佐宗 章弘, 池田 忠繁, 田邊 靖博, 酒井 武治

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    (1)直接その場成形法の実現可能性評価及び(2)CFRTPの成形プロセスの解明に関しては、実験に使う繊維、樹脂の選定を始めた。特に、開繊糸とナイロンシートから なるセミプレグの観察および含浸時間評価、ホットプレスによるCFRTP成形 実験を行い、レーザーを用いたその場製造技術確立に資する試料データを取得した。また、真空バック樹脂含浸法でナイロン6のCFRTPを作製したところ、弾性率は予想値の8~9割であったが、強度は半分程度であり、含浸は上手くいっているが、繊維とナイロンと の密着が不足していると推察された。このため、サイジング剤及び表面処理剤の探索を開始した。
    (3)CFRPの破壊プロセスの解明に関しては、高速衝突試験装置の整備の 準備を始めた。
    25年度が最終年度であるため、記入しない。
    25年度が最終年度であるため、記入しない。

  9. 干渉流れの精密制御が可能な能動同期対向式衝撃波管の開発

    研究課題/研究課題番号:25630390  2013年4月 - 2014年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    佐宗 章弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    本研究では、能動同期が可能な駆動部を両端に持ち、それぞれ独立に条件を設定できる衝撃波管を開発した。性能評価の指針として、(1)実効隔膜破断時間および衝撃波生成距離、(2)圧力損失および衝撃波背後状態の一様性、(3)隔膜破断時間のジッターの3点を比較したが、駆動部としてエアーシリンダーを用いた方式がこの条件を満たすことを実験で確認し、これを採用した。装置の有用性を示すため、衝撃波と乱流の干渉実験を行った。

  10. 電離を伴う非定常密度場計測のための単一結像2波長マッハツェンダー干渉計の開発

    研究課題/研究課題番号:24656519  2012年

    科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    佐宗 章弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    2つの波長の光に対するマッハツェンダー干渉計画像を同一のカラーCCD 面上に結像し、非定常2次元(あるいは軸対称)の電離気体流れ場における重粒子密度、電子密度分布を同時計測できるシステムを開発した。これは、屈折率変化に対する密度・波長依存性が電子と重粒子で異なることを利用するもので、光源にはデバイス感度が高い波長 473nm(B 成分)と 593nm(R 成分)の2台の CW 半導体レーザーを、ビームスプリッターを介して用いた。撮影は、カラーCCD 高速度カメラ(画素数;360×410pixel、撮影条件;200,000 コマ/秒、露光時間;3μs)を用いた。電離気体からの自発光を除去するために、当該 2 波長帯域のみを透過するデュアルバンドパスフィルター(半値幅 10nm)を用いることによって、S/N 比の飛躍的向上が実現した。得られた干渉計画像に対して波長感度補正を行った後、それぞれ2次元フーリエ変換し、2次元周波数空間にてノイズ除去を行ったのち、逆フーリエ変換、再構成を施すことによって位相変化の2次元分布が得られる。このようにして得られた2つの2次元分布から適切な演算を施すことによって、重粒子、電子の密度分布が得られる。このシステムを、直径 350mm、長さ400mm のテストチャンバー内で、TEA 炭酸ガスパルスレーザーを用いて生成したアルゴンプラズマの計測に適用し、重粒子密度 5×1025m-3、電離度約 10%のプラズマの軸対称密度場測定に成功した。

  11. 空力作用を利用したトラクタービームレーザー推進の原理実証

    研究課題/研究課題番号:23656537  2011年

    科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    佐宗 章弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    レーザービームを推進剤に照射しそのアブレーションを利用して推力を得るレーザーアブレーション推進において、通常発生するレーザービーム源から遠ざかる向きとは逆に、レーザービーム源に近づく向きに推力が発生することをトラクタービーム推力と呼ぶ。これを実証することを目的とし、ねじり振子式の精密なインパスルスタンドを作成して推進力積の測定精度を確保し、大気中および真空中にてトラクタービーム推力が発生することを実証した。

  12. Fly By Light Power:低パワーによる飛躍的な高速空力性能の向上

    研究課題/研究課題番号:22226014  2010年4月 - 2015年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(S)

    佐宗 章弘, 酒井 康彦, 酒井 武治, 松田 淳, 横田 茂, 長田 孝二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:223730000円 ( 直接経費:172100000円 、 間接経費:51630000円 )

    本研究は、超音速飛行における、繰返しレーザーパルスによるパワー付加により、飛躍的な空力性能の向上を実現することを目的として実施され、つぎの成果を得た。(1)衝撃波とレーザー加熱バブルの干渉によって発生する渦輪による運動量作用を利用し、20%以上の抗力低減、付加パワーの10倍以上の推進パワーの削減を達成した。(2)衝撃波‐境界層干渉領域にレーザー加熱バブルを作用させることによって、境界層の剥離が抑制できることを見出した。 (3)衝撃波の乱流による圧力変調により、平均値の減少量の一桁程度大きい標準偏差が得られ、僅かな作用で圧力場を大幅に変化させることができることが示された。

  13. 耐衝撃性能と機械加工性に優れたCFRP開発のための材料構成要素の探究

    研究課題/研究課題番号:22560682  2010年 - 2012年

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    田邊 靖博, 梅原 徳次, 佐宗 章弘

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    飛翔体材質あるいは構成要素を制御した飛翔体衝突実験を実施し、ステレオビジョン法を用いて3次元化することでCFRP損傷の定量解析を行った。変形や破壊をおこさない飛翔体では、貫通するエネルギは飛翔体材質によらず、その大きさに依存する。これに対して、
    変形や破壊する材質の飛翔体では、より大きなエネルギを与えないと試料を貫通しないことが分かった。また、繊維の撓みを阻害しないマトリックスほど、耐衝撃特性が大きいことが明らかとなった。
    スラスト力を加工性の指標として、自作の各種マトリックス樹脂の加工性について検討した。大きな傾向として、散逸エネルギの大きなマトリックス樹脂は、小さなスラスト力で穿孔でき、耐衝撃特性と加工性が一つのCFRPで両立できることが示された。

  14. 超音速飛行におけるトランケイティッドコーン有用性の実証

    研究課題/研究課題番号:21656221  2009年 - 2010年

    科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    佐宗 章弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3200000円 ( 直接経費:3200000円 )

    本研究では,マッハ数2の超音速流れ中に置かれたトランケーティドコーン(円錐台,以下T-cone)の先端にレーザーパルスによるエネルギーを繰返し付与し,抗力低減と節約推進パワーが付与パワー量を上回る条件が両立する作動を実証し,今後の民間超音速飛行の実現に向けて一つの好材料を提供することを目標としている。平成21年度の実験は,JAXA宇宙科学研究本部(以下ISAS/JAXA)の超音速風洞を使用したが,天秤の分解能が本研究の目的のためには不測していることが判明し,抗力軽減特性データを取得できなかった。そこで,今年度は名古屋大学の吸込み風洞を用いて実験した。平成21年度末に繰返し周波数100kHzのパルスレーザーが導入されたので,それを活用して高繰返し効果によるバーチャルスパイク形成の実証と抗力軽減特性を取得した。高繰返しレーザーパルスを,風洞のBK7窓を通して試験部に導入し,モデルの内部を通さず直接モデル前方に集光させた。モデル形状(面積比,頂角)を固定し,レーザーパルスエネルギーと繰返し周波数を制御変数として,レーザーパワー付与したときの抗力測定実験を行った。その結果,レーザーパルスが誘起する高温・低密度領域と物体前方に形成される衝撃波との干渉によって生成される渦輪の作用によって,物体前方に低圧領域が滞留し,この渦輪の滞留時間を長くすることが,時間平均抗力低減に鍵を握ることがわかった。これは,トランケーティドコーンの先頭台部の面積を大きくするほど効果的であるが,反面ベースラインの抗力が低減した。先頭に台部を有しない形状,すなわち円錐では,レーザーパルスによる抗力低減量は小さく,パワー利得は1をはるかに下回る結果となった。さらに,台部を平面ではなく適切な曲率の凹面とすることによって,渦輪の滞留時間が増加し,抗力低減性能が向上することを実証した。

  15. Push-Pull複合推進の基礎研究

    研究課題/研究課題番号:19206089  2007年 - 2009年

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    佐宗 章弘, 酒井 武治, 松田 淳, 森 浩一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:41210000円 ( 直接経費:31700000円 、 間接経費:9510000円 )

    本研究は、レーザーパルスを繰り返し照射し推進仕事の一部を抗力低減に費やしエネルギー効率の最適化を図る「Push-Pull推進」の有効性を実証することを目的として行われ、時間平均レーザーパワー70Wで最高1000%のエネルギー付加効率を達成した。さらに、レーザーパルスエネルギー付加によって生成される高温・低密度領域と衝撃層が干渉して生じる渦輪の挙動と抗力低減メカニズムが明らかになった。

  16. 超音速複葉翼理論に基づくサイレント超音速機の基盤研究

    研究課題/研究課題番号:19206086  2007年 - 2009年

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    大林 茂, 浅井 圭介, 永井 大樹, 佐宗 章弘, 川添 博光, 松野 隆, 中橋 和博, 松島 紀佐, 鄭 信圭, 坪井 伸幸, 中村 佳朗, 宮路 幸二, 佐藤 哲也, 松尾 亜紀子, 澤井 秀次郎, 藤田 和央, 小林 弘明, 田口 秀之, 倉谷 尚志, 藤田 和央

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    超音速複葉翼理論とは,2枚の翼を向かい合わせに配置し,衝撃波を干渉させることで,造波抵抗をなくし,ソニックブームの低減を図る理論である。本研究では,本理論の根幹となる3次元翼形状の定義とパラメトリックスタディによる最適形状の決定,数値計算と低速風洞試験をあわせた超音速複葉翼の低速性能推定,超音速複葉翼に固有の始動過程に関する超音速風洞試験,バリスティックレンジを利用した超音速複葉翼による世界で初めての超音速飛翔実験,ラジコン機による低速飛行試験等を実施し,理論の構築と検証を行った。

  17. サイレント超音速飛行実現のための実験・計算融合研究

    研究課題/研究課題番号:15206091  2003年 - 2006年

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    大林 茂, 早瀬 敏幸, 佐宗 章弘, 齋藤 務, 中橋 和博, 松島 紀佐

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究のタイトルに含まれるサイレント(静粛)超音速という言葉は、その後の米国航空宇宙局(NASA)や我が国の宇宙航空研究開発機構(JAXA)のプロジェクト名に利用されており、この研究のインパクトが裏付けられている。本研究の2年目には、東北大学21世紀COEプログラム「流動ダイナミクス国際研究教育拠点」で招聘した楠瀬博士の協力も得て、超音速複葉翼理論を提案した。この理論は、古典的なブーゼマン翼の概念を応用して2枚の翼を用いて衝撃波を干渉させることで、造波抵抗を低減しつつソニックブームを根本的に削減することを目指しており、大型の超音速旅客機(SST)にも応用可能な革新的空力形状のコンセプトである。超音速複葉翼理論は、1930年代のブーゼマンに始まり、1950年代頃までは米国でも風洞試験が行われるなど、一定の興味がもたれてきた。しかし、1960年代にはコンコルドの実用化の気運が高まる中、国家プロジェクトとしてSSTの空力コンセプトがデルタ翼に固定され、次第に顧みられなくなった。本研究で確立された超音速複葉翼理論は、温故知新と実験・数値流体力学による新しい設計技術の組み合わせで、新しい学術的可能性を探ったきわめて独創的な研究成果である。数値流体力学(CFD)を用いた設計技術の面でも、本研究を通じ、単なる最適設計を越えて、設計空間の構造化と可視化を行い設計知識を獲得する「設計探査」(Design Exploration)という概念を提唱、SSTのみならず、NEDO「環境適応型高性能小型航空機研究開発」プロジェクトをはじめ、自動車・家電など他の産業分野へも応用が進んでいる。実験面でも、自由飛行試験によるN波計測の成功、複葉翼まわりの流れの可視化と翼間流れのチョーク現象とヒステリシスの確認など、特筆すべき成果を上げ、計算と実験を通じて複葉翼理論を確立することができた。

  18. 火山爆発にともなう地表現象に対する新研究手法の開発と適用

    研究課題/研究課題番号:14080203  2002年 - 2006年

    科学研究費助成事業  特定領域研究

    谷口 宏充, 今村 文彦, 佐宗 章弘, 後藤 章夫, 山田 功夫, 斎藤 務, 大島 弘光

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    火山探査移動観測ステーション:当初に掲げた‘2km離れた地点からの無線操縦と観測データの送受信'は実現していることが確認されているので、本年度は、実際の噴火観測への運用を確実にするため、1986年の大島三原山の噴火推移に即してシナリオを作成し観測演習を行った。登坂走行や観測上の問題点などを明らかにしつつ、演習としてはおおむね満足すべき成果を得、実用への目処をつけた。火山観測用ドップラーレーダ:今年度はシステムを構成するデータ取得、処理系のプログラムの修正と改良を実施した。実際の火山噴火を対象とした試験観測をおこなうことは出来なかったが、野外における実験観測を通して実用化への目途をつけた。ヘリコプター投下型GPS観測システム:2005年10月浅間山において取得したデータに予期しないデータの欠落があり、これが測位解析結果の良くない原因であることが分かった。そこでデータの欠落があり、短く切れているデータを捨てたうえで再度解析を行ったところ、かなり改善された。火山爆発模擬実験装置:クレータ形成について、高圧ガスの駆動力と砂の挙動の力学的マッチングによってその飛散形態が大きく異なる観測結果をモデル化した。高圧ガス容器内の圧力履歴は一次元準定常ガス放出モデルで再現できること、砂の運動とガスの放出がマッチングするとドーム状の飛散形態となり、運動量交換が最大になることなどがわかった。火山性爆風数値計算コード:爆発的噴火による爆風の発生と伝播、そして火砕サージの流下過程を模擬する計算コードを開発してきた。昨年度で実際の地形をも考慮した、火砕サージの3次元数値模擬計算コード開発を行い、本年度は有珠火山と桜島火山などの火山を対象に数値実験を繰り返し、現象の再現は成功している。火山性津波数値計算コード:喜界カルデラ津波に対し、崩壊モデルや火砕流突入モデルなどを検討し、津波規模の推定解析を行った。

  19. 磁気ノズルによる電磁加速プラズマ流のマッハ数制御とその応用

    研究課題/研究課題番号:14208046  2002年 - 2004年

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    犬竹 正明, 安藤 晃, 服部 邦彦, 佐宗 章弘, 吉沼 幹朗

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は,プラズマ流の形成とその応用研究にとって重要な電磁加速機構を明らかにし,磁気ノズル効果を利用した電磁加速プラズマ流生成の最適化とマッハ数制御法の開発を行うことを目的として行われた.特にラバール型磁気ノズル形状に注目し,プラズマ流中の電磁加速力場の直接観測を行い,この結果と流速計測結果とを比較することで,各種磁場配位時における電磁力場形成と加速効果に対する効果について詳細な観測を行い,以下に示す成果を得た.
    1.高密度プラズマ流生成装置MPDA出口部に局所ラバール型磁気ノズルを重畳することにより,イオンの熱エネルギーが軸方向の流れのエネルギーに変換され,磁気ノズル下流部でのプラズマ流速及びイオンマッハ数が増加し,マッハ数が1以上の超音速プラズマ流の形成に成功した.
    2.このラバール型磁気ノズルが印加された際の流速,イオン温度,イオンマッハ数の各パラメータについて1次元等エントロピー流モデルとの比較を行い,実験結果は理論と定性的に一致していることが明らかとなった.またノズル形状の変化に伴い,急激にマッハ数が減少してしまうような衝撃波的挙動も観測された.
    3.磁気プローブアレイを用いてMPD出口近傍に形成される電磁加速力場を直接計測した.MPD出口近傍では反磁性効果が強く,外部磁場コイルで形成される磁場が弱まり自発的に収束型の磁力管が形成されていること,そのため方位角方向の電流と径方向磁場の相互作用によって軸方向加速を妨げる制動力が存在することを実験的に明らかにした.
    4.この問題点を解決するため,局所的に強い発散型磁場配位を重畳することで外向きの径方向磁場を形成し,軸方向の制動力が加速力に変換された結果,大きくプラズマ流速が増加する結果を得た.
    以上の成果により,プラズマ流に作用する電磁力の分布を外部磁場形状で直接制御しうること,その結果プラズマ流加速制御が可能であることを実験的に示し,その手法を明らかにすることが出来た.

  20. レーザー駆動管内加速装置:基礎物理の解明と実用展開

    研究課題/研究課題番号:13852014  2001年 - 2005年

    科学研究費助成事業  基盤研究(S)

    佐宗 章弘, 谷内 哲夫, 小林 秀昭, 澤田 恵助, 山口 滋, 堀澤 秀之, 斎藤 務

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:124280000円 ( 直接経費:95600000円 、 間接経費:28680000円 )

    研究代表者が独自開発した「レーザー駆動管内加速装置」について、作動実証、インパルス(力積)発生における衝撃波/膨張波/レーザープラズマの干渉とそれが引き起こす流体不安定性などの基礎物理を解明し、さらに推進性能スケール側の確立、アブレーションによる飛躍的な推進性能向上策などを見出し、実用展開への足掛かりを確立した。本装置では、管内閉じ込め効果と適切な作動気体、充填圧力の設定により、従来方式の3倍程度の(運度量結合係数)=(運動量)/(エネルギー)を実現した。衝撃波力学的な考察から、運動量結合係数は作動気体の音速に反比例することを見出し、3種の単原子分子(アルゴン、クリプトン、キセノン)を用いた実験によって検証した。ただしその際、電離電圧の違いによる推進性能の二次的な差異についても捉えることができた。また、作動パラメータは、(充填圧力)*(飛行体実効体積)/(レーザーエネルギー)なる無次元量を用いれば、無次元運動量結合係数(運動量結合係数に作動気体の音速を乗じたもの)特性を一義にあらわすことができることを見出した。この無次元特性量にはレーザープラズマの実効体積に起因する最適値が存在することが、推進性能実験、圧力測定、数値解析から明らかになった。本装置の推進性能向上の可能性を探るため、レーザーアブレーションを利用しインパルス測定を行ったところ、ポリアセタールのアブレーションにより良好な推進性能が得られること、さらにその特性は雰囲気圧力に大きく依存し、100Pa以下の低圧下において大気中よりも大きなインパルスが得られることを見出した。これを有効に利用すれば、本装置の加速管内を真空に保ったまま作動させることも可能であると考えられ、さらに宇宙空間において遠隔から任意のインパルスを発生することができ、宇宙塵対策など、より広い分野へ応用に有望な道が開かれた。

  21. 複雑媒体中の衝撃波現象の解明と学際応用

    研究課題/研究課題番号:12CE2003  2000年 - 2004年

    科学研究費助成事業  特別推進研究(COE)

    井小萩 利明, 高山 和喜, 林 一夫, 佐宗 章弘, 齊藤 務, 小原 拓, 谷口 宏充, 井小萩 利明, 樋口 博

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    特別推進研究「複雑媒体中の衝撃波現象の解明とその学際応用」では、(1)複雑組成の媒体中の衝撃波現象、(2)化学変化、相変化を伴う媒体中の衝撃波現象、(3)複雑境界を過ぎる衝撃波、また、極低温および高温境界を過ぎる衝撃波、および(4)きわめて大きな時間変動を伴う衝撃波現象を解明し、その成果を医療、地球物理など学際領域研究に発展させ、また、産業応用への展開の基盤技術の確立を目指した。また、この本研究拠点が国内外に衝撃波学際応用研究センターとなることを目標に研究を推進した。ここに、過去および最近5年間の衝撃波研究の成果が体系化され、本拠点活動が国内の衝撃波研究会活動を支援するばかりでなく、平成17年3月に国際衝撃波学会(International Shock Wave Institute)の設立に結びついたこと述べ、特別推進研究「衝撃波」を総括する。主な研究成果は:
    i)基礎的研究くさびを過ぎる衝撃波反射に粘性効果に起因する遷移遅れを実験と精緻な数値模擬結果との対比から、始めて実証した。この現象が凹面および凸面さらに円錐面にも現れることを明らかにし、流体力学の教科書を書き直すに足る事実を見いだしている。また、大型縦型衝撃波管内に加速度計を内蔵した球を吊し衝撃波を負荷するという巧妙な実験で、衝撃波負荷での球の非定常抗力を実測し、衝撃波ないし爆風負荷での各種形状物体の非定常抗力計測に始めて成功している。この結果は数値模擬法との組み合わせで、粉塵気体中の衝撃波伝播に非定常抗力の効果明らかにしている。縦型無隔膜衝撃波管、大型無隔膜衝撃波管などを設計法を開発して、衝撃波の実験研究の精度を飛躍的に向上させ、また、衝撃波研究に微小爆薬の爆発を導入するなど、独創的な衝撃波実験法を発展させている。高性能の二段式軽ガス銃を設備し、弾道飛行実験装置の機能を加えて、高速飛行および高速衝突の動力学の体系化に成功している。直径1mのシュリーレン鏡を導入して大視野で、高レイノルズ数流れの二重露光ホログラフィー干渉計測定法を確立し、さらに、これを位相変位ホログラフィー干渉計法を展開し、音波に近い非常に弱い衝撃波の計測に成功している。気体、液体、混相媒体中の衝撃波現象の解明に適した数値模擬法を開発している。
    ii)水中衝撃波現象の解明とその医療応用 医学部の共同者と衝撃波の医療応用を推進し、衝撃波医療システムが構築されようとしている。水中でパルスレーザー光照射でのマイクロ衝撃波発生の物理を解明し、成果を種々の医療装置開発に結びつけることに成功している。カテーテル内でのレーザー光照射で気泡と衝撃波を発生し、カテーテル先端から直径0.1mm、速度20m/s程度の水ジェットを制御して噴出させ、これを空気中で用いて生体軟組織の切開装置を試作し、また、これを血管内で用いて低侵襲的な脳血栓血行再建術装置を試作している。これら装置での基礎実験、動物実験を終了させて現在臨床実験を開始しようとしている。また、衝撃波と細胞の相互作用を組織学的にまた生化学的に解明するための、医学と工学の連携研究が進行中である。パルスレーザー光を金属膜に作用させ発生するレーザーアブレージョンでの金属膜の高速変形を用いて微粒子を高速で打ち出す過程を詳細に解明して独創性の高いドラッグデリベリー法を開発している。この原理は微粒子分布と貫通深さを制御した物理的遺伝子導入法の開発に拡張され、現在、実用研究が進行中である。
    iii)地球物理、火山学への応用地球物理学者との連携で研究を推進し、地球進化史に巨大隕石衝突が重要な役割を果たし、そのとき固体および水中衝撃波が激変の素過程となっていることを、アナログ実験と数値模擬により様々の角度から実証している。また、火山の爆発的な噴火では短時間のエネルギー解放が重要な素過程となり、同様に衝撃波の関与が重要となっていることを実証している。特に、マグマの微粒化の動力学的機序をアナログ実験で解明した。
    iv)産業応用爆発騒音、自動車排気騒音およびトンネルソニックブームの機序を解明し、防止あるいは低減法を提案している。また、レーザー光を用いる新しい海底岩盤掘削法開発の基礎を確立した。
    v)学会活動5年間の拠点形成過程を通じて日本衝撃波研究会事務局を、また、Shock Wave International Journalの編集長と編集事務を担当し、さらに、拠点活動の一環として平成13年アジア太平洋衝撃波研究会を発足させ、これを平成17年3月国際衝撃波学会(International Shock Wave Institute)の設置に発展させている。

  22. レーザー・アブレージョン・ドラグ・デリバリー法の開発とその衝撃波工学的研究

    研究課題/研究課題番号:12355009  2000年 - 2002年

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    高山 和喜, 齋藤 務, 佐宗 章弘, 井小萩 利明, 高橋 明, 和田 仁

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    衝撃波研究センターでは、衝撃波の医療応用を目指し体外衝撃波結石破砕装置の開発、脳血栓血行再建術の開発を進めてきた。これらの衝撃波医療では衝撃波現象が各々重要な役割を果たしている。金属膜にパルスレーザーを照射すると金属表面は非常な高温になり、レーザー照射方向に金属プラズマがジェットとなって噴出し、これをアブレージョンと呼ぶ。このとき金属中には衝撃波が伝播し、衝撃波がレーザー照射面の反対側で膨張波となって反射する。この効果で金属膜は非常な高速で張り出すので、もし金属膜に微粒子を貼付けると、微粒子を1-2km/sで打ち出すことができる。この原理を利用して、微粒薬剤を生体に導入することができ、同時にこの装置を内視鏡に組み込んで遺伝子を塗布した金属微粒子を生体の広い部位に導入できる。Q-スイッチNd:YAGレーザーを厚さ5mmの透明なガラス板で裏打ちした0.1mm厚のアルミ箔に集光し、裏に貼付けた直径1ミクロンのタングステンおよび金粒子を秒速2km/sに加速し、寒天層、ネズミ肝臓、ネズミ表皮に貫入させ、最深貫通深さ6mmを得た。この方法を遊離細胞溶液に適用したところタングステン粒子は細胞を貫いた。これらの知見から、この方法は機械的な遺伝子導入法として有効に機能するばかりでなく従来技術の欠点を補い臨床治療装置に実用できることを確認した。また、微粒子の飛行と貫通の数値模擬を実施し工学的な実証を行った。
    本研究は当初目標を達成し、基礎データーを集積した。医学者との連携で治療装置設計を目指す実用研究が進行中である。

  23. 管内で加速する新しいレーザー推進法に関する基礎研究

    研究課題/研究課題番号:12450391  2000年 - 2002年

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    佐宗 章弘, 高山 和喜

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:7800000円 ( 直接経費:7800000円 )

    本年度の計画として、昨年までのレーザー駆動管内加速装置の試作、インパルス、圧力測定実験の基礎データ取得の実験を基に、垂直打上実験とその詳細な推進性能データを取得する予定であったが、平成13年7月31日付けで基盤研究(S)の内定によりこの課題を辞退することとなった。
    しかし、それまでの研究成果で本装置の作動が実際に可能であったことを実証することができ、さらに数値シュミレーションのための基礎データを取得することで、数値シュミレーションによる加速機構のより詳細なプロセスを明らかにすることができた。特に、管内に封入する作動気体の化学種や充墳圧力を変えることによって推進性能を制御できる点、管内での閉じ込め効果による性能向上、出口側からレーザー光を入射させる3点は、本研究のとくにアピールできる点であり、研究成果を外国の学会で発表し、本装置のオリジナリティーと実際に得られた推進性能について高い評価を得ている。この基礎研究は、将来の宇宙輸送システムに抜本的な改革をもたらす可能性を持っている。現在のロケットシステムは、ロケット本体に推進剤、酸化剤を搭載するため、特に打上げ時には、上空で使用する燃料/酸化剤を加速するために推力を出さねばならないというジレンマがある。これに対して、本研究のシステムは、作動気体は予め管内に封入しておくため、打ち上げコストを大幅に(1/10〜1/100)に削減できる可能性がある。また、飛行体の姿勢制御不要、レーザーに追尾機能搭載不要、レーザー光による周辺への危険性がなく、大気汚染、騒音の問題もない。近い将来、太陽光発電衛星からのレーザー光を利用した直接打上システム、軌道上での運動量発生システム、宇宙エレベータなどての実用展開の可能性も期待できる。これら基礎研究成果は、上記基礎研究(S)の研究課題に引き継がれ、実用展開を視野に入れたより高度な基礎研究に活用される見通しである。

  24. 空力騒音発生機構の基盤的研究

    研究課題/研究課題番号:12450073  2000年 - 2002年

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    井上 督, 望月 修, 石井 克哉, 中村 佳朗, 畠山 望, 福西 祐, 佐宗 章弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究課題では、流体騒音の主たる発生原因と考えられている渦および衝撃波の挙動と騒音の発生・伝播メカニズムとの関係を明らかにすることを目的とした。まず、音の圧力を圧縮性ナビエ・ストークスの式から直接求めるために有限差分法に基づいた高精度(空間6次、時間4次)の計算コードを開発し、軸対称渦輪同士の衝突問題や渦輪の追い越し・融合問題に適用することにより、これらの問題における音波の発生と伝播の基本的メカニズムを明らかにするとともに、実験結果との定量的一致を得ることにより計算コードの有用性も確認した。つぎにこの計算コードを、衝撃波と渦の干渉問題に適用し、この干渉により反射衝撃波が生成されることにより音波が生成されること、生成された反射衝撃波が再度渦と干渉して次々に新しい反射衝撃波と音波を作り出すことなど、超音速乱流中での音の発生と伝播に関する重要なメカニズムを明らかにすることができた。さらにこの計算コードを流れの中に固体境界が存在する場合に拡張し、一様流中におかれた二次元円柱まわりの流れから発生するエオルス音の場合に適用した。得られた計算結果は揚力や抗力、カルマン渦の放出周波数などこれまでに実験的に得られていた結果と定量的に一致したのみならず、エオルス音はカルマン渦の放出により発生すること、揚力変動とエオルス音の発生は等価な現象であること、揚力の変動周波数とエオルス音の発生周波数はともにカルマン渦の放出周波数に等しいこと、などを明らかにすることができた。またこれ迄音場の予測法として用いられてきたCurleの式の妥当性を本直接解法の結果と比較することにより詳細に検討し、Curleの式はそのままでは音の伝播を正しく予測できないことを指摘し、その改良方法を提案した。さらに円柱に回転や周期的な吹出・吸込を加えることにより、音の発生や伝播方向をある程度人工的に制御できることも見出した。

  25. 低リコイル大口径高速射出システムの実用開発

    研究課題/研究課題番号:12555271  2000年 - 2002年

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    佐宗 章弘, 生田 一成, 齋藤 努, 高山 和喜, 永易 伸生

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:1700000円 ( 直接経費:1700000円 )

    本年度の計画として、昨年度試作した低リコイル高速射出装置の推進性能実験の実績を基に、その作動条件の最適化をさらに進める予定であったが、平成13年7月31日付けで基盤研究(S)の内定によりこの課題を辞退することとなった。これまでの研究成果で、低リコイルの初段射出装置として、火薬と軽ガスを組み合わせたハイブリット方式にすることが有効であることがわかった。これは、軽ガスを火薬で駆動することによって、初期の充填圧力を低く保ったまま一時的な高圧状態を作り出すことができ、さらに駆動気体となるヘリウムの比熱比が高く原子量が小さいため、高い音速をもつことによって、駆動気体としての好ましい性質を有するためであることがわかった。また、二段目の加速部としてはラム加速が有効であり、これはこれまでラム加速機の研究実績により、実験データベースがかなり整えられている。今年度は、これらを組み合わせて二段作動システムを稼動させる予定でいたが、上記の理由によりそこまでには至らなかった。しかし、初段加速、ラム加速に関する研究成果は、アメリカ航空宇宙学会のJournal of Propulsion and Powerや2002年1月に開催された同学会年会で発表し、国際的にも高い評価を受けた。特に、初段加速部における隔膜破断圧の設定法や飛行体自体の、軽量化については独自のアイディアを実証している。このうち、飛行体の軽量化については、open-base方式を開発し、周囲が高圧であっても飛行体の強度を損ねることなく、高速まで加速が可能であることを実証している。なお、本研究で培った低リコイル高速射出技術は、新しく採択された基盤研究(S)において、超音速条件でのレーザー加速の実証実験の初段打ち出し装置へ応用される見通しとなっている。

  26. 極超音速衝撃波層における固体壁電気境界条件に関する研究

    研究課題/研究課題番号:11875216  1999年 - 2000年

    科学研究費助成事業  萌芽的研究

    佐宗 章弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:1700000円 ( 直接経費:1700000円 )

    これまで、大気圏再突入に関わる流体の研究は、壁面の電気的な条件が考慮されずになされてきたものが殆どだった。ところが、超軌道速度での再突入では電離度が10%を越えることも有り得るため、プラズマ流体としての取扱いが必要になる。本研究では、その中の代表的な現象である、固体壁の電気境界条件について実験研究を行った。まず、イクスパンション管を用いた超軌道速度流れの発生法を確立した。実験室の限られた環境でそのような極限的な高エンタルピー流れを発生させるため、自由ピストン駆動部の条件をチューンドオペレーション法を改良することによって確立した。また、試験気流の状態を、従来の静圧、ピトー圧測定のみに頼らず、衝撃波層の高速度写真撮影、時間分解発光分光測定を通して、より精度よく測定した。特に、上記分光測定によって加速気体と試験気体の接触面を明確に測定し、許容誤差の関数として試験時間を評価した。淀み点エンタルピーは、最高37MJ/kgまで達成した。試験気流中に静電探針を置いてその浮遊電位を測定したところ、境界層の状態に依存して大きく変動することがわかった。また、二波長ホログラフィー干渉計法による円柱周りの衝撃波層の可視化実験を行い、浮遊電位金属壁、グランド電位金属壁、絶縁物壁による電子密度の違いを測定した。しかし、その差異は測定誤差の範囲内であり、電子境界条件がシース外部の流れ場に大きな影響をもたらす条件は見出せなかった。本研究の結論として、固体壁の電気境界条件は流れ場の大きな構造を変えるまでには至らないが、浮遊電位は大きく変動し、再突入物体の通信、計測機器への配慮が必要となることが示唆された。

  27. 極超音速衝撃波管を用いるマッハ数20の衝撃波背後の実在気体効果に関する研究

    研究課題/研究課題番号:10044119  1998年 - 1999年

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    高山 和喜, 佐宗 章弘, 姜 宗林, SISLIAN Jean

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    衝撃波の応用研究のハイライトは、衝撃圧縮を用いて通常の方法では不可能な高温を発生して、宇宙船の地球大気圏再突入を模擬できる状態をを発生することである。このとき生じる一万度を超える高温は宇宙船まわりにできる衝撃波背後の状態に相当し、空気中の酸素、窒素分子は解離し、解離してできた原子の一部は電離しこれを実在気体効果という。極超音速流れの実験的研究では、実在気体効果を再現して大気圏再突入の空気力学を実証することである。本研究は、トロント大学から移設した断面100mm×180mm衝撃波管の高圧部を化学量論比の酸水素混合気を満たし、その中で微小爆薬レーザー起爆してデトネーション波を発生して高温高圧気体を生成して入射衝撃波マッハ数20を達成して、ホログラフィー干渉計を用いて極超音速流れを定量的に観測する。
    得た結果を要約すれば:
    (1)無隔膜方式のデトネーション駆動衝撃波管を設計した。化学反応なしの状態で、無隔膜方式が非常によい衝撃波の再現性を示すことを明らかにした。また、数値解析的に、デトネーション波の衝突で急速開口弁が開口し衝撃波を駆動することを明らかにした。
    (2)微小爆薬のレーザー起爆でデトネーション波を発生する機構、DDTを実験的に検証した。また、デトネーション波の初生に及ぼす微小粒子の介在の効果を明らかにした。
    (3)二重露光有限干渉縞ホログラフィー干渉計法を用いた計測法を確立した。有限干渉縞をフーリエ縞解析して密度分布を定量的に計測するシステムを開発した。
    (4)研究の成果を、国際研究集会、第23回国際高速写真シンポジウム、第22回国際衝撃波シンポジウムで発表し、良い評価を得た。

  28. 衝撃波照射にあらわれるガン細胞の鑽孔現象の動力学的機序に関する研究

    研究課題/研究課題番号:10450071  1998年 - 1999年

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    高山 和喜, 林 叡, 庵谷 尚正, 佐宗 章弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    水中衝撃波フォーカッシングを利用する医療法は、腎臓結石の破砕除去ばかりでなく、衝撃波と骨との干渉を利用する整形外科への応用、衝撃波と気泡の干渉を利用する脳血栓の血行再建術への応用など、目覚ましい発展を遂げている。中でも、抗ガン剤を投与した環境下で、抗ガン剤に反応しないガン細胞に対して衝撃波を照射するとき、ガン細胞の表面が鑽孔される間に抗ガン剤が強制的にガン細胞の中に取り込まれることが発見されている。本研究はこの機序の解明を目指し、本年度に得た結果を要約すれば:
    (1)生体中の衝撃波伝播を数値シミュレーションするために、衝撃波伝播に対して非一様な特性を示す生体を模擬する媒体の生成について考察した。模擬主体は複雑な構成を持つが数値計算モデルの設定が容易である必要があり、ほぼ同一直径を持つゼラチン球と液体の混合物が適当と判断し、ゼラチン球の量産に成功した。さらに、その中を伝播する衝撃波の減衰・反射・回折を明らかにした。
    (2)水中衝撃波を定量的に光学可視化するために、有限干渉縞ホログラフィ干渉計写真の縞分布をフーリエ縞解析する方法を確立し、次年度計画に組み込まれている位相変位干渉計法のソフト開発と運用の準備を完了した。
    (3)非一様媒体中を伝播する衝撃波と界面の干渉を定量的に数値解析するために、界面の大変形を精度よく記述できる差分法を開発し、数値シミュレーション法を確立した。特に、確立した数値解法を検定する問題として液滴と衝撃波の干渉過程の実験結果と比較し、良い一致を導びいた。
    (4)飛行体直径25mmの縦型二段軽ガス銃を試作し、その先端に遊離ガン細胞を浮遊させた試験槽を取り付けて、様々の強さの衝撃波を負荷したときの標記の実験に対する準備を完了した。

  29. 衝撃風洞流れの解離原子密度の測定法の開発

    研究課題/研究課題番号:09355034  1997年 - 1999年

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    高山 和喜, パーク チョル, 孫 明宇, 斎藤 務, 佐宗 章弘, 高山 和喜

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    極超音速流れの研究は、我が国の宇宙開発計画の基礎を支え、HOPE-Xあるいは日本の有人スペースシャトル計画を推進するデータベースとなる。特に、宇宙船が大気圏に再突入するときの熱防御法の精密設計には、現有の衝撃波管を改良して、大気圏再突入状態を模擬できる装置を完成することが必須である。
    3年度にわたって、極超音速衝撃波管の開発に関する実験研究を実施して、得たる結果を要約すれば:
    (1)断面100mm×180mm衝撃波管の高圧部をデトネーション駆動方式に変更した。また、無隔膜方式を採用してその特性を実験的に数値解析的に明らかにした。
    (2)デトネーション試験槽を用いて、化学量論比の酸素水素混合気、初気圧10から100kPa、の中でアジ化銀ペレット1から10mgをレーザー起爆して、曝燃波で駆動される衝撃波がデトネーション波に遷移する過程をホログラフィー干渉計法で観察した。その結果、デトネーション波の遷移現象に有効な知見を得た。
    (3)二次元および軸対称ノズルについて、ノズル始動過程を実験的にまた数値解析的に明らかにした。特に軸対称ノズルでは、平行光線を用いる定量的可視化を行うために非球面形状のノズルを作製して、従来に計測法の不備を改善した。(4)定量的な実験結果との対比を目的に、高精度数値解法の開発を行い、非構造格子を用いる三次元非定常流れの差分解法を確立した。

  30. 惑星探査への気体力学の先端的応用

    研究課題/研究課題番号:08305036  1996年 - 1998年

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    安部 隆士, 藤原 俊隆, 高山 和喜, 西田 迪雄, 鈴木 宏二郎, 雛田 元紀, 麻生 茂, 久保田 弘敏, 中島 俊, 佐宗 章弘, 西川 進栄, 松野 謙一, 中村 佳朗, 中橋 和博, 辛島 桂一, 本間 弘樹, 藤井 孝蔵, 林 光一, 新井 紀夫, 山本 恭二, 曽我 丈雄, C Park

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    現在研究開発が進行している宇宙科学研究所のMUSES-C計画の再突入カプセルに関した研究、及び、将来の惑星探査を目指した研究が進められた。
    再突入カプセルの飛行環境予測では、特に、その飛行環境に特徴的な強い衝撃波により生成される高温プラズマからの輻射や、解離反応等の非平衡流れの空力加熱への影響、さらに、高温プラズマと耐熱材料との干渉のメカニズム、その空力加熱量への影響が調べられた。また、飛行環境に特徴的な強い衝撃波を実験的に再現しその背後での非平衡流構造を計測することにより、従来の非平衡流モデルの修正を促す現象を見い出した。それらを総合して、全飛行経路に沿った空力加熱量の予測を行うと共に、再突入カプセルの飛行環境を明確にし、その耐熱防御構造に対するデザイン要求を明確にした。また、このような再突入カプセルの実証実験についての検討が進められた。
    将来の惑星探査を目指した研究としては、大気を有する惑星へのペネトレータ投入に関して、その気体力学的観点からシステムの検討を行い、デザイン要求を明確にした。
    また、月探査における採取物の輸送に関連して、ラム加速についての研究が進められ、ラム加速が実験的に確認した。将来必要となるインレットに関する新たな数値解析の手法を完成させ、その妥当性を確認した。

  31. 渦・熱及び衝撃波の相互作用による音の発生とその制御

    研究課題/研究課題番号:08455086  1996年 - 1997年

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    井上 督, 服部 裕司, じゅ 詒光, 佐宗 章弘, 福西 祐

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    井上は、衝撃波と単一の渦が干渉することにより発生する音を、ナビエ・ストークスの式を高精度(空間6次精度、時間4次精度)の計算コードを用いて解くことにより調べ、(1)干渉によりプリカーサと呼ばれる音に続いて第2・第3の音波が発生すること、(2)発生する音場は4重極といわれる特性を有すること、(3)発生する音の強さが衝撃波の強さ及び渦の強さに依存することなどを明らかにした。さらに、本計算方法を衝撃波が対の渦と干渉する場合に拡張し、対の渦の進行方向が衝撃波の進行方向と同じであるか否かにより発生する音の数及び音場の極性が大きく異なることなどを明らかにした。井上はまた、ヘリコプタ・ロータまわりの圧縮性流れ場を計算し、徳にヘリコプタが渦輪状態及びオートローテーション状態にある場合の流れ場の構造を初めて明らかにすると共に、音の発生がヘリコプタ・ロータと翼端渦の干渉に大きく依存していることを明らかにした。福西は、乱流境界層に音波を加え、表面粗さのある場合とない場合の各々について渦の挙動を調べることにより、表面粗さと音波の相乗効果を利用することにより乱流境界層を励起しうることを実験的に明らかにした。佐宗は、新幹線がトンネルに突入する際にトンネル出口で音が発生するメカニズムを実験的に調べ、騒音軽減のためには新幹線が作り出す衝撃波を弱める必要があることを明らかにし、そのための方策の一つを提案した。〓は、水素と空気の予混合気体と衝撃波が干渉する流れ場を二次元ナビエ・ストークスコードを用いて解析し、予混合気体が燃焼している場合と反応を生じない場合のいづれの場合にも、いわゆるリヒトマイヤ・メシュコフ不安定性が渦の発生、従って音の発生に非常に重要な役割を示すことを明らかにした。服部は、二つの渦輪が正面衝突する場合の流れ場を、二つの渦輪の強さが等しい場合と異なる場合について各々高精度の計算コードを用いて数値的に調べ、強さが等しい場合には(1)2つの音波が発生すること、(2)2つの音波はいずれも4重極性を有するがその極性は互いに逆であること、又強さが異なる場合には、(1)音波が4つ発生すること、(2)音波の伝搬方向は2つの渦輪の強さの違いに依存すること、などを明らかにした。服部はまた井上とともに、2つの渦輪が斜め衝突する場合の計算コードを開発し、渦度場と音場の関連についての知見を得た。

  32. 高速化を目的とした小口径ラム加速機の開発

    研究課題/研究課題番号:08555239  1996年 - 1997年

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    佐宗 章弘, 加藤 幸夫, 高山 和喜

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:9200000円 ( 直接経費:9200000円 )

    ラム加速機に関するスケール則はこれまで確立されていなかった.本研究では,有限速度化学反応流の数値解析を行うことによって推進性能と装置寸法の影響を明らかにし,広い作動範囲で熱閉塞モードの作動を得るためには,装置を小型化することが有効であるとの結論を得て小口径のラム加速機を試作した.作動試験を行った結果,装置を小型化することによって始動がより難しくなることが明らかになったので,始動過程における先行衝撃波の挙動を高速度イメージコンバータ-によって,またプロジェクタイルによる隔膜破断時の流体力学現象をホログラフィー干渉計法で可視化計測した.特に,後者によって,これまで数値シミュレーションで用いられてきた隔膜破断モデルが不適当であったことを実証し,より現実に近いモデルを提案した.以上のような基礎研究を基に,混合気の組成,充填圧力,推進薬量,プロジェクタイルの形状,サボの形状と質量,前段加速管初期圧力などの影響を明らかにして,ラム加速機の作動可能範囲を実験的に調べ,1.2km/sの突入速度に対して370m/sの加速度増分を達成することができ,今後の更なる射出速度の向上に対する見通しが得られた.

  33. 極超音速高エンタルピー流れにおける混合層の構造に関する研究

    研究課題/研究課題番号:07044116  1995年 - 1997年

    科学研究費助成事業  国際学術研究

    高山 和喜, 佐宗 章弘, SISLIAN Jean

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    極超音速乱流混合に関する研究は高速空気力学の基礎研究課題であるばかりでなく、衝撃波工学の重要な応用研究課題でもある。本国際共同研究は、トロント大学航空宇宙研究所と東北大学流体科学研究所衝撃波工学研究センターとの密接な連携の下に三年間にわたって実施された。
    得たる結果を要約すれば:
    1)極超音速乱流混合に関する数学モデルを確立し、三次元粘性流れの差分法により計算法を導入し、非構造格子法を用いる数値計算コードを完成した。
    (2)上記の計算法に化学反応項を導入するために、詳細な酸素・水素反応の素反応過程を考慮する数値計算法を確立した。
    (3)また、極超音速乱流混合過程に関する素過程に理解に関係して、衝撃波間実験で後ろ向きステップを過ぎる衝撃波の回折過程を、実験的・数値解析的に明らかにした。
    (4)小型自由ピストン極超音速衝撃波風洞を用いて、マッハ数6の成形のずるの特性を明らかにした。圧縮室ピストンの挙動、ノズルの始動過程、ノズル始動糧に及ぼす隔膜取り付け位置の影響、ノズル流れのピト-圧測定、衝撃波管駆動気体汚染の効果などを解明した。また、この成果に基づいて、成形ノズルの作動範囲が極めて狭いことを明らかにし、円錐ノズルを設計した。
    (5)この自由ピストン極超音速衝撃波風洞でよどみ点エンタルピー14MJ/kgを発生し、円筒まわりにマッハ数6の流れを実現した。ホログラフィー干渉計法による可視化に成功している。
    (6)以上の研究成果は、トロント大学航空宇宙研究所、シシリアン教授が平成7、8、9年度延べ8ヶ月および大学院生シューマッヒャ-君が平成9年度6ヶ月の間、本研究センターに滞在して行った共同実験の成果である。
    (7)研究成果を早急にとりまとめて、国際学術雑誌に発表する予定である。

  34. ラム加速機の推進性能に対する化学反応速度の効果に関する研究

    研究課題/研究課題番号:07651118  1995年 - 1996年

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    佐宗 章弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2500000円 ( 直接経費:2500000円 )

    ラム加速機の作動における有限化学反応速度と推進性能について,数値解析と小口径ラム加速機の作動実験を通じて,知見を得た.燃焼領域が亜音速となる作動は,熱閉塞モードと遷デトネーションモードに大別され,本研究では有限速度化学反応を考慮した準定常一次元数値解析によってその流れ場を定量解析するコードを開発した.方程式系は,常微分方程式に帰着しその解法は既にほぼ完成されているが,本研究では,音速点での特異性による計算の安定性低下を防ぐため,微小検査体積に対する保存則を空間的に順次解き進める手法を開発し,プロジェクタイル上あるいはその下流での閉塞状態を高解像度で解析することができた.解析結果より,化学反応の誘起距離とプロジェクタイルの長さを比較することにより,同一の混合気,プロジェクタイル速度であっても,大型の装置では遷デトネーションモードが現れ易いことを明らかにし,安定した熱閉塞モードの作動を得るためには装置を小型化した方が有利であることを示した.また,大型装置の作動では混合気の充填圧などを操作することにより,作動の安定化が図れるという方向性も示した.この数値解析の結果を背景に,口径25mmという現在世界的にも最小口径のラム加速機を用いて作動実験を行い,大型装置に比べて発熱量の高い混合気を用いたラム加速の作動を実現し,その方向付けが妥当であることを実証した.本研究成果は,ラム加速機の作動に関する相似則を得るため装置寸法と化学反応の代表寸法を比較することが有効であることを示唆し,今後の更に精緻な定量解析の足掛かりとなるものと期待できる.

  35. 騒音発生のメカニズムとその防止対策に関する流体力学的研究

    研究課題/研究課題番号:06452172  1994年 - 1995年

    科学研究費助成事業  一般研究(B)

    井上 督, 坪田 誠, 佐宗 章弘, 早瀬 敏幸

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    井上は、渦と渦の干渉によって発生する音及び渦と衝撃波の干渉によって発生する音を数値的に捕えるための高精度の計算コードを開発し、渦と渦が正面衝突する場合および渦と衝撃波が衝突或いは追い越しする場合の音の発生機構を種々のパラメータについて解析し、音の四重極性を明らかにすると共に、各パラメータの及ぼす音の強さ・音の伝播メカニズムを明らかにした。またヘリコプタ・ロータまわりの圧縮性流れを数値的に解明することにより、ヘリコプタ・ロータまわりに発生する渦輪状態及びオート・ロ-テーション状態を世界で初めて数値的に捕え、ヘリコプタ騒音解明のための大きな手がかりを得ることができた。早瀬は、管オリフィスおよびスプール弁を通過する非定常流の数値的解析を行い、管路内絞りを通過する乱流噴流中の渦の挙動と音圧との関連を明らかにした。また、情報機器の基本構成要素である回転するポリゴンミラー周囲の乱流場による流体関連振動や血管内流れの不安定振動を解析し、渦の挙動と音の発生との関連を明らかにした。佐宗は、新幹線騒音問題の解明のために自由飛行体発射装置を用いた実験を行ない、高速列車がトンネルに突入することによって発生する衝撃波とトンネル出口での騒音との関連を明らかにし、またその騒音を軽減するための有効な方策を見いだした。坪田は、極低温流中での騒音発生メカニズムを解明するために、管内を流れる超流動ヘリウムに熱的および音響的振動が加えられたときの複数の量子渦の相互作用および壁面効果を数値的に解析し、量子渦の相互干渉による音の発生機構に関する重要な知見を得た。上述の4名の研究者による個々の研究成果を相互に比較研究した結果、各研究者により取り扱われた流れ場は大きく異なるが、例えば渦と渦との干渉及び渦と衝撃波の干渉によって発生する騒音は四重極性を有すること、壁面や物体の存在する場合には二重極性を有する騒音も発生すること等、多くの共通点が見いだされ、騒音問題解決のために今後更に共同研究を発展させる必要性のあることが確認された。

  36. ラム加速機の基礎と応用に関する研究

    研究課題/研究課題番号:05402033  1993年 - 1995年

    科学研究費助成事業  一般研究(A)

    高山 和喜, 佐宗 彰弘, 井上 督, 新岡 嵩, 新岡 嵩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    今年度、混合気供給系、計測系を含めたラム加速機システムを完成させ、約60回の動作試験を行なった。混合気供給装置では、質量流量調整器と背圧制御弁を組み合わせ、二次側の圧力に無関係に安定した質量流量を供給するシステムを開発した。計測系では、高圧管内の飛行体の速度を計測するための磁気センサーや、一チャンネルで多点の測定データを記録できるマルチプレクサシステムを開発した。本体の初段加速部は、無煙火薬30グラムで、約40グラムの飛行体を1.2km/s以上で射出できる性能を持ち、そのシンプルな構造を考えるとそれ自体でも利用価値の高い物となった。ラム加速の始動過程では、混合気の非定常流体力学的な作用のみでサボを分離させる技術を確立した。
    ラム加速機の作動実験では、メタン-酸素-希釈気体より構成される混合気を用い、プロジェクタイルの形状、突入速度や、混合気の充填圧力、メタン、希釈気体のモル分率、サボの形状を変化させて実験を行った。ラム加速機の始動可能領域はそれほど広くはなく、混合気の第二ダムケラ-数、突入速度、サボのデザインに大きく依存することがわかった。
    ラム加速機に関する解析として、(1)ラム加速機ユゴニオ解析に基づく推力特性解析コードに開発し、熱閉塞モードにおける推力特性が予想可能となった。(2)従来のラム加速機ユゴニオ解析を、有限速度化学反応の効果を考慮することによって発展させ、熱閉塞モードのみならず、遷デ-トネーション作動における推力特性も解析可能となった。
    本研究により、小口径の装置であってもラム加速機の作動が可能であることを実証したことは、世界的に見ても価値の高いことであり、重量物を高速で射出する新しいタイプの装置を得たことは、我が国の宇宙開発、材料開発技術にとっても意義が大きい。

  37. 電気推進機の内部現象の解明と性能解析

    研究課題/研究課題番号:04302025  1992年 - 1994年

    科学研究費助成事業  総合研究(A)

    荒川 義博, 都木 恭一郎, 木村 逸郎, 藤原 俊隆, 西田 迪雄, 吉川 孝雄, 佐宗 章弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    電気推進機には、静電加速型、電磁加速型、電熱加速型といくつかの型の推進機が存在するが、それらの推進機に共通していることは、1)エネルギー変換効率が充分でないこと、2)長時間作動を可能にするような耐久性のあるものに到っていないこと、3)さらに推進機の設計の指針となる基本性能を表わす比例則も確立していないことである。このような点を克服するためは、推進機内部の解離、電離、加速過程、アーク及びプラズマの挙動やエネルギー、熱輸送現象等を明らかにする必要があり、これらを理論解析、実験の両面から調べる必要がある。
    本研究はこうした目的のために、平成4年度から3年間、大学、研究所の研究者、技術者が数回の会合で、互いの研究内容、当面の研究課題などに関して、意見、情報交換を重ねてきた。
    その結果、次のような結論を得た。1)イオン推進機においは、性能解析のための数値計算コードを作成し、推進機の形状や作動パラメータを与えると、推進性能を予測することができた。2)アークジェットの放電の様子が実験的に観測され、また数値計算によって機構が明らかにされた。3)MPD流れの数値解析が行われ、非平衡流が電離やプラズマの加速過程に重大な影響を及ぼしていることがわかった。

  38. 高エンタルピー衝撃波層からの輻射熱伝達に関するスケール則の確立

    研究課題/研究課題番号:04650051  1992年 - 1993年

    科学研究費助成事業  一般研究(C)

    佐宗 章弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2000000円 ( 直接経費:2000000円 )

    大気圏再突入の際に発生する高エンタルピー衝撃波層では、淀み点温度が一万度以上にまで高くなると、物体への輻射熱伝達の影響が大きくなる。本研究では、その輻射熱伝達に対する物体寸法の影響を調べ、流体力学的な見地から決まる衝撃波離脱距離と、高エンタルピー流中のエネルギー緩和の特性長を比較することによって、スケール則を得た。
    輻射によるエネルギー放出が流体のエネルギー流束に比べて十分小さい場合、衝撃波離脱距離は、輻射の影響を受けないで、流体力学的な関係のみに支配される。粘性を無視すると、衝撃波離脱距離はオイラー方程式を解くことによって得られ、その解は代表長を持たない相似解となる。これに対して、エネルギー緩和の特性長は流れ場の状態量と流速で決まり、物体形状とは相似関係にはならない。
    上流速度が、10km/s以下の領域では、輻射を支配するエネルギー緩和距離は、衝撃波直後の電子並進温度に支配され、物体寸法とはほぼ独立の関係となる。これに対して、10km/s以上の速度における輻射熱伝達は、固体壁近傍の高電子密度の領域からのものが支配的になるため、物体寸法の増加に伴って増加する。
    以上の研究成果は、再突入飛行物体の設計指針として役立てることができる。

  39. 火山性ブラストの計測法の確立

    研究課題/研究課題番号:04222110  1992年

    科学研究費助成事業  重点領域研究

    藤井 直之, 谷口 宏充, 佐宗 章弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    自然界の中でも最も大規摸な衝撃波現象の一つに爆発的噴水に伴う火山性ブラストがある。本研究では、火山性ブラストによる爆風圧やその伝播の把握のために、遠隔的に設置できかつ記録が可能な測定系、すなわち投下型・全方位指向性の爆風圧検出器について、実際の火山性ブラスト現象を解明するための計測法を確立するのを目的として共同研究を開始した。そのため、これまで衝撃波工学センターで開発され実用化されてきたピエゾセンサーによる圧力計を改良し、噴火口近傍でも設置でき測定可能な火山性ブラスト用の計測法の開発を行うことが、十分可能でかつ緊急の課題であると考えた。とくに火山性ブラストは、高温のガスと火山灰・噴石破片の混合物からなり、しかもその継続時間が通常の実験室内の衝撃波とは比較にならないほど長いと考えられるので、特別な工夫を必要とする。実用性のある火山性ブラスト用の計測系は、衝撃波の到来方向に無関係に設置できかつ安価・簡便なこと、耐熱性がありデータの記録を遠隔的にできることなどが必要条件である。本研究によって、まだ多少の改良点が必要ではあるが、このような条件に適合した十分実用に耐えうる圧力センサーと記録システムの開発見通しがたった。圧力センサーとしては、PVDFピエゾフィルムを貼ったステンレス製円筒の末端部の厚みによって、測定圧力範囲を調節できるものである。また、記録システムはSRAMに常時記録されたデータから、一定時間毎にトリガーレベル以上の信号を検出しDRAMにイベント毎に記録する方式が最適であると判断し、現在このシステムの試験をかねて、雲仙岳周辺で観測を行っている。今後は、さらに消費電流を少なくし、かつ簡便に設置できるシステムとデータの読みだしにテレメータ方式を採用する事など検討していく予定である。

  40. 高温化学反応を伴う衝撃波

    研究課題/研究課題番号:02252109  1990年

    科学研究費助成事業  重点領域研究

    藤原 俊隆, 佐宗 章弘, 久保田 弘敏, 斉藤 昊, 松為 宏幸

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    デトネ-ションの研究に関しては、(i)斜めデトネ-ションの安定性と周期的振動の機構解明、(ii)逆制動ふく射を伝播機構とするレ-ザ-・デトネ-ションの可能性が調ベられた。これらは簡単化された化学反応に基いて解析された為、実際の現象が推測に基く機構から物理化学的に生じるかどうか、解析の結果は定性的に納得のゆく結論へ導く。即ち斜めデトネ-ションの振動は、局所的な爆発と壁から反射する圧力波間の相互干渉による共鳴現象である。炭酸ガスレ-ザ-を、水素分子やアルゴンガス中に、一平方ミリ当り10メガワットの強度で集光すると、球面レ-ザ-・デトネ-ションが伝播しそうである。
    衝撃波後方において、アセトアルドキシム及びホルムアルドキシムを熱分解し、生成物の挙動を調べた。二段階の単分子反応が起こる場合に、一段階目の反応の非平衡遷移状態構造が、二段階目の反応経路の選択を支配すると言う考えと同様に、分子の異性化についても検討がなされた。実験と反応分子動力学的計算の双方から、この事は言えそうである。
    その他松為、藤井、山崎らは、多くのラジカル反応に関して、衝撃波後方の高温下における、高速連鎖反応存在下に、速度定数を良い精度で計測した。この手法により、この迄全くと言っても良い程に手のつけられなかったラジカル反応が解明され、燃焼現象の制御や公害汚染物質の抑制に役立つ研究が行われる可能性を与えている。

▼全件表示

産業財産権 1

  1. アルコール-硝安発射薬

    佐宗章弘、高山和喜、生田一成、永易伸生、大坪信武

     詳細を見る

    出願番号:特願平11-102098  出願日:1999年4月

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 9

  1. 宇宙推進工学

    2021

     詳細を見る

    宇宙での化学推進、非化学推進に関連する原理と応用について講義する。

  2. 航空宇宙推進工学

    2020

  3. システム工学入門

    2016

  4. システム工学入門

    2015

  5. システム工学入門

    2014

  6. システム工学入門

    2013

  7. システム工学入門

    2012

  8. 生産工学概論

    2011

  9. システム工学入門

    2011

▼全件表示