2021/11/15 更新

写真a

スズキ アツオ
鈴木 淳巨
SUZUKI, Atsuo
所属
大学院工学研究科 生命分子工学専攻 生命システム工学 准教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 化学生命工学科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 工学博士

研究キーワード 3

  1. 機構解析

  2. 結晶解析

  3. タンパク質

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 構造生物化学

  2. その他 / その他  / タンパク質結晶学

現在の研究課題とSDGs 4

  1. HIV関連タンパク質の結晶構造解析

  2. タンパク質結晶解析の高分解能化

  3. X線結晶解析のためのタンパク質の新規結晶化法の開発

  4. 高付着性タンパク質の付着メカニズムの解明

学歴 2

  1. 名古屋大学   工学研究科   応用化学

    - 1987年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   工学部   応用化学及び合成化学科

    - 1985年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本結晶学会

  2. 日本生物物理学会

  3. 日本生化学会

  4. 日本化学会

 

論文 42

  1. SDS-induced oligomerization of Lys49-phospholipase A(2) from snake venom

    Matsui Takashi, Kamata Shizuka, Ishii Kentaro, Maruno Takahiro, Ghanem Nouran, Uchiyama Susumu, Kato Koichi, Suzuki Atsuo, Oda-Ueda Naoko, Ogawa Tomohisa, Tanaka Yoshikazu

    SCIENTIFIC REPORTS   9 巻   2019年2月

  2. Unique Flap Conformation in an HIV-1 Protease with High-Level Darunavir Resistance 査読有り

    Nakashima M, Ode H, Suzuki K, Fujino M, Maejima M, Kimura Y, Masaoka T, Hattori J, Matsuda M, Hachiya A, Yokomaku Y, Suzuki A, Watanabe N, Sugiura W, Iwatani Y

    Front Microbiol.   7 巻 ( 61 )   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fmicb.2016.00061

  3. The Structural Differences between a Glycoprotein Specific F-Box Protein Fbs1 and Its Homologous Protein FBG3 査読有り

    Kumanomidou T, Nishio K, Takagi K, Nakagawa T, Suzuki A, Yamane T, Tokunaga F, Iwai K, Murakami A, Yoshida Y, Tanaka K, Mizushima T

    PLOS ONE     2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0140366

  4. The APOBEC3C crystal structure and the interface for HIV-1 Vif binding

    S. Kitamura, H. Ode, M. Nakashima, M. Imahashi, Y. Naganawa, Y. Yokomaku, T. Kurosawa, Y. Yokomaku, T. Yamane, N. Watanabe, A. Suzuki, W. Sugiura, Y. Iwatani

    Nat. Struct. Mol. Biol.     2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nsmb.2378

  5. Improving thermostability of phosphatidylinositol-synthesizing Streptomyces phospholipase D 査読有り

    J. Damnjanovic, R. Takahashi, A. Suzuki, H. Nakano, Y. Iwasaki

    Protein Eng., Des. Sel.   25 巻 ( 8 ) 頁: 415-424   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Evaluation of adhesiveness of Acinetobacter sp Tol 5 to abiotic surfaces 査読有り

    M. Ishikawa, K. Shigemori, A. Suzuki, K. Hori

    J. Biosci. Bioeng.   113 巻 ( 6 ) 頁: 719-725   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Structural analysis of actinidin and a comparison of cadmium and sulfur anomalous signals from actinidin crystals measured using in-house copper- and chromium-anode X-ray sources 査読有り

    Yogavel M, Nithya N, Suzuki A, Sugiyama Y, Yamane T, Velmurugan D, Sharma A

    Acta Crystallogr. D   66 巻 ( 12 ) 頁: 1323-1333   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Crystal Structure of Yeast Rpn14, a Chaperone of the 19 S Regulatory Particle of the Proteasome 査読有り

    Kim S., Saeki Y., Fukunaga K., Suzuki A., Takagi K., Yamane T., Tanaka K., Mizushima T., Kato K.

    J. Biol. Chem.   285 巻 ( 20 ) 頁: 15159-15166   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Structure of ST0929, a putative glycosyl transferase from Sulfolobus tokodaii 査読有り

    Cielo CBC, Okazaki S., Suzuki A., Mizushima T., Masui R., Kuramitsu S., Yamane T.

    Acta Crystallogr. F   66 巻 ( 4 ) 頁: 397-400   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Crystallization and preliminary X-ray characterization of the Skp1-Fbg3 complex 査読有り

    Kumanomidou T., Nakagawa T., Mizushima T., Suzuki A. , Tokunaga F., Iwai K., Yoshida Y., Tanaka K., Yamane T.

    Acta Crystallogr. F   66 巻 ( 1 ) 頁: 95-98   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Use of iterative OASIS with low resolution SAD laboratory X-ray source (Cr K alpha) data sets 査読有り

    Selvanayagam S., Velmurugan D., Yamane T., Suzuki A.

    Indian J. Phys.& Proc. Indian Assoc. cultivatation science   83 巻 ( 12 ) 頁: 1671-1679   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. *The Novel Structure of a Pyridoxal 5 '-Phosphate-Dependent Fold-Type I Racemase, α-Amino-ε-caprolactam Racemase from Achromobacter obae 査読有り

    S. Okazaki, A. Suzuki, T. Mizushima, T. Kawano, H. Komeda, Y. Asano, T. Yamane

    Biochemistry   48 巻 ( 5 ) 頁: 941-950   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. *The interdependence of wavelength, redundancy and dose in sulfur SAD experiments 査読有り

    M. Cianci, J. R. Helliwell, A. Suzuki

    Acta Crystallogr. D   64 巻 ( 12 ) 頁: 1196-1209   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Comparison of Molecular Packing between Two Kinds of Hen Egg-White Lysozyme Orthorhombic Crystals 査読有り

    S. AIBARA, K. MIZUTANI, A. SUZUKI, H. HORIUCHI, K. HASHIMOTO and T. YAMANE

    Journal of The Japan Society of Microgravity Application   25 巻 ( 2 ) 頁: 82-88   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. *Streptomyces phospholipase D mutants with altered substrate specificity capable of phosphatidylinositol synthesis 査読有り

    A. Masayam. Takahashi T, K. Tsukada, S. Nishikawa, R. Takahashi, M. Adach, K. Koga, A. Suzuki, T. Yamane, H. Nakano, Y. Iwasaki

    ChemBioChem   9 巻 ( 6 ) 頁: 974-981   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. *Structures of D-amino-acid amidase complexed with L-phenylalanine and with L-phenylalanine amide: insight into the D-stereospecificity of D-amino-acid amidase from Ochrobactrum anthropi SV3 査読有り

    Okazaki S, Suzuki A, Mizushima T, Komeda H, Asano Y, Yamane T

    Acta Crystallogr. D   64 巻 ( 3 ) 頁: 331-334   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Deduced catalytic mechanism of D-amino acid amidase from Ochrobactrum anthropi SV3 査読有り

    S. Okazaki, A. Suzuki, H. Komeda, A. Asano, T. Yamane T

    J. Synchrotron Radiat.   15 巻 ( 2 ) 頁: 250-253   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. *Crystal structure of a chaperone complex that contributes to the assembly of yeast 20S proteasomes 査読有り

    Yashiroda H, Mizushima T, Okamoto K, Kameyama T, Hayashi H, Kishimoto T, Niwa S, Kasahara M, Kurimoto E, Sakata E, Takagi K, Suzuki A, Hirano Y, Murata S, Kato K, Yamane T, Tanaka K

    NATURE STRUCTURAL & MOLECULAR BIOLOGY   15 巻 ( 3 ) 頁: 228-236   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. High throughput structure determination for single-wavelength laboratory X-ray source anomalous diffraction data sets using iodinated tyrosines 査読有り

    Selvanayagam S., Velmurugan D, Yamane T, Suzuki A

    INDIAN J. PHYS.   82 巻 ( 1 ) 頁: 27-37   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. X-ray structure of the Skp1-Fbs1 glycoprotein complex 査読有り

    T. Mizushima, Y. Yoshoda, T. Kumanomidou, Y. Hasegawa, A. Suzuki, T. Yamane, K. Tanaka K

    FEBS J.   275 巻 ( 1 ) 頁: 184-184   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Crystal structure of Ufc1, the Ufm1-conjugating enzyme 査読有り

    T. Mizushima, K. Tatsumi, Y. Ozaki, T. Kawakami, A. Suzuki, K. Ogasahara, M. Komatsu, E. Kominami, K. Tanaka and T. Yamane

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   362 巻 ( 4 ) 頁: 1079-1084   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Incorporation of a phebox rhodium complex into apo-myoglobin affords a stable organometallic protein showing unprecedented arrangement of the complex in the cavity 査読有り

    Y. Satake, S. Abe, S. Okazaki, N. Ban, T. Hikage, T. Ueno, H. Nakajima, A. Suzuki, T. Yamane, H. Nishiyama, and Y. Watanabe

    Organometallics   26 巻 ( 20 ) 頁: 4904-4908   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Design and structure analysis of artificial metalloproteins: Selective coordination of his64 to copper complexes with square-planar structure in the apo-myoglobin scaffold 査読有り

    S. Abe, T. Ueno, P. A. N. Reddy, S. Okazaki, T. Hikage, A. Suzuki, T. Yamane, H. Nakajim and Y. Watanabe

    Inorg. Chem.   46 巻 ( 13 ) 頁: 5137-5139   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Crystal structure and functional characterization of a D-stereospecific amino acid amidase from Ochrobactrum anthropi SV3, a new member of the penicillin-recognizing proteins 査読有り

    Okazaki S, Suzuki A, Komeda H, Yamaguchi S, Asano Y , Yamane T

    J. Mol. Biol.   368 巻 ( 1 ) 頁: 79-91   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Structural basis for the selection of glycosylated substrates by SCFFbs1 ubiquitin ligase 査読有り

    T. Mizushima, Y. Yoshida, T. Kumanomidou, Y. Hasegawa, A. Suzuki, T. Yamane and K. Tanaka

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   104 巻 ( 14 ) 頁: 5777-5781   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. PHENIX, a high throughput structure determination tool for single-wavelength anomalous diffraction data 査読有り

    INDIAN J. PHYS.   80 巻 ( 10 ) 頁: 969-974   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. The crystal structure of human Atg4b, a processing and de-conjugating enzyme for autophagosome-forming modifiers 査読有り

    Kumanomidou T, Mizushima T, Komatsu M, Suzuki A, Tanida I, Sou Y, Ueno T, Kominami E, Tanaka K, Yamane T

    J. Mol. Biol.   355 巻 ( 4 ) 頁: 612-618   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Coordinated design of cofactor and active site structures in development of new protein catalysts 査読有り

    Ueno T, Koshiyama T, Ohashi M, Kondo K, Kono M, Suzuki A, Yamane T, Watanabe Y

    Amer. Chem. Soc.   127 巻 ( 8 ) 頁: 6556-6562   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Crystal structures of artificial metalloproteins: Tight binding of FeIII(Schiff- base) by mutation of Ala71 to gly in apo-myoglobin 査読有り

    Ueno T, Ohashi M, Kono M, Kondo K, Suzuki A, Yamane T, Watanabe Y

    Inorg. Chem.   43 巻 ( 9 ) 頁: 2852-2858   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Crystal structure of bovine trypsin and wheat germ trypsin inhibitor (I-2b) complex (2 : 1) at 2.3 angstrom resolution 査読有り

    Raj SSS, Kibushi E, Kurasawa T, Suzuki A, Yamane T, Odani S, Iwasaki Y, Yamane T, Ashida T

    J. Biochem.   132 巻 ( 6 ) 頁: 927-933   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. The first structure of pectate lyase belonging to polysaccharide lyase family 3 査読有り

    Akita M, Suzuki A, Kobayashi T, Ito S, Yamane T

    Acta Crystallogr. D   D57 巻 ( 12 ) 頁: 1786-1792   2001年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Crystallization and preliminary X-ray analysis of high-alkaline pectate lyase 査読有り

    ACTA CRYSTALLOGRAPHICA   D56 巻 ( 6 ) 頁: 749-750   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Crystallization and preliminary X-ray analysis of β-amylase from Bacillus polymyxa 査読有り

    Acta Crystallogr. D   D55 巻   頁: 898-900   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Crystallization and preliminary X-ray diffraction studies of phospholipase D from Streptomyces antibioticus 査読有り

    A. Suzuki, K. Kakuno, Y. Iwasaki, T. Yamane, T. Yamane

    Acta Crystallogr. D   D55 巻   頁: 317-319   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Crystal Structure Analysis of Phospholipase A2 from Trimeresurus flavoviridis(Habu Snake) Venom at 1.5(]E87F8[) Resolution

    J. Biochem.   117 巻 ( 4 ) 頁: 730-740   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Crystallization and Preliminary X-ray Studies on the Trypsin Inhibitor I-2 from Wheat Germ and Its Complex with Trypsin.

    Acta Crystallogr.   D49 巻 ( 6 ) 頁: 594-596   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Crystallographic Refinement of Bowman-Birk Type Protease Inhibitor A-II from Peanut (Arachis hypogaea) at 2.3Å resolution.

    J. Mol. Biol.   234 巻 ( 3 ) 頁: 722-734   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Crystal Structure of Streptomyces Erythraeus Trypsin at 2.7Å Resolution.

    J. Biochem.   110 巻 ( 6 ) 頁: 945-950   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Crystallization and preliminary crystallographic study of bacterial α-amylases

    J. Biochem.   108 巻   頁: 3   1990年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Preliminary crystallographic study of phospholipase A2 from the venom of Trimeresurus flavoviridis(Habu Snake)

    J. Biochem.   107 巻   頁: 1   1990年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. The structure of Bowman-Birk type protease inhibitor A-II form peanut(Arachis hypogaea)at 3.3 (]J1009[) resolution

    J. Biochem.   101 巻   頁: 1   1987年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Crystallization of Bowman-Birk type protease inhibitor (Peanut)and its complex with Trypsin

    J. Biochem.   100 巻   頁: 1   1986年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. Structure of Bowman-Birk Protease Inhibitor and Its Complex with Trypsin.

    Molecular Conformation and Biological Interactions(ed. P. Balaram and S. Ramaseshan)Indian Academy of Sciences, Bangalore.  1991年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

講演・口頭発表等 32

  1. MD計算を用いた疎水・親水性表面に対する高接着タンパク質の接着挙動変化解析

    笹原 純、鈴木淳巨、藤本和士、堀 克敏

    2021年度 日本生物工学会中部支部例会  2021年8月6日  公益社団法人 日本生物工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  2. 分子動力学計算による高接着タンパク質の材料表面への接着過程解析

    笹原 純、鈴木淳巨、藤本和士、岡崎 進、堀 克敏

    2021年度生物工学若手研究者の集い 夏のオンラインセミナー2021  2021年7月17日  公益社団法人 日本生物工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  3. 高接着タンパク質の疎水性表面への接着過程に関する分子動力学的解析

    笹原 純、鈴木淳巨、藤本和士、岡崎 進、堀 克敏

    生物工学会若手研究者の集い 第三回オンラインセミナー  2020年11月21日  公益社団法人 日本生物工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  4. 分子動力学計算による高接着性タンパク質AtaA Nhead の接着過程解析

    笹原 純、鈴木淳巨、藤本和士、岡崎 進・堀 克敏

    第9回CSJフェスタ2019  2019年10月15日  公益社団法人日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

  5. 両端をβドメインで終端したCoiled-Coilをベースとするランタニド結合タンパク質の設計

    鈴木 淳巨, 北原 知恵, 堀 克敏

    第70回日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  6. 天然コイルドコイルタンパク質を利用したランタノイド結合タンパク質の創製

    北原 知恵・鈴木 淳巨・堀 克敏

    日本化学会 第96春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  7. AtaA, a highly adhesive bacterionanofiber, mediates ionic strength dependent-bacterial adhesion 国際会議

    Shogo Yoshimoto, Hajime Nakatani, Atsuo Suzuki, Katsutoshi Hori

    The 5th Congress of European Microbiologists (FEMS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  8. バクテリオナノファイバー蛋白質AtaAを介したAcinetobacter sp. Tol 5の付着特性

    吉本将悟, 石川聖人, 重盛一希, 中谷肇, 鈴木淳巨, 堀克敏

    化学工学会 第78年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. HIV-1プロテアーゼによるダルナビル耐性の分子機構の解明,

    大出裕高、鈴木康二、藤野正之、前島雅美、木村雄貴、正岡崇志、服部純子、横幕能行、鈴木淳巨、渡邉信久、岩谷靖雅、杉浦亙

    生物物理学会 第50回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  10. APOBEC3C の結晶構造解析と HIV-1 Vif 結合インターフェイスの同定

    北村紳悟、大出裕高、中島雅晶、今橋真弓、長縄由里子、横幕能行、渡邉信久、鈴木淳巨、杉浦亙、岩谷靖雅

    第12回蛋白質科学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. Structure-Guided Mutagenesis を用いた APOBEC3C/F の HIV-1 Vif 感受性に関するアミノ酸残基の同定

    北村紳悟、中島雅晶、大出裕高、前島雅美、伊部史朗、横幕能行、渡邉信久、鈴木淳巨、杉浦亙、岩谷靖雅

    第34回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. HIV-1 Vif 感受性に関する APOBEC3C/F のアミノ酸残基の同定

    北村紳悟、中島雅晶、大出裕高、前島雅美、伊部史朗、横幕能行、渡邉信久、鈴木淳巨、杉浦亙、岩谷靖雅

    第25回日本エイズ学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. 新規 DNA 結合タンパク質 TdIF1 の結晶化と SAXS 構造解析

    小祝孝太郎,久保田隆,小祝修,吉田祐司,鈴木淳巨,渡邉信久

    小祝孝太郎,久保田隆,小祝修,吉田祐司,鈴木淳巨,渡邉信久 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  14. HIV-1のダルナビル耐性獲得機構の酵素学的構造学的解明

    木村雄貴、藤野真之、正岡崇志、服部純子、横幕能行、岩谷靖雅、鈴木淳巨、渡邉信久、杉浦 亙

    第24回日本エイズ学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  15. Preliminary Crystal Structure of an FAD-dependent Hydroxynitrile Lyase derived from the Japanese apricot, Prunus mume 国際会議

    Charles B.C. Cielo, Yasuhisa Fukuta, Tatsuo Hikage, Atsuo Suzuki, Nobuhisa Watanabe, Yasuhisa Asano, Takashi Yamane

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  16. ACLラセマーゼ変異体を用いた、アミノ酸アミドのラセミ化機構の研究

    鈴木康二、鈴木淳巨、岡崎誠司、渡邉信久、米田英伸、浅野泰久、山根 隆

    第74回日本生化学会中部支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  17. -30℃におけるタンパク質の結晶化

    鈴木淳巨・小森康祐己・山根 隆

    日本結晶学会2009年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  18. Structure of st0929, a putative glycosyl transferase from Sulforobus tokodaii

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  19. High throughput structure determination tool for single-wavelength anomalous diffraction laboratory source (Cr K) data sets. 国際会議

    6th Asian Biophysics Association (ABA) Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  20. X-ray structure analysis of cysteine protease from Sarunashi fruit 国際会議

    6th Asian Biophysics Association (ABA) Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  21. Use of iterative OASIS with low resolution SAD laboratory X-ray source (Cr K) data sets. 国際会議

    6th Asian Biophysics Association (ABA) Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  22. A new type of precipitant, metal cyanide complex 国際会議

    XXI Congress and General Assembly of the International Union of Crystallography 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  23. Sulfolobus tokodaii由来トランスポゼース(ST0680)の結晶構造解析

    河合健太郎、鈴木淳巨、増井良治、倉光成紀、山根隆

    第21回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  24. Structures of D-amino acid amidase and α-amino-ε-caprolactam racemase and their structure-specificity relationships. 国際会議

    International Symposium on Recent Trends in Macromolecular Structure and Function 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  25. 糖鎖認識ユビキチンリガーゼファミリーSkp1-FBG3のX線結晶構造解析

    熊埜御堂太一、中川朋美、水島恒裕、吉田雪子、鈴木淳巨、徳永文稔、岩井一宏、田中啓二、山根隆

    日本結晶学会2007年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  26. 好熱性古細菌Sulforobus tokodaii由来hypothetical Trp repressor binding protein (ST0872)の結晶構造解析

    河野剛志、手嶋直人、鈴木淳巨、山根隆

    日本結晶学会2007年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  27. Crystal structures of D-amino acid amidase from Ochrobactrum anthropi SV3 and -amino--caprolactam racemase from Achromobacter obae. 国際会議

    The 8th Conference of the Asian Crystallographic Association 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  28. X-ray structure of the Skp1-Fbs1 glycoprotein complex. 国際会議

    The 8th Conference of the Asian Crystallographic Association 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  29. Selective degradation mechanism of unfolded glycoproteins by SCFFbs1 ubiquitin ligase 国際会議

    2nd International symposium on diffraction structural biology 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  30. Crystal structure of D-stereospecific amino acid amidase from Ochrobactrum anthropi SV3; insight of D-stereospecificity and reaction mechanism 国際会議

    2nd International symposium on diffraction structural biology 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  31. Transition metal precipitant 国際会議

    The 2nd International symposium on diffraction structural biology 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  32. SCFFbs1ユビキチンリガーゼによる異常糖蛋白質の選択的分解機構

    熊埜御堂太一、水島恒裕、長谷川優子、鈴木淳巨、吉田雪子、田中啓二、山根隆

    第71回日本生化学会中部支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. ケミカル-低炭素生産を可能とするバイオ化学工業プロセス実現のための革新的微生物利用技術開発研究

    2012年2月 - 2013年3月

    戦略的創造研究推進事業 先端的低炭素化技術開発(ALCA) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 1

  1. 含窒素化合物変換酵素群の分子制御による有用物質合成

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

 

担当経験のある科目 (本学) 55

  1. 生化学3及び演習

    2018

  2. 基礎セミナーA

    2018

  3. タンパク質工学

    2018

  4. 基礎セミナーA

    2017

  5. バイオマテリアルセミナー

    2017

  6. タンパク質工学

    2017

  7. タンパク質工学

    2016

  8. 化学生物工学情報概論

    2016

  9. バイオマテリアル基礎論

    2016

  10. バイオマテリアルセミナー

    2016

  11. タンパク質工学

    2015

  12. 化学生物工学情報概論

    2015

  13. 化学実験

    2015

  14. バイオマテリアル基礎論

    2015

  15. バイオマテリアルセミナー

    2015

  16. 物質世界の認識

    2014

  17. 化学生物工学情報概論

    2014

  18. 化学実験

    2014

  19. タンパク質工学

    2014

  20. バイオマテリアル基礎論

    2014

  21. バイオマテリアルセミナー

    2014

  22. バイオマテリアルセミナー

    2013

  23. 化学生物工学情報概論

    2013

  24. 物理化学実験

    2013

  25. 生体高分子構造論

    2013

  26. バイオマテリアル基礎論

    2013

  27. 生物機能工学実験

    2012

  28. 構造生物学

    2012

  29. 化学基礎Ⅱ

    2012

  30. バイオマテリアル基礎論

    2012

  31. 物理化学実験

    2012

  32. 化学生物工学情報概論

    2012

  33. 実験安全学

    2012

  34. バイオマテリアルセミナー

    2012

  35. バイオマテリアル基礎論

    2011

     詳細を見る

    目標:バイオマテリアルとしてのタンパク質の特性とその調製方法を理解する。
    内容:タンパク質の安定性の熱力学的基礎と変性を引き起こす因子、タンパク質のin vivo、in vitroでのフォールディング、大腸菌、酵母、バキュロウイルス、動物細胞、無細胞発現系を用いたタンパク質の発現、クロマトグラフィーを用いたタンパク質の精製法

  36. 構造生物学

    2011

  37. 化学基礎Ⅱ

    2011

  38. 生物機能工学実験

    2011

  39. 物理化学実験

    2011

  40. 化学生物工学情報概論

    2011

  41. バイオマテリアルセミナー

    2011

  42. 化学基礎Ⅱ

    2010

  43. バイオマテリアル基礎論

    2010

  44. 構造生物学

    2010

  45. バイオマテリアルセミナー

    2010

  46. 化学生物工学情報概論

    2010

  47. バイオマテリアルセミナー

    2009

  48. 化学基礎Ⅱ

    2009

  49. 生体分子構造解析学特論

    2009

     詳細を見る

    タンパク質構造情報の重要性、タンパク質の立体構造の解析法の現状、限界と今後の展望、についてトピックスを交え講義する。

  50. 構造生物学

    2009

     詳細を見る

    1.いくつかの重要な生体システムを例にとり、タンパク質の構造と機能の関連を理解する.
    2.タンパク質の立体構造のインターネットを使った入手方法とコンピュータグラフィックスを使った解析方法について演習をおこなう。

  51. 生物機能工学実験

    2009

  52. 化学生物工学情報概論

    2009

  53. 物理化学実験

    2009

  54. 実験安全学

    2008

  55. バイオマテリアルセミナー

    2008

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 10

  1. 生体構造論特別講義

    2021年4月 - 2022年3月 富山県立大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  2. 生体構造論特別講義

    2015年4月 - 2021年3月 富山県立大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  3. 生体構造論特別講義

    2015年4月 - 2016年3月 富山県立大学)

  4. 生体構造論特別講義

    2014年4月 - 2015年3月 富山県立大学)

  5. 生体構造論特別講義

    2013年4月 - 2014年3月 富山県立大学)

  6. タンパク質工学

    2010年4月 - 2011年3月 中部大学)

  7. タンパク質工学

    2009年4月 - 2010年3月 中部大学)

  8. タンパク質工学

    2008年4月 - 2009年3月 中部大学)

  9. タンパク質工学

    2007年4月 - 2008年3月 中部大学)

  10. タンパク質工学

    2006年4月 - 2007年3月 中部大学)

▼全件表示

 

社会貢献活動 2

  1. 東海地区高校化学教育セミナー

    役割:司会, 企画, 運営参加・支援

    日本化学会中部支部  2021年4月 - 2022年3月

  2. 東海地区高校化学教育セミナー

    役割:司会, 企画, 運営参加・支援

    日本化学会中部支部  2016年4月 - 2020年3月