2021/11/16 更新

写真a

イトウ タカシ
伊藤 孝至
ITOH Takashi
所属
大学院工学研究科 化学システム工学専攻 材料化学 准教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 マテリアル工学科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 工学博士 ( 1992年6月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 5

  1. 粉体の形態特性

  2. 粉末冶金プロセス

  3. 熱電発電システム

  4. 熱電モジュール

  5. 熱電変換材料

研究分野 3

  1. その他 / その他  / 無機材料・物性

  2. その他 / その他  / 電子・電気材料工学

  3. その他 / その他  / 構造・機能材料

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 高性能熱電材料の開発

  2. 廃熱利用のための熱電発電用モジュールの開発

  3. 粉末と粉末プロセスに関する定量解析

経歴 11

  1. 名古屋大学大学院工学研究科化学システム工学専攻   准教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 鈴鹿工業高等専門学校  (鉄鋼材料講義担当)   非常勤講師

    2015年10月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 東京理科大学総合研究機構未利用熱エネルギー変換研究部門   客員准教授

    2013年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学大学院工学研究科マテリアル理工学専攻   准教授

    2012年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学エコトピア科学研究所   准教授

    2007年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学エコトピア科学研究所   助教授

    2005年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学エコトピア科学研究機構   助教授

    2004年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 名古屋大学高効率エネルギー変換研究センター   助教授

    2002年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 名古屋大学大学院工学研究科材料プロセス工学専攻   助手

    1997年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 名古屋大学工学部材料プロセス工学科   助手

    1989年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 名古屋大学工学部鉄鋼工学科   助手

    1985年10月 - 1989年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   工学研究科   金属工学および鉄鋼工学

    - 1985年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   工学部   金属

    - 1983年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 12

  1. 日本金属学会   会誌・欧文誌編集委員会査読委員

    2014年4月 - 2020年3月

  2. 日本金属学会

  3. 日本熱電学会   評議員

    2012年9月 - 現在

  4. 粉体粉末冶金協会   技術・品質評価委員会委員長

    2004年4月 - 2020年3月

  5. Materials Research Society

  6. 日本金属学会・鉄鋼協会東海支部   評議員

    2004年4月 - 2014年3月

  7. 粉体粉末冶金協会   理事

    2014年4月 - 現在

  8. 粉体粉末冶金協会   出版編集委員会委員

    2014年4月 - 現在

  9. 粉体粉末冶金協会   評議員

    2012年4月 - 2013年3月

  10. 粉体粉末冶金協会   技術・品質評価委員会委員

    1992年4月 - 2004年3月

  11. 日本学術振興会   先端材料技術第156委員会委員

    1993年4月 - 1998年3月

  12. 粉体粉末冶金協会   参事

    1994年4月 - 現在

▼全件表示

委員歴 3

  1. TC47/WG7国内小委員会 熱電発電デバイスPJ   客員委員  

    2017年2月 - 現在   

  2. 排熱発電コンソーシアム   会長  

    2015年8月 - 2018年7月   

  3. 排熱発電コンソーシアム   特別会員  

    2009年4月 - 現在   

受賞 7

  1. 粉体粉末冶金協会第31回技術進歩賞

    2013年5月   粉体粉末冶金協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 優秀ポスター賞

    2011年12月   日本金属学会・日本鉄鋼協会東海支部  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. Excellent Presentation Award

    2011年12月   EcoTopia Science Institute, Nagoya University  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. 優秀ポスター賞

    2011年11月   日本金属学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  5. Award of Excellence, ATA

    2008年11月   ATA Organizing Comittee  

     詳細を見る

    受賞国:大韓民国

  6. 永井科学技術財団賞「学術賞」

    2001年5月   永井科学技術財団  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  7. 粉体粉末冶金協会第17回研究進歩賞

    1993年3月   粉体粉末冶金協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 149

  1. Fabrication of heterojunction crystalline Si solar cells with BaSi2 thin films prepared by a two-step evaporation method 査読有り

    Yoshihiko Nakagawa, Kazuma Takahashi, Michinobu Fujiwara, Kosuke O. Hara, Kazuhiro Gotoh, Yasuyoshi Kurokawa, Takashi Itoh, Takashi Suemasu, Noritaka Usami

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   60 巻 ( 10 ) 頁: 105503-1 - 105503-6   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.35848/1347-4065/ac23ec

    Web of Science

    その他リンク: https://iopscience.iop.org/article/10.35848/1347-4065/ac23ec/meta

  2. 燃焼合成を利用して作製したMg3+δSb2発泡体の形態と熱電特性 査読有り

    古賀誉史, 伊藤孝至

    粉体および粉末冶金   68 巻 ( 9 ) 頁: 399 - 404   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.2497/jjspm.68.399

  3. 車載用熱電発電材料開発の動向 招待有り 査読有り

    伊藤 孝至

    システム/制御/情報   65 巻 ( 6 ) 頁: 201 - 206   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Quantitative Analysis on Influence of Structural Conditions on Thermoelectric Properties of Tilted Rod-Ni/Mg2Si Composites Based on Finite Element Simulation 査読有り

    Takashi Itoh

    Materials Transactions   62 巻 ( 2 ) 頁: 246 - 251   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2320/matertrans.Y-M2020862

  5. Optimization of Degreasing-Sintering Process for Mg2Si/PLA Mixture and Influences of Additive Amount of Al on Sintered Density and Thermoelectric Performance of Mg2Si Fabricated by the Optimized Process 査読有り

    Takashi Itoh, Takumi Nakano

    MRS Advances   5 巻 ( 10 ) 頁: 459 - 467   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Fused deposition modelling (FDM) type of 3D printing is widely used for manufacturing complex shaped polymer products. Recently, the metal/polymer composite products can be made by 3D printer using metal/polymer composite filament. Now, we are planning to develop a new manufacturing process of the thermoelectric (TE) elements or modules by combining the FDM-type 3D printing and the degreasing-sintering process. In this work, we focused on the degreasing-sintering process of the mixture of Mg2Si and polylactic acid (PLA) powders. Mg2Si compound powder was synthesized by a liquid-solid phase reaction (LSPR) method. The powder mixtures of Mg2Si, Al and PLA were pressed and heated in a pulse discharge sintering (PDS) chamber under a vacuum in various degreasing conditions. Following the degreasing, the sintering of Mg2Si was carried out in the same PDS chamber at various starting sintering temperatures. Sintered density, Seebeck coefficient and electrical resistivity of the consolidated Mg2Si were measured and the power factor as a TE performance was estimated from the TE properties. The optimum conditions of degreasing-sintering process maximizing the sintered density and the TE performance of Al-doped Mg2Si were investigated. Furthermore, the influences of the additive amount of Al on the sintered density and the TE performance of Mg2Si fabricated via the optimized degreasing-sintering process were investigated.

    DOI: 10.1557/adv.2020.87

    DOI: 10.1557/adv.2020.87

    Web of Science

  6. Synthesis of Mg2Si thin film by thermal treatment under inert gas atmosphere and evaluation of film quality 査読有り

    Issei Horiba, Michinobu Fujiwara, Yoshihiko Nakagawa, Kazuhiro Gotoh, Yasuyoshi Kurokawa, Takashi Itoh and Noritaka Usami

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   59 巻   頁: SFFB03-1 - SFFB03-5   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report on the synthesis of Mg2Si thin films from a Mg-Si solution by thermal treatment of Mg on a Si substrate under an Ar gas atmosphere. The Mg was prepared by two methods. One is to deposit Mg films by thermal evaporation, and another is to simply place Mg ribbons on Si. After thermal treatment, a two-layer structure consisting of oxide and ~1 μm-thick Mg2Si films with {100} preferential orientation was observed for the sample prepared by thermal evaporation. On the other hand, ~10 μm-thick single layer Mg2Si with more random orientations and cracks was formed for the Mg ribbon contact samples. Possible mechanisms for different structures, crystal orientations, and crack formation are discussed.

    DOI: 10.35848/1347-4065/ab6b79

    Web of Science

    その他リンク: https://iopscience.iop.org/article/10.35848/1347-4065/ab6b79/meta

  7. 横方向熱電効果を有する Ni/Mg2Si複合材料の熱電特性に関する有限要素シミュレーション解析 査読有り

    伊藤 孝至

    粉体および粉末冶金   66 巻 ( 2 ) 頁: 80-88   2019年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.2497/jjspm.66.80

  8. 有限要素シミュレーションに基づく傾斜棒状Ni/Mg2Si複合材料の熱電特性に及ぼす構造条件の影響に関する定量解析 査読有り

    伊藤 孝至

    粉体および粉末冶金   65 巻 ( 11 ) 頁: 713-718   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2497/jjspm.65.713

  9. Finite Element Simulation on Thermoelectric Performance of Tilted Mg2Si/Ni Multilayer Composites 査読有り

    Takashi Itoh

    J. Jpn Soc. Powder and Powder Metallurgy   65 巻 ( 3 ) 頁: 154-157   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Mg2Si is a promising n-type thermoelectric (TE) material for TE power generation using waste heat with temperature range of 300 to 600oC. Construction of multilayer composites with Mg2Si and metallic material brings anisotropy in TE properties and enhancement in mechanical properties. The transverse TE force is created by giving vertical temperature difference in the tilted anisotropic TE material (transverse TE effect). In this study, the tilted Mg2Si/Ni multilayer composites were focused on, and the influences of the structural conditions on the TE performance were investigated using a finite element simulation (FES). The simulations were carried out using two types of element models of the multilayer composites with different thickness ratio and tilt angle of Mg2Si layer under the same temperature conditions of 500oC (hot side) and 100oC (cold side). The output power of the multilayer composites as a TE performance was calculated from the open-circuit voltage and the internal resistance estimated using FES. The values changed with the thickness ratio and the tilt angle. The optimum structural conditions of thickness ratio and the tilt angle which maximized the output power of the tilted multilayer composites were found out.

    DOI: 10.2497/jjspm.65.154

  10. 有限要素シミュレーションを用いたMg2Si/Ni傾斜積層複合材料の熱電特性および性能の解析 査読有り

    伊藤 孝至

    粉体および粉末冶金   64 巻 ( 9 ) 頁: 501-509   2017年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2497/jjspm.64.501

  11. Cobalt and Iron Doping Effects on Thermoelectric Properties of Higher Manganese Silicides Prepared by Mechanical Milling and Pulse Discharge Sintering 査読有り

    Takashi Itoh, Shinya Uebayashi

    J. Jpn Soc. Powder and Powder Metallurgy   63 巻 ( 7 ) 頁: 491-496   2016年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2497/jjspm.63.491

  12. Influence of Pulverization and CaO Nanoparticles Addition on Thermoelectric Properties and Grain Growth of Mg2Si Based Compound 査読有り

    Takashi Itoh, Akira Tominaga

    Materials Transactions   57 巻 ( 7 ) 頁: 1088-1093   2016年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2320/matertrans.Y-M2016812

  13. Thermoelectric Properties of Al-doped Mg2Si Compounds Prepared via Three Kinds of Process for Grain Refinement 査読有り

    Takashi Itoh, Akira Tominaga

    MRS Advances   1 巻 ( Issue 60 ) 頁: 3989 - 3995   2016年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1557/adv.2016.374

  14. Thermoelectric Properties of Crystal Aligned Higher Manganese Silicide Fabricated by Solidification under Magnetic Field 査読有り

    Kazushige Yamauchi, Takeshi Hagio, Tomoya Mitsuo, Kazuhiko Iwai, Takashi Itoh

    Japanese Journal of Applied Physics   54 巻 ( 11 ) 頁: 117102-1-6   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    MnSi1.73 is a promising p-type thermoelectric material for use in the intermediate-temperature region owing to its high oxidation resistance. Its thermoelectric properties are highly dependent on crystallographic direction and control of crystal alignment is thus important for polycrystalline MnSi1.73. On the other hand, solidification under magnetic fields has been reported to directly yield crystal aligned structures in various alloys. Here, a 3T magnetic field was imposed during solidification of MnSi1.73 for the first time. X-ray diffraction analysis indicated that polycrystalline MnSi1.73 with c-axes aligned perpendicularly to the magnetic field was successfully obtained. The Seebeck coefficient slightly decreased while the electrical conductivity increased more than twofold along the magnetic field direction compared with those of the sample solidified without the magnetic field, which reflected the trend of a single crystal. The power factor reached a maximum of 2.09×10-4 W m-1K-2 at 771 K; however, this was about one-fifth of that of a single crystal. Improvement in electrical conductivity by prevention of crack formation shall realize high performance expected from the crystal aligned structure.

    DOI: 10.7567/JJAP.54.117102

  15. Mg2Si系化合物の熱電特性と粒成長に及ぼす粉砕とCaOナノ粒子添加の影響 査読有り

    伊藤 孝至, 富永 彰

    粉体および粉末冶金   62 巻 ( 3 ) 頁: 114-119   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. 粉末冶金プロセスを用いた環境調和型シリサイド系熱電変換材料の開発 招待有り 査読有り

    伊藤 孝至

    粉体および粉末冶金   61 巻 ( 11 ) 頁: 514-520   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  17. Design of Segmented Thermoelectric Generator Based on Cost-effective and Light-weight Thermoelectric Alloys 査読有り

    Hee Seok Kim, Keiko Kikuchi, Takashi Itoh, Tsutomu Iida, Minoru Taya

    Materials Science and Engineering B   185 巻   頁: 45-52   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A segmented thermoelectric (TE) generator was designed with higher temperature segments composed of n-type Mg2Si and p-type higher manganese silicide (HMS) and lower temperature segments composed of n- and p-type Bi-Te based compounds. Since magnesium and silicon based TE alloys have low densities, they produce a TE module with a high specific power density that is suitable for airborne applications. A two-pair segmented π-shaped TE generator was assembled with low contact resistance materials across bonding interfaces. The peak specific power density of this generator was measured at 42.9 W/kg under a 498 oC temperature difference, which has a good agreement with analytical predictions.

    DOI: 10.1016/j.mseb.2014.02.005

  18. 液相‐固相反応法とパルス放電焼結法を用いて作製したMg2Siの焼結性と熱電特性に及ぼすAl添加の影響 査読有り

    伊藤 孝至, 富永 彰

    粉体および粉末冶金   61 巻 ( 6 ) 頁: 324-328   2014年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Influence of Aluminum Addition on Thermoelectric Performance of Mg2Si Compound under Air Exposure with Temperature Difference 査読有り

    T. Itoh, A. Tominaga

    Mater. Res. Soc. Symp. Proc.   1642 巻   頁: Online mrsf13-1642-bb03-11   2014年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1557/opl.2014.446

  20. Design of Linear Shaped Thermoelectric Generator and Self-integration Using Shape Memory Alloy 査読有り

    Hee Seok Kim, Takashi Itoh, Tsutomu Iida, Minoru Taya, Keiko Kikuchi

    Materials Science and Engineering B   183 巻   頁: 61-68   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.mseb.2013.11.012

  21. 半導体機器用Cr-Cu材ヒートシンクの焼結条件と溶浸性の関係 査読有り

    寺尾星明, 小日置英明, 太田裕樹, 伊藤孝至, 金武直幸

    粉体および粉末冶金   60 巻 ( 8 ) 頁: 367-372   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. 液相-固相反応法で合成したMg2Si系化合物の焼結性と熱電特性に及ぼすMg仕込量とB添加量の影響 査読有り

    富永 彰, 伊藤 孝至

    粉体および粉末冶金   60 巻 ( 8 ) 頁: 354-359   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Influence of Addition of Alumina Nanoparticles on Thermoelectric Properties of Higher Manganese Silicide 査読有り

    T. Itoh, N. Ono

    Mater. Res. Soc. Symp. Proc.   1490 巻   頁: Online mrsf12-1490-b09-31   2013年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1557/opl.2012.1644

  24. Influence of Addition of Alumina Nanoparticles on Thermoelectric Properties of La-filled Skutterudite CoSb3 Compounds 査読有り

    T. Itoh, M. Matsuhara

    Materials Transactions   53 巻 ( 10 ) 頁: 1801-1805   2012年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Development of Cr-Cu Heat-sink(J-C'CREP®) for Semiconductor Device 査読有り

    H. Terao, H. Kobiki, H. Ota, K. Tanabe, T. Itoh, N. Kanetake

    Proc. 2012 Powder Metallurgy World Congress & Exhibition (PM2012)     頁: CD-ROM 16F-T14-13   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  26. Development of Eco-Friendly Thermoelectric Silicide Compounds and Modules for Energy Harvesting 査読有り

    T. Itoh, K. Nishigata

    Proc. 2012 Powder Metallurgy World Congress & Exhibition (PM2012)     頁: CD-ROM 16E-S1-15   2012年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  27. Effects of Heavy Element Substitution on Electric Structure and Lattice Thermal Conductivity of Fe2VAl Thermoelectric Material 査読有り

    Y. Terazawa, M. Mikami, T. Itoh, T. Takeuchi

    J. Electronic Materials   41 巻 ( 6 ) 頁: 1348-1353   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11664-011-1862-z

  28. Thermoelectric Properties of Mg2Si-Based Compounds Synthesized Partially Using Magnesium Alloy 査読有り

    T. Itoh, K. Hagio

    AIP Conf. Proc.   1449 巻   頁: 207-210   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Mg2Si compounds are promising eco-friendly thermoelectric materials because both constituent elements of Mg and Si have no toxicity and exist richly in earth crust. We have a plan to use the compounds in the applications that convert waste heat in the temperature range (600-900 K) into electric power. However, the thermoelectric performance of the compounds has not yet reached to the practical use level. In addition, the compounds don't have durability in the thermoelectric performance under atmospheric circumstances in the temperature range of 750-900 K. These issues have to be solved for the practical use. In our previous work, we obtained knowledge that Al doping in Mg2Si lower the electrical resistivity and improved the thermoelectric performance. We newly attempted to use a magnesium alloy (AZ61) that includes the main three elements of aluminum (5.8-7.2 wt%), zinc (0.4-1.5 wt%) and manganese (0.15-0.35 wt%) in order to synthesize the Mg2Si-based compounds. The Mg2Si-based compound powders were synthesized from the mixture of silicon powder, AZ61 chips and Mg powder by the liquid-solid phase reaction method. The compound powders were sintered by the pulse discharge sintering method. The influence of mixing ratio of two metals of AZ61 and pure Mg on the thermoelectric properties was investigated. Addition of AZ61 greatly decreased the electrical resistivity as well as Al-doped Mg2Si and the thermoelectric performance had improved most in the 50wt%AZ61 sample.

    DOI: 10.1063/1.4731533

  29. 粉砕とパルス放電焼結を組合わせた方法による高マンガンシリサイドの合成とその熱電特性

    伊藤孝至

    日本熱電会誌   8 巻 ( 3 ) 頁: 18-21   2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  30. Fe2VAlの電子構造と熱電物性における重元素部分置換効果 査読有り

    寺澤祐一,三上祐史,伊藤孝至,竹内恒博

    日本金属学会誌   76 巻 ( 3 ) 頁: 216-221   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Development of Thermal Rectifier Using Unusual Electron Thermal Conductivity 査読有り

    R. Nakayama, T. Itoh, T. Takeuchi

    Proc. International Symposium on EcoTopia Science 2011     頁: 173   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  32. Synthesis of Ti-doped Higher Manganese Silicide by Pulse Discharge Sintering 査読有り

    N. Ono, T. Itoh

    Proc. International Symposium on EcoTopia Science 2011     頁: 236   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  33. Thermoelectric Properties of Mg2Si-Based Compounds Synthesized Using Three Kinds of Magnesium Alloy 査読有り

    K. Hagio, T. Itoh

    Proc. International Symposium on EcoTopia Science 2011     頁: 235   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  34. Effect of Filling of Mg and Addition of Alumina Nanoparticles on Thermoelectric Properties of N-type La Filled CoSb3 Compounds 査読有り

    M. Matsuhara, T. Itoh

    Proc. International Symposium on EcoTopia Science 2011     頁: 237   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  35. Synthesis of β-Zn4Sb3 Thermoelectric Nanoparticles by Reaction of Synthesized Sb Nanoparticles and Molten Zn 査読有り

    T. Maruyama, T. Itoh

    Proc. International Symposium on EcoTopia Science 2011     頁: 234   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  36. Solidification of MnSi1.73 in A Magnetic Field 査読有り

    T. Mitsuo, K. Iwai, T. Itoh

    Proc. International Symposium on EcoTopia Science 2011     頁: 43   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  37. Thermoelectric Properties of n-type La-Mg Double Filled CoSb3 Compounds Synthesized by MA-PDS 査読有り

    T. Maruyama, T. Itoh

    Proc. International Symposium on Materials Science and Innovation for Sustainable Society   2 巻   頁: 15-16   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  38. Synthesis of Higher Manganese Silicide and It's Thermoelectric Property 査読有り

    N. Ono, T. Itoh

    Proc. International Symposium on Materials Science and Innovation for Sustainable Society   2 巻   頁: 11-12   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  39. Thermoelectric Properties and Durability of Mg2Si-Based Compounds Synthesized Using Magnesium Alloy 査読有り

    K. Hagio, T. Itoh

    Proc. International Symposium on Materials Science and Innovation for Sustainable Society   2 巻   頁: 13-14   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  40. Thermoelectric Properties of Mg2Si-based Compounds Synthesized Partially Using Magnesium Alloy 査読有り

    T. Itoh, K. Hagio

    Proc. 9th European Conference on Thermoelectrics     頁: CD-ROM B_39_P   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  41. Development of Thermal Rectifier Usable at High Temperature 査読有り

    T. Takeuchi, H. Goto, Y. Toyama, T. Itoh, M. Mikami

    J. Electronic Materials   40 巻 ( 5 ) 頁: 1129-1135   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Thermoelectric Properties of Carbon Nanotubes Added n-type CoSb3 Compound 査読有り

    T. Itoh, M. Tachikawa

    Mater. Res. Soc. Symp. Proc.   1314 巻   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1557/opl.2011.515

  43. Synthesis of Bi2Te3 Nanosheets using Polyol Process 査読有り

    S. Nishiwaki, T. Itoh

    IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   18 巻   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1757-899X/18/14/142009

  44. Thermoelectric Properties of Carbon Nanotubes Added n-type CoSb3 Compound

    T. Itoh and M. Tachikawa

    2010 MRS Fall Meeting Abstracts     頁: CD-ROM ID:911936   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  45. Fabrication and Thermoelectric Properties of Eco-Friendly Silicides for Thermoelectric Power Generation Using Waste Heat 査読有り

    T. Itoh

    Transactions of JWRI   39 巻 ( 2 ) 頁: 276-278   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Synthesis of Bi2Te3 Nanosheets Using Polyol Process 査読有り

    S. Nishiwaki and T. Itoh

    3rd International Congress on Ceramics Abstracts     頁: CD-ROM, S9C-P019   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  47. Fabrication and Thermoelectric Properties of Eco-Friendly Silicides for Thermoelectric Power Generation Using Waste Heat 査読有り

    T. Itoh

    The International Symposium on Advanced Materials Development and Integration of Novel Structured Metallic and Inorganic Materials Proc.     頁: 283-284   2010年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  48. Synthesis of Thermoelectric Bi-Sb Alloy by Liquid-Solid Phase Reaction Method 査読有り

    S. Nishiwaki and T. Itoh

    29th International Conference on Thermoelectric Abstracts     頁: 191   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  49. Effect of Silicon Content on Thermoelectric Properties of Higher Manganese Silicide Compounds Prepared by Mechanical Grinding and Pulse Discharge Sintering

    T. Itoh and M. Yoshikura

    29th International Conference on Thermoelectric Abstracts     頁: 165   2010年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  50. MG-PDS法で合成した高マンガンシリサイド化合物の熱電特性 査読有り

    吉倉 雅晶,伊藤 孝至

    粉体および粉末冶金   57 巻 ( 4 ) 頁: 242-246   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. 修正ポリオールプロセスによる熱電Bi-Sb合金のナノ粒子合成 査読有り

    田中 裕介, 伊藤 孝至

    粉体および粉末冶金   57 巻 ( 4 ) 頁: 252-256   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. パルス放電焼結法によって作製したn型CoSb3化合物の熱電特性に及ぼすアルミナナノ粒子添加の影響 査読有り

    太刀川雅史, 伊藤孝至

    高温学会誌   36 巻 ( 2 ) 頁: 85-89   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Development of Materials and Modules for Thermoelectric Power Generation Recovering Waste Heat 招待有り

    T. Itoh

    Abstracts of The 15th ATA Symposium (International Green Energy Conference)     頁: L-06   2009年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    The waste heat with intermediate temperature (300-600 oC) is discharged from many kinds of combustion systems, and the thermoelectric power generation is the most effective means for its recovery. Thus, the developments of the thermoelectric materials and modules working effectively in this temperature range are required. We developed the thermoelectric materials and modules for the thermoelectric power generation recovering the waste heat

  54. Syntheses of Ni-doped and Fe-doped CoSb3 Thermoelectric Nanoparticles through Modified Polyol Process 査読有り

    T. Itoh and K. Isogai

    Mater. Res. Soc. Symp. Proc.   1166 巻   頁: 135-140   2009年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Skutterudite CoSb3 compounds are of increasing interest as materials with good thermoelectric performance over the temperature range of 600 to 800 K, but the thermal conductivity of the materials is relatively high. Nanostructured materials have been shown to enhance phonon scattering and lower the thermal conductivity of the thermoelectric materials. Partial substitution of Ni or Fe on the Co site of CoSb3 is a hopeful route for improving thermoelectric performance of the CoSb3 compounds. In the present work, synthesis of Ni-doped and Fe-doped CoSb3 nanoparticles through the modified polyol process was attempted and the optimum synthesizing condition was investigated. Co(OOCH3)2·4H2O, Ni(OOCH3)2·4H2O, FeCl3·6H2O and SbCl3, were prepared as precursors. The precursors were reduced by NaBH4 in tetraethyleneglycol at 513 K in an argon atmosphere, for different reaction times (holding times). The reaction products were characterized by the X-ray diffraction, the energy dispersive X-ray spectroscopy, and transmission electron microscopy. The nanoparticles with about 20 to 30 nm in size mainly existed in the reaction products regardless of the chemical composition and the reaction time. The skutterudite phase was identified as a main phase in the sample synthesized for long reaction time, but the other phases of Sb and MSb2 (M=Co, Ni, Fe) were also detected. The lattice parameter of the synthesized skutterudite phase linearly increased with increasing the doping agent concentration, following Vegard's law.

  55. Synthesis of thermoelectric Bi-Sb alloy nanoparticles 査読有り

    Y. Tanaka, T. Itoh

    Abstracts of R'09 Twin World Congress     頁: 78   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Binary Bi-Sb alloy is a material with an excellent thermoelectric performance in the low temperature region below 0 oC. It is a hopeful candidate material for thermoelectric power conversion using cold heat resource. Bi-Sb alloy is a complete solid solution. However, its synthesis is difficult in the fusion method due to gravity segregation, and its single crystal is very brittle. No segregation, high mechanical strength and low thermal conductivity are required for the thermoelectric Bi-Sb alloy. These properties can be achieved by making up a polycrystalline body from nanosized Bi-Sb alloy particles. In this study, we attempted to synthesize the nanoparticles of thermoelectric Bi-Sb alloy through a modified polyol process. Two kinds of materials, Bi( NO3)3.5H2O (1mmol) and SbCl3 (1mmol) were dissolved in tetraethyleneglycole (TEG, 20ml) as a solvent by sonicating. After the solution was bubbled with Ar gas and strongly agitated at room temperature, a reducing agent NaBH4 (320 mg) dissolved in TEG (10 ml) was added slowly, and the Bi-Sb alloy was synthesized by heating to 180 oC in Ar gas. The synthesized particles in the solution were settled by centrifugation, washed with ethanol and TEG, and dried under a vacuum. The syntheses of Bi-Sb alloy nanoparticles were also attempted in various experimental conditions. The reaction products were characterized by X-ray diffraction (XRD), and transmission electron microscopy (TEM). A single phase of Bi-rich Bi-Sb alloy was identified by XRD analysis. Agglomerate of the Bi-Sb alloy particles with nano-order size were confirmed by TEM observation.

  56. Synthesis of Higher Manganese Silicide by Pulse Discharge Sintering Method 査読有り

    M. Yoshikura, T. Itoh

    Abtsracts of R'09 Twin World Congress Nagoya Venue     頁: 98   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Higher manganese silicide (HMS) is a promising thermoelectric material available to thermoelectric power generation using the disposed heat resources of 500 to 900K. Since both of Mn and Si as constituent elements in the manganese silicide are harmless and they exist in abundance as mineral resources, the manganese silicide can become a low-cost thermoelectric material with low-environmental load. Though combination of mechanical alloying (MA) and pulse discharge sintering (PDS), that is a conventional method, may be an effective method for synthesizing HMS compound, difference of loss ratios of Mn and Si during MA process causes problems of composition shifts and poor reproductivity. In this study, a new synthesizing method of HMS was attempted. Mn and Si powders (75μm, 99.9%) were individually ground by mechanical grinding (MG) with a planetary ball milling equipment at 400 rpm for 1h. The ground powders with particle size of 44μm or less were collected by sieving. The collected Mn and Si powders were mixed at the molar ratio of 1:1.73 (a composition ratio of HMS) with a rotary blender at 75 rpm for 1h. HMS compound was synthesized from the mixed powder and simultaneously sintered by PDS at 1173K for 15 min under 60 MPa. From XRD analysis of the material consolidated by the new method, HMS phase was detected as a main phase, but MnSi phase was also detected as well as the material obtained by the conventional method. The synthesis was carried out under various experimental conditions, and thermoelectric properties were measured.

  57. Influence of Carbon Nanotube Addition on Thermoelectric Properties of Skutterudite-type Cobalt Antimonide Compound 査読有り

    M. Tachikawa, T. Itoh

    Abstracts of R'09 Twin World Congress Nagoya Venue     頁: 98   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Skutterudite-type cobalt antimonide compounds are well known as materials with good thermoelectric properties over temperature range of 300-600 oC. However, their thermal conductivity is relatively high, and lowering of the thermal conductivity is required for further improving thermoelectric performance. This study aims at lowering the lattice thermal conductivity by the phonon scattering induced from dispersing uniformly carbon nanotubes (CNTs) into the cobalt tri-antimonide compound. Powders of Co, Ni, Sb and Te were blended with molar ratios of n-type Co0.92Ni0.08Sb2.96Te0.04 compound, and the compound was synthesized through a pulse discharge sintering (PDS) process. After coarsely grinding the synthesized compound, CNTs were added into the compound powder at different fraction, and then the mixture was mechanically ground with a planetary ball milling equipment. The composite powder obtained by the mechanical grinding (MG) was compacted and sintered by PDS. Dispersion condition of CNTs was observed by scanning electron microscopy (SEM). Thermoelectric properties (Seebeck coefficient, electrical resistivity and thermal conductivity) of the sintered samples were measured. It was confirmed by SEM observation that the fibriform CNTs existed uniformly in the Co0.92Ni0.08Sb2.96Te0.04 compound matrix. The addition and dispersion of CNTs into the compound decreased the thermal conductivity, but increased the electrical resistivity.

  58. Synthesis of Thermoelectric Manganese Silicide by Mechanical Alloying and Pulse Discharge Sintering 査読有り

    T. Itoh and M. Yamada

    J. Electronic Materials   38 巻 ( 7 ) 頁: 925-929   2009年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Manganese silicide is a candidate for low-cost thermoelectric materials with low-environmental load. In this research, MnSi1.73 compound was studied as a thermoelectric material available for the thermoelectric power generation using waste heat. Manganese and silicon powders were mechanically alloyed under three different conditions (at 200 rpm for 36 ks, at 400 rpm for 3.6 ks and at 400 rpm for 36 ks) with a planetary ball milling equipment. Then, the mechanical alloyed powder was consolidated by a pulse discharge sintering process. Phases of MnSi1.73 (primary phase) and MnSi were synthesized in mechanical alloying and pulse discharge sintering. Thermoelectric properties were dependent on the mechanical alloying condition. The sample mechanically alloyed at 400 rpm for 3.6 ks had the best thermoelectric performance. The maximum dimensionless figure of merit ZT of 0.47 was achieved at 873K.

  59. Thermoelectric Properties of Al-doped Mg2Si Compounds Prepared by Liquid-Solid Phase Reaction and Pulse Discharge Sintering 査読有り

    T. Itoh, M. Matsuno

    Abstracts of ICT2009     頁: 187   2009年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    Dimagnesium silicide is a candidate for thermoelectric materials available for the thermoelectric power generation using waste heat. This material has advantages of the constituent elements in abundance in the earth's crust and of the nontoxicity of its processing by-products as an environmental symbiosis thermoelectric semiconductor. Mg2Si Compounds doped with Al from 0 to 0.2 mol% were synthesized from Al, Mg and Si powders by a liquid-solid phase reaction method. The compounds were sintered through a pulse discharge sintering process. Influence of Al content on thermoelectric properties of Mg2Si compounds was investigated. Although Al-doping decreased the absolute value of Seebeck coefficient and increased the thermal conductivity, it drastically decreased the electrical resistivity. The maximum dimensionless figure of merit of 0.47 at 509 oC was achieved in Mg2Si doped with 0.2 mol% Al.

  60. Syntheses of Ni-doped and Fe-doped CoSb3 Thermoelectric Nanoparticles through Modified Polyol Process 査読有り

    T. Itoh, K. Isogai

    Abstracts of 2009 MRS Spring Meeting   CD-ROM 巻   頁: N3.16   2009年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    Skutterudite CoSb3 compounds are of increasing interest as materials with good thermoelectric performance over the temperature range of 600 to 800 K, but the thermal conductivity of the materials is relatively high. Nanostructured materials have been shown to enhance phonon scattering and lower the thermal conductivity of the thermoelectric materials. We have investigated about the synthesis of binary CoSb3 nanoparticles through a modified polyol process. Partial substitution of Ni or Fe on the Co site of CoSb3 is a hopeful route for improving thermoelectric performance of the CoSb3 compounds. In the present work, synthesis of Ni-doped and Fe-doped CoSb3 nanoparticles through the modified polyol process was attempted and the optimum synthesizing condition was investigated. Co(OOCH3)2.4H2O, Ni(OOCH3)2.4H2O, FeCl3 and SbCl3, were prepared as precursors. The precursors were reduced by NaBH4 in tetraethyleneglycol at 513 K in argon gas, for different reaction time (holding time). The reaction products were characterized by the X-ray diffraction, the energy dispersive X-ray spectroscopy, and transmission electron microscopy. The nanoparticles with about 20 to 30 nm in size mainly existed in the reaction products regardless of the chemical composition and the reaction time. The skutterudite phase was identified as a main phase in the sample synthesized for long reaction time, but the other phases of Sb and MSb2 (M=Co, Ni, Fe) were also detected. The lattice parameter of the synthesized skutterudite phase linearly increased with increasing the doping agent concentration, following Vegard's law.

  61. 新たな手法による熱電発電用モジュールの作製とその特性評価 査読有り

    生田裕二,伊藤孝至

    粉体および粉末冶金   56 巻 ( 1 ) 頁: 30-34   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. 圧縮ねじり成形法によるBi-Sb-Te系熱電材料の固化と組織制御 査読有り

    伊藤孝至, 門井 崇, 金武直幸

    日本金属学会誌   73 巻 ( 1 ) 頁: 1-6   2009年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. 液相-固相反応法によるマグネシウムシリサイド化合物の合成とその熱電特性 査読有り

    松野光晴, 伊藤孝至

    粉体および粉末冶金   56 巻 ( 1 ) 頁: 26-29   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Thermoelectric Properties of Sintered Bodies Made of Synthesized CoSb3 Nanoparticles

    K. Isogai and T. Itoh

    Abstracts of The IUMRS International Coference in Asia 2008     頁: CD-ROM UP-10   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    CoSb3 based skutterudite compounds are the promising thermoelectric materials that have relatively good thermoelectric properties with respect to the Seebeck
    coefficient and the electrical resistivity over temperature range of 600-800 K. The high thermal conductivity of the materials, however, prevents from achieving high thermoelectric performance. Superfine
    grain structure made by sintering superfine particles is expected to lower the thermal conductivity by phonon scattering. In our previous work, we have reported the CoSb3 nanoparticles synthesis via a modified polyol process. In the present work, we focused at investigating the thermoelectric properties of the sintered bodies made of the synthesized CoSb3 nanoparticles. The CoSb3 nanoparticles were synthesized via the modified polyol process. Two reactants Co(OOCH3)2·4H2O and SbCl3 were mixed
    at a stoichiometric mole ratio of 1:3, and were reacted with a reducing agent NaBH4 in a solvent tetraethyleneglycol at 513 K. Then, the reaction products were sintered into bulk samples by a pulse discharge
    sintering (PDS) under several operating conditions. The synthesized nanoparticles and the sintered samples were
    characterized with respect to the synthesized phases, the particle size and the grain size. The Seebeck coefficient, the electrical resistivity and the thermal conductivity of the sintered samples were also measured. The nanoparticles with size about 20 to 30 nm mainly existed in the reaction products. The CoSb3 phase was identified, but the other phases of Sb and CoSb2 were also detected. It was found
    that the synthesis of CoSb3 is promoted by PDS process. In the sample sintered at 853K for 15min under 60MPa, the grains with size about 200nm mainly existed together with several tens nanometer sized grains. The thermal conductivity of the fine grain sized sample was sufficiently reduced compared with that of the sample
    synthesized and sintered by only PDS process.

  65. The effect of the sintering conditions and addition of fullerene on thermoelectric properties of Mg2Si

    M. Matsuno and T. Itoh

    Abstracts of The IUMRS International Coference in Asia 2008     頁: CD-ROM UP-9   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Magnesium silicide (Mg2Si) is a promising material for thermoelectric energy conversion at intermediate temperature range. This material has advantages of the abundance of its constituent elements in the earth's crust and of the nontoxicity of its processing by-products as an environmentally friendly thermoelectric semiconductor. However, there are few research reports about this material for improving thermoelectric performance because of difficulty of its synthesis. In this study, Mg2Si was synthesized from Mg and Si by a liquid-solid phase reaction (LSPR) method, which is effective in synthesizing a compound from the two elements having sufficiently different melting points. The powder synthesized by LSPR method was compacted and then sintered by a pulse discharge sintering (PDS) process. All sintered samples indicated the nature of n-type semi-conductor over a measuring temperature range. The power factor of the sintered sample was, however, strongly affected by the sintering temperature and/or the sample density. The sample sintered at 1003 K for 30 min under 60MPa had the maximum power factor of about 0.11×10-2 mWm-1K-2 at 464 K. Mg2Si powder was mixed with fullerene by a planetary ball milling method, and then sintered by PDS process. In the samples sintered under the same sintering condition, the power factor decreased with fullerene addition, because the electrical resistivity considerably increased and/or the sample density decreased. It will be necessary to optimize the sintering conditions for attaining an effective result about the fullerene addition.

  66. Fabrication of Thermoelectric Module by A New Manufacturing Process and Its Performance

    Y. Ikuta and T. Itoh

    Abstracts of The IUMRS International Coference in Asia 2008     頁: CD-ROM UP-8   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    In the conventional production of the thermoelectric modules, process automation is difficult since the thermoelectric elements are produced by slicing only one at a time and the assembly of thermoelectric modules requires placement and attachment of the individual, and sometimes very small, thermoelectric elements. This leads to high production cost. Thus, new processing methods will be required for cost-effectively producing compact thermoelectric modules with a multitude of thermoelectric couples. In the present work, a new manufacturing process was attempted for producing the thermoelectric modules, and performances of the modules were evaluated. Powders of the p-type FeCo3Sb12 and the n-type Co0.92Ni0.08Sb2.96Te0.04 compounds were alternately filled into 4x4 square holes of an insulating mold. The powders in the holes were compacted and sintered simultaneously at 900 K in vacuum for 20 min under the isostatic pressure of 60 MPa. In sintering, a pseudo hot isostatic pressing (pseudo HIP) method, in which one-directional load is transmitted isostatically to the sample through the alumina powder filled around the sample, were used to prevent the mold from breaking. The sintered elements in the mold were electrically connected in series using silver paste. Then, a thermoelectric module was constructed by parallel sandwiching the mold with glass plates of 0.5mm in thickness. The hot side of the module was heated up to 796 K, and the cold side was
    cooled by water. Under this condition, the thermoelectric performance was evaluated. The maximum open voltage was 561 mV at the maximum temperature difference of 356 K, and the internal resistance in the module was 1.74 Ω. In this case, the output power of 50.1 mW was obtained and the power density of 51.1 mW/cm2 was estimated. The value of output power was less than that of the theoretical calculation. This can be attributed to the high internal resistance due to the low sintering density of each thermoelectric element.

  67. Thermoelectric Properties of Sintered Bodies Made of Synthesized CoSb3 Nanoparticles

    K. Isogai and T. Itoh

    Abstracts of The IUMRS International Coference in Asia 2008     頁: CD-ROM UP-10   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    CoSb3 based skutterudite compounds are the promising thermoelectric materials that have relatively good thermoelectric properties with respect to the Seebeck coefficient and the electrical resistivity over temperature range of 600-800 K. The high thermal conductivity of the materials, however, prevents from achieving high thermoelectric performance. Superfine grain structure made by sintering superfine particles is expected to lower the thermal conductivity by phonon scattering. In the present work, we focused at investigating the thermoelectric properties of the sintered bodies made of the synthesized CoSb3 nanoparticles. The CoSb3 nanoparticles were synthesized via the modified polyol process. Two reactants Co(OOCH3)2·4H2O and SbCl3 were mixed at a stoichiometric mole ratio of 1:3, and were reacted with a reducing agent NaBH4 in a solvent tetraethyleneglycol at 513 K. Then, the reaction products were sintered into bulk samples by a pulse discharge sintering (PDS) under several operating conditions. The nanoparticles with size about 20 to 30 nm mainly existed in the reaction products. The CoSb3 phase was identified, but the other phases of Sb and CoSb2 were also detected. It was found that the synthesis of CoSb3 is promoted by PDS process. In the sample sintered at 853K for 15min under 60MPa, the grains with size about 200nm mainly existed together with several tens nanometer sized grains. The thermal conductivity of the finegrain sized sample was sufficiently reduced compared with that of the sample synthesized and sintered by only PDS process.

  68. Fabrication of Thermoelectric Module by A New Manufacturing Process and Its Performance

    Y. Ikuta and T. Itoh

    Abstracts of The IUMRS International Coference in Asia 2008     頁: CD-ROM UP-8   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    In the conventional production of the thermoelectric modules, process automation is difficult since the thermoelectric elements are produced by slicing only one at a time and the assembly of thermoelectric modules requires placement and attachment of the individual, and sometimes very small, thermoelectric elements. This leads to high production cost. Thus, new processing methods will be required for cost-effectively producing compact thermoelectric modules with a multitude of thermoelectric couples. In the present work, a new manufacturing process was attempted for producing the thermoelectric modules, and performances of the modules were evaluated. Powders of the p-type FeCo3Sb12 and the n-type Co0.92Ni0.08Sb2.96Te0.04 compounds were alternately filled into 4x4 square holes of an insulating mold. The powders in the holes were compacted and sintered simultaneously at 900 K in vacuum for 20 min under the isostatic pressure of 60 MPa. In sintering, a pseudo hot isostatic pressing (pseudo HIP) method were used to prevent the mold from breaking. The sintered elements in the mold were electrically connected in series using silver paste. Then, a thermoelectric module was constructed by parallel sandwiching the mold with glass plates of 0.5mm in thickness. The hot side of the module was heated up to 796 K, and the cold side was cooled by water. The maximum temperature difference between the hot and cold sides was 356 K. The maximum open voltage was 561 mV at the maximum temperature difference of 356 K, and the internal resistance in the module was 1.74 . The output power of 50.1 mW was obtained and the power density of 51.1 mW/cm2 was estimated. The value of output power was less than that of the theoretical calculation. This can be attributed to the high internal resistance due to the low sintering density of each thermoelectric element.

  69. The effect of the sintering conditions and addition of fullerene on thermoelectric properties of Mg2Si

    M. Matsuno and T. Itoh

    Abstracts of The IUMRS International Coference in Asia 2008     頁: CD-ROM UP-9   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Magnesium silicide (Mg2Si) is a promising material for thermoelectric energy conversion at intermediate temperature range. This material has advantages of the
    abundance of its constituent elements in the earth's crust and of the nontoxicity of its processing by-products as an environmentally friendly thermoelectric semiconductor. However, there are few research reports about this material for improving thermoelectric performance because of difficulty of its synthesis. In this study, Mg2Si was synthesized from Mg and Si by a liquid-solid phase reaction (LSPR) method, which is effective in synthesizing a compound from the two elements having sufficiently different melting points. Firstly, the influence of sintering conditions on the thermoelectric properties of Mg2Si was investigated. The powder synthesized by LSPR method was compacted and then sintered by a pulse discharge sintering (PDS) process. Thermoelectric properties, that is, Seebeck coefficient, electrical resistivity and thermal conductivity of each sintered sample were measured at temperature of 300 to 900 K. All sintered samples indicated the nature of n-type semiconductor over a measuring temperature range. The power factor of the sintered sample was, however, strongly affected by the sintering temperature and/or the sample density. The sample sintered at 1003 K for 30 min under 60MPa had the maximum power factor of about 0.11×10-2 mWm-1K-2 at 464 K. This value is higher than the previous report. Secondly, we attempted to add and disperse the fullerene nanoparticles into Mg2Si compound for lowering the thermal conductivity according to the knowledge obtained in our previous work. Mg2Si powder was mixed with fullerene by a planetary ball milling method, and then sintered by PDS process. In the samples sintered under the
    same sintering condition, the power factor decreased with fullerene addition, because the electrical resistivity considerably increased and/or the sample density decreased.

  70. Synthesis of Co1-xNixSb3 Thermoelectric Nanoparticles

    K. Isogai, T. Itoh and K. Kitagawa

    Abstracts of The 14th International Symposium on Advanced Technology and Applications (ATA)     頁: 42   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Cobalt-antimony skutterudite compounds have a relatively high power factor over a temperature range of 600 to 800 K, but its thermal conductivity is relatively high. Nanostructuring is expected to lower the lattice thermal conductivity by grain boundary phonon scattering, improving the thermoelectric performance of the materials. Partial substitution of Ni on the Co site of CoSb3 is a hopeful route for obtaining n-type CoSb3-based skutterudite. In the present work, synthesis of Co1-xNixSb3 thermoelectric nanoparticles by the modified polyol process was attempted and the optimum synthesizing condition was investigated. Co(OOCH3)2&#903;4H2O, Ni(OOCH3)2&#903;4H2O and SbCl3 were mixed at the desired composition of x<0.1, and they were reduced by NaBH4 in tetraethyleneglycol at 513 K in an atmosphere of argon gas, for different reaction time (holding time). The nanoparticles of sizes ranging from about 20 to 30 nm mainly existed in the reaction products regardless of the composition and the reaction time. The skutterdite phase is identified as the main phase in the sample synthesized for the longer reaction time, but the other phases of Sb and MSb2 (M=Co, Ni) are also detected. The lattice constant of the synthesized skutterudite phase was almost linearly increased with Ni content. This is in good agreement with the Vegard's law.

  71. Synthesis of Co1-xNixSb3 Thermoelectric Nanoparticles 査読有り

    K. Isogai, T. Itoh and K. Kitagawa

    Abstracts of The 14th International Symposium on Advanced Technology and Applications (ATA)     頁: 42   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Cobalt-antimony skutterudite compounds have a relatively high power factor over a temperature range of 600 to 800 K, but its thermal conductivity is relatively high. Nanostructuring is expected to lower the lattice thermal conductivity by grain boundary phonon scattering, improving the thermoelectric performance of the materials. In our previous work, we have reported about the synthesis of p-type CoSb3 nanoparticles via a modified polyol process. Partial substitution of Ni on the Co site of CoSb3 is a hopeful route for obtaining n-type CoSb3-based skutterudite. In the present work, synthesis of Co1-xNixSb3 thermoelectric nanoparticles by the modified polyol process was attempted and the optimum synthesizing condition was investigated. Co(OOCH3)2&#903;4H2O, Ni(OOCH3)2&#903;4H2O and SbCl3 were mixed at the desired composition of x<0.1, and they were reduced by NaBH4 in tetraethyleneglycol at 513 K in an atmosphere of argon gas, for different reaction time (holding time). The reaction products were characterized by the X-ray diffraction, the energy dispersive X-ray spectroscopy, and transmission electron microscopy.The nanoparticles of sizes ranging from about 20 to 30 nm mainly existed in the reaction products regardless of the composition and the reaction time. The skutterdite phase is identified as the main phase in the sample synthesized for the longer reaction time, but the other phases of Sb and MSb2 (M=Co, Ni) are also detected. The lattice constant of the synthesized skutterudite phase was almost linearly increased with Ni content. This is in good agreement with the Vegard's law.

  72. Synthesis of Thermoelectric Manganese Silicide by Mechanical Alloying and Pulse Discharge Sintering

    T. Itoh and M. Yamada

    Abstracts of ICT2008 (27th International Conference on Thermoelectric)     頁: 53   2008年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    Global energy and environmental issues are problems to be urgently solved. Thermoelectric power generation is a hopeful method to decrease dependence of fossil fuels and to promote the environmental safeguards. In this research, manganese silicide MnSi1.73 was focused as one of the promising thermoelectric materials available to the thermoelectric power generation using the disposed heat resources of 500 to 900K. Since both of Mn and Si as constituent elements in the manganese silicide are harmless and they exist in abundance as mineral resources, the manganese silicide can become a low-cost thermoelectric material with low-environmental load. Raw powders of manganese and silicon were mechanically alloyed through a planetary ball milling under the different milling time and the different rotating speed. Then the mechanical alloyed powder was consolidated through a pulse discharge sintering process (at 1023 K for 20 min in vacuum under a pressure of 100 MPa). The manganese silicide phases of MnSi1.73 (primary phase) and MnSi were synthesized in mechanical alloying and pulse discharge sintering. The thermoelectric properties were dependent on an XRD intensity ratio of MnSi1.73 to MnSi. The maximum dimensionless figure of merit ZT of 0.47 was achieved at 873K.

  73. Effect of Combined Addition of Silicon Carbide Whiskers and Fullerene Nanoparticles on Properties of Thermoelectric Zinc Antimonide 査読有り

    T. Itoh, N. Asari, N. Kanetake, A. Okada

    Mater. Res. Soc. Symp. Proc.   1044 巻   頁: 265-272   2008年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Thermoelectric power generation is a hopeful method harnessing waste thermal energy particularly covering a middle temperature range between 500 and 800 K. A Zn4Sb3 compound is a promising "phonon glass electron crystal" material applicable to thermoelectric power generation around 700 K. This material, however, has a problem of its brittleness. In this research, the silicon carbide whiskers were added into the Zn4Sb3 compound for overcoming the brittleness, and the fullerene nanoparticles were also added for improving the thermoelectric performance. The Zn4Sb3 compound was synthesized from mixture of pure zinc and antimony powders by a liquid-solid phase reactions method. Firstly, the synthesized compound powder was mixed with the fullerene nanoparticles. The planetary ball milling method was used in order to disentangle the fullerene agglomerate and to obtain a uniform mixture. Subsequently, the mixture was uniformly mixed with the SiC whiskers by the planetary ball milling. The final mixture was consolidated by the pulse discharge sintering. The synthesized phases were identified by XRD. The morphology of the whiskers after mixing was observed. The flexural strength and the thermoelectric properties of the sintered samples were measured. The length of SiC whiskers and the flexural strength were decreased with the mixing time. Though the addition of SiC whiskers lowered the thermoelectric performance, the combined addition of SiC whiskers and fullerene nanoparticles restored the performance especially through a decrease of the thermal conductivity owing to the phonon scattering.

  74. Thermoelectric Properties of β-Zn<SUB>4</SUB>Sb<SUB>3</SUB> Synthesized by Mechanical Alloying and Pulse Discharge Sintering 査読有り

    T. Itoh, J. Shan and K. Kitagawa

    J. Propulsion and Power   24 巻 ( 2 ) 頁: 353-358   2008年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Thermoelectric power generation is a hopeful method for harnessing waste thermal energy, particularly covering a middle temperature range between 500 and 800 K. A β-Zn<SUB>4</SUB>Sb<SUB>3</SUB> compound has become the focus of attention as a thermoelectric material applicable to thermoelectric power generation around 700 K. In this research, a method combining the mechanical allying with the pulse discharge sintering was adopted to obtain the sintered compact of β-Zn<SUB>4</SUB>Sb<SUB>3</SUB>. Pure zinc and antimony powders were used as the starting material for mechanical alloying. These powders were mixed in the stoichiometry ratio of 4 to 3, or more Zn-rich. The mechanical alloying was carried out by planetary ball milling under conditions of fixed revolution speed and variable milling time. The influence of the milling time on the synthesis of β-Zn<SUB>4</SUB>Sb<SUB>3</SUB> was investigated. The sintering was executed at two sintering temperatures and under fixed conditions of sintering time, pressing pressure, and atmosphere. The influences of the sintering temperature of pulse discharge sintering on the polycrystalline grain size and the thermoelectric properties were also studied. The following results were clarified. The phases of ZnSb and Zn are easily obtained by mechanical alloying for 50 h or longer time. These phases change to a single phase of β-Zn<SUB>4</SUB>Sb<SUB>3</SUB> through pulse discharge sintering under the optimum condition of Zn-rich mixing. The sintered compact of β-Zn<SUB>4</SUB>Sb<SUB>3</SUB> with 1.17 of nondimensional figure of merit can be obtained at 673 K with the proposed mechanical alloying with pulse discharge sintering method.

  75. Thermoelectric Properties of Iron-and Lanthanum-Doped CoSb<SUB>3</SUB> Compounds by Pulse Discharge Sintering 査読有り

    T. Itoh, E. Hattori and K. Kitagawa

    J. Propulsion and Power   24 巻 ( 2 ) 頁: 359-364   2008年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    More than 60% of thermal energy generated through various combustion systems is discharged as waste heat into the atmosphere. Using the waste heat effectively is among the most important issues from a viewpoint of the depletion
    of fossil fuels. In this regard, thermoelectric power generation that can directly convert the thermal energy to
    electrical energy is one of the attractive methods. Skutterudite compounds of CoSb<SUB>3</SUB> have been investigated as promising candidate materials for thermoelectric power generation. In this research, CoSb<SUB>3</SUB> compounds were synthesized from raw metal powders by using a pulse discharge sintering process. To improve the thermoelectric properties, iron was doped as an element substituting for cobalt of the CoSb<SUB>3</SUB> compound. The syntheses of Fe<SUB>x</SUB>Co<SUB>1-x</SUB>Sb<SUB>3</SUB> were confirmed by x-ray diffraction analysis. The Seebeck coefficient, electric resistivity, and thermal conductivity were measured as the thermoelectric properties. Optimum content of iron was decided from the maximum thermoelectric figure of merit. Furthermore, filling of lanthanum into Fe<SUB>0.1</SUB>Co<SUB>0.9</SUB>Sb<SUB>3</SUB> was attempted to decrease the thermal conductivity. The lanthanum-filled Fe<SUB>0.1</SUB>Co<SUB>0.9</SUB>Sb<SUB>3</SUB> compounds were synthesized from raw metal powders and LaSb powder by the pulse discharge sintering process. The optimum lanthanum content that leads to the maximum thermoelectric performance is discussed. The substitution of iron for cobalt improved the thermoelectric performance. The lanthanum-filling decreased the thermal conductivity at a low lanthanum content and led to higher thermoelectric performance in spite of low lanthanum content.

  76. Effect of Acid Treatment on Removing Sodium Ions from Sodium Cobalt Oxide Thermoelectric Materials

    R. Watanabe, T. Itoh, K. Kitagawa

    Proc. of International Symposium on EcoTopia Science 2007     頁: CD-ROM 23P01-13 (1100)   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Na<SUB>x</SUB>Co<SUB>2</SUB>O<SUB>4</SUB> with a laminar structure is a promising thermoelectric oxide having anisotropic thermoelectric property. An excellent thermoelectric performance equivalent to the single crystal is expected to be attainable in the polycrystalline body of this material by improvement of crystal orientation. It will be effective for controlling the crystal orientation to separate CoO<SUB>2</SUB> nanosheets from the polycrystalline body and to pile them up for making highly orientated layers. This study aims at preparation of the CoO<SUB>2</SUB> nanosheets. First, samples of Na<SUB>x</SUB>Co<SUB>2</SUB>O<SUB>4</SUB> were synthesized. The interlayer Na<SUP>+</SUP> ions were removed from the CoO<SUB>2</SUB> layers of the synthesized powder by an acid treatment. The interlayer distance of the synthesized and the Na<SUP>+</SUP> ion removed samples was measured by XRD analysis. The removal efficiency of Na+ ions was evaluated from ICP measurement. The morphology of the samples was observed by a SEM. We found that the condition of the acid treatment greatly influences the removal efficiency of Na<SUP>+</SUP> ions in the synthesized Na<SUB>x</SUB>Co<SUB>2</SUB>O<SUB>4</SUB>.

  77. Polyol Process Synthesis of CoSb<SUB>3</SUB> Termoelectric Nanoparticles 査読有り

    K. Isogai, T. Itoh

    Proc. of International Symposium on EcoTopia Science 2007     頁: CD-ROM 23P01-15 (1122)   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The cobalt-antimony skutterdite compounds have relatively high power factor at around 380 <SUP>o</SUP>C, but they have relatively high thermal conductivity. Nanostructuring is expected to lower the lattice thermal conductivity by phonon scattering on the grain boundary, improving the thermoelectric performance of the materials. In this study, we aim at synthesizing CoSb<SUB>3</SUB> thermoelectric nanoparticles by using polyol process for constructing the nanostructural body of the materials. The polyol process that synthesizes nanoparticles is one of liquid-phase process using polyol as a solvent. The CoSb<SUB>3</SUB> nanoparticles were syn-thesized in mole ratio of Co(OOCH<SUB>3</SUB>)&#903;4H<SUB>2</SUB>O to SbCl<SUB>3</SUB> of 1:4.5 at reaction temperature of 240 <SUP>o</SUP>C in the sol-vent of tetra ethylene glycol. The reaction products were characterized by XRD, EDX, SEM, and TEM. Extremely small particles with about 10 nm in diameter mainly existed in the reaction products. The minimum particle size was 3-5 nm. The nanoparticles were identified as the CoSb<SUB>3</SUB> compounds.

  78. Influence of Fullerene Addition on Thermoelectric Properties of Non-filled/Filled Cobalt-Skutterudite Compounds 査読有り

    K. Ishikawa, A. Okada, T. Itoh

    Proc. of International Symposium on EcoTopia Science 2007     頁: CD-ROM 23P01-14 (1101)   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The cobalt-skutterudite compounds are promising thermoelectric materials having relatively good thermoelectric properties with respect to the Seebeck coefficient and the electrical resistivity over the temperature range between 500 and 800K. The high thermal conductivity of the materials, however, prevents from achieving high thermoelectric performance. In this study, we attempted to disperse the fullerene particles uniformly into the cobalt-skutterudite compounds for decreasing the lattice thermal conductivity by phonon scattering. The influence of the fullerene addition on the thermoelectric properties was investigated with respect to both of the n-type non-filled and filled cobalt-skutterudite compounds. The n-type lanthanum-filled cobalt-skutterudite compound was synthesized via the route of mechanical alloying-pulse discharge sintering process. In both of the non-filled and the filled skutterudite samples, the thermal conductivity was decreased with the addition of fullerene. For the non-filled skutterudite, though the electrical resistivity of the samples was increased with the addition of fullerene, the thermoe-lectric performance was improved.

  79. Consolidation and Microstructure Control of Bismuth Telluride Thermoelectric Compounds by Compressive Torsion Forming 査読有り

    T. Itoh, T. Kadoi and N. Kanetake

    Materials Transactions   48 巻 ( 8 ) 頁: 2056-2061   2007年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Bismuth antimony telluride has the best performance among the p-type thermoelectric materials used in the range of temperature between 300K and 500K. This material has a trigonal-hexagonal scalenohedral crystal structure and the cleavage parallel to the basal plane of the crystal can readily occur. Suppression of the electrical resistivity and the thermal conductivity will be effective for further
    improvement of the performance of the thermoelectric elements made from this material. The compressive torsion forming is the severe plastic deformation technique, in which the loads of compression and distortion are simultaneously subjected to the materials without change in its shape. In this work, we applied this technique to the powder of bismuth antimony telluride for consolidation and improvement of the thermoelectric performance by refining the grain structure and by controlling the crystal orientation. The samples consolidated under various forming conditions were investigated with respect to density, microstructure, XRD, texture, and thermoelectric properties. It was found out that the compressive torsion forming is effective for the microstructure control, the grain structure less than
    10μm can be obtained, and the thermoelectric performance is
    obviously improved by the compressive torsion forming.

  80. *Effect of Fullerene Addition on Thermoelectric Properties of n-type Skutterudite Compound 査読有り

    T. Itoh, K. Ishikawa, and A. Okada

    Journal of Materials Research   22 巻 ( 1 ) 頁: 249-253   2007年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Prediction of Packing Density of Milled Powder Based on Packing Simulation and Particle Shape Analysis 査読有り

    Y. Amano, T. Itoh, H. Terao and N. Kanetake

    Materials Science Forum   534-536 巻   頁: 1621-1624   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Fabrication of the Crystal-Oriented Thermoelectric Material Bi<SUB>2</SUB>Te<SUB>3</SUB> by Slip Casting under a High Magnetic Field 査読有り

    T. Kuribayashi, M. Sung, T. Itoh, K. Sassa, and S. Asai

    Materials Transactions   47 巻 ( 9 ) 頁: 2387-2392   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Prediction of Packing Density of Milled Powder Based on Packing Simulation and Particle Shape Analysis 査読有り

    Y. Amano, T. Itoh, H. Terao, and N. Kanetake

    Extended Abstracts 2006 World Congress on Powder Metallurgy & Particulate Materials, KPMI     頁: 1254-1255   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  84. Performance of Segmented Thermoelectric Elements Fabricated by Simultaneous Sintering Method 査読有り

    T. Itoh, T. Muto, and K. Kitagawa

    Proceedings 25th International Conference on Thermoelectric, IEEE   ( CD-ROM ) 頁: PB48   2006年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  85. アルミニウムの結晶粒微細化に及ぼす圧縮ねじり複合負荷の効果 査読有り

    金武直幸,青野圭太郎,伊藤孝至,久米裕二

    軽金属   56 巻 ( 1 ) 頁: 34-38   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Fabrication of Segmented n-type CoSb<SUB>3</SUB>/Bi<SUB>2</SUB>Te<SUB>3</SUB> Thermoelectric Module and Its Performance 査読有り

    T. Muto, T. Itoh, N. Kanetake and K. Kitagawa

    Extended Abstracts International Symposium on EcoTopia Science 2005     頁: 587-588   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  87. Syntheses of Fe and La Doped CoSb<SUB>3</SUB> Thermoelectric Compounds by Pulse Discharge Sintering 査読有り

    T. Itoh, E. Hattori and K. Kitagawa

    Extended Abstracts International Symposium on EcoTopia Science 2005     頁: 219-220   2005年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  88. Fabrication of Segmented p-type AgSbTe<SUB>2</SUB>/Sb<SUB>2</SUB>Te<SUB>3</SUB>/Bi<SUB>0.4</SUB>Sb<SUB>1.6</SUB>Te<SUB>3</SUB> Thermoelectric Module and Its Performance 査読有り

    T. Muto, K. Tokuda, T. Itoh and K. Kitagawa

    Proceedings 24th International Conference on Thermoelectrics, IEEE     頁: 521-524   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  89. Thermoelectric Properties of beta- Zn4Sb3 Synthesized by MA- SPS Method 査読有り

    T. Itoh, J. Shan and K. Kitagawa

    Proceedings The 2nd International Energy Conversion Engineering Conference (IECEC2004), AIAA     頁: AIAA-2004-5564   2004年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  90. MA-SPS法によるCoSb<SUB>3</SUB>化合物の合成と熱電特性 査読有り

    伊藤 孝至,山下 剛,北川 邦行

    粉体および粉末冶金   51 巻 ( 6 ) 頁: 441-446   2004年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. 米国粉末冶金界が求める技術情報の変遷と軟磁性に及ぼす焼結組織の影響 査読有り

    鰐部吉基,草加勝司,横山誠二,伊藤孝至

    粉体および粉末冶金   51 巻 ( 6 ) 頁: 458-461   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Multi-layer coating of SiC, Al<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB> and glaze on C/C composites for oxidation resistance at high temperature 査読有り

    Q. Shen, J. Shan, T. Itoh, K. Kitagawa

    Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy   51 巻 ( 4 ) 頁: 237-241   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. p型AgSbTe<SUB>2</SUB>-(Bi,Sb)<SUB>2</SUB>Te<SUB>3</SUB>熱電モジュールの作製とその評価 査読有り

    久保雅崇,伊藤孝至,徳田公平,単 佳義, 北川邦行

    粉体および粉末冶金   51 巻 ( 1 ) 頁: 10-15   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. Fabrication of Layered p-type AgSbTe<SUB>2</SUB>-(Bi,Sb)<SUB>2</SUB>Te<SUB>3</SUB> thermoelectric module and its performance (jointly authored) 査読有り

    M. Kobo, T. Itoh, K. Tokuda, J. Shan and K. Kitagawa

    Proceedings of 2003 International Conference on Thermoelectrics, International Thermoelectric Society     頁: 429-432   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  95. Formation of an Environmental Barrier Coating Using DC-RF Hybrid Plasma 査読有り

    A. Otsuka, M. Yamamoto, T. Itoh, K. Kitagawa and S. Hirano

    Journal of American Ceramic Society   86 巻 ( 7 ) 頁: 1068-1075   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Microstructural Dependency of Soft Magnetism in a Sintered Stainless Fe-12%Cr Alloy 査読有り

    Y.Wanibe,T. Itoh and K. Kusaka

    Advances in Powder Metallurgy & Particulate Materials -2003, MPIF   ( 7 ) 頁: 14-27   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  97. 気孔の定量評価 査読有り

    鰐部吉基,伊藤孝至,横山誠二,草加勝司

    粉体および粉末冶金   49 巻 ( 6 ) 頁: 541-544   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Microstructural Characterizations of Pores and Grains for Specific Properties in P/M Soft Magnetic Materials 査読有り

    T.Itoh, K.Kusaka and Y.Wanibe

    Advances in Powder Metallurgy & Particulate Materials -2002, MPIF   ( 14 ) 頁: 113-122   2002年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  99. 自動車用PM軟磁性合金について(PM軟磁性合金の磁気特性と焼結孔の関係) 査読有り

    草加勝司,伊藤孝至,鰐部吉基

    粉体および粉末冶金   49 巻 ( 5 ) 頁: 430-437   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. Quantitative Assessment of Pores to Reduce Variations in Component Characteristics 査読有り

    Y.Wanibe,T. Itoh, S. Yokoyama and K. Kusaka

    Advances in Powder Metallurgy & Particulate Materials -2001, MPIF   ( 11 ) 頁: 1-9   2001年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  101. ソフト磁性材料の特性改善のための気孔の定量評価について 査読有り

    伊藤孝至,草加勝司,鰐部吉基

    電気製鋼   72 巻 ( 2 ) 頁: 71-75   2001年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Achievements in New Quantitative Approach to Powder Technology 招待有り 査読有り

    Y.Wanibe and T.Itoh

    Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy   47 巻 ( 12 ) 頁: 1291-1299   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Characterization of Pores for Specific Properties in P/M Soft Magnetic Materials 査読有り

    T.Itoh, K.Kusaka and Y.Wanibe

    Proceedings Powder Metallurgy World Congress & Exhibition 2000, Jpn. Soc. of Powder and Powder Metallurgy   2 巻   頁: 1364-1367   2000年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  104. Shape Separation of Powder Particles and Simulation 査読有り

    T.Itoh and Y.Wanibe

    Proceedings Powder Metallurgy World Congress & Exhibition 2000, Jpn. Soc. of Powder and Powder Metallurgy   1 巻   頁: 429-432   2000年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  105. Simulation for Estimation of Morphology of Projected Image from Sectioned Image of Iron Powder Particles 査読有り

    T.Itoh and Y.Wanibe

    Advances in Powder Metallurgy & Particulate Materials -2000, MPIF   ( 1 ) 頁: 119-128   2000年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  106. 粉末冶金用粉体の形状に基づく分級に関する技術開発と評価 査読有り

    伊藤孝至,鰐部吉基

    粉体および粉末冶金   46 巻 ( 9 ) 頁: 914-920   1999年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Measurement and Simulation of Morphological Characteristics on Projected and Sectioned Images of Iron Powder Particles 査読有り

    T.Itoh and Y.Wanibe

    Advances in Powder Metallurgy & Particulate Materials -1999, MPIF   12 巻   頁: 139-149   1999年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  108. Relationship between Compacting Behaviors and Morphological Characteristics for Metallic Powders 査読有り

    T.Itoh and Y.Wanibe

    Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy   46 巻 ( 1 ) 頁: 16   1999年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. Mutual Relation between Distributions Based on Number and Mass in The Particle Size-Shape Dispersion Diagram 査読有り

    T.Itoh and Y.Wanibe

    Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy   45 巻 ( 6 ) 頁: 574-580   1998年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. 粉粒体の形態特性に基づく流動と充填の定量解析

    伊藤孝至, 鰐部吉基

    材料とプロセス-粉体の流動、充填および成形-   10 巻 ( 5 ) 頁: 1062-1066   1997年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  111. 粉末プロセシングにおける定量評価

    鰐部吉基, 伊藤孝至

    鉄鋼の粉末冶金における新しい展開, 日本鉄鋼協会     頁: 32-38   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  112. Random Packing Simulation of Spheres and Practical Application for Real Powders 査読有り

    T.Itoh and Y.Wanibe

    Proceedings International Workshop on Modeling of Metal Powder Forming Processes     頁: 169-178   1997年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  113. Morphological Characterization of Iron Powders and The Estimating of Density Through Random Packing Simulation 査読有り

    T. Itoh and Y. Wanibe

    Advances in Powder Metallurgy & Particulate Materials -1996, MPIF   1 巻 ( 4 ) 頁: 41-51   1996年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  114. 熱硬化型導電性ペーストにおける金属粉粒径分布の導電性に対する影響(共著) 査読有り

    佐藤次郎,林 善夫, 伊藤孝至,鰐部吉基

    粉体および粉末冶金   42 巻 ( 10 ) 頁: 1099-1102   1995年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. 介在物形態(粒度・形状)に関する新定量解析法

    鰐部吉基, 伊藤孝至

    「金属中の介在物評価技術の現状と展望」,日本金属学会     頁: 28-31   1995年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  116. Analysis on Packed Mixtures of Short Fibers and Powders by their Characterized Specifics of Morphology 査読有り

    T.Itoh, Y.Wanibe and K.kuroda

    Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy   42 巻 ( 9 ) 頁: 992-997   1995年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. Application of new techniques for characterization of non-metallic inclusions in steel 査読有り

    Y.Wanibe, T.Itoh, K.Umezawa, H.Nagahama and Y.Nuri

    Steel Research   65 巻 ( 4 ) 頁: 172-177   1995年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. Effect of Particle Characteristics on Fluidity of Metallic Powders (jointly authored) 査読有り

    T.Itoh and Y.Wanibe

    Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy   41 巻 ( 9 ) 頁: 1111-1116   1994年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Characterization of Short Fibers and Packing Densities of Its Mixtures with Powders 査読有り

    T.Itoh and Y.Wanibe

    Advances in Powder Metallurgy & Particulate Materials -1994, MPIF   2 巻   頁: 113-126   1994年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  120. 粉末プロセシングの定量キャラクタリゼーション 査読有り

    鰐部吉基,伊藤孝至

    電気製鋼   65 巻 ( 2 ) 頁: 135-144   1994年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. A Study on Quantitative Analysis in Powder and Powder Processing (jointly authored) 査読有り

    T.Itoh and Y.Wanibe

    Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy   41 巻 ( 3 ) 頁: 215   1994年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. New methodology for the determination of mass transport rate from rotating disks and/or cylinders in Liquid 査読有り

    Y.Wanibe, E.Boschatzke, F.Oeters and T.Itoh

    Steel Research   64 巻 ( 2 ) 頁: 58   1994年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. Size Distributions Determined on Random Plane Sections of Non-Spherical Particles 査読有り

    Y.Wanibe, T.Itoh, Y.Terada and T.Ohara

    Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy   40 巻 ( 11 ) 頁: 1113-1116   1993年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. Shape Function of Non-Spherical Particles for the Determination of the Size Distributions from Measurements Made on the Random Plane Sections 査読有り

    Y.Wanibe, T.Itoh, Y.Terada and T.Ohara

    Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy   40 巻 ( 11 ) 頁: 1109-1112   1993年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. Comparison between the Size Distribution Determined on Random Plane Sections and Projected Shadows of Non-Spherical Particles 査読有り

    Y.Wanibe, T.Itoh, Y.Terada and T.Ohara

    Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy   40 巻 ( 11 ) 頁: 1117-1120   1993年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. Estimation of Density in Packed Beds of Non-Spherical Particles through New Modeling 査読有り

    T.Itoh and Y.Wanibe

    Proceedings 1993 Powder Metallurgy World Congress, Jpn. Soc. of Powder and Powder Metallurgy   1 巻   頁: 319-322   1993年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  127. Size Distribution of Non-Spherical Objects From Measurements Made on Random Plane Sections and of Projected Shadows 査読有り

    Y.Wanibe and T.Itoh

    Proceedings 1993 Powder Metallurgy World Congress, Jpn. Soc. of Powder and Powder Metallurgy   1 巻   頁: 1063-1066   1993年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  128. Analysis in Size Distribution of Non-Spherical Particles from Measurement Made on the Random Plane Sections

    Y.Wanibe and T.Itoh

      11432 巻   頁: 化II-1-19   1993年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  129. Quantitative Analysis in Heterogeneous Materials and Processing

    Y.Wanibe and T.Itoh

      11323 巻   頁: 反応-764   1992年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  130. Particle size-shape dispersion diagram and its application for the packing densities of metallic powders 査読有り

    T.Itoh and Y.Wanibe

    Preprints '5th European Symposium Particle Characterization'   2 巻   頁: 691-701   1992年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  131. Quantitative analysis in heterogeneous materials and processing 査読有り

    Y.Wanibe and T.Itoh

    Preprints '5th European Symposium Particle Characterization'   1 巻   頁: 243-257   1992年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  132. 分散粒子の諸特性(粒度・形状及びそれらの分布幅)が粒子挙動(充填密度)に及ぼす影響量について

    鰐部吉基, 伊藤孝至

    日本学術振興会第19委員会資料     頁: 介在物-62   1992年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  133. Impact Atomization of Liquid Metals 査読有り

    Y.Wanibe, T.Itoh and Y.Matsui

    International Journal of Powder Metallurgy   27 巻 ( 3 ) 頁: 195-209   1991年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  134. Particle Shape Distribution and Particle Size-Shape Dispersion Diagram 査読有り

    T.Itoh and Y.Wanibe

    Powder Metallurgy   34 巻 ( 2 ) 頁: 126-134   1991年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  135. 粒子形状分布と粒度-形状分散図

    鰐部吉基, 伊藤孝至

    日本学術振興会第19委員会資料     頁: 介在物-15   1990年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  136. Expansion during Liquid Phase Sintering of Iron-Copper Compacts 査読有り

    Y.Wanibe, H.Yokoyama and T.Itoh

    Powder Metallurgy   33 巻 ( 1 ) 頁: 65- 69   1990年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. Quantative Analysis of Anisotropic Shrinkage during Sintering of Cylindrical Iron and Nickel Compacts 査読有り

    Y.Wanibe, N.Fujitsuna, T.Itoh and H.Yokoyama

    Powder Metallurgy   32 巻 ( 3 ) 頁: 195-203   1989年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  138. Anisotropic Shrinkage and Thermal Expansion during Sintering of Cylindrical Nickel and Iron Compacts 査読有り

    Y.Wanibe, N.Fujitsuna, T.Itoh and H.Yokoyama

    Powder Metallurgy   32 巻 ( 3 ) 頁: 191-194   1989年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  139. どのように詰まってゆくか-粉体の充てんに関するシミュレーション- 招待有り

    伊藤孝至

    バウンダリー   5 巻 ( 6 ) 頁: 65-69   1989年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  140. 粉末冶金法の物理化学における原点-粉粒体の製品化プロセスにおけるキャラクタリゼーション- 招待有り

    鰐部吉基,伊藤孝至

    鉄と鋼   74 巻 ( 8 ) 頁: 1526-1534   1988年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  141. Derivation of Number Based Size Distribution from Modified Mass Based Rosin-Rammler Distribution and Estimation of the Various Mean Particle Diameters 査読有り

    T.Itoh and Y.Wanibe

    Transactions of the Japan Institute of Metals   29 巻 ( 8 ) 頁: 671-684   1988年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  142. Pulverization of Molten Sn and Sn-Cu by a Bladed Rotator Method 査読有り

    T.Itoh, Y.Wanibe and K.Matsumoto

    Transactions of the Iron and Steel Institute of Japan   28 巻 ( 7 ) 頁: 561-568   1988年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  143. 粉体プロセシングの物理化学における条件

    坂尾 弘, 鰐部吉基, 伊藤孝至

    日本学術振興会第19委員会資料   10849 巻   頁: 反応-664   1988年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  144. 個数基準の新しいRosin-Rammler分布と各種平均粒径の算出 査読有り

    伊藤孝至,鰐部吉基,坂尾 弘

    日本金属学会誌   51 巻 ( 10 ) 頁: 956-964   1987年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  145. Al<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB>-SiO<SUB>2</SUB>系れんがにおける気孔内への溶融FeO-SiO<SUB>2</SUB>スラグによる滓化反応を伴う浸透 査読有り

    横山誠二,鰐部吉基,伊藤孝至,藤澤 敏治,坂尾 弘

    鉄と鋼   73 巻 ( 3 ) 頁: 491-497   1987年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  146. 粉体のランダム充てんモデルによる充てん密度と粒度分布との関係 査読有り

    伊藤孝至,鰐部吉基,坂尾 弘

    日本金属学会誌   50 巻 ( 8 ) 頁: 740-746   1986年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  147. 2成分粒子群のランダム充てんモデルによる充てん密度の解析 査読有り

    伊藤孝至,鰐部吉基,坂尾 弘

    日本金属学会誌   50 巻 ( 5 ) 頁: 475-479   1986年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  148. 粒度分布をもつ粉体のランダム充てん過程のシミュレーションとその充てん構造の解析 査読有り

    伊藤孝至,鰐部吉基,坂尾 弘

    日本金属学会誌   50 巻 ( 4 ) 頁: 423-429   1986年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  149. 粒度分布を表わす修正Rosin-Rammler式とその質量基準と個数基準との相互関係 査読有り

    伊藤孝至,鰐部吉基,坂尾 弘

    日本金属学会誌   49 巻 ( 8 ) 頁: 670-677   1985年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 9

  1. 環境調和型社会のためのエネルギー科学 (エコトピア科学シリーズ第3巻)

    伊藤 孝至( 担当: 共著)

    ㈱コロナ社  2016年1月  ( ISBN:978-4-339-06883-2

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    熱電変換の原理、歴史、用途について解説した。特に、廃熱を利用した熱電発電に用いられる材料やモジュールおよび実用例について詳しく解説した。(担当部分)

  2. 熱電変換材料 実用・活用を目指した設計と開発 (執筆分担)

    伊藤 孝至( 担当: 共著)

    ㈱情報機構  2014年12月  ( ISBN:978-4-86502-074-8

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    シリサイド系熱電変換材料の特徴と熱電性能およびモジュール開発の現状について解説した。(担当部分)

  3. 粉体粉末冶金便覧 (執筆分担)

    伊藤 孝至( 担当: 共著)

    粉体粉末冶金協会編, 内田老鶴圃  2010年11月  ( ISBN:978-4-7536-5096-5

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 粉体粉末冶金技術戦略マップ・粉末形状制御 (執筆分担)

    伊藤孝至( 担当: 単著)

    粉体粉末冶金協会  2007年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    粉末の形態とは,固有の大きさと形を有する個々の粒子によって特徴付けられる粉末の性質を意味する.この粉末の形態は,その材質や製法の違いによって様々に変化し,その粉体特性や最終製品の特性をも左右する重要な粉粒体の特性の一つである.例えば,粉末粒子の形態が,粉末充填や流動性に大きく影響を与えることが知られている.大量生産される一般焼結部材や機能性焼結部材では,高品質に成るに従い個体間の寸法や重量のばらつきや性能のばらつきを最小限にする高度な品質管理が要求される.高度な品質管理のためには,原料粉末を製造する段階で粉末形態を制御することが必要である.それを可能にするには,まずその形態を的確に評価して粉末の形態と製造条件との関連を究明し,製造条件の制御によって粉末形態そのものを制御することが極めて重要となる.しかし,粉末の形態の評価において,従来粒度分布は定量的に評価されているが,粒子形状の分布を含めて定量的な評価はほとんどされていないのが現状である.著者らは,粉体特性に及ぼす粒子形状の影響の重要さに注目し,粉末の粒度と形状を総合的に定量評価する方法を提案し,その定量評価方法を用いて粉体特性に及ぼす粉末の形態特性の影響についていろいろ検討を加え,さらに粉末を形状に基づいて分級する方法についても検討してきた.これらの内容の一部を以下に紹介する.

  5. 熱電変換材料 各論1.非酸化物系材料-1.1.テルライド系

    伊藤 孝至( 担当: 単著)

    日本セラミックス協会・日本熱電学会編,日刊工業新聞社  2005年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    Bi-Te系熱電化合物で代表されるテルライド系熱電材料は、現在最も多く用いられている熱電材料である。またこの材料には熱電特性の異方性を有することから、材料にせん断応力を負荷することにより結晶を一方向に優先配向させる方法を紹介し、それによって熱電特性を向上させる事例を説明する。

  6. 微粒子工学大系 第Ⅰ巻基礎技術 (執筆分担)

    鰐部 吉基,横山 誠二,伊藤孝至( 担当: 共著)

    フジ・テクノシステム  2001年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. 粉体粉末冶金用語辞典 (執筆分担)

    伊藤 孝至( 担当: 共著)

    粉体粉末冶金協会編,日刊工業新聞社  2001年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. New Quantitative Approach to Powder Technology

    Y. Wanibe and T. Itoh( 担当: 共著)

    1998年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    Spanning a diverse range of materials from metal alloys through to polymers, this book brings the reader up to date with the latest developments in the formulation, characterization and application of powdered materials. Contains a general mathematical background and a step by step guide through the equations necessary for thorough comprehension and quantitative appraisal of different materials and heterogeneous structures The book is intended for final year undergraduate and post graduate students of materials science and engineering and those researchers and industrialists working with powder processing techniques. Topics covered include: * Essence of Quantitative Approach, * Characterization of Powder and Processing, * Particle Sizes, * Particle Shapes, * Distribution of Particle Sizes and Shapes, * Least Square Method, * Applied Science and Engineering, * Packing of Powder, * Powders and Short Fibers
    * Fabrication of Powder, * Thermodynamics, * Sintering, * Fluidity of Powder, * Stereology

  9. 粉末技術の新しい展開

    鰐部吉基、伊藤孝至( 担当: 共著)

    松香堂書店  1995年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

▼全件表示

講演・口頭発表等 267

  1. 各種システムから排出される廃熱を利用した熱電発電のための研究開発 招待有り

    伊藤 孝至

    産×学連携<クリーンテック>技術展  2021年2月25日  名古屋商工会議所

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  2. 燃焼合成によって発泡した Mg3Sb2の形態特性と熱電特性評価

    古賀 誉史,伊藤 孝至

    粉体粉末冶金協会2020年度秋季大会(第126回講演大会)  2020年10月27日  粉体粉末冶金協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  3. 高マンガンシリサイドの合成と熱電特性に及ぼすPLA添加の影響

    清水 一矢,伊藤 孝至

    粉体粉末冶金協会2020年度秋季大会(第126回講演大会)  2020年10月27日  粉体粉末冶金協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  4. 不活性ガス雰囲気下での熱処理を用いたクラックフリーMg2Si厚膜の合成

    堀場一成, 後藤和泰, 黒川康良, 伊藤孝至, 宇佐美徳隆

    第67回応用物理学会春季学術講演会(開催中止) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:上智大学   国名:日本国  

  5. Optimization of Degreasing-Sintering Process for Mg2Si/PLA Mixture and Influences of Additive Amount of Al on Sintered Density and Thermoelectric Performance of Mg2Si Fabricated by the Optimized Process 国際会議

    Takashi Itoh, Takumi Nakano

    2019 MRS Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Boston, USA   国名:アメリカ合衆国  

  6. Mg2Siの焼結性および熱電性能に基づく Mg2Si/PLA混合物における脱脂-焼結プロセスの最適化とAl添加量の影響

    伊藤孝至, 中野匠望

    粉体粉末冶金協会2019年度秋季大会(第124回講演大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  7. Mg2Si/PLA混合物の脱脂-焼結プロセスの最適化とMg2Siの焼結性および熱電性能に及ぼすAl添加量の影響

    伊藤孝至, 中野匠望

    2019年度日本熱電学会学術講演会(TSJ2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋工業大学   国名:日本国  

  8. Synthesis of Mg2Si thin film by thermal treatment under inert gas atmosphere and evaluation of film quality 国際会議

    Issei Horiba, Michinobu Fujiwara, Yoshihiko Nakagawa, Kazuhiro Gotoh, Yasuyoshi Kurokawa, Takashi Itoh, Noritaka Usami

    The Fifth Asia-Pacific Conference on Semiconducting Silicides and Related Materials(APAC-Silicide 2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Seagaia Convention Center, Miyazaki, Japan   国名:日本国  

  9. 熱電変換の基礎から応用(熱電発電)まで 招待有り

    伊藤孝至

    熱電変換セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京・大井町・きゅりあん   国名:日本国  

  10. 各種熱電変換材料の組織制御による熱電性能の向上

    伊藤孝至

    第39回日本熱物性シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:ウインクあいち   国名:日本国  

  11. ポリ乳酸樹脂を混合した Mg2Si の焼結体における熱電特性に及ぼすAl 添加の影響 招待有り

    伊藤孝至

    粉体粉末冶金協会平成30年度秋季大会(第122回講演大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター   国名:日本国  

  12. 不活性ガス雰囲気下での熱処理を用いたMg2Si薄膜の合成と膜質評価 招待有り

    堀場 一成,藤原道信,中川慶彦,後藤和泰,黒川康良,伊藤孝至,宇佐美 徳隆

    第79回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際会議場   国名:日本国  

  13. p型BaSi2/n型結晶Siヘテロ接合形成におけるBaSi2低速蒸着の効果 招待有り

    藤原道信,高橋一真,中川慶彦,後藤和泰,黒川康良,伊藤孝至,宇佐美 徳隆

    第79回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際会議場   国名:日本国  

  14. 横方向熱電効果を有するNi/Mg2Si複合材料の熱電特性に関する有限要素シミュレーション解析 招待有り

    伊藤孝至

    粉体粉末冶金協会平成30年度春季大会(第121回講演大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  15. Finite Element Simulation on Thermoelectric Properties of Tilted Rod-Ni/Mg2Si Composites 国際会議

    T. Itoh

    2017 MRS Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月 - 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Boston, USA   国名:アメリカ合衆国  

  16. 数値シミュレーションによるMg2Si/Ni傾斜積層複合材料の熱電特性の解析

    伊藤孝至

    第28 回新構造・機能制御と傾斜機能材料シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋工業大学   国名:日本国  

  17. Numerical Simulation Analysis on Thermoelectric Properties of Tilted Mg2Si/Ni Multilayer Composites 国際会議

    T. Itoh

    36th International Conference on Thermoelectrics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月 - 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Pasadena, USA   国名:アメリカ合衆国  

  18. 数値シミュレーションによる傾斜積層Mg2Si/Ni複合材料の熱電特性の予測評価

    伊藤孝至

    粉体粉末冶金協会 焼結基礎分科会 第34回技術・品質評価委員会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  19. Numerical Simulation Analysis on Thermoelectric Properties of Mg2Si/Ni Laminated Composites with Slanted Lamination Plane

    T. Itoh

    Japan and Korea Joint Workshop on Thermoelectric Materials and Devices 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Tokyo University of Science   国名:日本国  

  20. Mg2Si/Ni傾斜積層複合材料の熱電特性に関する数値シミュレーション

    伊藤孝至

    平成28年度秋季大会(第118回講演大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学   国名:日本国  

  21. Thermoelectric Properties of Al-doped Mg2Si Compounds Prepared via Three Kinds of Process for Grain Refining 国際会議

    T. Itoh, A. Tominaga

    2015 MRS Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月 - 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Boston, USA   国名:アメリカ合衆国  

  22. Cobalt and Iron Doping Effects on Thermoelectric Properties of Higher Manganese Silicides Prepared by Mechanical Milling and Pulse Discharge Sintering 国際会議

    T. Itoh, S. Uebayashi

    3rd International Conference on Powder Metallurgy in Asia (APMA2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto, Japan   国名:日本国  

  23. 熱電変換材料および発電用モジュールの開発

    伊藤孝至

    日本塑性加工学会 粉体加工成形プロセス分科会2015年度 第1回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  24. Influences of Grain Refining and Nanosized CaO Addition on Thermoelectric Properties of Al-doped Mg2Si 国際会議

    T. Itoh, A. Tominaga

    34th International Conference on Thermoelectrics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月 - 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Dresden, Germany   国名:ドイツ連邦共和国  

  25. Influence of Grain Refining on Thermoelectric Properties of Mg2Si-based Compound 国際会議

    T. Itoh, A. Tominaga

    33rd International Conference on Thermoelectrics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  26. Mg2Si系化合物の熱電特性と粒成長に及ぼすナノ酸化物粒子添加の影響

    伊藤孝至, 富永 彰

    平成26年度春季(第113回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学国際会議場   国名:日本国  

  27. 粉末冶金プロセスを用いた環境調和型シリサイド系熱電変換材料の開発

    伊藤孝至

    平成26年度春季(第113回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:早稲田大学国際会議場   国名:日本国  

  28. Mg2SiおよびMnSi1.73熱電化合物半導体の開発および自動車への適用の可能性

    伊藤孝至

    「自動車用(二輪車含む)熱電発電と要素技術開発の最新動向」セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:連合会館(東京・新お茶の水)   国名:日本国  

  29. 環境に優しいシリサイド系熱電変換材料の開発

    伊藤孝至

    粉体粉末冶金協会 焼結基礎分科会 第31回技術・品質評価委員会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  30. 廃熱回収のための熱電変換技術および材料

    伊藤孝至

    省エネルギー/システム技術分科会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:三重県工業研究所   国名:日本国  

  31. Influence of Aluminum Addition on Thermoelectric Performance of Mg2Si Compound under Air Exposure with Temperature Difference 国際会議

    T. Itoh, A. Tominaga

    2013 MRS Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  32. 大気中で温度差を付与したMg2Si熱電素子の発電性能に及ぼすAl添加の影響

    伊藤孝至, 富永 彰, 地主孝広, 石島善三

    平成25年度秋季(第112回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際会議場   国名:日本国  

  33. 熱電変換材料の合成とモジュールの開発研究

    伊藤孝至

    第18回排熱発電コンソーシアム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京理科大学   国名:日本国  

  34. Thermoelectric Properties of Mg2Si Compound Prepared under Mg-rich Condition with Al Addition Using Liquid-solid Phase Reaction Method and Pulse Discharge Sintering 国際会議

    T. Itoh, A. Tominaga

    32nd International Conference on Thermoelectrics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月 - 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  35. 半導体機器用Cr-Cu材ヒートシンクの開発

    寺尾星明, 小日置英明, 伊藤孝至, 金武直幸

    平成25年度春季(第111回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:早稲田大学   国名:日本国  

  36. Fe-Si系熱電発電モジュールの試作および界面構造の解析

    相馬 岳, 向井和人, 森重裕美子, 伊藤孝至

    第23回新構造・機能制御と傾斜機能材料シンポジウム(FGM-2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:工学院大学   国名:日本国  

  37. Influence of Addition of Alumina Nanoparticles on Thermoelectric Properties of Higher Manganese Silicide 国際会議

    T. Itoh, N Ono

    2012 MRS Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  38. β-Zn4Sb3のナノ粒子の作製とナノ粒子混合焼結体の特性

    丸山拓馬, 伊藤孝至

    第22回学生による材料フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:サイエンスコア(豊橋)   国名:日本国  

  39. Mg2Si系熱電化合物の熱電特性と耐酸化性に及ぼすAl添加と結晶粒微細化の影響

    富永 彰, 伊藤孝至

    第22回学生による材料フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:サイエンスコア(豊橋)   国名:日本国  

  40. 半導体機器用Cr-Cu材ヒートシンクの焼結-浸透方法の検討

    寺尾星明, 小日置英明, 太田裕樹, 田辺和夫, 伊藤孝至, 金武直幸

    平成24年度秋季(第110回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学   国名:日本国  

  41. 液相-固相反応法で合成したMgリッチMg2Si系化合物の熱電特性に及ぼす結晶粒微細化の影響

    富永 彰, 伊藤孝至, 地主孝広, 石島善三

    平成24年度秋季(第110回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学   国名:日本国  

  42. シリサイド系熱電素子で構成されたモジュールの発電性能に及ぼす接合方法の影響

    西形光祐, 伊藤孝至, 地主孝広, 石島善三

    平成24年度秋季(第110回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学   国名:日本国  

  43. Development of Cr-Cu Heat-sink(J-C'CREP®) for Semiconductor Device 国際会議

    H. Terao, H. Kobiki, H. Ota, K. Tanabe, T. Itoh, N. Kanetake

    2012 Powder Metallurgy World Congress & Exhibition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  44. Development of Eco-Friendly Thermoelectric Silicide Compounds and Modules for Energy Harvesting 国際会議

    T. Itoh, K. Nishigata

    2012 Powder Metallurgy World Congress & Exhibition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. 粉末冶金プロセスを用いた熱電変換材料の開発と熱電発電モジュールに関するシミュレーション

    伊藤孝至

    第15回排熱発電コンソーシアム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京理科大学   国名:日本国  

  46. SiCウィスカーを添加したZn4Sb3熱電材料の作製と性能評価

    藤原優哉, 赤尾尚洋, 音田哲彦, 陳中春, 伊藤孝至

    日本金属学会第151回秋期大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛大学   国名:日本国  

  47. 液相‐固相反応法で合成したMgリッチMg2Si系化合物の熱電特性と耐酸化性に及ぼすAl添加の影響

    富永 彰, 伊藤孝至, 地主孝広, 石島善三

    日本金属学会第151回秋期大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:愛媛大学   国名:日本国  

  48. 廃熱発電用熱電変換材料およびモジュールの開発、応用展開

    伊藤孝至

    熱電変換 材料・デバイスの開発技術 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京大井町   国名:日本国  

  49. 有限要素法に基づく熱電モジュールの発電シミュレーションと発電性能に及ぼすp-n素子形状の影響

    伊藤孝至, 地主孝広, 石島善三

    第9回 日本熱電学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京工業大学   国名:日本国  

  50. Thermoelectric Properties of Co-doped and Fe-doped Higher Manganese Silicides Prepared by Vibration Ball Milling and Pulse Discharge Sintering 国際会議

    T. Itoh, S. Uebayashi

    31st International Conference on Thermoelectrics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:デンマーク王国  

  51. マグネシウムシリサイドと高マンガンシリサイドを用いた熱電発電モジュールの熱電性能に及ぼす接合条件の影響

    西形光祐, 伊藤孝至, 地主孝広, 石島善三

    平成24年度春季(第109回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都工芸繊維大学   国名:日本国  

  52. ポリオールプロセスを用いたBi-Te系,Sb-Te系及びSb-Se系熱電ナノ材料の合成

    丸山拓馬, 伊藤孝至

    平成24年度春季(第109回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都工芸繊維大学   国名:日本国  

  53. 液相-固相反応法で合成したMgリッチMg2Si系化合物の熱電特性に及ぼすAl添加の影響

    富永 彰, 伊藤孝至

    平成24年度春季(第109回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都工芸繊維大学   国名:日本国  

  54. 熱電発電用シリサイド系素子の合成と性能向上

    伊藤孝至

    第59回応用物理学関係連合講演会シンポジウム「シリサイド系熱電材料は排熱発電の本命になり得るか〜実力と課題を知る〜」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:早稲田大学   国名:日本国  

  55. Metal Coatings on Higher Manganese Silicide by Gas Tunnel Type Plasma Spraying 国際会議

    S.Yugeswaran, A. Kobayashi, T. Itoh, T. Takeuchi

    The 5th International Workshop on Plasma Application and Hybrid Functionally Materials 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:台湾  

  56. Fe-Si系熱電発電モジュールの試作

    森重裕美子, 相馬 岳, 伊藤孝至

    第24回「若手フォーラム」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山国際交流センター   国名:日本国  

  57. シリサイド系熱電発電モジュールの試作

    江戸拓朗, 相馬 岳, 伊藤孝至

    第24回「若手フォーラム」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山国際交流センター   国名:日本国  

  58. Solidification of MnSi1.73 in A Magnetic Field 国際会議

    T. Mitsuo, K. Iwai, T. Itoh

    International Symposium on EcoTopia Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  59. Development of Thermal Rectifier Using Unusual Electron Thermal Conductivity 国際会議

    R. Nakayama, T. Itoh, T. Takeuchi

    International Symposium on EcoTopia Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  60. Synthesis of β-Zn4Sb3 Thermoelectric Nanoparticles by Reaction of Synthesized Sb Nanoparticles and Molten Zn 国際会議

    T. Maruyamaaa, T. Itoh

    International Symposium on EcoTopia Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  61. Effect of Filling of Mg and Addition of Alumina Nanoparticles on Thermoelectric Properties of N-type La Filled CoSb3 Compounds 国際会議

    M. Matsuhara, T. Itoh

    International Symposium on EcoTopia Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  62. Synthesis of Ti-doped Higher Manganese Silicide by Pulse Discharge Sintering 国際会議

    N. Ono, T. Itoh

    International Symposium on EcoTopia Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  63. Thermoelectric Properties of Mg2Si-Based Compounds Synthesized Using Three Kinds of Magnesium Alloy 国際会議

    K. Hagio, T. Itoh

    International Symposium on EcoTopia Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  64. Zn4Sb3バルク材の押出し挙動に及ぼすSiC粒子添加の影響

    宇矢憲司, 赤尾尚洋, 音田哲彦, 陳中春, 伊藤孝至

    日本塑性加工学会中国四国支部学生研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山大学   国名:日本国  

  65. Zn4Sb3/CNT熱電材料の合成および機械的性質

    富谷皓平, 酒井一生, 赤尾尚洋, 音田哲彦, 陳中春, 伊藤孝至, 塚田高行

    日本塑性加工学会中国四国支部学生研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山大学   国名:日本国  

  66. 振動ボールミリングとパルス放電焼結を組合せた手法による高マンガンシリサイドの合成とその熱電特性の評価

    大野直紀, 伊藤孝至

    第21回学生による材料フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋工業大学   国名:日本国  

  67. Mg2Si系熱電化合物の焼結性及び熱電特性におけるMg過剰添加とZn添加の影響

    富永 彰, 伊藤孝至

    第21回学生による材料フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋工業大学   国名:日本国  

  68. シリサイド系熱電素子を用いたユニカップルモジュールの作製とその発電特性

    西形光祐, 伊藤孝至

    第21回学生による材料フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋工業大学   国名:日本国  

  69. Synthesis of Higher Manganese Silicide and Its Thermoelectric Property 国際会議

    N. Ono, T. Itoh

    International Symposium on Materials Science Innovation for Sustainable Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  70. Thermoelectric Properties of N-type La-Mg Double Filled CoSb3 Compounds Synthesized by MA-PDS 国際会議

    M. Matsuhara, T. Itoh

    International Symposium on Materials Science Innovation for Sustainable Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  71. Thermoelectric Properties and Durability of Mg2Si-based Compounds Synthesized Using Magnesium Alloy 国際会議

    K. Hagio, T. Itoh

    International Symposium on Materials Science Innovation for Sustainable Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  72. Mg 合金を用いて合成したMg2Si 系化合物の熱電特性

    萩尾建門, 伊藤孝至

    日本金属学会第149回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:沖縄コンベンションセンター   国名:日本国  

  73. Mg2Si熱電化合物におけるZn添加の影響

    富永 彰, 伊藤孝至

    日本金属学会第149回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沖縄コンベンションセンター   国名:日本国  

  74. Fe2VAlの電子構造と熱電物性における重元素部分置換効果

    寺澤佑一, 三上祐史, 伊藤孝至, 竹内恒博

    日本金属学会第149回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沖縄コンベンションセンター   国名:日本国  

  75. 生成したSb ナノ粒子を用いた液相-固相反応法によるβ-Zn4Sb3 ナノ粒子の合成

    丸山拓馬, 伊藤孝至

    日本金属学会第149回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:沖縄コンベンションセンター   国名:日本国  

  76. (Mn1-XTiX)Si1.82 の合成と熱電特性の評価

    大野直紀, 伊藤孝至

    日本金属学会第149回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:沖縄コンベンションセンター   国名:日本国  

  77. *Development of Eco-Friendly Thermoelectric Materials and Modules for Energy Harvesting 国際会議

    The 17th ATA International Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    A thermoelectric power generation system can directly convert a thermal energy into an electric energy without gas emissions, and it is one of the effective green energy systems. The natural energy from sunshine and geothermy and the waste heat discharged from automobile, industrial furnace, refuse incineration furnace and other combustion systems can be used as the heat resources for the thermoelectric power generation. Especially, the power generation system using the waste heat with intermediate temperature (300-600 oC), which is discharged from automobile, industrial furnace, and refuses incineration etc., plays a very important role for saving energy and environmental conservation. Thus, the developments on the thermoelectric materials and the modules working effectively in this temperature range are required. Our research group has researched and developed the thermoelectric materials (Zn4Sb3, AgSbTe2, CoSb3, MnSi1.73 and Mg2Si) and the modules constructed with these materials. Among these thermoelectric materials, the silicide materials of MnSi1.73 (p-type) and Mg2Si (n-type) begin to attract an attention as promising eco-friendly thermoelectric materials because their constituent elements have no toxicity and exist abundantly in earth crust and they have relatively good thermoelectric performance. In this work, the higher manganese silicide MnSi1.73 was synthesized through the mutual diffusion process activated by a pulse discharge sintering (PDS) method after individually grinding Mn and Si powders. The MnSi1.73 synthesized by the method had a better thermoelectric performance than the material synthesized by the conventional fusion method. Next, the Mg2Si-besed compound was synthesized by a liquid-solid phase reaction (LSPR) method. In the LSPR method, Mg powder and magnesium alloy chips were melted above the melting point of these metals and reacted with Si powder in the solid state, and then the Mg2Si-based compound powder was synthesized. The powder was consolidated by PDS method. The Mg2Si-based compound including magnesium alloy elements had a remarkably good thermoelectric performance. The eco-friendly module was fabricated using the thermoelectric elements of MnSi1.73 and Mg2Si-based compounds. Joining between the elements and the electrode was carried out by PDS method. The thermoelectric performance of the fabricated module was evaluated. The simulation of the thermoelectric performance of the similar module was also carried out using finite element method (FEM).

  78. 熱電変換材料の高性能化と新規モジュールの製造技術

    伊藤孝至

    熱電変換セミナー「中高温域に適した熱電変換モジュールの高効率化と性能評価」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  79. Fe-Si系熱電発電モジュールの開発

    森重裕美子, 向永和人, 相馬 岳, 伊藤孝至

    第8回 日本熱電学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学   国名:日本国  

  80. Effect of Addition of Alumina Nanoparticles on Thermoelectric Properties of La-filled Skutterudite CoSb3 Compounds 国際会議

    M. Matsuhara, T. Itoh

    30th International Conference on Thermoelectrics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  81. Mg合金を使用して合成したMg2Si系化合物の熱電特性に及ぼす高温大気曝露の影響

    萩尾建門, 伊藤孝至

    平成23年度春季(第107回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学   国名:日本国  

  82. La充填CoSb3系化合物の熱電特性に及ぼすアルミナナノ粒子添加の影響

    松原正樹, 伊藤孝至

    平成23年度春季(第107回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学   国名:日本国  

  83. 粉末冶金プロセスを用いたシリサイド系化合物の合成と熱電特性

    伊藤孝至

    第58回応用物理学関係連合講演会シンポジウム「見直され始めたシリサイド系熱電材料」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:神奈川工科大学   国名:日本国  

  84. 粉末冶金プロセスによるシリサイド系熱電材料の合成とその特性評価

    伊藤孝至

    粉体粉末冶金協会 焼結基礎分科会 第28回技術・品質評価委員会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  85. Thermoelectric Properties of Carbon Nanotubes Added n-type CoSb3 Compound 国際会議

    T.Itoh and M. Tachikawa

    2010 MRS Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  86. ポリオールプロセスによるBi-Te-Se熱電化合物のナノサイズ合成

    西脇想祐,伊藤孝至

    第20回学生による材料フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  87. MA-PDS法によるMg-La二重充填CoSb3の合成とその熱電特性

    松原正樹,伊藤孝至

    第20回学生による材料フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  88. 液相―固相反応法によって合成したMg2Si系化合物の熱電性能に及ぼすMg合金配合の影響

    萩尾建門,伊藤孝至

    第20回学生による材料フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  89. Synthesis of Bi2Te3 Nanosheets Using Polyol Process 国際会議

    S. Nishiwaki and T. Itoh

    3rd International Congress on Ceramics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  90. Fabrication and Thermoelectric Properties of Eco-Friendly Silicides for Thermoelectric Power Generation Using Waste Heat 国際会議

    T. Itoh

    The International Symposium on Advanced Materials Development and Integration of Novel Structured Metallic and Inorganic Materials 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  91. MA‐PDS法で作製したLa‐Mg二重充填CoSb3スクッテルダイトの熱電特性

    松原正樹,伊藤孝至

    平成22年度粉体粉末冶金協会秋季(第106回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  92. ポリオールプロセスを用いたナノサイズBi-Te-M (M=Se, Sb)熱電化合物の合成

    西脇想祐,伊藤孝至

    平成22年度粉体粉末冶金協会秋季(第106回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  93. 液相‐固相反応法によって合成したMg合金を用いたMg2Si系化合物の熱電特性

    萩尾建門,伊藤孝至

    平成22年度粉体粉末冶金協会秋季(第106回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  94. 廃熱をエネルギー資源として活用できる熱電材料の開発

    伊藤孝至

    第108回金属物性研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鳥取大学   国名:日本国  

  95. 廃熱をエネルギー資源にできる熱電発電と環境共生型シリサイド系熱電材料の開発について

    伊藤孝至

    テクノ・フェアー名大講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  96. Synthesis of Thermoelectric Bi-Sb Alloy by Liquid-Solid Phase Reaction Method 国際会議

    S. Nishiwaki and T. Itoh

    29th International Conference on Thermoelectric 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:中華人民共和国  

  97. Effect of Silicon Content on Thermoelectric Properties of Higher Manganese Silicide Compounds Prepared by Mechanical Grinding and Pulse Discharge Sintering 国際会議

    T. Itoh and M. Yoshikura

    29th International Conference on Thermoelectric 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  98. Development of Thermal Rectifier Usable at High Temperature 国際会議

    T. Takeuchi, H. Goto, Y. Toyama, T. Itoh and M. Mikami

    29th International Conference on Thermoelectric 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  99. 環境共生型シリサイド系化合物を用いた熱電モジュールの作製

    小林 亮,伊藤孝至

    平成22年度粉体粉末冶金協会春季(第105回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学   国名:日本国  

  100. ポリオールプロセスを用いたナノサイズBi-Te系熱電化合物の合成

    西脇想祐,伊藤孝至

    平成22年度粉体粉末冶金協会春季(第105回)講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学   国名:日本国  

  101. 廃熱発電用非酸化物系熱電材料の開発と熱電モジュールの高性能化へのアプローチ

    伊藤孝至

    セミナー「~排熱利用・自動車の燃費向上アシストに向けて~熱電変換材料の高性能化とモジュール開発」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京,TIME24ビル   国名:日本国  

  102. Mg-Si系とMn-Si系材料の開発について

    伊藤孝至

    第5回排熱発電コンソーシアム研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京理科大学   国名:日本国  

  103. 熱電発電のための積層型熱電素子およびモジュールの新規開発

    伊藤孝至

    熱電変換セミナー「熱電変換材料の開発とモジュール化・量産化技術」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京・王子 北とぴあ   国名:日本国  

  104. 修正ポリオールプロセスによるBi-Sb合金熱電ナノ粒子の合成とその焼結固化

    田中裕介, 伊藤孝至

    第19回学生による材料フォーラム(日本金属学会・日本鉄鋼協会東海支部) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  105. *Development of Materials and Modules for Thermoelectric Power Generation Recovering Waste Heat 国際会議

    The 15th ATA Symposium (International Green Energy Conference) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  106. PDS法を用いた高マンガンシリサイドの合成とその熱電特性

    吉倉雅晶, 伊藤孝至

    第19回学生による材料フォーラム(日本金属学会・日本鉄鋼協会東海支部) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  107. CoSb3系化合物の熱電特性に及ぼすAl2O3ナノ粒子添加の影響

    太刀川雅史, 伊藤孝至

    第19回学生による材料フォーラム(日本金属学会・日本鉄鋼協会東海支部) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  108. 液相-固相反応法によるBi-Sb合金の合成とその熱電特性

    西脇想祐,伊藤孝至

    粉体粉末冶金協会平成21年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  109. パルス放電焼結法を用いたHMSの合成とその熱電特性

    吉倉雅晶,伊藤孝至

    粉体粉末冶金協会平成21年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  110. n型Co0.92Ni0.08Sb2.96Te0.04スクッテルダイト化合物の熱電特性の及ぼすAl2O3ナノ粒子分散の影響

    太刀川雅史,伊藤孝至

    粉体粉末冶金協会平成21年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  111. 修正ポリオールプロセスによるBi-Sb合金ナノ粒子合成に及ぼす合成条件の影響

    田中裕介,伊藤孝至

    粉体粉末冶金協会平成21年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  112. Synthesis of Higher Manganese Silicide by Pulse Discharge Sintering Method 国際会議

    M. Yoshikura, T. Itoh

    R'07 Twin World Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  113. Influence of Carbon Nanotube Addition on Thermoelectric Properties of Skutterudite-type Cobalt Antimonide Compound 国際会議

    M. Tachikawa, T. Itoh

    R'09 Twin World Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  114. Synthesis of thermoelectric Bi-Sb alloy nanoparticles 国際会議

    Y. Tanaka, T. Itoh

    R'07 Twin World Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  115. 高効率な熱電発電のための熱電素子およびシステムの開発

    伊藤 孝至

    材料バックキャストテクノロジー研究センターの研究紹介 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  116. 高効率な熱電発電のための熱電素子およびシステムの開発

    伊藤 孝至

    テクノ・フェアー名大ミニ講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  117. 液相-固相反応法およびパルス放電焼結法によって作製したAlドープMg2Si化合物の熱電特性

    伊藤 孝至,松野 光晴

    第4回3大学3研究所連携プロジェクト公開討論会 ―次期6大学連携プロジェクト「特異構造金属・無機融合高機能材料開発」に向けて ― 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  118. Thermoelectric Properties of Al-doped Mg2Si Compounds Prepared by Liquid-Solid Phase Reaction and Pulse Discharge Sintering 国際会議

    T. Itoh, M. Matsuno

    28th International Conference on Thermoelectrics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  119. Syntheses of Ni-doped and Fe-doped CoSb3 Thermoelectric Nanoparticles through Modified Polyol Process

    2009 MRS Spring Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  120. Syntheses of Ni-doped and Fe-doped CoSb3 Thermoelectric Nanoparticles through Modified Polyol Process

    2009 MRS Spring Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  121. Bi100-xSbx低温用熱電材料のナノ粒子合成

    田中裕介, 伊藤孝至

    日本金属学会第144回春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  122. PDS法を用いた新製法による高マンガンシリサイド(HMS)の合成

    吉倉雅晶, 伊藤孝至

    日本金属学会第144回春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  123. CoSb3系化合物の熱電特性に及ぼすカーボンナノチューブ添加の影響

    太刀川雅史, 伊藤孝至

    日本金属学会第144回春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  124. 修正ポリオールプロセスによる熱電ナノ粒子の合成

    伊藤孝至

    第26回技術・品質評価委員会(粉体粉末冶金協会 焼結基礎分科会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  125. 新しい粉末冶金技術とその応用

    伊藤孝至

    平成20年度技術融合化シンポジウム(主催:名古屋市工業研究所、共催:(財)名古屋市工業技術振興協会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  126. The effect of the sintering conditions and addition of fullerene on thermoelectric properties of Mg2Si 国際会議

    The IUMRS International Coference in Asia 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  127. Thermoelectric Properties of Sintered Bodies Made of Synthesized CoSb3 Nanoparticles 国際会議

    The IUMRS International Coference in Asia 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  128. Fabrication of Thermoelectric Module by A New Manufacturing Process and Its Performance 国際会議

    The IUMRS International Coference in Asia 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  129. 環境共生型熱電材料Mg2Siの熱電特性に及ぼす焼結条件とフラーレン添加の影響

    松野光晴, 伊藤孝至

    第18回学生による材料フォーラム(日本金属学会・日本鉄鋼協会東海支部) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  130. 新たな手法による熱電発電用(積層型)モジュールの作製とその評価

    生田裕二, 伊藤孝至

    第18回学生による材料フォーラム(日本金属学会・日本鉄鋼協会東海支部) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  131. *Synthesis of Co1-xNixSb3 Thermoelectric Nanoparticles 国際会議

    The 14th International Symposium on Advanced Technology and Applications (ATA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  132. CoSb3系熱電材料のナノ粒子合成と熱電特性に及ぼすフラーレン添加の影響

    伊藤孝至

    第2回名古屋大学と産業技術総合研究所との技術交流会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    CoSb3系熱電材料は熱電特性に優れた有望な熱電材料であるが,熱伝導率を低減させることが課題である.そこで,熱伝導率の低減のためにナノサイズの粒径を持つにCoSb3系熱電材料を化学合成法を用いて合成した成果や,CoSb3系熱電材料にフラーレンを均一に添加して得られた成果を報告する.

  133. 廃熱を利用した熱電発電のための研究開発

    伊藤孝至

    高校模擬授業 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    熱エネルギーと電気エネルギーを相互に直接変換できる半導体として熱電材料がある。この材料を用いた発電は、太陽光発電や風力発電と同様に有望な発電方法として期待されている。熱電効果とそれに関連する歴史から、廃熱を有効利用した熱電発電のための最新の研究開発について紹介する。

  134. Co(1-x)NixSb3熱電材料のナノ粒子合成

    磯貝佳祐, 伊藤孝至

    日本金属学会第143回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    スクッテルダイト構造を有するCoSb3系化合物は,300~600℃の中温域で比較的優れた熱電性能を持つ材料として知られているが,熱伝導率が比較的大きい熱電材料である.ナノ粒子からバルク体を作製し,結晶粒の微細化を図ることによって,フォノン散乱による格子熱伝導率の低減が期待できる.そこで本研究では,修正ポリオールプロセスを用いてCoサイトをNi原子で一部置換したCo(1-x)NixSb3熱電材料のナノ粒子合成を試みた.

  135. 新たな手法による熱電発電用モジュールの作製と発電性能評価

    生田裕二, 伊藤孝至

    日本金属学会第143回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    従来の熱電発電モジュールの製造方法では,バルク体からの熱電素子の切り出し,p型とn型素子の配列,電極の接続,パッケージングといった煩雑な製造工程を経ているため,製造コストが高くなってしまうことが問題である.そこで本研究では,製造コスト削減につながる新たな製造手法を提案し,その手法によるモジュールの作製とその性能評価を行った.

  136. Mg2Siの熱電特性に及ぼす焼結条件およびフラーレン添加の影響

    松野光晴, 伊藤孝至

    日本金属学会第143回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    熱電材料の一つであるMg2Siは,含まれる元素のMgとSiは共に毒性がなく地球上に豊富に存在する点で大変有望な熱電材料である.しかし,Mg2Siの合成の困難さからその材料の性能向上に関する研究はあまり報告されていない.そこで本研究では,液相-固相反応法を用いてMg2Siの合成を行い,焼結条件やフラーレン添加が熱電性能に及ぼす影響を調査・検討した.

  137. Synthesis of Thermoelectric Manganese Silicide by Mechanical Alloying and Pulse Discharge Sintering 国際会議

    27th International Conference on Thermoelectrics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  138. CoSb3熱電材料のナノ粒子合成とその焼結体の作製

    磯貝佳祐,伊藤孝至

    粉体粉末冶金協会平成20年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    本研究では、このCoSb3の熱伝導率を低減するのに,スクッテルダイト構造にゲスト原子を充填する従来の格子熱伝導率を低減する方法とは異なり,ナノ粒子から焼結体を作製することで結晶粒を微細化しフォノン散乱を引き起こして格子熱伝導率の低減を図ることを目的とする.今回,CoSb3熱電材料のナノ粒子製造をナノ粒子合成の液相法のひとつであるポリオールプロセスを用いて化学合成することによって,処理条件を変えて得られたナノ粒子の同定や形態観察を行った.そしてそのナノ粒子からパルス放電焼結法によって焼結体の作製を試みた.

  139. 新たな手法による熱電発電用モジュールの作製

    生田裕二, 伊藤孝至

    粉体粉末冶金協会平成20年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    本研究では熱電モジュールにおける製造コスト削減、新たな製造方法の開発を行っている。絶縁体の隔壁間に熱電素子を充填し、同時焼結することで、モジュール作製の工程の簡略化を図った。従来の作製方法のモジュールと比較するために、新たな方法で作製したモジュールの発電特性を測定、評価した。

  140. マグネシウムシリサイド化合物の合成とその熱電特性

    松野光晴,伊藤孝至

    粉体粉末冶金協会平成20年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    熱電材料の一つであるMg2Siは,含まれる元素のMgとSiは共に毒性がなく,尚且つ地球上に豊富に存在する点で大変有望な熱電材料である.しかし,Mg2Siの合成の困難さからその材料の性能向上に関する研究はあまり報告されていない.そこで本研究では,液相-固相反応法を用いてMg2Siの合成を種々の条件で試み,焼結条件が熱電性能に及ぼす影響を調査・検討した.

  141. 粉末の形態特性評価法および充填シミュレーション

    伊藤孝至

    全豊田焼結材料部会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    粉末の粒度分布および形状分布は,粉末冶金プロセスや製品の性質に影響を与える重要な粉末の形態特性である.粉末の粒度と形状を同時に定量評価する新しい方法や粉末の形態特性と粉末特性との関係の定量解析例について紹介する.粉末形態に関連しては,振動を利用した粒子の形状分級方法についても紹介する.また,粉末の充填特性に関連して,球形粒子群のランダム充填シミュレーションと数値計算による充填密度予測方法について紹介する.

  142. CoSb<SUB>3</SUB>熱電材料のナノ粒子合成

    磯貝佳祐,伊藤孝至

    第17回学生による材料フォーラム(日本金属学会・日本鉄鋼協会東海支部) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  143. Effect of Combined Addition of Silicon Carbide Whiskers and Fullerene Nanoparticles on Properties of Thermoelectric Zinc Antimonite 国際会議

    2007 MRS Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    A Zn4Sb3 compound is a promising "phonon glass electron crystal" material applicable to thermoelectric power generation around 700K. This material, however, has a problem of its brittleness. In this research, the silicon carbide whiskers were added into the Zn4Sb3 compound for overcoming the brittleness, and the fullerene nanoparticles were also added for improving the thermoelectric performance.

  144. Polyol Process Synthesis of CoSb<SUB>3</SUB> Termoelectric Nanoparticles 国際会議

    International Symposium on EcoTopia Science 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  145. Polyol Process Synthesis of CoSb_3_ Termoelectric Nanoparticles 国際会議

    International Symposium on EcoTopia Science 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  146. Influence of Fullerene Addition on Thermoelectric Properties of Non-filled/Filled Cobalt-Skutterudite Compounds 国際会議

    International Symposium on EcoTopia Science 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  147. Effect of Acid Treatment on Removing Sodium Ions from Sodium Cobalt Oxide Thermoelectric Materials 国際会議

    International Symposium on EcoTopia Science 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  148. Effect of Acid Treatment on Removing Sodium Ions from Sodium Cobalt Oxide Thermoelectric Materials 国際会議

    International Symposium on EcoTopia Science 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  149. Influence of Fullerene Addition on Thermoelectric Properties of Non-filled/Filled Cobalt-Skutterudite Compounds 国際会議

    International Symposium on EcoTopia Science 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  150. コバルト酸ナトリウム熱電材料のナトリウムイオン除去におよぼす酸処理条件の影響

    渡辺玲雄,伊藤孝至,北川邦行

    粉体粉末冶金協会平成19年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  151. MA-PDS法で作製した充填コバルト系スクッテルダイト化合物の熱電特性に及ぼすフラーレン添加の影響

    石川健太,岡田 明,伊藤孝至

    粉体粉末冶金協会平成19年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  152. *Spark Plasma Sintering for Thermoelectric Materials 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  153. ポリオールプロセスによる CoSb<SUB>3</SUB> 熱電材料のナノ粒子合成

    磯貝佳祐,伊藤孝至

    日本金属学会第141回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  154. 廃熱を利用した熱電発電を目指して

    伊藤孝至

    テクノフェアー名大2007ミニ講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  155. 非充填/充填型CoSb<SUB>3</SUB>系化合物の熱電特性に及ぼすフラーレン添加の影響

    石川健太,岡田 明,伊藤孝至

    日本金属学会第140回春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  156. エアータッピング法によるFe-Cu混合粉末の充填に及ぼすメッシュサイズの影響

    天野裕斗,伊藤孝至,寺尾星明,金武直幸

    粉体粉末冶金協会平成18年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  157. ナノ粒子添加によるn型Co<SUB>0.92</SUB>Ni<SUB>0.08</SUB>Sb<SUB>2.96</SUB>Te<SUB>0.04</SUB>熱電材料の高性能化

    石川健太,岡田 明,伊藤孝至

    粉体粉末冶金協会平成18年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  158. SiCウィスカー強化β-Zn<SUB>4</SUB>Sb<SUB>3</SUB>熱電複合材料の機械的特性及び熱電性能

    浅利将央,岡田 明,金武直幸,伊藤孝至

    粉体粉末冶金協会平成18年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  159. ナノ粒子添加によるn型CoSb<SUB>3</SUB>系熱電材料の高性能化

    石川健太,伊藤孝至

    第16回学生による材料フォーラム(日本金属学会・日本鉄鋼協会東海支部) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  160. 廃熱を利用した熱電発電を目指して

    伊藤孝至

    テクノフェアー名大2006ミニ講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  161. Prediction of Packing Density of Milled Powder Based on Packing Simulation and Particle Shape Analysis 国際会議

    2006 World Congress on Powder Metallurgy & Particulate Materials 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  162. CeO2微細析出物を添加したBi2Te3薄膜の熱電特性

    前田正憲, 一野祐亮, 吉田隆, 兼松大二, 長坂雄次, 須藤公彦, 中里典生, 伊藤孝至

    2006年秋季第67回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  163. 粒径制御したBaZrO3を添加したSm1.98Ce0.02CuO4薄膜の熱電特性

    神谷彰, 一野祐亮, 吉田隆, 高井吉明, 伊藤孝至

    2006年秋季第67回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  164. パルスレーザー蒸着法を用いて作製したn型Gd2-xPrxCuO4混晶系薄膜の熱電変換特性

    一野祐亮, 野々山公亮, 神谷彰, 吉田隆, 高井吉明, 伊藤孝至

    2006年秋季第67回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  165. Performance of Segmented Thermoelectric Elements Fabricated by Simultaneous Sintering Method 国際会議

    25th International Conference on Thermoelectrics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  166. Fe-Cu混合粉末の充填特性に及ぼすエアタッピング周期の影響

    天野裕斗,伊藤孝至,寺尾星明,金武直幸

    粉体粉末冶金協会平成18年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  167. 熱電材料の研究開発と熱電発電の現状

    伊藤孝至

    日本弁理士会研修会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  168. 複合材料用プリカーサ作製における粉末充填シミュレーション

    天野裕斗,金武直幸,伊藤孝至

    第15回学生による材料フォーラム(日本金属学会・日本鉄鋼協会東海支部) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  169. 液相-固相反応法によるβ-Zn<SUB>4</SUB>Sb<SUB>3</SUB>熱電材料の合成とその熱電特性

    浅利将央,伊藤孝至

    第15回学生による材料フォーラム(日本金属学会・日本鉄鋼協会東海支部) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  170. パルス通電焼結法による積層n型CoSb<SUB>3</SUB>/Bi<SUB>2</SUB>Te<SUB>3</SUB>熱電素子の作製

    武藤 徹,伊藤孝至,金武直幸,北川邦行

    粉体粉末冶金協会平成17年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  171. 熱処理プロセスによるβ-Zn<SUB>4</SUB>Sb<SUB>3</SUB>熱電材料の合成とその熱電特性

    浅利将央,伊藤孝至,北川邦行,金武直幸

    粉体粉末冶金協会平成17年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  172. Fabrication of Segmented n-type CoSb<SUB>3</SUB>/Bi<SUB>2</SUB>Te<SUB>3</SUB> Thermoelectric Module and Its Performance 国際会議

    International Symposium on EcoTopia Science 2005 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  173. Syntheses of Fe and La Doped CoSb<SUB>3</SUB> Thermoelectric Compounds by Pulse Discharge Sintering 国際会議

    International Symposium on EcoTopia Science 2005 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  174. AgSbTe<SUB>2</SUB>/Sb<SUB>2</SUB>Te<SUB>3</SUB>/Bi<SUB>0.4</SUB>Sb<SUB>1.6</SUB>Te<SUB>3</SUB> Thermoelectric Module and Its Performance 国際会議

    24th International Conference on Thermoelectrics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  175. セグメント型熱電素子のためのn型材料の合成および特性評価

    武藤 徹,伊藤孝至

    第14回学生による材料フォーラム(日本金属学会・日本鉄鋼協会東海支部) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  176. Bi-Te系熱電材料の圧縮ねじり成形における加工条件の影響

    濱口真崇,伊藤孝至,金武直幸

    第55回塑性加工連合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  177. SPS焼結法によるAgSbTe<SUB>2</SUB>/Sb<SUB>2</SUB>Te<SUB>3</SUB>/Bi<SUB>0.4</SUB>Sb<SUB>1.6</SUB>Te<SUB>3</SUB>積層熱電素子の作製

    徳田公平,伊藤孝至,北川邦行,金武直幸

    粉体粉末冶金協会平成16年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  178. SPS法によるFe添加CoSb<SUB>3</SUB>スクッテルダイト化合物の合成と熱電特性

    服部英二,伊藤孝至,北川邦行

    粉体粉末冶金協会平成16年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  179. AgSbTe<SUB>2</SUB>系熱電材料の相変態に及ぼす熱処理条件の影響

    加藤 拓,伊藤孝至,北川邦行,金武直幸

    粉体粉末冶金協会平成16年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  180. Bi-Te系熱電材料の圧縮ねじり成形に及ぼす加工温度の影響

    濱口真崇,伊藤孝至,金武直幸

    日本金属学会第135回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  181. AgSbTe<SUB>2</SUB>/Sb<SUB>2</SUB>Te<SUB>3</SUB>/Bi<SUB>0.4</SUB>Sb<SUB>1.6</SUB>Te<SUB>3</SUB>積層熱電素子の作製

    徳田公平,伊藤孝至,金武直幸,北川邦行

    第1回日本熱電学会学術講演会(TEJ2004) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  182. SPS法によるスクッテルダイト化合物CoSb<SUB>3</SUB>のLa添加による影響

    服部英二,伊藤孝至,北川邦行

    第1回日本熱電学会学術講演会(TEJ2004) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  183. AgSbTe<SUB>2</SUB>系熱電材料に及ぼすSb<SUB>2</SUB>Te<SUB>3</SUB>の影響

    加藤 拓,伊藤孝至,金武直幸,北川邦行

    第1回日本熱電学会学術講演会(TEJ2004) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  184. シース圧延によるBi-Te系熱電材料粉末の固化と微視組織制御

    新川嘉英,伊藤孝至,金武直幸

    平成16年塑性加工春季講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  185. Bi-Te 系熱電粉末材料の圧縮ねじり固化成形に及ぼす圧縮圧力の影響

    濱口真崇, 伊藤孝至, 金武直幸

    日本金属学会2004年春期(第134回)大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  186. MA-SPS法によるAgSbTe<SUB>2</SUB>系熱電材料の合成に及ぼすMA条件の影響

    加藤 拓,伊藤孝至

    第13回学生による材料フォーラム(日本金属学会・日本鉄鋼協会東海支部) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  187. AgSbTe<SUB>2</SUB>/Bi<SUB>0.4</SUB>Sb<SUB>1.6</SUB>Te<SUB>3</SUB>積層熱電素子の作製と特性評価

    徳田公平,伊藤孝至

    第13回学生による材料フォーラム(日本金属学会・日本鉄鋼協会東海支部) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  188. MA-SPS法によるCoSb<SUB>3</SUB>熱電材料の合成と特性評価

    伊藤孝至, 山下 剛, 単 佳義, 北川邦行

    粉体粉末冶金協会平成15年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  189. C/Cコンポジットのためのアルミナと釉を用いた多層耐酸化コーティング

    沈 慶春, 単 佳義, 伊藤孝至, 北川邦行, 片桐晴郎

    粉体粉末冶金協会平成15年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  190. アルミニウム金属粉末の圧延固化成形に及ぼすシース形状の影響

    新川嘉英, 伊藤孝至, 金武直幸

    日本金属学会2003年秋期(第133回) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  191. Fabrication of Layered p-type AgSbTe<SUB>2</SUB>-(Bi,Sb)<SUB>2</SUB>Te<SUB>3</SUB> thermoelectric module and its performance 国際会議

    The 22nd International Conference on Thermoelectrics, La Grande Motte, France 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  192. MA-SPS法によるβ‐Zn<SUB>4</SUB>Sb<SUB>3</SUB>熱電材料の合成

    単 佳義, 伊藤孝至, 北川邦行

    熱電変換シンポジウム'03(TEC2003) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  193. SPS法を用いたAgSbTe<SUB>2</SUB>/Bi<SUB>2</SUB>Te<SUB>3</SUB>積層熱電素子の作製と性能評価

    徳田公平, 久保雅崇, 伊藤孝至, 金武直幸, 北川邦行

    熱電変換シンポジウム'03(TEC2003) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  194. MA-SPS法によるAgSbTe<SUB>2</SUB>系熱電材料の合成に及ぼすMA条件の影響

    加藤 拓, 単 佳義, 伊藤孝至, 金武直幸, 北川邦行

    熱電変換シンポジウム'03(TEC2003) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  195. Microstructural Dependency of Soft Magnetism in a Sintered Stainless Fe-12%Cr Alloy 国際会議

    2003 International Conference on Powder Metallurgy & Particulate Materials, Las Vegas, U.S.A 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  196. 圧縮ねじり負荷によるBi-Te系熱電粉末材料の成形と微視組織

    門井 崇, 伊藤孝至, 金武直幸

    第53回塑性加工連合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  197. Bi-Te 系熱電粉末材料の微視組織に及ぼす圧縮ねじり負荷方法の影響

    門井 崇, 伊藤孝至, 金武直幸

    日本金属学会秋期大会講演概要(第131回) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  198. 高効率エネルギー変換を目指して

    北川邦行, 伊藤孝至, 古畑朋彦

    日本原子力学会「先端科学と原子力技術」研究専門委員会 平成14年度第1回研究専門委員会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  199. 圧縮ねじり成形したBi-Te系熱電粉末材料の組織と特性

    門井 崇, 伊藤孝至, 金武直幸

    日本金属学会春期大会講演概要(第130回) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  200. 熱電変換材料の組織制御に関する研究

    伊藤孝至

    名古屋大学高温エネルギー変換研究センター第10回センター公開セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  201. アルミニウム合金の圧縮ねじり繰り返し負荷による結晶粒微細化に及ぼす負荷条件の影響

    青野圭太朗, 伊藤孝至, 金武直幸

    軽金属学会第101回秋期大会講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  202. 自動車用PM軟磁性合金について

    草加勝司, 鰐部吉基, 伊藤孝至

    粉体粉末冶金協会平成13年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  203. 熱間鍛造による高強度アルミニウム合金粉末の直接固化成形

    安藤 勤, 伊藤孝至, 金武直幸

    軽金属学会第101回秋期大会講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  204. 気孔の定量評価

    鰐部吉基, 伊藤孝至,横山誠二, 草加勝司

    粉体粉末冶金協会平成13年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  205. 平面ひずみ鍛造による高強度アルミニウム合金粉末の固化挙動

    安藤 勤, 伊藤孝至, 金武直幸

    第52回塑性加工連合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  206. 圧縮ねじり繰り返し負荷による純アルミニウムの結晶粒微細化

    青野圭太郎, 伊藤孝至, 金武直幸

    第52回塑性加工連合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  207. 断面像と投影像に基づく鉄粉形態の定量特性に生じる差とそのシミュレーション

    伊藤孝至, 鰐部吉基

    粉体・粉末冶金協会焼結基礎分科会「技術・品質評価委員会」第19回会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  208. Simulation for Estimation of Morphology of Projected Image from Sectioned Image of Iron Powder Particles 国際会議

    2001 International Conference on Powder Metallurgy & Particulate Materials, New Orleans, U.S.A. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  209. 圧縮ねじり繰り返し負荷による純アルミニウムの結晶粒微細化

    青野圭太郎, 伊藤孝至, 金武直幸

    軽金属学会第100回春期大会講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  210. 高温平面ひずみ圧縮による高強度アルミニウム合金粉末の固化

    安藤 勤, 伊藤孝至, 金武直幸

    軽金属学会第100回春期大会講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  211. 粉末鍛造および焼鈍したBi-Te系熱電材料の組織と特性

    細川智浩, 伊藤孝至, 金武直幸

    日本金属学会春期大会講演(第128回) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  212. 多孔性について

    鰐部吉基, 伊藤孝至, 横山誠二

    粉体・粉末冶金協会焼結基礎分科会「技術・品質評価委員会」第18回会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  213. Fundamental Essences in New Quantitative Approach to Powder Technology 国際会議

    International Workshop on Advanced Powder Metallurgy - a satellite meeting of P/M 2000 Kyoto 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  214. Shape Separation of Powder Particles and Simulation 国際会議

    2000 Powder Metallurgy World Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  215. Characterization of Pores for Specific Properties in P/M Soft Magnetic Materials 国際会議

    2000 Powder Metallurgy World Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  216. Simulation for Estimation of Morphology of Projected Image from Sectioned Image of Iron Powder Particles

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  217. Simulation for Estimation of Morphology of Projected Image from Sectioned Image of Iron Powder Particles 国際会議

    2000 International Conference on Powder Metallurgy & Particulate Materials, New York, U.S.A 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  218. 介在粒子の投影と切断による形態計測とそのシミュレーション

    伊藤孝至, 鰐部吉基

    日本鉄鋼協会評価・分析・解析部会自主フォーラム「分散析出相の定量評価」第6回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  219. シミュレーションによる粉粒体の断面像から推定する投影像の形態的特性

    伊藤孝至,鰐部吉基

    粉体粉末冶金協会平成11年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  220. 耐火物に関する定量研究について

    鰐部吉基, 伊藤孝至

    日本鉄鋼協会評価・分析・解析部会自主フォーラム「分散析出相の定量評価」第5回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  221. 介在物粒度および形状迅速評価技術

    磯野貴宏, 伊藤孝至,宮沢憲一, 鰐部吉基

    学振19委-11822,製鋼計測化学-Ⅱ-41 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  222. 粉末の粒子形状に基づく分級に関する技術開発と評価

    鰐部吉基, 伊藤孝至

    粉体・粉末冶金協会焼結基礎分科会「焼結機構委員会」と「射出成形委員会」,日本鉄鋼協会創形創質部会「粉体工学フォーラム」および「粉末焼結分科会」共催「焼結の科学と技術」講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  223. Measurement and Simulation of Morphological Characteristics on Projected and Sectioned Images of Iron Powder Particles 国際会議

    1999 International Conference on Powder Metallurgy & Particulate Materials, Vancouver, Canada 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  224. ソフト磁性材料の磁気特性と気孔形態の関係

    伊藤孝至,草加勝司, 鰐部吉基

    粉体粉末冶金協会平成11年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  225. 粉末冶金用粉体の形状に基づく分級に関する技術開発と評価

    伊藤孝至,鰐部吉基

    粉体粉末冶金協会平成11年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  226. 粉末粒子の形態キャラクタリゼーションにおける切断像と投影像に基づく定量特性の差異とそのシミュレーション

    鰐部吉基, 伊藤孝至

    粉体・粉末冶金協会焼結基礎分科会「焼結機構委員会」と「射出成形委員会」,日本鉄鋼協会創形創質部会「粉体工学フォーラム」および「粉末焼結分科会」共催「焼結の科学と技術」講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  227. 金属粉末の圧粉成形挙動に及ぼす粉末形態特性の影響

    伊藤孝至,鰐部吉基

    粉体粉末冶金協会平成10年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  228. 分散相の新定量解析法

    鰐部吉基, 伊藤孝至

    日本鉄鋼協会評価・分析・解析部会「鋼中介在物・析出物分析評価」フォーラム第1回会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  229. 析出物・介在物の形態シミュレーション

    伊藤孝至, 鰐部吉基

    日本鉄鋼協会評価・分析・解析部会自主フォーラム「分散析出相の定量評価」第2回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  230. 粉末の分級における形態評価

    中村佳道, 伊藤孝至,鰐部吉基

    粉体粉末冶金協会平成9年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  231. 粉粒体の形態特性に基づく流動と充填の定量解析

    伊藤孝至, 鰐部吉基

    日本鉄鋼協会第134回秋季講演大会創形創質工学部会討論会「粉体の流動,充填および成形」 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  232. 介在物の形態定量

    鰐部吉基, 伊藤孝至

    日本鉄鋼協会評価・分析・解析部会自主フォーラム「分散析出相の定量評価」第1回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  233. Random Packing Simulation of Spheres and Practical Application for Real Powders 国際会議

    International Workshop on Modeling of Metal Powder Forming Processes, Grenoble, France 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  234. 粉粒体の切断面と投影像間の形態特性の差異に関するシュミレーション

    伊藤孝至,鰐部吉基, 水野通利

    粉体粉末冶金協会平成9年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  235. 充填シミュレーションと粉粒体の形態的な特徴による充填密度の予測

    中村佳道, 伊藤孝至,鰐部吉基

    粉体粉末冶金協会平成8年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  236. 粉末プロセシングにおける定量評価

    鰐部吉基,伊藤孝至

    日本鉄鋼協会第132回秋季講演大会創形創質部会粉粒体フォーラムシンポジウム「鉄鋼の粉末冶金における新しい展開」 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  237. Morphological Characterization of Iron Powders and The Estimating of Density Through Random Packing Simulation 国際会議

    1996 World Congress on Powder Metallurgy & Particulate Materials, Washington D.C., U.S.A 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  238. 粉末技術の新しい考え方

    鰐部吉基, 伊藤孝至

    愛知県工業技術センター講習会「粉末技術の新しい展開」 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  239. 粒度-形状分散図における個数基準と質量基準の相互関係

    伊藤孝至,鰐部吉基

    学振19委-11622,製鋼計測化学-Ⅱ-35 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  240. 短繊維および粒子の特性によるそれらの混合充填体の密度解析

    伊藤孝至, 鰐部吉基,黒田浩治

    粉体粉末冶金協会焼結基礎分科会「焼結機構委員会」および日本鉄鋼協会創形創質部会「粉体工学フォーラム」共催「焼結の科学と技術」講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  241. 短繊維および粒子の特性によるそれらの混合充填体の密度解析

    伊藤孝至,黒田浩治, 鰐部吉基

    粉体粉末冶金協会平成7年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  242. 介在物形態(粒度・形状)に関する新定量解析法

    鰐部吉基, 伊藤孝至

    日本金属学会分科会シンポジウム「金属中の介在物評価技術の現状と展望」 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  243. 短繊維のキャラクタリゼーションと粉末との混合充填体の密度解析

    伊藤孝至,鰐部吉基

    粉体粉末冶金協会平成6年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  244. 金属粉末の流動に及ぼす粒子特性の影響

    伊藤孝至,鰐部吉基

    粉体粉末冶金協会平成6年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  245. Characterization of Short Fibers and Packing Densities of Its Mixtures with Powders 国際会議

    1994 International Conference & Exhibition on Powder Metallurgy & Particulate Materials, Toronto, Canada 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  246. 分散粒子の諸特性(粒度・形状およびそれらの分布)が充填挙動に及ぼす影響量について

    鰐部吉基, 伊藤孝至,F. Oeters, E. Boschatzke

    学振19委-11474,反応プロセス-22 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  247. 分散粒子の諸特性(粒度・形状およびそれらの分布)が充填挙動に及ぼす影響量について

    伊藤孝至,鰐部吉基

    学振19委介在-62 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  248. 大学と企業との共同研究

    鰐部吉基, 伊藤孝至

    粉体・粉末冶金協会焼結基礎分科会「技術・品質評価委員会」第6回会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  249. 新しいキャラクタリゼーション法に基づく介在物形態の定量

    鰐部吉基, 伊藤孝至,梅沢一誠, 塗 嘉夫

    学振19委介在-5-34 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  250. 粉末と粉末プロセスに関する定量的解析の研究

    伊藤孝至,鰐部吉基

    粉体粉末冶金協会平成5年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  251. Size Distribution of Non-Spherical Objects from Measurements Made on Random Plane Sections and of Pfrojected Shadows 国際会議

    1993 Powder Metallurgy World Congress, Kyoto 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  252. Estimation of Density in Packed Beds of Non-Spherical Particles through New Modeling 国際会議

    1993 Powder Metallurgy World Congress, Kyoto 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  253. 切断研磨面上の計測による非球状粒子群の粒度分布解析

    鰐部吉基,伊藤孝至,寺田好晴, 大原隆司

    学振19委-11432,化Ⅱ-1-19 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  254. 短繊維のキャラクタリゼーション

    鰐部吉基, 伊藤孝至

    粉体・粉末冶金協会焼結基礎分科会「技術・品質評価委員会」第3回会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  255. 粉末の粒子特性と流動性

    伊藤孝至, 鰐部吉基

    粉体・粉末冶金協会焼結基礎分科会「技術・品質評価委員会」第3回会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  256. 粒子単層法による粉末粒子形状の定量化

    伊藤孝至,鰐部吉基

    粉体粉末冶金協会平成4年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1992年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  257. 不均一な材料とプロセスの定量解析

    鰐部吉基,伊藤孝至,坂尾 弘

    学振19委-11323,反応-764 

     詳細を見る

    開催年月日: 1992年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  258. キャラクタリゼーションの必要性

    鰐部吉基, 伊藤孝至

    粉体・粉末冶金協会焼結基礎分科会「技術・品質評価委員会」第1回会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 1992年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  259. 粉末の定量指標と充填密度

    伊藤孝至,鰐部吉基

    粉体・粉末冶金協会焼結基礎分科会「技術・品質評価委員会」第1回会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 1992年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  260. 金属粉末の粒子特性を考慮した充填体モデルによる充填密度解析

    伊藤孝至,鰐部吉基

    粉体粉末冶金協会平成4年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1992年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  261. 切断研磨面上の計測による非球状粒子群の粒度分布解析

    鰐部吉基,伊藤孝至,寺田好晴,大原隆司

    粉体粉末冶金協会平成4年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1992年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  262. Particle Size-Shape Dispersion Diagram and Its Application for Packing Density of Metallic Powders 国際会議

    5th European Symposium of Particle Characterization, Nuernberg, Germany 

     詳細を見る

    開催年月日: 1992年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  263. Quantitative analysis in heterogeneous materials and processing 国際会議

    5th European Symposium of Particle Characterization, Nuernberg, Germany 

     詳細を見る

    開催年月日: 1992年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  264. 金属粉末の粒度,形状およびそれらの分布が及ぼす充てん密度への影響

    伊藤孝至,鰐部吉基,寺田好晴,宮入茂俊

    粉体粉末冶金協会平成3年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1991年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  265. 粒子形状分布と粒度-形状分散図

    伊藤孝至,鰐部吉基

    学振19委介在-15 

     詳細を見る

    開催年月日: 1990年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  266. 金属粉末の粒子形状モデルと粒度-形状分散図

    伊藤孝至,鰐部吉基

    粉体粉末冶金協会平成2年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1990年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  267. 溶湯の衝撃噴霧に関する基礎解析

    伊藤孝至, 鰐部吉基

    粉体粉末冶金協会平成2年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1990年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 23

  1. マンガンシリサイドを用いた熱電変換モジュールの開発

    2013年7月 - 2014年3月

    栃木県ものづくり技術強化補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    熱電変換技術は排熱を利用付加価値の高い電気エネルギーに変換し利用できる技術であり、経済産業省が作成した2010技術戦略マップ中では「総合エネルギー効率の向上」及び「新エネルギーの開発・導入促進」に寄与する技術の1つに位置づけられ、実用化と普及が期待されているエネルギー利用効率向上に資する技術として期待されている。
    しかしながら、これまで研究されてきた熱電変換材料は、その構成元素の資源量、毒性、価格おいて、また、高温での耐熱性等に問題を抱えており、これらに問題のない熱電変換材料による量産可能な熱電変換モジュールの開発が求められている。また、近年では、より小さなスペース(例えば、自動車用途等)にも設置可能な出力密度の高い熱電変換モジュールが求められており、耐熱性、発電性能の両面での改善が必要とされている。
    そこで、我々は昨年度に開発を行ったユニレグ型モジュールと比較して、出力密度を高めることに有利なΠ型構造の熱電変換モジュールの開発を行い、Π型モジュールの欠点である高温使用時の耐久性を改善し、耐熱性環境低負荷熱電発電モジュールの実用化を目指すことを目的として開発を行う。

  2. シリサイド系熱電変換モジュールの開発

    2013年4月 - 2019年3月

    国内共同研究 

  3. マンガンシリサイド熱電材料の熱電性能並びに生産性の向上に関する研究

    2013年1月 - 2015年3月

    国内共同研究 

  4. 安価な実用Mg合金を出発原料に用いたシリサイド系熱電変換モジュールの開発

    2011年10月 - 2012年9月

    A-STEPフィージビリティスタディ シーズ顕在化タイプ 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 排熱発電モジュールとDCコンバータの高性能化と実用化検証

    2010年6月 - 2012年4月

    長野県テクノ財団・技術シーズ育成事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 廃熱発電を目指したZn4Sb3バルク熱電材料の押出し成形と性能評価

    2010年6月 - 2012年3月

    国内共同研究 

  7. 拡散接合法による金属系熱電発電モジュールの作製

    2010年6月 - 2012年3月

    国内共同研究 

  8. シリサイド系熱電変換モジュールの開発

    2010年4月 - 2013年3月

    国内共同研究 

  9. 環境共生型熱電発電用モジュールの開発

    2010年4月 - 2012年3月

    国内共同研究 

  10. 熱電材料および熱電モジュールに関する基礎研究

    2009年4月 - 2014年3月

    国内共同研究 

  11. 極低温用熱電変換モジュールおよびシステムの開発

    2009年4月 - 2010年3月

    国内共同研究 

  12. 極低温用熱電変換モジュールおよびシステムの開発

    2008年4月 - 2010年3月

    エコトピア科学研究所所長裁量経費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  13. 新複合材料によるインバータ用放熱部品の開発

    2007年4月 - 2009年3月

    国内共同研究 

  14. 粉末形状および粒度分布に関する定量解析

    2007年4月 - 2008年3月

  15. 国際会議発表のための海外渡航助成

    2006年6月

  16. 奨学寄附金

    2005年5月 - 2006年3月

  17. 高効率熱電変換素子材料に関する研究

    2004年10月 - 2008年3月

    企業からの受託研究 

  18. 熱発電モジュールを用いた排熱回収装置の高効率化

    2004年10月 - 2005年3月

    国内共同研究 

  19. 新複合材料によるインバータ用放熱部品の開発

    2004年8月 - 2006年3月

    経済産業局・地域新生コンソーシアム研究開発事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  20. 奨学寄附金

    2003年6月 - 2004年3月

  21. 永井科学技術財団賞「学術賞」

    2001年3月

  22. 萌芽的研究助成

    1998年10月

  23. 国際会議発表のための海外渡航助成

    1992年6月

▼全件表示

科研費 7

  1. 接触熱コンダクタンスの改善および形状付与による熱電モジュールの高変換効率化

    2004年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  萌芽研究,課題番号:16656298

    伊藤 孝至

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 粉末プロセス工学における新定量解析法の構築とその応用

    1999年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    鰐部吉基

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  3. 圧縮・せん断複合負荷による高機能軽金属粉末の組織制御成形法

    1999年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    金武直幸

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  4. In situ oxidation複合材料における界面反応の解析

    1992年4月 - 1993年3月

    科学研究費補助金  重点領域研究

    長隆郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  5. 粒子/溶融メタル界面現象解析・制御による粒子分散強化型アルミニウム複合材料製造

    1991年4月 - 1992年3月

    科学研究費補助金  重点領域研究

    長隆郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  6. 金属粉末の粒子形状に関する基礎的研究

    1989年4月 - 1990年3月

    科学研究費補助金  奨励研究(A)

    伊藤孝至

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. 焼結用粉末材料の圧粉過程における基礎研究

    1987年4月 - 1988年3月

    科学研究費補助金  奨励研究(A)

    伊藤孝至

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

産業財産権 3

  1. 熱電変換モジュール及びその製造方法

    伊藤孝至,佐藤純一,武田喜男,田頭健司

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学総長,日本サーモスタット㈱,コトヒラ工業㈱

    出願番号:2012- 070091  出願日:2012年3月

    公開番号:2013-201382 

    出願国:国内  

    マンガンシリサイドからなる熱電変換素子と、電極と、該熱電変換素子と該電極との間に配設されたCr-Cu合金からなる応力緩和層とを備える熱電変換モジュールであって、該熱電変換素子と該応力緩和層との間に、Niからなり、該応力緩和層を構成するCrとCuとの該熱電変換素子への拡散を防止する拡散防止層を備えることを特徴とする熱電変換モジュール。

  2. Thermoelectric material formed of Mg2Si-based compound and production method therefor

    Takashi Itoh, Kento Hagio

     詳細を見る

    出願番号:13/317848 (US)  出願日:2011年10月

    公開番号:US2012/0114517A1 

    特許番号/登録番号:9115420 (US)  登録日:2015年8月 

    出願国:国内  

  3. Mg2Si基化合物から成る熱電材料及びその製造方法

    伊藤孝至, 萩尾建門

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学総長,日立化成工業㈱

    出願番号:2010-249891  出願日:2010年11月

    公開番号:2012-104558 

    特許番号/登録番号:5641474  登録日:2014年11月 

    出願国:国内  

    本発明は、Mg2Si基化合物の熱電材料及びその製造方法に関する。特に、Mg2Si基化合物の合成には、Al, Zn及びMnを合金成分として含有するMg合金を原材料に使用し、それらの元素をドーパントとしたMg2Si基化合物の熱電材料と、液相-固相反応法と焼結を組合せた熱電材料の製造方法に関する。

 

担当経験のある科目 (本学) 32

  1. 数学2及び演習

    2020

  2. 熱移動と拡散

    2020

  3. エネルギー変換工学

    2020

  4. 数学2及び演習

    2019

  5. 熱移動と拡散

    2019

  6. 熱移動と拡散

    2018

  7. 数学2及び演習

    2018

  8. 数学2及び演習

    2017

  9. 数学2及び演習

    2016

  10. 基礎セミナーA

    2016

  11. 材料構造制御工学セミナー

    2015

     詳細を見る

    複合材料、ポーラス材料、金属材料の製造加工技術及び組織・材質の評価に、関連する文献を調査報告し、材料内部の微視構造と機能特性との関係について習得するとともに、修士論文に関連する研究開発動向について理解する。

  12. 基礎セミナーA

    2015

  13. 数学2及び演習

    2015

  14. 基礎セミナーA

    2014

  15. 数学2及び演習

    2014

  16. 材料構造制御工学セミナー

    2014

     詳細を見る

    複合材料、ポーラス材料、金属材料の製造加工技術及び組織・材質の評価に、関連する文献を調査報告し、材料内部の微視構造と機能特性との関係について習得するとともに、修士論文に関連する研究開発動向について理解する。

  17. 基礎セミナーA

    2013

  18. 材料構造制御工学セミナー

    2013

     詳細を見る

    複合材料、ポーラス材料、金属材料の製造加工技術及び組織・材質の評価に、関連する文献を調査報告し、材料内部の微視構造と機能特性との関係について習得するとともに、修士論文に関連する研究開発動向について理解する。

  19. 数学2及び演習

    2013

  20. 微粒子材料学

    2013

  21. 材料構造制御工学セミナー

    2012

     詳細を見る

    複合材料、ポーラス材料、金属材料の製造加工技術及び組織・材質の評価に、関連する文献を調査報告し、材料内部の微視構造と機能特性との関係について習得するとともに、修士論文に関連する研究開発動向について理解する。

  22. 数学2及び演習

    2012

  23. 微粒子材料学

    2012

  24. 数学2及び演習

    2011

  25. 微粒子材料学

    2011

  26. マテリアル工学1

    2011

  27. 材料構造制御工学セミナー

    2011

     詳細を見る

    複合材料、ポーラス材料、金属材料の製造加工技術及び組織・材質の評価に、関連する文献を調査報告し、材料内部の微視構造と機能特性との関係について習得するとともに、修士論文に関連する研究開発動向について理解する。

  28. マテリアル工学1

    2010

  29. 材料構造制御工学セミナー

    2010

     詳細を見る

    複合材料、ポーラス材料、金属材料の製造加工技術及び組織・材質の評価に、関連する文献を調査報告し、材料内部の微視構造と機能特性との関係について習得するとともに、修士論文に関連する研究開発動向について理解する。

  30. 材料構造制御工学セミナー

    2009

     詳細を見る

    複合材料、ポーラス材料、金属材料の製造加工技術及び組織・材質の評価に、関連する文献を調査報告し、材料内部の微視構造と機能特性との関係について習得するとともに、修士論文に関連する研究開発動向について理解する。

  31. 微粒子材料学

    2009

     詳細を見る

    粉末などを介した材料開発の基礎として,異方質や不均質な製品の評価やプロセスの制御に本質的な捉え方と定量法について学ぶ.

  32. 数学2及び演習

    2009

     詳細を見る

    『数学1及び演習』に引き続き,専門科目を学ぶ基礎として,工学上重要な方法であるラプラス変換,フーリエ解析,さらに工学によく現れる偏微分方程式について学習する.数学的考え方及び具体的問題に現れる理論と応用との結び付きを重視する.

▼全件表示