2022/03/10 更新

写真a

ワタナベ タカシ
渡邉 崇
WATANABE Takashi
所属
大学院情報学研究科 複雑系科学専攻 複雑系計算論 教授
大学院担当
大学院情報科学研究科
大学院情報学研究科
学部担当
情報学部 自然情報学科
情報文化学部
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 工学博士 ( 1986年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 9

  1. 計算流体力学

  2. 計算機科学

  3. 流体力学

  4. 知識工学

  5. 流体情報学

  6. 確率論

  7. 統計学

  8. 流体工学

  9. 流体情報学

研究分野 5

  1. その他 / その他  / 流体工学

  2. その他 / その他  / 情報学基礎

  3. その他 / その他  / 知能情報学

  4. その他 / その他  / 数学一般(含確率論・統計数学)

  5. その他 / その他  / 流体情報学

現在の研究課題とSDGs 5

  1. 室内環境の流れや回転物体周りの流れのアクティブ制御

  2. 統計論,確率論的パターン認識

  3. 非線形力学系現象の時系列解析

  4. 流体情報学

  5. 知的監視カメラシステム

経歴 9

  1. 名古屋大学大学院情報学研究科   複雑系科学専攻   教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学大学院情報科学研究科   教授

    2009年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学エコトピア科学研究機構 (2005年, 研究所に改組)   教授

    2004年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学大学院情報科学研究科複雑系科学専攻兼務   教授

    2003年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学情報メディア教育センター   教授

    1998年4月 - 2004年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学情報文化学部   助教授

    1993年10月 - 1998年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学教養部   助教授

    1991年10月 - 1993年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 名古屋大学教養部   講師

    1988年10月 - 1991年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 名古屋大学(助手)工学部   助手

    1985年4月 - 1988年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   工学研究科   機械工学専攻

    - 1985年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   工学部   機械工学科

    - 1980年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. 日本機械学会

  2. 日本流体力学会

  3. 情報処理学会

  4. 人工知能学会

  5. American Association for Artificial Intelligence

  6. 日本計算工学会

▼全件表示

委員歴 2

  1. 日本機械学会計算力学部門   幹事  

    2009年4月 - 現在   

  2. AIP   Physics of Fluids Referee  

    2014年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 3

  1. 学生奨励賞

    2021年3月   情報処理学会   物体追跡技術の軽量化を目指したモバイルCNNモデルの特徴量抽出の学習

    村手翼(渡辺崇,山田真生)

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞 

  2. Best Paper Award in Thermal System and Fluid Mechanics

    2017年12月   TSME-ICoME 2017 Commitee   Flows developing around a finite rotating disk enclosed by a cylindrical casing

    Takashi Watanabe, Soma Endo

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:タイ王国

  3. 情報文化学会賞

    1998年   情報文化学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 152

  1. 開いたキャビティを過ぎる非圧縮流れの三次元渦構造の数値解析

    鈴木 智洋, 吉田 尚史, 渡辺 崇

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集   2018.55 巻 ( 0 ) 頁: E023   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmehs.2018.55.e023

    CiNii Research

  2. 回転二重円筒間を旋回する粘性流体の表面波動

    丸山 巧, 戸谷 順信, 相馬 顕子, 渡辺 崇

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集   2018.55 巻 ( 0 ) 頁: D025   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmehs.2018.55.d025

    CiNii Research

  3. 実験と数値解析によるケーシング内共回転二円板間の流れの解明

    上西 亮輔, 西田 尚史, 渡辺 崇, 平田 勝哉

    関西支部講演会講演論文集   2018.93 巻 ( 0 ) 頁: 602   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmekansai.2018.93.602

    CiNii Research

  4. 回転二重円筒間を旋回する互いに混和しない二液界面の波動現象

    戸谷 順信, 大井 伸天, 渡辺 崇

    日本機械学会論文集   82 巻 ( 835 ) 頁: 15-00621 - 15-00621   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/transjsme.15-00621

    CiNii Research

  5. 回転二重円筒間を旋回する二液流体の界面の振動と混合現象(第1報, 流れの可視化による二つの液体界面の基礎研究) 査読有り

    渡邉 崇

    日本機械学会論文集B編 76     頁: 42 - 48   2010年

     詳細を見る

  6. 回転二重円筒間を旋回する二液流体の界面の振動と混合現象 : 第1報,流れの可視化による二つの液体界面の基礎研究(流体工学,流体機械)

    戸谷 順信, 渡辺 崇, 中村 育雄

    日本機械学会論文集B編   76 巻 ( 761 ) 頁: 42 - 48   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/kikaib.76.761_42

    CiNii Research

  7. Free Surface Flow in Vertical Taylor-Couette System

    Takashi Watanabe, Hiroyuki Furukawa

    14th WCCM & Accomas Congress 2020     2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.23967/wccm-eccomas.2020.151

  8. Numerical Analysis of Critical Reynolds Number of Wavy Taylor Vortex Flow with Changing Aspect Ratio 査読有り

    H. Furukawa, T. Watanabe, Y. Toya

    Journal of Mechanical Engineering Research and Developments   43 巻 ( 1 ) 頁: 321 - 330   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. verification of solutions of equations voverning fluid flows 査読有り

    T. Watanabe

    Materials Science and Engineering   501 巻   頁: 012039: 1-6   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1757-899X/501/1/012039

  10. mode and torque of flows around a rotating disk in a cylindrical casing 査読有り

    T. Watanabe

    Materials Science and Engineering   501 巻   頁: 012058: 1-11   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1757-899X/501/1/012058

  11. Flows Developing aroud a Finite Rotating Disk Enclosed by a Cylindrical Casing 査読有り

    T. Watanabe, S. Endo

    Materials Science and Engineering   297 巻   頁: 012066: 1-10   2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1757-899X/297/1/012066

  12. ケーシング内の共回転二円板間の多様な流れのPIV計測と数値計算 査読有り

    平田勝哉, 千葉哲郎, 有光政人, 津川昇平, 渡辺崇, 前田毅, 谷川博哉

    ターボ機械   45 巻 ( 2 ) 頁: 91-99   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Numerical simulation of flow over an open cavity with self-sustained-oscillation mode switching 査読有り

    T. Yoshida, T. Watanabe

    Open Journal of Fluid Dynamics   6 巻   頁: 361-370   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4236/ojfd.2016.64027

  14. Effect of Axial Clearance on the Flow Structure around a Rotating Disk Enclosed in a Cylindrical Casing

    T. Watanabe, H. Furukawa, S. Fujisawa, S. Endo

    Journal of Flow Control, Measurement & Visualization   4 巻   頁: 1-12   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4236/jfcmv.2016.41001

  15. Detection of the Chaotic Flow Instability in a Natural Convection Loop Using the Recurrent Plot Analysis and the Nonlinear Prediction 査読有り

    H. Nishikawa, K. Matumura, S. Okino, T. Watanabe, F. Suda

    Journal of Thermal Science and Technology   10 巻 ( 2 ) 頁: 15-00236-1-12   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Effects of a Radial Gap on Vortical Flow Structures around a Rotating Disk in a Cylindrical Casing 査読有り

    S. Hara, T. Watanabe, H. Furukawa, S. Endo

    Journal of Visualization   18 巻 ( 3 ) 頁: 501-510   2015年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Direct Numerical Simulation of Flows over a Cavity with Flow Control Using a Moving Bottom Wall 査読有り

    T. Yoshida, T. Watanabe

    11th World Congress on Computational Mechanics     頁: CS658C   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. PIV Measurement and Numerical Analysis with Various Secondary Flows between Co-rotating Disks 査読有り

    M. Arimitsu, T. Tanigawa, T. Watanabe, J. Funaki, K. Hirata

    Proc. 16th International Symposium on Flow Visualization     頁: ISFV16-1133   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Tracking of Human Flow and Detection of Left and/or Moved Objects 査読有り

    Takashi Watanabe

    Proc. 16th International Symposium on Flow Visualization     頁: ISFV16-1059   2014年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Stochastic Segmentation of Individual Human Flow from Heavy Traffic Scenes 査読有り

    Xia Jie, Takashi Watanabe

    Proc. 16th International Symposium on Flow Visualization     頁: ISFV16-1038   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Effect of Radial Gap on Vortical Flow Structures around a Rotating Disk in a Cylindrical Casing 査読有り

    S. Hara, T. Watanabe, H. Furukawa

    Proc. 16th International Symposium on Flow Visualization     頁: ISFV16-1079   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Control of the flow instability in a natural convection loop using the recurrence plot analysis and the nonlinear prediction 査読有り

    H. Nishikawa, S. Okino, T. Watanabe, F. Suda

    Proc. 12th International Symposium on Fluid Control, Measurement and Visualization     頁: OS12-03-4   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 7

  23. Fluctuation of the interface between two immiscible fluids in the vertical rotating cylinders 査読有り

    Y. Toya, T. Watanabe, S. Hara

    Proc. 12th International Symposium on Fluid Control, Measurement and Visualization     頁: OS6-01-1   2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 7

  24. Mode control of flows in vertical Taylor-Couette system with free surface 査読有り

    T. Watanabe, Y. Toya, Y. Iseki

    Proc. 12th International Symposium on Fluid Control, Measurement and Visualization     頁: OS16-01-1   2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 7

  25. Experimental study of Taylor vortex flow in non-Newtonean fluids 査読有り

    Hioyuki Furukawa, Hiroki Horikoshi, Takashi Watanabe

    18th International Couette-Taylor Workshop   18 巻   頁: 11   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Visualization of People-Flow Path in Environment and Identification of Outlier 査読有り

    Takashi Watanabe

    Proceedins of the 15th International Symosium on Flow Visualization     頁: ISFV15-017   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A new surveillance system that is applicable to an outdoor environment is proposed. It identifies the actions caused by people movements and distinguishes abnormal actions as outliers.

  27. Bifurcation of Flow around a Rotating Disk 査読有り

    Takashi Watanabe, Hiroyuki Furukawa

    Proceedins of the 15th International Symosium on Flow Visualization     頁: ISFV15-016   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Flows around a rotating disk in a cylindrical enclosure are numerically investigated. New flow patterns with small vortices around the disk and those with large vortices are found.

  28. PIV Analysis of Mode Bifurcation in Taylor Vortex Flow 査読有り

    H. Furukawa, H. Horikoshi, N. Ohazama, T. Watanabe

    Proceedins of the 15th International Symosium on Flow Visualization     頁: ISFV15-022   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Mode bifurcation processes in the flow between two rotating cylinders are measured by PIV method. The measured processes well agree with the result of numerical simulations.

  29. 人の歩行軌跡の累積に基づく異常行動の特定 査読有り

    渡辺崇, 金井謙二

    日本機械学会論文集C編   78 巻 ( 788 ) 頁: 1221-1225   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    人や車両が行き交う野外環境において,人の行動領域を認識し,その領域から外れる人の行動を,異常行動として特定する方法を提案した.

  30. Vertical Taylor-Couette flow with free surface at small aspect ratio 査読有り

    Takashi Watanabe, Yorinobu Toya

    Acta Mechanica   223 巻   頁: 347-353   2012年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00707-011-0569-9

  31. 半径方向に隙間を持ち円柱容器内で回転する円板周りの流れのレイノルズ数による遷移 査読有り

    渡辺崇, 藤澤翔平

    日本機械学会論文集(B編)   78 巻 ( 786 ) 頁: 38-46   2012年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    円柱ケーシング内で回転する円板周りの流れの様相が,レイノルズ数により変化する過程をとらえ,各様相の変化が起こる臨界レイノルズ数を特定した.

  32. 流体工学と問題解決 - フルードインフォマティクスの基礎 招待有り

    渡辺崇

    機械学会2001年度年次大会     頁: F05100   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    流体力学の教科書に掲載されているような問題の解決過程を,情報科学的側面より展望した.

  33. 流体工学と問題解決 - フルードインフォマティクスの基礎 招待有り

    渡辺崇

    機械学会2001年度年次大会     頁: F05100   2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    流体力学の教科書に掲載されているような問題の解決過程を,情報科学的側面より展望した.

  34. Time Constant in the onset and decay flow of Taylor-Couette Flow around Critical Reynolds Number 査読有り

    T. Watanabe

    17th International Couette-Taylor Workshop     頁: 26-3   2011年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    In this paper, we numerically calculate the growth and decay of Taylor Couette
    flow from the subcritical state and from the supercritical state, and determine
    the thime constant in the whole azimuthal section.

  35. Analysis of Taylor Vortex Flow with Small Aspect Ratio by Particle Image Velocimetry (PIV) Method 査読有り

    H. Furukawa, M. Ohno, N. Ohazama, N. Suzuki, T. Watanabe

        頁: 25-4   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  36. Bead-like Vortex and Sickle-like Vortex Found around a Thick Rotating Disk in a Casing 査読有り

    T. Watanabe

    17th International Couette-Taylor Workshop     頁: 25-12   2011年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    We have been investigated numerically and experimentally the effect of the radial gap
    at the low and the middle Reynolds numbers.
    The disk has a finite thickness.
    Therefore, Taylor-Couette type vortex flow ppear between the disk rim and the side wall
    of the cylindrical outer casing.
    When the rotation speed is not small, Taylor-vortex in the radial gap flow makes
    disturbances at the radial gap.
    When the axial gap between the disk surfaces and the end walls of the casing are wide,
    these disturbances are carried out by the inward flow on the stationary end walls of the
    casing.
    When the axial gap is narrow, the disturbances are apt to be confined in the radial gap,
    and a chain of vortices appear around the disk rim.

  37. 3-Dimensional Numerical Analysis of Instability of Taylor Flow and Wavy Taylor Flow 査読有り

    Y. Toya, S. Kuwabara, S. Nakazawa, H. Kakeno, T. Watanabe

        頁: ASV11-07-16   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  38. Three-dimensional Flow Structure around a Finite Disk Rotating in a Cylindrical Casng 査読有り

    T. Watanabe, S. Fujisawa

        頁: ASV11-14-12   2011年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    The flow around a rotating disk in a cylindrical casing is investigated by the numerical approach. The disk has finite thickness and its radius is smaller than the inner radius of the outer casing. Because of the thickness of the disk, Taylor-Couette like vortex appears between the disk rim and the side wall of the casing. We show that this makes the various flow patterns depending on the Reynolds number and the axial gap width between the disk surface and the end walls of the casing.

  39. Variation of Time Constant betweenn the Super-critical and Sub-critical Taylor-Couette Flow 査読有り

    T. Watanabe

    Proc. 11th Asian Symposium on Visualization     頁: ANV11-08-21   2011年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    We investigate the onset and the decay of Taylor-Couette flow in finite cylinders, and estimated the time constant in the azimuthal section of the flow state transition between the super-critical state and the sub-critical state by fitting the numerical result to the solution of the Stuart-Landau equation. The inner cylinder rotates, and the outer cylinder and the both end walls of the cylinders are stationary. While the value of the time constant is small near the end walls and between the vortices, the value is large in the interior ration of each vortex.

  40. Fluctuation of Interface between Immescible Fluid in the Rotating Cylinders 査読有り

    Y. Toya, S. Hara, Y. Wada, T. Watanabe

    Proc. 11th Asian Symposium on Visualization     頁: ASV11-08-19   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  41. オプティカルフローを用いた方向分類による人物動作の同期解析 査読有り

    金井謙二, 渡辺 崇

    日本機械学会論文集C編   76 巻 ( 771 ) 頁: 426-428   2010年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    カメラによる人間の運動の特定については,通常,センサーやマーカが必要となる.本研究では,センサーなどを用いることなく,オプティカルフローを用いる方法を提案する.そして,この方法を人間の動作の協調性や,運動の分類,群衆の運動の種分けに用いる.オプティカルフローの結果により得られる移動方向を,色相環で分類する.そして,複数人間の間における,この色分布情報の類似性より,頑健な同期特定方法を構築した.

  42. The effect of rim-shroud gap on the spiral rolls formed around a rotating disk 招待有り 査読有り

    T. Watanabe, H. Furukawa

    Physics of Fluids   22 巻 ( 11 ) 頁: 114107-1-7   2010年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this paper, we use the numerical and empirical approaches and investigate the flow around a finite size disk in a finite size outer cylindrical casing. The disk is located at the center of the stationary casing, and it is supported by a driving shaft through the disk and the casing. The disk rotates with the driving shaft. Five sizes of disks with different thicknesses and radii are used. The main purpose of this paper is to estimate the effect of the radial gaps on the entire flows. The combination of the thickness of the disk with smaller radius and the inner side of the casing with larger radius forms Taylor-Couette like vortex flow in the radial gap. The supercritical instability makes the unsteady wavy vortex flow around the disk rim. When the axial gap between the disk surface and the end-wall of the casing is wide, the unsteady wavy flow is convected along the end-wall of the casing and it makes spiral rolls with negative front angles. When the axial gap is narrower and the Reynolds number is small, the instabilities are confined in the radial gap, and a bead-like flow appears around the disk rim. At higher Reynolds number, the turbulent spirals and the mixed spirals with positive and negative front angles are predicted. It is also shown that the phase velocity of the spiral is about or above the half of the velocity of the rotating disk.

  43. Mode analysis of Taylor vortex flow usng PIV method 査読有り

    Furukawa, H., Watanabe T.

    Proc. 14th International Symposium on FLow visualization   14 巻   頁: 4E-3   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The experimental PIV observation of the flow between two rotating cylinders and its numerical prediction are compared. The agreement is favorable, and the PIV is usefuld for the measurement of this flow.

  44. Instability between Taylor vortex flow and wavy Taylor vortex flow 査読有り

    Toya, Y., Watanabe, T.

    Proc. 14th International Symposium on FLow visualization   14 巻   頁: 9A-2   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    It is known by Benjamin that the flow between cylinders with finite lengths shows some inperfect bifurcations. Then, the flow mode have been studied by many researchers. In this study, the flow mode exchange is first numerically examined by decreasing the Reynolds number and determined the loci between mode exchanges. These result well agrees with the experimental result

  45. Visualization of new flow pattern found in the flow around a rotating disk 査読有り

    Watanabe, T., Furukawa, H.

    Proc. 14th International Symposium on FLow visualization   14 巻   頁: 9A-1   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The flow between the rotating disk in a cylindrical casing is investigated and the radial gap between the disk and the side wall of the cylindrical casing is predicted. When the radial gap is small enough, well formed spiral rolls and turbulent spirals are found. When the radial gap is not negligible, Taylor-Couette flow developing at the disk rim and the side wall of the outer casing makes wavy flow, and this makes the disturbances. When the axial gap between the disk surface and the end wall of the outer casing is small, these disturbances are confined around the disk rim and make a new bead-like vortex around the disk rim.

  46. Visualized development of onset flow between two rotatiing cylinders. 査読有り

    Fujisawa, S., Watanabe T.

    Proc. 14th International Symposium on FLow visualization   14 巻   頁: 8A-1   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The onset time constant of the flow developing between tbe rotating inner cylinder and the stationary outer cylinder is estimated by the numerical method. The result shows that the time constant changes drastically at the boundary of the contact faces of the Taylor vortices.

  47. High accuracy calibration of mutiple cameras by Taguchi method and multiple viewpoint traking of human motions 査読有り

    Kanai, K., Watanabe T.

    Proc. 14th International Symposium on FLow visualization   14 巻   頁: 6A-3   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    THe accuary of the extrinsic parameters between multiple cameras are examined by the Taguchi method. Then, by using the most accurate parameters, we identify the humans' motions by multiple cameras.

  48. Flows around a rotating disk with and without rim-shroud gap 査読有り

    T. Watanabe, H. Furukawa

    Experiments in Fluids   48 巻 ( 4 ) 頁: 631-636   2010年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Flow developing between the rotatind disk rim and the stationary outer casing is investigated by the numerical and experimental approaches. The radial gap makes the Taylor-Couette like disturbances and the wavy vortex makes the sprial with the negative front angle and the bead-like vortex.

  49. Evaluation of Structure around a Finite-thickness Rotating Disks in a Cylindrical Enclosure 査読有り

    Watanabe, T., Furukawa, H.

    16th Couette-Taylor Workshop   1 巻 ( 1 ) 頁: 1-8   2009年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    The flow around a rotating disk in a cylindrical casing is examined by numerhcal and experimental approaches. The flow field has a radial gap, as well as the axial gap. It is shown that the disturbed flow at the radial gap makes a drastic change of the flow patterns.

  50. * 世界座標平面と画像座標平面の射影関係を用いた複数カメラの外部パラメータ校正 査読有り

    渡辺崇, 江間珠江

    図学研究   43 巻 ( 3 ) 頁: 11-17   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    世界座標平面とカメラ座標平面のホモグラフィ関係を用いて,複数のカメラで単一物体を同時に追跡することにより,各カメラの外部パラメータを同定する方法を提案した.

  51. Estimation of Fluid Energy in Taylor Vortex Flow Using PIV Method 査読有り

    Furukawa, H., Ohyashi, T., Watanabe, T.

    R'09 Twin World Congress and World Resources Forum   1 巻 ( 233 ) 頁: 1   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The flow around a two coaxial rotating disk is investigated by experimental and numerical methods. In this paper, PIV method is used to specify the velocity field in a azimuthal section. The result shows a good agreement with the numerical prediction.

  52. Flow Field and Temperature Field Affected by the Array of Desks in the Room with Air-conditioning. 査読有り

    Minari, M., Watanabe, T.

    R'09 Twin World Congress and World Resources Forum   1 巻 ( 74 ) 頁: 1   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    In the view of the energy saving and the human's amenity, the flow and temperature field in a large lecture room is controlled. In this paper, the effect of desks and chairs arranged on the floor is evaluated by the numerical method.

  53. Experimental Study of Effect of Circular Walls around Rotating Disk 査読有り

    Furukawa, H., Nakajima, M., Ohashi, T., Watanabe, T.

    16th Couette-Taylor Workshop   1 巻 ( 1 ) 頁: 47   2009年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    The flow around a rotating disk with a radial gap between the disk rim and the outer cylindrical casing is studied by experimental approach. It is shown, when the axial gap is small, the disturbances generated near the radial gap were confined around the disk rim, and they make a bead-like vortices.

  54. Mode formation of free surface rotating flow between concentric vertical cylinders 査読有り

    Takashi Watanabe, Yorinobu Toya, Ikuo Nakamura

    Journal of Physics: Conference Series   137 巻   頁: 1-7   2008年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Effect of Air-stirring Fan on Heating Lecture Room 査読有り

    Masako Minari, Takashi Watanabe

        頁: M133   2008年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  56. Influence of Radial Gap on Flows around a Rotating Disc in a Cylindrical Casing and Structures of Spiral Arms 査読有り

    Yutaka Chiyomori, Takashi Watanabe

        頁: K313   2008年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  57. Quantitative comparison between CFD and EFD measured by PIV in co-axial rotating cylinders 査読有り

    Furukawa, H., Ohashi, T., Kondo, Y., Nomura A., Watanabe, T.

    13th Int. Symp. Flow Visualization     頁: ISFV13-076   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    2D PIV is ususally used to measure the velocity in the plane including main flow. This paper presented a method to estimate the velocity in the plane parpendicular to the main flow. The varidity is confirmed via the comparision with the numerical results.

  58. Visual estimation of effect of rim-shroud clearance on flows around a rotating disk 査読有り

    Watanabe, T., Furukawa, H.

    13th Int. Symp. Flow Visualization     頁: ISFV13-077   2008年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    Numerical and experimental study has been carried out on the effect of the radial rim-shround clearance, as well as the axial clerance, on the bifurcation phenomena found in the flow around a rotating disk in a finite cylindrical casing. Depending on the geometrical configurations, spiral rolls with positive and negative front angle appear.

  59. * Influence of Initial Flow on Taylor Vortex Flow 査読有り

    Furukawa, H., Hanaki, M., Watanabe, T.

    Journal of Fluid Science and Technology   3 巻 ( 1 ) 頁: 129-136   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Numerical prediction are carried out on the effect of initial conditions on the bifurcation during the developing process of rotating flows

  60. Statistical Analysis of the Effect of Small Fluctuations on Final Modes Found in Flows between Rotating Cylinders 査読有り

    Morita, T., Watanabe, T., Toya, Y.

    Proc. Int. Symp. on EcoTopia Science 2007     頁: 1101-1105   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Non-uniqueness found in Taylor-Couette system was simulated by numerical method. Fluctuations in velocity components were introduced and more practical initial state was istablished. The result shows favorable agreement with the experimental results.

  61. Visualization Based Analysis of Energy-serving Effect with Fan Operation Stirring Air 査読有り

    Minari, M., Watanabe, T., Hasegawa, T.

    Proc. Int. Symp. on EcoTopia Science 2007     頁: 1115-1119   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The effect of strring fans on the performance of air-conditioner system is investigated by numerical and experimental approach.

  62. * Transition of Free-Surface Flow Mode in Taylor-Couette System 査読有り

    Watanabe, T., Furukawa, H., Toya, Y.

    Journal of Visualization   10 巻 ( 3 ) 頁: 309-316   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    New bifurcation diagram of the flow developing between rotating cylinders with free surface is presented. The analysis was carried by the numerical and experimental approaches. The agreement between the these results are confired and the regions on the plane spanned with the Reynolds number and the aspect ratio is numerically determined. Anonalous mode can be found in this system. In this study, the dynamics with a new freedom of the free surface, as well as the dynamics of the flows with both solid end walls, has been investigated and the validity of the result is fairly high.

  63. Numerical Analysis of the Bifurcation to Wavy Taylor Vorted Flow with a Small Aspect Ratio 査読有り

    Toya, Y., Watanabe, T.

    15th International Couette-Taylor Workshop     頁: 24-27   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Four criterions are introduced and used to specify the onset of the wavy flows develping from steady vortical flows in Taylor-Couette system. The characteristics of these criterions are investigated, and it is confimed that some are suitablie for the visualized flows and some are useful to identify the differece of the flow dynamics estimated by the physical quantities such as energy, enstrophy and helicity.

  64. Numerical Simulation of Two-Dimensional Icompressible Flows over Cavities and their Control 査読有り

    Yoshida, T., Watanabe, T

    ASME/JSME Fluid Engineering Conference     頁: FEDSM2007-37410   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    In the series of the study on the development of chaotic flows over a open cavity, the effect of the aspect ratio given by the fraction of the cavity height to the caivty length is investigated. As the aspect ratio becomes higher, the number of vortices increases. The frequency gaps of the oscillating flow appearirng at each increase in the vortex number were quaantitatively estimated.

  65. Effect of Geometrical Structure n Flows around a Rotating Disk in an Enclosure 査読有り

    Watanabe, T., Furukawa, H., Suzuki, M

    ASME/JSME Fluid Engineering Conference     頁: FEDSM2007-37067   2007年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    In the series of the studies on the flows around a rotating disk in an cylindrical enclosure, the size of the fraction of the disk radius and the axial gap is examined. The practical radial gap between the disk rim and the side wall of the enclosure appears. Disturbances forced by the centrifugal effect are convected into the inner side of the enclosure. While the narrow gap between the disk surface and the end wall of the enclosure prohibite the convection of the disturvances, it is shown that new flow configurations with positive front angle appears in this case.

  66. Numerical Study of Effects of Initial Flow Field on Taylor Vortex Flow 査読有り

    Furukawa, H., Hanai, M. Watanabe, T

    ASME/JSME Fluid Engineering Conference     頁: FEDSM2007-37052   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Fluid dynamics shows its buttefly effect and the causes of inconsistencies are due to the imperfection of the experimental apparatus, initial conditions, numerical or measureing erros and others. In this study, the effect of the mean profile of the intial flow is adopted and its influence on the final flow modes are numerically determined. The flow we concerned is Couette Taylor system. The agreement of the numerical and experimental results is good and the influence of the initial profiles on the nonuniqueness of the flows is well confirmed.

  67. Wave motion and mixing phenomena in the boundary surface of the immiscible fluids between rotating cylinders 査読有り

    Toya, Y., Watanabe, T., Nakamura, I.

    15th International Couette-Taylor Workshop     頁: 316-319   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Mixing phenomena of two imescible fluid between rotating cylinder is stuided. New measure to estimate the mixing rate is introduced. The fluids are colorized, the the histgram of the image data taken from the entire flow region is determined. Detailed visualization of flow confirmed the validity of the new measuring method.

  68. Mode formation of Taylor-Couette flow with free surface at the top 査読有り

    T. Watanabe, Y. Toya, I. Nakamura

    15th International Couette-Taylor Workshop     頁: 50-55   2007年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    Dynamics of the mode formation of flows developing in Taylor-Couette syste with vertical axes is examined. New bifurcation between the primary modes and the secondary modes are numerically determined in the space spanned by the Reynolds number and the aspect ratio. The appearance of the anomalous mode is confirmed. The anomalous mode with an anomalous cell on the fixed end wall is confirmed by the experiment.

  69. Interactive Visualization System of Flow Development in Taylor Vortex Flow 査読有り

    Furukawa, H., Takagishi, T., Watanabe, T.

    12th Int. Sympo. Flow Visualization     頁: ISFV12-4.2   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Interactive visualization system has been developed as a useful tool of the data mining in the computational fluid dynamics. Deforming facility, as well as the stretching / shrinking and colorizing facilities, is introduced. It is confirmed that this helps us to understand the flow filed more easily.

  70. Visualization and Measurement of Free Surface Flow between Two Rotating Cylinders 査読有り

    Watanabe, T., Furukawa, H., Toya, Y.

    12th Int. Symp. Flow Visualization     頁: ISFV12-6.6   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The free surface on the flow between rotating two cylinders are studied by the numerical and experimental approaches. The formulation considered the capillary wave and gravity wave. The numerical analysis determined the critical Reynolds number at the onset of the unsteady flows in the wide rage of the Reynolds number. The Landau-type developemnt of the flow after the bifurcation was confirmed.

  71. 人が放置する物体の動的認識 査読有り

    渡辺崇, 前田優樹

    日本機械学会論文集C編   72 巻 ( 720 ) 頁: 2580-2587   2006年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    不審物の監視や置忘れの防止のために,公共の場において,人が放置する物体を,時系列ビデオ映像から特定するシステムを構築した.生活環境における人の動きと物体の動きを認知科学的に観測し,これらを分離するための効率的な方法を提案した.システムの実験において,実際に動かされた物体は,高い確率で認識できること示した.

  72. Numerical Analysis of Control of Flow Oscillations in Open Cavity Using Moving Bottom Wall 査読有り

    JSME International Journal, Series B   49 巻 ( 4 ) 頁: 1098-1104   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    New control method is introduced to the flows around a open cavity, which gives one of main causes of the inefficiencies of fluid machinery. Numerical results of flows were compared with those presented in the previous studies and their validity were confirmed. Then the effect of the streamwise movement and anti-streamwise movement of the bottom wall of the cavity is investigated to estimate the supression effect on the oscillating flows. Well- adjusted control of the movement of the bottom wall was confirmed to give enogh supreesion work.

  73. Numerical Analysis of Control of Flow Oscillations in an Open Cavity by a Moving Bottom Wall 査読有り

    Yoshida, T., Watanabe, T., Ikeda T., Iio, S.

    Int. J. Jets, Wakes and Separated Flows     頁: 1-6   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Flow around a open cavity was investigated by the numerical approach. High accuracy scheme was adopted for the calculation of the unsteady flows. The vortices in the cavity brought the large disturbances in the flow of the main stream.

  74. Visual study of variation of flow patterns around a disk in a casing: effects of edge of the disk 査読有り

    Furukawa, H., Tsutui, H., Aoki, K., Watanabe, T., Nakamura, I.

    Journal of Physics: Conference Series   14 巻   頁: 220-227   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Experimental study was conducted on the flows around a rotating disk in a cylindrical casing. The radius of the disk is well smaller than the inner radius of the casing, and the radial gap between the disk rim and the casing is finite. In this gap, flows driven by the centrifugal effect appear and they make influences on the entire flow. this effect increases with the size of the axial gap. A new measuring method based on the time sequence of the video-captured image was introduced and its validity was confirmed.

  75. Numerical Analysis of the Bifurcation to Wavy Taylor Vortex flow with a Small Aspect Ratio 査読有り

    Toya, Y., Watanabe, T., Nakamura, I.

    Journal of Physics: Conference Series   14 巻   頁: 1-8   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In Taylor-Couette system with short cylinders and large effect of the end walls, the critical Reynolds number between the wavy vortices and the steady vortices were determined by the numerical method. The predicted critical values are well coincide with the values measured by experiments. The weakening of the waves were rapid and the the decay of the Landau type was suggested.

  76. Development of free surface flow between concentirc cylinders with vertical axes 査読有り

    Watanabe, T., Toya, Y., Nakamura, I.

    Journal of Physics: Conference Series   14 巻   頁: 9-19   2005年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    New effect of the free surface on the flow between rotating two cylinders are studied by the numerical and experimental approaches. In the formulation, the numerical scheme modeled the capillary wave and gravity wave. The agreement of the experimental and numerical results was confirmed. The numerical analysis determined the critical Reynolds number at the onset of the Hopf bifurcation to the unsteady flows.

  77. テイラー渦のインタラクティブ可視化システムの開発 査読有り

    古川裕之, 小林靖幸, 渡辺崇, 中村育雄

    可視化情報学会論文集   25 巻 ( 8 ) 頁: 45-51   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    数値流体力学のおけるデータ処理において,インタラクティブなWebベースのインターフェイス環境を提供した.膨大な数値データから,意味のある結果を得る一つの方法に,可視化がある.しかし,可視化においても,どの要因を,どのように取り出すかは,大きな課題である.このシステムでは,これまでの流体解析で行われた手法を検討し,数値流体力学で得られるデータを人が理解するために役立つための機能を実装した.

  78. アスペクト比が小さいテイラー渦流れの数値解析(第1報, レイノルズ数の増加履歴によるモード選択) 査読有り

    戸谷順信, 左治木修, 原里美, 渡辺崇, 中村育雄

    日本機械学会論文集B編   71 巻 ( 701 ) 頁: 96-103   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Effect of Rim-Shroud Clearance on the Flow Developing around a Finite-Thickness Rotating Disk in a Cylindrical Enclosure 査読有り

    Watanabe, T., Furukawa, H., Nakamura, I.

    Journal of Visualization   8 巻 ( 2 ) 頁: 85   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Flows around a rotating disk in a cylindrical casing was considered and various flow patterns were shown.

  80. Dynamic Calibration of Image Sensors for the Observation and Measurement of Flows 査読有り

    Daisuke DATE, Takashi WATANABE

    11th International Symposium on Flow Visualization     頁: 4.8.2:80   2004年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    In the simultaneous measurement of the flow field in two or three dimensional space, PIV and PTV methods using ultiple cameras are useful. These methods, however, need to have the caliblation data of the correct positions and orientations of cameras, and it is difficult and tedious work to obtain these data. In this paper, we presented a new dynamic method to obtain these calibration data from the trajectries of moving objects on a plane. The experiment showed the validity and correctness of this method.

  81. Visual Information of Taylor Vortrex Flow with Stress-free boundary condition

    Furukawa, H., Watanabe, T.

    11th International Symposium on Flow Visualization     頁: 2.7.4: 27   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  82. Transition Scenario of Flows around a Rotating Disk in a Cylindrical Enclosure with Rim-casing Clearance 査読有り

    11th International Symposium on Flow Visualization     頁: 2.14.4: 65   2004年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    Numerical study on flows around a rotating disk with finite radius is carried out, and the visualized and quantified results are compared with experimental observations. The gap between the disk rim and the cylindrical wall is finite. When the rim-casing clearance is small, the flow states show the transition from basic flows, via spiral rolls, to spiral turbulence. When the rim-casing clearance is larger, the flow is disturbed by the oscillation of two-torus flow and the spiral turbulence directly grows from the basic flows.

  83. ゾンマーフェルト放射条件の対流速度についての評価

    吉田 尚史, 渡辺 崇, 池田 俊彦

    日本計算工学会論文集   6 巻   頁: 43-50   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    発達流の数値計算では,計算領域が有限物理範囲に切断されることが多い.この切断の効果を軽減するために,ゾンマーフェルト条件が用いられるが,この妥当性については,十分な検討がなされていない.本研究では,ゾンマーフェルト条件に現れる主流速度の見積もりが,数値結果に及ぼす影響を調べ,流出境界条件における適切な境界条件設定法を提案した.

  84. 低アスペクト比のテイラー渦流れのモード形成に関する3次元数値解析 査読有り

    渡辺 崇, 梅村 宣生, 古川 裕之, 中村 育雄

    日本計算工学会論文集   6 巻   頁: 83-90   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    回転流の発達過程を,3次元数値解析で調べた.速度成分の周方向変動を見積もる新しい尺度を導入し,軸対称流が3次元流に変化する分岐点を見積もった.非定常モードの流れは,その速度変動スペクトル構造により,4種類のタイプに分類されることを示した.

  85. Identification of Vortex Information from Flow Field in Taylor-Couette System

    Nonlinear Dynamics in Fluids, eds. Marques, F., Meseguer, A., International Center for Numerical Methods in Engineering, Barcelona     頁: 22-25   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Influence of Rim-Shroud Clearance on Flow around Disc in Cylindrical Enclosure 査読有り

    Nonlinear Dynamics in Fluids, eds. Marques, F., Meseguer, A., International Center for Numerical Methods in Engineering, Barcelona     頁: 156-159   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. 3-Dimensional Numerical Analysis of the Taylor Vortex Flow with a Small Aspect Ratio (Dynamical Condition for the Determination of the Final mode) 査読有り

    Nonlinear Dynamics in Fluids, eds. Marques, F., Meseguer, A., International Center for Numerical Methods in Engineering, Barcelona     頁: 73-76   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Initial Fluctuation in Velocity Field and Mode Variation of Taylor-Couette Flow

    Nonlinear Dynamics in Fluids, eds. Marques, F., Meseguer, A., International Center for Numerical Methods in Engineering, Barcelona     頁: 35-38   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Flow Pattern Exchange in the Taylor-Couette System with a Very Small Aspect Ratio 査読有り

    Furukawa, H., Watanabe, T., Toya, Y., Nakamura, I.

    Physical Review E   65 巻   頁: 036306-1-7   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. アスペクト比が小さい場合のテイラー渦流れ(変異・正規モード間の流動形態変化と非定常モードの遷移過程) 査読有り

    古川裕之, 渡辺崇, 中村育雄

    日本機械学会論文集B編   68 巻 ( 674 ) 頁: 2671-2678   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Applications of Knowledge Engineering to Fluids Engineering

    Advanced Fluid Information   IFS 巻 ( TM014 ) 頁: 39-45   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  92. Visualized Numerical Three-Dimensional Flow Development between Very Short Rotating Cylinders 査読有り

    Umemura, N., Watanabe, T., Furukawa, H., Nakamura, I.

    10th International Symposium on Flow Visualization     2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  93. 定量的なモード判定法を用いたテイラー渦流れにおける非一意的形成過程の分類 査読有り

    古川裕之, 渡辺崇, 中村育雄

    日本計算工学会論文集   4 巻   頁: 209-218   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. Nonlinear Development of Flow Patterns in an Annulus with Decelerating Inner Cylinder 査読有り

    Watanabe T., Furukawa, H., Nakamura, I.

    Physics of Fluids   14 巻 ( 1 ) 頁: 333-341   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Numerical Study on Convective Boundary Conditions in Finite Difference Method for Imcompressible Flows 査読有り

    Yoshida, T., Watanabe, T., Ikeda, T.

    Fifth JSME-KSME Fluid Engineering Conference     2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  96. Visualization of Sudden-start Flow between Two Concentric Rotating Cylinders with Finite Length 査読有り

    Watanabe, T., Furukawa, H., Aoki, M., Nakamura, I.

    Journal of Visualization   4 巻 ( 3 ) 頁: 223-230   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Visual Information in Accelerating Taylor-Couette Flow 査読有り

    Furukawa, H., Watanabe, T.

    Journal of Visualization   4 巻 ( 4 ) 頁: 308   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Non-unique Development of Vortex Patterns in Accelerating Flow between Rotating Cylinders

    Furukawa, H., Watanabe, T.

    12th International Couette-Taylor Workshop     2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  99. Visualization of Sudden-Start Flow between Two Concentric Rotating Cylinders

    T. Watanabe, H. Furukawa, M. Aoki, I. Nakamura

    9th International Symposium on Flow Visualization     頁: 313.1-313.9   2000年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  100. Visual Information of the Mode Formation in Accelerating Taylor Vortex Flow with Finite Length

    H. Furukawa, T. Watanabe, I. Nakamura

    9th International Symposium on Flow Visualization     頁: 94.1-94.10   2000年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  101. アスペクト比が小さい場合のテイラー渦流れ(時間発展力学系におけるモード形成と分岐)

    古川裕之, 渡辺崇, 戸谷順信, 中村育雄

    日本機械学会論文集B編   66 巻 ( 643 ) 頁: 655-662   2000年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    アスペクト比が小さな有限長のテイラー渦で発生するモードの分岐ダイアグラムを,数値的に特定した.

  102. 回転2重円筒管内流れの形成過程について

    流体熱工学研究   35 巻 ( 1 ) 頁: 79-86   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. セルオートマトン法による流体解析の境界条件に関する一考察

    流体熱工学研究   35 巻 ( 1 ) 頁: 87-94   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. 知識を用いて不完全な三面図から曲面をもつ立体を推定するシステム

    人工知能学会誌   15 巻 ( 5 ) 頁: 904-911   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Mode Formation and Bifurcation in Decelarating Taylor Vortex Flow (共著)

    3rd ASME-JSME Joint Fluid Engineering Conference     頁: FEDSM99-6970   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  106. Mode Formation and Bifurcation in Taylor Vortex Flow with Very Small Aspect Ratio (共著)

    3rd ASME-JSME Joint Fluid Engineering Conference     頁: FEDSM99-7177   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  107. 減速するテイラー渦流れにおけるモード変化

    日本機械学会論文集B編   65 巻 ( 630 ) 頁: 521-527   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. 軸流中の回転体上の層流・乱流境界層について(共著)

    数理解析研究所講究録   1075 巻   頁: 127-142   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. Inferring Solid Objects with Cylindrical Surfaces from Orthographic Views

    Third International Conference on Computational Intelligence and Multimedia Applications     頁: 191-195   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  110. A Knowledge-Based Method for Inferring Solid Objects from Inconsistent Three Views

    Second World Manufacturing Congress     頁: 532-537   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  111. Identification and Dissolution of Noise from Contradictory Orthographic Views with Arcs (共著)

    8th International Conference on Engineering Computer Graphics and Descriptive Geometry     頁: 358-362   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  112. 円孤を含んだ矛盾した三面図情報からの立体の推定(共著)

    日本機械学会論文集C編   64 巻 ( 626 ) 頁: 4052-4059   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Inferring Solid Objects with Curved Surfaces from Inconsistent Views

    Reports of Toyota Physical and Chemical Research Institute   51 巻   頁: 1-8   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Revision of Inconsistent Orthographic Views

    Journal for Geometry and Graphics   2 巻 ( 1 ) 頁: 19-27   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. 一様流中を対流するHillの球形渦の三次元数値計算による流出境界条件の数値的研究

    日本機械学会論文集 B編   63 巻 ( 610 ) 頁: 1980-1986   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. Bifurcation Phenomena in Decelerating Taylor Vortex Flow with Small Aspect Ratio

    International Conference on Fluid Engineering ICFE '97   1 巻   頁: 551-556   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  117. Revision of Inconsistent Orthographic Views

    7th International Conference on Engineering Computer Graphics and Descriptive Geometry     頁: 187-191   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  118. Settement of Incoherences Found in the Recognition Process of Solid Object from Orthographic Views

    International Conference on Computer Aided Design, Engineering and Monagement(CADEM'95)     頁: 284-289   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  119. Estimation of Three-Dimensional Objects from Orthographic Views with Inconsistencies

    Computers & Graphics   19 巻 ( 6 ) 頁: 815-829   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. 非定常非圧縮流れの流出境界条件に関する数値的研究

    日本機械学会論文集B編   61 巻 ( 588 ) 頁: 2887-2895   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. 矛盾を含んだ三面図情報からの物体の推定

    情報処理学会論文誌   35 巻 ( 11 ) 頁: 2320   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. Recognition and Understanding of Three-View Mechanical Drawings

    6th International Conference on Engineering Computer Graphics and Descriptive Geometry     頁: 601-605   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  123. 角柱流れの流出境界条件に関する数値的研究

    日本機械学会論文誌 B編   59 巻 ( 565 ) 頁: 2799-2806   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. On the Numerical Outflow Boundary Condition of the Viscous Flow around a Square Cyliner

    Memoirs of Faculty of Engineering, Nagoya University   45 巻 ( 1 ) 頁: 105-117   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. 角柱まわりの粘性流の流出境界条件について

    名古屋大学工学部紀要   45 巻 ( 1 ) 頁: 105-117   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. 角柱流れに対する境界条件と差分スキームに関する数値的研究

    日本機械学会論文誌 B編   59 巻 ( 558 ) 頁: 374-381   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. 角柱流れに対する境界条件と差分スキームに関する一考察

    流体熱工学研究   27 巻 ( 2 ) 頁: 11-24   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. A Study on Recognition and Understanding of Mechanical Drawings(Representation and Rule-Based Understanding of Individual Projection)

    JSME International Journal Ser. III   35 巻 ( 3 ) 頁: 505-511   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. 後ろ向きステップ流解析における有限要素法の計算条件の影響

    日本機械学会論文集B編   58 巻 ( 550 ) 頁: 2010-2016   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. 機械設計図面の自動認識・理解に関する研究(機械図面に適した細線化処理と図面解釈ルールインタープリタ)

    日本機械学会論文集C編   58 巻 ( 547 ) 頁: 987-992   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  131. 装置要素と要素間状態に注目した工学問題の表現と支配方程式の導出

    日本機械学会論文誌C編   57 巻 ( 544 ) 頁: 3839-3846   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  132. 機械設計図面の自動認識・理解に関する研究(一面図の表現法とルールによる解釈法)

    日本機械学会論文集C編   57 巻 ( 540 ) 頁: 2778-2783   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  133. Fundamental Study o fthe Problem Solver for Fluid Engineering

    Memoirs of Faculty of Engineering, Nagoya University   42 巻 ( 2 ) 頁: 183-237   1990年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  134. k-εモデルによる2次元粗滑非対称チャンネル弛緩流れの有限要素解析

    日本機械学会論文集B編   55 巻 ( 509 ) 頁: 73-79   1989年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  135. A Finite Element Analysis of the Two-Dimensional Asymmetric Relaxing Channel Flow by the k-ε Model

    Numerical Method in Fluid Dynamics   1 巻   頁: 193-199   1989年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  136. 流体力学への知識工学の応用可能性について

    日本流体力学会誌   7 巻 ( 2 ) 頁: 123-134   1988年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. 初等流体問題の解決メカニズム(第1報,流体物性値問題解決の試み)

    日本機械学会論文集B編   53 巻 ( 495 ) 頁: 3247-3252   1987年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  138. 旋回成分を持つ軸流中に置かれた静止物体上の境界層の相似解

    日本機械学会論文集B編   53 巻 ( 485 ) 頁: 55-59   1987年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  139. 差分法のためのFORTRANプログラム自動生成の一試み(流体力学問題への適用)

    日本機械学会論文集B編   52 巻 ( 474 ) 頁: 570-577   1986年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  140. An Automatic Generation of FORTRAN Code for Finite Dimmerence Method

    Bulletin of JSME   29 巻 ( 256 ) 頁: 3361-3366   1986年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  141. 次元解析支援システム構成の試み

    日本機械学会論文集B編   51 巻 ( 465 ) 頁: 1678-1683   1985年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  142. 軸流中の回転円筒上の流れの境界層近似について

    日本機械学会論文集B編   51 巻 ( 471 ) 頁: 3726-3731   1985年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  143. 軸流中の回転円筒上の層流境界層の研究(摂動法による流れパターン変化の解析)

    日本機械学会論文集B編   51 巻 ( 461 ) 頁: 228-294   1985年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  144. an Effect of Sudden Circumferential Strain on the Laminar Boundary Layer on a Rotating Thin Cylinder in an Axial Flow

    Acta Mechanica   57 巻 ( 1/2 ) 頁: 69-83   1985年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  145. Laminar Boundary Layer on a Rotating Circular Cylinder in an Axial Flow (Analysis of Flow Pattern Variation by Using Perturbation Method)

    Bulletin of JSME   28 巻 ( 243 ) 頁: 1893-1893   1985年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  146. 軸流中の回転円筒上の層流境界層に対する急激な周方向ひずみの効果

    日本機械学会論文集B編   50 巻 ( 453 ) 頁: 1265-1274   1984年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  147. 軸流中の回転円筒上の層流境界層の研究(はく離に対する回転の効果)

    日本機械学会論文集B編   50 巻 ( 449 ) 頁: 219-225   1984年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  148. 軸対称物体上の回転主流下の相似境界層方程式の多重解

    日本流体力学会誌   3 巻 ( 4 ) 頁: 343-347   1984年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  149. Laminar Boundary Layer on a Rotating Thin Cylinder in an Axial Flow (Effect of Self-induced Pressure Gradient on Separation)

    Bulletin of JSME   27 巻 ( 231 ) 頁: 1887-1892   1984年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  150. 一様流中の回転円筒上の層流境界層に対する位置考察

    流体熱工学研究   18 巻 ( 2 ) 頁: 29-40   1983年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  151. 急激な周方向歪を受ける円筒上の層流境界層

    流体熱工学研究   17 巻 ( 2 ) 頁: 17-28   1982年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  152. The Three-Dimensional Turbulent Boundary Layer on a Rotating Thin Cylinder in an Axial Uniform Flow

    3rd Symposium on Turbulent Shear Flow     頁: 2.7-2.12   1981年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. フルードインフォマティクス 「流体力学」と「情報科学」の融合

    大林茂,白山晋,中村育雄,早瀬敏幸,藤代一代,渡辺崇( 担当: 共著)

    技報堂出版  2010年4月  ( ISBN:978-4-7655-3263-1

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. BASICによるコンピュータグラフィックス(1,2章)

    1990年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. CGハンドブック(2.3節)

    1989年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

MISC 3

  1. Learning Mobile CNN Feature Extraction Toward Fast Computation of Visual Object Tracking

    Tsubame Murate, Takashi Watanabe, Masaki Yamada  

    arXivd:2014.01381v1 [cs.CV]   頁: 1 - 9   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  2. 回転二重円筒間を旋回する互いに混和しない二液界面の波動現象 査読有り

    戸谷順信, 大井伸天, 渡辺崇  

    日本機械学会論文集82 巻 ( 835 ) 頁: 1-13   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/transjsme.15-00621

  3. 流体工学と問題解決 - フルードインフォマティクスの基礎 招待有り

    渡辺崇  

    機械学会2001年度年次大会   頁: F05100   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    流体力学の教科書に掲載されているような問題の解決過程を,情報科学的側面より展望した.

講演・口頭発表等 91

  1. 二次元非圧縮キャビティ自励振動流れのマイクロジェットによる制御

    吉田 尚史,渡辺 崇

    日本機械学会第99期流体工学部門講演会  2021年11月8日  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  2. Free Surface Motion of Viscouse Fluid Circulating between Vertical Rotating Cylinders 国際会議

    Takashi Watanabe, Yorinobu Toya, Hiroyuki Furukawa

    21th International Couette-Taylor Workshop  2021年7月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月 - 2020年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:on-line  

  3. Study on Identification of Taylor Vortex Development Process through Deep Learning 国際会議

    Hiroyuki Furukawa, Kawaji Matsuda, Takashi Watanabe

    21th International Couette-Taylor Workshop  2021年7月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月 - 2020年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:on-line  

  4. 物体追跡技術の軽量化を目指したモバイル CNN モデルの特徴量抽出の学習

    村手 翼,渡辺 崇,山田 真生

    情報処理学会第83回全国大会  2021年3月19日  情報処理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  5. ニューラルネットワークによる非線形4階偏微分方程式の係数と解の予測

    寺嶋 達磨,村手 翼,渡辺 崇

    情報処理学会第83回全国大会  2021年3月18日  情報処理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  6. Free Surface Flow in Vertical Taylor-Couette System 国際会議

    Takashi Watanabe, Hiroyuki Furukawa

    14th World Congress in Computational Mechanics  2021年1月13日  iacm ECCOMAS

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Paris   国名:フランス共和国  

  7. ノイズを含んだ画像の GAN による誤分類緩和 国際共著

    邱 梓洋,伊藤 俊太,渡辺 崇

    日本機械学会2020年度年次大会  2020年9月14日  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋,日本  

  8. numerical analysis of critical Reynolds number of wavy Taylor vortex flow with chaning aspect ratio 国際会議

    H. Furukawa, T. Watanabe, Y. Toya

    The 30th International Symposium on Transport Phenomena 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Halong, Vietnam   国名:ベトナム社会主義共和国  

  9. development and decay of flows between vertical rotating two cylinders with free surface 国際会議

    Takashi Watanabe, Hiroyuki Furukawa, Yorinobu Toya

    The 30th International Symposium on Transport Phenomena 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Halong, Vietnam   国名:ベトナム社会主義共和国  

  10. on diverse flows in narrow spacing between co-rotating disks in casing 国際会議

    Haruki Inatani Hirochika Tanigawa, Takashi Watanabe, Takashi Noguchi, Katsuya Hirata

    The 7th Asian Symposium on Computational Heat Transfer and Fluid Flow 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tokyo, Japan   国名:日本国  

  11. 時系列深層学習と一般物体認識ネットワークを用いた物体追跡

    村手翼, 渡辺崇, 山田正生

    第18回情報科学技術フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山大学   国名:日本国  

  12. stability of vortices appearing and developing on a rotating body 国際会議

    Takashi Watanabe

    8-th International Symposium on Bifurcations and INstabilities in Fluid Dynamics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Limerick, Ireland   国名:アイルランド  

  13. Actice Control Using Moving Bottom Wall Applied to Open Cavity Self-sustained Oscilattion with Mode Switching 国際会議

    Takashi Yoshida, Takashi Watanabe

    7th European Conference on Computational Fluid Dynamics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Grasgow, United Kingdom   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  14. Multi-flow Modes between Co-rotating Disks in Casing by Numerical Analysis and Experiment 国際会議

    R. Uenishi, T. Watanabe, H. Tanigawa, K. Hirata

    The 8-th TSME International Conference on Mechanical Engineering 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Bangkok, Thailand   国名:タイ王国  

  15. Flows developing around a finite rotating disk enclosed by a cylindrical casng 国際会議

    Takashi Watanabe, Soma Endo

    The 8-th TSME International Conference on Mechanical Engineering 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Bangkok, Thailand   国名:タイ王国  

  16. Experimental Study of Temperature Rise near the Flow in Lecture Room with Air-Conditioner and Fan Operation 国際会議

    M. Minari, T. Watanabe

    The Ninth JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Okinawa, Japan   国名:日本国  

  17. 実験と数値解析によるケーシング内共回転円板間の流れモード

    上西亮輔, 西田尚史, 渡辺崇, 谷川博哉, 平田勝哉

    第78回ターボ機械協会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  18. Chaos Analysis of Transition Flow in a Natural Convection Loop 国際会議

    Hiroyuki Nishikawa, Takashi Watanabe

    BIFD 2017, Seventh International Symposum on Bifurcations and Instabilities in Fluid Dynamics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:the Woodlands, TX, USA   国名:アメリカ合衆国  

  19. 畳み込みニューラルネットワークの特徴マップ選択によるトラッキング

    山田真生, 渡辺崇

    情報処理学会第79回全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  20. Visualization of diverse flows between co-rotating disks in casing by numerical analysis and experiment 国際会議

    R. Uenishi, S. Tsugawa, T. Maeda M. Uesaka, T. Watanabe, H. Tanigawa, K. Hirata

    7th International Conference on Mechanical Engineering 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Honolulu, USA   国名:アメリカ合衆国  

  21. ハブを共有し円柱容器内で回転する二円板間流れの数値解析

    上坂守彦, 津川昇平, 平田勝哉, 渡辺崇

    第30回数値流体力学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  22. ケーシング内の二円板間の複雑流れの数値解析と実験による可視化

    上西亮輔, 津川昇平, 上坂守彦, 渡辺崇, 谷川博哉, 平田勝哉

    日本機械学会第29回計算力学講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  23. Vortex structure depending on disk acceleration time in cylindrical casing 国際会議

    H. Furukawa, A. Wada, T. Watanabe

    27th International Symposium on Transport Phenomena 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Honolulu, USA   国名:アメリカ合衆国  

  24. Numerical estimation of the flow around a rotating disk in a cylindrical casing 国際会議

    T. Watanabe, S. Endo, Y. Toya

    12th World Congress on Computational Mechanics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Seoul, Korea   国名:大韓民国  

  25. Chaotic numerical analysis of instability on Taylor vortex flow 国際会議

    Y. Toya, T. Watanabe

    12th World Congress on Computational Mechanics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Seoul, Korea   国名:大韓民国  

  26. ハブを共有し回転する二円板間の流動形態の予測

    上坂 守彦, 津川 昇平, 平田 勝哉, 渡辺 崇

    日本機械学会東海支部第65期総会・講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛知工科大学   国名:日本国  

  27. 回転円盤周りの渦構造とレイノルズ数増加に伴うトルクの関係の予測

    坂井友一, 遠藤壮真, 渡辺崇

    日本機械学会東海支部第65期総会・講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛知工科大学   国名:日本国  

  28. 円筒容器回転円盤による旋回流の力学的特性と渦構造の発達様式

    遠藤壮真, 渡辺崇, 坂井友一

    第29回数値計算力学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学筑紫キャンパス, 福岡県春日市春日公園   国名:日本国  

  29. 回転円盤周りの渦発達に対する円盤増速率の効果

    坂井友一, 渡辺崇, 遠藤壮真

    可視化情報全国講演会 (京都2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  30. 円筒容器内で回転する円盤まわりに現れる渦構造の発達過程

    遠藤壮真, 渡辺崇, 坂井友一

    可視化情報全国講演会 (京都2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  31. 円筒容器内回転円盤の増速率による渦構造の変化

    遠藤壮真, 渡辺崇, 原詳太

    日本機械学会2015年度年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  32. 二重矩形領域内流れの様相

    渡辺崇, 中村育雄

    日本機械学会2015年度年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  33. PIV Measurement and Numerical Analysis of Diverse Flows between Co-Rotating Disks in Casing 国際会議

    S. Tsugawa, M. Arimitsu, T. Maeda, T. Watanabe, H. Tanigawa, K. Hirata

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. ケーシング内の二円板間流れのPIV計測と数値解析

    津川昇平, 有光政人, 前田毅, 谷川博哉, 渡辺崇, 平田勝哉

    ターボ機械協会第73回総会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. 回転二重円筒間を旋回する互いに溶融しない二液界面の波動現象

    大井伸天, 戸谷順信, 渡辺崇

    日本機械学会東海支部第64期総会・講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  36. 円筒形容器内回転円板の増速率による旋回流への影響

    遠藤壮真, 原翔太, 渡辺崇

    日本機械学会東海支部第64期総会・講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. 回転二重円柱間を旋回する粘性流体の表面波動現象

    関翔真, ムハンマド ナイム, 田丸涼, 戸谷順信, 渡辺崇

    日本機械学会東海支部第64期総会・講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  38. テイラー渦流れの不安定性に関するカオス的数値解析

    堀内俊貴, 福澤誠葵, 戸谷順信, 渡辺崇

    日本機械学会東海支部第64期総会・講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  39. PIV計測と数値解析を用いた共回転円板間の様々な二次流れの解明

    有光政人

    ターボ機械学会第71回総会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  40. 回転二重円筒間を旋回する二液流体の界面振動の画像解析

    東矢俊介, 吉田尚史, 渡辺崇

    日本機械学会2013年度年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井大学, 福井   国名:日本国  

    回転する二液の界面の挙動を,画像的に解析する方法を提案した.

  41. 開いたキャビティを過ぎる三次元非圧縮流れにおける渦構造の解析

    東矢俊介, 吉田尚史, 渡辺崇

    日本機械学会北陸信越支部第50期総会・講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井大学, 福井   国名:日本国  

    実用的にも多くの場合に見られる開いたキャビティを過ぎる流れに対して,3次元数値解析を行い,新たな知見を示した.

  42. 回転二重円柱間で発達・減衰する渦の時定数

    渡辺 崇

    日本機械学会流体工学部門講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学   国名:日本国  

    有限長さの円柱長さを持つテイラークエット系において,流れの発達,減衰の時定数を正規化するための代表数について検討した.

  43. キャビティ自励振動流の底面駆動法による能動制御のDNSによる研究

    吉田尚史, 渡辺崇

    日本機械学会流体工学部門講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学, 京都   国名:日本国  

    実用的にも多くの場合に見られる開いたキャビティを過ぎる流れに対して,底面駆動により振動を抑える動的制御法について,新たな知見を示した.

  44. VOFモデルと非反復時間進行アルゴリズムを用いたタンクスロッシング非定常問題の数値的研究

    渡辺崇

    日本機械学会2012年年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢大学, 金沢   国名:日本国  

    水平加速度運動を受けるタンク内のスロッシング現象に対して,タンク底面に設けられたバッフルによる抑制効果を,数値的に,明らかにした.

  45. 回転円板周りの流れの可視化的形態変化

    渡辺崇

    日本機械学会2012年年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢大学, 金沢   国名:日本国  

    円柱容器内で回転する円板周りの流れに対して,円板の厚さが,流れの形態に及ぼす影響を,定量的に見積もった.

  46. 移動物体の動線集合からの異常行動・現象の検出

    渡邉崇

    第17回計算工学講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都教育文化センター, 京都   国名:日本国  

    アウトドア環境において,人間や物体の異常動作を認識する方法を提案した.

  47. オプティカルフローを用いた動線履歴による特異行動の検出

    金井謙二, 渡辺崇

    第25回数値流体力学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学   国名:日本国  

    動画像を解析することにより,人や車両の動きから,画像に写されている道を特定する方法を示した.さらに,道から外れる異常行動の検出や,人と車両の動きを区別する方法を提案した.

  48. 容器内回転円盤周りに現れる流れ形態の軸方向隙間による遷移

    藤澤翔平,渡辺崇

    第25回数値流体力学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学   国名:日本国  

    円柱容器内で回転する円盤の厚さを数種類用いて,流れ場にもたらす影響を数値的に調べた.その結果,円盤と容器端面の距離により,流れ場が大きく変化することが示された.

  49. 円柱クエット流とテイラー渦の発達時定数の可視化

    渡辺崇

    第25回数値流体力学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学   国名:日本国  

    回転二重円柱間流れに現れる,クエット流とテイラー渦流の発達,減衰の時間的変化を,全子午線断面にわたり,Landauモデルにより推定した.そして,変化の速い場所,遅い場所を,速度成分ごとに見積もった.

  50. 容器内回転円盤周りに現れる流れの遷移過程

    藤澤翔平, 渡辺崇

    日本機械学会第24回計算力学講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山大学   国名:日本国  

  51. 回転二重円柱間流れに対する初期撹乱の数値解析

    井関優介, 渡辺崇

    日本機械学会第24回計算力学講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  52. 容器内回転円板周りのビーズ状渦発達過程の可視化

    渡辺崇,古川裕之

    日本機械学会2010年度年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    円柱容器内で回転する円板において,半径方向に,適度な隙間が存在する場合に現れる,ビーズ状の渦を,実験的,数値計算的に確かめた.

  53. 回転2重円柱流れのGinzburg-Landau形成長

    藤澤翔平,渡辺崇,戸谷順信

    日本機械学会2010年度年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    回転2重円柱のながれにおいて,内円柱が回転を始めた場合の流れは,初期撹乱を記述するGinzburg-Landau方程式にした学であろうか.
    本研究は,テイラー渦流れを対象に,この現象の時間発展を調べた

  54. テイラー渦流れの不安定性に関するエネルギー変動の評価

    戸谷順信,渡邉崇

    日本機械学会2010年度年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    古典的なテイラー渦流れにおいて,渦の数のみで,流れのモードを分けて良いのであろうか.本報は,この疑問に答えるために,各渦の持つ運動エネルギを評価する方法を新たに提唱した.

  55. キャビティを過ぎる自励振動流の噴出しと吸込みを用いた制御の数値解析

    吉田尚史, 中西洋輔, 井上惕, 稲村純平, 渡辺崇

    機械学会北陸信越支部第46期総会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    スパン方向に伸びたオープンキャビティ上の流れを,キャビティ上で発生する振動流について,キャビティ後流域に,噴出し,吸込み口を設けることにより,キャビティ内で発生する渦を制御できることを,数値的に解析した.

  56. キャビティを過ぎる自励振動流の負方向底面駆動速度による制御の数値解析

    井上惕, 稲村純平, 吉田尚史, 渡辺崇

    第22回数値流体力学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    スパン方向に伸びたオープンキャビティ上の流れを,キャビティ上で発生する振動流について,キャビティ底面を,主流に対して上流方向に動かすことにより,渦数を制御することができ,振動が小さくなることを,数値的に示した.

  57. 容器内回転円盤の半径隙間と螺旋流の崩壊過程の関係

    千代盛豊, 渡辺崇

    第22回数値流体シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    回転円板まわりに発生する流れは,回転数の増大とともに,同心円流,螺旋流,螺旋乱流,乱流状態にいたる.本研究では,半径方向,軸方向の幾何形状が,螺旋流から乱流への流れの崩壊に及ぼす影響を調べる.

  58. キャビティを過ぎる二次元非圧縮流れの振動モード変化の数値シミュレーション

    稲村純平, 吉田尚史, 井上惕, 渡辺崇

    第22回数値流体力学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    スパン方向に伸びたオープンキャビティ上の流れを,キャビティの深さと幅の比による,流れモードの変化を,数値的に解析した.

  59. ビデオ画像解析による複数身体動作の同期生の検出

    浅井啓太, 大場美保子, 渡辺崇

    可視化情報全国講演会(釧路2008) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  60. 目視回転流れを数値結果から忠実に再現する方法

    千代盛豊, 渡辺崇, 古川裕之

    日本機械学会2008年度年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  61. キャビティを過ぎる自励振動流の底面駆動を用いた制御の数値解析

    井上暢, 吉田尚史, 渡辺崇, 稲村純平

    第21回数値流体力学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  62. 空調設備としての空気攪拌ファンの効果

    三成雅子, 渡辺崇, 長谷川達也

    第21回数値流体力学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  63. 半径方向隙間の有無が容器内回転円盤周りの流れに及ぼす影響

    千代盛豊, 渡辺崇

    第21回数値流体シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  64. 人が移動させる物体の複数カメラによる特定

    渡辺崇, 西村武彦

    2007年度本部例会(高岡) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語  

  65. 二次元非圧縮キャビティ自励振動流における振動モード変化の数値解析

    吉田尚史, 井上暢, 渡辺崇

    日本機械学会流体工学部門講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  66. 複数台カメラの動的校正と放置物体の効率的な監視

    西村武彦, 渡辺崇

    可視化情報全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  67. 流れの説明における「渦」の役割と使用例

    中村育雄, 渡辺崇, 古川裕之

    日本機械学会2007年度年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  68. テイラー渦流れにおける初期流れ場の影響に関する数値的研究

    花木理史, 古川裕之, 渡辺 崇

    日本機械学会2007年度年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  69. 初期値乱れによる回転二重円柱内流れの最終モード決定に関する統計的解析

    森田俊樹, 渡辺崇, 戸谷順信

    日本機械学会2007年度年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  70. 放置物体監視のためのパノラマ画像の利用

    2007年電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  71. Homography行列に基づいた複数台カメラの動的校正法の評価

    2007年電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  72. 区間演算による境界層問題とキャビティ問題の精度保証

    日本機械学会東北支部 第42期総会・講演会(仙台市) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  73. 円筒容器内に発達する螺旋流の構造に対する幾何形状の影響

    日本機械学会東北支部 第42期総会・講演会(仙台市) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  74. 人の動作により生じる放置物体の効率的な監視

    動的画像処理実利用化ワークショップ2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  75. 回転二重円筒間を先回する二液流れにおける界面振動と混合現象(動粘度の影響と体積力の影響について)

    日本機械学会北陸信越支部 第44期総会・講演会(金沢市) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  76. 開いたキャビティを過ぎる二次元非圧縮流れの自励振動の数値解析

    日本機械学会東海支部第56期総会・講演会(浜松市) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  77. 流れ学における定性物理的アプローチ

    日本機械学会2004年度年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  78. Applications of Knowledge Engineering to Fluids Engineering 国際会議

    AFI-2002 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  79. 回転二重円柱間を旋回する粘性流体の表面波動現象 国際会議

    関翔真, ムハンマド ナイム, 田丸涼, 戸谷順信, 渡辺崇

    日本機械学会東海支部第64期総会・講演会  2015年3月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  80. 回転二重円柱間流れに対する初期撹乱の数値解析 国際会議

    井関優介, 渡辺崇

    日本機械学会第24回計算力学講演会  2011年10月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    We performed numerical computations ofTaylor vortex flow at small aspect ratio. When the flow developed from its initial state at rest, non-unique flow patterns appeared. This depended on the lengths of the cylinder and the final Reynolds number. In experiment, it is difficult to keep constant conditions because of the imperfection of the apparatus and the small disturbances of the flow field. Therefore, the experimental result may show variations inherit from imperfections. In this study, we focused our attention on the small fluctuations of flows. Two-dimensional numerical analysis is used to estimate the effect
    on the final modes of Taylor vortex flow. Statistical analysis of the results presents a favorable agreement with our prescribed experimental result.

  81. 回転二重円筒間を旋回する二液流体の界面振動の画像解析 国際会議

    東矢俊介, 吉田尚史, 渡辺崇

    日本機械学会2013年度年次大会  2013年9月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井大学, 福井  

    回転する二液の界面の挙動を,画像的に解析する方法を提案した.

  82. 回転二重円筒間を旋回する互いに溶融しない二液界面の波動現象 国際会議

    大井伸天, 戸谷順信, 渡辺崇

    日本機械学会東海支部第64期総会・講演会  2015年3月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  83. 回転円板周りの流れの可視化的形態変化 国際会議

    渡辺崇

    日本機械学会2012年年次大会  2012年9月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢大学, 金沢  

    円柱容器内で回転する円板周りの流れに対して,円板の厚さが,流れの形態に及ぼす影響を,定量的に見積もった.

  84. 回転円盤周りの渦構造とレイノルズ数増加に伴うトルクの関係の予測 国際会議

    坂井友一, 遠藤壮真, 渡辺崇

    日本機械学会東海支部第65期総会・講演会  2016年3月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛知工科大学  

  85. 回転円盤周りの渦発達に対する円盤増速率の効果 国際会議

    坂井友一, 渡辺崇, 遠藤壮真

    可視化情報全国講演会 (京都2015)  2015年10月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  86. 実験と数値解析によるケーシング内共回転円板間の流れモード 国際会議

    上西亮輔, 西田尚史, 渡辺崇, 谷川博哉, 平田勝哉

    第78回ターボ機械協会講演会  2017年9月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山大学  

  87. 容器内回転円盤周りに現れる流れの遷移過程 国際会議

    藤澤翔平, 渡辺崇

    日本機械学会第24回計算力学講演会  2011年10月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山大学  

    The flow around a rotating disk in a cylindrical casing is investigated by the numerical and experimental methods. The radius of the disk is shorter than the inner radius of the casing, as well as the thickness of the disk is smaller than the length of the casing. Therefore, the flow field has a radial gap in addition to a narrow axial gap. The rotation of the disk in a cylindrical casing generates the flow with bead-like and sickle-like vortex, and spiral rolls is confirmed by the numerical calculation between the disk and the stationary walls. We investigated by visualization the generation and the transition process of such a flow that depended on the Reynolds number. As a result, the critical Reynolds numbers at which the flow transition appears is examined.

  88. 容器内回転円盤周りに現れる流れ形態の軸方向隙間による遷移 国際会議

    藤澤翔平, 渡辺崇

    第25回数値流体力学シンポジウム  2011年12月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学  

    円柱容器内で回転する円盤の厚さを数種類用いて,流れ場にもたらす影響を数値的に調べた.その結果,円盤と容器端面の距離により,流れ場が大きく変化することが示された.

  89. 時系列深層学習と一般物体認識ネットワークを用いた物体追跡 国際会議

    村手翼, 渡辺崇, 山田正生

    第18回情報科学技術フォーラム  2019年9月3日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山大学  

  90. 移動物体の動線集合からの異常行動・現象の検出 国際会議

    渡邉崇

    第17回計算工学講演会  2012年5月29日  日本計算工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都教育文化センター, 京都  

    アウトドア環境において,人間や物体の異常動作を認識する方法を提案した.

  91. 開いたキャビティを過ぎる三次元非圧縮流れにおける渦構造の解析 国際会議

    東矢俊介, 吉田尚史, 渡辺崇

    日本機械学会北陸信越支部第50期総会・講演会  2013年3月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井大学, 福井  

    実用的にも多くの場合に見られる開いたキャビティを過ぎる流れに対して,3次元数値解析を行い,新たな知見を示した.

▼全件表示

Works(作品等) 1

  1. 流体情報と計算の可能性

    2008年7月

     詳細を見る

    発表場所:日本機械学会計算力学部門複合領域における設計探索研究会  

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 水平方向の暖房空気攪拌気流を活用した大空間サーキュレーションシステムの開発

    2017年7月 - 2018年3月

    学内共同研究 

科研費 12

  1. 回転場における流れモードの競合現象の解明

    2015年 - 2017年

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  2. 固体表面および自由表面を持つ回転流れ場における流動形態の解明と制御

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 回転流れ場における撹乱成長過程のシナリオ抽出と制御

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    渡邉 崇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 空間的に非一様な回転流れ場における超臨界,亜臨界分岐と撹乱発達過程の特定

    2006年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    力学系で対象となる複雑系流れの解析成果を,工学上の流れに適用するときの問題の一つは,その空間的な有限性である.本研究では,力学系で幾つかの成果が得られている回転流れを取り上げ,その成果を用いて,流体機械などで見られる回転円柱,回転円板周りの流れについて,新しいアプローチで解明を行う.

  5. 回転流場でのLandau形撹乱成長と分岐・カオス化経路の解明

    2004年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    渡邉 崇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    回転場の流れは,通常の場の流れと同じ発達をするのであろうか.特に,その初期発達は,同じメカニズムによるのであろうか.この疑問を明らかにするために,回転場の流れについてのLandau形撹乱の発達の妥当性を,数値的,実験的アプローチで解析する.

  6. 回転場における流れモードの競合現象の解明

    研究課題/研究課題番号:15K05791  2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    渡邉 崇, 戸谷 順信, 古川 裕之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    円柱容器内で回転する円板周りの流れと,回転する2円板間の流れに現れる流動モードを研究した.また,自由表面を持つ鉛直回転二重円柱間の流れのモードを調べた.これらの流れ場は,軸方向および半径方向に有限の境界を持ち,境界近くの層内の流れと干渉と遠心力効果は,複雑な3次元流れ構造を与える.静止状態から発達する流れは,各層で発生する初期渦と不安定の効果を受け,様々な過程を経て成長して,最終的な多彩なモードを形成する.回転円板周りの流れでは,これらの多彩なモードが現れるシナリオを明らかにした.回転円板間の流れと自由表面を持つ回転流では,可視化情報,画像処理から,流れのモードの分類を行った.

  7. 固定表面および自由表面を持つ回転流れ場における流動形態の解明と制御

    研究課題/研究課題番号:23560193  2011年 - 2013年

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    渡邉 崇, 戸谷 順信

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:5200000円 ( 直接経費:4000000円 、 間接経費:1200000円 )

    円柱容器内で回転する円板周りの流れ,および,上端面に自由表面を持つ鉛直回転二重円柱間の流れの発生メカニズムの解明と,目的に適した状態を得る流れの制御法の確立を目的とした.容器内回転円板周りの流れでは,半径方向隙間の存在により現れ,レイノルズ数や幾何形状に依存する,各種の流れを特定し,それらの分類を行った.また,高レイノルズ数における,半径方向隙間に生ずる撹乱と円板上のスパイラル渦等との干渉現象を調べた.鉛直回転円柱間の流れでは,奇数渦の二次モードから正規モードへの遷移分岐現象を明らかにした.これらの成果により,三次元回転流の解明に新知見を導入したとともに,好ましい流れを得るための指針を得た.

  8. 回転流れ場における撹乱成長過程のシナリオ抽出と制御

    研究課題/研究課題番号:20560155  2008年 - 2010年

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    渡邉 崇, 吉田 尚史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    円柱容器内で回転する円板まわりの流れを,可視化実験と数値解析の融合研究により解明を進めた.特に,円板が有意な厚みを持つ場合の,円柱容器側壁と円板リムの間に半径方法隙間で発達する流れについて調べた.その結果,半径方向隙間が流れの発達に大きく影響を及ぼすことを示した.この流れでは,従来の回転による横流れのみならず,半径方向隙間の撹乱が,最終的な流れを作るまでの過程についてのシナリオを明らかにした.

  9. 直接数値シミュレーションによるキャビティ自励振動流の能動的制御法の開発

    2008年4月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    クロス方向にオープンキャビティを持つ壁面上で発達する変動流れを,キャビティ低板の駆動,壁面からの吸い込み・吹き出しにより,効率的に抑制する方法を開発する.

  10. 数値解析によるキャビティ事例振動流の新しい制御方法の開発

    2006年4月 - 2007年4月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    吉田尚史

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    キャビティ流れは,工学製品や自然界に現れる流れのモデルの一つであり,そこには,振動流,騒音の問題が表れる.本研究は,キャビティ流れの振動流,騒音の抑制に対して,新しいアクティブ,パッシブ法を,数値解析を通して構築する.

  11. 有限の長さを持つ回転円柱間の流れの分岐構造と遷移ダイナミクス

    2002年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  12. あいまいさ,矛盾を含んだ多面図情報からの3次元立体の推定に関する研究

    1998年4月 - 2000年3月

    科学研究費補助金  基盤研究 08680394

      詳細を見る

    2次元図面・画像でーたからの,人間の立体は把握能力,機械的立体認識能力の解明のために,認知実験的アプローチ,人工知能の立場から,立体理解のための思考過程のモデルを調べる.

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 29

  1. 情報リテラシー(文系)

    2019

     詳細を見る

    情報リテラシー概要   
    ネットワーク情報社会の倫理
    コンピュータ概説の構造と原理
    電子メール,情報交換と社会とのかかわり
    ネットワーク情報社会の問題点と法律
    インターネットによる情報検索,図書館と文献利用
    情報社会を支える技術,情報科学,情報理論
    自己表現を支援する情報関連技術
    プレゼンテーションの手順と実際

  2. 流体情報学特論

    2019

     詳細を見る

    流れの安定性
    流れのの予測,シミュレーション
    流れの統計処理,情報同定
    視覚情報の処理

  3. 流体移動現象特論

    2019

     詳細を見る

    流体の持つ物性値とその意味.支配方程式.
    厳密解
    方程式の簡略化,相似方程式
    波,自由表面運動
    流れの整合構造

  4. 計算情報学7

    2019

     詳細を見る

    命題論理,述語論理
    論理プログラミング
    ベイズ理論,隠れマルコフモデル,ラフ集合
    学習,認識,同定,推定

  5. アルゴリズム

    2019

     詳細を見る

     ・BNF・正規表現
     ・基本アルゴリズムと再帰
     ・リスト,ハッシュに関するアルゴリズム
     ・グラフ,木構造に関するアルゴリズム
     ・整列に関するアルゴリズム
     ・探索のアルゴリズム
     ・情報理論

  6. 計算情報学3

    2015

     詳細を見る

    命題論理,述語論理
    論理プログラミング
    ベイズ理論,隠れマルコフモデル,ラフ集合
    学習,認識,同定,推定

  7. 流体情報学特論

    2015

     詳細を見る

    流体の持つ物性値とその意味.支配方程式.
    厳密解
    方程式の簡略化,相似方程式

    流れの整合構造
    安定性
    運動の予測,シミュレーション
    視覚情報の処理

  8. 情報リテラシー(文系)

    2015

     詳細を見る

    (1)情報リテラシー概要                            
    (2)ネットワーク情報社会の倫理,エチケット                  
    (3)コンピュータ概説,ワードプロセッサ                    
    (4)電子メールと情報交換                           
    (5)ネットワーク情報社会の問題点と法律                    
    (6)インターネットによる情報検索                       
    (7)図書館と文献利用                             
    (8)情報社会を支える技術,情報科学,情報理論                 
    (9)自己表現を支援する情報関連技術                      
    (10)プレゼンテーションの手順と実際                     
    (11)表計算ソフトによる情報処理                       
    (12)ウェブページによる情報表現 

  9. アルゴリズム

    2015

     詳細を見る

     ・BNF・正規表現
     ・基本アルゴリズムと再帰
     ・リスト,ハッシュに関するアルゴリズム
     ・グラフ,木構造に関するアルゴリズム
     ・整列に関するアルゴリズム
     ・探索のアルゴリズム
     ・情報理論

  10. 計算情報学3

    2014

     詳細を見る

    命題論理,述語論理
    論理プログラミング
    ベイズ理論,隠れマルコフモデル,ラフ集合
    学習,認識,同定,推定

  11. 流体情報学特論

    2014

     詳細を見る

    流体の持つ物性値とその意味.支配方程式.
    厳密解
    方程式の簡略化,相似方程式

    流れの整合構造
    安定性
    運動の予測,シミュレーション
    視覚情報の処理

  12. 情報リテラシー(文系)

    2014

     詳細を見る

    (1)情報リテラシー概要                            
    (2)ネットワーク情報社会の倫理,エチケット                  
    (3)コンピュータ概説,ワードプロセッサ                    
    (4)電子メールと情報交換                           
    (5)ネットワーク情報社会の問題点と法律                    
    (6)インターネットによる情報検索                       
    (7)図書館と文献利用                             
    (8)情報社会を支える技術,情報科学,情報理論                 
    (9)自己表現を支援する情報関連技術                      
    (10)プレゼンテーションの手順と実際                     
    (11)表計算ソフトによる情報処理                       
    (12)ウェブページによる情報表現 

  13. アルゴリズム

    2014

     詳細を見る

     ・BNF・正規表現
     ・基本アルゴリズムと再帰
     ・リスト,ハッシュに関するアルゴリズム
     ・グラフ,木構造に関するアルゴリズム
     ・整列に関するアルゴリズム
     ・探索のアルゴリズム
     ・情報理論

  14. 流体情報学特論

    2013

     詳細を見る

    流体の持つ物性値とその意味.支配方程式.
    厳密解
    方程式の簡略化,相似方程式

    流れの整合構造
    安定性
    運動の予測,シミュレーション
    視覚情報の処理

  15. 計算情報学3

    2013

     詳細を見る

    命題論理,述語論理
    論理プログラミング
    ベイズ理論,隠れマルコフモデル,ラフ集合
    学習,認識,同定,推定

  16. 情報リテラシー(文系)

    2013

     詳細を見る

    (1)情報リテラシー概要                            
    (2)ネットワーク情報社会の倫理,エチケット                  
    (3)コンピュータ概説,ワードプロセッサ                    
    (4)電子メールと情報交換                           
    (5)ネットワーク情報社会の問題点と法律                    
    (6)インターネットによる情報検索                       
    (7)図書館と文献利用                             
    (8)情報社会を支える技術,情報科学,情報理論                 
    (9)自己表現を支援する情報関連技術                      
    (10)プレゼンテーションの手順と実際                     
    (11)表計算ソフトによる情報処理                       
    (12)ウェブページによる情報表現 

  17. アルゴリズム

    2013

     詳細を見る

     ・BNF・正規表現
     ・基本アルゴリズムと再帰
     ・リスト,ハッシュに関するアルゴリズム
     ・グラフ,木構造に関するアルゴリズム
     ・整列に関するアルゴリズム
     ・探索のアルゴリズム
     ・情報理論

  18. 情報リテラシー(文系)

    2012

     詳細を見る

    (1)情報リテラシー概要                            
    (2)ネットワーク情報社会の倫理,エチケット                  
    (3)コンピュータ概説,ワードプロセッサ                    
    (4)電子メールと情報交換                           
    (5)ネットワーク情報社会の問題点と法律                    
    (6)インターネットによる情報検索                       
    (7)図書館と文献利用                             
    (8)情報社会を支える技術,情報科学,情報理論                 
    (9)自己表現を支援する情報関連技術                      
    (10)プレゼンテーションの手順と実際                     
    (11)表計算ソフトによる情報処理                       
    (12)ウェブページによる情報表現 

  19. アルゴリズム

    2012

     詳細を見る

     ・BNF・正規表現
     ・基本アルゴリズムと再帰
     ・リスト,ハッシュに関するアルゴリズム
     ・グラフ,木構造に関するアルゴリズム
     ・整列に関するアルゴリズム
     ・探索のアルゴリズム
     ・情報理論

  20. 計算情報学3

    2012

     詳細を見る

      探索
      命題論理と証明
      述語論理と証明
      パターン認識(ベイジアンネットワーク)
      知識獲得(ラフ集合)

  21. 流体情報学特論

    2012

     詳細を見る

    流体の持つ物性値とその意味.支配方程式.
    厳密解
    方程式の簡略化,相似方程式

    流れの整合構造
    安定性
    運動の予測,シミュレーション
    視覚情報の処理

  22. 流体情報学特論

    2011

     詳細を見る

    流体の持つ物性値とその意味.支配方程式.
    厳密解
    方程式の簡略化,相似方程式

    流れの整合構造
    安定性
    運動の予測,シミュレーション
    視覚情報の処理

  23. 情報リテラシー(文系)

    2011

     詳細を見る

    (1)情報リテラシー概要                            
    (2)ネットワーク情報社会の倫理,エチケット                  
    (3)コンピュータ概説,ワードプロセッサ                    
    (4)電子メールと情報交換                           
    (5)ネットワーク情報社会の問題点と法律                    
    (6)インターネットによる情報検索                       
    (7)図書館と文献利用                             
    (8)情報社会を支える技術,情報科学,情報理論                 
    (9)自己表現を支援する情報関連技術                      
    (10)プレゼンテーションの手順と実際                     
    (11)表計算ソフトによる情報処理                       
    (12)ウェブページによる情報表現 

  24. アルゴリズム

    2011

     詳細を見る

     ・BNF・正規表現
     ・基本アルゴリズムと再帰
     ・リスト,ハッシュに関するアルゴリズム
     ・グラフ,木構造に関するアルゴリズム
     ・整列に関するアルゴリズム
     ・探索のアルゴリズム
     ・情報理論

  25. 計算情報学3

    2011

     詳細を見る

      探索
      命題論理と証明
      述語論理と証明
      パターン認識(ベイジアンネットワーク)
      知識獲得(ラフ集合)

  26. 情報リテラシー(文系)

    2010

     詳細を見る

    (1)情報リテラシー概要                            
    (2)ネットワーク情報社会の倫理,エチケット                  
    (3)コンピュータ概説,ワードプロセッサ                    
    (4)電子メールと情報交換                           
    (5)ネットワーク情報社会の問題点と法律                    
    (6)インターネットによる情報検索                       
    (7)図書館と文献利用                             
    (8)情報社会を支える技術,情報科学,情報理論                 
    (9)自己表現を支援する情報関連技術                      
    (10)プレゼンテーションの手順と実際                     
    (11)表計算ソフトによる情報処理                       
    (12)ウェブページによる情報表現 

  27. 複雑系可視化特論

    2009

     詳細を見る

    人間の知識,および,その処理を,シンボル表示するための方法論について講義する.

  28. アルゴリズム

    2009

     詳細を見る

    情報科学の初学者として身につけるべきアルゴリズムについて,アルゴリズムの読み方,適用の仕方,プログラムによる実現方法について学ぶ.

  29. 情報リテラシー

    2009

     詳細を見る

    大学において,コンピュータの支援を得て,問題を調べ,解決し,発表するための素養を身につける.

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 数値流体力学特論

    2001年4月 - 現在 名城大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

 

学術貢献活動 3

  1. Physics of Fluids 国際学術貢献

    役割:査読

    AIP  2021年2月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  2. Physics of Fluids 国際学術貢献

    役割:査読

    AIP  2020年12月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  3. Physics of Fluids 国際学術貢献

    役割:査読

    AIP  2020年4月

     詳細を見る

    種別:査読等