2022/03/30 更新

写真a

ナカネ トシキ
中根 俊樹
NAKANE, Toshiki
所属
医学部附属病院 放射線科 助教
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
助教

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2018年4月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 3

  1. 脳構造画像

  2. 脳機能画像

  3. 磁気共鳴画像

 

論文 20

  1. Effect of Temporal Sampling Rate on Estimates of the Perfusion Parameters for Patients with Moyamoya Disease Assessed with Simultaneous Multislice Dynamic Susceptibility Contrast-enhanced MR Imaging. 査読有り

    Takamura T, Hara S, Nariai T, Ikenouchi Y, Suzuki M, Taoka T, Ida M, Ishigame K, Hori M, Sato K, Kamagata K, Kumamaru K, Oishi H, Okamoto S, Araki Y, Uda K, Miyajima M, Maehara T, Inaji M, Tanaka Y, Naganawa S, Kawai H, Nakane T, Tsurushima Y, Onodera T, Nojiri S, Aoki S

    Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine     2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.2463/mrms.mp.2021-0162

    PubMed

  2. Reproducibility of diffusion tensor image analysis along the perivascular space (DTI-ALPS) for evaluating interstitial fluid diffusivity and glymphatic function: CHanges in Alps index on Multiple conditiON acquIsition eXperiment (CHAMONIX) study 査読有り

    Taoka Toshiaki, Ito Rintaro, Nakamichi Rei, Kamagata Koji, Sakai Mayuko, Kawai Hisashi, Nakane Toshiki, Abe Takashi, Ichikawa Kazushige, Kikuta Junko, Aoki Shigeki, Naganawa Shinji

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   40 巻 ( 2 ) 頁: 147 - 158   2022年2月

     詳細を見る

  3. Evaluating the Effect of Arterial Pulsation on Cerebrospinal Fluid Motion in the Sylvian Fissure of Patients with Middle Cerebral Artery Occlusion Using Low b-value Diffusion-weighted Imaging. 査読有り

    Taoka T, Kawai H, Nakane T, Abe T, Nakamichi R, Ito R, Sasaki Y, Nishida A, Naganawa S

    Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine   20 巻 ( 4 ) 頁: 371 - 377   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.2463/mrms.mp.2020-0121

    PubMed

  4. Diffusion analysis of fluid dynamics with incremental strength of motion proving gradient (DANDYISM) to evaluate cerebrospinal fluid dynamics 査読有り

    Taoka Toshiaki, Kawai Hisashi, Nakane Toshiki, Abe Takashi, Nakamichi Rei, Ito Rintaro, Sato Yuki, Sakai Mayuko, Naganawa Shinji

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   39 巻 ( 4 ) 頁: 315 - 323   2021年4月

     詳細を見る

  5. Change of White Matter Integrity in Children With Hematopoietic Stem Cell Transplantation

    Sakaguchi Yoko, Natsume Jun, Kidokoro Hiroyuki, Tanaka Masaharu, Okai Yu, Ito Yuji, Yamamoto Hiroyuki, Ohno Atsuko, Nakata Tomohiko, Nakane Toshiki, Kawai Hisashi, Taoka Toshiaki, Muramatsu Hideki, Naganawa Shinji, Takahashi Yoshiyuki

    PEDIATRIC NEUROLOGY   111 巻   頁: 78 - 84   2020年10月

  6. White matter microstructural changes in tuberous sclerosis: Evaluation by neurite orientation dispersion and density imaging (NODDI) and diffusion tensor images

    Taoka Toshiaki, Aida Noriko, Fujii Yuta, Ichikawa Kazushi, Kawai Hisashi, Nakane Toshiki, Ito Rintaro, Naganawa Shinji

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 )   2020年1月

  7. Detection of IV-gadolinium Leakage from the Cortical Veins into the CSF Using MR Fingerprinting

    Naganawa Shinji, Nakane Toshiki, Kawai Hisashi, Taoka Toshiaki, Kawaguchi Hirokazu, Maruyama Katsuya, Murata Katsutoshi, Koerzdoerfer Gregor, Pfeuffer Josef, Nittka Mathias, Sone Michihiko

    MAGNETIC RESONANCE IN MEDICAL SCIENCES   19 巻 ( 2 ) 頁: 141 - 146   2020年

  8. Can low b value diffusion weighted imaging evaluate the character of cerebrospinal fluid dynamics?

    Taoka Toshiaki, Naganawa Shinji, Kawai Hisashi, Nakane Toshiki, Murata Katsutoshi

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   37 巻 ( 2 ) 頁: 135 - 144   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-018-0790-8

    Web of Science

    PubMed

  9. Age Dependence of Gadolinium Leakage from the Cortical Veins into the Cerebrospinal Fluid Assessed with Whole Brain 3D-real Inversion Recovery MR Imaging

    Naganawa Shinji, Nakane Toshiki, Kawai Hisashi, Taoka Toshiaki

    MAGNETIC RESONANCE IN MEDICAL SCIENCES   18 巻 ( 2 ) 頁: 163 - 169   2019年

  10. Longitudinal Findings of MRI and PET in West Syndrome with Subtle Focal Cortical Dysplasia

    Sakaguchi Y., Kidokoro H., Ogawa C., Okai Y., Ito Y., Yamamoto H., Ohno A., Nakata T., Tsuji T., Nakane T., Kawai H., Kato K., Naganawa S., Natsume J.

    AMERICAN JOURNAL OF NEURORADIOLOGY   39 巻 ( 10 ) 頁: 1932-1937   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3174/ajnr.A5772

    Web of Science

  11. Magnetic resonance spectroscopy in preterm infants: association with neurodevelopmental outcomes

    Hyodo Reina, Sato Yoshiaki, Ito Miharu, Sugiyama Yuichiro, Ogawa Chikako, Kawai Hisashi, Nakane Toshiki, Saito Akiko, Hirakawa Akihiro, Kidokoro Hiroyuki, Natsume Jun, Hayakawa Masahiro

    ARCHIVES OF DISEASE IN CHILDHOOD-FETAL AND NEONATAL EDITION   103 巻 ( 3 ) 頁: F238 - F244   2018年5月

  12. Usefulness of fetal magnetic resonance imaging for postnatal management of congenital lung cysts: prediction of probability for emergency surgery

    Shirota Chiyoe, Tainaka Takahisa, Nakane Toshiki, Tanaka Yujiro, Hinoki Akinari, Sumida Wataru, Murase Naruhiko, Oshima Kazuo, Chiba Kosuke, Shirotsuki Ryo, Uchida Hiroo

    BMC PEDIATRICS   18 巻 ( 1 ) 頁: 105   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12887-018-1085-z

    Web of Science

    PubMed

  13. Differences in Signal Intensity and Enhancement on MR Images of the Perivascular Spaces in the Basal Ganglia versus Those in White Matter.

    Naganawa S, Nakane T, Kawai H, Taoka T

    Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine     2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2463/mrms.mp.2017-0137

    PubMed

  14. Evaluation of glymphatic system activity with the diffusion MR technique: diffusion tensor image analysis along the perivascular space (DTI-ALPS) in Alzheimer's disease cases

    Taoka Toshiaki, Masutani Yoshitaka, Kawai Hisashi, Nakane Toshiki, Matsuoka Kiwamu, Yasuno Fumihiko, Kishimoto Toshifumi, Naganawa Shinji

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   35 巻 ( 4 ) 頁: 172 - 178   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-017-0617-z

    Web of Science

    PubMed

  15. Gd-based Contrast Enhancement of the Perivascular Spaces in the Basal Ganglia

    Naganawa Shinji, Nakane Toshiki, Kawai Hisashi, Taoka Toshiaki

    MAGNETIC RESONANCE IN MEDICAL SCIENCES   16 巻 ( 1 ) 頁: 61 - 65   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2463/mrms.mp.2016-0039

    Web of Science

    PubMed

  16. Lack of Contrast Enhancement in a Giant Perivascular Space of the Basal Ganglion on Delayed FLAIR Images: Implications for the Glymphatic System

    Naganawa Shinji, Nakane Toshiki, Kawai Hisashi, Taoka Toshiaki

    MAGNETIC RESONANCE IN MEDICAL SCIENCES   16 巻 ( 2 ) 頁: 89 - 90   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2463/mrms.ci.2016-0114

    Web of Science

    PubMed

  17. Structure of the Medullary Veins of the Cerebral Hemisphere and Related Disorders

    Taoka Toshiaki, Fukusumi Akio, Miyasaka Toshiteru, Kawai Hisashi, Nakane Toshiki, Kichikawa Kimihiko, Naganawa Shinji

    RADIOGRAPHICS   37 巻 ( 1 ) 頁: 280 - 296   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1148/rg.2017160061

    Web of Science

    PubMed

  18. Visualization of Middle Ear Ossicles in Elder Subjects with Ultra-short Echo Time MR Imaging

    Naganawa Shinji, Nakane Toshiki, Kawai Hisashi, Taoka Toshiaki, Suzuki Kojiro, Iwano Shingo, Satake Hiroko, Grodzki David

    MAGNETIC RESONANCE IN MEDICAL SCIENCES   16 巻 ( 2 ) 頁: 93 - 97   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2463/mrms.mp.2015-0171

    Web of Science

    PubMed

  19. Visualization of Neuromelanin in the Substantia Nigra and Locus Ceruleus at 1.5T Using a 3D-gradient Echo Sequence with Magnetization Transfer Contrast.

    Nakane, Toshiki; Nihashi, Takashi; Kawai, Hisashi; Naganawa, Shinji

    Magn Reson Med Sci   7 巻 ( 2 ) 頁: 205-210   2008年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. 著明な肉芽形成が見られた腫瘤形成性膵炎の一例

    中根俊樹, 鈴木耕次郎, 長縄慎二, 伊藤茂樹, 金住直人, 下山芳江

    日本医学放射線学会雑誌   S 巻 ( 465 )   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 8

  1. 名前に対する注意は前頭葉内側の脳活動に反映される

    中根俊樹、宮腰誠、中井敏晴、長縄慎二

    第38回日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  2. Hearing one's own name actives the medical frontal area? 国際会議

    Human Brain Mapping 2010 Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語  

  3. 腸管に著明な集積を来した骨シンチグラフィの1例

    大河内慶行、岩野信吾、二橋尚志、伊藤信嗣、小川 浩、安藤嘉朗、中根俊樹、山崎雅弘、太田尚寿、河合雄一、平野真希、古池 亘、岡田有美子、川上賢一、土屋賢一、長縄慎二、加藤克彦、阿部真治

    日本核医学会第70回中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  4. あなたの名前が呼ばれたら脳はどう活動するか-異なる注意状態が与える影響からの検討-

    中根俊樹、宮腰 誠、中井敏晴、長縄慎二

    第37回日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  5. Functional MRI for Geriatric Neuroimaging Database

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:スイス連邦  

  6. F-18 FDG-PET/CTを施行されたCarney triadの1例

    加藤克彦、古池 亘、戸谷麗子、平野真希、河合雄一、小川 浩、松島正哉、中根俊樹、大河内慶行、岡田有美子、川上賢一、安藤嘉朗、二橋尚志,長縄慎二、宇佐美範恭、横井香平

    日本核医学会第69回中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

  7. Comparison of the Hippocampal Activation between Concrete and Abstract Pictures - A preliminary Evaluation for Clinical fMRI 国際会議

    HBM2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:英語  

  8. マルチスライスCTにて診断し得た回腸重複腸管の一例

    中根俊樹、太田豊裕、長縄慎二、伊藤茂樹、藤原道隆、大宮直木

    日本医学放射線学会 第142回中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

▼全件表示

科研費 2

  1. 小児から老人まで、機能的脳MRIと生理学的指標とから見た発達・加齢

    研究課題/研究課題番号:16K10313  2016年4月 - 2020年3月

    中根 俊樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    小児から高齢者までの年齢の変化に伴う心拍変動などの生理的指標から得られるデータと、脳機能画像から得られる脳活動の変化との関連性や、その意義について、測定、分析し、評価した。心拍については通常の画像検査ではアーティファクトの原因ともなる要因だが、今回はそれから算出される自律神経系の様相との関連で脳機能画像の解析を行っている。成長に伴う変化の中で、安静時の脳活動からデフォルトモードネットワークなどで知られる脳内のネットワークの形成を行う様子が観察された。心拍との関連については、目下検討中である。
    人間の脳機能画像を身体に対する影響の少ないMRI装置を通して観察した。脳は何らかの作業もしていなくても活動しており、その活動の様子が年齢に伴い変化していくことや、その変化がMRI装置に付属のパルスオキシメーターから取得した脈拍から算出された人間の自律神経系のバランスの変化にどのように関連していくのかなど、人間の生理的な状態についての知見を深めるとともに通常の画像検査に付加的な意味を与えうる要素について検討した。

  2. 高精細医用画像を用いた定位脳手術を支える脳深部核同定技法の確立

    2012年4月 - 現在

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者