2021/10/26 更新

写真a

オオハシ コウジ
大橋 浩二
OHASHI, Koji
所属
大学院医学系研究科 分子循環器医学(Department of Molecular Medicine and Cardiology)(興和)寄附講座 特任准教授
職名
特任准教授

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2006年3月   大阪大学 ) 

研究キーワード 5

  1. 心血管病

  2. 慢性腎臓病

  3. メタボリックシンドローム

  4. マイオカイン

  5. アディポカイン

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 循環器内科学

所属学協会 5

  1. 日本内科学会

  2. 日本循環器学会

  3. アメリカ心臓病学会

  4. 日本動脈硬化学会

  5. 日本肥満学会

 

論文 84

  1. Adverse Effect of Circadian Rhythm Disorder on Reparative Angiogenesis in Hind Limb Ischemia 査読有り

    Tsuzuki Kazuhito, Shimizu Yuuki, Suzuki Junya, Pu Zhongyue, Yamaguchi Shukuro, Fujikawa Yusuke, Kato Katsuhiro, Ohashi Koji, Takefuji Mikito, Bando Yasuko K., Ouchi Noriyuki, Calvert John W., Shibata Rei, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF THE AMERICAN HEART ASSOCIATION   10 巻 ( 16 ) 頁: e020896   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/JAHA.121.020896

    Web of Science

    PubMed

  2. Prognostic impact of transcardiac gradient of follistatin-like 1 reflecting hemodynamics in patients with dilated cardiomyopathy. 査読有り

    Oishi H, Okumura T, Ohashi K, Kimura Y, Kazama S, Shibata N, Arao Y, Kato H, Kuwayama T, Yamaguchi S, Tatsumi M, Kondo T, Hiraiwa H, Morimoto R, Takefuji M, Ouchi N, Murohara T

    Journal of cardiology     2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2021.07.005

    PubMed

  3. Important Role of Concomitant Lymphangiogenesis for Reparative Angiogenesis in Hindlimb Ischemia 査読有り

    Pu Zhongyue, Shimizu Yuuki, Tsuzuki Kazuhito, Suzuki Junya, Hayashida Ryo, Kondo Kazuhisa, Fujikawa Yusuke, Unno Kazumasa, Ohashi Koji, Takefuji Mikito, Bando Yasuko K., Ouchi Noriyuki, Calvert John W., Shibata Rei, Murohara Toyoaki

    ARTERIOSCLEROSIS THROMBOSIS AND VASCULAR BIOLOGY   41 巻 ( 6 ) 頁: 2006 - 2018   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/ATVBAHA.121.316191

    Web of Science

    PubMed

  4. Omentin attenuates angiotensin II-induced abdominal aortic aneurysm formation in apolipoprotein-E knockout mice. 査読有り

    Fang L, Ohashi K, Otaka N, Ogawa H, Hiramatsu-Ito M, Kawanishi H, Bando YK, Shibata R, Shimizu Y, Kato K, Takikawa T, Ozaki Y, Takefuji M, Murohara T, Ouchi N

    Cardiovascular research     2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/cvr/cvab179

    PubMed

  5. Adipolin/C1q/Tnf-related protein 12 prevents adverse cardiac remodeling after myocardial infarction 査読有り

    Takikawa Tomonobu, Ohashi Koji, Ogawa Hayato, Otaka Naoya, Kawanishi Hiroshi, Fang Lixin, Ozaki Yuta, Eguchi Shunsuke, Tatsumi Minako, Takefuji Mikito, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    PLOS ONE   15 巻 ( 12 ) 頁: e0243483   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0243483

    Web of Science

    PubMed

  6. C1q/TNF-Related Protein 9 Promotes Revascularization in Response to Ischemiaviaan eNOS-Dependent Manner 査読有り

    Yamaguchi Shukuro, Shibata Rei, Ohashi Koji, Enomoto Takashi, Ogawa Hayato, Otaka Naoya, Hiramatsu-Ito Mizuho, Masutomi Tomohiro, Kawanishi Hiroshi, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    FRONTIERS IN PHARMACOLOGY   11 巻   頁: 1313   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fphar.2020.01313

    Web of Science

    PubMed

  7. Can Pharmacological Ischemic Preconditioning Affect Myocardial Ischemic Injury? 査読有り

    Ohashi Koji, Ouchi Noriyuki, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   84 巻 ( 6 ) 頁: 891 - 893   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-20-0233

    Web of Science

    PubMed

  8. Adipolin/CTRP12 protects against pathological vascular remodelling through suppression of smooth muscle cell growth and macrophage inflammatory response 査読有り

    Ogawa Hayato, Ohashi Koji, Ito Masanori, Shibata Rei, Kanemura Noriyoshi, Yuasa Daisuke, Kambara Takahiro, Matsuo Kazuhiro, Hayakawa Satoko, Hiramatsu-Ito Mizuho, Otaka Naoya, Kawanishi Hiroshi, Yamaguchi Shukuro, Enomoto Takashi, Abe Takaya, Kaneko Mari, Takefuji Mikito, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    CARDIOVASCULAR RESEARCH   116 巻 ( 1 ) 頁: 237 - 249   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/cvr/cvz074

    Web of Science

    PubMed

    その他リンク: http://academic.oup.com/cardiovascres/article-pdf/116/1/237/31555893/cvz074.pdf

  9. Protein Kinase N Promotes Stress-Induced Cardiac Dysfunction Through Phosphorylation of Myocardin-Related Transcription Factor A and Disruption of Its Interaction With Actin 査読有り

    Sakaguchi Teruhiro, Takefuji Mikito, Wettschureck Nina, Hamaguchi Tomonari, Amano Mutsuki, Kato Katsuhiro, Tsuda Takuma, Eguchi Shunsuke, Ishihama Sohta, Mori Yu, Yura Yoshimitsu, Yoshida Tatsuya, Unno Kazumasa, Okumura Takahiro, Ishii Hideki, Shimizu Yuuki, Bando Yasuko K., Ohashi Koji, Ouchi Noriyuki, Enomoto Atsushi, Offermanns Stefan, Kaibuchi Kozo, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION   140 巻 ( 21 ) 頁: 1737 - 1752   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCULATIONAHA.119.041019

    Web of Science

    PubMed

  10. Cardiomyocytes capture stem cell-derived, anti-apoptotic microRNA-214 via clathrin-mediated endocytosis in acute myocardial infarction 査読有り

    Eguchi Shunsuke, Takefuji Mikito, Sakaguchi Teruhiro, Ishihama Sohta, Mori Yu, Tsuda Takuma, Takikawa Tomonobu, Yoshida Tatsuya, Ohashi Koji, Shimizu Yuuki, Hayashida Ryo, Kondo Kazuhisa, Bando Yasuko K., Ouchi Noriyuki, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   294 巻 ( 31 ) 頁: 11665 - 11674   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.RA119.007537

    Web of Science

    PubMed

  11. Associations among circulating levels of follistatin-like 1, clinical parameters, and cardiovascular events in patients undergoing elective percutaneous coronary intervention with drug-eluting stents 査読有り

    Aikawa Tatsuro, Shimada Kazunori, Miyauchi Katsumi, Miyazaki Tetsuro, Sai Eiryu, Ouchi Shohei, Kadoguchi Tomoyasu, Kunimoto Mitsuhiro, Joki Yusuke, Dohi Tomotaka, Okazaki Shinya, Isoda Kikuo, Ohashi Koji, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki, Daida Hiroyuki

    PLOS ONE   14 巻 ( 4 ) 頁: e0216297   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0216297

    Web of Science

    PubMed

  12. Myonectin Is an Exercise-Induced Myokine That Protects the Heart From Ischemia-Reperfusion Injury 査読有り

    Otaka Naoya, Shibata Rei, Ohashi Koji, Uemura Yusuke, Kambara Takahiro, Enomoto Takashi, Ogawa Hayato, Ito Masanori, Kawanishi Hiroshi, Maruyama Sonomi, Joki Yusuke, Fujikawa Yusuke, Narita Shingo, Unno Kazumasa, Kawamoto Yoshiyuki, Murate Takashi, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    CIRCULATION RESEARCH   123 巻 ( 12 ) 頁: 1326-1338   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCRESAHA.118.313777

    Web of Science

    PubMed

  13. Role of Adipokines in Cardiovascular Disease 査読有り

    Lau Wayne Bond, Ohashi Koji, Wang Yajing, Ogawa Hayato, Murohara Toyoaki, Ma Xin-Liang, Ouchi Noriyuki

    CIRCULATION JOURNAL   81 巻 ( 7 ) 頁: 920-928   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-17-0458

    Web of Science

    PubMed

  14. C1q/TNF-related protein 1 prevents neointimal formation after arterial injury 査読有り

    Kanemura Noriyoshi, Shibata Rei, Ohashi Koji, Ogawa Hayato, Hiramatsu-Ito Mizuho, Enomoto Takashi, Yuasa Daisuke, Ito Masanori, Hayakawa Satoko, Otaka Naoya, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    ATHEROSCLEROSIS   257 巻   頁: 138-145   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2017.01.014

    Web of Science

    PubMed

  15. The role of adipokines in cardiovascular disease 査読有り

    Shibata Rei, Ouchi Noriyuki, Ohashi Koji, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF CARDIOLOGY   70 巻 ( 3-4 ) 頁: 329-334   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2017.02.006

    Web of Science

    PubMed

  16. Protective Roles of Adipocytokines and Myokines in Cardiovascular Disease 査読有り

    Ouchi Noriyuki, Ohashi Koji, Shibata Rei, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   80 巻 ( 10 ) 頁: 2073 - 2080   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-16-0663

    Web of Science

    PubMed

  17. Association of Circulating Follistatin-Like 1 Levels with Inflammatory and Oxidative Stress Markers in Healthy Men 査読有り

    Hayakawa Satoko, Ohashi Koji, Shibata Rei, Takahashi Ryotaro, Otaka Naoya, Ogawa Hayato, Ito Masanori, Kanemura Noriyoshi, Hiramatsu-Ito Mizuho, Ikeda Nobuo, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    PLOS ONE   11 巻 ( 5 ) 頁: e0153619   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0153619

    Web of Science

    PubMed

  18. Omentin attenuates atherosclerotic lesion formation in apolipoprotein E-deficient mice 査読有り

    Hiramatsu-Ito Mizuho, Shibata Rei, Ohashi Koji, Uemura Yusuke, Kanemura Noriyoshi, Kambara Takahiro, Enomoto Takashi, Yuasa Daisuke, Matsuo Kazuhiro, Ito Masanori, Hayakawa Satoko, Ogawa Hayato, Otaka Naoya, Kihara Shinji, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    CARDIOVASCULAR RESEARCH   110 巻 ( 1 ) 頁: 107 - 117   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/cvr/cvv282

    Web of Science

    PubMed

  19. C1q/TNF-related protein-1 functions to protect against acute ischemic injury in the heart 査読有り

    Yuasa Daisuke, Ohashi Koji, Shibata Rei, Mizutani Naoki, Kataoka Yoshiyuki, Kambara Takahiro, Uemura Yusuke, Matsuo Kazuhiro, Kanemura Noriyoshi, Hayakawa Satoko, Hiramatsu-Ito Mizuho, Ito Masanori, Ogawa Hayato, Murate Takashi, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    FASEB JOURNAL   30 巻 ( 3 ) 頁: 1065 - 1075   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1096/fj.15-279885

    Web of Science

    PubMed

  20. Role of a novel secreted factor omentin in cardiovascular disease 査読有り

    Ouchi Noriyuki, Ohashi Koji, Shibata Rei, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   128 巻 ( 3 ) 頁: S35 - S35   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  21. C1q/Tumor Necrosis Factor-Related Protein 9 Protects against Acute Myocardial Injury through an Adiponectin Receptor I-AMPK-Dependent Mechanism 査読有り

    Kambara Takahiro, Shibata Rei, Ohashi Koji, Matsuo Kazuhiro, Hiramatsu-Ito Mizuho, Enomoto Takashi, Yuasa Daisuke, Ito Masanori, Hayakawa Satoko, Ogawa Hayato, Aprahamian Tamar, Walsh Kenneth, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY   35 巻 ( 12 ) 頁: 2173 - 2185   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/MCB.01518-14

    Web of Science

    PubMed

  22. FGF21 attenuates pathological myocardial remodeling following myocardial infarction through the adiponectin-dependent mechanism 査読有り

    Joki Yusuke, Ohashi Koji, Yuasa Daisuke, Shibata Rei, Ito Masanori, Matsuo Kazuhiro, Kambara Takahiro, Uemura Yusuke, Hayakawa Satoko, Hiramatsu-Ito Mizuho, Kanemura Noriyoshi, Ogawa Hayato, Daida Hiroyuki, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   459 巻 ( 1 ) 頁: 124 - 130   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2015.02.081

    Web of Science

    PubMed

  23. Neuron-Derived Neurotrophic Factor Ameliorates Adverse Cardiac Remodeling After Experimental Myocardial Infarction. 査読有り

    Joki Y, Ohashi K, Yuasa D, Shibata R, Kataoka Y, Kambara T, Uemura Y, Matsuo K, Hayakawa S, Hiramatsu-Ito M, Kanemura N, Ito M, Ogawa H, Daida H, Murohara T, Ouchi N.

    Circulation: Heart Failure     頁: in press   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Omentin functions to attenuate cardiac hypertrophic response 査読有り

    Matsuo Kazuhiro, Shibata Rei, Ohashi Koji, Kambara Takahiro, Uemura Yusuke, Hiramatsu-Ito Mizuho, Enomoto Takashi, Yuasa Daisuke, Joki Yusuke, Ito Masanori, Hayakawa Satoko, Ogawa Hayato, Kihara Shinji, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    JOURNAL OF MOLECULAR AND CELLULAR CARDIOLOGY   79 巻   頁: 195 - 202   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.yjmcc.2014.11.019

    Web of Science

    PubMed

  25. Adipose-derived protein omentin prevents neointimal formation after arterial injury 査読有り

    Uemura Yusuke, Shibata Rei, Kanemura Noriyoshi, Ohashi Koji, Kambara Takahiro, Hiramatsu-Ito Mizuho, Enomoto Takashi, Yuasa Daisuke, Joki Yusuke, Matsuo Kazuhiro, Ito Masanori, Hayakawa Satoko, Ogawa Hayato, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    FASEB JOURNAL   29 巻 ( 1 ) 頁: 141 - 151   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1096/fj.14-258129

    Web of Science

    PubMed

  26. Adiponectin as a Target in Obesity-related Inflammatory State 査読有り

    Koji Ohashi, Daisuke Yuasa, Rei Shibata, Toyoaki Murohara, Noriyuki Ouchi

    ENDOCRINE METABOLIC & IMMUNE DISORDERS-DRUG TARGETS   15 巻 ( 2 ) 頁: 145 - 150   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BENTHAM SCIENCE PUBL LTD  

    Accumulating evidence indicates that low grade inflammation is closely associated with obesity-related disorders including type 2 diabetes, hypertension and atherosclerosis. Adiponectin is a fat-derived plasma protein with anti-inflammatory functions. Circulating levels of adiponectin are decreased in obese states, and these conditions are broadly associated with various obesity-related diseases. Furthermore, adiponectin has direct protective functions against cardiovascular disease, cerebrovascular disease, non-alcoholic steatohepatitis (NASH) and chronic kidney disease (CKD). In this review, we will focus on the protective functions of adiponectin against these obesity-related diseases from the view point of its anti-inflammatory properties.

    Web of Science

    PubMed

  27. The potential of adipokines as therapeutic agents for cardiovascular disease 査読有り

    Shibata Rei, Ohashi Koji, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    CYTOKINE & GROWTH FACTOR REVIEWS   25 巻 ( 4 ) 頁: 483 - 487   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cytogfr.2014.07.005

    Web of Science

    PubMed

  28. Cardiac Myocyte-Derived Follistatin-Like 1 Prevents Renal Injury in a Subtotal Nephrectomy Model. 査読有り

    Hayakawa S, Ohashi K, Shibata R, Kataoka Y, Miyabe M, Enomoto T, Joki Y, Shimizu Y, Kambara T, Uemura Y, Yuasa D, Ogawa H, Matsuo K, Hiramatsu-Ito M, van den Hoff MJ, Walsh K, Murohara T, Ouchi N.

    Journal of American Society of Nephrology     頁: in press   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Role of anti-inflammatory adipokines in obesity-related diseases. 査読有り

    Ohashi K, Shibata R, Murohara T, Ouchi N.

    Trend Endocrinology and Metabolism     2014年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tem.2014.03.009.

  30. Muscle-derived follistatin-like 1 functions to reduce neointimal formation after vascular injury. 査読有り

    Miyabe M, Ohashi K, Shibata R, Uemura Y, Ogura Y, Yuasa D, Kambara T, Kataoka Y, Yamamoto T, Matsuo K, Joki Y, Enomoto T, Hayakawa S, Hiramatsu-Ito M, Ito M, Van Den Hoff MJ, Walsh K, Murohara T, Ouchi N.

    Cardiovascular Research     2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/cvr/cvu105.

  31. Omentin prevents myocardial ischemic injury through AMP-activated protein kinase- and Akt-dependent mechanisms. 査読有り

    Kataoka Y, Shibata R, Ohashi K, Kambara T, Enomoto T, Uemura Y, Ogura Y, Yuasa D, Matsuo K, Nagata T, Oba T, Yasukawa H, Numaguchi Y, Sone T, Murohara T, Ouchi N.

    Journal of American College of Cardiology     2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jacc.2014.03.032.

  32. Association of circulating C1q/TNF-related protein 1 levels with coronary artery disease in men. 査読有り

    Yuasa D, Ohashi K, Shibata R, Takeshita K, Kikuchi R, Takahashi R, Kataoka Y, Miyabe M, Joki Y, Kambara T, Uemura Y, Matsuo K, Hayakawa S, Hiramatsu-Ito M, Ito M, Ikeda N, Murohara T, Ouchi N.

    PLoS One     2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0099846.

  33. Association of Circulating C1q/TNF-Related Protein 1 Levels with Coronary Artery Disease in Men 査読有り

    Yuasa Daisuke, Ohashi Koji, Shibata Rei, Takeshita Kyosuke, Kikuchi Ryosuke, Takahashi Ryotaro, Kataoka Yoshiyuki, Miyabe Megumi, Joki Yusuke, Kambara Takahiro, Uemura Yusuke, Matsuo Kazuhiro, Hayakawa Satoko, Hiramatsu-Ito Mizuho, Ito Masanori, Ikeda Nobuo, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    PLOS ONE   9 巻 ( 6 ) 頁: e99846   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0099846

    Web of Science

    PubMed

  34. Neuron-derived neurotrophic factor functions as a novel modulator that enhances endothelial cell function and revascularization processes. 査読有り

    Ohashi K, Enomoto T, Joki Y, Shibata R, Ogura Y, Kataoka Y, Shimizu Y, Kambara T, Uemura Y, Yuasa D, Matsuo K, Hayakawa S, Hiramatsu-Ito M, Murohara T, Ouchi N.

    The Journal of Biological Chemistry     2014年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M114.555789.

  35. Adiponectin Ameliorates Endotoxin-Induced Acute Cardiac Injury 査読有り

    Watanabe Yoshio, Shibata Rei, Ouchi Noriyuki, Kambara Takahiro, Ohashi Koji, Jie Li, Inoue Yoko, Murohara Toyoaki, Komori Kimihiro

    BIOMED RESEARCH INTERNATIONAL   2014 巻   頁: 382035   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2014/382035

    Web of Science

    PubMed

  36. Transcriptional Regulation of an Insulin-Sensitizing Adipokine Adipolin/CTRP12 in Adipocytes by Kruppel-Like Factor 15 査読有り

    Enomoto Takashi, Ohashi Koji, Shibata Rei, Kambara Takahiro, Uemura Yusuke, Yuasa Daisuke, Kataoka Yoshiyuki, Miyabe Megumi, Matsuo Kazuhiro, Joki Yusuke, Hayakawa Satoko, Hiramatsu-Ito Mizuho, Ito Masanori, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    PLOS ONE   8 巻 ( 12 ) 頁: e83183   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0083183

    Web of Science

    PubMed

  37. Adiponectin-Mediated Modulation of Lymphatic Vessel Formation and Lymphedema 査読有り

    Shimizu Yuuki, Shibata Rei, Ishii Masakazu, Ohashi Koji, Kambara Takahiro, Uemura Yusuke, Yuasa Daisuke, Kataoka Yoshiyuki, Kihara Shinji, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    JOURNAL OF THE AMERICAN HEART ASSOCIATION   2 巻 ( 5 ) 頁: e000438   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/JAHA.113.000438

    Web of Science

    PubMed

  38. Role of Adipocytokines in Regulation of Revascularization Responses

    Ouchi Noriyuki, Ohashi Koji, Shibata Rei, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   19 巻 ( 10 ) 頁: S120 - S120   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  39. Adipose-derived factor CTRP9 attenuates vascular smooth muscle cell proliferation and neointimal formation 査読有り

    Yusuke Uemura, Rei Shibata, Koji Ohashi, Takashi Enomoto, Takahiro Kambara, Takashi Yamamoto, Yasuhiro Ogura, Daisuke Yuasa, Yusuke Joki, Kazuhiro Matsuo, Megumi Miyabe, Yoshiyuki Kataoka, Toyoaki Murohara, Noriyuki Ouchi

    FASEB Journal   27 巻 ( 1 ) 頁: 25 - 33   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Obesity is closely associated with the progression of vascular disorders, including atherosclerosis and postangioplasty restenosis. C1q/TNF-related protein (CTRP) 9 is an adipocytokine that is down-regulated in obese mice. Here we investigated whether CTRP9 modulates neointimal hyperplasia and vascular smooth muscle cell (VSMC) proliferation in vivo and in vitro. Left femoral arteries of wild-type (WT) mice were injured by a steel wire. An adenoviral vector expressing CTRP9 (Ad-CTRP9) or β-galactosidase as a control was intravenously injected into WT mice 3 d before vascular injury. Delivery of Ad-CTRP9 significantly attenuated the neointimal thickening and the number of bromodeoxyuridine-positive proliferating cells in the injured arteries compared with that of control. Treatment of VSMCs with CTRP9 protein attenuated the proliferative and chemotactic activities induced by growth factors including platelet-derived growth factor (PDGF)-BB, and suppressed PDGF-BB-stimulated phosphorylation of ERK. CTRP9 treatment dose-dependently increased cAMP levels in VSMCs. Blockade of cAMP-PKA pathway reversed the inhibitory effect of CTRP9 on DNA synthesis and ERK phosphorylation in response to PDGF-BB. The present data indicate that CTRP9 functions to attenuate neointimal formation following vascular injury through its ability to inhibit VSMC growth via cAMP-dependent mechanism, suggesting that the therapeutic approaches to enhance CTRP9 production could be valuable for prevention of vascular restenosis after angioplasty. © FASEB.

    DOI: 10.1096/fj.12-213744

    Scopus

    PubMed

  40. Regulation of adipolin/CTRP12 cleavage by obesity 査読有り

    Enomoto Takashi, Shibata Rei, Ohashi Koji, Kambara Takahiro, Kataoka Yoshiyuki, Uemura Yusuke, Yuasa Daisuke, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   428 巻 ( 1 ) 頁: 155 - 159   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2012.10.031

    Web of Science

    PubMed

  41. Therapeutic impact of follistatin-like 1 on myocardial ischemic injury in preclinical models. 査読有り

    Ogura Y, Ouchi N, Ohashi K, Shibata R, Kataoka Y, Kambara T, Kito T, Maruyama S, Yuasa D, Matsuo K, Enomoto T, Uemura Y, Miyabe M, Ishii M, Yamamoto T, Shimizu Y, Walsh K, Murohara T.

    Circulation     2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCULATIONAHA.112.115089.

  42. Omentin as a novel biomarker of metabolic risk factors 査読有り

    Shibata Rei, Ouchi Noriyuki, Takahashi Ryotaro, Terakura Yuya, Ohashi Koji, Ikeda Nobuo, Higuchi Akiko, Terasaki Hiroko, Kihara Shinji, Murohara Toyoaki

    DIABETOLOGY & METABOLIC SYNDROME   4 巻 ( 1 ) 頁: 37   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1758-5996-4-37

    Web of Science

    PubMed

  43. Anti-inflammatory and anti-atherogenic properties of adiponectin. 査読有り

    Ohashi K, Ouchi N, Matsuzawa Y.

    Biochimie     2012年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.biochi.2012.06.008.

  44. CTRP9 protein protects against myocardial injury following ischemia-reperfusion through AMP-activated protein kinase (AMPK)-dependent mechanism. 査読有り

    Kambara T, Ohashi K, Shibata R, Ogura Y, Maruyama S, Enomoto T, Uemura Y, Shimizu Y, Yuasa D, Matsuo K, Miyabe M, Kataoka Y, Murohara T, Ouchi N.

    The Journal of Biological Chemistry     2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M112.357939.

  45. Fat-derived Factor Omentin Stimulates Endothelial Cell Function and Ischemia-induced Revascularization via Endothelial Nitric Oxide Synthase-dependent Mechanism 査読有り

    Maruyama Sonomi, Shibata Rei, Kikuchi Ryosuke, Izumiya Yasuhiro, Rokutanda Taku, Araki Satoshi, Kataoka Yoshiyuki, Ohashi Koji, Daida Hiroyuki, Kihara Shinji, Ogawa Hisao, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   287 巻 ( 1 ) 頁: 408 - 417   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M111.261818

    Web of Science

    PubMed

  46. Adipocytokines and obesity-linked disorders 査読有り

    Noriyuki Ouchi, Koji Ohashi, Rei Shibata, Toyoaki Murohara

    Nagoya Journal of Medical Science   74 巻 ( 1-2 ) 頁: 19 - 30   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Obesity is closely associated with an increased risk for metabolic and cardiovascular diseases. Adipose tissue produces a number of secretory bioactive substances, also known as adipocytokines or adipokines, which directly affect adjacent or distant organs. Most adipocytokines are pro-inflammatory, thereby promoting the obesity-linked disorders. In contrast, there are a small number of adipocytokines that exhibit antiinflammatory properties. It is now recognized that dysregulated production or secretion of adipocytokines caused by adipocyte dysfunction leads to the development of obesity-linked complications. In this review, we focus on the functional role of several adipocytokines in metabolic and cardiovascular diseases.

    Scopus

    PubMed

  47. Circulating omentin is associated with coronary artery disease in men 査読有り

    Shibata Rei, Ouchi Noriyuki, Kikuchi Ryosuke, Takahashi Ryotaro, Takeshita Kyosuke, Kataoka Yoshiyuki, Ohashi Koji, Ikeda Nobuo, Kihara Shinji, Murohara Toyoaki

    ATHEROSCLEROSIS   219 巻 ( 2 ) 頁: 811 - 814   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2011.08.017

    Web of Science

    PubMed

  48. Association of a fat-derived plasma protein omentin with carotid artery intima-media thickness in apparently healthy men 査読有り

    Shibata Rei, Takahashi Ryotaro, Kataoka Yoshiyuki, Ohashi Koji, Ikeda Nobuo, Kihara Shinji, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    HYPERTENSION RESEARCH   34 巻 ( 12 ) 頁: 1309 - 1312   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/hr.2011.130

    Web of Science

    PubMed

  49. Cardiac myocyte follistatin-like 1 functions to attenuate hypertrophy following pressure overload 査読有り

    Shimano Masayuki, Ouchi Noriyuki, Nakamura Kazuto, van Wijk Bram, Ohashi Koji, Asaumi Yasuhide, Higuchi Akiko, Pimentel David R., Sam Flora, Murohara Toyoaki, van den Hoff Maurice J. B., Walsh Kenneth

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   108 巻 ( 43 ) 頁: E899 - E906   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1108559108

    Web of Science

    PubMed

  50. Adipolin/C1qdc2/CTRP12 protein functions as an adipokine that improves glucose metabolism. 査読有り

    Enomoto T, Ohashi K, Shibata R, Higuchi A, Maruyama S, Izumiya Y, Walsh K, Murohara T, Ouchi N.

    The Journal of Biological Chemistry     2011年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M111.277319.

  51. Adipolin/C1qdc2/CTRP12 Protein Functions as an Adipokine That Improves Glucose Metabolism 査読有り

    Enomoto Takashi, Ohashi Koji, Shibata Rei, Higuchi Akiko, Maruyama Sonomi, Izumiya Yasuhiro, Walsh Kenneth, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   286 巻 ( 40 ) 頁: 34552 - 34558   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M111.277319

    Web of Science

    PubMed

  52. Adiponectin Ameliorates Doxorubicin-induced Cardiotoxicity through Akt Protein-dependent Mechanism 査読有り

    Maruyama Sonomi, Shibata Rei, Ohashi Koji, Ohashi Taiki, Daida Hiroyuki, Walsh Kenneth, Murohara Toyoaki, Ouchi Noriyuki

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   286 巻 ( 37 ) 頁: 32790 - 32800   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M111.245985

    Web of Science

    PubMed

  53. Adiponectin mediates cardioprotection in oxidative stress-induced cardiac myocyte remodeling 査読有り

    Essick Eric E., Ouchi Noriyuki, Wilson Richard M., Ohashi Koji, Ghobrial Joanna, Shibata Rei, Pimentel David R., Sam Flora

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-HEART AND CIRCULATORY PHYSIOLOGY   301 巻 ( 3 ) 頁: H984 - H993   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpheart.00428.2011

    Web of Science

    PubMed

  54. Adiponectin and hypertension. 査読有り

    Ohashi K, Ouchi N, Matsuzawa Y.

    American Journal of Hypertensions     2011年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ajh.2010.216.

  55. Association of Adiponectin with Carotid Arteriosclerosis in Predialysis Chronic Kidney Disease 査読有り

    Hayashi Mutsuharu, Shibata Rei, Takahashi Hiroshi, Ishii Hideki, Aoyama Toru, Kasuga Hirotake, Yamada Shigeki, Ohashi Koji, Maruyama Syoichi, Matsuo Seiichi, Ouchi Noriyuki, Murohara Toyoaki, Toriyama Takanobu

    AMERICAN JOURNAL OF NEPHROLOGY   34 巻 ( 3 ) 頁: 249 - 255   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000330178

    Web of Science

    PubMed

  56. Fenofibrate promotes ischemia-induced revascularization through the adiponectin-dependent pathway 査読有り

    Li Ping, Shibata Rei, Maruyama Sonomi, Kondo Megumi, Ohashi Koji, Ouchi Noriyuki, Murohara Toyoaki

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-ENDOCRINOLOGY AND METABOLISM   299 巻 ( 4 ) 頁: E560 - E566   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpendo.00284.2010

    Web of Science

    PubMed

  57. Adiponectin deficiency exacerbates cardiac dysfunction following pressure overload through disruption of an AMPK-dependent angiogenic response 査読有り

    Shimano Masayuki, Ouchi Noriyuki, Shibata Rei, Ohashi Koji, Pimentel David R., Murohara Toyoaki, Walsh Kenneth

    JOURNAL OF MOLECULAR AND CELLULAR CARDIOLOGY   49 巻 ( 2 ) 頁: 210 - 220   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.yjmcc.2010.02.021

    Web of Science

    PubMed

  58. Sfrp5 is an anti-inflammatory adipokine that modulates metabolic dysfunction in obesity. 査読有り

    Ouchi N, Higuchi A, Ohashi K, Oshima Y, Gokce N, Shibata R, Akasaki Y, Shimono A, Walsh K.

    Science     2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.1188280.

  59. LKB1 deficiency in Tie2-Cre-expressing cells impairs ischemia-induced angiogenesis. 査読有り

    Ohashi K, Ouchi N, Higuchi A, Shaw RJ, Walsh K.

    The Journal of Biological Chemistry     2010年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M110.123794.

  60. Modulation of angiotensin II-mediated cardiac remodeling by the MEF2A target gene Xirp2. 査読有り

    McCalmon SA, Desjardins DM, Ahmad S, Davidoff KS, Snyder CM, Sato K, Ohashi K, Kielbasa OM, Mathew M, Ewen EP, Walsh K, Gavras H, Naya FJ

    Circulation research   106 巻 ( 5 ) 頁: 952 - 60   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCRESAHA.109.209007

    Web of Science

    PubMed

  61. DIP2A functions as a FSTL1 receptor. 査読有り

    Ouchi N, Asaumi Y, Ohashi K, Higuchi A, Sono-Romanelli S, Oshima Y, Walsh K

    The Journal of biological chemistry   285 巻 ( 10 ) 頁: 7127 - 34   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M109.069468

    Web of Science

    PubMed

  62. Adiponectin promotes macrophage polarization toward an anti-inflammatory phenotype. 査読有り

    Ohashi K, Parker JL, Ouchi N, Higuchi A, Vita JA, Gokce N, Pedersen AA, Kalthoff C, Tullin S, Sams A, Summer R, Walsh K.

    The Journal of Biological Chemistry     2010年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M109.088708.

  63. Thiazolidinediones reduce pathological neovascularization in ischemic retina via an adiponectin-dependent mechanism. 査読有り

    Higuchi A, Ohashi K, Shibata R, Sono-Romanelli S, Walsh K, Ouchi N.

    Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology     2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/ATVBAHA.109.198465.

  64. Adiponectin deficiency, diastolic dysfunction, and diastolic heart failure. 査読有り

    Sam F, Duhaney TA, Sato K, Wilson RM, Ohashi K, Sono-Romanelli S, Higuchi A, De Silva DS, Qin F, Walsh K, Ouchi N

    Endocrinology   151 巻 ( 1 ) 頁: 322 - 31   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/en.2009-0806

    Web of Science

    PubMed

  65. Adiponectin suppresses pathological microvessel formation in retina through modulation of tumor necrosis factor-alpha expression. 査読有り

    Higuchi A, Ohashi K, Kihara S, Walsh K, Ouchi N

    Circulation Research     2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCRESAHA.109.194506.

  66. Adiponectin promotes revascularization of ischemic muscle through a cyclooxygenase 2-dependent mechanism. 査読有り

    Ohashi K, Ouchi N, Sato K, Higuchi A, Ishikawa TO, Herschman HR, Kihara S, Walsh K.

    Molecular and Cellular Biology     2009年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/MCB.00126-09.

  67. Follistatin-like 1, a Secreted Muscle Protein, Promotes Endothelial Cell Function and Revascularization in Ischemic Tissue through a Nitric-oxide Synthase-dependent Mechanism 査読有り

    Ouchi Noriyuki, Oshima Yuichi, Ohashi Koji, Higuchi Akiko, Ikegami Chiaki, Izumiya Yasuhiro, Walsh Kenneth

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   283 巻 ( 47 ) 頁: 32802 - 32811   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M803440200

    Web of Science

    PubMed

  68. Adiponectin protects against angiotensin II-induced cardiac fibrosis through activation of PPAR-alpha 査読有り

    Fujita Koichi, Maeda Norikazu, Sonoda Mina, Ohashi Koji, Hibuse Toshiyuki, Nishizawa Hitoshi, Nishida Makoto, Hiuge Aki, Kurata Akifumi, Kihara Shinji, Shimomura Iichiro, Funahashi Tohru

    ARTERIOSCLEROSIS THROMBOSIS AND VASCULAR BIOLOGY   28 巻 ( 5 ) 頁: 863 - 870   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/ATVBAHA.107.156687

    Web of Science

    PubMed

  69. Cyclooxygenase-2 induction by adiponectin is regulated by a sphingosine kinase-1 dependent mechanism in cardiac myocytes. 査読有り

    Ikeda Y, Ohashi K, Shibata R, Pimentel DR, Kihara S, Ouchi N, Walsh K.

    FEBS Letters     2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.febslet.2008.03.002.

  70. Exacerbation of albuminuria and renal fibrosis in subtotal renal ablation model of adiponectin-knockout mice. 査読有り

    Ohashi K, Iwatani H, Kihara S, Nakagawa Y, Komura N, Fujita K, Maeda N, Nishida M, Katsube F, Shimomura I, Ito T, Funahashi T.

    Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology   27 巻 ( 9 ) 頁: 1910-1917   2007年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Blockade of angiotensin II type-1 receptor reduces oxidative stress in adipose tissue and ameliorates adipocytokine dysregulation 査読有り

    Kurata A., Nishizawa H., Kihara S., Maeda N., Sonoda M., Okada T., Ohashi K., Hibuse T., Fujita K., Yasui A., Hiuge A., Kumada M., Kuriyama H., Shimomura I., Funahashi T.

    KIDNEY INTERNATIONAL   70 巻 ( 10 ) 頁: 1717 - 1724   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/sj.ki.5001810

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  72. Adiponectin protects against myocardial ischemia-reperfusion injury through AMPK- and COX-2 dependent mechanisms 査読有り

    Shibata R, Sato K, Pimentel DR, Takemura Y, Kihara S, Ohashi K, Funahashi T, Ouchi N, Walsh K

    NATURE MEDICINE   11 巻 ( 10 ) 頁: 1096 - 1103   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nm1295

    Web of Science

    PubMed

  73. Association of hypoadiponectinemia with smoking habit in men 査読有り

    Iwashima Y, Katsuya T, Ishikawa K, Kida I, Ohishi M, Horio T, Ouchi N, Ohashi K, Kihara S, Funahashi T, Rakugi H, Ogihara T

    HYPERTENSION   45 巻 ( 6 ) 頁: 1094 - 1100   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/01.HYP.0000169444.05588.4c

    Web of Science

    PubMed

  74. Adiponectin replenishment ameliorates obesity-related hypertension. 査読有り

    Ohashi K, Kihara S, Ouchi N, Kumada M, Fujita K, Hiuge A, Hibuse T, Ryo M, Nishizawa H, Maeda N, Maeda K, Shibata R, Walsh K, Funahashi T, Shimomura I.

    Hypertension   47 巻 ( 6 ) 頁: 1108-1116   2005年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. 低アディポネクチン血症と高血圧との関係

    大橋 浩二, 木原 進士, 岩嶋 義雄, 船橋 徹, 荻原 俊男, 下村 伊一郎, 松澤 佑次

    日本内科学会雑誌   94 巻 ( Suppl. ) 頁: 235 - 235   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

  76. Adiponectin-mediated modulation of hypertrophic signals in the heart 査読有り

    Shibata R, Ouchi N, Ito M, Kihara S, Shiojima I, Pimentel DR, Kumada M, Sato K, Schiekofer S, Ohashi K, Funahashi T, Colucci WS, Walsh K

    NATURE MEDICINE   10 巻 ( 12 ) 頁: 1384 - 1389   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nm1137

    Web of Science

    PubMed

  77. メタボリックシンドロームにおける高血圧とアディポネクチンとの関連について

    大橋 浩二, 岩嶋 義雄, 木原 進士, 船橋 徹, 勝谷 友宏, 荻原 俊男, 下村 伊一郎

    肥満研究   10 巻 ( Suppl. ) 頁: 122 - 122   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本肥満学会  

  78. Adiponectin specifically increased tissue inhibitor of metalloproteinase-1 through interleukin-10 expression in human macrophages 査読有り

    Kumada M, Kihara S, Ouchi N, Kobayashi H, Okamoto Y, Ohashi K, Maeda K, Nagaretani H, Kishida K, Maeda N, Nagasawa A, Funahashi T, Matsuzawa Y

    CIRCULATION   109 巻 ( 17 ) 頁: 2046 - 2049   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/01.CIR.0000127953.98131.ED

    Web of Science

    PubMed

  79. Adiponectin I164T mutation is associated with the metabolic syndrome and coronary artery disease. 査読有り

    Ohashi K, Ouchi N, Kihara S, Funahashi T, Nakamura T, Sumitsuji S, Kawamoto T, Matsumoto S, Nagaretani H, Kumada M, Okamoto Y, Nishizawa H, Kishida K, Maeda N, Hiraoka H, Iwashima Y, Ishikawa K, Ohishi M, Katsuya T, Rakugi H, Ogihara T, Matsuzawa Y.

    Journal of American College of Cardiology   43 巻 ( 7 ) 頁: 1195-1200   2004年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Association of hypoadiponectinemia with impaired vasoreactivity 査読有り

    Ouchi N, Ohishi M, Kihara S, Funahashi T, Nakamura T, Nagaretani H, Kumada M, Ohashi K, Okamoto Y, Nishizawa H, Kishida K, Maeda N, Nagasawa A, Kobayashi H, Hiraoka H, Komai N, Kaibe M, Rakugi H, Ogihara T, Matsuzawa Y

    HYPERTENSION   42 巻 ( 3 ) 頁: 231 - 234   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/01.HYP.0000083488.67550.B8

    Web of Science

    PubMed

  81. Disturbed secretion of mutant adiponectin associated with the metabolic syndrome 査読有り

    Kishida K, Nagaretani H, Kondo H, Kobayashi H, Tanaka S, Maeda N, Nagasawa A, Hibuse T, Ohashi K, Kumada M, Nishizawa H, Okamoto Y, Ouchi N, Maeda K, Kihara S, Funahashi T, Matsuzawa Y

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   306 巻 ( 1 ) 頁: 286 - 292   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0006-291X(03)00940-9

    Web of Science

    PubMed

  82. Measurement of fasting serum apoB-48 levels in normolipidemic and hyperlipidemic subjects by ELISA 査読有り

    Sakai N, Uchida Y, Ohashi K, Hibuse T, Saika Y, Tomari Y, Kihara S, Hiraoka H, Nakamura T, Ito S, Yamashita S, Matsuzawa Y

    JOURNAL OF LIPID RESEARCH   44 巻 ( 6 ) 頁: 1256 - 1262   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1194/jlr.M300090-JLR200

    Web of Science

    PubMed

  83. Reciprocal association of C-reactive protein with adiponectin in blood stream and adipose tissue 査読有り

    Ouchi N, Kihara S, Funahashi T, Nakamura T, Nishida M, Kumada M, Okamoto Y, Ohashi K, Nagaretani H, Kishida K, Nishizawa H, Maeda N, Kobayashi H, Hiraoka H, Matsuzawa Y

    CIRCULATION   107 巻 ( 5 ) 頁: 671 - 674   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/01.CIR.0000055188.83694.B3

    Web of Science

    PubMed

  84. Adiponectin reduces atherosclerosis in apolipoprotein E-deficient mice 査読有り

    Okamoto Y, Kihara S, Ouchi N, Nishida M, Arita Y, Kumada M, Ohashi K, Sakai N, Shimomura I, Kobayashi H, Terasaka N, Inaba T, Funahashi T, Matsuzawa Y

    CIRCULATION   106 巻 ( 22 ) 頁: 2767 - 2770   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/01.CIR.0000042707.50032.19

    Web of Science

    PubMed

▼全件表示

MISC 21

  1. Adiponectin-deficiency Contributes to Exacerbated Cardiac Dysfunction Following Chronic Pressure Overload Through Disruption of AMPK-dependent Angiogenesis

    Masayuki Shimano, Noriyuki Ouchi, Rei Shibata, Koji Ohashi, Toyoaki Murohara, Kenneth Walsh  

    CIRCULATION120 巻 ( 18 ) 頁: S835 - S835   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

  2. LKB1 in Vascular Endothelial Cells is Essential for Revascularization in a Mouse Ischemic Hind-limb Model

    Koji Ohashi, Noriyuki Ouchi, Kenneth Walsh  

    CIRCULATION120 巻 ( 18 ) 頁: S1052 - S1052   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

  3. Adiponectin Improves Angiogenic Repair of Ischemic Muscle through a COX-2 Dependent Mechanism Involving Calreticulin

    Koji Ohashi, Horiyuki Ouchi, Kaorl Sato, Tomo-o Ishikawa, Harvey Herschman, Shinji Kihara, Kenneth Walsh  

    CIRCULATION118 巻 ( 18 ) 頁: S577 - S577   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

  4. Salt sensitive hypertension in mice lacking adiponectin

    Koji Ohashi, Shinji Kihara, Noriyuki Ouchi, Rei Shibata, Kenneth Walsh, Tohru Funahashi, Lichiro Shimomura  

    JOURNAL OF HYPERTENSION24 巻   頁: 88 - 88   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

  5. Salt-sensitive hypertension in mice lacking adiponectin

    Koji Ohashi, Shinji Kihara, Noriyuki Ouchi, Rej Shibata, Kenneth Walsh, Tohru Funahashi, Lichiro Shimomura  

    CIRCULATION114 巻 ( 18 ) 頁: 205 - 205   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

  6. [Mutations and polymorphisms in adiponectin gene].

    Ohashi K, Funahashi T  

    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicineSuppl 3 巻   頁: 264 - 8   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    PubMed

  7. Adiponectin protects against angiotensin II-induced cardiac fibrosis

    K. Fujita, N. Maeda, K. Ohashi, H. Nishizawa, M. Nishida, S. Kihara, I. Shimomura, T. Funahashi  

    EUROPEAN HEART JOURNAL27 巻   頁: 689 - 690   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    Web of Science

  8. [Adiponectin].

    Ohashi K, Funahashi T  

    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine64 Suppl 5 巻   頁: 163 - 7   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    PubMed

  9. アディポサイトカイン (特集 糖を科学する!)

    大橋 浩二, 下村 伊一郎  

    アンチ・エイジング医学1 巻 ( 3 ) 頁: 332 - 336   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:メディカルレビュー社  

    CiNii Article

    CiNii Books

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2006090791

  10. Smoking habit decreases plasma adiponectin concentration in men

    Iwashima Y, Katsuya T, Horio T, Ohashi K, Kihara S, Funahashi T, Rakugi H, Ogihara T  

    JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF CARDIOLOGY45 巻 ( 3 ) 頁: 436A - 436A   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  11. Smoking habit decreases plasma adiponectin concentration in men

    Y Iwashima, T Katsuya, T Horio, K Ohashi, S Kihara, T Funahashi, H Rakugi, T Ogihara  

    JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF CARDIOLOGY45 巻 ( 3 ) 頁: 436A - 436A   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Web of Science

  12. Novel ELISA for Apo B-48 revealed chylomicron remnants (CR) are accumulated in the serum of diabetic patients, predisposing them coronary heart disease (CHD)

    Sugimoto T, Sakai N, Tsujii K, Koseki M, Hibuse T, Ohashi K, Nakamura T, Hiraoka H, Uchida Y, Yamashita S  

    CIRCULATION110 巻 ( 17 ) 頁: 183 - 183   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  13. Novel ELISA for Apo B-48 revealed chylomicron remnants (CR) are accumulated in the serum of diabetic patients, predisposing them coronary heart disease (CHD)

    T Sugimoto, N Sakai, K Tsujii, M Koseki, T Hibuse, K Ohashi, T Nakamura, H Hiraoka, Y Uchida, S Yamashita  

    CIRCULATION110 巻 ( 17 ) 頁: 183 - 183   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

  14. adiponectinは,インスリン抵抗性と無関係に血圧と関連する(Adiponectin is associated with blood pressure regardless of insulin resistance)

    岩嶋 義雄, 勝谷 友宏, 大橋 浩二, 木原 進士, 船橋 徹, 楽木 宏実, 荻原 俊男  

    日本内分泌学会雑誌80 巻 ( 1 ) 頁: 120 - 120   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

  15. Novel ELISA for APO B-48 revealed chylomicron remnants (CR) are accumulated in the serum of diabetic patients despite normolipidemia

    Sakai N, Hibuse T, Ohashi K, Uchida Y, Matsuzawa Y, Yamashita S  

    ATHEROSCLEROSIS SUPPLEMENTS5 巻 ( 1 ) 頁: 71 - 72   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  16. Adiponectin can be a new therapeutic tool for abnormal vascular remodeling

    Y Okamoto, S Kihara, M Nishida, N Ouchi, Y Arita, M Kumada, K Ohashi, T Funahashi, Y Matsuzawa  

    CIRCULATION108 巻 ( 17 ) 頁: 106 - 106   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

  17. Adiponectin I164T mutation is associated with the metabolic syndorome and coronary artery disease

    K Ohashi, N Ouchi, S Kihara, T Funahashi, Y Iwashima, T Ogihara, Y Matsuzawa  

    CIRCULATION108 巻 ( 17 ) 頁: 210 - 210   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

  18. Novel ELISA for Apo B-48 revealed chylomicron remnants (CR) are accumulated in the serum of diabetic patients despite normolipidemia

    N Sakai, K Ohashi, T Hibuse, K Kishida, H Hiraoka, T Nakamura, T Funahashi, S Yamashita, Y Matsuzawa, Y Uchida  

    ATHEROSCLEROSIS SUPPLEMENTS4 巻 ( 2 ) 頁: 131 - 131   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI IRELAND LTD  

    Web of Science

  19. Hypoadiponectinemia is an independent risk factor for hypertension

    Y Iwashima, T Katsuya, K Ishikawa, K Sugimoto, M Ohishi, K Ohashi, N Ouchi, S Kihara, T Funahashi, H Rakugi, Y Matsuzawa, T Ogihara  

    HYPERTENSION42 巻 ( 3 ) 頁: 423 - 423   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

  20. A new therapeutic tool for atherosclerosis: An adipocyte-derived plasma protein, adiponectin

    Y Okamoto, S Kihara, M Nishida, N Ouchi, Y Arita, M Kumada, K Ohashi, N Sakai, T Funahashi, Y Matsuzawa  

    ATHEROSCLEROSIS SUPPLEMENTS4 巻 ( 2 ) 頁: 167 - 167   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI IRELAND LTD  

    Web of Science

  21. Possible roles of adiponectin gene mutation in the occurence of the metabolic syndrome and coronary artery disease

    K Ohashi, N Ouchi, S Kihara, T Funahashi, Y Iwashima, T Katsuya, T Ogihara, Y Matsuzawa  

    DIABETES52 巻   頁: A163 - A163   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER DIABETES ASSOC  

    Web of Science

▼全件表示

講演・口頭発表等 5

  1. Follistatin-Like 1 is a Regenerative Factor That Promotes Revascularization and Muscle Regeneration in Models of Peripheral Artery

    Ohashi Koji, Ouchi Noriyuki, Walsh Kenneth

    CIRCULATION  2010年11月23日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  2. LKB1 in Vascular Endothelial Cells is Essential for Revascularization in a Mouse Ischemic Hind-limb Model

    Ohashi Koji, Ouchi Noriyuki, Walsh Kenneth

    CIRCULATION  2009年11月3日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. Adiponectin Improves Angiogenic Repair of Ischemic Muscle through a COX-2 Dependent Mechanism Involving Calreticulin

    Ohashi Koji, Ouchi Horiyuki, Sato Kaorl, Ishikawa Tomo-o, Herschman Harvey, Kihara Shinji, Walsh Kenneth

    CIRCULATION  2008年10月28日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  4. Salt sensitive hypertension in mice lacking adiponectin

    Ohashi Koji, Kihara Shinji, Ouchi Noriyuki, Shibata Rei, Walsh Kenneth, Funahashi Tohru, Shimomura Lichiro

    JOURNAL OF HYPERTENSION  2006年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  5. Salt-sensitive hypertension in mice lacking adiponectin

    Ohashi Koji, Kihara Shinji, Ouchi Noriyuki, Shibata Rej, Walsh Kenneth, Funahashi Tohru, Shimomura Lichiro

    CIRCULATION  2006年10月31日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

科研費 14

  1. 新規抗炎症性アディポカインによる心臓病、腎臓病制御機構の解明

    研究課題/研究課題番号:21K08101  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    大橋 浩二, 大内 乗有, 室原 豊明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    肥満はメタボリックシンドローム、心血管病、慢性腎臓病の重要な発症基盤である。近年、分泌因子による臓器間ネットワークが注目されており、肥満状態では、脂肪組織の慢性炎症がアディポカインの調節障害を引き起こし、肥満関連疾患の病態を促進することが明らかになってきている。本研究では、申請者等が同定した新規の抗炎症性アディポカイン、アディポリンの虚血性心疾患、慢性心不全、慢性腎臓病に対する作用について遺伝子改変マウスを用いて解析する。さらにその分子機序を培養細胞を用いて詳細に解析を進める。

  2. 運動による健康増進に関わる分泌型microRNAの同定と病態生理機能の解明

    研究課題/研究課題番号:20K21753  2020年7月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    大内 乗有, 大橋 浩二, 竹藤 幹人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、持久性運動により調節を受ける骨格筋由来の分泌型microRNAのスクリーニングを行い、心血管病あるいは腎臓病に対して作用を有する骨格筋由来分泌型microRNAの同定を試みる。そして、本研究で明らかとなる骨格筋由来分泌型microRNAの機能解析を行うことで、運動療法による心腎血管保護作用の機序解明と心血管病や腎臓病の病態解明と創薬開発につなげる。

  3. マイオカインを標的とした運動による加齢関連疾患の制御機構の解明と創薬への応用

    研究課題/研究課題番号:20H00571  2020年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    大内 乗有, 大橋 浩二, 竹藤 幹人, 室原 豊明

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、運動や加齢により発現制御される骨格筋由来分泌因子「マイオカイン」とその関連分子に着目し、加齢関連疾患における役割を個体レベルで明らかにし、その詳細な分子機構を細胞レベルで解明する。そして、マイオカインの機能解析により、運動による疾患保護機構を明らかにすることのみならず、マイオカインとその関連因子を標的とした加齢関連疾患の病態生理解明と予防法開発や治療応用へと展開することを目指す。

  4. 透析患者の重症化予防にむけた透析中運動療法の効果とメカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:20K11190  2020年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    河野 健一, 大内 乗有, 大橋 浩二, 西田 裕介

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は3つの課題から構成されている。研究課題1は、骨格筋機能、運動耐容能力、心血管機能とマイオカイン、アディポサイトカインの関連性を横断的調査にて明らかにする。研究課題2は、運動器疾患重症化による入院とCVD死亡に対する身体機能、マイオカイン、アディポサイトカインの影響を前向きコホートにて明らかにする。研究課題3は透析中レジスタンス運動によるマイオカイン、アディポサイトカインならびに身体活動量や身体機能への効果を非無作為化比較試験にて明らかにする。

  5. 骨格筋由来マイオカインによる臓器連関を標的した排尿筋低活動の新規創薬研究

    研究課題/研究課題番号:20K09538  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    馬嶋 剛, 大橋 浩二

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    排尿筋低活動は膀胱の収縮機構に障害が生じる難治性疾患であり、現在有効な治療法がない。我々は最近、サルコペニアが排尿筋低活動の発症に関連することを報告したが、両者の間に存在する詳細なメカニズムについては解明されていない。本研究では、サルコペニアに伴う排尿筋低活動の病態にマイオカインが関与する可能性について、基礎及び臨床の両側面から検討する。本研究により膀胱排尿筋収縮能に関与するマイオカインが同定されれば、有効な治療法が存在しない排尿筋低活動の治療において、マイオカインを標的とした新規創薬開拓への発展が期待される。

  6. 新規骨格筋由来分泌因子の同定と心血管病における役割の解明

    研究課題/研究課題番号:18K19541  2018年6月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    大内 乗有, 大橋 浩二, 柴田 玲

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、持久性運動により制御され、機能がほとんど明らかにされていない骨格筋由来分泌因子「マイオカイン」を同定し、マイオカインの心血管疾患における生理病態学的意義を明らかにすることを目的としている。現時点で以下のような実験の結果を得ている。
    1. 心筋虚血再灌流障害を改善するマウス持久性運動(トレッドミル運動)モデルを用いて、運動群と非運動群の骨格筋における発現遺伝子プロファイルをマイクロアレイ法を用いて比較検討した。運動により発現変化を示す遺伝子群の中でバイオインフォマティクス手法を用いて分泌因子(マイオカイン)であると予測できる分子を選別した。
    2. 運動により発現変化を示し機能があまり解析されていないマイオカインとしてTIMPファミリーメンバー、Ntnファミリーメンバー、TSPファミリーメンバーなどの分子が候補としてあげられた。
    3. 候補であるマイオカインの全長cDNAを発現ベクターに組み込み、哺乳動物細胞に導入し培養上清への分泌を確認した。候補分子のアデノウイルスベクターを作成した。
    4. アデノウイルス発現系を用いた解析において血管内皮に対して保護的に作用するマイオカインを見出した。このマイオカインの遺伝子欠損マウスを作成し、このマウスでの遺伝子の欠損を確認した。マイオカイン遺伝子欠損マウスを用いて、生理的条件下での心血管系の表現型を解析するとともに、マイオカインの血管内皮機能への作用を検討中である。
    現時点では、心筋虚血再灌流障害を改善するマウス持久性運動モデルを用いて、運動により発現変化を示し機能があまり解析されていないマイオカインのスクリーニングを行った。その結果、いくつかのマイオカイン候補を選び出した。アデノウイルス発現系を用いた解析において血管内皮保護的に作用するマイオカインを発見し、遺伝子欠損マウスを作成した。しかし、遺伝子欠損マウスの子孫の確認のためのジェノタイピング方法の確立と遺伝子欠損の確認に予想以上に時間を要した。現在、遺伝子欠損マウスを用いてマイオカインの血管内皮機能への作用を検討中である。これらの達成度は当初の研究計画の予定を考えるとやや遅延していると考えられる。
    心血管系に作用するマイオカインの同定と心血管疾患におけるマイオカインの役割を明らかにするため、前年度までの研究成果を踏まえて、以下の解析を行う。
    1.前年度に、運動により発現変化を示すマイオカインのスクリーニングを行い、血管内皮に作用するマイオカインを発見し、遺伝子欠損マウスを作成した。今後は、まず、この分子に着目して生理的条件下での遺伝子欠損マウスの表現型を解析する。さらに、遺伝子欠損マウスに対して下肢虚血モデルを作成し、心血管疾患における役割を解明する。
    2.作成済であるアデノウイルスベクターを用いて、さらなる機能解析を行う。

  7. 骨格筋由来分泌蛋白を標的とした心血管病の病態解明と治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:17H04175  2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    大内 乗有, 大橋 浩二, 柴田 玲, 室原 豊明

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、運動誘発性マイオカインであるマイオネクチンの虚血性心疾患における役割を解析した。マイオネクチン欠損マウスは対照マウスと比べて、虚血再灌流後の心筋梗塞サイズの増加、心収縮能の低下、心筋でのアポトーシスと炎症反応の増悪を認めた。一方、マイオネクチン過剰発現マウスは対照マウスと比べて、心筋虚血再灌流障害が軽減していた。マイオネクチンの虚血心筋保護機序は、心筋細胞とマクロファージにおけるスフィンゴシン1リン酸分泌増加によるcyclicAMP/Akt経路を介したアポトーシス抑制と炎症反応抑制が関与していた。従って、マイオネクチンは心筋保護作用を有するマイオカインであると示唆された。
    我が国において虚血性心疾患を代表とする心血管病の病態解明及び治療法の確立は最重要課題である。本研究において、運動誘発性の骨格筋由来分泌因子「マイオカイン」であるマイオネクチンが心筋細胞のアポトーシスとマクロファージの炎症反応の抑制を介して心筋虚血再灌流障害を改善することが明らかとなった。従って、マイオネクチンは心筋保護作用を有するマイオカインでありマイオネクチンを標的とした心血管病の創薬開発が期待される。

  8. 新規脂肪由来分泌因子による血管リモデリング制御機構

    研究課題/研究課題番号:16K09512  2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    大橋 浩二, 大内 乗有, 室原 豊明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    本研究では、肥満状態で低下する新規アディポサイトカイン、アディポリンの病的血管リモデリングに対する役割を検討した。アディポリン欠損マウス(APL-KO)と、野生型(WT)マウスに大腿動脈ワイヤー傷害モデルを作製したところ、傷害後の血管壁においてAPL-KOはWTと比較して新生内膜肥厚の増強と、新生内膜での平滑筋細胞増殖を認めた。また傷害血管壁におけるマクロファージ浸潤と炎症性応答もWTと比較して増加した。さらに培養細胞における検討では、アディポリンはマクロファージの炎症性応答、平滑筋細胞の増殖を、TGFβ/TGFβRII/Smad2シグナルを介して抑制することが明らかとなった。
    本研究は、肥満でその発現が低下し、インスリン感受性を促進する新規のアディポサイトカインとして、我々が同定したアディポリンに着目し、自ら作製した遺伝子改変マウスを用いて、内因性アディポリンの血管病モデルにおける役割の解明を行うという非常に新規性に富み独創性が高いものである。今回の結果から、内因性のアディポリンの欠如は、肥満に伴う動脈硬化、病的血管リモデリングの増悪に繋がることが示唆され、アディポリンを標的とした研究は、心血管病の病態生理の発見や 新規の治療法の開発に発展する可能性を秘めており、社会的意義も大きい。

  9. 新規アディポサイトカイン「CTRP1」の虚血性心疾患における役割の解明

    研究課題/研究課題番号:15K15308  2015年4月 - 2016年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    大内 乗有, 大橋 浩二, 柴田 玲, 室原 豊明

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    脂肪由来血中蛋白であるC1q/TNF-related protein (CTRP)1の虚血性心疾患に対する作用を解析した結果、CTRP1は心筋虚血再灌流障害に防御的に作用することが明らかとなった。CTRP1欠損マウスは対照マウスと比べて、虚血再灌流後の心筋梗塞サイズが増加し、心筋組織での炎症反応とアポトーシスの増加を伴っていた。CTRP1の心筋保護機序は、心筋細胞におけるサイクリックAMPシグナル経路の活性化による炎症抑制とアポトーシス抑制を介していることが明らかとなった。

  10. 新たに同定したアディポサイトカインによる心血管制御機構の解明

    研究課題/研究課題番号:26293185  2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    大内 乗有, 大橋 浩二, 柴田 玲, 室原 豊明

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、私たちが同定した新規アディポサイトカインであるアディポリンの心血管疾患における役割を解析した。アディポリン欠損マウスは対照マウスと比べて、虚血再灌流後の心筋梗塞巣サイズの増加、心収縮能の低下、心筋組織での炎症反応の増悪を認めた。アディポリンの心血管保護機序は、心筋細胞とマクロファージにおける炎症反応抑制と内皮細胞におけるアポトーシス反応抑制を介していることが明らかとなった。従って、アディポリンは心血管保護作用を有するアディポサイトカインであると示唆された。

  11. 新規心臓由来分泌因子による慢性腎臓病の制御機構

    研究課題/研究課題番号:25461105  2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    大橋 浩二, 大内 乗有, 柴田 玲, 室原 豊明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    心臓特異的Follistatin like (Fstl) 1欠損マウス(cFstl1-KO)に5/6腎摘手術を施行し、新規カルディオカインFstl-1の慢性腎臓病における役割を解析した。cFstl1-KOマウスは対照マウスと比較して、尿中アルブミン排泄の増加、遺残腎での糸球体障害の増悪、炎症反応、酸化ストレスの上昇を認めた。一方アデノウイルスを用いてFstl1の血中濃度を上昇させることによりこれらの腎障害を全て改善しており、Fstl1は慢性腎臓病の新たな治療ターゲットになりうると考えられた。

  12. 脂肪由来分泌蛋白を標的とした急性冠症候群の治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:24659384  2012年4月 - 2014年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    大内 乗有, 大橋 浩二, 柴田 玲, 室原 豊明

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、脂肪組織由来分泌因子であるオメンチンの急性心筋障害に対する作用を心筋虚血再灌流の動物モデルを用いて解析した。オメンチン蛋白の全身投与によりマウス心筋虚血再灌流モデルにおいて、心筋梗塞サイズは縮小し、心筋組織でのアポトーシスの抑制を伴っていた。また、ブタ心筋虚血再灌流モデルを作成し、オメンチン蛋白の冠動脈内投与すると心筋障害の抑制と心機能の回復を認めた。従って、オメンチンは急性冠症候群の治療法開発の標的分子になる可能性が示唆された。

  13. 心筋由来分泌蛋白を標的とした虚血性心疾患の病態解明

    研究課題/研究課題番号:23390207  2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    大内 乗有, 大橋 浩二, 柴田 玲, 室原 豊明

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    心筋由来分泌蛋白であるフォリスタティン関連蛋白の虚血性心疾患に対する作用を解析した結果、フォリスタティン関連蛋白は心筋虚血再灌流障害に防御的に作用することが明らかとなった。マウスに対するフォリスタティン関連蛋白投与は心筋虚血再灌流後の心筋梗塞サイズを縮小させ、心筋組織での炎症反応とアポトーシスの抑制を伴っていた。フォリスタティン関連蛋白の心筋保護機序は、心筋細胞におけるAMPキナーゼ活性化とBone morphogenetic protein-4シグナル阻害による炎症抑制とアポトーシス抑制を介していることが明らかとなった。

  14. 心臓リモデリングにおける血管調節機構の解明

    研究課題/研究課題番号:23790846  2011年 - 2012年

    科学研究費助成事業  若手研究(B)

    大橋 浩二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    アディポネクチンの心臓リモデリング抑制作用を検討する過程で、アディポネクチンパラログである C1q/TNF-related protein (CTRP) family に着目して研究を行った。その中でもアディポネクチンとの相同性が最も高い CTRP9 が、アディポネクチン同様に脂肪組織から最も発現が多いアディポサイトカインであることを見出し、CTRP9 の投与が AMPキナーゼシグナルを介して心臓虚血再潅流モデルにおける心臓リモデリングを抑制することを報告した。

▼全件表示