2021/04/11 更新

写真a

イシカワ テツヤ
石川 哲也
ISHIKAWA, Tetsuya
所属
名古屋大学 大学院医学系研究科 総合保健学専攻 オミックス医療科学 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 医学博士 ( 1996年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 肝臓病学

  2. 再生医療

  3. 免疫学

  4. ウイルス学

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 消化器内科学  / 消化器内科学

現在の研究課題とSDGs 5

  1. イムノ・オミクス研究を基盤としたB型肝炎に対する治療法の開発

  2. ウイルス・発がんを統合的に制御する新規B型肝炎分子免疫治療の開発

  3. 細胞移植をベースとする肝再生治療モデルの確立と免疫拒絶回避のための新規治療の 開発

  4. 新規HBV感染症モデルを用いた治療的ワクチン療法の開発

  5. HBs抗原陰性化に関わるB型肝炎ウイルス変異と腸内細菌叢が及ぼす免疫応答の解明

経歴 9

  1. 名古屋大学   総合保健学専攻 オミックス医療科学   教授

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   未来社会創造機構 ナノライフシステム研究所

    2018年10月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学大学院医学系研究科   医療技術学専攻 病態解析学講座   教授

    2012年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学医学部保健学科   教授

    2010年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋共立病院がん免疫細胞療法センター長

    2007年11月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 愛知医科大学准教授

    2006年11月 - 2007年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 愛知医科大学講師

    1998年4月 - 2006年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 愛知医科大学助手

    1996年7月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. スクリプス研究所研究員

    1993年1月 - 1995年5月

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学研究科   内科学Ⅲ

    1989年4月 - 1995年8月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部

    1979年4月 - 1985年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 13

  1. 日本肝臓学会   評議員

    2008年4月 - 現在

  2. 日本消化器病学会   評議員

    1987年6月 - 現在

  3. 日本内科学会   支部評議員

    1988年6月 - 現在

  4. 日本炎症・再生医学会

    2016年4月 - 現在

  5. 日本再生医療学会

    2014年1月 - 現在

  6. 日本免疫学会

    1996年6月 - 現在

  7. 日本ウイルス学会

    2002年1月 - 現在

  8. 日本癌学会

    2008年10月 - 現在

  9. 日本癌治療学会

    2008年10月 - 現在

  10. 日本がん免疫学会

    2008年2月 - 現在

  11. 肝細胞研究会

    2016年5月 - 現在

  12. アジア太平洋肝臓学会

    2015年9月 - 現在

  13. 日本臨床検査医学会

    2012年7月 - 現在

▼全件表示

委員歴 6

  1. 名古屋大学大学院医学系研究科総合保健学専攻   副学科長  

    2018年4月 - 現在   

  2. 名古屋大学大学院医学系研究科総合保健学専攻   予算委員会 委員長  

    2018年4月 - 現在   

  3. 名古屋大学大学院医学系研究科総合保健学専攻   整備計画委員会保健学部会 委員長  

    2018年4月 - 現在   

  4. 名古屋大学   キャンパスマネジメント本部会議 委員  

    2018年4月 - 現在   

  5. 名古屋大学   防災推進本部会議 委員  

    2018年4月 - 現在   

  6. 名古屋大学   極低温実験室運営委員会  

    2012年4月 - 現在   

▼全件表示

受賞 3

  1. 研究助成費

    1999年1月   国際科学振興財団  

    石川哲也

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  2. 日東学術振興財団海外派遣助成費

    1999年1月   日東工業  

    石川哲也

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  3. 愛知医科大学研究奨励賞

    1997年10月   愛知医科大学  

    石川哲也

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 197

  1. Quality of Life in patients with nonalcoholic fatty liver disease: Structure and related factors focusing on illness uncertainty.

    Ozawa N, Sato K, Sugimura A, Maki S, Tanaka T, Yamamoto K, Ito T, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Ishigami M, Fujishiro M, Ishikawa T, Ando S

    Japan journal of nursing science : JJNS     頁: e12415   2021年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Journal of Nursing Science  

    DOI: 10.1111/jjns.12415

    Scopus

    PubMed

  2. Novel hepatitis B virus infection mouse model using herpes simplex virus type 1 thymidine kinase transgenic mice.

    Kanbe A, Ishikawa T, Hara A, Suemizu H, Nanizawa E, Tamaki Y, Ito H

    Journal of gastroenterology and hepatology   36 巻 ( 3 ) 頁: 782 - 789   2021年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Gastroenterology and Hepatology (Australia)  

    DOI: 10.1111/jgh.15142

    Scopus

    PubMed

  3. Free energy profile of permeation of Entecavir through Hepatitis B virus capsid studied by molecular dynamics calculation

    Fujimoto K.

    Pure and Applied Chemistry   92 巻 ( 10 ) 頁: 1585 - 1594   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pure and Applied Chemistry  

    DOI: 10.1515/pac-2020-0109

    Scopus

  4. A prospective trial of vaccine to prevent hepatitis B virus reactivation after hematopoietic stem cell transplantation. 査読有り 国際誌

    Nishikawa K, Kimura K, Kanda Y, Sugiyama M, Kakihana K, Doki N, Ohashi K, Bae SK, Takahashi K, Ishihara Y, Mizuno I, Onishi Y, Onozawa M, Onizuka M, Yamamoto M, Ishikawa T, Inoue K, Kusumoto S, Hashino S, Saito H, Kanto T, Sakamaki H, Mizokami M

    Bone marrow transplantation   55 巻 ( 7 ) 頁: 1388 - 1398   2020年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Bone Marrow Transplantation  

    DOI: 10.1038/s41409-020-0833-5

    Scopus

    PubMed

  5. Short-term high-fat diet intake leads to exacerbation of concanavalin A-induced liver injury through the induction of procoagulation state. 査読有り 国際誌

    Nanizawa E, Tamaki Y, Sono R, Miyashita R, Hayashi Y, Kanbe A, Ito H, Ishikawa T

    Biochemistry and biophysics reports   22 巻   頁: 100736 - 100736   2020年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochemistry and Biophysics Reports  

    DOI: 10.1016/j.bbrep.2020.100736

    Scopus

    PubMed

  6. Complete response of advanced hepatocellular carcinoma achieved by sorafenib dose re-escalation after failure of long-term low-dose-sorafenib treatment combined with transcatheter arterial chemoembolization: a case report 査読有り

    Muto Hisanori, Kuzuya Teiji, Ito Takanori, Ishizu Yoji, Honda Takashi, Ishikawa Tetsuya, Ishigami Masatoshi, Fujishiro Mitsuhiro

    CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   13 巻 ( 3 ) 頁: 397 - 402   2020年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Clinical Journal of Gastroenterology  

    DOI: 10.1007/s12328-019-01066-7

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. Correlation of serum zinc levels with pathological and laboratory findings in patients with nonalcoholic fatty liver disease. 査読有り 国際誌

    Ito T, Ishigami M, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Ishikawa T, Toyoda H, Kumada T, Fujishiro M

    European journal of gastroenterology & hepatology   32 巻 ( 6 ) 頁: 748 - 753   2020年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Journal of Gastroenterology and Hepatology  

    DOI: 10.1097/MEG.0000000000001587

    Scopus

    PubMed

  8. Sorafenib vs. Lenvatinib as First-line Therapy for Advanced Hepatocellular Carcinoma With Portal Vein Tumor Thrombosis 査読有り 国際誌

    Kuzuya Teiji, Ishigami Masatoshi, Ito Takanori, Ishizu Yoji, Honda Takashi, Ishikawa Tetsuya, Fujishiro Mitsuhiro

    ANTICANCER RESEARCH   40 巻 ( 4 ) 頁: 2283 - 2290   2020年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Anticancer Research  

    DOI: 10.21873/anticanres.14193

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. Initial Experience of Ramucirumab Treatment After Lenvatinib Failure for Patients With Advanced Hepatocellular Carcinoma 査読有り 国際誌

    Kuzuya Teiji, Ishigami Masatoshi, Ito Takanori, Ishizu Yoji, Honda Takashi, Ishikawa Tetsuya, Fujishiro Mitsuhiro

    ANTICANCER RESEARCH   40 巻 ( 4 ) 頁: 2089 - 2093   2020年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Anticancer Research  

    DOI: 10.21873/anticanres.14167

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  10. Favorable radiological antitumor response at 2 weeks after starting lenvatinib for patients with advanced hepatocellular carcinoma 査読有り 国際誌

    Kuzuya Teiji, Ishigami Masatoshi, Ito Takanori, Ishizu Yoji, Honda Takashi, Ishikawa Tetsuya, Fujishiro Mitsuhiro

    HEPATOLOGY RESEARCH   50 巻 ( 3 ) 頁: 374 - 381   2020年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Hepatology Research  

    DOI: 10.1111/hepr.13452

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  11. Effect of weight change and lifestyle modifications on the development or remission of nonalcoholic fatty liver disease: sex-specific analysis. 査読有り 国際誌

    Yoshioka N, Ishigami M, Watanabe Y, Sumi H, Doisaki M, Yamaguchi T, Ito T, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Ishikawa T, Haruta JI, Fujishiro M

    Scientific reports   10 巻 ( 1 ) 頁: 481 - 481   2020年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-019-57369-9

    Scopus

    PubMed

  12. Sarcopenia impairs health-related quality of life in cirrhotic patients 査読有り 国際誌

    Ando Yusuke, Ishigami Masatoshi, Ito Takanori, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Ishikawa Tetsuya, Fujishiro Mitsuhiro

    EUROPEAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY & HEPATOLOGY   31 巻 ( 12 ) 頁: 1550 - 1556   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Journal of Gastroenterology and Hepatology  

    DOI: 10.1097/MEG.0000000000001472

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  13. Clinical characteristics and outcomes of candidates for second-line therapy, including regorafenib and ramucirumab, for advanced hepatocellular carcinoma after sorafenib treatment 査読有り 国際誌

    Kuzuya Teiji, Ishigami Masatoshi, Ito Takanori, Ishizu Yoji, Honda Takashi, Ishikawa Tetsuya, Hirooka Yoshiki, Fujishiro Mitsuhiro

    HEPATOLOGY RESEARCH   49 巻 ( 9 ) 頁: 1054 - 1065   2019年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Hepatology Research  

    DOI: 10.1111/hepr.13358

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  14. Induction of humoral and cellular immune response to HBV vaccine can be up-regulated by STING ligand. 査読有り 国際誌

    Ito H, Kanbe A, Hara A, Ishikawa T

    Virology   531 巻   頁: 233 - 239   2019年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Virology  

    DOI: 10.1016/j.virol.2019.03.013

    Scopus

    PubMed

  15. In utero exposure to di(2-ethylhexyl)phthalate suppresses blood glucose and leptin levels in the offspring of wild-type mice. 査読有り 国際誌

    Hayashi Y, Ito Y, Naito H, Tamada H, Yamagishi N, Kondo T, Ishikawa T, Gonzalez FJ, Nakajima T

    Toxicology   415 巻   頁: 49 - 55   2019年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Toxicology  

    DOI: 10.1016/j.tox.2019.01.008

    Scopus

    PubMed

  16. Successful Treatment of Hepatocellular Carcinoma with Regorafenib after Sorafenib-induced Hypersensitivity 査読有り

    Yoshioka Naoki, Kuzuya Teiji, Ito Takanori, Ishizu Yoji, Honda Takashi, Ishikawa Tetsuya, Ishigami Masatoshi, Fujishiro Mitsuhiro

    INTERNAL MEDICINE   58 巻 ( 19 ) 頁: 2803 - 2808   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Internal Medicine  

    <p>Sorafenib and regorafenib are tyrosine kinase inhibitors that are used in the treatment of hepatocellular carcinoma and which have similar chemical structures and toxicity profiles. We herein report a case in which regorafenib treatment could be continued for 10 months and stable disease could be maintained for a long period despite the discontinuation of sorafenib due to grade 4 liver injury and grade 3 fever. The severe adverse events could be attributed to drug hypersensitivity, since a drug-induced lymphocyte stimulation test (DLST) indicated sensitivity to sorafenib. A DLST for regorafenib was negative. This is the first report showing that regorafenib could be safely administered after the discontinuation of sorafenib due to hypersensitivity. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.2812-19

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  17. Corrigendum to "Intact metabolite profiling of mouse brain by probe electrospray ionization/triple quadrupole tandem mass spectrometry (PESI/MS/MS) and its potential use for local distribution analysis of the brain" [ACA 983 (2017) 160-165].

    Hayashi Y, Zaitsu K, Murata T, Ohara T, Moreau S, Kusano M, Tanihata H, Tsuchihashi H, Ishii A, Ishikawa T

    Analytica chimica acta   1031 巻   頁: 196   2018年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Analytica Chimica Acta  

    DOI: 10.1016/j.aca.2018.08.001

    Scopus

    PubMed

  18. Effective Transplantation of 2D and 3D Cultured Hepatocyte Spheroids Confirmed by Quantum Dot Imaging 査読有り

    Okumura H.

    Advanced Biosystems   2 巻 ( 8 )   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Advanced Biosystems  

    DOI: 10.1002/adbi.201800137

    Scopus

  19. (-)-Epigallocatechin-3-gallate Down-regulates Doxorubicin-induced Overexpression of P-glycoprotein Through the Coordinate Inhibition of PI3K/Akt and MEK/ERK Signaling Pathways

    Satonaka Hana, Ishida Kumiki, Takai Miho, Koide Ryoji, Shigemasa Ryota, Ueyama Jun, Ishikawa Tetsuya, Hayashi Kazuhiko, Goto Hidemi, Wakusawa Shinya

    ANTICANCER RESEARCH   37 巻 ( 11 ) 頁: 6071-6077   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.12055

    Web of Science

    PubMed

  20. Effects of Ursodeoxycholic Acid and Insulin on Palmitate-Induced ROS Production and Down-Regulation of PI3K/Akt Signaling Activity

    Yokoyama Kunihiro, Tatsumi Yasuaki, Hayashi Kazuhiko, Goto Hidemi, Ishikawa Tetsuya, Wakusawa Shinya

    BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN   40 巻 ( 11 ) 頁: 2001-2004   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  21. Utility of Doppler ultrasonography for diagnosing and assessing treatment effects in liver compartment syndrome 査読有り

    Ando Yusuke, Ishigami Masatoshi, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Hayashi Kazuhiko, Ishikawa Tetsuya, Goto Hidemi, Hirooka Yoshiki

    CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   10 巻 ( 3 ) 頁: 265 - 269   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12328-017-0741-4

    Web of Science

    PubMed

  22. Coexistence of Copper in the Iron-Rich Particles of Aceruloplasminemia Brain. 査読有り 国際誌

    Yoshida K, Hayashi H, Wakusawa S, Shigemasa R, Koide R, Ishikawa T, Tatsumi Y, Kato K, Ohara S, Ikeda SI

    Biological trace element research   175 巻 ( 1 ) 頁: 79 - 86   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12011-016-0744-x

    Web of Science

    PubMed

  23. Secreted Ectodomain of Sialic Acid-Binding Ig-Like Lectin-9 and Monocyte Chemoattractant Protein-1 identified from Dental Pulp Stem Cells Synergistically Resolve Acute Liver Failure in Rats by Altering Macrophage Polarity 査読有り

    Takanori Ito, Akihito Yamamoto, Yoji Ishizu, Teiji Kuzuya, Takashi Honda, Tetsuya Ishikawa, Masatoshi Ishigami, Yoshiki Hirooka, Hidemi Goto

    HEPATOLOGY   64 巻   頁: 515A - 515A   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    Web of Science

  24. [Pathogenesis and disease state in hepatitis B virus infection].

    Ishikawa T

    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   73 Suppl 9 巻   頁: 429 - 33   2015年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  25. NIR-II近赤外領域における移植幹細胞in vivo蛍光イメージング

    湯川 博, 小野島 大介, 新岡 宏彦, 竹内 司, 大谷 敬亨, 三宅 淳, 石川 哲也, 馬場 嘉信

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集   37回 巻   頁: 113 - 113   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本バイオマテリアル学会  

  26. C型肝炎治療の現状 招待有り

    石川哲也

    明日の臨床   27 巻 ( 1 ) 頁: 29-34   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  27. Kynurenine production mediated by indoleamine 2,3-dioxygenase aggravates liver injury in HBV-specific CTL-induced fulminant hepatitis. 査読有り

    OHTAKI Hirofumi, ITO Hiroyasu, ANDO Kazuki, ISHIKAWA Tetsuya, HOSHI Masato, ANDO Tatsuya, TAKAMATSU Manabu, HARA Akira, MORIWAKI Hisataka, SAITO Kuniaki, SEISHIMA Mitsuru

    Biochim Biophys Acta   1842 巻 ( 9 ) 頁: 1464–1471   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Indoleamine 2,3-dioxygenase (IDO), an enzyme that is ubiquitously distributed in mammalian tissues and cells, converts tryptophan to kynurenine, and is also known as a key molecule that promotes apoptosis in lymphocytes and neurons. In this study, we established hepatitis B virus (HBV)-transgenic (Tg)/IDO-knockout (KO) mice and examined the influence of IDO in a murine fulminant hepatitis model induced by HBV-specific cytotoxic T lymphocytes (CTL). An increase of IDO expression in the livers of HBV-Tg/IDO-wild-type (WT) mice administered HBV-specific CTL was confirmed by real-time polymerase chain reaction, western blotting, and evaluating IDO activity. Plasma alanine aminotransferase (ALT) levels in HBV-Tg/IDO-KO mice after HBV-specific CTL injection significantly decreased compared with those in HBV-Tg/IDO-WT mice. An inhibitor of IDO, 1-methyl-D-tryptophan (1-MT), could also attenuated the observed liver injury induced by this HBV-specific CTL. The expression levels of cytokine and chemokine mRNAs in the livers of HBV-Tg/IDO-WT mice were higher than those in the livers of HBV-Tg/IDO-KO mice. The administration of kynurenine aggravated the liver injury in HBV-Tg/IDO-KO mice injected with HBV-specific CTL. Simultaneous injection of recombinant murine interferon (IFN-γ) and kynurenine also increased the ALT levels in HBV-Tg/IDO-KO mice. The liver injury
    induced by IFN-γ and kynurenine was improved in HBV-Tg/tumor necrosis factor-α-KO mice. Conclusion:
    Kynurenine and IFN-γ induced by the administration with HBV-specific CTL are cooperatively involved in the
    progression of liver injury in acute hepatitis model. Our results may lead to a new therapy for the acute liver injury caused by HBV infection.

  28. Induction of hepatitis B virus surface antigen-specific cytotoxic T lymphocytes can be up-regulated by the inhibition of indoleamine 2, 3-dioxygenase activity. 査読有り

    ITO Hiroyasu, ANDO Tatsuya, ANDO Kazuki, ISHIKAWA Tetsuya, SAITO Kuniaki, MORIWAKI Hisataka, SEISHIMA Mitsuru

    Immunology   142 巻 ( 4 ) 頁: 614–623   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Cytotoxic T lymphocytes (CTLs) are thought to be major effectors involved in viral clearance during acute infections, including hepatitis B virus (HBV) infection. A persistent HBV infection is characterized by a lack of or a weak CTL response to HBV, which may be reflective of tolerance to HBV. Efficient induction of HBV-specific CTLs leads to the clearance of HBV in patients with a chronic HBV infection. Previously, we
    reported that a-galactosylceramide (a-GalCer), a specific natural killer T (NKT) cell agonist, enhanced the induction of HBV surface antigen (HBsAg)-specific CTLs. In the present study, we found that inhibition of
    indoleamine 2,3-dioxygenase (IDO) activity enhanced the induction of HBsAg-specific CTLs after immunization with HBsAg and a-GalCer. The administration of HBsAg and a-GalCer increased the production of interleukin-2 and interleukin-12b, which are crucial for the induction of HBsAg-specific CTLs. The production of these cytokines was more strongly enhanced in IDO knockout mice compared with wild-type mice. In addition, a-GalCer induced the production of IDO in CD11b+ cells, and these cells inhibited proliferation of HBsAg-specific CTLs. Our results lead to strategies for improving the induction of HBsAg-specific CTLs.

  29. Ursodeoxycholic acid inhibits overexpression of P-glycoprotein induced bydoxorubicin in HepG2 cells. 査読有り

    KOMORI Yuki, ARISAWA Sakiko, TAKAI Miho, YOKOYAMA Kunihiro, HONDA Minako, HAYASHI Kazuhiko, ISHIGAMI Masatoshi, KATANO Yoshiaki, GOTO Hidemi, UEYAMA Jun, ISHIKAWA Tetsuya, WAKUSAWA Shinya.

    European JournalofPharmacology   724 巻   頁: 161-167   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ投与後2週間以内の発熱と造影CT上の阻血性変化との関係 査読有り

    葛谷貞二、石上雅敏、新家卓郎、今井則博、阿知波宏一、荒川恭宏、山田恵一、中野聡、石津洋二、本多隆、林和彦、石川哲也、中野功、片野義明、伊藤彰浩、廣岡芳樹、後藤秀実.

    肝臓   54 巻 ( 7 ) 頁: 505-506   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. 満腹感を伴う便秘症状の原因にvildagliptinの関与が示唆された糖尿病合併末期腎不全の1例 査読有り

    綾田穣、森弘卓延、加藤ふみ、堀田直樹、黒川剛、中野達徳、石川哲也

    腎と透析   74 巻 ( 3 ) 頁: 470-474   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. 穿刺治療支援アプリケーションVirtuTRAX<sup>TM</sup>を用いた2ステップ法によるラジオ波焼灼術の試み 査読有り

    葛谷 貞二, 林 和彦, 石上 雅敏, 石川 哲也, 中野 功, 片野 義明, 伊藤 彰浩, 廣岡 芳樹, 泉 並木, 後藤 秀実, 石津 洋二, 新家 卓郎, 今井 則博, 阿知波 宏一, 荒川 恭宏, 山田 恵一, 中野 聡, 本多 隆

    肝臓   54 巻 ( 12 ) 頁: 850 - 853   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本肝臓学会  

    We performed percutaneous radio frequency ablation (RFA) therapy by two-step insertion method using VirtuTRAX<sup>TM</sup> (GE Healthcare, USA) instrument navigator. Subjects were 16 patients (23 nodules) with hepatocellular carcinoma. VirtuTRAX<sup>TM</sup> position sensor was attached to the hilt of 14-gauge outer needle. In all cases, we could perform 17- gauge Cool-tip RFA without the positional gap between the virtual tract and the actual needle which was caused by the deflection of the needle. The reasons without causing the positional gap were that the outer needle was more rigid than Cool-tip needle, and that it was inserted using initial insertion of a 21-gauge guided needle. RFA by two-step insertion method using VirtuTRAX<sup>TM</sup> is suggested to be more safe and effective than conventional RFA.

    DOI: 10.2957/kanzo.54.850

    Scopus

    CiNii Article

  33. Quantum dots conjugated with transferrin for brain tumor cell imaging.

    Yukawa H, Tsukamoto R, Kano A, Okamoto Y, Tokeshi M, Ishikawa T, Mizuno M, Baba Y

    Journal of Cell Science and Therapy   4 巻 ( 3 ) 頁: 1   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Immunoregulation of hepatitis B virus infection -rationale and clinical application- 招待有り

    ISHIKAWA Tetsuya

    Nagoya J Med Sci   74 巻   頁: 217-232   2012年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    Hepatitis B virus (HBV) is susceptible to the cellular immune responses, especially to the signal of interferon (IFN)-g. The action of IFN-g is pleiotropic, and causes downregulation of HBV in protein, RNA, and possibly DNA levels. Therefore, therapeutic vaccination to induce cellular immune responses to HBV is a promising approach for controlling chronic HBV infection. A number of clinical trials with this approach have been conducted to date, however, they have not been as successful as initially expected. T-cell exhaustion induced by the excessive HBV antigens caused by persistent infection is thought to be one of the main causes of poor responses to therapeutic vaccination. In this review, the mechanisms behind immunoregulation of HBV replication and immunodysfunction during chronic HBV infection are summarized, and novel approaches to improve the efficacy of therapeutic vaccination, from basic research to clinical trials, are introduced.

  35. 機能性胃疾患診療における不安抑うつスコアの有用性と機能性胃疾患の発症および増悪因子としての心配性の関与について

    洪繁、松浦俊博、木村宏之、石川哲也、京兼和宏、山田理

    消化器内科   55 巻 ( 1 ) 頁: 42-49   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    HADS(Hospital Anxiety Depression Scale)スコアに本人の主観的性格分類(楽天的か心配性か)を組み合わせて解析することで、機能性胃腸症発症、増悪と心配性の性格の関わりについて解析した。職域検診を受診した健常者の解析からは、心配性の性格とHADSスコアが正に相関していた。更に、機能性胃腸症患者では、うつ病で治療中の患者と同様に心配性の患者の割合が非常に高く、患者の心配性の性格が機能性胃腸症発症及び増悪因子であることが疑われた。機能性胃腸症の診療においては、多くの患者が過度に心配性であり、胃腸症状の出現により更に心配性の度合いが高じていることを考慮し、患者の不安を取り除く診療を行うことが、患者の愁訴を減少させ、治療満足度を向上させる方法であると考えられる。

  36. 瀉血による慢性肝炎の進展予防

    伊東和樹, 石川哲也

    medicina   48 巻 ( 7 ) 頁: 1176-1178   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    1-110//2-0//3-石川哲也

  37. Association of interleukin 28B and mutations in the core and NS5A region of hepatitis C virus with response to peg-interferon and ribavirin therapy. 査読有り

    HAYASHI Kazuhiko, KATANO Yoshiaki, HONDA Takashi, ISHIGAMI Masatoshi, ITOH Akihiro, HIROOKA Yoshiki, ISHIKAWA Tetsuya, NAKANO Isao, YOSHIOKA Kentaro, TOYODA Hidenori, KUMADA Takashi, GOTO Hidemi

    Liver Int     頁: 1359-1365   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background and aims: Mutations in the core and NS5A region of hepatitis C virus (HCV) genotype 1b have been associated with response to interferon (IFN) therapy. Genome-wide association studies have revealed that the singlenucleotide polymorphism (SNP) of interleukin 28B (IL28B) contributes to IFN response. The aim of this study was to investigate whether the SNP of IL28B (rs8099917) and amino acid substitutions in the core and NS5A region affect the response to IFN therapy. Methods: A total of 299 patients (157 men, 142 women; mean age, 55.910.3 years) infected with HCV genotype 1b were studied. The fibrosis stage was diagnosed as F0 (n = 23), F1 (n = 121), F2 (n = 62), F3 (n = 32) and F4 (n = 7) by liver biopsy. Results: Of the 299 patients, 138 achieved sustained virological response (SVR). On univariate analysis, predictors of SVR were age o60 years, male gender, higher platelet count, lack of fibrosis, non-Q at core 70, mutant-type interferon sensitivitydetermining region (ISDR) and IL28B genotype TT. The factors related to SVR on multivariate analysis were IL28B (P = 0.0001), fibrosis (P = 0.0111) and mutations in the core region70 (P = 0.0267) and ISDR (P = 0.0408). The best SVR was achieved in patients with non-Q70, mutant-type ISDR and T allele (74.5%), and the worst was achieved in patients with Q70, wild-type
    ISDR and G allele (8.1%). Conclusions: The SNP of IL28B and mutations in the core region and NS5A are associated with IFN responsiveness. Both host and viral factors might be useful for predicting IFN response.

    DOI: 10.1111/j.1478-3231.2011.02571.x.

  38. Liver stiffness in extrahepatic cholestasis correlates positively with bilirubin and negatively with alanime aminotransferase

    HARATA Masao, HASHIMOTO Senju, KAWABE Naoto, NITTA Yoshifumi, MURAO Michihito, NAKANO Takuji, ARIMA Yuko, SHIMAZAKI Hiroaki, ISHIKAWA Tetsuya, OKUMURA Akihiko, ICHINO Naohiro, OSAKABE Keisuke, NISHIKAWA Toru, YOSHIOKA Kentaro

    Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   41 巻 ( 5 ) 頁: 423 - 429   2011年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  39. 沈降型B型肝炎ワクチン 招待有り

    石川哲也

    肝胆膵   61 巻 ( 6 ) 頁: 1088-1094   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  40. Hypofractionated stereotactic body radiotherapy for primary and metastatic liver tumors using the novalis image-guided system: preliminary results regarding efficacy and toxicity. 査読有り 国際誌

    Hiromitsu Iwata, Yuta Shibamoto, Chisa Hashizume, Yoshimasa Mori, Tatsuya Kobayashi, Naoki Hayashi, Katsura Kosaki, Tetsuya Ishikawa, Teiji Kuzuya, Setsuo Utsunomiya

    Technology in cancer research & treatment   9 巻 ( 6 ) 頁: 619 - 27   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    www.tcrt.org The purpose of this study was to evaluate the efficacy and toxicity of stereotactic body radiotherapy (SBRT) for primary and metastatic liver tumors using the Novalis image-guided radiotherapy system. After preliminarily treating liver tumors using the Novalis system from July 2006, we started a protocol-based study in February 2008. Eighteen patients (6 with primary hepatocellular carcinoma and 12 with metastatic liver tumor) were treated with 55 or 50 Gy, depending upon their planned dose distribution and liver function, delivered in 10 fractions over 2 weeks. Four non-coplanar and three coplanar static beams were used. Patient age ranged from 54 to 84 years (median: 72 years). The Child-Pugh classification was Grade A in 17 patients and Grade B in 1. Tumor diameter ranged from 12 to 35 mm (median: 23 mm). Toxicities were evaluated according to the Common Terminology Criteria of Adverse Events version 4.0, and radiation-induced liver disease (RILD) was defined by Lawrence's criterion. The median follow-up period was 14.5 months. For all patients, the 1-year overall survival and local control rates were 94% and 86%, respectively. A Grade 1 liver enzyme change was observed in 5 patients, but no RILD or chronic liver dysfunction was observed. SBRT using the Novalis image-guided system is safe and effective for treating primary and metastatic liver tumors. Further investigation of SBRT for liver tumors is warranted. In view of the acceptable toxicity observed with this protocol, we have moved to a new protocol to shorten the overall treatment time and escalate the dose.

    PubMed

  41. Ability of IDO to attenuate liver injury in α-galactosylceramide- induced hepatitis model 査読有り

    Hiroyasu Ito, Masato Hoshi, Hirofumi Ohtaki, Ayako Taguchi, Kazuki Ando, Tetsuya Ishikawa, Yosuke Osawa, Akira Hara, Hisataka Moriwaki, Kuniaki Saito, Mitsuru Seishima

    Journal of Immunology   185 巻 ( 8 ) 頁: 4554 - 4560   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER ASSOC IMMUNOLOGISTS  

    IDO converts tryptophan to L-kynurenine, and it is noted as a relevant molecule in promoting tolerance and suppressing adaptive immunity. In this study, we examined the effect of IDO in α-galactosylceramide (α-GalCer)-induced hepatitis. The increase in IDO expression in the liver of wild-type (WT) mice administered α-GalCer was confirmed by real-time PCR, Western blotting, and IDO immunohistochemical analysis. The serum alanine aminotransferase levels in IDO-knockout (KO) mice after α-GalCer injection significantly increased compared with those in WT mice. 1-Methyl-D-tryptophan also exacerbated liver injury in this murine hepatitis model. In α-GalCer-induced hepatitis models, TNF-α is critical in the development of liver injury. The mRNA expression and protein level of TNF-α in the liver from IDO-KO mice were more enhanced compared with those in WT mice. The phenotypes of intrahepatic lymphocytes from WT mice and IDO-KO mice treated with α-GalCer were analyzed by flow cytometry, and the numbers of CD49b+ and CD11b+ cells were found to have increased in IDO-KO mice. Moreover, as a result of the increase in the number of NK cells and macrophages in the liver of IDO-KO mice injected with α-GalCer, TNF-α secretion in these mice was greater than that in WT mice. Deficiency of IDO exacerbated liver injury in α-GalCer-induced hepatitis. IDO induced by proinflammatory cytokines may decrease the number of TNF-α-producing immune cells in the liver. Thus, IDO may suppress overactive immune response in the α-GalCer-induced hepatitis model. Copyright © 2010 by The American Association of Immunologists, Inc.

    DOI: 10.4049/jimmunol.0904173

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  42. Role of tumor necrosis factor-α in acute hepatitis B virus infection

    Ito Hiroyasu, Ando Kazuki, Ishikawa Tetsuya, SEISHIMA Mitsuru

    炎症・再生 : 日本炎症・再生医学会雑誌 = Inflammation and regeneration   30 巻 ( 5 ) 頁: 445 - 450   2010年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本炎症・再生医学会  

    CiNii Article

  43. PEG後栄養管理中の義歯誤嚥に対しネット鉗子とオーバーチューブを用い安全に異物除去が可能であった1例 査読有り

    綾田穣, 堀田直樹, 中野達徳, 内村正史, 花井恵美, 伊藤陽子, 徳永有姫, 吉田篤生, 石川哲也, 増子和郎

    在宅医療と内視鏡治療   14 巻 ( 1 ) 頁: 46-51   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. B型肝炎に対する免疫療法 招待有り

    石川哲也

    medicina   47 巻 ( 3 ) 頁: 487-490   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  45. MUC1標的免疫細胞療法とGemcitabineとの併用が著効した膵頭部多発癌肝転移の1例 査読有り

    今井則博, 竹田欽一, 宇都宮節夫, 多賀雅浩, 川田登, 池田誉, 水谷佳貴, 広瀬健, 石川哲也, 吉田松年

    癌と化学療法   37 巻 ( 3 ) 頁: 527-529   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. [A case of metastatic pancreatic cancer with a remarkable response to combination therapy of gemcitabine and adoptive immune cell therapy]. 査読有り

    Norihiro Imai, Kinichi Takeda, Setsuo Utsunomiya, Masahiro Taga, Noboru Kawata, Takashi Ikeda, Yoshitaka Mizutani, Ken Hirose, Tetsuya Ishikawa, Shonen Yoshida

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   37 巻 ( 3 ) 頁: 527 - 9   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 52-year-old woman with a chief complaint of epigastric distress was diagnosed as having pancreatic cancer with multiple liver metastases. After insertion of a metallic stent for biliary stenosis, combination therapy of gemcitabine (GEM) and adoptive immune cell therapy (AICT) was initiated. GEM 1,000 mg/m2 was administered on day 1, 8 and 15 every 4 weeks, while AICT using MUC1 peptide-pulsed dendritic cells (DC) and anti-CD3-activated T lymphocytes (CAT) was given biweekly. After 6 courses of GEM and 9 courses of DC-CAT, the patient was considered to have a complete response (CR) on CT and MRI examination. CR has still been maintained by the continuous administration of GEM and CAT. The combination therapy of GEM and AICT was suggested to be effective against advanced pancreatic cancer.

    PubMed

  47. Role of tumor necrosis factor-.ALPHA. in acute hepatitis B virus infection

    Ito Hiroyasu, Ando Kazuki, Ishikawa Tetsuya, Seishima Mitsuru

    Inflammation and Regeneration   30 巻 ( 5 ) 頁: 445 - 450   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本炎症・再生医学会  

    Tumor necrosis factor (TNF)-&alpha; is one of the most important factors in HBV infection and HBV infection-related diseases. Although TNF-&alpha; is critical and beneficial in HBV clearance, the liver injury is progressed by the up-regulation of TNF-&alpha; production. Taken together, TNF-&alpha; contribute to the cure and increase of severity in acute hepatitis caused by HBV. It is very important to understand the role of TNF-&alpha;, which has two-wedge sword in HBV infection, and the mechanism of TNF-&alpha; production. This review briefly overviews up to date about the role of TNF-&alpha; in HBV-induced liver injury and HBV clearance, including our results achieved recently.

    DOI: 10.2492/inflammregen.30.445

    CiNii Article

  48. 著明な肝障害を伴ったプロトポルフィリン症の1例 査読有り

    嶋崎 宏明, 有馬 裕子, 中野 卓二, 村尾 道人, 新田 佳史, 原田 雅生, 川部 直人, 橋本 千樹, 長野 健一, 石川 哲也, 奥村 明彦, 林 和彦, 片野 義明, 黒田 誠, 吉岡 健太郎

    肝臓   51 巻 ( 4 ) 頁: 175 - 182   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本肝臓学会  

    症例は29歳男性.小児期より光線過敏があった.父方の祖父,弟にも光線過敏を認める.2001年11月肝障害のため他院に入院し,プロトポルフィリン症(EPP)と診断され,肝生検では軽度線維化と色素沈着をみとめた.2005年8月腹痛,食欲不振,黄疸,肝障害のため同院に再入院した.肝生検では広範な線維化,多数の色素沈着をみとめた.2006年11月腹痛,食欲不振,便秘,微熱,黄疸のため当院に第1回目の入院をした.赤血球プロトポルフィリン13776 &mu;g/d<i>l</i> ,ALT 287 IU/L,総ビリルビン5.1 mg/d<i>l</i> であった.2007年5月に同様の症状にて第2回目の入院をした.2008年8月に同様の症状にて第3回目の入院をし,肝不全が進行し11月死亡した.EPPは稀な遺伝性疾患であり,肝不全にて死亡する患者は多くない.しかし重症の肝障害の治療法としては肝移植しかなく,適切な時期に肝移植を考慮すべきと思われる.<br>

    DOI: 10.2957/kanzo.51.175

    Scopus

    CiNii Article

  49. Interaction between LPS-induced NO production and IDO activity in mouse peritoneal cells in the presence of activated Va14 NKT cells. 査読有り

    Ohtaki H, Ito H, Ando K, Ishikawa T, Hoshi M, Tanaka R, Osawa Y, Yokochi T, Moriwaki H, Saito K, Seishima M.

    Biochem Biophys Res Com   389 巻 ( 2 ) 頁: 229-234   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Inflammatory cytokines modulate chemokine production patterns of HepG2 cells toward initially inclined direction. 査読有り

    Ohashi T, Tanabe J, Ishikawa T, Okumura A, Sato K, Ayada M, Hotta N, Kuzuya K, Ito H, Nakao H, Yoneda M, Kakumu S.

    Hepatol Res   39 巻 ( 5 ) 頁: 510-519   2009年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Vα14 NKT cells activated by alpha-galactosylceramide augment lipopolysaccharide-induced nitric oxide production in mouse intra-hepatic lymphocytes 査読有り

    Hirofumi Ohtaki, Hiroyasu Ito, Kazuki Ando, Tetsuya Ishikawa, Kuniaki Saito, Michio Imawari, Takashi Yokochi, Hisataka Moriwaki, Mitsuru Seishima

    Biochemical and Biophysical Research Communications   378 巻 ( 3 ) 頁: 579 - 583   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Vα14 natural killer T (Vα14 NKT) cells activated by α-galactosylceramide (α-GalCer) secrete a large amount of Th1 and Th2 cytokines. IFN-γ plays a crucial role in the inflammation response, and is also known as an activator of nitric oxide (NO) production. We previously reported that lipopolysaccharide (LPS)-induced NO production is augmented by α-GalCer in mouse peritoneal cells. Since the liver is susceptible to LPS stimulation via the portal vein, we examined the effect of α-GalCer on LPS-induced NO production in murine intra-hepatic lymphocytes (IHLs). Although IHLs augmented LPS-induced NO production by α-GalCer administration, such an augmentation was not observed in non-treated mice. Furthermore, α-GalCer did not augment LPS-induced NO production in IHLs from IFN-γ knockout mice. In flow cytometry analysis of IHLs from α-GalCer-treated mice, the ratio and number of F4/80- and TLR4-positive cells rose as compared with non-treated mice. The liver injury may be induced by LPS and NO under the condition where Vα14 NKT cells were activated. © 2008 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2008.11.075

    Scopus

    PubMed

  52. V alpha14 NKT cells activated by alpha-galactosylceramide augment lipopolysaccharide-induced nitric oxide production in mouse intra-hepatic lymphocytes. 査読有り

    Ohtaki H, Ito H, Ando K, Ishikawa T, Saito K, Imawari M, Yokochi T, Moriwaki H, Seishima M

    Biochem Biophys Res Com   378 巻 ( 3 ) 頁: 579-583   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Role of TNF-alpha produced by nonantigen-specific cells in a fulminant hepatitis mouse model. 査読有り

    Ito H, Ando K, Ishikawa T, Saito K, Takemura M, Imawari M, Moriwaki H, Seishima M.

    J Immunol   182 巻 ( 1 ) 頁: 391-397   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Usefulness of radiofrequency ablation with micro-convex probe for hepatocellular carcinoma. 査読有り

    HOTTA Naoki, AYADA Minoru, MATSUMOTO Eiji, OKUMURA Akihiko, ISHIKAWA Tetsuya, SATO Ken, OOHASHI Tomohiko, KAKUMU Shinichi

    Hepato-gastroenterology   56 巻 ( 93 ) 頁: 1127-1132   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background/Aims: It was aimed to assess whether a micro-convex probe is superior to the present conventional probe for ultrasonography from the points of safety and efficacy during percutaneous radiofrequency ablation therapy for hepatocellular carcinoma. Methodology: Twenty-one patients with 23 hepatocellular carcinoma lesions who had one or 2 lesions, each 4 cm or less in diameter, and liver function of Child-Pugh class A or B were enrolled. All the patients except for 2 patients were seropositive for hepatitis C virus. Radiofrequency ablation was carried out under a real-time US guidance. The cooled-tip electrodes used were single and clustered. Results: It was possible to perform safe and accurate percutaneous radiofrequency ablation procedure using micro-convex probes for the treatment of all hepatocellular carcinoma nodules. It was also possible to treat hepatocellular carcinoma located in the right subphrenic region without artificial pleural effusion under intercostal ultrasonography guide. Improved clustered needles were successfully applied to treat the nodules more than 3 cm in diameter with less resistance for penetration compared with the conventional needle. The findings of advanced dynamic flow image on ultrasonography to assess the therapeutic efficacy indicated the consistency with those of dynamic CT which was done 3 to 5 days later radiofrequency ablation. Major complication of radiofrequency ablation procedure was noted in none. Conclusions: These results suggest that micro-convex probe with clustered tips is superior to conventional probe for ultrasonography from the points of safety and efficacy during radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma nodule located in the right subphrenic region and for larger sized nodule more than 3 cm.

  55. 市販薬およびフルバスタチンナトリウムによる薬物性肝障害を発症した Gilbert 症候群の1例 査読有り

    綾田 穣, 石川 哲也, 奥村 明彦, 堀田 直樹, 広瀬 昭憲, 増子 和郎, 各務 伸一

    肝臓   50 巻 ( 3 ) 頁: 139 - 144   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本肝臓学会  

    症例は,56歳女性.心窩部痛と嘔吐に対し市販薬を内服するも改善せず,外来を受診.黄疸,肝胆道系酵素の上昇を認めたため入院となった.市販薬による薬物性肝障害を疑い,内服を中止.肝障害は軽快した.退院後,高脂血症に対しフルバスタチンナトリウムを投与したところ再び肝障害が出現した.内服中止により,肝障害は改善したが,以後も持続する間接ビリルビン優位の高ビリルビン血症を認めた.Gilbert症候群を疑い,遺伝子解析により同症候群と確定診断した.Gilbert症候群は,bilirubin UDP-glucuronyl transferase(UGT1A1)活性の低下によるビリルビンのグルクロン酸抱合の障害が主たる病因と考えられている体質性黄疸である.UGT1A1は脂溶性薬物代謝の第II相に関与する酵素の遺伝子多型であり,UGT1A1活性の低下が,薬物性肝障害を発症した原因と推察された.<br>

    DOI: 10.2957/kanzo.50.139

    Scopus

    CiNii Article

  56. Deficiency of forkhead box P3 and cytotoxic T-lymphocyte-associated antigen-4 gene expressions and impaired suppressor function of CD4+CD25+ T cells in patients with autoimmune hepatitis

    OKUMURA Akihiko, ISHIKAWA Tetsuya, SATO Sayaka, YAMAUCHI Taeko, OSHIMA Hisae, OHASHI Tomohiko, SATO Ken, AYADA Minoru, HOTTA Naoki, KAKUMU Shinichi

    Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   38 巻 ( 9 ) 頁: 896 - 903   2008年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  57. Deficiency of forkhead box P3 and cytotoxic T-lymphocyte-associated antigen-4 gene expressions and impaired suppressor function of CD4+CD25+ T cells in patients with autoimmune hepatitis. 査読有り

    Okumura A, Ishikawa T, Sato S, Yamauchi T, Oshima H, Ohashi T, Sato K, Ayada M, Hotta N, Kakumu S.

    Hepatol Res   38 巻 ( 9 ) 頁: 896-903   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Role of V alpha14+ NKT cells in the development of hepatitis B virus-specific CTL: Activation of V alpha14+ NKT cells promotes the breakage of CTL tolerance. 査読有り

    Ito H, Ando K, Ishikawa T, Nakayama T, Taniguchi M, Saito K, Imawari M, Moriwaki H, Yokochi T, Kakumu S, Seishima M.

    Int Immunol   20 巻 ( 7 ) 頁: 869-879   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Use of the Model for End-Stage Liver Disease (MELD) score to predict 1-year survival of Japanese patients with cirrhosis and to determine who will benefit from living donor liver transplantation. 査読有り

    Ishigami M, Honda T, Okumura A, Ishikawa T, Kobayashi M, Katano Y, Fujimoto Y, Kiuchi T, Goto H.

    J Gastroenterol   43 巻 ( 5 ) 頁: 363-368   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Upregulation of indoleamine 2,3-dioxygenase in hepatocyte during acute hepatitis caused by hepatitis B virus-specific cytotoxic T lymphocytes in vivo. 査読有り

    Iwamoto N, Ito H, Ando K, Ishikawa T, Hara A, Taguchi A, Saito K, Takemura M, Imawari M, Moriwaki H, Seishima M.

    Liv Int   29 巻 ( 2 ) 頁: 277-283   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. 減量再投与により肝障害再発の回避が可能であったメシル酸イマチニブによる薬物性肝障害の1例

    綾田 穣, 石川 哲也, 奥村 明彦, 堀田 直樹, 古田 恵子, 山内 妙子, 土方 康孝, 大橋 知彦, 佐藤 顕, 各務 伸一

    肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA   48 巻 ( 10 ) 頁: 505 - 510   2007年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本肝臓学会  

    症例は,72歳,女性.慢性骨髄性白血病(chronic myelogenous leukemia CML)に対し,抗悪性腫瘍薬であるメシル酸イマチニブ(imatinib mesilate:IM)の投与が開始された.約1年後の血液検査で肝障害を指摘されたため,当科に紹介入院となった.DDWJ-2004ワークショップの薬物性肝障害診断基準案での判定および肝病理組織診断より,IMによる薬物性肝障害と診断した.本症例は,CMLに対する有効な治療法が他にないため,起こりうる肝障害の危険性と,悪性腫瘍に対する治療効果の有益性を臨床的に検討し,休薬期間の後,IMの減量再投与を行った.減量再投与により,肝障害の再発の回避が可能となったIMによる薬物性肝障害の1例を経験したため,文献的考察を加え報告する.<br>

    DOI: 10.2957/kanzo.48.505

    CiNii Article

  62. Use of hepatitis B vaccine for the treatment of chronic hepatitis B

    ISHIKAWA Tetsuya, KAKUMU Shinichi

    Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   37 巻   頁: S347 - S350   2007年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  63. Expression of Toll-like receptors in chronic hepatitis C virus infection. 査読有り

    Sato K, Ishikawa T, Okumura A, Yamauchi T, Sato S, Ayada M, Matsumoto E, Hotta N, Ohashi T, Fukuzawa Y, Kakumu S.

    J Gastroenterol Hepatol   22 巻 ( 10 ) 頁: 1627-1632   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Use of HB vaccine for the treatment of chronic hepatitis B. 招待有り

    Ishikawa T, Kakumu S.

    Hepatol Res   37 巻 ( S3 ) 頁: S347-S350   2007年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  65. Effect of Vitamin K2 on the recurrence in patients with hepatocellular carcinoma. 査読有り

    Hotta N, Ayada M, Sato K, Ishikawa T, Okumura A, Matsumoto E, Ohashi T, Kakumu S.

    Hepato-gastroenterology   54 巻 ( 79 ) 頁: 2073-2077   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Double filtration plasmapheresis and interferon combination therapy for chronic hepatitis C patients with genotype 1 and high viral load

    FUJIWARA Kenji, KANEKO Shuichi, KAKUMU Shinichi, SATA Michio, HIGE Shuhei, TOMITA Eiichi, MOCHIDA Satoshi, IDE T., NISHIDA H., YOKOYAMA H., YAMASHITA T., MORIWAKI H., NAGAKI M., SUGIHARA J., TAKAHASHI H., ISHIKAWA T., MIYATA M., NISHIKAWA K., NAGOSHI S., SUGAHARA S., YAMAMOTO K., MIZUTA T., ANDO T., TAKEI Y., ENOMOTO N., TSUDA H., SUMINO Y., ISHII K., SAISHO H., YOKOSUKA O., EGUCHI K., HAMASAKI K., SAWADA K., FUKUNAGA K., ARAKAWA Y., MORIYAMA M., IMAWARI M., ITO T.

    Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   37 巻 ( 9 ) 頁: 701 - 710   2007年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  67. Combination therapy with lamivudine and HB vaccine on chronic hepatitis B

    ISHIKAWA Tetsuya, KAKUMU Shinichi

    Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   37 巻   頁: S62 - S66   2007年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  68. Combination thearpy with lamivudine and HB vaccine on chronic heaptitis B. 招待有り

    Ishikawa T, Kakumu S.

    Hepatol Res   37 巻 ( S1 ) 頁: S62-S66   2007年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Sonazoid を用いての肝腫瘍の血流診断の有用性

    綾田 穣, 堀田 直樹, 奥村 明彦, 石川 哲也, 木場 久美子, 黒田 康子, 丹羽 幸佳, 井戸 誠, 各務 伸一

    Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   34 巻   2007年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  70. Real Time 4D Ultrasound System を用いたRFAの有用性

    堀田 直樹, 綾田 穣, 土方 康孝, 大橋 知彦, 佐藤 顕, 奥村 明彦, 石川 哲也, 大野 長行, 各務 伸一

    Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   34 巻   2007年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  71. Live 3D における肝腫瘍に対しての超音波検査の有用性

    堀田 直樹, 綾田 穣, 大橋 知彦, 佐藤 顕, 奥村 明彦, 石川 哲也, 小崎 正博, 各務 伸一

    Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   34 巻   2007年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  72. Effect of vitamin K2 on the recurrence in patients with hepatocellular carcinoma

    Hotta Naoki, Ayada Minoru, Sato Ken, Ishikawa Tetsuya, Ohumura Ahihiko, Matsumoto Eiji, Ohashi Tomohiko, Kakumu Shinichi

    HEPATO-GASTROENTEROLOGY   54 巻 ( 79 ) 頁: 2073 - 2077   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  73. 特発性肺線維症の経過中に発症した出血性胃 vascular ectasia に対し内視鏡的結紮術が有効であった1例

    綾田 穣, 中野 達徳, 堀田 直樹, 奥村 明彦, 石川 哲也, 大橋 知彦, 松本 英司, 佐藤 顕, 吉田 香果, 各務 伸一

    日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy   48 巻 ( 11 ) 頁: 2626 - 2631   2006年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  74. Role of toll-like receptors in hepatitis C virus-infected chronic liver disease

    Kakumu Shinichi, Okumura Akihiko, Ishikawa Tetsuya, Yamauchi Taeko, Sato Sayaka, Sato Ken, Ohashi Tomohiko, Ayada Minoru, Hotta Naoki, Fukuzawa Yoshitaka

    HEPATOLOGY   44 巻 ( 4 ) 頁: 300A - 300A   2006年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  75. Efficacy of non-invasive hepatic fibrosis quantificated-evaluation by liver elasticity measurement in nonalcoholic steatohepatitis (NASH) - Comparison of ultrasonic transient elastography and histopathological diagnosis

    Fukuzawa Yoshitaka, Kizawa Senji, Ohashi Tomohiko, Matsumoto Eiji, Sato Ken, Ayada Minoru, Hotta Naoki, Okumura Akihiko, Ishikawa Tetsuya, Kakumu Shinichi

    HEPATOLOGY   44 巻 ( 4 ) 頁: 649A - 650A   2006年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  76. Expression of toll-like receptor family on regulatory T cells in the patients with autoimmune hepatitis

    Okumura Akihiko, Ishikawa Tetsuya, Sato Sayaka, Yamauchi Taeko, Ohashi Tomohiko, Sato Ken, Ayada Minoru, Hotta Naoki, Fukuzawa Yoshitaka, Kakumu Shinichi

    HEPATOLOGY   44 巻 ( 4 ) 頁: 640A - 641A   2006年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  77. Four-dimensional ultrasonography for therapeutic radiofrequency ablation for heaptocellular carcinoma. 査読有り

    Hotta N, Maeno T, Ayada M, Sato K, Ishikawa T, Okumura A, Matsumoto E, Fukuzawa Y, Kakumu S.

    Hepato-gastroenterology   53 巻 ( 70 ) 頁: 521-525   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. 経鼻的細経内視鏡を用いた経皮内視鏡的胃瘻造設術の試み

    綾田 穣, 中野 達徳, 堀田 直樹, 中江 治道, 國井 伸, 吉田 香果, 奥村 明彦, 石川 哲也, 福沢 嘉孝, 各務 伸一

    Gastroenterological Endoscopy   48 巻 ( 7 ) 頁: 1425 - 1430   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本消化器内視鏡学会  

    脳神経障害を有する患者26例を対象に,細径内視鏡の経鼻挿入で経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)施行13例(経鼻群)と経口的にPEG施行13例(経口群)に無作為に分けて比較した.1)胃瘻造設前の上部消化管内視鏡検査(GIF)の施行時間および胃瘻造設時間は両群で有意差はなかった.2)胃瘻造設中の嘔吐反射回数(平均)は経鼻群3.0回,経口群6.9回と経鼻群で有意に少なかった.3)検査前に比し,検査中の血圧ならびに脈拍数の上昇率はともに経鼻群で有意に低値であった.4)末梢血酸素飽和度は検査前,検査中とも両群で有意差はなかった.5)経鼻群では,鼻粘膜や咽頭・口腔内粘膜の損傷等は認めず,両群とも重篤な偶発症は認めなかった.以上,経鼻群では苦痛とストレスの緩和に有用であり,安全性も経口群と同等であると考えられた

    DOI: 10.11280/gee1973b.48.1425

    CiNii Article

  79. Alteration of serum cytokine balances among different phases of chronic hepatitis B virus infection. 査読有り

    Ayada M, Ishikawa T, Okumura A, Tanabe J, Ito H, Ohashi T, Matsumoto E, Sato K, Hotta N, Fukuzawa Y, Kakumu S.

    Hepatol Res   34 巻 ( 4 ) 頁: 214-221   2006年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. 慢性肝疾患の病態にせまる免疫学的アプローチ 自己免疫性肝炎(AIH)における制御性T細胞(Tr)の機能低下

    奥村 明彦, 石川 哲也, 伊藤 弘康, 佐藤 さやか, 山内 妙子, 大橋 知彦, 松本 英司, 佐藤 顕, 綾田 穣, 堀田 直樹, 福澤 嘉孝, 各務 伸一

    消化器と免疫   42 巻 ( 42 ) 頁: 29 - 32   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本消化器免疫学会  

    自己免疫性肝炎患者の制御性T細胞(Tr)について,Trの機能を調節しているFoxp3,TNF-R-SF18,CTLA-4,CD28の各遺伝子の発現を調べ調べ,自己免疫性肝炎(AIH)患者と健常者のTrのサイトカイン産生能を比較し,TrがAIHの病態に関与している可能性について検討した.AIH 15例,コントロールとしてC型慢性肝炎(CH-C)患者26例と健常人12例を対象とした.AIHではFoxp3,CTLA-4のmRNA量が減少し,TrによるIL-10の産生能が低下していることが明らかとなった.Trの機能異常が病態に関与している可能性が示唆された

  81. Plasma amino acid profiles applied for diagnosis of advanced liver fibrosis in patients with chronic hepatitis C infection. 査読有り

    Zhang Q, Takahashi M, Noguchi Y, Sugimoto T, Kimura T, Okumura A, Ishikawa T, Kakumu S.

    Hepatol Res   34 巻 ( 3 ) 頁: 170-177   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. The SHAP-hyaluronan complex in serum from patients with chronic liver diseases caused by hepatitis virus infection. 査読有り

    Shen L, Zhuo L, Okumura A, Ishikawa T, Miyachi M, Owa Y, Ishizawa T, Sugiura N, Nagata Y, Nonami T, Kakumu S, Kimata K.

    Hepatol Res   34 巻 ( 3 ) 頁: 178-186   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. 肝癌局所療法における超音波ドプラ法の新展開 Real Time 4D Ultrasoundを用いた肝細胞癌のラジオ波焼灼療法の有用性-マイクロコンベックスプローブ使用における検討も含めて

    堀田 直樹, 大橋 知彦, 松本 英司, 佐藤 顕, 綾田 穣, 奥村 明彦, 石川 哲也, 福沢 嘉孝, 各務 伸一

    Rad Fan   4 巻 ( 3 ) 頁: 116 - 119   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メディカルアイ  

    従来の2D modeのエコーではなく,Real Time 4D Ultrasound systemsを用いて肝細胞癌に対しラジオ波焼灼療法(RFA)を施行し,その有用性について検討した.また,マイクロコンベックスプローブにおいても検討した.肝細胞癌22例25結節を対象とした.RFA施行22例25結節において,全症例Real Time 4D Ultrasound systemにて穿刺可能であった.Real Time 4D Ultrasound使用によるRFAは多方向より針の留置部位を確認することができ,より正確に経皮的治療を施行することができた

  84. 特徴ある組織像を呈したリセドロン酸ナトリウムによる薬物性肝障害の1例

    綾田 穣, 石川 哲也, 奥村 明彦, 大橋 知彦, 松本 英司, 佐藤 顕, 堀田 直樹, 福沢 嘉孝, 各務 伸一

    肝臓   47 巻 ( 1 ) 頁: 10 - 15   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

    53歳女.患者は腰痛のため初め著者らの施設の整形外科へ入院していた.骨粗鬆症と診断され,アレンドロン酸ナトリウム(ASH)の内服を開始していたが,転医に伴い,内服薬がASHからリセドロン酸ナトリウム(SRH)に変更になった.その後,全身倦怠感を訴え,血液検査において肝胆道系酵素の上昇を認めた.SRHによる薬物性肝障害を疑い,内服を中止し,ウルソデオキシコール(UDCA)の内服を開始したところ,肝障害とも漸次改善した.DDW-J2004ワークショップの薬物性肝障害診断基準案を用いてスコアリングを行った結果では,病型は胆汁うっ帯型で,スコアは(+6):「可能性が高い」と判定された.肝機能が正常化した半年後の肝生検では,軽度の門脈域の線維性拡大をみるも,他の所見は消失していた

    DOI: 10.2957/kanzo.47.10

    CiNii Article

  85. Four-dimensional ultrasonography for therapeutic radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma

    Hotta Naoki, Maeno Tadashi, Ayada Minoru, Sato Ken, Ishikawa Tetsuya, Okumura Akihiko, Matsumoto Eiji, Fukuzawa Yoshitaka, Kakumu Shinichi

    HEPATO-GASTROENTEROLOGY   53 巻 ( 70 ) 頁: 521 - 525   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  86. Rebamipide enemas-New effective treatment for patients with corticosteroid dependent or resistant ulcerative colitis-

    Miyata M, Kasugai K, Ishikawa T, Kakumu S, Onishi M, Mori T.

    Dig Dis Sci   50 巻 ( S1 ) 頁: S119-S123   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Assessment of hepatic fibrosis in chronic liver disease - Usefulness of the strain rate imaging method

    Hotta N, Okumura A, Ishikawa T, Kakumu S

    HEPATOLOGY   42 巻 ( 4 ) 頁: 342A - 342A   2005年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  88. 出血性胃vascular ectasiaに対し内視鏡的結紮術が有効であった2例

    綾田 穣, 堀田 直樹, 石川 哲也, 奥村 明彦, 恒川 明久, 井澤 晋也, 大橋 知彦, 松本 英司, 佐藤 顕, 福沢 嘉孝, 各務 伸一

    Gastroenterological Endoscopy   47 巻 ( Suppl.2 ) 頁: 1971 - 1971   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本消化器内視鏡学会  

  89. Four-dimensional ultrasonogaraphy for therapeutic radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma

    Hotta N, Okumura A, Ishikawa T, Fukuzawa Y, Kakumu S

    AMERICAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   100 巻 ( 9 ) 頁: S106 - S106   2005年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  90. 門脈圧亢進症の新しい薬物療法 難治性腹水に対するdocarpamineの有用性と安全性

    綾田 穣, 石川 哲也, 堀田 直樹, 奥村 明彦, 大橋 知彦, 松本 英司, 佐藤 顕, 福沢 嘉孝, 各務 伸一

    日本門脈圧亢進症学会雑誌   11 巻 ( 1 ) 頁: 43 - 43   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本門脈圧亢進症学会  

  91. B型肝炎ウイルス(HBV)関連抗原が肝炎進展過程に与える影響について

    佐藤 顕, 石川 哲也, 田邊 純一, 大橋 知彦, 松本 英司, 前野 禎, 綾田 穣, 堀田 直樹, 宮田 充樹, 奥村 明彦, 福沢 嘉孝, 各務 伸一

    消化器と免疫   41 巻 ( 41 ) 頁: 159 - 162   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本消化器免疫学会  

    標題の影響を明らかにするため,concanavalin A(Con A)を投与されたHBVトランスジェニックマウスの肝臓におけるサイトカイン,ケモカインの発現パターンを解析し,同系正常マウスと比較した.結果,トランスジェニックマウスではCon A投与後2時間から24時間にかけてIL-18,TGF-β,GM-CSF,fractalkineの発現が正常マウスよりも強く,24時間後にはTNF-αとINF-γの発現が強かった.これは,HBV関連抗原が免疫応答を制御あるいは修飾することで何らかの免疫異常を引き起こしている可能性を示すと考えられた

  92. Changes in natural killer T cells subsets during therapy in type C hepatitis and hepatocellular carcinoma. 査読有り

    Okumura A, Ishikawa T, Maeno T, Sato K, Ayada M, Hotta N, Yamauchi T, Fukuzawa Y, Kakumu S.

    Hepatol Res   32 巻 ( 4 ) 頁: 213-217   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. マイクロコンベックス使用におけるラジオ波焼灼療法の経験

    堀田 直樹, 綾田 穣, 佐藤 顕, 松本 英司, 奥村 明彦, 石川 哲也, 福沢 嘉孝, 高橋 忍, 各務 伸一

    超音波医学   32 巻 ( Suppl. ) 頁: S409 - S409   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本超音波医学会  

  94. 内視鏡的結紮術が有用であった出血性十二指腸 vascular ectasia の1例

    綾田 穣, 福沢 嘉孝, 堀田 直樹, 松本 英司, 前野 禎, 佐藤 顕, 奥村 明彦, 石川 哲也, 各務 伸一

    日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy   47 巻 ( 1 ) 頁: 15 - 21   2005年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  95. Advanced dynamic flow imaging with contrast-enhanced ultrasonography for the evaluation of tumor vascularity in liver tumors. 査読有り

    Hotta N, Tagaya T, Maeno T, Ayata M, Sato K, Ishikawa T, Okumura A, Fukuzawa Y, Kakumu S.

    Clin Imaging   29 巻 ( 1 ) 頁: 34-41   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. A case of hepatocellular carcinoma (HCC) treated with radiofrequency ablation (RFA) using 4D real-time ultrasound system

    Hotta N, Fukuzawa Y, Ayada M, Sato K, Maeno T, Tagaya T, Okumura A, Ishikawa T, Ito Y, Kakumu S

    HEPATO-GASTROENTEROLOGY   52 巻 ( 64 ) 頁: 1224-1227   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  97. 【内科診療最前線2005 この1年の動向を踏まえて】肝疾患

    各務 伸一, 福沢 嘉孝, 石川 哲也, 奥村 明彦, 堀田 直樹, 綾田 穣

    内科   94 巻 ( 6 ) 頁: 1030 - 1038   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)南江堂  

  98. Usefulness of contrast-enhanced ultrasonography to evaluate therapeutic effects for hepatocellular carcinoma

    Hotta N, Okumura A, Ishikawa T, Kakumu S

    AMERICAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   99 巻 ( 10 ) 頁: S69 - S69   2004年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  99. Dynamics of CD8(+)T cells, CD4(+)T cells, and CD4(+)CD25(+) regulatory T cells in the liver with autoimmune hepatitis(AIH) - Analysis using mice model for AIH type 2

    Okumura A, Ishikawa T, Ito H, Sato K, Maeno T, Ayada M, Hotta N, Matsumoto E, Ohashi T, Fukuzawa Y, Kakumu S

    HEPATOLOGY   40 巻 ( 4 ) 頁: 421A - 421A   2004年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  100. Nutrition assessment and management in outpatients with liver cirrhosis caused by HCV (LC-C) - Usefulness of a branched chain amino acid (BCAA)-rich product as late evening snacks (LES)

    Fukuaawa Y, Hotta N, Ayada M, Ohashi T, Matsumoto E, Sato K, Maeno T, Okumura A, Ishikawa T, Kakumu S

    HEPATOLOGY   40 巻 ( 4 ) 頁: 512A - 512A   2004年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  101. 2) DFPPによるウイルス除去療法 : DFPPによるC型肝炎ウイルス減量療法の効果(日本アフェレシス学会第13回関東甲信越地方会抄録)

    西川 和裕, 宮田 充樹, 奥村 明彦, 石川 哲也, 各務 伸一

    日本アフェレシス学会雑誌   23 巻 ( 3 ) 頁: 289-290   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

  102. 内科診療最前線2005-この1年の動向を踏まえて-非アルコール性脂肪性肝炎 (NASH),アルコール性肝障害 (ALD). 査読有り

    各務伸一, 福沢嘉孝, 石川哲也, 奥村明彦, 堀田直樹, 綾田穣

    内科   94 巻   頁: 1823 - 1829   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Wilson病より発症した胃孤立性静脈瘤に対しballoon-occluded retrograde transvenous obliteration (B-RTO) が有効であった1例 査読有り

    綾田穣, 奥村明彦, 石川哲也, 堀田直樹, 松本英司, 佐藤顕, 福沢嘉孝, 各務伸一

    日本門脈圧亢進症学会雑誌   10 巻 ( 10 ) 頁: 132 - 136   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japan Society for Portal Hypertension  

    胃孤立性静脈瘤を合併した24歳男性のWilson病患者に対しB-RTOを施行し, 良好な経過を得ている1例を経験した.胃孤立性静脈瘤は, 出血の頻度こそ少ないが一度出血すると致死的かつ難治性であることが知られている.B-RTO施行後, 3年を経過したが, 無再発であり, 良好な経過をたどっている.消化器内科的な症状が前面にでないWlson病症例においても, 慎重な経過観察と, B-RTOなどの予防的な処置を適切に行うことが重要であると考えられた.

    DOI: 10.11423/jsph1999.10.3-4_132

    CiNii Article

  104. Mechanisms of increased insulin resistance in non-cirrhotic patients with chronic heaptitis C virus infection. 査読有り

    Maeno T, Okumura A, Ishikawa T, Kato K, Sakakibara F, Sato K, Ayada M, Hotta N, Tagaya T, Fukuzawa Y, Kakumu S.

    J Gastroenterol Hepatol   18 巻 ( 12 ) 頁: 1358-1363   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. 生活習慣病を合併した著明な脂肪肝症例に対して茵ちん蒿湯・防風通聖散併用療法が奏効した1例

    福沢 嘉孝, 堀田 直樹, 佐藤 顕, 前野 禎, 綾田 穣, 多賀谷 恒明, 奥村 明彦, 石川 哲也, 各務 伸一, 加藤 勝久

    漢方医学   27 巻 ( 5 ) 頁: 221 - 224   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)協和企画  

    53歳女.全身倦怠感,後頭部不快感を主訴とした.身長161cm,体重81kg,普段から暑がりで便秘傾向があり,熱実証,腹壁が厚く弾力があった.臨床データは異常値を示し,臨床データ及び腹部超音波検査より,高脂血症,高血圧,肥満,耐糖能障害(IGT)を合併する著明な脂肪肝と診断した.高血圧にはアンジオテンシンII受容体拮抗薬バルサルタンを投与し,コントロール良好となった.肥満・高脂血症・脂肪肝・IGTに対しては食事・運動療法を開始したが,各種データの改善は乏しかった.その後,生活習慣の乱れによりデータが悪化し,体重も治療前値付近に戻ったため,従来法を継続しながら,茵ちん蒿湯を新たに処方し,強化療法も同時に行った.約5ヵ月後,各種データは改善傾向を示したが,体重は殆ど変化しなかった.患者が減量を切望したこと等より,10月末から防風通聖散を併用した.治療開始から漢方薬併用投与約3.5ヵ月後迄に体重は74kgになり,各種データも改善し,自覚症状も殆ど消失した.現在,大きな副作用は認めず,生活習慣病に対する病識も向上してきた.従来法は継続中である

  106. Mechanisms of increased insulin resistance in non-cirrhotic patients with chronic hepatitis C virus infection

    Maeno T, Okumura A, Ishikawa T, Kato K, Sakakibara F, Sato K, Ayada M, Hotta N, Tagaya T, Fukuzawa Y, Kakumu S

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   18 巻 ( 12 ) 頁: 1358 - 1363   2003年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  107. Usefulness of contrast-enhanced ultrasonography with dynamic flow imaging to evaluated therapeutic effects for hepatocellular carcinoma. 査読有り

    Hotta N, Tagaya T, Maeno T, Ishikawa T, Okumura A, Fukuzawa Y, Kakumu S.

    Hepato-gastroenterology   50 巻 ( 54 ) 頁: 1867-1871   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Combination therapy of lamivudine and HB vaccine for the treatment of chronic hepatitis B.

    Ishikawa T, Okumura A, Maeno T, Sato K, Ayada M, Hotta N, Tagaya T, Fukuzawa Y, Kakumu S

    HEPATOLOGY   38 巻 ( 4 ) 頁: 717A - 717A   2003年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  109. Establishment of a novel mouse model for AIH type 2.

    Okumura A, Ishikawa T, Sato K, Ayada M, Maeno T, Hotta N, Tagaya T, Fukuzawa Y, Kakumu S

    HEPATOLOGY   38 巻 ( 4 ) 頁: 485A - 485A   2003年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  110. Nutrition is more important than Th1-dominated condition for better response in interferon alpha-2b/ribavirin therapy.

    Okumura A, Ishikawa T, Ayada M, Sato K, Maeno T, Hotta N, Tagaya T, Fukuzawa Y, Kakumu S

    HEPATOLOGY   38 巻 ( 4 ) 頁: 314A - 314A   2003年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  111. Involvement of CD4+ CD25+ regulatory T cells as immune modulators in chronic hepatitis C virus (HCV) infection.

    Okumura A, Ishikawa T, Yamauchi T, Maeno T, Sato K, Ayada M, Hotta N, Tagaya T, Fukuzawa Y, Kakumu S

    HEPATOLOGY   38 巻 ( 4 ) 頁: 463A - 463A   2003年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  112. 肝細胞癌におけるFas/Fas Lの発現と浸潤リンパ球との関係

    福澤 嘉孝, 堀田 直樹, 佐藤 顕, 前野 禎, 綾田 穣, 多賀谷 恒明, 奥村 明彦, 石川 哲也, 各務 伸一

    愛知医科大学医学会雑誌   31 巻 ( 2 ) 頁: 106 - 107   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:愛知医科大学医学会  

  113. Prevalence of diabetes mellitus in Japanese patients infected chronically with hepatitis C virus. 査読有り

    Arao M, Murase K, Kusakabe A, Yoshioka K, Fukuzawa Y, Ishikawa T, Tagaya T, Yamanouchi K, Ichimiya H, Sameshima Y, Kakumu S.

    J Gastroenterol   38 巻 ( 4 ) 頁: 355-360   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Lack of tumor necrosis factor alpha induces impaired proliferation of hepatitis B virus-specific cytotoxic T lymphocytes. 査読有り

    Kasahara S, Ando K, Saito K, Sekikawa K, Ito H, Ishikawa T, Ohnishi H, Seishima M, Kakumu S, Moriwaki H.

    J Virol   77 巻 ( 4 ) 頁: 2469-2476   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. 慢性肝疾患患者における血清SHAP-HA濃度 -肝細胞癌のマーカーとしての有用性の検討-

    申 力, 卓 麗聖, 奥村 明彦, 石川 哲也, 各務 伸一, 木全 弘治

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   ( 19 ) 頁: 70 - 71   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本分子腫瘍マーカー研究会  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.19.70

    CiNii Article

  116. Usefulness of contrast-enhanced ultrasonography with dynamic flow imaging to evaluate therapeutic effects for hepatocellular carcinoma

    Hotta N, Tagaya T, Maeno T, Ishikawa T, Okumura A, Fukuzawa Y, Kakumu S

    HEPATO-GASTROENTEROLOGY   50 巻 ( 54 ) 頁: 1867 - 1871   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  117. 3. B型慢性肝炎へのラミブジン+HBワクチン併用療法

    石川 哲也, 奥村 明彦, 各務 伸一

    肝臓   43 巻 ( 10 ) 頁: 470-471   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

  118. Usefulness of contrast-enhanced ultrasonography with dynamic flow imaging to evaluate therapeutic effects for hepatocelluiar carcinoma.

    Hotta N, Maeno T, Tagaya T, Ayata M, Satoh K, Okumura A, Fukuzawa Y, Ishikawa T, Kakumu S

    HEPATOLOGY   36 巻 ( 4 ) 頁: 687A - 687A   2002年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  119. Different distribution of antigenic B cell and T cell epitopes within HBV core region

    Okumura A, Ishikawa T, Sato K, Maeno T, Ayada M, Hotta N, Tagaya T, Fukuzawa Y, Kakumu S

    HEPATOLOGY   36 巻 ( 4 ) 頁: 620A - 620A   2002年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  120. Combination of HB vaccine with lamivudine for the treatment of chronic hepatitis B.

    Ishikawa T, Okumura A, Maeno T, Sato K, Ayada Y, Hotta N, Tagaya T, Fukuzawa Y, Kakumu S

    HEPATOLOGY   36 巻 ( 4 ) 頁: 643A - 643A   2002年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  121. Expression of glypican-3 (GPC 3) and its significance as a novel marker of the degree of dedifferentiation in hepatocellular carcinoma

    Fukuzawa Y, Furuta K, Tagaya T, Sato K, Maeno T, Ayada M, Hotta N, Okumura A, Ishikawa T, Kakumu S

    HEPATOLOGY   36 巻 ( 4 ) 頁: 691A - 691A   2002年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  122. 慢性肝疾患と免疫 B型慢性肝炎患者におけるHBc抗原領域のエピトープの同定とそれに対する免疫応答の質的解析

    石川 哲也, 田邊 純一, 佐藤 顕, 前野 禎, 綾田 穣, 堀田 直樹, 多賀谷 恒明, 奥村 明彦, 福沢 嘉孝, 各務 伸一

    消化器と免疫   ( 38 ) 頁: 20 - 23   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本消化器免疫学会  

    B型慢性肝炎患者(B-CH)におけるHBc抗原特異的免疫応答の標的部位の解析,免疫応答の質的評価を行った.B-CH患者23例を対象に,HBc抗原領域をカバーする13〜15merのペプタイドを作製し,患者末梢血単核球を刺激後,細胞内サイトカイン/ケモカイン発現パターンをflow cytometry(FACS)及びRT-PCRにて解析した.FACS解析では,HBc91-105(p19)での刺激時に,FN-γ+細胞,IL-4+細胞とも有意な増加がみられた.また,RT-PCRを用いた解析ではp19による刺激で11例中8例で,多くの場合,同時に複数のサイトカイン/ケモカインの発現増強がみられた.これらのことから,B-CH患者においてはp19に主要なエピトープが存在している可能性が示唆された

  123. Expression of Fas/Fas ligand (FasL) and its involvement in infiltrating lymphocytes in hepatocellular carcinoma (HCC)

    FUKUZAWA Yoshitaka, TAKAHASHI Kiyoshi, FURUTA Keiko, TAGAYA Tsuneaki, ISHIKAWA Tetsuya, WADA Kaori, OMOTO Yasukazu, KOJI Takehiko, KAKUMU Shinichi

    Journal of gastroenterology   36 巻 ( 10 ) 頁: 681 - 688   2001年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  124. Expression of Fas/Fas ligand (FasL) and its involvement in infiltrating lymphocytes in hepatocellular carcinoma (HCC). 査読有り

    Fukuzawa Y, Takahashi K, Furuta K, Tagaya T, Ishikawa T, Wada K, Omoto Y, Koji T, Kakumu S.

    J Gastroenterol   36 巻 ( 10 ) 頁: 178-186   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. Expression of Fas/Fas ligand (FasL) and its involvement in infiltrating lymphocytes in hepatocellular carcinoma (HCC) 査読有り

    Y Fukuzawa, K Takahashi, K Furuta, T Tagaya, T Ishikawa, K Wada, Y Omoto, T Koji, S Kakumu

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   36 巻 ( 10 ) 頁: 681 - 688   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG  

    Background. This study was conducted to examine the expression of Fas/Fas ligand (FasL), to elucidate its relationship with tumor-infiltrating lymphocytes (TILs), and to detect possible gene mutation of Fas/FasL in patients with hepatitis C virus (HCV)-related hepatocellular carcinoma (HCC). Methods. Indirect immunohistochemical staining was performed on formalin-fixed, paraffin-embedded sections of liver biopsy and surgery specimens from five normal livers, and from the livers of 30 patients with HCC. Fas/FasL mRNA-expressing cells and apoptotic cells were detected by in situ hybridization and DNA nick end labeling (TUNEL), respectively. We also performed polymerase chain reaction (PCR) -amplifying and direct sequencing for the Fas/FasL gene. Results. Fas/FasL and its mRNA were localized on the, membrane or in the cytoplasm in some HCC cells, as well as hepatocytes. Their expression was enhanced in areas with infiltrating inflammatory cells in the noncancerous regions of liver tissue and on the margins of the cancerous tissue. The positivity rate for TUNEL was elevated along these margins. The labeling index of Fas/FasL was lower in the cancerous liver tissue than in the surrounding noncancerous region (P &lt; 0.01), and tended to decrease in proportion to the malignancy of tumor cells; Fas/FasL expression was not found on poorly differentiated type cancer cells. Fas(-)/FasL(+), FasL-mRNA(+) HCC cells were seen in one specimen of moderately differentiated type. Some CD8+T lymphocytes were TUNEL-positive around the cancerous region. In this study, cancerous and noncancerous tissues in HCC revealed no genetic mutations in any exons of Fas/FasL. Conclusions. These findings suggest that Fas/FasL expression was decreased in proportion to the malignancy of tumor cells, and that infiltrating CD8+T lymphocytes play a role in apoptosis in HCC. The apoptosis in HCC could be regulated by the suppression of Fas/FasL expression, or, sometimes, by the enhancement of FasL expression.

    DOI: 10.1007/s005350170031

    Web of Science

  126. Expression of Fas/Fas ligand (FasL) and its involvement in infiltrating lymphocytes in hepatocellular carcinoma (HCC)

    Fukuzawa Y, Takahashi K, Furuta K, Tagaya T, Ishikawa T, Wada K, Omoto Y, Koji T, Kakumu S

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   36 巻 ( 10 ) 頁: 681 - 688   2001年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  127. Identification of highly immunogenic T cell epitope within HBV core region and immune response triggered by the activation of HBV core specific T cells.

    Ishikawa T, Tanabe J, Okumura A, Maeno T, Yamamoto K, Hotta N, Yoshida K, Ito M, Tagaya T, Fukuzawa Y, Kakumu S

    HEPATOLOGY   34 巻 ( 4 ) 頁: 312A - 312A   2001年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  128. Crosstalk between oxidative stress and apoptosis in hepatocellular carcinoma (HCC).

    Fukuzawa Y, Hotta N, Furuta K, Maeno T, Yamamoto K, Yoshida K, Ito M, Tagaya T, Okumura A, Ishikawa T, Kakumu S

    HEPATOLOGY   34 巻 ( 4 ) 頁: 515A - 515A   2001年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  129. Experimental autoimmune hepatitis in mice following immunization with cytochrome P450IID6.

    Ishikawa T, Tanabe JC, Okumura A, Ito M, Maeno T, Yamamoto K, Yoshida K, Hotta N, Tagaya T, Fukuzawa Y, Miyakawa H, Kakumu S

    HEPATOLOGY   34 巻 ( 4 ) 頁: 286A - 286A   2001年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  130. Increased insulin resistance in the patients with chronic HCV infection is mediated by elevated serum TNF alpha.

    Maeno T, Okumura A, Ishikawa T, Yamamoto K, Hotta N, Yoshida K, Ito M, Tagaya T, Fukuzawa Y, Kakumu S

    HEPATOLOGY   34 巻 ( 4 ) 頁: 552A - 552A   2001年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  131. Impaired function of peripheral blood dendritic cell subsets of hepatitis C virus-infected patients.

    Sobue S, Nomura T, Nakao H, Okumura A, Ishikawa T, Kakumu S, Itoh M

    HEPATOLOGY   34 巻 ( 4 ) 頁: 482A - 482A   2001年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  132. Th1/Th2 cytokine profiles and their relationship to clinical features in patients with chronic hepatitis C virus infection. 査読有り

    Sobue S, Nomura T, Ishikawa T, Ito S, Saso K, Ohara H, Joh T, Itoh M, Kakumu S.

    J Gastroenterol   36 巻 ( 8 ) 頁: 544-551   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  133. 消化器疾患の病態とTh1/Th2バランス 肝細胞のケモカイン産生とTh1/Th2バランスへの影響

    石川 哲也, 田邊 純一, 伊東 正道, 奥村 明彦, 多賀谷 恒明, 福澤 嘉孝, 各務 伸一

    消化器と免疫   ( 37 ) 頁: 5 - 8   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本消化器免疫学会  

    肝細胞の炎症及びTh1/Th2 cytokine刺激に対する反応,その後のTh1/Th2バランスに与える影響を,肝細胞のchemokine産生を測定することにより検討した.肝細胞はIFN-γ(Th1)刺激により,更にTh1反応を促進する方向に働くこと,IL-4(Th2)刺激によりTh1反応を抑制し,Th2反応を間接的に促進する方向に働くことがわかった.IL-1O(Th2)刺激はTh2反応を間接的に促進する方向に働いた.肝炎においては肝細胞自身が免疫応答の方向性を制御している可能性が示された

  134. Apoptosis is induced by caspase activation and cytochrome c release in photodynamic therapy (PDT) of human hepatocellular carcinoma cells.

    Okumura A, Hamblin MR, Hasan T, Ishikawa T, Kakumu S, Takahashi H

    GASTROENTEROLOGY   120 巻 ( 5 ) 頁: A363 - A363   2001年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  135. 最近の癌の動向 当科における肝癌患者の実態

    福沢 嘉孝, 堀田 直樹, 前野 禎, 山本 賢一, 吉田 香果, 吉田 篤生, 伊東 正道, 多賀谷 恒明, 奥村 明彦, 石川 哲也

    愛知医科大学医学会雑誌   29 巻 ( 2 ) 頁: 148 - 150   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:愛知医科大学医学会  

  136. Mutation at codon 130 in hepatitis B virus (HBV) core region increases markedly during acute exacerbation of hepatitis in chronic HBV carriers. 査読有り

    Okumura A, Ishikawa T, Yoshioka K, Yuasa R, Fukuzawa Y, Kakumu S.

    J Gastroenterol   36 巻 ( 2 ) 頁: 103-110   2001年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. Update of liver disease related to chronic hepatitis B virus infection. 招待有り

    Ishikawa T, Kakumu S.

    Int Med   40 巻 ( 2 ) 頁: 178-179   2001年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  138. Symposium on Clinical Aspects in Hepatitis Virus Infection, Update of Liver Disease Related to Chronic Hepatitis B Virus Infection

    ISHIKAWA Tetsuya, KAKUMU Shinichi

    Internal medicine   40 巻 ( 2 ) 頁: 178 - 179   2001年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.40.178

    CiNii Article

  139. 学会記”肝臓学会” 査読有り

    各務伸一, 福沢嘉孝, 石川哲也, 奥村明彦

    日本醫亊新報   ( 4033 ) 頁: 40 - 42   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  140. Randomized controlled trial of twice-a-day administration of natural interferon β for chronic hepatitis C

    YOSHIOKA Kentaro, YANO Motoyoshi, HIROFUJI Hideo, ARAO Motohiro, KUSAKABE Atsuhiko, SAMESHIMA Yoichi, KURIKI Junsuke, KUROKAWA Susumu, MURASE Kenichi, ISHIKAWA Tetsuya, KAKUMU Shinichi

    Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   18 巻 ( 3 ) 頁: 310 - 319   2000年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  141. Randomized controlled trial of twice-a-day administration of natural interferon beta for chronic hepatitis C. 査読有り

    Yoshioka K, Yano M, hirohuji H, Arao M, Kusakabe A, Sameshima Y, Kuriki J, Kurokawa S, Murase K, Ishikawa T, Kakumu S, IFN Treatment Group of Affiliated Hospitals of Third Department of Internal Medicine at Nagoya University School of Medicine.

    Hepatol Res   18 巻 ( 3 ) 頁: 310-319   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  142. Roles of hepatocytes in regulating inflammatory reactions.

    Tanabe J, Ishikawa T, Ito M, Maeno T, Tagaya T, Fukuzawa Y, Kakumu S

    HEPATOLOGY   32 巻 ( 4 ) 頁: 202A - 202A   2000年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  143. Comparison of serum cytokine levels between type C cirrhotic patients with and without hepatocellular carcinoma.

    Ito M, Ishikawa T, Tanabe J, Hotta N, Yoshida K, Tagaya T, Fukuzawa Y, Kakumu S

    HEPATOLOGY   32 巻 ( 4 ) 頁: 620A - 620A   2000年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  144. Association of chronic HCV infection and diabetes mellitus among Japanese populations.

    Kakumu S, Tagaya T, Fukuzawa Y, Ishikawa T, Arao M, Murase K, Kusakabe A, Yoshioka K

    HEPATOLOGY   32 巻 ( 4 ) 頁: 543A - 543A   2000年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  145. Influence of hepatitis B core protein and its defective mutants on growth and gene expression of hepatocytes.

    Tanabe J, Ishikawa T, Ito M, Yoshida A, Tagaya T, Fukuzawa Y, Kakumu S

    HEPATOLOGY   32 巻 ( 4 ) 頁: 393A - 393A   2000年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  146. 肝炎ウイルスの臨床 B型慢性肝疾患の話題

    石川 哲也, 各務 伸一

    日本内科学会雑誌   89 巻 ( 9 ) 頁: 1845 - 1849   2000年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    DOI: 10.2169/naika.89.1845

    CiNii Article

  147. Decreased function of peripheral blood dendritic cell in patients with hepatocellular carcinoma with hepatitis B and C virus infection. 査読有り

    Kakumu S, Ito S, Ishikawa T, Mita Y, Tagaya T, Fukuzawa Y, Yoshioka K.

    J Gastroenterol Hepatol   61 巻 ( 1 ) 頁: 23-28   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  148. Properties of hepatitis B virus genome recovered from Vietnamese patients with fulminant hepatitis in comparison with those from acute hepatitis. 査読有り

    Yuasa R, Takahashi K, Dien BV, Binh NH, Morishita T, Sato K, Yamamoto N, Isomura S, Yoshioka K, Ishikawa T, Mishiro S, Kakumu S.

    J Med Virol   61 巻 ( 1 ) 頁: 23-28   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  149. Properties of hepatitis B virus genome recovered from Vietnamese patients with fulminant hepatitis in comparison with those of acute hepatitis

    Yuasa R, Takahashi B, Dien BV, Binh NH, Morishita T, Sato K, Yamamoto N, Isomura S, Yoshioka K, Ishikawa T, Mishiro S, Kakumu S

    JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY   61 巻 ( 1 ) 頁: 23 - 28   2000年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  150. Decreased function of peripheral blood dendritic cells in patients with hepatocellular carcinoma with hepatitis B and C virus infection

    Kakumu S, Ito S, Ishikawa T, Mita Y, Tagaya T, Fukuzawa Y, Yoshioka K

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   15 巻 ( 4 ) 頁: 431 - 436   2000年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  151. Elevated intracellular IFN-gamma levels in circulating CD8+ lymphocytes in patients with fulminant hepatitis. 査読有り

    Kimura K, Ando K, Ohnishi H, Tomita E, Muto Y, Moriwaki H, Ishikawa T, Kakumu S.

    J Hepatol   31 巻 ( 4 ) 頁: 579-583   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  152. Immuno-pathogenesis of hepatic fibrosis in chronic liver injury induced by repeatedly administered concanavalin A. 査読有り

    Kimura K, Ando K, Ohnishi H, Takemura M, Muto Y, Moriwaki H, Ishikawa T, Kakumu S.

    Int Immunol   11 巻 ( 9 ) 頁: 1491-1500   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  153. Gene mutation of transforming growth factor beta1 type II receptor in hepatocellular carcinoma. 査読有り

    Furuta K, Misao S, Takahashi K, Tagaya T, Fukuzawa Y, Ishikawa T, Yoshioka K, Kakumu S.

    Int J Cancer   81 巻 ( 6 ) 頁: 851-853   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  154. Polyclonality and multispecificity of the CTL response to a single viral epitope. 査読有り

    Ishikawa T, Kakumu S, Kono D, Chung J, Fowler P, Theofilopoulos A, Chisari FV.

    J Immunol   161 巻 ( 11 ) 頁: 5842-5850   1998年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  155. Different constitution of hepatitis C virus population in peripheral blood mononuclear cells and plasma in patients with type C chronic liver disease. 査読有り

    Okumura A, Yoshioka K, Aiyama T, Takayanagi M, Iwata K, Ishikawa T, Kakumu S.

    Dig Dis Sci   43 巻 ( 2 ) 頁: 377-383   1998年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  156. Serum levels of IL-10, IL-15 and soluble tumor necrosis factor-alpha (TNF-alpha) receptors in type C chronic liver disease. 査読有り

    Kakumu S, Okumura A, Ishikawa T, Yano M, Enomoto A, Nishimura H, Yoshioka K, Yoshikai Y.

    Clin Exp Immunol   109 巻 ( 3 ) 頁: 458-463   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  157. Serial quantitation of serum core protein and viral RNA of hepatitis C virus after interferon therapy: Increase in viral load in biochemical responders. 査読有り

    Yoshioka K, Aiyama T, Iwata K, Yano M, Okumura A, Ishikawa T, Kakumu S.

    Am J Gastroenterol   92 巻 ( 8 ) 頁: 1305-1309   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  158. Interleukin 2 and gamma/delta T-cell receptors in peripheral blood of patients with chronic hepatitis C virus infection. 査読有り

    Kakumu S, Ishikawa T, Okumura A, Yoshioka K.

    Hepatol Res   7 巻 ( 2 ) 頁: 83-93   1997年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  159. Earlier loss of hepatitis C virus RNA in interferon therapy can predict a long-term response in chronic hepatitis C. 査読有り

    Kakumu S, Aiyama T, Okumura A, Iwata K, Ishikawa T, Yoshioka K.

    J Gastroenterol Hepatol   12 巻 ( 6 ) 頁: 468-472   1997年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  160. Production of interleukins 10 and 12 by peripheral blood mononuclear cells (PBMC) in chronic hepatitis C virus (HCV) infection. 査読有り

    Kakumu S, Okumura A, Ishikawa T, Iwata K, Yano M, Yoshioka K.

    Clin Exp Immunol   108 巻 ( 1 ) 頁: 138-143   1997年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  161. Humoral immune response to the hypervariable region of hepatitis C virus differs between genotype 1b and 2a. 査読有り

    Yoshioka K, Aiyama T, Okumura A, Takayanagi M, Iwata K, Ishikawa T, Nagai Y, Kakumu S.

    J Infect Dis   175 巻 ( 3 ) 頁: 505-510   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  162. Cyclosporine therapy affects amino-transferase activity but not hepatitis C virus RNA levels in chronic hepatitis C. 査読有り

    Kakumu S, Takayanagi M, Iwata K, Okumura A, Aiyama T, Ishikawa T, Nadai M, Yoshioka K.

    J Gastroenterol Hepatol   12 巻 ( 1 ) 頁: 62-66   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  163. Hypervariable region sequence in cryoglobulin-associated hepatitis C virus in sera of patients with chronic hepatitis C: relationship to antibody response against hypervariable region genome. 査読有り

    Aiyama T, Yoshioka K, Okumura A, Takayanagi M, Iwata K, Ishikawa T, Kakumu S.

    Hepatology   24 巻 ( 6 ) 頁: 1346-1350   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  164. Sequence analysis of hypervariable region of hepatitis C virus (HCV) associated with immune complex in patients with chronic HCV infection. 査読有り

    Aiyama T, Yoshioka K, Okumura A, Takayanagi M, Iwata K, Ishikawa T, Kakumu S.

    J Infect Dis   174 巻 ( 6 ) 頁: 1316-1320   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  165. Serial analysis of hepatitis B virus core nucleotide sequence of patients with acute exacerbation during chronic infection. 査読有り

    Okumura A, Takayanagi M, Aiyama T, Iwata K, Wakita T, Ishikawa T, Yoshioka K, Kakumu S.

    J Med Virol   49 巻 ( 2 ) 頁: 103-109   1996年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  166. Intracellular inactivation of the hepatitis B virus by cytotoxic T lymphocytes. 査読有り

    Guidotti LG, Ishikawa T, Hobbs MV, Matzke B, Schreiber RD, Chisari FV.

    Immunity   4 巻 ( 1 ) 頁: 25-36   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  167. Posttranscriptional clearance of hepatitis B virus RNA by cytotoxic T lymphocyte-activated hepatocytes. 査読有り

    Tsui LV, Guidotti LG, Ishikawa T, Chisari FV.

    Proc Natl Acad Sci USA   92 巻 ( 26 ) 頁: 12398-12402   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  168. CTL access to tissue antigen is restricted in vivo. 査読有り

    Ando K, Guidotti LG, Cerny A, Ishikawa T, Chisari FV.

    J Immunol   153 巻 ( 2 ) 頁: 482-488   1994年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  169. ClassⅠrestricted cytotoxic T lymphocytes are directly cytopathic for their target cells in vivo. 査読有り

    Ando K, Guidotti LG, Wirth S, Ishikawa T, Missale G, Moriyama T, Schreiber RD, Schricht HJ, Huang S, Chisari FV.

    J Immunol   152 巻 ( 7 ) 頁: 3245-3253   1994年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  170. Cytotoxic T lymphocytes inhibit hepatitis B virus gene expression by a noncytolytic mechanism in transgenic mice. 査読有り

    Guidotti LG, Ando K, Hobbs MV, Ishikawa T, Runkel RD, Schreiber RD, Chisari FV.

    Proc Natl Acad Sci USA   91 巻 ( 9 ) 頁: 3764-3768   1994年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  171. Hepatitis C virus genotypes are not responsible for development of serious liver disease. 査読有り

    Yamada M, Kakumu S, Yoshioka K, Higashi Y, Tanaka K, Ishikawa T, Takayanagi M.

    Dig Dis Sci   39 巻 ( 2 ) 頁: 234-239   1994年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  172. Interferon-gamma production specific for hepatitis B virus antigen by intrahepatic T lymphocytes in patients with acute and chronic hepatitis B. 査読有り

    Kakumu S, Ishikawa T, Wakita T, Yoshioka K, Takayanagi M, Tahara H, Kusakabe A.

    Am J Gastroenterol   89 巻 ( 1 ) 頁: 92-96   1994年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  173. Dynamics of genome change in the E2/NS1 region of hepatitis C virus in vivo. 査読有り

    Higashi Y, Kakumu S, Yoshioka K, Wakita T, Mizokami M, Ohba K, Ito Y, Ishikawa T, Takayanagi M, Nagai Y.

    Virology   197 巻 ( 2 ) 頁: 659-668   1993年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  174. Cytotoxic T lymphocyte activity to hepatitis B virus DNA-transfected HepG2 cells in patients with chronic hepatitis B. 査読有り

    Ito Y, Kakumu S, Yoshioka K, Wakita T, Ishikawa T, Koike K.

    J Gastroenterol   28 巻 ( 5 ) 頁: 657-665   1993年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  175. Relative immunogenicity of hepatitis B virus-encoded antigens as targets for cytotoxic T cell response. 査読有り

    Ishikawa T, Kakumu S, Yoshioka K, Yamada Y, Tanaka K, Higashi Y, Takayanagi M, Okumura A, Kojima A, Tamura S.

    Immunology   80 巻 ( 2 ) 頁: 313-318   1993年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  176. Comparison of envelope and precore/core variants of hepatitis B virus (HBV) during chronic HBV infection. 査読有り

    Takayanagi M, Kakumu S, Wakita T, Ishikawa T, Yoshioka Y, Higashi Y.

    Virology   196 巻 ( 1 ) 頁: 138-145   1993年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  177. A pilot study of ribavirin and interferon beta for the treatment of chronic hepatitis C. 査読有り

    Kakumu S, Yoshioka K, Wakita T, Ishikawa T, Takayanagi M, Higashi Y.

    Gastroenterology   105 巻 ( 2 ) 頁: 507-512   1993年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  178. Pilot study of ribavirin and interferon-beta for chronic hepatitis B. 査読有り

    Kakumu S, Yoshioka K, Wakita T, Ishikawa T, Takayanagi M, Higashi Y.

    Hepatology   18 巻 ( 2 ) 頁: 258-263   1993年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  179. Effects of interferon-alpha treatment on hepatitis B virus antigen-specific immunologic responses in patients with chronic hepatitis B. 査読有り

    Ishikawa T, Kakumu S, Yoshioka K, Kurokawa S, Kusakabe A, Tahara H, Hirofuji H, Kawabe M.

    Liver   13 巻 ( 2 ) 頁: 95-101   1993年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  180. Effect of recombinant human transforming growth factor beta1 on immune responses in patients with chronic hepatitis B. 査読有り

    Kakumu S, Ito Y, Takayanagi M, Yoshioka K, Wakita T, Ishikawa T, Higashi Y, Yang ZQ.

    Liver   13 巻 ( 2 ) 頁: 62-68   1993年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  181. Effects of transforming growth factor-beta1 against the inhibitory action of interferon on DNA synthesis and viral replication in hepatitis B virus DNA-transfected cells. 査読有り

    Kakumu S, Ito Y, Wakita T, Yoshioka K, Ishikawa T, Tkayanagi M, Higashi Y, Yang ZQ.

    J Med Virol   38 巻 ( 1 ) 頁: 62-66   1992年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  182. Detection of hepatitis C virus by polymerase chain reaction and response to interferon-alpha therapy: Relation to genotype of hepatitis C virus. 査読有り

    Yoshioka K, Kakumu S, Wakita T, Ishikawa T, Ito Y, Takayanagi M, Higashi Y, Shibata M, Morishima T.

    Hepatology   16 巻 ( 2 ) 頁: 293-299   1992年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  183. Cellular immune response of peripheral blood mononuclear cells to HBV antigens during chronic and acute HBV infection. 査読有り

    Wakita T, Kakumu S, Yoshioka K, Ishikawa T, Ito Y, Shinagawa T.

    Digestion   52 巻 ( 1 ) 頁: 26-33   1992年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  184. Immune response of peripheral blood mononuclear cells to antigenic determinants within hepatitis B core antigen in HB virus-infected man. 査読有り

    Ishikawa T, Kakumu S, Yoshioka K, Wakita T, Takayanagi M, Orido E.

    Liver   12 巻 ( 2 ) 頁: 100-105   1992年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  185. Interleukin 6 production by peripheral blood mononuclear cells in patients with chronic hepatitis B virus infection and primary biliary cirrhosis. 査読有り

    Kakumu S, Shinagawa T, Ishikawa T, Yoshioka K, Wakita T, Ida N.

    J Gastroenterol   28 巻 ( 1 ) 頁: 18-24   1992年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  186. Detection of pre-C and core region mutants of hepatitis B virus (HBV) in chronic HBV carriers. 査読有り

    Wakita T, Kakumu S, Shibata M, Yoshioka K, Ito Y, Shinagawa T, Ishikawa T, Takayanagi M, Morishima T.

    J Clin Invest   88 巻 ( 6 ) 頁: 1793-1801   1991年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  187. Serum interleukin 6 levels in patients with chronic hepatitis B. 査読有り

    Kakumu S, Shinagawa T, Ishikawa T, Yoshioka K, Wakita T, Ito Y, Takayanagi M, Ida N.

    Am J Gastroenterol   86 巻 ( 12 ) 頁: 1804-1808   1991年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  188. Apoptosis in cultured rat hepatocytes: The effects of tumor necrosis factor alpha and interferon gamma. 査読有り

    Shinagawa T, Yoshioka K, Kakumu S, Wakita T, Ishikawa T, Ito Y, Takayanagi M.

    J Pathol   165 巻 ( 3 ) 頁: 247-253   1991年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  189. Anti-hepatitis C antibodies in patients with chronic non-A, non-B hepatitis: relation to disease progression and effect of interferon alpha. 査読有り

    Yoshioka K, Kakumu S, Hayashi H, Shinagawa T, Wakita T, Ishikawa T, Ito Y, Takayanagi M.

    Am J Gastroenterol   86 巻 ( 10 ) 頁: 1495-1499   1991年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  190. Treatment with human gamma interferon of chronic hepatitis B: Comparative study with alpha interferon. 査読有り

    Kakumu S, Ishikawa T, Mizokami M, Orido E, Yoshioka K, Wakita T, Yamamoto M.

    J Med Virol   35 巻 ( 1 ) 頁: 32-37   1991年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  191. Effect of sizofiran, a polysaccharide, on interferon gamma, antibody and lymphocyte proliferation specific for hepatitis B virus antigen in patients with chronic hepatitis B. 査読有り

    Kakumu S, Ishikawa T, Wakita T, Yoshioka K, Ito Y, Shinagawa T.

    Int J Immunopharm   13 巻 ( 7 ) 頁: 969-976   1991年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  192. In vitro production of anti-mitochondrial antibody by peripheral blood mononuclear cells in patients with primary biliary cirrhosis. 査読有り

    Ishikawa T, Kakumu S, Wakita T, Takayanagi M, Yoshioka K.

    J Clin Lab Immunol   35 巻 ( 1 ) 頁: 17-25   1991年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  193. T cell lines reactive with hepatitis B core and e antigens in patients with chronic hepatitis B. 査読有り

    Ishikawa T, Kakumu S, Yoshioka K, Wakita T, Shinagawa T, Ito Y.

    J Clin Lab Immunol   34 巻 ( 4 ) 頁: 151-156   1991年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  194. Effects of TJ-9 Sho-saiko-to (Kampo Medicine) on interferon gamma and antibody production specific for hepatitis B virus antigen in patients with type B chronic hepatitis. 査読有り

    Kakumu S, Yoshioka K, Wakita T, Ishikawa T.

    Int J Immunopharm   13 巻 ( 2/3 ) 頁: 141-146   1991年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  195. Comparison of peripheral blood and hepatic lymphocyte subpopulations and interferon production in chronic viral hepatitis. 査読有り

    Kakumu S, Yoshioka K, Wakita T, Ishikawa T, Murase A, Kusakabe A, Kurokawa S.

    J Clin Lab Immunol   33 巻 ( 1 )   1990年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  196. Immunohistochemical studies of intrahepatic tumor necrosis factor alpha in chronic liver disease. 査読有り

    Yoshioka K, Kakumu S, Arao M, Tsutsumi Y, Inoue M, Wakita T, Ishikawa T, Mizokami M.

    J Clin Pathol   43 巻 ( 4 ) 頁: 298-302   1990年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  197. In vitro production of antibody to hepatitis B core and e antigen by prepheral blood mononuclear cells in patients with chronic hepatitis B virus infection. 査読有り

    Tsutsumi Y, Kakumu S, Wakita T, Yoshioka K, Ishikawa T.

    J Immunol   144 巻 ( 6 ) 頁: 2389-2393   1990年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 45

  1. B型肝炎ワクチンとアジュバント 「次世代アジュバント開発のためのメカニズム解明と安全性」

    伊藤弘康、石川哲也

    シーエムシー出版  2017年 

     詳細を見る

    担当ページ:309-315   記述言語:日本語

  2. 血液検査:免疫学的検査、一般検査 「ここまできた肝臓病診療」

    石川哲也( 担当: 分担執筆)

    中山書店  2017年 

     詳細を見る

    担当ページ:114-120   記述言語:日本語

  3. ウイルス肝炎の発症機序肝臓専門医テキスト 改訂第2版(日本肝臓学会編)

    石川哲也( 担当: 分担執筆)

    南江堂  2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:36-39   記述言語:日本語

  4. C型肝炎治療の現状について

    石川哲也( 担当: 分担執筆)

    明日の臨床  2015年 

     詳細を見る

    担当ページ:29 - 34   記述言語:日本語

  5. B型肝炎 病態 B型肝炎の発症機序と病態

    石川哲也( 担当: 分担執筆)

    日本臨床  2015年 

     詳細を見る

    担当ページ:429 - 433   記述言語:日本語

  6. ウイルス肝炎の発症機序 「肝臓専門医テキスト 日本肝臓学会編」

    石川哲也( 担当: 単著)

    南江堂  2013年3月  ( ISBN:978-4-524-26812-2

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. B型肝炎についての最近の話題

    石川哲也( 担当: 単著)

    健康文化振興財団  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. B型慢性肝炎 「肝疾患レジデントマニュアル」

    石川哲也( 担当: 単著)

    医学書院  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. 画像検査所見、病理検査所見 「重篤副作用疾患別対応マニュアル 第2集」

    石川哲也( 担当: 単著)

    日本医薬情報センター  2008年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. 肝疾患レジデントマニュアル

    柴田 実, 八橋 弘, 石川 哲也, 伊東 和樹( 担当: 共著)

    医学書院  2008年  ( ISBN:9784260006408

     詳細を見る

  11. C型急性肝炎 「消化器疾患最新の治療2007-2008」

    石川哲也( 担当: 単著)

    南江堂  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. HCVキャリアの指導、管理および院内感染事故対策 「今日の治療指針 2007年度版」

    石川哲也( 担当: 単著)

    医学書院  2007年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. B型肝炎 -急性肝炎- 「肝臓病学」

    各務伸一,石川哲也( 担当: 共著)

    朝倉書店  2006年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. 慢性肝炎 「ガイドライン外来診療2006」

    石川哲也( 担当: 単著)

    日経メディカル開発  2006年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  15. HBVキャリアの指導、管理および院内感染事故対策 「今日の治療指針 2006年度版」

    石川哲也( 担当: 単著)

    医学書院  2006年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. 概説-肝疾患- 「中高年・疾病予防(健康づくり)のための運動の実際」

    石川哲也( 担当: 単著)

    全日本病院出版会  2005年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  17. 急性ウイルス肝炎:B型肝炎 「臨床消化器病学」

    各務伸一,石川哲也( 担当: 共著)

    朝倉書店  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  18. 慢性ウイルス肝炎:B型肝炎 「臨床消化器病学」

    各務伸一,石川哲也( 担当: 共著)

    朝倉書店  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  19. B型肝炎 「肝疾患と免疫」

    石川哲也( 担当: 単著)

    医薬ジャーナル社  2005年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  20. B型肝炎の発症機序とHBV持続感染 「ウイルス性肝炎 消化器3」

    石川哲也,各務伸一( 担当: 共著)

    最新医学社  2005年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  21. B型肝炎:ウイルス、病態、診断 「Annual Review 消化器2005」

    各務伸一,奥村明彦,石川哲也( 担当: 共著)

    中外医薬社  2005年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  22. ラミブジンとHBワクチン併用療法の効果と問題点 「ウイルス性肝炎 下- 基礎・臨床研究の進歩-」

    石川哲也,各務伸一( 担当: 共著)

    日本臨床社  2004年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  23. B型慢性肝炎 「消化器病診療 -良きインフォームド・コンセントに向けて-」

    各務伸一,石川哲也,奥村明彦( 担当: 共著)

    医学書院  2004年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  24. B型肝炎 免疫療法 「コンセンサス 肝疾患 治療 2004」

    石川哲也( 担当: 単著)

    アークメディア  2003年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  25. 慢性肝炎,肝硬変の治療;ワクチン治療 「消化器病セミナー91 -ウイルス肝炎の治療はどのように変わったか-」

    石川哲也,各務伸一( 担当: 共著)

    へるす出版  2003年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  26. 肝細胞のケモカイン産生が炎症の方向性に与える影響について 「再生・増殖・分化と消化器病」

    田邊純一,石川哲也,奥村明彦,前野禎,佐藤顕,綾田穣,堀田直樹,多賀谷恒明,福沢義孝,吉岡健太郎.各務伸( 担当: 共著)

    アークメディア  2002年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  27. B型慢性肝炎におけるラミブジンとワクチンの併用療法 「B型・C型肝炎治療の新しい展開」

    各務伸一,石川哲也( 担当: 共著)

    犬山シンポジウム記録刊行会、アークメディア  2002年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  28. B型肝炎 病態 「コンセンサス肝疾患2002 診断・治療と病態」

    石川哲也( 担当: 単著)

    日本メディカルセンター  2002年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  29. 肝と免疫 「Annual Review 消化器2002」

    各務伸一,奥村明彦,石川哲也( 担当: 共著)

    中外医薬社  2002年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  30. The mechanism of liver injury in hepatitis B virus infection. “Molecular Biology and Immunology in Hepatology-Advances in the Treatment of Intractable Liver Diseases-“

    Ishikawa T, Kakumu S.( 担当: 共著)

    Elsevier Science B.V.  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  31. B型肝炎の免疫学的治療の検討-HBVトランスジェニックマウスを用いて- 「肝臓フォーラム '01記録集」

    石川哲也( 担当: 単著)

    2002年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  32. B型慢性肝炎に対するワクチン+ラミブジン併用療法 「B型肝炎の新しい展開」

    各務伸一,石川哲也( 担当: 共著)

    犬山シンポジウム記録刊行会、アークメディア  2001年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  33. ウイルス肝炎:B型 「消化器疾患の分子医学」

    石川哲也,各務伸一( 担当: 共著)

    日本メディカルセンター  2001年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  34. B型肝炎とは 「慢性肝疾患診療マニュアル」

    石川哲也,各務伸一( 担当: 共著)

    2001年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  35. 肝細胞のケモカイン産生に対するサイトカインの影響 「肝の生化学」

    石川哲也,田邊純一,各務伸一( 担当: 共著)

    箱根シンポジウム記録刊行会  2000年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  36. The mechanism of liver injury and viral clearance in hepatitis B virus infection. “Progress in Hepatology”

    Ishikawa T, Kakumu S( 担当: 共著)

    Elsevier Science B.V.  1999年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  37. ウイルス抗原に対する免疫応答の多様性と変異によるウイルス逃避の可能性について 「消化器疾患と細胞内情報伝達」

    石川哲也( 担当: 単著)

    アークメディア  1999年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  38. B型肝炎 「医学のあゆみ 消化器疾患 Ver.2 II. 肝・胆・膵」

    石川哲也,各務伸一( 担当: 共著)

    1999年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  39. 肝炎慢性化におけるcostimulatory moleculeの関与 -CD8+細胞障害性Tリンパ球(CTL)の機能に与える影響について- 「肝免疫の最前線」

    石川哲也,景山正之,奥村明彦,各務伸一( 担当: 共著)

    マイライフ社  1999年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  40. 発症機序と診断(B型肝炎) 「肝臓病 今日の診断と最新の治療」

    各務伸一,石川哲也( 担当: 共著)

    国際医書出版  1997年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  41. Role of immune response on liver cell injury and regulation of the virus.“Frontier in Hepatology '97”

    Ishikawa T, Chisari FV, Kakumu S.( 担当: 共著)

    Axel Springer Japan Publishing Inc.  1997年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  42. マウスHBs抗原特異的CTLのレパトア解析とその意義 「肝臓病学の最前線 1997」

    各務伸一,石川哲也( 担当: 共著)

    中外医薬社  1997年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  43. ウイルソン病 「肝臓病の原因と治療」

    石川哲也( 担当: 単著)

    PHP研究所  1997年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  44. B型肝炎 -肝細胞障害のメカニズム-「消化器診療プラクティス 14 自己免疫性肝炎」

    石川哲也,各務伸一( 担当: 共著)

    文光堂  1996年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  45. B型肝炎 「肝と免疫」

    石川哲也( 担当: 単著)

    医薬ジャーナル社  1996年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

MISC 59

  1. 肝細胞キメラマウス作製系を用いたアロ肝細胞に対する免疫拒絶反応の解析

    玉置 優貴, 名仁澤 英里, 宮下 凜太朗, 園 玲華, 林 由美, 石川 哲也  

    臨床病理67 巻 ( 補冊 ) 頁: 166 - 166   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床検査医学会  

  2. B型肝炎ウイルスの生活環におけるエンドサイトーシス経路の役割

    宮下 凜太郎, 名仁澤 英里, 園 玲華, 玉置 優貴, 林 由美, 石川 哲也  

    臨床病理67 巻 ( 補冊 ) 頁: 257 - 257   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床検査医学会  

  3. B型肝炎ウイルストランスジェニックマウスにおける肝細胞の小胞体ストレスと肝障害重症化機序

    園 玲華, 石川 哲也, 林 由美, 名仁澤 英里, 玉置 優貴, 宮下 凛太郎  

    臨床病理67 巻 ( 補冊 ) 頁: 258 - 258   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床検査医学会  

  4. マウス肝障害モデルにおけるトロンボモジュリン遺伝子導入脂肪由来幹細胞の炎症軽減効果について

    山本 万智, 名仁澤 英里, 今井田 藍, 山崎 花那子, 園 玲華, 玉置 優貴, 宮下 凛太郎, 林 由美, 石川 哲也  

    臨床病理66 巻 ( 補冊 ) 頁: 233 - 233   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床検査医学会  

  5. B型肝炎ウイルス粒子可視化技術を用いたウイルス生活環の解析

    今井田 藍, 山崎 花那子, 山本 万智, 名仁澤 英里, 玉置 優貴, 宮下 凛太郎, 園 玲華, 林 由美, 石川 哲也  

    臨床病理66 巻 ( 補冊 ) 頁: 251 - 251   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床検査医学会  

  6. B型肝炎ウイルス粒子の蛍光ラベルによる可視化と細胞内取込み機構の解析

    山崎 花那子, 今井田 藍, 名仁澤 英里, 山本 万智, 宮下 凛太郎, 玉置 優貴, 園 玲華, 林 由美, 石川 哲也  

    臨床病理66 巻 ( 補冊 ) 頁: 251 - 251   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床検査医学会  

  7. 量子ドットを用いた移植幹細胞・免疫細胞間interaction蛍光イメージング

    北村 晃大, 湯川 博, 佐藤 和秀, 有本 知子, 小野島 大介, 石川 哲也, 馬場 嘉信  

    バイオイメージング27 巻 ( 2 ) 頁: 83 - 83   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオイメージング学会  

  8. 探針エレクトロスプレーイオン化タンデム質量分析(PESI/MS/MS)とScheduled SRM法を用いた生体組織のインタクト・メタボロミクス法の構築

    近藤 健太, 林 由美, 村田 匡, 土屋 弥月, 大原 倫美, 石川 哲也, 緒方 是嗣, 土橋 均, 石井 晃, 財津 桂  

    JSBMS Letters43 巻 ( Suppl. ) 頁: 143 - 143   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医用マススペクトル学会  

  9. 探針エレクトロスプレーイオン化タンデム質量分析(PESI/MS/MS)を用いたin vivoリアルタイム・モニタリングシステムの構築

    林 由美, 財津 桂, 村田 匡, 土橋 均, 石井 晃, 緒方 是嗣, 石川 哲也  

    JSBMS Letters43 巻 ( Suppl. ) 頁: 144 - 144   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医用マススペクトル学会  

  10. 3年半ぶりのソラフェニブ増量にて完全奏功が得られた進行肝細胞癌の1例

    武藤 久哲, 葛谷 貞二, 横山 晋也, 田中 卓, 山本 健太, 安藤 祐資, 伊藤 隆徳, 安田 諭, 石津 洋二, 本多 隆, 林 和彦, 石上 雅敏, 石川 哲也, 廣岡 芳樹, 後藤 秀実  

    The Liver Cancer Journal ( Suppl.1 ) 頁: 52 - 53   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

  11. 量子ドットによる移植幹細胞・免疫細胞間インターラクションin vivo蛍光イメージング

    北村 晃大, 湯川 博, 佐藤 和秀, 有本 知子, 小野島 大介, 石川 哲也, 馬場 嘉信  

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集34回 巻 ( 2 ) 頁: 156 - 156   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本DDS学会  

  12. 進行肝細胞癌に対するレゴラフェニブの投与後早期(6週間以内)の治療成績 ソラフェニブ導入時との比較

    葛谷 貞二, 石上 雅敏, 武藤 久哲, 横山 晋也, 田中 卓, 山本 健太, 安藤 祐資, 伊藤 隆徳, 安田 諭, 石津 洋二, 本多 隆, 林 和彦, 石川 哲也, 廣岡 芳樹, 後藤 秀実  

    肝臓59 巻 ( Suppl.1 ) 頁: A509 - A509   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  13. 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ投与後の肝予備能推移 初回画像PD判定時にレゴラフェニブへの切り替え条件を満たすかにも着目して

    葛谷 貞二, 石上 雅敏, 武藤 久哲, 横山 晋也, 田中 卓, 山本 健太, 安藤 祐資, 伊藤 隆徳, 安田 諭, 石津 洋二, 本多 隆, 林 和彦, 石川 哲也, 廣岡 芳樹, 後藤 秀実  

    日本消化器病学会雑誌115 巻 ( 臨増総会 ) 頁: A283 - A283   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

  14. 肝硬変患者におけるサルコペニアと栄養状態・QOLとの関連性

    安藤 祐資, 石上 雅敏, 石津 洋二, 葛谷 貞二, 本多 隆, 林 和彦, 石川 哲也, 廣岡 芳樹, 後藤 秀実  

    日本消化器病学会雑誌115 巻 ( 臨増総会 ) 頁: A297 - A297   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

  15. C型慢性肝炎・肝硬変患者に対するDAAs治療が血球数に与える影響

    石津 洋二, 石上 雅敏, 武藤 久哲, 横山 晋也, 田中 卓, 山本 健太, 安藤 祐資, 伊藤 隆徳, 安田 諭, 葛谷 貞二, 本多 隆, 林 和彦, 廣岡 芳樹, 石川 哲也, 後藤 秀実  

    日本消化器病学会雑誌115 巻 ( 臨増総会 ) 頁: A313 - A313   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

  16. 量子ドットによる増殖癌細胞・免疫細胞in vivo蛍光イメージング技術の構築

    北村 晃大, 湯川 博, 佐藤 和秀, 有本 知子, 小野島 大介, 石川 哲也, 馬場 嘉信  

    Organ Biology24 巻 ( 3 ) 頁: 93 - 93   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臓器保存生物医学会  

  17. 線維化進展例におけるIFNフリー抗HCV治療の効果 IFN時代と比較して何が変わったか?

    石上 雅敏, 安藤 祐資, 林 和彦, 本多 隆, 葛谷 貞二, 石津 洋二, 伊藤 隆徳, 安田 諭, 山本 健太, 田中 卓, 横山 晋也, 中野 功, 石川 哲也, 後藤 秀実  

    肝臓58 巻 ( Suppl.2 ) 頁: A628 - A628   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  18. 好酸球増多症を合併したBudd Chiari症候群の1例

    石津 洋二, 石上 雅敏, 横山 晋也, 田中 卓, 安藤 祐資, 伊藤 隆徳, 安田 諭, 野村 彩, 葛谷 貞二, 本多 隆, 林 和彦, 廣岡 芳樹, 石川 哲也, 後藤 秀実  

    日本門脈圧亢進症学会雑誌23 巻 ( 3 ) 頁: 135 - 135   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本門脈圧亢進症学会  

  19. 量子・磁気ナノハイブリッド粒子による幹細胞イメージングおよびハイパーサーミア効果

    小林 香央里, 湯川 博, 村田 勇樹, 城 潤一郎, 小野島 大介, 山本 雅哉, 石川 哲也, 田畑 泰彦, 馬場 嘉信  

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集33回 巻   頁: 235 - 235   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本DDS学会  

  20. 細胞トレーシングのためのDDS 量子ドットによる移植幹細胞in vivo蛍光イメージング

    湯川 博, 石川 哲也, 田畑 泰彦, 馬場 嘉信  

    日本DDS学会学術集会プログラム予稿集33回 巻   頁: 90 - 90   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本DDS学会  

  21. セロトニン症候群モデルラットにおける筋肉の異常収縮と血漿メタボローム・プロファイルの関連性

    財津 桂, 野田 沙樹, 林 由美, 大原 倫美, 井口 亮, 草野 麻衣子, 佐藤 貴子, 土橋 均, 石川 哲也, 鈴木 廣一, 石井 晃  

    The Journal of Toxicological Sciences42 巻 ( Suppl. ) 頁: S197 - S197   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本毒性学会  

  22. 門脈腫瘍栓を伴う進行肝細胞癌に対するソラフェニブの治療成績 6週PD判定の有無に着目して

    葛谷 貞二, 石上 雅敏, 横山 晋也, 田中 卓, 山本 健太, 安藤 祐資, 伊藤 隆徳, 安田 諭, 野村 彩, 石津 洋二, 本多 隆, 林 和彦, 石川 哲也, 廣岡 芳樹, 後藤 秀実  

    肝臓58 巻 ( Suppl.1 ) 頁: A275 - A275   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  23. 歯髄幹細胞無血清培養上清による難治性肝疾患での有用性の検討 急性・慢性肝炎動物モデルにおける効果発現メカニズムの違いに着目して

    伊藤 隆徳, 田中 卓, 山本 健太, 安藤 祐資, 安田 諭, 野村 彩, 加藤 幸一郎, 石津 洋二, 葛谷 貞二, 本多 隆, 林 和彦, 石上 雅敏, 廣岡 芳樹, 石川 哲也, 後藤 秀実  

    肝臓58 巻 ( Suppl.1 ) 頁: A256 - A256   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  24. 慢性肝疾患患者における生活習慣による腸内細菌への影響

    山本 健太, 石上 雅敏, 田中 卓, 安藤 祐資, 伊藤 隆徳, 安田 諭, 野村 彩, 加藤 幸一郎, 石津 洋二, 葛谷 貞二, 本多 隆, 林 和彦, 廣岡 芳樹, 石川 哲也, 後藤 秀実  

    肝臓58 巻 ( Suppl.1 ) 頁: A237 - A237   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  25. C型慢性肝炎における線維化進展例(Fib4 index≧3.25)におけるウイルス消失後の肝予備能の変化

    石上 雅敏, 林 和彦, 本多 隆, 葛谷 貞二, 石津 洋二, 野村 彩, 伊藤 隆徳, 安田 諭, 安藤 祐資, 山本 健太, 田中 卓, 横山 晋也, 石川 哲也, 中野 功, 廣岡 芳樹, 後藤 秀実  

    肝臓58 巻 ( Suppl.1 ) 頁: A311 - A311   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  26. メタボロミクスによる妊娠期DEHP曝露における胎児低生存率の解析

    林 由美, 財津 桂, 名仁澤 英里, 平野 文香, 大原 倫美, 野田 沙樹, 石井 晃, 伊藤 由起, 那須 民江, 石川 哲也  

    日本衛生学雑誌72 巻 ( Suppl. ) 頁: S198 - S198   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本衛生学会  

  27. BIOINDUSTRY・NIR-II近赤外領域における移植幹細胞in vivo蛍光イメージング

    湯川 博, 小林 香央里, 新岡 宏彦, 亀山 達矢, 佐藤 和秀, 鳥本 司, 石川 哲也, 馬場 嘉信  

    BIOINDUSTRY・NIR-II近赤外領域における移植幹細胞in vivo蛍光イメージング34 巻 ( 1 ) 頁: 27 - 34   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  28. DDS・イメージング 量子ドットによる移植幹細胞in vivo蛍光イメージング手法の構築

    湯川 博, 石川 哲也, 馬場 嘉信  

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集シンポジウム2016 巻   頁: 215 - 215   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオマテリアル学会  

  29. 再生医療 いま見えてきた課題 量子ドットによる移植幹細胞in vivo蛍光リアルタイムイメージング

    湯川 博, 有本 知子, 吉住 寧真, 荻原 裕佑, 石川 哲也, 馬場 嘉信  

    Organ Biology23 巻 ( 3 ) 頁: 60 - 60   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臓器保存生物医学会  

  30. 肝臓特異的UBXD8ノックアウトは脂質負荷・コリン欠乏に対し線維化形成を促進する

    今井 則博, 山本 健太, 安藤 祐資, 伊藤 隆徳, 安田 諭, 野村 彩, 加藤 幸一郎, 新家 卓郎, 石津 洋二, 葛谷 貞二, 本多 隆, 林 和彦, 石上 雅敏, 廣岡 芳樹, 石川 哲也, 後藤 秀実  

    肝臓57 巻 ( Suppl.2 ) 頁: A553 - A553   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  31. 新規M2マクロファージ誘導因子を用いた難治性肝疾患治療法の開発

    伊藤 隆徳, 山本 朗仁, 山本 健太, 安藤 祐資, 安田 諭, 野村 彩, 加藤 幸一郎, 新家 卓郎, 石津 洋二, 葛谷 貞二, 本多 隆, 林 和彦, 石上 雅敏, 廣岡 芳樹, 石川 哲也, 日比 英晴, 後藤 秀実  

    肝臓57 巻 ( Suppl.2 ) 頁: A550 - A550   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  32. 肝硬変患者におけるpresarcopeniaが推算糸球体濾過量(eGFR)に与える影響

    石津 洋二, 石上 雅敏, 山本 健太, 安藤 祐資, 伊藤 隆徳, 安田 諭, 野村 彩, 加藤 幸一郎, 新家 卓郎, 葛谷 貞二, 本多 隆, 林 和彦, 廣岡 芳樹, 石川 哲也, 後藤 秀実  

    肝臓57 巻 ( Suppl.2 ) 頁: A607 - A607   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  33. B型慢性肝炎におけるインターフェロン治療によるCoreI97の変化と肝炎沈静化

    本多 隆, 石上 雅敏, 山本 健太, 安藤 佑資, 安田 諭, 伊藤 隆徳, 野村 彩, 加藤 幸一郎, 新家 卓郎, 石津 洋二, 葛谷 貞二, 林 和彦, 廣岡 芳樹, 石川 哲也, 中野 功, 後藤 秀実  

    肝臓57 巻 ( Suppl.2 ) 頁: A530 - A530   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  34. 脂質メディエーターとメタボローム解析によるPPARαノックアウトマウスを用いたコカイン誘発性肝障害の解析

    篠田 諭, 林 由美, 財津 桂, 酒井 佑一朗, 山中 麻友美, 那須 民江, 石川 哲也, 吉本 高士, 草野 麻衣子, 土橋 均, 石井 晃  

    The Journal of Toxicological Sciences41 巻 ( Suppl. ) 頁: S258 - S258   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本毒性学会  

  35. ダクラタスビル+アスナプレビル治療症例におけるHCV抗原特異的免疫応答の変化について

    加藤 幸一郎, 石川 哲也, 石津 洋二, 荒川 恭宏, 安藤 祐資, 伊藤 隆徳, 安田 諭, 川口 彩, 新家 卓郎, 今井 則博, 葛谷 貞二, 本多 隆, 林 和彦, 石上 雅敏, 後藤 秀実  

    肝臓57 巻 ( Suppl.1 ) 頁: A324 - A324   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  36. B型肝炎研究のUp-To-Date B型肝炎ウイルス粒子可視化による細胞内侵入機構の解析

    石川 哲也, 湯川 博  

    肝臓57 巻 ( Suppl.1 ) 頁: A25 - A25   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  37. 肝細胞癌合併血友病患者に対するラジオ波焼灼術の安全性についての検討

    石津 洋二, 石上 雅敏, 安藤 祐資, 伊藤 隆徳, 安田 諭, 川口 彩, 加藤 幸一郎, 新家 卓郎, 今井 則博, 阿知波 宏一, 葛谷 貞二, 本多 隆, 林 和彦, 廣岡 芳樹, 石川 哲也, 後藤 秀実  

    日本消化器病学会雑誌113 巻 ( 臨増総会 ) 頁: A272 - A272   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

  38. HBs抗原消失がみられI97L変異の長期観察ができた症例の検討

    本多 隆, 石上 雅敏, 安藤 祐資, 安田 諭, 伊藤 隆徳, 川口 彩, 加藤 幸一郎, 新家 卓郎, 今井 則博, 阿知波 宏一, 石津 洋二, 葛谷 貞二, 林 和彦, 中野 功, 石川 哲也, 後藤 秀実  

    日本消化器病学会雑誌113 巻 ( 臨増総会 ) 頁: A392 - A392   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

  39. 【新ウイルス性肝炎学-最新の基礎・臨床研究情報-】B型肝炎 病態 B型肝炎の発症機序と病態

    石川 哲也  

    日本臨床73 巻 ( 増刊9 新ウイルス性肝炎学 ) 頁: 429 - 433   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本臨床社  

  40. 高齢者C型慢性肝炎におけるDaclatasvir/Asunaprevir併用療法の早期反応と治療効果

    本多 隆, 石上 雅敏, 安藤 祐資, 安田 諭, 伊藤 隆徳, 川口 彩, 加藤 幸一郎, 新家 卓郎, 今井 則博, 阿知波 宏一, 石津 洋二, 葛谷 貞二, 林 和彦, 石川 哲也, 中野 功, 後藤 秀実  

    肝臓56 巻 ( Suppl.3 ) 頁: A1046 - A1046   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  41. 超低毒性量子ドットによる幹細胞標識及び3D in vivoイメージング

    荻原 裕佑, 湯川 博, 小野島 大介, 亀山 達也, 林 由美, 鳥本 司, 石川 哲也, 馬場 嘉信  

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集37回 巻   頁: 338 - 338   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本バイオマテリアル学会  

  42. バルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術後の肝予備能の変化と肝臓体積の関連性

    石津 祥二, 石上 雅敏, 安藤 祐資, 伊藤 隆徳, 安田 諭, 川口 彩, 加藤 幸一郎, 新家 卓郎, 今井 則博, 阿知波 宏一, 葛谷 貞二, 本多 隆, 林 和彦, 廣岡 芳樹, 石川 哲也, 後藤 秀実  

    肝臓56 巻 ( Suppl.3 ) 頁: A1031 - A1031   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  43. M2マクロファージ誘導因子を用いた肝細胞保護効果の検討

    伊藤 隆徳, 松下 嘉泰, 安田 諭, 川口 彩, 加藤 幸一郎, 新家 卓郎, 今井 則博, 阿知波 宏一, 石津 洋二, 葛谷 貞二, 本多 隆, 林 和彦, 石上 雅敏, 廣岡 芳樹, 石川 哲也, 山本 朗仁, 後藤 秀実  

    肝臓56 巻 ( Suppl.3 ) 頁: A930 - A930   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  44. CA19-9高値で見つかった進行肝細胞癌に対しソラフェニブが奏功した一例

    安田 諭, 葛谷 貞二, 安藤 祐資, 伊藤 隆徳, 川口 彩, 加藤 幸一郎, 新家 卓郎, 今井 則博, 阿知波 宏一, 石津 洋二, 本多 隆, 林 和彦, 石上 雅敏, 廣岡 芳樹, 石川 哲也, 後藤 秀実  

    肝臓56 巻 ( Suppl.3 ) 頁: A1051 - A1051   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  45. ダクラタスビル+アスナプレビル治療中のHCV抗原特異的免疫応答の変化について

    加藤 幸一郎, 荒川 恭宏, 石川 哲也, 安藤 祐資, 伊藤 隆徳, 安田 諭, 川口 彩, 新家 卓郎, 今井 則博, 阿知波 宏一, 石津 洋二, 葛谷 貞二, 本多 隆, 林 和彦, 石上 雅敏, 脇田 隆字, 後藤 秀実  

    肝臓56 巻 ( Suppl.3 ) 頁: A995 - A995   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  46. 脂肪由来幹細胞が細胞傷害性Tリンパ球機能に与える影響について

    中切 健太, 大原 倫美, 平野 文香, 名仁澤 英里, 林 由美, 石川 哲也  

    臨床病理63 巻 ( 補冊 ) 頁: 216 - 216   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床検査医学会  

  47. レプチンが脂肪由来幹細胞の分化能に与える影響について

    大原 倫美, 中切 健太, 名仁澤 英里, 平野 文香, 林 由美, 石川 哲也  

    臨床病理63 巻 ( 補冊 ) 頁: 215 - 215   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床検査医学会  

  48. 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ投与後早期のPIVKA-2値の推移と抗腫瘍効果との関係

    葛谷 貞二, 石上 雅敏, 伊藤 隆徳, 安田 諭, 川口 彩, 加藤 幸一郎, 新家 卓郎, 今井 則博, 阿知波 宏一, 石津 洋二, 本多 隆, 林 和彦, 石川 哲也, 後藤 秀実  

    肝臓56 巻 ( Suppl.2 ) 頁: A748 - A748   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  49. 肝再生 基礎から臨床 マウス急性肝障害モデルにおける移植後脂肪由来幹細胞の生体内動態解析

    石川 哲也, 吉住 寧真, 湯川 博  

    肝臓56 巻 ( Suppl.2 ) 頁: A653 - A653   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  50. 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ不応後TACEを組み合わせた症例の治療成績

    葛谷 貞二, 石上 雅敏, 伊藤 隆徳, 安田 諭, 川口 彩, 加藤 幸一郎, 新家 卓郎, 今井 則博, 阿知波 宏一, 石津 洋二, 本多 隆, 林 和彦, 石川 哲也, 後藤 秀実  

    日本消化器病学会雑誌112 巻 ( 臨増大会 ) 頁: A871 - A871   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

  51. バイポーラ電極針を用いたラジオ波焼灼術におけるDexmedetomidineを用いた鎮静法の検討

    石津 洋二, 石上 雅敏, 伊藤 隆徳, 安田 諭, 川口 彩, 加藤 幸一郎, 新家 卓郎, 今井 則博, 阿知波 宏一, 葛谷 貞二, 本多 隆, 林 和彦, 石川 哲也, 後藤 秀実  

    肝臓56 巻 ( Suppl.2 ) 頁: A740 - A740   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  52. DC beadを用いたTACEの臨床的検討 cTACEとの比較

    今井 則博, 石上 雅敏, 伊藤 隆徳, 安田 諭, 川口 彩, 加藤 幸一郎, 新家 卓郎, 阿知波 宏一, 石津 洋二, 葛谷 貞二, 本多 隆, 林 和彦, 石川 哲也, 廣岡 芳樹, 後藤 秀実  

    肝臓56 巻 ( Suppl.2 ) 頁: A737 - A737   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  53. 探針エレクトロスプレー/タンデム質量分析(PESI/MS/MS)によるマウス肝臓内のメタボローム直接分析法(インタクト・メタボローム分析法)の構築

    林 由美, 財津 桂, 村田 匡, 大原 倫美, 中切 健太, 草野 麻衣子, 那須 民江, 中島 宏樹, 石川 哲也, 土橋 均, 石井 晃  

    JSBMS Letters40 巻 ( Suppl. ) 頁: 65 - 65   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医用マススペクトル学会  

  54. C型肝炎治療の現状について

    石川 哲也  

    明日の臨床27 巻 ( 1 ) 頁: 29 - 34   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:愛知県保険医協会  

  55. 高齢者C型肝炎におけるDaclatasvir・Asunaprevir併用療法の治療早期の効果

    本多 隆, 石上 雅敏, 伊藤 隆徳, 安田 諭, 川口 彩, 加藤 幸一郎, 新家 卓郎, 今井 則博, 阿知波 宏一, 石津 洋二, 葛谷 貞二, 林 和彦, 中野 功, 石川 哲也, 後藤 秀実  

    肝臓56 巻 ( Suppl.1 ) 頁: A504 - A504   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  56. 超音波による放射線治療・化学療法の効果判定 当院での進行肝細胞癌に対するソラフェニブ治療における造影超音波検査の現状と役割

    葛谷 貞二, 石上 雅敏, 石津 洋二, 本多 隆, 林 和彦, 石川 哲也, 後藤 秀実  

    超音波医学42 巻 ( Suppl. ) 頁: S277 - S277   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本超音波医学会  

  57. 当院におけるDC Beadの初期使用経験

    今井 則博, 石上 雅敏, 安田 諭, 川口 彩, 加藤 幸一郎, 新家 卓郎, 阿知波 宏一, 山田 恵一, 石津 洋二, 葛谷 貞二, 本多 隆, 林 和彦, 石川 哲也, 後藤 秀実  

    肝臓56 巻 ( Suppl.1 ) 頁: A533 - A533   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  58. コリン欠乏高脂肪食によるNASHマウスモデルにおける高血糖を伴わない脂質、分岐鎖アミノ酸代謝の検討

    本多 隆, 石上 雅敏, 馬 凌云, 安田 諭, 川口 彩, 加藤 幸一郎, 新家 卓郎, 今井 則博, 阿知波 宏一, Luo Fangqiong, 山田 恵一, 石津 洋二, 葛谷 貞二, 林 和彦, 中野 功, 石川 哲也, 後藤 秀実  

    糖尿病58 巻 ( Suppl.1 ) 頁: S - 481   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

  59. 消化管ホルモンの役割を見直す 摂食行動と栄養代謝調節 高齢者食欲不振の病態における食欲関連ホルモン炎症・免疫応答の役割について

    石川 哲也, 林 由美, 松浦 俊博  

    日本消化器病学会雑誌112 巻 ( 臨増総会 ) 頁: A98 - A98   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

▼全件表示

講演・口頭発表等 108

  1. 肝細胞キメラマウス作製系における移植肝細胞の生着、拒絶の動態と拒絶回避のための治療について

    玉置 優貴, 堀 純子, 名仁澤 英里, 林 由美, 石川 哲也

    第67回日本臨床検査医学会学術集会  2020年11月20日  日本臨床検査医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岩手(オンライン)   国名:日本国  

  2. B型肝炎症例におけるテノホビルジソプロキシルフマル酸塩への切替えによるHBV DNA,HBs抗原,ALT値の変化に関する検討

    本多隆, 石上雅敏, 山本崇文, 犬飼庸介, 吉岡直輝, 水野和幸, 武藤久哲, 横山晋也, 田中卓, 山本健太, 伊藤隆徳, 石津洋二, 葛谷貞二, 石川哲也, 藤城光弘

    第56回日本肝臓学会総会  2020年8月28日  日本肝臓学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  3. 非肝癌症例と肝発癌症例の違いに関与する腸内細菌の検討

    本多 隆, 石上 雅敏, 山本 崇文, 犬飼 庸介, 杉山 由晃, 吉岡 直輝, 水野 和幸, 武藤 久哲, 横山 晋也, 田中 卓, 山本 健太, 伊藤 隆徳, 石津 洋二, 葛谷 貞二, 石川 哲也, 藤城 光弘

    第56回日本肝臓学会総会  2020年8月28日  日本肝臓学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  4. 腫瘍肝占拠率50%以上の高度進行肝細胞癌に対する分子標的治療薬の治療効果の検討~ソラフェニブとレンバチニブの比較~

    武藤久哲, 葛谷貞二, 杉山由晃, 吉岡直輝, 水野和幸, 横山晋也, 田中卓, 山本健太, 伊藤隆徳, 石津洋二, 本多隆, 石川哲也, 石上雅敏, 藤城光弘

    第56回日本肝臓学会総会  2020年8月28日  日本肝臓学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  5. 肝細胞移植後の肝再生過程における肝内環境変化とその役割について

    玉置優貴, 林由美, 石川哲也

    第42回日本炎症・再生医学会  2020年7月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京(オンライン)   国名:日本国  

  6. 高脂肪食負荷マウスにおける肝障害重症化機序についての解析

    名仁澤英里、玉置優貴、宮下凛太郎、園玲華、鈴木博子、林由美、神戸歩、伊藤弘康、石川哲也

    第59回日本臨床検査医学会 東海・北陸支部総会、第340回日本臨床化学会東海・北陸支部例会  2020年2月23日  日本臨床検査医学会 東海・北陸支部、日本臨床化学会東海・北陸支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜   国名:日本国  

  7. 肝細胞キメラマウス作製系における細胞移植後の免疫拒絶応答の解析

    玉置優貴、名仁澤英里、宮下凛太郎、園玲華、鈴木博子、林由美、神戸歩、伊藤弘康、石川哲也

    第59回日本臨床検査医学会 東海・北陸支部総会、第340回日本臨床化学会東海・北陸支部例会  2020年2月23日  日本臨床検査医学会 東海・北陸支部、日本臨床化学会東海・北陸支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜   国名:日本国  

  8. B型肝炎ウイルスの生活環におけるエンドサイトーシス経路の役割

    宮下凛太郎、名仁澤英里、園玲華、玉置優貴、林由美、石川哲也

    第66回日本臨床検査医学会学術集会  2019年11月24日  日本臨床検査医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山   国名:日本国  

  9. B型肝炎ウイルストランスジェニックマウスにおける肝細胞の小胞体ストレスと肝障害重症化機序

    園玲華、石川哲也、林由美、名仁澤英里、玉置優貴、宮下凛太郎

    第65回日本臨床検査医学会学術集会  2019年11月24日  日本臨床検査医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山   国名:日本国  

  10. 肝細胞キメラマウス作製系を用いたアロ肝細胞に対する免疫拒絶反応の解析

    玉置優貴、名仁澤英里、宮下凛太郎、園玲華、林由美、石川哲也

    第66回日本臨床検査医学会学術集会  2019年11月22日  日本臨床検査医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山   国名:日本国  

  11. 新規HBV感染マウスモデル作製と宿主免疫応答の解析

    神戸歩、伊藤弘康、石川哲也

    第55回日本肝臓学会総会  2019年5月30日  日本肝臓学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  12. HBVキャリアマウスを用いた核酸製剤による治療的ワクチン療法の開発

    伊藤弘康、石川哲也

    第105回日本消化器病学会総会  2019年5月10日  日本消化器病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  13. Hepatic intracellular stress responsible for the development of HBV-related fulminant hepatitis. 国際会議

    Nanizawa E, Tamaki Y, Sono R, Miyashita R, Hayashi Y, Ishikawa T.

    APASL Single Topic Conference on Liver Immunology and Genetics  2019年4月19日  Asian Pacific Association for the Study of the Liver

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. B型肝炎ウイルス粒子の蛍光ラベルによる可視化と細胞内取込み機構の解析

    山崎花那子、今井田藍、名仁澤英里、山本万智、宮下凛太郎、玉置優貴、園玲華、林由美、石川哲也

    第65回日本臨床検査医学会学術集会  2018年11月18日  日本臨床検査医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  15. B型肝炎ウイルス粒子可視化技術を用いたウイルス生活環の解析

    今井田藍、山崎花那子、山本万智、名仁澤英里、玉置優貴、宮下凛太郎、園玲華、林由美、石川哲也

    第65回日本臨床検査医学会学術集会  2018年11月18日  日本臨床検査医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  16. マウス肝障害モデルにおけるトロンボモジュリン遺伝子導入脂肪由来肝細胞の炎症軽減効果について

    山本万智、名仁澤英里、今井田藍、山崎花那子、園玲華、玉置優貴、宮下凛太郎、林由美、石川哲也

    第65回日本臨床検査医学会学術集会  2018年11月17日  日本臨床検査医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  17. 探針エレクトロスプレーイオン化タンデム質量分析(PESI/MS/MS)とScheduled SRM法を用いた生体組織のインタクト・メタボロミクス法の構築

    近藤健太、林由美、村田匡、土屋弥月、大原倫美、石川哲也、緒方是嗣、土橋均、石井晃、財津桂

    第43回日本医用マススペクトル学会年会  2018年9月6日  日本医用マススペクトル学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  18. 探針エレクトロスプレーイオン化タンデム質量分析(PESI/MS/MS)を用いたin vivoリアルタイム・モニタリングシステムの構築

    林由美、財津桂、村田匡、土橋均,石井晃、緒方是嗣、石川哲也

    第43回日本医用マススペクトル学会年会  2018年9月6日  日本医用マススペクトル学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  19. 量子ドットイメージング技術を用いた移植幹細胞と免疫細胞のinteraction 機構解明

    北村晃大、湯川博、佐藤和秀、有本知子、小野島大介、石川哲也、馬場嘉信

    第39回日本炎症・再生医学会  2018年7月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  20. iPS細胞由来肝様細胞に対する量子ドットを用いたラベル化手法の確立と移植後のin vivoイメージング

    名仁澤英里、林由美、湯川博、石川哲也

    第39回日本炎症・再生医学会  2018年7月11日  日本炎症・再生医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

  21. 量子ドットイメージング技術を用いた移植幹細胞と免疫細胞のinteraction 機構解明

    湯川 博、佐藤 和秀、有本 知子、小野島 大介、石川 哲也、馬場 嘉信

    第17回日本再生医療学会総会  2018年3月23日  日本再生医療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  22. Rapid-fire direct metabolome analysis by probe electrospray ionization/tandem mass spectrometry: its preclinical applications to validate the methods. 国際会議

    Hayashi Y, Zaitsu K, Murata T, Ohara T, Kondo K, Kusano M, Ogata K, Tsuchihashi H, Tanihata H, Ishii A, Ishikawa T.

    The 4th Annual European Congress of the Association for Mass Spectrometry: Application to the Clinical Lab  2017年9月10日  European Congress of the Association for Mass Spectrometry

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Salzburg   国名:オーストリア共和国  

  23. マウスモデルを使用した慢性B型肝炎に対する治療用ワクチン開発の試み

    伊藤弘康、清島満、石川哲也

    第53回日本肝臓学会総会  2017年6月9日  日本肝臓学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島   国名:日本国  

  24. High-throughput Intact Metabolome Analysis of Mouse Biological Specimens by Probe Electrospray Ionization/Tandem Mass Spectrometry (PESI/MS/MS).

    Hayashi Y, Zaitsu K, Murata T, Baba S, Ohara T, Moreau S, Kusano K, Nakajima H, Tanihata H, Tsuchihashi H, Ishii A, Ishikawa T.

    65th Conference of American Society for Mass Spectrometry.  2017年6月5日  American Society for Mass Spectrometry

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Indianapolis, Indiana   国名:アメリカ合衆国  

  25. Development of an in vivo real-time monitoring system using probe electrospray ionization/tandem mass spectrometry (PESI/MS/MS) and its preliminary applications. 国際会議

    Zaitsu K, Hayashi Y, Murata T, Ohara T, Moreau S, Kusano M, Nakajima H, Tanihata H, Tsuchihashi H, Ishikawa T, Ishii A.

    65th Conference of American Society for Mass Spectrometry.  2017年6月5日  American Society for Mass Spectrometry

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Indianapolis, Indiana   国名:アメリカ合衆国  

  26. 量子・磁気ナノハイブリッド材料を用いた幹細胞イメージングおよびハイパーサーミア効果

    小林香央里、湯川博、村田勇樹、城潤一郎、小野島大介、山本雅哉、石川哲也、田畑泰彦、馬場嘉信

    第16回日本再生医療学会総会  2017年3月8日  日本再生医療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  27. 量子ドットによる移植幹細胞in vivo蛍光リアルタイムイメージング

    湯川博、吉住寧真、有本知子、石川哲也、馬場嘉信

    第16回日本再生医療学会総会  2017年3月7日  日本再生医療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  28. Direct drug analysis in serum by probe electrospray ionization/tandem mass spectrometry and its preliminary application to a real-time metabolism study.

    Zaitsu K, Hayashi Y, Kusano M, Hisatsune K, Ohara T, Murata T, Nakajima H, Tanihata H, Tsuchihashi H, Ishikawa T, Ishii A.

    The 9th Annual European Congress of the Association for Mass Spectrometry: Application to the Clinical Lab  2017年1月22日  European Congress of the Association for Mass Spectrometry

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Palm Springs, CA   国名:アメリカ合衆国  

  29. 量子ドットを用いた移植肝細胞の蛍光イメージング

    奥村啓樹、名仁澤英里、中西杏菜、坡下真大、湯川博、馬場嘉信、石川哲也、松永民秀

    第39回日本分子生物学会年会  2016年11月29日  日本分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  30. Analysis of cellular intrution mechanism of hepatitis B virus using novel method of viral paticle labeling. 国際会議

    FumikaHirano, Eri Nanizawa, Yumi Hayashi, Hiroshi Yukawa, Yoshinobu Baba, Tetsuya Ishikawa.

    2016 Nagoya-Yonsei University Research Exchange Meeting on Health Sciences  2016年11月3日  Nagoya University, Yonsei University

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  31. CpG oligonucleotides complexed with dectin-1 ligand enhances humoral and cellular immune response to HBV vaccine

    Hiroyasu Ito, Motohiro Nakamura, Hidekazu Ishida, Kouji Kobiyama, Takuya Yamamoto, Ken J. Ishii, Mitsuru Seishima, Tetsuya Ishikawa.

    23rd International Symposium on Hepatitis C Virus and Related Viruses  2016年10月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  32. Real-time monitoring of glutamic acid in mouse brain by direct coupling of microdialysis to tandem MS with the newly developed on-line desalting system 国際会議

    Kei Zaitsu, Yumi Hayashi, Hiroaki Kanayama, Ryosuke Takagi, Saki Noda, Maiko Kusano, Toshikazu Minohata, Jun-ichi Azuma, Nobuhiro Kanayama, Tetsuya Ishikawa, Hitoshi Tsuchihashi, Akira Ishii

    The 3rd Annual European Congress of the Association for Mass Spectrometry: Application to the Clinical Lab  2016年9月12日  Association for Mass Spectrometry

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストリア共和国  

  33. Application of intact metabolome analysis by probe electrospray ionization (PESI)/MS/MS to local distribution analysis and in vivo real-time monitoring. 国際会議

    Hayashi Y, Zaitsu K, Murata T, Nakajima H, Kusano M, Tsuchihashi H, Ishii A, Ishikawa T.

    The 3rd Annual European Congress of the Association for Mass Spectrometry: Application to the Clinical Lab  2016年9月12日  Association for Mass Spectrometry

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Salzburg   国名:オーストリア共和国  

  34. 新規磁性ナノ粒子による幹細胞in vivoイメージング技術の確立

    名仁澤英里、湯川博、荻原裕祐、平野文香、林由美、齋藤弘明、加藤一郎、石川哲也、馬場嘉信

    第40回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会  2016年9月10日  日本鉄バイオサイエンス学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  35. Intact metabolome analysis of mice biological tissues by probe electrospray ionization- tandem mass spectrometry (PESI-MS/MS) and its application to real-time analysis 国際会議

    Yumi Hayashi, Kei Zaitsu, TasukuMurata, Hiroki Nakajima, Maiko Kusano, Hitoshi Tsuchihashi, Akira Ishii, Tetsuya Ishikawa

    Royal Society of Chemistry Tokyo International Conference 2016  2016年9月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  36. Anorexia in the elderly and its association with latent inflammation. The roles of inflammatory cytokines and appetite-related hormones in the pathogenesis of anorexia of aging. 国際会議

    Fumika Hirano, Eri Nanizawa, Yumi Hayashi, Toshihiro Matsuura, Tetsuya Ishikawa

    The 32nd World Congress of Biomedical Laboratory Sciences  2016年9月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月 - 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  37. C型肝炎ウイルスの構造と複製および病原性発現機構 招待有り

    石川哲也

    第39回東海薬物治療研究会  2016年7月16日  東海薬物治療研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋  

  38. B型肝炎ウイルス粒子の可視化による細胞内侵入機構の解析

    第23回肝細胞研究会  2016年7月8日  肝細胞研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  39. マウス急性肝障害モデルにおける脂肪由来幹細胞移植後の生体内動態解析

    名仁澤英里、吉住寧真、平野文香、林由美、湯川博、馬場嘉信、石川哲也

    第37回日本炎症・再生医学会  2016年6月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  40. 量子ドットによる高効率幹細胞ラベリング手法の構築

    湯川博、石川哲也、馬場嘉信

    第37回日本炎症・再生医学会  2016年6月17日  日本炎症・再生医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  41. The changes of hepatitis C virus-specific immune responses during daclatasvir and asunaprevir therapy. 国際会議

    Koichiro Kato, Masatoshi Ishigami, Yoji Ishizu, Tetsuya Ishikawa, Takaji Wakita, Hidemi Goto

    2016 APASL Single Topic Conference on Hepatitis C  2016年6月11日  Asian Pacific Association for the Study of the Liver

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kaohsiung   国名:台湾  

  42. Intact metabolome analysis of mice biological tissues by probe electrospray ionization-tandem mass spectrometry and its preliminary application to real-time analysis. 国際会議

    Zaitsu K, Hayashi Y, Murata T, Nakajima H, Ishikawa T, Kusano M, Tsuchihashi H, Ishii A.

    64th Conference of American Society for Mass Spectrometry  2016年6月7日  American Society for Mass Spectrometry

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Antonio, TX   国名:アメリカ合衆国  

  43. ダクラタスビル+アスナプレビル治療症例におけるHCV抗原特異的免疫応答の変化について

    加藤幸一郎、石川哲也、石津洋二、荒川恭宏、安藤祐資、伊藤隆徳、安田諭、川口彩、新家卓郎、今井則博、葛谷貞二、本多隆、林和彦、石上雅敏、後藤秀実

    第52回日本肝臓学会総会  2016年5月20日  日本肝臓学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉   国名:日本国  

  44. B型肝炎ウイルス粒子可視化による細胞内侵入機構の解析

    石川哲也、湯川博

    第52回日本肝臓学会総会  2016年5月19日  日本肝臓学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:千葉   国名:日本国  

  45. 新規CpG ODNアジュバンドを用いたHBV 持続感染症に対するワクチン療法の開発

    伊藤弘康、石川哲也

    第26回抗ウイルス療法学会  2016年5月15日  抗ウイルス療法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  46. 薬物性肝障害 招待有り

    石川哲也

    日本消化器病学会・ポストグラデュエイトコース  2016年4月23日  日本消化器病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東京   国名:日本国  

  47. 新規CpG ODNアジュバンドによるHBV 特異的免疫誘導能の検討

    伊藤弘康、石川哲也、清島満

    第102回日本消化器病学会総会  2016年4月21日  日本消化器病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  48. NIR-II近赤外領域における移植幹細胞in vivoイメージング

    湯川博、小野島大介、新岡宏彦、三宅淳、石川哲也、馬場嘉信

    第15回日本再生医療学会総会  2016年3月18日  日本再生医療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  49. 最先端量子技術に基づく移植幹細胞in vivo蛍光リアルタイムイメージング

    湯川博、吉住寧真、大原倫美、石川哲也、馬場嘉信

    第15回日本再生医療学会総会  2016年3月18日  日本再生医療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  50. Therapeutic effects of ghrelin and leptin on experimental acute liver injury in mice.

    Tomomi Ohara, Kenta Nakagiri, Eri Nanizawa, Fumika Hirano, Yumi Hayashi, Hiroshi Yukawa, Tetsuya Ishikawa

    25th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver  2016年2月23日  Asian Pacific Association for the Study of the Liver

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  51. Adipose-derived stem cell administration for cytotoxic T lymphocyte-mediated liver injury in mice. 国際共著 国際会議

    Kenta Nakagiri, Tomomi Ohara, Fumika Hirano, Eri Nanizawa, Yumi Hayashi, Masatoshi Ishigami, Hiroshi Yukawa, Tetsuya Ishikawa

    25th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver  2016年2月21日  Asian Pacific Association for the Study of the Liver

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  52. ダクラタスビル+アスナプレビル治療中のHCV抗原特異的免疫応答の変化について

    加藤幸一郎、荒川恭弘、石川哲也、安藤祐資、伊藤隆徳、安田諭、川口彩、新家卓郎、今井則博、阿知波宏一、石津洋二、葛谷貞二、本多隆、林和彦、石上雅敏、脇田隆字、後藤秀実

    第41回日本肝臓学会西部会  2015年12月3日  日本肝臓学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  53. 脂肪由来幹細胞が細胞傷害性Tリンパ球機能に与える影響について

    中切健太、大原倫美、平野文香、名仁澤英里、林由美、石川哲也

    第62回日本臨床検査医学会学術集会  2015年11月21日  日本臨床検査医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  54. レプチンが脂肪由来幹細胞の分化能に与える影響について

    大原倫美、中切健太、平野文香、名仁澤英里、林由美、石川哲也

    第62回日本臨床検査医学会学術集会  2015年11月21日  日本臨床検査医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  55. NIR-II近赤外領域における移植幹細胞in vivo 蛍光イメージング

    湯川 博、小野島大介、新岡宏彦、竹内 司、大谷敬亨、大谷敬亨、大谷敬亨、大谷敬亨、大谷敬亨、三宅 淳、石川哲也、馬場嘉信

    第37回バイオマテリアル学会  2015年11月9日  バイオマテリアル学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  56. Influence of adipose-derived stem cell administration on cytotoxic T lymphocyte-mediated liver injury in mice 国際会議

    Kenta Nakagiri, Tomomi Ohara, Eri Nanizawa, Fumika Hirano, Yumi Hayashi, Tetsuya Ishikawa.  2015年11月6日  Nagoya University, Yonsei University

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  57. マウス急性肝障害モデルにおける移植後脂肪由来幹細胞の生体内動態解析

    石川哲也、吉住寧真、湯川博

    第19回肝臓学会大会  2015年10月8日  日本肝臓学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  58. 探針エレクトロスプレー/タンデム質量分析(PESI/MS/MS)によるマウス肝臓内のメタボローム直接分析法(インタクト・メタボローム分析法)の構築

    林 由美、財津 桂、村田 匡、大原 倫美、中切 健太、草野 麻衣子、那須 民江、中島 宏樹、石川 哲也、土橋 均、石井 晃

    第40回日本医用マススペクトル学会年会  2015年9月17日  日本医用マススペクトル学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:浜松   国名:日本国  

  59. Intact metabolome analysis of mice liver by probe electrospray ionization-tandem mass spectrometry (PESI-MS/MS). 国際会議

    Hayashi Y, Zaitsu K, Murata T, Nakajima H, Nakajima T, Tsuchihashi H, Ishii A, Ishikawa T.

    63rd ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics  2015年6月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:St. Louis, Missouri   国名:アメリカ合衆国  

  60. 高齢者食欲不振の病態における食欲関連ホルモン、炎症・免疫応答の役割について

    石川哲也、林由美、松浦俊博

    第101回日本消化器病学会総会  2015年4月23日  日本消化器病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  61. NRI-IIイメージングシステムによる移植幹細胞in vivoイメージング

    湯川博、大林桃子、中川伸吾、吉住寧真、小野島大介、新岡宏彦、竹内司、大谷敬亨、三宅淳、石川哲也、馬場嘉信

    第14回日本再生医療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  62. カドミウムフリー量子ドットを用いた幹細胞ラベリングの評価とin vivoイメージング

    荻原裕祐、湯川博、石神裕二郎、吉住寧真、中川伸吾、大原倫美、亀山達矢、小野島大介、島本司、石川哲也、馬場嘉信

    第14回日本再生医療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  63. 新規磁性ナノ粒子による量子ドット幹細胞ラベリング手法の構築と移植幹細胞マルチモーダルイメージング

    湯川博、荻原裕祐、筒井陽子、中川伸吾、吉住寧真、小野島大介、斎藤弘明、加藤一郎、石川哲也、馬場嘉信

    第14回日本再生医療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  64. マウス急性肝障害モデルにおけるグレリンの炎症軽減効果について

    中川伸吾、吉住寧真、中切健太、大原倫美、松浦俊博、石川哲也

    第61回日本臨床検査医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  65. The decrease of alpha-fetoprotein and/or the decrease of tumor stain on contrast enhanced CT images after 2 weeks of sorafenib treatment predict prognosis in patients with advanced hepatocellular carcinoma. 国際会議

    KUZUYA Teiji, ISHIGAMI Masatoshi, ISHIZU Yoji, HONDA Takashi, HAYASHI Kazuhiko, ISHIKAWA Tetsuya, GOTO Hidemi

    The 65th Annual Meeting of American association for the Study of the Liver Diseases 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  66. C型肝炎の最新の治療法について 招待有り

    石川哲也

    愛知県保険医協会 内科臨床研究会  2014年11月1日  愛知県医師会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  67. マウスNASHモデルに対してDSS投与による線維化と発癌モデル作成の試み

    阿知波宏一、本多隆、F. Luo、加藤幸一郎、新家卓郎、今井則博、山田恵一、荒川恭宏、石津洋二、葛谷貞二、林和彦、石上雅敏、石川哲也、後藤秀実

    第18回日本肝臓学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  68. 高齢者C型慢性肝炎におけるPegIFN・Ribavirin・Simeprevir 3剤併用療法の治療効果

    本多隆、石上雅敏、加藤幸一郎、新家卓郎、今井則博、阿知波宏一、荒川恭宏、山田恵一、石津洋二、葛谷貞二、林和彦、中野功、石川哲也、後藤秀実

    第18回日本肝臓学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  69. 知っておきたいB型肝炎のこと 招待有り

    石川哲也

    中日健康フェア2014  2014年9月7日  中日新聞社

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  70. 当院においてIsoniazidにより発症した薬物性肝障害の現状

    綾田穣、石川哲也、堀田直樹

    日本消化器病学会東海支部第120回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:岐阜   国名:日本国  

  71. 初診時IgM-HA抗体が陰性であったA型重症肝炎の一例

    今井則博、石上雅敏、加藤幸一郎、阿知波宏一、荒川恭宏、山田恵一、石津洋二、葛谷貞二、本多隆、林和彦、石川哲也、後藤秀実

    日本消化器病学会東海支部第120回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜   国名:日本国  

  72. C型慢性肝炎難治例におけるPegIFN・Ribavirin・Telaprevir 3剤併用療法の治療効果

    本多隆、石上雅敏、新家卓郎、今井則博、阿知波宏一、荒川恭宏、山田恵一、中野聡、石津洋二、葛谷貞二、林和彦、中野功、石川哲也、片野義明、後藤秀実

    第50回日本肝臓学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  73. C型慢性肝炎患者に対するペグインターフェロンα2b・リバビリン療法無効例におけるcore、NS3、NS5A領域のアミノ酸変異の変化について

    林和彦、石上雅敏、新家卓郎、今井則博、阿知波宏一、荒川恭宏、山田恵一、中野聡、石津洋二、葛谷貞二、本多隆、石川哲也、片野義明、後藤秀実

    第50回日本肝臓学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  74. 卵巣摘出NASHマウスに対するRaloxifeneの効果

    Fangqiong LUO、石上雅敏、新家卓郎、今井則博、阿知波宏一、荒川恭宏、山田恵一、中野聡、石津洋二、葛谷貞二、本多隆、林和彦、中野功、石川哲也、後藤秀実

    第50回日本肝臓学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  75. 肝臓特異的UBXD8ノックアウトマウス表現型の検討

    今井則博、鈴木倫毅、新家卓郎、阿知波宏一、荒川恭宏、山田恵一、中野聡、石津洋二、葛谷貞二、本多隆、林和彦、石上雅敏、石川哲也、藤本豊士、後藤秀実

    第50回日本肝臓学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  76. マウス急性肝障害モデルにおける脂肪由来幹細胞(ASC)の炎症制御効果について

    吉住寧真、加納由貴、加納綾乃、中川伸吾、山田達也、湯川博、石川哲也

    第13回日本再生医療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  77. 薬物性肝障害の基礎と臨床 招待有り

    石川哲也

    平成25年度日本肝臓学会後期教育講演会プログラム  2013年12月7日  日本肝臓学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜   国名:日本国  

  78. Effect of adipose-derived stromal cells on concanavalin A-induced acute liver injury in mice. 国際会議

    YOSHIZUMI Yasuma, KANO Yuki, KANO Ayano, IWAKI Ryoji, FUJINAKA Sanae, ISHIKAWA Tetsuya

    2013 Yonsei-Nagoya University Research Exchange Meeting on Health Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    We evaluated therapeutic effect of murine adipose-derived stromal cells (ASC) on concanavalin A (Con A)-induced acute liver injury in mice, which is the model of fulminant hepatic failure (FHF). ASC therapy reduced ALT levels in the treated mice, and is suggested to have great potential in FHF treatment. More detailed analyses are necessary to elucidate the mechanisms of effect of ASC on immunomodulation.

  79. ヒト肝癌細胞株間での各種炎症刺激に対するケモカイン産生能の比較

    山田達也、中川伸吾、吉住寧真、加納由貴、加納綾乃、石川哲也

    第60回日本臨床検査医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月 - 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

    ヒト肝細胞の代替として3種類のヒト肝癌細胞株を用い、各種サイトカイン刺激時に惹起されるについて炎症・免疫応答についてケモカイン産生を中心に比較検討し、同種の実験系におけるヒト肝癌細胞株の有用性について検証した。各細胞株で、細胞自身が炎症を増幅する方向に作用していた。ただし、刺激時の発現増強パターンなどには差も認めた。同種の実験系へのヒト肝癌細胞株の使用は有用であるものの、複数の細胞株で同様の検証を行うなど、反応の普遍性について注意深く検討する必要があると考えられた。

  80. 高齢者食欲不振と免疫・ホルモン環境の変化との関連について

    加納綾乃、吉住寧真、中川伸吾、加納由貴、山田達也、松浦俊博、石川哲也

    第60回日本臨床検査医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月 - 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

    高齢者食欲不振の原因究明を目的として、高齢者から得られた血液中のサイトカイン、ケモカインに加え、摂食関連ホルモンなどを測定し、臨床データを含めて、食欲不振・低栄養状態の原因となる因子についての解析を行った。解析結果より、食欲不振と炎症性サイトカインであるTNF-αとの関連が示され、高齢者の食欲不振が何らかの慢性炎症を基盤とした病態であることが示唆された。

  81. グレリン、レプチンによる炎症応答制御について

    加納由貴、中川伸吾、吉住寧真、加納綾乃、山田達也、松浦俊博、石川哲也

    第60回日本臨床検査医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月 - 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

    グレリン、レプチンの炎症応答への関わりを明確にする目的で、マウス急性肝障害モデルにおいてグレリンとレプチンによる炎症応答制御効果を比較した。グレリンは炎症性サイトカインであるTNF-αなどの産生を抑制し、抗炎症性に働くことで肝障害を軽減した。レプチンは炎症促進作用があると考えられているが、本研究ではレプチンにはグレリンと異なる経路の炎症抑制作用が存在することが示唆された。

  82. インドールアミン酸素添加酵素の発現抑制を用いたHBV特異的細胞障害性T細胞誘導効果の検討

    伊藤弘康、安藤達也、石川哲也、清島満

    第60回日本臨床検査医学会学術集会  2013年11月1日  日本臨床検査医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月 - 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  83. RFAにおける肝癌支援アプリケーションVirtu TRAXの有用性 -とくに2ステップ法によるRFAにおいて-

    葛谷貞二、石上雅敏、今井則博、阿知波宏一、荒川恭弘、山田恵一、中野聡、石津洋二、本多隆、林和彦、石川哲也、後藤秀実

    第49回日本肝癌研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋(国際会議場)   国名:日本国  

  84. 肝癌支援アプリケーションVirtu TRAXを用いた経皮的ラジオ波焼灼療術の有用性 -とくに2ステップ法において-

    葛谷貞二、石上雅敏、新家卓郎、今井則博、阿知波宏一、荒川恭弘、山田恵一、中野聡、石津洋二、本多隆、林和彦、石川哲也、後藤秀実

    日本消化器病学会東海支部第118回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:浜松   国名:日本国  

  85. 当院におけるDDW-J 2004薬物性肝障害診断基準案を用いた慢性腎臓病合併の有無による薬物性肝障害の検討

    綾田穣、石川哲也、堀田直樹、中野達徳、黒川剛

    日本消化器病学会東海支部第118回例会  2013年6月15日  日本消化器病学会東海支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:浜松   国名:日本国  

  86. 当院における薬物性肝障害の現況

    綾田穣、堀田直樹、石川哲也

    第49回日本肝臓学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  87. 高齢(75歳以上)進行肝細胞癌患者に対するソラフェニブ治療の成績

    葛谷貞二、片野義明、今井則博、阿知波宏一、荒川恭弘、山田恵一、中野聡、石津洋二、本多隆、林和彦、石上雅敏、石川哲也、後藤秀実

    第49回日本肝臓学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  88. マウスB型急性肝炎モデルにおけるインドールアミン酸素添加酵素の解析

    伊藤弘康、大瀧博文、安藤達也、安藤量基、石川哲也、森脇久隆、清島満

    第49回日本肝臓学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

    [目的]急性肝炎はウイルス感染などが原因であり、その一部は劇症化し肝機能不全や意識障害を引き起こす。中でもB型肝炎ウイルスは、劇症化することが他の原因に比べ多いことが知られている。インドールアミン酸素添加酵素 (IDO)は、トリプトファン代謝の律速酵素であり、リンパ球の活性化を抑制し宿主免疫応答を制御していると考えられている。今回、我々はB型肝炎ウイルスタンパクを恒常的に発現するHBVトランスジェニックマウス(HBV-Tg)とIDO欠損マウス(IDO-KO)を掛け合わせHBV-Tg/IDO-KOマウスを樹立し、HBV特異的細胞障害性T細胞(CTL)により誘発される急性肝炎モデルおいてIDOの及ぼす影響について検討した。[方法]HBV特異的CTLをHBV-Tg/IDO-WTマウスおよびHBV-Tg/IDO-KOマウスに経静脈的に投与し肝障害を誘導した。肝障害の評価は、血清中のALT値の測定と病理学的検討にて行った。CTL投与後の肝内でのサイトカインとケモカインのmRNAの発現をリアルタイムPCRを用いて解析した。また、IDO阻害薬である1-メチルトリプトファン(1-MT)やトリプトファンの代謝産物であるキヌレニンの肝障害に及ぼす影響も合わせて検討した。[成績]HBV特異的CTL移入後のHBV-Tg/IDO- WT とHBV-Tg/IDO-KOマウスのALT値を比較すると、HBV-Tg/IDO-KOマウスにてALT値が減少していた。病理学的検討においてもHBV-Tg/IDO- WTマウスにて高度な炎症像が確認された。1-MTを投与することで、CTLによる肝障害が減弱された。サイトカイン及びケモカインのmRNA発現は、HBV-Tg/IDO-KOマウスと比較しHBV-Tg/IDO-WTマウスで増加していた。HBV-Tg/IDO-KOマウスにトリプトファンの代謝産物であるキヌレニンとHBV特異的 CTLを経静脈的に投与したところ肝障害の増悪が認められた。また、IFN-γとキヌレニンをHBV-Tg/IDO-KOマウスに投与したところ、単独の投与では軽度の肝障害のみであったが、同時に投与することにより強い肝障害が誘導された。[考案]HBV-Tg/IDO-KOマウスでは、HBV-Tg/IDO-WTマウスに比べCTL投与による肝障害が減弱することや1-MT投与により肝障害が軽度になることから、IDOの活性化は肝障害を増強していると推測される。今回用いた急性肝炎モデルでは、大量のINF-γを産生することが知られており、産生されたIFN-γとキヌレニンが、肝細胞に直接的に働くことにより、肝障害の悪化が誘発されると考えられた。[結論]今回のマウス急性肝炎モデルでは、IDO活性化は肝障害をより悪化させる可能性があり、IDO活性の阻害はHBV起因性の急性肝障害において有用な治療法の一つになり得ると考えられた。

  89. 当院における薬物性肝障害の現況

    綾田穣、堀田直樹、石川哲也

    第49回日本肝臓学会総会  2013年6月7日  日本肝臓学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  90. 進行膵癌に対する活性化リンパ球療法、樹状細胞ワクチン療法の効果ついて

    進行膵癌に対する活性化リンパ球療法、樹状細胞ワクチン療法の効果ついて

    第25回日本バイオセラピィ学会学術集会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:倉敷   国名:日本国  

    【目的】進行膵癌に対して、ペプチドワクチン療法、樹状細胞ワクチン(DC)療法などの免疫療法が施行されているが、その効果は未だに明確にされていない。我々は、活性化リンパ球(CD3-LAK)療法、CD3-LAK +DC併用療法などの免疫細胞療法を施行された進行膵癌患者を対象に、その治療効果、治療が生存期間に与える影響などについてretrospectiveに解析した。【対象・方法】2004年4月~2012年3月にCD3-LAK療法あるいはCD3-LAK+DC併用療法を施行されたstage 4膵癌患者85例を対象とした。CD3-LAK療法は、末梢血よりリンパ球を分離、固相化抗CD3抗体とrIL-2を加え2週間培養したものを、1あるいは2週間ごと点滴投与した。DC療法は、アフェレーシスによって採取した単球分画に、IL-4、GM-CSF添加(day 1)、TNF-添加(day 5)を行い7日間培養の後、抗原ペプチド(MUC1、CEA、MAGEなど)をパルスしたものを2週間ごとに鼠径部に皮内投与した。累積生存率はKaplan-Meier法を用いて解析した。【成績】CD3-LAK療法を施行されたのは72例、うち2週毎投与67例(LAK-2wk群)、1週毎投与5例(LAK-1wk群)であった。CD3-LAK+DC併用療法は13例(LAK-DC群)に施行された。全85例の平均生存期間(MST)は15か月、1年生存率(1生率) 58.4%、2年生存率(2生率) 24.2%であった。治療法別では、LAK-2wk群:MST 14か月、1生率 55.9%、2生率 18.0%、LAK-DC群:MST 18か月、1生率 75.2%、2生率 37.6%であった。LAK-1wk群は症例数が少なく、1生率のみが評価可能であった(60.0%)。有意差は認めなかったものの、全体との比較で、LAK-DC群での生存率が高い傾向を認めた(p=0.136)。対象患者は、標準化学療法とされるゲムシタビン(GEM)やS-1が投与されたものばかりではなく、化学療法がなされなかった症例も含まれているが、各群におけるMSTは、GEST試験で報告されたGEM投与群の8.8か月、GEM+S-1投与群の10.1か月を上回っていた。【結論】免疫細胞療法は、進行膵癌患者における生命予後の改善に寄与することが示唆された。CD3-LAK +DC併用療法が最も効果が高いこと、ただし、CD3-LAK療法のみでもある程度の生命予後改善効果が得られることが示唆された。

  91. 進行膵癌に対する活性化リンパ球療法、樹状細胞ワクチン療法の効果について

    石川哲也、岩城諒士、藤中沙奈恵、栗本拓也 、吉田松年

    第25回日本バイオセラピィ学会学術集会総会  2012年12月13日  日本バイオセラピィ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  92. 細胞傷害性T細胞により誘発されるマウス劇症肝炎モデルにおけるindoleamine 2,3-dioxygenaseの解析

    安藤達也、大瀧博文、伊藤弘康、星雅人、石川哲也、斉藤邦明、清島満

    第59回日本臨床検査医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月 - 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

    目的:劇症肝炎は、ウイルス感染などが原因となり発生し、急速に進行し肝機能不全や意識障害を引き起こす。なかでも、B型肝炎ウイルスは、劇症肝炎と深い関係があることが知られており、劇症肝炎のみならず、慢性化や肝臓癌に至るまで、重篤な肝疾患に関与している。Indoleamine 2, 3-dioxygenase (IDO)は、トリプトファン代謝の律速酵素であり、その代謝産物であるキヌレニンは、リンパ球の活性化を抑制し、宿主免疫応答を制御していると考えられている。今回、私たちは、B型肝炎ウイルスタンパクを恒常的に発現するHBVトランスジェニックマウス(HBV-Tg)とIDO欠損マウス(IDO-KO)を掛け合わせHBV-Tg/IDO-KOマウスを樹立し、HBV特異的細胞障害性T細胞(HBV-specific CTL)により誘発される劇症肝炎モデルにおけるIDOの及ぼす影響について検討した。
    方法:HBV特異的細胞障害性T細胞(HBV-specific CTL)を、1×106個HBV-Tg/IDO-WTマウスおよびHBV-Tg/IDO-KOマウスそれぞれに経静脈的に接種することにより肝障害を誘導した。肝障害の評価は、血清中のALT濃度と病理学的な検討にて行った。CTLを接種後0、1、2、7日後の肝臓におけるTNF-α、IL-6、IL-10、MCP-1、MIP-2のmRNAの発現は、リアルタイムPCR(Light Cycler 480 system)を用いて、評価した。
    結果:HBV-Tg/IDO- WTマウスに、HBV-specific CTLを投与し、リアルタイムPCRやウエスタンブロットでIDO活性を評価したところ、IDO発現の増加とともに、著しい肝障害が認められた。しかし、HBV-Tg/IDO-KOマウスの血漿中のALT濃度は、減少していることを確認した。さらにIDO阻害剤(1-methyl-D-tryptophan:1-MT)を用い、HBV-specific CTLに及ぼす影響を確認したところ、1-MTを投与することで、CTLによる肝障害が減弱していることを確認できた。また、サイトカイン及びケモカインのmRNA発現は、HBV-Tg/IDO-KOマウスと比較し、HBV-Tg/IDO-WTマウスで増加していた。

  93. ウイルス肝炎治療の現状と展望

    石川哲也

    日本消化器病学会北陸支部 第27回教育講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福井   国名:日本国  

    2004年にペグインターフェロンとリバビリンの併用療法が保険収載され、C型慢性肝炎治療の奏功率は大幅に向上した。2011年11月より使用可能となったNS3-4Aプロテアーゼ阻害剤、テラプレビルの併用によりさらに治療効率は向上し、現在、治験が行われているNS3-4Aプロテアーゼ阻害剤とNS5A阻害剤の併用療法の導入により、C型慢性肝炎の撲滅も視野に入るようになった。
    B型慢性肝炎においても、核酸アナログ製剤の導入により、その治療法は劇的に変化した。2000年のラミブジンの保険収載の後、現在までに、アデホビル、エンテカビルの計3剤の核酸アナログ製剤が使用可能となっている。核酸アナログ製剤はB型肝炎ウイルス(HBV)の増殖を強力に抑制し、多くの患者において肝炎の鎮静化、肝病変の進行阻止という効果をもたらす。当初、ラミブジン投与例において、高頻度の耐性株出現が問題となったが、アデホビル、エンテカビルの認可により、状況は大幅に改善された。しかし、投与中止後のウイルスの再増殖、肝炎の再燃という問題は、今も未解決のままである。一旦、核酸アナログ治療を導入すれば明確な中止基準はなく、多くの例で生涯にわたる投与継続を余儀なくされる。核酸アナログ製剤の中止基準の作成が試みられているものの、それを満たす例も少ないと予測される。B型慢性肝炎では、2011年9月にペグインターフェロンの使用も追加承認された。インターフェロンには免疫賦活作用があり、治療が奏功すれば、それによってもたらされるセロコンバージョン、HBV増殖抑制などの効果が長期間にわたって持続するが、ペグインターフェロンを用いた場合でも、そのような効果が得られる確率は必ずしも高くない。HBVの持続感染者の約9割が自然経過でのセロコンバージョン後、healthyキャリアに移行することからもわかるように、HBVの持続的増殖抑制は、宿主免疫応答の活性化によって可能となる。主に、免疫応答賦活を利用した治療法を中心として、今後のB型慢性肝炎治療の展望について論じる。

  94. ウイルス肝炎治療の現状と展望 招待有り

    石川哲也

    日本消化器病学会北陸支部 第27回教育講演会  2012年6月17日  日本消化器病学会北陸支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:福井   国名:日本国  

  95. 当院における多剤薬物併用症例に発症した薬物性肝障害の検討

    綾田穣、堀田直樹、石川哲也

    第48回日本肝臓学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  96. 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ投与後早期の画像上の変化(阻血性変化)と腫瘍マーカーの変化との関連

    葛谷貞二、片野義明、中野聡、増田寛子、及部祐加子、石津洋二、舘佳彦、本多隆、林和彦、石上雅敏、中野功、石川哲也、後藤秀実

    第48回日本肝臓学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  97. Late responderに対するペグインターフェロンα2b・リバビリン72週投与の治療効果とcoreとISDR変異、IL-28B一塩基多型の関連についての検討

    土居崎正雄、片野義明、本多隆、林和彦、石上雅敏、石川哲也、中野功、浦野文博、吉岡健太郎、豊田秀徳、熊田卓、山口丈夫、春田純一、後藤秀実

    第48回日本肝臓学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  98. C型肝炎線維化進展例におけるペグインターフェロン/リバビリン併用療法の発癌抑制効果

    本多隆、片野義明、中野聡、増田寛子、及部祐加子、石津洋二、葛谷貞二、舘佳彦、林和彦、石上雅敏、中野功、石川哲也、後藤秀実

    第48回日本肝臓学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  99. 進行癌に対するCD3-LAK療法の治療効果関連因子についての検討

    岩城諒士、藤中沙奈恵、山田登美子、石川哲也、吉田松年

    第24回日本バイオセラピィ学会  2011年12月1日  日本バイオセラピィ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:和歌山   国名:日本国  

  100. CD3-LAK療法が進行癌患者のQOLに与える影響についての検討

    藤中沙奈恵、岩城諒士、山田登美子、石川哲也、吉田松年

    第24回日本バイオセラピィ学会  2011年12月1日  日本バイオセラピィ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:和歌山   国名:日本国  

  101. 進行癌に対するCD3-LAK療法の治療効果関連因子についての検討

    岩城諒士,藤中沙奈恵,山田登美子,石川哲也,吉田松年

    第24回日本バイオセラピィ学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:和歌山   国名:日本国  

    【目的】CD3-LAK療法は種々の進行癌において施行されているものの、その効果は報告によって差があり、治療効果を規定する因子についての解析も十分になされていない。今回、我々は、CD3-LAK療法を施行された進行癌患者において、治療効果(腫瘍縮小効果)について検討し、治療効果に関連する因子の解析を行った。【対象・方法】2008年4月から2010年10月にCD3-LAK療法を施行された進行癌患者81例を対象とした。癌腫の内訳は、肺癌 15例、膵癌 12例、胃癌 11例、肝細胞癌 11例、大腸癌 8例など。Stage分類では、stage 1~3が17名、stage 4が64名。化学療法併用が51名、非併用が30名であった。CD3-LAK療法は、2週間ごとに施行し、6回を1クールとした。1回の治療につき約30mlの末梢血よりリンパ球を分離、KBM540培地に固相化抗CD3抗体とrIL-2(300IU/ml)を加え2週間培養し、3-10x109個の活性化リンパ球を回収、洗浄の後、点滴投与した。1クール前後においてCT検査(胸部・腹部・骨盤部)、血液・血清生化学検査、flow cytometerによる末梢血・培養液中の細胞分画検査、ELISAによる血清サイトカイン測定(TNF-a, IL-6, VEGF, MIC-1)を行った。治療効果(腫瘍縮小効果)はCT画像よりRECIST基準に基づいて判定した。統計解析はSPSS ver.11.0Jを用いて行った。【成績】RECIST基準に基づいた治療効果判定により、SD~PRの49例を治療効果あり群(あり群)、PDの32例を治療効果なし群(なし群)に分類した。次に、治療効果の有無を従属変数とし、年齢、性別、化学療法の有無、stageのほか、各検査値を独立変数とした多変量解析(ロジスティック回帰分析)を行った。治療開始前の検査値を用いた解析では、末梢血リンパ球比率(OR:1.063, 95% CI:1.014-1.115, p=0.011)、血清IFN-濃度(OR:1.040, 95%CI:0.993-1.089, p=0.094)が治療効果に関連していた。治療終了時検査値での解析では、末梢血リンパ球比率(OR:1.068, 95%CI:1.015-1.123, p=0.011)、培養液中CD3-CD56+細胞比率(OR:1.470, 95% CI:0.928-2.329 , p=0.101)が治療効果に関連していた。治療前後の検査値の差を用いた解析では、血清VEGF濃度(OR:0.967, 95% CI:0.936-1.000, p=0.047)と治療効果との関連を認めた。化学療法の有無と治療効果との関連は認めなかった。【結論】高度進行癌患者を中心とした今回の解析では、CD3-LAK療法が治療効果の発現に寄与していることが示唆された。末梢血リンパ球比率はCD3-LAK療法の治療効果に関連する因子であり、治療効果予測に有用である可能性が示された。

  102. CD3-LAK療法が進行癌患者のQOLに与える影響についての検討

    藤中沙奈恵,岩城諒士,山田登美子,石川哲也,吉田松年

    第24回日本バイオセラピィ学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:和歌山   国名:日本国  

    【目的】近年、患者のQOLを考慮した癌治療が推奨されるようになり、QOLを温存する様々な工夫が報告されている。CD3-LAK療法などの免疫療法がQOLの維持、改善に寄与するという報告もあるが、正確なQOL評価に基づく報告は少ない。今回、我々はCD3-LAK療法が患者QOLに与える影響についての解析を行った。【対象・方法】2008年4月から2010年10月にCD3-LAK療法を施行された進行癌患者81例を対象とした。化学療法併用は51名、非併用は30名であった。CD3-LAK療法は2週間ごと、計6回を1クールとして施行した。1クール前後においてCT検査、血液・血清生化学検査、flow cytometerによる末梢血・培養液中の細胞分画検査、ELISAによる血清サイトカイン測定(TNF-, IL-6, VEGF, MIC-1)を行った。治療効果(腫瘍縮小効果)はCT画像よりRECIST基準に基づいて判定し、SD~PRの49例を治療効果あり群(あり群)、PDの32例を治療効果なし群(なし群)に分類した。QOL評価は、EORTC QLQ-C30質問表を用いて行った。統計解析はSPSS ver.11.0Jを用いた。【成績】EORTC QLQ-C30質問表の回答を点数化し、その平均値をとって治療前後の値を比較したところ、global QOLは治療後に改善していたが、呼吸困難は治療後に悪化していた。その他のQOL尺度は治療前後で有意な変化を認めなかった。治療効果の有無による比較では、個々のQOL尺度のうち身体機能、疲労感、嘔吐、疼痛、呼吸困難、不眠、食欲が、あり群で有意に改善していた。次に、各QOL尺度の改善・悪化に関与する因子について多変量解析(ロジスティック回帰分析)を行ったところ、VEGFの上昇が身体機能、疲労感の悪化に関連し、MIC-1の上昇が疲労感、疼痛、食欲不振、不眠の悪化に関連するなど、免疫関連因子がQOLを規定する因子として作用していることが示唆された。化学療法は、身体機能の悪化、嘔吐、疼痛の改善に関与していた。【結論】CD3-LAK療法は進行癌患者のQOL維持に有用である可能性が示された。また、QOL尺度のうち症状尺度の多くは治療効果による影響を受けること、個々のQOL尺度を規定する因子に免疫関連因子が比較的多く含まれることが示された。

  103. DDW-J2004薬物性肝障害診断基準案を用いた慢性腎臓病合併の有無による薬物性肝障害の検討

    綾田穣、堀田直樹、黒川剛、広瀬昭憲、増子和郎、石川哲也

    第47回日本肝臓学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  104. ペグインターフェロン、リバビリン併用療法における凝固因子の検討

    本多隆、片野義明、林寛子、及部祐加子、小野幸矢、石津洋二、清水潤一、土居崎正雄、舘佳彦、林和彦、石上雅敏、中野功、石川哲也、後藤秀実

    第47回日本肝臓学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  105. 活性化自己リンパ球療法は肺癌脳転移に対するガンマナイフ治療後の生存期間を延長させる -第二報-

    吉田松年, 石川哲也, 北野ゆかり, 山田登美子, 小林達也, 森美雅, 高橋宏, 鳥山高伸

    第23回日本バイオセラピィ学会学術集会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  106. 胸腔-静脈シャント(denver shunt)が有効だった、肝硬変由来の難治性右胸水の1例

    小野幸矢, 片野義明, 林寛子, 及部祐加子, 石津洋二, 清水潤一, 土居崎正雄, 舘佳彦, 本多隆, 林和彦, 石上雅敏, 中野功, 石川哲也, 後藤秀実

    第113回日本消化器病学会東海支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  107. 透析患者のC型慢性肝炎に対するPEG-IFNa-2a単独投与の治療成績 国際会議

    多賀雅浩, 竹田欽一, 宇都宮節夫, 川田登, 池田誉, 水谷佳貴, 広瀬健, 葛谷貞二, 石川哲也

    第14回日本肝臓学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  108. インドールアミン酸素添加酵素による肝炎制御機構

    伊藤弘康, 石川哲也, 安藤量基, 森脇久隆, 清島満

    第46回日本肝臓学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 7

  1. ウイルス・発がんを統合的に制御するB型肝炎新規標的治療の開発

    研究課題番号:20fk0210077s0101, 21fk0210077s0102  2020年4月 - 2022年3月

    肝炎等克服実用化研究事業 

    石川哲也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:6760000円 ( 直接経費:5200000円 、 間接経費:1560000円 )

  2. イムノ・オミクス研究を基盤としたB型肝炎に対する治療法の開発

    研究課題番号:17fk0310106h0001, 18fk0310106h0002, 19fk0310106s0603, 20fk0310106s0604, 21fk0310106s0605  2017年4月 - 2022年3月

    肝炎等克服実用化研究事業 B型肝炎創薬実用化等研究事業  

    石川哲也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:36950000円 ( 直接経費:28423078円 、 間接経費:8526922円 )

  3. 獲得免疫反応の賦活化により核内HBV cccDNAを排除する手法の開発

    研究課題番号:17fk0310116h0001, 18fk0310116h0002, 19fk0310116s0103  2017年4月 - 2020年3月

    肝炎等克服実用化研究事業 B型肝炎創薬実用化等研究事業  

    石川哲也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:5700000円 ( 直接経費:4384617円 、 間接経費:1315383円 )

  4. iPS細胞分化・がん化の量子スイッチング in vivo Theranostics

    2013年8月 - 2018年3月

    再生医療実現拠点ネットワークプログラム 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    iPS細胞などの幹細胞に対して超低毒性な量子ドット、磁性ナノ粒子を創製し、これらをカプセル化する生体適合性材料開発により量子スイッチング能を有する新規量子・磁気ナノハイブリッド材料を創製することを目的とする。

  5. B型肝炎ウイルスの持続感染を再現する効率的な培養細胞 評価系の開発に関する研究

    2012年7月 - 2017年3月

    AMED-B型肝炎創薬実用化等研究事業 

    田中靖人

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    HBV根絶を目指したB型肝炎創薬実用化研究を効率良く推進するために、HBV持続感染を再現する培養細胞評価系を開発し、HBV感染感受性・増殖機構から病態メカニズムの解明、レセプターの同定、薬剤スクリーニング等を効率的に実施できる簡便なシステムを構築する。

  6. HBV cccDNAの制御と排除を目指す新規免疫治療薬の開発

    2012年7月 - 2017年3月

    AMED-B型肝炎創薬実用化等研究事業 

    金子周一

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    B型慢性肝炎の治療においては、肝炎ウイルスの増殖を低下させ、cccDNAを中心とするHBVの再活性化機構を制御することが重要である。本研究では、最先端の免疫学技術を用いて、cccDNAの制御と排除を行う新規治療薬の開発をめざす。

  7. 高齢者の食欲不振、低栄養状態の原因の解明に関する研究

    2011年4月 - 2014年3月

    長寿医療研究開発費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    高齢者、特にパーキンソン病などの神経疾患を有する患者では、悪性疾患などの基礎疾患の合併がないにもかかわらず、食欲不振となり、その結果として体重減少、さらには低栄養状態といたる場合が少なくない。また、これらの患者においては、低栄養状態がなかなか改善しないことが原因で、しばしば低免疫状態となりを容易に肺炎などの感染症を併発したり、低栄養状態によるサルコペニアに進行していくと考えられる。
     この食欲不振に至る要因としては、加齢による消化管の運動機能の低下、消化管における吸収能の低下、食欲をつかさどる消化管ホルモンおよび免疫環境の変化などの関与が報告されてきた。しかしながら、いずれの要因が、高齢者の食欲不振、低栄養状態に関与しているかに関しては未だ完全に解明されてはおらず、改善策も乏しいのが現状である。
     本研究の目的は、消化管運動機能、消化管ホルモンや免疫機能、ピロリ菌感染の有無の面から検討して、高齢者の食欲不振、低栄養状態の一端を解明して、その対策(薬剤、生活習慣など)を立てることである。

▼全件表示

科研費 15

  1. 細胞移植をベースとする肝再生治療モデルの確立と免疫拒絶回避のための新規治療の開発

    研究課題/研究課題番号:21K07959  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C) 

    石川哲也

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

  2. HBs抗原陰性化に関わるB型肝炎ウイルス変異と腸内細菌叢が及ぼす免疫応答の解明

    研究課題/研究課題番号:20K08382  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C) 

    本多 隆

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:300000円 ( 直接経費:300000円 )

    B型肝炎ウイルス(HBV)排除は現在困難でありHBs抗原が陰性化する機能的治癒(Functional Cure: FC)が治療目標となる。一方自然経過でFCが得られる症例も存在するが、FCに関与する因子と詳しいメカニズムは不明である。申請者はHBVコアI97の変異症例では肝炎沈静化及びFC率が高いことを見出しているが、コア変異が起こる機序は不明である。本研究ではB型肝炎の肝炎沈静化及びFCに関連する因子について、コア変異を含むウイルス変異、免疫応答、腸内細菌叢、miRNAの解析を含め、多面的に調べることにより、コア変異と免疫応答の関係、腸内細菌叢を介した免疫応答とFCの関連などを明らかにする。

  3. 新規HBV感染症モデルを用いた治療的ワクチン療法の開発

    研究課題/研究課題番号:19K08440  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C) 

    伊藤 弘康

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    HBV感染症は、急性肝炎・慢性肝炎・肝硬変・肝臓がんと進行性の肝疾患の原因となる。したがって、早期のHBV排除が必要となるが、現在HBVを完全に排除する治療法は確立されていない。申請者らは新規HBVマウスモデルの作製(基盤研究(C)2016.4~2019.3)を行っており、本モデルマウスを使用することにより、従来までの小動物HBV感染モデルでは困難であった宿主免疫応答の解析が可能となり治療的ワクチン療法の評価ができる。本研究では、最近開発された強力なアジュバンド効果を有するCpG-SPGを主に使用し、免疫チェックポイント阻害剤との併用を考慮しながら、新規治療的ワクチン療法の開発を行う。
    本年度は、主に新規HBV感染モデルマウスにおける宿主免疫応答の検討を行った。本新規モデルマウスはHSV-TK-WT(TK-WT)マウスにガンシクロビルを腹腔内投与することによりHSV-TK遺伝子が導入されている肝細胞が傷害を受け脱落し、その後HBVTgマウスから採取した肝細胞を経脾臓的に投与し慢性のHBV感染モデルを作製する。おおよそ約4割のマウスでHBVTgマウスからの肝細胞が定着するが、定着したマウスと定着しなかったマウスとでHBV特異的な宿主免疫応答の違いが認められた。定着したマウスでは血清HBs抗体の減少がみられた。一方、定着しなかったマウスでは抗体価の減少は認められなかった。また、HBs抗原特異的なIFN-gの産生能をELISPOTアッセイで検討したところ、定着がみられたマウスでは定着しなかったマウスに比べその産生能の低下がみられた。これらの結果よりHBVTg肝細胞が定着したマウスではHBs抗原特異的液性免疫および細胞性免疫が低下していることが予測された。さらに、HBVTg肝細胞が定着したモデルマウスと野生型マウスにHBs抗原およびアジュバンド(CpG-SPG)により免疫を行ったところ、本モデルマウスでは、血清HBs抗体価および脾細胞におけるHBs抗原特異的IFN-gの産生能は野生型マウスに比し低下していた。以上の結果より、本モデルマウスの免疫応答は慢性のHBV感染症患者に極めて類似していることが明らかになった。
    初年度の研究計画は、1)新規HBV感染マウスモデルにおける宿主免疫応答の解析 と 2)新規HBV感染モデルにおけるCpG-SPGのアジュバンド効果の検討 であった。1)のモデルマウスにおける免疫応答の解析では、定着したモデルマウスと定着ができなかったマウスを比較することができたため、宿主免疫応答の重要性が改めて確認できた。2)のHBs抗原とCpG-SPGによるワクチン療法の検討では、血清HBs抗体の検討および脾細胞を用いたHBV関連抗原に対するIFN-γ産生能の解析では、本モデルマウスがワクチン療法に対して抵抗性があることが示唆された。しかしながら、肝および血液中でのHBs抗原の解析が十分できなかった。このため、本ワクチン療法がどれほどの効果があるかは現段階では不明である。
    初年度では、新規HBV感染マウスモデルにおけるHBs抗原とCpG-SPGによるワクチン療法による抗HBV作用の効果判定が不十分であったため、まずはその検討を行う。同時に、モデルマウスにおいてワクチン療法後の肝およびリンパ組織での網羅的な遺伝子解析を行う。初年度の結果より、本モデルマウスでは、ワクチン療法後、野生型マウスに比べ十分な抗原特異的免疫応答が誘導できないことを確認しているため、特に免疫応答を抑制するような因子(免疫抑制性のサイトカインや免疫チェックポイント因子など)に着目して検討を行う予定である。

  4. HSV-TKマウスを用いた新規HBV感染症モデルの開発

    研究課題/研究課題番号:16K09351  2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C) 

    伊藤 弘康

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    慢性HBV感染ではHBVに対する免疫応答が破綻しHBVを完全排除することは困難である。HBV感染症に対する十分な治療法の確立が困難である理由に、小動物を用いた適切なHBV感染マウスモデルがないことが挙げられる。本研究ではHSV-TK-WTマウスを使用し、宿主肝細胞を脱落させた後HBV-Tg肝細胞を移入することで新規HBV感染マウスモデルを作製した。移入後20週までの病理組織学的検討でHBsAgを認めている。HBV遺伝子発現においても同様の結果が得られた。細胞性免疫応答の解析では宿主ごとにHBV反応性IFN-γ産生細胞数に差を認め、置換率が低い宿主のIFN-γ産生能は増強していた。
    現在までHBVTgマウスを用いてHBV感染症について様々な検討がされてきたが、HBVTgマウスの宿主免疫応答はHBV抗原に対して寛容状態であると考えられ、十分な宿主免疫応答の解析ができなった。本研究においてTK-NOGマウスにMHCを同様にしたHBVTgマウスからの肝細胞の移入・定着は可能であった。これまでにない新規手法による小動物でのHBV感染モデル開発であり、HBVに対する宿主免疫応答の解析も十分可能であることが示された。現在、慢性HBV感染症に対する治療の開発が重要であるが、本研究で開発されたモデルでは、さまざまな薬剤の抗HBV作用の正確な評価が可能と考えられる。

  5. OTN-NIR蛍光量子ドットによる移植幹細胞の超高感度in vivoイメージング

    研究課題/研究課題番号:26790006  2014年4月 - 2018年3月

    湯川 博

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    本研究では、Cdを含有しないため生体適合性が高く、1,000 nmを超える近赤外領域で蛍光発光が可能な新規量子ドットの合成に成功し、光学特性(蛍光強度、量子収率、蛍光寿命、退色性、そして安定性等)について評価することができた。また、幹細胞や移植する細胞への新規量子ドットの導入・標識効率について評価するとともに、細胞毒性に加え、自己増殖能、多分化能についても評価することができた。更に、新規量子ドットで標識した移植幹細胞のin vivo蛍光イメージングを実現し、肝不全モデルマウスにおける移植幹細胞の超高感度in vivo蛍光イメージングによる治療効果の検証を進めることができた。

  6. 免疫学的劇症肝炎モデルマウスにおける新たな細胞治療の基礎的検討

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    石上雅敏

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    劇症肝炎を始めとする急性肝不全は、治療法の発達した現在でも約半数が不幸な転帰を取る難治性疾患である。本疾患治療の根本的な鍵である肝再生への日常臨床に適用可能な介入方法は未だ確立されていない。本研究では、本邦における劇症肝炎の主要な原因である免疫の関与が考えられる肝炎モデルマウスに対し、新たな細胞治療を用いることで、その発症から肝再生による治癒に至るまでの過程においていかなるメカニズムが働くのかを明らかにし、今後の治療応用への基礎的検討を行う。

  7. 炎症・ウイルス感染環境下での肝構成細胞の免疫・代謝応答の解析

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    石川哲也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究は、肝細胞を始めとする肝構成細胞が炎症・免疫応答にどのように反応し、その後の炎症・免疫、代謝などの生体応答にどのような影響を与えるかを解析するために計画した。
    肝構成細胞をin vitro での炎症刺激による擬似肝炎環境下におき、それぞれにおけるケモカイン/サイトカイン、自然免疫関連分子群、細胞内蛋白・脂質代謝への影響をそれぞれ解析する。また、B型・C型肝炎ウイルス蛋白を発現する肝細胞を用いて同様の解析を行い、ウイルス感染による炎症・免疫、代謝応答の修飾を解析する。これまで個体レベルで総和としてみていた肝炎という現象を、細胞レベルで詳細に解析することを目的とする。

  8. 樹状細胞と制御性T細胞を用いた自己免疫性肝炎の新しい治療法の開発研究

    研究課題/研究課題番号:18590754  2006年 - 2007年

    奥村 明彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    自己免疫性疾患における末梢組織での免疫寛容状態の維持において重要な役割を果たしている、制御性T細胞(Tr)、樹状細胞(DC)、CD4陽性あるいはCD8陽性T細胞などのエフェクター細胞の3者の相互関係を解析することを目的として、自己免疫性肝炎(AIH)患者のDC上のToll-like receptor(TLR)の発現様式を検討し、さらに、DCにおけるアポトーシス関連分子の発現状況をリアルタイムPCR法を用いて検討した。
    1.自己免疫性肝炎患者のTrおよびDC上のTLRの発現状況
    Trには、わずかにTLR3,4,7,9が、また比較的多くTLR 6が発現していた。AIH患者、C型慢性肝炎患者および健常者の各群間の比較では、C型慢性肝炎患者においてTLR 6の発現が亢進しており、TLR 9の発現は逆にC型慢性肝炎患者において減弱していた。また、末梢血中の単球から誘導したDC(MDDC)にはTLR2,3,4,6,7,8,9のすべてが発現していた。末梢血中からポジティブセレクションにより分画化したDC(PDC+MDC)においては、健常者では主としてTLR3,4,6,7,9の発現亢進が認められ、とくにTLR 9の発現亢進が著明であったのに対してAIH患者のPDC+MDCではTLR 6のみが発現しており、健常者の発現パターンとは異なっていた。
    2. AIH患者のDCにおけるアポトーシス関連分子の発現状況
    MDDCおよびPDC+MDCにおいては、TNF-RS18、TNF-R1、Fas、Bax、Bad、FASTが発現していた。また、AIH患者のPDC+MDCにおいてはアポトーシス促進性分子であるTNFR1とBadの発現が健常者に比べて低下している傾向がみられた。そこでAIH患者のPDC+MDCにTNFαを添加してアポトーシスが誘導されるかどうかを実際に検討したところ、AIH患者においては健常者に比べてTNFαによるアポトーシスが誘導されにくい可能性が示唆された。

  9. ウイルス肝炎における自然免疫と獲得免疫のクロストークの解析と治療応用

    研究課題/研究課題番号:17590688  2005年 - 2006年

    石川 哲也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3600000円 ( 直接経費:3600000円 )

    肝臓での免疫担当細胞の構成は末梢血と大きく異なっており,NK,NKT細胞が,肝臓に存在する全体の単核球のうちの20〜30%ずつを占めるとされる.これより,NK,NKT細胞は肝炎の病態に大きな影響を与えているものと考えられる.実際,HBVの感染においても,感染の初期にはNK,NKT細胞などからのサイトカイン産生(IFN-γ)によりウイルスの排除が進むことが,チンパンジーの感染実験,HBVトランスジェニックマウス(HBV-tg)を用いた実験により示されている.特にNKT細胞は,IFN-γのみでなくIL-4の産生細胞でもあり,NKT細胞の活性化の程度が,肝炎の進展,細胞障害性Tリンパ球(CTL)誘導などによるウイルス排除機構に影響を与える可能性がある.当研究では,NKT細胞がHBV関連抗原特異的CLT誘導に与える影響を,HBV-tg,NKTノックアウトマウス(Jα281^<-/->)を用いて検討した.正常マウス(B10D2)においては,HBs抗原による免疫時に,NKT細胞を活性化する作用のあるα-galactosylceramide(α-GalCer)を同時投与すると,HBs特異的CTL(HBs-CTL)の誘導効率は有意に上昇した.これは,NKT^<-/->ではみられず,NKT細胞の活性化がCTLの誘導効率の上昇に寄与することが示された.次に,通常の免疫方法ではHBs-CTLの誘導が困難なHBV-tgにおいて,同様の方法でCTL誘導の可否について検討した.HBV-tgでは,α-GalCerを併用した場合のみHBs-CTLの誘導が確認され,さらにはCTLクローンの確立も可能であった.抗体を用いたブロッキング実験では,IL-2,CD40/CD40Lによるシグナルが,α-GalCerによるCTL誘導効率の上昇に関与していることが示唆された.NKT細胞は特異的免疫応答の誘導において,重要な働きをしていることが明らかとなった.自然免疫と獲得免疫のクロストークを利用した治療法が,HBV持続感染のような難治性感染症の治療に有用である可能性が示唆された.

  10. 自己免疫性肝炎における制御性T細胞および樹状細胞の役割と両者の関係の解析

    研究課題/研究課題番号:16590644  2004年 - 2005年

    奥村 明彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    自己免疫性肝炎(AIH)患者の末梢血中の制御性T細胞(Tr)の割合は健常人に比べて有意に増加していたが、Trの機能を増強すると考えられるFoxp3とCTLA-4のmRNA量は、AIHではcontrolに比べて有意に低下していた。その結果AIH患者のTrによるIL-10産生能は健常人に比べて有意に低下していた。次に末梢血液中に存在するTr自身がToll-like receptor(TLR)を発現しているかどうかを確認したところ、AIH、C型慢性肝炎、健常者の各群ともわずかにTLR3,4,7,9が、また比較的多くTLR6が発現していた。樹状細胞(DC)に関する検討では、末梢血中の単球から誘導したMonocyte-derived DCにはAIH、C型慢性肝炎および健常者の3群ともTLR2,3,4,6,7,8,9のすべてが発現していた。一方、末梢血中に存在しているMyeloid DCとPlasmacytoid DCにおいては、健常者では主としてTLR3,4,6,7,9の発現亢進が認められ、とくにTLR9の発現亢進が著明であったのに対して、AIH患者においてはTLR6のみが発現しており、健常者の発現パターンとは大きく異なっていた。今回の研究から、TrはFoxp3、TNF-R-SF18(GITR)、CTLA-4、CD28などの分子を介したシグナル以外にTLRを介したシグナルによっても機能が調節されている可能性があること、そしてAIHの病態にTrの機能異常が何らかの影響を及ぼしている可能性が示唆された。また、AIH患者のDCにおけるTLRの発現プロフィールが健常者のそれと異なっていたことは、DCへのシグナルがAIHと健常人では異なっており、AIHの病態を規定していると考えられるエフェクター細胞とDCとTrとの3者のバランスに何らかの影響を及ぼしている可能性が示唆された。

  11. ウイルス肝炎および肝臓癌におけるNKT細胞の役割の解明と治療応用

    研究課題/研究課題番号:15390236  2003年 - 2005年

    各務 伸一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ナチュラルキラーT(NKT)細胞は、NK細胞マーカーとT細胞受容体(TCR)を併せもつリンパ球で、CD1分子に提示される糖脂質を認識し、自然免疫と獲得免疫を結ぶ重要な細胞でsり、多くの免疫調節作用を発揮する。しかし、ウイルス肝炎や肝癌におけるNKT細胞の役割は殆ど解明されていない。
    我々は先ずC型慢性肝炎(C-CH)患者の末梢血単核球(PBMC)を糖脂質であるαgalactosylceramide(αGalCer)とIL-2存在下に培養し、CH患者のNKT細胞の頻度はそのsubsetにより分布が異なるものの、糖脂質に対する反応は良好であり、インターフェロン(IFN)治療によりNKT細胞のIFN-γ産生が増加し、Th1優位になることを認めた。肝癌のNKT細胞機能も、そのsubsetにより低下を示した。肝内NKT細胞は、PBMCのそれに比べ高頻度に分布、活性化を認め肝臓での一定の役割が示唆された。
    C-CHでは樹状細胞機能の低下が示されているが、その対策については未解決の状況にある。上記糖脂質は、Vα24+NKT細胞を活性化し、樹状細胞の成熟を促進することが知られている。そこで、健常人の末梢血CD14+単球をGMCSF, IL-4存在下に、また同時にCD3+細胞をαGalCerとIL-2存在下にそれぞれ5日間培養後、両細胞を併せ、GMCSF, αGalCer, IL-2を添加、更に2日間培養した。その結果、従来の標準的培養法に比べ、本法では樹状細胞機能とその表現型をより強力に誘導することが分かり、治療への応用が期待された。
    次ぎにB型肝炎でのNKT細胞の役割をB型肝炎ウイルス(HBV)特異的細胞障害性T細胞(CTL)誘導の観点から、Balb/cマウス、同じストレインのVα14+NKT knockoutマウスおよびHBVトランスジェニック(Tg)マウスにより検討した。HBV特異的CTLは、HBs抗原免疫に加え、NKT細胞が活性化すると強力に増殖した。さらにHBs抗原に対し免疫学的寛容状態にあるHBV TgマウスにおいてもHBs抗原+αGalCerの免疫によりCTLの誘導が可能であった。CTLレベルでのtolerance breakが可能という意味で重要であり、B型肝炎の治療や発症機序の解明にも寄与するものと考えられた。

  12. 肝炎の炎症進展及び治癒過程に関与する宿主遺伝子発現動態の解析

    研究課題/研究課題番号:15590697  2003年 - 2004年

    石川 哲也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3600000円 ( 直接経費:3600000円 )

    HBVトランスジェニックマウス(Tg)にHBV抗原特異的CTL(HBs-CLT)を移入することにより惹起される肝炎モデルを用い、肝炎の病態及び炎症進展機序に関する検討を行った。CTL移入後の肝傷害はCTLクローン毎に異なり、クローンによってはピークのALT値で10倍以上の差を認めた。異なるCTLクローンにより引き起こされる病態の差は、TNF-α、IFN-γなど、CTLから産生されるサイトカイン量に依存しないことより、それ以外のCTLの機能の差、CTLによって活性化される他のeffector細胞、あるいは何らかの宿主側因子によって規定される可能性がある。これらの可能性を検証するため、TNF-αノックアウトマウス(KO)、NKT KOとHBV Tgとを掛け合わせたマウスを用いて、TNF-α、あるいはNKT細胞が肝炎進展過程に与える影響についてさらに詳細に解析した。HBV Tg/TNF-α KOへのHBs-CTL移入では、HBV Tgに移入した場合に比較し、トランスアミナーゼの最高値は20分の1以下に低下した。TNF-αの産生細胞、産生量を制御する因子、それ以外の遺伝子発現に与える影響については、今後詳細に検討する予定である。一方、HBV Tg/NKT KOへのHBs-CTL移入では、HBV Tgへの場合に比較し、トランスアミナーゼ値は有意に上昇した。HBV Tgの肝内NKT細胞の解析では、CTL移入3時間後に、IL-10遺伝子の発現が増強していた。これより、急性肝炎初期において、NKT細胞は、抗炎症性サイトカインであるIL-10を介して肝炎の増悪を抑制する働きを有す可能性があると考えられた。免疫担当細胞、サイトカインとも、炎症の場において多面的な作用を担っており、その詳細な解析は、肝炎における炎症軽減、肝再生促進などを目的とした治療法確立のためには必須のものと考えられる。

  13. 遺伝子ターゲッティングによるマウス自己免疫性肝炎モデルの作製

    研究課題/研究課題番号:14570523  2002年 - 2003年

    奥村 明彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    C57BL/6マウスの腹腔内に、β-gal/CYP2D6+LPSを接種して肝炎を惹起させた。その後脾細胞(SP)と肝内浸潤リンパ球(LIL)を採取し、フローサイトメトリーによりCD4+T細胞、CD8+T細胞、制御性T細胞としてCD4+CD25+T細胞の数を測定した。CD4/CD8比については、SPを用いた検討ではALT値のピークである2週目に低下した後、肝炎の回復とともに4週目には上昇した。一方LILを用いた検討では1週目にはすでに著明に減少しており、時間の経過とともに徐々に上昇して4週目には回復した。CD4+CD25+T細胞の割合は無処置時にはSPとLILの両者間で大きな差は認められなかった。しかしALT値のピークである2週目から3週目にかけてはSP、LILどちらを用いた検討でも約半数へと減少していることが観察された。以上の結果より、肝内にはCD8+T細胞が優位に浸潤していることが明らかとなった。また、CD4+CD25+T細胞数は肝炎の経過と共に変動がみられ、肝炎の病態に何らかの影響を及ぼしていることが示唆された。
    また、アシアログリコプロテインレセプター(ASGPR)のノックアウトマウスを当大学内動物センターにて継代飼育中である。サイトメガロウイルスプロモーターを有しASGPRの細胞外ドメインのみを発現するベクターと、ASGPR全体を発現するベクターの2種類を作製し、現在マウスの下腿筋肉内での発現状況をチェック中である。さらに、免疫を行ったマウスの脾細胞をin vitroにて刺激する必要があるため、ASGPRの細胞外ドメインあるいはASGPR全体とGSTとの融合蛋白をを発現するベクターを新たに構築し、現在発現蛋白を効率よく回収するため種々の条件設定を行っている。

  14. ウイルス性肝炎の慢性化成立機序の解明と治療法の確立

    研究課題/研究課題番号:12670529  2000年 - 2001年

    石川 哲也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3400000円 ( 直接経費:3400000円 )

    ウイルス性肝炎における慢性化成立機序は、現在まで詳細には解明されていない。直接の細胞障害性のないB型、C型肝炎ウイルス(HBV、HCV)感染において、肝炎の発症は宿主免疫応答の誘導を意味するが、それがウイルス排除に至る程強力でないために慢性化するのであろうと漫然と理解されている。この慢性化成立機序を解明するため、in vitro、in vivoにおいて種々の実験を行った。in vitroにおいては肝細胞障害発症の主たるeffectorと考えられる細胞障害性Tリンパ球(CTL)に関する解析を行った。CTLはcostimulatory molecule (CM)による補助刺激なしの状態では、その増殖能、機能ともに障害されることを明らかにした。つまり、肝障害をきたすCTLもCM発現の十分でない肝細胞との接触により不活性化されることによる不十分な感染肝細胞の排除が、慢性化の成立の一因となっていると考えられた。ヒトHBVキャリアのモデルと考えられるHBVトランスジェニックマウス(Tg)をHBV遺伝子(HBs)を用いたDNA immunizationにより免疫すると、ウイルスのdownregulation (DR)が起こるが、完全なDRの起こる確率は必ずしも高くない。HBsに加えて、B7-1、B7-2、CD40などのCM遺伝子を同時に免疫することによるDRの確率を検討した。DRの確率は必ずしも高くなかったが、HBs単独時には認めなかった肝障害が観察され、CM併用により、effectorの誘導効率は上昇していることが示唆された。今後の治療応用に向けて、期待がもたれる結果と考えられた。

  15. 肝障害の発生・進展に果たすアポトーシスの意義解明とその阻止

    研究課題/研究課題番号:10470142  1998年 - 2000年

    各務 伸一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    1) 酵母ミトコンドリア型態制御遺伝子mmm1,mdm10の哺乳動物細胞への導入:酵母胞でミトコンドリア(ミト)形態を制御し、その欠損によりミト巨大化が報告されているmmm1,mdm10のプライマーを用いRT-PCR法で増幅し、HAプローブを組み込ませて発現ベクターを作成し、Lipofection法によりRL-34,MDCK両細胞に導入した。現在、細胞内局在を同定中。Perman cell lineが確立できたら、これを用いてミト巨大化条件下でミト形態変化を検討する。
    2) 培養栽培系でのミト巨大化実験モデルの確立と、ミト巨大化へのフリーラジカルの普遍的関与の証明:初代培養肝細胞系でのミト巨大化モデルの確立につづき、RL-34,IAR-20,Cos1細胞でミト巨大化を確立すると共に、H_2O_2でもミト巨大化する事を見出しフリーラジカルの関与を一層実なものとした。
    3) ミトコンドリア(ミト)巨大化によるapoptosis(AP)誘導機序の解明:培養細胞系を用い、free radicals(FR)存在下で形成された巨大ミトが、引き続きFRに曝されると、巨大ミト膜のメガチャネルが開放され、その結果巨大ミトは膨化、膜電位低下、チトクロムcのミトからの流出、細胞内ATP量低下をもたらし、巨大ミト存在下の培養細胞はAPに陥る事を明らかにした。又、膨化巨大ミトの酸素消費量の著名低下がFR産生能低下の原因である事をつきとめた。膨化巨大ミトのFR産生能低下が顕著で、細胞内FR量減少をもたらす場合には巨大ミトは構造・機能共に正常に戻るが、効果がなければAPに陥る事になる。即ち、これまで不明であったミト巨大化現象の細胞病理学的意義が明らかになると共に、APの発生・進展にミトの"膨化"が注目されているが、新たに"巨大化"が加わることになり、AP研究に大きく貢献するものと思われる。
    4) 培養細胞系を用いたミト巨大化のCoQ_<10>による阻止:培養ラット肝細胞を用い、cycloheximide,CoQ_<10>によりヒドラジン、クロラムフェニコールによるミト巨大化阻止に成功した。同時に、ミト膜電位、細胞内フリーラジカル量増加も抑制された。さらに、クロラムフェニコールによるマウス肝巨大ミトの回復過程が、CoQ_<10>、cycloheximideにより著明に促進されることを突き止めた。
    5) 新規合成TEMPO誘導体Apoptosis(AP)の阻止:様々な病的環境下でのミトコンドリア(ミト)の巨大化に続くAPが、4-OH-TEMPOにより阻止される事を既に報告したが、in vivoで体重減少・神経毒などの副作用を示すので、ポーランド・グダニスク医大との共同研究により新規合成した6種のTEMPO誘導体を用い、培養細胞でのミト巨大化AP阻止を目安として検討。4-OH-TEMPOが2-4mMで有効なのに対し、4-octanoyl-,4-lauroyl-TEMPO 50-100μMの低濃度でH_2O_2,t-butylhydropeeroxideによる細胞障害をより有効に阻止する事を見出した。
    6) Leflunomide(LF)の新しい作用:LFは、ミト内膜に存在するdehydroorotate dehydrogenase(DHODH)の阻害剤であり、最近リウマチの治療剤として用いられている。DHODHはdehydroorotateをorotateに変えるがこれと共役してO_2が産生される。培養細胞系を用いてLF投与時のミト酵素ラジカル産生への影響を検討する過程で、LFがミト新生を促進することをつきとめた。引き続きその機序を検討中。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 8

  1. 基礎セミナーA

    2012

  2. 一般検査学

    2012

  3. 保健生化学B

    2012

  4. 人体構造機能学ⅣA(生化学)

    2012

  5. 保健生化学A

    2012

  6. 臨床病理学Ⅰ

    2012

  7. 一般検査学実習B

    2012

  8. 一般検査学実習A

    2012

▼全件表示