2022/03/23 更新

写真a

ハヤカワ フミヒコ
早川 文彦
HAYAKAWA, Fumihiko
所属
大学院医学系研究科 総合保健学専攻 オミックス医療科学 教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部(保健学科)
職名
教授

学位 1

  1. 医学博士 ( 2001年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 7

  1. 薬剤スクリーニング

  2. 遺伝子解析

  3. 病態解析

  4. 多施設共同研究

  5. 臨床試験

  6. 悪性リンパ腫

  7. 白血病

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 薬系化学、創薬科学

現在の研究課題とSDGs 5

  1. 急性リンパ性白血病で認められる遺伝子異常の白血病発症機序の解明

  2. 急性リンパ性白血病遺伝子解析

  3. 急性リンパ芽球性白血病に対する最適な化学療法の検討

  4. プライマリ腫瘍細胞を用いた新規薬剤スクリーニング方法の開発

  5. PAX5遺伝子変異による急性リンパ性白血病発症機構の解明

経歴 8

  1. 名古屋大学大学院医学系研究科   医療技術学専攻病態解析学講座   教授

    2018年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学医学部附属病院   血液内科   講師

    2016年5月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学医学部附属病院    血液内科   助教

    2010年4月 - 2016年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学医学系研究科 GCOE特任講師

    2008年11月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学医学部附属病院 血液・腫瘍内科学 医員

    2005年4月 - 2008年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 医師 豊橋市民病院

    2004年6月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. カリフォルニア州立大学デービス校 生化学 ポストドクトラルフェロー

    2001年5月 - 2004年4月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  8. 医師 安城更正病院

    1993年5月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   血液・腫瘍内科学

    1996年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部

    1987年4月 - 1993年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本内科学会

  2. 日本癌学会

  3. 日本血液学会   ガイドライン委員

委員歴 2

  1. 日本血液学会   ガイドライン委員  

    2015年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本血液学会   IJH編集委員  

    2019年10月 - 現在   

受賞 1

  1. 上原記念生命科学財団 研究奨励金

    2006年   上原記念生命科学財団  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 82

  1. Two novel high-risk adult B-cell acute lymphoblastic leukemia subtypes with high expression of CDX2 and IDH1/2 mutations. 査読有り

    Yasuda T, Sanada M, Kawazu M, Kojima S, Tsuzuki S, Ueno H, Iwamoto E, Iijima-Yamashita Y, Yamada T, Kanamori T, Nishimura R, Kuwatsuka Y, Takada S, Tanaka M, Ota S, Dobashi N, Yamazaki E, Hirose A, Murayama T, Sumi M, Sato S, Tange N, Nakamura Y, Katsuoka Y, Sakaida E, Kawamata T, Iida H, Shiraishi Y, Nannya Y, Ogawa S, Taniwaki M, Asou N, Hatta Y, Kiyoi H, Matsumura I, Horibe K, Mano H, Naoe T, Miyazaki Y, Hayakawa F

    Blood     2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1182/blood.2021011921

    PubMed

  2. Targeting MEF2D-fusion oncogenic transcriptional circuitries in B-cell precursor acute lymphoblastic leukemia 査読有り

    Tsuzuki S, Yasuda T, Kojima S, Kawazu M, Akahane K, Inukai T, Imaizumi M, Morishita T, Miyamura K, Ueno T, Karnan S, Ota A, Hyodo T, Konishi H, Sanada M, Nagai H, Horibe K, Tomita A, Suzuki K, Muramatsu H, Takahashi Y, Miyazaki Y, Matsumura I, Kiyoi H, Hosokawa Y, Mano H, Hayakawa F

    Blood Cancer Discovery   1 巻 ( 1 ) 頁: 82 - 95   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Chromosomal translocation-mediated evasion from miRNA induces strong MEF2D fusion protein expression, causing inhibition of PAX5 transcriptional activity 査読有り

    Hirano Daiki, Hayakawa Fumihiko, Yasuda Takahiko, Tange Naoyuki, Yamamoto Hideyuki, Kojima Yuki, Morishita Takanobu, Imoto Naoto, Tsuzuki Shinobu, Mano Hiroyuki, Naoe Tomoki, Kiyoi Hitoshi

    ONCOGENE   38 巻 ( 13 ) 頁: 2263-2274   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41388-018-0573-9

    Web of Science

    PubMed

  4. Decision Analysis for Unrelated Bone Marrow Transplantation or Immediate Cord Blood Transplantation for Patients with Philadelphia Chromosome-Negative Acute Lymphoblastic Leukemia in First Complete Remission. 査読有り

    Kako S, Hayakawa F, Miyamura K, Tanaka J, Imai K, Kanda J, Morishima S, Uchida N, Doki N, Ikegame K, Ozawa Y, Takada S, Usui N, Ohtake S, Kiyoi H, Matsumura I, Miyazaki Y, Ichinohe T, Fukuda T, Atsuta Y, Kanda Y

    Transplantation and cellular therapy   28 巻 ( 3 ) 頁: 161.e1 - 161.e10   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.jtct.2021.11.021

    PubMed

  5. Protein S-Leu17Pro disrupts the hydrophobicity of its signal peptide causing a proteasome-dependent degradation. 査読有り

    Okada K, Tamura S, Suzuki N, Odaira K, Mukaide M, Fujii W, Katsuragi Y, Suzuki A, Kanematsu T, Okamoto S, Suzuki N, Katsumi A, Matsushita T, Kojima T, Hayakawa F

    Thrombosis research   210 巻   頁: 26 - 32   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.thromres.2021.12.014

    PubMed

  6. Optimal treatment for Philadelphia-negative acute lymphoblastic leukemia in first remission in the era of high-intensity chemotherapy 査読有り

    Kako Shinichi, Hayakawa Fumihiko, Imai Kiyotoshi, Tanaka Junji, Mizuta Shuichi, Nishiwaki Satoshi, Kanamori Heiwa, Mukae Junichi, Ozawa Yukiyasu, Kondo Tadakazu, Fukuda Takahiro, Ichinohe Tatsuo, Ota Shuichi, Tanaka Yoshinori, Murayama Tohru, Kurahashi Shingo, Sakura Toru, Usui Noriko, Ohtake Shigeki, Kiyoi Hitoshi, Matsumura Itaru, Miyazaki Yasushi, Atsuta Yoshiko

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY   114 巻 ( 5 ) 頁: 608 - 619   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12185-021-03198-4

    Web of Science

    PubMed

  7. Dasatinib-based Two-step Induction for Adults with Philadelphia Chromosome-Positive Acute Lymphoblastic Leukemia. 査読有り

    Sugiura I, Doki N, Hata T, Cho R, Ito T, Suehiro Y, Tanaka M, Kako S, Matsuda M, Yokoyama H, Ishikawa Y, Taniguchi Y, Hagihara M, Ozawa Y, Ueda Y, Hirano D, Sakura T, Tsuji M, Kamae T, Fujita H, Hiramoto N, Onoda M, Fujisawa S, Hatta Y, Dobashi N, Nishiwaki S, Atsuta Y, Kobayashi Y, Hayakawa F, Ohtake S, Naoe T, Miyazaki Y

    Blood advances     2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/bloodadvances.2021004607

    PubMed

  8. Exosomes secreted from cancer-associated fibroblasts elicit anti-pyrimidine drug resistance through modulation of its transporter in malignant lymphoma 査読有り

    Kunou Shunsuke, Shimada Kazuyuki, Takai Mika, Sakamoto Akihiko, Aoki Tomohiro, Hikita Tomoya, Kagaya Yusuke, Iwamoto Eisuke, Sanada Masashi, Shimada Satoko, Hayakawa Fumihiko, Oneyama Chitose, Kiyoi Hitoshi

    ONCOGENE   40 巻 ( 23 ) 頁: 3989 - 4003   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41388-021-01829-y

    Web of Science

    PubMed

  9. Essential role of a carboxyl-terminal alpha-helix motif in the secretion of coagulation factor XI 査読有り

    Hayakawa Yuri, Tamura Shogo, Suzuki Nobuaki, Odaira Koya, Tokoro Mahiru, Kawashima Fumika, Hayakawa Fumihiko, Takagi Akira, Katsumi Akira, Suzuki Atsuo, Okamoto Shuichi, Kanematsu Takeshi, Matsushita Tadashi, Kojima Tetsuhito

    JOURNAL OF THROMBOSIS AND HAEMOSTASIS   19 巻 ( 4 ) 頁: 920 - 930   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1111/jth.15242

    Web of Science

    PubMed

  10. Combination of clofarabine, etoposide, and cyclophosphamide in adult relapsed/refractory acute lymphoblastic leukemia: a phase 1/2 dose-escalation study by the Japan Adult Leukemia Study Group

    Saito Takeshi, Hatta Yoshihiro, Hayakawa Fumihiko, Takahashi Tsutomu, Hagihara Maki, Iida Hiroatsu, Minauchi Koichiro, Yamazaki Etsuko, Sugiura Isamu, Murayama Tohru, Sakura Toru, Mori Naoki, Imai Kiyotoshi, Yahagi Yuichi, Atsuta Yoshiko, Saito Akiko Moriya, Hirakawa Akihiro, Kiyoi Hitoshi, Matsumura Itaru, Miyazaki Yasushi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY   113 巻 ( 3 ) 頁: 395 - 403   2021年3月

     詳細を見る

  11. Exosomes derived from cancer associated fibroblasts induce a resistance to histone deacetylase inhibitors in lymphoma

    Kagaya Yusuke, Shimada Kazuyuki, Kunou Shunsuke, Hikita Tomoya, Sakamoto Akihiko, Hayakawa Fumihiko, Oneyama Chitose, Kiyoi Hitoshi

    CANCER SCIENCE   112 巻   頁: 370 - 370   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  12. [B cell acute lymphoblastic leukemia therapy: an up to date overview]. 招待有り 査読有り

    Hayakawa F

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   62 巻 ( 8 ) 頁: 1094 - 1101   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.11406/rinketsu.62.1094

    PubMed

  13. Functional analysis of a novel fusion protein PAX5-KIDINS220 identified in a pediatric Ph-like ALL patient

    Kanayama Takuyo, Imamura Toshihiko, Mayumi Azusa, Soma Emi, Sakamoto Kenichi, Hayakawa Fumihiko, Tanizawa Akihiko, Kiyokawa Nobutaka, Hosoi Hajime

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY   112 巻 ( 5 ) 頁: 714 - 719   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12185-020-02944-4

    Web of Science

    PubMed

  14. JSH practical guidelines for hematological malignancies, 2018: I. leukemia-3. acute lymphoblastic leukemia/lymphoblastic lymphoma (ALL/LBL)

    Hatta Yoshihiro, Hayakawa Fumihiko, Yamazaki Etsuko

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY   112 巻 ( 4 ) 頁: 439 - 458   2020年10月

     詳細を見る

  15. Aberrant X chromosomal rearrangement through multi-step template switching during sister chromatid formation in a patient with severe hemophilia A

    Tokoro Mahiru, Tamura Shogo, Suzuki Nobuaki, Kakihara Misaki, Hattori Yuna, Odaira Koya, Suzuki Sachiko, Takagi Akira, Katsumi Akira, Hayakawa Fumihiko, Okamoto Shuichi, Suzuki Atsuo, Kanematsu Takeshi, Matsushita Tadashi, Kojima Tetsuhito

    MOLECULAR GENETICS & GENOMIC MEDICINE   8 巻 ( 9 ) 頁: e1390   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/mgg3.1390

    Web of Science

    PubMed

  16. Staurosporine and venetoclax induce the caspase-dependent proteolysis of MEF2D-fusion proteins and apoptosis in MEF2D-fusion (+) ALL cells 査読有り

    Tange Naoyuki, Hayakawa Fumihiko, Yasuda Takahiko, Odaira Koya, Yamamoto Hideyuki, Hirano Daiki, Sakai Toshiyasu, Terakura Seitaro, Tsuzuki Shinobu, Kiyoi Hitoshi

    BIOMEDICINE & PHARMACOTHERAPY   128 巻   頁: 110330   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.biopha.2020.110330

    Web of Science

    PubMed

  17. A case of pemphigus with anti-desmoglein 3 and anti-desmocollin 2 and 3 autoantibodies, associated with follicular lymphoma and bronchiolitis obliterans

    Yoshikawa Masato, Takeichi Takuya, Taki Tomoki, Hayakawa Fumihiko, Ishii Norito, Hashimoto Takashi, Muro Yoshinao, Akiyama Masashi

    EUROPEAN JOURNAL OF DERMATOLOGY   30 巻 ( 4 ) 頁: 424 - 425   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1684/ejd.2020.3812

    Web of Science

    PubMed

  18. Targeting MEF2D-fusion Oncogenic Transcriptional Circuitries in B-cell Precursor Acute Lymphoblastic Leukemia.

    Tsuzuki S, Yasuda T, Kojima S, Kawazu M, Akahane K, Inukai T, Imaizumi M, Morishita T, Miyamura K, Ueno T, Karnan S, Ota A, Hyodo T, Konishi H, Sanada M, Nagai H, Horibe K, Tomita A, Suzuki K, Muramatsu H, Takahashi Y, Miyazaki Y, Matsumura I, Kiyoi H, Hosokawa Y, Mano H, Hayakawa F

    Blood cancer discovery   1 巻 ( 1 ) 頁: 82 - 95   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1158/2643-3230.BCD-19-0080

    PubMed

  19. High prevalence of MEF2D fusion in human B-cell precursor acute lymphoblastic leukemia cell lines. 査読有り

    Akahane K, Yasuda T, Tsuzuki S, Hayakawa F, Kiyokawa N, Somazu S, Watanabe A, Kagami K, Abe M, Harama D, Goi K, Kawazu M, Kojima S, Imamura T, Goto H, Iwamoto S, Minegishi M, Abe M, Hojo H, Inaba T, Mano H, Sugita K, Inukai T

    Hematological oncology     2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hon.2762

    PubMed

  20. Involvement of MCL1, c-myc, and cyclin D2 protein degradation in ponatinib-induced cytotoxicity against T315I(+) Ph+leukemia cells 査読有り

    Inoue Chisato, Sobue Sayaka, Kawamoto Yoshiyuki, Nishizawa Yuji, Ichihara Masatoshi, Abe Akihiro, Hayakawa Fumihiko, Suzuki Motoshi, Nozawa Yoshinori, Murate Takahsi

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   525 巻 ( 4 ) 頁: 1074 - 1080   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.02.165

    Web of Science

    PubMed

  21. Vaticanol C, a phytoalexin, induces apoptosis of leukemia and cancer cells by modulating expression of multiple sphingolipid metabolic enzymes 査読有り

    Inoue Chisato, Sobue Sayaka, Mizutani Naoki, Kawamoto Yoshiyuki, Nishizawa Yuji, Ichihara Masatoshi, Takeuchi Toshiyuki, Hayakawa Fumihiko, Suzuki Motoshi, Ito Tetsuro, Nozawa Yoshinori, Murate Takashi

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 2 ) 頁: 261-280   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.82.2.261

    Web of Science

  22. Higher FVIII:C measured by chromogenic substrate assay than by one-stage assay is associated with silent hemophilic arthropathy 査読有り

    Ogawa Mika, Suzuki Nobuaki, Takahashi Nobunori, Tamura Shogo, Suzuki Atsuo, Suzuki Sachiko, Hattori Yuua, Kakihara Misaki, Kanematsu Takeshi, Kojima Toshihisa, Katsumi Akira, Hayakawa Fumihiko, Kojima Tetsuhito, Ishiguro Naoki, Kiyoi Hitoshi, Matsushita Tadashi

    THROMBOSIS RESEARCH   188 巻   頁: 103 - 105   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.thromres.2020.01.003

    Web of Science

    PubMed

  23. Dasatinib-Based Two-Step Induction Prior to Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation for Newly Diagnosed Philadelphia Chromosome-Positive Acute Lymphoblastic Leukemia: Results of the JALSG Ph+ALL213 Study

    Sugiura Isamu, Doki Noriko, Hata Tomoko, Cho Ryuko, Ito Toshiro, Suehiro Youko, Kanamori Heiwa, Kako Shinichi, Matsuda Mitsuhiro, Yokoyama Hisayuki, Taniguchi Yasuhiro, Hagihara Maki, Ozawa Yukiyasu, Fujisawa Shin, Dobashi Nobuaki, Hatta Yoshihiro, Asada Noboru, Ohashi Kazuteru, Onishi Yasushi, Shiro Koh, Nishiwaki Satoshi, Atsuta Yoshiko, Hayakawa Fumihiko, Ohtake Shigeki, Miyazaki Yasushi

    BLOOD   134 巻   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1182/blood-2019-123382

    Web of Science

  24. ZNF384-fusion proteins have high affinity for the transcriptional coactivator EP300 and aberrant transcriptional activities 査読有り

    Yamamoto Hideyuki, Hayakawa Fumihiko, Yasuda Takahiko, Odaira Koya, Minamikawa Yuka, Tange Naoyuki, Hirano Daiki, Kojima Yuki, Morishita Takanobu, Tsuzuki Shinobu, Naoe Tomoki, Kiyoi Hitoshi

    FEBS LETTERS   593 巻 ( 16 ) 頁: 2151 - 2161   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/1873-3468.13506

    Web of Science

    PubMed

  25. Apparent synonymous mutation F9 c.87A > G causes secretion failure by in-frame mutation with aberrant splicing 査読有り

    Odaira Koya, Tamura Shogo, Suzuki Nobuaki, Kakihara Misaki, Hattori Yuna, Tokoro Mahiru, Suzuki Sachiko, Takagi Akira, Katsumi Akira, Hayakawa Fumihiko, Okamoto Shuichi, Suzuki Atsuo, Kanematsu Takeshi, Matsushita Tadashi, Kojima Tetsuhito

    THROMBOSIS RESEARCH   179 巻   頁: 95 - 103   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.thromres.2019.04.022

    Web of Science

    PubMed

  26. Molecular basis of SERPINC1 mutations in Japanese patients with antithrombin deficiency 査読有り

    Tamura Shogo, Hashimoto Erika, Suzuki Nobuaki, Kakihara Misaki, Odaira Koya, Hattori Yuna, Tokoro Mahiru, Suzuki Sachiko, Takagi Akira, Katsumi Akira, Hayakawa Fumihiko, Suzuki Atsuo, Okamoto Shuichi, Kanematsu Takeshi, Matsushita Tadashi, Kojima Tetsuhito

    THROMBOSIS RESEARCH   178 巻   頁: 159 - 170   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.thromres.2019.04.004

    Web of Science

    PubMed

  27. [Peri-arteriolar megakaryopoietic microenvironment via reciprocal CLEC-2/PDPN axis in bone marrow]. 招待有り 査読有り

    Tamura S, Suzuki-Inoue K, Ozaki Y, Hayakawa F, Kojima T

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   60 巻 ( 7 ) 頁: 834-842   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11406/rinketsu.60.834

    PubMed

  28. Transcriptional landscape of B cell precursor acute lymphoblastic leukemia based on an international study of 1,223 cases 査読有り

    Li Jian-Feng, Dai Yu-Ting, Lilljebjorn Henrik, Shen Shu-Hong, Cui Bo-Wen, Bai Ling, Liu Yuan-Fang, Qian Mao-Xiang, Kubota Yasuo, Kiyoi Hitoshi, Matsumura Itaru, Miyazaki Yasushi, Olsson Linda, Tan Ah Moy, Ariffin Hany, Chen Jing, Takita Junko, Yasuda Takahiko, Mano Hiroyuki, Johansson Bertil, Yang Jun J., Yeoh Allen Eng-Juh, Hayakawa Fumihiko, Chen Zhu, Pui Ching-Hon, Fioretos Thoas, Chen Sai-Juan, Huang Jin-Yan

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   115 巻 ( 50 ) 頁: E11711-E11720   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1814397115

    Web of Science

    PubMed

  29. Pyruvate secreted from patient-derived cancer-associated fibroblasts supports survival of primary lymphoma cells.

    Sakamoto A, Kunou S, Shimada K, Tsunoda M, Aoki T, Iriyama C, Tomita A, Nakamura S, Hayakawa F, Kiyoi H

    Cancer science     2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.13873

    PubMed

  30. Biology and management of primary effusion lymphoma.

    Shimada K, Hayakawa F, Kiyoi H

    Blood   132 巻 ( 18 ) 頁: 1879-1888   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2018-03-791426

    PubMed

  31. Transcriptional activities of DUX4 fusions in B-cell acute lymphoblastic leukemia.

    Tanaka Y, Kawazu M, Yasuda T, Tamura M, Hayakawa F, Kojima S, Ueno T, Kiyoi H, Naoe T, Mano H

    Haematologica   103 巻 ( 11 ) 頁: e522-e526   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3324/haematol.2017.183152

    PubMed

  32. Final analysis of the JALSG Ph+ALL202 study: tyrosine kinase inhibitor-combined chemotherapy for Ph plus ALL

    Hatta Yoshihiro, Mizuta Shuichi, Matsuo Keitaro, Ohtake Shigeki, Iwanaga Masako, Sugiura Isamu, Doki Noriko, Kanamori Heiwa, Ueda Yasunori, Yoshida Chikamasa, Dobashi Nobuaki, Maeda Tomoya, Yujiri Toshiaki, Monma Fumihiko, Ito Yoshikazu, Hayakawa Fumihiko, Takeuchi Jin, Kiyoi Hitoshi, Miyazaki Yasushi, Naoe Tomoki

    ANNALS OF HEMATOLOGY   97 巻 ( 9 ) 頁: 1535-1545   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00277-018-3323-8

    Web of Science

    PubMed

  33. BCL2 inhibitor ABT-199 and JNK inhibitor SP600125 exhibit synergistic cytotoxicity against imatinib-resistant Ph+ ALL cells

    Inoue Chisato, Sobue Sayaka, Aoyama Yuka, Mizutani Naoki, Kawamoto Yoshiyuki, Nishizawa Yuji, Ichihara Masatoshi, Abe Akihiro, Hayakawa Fumihiko, Suzuki Motoshi, Nozawa Yoshinori, Murate Takashi

    BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS REPORTS   15 巻   頁: 69 - 75   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrep.2018.07.001

    Web of Science

    PubMed

  34. Phase I study of cord blood transplantation with intrabone marrow injection of mesenchymal stem cells: A clinical study protocol

    Goto Tatsunori, Murata Makoto, Terakura Seitaro, Nishida Tetsuya, Adachi Yoshiya, Ushijima Yoko, Shimada Kazuyuki, Ishikawa Yuichi, Hayakawa Fumihiko, Nishio Nobuhiro, Nishiwaki Satoshi, Hirakawa Akihiro, Kato Katsuyoshi, Takahashi Yoshiyuki, Kiyoi Hitoshi

    MEDICINE   97 巻 ( 17 ) 頁: e0449   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000010449

    Web of Science

    PubMed

  35. High-dose methotrexate therapy significantly improved survival of adult acute lymphoblastic leukemia: a phase III study by JALSG

    Sakura T., Hayakawa F., Sugiura I., Murayama T., Imai K., Usui N., Fujisawa S., Yamauchi T., Yujiri T., Kakihana K., Ito Y., Kanamori H., Ueda Y., Miyata Y., Kurokawa M., Asou N., Ohnishi K., Ohtake S., Kobayashi Y., Matsuo K., Kiyoi H., Miyazaki Y., Naoe T.

    LEUKEMIA   32 巻 ( 3 ) 頁: 626-632   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/leu.2017.283

    Web of Science

  36. High Incidence of Extensive Chronic Gvhd in Patients with the REG3A Rs7588571 Non-GG Genotype

    Murata Makoto, Koyama Daisuke, Hanajiri Ryo, Okuno Shingo, Kamoshita Sonoko, Julamanee Jakrawadee, Takagi Erina, Hirano Daiki, Miyao Kotaro, Sakemura Reona, Goto Tatsunori, Hayakawa Fumihiko, Seto Aika, Ozawa Yukiyasu, Miyamura Koichi, Terakura Seitaro, Nishida Tetsuya, Kiyoi Hitoshi

    BIOLOGY OF BLOOD AND MARROW TRANSPLANTATION   24 巻 ( 3 ) 頁: S192-S193   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  37. A novel irreversible FLT3 inhibitor, FF-10101, shows excellent efficacy against AML cells with FLT3 mutations

    Yamaura Takeshi, Nakatani Toshiyuki, Uda Ken, Ogura Hayato, Shin Wigyon, Kurokawa Naoya, Saito Koichi, Fujikawa Norie, Date Tomomi, Takasaki Masaru, Terada Daisuke, Hirai Atsushi, Akashi Akimi, Chen Fangli, Adachi Yoshiya, Ishikawa Yuichi, Hayakawa Fumihiko, Hagiwara Shinji, Naoe Tomoki, Kiyoi Hitoshi

    BLOOD   131 巻 ( 4 ) 頁: 426-438   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2017-05-786657

    Web of Science

    PubMed

  38. [Adult acute lymphoblastic leukemia: update on pathophysiology and management].

    Hayakawa F

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   59 巻 ( 5 ) 頁: 497 - 503   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11406/rinketsu.59.497

    PubMed

  39. The transcriptional landscape of B-cell precursor acute lymphoblastic leukemia based on an international study of 1,223 cases 査読有り

    Jian-Feng Li, Yu-Ting Dai, Henrik Lilljebjörn, Shu-Hong Shen, Bo-Wen Cui, Ling Bai, Yuan-Fang Liu, Mao-Xiang Qian, Yasuo Kubota, Hitoshi Kiyoi, Itaru Matsumura, Yasushi Miyazaki, Linda Olsson, Ah Moy Tan, Hany Ariffin, Jing Chen, Junko Takita, Takahiko Yasuda, Hiroyuki Mano, Bertil Johansson, Jun J. Yang, Allen Eng-Juh Yeoh, Fumihiko Hayakawa, Zhu Chen, Ching-Hon Pui, Thoas Fioretos, Sai-Juan Chen, Jin-Yan Huang

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United Stats of America   in press 巻 ( in press ) 頁: in press   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. High incidence of extensive chronic graft-versus-host disease in patients with the REG3A rs7588571 non-GG genotype

    Koyama Daisuke, Murata Makoto, Hanajiri Ryo, Okuno Shingo, Kamoshita Sonoko, Julamanee Jakrawadee, Takagi Erina, Hirano Daiki, Miyao Kotaro, Sakemura Reona, Goto Tatsunori, Hayakawa Fumihiko, Seto Aika, Ozawa Yukiyasu, Miyamura Koichi, Terakura Seitaro, Nishida Tetsuya, Kiyoi Hitoshi

    PLOS ONE   12 巻 ( 9 ) 頁: e0185213   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0185213

    Web of Science

    PubMed

  41. YM155 induces apoptosis through proteasome-dependent degradation of MCL-1 in primary effusion lymphoma

    Kojima Yuki, Hayakawa Fumihiko, Morishita Takanobu, Sugimoto Keiki, Minamikawa Yuka, Iwase Mizuho, Yamamoto Hideyuki, Hirano Daiki, Imoto Naoto, Shimada Kazuyuki, Okada Seiji, Kiyoi Hitoshi

    PHARMACOLOGICAL RESEARCH   120 巻   頁: 242-251   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.phrs.2017.04.006

    Web of Science

    PubMed

  42. Emetine elicits apoptosis of intractable B-cell lymphoma cells with MYC rearrangement through inhibition of glycolytic metabolism

    Aoki Tomohiro, Shimada Kazuyuki, Sakamoto Akihiko, Sugimoto Keiki, Morishita Takanobu, Kojima Yuki, Shimada Satoko, Kato Seiichi, Iriyama Chisako, Kuno Shunsuke, Harada Yasuhiko, Tomita Akihiro, Hayakawa Fumihiko, Kiyoi Hitoshi

    ONCOTARGET   8 巻 ( 8 ) 頁: 13085 - 13098   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.14393

    Web of Science

    PubMed

  43. Acute lymphoblastic leukemia of adolescents and young adults: from the viewpoint of physicians.

    Yasuda T, Hayakawa F

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   58 巻 ( 8 ) 頁: 1031-1037   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11406/rinketsu.58.1031

    PubMed

  44. Malignant lymphoma with cardiac involvement.

    Terakura S, Onji M, Iriyama C, Goto T, Ushijima Y, Shimada K, Ishikawa Y, Nishida T, Hayakawa F, Murata M, Kiyoi H

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   58 巻 ( 3 ) 頁: 239-242   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11406/rinketsu.58.239

    PubMed

  45. The photosensitizer verteporfin has light-independent anti-leukemic activity for Ph-positive acute lymphoblastic leukemia and synergistically works with dasatinib. 査読有り

    Morishita T, Hayakawa F, Sugimoto K, Iwase M, Yamamoto H, Hirano D, Kojima Y, Imoto N, Naoe T, Kiyoi H.

    Oncotarget.   7 巻   頁: 56241   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Fibroblast Growth Factor-2 facilitates the growth and chemo-resistance of leukemia cells in the bone marrow by modulating osteoblast functions. 査読有り

    Sugimoto K, Miyata Y, Nakayama T, Saito S, Suzuki R, Hayakawa F, Nishiwaki S, Mizuno H, Takeshita K, Kato H, Ueda R, Takami A, Naoe T.

    Scientific Reports   6 巻   頁: 30779   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. PAX5 tyrosine phosphorylation by SYK co-operatively functions with its serine phosphorylation to cancel the PAX5-dependent repression of BLIMP1: A mechanism for antigen-triggered plasma cell differentiation. 査読有り

    Inagaki Y, Hayakawa F, Hirano D, Kojima Y, Morishita T, Yasuda T, Naoe T, Kiyoi H.

    Biochem Biophys Res Commun.   475 巻 ( 2 ) 頁: 176   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. SPIB is a novel prognostic factor in diffuse large B-cell lymphoma that mediates apoptosis via the PI3K-AKT pathway. 査読有り

    Takagi Y, Shimada K, Shimada S, Sakamoto A, Naoe T, Nakamura S, Hayakawa F, Tomita A, Kiyoi H.

    Cancer Science   107 巻 ( 9 ) 頁: 1270   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Recurrent DUX4 fusions in B cell acute lymphoblastic leukemia of adolescents and young adults. 査読有り

    Yasuda T, Tsuzuki S, Kawazu M, Hayakawa F, Kojima S, Ueno T, Imoto N, Kohsaka S, Kunita A, Doi K, Sakura T, Yujiri T, Kondo E, Fujimaki K, Ueda Y, Aoyama Y, Ohtake S, Takita J, Sai E, Taniwaki M, Kurokawa M, Morishita S, Fukayama M, Kiyoi H, Miyazaki Y, Naoe T, Mano H.

    Nature Genetics   48 巻 ( 5 ) 頁: 569   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Development and analysis of patient-derived xenograft mouse models in intravascular large B-cell lymphoma. 査読有り

    Shimada K, Shimada S, Sugimoto K, Nakatochi M, Suguro M, Hirakawa A, Hocking TD, Takeuchi I, Tokunaga T, Takagi Y, Sakamoto A, Aoki T, Naoe T, Nakamura S, Hayakawa F, Seto M, Tomita A, Kiyoi H.

    Leukemia   30 巻 ( 7 ) 頁: 1568   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Wnt signaling is associated with cell survival in the interaction between acute myeloid leukemia cells and stromal cells. 査読有り

    Niwa Y, Minami Y, Abe A, Hayakawa F, Yamada K, Naoe T.

    Leukemia & Lymphoma   57 巻 ( 9 ) 頁: 2192   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. B Cell Linker Protein (BLNK) Is a Selective Target of Repression by PAX5-PML Protein in the Differentiation Block That Leads to the Development of Acute Lymphoblastic Leukemia. 査読有り

    Imoto N, Hayakawa F, Kurahashi S, Morishita T, Kojima Y, Yasuda T, Sugimoto K, Tsuzuki S, Naoe T, Kiyoi H.

    Journal of Biological Chemistry   291 巻 ( 9 ) 頁: 4723   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Small-molecule Hedgehog inhibitor attenuates the leukemia-initiation potential of acute myeloid leukemia cells. 査読有り 国際共著

    Fukushima N, Minami Y, Kakiuchi S, et al.

    Cancer Science   107 巻   頁: 1422   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. 【臨床血液学-最新情報と今後の展望2016(リンパ系疾患)-】 成人急性リンパ性白血病 招待有り 査読有り

    早川文彦

    臨床血液   57 巻   頁: 230   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Fibroblast Growth Factor-2 facilitates the growth and chemo-resistance of leukemia cells in the bone marrow by modulating osteoblast functions. 査読有り

    Sugimoto K, Miyata Y, Nakayama T, et al.

    Scientific reports   6 巻   頁: 30799   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Discovery of a drug targeting microenvironmental support for lymphoma cells by screening using patient-derived xenograft cells 査読有り

    Keiki Sugimoto, Fumihiko Hayakawa, Satoko Shimada, Takanobu Morishita, Kazuyuki Shimada, Tomoya Katakai, Akihiro Tomita, Hitoshi Kiyoi, Tomoki Naoe

    Scientific reports   5 巻   頁: 13054   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep13054

  57. Phase I study of OPB-51602, an oral inhibitor of signal transducer and activator of transcription 3, in patients with relapsed/refractory hematological malignancies. 査読有り

    Ogura M, Uchida T, Terui Y, Hayakawa F, Kobayashi Y, Taniwaki M, Takamatsu Y, Naoe T, Tobinai K, Munakata W, Yamauchi T, Kageyama A, Yuasa M, Motoyama M, Tsunoda T, Hatake K.

    Cancer Science   106 巻 ( 7 ) 頁: 896-901   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.12683.

  58. Anti-cancer fatty-acid derivative induces autophagic cell death through modulation of PKM isoform expression profile mediated by bcr-abl in chronic myeloid leukemia. 査読有り

    Shinohara H, Taniguchi K, Kumazaki M, Yamada N, Ito Y, Otsuki Y, Uno B, Hayakawa F, Minami Y, Naoe T, Akao Y.

    Cancer Letter   360 巻 ( 1 ) 頁: 28-38   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.canlet.2015.01.039.

  59. Adolescent and young adult世代の急性リンパ性白血病 招待有り 査読有り

    早川文彦

    臨床血液   56 巻   頁: 2032   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語  

  60. Development of acute pure red cell aplasia after deferasirox administration in two cases of myelodysplastic syndrome. 査読有り

    Hayakawa F, Tomita A, Naoe T.

    Rinsho Ketsueki   55 巻 ( 4 ) 頁: 445-9   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Markedly improved outcomes and acceptable toxicity in adolescents and young adults with acute lymphoblastic leukemia following treatment with a pediatric protocol: a phase II study by the Japan Adult Leukemia Study Group. 査読有り

    Hayakawa F, Sakura T, Yujiri T, Kondo E, Fujimaki K, Sasaki O, Miyatake J, Handa H, Ueda Y, Aoyama Y, Takada S, Tanaka Y, Usui N, Miyawaki S, Suenobu S, Horibe K, Kiyoi H, Ohnishi K, Miyazaki Y, Ohtake S, Kobayashi Y, Matsuo K, Naoe T

    Blood Cancer Journal   4 巻 ( e ) 頁: 252   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. A novel STAT inhibitor, OPB-31121, has a significant antitumor effect on leukemia with STAT-addictive oncokinases. 査読有り

    Hayakawa F, Sugimoto K, Harada Y, Hashimoto N, Ohi N, Kurahashi S, Naoe T.

    Blood Cancer Journal   3 巻 ( e ) 頁: 166   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. GATA2 zinc finger 2 mutation found in acute myeloid leukemia impairs myeloid differentiation. 査読有り

    Niimi K, Kiyoi H, Ishikawa Y, Hayakawa F, Kurahashi S, Kihara R, Tomita A, Naoe T.

    Leuk Res Rep   2 巻 ( 1 ) 頁: 21-5   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. B cell receptor-ERK1/2 signal cancels PAX5-dependent repression of BLIMP1 through PAX5 phosphorylation: a mechanism of antigen-triggering plasma cell differentiation. 査読有り

    Yasuda T,Hayakawa F,Kurahashi S, Sugimoto K, Miyami Y, Tomita A, Naoe

    Journal of Immunology   188 巻 ( 12 ) 頁: 6127-34   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Missense mutations in PML-RARA critical for the lack of responsiveness to arsenic trioxide treatment. 査読有り

    Goto E, Tomita A, Hayakawa F, Atsumi A, Kiyoi H, Naoe T.

    Blood   118 巻 ( 6 ) 頁: 1600-9   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. PAX5-PML acts as a dual dominant-negative form of both PAX5 and PML. 査読有り

    Kurahashi S, Hayakawa F, Miyata Y, Yasuda T, Minami Y, Tsuzuki S, Abe A, Naoe T.

    Oncogene   30 巻 ( 14 ) 頁: 1822-30   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. The mTOR inhibitor, everolimus (RAD001), overcomes resistance to imatinib in quiescent Ph-positive acute lymphoblastic leukemia cells. 査読有り

    Kuwatsuka Y, Minami M, Minami Y, Sugimoto K, Hayakawa F, Miyata Y, Abe A, Goff DJ, Kiyoi H, Naoe T.

    Blood Cancer Journal   1 巻 ( e ) 頁: 17   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. BCR-ABL-independent and RAS / MAPK pathway-dependent form of imatinib resistance in Ph-positive acute lymphoblastic leukemia cell line with activation of EphB4. 査読有り

    Suzuki M, Abe A, Imagama S, Nomura Y, Tanizaki R, Minami Y, Hayakawa F, Ito Y, Katsumi A, Yamamoto K, Emi N, Kiyoi H, Naoe T.

    Eur J Haematol.   84 巻 ( 3 ) 頁: 229-38   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Retention but significant reduction of BCR-ABL transcript in hematopoietic stem cells in chronic myelogenous leukemia after imatinib therapy. 査読有り

    Abe A, Minami Y, Hayakawa F, Kitamura K, Nomura Y, Murata M, Katsumi A, Kiyoi H, Jamieson CH, Wang JY, Naoe T.

    Int J Hematol   88 巻 ( 5 ) 頁: 471-5   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Acetylation of PML is involved in histone deacetylase Inhibitor-mediated apoptosis. 査読有り

    Hayakawa F, Abe A, Kitabayashi I, Pandolfi PP, Naoe T.

    J Biol Chem.   283 巻 ( 36 ) 頁: 24420-5   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. LRP16 is fused to RUNX1 in monocytic leukemia cell line with t(11;21)(q13;q22). 査読有り

    Imagama S, Abe A, Suzuki M, Hayakawa F, Katsumi A, Emi N, Kiyoi H, Naoe T.

    Eur J Haematol.   79 巻 ( 1 ) 頁: 25-31   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Response of SMRT (silencing mediator of retinoic acid and thyroid hormone receptor) and N-CoR (nuclear receptor corepressor) corepressors to mitogen-activated protein kinase kinase kinase cascades is determined by alternative mRNA splicing. 査読有り

    Jonas BA, Varlakhanova N, Hayakawa F, Goodson M, Privalsky ML.

    Mol Endocrinol   21 巻 ( 8 ) 頁: 1924-39   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Lyn is an important component of the signal transduction pathway specific to FLT3/ITD and can be a therapeutic target in the treatment of AML with FLT3/ITD. 査読有り

    Okamoto M*, Hayakawa F*, Miyata Y, Watamoto K, Emi N, Abe A, Kiyoi H, Towatari M, Naoe T

    Leukemia   21 巻 ( 3 ) 頁: 403-10   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. SFK-STAT pathway: an alternative and important way to malignancies. 査読有り

    Hayakawa F, Naoe T

    Ann N Y Acad Sci   1086 巻 ( 1 ) 頁: 213-22   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  75. Establishment of a stroma-dependent human acute myelomonocytic leukemia cell line, NAMO-2, with FLT3 tandem duplication. 査読有り

    Abe A, Kiyoi H, Ninomiya M, Yamazaki T, Murase T, Ozeki K, Suzuki M, Hayakawa F, Katsumi A, Emi N, Naoe T

    Int J Hematol   84 巻 ( 4 ) 頁: 328 - 336   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Functional regulation of GATA-2 by acetylation. 査読有り

    Hayakawa F, Towatari M, Ozawa Y, Tomita A, Privalsky ML, Saito H.

    J Leukoc Biol   75 巻 ( 3 ) 頁: 529-40   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Phosphorylation of PML by mitogen-activated protein kinases plays a key role in arsenic trioxide-mediated apoptosis. 査読有り

    Hayakawa F, Privalsky ML

    Cancer Cell   5 巻 ( 4 ) 頁: 389-401   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Life-threatening human parvovirus B19 infection transmitted by intravenous immune globulin. 査読有り

    Hayakawa F, Imada K, Towatari M, Saito H.

    Br J Haematol.   118 巻 ( 4 ) 頁: 1187-9   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Histone deacetylase 3 associates with and represses the transcription factor GATA-2. 査読有り

    Ozawa Y, Towatari M, Tsuzuki S, Hayakawa F, Maeda T, Miyata Y, Tanimoto M, Saito H.

    Blood   98 巻 ( 7 ) 頁: 2116-23   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. c-Myb acetylation at the carboxyl-terminal conserved domain by transcriptional co-activator p300. 査読有り

    Tomita A, Towatari M, Tsuzuki S, Hayakawa F, Kosugi H, Tamai K, Miyazaki T, Kinoshita T, Saito H.

    Oncogene   19 巻 ( 3 ) 頁: 444-51   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Tandem-duplicated Flt3 constitutively activates STAT5 and MAP kinase and introduces autonomous cell growth in IL-3-dependent cell lines. 査読有り

    Hayakawa F, Towatari M, Kiyoi H, Tanimoto M, Kitamura T, Saito H, Naoe T

    Oncogene   19 巻 ( 5 ) 頁: 624-31   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Differential constitutive activation between STAT-related proteins and MAP kinase in primary acute myelogenous leukaemia. 査読有り

    Hayakawa F, Towatari M, Iida H, Wakao H, Kiyoi H, Naoe T, Saito H.

    Brithish Journal of Haematology   101 巻 ( 3 ) 頁: 521-8   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 7

  1. B細胞性急性リンパ性白血病―最近の知見と今後の治療 招待有り

    早川文彦

    第83回日本血液学会学術集会  2021年9月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:仙台  

  2. Genetic abnormalities of AYA ALL and its treatment strategy by pediatric like protocols. 招待有り

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  3. Treatment of acute lymphoblastic leukemia in adolescent and young adult by pediatric protocols. 招待有り

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  4. New molecular targets of B-cell acute lymphoblastic leukemia 招待有り

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  5. Adolescent and young adult (AYA)世代の急性リンパ性白血病 招待有り

    早川文彦

    第77回日本血液学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  6. AYA ALL に対する小児プロトコールの有効性と認容の検討:JALSG ALL202-U 研究より 招待有り

    早川文彦

    第56回日本小児血液・がん学会学術集会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  7. Development of growth signal inhibitors for hematopoietic malignancies 招待有り

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 8

  1. AYA世代および成人T細胞性急性リンパ性白血病の小児型治療適用における限界年齢と新規バイオマーカー探索に関する研究

    研究課題番号:20ck0106607h0001  2020年4月 - 現在

    革新的がん医療実用化研究事業 

    早川文彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:43500000円

  2. AYA世代急性リンパ性白血病の小児型治療法および遺伝子パネル診断による層別化治療に関する研究 課題番号: 17ck0106331h0001

    研究課題番号:18ck0106331h0002  2017年4月 - 2020年3月

    革新的がん医療実用化研究事業 

    早川文彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:91500000円

  3. AYA世代における急性リンパ性白血病の生物学的特性と小児型治療法に関する研究

    研究課題番号:16ck0106129h0003  2014年10月 - 2017年3月

    革新的がん医療実用化研究事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:86903000円

    小児型治療法によるAYA(思春期・若年成人)世代ALLの治療成績の向上、ゲノム解析による新たな予後因子の探索とそれに基づく層別化治療の確立を目的とし、AYA世代及び成人世代のALLに対する各種臨床研究の遂行と、患者検体を用いた網羅的な遺伝子解析を行う研究。

  4. フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病に対するポナチニブを組み込んだ治療法の確立と分子基盤の解明

    2020年4月 - 2023年3月

    革新的がん医療実用化研究事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  5. 小児から成人をシームレスに対象とした B前駆細胞性急性リンパ性白血病に対する前方視的臨床試験による標準治療の開発研究

    研究課題番号:19ck0106505h0001  2019年4月 - 2022年3月

    革新的がん医療実用化研究事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  6. 成人B細胞性急性リンパ性白血病における融合遺伝子の情報に基づく分子生物学的な理解と新しい治療戦略の考案

    研究課題番号:17cm0106525h0002  2016年4月 - 2018年3月

    次世代がん医療創生研究事業 

    安田 貴彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:1040000円 ( 直接経費:800000円 、 間接経費:240000円 )

  7. 造血器悪性腫瘍及び転移性がんで高頻度に異常を来している遺伝子を標的とした新たな治療法の開発に資する研究

    研究課題番号:201313007B  2013年4月 - 2014年3月

    厚生労働科学研究費補助金(厚生科研費) 

    北林 一生

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:6200000円 ( 直接経費:4770000円 、 間接経費:1430000円 )

  8. 腫瘍抑制因子PMLのアセチル化による機能調節機構の解明とPML機能活性化による抗腫瘍療法

    2006年4月 - 2007年3月

    上原記念生命科学財団研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円

▼全件表示

科研費 8

  1. 分化誘導型アイソフォーム誘導療法によるMEF2D融合遺伝子陽性白血病治療

    研究課題/研究課題番号:21K19505  2021年7月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    早川 文彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

  2. ALLにおける新規高頻度融合遺伝子の白血病化メカニズムの解明 国際共著

    研究課題/研究課題番号:18H02835  2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:16510000円 ( 直接経費:12700000円 、 間接経費:3810000円 )

    本研究では、急性リンパ性白血病の新たな反復性遺伝子変異であるMEF2D融合遺伝子、ZNF384融合遺伝子の白血病化の機序を分子レベルで明らかにすることを目的に研究を行なっている。今年度はZNF384融合遺伝子を中心に解析し、以下のことを明らかにした。
    54例のB細胞性ALLの遺伝子発現プロファイルを解析し、ZNF384融合遺伝子陽性ALLで特異的に高発現しており、B細胞分化抑制に働くと予想される遺伝子を探索し、SALL4, ID2をZNF384融合蛋白の特異的転写標的候補として選別した。ALL細胞株にZNF384融合蛋白発現ベクターを導入すると野生型を導入した時よりも強くこれら遺伝子のmRNA発現が誘導された。SALL4, ID2のエンハンサー領域を用いたルシフェラーゼアッセイでZNF384融合蛋白は野生型より強い転写活性を示した。In vitroの結合実験でZNF384融合蛋白は野生型に比べて転写活性化補助因子p300との結合親和性が上昇していた。ZNF384融合蛋白の転写活性はp300を共発現することで増強し、その増強の程度は野生型ZNF384でみられるものより強かった。これらのことより、ZNF384融合蛋白はp300との結合親和性が高いことにより転写活性が異常に上昇し、SALL4, ID2などのB細胞分化抑制に働く遺伝子の発現を上昇させることでALL発症に寄与するというモデルを提唱し、一連の結果をFEBS letter誌に報告した。
    ZNF384融合遺伝子に関する研究は次年度研究論文投稿の予定であったが、計画の進捗が早く、また雑誌投稿後のアクセプトも早く、すでに論文発表を終えることができた。
    次年度はMEF2D融合遺伝子に関しては融合蛋白が高発現することが白血病化に重要であることを発見したことを踏まえ、この蛋白の減少を誘導する薬剤の白血病治療薬としての可能性を検討する。ZNF384融合遺伝子に関してはEP300, SYNRG以外の融合パートナーとの融合遺伝子に関しても検討を行う。

  3. 患者由来腫瘍細胞を用いたスクリーニングによるPh陽性ALL治療薬の探索

    研究課題/研究課題番号:15K09472  2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    早川 文彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    Ph陽性ALLのpatient derived xenograft (PDX)モデルから得られる腫瘍細胞(PDX)を用いたハイスループットスクリーニングシステムを構築し、FDA承認薬を含む3440化合物のライブラリに対しスクリーニングを実施することで、PDX細胞に対し強い抗腫瘍効果を示す薬剤としてverteporfinを選別した。本剤は光感受性物質であるが、今回の抗腫瘍効果には光非依存性の活性酸素種の産生が重要であることを同定した。さらにこの薬剤がPh陽性ALLの標準的治療薬であるdasatinibと協調的に作用して抗腫瘍効果を示すことを発見し、その効果をマウスモデルでも確認した。

  4. 創薬に向けた白血病のトランスレーショナルリサーチ

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    直江 知樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    がんにおけるドライバー変異を標的に薬剤が開発されてきたが、標的分子の変異やバイパスシグナルの活性化など、耐性獲得や抵抗性が問題となっている。本研究では耐性変異にも感受性のあるチロシンキナーゼ阻害剤、活性化変異チロシンキナーゼの下流で働く共通分子を標的とした薬剤、代謝を標的とした画期的な抗がん剤についての基礎研究を行った。その結果、点変異によって既存の阻害剤に耐性を示すFLT3分子にも感受性のある阻害剤、STAT3/5の活性を阻害する新規化合物、ならびにCMLに有効な中鎖脂肪酸誘導体を得ることができた。

  5. 形質細胞分化運命決定におけるMAPKシグナルの役割とその破綻によるリンパ腫発症

    2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    B細胞の終末分化である形質細胞分化は、胚中心B細胞において抗原とB cell receptor (BCR)の遭遇を契機として、そこまでのB細胞分化を牽引してきたPAX5とその後の形質細胞分化を担うBLIMP1が入れ替わる事により開始される。本研究はこの分子的な機序を明らかにすることで、成熟B細胞から形質細胞への分化という運命決定におけるBCRシグナルの役割を明らかにする事を目的として行われた。
    BCRシグナルの重要な構成キナーゼであるSyk, Btk, Akt, によるPAX5のリン酸化をin vitroで検討しSykがPAX5をチロシンリン酸化する事を発見し、そのリン酸化部位を同定した。293T細胞内でSykとPAX5の共発現はPAX5チロシンリン酸化を誘導した。PAX5はNFκBによるBLIMP1発現誘導を抑制する作用があるが、レポータージーンアッセイではSyk共発現によりPAX5によるBLIMP1発現抑制が解除され、リン酸化チロシン変異PAX5を用いるとこの解除が起こらなかった。更に胚中心B細胞細胞株であるRamos細胞ではBCR刺激がPAX5チロシンリン酸化を介してBLIMP1の発現を上昇させていた。
    我々は以前にMAPキナーゼによるPAX5のセリンリン酸化が同様の効果を示すことを報告しているが、今回発見したチロシンリン酸化とセリンリン酸化は協調的に作用してPAX5によるBLIMP1発現抑制の解除に作用していることをレポータージーンアッセイとRamos細胞のBCRを刺激することの両方のシステムで確認した。これらのことから、BCRシグナルにおいてSykとMAPキナーゼが協調的に働き、PAX5の機能を抑制する事でBLIMP1の発現を誘導し、形質細胞分化の契機となっている事が示唆された。

  6. 悪性リンパ腫における微小環境依存性と治療開発に関する研究

    2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  研究成果公開促進費 (研究成果公開発表)

    直江 知樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    抗がん剤開発においては、細胞株と実際の腫瘍のギャップを埋めるスクリーニング系の開発が大きな課題となっている。本研究ではヒトプライマリリンパ腫細胞を免疫不全マウスに移植しPDXマウスを作成し、リンパ腫ニッチを探索した。PDXマウスから取り出したPDX細胞は細胞株に比べて、プライマリ腫瘍細胞の形質が高度に保存された細胞で、これの体外培養法を確立し、それを用いたハイスループットな薬剤スクリーニング方法を確立した。スクリーニングで選別された薬剤を解析することで、リンパ腫細胞は間質細胞から還元型グルタチオンの供給を受け酸化ストレスから保護されているという新しい腫瘍生存機序が発見された。

  7. PML の SUMO E3リガーゼ同定によるPML NB形成機構解明 

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    腫瘍抑制因子PMLはその機能発現においてSUMO化という翻訳後修飾を介してPML nuclear body (PML NB)と呼ばれる核内構造物を形成する事が必要である。SUMO化の調節にはSUMO E3 リガーゼと呼ばれる酵素が重要である事がいくつかの蛋白で示されているが、PMLのSUMO E3 リガーゼはまだ同定されていない。本研究では、PMLの SUMO化にはPML自身が必要であるであるという申請者の発見に基づき、これを詳細に解析し、またPMLによりSUMO化を調節される新たな蛋白を同定し、PML NB構成の機構ならびにPML SUMO化の意義を明らかにする事を目的としている。本研究によりPMLの機能発現調節の機構が明らかにされ、PMLを利用した抗腫瘍療法の開発に役立つと考えられる。

  8. 白血病関連遺伝子産物PMLのアセチル化の意義

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究の目的はPML機能のアセチル化による調節の機構解明、及びアセチル化を介したPML機能増強によるAPL細胞のアポトーシス誘導にある。我々はこれまでに試験管内でPMLがヒストンアセチル化酵素であるp300、GCN5によりアセチル化される事を証明しそのアセチル化部位を同定した。細胞内でもPMLがアセチル化されており、それは既知のヒストン脱アセチル化酵素阻害剤であるトリコスタチンA(TSA)の刺激により増強される事も見いだした。更に細胞内ではPMLのアセチル化がPMLのSUM0化を増強する事を発見した。PMLをsiRNAによりノックダウンしたHeLa細胞、あるいはPMLノックアウトマウスより作製したMEF細胞を用いる事により、PMLアセチル化により誘導されるPML SIM0化がTSAによる腫瘍細胞のアポトーシスのメガニズムとして重要である事が示された。我々の成果は腫瘍抑制因子PMLの新規翻訳後修飾としてアセチル化を見いだす事によりその機能調節に対する理解を深めると供に、有用な抗がん剤候補と考えられながらその作用機序の多くが不明であるヒストン脱アセチル化酵素阻害剤の作用機序の一部を解明する事に繋がるものである。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 9

  1. 遺伝子検査学実習

    2020

  2. 分子病態学

    2020

  3. 形態検査技術開発法II

    2020

  4. 血液検査学実習A

    2020

  5. 臨床医学Ⅱ

    2020

  6. 検査技術科学特論I(形態系)

    2020

  7. 血液検査学II

    2020

  8. 血液検査学I

    2020

  9. 臨床病理学演習

    2020

▼全件表示