2021/05/20 更新

写真a

ヒラカワ ヨシヒサ
平川 仁尚
HIRAKAWA, Yoshihisa
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 社会生命科学 准教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
准教授

学位 1

  1. 医学博士 ( 2004年9月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 地域医療

  2. 高齢者医療

  3. 医学教育

  4. 老年科学

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 高齢者看護学、地域看護学

  2. ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科   老年科学

    2001年4月 - 2004年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部

    1991年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. 認知症ケア学会

    2018年

  2. 日本開発学会

    2014年

  3. 日本農村医学会

    2012年

  4. 日本医学教育学会

  5. 日本内科学会

  6. 日本公衆衛生学会

▼全件表示

 

論文 230

  1. Facilitating Advance Care Planning for Patients With Severe COPD: A Qualitative Study of Experiences and Perceptions of Community Physicians, Nurses, and Allied Health Professionals.

    Hirakawa Y, Aita K, Nishikawa M, Arai H, Miura H

    Home healthcare now   39 巻 ( 2 ) 頁: 81 - 90   2021年3月

  2. Discrimination against the elderly in health-care services: a systematic review

    Saif-Ur-Rahman K. M., Mamun Razib, Eriksson Erik, He Yupeng, Hirakawa Yoshihisa

    PSYCHOGERIATRICS     2021年2月

  3. Job satisfaction among physicians providing health care to the elderly in Japan: a qualitative study

    Saif-Ur-Rahman K. M., Onishi Joji, Mamun Razib, Suenaga Haruki, Chiang Chifa, Hirakawa Yoshihisa

    PSYCHOGERIATRICS     2021年2月

  4. Improving the quality of community primary palliative care in COPD: A qualitative study of health-care providers

    Hirakawa Yoshihisa, Hirahara Satoshi, Yamaguchi Yasuhiro, Yamanaka Takashi, Arai Hidenori, Miura Hisayuki

    HOME HEALTH CARE SERVICES QUARTERLY   40 巻 ( 1 ) 頁: 39 - 53   2021年1月

  5. Factors Associated With Prediabetes and Diabetes Among Public Employees in Northern Ethiopia

    He Yupeng, Chiang Chifa, Gebremariam Lemlem Weldegerima, Hirakawa Yoshihisa, Yatsuya Hiroshi, Aoyama Atsuko

    ASIA-PACIFIC JOURNAL OF PUBLIC HEALTH     頁: 1010539520974848   2020年12月

  6. Exploration of etiological perspectives for ageism in geriatric care: A qualitative analysis of the most popular ageism scales

    Hirakawa Yoshihisa, Saif-Ur-Rahman K. M.

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   20 巻 ( 12 ) 頁: 1242 - 1243   2020年12月

  7. Positive Association of Physical Activity with Both Objective and Perceived Measures of the Neighborhood Environment among Older Adults: The Aichi Workers' Cohort Study

    Li Yuanying, Yatsuya Hiroshi, Hanibuchi Tomoya, Ota Atsuhiko, Naito Hisao, Otsuka Rei, Murata Chiyoe, Hirakawa Yoshihisa, Chiang Chifa, Uemura Mayu, Tamakoshi Koji, Aoyama Atsuko

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ENVIRONMENTAL RESEARCH AND PUBLIC HEALTH   17 巻 ( 21 )   2020年11月

  8. Risk and population attributable fraction of metabolic syndrome and impaired fasting glucose for the incidence of type 2 diabetes mellitus among middle-aged Japanese individuals: Aichi Worker's Cohort Study

    Kaneko Kayo, Yatsuya Hiroshi, Li Yuanying, Uemura Mayu, Chiang Chifa, Hirakawa Yoshihisa, Ota Atsuhiko, Tamakoshi Koji, Aoyama Atsuko

    JOURNAL OF DIABETES INVESTIGATION   11 巻 ( 5 ) 頁: 1163 - 1169   2020年9月

  9. Glycated haemoglobin (HbA1c) as a reliable option for detecting diabetes among the urban poor population in Bangladesh

    Chiang Chifa, Aoyama Atsuko, Khalequzzaman Md, Choudhury Sohel R., Paul Debatosh, Rayna Shahrin E., Khan Fahmida A., Hirakawa Yoshihisa, Iso Hiroyasu, Yatsuya Hiroshi

    EUROPEAN JOURNAL OF PUBLIC HEALTH   30 巻 ( 4 ) 頁: 839 - 841   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/eurpub/cky275

    Web of Science

    PubMed

  10. Experiences and hidden needs of older patients, their families and their physicians in palliative chemotherapy decision-making: a qualitative study

    Tsuboi Rie, Sugishita Mihoko, Hirakawa Yoshihisa, Ando Yuichi

    JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   50 巻 ( 7 ) 頁: 779 - 786   2020年7月

  11. Interprofessional case conferences to bridge perception gaps regarding ethical dilemmas in home-based end-of-life care: a qualitative study.

    Hirakawa Y, Chiang C, Muraya T, Andoh H, Aoyama A

    Journal of rural medicine : JRM   15 巻 ( 3 ) 頁: 104 - 115   2020年7月

     詳細を見る

  12. Self-Perceived Eating Habits among Family Caregivers of Older People with Dementia: A Qualitative Study.

    Uemura MY, Hirakawa Y

    Journal of nutrition in gerontology and geriatrics   39 巻 ( 3-4 ) 頁: 205 - 213   2020年7月

  13. Meaning and practices of spiritual care for older people with dementia: experiences of nurses and care workers

    Hirakawa Yoshihisa, Yajima Kyoka, Chiang Chifa, Aoyama Atsuko

    PSYCHOGERIATRICS   20 巻 ( 1 ) 頁: 44 - 49   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/psyg.12454

    Web of Science

    PubMed

  14. Development of Risk Prediction Equations for Incident Chronic Kidney Disease

    Nelson Robert G., Grams Morgan E., Ballew Shoshana H., Sang Yingying, Azizi Fereidoun, Chadban Steven J., Chaker Layal, Dunning Stephan C., Fox Caroline, Hirakawa Yoshihisa, Iseki Kunitoshi, Ix Joachim, Jafar Tazeen H., Koettgen Anna, Naimark David M. J., Ohkubo Takayoshi, Prescott Gordon J., Rebholz Casey M., Sabanayagam Charumathi, Sairenchi Toshimi, Schoettker Ben, Shibagaki Yugo, Tonelli Marcello, Zhang Luxia, Gansevoort Ron T., Matsushita Kunihiro, Woodward Mark, Coresh Josef, Shalev Varda, Chalmers John, Arima Hisatomi, Perkovic Vlado, Woodward Mark, Coresh Josef, Matsushita Kunihiro, Grams Morgan, Sang Yingying, Polkinghorne Kevan, Atkins Robert, Chadban Steven, Zhang Luxia, Liu Lisheng, Zhao Ming-Hui, Wang Fang, Wang Jinwei, Tonelli Marcello, Sacks Frank M., Curhan Gary C., Shlipak Michael, Sarnak Mark J., Katz Ronit, Hiramoto Jade, Iso Hiroyasu, Muraki Isao, Yamagishi Kazumasa, Umesawa Mitsumasa, Brenner Hermann, Schoettker Ben, Saum Kai-Uwe, Rothenbacher Dietrich, Fox Caroline S., Hwang Shih-Jen, Chang Alex R., Green Jamie, Singh Gurmukteshwar, Kirchner H. Lester, Black Corri, Marks Angharad, Prescott Gordon J., Clark Laura, Fluck Nick, Cirillo Massimo, Hallan Stein, Ovrehus Marius, Langlo Knut Asbjorn, Romundstad Solfrid, Irie Fujiko, Sairenchi Toshimi, Correa Adolfo, Rebholz Casey M., Young Bessie A., Boulware L. Ebony, Mwasongwe Stanford, Watanabe Tsuyoshi, Yamagata Kunihiro, Iseki Kunitoshi, Asahi Koichi, Chodick Gabriel, Shalev Varda, Shlipak Michael, Sarnak Mark, Katz Ronit, Peralta Carmen, Bottinger Erwin, Nadkarni Girish N., Ellis Stephen B., Nadukuru Rajiv, Kenealy Timothy, Elley C. Raina, Collins John F., Drury Paul L., Ohkubo Takayoshi, Asayama Kei, Kikuya Masahiro, Metoki Hirohito, Nakayama Masaaki, Iseki Kunitoshi, Iseki Chiho, Nelson Robert G., Looker Helen C., Knowler William C., Gansevoort Ron T., Bakker Stephan J. L., Heerspink Hiddo J. L., Bernardo Rancho, Jassal Simerjot K., Bergstrom Jaclyn, Ix Joachim H., Barrett-Connor Elizabeth, Kovesdy Csaba P., Sumida Keiichi, Kalantar-Zadeh Kamyar, Sedaghat Sanaz, Chaker Layal, Ikram M. Arfan, Hoorn Ewout J., Dehghan Abbas, Carrero Juan J., Evans Marie, Elinder Carl-Gustaf, Wettermark Bjorn, Wong Tien Y., Sabanayagam Charumathi, Cheng Ching-Yu, Sokor Riswana Banu Binte Mohamed Abdul, Wen Chi-Pang, Tsao Chwen-Keng, Tsai Min-Kuang, Chen Chien-Hua, Hosseinpanah Farhad, Hadaegh Farzad, Azizi Fereidoun, Mirbolouk Mohammadhassan, Solbu Marit Dahl, Eriksen Bjorn Odvar, Jenssen Trond Geir, Eggen Anne Elise, Lannfelt Lars, Larsson Anders, Arnlov Johan, Bilo Henk J. G., Landman Gijs W. D., van Hateren Kornelis J. J., Kleefstra Nanne, Dunning Stephan C., Stempniewicz Nikita, Cuddeback John, Ciemins Elizabeth, Coresh Josef, Grams Morgan E., Ballew Shoshana H., Matsushita Kunihiro, Woodward Mark, Gansevoort Ron T., Chang Alex R., Hallan Stein, Koettgen Anna, Kovesdy Csaba P., Levey Andrew S., Shalev Varda, Zhang Luxia, Ballew Shoshana H., Chen Jingsha, Coresh Josef, Grams Morgan E., Kwak Lucia, Matsushita Kunihiro, Sang Yingying, Surapeneni Aditya, Woodward Mark

    JAMA-JOURNAL OF THE AMERICAN MEDICAL ASSOCIATION   322 巻 ( 21 ) 頁: 2104 - 2114   2019年12月

  15. Obesity and mental health improvement following nutritional education focusing on gut microbiota composition in Japanese women: a randomised controlled trial

    Uemura Mayu, Hayashi Fumikazu, Ishioka Ken, Ihara Kunio, Yasuda Kazushi, Okazaki Kanako, Omata Junichi, Suzutani Tatsuo, Hirakawa Yoshihisa, Chiang Chifa, Aoyama Atsuko, Ohira Tetsuya

    EUROPEAN JOURNAL OF NUTRITION   58 巻 ( 8 ) 頁: 3291 - 3302   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00394-018-1873-0

    Web of Science

    PubMed

  16. Spirituality in older men living alone near the end-of-life

    Hirakawa Yoshihisa, Chiang Chifa, Yasuda Kazuki, Iwaki Yoshinobu, Andoh Hideaki, Aoyama Atsuko

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   81 巻 ( 4 ) 頁: 557 - 570   2019年11月

  17. Challenges to Successful Community-based Integrated Approach to Dementia: A Qualitative Study

    Hirakawa Yoshihisa, Horie Kotaro, Chiang Chifa, Shimizu Hiroko, Andoh Hideaki, Aoyama Atsuko

    JOURNAL OF GERONTOLOGICAL SOCIAL WORK   62 巻 ( 6 ) 頁: 613 - 629   2019年8月

  18. Association of gamma-glutamyl transferase and alanine aminotransferase with type 2 diabetes mellitus incidence in middle-aged Japanese men: 12-year follow up

    Kaneko Kayo, Yatsuya Hiroshi, Li Yuanying, Uemura Mayu, Chiang Chifa, Hirakawa Yoshihisa, Ota Atsuhiko, Tamakoshi Koji, Aoyama Atsuko

    JOURNAL OF DIABETES INVESTIGATION   10 巻 ( 3 ) 頁: 837 - 845   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jdi.12930

    Web of Science

    PubMed

  19. Health-related behavior of the people who neglect the specific health guidance for metabolic syndrome control

    Hirakawa Yoshihisa, Chiang Chifa, Uemura Mayu Yasuda, Aoyama Atsuko

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   81 巻 ( 2 ) 頁: 199 - 205   2019年5月

  20. Gender differences in wishes and feelings regarding end-of-life care among Japanese elderly people living at home.

    Hirakawa Y, He Y, Chiang C, Aoyama A

    Journal of rural medicine : JRM   14 巻 ( 1 ) 頁: 148 - 151   2019年5月

     詳細を見る

  21. Job Satisfaction Among Japanese Home-Visit Care Workers

    Hirakawa Yoshihisa, Chiang Chifa, Uemura Mayu Yasuda, Aoyama Atsuko

    HOME HEALTH CARE MANAGEMENT AND PRACTICE   31 巻 ( 1 ) 頁: 3-8   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1084822318803861

    Web of Science

  22. Smoking results in accumulation of ectopic fat in the liver

    Kato Ayako, Li Yuanying, Ota Atsuhiko, Naito Hisao, Yamada Hiroya, Nihashi Takashi, Hotta Yo, Chiang Chifa, Hirakawa Yoshihisa, Aoyama Atsuko, Tamakoshi Koji, Yatsuya Hiroshi

    DIABETES METABOLIC SYNDROME AND OBESITY-TARGETS AND THERAPY   12 巻   頁: 1075 - 1079   2019年

  23. Perception and practice of 'healthy' diet in relation to noncommunicable diseases among the urban and rural people in northern Ethiopia: a community-based qualitative study

    Gebremariam Lemlem Weldegerima, Aoyama Atsuko, Kahsay Alemayehu Bayray, Hirakawa Yoshihisa, Chiang Chifa, Yatsuya Hiroshi, Matsuyama Akiko

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   80 巻 ( 4 ) 頁: 451 - 464   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.80.4.451

    Web of Science

    PubMed

  24. Perceptions and behavior related to noncommunicable diseases among slum dwellers in a rapidly urbanizing city, Dhaka, Bangladesh: a qualitative study

    Al-Shoaibi Abubakr Ahmed Abdullah, Matsuyama Akiko, Khalequzzaman Md., Haseen Fariha, Choudhury Sohel Reza, Hoque Bilqis Amin, Chiang Chifa, Hirakawa Yoshihisa, Yatsuya Hiroshi, Aoyama Atsuko

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   80 巻 ( 4 ) 頁: 559 - 569   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.80.4.559

    Web of Science

    PubMed

  25. Effect of an online program using popular social media on healthcare professionals' knowledge and attitudes towards dementia.

    Hirakawa Y, He Y, Aoyama A

    Geriatrics & gerontology international   18 巻 ( 9 ) 頁: 1421-1422   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ggi.13493

    PubMed

  26. The association between objective measures of residence and worksite neighborhood environment, and self-reported leisure-time physical activities: The Aichi Workers' Cohort Study.

    Li Y, Yatsuya H, Hanibuchi T, Hirakawa Y, Ota A, Uemura M, Chiang C, Otsuka R, Murata C, Tamakoshi K, Toyoshima H, Aoyama A

    Preventive medicine reports   11 巻   頁: 282-289   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pmedr.2018.07.007

    PubMed

  27. Non-communicable disease risk factor profile among public employees in a regional city in northern Ethiopia

    Gebremariam Lemlem Weldegerima, Chiang Chifa, Yatsuya Hiroshi, Hilawe Esayas Haregot, Kahsay Alemayehu Bayray, Godefays Hagos, Abraham Loko, Hirakawa Yoshihisa, Iso Hiroyasu, Aoyama Atsuko

    SCIENTIFIC REPORTS   8 巻 ( 1 ) 頁: 9298   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-27519-6

    Web of Science

    PubMed

  28. Prevalence of hypertension and hypertension control rates among elderly adults during the cold season in rural Northeast China: a cross-sectional study.

    Kawazoe N, Zhang X, Chiang C, Liu H, Li J, Hirakawa Y, Aoyama A

    Journal of rural medicine : JRM   13 巻 ( 1 ) 頁: 64-71   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2185/jrm.2959

    PubMed

  29. 超高齢化社会における終末期ケアの教育―特に介護関係者に向けて

    平川仁尚

    緩和医療   25 巻 ( 1 ) 頁: 5-34   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. 岐阜県A市の農村部1地区における認知症の地域包括ケアシステムの現状(研究報告). 査読有り

    平川仁尚、稲垣美代子、塚本英人

    日本農村医学会雑誌   67 巻 ( 2 ) 頁: 129-133   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Popular social media as a tool for enhancing community-based end-of-life care education for healthcare professionals: a formative study

    Hirakawa Yoshihisa, Uemura Mayu Yasuda, Chiang Chifa, Aoyama Atsuko

    EDUCATIONAL GERONTOLOGY   44 巻 ( 4 ) 頁: 211-219   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/03601277.2018.1440514

    Web of Science

  32. A Point System for Predicting 10-Year Risk of Developing Type 2 Diabetes Mellitus in Japanese Men: Aichi Workers' Cohort Study

    Yatsuya Hiroshi, Li Yuanying, Hirakawa Yoshihisa, Ota Atsuhiko, Matsunaga Masaaki, Haregot Hilawe Esayas, Chiang Chifa, Zhang Yan, Tamakoshi Koji, Toyoshima Hideaki, Aoyama Atsuko

    JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY   28 巻 ( 8 ) 頁: 347 - 352   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2188/jea.JE20170048

    Web of Science

    PubMed

  33. Job satisfaction among Japanese home-visit care workers.

    Hirakawa Y, Chiang C, Uemura MY, Aoyama A.

    Home Health Care Management & Practice     2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 1084822318803861

  34. Pilot peer health education for noncommunicable disease prevention in Bangladesh, Ethiopia, and Palau

    Lemlem W Gebremariam, Yoshihisa Hirakawa, Shahrin E Rayna,Fahmida A Khan, Chifa Chiang, Yupeng He, Everlynn J Temengil,Sherilynn Madraisau, Md Khalequzzaman, Sohel R Choudhury,Hiroshi Yatsuya, Atsuko Aoyama

    Journal of global health report   2 巻   頁: e2018039   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.29392

  35. Perceptions and behavior related to noncommunicablediseases among slum dwellers in a rapidly urbanizing city,Dhaka, Bangladesh: a qualitative study

    Abubakr Ahmed Abdullah Al-Shoaibi, Akiko Matsuyama, Md. Khalequzzaman,Fariha Haseen, Sohel Reza Choudhury, Bilqis Amin Hoque, Chifa Chiang,Yoshihisa Hirakawa, Hiroshi Yatsuya, and Atsuko Aoyama

      80 巻   頁: 563-574   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.80.4.563

  36. Involvement of Japanese Care Managers and Social Workers in Advance Care Planning

    Hirakawa Yoshihisa, Chiang Chifa, Uemura Mayu Yasuda, Aoyama Atsuko

    JOURNAL OF SOCIAL WORK IN END-OF-LIFE & PALLIATIVE CARE   14 巻 ( 4 ) 頁: 315 - 327   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15524256.2018.1533912

    Web of Science

    PubMed

  37. Association Between Maternal and Child Health Handbook and Quality of Antenatal Care Services in Palestine

    Kitabayashi Harumi, Chiang Chifa, Al-Shoaibi Abubakr Ahmed Abdullah, Hirakawa Yoshihisa, Aoyama Atsuko

    MATERNAL AND CHILD HEALTH JOURNAL   21 巻 ( 12 ) 頁: 2161 - 2168   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10995-017-2332-x

    Web of Science

    PubMed

  38. 一人暮らしの男性高齢者のエンド・オブ・ライフにおけるスピリチュアリティに関する質的研究:ケアマネジャーの視点から.

    平川仁尚

    日本農村医学会雑誌   66 巻 ( 4 ) 頁: 455-461   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Prevalence of non-communicable disease risk factors among poor shantytown residents in Dhaka, Bangladesh: a community-based cross-sectional survey

    Khalequzzaman Md, Chiang Chifa, Choudhury Sohel Reza, Yatsuya Hiroshi, Al-Mamun Mohammad Abdullah, Al-Shoaibi Abubakr Ahmed Abdullah, Hirakawa Yoshihisa, Hoque Bilqis Amin, Islam Syed Shariful, Matsuyama Akiko, Iso Hiroyasu, Aoyama Atsuko

    BMJ OPEN   7 巻 ( 11 ) 頁: e014710   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bmjopen-2016-014710

    Web of Science

    PubMed

  40. Formative research for the nationwide promotion of a multidisciplinary community-based educational program on end-of-life care

    Hirakawa Yoshihisa, Chiang Chifa, Hilawe Esayas Haregot, Andoh Hideaki, Uemura Kazumasa, Aoyama Atsuko

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 2 ) 頁: 229 - 239   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.79.2.229

    Web of Science

    PubMed

  41. Disparity in metabolic risk factors of non-communicable diseases between Palauans and Filipinos living in Palau

    Osako Ayaka, Chiang Chifa, Ito Kana, Yatsuya Hiroshi, Hilawe Esayas Haregot, Ikerdeu Edolem, Honjo Kaori, Mita Takashi, Cui Renzhe, Hirakawa Yoshihisa, Madraisau Sherilynn, Ngirmang Gregorio, Iso Hiroyasu, Aoyama Atsuko

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 2 ) 頁: 157 - 165   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.79.2.157

    Web of Science

    PubMed

  42. Descriptive Epidemiology of Hypertension and Its Association With Obesity: Based on the WHO STEPwise Approach to Surveillance in Palau

    Wang Chaochen, Chiang Chifa, Yatsuya Hiroshi, Hilawe Esayas Haregot, Ikerdeu Edolem, Honjo Kaori, Mita Takashi, Cui Renzhe, Hirakawa Yoshihisa, Madraisau Sherilynn, Iso Hiroyasu, Aoyama Atsuko

    ASIA-PACIFIC JOURNAL OF PUBLIC HEALTH   29 巻 ( 4 ) 頁: 278 - 287   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1010539517704042

    Web of Science

    PubMed

  43. A qualitative study on barriers to achieving high-quality, community-based integrated dementia care.

    Hirakawa Y, Chiang C, Aoyama A

    Journal of rural medicine : JRM   12 巻 ( 1 ) 頁: 28-32   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2185/jrm.2927

    PubMed

  44. Long-term weight-change slope, weight fluctuation and risk of type 2 diabetes mellitus in middle-aged Japanese men and women: findings of Aichi Workers' Cohort Study

    Zhang Y., Yatsuya H., Li Y., Chiang C., Hirakawa Y., Kawazoe N., Tamakoshi K., Toyoshima H., Aoyama A.

    NUTRITION & DIABETES   7 巻   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nutd.2017.5

    Web of Science

  45. 地域の多職種のためのインテーク質的評価技法教育プログラム

    平川仁尚

    地域ケアリング   19 巻 ( 8 ) 頁: 51-53   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. 地域包括ケアシステム構築のための多職種連携教育ファシリテーターの養成

    平川仁尚

    地域ケアリング   19 巻 ( 4 ) 頁: 76-78   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. 多職種連携教育ファシリテーション力養成プログラム

    平川仁尚,安藤秀明

    ホスピスケアと在宅ケア   25 巻 ( 1 ) 頁: 25-29   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. 歯科衛生士からケアマネジャーへの意見や要望に関する質的調査:多職種連携の視点から

    平川仁尚

    ホスピスケアと在宅ケア   25 巻 ( 1 ) 頁: 21-24   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. 医療・介護・福祉職のための有意事象分析に基づくピア・エデュケーションの実践-ソーシャル・ネットワーク・サービスLINE®の活用-(短報)

    尾崎優,平川仁尚

    ホスピスケアと在宅ケア   25 巻 ( 1 ) 頁: 71-73   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. 高齢者の消費生活におけるケアマネジャーの役割:消費生活相談員の視点から

    平川仁尚

    国民生活研究   57 巻 ( 1 ) 頁: 81-86   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. 一般病院における認知症ケアの質向上のためのストラテジー立案.

    平川仁尚

    日本農村医学会雑誌   65 巻 ( 6 ) 頁: 1188-1193   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Towards structuring community-based integrated care systems in Japan: Research and practice. 査読有り

    Hirakawa Y.

    Medical Research Archives   5 巻 ( 4 ) 頁: 1-8   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Formative research for the nationwide promotion of a multidisciplinary community-based educational program on end-of-life care

    hirakawa yoshihisa

    Nagoya J. Med. Sci.   79 巻   頁: 231-241   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. 高齢者の生活におけるケアマネジャーの役割

    平川仁尚

    国民生活研究   57 巻 ( 1 ) 頁: 81-86   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Population profile and residential environment of an urban poor community in Dhaka, Bangladesh.

    Khalequzzaman M, Chiang C, Hoque BA, Choudhury SR, Nizam S, Yatsuya H, Matsuyama A, Hirakawa Y, Islam SS, Iso H, Aoyama A

    Environmental Health and Preventive Medicine   22 巻 ( 1 ) 頁: 1   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: s12199-017-0610-2

  56. Content of advance care planning among Japanese elderly people living at home: A qualitative study

    hirakawa yoshihisa

    ARCHIVES OF GERONTOLOGY AND GERIATRICS   70 巻   頁: 162-168   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.archger.2017.01.007

    PubMed

  57. 在宅看取り倫理事例検討会の 効率的・効果的な進め方の検討: 全国での開催経験から

    平川仁尚

    地域ケアリング   19 巻 ( 14 ) 頁: 42-45   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. 日本の農村部における地域包括ケアシステムの現状と課題に関する質的研究:認知症に焦点を当てて

    平川仁尚、江啓発、青山温子

    国際開発学会第28回全国大会報告論文集     頁: 39-45   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. 在宅の看取りに関する多職種・多機関合同倫理事例検討会の開催.

    平川仁尚

    板野医報(板野郡医師会報   ( 16 ) 頁: 53-55   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Population profile and residential environment of an urban poor community in Dhaka, Bangladesh

    Khalequzzaman Md, Chiang Chifa, Hoque Bilqis Amin, Choudhury Sohel Reza, Nizam Saika, Yatsuya Hiroshi, Matsuyama Akiko, Hirakawa Yoshihisa, Islam Syed Shariful, Iso Hiroyasu, Aoyama Atsuko

    ENVIRONMENTAL HEALTH AND PREVENTIVE MEDICINE   22 巻 ( 1 ) 頁: 1   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12199-017-0610-2

    Web of Science

    PubMed

  61. Care manager as a medical information source for elderly people.

    Hirakawa Y

    Medical Research Archives   4 巻   頁: 1-12   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. 高齢者終末期ケアワークショッププログラムの全国への普及に向けた取り組み~ファシリテータ養成を通して~

    平川仁尚

    地域ケアリング   18 巻 ( 7 ) 頁: 104-105   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. 地域の多職種が参加する「わいがや事例検討座談会」の開催

    木股、貴哉、平川仁尚

    ホスピスケアと在宅ケア   24 巻 ( 1 ) 頁: 2-3   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. 在宅診療所に勤務するソーシャルワーカーの業務に関する質的研究

    伊藤綾乃、木股貴哉、平川仁尚

    ホスピスケアと在宅ケア   24 巻 ( 2 ) 頁: 107-110   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. ケアマネジャーの行動傾向分析ツールの開発

    平川仁尚

    ホスピスケアと在宅ケア   24 巻 ( 1 ) 頁: 2-3   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. パラオの若年者を対象とした生活習慣病教育プログラムの試行

    平川仁尚、江啓発、長谷部幸子、三田貴、青山温子

    国際開発学会第17回春季大会報告論文集   S8 巻   頁: 25-28   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Facilitators and barriers of adopting healthy lifestyle in rural China: a qualitative analysis through social capital perspectives.

    Zhang Y, Ma D, Cui R, Hilawe EH, Chiang C, Hirakawa Y, Hu Y, Wang P, Iso H, Aoyama A

    Nagoya Journal of Medical Science   78 巻 ( 2 ) 頁: 163-173   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Perceptions, practices and barriers of healthy diets among urban and rural residents in Northern Ethiopia: a community based qualitative study

    Gebremariam LW, Matsuyama A, Hirakawa Y, Chiang C, Aoyama A.

        頁: 2016;661–664   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Prevalence and predictors of prediabetes and diabetes among adults in Palau: population-based national STEPS survey.

    Hilawe EH, Chiang C, Yatsuya H, Wang C, Ikerdeu E, Honjo K, Mita T, Cui R, Hirakawa Y, Madraisau S, Ngirmang G, Iso H, Aoyama A

    Nagoya Journal of Medical Science   78 巻 ( 4 ) 頁: 475-483   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. 高齢者介護事業所の教育担当者を対象とした接遇・コミュニケーション教育について考えるワークショップ

    平川仁尚

    ホスピスケアと在宅ケア   23 巻 ( 1 ) 頁: 40-44   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. 在宅の看取り症例を担当したケアマネジャーのリフレクション

    木股貴哉、平川仁尚

    ホスピスケアと在宅ケア   23 巻 ( 1 ) 頁: 34-39   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Are eating habits effective screening indicators for anemia in elderly Japanese people: Kyushu-Asakura Project (KAP)

    Hirakawa Y

    Journal of Rural Medicine   10 巻 ( 1 ) 頁: 48-50   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Qualitative modeling of burden and distress among home helpers in Japan

    Hirakawa Y, Kimata T, Uemura K

    International Journal of Nursing & Clinical Practices   2 巻   頁: 111   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. 名古屋式高齢者苦痛可視化スケール認知症版the Nagoya Graphical Symptom Scale for Elderly with Dementia(NGSSE-D)の開発について

    木股貴哉、平川仁尚

    ホスピスケアと在宅ケア   23 巻 ( 3 ) 頁: 392-394   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  75. Comprehensive medication management services influence medication adherence among Japanese older people.

    Hirakawa Y, Hilawe EH, Chiang C, Kawazoe N, Aoyama A.

    Journal of Rural Medicine   10 巻 ( 2 ) 頁: 79-83   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Association between parental history of diabetes and the incidence of type 2 diabetes mellitus differs according to the sex of the parent and offspring's body weight: A finding from a Japanese worksite-based cohort study.

    Wang C, Yatsuya H, Tamakoshi K, Toyoshima H, Wada K, Li Y, Hilawe EH, Uemura M, Chiang C, Zhang Y, Otsuka R, Ota A, Hirakawa Y, Aoyama A

    Preventive Medicine   81 巻   頁: 49-53   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. 在宅の看取り症例を担当したケアマネジャーのリフレクション(報告).

    木股貴哉、平川仁尚

    ホスピスケアと在宅ケア   23 巻 ( 1 ) 頁: 34-39   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Current situation and challenges surrounding the communication gap among health care professionals: outlook of rural health care professionals and medical students

    Hirakawa Y

    Journal of Rural Medicine   9 巻 ( 1 ) 頁: 43-44   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  79. Factors associated with self-rated health of rural population: A report from the prospective observational study

    Hirakawa Y, Kimata T, Uemura K

    Journal of Rural Medicine   9 巻 ( 1 ) 頁: 40-42   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  80. 高齢者介護施設介護職員向け終末期ケア教育プログラムの効果について

    平川仁尚、植村和正

    日本老年医学会雑誌   51 巻 ( 2 ) 頁: 191   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  81. 多職種の視点から見た在宅高齢者の看取り

    平川仁尚

    日本老年医学会雑誌   51 巻 ( 1 ) 頁: 97   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  82. 中華人民共和国雲南省の高齢者介護施設の生活およびケアの実態に関する探索的研究―日本人の視点からの考察―

    平川仁尚、張傑、鈴木悟司、陳孜慧、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   22 巻 ( 1 ) 頁: 8-15   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. 訪問看護師からみた在宅高齢者の終末期ケアの現状~KJ法を用いた発想~

    平川仁尚、木股貴哉、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   22 巻 ( 1 ) 頁: 2-7   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. 高齢者ケアに関する職種横断型ワークショップ活動報告

    平川仁尚

    日本農村医学会雑誌   63 巻 ( 1 ) 頁: 76-82   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  85. 介護職員向けワークショップの結果の分析から排泄ケア教育の必要性を再認識 査読有り

    平川仁尚、木股貴哉

    泌尿器ケア   19 巻 ( 11 ) 頁: 88-92   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  86. 高齢者介護施設における人間教育に関する研修ニーズ.

    平川仁尚

    ホスピスケアと在宅ケア   22 巻 ( 3 ) 頁: 332-333   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  87. ケアマネジャーのためのカフェ形式医療相談会の試行

    前田稚恵 植村和正 平川仁尚

    ホスピスケアと在宅ケア   22 巻 ( 3 ) 頁: 334-335   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  88. 在宅ケアマネジャーの医療的知識マネジメント力向上に向けた取り組み.

    平川仁尚 木股貴哉

    日本老年医学会雑誌   51 巻 ( 5 ) 頁: 470   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  89. 認知症デイサービスの独自性に関する一考察~KJ法を用いた取材のまとめ~(

    平川仁尚

    日本農村医学会雑誌   63 巻 ( 4 ) 頁: 675-678   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  90. ケアマネジャーを悩ませる訪問看護師の行動傾向について

    平川仁尚

    日本農村医学会雑誌   63 巻 ( 4 ) 頁: 679-682   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  91. 介護職員が離職しにくい職場環境を作るには―認知症高齢者グループホームの取材からの考察― 査読有り

    平川仁尚、鈴木悟司

    ホスピスケアと在宅ケア   22 巻 ( 3 ) 頁: 301-305   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. SOAP形式の記録用紙を活用した問題志向型システムの導入による介護職員の介護記録に関する意識の変化

    平川仁尚、木野美恵子、吉田美加

    ホスピスケアと在宅ケア   22 巻 ( 3 ) 頁: 329-331   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. Non-medical care managers' attitudes towards reporting to, contacting, and consulting physicians.

    Hirakawa Y, Uemura K

    Ann Gerontol Geriatric Res   1 巻 ( 4 ) 頁: 1018   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. 介護関係者を対象にしたアンガ―マネジメントワークショップの開催

    平川仁尚

    日本農村医学会雑誌   63 巻 ( 2 ) 頁: 151-153   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. 地域の高齢者ケア関係者を対象とした死の教育の実践

    木股貴哉 平川仁尚

    緩和ケア   24 巻 ( 4 ) 頁: 295-296   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. ケアマネジャーのための医師への依頼文例集作成の取り組み

    平川仁尚

    日本農村医学会雑誌   63 巻 ( 1 ) 頁: 83-85   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. 多職種参加型の高齢者終末期ケア・ワークショップの効果―参加者アンケートの結果から―

    平川仁尚、阿部泰之

    緩和ケア   24 巻 ( 1 ) 頁: 40-42   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Emotional and spiritual pain and suffering of older people with end-of-life dementia from the perspective of nurses and care workers: a qualitative study

    Hirakawa Y

    Journal of Nursing &Care   3 巻 ( 6 ) 頁: 212   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. ケアマネジャーのための解剖の理解に向けた取り組み

    前田稚恵 植村和正 平川仁尚

    ホスピスケアと在宅ケア   22 巻 ( 3 ) 頁: 334-335   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  100. 高齢者介護施設において消臭・スキンケア用に柿の葉茶を活用する取り組み―大学医学部と農村部との連携によるプロジェクト「Project-Kaki」―.

    平川仁尚、鈴木悟司

    農業および園芸   89 巻 ( 6 ) 頁: 629-635   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. 高齢者介護施設の管理職に求められる能力や資質

    平川仁尚、植村和正

    日本老年医学会雑誌   50 巻 ( 2 ) 頁: 268   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  102. 終末期における胃瘻栄養の中断について考えるマイクロディベート

    平川仁尚、安井浩樹、植村和正

    日本老年医学会雑誌   50 巻 ( 3 ) 頁: 413   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  103. 多職種ネットワークのノウハウを活用した医療相談窓口の開設について

    平川仁尚、植村和正

    日本老年医学会雑誌   50 巻 ( 4 ) 頁: 557   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  104. 高齢者ケアのスペシャリストから学ぶ緩和ケア―見方の幅を広げてケアの質を高めよう―高齢者の終末期における意思決定について

    平川仁尚

    緩和ケア   23 巻 ( 4 ) 頁: 303-305   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  105. 高齢者介護施設の教育担当者から見た終末期ケアに関する教育ニーズ 査読有り

    平川仁尚、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   21 巻 ( 1 ) 頁: 41-45   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Community-based education concerning palliative care for the elderly in Japan

    Hirakawa Y, Uemura K

    Caregivers:Challenges, Practices and Cultural influences     頁: 207-216   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. A qualitative pilot study of the emotional structure of Japanese patients with Type 2 Diabetic Mellitus 査読有り

    Hirakawa Y, Uemura K

    Journal of Nursing & Care     2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4172/2167-1168.S5-014.

  108. Current situation and challenges of home end-of-life care for the elderly in Japan: A qualitative research from the point of view of non-nurse care managers. 査読有り

    Hirakawa Y, Kimata T, Uemura K.

    End-of-Life Care: Ethical Issues, Practices and Challenges. Nova Science Pub Inc     頁: 141-155   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. A qualitative study of long-term care leaders' experiences of end-of-life care provision at long-term care facilities in Japan 査読有り

    Hirakawa Y, Uemura K

    Journal of Nursing & Care     2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4172/2167-1168.S5-010

  110. Short- and long-term effects of workshop-style educational program on long-term care leaders' attitudes toward facility end-of-life care

    Hirakawa Y, Kimata T, Uemura K

    Journal of Community Medicine & Health Education   3 巻   頁: 234.   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4172/2161-0711.1000234.

  111. A qualitative study of care leaders' opinions on infection prevention at long-term care facilities in Japan.

    Hirakawa Y, Kimata T, Uemura K

    Advances in Medicine and Biology Nova Science Publishers   74 巻   頁: 75-86   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Current challenges in home nutrition support for frail elderly in Japan- A qualitative research from the point of view of care managers.

    Hirakawa Y, Kimata T, Uemura K

    Healthcare   1 巻   頁: 53-63   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Factors associated with self-rated health of rural population: age- and gender-specific analysis.

    Hirakawa Y, Kimata T, Uemura K

    Journal of Rural Medicine   8 巻 ( 2 ) 頁: 222-227   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. No improvement in metabolic health condition of 40-74-year-old rural residents one year after screening

    Hirakawa Y, Uemura K

    Journal of Rural Medicine   8 巻 ( 2 ) 頁: 193-197   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. 高齢者介護施設の教育担当者から見た終末期ケアに関する教育ニーズ.

    平川仁尚、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   21 巻 ( 1 ) 頁: 41-45   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. 高齢者の終末期の心肺蘇生に関する介護職員の意識

    平川仁尚、木股貴哉

    日本老年医学会雑誌   50 巻 ( 6 ) 頁: 833   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  117. 医療・介護現場における職員の苦悩・ストレスを減らす思考法

    平川仁尚、木股貴哉、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   21 巻 ( 3 ) 頁: 359-360   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  118. 介護職員から見た終末期ケアの現場の課題

    平川仁尚、植村和正

    日本老年医学会雑誌   50 巻 ( 5 ) 頁: 671   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  119. 名古屋式高齢者苦痛可視化スケールthe Nagoya Graphical Symptom Scale for Elderly (NGSSE)改訂版の開発について

    平川仁尚、植村和正

    日本老年医学会雑誌   50 巻 ( 1 ) 頁: 119   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  120. 高齢者介護施設の管理職に求められる能力や資質.

    平川仁尚、植村和正.

    日本老年医学会雑誌   50 巻 ( 2 ) 頁: 311-312   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. 通院状態は農村部の中高齢者の主観的健康感に影響を与えないのか

    平川仁尚 益田雄一郎 植村和正

    日本老年医学会雑誌   49 巻 ( 5 ) 頁: 646   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  122. 認知症高齢者の終末期にみられる臭いについて

    平川仁尚、植村和正

    日本老年医学会雑誌   49 巻 ( 6 ) 頁: 806   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  123. ホームヘルパーの研修ニーズ

    平川仁尚、安井浩樹、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   20 巻 ( 3 ) 頁: 311-312   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  124. 名古屋式高齢者苦痛可視化スケールthe Nagoya Graphical Symptom Scale for Elderly (NGSSE)改訂版の開発について

    平川仁尚、植村和正

    日本老年医学会雑誌   50 巻 ( 1 ) 頁: 119   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  125. 介護職員のための「認知症緩和ケアとBehavioral and Psychological Symptoms of Dementia (BPSD)を考えるワークショップ」【訪問ほっとらいん】

    平川仁尚、植村和正

    訪問看護と介護   17 巻 ( 9 ) 頁: 809   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  126. 終末期の高齢者介護施設入所者の家族にしてもらえること

    平川仁尚、安井浩樹、植村和正

    日本老年医学会雑誌   49 巻 ( 4 ) 頁: 497   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  127. 高齢者の整容・美容ケアに関する職員教育用ツール「美容カルテ&ガイド」の短期・長期効果に関する研究 査読有り

    平川仁尚、吉田美加、赤木勝幸、岩岡ひとみ、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   20 巻 ( 1 ) 頁: 2-8   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. 地域の中高年者と介護職員が学びあう終末期学習プログラムの開発(短報)

    平川仁尚、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   20 巻 ( 1 ) 頁: 63-66   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. 民生委員を対象とした認知症ワークショッププログラムの開発(報告)

    平川仁尚

    日本農村医学会雑誌   61 巻 ( 2 ) 頁: 113-117   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. 介護職員のための認知症緩和ケアとBehavioral and Psychological Symptoms of Dementia (BPSD)を考えるワークショップの開催(報告)

    平川仁尚、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   20 巻 ( 3 ) 頁: 297-300   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  131. 地域における高齢者虐待防止に向けた対策

    平川仁尚、安井浩樹

    日本老年医学会雑誌   49 巻 ( 1 ) 頁: 123   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  132. 研修指導医講習会の介護現場への応用~上級介護職員のための指導者講習会の開催

    平川仁尚、植村和正

    医学教育   43 巻 ( 2 ) 頁: 130   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  133. 痰の吸引の実施に関する介護職員の意識

    平川仁尚、植村和正

    日本老年医学会雑誌   49 巻 ( 2 ) 頁: 253   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  134. 高齢者専門医に求められる資質

    平川仁尚、葛谷雅文、植村和正

    日本老年医学会雑誌   49 巻 ( 3 ) 頁: 375   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  135. 高齢者介護施設職員・ホームヘルパーを対象とした痰の吸引研修システムの構築

    平川仁尚、植村和正

    医学教育   43 巻 ( 4 ) 頁: 322   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  136. 上級介護職員のための新人・若手指導の在り方を考えるワークショップの開催

    平川仁尚、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   20 巻 ( 3 ) 頁: 310   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  137. Signs and symptoms of impending death in end-of-life elderly dementia sufferers: point of view of formal caregivers in rural areas -- A qualitative study 査読有り

    Hirakawa Y, Uemura K.

    Journal of Rural Medicine   7 巻 ( 2 ) 頁: 59-64   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  138. 進む大学教育改革.H20選定大学病院間の相互連携による優れた専門医等の養成―若手医師のキャリア形成を手厚く支援

    平川仁尚

    文部科学時報   1629 巻   頁: 40-41   2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  139. 高齢者介護施設を対象とした訪問美容レクリエーション「ビューティーキャラバン」【訪問ほっとらいん】

    平川仁尚、植村和正

    訪問看護と介護   16 巻 ( 11 ) 頁: 959   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  140. 地域における多職種連携推進ワークショップ

    安井浩樹、網岡克雄、青松棟吉、阿部恵子、平川仁尚、倉田洋子、野田雄二、植村和正

    医学教育   42 巻 ( 5 ) 頁: 289-293   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  141. 地域おける多職種ネットワーク構築に向けた課題

    平川仁尚、安井浩樹

    日本老年医学会雑誌   48 巻 ( 6 ) 頁: 713   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  142. 介護職員のキャリア意識向上のためのワークショップ・プログラムの開発 査読有り

    平川仁尚、安井浩樹、青松棟吉、吉田美加、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   19 巻 ( 1 ) 頁: 33-37   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  143. 高齢者の終末期ケアを実践する上級介護職員のためのワークショップの効果 査読有り

    平川仁尚、安井浩樹、青松棟吉、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   19 巻 ( 3 ) 頁: 316-323   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  144. 九州農村部における女性介護者の健康習慣と心理的健康に関する研究 査読有り

    平川仁尚、安井浩樹、青松棟吉、益田雄一郎、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   19 巻 ( 3 ) 頁: 324-329.   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  145. 高齢者の緩和医療

    平川仁尚

    日本老年医学会雑誌   48 巻 ( 3 ) 頁: 216-220   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  146. 高齢者の整容・美容ケアに関する職員教育用ツール

    平川仁尚、植村和正

    日本老年医学会雑誌   48 巻 ( 1 ) 頁: 86   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  147. 農村部における検診受診率向上の意義

    平川仁尚、益田雄一郎、植村和正

    日本老年医学会雑誌   48 巻 ( 2 ) 頁: 192   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  148. 地域の中核病院の勤務医師に求められる資質や能力とは

    平川仁尚

    日本老年医学会雑誌   42 巻 ( 3 ) 頁: 158   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  149. 介護職員からみた高齢者の終末期の定義

    平川仁尚、益田雄一郎、植村和正

    日本老年医学会雑誌   48 巻 ( 3 ) 頁: 293   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  150. 高齢者介護施設の介護職員が実施可能な終末期ケアの内容

    平川仁尚、青松棟吉、植村和正

    日本老年医学会雑誌   48 巻 ( 4 ) 頁: 397   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  151. 高齢者のエンゼルケアに関する手引きの作成

    平川仁尚 植村和正

    日本老年医学会雑誌   48 巻 ( 5 ) 頁: 572   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  152. 医学部高学年を対象にしたキャリア支援ワークショップの開催

    平川仁尚、植村和正

    日本老年医学会雑誌   42 巻 ( 6 ) 頁: 377   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  153. Information needs and sources of family caregivers of home elderly patients 査読有り

    Hirakawa Y, Kuzuya M, Enoki H, Uemura K

    Archives of Gerontology and Geriatrics   52 巻   頁: 202–205   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  154. 在宅終末期高齢者の家族の教育に関する指針の提案

    平川仁尚、植村和正

    医学教育   41 巻 ( 2 ) 頁: 125-127   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  155. 農村部の検診に心理的健康検査を追加する意義

    平川仁尚、益田雄一郎、植村和正

    日本老年医学会雑誌   47 巻 ( 5 ) 頁: 483   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  156. ケアマネジャーを対象にしたメンタルヘルス講義の効果 査読有り

    平川仁尚、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   18 巻 ( 1 ) 頁: 20-22   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  157. 高齢者介護施設で柿の葉茶の消臭効果を活用する取り組み 査読有り

    平川仁尚、鈴木悟司、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   18 巻 ( 1 ) 頁: 53-55   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  158. 地域の認知症外来の実態および初診患者・家族の情報ニーズ 査読有り

    平川仁尚、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   18 巻 ( 3 ) 頁: 313-317   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  159. 在宅介護家族のストレスを軽減する携帯システムの開発(第一報) 査読有り

    平川仁尚、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   18 巻 ( 3 ) 頁: 364-366   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  160. 進行期認知症患者の苦痛について

    平川仁尚

    緩和ケア   20 巻 ( 6 ) 頁: 571-574   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  161. 高齢者総合機能評価に対応した退院支援ツール

    平川仁尚、植村和正、葛谷雅文

    日本老年医学会雑誌   47 巻 ( 2 ) 頁: 162   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  162. 名古屋式高齢者苦痛可視化スケールthe Nagoya Graphical Symptom Scale for Elderly (NGSSE)の開発について

    平川仁尚、植村和正

    日本老年医学会雑誌   47 巻 ( 3 ) 頁: 264   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  163. 在宅訪問栄養食事指導の意義について

    平川仁尚、榎裕美、植村和正

    日本老年医学会雑誌   47 巻 ( 4 ) 頁: 334   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  164. 投薬すると日常生活自立度(ADL)が低下してしまい倫理的に問題がありそうな認知症高齢者のケース

    平川仁尚

    Journal of Integrated Medicine   19 巻 ( 9 ) 頁: 684-685   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  165. 介護老人保健施設における高齢者の終末期の医療およびケアに関するガイドライン

    平川仁尚、植村和正

    日本老年医学会雑誌   46 巻 ( 6 ) 頁: 563   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  166. 高齢者の終末期ケアに関する教育内容について 査読有り

    平川仁尚、葛谷雅文、植村和正

    医学教育   40 巻 ( 1 ) 頁: 61-64.   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  167. 高齢者ケアに関わる職員を対象とした絵本を用いた死の教育の効果 査読有り

    平川仁尚、葛谷雅文、加藤利章、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   17 巻 ( 1 ) 頁: 14-16   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  168. 介護老人保健施設の介護職員を対象とした終末期ケア教育の効果 査読有り

    平川仁尚、葛谷雅文、植村和正

    医学教育   40 巻 ( 3 ) 頁: 197-200   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  169. 中学生の高齢者イメージに関する調査 査読有り

    平川仁尚、赤木勝幸、岩岡ひとみ、木野美恵子、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   17 巻 ( 3 ) 頁: 254-257   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  170. 介護老人保健施設の介護職員を対象とした1日訪問看護研修の課題 査読有り

    平川仁尚、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   17 巻 ( 3 ) 頁: 258-362   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  171. 高齢者の終末期をめぐる諸問題─高齢者終末期ケアにかかわる介護スタッフの教育

    平川仁尚、植村和正

    Geriatric Medicine   47 巻 ( 4 ) 頁: 481-484   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  172. 介護老人保健施設における在宅復帰支援パス

    平川仁尚、植村和正

    日本老年医学会雑誌   46 巻 ( 3 ) 頁: 275   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  173. 高齢者介護施設におけるターミナル支援パス

    平川仁尚、植村和正

    日本老年医学会雑誌   46 巻 ( 4 ) 頁: 366   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  174. 在宅介護家族の情報ニーズについて

    平川仁尚、植村和正

    日本老年医学会雑誌   46 巻 ( 5 ) 頁: 462   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  175. Opinion survey of nursing or caring staff at long-term care facilities about end-of-life care provision and staff education. 査読有り

    Hirakawa Y, Kuzuya M, Uemura K

    Archives of Gerontology and Geriatrics   49 巻 ( 1 ) 頁: 43-48   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  176. End-of-life care at long-term care facilities for the elderly in Japan

    Hirakawa Y

    Hallym International Journal of Aging   11 巻 ( 1 ) 頁: 1-12   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  177. 高齢者介護施設における終末期ケアの標準化と個別化

    平川仁尚

    日本老年医学会雑誌   45 巻 ( 3 ) 頁: 343   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  178. 高齢者介護施設における終末期ケアの実施および施設長向け教育に関する課題 査読有り

    平川仁尚、植村和正、葛谷雅文

    医学教育   39 巻 ( 4 ) 頁: 245-250   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  179. 高齢者の整容・美容ケアに関する看護・介護職員の意識 査読有り

    平川仁尚、葛谷雅文、加藤利章、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   16 巻 ( 1 ) 頁: 41927   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  180. 介護老人保健施設1施設における看護・介護職員の終末期ケアに関する意識と死生観. 査読有り

    平川仁尚、葛谷雅文、加藤利章、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   16 巻 ( 1 ) 頁: 16-21.   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  181. リビングウィルに関する患者・家族向け啓発パンフレットの作成~大学医学部附属病院老年科病棟における試み 査読有り

    平川仁尚、植村和正、加藤利章、葛谷雅文

    ホスピスケアと在宅ケア   16 巻 ( 3 ) 頁: 209-212   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  182. 日本の終末期ケアおよび老年医学に関する教科書の内容─高齢者の終末期のケアに関する内容分析 査読有り

    平川仁尚、葛谷雅文、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   16 巻 ( 3 ) 頁:   213-217   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  183. 主要な老年症候群の診断、治療とケア─終末期にみられる症状とケア

    平川仁尚、植村和正

    Geriatric Medicine   46 巻 ( 7 ) 頁: 751-754   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  184. 高齢者介護施設における終末期ケア

    平川仁尚

    日本老年医学会雑誌   45 巻 ( 6 ) 頁: 612-614   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  185. Influence of Diabetes Mellitus on Caregiver Burden in Home Care: A Report based on the Nagoya Longitudinal Study of the Frail Elderly (NLS-FE) 査読有り

    Hirakawa Y, Kuzuya M, Masuda Y, Enoki H, Iguchi A

    Geriatrics and Gerontology International   8 巻 ( 1 ) 頁: 41-47   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  186. Caregiver burden among Japanese informal caregivers of cognitively impaired elderly in community settings. 査読有り

    Hirakawa Y, Kuzuya M, Enoki,H, Hasegawa J, Iguchi A

    Archives of Gerontology and Geriatrics   46 巻   頁: 367-374.   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  187. Effects of Acupuncture/Moxibustion and/or Massage Program on Levels of Health-related Quality of Life and Symptom Distress in Frail Elderly 査読有り

    Hirakawa Y

    Japanese Acupuncture and Moxibustion   1 巻   頁: 13-18.   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  188. Absence of outcome difference in elderly patients with and without dementia after acute myocardial infarction: An evaluation of TAMIS-II data 査読有り

    Kimata T, Hirakawa Y, Uemura K, Kuzuya M

    International Heart Journal   49 巻 ( 5 ) 頁: 533-543   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  189. 高齢者の施設・在宅における終末像の実証的検証および終末期ケアにおける高齢患者の自己決定のための情報開示のあり方

    平川仁尚

    Aging & Health   16 巻 ( 1 ) 頁: 38-41   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  190. Age-related differences in clinical characteristics, early outcomes and cardiac management of acute myocardial infarction in Japan: Lessons from the Tokai Acute Myocardial Infarction Study (TAMIS)" 査読有り

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kuzuya M, Kimata T, Iguchi A, Uemura K

    Geriatrics and Gerontology International   7 巻   頁: 131-136   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  191. Age-related differences in care receipt and symptom experience of elderly cancer patients dying at home: Lessons from the DEATH project. 査読有り

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kuzuya M, Iguchi A, Uemura K

    Geriatrics and Gerontology International   7 巻   頁: 34-40   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  192. Factors associated with change in walking ability in very elderly patients hospitalized for acute myocardial infarction 査読有り

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kuzuya M, Iguchi A, Kimata T, Uemura K

    Geriatrics and Gerontology International   7 巻   頁: 21-25   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  193. Influence of diabetes mellitus on in-hospital mortality in patients with acute myocardial infarction in Japan: A report from TAMIS-II 査読有り

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kuzuya M, Iguchi A, Kimata T, Uemura K

    Diabetes Research and Clinical Practice   75 巻   頁: 59-64   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  194. Director perceptions of end-of-life care at geriatric health services facilities in Japan 査読有り

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kuzuya M, Iguchi A, Uemura K

    Geriatrics and Gerontology International   7 巻   頁: 184-188   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  195. 自主講座「老年学概論」の開講と今後の方向性 査読有り

    平川仁尚、葛谷雅文、益田雄一郎、旭多貴子、井口昭久

    ホスピスケアと在宅ケア   15 巻 ( 3 ) 頁: 201-207   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  196. 高齢者介護施設用アドバンス・ケアプランニングシートの開発 査読有り

    平川仁尚、植村和正、葛谷雅文

    ホスピスケアと在宅ケア   15 巻 ( 3 ) 頁: 196-200   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  197. 病院内倫理委員会の現状に関する調査 査読有り

    平川仁尚、葛谷雅文、植村和正

    日本老年医学会雑誌   44 巻 ( 6 ) 頁: 767-769   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  198. 急性心筋梗塞で入院した認知症高齢者の管理と予後 査読有り

    平川仁尚、益田雄一郎、葛谷雅文、井口昭久、植村和正.

    日本老年医学会雑誌   44 巻 ( 5 ) 頁: 606-610   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  199. 療養型病床群1施設における心肺蘇生および急性期病院への転院に関する家族の希望 査読有り

    平川仁尚、益田雄一郎、葛谷雅文、井口昭久、植村和正

    日本老年医学会雑誌   44 巻 ( 4 ) 頁: 497-502   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  200. 終末期医療・看護教育に関する医学生の意識調査 査読有り

    平川仁尚、益田雄一郎、葛谷雅文、井口昭久、植村和正

    日本老年医学会雑誌   44 巻 ( 3 ) 頁: 380-383   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  201. 終末期医療・看護に関する授業と医学生の死生観との関係 査読有り

    平川仁尚、益田雄一郎、葛谷雅文、井口昭久、植村和正

    日本老年医学会雑誌   44 巻 ( 2 ) 頁: 247-250.   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  202. Non-medical palliative care and education to improve end-of-life care at geriatric health services facilities: a nationwide questionnaire survey of chief nurses. 査読有り

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kuzuya M, Iguchi A, Uemura K

    Geriatrics and Gerontology International   7 巻   頁: 266-270   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  203. Factors associated with the use of percutaneous coronary intervention among very elderly patients with acute myocardial infarction: Lessons from TAMIS 査読有り

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kuzuya M, Kimata T, Iguchi A, Uemura K

    Geriatrics and Gerontology International   7 巻   頁: 215-220   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  204. Impact of gender on in-hospital mortality of patients with acute myocardial infarction undergoing percutaneous coronary intervention: an evaluation of the TAMIS-II data. 査読有り

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kuzuya M, Iguchi A, Kimata T, Uemura K

    Internal Medicine   46 巻   頁: 363-366   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  205. Influence of nutritional status on early mortality of elderly patients admitted with acute myocardial infarction

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kuzuya M, Iguchi A, Kimata T, Uemura K

    Geriatrics and Gerontology International   6 巻   頁: 228-233   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  206. Evaluation of gender differences in caregiver burden in home care: Nagoya Longitudinal Study of the Frail Elderly (NLS-FE).

    Hirakawa Y, Kuzuya M, Masuda Y, Enoki H, Iwata M, Hasegawa J, Iguchi A

    Psychogeriatrics   6 巻   頁: 91-99   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  207. Gender differences in symptom experience at end-of-life among elderly patients dying at home with advanced cancer in Japan

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kuzuya M, Iguchi A, Uemura K

    Japan Medical Association Journal   49 巻   頁: 351-357   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  208. Association of renal insufficiency with in-hospital mortality among Japanese patients with acute myocardial infarction undergoing percutaneous coronary interventions

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kuzuya M, Iguchi A, Kimata T, Uemura K

    International Heart Journal   47 巻   頁: 745-752   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  209. Effect of emergency percutaneous coronary intervention on in-hospital mortality of very elderly (80+years of age) patients with acute myocardial infarction

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kuzuya M, Kimata T, Iguchi A, Uemura K

    International Heart Journal   47 巻   頁: 663-669   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  210. Symptom experience and pattern of end-of-life home care for elderly patients with cancer vs. those without cancer in Japan

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kuzuya M, Kimata T, Iguchi A, Uemura K

    Japan Medical Association Journal   49 巻   頁: 243-250   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  211. End-of-life care at group homes for patients with dementia in Japan - findings from the analysis of policy-related differences.

    Hirakawa Y, Masuda Y, Uemura K, Kuzuya M, Kimata T, Iguchi A

    Archives of Gerontology and Geriatrics   42 巻   頁: 233-245   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  212. Japanese patients with acute myocardial infarction who present without chest pain: A high-risk group

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kuzuya M, Iguchi A, Uemura K

    International Heart Journal   47 巻   頁: 483-490   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  213. End-of-life experience of demented elderly patients at home: Findings from DEATH project.

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kuzuya M, Kimata T, Iguchi A, Uemura K

    Psychogeriatrics   6 巻   頁: 60-67   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  214. Symptoms and care of elderly dying at home with lung, gastric, colon, and liver cancer.

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kuzuya M, Iguchi A, Uemura K

    Japan Medical Association Journal   49 巻 ( 4 ) 頁: 140-145   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  215. Age differences in the delivery of cardiac management to women versus men with acute myocardial infarction: an evaluation of the TAMIS-II data

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kuzuya M, Iguchi A, Kimata T, Uemura K

    International Heart Journal   47 巻 ( 2 ) 頁: 209-217   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  216. How elderly people die of nonmalignant pulmonary disease at home

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kuzuya M, Iguchi A, Uemura K

    Japan Medical Association Journal   49 巻 ( 3 ) 頁: 106-111   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  217. Differences in in-hospital mortality between men and women with acute myocardial infarction undergoing percutaneous coronary intervention (PCI) in Japan: Tokai Acute Myocardial Infarction Study (TAMIS)

    Hirakawa Y, Masuda Y, Uemura K, Kuzuya M, Kimata T, Iguchi A

    American Heart Journal   151 巻   頁: 1271-1275   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  218. Evaluation of gender differences in caregiver burden in home care: Nagoya Longitudinal Study of the Frail Elderly (NLS-FE) 査読有り

    Hirakawa Y, Kuzuya M, Masuda Y, Enoki H, Iwata M, Hasegawa J, Iguchi A

    Psychogeriatrics   6 巻   頁: 91-99   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  219. Influence of nutritional status on early mortality of elderly patients admitted with acute myocardial infarction. 査読有り

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kuzuya M, Iguchi A, Kimata T, Uemura K

    Geriatrics and Gerontology International   6 巻   頁: 228-233   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  220. Gender differences in symptom experience at end-of-life among elderly patients dying at home with advanced cancer in Japan. 査読有り

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kuzuya M, Iguchi A, Uemura K

    Japan Medical Association Journal   49 巻   頁: 351-357   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  221. 高齢重度認知症患者および高齢進行癌患者の在宅終末期ケアに関する研究~「高齢者の在宅終末期ケアに関する前向き研究」から~ 査読有り

    平川仁尚、益田雄一郎、葛谷雅文、井口昭久、旭多貴子、植村和正

    日本老年医学会雑誌   43 巻 ( 3 ) 頁: 355-360   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  222. 終末期ケアの場所および事前の意思表示に関する中・高年者の希望に関する調査 査読有り

    平川仁尚、益田雄一郎、葛谷雅文、井口昭久、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   14 巻 ( 3 ) 頁: 201-205   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  223. Effects of home massage rehabilitation therapy for the bed-ridden elderly: a pilot trial with a three-month follow-up.

    3. Hirakawa Y, Masuda Y, Kimata T, Uemura K, Kuzuya M, Iguchi A

    Clinical Rehabilitation   19 巻   頁: 20-27   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  224. Age-related differences in the delivery of cardiac management to women versus men with acute myocardial infarction in Japan: Tokai Acute Myocardial Infarction Study: TAMIS.

    Hirakawa Y, Masuda Y, Uemura K, Kuzuya M, Kimata T, Iguchi A

    International Heart Journal   46 巻   頁: 939-948   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  225. 癌告知および脳死・臓器移植に関する名古屋大学医学部5年生の意識調査 査読有り

    平川仁尚、益田雄一郎、植村和正、葛谷雅文、木股貴哉、井口昭久

    医学教育   36 巻 ( 3 ) 頁: 187-192   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  226. 高齢者の在宅終末期ケアに関する前向き研究. 査読有り

    平川仁尚、益田雄一郎、葛谷雅文、大頭信義、梁勝則、井口昭久、植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   13 巻 ( 3 ) 頁: 220-224   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  227. 全国の医学科・看護学科における終末期医療・看護教育の実態調査. 査読有り

    平川仁尚、益田雄一郎、植村和正、葛谷雅文、野口美和子、木股貴哉、井口昭久

    日本老年医学会雑誌   42 巻 ( 5 ) 頁: 540-545   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  228. Effect of long-term care insurance on communication/recording tasks for in-home nursing care services.

    2. Hirakawa Y, Masuda Y, Uemura K, Kuzuya M, Iguchi A.

    Archives of Gerontology and Geriatrics   38( 巻 ( 2 ) 頁: 101-113   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  229. 緩和医療の行われていない療養型病床群2施設における痴呆性高齢者の終末期医療に関する研究 査読有り

    平川仁尚、益田雄一郎、木股貴哉、植村和正、葛谷雅文、井口昭久

    日本老年医学会雑誌   41 巻 ( 1 ) 頁: 99-104   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  230. 在宅訪問栄養食事指導制度に対する栄養士の意識調査~制度の普及促進に関する提言~ 査読有り

    平川仁尚、益田雄一郎、植村和正、内藤通孝、葛谷雅文、井口昭久

    日本老年医学会雑誌   40 巻 ( 5 ) 頁: 509-514   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 4

  1. 老年期の終末期医療

    平川仁尚( 担当: 単著)

    六訂版 家庭医学大全科(高久史麿、猿田享男、北村惣一郎、福井次矢編)  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 高齢者ケアにおける症状別緊急対応ガイドブック(高齢者ロングタームケア研究会編)

    加藤利章.木野美恵子.手嶋雅史.平川仁尚( 担当: 共著)

    中央法規出版  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. ターミナルケア.高齢者診療マニュアル

    平川仁尚,( 担当: 単著)

    日本医師会雑誌 (林泰史、大内尉義、上島国利、鳥羽研二編)  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 第14講─高齢者の終末期ケア.介護福祉論

    平川仁尚( 担当: 単著)

    日本福祉大学通信教育部編  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

講演・口頭発表等 1

  1. 認知症と地域包括ケアシステム

    平川仁尚

    第23回日本慢性期医療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

共同研究・競争的資金等の研究課題 21

  1. 認知症高齢者のGood Death指標の開発に向けた質的研究

    2019年4月 - 2020年3月

    企業からの受託研究 

    安藤秀明、赤川祐子、江啓発

  2. 高齢者医療を担う専門医のQuality of Life (QOL) に影響を及ぼす要因に関する質的研究

    2019年4月 - 2020年3月

    企業からの受託研究 

  3. 高齢者介護施設における認知症高齢者のスピリチュアルケア:看護師・介護士を対象とした質的研究

    2017年4月 - 2018年3月

    出資金による受託研究 

  4. 地域密着の開業医から見た農村部における地域包括ケアシステムの理想と目指す姿に関する全国質的調査

    2017年4月 - 2018年3月

    出資金による受託研究 

  5. ホームヘルパーの業務関連スピリチュアリティに関する質的研究:包括的健康尺度(QOL尺度)作成に向けて

    2017年4月 - 2018年3月

    出資金による受託研究 

  6. 在宅看取り事例に対する職種間の意識や態度の相違に関する質的調査:多職種事例検討ツールとKJ法による一般化

    2016年12月 - 2017年11月

    出資金による受託研究 

  7. 地域の多職種の認知症周辺症状対応力を高める無料LINE学習システムの開発

    2016年10月 - 2017年9月

    出資金による受託研究 

  8. 在宅で最期を迎えたいと希望する独居高齢者とケアマネジャーの思いに関する質的研究

    2016年4月 - 2017年3月

    出資金による受託研究 

  9. 高齢者のアドバンス・ケア・プランニングに関する質的研究

    2015年4月 - 2016年3月

    出資金による受託研究 

  10. 経験が浅いケアマネジャーに対して教育支援ができる主任ケアマネジャー養成プログラムの開発

    2014年11月 - 2015年10月

    学内共同研究 

      詳細を見る

    本活動は、応募者自身が代表を務める、平成13年に多職種の顔の見える関係づくりを目的に名古屋大学医学部附属病院老年科(現在は老年内科)と愛知弁護士会が発足させた「高齢者の生活全体を支えるネットワーク」の活動と、応募者自身が副センター長を兼任する愛知県の出資で名古屋大学病院内に設置された「地域医療支援センター」の活動を統合して実施するものである。プログラムへの参加者は、主任ケアマネジャーもしくはそれに準ずる比較的経験が豊富なケアマネジャーとし、名古屋市やその周辺から広く募集する。プログラムの立案については、名古屋大学医学部附属病院関連のケアマネジャーらと実行委員会を組織し、協議を行う。プログラムは、計6時間くらいを想定する。こうした主任ケアマネジャーの養成は、ケアマネジャーがお互いで学び合う教育風土の醸成に資するものと期待する。また、今回の結果は、愛知県に留まらず、全国に向けて汎用性の高い、従来の座学中心を超えた新たなケアマネジャー教育支援システムモデルを提示できると考える。

  11. 終末期認知症高齢者のトータルペイン可視化スケール(施設版)の開発)

    2014年4月 - 2015年2月

    学内共同研究 

      詳細を見る

    人口の高齢化に伴い、認知症高齢者が増加している。認知症は、認知機能の低下を始まりとして、徐々に身体機能も低下し、やがて死に至る終末期ケアの対象疾患である。質の高い認知症の終末期ケアを支えるのは、認知症の終末期にみられるトータルペインの適正な評価とその緩和である。認知症のトータルペインや生活の質Quality of life (QOL)を評価するツールには、AD-HRQL-J(阿部俊子ら.痴呆性老人の生活の質尺度(AD-HRQL-J)の開発.精神神経学雑誌1998;9:1489-1499.)や辻村らの開発したおだやかスケール(辻村弘美、小泉美佐子.認知症高齢者のおだやかスケールの開発.Kitakanto Medical Journal 2010;60:119-134.)などがみられるが、それらの細部項目の一つひとつは概念的・抽象的であり、複数の介護職員がシフトで対応する高齢者介護施設や認知症高齢者グループホームなどの現場では、評価者間で評価にばらつきが生じ易い。また、認知症の終末期には、苦痛の訴えが困難になる。さらに、介護の現場は人手不足であり、多くの利用者の評価を定期的に行うためには、評価を短時間で行える簡便さも必要であろう。以上より、視覚的に評価可能で、短時間で、介護職員が評価できる評価ツールの開発が望まれる。そこで、今回の研究は、終末期の認知症高齢者のトータルペインを測定する漫画を用いた視覚的評価スケールの開発を目的とする。
    認知症高齢者が終末期や死を迎える場所である、精神科病院、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、認知症高齢者グループホームの介護職員15人程度を対象に終末期の認知症高齢者が呈するトータルペインについてインタビュー調査を行う。インタビュー内容は、KJ法を用いてグループ化と構造化を行い、トータルペインが1枚のシートで表現されるように工夫する。そして、各グループ(10-15グループ程度)について1、2個の評定尺度を作成し、評定尺度に合わせて苦痛を漫画で表現する。漫画については、我々の先行的な取り組み(名古屋式高齢者苦痛可視化スケールthe Nagoya Graphical Symptom Scale for Elderly (NGSSE))の際にもご協力いただいたとりいかずよし(鳥居一義)氏に協力をいただく。このように、NGSSE様式の終末期認知症高齢者のトータルペイン可視化スケール(施設版)の試案を作成し、現在NGSSEを現場で活用している2施設や上記の介護職員15名の関係する施設に実際に試用してもらい(5-6ヶ所)、感想を集約し、修正を加えて完成版とする。

  12. ケアマネジメントを中心とする包括的多職種連携教育プログラムの開発・実証・検証および大学病院・地域連携モデルケースの確立

    2013年4月 - 2014年3月

    学内共同研究 

  13. 高齢者介護施設の介護職員を対象にした糖尿病教育用教材の開発

    2012年4月 - 2013年3月

    学内共同研究 

  14. 農村部住民の主観的健康観に影響を及ぼす要因~年齢・男女別分析

    2012年4月 - 2013年3月

    学内共同研究 

  15. 大学病院と社会福祉協議会の連携による民生委員・ソーシャルワーカーを対象とした「認知症高齢者の生活全体を支える多職種ネットワークを考えるワークショップ」プログラムの開発

    2011年4月 - 2012年3月

    学内共同研究 

  16. 質の高い認知症緩和ケアを実践する介護士養成プログラムの開発と実施

    2011年4月 - 2012年2月

    学内共同研究 

  17. 地域の中高年を対象にした終末期学習プログラムの開発と効果の検証

    2010年4月 - 2011年3月

    学内共同研究 

  18. 労働者を対象にしたメンタル支援の自動化

    2010年4月 - 2011年3月

    出資金による受託研究 

  19. 高齢者のエンゼルケアの標準化と教育コンテンツの開発

    2010年1月 - 2010年12月

    学内共同研究 

  20. 農村地域における住民の健康に関する調査

    2009年1月 - 2014年3月

    国内共同研究 

  21. 老年学・多職種ネットワーックに基づく高齢者の生活見守りガイドブックの作成

    2008年11月 - 2010年3月

    学内共同研究 

▼全件表示

科研費 9

  1. アドバンス・ケア・プランニング・eポートフォリオシステムの開発

    研究課題/研究課題番号:20K07781  2020年4月 - 2023年3月

    平川 仁尚

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究の目的は、質的分析支援ソフトとポートフォリオを活用した、ACP eポートフォリオシステムの開発である。非がん高齢者を対象としたインタビューを効果的、効率的に行うための指導方法も開発する。「ACPインタビューの上手な進め方ガイド」、「ACPポートフォリオ集」を組み込んだACP eポートフォリオシステムをWeb上に構築する。秋田市、名古屋市、姫路市、板野郡(徳島県)、福岡市の、ACPに積極的に取り組んでいる医療機関・居宅介護支援事業所の医師・看護師、介護・福祉関係者計50名を対象に、オンラインでACP eポートフォリオシステムを体験してもらい、その効果の検証も行う。

  2. 退職公務員におけるフレイルと社会参加に関する在職時からのライフコース疫学研究

    研究課題/研究課題番号:18H03057  2018年4月 - 2022年3月

    八谷 寛

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、若年成人期・中年期の生活習慣や健康状態(健診成績)と高齢期の健康状態との関連を調べることを目的としており、2018年に退職者に対して、フレイルや認知機能の評価、腹部超音波、社会参加の状況の調査等を含む包括的な調査を実施した。今年度は、同調査結果のデータクリーニングを完了し、統計解析を実施した。そのうち、2002年の血糖値と16年後の認知機能が負に関連することを見出した結果は第30回日本疫学会で報告した。また腹部超音波検査の結果を活用して高齢者における生活習慣と脂肪肝等の関連を分析した。
    また本研究では、研究ベースとなっている愛知職域コホート研究の在職者の生活習慣等の継続的な調査及び対象者の追跡調査を、継続して実施することとしており、2018年に生活習慣調査と病歴スクリーニング調査を実施した。今年度は、2018年病歴スクリーニング調査結果に基づき、その詳細を主治医を通して調べる採録調査を実施した。さらに追跡調査の一環として退職者を対象とした病歴スクリーニング調査を実施した。同時に、健診成績を収集・データベース化した。追跡調査結果を使用した統計解析を継続して実施したが、特定健診判定区分と糖尿病発症リスクの関連を検討した結果は第30回日本疫学会ならびにJournal of Diabetes Investigationに報告した。また、心血管疾患の追跡調査結果を用いて、急性冠血管疾患、脳卒中に関連する要因についての検討も行った。
    データベース化は完了し、認知機能との関連については論文化を目指して解析を進めている。フレイル、社会参加と在職時の状況との関連性についても解析準備が整っている。
    2019年度に実施した退職者に対する病歴スクリーニング調査結果を入力し、データベース化を行う。その結果に基づき、主治医に対する詳細な調査を実施する。保存検体を用いたバイオマーカー測定を行い、病態メカニズムの解明や疾病リスク予測に関する検討を行う。

  3. ケアマネジャー向けアドバンス・ケア・プランニング面接技能教育プログラムの開発

    研究課題/研究課題番号:17K08912  2017年4月 - 2020年3月

    平川 仁尚

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    ケアマネジャー向けアドバンス・ケア・プランニング面接技能教育プログラムを試作し、秋田、名古屋、姫路、徳島など全国で実施した。4時間30分のプログラムで、セッションは、1)講義、2)延命・救命処置の模擬面接、3)がん患者・非がん患者とのACPの話し合いのタイミングや切り出し方に関するシミュレーション、4)生き方や人生の歴史(ライフ・ヒストリー)取材であった。本研究の効果について、アンケート調査やインタビュー調査により、参加者の実践的面接技能を向上させ、現場でも活用できることが確認された。
    ACPは、いわゆる「終活」における「お看取りノート」などの用語で知られているものである。欧米では、医療者やソーシャルワーカーを対象にした標準的ACP教育プログラムがある。我が国では、医療者を主な対象としたACP教育プログラムが全国展開されている。本プログラムは高齢者のACP 作成支援者として非医療者であるケアマネジャーに着目した点が特徴的である。既存のケアマネジャー研修に本プログラムを組み込むことで、ACP 普及を加速させるものと期待する。

  4. 肥満・糖尿病の社会・空間・分子疫学の統合的病態解明

    研究課題/研究課題番号:26293153  2014年4月 - 2018年3月

    八谷 寛

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    居住地が身体活動、食生活、心理的ストレス、あるいは未知の経路を介して健康状態に影響する可能性が指摘されている。地理情報システム(Geographic Information System: GIS)を活用して、近隣の土地開発の多様性や歩行可能な道との近接性といった居住地の特徴(社会地区類型)を定義し、個人的要因をマルチレベル分析等の手法で調整して健康状態や健康行動との関連を統計的に解析した。その結果、自宅近隣のwalkabilityと余暇の散歩・早歩き習慣有無を含む運動習慣には関連があることが示された。また、自宅から職場までの距離と生活活動上の徒歩時間にも正の関連が示唆された。

  5. 在宅ケアマネジャーのための終末期ケアマネジメント支援システムの開発と効果の検証

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    平川仁尚

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    どのタイミングでどの医療・介護サービスを導入するかなどケアマネジメントの質は、高齢者の終末期ケアの成否に関わる重要な要素の一つである。このため、高齢者の終末期ケアに関するケアマネジャーの知識や態度は、地域や在宅の高齢者ケアの質に大きな影響を与えると考えられる。終末期ケアマネジメント能力は、ケアマネジャーによって差があることが報告されており、ケアマネジャーの終末期ケアマネジメント能力向上のための標準的な教育的支援システム構築の必要性がある。本研究の目的は、非医療系在宅ケアマネジャーを対象とした高齢者の終末期ケアマネジメント教育的支援システム「在宅終末期ケアマネジメントサポートシステム」を開発し、そのシステムによる在宅ケアマネジャーの知識や態度に対する効果を実証することである。

  6. 高齢者終末期ケアワークショップ・ファシリテーター養成プログラムの開発

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    植村和正

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    高齢者数の増加に加えて国家財政上の理由や高齢者・家族の希望などから、今後地域・在宅で高齢者を看取る機会が増加することは避けられない。地域・在宅における終末期ケアを効率的かつ効果的に提供していくためには、医療・介護・福祉関係者を含めた地域の多職種が日頃から学習会等で集い、情報共有できる「顔の見える」関係性を作っておく必要がある。本研究の目的は、我々が全国的に開催してきた日本版高齢者終末期ケア認定介護士養成プログラムを多職種参加型に改訂した「日本版高齢者終末期ケアワークショップ」のファシリテーターを全国的に養成し、その普及を図ることである。同時に、全国の拠点でファシリテーター養成プログラムの事務局の開設・運営支援にも取り組む。

  7. オセアニア・南アジアの労働者・低所得者における生活習慣病の実態と社会的危険因子

    研究課題/研究課題番号:25257505  2013年10月 - 2018年3月

    青山 温子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    パラオの外国人労働者およびバングラデシュ都市貧困層居住地域住民を対象とし、慢性非感染性疾患(NCD)の有病状況とその危険因子を解明するため、疫学調査および質的調査を実施した。パラオ在住フィリピン人はパラオ人より過体重有病率が低かった。バングラデシュ貧困層男性は低体重と過体重の有病率が等しく、女性は過体重有病率が高かった。HbA1c値による糖尿病有病率は、空腹時血糖値によるWHO推定有病率の倍以上であった。質的分析から、住民は貧困がNCDの原因と考えており、不健康な食事をとっているという認識があったが、健康意識も高まっていて、女性のグループが早朝ウォーキングをしていることがわかった。

  8. 日本版高齢者終末期ケア認定介護士養成プログラムの開発

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 高齢者介護施設における整容・美容ケアマネジメントシステムの構築

    2008年

    科学研究費補助金  若手研究(B),課題番号:20790387

    平川 仁尚

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 4

  1. 質的研究・質的分析の方法

    2020

  2. 行動科学・医療人類学特論

    2020

  3. 保健医療政策・管理学

    2020

  4. 医科学セミナー・医科学実験研究

    2020