2022/04/20 更新

写真a

コクリヨウ トシオ
國料 俊男
KOKURYO, Toshio
所属
医学部附属病院 ゲノム医療センター 病院准教授
職名
病院准教授

学位 1

  1. 医学博士 ( 2004年3月   名古屋大学 ) 

経歴 10

  1. 名古屋大学医学部附属病院消化器外科1 講師

    2018年10月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学医学部附属病院消化器外科1 病院講師

    2017年7月 - 2018年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学医学部附属病院消化器外科1 病院助教

    2017年4月 - 2017年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学大学院医学系研究科腫瘍外科 特任講師

    2011年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学大学院医学系研究科腫瘍外科 特任助教

    2008年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学大学院医学系研究科腫瘍外科 博士研究員

    2004年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 国家公務員共済組合東海病院外科 医員

    1998年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 愛知県がんセンター消化器外科 レジデント

    1996年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 東海産業医療団中央病院外科 医員

    1994年6月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 国立国際医療センター 臨床研修医

    1992年6月 - 1994年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科

    - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 岐阜大学   医学部   医学科

    - 1992年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 12

  1. 日本外科学会

  2. 日本肝胆膵外科学会

  3. 日本癌学会

  4. 日本癌治療学会

  5. 日本消化器外科学会

  6. 日本胆道学会

  7. 日本腹部救急医学会

  8. 日本臨床外科学会

  9. 米国癌学会   会員

  10. 日本膵臓学会

  11. 日本核酸医薬学会

  12. 日本がん分子標的治療学会

▼全件表示

 

論文 65

  1. Trefoil factor 1 inhibits the development of esophageal adenocarcinoma from Barrett's epithelium

    Hasebe Keiji, Yamazaki Kimitoshi, Yamaguchi Junpei, Kokuryo Toshio, Yokoyama Yukihiro, Miyata Kazushi, Fukaya Masahide, Nagino Masato, Ebata Tomoki

    LABORATORY INVESTIGATION     2022年3月

     詳細を見る

  2. Trefoil factor family 2 inhibits cholangiocarcinogenesis by regulating the PTEN pathway in mice

    Hasebe Keiji, Yamaguchi Junpei, Kokuryo Toshio, Yokoyama Yukihiro, Ochiai Yosuke, Nagino Masato, Ebata Tomoki

    CARCINOGENESIS   42 巻 ( 12 ) 頁: 1496 - 1505   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1093/carcin/bgab093

    Web of Science

    PubMed

  3. A presurgical prognostic stratification based on nutritional assessment and carbohydrate antigen 19-9 in pancreatic carcinoma: An approach with nonanatomic biomarkers

    Onoe Shunsuke, Yokoyama Yukihiro, Kokuryo Toshio, Igami Tsuyoshi, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Watanabe Nobuyuki, Kawakatsu Shoji, Ebata Tomoki

    SURGERY   169 巻 ( 6 ) 頁: 1463 - 1470   2021年6月

     詳細を見る

  4. Premalignant pancreatic cells seed stealth metastasis in distant organs in mice

    Yamaguchi Junpei, Kokuryo Toshio, Yokoyama Yukihiro, Ebata Tomoki, Ochiai Yosuke, Nagino Masato

    ONCOGENE   40 巻 ( 12 ) 頁: 2273 - 2284   2021年3月

     詳細を見る

  5. A presurgical prognostic stratification based on nutritional assessment and carbohydrate antigen 19-9 in pancreatic carcinoma: An approach with nonanatomic biomarkers 査読有り

    Onoe S, Yokoyama Y, Kokuryo T, Igami T, Mizuno T, Yamaguchi J, Watanabe N, Kawakatsu S, Ebata T

    Surgery   S0039-6060 巻 ( 20 ) 頁: 30820 - 30825   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Trefoil Factor Family 1 Inhibits the Development of Hepatocellular Carcinoma by Regulating beta-Catenin Activation

    Ochiai Yosuke, Yamaguchi Junpei, Kokuryo Toshio, Yokoyama Yukihiro, Ebata Tomoki, Nagino Masato

    HEPATOLOGY   72 巻 ( 2 ) 頁: 503 - 517   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1002/hep.31039

    Web of Science

    PubMed

  7. TREFOIL FACTOR FAMILY 1 INHIBITS THE DEVELOPMENT OF HEPATOCELLULAR CARCINOMA BY REGULATING B-CATENIN ACTIVATION

    Ochiai Yosuke, Yamaguchi Junpei, Kokuryo Toshio, Yokoyama Yukihiro, Ebata Tomoki, Nagino Masato

    HEPATOLOGY   70 巻   頁: 1196A - 1196A   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  8. NEK2 Is an Effective Target for Cancer Therapy With Potential to Induce Regression of Multiple Human Malignancies

    Kokuryo Toshio, Yokoyama Yukihiro, Yamaguchi Junpei, Tsunoda Nobuyuki, Ebata Tomoki, Nagino Masato

    ANTICANCER RESEARCH   39 巻 ( 5 ) 頁: 2251 - 2258   2019年5月

     詳細を見る

  9. Trefoil Factor Family 1 (TFF1) Inhibits Epithelial-mesenchymal Transition and Enhances the Chemosensitivity of Pancreatic Ductal Adenocarcinoma (PDAC)

    Yamaguchi J., Kokuryo T., Yokoyama Y., Ebata T., Nagino M.

    PANCREAS   48 巻 ( 10 ) 頁: 1551 - 1552   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  10. Pharmacokinetics of Nek2 siRNA in Peritoneal Dissemination of Pancreatic Cancer

    Kokuryo T., Yamaguchi J., Yokoyama Y., Nagino M.

    PANCREAS   48 巻 ( 10 ) 頁: 1465 - 1465   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  11. Anti-tumor Effects of Deep Ultraviolet Irradiation for Pancreas Cancer

    Yamazaki K., Kokuryo T., Yamaguchi J., Yokoyama Y., Nagino M.

    PANCREAS   48 巻 ( 10 ) 頁: 1553 - 1553   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  12. Loss of trefoil factor 1 inhibits biliary regeneration but accelerates the hepatic differentiation of progenitor cells in mice

    Hayashi Yuki, Yamaguchi Junpei, Kokuryo Toshio, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Nagino Masato

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   506 巻 ( 1 ) 頁: 12 - 19   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2018.10.023

    Web of Science

    PubMed

  13. Trefoil factor 1 inhibits epithelial-mesenchymal transition of pancreatic intraepithelial neoplasm

    Yamaguchi Junpei, Yokoyama Yukihiro, Kokuryo Toshio, Ebata Tomoki, Enomoto Atsushi, Nagino Masato

    JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION   128 巻 ( 8 ) 頁: 3619 - 3629   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1172/JCI97755

    Web of Science

    PubMed

  14. Pre-exposure to Fluorouracil Increased Trifluridine Incorporation and Enhanced its Anti-tumor Effect for Colorectal Cancer

    Baba Taisuke, Kokuryo Toshio, Yamaguchi Junpei, Yokoyama Yukihiro, Uehara Keisuke, Ebata Tomoki, Nagino Masato

    ANTICANCER RESEARCH   38 巻 ( 3 ) 頁: 1427 - 1434   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.12367

    Web of Science

    PubMed

  15. Inhibition of Toll-like receptor 4 ameliorates experimental postischemic injury in the cholestatic liver through inhibition of high-mobility group box protein b1 (HMGB1) signaling

    Yokoi Tsuyoshi, Yokoyama Yukihiro, Kokuryo Toshio, Yamaguchi Junpei, Nagino Masato

    SURGERY   163 巻 ( 2 ) 頁: 270 - 276   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2017.08.025

    Web of Science

    PubMed

  16. Cells of origin of pancreatic neoplasms

    Yamaguchi Junpei, Yokoyama Yukihiro, Kokuryo Toshio, Ebata Tomoki, Nagino Masato

    SURGERY TODAY   48 巻 ( 1 ) 頁: 9 - 17   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-017-1501-2

    Web of Science

    PubMed

  17. Inhibition of Toll-Like Receptor 4 Ameliorates Experimental Post-Ischemic Injury in the Cholestatic Liver through Inhibition of High-Mobility Group Box Protein B1 (HMGB1) Signaling

    Yokoi Tsuyoshi, Yokoyama Yukihiro, Kokuryo Toshio, Yamaguchi Junpei, Nagino Masato

    HEPATOLOGY   66 巻   頁: 153A-153A   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  18. The novel tumor suppressor Trefoil Factor Family 1 (TFF1) inhibits the development of hepatocellular carcinoma in mice

    Yamaguchi Junpei, Yokoyama Yukihiro, Kokuryo Toshio, Ebata Tomoki, Nagino Masato

    HEPATOLOGY   66 巻   頁: 981A-982A   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  19. Loss of trefoil factor 1 inhibits biliary regeneration but accelerates the differentiation of hepatic progenitors into hepatocytes in mice

    Hayashi Yuki, Yamaguchi Junpei, Kokuryo Toshio, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Nagino Masato

    HEPATOLOGY   66 巻   頁: 378A-379A   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  20. Novel therapy for pancreatic fistula using adipose-derived stem cell sheets treated with mannose

    Kaneko Hirokazu, Kokuryo Toshio, Yokoyama Yukihiro, Yamaguchi Junpei, Yamamoto Tokunori, Shibata Rei, Gotoh Momokazu, Murohara Toyoaki, Ito Akira

    SURGERY   161 巻 ( 6 ) 頁: 1561 - 1569   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2016.12.022

    Web of Science

    PubMed

  21. The Anticancer Effects of Novel alpha-Bisabolol Derivatives Against Pancreatic Cancer

    Murata Yoshihiko, Kokuryo Toshio, Yokoyama Yukihiro, Yamaguchi Junpei, Miwa Tomohiro, Shibuya Masatoshi, Yamamoto Yoshihiko, Nagino Masato

    ANTICANCER RESEARCH   37 巻 ( 2 ) 頁: 589 - 598   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.11352

    Web of Science

    PubMed

  22. A Clear Difference Between the Outcomes After a Major Hepatectomy With and Without an Extrahepatic Bile Duct Resection

    Takagi Takehiro, Yokoyama Yukihiro, Kokuryo Toshio, Ebata Tomoki, Ando Masahiko, Nagino Masato

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   41 巻 ( 2 ) 頁: 508 - 515   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-016-3744-2

    Web of Science

    PubMed

  23. Trefoil factor family 1 expression in the invasion front is a poor prognostic factor associated with lymph node metastasis in pancreatic cancer

    Sunagawa Masaki, Yamaguchi Junpei, Kokuryo Toshio, Ebata Tomoki, Yokoyama Yukihiro, Sugawara Gen, Nagino Masato

    PANCREATOLOGY   17 巻 ( 5 ) 頁: 782 - 787   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pan.2017.07.188

    Web of Science

    PubMed

  24. SATB1 and SATB2 play opposing roles in c-Myc expression and progression of colorectal cancer 査読有り

    Mansour MA, Hyodo T, Akter KA, Kokuryo T, Uehara K, Nagino M, Senga T

    Oncotarget   26;7 巻 ( 4 ) 頁: 4993 - 5006   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. TRIP13 is expressed in colorectal cancer and promotes cancer cell invasion 査読有り

    Kurita K, Maeda M, Mansour MA, Kokuryo T, Uehara K, Yokoyama Y, Nagino M, Hamaguchi M, Senga T

    Oncol Lett   12 巻 ( 6 ) 頁: 5240 - 5246   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. The Complete Loss of Tyrosine Kinase Receptors MET and RON Is a Poor Prognostic Factor in Patients with Extrahepatic Cholangiocarcinoma 査読有り

    Hayashi Y, Yamaguchi J, Kokuryo T, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Nagino M

    Anticancer Res   36 巻 ( 12 ) 頁: 6585 - 6592   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. The effects of bevacizumab on intestinal anastomotic healing in rabbits 査読有り

    Nakamura H, Yokoyama Y, Uehara K, Kokuryo T, Yamaguchi J, Tsuzuki T, Nagino M

    Surg Today   46 巻 ( 12 ) 頁: 1456 - 1463   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Nek2 siRNA therapy using a portal venous port-catheter system for liver metastasis in pancreatic cancer 査読有り

    Kokuryo T, Hibino S, Suzuki K, Watanabe K, Yokoyama Y, Nagino M, Senga T, Hamaguchi M

    Cancer Sci   107 巻 ( 9 ) 頁: 1315 - 1320   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Prediction of Early Recurrence After Curative Resection of Colorectal Liver Metastasis and Subsequent S-1 Chemotherapy 査読有り

    Yamauchi K, Kokuryo T, Yokoyama Y, Uehara K, Yamaguchi J, Nagino M

    Anticancer Res   36 巻 ( 5 ) - 9   2016年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Effect of Perioperative Synbiotic Treatment on Bacterial Translocation and Postoperative Infectious Complications after Pancreatoduodenectomy 査読有り

    Yokoyama Y, Miyake T, Kokuryo T, Asahara T, Nomoto K, Nagino M

    Dig Surg   33 巻 ( 3 ) 頁: 220 - 229   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. α-Bisabolol Inhibits Invasiveness and Motility in Pancreatic Cancer Through KISS1R Activation 査読有り

    Uno M, Kokuryo T, Yokoyama Y, Senga T, Nagino M

    Anticancer Res   36 巻 ( 2 ) 頁: 583 - 589   2016年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. The impact of Girdin expression on recurrence-free survival in patients with luminal-type breast cancer 査読有り

    Nishimae K, Tsunoda N, Yokoyama Y, Kokuryo T, Iwakoshi A, Takahashi M, Nagino M

    Breast Cancer   22 巻 ( 5 ) 頁: 445 - 451   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Liver regeneration following experimental major hepatectomy with choledochojejunostomy 査読有り

    Takagi T, Yokoyama Y, Kokuryo T, Yamaguchi J, Nagino M

    Br J Surg   102 巻 ( 11 ) 頁: 1410 - 1417   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Therapeutic potential of targeting protein for Xklp2 silencing for pancreatic cancer 査読有り

    Miwa T, Kokuryo T, Yokoyama Y, Yamaguchi J, Nagino M

    Cancer Med   4 巻 ( 7 ) 頁: 1091 - 1100   2015年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. SATB2 suppresses the progression of colorectal cancer cells via inactivation of MEK5/ERK5 signaling 査読有り

    Mansour MA, Hyodo T, Ito S, Kurita K, Kokuryo T, Uehara K, Nagino M, Takahashi M, Hamaguchi M, Senga T

    FEBS J   282 巻 ( 8 ) 頁: 1394 - 1405   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Prognostic Value of Hepatocyte Growth Factor Receptor Expression in Patients with Perihilar Cholangiocarcinoma 査読有り

    Watanabe H, Yokoyama Y, Kokuryo T, Ebata T, Igami T, Sugawara G, Mizuno T, Shimoyama Y, Nagino M

    Ann Surg Oncol   22 巻 ( 7 ) 頁: 2235 - 2242   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Does inchinkoto, a herbal medicine, have hepatoprotective effects in major hepatectomy? A prospective randomized study 査読有り

    Mizutani T, Yokoyama Y, Kokuryo T, Ebata T, Igami T, Sugawara G, Nagino M

    HPB (Oxford)   17 巻 ( 5 ) 頁: 461 - 469   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Inhibition of SNW1 association with spliceosomal proteins promotes apoptosis in breast cancer cells 査読有り

    Sato N, Maeda M, Sugiyama M, Ito S, Hyodo T, Masuda A, Tsunoda N, Kokuryo T, Hamaguchi M, Nagino M, Senga T

    Cancer Med   4 巻 ( 2 ) 頁: 268 - 277   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. The determination of bile leakage in complex hepatectomy based on the guidelines of the International Study Group of Liver Surgery 査読有り

    Taguchi Y, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Kokuryo T, Wakai K, Nagino M

    World J Surg   38 巻 ( 1 ) 頁: 168 - 176   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Inhibition of Toll-like receptor 4 suppresses liver injury induced by biliary obstruction and subsequent intraportal lipopolysaccharide injection 査読有り

    Oya S, Yokoyama Y, Kokuryo T, Uno M, Yamauchi K, Nagino M

    Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol   306 巻 ( 3 ) 頁: G244 - G252   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Calcitonin gene-related peptide regulates the early phase of liver regeneration 査読有り

    Mizutani T, Yokoyama Y, Kokuryo T, Kawai K, Miyake T, Nagino M

    J Surg Res   183 巻 ( 1 ) 頁: 138 - 145   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Endothelial nitric oxide synthase plays a main role in producing nitric oxide in the superacute phase of hepatic ischemia prior to the upregulation of inducible nitric oxide synthase 査読有り

    Miyake T, Yokoyama Y, Kokuryo T, Mizutani T, Imamura A, Nagino M

    J Surg Res   183 巻 ( 2 ) 頁: 742 - 751   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Protective effects of branched-chain amino acids on hepatic ischemia-reperfusion-induced liver injury in rats: a direct attenuation of Kupffer cell activation 査読有り

    Kitagawa T, Yokoyama Y, Kokuryo T, Nagino M

    Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol   304 巻 ( 4 ) 頁: G346 - G55   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Adipose tissue-derived mesenchymal stem cell transplantation promotes hepatic regeneration after hepatic ischemia-reperfusion and subsequent hepatectomy in rats 査読有り

    Seki T, Yokoyama Y, Nagasaki H, Kokuryo T, Nagino M

    J Surg Res   178 巻 ( 1 ) 頁: 63 - 70   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Recent advances in cancer stem cell research for cholangiocarcinoma 査読有り

    Kokuryo T, Yokoyama Y, Nagino M

    J Hepatobiliary Pancreat Sci   19 巻 ( 6 ) 頁: 606 - 613   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Real-time monitoring of liver damage during experimental ischaemia-reperfusion using a nitric oxide sensor 査読有り

    Nakagawa A, Yokoyama Y, Suzuki H, Shoji K, Watanabe Y, Imamura A, Kokuryo T, Nagino M

    Br J Surg   99 巻 ( 8 ) 頁: 1120 - 1128   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Antitumor effects of α-bisabolol against pancreatic cancer 査読有り

    Seki T, Kokuryo T, Yokoyama Y, Suzuki H, Itatsu K, Nakagawa A, Mizutani T, Miyake T, Uno M, Yamauchi K, Nagino M

    Cancer Sci   102 巻 ( 12 ) 頁: 2199 - 205   2011年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Novel combination treatment for colorectal cancer using Nek2 siRNA and cisplatin. 査読有り

    Suzuki K, Kokuryo T, Senga T, Yokoyama Y, Nagino M, Hamaguchi M.

    Cancer Sci.   101 巻 ( 5 ) 頁: 1163-9   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. 15-deoxy-delta 12,14-prostaglandin J2 prevents inflammatory response and endothelial cell damage in rats with acute obstructive cholangitis 査読有り

    Watanabe K, Yokoyama Y, Kokuryo T, Kawai K, Kitagawa T, Seki T, Nakagawa A, Nagino M

    Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol   298 巻 ( 3 ) 頁: G410 - G418   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Segmental cholangitis impairs hepatic regeneration capacity after partial hepatectomy in rats 査読有り

    Watanabe K, Yokoyama Y, Kokuryo T, Kawai K, Kitagawa T, Seki T, Nakagawa A, Nagino M

    HPB (Oxford)   12 巻 ( 10 ) 頁: 664 - 673   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Cytoplasmic expression of the JM403 antigen GlcA-GlcNH3+ on heparan sulfate glycosaminoglycan in mammary carcinomas--a novel proliferative biomarker for breast cancers with high malignancy 査読有り

    Fujii M, Yusa A, Yokoyama Y, Kokuryo T, Tsunoda N, Oda K, Nagino M, Ishimaru T, Shimoyama Y, Utsunomiya H, Iwata H, Itoh Y, Itoh J, Kannagi R, Kyogashima M

    Glycoconj J   27 巻 ( 7 ) 頁: 661 - 672   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Silencing of Tousled-like kinase 1 sensitizes cholangiocarcinoma cells to cisplatin-induced apoptosis 査読有り

    Takayama Y, Kokuryo T, Yokoyama Y, Ito S, Nagino M, Hamaguchi M, Senga T

    Cancer Lett   296 巻 ( 1 ) 頁: 27 - 34   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Novel combination treatment for colorectal cancer using Nek2 siRNA and cisplatin 査読有り

    Suzuki K, Kokuryo T, Senga T, Yokoyama Y, Nagino M, Hamaguchi M

    Cancer Sci   101 巻 ( 5 ) 頁: 1163 - 1169   2010年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Inchinkoto, an herbal medicine, exerts beneficial effects in the rat liver under stress with hepatic ischemia-reperfusion and subsequent hepatectomy 査読有り

    Kawai K, Yokoyama Y, Kokuryo T, Watanabe K, Kitagawa T, Nagino M

    Ann Surg   251 巻 ( 4 ) 頁: 692 - 700   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Estrogen promotes hepatic regeneration via activating serotonin signal 査読有り

    Kitagawa T, Yokoyama Y, Kokuryo T, Kawai T, Watanabe K, Kawai K, Nagino M

    Shock   31 巻 ( 6 ) 頁: 615 - 620   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Inflammation and tumor progression: a lesson from TNF-alpha-dependent FAK signaling in cholangiocarcinoma 査読有り

    Mon NN, Kokuryo T, Hamaguchi M

    Methods Mol Biol   512 巻   頁: 279 - 293   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Choleretic effect of inchinkoto, a herbal medicine, on livers of patients with biliary obstruction due to bile duct carcinoma 査読有り

    Watanabe S, Yokoyama Y, Oda K, Kokuryo T, Shoda J, Okada K, Utsunomiya H, Nagino M

    Hepatol Res   39 巻 ( 3 ) 頁: 247 - 255   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Nek2 as a novel molecular target for the treatment of breast carcinoma 査読有り

    Tsunoda N, Kokuryo T, Oda K, Senga T, Yokoyama Y, Nagino M, Nimura Y, Hamaguchi M

    Cancer Sci   100 巻 ( 1 ) 頁: 111 - 116   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. MEK inhibitor enhances the inhibitory effect of imatinib on pancreatic cancer cell growth 査読有り

    Takayama Y, Kokuryo T, Yokoyama Y, Nagino M, Nimura Y, Senga T, Hamaguchi M

    Cancer Lett   264 巻 ( 2 ) 頁: 241 - 249   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Nek2 as an effective target for inhibition of tumorigenic growth and peritoneal dissemination of cholangiocarcinoma. 査読有り

    Kokuryo T, Senga T, Yokoyama Y, Nagino M, Nimura Y, Hamaguchi M.

    Cancer Res.   67 巻 ( 20 ) 頁: 9627-42   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. SIRPalpha1 and SIRPalpha2: their role as tumor suppressors in breast carcinoma cells 査読有り

    Yamasaki Y, Ito S, Tsunoda N, Kokuryo T, Hara K, Senga T, Kannagi R, Yamamoto T, Oda K, Nagino M, Nimura Y, Hamaguchi M

    Biochem Biophys Res Commun   361 巻 ( 1 ) 頁: 7 - 13   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Nek2 as an effective target for inhibition of tumorigenic growth and peritoneal dissemination of cholangiocarcinoma 査読有り

    Kokuryo T, Senga T, Yokoyama Y, Nagino M, Nimura Y, Hamaguchi M

    Cancer Res   67 巻 ( 20 ) 頁: 9637 - 9642   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Tumor necrosis factor alpha promotes invasiveness of cholangiocarcinoma cells via its receptor, TNFR2 査読有り

    Tanimura Y, Kokuryo T, Tsunoda N, Yamazaki Y, Oda K, Nimura Y, Naing Mon N, Huang P, Nakanuma Y, Chen MF, Jan YY, Yeh TS, Chiu CT, Hsieh LL, Hamaguchi M

    Cancer Lett   219 巻 ( 2 ) 頁: 205 - 213   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Profiling of gene expression associated with hepatolithiasis by complementary DNA expression array 査読有り

    Kokuryo T, Yamamoto T, Oda K, Kamiya J, Nimura Y, Senga T, Yasuda Y, Ohno Y, Nakanuma Y, Chen MF, Jan YY, Yeh TS, Chiu CT, Hsieh LL, Hamaguchi M

    Int J Oncol   22 巻 ( 1 ) 頁: 175 - 179   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Biliary stricture with hepatolithiasis as a late complication of retrograde transhepatic biliary drainage 査読有り

    Murayama A, Hayakawa N, Yamamoto H, Kawabata Y, Kokuryo T, Nagino M, Nimura Y

    Hepatogastroenterology   50 巻 ( 50 ) 頁: 329 - 332   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. 分子細胞治療フロンティア2020

    國料俊男, 山口淳平, 横山幸浩, 梛野正人.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 脂肪幹細胞シートを用いた膵液瘻に対する予防治療法の開発とその展望)

    外科分子細胞治療研究会  2020年4月 

     詳細を見る

    担当ページ:110-116   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 分子細胞治療フロンティア2015

    國料俊男, 横山幸浩, 梛野正人. ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 核酸医薬開発の現状と展望)

    外科分子細胞治療研究会  2014年8月 

     詳細を見る

    担当ページ:101-108   記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC 44

  1. TRIP13 is expressed in colorectal cancer and promotes cancer cell invasion.

    Kurita K, Maeda M, Mansour MA, Kokuryo T, Uehara K, Yokoyama Y, Nagino M, Hamaguchi M, Senga T  

    Oncology letters12 巻 ( 6 ) 頁: 5240-5246   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3892/ol.2016.5332

    PubMed

  2. The effects of bevacizumab on intestinal anastomotic healing in rabbits.

    Nakamura H, Yokoyama Y, Uehara K, Kokuryo T, Yamaguchi J, Tsuzuki T, Nagino M  

    Surgery today46 巻 ( 12 ) 頁: 1456-1463   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s00595-016-1342-4

    PubMed

  3. The Complete Loss of Tyrosine Kinase Receptors MET and RON Is a Poor Prognostic Factor in Patients with Extrahepatic Cholangiocarcinoma.

    Hayashi Y, Yamaguchi J, Kokuryo T, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Nagino M  

    Anticancer research36 巻 ( 12 ) 頁: 6585-6592   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.21873/anticanres.11263

    PubMed

  4. Nek2 siRNA therapy using a portal venous port-catheter system for liver metastasis in pancreatic cancer.

    Kokuryo T, Hibino S, Suzuki K, Watanabe K, Yokoyama Y, Nagino M, Senga T, Hamaguchi M  

    Cancer science107 巻 ( 9 ) 頁: 1315-20   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/cas.12993

    PubMed

  5. Prediction of Early Recurrence After Curative Resection of Colorectal Liver Metastasis and Subsequent S-1 Chemotherapy.

    Yamauchi K, Kokuryo T, Yokoyama Y, Uehara K, Yamaguchi J, Nagino M  

    Anticancer research36 巻 ( 5 ) 頁: 2175-9   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    PubMed

  6. α-Bisabolol Inhibits Invasiveness and Motility in Pancreatic Cancer Through KISS1R Activation.

      36 巻 ( 2 ) 頁: 583-9   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    PubMed

  7. SATB1 and SATB2 play opposing roles in c-Myc expression and progression of colorectal cancer.

    Mansour MA, Hyodo T, Akter KA, Kokuryo T, Uehara K, Nagino M, Senga T  

    Oncotarget7 巻 ( 4 ) 頁: 4993-5006   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.18632/oncotarget.6651

    PubMed

  8. Effect of Perioperative Synbiotic Treatment on Bacterial Translocation and Postoperative Infectious Complications after Pancreatoduodenectomy.

    Yokoyama Y, Miyake T, Kokuryo T, Asahara T, Nomoto K, Nagino M  

    Digestive surgery33 巻 ( 3 ) 頁: 220-9   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1159/000444459

    PubMed

  9. The impact of Girdin expression on recurrence-free survival in patients with luminal-type breast cancer.

    Nishimae K, Tsunoda N, Yokoyama Y, Kokuryo T, Iwakoshi A, Takahashi M, Nagino M  

    Breast cancer (Tokyo, Japan)22 巻 ( 5 ) 頁: 445-51   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s12282-013-0501-3

    PubMed

  10. Therapeutic potential of targeting protein for Xklp2 silencing for pancreatic cancer.

    Miwa T, Kokuryo T, Yokoyama Y, Yamaguchi J, Nagino M  

    Cancer medicine4 巻 ( 7 ) 頁: 1091-100   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/cam4.453

    PubMed

  11. Prognostic Value of Hepatocyte Growth Factor Receptor Expression in Patients with Perihilar Cholangiocarcinoma.

    Watanabe H, Yokoyama Y, Kokuryo T, Ebata T, Igami T, Sugawara G, Mizuno T, Shimoyama Y, Nagino M  

    Annals of surgical oncology22 巻 ( 7 ) 頁: 2235-42   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1245/s10434-014-4170-z

    PubMed

  12. Does inchinkoto, a herbal medicine, have hepatoprotective effects in major hepatectomy? A prospective randomized study.

    Mizutani T, Yokoyama Y, Kokuryo T, Ebata T, Igami T, Sugawara G, Nagino M  

    HPB : the official journal of the International Hepato Pancreato Biliary Association17 巻 ( 5 ) 頁: 461-9   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/hpb.12384

    PubMed

  13. SATB2 suppresses the progression of colorectal cancer cells via inactivation of MEK5/ERK5 signaling.

    Mansour MA, Hyodo T, Ito S, Kurita K, Kokuryo T, Uehara K, Nagino M, Takahashi M, Hamaguchi M, Senga T  

    The FEBS journal282 巻 ( 8 ) 頁: 1394-405   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/febs.13227

    PubMed

  14. Inhibition of SNW1 association with spliceosomal proteins promotes apoptosis in breast cancer cells.

    Sato N, Maeda M, Sugiyama M, Ito S, Hyodo T, Masuda A, Tsunoda N, Kokuryo T, Hamaguchi M, Nagino M, Senga T  

    Cancer medicine4 巻 ( 2 ) 頁: 268-77   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/cam4.366

    PubMed

  15. [Liver, pancreas, biliary tract cancer. II. Current Status of Combined Vascular Resection for Perihilar Cholangiocarcinoma].

    Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Igami T, Mizuno T, Fukaya M, Uehara K, Yamaguchi J, Kokuryo T, Nagino M  

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy41 巻 ( 10 ) 頁: 1212-5   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    PubMed

  16. [Concept of perihilar cholangiocarcinoma in the General Rules for Clinical and Pathological Studies on Cancer of the Biliary Tract, 6th edition].

    Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Igami T, Mizuno T, Fukaya M, Uehara K, Itatsu K, Yoshioka Y, Kokuryo T, Nagino M  

    Nihon Geka Gakkai zasshi115 巻 ( 4 ) 頁: 201-5   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    PubMed

  17. Inhibition of Toll-like receptor 4 suppresses liver injury induced by biliary obstruction and subsequent intraportal lipopolysaccharide injection.

    Oya S, Yokoyama Y, Kokuryo T, Uno M, Yamauchi K, Nagino M  

    American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology306 巻 ( 3 ) 頁: G244-52   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1152/ajpgi.00366.2013

    PubMed

  18. The determination of bile leakage in complex hepatectomy based on the guidelines of the International Study Group of Liver Surgery.

    Taguchi Y, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Kokuryo T, Wakai K, Nagino M  

    World journal of surgery38 巻 ( 1 ) 頁: 168-76   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s00268-013-2252-x

    PubMed

  19. [Beneficial effects of preoperative administration of Inchinkoto in patients undergoing major hepatectomy].

    Yokoyama Y, Kokuryo T, Kawai K, Mizutani T, Watanabe S, Nagino M  

    Nihon Geka Gakkai zasshi114 巻 ( 5 ) 頁: 256-60   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    PubMed

  20. Endothelial nitric oxide synthase plays a main role in producing nitric oxide in the superacute phase of hepatic ischemia prior to the upregulation of inducible nitric oxide synthase.

    Miyake T, Yokoyama Y, Kokuryo T, Mizutani T, Imamura A, Nagino M  

    The Journal of surgical research183 巻 ( 2 ) 頁: 742-51   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.jss.2013.01.048

    PubMed

  21. Calcitonin gene-related peptide regulates the early phase of liver regeneration.

    Mizutani T, Yokoyama Y, Kokuryo T, Kawai K, Miyake T, Nagino M  

    The Journal of surgical research183 巻 ( 1 ) 頁: 138-45   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.jss.2012.11.028

    PubMed

  22. Protective effects of branched-chain amino acids on hepatic ischemia-reperfusion-induced liver injury in rats: a direct attenuation of Kupffer cell activation.

    Kitagawa T, Yokoyama Y, Kokuryo T, Nagino M  

    American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology304 巻 ( 4 ) 頁: G346-55   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1152/ajpgi.00391.2012

    PubMed

  23. Recent advances in cancer stem cell research for cholangiocarcinoma.

    Kokuryo T, Yokoyama Y, Nagino M  

    Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences19 巻 ( 6 ) 頁: 606-13   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s00534-012-0542-6

    PubMed

  24. Adipose tissue-derived mesenchymal stem cell transplantation promotes hepatic regeneration after hepatic ischemia-reperfusion and subsequent hepatectomy in rats.

    Seki T, Yokoyama Y, Nagasaki H, Kokuryo T, Nagino M  

    The Journal of surgical research178 巻 ( 1 ) 頁: 63-70   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.jss.2012.02.014

    PubMed

  25. [Surgical outcome of biliary tract cancer with postoperative chemotherapy].

    Sugawara G, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Kokuryo T, Tsunoda N, Fukaya M, Uehara K, Itatsu K, Yoshioka Y, Nagino M  

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy39 巻 ( 10 ) 頁: 1483-5   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    PubMed

  26. [Borderline resectable pancreatic cancer - a definition and effective treatment strategy].

    Yokoyama Y, Ebata T, Igami T, Sugawara G, Takahashi Y, Kokuryo T, Tsunoda N, Fukaya M, Uehara K, Itatsu K, Yoshioka Y, Nagino M  

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy39 巻 ( 3 ) 頁: 337-41   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    PubMed

  27. Antitumor effects of α-bisabolol against pancreatic cancer.

      102 巻 ( 12 ) 頁: 2199-205   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2011.02082.x

    PubMed

  28. Segmental cholangitis impairs hepatic regeneration capacity after partial hepatectomy in rats.

    Watanabe K, Yokoyama Y, Kokuryo T, Kawai K, Kitagawa T, Seki T, Nakagawa A, Nagino M  

    HPB : the official journal of the International Hepato Pancreato Biliary Association12 巻 ( 10 ) 頁: 664-73   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/j.1477-2574.2010.00229.x

    PubMed

  29. Silencing of Tousled-like kinase 1 sensitizes cholangiocarcinoma cells to cisplatin-induced apoptosis.

    Takayama Y, Kokuryo T, Yokoyama Y, Ito S, Nagino M, Hamaguchi M, Senga T  

    Cancer letters296 巻 ( 1 ) 頁: 27-34   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.canlet.2010.03.011

    PubMed

  30. Cytoplasmic expression of the JM403 antigen GlcA-GlcNH3+ on heparan sulfate glycosaminoglycan in mammary carcinomas--a novel proliferative biomarker for breast cancers with high malignancy.

    Fujii M, Yusa A, Yokoyama Y, Kokuryo T, Tsunoda N, Oda K, Nagino M, Ishimaru T, Shimoyama Y, Utsunomiya H, Iwata H, Itoh Y, Itoh J, Kannagi R, Kyogashima M  

    Glycoconjugate journal27 巻 ( 7-9 ) 頁: 661-72   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s10719-010-9311-4

    PubMed

  31. [Pathologically complete response of multiple liver metastases from rectal cancer treated with mFOLFOX6 plus bevacizumab].

    Inoue M, Uehara K, Ishiguro S, Nishio H, Ebata T, Yokoyama Y, Kokuryo T, Tsunoda N, Igami T, Sugawara G, Fukaya M, Nagino M  

    Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology107 巻 ( 5 ) 頁: 760-7   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    PubMed

  32. Novel combination treatment for colorectal cancer using Nek2 siRNA and cisplatin.

    Suzuki K, Kokuryo T, Senga T, Yokoyama Y, Nagino M, Hamaguchi M  

    Cancer science101 巻 ( 5 ) 頁: 1163-9   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2010.01504.x

    PubMed

  33. Inchinkoto, an herbal medicine, exerts beneficial effects in the rat liver under stress with hepatic ischemia-reperfusion and subsequent hepatectomy.

    Kawai K, Yokoyama Y, Kokuryo T, Watanabe K, Kitagawa T, Nagino M  

    Annals of surgery251 巻 ( 4 ) 頁: 692-700   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1097/SLA.0b013e3181d50299

    PubMed

  34. 15-deoxy-delta 12,14-prostaglandin J2 prevents inflammatory response and endothelial cell damage in rats with acute obstructive cholangitis.

    Watanabe K, Yokoyama Y, Kokuryo T, Kawai K, Kitagawa T, Seki T, Nakagawa A, Nagino M  

    American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology298 巻 ( 3 ) 頁: G410-8   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1152/ajpgi.00233.2009

    PubMed

  35. Estrogen promotes hepatic regeneration via activating serotonin signal.

    Kitagawa T, Yokoyama Y, Kokuryo T, Kawai T, Watanabe K, Kawai K, Nagino M  

    Shock (Augusta, Ga.)31 巻 ( 6 ) 頁: 615-20   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1097/SHK.0b013e31818ec195

    PubMed

  36. Choleretic effect of inchinkoto, a herbal medicine, on livers of patients with biliary obstruction due to bile duct carcinoma.

    Watanabe S, Yokoyama Y, Oda K, Kokuryo T, Shoda J, Okada K, Utsunomiya H, Nagino M  

    Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology39 巻 ( 3 ) 頁: 247-55   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/j.1872-034X.2008.00453.x

    PubMed

  37. Nek2 as a novel molecular target for the treatment of breast carcinoma.

    Tsunoda N, Kokuryo T, Oda K, Senga T, Yokoyama Y, Nagino M, Nimura Y, Hamaguchi M  

    Cancer science100 巻 ( 1 ) 頁: 111-6   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2008.01007.x

    PubMed

  38. Inflammation and tumor progression: a lesson from TNF-alpha-dependent FAK signaling in cholangiocarcinoma.

    Mon NN, Kokuryo T, Hamaguchi M  

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)512 巻   頁: 279-93   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-1-60327-530-9_15

    PubMed

  39. MEK inhibitor enhances the inhibitory effect of imatinib on pancreatic cancer cell growth.

    Takayama Y, Kokuryo T, Yokoyama Y, Nagino M, Nimura Y, Senga T, Hamaguchi M  

    Cancer letters264 巻 ( 2 ) 頁: 241-9   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.canlet.2008.01.035

    PubMed

  40. Nek2 as an effective target for inhibition of tumorigenic growth and peritoneal dissemination of cholangiocarcinoma.

    Kokuryo T, Senga T, Yokoyama Y, Nagino M, Nimura Y, Hamaguchi M  

    Cancer research67 巻 ( 20 ) 頁: 9637-42   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-07-1489

    PubMed

  41. SIRPalpha1 and SIRPalpha2: their role as tumor suppressors in breast carcinoma cells.

    Yamasaki Y, Ito S, Tsunoda N, Kokuryo T, Hara K, Senga T, Kannagi R, Yamamoto T, Oda K, Nagino M, Nimura Y, Hamaguchi M  

    Biochemical and biophysical research communications361 巻 ( 1 ) 頁: 7-13   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2007.06.159

    PubMed

  42. Tumor necrosis factor alpha promotes invasiveness of cholangiocarcinoma cells via its receptor, TNFR2.

    Tanimura Y, Kokuryo T, Tsunoda N, Yamazaki Y, Oda K, Nimura Y, Naing Mon N, Huang P, Nakanuma Y, Chen MF, Jan YY, Yeh TS, Chiu CT, Hsieh LL, Hamaguchi M  

    Cancer letters219 巻 ( 2 ) 頁: 205-13   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.canlet.2004.07.027

    PubMed

  43. Biliary stricture with hepatolithiasis as a late complication of retrograde transhepatic biliary drainage.

    Murayama A, Hayakawa N, Yamamoto H, Kawabata Y, Kokuryo T, Nagino M, Nimura Y  

    Hepato-gastroenterology50 巻 ( 50 ) 頁: 329-32   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    PubMed

  44. Profiling of gene expression associated with hepatolithiasis by complementary DNA expression array.

    Kokuryo T, Yamamoto T, Oda K, Kamiya J, Nimura Y, Senga T, Yasuda Y, Ohno Y, Nakanuma Y, Chen MF, Jan YY, Yeh TS, Chiu CT, Hsieh LL, Hamaguchi M  

    International journal of oncology22 巻 ( 1 ) 頁: 175-9   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    PubMed

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. 胆膵領域癌に対するTLK1を標的とした新規分子標的治療法の開発

    2008年4月 - 2009年3月

    平成20年度 上原記念生命科学財団 研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. siRNAの新規薬剤投与法の開発

    2005年4月 - 2006年3月

    平成17年度 上原記念生命科学財団 研究奨励金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 37

  1. 消化器外科手術後感染性合併症を予防するプロバイオティクス製剤の開発

    研究課題/研究課題番号:21K08731  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    横山 幸浩, 山口 淳平, 渡辺 伸元, 江畑 智希, 國料 俊男

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    われわれは先行研究で、周術期にプロバイオティクスを使用することにより、術後感染性合併症発生が抑制されることを確認してきた。われわれがプロバイオティクスとして使用したものはLactobacillus casei ShirotaおよびBifidobacterium breve Yakultであったが、これらがプロバイオティクス製剤として最善のものであるかについては不明である。ヒトの腸内には術後感染性合併症をより強く抑制する菌が存在する可能性がある。本研究では、高度侵襲外科手術後の合併症を最も強力に抑制する腸内細菌種を、無菌マウスにヒトの腸内細菌叢を移植したモデルを用いて探索することを目的にする。

  2. 胆道癌の全ゲノム解析による化学療法抵抗性に関する遺伝子変異の探索と機能解析

    研究課題/研究課題番号:21K08796  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    水野 隆史, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 山口 淳平

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    胆道癌において複数の治療法で予後を向上させるmultidisciplinary approachが注目されている。しかし、治療効果を正確に予測するbiomarkerは存在していない。胆道癌ではゲノム背景や遺伝子変異のheterogeneityが胆道癌の発癌・悪性化・治療抵抗性など多様なメカニズムへ大きく関与しており、治療効果が不確実なため、正確に予測するbiomarkerの開発ができないと考えられる。本研究では、胆道癌の全ゲノム解析により、胆道癌の癌化・悪性化・治療抵抗性に関わる新規のactionableな遺伝子変異を同定し、新規biomarkerおよびその有効性を検討する。

  3. 膵癌細胞の早期転移とdormancyに関する機序解明とその治療法の検討

    研究課題/研究課題番号:20H03751  2020年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    山口 淳平, 江畑 智希, 國料 俊男, 横山 幸浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    膵癌の根治には手術による切除が必要不可欠であるが、たとえ原発巣を切除し得ても遠隔転移の制御が困難な事がある。膵癌に多い遠隔転移形式は肝転移、肺転移、および腹膜播種であるが、これらは原発巣切除後数年経過してから顕在化することが少なくない。しかし一方では、膵癌細胞はその発生初期に全身に播種をきたすともされる。この原発巣と遠隔転移発生の時期的な不一致性はtumor dormancyとして長年認識されてはいるものの、その原因と機序は未だ明らかではない。本研究の目的は膵癌の早期転移およびそのdormancyにおける機序の解明と、さらには後期遠隔転移発生予防のための新たな治療戦略の開発を目指すことである。
    膵癌の根治には手術による切除が必要不可欠であるが、たとえ原発巣を切除し得ても遠隔転移の制御が困難な事がある。遠隔転移は原発巣切除後数年経過してから顕在化することが少なくない。しかし一方では、膵癌細胞はその発生初期に全身に播種をきたすともされる。この原発巣と遠隔転移発生の時期的な不一致性はtumor dormancyとして長年認識されてはいるものの、その原因と機序は未だ明らかではない。膵癌転移の形成については、前癌細胞が密かに遠隔臓器に生着して後に悪性となり転移が顕在化するというのが我々の仮説であり、本研究の目的は膵癌の早期転移とdormancの機序解明と、さらには後期遠隔転移発生予防のための新たな治療戦略の開発を目指すことである。
    我々はこれまでの研究で、KCT、KCT/TFF1KO、KPCT、KPCT/TFF1KOマウス(それぞれ前癌早期、前癌後期、癌早期、癌後期に該当)を月齢3カ月でsacrificeして検討した。すると血液中の循環腫瘍細胞(CTC)および肝臓に転移した膵腫瘍細胞は前癌後期マウスに最も多く認められた。すなわち膵癌は悪性細胞として成熟する以前に全身に播種する事が確認されたと言える。また驚いたことに、肝臓に転移した腫瘍細胞は癌細胞としてではなく肝細胞として存在していることが判明した。つまりこれらの細胞は肉眼的にも組織学的にも転移とは認識できない特殊な状態であり、我々はこの隠れた転移を「stealth metastasis」と名付け、膵癌転移形式の知られざる一面を解明する事に成功したと考えている。
    本研究の第一の目的は、膵癌においては遠隔転移を来すのは膵癌細胞ではなく膵前癌細胞であること、また遠隔転移を来した前癌細胞(良性転移)が他臓器において悪性転化することでいわゆる癌遠隔転移(悪性転移)が顕在化する、という仮説を証明することである。これが事実であれば、膵癌遠隔転移に対する治療法は根本的に覆される。例えば従来行われている術後補助療法は原発巣完全切除後の推定残存膵癌細胞に対する抗癌剤治療であるが、真に行われるべきは癌細胞に対する化学療法ではなく良性転移に対する悪性化予防療法であることが示唆され、この予防法を模索することが本研究の第二の目的である。
    これらの目的のうち、第一の目的にある「遠隔転移を来すのは膵前癌細胞であること」が既に証明された。しかもこの良性転移はstealth metastasisという特殊な転移形態を示すことが明らかとなり、膵癌転移のメカニズムにおける既存の理解に対して一石を投じることができたと考えており、これらの結果を論文として報告した(in press, DOI: 10.1038/s41388-021-01706-8)。一方で、果たしてこのstealth metastasisが将来的に悪性転化して遠隔転移巣が形成されるかどうかは未だ明らかではない。従来の定説である「遠隔転移は悪性細胞が転移をして他臓器で増殖する」という概念を否定できるものではないし、仮に2つの転移形式が併存するとすればそれらの相互作用も想定されるがこれも今後の研究課題として残っている。さらに言えば臨床医療現場に対する新規治療法(もしくは予防法)の提供というフィードバックをいかに達成するかが重要であり、今後の研究の発展に期待したい。
    ①良性転移の場所、形状と数の確認:上記各種マウスモデルの各臓器を採取して、全身におけるstealth metastasisの分布状況を明らかとする。また、網羅的遺伝子発現検索を行い、tdT以外に良性転移をdetectできるmoleculeを同定し、将来的に画像診断により良性転移を発見する方法を模索する。
    ②良性転移からの悪性転移発生の確認:各種マウスモデルを12-18カ月までfollow upして悪性転移の発生状況とtdT陽性良性転移の分布状況を比較検討する。仮説が正しければ悪性転移はtdT陽性良性転移集団に関連して、またそうでなければ悪性転移は良性転移とは無関係に発生する。KPCT群に比してKCT群からの転移発生頻度(良性もしくは悪性転移)が高ければ仮説を支持する結果となる。
    ③TFF1によるEMT抑制機序とWnt/beta-catenin経路抑制効果の検討:近年我々は、肝細胞癌培養細胞にrecombinant TFF1を投与するとWnt/beta-catenin経路が抑制されることを見出した。この詳細な機序を明らかとするため、膵癌培養細胞株にTFF1を投与してproteomics解析によりTFF1と相互作用を持つligandまたはreceptorを同定することを目標とする。
    ④ TFF1投与による良性転移発生抑制効果の検討:TFF1KOにおいてEMTが惹起されCTCが出現する事は、逆にTFF1を生体に投与することでCTCの発生を抑制しひいては良性転移の発生を抑制することが示唆される。この効果を検討するため、各種マウスモデルに生後早期よりTFF1を投与し、良性転移発生抑制効果および悪性転化の予防効果を確認する。

  4. 脂肪幹細胞を用いた術後肝障害に対する新規予防治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:19K09118  2019年4月 - 2022年3月

    尾上 俊介

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    高度な侵襲を伴う消化器外科手術において術後合併症、特に肝切除術後に発生する肝障害は大きな問題である。本研究の目的は術後肝障害に対する脂肪幹細胞を用いた新規周術期対策を開発することである。実際の臨床で行なわれている門脈塞栓、肝虚血・再潅流、術前化学療法などにより生じる肝障害に関して、各肝障害動物モデルへの脂肪幹細胞の投与によりその有効性およびメカニズムを解明する。また肝転移モデルを用いて癌に対する脂肪幹細胞の影響や脂肪幹細胞の多能性や分化誘導に関して、網羅的遺伝子解析などにより多角的に検討し、新たな分子機構の解明も行なう。

  5. 血中循環腫瘍細胞の生着および非対称分裂・自己組織化に対する癌転移抑制法の開発

    研究課題/研究課題番号:19K09142  2019年4月 - 2022年3月

    相場 利貞

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    癌治療の開発を困難にしている原因の1つに癌の多様性がある。そのメカニズムとして特定の細胞に分化する細胞が作り出される非対称分裂と自己組織化が関与していると考えられる。本研究の目的は単一細胞解析によるCTCの生着メカニズムの解明、生着した癌細胞の非対称分裂と自己組織化のメカニズムの解明により、これまでと異なるコンセプトの新規癌転移抑制法を開発することである。CTCの単一細胞での網羅的遺伝子解析を行ない、CTCの生着関連遺伝子を同定する。ヒト癌細胞株、担癌動物モデルでのCTCの生着関連遺伝子の機能解析を行ない、新たな標的癌治療法を開発する。

  6. Trefoil Factorと肝発癌の関連および肝癌新規治療法開発に関する研究

    研究課題/研究課題番号:19K09141  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    江畑 智希, 山口 淳平, 梛野 正人, 國料 俊男, 横山 幸浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    TFF(Trefoil Factor Family)には3つのサブタイプが存在するが、それぞれが特徴的な癌抑制作用を有していることが示唆されている。またTFFは分泌型タンパクであり、血中に分泌されホルモンとして作用している可能性がある。この研究の目的は、肝発癌遺伝子改変マウスモデルとTFFノックアウトマウスを用いてTFFによる原発性肝癌抑制作用とその機序を解明し、またTFFに対する受容体を発見し腫瘍免疫への関与を突き止めることであり、さらにはTFFリコンビナントタンパクを用いた新規肝癌治療法を開発することである。
    Trefoil factor family (TFF)は胃癌に対する癌抑制遺伝子として作用するという報告がある。我々はこれまでの研究で、TFFは膵臓においても癌抑制因子として作用していることを突き止めた。一方、TFFと肝発癌との関連についてはこれまでに報告がないが、同様に肝発癌にも関与している可能性がある。本研究の目的は、肝発癌におけるTFFの癌抑制遺伝子としての役割と機序を検討して明らかにすることであり、さらには肝癌およびその他の悪性腫瘍に対する新たな治療戦略を開拓することである。
    これまでの研究で、TFF1は肝細胞癌の発生を抑制する作用を有していることが明らかとなった。すなわち、TFF1はin vitroで肝細胞癌細胞の増殖を抑制し、細胞死を誘導することが確認された。また肝細胞癌発癌モデルであるKC(Alb-Cre/LSL-KRAS)マウスのTFF1を欠損させると、肝細胞癌の発生が促進された。
    一方、TFF2は胆管癌の発生を抑制することが明らかとなった。すなわち、TFF2はin vitroで胆管癌細胞の増殖・浸潤を抑え、細胞死を誘導する事が確認された。さらにKCマウスのTFF2を欠損させると、肝門部領域の胆管に胆管前癌病変であるBilIN (Biliary intraepithelial neoplasms)が発生し、また一部では胆管癌が発生した。
    これらの結果は、TFF1は肝細胞癌の、またTFF2は胆管癌の発生を抑制する作用がある事を示唆している。今後はTFFによる癌抑制作用の相違について原因を検討するとともに、これらTFFを用いた新規肝癌治療戦略の開発が期待される。
    TFFには3つのサブタイプが存在する(TFF1,TFF2およびTFF3)。これらはそれぞれに異なる作用機序を有しており、固有の癌抑制効果を持つことが示唆されているが、肝発癌における癌抑制作用はこれまでに報告がなく、詳細は明らかでない。我々の研究により、TFF1には肝細胞癌の発生を、またTFF2は胆管癌の発生を抑制する事が明らかとなった。さらには、TFF1はwnt経路、TFF2はPTEN経路を介してこのような作用を示すことも判明した。
    これらの結果は、これまで明らかにされてこなかった肝発癌に対する知見を大いに発展させるものである。驚くべきは、同じKRAS変異というoncogeneによる発癌であるにもかかわらず、TFF欠損の種類によっては異なる悪性腫瘍が発生したという事実である。TFFの肝発癌抑制作用には疑いの余地がないが、この相違の原因についてはさらなる研究が必要と考える。さらに言えば、TFFによる肝癌治療法開発のための研究も視野に入る。TFFは分泌型タンパク質であり臨床応用は比較的容易であると考えるが、現在その方法および効果の予測に関する検討が進行中である。
    いずれにせよ本研究に関しては学会発表/論文としての発表も進行中であり、研究課題の進歩状況は順調であると考える。
    前述のようにTFFは分泌タンパクであり、receptorを介してその作用を発揮している可能性がある。TFF受容体を探索するため、免疫沈降法でTFFと結合するタンパクを抽出し、候補となる受容体(ESR1/2, EGFR, FGFR2, FCRL4, NCOA3, LRP, CXCR4等)とのリガンド受容体ペア形成を探索する。受容体が同定されれば、各肝癌マウスモデルにおいて受容体の発現を比較検討した後に各マウスにrTFFを皮下投与し、腹部超音波を用いて腫瘍サイズを追跡する。これにより受容体発現とTFFによる腫瘍縮小効果の相関を検討し、rTFFによるprecision therapyの可能性を追求する。必要に応じて他のtherapeutic drugとTFFを併用(肝細胞癌であればsorafenib, regorafenib, nivolumab等、胆管癌であればgemcitabine, cisplatin等)し、rTFF投与によるchemosensitivityの変化も検討する。
    TFFによる腫瘍免疫への影響を検討するため、腫瘍及び隣接組織(tumor microenvironment)への各種免疫細胞の浸潤を検討する。上記マウス肝癌組織においてCD4, CD8, CD11b/Gr-1およびPD1, CTLA-4等を免疫染色で同定してTFF欠損による変化を検討する。またWTマウスと各TFF欠損マウスより脾臓、骨髄を採取してflow cytometryを用いてそれぞれのT細胞分画の変化を観察する。同時に各分画細胞を抽出し、これらへのrTFF投与による各分画細胞の増殖/活性化およびサイトカイン等(TGFb, IL-10, Arg1, nitric oxide synthase, peroxynitrite等)への反応を比較し、vitroにおけるTFFと免疫との関係を検討する。

  7. Invisible膵癌に対する新規診断治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:19K09168  2019年4月 - 2022年3月

    渡辺 伸元

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    画像診断に基づく膵癌治療には限界があり、画像では診断できないinvisible膵癌(目に見えない膵癌)を診断し治療を行うことが必要である。本研究の目的は原発巣が膵癌と診断できる膵癌特異的なエクソソームの同定およびその機能を解明することにより、invisible膵癌の診断治療法を開発することである。膵液より回収した膵癌特異的なエクソソームを用いて網羅的遺伝子解析を行う。同定した膵癌特異的エクソソームに関連するマイクロRNAおよび遺伝子に対する標的治療法を開発し、その有効性の検討を行なう。また臨床病理学的検討を行い、バイオマーカーとしての有効性についても検討する。

  8. 胆管癌融合遺伝子を標的にした新規核酸医薬の開発

    研究課題/研究課題番号:18H02879  2018年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    梛野 正人, 山口 淳平, 江畑 智希, 國料 俊男

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  9. 肝切除のためのリアルタイムナビゲーションシステムの開発

    研究課題/研究課題番号:18K08644  2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    伊神 剛, 梛野 正人, 江畑 智希, 國料 俊男, 山口 淳平

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    術前のシミュレーション画像を腹腔鏡の動作にリンクさせカーナビゲーションシステムの如く、腹腔鏡下肝切除を補助する目的で磁気式位置センサーを用いたリアルタイムナビゲーションシステムの開発を試みた。初期5例で実画像と仮想画像とのズレ(FRE)は平均17.7mm(12.2-24.3mm)であった。FREの改善のため、X線マーカーを用いて、患者の各部位を術前登録した後期8例のFREは、平均10.5mm(6.5-16.5mm)と改善した(p = 0.025)。体位変換によるずれを改善するため、術中体表に磁気式位置センサーを装着し術中自動位置補正を行った8例では、術前後でFREのずれはなかった。
    磁気センサーを用いたリアルタイムナビゲーションシステムは、腹腔鏡下肝切除術の手術支援システムとして応用可能である。レジストレーション、呼吸に伴うずれの改善の方針は判明したが、呼吸、肝授動、腹腔鏡のフレキシブル操作などに伴う誤差が存在するため、症例の蓄積によるさらなる改良が必要である。

  10. 深紫外線による新規癌治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:18K08673  2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    宮田 一志, 梛野 正人, 江畑 智希, 國料 俊男, 山口 淳平

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    深紫外線照射は、癌細胞株において細胞形態を変化させ、アポトーシスを誘導した。作用機序としてCHK1、TLK1、MRE11が関与しており、TLK1 およびMRE11の抑制により、深紫外線照射によるアポトーシス誘導能が増強した。担癌動物モデルにおいて、深紫外線照射は腫瘍の増殖を抑制した。TLK1阻害剤の投与は、深紫外線照射による抗腫瘍効果を増強させ、腫瘍におけるKi67の発現は低下していた。ブタの胃粘膜に対して、照射により生じた粘膜面の欠損は、1週間後は治癒していた病理学的検査、血液生化学検査において異常を認めなかった。臨床応用のために更なる研究は必要であるが、新規治療法開発の可能性が示唆された。
    深紫外線によるアポトーシスの作用機序に関連するシグナルを明らかにした。またDNA修復遺伝子の抑制により深紫外線の抗腫瘍効果の増強が可能であることを明らかにした。これらは深紫外線による細胞障害作用を癌治療に応用するための重要な知見であり学術的意義が大きい。また本研究により新規治療法開発の可能性が示唆され、深紫外線による治療法が可能になれば、生存率を含めた治療成績の向上が期待され社会的意義は大きい。

  11. Trefoil Factorを軸としたBarrett食道発癌機序の解明

    研究課題/研究課題番号:18K08699  2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    深谷 昌秀, 梛野 正人, 國料 俊男, 山口 淳平

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    食道腺癌の危険因子として重要なものはBarrett上皮であり、この発癌過程の詳細を明らかとすることにより新規治療法の開発につながる可能性が高い。我々はヒト食道癌切除標本とTFF欠損マウスモデルを用いてBarrett腺癌発生に対するTFFの影響を検討した。結果、TFF1欠損マウスではBarrett上皮からの腺癌発生が認められ、さらにヒト食道腺癌においてはTFF1の発現がDNAのメチル化によって抑制されていることが明らかとなった。これらの結果により、TFF1は食道腺癌の発生を抑制する癌抑制遺伝子として作用していることが示唆された。今後はTFF1を用いた食道腺癌新規治療法の開発が期待される。
    集学的治療が発達した現在においても食道癌は致死率の高い悪性腫瘍であり、組織学的分類としては世界的には圧倒的に腺癌の割合が高い。食道腺癌は食道の慢性炎症と相関し、食道胃逆流症およびBarrett上皮と密接な関係がある。近年のプロトンポンプインヒビターなどの強力な制酸剤の発達やヘリコバクターピロリ除菌などの治療効果の発展にも関わらず、食道腺癌の症例数は世界的に増加しつつあり、新たな治療方針の開発が急務である。今回の研究成果によりBarrett上皮からの腺癌発生におけるTFF1の役割が明らかとなり、TFF1が今後の食道腺癌治療戦略に対して有用である可能性が示唆された。

  12. TFF1の膵癌抑制効果の検証と膵癌治療に対する有用性の検討

    研究課題/研究課題番号:17K10695  2017年4月 - 2020年3月

    山口 淳平

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    Trefoil Factor Family 1(TFF1)は粘液関連分泌型タンパクであり、胃癌抑制因子として作用するという報告がある。本研究ではヒト膵癌切除標本、培養膵癌細胞株および遺伝子改変マウスモデルを用いることで膵癌の発癌機構とTFF1との関連を検討した。結果、TFF1は上皮間質転換(EMT:Epithelial-mesenchymal transition)を制御する事により膵前癌病変からの悪性腫瘍発生を抑制していることが明らかとなった。今後はTFF1を用いた膵癌治療戦略の構築と高リスク患者の膵癌発生予防法を開発が期待される。
    膵癌は難治性の悪性疾患であり、患者全体の5年生存率は約5%と推定されている。膵癌患者の予後が不良な原因は、多くの患者が切除不能な状態で発見されることに加え、たとえ治癒切除が施行されたとしても術後の再発が多い事による。膵癌の予後を改善するためには再発進行膵癌に対する新たな治療戦略の開発が必須であるだけでなく、高リスク患者における膵癌発生を予防する事が重要である。本研究でTFF1は膵癌の浸潤および転移を抑制する作用があることが判明した。TFF1を用いた新規治療方法の開発は、進行再発膵癌に対する治療戦略になるのみならず膵癌発生予防にも有用である可能性がある。

  13. 術後肝障害に対するTLR4を標的にした予防治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:17K10667  2017年4月 - 2018年3月

    菅原 元

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    肝切除術後に発生する肝障害は重篤化することも多く早急に解決しなければいけない課題である。TLR4は免疫反応や炎症の制御に関わる分子であるToll様受容体の1つである。グラム陰性菌の外膜の成分であるリポ多糖(LPS)やグラム陽性菌のペプチドグリカン層にあるリポテイコ酸をリガンドとして認識する受容体である。ラット肝障害モデルへのTLR4阻害剤投与は肝機能を改善させ、肝障害を軽減させる傾向があった。一方で細胞株に対するTLR4阻害剤の研究において、TLR4阻害剤には細胞の増殖抑制効果を認めた。
    これまでの肝再生に関する研究において、肝障害時にTFF1(trefoil factor family1)の発現に変化が生じており、TFF1(trefoil factor family1)と胆管再生の関連性が示唆されている。われわれはTFF1(trefoil factor family1)をノックアウトしたマウスを作成しており、このTFF1をノックアウトしたマウスを用いてラット肝虚血・再潅流モデル、ラット胆管結紮による閉塞性黄疸モデル、CCl4(四塩化炭素)によるラット肝硬変モデルを作製した。ラット胆管結紮による閉塞性黄疸モデルでは、術後早期に死亡しており、正常マウス群と比較してTFF1のノックアウトマウス群での死亡率が高かった。また病理学的検討によりTFF1のノックアウトマウス群において胆管新生に抑制傾向を認めた。さらにTFF1のノックアウトマウス群の肝臓では有意に壊死組織の面積が多かった。CCl4(四塩化炭素)によるラット肝硬変モデルにおいて3か月の経過観察をおこなっているが、正常マウス群と比較して死亡率に関して特に差を認めなかった。

  14. 癌幹細胞に対する新規治療戦略

    研究課題/研究課題番号:16K10454  2016年4月 - 2019年3月

    角田 伸行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    胆管癌細胞株より分離したc-Met陽性細胞はc-Met陰性細胞より増殖能が亢進していた。c-Met陽性かつCD49f陽性細胞ではviabilityの低下を認めた。大腸癌細胞株より分離したCD133陽性細胞は、CD133陰性細胞より増殖能が亢進していた。
    次世代シークエンサーによる融合遺伝子の探索により、938個の融合遺伝子の候補が同定された。p21 protein (Cdc42/Rac)-activated kinase 2 pseudogeneであるLOC646214は、多くの遺伝子と融合遺伝子を形成していた。タンパクを合成していないこれらの融合遺伝子は核酸医薬のよい標的と考えられた。
    本研究により、次世代シークエンサーによる融合遺伝子の探索により、p21 protein (Cdc42/Rac)-activated kinase 2 pseudogeneであるLOC646214が多くの遺伝子と融合遺伝子を形成していることを明らかにした。新たな融合遺伝子の候補の同定、核酸医薬による新規癌治療の可能性を明らかにしており、本研究成果の学術的、社会的意義は大きい。

  15. システインの肝障害抑制に関する作用機序の解明

    研究課題/研究課題番号:16K10567  2016年4月 - 2019年3月

    横山 幸浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ラット肝星細胞においてシステインは肝星細胞の収縮を抑制し、エンドセリンによる細胞内カルシウムの上昇を強く抑制した。ラット敗血症性ショックモデルにおいてシステインにより血清ALT値が有意に低くなり、肝障害の抑制効果が示唆された。血清アルブミンは大腰筋面積と正の相関を示した。また手術前後の総大腿筋面積の筋肉量減少(サルコペニア)と術後在院日数、術後合併症発生数、腹腔内膿瘍、肝不全などの術後経過において、いずれにおいてもサルコペニア群での術後経過が不良であった。システインの共有結合部のほとんどがアルブミンに占められており、システインが手術に伴うサルコペニアの改善に有効である可能性が示唆された。
    本研究により、システインによる肝障害の抑制効果が示唆された。またシステインが手術に伴うサルコペニアの改善に有効である可能性も示唆された。新たな知見が明らかになっただけでなく、臨床応用への可能性も明らかにしており、本研究成果の学術的、社会的意義は大きい。

  16. Pre-metastatic nicheを制御する新規転移抑制治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:16K10568  2016年4月 - 2019年3月

    水野 隆史

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    癌細胞株においてTPX2は高発現しており、TPX2 siRNAの導入によるTPX2抑制によりMCP1の発現が亢進していた。TPX2 siRNA 導入によりTPX2発現を抑制させた癌細胞株の培養液は、増殖能および浸潤能に抑制効果を有していた。TPX2の発現抑制による癌細胞からの分泌物が、副次的効果をおこしていると考えられた。
    また細胞株において、細胞傷害目的の低濃度の抗癌剤5FUでの培養液は増殖能を亢進させたが、浸潤能、運動能には有意差を認めなかった。これらの結果より癌細胞に対する細胞傷害の副次的効果が単純かつ画一的なものではないと考えられた。
    本研究により、TPX2抑制および抗癌剤5FUによる細胞傷害後の培養液に副次的効果があり、その効果が単純かつ画一的なものではないことを明らかにした。また、新たな知見が明らかになっただけでなく、新規治療法の可能性も示唆しており、本研究成果の学術的、社会的意義は大きい。

  17. TLR7を標的にした新規癌治療法における作用機序の解明

    研究課題/研究課題番号:16K10531  2016年4月 - 2019年3月

    上原 圭介

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ヒト癌細胞株に対してTLR7アゴニストであるイミキモドは増殖能、細胞死誘導能、運動能、浸潤能の抑制効果を認め、投与12時間後にはearly apoptosisを認めた。イミキモド投与により小胞体ストレスのマーカーであるBiP(immunoglobulin heavy chain-binding protein)の発現が亢進しており、アポトーシスの原因として小胞体ストレスが考えられた。しかし、別な小胞体ストレスのマーカーであるPERK(PKR-like ER kinase)の発現は変化していなかった。更なる研究は必要であるが、TLR7の機能阻害による抗腫瘍効果の新たな作用機序を解明した。
    本研究により、TLR7アゴニストであるイミキモドの抗腫瘍効果およびその作用機序として小胞体ストレスによるアポトーシスの関与を明らかにした。新たな知見が明らかになっただけでなく、臨床応用への可能性も示唆されており、本研究成果の学術的、社会的意義は大きい。

  18. ビサボロール誘導体の作用機序の解明と臨床応用

    研究課題/研究課題番号:16K10591  2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    國料 俊男

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    ヒト癌細胞株においてビサボロール誘導体は増殖能、細胞死誘導能、運動能、浸潤能を抑制した。網羅的遺伝子解析にてビサボロール投与後にFAK(Focal adhesion kinase)の発現低下を認めた。
    マウス皮下発癌モデルへのビサボロール、ビサボロール誘導体の経口投与は腫瘍の増殖を有意に抑制した。また徐放性カプセルを用いたビサボロールの薬物投与法は、マウス皮下発癌モデルにおいてジェムシタビンと同様の抗腫瘍効果を示した。質量分析器によるラットの血中ビサボロール測定は定量性が不十分なため、体内動態を明らかにできなかった。更なる研究は必要であるが、ビサボロールによる新規治療法の可能性が示唆された。

  19. 術後感染性合併症に対するRAGE活性化機序の解明と治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:15K10092  2015年4月 - 2018年3月

    深谷 昌秀

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ラット胆管結紮への肝虚血再潅流の付加により、肝障害が重篤化し、肝組織でのRAGEの発現が亢進していたが、有意差は認めなかった。胆管結紮7日後/肝虚血再潅流モデルにTLR4阻害剤TAK242の投与を行ない、血清ALT、ASTの上昇の軽減、肝壊死面積の減少、IL-1β、IL-6の発現低下、血清HMGB1の低下を認め、肝障害が改善した。しかし、RAGEの発現減弱が認められず、ビサボロールの投与においてもRAGEの有意な発現の低下は認めなかった。更なる研究は必要であるが、TAK242を用いた肝障害に対する新規治療法の可能性が示唆された。

  20. 肝虚血再潅流障害における分枝鎖アミノ酸の新規分子機構の探索

    研究課題/研究課題番号:25462086  2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    菅原 元

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    肝虚血/再潅流モデル(I/Rモデル)の肝組織においてBCAA (branched-chain amino acids)は炎症関連因子であるIL( Interleukin) -6, TNF (Tumor necrosis factor)-a、ET(endothelin )-1、ICAM(Intercellular Adhesion Molecule), の発現を抑制した。TLR4阻害剤は、肝虚血/再潅流モデル(I/Rモデル)だけでなく、肝虚血/再潅流モデル(I/Rモデル)への5FU追加投与、胆管結紮と肝虚血/再潅流を併用したラットモデルの肝障害に対しても有効であった。

  21. 分子進化の概念に基づく新規遺伝子の探索と機能解析

    研究課題/研究課題番号:25670574  2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  萌芽

    横山 幸浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    チロシン、グルタミン、ロイシン、メチオニン、トリプトファン、アスパラギン、アスパラギン酸、アラニン、アルギニン、イソロイシン、グリシン、グルタミン酸、システイン、セリン、ヒスチジン、プロリン、リジン、バリン、トレオニン、フェニルアラニンなど各種アミノ酸の付加によりRaw細胞へのLPS投与後のエンドセリン1の発現が異なっていた。システイン40mM でLPSによるエンドセリン1の発現を完全に抑制し、iNOS発現を90%抑制することを明らかにした。アミノ酸の種類により細胞内のカルシウム濃度に著明な変動を認め、アミノ酸は細胞内外のカルシウムの動向と関連している可能性が示唆された。

  22. TLR7アプタマーによる内因性Denger Signalの制御と新規治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:25462049  2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    上原 圭介

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    胆管癌症例、膵癌症例においてTLR7とTLR ファミリーであるTLR3、TLR4、TLR5、TLR6、TLR9に関して臨床病理学的に検討を行ない、TLR7は胆管癌症例、膵癌症例において癌組織で高発現していた。TLR7 以外のTLR ファミリーTLR3、 TLR4、 TLR5、 TLR6も癌組織で有意に高発現していた。胆管癌細胞株、膵癌細胞株においてTLR7のアゴニストは増殖抑制効果を示した。担癌動物モデルの検討によりTLR7のアゴニストが抗腫瘍効果を有していることを明らかにした。本研究によりTLR7を標的にした新規治療法開発の可能性が示唆された。

  23. 乳癌におけるChromothripsis変異を標的にした新規治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:25461978  2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    角田 伸行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    乳癌、骨腫瘍などの細胞株ではChromothripsisの発生頻度が低いと考えられた。乳癌、大腸癌、膵癌の細胞株での抗癌剤によるChromothripsis誘導に関しても、Chromothripsisの同定はできなかった。Chromothripsisと同様な遺伝子変異である融合遺伝子の探索によりノンコーディングRNAであるLOC642236とLOC283788からなる融合遺伝子など複数の融合遺伝子を同定した。融合遺伝子はChromothripsis同様に正常細胞には存在せず、分子標的治療の標的として適切である。これらの融合遺伝子を標的にした新たなコンセプトの癌治療法の開発が期待される。

  24. 新規セリンスレオニンキナーゼ阻害剤による胆管癌・膵癌治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:24390313  2012年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    梛野正人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:18200000円 ( 直接経費:14000000円 、 間接経費:4200000円 )

    相互マシンラーニング法およびZ'-LYTE Kinase Assay 法を用いて新規セリンスレオニンキナーゼ阻害剤T5467374を選定した。阻害剤T5467374は膵癌細胞株において増殖抑制および細胞死に誘導を認め、ヒト膵癌の皮下発癌モデルにおいても抗腫瘍効果を認めた。またセリンスレオニンキナーゼであるAKTに対して阻害作用を有するビサボロールの誘導体を開発した。ビサボロールの誘導体は、ヒト膵癌の皮下発癌モデルにおいて抗腫瘍効果を有し、皮下腫瘍でのAKT発現も減弱させた。

  25. 膵癌における新規治療抵抗性遺伝子の探索とその阻害剤による治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:24592023  2012年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    國料 俊男

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:5330000円 ( 直接経費:4100000円 、 間接経費:1230000円 )

    TPX2は微小管形成や細胞周期に関連するタンパクであり、いくつかの悪性腫瘍での発現が報告されている。TPX2はヒト膵癌由来細胞株および膵癌切除標本において発現亢進していた。TPX2 siRNAはヒト膵癌細胞株において細胞増殖の抑制が可能であり、マウス皮下発癌モデルにおいても抗腫瘍効果を認めた。Insulin like growth factor binding protein-3(IGFBP-3)は、TPX2 siRNA投与群で発現亢進を認めた。
    本研究によりTPX2の抑制による抗腫瘍効果には血管新生因子の1つであるIGFBP-3が関与していることを明らかにした。

  26. 肝切除時におけるリアルタイム肝機能モニタリングシステムの開発と臨床応用

    研究課題/研究課題番号:24659604  2012年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  萌芽

    梛野 正人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    リアルタイム肝機能モニタリングシステムとしてNOプローベの開発を行なった。肝虚血・再潅流モデルにおいて虚血によりNOレベルが上昇し、虚血15分で定常状態に達した。再灌流5分後には虚血前と比較して類洞径が拡張しているのが観察された。p-eNOSは虚血の初回時に強く発現し、虚血再灌流の繰り返しにより、徐々に低下した。逆にiNOS発現は徐々に増強した。本研究において虚血再灌流の反復時のp-eNOSとiNOSの異なる活性化パターンを明らかにした。

  27. 化学療法関連肝障害の外科手術への影響とその病態生理の解明

    研究課題/研究課題番号:24591970  2012年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    吉岡 裕一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:1560000円 ( 直接経費:1200000円 、 間接経費:360000円 )

    化学療法関連肝障害モデルとしてラットへOxaliplatinを1mg/kgから5mg/kgの濃度で週2回、2週間、4週間、8週間投与を行った。血液生化学検査では、AST、ALT、ALP、T.Bilに優位差を認めなかった。 Oxaliplatinを3mg/kg 以上の投与により体重減少を認め、Oxaliplatinの5mg/kg、週2回、4週間投与時のヒアルロン酸値に有意な上昇を認めた。急性期では肝臓は発赤しており、肝組織への免疫細胞の浸潤を認めた。晩期ではネクローシス様になっており繊維化もすすんでおり早期肝障害と晩期合併症の肝障害発症機序が異なると考えられた。このラット肝障害モデルに対して分岐鎖アミノ酸(BCAA)の連日投与を行った。分岐鎖アミノ酸(BCAA)によりヒアルロン酸の上昇が抑制されており、肝障害の軽減傾向が見られた。Oxaliplatinによる肝障害の原因が肝臓の内皮傷害または微小循環傷害と考えられたため、内皮傷害をおこすモノクロタリンを用いた肝障害モデルを用いて分岐鎖アミノ酸(BCAA)の効果についても検討した。モノクロタリンによる肝障害モデルにおいても分岐鎖アミノ酸(BCAA)の連日投与によりヒアルロン酸の上昇を抑制した。分岐鎖アミノ酸(BCAA)の肝障害に対する有効性が示唆された。
    またヒト肝臓標本における化学療法関連遺伝子の遺伝子解析を行ない、予後に関連する遺伝子群を同定した。

  28. 食道がんに対する相互マシンラーニング法によるHedgehog新規阻害剤の開発

    研究課題/研究課題番号:23591924  2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    深谷 昌秀

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:5200000円 ( 直接経費:4000000円 、 間接経費:1200000円 )

    相互マシンラーニング法により同定した候補化合物は増殖抑制能と細胞死誘導能を有していた。候補化合物はマウス皮下発癌モデルにおいて腫瘍の増殖を抑制した。ヒト食道癌組織からのIn vivo細胞株の樹立をおこなったが、十分に成長しなかった。またヒト膵癌でも樹立できなかった。しかし共同研究施設において大腸癌組織ではあるが、In vivo細胞株が樹立できた。マウス皮下発癌モデルでの候補化合物の網羅的遺伝子解析を行なった。候補化合物の投与群においてlincRNA (long intergenic noncoding RNA)の発現を認め、lincRNAの候補化合物の作用機序への関与が示唆された。

  29. 癌における細胞老化関連遺伝子の探索と臨床応用

    研究課題/研究課題番号:23591986  2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    伊神 剛

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:5200000円 ( 直接経費:4000000円 、 間接経費:1200000円 )

    Oncogene induced Senescence関連遺伝子としてHJURP(Holliday junction recognition protein)を同定した。HJURPはヒストンシャペロンの1種である。ヒト胆管癌、膵癌細胞株においてHJURPは高発現しており、HJURPを標的としたsiRNAは細胞増殖を抑制した。またHJURPの発現抑制した膵癌細胞株への抗癌剤の投与は細胞増殖の抑制を増強させた。
    胆管癌症例、膵癌症例でのHJURP発現と予後は相関しており、HJURPの高発現群では予後不良であり、HJURPは胆管癌、膵癌における予後の予測マーカーになる可能性が示唆された。

  30. 大腸癌microscopic abscess における免疫誘導の解明とその臨床応用

    研究課題/研究課題番号:22591483  2010年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    上原 圭介

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    microscopic abscessを有する大腸癌4症例と有しない大腸癌5症例の遺伝子解析ではToll-like receptor 7 (TLR7) を含む11の遺伝子の発現がmicroscopic abscessを有する症例で亢進していた。TLR7の下流にあるMyeloid differentiationfactor 88 (MyD88)の発現は、microscopic abscessを有する症例で有意に低下しており、microscopic abscessを有する症例の予後とMyD88の関連性が考えられた。一方でTLR7とMyD88の発現は一致していず、TLR7以外のMyD88にシグナルを伝達するTLRの関与が示唆された。

  31. 微小転移における網羅的遺伝子解析とその結果に基づく新規癌転移抑制療法の開発

    研究課題/研究課題番号:22591430  2010年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    角田 伸行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    EpCAM陽性乳癌細胞ではFAK(focal adhesion kinase)の発現が亢進しており、FAKの抑制により浸潤能、運動能の優位な低下を認めた。乳癌症例101例でアクチン結合タンパクであるGirdin (Girders of actin filament)陽性例はKi67陽性例よりもリンパ節転移に関して強い相関を示した。ルミナールタイプ乳癌73例ではKi67とGirdinが陽性であった症例はKi67単独陽性例、Girdin単独陽性例よりリンパ節転移と強い相関を示した。またKi67とGirdinが陽性であった症例は5年無再発生存率が低く、Girdinは乳癌リンパ節転移のマーカーになる可能性が示唆された。

  32. GGTトランスジェニックマウスを用いた肝虚血/再潅流障害メカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:21591746  2009年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    菅原 元

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:3380000円 ( 直接経費:2600000円 、 間接経費:780000円 )

    グルタチオン(GSH)は生体内で合成される最も重要な抗酸化物質であり、Gamma-glutamyltransferase(GGT)はグルタチオンの代謝・合成経路であるグルタミルサイクルを構成する生体内で唯一のグルタチオン分解酵素である。これまでわれわれはGGTを過剰発現するトランスジェニックマウス(GGT-Tgマウス)を作成し、GGTの骨代謝に及ぼす影響について発表してきた(Endocrinology, 2007, Hiramatsu K, Nimura Y, et al.)。またグルタチオンは肝細胞中に含まれ、肝血流遮断後に生じる虚血による酸化環境を改善させる働きも持っており、グルタチオンの代謝に関わるGGTは肝臓での酸化ストレスに関わる重要な酵素と考えられる。まずわれわれはGGT-Tgマウスの肝臓におけるGGTの発現に関してPCR法、ウェスタンブロティング法にて検討した。その結果、RNAレベル、タンパクレベルのいずれにおいてもGGT-Tgマウスの肝臓ではGGTの発現が亢進していることを確認した。本研究の目的は、肝虚血/再灌流による肝障害時におけるGGTの役割の解明であり、その最終目的は臨床への応用である。
    今後肝虚血/再灌流による肝障害をGGT-Tgマウスにおこし、その肝臓を用いて酸化ストレスに対する耐性の検討を行う。またDNAアレイ法による網羅的遺伝子解析によりそのメカニズムを明らかにする予定である。

  33. NeK2を標的にした包括的癌治療法の開発とそのトランスレーショナルリサーチ

    2008年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究 (A)

    二村雄次

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  34. 急性胆管閉塞にともなう肝障害におけるPPARγの役割について

    2008年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金 

    江畑智希

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  35. 肝再生早期におけるカルシトニンの役割とその分子機構

    研究課題/研究課題番号:20591606  2008年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    横山 幸浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    「肝再生の促進因子としてカルシトニンが重要な働きを担う」という仮説を立て検証を行った。70%肝切除モデルにおいて、再生肝でのCGRP遺伝子の発現は、肝切除1時間後から亢進し、切除12時間後でピークに達した。また免疫染色においてもCGRP抗体陽性の肝細胞が肝切除12時間後をピークに見られ、上記の結果を裏付けた。血中CGRP濃度は肝切除12時間後で有意に上昇しており、またそれと相関するように血中カルシウム濃度の有意な低下が見られた。CGRP拮抗剤を用いた動物実験では、CGRP拮抗剤投与群において70%肝切除48時間後の肝再生率に有意な低下が見られた。

  36. 肝門部胆管癌からの胆管癌幹細胞の分離と網羅的遺伝子解析に基づく分子標的治療の開発

    研究課題/研究課題番号:19390348  2007年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    梛野 正人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:18590000円 ( 直接経費:14300000円 、 間接経費:4290000円 )

    分化能と自己複製能を有する癌幹細胞が癌の発生、進展機序において重要であることが指摘されている。胆管癌由来細胞株HuCCT1よりCD133抗体を用いて分離したCD133陽性胆管癌細胞とCD133陰性胆管癌細胞のDNAアレイ法による網羅的遺伝子解析を行なった。その結果CD133の発現と肝幹細胞の表面マーカーと考えられているCD45、TER、CD49f、c-Metの発現の間に関連性を見いだすことはできなかった。また胆管癌由来細胞株HuCCT1から分離したCD133陽性胆管癌細胞とCD133陰性胆管癌細胞のヌードマウス皮下発癌モデルにおいて、大腸癌と異なり胆管癌では腫瘍形成能に有意差がないことが明らかになった。これは癌由来臓器の違い、CD133以外の癌幹細胞マーカーの関与など様々なことが原因と考えられた。
    またヌードラット肝転移モデルに対して脾静脈に留置したアクセスポートを用いたNek2 siRNAを経門脈的投与により肝転移巣数の減少および各肝転移巣の腫瘍径の縮小を認め、肝転移に対してsiRNAの経門脈的な薬剤投与法が有効であることを明らかにした。

  37. 胆管細胞癌の網羅的遺伝子解析とそれに基づく分子標的制癌療法の開発

    2004年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  基盤研究 (A)

    二村雄次

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学以外) 7

  1. 救急・応急処置演習

    2019年4月 - 2020年3月 愛知淑徳大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  2. 救急・応急処置演習

    2018年4月 - 2019年3月 愛知淑徳大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  3. 救急・応急処置演習

    2017年4月 - 2018年3月 愛知淑徳大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  4. 救急・応急処置演習

    2016年4月 - 2017年3月 愛知淑徳大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  5. 学びなおし講座「がんを知ってがんと戦う~研究・診断・治療・予防の進歩」

    2015年5月 名古屋市立大学)

     詳細を見る

    科目区分:その他  国名:日本国

  6. 救急・応急処置演習

    2015年4月 - 2016年3月 愛知淑徳大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  7. 救急・応急処置演習

    2014年4月 - 2015年3月 愛知淑徳大学)

▼全件表示