2021/05/07 更新

写真a

オオニシ ジヨウジ
大西 丈二
ONISHI, Joji
所属
医学部附属病院 老年内科 講師
大学院医学系研究科
職名
講師
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 2

  1. 公衆衛生学修士(専門職) ( 2010年3月   東京大学 ) 

  2. 医学博士 ( 2005年9月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 12

  1. 臨床疫学

  2. 臨床判断学

  3. 保健医療福祉制度

  4. 認知症

  5. 地域医療

  6. 老年医学

  7. 保健医療介護システム

  8. 医療情報

  9. 地域医療

  10. 臨床判断

  11. 認知症

  12. 高齢者医療

研究分野 5

  1. ライフサイエンス / 内科学一般  / 老年医学

  2. ライフサイエンス / 内科学一般  / 老年内科

  3. 情報通信 / 生命、健康、医療情報学  / 老年情報学

  4. ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学

  5. ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない  / 地域医療

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 高齢者保健医療介護システムに関する研究

経歴 10

  1. 名古屋大学   医学部附属病院老年内科   講師

    2016年8月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 三重大学   大学院医学系研究科地域包括ケア・老年医学産学官連携講座   准教授

    2013年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 奈良県立医科大学   地域医療学講座   准教授

    2011年10月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 東京大学   政策ビジョン研究センター   特任講師

    2011年4月 - 2011年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学   総合保健体育科学センター   特任准教授

    2010年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学   医学部附属病院老年内科   医員

    2009年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学   医学部老年情報学寄附講座   准教授

    2006年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 名古屋大学   医学部附属病院老年内科   医員

    2004年10月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 愛知県厚生連安城更生病院   内科   医員

    1999年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 愛知県厚生連安城更生病院   研修医

    1997年5月 - 1999年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 東京大学   医学系研究科   公共健康医学専攻(専門職大学院)

    2009年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医科学研究科   健康社会医学

    2001年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   医学部

    1991年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 19

  1. 日本内科学会   指導医

  2. 日本老年医学会   代議員、指導医

  3. 日本認知症学会   指導医

  4. 日本プライマリ・ケア連合学会   代議員、指導医

  5. 日本公衆衛生学会

  6. 日本医療情報学会   評議員

  7. 日本老年社会科学会

  8. 日本農村医学会   評議員

  9. 日本医療・病院管理学会

  10. 日本在宅医療連合学会

  11. 日本遠隔医療学会

  12. 日本ケアマネジメント学会

  13. 東海公衆衛生学会

  14. 東海病院管理学研究会

  15. 日本応用老年学会

  16. 日本病院・医療管理学会

  17. 日本認知リハビリテーション学会

  18. 日本農村医学会

  19. 日本サルコペニア・フレイル学会   評議員

▼全件表示

委員歴 2

  1. 南伊勢町介護保険事業計画策定委員会   委員  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  2. 志摩市地域包括ケア推進協議会   委員長  

    2015年4月 - 現在   

 

論文 36

  1. Job satisfaction among physicians providing health care to the elderly in Japan: a qualitative study

    Saif-Ur-Rahman K. M., Onishi Joji, Mamun Razib, Suenaga Haruki, Chiang Chifa, Hirakawa Yoshihisa

    PSYCHOGERIATRICS     2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/psyg.12668

    Web of Science

    PubMed

  2. Mental Health Status of the Older Adults in Japan During the COVID-19 Pandemic

    Fujita Kosuke, Inoue Aiko, Kuzuya Masafumi, Uno Chiharu, Huang Chi Hsien, Umegaki Hiroyuki, Onishi Joji

    JOURNAL OF THE AMERICAN MEDICAL DIRECTORS ASSOCIATION   22 巻 ( 1 ) 頁: 220 - 221   2021年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jamda.2020.11.023

    Web of Science

    PubMed

  3. Chronic Dehydration in Nursing Home Residents

    Nagae Masaaki, Umegaki Hiroyuki, Onishi Joji, Huang Chi Hsien, Yamada Yosuke, Watanabe Kazuhisa, Komiya Hitoshi, Kuzuya Masafumi

    NUTRIENTS   12 巻 ( 11 )   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/nu12113562

    Web of Science

    PubMed

  4. [Malignant lymphoma with IgG4-related disease arising in a very elderly man].

    Nagae M, Onishi J, Umegaki H, Kuzuya M

    Nihon Ronen Igakkai zasshi. Japanese journal of geriatrics   57 巻 ( 3 ) 頁: 321-326   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>IgG4関連疾患は高齢男性に多く,自己免疫異常や血中IgG4高値に加え,全身諸臓器の腫大や結節・肥厚性病変などを認める原因不明の疾患である.IgG4関連疾患ではしばしばリンパ節腫大を伴うが,臨床的に悪性リンパ腫との鑑別が求められる.今回我々はIgG4関連疾患に悪性リンパ腫を合併した超高齢者の症例を経験したので報告する.</p><p>症例は85歳男性.X-6年に自己免疫性膵炎を指摘されていた.X-1年10月にIgG4関連下垂体炎と診断され,続発性副腎不全に対する補充療法としてヒドロコルチゾンが開始となった.X年2月に中枢性尿崩症を併発したためデスモプレシンが追加となった.X年11月発熱に加え,弾性硬で可動性のある圧痛のない全身性リンパ節腫脹を認めたため入院となった.入院後右腋窩リンパ節生検を施行し,病理所見よりびまん性大細胞型B細胞リンパ腫と診断した.年齢やPerformance Statusなどを考慮した結果,積極的治療は行わず,症状緩和目的でのステロイド投与の方針となり,入院55日目転院となった.</p><p>悪性リンパ腫とIgG4関連リンパ節症との鑑別は臨床経過,病理所見,血中IgG4値などの検査データ,他臓器病変の有無などを元に総合的に判断する必要がある.今までのIgG4関連疾患に悪性リンパ腫を合併した症例は概ね60~70歳台であり,本症例の85歳での報告は最高齢である.しかしIgG4関連疾患,悪性リンパ腫共に高齢者に多い疾患であり,一般内科医や老年内科医として知識を深めておく必要があると考えられる.</p>

    DOI: 10.3143/geriatrics.57.321

    PubMed

    CiNii Article

  5. 市町村の個人情報保護条例における学術研究条項の有無と学術発表について

    大西 丈二, 進藤 信子

    東海公衆衛生雑誌   8 巻 ( 1 ) 頁: 90-93   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>目的 愛知県および三重県の各市町村が定め公表されている個人情報保護条例のうち,学術研究に関する条項の有無を把握するとともに,当該市町村における医学系学術研究の活動度との関連を明らかにする。</p><p>方法 本研究は,愛知県および三重県内の全市町村を対象とし,各市町村の個人情報保護条例において,「研究」の語が含まれるか否かを調査した。2019年4月現在,全市町村において,個人情報保護条例がインターネットで確認することができ,本調査はすべてWEBから情報収集を行った。各市町村の学術発表については,医学中央雑誌(医学中央雑誌刊行会)に掲載されている,2018年に市町村職員によって報告された研究発表数を数えた。</p><p>結果 個人情報保護条例の中に学術研究の語が含まれたのは,83自治体中58自治体(69.9%)であった。そのうち愛知県は54自治体のうち40自治体(74.1%),三重県は29自治体のうち18自治体(62.1%)であった(p = 0.187)。学術発表は,愛知県の市町村では平均0.44 ± 1.28件(平均±標準偏差,以下同),三重県では0.10 ± 0.31件であった(p = 0.068)。学術発表の件数は,学術研究に関する条項が有る自治体では平均0.34 ± 1.00件,無い自治体では0.28 ± 1.21件で,条項有無による有意な差はなかった(p = 0.800)。</p><p>結論 愛知県および三重県の全市町村の個人情報保護条例において,学術研究に関する条項が有るのは69.9%であった。個人情報保護条例の有無によって,医学系学術研究発表数に有意な差は認められなかった。</p>

    DOI: 10.24802/tpha.8.1_90

    CiNii Article

  6. Relationship between blood coagulability and sense of burden among caregivers of patients with dementia

    Hirano Akemi, Suzuki Yusuke, Umegaki Hiroyuki, Hayashi Toshio, Ina Koichiro, Onishi Joji, Hasegawa Jun, Kuzuya Masafumi

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   19 巻 ( 8 ) 頁: 804-808   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ggi.13721

    Web of Science

    PubMed

  7. 愛知県および三重県下市町村の個人情報保護条例における学術研究条項の有無と学術発表

    大西 丈二, 進藤 信子

    東海公衆衛生雑誌   7 巻 ( 1 ) 頁: 77-77   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Psychotherapy for depression among incurable cancer patients (Review)

    Akechi Tatsuo, Okuyama Toru, Onishi Joji, Morita Tatsuya, Furukawa Toshi A.

    COCHRANE DATABASE OF SYSTEMATIC REVIEWS   11 巻 ( 11 ) 頁: CD005537   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/14651858.CD005537.pub3

    Web of Science

    PubMed

  9. Daily Life Support for Older Adults Evaluated by Commissioned welfare volunteers 査読有り

    Journal of Clinical Gerontology and Geriatrics   7 巻 ( 3 ) 頁: 69-71   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Impaired Autonomic Nervous System Activity During Sleep in Family Caregivers of Ambulatory Dementia Patients in Japan 査読有り

    Shihomi Sakurai, Joji Onishi, Makoto Hirai

    ological Research For Nursing   17 巻 ( 1 ) 頁: 21-8   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Surrogate by care managers for the individuals with insufficient mental capacity

    Geriatrics & Gerontology International   13 巻 ( 1 ) 頁: 235-6   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Study profile on baseline survey of Daiko Study in the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study (J-MICC Study)

    Emi Morita, Nobuyuki Hamajima, Asahi Hishida, Kyoko Aoyama, Rieko Okada, Sayo Kawai, Koutaro Tomita, Sayaka Kuriki, Takashi Tamura, Mariko Naito, Takaaki Kondo, Jun Ueyama, Akiko Kimata, Kanami Yamamoto, Yoko Hori, Junko Hoshino, Ritsuko Hamamoto, Sanae Tsukamoto, Joji Onishi, Shoichi Hagikura, Hisao Naito, Satoshi Hibi, Yoshinori Ito, Kenji Wakai

    Nagoya Journal of Medical Science   73 巻 ( 3-4 ) 頁: 187-95   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Association between the caregiver's burden and physical activity in community-dwelling caregivers of dementia patients 査読有り

    Akemi Hirano, Yusuke Suzuki, Masafumi Kuzuya, Joji Onishi, Jun Hasegawa, Nobutaro Ban, Hiroyuki Umegaki

    Archives of Gerontology and Geriatrics   52 巻 ( 3 ) 頁: 295-8   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Influence of regular exercise on subjective sense of burden and physical symptoms in community-dwelling caregivers of dementia patients: A randomized controlled trial 査読有り

    Akemi Hirano, Yusuke Suzuki, Masafumi Kuzuya, Joji Onishi, Nobutaro Ban, Hiroyuki Umegaki

    Archives of Gerontology and Geriatrics   3 巻 ( 2 ) 頁: e158-63   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Physical and functional factors in activities of daily living that predict falls in community-dwelling older women 査読有り

    Maki Aoyama, Yusuke Suzuki, Joji Onishi, Masafumi Kuzuya

    Geriatrics & Gerontology International   11 巻 ( 3 ) 頁: 348-57   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Psychotherapy for depression among incurable cancer patients 査読有り

    Akechi Tatsuo, Okuyama Toru, Onishi Joji, Morita Tatsuya, Furukawa Toshi

    Cochrane Database Systematic Review   17 巻 ( 2 ) 頁: CD005537   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Attitudes toward disclosing the diagnosis of dementia in Japan.

    Umegaki H, Joji Onishi,, Suzuki Y, Endo H, Iguchi A.

    Int Psychogeriatr   12 巻   頁: 1-13   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Behavioral, Psychological, and Physical Symptoms in Group Homes for the Older Adults with Dementia

    Joji Onishi, Yusuke Suzuki, Hiroyuki Umegaki, Hidetoshi Endo, Takashi Kawamura, Munehisa Imaizumi, Akihisa Iguchi.

    International Psychogeriatrics   18 巻 ( (1) ) 頁: 75-86   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. A Comparison of Depressive Mood of older adults in a Community, Nursing Homes, and a Geriatric Hospital: Factor Analysis of Geriatric Depression Scale

    Joji Onishi, Yusuke Suzuki, Hiroyuki Umegaki, Hidetoshi Endo, Takashi Kawamura, Akihisa Iguchi.

    Journal of geriatric psychiatry and neurology.   19 巻 ( (1) ) 頁: 26-31   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. The pleasurable recreational activities among community-dwelling older adults 査読有り

    Joji Onishi, Yuichiro Masuda, Yusuke Suzuki, Tadao Goto, Takashi Kawamura, Akihisa Iguchi

    Archives of Gerontology and Geriatrics   43 巻 ( 2 ) 頁: 147-55   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. 臨床疫学の基礎知識

    大西丈二、新保卓郎

      16 巻 ( 1 ) 頁: 89-94   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  22. Philadelphia Geriatric Center morale scale in a Japanese nursing home for the elderly.

    Joji Onishi, Yuichiro Masuda, Yusuke Suzuki, Hidetoshi Endo, Akihisa Iguchi., 2005, 5(1):71-3.

    Geriatrics and Gerontology International   5 巻 ( (1) ) 頁: 71-73   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Influence of behavioral and psychological symptoms of dementia (BPSD) and environment of care on caregivers' burden

    Joji Onishi, Yusuke Suzuki, Hiroyuki Umegaki, Akira Nakamura, Hidetoshi Endo, Akihisa Iguchi.

    Archives of Gerontology and Geriatrics   41 巻 ( (2) ) 頁: 159-168   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Predictive Model for the Assessment of Cognitive Impairment by Quantitative Electroencephalography

    Joji Onishi, Yusuke Suzuki, Kenichi Yoshiko, Shin Hibino, Akihisa Iguchi.

    Cognitive and Behavioral Neurology   18 巻 ( (3) ) 頁: 179-184   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Smell identification test as an indicator for cognitive impairment in Alzheimer's disease.

    Yusuke Suzuki, Sayaka Yamamoto, Hiroyuki Umegaki, Joji Onishi, Nanaka Mogi, Hiroshige Fujishiro, Akihisa Iguchi.

    International journal of geriatric psychiatry   19 巻 ( (8) ) 頁: 727-733   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. The relationship between functional disability and depressive mood in Japanese older adult inpatients.

    Joji Onishi, Hiroyuki Umegaki, Yusuke Suzuki, Katsuhiko Uemura, Masafumi Kuzuya, Akihisa Iguchi.

    Journal of geriatric psychiatry and neurology   17 巻 ( (2) ) 頁: 93-98   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. グループホームにおける痴呆の行動心理学的症候(BPSD)の頻度と対応の困難さ

    大西丈二、梅垣宏行、遠藤英俊、井口昭久

    老年精神医学雑誌   15 巻 ( 1 ) 頁: 59-67   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. 農村地域に居住する高齢者の幸福感に寄与する活動.

    大西丈二、益田雄一郎、鈴木裕介、石川美由紀、近藤高明、井口昭久.

    日本農村医学雑誌   14 巻 ( 4 ) 頁: 641-648   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Long-term prognosis and satisfaction after percutaneous endoscopic gastrostomy in a general hospital.

    Joji Onishi, Yuichiro Masuda, Masafumi Kuzuya, Masaaki Ichikawa, Makoto Hashizume, Akihisa Iguchi.

    Geriatrics and Gerontology International   4 巻 ( (3) ) 頁: 127-131   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Survival rate after percutaneous endoscopic gastrostomy in a long-term care hospital.

    Joji Onishi, Hiromi Sakaguchi, Masafumi Kuzuya.

    Clinical nutrition   23 巻 ( (5) ) 頁: 1248-9   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. 痴呆の行動・心理症状(BPSD)及び介護環境の介護負担に与える影響

    大西丈二, 梅垣宏行, 鈴木裕介, 中村了, 遠藤英俊, 井口昭久

    老年精神医学雑誌   14 巻 ( 4 ) 頁: 465-473   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Current admission policies of long-term care facilities in Japan

    Yoshihisa Hirakawa, Yuichiro Masuda, Kazumasa Uemura, Joji Onishi, Ayako Hattori, Masafumi Kuzuya, Akihisa Iguchi.

    Geriatrics and Gerontology Internationa   3 巻 ( (2) ) 頁: 73-78   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. 閉じこもり症候群と廃用症候群の理解と対処

    大西丈二 井口昭久

    治療   86 巻 ( 9 ) 頁: 2557-2562   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  34. 遷延性意識障害の予後判定におけるMRIの効果について

    大西丈二, 土井洋平, 鈴木百子, 高岡有理

    臨床と薬物治療   18 巻 ( 11 ) 頁: 1020-1021   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  35. Oral administration of propentofylline, a stimulator of nerve growth factor (NGF) synthesis, recovers cholinergic neuronal dysfunction induced by the infusion of anti-NGF antibody into the rat septum.

    Atsumi Nitta, Yoshiko Ogihara, Joji Onishi, Takaaki Hasegawa, Shoei Furukawa, Toshitaka Nabeshima.

    Behavioural brain research   83 巻 ( (1-2) ) 頁: 201-204   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Propentofylline prevents neuronal dysfunction induced by infusion of anti-nerve growth factor antibody into the rat septum.

    Atsumi Nitta, Yoshiko Ogihara, Joji Onishi, Takaaki Hasegawa, Shoei Furukawa, Toshitaka Nabeshima.

    European journal of pharmacology,   20;307 巻 ( (1) ) 頁: 1-6   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 介護認定審査会平準化マニュアル

    ( 担当: 共著)

    2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

MISC 16

  1. 施設入居高齢者における超音波を用いた脱水評価

    長永 真明, 大西 丈二, 葛谷 雅文  

    日本内科学会雑誌109 巻 ( Suppl. ) 頁: 245 - 245   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

  2. 飲料品の摂取量と腎機能低下との関連 J-MICC Study大幸地区

    藤井 亮輔, 近藤 高明, 菱田 朝陽, 大西 丈二, 内藤 真理子, 浜島 信之, 若井 建志  

    日本公衆衛生学会総会抄録集78回 巻   頁: 219 - 219   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本公衆衛生学会  

  3. 嘔吐・下痢にて救急搬送された心不全急性増悪の1例

    山田 洋介, 大西 丈二, 間宮 慶太, 森本 竜太, 葛谷 雅文  

    日本老年医学会雑誌56 巻 ( 4 ) 頁: 554 - 554   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  4. Leriche症候群と手術適応の脊柱管狭窄症を合併した肺炎によるCOPD増悪で死亡した1例

    史 榕茜, 大西 丈二, 露木 悠太, 葛谷 雅文  

    日本老年医学会雑誌56 巻 ( 4 ) 頁: 554 - 554   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  5. 【高齢者の栄養管理パーフェクトガイド】(Part2)高齢者医療をめぐる話題 高齢者総合機能評価(CGA)と栄養管理

    大西 丈二  

    臨床栄養135 巻 ( 4 ) 頁: 431 - 436   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    <Key Point>●高齢者の栄養管理においては、主傷病だけでなく合併症や機能障害、社会的要因など総合的な問題把握が必要である。●総合的な把握に高齢者総合機能評価(Comprehensive Geriatric Assessment:CGA)が有用である。(著者抄録)

  6. 都道府県の情報公表サービスによる在宅診療の応需状況について

    福吉 真希, 山川 祐子, 大田 祥子, 大西 丈二  

    東海公衆衛生雑誌7 巻 ( 1 ) 頁: 40 - 40   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東海公衆衛生学会  

  7. 臨床研修病院における退院支援ツールと地域連携に関する系統的教育の状況について

    大西 丈二, 葛谷 雅文  

    日本老年医学会雑誌56 巻 ( Suppl. ) 頁: 165 - 165   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  8. 地域在住高齢者における健康行動及びヘルスリテラシーとの関連 TENG TVプロジェクトベースライン調査

    井上 愛子, 北田 友治, 宇野 千晴, 大西 丈二, 梅垣 宏行, 葛谷 雅文  

    日本老年医学会雑誌56 巻 ( Suppl. ) 頁: 158 - 158   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  9. 日本版Multimorbidity高齢者の診療手引き作成に向けて 大学病院老年内科入院例におけるMultimorbidityの考察と地域連続的な診療体制について

    大西 丈二  

    日本老年医学会雑誌56 巻 ( Suppl. ) 頁: 53 - 53   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  10. 爆発的動作を含む自体重レジスタンストレーニングが地域高齢者のおける身体機能に及ぼす影響 RCT-速報

    北田 友治, 井上 愛子, 梅垣 宏行, 大西 丈二, 秋間 広, 石田 浩司, 葛谷 雅文  

    日本老年医学会雑誌56 巻 ( Suppl. ) 頁: 159 - 159   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  11. 高齢心不全患者におけるトルバプタン使用経験からの考察

    山本 有厳, 柳川 まどか, 大西 丈二, 服部 孝二, 中嶋 宏貴, 伊奈 孝一郎, 梅垣 宏行, 葛谷 雅文  

    日本老年医学会雑誌55 巻 ( 4 ) 頁: 704 - 704   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  12. 血清尿酸値の変化率と慢性腎臓病の新規発症 J-MICC Study大幸地区

    藤井 亮輔, 近藤 高明, 菱田 朝陽, 大西 丈二, 内藤 真理子, 浜島 信之, 若井 建志  

    日本公衆衛生学会総会抄録集77回 巻   頁: 347 - 347   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本公衆衛生学会  

  13. コンプライアンス不良を難治性高血圧症と見なされ8剤の降圧薬を持参した1症例

    渡邉 雄貴, 梅垣 宏行, 大西 丈二, 五藤 大貴, 山田 清文, 葛谷 雅文  

    日本老年医学会雑誌55 巻 ( 4 ) 頁: 704 - 704   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  14. General Health Questionnaire-12結果に基づいて分類された健常成人集団の生活習慣の比較

    林 明奈, 近藤 高明, 上山 純, 大西 丈二, 堀 容子, 星野 純子, 濱本 律子, 岡田 理恵子, 菱田 朝陽, 森田 えみ, 川合 紗世, 濱嶋 信之, 内藤 真理子, 若井 建志  

    東海公衆衛生雑誌6 巻 ( 1 ) 頁: 31 - 31   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東海公衆衛生学会  

  15. 地域在住高齢者におけるフレイルと介護・介助の必要性について

    大西 丈二  

    日本老年医学会雑誌55 巻 ( Suppl. ) 頁: 156 - 156   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  16. 老年内科病棟における医学略語に関するコメディカルの理解について

    大西 丈二, 恵川 綾子, 柴田 篤志, 田中 文彦, 渡邊 雄貴, 粕田 剛資, 葛谷 雅文  

    医療情報学連合大会論文集37回 巻   頁: 1186 - 1191   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医療情報学会  

▼全件表示

科研費 5

  1. 人口構造および医療介護資源等の社会的要因が地域の健康に与える影響に関する研究

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 認知症患者の介護が介護者の睡眠パターンと循環機能に及ぼす影響と健康支援の開発

    2008年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(S)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  3. 急性期病院におけるフレイルおよび高齢者の総合的アセスメントに関する研究

    研究課題/研究課題番号:19K10482  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    大西 丈二, 大田 祥子, 渡邊 亮

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    CGA(Comprehensive Geriatric Assessment、高齢者総合評価)はわが国においても普及したが、今日的には医療介護連携における共有が重要になっている。また虚弱を示す「フレイル」が2014年に定義されたところであるが、フレイルには表現型と欠損累積型の考え方があり、本研究では診療情報から、入院前の介護サービス利用状況、ADLなど一般的なCGA項目、栄養状態、フレイル、持参薬、医療行為、BPSDのデータを収集し、網羅的なプロブレムリストを作って、欠損累積型フレイルの判定を行い、転帰および医療費との関連を分析する。
    名古屋大学医学部附属病院にて、75歳以上の連続入院症例を対象とし、診療情報から入院前の介護サービス利用状況、ADL、認知機能等の高齢者総合評価(CGA; Comprehensive geriatric assessment)項目に加え、生活環境、栄養状態、フレイル、持参薬、入院中に要した医療行為、認知機能低下例においては精神心理学的症候(BPSD; Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia)、プロブレムリストおよび退院時転帰、入院で要した医療費を収集するモデルシステムを開発した。多くのデータはcsv形式でデータをエクスポートする見込みを得ることができ、エクスポート後のデータの分析システムもあわせて開発した。 国際疾病分類が第10版(ICD-10)から第11版に変更が予定されていることに合わせ、プロブレムを両方の版にあてはめ、変換可能とした。プロブレムから合併症数をスコアリングし、障害蓄積型フレイルの診断を行い、高齢患者のリスク評価を行う仕組みを構築した。退院時要約の標準規格であるHL7 CDAをもとに、急性期病院で用いられる主要な電子カルテ製品の退院時要約書式を調査し、収集可能な項目とデータ構造を研究した。また、複数の協力医療機関において退院要約記載状況等を調査し、病院間の比較も分析できるようシステムも検討し、倫理審査申請準備を進めた。
    担当した研究補助が年度途中に退職し、次の担当者がなかなか見つけられなかった。業務内容は定型化することができてきたので、今年度は入職後、滞りなく情報収集を開始する。
    今年度夏、生命倫理審査委員会承認を得て、情報を開始する。多くの情報はcsv形式でデータをエクスポートすることができるよう、令和元年度に研究を行ったため、情報収集開始後は速やかにデータが集められる見込みである。データクリーニングは多く必要であるため、今年度はそれを行い、分析を開始する。

  4. 地域連携における医療介護情報の信頼性および情報に基づいたサービス選択に関する研究

    研究課題/研究課題番号:17KT0156  2017年7月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    大西 丈二, 大田 祥子, 鈴木 裕介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    2018年度は、生命倫理審査会の承認を得た後、2017年度に作成した情報項目一覧およびマスタに従い、データ収集を開始した。プロブレムリストについては、ICD-10のほか、独自の病名リストを用いて、データ整理・分析に用いた。2018年度末時点において、288例のデータを収集し、、本研究は主に、医療機関の間でやりとりする情報の信頼性を分析するものであるが、データ収集開始後、同じ医療機関内でも、評価者個人の差ばかりでなく、評価の場面や職種(医師、リハビリテーション療法士、看護師ら)によって、大きく異なることが知られ、その要因分析を実施した。基本的ADLは複数回の評価が最も多くなされていた項目であるが、すべて介助(Barthel Index 0/100点)の場合は複数回評価されていても合致している場合が多いものの、それ以外では短期間の入院であっても、入院直後や急性期後の状態など、評価時期にもよって評価値が異なっており、評価時点をデータに付随させる必要性が知られた。心不全や感染症などの急性疾患患者においては基本的ADLなどの変動は大きかったが、認知症を主疾患とする場合、情報源が家族らによる場合が多いためか、評価値の変動はさほど大きくなかった。多職種カンファランスが行われた場合、評価値の差が小さくなることが期待されたが、多職種カンファランス実施の有無では、有意な差として示されなかった。体重やBMIには信頼が持たれていたが、腎機能(eGFR)や栄養評価に用いるアルブミンについては、急性期の入院では無視しがたい値の変動があった。

  5. 高齢者総合評価(CGA)の地域展開と地域在住高齢者の療養状況に関する研究

    研究課題/研究課題番号:16K09170  2016年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    大西 丈二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    研究協力を得ている町にて、65歳以上の高齢住民を対象とし、過去に行った質問紙調査データに、自動車運転と社会的活動など、新たな分析を加え、知見を得た。追加的分析を行うにあたり、高齢者総合評価に関する文献調査を追加し、改めて生命倫理委員会による承認を得た上で、特に高齢者の自動車運転に着目し、高齢者総合評価と社会参加、フレイル(虚弱)、介護・介助の必要性との関連について分析を行った。自動車運転を継続する高齢者はADLが保たれている者が多く、心身の状態もよく、社会的活動も多かったが、まだ運転を続けることがそれらに良い効果を与えるかどうかはわかっていない。自動車運転については、本人または家族の運転と、療養場所には強い関連があった。2018年度は、厚生労働省にて新たに開始された「要介護認定情報・介護レセプト等情報の第三者提供」の制度を利用し、高齢者の状態別介護サービス利用量について分析し、本研究課題の「地域在住高齢者の療養状況に関する研究」を行い、利用しているサービスから要介護高齢者の状態像を推測した。この分析を通し、利用しているサービスと高齢者総合評価の関連に関する新しい知見を得た。また、研究実施地域において、施行的なインタビューを行い、ここまで行えていなかった高齢者本人および家族の満足感に関する調査計画をより実現しやすい内容に修正した。満足感については地域性も大きく、地域情報を十分考慮した調査、解釈が必要であることが知られた。

 

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 老年学

    2020年4月 - 2021年3月 日本福祉大学)