2021/11/30 更新

写真a

イマイ クニハル
今井 國治
IMAI, Kuniharu
所属
大学院医学系研究科 総合保健学専攻 バイオメディカルイメージング情報科学 教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部(保健学科)
職名
教授

学位 1

  1. 博士(工学) ( 1997年3月   名城大学 ) 

研究キーワード 3

  1. 医用画像数理解析

  2. 誘電体工学

  3. 造影剤薬剤物性

研究分野 4

  1. その他 / その他  / 電子・電気材料工学

  2. その他 / その他  / 認知科学

  3. その他 / その他  / 統計科学

  4. その他 / その他  / 放射線科学

学歴 1

  1. 名城大学   理工学研究科   電気電子工学専攻(誘電体工学・特別奨学生)

    - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 2

  1. 電子情報通信学会   イメージメディアクォリティ研究会専門委員

    2013年4月 - 2015年3月

  2. 米国電気電子学会(IEEE)

委員歴 2

  1. 日本学術振興会   科学研究費専門委員  

    2014年12月 - 2015年11月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  2. 日本学術振興会科学研究費委員会   専門委員  

    2010年12月 - 2012年11月   

受賞 2

  1. 電気学会論文発表賞

    1999年   電気学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 電気設備学会論文奨励賞

    1997年   電気設備学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 58

  1. DEVELOPMENT OF A JAPANESE INFANT HEAD-CHEST PHANTOM AND INVESTIGATION OF THE CURRENT STATUS OF INFANT HEAD CT EXAMINATIONS IN JAPAN

    Yamauchi-Kawaura C., Fujii K., Yamauchi M., Imai K., Ikeda M., Narai K., Shimizu H.

    RADIATION PROTECTION DOSIMETRY   188 巻 ( 1 ) 頁: 65 - 72   2020年1月

     詳細を見る

  2. Contrast enhancement efficacy of iodinated contrast media: Effect of molecular structure on contrast enhancement 査読有り

    Kuniharu Imai, Mitsuru Ikeda, Yoshiki Satoh. Keisuke Fujii, Chiyo Kawaura, Takuya Nishimoto, Masak iMori.

    European Journal of Radiology Open     頁: in2018 press   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Contrast enhancement efficacy of iodinated contrast media: Effect of molecular structure on contrast enhancement

    Imai Kuniharu, Ikeda Mitsuru, Satoh Yoshiki, Fujii Keisuke, Kawaura Chiyo, Nishimoto Takuya, Mori Masaki

    EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY OPEN   5 巻   頁: 183 - 188   2018年

  4. 非イオン性ヨード製剤の化学毒性軽減に関する定性的解釈と疑問 招待有り

    今井國治

    健康文化   52 巻   頁: 142-146   2017年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  5. 極値統計を用いたCT画像における金属アーチファクトの定量評価 査読有り

    北口茂聖、今井國治、上田傑、橋本直美、服部翔太、雑賀貴大、小野芳文

    日本放射線技術学会雑誌   72 巻 ( 5 ) 頁: 402-409   2016年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. 水溶性ヨード製剤の薬剤学的解析

    今井國治

    健康文化振興財団紀要   50 巻   頁: 117-123   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  7. Arterial contour detectability in head CT angiography 査読有り

    ENCHI Yukihiro, IMAI Kuniharu, IKEDA Mitsuru, TAKASE Ikuko, YAMAUCHI-KAWAURA Chiyo, MORI Masaki

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   10 巻 ( 1 ) 頁: 1-10   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. 診断用X線画像におけるノイズの二重面性-確率共鳴現象の発現

    今井國治

    健康文化振興財団   49 巻   頁: 96-100   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  9. 等浸透圧造影剤を用いた頭蓋内血管撮影における造影効果 査読有り

    西本卓也、今井國治、森政樹、旗道子、宮地茂、米田和夫

    IVR学会雑誌   28 巻 ( 4 ) 頁: 459-462   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Method for measuring contrast-to-noise ratio (CNR) in non-uniform image area in digital radiography 査読有り

    Masaki Mori, Kuniharu Imai, Mitsuru Ikeda, Yoko Iida, Fukiko Itoh, Kazuo Yoneda, Yukihiro Enchi

    Electronics and Communications in Japan   96 巻 ( 7 ) 頁: 32-41   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. CT画像の画質評価と数学

    今井國治

    健康文化振興財団紀要   47 巻   頁: 133-137   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  12. Dose reduction and image quality in CT angiography for cerebral aneurysm with various tube voltage and current settings 査読有り

    IMAI Kuniharu, IKEDA Mitsuru, KAWAURA Chiyo, AOYAMA Takahiko, ENCHI Yukihiro, YAMAUCHI Masato

    The British Journal of Radiology   85 巻   頁: 673-681   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1259/bjr/63268088

  13. Quantification of image quality using information theory 査読有り

    NIIMI Takanaga, IMAI Kuniharu, Hisatoshi, IKEDA Mitsuru

    Australasian Physical & Engineering Sciences in Medicine     頁: in press   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. 医用画像上の不均一部分におけるCNR解析 査読有り

    森政樹, 今井國治, 池田充, 飯田葉子, 伊藤富貴子, 米田和夫, 遠地志太

    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)   131 巻 ( 11 ) 頁: 1975-1982   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. A detection method for streak artifacts and radiological noise in non-uniform region in a CT image 査読有り

    IMAI Kuniharu, IKEDA Mitsuru, ENCHI Yukihiro, NIIMI Takanaga

    Phys Medica   26 巻   頁: 157-165   2010年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    http://intl.elsevierhealth.com/journals/ejmp

    DOI: 10.1016/j.ejmp.2009.11.003

  16. 頭部CT画像における画質とそれに及ぼす線量効果

    今井國治, 池田充, 川浦稚代

    平成22年度科学研究費補助金(基盤C)報告書     頁: 1-2   2010年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  17. Fractal-Feature Distance Analysis of Contrast-Detail Phantom Image and Meaning of Pseudo Fractal Dimension and Complexity 査読有り

    Kuniharu Imai, Mitsuru Ikeda, Yukihiro Enchi, Takanaga Niimi

    Australasian Physical and Engineering Sciences in Medicine   32 巻 ( 4 ) 頁: 188-195   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Quantitative Assessment of Image Noise and Streak Artifact on CT Image: Comparison of Z-axis Automatic Tube Current Modulation Technique with Fixed Tube Current Technique 査読有り

    Kuniharu Imai, Mitsuru Ikeda, Yukihiro Enchi, Takanaga Niimi

    Computerized Medical Imaging and Graphics (Computerized Radiology)   33 巻 ( 5 ) 頁: 353-358   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. *Statistical Characteristics of Streak Artifacts on CT Images: Relationship between Streak Artifacts and mAs-values 査読有り

    Kuniharu Imai, Mitsuru Ikeda, Yukihiro Enchi, Takanaga Niimi

    Medical Physics   36 巻 ( 2 ) 頁: 492-499   2009年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. *Quantitative Assessment of the Influence of Anatomic Noise on the Detection of Subtle Lung Nodule in Digital Chest Radiography Using Fractal-Feature Distance 査読有り

    Kuniharu Imai, Mitsuru Ikeda, Yukihiro Enchi, Takanaga Niimi

    European Journal of Radiology   68 巻   頁: 353-357   2008年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Fractal-feature distance as a substitute for observer performance index in contrast-detail examination 査読有り

    Kuniharu Imai, Mitsuru Ikeda, Yukihiro Enchi, Takanaga Niimi

    European Journal of Radiology   67 巻 ( 3 ) 頁: 541-545   2008年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. *Analysis of Streak Artefacts on CT Images Using Statistics of Extremes 査読有り

    Kuniharu Imai, Mitsuru Ikeda, Yukihiro Enchi, Takanaga Niimi

    The British Journal of Radiology   80 巻 ( 959 ) 頁: 911-918   2007年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Information Loss in Visual Assessments of Medical Images 査読有り

    Takanaga Niimi, Kuniharu Imai, Mitsuru Ikeda, Hisatoshi Maeda

    European Journal of Radiology   61 巻 ( 2 ) 頁: 362-366   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. *Fractal-Feature Distance Analysis of Radiographic Image 査読有り

    Kuniharu Imai, Mitsuru Ikeda, Yukihiro Enchi, Takanaga Niimi

    Academic Radiology   14 巻 ( 2 ) 頁: 137-143   2007年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. A new method for quantitative evaluation of artifacts on CT images using statistics of extremes 査読有り

      16 巻   頁: 469   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  26. The application of information theory to contrast-detail analysis 査読有り

    European Radiology   16 巻   頁: 475   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  27. *The Application of Markov Theory to Contrast-Detail Analysis, Academic Radiology 査読有り

    Kuniharu Imai, Mitsuru Ikeda, Takanaga Niimi

    Academic Radiology   13 巻 ( 2 ) 頁: 152-158   2006年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. A method of clustering observers with different visual characteristicsTakanaga Niimi, Kuniharu Imai, Mitsuru Ikeda, Hisatoshi Maeda 査読有り

    Takanaga Niimi, Kuniharu Imai, Mitsuru Ikeda, Hisatoshi Maeda

    European Journal of Radiology   57 巻 ( 1 ) 頁: 158-161   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. PD degradation process of fatigue failure type in a micro gap under the surface discharge pattern of Gleitbüschel type 査読有り

    Yukihiro Kinoshita, Kuniharu Imai

    IEEE/The 8th International Conference on Properties and Application of Dielectric Material     頁: 345-348   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  30. The properties of PD degradation of fatigue failure type in micro gap 査読有り

        頁: 214-217   2005年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  31. マルコフ連鎖を用いた医用画像の視覚評価法とそれに伴う新しい画像観察法(マルコフ連鎖型画像観察法)の考案 査読有り

    新美孝永、今井國治、池田充、前田尚利

    電子情報通信学会論文誌A   J-88-A 巻 ( 7 ) 頁: 858-861   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. PD degradation process of fatigue failure type in a micro gap 査読有り

    Kuniharu Imai

    Proceedings of 2005 International Symposium on Electrical Insulating Materials     頁: 447-450   2005年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  33. The strict meaning of the area under a contrast-detail (C-D) curve 査読有り

      15 巻   頁: 540   2005年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  34. Reliability of contrast-detail (C-D) diagram deduced from a Markov Chain and reduction in the number of observation times 査読有り

      15 巻   頁: 539   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  35. A New visual Evaluation Method Quantifying Visual Information Losses in Medical Imaging System 査読有り

    Kuniharu Imai, Takanaga, Niimi, Mitsuru Ikeda, Hisatoshi, Maeda, Akihiro Amano

    RSNA Scientific Assembly and Annual Meeting 2004     頁: 734   2004年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  36. Relationship between surface discharge of Gleitbüschel type in an artificial void and pit formation: 査読有り

    Kuniharu Imai

    IEEE Annual Report Conference on Electrical Insulation and Dielectric Phenomena     頁: 141-144   2004年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  37. Statistical Analysis of Electrical Breakdown in a Micro Gap Using Weibull Distribution and Discussion on its Process in High Voltage 査読有り

    Kuniharu Imai

    IEE, Transactions on Fundamentals and Materials   124 巻 ( 9 ) 頁: 785-790   2004年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. 判断基準の違いに基づいた観察者のグループ化と最適クラスタ化法の選択-医師的な判断基準を有する観察者集団の検証- 査読有り

    新美孝永、今井國治、亀谷健一、日置竹志、真野晃浩

    日本放射線技術学会雑誌   60 巻 ( 4 ) 頁: 513-519   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Evaluation of X-ray Images on the Basis of Difference in Observer’s Visual Characteristics: grouping of Observer’s Visual Characteristics Using Cluster Analysis Methods 査読有り

        頁: 721   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  40. クラスタ解析を用いた観察者集団の分類とその判定基準:日本放射線技術学会雑誌 査読有り

    新美孝永、今井國治、亀谷健一、日置竹志、真野晃浩

    日本放射線技術学会雑誌   59 巻 ( 10 ) 頁: 1268-1276   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Relationship between surface discharge of Polbüschel type in an artificial void and pit formation 査読有り

    Kuniharu Imai

    IEEE Annual Report Conference on Electrical Insulation and Dielectric Phenomena     頁: 237-240   2003年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  42. 模擬ボイドモデルを用いた微小空隙のPD劣化・破壊特性 査読有り

    今井國治

    電気学会論文誌   123-A 巻 ( 8 ) 頁: 819-820   2003年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Influence of speherulitic structure in LDPE on tree propagation from a simulated tree channel 査読有り

        頁: CD 4ページ   2003年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  44. Statistical analysis of pit formation in an artificial void with Weibull distribution 査読有り

        頁: 345-348   2003年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  45. X線画像評価におけるクラスタ解析の有用性 査読有り

    新美孝永、今井國治

    日本医用画像工学会誌   121 巻 ( 1 ) 頁: 75-80   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Properties of tree propagation from a simulated tree channel in LLDPE prepared by metallocene catalyst 査読有り

    Kuniharu Imai

    IEEE Annual Report Conference on Electrical Insulation and Dielectric Phenomena     頁: 963-966   2002年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  47. 模擬トリーからのトリー伸展に及ぼすアニール効果-初期・偶発的なトリー伸展要因の検証- 査読有り

    今井國治

    静電気学会誌   26 巻 ( 4 ) 頁: 175-181   2002年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. 模擬トリー径と模擬トリーから伸展するトリーの伸展要因との関係 査読有り

    今井國治

    静電気学会誌   26 巻 ( 2 ) 頁: 84-90   2002年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. 模擬トリーから伸展するトリーのワイブル分布に基づく解析とそれに及ぼす温度の影響 査読有り

    今井國治

    静電気学会誌   25 巻 ( 5 ) 頁: 271-276   2001年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. 模擬トリーからの摩耗的トリー伸展開始についての検討 査読有り

    今井國治

    電気学会論文誌A   121-A 巻 ( 8 ) 頁: 803-804   2001年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Tree at High Temperature in XLPE and Effect of Oxygen 査読有り

    Noriyuki Shimizu, Kouhei Ito, Kuniharu Imai, Masahito Nawata

    IEEE Annual Report Conference on Electrical Insulation and Dielectric Phenomena     頁: 329-332   2000年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  52. Influence of Polymer Structure on Tree Growth from a Simulated Tree Channel 査読有り

    Kuniharu Imai, Kouhei Ito, Noriyuki Shimizu, Masahito Nawata

    IEEE Annual Report Conference on Electrical Insulation and Dielectric Phenomena     頁: 337-340   2000年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  53. Mechanism of Tree Propagation from a Simulated Tree Channel 査読有り

    Kuniharu Imai, Takao Suzuki, Kouhei Ito, Noriyuki Shimizu, Masahito Nawata

    IEEE/ Proceeding of The 6th International Conference on Properties and Application of Dielectric Material     頁: 239-242   2000年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  54. ワイブル分布を用いたトリー発生特性とそれに及ぼす諸要因 査読有り

    今井國治、鈴木貴雄、清水教之、縄田正人

    電気学会論文誌A   120-A 巻 ( 5 ) 頁: 645-650   2000年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. 模擬トリー(細管)中の放電特性とそれを介したポリプロピレンフィルムの絶縁破壊 査読有り

    今井國治、竹内悟、西山真貴、兼松篤、縄田正人

    電気学会論文誌A   117-A 巻 ( 4 ) 頁: 388-396   1997年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. ホワイトヘッドモデル電極系(模擬ボイド)における放電電圧に及ぼす諸要因 査読有り

    今井國治、竹内悟、西山真貴、兼松篤、縄田正人

    電気設備学会誌   16 巻 ( 12 ) 頁: 1280-1287   1996年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Various Conditions Influence on Discharge Voltage at an Artificial Void Model 査読有り

    Kuniharu Imai, Masaki Nishiyama, Atsushi Kanematsu, Masahito Nawata

    Proceeding of The 9th International Symposium on High Voltage Engineering     頁: 4ページ分   1995年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  58. Kerr Constant Frequency Dependence of Liquid Nitrogen 査読有り

    Kuniharu Imai, Atsushi Kanematsu, Masahito Nawata, Markus Zhan

    IEEE/ Proceedings of The 3th International Conference on Properties and Application of Dielectric Material     頁: 280-283   1991年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. MOOKメディカル&イメージング

    越川 豊、越川 豊、中村 亮一、川平 洋、五十嵐 辰男、杉野 貴明、伊藤 夏織、今井 國治、菅 幹生、望月 剛、安樂 武志、( 担当: 共著)

    オプトロニクス社  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

講演・口頭発表等 82

  1. 非イオン性ヨード造影剤の希釈率と被ばく線量増幅効果との関係

    武田健斗

    第37回日本脳神経血管内治療学会総会  2021年11月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  2. 確率微分方程式を用いたビームハードニングアーチファクトの定量評価 国際共著

    山元勇輝

    第49回日本放射線技術学会秋季大会  2021年10月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本市  

  3. ヨード造影剤の被ばく線量増幅効果に影響を及ぼす要因

    武田健斗

    医療薬学フォーラム2021  2021年7月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語  

  4. Cisplatinと核酸塩基との相互作用に関する数理解析

    坂下佳歩

    医療薬学フォーラム2021  2021年7月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  5. 量子科学的手法を用いた非イオン性ヨード造影剤のタンパク結合特性に関する検討 国際会議

    長谷川 智也,今井 國治,佐藤 佳希,藤井 啓輔,川浦 稚代,西本 卓也,森 政樹,池田 充

    第18回情報科学j技術フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  6. 非イオン性ヨード造影剤の浸透圧及び粘性に関する検討

    長谷川智也、今井國治、佐藤佳希、藤井啓輔、川浦稚代、西本卓矢、森政樹、泉孝嗣、池田充

    第34回日本脳神経血管内治療学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台市   国名:日本国  

  7. 非イオン性ヨード造影剤おける交叉反応と薬剤特性との関連

    佐藤佳希、今井國治、長谷川智也、藤井啓輔、川浦稚代、西本卓矢、森政樹、泉孝嗣、池田充

    第34回日本脳神経血管内治療学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台市   国名:日本国  

  8. 非イオン性ヨード造影剤の血漿蛋白結合特性に関する量子化学的検討

    森政樹、今井國治、佐藤佳希、長谷川智也、藤井啓輔、川浦稚代、西本卓矢、泉孝嗣、池田充、

    第34回日本脳神経血管内治療学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台市   国名:日本国  

  9. 造影能の違いを評価する理論式の検証

    佐藤佳希、西本卓也、森 政樹、藤井 啓輔、川浦 稚代、池田 充、今井 國治

    2018年電子情報通信学会ソサエティ大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢市   国名:日本国  

  10. Virtual Monochromatic Image (VMI) における歯科用金属のアーチファクトに関する検討

    櫻木亜美、清水希、山内雅人、森下裕司、今井國治

    第10回中部医療放射線技術学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜市   国名:日本国  

  11. CT画像上の金属アーチファクト定量評価に用いる測定ROIの検討 国際会議

    北口茂聖、今井國治、 橋本直美、服部翔太、雜賀貴大、小野芳文

    第45回日本放射線技術学会秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島市   国名:日本国  

  12. 非イオン性ヨード造影剤の電位分布と化学毒性軽減との関係 国際会議

    佐藤佳希、今井國治、藤井啓輔、川浦稚代、池田充、森政樹、西本卓也、遠地志太

    第45回日本放射線技術学会秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島市   国名:日本国  

  13. 非イオン性ヨード造影剤における副作用の発症と水クラスター形成との関係 国際会議

    森政樹、今井國治、佐藤佳希、藤井啓輔、川浦稚代、池田充、西本卓也、遠地志太

    第45回日本放射線技術学会秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. 造影能の違いを評価する理論式の検証

    佐藤佳希、西本卓也、 森 政樹、 藤井 啓輔、川浦 稚代、池田 充、今井 國治

    2018年電子情報通信学会ソサエティ大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢市   国名:日本国  

  15. 非イオン性ヨード製剤の側鎖の役割-量子化学的解

    佐藤佳希、今井國治、五十嵐健吾、藤井啓輔、川浦稚代、池田充、森政樹、西本卓也、遠地志太

    医療薬学フォーラム2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島県   国名:日本国  

  16. CT画像における確率共鳴と付加ノイズの周波数帯域との関係

    五十嵐 健悟、山元 勇輝、内藤 啓介、藤井 啓輔、川浦 稚代、池田 充、今井 國治

    2016年電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  17. Stchastic Resonance in CT images Using Non-white Gaussian Noise 国際会議

    Kengo Igarashi, Kuniharu Imai, Yuki Yamamoto, Mitsuru Ikeda1,Keisuke Fujii, Chiyo Yamauchi-Kawaura, Keisuke Naito

    International Workshop on Image Media Quality and its Application 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. 異なるスキャン方式における金属アーチファクトの評価

    北口茂聖、上田 傑、今井國治、橋本直美、服部翔太、雜賀貴大、小野芳文

    第31回日本放射線技師学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  19. 脳血管内における水溶性ヨード製剤の薬物動態/薬力学解析(PK/PD解析)

    内藤啓介、今井國治、西本卓矢、旗道子、山元 勇輝、藤井啓輔、川浦稚代、森政樹、池田充、泉孝嗣

    第31回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山   国名:日本国  

  20. Appearance of Stochastic Resonance on Computed Tomography and its Application 国際会議

    Y. Yamamoto, K. Igarashi , K. Naito , K. Fujii , C. Kawaura M. Mori , M. Ikeda , K. Imai

    2015 Yonsei-Nagoya University Research Exchange Meetings in Health Sciences & Nursing 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. 逐次近似画像におけるノイズ付加効果

    五十嵐 健悟、山元 勇輝、内藤 啓介、藤井 啓輔、川浦 稚代、池田 充、今井 國治

    第43回日本放射線技術学会秋季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  22. 水溶性ヨード製剤の造影能に及ぼす物理的要因及び生理的要因-造影能の理論式に基づく解析-

    旗道子、西本卓矢、植村武司、近藤悟、米田和夫、森政樹、今井國治

    第43回日本放射線技術学会秋季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  23. 見かけのNoise SDを用いたCT画像のノイズ評価

    森 政樹、今井 國治、山元 勇輝、内藤 啓介、川浦 稚代、藤井 啓輔、池田 充、遠地 志太、西本 卓矢、米田 和夫

    第14回情報科学技術フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松山   国名:日本国  

  24. 確率共鳴画像における信号形状の定量評価 国際会議

    山元 勇輝、五十嵐 健悟、内藤 啓介、藤井 啓輔、川浦 稚代、森 政樹、池田 充、今井 國治

    2015年電子情報通信学会ソサエティ大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  25. 類似度を用いた確率共鳴現象の定量評価

    五十嵐 健悟、山元 勇輝、内藤 啓介、藤井 啓輔、川浦 稚代、森 政樹、池田 充、今井 國治

    電子情報通信学会イメージメディアクォリティ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

  26. Influence of molecular structure of iodinated contrast media on contrast enhancement efficacy 国際会議

    内藤啓介、今井國治、西本卓也、山元 勇輝、藤井啓輔、川浦稚代、森政樹、池田充

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮崎   国名:日本国  

  27. Method for Evaluating Metal Artifacts on CT Images on the Basis of Statistics of Extremes

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  28. 金属アーチファクト軽減処理機構に与えるコイルの材質及び撮像条件の影響 国際会議

    遠藤真紀 今井國治 堤貴紀 森政樹 西本卓矢 古川悌史 米田和夫

    第71回日本放射線技術学会総会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  29. 空間周波数帯域制限型ガウスノイズを用いたCT画像における確率共鳴現象

    山元 勇輝、内藤 啓介、藤井 啓輔、川浦 稚代、森 政樹、池田 充、今井 國治

    2015年電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  30. 確率共鳴を利用したCT画像の鮮鋭度の改善

    山元 勇輝、五十嵐 健悟、内藤 啓介、藤井 啓輔、川浦 稚代、森 政樹、池田 充、今井 國治

    電子情報通信学会イメージメディアクォリティ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  31. 脳血管のフラクタル性を用いたヨード製剤の動態特性

    内藤啓介、今井國治、西本卓矢、山元 勇輝、藤井啓輔、川浦稚代、森政樹、池田充

    電子情報通信学会イメージメディアクォリティ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  32. 逐次近似法を用いた金属アーチファクト低減処理の効果

    遠藤真紀、今井國治、堤貴紀、阿知波正則、森政樹、西本卓也、古川稀史、近藤悟、米田和夫

    第七回中部放射線医療技術学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  33. 非白色ノイズを用いた確率共鳴現象

    五十嵐 健悟、山元 勇輝、内藤 啓介、藤井 啓輔、川浦 稚代、池田 充、今井 國治

    日本生体医工学会東海支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  34. 確率共鳴によるCT画像のコントラスト増幅

    山元 勇輝、五十嵐 健悟、内藤 啓介、藤井 啓輔、川浦 稚代、森 政樹、池田 充、今井 國治

    第42回日本放射線技術学会秋季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  35. 超急性期脳梗塞の検出における仮想単色X線画像の有用性

    森 政樹、今井 國治、山元 勇輝、内藤 啓介、川浦 稚代、藤井 啓輔、池田 充、遠地 志太、西本 卓矢、米田 和夫

    第42回日本放射線技術学会秋季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  36. CT装置における金属アーチファクト軽減画像再構成法の定量評価

    北口茂聖、上田 傑、今井國治、橋本直美、服部翔太、雜賀貴大、小野芳文

    第42回日本放射線技術学会秋季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  37. 造影能に関する理論式の導出とそれに基づく造影能評価

    内藤啓介、今井國治、西本卓矢、旗道子、山元 勇輝、藤井啓輔、川浦稚代、森政樹、池田充

    第42回日本放射線技術学会秋季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  38. 東部CT画像のストリークアーチファクト解析

    遠地 志太、今井 國治、池田 充、川浦 稚代、森 政樹

    2014年電子情報通信学会ソサエティ大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  39. CT画像における確率共鳴の発現とその応用

    山元 勇輝、五十嵐 健悟、内藤 啓介、藤井 啓輔、川浦 稚代、森 政樹、池田 充、今井 國治

    第13回情報科学技術フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波   国名:日本国  

  40. Depelopment of Brain Phantomwith Acute Cerebral Ischemia-infarctionand evaluation of detectability of early CT sign 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  41. 非イオン性ヨード製剤の造影能評価-X線薬剤物性に基づく理論式の導出- 国際会議

    今井國治、内藤啓介、藤井啓輔、川浦稚代、池田充、西本卓也、森正樹

    医療薬学フォーラム2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  42. ヨード系造影剤の組成構造が及ぼす造影効果の違い

    西本卓也, 森政樹, 旗道子. 植村武司, 酒井崇, 近藤悟, 米田和夫, 今井國治, 藤井啓輔, 宮地茂

    日本脳神経血管内治療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟   国名:日本国  

  43. A New Method for Evaluating Detectability of Artery Contours in Enhanced CT Angiography of the Head on the Basis of Phase Information 国際会議

    2013 IEEE NSS/MIC/RTSD 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月 - 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:大韓民国  

  44. 等浸透圧造影剤の造影効果-造影能に及ぼす薬剤構造の影響

    内藤啓介, 西本卓也, 藤井啓輔, 高瀬郁, 川浦稚代, 森政樹, 池田充, 今井國治

    日本生体医工学会東海支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  45. 脳血管ct Angiographyにおける血管輪郭の検出能評価

    瀧本佳奈, 高瀬郁子,遠地志太, 藤井啓輔, 川浦稚代, 森政樹, 池田充, 今井國治

    日本生体医工学会東海支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  46. 確率共鳴を利用したコントラスト分解能の改善

    藤井啓輔, 山元勇輝, 高瀬郁子, 遠地志太, 川浦稚代, 森政樹, 池田充, 今井國治

    電子情報通信学会イメージメディアクォリティ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉   国名:日本国  

  47. CT画像における確率共鳴現象とコントラスト分解能の改善

    遠地志太, 今井國治, 池田充, 川浦稚代, 高瀬郁子, 森政樹, 西本卓也, 米田和夫

    2013年電子情報通信学会ソサエティ大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  48. A New Method for Evaluating Sharpness of Artery Contours on Enhanced CT Image: Comparison of Filtered Back Projection and Iterative Reconstruction Technique

    Ikuko Takase, Kuniharu Imai, Mitsuru Ikeda, Yukihiro Enchi, Chiyo Kawaura-Yamauchi, Masaki Mori

    The sixth International Workshop on Image Media Quality and its Application 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  49. Top-hat変換型Gauss法を用いた脳梗塞画像のNoise Mapping

    高瀬郁子,遠地志太,森政樹,川浦稚代,今井國治,池田充

    2013年電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜   国名:日本国  

  50. 逐次近似再構成を用いた頭部3D-CT Angiographyにおける血管輪郭の定量評価

    遠地志太,今井國治,高瀬郁子,川浦稚代,池田充,森政樹

    第75回情報処理学会全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  51. 逐次近似法を用いた脳動脈CT画像の画質評価

    高瀬郁子,今井國治,遠地志太,川浦稚代,池田充,森政樹

    電子情報通信学会イメージメディアクォリティ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉   国名:日本国  

  52. 頭部3D-CT Angiogtaphyにおける血管輪郭の定量評価

    遠地志太,今井國治,高瀬郁子,川浦稚代,池田充,森政樹

    電子情報通信学会イメージメディアクォリティ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉   国名:日本国  

  53. 頭蓋内及び四肢血管撮影における等浸透圧造影剤イオジキサノールの臨床的有用性-その2

    旗道子,西本卓也,森政樹,植村武司,堤貴紀,酒井崇,遠藤真紀,大沢充晴,近藤悟,米田和夫,今井國治

    第28回日本脳神経血管内治療学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  54. Planer Processing処理を施した核医学画像の画質評価

    藤沢拓也,高瀬郁子,遠地志太,川浦稚代,森政樹,池田充,今井國治

    日本生体医工学会東海支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  55. 逐次近似法を用いた脳梗塞ファントム画像の画質評価

    柘植雄介,高瀬郁子,遠地志太,川浦稚代,森政樹,池田充,今井國治

    平成23年日本生体医工学会東海支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  56. 逐次近似法で再構成した脳動脈瘤CT画像の画質評価

    高瀬郁子,遠地志太,森政樹,川浦稚代,今井國治,池田充

    第40回日本放射線技術学会秋期学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  57. 自己相関行列(対象Toeplitz行列)を用いたCT Angiographyの鮮鋭度評価

    森政樹,今井國治,池田充,川浦稚代,高瀬郁子,遠地志太,西本卓也,米田和夫

    2012年電子情報通信学会ソサエティ大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山   国名:日本国  

  58. Dual Energy Scanを用いた頭部3D-CT Angiographyにおける鮮明度評価

    遠地志太,今井國治,高瀬郁子,川浦稚代,池田充,森政樹

    平成24年電気学会電子・情報・システム部門大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:弘前   国名:日本国  

  59. 医用画像の視覚評価をどこまで物理評価で置き換えることができるか 国際会議

    今井國治

    日本医学放射線学会医用画像認知研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  60. 脳血管CT Angiogtaphyの画質評価-Lorentz解析法の考案

    高瀬郁子,遠地志太,森政樹,川浦稚代,今井國治,池田充

    第31回日本医用画像工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  61. 頭蓋内及び四肢血管撮影における等浸透圧造影剤イオジキサノールの臨床的有用性 国際会議

    西本卓也,森政樹,植村武司,堤貴紀,旗道子,酒井崇,遠藤真紀,大沢充晴,近藤悟,米田和夫,今井國治

    アジア太平洋IVR学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  62. 仮想単色X線画像における脳血管輪郭の鮮明度評価

    遠地志太, 今井國治, 池田充, 川浦稚代, 高瀬郁子, 森政樹, 新美孝永

    2012年電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山   国名:日本国  

  63. 頭蓋内ステント留置術においてCollimationの特性を活用したCBCTの有用性

    西本卓也, 森政樹, 植村武司, 堤貴紀, 籏道子, 遠藤真紀, 酒井崇, 近藤悟, 米田和夫, 今井國治, 宮地茂

    第27回日本脳神経血管内治療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉  

  64. Quantitative assessment of artery contours in 3D-CT angiography using concepts of quantum mechanics and econophysics

    Hiroya Goto, Kuniharu Imai, Chiyo Kawaura, Mitsuru Ikeda, Masato Yamauchi, Yukihiro Enchi

    The 1st International Conference on Radiological Science and Technology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

  65. Lorenz曲線を用いた鮮鋭度評価法の考案と逐次近似再構成CT画像の有用性

    高瀬郁子, 後藤洋哉, 遠地志太, 川浦稚代, 森政樹, 今井國治, 池田充

    平成23年度日本生体医工学会東海支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  66. 脳血管CT Angiographyにおける鮮明度評価

    松本遼, 後藤洋哉, 遠地志太, 川浦稚代, 森政樹, 今井國治, 池田充

    平成23年度日本生体医工学会東海支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  67. 頭部CTAngiographyにおける血管輪郭の鮮明度評価法

    遠地志太, 今井國治, 池田充, 川浦稚代, 森政樹, 新美孝永

    2011年電子情報通信学会ソサエティ大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

  68. 頭部3D-CTAngiographyにおける鮮明度評価法の考案

    森政樹, 今井國治, 後藤洋哉, 川浦稚代, 高瀬郁子, 池田充, 遠地志太, 西本卓也, 米田和夫

    第10回情報科学技術フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:函館  

  69. 確率微分方程式に基づくLSF推定法

    遠地志太, 今井國治, 池田充, 森政樹, 新美孝永

    平成23年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  70. 頭部領域のFPD搭載型CBCTにおけるCollimationの有用性

    西本卓也, 森政樹, 植村武司, 堤貴紀, 松岡祐樹, 日南友希, 旗道子, 遠藤真紀, 近藤悟, 米田和夫, 今井國治, 宮地茂 

    第26回脳血管内治療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北九州   国名:日本国  

  71. 頭部3D-CT Angiographyの適正撮像条件に関する一考察 国際会議

    水崎陽仁, 梅村修司, 川浦稚代, 今井國治, 池田充, 山内雅人, 遠地志太

    日本生体医工学会東海支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  72. 構造雑音のX線エネルギー依存性

    後藤洋哉, 森政樹, 今井國治, 池田充

    日本生体医工学会東海支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  73. 頭部3D-CT Angiographyの物理的画質評価法の考案

    梅村修司, 水崎陽仁, 川浦稚代, 今井國治, 池田充, 山内雅人, 遠地志太

    日本生体医工学会東海支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  74. 脳動脈瘤CT画像診断における被ばくと画質の関係

    川浦稚代, 今井國治, 池田充, 山内雅人, 青山隆彦, 小杉隆司

    日本医学物理学会第100回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  75. 伊藤過程に基づくLSFの推定とそれを用いた鮮鋭度評価

    今井國治, 遠地志太, 森政樹, 藤田尚利, 池田充, 新美孝永

    第9回情報科学技術フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  76. 医用画像上の不均一部分におけるCNR解析

    森政樹, 今井國治, 池田充, 飯田葉子, 伊藤冨貴子, 米田和夫, 遠地志太

    平成22年電気学会電子・情報・システム部門大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本   国名:日本国  

  77. サポートベクターマシンを用いたC-D解析の自動評価システムに関する考察

    武井崇晃, 池田充, 今井國治, 上平弘明, 岸本智成, 後藤洋哉

    第29回日本医用画像工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:伊勢原   国名:日本国  

  78. ディジタルX線画像における画像ノイズの成分解析

    森政樹, 今井國治, 池田充, 武井崇晃, 上平弘明, 飯田葉子, 伊藤冨貴子, 米田和夫, 遠地志太, 新美孝永

    第29回日本医用画像工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:伊勢原   国名:日本国  

  79. 最尤推定法を用いた雑音除去法に関する検討

    上平弘明, 池田充, 今井國治, 武井崇晃, 藤原敦代, 鈴木智哉

    第29回日本医用画像工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:伊勢原   国名:日本国  

  80. FPD搭載型コーンビームCTにおけるCollimationの有効性

    西本卓也, 森政樹, 植村武司, 堤貴紀, 松岡祐樹, 日南友希, 近藤悟, 米田和夫, 今井國治 

    第39回日本IVR学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  81. Gleitbuschel沿面放電によるPPフィルムの物理的劣化

    木下幸弘, 今井國治

    平成22年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  82. X線ディジタル画像上の画像ノイズに対する実験式の導出と検証

    今井國治, 森政樹, 池田充, 遠地志太, 新美孝永

    2010年電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. OPPフィルムの耐電圧測定方法の確立、耐電圧向上要因とそのメカニズム解明

    2008年4月 - 2009年9月

    国内共同研究 

  2. 有機高分子材料内における部分放電劣化、 東海学術奨励会助成金研究

    2003年

    東海学術奨励会助成金研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 有機高分子材料の放電劣化に関する研究、名古屋大学学術振興事業助成研究

    2002年

    名古屋大学学術振興事業助成研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 10

  1. 心動態を考慮した小児心臓CT検査の最適化に関する研究

    研究課題/研究課題番号:19K12779  2019年4月 - 2022年3月

    川浦 稚代

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、近年のCT装置の技術進歩に伴い、その検査件数が急増したことで被ばくリスクの増加が懸念されている小児の心臓CT検査において、独自に開発した小児用心臓動態ファントムと小児用臓器線量計測システム、ならびに、微弱光測定システムを利用した線量分布計測システムを用いて、小児心臓CT検査時の画質と線量の関係解明を試みる。また、造影剤の物理特性が被ばく線量と画質に及ぼす影響を調査し、得られた成果を総合的に評価することで、小児心臓CT検査の最適化について検討を行う。
    本研究の目的は、先天性心疾患を模擬した小児型心臓動態ファントムを独自に作製すること、それを用いて小児心臓CT検査時の画質と被ばく線量の関係を解明することで、小児心臓CT検査の最適化を検討することである。2019年度は、小児患者の心臓および血管形状データを基に、小児型心臓動態ファントムの作製を行った。心臓CT検査の場合、診断画像の画質に大きく影響を及ぼすのは、モーションアーチファクトである。最新のCT装置には、冠動脈の複雑な動きを予測し、モーションアーチファクトの少ない静止画像を自動で得ることが可能な心臓動態解析アルゴリズムが搭載されているものがある。このような心臓CT特有の再構成アルゴリズムでは、ファントムにおいて心臓の形態はもちろんのこと、血管の動きが本物の心臓とかけ離れていると、画像が再構成されない。そこで本研究では、まず、ラバー製の心臓ファントム体部に造影剤を注入したシリコンチューブ製の模擬血管を装着した試作品の心臓動態ファントムを使って、模擬冠動脈の形状や動きがCT装置によって認識され画像が得られるかどうか試した。結果、試作の心臓動態ファントムでは画像を得ることができなかった。そこで、模擬冠動脈の形状や配置、心臓全体の形状などファントム形状を様々に変化させ試作を繰り返した。結果、最終的な心臓動態ファントムの構造を決定した。作製した小児型心臓動態ファントムは、直径20cmのアクリル水槽中心位置に、シリコンラバー製の心臓体部、冠動脈、心臓ファントム体部に造影剤を出し入れし、心臓を拡張収縮させるための脈動ポンプからなる。次に、当初の実験計画通り、作製した心臓動態ファントムを病院に持ち込み、臨床条件にて撮像を行おうとしていたが、新型コロナウイルス感染拡大を受け、病院での撮像実験ができなくなり、現在研究が中断している状態である。
    本研究では、心臓CT検査における画質と被ばくの関係を解明することが第一の目的であるが、様々な撮影条件で心臓CT画像を取得するには、人体の形状や生理的体動を模擬したファントムが必要不可欠である。特に小児は成人に比べ体が小さいため、心臓や血管の造作に細かい作業が必要であることから、ファントム材料の加工性、CT値などの物理特性、動きに対する伸展性や収縮性、強度の検討などに多大な時間がかかった。血管の形状も病態に合わせて変更できるように、心臓体部と冠動脈は別々に作製し、心臓体部の上から冠動脈をかぶせる構造で試作品を作製したが、CT装置の心臓動態解析アルゴリズムには心臓として認識されなかった。再度、冠動脈の形状、材質、動きなどを検討し、何十回と試作を繰り返した。その結果、心臓体部と冠動脈の密着度の改善が必要であること、冠動脈を脂肪組織様構造物で覆う必要性があること、大動脈と冠動脈の分岐部の構造の改善が必要であることなどが明らかになった。また、心臓体部の構造が独特であるため、型から心臓部分を外す工程がうまくいかずにラバーが破れてしまい、何度も型の設計をやり直すことになった。最終的には使い捨ての型を作製することにした。これらの製造工程を改良しつつ、最終的な心臓動態ファントムを完成させたが、当初の予定よりもファントムの作製に大いに時間と労力を費やした。それでもようやく完成した心臓動態ファントムを病院の臨床機で撮影してもらう予定で協力関係にある病院と打ち合わせを行っていたが、2020年に入ってからは、新型コロナウイルスに対する感染防止対策のため、病院への部外者の出入りが禁じられ、心臓CT検査時の画像収集実験が行えなくなった。2019年度の計画の一つである、心臓動態ファントムの作製は完了したが、様々な撮影条件で撮影したファントム画像の画質評価は実施できなかった。
    2020年度に実施する予定の心臓CT検査時の被ばく線量評価もまた、実際に臨床で使用されているCT装置を使って、臨床で日常的に使用されている撮影条件に即して実施する必要があるが、新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、病院内での線量測定実験は今年度中には実施できない可能性が推測される。そこでまず、2020年度は、2019年度に実施できなかった、画質評価を優先的に行うこととし、臨床機ではなく実験用のCT装置で画像収集を行うこととする。実験機には最新の心臓動態解析アルゴリズムは搭載されていないが、一般的なマニュアルでの心臓CT検査の再現は可能である。撮影条件は小児の心臓CT検査に関する文献を参照とする。一方で、川崎病の診断に必要な冠動脈病変を再現するため、冠動脈ファントムに模擬動脈瘤を付与した動脈瘤付き血管ファントムの開発と、血管狭窄を模擬した狭窄付き血管ファントムの開発を行う。これら血管ファントムを装着した心臓動態ファントムの画像収集を行い、我々が考案したGauss法により画像ノイズおよびContrast-to-noise ratio(CNR)を評価し、Gumbel法によりアーチファクトの評価、また、血管形状のあいまい度と情報利得を指標に動脈瘤あるいは狭窄部位の検出率の評価を行う。最終的な心臓CT検査の最適化の判断には、我々が考案したBenefit-to-risk ratio (BRR)=情報利得/臓器線量を各撮影条件で求める必要があるが、臓器線量の測定は実施できるかどうかが不明であるため、もし、実測による臓器線量評価が不可能であった場合は、モンテカルロシミュレーション法により患者線量を計算で求める方法に切り替える予定である。上記の手法を用いて、心臓CT検査時の画質と線量の関係解明を試みる。

  2. ヨード系造影剤の薬剤物性解析と造影画像の画質との関係-定説は正しいか?

    研究課題/研究課題番号:18K12129  2018年4月 - 2021年3月

    今井 國治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本申請研究では、脳血管DSA検査を対象に、被ばく線量増幅効果を含む造影剤の副作用、造影剤の効能である造影能、DSA画像の画質の3要因ついて詳細な検討をことである。そこで本年度は、ヨード造影剤の副作用発症軽減機構について量子化学的に考察し、さらにヨード造影剤の生理学的薬剤特性をもとに、造影剤間の交叉反応について数理解析的に検討した。
    本検討で対象とした造影剤は市販の非イオン性ヨード製剤であり、ここで行った解析は、シュレーディンガーの波動方程式に基づく数理解析とクラスター解析による数理解析で、比較のためイオン性ヨード製剤も含めて解析を行った。
    非イオン性製剤はイオン性製剤よりも副作用の発現が低いと言われており、その主な要因として、造影剤分子の親水性側鎖が疎水基をシールドするためだと考えられている。しかし、これが実際に起こっているのかは定かではない。そこで、造影剤分子の状況を量子化学的に解析したところ、親水性側鎖が疎水基を直接シールドするといった安定配座は一切認められず、親水性側鎖を起点とする水クラスターが疎水基をシールドしていると言う特筆すべき結果を得た。また、この水クラスター数と副作用発症率との関係を求めたところ、両者には非常に良い相関があり、疎水基付近に存在する水クラスターが造影剤の副作用発症軽減に深く関与していることが示唆された。
    ヨード造影剤の交叉反応は、副作用の既往歴のある患者を対象に造影検査を実施する際に留意すべき重要な事項である。しかし、どのような造影剤の組み合わせで、交叉反応が起こるかについてはあまり検討されていない。そこで、ヨード造影剤の生理学的薬剤特性をもとにクラスター解析を行い、造影剤間の類似度を定量的に明らかにした上で、交叉反応との関連性について検討した。その結果、ヨード造影剤の生理学的薬剤特性の類似性と交叉反応発症との間には密接な関連があることが示唆された。
    申請時の予定では、採択初年度、DSA検査専用脳血管ファントムを作成し、それを用いて、被ばく線量及び画質の評価を実施する予定であったが、昨年度の報告書で述べたように、ファントム作成に遅れが生じたため、これらの検討は一年遅れとなった。さらに、今年度、画質解析を担当する共同研究者の一人が定年退職ということもあって、計画通りなら、被ばく線量評価から検討する予定であったが、急遽、予定を変更して、画質評価から行うことにした。ノイズ及びストリークアーチファクトについては、申請代表者が以前の科研研究で考案した定量評価法を用いて検討できるが、DSA画像のようなディジタル画像の鮮鋭度や回転断層画像で問題視されるビームハードニング効果に関しては、現在のところ、その定量評価法は存在しない。そこで、確率過程論や金融工学等で用いられている理論を駆使し、鮮鋭度に関しては、空間周波数特性をもとにROC解析的手法による定量評価法を考案し、ビームハードニング効果については、確率微分方程式による評価法を考案した。これらの方法の妥当性については、視覚評価との対応で、適切に評価できることを確認し、現在、これらの方法を含めて、DSA画像の画質評価を実施している。その進捗状況は順調に進んでいる。
    次に、副作用に関してであるが、「研究業績の概要」で述べたように、これまでにない知見を本研究で見出すことができた。さらに、副作用に関する研究が、予定以上に進んだため、申請当初には計画していなかった造影剤による血圧低下の検討を開始した。その内容は造影剤分子とタンパク質との相互作用をもとに、どのような機序で血圧低下が起こるかと言うもので、現段階の解析結果によれば、アンギオテンシン変換酵素との関連性を示唆するものとなっており、この結果は動物実験による報告を支持する内容となっている。
    以上のことから、本申請研究は順調に進展していると言える。
    次年度の研究計画は以下の通りである。
    (1)脳血管ファントムを用いた被ばく線量測定、(2)ヨード造影剤の副作用に関する分子動力学的解析
    まず、(1)の項目についてであるが、「現在までの進捗状況」で述べたように、DSA画像の画質評価を先回しにした関係、被ばく線量の実測は行っていない。それ故、次年度では、被ばく線量評価を行うが、その具体的な測定方法については、昨年の報告書通りに行う予定で、市販の非イオン性ヨード製剤をファントム内の模擬血管に注入し、その下で、造影剤量と被ばく線量との関係を測定する。さらに、その結果とシミュレーションとの比較を行い、造影剤による被ばく線量増幅効果について詳細に検討する。
    次に、(2)の項目についてであるが、本年度は、副作用発症頻度とシールド効果との関係や造影剤間の交叉反応と言った検討を行い、これまでにない知見や臨床的に有益な情報を提供することができた。次年度は、「現在までの進捗状況」で述べたように、重篤な副作用である血圧低下に関する検討を継続して行う予定である。さらに、副作用の中でも頻度の高い嘔吐についても、分子動力学的に検討を行う予定で、これに関しては、抗がん剤の一つであるシスプラチンの薬剤特性と比較して行う。その理由として、シスプラチンもヨード造影剤と同様、かなりの頻度で嘔吐を引き起こすこと、さらに、その原因が、ある程度解明されていることが挙げられる。つまり、この原因がヨード造影剤における嘔吐発現と何らかの類似性があるのではないかと考えている。そこで、申請者らは、既にシスプラチンの薬剤特性に関する解析を始めており、これまでに報告されているシスプラチンの薬剤特性を量子化学的に再現できることを確認している。今後は、これをもとに、シスプラチンと嘔吐を引き起こす化学受容体との相互作用を分子力学的に解析し、その後、ヨード造影剤に関する検討へと進める予定である。

  3. ヨード系造影剤の薬剤物性解析と造影画像の画質との関係-定説は正しいか?

    2018年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    今井國治

  4. X線CT画像における雑音分散に関する検討

    研究課題/研究課題番号:18K07748  2018年4月 - 2020年3月

    池田 充

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    雑音を量子雑音に限定した場合におけるX線CT画像上の関心領域(ROI)内の「空間領域」の雑音分散の「ensemble領域」での期待値について、今年度は、使用する2種類のX線検出器モデルの差がシミュレーションに与える影響について検討した。その結果、X線検出器にquantum counterモデルを採用した同雑音分散の期待値を解析的に計算する方法は、X線検出器がenergy integrating detectorモデルの場合でも有用であることが確認された。これまでの検討を通じて、現在使用されているX線CT装置に対して、上記の解析的な計算方法の精度は高いものと言える結果を得た。
    また、U-Netを利用したニューラルネットワークを使用して、ROIの画像データから、X線CT画像上の任意の場所におけるROI内の「空間平均」の雑音標準偏差(SD)の「ensemble領域」での期待値の推定の可否について検討した。市販の胸部ファントムを、マルチスライスX線CT装置のnon helical scanモードで、各種の再構成関数と電流値で25枚の同じ画像を撮影したものを解析対象画像とした。ROI内の雑音SDの「ensemble領域」での期待値は、同一のスライス位置と撮影条件で撮影した再構成画像から得られる300種類の差分画像からの平均により推定した。今回の検討の範囲内では、再構成関数による差は認められるが、ニューラルネットワークによってROIの画像データから雑音SDを高精度で予測が可能であると言える結果となった。さらに、各画素を中心とするROI内の画像データから、X線CT画像上の任意の場所における被ばく線量の推定の可能性についての検討した結果、今回の検討の範囲内では、ROI内の画像データから同ROIにおける雑音SDを予測することに比較すると劣るものではあるが、ある程度は予測できると言える結果となった。

  5. 人体ファントム内線量計測に基づく日本の乳幼児CT被ばくの実態解明

    研究課題/研究課題番号:16K09014  2016年4月 - 2019年3月

    川浦 稚代

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、日本人0.5歳児の体型を模擬した頭-胸部ファントムを作製し、その内部に蛍光ガラス線量計を多数設置した人体ファントム臓器線量計測システムを構築し、それを用いて乳児頭部CT検査時の被ばくの現状を実測に基づいて調査した。また、乳幼児頭部の診断画像の画像ノイズを評価し、ノイズと患者年齢、検査目的、頭部形状、線量との関係から検査の最適化について検討を行った。一方で、放射線照射による高分子材料の発光現象を利用した被写体内線量分布測定システムを考案し、その精度検証を行った。本システムは、従来よりも安価で簡便に線量分布を測定でき、検査の最適化やリスク評価において有益な線量情報をもたらすであろう。
    わが国では、X線CT検査による子供の被ばくリスクが大きな社会問題となっているが、CT検査の最適化や、被ばくリスクの推定精度の検証に必要な臓器線量データは皆無であった。本研究ではこの問題を解決すべく、日本人体型を模擬した人体ファントムによる線量評価により、乳幼児において実施頻度が最も高い頭部CT検査の臓器線量レベルを明らかにした。同時に、診断画像を基に、画質と線量との関係を年齢、検査目的、頭部形状別に調べることで、年齢別に最適検査条件を提案した。本研究で得られた線量や画質データは、検査の最適化だけでなく、より効果的な放射線防護法の開発や、リスク推定の精度向上に大いに役立つであろう。

  6. 確率共鳴を利用した脳梗塞部の検出と被ばく線量軽減-ノイズは本当に有害因子なのか

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    今井國治

  7. 脳卒中CT画像に及ぼす線量効果

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    今井國治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 頭部CT画像における画質とそれに及ぼす線量効果

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C),課題番号:20591474

    今井 國治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. CADのための医用画像の画質評価と被曝線量評価、文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「多次元画像の知的診断支援」

    2005年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  文部科学省科学研究費補助金特定領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  10. デジタル画像処理によるがん画像の特徴検出、厚生労働省ガン研究助成金「デジタル画像を利用した診断支援システムの開発と利用に関する研究」

    2004年4月

    科学研究費補助金  厚生労働省ガン研究助成金

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 12

  1. 医用工学及び実習

    2020

  2. 基礎電気電子工学及び演習

    2020

  3. 医用電気電子系工学実験

    2020

  4. 放射線技術科学基礎セミナー

    2020

  5. 特別研究

    2020

  6. 医用画像解析学特講演習

    2020

  7. 医用量子科学特別研究Ⅱ

    2020

  8. 医用画像情報学特講演習

    2020

  9. 特別研究

    2020

  10. 医用画像解析学特論

    2020

  11. 医用量子科学実習Ⅰ

    2020

  12. 保健医療技術概論

    2020

▼全件表示