2021/11/02 更新

写真a

ヤマモト トシミチ
山本 敏充
YAMAMOTO, Toshimichi
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 社会生命科学 准教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 博士(医学) ( 1994年3月   名古屋大学 ) 

  2. 修士(医科学) ( 1985年3月   筑波大学 ) 

研究キーワード 9

  1. 霊長類

  2. 系統関係

  3. 遺伝的異質性

  4. ヒト集団

  5. 検出方法

  6. 血縁関係

  7. 個人識別

  8. 多型

  9. STR

研究分野 6

  1. その他 / その他  / 法医学

  2. その他 / その他  / 人類学

  3. その他 / その他  / 人類遺伝学

  4. その他 / その他  / 分子生物学

  5. その他 / その他  / 遺伝・ゲノム動態

  6. その他 / その他  / 生物多様性・分類

▼全件表示

現在の研究課題とSDGs 9

  1. STR多型による東・東南アジアを中心とした世界中ののヒト集団における遺伝学的研究

  2. 伊達政宗の遣欧使節の末裔といわれるスペイン「ハポン」姓の人々のゲノムワイド解析

  3. 日本人と大陸のアジア人との遺伝的異質性の法医学的応用研究

  4. STR多型の法医学的応用

  5. 各種DNAマーカーからみた中南米のヒト集団における遺伝的構造解析

  6. 中南米における古代DNAの分子考古学的解析

  7. ヒトの顔貌とゲノム内の多型的マーカーとの相関に関する分子人類学的研究

  8. 霊長類におけるSTR多型の遺伝的多様性の研究

  9. MVR-PCR法の法医学的応用

▼全件表示

経歴 3

  1. 名古屋大学大学院医学系研究科・准教授

    2007年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学大学院医学系研究科・助教授

    1998年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学医学部法医学教室・助手

    1993年10月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 筑波大学   医科学研究科   法医学

    1983年4月 - 1985年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 筑波大学   第二学群   生物学類

    - 1982年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. 日本法医学会   評議員

  2. 国際法医遺伝学会

  3. 日本人類学会

  4. 日本DNA多型学会   代議員

    2011年12月

  5. 日本人類遺伝学会

  6. 日本霊長類学会

▼全件表示

 

論文 78

  1. Japaneseplex: A forensic SNP assay for identification of Japanese people using Japanese-specific alleles 査読有り

    Legal Medicine   33 巻   頁: 17-22   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. A human genotyping trial to estimate the post-feeding time from mosquito blood meals 査読有り

    Yuuji Hiroshige, Masaaki Hara, Atsushi Nagai, Tomoyuki Hikitsuchi, Mitsuo Umeda, Yumi Kawajiri, Koji Nakayama, Koichi Suzuki, Aya Takada, Akira Ishii, Toshimichi Yamamoto

    PLoS ONE   12 巻 ( 6 ) 頁: e0179319   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1371/journal. pone.0179319

  3. High-resolution copy number variation analysis of schizophrenia in Japan 査読有り

    Itaru Kushima, Branko Aleksic, Masahiro Nakatochi, Teppei Shimamura, Tomoko Shiino, Akira Yoshimi, Hiroki Kimura, Yuto Takasaki, Chenyao Wang, Jingrui Xing, Kanako Ishizuka, Iidaka, Shuji Iritani, Toshimichi Yamamoto, Mitsuhiro Miyashita, Akiko Kobori, Makoto Arai, Norio Ozaki, etc

    Molecular Psychiatry   22 巻   頁: 430–440   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/mp.2016.88

  4. Species specificities among primates probed with commercially available fluorescence-based multiplex PCR typing kits 査読有り

    Yuuji Hiroshige, Hiroyuki Ohtaki, Takashi Yoshimoto, Hisae Ogawa, Akira Ishii, Toshimichi Yamamoto

      17 巻   頁: 326-333   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.legalmed.2015.03.006

  5. CD109 attenuates TGF-β1 signaling and enhances EGF signaling in SK-MG-1 human glioblastoma cells 査読有り

    Jing-min Zhang, Yoshiki Murakumo, Sumitaka Hagiwara, Ping Jiang, Shinji Mii, Emir Kalyoncu, Shoji Saito, Chikage Suzuki, Yasutaka Sakurai, Yoshiko Numata, Toshimichi Yamamoto, Masahide Takahashi

      459 巻   頁: 252-258   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2015.02.093

  6. Identification of causative pregnancy of gestational trophoblastic neoplasia diagnosed during pregnancy by short tandem repeat analysis 査読有り

    Eiko Yamamoto, Kaoru Niimi, Kanako Shinjo, Toshimichi Yamamoto, Masaharu Fukunaga, Fumitaka Kikkawa

    Gynecologic Oncology Case Reports   9 巻   頁: 3-6   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.gynor.2014.04.001

  7. Revertant Mutation Releases Confined Lethal Mutation, Opening Pandora's Box: A Novel Genetic Pathogenesis 査読有り

    Yasushi Ogawa, Takuya Takeichi, Michihiro Kono, Nobuyuki Hamajima, Toshimichi Yamamoto, Kazumitsu Sugiura, Masashi Akiyama

    PLOS Genetics   10 巻 ( 5 ) 頁: e1004276   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pgen.1004276

  8. Ovarian mucinous tumors arising from mature cystic teratomas - a molecular genetic approach for understanding the cellular origin 査読有り

    Kaho Fujii, Yoriko Yamashita, Toshimichi Yamamoto, Koji Takahashi, Katsunori Hashimoto, Tomoko Miyata, Kumi Kawai, Fumitaka Kikkawa, Shinya Toyokuni, Tetsuro Nagasaka

    Human Pathology     2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.humpath.2013.10.031

  9. The history of human populations in the Japanese Archipelago inferred from genome-wide SNP data with a special reference to the Ainu and the Ryukyuan populations 査読有り

    Timothy Jinam, Nao Nishida, Momoki Hirai, Shoji Kawamura, Hiroki Oota, Kazuo Umetsu, Ryosuke Kimura, Jun Ohashi, Atsushi Tajima, Toshimichi Yamamoto, Hideyuki Tanabe, Shuhei Mano, Yumiko Suto, Tadashi Kaname, Kenji Naritomi, Kumiko Yanagi, Norio Niikawa, Keiichi Omoto, Katsushi Tokunaga, Naruya Saitou

    Journal of Human Genetics   57 巻   頁: 787–795   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/jhg.2012.114

  10. Autosomal and Y-chromosomal STR markers reveal a close relationship between Hokkaido Ainu and Ryukyu islanders 査読有り

    Koganebuchi K, Katsumura T, Nakagome S, Ishida H, Kawamura S, OOTA H, Jun Ohashi J, Yamamoto T, Nishida N, Tajima A, Tanabe T, Umetsu K, Saitou N, Tokunaga K, Suto Y, Hirai M, Kimura R, Mano S, Omoto K

    Anthropological Science   120 巻 ( 3 ) 頁: 199–208   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1537/ase.120322

  11. A case report of placental mesenchymal dysplasia with an increased VEGF-D expression 査読有り

    T. Kotani, S. Sumigama, H. Tsuda, Y. Mano, E. Yamamoto, A. Iwasea, Y. Shimoyama, T. Nagasaka, H. Hayakawa, T. Yamamoto, K. Ino, F. Kikkawa

    Placenta   33 巻   頁: 888-891   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.placenta.2012.07.015

  12. 自然脱落毛からのSTR型検出のための判定基準 査読有り

    廣重優二,山本敏充,吉本高士,石井晃

    法科学技術   18 巻 ( 2 ) 頁: 97-111   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Family selection study among DNA samples collected from Amerindian ethnic group (Wayuu) in northern Colombia 査読有り

    Toshimichi Yamamoto, Tadashi Gomyoda, Toshinari Ito, Kaoru Saijo, Inaho Danjoh, Yukio Nakamura

    Forensic Science International: Genetics Supplement Series   3 巻   頁: e234-e235   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fsigss.2011.08.116

  14. The distribution of H19HP haplotypes in Asian populations 査読有り

    Toshimichi Yamamoto, Tadashi Gomyoda, Toshinari Ito, Kaoru Saijo, Inaho Danjoh, Yukio Nakamura

    Forensic Science International: Genetics Supplement Series   3 巻   頁: e341–e342   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fsigss.2011.09.033

  15. Frequency data for 12 mini STR loci in Argentina 査読有り

    Carlos Vulloa, Alicia Borosky, Carola Romanini, Laura Catelli, Toshimichi Yamamoto

    Forensic science international: genetics   4 巻 ( 1 ) 頁: e79-e81   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fsigen.2009.06.006

  16. FLNA p.V528M substitution is neither associated with bilateral periventricular nodular heterotopia nor with macrothrombocytopenia 査読有り

    Shinji Kunishima, Yoshimi Ito-Yamamura, Akira Hayakawa, Toshimichi Yamamoto, Hidehiko Saito

    Journal of Human Genetics   55 巻   頁: 844-846   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/jhg.2010.114

  17. Minisatellite MS32 Alleles Show Population Specificity Among Thai, Chinese, and Japanese 査読有り

    Qing-Hua Yuan, Azusa Tanaka, Richard H. Kaszynski, Morio Iino, Tomoko Okuno, Tatsuaki Tsuruyama, Toshimichi Yamamoto, Alec J. Jeffreys, Keiji Tamaki

    Journal of Molecular Evolution   68 巻   頁: 126-133   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Allele frequencies of six miniSTR loci (D20S480, D6S2439, D6S1056, D9S1118, D4S2639 and D17S1290), "Midi-6", in a Basque Country autochthonous population. 査読有り

    García O, Yurrebaso I, Pérez JA, Peñas R, Urieta I, Uriarte I, Martín P, Albarrán C, Alonso A, Yamamoto T

    Forensic Science International   172 巻   頁: 208-210   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. A triplet pregnancy featuring a 47, XY+9 heterozygous complete mole coexisting with two fetuses at 9 weeks. 査読有り

    Suzuki M. Itakura A. Ino K. Yamamoto T

    Acta Obstetricia et Gynecologica Scandinavica   86 巻 ( 5 ) 頁: 635-637   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Usefulness of a hundred of autosomal tetranucleotide STR markers for genetic analysis among geographically close human regional populations in East Asia 査読有り

    Toshimichi Yamamoto, Marie Fukami, Rieko Uchihi, Takashi Yoshimoto, Miho Sasaki, Takafumi Mizuno, Yoshinao Katsumata, Naruya Saitou

    Forensic Science International: Genetics Supplement Series   2 巻   頁: 376–377   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fsigss.2009.08.176

  21. A pure nongestational choriocarcinoma of the ovary diagnosed with short tandem repeat analysis: case report and review of the literature. 査読有り

    Yamamoto E. Ino K. Yamamoto T. Sumigama S. Nawa A. Nomura S. Kikkawa F

    International Journal of Gynecological Cancer   17 巻 ( 1 ) 頁: 254-258   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1525-1438.2006.00764.x

  22. Genetically identified complete hydatidiform mole coexisting with a live twin Fetus: comparison with conventional diagnosis. 査読有り

    Seiji Sumigama, Atsuo Itakura, Toshimichi Yamamoto, Tetsuro Nagasaka, Eiko Yamamoto, Kazuhiko Ino, Fumitaka Kikkawa

    Gynecologic and Obstetric Investigation   64 巻   頁: 228-31   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. A pure nongestational choriocarcinoma of the ovary diagnosed with short tandem repeat analysis: case report and review of the literature. 査読有り

    Yamamoto E. Ino K. Yamamoto T. Sumigama S. Nawa A. Nomura S. Kikkawa F

    International Journal of Gynecological Cancer   17 巻 ( 1 ) 頁: 254-258   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Population data of six STR loci using hexaplex PCR amplification and typing system,Midi-6 in four regional populations in Japan.

    Uchihi R, Yamamoto T, Yoshimoto T, Inoue C, Kishida T, Yoshioka N, Katsumata Y

    Forensic Science International   169 巻   頁: 255-259   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.forsciint.2006.03.016

  25. *Phylogenetic relationship of the populations within and around Japan using 105 short tandem repeat polymorphic loci. 査読有り

    Li SL, Yamamoto T, Yoshimoto T, Uchihi R, Mizutani M, Kurimoto Y, Tokunaga K, Jin F, Katsumata Y, Saitou N

    Human Genetics   118 巻   頁: 695-707   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Allele frequency distributions at three pentanycleotide repeat STRs in a Japanese population. 査読有り

    Ohtaki H, Yamamoto T, Yoshikawa S, Yoshimoto T, Uchihi R, Katsumata Y

    Journal of Forensic Sciences   51 巻 ( 1 ) 頁: 193-194   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. *Mutations in 14 Y-STR loci among Japanese father-son haplotypes. 査読有り

    Kurihara R, Yamamoto T, Uchihi R, Li SL, Yoshimoto T, Ohtaki H, Kamiyama K, Katsumata Y.

    International Journal of Legal Medicine   118 巻 ( 3 ) 頁: 125-131   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Population database and mutation study for short tandem repeat loci on Y-chromosome (Y-STRs) in Japanese populations. 査読有り

    Yamamoto T

    Forensic Science Review   15 巻 ( 2 ) 頁: 172-178   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Haplotype analysis with 14 Y-STR loci using 2 multiplex amplification and typing systems in 2 regional populations in Japan. 査読有り

    Uchihi R, Yamamoto T, Usuda K, Yoshimoto T, Tanaka M, Tokunaga S, Kurihara R, Tokunaga K, Katsumata Y

    International Journal of Legal Medicine   117 巻 ( 1 ) 頁: 34-38   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. A novel fluorescent quadruplex STR typing system and the allele frequency distributions in a Thai population.

    Yoshimoto T, Yamamoto T, Mizutani M, Uchihi R, Ohtaki H, Katsumata Y, Waiyawuth W, Songsivilai S

    Journal of Forensic Sciences   48 巻 ( 1 ) 頁: 116-121   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. *A powerful, novel, multiplex typing system for six short tandem repeat loci and the allele frequency distributions in two Japanese regional populations. 査読有り

    Ohtaki H, Yamamoto T, Yoshimoto T, Uchihi R, Ooshima C, Katsumata Y, Tokunaga K

    Electrophoresis   23 巻 ( 19 ) 頁: 3332-3340   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. A new triplex STR system without irregular alleles by silver staining and its potential application to forensic analysis. 査読有り

    Yoshimoto T, Yamamoto T, Uchihi R, Tamaki K, Huang XL, Mizutani M, Tanaka M, Armour JA

    Journal of Forensic Sciences   46 巻 ( 3 ) 頁: 448-452   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. The application of minisatellite variant repeat mapping by PCR (MVR-PCR) in a paternity case showing false exclusion due to STR mutation. 査読有り

    Yamamoto T, Tamaki K, Huang XL, Yoshimoto T, Mizutani M, Uchihi R, Katsumata Y, Jeffreys AJ

    Journal of Forensic Sciences   46 巻 ( 2 ) 頁: 374-378   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. *Analysis of 168 short tandem repeat loci in the Japanese population, using a screening set for human genetic mapping. 査読有り

    Mizutani M, Yamamoto T, Torii K, Kawase H, Yoshimoto T, Uchihi R, Tanaka M, Tamaki K, Katsumata Y

    Journal of Human Genetics   46 巻 ( 8 ) 頁: 448-452   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Major histocompatibility complex DQA1 nucleotide sequences of gelada baboon(Theropithecus gelada), olive baboon(Papio anubis), and yellaw baboon(Papio cynocephalus), 査読有り

    Immunogenetics   46 巻   頁: 365-366   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Usefulness of a toothbrush as a source of evidential DNA for typing. 査読有り

    Tanaka M, Yoshimoto T, Nozawa H, Ohtaki H, Kato Y, Sato K, Yamamoto T, Tamaki K, Katsumata Y

    Journal of Forensic Sciences   45 巻 ( 3 ) 頁: 674-676   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Nucleotide sequences of the major histocompatibility complex DQA1 locus of Cercopithecus monkeys. 査読有り

    Immunogenetics   46 巻   頁: 363-364   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. A rapid typing system at three STR loci from bloodstains wsing a simple DNA Extraction Kit and Capillary Electrophoresis. 査読有り

    The Japanese Journal of Legal Medicine   51 巻 ( 5 ) 頁: 396-400   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Purification of Nuclear DNA from single hair shafts for DNA analysis in forensic sciences 査読有り

    Nozawa H, Yamamoto T, Uchihi R, Yoshimoto T, Tamaki K, Hayashi S, Ozawa T, Katsumata Y

    Legal Medicine   1 巻 ( 2 ) 頁: 61-67   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Tetrameric short tandem repeat (STR) system D15S233(wg1d1): Sequencing and frequency data in the Japanese and Chinese populations. 査読有り

    Kojima T, Yamamoto T, Yoshimoto T, Tamaki K, Huang XL, Ohtaki H, Uchihi R, Armour JAL, Chen S, Katsumata Y.

    Legal Medicine   1 巻 ( 3 ) 頁: 119-126   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Evaluation of tetranucleotide repeat locus D7S809(wg1g7)in the Japanese population. 査読有り

    Forensic Science International   81 巻   頁: 133-140   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Evaluation of the paternity probability on an application of minisatellite variant repeat mapping using polymerase chain reaction(MVR-PCR)to paternity testing 査読有り

    Huang XL, Tamaki K, Yamamoto T, Yoshimoto T, Mizutani M, Leong YK, Tanaka M, Nozawa H, Uchihi R, Katsumata Y

    Legal Medicine   1 巻 ( 1 ) 頁: 37-43   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Analysis of allelic structures at the D7S21(MS31A)locus in the Japanese, using minisatellite variant repeat mapping by PCR(MVR-PCR). 査読有り

    Annals of Human Genetics   60 巻   頁: 271-279   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Evaluation of two new STR loci 9g2hI and mg3f12 in a Japanese population. 査読有り

    Mizutani M, Huang XL, Tamaki K, Yoshimoto T, Uchihi R, Yamamoto T, Katsumata Y, Armour JAJ

    Legal Medicine   1 巻 ( 1 ) 頁: 25-28   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Applications of Minisatellite Variant Repeat (MVR) Mapping for Maternal ldentification from Remains of an Infant and Placenta. 査読有り

    Journal of Forensic Sciences   40 巻 ( 4 ) 頁: 695-700   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Re: Modification of clinical presentation of prostate tumors by a novel genetic variant in CYP3A4. 査読有り

    Ando Y, Tateishi T, Sekido Y, Yamamoto T, Satoh T, Hasegawa Y, Kobayashi S, Katsumata Y, Shimokata K, Saito H

    Journal of National Cancer Institute   91 巻 ( 18 ) 頁: 1587-1588   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Potential Forensic Applications of Minisatellite Variant Repeat(MVR) Mapping Using the Polymerase Chain Reaction(PCR) at D1S8. 査読有り

    Journal of Forensic Sciences   39 巻 ( 3 ) 頁: 743-750   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. DNA typing of primate major histocompatibility complex (Mhc)-DQA1 locus by PCR and dot blot hybridization. 査読有り

    Mwenda JM, Shotake T, Yamamoto T, Uchihi R, Bambra CS, Katsumata Y

    Cellular & Molecular Biology   45 巻 ( 8 ) 頁: 1249-1256   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Efficient Amplification of the HLA-DQA1 Gene in Single Genomes Using a Semi-nested Polymerase Chain Reaction. 査読有り

    The Japanese Journal of Legal Medicine   48 巻 ( 5 ) 頁: 329-335   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. The potential contribution of MVR-PCR to paternity probabilities in a case lacking a mother. 査読有り

    Tamaki K, Huang XL, Mizutani M, Yamamoto T, Katsumata R, Uchihi R, Katsumata Y, Jeffreys AJ

    Journal of Forensic Sciences   44 巻 ( 4 ) 頁: 863-867   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. DNA typing of the D1S8(MS32) locus by rapid detection minisatellite variant repeat(MVR) mapping using polymerase chain reaction(PCR) assay. 査読有り

    Forensic Science International   66 巻   頁: 69-75   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Allele distribution at nine STR loci-D3S1358, cWA, FGA, TH01, CSF1PO, D5818, D13S317 and D7S820-in the Japanese population by multiplex PCR and capillary electrophoresis 査読有り

    Yamamoto T, Uchihi R, Nozawa H, Huang XL, Leong YK, Tanaka M, Mizutani M, Tamaki K, Katsumata Y

    Journal of Forensic Sciences   44 巻 ( 1 ) 頁: 167-170   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Amplification of HLA-DQA1 Gene from Bloodstains by Polymerase Chain Reaction.

    The Japanese Journal of Legal Medicine   47 巻 ( 1 ) 頁: 6-12   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Sequence analysis of alleles at a microsatellite locus D14S299 (wg1c5) and population genetic comparisons 査読有り

    Yoshimoto T, Tamaki K, Katsumata S, Huang XL, Uchihi R, Tanaka M, Uchida H, Yamamoto T, Chen S, Armour JA, Katsumata Y

    International Journal of Legal Medicine   113 巻 ( 1 ) 頁: 15-18   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Deoxyribonucleic acid(DNA)typing of human leukocyte antigen(HLA)-DQA1 from single hairs in Japanese. 査読有り

    Journal of Forensic Sciences   37 巻 ( 3 ) 頁: 853-859   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Frequency of HLA-DQA1 alleles in the Japanese population. 査読有り

    Human Heredity   41 巻   頁: 209-214   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Maternal identification from skeletal remains of an infant kept by the alleged mother for 16years with DNA typing. 査読有り

    Toshimichi Yamamoto, Rieko Uchihi, Toshinori Kojima, Hideki Nozawa, Xiu-Lin Huang, Keiji Tamaki, Yoshinao Katsumata

    Journal of Forensic Sciences   43 巻 ( 3 ) 頁: 701-705   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. The evaluation of species ; entification in blood by dot hybridization using a recombinant DNA probe. 査読有り

    Acta Criminologiae et Medicinae Legalis Japonica   56 巻 ( 3 ) 頁: 99-106   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Genetic analysis of human lymphocyte proteins by two-dimentional gel electrophoresis : VIII. Genetic polymorphism of cytosol polypeptide with molecular weight of 20,000. 査読有り

    Human Genetics   72 巻 ( 4 ) 頁: 303-306   1986年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Genetic analysis of human lymphocyte proteins by two-dimentional gel electrophoresis : VII. Genetic polymorphism of cytosol polypeptide with molecular weight of 38,000. 査読有り

    Human Genetics   70 巻 ( 4 ) 頁: 328-332   1985年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Genetic analysis of human lymphocyte proteins by two-dimentional gel electrophoresis : VI. Identification of esterase D in the two-dimentional gel electrophoresis pattern of cellular proteins. 査読有り

    Human Genetics   66 巻 ( 2-3 ) 頁: 248-251   1984年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. DNA Analysis of a Grandfather-Father-Son Relationship from 300-Year-Old Rewains of the Date Clan in Japan. 査読有り

    Rieko Uchihi, Toshimichi Yamamoto, Hideki Nozawa, Keiji Tamaki, Tomowo Ozawa, Tadasu K. Yamada, Yoshinao Katsumata

    The Japanese Journal of regal Medicine   52 巻 ( 2 ) 頁: 157-162   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Genetic analysis of human lymphocyte proteins by two-dimentional gel electrophoresis : V. Genetic polymorphizm of cytosol 31K polypeptide. 査読有り

    Human Genetics   66 巻 ( 2-3 ) 頁: 244-247   1984年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. 唾液斑痕を試料としたHLAクラスII遺伝子のDNA型判定. 査読有り

    日本法医学雑誌   47 巻 ( 5 ) 頁: 380-386   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. MVR-PCR法を用いた日本人におけるD1S8(MS32)のタイピングとアリルの解析 査読有り

    日本法医学雑誌   46 巻 ( 6 ) 頁: 474-482   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. チモールフタレインリン酸試薬による精液斑の検出について(共著) 査読有り

    法医学の実際と研究   29 巻   頁: 63-68   1986年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Short tandem repeat analysis to identify the causative pregnancy of high-risk gestational trophoblastic neoplasia: Molar versus nonmolar pregnancy and its relation to the outcome

    Nishino Kimihiro, Yamamoto Eiko, Oda Yukari, Watanabe Eri, Niimi Kaoru, Yamamoto Toshimichi, Kajiyama Hiroaki

    PLACENTA   112 巻   頁: 28 - 35   2021年9月

     詳細を見る

  68. Next-generation genome sequencing of a matched normal-tumor pair from a patient with intractable gestational choriocarcinoma: A case report

    Niimi Kaoru, Yamamoto Eiko, Morita Sachi, Morikawa Maki, Hattori Hikaru, Hatakeyama Miki, Morita Mami, Nishino Kimihiro, Oda Yukari, Watanabe Eri, Yamamoto Toshimichi, Kajiyama Hiroaki, Kikkawa Fumitaka

    MOLECULAR AND CLINICAL ONCOLOGY   15 巻 ( 1 ) 頁: 143   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.3892/mco.2021.2305

    Web of Science

    PubMed

  69. Bayesian approach to discriminant problems for count data with application to multilocus short tandem repeat dataset.

    Tsukuda K, Mano S, Yamamoto T

    Statistical applications in genetics and molecular biology   19 巻 ( 2 )   2020年5月

     詳細を見る

  70. Genetic polymorphisms of 30 insertion/deletion markers in the populations of Japan, Bangladesh, and Indonesia

    Nagai Atsushi, Yamamoto Toshimichi, Hara Masaaki, Michiue Tomomi

    FORENSIC SCIENCE INTERNATIONAL GENETICS SUPPLEMENT SERIES   7 巻 ( 1 ) 頁: 866 - 868   2019年12月

  71. Comparative Analyses of Copy-Number Variation in Autism Spectrum Disorder and Schizophrenia Reveal Etiological Overlap and Biological Insights.

    Kushima I, Aleksic B, Nakatochi M, Shimamura T, Okada T, Uno Y, Morikawa M, Ishizuka K, Shiino T, Kimura H, Arioka Y, Yoshimi A, Takasaki Y, Yu Y, Nakamura Y, Yamamoto M, Iidaka T, Iritani S, Inada T, Ogawa N, Shishido E, Torii Y, Kawano N, Omura Y, Yoshikawa T, Uchiyama T, Yamamoto T, Ikeda M, Hashimoto R, Yamamori H, Yasuda Y, Someya T, Watanabe Y, Egawa J, Nunokawa A, Itokawa M, Arai M, Miyashita M, Kobori A, Suzuki M, Takahashi T, Usami M, Kodaira M, Watanabe K, Sasaki T, Kuwabara H, Tochigi M, Nishimura F, Yamasue H, Eriguchi Y, Benner S, Kojima M, Yassin W, Munesue T, Yokoyama S, Kimura R, Funabiki Y, Kosaka H, Ishitobi M, Ohmori T, Numata S, Yoshikawa T, Toyota T, Yamakawa K, Suzuki T, Inoue Y, Nakaoka K, Goto YI, Inagaki M, Hashimoto N, Kusumi I, Son S, Murai T, Ikegame T, Okada N, Kasai K, Kunimoto S, Mori D, Iwata N, Ozaki N

    Cell reports   24 巻 ( 11 ) 頁: 2838-2856   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.celrep.2018.08.022

    PubMed

  72. GENETIC STUDY ON ORIGINS OF CHORIOCARCINOMAS BY SHORT TANDEM REPEAT ANALYSIS

    Nishino Kimihiro, Nakamura Kenichi, Ikeda Yoshiki, Niimi Kaoru, Yamamoto Eiko, Yamamoto Toshimichi, Kikkawa Fumitaka

    PLACENTA   69 巻   頁: E88-E89   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  73. SHORT TANDEM REPEAT ANALYSIS DISTINGUISHING THE GENOTYPE OF CHORIOARCINOMA

    Nishino K., Yamamoto E., Watanabe E., Nakamura K., Ikeda Y., Niimi K., Yamamoto T., Kikkawa F.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   28 巻   頁: 920 - 920   2018年9月

     詳細を見る

  74. STR Genotyping from a Dry-Cleaned Skirt in a Sexual Assault Case

    Ogawa Hisae, Hiroshige Yuuji, Yoshimoto Takashi, Ishii Akira, Yamamoto Toshimichi

    JOURNAL OF FORENSIC SCIENCES   63 巻 ( 4 ) 頁: 1291-1297   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1556-4029.13698

    Web of Science

    PubMed

  75. Japaneseplex: A forensic SNP assay for identification of Japanese people using Japanese-specific alleles.

    Yuasa I, Akane A, Yamamoto T, Matsusue A, Endoh M, Nakagawa M, Umetsu K, Ishikawa T, Iino M

    Legal medicine (Tokyo, Japan)   33 巻   頁: 17-22   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.legalmed.2018.04.008

    PubMed

  76. Analysis of mainland Japanese and Okinawan Japanese populations using the precision ID Ancestry Panel.

    Forensic science international. Genetics   33 巻   頁: 106-109   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fsigen.2017.12.004

    PubMed

  77. Establishment and characterization of cell lines derived from complete hydatidiform mole

    Yamamoto Eiko, Niimi Kaoru, Kiyono Tohru, Yamamoto Toshimichi, Nishino Kimihiro, Nakamura Kenichi, Kotani Tomomi, Kajiyama Hiroaki, Shibata Kiyosumi, Kikkawa Fumitaka

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE   40 巻 ( 3 ) 頁: 614 - 622   2017年9月

  78. A human genotyping trial to estimate the post-feeding time from mosquito blood meals.

    Hiroshige Y, Hara M, Nagai A, Hikitsuchi T, Umeda M, Kawajiri Y, Nakayama K, Suzuki K, Takada A, Ishii A, Yamamoto T

    PloS one   12 巻 ( 6 ) 頁: e0179319   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0179319

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 人種は存在しない

    林昌宏( 担当: 共著)

    中央公論新社  2013年3月  ( ISBN:978-4-12-004481-6

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    人種問題と遺伝的多様性についてのポピュラーサイエンス

MISC 14

  1. Establishment and characterization of cell lines derived from complete hydatidiform mole.

    Yamamoto E, Niimi K, Kiyono T, Yamamoto T, Nishino K, Nakamura K, Kotani T, Kajiyama H, Shibata K, Kikkawa F  

    International journal of molecular medicine40 巻 ( 3 ) 頁: 614-622   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3892/ijmm.2017.3067

    PubMed

  2. Potential statistical differentiation between Japanese and Korean populations with about 100 STRs

    Yamamoto Toshimichi, Hiroshige Yuuji, Ogawa Hisae, Yoshimoto Takashi, Mano Shuhei  

    FORENSIC SCIENCE INTERNATIONAL GENETICS SUPPLEMENT SERIES5 巻   頁: E348-E349   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.fsigss.2015.09.138

    Web of Science

  3. 高速PCRのSTRマルチプレックスタイピングシステムへの応用

    山本 敏充, 吉本 高士, 廣重 優二, 井上 真紀  

    DNA多型 = DNA polymorphism19 巻   頁: 214-217   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  4. 小麦品種判別への超高速PCRの応用

    井上 真紀, 橋本 和宏, 山本 敏充, 藤田 由美子, 矢野 博  

    DNA多型 = DNA polymorphism19 巻   頁: 97-100   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  5. H19インプリント遺伝子のハプロタイプ分析-2

    中屋敷 徳, 出羽 厚二, 湯浅 勲, 山本 敏充  

    DNA多型 = DNA polymorphism19 巻   頁: 151-154   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  6. アルゼンチンにおける"Midi-6"STRマルチプレックスシステムと他のヒト集団との比較

    山本 敏充, 打樋 利英子, 吉本 高士, 勝又 義直, ヴーロ カルロス  

    DNA多型 = DNA polymorphism18 巻   頁: 187-190   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  7. モンゴルの5地域ヒト集団及び日本人集団における17 Y-STRsの比較

    山本 敏充, 打樋 利英子, 吉本 高士, 勝又 義直  

    DNA多型 = DNA polymorphism17 巻   頁: 274-276   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  8. Minisatellite MS32 alleles show population specificity among Thai, Chinese, and Japanese.

    Yuan QH, Tanaka A, Kaszynski RH, Iino M, Okuno T, Tsuruyama T, Yamamoto T, Jeffreys AJ, Tamaki K  

    Journal of molecular evolution68 巻 ( 2 ) 頁: 126-33   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s00239-008-9196-z

    PubMed

  9. Genetically identified complete hydatidiform mole coexisting with a live twin fetus: Comparison with conventional diagnosis

    Sumigama Seiji, Itakura Atsuo, Yamamoto Toshimichi, Nagasaka Tetsuro, Yamamoto Eiko, Ino Kazuhiko, Kikkawa Fumitaka  

    GYNECOLOGIC AND OBSTETRIC INVESTIGATION64 巻 ( 4 ) 頁: 228-231   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1159/000106496

    Web of Science

  10. 新しい市販のY-STR型判定用マルチプレックスキットで観察された突然変異

    吉本 高士, 山本 敏充, 打樋 利英子, 李 士林, 勝又 義直  

    DNA多型 = DNA polymorphism14 巻   頁: 234-236   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  11. 日本人で識別力の高い非コード領域のSNPsのアリール特異的PCRマルチプレックス判定法

    井上 知加子, 山本 敏充, 打樋 利英子, 吉本 高士, 李 士林, 勝又 義直  

    DNA多型 = DNA polymorphism13 巻   頁: 24-26   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  12. 新しいペンタヌクレオチドSTRマルチプレックス・タイピングシステム

    打樋 利英子, 山本 敏充, 吉本 高士, 李 士林, 井上 知加子, 勝又 義直  

    DNA多型 = DNA polymorphism13 巻   頁: 21-23   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  13. STRマーカーにより診断された二精子性全胞状奇胎を伴う二胎児例

    山本 敏充, 吉本 高士, 打樋 利英子, 勝又 義直, 鈴木 正樹, 板倉 敦夫  

    DNA多型 = DNA polymorphism12 巻   頁: 273-275   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  14. 日本近隣ヒト集団における105ローカスのSTR多型分析

    李 士林, 山本 敏充, 吉本 高士, 打樋 利英子, 栗原 リナ, 勝又 義直  

    DNA多型 = DNA polymorphism12 巻   頁: 225-227   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

科研費 7

  1. 日本近縁ヒト集団間で異なる新規分散型繰り返し領域の探索とその集団の推定法の確立

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金 

    山本敏充

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 伊達政宗の遣欧使節の末裔といわれるスペイン「ハポン」姓の人々のゲノムワイド解析

    2012年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. ヒトを吸血した蚊からの吸血後の経過時間推定及び個人識別

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    原 正昭

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  4. 常染色体STRマーカーを用いた日本国内及びその周辺のヒト集団の同定法の確立

    2008年5月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B),課題番号:20370099

    山本 敏充

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 非コード領域DNAマーカーにおける日本近隣ヒト集団の分子遺伝学的異質性の研究

    2004年5月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B),課題番号:17390200

    山本 敏充

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 低分子化した混合斑痕試料に有用なマルチプレックス型判定システムの構築及び評価

    2003年5月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C),課題番号:15590577

    山本 敏充

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. ゲノムワイドな反復配列を利用した日本人と日本近隣ヒト集団との識別推定法の確立

    研究課題/研究課題番号:17H04148  2017年4月 - 2022年3月

    山本 敏充

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:16120000円 ( 直接経費:12400000円 、 間接経費:3720000円 )

    本研究計画のうち、今までの研究で蓄積されていた、5地域(秋田、名古屋、大分、長崎及び沖縄)の日本人160人、並びに2地域(ソウル及び瀋陽)の韓族64人から得られた縦列反復配列であるSTR(short tandem repeat)の105座位のデータを利用して、統計学的に判別可能かどうか検討した。その結果、ベイズ的アプローチにより、強い証拠とされるベイズ因子(BF)が10以上になる日本人は約92%となり、他方、韓族であると考えられるBFが0.1未満の日本人は約28%であった。このことから、日本人由来であるというのは容易であるが、韓族由来であるというのは難しいという結果が得られた。
    また、本研究のもう一つのターゲットマーカーである分散型反復配列のAlu配列については、東京大学人類遺伝学研究室から提供された、日本人約400人及び韓国人約90人の全ゲノム塩基配列データからin silicoで得られた日本人で約5000箇所と韓国人で約3000箇所のAlu挿入部位のデータの評価を昨年度、日本人のみで行い、ほぼ精度の高いデータであることが示された。そこで、本年度は、そのデータを利用して、日本人と韓国人で挿入箇所が異なり、かつ、それぞれの集団で20%以上の頻度を持つ挿入部位を選び、各集団に由来することだけが既知の各8名のDNA試料について、予備的にその挿入箇所データの評価を行い、現在そのデータを解析中である。さらに、新規Alu探索法であるレトロトランスポゾンディスプレイ法についても、次世代シーケンサによる解析までの準備を行ったが、高分子DNAをある程度低分子化する効率的な方法を検討する段階で、少し時間を要している。この方法がうまく言った段階で、生命倫理審査委員会へ申請した方が、より計画に沿っていると考えたので、当初の計画の内容をさらに一部再修正して、生命倫理審査委員会へ申請準備をしている。
    平成29年度から令和元年度にかけ、全ゲノム塩基配列解析のコンピュータを駆使した急速な発展に伴い、集団差ばかりでなく、個人差が、機能的な遺伝子のみならず、今までジャンクな領域と考えられ、あまり注目されていなかった縦列型及び分散型の反復配列についても、精度良く検出できるようになってきた。そのため、研究協力体制や方法論を大幅に変更せざるを得ないことが多く、またそのコンピュータデータの評価のためにも非常に時間を要することが多かった。従って、生命倫理審査委員会への申請が遅れているため、一見して非常に遅れているように感じられる。しかしながら、既存の105座位のデータを利用した、本研究の目的の一つである統計学的判別法の論文が掲載決定される至ったことは、一つの業績である。また、当初より計画していた、今まで、ヒトゲノムには適用されたことがない、レトロトランスポゾンディスプレイ法を分散型反復配列のAlu配列を新規に検出するための方法に応用する方法も、予備的な準備はほぼ整った。
    さらに、約1000人の全ゲノム塩基配列データベースをもつ研究機関とも、多型的STRマーカーの選出及びマルチプレックス判定法の開発という点で、協力を続けており、今後も連携できる可能性が高くなった。
    従って、全体的にみて、やや遅れていると考えるのが、妥当であると考えられる。
    今まで、レトロポゾンディスプレイ法がヒトに応用されたことがないためや、全ゲノム塩基配列解析からコンピュータワークにより効率的な研究方法が出現したため、研究方法の変更やその研究体制の確立のために申請が遅れていた、名古屋大学医学部倫理審査委員会での承認を得る。
    日本人のDNA試料については、既に法医・生命倫理学研究室で保有している非連結匿名化試料のうち質の高いDNA試料を100検体選択する。韓国人(韓族)のDNA試料については、研究協力者のソウル国立大学に依頼して、ソウル在住の韓国人(韓族)の血液から抽出されたDNA試料の提供を受ける。
    分散型反復配列であるAlu配列に関しては、特異的増幅の確認後、各個人特異的配列を付加したプライマーを用いて、日本人及び韓国人の各DNA試料約100検体について、レトロポゾンディスプレイ法を行う。次世代シーケンサMiSeqにより塩基配列を決定し、各個人のゲノム上でのAlu配列の挿入部位を決定する。また、現在所有している東京大学より提供された、日本人及び韓国人の全ゲノム塩基配列解析データよりin silico解析で得られた、各集団におけるAlu挿入部位のデータを用いて、集団ごとにAlu挿入部位を比較して各集団特異的部位を選択する。
    縦列反復配列のSTRsに関しては、同様に日本人及び韓国人のDNA試料を用いて、一方のプライマーに各個人特異的配列を付加したプライマーを、250座位の座位ごとに用意し、これらを混合後、PCR増幅を行い、次世代シーケンサMiSeqによる塩基配列決定解析を受託会社に委託する。各個人の塩基配列から得られた型判定結果から、集団遺伝学的解析を行い、両集団で異質性の高いSTR座位を選択後、判別可能なカテゴリー分析あるいは判別分析について検討する。
    可能ならば、東北大学のゲノムバンクの協力を得て日本人で識別力の高いSTRs座位を選択する。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 24

  1. 法医学

    2013

     詳細を見る

    法治国家の医師として当然知るべき、法律上問題となる医学的事項について、講義する。

  2. 社会医学実習

    2013

     詳細を見る

    健康医療などに潜む社会的問題を理解し、問題を解決するに必要な考える能力を養う。

  3. 「基盤医科学実習」

    2013

     詳細を見る

    医科学における基礎的技術を習得する。

  4. 基礎医学セミナー

    2013

     詳細を見る

    実験・実習を通じて基礎医学を理解する。

  5. Medical Laws

    2013

  6. 社会医学実習

    2013

     詳細を見る

    社会医学全般について理解する。

  7. 「自然環境と人間」

    2010

  8. 法医学

    2012

     詳細を見る

    法治国家の医師として当然知るべき、法律上問題となる医学的事項について、講義する。

  9. 社会医学実習

    2012

     詳細を見る

    健康医療などに潜む社会的問題を理解し、問題を解決するに必要な考える能力を養う。

  10. 「基盤医科学実習」

    2012

     詳細を見る

    医科学における基礎的技術を習得する。

  11. 基礎医学セミナー

    2012

     詳細を見る

    実験・実習を通じて基礎医学を理解する。

  12. Medical Laws

    2012

  13. 社会医学

    2012

     詳細を見る

    社会医学全般について理解する。

  14. 法医学

    2011

     詳細を見る

    法治国家の医師として当然知るべき、法律上問題となる医学的事項について、講義する。

  15. 社会医学実習

    2011

     詳細を見る

    健康医療などに潜む社会的問題を理解し、問題を解決するに必要な考える能力を養う。

  16. 「基盤医科学実習」

    2011

     詳細を見る

    医科学における基礎的技術を習得する。

  17. 基礎医学セミナー

    2011

     詳細を見る

    実験・実習を通じて基礎医学を理解する。

  18. Medical Laws

    2011

  19. 社会医学

    2011

     詳細を見る

    社会医学全般について理解する。

  20. 法医学

    2010

     詳細を見る

    法治国家の医師として当然知るべき、法律上問題となる医学的事項について、講義する。

  21. 社会医学実習

    2010

     詳細を見る

    健康医療などに潜む社会的問題を理解し、問題を解決するに必要な考える能力を養う。

  22. 「基盤医科学実習」

    2010

     詳細を見る

    医科学における基礎的技術を習得する。

  23. 基礎医学セミナー

    2010

     詳細を見る

    実験・実習を通じて基礎医学を理解する。

  24. 社会医学

    2010

     詳細を見る

    社会医学全般について理解する。

▼全件表示