2023/04/20 更新

写真a

ナカヤマ シンスケ
中山 晋介
NAKAYAMA, Shinsuke
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 細胞科学 准教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部
職名
准教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 2

  1. 学術博士 ( 1994年6月   オックスフォード大学 ) 

  2. 医学博士 ( 1991年6月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 7

  1. 核磁気共鳴

  2. 磁気センサ

  3. 生体電磁気

  4. 脳腸相間

  5. 平滑筋

  6. 腸ペースメーカ細胞

  7. 自律神経系

研究分野 4

  1. その他 / その他  / 自律神経系に分布する特殊ペースメーカ細胞群

  2. その他 / その他  / 脳腸機能相間

  3. その他 / その他  / 医用電磁計測

  4. その他 / その他  / イオンチャネルと輸送担体

現在の研究課題とSDGs 4

  1. 自律神経系に分布する特殊ペースメーカ細胞群

  2. 消化管のマルチモータシステム

  3. 生体電磁気

  4. 新規磁気計測技術開発

学歴 2

  1. オックスフォード大学大学院   生理学系

    - 1994年

  2. 名古屋大学   医学部   医学科

    - 1984年

所属学協会 5

  1. 日本生理学会

  2. 日本磁気共鳴医学会

  3. 日本平滑筋学会

  4. The Physiological Society

  5. 日本薬理学会

受賞 2

  1. Japan Gut Club 研究奨励助成論文優秀賞

    2010年11月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 上原記念生命科学財団リサーチフェローシップ

    1991年   上原記念生命科学財団  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 114

  1. Dental pulp stem cells as a therapy for congenital entero-neuropathy 査読有り

    YOSHIMARU, K., YAMAZA, Y., KAJIOKA, S., SONODA, S., YANAGI, Y., MATSUURA, T., YOSHIZUMI, J., ODA, Y., IWATA, N., TAKAI, C., NAKAYAMA, S., TAGUCHI, T.

    Scientific Reports     2022年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

  2. Ratio-metric Measurement of Intracellular Calcium in Visceral Muscles via Selective Expression of a Yellow Cameleon Calcium Sensor. 招待有り 査読有り

    TAKAI, C., IWATA, N., KANEMARU, K., TANAKA, K., YU, Y., IINO, S., NAKAYAMA, S.

    Sensors and Actuators B: Chemical     2022年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

  3. Classification of Pacemaker Dynamics in the Mouse Intestine by Field Potential Microimaging 査読有り

    IWATA, N., TAKAI, C., MOCHIZUKI, N., YAMAUCHI, M., KAJI, N., KASAHARA, Y., NAKAYAMA, S.

    Biosensors and Bioelectronics X:   10 巻   頁: 1001111   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

  4. Conversion of Ca2+ oscillation into propagative electrical signals by Ca2+-activated ion channels and connexin as a reconstituted Ca2+-clock model for the pacemaker activity. 査読有り

    SAEKI, T., KIMURA, T., HASHIDUME, K., MURAYAMA, T., YAMAMURA, H., OHYA, S., SUZUKI, Y., NAKAYAMA, S. & IMAIZUMI, Y.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   510 巻   頁: 242 - 247   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  5. Disruption of the pacemaker activity of interstitial cells of Cajal via nitric oxide contributes to postoperative ileus

    Kaji N., Nakayama S., Horiguchi K., Iino S., Ozaki H., Hori M.

    NEUROGASTROENTEROLOGY AND MOTILITY   30 巻 ( 8 )   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1111/nmo.13334

    Web of Science

  6. Dialysis membrane-enforced microelectrode array measurement of diverse gut electrical activity

    Iwata Naoko, Fujimura Takumi, Takai Chiho, Odani Kei, Kawano Shin, Nakayama Shinsuke

    BIOSENSORS & BIOELECTRONICS   94 巻   頁: 312 - 320   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bios.2017.03.002

    Web of Science

    PubMed

  7. Micro-Coordination of Pacemaker Potentials in the Intestine of the Mouse

    Morishita Hirotaka, Iwata Naoko, Takai Chiho, Mochizuki Naoto, Kaji Noriyuki, Hori Masatoshi, Kajioka Shunichi, Nakayama Shinsuke

    GASTROENTEROLOGY   152 巻 ( 8 ) 頁: 1831 - +   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.gastro.2017.04.016

    Web of Science

    PubMed

  8. 消化管運動へのグルタミン酸効果の数値的評価:高速MRIによる研究 招待有り

    中山晋介、寺本英巳

    日本薬学会誌   136 巻 ( 10 ) 頁: 1345-1354   2016年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Nitric oxide-induced oxidative stress impairs pacemaker function of murine interstitial cells of Cajal during inflammation 査読有り

      111 巻   頁: 838-848   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Real-time measurement of biomagnetic vector fields in functional syncytium using amorphous metal. 査読有り

    NAKAYAMA S, UCHIYAMA T.

    Scientific Reports   5 巻   頁: 8837   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  11. Gastric emptying and duodenal motility upon intake of a liquid meal with monosodium glutamate in healthy subjects 査読有り

    TERAMOTO, H., SHIMIZU, T., YOGO, H., NISHIMIYA, Y., HORI, S., KOSUGI, T., NAKAYAMA, S

    Physiological Reports   2 巻 ( 1 ) 頁: e00187   2014年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Spatial analysis of slowly oscillating electric activity in the gut of mice using low impedance arrayed microelectrodes 査読有り

    TANIGUCHI, M., KAJIOKA, S., SHOZIB, H.B., SAWAMURA, K., NAKAYAMA, S.

    PLoS ONE   8 巻   頁: e75235   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Magnetic sensors using amorphous metal materials: Detection of premature ventricular magnetic waves 査読有り

    UCHIYAMA, T., NAKAYAMA, S.

    Physiological Reports   1 巻 ( 2 ) 頁: e00030   2013年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Acceleration of ileal pacemaker activity in mice lacking interleukin-10 査読有り

    SHOZIB, H.B., SUZUKI, H., IINO, S., NAKAYAMA, S.

    . Inflammatory Bowel Diseases   19 巻   頁: 1577-1585   2013年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. A novel effect of 2-APB through inhibition of calcium sensitization induced by Rho kinase activation in human detrusor smooth muscle 査読有り

    SHAHAB, N., KAJIOKA, S., YUNOKI, T., HAYAASHI, M., NAKAYAMA, S., SAKAMOTO, K., TAKEDA, M., NAITO, S

    European Journal of Pharmacology   708 巻   頁: 14-20   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Human biomagnetic field measurement using pico-Tesla sensitive amorphous wire magnetoimpedance sensor 査読有り

    UCHIYAMA, T., MOHRI, K., NAKAYAMA, S.

      11 巻   頁: 191-194   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Endogenous cardiac troponin T modulates Ca2+-mediated smooth muscle contraction 査読有り

    KAJIOKA, S., TAKAHASHI-YANAGA, F., SHAHAB, N., ONIMARU, M., MATSUDA, M., TAKAHASHI, R., ASANO, H., MORITA, H., MORIMOTO, S., YONEMITSU, Y., HAYASHI, M., SEKI, N., SASAGURI, T., HIRATA, M., NAKAYAMA, S. & NAITO, S.

    Scientific Reports   2 巻   頁: 979   2012年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Assessment of gastric emptying and duodenal motility upon ingestion of liquid meal using rapid magnetic resonance imaging 査読有り

    TERAMOTO, H., SHIMIZU, T., YOGO, H., NISHIMIYA, Y., HORI, S., KOSUGI, T. & NAKAYAMA, S.

      97 巻   頁: 516-524   2012年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Frequency analysis may distinguish the effects of calcium antagonists on mechanical and electrical activity

    NAKAYAMA, S.

    Neurogastroenterology and Motility   24 巻   頁: 397   2012年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  20. Orexins stimulate the `appetite' of the gut 招待有り 査読有り

    NAKAYAMA, S.

    Journal of Physiology   589 巻   頁: 5907-5908   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1113/jphysiol.2011.220962

  21. 高齢化社会にかかわる新しいヒト恒常性監視機関:脳腸相関 招待有り

    中山晋介

    医学のあゆみ   239 巻 ( 5 ) 頁: 343-348   2011年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  22. Pulse-driven magnetoimpedance sensor detection of cardiac magnetic activity 査読有り

    NAKAYAMA, S., SAWAMURA, K., MOHRI, K., UCHIYAMA, T.

    PLoS ONE   6 巻   頁: e25834   2011年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0025834

  23. Measurement of spontaneous oscillatory magnetic field of guinea-pig stomach muscle preparation using pico-Tesla resolution amorphous wire magneto-impedance sensor 査読有り

    UCHIYAMA, T., MOHRI, K., NAKAYAMA, S.

      47 巻   頁: 3070-3073   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Serotonin augments gut pacemaker activity via 5-HT3 receptors 査読有り

    LIU, H.-N., OHYA, S., NISHIZAWA, Y., SAWAMURA, K., IINO, S., SYED, M.MD., GOTO, K., IMAIZUMI, Y., NAKAYAMA, S.

    PLoS ONE   6 巻   頁: e24928   2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1872-034X.2011.00864.x.

  25. Pulse-driven magnetoimpedance sensor detection of biomagnetic fields in musculatures with spontaneous electric activity 査読有り

    NAKAYAMA, S., ATSUTA, S., SHINMI, T., UCHIYAMA, T.

    Biosensors and Bioelectronics   27 巻   頁: 34-39   2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Diphosphate regulation of ATP-sensitive potassium channel in human urinary bladder smooth muscle cells 査読有り

      186 巻   頁: 736-744   2011年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. 消化管運動ペースメーカを介した脳腸機能相関について 招待有り

    中山晋介

    自律神経   48 巻 ( 2 ) 頁: 83-85   2011年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  28. Imipramine inhibition of TRPM-like plasmalemmal Mg2+ transport in vascular smooth muscle cells 査読有り

    HAMAGUCHI, Y., TATEMATSU, Y. FURUKAWA. Y., MATSUBARA, T. & NAKAYAMA, S.

    Journal of Cellular and Molecular Medicine   15 巻   頁: 593-601   2011年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. 順逆方向の電気的興奮伝搬を可能とするICCネットワーク連携活動の微小電極アレイによる研究 招待有り

    中山晋介

      29 巻 ( 3 ) 頁: 141-156   2011年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  30. Recent advances in studies of spontaneous activity in smooth muscle: ubiquitous pacemaker cells. 招待有り 査読有り

    TAKAKI M, SUZUKI H, NAKAYAMA S

    Progress in Biophysics and Molecular Biology   102 巻   頁: 129-135   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  31. *Biomagnetic field detection using very high sensitive MI sensor for medical application 査読有り

    UCHIYAMA, T., NAKAYAMA, S., MOHRI, K., BUSHIDA, K.

    Physica Status Solidi A   200 巻   頁: 639-643   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. *Microelectrode array evaluation of gut pacemaker activity in wild-type and W/Wv mice 査読有り

    NAKAYAMA, S., OHISHI, R., SAWAMURA, K., WATANABE, K. & HIROSE, K.

    Biosensors and Bioelectronics   25 巻   頁: 61-67   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Assessment of gastric motility by magnetic resonance imaging in patients with enteral nutrition 査読有り

    TERAMOTO, H., MIZUNO, H., YOGO, H., HORI, S. & NAKAYAMA, S.

    Journal of American Geriatrics Society   57 巻   頁: 1956-1966   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Na+-independent Mg2+ transport sensitive to 2-aminoethoxydiphenyl borate (2-APB) in vascular smooth muscle cells: Involvement of TRPM-like channels. 査読有り

    Hamaguchi, Y., Matsubara, T., Amano, T., Uetani, T., Asano, H., Iwamoto, T., Furukawa, K., Murohara T., Nakayama, S.

    Journal of Cellular and Molecular Medicine   12 巻   頁: 962-974   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Levcromakalim and GDP activate small conductance KATP channels with the composition of Kir6.1/SUR2A in pig detrusor smooth muscle cells: Uncoupling of cAMP signal pathways 査読有り

    KAJIOKA, S., NAKAYAMA, S., ASANO, H., SEKI, N., NAITO, S., BRADING, A.F.

    Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics   327 巻   頁: 114-123   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Oscillatory membrane currents paradoxically induced via NO-activated pathways in detrusor cells. 査読有り

    Kajioka, S., Nakayama, S., Seki, N., Naito, S., Brading, A.F.

    Cell Calcium   44 巻   頁: 202-209   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Multi-electrode array recording of gut pacemaker activity. 招待有り

    Nakayama, S.

    Physiology News   67 巻   頁: 32-33   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  38. Heart Slice NMR. 査読有り

    Uetani, T., Yamashita, D., Shimizu, J., Misawa, H., Tatematsu, Y., Hamaguchi, Y., Miyasaka, T., Katanosaka, Y., Kato, T., Matsubara, T., Furukawa, K., Murohara, T., Takaki, M., Nakayama, S.

    American Journal of Physiology   292 巻   頁: H1181-1186   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Calcium-associated mechanisms in gut pacemaker activity. 招待有り 査読有り

    Nakayama, S., Kajioka, S., Goto, K., Takaki, M., Liu, H.-N.

    Journal of Cellular and Molecular Medicine   11 巻   頁: 958-968   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  40. Inherent pacemaker function of a duodenal GIST. 査読有り

    Furuzono, S., Ohya, S., Inoue, S., Nakao, A., Imaizumi, Y., Nakayama, S.

    European Journal of Cancer   42 巻   頁: 243-248   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Regulatory role of neuron-restrictive silencing factor in expression of TRPC1. 査読有り

    Ohba, T., Watanabe, H., Takahashi, Y., Suzuki, T., Miyoshi, I., Nakayama, S., Satoh, E., Iino, K., Sasano, H., Mori, Y., Kuromitsu. S., Imagawa, K., Saito, Y., Iijima, T., Ito, H., Murakami, M.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   351 巻   頁: 764-770   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Pacemaker phase shift in the absence of neural activity in guinea-pig stomach: a microelectrode array study. 査読有り

    Nakayama, S., Shimono, K., Liu, H.-N., Jiko, H., Katayama, N., Tomita, T., Goto, K.

    Journal of Physiology   576 巻   頁: 727-738   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Identification of a cardiac isoform of the murine calcium channel alpha1C (CaV1.2-a) subunit and its preferential binding with the beta2 subunit. 査読有り

    Murakami, M., Ohba, T., Takahashi, Y., Watanabe, H., Miyoshi, I., Nakayama, S., Ono, K., Ito, H., Iijima T.

    Journal of Molecular and Cellular Cardiology   41 巻   頁: 115-125   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. In vitro formation of enteric neural network structure in a gut-like organ differentiated from mouse embryonic stem cells. 査読有り

    Takaki, M., Nakayama, S., Misawa, H., Nakagawa, T., Kuniyasu, H.

    Stem Cells   24 巻   頁: 1414-1422   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. *Tyrosine kinase inhibitors and ATP modulate the conversion of smooth muscle L-type Ca2+ channels toward a second open state. 査読有り

    Nakayama, S., Ito, Y., Sato, S., Liu, H.-N., Kamijo, A., Kajioka, S.

    FASEB Journal   20 巻   頁: 1492-1494   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Co-contribution of IP3R and Ca2+ influx pathways to pacemaker Ca2+ activity in stomach ICC. 査読有り

    Liu, H.-N., Ohya, S., Furuzono, S., Wang, J., Imaizumi, Y., Nakayama, S.

    Journal of Biological Rhythms   20 巻   頁: 15-26   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Sulphonylurea receptors differently modulate ICC pacemaker Ca2+ activity and smooth muscle contractility. 査読有り

    Nakayama, S., Ohya, S., Liu, H.-N., Watanabe, T., Furuzono, S., Wang, J., Nishizawa, Y., Aoyama, M., Murase, N., Matsubara, T., Ito, Y., Imaizumi, Y., Kajioka, S.

    Journal of Cell Science   118 巻   頁: 4163-4173   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Anion secretion regulated by protease-activated receptor 2 in human airway Calu-3 epithelia. 査読有り

    Sato, S., Ito, Y., Ohashi, T., Son, M., Kondo, M., Nakayama, S., Shimokata, K., Kume, H.

    British Journal of Pharmacology   146 巻   頁: 397-407   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Involvement of ryanodine receptors in pacemaker Ca2+ oscillation in murine gastric ICC. 査読有り

    Liu, H.-N.,Ohya, S., Wang, J., Imaizumi, Y., Nakayama, S.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   328 巻   頁: 640-646   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Purinergic modulation of pacemaker Ca2+ activity in interstitial cells of Cajal. 査読有り

    Furuzono, S., Nakayama, S., Imaizumi Y.

    Neuropharmacology   48 巻   頁: 264-273   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Involvement of ryanodine receptors in muscarinic-receptor-mediated membrane current oscillation in urinary bladder smooth muscle. 査読有り

    Kajioka, S., Nakayama, S., Asano, H., Brading, A.F.

    American Journal of Physiology   288 巻   頁: C100-108   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. ATP release triggered by activation of the Ca2+-activated K+ channel in human airway Calu-3 cells. 査読有り

    Ito, Y., Son, M., Sato, S., Ishikawa, T., Kondo, M., Nakayama, S., Shimokata, K., Kume, H.

    American Journal of Respiratory Cell and Molecular Biology   30 巻   頁: 388-395   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Reduction of airway anion secretion via CFTR in sphingomyelin pathway. 査読有り

    Ito, Y., Sato, S., Ohashi, T., Nakayama, S., Shimokata, K., Kume, H.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   324 巻   頁: 901-908   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. P2Y-mediated Ca2+ response is spatio-temporally graded and synchronized in sensory neurons: a two-photon excitation study. 査読有り

    Nakayama, S., Yamashita, T., Konishi, M., Kazama, H. & Kokubun, S.

    FASEB Journal   18 巻   頁: 1562-1564   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Characterization of in vitro gut-like organ formed from mouse embryonic stem cells. 査読有り

    Ishikawa, T., Nakayama, S., Nakagawa, T., Horiguchi, K., Misawa, H., Kadowaki, M., Nakano, A., Inoue, S., Komuro, T., Takaki, M.

    American Journal of Physiology   286 巻   頁: C1344-1352   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. *Requirement of ryanodine receptors for pacemaker Ca2+ activity in ICC and HEK293 cells. 査読有り

    Aoyama, M., Yamada, A., Wang, J., Ohya, S., Furuzono, S., Goto, T., Hotta, S., Ito, Y., Matsubara, T., Shimokata, K., Chen, S.R.W., Imaizumi, Y., Nakayama, S.

    Journal of Cell Science   117 巻   頁: 2813-2825   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Inward current oscillation underlying tonic contraction caused via ETA receptors in pig detrusor smooth muscle. 査読有り

    Kajioka, S., Nakayama, S., McCoy, R., McMurray, G., Abe, K., Brading, A.F.

    American Journal of Physiology   286 巻   頁: F77-85   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Apical and basolateral ATP-induced anion secretion in polarized human airway epithelia. 査読有り

    Son, M., Ito, Y., Sato, S., Ishikawa, T., Kondo, M., Nakayama, S., Shimokata, K., Kume, H.

    American Journal of Respiratory Cell and Molecular Biology   30 巻   頁: 411-419   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Cell cluster標本を用いた腸管自動性メカニズムの研究 招待有り

    中山晋介、大矢進、今泉祐治

    日本薬理学会誌   123 巻 ( 3 ) 頁: 149-154   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  60. Slow deactivation and U-shaped inactivation properties in cloned Cav1.2b channels in CHO cells. 査読有り

    Aoyama, M., Murakami, M., Iwashita, T., Ito, Y., Yamaki, K., Nakayama, S.

    Biophysical Journal   84 巻   頁: 709-724   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Ca2+-dependent modulation of intracellular Mg2+ concentration with amiloride and KB-R7943 in pig carotid artery. 査読有り

    Uetani, T., Matsubara, T., Nomura, H., Murohara, T., Nakayama, S.

    Journal of Biological Chemistry   278 巻   頁: 47491-47497   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Modified cardiovascular L-type channels in mice lacking the voltage-dependent Ca2+ channel beta subunit. 査読有り

    Murakami, M, Yamamura, H., Suzuki, T., Kang, M.-G., Ohya, S., Murakami, A., Miyoshi, I., Sasano, H., Muraki, K., Hano, T., Kasai, N., Nakayama, S., Campbell, K.P., Flockerzi, V., Imaizumi, Y., Yanagisawa, T., Iijima, T.

    Journal of Biological Chemistry   278 巻   頁: 43261-43267   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. A new splice variant isoform of the beta2 subunit of the voltage-dependent calcium channel and its gene structure. 査読有り

    Murakami, M., Aoyama, M., Suzuki, T., Sasano, H., Nakayama, S., Iijima, T.

    Molecular and Cellular Biochemistry   254 巻   頁: 217-225   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Mechanisms for monovalent cation-dependent depletion of intracellular Mg2+: Na+-independent Mg2+ pathways in guinea-pig smooth muscle. 査読有り

    Nakayama, S., Nomura, H., Smith, L.M., Clark, J.F., Uetani, T., Matsubara, T.

    Journal of Physiology   551 巻   頁: 843-853   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Smooth Muscle and NMR Review: An Overview of Smooth Muscle Metabolism. 招待有り

    Nakayama, S., Clark, J.F.

    Molecular and Cellular Biochemistry   244 巻   頁: 17-30   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  66. Spontaneous rhythmicity in cultured cell clusters isolated from mouse small intestine. 査読有り

    Nakayama, S., Torihashi, S.

    Japanese Journal of Physiology   52 巻   頁: 217-227   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Simultaneous estimation of intracellular free Mg2+ and pH using a new pH-dependent dissociation constant of MgATP. 査読有り

    Nakayama, S., Nomura, H., Smith, L.M., Clark, J.F.

    Japanese Journal of Physiology   52 巻   頁: 323-326   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Ca2+ channel properties in smooth muscle cells of the urinary bladder from pig and human. 査読有り

    Kajioka, S., Nakayama, S., McMurray, G., Abe, K., Brading, A.F.

    European Journal of Pharmacology   443 巻   頁: 19-29   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. *Calcium oscillation linked to pacemaking of interstitial cells of Cajal; Requirement of calcium influx and localisation of TRP4 in caveolae. 査読有り

    Torihashi, S., Fujimoto, T., Trost, C., Nakayama, S.

    Journal of Biological Chemistry   277 巻   頁: 19191-19197   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Calcium waves in skinned cardiac myocytes evoked by two-photon excitation photolysis of caged calcium. 査読有り

    Konishi, M., Yamashita, T., Nakayama, S., Kokubun, S.

    Japanese Journal of Physiology   51 巻   頁: 127-132   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Protection by tetracyclines against ion transport disruption caused by nystatin in human airway epithelial cells. 査読有り

    Ito, Y., Nakayama, S., Son, M., Kume, H., Yamaki, K.

    Toxicology and Applied Pharmacology   177 巻   頁: 232-237   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Intact smooth muscle metabolism: Its responses to cyanide poisoning and pyruvate stimulation. 査読有り

    Clark, J.F., Matsumoto, T., Nakayama, S.

    Frontiers in Bioscience   5a 巻   頁: 18-23   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Imipramine inhibits Cl- secretion by desensitisation of beta-aderenergic receptors in Calu-3 human airway cells. 査読有り

    Mizuno, Y., Ito, Y., Aoyama, M., Kume, H., Nakayama, S., Yamaki, K.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   274 巻   頁: 620-625   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. The alpha1-Subunit of smooth muscle Ca2+ channel preserves multiple open states induced by depolarization. 査読有り

    Nakayama, S., Klugbauer, N., Kabeya, Y., Smith, L.M., Hofmann, F., Kuzuya, M.

    Journal of Physiology   526 巻   頁: 47-56   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Insulin modulation of intracellular free magnesium in heart: Involvement of protein kinase C. 査読有り

    Amano, T., Matsubara, T., Watanabe, J., Nakayama, S., Hotta, N.

    British Journal of Pharmacology   130 巻   頁: 731-738   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Voltage sensitivity of Slow wave frequency in isolated circular muscle strips from guinea pig gastric antrum. 査読有り

    Huang, S.-M., Nakayama, S., Iino, S., Tomita, T.

    American Journal of Physiology   276 巻   頁: G518-528   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Long-term, use-dependent enhancement of impulse-induced exocytosis by adrenaline at frog motor nerve terminals. 査読有り

    Huang, S.-M., Akita, T., Kitamura, A., Nakayama, S., Tokuno, H., Kuba, K.

    Neuroscience Research   33 巻   頁: 239-244   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Effects of phosphorylation-related drugs on slow Ca2+ tail current in guinea-pig detrusor cells. 査読有り

    Smith, L.M., Kajioka, S., Brading, A.F., Nakayama, S.

    European Journal of Pharmacology   370 巻   頁: 187-193   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Mg調節機構と関連疾患 招待有り

    中山晋介

      18 巻   頁: 17-23   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  80. Two-photon laser-scanning microscopy: Tests of objective lenses and Ca2+ probes. 査読有り

    Kuba, K., Nakayama, S.

    Neuroscience Research   32 巻   頁: 281-294   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Regulation of intracellular free Mg2+ concentration in isolated rat hearts via beta-adrenergic and muscarinic receptors. 査読有り

    Watanabe, J., Nakayama, S., Matsubara, T., Hotta, N.

    Journal of Molecular and Cellular Cardiology   30 巻   頁: 2307-2318   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Consequences of metabolic inhibition in smooth muscle isolated from guinea-pig stomach. 査読有り

    Nakayama, S., Chihara, S., Clark, J.F., Huang, S.-M., Horiuchi, T., Tomita, T.

    Journal of Physiology   505 巻   頁: 229-240   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. 心筋細胞におけるマグネシウムイオンの輸送機序に関する検討 招待有り

    寺沢彰浩、中山晋介、渡辺純二、植村新、川久保隆、松原達昭

    心筋の構造と代謝   17 巻   頁: 217-221   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  84. 心筋細胞内マグネシウムイオン動態に及ぼすNicorandilの影響 招待有り

    松原達昭、渡辺純二、植村新、近藤圭太、堀江英生、堀田饒、中山晋介

      18 巻   頁: 13-17   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  85. Calcium channel current in smooth muscle cells isolated from the guinea-pig stomach.

    Smith, L.M., Nakayama, S., Tomita, T.

    Japanese Journal of Physiology   45 巻 ( Suppl.2 ) 頁: S200   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  86. Long Ca2+ channel opening induced by large depolarization and Bay K 8644 in smooth muscle cells isolated from guiena-pig detrusor. 査読有り

    Nakayama, S., Brading, A.F.

    British Journal of Pharmacology   119 巻   頁: 716-720   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Phosphomonoesters in the guinea-pig taenia caeci : pH-dependency of the phosphomonoester peaks in 31P-NMR. 査読有り

    Nakayama, S., Hachisuka, T., Itoh, K., Matsumoto, T. & Tomita, T.

    <u>Japanese Journal of Physiology</u>   45 巻   頁: 411-422   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Mechanisms of intracellular Mg2+ regulation affected by amiloride and ouabain in the guinea-pig taenia caeci. 査読有り

    Nakayama, S., Nomura, H.

    <u>Journal of Physiology</u>   103 巻   頁: 833-851   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Interaction of Ca2+ agonist and depolarization on Ca2+ channel current in guinea-pig detrusor cells. 査読有り

    Nakayama, S., Brading, A.F.

    <u>Journal of General Physiology</u>   106 巻   頁: 1211-1224   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Possible contribution of long open state to non-inactivating Ca current in detrusor cells. 査読有り

    Nakayama, S., Brading, A.F.

    <u>American Journal of Physiology</u>   269 巻   頁: C48-54   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Intracellular free magnesium in the smooth muscle of guinea-pig taenia caeci : A concomtant analysis for magnesium and pH upon sodium removal. 査読有り

    Nakayama, S., Nomura, H., Tomita, T.

    <u>Journal of General Physiology</u>   103 巻   頁: 833-851   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Evidence for multiple open states of the Ca2+ channels in smooth muscle cells isolated from the guinea-pig detrusor. 査読有り

    Nakayama, S., Brading, A.F.

    Journal of Physiology   471 巻   頁: 87-105   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. Ca2+ channel currents in isolated urinary tract smooth muscle cells : a simulation of non-inactivating currents incorporating a long open state. 査読有り

    Nakayama, S., Bridgewater, M., Brading, A.F.

    <u>Journal of Physiology</u>   467 巻   頁: 309   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. Inactivation of voltage-dependent Ca2+ channels over a wide voltage range in smooth muscles cells isolated from guinea-pig detrusor. 査読有り

    Nakayama, S., Brading, A.F.

    <u>Journal of Physiology</u>   459 巻   頁: 260   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Effects of prolonged application of isoprenaline on intracellular free magnesium concentration in isolated heart of rat.

    Nishimura, H., Matsubara, T., Ikoma, Y., Nakayama, S., Sakamoto, N.

    British Journal of Pharmacology   109 巻   頁: 443-448   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Effects of neurotransmitters on voltage-dependent Ca2+ channel current in guinea-pig detrusor smooth muscle cells. 査読有り

    Nakayama, S., Bramich, N.J., Brading, A.F.

    <u>British Journal of Pharmacology</u>   109 巻   頁: 41   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Inactivation of the voltage-dependent Ca2+ channel current in smooth muscle cells. isolated from guinea-pig detrusor. 査読有り

    Nakayama, S., Brading, A.F.

    Journal of Physiology   471 巻   頁: 107-127   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Effects of excitatory neurotransmitters on Ca2+ channel current in smooth muscle cells isolated from guinea-pig urinary bladder. 査読有り

    Nakayama, S.

    British Journal of Pharmacology   110 巻   頁: 317-325   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Effects of dihydropyridines on the depolarization-induced calcium channel long open state in isolated guinea-pig urinary bladder.

    Brading, A.F., Nakayama, S.

    <u>Proceedings of the 32nd International Congress of Physiology</u>(IUPS)   1 巻   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  100. Modification of voltage-dependent Ca2+ channel current by large depolarization in smooth muscle cells isolated from guinea-pig detrusor.

    Nakayama, S., Brading, A.F.

    <u>Pfl(]E88DB[)gers Archiv</u>   424 巻   頁: 59   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  101. Long open state of calcium channel revealed by large depolarization in smooth muscle cells isolated from guinea-pig urinary bladder.

    Nakayama, S., Brading, A.F.

    <u>Proceedings of the 32nd International Congress of Physiology</u>(IUPS)   1 巻   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  102. 31P nuclear magnetic resonance study of phospholipid metabolites in ischemic liver. 査読有り

    Hachisuka, T., Nakayama, S., Tomita, T. & Takagi, H.

    Journal of Surgical Research   53 巻   頁: 251-256   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Direct and indirect inhibition of Na+-Mg2+ exchange in the taenia isolated from guinea-pig caecum. 査読有り

    Nakayama, S., Tomita, T.

    <u>Journal of Physiology</u>   446 巻   頁: 525   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Regulation of intracellular free magnesium concentration in the taenia of guinea-pig caecum. 査読有り

    Nakayama, S., Tomita, T.

    Journal of Physiology   435 巻   頁: 559-572   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. 31P nuclear magnetic resonance study of phospholipid metabolites in cold-stored liver.

    Hachisuka, T., Nakayama, S., Satoh, E., Ohtsuka, S., Koike, C., Haba, T., Hayashi, S., Takagi, H.

    Transplantation Proceedings   23 巻   頁: 2407   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Depletion of intracellular free Mg2+ in Mg2+-and Ca2+-free solution in the taenia of guinea-pig caecum. 査読有り

    Nakayama, S., Tomita, T.

    Journal of Physiology   421 巻   頁: 363-378   1990年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Intracellular free magnesium concentration in the taenia isolated from guinea-pig caecum. 招待有り

    Nakayama, S., Tomita, T.

    Progress in Clinical and Biological Research   327 巻   頁: 345-349   1990年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. 31P nuclear magnetic resonance study of phospholipid metabolism in hypothermic-preserved liver.

    Hachisuka, T., Nakayama, S., Tomita, T., Takagi, H.

    Transplantation Proceedings   22 巻   頁: 485-487   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. Intracellular Phosphorous compounds during metabolic inhibition in the smooth muscle of guinea-pig taenia caeci.

    Nakayama, S., Seo, Y., Takai, A., Tomita, T. & Watari, H.

    Progress in Clinical and Biological Research   315 巻   頁: 429-438   1989年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. 平滑筋の筋細胞 招待有り

    富田忠雄、中山晋介

    臨床科学   24 巻 ( 12 ) 頁: 1587-1593   1988年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  111. Phosphorous compounds studied by 31P nuclear magnetic resonsnce spectroscopy in the taenia of guinea-pig caecum. 査読有り

    Nakayama, S., Seo, Y., Takai, A., Tomita, T., Watari, H.

    Journal of Physiology   402 巻   頁: 565-578   1988年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. 平滑筋の筋細胞 招待有り 査読有り

    富田忠雄、中山晋介

    臨床科学   24 巻 ( 12 ) 頁: 1587-1593   1988年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  113. Effect of adenosine on metabolism in smooth muscle studied by 31P-NMR

    Nakayama, S., Tomita, T.

    <u>Journal of Muscle Research and Cell Motility</u>   9 巻   頁: 282   1988年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  114. Effects of Na-removal on the membrane potential in the circular muscle of the guinea-pig stomach. 招待有り 査読有り

    Tomita, T., Tokuno, H., Nakayama, S.

    INSERM   124 巻   頁: 193-200   1984年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

▼全件表示

書籍等出版物 6

  1. Modern Pacemakers - Present and Future; (Chapter 24) Network of gut pacemaker cells: spatio-temporal evaluation of electrical activity by use of microelectrode array

    NAKAYAMA, S., TANIGUCHI, M., LIU, H.-N.( 担当: 共著)

    INTECH  2011年2月  ( ISBN:978-953-307-214-2

     詳細を見る

    記述言語:英語

  2. The alpha1-subunit of the L-type Ca2+ channel is converted to a long open and noninactivating state by large depolarization.

    Nakayama, S., Kuzuya, M., Miyoshi, M., Kuba, K., Okamura, Y.( 担当: 共著)

    Slow Synaptic Responses and Modulation, eds. Kuba, K., Higashida, H., Brown, D.A. & Yoshioka, T. Springer-Verlag, Tokyo  1999年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  3. Adrenaline-induced long-lasting potentiation of transmitter release at frog motor nerve terninals.

    Huang, S.-M., Akita, T., Kitamura, A., Nakayama, S., Kuba, K.( 担当: 共著)

    Slow Synaptic Responses and Modulation, eds. Kuba, K., Higashida, H., Brown, D.A. & Yoshioka, T. Springer-Verlag, Tokyo  1999年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  4. Multiple open states of calcium channels and their possible kinetic schemes.

    Nakayama, S., Smith, L.M., Tomita, T., Brading, A.F.( 担当: 共著)

    Smooth Muscle Excitation, eds. Bolton, T.B. & Tomita, T. Academic Press  1996年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  5. The relationship between the electrophysiological properties of lower urinary tract smooth muscles and their function <u>in vivo</u>.

    Brading, A.F., Teramoto, N., Nakayama, S., Bramich, N., Inoue, R., Fujii, K., Mostwin, J.( 担当: 共著)

    Smooth Muscle Excitation, eds. Bolton, T.B. & Tomita, T. Academic Press  1996年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  6. Calcium channels in detrusor smooth muscle.

    Nakayama Shinsuke( 担当: 単著)

    Oxford University  1993年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

▼全件表示

Works(作品等) 4

  1. 生体細胞傷つけずに計測できる小型磁気センサ開発

    2008年5月

     詳細を見る

    発表場所:日刊工業新聞  

  2. Multi-electrode array recording of gut pacemaker activity

    2007年

     詳細を見る

    発表場所:Physiology News (U.K.)  

  3. Computer programs for patch clamping and its data analysis

    1992年

  4. Development of a perfusion system for in vivo NMR measurements and data analyzing programs.

    1990年

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. 生体磁気診断の普及に貢献するシールドレス超高感度磁気センサの開発

    2011年10月 - 2012年9月

    A-Step FS ステージ・シーズ顕在化タイプ 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 細胞組織を検査するための電位測定装置の開発

    2009年11月 - 2011年3月

    JST企業研究者活用型基礎研究推進事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 医療画像にもとづく生体内マクロ動態解析システムの研究開発

    2009年9月

    通商産業省・地域イノベーション創出研究開発事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 細胞組織を検査するための電位測定装置の開発

    2007年10月 - 2008年9月

    JST企業研究者活用型基礎研究推進事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 9

  1. ICCペースメーカ活動におけるシグナル連携・統合の研究

    2008年

    科学研究費補助金  基盤研究(B),課題番号:20390198

    中山 晋介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 微小領域消化管ペースメーカ活動伝搬のMEA応用解析による薬効病態評価の新技術開発

    2009年 - 2011年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究,課題番号:21659187

    中山 晋介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 過活動膀胱の分子生物学的・電気生理学的特性を解明し、新治療法の可能性を探る

    2008年 - 2011年

    科学研究費補助金 

    梶岡俊一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  4. 過敏性と炎症を映す消化管興奮連携の可視化による病態解明と治療戦略の開拓

    研究課題/研究課題番号:19H03558  2019年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究B

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    直接経費:13400000円 )

  5. 腸過敏性の基礎となる興奮連携異常のマイクロ機能画像による評価

    研究課題/研究課題番号:2623H02813  2023年4月 - 現在

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)一般

  6. 平滑筋含有臓器にわたる興奮・収縮機構の特殊性普遍性の解明

    研究課題/研究課題番号:22K19584  2022年6月 - 現在

    日本学術振興会  科学研究費補助金  挑戦的研究(萌芽)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. スマートナーシングシステムに導入する排便予測指標となる腸電位パターンの探索

    研究課題/研究課題番号:22K19687  2022年6月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    本田 育美, 中山 晋介, 吉田 和枝, 前川 厚子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    本研究は、超高齢社会のわが国の重要課題の1つである“排泄ケア”の変革につながる“排泄支援システム”の構築を目指し、「腸の活動電位」の可視化と排便予測となる信号の弁別化に取り組む。
    軽量小型腸電位計を用いて、超音波画像解析装置(エコー)での糞便状態の評価とともに、就寝時から連続測定することで排便に向けた大腸運動の推移を示し、さらに生活活動刺激による腸の活動変化から排便兆候となる電位パターンを探る。

  8. 細胞組織の機能評価のためのシールドレス超高感度磁気センシングシステムの開発

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    内山剛

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  9. 超高感度MIセンサを用いた非接触携帯型脳波計の開発と医療診断への応用

    2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金 

    内山剛

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

▼全件表示

産業財産権 4

  1. 磁気検出装置

    内山剛、中山晋介、熱田諭志

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学、フジデノロ

    出願番号:特願2011-049710  出願日:2011年3月

    特許番号/登録番号:特許第5429717  登録日:2013年12月 

    出願国:国内  

  2. 器官運動解析装置及び器官運動解析プログラム

    小杉隆司、清水利恭、中山晋介、寺本英巳

     詳細を見る

    出願番号:特願2010-265376  出願日:2010年11月

    出願国:国内  

  3. 細胞組織磁気信号検出装置

    中山晋介、内山剛、毛利佳年雄

     詳細を見る

    出願番号:2010-509029  出願日:2010年11月

    特許番号/登録番号:4665105  登録日:2011年1月 

    出願国:国内  

  4. 細胞組織評価装置

    中山晋介、内山剛

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学

    出願番号:特願2009-243715  出願日:2009年10月

    特許番号/登録番号:特許第5526384  登録日:2014年4月 

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 8

  1. 医学入門

    2012

  2. 人と環境:体温調節

    2013

  3. 生理学実習(生体の機能II・植物機能生理学)

    2022

  4. 生理学講義(生体の機能II・植物機能生理学)

    2022

  5. 基礎医学セミナー

    2021

  6. 生理学実習(生体の機能II・植物機能生理学)

    2021

  7. 生理学講義(生体の機能II・植物機能生理学)

    2021

  8. 生理学(ヒト植物機能)

    2012

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 2

  1. 生理学(平滑筋)

    2009年4月 - 2010年3月 奈良県立医科大学)

  2. 生理学(消化器)

    2010年4月 - 現在 和歌山医科大学)