2021/04/14 更新

写真a

イシバシ カズノリ
石橋 和紀
ISHIBASHI Kazunori Bish
所属
大学院理学研究科 素粒子宇宙物理学専攻 宇宙構造論 講師
大学院理学研究科
理学部 物理学科
運営支援組織等 国際機構 国際教育交流センター 講師
職名
講師

学位 3

  1. Ph.D. in Astrophysics ( 1999年11月 ) 

  2. Master of Science in Astrophysics ( 1998年 ) 

  3. Bachelor of Science in Astrophysics ( 1994年5月 ) 

研究キーワード 5

  1. Astrophysics

  2. High-Energy Astrophysics

  3. Stellar Astrophysics

  4. Space-borne Experiment

  5. Observational Astrophysics

研究分野 1

  1. 自然科学一般 / 天文学  / Observational Astrophysics

現在の研究課題とSDGs 3

  1. HST/STIS Observations of Eta Carinae

  2. IRSF/SIRIUS Monitoring of Eta Carinae

  3. Stellar Evolution of VY CMa with HST/STIS

経歴 3

  1. NorthWest Research Associates   CoRA   Research Associate

    2007年2月 - 2009年1月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  2. Massachusetts Institute of Technology   Chandra X-ray Center   Research Scientist

    2001年11月 - 2007年1月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  3. NASA's Goddard Space Flight Center   Code 21   NRC fellow

    2000年1月 - 2001年10月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

    備考:National Academy of Science NRC Fellowship

学歴 2

  1. University of Minnesota at Twin Cities   Department of Astronomy   Astrophysics

    1994年8月 - 1999年11月

      詳細を見る

    国名: アメリカ合衆国

  2. University of Oklahoma,Norman   School of Physics and Astronomy   Astrophysics

    1991年1月 - 1994年5月

      詳細を見る

    国名: アメリカ合衆国

 

論文 5

  1. The Mass-Loss History of the Red Hypergiant VY CMa 査読有り 国際共著

    Humphreys, R. M., Davidson, K., Richards, A. M. S., Ziurys, L. M., Jones, T., J., Ishibashi, K.

    The Astronomical Journal   161 巻 ( 3 ) 頁: 10   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/1538-3881/abd316

  2. XL-Calibur: the next-generation balloon-borne hard x-ray polarimeter 査読有り 国際共著

    Maeda, Y. et al.

    Journal of Astronomical Telescopes, Instruments, and Systems   11444 巻 ( 2X ) 頁: 9   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1117/12.2560319

  3. The Unexpected Spectrum of the Innermost Ejecta of the Red Hypergiant VY CMa 査読有り 国際共著

    Humphreys, Roberta M.; Ziurys, L. M.; Bernal, J. J.; Gordon, Michael S.; Helton, L. Andrew; Ishibashi, Kazunori; Jones, Terry J.; Richards, A. M. S.; Vlemmings, Wouter

    Astrophysical Journal Letters   874 巻 ( 2 ) 頁: 26 - 33   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/2041-8213/ab11e5

  4. Near-infrared evidence for a sudden temperature increase in Eta Carinae 査読有り 国際共著

    Mehner, A., Ishibashi, K., Whitelock, P. Nagayama, T., Feast, M., van Wyk, F., de Wit, W.-J.

    Astronomy and Astrophysics   564 巻 ( A14 ) 頁: 9 - 21   2014年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1051/0004-6361/201322729

  5. Chandra/HETGS Observations of the Capella System: The Primary as a Dominating X-Ray Source 査読有り

    Ishibashi, Kazunori; Dewey, Daniel; Huenemoerder, David P.; Testa, Paola

    The Astrophysical Journal   644 巻 ( 2 ) 頁: 117-120   2006年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1086/505702

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. "Last Call!" Eta Carinae's Spectroscopic Event in 2020 国際共著

    研究課題番号:Proposal ID 16176  2020年5月 - 現在

    Space Telescope Science Institute  Hubble Space Telescope Proposal Cycle 28  Stellar Astrophysics

    Davidson, K., Humphreys, R. M., Martin, J. C., Ishibashi, K.

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  2. The Recent Mass Loss History of the Red Hypergiant CY CMa 国際共著

    研究課題番号:Proposal ID 15076  2020年5月 - 現在

    Space Telescope Science Institute  Hubble Space Telescope Proposal Cycle 25  Stellar Astrophysics

    Humphreys, R. M., Gordon, M. S., Helton, L. A., Ishibashi, K., Jones, T. J., Khouri, T., Richards, A., Vlemmings, W., Ziurys, L.

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

科研費 1

  1. 紫外線/赤外線でのEta Carinae観測:変化する恒星風の包括的検証

    研究課題/研究課題番号:26400227  2014年4月 - 2018年3月

    石橋 和紀

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:1820000円 ( 直接経費:1400000円 、 間接経費:420000円 )

    超大質量星Eta Carは、1990年代初期には毎年千分の1の太陽質量を恒星風として放出することで知られていた。その質量ロスの度合いは異常で、その物理メカニズムは理解されていない。そのEta Carだが、近年恒星風目まぐるしい変化(光度変化、恒星風の物理的変化)を見せている。本研究では、Hubble宇宙望遠鏡(STIS)を用いた紫外線分光観測や南アフリカ天文台のIRSF1.4m赤外線望遠鏡での測光観測の結果から、それらの現象がここ10年間程度期間の間に起こったEta Car起因の恒星風質量ロスの半減が理由であることを解明した。