2021/03/18 更新

写真a

サトウ オサム
佐藤 修
SATO, Osamu
所属
未来材料・システム研究所 附属高度計測技術実践センター 素粒子計測部 特任講師
職名
特任講師
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 理学 ( 1996年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 2

  1. チャームハドロン物理学

  2. ニュートリノ物理学

研究分野 1

  1. その他 / その他  / ニュートリノ振動

現在の研究課題とSDGs 4

  1. ニュートリノと原子核の反応断面積精密測定

  2. タウニュートリノ生成断面積の測定

  3. ニュートリノと原子核のコヒーレント散乱観測

  4. ミュー型からタウ型へのニュートリノ振動現象の確立

学歴 2

  1. 名古屋大学   理学研究科

    - 1996年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   理学部

    - 1991年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 2

  1. 日本物理学会   会員

  2. 日本写真学会   会員

受賞 1

  1. 第21回日本物理学会論文賞

    2016年3月   日本物理学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    OPERA Collaboration を代表して佐藤修が賞を受け取った。

 

論文 48

  1. Discovery of τ Neutrino Appearance in the CNGS Neutrino Beam with the OPERA Experiment 査読有り

    OPERA Collaboration

    Phys.Rev.Lett   115 巻 ( 12 ) 頁: 121802   2015年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.115.121802

  2. Observation of tau neutrino appearance in the CNGS beam with the OPERA experiment. 査読有り

    OPERA Collaboration

    PTEP   10 巻 ( 101C01 )   2014年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ptep/ptu132

  3. First measurement of (nu)over-bar(mu) and nu(mu) charged-current inclusive interactions on water using a nuclear emulsion detector

    Hiramoto A., Suzuki Y., Ali A., Aoki S., Berns L., Fukuda T., Hanaoka Y., Hayato Y., Ichikawa A. K., Kawahara H., Kikawa T., Koga T., Komatani R., Komatsu M., Kosakai Y., Matsuo T., Mikado S., Minamino A., Mizuno K., Morimoto Y., Morishima K., Naganawa N., Naiki M., Nakamura M., Nakamura Y., Nakano N., Nakano T., Nakaya T., Nishio A., Odagawa T., Ogawa S., Oshima H., Rokujo H., Sanjana I, Sato O., Shibuya H., Sugimura K., Suzui L., Takagi H., Takao T., Tanihara Y., Yasutome K., Yokoyama M.

    PHYSICAL REVIEW D   102 巻 ( 7 )   2020年10月

  4. First observation of a tau neutrino charged current interaction with charm production in the OPERA experiment OPERA Collaboration

    Agafonova N., Aleksandrov A., Anokhina A., Aoki S., Ariga A., Ariga T., Bertolin A., Bozza C., Brugnera R., Buonaura A., Buontempo S., Chernyavskiy M., Chukanov A., Consiglio L., D'Ambrosio N., De Lellis G., De Serio M., Sanchez P. del Amo, Di Crescenzo A., Di Ferdinando D., Di Marco N., Dmitrievski S., Dracos M., Duchesneau D., Dusini S., Dzhatdoev T., Ebert J., Ereditato A., Fini R. A., Fornari F., Fukuda T., Galati G., Garfagnini A., Gentile V, Goldberg J., Gorbunov S., Gornushkin Y., Grella G., Guler A. M., Gustavino C., Hagner C., Hara T., Hayakawa T., Hollnagel A., Ishiguro K., Iuliano A., Jakovcic K., Jollet C., Kamiscioglu C., Kamiscioglu M., Kim S. H., Kitagawa N., Klicek B., Kodama K., Komatsu M., Kose U., Kreslo I, Laudisio F., Lauria A., Longhin A., Loverre P., Malgin A., Malenica M., Mandrioli G., Matsuo T., Matveev V, Mauri N., Medinaceli E., Meregaglia A., Mikado S., Miyanishi M., Mizutani F., Monacelli P., Montesi M. C., Morishima K., Muciaccia M. T., Naganawa N., Naka T., Nakamura M., Nakano T., Niwa K., Okateva N., Ogawa S., Ozaki K., Paoloni A., Paparella L., Park B. D., Pasqualini L., Pastore A., Patrizii L., Pessard H., Podgrudkov D., Polukhina N., Pozzato M., Pupilli F., Roda M., Roganova T., Rokujo H., Rosa G., Ryazhskaya O., Sato O., Schembri A., Shakirianova I, Shchedrina T., Shibuya H., Shibayama E., Shiraishi T., Simone S., Sirignano C., Sirri G., Sotnikov A., Spinetti M., Stanco L., Starkov N., Stellacci S. M., Stipcevic M., Strolin P., Takahashi S., Tenti M., Terranova F., Tioukov V, Vasina S., Vilain P., Voevodina E., Votano L., Vuilleumier J. L., Wilquet G., Yoon C. S.

    EUROPEAN PHYSICAL JOURNAL C   80 巻 ( 8 )   2020年8月

  5. Measurement of the muon flux from 400 GeV/c protons interacting in a thick molybdenum/tungsten target

    Ahdida C., Akmete A., Albanese R., Alexandrov A., Anokhina A., Aoki S., Arduini G., Atkin E., Azorskiy N., Back J. J., Bagulya A., Dos Santos F. Baaltasar, Baranov A., Bardou F., Barker G. J., Battistin M., Bauche J., Bay A., Bayliss V, Bencivenni G., Berdnikov A. Y., Berdnikov Y. A., Bertani M., Betancourt C., Bezshyiko I, Bezshyyko O., Bick D., Bieschke S., Blanco A., Boehm J., Bogomilov M., Boiarska I, Bondarenko K., Bonivento W. M., Borburgh J., Boyarsky A., Brenner R., Breton D., Buescher V, Buonaura A., Buontempo S., Cadeddu S., Calcaterra A., Calviani M., Campanelli M., Casolino M., Charitonidis N., Chau P., Chauveau J., Chepurnov A., Chernyavskiy M., Choi K-Y, Chumakov A., Ciambrone P., Cicero V, Congedo L., Cornelis K., Cristinziani M., Crupano A., Dallavalle G. M., Datwyler A., D'Ambrosio N., D'Appollonio G., de Asmundis R., De Carvalho Saraiva J., De Lellis G., de Magistris M., De Roeck A., De Serio M., De Simone D., Dedenko L., Dergachev P., Di Crescenzo A., Di Giulio L., Di Marco N., Dib C., Dijkstra H., Dmitrenko V, Dmitrievskiy S., Dougherty L. A., Dolmatov A., Domenici D., Donskov S., Drohan V, Dubreuil A., Durhan O., Ehlert M., Elikkaya E., Enik T., Etenko A., Fabbri F., Fedin O., Fedotovs F., Felici G., Ferrillo M., Ferro-Luzzi M., Filippov K., Fini R. A., Fonte P., Franco C., Fraser M., Fresa R., Froeschl R., Fukuda T., Galati G., Gall J., Gatignon L., Gavrilov G., Gentile V, Goddard B., Golinka-Bezshyyko L., Golovatiuk A., Golubkov D., Golutvin A., Gorbounov P., Gorbunov D., Gorbunov S., Gorkavenko V, Gorshenkov M., Grachev V, Grandchamp A. L., Graverini E., Grenard J-L, Grenier D., Grichine V, Gruzinskii N., Guler A. M., Guz Yu, Haefeli G. J., Hagner C., Hakobyan H., Harris I. W., van Herwijnen E., Hessler C., Hollnagel A., Hosseini B., Hushchyn M., Iaselli G., Iuliano A., Jacobsson R., Jokovic D., Jonker M., Kadenko I, Kain V, Kaiser B., Kamiscioglu C., Karpenkov D., Kershaw K., Khabibullin M., Khalikov E., Khaustov G., Khoriauli G., Khotyantsev A., Kim Y. G., Kim V, Kitagawa N., Ko J-W, Kodama K., Kolesnikov A., Kolev D. I, Kolosov V, Komatsu M., Kono A., Konovalova N., Kormannshaus S., Korol I, Korol'ko I, Korzenev A., Kostyukhin V, Platia E. Koukovini, Kovalenko S., Krasilnikova I, Kudenko Y., Kurbatov E., Kurbatov P., Kurochka V, Kuznetsova E., Lacker H. M., Lamont M., Lanfranchi G., Lantwin O., Lauria A., Lee K. S., Lee K. Y., Levy J-M, Loschiavo V. P., Lopes L., Sola E. Lopez, Lyubovitskij V, Maalmi J., Magnan A., Maleev V, Malinin A., Manabe Y., Managadze A. K., Manfredi M., Marsh S., Marshall A. M., Mefodev A., Mermod P., Miano A., Mikado S., Mikhaylov Yu, Milstead D. A., Mineev O., Montanari A., Montesi M. C., Morishima K., Movchan S., Muttoni Y., Naganawa N., Nakamura M., Nakano T., Nasybulin S., Ninin P., Nishio A., Novikov A., Obinyakov B., Ogawa S., Okateva N., Opitz B., Osborne J., Ovchynnikov M., Owtscharenko N., Owen P. H., Pacholek P., Paoloni A., Park B. D., Pastore A., Patel M., Pereyma D., Perillo-Marcone A., Petkov G. L., Petridis K., Petrov A., Podgrudkov D., Poliakov V, Polukhina N., Prieto J. Prieto, Prokudin M., Prota A., Quercia A., Rademakers A., Rakai A., Ratnikov F., Rawlings T., Redi F., Ricciardi S., Rinaldesi M., Rodin Volodymyr, Rodin Viktor, Robbe P., Cavalcante A. B. Rodrigues, Roganova T., Rokujo H., Rosa G., Rovelli T., Ruchayskiy O., Ruf T., Samoylenko V, Samsonov V, Galan F. Sanchez, Diaz P. Santos, Ull A. Sanz, Saputi A., Sato O., Savchenko E. S., Schliwinski J. S., Schmidt-Parzefall W., Serra N., Sgobba S., Shadura O., Shakin A., Shaposhnikov M., Shatalov P., Shchedrina T., Shchutska L., Shevchenko V, Shibuya H., Shihora L., Shirobokov S., Shustov A., Silverstein S. B., Simone S., Simoniello R., Skorokhvatov M., Smirnov S., Sohn J. Y., Sokolenko A., Solodko E., Starkov N., Stoel L., Stramaglia M. E., Sukhonos D., Suzuki Y., Takahashi S., Tastet J. L., Teterin P., Naing S. Than, Timiryasov I, Tioukov V, Tommasini D., Torii M., Tosi N., Treille D., Tsenov R., Ulin S., Ursov E., Ustyuzhanin A., Uteshev Z., Vankova-Kirilova G., Vannucci F., Venturi V., Vilchinski S., Vincke Heinz, Vincke Helmut, Visone C., Vlasik K., Volkov A., Voronkov R., van Waasen S., Wanke R., Wertelaers P., Williams O., Woo J-K, Wurm M., Xella S., Yilmaz D., Yilmazer A. U., Yoon C. S., Zaytsev Yu, Zimmerman J.

    EUROPEAN PHYSICAL JOURNAL C   80 巻 ( 3 )   2020年3月

  6. Measurement of C-12 Fragmentation Cross Sections on C, O, and H in the Energy Range of Interest for Particle Therapy Applications

    Mattei I., Alexandrov A., Solestizi L. Alunni, Ambrosi G., Argiro S., Bartosik N., Battistoni G., Belcari N., Biondi S., Bisogni M. G., Bruni G., Camarlinghi N., Carra P., Catanzani E., Ciarrocchi E., Cerello P., Clozza A., Colombi S., De Lellis G., Del Guerra A., De Simoni M., Di Crescenzo A., Donetti M., Dong Y., Durante M., Embriaco A., Emde M., Faccini R., Ferrero V., Ferroni F., Fiandrini E., Finck C., Fiorina E., Fischetti M., Francesconi M., Franchini M., Galli L., Gentile V., Hetzel R., Hild S., Iarocci E., Ionica M., Kanxheri K., Kraan A. C., Lante V., Lauria A., La Tessa C., Torres E. Lopez, Massimi C., Marafini M., Mengarelli A., Mirabelli R., Montesi M. C., Morone M. C., Morrocchi M., Muraro S., Narici L., Pastore A., Pastrone N., Patera V., Pennazio F., Placidi P., Pullia M., Ramello L., Ridolfi R., Rosso V., Rovituso M., Sanelli C., Sartorelli G., Sato O., Savazzi S., Scavarda L., Schiavi A., Schuy C., Scifoni E., Sciubba A., Secher A., Selvi M., Servoli L., Silvestre G., Sitta M., Spighi R., Spiriti E., Sportelli G., Stahl A., Tomassini S., Tommasino F., Traini G., Toppi M., Valeri T., Valle S. M., Vanstalle M., Villa M., Weber U., Zoccoli A., Sarti A.

    IEEE TRANSACTIONS ON RADIATION AND PLASMA MEDICAL SCIENCES   4 巻 ( 2 ) 頁: 269 - 282   2020年3月

  7. Detecting and studying high-energy collider neutrinos with FASER at the LHC

    Abreu Henso, Antel Claire, Ariga Akitaka, Ariga Tomoko, Boyd Jamie, Cadoux Franck, Casper David W., Chen Xin, Coccaro Andrea, Dozen Candan, Denton Peter B., Favre Yannick, Feng Jonathan L., Ferrere Didier, Galon Iftah, Gibson Stephen, Gonzalez-Sevilla Sergio, Hsu Shih-Chieh, Hu Zhen, Iacobucci Giuseppe, Jakobsen Sune, Jansky Roland, Kajomovitz Enrique, Kling Felix, Kuehn Susanne, Levinson Lorne, Li Congqiao, McFayden Josh, Meehan Sam, Neuhaus Friedemann, Otono Hidetoshi, Petersen Brian, Pikhartova Helena, Queitsch-Maitland Michaela, Sato Osamu, Schmieden Kristof, Schott Matthias, Sfyrla Anna, Shively Savannah, Smolinsky Jordan, Soffa Aaron M., Takubo Yosuke, Torrence Eric, Trojanowski Sebastian, Wilkinson Callum, Zhang Dengfeng, Zhang Gang

    EUROPEAN PHYSICAL JOURNAL C   80 巻 ( 1 )   2020年1月

  8. DsTau: study of tau neutrino production with 400 GeV protons from the CERN-SPS

    Aoki Shigeki, Ariga Akitaka, Ariga Tomoko, Dmitrievsky Sergey, Firu Elena, Forshaw Dean, Fukuda Tsutomu, Gornushkin Yuri, Guler Ali Murat, Haiduc Maria, Kodama Koichi, Komatsu Masahiro, Korkmaz Muhtesem Akif, Kose Umut, Miloi Madalina, Miucci Antonio, Miyanishi Motoaki, Nakamura Mitsuhiro, Nakano Toshiyuki, Neagu Alina, Rokujo Hiroki, Sato Osamu, Sitnikova Elizaveta, Suzuki Yosuke, Takao Tomoki, Vasina Svetlana, Vladymyrov Mykhailo, Weston Thomas, Yoshidaj Junya, Yoshimoto Masahiro

    JOURNAL OF HIGH ENERGY PHYSICS   ( 1 )   2020年1月

  9. The magnet of the scattering and neutrino detector for the SHiP experiment at CERN

    Ahdida C., Albanese R., Alexandrov A., Anokhina A., Aoki S., Arduini G., Atkin E., Azorskiy N., Back J. J., Bagulya A., Dos Santos F. Baaltasar, Baranov A., Bardou F., Barker G. J., Battistin M., Bauche J., Bay A., Bayliss V., Bencivenni G., Berdnikov A. Y., Berdnikov Y. A., Berezkina I., Bertani M., Betancourt C., Bezshyiko I., Bezshyyko O., Bick D., Bieschke S., Blanco A., Boehm J., Bogomilov M., Bondarenko K., Bonivento W. M., Borburgh J., Boyarsky A., Brenner R., Breton D., Brundler R., Bruschi M., Buescher V., Buonaura A., Buontempo S., Cadeddu S., Calcaterra A., Calviani M., Campanelli M., Casolino M., Charitonidis N., Chau P., Chauveau J., Chepurnov A., Chernyavskiy M., Choi K. -Y., Chumakov A., Ciambrone P., Congedo L., Cornelis K., Cristinziani M., Crupano A., Dallavalle G. M., Datwyler A., D'Ambrosio N., D'Appollonio G., Saraiva J. De Carvalho, De Lellis G., de Magistris M., De Roeck A., De Serio M., De Simone D., Dedenko L., Dergachev P., Di Crescenzo A., Dib C., Dijkstra H., Dipinto P., Dmitrenko V., Dmitrievskiy S., Dougherty L. A., Dolmatov A., Domenici D., Donskov S., Drohan V., Dubreuil A., Ehlert M., Enik T., Etenko A., Fabbri F., Fabbri L., Fabich A., Fedin O., Fedotovs F., Felici G., Ferro-Luzzi M., Filippov K., Fini R. A., Fonte P., Franco C., Fraser M., Fresa R., Froeschl R., Fukuda T., Galati G., Gall J., Gatignon L., Gavrilov G., Gentile V., Gerlach S., Goddard B., Golinka-Bezshyyko L., Golovatiuk A., Golubkov D., Golutvin A., Gorbounov P., Gorbunov D., Gorbunov S., Gorkavenko V., Gornushkin Y., Gorshenkov M., Grachev V., Grandchamp A. L., Granich G., Graverini E., Grenard J. -L., Grenier D., Grichine V., Gruzinskii N., Guler A. M., Guz Yu., Haefeli G. J., Hagner C., Hakobyan H., Harris I. W., van Herwijnen E., Hessler C., Hollnagel A., Hosseini B., Hushchyn M., Iaselli G., Iuliano A., Ivantchenko V., Jacobsson R., Jokovic D., Jonker M., Kadenko I., Kain V., Kaiser B., Kamiscioglu C., Kershaw K., Khabibullin M., Khalikov E., Khaustov G., Khoriauli G., Khotyantsev A., Kim S. H., Kim Y. G., Kim V., Kitagawa N., Ko J. -W., Kodama K., Kolesnikov A., Kolev D. I., Kolosov V., Komatsu M., Kondrateva N., Kono A., Konovalova N., Kormannshaus S., Korol I., Korol'ko I., Korzenev A., Kostyukhin V., Platia E. Koukovini, Kovalenko S., Krasilnikova I., Kudenko Y., Kurbatov E., Kurbatov P., Kurochka V., Kuznetsova E., Lacker H. M., Lamont M., Lanfranchi G., Lantwin O., Lauria A., Lee K. S., Lee K. Y., Levy J. -M., Loschiavo V. P., Lopes L., Sola E. Lopez, Lyubovitskij V., Maalmi J., Magnan A., Maleev V., Malinin A., Manabe Y., Managadze A. K., Manfredi M., Marsh S., Marshall A. M., Mefodev A., Mermod P., Miano A., Mikado S., Mikhaylov Yu., Milstead D. A., Mineev O., Minutolo V., Montanari A., Montesi M. C., Morishima K., Movchan S., Muttoni Y., Naganawa N., Nakamura M., Nakano T., Nasybulin S., Ninin P., Nishio A., Novikov A., Obinyakov B., Ogawa S., Okateva N., Opitz B., Osborne J., Ovchynnikov M., Owtscharenko N., Owen P. H., Pacholek P., Paoloni A., Park B. D., Park S. K., Passeggio G., Pastore A., Patel M., Pereyma D., Perillo-Marcone A., Petkov G. L., Petridis K., Petrov A., Podgrudkov D., Poliakov V., Polukhina N., Prieto J., Prokudin M., Prota A., Quercia A., Rademakers A., Rakai A., Ratnikov F., Rawlings T., Redi F., Ricciardi S., Rinaldesi M., Rodin Volodymyr, Rodin Viktor, Robbe P., Cavalcante A. B. Rodrigues, Roganova T., Rokujo H., Rosa G., Rovelli T., Ruchayskiy O., Ruf T., Samoylenko V., Samsonov V., Galan F. Sanchez, Diaz P. Santos, Sanz A., Saputi A., Sato O., Savchenko E. S., Schliwinski J. S., Schmidt-Parzefall W., Serra N., Sgobba S., Shadura O., Shakin A., Shaposhnikov M., Shatalov P., Shchedrina T., Shchutska L., Shevchenko V., Shibuya H., Shihora L., Shirobokov S., Shustov A., Silverstein S. B., Simone S., Simoniello R., Skorokhvatov M., Smirnov S., Sohn J. Y., Sokolenko A., Solodko E., Starkov N., Stoel L., Storaci B., Stramaglia M. E., Sukhonos D., Suzuki Y., Takahashi S., Tastet J. L., Teterin P., Naing S. Than, Timiryasov I., Tioukov V., Tommasini D., Torii M., Tosi N., Treille D., Tsenov R., Ulin S., Ustyuzhanin A., Uteshev Z., Vankova-Kirilova G., Vannucci F., Venkova P., Venturi V., Vilchinski S., Villa M., Vincke Heinz, Vincke Helmut, Visone C., Vlasik K., Volkov A., Voronkov R., van Waasen S., Wanke R., Wertelaers P., Woo J. -K., Wurm M., Xella S., Yilmaz D., Yilmazer A. U., Yoon C. S., Zarubin P., Zarubina I., Zaytsev Yu.

    JOURNAL OF INSTRUMENTATION   15 巻 ( 1 )   2020年1月

  10. Performance of the ToF detectors in the FOOT experiment

    Traini G., Alexandrov A., Alpat B., Ambrosi G., Argiro S., Arteche D. R., Bartosik N., Battistoni G., Belcari N., Bellinzona E., Biondi S., Bisogni M. G., Bruni G., Camarlinghi N., Carra P., Cerello P., Ciarrocchi E., Clozza A., Colombi S., de Lellis G., del Guerra A., de Simoni M., Di Crescenzo A., Donetti M., Dong Y., Durante M., Emde M., Faccini R., Ferrero V, Ferroni M., Fiandrini E., Finck C., Fiorina E., Fischetti M., Francesconi M., Franchini M., Franclosini G., Galati G., Galli L., Gentile V, Giraudo G., Hetzel R., Iarocci E., Ionica M., Kanxheri K., Kraan A. C., Lante V, Lauria A., la Tessa C., Torres E. Lopez, Massimi C., Mattei I, Marafini M., Mengarelli A., Mirabelli R., Montesi M. C., Morone M. C., Morrocchi M., Moggi A., Muraro S., Narici L., Pastore A., Pastrone N., Patera V, Pennazio F., Placidi P., Pullia M., Raffaelli F., Ramello L., Ridolfi R., Rosso V, Rovituso M., Sanelli C., Sarti A., Satorelli G., Sato O., Scavarda L., Savazzi A., Schiavi A., Schuy C., Scifoni E., Sciubba A., Selvi M., Servoli L., Secher A., Silvestre G., Sitta M., Spighi R., Spiriti E., Sportelli G., Stahl A., Tomassini S., Tommasino F., Valeri T., Valle S. M., Vanstalle M., Villa M., Weber U., Zoccoli A.

    NUOVO CIMENTO C-COLLOQUIA AND COMMUNICATIONS IN PHYSICS   43 巻 ( 1 )   2020年

  11. Directional Dark Matter Search with Nuclear Emulsion

    Sato Osamu

    16TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON TOPICS IN ASTROPARTICLE AND UNDERGROUND PHYSICS (TAUP 2019)   1468 巻   2020年

  12. Fast simulation of muons produced at the SHiP experiment using Generative Adversarial Networks

    Ahdida C., Albanese R., Alexandrov A., Anokhina A., Aoki S., Arduini G., Atkin E., Azorskiy N., Back J. J., Bagulya A., Dos Santos F. Baaltasar, Baranov A., Bardou F., Barker G. J., Battistin M., Bauche J., Bay A., Bayliss V, Bencivenni G., Berdnikov A. Y., Berdnikov Y. A., Berezkina I, Bertani M., Betancourt C., Bezshyiko I, Bezshyyko O., Bick D., Bieschke S., Blanco A., Boehm J., Bogomilov M., Bondarenko K., Bonivento W. M., Borburgh J., Boyarsky A., Brenner R., Breton D., Brundler R., Bruschi M., Bscher V, Buonaura A., Buontempo S., Cadeddu S., Calcaterra A., Calviani M., Campanelli M., Casolino M., Charitonidis N., Chau P., Chauveau J., Chepurnov A., Chernyavskiy M., Choi K-Y, Chumakov A., Ciambrone P., Congedo L., Cornelis K., Cristinziani M., Crupano A., Dallavalle G. M., Datwyler A., D'Ambrosio N., D'Appollonio G., De Carvalho Saraiva J., De Lellis G., de Magistris M., De Roeck A., De Serio M., De Simone D., Dedenko L., Dergachev P., Di Crescenzo A., Di Marco N., Dib C., Dijkstra H., Dipinto P., Dmitrenko V, Dmitrievskiy S., Dougherty L. A., Dolmatov A., Domenici D., Donskov S., Drohan V, Dubreuil A., Ehlert M., Enik T., Etenko A., Fabbri F., Fabbri L., Fabich A., Fedin O., Fedotovs F., Felici G., Ferro-Luzzi M., Filippov K., Fini R. A., Fonte P., Franco C., Fraser M., Fresa R., Froeschl R., Fukuda T., Galati G., Gall J., Gatignon L., Gavrilov G., Gentile V, Gerlach S., Goddard B., Golinka-Bezshyyko L., Golovatiuk A., Golubkov D., Golutvin A., Gorbounov P., Gorbunov D., Gorbunov S., Gorkavenko V, Gornushkin Y., Gorshenkov M., Grachev V, Grandchamp A. L., Granich G., Graverini E., Grenard J-L, Grenier D., Grichine V, Gruzinskii N., Guler A. M., Guz Yu, Haefeli G. J., Hagner C., Hakobyan H., Harris I. W., van Herwijnen E., Hessler C., Hollnagel A., Hosseini B., Hushchyn M., Iaselli G., Iuliano A., Ivantchenko V, Jacobsson R., Jokovic D., Jonker M., Kadenko I, Kain V, Kaiser B., Kamiscioglu C., Kershaw K., Khabibullin M., Khalikov E., Khaustov G., Khoriauli G., Khotyantsev A., Kim S. H., Kim Y. G., Kim V, Kitagawa N., Ko J-W, Kodama K., Kolesnikov A., Kolev D. I, Kolosov V, Komatsu M., Kondrateva N., Kono A., Konovalova N., Kormannshaus S., Korol I, Korol'ko I, Korzenev A., Kostyukhin V, Platia E. Koukovini, Kovalenko S., Krasilnikova I, Kudenko Y., Kurbatov E., Kurbatov P., Kurochka V, Kuznetsova E., Lacker H. M., Lamont M., Lanfranchi G., Lantwin O., Lauria A., Lee K. S., Lee K. Y., Levy J-M, Loschiavo V. P., Lopes L., Sola E. Lopez, Lyubovitskij V, Maalmi J., Magnan A., Maleev V, Malinin A., Manabe Y., Managadze A. K., Manfredi M., Marsh S., Marshall A. M., Mefodev A., Mermod P., Miano A., Mikado S., Mikhaylov Yu, Milstead D. A., Mineev O., Montanari A., Montesi M. C., Morishima K., Movchan S., Muttoni Y., Naganawa N., Nakamura M., Nakano T., Nasybulin S., Ninin P., Nishio A., Novikov A., Obinyakov B., Ogawa S., Okateva N., Opitz B., Osborne J., Ovchynnikov M., Owtscharenko N., Owen P. H., Pacholek P., Paoloni A., Park B. D., Park S. K., Pastore A., Patel M., Pereyma D., Perillo-Marcone A., Petkov G. L., Petridis K., Petrov A., Podgrudkov D., Poliakov V, Polukhina N., Prieto J. Prieto, Prokudin M., Prota A., Quercia A., Rademakers A., Rakai A., Ratnikov F., Rawlings T., Redi F., Ricciardi S., Rinaldesi M., Rodin Volodymyr, Rodin Viktor, Robbe P., Cavalcante A. B. Rodrigues, Roganova T., Rokujo H., Rosa G., Rovelli T., Ruchayskiy O., Ruf T., Samoylenko V, Samsonov V, Galan F. Sanchez, Diaz P. Santos, Ull A. Sanz, Saputi A., Sato O., Savchenko E. S., Schliwinski J. S., Schmidt-Parzefall W., Serra N., Sgobba S., Shadura O., Shakin A., Shaposhnikov M., Shatalov P., Shchedrina T., Shchutska L., Shevchenko V, Shibuya H., Shihora L., Shirobokov S., Shustov A., Silverstein S. B., Simone S., Simoniello R., Skorokhvatov M., Smirnov S., Sohn J. Y., Sokolenko A., Solodko E., Starkov N., Stoel L., Storaci B., Stramaglia M. E., Sukhonos D., Suzuki Y., Takahashi S., Tastet J. L., Teterin P., Naing S. Than, Timiryasov I, Tioukov V, Tommasini D., Torii M., Tosi N., Treille D., Tsenov R., Ulin S., Ustyuzhanin A., Uteshev Z., Vankova-Kirilova G., Vannucci F., Venkova P., Venturi V., Vilchinski S., Villa M., Vincke Heinz, Vincke Helmut, Visone C., Vlasik K., Volkov A., Voronkov R., van Waasen S., Wanke R., Wertelaers P., Woo J-K, Wurm M., Xella S., Yilmaz D., Yilmazer A. U., Yoon C. S., Zarubin P., Zarubina I, Zaytsev Yu

    JOURNAL OF INSTRUMENTATION   14 巻   2019年11月

  13. Measurement of the cosmic ray muon flux seasonal variation with the OPERA detector

    Agafonova N., Alexandrov A., Anokhina A., Aoki S., Ariga A., Ariga T., Bertolin A., Bozza C., Brugnera R., Buonaura A., Buontempo S., Chernyavskiy M., Chukanov A., Consiglio L., D'Ambrosio N., De Lellis G., De Serio M., Sanchez P. del Amo, Di Crescenzo A., Di Ferdinando D., Di Marco N., Dmitrievsky S., Dracos M., Duchesneau D., Dusini S., Dzhatdoev T., Ebert J., Ereditato A., Fini R. A., Fornari F., Fukuda T., Galati G., Garfagnini A., Gentile V, Goldberg J., Gorbunov S., Gornushkin Y., Grella G., Guler A. M., Gustavino C., Hagner C., Hara T., Hayakawa T., Hollnagel A., Ishiguro K., Iuliano A., Jakovcic K., Jollet C., Kamiscioglu C., Kamiscioglu M., Kim S. H., Kitagawa N., Klicek B., Kodama K., Komatsu M., Kose U., Kreslo I, Laudisio F., Lauria A., Ljubicic A., Longhin A., Loverre P., Malgin A., Mandrioli G., Matsuo T., Matveev V, Mauri N., Medinaceli E., Meregaglia A., Mikado S., Miyanishi M., Mizutani F., Monacelli P., Montesi M. C., Morishima K., Muciaccia M. T., Naganawa N., Naka T., Nakamura M., Nakano T., Niwa K., Ogawa S., Okateva N., Ozaki K., Paoloni A., Paparella L., Park B. D., Pasqualini L., Pastore A., Patrizii L., Pessard H., Podgrudkov D., Polukhina N., Pozzato M., Pupilli F., Roda M., Roganova T., Rokujo H., Rosa G., Ryazhskaya O., Sato O., Schembri A., Shakiryanova I, Shchedrina T., Shibayama E., Shibuya H., Shiraishi T., Simone S., Sirignano C., Sirri G., Sotnikov A., Spinetti M., Stanco L., Starkov N., Stellacci S. M., Stipcevic M., Strolin P., Takahashi S., Tenti M., Terranova F., Tioukov V, Vasina S., Vilain P., Voevodina E., Votano L., Vuilleumier J. L., Wilquet G., Yoon C. S.

    JOURNAL OF COSMOLOGY AND ASTROPARTICLE PHYSICS   ( 10 )   2019年10月

  14. Final results on neutrino oscillation parameters from the OPERA experiment in the CNGS beam

    Agafonova N., Alexandrov A., Anokhina A., Aoki S., Ariga A., Ariga T., Bertolin A., Bozza C., Brugnera R., Buontempo S., Chernyavskiy M., Chukanov A., Consiglio L., D'Ambrosio N., De Lellis G., De Serio M., Sanchez P. del Amo, Di Crescenzo A., Di Ferdinando D., Di Marco N., Dmitrievsky S., Dracos M., Duchesneau D., Dusini S., Dzhatdoev T., Ebert J., Ereditato A., Fini R. A., Fukuda T., Galati G., Garfagnini A., Gentile V., Goldberg J., Gorbunov S., Gornushkin Y., Grella G., Guler A. M., Gustavino C., Hagner C., Hara T., Hayakawa T., Hollnagel A., Ishiguro K., Iuliano A., Jakovcic K., Jollet C., Kamiscioglu C., Kamiscioglu M., Kim S. H., Kitagawa N., Klicek B., Kodama K., Komatsu M., Kose U., Kreslo I., Laudisio F., Lauria A., Longhin A., Loverre P., Malgin A., Mandrioli G., Matsuo T., Matveev V., Mauri N., Medinaceli E., Meregaglia A., Mikado S., Miyanishi M., Mizutani F., Monacelli P., Montesi M. C., Morishima K., Muciaccia M. T., Naganawa N., Naka T., Nakamura M., Nakano T., Niwa K., Ogawa S., Okateva N., Ozaki K., Paoloni A., Paparella L., Park B. D., Pasqualini L., Pastore A., Patrizii L., Pessard H., Podgrudkov D., Polukhina N., Pozzato M., Pupilli F., Roda M., Roganova T., Rokujo H., Rosa G., Ryazhskaya O., Sato O., Schembri A., Shakiryanova I., Shchedrina T., Shibayama E., Shibuya H., Shiraishi T., Simone S., Sirignano C., Sirri G., Sotnikov A., Spinetti M., Stanco L., Starkov N., Stellacci S. M., Stipcevic M., Strolin P., Takahashi S., Tenti M., Terranova F., Tioukov V., Tufanli S., Vasina S., Vilain P., Voevodina E., Votano L., Vuilleumier J. L., Wilquet G., Yoon C. S.

    PHYSICAL REVIEW D   100 巻 ( 5 )   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevD.100.051301

    Web of Science

  15. Development of a balloon-style pressure vessel gondola for balloon-borne emulsion gamma-ray telescopes

    Rokujo H., Komiyama M., Aoki S., Hamada K., Hara T., Iyono A., Kawahara H., Kodama K., Komatani R., Komatsu M., Kuretsubo K., Marushima T., Matsuda S., Matsumoto H., Miyanishi M., Mizutani F., Morishima K., Morishita M., Naganawa N., Nakamura M., Nakamura T., Nakamura Y., Nakano T., Nishio A., Niwa K., Okada S., Otsuka N., Ozaki K., Sato O., Shibayama E., Suzuki A., Takahashi S., Tateishi Y., Torii M., Yabu M., Yamada K., Yamamoto S., Yoshimoto M.

    JOURNAL OF INSTRUMENTATION   14 巻   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1748-0221/14/09/P09009

    Web of Science

  16. FASER's physics reach for long-lived particles

    Ariga Akitaka, Ariga Tomoko, Boyd Jamie, Cadoux Franck, Casper David W., Favre Yannick, Feng Jonathan L., Ferrere Didier, Galon Iftah, Gonzalez-Sevilla Sergio, Hsu Shih-Chieh, Iacobucci Giuseppe, Kajomovitz Enrique, Kling Felix, Kuehn Susanne, Levinson Lorne, Otono Hidetoshi, Petersen Brian, Sato Osamu, Schott Matthias, Sfyrla Anna, Smolinsky Jordan, Soffa Aaron M., Takubo Yosuke, Torrence Eric, Trojanowski Sebastian, Zhang Gang

    PHYSICAL REVIEW D   99 巻 ( 9 )   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevD.99.095011

    Web of Science

  17. Sensitivity of the SHiP experiment to Heavy Neutral Leptons

    Ahdida C., Albanese R., Alexandrov A., Anokhina A., Aoki S., Arduini G., Atkin E., Azorskiy N., Dos Santos F. Baaltasar, Back J. J., Bagulya A., Baranov A., Bardou F., Barker G. J., Battistin M., Bauche J., Bay A., Bayliss V., Bencivenni G., Berdnikov Y. A., Berdnikov A. Y., Berezkina I., Bertani M., Betancourt C., Bezshyiko I., Bezshyyko O., Bick D., Bieschke S., Blanco A., Boehm J., Bogomilov M., Bondarenko K., Bonivento W. M., Borburgh J., Boyarsky A., Brenner R., Breton D., Brundler R., Bruschi M., Buescher V., Buonaura A., Buontempo S., Cadeddu S., Calcaterra A., Calviani M., Campanelli M., Casolino M., Charitonidis N., Chau P., Chauveau J., Chepurnov A., Chernyavskiy M., Choi K. -Y., Chumakov A., Ciambrone P., Cornelis K., Cristinziani M., Crupano A., Dallavalle G. M., Datwyler A., D'Ambrosio N., D'Appollonio G., Dedenko L., Dergachev P., De Carvalho Saraiva J., De Lellis G., de Magistris M., De Roeck A., De Serio M., De Simone D., Dib C., Dijkstra H., Dipinto P., Di Crescenzo A., Di Marco N., Dmitrenko V., Dmitrievskiy S., Dolmatov A., Domenici D., Donskov S., Dougherty L. A., Drohan V., Dubreuil A., Ebert J., Enik T., Etenko A., Fabbri F., Fabbri L., Fabich A., Fedin O., Fedotovs F., Ferro-Luzzi M., Felici G., Filippov K., Fini R. A., Fonte P., Franco C., Fraser M., Fresa R., Froeschl R., Fukuda T., Galati G., Gall J., Gatignon L., Gavrilov G., Gentile V., Goddard B., Golinka-Bezshyyko L., Golovatiuk A., Golubkov D., Golutvin A., Gorbounov P., Gorbunov S., Gorbunov D., Gorkavenko V., Gornushkin Y., Gorshenkov M., Grachev V., Grandchamp A. L., Granich G., Graverini E., Grenard J. -L., Grenier D., Grichine V., Gruzinskii N., Guz Yu., Haefeli G. J., Hagner C., Hakobyan H., Harris I. W., Hessler C., Hollnagel A., Hosseini B., Hushchyn M., Iaselli G., Iuliano A., Ivantchenko V., Jacobsson R., Jokovic D., Jonker M., Kadenko I., Kain V., Kamiscioglu C., Kershaw K., Khabibullin M., Khalikov E., Khaustov G., Khoriauli G., Khotyantsev A., Kim Y. G., Kim V., Kim S. H., Kitagawa N., Ko J. -W., Kodama K., Kolesnikov A., Kolev D. I., Kolosov V., Komatsu M., Kondrateva N., Kono A., Konovalova N., Kormannshaus S., Korol I., Korol'ko I., Korzenev A., Kostyukhin V., Platia E. Koukovini, Kovalenko S., Krasilnikova I., Kudenko Y., Kurbatov E., Kurbatov P., Kurochka V., Kuznetsova E., Lacker H. M., Lamont M., Lanfranchi G., Lantwin O., Lauria A., Lee K. S., Lee K. Y., Levy J. -M., Lopes L., Sola E. Lopez, Loschiavo V. P., Lyubovitskij V., Guler A. M., Maalmi J., Magnan A., Maleev V., Malinin A., Manabe Y., Managadze A. K., Manfredi M., Marsh S., Marshall A. M., Mefodev A., Mermod P., Miano A., Mikado S., Mikhaylov Yu., Milstead D. A., Mineev O., Montanari A., Montesi M. C., Morishima K., Movchan S., Muttoni Y., Naganawa N., Nakamura M., Nakano T., Nasybulin S., Ninin P., Nishio A., Novikov A., Obinyakov B., Ogawa S., Okateva N., Opitz B., Osborne J., Ovchynnikov M., Owen P. H., Owtscharenko N., Pacholek P., Paoloni A., Paparella R., Park B. D., Park S. K., Pastore A., Patel M., Pereyma D., Perillo-Marcone A., Petkov G. L., Petridis K., Petrov A., Podgrudkov D., Poliakov V., Polukhina N., Prieto J. Prieto, Prokudin M., Prota A., Quercia A., Rademakers A., Rakai A., Ratnikov F., Rawlings T., Redi F., Ricciardi S., Rinaldesi M., Robbe P., Rodin Viktor, Rodin Volodymyr, Cavalcante A. B. Rodrigues, Roganova T., Rokujo H., Rosa G., Rovelli T., Ruchayskiy O., Ruf T., Samoylenko V., Samsonov V., Galan F. Sanchez, Diaz P. Santos, Ull A. Sanz, Saputi A., Sato O., Savchenko E. S., Schmidt-Parzefall W., Serra N., Sgobba S., Shadura O., Shakin A., Shaposhnikov M., Shatalov P., Shchedrina T., Shchutska L., Shevchenko V., Shibuya H., Shirobokov S., Shustov A., Silverstein S. B., Simone S., Simoniello R., Skorokhvatov M., Smirnov S., Sohn J. Y., Sokolenko A., Solodko E., Starkov N., Stoel L., Storaci B., Stramaglia M. E., Sukhonos D., Suzuki Y., Takahashi S., Tastet J. L., Teterin P., Naing S. Than, Timiryasov I., Tioukov V., Tommasini D., Torii M., Tosi N., Treille D., Tsenov R., Ulin S., Ustyuzhanin A., Uteshev Z., Vankova-Kirilova G., Vannucci F., van Herwijnen E., van Waasen S., Venkova P., Venturi V., Vilchinski S., Villa M., Vincke Heinz, Vincke Helmut, Visone C., Vlasik K., Volkov A., Voronkov R., Wanke R., Wertelaers P., Woo J. -K., Wurm M., Xella S., Yilmaz D., Yilmazer A. U., Yoon C. S., Zarubin P., Zarubina I., Zaytsev Yu.

    JOURNAL OF HIGH ENERGY PHYSICS   ( 4 )   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/JHEP04(2019)077

    Web of Science

  18. The experimental facility for the Search for Hidden Particles at the CERN SPS

    Ahdida C., Albanese R., Alexandrov A., Anokhina A., Aoki S., Arduini G., Atkin E., Azorskiy N., Back J. J., Bagulya A., Dos Santos F. Baaltasar, Baranov A., Bardou F., Barker G. J., Battistin M., Bauche J., Bay A., Bayliss V, Bencivenni G., Berdnikov A. Y., Berdnikov Y. A., Berezkina I, Bertani M., Betancourt C., Bezshyiko I, Bezshyyko O., Bick D., Bieschke S., Blanco A., Boehm J., Bogomilov M., Bondarenko K., Bonivento W. M., Borburgh J., Boyarsky A., Brenner R., Breton D., Brundler R., Bruschi M., Buescher V, Buonaura A., Buontempo S., Cadeddu S., Calcaterra A., Calviani M., Campanelli M., Casolino M., Charitonidis N., Chau P., Chauveau J., Chepurnov A., Chernyavskiy M., Choi K-Y, Chumakov A., Ciambrone P., Cornelis K., Cristinziani M., Crupano A., Dallavalle G. M., Datwyler A., D'Ambrosio N., D'Appollonio G., De Carvalho Saraiva J., De Lellis G., de Magistris M., De Roeck A., De Serio M., De Simone D., Dedenko L., Dergachev P., Di Crescenzo A., Di Marco N., Dib C., Dijkstra H., Dipinto P., Dmitrenko V, Dmitrievskiy S., Dougherty L. A., Dolmatov A., Domenici D., Donskov S., Drohan V, Dubreuil A., Ebert J., Enik T., Etenko A., Fabbri F., Fabbri L., Fabich A., Fedin O., Fedotovs F., Felici G., Ferro-Luzzi M., Filippov K., Fini R. A., Fonte P., Franco C., Fraser M., Fresa R., Froeschl R., Fukuda T., Galati G., Gall J., Gatignon L., Gavrilov G., Gentile V, Goddard B., Golinka-Bezshyyko L., Golovatiuk A., Golubkov D., Golutvin A., Gorbounov P., Gorbunov D., Gorbunov S., Gorkavenko V, Gornushkin Y., Gorshenkov M., Grachev V, Grandchamp A. L., Granich G., Graverini E., Grenard J-L, Grenier D., Grichine V, Gruzinskii N., Guler A. M., Guz Yu, Haefeli G. J., Hagner C., Hakobyan H., Harris I. W., van Herwijnen E., Hessler C., Hollnagel A., Hosseini B., Hushchyn M., Iaselli G., Iuliano A., Ivantchenko V, Jacobsson R., Jokovic D., Jonker M., Kadenko I, Kain V, Kamiscioglu C., Kershaw K., Khabibullin M., Khalikov E., Khaustov G., Khoriauli G., Khotyantsev A., Kim S. H., Kim Y. G., Kim V, Kitagawa N., Ko J-W, Kodama K., Kolesnikov A., Kolev D. I, Kolosov V, Komatsu M., Kondrateva N., Kono A., Konovalova N., Kormannshaus S., Korol I, Korol'ko I, Korzenev A., Kostyukhin V, Platia E. Koukovini, Kovalenko S., Krasilnikova I, Kudenko Y., Kurbatov E., Kurbatov P., Kurochka V, Kuznetsova E., Lacker H. M., Lamont M., Lanfranchi G., Lantwin O., Lauria A., Lee K. S., Lee K. Y., Levy J-M, Loschiavo V. P., Lopes L., Sola E. Lopez, Lyubovitskij V, Maalmi J., Magnan A., Maleev V, Malinin A., Manabe Y., Managadze A. K., Manfredi M., Marsh S., Marshall A. M., Mefodev A., Mermod P., Miano A., Mikado S., Mikhaylov Yu, Milstead D. A., Mineev O., Montanari A., Montesi M. C., Morishima K., Movchan S., Muttoni Y., Naganawa N., Nakamura M., Nakano T., Nasybulin S., Ninin P., Nishio A., Novikov A., Obinyakov B., Ogawa S., Okateva N., Opitz B., Osborne J., Ovchynnikov M., Owtscharenko N., Owen P. H., Pacholek P., Paoloni A., Paparella R., Park B. D., Park S. K., Pastore A., Patel M., Pereyma D., Perillo-Marcone A., Petkov G. L., Petridis K., Petrov A., Podgrudkov D., Poliakov V, Polukhina N., Prieto J. Prieto, Prokudin M., Prota A., Quercia A., Rademakers A., Rakai A., Ratnikov F., Rawlings T., Redi F., Ricciardi S., Rinaldesi M., Rodin Volodymyr, Rodin Viktor, Robbe P., Cavalcante A. B. Rodrigues, Roganova T., Rokujo H., Rosa G., Rovelli T., Ruchayskiy O., Ruf T., Samoylenko V, Samsonov V, Galan F. Sanchez, Diaz P. Santos, Ull A. Sanz, Saputi A., Sato O., Savchenko E. S., Schmidt-Parzefall W., Serra N., Sgobba S., Shadura O., Shakin A., Shaposhnikov M., Shatalov P., Shchedrina T., Shchutska L., Shevchenko V, Shibuya H., Shirobokov S., Shustov A., Silverstein S. B., Simone S., Simoniello R., Skorokhvatov M., Smirnov S., Sohn J. Y., Sokolenko A., Solodko E., Starkov N., Stoel L., Storaci B., Stramaglia M. E., Sukhonos D., Suzuki Y., Takahashi S., Tastet J. L., Teterin P., Naing S. Than, Timiryasov I, Tioukov V, Tommasini D., Torii M., Tosi N., Treille D., Tsenov R., Ulin S., Ustyuzhanin A., Uteshev Z., Vankova-Kirilova G., Vannucci F., Venkova P., Venturi V., Vilchinski S., Villa M., Vincke Heinz, Vincke Helmut, Visone C., Vlasik K., Volkov A., Voronkov R., van Waasen S., Wanke R., Wertelaers P., Woo J-K, Wurm M., Xella S., Yilmaz D., Yilmazer A. U., Yoon C. S., Zarubin P., Zarubina I, Zaytsev Yu

    JOURNAL OF INSTRUMENTATION   14 巻   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1748-0221/14/03/P03025

    Web of Science

  19. Development and characterization of a Delta E-TOF detector prototype for the FOOT experiment

    Morrocchi Matteo, Ciarrocchi Esther, Alexandrov Andrey, Alpat Behcet, Ambrosi Giovanni, Argiro Stefano, Diaz Raul Arteche, Bartosik Nazar, Battistoni Giuseppe, Belcari Nicola, Bertazzoni Matteo, Biondi Silvia, Bruni Graziano, Camarlinghi Niccolo, Carra Pietro, Cerello Piergiorgio, Clozza Alberto, Colombi Sofia, De Lellis Giovanni, Del Guerra Alberto, De Simoni Micol, Di Crescenzo Antonia, Donetti Marco, Done Yunsheng, Durante Marco, Embriaco Alessia, Emde Max, Faccini Riccardo, Ferrero Veronica, Ferroni Fernando, Fiandrini Emanuele, Finck Christian, Fiorina Elisa, Fischetti Marta, Francesconi Marco, Franchini Matteo, Galli Luca, Garbini Marco, Gentile Valerio, Giraudo Giuseppe, Hetzel Ronja, Hild Sebastian, Ionica Maria, Kanxheri Keida, Kraan Aafke Christine, Lante Valeria, Lauria Adele, La Tessa Chiara, Torres Ernesto Lopez, Marafini Michela, Mattei Ilaria, Mengarelli Alberto, Mirabelli Riccardo, Montesi Maria Cristina, Morone Maria Cristina, Muraro Silvia, Narici Livio, Pastore Alessandra, Pastrone Nadia, Patera Vincenzo, Pennazio Francesco, Placidi Pisana, Pullia Marco, Ramello Luciano, Ridolfi Riccardo, Rosso Valeria, Rovituso Marta, Sanelli Claudio, Sarti Alessio, Sartorelli Gabriella, Sato Osamu, Savazzi Simone, Scavarda Lorenzo, Schiavi Angelo, Schuy Christoph, Scifoni Emanuele, Sciubba Adalberto, Selvi Marco, Servoli Leonello, Silvestre Gianluigi, Sitta Mario, Spighi Roberto, Spiriti Eleuterio, Sportelli Giancarlo, Stahl Achim, Tomassini Sandro, Tommasino Francesco, Traini Giacomo, Tioukov Valeri, Valle Serena Marta, Vanstalle Marie, Villa Mauro, Weber Ulrich, Zoccoli Antonio, Bisogni Maria Giuseppina

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT   916 巻   頁: 116-124   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nima.2018.09.086

    Web of Science

  20. Ion charge separation with new generation of nuclear emulsion films

    Montesi M. C., Lauria A., Alexandrov A., Solestizi L. Alunni, Giovanni Ambrosi, Argiro S., Diaz Arteche, Bartosik N., Battistoni G., Belcari N., Bellinzona E., Bianucci S., Biondi S., Bisogni M. G., Bruni G., Camarlinghi N., Carra P., Cerello P., Ciarrocchi E., Clozza A., Colombi S., Del Guerra, De Simoni M., Di Crescenzo A., Donetti M., Dong Y., Durante M., Embriaco A., Emde M., Faccini R., Ferrero V, Ferroni F., Fiandrini E., Finck C., Fiorina E., Fischetti M., Francesconi, Franchini M., Galati G., Galli L., Garbini M., Gentile V, Giraudo G., Hetzel R., Iarocci E., Ionica M., Kanxheri K., Kraan A. C., Lante V, La Tessa C., Lopez Torres E., Marafini M., Mattei I, Mengarelli A., Mirabelli R., Moggi A., Morone M. C., Morrocchi M., Muraro S., Narici L., Pastore A., Pastrone N., Patera V, Pennazio F., Placidi P., Pullia M., Raffaelli F., Ramello L., Ridolfi R., Rosso V, Rovituso M., Sanelli C., Sarti A., Sartorelli G., Sato O., Savazzi S., Scavarda L., Schiavi A., Schuy C., Scifoni E., Sciubba A., Secher A., Selvi M., Servoli L., Silvestre G., Sitta M., Spighi R., Spiriti E., Sportelli G., Stahl A., Tioukov V, Tomassini S., Tommasino F., Traini G., Valle S. M., Vanstalle M., Villa M., Weber U., Zoccoli A., De Lellis G.

    OPEN PHYSICS   17 巻 ( 1 ) 頁: 233-240   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1515/phys-2019-0024

    Web of Science

  21. FOOT: FragmentatiOn Of Target Experiment

    Spighi R., Alexandrov A., Alpat B., Ambrosi G., Argiro S., Battistoni G., Belcari N., Biondi S., Bisogni M. G., Bruni G., Camarlinghi N., Carra P., Ciarrocchi E., Cerello P., Clozza A., Colombi S., De Lellis G., Del Guerra A., De Simoni M., Di Crescenzo A., Donetti M., Dong Y., Durante M., Embriaco A., Emde M., Faccini R., Ferrero V, Ferroni F., Fiandrini E., Finck C., Fiorina E., Fischetti M., Francesconi M., Franchini M., Galli L., Garbini M., Gentile V, Giraudo G., Hetzel R., Hild S., Iarocci E., Ionica M., Kanxheri K., Kraan A. C., Lante V, Lauria A., La Tessa C., Lopez Torres E., Marafini M., Mattei I, Mengarelli A., Mirabelli R., Montesi M. C., Morone M. C., Morrocchi M., Muraro S., Narici L., Pastore A., Pastrone N., Patera V, Pennazio F., Placidi P., Pullia M., Ramello L., Ridolfi R., Rosso V, Rovituso M., Sanelli C., Sarti A., Sartorelli G., Sato O., Savazzi S., Schiavi A., Schuy C., Scifoni E., Sciubba A., Selvi M., Servoli L., Silvestre G., Sitta M., Spiriti E., Sportelli G., Stahl A., Tomassini S., Tommasino F., Traini G., Valeri T., Valle S. M., Vanstalle M., Villa M., Weber U., Zoccoli A.

    NUOVO CIMENTO C-COLLOQUIA AND COMMUNICATIONS IN PHYSICS   42 巻 ( 2-3 )   2019年

  22. Track reconstruction in the FOOT experiment

    Franchini M., Ambrosi G., Argiro S., Battistoni G., Belcari N., Biondi S., Bisogni M. G., Bruni G., Camarlinghi N., Carra P., Ciarrocchi E., Cerello P., Clozza A., Colombi S., De Lellis G., Del Guerra A., De Simoni M., Di Crescenzo A., Donetti M., Dong Y., Durante M., Embriaco A., Emde M., Faccini R., Ferrero V, Ferroni F., Fiandrini E., Finck C., Fiorina E., Fischetti M., Francesconi M., Galli L., Garbini M., Gentile V, Giraudo G., Hetzel R., Hild S., Iarocci E., Ionica M., Kanxheri K., Kraan A. C., Lante V, Lauria A., La Tessa C., Lopez Torres E., Marafini M., Mattel I, Mengarelli A., Mirabelli R., Montesi M. C., Morone M. C., Morrocchi M., Muraro S., Narici L., Pastore A., Pastrone N., Patera V, Pennazio F., Placidi P., Pullia M., Ramello L., Ridolfi R., Rosso V, Rovituso M., Sanelli C., Sarti A., Sartorelli G., Sato O., Savazzi S., Schiavi A., Schuy C., Scifoni E., Sciubba A., Selvi M., Servoli L., Silvestre G., Sitta M., Spighi R., Spiriti E., Sportelli G., Stahl A., Tomassini S., Tommasino F., Traini G., Valeri T., Valle S. M., Vanstalle M., Villa M., Weber U., Zoccoli A.

    NUOVO CIMENTO C-COLLOQUIA AND COMMUNICATIONS IN PHYSICS   42 巻 ( 2-3 )   2019年

  23. Search for simultaneous and parallel cosmic gamma rays in the balloon-borne emulsion telescope experiments (GRAINE2015)

    Yamamoto Saya, Iyono Atsushi, Aoki Shigeki, Takahashi Satoru, Rokujo Hiroki, Mizutani Fukashi, Hamada Kaname, Hara Toshio, Inoue Tatsuki, Ishiguro Katsumi, Kawahara Hiroaki, Kodama Koichi, Komatani Ryosuke, Komatsu Masahiro, Kosaka Tetsuya, Miyanishi Motoaki, Morishima Kunihiro, Morishita Misaki, Nakamura Mitsuhiro, Nakano Toshiyuki, Nishio Akira, Niwa Kimio, Otsuka Naoto, Ozaki Keita, Sato Osamu, Shibayama Emi, Suzuki Atsumu, Tanaka Ryo, Tateishi Yurie, Tawa Shuichi, Yabu Misato, Yamada Kyohei, Yoshimoto Masahiro

    26TH EXTENDED EUROPEAN COSMIC RAY SYMPOSIUM   1181 巻   2019年

  24. Study of charged hadron multiplicities in charged-current neutrino-lead interactions in the OPERA detector (vol 78, 62, 2018)

    Agafonova N., Aleksandrov A., Anokhina A., Aoki S., Ariga A., Ariga T., Bertolin A., Bodnarchuk I., Bozza C., Brugnera R., Buonaura A., Buontempo S., Chernyavskiy M., Chukanov A., Consiglio L., D'Ambrosio N., De Lellis G., De Serio M., Sanchez P. del Amo, Di Crescenzo A., Di Ferdinando D., Di Marco N., Dmitrievski S., Dracos M., Duchesneau D., Dusini S., Dzhatdoev T., Ebert J., Ereditato A., Fini R. A., Fornari F., Fukuda T., Galati G., Garfagnini A., Gentile V., Goldberg J., Gornushkin Y., Gorbunov S., Grella G., Guler A. M., Gustavino C., Hagner C., Hara T., Hayakawa T., Hollnagel A., Hosseini B., Ishiguro K., Jakovcic K., Jollet C., Kamiscioglu C., Kamiscioglu M., Kim S. H., Kitagawa N., Klicek B., Kodama K., Komatsu M., Kose U., Kreslo I., Laudisio F., Lauria A., Ljubicic A., Longhin A., Loverre P., Malgin A., Malenica M., Mandrioli G., Matsuo T., Matveev V., Mauri N., Medinaceli E., Meregaglia A., Mikado S., Miyanishi M., Mizutani F., Monacelli P., Montesi M. C., Morishima K., Muciaccia M. T., Naganawa N., Naka T., Nakamura M., Nakano T., Niwa K., Okateva N., Ogawa S., Ozaki K., Paoloni A., Paparella L., Park B. D., Pasqualini L., Pastore A., Patrizii L., Pessard H., Podgrudkov D., Polukhina N., Pozzato M., Pupilli F., Roda M., Roganova T., Rokujo H., Rosa G., Ryazhskaya O., Sato O., Schembri A., Shakirianova I., Shchedrina T., Shibuya H., Shibayama E., Shiraishi T., Simone S., Sirignano C., Sirri G., Sotnikov A., Spinetti M., Stanco L., Starkov N., Stellacci S. M., Stipcevic M., Strolin P., Takahashi S., Tenti M., Terranova F., Tioukov V., Vasina S., Vilain P., Voevodina E., Votano L., Vuilleumier J. L., Wilquet G., Wonsak B., Yoon C. S.

    EUROPEAN PHYSICAL JOURNAL C   78 巻 ( 9 )   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1140/epjc/s10052-018-6223-0

    Web of Science

  25. Discovery potential for directional Dark Matter detection with nuclear emulsions

    Agafonova N., Aleksandrov A., Anokhina A., Asada T., Ashikhmin V. V., Bodnarchuk I., Buonaura A., Chernyavskii M., Chukanov A., D'Ambrosio N., De Lellis G., Di Crescenzo A., Di Marco N., Dmitrievski S., Enikeev R. I., Fini R. A., Galati G., Gentile V., Gorbunov S., Gornushkin Y., Guler A. M., Ichiki H., Katsuragawa T., Konovalova N., Kuge K., Lauria A., Lee K. Y., Lista L., Malgin A. S., Managadze A., Monacelli P., Montesi M. C., Naka T., Okateva N., Park B. D., Podgrudkov D., Polukhina N., Pupilli F., Roganova T., Rogozhnikov A., Rosa G., Ryazhskaya O. G., Sato O., Shakiryanova I. R., Shchedrina T., Sirignano C., Sohn J. Y., Sotnikov A., Starkov N., Strolin P., Tioukov V., Umemoto A., Ustyuzhanin A., Yoon C. S., Yoshimoto M., Vasina S.

    EUROPEAN PHYSICAL JOURNAL C   78 巻 ( 7 )   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1140/epjc/s10052-018-6060-1

    Web of Science

  26. Final results of the search for v(mu) -> v(e) oscillations with the OPERA detector in the CNGS beam

    Agafonova N., Aleksandrov A., Anokhina A., Aoki S., Ariga A., Ariga T., Bertolin A., Bozza C., Brugnera R., Buonaura A., Buontempo S., Chernyavskiy M., Chukanov A., Consiglio L., D'Ambrosio N., De Lellis G., De Serio M., Sanchez P. del Amo, Di Crescenzo A., Di Ferdinando D., Di Marco N., Dmitrievsky S., Dracos M., Duchesneau D., Dusini S., Dzhatdoev T., Ebert J., Ereditato A., Favier J., Fini R. A., Fornari F., Fukuda T., Galati G., Garfagnini A., Gentile V., Goldberg J., Gornushkin Y., Gorbunov S., Grella G., Guler A. M., Gustavino C., Hagner C., Hara T., Hayakawa T., Hollnagel A., Hosseini B., Ishiguro K., Iuliano A., Jakovcic K., Jollet C., Kamiscioglu C., Kamiscioglu M., Kim S. H., Kitagawa N., Klicek B., Kodama K., Komatsu M., Kose U., Kreslo I., Laudisio F., Lauria A., Ljubicic A., Longhin A., Loverre P., Malgin A., Malenica M., Mandrioli G., Matsuo T., Matveev V., Mauri N., Medinaceli E., Meisel F., Meregaglia A., Mikado S., Miyanishi M., Mizutani F., Monacelli P., Montesi M. C., Morishima K., Muciaccia M. T., Naganawa N., Naka T., Nakamura M., Nakano T., Niwa K., Okateva N., Ogawa S., Ozaki K., Paoloni A., Paparella L., Park B. D., Pasqualini L., Pastore A., Patrizii L., Pessard H., Podgrudkov D., Polukhina N., Pozzato M., Pupilli F., Roda M., Roganova T., Rokujo H., Rosa G., Ryazhskaya O., Sato O., Schembri A., Shakiryanova I., Shchedrina T., Shibuya H., Shibayama E., Shiraishi T., Simone S., Sirignano C., Sirri G., Sotnikov A., Spinetti M., Stanco L., Starkov N., Stellacci S. M., Stipcevic M., Strolin P., Takahashi S., Tenti M., Terranova F., Tioukov V., Vasina S., Vilain P., Voevodina E., Votano L., Vuilleumier J. L., Wilquet G., Yoon C. S.

    JOURNAL OF HIGH ENERGY PHYSICS   ( 6 )   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/JHEP06(2018)151

    Web of Science

  27. First demonstration of gamma-ray imaging using a balloon-borne emulsion telescope

    Rokujo Hiroki, Aoki Shigeki, Hamada Kaname, Hara Toshio, Inoue Tatsuki, Ishiguro Katsumi, Iyono Atsushi, Kawahara Hiroaki, Kodama Koichi, Komatani Ryosuke, Komatsu Masahiro, Kosaka Tetsuya, Miyanishi Motoaki, Mizutani Fukashi, Morishima Kunihiro, Morishita Misaki, Naganawa Naotaka, Nakamura Mitsuhiro, Nakano Toshiyuki, Nishio Akira, Niwa Kimio, Otsuka Naoto, Ozaki Keita, Sato Osamu, Shibayama Emi, Suzuki Atsumu, Takahashi Satoru, Tanaka Ryo, Tateishi Yurie, Tawa Shuichi, Yabu Misato, Yamada Kyohei, Yamamoto Saya, Yoshimoto Masahiro

    PROGRESS OF THEORETICAL AND EXPERIMENTAL PHYSICS   2018 巻 ( 6 )   2018年6月

     詳細を見る

  28. Final Results of the OPERA Experiment on nu(tau )Appearance In the CNGS Neutrino Beam

    Agafonova N., Alexandrov A., Anokhina A., Aoki S., Ariga A., Ariga T., Bertolin A., Bozza C., Brugnera R., Buonaura A., Buontempo S., Chernyavskiy M., Chukanov A., Consiglio L., D'Ambrosio N., De Lellis G., De Serio M., Sanchez P. del Amo, Di Crescenzo A., Di Ferdinando D., Di Marco N., Dmitrievsky S., Dracos M., Duchesneau D., Dusini S., Dzhatdoev T., Ebert J., Ereditato A., Favier J., Fini R. A., Fornari F., Fukuda T., Galati G., Garfagnini A., Gentile V, Goldberg J., Gorbunov S., Gornushkin Y., Grella G., Guler A. M., Gustavino C., Hagner C., Hara T., Hayakawa T., Hollnagel A., Ishiguro K., Iuliano A., Jakovcic K., Jollet C., Kamiscioglu C., Kamiscioglu M., Kim S. H., Kitagawa N., Klicek B., Kodama K., Komatsu M., Kose U., Kreslo I, Laudisio F., Lauria A., Ljubicic A., Longhin A., Loverre P., Malenica M., Malgin A., Mandrioli G., Matsuo T., Matveev V, Mauri N., Medinaceli E., Meregaglia A., Mikado S., Miyanishi M., Mizutani F., Monacelli P., Montesi M. C., Morishima K., Muciaccia M. T., Naganawa N., Naka T., Nakamura M., Nakano T., Niwa K., Ogawa S., Okateva N., Olchevsky A., Ozaki K., Paoloni A., Paparella L., Park B. D., Pasqualini L., Pastore A., Patrizii L., Pessard H., Pistillo C., Podgrudkov D., Polukhina N., Pozzato M., Pupilli F., Roda M., Roganova T., Rokujo H., Rosa G., Ryazhskaya O., Sadovsky A., Sato O., Schembri A., Shakiryanova I, Shchedrina T., Shibayama E., Shibuya H., Shiraishi T., Simone S., Sirignano C., Sirri G., Sotnikov A., Spinetti M., Stanco L., Starkov N., Stellacci S. M., Stipcevic M., Strolin P., Takahashi S., Tenti M., Terranova F., Tioukov V, Tufanli S., Ustyuzhanin A., Vasina S., Vilain P., Voevodina E., Votano L., Vuilleumier J. L., Wilquet G., Wonsak B., Yoon C. S.

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   120 巻 ( 21 )   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.120.211801

    Web of Science

  29. Study of charged hadron multiplicities in charged-current neutrino-lead interactions in the OPERA detector

    Agafonova N., Aleksandrov A., Anokhina A., Aoki S., Ariga A., Ariga T., Bertolin A., Bodnarchuk I., Bozza C., Brugnera R., Buonaura A., Buontempo S., Chernyavskiy M., Chukanov A., Consiglio L., D'Ambrosio N., De Lellis G., De Serio M., Sanchez P. del Amo, Di Crescenzo A., Di Ferdinando D., Di Marco N., Dmitrievski S., Dracos M., Duchesneau D., Dusini S., Dzhatdoev T., Ebert J., Ereditato A., Fini R. A., Fornari F., Fukuda T., Galati G., Garfagnini A., Gentile V., Goldberg J., Gornushkin Y., Gorbunov S., Grella G., Guler A. M., Gustavino C., Hagner C., Hara T., Hayakawa T., Hollnagel A., Hosseini B., Ishiguro K., Jakovcic K., Jollet C., Kamiscioglu C., Kamiscioglu M., Kim S. H., Kitagawa N., Klicek B., Kodama K., Komatsu M., Kose U., Kreslo I., Laudisio F., Lauria A., Ljubicic A., Longhin A., Loverre P., Malgin A., Malenica M., Mandrioli G., Matsuo T., Matveev V., Mauri N., Medinaceli E., Meregaglia A., Mikado S., Miyanishi M., Mizutani F., Monacelli P., Montesi M. C., Morishima K., Muciaccia M. T., Naganawa N., Naka T., Nakamura M., Nakano T., Niwa K., Okateva N., Ogawa S., Ozaki K., Paoloni A., Paparella L., Park B. D., Pasqualini L., Pastore A., Patrizii L., Pessard H., Podgrudkov D., Polukhina N., Pozzato M., Pupilli F., Roda M., Roganova T., Rokujo H., Rosa G., Ryazhskaya O., Sato O., Schembri A., Shakirianova I., Shchedrina T., Shibuya H., Shibayama E., Shiraishi T., Simone S., Sirignano C., Sirri G., Sotnikov A., Spinetti M., Stanco L., Starkov N., Stellacci S. M., Stipcevic M., Strolin P., Takahashi S., Tenti M., Terranova F., Tioukov V., Vasina S., Vilain P., Voevodina E., Votano L., Vuilleumier J. L., Wilquet G., Wonsak B., Yoon C. S.

    EUROPEAN PHYSICAL JOURNAL C   78 巻 ( 1 )   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1140/epjc/s10052-017-5509-y

    Web of Science

  30. The FOOT (FragmentatiOn Of Target) experiment

    Valle S. M., Alexandrov A., Alpat B., Ambrosi G., Argiro S., Bisogni M. G., Belcari N., Biondi S., Bruni G., Camarlinghi N., Carra P., Cerello P., Ciarrocchi E., Clozza A., Colombi S., De Lellis G., Del Guerra A., De Simoni M., Di Crescenzo A., Donetti M., Dong Y., Durante M., Embriaco A., Emde M., Faccini R., Ferrero V, Ferroni F., Fiandrini E., Finck C., Fiorina E., Fischetti M., Francesconi M., Franchini M., Galli L., Garbini M., Gentile V, Giraudo G., Hetzel R., Hild S., Ionica M., Kanxheri K., Kraan A. C., Lante V, Lauria A., La Tessa C., Lopez Torres E., Marafini M., Mattei I, Mengarelli A., Mirabelli R., Montesi M. C., Morone M. C., Morrocchi M., Muraro S., Narici L., Pastore A., Pastrone N., Patera V, Pennazio F., Placidi P., Pullia M., Ramello L., Ridolfi R., Rosso V, Rovituso M., Sanelli C., Sarti A., Sartorelli G., Sato O., Savazzi S., Schiavi A., Schuy C., Scifoni E., Sciubba A., Selvi M., Servoli L., Silvestre G., Sitta M., Spighi R., Spiriti E., Sportelli G., Stahl A., Tomassini S., Tommasino F., Traini G., Valeri T., Vanstalle M., Villa M., Weber U., Zoccoli A., Battistoni G.

    NUOVO CIMENTO C-COLLOQUIA AND COMMUNICATIONS IN PHYSICS   41 巻 ( 5 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1393/ncc/i2018-18169-5

    Web of Science

  31. First demonstration of an emulsion multi-stage shifter for accelerator neutrino experimrnts in J-PARC T60 査読有り

    K.Yamada et.al.

    PTEP   2017 巻 ( no.6 ) 頁: 063H02   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/PTEP/PTX083

  32. First neutrino event detection with nuclear e,ulsion at J-PARC neutrino beamline 査読有り

    T.Fukuda et al.

    PTEP   2017 巻 ( no.6 ) 頁: 063C02   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ptep/ptx077

  33. First demonstration of an emulsion multi-stage shifter for accelerator neutrino experiments in J-PARC T60

    Yamada K., Aoki S., Cao S., Chikuma N., Fukuda T., Fukuzawa Y., Gonin M., Hayashino T., Hayato Y., Hiramoto A., Hosomi F., Inoh T., Iori S., Ishiguro K., Kawahara H., Kim H., Kitagawa N., Koga T., Komatani R., Komatsu M., Matsushita A., Mikado S., Minamino A., Mizusawa H., Matsumoto T., Matsuo T., Morimoto Y., Morishima K., Morishita M., Naganawa N., Nakamura K., Nakamura M., Nakamura Y., Nakano T., Nakatsuka Y., Nakaya T., Nishio A., Ogawa S., Oshima H., Quilain B., Rokujo H., Sato O., Seiya Y., Shibuya H., Shiraishi T., Suzuki Y., Tada S., Takahashi S., Yokoyama M., Yoshimoto M.

    PROGRESS OF THEORETICAL AND EXPERIMENTAL PHYSICS   ( 6 )   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ptep/ptx083

    Web of Science

  34. The active muon shield in the SHiP experiment 査読有り

    SHiP Collaboration

    JINST   12(2017) 巻 ( no.05 ) 頁: P05011   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1748-0221/12/05/P0511

  35. The active muon shield in the SHiP experiment

    Akmete A., Alexandrov A., Anokhina A., Aoki S., Atkin E., Azorskiy N., Back J. J., Bagulya A., Baranov A., Barker G. J., Bay A., Bayliss V., Bencivenni G., Berdnikov A. Y., Berdnikov Y. A., Bertani M., Betancourt C., Bezshyiko I., Bezshyyko O., Bick D., Bieschke S., Blanco A., Boehm J., Bogomilov M., Bondarenko K., Bonivento W. M., Boyarsky A., Brenner R., Breton D., Brundler R., Bruschi M., Buscher V., Buonaura A., Buontempo S., Cadeddu S., Calcaterra A., Campanelli M., Chauveau J., Chepurnov A., Chernyavsky M., Choi K. -Y., Chumakov A., Ciambrone P., Dallavalle G. M., D'Ambrosio N., D'Appollonio G., De Lellis G., De Roeck A., De Serio M., Dedenko L., Di Crescenzo A., Di Marco N., Dib C., Dijkstra H., Dmitrenko V., Domenici D., Donskov S., Dubreuil A., Ebert J., Enik T., Etenko A., Fabbri F., Fabbri L., Fedin O., Fedorova G., Felici G., Ferro-Luzzi M., Fini R. A., Fonte P., Franco C., Fukuda T., Galati G., Gavrilov G., Gerlach S., Golinka-Bezshyyko L., Golubkov D., Golutvin A., Gorbunov D., Gorbunov S., Gorkavenko V., Gornushkin Y., Gorshenkov M., Grachev V., Graverini E., Grichine V., Guler A. M., Guz Yu., Hagner C., Hakobyan H., van Herwijnen E., Hollnagel A., Hosseini B., Hushchyn M., Iaselli G., Iuliano A., Jacobsson R., Jonker M., Kadenko I., Kamiscioglu C., Kamiscioglu M., Khabibullin M., Khaustov G., Khotyantsev A., Kim S. H., Kim V., Kim Y. G., Kitagawa N., Ko J. -W., Kodama K., Kolesnikov A., Kolev D. I., Kolosov V., Komatsu M., Konovalova N., Korkmaz M. A., Korol I., Korol'ko I., Korzenev A., Kovalenko S., Krasilnikova I., Krivova K., Kudenko Y., Kurochka V., Kuznetsova E., Lacker H. M., Lai A., Lanfranchi G., Lantwin O., Lauria A., Lebbolo H., Lee K. Y., Levy J. -M., Lopes L., Lyubovitskij V., Maalmi J., Magnan A., Maleev V., Malinin A., Mefodev A., Mermod P., Mikado S., Mikhaylov Yu., Milstead D. A., Mineev O., Montanari A., Montesi M. C., Morishima K., Movchan S., Naganawa N., Nakamura M., Nakano T., Novikov A., Obinyakov B., Ogawa S., Okateva N., Owen P. H., Paoloni A., Park B. D., Paparella L., Pastore A., Patel M., Pereyma D., Petrenko D., Petridis K., Podgrudkov D., Poliakov V., Polukhina N., Prokudin M., Prota A., Rademakers A., Ratnikov F., Rawlings T., Razeti M., Redi F., Ricciardi S., Roganova T., Rogozhnikov A., Rokujo H., Rosa G., Rovelli T., Ruchayskiy O., Ruf T., Samoylenko V., Saputi A., Sato O., Savchenko E. S., Schmidt-Parzefall W., Serra N., Shakin A., Shaposhnikov M., Shatalov P., Shchedrina T., Shchutska L., Shevchenko V., Shibuya H., Shustov A., Silverstein S. B., Simone S., Skorokhvatov M., Smirnov S., Sohn J. Y., Sokolenko A., Starkov N., Storaci B., Strolin P., Takahashi S., Timiryasov I., Tioukov V., Tosi N., Treille D., Tsenov R., Ulin S., Ustyuzhanin A., Uteshev Z., Vankova-Kirilova G., Vannucci F., Venkova P., Vilchinski S., Villa M., Vlasik K., Volkov A., Voronkov R., Wanke R., Woo J. -K., Wurm M., Xella S., Yilmaz D., Yilmazer A. U., Yoon C. S., Zaytsev Yu.

    JOURNAL OF INSTRUMENTATION   12 巻   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1748-0221/12/05/P05011

    Web of Science

  36. WIMP tracking with cryogenic nuclear emulsion

    Kimura M., Naka T., Furuya S., Asada T., Katsuragawa T., Yoshimoto M., Umemoto A., Machii S., Ichiki H., Sato O., Hoshino Y.

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT   845 巻   頁: 373-377   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nima.2016.06.052

    Web of Science

  37. More results from the OPERA experiment

    Galati G., Agafonova N., Aleksandrov A., Anokhina A., Aoki S., Ariga A., Ariga T., Bender D., Bertolin A., Bodnarchuk I., Bozza C., Brugnera R., Buonaura A., Buontempo S., Buettner B., Chernyavskiy M., Chukanov A., Consiglio L., D'Ambrosio N., De Lellis G., De Serio M., Sanchez P. Del Amo, Di Crescenzo A., Di Ferdinando D., Di Marco N., Dmitrievski S., Dracos M., Duchesneau D., Dusini S., Dzhatdoev T., Ebert J., Ereditato A., Fini R. A., Fornari F., Fukuda T., Garfagnini A., Goldberg J., Gornushkin Y., Grella G., Guler A. M., Gustavino C., Hagner C., Hara T., Hayakawa H., Hollnagel A., Hosseini B., Ishiguro K., Jakovcic K., Jollet C., Kamiscioglu C., Kamiscioglu M., Kim S. H., Kitagawa N., Klicek B., Kodama K., Komatsu M., Kose U., Kreslo I., Laudisio F., Lauria A., Ljubicic A., Longhin A., Loverre P. F., Malenica M., Malgin A., Mandrioli G., Matsuo T., Matveev V., Mauri N., Medinaceli E., Meregaglia A., Mikado S., Miyanishi M., Mizutani F., Monacelli P., Montesi M. C., Morishima K., Muciaccia M. T., Naganawa N., Naka T., Nakamura M., Nakano T., Niwa K., Ogawa S., Omura T., Osaki K., Paoloni A., Paparella L., Park B. D., Pasqualini L., Pastore A., Patrizii L., Pessard H., Podgrudkov D., Polukhina N., Pozzato M., Pupilli F., Roda M., Roganova T., Rokujo H., Rosa G., Ryazhskaya O., Sato O., Schembri A., Shakirianova I., Shchedrina T., Sheshukov A., Shibayama E., Shibuya H., Shiraishi T., Shoziyoev G., Simone S., Sirignano C., Sirri G., Sotnikov A., Spinetti M., Stanco L., Starkov N., Stellacci S. M., Stipcevic M., Strolin P., Takahashi S., Tenti M., Terranova F., Tioukov V., Vasina S., Vilain P., Voevodina E., Votano L., Vuilleumier J. L., Wilquet G., Yoon C. S.

    NUOVO CIMENTO C-COLLOQUIA AND COMMUNICATIONS IN PHYSICS   40 巻 ( 5 )   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1393/ncc/i2017-17160-0

    Web of Science

  38. Prompt gamma-ray imaging with a nuclear emulsion for in vivo dose verification in proton therapy

    Toshito Toshiyuki, Kimura Mitsuhiro, Ogino Hiroyuki, Shibamoto Yuta, Nakamura Mitsuhiro, Sato Osamu

    2017 IEEE NUCLEAR SCIENCE SYMPOSIUM AND MEDICAL IMAGING CONFERENCE (NSS/MIC)     頁: .   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  39. Intrinsic neutron background of nuclear emulsions for directional Dark Matter searches 査読有り

    A.Alexandrov et.al

    Astropart.Phys.   80 巻 ( (2016) ) 頁: 16-21   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.astropartphys.2016.03.003

  40. Limits on muon-neutrino to tau-neutrino oscillations induced by a sterile neutrino state obtained by OPERA at the CNGS beam 査読有り

    OPERA Collaboration

    JHEP   1506 巻   頁: 069   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/JHEP06(2015)069

  41. Procedure for short-lived particle detection in the OPERA experiment and its application to charm decays. 査読有り

    OPERA Collaboration.

    Eur.Phys.J   C74 巻 ( 8 ) 頁: 2986   2014年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1140/epjc/s10052-014-2986-0

  42. Evidence for νμ --> ντ appearance in the CNGS neutrino beam with the OPERA experiment 査読有り

    OPERA collaboration

    PHYSICAL RECIEW D   89 巻 ( 051102(R) )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.112.068103

  43. Search for ν μ --> ν e oscillations with the OPERA experiment in the CNGS beam 査読有り

    OPERA collaboration

    JHEP   1307(2013) 巻 ( 004 )   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/JHEP07(2013)004

  44. New results on νμ-->ντ appearance with the OPERA experiment in the CNGS beam 査読有り

    OPERA collaboration

    JHEP   1311(2013) 巻 ( 036 )   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/JHEP11(2013)036

  45. Momentum measurement by the Multiple Coulomb Scattering method in the OPERA 査読有り

    OPERA collaboration

    New J.Phys   14(2012) 巻 ( 013026 )   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1367-2630/14/1/013026

  46. Search for νμ --> ντ oscillation with the OPERA experiment in the CNGS beam.

    OPERA collaboration

    New J.Phys   14(2012) 巻 ( 033017 )   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1367-2630/14/3/033017

  47. Measurement of charm production in neutrino charged-current interactions 査読有り

    CHORUS collaboration

    New J.Phys   13(2011) 巻 ( 093002 )   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1367-2630/13/9/093002

  48. Observation of a first ντ candidate in the OPERA experiment in the CNGS beam 査読有り

    O.Sato on behalf of OPERA collaboration

    Nucl.Phys.B.Proc.Suppl   1229 巻 ( 232 ) 頁: 38-42   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 13

  1. ニュートリノ振動実験OPERAの現状報告

    佐藤修 他OPERA日本コラボレイション

    日本物理学会、2015年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月25日 - 2015年9月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市立大学杉本キャンパス   国名:日本国  

  2. 400GeV陽子ビームダンプでのタウニュートリノ生成研究におけるチャーム粒子解析

    佐藤修 他

    日本物理学会 2017年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月12日 - 2017年9月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  3. J-PARC T60実験での高電離損失飛跡を用いたニュートリノ反応解析

    佐藤修 他T60コラボレーション

    日本物理学会 2016年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月21日 - 2016年9月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  4. 原子核乾板によるニュートリノコヒーレント散乱初観測実現に向けた研究開発-2 国際会議

    佐藤修 他

    日本物理学会 第71回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月19日 - 2016年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  5. 原子核乾板によるニュートリノコヒーレント散乱初観測実験に向けた研究開発

    佐藤修,中野敏行,中竜大,北川暢子,吉本雅浩,待井翔吾,渋谷寛,小川了,福田努,森元祐介

    日本物理学会、2015年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月25日 - 2015年9月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市立大学杉本キャンパス   国名:日本国  

  6. ニュートリノ振動実験OPERAの最新結果

    佐藤修 他、OPERAコラボレーション

    日本物理学会 第72回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月17日 - 2017年3月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. ニュートリノ振動実験OPERAの最新結果

    OPERA Japan Collaboration

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月20日 - 2013年9月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  8. ニュートリノ振動実験OPERAの最新結果

    OPERA Japan Collaboration

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月26日 - 2013年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. OPERA Results 国際会議

    OPERA Collaboration

    The 12th International Workshop on Tau Lepton Physics, TAU2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月19日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  10. ニュートリノ振動実験OPERAの解析状況

    OPERA Japan Collaboration

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月11日 - 2012年9月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. Observation of a first nu_tau candidate in the OPERA experiment in the CNGS beam 国際会議

    Neutrino 2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  12. ニュートリノ振動実験OPERAのタウニュートリノ反応探索

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. 長基線ニュートリノ振動実験OPERA現状報告

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

科研費 13

  1. LHC陽子衝突点超前方における高エネルギーニュートリノ研究

    研究課題/研究課題番号:19H01909  2019年04月 - 2022年03月

    古川

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、現在の加速器によって生成できる最高エネルギーのニュートリノ反応を測定する。この研究は、ニュートリノの性質についての基礎データを与えるとともに、ニュートリノ反応における標準理論を超えた物理の影響の有無を未開拓のエネルギー領域で検証する新しい試みの1つである。CERNのLHCトンネル内にエマルションフィルムを用いたニュートリノ検出器を設置し、3世代それぞれのニュートリノ反応を検出する実験を実施する。400GeVから数TeVのエネルギー領域におけるニュートリノ反応断面積の初測定、特にタウニュートリノについて最高エネルギーでの測定を目指している。
    国際共同実験FASERは、2019年にCERNに承認された実験であり、標準模型粒子と弱く相互作用する軽い新粒子の探索を主目的としている。研究代表者は、それとは別のテーマとして、大型ハドロン衝突型加速器(LHC)で生成される数100GeVから数TeVのニュートリノ反応の測定を立案し、FASERニュートリノ実験のco-Coordinator(2020年1月よりco-Project Leader)として計画を牽引してきた。360GeV以下のエネルギー領域のニュートリノ反応については従来の加速器による実験でよく研究されているが、高エネルギー領域でのニュートリノ反応断面積測定は未開拓である。現在の加速器によって生成できる最高のエネルギーである数100GeVから数TeVのニュートリノ反応を研究することは新しい試みである。本年度は、LHCにおける高エネルギーニュートリノ反応の初検出を目指して2018年にテストランとして実験地点に設置したターゲット質量30kgのエマルション検出器の解析を進めた。エマルションフィルムの読み出しを遂行し、高密度のミューオンの中でのニュートリノ反応点の探索手法を構築してきた。物理ランでは、荷電カレント反応で生じるレプトンの検出を行うことにより3世代のニュートリノの識別、背景事象の分別を行うが、テストランの検出器は小さくミューオンの同定はできないため中性ハドロン反応による背景事象が多い。粒子の角度情報など幾何学的パラメータを用いた多変数解析によるニュートリノ反応と中性ハドロン反応の識別を進め、ニュートリノ反応の検出についての結果をまとめて論文を準備している。また、研究代表者が中心となって2021-2023年のニュートリノ実験に向けた論文とプロポーザルを執筆してLHC実験審査委員会(LHCC)に提出し、2019年12月にCERNによる正式承認を得るに至った。
    研究代表者らが中心となり、CERNのLHCで生成される数100GeVから数TeVの高エネルギーニュートリノ反応を初測定する計画を立案し、論文にまとめた。本研究は、現在の加速器によって生成できる最高エネルギーのニュートリノ反応を測定するものであり、360GeV以下の従来の加速器実験と10TeV程度以上の宇宙ニュートリノ観測の間の、未開拓のエネルギー領域でのニュートリノ反応を研究することは実験的に重要である。3世代ニュートリノを識別して検出するため、エマルションフィルムと1mm厚のタングステン板1000層から成る検出器のコンセプトをまとめた。1.2トンの検出器を用いて150/fbの照射を実施することにより、20,000事象以上の高エネルギーニュートリノ反応を蓄積し、未開拓のエネルギー領域でのニュートリノ反応を研究できる見通しを報告した。これらを基に実験プロポーザルを執筆してLHC実験審査委員会(LHCC)に提出し、2019年12月にCERNによる正式承認を得るに至った。また、LHCにおける高エネルギーニュートリノ反応の初検出を目指して2018 年にテストランとして実験地点に設置したターゲット質量30kgのエマルション検出器の解析を進めた。エマルションフィルムの読み出しを遂行し、高密度のミューオンの中でのニュートリノ反応点の探索手法を構築してきた。ニュートリノ反応検出については結果をまとめ論文を準備している。
    2021-2024年のニュートリノ照射実験に向けて、25cm×25cmのエマルションフィルムと1mm厚のタングステン板の積層構造からなる検出器の製作に取り組む。検出器を構成するタングステン板とエマルションの使用試験を実施し、タングステン板の購入およびその品質チェックを遂行する。それとともに、大規模エマルションフィルム製造システムを使用する準備を進める。タングステン板とエマルションフィルムを組み立てて実験地点となる加速器トンネル内に設置するための支持構造物のデザインを完成させ、製作を行う。また、物理ランに向けて、荷電カレント反応で生じるレプトンの識別手法をより詳細に研究し、解析体制を構築する。

  2. ナノ精度飛跡検出器によるタウニュートリノ生成研究

    研究課題/研究課題番号:18KK0085  2018年10月 - 2022年03月

    国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    古川

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    3世代あるニュートリノの中でもタウニュートリノは、その検出の技術的困難さから、これまでの実験データが少なく、基本的性質である反応断面積の測定も不定性が大きい。タウニュートリノ反応断面積を精密に測定することは、ニュートリノ振動実験や宇宙からのタウニュートリノ観測のための基礎データになるとともに、タウニュートリノ反応において標準理論を超える物理があるかどうかを探索する試みである。本研究では、反応断面積測定における最大の不定性であるタウニュートリノの生成について、CERNのSPS加速器による陽子ビームを用いて研究する。もう1つのテーマとして、これまでの実験データが少ない超前方のチャーム粒子生成についての研究が可能であり、今後の高エネルギーニュートリノ測定に向けた基礎データとして提供したいと考えている。
    これまでに、パイロットランのエマルションフィルム約3060枚のデータ読み出しを完了し、高い飛跡密度(5x10^5 tracks/cm^2)に対する解析フレームワークを構築してきた。パイロットランのデータ解析により検出している陽子反応、チャーム事象を用いて、シミュレーションモデルの検証に取り組んでいる。解析状況をSPS/PS実験審査委員会(SPSC)に報告し、本実験計画は、2019年6月にCERN Research BoardによりNA65として正式承認され、2021/2022年の物理ランが認められた。また、実験計画の全容とテストランの解析結果について論文をまとめ、2020年1月に発表した。
    タウニュートリノの生成源であるDs中間子のタウ粒子への崩壊は、数mmという短い飛距離での数mradという微小な折れ曲がりを特徴とする。本研究では、Ds中間子の検出方法としてこの微小な折れ曲がりを捉えるため、50nmという高い3次元位置精度を持つエマルション検出器を用いる。200ミクロンベースを用いた場合の角度精度は0.35mrad(0.02度)に相当する。これに対し、従来の高速読み出しシステムは読み出し角度精度が2mrad程度と、Ds中間子からタウ粒子への崩壊事象の検出には不十分であることから、ベルングループおよび若手の分担者・協力者らとともに、高精度での角度読み出しの開発を進めている。
    また、解析フレームワークの構築に取り組み、2018年度に実施したパイロットランのデータについて物理解析を進めてきた。高密度のビームによる飛跡の中で、陽子反応を再構成して、シグナル事象を選び出す自動解析スキームを構築している。パイロットランの解析で検出している陽子反応、チャーム事象のシミュレーションとの比較を進め、モデルの検証に取り組んでいる。
    さらに、高密度の飛跡を用いてフィルム間の精密なアライメントを取ることが可能であり、複数枚のフィルムにおける飛跡の位置情報を用いて角度を測定することにより、飛距離が長い事象に対し当初想定していたより高い角度精度を実現できることを確認していることから、崩壊角の小さい超前方成分についてさらに感度のよい測定を目指している。
    これまでに構築してきた、陽子反応を再構成し短寿命粒子の崩壊事象を検出する自動解析スキームの高速化に取り組む。また、2018年パイロットランデータの解析を物理結果としてとりまとめる。パイロットランデータは今後の物理ランの10%程度の統計であるが、高統計でチャーム粒子を含む事象を検出している。このデータを用いて、主目的であるタウニュートリノ生成研究とは別に、超前方のチャーム粒子の生成、intrinsic charmの寄与などの研究も進める。これは、高エネルギー宇宙ニュートリノ観測の背景事象となる大気ニュートリノ成分の理解のためにもユニークなデータになると考えている。また、タウニュートリノ生成研究に向けては、高精度角度測定手法を構築して解析に組み込み、パイロットランの解析により、タウニュートリノを生成するシグナル事象を検出したい。さらに、2021年に予定しているCERNでの400GeV陽子ビーム照射実験(物理ラン)に向けて、照射セットアップや検出器サイズの改良を進めるとともに、検出器の製造を始める。

  3. ニュートリノ精密測定にむけた原子核乾板開発

    研究課題/研究課題番号:18H05541  2018年06月 - 2023年03月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    佐藤 修

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:103350000円 ( 直接経費:79500000円 、 間接経費:23850000円 )

    名古屋大学F研究室内に既存の原子核乳剤製造装置に比べ10倍生産量の原子核乳剤装置群の建設を目的に推進している。富士フィルムOBの大関勝久、桑原謙一、両氏を交え名古屋大学F研の構成員とで進行状況を2週間に一度の会議で確認しつつ装置の建設を行っている。2019年度は原子核乳剤の臭化銀結晶生成を担うメインタンク部分の建設・一バッチの乳剤を制作した。これにより、荷電粒子に対する感度、ノイズ量を確認し、従来の製造装置で作成されたものに比べ同等であることを確認した。
    <BR>
    乳剤製造では純水を用いるためイオン交換樹脂による純水装置を導入、メインタンクに原料となる硝酸銀、臭化銀を精密に入れるシリンダーピストンの条件出しを修士学生と名大装置開発室技官の伊藤氏で行った。同時にメインタンクの液温をコントロールし時間とともに目的の温度に追従するようにPID制御条件を調整した。2019年の年末までにメインタンクとその後の余分なイオンを除く(脱塩)水洗タンク、原子核乳剤の感度増加のための化学増感(後熟)タンクの整備を行った。また1回の乳剤製造プロセスで排出される廃液処理の合理化、廃液タンク類の整備を行った。メインタンクでのプロセスができるようになった。
    年末にメインタンクで作成した原子核乳剤の脱塩、後熟を既存の装置で行うことでメインタンクでの臭化銀作成が既存のものに対してそん色ないこと結晶の大きさおよび原子核乾板としての荷電粒子に対する感度で示した。その後メインタンクから水洗タンク、さらに熟成タンクへの原子核乳剤の液送パイプの配管設計・敷設を行い、純水での液送試験を始めるところである。生成途中の原子核乳剤の銀電位測定系の整備、廃液系統の整備を進めている。
    新規開発したメインタンクによる臭化銀結晶作成試験で既存の装置と同等の結晶が作成でき、原子核乾板にして荷電粒子の感度が既存装置によるものと同等であることが確認できている。メインタンクでのプロセス以降の脱塩タンク、熟成タンクの設置まで済んでおり、個別の稼働テストが間もなく開始できる状態になっている。プロセスのタンク間の原子核乳剤の移液に関して配管設計と一部の敷設が完了しており、間もなく一連の移液試験を行うところであり2020年度内の量産体制の確立は可能である。
    また原料の配合・調液のための設計を開始しはじめ大量生産に合わせて調液室の整備を行う。これには富士フィルムOBの桑原氏が担当することで問題なく整備ができる。廃液処理の大学内処理の担当部局及び廃液業者との議論、廃液のペーハー測定、有害物質の分析を済ませおり、大きな問題は見つかっていない。作成された原子核乳剤の保存庫の整備も始めており大量生産に同期して稼働させることで対応する。原子核乾板の塗布装置の整備も進んでおり原子核乾板の供給体制の構想が形になってきている。
    メインタンクでのプロセス後の脱塩タンク、熟成タンクでのプロセスの個別試験を行う。その後タンク間の移液の手順の確認を行い、問題点があれば改良し一連のプロセスを通して行うことを2020年度の最初に行う。この際に装置群の設置されている暗室を完成させる。一連のプロセスにより作成された原子核乳剤を塗布し原子核乾板としての性能を荷電粒子に対する感度、ノイズ特性を測定して行う。さらに初期性能だけではなく長期試験を行い感度劣化性能を既存の装置で作成されたものと比較し問題のないことを確認する。原料の調合室を整備し、調合マニュアルの作成を行う。作成後の乳剤保管庫を整備し大量生産試験に移る。乳剤の塗布はまずベース基材のコロナ放電加工試験を完了し、小規模な塗布試験から始め、平置きタイプの塗布装置完成を目指して乾燥のための温度・送風スピードの調整を行う。一方で2021年度より稼働する予定の次世代高速飛跡読み取り装置(HTS-II)では光学特性が変わることが予想されるため、読み取り効率の良い原子核乾板のレシピ(特に臭化銀のサイズの最適化)を作り上げ、実際にニュートリノ実験で原子核乾板を使うユーザーとなる分担研究者には各実験での使用条件に耐える原子核乾板になっているか、少量のサンプルで試験をしてもらい感度や経時特性をフィードバックをもらう予定である。また原子核乾板の長期特性の改善は全ての原子核乾板を用いる研究に重要であるため研究期間を通して継続して行う。

  4. ニュートリノで拓く素粒子と宇宙

    研究課題/研究課題番号:18H05535  2018年06月 - 2023年03月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    中家 剛

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    新学術領域「ニュートリノで拓く素粒子と宇宙」では、 宇宙の初期から現在に至るまでの物理過程を統一的に理解するために、物理学の革新となる「新しい素粒子、宇宙像」の創造を目指している。そのために、TeVのエネルギースケールを大きく超える新物理を探ることが不可避であり、この未知の領域に踏み込む研究として「ニュートリノ」を軸とした [素粒子+宇宙]×[理論+実験] の多角的なアプローチを進めている。
    計画研究A班では、スーパーカミオカンデを使った大気ニュートリノの新しい結果、T2K実験によるニュートリノCPパラメータの測定、IcuCube実験による高エネルギー宇宙ニュートリノの発生天体の同定等、本領域の基盤となる重要な研究結果が出た。また、CMB観測実験では観測に向けての実験装置の準備が進み、それと並行してニュートリノ絶対質量測定に向けて重力レンズ効果の観測の理解が進展した。計画研究B班では,180Lの高圧Xe-TPC検出器が無事に動作し、エマルジョン大量生産に向けた装置開発が順調に進んでいる。計画研究C班は、理論によって本領域をつなぐ重要な研究成果を多数発表した。その重要な論文の一つ「Leptogenesis via neutrino oscillation magic」は、宇宙初期のニュートリノ振動によって、A02で測定されているニュートリノCPのパラメータで、現在の物質優勢宇宙を説明する可能性のある理論を提示した。他にも、「陽子崩壊と暗黒物質」の関係を説明する理論等、多数の論文が出た。
    総括班の活動として、領域立ち上げの研究会を2018年10月に、物理学会との共催シンポジウムを2019年3月に開き、成果を広く発信した。ホームページも立ち上げ、一般に向けても積極的に情報を発信した。以上の研究成果とその発信は、領域を組織したことによる効果が大きい。
    当初策定した通り、以下の目標を達成した。
    (1) 国内外の研究動向を調査し、領域全体の研究方針を策定した。研究計画班の進展状況を評価し、必要な計画には助言を与えた。(2) 総括班会議で、情報を共有するための企画(研究会、Web整備など)を通し、研究計画班間の連携を強化した。学会と研究者コミュニティに広く領域の活動を周知し、研究者の積極的な関与を促すとともに質の高い公募研究を集めた。 (3) 国際的な研究の動向を調査し、本領域の研究が世界のニュートリノ研究を主導できるようサポートした。複数の重要な国際会議で、領域メンバーが招待講演でその研究成果を発表した。(4)研究会、ホームページなどで国内外に向け、最新の研究成果を発表した。 海外の国際会議へ研究者を派遣した。ボトムアップによる次世代リーダー育成を進めるため、テーマを絞って国内外から最前線で活躍する研究者を集め、研究内容を深く掘り下げるテーマ別研究会を開いた。学生レベルでも、大学間での交流を促し、研究に対する意識を高めるため、学生とポスドクによる研究会企画チームを作った。 (5) 社会・国民へのアウトリーチに関しては、大学や研究機関の広報室と協力して、広く情報発信に努めた。過去の採択領域「ニュートリノフロンティアの融合と進化」で開発した4コマ漫画のコンテンツを活用し、アウトリーチに努めた。物理・素粒子は難しいものと思われがちだが、漫画を活用してイメージを伝えることにより敷居を低くしている。 (6) 「素粒子・宇宙」の研究分野は中高生にとって、夢のある研究として関心が高い。中高生に向けた講演会と出前講義を行った。
    総括班の活動を通じ、研究計画間の連携を強化していく。次の7つの活動を進める。
    (1)【領域の研究目標の策定と評価】 国内外の研究動向を調査し、今後の領域の研究目標を策定する。研究計画班の進展状況を適宜確認し、必要があればサポートする。(2)【公募研究との連携】 公募研究がスタートするので、公募研究と連携し、領域の研究内容の幅を広げていく。(3)【研究計画班の連携】 総括班主導で、情報を共有するための企画(研究会、Web発信)を通し、研究計画班間の連携を強化・維持する。 学会・研究者コミュニティに広く領域の活動を周知していく。(4)【国際的主導力の発揮】国際的な研究の動向を調査し、本領域の研究が世界のニュートリノ研究を主導していくように努める。(5)【研究成果発表の促進と若手研究者の支援・育成】 研究会、ホームページなどで国内外に向け、最新の研究成果を発信する。海外の国際会議へ研究者を派遣する。学生とポスドクが主体となり若手研究会を開催する。また、テーマを絞って研究内容を深く掘り下げるテーマ別研究会を企画しする。(6)【研究成果の社会・国民への発信】 社会・国民へのアウトリーチに関しては、各大学・研究機関の社会連携室・広報室と協力して、広く情報を発信する。WEB、メディア、書籍などを活用し、さらに4コマ漫画も作成し、最先端の研究成果とその研究目標を社会・国民に向けて発信していく。(7)【若者への科学教育】 「素粒子・宇宙」の研究分野は、中高生にとって夢のある研究として関心が高い。中高生向けの講演会や高校等での出前講義を行う。

  5. 原子核乾板 -基礎研究・分野横断研究への21世紀的展開-

    研究課題/研究課題番号:18H05210  2018年04月 - 2023年03月

    中村 光廣

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、年間10000 ㎡の乾板の供給・解析体制の確立を目指している。軸となる装置は、研究室既設置の原子核乳剤製造装置1号機の30倍の能力を持つ乳剤製造装置、大面積の塗布を効率良く行う自動塗布装置(以下RtR(Roll to Roll))と現在運用中の原子核乾板読取装置の約20倍の読取能力を持つ読取装置(以下HTS(Hyper Track Selector)Ⅲ)の開発・設置である。また並行して原子核乾板本体の高機能化を図っている。
    2019年度の進展を以下に記す。
    30倍製造装置に関しては、名大東山キャンパスの理学館地階にスペースを確保し、乳剤製造・脱塩・後熟の各装置の構築・設置を行い、試運転を行った。また試作した乳剤が実用に十分な性能を持つことを確認した。RtR塗布装置に関しては、同キャンパスの第三実験棟にスペースを確保し、装置の設置、試験運転を開始した。並行して目標の乾燥膜厚70ミクロンの乳剤を塗布するための条件出しと乾燥装置系の設計を詰めた。 HTSⅢに関しては、1本の超広視野主光学系+ドラム回転ステージをベースにしたA案と、複数本の小型並列光学系+通常ステージのB案の検討を行い、最終的にB案を採用することを決定した。また要求される最大の画像転送能力(20GB/s)実現に向けた試験を開始した。原子核乾板の高機能化に関しては、1)感度の温度制御の研究中に、超微粒子の原子核乾板の発光を発見し、その特性を明らかにし、メカニズムを追求した。2)また乳剤のBG事象について位相差顕微鏡とFocused Ion beam SEMを用いて、その正体解明に一部成功した。3)また長期特性の改善を行った。
    2019年度は、予定していた30倍乳剤製造装置の立ち上げ・試運転、RtR装置の立ち上げを完遂し、2020年度後半からの運用に向けて好発進できた。またHTSⅢの設計を詰めて、2020年度から開始するハードウェア構築の準備ができた。さらに原子核乾板の発光現象の発見とその究明など予想していなかった進展もあり、またBG事象の一部解明にも成功し、原子核乾板のもつ可能性を確認できたことは今後につながる進展であった。
    2020年度は、構築した30倍製造装置の試験を進め、後半から運用を開始する。RtR装置に関しては、引き続き塗布・乾燥試験を推進しシステムの完成度を上げ、これも年度後半から運用を開始する。HTSⅢに関しては、いよいよ今年度よりステージ系、光学系、画像転送系の構築を開始する。原子核乳剤の高機能化に関しては、引き続き感度のスローコントロールを軸に研究を進める。

  6. 超微粒子原子核乾板と超解像飛跡解析法による方向感度を持った暗黒物質探索実験

    研究課題/研究課題番号:18H03699  2018年04月 - 2022年03月

    中 竜大

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、独自開発した超高分解能原子核乾板(Nano Imaging Tracker : NIT)におけるナノトラッキング技術を用いた方向感度を持つ暗黒物質探索実験の推進を目的としている。
    当該年度では、イタリア・グランサッソ国立研究所(LNGS)において、地下の低バックグラウンド環境下でのデバイス独自製造を可能にするために導入したデバイス製造装置の運用を開始し、暗黒物質探索実験用検出デバイス製造に着手した。並行して、地下実験環境の整備を行い、本格的な実験展開に向けた環境構築を進めた。さらに、デバイスに記録されたナノスケールの粒子飛跡を読み出すための読み取り装置を継続してアップグレードさせることで、一台あたり年間50gの読み出しが可能(従来の20倍)となると共に、同型装置を新たに東邦大学に設置し実効的な解析能力の向上を図った。
    事象解析においては、産業総合技術総合研究所において550-880keVの中性子によって疑似暗黒物質シグナルとしての反跳原子核事象の検出実験を行い、優位な信号検出が達成された。この事象について詳細な研究を進めるとともに、独自開発を進めるシミュレーションによってその性能を理解し、暗黒物質探索における検出感度をより詳細に導出することを進めた。この高度化したシミュレーションは、従来のGeant4シミュレーションでは得られない検出器特有の検出能を導出できる普遍的な検出器応答シミュレーションであり、信号ならびに背景事象効果、さらに今後の背景事象除去効果に関する定量的指標を与えるものである。また、バイプロダクトとして、暗黒物質探索実験における重要な背景事象である中性子、特に、sub-MeV領域の中性子検出を高いγ線分別能を合わせて計測可能な体制を構築した。今後、暗黒物質探索と同時並行での中性子測定を行うことを目指すとともに、液体シンチレーターとの相互比較研究も行う。
    グランサッソ地下研究所における実験準備状況として、研究所の安全対策規定が強化されたため、地下実験環境で進めていたデバイスの性能評価研究を一端停め、実験環境の安全対策のための工事(廃液システム、装置周辺の安全対策、空調系の強化、安全マニュアルの作成)が要求され、また、工事業者の選定等の手続きが必要となったため、イタリアでの実験活動に遅れが生じた。さらに、COVID-19の影響によって年度末から研究所が閉鎖されたため、イタリアでの実験活動の目途が立たない状況となった。一方で、日本での研究活動については、概ね順調に進んでおり、特に、中性子による、より本実験に近い環境での実験の実施が行われ、これまでイオン注入装置での評価から、より暗黒物質検出条件に近い中性子反跳事象の検出に成功し、その精密な評価が進んでいる。さらに、読み出し系のスピード向上も順調に進んでいるとともに、装置台数を増やすことによる解析能力の向上を図ることができており、背景事象の理解も進んでいる。特に、電子バックグラウンドが主要バックグラウンドになってきたことから、実験として新たなフェーズ(電子事象の除去)に進むことができるようになっている。
    現在、中性子反跳事象を用いた検出性能の精密な評価をシミュレーション構築と合わせて進めている。これは、より現実的な暗黒物質探索感度を導出することにつながるため、実際の暗黒物質探索実験へと本格的に進むことが可能となっている。すでに、バックグランドランデータの読み取り+解析は進んでおり、それらの解析を進めることで最初の暗黒物質検出としてのデータ解析を行い結果を導出する。ただし、ここでの背景事象は環境γ線が主たるものであることが、これまでの研究で明らかになってきた。そのため、今後の暗黒物質探索感度の向上に向けては、環境γ線によって生じる電子事象の除去が重要である。これは、検出器感度、つまりセンサーとして機能するAgBr(I)結晶の感度調整が鍵となる。感度調整法は、これまでさまざな手法で可能性を検討してきているが、定量的な感度設定を行うために一結晶のエネルギー閾値の導出研究を進めてきた。これらの理解は、2019年度で概ね成されており、暗黒物質信号として期待される反跳原子核(低速イオン)と電子感度に大きな違いが生じていることから、さらなるS/N向上が可能であるという指針は得られている。シミュレーションによる定量的な指標をもとにデバイス感度調整を行い電子事象の積極的な除去を行い、段階的に暗黒物質探索感度の向上を行っていく。これらの研究は日本国内で進めることが可能であり、その結果をLNGSが、COVID-19の影響から解放された段階でフィードバックを行い、本格的なLNGSでの暗黒物質探索実験へフェーズを移行していく。
    エネルギー閾値の向上は暗黒物質探索感度の向上と質量パラーメータの探索領域の拡大において重要である。これは、現在、イタリアグループと共同で進めており、プラズモニクス応答を用いた超解像解析ならびに機械学習による背景事象識別研究を並行して進めていく。

  7. 原子核乾板による電子ニュートリノ・原子核反応の精密測定

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 原子核乾板による暗黒物質の検出 -グランサッソー地下における本格展開-

    研究課題/研究課題番号:17H01661  2017年04月 - 2020年03月

    中村 光廣

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    超高解像度の原子核乾板により、宇宙の暗黒物質の衝突によって生じる~100nm長の反跳原子飛跡をとらえ、反跳方向の偏りを検出する事により、暗黒物質の直接検出を行う実験を推進している。
    本研究では、原子核乳剤製造装置を、LNGS地下に設置し、乳剤の製造・塗布・照射・現像を地下で一貫して行う体制を構築、低BGで背景事象の理解を進める。また並行して解析システム系の実装・運用を行い100 g級実験を遂行、世界初となる方向感度を持った探索による暗黒物質への制限を与えると共に、DAMA実験が信号を捕らえたとクレームしている領域をカバーする本格物理実験への課題を洗い出す。
    今年度は、LNGS地下で建設中のNEWSdm実験地下ファシリティの整備、低BG環境の構築を継続しておこなった。またグランサッソー地下へ持ち込む乳剤製造装置の制作・組み立てを名古屋でおこなった。
    中性子BGの計測関連では、HTS搭載による反跳飛跡検出アルゴリズムの高速化を図った。暗黒物質プロトタイプ実験に関しては、グランサッソー地下で10g規模の照射を行い現状のバックグラウンドレベルを測定した。また並行して信号/バックグラウンド選別に関して、過度の定着により、信号の飛跡は消滅するが、バックグラウンドは消えないことを確認し、この特徴を用いて逆に信号/バックグラウンドを選別するという手法を新たに発明し、方向性探索において世界最高感度を達成できる見込を得て、現在その評価を行っているところである。
    翌年度、交付申請を辞退するため、記入しない。
    翌年度、交付申請を辞退するため、記入しない。

  9. 原子核乾板による電子ニュートリノ・原子核反応の精密測定

    研究課題/研究課題番号:17H02888  2017年04月 - 2020年03月

    佐藤 修

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:12220000円 ( 直接経費:9400000円 、 間接経費:2820000円 )

    sub-few GeVのエネルギー領域のニュートリノと原子核の反応の際には原子核の影響が強く表れ、その不定性が大きい。本研究では、サブミクロンの位置分解能をもつ原子核乾板を用い、そのエネルギー領域のニュートリノ反応を精密に解析した。鉄板と原子核乾板フィルムの積層構造ECCによりニュートリノ反応を捉え、原子核乾板の位置精度と高サンプリング構造により確実に鉄板中での反応であるものに限定することで鉄とニュートリノの反応断面積の測定を行った。この結果を論文にまとめて投稿のための内部査読中である。また電子ニュートリノの同定手法を開発し、次期実験でのステライルニュートリノ探索での貢献が期待できる。
    ニュートリノの研究はニュートリノ振動の発見を経て3世代間の混合角や質量差が測られ、現在はその精密化の段階である。しかしニュートリノの世代が4世代でなければ説明できない実験結果を出している実験がある。もし、本当に4世代目のニュートリノの存在が確かであればニュートリノのみならず素粒子標準理論の変更が必要である。しかも普通のニュートリノのように物質とは反応しない(ステライル)と考えられている。一方で低エネルギーニュートリノでの電子ニュートリノ出現に対する背景事象の理解不足の可能性がある。本研究ではステライルニュートリノ問題解明に向けて、低エネルギー領域でのニュートリノ反応の精密解析を行った。

  10. オペラ検出器によるニュートリノの研究 -総括と宇宙線事象解析-

    研究課題/研究課題番号:15H02085  2015年04月 - 2018年03月

    中村 光廣

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    OPERA実験は原子核乾板を用いてニュートリノ振動で現れたタウニュートリノを検出して、ニュートリノ振動現象のひいてはニュートリノ質量の有無の最終検証を行う実験である。2000年から検出器の準備を開始し,2006年~2012年にビーム照射、その後解析を継続し、2015年に第五例目のタウニュートリノ反応を検出、ニュートリノ振動の存在に関しての統計的有意度はいわゆる発見のレベル5.1σに到達した。2016年度以降は、タウニュートリノとバックグラウンドの境界に位置するボーダー反応の解析を進め、先の5例を含めた計10例(バックグランド期待値2.0±0.4)で統計的有意度6.1σを達成した。

  11. 超高解像度ニュートリノ検出器の開発

    研究課題/研究課題番号:25105006  2013年06月 - 2018年03月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    中村 光廣

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、2010年から開始した原子核乳剤の自家生産能力を年間700kg程度まで増強、並行して年間300㎡程度の原子核乾板の製造能力を実現した。この施設で高性能原子核乾板を量産し、JPARCでの低エネルギーニュートリノ反応研究のためのNINJA実験、気球搭載型大口径γ線望遠鏡計画GRAINE、宇宙線ミューオンを用いたピラミッドなどの大型構造物の透視を加速し、原子核乾板の多様な展開を可能とした。また20nm~1.2ミクロンのサイズを持つ原子核乳剤の製造を可能とし用途最適のサイズを選べる様になった。超微粒子原子核乾板を活用し、暗黒物質探索、重イオン実験、中性子検出器の開発を展開した。

  12. 原子核乾板における低エネルギー電子飛跡の高速自動同定

    2012年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  13. 100万ニュートリノ反応検出によるチャーム粒子解析

    2007年04月 - 2010年02月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 13

  1. G30素粒子物理学

    2017

  2. 一年実験

    2017

  3. G30素粒子物理学

    2016

  4. 一年実験

    2016

  5. G30素粒子物理学

    2015

  6. 一年実験

    2015

  7. 一年実験

    2014

  8. G30素粒子物理学

    2014

  9. 一年実験

    2013

  10. G30素粒子物理学

    2013

  11. 一年実験

    2012

  12. 一年実験

    2011

  13. 一年実験

    2010

▼全件表示