2022/07/12 更新

写真a

コバヤシ アキト
小林 晃人
KOBAYASHI, Akito
所属
大学院理学研究科 理学専攻 物理学第一 准教授
大学院担当
大学院理学研究科
学部担当
理学部
職名
准教授
プロフィール
専門: 電子相関、低次元電子系
所属: 名古屋大学 大学院理学研究科 物質理学専攻(物理系)物性理論研究室 凝縮系理論グループ(Sc研)
最近の研究: 固体中のディラック電子系、有機導体
外部リンク

学位 1

  1. 博士(理学) ( 1997年5月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 5

  1. 物性理論

  2. 電子相関

  3. 有機導体

  4. ディラック電子系

  5. 超伝導

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 物性Ⅱ

現在の研究課題とSDGs 3

  1. ディラック電子系の熱電効果

  2. 新規超伝導の物性物理

  3. ディラック電子系の物性物理

経歴 5

  1. 名古屋大学   理学研究科   准教授

    2011年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   理学研究科   特任講師

    2006年11月 - 2011年3月

  3. 名古屋大学   理学研究科   助教

    2001年4月 - 2006年10月

  4. 名古屋大学   理学研究科   研究員

    2000年12月 - 2001年3月

  5. 科学技術振興事業団   研究員

    1997年6月 - 2000年11月

学歴 3

  1. 名古屋大学   大学院理学研究科博士課程後期課程   物質理学専攻

    1995年4月 - 1997年5月

  2. 名古屋大学   大学院理学研究科博士課程前期課程   物理学専攻

    1993年4月 - 1995年3月

  3. 名古屋大学   理学部   物理学科

    1989年4月 - 1993年3月

所属学協会 1

  1. 日本物理学会

    1995年 - 現在

委員歴 7

  1. 日本物理学会   第77~78期代議員  

    2021年3月 - 2023年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本物理学会   領域7運営委員  

    2020年10月 - 2021年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. Journal of the Physical Society of Japan   編集委員  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  4. 日本物理学会   名古屋支部 庶務  

    2020年4月 - 2022年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 物性グループ・物性委員会   委員  

    2018年 - 2022年   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  6. 名古屋大学理学同窓会   同窓会報編集委員  

    2017年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  7. 名古屋大学理学同窓会   常任評議員  

    2017年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

▼全件表示

受賞 3

  1. 第14回日本物理学会論文賞

    2009年3月   日本物理学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 日本物理学会 第2回若手奨励賞

    2008年3月   日本物理学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. Challenger 21 Prize

    2005年7月   Scientific Research on Priority Areas - Molecular Conductors -  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 96

  1. Fragment-orbital-dependent spin fluctuations in the single-component molecular conductor [Ni(dmdt)$_2$] 査読有り

    Taiki Kawamura and Akito Kobayashi

    Physical Review B   105 巻 ( 20 ) 頁: 205145   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.105.205145

  2. Interaction-induced quantum spin Hall insulator in the organic Dirac electron system $\alpha$-(BEDT-TSeF)$_2$I$_3$ 査読有り

    Daigo Ohki, Kazuyoshi Yoshimi, and Akito Kobayashi

    Physical Review B   105 巻 ( 20 ) 頁: 205123   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.105.205123

  3. Single-Component Molecular Conductors - Multi-Orbital Correlated π-d Electron Systems 招待有り 査読有り

    Akiko Kobayashi, Biao Zhou, Rina Takagi, Kazuya Miyagawa, Shoji Ishibashi, Akito Kobayashi, Taiki Kawamura, Eiji Nishibori, and Kazushi Kanoda

    Bull. Chem. Soc. Jpn   94 巻   頁: 2540 - 2562   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1246/bcsj.20210230

  4. Possible Spin-Density Wave on Fermi Arc of Edge State in Single-Component Molecular Conductors [Pt(dmdt)2] and [Ni(dmdt)2] 査読有り

    Taiki Kawamura, Biao Zhou, Akiko Kobayashi, Akito Kobayashi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   90 巻   頁: 064710 - 064710   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.90.064710

  5. Interacting chiral electrons at the 2D Dirac points: a review 招待有り 査読有り 国際共著

    Michihiro Hirata, Akito Kobayashi, Claude Berthier and Kazushi Kanoda

    Reports on Progress in Physics   84 巻   頁: 036502   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1361-6633/abc17c

  6. Impact of impurity scattering on odd-frequency spin-triplet pairing near the edge of the Kitaev chain 査読有り

    Mishra Sparsh, Tamura Shun, Kobayashi Akito, Tanaka Yukio

    PHYSICAL REVIEW B   103 巻 ( 2 ) 頁: 024501-1 - 024501-14   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.103.024501

    Web of Science

  7. Transport properties of the organic Dirac electron system alpha-(BEDT-TSeF)(2)I-3 査読有り

    Ohki D., Yoshimi K., Kobayashi A.

    PHYSICAL REVIEW B   102 巻 ( 23 ) 頁: 235116   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.102.235116

    Web of Science

  8. Chiral excitonic instability of two-dimensional tilted Dirac cones 査読有り

    Ohki Daigo, Hirata Michihiro, Tani Takehiro, Kanoda Kazushi, Kobayashi Akito

    Phys. Rev. Research   2 巻 ( 3 ) 頁: 033479   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevResearch.2.033479

    Web of Science

  9. Tight-Binding Model and Electronic Property of Dirac Nodal Line in Single-Component Molecular Conductor [Pt(dmdt)(2)] 査読有り

    Kawamura Taiki, Ohki Daigo, Zhou Biao, Kobayashi Akiko, Kobayashi Akito

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   89 巻 ( 7 ) 頁: 074704   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.89.074704

    Web of Science

  10. Effect of Coulomb interactions on the Seebeck coefficient of the organic Dirac electron system alpha-(BEDT-TTF)(2)I-3 査読有り

    Ohki D., Omori Y., Kobayashi A.

    PHYSICAL REVIEW B   101 巻 ( 24 ) 頁: 245201   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.101.245201

    Web of Science

  11. Domain wall conductivity with strong Coulomb interaction of two-dimensional massive Dirac electrons in the organic conductor alpha-(BEDT-TTF)(2)I-3 査読有り

    Ohki D., Omori Y., Kobayashi A.

    PHYSICAL REVIEW B   100 巻 ( 7 ) 頁: 075206   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.100.075206

    Web of Science

  12. Spin-Lattice Relaxation Rate in Organic Dirac Electron System alpha-(BEDT-TTF)(2)I-3 under Strong Magnetic Field 査読有り

    Tani Takehiro, Kobayashi Akito

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   88 巻 ( 5 ) 頁: 054713   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.88.054713

    Web of Science

  13. Field-Angle Dependence of Interlayer Magnetoresistance in Organic Dirac Electron System -(BEDT-TTF)(2)I-3 査読有り

    Tani Takehiro, Tajima Naoya, Kobayashi Akito

    CRYSTALS   9 巻 ( 4 ) 頁: 212   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cryst9040212

    Web of Science

  14. Coexistence of Velocity Renormalization and Ferrimagnetic Fluctuation in the Organic Dirac Electron System alpha-(BEDT-TTF)2I3 査読有り

    Matsuno Genki, Kobayashi Akito

    J. Phys. Soc. Jpn.   87 巻 ( 5 ) 頁: 054706   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.87.054706

    Web of Science

  15. Melting of Domain Wall in Charge Ordered Dirac Electron of Organic Conductor alpha-(BEDT-TTF)2I3 査読有り

    Daigo Ohki, Genki Matsuno, Yukiko Omori, Akito Kobayashi

    J. Phys. Soc. Jpn. 87, 054703 (2018)     2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.7566/JPSJ.87.054703

  16. Optical Conductivity in a Two-Dimensional Extended Hubbard Model for an Organic Dirac Electron System α-(BEDT-TTF)2I3 査読有り

    Daigo Ohki, Genki Matsuno, Yukiko Omori and Akito Kobayashi

    Crystals   8 巻 ( 3 ) 頁: 137   2018年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.3390/cryst8030137

  17. Anomalous spin correlations and excitonic instability of interacting 2D Weyl fermions 査読有り 国際共著

    Hirata Michihiro, Ishilowa Kyohei, Matsuno Geoid, Kobayashi Aldto, Miyagawa Kazuya, Tamura Masafumi, Berthier Claude, Kanoda Kazushi

    Science   358 巻 ( 6369 ) 頁: 1403 - 1406   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.aan5351

    Web of Science

  18. Longitudinal Conductivity on Edge and Domain Wall Molecular Dirac Electron System a-(BEDT-TTF)(2)I-3 査読有り

    Omori Yukiko, Matsuno Genki, Kobayashi Akito

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   86 巻 ( 7 ) 頁: 074708   2017年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.86.074708

    Web of Science

  19. Effect of Interband Fluctuation on Spin Susceptibility in Molecular Dirac Fermion System alpha-(BEDT-TTF)(2)I-3 査読有り

    Matsuno Genki, Kobayashi Akito

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   86 巻 ( 1 ) 頁: 014705   2017年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.86.014705

    Web of Science

  20. Observation of an anisotropic Dirac cone reshaping and ferrimagnetic spin polarization in an organic conductor 査読有り 国際共著

    Michihiro Hirata, Kyohei Ishikawa, Kazuya Miyagawa, Masafumi Tamura, Claude Berthier, Denis Basko, Akito Kobayashi, Genki Matsuno and Kazushi Kanoda

    Nature Communications   7 巻   頁: 12666   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1038/ncomms12666

  21. Topological Domain Wall and Valley Hall Effect in Charge Ordered Phase of Molecular Dirac Fermion System alpha-(BEDT-TTF)2I3 査読有り

    Genki Matsuno, Yukiko Omori, Takaaki Eguchi, and Akito Kobayashi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   85 巻   頁: 094710   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.85.094710

  22. Molecular Dirac Fermion Systems -Theoretical and Experimental Approaches- 招待有り 査読有り

    K. Kajita,Y. Nishio, N. Tajima, Y. Suzumura, and A. Kobayashi

    J. Phys. Soc. Jpn.   83 巻   頁: 072002-1-31   2014年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.7566/JPSJ.83.072002

  23. Edge States in Molecular Solid α-(BEDT-TTF)2I3: Effects of Electron Correlations 査読有り

    Y. Omori, G. Matsuno, and A. Kobayashi

    JPS Conf. Proc.   1 巻   頁: 012119-1-6   2014年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSCP.1.012119

  24. A Possible Massless Dirac Electron in Molecular Two-Orbital Model 査読有り

    K. Miyahara, M. Tsuchiizu, and A. Kobayashi

    JPS Conf. Proc.   3 巻   頁: 017011-1-6   2014年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSCP.3.017011

  25. Zero-Gap State in alpha-(BEDT-TTF)2I3 under Hydrostatic Pressure 査読有り 国際誌

    Y. Suzumura and A. Kobayashi

    J. Phys. Soc. Jpn.   82 巻   頁: 044709   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.82.044709

  26. Effects of Zero Line and Ferrimagnetic Fluctuation on Nuclear Magnetic Resonance for Dirac Electrons in Molecular Conductor alpha-(BEDT-TTF)2I3 査読有り

    A. Kobayashi and Y. Suzumura

    J. Phys. Soc. Jpn.   82 巻   頁: 054715   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.82.054715

  27. Dirac electrons in solids 査読有り

    H. Fukuyama, Y. Fuseya, M. Ogata, A. Kobayashi, and Y. Suzumura,

    Physica B   407 巻   頁: 1943 - 1947   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.physb.2012.01.071

  28. Theory of Dirac Electrons in Organic Conductors 査読有り

    Y. Suzumura and A. Kobayashi

    Crystals   2(2) 巻   頁: 266-283   2012年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.3390/cryst2020266

  29. Emergence of Dirac electron pair in the charge-ordered state of the organic conductor alpha-(BEDT-TTF)2I3 査読有り 国際共著

    A. Kobayashi, Y. Suzumura, F. Piechon, and G. Montambaux

    Phys. Rev. B   84 巻   頁: 075450   2011年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.84.075450

  30. Role of charge fluctuation in Q1D organic superconductor (TMTSF)2ClO4 査読有り

      471 巻   頁: 49-54   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.physc.2010.11.008

  31. New Plasmon and Filtering Effect in a Pair of Tilted-Dirac Cone 査読有り

    T. Nishine, A. Kobayashi, and Y. Suzumura

    J. Phys. Soc. Jpn.   80 巻   頁: 114713   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.80.114713

  32. Berry Curvature of the Dirac Particle in alpha-(BEDT-TTF)2I3 査読有り

    Y. Suzumura and A. Kobayashi

    J. Phys. Soc. Jpn.   80 巻   頁: 104701   2011年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.80.104701

  33. Zero-Gap State in Organic Conductor alpha-(BEDT-TTF)2NH4Hg(SCN)4 査読有り

    T. Choji, A. Kobayashi, and Y. Suzumura

    J. Phys. Soc. Jpn. 80 (2011) 074712.   80 巻   頁: 074712   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.80.074712

  34. Dirac Electrons in Molecular Solids 査読有り

    H. Fukuyama, A. Kobayashi, and Y. Suzumura

    Journal of Physics: Conference Series   302 巻   頁: 012017   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1088/1742-6596/302/1/012017

  35. Transport Currents and Persistent Currents in Solids: Orbital Magnetism and Hall Effect of Dirac Electrons 査読有り

    H. Fukuyama, Y. Fuseya and A. Kobayashi

    Perspectives of Mesoscopic Physics - Dedicated to Yoseph Imry's 70th Birthday     頁: 69-78   2010年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1142/9789814299442_0004

  36. Tilted-Cone Induced Cusps and Nonmonotonic Structures in Dynamical Polarization Function of Massless Dirac Fermions 査読有り

      79 巻   頁: 114715   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.79.114715

  37. Effect of interactions on Dirac points in organic solids 査読有り

    C. Hotta and A. Kobayashi

    Physica B   405 巻   頁: S164 - S167   2010年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1016/j.physb.2010.02.027

  38. Electronic Properties Close to Dirac Cone in Two-Dimensional Organic Conductor alpha-(BEDT-TTF)2I3 査読有り

    S. Katayama, A. Kobayashi, and Y. Suzumura

    Eur. Phys. J. B.   67 巻   頁: 139-148   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1140/epjb/e2009-00020-0

  39. Tilted-Cone-induced easy-plane pseudo-spin ferromagnet and Kosterlitz-Thouless transition in massless Dirac fermions 査読有り 国際共著

    A. Kobayashi, Y. Suzumura, H. Fukuyama, and M. O. Goerbig

    J. Phys. Soc. Jpn.   78 巻   頁: 114711   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.78.114711

  40. Theoretical study of the zero-gap organic conductor alpha-(BEDT-TTF)2I3 査読有り

    A. Kobayashi, S. Katayama, and Y. Suzumura

    Sci. Technol. Adv. Mater.   10 巻   頁: 024309   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1468-6996/10/2/024309

  41. Hall Effect and Orbital Diamagnetism in Zerogap State of Molecular Conductor alpha-(BEDT-TTF)2I3 査読有り

    A. Kobayashi, Y. Suzumura, and H. Fukuyama

    J. Phys. Soc. Jpn. 77 (2008) 064718.   77 巻   頁: 064718   2008年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.77.064718

  42. Charge ordered metal and pressure-induced superconductivity in two-dimensional organic conductor beta''-(DODHT)2PF6 査読有り

    A. Kobayashi, Y. Suzumura, M. Higa, R. Kondo, S. Kagoshima and H. Nishikawa

    J. Phys.: Condens. Matter   20 巻   頁: 125205   2008年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/0953-8984/20/12/125205

  43. Role of Interlayer Electron Hopping for Spin Density Wave State in the Zero-Gap Organic Conductor 査読有り

    S. Katayama, A. Kobayashi, and Y. Suzumura,

    J. Phys. Soc. Jpn.   77 巻 ( 01 ) 頁: 014710   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.77.014710

  44. Mechanism of Superconductivity in Quasi-Two-Dimensional Organic Conductor beta-(BDA-TTP) Salts 査読有り

    Y. Nonoyama, Y. Maekawa, A. Kobayashi, Y. Suzumura, and H. Ito

    J. Phys. Soc. Jpn.   77 巻   頁: 094703   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.77.094703

  45. Theory on Electronic Properties of Gapless States in Molecular Solids, α-(BEDT-TTF)2I3 査読有り

    A. Kobayashi, Y. Suzumura, and H. Fukuyama,

    World Scientific Publishing Co., Pte. Ltd. Proceedings of the 9th International Symposium on Foundations of Quantum Mechanics in the Light of New Technology - ISQM-TOKYO’08     頁: 168   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1142/9789814282130_0036

  46. Exotic properties of zerogap state in alpha-(BEDT-TTF)2I3 査読有り

    A. Kobayashi, S. Komaba, S. Katayama, and Y. Suzumura

    J. Phys.: Conf. Ser.   132 巻   頁: 012002   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1088/1742-6596/132/1/012002

  47. Effect of anion potential on the zero-gap state in the two-dimensional organic conductor alpha-(BEDT-TTF)2I3 査読有り

    S. Katayama, A. Kobayashi, and Y. Suzumura,

    J. Phys.: Conf. Ser.   132 巻   頁: 012003   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1088/1742-6596/132/1/012003

  48. Possible mechanism to enhance spin-fluctuation-mediated superconductivity in two-dimensional organic conductor 査読有り

    Y. Nonoyama, Y. Maekawa, A. Kobayashi, Y. Suzumura, and J. Yamada,

    J. Phys.: Conf. Ser.   132 巻   頁: 012013   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1088/1742-6596/132/1/012013

  49. Massless Fermions in Organic Conductor 査読有り

    A. Kobayashi, S. Katayama, Y. Suzumura, and H. Fukuyama

    J. Phys. Soc. Jpn.   76 巻   頁: 034711   2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The electronic states in two-dimensional organic conductor α-(BEDT-TTF)2I3 have been investigated to show the noticeable property of the massless fermions, i.e., the linear dispersion which exists on the contact point between the conduction band and the valence band. In the present study, we show that the effective Hamiltonian describing the massless fermions in α-(BEDT-TTF)2I3 contains intrinsically new terms of Pauli matrices σz and σ0 in addition to the Weyl equation which consists of σx and σy. The new massless fermions are robust against the charge disproportionation, and induce the anomalous momentum-dependence in the charge density.

    DOI: 10.1143/JPSJ.76.034711

  50. Role of Charge Density Wave in Superconductivity of Organic Conductor alpha-(BEDT-TTF)2NH4Hg(SCN)4 Salt 査読有り

    Y. Nonoyama, A. Kobayashi, and Y. Suzumura

    J. Phys. Soc. Jpn.   76 巻   頁: 014703   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.76.014703

  51. Pairing mechanisms in quasi-two-dimensional organic superconductor 査読有り

    A. Kobayashi, Y. Nonoyama, and Y. Suzumura,

    J. Magn. Mag. Mat. 310 (2007) 1090-1092.   310 巻   頁: 1090-1092.   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.jmmm.2006.10.885

  52. Electric Conductivity of the Zero-Gap Semiconducting State in alpha-(BEDT-TTF)2I3 Salt 査読有り

    S. Katayama, A. Kobayashi and Y. Suzumura,

    J. Phys. Soc. Jpn. 75 (2006) 023708.   75 巻   頁: 023708   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.75.023708

  53. Pressure-Induced Zero-Gap Semiconducting State in Organic Conductor alpha-(BEDT-TTF)2I3 Salt 査読有り

    S. Katayama, A. Kobayashi and Y. Suzumura

    J. Phys. Soc. Jpn.   75 巻   頁: 054705   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We show a zero-gap semiconducting (ZGS) state in the quasi-two-dimensional organic conductor α-(BEDT-TTF)2I3 salt, which emerges under uniaxial pressure along the a-axis (the stacking axis of the BEDT-TTF molecule). The ZGS state is the state in which a Dirac cone with the band spectrum of a linear dispersion exists around the Fermi point connecting an unoccupied (electron) band with an occupied (hole) band. The spectrum exhibits a large anisotropy in velocity, which depends on the direction from the Fermi point. By varying the magnitude of several transfer energies of a tight-binding model with four sites per unit cell, it is shown that the ZGS state exists in a wide pressure range, and is attributable to the large anisotropy of the transfer energies along the stacking axis.

    DOI: 10.1143/JPSJ.75.054705

  54. Charge fluctuation induced superconductivity in alpha-(ET)_2I_3 salt 査読有り

    A. Kobayashi, S. Katayama, K. Noguchi, and Y. Suzumura,

    Physica B 359-361 (2005) 451.   359-361 巻   頁: 451.   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.physb.2005.01.094

  55. Superconductivity in Charge Ordered Metal for Quasi-2D Organic Conductor 査読有り

    A. Kobayashi, S. Katayama and Y. Suzumura

    J. Phys. Soc. Jpn. 74 (2005) 2897-2900.   74 巻   頁: 2897-2900   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The superconductivity that occurs below the charge ordering temperature in a quasi-two-dimensional (quasi-2D) organic conductor, the α-(ET)2I3 salt, has been examined by applying the mean field theory and the random phase approximation to the extended Hubbard model with four sites in the unit cell and anisotropic nearest-neighbor interactions. It is shown that, under uniaxial pressure, the insulating phase moves to the metal phase with small pockets of electrons and holes, while the charge ordering state with the horizontal stripe pattern is retained. The novel property of the metal phase gives rise to the superconducting (SC) state with the full gap. It is found that the pairing interaction for the superconductivity is given mainly by the spin fluctuation existing between hole-rich sites in the unit cell. The role of the anisotropic repulsive interaction is discussed for the mechanism of the present SC state.

    DOI: 10.1143/JPSJ.74.2897

  56. On the Magnetic Excitation Spectra of High Tc Cu Oxides at Energies Up to the Region Far above the Resonance Energy 査読有り

    S. Iikubo, M. Ito, A. Kobayashi, M. Sato and K. Kakurai,

    J. Phys. Soc. Jpn. 74 (2005) 275-278   74 巻   頁: 275-278   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.74.275

  57. Coherent and incoherent states in the d-p model 査読有り

    A. Tsuruta, A. Kobayashi, T. Matsuura, Y. Kuroda,

    Physica B   359-361 巻   頁: 774 - 776   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1016/j.physb.2005.01.223

  58. Studies on magnetic excitation spectra of high-T-c superconductors 査読有り

    M Ito, Y. Yasui, S. Iikubo, M. Soda, A. Kobayashi, M. Sato, K. Kakurai, CH. Lee , K. Yamada

    J. Phys. Soc. Jpn. 73 (2004) 991-999.   73 巻   頁: 991-999.   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.73.991

  59. Charge-fluctuation-induced superconducting state in two-dimensional quarter-filled electron systems 査読有り

    A. Kobayashi, Y. Tanaka, M. Ogata, Y. Suzumura

    J. Phys. Soc. Jpn. 73 (2004) 1115-1118.   73 巻   頁: 1115-1118.   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.73.1115

  60. Superconductivity in Charge Ordered Organic Conductor - alpha-(ET)2I3 Salt - 査読有り

    A. Kobayashi, S. Katayama, K. Noguchi, and Y. Suzumura,

    J. Phys. Soc. Jpn. 73 (2004) 3135-3148.   73 巻   頁: 3135-3148.   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.73.3135

  61. Studies on the (non-) existence of "stripes" in high Tc superconductors 査読有り

    M. Ito, Y. Yasui, S. Iikubo, M. Soda, A. Kobayashi, M. Sato, K. Kakurai, C. H. Lee, K. Yamada,

    J. Magn. Mag. Mat.   272-276 巻   頁: 1051 - 1053   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1016/j.jmmm.2003.12.638

  62. Origins of electron-hole asymmetry in cuprate superconductors 査読有り

    A. Kobayashi, A. Tsuruta, T. Matsuura, Y. Kuroda,

    J. Magn. Mag. Mat.   272-276. 巻   頁: e187 - e188   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1016/j.jmmm.2003.12.1141

  63. Comparative Study on the Magnetic Excitation Specta of Y123 and La214 High-Tc Systems - Are the Dynamical Stripes important? - 査読有り

    M. Sato, M. Ito, H. Harashina, Y. Yasui, S. Iikubo, A. Kobayashi and K. Kakurai,

    Physica B 329 (2003) 683-684.   329 巻   頁: 683-684.   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0921-4526(02)01990-7

  64. The Electron-Hole Asymmetry in the Cuprate Superconductors 査読有り

    A. Kobayashi, A. Tsuruta, T. Matsuura and Y. Kuroda,

    Physica C 388 (2003) 39.   388 巻   頁: 39   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0921-4534(02)02612-6

  65. Superconductor-Insulator Transition in the d-p model 査読有り

    T. Arimoto, T. Ohara, A. Tsuruta, A. Kobayashi and Y. Kuroda

    J. Phys. Soc. Jpn. 72 (2003) 904-910   72 巻   頁: 904-910   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.60.2269

  66. Comments on Superconducting Fluctuation and Transport Phenomena in a Quasi-2D Electronic System 査読有り

    Y. Kosuge, A. Kobayashi, T. Matsuura and Y. Kuroda

    J. Phys. Soc. Jpn. 72 (2003) 1166.   72 巻   頁: 1166   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.72.1166

  67. Effects of "Stripes" on the Magnetic Excitation Spectra of La1.48Nd0.4Sr0.12CuO4 査読有り

    M. Ito, Y. Yasui, S. Iikubo, M. Soda, M. Sato, A. Kobayashi and K. Kakurai

    J. Phys. Soc. Jpn. 72 (2003) 1627-1630.   72 巻   頁: 1627-1630.   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.72.1627

  68. Phase Diagram of the Electron-Doped Cuprate Superconductors 査読有り

    A. Kobayashi, A. Tsuruta, T. Matsuura and Y. Kuroda

    J. Phys. Soc. Jpn.   71 巻   頁: 1640   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.71.1640

  69. Detailed Structure of the Magnetic Excitation Spectra of YBa2Cu3Oy and Its Implication on the Physical Characteristics of the Electron System 査読有り

    M. Ito, H. Harashina, Y. Yasui, M. Kanada, S. Iikubo, M. Sato, A. Kobayashi and K. Kakurai

    J. Phys. Soc. Jpn.   71 巻   頁: 265   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.71.265

  70. Pseudogap and strong correlation effects in the d-p model 査読有り

    A. Kobayashi, A. Tsuruta, T. Matsuura and Y. Kuroda,

    J. Phys. Chem. Sol.   63 巻   頁: 1409 - 1412   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1016/S0022-3697(02)00079-3

  71. Small magnetic moment and superconductivity in URu2Si2 査読有り

    A. Tsuruta, A. Kobayashi, T. Matsuura, Y. Kuroda,

    J. Phys. Chem. Sol.   63 巻   頁: 1469 - 1474   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1016/S0022-3697(02)00099-9

  72. Pseudogap Phenomena and Phase Diagram in the two-band Hubbard Model 査読有り

    A. Kobayashi, A. Tsuruta, T. Matsuura and Y. Kuroda

    J. Phys. Soc. Jpn.   70 巻   頁: 1214   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.70.1214

  73. On the Electronic and Magnetic Excitation Spectra of High-Tc Cu Oxides in the Normal and Superconducting States 査読有り

    M. Sato, M. Ito, H. Harashina, M. Kanada, Y. Yasui, A. Kobayashi and K. Kakurai

    J. Phys. Soc. Jpn.   70 巻   頁: 1342   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.70.1342

  74. Origin of the tiny antiferromagnetic moment in URu2Si2 査読有り

    A. Tsuruta, A. Kobayashi, T. Matsuura and Y. Kuroda,

    J. Phys. Chem. Sol.   62 巻   頁: 297   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1016/S0022-3697(00)00150-5

  75. Effect of pressure on the tiny antiferromagnetic moment in URu2Si2 査読有り

    A. Tsuruta, A. Kobayashi, T. Matsuura and Y. Kuroda,

    J. Phys. Chem. Sol.   62 巻   頁: 301   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1016/S0022-3697(00)00151-7

  76. Nesting effect for the Magnetic Transition to the SDW phase in Ce(Rn1-xRhx)2Si2 査読有り

    M. Watanabe, A. Tsuruta, A. Kobayashi, T. Matsuura and Y. Kuroda,

    J. Phys. Chem. Sol.   62 巻   頁: 305   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/S0022-3697(00)00152-9

  77. Theory of Quasi-2D Superconducting Fluctuation 査読有り

    M. Watanabe, A. Tsuruta, A. Kobayashi, T. Matsuura and Y. Kuroda,

    J. Phys. Chem. Sol.   62 巻   頁: 305   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/S0022-3697(00)00137-2

  78. Pseudogap Induced by Superconducting Fluctuation and Anomalous Metals in High-Tc Superconducting Materials 査読有り

    A. Kobayashi, A. Tsuruta, T. Matsuura and Y. Kuroda,

    J. Phys. Chem. Sol.   62 巻   頁: 69   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1016/S0022-3697(00)00103-7

  79. Pseudogap and superconducting gap in the d-p model 査読有り

    A. Kobayashi, A. Tsuruta, T. Matsuura and Y. Kuroda,

    J. Phys. Chem. Sol.   62 巻   頁: 199   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1016/S0022-3697(00)00128-1

  80. Fermi Liquid and Non-Fermi Liquid in Anderson Lattice 査読有り

    A. Tsuruta, A. Kobayashi, T. Matsuura and Y. Kuroda

    J. Phys. Soc. Jpn   69 巻   頁: 3342   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.69.3342

  81. Quadrupolar Order, Hidden Octupolar Order and Tiny Magnetic Moment in URu2Si2 査読有り

    A. Tsuruta, A. Kobayashi, T. Matsuura and Y. Kuroda

    J. Phys. Soc. Jpn.   69 巻   頁: 663   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.69.663

  82. Critical Study on 2D Superconducting Fluctuation - in a Weak Coupling Case - 査読有り

    H. Sato, Y. Kosuge, A. Kobayashi, T. Matsuura and Y. Kuroda

    J. Phys. Soc. Jpn.   69 巻   頁: 2221   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.69.2221

  83. Pseudogap induced by superconducting fluctuation and anomalous metallic phase in the high-Tc superconducting materials 査読有り

    A. Kobayashi, A. Tsuruta, T. Matsuura and Y. Kuroda,

    Physica B   284-288 巻   頁: 661   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1016/S0921-4526(99)02326-1

  84. Fermi liquid and non-fermi liquid in M-channel: N-fold degenerate Anderson lattice 査読有り

    A. Tsuruta, A. Kobayashi, K. Deguchi, Y. Ono, T. Matsuura and Y. Kuroda,

    Physica B   281-282 巻   頁: 408   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1016/S0921-4526(99)00998-9

  85. Pseudogap Induced by Superconducting Fluctuation in the d-p Model 査読有り

    A. Kobayashi, A. Tsuruta, T. Matsuura and Y. Kuroda

    J. Phys. Soc. Jpn.   68 巻   頁: 2506   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.68.2506

  86. Fermi Liquid in Degenerate Anderson Lattice 査読有り

    A. Tsuruta, A. Kobayashi, K. Deguchi, Y. Ono, T. Matsuura and Y. Kuroda

    J. Phys. Soc. Jpn.   68 巻   頁: 1067   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1143/JPSJ.68.1067

  87. Non-Fermi Liquid in Multichannel Degenerate Anderson Lattice 査読有り

    A. Tsuruta, A. Kobayashi, Y. Ono, T. Matsuura and Y. Kuroda

    J. Phys. Soc. Jpn.   68 巻   頁: 2491   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.68.2491

  88. Fermi Liquid and Non-Fermi Liquid in M-Channel N Fold Degenerate Anderson Lattice 査読有り

    A. Tsuruta, A. Kobayashi, K. Deguchi, Y. Ono, T. Matsuura and Y. Kuroda,

    JJAP Series   11 巻   頁: 168   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  89. Superexchange Interaction in the d-p Model 査読有り

    S. Fukagawa, A. Kobayashi, K. Miura, T. Matsuura and Y. Kuroda

    J. Phys. Soc. Jpn.   67 巻   頁: 3536   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/jpsj.67.3536

  90. Itinerant Electron Antiferromagnetism in the Anderson Lattice Model 査読有り

    A. Kobayashi and T. Matsuura

    J. Phys. Soc. Jpn.   67 巻   頁: 927   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.67.927

  91. Dynamical Spin Susceptibility of the d-p Model in the Over Doping Region 査読有り

    A. Kobayashi, Y. Ono, T. Matsuura and Y. Kuroda

    Physica C   300 巻   頁: 287   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0921-4534(98)00131-2

  92. Superconductivity in the d-p Model - Effects of Quasi-2D Fluctuation - 査読有り

    A. Kobayashi, A. Tsuruta, T. Matsuura and Y. Kuroda

    J. Phys. Soc. Jpn.   67 巻   頁: 2626   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/jpsj.67.2626

  93. Spin and Charge Susceptibilities in the d-p Model 査読有り

    A. Kobayashi, Y. Ono, T. Matsuura and Y. Kuroda

    J. Phys. Soc. Jpn.   65 巻   頁: 2231   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/jpsj.65.2231

  94. Charge fluctuation mediated superconductivity in the d-p model - critical study of the retardation effects - 査読有り

    M. Azami, A. Kobayashi, T. Matsuura and Y. Kuroda

    Physica C   259 巻   頁: 227   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.64.2316

  95. Charge-Fluctuation-Mediated Superconductivity in the d-p Model ---Critical Study of the Retardation Effects--- 査読有り

    M. Azami, A. Kobayashi, T. Matsuura and Y. Kuroda

    J. Phys. Soc. Jpn.   64 巻   頁: 2316   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/jpsj.64.2316

  96. Charge susceptibility and charge correlation function in the d-p model 査読有り

      250 巻   頁: 307   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/0921-4534(95)00360-6

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. 分子性物質の物理 -物性物理の新潮流-

    鹿野田一司、澤博、佐々木孝彦、中澤康浩、小形正男、宇治進也、山本浩史、田嶋尚也、小林晃人、賀川史敬、岡本博( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2015年10月  ( ISBN:978-4-254-13119-2

  2. 超伝導ハンドブック

    福山秀敏、秋光純(編)( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 電荷秩序下での超伝導、ゼロギャップ状態)

    朝倉書店  2009年12月  ( ISBN:978-4-254-13102-4

     詳細を見る

    担当ページ:p. 44-48   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

MISC 15

  1. Exploring the Novel Spin Transport Properties of Dirac Electron Systems at Low Magnetic Fields 招待有り

    Akito Kobayashi  

    JPSJ News Comments19 巻   頁: 07   2022年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.7566/JPSJNC.19.07

  2. Exploring the Quantum Phase Transition of Strongly Correlated Massless Dirac Fermions 招待有り

    Akito Kobayashi  

    JPSJ News Comments18 巻   頁: 02   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.7566/JPSJNC.18.02

  3. 有機導体のディラック電子系における電子相関効果 招待有り

    小林晃人、平田倫啓、鹿野田一司  

    固体物理54 巻 ( 10 ) 頁: 495 - 504   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  4. 有機物質のディラックコーンにおける強相関効果 招待有り

    平田倫啓、鹿野田一司、松野元樹、小林晃人  

    日本物理学会誌73 巻 ( 4 ) 頁: 214 - 220   2018年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  5. 相互作用する2次元ワイルフェルミオンの異常なスピン相関とエキシトン不安定性 招待有り 国際共著

    平田倫啓、鹿野田一司、小林晃人、石川恭平、松野元樹、宮川和也、田村雅史、Claude Berthier  

    Science日本事務局「サイエンス誌に載った日本人研究者」2018年号 巻   頁: 61   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  6. Helical Surface State in Multilayer Massless Dirac Fermion System 招待有り

    Akito Kobayashi  

    JPSJ News Comments12 巻   頁: 07   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.7566/JPSJNC.12.07

  7. 分子性導体のディラック電子系における新物性の理論 招待有り

    小林晃人、森成隆夫  

    固体物理49 巻 ( 4 ) 頁: 241 - 251   2014年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  8. 擬スピン強磁性とKT転移(理論) 招待有り

    小林晃人  

    固体物理45 巻 ( 11 ) 頁: 147 - 154   2010年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  9. 分子性導体のゼロギャップ状態におけるバンド間磁場効果 招待有り

    小林晃人  

    物性研究91 巻 ( 5 ) 頁: 594   2009年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  10. 分子性導体のディラック電子 招待有り

    小林晃人、鈴村順三  

    固体物理44 巻 ( 2 ) 頁: 127   2009年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  11. 分子性導体に現れた質量ゼロの粒子

    小林晃人  

    パリティ22 巻 ( 10 ) 頁: 46   2007年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  12. 有機導体における質量ゼロのディラック粒子 招待有り

    片山新也、小林晃人、鈴村順三  

    日本物理学会誌 62 巻 ( 2 ) 頁: 99   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  13. 有機導体における電荷秩序下の超伝導とゼロギャップ半導体の出現 招待有り

    小林晃人、片山新也、鈴村順三  

    固体物理41 巻 ( 4 ) 頁: 250   2006年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  14. 高温超伝導物質における異常金属相の理論 招待有り

    小林晃人、鶴田篤史、松浦民房、黒田義浩  

    日本物理学会誌58 巻 ( 2 ) 頁: 103   2003年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  15. 強結合超伝導 - Pseudogapを中心として - 招待有り

    小林晃人、鶴田篤史、松浦民房、黒田義浩  

    物性研究72 巻 ( 4 ) 頁: 473   1999年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 28

  1. 分子性導体における相関トポロジカル電子現象 招待有り

    小林晃人

    日本物理学会 第77回年次大会 領域7シンポジウム 分子性結晶におけるトポロジカル物性の展開  2022年3月18日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  2. Correlated Dirac Electrons in Molecular Conductor α-(BEDT-TTF)2I3 招待有り 国際共著 国際会議

    Akito Kobayashi

    The 12th International Symposium on Crystalline Organic Metals, Superconductors and Magnets (ISCOM2017)  2017年9月28日  Reizo Kato (Chair)

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Zao, Miyagi   国名:日本国  

  3. 有機導体α-(ET)2I3のDirac電子相における低温秩序状態

    井上大輔,大木大悟,小林晃人

    日本物理学会 第77回年次大会  2022年3月17日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  4. 第一原理計算による有機導体(EDO-TTF-I)2ClO4の電子状態の解析

    川村泰喜,橋本顕一郎,吉見一慶,石川学,中野義明,大塚晃弘,矢持秀起,春木理恵,熊井玲児,足立伸一,小林晃人

    日本物理学会 第77回年次大会  2022年3月17日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  5. 単一成分分子性導体[Ni(hfdt)2]の金属絶縁体クロスオーバー 国際共著

    齋藤正樹,大木大悟,川村泰喜,崔亨波,小林昭子,周彪,西堀英治,Tomasz Galica,小林晃人

    日本物理学会 第77回年次大会  2022年3月17日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  6. 有機ディラック電子系α-(BEDT-TTF)2I3およびα-(BEDT-TSeF)2I3の絶縁体状態における電子相関効 国際共著

    大木大悟,小林晃人,吉見一慶,三澤貴宏

    日本物理学会 第77回年次大会  2022年3月17日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  7. Low temperature ordered state in Dirac electron phase of organic conductor α-(ET)2I3

    Daisuke Inoue, Daigo Ohki, Akito Kobayashi

    2022年2月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  8. 量子ホールトポロジカル絶縁体状態における磁気触媒効果の発見 国際共著

    平田 倫啓, 谷口 智隆, 宮川 和也, 大木 大悟, 谷 雄大, 小林 晃人, マヤフィー アドリアン, クレーマー シュテファン, ホルヴァティック ムラデン, ベルティエ クロード, 田村 雅史, 鹿野田 一司

    日本物理学会 2021年秋季大会  2021年9月22日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  9. 単一成分分子性導体[M(dmdt)_2_](M=Pt,Ni)の磁気的性質

    川村泰喜、周彪、小林昭子、小林晃人

    日本物理学会 2021年秋季大会  2021年9月23日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  10. 単一成分分子性導体[Ni(hfdt)_2_]の強束縛模型と電子状態 国際共著

    齋藤正樹、大木大悟、川村泰喜、崔亨波、小林昭子、小林晃人

    日本物理学会 2021年秋季大会  2021年9月23日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  11. 有機ディラック電子系\alpha-(BEDT-TSeF)_2I_3における次近接クーロン相互作用による量子異常ホール状態の可能性

    大木大悟、吉見一慶、小林晃人

    日本物理学会 2021年秋季大会  2021年9月23日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  12. Insulating mechanism of organic Dirac electron system α-(BEDT-TTF)2I3 and α-(BETS)2I3 国際共著 国際会議

    D. Ohki, A. Kobayashi, K. Yoshimi, and T. Misawa

    International Conference on Quantum Liquid Crystals 2021 (QLC2021)   2021年5月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  13. Magnetism induced by the nesting vector at the edge of the single-component molecular conductor [Pt(dmdt)2] 国際会議

    Taiki Kawamura, Biao Zhou, Akiko Kobayashi, and Akito Kobayashi

    International Conference on Quantum Liquid Crystals 2021 (QLC2021)   2021年5月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  14. Effect of long range Coulomb interaction on the surface state of a Topological Insulator 国際会議

    Sparsh Mishra , Keiji Yada Akito Kobayash and Yukio Tanaka

    International Conference on Quantum Liquid Crystals 2021 (QLC2021)   2021年5月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  15. Impurity scattering in the Kitaev chain and its effect on odd-frequency spin-triplet pairing 国際会議

    Sparsh Mishra, Shun Tamura, Akito Kobayashi, Yukio Tanaka

    APS march meeting 2021  2021年3月15日  The American Physical Society (APS)

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  16. Edge-induced magnetism of Dirac nodal line system in the single-component molecular conductor [Pt(dmdt)2] 国際会議

    Taiki Kawamura, Biao Zhou, Akiko Kobayashi, and Akito Kobayashi

    APS march meeting 2021  2021年3月15日  The American Physical Society (APS)

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語  

    国名:アメリカ合衆国  

  17. Spin-triplet excitonic states and electron-electron correlations on the Topological Insulator surface 国際会議

    Sparsh Mishra, Keiji Yada, Yukio Tanaka, Akito Kobayashi

    APS march meeting 2021  2021年3月15日  The American Physical Society (APS)

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  18. 有機ディラック電子系\alpha-(BEDT-TTF)_2I_3および\alpha-(BETS)_2I_3の絶縁体化機構

    大木大悟、小林晃人、吉見一慶、三澤貴宏

    日本物理学会 第76回年次大会(2021年)  2021年3月12日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  19. 単一成分分子性導体中のディラックノーダルライン系における電子相関効果

    川村泰喜、周彪、小林昭子、小林晃人

    日本物理学会 第76回年次大会(2021年)  2021年3月12日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  20. 有機ディラック電子系\alpha-(BEDT-TTF)_2I_3および\alpha-(BETS)_2I_3の低温相におけるサイト間クーロン相互作用の効果

    大木大悟、小林晃人、吉見一慶、三澤貴宏

    日本物理学会2020年秋季大会  2020年9月9日  日本物理学会2020年秋季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  21. 有機導体α-(BETS)_2_I_3_の多軌道模型による解析

    小林晃人、大木大悟、吉見一慶、鬼頭俊介、澤博 

    日本物理学会2020年秋季大会  2020年9月9日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  22. Kitaev鎖モデルにおける不純物散乱効果の理論ー局所状態密度と奇周波数ペアに対する影響ー

    日本物理学会2020年秋季大会  2020年9月9日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  23. 単一成分分子性導体[Pt(dmdt)_2_]のエッジにおける電子相関効果

    川村泰喜、周彪、小林昭子、小林晃人

    日本物理学会2020年秋季大会  2020年9月9日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  24. 固体中のDirac粒子と磁性 国際会議

    小林晃人

    Workshop: CROSSroads of Users and J-PARC 第16回「電子物性研究とその将来」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:いばらき量子ビーム研究センター   国名:日本国  

  25. Electron Correlation Effects on Massless Dirac Fermions under Strong Magnetic Field in Organic Conductor Alpha-(BEDT-TTF)2I3 招待有り 国際共著 国際会議

    The 8th International Symposium on Crystalline Organic Metals, Superconductors and Ferromagnets (ISCOM2009)  2009年9月  Kazushi Kanoda

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Niseko, Japan, September   国名:日本国  

  26. Theory on Electronic Properties of Dirac Electrons in Organic Conductors 招待有り 国際会議

    A. Kobayashi, Y. Suzumura, and H. Fukuyama

    The International Symposium on Anomalous Quantum Materials 2008 (ISAQM2008) and the 7-th Asia-Pacific Workshop  2008年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Tokyo   国名:日本国  

  27. Theory on Electronic Properties of Gapless States in Molecular Solids, α-(BEDT-TTF)2I3 招待有り 国際会議

    A. Kobayashi, Y. Suzumura, and H. Fukuyama

    The 9th International Symposium on Foundations of Quantum Mechanics in the Light of New Technology - ISQM-TOKYO’08  2008年8月  Hitachi, Ltd.

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Hatoyama   国名:日本国  

  28. Superconductivity in Charge Ordered Metal in alpha-(ET)2I3 Salt under Uniaxial Strain 国際会議

    International Symposium on Molecular Conductors 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 非一様磁場により誘起される反磁性電流に対するスピン軌道相互作用の効果(倉田奨励金)

    2015年4月 - 2016年3月

    倉田奨励金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円 ( 直接経費:2000000円 )

科研費 8

  1. 有機ノーダルライン半金属において電子相関が誘起するトポロジカル秩序と超伝導

    研究課題/研究課題番号:22K03526  2022年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金   基盤C

    小林晃人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

  2. 有機物ディラック電子系におけるエキシトニック転移とトポロジカル強相関相図の解明

    研究課題/研究課題番号:19H01846  2019年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金   基盤B

    平田 倫啓

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:800000円 ( 直接経費:800000円 )

    本研究では、有機錯体中に実現する、「質量のないディラック電子系」と呼ばれる特異な電子の状態に注目する。柔らかく化学的修飾の容易な有機物の特性を巧みに活かし、従来のディラック電子系では困難であった電子間の相互作用(電子相関)を圧力と磁場により強相関極限まで精密に制御し、また電子のもつ右巻き左巻きのような性質(トポロジー)を元素置換により自在にコントロールする。そして、核磁気共鳴と理論計算を組合わせ、電子状態を詳細に検証し性質を解明する。これらを通じ、従来あまり研究されてこなかった『トポロジカルかつ電子相関の強いディラック電子系』の物理を開拓し、相図や相転移の理解を格段に進歩させる。
    初年度は、有機導体のディラック電子物質 α-(BEDT-TTF)2I3 のとくに電荷中性試料に注目した。スピン物性の観点から素性がある程度わかっている 1) 面内磁場配置、そしてまだ十分に解明されていない 2) 面直磁場下量子極限において核磁気共鳴(NMR)測定を行った。その結果、ディラック電子の示す励起、相関、トポロジーに関係した微視的な磁性の理解を大幅に進展させる重要な成果を得た。
    <BR>
    1):先に高圧下で報告した相関効果が、圧力掃引により劇的にコントロール出来ることを解明した。とくに減圧により、電子の速度の対数的なくりこみが低温に向かって強まること、そして極低温で発現するエキシトニックなスピン揺らぎが顕著に増強されることを明らかにした。現在、有効模型を用いた数値計算との比較検証を進めており、概ね結果を再現できている。今後はモデルの詳細を詰め、実験との対応を理論的に検証しつつ、磁場との関係性も明らかにしていく。
    <BR>
    2):ゼロモードと呼ばれる状態に電子が閉じ込められた量子極限において、電子スピンの磁場応答をNMRで検証した。その結果、スピンの連続的な軸回転対称性によって「トポロジカル量子ホール絶縁体」とよばれる特異な状態が実現することを、微祖的な磁性の観点から直接的に示すことに初めて成功した。また、磁場によりエキシトニック凝集が安定化する「磁気触媒効果」の前駆現象が生じることを見出し、これがトポロジカルな絶縁体状態と共存する形で磁場制御可能なスピン揺らぎを引き起こすことを世界に先駆けて明らかにした。この発見は、ゼロモードの関係する量子ホール状態における多体効果を理解する上での新しい枠組みを提示する画期的なものであり、従来十分に検証されてこなかった微視的な磁性に注目した本研究ならではの大きな成果と言える。
    電荷中性 α-(BEDT-TTF)2I3 におけるトポロジカルな相関効果の研究は、当初計画に照らして順調に推移している。特に圧力依存性についての研究と磁場依存性についての検証に大きな進展が見られ、電子相図ならびにトポロジカル状態での微視的な磁性に関する理解が飛躍的に進んでいる。また、実験結果と理論モデルの対応検証についても、実験サイドと理論サイドの共同研究歩調を柔軟に合わせることで機動的に進められている。ここで得られた知見は、今後電荷ドープや元素置換の効果を検証する上での基礎となる重要な枠組みとなるため、この体制構築とその機能的な運用の成功は大きな意義をもつ。
    <BR>
    一方、実験の主眼がマシンタイムの限られる強磁場下かつ測定時間の長くなる極低温域でのNMR測定にシフトしてきているため、マシンタイムと液体ヘリウム寒剤の制約からくる研究進展の速度低下が無視しえないファクターとして顕在化しつつある。特に後者は、近年の輸入コスト倍増に起因し不足が常態化しており、国内アカデミアに深刻な影響を及ぼしている。事態が短期的に改善する見込みは薄い。また、新型感染症の流行にともなうマシンタイム・移動の制約の影響も顕著で、年初来、最大の不確定不安要素となっている。これらを加味し、進捗は概ね順調と評した。
    2020年度は、まず電荷中性試料の高圧下・量子極限で前年度に見つかった量子ホールトポロジカル絶縁体状態における新規な磁性について、NMR測定による探索と性質の解明を進めていく。とくに高圧下での実験を低圧域へと順次拡張して圧力依存性を検証することで、揺らぎの成長の仕組みを微視的な観点から相図上で明らかにしていく。また、面内磁場下で得られたデータと合わせ、実験を再現する理論モデルの構築と数値計算との比較をより一層進めていき、実験に対する有効な理論的解釈を早期に確立していく。測定では、まずは実施が容易な4He温度までの範囲で、東北大の超伝導磁石と低温装置を用いて進める。ヘリウムやマシンタイムの制約からこれだけでは測定が十分に進まない場合、東大の設備も適宜併用して測定を円滑に進めていく。
    <BR>
    ただ、上述の通り、現在全世界的にCOVID-19の感染が拡大し深刻な影響を社会に及ぼしている。感染拡大防止のための移動制限措置が今後どのように継続・再開・拡大されていくのか、現状では見通せない状況にある。このため、年度の中盤以降の感染状況や社会情勢に合わせ、研究実施計画を柔軟に修正していく必要がある。現状しばらくは、昨年度得られた未解析データの理解を深めるための理論モデルの構築とシミュレーションの実施、実験との比較検討を中心に研究を進める方針である。都市間を移動せずに行えるオンライン会議を東北大、名古屋大、東大間で密に行い、実験結果の理論的解釈を深め、論文としてまとめる作業にも集中したい。限られた人的・物質的資源を可能な時期に最大限有効活用した研究展開を模索していきたい。

  3. 有機導体のディラック電子系における異常物性の統一的解明

    研究課題/研究課題番号:15K05166  2015年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金   基盤C

    小林 晃人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    2019年度は有機ディラック電子系α-(BEDT-TTF)2I3の電荷秩序相における異常な輸送現象の解明に取り組んだ。α-(BEDT-TTF)2I3の電荷秩序相では強誘電性により自然に電荷秩序ドメインウォールが存在する。本研究ではこれまでにディラック電子が強誘電ドメインウォールに束縛されると電荷秩序に起因するバルクギャップの内側にギャップレス1次元束縛状態が形成されることを見出している。研究代表者らはドメインウォールを有する有限系の電気伝導率と光学伝導率を数値計算し、光学ギャップが開いているにもかかわらず金属的電気伝導性示すことを明らかにした。これにより、α-(BEDT-TTF)2I3の電荷秩序相で観測される極端に小さい電気抵抗ギャップのメカニズムを解明した。この研究成果はPhysical Review Bに掲載された。
    また、α-(BEDT-TTF)2I3の電荷秩序転相における異常な熱電効果のメカニズムを調べた。α-(BEDT-TTF)2I3では電荷秩序転移に伴いゼーベック係数が鋭いピークと符号反転を示す。本研究ではα-(BEDT-TTF)2I3の狭いバンド幅に起因する電子相関効果がディラックコーンの電子‐ホール非対称性を増強し、異常なゼーベック効果を引き起こすことを解明した。この研究成果は2019年度にPhysical Review Bに投稿され、2020年5月にacceptされた。
    さらに、α-(BEDT-TTF)2I3の核磁気共鳴測定(NMR)ではスピン格子緩和率の温度依存性よりスピン分裂したN=0ランダウ状態が見いだされているが、数ケルビン以下の低温ではスピン格子緩和時間が反転増大する奇妙な振る舞いが報告されている。本研究ではクーロン相互作用により横スピン磁化率が低温で増強されることを見出した。
    本研究課題では現在までに、ディラック電子系におけるパラドックス的異常物性が電子相関効果に起因することを明らかにしてきた。NMRにより観測される磁化率の抑制は、長距離クーロン相互作用による異方的速度繰り込みが引き起こすディラックコーンの先鋭化(砂時計型)に起因することを示した【Nat. Commun.7, 12666 (2016)】【J. Phys. Soc. Jpn. 86, 014705 (2017)】【J. Phys. Soc. Jpn. 87, 054706 (2018)】。低温における1/T1Tの反転は、バレー間エキシトニック揺らぎの発達によることを初めて示した【Sience 358, 1403-1406 (2017)】。また、有機導体の電荷秩序相における有限質量ディラック電子相において、光学ギャップと伝導ギャップが大きく異なることを具体的に示し、光学伝導率と直流伝導率の実験結果を矛盾なく説明できることを示した【Phys. Rev. B 100, 075206 (2019)】。さらに、強磁場中のランダウ状態において横スピン磁化率が低温で電子相関効果により増強されることを示した【J. Phys. Soc. Jpn. 88, 054713 (2019)】、【Crystals 2019, 9(4), 212】。電子相関効果による異常なゼーベック効果に関する成果は2019年度中の出版に間に合わなかかったが、2020年5月にacceptされた。
    これらの成果により。本研究はおおむね順調に進展している
    2020年度は有機ディラック電子系α-(BETS)2I3 の低温領域における隠れた秩序状態を解明するため、第1原理計算に基づく拡張ハバード模型を構築し、変分モンテカルロ法などにより解析する。これにより強相関ディラック電子系が創発する新物性に関する知見を得る。
    有機導体α-(BETS)2I3 は最新の放射光X 線構造解析を用いた第1原理計算によりゼロ質量ディラック電子系であることが示されている。類縁物質である有機ディラック電子系α-(BEDT-TTF)2I3は常圧では低温相(T<Tco=135K)において電子相関により空間反転対称性が破れた電荷秩序絶縁体に転移し、ディラックコーンにギャップが開く。これに対しα-(BETS)2I3は50K 以下の低温において絶縁体的挙動を示すが、X 線では対称性の破れや電荷密度の変化は一切観測されず、NMR からもギャップが開くこと以外に秩序状態に関する手がかりは得られていない。本研究計画ではこの隠れた秩序状態を解明するため、澤らの放射光X 線構造解析を用いた第1原理計算に基づいてα-(BETS)2I3 の拡張ハバード模型を構築し、平均場近似と変分モンテカルロ法による解析を行う。
    具体的にはα-(BETS)2I3 の第1原理計算(RESPACK)を用いて次近接あるいはそれ以遠のクーロン相互作用を取り入れた拡張ハバード模型を構築し、平均場近似を用いて隠れた秩序状態の候補を探索する。また、BETS 分子内のSe 原子によるスピン軌道相互作用による秩序状態への影響を調べる。
    この研究により得られる成果を2019年度までに行ってきたα-(BEDT-TTF)2I3のディラック電子系における電子相関効果の研究結果と比較し、ディラック電子系におけるパラドックス的異常物性を統一的な理解という本研究課題の目的を達成する。

  4. 有機導体のディラック電子系における異常物性の統一的解明

    2015年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    小林晃人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. ディラック電子系物質におけるマルチフェロイクス開拓

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    小形正男

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  6. ディラック電子系物質におけるマルチフェロイクス開拓

    研究課題/研究課題番号:15H02108  2015年4月 - 2018年3月

    小形 正男

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    理論と実験とが密な連携を取りつつ、ディラック電子系物質が示すマルチフェロイクスについて以下の点を明らかにした。1)ディラック電子系では相対論的な対称性のために、誘電率と電場応答、反磁性軌道磁化率などの間に顕著な相関がある。同時に帯磁率の厳密な表式を見出した。2)ビスマスにおける内因性スピンホール効果に関して、磁気モーメントに対する基礎的理論を確立した。また実験的には作成した薄膜を用いてスピン流の振る舞いを明らかにした。3)有機伝導体ディラック電子系では、NMRの結果を電子相関によるものとして解釈した。またディラック点のループの存在を示した。実験的には磁気抵抗からバレーの自由度の関与を見出した。

  7. 固体中のディラック電子

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    小形 正男

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  8. 分子性導体における質量ゼロのディラック粒子に対する電子相関効果の理論

    2007年

    科学研究費補助金  若手研究(B),課題番号:19740205

    小林 晃人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 4

  1. 物理学演習Ⅲ(総括者)

    2020

     詳細を見る

    量子力学II・統計物理学IIに対応する必修の演習授業

  2. 物性物理学特論1

    2020

     詳細を見る

    場の理論の基礎である第二量子化法にはじまり、グリーン関数法、線形応答理論などの基礎を学習する。

  3. 物性物理学3(G30)

    2020

  4. 物理学概論Ⅰ

    2020

     詳細を見る

    物理学教室で行われている研究の具体的な内容を、研究の歴史、将来への展望などを中心に解説する。物理学教室の研究の全般に触れるとともに、4年次での各自の進むコース決定の参考にする。

 

社会貢献活動 4

  1. 物質中を永久に流れ続ける電流の謎に迫る

    役割:講師

    日本物理学会名古屋支部  公開講演会 物性物理学への誘い   2021年12月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般

    種別:講演会

  2. 出前授業(松蔭高校)

    役割:講師

    松蔭高校  2018年9月

  3. 出前授業(愛知県立横須賀高等学校)

    役割:講師

    愛知県立横須賀高等学校  2012年

  4. 出前授業(愛知県立横須賀高等学校)

    役割:講師

    愛知県立横須賀高等学校  2011年