2021/05/26 更新

写真a

ミナミ マサヨ
南 雅代
MINAMI, Masayo
所属
宇宙地球環境研究所 基盤研究部門 年代測定研究部 教授
大学院担当
大学院環境学研究科
職名
教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 2

  1. 博士(理学) ( 1995年9月   電気通信大学 ) 

  2. 理学(修士) ( 1990年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 5

  1. 隕石

  2. 同位体

  3. 堆積物

  4. 化石骨

  5. 放射性炭素

研究分野 3

  1. 自然科学一般 / 地球人間圏科学  / 同位体地球化学

  2. 人文・社会 / 文化財科学  / 年代測定

  3. 環境・農学 / 環境動態解析  / 同位体分析

現在の研究課題とSDGs 4

  1. 火葬骨の地球化学的分析

  2. ストロンチウム同位体比の地球化学図

  3. 放射性炭素を用いたコンクリート中性化評価

  4. 化石骨試料に対する信頼度の高い放射性炭素および炭素・窒素同位体比測定の試み

経歴 22

  1. 名古屋大学   宇宙地球環境研究所 基盤研究部門 年代測定研究部   教授

    2019年4月 - 現在

  2. 名古屋大学宇宙地球環境研究所   年代測定研究部   准教授

    2015年10月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学宇宙地球環境研究所   年代測定研究部   准教授

    2015年10月 - 現在

  4. 名古屋大学   宇宙地球環境研究所 基盤研究部門 年代測定研究部   准教授

    2015年10月 - 2019年3月

  5. 名古屋大学年代測定総合研究センター   准教授

    2007年4月 - 2015年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学年代測定総合研究センター   年代測定総合研究センター   准教授

    2007年4月 - 2015年9月

  7. 名古屋大学年代測定総合研究センター   准教授

    2007年4月 - 2015年9月

  8. 名古屋大学年代測定総合研究センター   助教授

    2005年6月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 名古屋大学   年代測定総合研究センター   助教授

    2005年6月 - 2007年3月

  10. 名古屋大学年代測定総合研究センター   助教授

    2005年6月 - 2007年3月

  11. 名古屋大学大学院環境学研究科地球環境科学専攻   助教授

    2003年4月 - 2005年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  12. 名古屋大学大学院環境学研究科地球環境科学専攻   助教授

    2003年4月 - 2005年5月

  13. 名古屋大学大学院環境学研究科地球環境科学専攻   助手

    2001年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  14. 名古屋大学大学院環境学研究科地球環境科学専攻   助手

    2001年4月 - 2003年3月

  15. 名古屋大学大学院理学研究科地球惑星理学専攻   助手

    2000年1月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  16. 名古屋大学大学院理学研究科地球惑星理学専攻   助手

    2000年1月 - 2001年3月

  17. 日本学術振興会   特別研究員(PD)

    1998年4月 - 2000年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

  18. 日本学術振興会   特別研究員(PD)

    1998年4月 - 2000年1月

  19. 日本学術振興会   特別研究員(PD)

    1998年4月 - 2000年1月

  20. 名古屋大学年代測定資料研究センター   研究機関研究員

    1996年10月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  21. 名古屋大学年代測定資料研究センター   研究機関研究員

    1996年10月 - 1998年3月

  22. 名古屋大学   研究機関研究員

    1996年10月 - 1998年3月

▼全件表示

学歴 5

  1. 電気通信大学   電気通信学研究科   電子物性工学

    1991年4月 - 1995年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 電気通信大学   電気通信学研究科   電子物性工学

    1991年4月 - 1995年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 電気通信大学   電気通信学研究科   電子物性工学

    1991年4月 - 1995年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  4. 東京大学   理学系研究科   化学

    1988年4月 - 1990年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  5. 東京大学   理学部   化学科

    1984年4月 - 1988年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. 一般社団法人 日本地球化学会   代表理事(副会長)

    2019年9月 - 2021年9月

  2. 日本地球化学会   会計幹事

    2017年11月 - 2019年9月

  3. 日本AMS研究協会   運営委員

    2006年4月 - 現在

  4. 日本文化財科学会

  5. 日本質量分析学会   同位体比部会世話人

  6. 日本地球惑星科学連合   理事

  7. 日本地球惑星科学連合   顕彰委員会委員

▼全件表示

委員歴 10

  1. 一般社団法人 日本地球化学会   代表理事(副会長)  

    2019年9月 - 2021年8月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 2020年度日本地球科学会第67回年会   実行委員長  

    2020年5月 - 2021年1月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 公益社団法人 日本地球惑星科学連合   代議員  

    2020年4月 - 2022年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. 愛知県   愛知県環境審議会委員  

    2018年11月   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  5. 愛知県   愛知県環境審議会水質・地盤環境部会委員  

    2020年11月   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  6. 公益社団法人 日本地球惑星科学連合   顕彰委員会委員  

    2020年10月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  7. 情報・システム研究機構 国立極地研究所   二次イオン質量分析研究委員会委員  

    2018年4月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  8. 日本AMS研究協会   運営委員  

    2017年4月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  9. 愛知県   愛知県環境審議会温泉部会委員  

    2015年1月   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  10. 日本質量分析学会   同位体比部会世話人  

    2011年4月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

 

論文 263

  1. Early Miocene post-collision andesite in the Takab area, northwest Iran 査読有り 国際共著

    Hossein Azizi, Narges Daneshvar, Asrin Mohammadi, Yoshihiro Asahara, Scott A Whattam, Motohiro Tsuboi, Masayo Minami

    Journal of Petrology     2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1093/petrology/egab022

  2. Characteristics in Trace Elements Compositions of tephras (B-Tm and To-a) for Identification tools 査読有り

    Geochemical Journal   55 巻   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2343/geochemj.2.0619

  3. Syngenetic rapid growth of ellipsoidal silica concretions with bitumen cores 査読有り 国際共著

    Yoshida Hidekazu, Kuma Ryusei, Hasegawa Hitoshi, Katsuta Nagayoshi, Sirono Sin-iti, Minami Masayo, Nishimoto Shoji, Takagi Natsuko, Kadowaki Seiji, Metcalfe Richard

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 4230   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-021-83651-w

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. Sequential magma injection with a wide range of mixing and mingling in Late Jurassic plutons, southern Ghorveh, western Iran 査読有り 国際共著

    Azizi Hossein, Asahara Yoshihiro, Minami Masayo, Anma Ryo

    JOURNAL OF ASIAN EARTH SCIENCES   200 巻   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Journal of Asian Earth Sciences  

    DOI: 10.1016/j.jseaes.2020.104469

    Web of Science

    Scopus

  5. Investigation of rare earth elements (REEs) as exploration potential in Intrusive bodies in the northern Sanandaj-Sirjan zone (Kurdistan area), western Iran 査読有り 国際共著

    Azizi Hossein, Maghsoudloo Ali, Nouri Fatemeh, Asahara Yoshihiro, Yamamoto Koshi, Minami Masayo, Tsuboi Motohiro

    GEOCHEMICAL JOURNAL   54 巻 ( 4 ) 頁: 221 - 232   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    <p>Various granitoid bodies from the Neoproterozoic to Late Cenozoic intruded in the Sanandaj-Sirjan zone (SaSZ) in western Iran. In this research, we have compiled data for rare earth elements (REEs) concentration in the granitoid bodies which we have collected in the northern part of the SaSZ in this decade. The abundances of ∑REEs in a part of the granitoids are over 500 and even 2000 ppm. Although most of the granitoids such as Ebrahim Atar, Panjeh, Ghorveh, Kangareh, and Ghalaylan have low or normal values of ∑REEs and are not hopeful for future exploration, some hopeful bodies such as the Mobarak Abad granitoid in the east of Sanandaj and the Hassansalaran A-type granites in the east of Saqqez are recognized as REEs potential for future exploration. The chemical compositions of the REEs-enriched granites such as the Hassansalaran A-type and Mobarak Abad granites infer that the granites were generated in an extensional tectonic regime. Our finding shows that the granitic rocks which are related to the within plate tectonic setting in the SaSZ, NW Iran, can be considered as good potential for REEs exploration in the future.</p>

    DOI: 10.2343/geochemj.2.0584

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

  6. Rapid formation of gigantic spherical dolomite concretion in marine sediments 査読有り

    Muramiya Yusuke, Yoshida Hidekazu, Kubota Kaoru, Minami Masayo

    SEDIMENTARY GEOLOGY   404 巻   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Sedimentary Geology  

    DOI: 10.1016/j.sedgeo.2020.105664

    Web of Science

    Scopus

  7. Variability of protoliths and pressure-temperature conditions of amphibolites from the Ohmachi Seamount (Izu-Bonin-Mariana arc): Evidence of a fossil subduction channel in modern intra-oceanic arcs 査読有り

    Imayama, T., Ueda, H., Usuki, T., Minami, M., Asahara, Y., Nagahashi, T.

    Mineralogy and Petrology     2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s00710-020-00705-z

  8. A SUITABLE PROCEDURE FOR PREPARING OF WATER SAMPLES USED IN RADIOCARBON INTERCOMPARISON 査読有り

    Takahashi H. A., Minami M., Aramaki T., Handa H., Saito-Kokubu Y., Itoh S., Kumamoto Y.

    RADIOCARBON   61 巻 ( 6 ) 頁: 1879 - 1887   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Radiocarbon  

    DOI: 10.1017/RDC.2019.104

    Web of Science

    Scopus

  9. RADIOCARBON DATING OF TEXTILE COMPONENTS FROM HISTORICAL SILK COSTUMES AND OTHER CLOTH PRODUCTS IN THE RYUKYU ISLANDS, JAPAN

    Nakamura Toshio, Terada Takako, Ueki Chikako, Minami Masayo

    RADIOCARBON   61 巻 ( 6 ) 頁: 1663 - 1674   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Radiocarbon  

    DOI: 10.1017/RDC.2019.105

    Web of Science

    Scopus

  10. EFFECT OF CRYSTALLINITY OF APATITE IN CREMATED BONE ON CARBON EXCHANGES DURING BURIAL AND RELIABILITY OF RADIOCARBON DATING

    Minami M., Mukumoto H., Wakaki S., Nakamura T.

    RADIOCARBON   61 巻 ( 6 ) 頁: 1823 - 1834   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Radiocarbon  

    DOI: 10.1017/RDC.2019.97

    Web of Science

    Scopus

  11. Radiocarbon changes of unpoisoned water samples during long-term storage 査読有り

    Takahashi Hiroshi A., Minami Masayo, Aramaki Takafumi, Handa Hiroko, Matsushita Makoto

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS   455 巻   頁: 195 - 200   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms  

    DOI: 10.1016/j.nimb.2018.11.029

    Web of Science

    Scopus

  12. Sr-87/Sr-86 age determination by rapidly formed spherical carbonate concretions (9, 1003, 2019) 査読有り

    Yoshida Hidekazu, Asahara Yoshihiro, Yamamoto Koshi, Katsuta Nagayoshi, Minami Masayo, Metcalfe Richard

    SCIENTIFIC REPORTS   9 巻 ( 1 ) 頁: 7184   2019年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-019-40680-w

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  13. Sr-87/Sr-86 age determination by rapidly formed spherical carbonate concretions 査読有り

    Yoshida Hidekazu, Asahara Yoshihiro, Yamamoto Koshi, Katsuta Nagayoshi, Minami Masayo, Metcalfe Richard

    SCIENTIFIC REPORTS   9 巻 ( 1 ) 頁: 1003   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-019-38593-9

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  14. Landscape and early farming at Neolithic sites in Slemani, Iraqi Kurdistan: A case study of Jarmo and Qalat Said Ahmadan. 査読有り

    Tsuneki, A., Rasheed, K., Watanabe, N., Anma, R., Tatsumi, Y., Minami, M.

    Pasleorient   45 巻 ( 2 ) 頁: 33-52   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. 多段階の堆積サイクルを経た堆積物・堆積岩における源岩の初期Sr同位体比の保持―淡路島の細粒河川堆積物を例に― 査読有り

    太田 充恒, 南 雅代

    地球化学   53 巻 ( 2 ) 頁: 59 - 70   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    <p>We have elucidated retention of primary Sr isotopic ratios in source rocks to sediments and sedimentary rocks during repeated sedimentation recycling. Twenty-three fine stream sediments (<180 μm) in Awajishima Island were used for the study. The <sup>87</sup>Rb/<sup>86</sup>Sr and <sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr of stream sediments originated from Cretaceous Ryoke granitic rocks and Cretaceous sedimentary rocks (Izumi Group) were similar to those of the respective source rocks. Incidentally, the <sup>87</sup>Rb/<sup>86</sup>Sr-<sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr of stream sediments in Awajishima Island suggests that Cretaceous felsic igneous rocks are the dominant source of clastics in Izumi Group. Stream sediments derived from Neogene and Quaternary sediments, which are originated from granitic rocks and Izumi Group, had comparable isotopic ratios to those of the respective primitive source rocks. Accordingly, <sup>87</sup>Rb/<sup>86</sup>Sr and <sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr can be retained during the repeated recycling process of sediments and sedimentary rocks. Stream sediment is presumed to consist of clastics supplied from respective lithologies according to their exposed areas. However, <sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr of stream sediment is not comparable to the values calculated from exposed areas of lithologies and isotopic data of parent rocks. The result suggests that amount of sedimentation denudation and production differs among different lithologies and is not simply proportional to their exposed areas.</p>

    DOI: 10.14934/chikyukagaku.53.59

    CiNii Article

  16. Fe-oxide concretions formed by interacting carbonate and acidic waters on Earth and Mars

    Yoshida H., Hasegawa H., Katsuta N., Maruyama I., Sirono S., Minami M., Asahara Y., Nishimoto S., Yamaguchi Y., Ichinnorov N., Metcalfe R.

    SCIENCE ADVANCES   4 巻 ( 12 )   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Science Advances  

    DOI: 10.1126/sciadv.aau0872

    Web of Science

    Scopus

  17. Sr-87/Sr-86 compositional linkage between geological and biological materials: A case study from the Toyota granite region of Japan

    Minami M., Suzuki K.

    CHEMICAL GEOLOGY   484 巻   頁: 224 - 232   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemical Geology  

    DOI: 10.1016/j.chemgeo.2018.03.013

    Web of Science

    Scopus

  18. Pseudo-fixed dead time circuit for designing and implementation of JEOL-type X-ray counting systems

    Kato Takenori, Suzuki Kazuhiro, Jeen Mi-Jung, Minami Masayo

    CHEMICAL GEOLOGY   484 巻   頁: 16 - 21   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemical Geology  

    DOI: 10.1016/j.chemgeo.2017.12.030

    Web of Science

    Scopus

  19. Generalized conditions of spherical carbonate concretion formation around decaying organic matter in early diagenesis

    Yoshida Hidekazu, Yamamoto Koshi, Minami Masayo, Katsuta Nagayoshi, Sin-ichi Sirono, Metcalfe Richard

    SCIENTIFIC REPORTS   8 巻 ( 1 ) 頁: 6308   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-018-24205-5

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  20. Bomb-C-14 Peak in the North Pacific Recorded in Long-Lived Bivalve Shells (Mercenaria stimpsoni)

    Kubota Kaoru, Shirai Kotaro, Murakami-Sugihara Naoko, Seike Koji, Minami Masayo, Nakamura Toshio, Tanabe Kazushige

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-OCEANS   123 巻 ( 4 ) 頁: 2867 - 2881   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Geophysical Research: Oceans  

    DOI: 10.1002/2017JC013678

    Web of Science

    Scopus

  21. Comparing the Sr-87/Sr-86 of the bulk and exchangeable fractions in stream sediments: Implications for Sr-87/Sr-86 mapping in provenance studies 査読有り

    Jomori Yuka, Minami Masayo, Sakurai-Goto Akiko, Ohta Atsuyuki

    APPLIED GEOCHEMISTRY   86 巻   頁: 70 - 83   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Applied Geochemistry  

    DOI: 10.1016/j.apgeochem.2017.09.004

    Web of Science

    Scopus

  22. 初期続成過程における巨大球状炭酸塩コンクリーション形成 査読有り

    村宮悠介・吉田英一・山本鋼志・南 雅代

    地質学雑誌   11 巻   頁: 939-952   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Grain-size variations in Sr-87/Sr-86 and elemental concentrations of stream sediments in a granitic area: Fundamental study on Sr-87/Sr-86 spatial distribution mapping

    Minami Masayo, Jomori Yuka, Suzuki Kazuhiro, Ohta Atsuyuki

    GEOCHEMICAL JOURNAL   51 巻 ( 6 ) 頁: 469 - 484   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    <p>The strontium isotope ratio (<sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr) is often used to identify the origin of agricultural products and the movement of ancient people, and a nationwide <sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr distribution map would greatly assist such studies. The Geological Survey of Japan (GSJ), AIST has already created nationwide element distribution maps using the <180 μm fraction of stream sediments, but this grain size fraction may not necessarily be suitable for mapping the <sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr isotopic ratio. Therefore, this study investigated the effect of grain size on elemental concentrations and <sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr ratios in stream sediments and compared their values with those of the source rocks. The stream sediments studied were collected from the granitic drainage basin of the Yahagi and Yada rivers in Aichi Prefecture, central Japan. The elemental concentrations and <sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr ratios of five fractions in the size range 1000–75 μm from the stream sediments of the Yahagi River tributaries varied with the grain size, and the variations corresponded to the heterogeneity of the mineral compositions in each fraction. The difference in the elemental concentrations and <sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr ratios among the sampling points was smallest in the 300–75 μm fractions, which showed <sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr and <sup>87</sup>Rb/<sup>86</sup>Sr values that were closest to those of the source rocks. The coarser (>300 μm) and the fine (<75 μm) fractions of the stream sediments showed systematically higher <sup>87</sup>Rb/<sup>86</sup>Sr and lower <sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr ratios than the Rb-Sr mineral isochron for the source rock, and the result suggests that 1) these fractions are enriched in K- and Rb-rich minerals such as K-feldspar, biotite, and hornblende; and 2) Sr is lost relative to Rb because of weathering processes. Furthermore, temporal variations in <sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr of the <180 μm stream sediments collected at a fixed sampling site in the Yada River were 0.001, which is smaller than the variations associated with grain size seen in the <sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr values in the granitic study area. Consequently, we concluded that, in granite areas, the <180 μm fraction of the stream sediments can be used for <sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr mapping, implying that a nationwide <sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr map can be made using sediment samples with a grain size of less than 180 μm.</p>

    DOI: 10.2343/geochemj.2.0478

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

  24. A distinctive chemical composition of the tektites from Thailand and Vietnam, and its geochemical significance 査読有り

    Lee, S-G., Tanaka, T., Asahara, Y., Minami, M.

    Jour. Petrol. Soc. Korea   26 巻   頁: 281-295   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. 初期続成過程における巨大球状炭酸塩コンクリーション形成

    村宮 悠介, 吉田 英一, 山本 鋼志, 南 雅代

    地質学雑誌   123 巻 ( 11 ) 頁: 939 - 952   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    <p>球状炭酸塩コンクリーションは,世界各地の様々な地質時代の海成層から普遍的に産するが,その形成過程はいまだ完全には理解されていない.本研究では,愛知県知多半島の先端部に分布する中新統師崎層群下部豊浜累層中にみられる長径約1.5mの巨大ドロマイト質コンクリーションについて,その形成過程を明らかにすることを目的に,堆積学的および地球化学的な種々の観察・分析を行った.その結果,埋没深度数百mに達するまでのごく初期続成過程においてメートルサイズの巨大なコンクリーションが形成することが示された.その形成時間は数十年と見積もられ,これまで考えられていた巨大炭酸塩コンクリーションの形成速度よりもはるかに速いものである.</p>

    DOI: 10.5575/geosoc.2017.0039

    CiNii Article

  26. 宮古島南東海岸のマイバーバマ東部に打ち上げられたハマサンゴ岩塊の<sup>14</sup>C年代とその意義

    小元 久仁夫, 南 雅代

    季刊地理学   69 巻 ( 3 ) 頁: 119 - 127   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:東北地理学会  

    <p>Maibah beach is located between Higashihenna promontory and Miyato-zaki (promontory), southeast of Miyako Island. Along the sandy beach, beachrock develops intertidal zone. A large boulder lying on the eastern part of the beach has been recognized as a fossil <i>Tridacna gigas</i>. We collected two samples from the boulder in order to determine the age of its outer layer, and noticed that the cross section was different from <i>Tridacna gigas</i>. The samples indicated obviously a characteristic of coralline structure. Then identification and radiocarbon dating of the samples were performed.</p><p>The results show that coral is <i>Porites</i> sp. and probably <i>in situ</i>, and that it was transported from lagoon and beached on the shore, judged from the field observation. The calibrated ages were 1626 cal AD and 1679 cal AD, respectively. It is considered that <i>Porites</i> had transported and beached on the shore by huge tsunamis or high waves of typhoon. Unfortunately there was no huge typhoon record, and then we tried to correlate calibrated age of <i>Porites</i> with historical tsunami and earthquake records. According to historical record, Miyako Islands were attacked by strong earthquake of AD 1667 which probably caused tsunami. An average calibrated age of <i>Porites</i> (1653±23 cal AD) coincides with AD 1667 earthquake tsunami with a margin of statistical error. However, age of removed soft outer layers of <i>Porites</i> strongly suggests that it was transported from its original habitat to the present location not only by AD 1667 earthquake tsunami but also by AD 1771 Meiwa Tsunami.</p>

    DOI: 10.5190/tga.69.3_119

    CiNii Article

  27. CHANGES OF CHEMICAL STRUCTURE AND COMPOSITION OF CHARCOAL BY RADIOCARBON PRETREATMENTS: DECONTAMINATION BY ABA AND ABOx TREATMENTS 査読有り

    Tomiyama Shinji, Minami Masayo, Nakamura Toshio, Mimura Koichi, Kagi Hiroyuki

    RADIOCARBON   58 巻 ( 3 ) 頁: 565 - 581   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Radiocarbon  

    DOI: 10.1017/RDC.2016.29

    Web of Science

    Scopus

  28. 炭化物の14C-前処理過程の化学的解明−和歌山県根来寺坊院跡から出土した炭化米の分析− 査読有り

    冨山慎二・南 雅代・中村俊夫・金原正明

    考古学と自然科学   72 巻   頁: 45 - 61   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. 秋吉石灰岩岩体が河川堆積物の元素濃度およびSr同位体比に与える影響 査読有り

    城森 由佳, 太田 充恒, 南 雅代

    地球化学   50 巻 ( 1 ) 頁: 11 - 27   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    Chemical compositions and Sr isotopic ratio (<sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr) of stream sediments collected from Akiyoshi-dai, where is underlain by a large-scale limestone bedrock, were measured to investigate the influence of limestone bedrocks on geochemical maps. The sediments were sieved with eight screen sizes, and their bulk and acetic acid soluble fractions were both analyzed. 50–100% of the total Ca was extracted by acid leaching from stream sediments in the catchment of Akiyoshi limestone, indicating that Ca exists mainly in carbonate materials. In contrast, only 5–10% and 15–45% of the total Sr were extracted from their coarse (>125 μm) and fine particles (<125 μm),respectively. Therefore, Sr exists dominantly in aluminosilicate minerals even in stream sediments originated from limestone bedrock. Because the acid extraction percentages of Ca and Sr increase exponentially below 125 μm of grain size, carbonate materials would be supplied by fine-grained particles from limestone bedrock. <sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr ratios in the acid soluble fractions were systematically lower than those of the bulk fractions and comparable to <sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr of Akiyoshi limestone. Although limestone bedrock apparently scarcely influence on Sr concentration and <sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr of stream sediments, <sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr of carbonate materials is successfully extracted from the bulk sediments using acetic acid-based extraction method.

    DOI: 10.14934/chikyukagaku.50.11

    CiNii Article

  30. Seasonal variations of C-14 and δ C-13 for cave drip waters in Ryugashi Cave, Shizuoka Prefecture, central Japan 査読有り

    Minami Masayo, Kato Tomomi, Horikawa Keiji, Nakamura Toshio

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS   362 巻   頁: 202 - 209   2015年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms  

    DOI: 10.1016/j.nimb.2015.05.020

    Web of Science

    Scopus

  31. Early post-mortem formation of carbonate concretions around tusk-shells over week-month timescales 査読有り 国際共著

    Yoshida Hidekazu, Ujihara Atsushi, Minami Masayo, Asahara Yoshihiro, Katsuta Nagayoshi, Yamamoto Koshi, Sirono Sin-iti, Maruyama Ippei, Nishimoto Shoji, Metcalfe Richard

    SCIENTIFIC REPORTS   5 巻   頁: 14123   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/srep14123

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  32. Radiocarbon Dating of Charcoal Remains Excavated from Qalat Said Ahmadan.

    Minami, M. and Tomiyama, S.

      XXXVI 巻   頁: 53-57   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. メソアメリカ南東部太平洋沿岸における先スペイン期製塩活動−エルサルバドル共和国ヌエバ・エスペランサ遺跡を中心に−. 査読有り

    市川 彰・南 雅代・八木宏明

    日本考古学論文   40 巻   頁: 1-18   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Ultrafiltration pretreatment for <sup>14</sup>C dating of fossil bones from archaeological sites in Japan

    Minami M.

    Radiocarbon   55 巻 ( 2-3 ) 頁: 481 - 490   2013年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Radiocarbon  

    DOI: 10.2458/azu_js_rc.55.16334

    Scopus

  35. Spatial distribution of ^<87>Sr/^<86>Sr ratios of stream sediments in Shikoku Islandand the Kii Peninsula, Southwest Japan 査読有り

    JOMORI YUKA, MINAMI MASAYO, OHTA ATSUYUKI, TAKEUCHI Makoto, IMAI Noboru

    Geochemical Journal   47 巻 ( 3 ) 頁: 321 - 335   2013年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    Geochemical mapping of <sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr ratios in Shikoku Island and the Kii Peninsula of Southwest Japan was performed using 233 samples of stream sediments (<180 &mu;m). The spatial distribution of <sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr ratios successively increases from northern to southern geological units, with a gap at the Median Tectonic Line (MTL). In the Inner Zone divided by the MTL, a zone with Cretaceous granitoid rocks of the Ryoke Belt and sedimentary rocks of the Izumi Group, the <sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr ratios are measured at ~0.710. In the Outer Zone, a zone with Cretaceous metamorphic rocks of the Sanbagawa Belt and Jurassic to Miocene accretionary complexes of the Chichibu Belt and Shimanto Belts, the <sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr ratios tend to fall in the range from 0.706 to 0.715, tend to increase from north to south, and are highest in the youngest accretionary complex of the Southern Shimanto Belt. The <sup>87</sup>Rb/<sup>86</sup>Sr-<sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr plots for stream sediments more clearly reveal the differences and similarities of their bedrocks, such as the different trends among the stream sediments of the Inner and Outer Zones. Samples collected from the Inner Zone show almost the same <sup>87</sup>Rb/<sup>86</sup>Sr-<sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr field as their source rocks, while most of the samples derived from accretionary complexes in the Outer Zone are plotted around a mixing line of older continental detritus and igneous-rock-derived materials. In light of the other geochemical characteristics observed, particularly the REE chemical features of the stream sediments and zircon ages in the basemental sedimentary rocks, the accretionary complexes in the Outer Zone may be mainly formed from the same source rocks, namely, igneous-rock-derived materials and continental detrital materials with different mixing ratios and a larger ratio of continental materials in the Southern Shimanto Belt. This study indicates that <sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr ratios of stream sediments strongly reflect the isotopic composition of the source rocks and are very useful for distinguishing the various geological and geochemical settings of the source rocks.

    DOI: 10.2343/geochemj.2.0248

    Scopus

    CiNii Article

  36. Long-term stability of fracture systems and their behaviour as flow paths in uplifting granitic rocks from the Japanese orogenic field

    Yoshida H., Metcalfe R., Ishibashi M., Minami M.

    GEOFLUIDS   13 巻 ( 1 ) 頁: 45 - 55   2013年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Geofluids  

    DOI: 10.1111/gfl.12008

    Web of Science

    Scopus

  37. Constraint on radiocarbon age correction in Lake Biwa environment from the middle to late Holocene 査読有り

    Miyata Y., Minami M., Onbe S., Sakamoto M., Nakamura T., Imarnura M.

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS   294 巻   頁: 452 - 458   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms  

    DOI: 10.1016/j.nimb.2012.09.027

    Web of Science

    Scopus

  38. Radiocarbon dating of VIRI bone samples using ultrafiltration

    Minami Masayo, Yamazaki Kana, Omori Takayuki, Nakamura Toshio

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS   294 巻   頁: 240 - 245   2013年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms  

    DOI: 10.1016/j.nimb.2012.06.016

    Web of Science

    Scopus

  39. エル・サルバドル共和国から出土した先スペイン期埋葬人骨の同位体分析 査読有り

    南 雅代・市川 彰・坂田 健・森田 航・伊藤伸幸

    考古学と自然科学   64 巻   頁: 1-25   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Small-mass AMS radiocarbon analysis at Nagoya University. 査読有り

    Minami, M., Kato, T., Miyata, Y., Nakamura, T. and Hua, Q.

    Nucl. Instr. and Meth. in Phys. Res.   B294 巻   頁: 91-96   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nimb.2012.02.036

  41. Ultrafiltration pretreatment for 14C dating of fossil bones from archaeological sites in Japan 査読有り

    Minami, M., Sakata, K., Takigami, M. and Nakamura, T.

    Radiocarbon   55 巻   頁: 481-490   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Less impact of limestone bedrock on elemental concentrations in stream sediments -Case study of Akiyoshi area- 査読有り

    Ohta, A. and Minami, M.

    Bulletin of the Geological Survey of Japan   64 巻 ( 5/6 ) 頁: 121-138   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. アミノ酸ラセミ化法を用いた骨遺物の年代決定 招待有り

    南 雅代

    新学術領域研究ニュースレター   2 巻   頁: 3-4   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  44. 骨試料の年代測定

    南 雅代

    フィッション・トラックニュースレター   26 巻   頁: 76-79   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  45. 水試料の放射性炭素分析のための前処理法の比較検討

    南 雅代, 荒巻 能史, 高橋 浩, 中村 俊夫

    日本地球化学会年会要旨集   60 巻 ( 0 )   2013年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    水試料の14C分析のための前処理法としては、水試料にSrCl2等を添加して炭酸塩を生成させた後、リン酸を添加してCO2を発生させる方法が古くから用いられてきた。近年は、バブリングによって水試料中のCO2を分離抽出する前処理法が一般的であり、また、水試料を導入する容器のヘッドスペースを利用してCO2を抽出させる方法も導入されつつある。このように、水試料の前処理法に関して統一基準がないにもかかわらず、14C相互比較はこれまで行われていない。そこで我々は、炭素濃度・塩濃度の異なる共通の水試料(海水、温泉水、地下水など)を各機関に配布し、水試料の前処理法の違いによる14C比較を行うプロジェクト(RICE-W: Radiocarbon Intercomparison on Chemical Experiments, Water series)を立ち上げた。このプロジェクトについて紹介する。

    DOI: 10.14862/geochemproc.60.0.101.0

    CiNii Article

  46. 琵琶湖の淡水リザーバー効果と炭素年代測定への影響

    宮田 佳樹, 荒巻 能史, 南 雅代, 太田 友子, 遠部 慎, 坂本 稔, 今村 峯雄, 中村 俊夫

    日本地球化学会年会要旨集   60 巻 ( 0 )   2013年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    本研究では,琵琶湖水が淡水リザーバー年代を示す原因を説明するために,湖水に対する古い炭素源の寄与を琵琶湖のシンプルな水理構造を利用してモデル計算を試みた。さらに,伊吹山系の湧水や姉川など河川水のDIC,DI14C濃度を測定し, Dead carbon sourceである伊吹山,霊仙山などの石灰岩地帯を起源とする河川水,地下水などから供給される古い炭素の影響を評価した。 豊富な魚介類や淡水を利用できるため,琵琶湖周辺では,先史時代から人々の生活が営まれていたことが知られている(水中遺跡は100ヶ所以上)。琵琶湖の水産資源を利用していた当時の(人間を含む)動物が,淡水リザーバー効果の影響を強く受けていたことが示唆される。発表では,現生生態試料を用いて,貝殻と(可食部である)身の炭素年代差,代表的な湖のリザーバー年代も含めて,考古学試料の炭素年代測定に関する淡水リザーバー効果の影響に関しても議論する。

    DOI: 10.14862/geochemproc.60.0.226.0

    CiNii Article

  47. 秋吉石灰岩地域の河川堆積物の粒径別<sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr比

    城森 由佳, 南 雅代, 太田 充恒

    日本地球化学会年会要旨集   60 巻 ( 0 )   2013年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    秋吉石灰岩地域の河川堆積物(<180μm)に石灰岩の元素濃度が反映されない要因について、粒径分画別<SUP>87</SUP>Sr/<SUP>86</SUP>Sr同位体比から考察した。その結果、1000-125μmの粗粒分画は石灰岩の既報値とほぼ同一のSr同位体比(0.7076-0.7088)を示したが、<125μmの細粒分画では方解石が多く存在するものの異なる値を示すことが明らかになった。これは、粗粒分画では石灰岩が物理的風化した粒子の割合が高いが、細粒分画で見られる方解石は、一度化学的風化で溶けた方解石が二次的に生成されたものであり、細粒分画の同位体比は石灰岩中に不純物として含まれる鉱物起源に強く影響されている可能性を示す。よって、石灰岩由来の河川堆積物は、細粒分画において化学的風化に強い鉱物や二次生成された鉱物の化学組成を強く反映する場合もあるため、注意が必要である。

    DOI: 10.14862/geochemproc.60.0.61.0

    CiNii Article

  48. 福岡のPM<SUB>2.5</SUB>中全炭素の<SUP>14</SUP>C濃度・δ<SUP>13</SUP>C季節変動

    早田 葵, 池盛 文数, 肥後 隼人, 中島 大介, 南 雅代, 中村 俊夫

    日本地球化学会年会要旨集   60 巻 ( 0 )   2013年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    近年、大気粉塵中の炭素粒子の発生源を推定する方法の一つとして、<SUP>14</SUP>C濃度測定が注目されている。<SUP>14</SUP>C濃度により、炭素成分の起源は化石燃料起源とバイオマス起源に分けられ、実際の粉塵試料に対し<SUP>14</SUP>C濃度測定を行うことで、この2つの起源の寄与率が推定できる。また、δ<SUP>13</SUP>Cも発生源特定の手がかりとして有効と考えられる。偏西風の風下に位置する福岡は、アジア大陸からの輸送による影響を受けやすい地点であるため、福岡の大気中微小粒子状物質に対し<SUP>14</SUP>C濃度測定およびδ<SUP>13</SUP>C測定を行うことは、近隣での発生および長距離輸送の実態解明につながると考えられる。本発表では、2012年度に福岡市で観測されたPM<SUB>2.5</SUB>中全炭素(TC)における<SUP>14</SUP>C濃度およびδ<SUP>13</SUP>Cの通年の挙動について報告する。

    DOI: 10.14862/geochemproc.60.0.112.0

    CiNii Article

  49. ストロンチウム同位体比を用いた過去の人類の移動の解明 招待有り 査読有り

    南 雅代

    化学と教育   60 巻   頁: 472-473   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  50. 14C年代測定のための骨試料調製法

    南 雅代・坂田 健・市川 彰・伊藤伸幸

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書,   XXIII 巻   頁: 185-189   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  51. 微少量グラファイト化ラインの検討.

    加藤ともみ・南 雅代・中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XXIII 巻   頁: 76-85   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  52. 北海道利尻島の泥炭湿地に飛来する鉛の供給源の変遷.

    河野麻希子・谷水雅治・浅原良浩・南 雅代・細野高啓・中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XXIII 巻   頁: 138-148   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  53. アミノ酸組成ならびに14C年代に関する同一古人骨の部位による比較.

    坂田 健・瀧上 舞・南 雅代・中村俊夫・長岡朋人・平田和明

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XXIII 巻   頁: 86-96   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  54. 深部花崗岩中の透水性亀裂と充填鉱物-産状と形成プロセス-.

    吉田英一・石橋正祐紀・南 雅代

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XXIII 巻   頁: 54-56   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  55. Radiocarbon dating of human skeletons of medieval archaelogical sites in Kamakura, Japan: were they killed by Nitta Yoshisada's attack on Kamakura in AD 1333? 査読有り

    Minami, M., Nakamura, T., Nagaoka, T. and Hirata, K.

    Radiocarbon   54 巻   頁: 599-613   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. <sup>14</sup>C dating human skeletons from medieval archaelogical sites in Kamakura, Japan: Were they victims of Nitta Yoshisada's attack?

    Minami M.

    Radiocarbon   54 巻 ( 3-4 ) 頁: 599 - 613   2012年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Radiocarbon  

    DOI: 10.1017/s0033822200047287

    Scopus

  57. C-14 DATING HUMAN SKELETONS FROM MEDIEVAL ARCHAELOGICAL SITES IN KAMAKURA, JAPAN: WERE THEY VICTIMS OF NITTA YOSHISADA'S ATTACK?

    Minami M., Nakamura T., Nagaoka T., Hirata K.

    RADIOCARBON   54 巻 ( 3-4 ) 頁: 599 - 613   2012年

     詳細を見る

  58. イネのSr同位体比と生育地の地質との関係

    長谷 和磨, 南 雅代

    日本地球化学会年会要旨集   59 巻 ( 0 )   2012年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    本研究においては、植物の部位によって同位体比が一致しているかどうかや、生育地周辺の地質の同位体比とどの程度一致するかを明らかにするために、愛知県北東部のイネを対象例とし、根・茎・葉・籾(玄米・糠・白米)の各部位のSr同位体比を調べた。また、イネのSr同位体比が水田の土、水、および周辺の河川堆積物のSr同位体比とどのような関係にあるか調べた。Sr同位体比の測定は名古屋大学の表面電離型質量分析計(Sector 54-30)により行なった。イネの試料について、個体差や試料の不均一性はほとんどなく、部位毎のSr同位体比は、白米を除いてその差は0.0002程度であった。また、水田の水、土の交換性SrのSr同位体比はイネの値とほぼ一致したが、土のバルクSrはイネよりも高い値を示した。近くの河川堆積物、イノシシの骨も同じSr同位体比の幅の範囲内となった。以上のことから、河川堆積物の交換性Srの同位体比は産地判別のための地域の代表値として有効である可能性が示唆された。

    DOI: 10.14862/geochemproc.59.0.234.0

    CiNii Article

  59. 河川堆積物を用いた全国地質Sr同位体比マップ -産地推定のための基礎データ-

    南 雅代, 城森 由佳, 長谷 和麿, 太田 充恒, 今井 登

    日本地球化学会年会要旨集   59 巻 ( 0 )   2012年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    Sr同位体比(87Sr/86Sr)を指標として、農作物の産地推定や、遺跡から出土された人の骨・歯から生育地を推定する研究が近年広く行われている。この研究の基盤として、地質表層のSr同位体比が既知であることが必要不可欠である。地質のSr同位体比分布を求めるため、我々は河川堆積物に着目した。流域に分布する多様な岩石の集合体である河川堆積物は、その地点を含めた上流域の様々な情報を平均化しており、表層のSr同位体比分布を明らかにするのに有用と考えられる。試料としては、産総研が元素濃度の地球化学図作成に用いた全国の河川堆積物を用いた。本講演においては、河川堆積物を用いた全国地質表層Sr同位体比マップが、農作物の産地推定、過去の人類の移動解明のための基礎データとして有用かどうかを論ずる。

    DOI: 10.14862/geochemproc.59.0.331.0

    CiNii Article

  60. 微少量炭素試料の<SUP>14</SUP>C測定法の検討

    加藤 ともみ, 南 雅代, 中村 俊夫

    日本地球化学会年会要旨集   59 巻 ( 0 )   2012年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    AMS-<SUP>14</SUP>C測定では通常1.0-1.5 mgの炭素量(mgC)で測定が行なわれている。しかし近年、?Cレベルでの<SUP>14</SUP>C測定の需要が高まっている。本研究では微少量炭素試料のための新たなグラファイト化システムを構築し、まず~0.2mgCでの信頼性のある<SUP>14</SUP>C測定の実現を目指した。新しいシステムではグラファイト化の反応を高めるため、1) 反応器の容積の小型化、2) 還元剤H<SUB>2</SUB>量の増大、3) 副生成物H<SUB>2</SUB>Oの除去を常温冷却からエタノール/LN<SUB>2</SUB>トラップ(-90℃)による急冷に変更、の3点の改良を行った。その結果、0.2 mgC以上での信頼性のある<SUP>14</SUP>C測定を実現できることが明らかになった。

    DOI: 10.14862/geochemproc.59.0.132.0

    CiNii Article

  61. 北海道利尻島泥炭コアの14C年代と210Pb年代の差

    河野 麻希子, 南 雅代, 谷水 雅治, 浅原 良浩, 細野 高啓, 中村 俊夫

    日本地球化学会年会要旨集   59 巻 ( 0 )   2012年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    泥炭堆積物は過去数百年から数千年の大気由来の重金属元素の降下の歴史を探る上で有用な試料である.その理由は,泥炭は自然由来の重金属元素の含有量が低いこと,重金属元素の保持力が高いことにある.泥炭の有機物含有量は高いことから,この堆積年代決定には<SUP>14</SUP>C法が利用されることが多い.本研究では,過去数百年から数千年のユーラシア大陸から日本列島,北太平洋への越境鉛の歴史的変遷を解明することを目的とし,2009年に北海道利尻島沼浦湿地オタドマリ沼から40 cm長の泥炭コアを採取した.このコアの堆積年代決定のために,本研究においても<SUP>14</SUP>C法を適用した.具体的には,泥炭コア試料中の有機物,植物片試料に対しAAA処理を施し,<SUP>14</SUP>C年代測定を行った.さらに,<SUP>14</SUP>C年代値の信頼性を確認するために,コア表層部の<SUP>210</SUP>Pbおよび<SUP>137</SUP>Csの測定も行った.

    DOI: 10.14862/geochemproc.59.0.218.0

    CiNii Article

  62. 北海道の河川堆積物を用いた87Sr/86Sr同位体比分布

    城森 由佳, 南 雅代, 太田 充恒, 今井 登

    日本地球化学会年会要旨集   59 巻 ( 0 )   2012年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    地表面の情報を集約する、粒径が180?m以下の河川堆積物を用い、北海道の<SUP>87</SUP>Sr/<SUP>86</SUP>Sr同位体比分布を明らかにした。まず、試料の不均質性を評価するため、量り取りからの測定までを独立した作業として5回行い、測定値の標準偏差を求めた。その結果、比較的粗粒であっても、不均質性は測定値にほとんど影響を与えない程度であることが明らかになった。北海道の試料からは、0.703から0.711までのSr同位体比を得た。特徴的であったのは、隣り合う空知-エゾ帯と日高帯において採取された試料が異なる値の範囲を示したことである。これは、両帯が以前は離れて位置しており、古東北日本弧と古千島弧からの砕屑物の供給率が異なるという既存の研究結果と整合するものであり、以上のことは、河川堆積物のSr同位体比が母岩の組成とよく一致することを示している。

    DOI: 10.14862/geochemproc.59.0.60.0

    CiNii Article

  63. ストロンチウム同位体比を用いた過去の人類の移動の解明(レーダー)

    南 雅代, 福田 恵一

    化学と教育   60 巻 ( 11 ) 頁: 472 - 473   2012年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本化学会  

    DOI: 10.20665/kakyoshi.60.11_472

    CiNii Article

  64. 海岸部遺跡出土土器試料による縄文時代後半期の海産物利用の復元

    宮田 佳樹, 堀内 晶子, 中村 賢太郎, 黒沼 保子, 増山 禎之, 南 雅代, 中村 俊夫, Richard Evershed

    日本地球化学会年会要旨集   59 巻 ( 0 )   2012年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    本研究では,縄文時代後半期,海産物に依存していた海岸近くに暮らしていた人々の生活を,遺跡出土土器に残存する有機物組成を用いて復元することを目的とする。愛知県渥美半島にある保美貝塚から出土した土器残存有機物の脂質組成から,土器で海産物を含む食材を煮炊きしていた可能性を強く支持する結果が得られた。この結果は,土器付着炭化物の年代測定結果から海洋リザーバー効果が検出され,付着炭化物の安定同位体組成から,海獣や海産魚類を調理した可能性が示唆されたことも調和的である。

    DOI: 10.14862/geochemproc.59.0.333.0

    CiNii Article

  65. Difference in radiocarbon ages of carbonized material from the inner and outer surfaces of pottery from a wetland archaeological site

    Miyata Yoshiki, Minami Masayo, Onbe Shin, Sakamoto Minoru, Matsuzaki Hiroyuki, Nakamura Toshio, Imamura Mineo

    PROCEEDINGS OF THE JAPAN ACADEMY SERIES B-PHYSICAL AND BIOLOGICAL SCIENCES   87 巻 ( 8 ) 頁: 518 - 528   2011年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本学士院  

    AMS (Accelerator Mass Spectrometry) radiocarbon dates for eight potsherds from a single piece of pottery from a wetland archaeological site indicated that charred material from the inner pottery surfaces (5052 &plusmn; 12 BP; <i>N</i> = 5) is about 90 <sup>14</sup>C years older than that from the outer surfaces (4961 &plusmn; 22 BP; <i>N</i> = 7). We considered three possible causes of this difference: the old wood effect, reservoir effects, and diagenesis. We concluded that differences in the radiocarbon ages between materials from the inner and outer surfaces of the same pot were caused either by the freshwater reservoir effect or by diagenesis. Moreover, we found that the radiocarbon ages of carbonized material on outer surfaces (soot) of pottery from other wetland archaeological sites were the same as the ages of material on inner surfaces (charred food) of the same pot within error, suggesting absence of freshwater reservoir effect or diagenesis.<BR><BR>(Communicated by Ikuo KUSHIRO, M.J.A.)

    DOI: 10.2183/pjab.87.518

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  66. Radiocarbon dating of carbonized material adhering to pottery -The difference of Carbon-14 age between inner and outer surface of the pottery in wetland archaeological site. 査読有り

    Miyata, Y., Minami, M., Onbe, S., Sakamoto, M., Nakamura, T. and Imamura, M.

    Proc. Japan Acad.   87B 巻   頁: 518-528   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. エル・サルバドル共和国出土人骨の14C年代とストロンチウム同位体比.

    南 雅代・坂田 健・市川 彰・伊藤伸幸

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XXII 巻   頁: 106-115   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  68. 段階的加熱を用いた14C試料調製.

    南 雅代・中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XXII 巻   頁: 225-228   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  69. 炭素・酸素同位体分析による実構造物中のコンクリートの中性化進行評価.

    浅原良浩・南 雅代・丸山一平・吉田英一・田中 剛名古屋大学加速器質量分析計業績報告書

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XXII 巻   頁: 140-151   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  70. 里山からキツネが消えた日 −一匹のキツネのC・N・Sr同位体比測定−.

    鈴木和博・中村俊夫・南 雅代・池田晃子

    海洋化学研究   24 巻   頁: 64-72   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  71. 里山からキツネが消えた日−豊田市小手沢町の地蔵堂から見つかったキツネの遺骸−.

    鈴木和博・中村俊夫・南 雅代・池田晃子

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XXII 巻   頁: 121-134   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  72. 14C測定による粗大枯死材の枯死年および分解速度の推定

    菱沼卓也・南 雅代・伊藤公一・大園享司

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XXII 巻   頁: 72-81   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  73. 見かけ上の炭素年代差を用いた環境解析 −淡水湖産貝,骨試料を例として−.

    宮田佳樹・南 雅代・中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XXII 巻   頁: 49-54   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  74. <sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr, &delta;<sup>18</sup>O および&delta;<sup>13</sup>C が示す石灰質砂岩炭酸塩の生成過程

    南 雅代, 田中 剛, 竹内 誠, 三戸 彩絵子

    日本地球化学会年会要旨集   58 巻 ( 0 ) 頁: 185 - 185   2011年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    自然界における元素の地球化学サイクルを利用して人為起源の二酸化炭素や大気中の二酸化炭素を吸収・固定する様々な試みがなされている。そこでの問題のひとつは、HCO<sub>3</sub><sup>-</sup>を無機化学的にCa2<sup>+</sup>と結びつけ、CaCO3として沈殿させると、反応式からは当量のCO<sub>2</sub>が解離する事である。更には,解離したCO<sub>2</sub>がHCO<sub>3</sub><sup>-</sup>として再度水に溶解するならH+が生じ、溶液が酸性化し、その後にCO<sub>2</sub>が溶け込みにくくなるであろう事も問題とされている。これを補うのは,ケイ酸塩鉱物の分解(風化)反応と考えられるが、風化反応が起こる場所と反応時間の長さが工学的観点からの二酸化炭素固定における問題点とされる。演者らは、石灰質砂岩の中に海水からのCaCO3無機固定とケイ酸塩の分解が同一場所でほぼ同時におこったと考えられる地質場を見いだした。

    DOI: 10.14862/geochemproc.58.0.185.0

    CiNii Article

  75. 中国地方における<sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr同位体比地球化学図

    南 雅代, 森 健太, 城森 由佳, 今井 登

    日本地球化学会年会要旨集   58 巻 ( 0 ) 頁: 380 - 380   2011年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    我々は,日本における表層の<sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr同位体比の分布を明らかにすることを目的とし,これまでに九州地方,四国地方,紀伊半島における<sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr比地球化学図を作成してきた。本講演においては,中国地方における河川堆積物175試料の<sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr比の測定を行ない,中国地方の表層の<sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr比分布を報告する。また,採取する地点の堆積物の不均質性,化学組成の経年・季節変化を調べるため,1994年から毎年同一地点で採取された愛知県瀬戸市矢田川定点の河川堆積物(計69試料)についても<sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr比を測定し,一堆積物試料の<sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr比が採取地点の地質の<sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr比をどの程度代表しているかについても検討を行う。

    DOI: 10.14862/geochemproc.58.0.380.0

    CiNii Article

  76. 河川堆積物試料の粒度別<sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr同位体比

    城森 由佳, 南 雅代, 鈴木 和博

    日本地球化学会年会要旨集   58 巻 ( 0 ) 頁: 314 - 314   2011年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    河川堆積物の粒径180μm以下のフラクションの<sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr同位体比が,その地域の地質の代表値とみなしうるかどうかを明らかにするために,河川堆積物を6つの粒径区分で区切り,各粒径フラクションのSr濃度,<sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Srを調べた。その結果Sr濃度は粒径による差はほとんど見られず,また同位体比に関しても,180μm以下のフラクションであれば,フラクション間の同位体比の差は,地質の異なる採取地点間の差に比べて小さく,粒径の違いは同位体比には影響しないと考えられる。よって粒径180μm以下の河川堆積物は採取地点周辺の地質を集約する<sup>87</sup>Sr/<sup>86</sup>Sr 同位体比をもっており,地質の代表値とみなしうると考えられる。

    DOI: 10.14862/geochemproc.58.0.314.0

    CiNii Article

  77. 放射性炭素<sup>14</sup>Cによるコンクリートの中性化時期の推定

    淺原 良浩, 南 雅代, 丸山 一平, 吉田 英一

    日本地球化学会年会要旨集   58 巻 ( 0 ) 頁: 137 - 137   2011年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    コンクリート構造物の中性化時期を推定するため,昭和40年代に建築された実構造物のコア試験体の<sup>14</sup>C濃度,炭素・酸素同位体比の深度変化を調べた.最表層部の14C濃度は139~148 pMCであり,深部では71~86 pMCであった.これらの深度プロファイルから以下の結論が得られた.(1) <sup>14</sup>C,炭素・酸素同位体比のデータから,コア試験体深部のCO<sub>2</sub>は建築時に初生的に取り込まれたものであり,セメント由来のCO<sub>2</sub>(主に石灰岩起源)とコンクリート硬化時に初生的に固定されたCO<sub>2</sub>(1967年の大気起源)の2成分の混合物であることが明らかとなった.(2) 表層部のCO<sub>2</sub>について,建築時の初生的なCO<sub>2</sub>を補正し,建築後に吸収されたCO<sub>2</sub>の量と<sup>14</sup>C値を求めた.この14Cの補正値を,大気CO<sub>2</sub>の<sup>14</sup>C濃度の経年変動データと対比したところ,表層部の中性化は建築後2~4年の間に進行していたことが明らかになった.

    DOI: 10.14862/geochemproc.58.0.137.0

    CiNii Article

  78. 礼文島浜中2遺跡出土土器を用いた古食性復元

    宮田 佳樹, 堀内 晶子, Cramp Lucy, 南 雅代, 中村 俊夫, Evershed Richard

    日本地球化学会年会要旨集   58 巻 ( 0 ) 頁: 300 - 300   2011年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    本研究では,礼文島浜中2遺跡V層出土土器胎土に残存する有機物をBristol大学で脂質分析し,海獣を起源とする有機残渣が検出されるかどうか検討した。その結果,炭素数14~22までの飽和脂肪酸が検出されると同時に,炭素数C16:3,18:3,20:3,22:3などのトリ不飽和脂肪酸(陸上動物や植物油と比べて,海洋性動物由来の油脂に占める割合は非常に高い)の加熱生成物と推定される環状化合物(ω-(o-alkylphenyl) alkanoic acids)が検出された。さらに,海洋性動物の存在の証拠と考えられているPhytanic acidやPristanic acidも検出された。このことは,縄文時代後期(1300~1200 BC)に,本遺跡で,これらの土器でニホンアシカを調理した際に,ニホンアシカの肉はコゲとして内面土器炭化付着物になり,燃料材に由来するススが外面土器付着炭化物として付着した。また,加熱によって生成するこれらの環状化合物は,土器でニホンアシカを調理した可能性を示唆する証拠であり,海洋性動物の指標として考えられるイソプレノイド化合物とともに土器に吸着され,現代検出されたものと考えられる。

    DOI: 10.14862/geochemproc.58.0.300.0

    CiNii Article

  79. 過去5000年間に北海道利尻島に飛来した鉛の供給源解析

    河野 麻希子, 浅原 良浩, 谷水 雅治, 南 雅代, 中村 俊夫, 細野 高啓

    日本地球化学会年会要旨集   58 巻 ( 0 ) 頁: 114 - 114   2011年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    近年、東アジア諸国から日本列島・太平洋への越境汚染が問題視されているが、その歴史的変遷は明らかになっていない。本研究は、北海道利尻島で採取した泥炭コアの鉛濃度、鉛同位体比から過去5000年間に大気輸送された鉛の供給源解析を行った。その結果、640 cal BC頃から人為起源鉛が堆積し、越境輸送が始まっていたことが確認された。同位体組成は中国南部の鉛鉱石の寄与を示唆している。1430 cal AD以降、鉛の輸送量はさらに増加する。中国北部の鉛鉱石、石炭の使用が寄与していると考えられるが、同時に、日本で使用されたオーストラリア産の鉛鉱石が寄与している可能性も考えられる。

    DOI: 10.14862/geochemproc.58.0.114.0

    CiNii Article

  80. 骨の^<14>C年代測定 : 骨の化学分析からどのようなことがわかるか

    南 雅代

    化学と工業 = Chemistry and chemical industry   63 巻 ( 6 ) 頁: 478 - 480   2010年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本化学会  

    CiNii Article

  81. Comparison of delta C-13 and C-14 activities of CO2 samples combusted in closed-tube and elemental-analyzer systems

    Minami Masayo, Goto Akiko S., Omori Takayuki, Ohta Tomoko, Nakamura Toshio

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS   268 巻 ( 7-8 ) 頁: 914 - 918   2010年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms  

    DOI: 10.1016/j.nimb.2009.10.063

    Web of Science

    Scopus

  82. Radiocarbon dating of charred human bone remains preserved in urns excavated from medieval Buddhist cemetery in Japan

    Nakamura Toshio, Sagawa Shinichi, Yamada Tetsuya, Kanehara Masaaki, Tsuchimoto Norio, Minami Masayo, Omori Takayuki, Okuno Mitsuru, Ohta Tomoko

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS   268 巻 ( 7-8 ) 頁: 985 - 989   2010年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms  

    DOI: 10.1016/j.nimb.2009.10.080

    Web of Science

    Scopus

  83. Radiocarbon dating of charred human-bone remains preserved in urns excavated from medieval Buddhist cemetery in Japan. 査読有り

    Nakamura, T., Sagawa, S., Yamada, T., Kanehara, M., Tsuchimoto, N., Minami, M., Omori, T., Okuno and M., Ohta, T.

    Nucl. Instr. and Meth. in Phys. Res.   B268 巻   頁: 985-989   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. A first step toward small-mass AMS radiocarbon analysis at Nagoya University.

    Minami, M., Miyata, Y., Nakamura, T., Hua, Q.

        頁: 57-60   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  85. エル・サルバドル共和国出土人骨のストロンチウム同位体比

    南 雅代・市川 彰・坂田 健・森田 航・伊藤伸幸

    古代メソアメリカの考古資料を用いた学術的発展研究(平成21年度総長裁量経費報告書)     頁: 23-30   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  86. 少量炭素試料のAMS 14C分析に向けて.

    南 雅代・中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XXI 巻   頁: 166-170   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  87. 放射性炭素を用いたコンクリートの中性化時期の推定.

    浅原良浩・南 雅代・丸山一平・吉田英一・田中 剛名古屋大学加速器質量分析計業績報告書

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XXI 巻   頁: 53-60   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  88. 貝の炭素年代測定値が示す意味.

    宮田佳樹・南 雅代・松崎浩之・西本豊弘・中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XXI 巻   頁: 32-39   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  89. 限外濾過調製法を用いた骨ゼラチンの14C年代測定.

    山崎香奈・南 雅代・大森貴之・中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XXI 巻   頁: 100-112   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  90. 同位体分析による実構造物中のコンクリートの中性化進行評価の試み. 査読有り

    丸山一平・淺原良浩・南 雅代・吉田英一

    セメントコンクリート論文集   64 巻   頁: 139-146   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. CHIME geochronology of granitic gneiss from Baekdong in the Hongseong area of the Gyeonggi Massif, South Korea. 査読有り

    Suzuki, K., Chwae, U., Dunkley, D.J., Kim, S-W., Kajizuka, I. and Minami, M.

    J. Earth Planet. Sci. Nagoya Univ.   57 巻   頁: 19-41   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. ナショナルインベントリーマップとしての地球化学図

    田中 剛, 山本 鋼志, 南 雅代, 三村 耕一, 浅原 良浩, 吉田 英一, 竹内 誠

    日本地質学会学術大会講演要旨   2010 巻 ( 0 ) 頁: 543 - 543   2010年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2010.0.543.0

    CiNii Article

  93. 実構造物中のコンクリートの中性化における元素移動

    南 雅代, 吉田 英一, 浅原 良浩, 丸山 一平

    日本地球化学会年会要旨集   57 巻 ( 0 ) 頁: 35 - 35   2010年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    コンクリートの中性化進行の定量的な指標として放射性炭素(14C)を新たに提案し、14Cの化学的定量性・感度、および反応時間の指標としての検討を行ってきている(淺原ほか, 2009; 丸山ほか, 投稿中)。その結果、14C濃度は、フェノールフタレインの呈色反応によって評価される中性化フロントよりもかなり奥まで変化しており、中性化プロセスは単純ではないものの、14Cを用いることでコンクリートの中性化進行プロセスを推定できる可能性があることが明らかになった。これらの知見のうち、本講演においては、実構造物のコンクリートの表層の中性化領域から深部の未中性化領域にかけての元素移動の観察結果について報告する。

    DOI: 10.14862/geochemproc.57.0.35.0

    CiNii Article

  94. 四万十帯砂岩中ジルコンのCHIME年代分布が示唆する砕屑物の起源

    城森 由佳, 南 雅代, 鈴木 和博, 竹内 誠

    日本地球化学会年会要旨集   57 巻 ( 0 ) 頁: 277 - 277   2010年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    四国・紀伊半島地域における<SUP>87</SUP>Sr/<SUP>86</SUP>Sr同位体比地球化学図を作成したところ、付加年代が新しい四万十帯の南帯において、一番高い値(0.718~0.720)が得られた。付近に分布するジュラ紀付加体を考慮しても、そこまで値が高められるとは考えにくく、大陸起源の砕屑物の影響を考えたほうが自然である。そこで四万十帯中に古い年代をもつ砕屑性ジルコンが存在するかを明らかにするため、四国東部の四万十帯北帯・南帯の累層ごとに砂岩を採取し、砂岩中のジルコンのCHIME年代測定を行った。その結果、南北両帯において1100Maや2000Maなどのジルコンの年代値が得られ、四万十帯の源岩として大陸基盤岩が含まれていることが示唆された。またそれにより<SUP>87</SUP>Sr/<SUP>86</SUP>Sr同位体比の値が高められていると考えられる。

    DOI: 10.14862/geochemproc.57.0.277.0

    CiNii Article

  95. 同位体分析による実構造物中のコンクリートの中性化進行評価の試み

    丸山 一平, 淺原 良浩, 南 雅代, 吉田 英一

    セメント・コンクリート論文集   64 巻 ( 1 ) 頁: 139 - 146   2010年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 セメント協会  

    本検討では、名古屋市内の構造物のコア試験体に対して、放射性炭素に関する分析を行い、コンクリートの中性化現象について考察を行った。その結果、コンクリートの中性化現象について<sup>14</sup>C濃度を評価した結果、表層で濃度が高く、内部で低くなる傾向が得られた。また、<sup>14</sup>C濃度の経年変化プロファイルを参照することで、建設年代の情報があれば、中性化の進行プロセスを推定できる可能性があることがわかった。また、<sup>14</sup>C濃度は、フェノールフタレインの呈色反応によって評価される中性化フロントよりもかなり奥まで高い数値を保持しており、この値は、材料由来か、あるいは深部までCO<sub>2</sub>が到達したことによると考えられた。

    DOI: 10.14250/cement.64.139

    CiNii Article

  96. 環境<sup>14</sup>C濃度の経年および場所変動:植物に固定された炭素の<sup>14</sup>C濃度解析(2)

    中村 俊夫, 太田 友子, 南 雅代

    日本地球化学会年会要旨集   57 巻 ( 0 ) 頁: 167 - 167   2010年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    大気中の二酸化炭素は,近年急速に増加していることが観測の結果明らかとなっており,地球温暖化を促進する気体の一つとして,増加の抑制が世界規模で討議されているところである.大気中の二酸化炭素の増加は,二酸化炭素濃度の直接的測定で明らかにできるが,また,植物に固定された炭素の14C濃度を測定することで,Suess効果(化石燃料の消費により大気中に放出される,14Cを含まない二酸化炭素による大気中二酸化炭素濃度の希釈効果)として検出される.ここでは,2005, 2008, 2009年に名古屋大学東山キャンパス内で形成された松葉試料を中心に,環境14C濃度の経年変動や場所依存性を議論する.

    DOI: 10.14862/geochemproc.57.0.167.0

    CiNii Article

  97. 飛行時間型二次イオン質量分析法(TOF-SIMS)による土器残存有機物を用いた古食性復元

    宮田 佳樹, 斉藤 香織, 堀内 晶子, 南 雅代, 上條 信彦, 福島 和彦, 中村 俊夫

    日本地球化学会年会要旨集   57 巻 ( 0 ) 頁: 147 - 147   2010年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    先史時代の食生活を復元するために,飛行時間型二次イオン質量分析法(Time-of-flight secondary ion mass spectrometry:TOF-SIMS)を用いて,土器に残存する有機物分子を分子レベルで直接同定し(非破壊分析),調理された食材を推定することが可能であるかどうか検討した.

    DOI: 10.14862/geochemproc.57.0.147.0

    CiNii Article

  98. 石灰岩質砂岩の炭素14を指標とする風化評価-コンクリートのナチュラルアナログ研究として-

    南 雅代・池田晃子・吉田英一

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XX 巻   頁: 71-80   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  99. Comparison of δ13C and 14C activities of CO2 samples combusted in closed-tube and elemental-analyzer systems. 査読有り

    Minami, M., Goto, S. A., Omori, T., Ohta, T. and Nakamura, T.

    Nucl. Instr. and Meth. in Phys. Res.     頁: doi: 10.1016/j.nimb.2009.10.063   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. 封管法で微量のシュウ酸をガス化した場合のガス組成

    後藤(桜井)晶子・南 雅代・三村耕一

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XX 巻   頁: 152-155   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  101. 琵琶湖の淡水リザーバー効果に関する研究

    宮田佳樹・南 雅代・遠部 慎・坂本 稔・今村峯雄

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XX 巻   頁: 112-116   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  102. 九州および四国地域のストロンチウム同位体比地球化学図

    城森 由佳, 南 雅代, 後藤 晶子, 今井 登

    日本地球化学会年会要旨集   56 巻 ( 0 ) 頁: 210 - 210   2009年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    近年、イネなどの植物の産地同定の手段として87Sr/86Sr同位体比が用いられるようになり、さらに、遺跡から出土された人骨の87Sr/86Sr同位体比を測定して、その遺跡に埋葬されている人の出身地を推定することも行われつつある。地質の87Sr/86Sr同位体比は、そこで生育している植物の、最終的には動物の骨中に反映されると考えられ、87Sr/86Sr同位体比の地球化学図は、生育場の同定などを行う際の基礎データとして重要である。我々は、河川堆積物を主として用い、全国の87Sr/86Sr同位体比の地球化学図を作成することを目的としている。昨年の年会では、九州北部・西部地域の87Sr/86Sr同位体比の分布を報告した(後藤ほか、2008)。本講演では、九州の南部・東部を含めた九州全域、ならびに四国地域の87Sr/86Sr同位体比分布を報告する。

    DOI: 10.14862/geochemproc.56.0.210.0

    CiNii Article

  103. 放射性炭素<sup>14</sup>Cを指標とするコンクリートの定量的劣化度評価の試み

    浅原 良浩, 南 雅代, 丸山 一平, 吉田 英一, 田中 剛

    日本地球化学会年会要旨集   56 巻 ( 0 ) 頁: 63 - 63   2009年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    社会基盤を支えるコンクリート構造物は、その長期耐久性が期待されている一方、早期劣化が大きな問題ともなっている。コンクリートの主な劣化要因のうち、中性化はすべてのコンクリート構造物に関わる現象である。中性化は、コンクリートのセメント水和物と大気の二酸化炭素が反応することにより進行することから、コンクリート中の炭素の挙動は組織あるいは物理強度の変化を直接反映すると考えられる。この組織劣化の指標として、その化学的定量性・感度から信頼性が高く、かつ反応時間の指標としても適用可能な放射性炭素14Cに着目する。本研究では、耐震改修工事の進む名古屋大学校舎を利用し、14C法によるコンクリートの約40年間の定量的劣化度評価の可能性を検討した。

    DOI: 10.14862/geochemproc.56.0.63.0

    CiNii Article

  104. 愛知県東部~岐阜県南部の地球化学図と元素の分布要因についての考察

    田中 剛, 山本 鋼志, 南 雅代, 三村 耕一, 浅原 良浩, 吉田 英一, 竹内 誠

    日本地球化学会年会要旨集   56 巻 ( 0 ) 頁: 205 - 205   2009年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    表記地域から,約2000試料の河床堆積物を採集し,蛍光X線分析と中性子放射化分析により,それらの主/微量成分38元素を分析した。また、同一地点で多数のグループが試料を採集したり、毎年試料を採集し,その変動を調べる等、分析試料の代表性も検討した。そのけっか、ナトリウム、カルシウム、アルミニウム等の分布は、花崗岩の分布に一致することがわかった。鉄の分布はマグネシウムの分布に一致する所としないところがあり、後者は、ゴルフ場の分布に一致することがわかった。ヒ素の分布は金の分布に一致する所としないところがある。前者は熱水鉱床の存在を示す。

    DOI: 10.14862/geochemproc.56.0.205.0

    CiNii Article

  105. 名古屋クロマツの年輪中の炭素・酸素同位体比から探る環境変動

    林 和樹, 南 雅代, 中村 俊夫, 中塚 武

    日本地球化学会年会要旨集   56 巻 ( 0 ) 頁: 129 - 129   2009年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    名古屋のクロマツ年輪中の炭素・酸素安定同位体、および放射性炭素同位体比の測定を行い、これらの同位体比の変動がどの気象要素の影響を強く受けているのか、また気象要素以外の環境要因による影響が存在するのかどうかの検討を試みた。その結果、δ13C・δ18Oはともに、相対湿度と強い負の相関がみられた。また、Δ14Cについては、1964年の高濃度のピークが示され、大気と樹木年輪中の同位体比の変動がほぼ一致し、生育時に吸収された同位体比がそのまま年輪の成長に反映されることがわかった。

    DOI: 10.14862/geochemproc.56.0.129.0

    CiNii Article

  106. 石灰質砂岩の放射性炭素を指標とする風化評価の試み-コンクリートの組織劣化に関するナチュラルアナログ研究として-

    南 雅代, 吉田 英一, 田中 剛

    日本地球化学会年会要旨集   56 巻 ( 0 ) 頁: 259 - 259   2009年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    コンクリートは、質・量ともに現代社会を支える重要な物質材料である。しかし、この人工岩石とも言える材質の長期的な変質プロセスについては、未だよく理解されていない。コンクリートの劣化は、セメントに含まれる石灰分と、水+大気中のCO2の化学反応(中性化)に伴う組織劣化である。我々は、コンクリートの組織劣化の定量的な指標として放射性炭素(14C)を新たに提案し、14Cの化学的定量性・感度、および反応時間の指標としての適用可能性についての検討を行っている。本講演においては、特に、宮城県東北部の本吉郡南三陸町歌津海岸、館浜と浪板の地点に露出する石灰質砂岩を用い、長期的なコンクリート劣化のアナログ的調査を行った結果について紹介する。

    DOI: 10.14862/geochemproc.56.0.259.0

    CiNii Article

  107. Strontium Isotope Analysis using Resonance Ionization Mass Spectrometry for Determination of Bone Origin

    Sasada Seiji, Watanabe Kenichi, Higuchi Yuki, Tomita Hideki, Goto Akiko, Minami Masayo, Suzuki Kazuhiro, Kato Takenori, Hasegawa Takuya, Kawarabayashi Jun, Iguchi Tetsuo

    JOURNAL OF NUCLEAR SCIENCE AND TECHNOLOGY   45 巻   頁: 97 - 100   2008年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Nuclear Science and Technology  

    DOI: 10.1080/00223131.2008.10875986

    Web of Science

    Scopus

  108. -年代測定総合研究センターの将来展望-に対する自由討論、ならびに"名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計学内共同利用に関するアンケート結果"のまとめ(第20回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成19(2007)年度報告)

    南 雅代

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 19 ) 頁: 169 - 173   2008年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター  

    昨年度(平成18(2006)年度)には、センター設立から7年間の研究教育活動を総括し、今後に取り組む課題を検討するために、年代学研究を専門とする外国人研究者5名と日本人研究者2名による外部評価、ならびに自己点検・評価を実施し、3月に外部評価・自己点検評価報告書「年代測定総合研究センター 外部評価・自己点検評価報告書-最先端の地球年代学研究を推進-」を発刊致しました。今年度(平成19(2007)年度)の年代測定総合研究センターシンポジウムでは、この外部評価を受けて、-年代測定総合研究センターの将来展望-という題目で、自由討論を行いました。また、活発な共同利用を目指すため、共同利用者の方々に「名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計学内共同利用に関するアンケート」を実施致しました。そのまとめを以下に記します。第20回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成19(2007)年度報告<第2部> Proceedings of the 20th symposiumon on Chronological Studies at the Nagoya University Center for Chronological Research\in 2007 日時:平成20 (2008)年1月10日(木)~11日(金) 会場:名古屋大学野依記念学術交流館 Date:January10th-11th, 2008 Venue:Nagoya Uhiversity Noyori Conference Hall

    DOI: 10.18999/sumrua.19.169

    CiNii Article

  109. コンクリート風化の超長時間評価指標としての石灰質砂岩の ^<14>C存在度変化(第20回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成19(2007)年度報告)

    田中 剛, 南 雅代, 吉田 英一, 吉田 鎮男

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 19 ) 頁: 66 - 72   2008年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター  

    第20回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成19(2007)年度報告<第2部> Proceedings of the 20th symposiumon on Chronological Studies at the Nagoya University Center for Chronological Research\nin 2007 日時:平成20 (2008)年1月10日(木)~11日(金) 会場:名古屋大学野依記念学術交流館 Date:January10th-11th, 2008 Venue:Nagoya Uhiversity Noyori Conference Hall

    DOI: 10.18999/sumrua.19.66

    CiNii Article

  110. 標高5000mのチベット高原に生育する植物は低地の植物より ^<14>C濃度が高いのか?(第20回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成19(2007)年度報告)

    中村 俊夫, 渡邊 隆広, 松中 哲也, 西村 弥亜, 朱 立平, 太田 友子, 南 雅代

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 19 ) 頁: 110 - 116   2008年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター  

    第20回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成19(2007)年度報告<第2部> Proceedings of the 20th symposiumon on Chronological Studies at the Nagoya University Center for Chronological Research\in 2007 日時:平成20 (2008)年1月10日(木)~11日(金) 会場:名古屋大学野依記念学術交流館 Date:January10th-11th, 2008 Venue:Nagoya Uhiversity Noyori Conference Hall

    DOI: 10.18999/sumrua.19.110

    CiNii Article

  111. 恵那市上矢作町の地名「海」は天正地震の堰止め湖に由来した(第 20回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成19(2007)年度報告)

    鈴木 和博, 中村 俊夫, 加藤 丈典, 池田 晃子, 後藤 晶子, 小田 寛貴, 南 雅代, 上久保 寛, 梶塚 泉, 足立 香織, 壺井 基裕, 常磐 哲也, 太田 友子, 西田 真砂美, 江坂 直子, 田中 敦子, 森 忍, ダンクリー ダニエル, クシャク モニカ, 鈴木 里子, 丹生 越子, 中崎 峰子, 仙田 量子, 金川 和世, 熊沢 裕代

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 19 ) 頁: 26 - 38   2008年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター  

    第20回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成19(2007)年度報告<第2部> Proceedings of the 20th symposiumon on Chronological Studies at the Nagoya University Center for Chronological Research\in 2007 日時:平成20 (2008)年1月10日(木)~11日(金) 会場:名古屋大学野依記念学術交流館 Date:January10th-11th, 2008 Venue:Nagoya Uhiversity Noyori Conference Hall

    DOI: 10.18999/sumrua.19.26

    CiNii Article

  112. 名大クロマツの年輪セルロース炭素同位体比から探る環境変動(タンデトロン加速器質量分析計業績報告平成19(2007)年度)

    林 和樹, 南 雅代

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 19 ) 頁: 175 - 183   2008年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター  

    タンデトロン加速器質量分析計業績報告 Summaries of Researches Using AMS 平成19 (2007)年度

    DOI: 10.18999/sumrua.19.175

    CiNii Article

  113. 名古屋大学古川記念館耐震工事に伴う振動発生のモニタリングについて(予報)(タンデトロン加速器質量分析計業績報告平成19(2007)年度)

    池田 晃子, 加藤 丈典, 中村 俊夫, 南 雅代, 工藤 雄一郎

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 19 ) 頁: 190 - 193   2008年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター  

    タンデトロン加速器質量分析計業績報告 Summaries of Researches Using AMS 平成19 (2007)年度

    DOI: 10.18999/sumrua.19.190

    CiNii Article

  114. 名古屋大学タンデトロン2号機の現状と利用(2007年)(第 20回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成19(2007)年度報告)

    中村 俊夫, 南 雅代, 小田 寛貴, 工藤 雄一郎, 池田 晃子, 大森 貴之, 西本 寛, 林 和樹, 太田 友子, 西田 真砂美, 酢屋 徳啓, 関野 達也

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 19 ) 頁: 39 - 45   2008年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター  

    第20回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成19(2007)年度報告<第2部> Proceedings of the 20th symposiumon on Chronological Studies at the Nagoya University Center for Chronological Research\in 2007 日時:平成20 (2008)年1月10日(木)~11日(金) 会場:名古屋大学野依記念学術交流館 Date:January10th-11th, 2008 Venue:Nagoya Uhiversity Noyori Conference Hall

    DOI: 10.18999/sumrua.19.39

    CiNii Article

  115. 古人骨の同一個体内における部位の違いによるC/N比、 δ^<13>C値、δ^<15>N値、^<14>C年代の相違(第20回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成19(2007)年度報告)

    瀧上 舞, 南 雅代, 中村 俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 19 ) 頁: 117 - 126   2008年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター  

    第20回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成19(2007)年度報告<第2部> Proceedings of the 20th symposiumon on Chronological Studies at the Nagoya University Center for Chronological Research\in 2007 日時:平成20 (2008)年1月10日(木)~11日(金) 会場:名古屋大学野依記念学術交流館 Date:January10th-11th, 2008 Venue:Nagoya Uhiversity Noyori Conference Hall

    DOI: 10.18999/sumrua.19.117

    CiNii Article

  116. 試料燃焼-二酸化炭素精製における炭素同位体比分別 : 封管法と元素分析計による試料調製の違い(第20回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成19(2007)年度報告)

    南 雅代, 太田 友子, 大森 貴之, 中村 俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 19 ) 頁: 160 - 168   2008年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター  

    第20回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成19(2007)年度報告<第2部> Proceedings of the 20th symposiumon on Chronological Studies at the Nagoya University Center for Chronological Research\in 2007 日時:平成20 (2008)年1月10日(木)~11日(金) 会場:名古屋大学野依記念学術交流館 Date:January10th-11th, 2008 Venue:Nagoya Uhiversity Noyori Conference Hall

    DOI: 10.18999/sumrua.19.160

    CiNii Article

  117. Strontium isotope analysis using Resonance Ionization Mass Spectrometry for determination of bone origin. 査読有り

    Sasada, S., Watanabe, K., Higuchi, Y., Tomita, H., Goto, A., Minami, M., Suzuki, K., Kato, T., Hasegawa, T., Kawarabayashi, J. and Iguchi, T.

    Journal of Nuclear Science and Technology   5 巻   頁: 97-100   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. 古人骨の同一個体内における部位の違いによるδ13C・δ15N値、14C年代の相違の有無

    瀧上 舞・南 雅代・中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XIX 巻   頁: 117-126   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  119. コンクリート風化の超長時間評価を目的とする石灰岩質砂岩地層の14C存在度変化

    田中 剛・南 雅代・吉田英一・吉田鎮男

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XIX 巻   頁: 117-126   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  120. 試料燃焼-二酸化炭素精製における炭素同位体比分別 -封管法と元素分析計による試料調製の違い-

    南 雅代・太田友子・大森貴之・中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XX 巻   頁: 160-168   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  121. 九州北部・中部地域のSr同位体比分布

    後藤 晶子, 南 雅代, 浅原 良浩

    日本地球化学会年会要旨集   55 巻 ( 0 ) 頁: 382 - 382   2008年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    河川堆積物の化学組成分布を地図上に表示した地球化学図は、自然由来や人為的な事象に関わる化学組成を反映していると考えられ、地表での環境指標となりうる。近年、イネやネギなどの植物の産地同定の手段としてSr同位体比が用いられるようになり、さらに、遺跡から出土された人骨のSr同位体比の測定による出身地の推定が行われつつある。地質のSr同位体比は、そこで生育している植物の、最終的には動物の骨中に反映されると考えられ、Sr同位体比の地球化学図は、生育場の同定などを行う際の基礎データとして重要である。本研究では、全国のSr同位体比の地球化学図を作成することを目的とし、九州北部と中部地域の河川堆積物を試料として、この地域のSr同位体比の分布を明らかにし、河川堆積物のSr同位体比が河川流域の地質環境を反映しているかどうかを調べた。

    DOI: 10.14862/geochemproc.55.0.382.0

    CiNii Article

  122. 鎌倉由比ヶ浜地域の遺跡から出土した中世人骨の14C年代

    南 雅代, 中村 俊夫

    日本地球化学会年会要旨集   55 巻 ( 0 ) 頁: 325 - 325   2008年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    これまで、鎌倉由比ヶ浜地域の遺跡から出土する大量の中世人骨は、数千人におよぶ死者を出したと考えられている新田義貞の鎌倉攻めの合戦(1333年)によって死没した人々のものと推察されてきた。我々はこれまでに、由比ヶ浜南遺跡、中世集団墓地遺跡から出土した人骨の放射性炭素(14C)年代を測定し、いずれの人骨試料も鎌倉幕府終焉より古い14C年代を示す傾向が見られることを報告した。しかし、埋葬されている人達は海産物を食しており、14Cの海洋リザーバー効果により、得られた骨の14C年代が実際の年代より古い可能性が考えられた。そこで、本研究では、モンテカルロ法を用いた海産物の摂取割合算出プログラムによりδ13C値、δ15N値からMarine%を算出し、Marine04/IntCal04データセットによるMarine混合曲線によって較正年代を求め、さらに確かな年代を算出する試みを行った。

    DOI: 10.14862/geochemproc.55.0.325.0

    CiNii Article

  123. Diverse microstructures from Archaean chert from the mount goldsworthy-mount grant area, pilbara craton, western australia: Microfossils, dubiofossils, or pseudofossils?

    Sugitani Kenichiro, Grey Kathleen, Allwood Abigail, Nagaoka Tsutomu, Mimura Koichi, Minami Masayo, Marshall Craig P., Van Kranendonk Martin J., Walter Malcolm R.

    PRECAMBRIAN RESEARCH   158 巻 ( 3-4 ) 頁: 228 - 262   2007年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Precambrian Research  

    DOI: 10.1016/j.precamres.2007.03.006

    Web of Science

    Scopus

  124. Radiocarbon and C-13 variations during the last 300 years in lacustrine sediments of Lake Biwa, central Japan

    Minami M., Tane N., Nakamura T.

    GEOCHIMICA ET COSMOCHIMICA ACTA   71 巻 ( 15 ) 頁: A669 - A669   2007年8月

     詳細を見る

  125. Estimation of paleotemperature from racernization of aspartic acid in combination with radiocarbon age 査読有り

    Minami Masayo, Takeyama Masami, Mimura Koichi, Nakamura Toshio

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS   259 巻 ( 1 ) 頁: 547 - 551   2007年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms  

    DOI: 10.1016/j.nimb.2007.01.201

    Web of Science

    Scopus

  126. Marine reservoir effect deduced from C-14 dates on marine shells and terrestrial remains at archeological sites in Japan 査読有り

    Nakamura Toshio, Nishida Iwao, Takada Hideki, Okuno Mitsuru, Minami Masayo, Oda Hirotaka

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS   259 巻 ( 1 ) 頁: 453 - 459   2007年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms  

    DOI: 10.1016/j.nimb.2007.01.186

    Web of Science

    Scopus

  127. High precision C-14 measurements and wiggle-match dating of tree rings at Nagoya University 査読有り

    Nakamura Toshio, Miyahara Hiroko, Masuda Kimiaki, Menjo Hiroaki, Kuwana Kohsuke, Kimura Katsuhiko, Okuno Mitsuru, Minami Masayo, Oda Hirotaka, Rakowski Andrzej, Ohta Tomoko, Ikeda Akiko, Niu Etsuko

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS   259 巻 ( 1 ) 頁: 408 - 413   2007年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms  

    DOI: 10.1016/j.nimb.2007.02.005

    Web of Science

    Scopus

  128. An improved extraction system to measure carbon-14 terrestrial ages of meteorites and pairing of the Antarctic Yamato-75097 group chondrites(Proceedings of the 19^<th> Symposium on Chronological Studies at the Nagoya University Center for Chronological Research in 2006,Part1)

    Minami Masayo, Terui Atsushi, Takaoka Nobuo, Nakamura Toshio

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 18 ) 頁: 55 - 55   2007年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター  

    第19回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成18(2006)年度報告<第1部> Proceedings of the 19th symposiumon on Chronological Studies at the Nagoya University Center for Chronological Research\in 2006 日時:平成19 (2007)年1月15日(月)~17日(水) 会場:名古屋大学シンポジオン Date:January15th-17th, 2007 Venue:Nagoya Uhiversity Symposion Hall

    DOI: 10.18999/sumrua.18.55

    CiNii Article

  129. Present Status of AMS ^<14>C facility of Nagoya University and its applications to archeology and geology(Proceedings of the 19^<th> Symposium on Chronological Studies at the Nagoya University Center for Chronological Research in 2006,Part1)

    NAKAMURA Toshio, MINAMI Masayo, ODA Hirotaka, IKEAD Akiko, WATANABE Takahiro, MIYAHARA Hiroko, OHTA Tomoko, YOSHIOKA Shigeo, NISHIDA Masami

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 18 ) 頁: 31 - 32   2007年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター  

    第19回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成18(2006)年度報告<第1部> Proceedings of the 19th symposiumon on Chronological Studies at the Nagoya University Center for Chronological Research\in 2006 日時:平成19 (2007)年1月15日(月)~17日(水) 会場:名古屋大学シンポジオン Date:January15th-17th, 2007 Venue:Nagoya Uhiversity Symposion Hall

    DOI: 10.18999/sumrua.18.31

    CiNii Article

  130. Estimation of paleotemperature from racemization of aspartic acid in combination with radiocarbon age(Proceedings of the 19^<th> Symposium on Chronological Studies at the Nagoya University Center for Chronological Research in 2006,POSTER SESSION)

    MINAMI Masayo, TAKEYAMA Masami, MURANAKA Yasushi, NAKAMURA Toshio

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 18 ) 頁: 83 - 83   2007年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター  

    第19回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成18(2006)年度報告<POSTER SESSION> Proceedings of the 19th symposiumon on Chronological Studies at the Nagoya University Center for Chronological Research\in 2006 日時:平成19 (2007)年1月15日(月)~17日(水) 会場:名古屋大学シンポジオン Date:January15th-17th, 2007 Venue:Nagoya Uhiversity Symposion Hall

    DOI: 10.18999/sumrua.18.83

    CiNii Article

  131. Diurnal variation of CO_2 concentration, Δ^<14>C and δ^<13>C in an urban forest : Estimate of the anthropogenic and biogenic CO_2 contributions(Proceedings of the 19^<th> Symposium on Chronological Studies at the Nagoya University Center for Chronological Research in 2006,Part1)

    TAKAHASHI HIROSHI A., KONOHIRA EIICHI, HIYAMA TETSUYA, MINAMI MASAYO, NAKAMURA TOSHIO, YOSHIDA NAOHIRO

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 18 ) 頁: 53 - 53   2007年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター  

    第19回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成18(2006)年度報告<第1部> Proceedings of the 19th symposiumon on Chronological Studies at the Nagoya University Center for Chronological Research\in 2006 日時:平成19 (2007)年1月15日(月)~17日(水) 会場:名古屋大学シンポジオン Date:January15th-17th, 2007 Venue:Nagoya Uhiversity Symposion Hall

    DOI: 10.18999/sumrua.18.53

    CiNii Article

  132. 古人骨の同一個体内における骨部位の違いによるC/N比、 δ^<13>C値、δ^<15>N値の相違(第19回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成18(2006)年度報告,POSTER SESSION)

    瀧上 舞, 南 雅代, 中村 俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 18 ) 頁: 73 - 82   2007年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター  

    第19回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成18(2006)年度報告<POSTER SESSION> Proceedings of the 19th symposiumon on Chronological Studies at the Nagoya University Center for Chronological Research\in 2006 日時:平成19 (2007)年1月15日(月)~17日(水) 会場:名古屋大学シンポジオン Date:January15th-17th, 2007 Venue:Nagoya Uhiversity Symposion Hall

    DOI: 10.18999/sumrua.18.73

    CiNii Article

  133. 名古屋大学タンデトロン2号機の現状と利用(2006年)(第 19回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成18(2006)年度報告,第2部)

    中村 俊夫, 南 雅代, 小田 寛貴, 池田 晃子, 渡邊 隆広, 宮原 ひろ子, 太田 友子, 吉岡 茂雄, 西田 真砂美

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 18 ) 頁: 91 - 97   2007年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター  

    第19回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成18(2006)年度報告<第2部> Proceedings of the 19th symposiumon on Chronological Studies at the Nagoya University Center for Chronological Research\in 2006 日時:平成19 (2007)年1月15日(月)~17日(水) 会場:名古屋大学シンポジオン Date:January15th-17th, 2007 Venue:Nagoya Uhiversity Symposion Hall

    DOI: 10.18999/sumrua.18.91

    CiNii Article

  134. 鎌倉由比ヶ浜埋葬人骨および獣骨の地球化学的研究(第19回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成18(2006)年度報告,第2部)

    南雅代, 中村 俊夫, 平田 和明, 長岡 朋人, 鵜澤 和宏, Hoshino Keigo

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 18 ) 頁: 134 - 143   2007年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター  

    第19回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成18(2006)年度報告<第2部> Proceedings of the 19th symposiumon on Chronological Studies at the Nagoya University Center for Chronological Research\in 2006 日時:平成19 (2007)年1月15日(月)~17日(水) 会場:名古屋大学シンポジオン Date:January15th-17th, 2007 Venue:Nagoya Uhiversity Symposion Hall

    DOI: 10.18999/sumrua.18.134

    CiNii Article

  135. 514 環境学習プログラムの実践と評価に関する報告(5.都市計画)

    細見 ちひろ, 宇佐見 良恵, 清水 裕之, 南 雅代, 涌田 幸宏

    東海支部研究報告集   ( 45 ) 頁: 653 - 656   2007年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本建築学会  

    CiNii Article

  136. Geochemical mapping in Aichi prefecture, Japan: Its significance as a useful dataset for geological mapping

    Yamamoto Koshi, Tanaka Tsuyoshi, Minami Masayo, Mimura Koichi, Asahara Yoshihiro, Yoshida Hidekazu, Yogo Setsuo, Takeuchi Makoto, Inayoshi Masami

    APPLIED GEOCHEMISTRY   22 巻 ( 2 ) 頁: 306 - 319   2007年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Applied Geochemistry  

    DOI: 10.1016/j.apgeochem.2006.09.011

    Web of Science

    Scopus

  137. Geochemical mapping in Aichi Prefecture, Japan: Its significance as a useful dataset for geological mapping. 査読有り

    Yamamoto, K., Tanaka, T., Minami, M., Mimura, K., Asahara, Y., Yoshida, H., Yogo, S., Takeuchi, M. and Inayoshi, M.

    Applied Geochemistry   22 巻   頁: 306-319   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  138. Diverse microstructures from Archaean chert from the Mount Goldsworthy - Mount Grant area, Pilbara Craton, Western Australia: microfossils, dubiofossils, or pseudofossils? 査読有り

    Sugitani, K., Grey, K., Allwood, A.C., Nagaoka, T., Minami, M., Marshall, C.P., Van Kranendonk, M.J. and Walter, M.R.

    Precambrian Research   158 巻   頁: 228-262   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  139. Estimation of paleotemperature from racemization of aspartic acid in combination with radiocarbon age. 査読有り

    Minami, M., Takeyama, M., Mimura, K. and Nakamura, T.

    Nucl. Instr. and Meth. in Phys. Res.   B259 巻   頁: 547-551   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  140. 鎌倉由比ヶ浜埋葬人骨および獣骨の地球化学的研究

    南 雅代・中村俊夫・平田和明・長岡朋人・鵜澤和宏

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XVIII 巻   頁: 134-143   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  141. Application of (14C) Wggle-matching to support dendrochronological analysis in Japan

    Nakamura T., Okuno M., Kimura K., Mitsutani T., Moriwaki H., Ishizuka Y., Kim K. H., Jing B. L., Oda H., Minami M., Takada H.

    TREE-RING RESEARCH   63 巻 ( 1 ) 頁: 37 - 46   2007年

     詳細を見る

  142. Application of <sup>14</sup>C wiggle-matching to support dendrochronological analysis in Japan

    Nakamura T.

    Tree-Ring Research   63 巻 ( 1 ) 頁: 37 - 46   2007年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Tree-Ring Research  

    DOI: 10.3959/1536-1098-63.1.37

    Scopus

  143. 骨中のストロンチウム同位体解析による古代人の移住史解明 -骨中の87Sr/86Sr同位体比は生育地の87Sr/86Sr同位体比を反映しているか-

    南 雅代, 鈴木 和博, 後藤 晶子, 加藤 丈典, 渡辺 賢一, 長谷川 拓也

    日本地球化学会年会要旨集   54 巻 ( 0 ) 頁: 203 - 203   2007年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    古代人の骨・歯中のストロンチウム同位体解析から古代人の移住史に関する知見を得るための基礎研究として、動物の骨の87Sr/86Sr同位体比が、実際にその動物が育った、および生まれた土地の地質の87Sr/86Sr同位体比を示すのかどうかの検討を行なった。琵琶湖で生育しているブラックバスの骨と、愛知県足助のイノシシの骨の87Sr/86Sr同位体比を測定し、琵琶湖の湖水ならびに足助地域の地質(河川堆積物)の87Sr/86Sr同位体比と比較した結果、それぞれの骨の87Sr/86Sr同位体比は、その動物が生育した土地の地質の87Sr/86Sr同位体比を示すことが確認された。講演では、諏訪湖、八郎潟、野尻湖で採取したブラックバスの骨の87Sr/86Sr同位体比と、それぞれの湖水の値との比較も行なう。

    DOI: 10.14862/geochemproc.54.0.203.0

    CiNii Article

  144. 骨化石起源同定へのレーザー共鳴イオン化質量分析法の適用に関する検討

    笹田 星児, 後藤 晶子, 長谷川 拓也, 樋口 雄紀, 富田 英生, 渡辺 賢一, 河原林 順, 井口 哲夫, 南 雅代, 鈴木 和博, 加藤 丈典

    日本原子力学会 年会・大会予稿集   2007 巻 ( 0 ) 頁: 66 - 66   2007年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本原子力学会  

    共鳴イオン化質量分析法を用いた骨化石起源同定の適用性評価を目的として、動物の骨中ストロンチウム同位体比測定基礎実験を行うとともに、精度改善に関する検討を行った。

    DOI: 10.11561/aesj.2007s.0.66.0

    CiNii Article

  145. Geochemistry of heavily altered Archean volcanic and volcaniclastic rocks of the Warrawoona Group, at Mt. Goldsworthy in the Pilbara Craton, Western Australia : Implications for alteration and origin

    Sugitani Kenichiro, Yamashita Fumiaki, Nagaoka Tsutomu, MINAMI MASAYO, YAMAMOTO KOSHI

    Geochemical journal : journal of the Geochemical Society of Japan   40 巻 ( 5 ) 頁: 523 - 535   2006年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Geochemical Society of Japan  

    CiNii Article

  146. Geochemistry and sedimentary petrology of Archean clastic sedimentary rocks at Mt. Goldsworthy, Pilbara Craton, Western Australia: Evidence for the early evolution of continental crust and hydrothermal alteration 査読有り

    Sugitani Kenichiro, Yamashita Fumiaki, Nagaoka Tsutomu, Yamamoto Koshi, Minami Masayo, Mimura Koichi, Suzuki Kazuhiro

    PRECAMBRIAN RESEARCH   147 巻 ( 1-2 ) 頁: 124 - 147   2006年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Precambrian Research  

    DOI: 10.1016/j.precamres.2006.02.006

    Web of Science

    Scopus

  147. An improved extraction system to measure carbon-14 terrestrial ages of meteorites and pairing of the Antarctic Yamato-75097 group chondrites

    Minami M, Terui A, Takaoka N, Nakamura T

    METEORITICS & PLANETARY SCIENCE   41 巻 ( 4 ) 頁: 529 - 540   2006年4月

     詳細を見る

  148. An improved extraction system to measure carbon-14 terrestrial ages of meteorites and pairing of the Antarctic Yamato-75097 group chondrites

    Minami M.

    Meteoritics and Planetary Science   41 巻 ( 4 ) 頁: 529 - 540   2006年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Meteoritics and Planetary Science  

    DOI: 10.1111/j.1945-5100.2006.tb00480.x

    Scopus

  149. Application of Sr isotopes to geochemical mapping and provenance analysis: The case of Aichi Prefecture, central Japan

    Asahara Y, Ishiguro H, Tanaka T, Yamamoto K, Mimura K, Minami M, Yoshida H

    APPLIED GEOCHEMISTRY   21 巻 ( 3 ) 頁: 419 - 436   2006年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Applied Geochemistry  

    DOI: 10.1016/j.apgeochem.2005.12.003

    Web of Science

    Scopus

  150. An improved extraction system to measure carbon-14 terrestrial ages of meteorites and pairing of the Antarctic Yamato-75097 group chondrites. 査読有り

    Minami, M., Terui, A., Takaoka, N. and Nakamura, T.

    Meteoritics & Planetary Science   41 巻 ( 4 ) 頁: 529-540   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  151. Geochemistry of heavily altered Archean volcanic and volcaniclastic rocks of the Warrawoona Group, at Mt. Goldworthy in the Pilbara Craton, Western Australia: Implications for alteration and origin. 査読有り

    Sugitani, K., Yamashita, F., Nagaoka T., Minami, M. and Yamamoto, K.

    Geochemical Journal   40 巻   頁: 523-535   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  152. Geochemistry and sedimentary petrology of Archean clastic sedimentary rocks at Mt. Goldworthy, Pilbara Craton, Western Australia: Evidence for the early evolution of continental crust and hydrothermal alteration. 査読有り

    Sugitani, K., Yamashita, F., Nagaoka T., Yamamoto, K., Minami, M., Mimura, K. and Suzuki K.

    Precambrian Research   147 巻   頁: 124-147   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  153. Application of Sr isotopes to geochemical mapping and provenance analysis: the case of Aichi Prefecture, central Japan. 査読有り

    Asahara, Y., Ishiguro, H., Tanaka, T., Yamamoto, K., Mimura, K., Minami, M., Yoshida, H.

    Applied Geochemistry   21 巻   頁: 419-436   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  154. INAA trace element analysis of stream sediments collected from the northeastern areas of Aichi Prefecture, central Japan. 査読有り

    Minami, M., Shibata, S. and Tanaka, T.

    J. Earth Planet. Sci. Nagoya Univ.   53 巻   頁: 15-32   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  155. Geochemistry of heavily altered Archean volcanic and volcaniclastic rocks of the Warrawoona Group, at Mt. Goldsworthy in the Pilbara Craton, Western Australia: Implications for alteration and origin

    Sugitani Kenichiro, Yamashita Fumiaki, Nagaoka Tsutomu, Minami Masayo, Yamamoto Koshi

    GEOCHEMICAL JOURNAL   40 巻 ( 5 ) 頁: 523 - 535   2006年

     詳細を見る

  156. INAA trace element analysis of stream sediments collected from the nortearstern areas of Aichi Prefecture, central Japan

    MINAMI M., SHIBATA Shin-nosuke, TANAKA Tsuyoshi

    The Journal of Earth and Planetary Sciences, Nagoya University   ( 53 ) 頁: 15 - 32   2006年

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学  

    Geochemistry and Cosmochemistry Laboratory, Nagoya University, started a geochemical mapping project in 1994 to make environmental assessment of the Chubu area in Japan. During ten years from 1994 to 2004, stream sediment samples of 1,563 were collected in the northeastern parts of Aichi Prefecture. Major element data of these samples by X-ray fluorescence spectrometry (XRF) and the discussion on their regional spatial distributions have been published. Here we report 22 element analysis (Sc, Cr, Fe, Co, Zn, As, Rb, Sb, Cr, Ba, La, Ce, Sm, Eu, Tb, Yb, Lu, Hf, Ta, Au, Th and U) of the sediment samples by instrumental neutron activation analysis (INAA), together with discussion on the accuracy and precision of our analytical method by INAA. A new automated γ-ray counting and data processing system for INAA and postaldelivery system of irradiated samples from Japan Atomic Energy Research Institute were utilized. The INAA system enables us simple and rapid INAA analysis of a large number of samples. By using this system, nine GSJ rock reference samples (JB-1a, JB-2, JA-1, JG-1a, JG-2, JLk-1, JSd-1, JSd-2 and JSd-3) and one USGS rock standard G-2 were analyzed to examine accuracy and precision of analytical results. The results show good agreement with the reference values, indicating that our analytical system is effective for analysis of stream sediments with various bedrock geology. On the other hand, in order to evaluate accruracy of the values obtained by INAA, comparison of analytical results of stream sediments by INAA with the previously analyzed data by inductively coupled plasma atomic emission spectrometry (ICP-AES), atomic absorption spectrometry (AAS) and XRF was made. The result indicates that the data by the ICP-AES and AAS methods, which need HF digestion of samples, could be lower than the true values for some elements due to partly incomplete decomposition of samples. The INAA method, which needs no HF digestion, is suitable for accurate analysis for a large number of samples in the geochemical mapping project. We have collected stream sediments collected at the same site every year since 1994 to 2004. The samples were used to evaluate sample heterogeneity of the sediment collected at the same site. Most of trace elements, except for Cr, Zn, Hf and Au, of the samples show the concentrations with ±(30~50)% deviations, a little larger than the analytical errors. The Cr, Zn, Hf and Au concentrations have larger deviations, indicating the heterogeneous distribution of small accessory minerals at the sampling site and even in sample aliquots of 100 mg.国立情報学研究所で電子化したコンテンツを使用している。

    DOI: 10.18999/joueps.53.15

    CiNii Article

  157. Geochemistry of heavily altered Archean volcanic and volcaniclastic rocks of the Warrawoona Group, at Mt. Goldsworthy in the Pilbara Craton, Western Australia: Implications for alteration and origin 査読有り

    SUGITANI KENICHIRO, YAMASHITA FUMIAKI, NAGAOKA TSUTOMU, MINAMI MASAYO, YAMAMOTO KOSHI

    GEOCHEMICAL JOURNAL   40 巻 ( 5 ) 頁: 523 - 535   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    The geochemical characteristics of Archean unusual siliceous rocks at Mt. Goldsworthy region in the Pilbara Craton were studied. The siliceous rocks have been assigned to the uppermost Warrawoona Group mafic volcanic rocks, and are overlain by quartz-rich sandstone units of the Strelley Pool Chert that probably represent continental margin sedimentation. The Warrwoona rocks have been heavily altered and are now composed dominantly of microcrystalline quartz, with subordinate mica, Fe-Ti oxides and unidentified silicates; original magmatic textures are only locally preserved. The complex alteration is assumed to result from multiple events including weathering during subaerial exposure, circulation of hydrothermal fluids, and metasomatic silicification. During alteration, Al, Ti, Zr, Th, Cr and Sc remained immobile, although their concentrations were lowered by a substantial increase in silica. Mutual ratios of these immobile elements such as Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub>/TiO<sub>2</sub> Cr/Th, Th/Sc, Cr/Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub> and Zr/TiO<sub>2</sub> and comparison with the least-altered contemporaneous mafic-ultramafic rocks in the Pilbara Craton show that the altered rocks originated from high-MgO rocks such as komatiite and high-MgO basalt, possibly of Al-depleted type. The Mt. Goldsworthy rocks have significantly higher Th/Sc (0.024-0.1) values compared with primitive mantle values (0.005) and komatiite (0.01). This feature is interpreted as a result of crustal contamination, which is consistent with the early evolution of continental crust.

    DOI: 10.2343/geochemj.40.523

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

  158. 愛知県犬山市東部の中・古生層分布地域の地球化学図とヒ素と金の挙動

    伊藤 知子, 田中 剛, 南 雅代

    日本地球化学会年会要旨集   53 巻 ( 0 ) 頁: 136 - 136   2006年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    熱水活動において金とヒ素とアンチモンはよく似た挙動をすることが知られている。ところが、犬山市東部ではヒ素の濃度が高いにも関わらず金の濃度はさほど高くない。この地域におけるヒ素と金の挙動に、熱水活動とは異なる元素濃集機構があり、他の元素においても同様な挙動の違いがあると考えられる。本研究では表記地域の河床堆積物101試料を採取し、主成分元素10元素と金・ヒ素・アンチモンを含む微量元素44元素を定量し、元素ごとに地球化学図を作成した。そこから、中・古生層における元素の挙動を考察した。

    DOI: 10.14862/geochemproc.53.0.136.0

    CiNii Article

  159. 河床堆積物の化学組成の経年・季節変動 -矢田川の例-

    南 雅代, 伊藤 知子, 田中 剛

    日本地球化学会年会要旨集   53 巻 ( 0 ) 頁: 98 - 98   2006年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    近年環境問題への関心の高まりから、全国各地で地球化学図が作成され、それをもとにした地球環境評価が盛んになりつつある。これらの研究の多くは、河床堆積物を対象試料としているが、試料の採取時期が明らかにされていないことが多い。地域や研究者の異なる地球化学図を比較する場合は、試料採取時期の違いによる河床堆積物の化学組成の変化を考慮する必要がある。名古屋大学地球惑星科学科では、1994年から名古屋市東部から岐阜県南部をフィールドとして地球化学図作成を行っており、瀬戸市矢田川の定点において、毎年4月に河床堆積物の採取を行っている。さらに2005年度には、7月、10月、2月にこの定点において試料採取を行った。これらの結果から、河床堆積物の化学組成の10年間の経年変化、および1年間の季節変動をみることが可能である。本講演においては、これらの結果について報告する。

    DOI: 10.14862/geochemproc.53.0.98.0

    CiNii Article

  160. 鎌倉古人骨のストロンチウム同位体比

    南 雅代, 中村 俊夫

    日本地球化学会年会要旨集   53 巻 ( 0 ) 頁: 224 - 224   2006年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    鎌倉市には多くの遺跡が存在し、これまでに大量の中世人骨が発掘されていることから、中世都市鎌倉の埋葬地として使用されたと考えられている。人骨の埋葬形態は遺跡間、また同一遺跡内の各墓坑内間においても単体葬、頭蓋骨集積葬、人骨獣骨混合葬といったように異なっていることから、身分の差による違いや、疫病や災害・戦による大量死と自然死の違い、土着民か否かという違いなどが指摘されている。そこで本研究においては、この違いの原因を明らかにするために、由比ヶ浜南遺跡、中世集団墓地遺跡から出土した人骨の14C年代、炭素・窒素同位体比を測定するとともに87Sr/86Sr同位体比を測定し、年代、食性、土着性の点において遺跡、埋葬形態の異なる人骨に違いがみられるかどうかを調べた。講演においては、87Sr/86Sr同位体比から得られる結果について主に報告する。

    DOI: 10.14862/geochemproc.53.0.224.0

    CiNii Article

  161. Carbon and nitrogen isotopic fractionation in bone collagen during chemical treatment

    Minami M, Nakamura T

    CHEMICAL GEOLOGY   222 巻 ( 1-2 ) 頁: 65 - 74   2005年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Chemical Geology  

    DOI: 10.1016/j.chemgeo.2005.06.005

    Web of Science

    Scopus

  162. Carbon and nitrogen isotopic fractionation in bone collagen during chemical treatment. 査読有り

    Minami M. and Nakamura, T.

    Chemical Geology   222 巻   頁: 65-74   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  163. Database for geochemical mapping of the northeastern areas of Aichi Prefecture, central Japan -XRF major element data of stream sediments collected in 1994 to 2004-. 査読有り

    Minami, M., Tanaka, T., Yamamoto, K., Mimura, K., Asahara, Y., Takeuchi, M., Yoshida, H. and Yogo, S.

    J. Earth Planet. Sci. Nagoya Univ.   52 巻   頁: 25- 67   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  164. 琵琶湖の湖底堆積物ならびに流入河川堆積物の炭素同位体比から探る堆積環境

    南 雅代,種 紀彦,小田寛貴,横田喜一郎

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XVI 巻   頁: 73-83   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  165. <sup>84</sup>Sr高濃縮スパイクを用いたSrの定量/同位体比同時分析

    南 雅代, 林 隆正, 田中 剛

    日本地球化学会年会要旨集   52 巻 ( 0 ) 頁: 273 - 273   2005年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    表面電離型質量分析計を用いて試料中のSrの分析を行う場合,試料を分解した後,同位体希釈法によるSr定量分析用とSr同位体比分析用に分取して,それぞれ分析を行っていくのが一般的であるが,本研究では<sup>84</sup>Srスパイクを用い,試料を分取することなく,1フラクションでSrの定量/同位体比を同時に分析する方法を試みた。Srの濃度,同位体比が既知の何種類かの標準溶液に<sup>84</sup>スパイクの添加量を変えて混合した場合のSr同位体比に与える影響を調べた結果,スパイク/試料のモル比が0.02より大きい時は,スパイク/試料のモル比に関わらず,Sr同位体比はほぼ適切に補正されることが明らかとなった。インドの河川水に本方法を適用した結果,従来法で求めた定量値,同位体比値をほぼ同じとなった。Sr含有量の低い標準岩石(JP-1やJCh-1など)において本方法を適用した結果も報告する。

    DOI: 10.14862/geochemproc.52.0.273.0

    CiNii Article

  166. Database for geochemical mapping of the northeastern areas of Aichi Prefecture, central Japan ^ XRF major element data of stream sediments collected in 1994 to 2004 -

    MINAMI Masayo, TANAKA Tsuyoshi, YAMAMOTO Koshi, MIMURA Koichi, ASAHARA Yoshihiro, TAKEUCHI Makoto, YOSHIDA Hidekazu, YOGO Setsuo

    The Journal of earth and planetary sciences, Nagoya University   ( 52 ) 頁: 25 - 67   2005年

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学  

    国立情報学研究所で電子化したコンテンツを使用している。

    DOI: 10.18999/joueps.52.25

    CiNii Article

  167. 琵琶湖の湖底堆積物ならびに流入河川堆積物の炭素同位体から探る堆積環境

    南 雅代, 種 紀彦, 小田 寛貴, 横田 喜一郎, 中村 俊夫

    日本地球化学会年会要旨集   52 巻 ( 0 ) 頁: 170 - 170   2005年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    琵琶湖の北湖と南湖の湖底堆積物について鉛直方向の炭素同位体比の変化を調べるとともに、琵琶湖に流入している主な河川の川床堆積物や後背地に存在する石灰岩の炭素同位体比についても分析を行い、河川堆積物や石灰岩の琵琶湖湖底堆積物に与える影響について調べた。堆積物試料については酸〓アルカリ〓酸処理を行い、酸アルカリ不溶成分(残渣)と酸可溶成分に分け、各成分の抽出量、炭素含有量、δ<sup>13</sup>C値、<sup>14</sup>C年代を測定した。各成分の炭素含有量、δ<sup>13</sup>C値、Δ<sup>14</sup>Cはいずれも北湖堆積物では表層部で、南湖堆積物では約20cmの深さの層で極大値を示した。また,酸可溶成分のほうが酸アルカリ不溶成分よりδ<sup>13</sup>C、Δ<sup>14</sup>Cともに高い値を示した。これらの結果と、河川堆積物の結果について報告する。

    DOI: 10.14862/geochemproc.52.0.170.0

    CiNii Article

  168. 西オーストラリアピルバラ地域から産出した34億年前の微化石様構造について

    杉谷 健一郎, 三村 耕一, 南 雅代

    日本地球化学会年会要旨集   52 巻 ( 0 ) 頁: 105 - 105   2005年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    西オーストラリアピルバラ地域の太古代チャート(34億年前)から、化石である可能性が非常に高い微細構造を発見した。その微細構造は有機炭素からなり全岩の炭素同位体比は-30パーミルより軽い。この微細構造は数十μmに達し,球状、ひも状、レンズ状等様々な形状をしており、かつコロニー状の集合体として産する場合がある。この構造の生物起源性が立証された場合,生命と地球環境の初期進化に関する我々の一般的理解は大きな変更をせまられることになるかもしれない。この発表では、微化石様構造の産状と基本的な地球化学的データを提示し,その生物起源性を今後どのように検証、立証すべきか,またその際どのような地球化学的なアプローチが可能であるか考察する。

    DOI: 10.14862/geochemproc.52.0.105.0

    CiNii Article

  169. 都市公共用水域に対するノンポイント汚染源としての道路脇粉塵(<63μm画分)の化学的特徴 : 名古屋市の事例

    杉谷 健一郎, 野村 晶子, 南 雅代, 加藤 博和

    水環境学会誌 = Journal of Japan Society on Water Environment   27 巻 ( 8 ) 頁: 547 - 552   2004年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本水環境学会  

    The chemical composition of fine fractions (<63<i>&mu;</i>m) of street dust in Nagoya City, central Japan, is examined to obtain information on the nonpoint pollution load of river and sewer systems in urban areas. The results show that the fine fractions of street dust have more C, Fe, Mn, Ca, Mg, P, Cr, Zn, Sb, As, Hf, and Au than hypothetical background level. Additionally, Ti and Co are also derived significantly from anthropogenic sources. Among these &ldquo;enriched elements&rdquo;, C, Ca, P, Zn and Ti are likely derived from tire and asphalt dusts, whereas Fe, Mn, Co and possibly Cr appear to be incorporated into street dust as iron alloy particles. These metallic iron particles are also considered to be derived from parts of vehicles such as their bodies and brake disks.

    DOI: 10.2965/jswe.27.547

    CiNii Article

  170. Chemical techniques to extract organic fractions from fossil bones for accurate C-14 dating

    Minami M, Muto H, Nakamura T

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS   223 巻 ( SPEC. ISS. ) 頁: 302 - 307   2004年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms  

    DOI: 10.1016/j.nimb.2004.04.060

    Web of Science

    Scopus

  171. High precision C-14 measurements with the HVEE Tandetron AMS system at Nagoya University

    Nakamura T, Niu E, Oda H, Ikeda A, Minami M, Ohta T, Oda T

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS   223 巻 ( SPEC. ISS. ) 頁: 124 - 129   2004年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms  

    DOI: 10.1016/j.nimb.2004.04.027

    Web of Science

    Scopus

  172. Precambrian Antarctic Meteorite "Phantasia"

    Tanaka T, Minami M, Shibata S, Yanai K, Shiraishi K

    GEOCHIMICA ET COSMOCHIMICA ACTA   68 巻 ( 11 ) 頁: A769 - A769   2004年6月

     詳細を見る

  173. 琵琶湖湖底堆積物の化学的特徴(タンデトロン加速器質量分析計業績報告2003(平成15)年度)

    南 雅代, 平野 靖幸, 小田 寛貴, 横田 喜一郎

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 15 ) 頁: 181 - 198   2004年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター  

    タンデトロン加速器質量分析計業績報告 Summaries of Researches Using AMS 2003 (平成15)年度

    DOI: 10.18999/sumrua.15.181

    CiNii Article

  174. High precision 14C measurement with the HVEE Tandetron AMS system at Nagoya Universtiy. 査読有り

    Nakamura, T., Niu, E., Oda, H., Ikeda, A., Minami, M.

    Nucl. Instr. and Meth. in Phys. Res.   B223-224 巻   頁: 124-129   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  175. 都市公共用水域に対するノンポイント汚染源としての道路脇粉塵(<63μm画分)の化学的特徴-名古屋市の事例- 査読有り

    杉谷健一郎・野村晶子・南 雅代・加藤博和

    水環境学会誌   27 巻   頁: 547-552   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  176. 東シベリアマンモス臼歯化石のアミノ酸のラセミ化と14C年代

    南 雅代・竹山雅美・中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XV 巻   頁: 52-65   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  177. Chemical techniques to extract organic fractions from fossil bones for accurate 14C dating, 査読有り

    Minami, M., Muto, H. and Nakamura, T.

    Nucl. Instr. and Meth. in Phys. Res.   B223-224 巻   頁: 302-307   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  178. 琵琶湖湖底堆積物の化学的特徴

    南 雅代・平野靖幸・小田寛貴・横田喜一郎

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XV 巻   頁: 181-198   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  179. 東シベリアマンモス象臼歯化石のアミノ酸の<sup>14</sup>C年代とラセミ化反応

    南 雅代, 竹山 雅美, 中村 俊夫

    日本地球化学会年会要旨集   51 巻 ( 0 ) 頁: 110 - 110   2004年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    東シベリアマンモス象臼歯化石の<sup>14</sup>C年代とアスパラギン酸ラセミ化率を測定した。臼歯化石は象牙質,エネメル質,セメント質,歯根部の4部位に分けて分析を行った。部位の違いによって,またアミノ酸成分とゼラチン成分で1000-2000年の違いがみられたが,この臼歯化石は約37,000 BPの年代を示すものと考えられた。臼歯化石のD/Lアスパラギン酸比は歯根部を除いて現生のコラーゲン試薬のD/L比とほとんど変わらず,ラセミ化が進んでいなかった。したがって,この臼歯化石は約37,000年前に埋没してからラセミ化の進まない環境下にあったと考えられる。これは臼歯化石が永久凍土中で発見された事実と矛盾しない結果である。臼歯化石の歯根部は<sup>14</sup>C年代もD/L比も象牙質,セメント質とはふるまいが異なっていた。本講演ではこの違いについても議論したい。

    DOI: 10.14862/geochemproc.51.0.110.0

    CiNii Article

  180. Dependence of C-14 ages on carbon fraction and reservoir effect for archeological materials

    Nakamura T, Minami M, Oda H, Niu E, Ikeda A, Ohta T

    GEOCHIMICA ET COSMOCHIMICA ACTA   67 巻 ( 18 ) 頁: A328 - A328   2003年9月

     詳細を見る

  181. Sr-87/Sr-86 ratios in lake sediments in Lake Biwa, Japan - Environmental change in the last 200 years

    Minami M, Oda H, Yokota K, Ando K, Yamamoto K

    GEOCHIMICA ET COSMOCHIMICA ACTA   67 巻 ( 18 ) 頁: A292 - A292   2003年9月

     詳細を見る

  182. New attempt to geochemical mapping of Sr isotope in Aichi Prefecture, central part of Japan

    Asahara Y, Ishiguro H, Tanaka T, Yamamoto K, Mimura K, Minami M, Yoshida HD, Yogo S

    GEOCHIMICA ET COSMOCHIMICA ACTA   67 巻 ( 18 ) 頁: A25 - A25   2003年9月

     詳細を見る

  183. Geochemical map of Aichi prefecture, central part of Japan major elements

    Yamamoto K, Tanaka T, Minami M, Mimura K, Asahara Y, Yoshida H, Yogo S, Inayoshi M

    GEOCHIMICA ET COSMOCHIMICA ACTA   67 巻 ( 18 ) 頁: A552 - A552   2003年9月

     詳細を見る

  184. Geochemical map of Aichi Prefecture, central part of Japan - Minor elements

    Tanaka T, Yamamoto K, Minami M, Mimura K, Asahara Y, Yoshida H, Yogo S, Inayoshi M

    GEOCHIMICA ET COSMOCHIMICA ACTA   67 巻 ( 18 ) 頁: A476 - A476   2003年9月

     詳細を見る

  185. 化石骨から抽出したアミノ酸の^<14>C年代とラセミ化反応(タンデトロン加速器質量分析計業績報告2002(平成14)年度)

    南 雅代, 村中 泰史, 中村 俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 14 ) 頁: 201 - 207   2003年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター  

    タンデトロン加速器質量分析計業績報告 Summaries of Researches Using AMS 2002 (平成14)年度

    DOI: 10.18999/sumrua.14.201

    CiNii Article

  186. 有機金属の環境指標としての有用性の検討(タンデトロン加速器質量分析計業績報告2002(平成14)年度)

    安藤 邦彦, 南 雅代, 小田 寛貴, 横田 喜一郎, 山本 鋼志

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 14 ) 頁: 155 - 169   2003年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター  

    タンデトロン加速器質量分析計業績報告 Summaries of Researches Using AMS 2002 (平成14)年度

    DOI: 10.18999/sumrua.14.155

    CiNii Article

  187. 最近落下した隕石ならびに南極やまと隕石の14C濃度測定

    南 雅代・照井敦・中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XIV 巻   頁: 72-82   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  188. 有機金属の環境指標としての有用性の検討

    安藤邦彦・南 雅代・小田寛貴・横田喜一郎・山本鋼志

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XIV 巻   頁: 155-169   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  189. 化石骨から抽出したアミノ酸の14C年代とラセミ化反応

    南 雅代・村中泰志・中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析業績報告書   XIV 巻   頁: 201-207   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  190. ナウマン象臼歯化石から抽出したアミノ酸の<SUP>14</SUP>C年代とラセミ化反応

    南 雅代, 村中 泰史, 中村 俊夫

    日本地球化学会年会要旨集   50 巻 ( 0 ) 頁: 31 - 31   2003年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    宇和海の海底から採取されたナウマン象臼歯化石のアミノ酸のラセミ化率を測定した。臼歯化石からゼラチンコラーゲンを抽出し,加水分解後XAD-2樹脂処理をして純化したアミノ酸集合体成分を誘導体化し,ガスクロマトグラフィーによりアスパラギン酸のD/L比を測定したところ0.128という値が得られた。このD/L比と純化されたアミノ酸集合体成分に対して得られている<SUP>14</SUP>C年代(43,870±450 BP)から,4.1℃という平均温度履歴が算出された。約4万年前は氷河期であったために,現在よりも海水面が低く,この試料の採取地である瀬戸内海は陸地であり,ナウマン象などが生育していた。化石骨が陸地の堆積物中に存在していた間は4.1℃以上の温度環境にあったと予想できる。また海底の温度は5℃位と考えられ,ナウマン象臼歯化石から得られた4.1℃という平均温度履歴は,大体妥当であると考えられる。

    DOI: 10.14862/geochemproc.50.0.31.0

    CiNii Article

  191. 愛知県の地球化学図ー微量元素ー

    田中 剛, 山本 鋼志, 南 雅代, 三村 耕一, 浅原 良浩, 吉田 英一, 輿語 節生, 稲吉 正実

    日本地球化学会年会要旨集   50 巻 ( 0 ) 頁: 62 - 62   2003年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    地球化学図は地圏表層部の化学環境を評価するのに有用である。愛知県東部一帯から採集した川床堆積物1500試料中の27元素を中性子放射化分析で分析した。多くの元素は、地質によって地球化学的に解釈できる分布を示した。一方、マグネシウムと全く関連しない、鉄の分布はゴルフ場と関連するなど、人為的な影響も見られた。金の分布と関連する、熱水起源を示す、ヒ素とヒ素のみの分布もみれれる。元素の起源を考察する。

    DOI: 10.14862/geochemproc.50.0.62.0

    CiNii Article

  192. 愛知県の地球化学図ー主要成分元素ー

    山本 鋼志, 田中 剛, 南 雅代, 三村 耕一, 淺原 良浩, 吉田 英一, 與語 節生, 稲吉 正実

    日本地球化学会年会要旨集   50 巻 ( 0 ) 頁: 61 - 61   2003年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    名古屋大学地球化学講座では,1994年より,地球化学図を用いた地圏環境評価を行っている。本発表では,主成分元素の地球化学図を紹介する。堆積岩地域では,珪酸含有量が花崗岩地域に比べて高い。これは,後背地の美濃帯に珪質岩が広く分布することに起因すると考えられる。一方,花崗岩地域では,花崗岩体毎にK-Na-Ca組成が異なり,岩体の分類の基礎データとして需要であることが示された。

    DOI: 10.14862/geochemproc.50.0.61.0

    CiNii Article

  193. 地圏環境評価指標としてのSr同位体

    浅原 良浩, 石黒 寛子, 田中 剛, 山本 鋼志, 三村 耕一, 南 雅代, 吉田 英一, 與語 節生

    日本地球化学会年会要旨集   50 巻 ( 0 ) 頁: 63 - 63   2003年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    陸域の金属元素の主なリザーバは岩石圏にあり、風化、侵食により土砂や溶存態に形を変え、河川、沿海、外洋へと移動、拡散していく。現代においては、人為的な森林伐採や丘陵地開発による侵食の加速、人間活動による金属物質の放出もある。これらの様々な要因が複合的に絡まり河川水や海水、堆積物の元素組成が決まっているが、その要因をひとつひとつ紐解くにはその起源の情報を与えてくれる同位体は有力な指標である。本講演では、愛知県北東部地域から採取された150の河川堆積物試料と15の基盤岩岩石試料中の微量金属元素ストロンチウムの同位体比から得られる地圏環境情報について報告する。

    DOI: 10.14862/geochemproc.50.0.63.0

    CiNii Article

  194. Isotope diluted neutron activation analysis (ID-NAA) for quantitative analysis of PGEs and Re

    Tanaka T, Senda R, Shibata S, Minami M, Tanimizu M

    GEOCHIMICA ET COSMOCHIMICA ACTA   66 巻 ( 15A ) 頁: A763 - A763   2002年8月

     詳細を見る

  195. Presence of evolved continental crust in Archean Pilbara craton, Western Australia: Evidence from Re-Os isotopic systematics of 3.4Gyr cherts

    Suzuki K, Shimizu F, Okamoto M, Hattori Y, Minami M, Shimoda G, Tatsumi Y, Adachi M

    GEOCHIMICA ET COSMOCHIMICA ACTA   66 巻 ( 15A ) 頁: A755 - A755   2002年8月

     詳細を見る

  196. Diurnal variation of CO<inf>2</inf> concentration, Δ <sup>14</sup>C and δ<sup>13</sup>C in an urban forest: Estimate of the anthropogenic and biogenic CO<inf>2</inf> contributions

    Takahashi H.A.

    Tellus, Series B: Chemical and Physical Meteorology   54 巻 ( 2 ) 頁: 97 - 109   2002年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Tellus, Series B: Chemical and Physical Meteorology  

    DOI: 10.1034/j.1600-0889.2002.00231.x

    Scopus

  197. Diurnal variation of CO2 concentration, Delta C-14 and delta C-13 in an urban forest: estimate of the anthropogenic and biogenic CO2 contributions

    Takahashi HA, Konohira E, Hiyama T, Minami M, Nakamura T, Yoshida N

    TELLUS SERIES B-CHEMICAL AND PHYSICAL METEOROLOGY   54 巻 ( 2 ) 頁: 97 - 109   2002年4月

     詳細を見る

  198. <14>^C年代測定の国際比較研究FIRIの結果について

    中村 俊夫, 小田 寛貴, 丹生 越子, 池田 晃子, 南 雅代, 高橋 浩, 太田 友子

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 13 ) 頁: 29 - 40   2002年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター  

    第14回名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計シンポジウム(平成13 (2001)年度)報告

    DOI: 10.18999/sumrua.13.29

    CiNii Article

  199. 化石骨の脱灰処理条件の検討

    南 雅代, 中村 俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 13 ) 頁: 177 - 185   2002年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター  

    タンデトロン加速器質量分析計業績報告 Summaries of Researches Using AMS 2001 (平成13)年度

    DOI: 10.18999/sumrua.13.177

    CiNii Article

  200. 琵琶湖南湖の湖底堆積物のSr同位体比

    南 雅代, 小田 寛貴, 小島 貞男, 横田 喜一郎, 中村 俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 13 ) 頁: 71 - 81   2002年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター  

    第14回名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計シンポジウム(平成13 (2001)年度)報告

    DOI: 10.18999/sumrua.13.71

    CiNii Article

  201. Diurnal variation of CO2 concentration, Δ14C and δ13C in an urban forest --Estimate of the anthropogenic and biogenic CO2 contributions--. 査読有り

    Takahashi, H., Konohira, E., Hiyama, T., Minami, M., Nakamura, T. and Yoshida, N.

    Tellus   54B 巻   頁: 97-109   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  202. 琵琶湖南湖の湖底堆積物のSr同位体比

    南 雅代・小田寛貴・小島貞男・横田喜一郎・中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XIII 巻   頁: 71-81   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  203. 化石骨の脱灰処理条件の検討

    南 雅代・中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析業績報告書   XIII 巻   頁: 177-185   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  204. 同位体希釈中性子放射化分析による岩石中の白金族元素とレニウムの高確度定量への試み

    田中 剛, 仙田 量子, 柴田 信之介, 南 雅代, 谷水 雅治

    日本地球化学会年会要旨集   49 巻 ( 0 ) 頁: 209 - 209   2002年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    岩石中の白金族元素は、濃度が低く、かつ遍在するために、再現性のある定量が困難であった。Re, Os, Ru, Irが容易に放射化される2つ以上の安定同位体を含む事に着目して、同位体希釈中性子放射化分析を試みた。良好な再現性を得た。

    DOI: 10.14862/geochemproc.49.0.209.0

    CiNii Article

  205. 湖底、海底から採取された化石骨の炭素・窒素・Sr同位体比

    南 雅代, 中村 俊夫

    日本地球化学会年会要旨集   49 巻 ( 0 ) 頁: 142 - 142   2002年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    琵琶湖南湖の粟津湖底遺跡から採取された獣類骨片と、愛媛県宇和海の海底から採取されたナウマン象臼歯化石について、炭素・窒素・Sr同位体比、希土類元素濃度などを分析し、骨化石が周囲の堆積物、水とどのような関係にあったかについて調べた。化石骨のSr同位体比は周りの水とよく似た値を示し、堆積物とは異なる値を示すことから、化石骨は堆積物よりも水の影響を大きく受けていると考えられる。

    DOI: 10.14862/geochemproc.49.0.142.0

    CiNii Article

  206. 琵琶湖底泥のSr同位体比

    南 雅代, 小田 寛貴, 小島 貞男, 横田 喜一郎, 中村 俊夫

    日本地球化学会年会要旨集   49 巻 ( 0 ) 頁: 187 - 187   2002年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    琵琶湖の南湖底泥の<SUP>210</SUP>Pb、<SUP>137</SUP>Cs放射能を測定して堆積速度を見積もった結果、<SUP>210</SUP>Pbからは堆積速度が得られず、<SUP>137</SUP>Csからはほぼ3mm/年の堆積速度が得られた。湖底泥中のSr同位体比、Sr濃度は、<SUP>137</SUP>Csがピークを示す深度10cm付近で急激に変化していた。その原因について考察するとともに、北湖底泥の結果についても報告する。

    DOI: 10.14862/geochemproc.49.0.187.0

    CiNii Article

  207. British Columbiaから採取された獣骨および人骨のAMS<14>^C年代

    南 雅代, Chisholm Brian, 武藤 宏男, 中村 俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 12 ) 頁: 169 - 179   2001年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター 天然放射性元素測定小委員会  

    タンデトロン加速器質量分析計業績報告 Summaries of Researches Using AMS 2000 (平成12)年度

    DOI: 10.18999/sumrua.12.169

    CiNii Article

  208. 南極隕石の落下<14>^C年代測定

    南 雅代, 中村 俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 12 ) 頁: 134 - 145   2001年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター 天然放射性元素測定小委員会  

    第13回名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計シンポジウム(平成12 (2000)年度)報告 名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計第2号機の研究成果と利用計画

    DOI: 10.18999/sumrua.12.134

    CiNii Article

  209. 名古屋大学タンデトロン2号機による<14>^C濃度既知の標準試料(IAEA C1-C8)の測定 : 測定精度と正確度の検定

    中村 俊夫, 小田 寛貴, 丹生 越子, 池田 晃子, 南 雅代, 高橋 浩, 太田 友子

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 12 ) 頁: 35 - 43   2001年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター 天然放射性元素測定小委員会  

    第13回名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計シンポジウム(平成12 (2000)年度)報告 名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計第2号機の研究成果と利用計画

    DOI: 10.18999/sumrua.12.35

    CiNii Article

  210. British Columbiaから採取された獣骨および人骨のAMS14C年代

    南 雅代・Chisholm, B.・武藤宏男・中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XII 巻   頁: 169-179   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  211. An extraction system to measure carbon-14 terrestial ages of meteorites with a Tandetron AMS at Nagoya University 査読有り

    Minami, M. and Nakamura, T.

    Radiocarbon   43 巻 ( 2A ) 頁: 263-270   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  212. 南極隕石の落下14C年代測定

    南 雅代・中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XII 巻   頁: 134-145   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  213. An extraction system to measure carbon-14 terrestrial ages of meteorites with a tandetron AMS at Nagoya University

    Minami M, Nakamura T

    RADIOCARBON   43 巻 ( 2A ) 頁: 263 - 269   2001年

     詳細を見る

  214. An extraction system to measure carbon-14 terrestrial ages of meteorites with a tandetron AMS at Nagoya University

    Minami M.

    Radiocarbon   43 巻 ( 2 PART I ) 頁: 263 - 269   2001年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Radiocarbon  

    DOI: 10.1017/s0033822200038091

    Scopus

  215. 名古屋大学アイソトープ総合センターに設置されたγ線自動測定・解析システムによる地質資料の中性子放射化分析手順と分析精度

    柴田 信之介, 田中 剛, 南 雅代, 仙田 量子, 武邊 勝道, 加地 拓哉, 近藤 正史, 織田 周平, 林 隆正, 西澤 邦秀, 小島 久

    名古屋大学博物館報告   ( 17 ) 頁: 15 - 32   2001年

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学博物館  

    国立情報学研究所で電子化したコンテンツを使用している。

    DOI: 10.18999/bulnum.017.03

    CiNii Article

  216. XAD-2樹脂処理法による化石骨のAMS ^<14>C年代 - ゼラチン抽出法との比較 -

    南 雅代, 中村 俊夫

    第四紀研究   39 巻 ( 6 ) 頁: 547 - 557   2000年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本第四紀学会  

    化石骨から骨の本質成分であるアミノ酸を抽出し,XAD-2樹脂という吸着ポリマーに通して,周囲の堆積物由来の有機不純物を除去する方法を試み,従来行ってきたゼラチンコラーゲン抽出法との比較を行った.試料とした化石骨は,滋賀県粟津湖底遺跡の第3貝塚から採取された獣骨片である.<br>XAD-2樹脂処理して得られた化石骨中のアミノ酸集合体抽出成分は,ゼラチンコラーゲン抽出成分に比べて<sup>14</sup>C年代値は古く,同層から採取された木片の示す年代に近づく傾向を示した.特に,ゼラチンコラーゲンの収率が低い骨試料では,XAD-2樹脂処理されたアミノ酸集合体成分とゼラチンコラーゲン成分の<sup>14</sup>C年代値の間に約400年の差が見られ,後者の年代は実際よりも若返っていることが示唆された.このことから,保存が良好ではなく,コラーゲン収率が悪い化石骨に対して,今回試みたXAD-2吸着樹脂を用いる方法は,信頼度の高い<sup>14</sup>C年代値を得るために有効であることがわかった.

    DOI: 10.4116/jaqua.39.547

    CiNii Article

  217. AMS radiocarbon age for fossil bone by XAD-2 chromatography method

    Minami M, Nakamura T

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS   172 巻   頁: 462 - 468   2000年10月

     詳細を見る

  218. The HVEE Tandetron AMS system at Nagoya University

    Nakamura T, Niu E, Oda H, Ikeda A, Minami M, Takahashi H, Adachi M, Pals L, Gottdang A, Suya N

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS   172 巻   頁: 52 - 57   2000年10月

     詳細を見る

  219. 冬期の都市森林における人為起源・生物起源二酸化炭素の寄与の評価

    高橋 浩, 木平 英一, 檜山 哲哉, 南 雅代, 高橋 厚裕, 小栗 秀之, 中村 俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 11 ) 頁: 88 - 99   2000年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター 天然放射性元素測定小委員会  

    第12回名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計シンポジウム(平成11 (1999年度)報告 名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計第1号機の研究実績と1号機,2号磯の利用計画

    DOI: 10.18999/sumrua.11.88

    CiNii Article

  220. 名古屋大学タンデトロン1号機の共同利用実績と現状

    中村 俊夫, 小田 寛貴, 池田 晃子, 丹生 越子, 南 雅代, 吉岡 茂雄, 太田 友子, 高橋 浩, 足立 守

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 11 ) 頁: 38 - 50   2000年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター 天然放射性元素測定小委員会  

    第12回名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計シンポジウム(平成11 (1999年度)報告 名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計第1号機の研究実績と1号機,2号磯の利用計画

    DOI: 10.18999/sumrua.11.38

    CiNii Article

  221. 南極隕石の落下<14>^C年代測定の試み

    南 雅代, 中村 俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 11 ) 頁: 100 - 112   2000年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター 天然放射性元素測定小委員会  

    第12回名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計シンポジウム(平成11 (1999年度)報告 名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計第1号機の研究実績と1号機,2号磯の利用計画

    DOI: 10.18999/sumrua.11.100

    CiNii Article

  222. 化学処理による骨コラーゲンの炭素・窒素同位体比の変化 : 主にXAD-2樹脂処理について

    南 雅代

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 11 ) 頁: 231 - 238   2000年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター 天然放射性元素測定小委員会  

    タンデトロン加速器質量分析計業績報告 Summaries of Researches Using AMS 1999 (平成11)年度

    DOI: 10.18999/sumrua.11.231

    CiNii Article

  223. AMS radiocarbon age for fossil bones by XAD-2 chromatography method 査読有り

    Minami, M. and Nakamura, T.

    Nucl.Instr.andMeth.in Phys.Res.   B172 巻   頁: 462-468   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  224. 化学処理によるコラーゲンの炭素・窒素同位体比の変化-主にXAD-2樹脂処理について-

    南 雅代

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XI 巻   頁: 231-238   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  225. 南極隕石の落下14C年代測定の試み

    南 雅代・中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   XI 巻   頁: 100-112   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  226. XAD-2樹脂処理法による化石骨のAMS14C年代 査読有り

    南 雅代・中村俊夫

    第四紀研究   39 巻   頁: 547-557   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  227. The HVEE Tandetron AMS system at Nagoya University 査読有り

    Nakamura, T., Niu, E., Oda, H., Ikeda, A., Minami, M., Takahashi, H., Adachi, M., Pals, L.

    Nucl.Instr.and Meth.in Phys.Res.   B172 巻   頁: 52-57   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  228. AMS radiocarbon age for fossil bone by XAD-2 chromatography method

    Minami M.

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms   172 巻 ( 1-4 ) 頁: 462 - 468   2000年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms  

    DOI: 10.1016/S0168-583X(00)00397-9

    Scopus

  229. The HVEE tandetron AMS system at Nagoya University

    Nakamura T.

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms   172 巻 ( 1-4 ) 頁: 52 - 57   2000年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms  

    DOI: 10.1016/S0168-583X(00)00398-0

    Scopus

  230. XAD-2吸着樹脂処理によるコラーゲンの炭素・窒素同位体分別について

    南 雅代

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 10 ) 頁: 235 - 242   1999年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター 天然放射性元素測定小委員会  

    タンデトロン加速器質量分析計業績報告 Summaries of Researches Using AMS 1998 (平成10)年度

    DOI: 10.18999/sumrua.10.235

    CiNii Article

  231. ナウマンゾウ臼歯化石のAMS<14>^C年代 : XAD-2樹脂を用いて

    南 雅代, 中村 俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 10 ) 頁: 139 - 148   1999年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター 天然放射性元素測定小委員会  

    タンデトロン加速器質量分析計業績報告 Summaries of Researches Using AMS 1998 (平成10)年度

    DOI: 10.18999/sumrua.10.139

    CiNii Article

  232. 名古屋大学加速器年代測定システムI,II号機の現状

    中村 俊夫, 小田 寛貴, 池田 晃子, 丹生 越子, 南 雅代, 吉岡 茂雄, 太田 友子, 高橋 浩, 足立 守, パルス ルディ

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 10 ) 頁: 5 - 17   1999年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター 天然放射性元素測定小委員会  

    第11回名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計シンポジウム(平成10 (1998)年度)報告 名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計第1号機の研究実績と1号機,2号磯の利用計画

    DOI: 10.18999/sumrua.10.5

    CiNii Article

  233. 熊本県八代郡泉村京丈山洞穴より産出したニホンオオカミ全身骨格標本のAMS<14>^C年代

    南 雅代, 北村 直司, 中村 俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 10 ) 頁: 189 - 198   1999年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター 天然放射性元素測定小委員会  

    熊本県泉村京丈山の石灰岩洞穴より, ニホンオオカミとされるほぼ完全な1個体分の全身骨格が1976年から1977年にかけての調査で発見された, 今回, この標本と国立科学博物館所蔵のニホンオオカミ全身骨格等と骨学的な比較検討を行い, あわせて放射性炭素(^<14>C)法を使って, 骨の年代測定を行った.本研究では, 骨試料からタンパク質であるコラーゲンを抽出し, さらに骨の有機物としてより根元的であるアミノ酸集合体を抽出し, それらの物質に含まれる炭素について, 名古屋大学に設置されているタンデトロン加速器質量分析計を用いて年代測定を実施した.その結果, 京丈山ニホンオオカミ標本はがっちりした体格のニホンオオカミであり, 全身骨格がそろった標本としては本邦2例目の最古のものであることが確認された.また, アミノ酸集合体の^<14>C年代は380±90yrBPと得られ, 室町から江戸初期に遡る可能性が示された.タンデトロン加速器質量分析計業績報告 Summaries of Researches Using AMS 1998 (平成10)年度

    DOI: 10.18999/sumrua.10.189

    CiNii Article

  234. 熊本県八代郡泉村京丈山洞穴より産出したニホンオオカミ全身骨格標本のAMS 14C年代

    南 雅代・北村直司・中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   X 巻   頁: 189-198   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  235. 熊本県八代郡泉村京丈山洞穴より産出したニホンオオカミ全身骨格

    北村直司・小原 巌・南 雅代・中村俊夫

    熊本博物館館報   11 巻   頁: 35-69   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  236. ナウマンゾウ臼歯化石のAMS14C年代-XAD-2樹脂を用いて-

    南 雅代・中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   X 巻   頁: 139-148   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  237. XAD-2吸着樹脂処理によるコラーゲンの炭素・窒素同位体分別について

    南 雅代

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   X 巻   頁: 235-242   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  238. Y-Ho fractionation and lanthanide tetrad effect observed in cherts

    Minami Masayo, Masuda Akimasa, Takahashi Kazuya, ADACHI Mamoru, SHIMIZU Hiroshi

    Geochemical journal : journal of the Geochemical Society of Japan   32 巻 ( 6 ) 頁: 405 - 419   1998年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    The abundances of rare earth elements (REE) and Y in cherts were precisely determined by ICP-MS: the Archean Marble Bar Chert from the Pilbara Block, Western Australia, Triassic cherts from central Japan, and Cretaceous deep-sea cherts from central Pacific and the Caribbean Sea. Both of W-type and M-type REE patterns are observed for the studied cherts and, in particular, clear W-type tetrad effect is observed for the Archean Marble Bar banded cherts. Appearance of tetrad effect phenomenon is related to their Fe<sub>2</sub>O<sub>3</sub><sup>&lowast;</sup> (total iron as Fe<sub>2</sub>O<sub>3</sub>) and Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub> concentrations. The cherts relatively enriched in Fe<sub>2</sub>O<sub>3</sub><sup>&lowast;</sup> show W-type tetrad effect, while that enriched in Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub> tends to show M-type tetrad effect. Therefore, impure clastic detritus in the cherts might be responsible for M-type tetrad effect. It is worthwhile noting that, irrespective of their REE patterns of W-type and M-type tetrad and little tetrad effects, the cherts chiefly show non-chondritic Y/Ho ratios between 13 and 27, negative deviations from chondritic value around 28, in contrast with seawaters and limestones characterized by strongly higher Y/Ho ratios ranging from 50 to 80 than the chondritic value. Among the cherts, the lowest Y/Ho ratios between 13 and 18 are observed for the Marble Bar yellowish gray cherts, which suffered disturbance of geochemical features by thermal events at ca. 2.5 Ga. It has been widely recognized that both of Y-Ho fractionation and lanthanide tetrad effect are phenomena observed in the marine environment. However, Y-Ho fractionation is not closely associated with lanthanide tetrad effect. Y-Ho fractionation is suggested to be related to the ligand that dominates the chemical complex in aqueous system, from our results and the observation that silicate-rich part and carbonate-rich part in banded iron formations show lower and higher Y/Ho ratios than the chondritic value, respectively. On the other hand, tetrad effect in the cherts is related to impurity minerals such as Fe-oxides and clastic detritus, with which REE might well by associated. It is interesting that the Archean banded charts, not containing organic nor detrital materials, display clear W-type tetrad effect coupled with slightly lower Y/Ho ratios than chondritic ratio.

    DOI: 10.2343/geochemj.32.405

    Scopus

    CiNii Article

  239. XAD-2樹脂処理による同位体分別について

    南 雅代, 池田 晃子

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   9 巻   頁: 308 - 311   1998年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学  

    XAD-2 resin is considered the good materials to separate quantitatively the polar amino acids from the less polar fulvic and humic acids. To evaluate if XAD-2 treatment affects isotope values, δ ^<13>C and δ ^<15>N were measured on bulk sample by a simple preparation, gelatin-collagen extracted by usual method, decalcified bone powder and XAD-purified hydrolysates from a modern well-preserved ivory sample "IVRY-1". Among three fractions of bulk, gelatin-collagen and decalcified ivory powder, there are almost no difference in both δ ^<13>C and δ ^<15>N. On the other hand, XAD-treated hydrolysate has apparently more positive δ ^<13>C and δ ^<15>N values than the three fractions. However, it is doubt whether the result is due to isotope fractionation by XAD-2 treatment because the fulvic and humic contamination in the collagen might affect isotope values of bulk, gelatin-collagen and decalcified ivory powder. The C/N ratio in fulvic and humic phases is significantly more higher than collagen. In the next study, we have to study modern collagen standards or amino acid standards to evaluate if XAD-2 resin introduce isotope fractionation.

    CiNii Article

  240. 名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計1号機および2号機の現状(1997年度)

    中村 俊夫, 小田 寛貴, 池田 晃子, 南 雅代, 足立 守

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 9 ) 頁: 126 - 139   1998年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター 天然放射性元素測定小委員会  

    タンデトロン加速器質量分析計業績報告 Summaries of Researches Using AMS 1997 (平成9)年度

    DOI: 10.18999/10.19999/sumrua.9.126

    CiNii Article

  241. 愛媛県西宇和郡三崎町名取梶谷鼻沖で採取されたナウマン象の臼歯のAMS ^<14>C年代

    中村 俊夫, 太田 友子, 宮本 雅三, 南 雅代, 小田 寛貴, 池田 晃子

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 9 ) 頁: 286 - 297   1998年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター 天然放射性元素測定小委員会  

    タンデトロン加速器質量分析計業績報告 Summaries of Researches Using AMS 1997 (平成9)年度

    DOI: 10.18999/10.19999/sumrua.9.286

    CiNii Article

  242. 名古屋大学年代測定資料研究センター・MAT-252における窒素安定同位体比測定について

    南 雅代, 青木 浩, 中村 俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 9 ) 頁: 316 - 323   1998年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター 天然放射性元素測定小委員会  

    タンデトロン加速器質量分析計業績報告 Summaries of Researches Using AMS 1997 (平成9)年度

    DOI: 10.18999/10.19999/sumrua.9.316

    CiNii Article

  243. Approximate estimation method of the degree of lanthanide tetrad effect and application to the tetrad effects in lanthanide ionic radii

    Minami M, Masuda A

    JOURNAL OF MAGNETISM AND MAGNETIC MATERIALS   177 巻   頁: 1021 - 1022   1998年1月

     詳細を見る

  244. Approximate estimation method of the degree of lanthanide tetrad effect and application to the tetrad effects in lanthanide ionic radii

    Minami M.

    Journal of Magnetism and Magnetic Materials   177-181 巻 ( PART 2 ) 頁: 1021 - 1022   1998年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Magnetism and Magnetic Materials  

    DOI: 10.1016/S0304-8853(97)00957-8

    Scopus

  245. Approximate estimation method of the degree of lanthanide letrad effect and application to the tetrad effects in lanthanide ionic radii 査読有り

    Minami, M. and Masuda, A.

    Journal of Magnetism and Magnetic Materials   180 巻   頁: 1021-1022   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  246. 名古屋大学年代測定資料研究センター・MAT252における窒素安定同位体比測定について

    南 雅代・青木 浩・中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   IX 巻   頁: 316-323   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  247. XAD-2樹脂処理による同位体分別について

    南 雅代・池田晃子

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   IX 巻   頁: 308-311   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  248. 化石骨のアミノ酸抽出とその14C年代

    南 雅代・中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   IX 巻   頁: 46-54   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  249. Comparison of AMS radiocarbon ages between amino acids and collagens in fossil bones 査読有り

    Minami, M. and Nakamura, T.

    Chinese Science Bulletin   43 巻   頁: 89   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  250. Y-Ho fractionation and lanthanide tetrad effect observed in cherts

    Minami M, Masuda A, Takahashi K, Adachi M, Shimizu H

    GEOCHEMICAL JOURNAL   32 巻 ( 6 ) 頁: 405 - 419   1998年

     詳細を見る

  251. 名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計の現状(1996年度) とタンデトロン2号機の設置

    中村 俊夫, 池田 晃子, 太田 友子, 南 雅代, 足立 守

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 8 ) 頁: 56 - 67   1997年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター 天然放射性元素測定小委員会  

    A Tandetron accelerator mass spectrometer (AMS), an apparatus dedicated to radiocarbon (^<14>C) measurements with high sensitivity, manufactured by General Ionex Corporation, USA, has been used since 1983 to measure ^<14>C concentrations of environmental samples as well as ^<14>C dates of geological and archeological materials at the Dating and Materials Research Center (DMRC), Nagoya University. No serious problem has occurred with the machine, which resulted in that 708 samples were measured in 1996,and totally 6,300 samples in various fields have been measured since the installation of the machine. Though the Tandetron AMS has been operated intensively, the number of samples analyzed annually is rather limited to several hundreds which is far smaller than the number of samples brought to the DMRC by many users from various research fields, mainly owing to lower negative current intensity from an ion source (HICONEX-844,modified for loading 18 targets at a time), as well as a rather low throughput of the total system. We could have fortunately introduced a new-generation Tandetron which is manufactured by High Voltage Engineering Europe (HVEE) BV, the Netherlands. Two sets of similar HVEE AMS system have been installed successfully at University of Groningen, Holland, and at University of Christian-Albrechts, Kiel, Germany. They have already shown excellent performances in carbon-isotope-ratio measurements : reproducibility of ^<12>C/^<13>C ratio as ア0.1% ; error and reproducibility of ^<14>C/^<12>C ratio as ア0.15-0.22% and ア0.3%, respectively. We are planning to perform high accuracy and high precision ^<14>C dating of mainly cultural property materials of historical age, archeological and geological samples, by using the new-generation machine.タンデトロン加速器質量分析計業績報告 Summaries of Researches Using AMS 1996 (平成8)年度

    DOI: 10.18999/sumrua.8.56

    CiNii Article

  252. 滋賀県粟津湖底遺跡第3貝塚の同一層から出土した木片,哺乳類骨片,セタシジミ貝殻化石の放射性炭素年代の比較

    中村 俊夫, 太田 友子, 伊庭 功, 南 雅代, 池田 晃子

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 8 ) 頁: 237 - 246   1997年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター 天然放射性元素測定小委員会  

    タンデトロン加速器質量分析計業績報告 Summaries of Researches Using AMS 1996 (平成8)年度

    DOI: 10.18999/sumrua.8.237

    CiNii Article

  253. 骨化石試料に対する信頼度の高い<14>^C年代, 炭素同位体比測定の試み

    南 雅代, 中村 俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   ( 8 ) 頁: 247 - 253   1997年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:名古屋大学年代測定資料研究センター 天然放射性元素測定小委員会  

    タンデトロン加速器質量分析計業績報告 Summaries of Researches Using AMS 1996 (平成8)年度

    DOI: 10.18999/sumrua.8.247

    CiNii Article

  254. *Approximate estimation of the degree of lanthanide tetrad effect from the data potentially involving all lanthanides 査読有り

    Minami, M. and Masuda, A.

    Geochemical Journal   31 巻   頁: 125-133   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  255. 骨化石試料に対する信頼度の高い14C年代,炭素同位体比測定の試み

    南 雅代・中村俊夫

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   VIII 巻   頁: 247-253   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  256. Approximate estimation of the degree of lanthanide tetrad effect from the data potentially involving all lanthanides

    Minami M.

    Geochemical Journal   31 巻 ( 3 ) 頁: 125 - 133   1997年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Geochemical Journal  

    DOI: 10.2343/geochemj.31.125

    Scopus

  257. 西オーストラリアPilbara Blockの始生代チャートの年代学的・地球化学的研究

    南 雅代

    地球化学   31 巻 ( 4 )   1997年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    DOI: 10.14934/chikyukagaku.31.244

    CiNii Article

  258. Two Archean Sm-Nd ages of 3.2 and 2.5 Ga for the Marble Bar Chert, Warrawoona Group, Pilbara Block, Western Australia

    MINAMI Masayo, SHIMIZU Hiroshi, MASUDA Akimasa, ADACHI Mamoru

    Geochemical journal : journal of the Geochemical Society of Japan   29 巻 ( 6 ) 頁: 347 - 362   1995年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    Isotopic data of Sm-Nd, La-Ce and Rb-Sr systems, rare earth element (REE) abundances and major element compositions are reported for the Archean Marble Bar Chert from the Towers Formation of the Salgash Subgroup, Warrawoona Group, Pilbara Block, Western Australia. The Marble Bar Chert records two Sm-Nd ages; 3.2&plusmn;0.3 Ga for red (or black) and white banded cherts and 2.5&plusmn;0.2 Ga for yellowish gray cherts. These ages contain relatively large uncertainties and are younger than 3.45 Ga U-Pb zircon ages previously reported for the Salgash Subgroup. The results imply some later perturbation in Sm-Nd system of these cherts after their formation. However, the older age of 3.2&plusmn;0.3 Ga is close to the U-Pb zircon ages for the Salgash Subgroup within analytical errors and therefore can be regarded as the formation time of the banded cherts. On the other hand, the younger age of 2.5&plusmn;0.2 Ga for the yellowish gray cherts is thought to reflect the time of later thermal events and the cherts do not retain their original chemical features. The 3.2 Ga Sm-Nd age for the Marble Bar banded cherts is the first Archean record obtained for the Archean cherts; their initial &epsilon;<sub>Nd</sub> value of +1.0&plusmn;3.0 holds the original nature at their formation without severe geochemical disturbance. The obtained mantle-like depleted or chondritic feature at 3.2 Ga for the banded cherts, together with their SiO<sub>2</sub> and Fe<sub>2</sub>O<sub>3</sub>&lowast; data and positive Eu anomalies in REE patterns, suggests substantially large contribution of hydrothermal solution derived from depleted- or chondritic-mantle to the cherts and inorganic origin of the cherts, which contrasts to Phanerozoic biogenic cherts.

    DOI: 10.2343/geochemj.29.347

    Scopus

    CiNii Article

  259. Experimental studies on behaviors of lanthanides in interaction between water and basaltic rock grains : Bearings of tetrad effect on conditions 査読有り

    Minami, M., Matsuda, N. and Masuda, A.

    Proceedings of Japan Academy   71B 巻   頁: 10-14   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  260. Two Archean Sm-Nd ages of 3.2 and 2.5 Ga for the Marble bar Chert, Warrawoona Group, Pilbara Block, Western Australia 査読有り

    Minami, M., Shimizu, H., Masuda, A. and Adachi, M.

    Geochemical Journal   29 巻   頁: 347-362   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  261. Two Archean Sm-Nd ages of 3.2 and 2.5 Ga for the Marble Bar Chert, Warrawoona Group, Pilbara Block, Western Australia

    Minami M, Shimizu H, Masuda A, Adachi M

    GEOCHEMICAL JOURNAL   29 巻 ( 6 ) 頁: 347 - 362   1995年

     詳細を見る

  262. Approximate estimation of the degree of lanthanide tetrad effect from precise but partially void data measured by isotope dilution and an electron configuration model to explain the tetrad phenomenon. 査読有り

    Masuda, A., Matsuda, N., Minami, M. and Yamamoto, H.

    Proceedings of Japan Academy   70B 巻   頁: 10-14   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  263. La-Ce and Sm-Nd systematics of siliceous sedimentary rocks : A Clue to marine environment in their deposition 査読有り

    Shimizu, H., Amano (Minami), M. and Masuda, A.

    Geology   19 巻   頁: 369-371   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 4

  1. 研究するって面白い!科学者になった11人の物語・「地球化学」と歩む

    南 雅代( 担当: 分担執筆)

    岩波書店  2016年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:176   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  2. 考古学を科学する・中国・北朝鮮国境白頭山の10世紀巨大噴火−放射性炭素法による高精度年代測定

    中村俊夫・奥野 充・小田寛貴・南 雅代( 担当: 共著)

    臨川書店  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 考古学を科学する・鎌倉中世人骨・獣類骨の14C年代測定

    南 雅代, 中村俊夫( 担当: 共著)

    臨川書店  2011年 

     詳細を見る

    担当ページ:233-244   記述言語:日本語

  4. 地球化学講座8 地球化学分析法・4. 11加速器質量分析

    中村俊夫・南 雅代( 担当: 共著)

    培風館  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

MISC 163

  1. 第5章第8節「土壌資料のストロンチウム同位体分析」 招待有り

    若木重行・南 雅代  

    松原市立部遺跡発掘調査報告書   頁: 78 - 80   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  2. 第5章第6節「火葬骨・木炭の放射性炭素年代測定」 招待有り

    南 雅代  

    松原市立部遺跡発掘調査報告書   頁: 68 - 72   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  3. 第5章第7節「人骨のストロンチウム同位体分析」 招待有り

    若木重行・南 雅代  

    松原市立部遺跡発掘調査報告書   頁: 73 - 77   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  4. 利根川河床の前橋泥流から見出された木片群の14C年代 査読有り

    佐藤興平・南 雅代・安倍 久・中村俊夫・武者 巌  

    群馬県立自然史博物館研究報告書25 巻   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  5. 高崎市のボーリングコアから見出された木片の14C年代と高崎ー前橋地域の後期更新世の地層形成史における意義 査読有り

    佐藤興平・南 雅代・中村俊夫  

    群馬県立自然史博物館研究報告書25 巻   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  6. 吾妻川上流域の火山泥流堆積物に含まれる木片の14C年代(予察) 査読有り

    佐藤興平・南 雅代・安部 久・中村俊夫・中村庄八・黒岩利明・嶋村 明・武者 巌  

    群馬県立自然史博物館研究報告書25 巻   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  7. 前橋の敷島公園に産する巨石「お艶ヶ岩」の起源 査読有り

    佐藤興平・南 雅代・池田信二・安倍 久・小島純一・武者 巌  

    群馬県立自然史博物館研究報告書25 巻   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  8. 大阪府松原市立部遺跡出土蔵骨器に納められた火葬骨の化学分析

    南 雅代・若木重行・佐藤亜聖・樫木規秀  

    日本地球化学会年会要旨集67 巻 ( 0 )   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14862/geochemproc.67.0_168

  9. 考古遺跡から出土した骨遺物の放射性炭素年代測定 招待有り

    南 雅代  

    日本地球化学会年会要旨集67 巻 ( 0 )   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14862/geochemproc.67.0_193

  10. 滋賀県敏満寺遺跡石仏谷墓跡から出土した火葬骨のSr同位体比から探る食性と居住地域

    澤田 陸, 若木 重行, 南 雅代  

    日本地球化学会年会要旨集67 巻 ( 0 )   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14862/geochemproc.67.0_198

  11. 水試料の溶存無機炭素を抽出する新手法の開発および従来法との比較

    佐藤 里名, 高橋 浩, 半田 宙子, 南 雅代  

    日本地球化学会年会要旨集67 巻 ( 0 )   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14862/geochemproc.67.0_157

  12. Paleoenvironmental reconstruction of northwest Iran based on <sup>14</sup>C age and chemical compositions of travertines 国際共著

    Zhang Yubo, Asahara Yoshihiro, Minami Masayo, Kaneko Masaki, Amin-Rasouli Hadi, Azizi Hossein  

    日本地球化学会年会要旨集67 巻 ( 0 )   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14862/geochemproc.67.0_200

  13. Sr同位体比による炭酸塩コンクリーションの年代決定 国際共著

    淺原 良浩, 吉田 英一, 山本 鋼志, 勝田 長貴, 南 雅代, Metcalfe Richard  

    日本地球化学会年会要旨集67 巻 ( 0 )   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14862/geochemproc.67.0_166

  14. イラン北西部のトラバーチン湧水の同位体地球化学的評価 国際共著

    金子 将己, 淺原 良浩, 南 雅代, 栗田 直幸, Hossein Azizi, Hadi Amin-Rasouli, 張 玉博  

    日本地球化学会年会要旨集67 巻 ( 0 )   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14862/geochemproc.67.0_126

  15. 北海道東部(阿寒湖 No.1・網走湖豊住No.1)の 2 つのボーリングコアの花粉分析とAMS 14C年代測定による後期更新世と完新世の植生変遷

    星野フサ・岡 孝雄・春木雅寛・中村俊夫・南 雅代・近藤 務・米道 博・関根達夫・山崎芳樹・若松幹男  

    名古屋大学年代測定研究4 巻   頁: 10 - 26   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  16. 名古屋大学タンデトロンAMS14Cシステムの現状と利用(2019)

    中村俊夫・南 雅代・小田寛貴・池田晃子・山根雅子・西田真砂美・若杉勇輝・佐藤里名・澤田 陸・酢屋徳啓・北川浩之  

    名古屋大学年代測定研究4 巻   頁: 63 - 71   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  17. 水試料の放射性炭素濃度測定のための手法改良

    高橋 浩・半田宙子・佐藤里名・中村俊夫・南 雅代  

    名古屋大学年代測定研究4 巻   頁: 1 - 8   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  18. 滋賀県多賀町敏満寺遺跡石仏谷墓跡出土火葬骨のSr同位体分析

    澤田 陸・若木重行・南 雅代  

    名古屋大学年代測定研究4 巻   頁: 53 - 58   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  19. 鹿児島県湧水町の三日月池の堆積物の層序と年代

    長友拓磨・奥野 充・藤木利之・中村俊夫・南 雅代・成尾英仁・寺田仁志  

    名古屋大学年代測定研究4 巻   頁: 35 - 38   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  20. 令和元年度 名古屋大学総長裁量経費 地域貢献事業「名古屋周辺の地震・活断層を学ぼう」活動報告

    南 雅代・鷺谷 威・小坂由紀子・加藤丈典・若杉勇輝・北川浩之・栗田直幸・山根雅子・西田真砂美・澤田 陸・榎並正樹  

    名古屋大学年代測定研究4 巻   頁: 76 - 83   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  21. 関東山地北西縁の下仁田地域に産する南蛇井層:ジルコンのU−Pb年代による予察 査読有り

    佐藤興平・竹内 誠・李 雨嘯・南 雅代・柴田 賢  

    群馬県立自然史博研究報告24 巻   頁: 53 - 70   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  22. 巨石のSr同位体と埋没木片の14C年代からみた前橋泥流 招待有り

    佐藤興平・南 雅代・柴田 賢・武者 巌  

    群馬県立自然史博物館研究報告24 巻   頁: 31 - 42   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  23. 榛名・小野子・子持火山の基盤を構成する火山岩類の岩石化学的特徴:天然記念物「岩神の飛石」との比較 査読有り

    佐藤興平・南 雅代  

    群馬県立自然史博物館研究報告24 巻   頁: 43 - 52   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  24. Sr同位体と14C年代から群馬県〜長野県東部地域の火山帯崩壊堆積物の起源と時代を探る

    佐藤興平・南 雅代・柴田 賢・武者 厳・池田信二  

    地学雑誌129 巻   頁: N70   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  25. ビーチロック試料の正確な膠結年代の決定方法

    小元久仁夫・藁谷 哲也・塩見 昌司・南 雅代  

    名古屋大学年代測定研究3 巻   頁: 41 - 43   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  26. 平成30年度ISEE地域貢献事業 「東濃地方の地層について学ぼう」活動報告

    南 雅代・榎並正樹・林 誠司・北川浩之・加藤丈典・栗田直幸・池田晃子・奈良郁子・山根雅子・西田真砂美・中村俊夫  

    名古屋大学年代測定研究3 巻 ( 0 ) 頁: 87 - 92   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  27. 名古屋大学タンデトロンAMS14Cシステムの現状と利用(2018)

    中村俊夫・南 雅代・増田公明・小田寛貴・三宅芙紗・池田晃子・栗田直幸・山根雅子・西田真砂美・佐藤里名・酢屋徳啓・北川浩之  

    名古屋大学年代測定研究3 巻 ( 0 ) 頁: 73 - 81   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  28. 韓国釜山市東萊(Dongrae)温泉水のガンマ線測定 国際共著

    田中 剛・Lee Seung-Gu・Yoon Yoon Yeol・柴田理尋・近藤真理・南 雅代  

    名古屋大学年代測定研究3 巻   頁: 44 - 49   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  29. 高崎の烏川に産する巨石「聖石」の起源 査読有り

    佐藤興平・南 雅代・武者 巌・柴田 賢  

    群馬県立自然史博物館研究報告23 巻   頁: 49 - 56   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  30. 火山泥流に含まれる木片の14C不一致年代:前橋泥流と塚原泥流の例. 査読有り

    佐藤興平・南 雅代・中村俊夫・柴田 賢・安部 久・武者 巌・池田信二  

    群馬県立自然史博物館研究報告23 巻   頁: 57 - 64   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  31. 14C ages and chemical compositions of travertines in northwest Iran: An attempt on paleoenvironmental reconstruction in west Asia

    張 玉博, 淺原 良浩, 南 雅代, ラズーリ ハディ, アジジ ホセイン  

    日本地球化学会年会要旨集66 巻 ( 0 )   2019年

     詳細を見る

  32. 炭素14に富む韓国釜山市 東萊( Dongrae)温泉水のガンマ線測定

    田中 剛, Lee Seung-Gu, Yoon Yoon Yeol, 柴田 理尋, 近藤 真理, 南 雅代  

    日本地質学会学術大会講演要旨2019 巻 ( 0 )   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2019.0_566

  33. シベリア地下氷の様々な炭素成分の14C年代測定-地下氷の正確な形成年代決定のために-

    佐藤 里名, 南 雅代, 檜山 哲哉, 岩花 剛  

    日本地球化学会年会要旨集66 巻   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14862/geochemproc.66.0_87

  34. 日本最長寿の二枚貝殻に刻まれた津波と大気圏核実験の履歴

    窪田 薫・白井厚太朗・杉原奈央子・清家弘治・棚部一成・南 雅代・中村俊夫  

    名古屋大学年代測定研究2 巻 ( 0 ) 頁: 1 - 6   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  35. 松山-ブルン地磁気逆転期とテクタイト衝撃形成期の年代比較 国際共著

    淺原良浩・Lee Seung-Gu・南 雅代・Choi Jisu・長尾敬介・田中 剛  

    名古屋大学年代測定研究1 巻 ( 0 ) 頁: 72 - 77   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  36. 蛍光X線分析法による岩石試料の定量化学分析:(1)主成分元素

    吉田澪代・加藤丈典・南 雅代・榎並正樹  

    名古屋大学年代測定研究1 巻 ( 0 ) 頁: 66 - 71   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  37. 豊田市小手沢町の旧地蔵堂床下から見つかったキツネ遺骸の死亡年の決定

    南 雅代・鈴木和博  

    名古屋大学年代測定研究1 巻 ( 0 ) 頁: 51 - 54   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  38. 平成29年度 名古屋大学総長裁量経費 地域貢献事業 「東海の地球環境史を学ぼう」活動報告

    南 雅代・北川浩之・山田和芳・菅原大助・北村晃寿・榎並正樹・加藤丈典・ 池田晃子・奈良郁子・栗田直幸・山根雅子・西田真砂美・木田梨沙子・中村俊夫  

    名古屋大学年代測定研究2 巻 ( 0 ) 頁: 92 - 97   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  39. 名古屋大学タンデトロンAMS14Cシステムの現状と利用(2017)

    中村俊夫・南 雅代・増田公明・小田寛貴・池田晃子・栗田直幸・山根雅子・西田真砂美・藤沢純平・方 雨婷・徳丸 誠・木田梨沙子・酢屋徳啓・北川浩之  

    名古屋大学年代測定研究2 巻 ( 0 ) 頁: 79 - 87   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  40. 被熱動物骨の炭酸ヒドロキシアパタイトを用いた14C年代測定の可能性

    木田梨沙子・南 雅代・門脇誠二  

    名古屋大学年代測定研究2 巻 ( 0 ) 頁: 40 - 45   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  41. 火山体崩壊に起因する火山災害軽減のためのパイロット研究:木片の14C年代測定と巨石の Sr同位体比からみた前橋泥流の時空分布

    佐藤興平・南 雅代・中村俊夫・武者 巌・柴田 賢  

    名古屋大学年代測定研究2 巻 ( 0 ) 頁: 35 - 39   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  42. 炭素・酸素同位体比から見た玄能石コンクリーションの形成過程

    村宮悠介・吉田英一・窪田 薫・南 雅代  

    名古屋大学年代測定研究2 巻 ( 0 ) 頁: 12 - 17   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  43. ビーチロック試料の正確な膠結年代決定法の開発

    小元久仁夫・藁谷哲也・塩見昌司・南 雅代  

    名古屋大学年代測定研究2 巻 ( 0 ) 頁: 7 - 11   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  44. 関東山地北西縁下仁田地域に産する珪長質火成岩体のU-Pbジルコン年代 査読有り

    佐藤興平・竹内 誠・鈴木和博・南 雅代・柴田 賢  

    群馬県立自然史博物館研究報告22 巻   頁: 79 - 94   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  45. 木片の14C年代測定による前橋泥流堆積時期の再検討(予察) 査読有り

    佐藤興平・南 雅代・中村俊夫・柴田 賢・児玉美穂・武者 巌  

    群馬県立自然史博物館研究報告22 巻 ( 0 ) 頁: 95 - 101   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  46. ABOx-SC法を用いた木片の高確度14C年代測定による前橋泥流堆積時期の再検討

    南 雅代, 佐藤 興平, 中村 俊夫  

    日本地球化学会年会要旨集65 巻 ( 0 )   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    DOI: 10.14862/geochemproc.65.0_291

  47. 琵琶湖に流入する安曇川、野洲川の河床堆積物のmeteoric 10Be

    藤沢 純平, 南 雅代, 國分(齋藤) 陽子  

    日本地球化学会年会要旨集65 巻 ( 0 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14862/geochemproc.65.0_231

  48. 起源分析のための河川堆積物を用いた広域87Sr/86Sr同位体比分布図の妥当性と有効性の評価

    城森 由佳, 南 雅代, 後藤(桜井) 晶子, 太田 充恒  

    日本地球化学会年会要旨集63 巻 ( 0 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14862/geochemproc.63.0_182

  49. 水試料の信頼性ある炭素同位体分析のための試料保管法の検討:生物活動の影響をどう排除するか

    高橋 浩, 半田 宙子, 南 雅代, 近藤 美由紀  

    日本地球化学会年会要旨集63 巻 ( 0 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14862/geochemproc.63.0_73

  50. 長寿二枚貝殻を用いた北日本の核実験起源14C記録の作成と古環境学的応用

    窪田 薫, 白井 厚太朗, 杉原 奈央子, 清家 弘治, 棚部 一成, 南 雅代, 中村 俊夫  

    日本地球化学会年会要旨集65 巻 ( 0 )   2018年

     詳細を見る

  51. 2016年 イラン-日本同位体地球科学 国際研究集会報告

    田中 剛・淺原良浩・南 雅代  

    名古屋大学年代測定研究1 巻 ( 0 ) 頁: 183 - 189   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  52. 平成28年度 名古屋大学総長裁量経費 地域貢献事業「樹木年輪・年縞堆積物から過去の太陽活動、地球の古気候を探る」活動報告

    南 雅代・北川淳子・小島秀彰・榎並正樹・加藤丈典・三宅芙沙・池田晃子・窪田 薫・栗田直幸・吉田澪代・椋本ひかり・藤沢純平・徳丸 誠・中村俊夫・北川浩之  

    名古屋大学年代測定研究1 巻 ( 0 ) 頁: 170 - 182   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  53. 名古屋大学タンデトロンAMS14Cシステムの現状と利用(2016)

    中村俊夫・南 雅代・増田公明・小田寛貴・池田晃子・栗田直幸・窪田 薫・西田真砂美・椋本ひかり・藤沢純平・方 雨婷・徳丸 誠・酢屋徳啓・北川浩之  

    名古屋大学年代測定研究1 巻 ( 0 ) 頁: 141 - 148   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  54. 火山体崩壊に起因する火山災害軽減のためのパイロット研究:Sr同位体比から見えてきた巨石の天然記念物の起源

    佐藤興平・南 雅代・鈴木和博・柴田 賢  

    名古屋大学年代測定研究1 巻 ( 0 ) 頁: 44 - 50   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  55. 火葬古人骨の炭酸ヒドロキシアパタイトを用いた年代測定と食性解析

    椋本ひかり・南 雅代・若木重行・中村俊夫  

    名古屋大学年代測定研究1 巻 ( 0 ) 頁: 102 - 107   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  56. 水試料の放射性炭素濃度の相互比較と前処理手法の検討:RICE-Wプロジェクト

    高橋 浩・南 雅代・荒巻能史  

    名古屋大学年代測定研究1 巻 ( 0 ) 頁: 98 - 101   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  57. 松山-ブルン地磁気逆転期とテクタイト衝撃形成期の年代比較 国際共著

    淺原良浩・Lee Seung-Gu・南 雅代・Choi Jisu・長尾敬介・田中 剛  

    名古屋大学年代測定研究1 巻 ( 0 ) 頁: 72 - 77   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  58. 蛍光X線分析法による岩石試料の定量化学分析:(1)主成分元素

    吉田澪代・加藤丈典・南 雅代・榎並正樹  

    名古屋大学年代測定研究1 巻 ( 0 ) 頁: 66 - 71   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  59. 豊田市小手沢町の旧地蔵堂床下から見つかったキツネ遺骸の死亡年の決定

    南 雅代・鈴木和博  

    名古屋大学年代測定研究1 巻 ( 0 ) 頁: 51 - 54   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  60. Sr同位体比からみた「岩神の飛石」の起源(予報). 査読有り

    群馬県立自然史博物館研究報告21 巻   頁: 133 - 142   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  61. イラン クルディスタン大学 地球科学教室の博士課程設置に向けた英文教科書寄贈報告

    田中 剛, 淺原 良浩, 南 雅代  

    日本地球化学会年会要旨集64 巻 ( 0 )   2017年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14862/geochemproc.64.0_124

  62. ボリビア国のウユニ塩湖周辺に分布する湖トゥファの年代と構成 国際共著

    花本 夏輝, ウォリス サイモン, 鷺谷 威, 南 雅代, Shen Chuan-chou, Huang Chun-yuan  

    日本地質学会学術大会講演要旨2017 巻 ( 0 )   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2017.0_443

  63. 放射起源および安定Sr同位体比を用いた出土骨アパタイトにおける続成作用の影響評価

    若木 重行, 椋本 ひかり, 南 雅代  

    日本地球化学会年会要旨集64 巻 ( 0 )   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14862/geochemproc.64.0_14

  64. 加熱による骨炭酸ヒドロキシアパタイトの結晶性の変化 —火葬骨の14C年代測定・食性解析のための基礎研究—

    椋本 ひかり, 南 雅代  

    日本地球化学会年会要旨集64 巻 ( 0 )   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14862/geochemproc.64.0_202

  65. 水試料の信頼性ある炭素同位体分析のための試料保管法の検討:生物活動の影響をどう排除するか

    高橋 浩, 半田 宙子, 南 雅代, 近藤 美由紀  

    日本地球化学会年会要旨集63 巻 ( 0 )   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14862/geochemproc.63.0_73

  66. 石筍のDCF変化を用いた古気候復元の可能性

    南 雅代, 加藤 ともみ, 徳丸 誠, 堀川 恵司, 中村 俊夫  

    日本地球化学会年会要旨集63 巻 ( 0 )   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14862/geochemproc.63.0_22

  67. 起源分析のための河川堆積物を用いた広域87Sr/86Sr同位体比分布図の妥当性と有効性の評価

    城森 由佳, 南 雅代, 後藤(桜井) 晶子, 太田 充恒  

    日本地球化学会年会要旨集63 巻 ( 0 )   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14862/geochemproc.63.0_182

  68. エルサルバドル共和国ヌエバ・エスペランサ遺跡から出土した粗製土器付着白色物質ならびに土壌の化学分析

    南 雅代, 市川 彰, 八木宏明  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XXVI 巻   頁: 156-161   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  69. 水試料の14C比較プログラム(RICE-W)−沈殿法の検討−

    南 雅代, 高橋 浩, 荒巻能史, 國分(齋藤)陽子, 伊藤 茂, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書,XXVI 巻   頁: 132-137   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  70. 近年の14C AMS進歩の概要

    南 雅代  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書,XXVI 巻   頁: 55-60   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  71. 粒径別河川堆積物の元素濃度およびSr同位体比

    城森由佳, 南 雅代, 鈴木和博  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書,XXVI 巻   頁: 114-119   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  72. 炭化物の14C年代測定のための試料処理−ABOx-SC法における外来炭素の除去過程について−

    冨山慎二, 南 雅代, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書,XXVI 巻   頁: 61-66   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  73. 火葬骨の炭酸ヒドロキシアパタイトを用いた14C年代測定の試み

    椋本ひかり, 南 雅代, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書,XXVI 巻   頁: 96-101   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  74. 水試料の14C・δ13C分析のための前処理法の比較検討

    南 雅代, 高橋 浩, 荒巻能史, 中村俊夫, 國分(齋藤)陽子, 伊藤 茂, 和田秀樹  

    第16回AMSシンポジウム報告集   頁: 56-60   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  75. 静岡県竜ヶ岩洞内の滴下水の14Cおよびδ13C

    加藤ともみ, 南 雅代, 堀川恵司, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XXV 巻   頁: 84-96   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  76. 限外ろ過法を用いた化石骨の14C年代測定−これまでの総括−

    南 雅代, 坂田 健, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XXV 巻   頁: 164-170   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  77. 福岡市におけるPM2.5中全炭素の14C濃度・δ13Cの季節変動

    早田 葵, 池盛文数, 肥後隼人, 木下 誠, 中島大介, 兼保直樹, 南 雅代, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XXV 巻   頁: 75-83   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  78. 水試料の放射性炭素分析のための前処理法の比較検討

    南 雅代, 高橋 浩, 荒巻能史, 太田友子, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XXV 巻   頁: 171-179   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  79. 化学処理による炭化物の14C年代の比較

    冨山 慎二, 南 雅代, 中村 俊夫, 鍵 裕之  

    日本地球化学会年会要旨集61 巻 ( 0 )   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14862/geochemproc.61.0_244

  80. 愛知県豊田市の里山からキツネが消えた日

    南 雅代, 鈴木 和博, 中村 俊夫, 池田 晃子  

    日本地球化学会年会要旨集61 巻 ( 0 )   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14862/geochemproc.61.0_245

  81. 水試料の化学処理法の違いによる14C相互比較

    南 雅代, 高橋 浩, 荒巻 能史, 半田 宙子, 板木 さゆり, 中村 俊夫  

    日本地球化学会年会要旨集61 巻 ( 0 )   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14862/geochemproc.61.0_121

  82. 花崗岩起源河川堆積物の粒径別Sr同位体比

    城森 由佳, 南 雅代, 鈴木 和博  

    日本地球化学会年会要旨集61 巻 ( 0 )   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14862/geochemproc.61.0_347

  83. 西南日本内帯 東部因美迸入岩類の花崗岩類のSr,Nd同位体組成

    佐藤 桂, 亀井 淳志, 南 雅代, 淺原 良浩, 加藤 丈典  

    日本鉱物科学会年会講演要旨集2014 巻 ( 0 )   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14824/jakoka.2014.0_181

  84. 地下水試料の放射性炭素分析における採取容器による経時変化の違い

    高橋 浩, 南 雅代, 半田 宙子, 荒巻 能史, 中村 俊夫  

    日本地球化学会年会要旨集61 巻 ( 0 )   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14862/geochemproc.61.0_120

  85. 古気候・古環境分野からの提案

    原田 尚美, 大河内 直彦, 南 雅代, 関 宰, 岡崎 裕典  

    日本地球化学会年会要旨集61 巻 ( 0 )   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.14862/geochemproc.61.0_134

  86. アミノ酸ラセミ化法を用いた骨遺物の年代決定 招待有り

    南 雅代  

    新学術領域研究ニュースレター2 巻   頁: 3-4   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  87. 骨試料の年代測定

    南 雅代  

    フィッション・トラックニュースレター26 巻   頁: 76-79   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  88. 14C年代測定のための骨試料調製法

    南 雅代, 坂田 健, 市川 彰, 伊藤伸幸  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書,XXIII 巻   頁: 185-189   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  89. 北海道利尻島の泥炭湿地に飛来する鉛の供給源の変遷.

    河野麻希子, 谷水雅治, 浅原良浩, 南 雅代, 細野高啓, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XXIII 巻   頁: 138-148   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  90. ストロンチウム同位体比を用いた過去の人類の移動の解明 招待有り 査読有り

    南 雅代  

    化学と教育60 巻   頁: 472-473   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  91. アミノ酸組成ならびに14C年代に関する同一古人骨の部位による比較.

    坂田 健, 瀧上 舞, 南 雅代, 中村俊夫, 長岡朋人, 平田和明  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XXIII 巻   頁: 86-96   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  92. Radiocarbon dating of human skeletons of medieval archaelogical sites in Kamakura, Japan: were they killed by Nitta Yoshisada's attack on Kamakura in AD 1333? 査読有り

    Minami, M, Nakamura, T, Nagaoka, T, Hirata, K  

    Radiocarbon54 巻   頁: 599-613   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  93. 微少量グラファイト化ラインの検討.

    加藤ともみ, 南 雅代, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XXIII 巻   頁: 76-85   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  94. 深部花崗岩中の透水性亀裂と充填鉱物-産状と形成プロセス-.

    吉田英一, 石橋正祐紀, 南 雅代  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XXIII 巻   頁: 54-56   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  95. 14C測定による粗大枯死材の枯死年および分解速度の推定

    菱沼卓也, 南 雅代, 伊藤公一, 大園享司  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XXII 巻   頁: 72-81   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  96. エル・サルバドル共和国出土人骨の14C年代とストロンチウム同位体比.

    南 雅代, 坂田 健, 市川 彰, 伊藤伸幸  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XXII 巻   頁: 106-115   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  97. Radiocarbon dating of carbonized material adhering to pottery -The difference of Carbon-14 age between inner and outer surface of the pottery in wetland archaeological site. 査読有り

    Miyata, Y, Minami, M, Onbe, S, Sakamoto, M, Nakamura, T, Imamura, M  

    Proc. Japan Acad.87B 巻   頁: 518-528   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  98. 段階的加熱を用いた14C試料調製.

    南 雅代, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XXII 巻   頁: 225-228   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  99. 里山からキツネが消えた日−豊田市小手沢町の地蔵堂から見つかったキツネの遺骸−.

    鈴木和博, 中村俊夫, 南 雅代, 池田晃子  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XXII 巻   頁: 121-134   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  100. 里山からキツネが消えた日 −一匹のキツネのC・N・Sr同位体比測定−.

    鈴木和博, 中村俊夫, 南 雅代, 池田晃子  

    海洋化学研究24 巻   頁: 64-72   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  101. 見かけ上の炭素年代差を用いた環境解析 −淡水湖産貝,骨試料を例として−.

    宮田佳樹, 南 雅代, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XXII 巻   頁: 49-54   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  102. 炭素・酸素同位体分析による実構造物中のコンクリートの中性化進行評価.

    浅原良浩, 南 雅代, 丸山一平, 吉田英一, 田中 剛名古屋大学加速器質量分析計業績報告書  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XXII 巻   頁: 140-151   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  103. A first step toward small-mass AMS radiocarbon analysis at Nagoya University.

    Minami, M, Miyata, Y, Nakamura, T, Hua, Q  

    第12回AMSシンポジウム報告集   頁: 57-60   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  104. 同位体分析による実構造物中のコンクリートの中性化進行評価の試み. 査読有り

    丸山一平, 淺原良浩, 南 雅代, 吉田英一  

    セメントコンクリート論文集64 巻   頁: 139-146   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  105. エル・サルバドル共和国出土人骨のストロンチウム同位体比

    南 雅代, 市川 彰, 坂田 健, 森田 航, 伊藤伸幸  

    古代メソアメリカの考古資料を用いた学術的発展研究(平成21年度総長裁量経費報告書)   頁: 23-30   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  106. Radiocarbon dating of charred human-bone remains preserved in urns excavated from medieval Buddhist cemetery in Japan. 査読有り

    Nakamura, T, Sagawa, S, Yamada, T, Kanehara, M, Tsuchimoto, N, Minami, M, Omori, T, Okuno and M, Ohta, T  

    Nucl. Instr. and Meth. in Phys. Res.B268 巻   頁: 985-989   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  107. CHIME geochronology of granitic gneiss from Baekdong in the Hongseong area of the Gyeonggi Massif, South Korea. 査読有り

    Suzuki, K, Chwae, U, Dunkley, D.J, Kim, S-W, Kajizuka, I, Minami, M  

    J. Earth Planet. Sci. Nagoya Univ.57 巻   頁: 19-41   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  108. 少量炭素試料のAMS 14C分析に向けて.

    南 雅代, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XXI 巻   頁: 166-170   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  109. 限外濾過調製法を用いた骨ゼラチンの14C年代測定.

    山崎香奈, 南 雅代, 大森貴之, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XXI 巻   頁: 100-112   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  110. 貝の炭素年代測定値が示す意味.

    宮田佳樹, 南 雅代, 松崎浩之, 西本豊弘, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XXI 巻   頁: 32-39   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  111. 放射性炭素を用いたコンクリートの中性化時期の推定.

    浅原良浩, 南 雅代, 丸山一平, 吉田英一, 田中 剛名古屋大学加速器質量分析計業績報告書  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XXI 巻   頁: 53-60   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  112. Comparison of δ13C and 14C activities of CO2 samples combusted in closed-tube and elemental-analyzer systems. 査読有り

    Minami, M, Goto, S. A, Omori, T, Ohta, T, Nakamura, T  

    Nucl. Instr. and Meth. in Phys. Res.   頁: doi: 10.1016/j.nimb.2009.10.06   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    極少量試料の高精度・高確度な炭素同位体比、放射性炭素年代測定法の確立に向け、有機物試料中からCO2を効率よく分離精製する方法を検討した。具体的には、従来の封管-CO2精製法と、最近広く普及しつつあるEA法(熱分解元素分析計を用いて試料中のCO2の分離精製を行う方法)において、極少量を扱った時に、炭素回収率、得られた分析値に違いがないかどうかの検討を行ない、それぞれの試料法の問題点を明らかにした。

  113. 封管法で微量のシュウ酸をガス化した場合のガス組成

    後藤(桜井)晶子, 南 雅代, 三村耕一  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XX 巻   頁: 152-155   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  114. 石灰岩質砂岩の炭素14を指標とする風化評価-コンクリートのナチュラルアナログ研究として-

    南 雅代, 池田晃子, 吉田英一  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XX 巻   頁: 71-80   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  115. 琵琶湖の淡水リザーバー効果に関する研究

    宮田佳樹, 南 雅代, 遠部 慎, 坂本 稔, 今村峯雄  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XX 巻   頁: 112-116   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  116. Strontium isotope analysis using Resonance Ionization Mass Spectrometry for determination of bone origin. 査読有り

    Sasada, S, Watanabe, K, Higuchi, Y, Tomita, H, Goto, A, Minami, M, Suzuki, K, Kato, T, Hasegawa, T, Kawarabayashi, J, Iguchi, T  

    Journal of Nuclear Science and Technology5 巻   頁: 97-100   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  117. 古人骨の同一個体内における部位の違いによるδ13C・δ15N値、14C年代の相違の有無

    瀧上 舞, 南 雅代, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XIX 巻   頁: 117-126   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  118. コンクリート風化の超長時間評価を目的とする石灰岩質砂岩地層の14C存在度変化

    田中 剛, 南 雅代, 吉田英一, 吉田鎮男  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XIX 巻   頁: 117-126   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  119. 試料燃焼-二酸化炭素精製における炭素同位体比分別 -封管法と元素分析計による試料調製の違い-

    南 雅代, 太田友子, 大森貴之, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XX 巻   頁: 160-168   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  120. Diverse microstructures from Archaean chert from the Mount Goldsworthy - Mount Grant area, Pilbara Craton, Western Australia: microfossils, dubiofossils, or pseudofossils? 査読有り

    Sugitani, K, Grey, K, Allwood, A.C, Nagaoka, T, Minami, M, Marshall, C.P, Van Kranendonk, M.J, Walter, M.R  

    Precambrian Research158 巻   頁: 228-262   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  121. Geochemical mapping in Aichi Prefecture, Japan: Its significance as a useful dataset for geological mapping. 査読有り

    Yamamoto, K, Tanaka, T, Minami, M, Mimura, K, Asahara, Y, Yoshida, H, Yogo, S, Takeuchi, M, Inayoshi, M  

    Applied Geochemistry22 巻   頁: 306-319   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  122. Estimation of paleotemperature from racemization of aspartic acid in combination with radiocarbon age. 査読有り

    Minami, M, Takeyama, M, Mimura, K, Nakamura, T  

    Nucl. Instr. and Meth. in Phys. Res.B259 巻   頁: 547-551   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    化石骨のXAD-2樹脂処理した加水分解成分のアスパラギン酸D/L比、14C年代を測定し、骨が死後埋没してから現在までに受けた履歴温度を推定する試みを行なった。東シベリアのマンモス臼歯(14C年代:35,170 ± 300BP)においてはラセミ化はほとんど見られず、ラセミ化の進まない環境にいた、つまりずっと氷土の中にいたことが明らかになった。琵琶湖粟津湖底遺跡の獣骨に対しては、アスパラギン酸D/L比0.11、14C年代4500 BPが得られ、履歴温度を算出すると15~16℃という結果が得られた。この温度は琵琶湖の湖底の平均温度とほぼ一致した。

  123. 鎌倉由比ヶ浜埋葬人骨および獣骨の地球化学的研究

    南 雅代, 中村俊夫, 平田和明, 長岡朋人, 鵜澤和宏  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XVIII 巻   頁: 134-143   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  124. An improved extraction system to measure carbon-14 terrestrial ages of meteorites and pairing of the Antarctic Yamato-75097 group chondrites. 査読有り

    Minami, M, Terui, A, Takaoka, N, Nakamura, T  

    Meteoritics & Planetary Science41 巻 ( 4 ) 頁: 529-540   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    高周波加熱炉を利用し、隕石から炭素を抽出するシステムを構築した。炭素含有量が正確に求められている鉄助燃剤を隕石とともに燃焼し、隕石から抽出する14CO2を、助燃剤から抽出される14Cを含まない CO2で希釈することにより、燃焼と希釈を同時に行なう方法を新たに導入した。この方法により、いくつかの南極やまと隕石の地上落下14C 年代を測定した。隕石の遮蔽効果を考慮することにより、L6コンドライトのYamato-74190、Yamato-75097、Yamato-75108、Yamato-75102、Yamato-75271が同一落下であることを確認した。

  125. INAA trace element analysis of stream sediments collected from the northeastern areas of Aichi Prefecture, central Japan. 査読有り

    Minami, M, Shibata, S, Tanaka, T  

    J. Earth Planet. Sci. Nagoya Univ.53 巻   頁: 15-32   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    名古屋大学地球化学グループでは、1994年から中部地方の環境評価のために地球化学図プロジェクトを実施し、2004年までの10年間に愛知県の東部、北東部の河川の河床から1563堆積物試料を採取している。本論文では、中性子放射化分析法により、この多数の試料の分析を行なうための“中性子照射済み試料郵送?ガンマ線自動解析システム”を紹介した。このシステムを用いて標準岩石試料の22元素 (Sc, Cr, Fe, Co, Zn, As, Rb, Sb, Cr, Ba, La, Ce, Sm, Eu, Tb, Yb, Lu, Hf, Ta, Au, Th and U) の濃度を測定した結果、精度・確度ともに十分であることが明らかになった。1563堆積物試料の後背地質毎の各元素濃度分布も提示した。

  126. Geochemistry of heavily altered Archean volcanic and volcaniclastic rocks of the Warrawoona Group, at Mt. Goldworthy in the Pilbara Craton, Western Australia: Implications for alteration and origin. 査読有り

    Sugitani, K, Yamashita, F, Nagaoka T, Minami, M, Yamamoto, K  

    Geochemical Journal40 巻   頁: 523-535   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  127. Geochemistry and sedimentary petrology of Archean clastic sedimentary rocks at Mt. Goldworthy, Pilbara Craton, Western Australia: Evidence for the early evolution of continental crust and hydrothermal alteration. 査読有り

    Sugitani, K, Yamashita, F, Nagaoka T, Yamamoto, K, Minami, M, Mimura, K, Suzuki K  

    Precambrian Research147 巻   頁: 124-147   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  128. Application of Sr isotopes to geochemical mapping and provenance analysis: the case of Aichi Prefecture, central Japan. 査読有り

    Asahara, Y, Ishiguro, H, Tanaka, T, Yamamoto, K, Mimura, K, Minami, M, Yoshida, H  

    Applied Geochemistry21 巻   頁: 419-436   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  129. Carbon and nitrogen isotopic fractionation in bone collagen during chemical treatment. 査読有り

    Minami M, Nakamura, T  

    Chemical Geology222 巻   頁: 65-74   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    化石骨の14C年代を測定する際には、骨試料から化学処理によって骨本来のタンパク質のみを抽出することが必要である。しかし、化学処理段階で、炭素・窒素同位体比の分別が生じる恐れがある。そこで、骨を脱灰、ゼラチン抽出、加水分解、XAD-2樹脂処理する過程においてC/N比, δ13C値、δ15N 値がどのように変化するかを調べた。その結果、化学処理が進むにつれ、酸、熱によりアミノ酸の分解が生じ、アミノ酸組成、炭素・窒素同位体比に変化が生じることが明らかになった。

  130. Database for geochemical mapping of the northeastern areas of Aichi Prefecture, central Japan -XRF major element data of stream sediments collected in 1994 to 2004-. 査読有り

    Minami, M, Tanaka, T, Yamamoto, K, Mimura, K, Asahara, Y, Takeuchi, M, Yoshida, H, Yogo, S  

    J. Earth Planet. Sci. Nagoya Univ.52 巻   頁: 25- 67   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  131. 琵琶湖の湖底堆積物ならびに流入河川堆積物の炭素同位体比から探る堆積環境

    南 雅代, 種 紀彦, 小田寛貴, 横田喜一郎  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XVI 巻   頁: 73-83   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  132. Chemical techniques to extract organic fractions from fossil bones for accurate <sup>14</sup>C dating, 査読有り

    Minami, M, Muto, H, Nakamura, T  

    Nucl. Instr. and Meth. in Phys. Res.B223-224 巻   頁: 302-307   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    さまざまな保存状態の化石骨から、骨本来のタンパク質分を損失することなく、汚染物質を取り除くのに最適な条件を検討した。化石骨の脱灰の際の塩酸濃度を0.4、0.6、0.8、1.0、1.2Mと変化させた結果、塩酸濃度は0.4M程度がよいことがわかった。また、コラーゲンを水酸化ナトリウム溶液で処理する時間が長いと骨タンパク質の損失が生じるため、0.1M程度の水酸化ナトリウム溶液で数時間以内の処理が望ましいことがわかった。

  133. High precision <sup>14</sup>C measurement with the HVEE Tandetron AMS system at Nagoya Universtiy. 査読有り

    Nakamura, T, Niu, E, Oda, H, Ikeda, A, Minami, M  

    Nucl. Instr. and Meth. in Phys. Res.B223-224 巻   頁: 124-129   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  134. 東シベリアマンモス臼歯化石のアミノ酸のラセミ化と<sup>14</sup>C年代

    南 雅代, 竹山雅美, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XV 巻   頁: 52-65   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  135. 都市公共用水域に対するノンポイント汚染源としての道路脇粉塵(<63μm画分)の化学的特徴-名古屋市の事例- 査読有り

    杉谷健一郎, 野村晶子, 南 雅代, 加藤博和  

    水環境学会誌27 巻   頁: 547-552   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  136. 琵琶湖湖底堆積物の化学的特徴

    南 雅代, 平野靖幸, 小田寛貴, 横田喜一郎  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XV 巻   頁: 181-198   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  137. 化石骨から抽出したアミノ酸の<sup>14</sup>C年代とラセミ化反応

    南 雅代, 村中泰志, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析業績報告書XIV 巻   頁: 201-207   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  138. 最近落下した隕石ならびに南極やまと隕石の<sup>14</sup>C濃度測定

    南 雅代, 照井敦, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XIV 巻   頁: 72-82   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  139. 有機金属の環境指標としての有用性の検討

    安藤邦彦, 南 雅代, 小田寛貴, 横田喜一郎, 山本鋼志  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XIV 巻   頁: 155-169   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  140. Diurnal variation of CO2 concentration, Δ<sup>14</sup>C and δ<sup>13</sup>C in an urban forest --Estimate of the anthropogenic and biogenic CO<sub>2</sub> contributions--. 査読有り

    Takahashi, H, Konohira, E, Hiyama, T, Minami, M, Nakamura, T, Yoshida, N  

    Tellus54B 巻   頁: 97-109   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  141. 化石骨の脱灰処理条件の検討

    南 雅代, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析業績報告書XIII 巻   頁: 177-185   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  142. 琵琶湖南湖の湖底堆積物のSr同位体比

    南 雅代, 小田寛貴, 小島貞男, 横田喜一郎, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XIII 巻   頁: 71-81   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  143. An extraction system to measure carbon-14 terrestial ages of meteorites with a Tandetron AMS at Nagoya University 査読有り

    Minami, M, Nakamura, T  

    Radiocarbon43 巻 ( 2A ) 頁: 263-270   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  144. 南極隕石の落下<sup>14</sup>C年代測定

    南 雅代, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XII 巻   頁: 134-145   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  145. British Columbiaから採取された獣骨および人骨のAMS14C年代

    南 雅代, Chisholm, B, 武藤宏男, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XII 巻   頁: 169-179   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  146. AMS radiocarbon age for fossil bones by XAD-2 chromatography method 査読有り

    Minami, M, Nakamura, T  

    Nucl.Instr.andMeth.in Phys.Res.B172 巻   頁: 462-468   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  147. 南極隕石の落下<sup>14</sup>C年代測定の試み

    南 雅代, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XI 巻   頁: 100-112   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  148. 化学処理によるコラーゲンの炭素・窒素同位体比の変化-主にXAD-2樹脂処理について-

    南 雅代  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書XI 巻   頁: 231-238   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  149. XAD-2樹脂処理法による化石骨のAMS<sup>14</sup>C年代 査読有り

    南 雅代, 中村俊夫  

    第四紀研究39 巻   頁: 547-557   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  150. The HVEE Tandetron AMS system at Nagoya University 査読有り

    Nakamura, T, Niu, E, Oda, H, Ikeda, A, Minami, M, Takahashi, H, Adachi, M, Pals, L  

    Nucl.Instr.and Meth.in Phys.Res.B172 巻   頁: 52-57   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  151. XAD-2吸着樹脂処理によるコラーゲンの炭素・窒素同位体分別について

    南 雅代  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書X 巻   頁: 235-242   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  152. ナウマンゾウ臼歯化石のAMS<sup>14</sup>C年代-XAD-2樹脂を用いて-

    南 雅代, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書X 巻   頁: 139-148   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  153. 熊本県八代郡泉村京丈山洞穴より産出したニホンオオカミ全身骨格

    北村直司, 小原 巌, 南 雅代, 中村俊夫  

    熊本博物館館報11 巻   頁: 35-69   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  154. 熊本県八代郡泉村京丈山洞穴より産出したニホンオオカミ全身骨格標本のAMS <sup>14</sup>C年代

    南 雅代, 北村直司, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書X 巻   頁: 189-198   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  155. Approximate estimation method of the degree of lanthanide letrad effect and application to the tetrad effects in lanthanide ionic radii 査読有り

    Minami, M, Masuda, A  

    Journal of Magnetism and Magnetic Materials180 巻   頁: 1021-1022   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  156. 名古屋大学年代測定資料研究センター・MAT252における窒素安定同位体比測定について

    南 雅代, 青木 浩, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書IX 巻   頁: 316-323   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  157. 化石骨のアミノ酸抽出とその<sup>14</sup>C年代

    南 雅代, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書IX 巻   頁: 46-54   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  158. XAD-2樹脂処理による同位体分別について

    南 雅代, 池田晃子  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書IX 巻   頁: 308-311   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  159. Comparison of AMS radiocarbon ages between amino acids and collagens in fossil bones 査読有り

    Minami, M, Nakamura, T  

    Chinese Science Bulletin43 巻   頁: 89   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  160. *Approximate estimation of the degree of lanthanide tetrad effect from the data potentially involving all lanthanides 査読有り

    Minami, M, Masuda, A  

    Geochemical Journal31 巻   頁: 125-133   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  161. 骨化石試料に対する信頼度の高い<sup>14</sup>C年代,炭素同位体比測定の試み

    南 雅代, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書VIII 巻   頁: 247-253   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  162. Experimental studies on behaviors of lanthanides in interaction between water and basaltic rock grains : Bearings of tetrad effect on conditions 査読有り

    Minami, M, Matsuda, N, Masuda, A  

    Proceedings of Japan Academy71B 巻   頁: 10-14   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  163. Two Archean Sm-Nd ages of 3.2 and 2.5 Ga for the Marble bar Chert, Warrawoona Group, Pilbara Block, Western Australia 査読有り

    Minami, M, Shimizu, H, Masuda, A, Adachi, M  

    Geochemical Journal29 巻   頁: 347-362   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 92

  1. 名古屋大学タンデトロンAMS14Cシステムの現状と利用(2020)

    中村俊夫・南 雅代・山根雅子・小田寛貴・池田晃子・小坂由紀子・西田真砂美・若杉勇輝・佐藤里名・澤田 陸・酢屋徳啓・北川浩之

    第32回(2020年度)名古屋大学宇宙地球環境研究所 年代測定研究シンポジウム  2021年3月5日  名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  2. 埋没樹木を用いた14Cウイグルマッチングの検討:霧島新燃岳の享保噴火を例として

    原 慎治・奥野 充・藤木利之・木村勝彦・中村俊夫・南 雅代・小林哲夫

    第32回(2020年度)名古屋大学宇宙地球環境研究所 年代測定研究シンポジウム  2021年3月5日  名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  3. Radiocarbon ages and geochemical record for a travertine hill in NW Iran 国際共著

    YuBo Zhang・Yoshihiro Asahara・Masaki Kaneko・Masayo Minami・Hadi Amin-Rasouli・Hossein Azizi

    2021年3月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  4. イラン北西部のトラバーチン湧水中のヒ素の起源解析 国際共著

    金子将己・淺原良浩・南 雅代・栗田直幸・Hossein Azizi・Hadi Amin-Rasouli・張 玉博

    第32回(2020年度)名古屋大学宇宙地球環境研究所 年代測定研究シンポジウム  2021年3月5日  名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  5. 大気中の14CO2の分布と変動

    森本真司・関根 光・山田千夏・青木周司・南 雅代・中村俊夫

    第32回(2020年度)名古屋大学宇宙地球環境研究所 年代測定研究シンポジウム  2021年3月5日  名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  6. AMS14C年代測定に基づく北海道石狩低地帯の花粉分析データからの古植生と推移相

    星野フサ・春木雅寛・南 雅代・中村俊夫

    第32回(2020年度)名古屋大学宇宙地球環境研究所 年代測定研究シンポジウム  2021年3月5日  名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  7. 北海道中央部における8世紀以降の植生・気候変遷の解明の試みについて

    岡 孝雄・ 星野フサ・南 雅代・中村俊夫・若松幹男・近藤 務・米道 博・関根達夫

    第32回(2020年度)名古屋大学宇宙地球環境研究所 年代測定研究シンポジウム  2021年3月5日  名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  8. 米国グリーンリバー湖成層に見られる有機物起源チャートの成因

    隈 隆成・長谷川 精・吉田英一・南 雅代

    第32回(2020年度)名古屋大学宇宙地球環境研究所 年代測定研究シンポジウム  2021年3月5日  名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  9. 水試料の溶存無機炭素を抽出する新手法の開発および従来法との比較

    佐藤 里名, 高橋 浩, 半田 宙子, 南 雅代

    2020年度日本地球化学会第67回年会  一般社団法人 日本地球化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  10. 滋賀県敏満寺遺跡石仏谷墓跡から出土した火葬骨のSr同位体比から探る食性と居住地域

    澤田 陸, 若木 重行, 南 雅代

    2020年度日本地球化学会第67回年会  一般社団法人 日本地球化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  11. Paleoenvironmental reconstruction of northwest Iran based on 14C age and chemical compositions of travertines 国際共著

    Zhang Yubo, Asahara Yoshihiro, Minami Masayo, Kaneko Masaki, Amin-Rasouli Hadi, Azizi Hossein

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. Sr同位体比による炭酸塩コンクリーションの年代決定 国際共著

    淺原 良浩, 吉田 英一, 山本 鋼志, 勝田 長貴, 南 雅代, Metcalfe Richard

    2020年度日本地球化学会第67回年会  一般社団法人 日本地球化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  13. イラン北西部のトラバーチン湧水の同位体地球化学的評価 国際共著

    金子 将己, 淺原 良浩, 南 雅代, 栗田 直幸, Hossein Azizi, Hadi Amin-Rasouli, 張 玉博

    2020年度日本地球化学会第67回年会  一般社団法人 日本地球化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  14. 考古遺跡から出土した骨遺物の放射性炭素年代測定 招待有り

    南 雅代

    2020年度日本地球化学会第67回年会  一般社団法人 日本地球化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  15. 大阪府松原市立部遺跡出土蔵骨器に納められた火葬骨の化学分析

    南 雅代・若木重行・佐藤亜聖・樫木規秀

    2020年度日本地球化学会第67回年会  一般社団法人 日本地球化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  16. Quality control for radiocarbon dating of charcoal: Assessment of decontamination by chemical pre-treatment 招待有り

    Masayo Minami

    JpGU – AGU Joint Meeting 2020:Virtual  

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  17. イラン・アルセンジャンA5-3洞窟遺跡から採取された炭化物の年代測定

    冨山慎二,南 雅代,常木 晃,中村俊夫

    第15回AMSシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  18. Pb同位体比の全国地球化学図作成に向けての課題

    城森由佳,南 雅代,谷水雅治,淺原良浩

    平成24年度共同利用・共同研究成果発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:高知大学海洋コア総合研究センター   国名:日本国  

  19. 骨試料の年代測定

    南 雅代

    第37回フィッション・トラック研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学   国名:日本国  

  20. 実構造物中のコンクリートの中性化進行評価−14C, δ13C・δ18O, EPMA分析から何が言えるか−

    南 雅代

    第25回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  21. 考古学・文化財科学分野に新たな知見を与える同位体

    南 雅代

    日本質量分析学会2012年度同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台秋保温泉   国名:日本国  

  22. 北海道の河川堆積物を用いた87Sr/86Sr同位体比分布

    城森由佳,南 雅代,太田充恒,今井 登

    日本地球化学会第59回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学   国名:日本国  

  23. 微少量炭素試料の14C測定法の検討

    加藤ともみ,南 雅代,中村俊夫

    日本地球化学会第59回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  24. 河川堆積物を用いた全国地質Sr同位体比マップ−産地推定のための基礎データ−

    南 雅代,城森由佳,長谷和麿,太田充恒,今井 登

    日本地球化学会第59回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. Old apparent 14C ages of a peat core from Rishiri Island, northern Japan. 国際会議

    Kono, M., Minami, M., Tanimizu, M., Asahara, Y., Hosono, T., Nakamura, T.

    The 21h International Radiocarbon Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  26. Contribution of river and subsurface water of limestone districts to carbon source at Lake Biwa, Japan 国際会議

    Miyata, Y., Aramaki, T., Minami, M., Ohta, T. and Nakamura, T.

    The 21h International Radiocarbon Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  27. Is ultrafiltration effective for accurate 14C-dating of fossil bone excavated in Japan? 国際会議

    The 21h International Radiocarbon Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  28. Radiocarbon as a tool of the study for carbonation process in concrete 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  29. 放射性炭素14Cを指標とするコンクリートの定量的劣化度評価の試み

    浅原良浩・南 雅代・丸山一平・吉田英一・田中 剛

    日本地球化学会第56回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  30. 石灰質砂岩の放射性炭素を指標とする風化評価の試み-コンクリートの組織劣化に関するナチュラルアナログ研究として-

    南 雅代・吉田英一・田中 剛

    日本地球化学会第56回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  31. 九州および四国地域のストロンチウム同位体比地球化学図

    城森由佳・南 雅代・後藤(桜井)晶子・今井 登

    日本地球化学会第56回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  32. A weathering assessment of calcareous sandstones using radiocarbon 国際会議

    20th International Radiocarbon Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  33. 九州地域のストロンチウム同位体比分布

    後藤(桜井)晶子・南 雅代

    日本地球惑星科学連合2009年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  34. 同一地点で採集された河川堆積物の採集年・季節の違いによる化学組成の変動

    南 雅代・田中 剛・山本鋼志・三村耕一・浅原良浩・竹内 誠・吉田英一

    日本地球惑星科学連合2009年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  35. 琵琶湖の淡水リザーバー効果に関する研究

    宮田佳樹・南 雅代・遠部 慎・坂本 稔・今村峯雄

    第21回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  36. 封管法とEA法によってCO2化した微量標準試料のδ13C、14C値

    南 雅代・後藤(桜井)晶子・大森貴之・中村俊夫

    第11回AMSシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. 名古屋クロマツの年輪セルロースから探る環境変動

    林 和樹・南 雅代・中塚 武・中村俊夫

    第11回AMSシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  38. 三陸石灰質砂岩の炭素14を指標とする風化評価 -コンクリート風化のナチュラルアナログ研究として-

    南 雅代・池田晃子・吉田英一・田中 剛

    第21回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  39. 試料燃焼-二酸化炭素精製における炭素同位体比分別 -封管法と元素分析計による試料調製の違い-

    南 雅代・後藤(桜井)晶子・大森貴之・中村俊夫

    日本質量分析学会同位体比部会2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  40. 樹木セルロースの調製法の違いによる炭素同位体比の測定値への影響

    日本質量分析学会同位体比部会2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  41. 九州における河川堆積物のSr同位体比と周辺地域の地質環境

    後藤(桜井)晶子・南 雅代

    日本質量分析学会同位体比部会2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  42. 名古屋クロマツ年輪セルロースの炭素同位体比変動を規定する環境要因

    林 和樹・南 雅代

    日本地球化学会第55回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  43. Comparison of δ13C and 14C activities between closed tube- and elemental analyzer-combusted CO2 samples 国際会議

    11th International Conference on Accelerator Mass Spectrometry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  44. 九州北部、中部地域の河川堆積物で見られる87Sr/86Srの分布

    後藤(桜井)晶子・南 雅代・浅原良浩

    日本地球化学会第55回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. 土器付着炭化物と現生生態試料の炭素年代測定結果から推定される琵琶湖における淡水リザーバー

    宮田佳樹・遠部 慎・南 雅代・坂本 稔・今村峯雄

    第四紀学会2008年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  46. 骨部位の違いによる炭素・窒素同位体比の相違~現生人骨での検討~

    瀧上 舞・米田 穣・南 雅代・中村俊夫・百々幸雄

    日本文化財科学会第25回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  47. 骨ストロンチウム同位体比に与える続成作用の影響

    南 雅代・後藤晶子・長谷川拓也

    日本文化財科学会第25回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. 鎌倉由比ヶ浜南遺跡から出土した獣骨の14C年代-人骨の14C年代との比較-

    南 雅代・中村俊夫

    第10回AMSシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  49. 骨中のストロンチウム同位体解析による古代人の移住史解明

    南 雅代

    学術創成研究「弥生農耕の起源と東アジア-炭素年代測定による高精度編年体系の構築-」名古屋研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  50. コンクリート風化の超長時間評価を目的とする石灰岩質砂岩地層の14C存在度変化

    田中 剛・南 雅代・吉田英一・吉田鎮男

    第20回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  51. 試料燃焼-二酸化炭素精製における炭素同位体比分別 -封管法と元素分析計による試料調製の違い-

    南 雅代・太田友子・大森貴之・中村俊夫

    第20回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  52. 骨中のストロンチウム同位体解析による古代人の移住史解明 -骨中の87Sr/86Sr同位体比は生育地の87Sr/86Sr同位体比を反映しているか-

    南 雅代・鈴木和博・後藤晶子・加藤丈典・渡辺賢一・長谷川拓也

    日本地球化学会第54回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  53. 古人骨の同一個体内における骨部位の違いによる炭素・窒素安定同位体比の相違

    瀧上 舞・南 雅代・中村俊夫

    日本文化財科学会第24回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  54. 鎌倉由比ヶ浜地域から出土した人骨・歯のストロンチウム同位体比

    南 雅代・中村俊夫・平田和明・長岡朋人

    日本文化財科学会第24回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  55. 琵琶湖湖底堆積物の堆積年代 -14C,210Pb,137Cs年代-

    南 雅代

    ワークショップ「コア解析による古環境復元のための高精度時間軸の確立と問題点~グローバルな古環境復元に向けて~」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  56. 鎌倉由比ガ浜埋葬人骨および獣骨の地球化学的研究

    南 雅代・中村俊夫・平田和明・長岡朋人・鵜澤和宏

    第19回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  57. An improved extraction system to measure carbon-14 terrestrial ages of meteorites and pairing of the Antarctic Yamato-75097 group.

    International Symposium on Radiometric Dating Studies- Frontier of Technical developments and Applications of CHIME and AMS 14C Dating Methods-, Nagoya University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  58. Estimation of paleotemperature from racemization of aspartic acid in combination with radiocarbon age.

    International Symposium on Radiometric Dating Studies- Frontier of Technical developments and Applications of CHIME and AMS 14C Dating Methods-, Nagoya University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  59. 核実験起源14Cの経年変動の科学捜査への応用

    中村俊夫・南 雅代・小田寛貴・渡邊隆広・太田友子

    日本地球化学会第53回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  60. 鎌倉古人骨のストロンチウム同位体比

    南 雅代・中村俊夫

    日本地球化学会第53回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  61. 河床堆積物の化学組成の年・季節変動-矢田川の例-

    南 雅代・伊藤知子・田中 剛

    日本地球化学会第53回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  62. 愛知県犬山市東部の中・古生層分布地域の地球化学図とヒ素と金の挙動

    伊藤知子・田中 剛・南 雅代

    日本地球化学会第53回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  63. 鎌倉由比ヶ浜地域の遺跡から出土した人骨・獣骨の14C年代

    南 雅代・中村俊夫・平田和明・長岡朋人・星野敬吾・鵜澤和宏

    日本文化財科学会第23回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  64. 鎌倉由比ガ浜遺跡から出土した化石骨に関する地球化学的研究

    南 雅代・中村俊夫・平田和明・長岡朋人・星野敬吾

    第8回AMSシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  65. 化学処理による骨コラーゲンの炭素・窒素同位体分別

    南 雅代・中村俊夫

    第8回AMSシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  66. Estimation of paleotemperature from racemization of aspartic acid in combination with radiocarbon age. 国際会議

    10th International Conference on Accelerator Mass Spectrometry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  67. 琵琶湖の湖底堆積物ならびに流入河川堆積物の炭素同位体比から探る堆積環境

    南 雅代・種 紀彦・小田寛貴・横田喜一郎・中村俊夫

    日本地球化学会第52回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  68. 84Sr高濃縮スパイクを用いたSrの定量/同位体比同時分析

    南  雅代・林 隆正・田中 剛

    日本地球化学会第52回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  69. 琵琶湖の湖底堆積物ならびに流入河川堆積物の炭素同位体比から探る堆積環境

    南 雅代・種 紀彦・小田寛貴・横田喜一郎

    第17回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  70. 東シベリアマンモス象臼歯化石のアミノ酸の14C年代とラセミ化反応

    南 雅代・竹山雅美・中村俊夫

    日本地球化学会第51回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  71. 化学処理による骨コラーゲンの炭素・窒素同位体分別

    南 雅代

    第52回質量分析総合討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  72. マンモス臼歯化石の14C年代

    南 雅代・竹山雅美

    第16回名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  73. 愛知県の地球化学図-微量元素-.

    山本鋼志・田中 剛・南 雅代・三村耕一・淺原良浩・吉田英一・與語節生・稲吉正実

    日本地球化学会第50回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  74. 87Sr/86Sr ratios in lake sediments in Lake Biwa, Japan-Environmental change in the last 200years- 国際会議

    13th Annual V.M Goldschmidt Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  75. ナウマン象臼歯化石から抽出したアミノ酸の14C年代とラセミ化反応

    南 雅代・村中泰志・中村俊夫

    日本地球化学会第50回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  76. 地圏環境評価指標としてのSr同位体

    淺原良浩・石黒寛子・田中 剛・山本鋼志・南 雅代・三村耕一・吉田英一・與語節生

    日本地球化学会第50回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  77. 愛知県の地球化学図-主成分元素-

    田中 剛・山本鋼志・南 雅代・三村耕一・淺原良浩・吉田英一・與語節生・稲吉正実

    日本地球化学会第50回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  78. 最近落下した隕石ならびに南極やまと隕石の14C濃度測定

    照井 敦・南 雅代・中村俊夫

    第15回名古屋大学タンデトロン加速器質量分析計シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  79. Sr isotopic ratio of sediments in Lake Biwa-Environmental change in the past a hundred of years-. 国際会議

    Japan-Korea joint meeting of Isotope-ratio Mass Spectrometry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  80. Chemical techniques to extract organic fractions from fossil bones for accurate 14C dating. 国際会議

    9th International Conference on Accelerator Mass Spectrometry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  81. Carbon-14 terrestrial ages of Meteorites 国際会議

    Twentyseventh Symposium on Antarctic Meteorites, National Institute of Polar Research 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  82. イラン・アルセンジャンA5-3洞窟遺跡から採取された炭化物の年代測定 国際会議

    冨山慎二, 南 雅代, 常木 晃, 中村俊夫

    第15回AMSシンポジウム  2013年3月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  83. Pb同位体比の全国地球化学図作成に向けての課題 国際会議

    城森由佳, 南 雅代, 谷水雅治, 淺原良浩

    平成24年度共同利用・共同研究成果発表会  2013年2月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:高知大学海洋コア総合研究センター  

  84. 骨試料の年代測定 国際会議

    南 雅代

    第37回フィッション・トラック研究会  2013年2月23日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学  

  85. 実構造物中のコンクリートの中性化進行評価−14C, δ13C・δ18O, EPMA分析から何が言えるか− 国際会議

    南 雅代

    第25回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム  2013年1月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学  

  86. 考古学・文化財科学分野に新たな知見を与える同位体 国際会議

    南 雅代

    日本質量分析学会2012年度同位体比部会  2012年11月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台秋保温泉  

  87. 北海道の河川堆積物を用いた87Sr/86Sr同位体比分布 国際会議

    城森由佳, 南 雅代, 太田充恒, 今井 登

    日本地球化学会第59回年会  2012年9月11日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学  

  88. 微少量炭素試料の14C測定法の検討 国際会議

    加藤ともみ, 南 雅代, 中村俊夫

    日本地球化学会第59回年会  2012年9月11日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  89. 河川堆積物を用いた全国地質Sr同位体比マップ−産地推定のための基礎データ− 国際会議

    南 雅代, 城森由佳, 長谷和麿, 太田充恒, 今井 登

    日本地球化学会第59回年会  2012年9月11日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  90. Contribution of river and subsurface water of limestone districts to carbon source at Lake Biwa, Japan

    Miyata, Y, Aramaki, T, Minami, M, Ohta, T, Nakamura, T

    The 21h International Radiocarbon Conference  2012年7月9日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Unesco HQ, Paris  

  91. Old apparent 14C ages of a peat core from Rishiri Island, northern Japan.

    Kono, M, Minami, M, Tanimizu, M, Asahara, Y, Hosono, T, Nakamura, T

    The 21h International Radiocarbon Conference  2012年7月9日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  92. Is ultrafiltration effective for accurate 14C-dating of fossil bone excavated in Japan?

    Minami, M, Nakamura, T

    The 21h International Radiocarbon Conference  2012年7月9日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Unesco HQ, Paris  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. AMSによる14C年代測定のためのごく微量試料調製システムの共同開発研究

    2009年 - 2010年

    名古屋大学総長裁量経費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 堆積物の有機金属から探る琵琶湖の環境

    2004年 - 2005年

    昭和シェル石油環境研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 地圏-水圏-生命圏環境フィールドワークCOEを目指して

    2004年

    名古屋大学総長裁量経費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 化石骨から抽出した無機および有機成分分析に基づく古環境復元

    2002年 - 2003年

    住友財団環境研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 33

  1. 火葬骨の高確度炭素14年代測定と食性解析のための基礎研究・考古資料への展開

    研究課題/研究課題番号:18H00756  2018年4月 - 2021年3月

    南 雅代

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:16900000円 ( 直接経費:13000000円 、 間接経費:3900000円 )

    従来の出土骨を対象とした考古化学研究では、骨の有機成分であるコラーゲンを抽出し、その主成分である炭素・窒素・酸素の同位体を利用することにより、年代測定や食性解析などが行われてきた。しかし、高温の熱を被り、有機物が分解してしまっている火葬骨には従来の手法は適用できない。本研究では、骨の無機成分であるバイオアパタイトに注目し、火葬骨の炭素14年代測定に加えて、ストロンチウムの3つの同位体比(87Sr/86Sr、88Sr/86Sr、84Sr/86Sr)を組み合わせたマルチSr同位体分析により生前の食性の情報を得ることを目的としている。
    2019年度は、奈良県持聖院より出土した蔵骨器内の貞慶(AD1155-1213)の火葬骨、滋賀県敏満寺石仏谷墓跡より出土した中世の火葬骨を試料とした。貞慶の火葬骨の結果から、埋葬後、土壌に埋没している間に受けた二次的変質作用の定量的評価として、骨中のBa量がよい指標であることが明らかになった。その結果を踏まえ、Ba量が少なく、二次的変質の少ない白色骨片のみを選んで、高精度炭素14年代測定を行った(Minami et al., 2019 Radiocarbon)。さらに、マルチSr同位体分析を行い、貞慶は草食の傾向が、敏満寺に埋葬された人々は肉食の傾向が強く、栄養段階が異なることを明らかにした(若木・南、日本文化財科学会第13回ポスター賞)。
    石仏谷墓跡に埋没している人の生存地域を明らかにするため、周辺地域を流れる河川(宇曽川、犬上川、芹川)から地質試料を採取し、87Sr/86Srを測定した。石仏谷墓跡の火葬骨は敏満寺周辺土壌の交換態成分、そして芹川の河川水に近い87Sr/86Srを示した。このことから、石仏谷墓跡には、敏満寺周辺もしくは芹川の河川水を利用可能な地域で生活していた人々が埋葬されている可能性が示唆された(澤田ほか, 2020)。
    貞慶の火葬骨の炭素14分析結果が、Radiocarbon誌(Minami et al., 2019) に掲載され、貞慶と敏満寺に埋葬された人々のマルチSr同位体分析に関する発表が、日本文化財科学会第13回ポスター賞を受賞するなど、順調に成果が得られた。敏満寺石仏谷墓跡より出土した火葬骨に対しては、炭素14年代その他でも非常に興味深い結果が得られつつある。滋賀県多賀町周辺の地質試料を追加採取してSr同位体比を測定し、植物と埋敏満寺遺跡石仏谷墓跡から出土した火葬人骨の値を解釈するための基礎データを揃える。この基礎データを元に、埋葬されている人の出自を探る研究も、本研究課題はおおむね順調に進展していると言える。
    2019年度、滋賀県多賀町の敏満寺遺跡石仏谷墓跡から出土した火葬人骨をいくつか分析した結果、埋葬地区によって年代や食性に違いが見られ、考古学的に非常に有益な試料である見込みが得られた。そこで、出土人骨が保管されている多賀町立博物館に出向き、地区ごとに、厳密な試料の追加採取を行ない、現在、これらの追加試料に対して炭素14年代測定を行いつつある。2020年度は、年代付けされたこれらの試料にマルチSr同位体分析を行い、さらに安定炭素同位体比の結果を組み合わせて、生前の食性の情報を得る試みを行う。地区ごとの年代、食性の特徴を明らかにし、考古学的知見と合わせて、研究論文としてまとめる。
    一方、滋賀県多賀町周辺の地質試料の分析(澤田ほか, 2020)から明らかになった問題点を解決するため、植物を追加採取してSr同位体比を測定し、植物と埋敏満寺遺跡石仏谷墓跡から出土した火葬人骨の関係性についてもっと詳細に調べる。得られた関係性を元に、埋葬されている人の出自を探る研究を実施する。以上の結果については、総合論文にまとめる。
    2020年度は新型コロナウイルスの感染拡大で国内・国際学会が延期・中止になる可能性が高いため、論文執筆に時間を回し、本研究課題をまとめることに集中する。

  2. 火葬骨を”自然に土に還す”手法の確立

    研究課題/研究課題番号:19K21583  2019年6月 - 2021年3月

    挑戦的研究(萌芽)

    南 雅代

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

    日本は舎利信仰が深く、火葬後の収骨儀礼も敬いの念があり、世界的にも亡骸を深く尊重する国であると言える。一方で、すべての遺骨が永続的に崇め祀られることはなく、弔い手のいなくなった放置遺骨が増えつつある。超高齢化社会になり、その数はさらに増え、社会問題になる可能性もある。まさに今、葬儀・埋葬様式を変えていかなければいけない過渡期にある。本研究においては、日本の埋葬文化を尊重しながら、新たな埋葬方式を導入することを目指す。つまり、①火葬骨を、急激にではなく、自然の土壌中の分解に似せて徐々に分解する手法、かつ、②普通に手に入る毒性のない化学試薬・反応を用いて環境に優しい手法、を確立する。
    骨は、バイオアパタイトを主とするリン酸カルシウム結晶とコラーゲン繊維を主とする有機分子からなる構造をしている。バイオアパタイトは、アパタイトのリン酸基あるいは水酸基が炭酸基に置換した形で存在している。このため、アパタイト結晶のサイズがナノメートルサイズに抑制され、土壌中で自然に分解されやすい状態にある。現在の火葬炉の温度は800~1200℃とされており、高温で加熱されることにより、バイオアパタイトがヒドロキシアパタイト化し、土壌中で分解されにくい状態にある。本研究では、この分解しにくくなっている火葬骨を、強力な酸・アルカリによって急激に分解するのではなく、徐々に分解する手法を見出すことを目的としている。
    2019年度は、まず、加熱によって、骨の結晶状態がどのように変化するかを詳細に調べた。現生イノシシ骨を切り分け、マッフル炉内でそれぞれ300℃、450℃、600℃、750℃、900℃で1時間30分加熱し、フーリエ変換赤外分光分析、粉末X線回折、元素分析を行った。その結果、750℃以上の加熱温度でアパタイトの結晶性が急激に高まる様子を詳細にとらえることができた(Minami et al., 2019)。
    また、この現生骨を用いた骨の元素の取り込み過程を解明するため、上記の加熱した骨、ならびに鉱物アパタイトを、均質性に十分に留意して調製し、炭酸ストロンチウム(84SrCO3)溶液に浸す実験を開始した。1日後、3日後、1週間後、2週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、半年後までの骨片を取り出し、すでに前処理を行い、測定待ちの状態である。
    他方、骨と炭酸カルシウムを共存させる実験、二酸化濃度10%の雰囲気下での骨分解実験に対しては、必要な試薬・器具は購入し、準備は整っていたたが、年度末、新型コロナ感染拡大に備えての新学期のための学務の仕事に追われ、実験を開始するまでには至らなかった。
    加熱することによって、骨の結晶状態がどのように変化するかを詳細に知らべた結果を論文に公表することができたことは、大きな進展であるが、2019年度のはじめに計画していたいくつかの実験に対しては、装置の準備に時間がかかったのと、年度末は、新型コロナ感染拡大に備えての新学期のための学務の仕事に追われ、実験を開始するまでには至らなかった。特に、装置の準備に関して、二酸化炭素ガスボンベを購入して使用する予定であったが、建屋にボンベガスを持ち込むことができないことがわかり、その代替策に置き換えるのに時間がかかった。さらに、2020年度に入っても新型コロナ禍で、在宅勤務要請のため、実験に取りかかれない状態が続いた。6月に入り、やっと実験が再開できる目処が得られたため、これから順次、実験を進めていく所存である。
    2020年度は、炭酸ストロンチウム(84SrCO3)溶液に浸した骨片(1日後、3日後、1週間後、2週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、半年、1年後に取り出し)に対し、骨の表面から内部方向に84Sr/86Sr及びSr濃度、炭素同位体比(δ13C)及びC濃度を連続分析し、時間経過に伴って骨表面からSr及びCが取り込まれる深さ、取り込む速度等を見積もる。得られた結果から、骨の加熱により、どのように分解しにくくなっているのかを明らかにしていく。
    また、酢酸あるいはクエン酸(0.01-0.1 mol/L)を用いて、徐々に分解させる実験、ヒドロキシアパタイトの水酸基のサイトに炭酸基を置換させる促進剤として炭酸カルシウムを共存させる実験、二酸化炭素濃度を10%にした雰囲気下での実験も順次行なっていく。6月に入り、やっと実験が再開できる目処が得られた段階で、これからどこまで実験を進めていけるか不明な点はあるが、できる限り推進していきたいと思う。
    以上の得られた結果をもとに、火葬骨を、急激にではなく、自然の土壌中の分解に似せて徐々に分解する手法、かつ、普通に手に入る毒性のない化学試薬・反応を用いて環境に優しい手法を確立するための基礎データを揃え、最終的に論文としてまとめる。

  3. イランの石筍・トラバーチンを用いた西アジアの古気候復元の試み

    研究課題/研究課題番号:19H05035  2019年4月 - 2021年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    南 雅代

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:5200000円 ( 直接経費:4000000円 、 間接経費:1200000円 )

    西アジア(特にイラン・イラク)周辺の古気候データは、試料採取が困難であることもあって、大変少ない状況である。そこで、本研究においては、イランの鍾乳洞内の石筍を用いて過去数万年間の古気候復元が可能かどうかを見極め、西アジア地域の古気候復元を行うことを第1の目的とする。さらに、トラバーチンを用いて古気候復元を行うための手法を確立することを第2の目的とする。トラバーチン形成に関する地質学的研究はいくつか行われているものの地球化学的研究はほとんどない。本研究においては、イランの石筍・トラバーチンを用い、ダストの影響を加味したマルチプロキシ地球化学分析によって西アジア地域の古気候復元を行う。
    近年、鍾乳石の化学分析から過去の降雨量の変化が復元され、気候変動に伴い降雨特性が大きく変化していたことが明らかになってきた。しかし、西アジア(特にイラン・イラク)を対象とした研究はほとんどなく、過去の気候変動において西アジア周辺の降雨特性がどのように変化してきたかについては十分に理解されていない。そこで、本研究においては、イランの石筍・トラバーチンの炭素14年代測定・同位体分析から西アジア地域の過去数千年~数万年間の長期的な古気候復元を目指している。
    2019年度は、イラン北西部・西アゼルバイジャン州タフテ・ソレイマンの円錐状のトラバーチンの山から層序を確認しながら連続的にトラバーチン試料と、山麓から湧水を採取し、炭素14年代、安定炭素同位体比(δ13C)測定を行った。その結果、湧水の炭素14年代は3.1 kBP、δ13C値は+7から12‰であり、このトラバーチンが熱水由来の古い年代を持つ湧水から沈殿して生成したことが示唆された。トラバーチンは4.2 kBPから3.0 kBPの炭素14年代を示し、湧水が示す年代を考慮して、このトラバーチンの実際の形成年代、形成速度を求めた。
    他方、2019年10月7-16日に、イラン・クルジスタン大学に出向き、ハイボリュームエアサンプラーをセットアップし、大気エアロゾルPM10の採取を開始した。試料の炭素14濃度は約50 pMC (percent Modern Carbon)の値であり、化石燃料炭素と生物起源炭素の寄与が半々であることがわかった。現在、クルディスタン大学の連携研究者の協力のもと、継続的に大気エアロゾル採集を実施中である。
    その他、水試料から溶存炭素を効率的に抽出する手法を開発した。この手法は、マグネシウムや硫黄成分の濃度が高く、従来の手法だと炭素抽出の難しかった本研究のような水試料に対しても有効であることが明らかになった。
    2019年の10月7-16日にイランに調査に行き、トラバーチン、湧水試料を予定通り採取することができた。また、イランへの持ち込みが可能か危惧していたハイボリュームエアサンプラーも、クルディスタン大学に無事設置することができ、エアロゾルの採取を開始することができた。日本に持ち帰った試料の分析も順調に終えることができ、これまでのところ、研究課題はおおむね順調に進展していると言える。
    2020年度は、タフテ・ソレイマンのトラバーチンの下層から上層までの詳細な時系列に基づき、カルシウム、マグネシウム、ストロンチウム、希土類元素などの元素変動、炭素・酸素同位体比変動から、古環境復元を行う。またストロンチウム・ネオジム同位体変動に影響を与えるダスト成分を明らかにし、タフテ・ソレイマンのトラバーチンの起源・成因を探る。同様の手法をクリ・カレ洞窟から採取した石筍にも適用する。
    一方、イラン・クルジスタン大学に設置したハイボリュームエアサンプラーにより、引き続き大気エアロゾルの採集を行ってもらい、その試料の分析を行うことにより、季節によるイランへのダストの飛来状況の違いを明らかにする。当初は、2020年度内にイランに出向き、自分でエアロゾル試料を持ち帰る計画にしていたが、新型コロナウィルス感染拡大により、イランに渡航できるかどうかわからないため、イランからエアロゾル試料を空輸で送ってもらうことを計画する予定である。
    以上の結果を総括し、イランのトラバーチン・石筍を用い、ダストの影響を加味したマルチプロキシ地球化学分析によって西アジア地域の古気候復元を行う手法を確立し、論文にまとめる。

  4. 火葬骨のヒドロキシアパタイトのマルチ同位体分析による食性解析

    研究課題/研究課題番号:21H04359  2021年4月 - 2026年3月

    南 雅代

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:42120000円 ( 直接経費:32400000円 、 間接経費:9720000円 )

  5. 天然炭酸塩コンクリーション化応用による透水性空隙の長期自己閉塞技術の確立

    研究課題/研究課題番号:18H03893  2018年4月 - 2022年3月

    吉田 英一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    炭酸カルシウム(CaCO3)が数十%以上濃集している炭酸塩球状コンクリーションは,地下岩盤中のとくに堆積岩中に普遍的に,かつ安定に存在することが確認されている.その大きさはメートルを超えるものも存在し,数万~数十万年以上にわたる風化や変質に耐え,その球状形態と内部の化石を保存良好に保つ.例えば北海道で産出する保存良好のアンモナイト化石が,全てコンクリーション中から産出するのはその良い事例の1つと言える.その理由は,コンクリーション中の空隙や亀裂が炭酸カルシウムによって充填・閉塞されることで外部からの地下水の浸透が遮断され,風化・変質反応が抑制されるためである.しかし,そのコンクリーションの形成プロセスや形成速度については,これまで半世紀以上,科学的に議論がなされてきたものの決め手となる証拠やデータを示すことができていなかった.
    本年度は,いろいろなバリエーションがある球状コンクリーションについて,生物起源の腐食酸との反応によって形成されたと考えられるタイプの抽出と種類を分類・整理し,形成条件を整理した.とくに日本および海外の事例も含め10種類以上の研究試料を採取しており,これらの地球科学的な産状調査・分析を総合的に実施し,解析及び実験を効率的に実施するための知見を整備することができた.その知見から、基本、日本および海外のコンクリーションに関しても、その形成速度は非常に速く、同じプロセスで形成されることを確認した.そして,その形成条件の一般化を行い,論文にてその成果を公表した.
    本年度は,いろいろなバリエーションのある天然コンクリーションについて,その中で,生物起源の腐食酸との反応によって形成されたと考えられるタイプの抽出と種類を分類・整理し,形成条件を明らかにすることを目的として研究を進めてきた.その対象として,すでに日本および海外の事例も含め10種類以上の研究試料について解析を行った結果,当初の想定通りのデータを得ることができたことから,概ね順調に進捗していると判断した.
    初年度の成果にもとづいて,コンクリーションにおいて,炭酸カルシウムの空隙シーリング状態を詳細に解析するために,カルシウムや鉄・マンガンなどの遷移元素の元素濃集状態,炭素・酸素同位体の地球化学的分析を行う.遷移元素は,腐食酸との反応に伴うpH変化のインデックス元素として活用可能であり,炭素・酸素同位体は,生物有機体の腐食酸が起源であるかどうかの確認となる.これらの元素分布を正確に把握することで,最終的に実施するシーリング実証実験の条件設定を明確にする.

  6. 古代鉄の放射性炭素年代測定:金属鉄から錆びた鉄への適用拡張と測定の高精度化

    研究課題/研究課題番号:17H02017  2017年4月 - 2021年3月

    中村 俊夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    これまで申請者らは,操作に手間がかかるが完全に鉄試料を溶融する温度まで加熱して含有炭素を抽出できる高周波加熱炉(RF加熱炉)から構成される調製装置を所持して使用してきた.本研究では,さらに別途に,簡便な炭素抽出法の開発を目指している.これまでの方法と,結果を比較しつつ,新しい簡便法を実用上問題ない段階まで完成させる.
    具体的には石英管内に封入する鉄試料の重量と助燃剤の重量の相対比,また,鉄試料の加熱温度や加熱時間の設定,さらに,一連の試料調製において発生する可能性のある外来炭素による汚染の有無や,汚染がある場合にその除去方法の検討である.4年間の研究計画のうち,3カ年をかけて,これらの検討を実施し,特に,石英管内に封入する鉄試料の重量と助燃剤の重量の比や鉄試料の形状などを検討し,安定な収率が得られる条件を確認した.この方法を用いて,1g程度の金属鉄試料および錆びた鉄試料から,それらの資料に含まれる炭素をほぼ85%以上の収率で,さらに通常の14C年代測定に用いる試料と同程度の14Cブランクで,回収することができる.
    また,日本刀の14C年代測定についての要望が多々寄せられており,日本刀の美術品としての価値を失わないようにして,1g程度の鉄試料を,日本刀の一部として分取する方法を,民間の日本刀研ぎ師との共同で開発研究を行ってきた.開発した鉄試料の分取法により,国内の日本刀およびオランダの博物館に保管されている日本刀から鉄試料を採取して14C年代測定を行い,日本刀の形式・文様などから推定される時代区分とほぼ調和的であることを確認している.
    本研究で,第一に目指している,鉄試料の簡便な炭素抽出法の開発を推進した.昨年度も引き続き,鉄試料中に含まれている炭素を完全に燃焼して二酸化炭素として回収するために,石英管内に封入する鉄試料の重量と助燃剤の重量の相対比,また,鉄試料の加熱温度や加熱時間の設定,鉄試料の形状・状態,さらに回収された二酸化炭素についての現代炭素による汚染の有無などについて,吟味した.この結果,現有の器具を用いた操作方法で発生する14Cブランクは,他の14C年代測定試料の示す14Cブランクと同程度であることが確認できた.また,塊状の鉄試料の炭素回収率,鉄試料の重量と助燃剤の重量の相対比について,最適な設定を行った.さらに,さまざまな鉄製文化財・考古遺物についての14C年代測定の要望が多々寄せられており,それぞれの試料の美術品としての価値を失わないようにして,1g程度の鉄試料を,それぞれから分取する方法を開発した.この方法により,国内の日本刀資料およびオランダの博物館に保管されている日本刀から鉄試料を採取して14C年代測定を行い,日本刀の形式・文様などから推定される時代区分とほぼ調和的であることを確認した.一方,昨年度は,錆びた鉄資料の試料調製の方法について研究を進める予定であった.分析に供される資料が錆びていることから,切断・分割などが難しいなどの問題点も多く,研究は予定通りには進展していない.
    本年度は最終年度であることから,本研究の目的である,鉄試料の14C年代測定のための試料調製法において,これまで有効に適用されてきた高周波加熱炉による鉄含有炭素の抽出法に換えて,より簡便で,さらに錆びた鉄にも適用できる石英管封管燃焼による炭素抽出法について,これまでの研究成果を踏まえ,それらの方法の完成を目指す.
    これまでの研究により,石英管封管燃焼による炭素抽出の条件については,ほぼ確立した.すなわち,(1)助燃剤の酸化銅CuOを,金属鉄試料の4倍重量用いる.(2)鉄試料と酸化銅を入れて封じ切った石英管は1000℃で15時間加熱する.このような条件設定で,近代溶鉱炉で作られた14Cを含まない金属鉄試料の14C測定を行い,その鉄が示す14Cバックグラウンドレベルの値は,通常用いている14Cブランク試料(シュウ酸試薬)の示す値とほぼ同程度である事を確認した.そもそも鉄中に残留する炭素の起源は,たたら製鉄などの際に,製鉄の原材料である砂鉄などの酸化鉄を還元するために用いる木炭の一部である.そこで,木炭の作製に用いられる樹木の年輪数分の年代幅の変動幅(不確実性)を持つことになる.たたら製鉄の具体的な内容から,この変動幅は20~30年程度と推定される.この年代の変動幅は, 14C年代測定の誤差とほぼ等しいことから,作製年代が明確な鉄試料の測定を行うことで,鉄試料のAMS法による14C年代測定の正確度の検定をすることができる.そこで,最終年度は,日本刀などの作製年代が既知の金属鉄試料の14C年代測定を中心に,分析を進める.また,錆びた鉄試料では,既に手に入れている資料を中心に,試料調製方法の検討を含めて,錆びた鉄資料の精度の高い14C年代測定法を確立する.また,分担者の南は,鉄資料から炭素を抽出る新たな方法として,真空容器内でHNO3と反応させてCO2を回収する方法を検討している.

  7. 大陸縫合帯イランの鉱床成因解析-新しい同位体地化学探査技術の実用化-

    研究課題/研究課題番号:17H01671  2017年4月 - 2021年3月

    淺原 良浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本調査研究の目的は、Rb-Sr系、Sm-Nd系などの天然の放射壊変系同位体の分析を、熱水鉱床、堆積鉱床などの多様な鉱床に適用し、得られた同位体初生値と年代値に基づいて鉱床成因解析を行うことである。具体的には、大陸縫合帯であるイラン国内における火成活動と鉱床生成の関連性を明らかにするため、ザグロス山脈北西部およびアルボルズ山脈西部を対象に現地調査を行い、鉱石、鉱床母岩、貫入火成岩などの化学分析・同位体分析を実施し、新しい同位体地化学探査の実用化を目指している。3年目は、2019年4~5月(11日間)および10月(10日間)に現地調査を行った。調査地域は、ザグロス造山帯北西部の白亜紀花崗岩体(ゴルベ地域、ウルミエ湖周辺)と第三紀・第四紀の火山岩類(タカブ地域、サハンド地域)である。4月の調査は、代表者、分担者1名、協力者6名(日本側の大学院生1名、イラン側の研究者2名と大学院生3名)の計8名で、10月の調査は、代表者、 分担者1名、協力者4名(日本側の大学院生1名、イラン側の研究者3名)の計6名で実施した。採取した花崗岩、閃緑岩、安山岩の試料について薄片観察を行った後、名古屋大学で化学分析とRb-Sr、Sm-Nd系の同位体分析、LA-ICP-MSによるジルコン年代測定を行った。タカブ地域の火山岩類のSr-Nd同位体初生値、微量元素組成とジルコン年代について詳細に解析を行った結果、プレート衝突に伴う第三紀のマグマ活動が複数のステージに分類されることが明らかとなった。このマグマ活動(マグマ源)の違いはザグロス造山帯北西部の鉱床成因解析の重要な手掛かりとなるものであり、本調査研究3年目の重要な成果である。本研究成果に関する論文は執筆中であり、2020年夏頃までに国際誌に投稿する予定である。
    交付申請書に記載した2019年度(3年目)当初に予定していた研究実施計画の内容は十分達成している。予定していた春と秋の2回の現地調査、採取した試料の化学分析および同位体分析は当初予定どおり完了し、2018年度および2019年度の分析結果に基づく論文執筆は順調に進み、年度当初に予定していなかった研究も含めて、2019年度の研究は当初計画以上に進展している。その具体的な内容は次のとおりである。
    (1)イラン北西部における希土類元素(レアアース)の資源ポテンシャルに関する評価を実施した。これは、年度当初には予定していなかった研究である。本調査研究(H29~R02)およびH25~H28の基盤研究(B)で積み上げてきたイラン北西部に広がる花崗岩の希土類元素濃度データをコンパイルし、希土類元素の高濃度分布地域と火成活動、テクトニクスとの関係を明らかにするとともに、資源ポテンシャルの高い地域の抽出を試みた。これらの成果に関する論文は、受理されており、2020年度中に公表される予定である。
    (2)2019年度に公表された論文以外にも、印刷中(in press)の論文は7編、投稿中の論文は3編あり、順調に成果公表が進んでいる。
    2019年度の研究実施計画は、以上のとおり当初の計画以上に進展しており、最終年度(2020年度)で当初の研究目的を十分に達成できる見通しがある。
    2020年度(最終年度)の現地調査は10月に実施する予定であり、準備を進めている。研究代表者、分担者がイランでの現地調査を実施できない場合は、現地の研究協力者と連携して、現地協力者が現地調査、試料採取を進める。昨年度までに調査を実施した西アゼルバイジャン州のウルミエ湖周辺からクルジスタン州西部の再調査および追加試料採取を主に実施する。この追調査は、これまでの分析結果から当初予想していなかった新たな知見が得られる可能性が出てきたため、その可能性を確認することが目的である。また、これまで鉱床母岩としての火成岩の成因解析だけでなく、マグマ活動に関わる深部流体の解析も行うため、昨年度までに採取した火山周辺の地下水試料(温泉水)の化学分析、同位体分析にも新たに取り組む。
    10月には、イランの研究協力者との共同現地調査だけでなく研究総括を含めた研究打合せを予定しているが、実施できない場合に備えて、すでにメール等で緊密に連絡を取り合い、最終年度の研究が滞りなく推進できる体制を整えている。成果公表については当初予定以上に進んでおり、2020年度も3~4編の論文を投稿する予定である。

  8. 化学的指標に基づいた炭化物の高確度炭素14年代決定法の確立

    研究課題/研究課題番号:15H02947  2015年4月 - 2018年3月

    南 雅代

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:18980000円 ( 直接経費:14600000円 、 間接経費:4380000円 )

    炭化物の炭素14年代測定のための化学処理法として用いられるABA法(酸/アルカリ/酸処理法)とABOx-SC法(酸/アルカリ/酸化処理-段階加熱法)の外来炭素の除去効果を、化学処理後に残存する成分の炭素14年代だけでなく、化学組成・化学構造変化を調べることにより比較した。
    その結果、ABOx処理のほうがABA処理に比べ、残存している外来炭素をより効率的に除き、化学的に安定で高分子量の多環芳香族化合物(炭化物試料の本質成分)を抽出する効果が高いことがわかった。一方、3万年より若い試料の場合は両者の化学処理法の違いによってあまり差が見られず、化学処理後の段階加熱が重要であることがわかった。

  9. 炭酸塩天然コンクリーション形成に学ぶ透水性空隙・亀裂シーリングへの応用研究

    研究課題/研究課題番号:15H04224  2015年4月 - 2018年3月

    吉田 英一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究によって、球状コンクリーション形成についての以下のメカニズムおよび条件が明らかとなった。
    1) 球状炭酸塩コンクリーションは、海性堆積物中にのみ確認される。2) 球状になるのは、拡散現象によって形成されることによる。3) 炭酸塩が濃集する理由は、生物の炭素と海水中のカルシウムイオンとの反応による。4) コンクリーション中の化石が保存良好な理由は、化石(生物)が急速に炭酸カルシウムの沈殿によりシーリングされることによる。5) 拡散と沈殿反応によるコンクリーションの形成速度は、数センチ程度のコンクリーションで、数ヶ月程度と非常に速いことが明らかとなった。
    本研究の成果は、球状コンクリーションの形成メカニズムを明らかにしただけでなく、そのプロセスを土木工学などの分野に応用可能であることを示したことである。とくに炭酸カルシウムによる閉塞効果などはあまりこれまで考えてこられなかったものであり、今後の応用性が期待される。

  10. 一年輪単位の較正データを用いた暦年較正とウイグルマッチングの検討

    研究課題/研究課題番号:26284120  2014年4月 - 2017年3月

    中村 俊夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    年輪年代が既知の日本産樹木試料について14C年代測定を行い,IntCalと比較してきた.日本産試料をIntCalで暦年較正すると平均的に20~30年古い較正年代が求まる.この較正暦年代のずれの問題を検討するために,(i)日本各地の樹木年輪,(ii)韓国産樹木年輪,について,ずれの有無を検討した.いずれも,有意なずれを持つことが確認された.また,14C年代測定の信頼性を調べるために,諸外国のラボとの比較を行ったところ,名古屋大学と他機関の年代測定結果はよく一致した.日本産試料について正確な較正年代を得るためには,日本産樹木について,精度,正確度の高い14C年代値を蓄積することが大切である.

  11. 骨の炭酸ヒドロキシアパタイトを用いた炭素14年代測定の試み

    研究課題/研究課題番号:26560144  2014年4月 - 2017年3月

    南 雅代

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    有機成分のコラーゲンが残存していないために炭素14年代測定が不可能とされてきた火葬骨試料に対し、無機成分の炭酸ヒドロキシアパタイト(CHa)を用いて高確度な炭素14年代測定が可能かどうかを調べた。その結果、1)骨は高温(750℃以上)で加熱されるとアパタイトの結晶性が高くなり、続成作用や汚染の影響を受けにくくなること、2)真空下で0.1 mol/L酢酸と1時間反応させることにより、二次炭酸塩や汚染炭素を効率的に除去し,骨CHa中の炭素のみを抽出することが可能であること、3)アパタイトの結晶性が高い火葬骨においては、CHaを用いた信頼性ある炭素14年代測定が可能であること、が明らかになった。

  12. 水試料の放射性炭素濃度の相互比較と前処理手法の検討:RICE-Wプロジェクト

    研究課題/研究課題番号:26340017  2014年4月 - 2017年3月

    高橋 浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    水試料の放射性炭素濃度測定の分析機関相互の比較検証(RICE-W)を実施した結果を報告する.事前の検証のうち,相互比較の品質保証に重要な保管容器についての結果と微生物活動の影響による14C濃度変化についての報告とプロジェクトにおける対応を示した.実施した相互比較では,一部,現代炭素の混入が示される結果があったが,おおよそ良い一致を示している.また,相互比較を実施する上での品質は担保されていると考えている.

  13. 陸上試料の炭素14年代較正データの検証研究

    研究課題/研究課題番号:25241007  2013年4月 - 2017年3月

    北川 浩之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    木材や材化石、化石サンゴや洞窟堆積物(鍾乳石)、年縞堆積物などの年代既知の試料の炭素14測定から過去5万年からの炭素14年代キャリブレーションデータセット(IntCal13)が得られてきた。本研究では、国際陸上学術掘削計画(ICDP)死海深層掘削計画(DSDDP)で死海最深部(ICDP 5017-1地点)から得られた堆積物コアに含まれる陸上起源の植物遺体化石の高精度の炭素14年代測定を行い、同堆積物試料のアラゴナイトのウラン系列年代を比較することでIntCal13の検証研究を行った。列年代を比較することでIntCal13の検証研究を行った。

  14. 有機地球化学的分析手法を用いた先史時代の食性復元

    研究課題/研究課題番号:25282072  2013年4月 - 2016年3月

    宮田 佳樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ①土器付着炭化物の炭素年代測定や安定同位体分析による食性解析法,②土器残存有機物組成や分解生成物を同定するバイオマーカー分析,③土器から抽出した炭素数16,18の直鎖状飽和脂肪酸の炭素同位体比を現生生物と直接比較することにより,起源物質を推定する手法,これら三つの手法(①,②,③)を法補的に組み合わせることにより,土器付着炭化物と土器胎土吸着物を用いて,土器で調理された食材を復元することができた。つまり,新しい縄文土器を用いた古食性研究手法を確立した。

  15. アミノ酸ラセミ化法を用いた骨遺物の年代測定

    研究課題/研究課題番号:25101501  2013年4月 - 2015年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    南 雅代

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:5200000円 ( 直接経費:4000000円 、 間接経費:1200000円 )

    昨年度の研究により,イラン・アルセンジャンTang-e Sikan洞窟遺跡から出土した骨中には有機成分がほとんど残存していないことが明らかとなり,アミノ酸ラセミ化を用いた年代測定は困難であると考えられた。そこで 今年度は,以下の3点について研究を推進していき,他の手法によって遺跡のシークエンスに正確な年代を付与することを目指した。
    (1) ABOx-SC法による炭化物の高確度な14C年代測定法の確立: 昨年度に立ち上げたABOx-SC法(Radiocarbon誌に投稿し,現在査読中)をTang-e Sikan洞窟遺構の各層から得られた炭化物に適用して14C年代決定を行い,ABA法による年代値と比較を行いつつ,各層に正確な14C年代を付与した。石器の型式から推定されている年代,イラン南部地域の遺跡に関して報告されている他の年代と比較しながら,この地域の編年の再構築を行った,結果を論文にまとめ,まもなく国際誌に投稿予定である。
    (2) イラク・クルディスタンQalat Said Ahmadan (QSA)遺跡の編年構築: QSA遺跡から採取した炭化物の高確度14C年代測定を行った。その結果,PPN層は7570-7385 cal BP,proto Hassuna―Hassuna層は6230-6010 cal BP,Samarra層は6065-5930 cal BPという年代を示すことが明らかになった。得られた結果をラフィダーン誌に報告した。
    (3) 骨試料の炭酸ヒドロキシアパタイトによる14C年代測定:骨試料の無機成分である炭酸ヒドロキシアパタイトを用いた年代測定法の検討を開始した。年代既知の骨を用いた検証の結果,高温で焼かれた骨は,炭酸ヒドロキシアパタイトによる14C年代測定法が有効であることがわかったが,Tang-e Sikan洞窟遺跡から出土した骨に対する有効性は確認できず, 14C年代測定を行うまでには至らなかった。
    26年度が最終年度であるため、記入しない。
    26年度が最終年度であるため、記入しない。

  16. 有機態金属元素の同位体に着目した新しい環境変動解析手法の開発

    研究課題/研究課題番号:23510005  2011年 - 2013年

    淺原 良浩

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    生物生産の高い北部北西太平洋では陸から供給される鉄が大きな役割を果たしている。本研究では、鉄の安定同位体をトレーサとして利用し、西部北太平洋亜寒帯域の鉄の供給源とその輸送過程の解明を目指した。その結果、アムール川から流入した溶存態鉄がアムール川河口域で粒子態鉄となり沈殿していること、この粒子態鉄がオホーツク海中層水に流入し、中層水の粒子態鉄はサハリン東岸を南下しながら西部北太平洋まで輸送されていること、が明らかとなった。

  17. アミノ酸ラセミ化年代法は5万年より古い骨の年代決定に有効か?

    研究課題/研究課題番号:23650569  2011年 - 2012年

    南 雅代

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    限外ろ過法を用いた骨試料調製法の確立,微少炭素量による放射性炭素(14C)年代測定の実現,部位の異なる骨の化学組成解析等,本研究の基礎を固める成果を得た.
    5万年より古い年代をもつイラン・アルセンジャン洞窟遺跡の骨試料に対し,14C年代およびアミノ酸ラセミ化年代決定を試みたが,有機質がほとんど残存しておらず,測定まで至らなかった.この結果から,古い骨へのアミノ酸ラセミ化年代法の適用は厳しいと言わざるを得ない.

  18. 全国地質Sr同位体比マッピング-古代における”もの”の移動の解明に向けて-

    研究課題/研究課題番号:22300308  2010年4月 - 2015年3月

    南 雅代

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:15600000円 ( 直接経費:12000000円 、 間接経費:3600000円 )

    遺跡から出土した人の硬組織のストロンチウム(Sr)同位体比や土器等の考古遺物のSr同位体比を用いて古代における”もの”の移動解明を行う際に必要不可欠な全国地質Sr同位体比マップを作成するための基礎研究を行った。まず、1)地質Sr同位体比マッピングに用いる試料として,粒径<180μmの河川堆積物が適していること,2)河川堆積物のバルクSrのSr同位体比は流域の母岩・土壌のSr同位体比を,交換性のSr同位体比は流域の水・動植物のSr同位体比を反映すること,を明らかにした上で,3)日本全国の河川堆積物1084試料のSr同位体比を測定し,基礎データベースとなる全国地質Sr同位体比マップを完成した。

  19. 同位体希釈中性子放射化分析による珪長質岩中の白金族元素の高確度定量と岩体形成機構

    研究課題/研究課題番号:22340165  2010年4月 - 2014年3月

    田中 剛

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    イリジウム,オスミウムやルテニウムなどの白金族元素は花崗岩など珪長質岩石中での存在度が極めて低く(標準岩石試料でも正確には求められていないが、数十pptと見なされている) 測定がなされていない。本研究では、100g以上の大量の岩石から白金族元素を抽出できるファイヤーアッセー法、抽出率が悪くてもそれを補正できる同位体希釈法、白金族元素の感度が良い中性子放射化分析法を組み合わせた分析法を開発し、岩石の分析を行った。

  20. 樹木年輪の14C年代測定の実験室間比較による高精度の暦年代較正データの確立

    研究課題/研究課題番号:22240082  2010年4月 - 2014年3月

    中村 俊夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    日本産試料について得られた14C年代を暦年較正データIntCalを用いて較正すると,予想される年代よりも古くなる傾向にある.IntCalが日本産試料に適用できるか否か,さらに日本産試料の14C年代と暦年代との関係を示すデータを増やすために,現代から2000年前に遡る年輪について,高精度の14C年代測定を行った.その結果,日本の樹木年輪の14C年代は,IntCalの対応する14C年代よりも古くSHCal(南半球の試料に適用可能とされる暦年代較正データセット)のそれよりは新しい.日本産樹木年輪の14C年代はIntCalに比べておおよそ20~30年古く得られた.日本独自の較正データが不可欠である.

  21. 朝鮮半島、京畿地塊を構成する原生代基盤とペルムー三畳紀衝上体の地質学

    研究課題/研究課題番号:21540471  2009年 - 2011年

    鈴木 和博

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    朝鮮半島中部の京畿地塊基盤岩は約18. 6億年前のグラニュライト相ユニットとペルム.三畳紀の角閃岩相ユニットから構成される。境界には大規模なマイロナイトが発達し、マイロナイト自体が2. 47-2. 40億年に変成している。角閃岩相ユニットは蘇魯造山時に揚子江地塊から離れて中朝地塊のグラニュライト相ユニットに衝上した高温異地性岩体であり,その熱でマイロナイトや近傍のグラニュライト相ユニットが接触変成した。

  22. 放射性炭素を用いたコンクリート劣化の定量的解析手法の構築に向けて

    研究課題/研究課題番号:21654070  2009年 - 2010年

    南 雅代

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3100000円 ( 直接経費:3100000円 )

    本年度は、昨年度得られた昭和42年建造の実構造物コンクリートの^<14>C深度プロファイルの解釈、コア深部の^<14>C起源解明に重点を置いた。具体的には、1)新鮮なコンクリートと、その原料であるセメント・混和剤の^<14>Cならびに炭素・酸素同位体比の測定、2)コンクリート中性化領域の薄片観察・元素マッピング、を行った。
    1. 新鮮なコンクリート、セメント、混和剤の^<14>C濃度、炭素含有量、炭素・酸素同位体比の結果から、新鮮なコンクリートの炭酸塩中の^<14>Cは、原材料のセメントの炭素(dead^<14>C)とコンクリートを製造する際に混入した大気炭素(modern^<14>C)が約1:1で混合したものであることがわかった。このことから、実構造物コンクリート深部の^<14>C値は、コンクリート製造時の初生値であると考えられ、コンクリート表層1cm部分の中性化は2~4年という非常に短時間で進行していたことが明らかとなった。中性化微少領域の^<14>C測定に向けての、微少炭素量による14C測定法の開発も行なった。
    2. 実構造物コンクリートコアに対して、劣化断面に垂直に薄片を作成し、中性化に伴う組織劣化の際、どのような結晶構造変化並びに物質移動を起こしているかをEPMAによって詳細に観察した。コンクリートコアの切断にはレーザーを用い、薄片作成時の炭酸化を極力防いだ。その結果、中性化による組織劣化、物質移動の様相が鮮明に得られ、中性化が進行しているコア表面部、および骨材の周辺部においては二次鉱物が成長し、Caの他、Na、K等の元素が濃集していることが明らかになった。
    以上のことから、コンクリート中の^<14>C濃度および炭素・酸素同位体比は、建造物の中性化進行プロセスを空間的かっ時間的に解析できる有効な手段であることが明らかになり、今後、コンクリート建造物の中性化速度の定量的評価に広く応用可能と考えられる。

  23. ウイグルマッチング法による木製文化財の高精度年代推定のための必要条件の検討

    研究課題/研究課題番号:19300300  2007年 - 2009年

    中村 俊夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ウイグルマッチングによる木材の伐採年代等の推定では,木材の年輪をできるだけ多く14C年代測定する方が良い.しかし,誤差の大小は,マッチングを行う暦年代区間に大きく依存する.マッチング相手となるIntCal04較正データが平坦な区間では正確なマッチングは困難である.逆N型の凸凹を示す区間では,マッチングの可能性が2区間に分割される.較正データが単調かつ急激な変化を示す区間では,たった2つの14C年代でもマッチングの誤差は小さい.

  24. 人骨のストロンチウム同位体比に関する基礎的研究とその考古学的応用

    研究課題/研究課題番号:19300301  2007年 - 2009年

    南 雅代

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17680000円 ( 直接経費:13600000円 、 間接経費:4080000円 )

    ・骨中のストロンチウム(Sr)同位体比が、生育地の地質のSr同位体比を反映することを、現生動物・魚と地質のSr分析から確認した。
    ・鎌倉由比ケ浜遺跡から出土した人骨・歯、獣骨のSr分析を行なった。骨中のSrは続成Srに置換されていたが、歯エナメル質は食物Srを保持しており、人の生育地(地質)の推定に使えることを示した。
    ・骨Srの考古学研究に必要な地質Sr同位体比マップの作成にとりかかった。
    ・微少量の骨試料による高確度^<14>C年代測定のための検討を行った。

  25. ピルバラクラトンに産出する多様な大型微化石群の起源と生命初期進化における意義

    研究課題/研究課題番号:19340150  2007年 - 2009年

    杉谷 健一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    オーストラリア・ピルバラクラトン・ファレル珪岩層に産出する太古代(約30億年)大型微化石群について、画像データの大量収集、微化石抽出、画像解析ソフトによる3次元像復元、生活環復元と系統分類、母岩の希土類元素パターン解析、Nano-SIMSによる微少領域分析を行い、その生物起源性を確実なものとした。太古代浅海域における生物多様性が従来考えられていたよりも遥かに豊かで、酸素発生型光合成生物や真核生物の出現が中期太古代にまで溯る可能性を示唆した。

  26. 日本列島とアジア大陸東縁造山帯で測定したCHIME年代の再検討

    研究課題/研究課題番号:19340149  2007年 - 2008年

    鈴木 和博

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ・電子プローブマイクロアナライザを高性能・高機能化して分析値の精度と確度を高めた.
    ・トリウムやウランを含む鉱物のコンコーダントな分析値を選別する化学的基準を確立して、CHIME年代の確度を高くした.
    ・氷上花簡岩、領家帯ミグマタイト、肥後変成岩、韓国京畿地塊の準片麻岩、中国南東部の花商岩類、中国吉林省の東清花簡岩のCHIME年代を再検討して、地質学的推定年代や同位体年代との矛盾を解明した.矛盾の原因は肥後変成岩と東清花商岩では同位体年代、氷上花商岩と京畿地塊では地質学的解釈、領家帯ミグマタイトと中国南東部花商岩ではCHIME年代にあった.

  27. 中世都市遺跡の電磁気調査と14C年代法による編年の研究

    研究課題/研究課題番号:19900108  2007年

    酒井 英男

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    中世の国家・社会を対象として,磁気物性,14C年代推定法,遺跡探査による研究を行った.
    (1)考古地磁気年代の研究を北陸と北海道地域の遺構で実施した.年代推定の基準となる地磁気変動は西南日本で主に研究されている.そのため,基準点の京都と緯度がかなり違う北海道では適用可能かの検討が必要であった.焼土遺構の研究から,西南日本版の地磁気変動の補正により年代推定が可能と示された.また,ロシア・ウラジオストック周辺の遺構でも,予察的な研究から緯度が似た北海道における考古地磁気変動を利用して良好な年代値が得られた.
    石川県能登町の珠洲焼窯では,焼土から得た地磁気年代は誤差が少なく陶磁器形式年代とも良く合った.同時に行った14C年代研究でも矛盾は無かった.また同地域で,未発掘の窯跡の調査にレーダ探査法を適用した結果,新たな窯跡が明確に示され,その後のトレンチ調査で確認できた.以上の成果は,同遺跡群の国指定遺跡への申請資料として活用された.
    (2)戦禍が推測された沖縄県具志川城遺跡では,石垣の石灰岩の磁化から300度を超える被熱の証拠が見つかった.考古地磁気から事件は16世紀に起きたと示され,古文書に記載の戦禍が証明された.
    (3)14C年代推定では,北海道の擦文期終焉の年代(12世紀後半から13世紀初頭),白頭山起源の火山噴出物B-Tmの噴出年代(AD936年付近),バーミアン遺跡壁画の世界初の14C年代(作成は5,6世紀から9世紀中頃まで),鎌倉での戦禍を人骨の14C年代から探る研究(鎌倉終焉期の年代)等,注目される成果が得られた.また,古代鉄や火葬骨の年代推定でも成果が得られた.

  28. 古代交易ネットワーク解明を目指した骨中Sr同位体分析法の開発

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  研究拠点形成費補助金(21世紀COE「同位体が拓く未来」)若手研究者研究

    南 雅代

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  29. 微生物の活動が考古学資料のC-14年代に及ぼす影響

    研究課題/研究課題番号:16652057  2004年 - 2005年

    萌芽研究

    中村 俊夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ミカンの皮にカビ発生させ、ミカンの皮とカビにおける炭素同位体組成の変化を調べる研究を行った.ミカンから繊維状のカビを採取した.また同様にミカンの皮を採取して比較に用いた.12mgから25mgのカビを線状酸化銅の助燃剤と共にバイコール管に入れて真空封管しこれを900℃に加熱してカビを燃焼して二酸化炭素に変えた.二酸化炭素は4-9mgが回収され、今回回収したカビには、重量比で35%程度の炭素が含まれていることが明らかとなった.一方、ミカンの皮については、40%の炭素収率が得られた.次にカビおよびミカンの皮から回収した二酸化炭素をグラファイトに変え、タンデトロン加速器質量分析計を用いて、炭素同位体(12C,13C,14C)の測定を行った.13C/12C比についてみると、カビはミカンの皮より大きな13C/12C比を示した.この結果から、カビの発生・成長における炭素取り込みに炭素同位体分別の影響が考えられる.また、14C濃度は、カビとミカンの皮とで誤差範囲内で一致した.以上のことから、カビが発生し成長するための炭素はミカンの炭素が使われたと考えられる.また、お茶に生えたカビについても、同様な実験を行い、カビとお茶の葉の炭素同位体組成はよく一致した.この結果は、上記の結論を支持する.
    今回の研究から、カビとカビが生える基質の14C濃度が誤差範囲内で一致するが示された.このことから、文化財資料に発生するカビは、その資料自身に含まれる炭素を吸収して発生・成長することが示唆される.従って、カビの炭素は、基質の炭素と同じ14C年代を示すはずである.14C年代測定では、文化財資料に生えたカビは、もちろん取り除いた方がよいが、完全に取り除くことをそれほど厳密に行う必要はないことが示された.

  30. 中世都市遺跡の電磁気調査と^<14>C年代法による編年の研究

    研究課題/研究課題番号:15068206  2003年 - 2007年

    酒井 英男

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本計画班では,遺跡探査,磁気物性と14C年代法の研究を行っている.特定領域研究において年代は基本課題である.考古地磁気研究として研究が進んでいない北海道で,対雁遺跡,厚真町モイ遺跡,斜里町ウトロ遺跡等で年代推定を行った.また珠洲市粟津小学校遺跡竈跡,能都町珠洲焼き窯,滋賀県瀬田廃寺遺跡等での調査を行った.更に臼杵先生班と共同でロシア・ウラジオストック近郊の東夏代(または金代)と推測される城郭遺跡の調査を開始し,本年度は暖炉跡焼土の研究を進めている.また地震液状化に伴う噴砂の磁化から遺跡に及んだ地震災害の年代と変形を検討できることを示し,高岡市石塚遺跡等で成果を得た.青森県十三湊遺跡では調査例の少ない青森県地磁気年代推定に成功し,また砂浜に由来する飛砂堆積物で埋まった前浜遺跡の環境変動を探る新たな調査法を試みて成果を得た.
    14C年代測定法では広範囲の資料での研究を実施し,編年研究では以下の考古資料について成果を得た.愛知県陶磁資料館敷地内南山8号窯,石川県飯川谷製鉄遺跡・能登町行延窯跡遺跡,河ヶ谷窯跡遺跡,滋賀県瀬田廃寺,中国・韓国の建築部材,北海道の擦文時代資料,奥州平泉藤原3代関連資料,十三湊関連資料,草戸千軒資料,大津市石山寺の蔵王権現塑像,飯田市美術博物館蔵の聖徳太子絵伝,三重県甲賀市信楽町黄瀬ハンシ窯跡など.
    その他の成果として,(1)湖沼堆積物による環境変遷史:宇治市巨椋池埋め立て地試料の年代研究,(2)鎌倉由比ヶ浜南遺跡出土の刀傷のある人骨による鎌倉幕府滅亡時の年代調査,(3)擦文時代からアイヌ文化への移行期における生育期間の短い植物資料の研究から擦文時代終焉期を11〜13世紀初頭であると示した,(4)十三湊遺跡福島城跡の城門・柵の杭列木柱:古代か中世か議論されていたが,14C年代は14世紀初め〜15世紀初めと得られ,中世の可能性が極めて高いと結論できた.

  31. ランタン-セリウム,サマリウム-ネオジム放射壊変系による先太陽系絶対年代の研究

    研究課題/研究課題番号:13853001  2001年 - 2005年

    田中 剛

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    1)Allende隕石から、Ce存在度異常を持つCAI6試料の発見抽出
    Allende隕石のCAI90試料を分析。3グループに分類され、太陽組成から未分別の試料、超難揮発性元素が欠損する試料、アルカリ元素による2次変質を被った試料である。内6試料に負のCe異常を見いだした。
    2)表面電離型質量分析計による微量Ce-Nd-Sr放射壊変起源同位体比精密測定技術の向上
    Ce同位体比の測定を,従来より一桁少ない量で測定する技術を開発。JMC304に対する^<138>Ce/^<142>Ceおよび^<136>Ce/^<142>Ceの繰り返し測定結果は、それぞれ0.0225889±0.0000013および0.0168810±0.0000030。
    3)単一鉱物粒子内のRb/Sr変動を使ったアイソクロン年代測定技術の開発と適用
    岩石中の単一鉱物粒子のみを用いて年代を求める"単一鉱物内アイソクロン法"を確立。岐阜県の岩脈試料を分析し、カリ長石は、岩脈の貫入年代末期、緑泥石は熱水変質作用による緑泥石形成年代を示す事を発見。
    4)^<138>La-^<138>Ce,^<147>Sm-^<143>Nd,^<87>Rb-^<87>Sr同位体系の宇宙化学・地球化学への応用展開
    南アフリカの約32億年前の岩石中のREEパターンとCeおよびNd同位体比を精密に測定。負のCe異常を示すチャートや頁岩のREEパターンは、岩石形成時期よりはるかに若い約11億年昔の変質に因る事を発見。
    5)ダブルスパイクを用いたサマリウム安定同位体比測定技術の開発とその天然物への応用
    ^<150>Sm-^<154>Smダブルスパイク(DS)システムを用いて安定同位体質量分別の高精度分析を達成した。3種類のサンプル-スパイク混合物よりSm同位体比を求めた。測定の外部精度0.03‰/a.m.u.(1SD)を得た。

  32. 地球化学図による地圏環境ダイナミクスの研究

    研究課題/研究課題番号:12490016  2000年 - 2001年

    田中 剛

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では川床堆積物(stream sediments)を試料とした。これは小さな沢ごとにその出口で川砂を集め、それがその集水域の地表の化学組成を表すと考えるわけである。現場で180μm(80メッシュ)の篩を通し、細かい粒子だけを集める。川床堆積物の代表性は、チタンなど重鉱物の存在度に依存する元素のばらつきがもっとも大きく50%程にもなるが、地域による変化よりはるかに小さい。
    分析は、大学共同利用研究で日本原子力研究所JRR4気送管を使った中性子放射化分析により、As, Se, Br, Sb, Sc, Co, La, Ce, Sm, Eu, Tb, Yb, Lu, Re, Os, Ir, Au, Th, Uを、蛍光X線分析により、Si, Ti, Al, Fe, Mg, Ca, Mn, Na, K, Pを定量した。中性子放射化分析は100mgの試料をポリエチレン封入/気送管5分照射の条件下で中4日の冷却後、名古屋大学RIセンターへの郵送した。測定は、サンプルチェンジャーを装着したγ線計測解析システムを用いた。測定は順調で、3月4日までに実試料106カプセルの照謝/浸淀を終えた。蛍光X線分析は約950試料の測定を終えた。共同研究者によって開発された図化/解析プログラムを用いた解析をすすめた。
    1、自然界のバックグラウンドとしての地質との関連:花崗岩の露出する地域にAl, Ca, Na, Srが多く、堆積岩(第三紀)の分布する地域にFe, Co, Cr, Ni, Vが多いこと、TiとCeの存在度力高い相関を示すが、Spheneの存在によると思われる。
    2、鉱物と元素存在度の関係:基盤岩および河川堆積物中の主要構成鉱物中の微量元素を比較した。その結果、黒雲母は相対的にMg, Fe, Mn, Ti, Co, VおよびZnに富み、基盤地質による河川堆積物中の元素組成の違いは黒雲母/長石比の寄与が大きいことがわかった。
    3、金の鉱化作用に関係した元素:金の鉱化作用に関係した元素の挙動を調べるため、津具鉱山周辺地域を検討した結果、金、ヒ素、アンチモン、亜鉛、セシウムが金の異常値を囲むようにハローを形成していることがわかった。金の産出は報告されていないが、とくに大峠に異常が際立っている。

  33. 放射線照射下での水・岩石反応実験による太古代の月表面風化の研究

    研究課題/研究課題番号:12874063  2000年 - 2001年

    萌芽的研究

    田中 剛

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    アポロ月試料の希土類元素存在度パターンに見られる正のセリウム存在度異常がなぜ生じたかについて、申請者は太古代の月に水(氷/水蒸気)があった頃に月表面で放射線と水との反応により反応性の高いOHやH_2O_2などのラジカルが生じ、それらと岩石の風化反応によるとの仮説を提唱した。本研究は、その仮説の当否を実験的に検証するために行う。
    前年度までは、塩酸あるいは硫酸酸性溶液中において岩石からの元素溶出実験をすすめてきた。これは、酸性条件で岩石からの溶出量を増やし、小規模な実験生成物をもちいた測定を容易にするためであった。しかし、天然で進行しているのは、重炭酸による弱酸性環境下での風化作用である。この条件下での溶出実験では、溶出した主成分元素の測定は可能なものの、微量成分、特に希土類元素の定量は不可能であった。これは溶出した希土類元素がすぐに再沈殿することによると考え、溶出した溶液を、すみやかにイオン交換カラムに送り込み吸着させることにより、溶出元素を隔離し、溶出現象のみをとりだして、定量するシステムを考案した。このシステムは、送液ポンプをもちいて、反応系から反応溶液をすぐさまイオン交換樹脂に導くもので、この方法により、希土類元素が、約300時間の短い反応期間においても従来考えられていたよりも遥かに多量(Release Ratioにして1/5000)に溶出している事が判明した。また、溶出液には著しいW型のテトラド効果が見られた。本実験を高木ほか(GCA投稿中)に準じ鉱物をもちいた実験への展開継続を進めている。結果をまとめ平成15年度基盤研究への応募を予定している。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 6

  1. 地球惑星科学セミナーI

    2020

  2. 地球史学セミナー

    2020

  3. 環境化学

    2020

  4. 地球惑星科学の最前線

    2020

  5. 同位体地球化学

    2020

  6. 地球史学特論

    2020

▼全件表示