2022/02/04 更新

写真a

マツモト ツヨシ
松本 剛
MATSUMOTO, Tsuyoshi
所属
トランスフォーマティブ生命分子研究所 特任教授
職名
特任教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 2

  1. 理学博士 ( 1995年3月   東京大学 ) 

  2. 理学修士

研究キーワード 8

  1. 高周期14族元素化学

  2. チオラート錯体

  3. 小分子活性化

  4. 金属酵素活性中心モデル

  5. 高周期14族元素化学

  6. 金属酵素活性中心モデル

  7. 小分子活性化

  8. チオラート錯体

研究分野 3

  1. その他 / その他  / 有機化学

  2. その他 / その他  / 無機化学

  3. ナノテク・材料 / 無機・錯体化学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. チオエーテル-チオラート混合型配位子をもつ多核遷移金属錯体の構築

  2. ヘテロ原子で架橋された金属錯体の合成と酵素モデル反応

経歴 11

  1. 名古屋大学   トランスフォーマティブ生命分子研究所   特任教授

    2016年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   トランスフォーマティブ生命分子研究所   事務部門長

    2014年1月 - 現在

  3. 名古屋大学   トランスフォーマティブ生命分子研究所   事務部門長

    2014年1月 - 現在

  4. 名古屋大学   トランスフォーマティブ生命分子研究所   特任准教授

    2013年1月 - 2016年3月

  5. 名古屋大学大学院理学研究科 物質理学専攻 助教   大学院理学研究科 物質理学専攻   助教

    2007年4月 - 2012年12月

  6. 名古屋大学大学院理学研究科 物質理学専攻 助教

    2007年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学大学院理学研究科 物質理学専攻 助教

    2007年4月

  8. 名古屋大学   大学院理学研究科 物質理学専攻   助手

    2007年3月

  9. 名古屋大学大学院理学研究科 物質理学専攻 助手

    1998年10月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 東レ株式会社(基礎研究所)

    1995年4月 - 1998年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 日本学術振興会特別研究員DC1

    1992年4月 - 1995年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 東京大学   理学系研究科   化学専攻

    1992年4月 - 1995年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   理学系研究科   化学専攻

    1990年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 東京大学   理学部   化学科

    1986年4月 - 1990年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本化学会

  2. 錯体化学会

  3. 錯体化学会

  4. 日本化学会

  5. 有機合成化学協会

委員歴 2

  1. 文部科学省   第10期 科学技術・学術審議会 国際戦略委員会  

      詳細を見る

    団体区分:政府

  2. 文部科学省   第11期 科学技術・学術審議会 国際戦略委員会  

      詳細を見る

    団体区分:政府

 

論文 38

  1. Synthesis of a Nitrogenase PN-Cluster Model with [Fe8S7(μ-Sthiolate)2] Core from the All-Ferric [Fe4S4(Sthiolate)4] Cubane Synthon 査読有り 国際共著

    Dr. Golam Moula, M. Sc. Ayaka Nagasaki, Prof. Dr. Tsuyoshi Matsumoto, M. Sc. Matthias E. Miehlich, Prof. Dr. Karsten Meyer, Prof. Dr. Roger E. Cramer, Prof. Dr. Kazuyuki Tatsumi

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   60 巻   頁: 15792 - 15797   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1002/anie.202102369

  2. A Dithiolato and Hydrido Bridged (CO/CN)Fe-Ni Complex with Unprotected CN: A Model for the [Ni-R] State of the [Ni-Fe] Hydrogenase Active Site 国際共著

    Bose Moumita, Li Zilong, Matsumoto Tsuyoshi, Tatsumi Kazuyuki

    INORGANIC CHEMISTRY   59 巻 ( 2 ) 頁: 968-971   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.9b03082

    Web of Science

  3. Synthesis of an All-Ferric Cuboidal Iron-Sulfur Cluster [(Fe4S4)-S-III(SAr)(4)] 国際共著

    Moula Golam, Matsumoto Tsuyoshi, Miehlich Matthias E, Meyer Karsten, Tatsumi Kazuyuki

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   57 巻 ( 36 ) 頁: 11594-11597   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201803679

    Web of Science

  4. Supramolecular porphyrin-based metal-organic frameworks: Cu(II) naphthoate-Cu(II) tetrapyridyl porphine structures exhibiting selective CO2/N-2 separation

    Ohmura Tetsushi, Setoyama Norihiko, Mukae Yusuke, Usuki Arimitsu, Senda Shunsuke, Matsumoto Tsuyoshi, Tatsumi Kazuyuki

    CRYSTENGCOMM   19 巻 ( 35 ) 頁: 5173-5177   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c7ce01138e

    Web of Science

  5. Supramolecular Porphyrin-Based Metal-Organic Frameworks with Fullerenes: Crystal Structures and Preferential Intercalation of C-70 査読有り

    Ohmura Tetsushi, Usuki Arimitsu, Mukae Yusuke, Motegi Hirofumi, Kajiya Shuji, Yamamoto Masami, Senda Shunsuke, Matsumoto Tsuyoshi, Tatsumi Kazuyuki

    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL   11 巻 ( 5 ) 頁: 700 - 704   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asia.201501422

    Web of Science

  6. Heterolytic Activation of Dihydrogen Molecule by Hydroxy-/Sulfido-Bridged Ruthenium-Germanium Dinuclear Complex. Theoretical Insights 査読有り

    Ochi, N.; Matsumoto, T.; Dei, T.; Nakao, Y.; Sato, H.; Tatsumi, K.; Sakaki, S.

    Inorg. Chem.   54 巻   頁: 576-585   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ic502463y

  7. [3:1] Site-Diffentiated [4Fe-4S] Clusters Having One Carboxylate and Three Thiolates 査読有り

    Terada, T.; Hirabayashi, K.; Liu, D.; Nakamura, T.; Wakimoto, T.; Matsumoto, T.; Tatsumi, K.

    Inorg. Chem.   52 巻 ( 20 ) 頁: 11997-12004   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ic4017596.

  8. Model Studies of Methyl CoM Reductase: Methane Formation via CH3-S Bond Cleavage of Ni(I) Tetraazacyclic Complexes Having Intramolecular Methyl Sulfide Pendants 査読有り

    Nishigaki, J.; Matsumoto, T.; Tatsumi, K.

    Inorg. Chem.   51 巻   頁: 5173-5178   2012年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ic300017k

  9. Tridentate Thiolate Ligands: Application to the Synthesis of the Site-Differentiated [4Fe-4S] Cluster having a Hydrosulfide Ligand at the Unique Iron Center 査読有り

    Terada, T.; Wakimoto, T.; Nakamura, T.; Hirabayashi, K.; Tanaka, K.; Li, J.; Matsumoto, T.; Tatsumi, K.

    Chem. Asian J.   7 巻 ( 5 ) 頁: 920-929   2012年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asia.201200039

  10. Coordination of Methyl Coenzyme M and Coenzyme M at Divalent and Trivalent Nickel Cyclams: Model Studies of Methyl Coenzyme M Reductase Active Site 査読有り

    Nishigaki, J.; Matsumoto, T.; Tatsumi, K.

    Inorg. Chem.   51 巻 ( 6 ) 頁: 3690-3697   2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ic202686x

  11. Dihydrogen Activation by Sulfido-Bridged Dinuclear Ru/Ge Complexes: Insight into the [NiFe] Hydrogenase Unready State 招待有り 査読有り

    Matsumoto, T.; Itakura, N.; Nakaya, Y.; Tatsumi, K.

    Chem. Commun.   47 巻   頁: 1030-1032   2011年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c0cc03391j

  12. Coordination of Coenzyme M and its Derivatives on Ni(II)(tetraazacycle) Complexes: A Model for the Acitive Site of Methyl Coenzyme M Reductase 査読有り

    Nishigaki, J.; Matsumoto, T.; Tatsumi, K.

    Eur. J. Inorg. Chem.     頁: 5011-5017   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ejic.201000801

  13. Dodecanuclear Ellipse and Decanuclear Wheel Nickel(II) Thiolato Clusters with Efficient Femtosecond Nonlinear Absorption 査読有り

    Angew. Chem. Int. Ed.   49 巻   頁: 4209-4212   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. A Dinuclear Nickel Complex Modeling of the Nid(II)-Nip(I) State for the Active Site of Acetyl CoA Synthase 招待有り 査読有り

    Matsumoto, T.; Ito, M.; Kotera, M.; Tatsumi, K.

    Dalton Trans.   39 巻   頁: 2995-2997   2010年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 2995-2997

  15. Structural Models for the Active Site of Acetyl-CoA Synthase: Synthesis of Dinuclear Nickel Complexes having Thiolate, Isocyanide, and Thiourea on the Nip Site 査読有り

    Ito, M.; Kotera, M.; Song, Y.; Matsumoto, T.; Tatsumi, K.

    Inorg. Chem.   48 巻   頁: 1250-1256   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. *Host plant genome overcomes the lack of bacterial gene for symbiotic nitrogen fixation 査読有り

    Hakoyama, T.; Niimi, K.; Watanabe, H.; Tabata, R.; Matsubara, J.; Sato, S.; Nakamura, Y.; Tabata, S.; Li, J.; Matsumoto, T.; Tatsumi, K.; Nomura, M.; Tajima, S.; Ishizaka, M; Yano, K.; Imaizumi-Anraku, H.; Kawaguchi, M.; Kouchi, H.; Suganuma, N.

    Nature   462 巻   頁: 514-517   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Evidence for a Rapid Degenerate Hetero-Cope-type Rearrangement in Cp*W(S)2-CH2-CH2-CH=CH2 査読有り

    Eweiner, F.; Senda, S.; Bergander, K.; Mück-Lichtenfeld, C.; Grimme, S.; Fröhlich, R.; Aoyama, M.; Kawaguchi, H.; Ohki, Y.; Matsumoto, T.; Kehr, G.; Tatsumi, K.; Erker, G.

    Chem. Asian J.   4 巻   頁: 1830-1833   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. *Dinuclear Nickel Complexes Modeling the Structure and Function of the Acetyl CoA Synthase Active-Site 査読有り

    Ito, M.; Kotera, M.; Matsumoto, T.; Tatsumi, K.

    Proc. Nat. Acad. Sci. USA.   106 巻   頁: 11862-11868   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. [NiFe]ヒドロゲナーゼの有機金属化学:活性部位の構築と機能モデル 招待有り 査読有り

    松本剛、大木靖弘、巽和行

    有機合成化学協会誌 特集号”錯体化学と合成化学の接点”   2009 巻   頁: 540-553   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Synthesis and Reactions of Mono- and Dinuclear Nickel(I) Thiolate Complexes 査読有り

    Ito, M.; Matsumoto, T.; Tatsumi, K.

    Inorg. Chem.   48 巻   頁: 2215-2223   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Cationic and Anionic Dinuclear Nickel Complexes [Ni(N2S2)Ni(dtc)]n (n = –1, +1) Modeling the Active Site of Acetyl-CoA Synthase 査読有り

    Song, Y.; Ito, M.; Kotera, M.; Matsumoto, T.; Tatsumi, K.

    Chem. Lett.   38 巻   頁: 184-185   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. *Heterolytic Dihydrogen Activation by a Sulfido- and Oxo-Bridged Dinuclear Germanium-Ruthenium Complex 査読有り

    Matsumoto, T.; Nakaya, Y.; Tatsumi, K.

    Angew. Chem. Int. Ed.   47 巻   頁: 1913-1915   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Modulation of Third-Order Nonlinear Optical Properties by Backbone Modification of Polymeric Pillared-Layer Heterometallic Clusters 査読有り

    Zhang C.; Cao, Y.; Zhang, J.; Meng, S.; Matsumoto, T.; Song, Y.; Ma, J.; Chen, Z.; Tatsumi, K.; Humphrey, M. G.

    Adv. Mater.   20 巻   頁: 1870-1875   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Synthesis of Ge2NiS4 Clusters and the Thermal Transformation to a Ge4Ni6S12 Cluster 査読有り

    Matsumoto, T.; Matsui, Y., Ito, M.; Tatsumi, K.

    Inorg. Chem.   47 巻   頁: 1901-1903   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. *A Functional Hydrogenase Model: Reversible Interconversion of H2 and H2O by a Hydroxo/Sulfido-Bridged Dinuclear Ruthenium–Germanium Complex 査読有り

    Matsumoto, T.; Nakaya, Y.; Itakura, N.; Tatsumi, K.

    J. Am. Chem. Soc.   130 巻   頁: 2458-2459   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Synthesis of syn-2,4-Dimercapto-1,3,2,4-dithiadigermetane and Its Application for Ge2PdS4 Cluster Synthesis 査読有り

    Matsumoto, T.; Matsui, Y.; Ito, M.; Tatsumi, K.

    Chem. Asian J.   3 巻   頁: 607-613   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Dinuclear Nickel Complexes modeling acetyl-CoA synthase 招待有り

    Matsumoto, T.; Ito, M.; Tatsumi, K.

    J. Biol. Inorg. Chem.   12 巻   頁: S121-122   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  28. *Nickel(II) Thiolate Complexes with a flexible cyclo-{Ni10S20} Framework

    Zhang, C.; Takada, S.; Ko¨lzer, M.; Matsumoto, T.; Tatsumi, K.

    Angew. Chem. Int. Ed.   45 巻   頁: 3768-3772   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Synthesis of Oxo- and Sulfido-Bridged Germanium-Ruthenium Complexes and Reactions on the Chalcogenido Bridges 査読有り

    Matsumoto, T.; Nakaya, Y.; Tatsumi, K.

    Organometallics   25 巻   頁: 4835-4845   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Mono{Hydrotris(mercaptoimidazolyl) borato} Complexes of Manganese(II), Iron(II), Cobalt(II), and Nickel(II) Halides. 査読有り

    Senda, S.; Ohki, Y.; Hirayama, T.; Toda, D.; Chen, J.-T.; Matsumoto, T.; Kawaguchi, H.; Tatsumi, K.

    Inorg. Chem.   45 巻   頁: 9914-9925   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. A Facile Method for Synthesis of (R)-(-)- and (S)-(+)-Homocitric Acid Lactones and Related α-hydroxy Dicarboxylic Acids from D- or L-Malic Acid 査読有り

    Xu, P-.F.; Matsumoto, T.; Ohki, Y.; Tatsumi, K.

    Tetrahedron Lett.   46 巻   頁: 3815-3818   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Symbioimine Exhibiting Inhibitory Effect of Osteoclast Differentiation, from the Symbiotic Marine Dinoflagellate Symbiodinium sp. 査読有り

    Kita, M; Kondo, M.; Koyama, T.; Yamada, K.; Matsumoto, T.; Lee, K.-H.; Woo, J.-T.; Uemura, D.

    J. Am. Chem. Soc.   126 巻   頁: 4794-4795   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Chiral Crystallization of a Linear Two-coordinated Palladium(0) Complex Bearing Propeller-shaped Bulky Phosphine Ligands 査読有り

    Matsumoto, T.; Kasai, T., Tatsumi, K.

    Chem. Lett.     頁: 346-347   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. 1,2,3,4,5,6,7-Hexathiagermepanes: Synthesis, Structures, and the Ring Contraction to 1,2,3,4,5-tetrathiagermolanes 査読有り

    Matsumoto, T.; Matsui, Y.; Nakaya, Y.; Tatsumi, K.

    Chem. Lett.     頁: 60-61   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Sterically Protected Dipotassium Germanedithiolate 査読有り

    Matsumoto, T.; Tatsumi, K.

    Chem. Lett.     頁: 964-965   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. The First Kinetically Stabilized Germanethiones and Germaneselonesi Syntheses, Structures, and Reactivities. 査読有り

    J. Am. Chem. Soc.   121 巻 ( 39 ) 頁: 8811   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. The Chemistry of Germanium-containing Heavy Ketones. 招待有り 査読有り

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   72 巻 ( 8 ) 頁: 1665   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. First Stable Germanetellones ; Syntheses and Crystal Structures of the Heaviest Germanium-Chalcogen Double Bond Compound 査読有り

    J. Am. Chem. Soc.   119 巻   頁: 2337   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. 科学の健全な発展のために

    日本学術振興会( 担当: 共著)

    丸善出版  2015年3月  ( ISBN:978-4-621-08914-9

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    https://www.jsps.go.jp/j-kousei/rinri.html

  2. Synthetic Methods of Organometallic and Inoganic Chemistry

    Okazaki, R.; Tokitoh, N.; Matsumoto, T.( 担当: 共著)

    Georg Thieme Verlag  1996年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

講演・口頭発表等 95

  1. Synthesis of [8Fe-7S] Clusters Having Sterically Demanding Thiolates: An Optimal P-Cluster Model of Nitrogenase 国際会議

    Golam Moula, Ayaka Nagasaki, Yasuhiro Ohki, Tsuyoshi Matsumoto, Kazuyuki Tatsumi

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  2. Dithiolato-Bridged (Carbonyl/Cyano)Iron-Nickel Complexes Bearing Hydride as a Model of [NiFe]Hydrogenase Active Site 国際会議

    Zilong Li, Yasuhiro Ohki, Tsuyoshi Matsumoto, Kazuyuki Tatsumi

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  3. Synthesis and Reactions of Dithiolate-Bridged Heterobimetallic Iron(Carbonyl/Cyanide)-Nickel Complexes in Relevance to the Active Site of [NiFe] Hydrogenase 国際会議

    Moumita Bose, Zilong Li, Yasuhiro Ohki, Tsuyoshi Matsumoto, Kazuyuki Tatsumi

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  4. Model Studies of Acetyl CoA Synthase 国際会議

    Tsuyoshi Matsumoto

    6th International IMBG Meeting Chemistry & Biology of Iron-Sulfur Cluster 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:フランス共和国  

  5. アセチルCoA合成酵素の反応中間体モデルとなるジアミドジチオラート型mbea配位子をもつ二核ニッケル錯体の合成と反応

    大須 理恵・大木 靖弘・唯 美津木・巽 和行・松本 剛

    錯体化学会 第64回討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:後楽園、東京   国名:日本国  

  6. かさ高いterphenyl 基をリン上に導入したジホスフィン配位子を有する単核ニッケル錯体の合成と反応

    鈴木 宏徳・唯 美津木・大木 靖弘・松本 剛

    錯体化学会 第64回討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:後楽園、東京   国名:日本国  

  7. Synthesis and Reaction of Dinuclear Nickel Complexes Modeling Intermediates in the Enzymatic Cycle of Acetyl CoA Synthase 国際会議

    R. Osu, Y. Ozawa, Y. Ohki, T. Matsumoto, and K. Tatsumi

    XXXVI International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC 2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  8. Model Studies on Nickel Enzymes Playing Key Roles in Autotrophic Carbon Fixation 国際会議

    Tsuyoshi Matsumoto

    EMTECH, UPM&UH, Japan Joint Colloquium 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:マレーシア  

  9. My Career Path 国際会議

    T. Matsumoto

    SOKENDAI Physical Science Student Seminar AY2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  10. 嫌気性生物の炭素固定に関わる金属酵素のモデル研究

    松本剛

    錯体化学若手の会夏の学校2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  11. Synthesis of [Ni-Ni] and [Ni-S-Fe4S4] Complexes Modeling Acetyl CoA Synthase Active Site 国際会議

    T. Matsumoto, R. Osu, Y. Ozawa, T. Terada, K. Tanaka, and K. Tatsumi

    16th International Conference on Biological Inorganic Chemistry (ICBIC16) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:フランス共和国  

  12. Model Studies on Nickel Enzymes Relevant to Autotrophic Carbon Fixation 国際会議

    T. Matsumoto

    The 15th Joint Seminar University of Muenster-Nagoya University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. Dinuclear nickel complexes having diamidodithiolate ligand mbpa: model studies of acetyl CoA synthase

    Tsuyoshi Matsumoto, Mikinao Ito, Sachie Arae, Ayaka Oana, and Kazuyuki Tatsumi

    15th International Conference on Biological Inorganic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:カナダ  

  14. A Functional [NiFe] Hydrogenase Model: Dihydrogen Activation by Hetero-dinuclear Ru/Ge Complexes Bridged by S/OH and S/SH

    Tsuyoshi Matsumoto, Kazuyuki Tatsumi

    International Symposium on Chemistry of Reductases IV 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  15. Dinuclear Nickel Complexes Modeling of the Active Site of Acetyl CoA Synthase: A Mechanistic Insight 国際会議

    Matsumoto, T; Ito, M.; Tatsumi, K.

    2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  16. Reversible H2 Activation by Dinuclear Ru/Ge Complexes Modeling of the [NiFe] Hydrogenase Function 国際会議

    Matsumoto, T.; Tatsumi, K.

    The 9th International Hydrogenase Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月 - 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:スウェーデン王国  

  17. Activation of Dihydrogen and Cabon Monoxide by the OH-bridged Ru-Ge Dinuclear Complexes 国際会議

    The 14th Japan-Korea Joint Symposium on Organometallic and Coordination Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  18. Dinuclear Nickel Complexes Modeling the Sructure and Function of Acetyl CoA Synthase 国際会議

    The 14th International Conference on Bioinorganic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  19. カルコゲン架橋複核錯体を利用した小分子活性化

    松本 剛

    日本化学会第89春季年会特別企画 “若手研究者が語る次世代生物無機化学” 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    種々の小分子活性化を担う還元系金属酵素には、スルフィド・チオラートで架橋された多核金属錯体を活性中心に有するものが多く知られている。本発表ではGe/Ru二核錯体を利用したヒドロゲナーゼとCO-デヒドロゲナーゼのモデル反応を紹介し、2つの異なる金属と架橋カルコゲニドが果たす役割、および周辺のタンパクが担う可逆なプロトン化の重要性について議論する。

  20. Reversible H2 Activation by Hetero-dinuclear Ru/Ge Complexes: A Functional Hydrogenase Model

    The 1st G-COE International Symposium on Elucidation and Design of Materials and Molecular Functions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  21. アセチルCoA合成酵素を模倣したニッケル二核錯体の酵素モデル反応

    松本剛・伊藤幹直・小寺麻衣・巽和行

    第35回有機典型元素化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. Chalcogenide-Bridged Ru-Ge Dinuclear Complexes: Protonation Effects upon Structures and Reactions 国際会議

    The 6th Joint Seminar: Münster University-Nagoya University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  23. アセチルCoA 合成酵素モデル反応;メチルコバロキシムからニッケル(0)サイトへのメチル基移動

    松本剛・小寺麻衣・伊藤幹直・巽和行

    第55回有機金属討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  24. コバロキシムからニッケルへのメチル移動を利用したアセチルCoA合成酵素モデル反応

    松本剛・小寺麻衣・伊藤幹直・巽和行

    第102回触媒討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. ベンゼン環に3 つの3-メルカプト-6-メトキシフェニルメチル基を連結した三座チオラート配位子をもつ[4Fe-4S]クラスター

    寺田 玲季・松本 剛・巽 和行

    第58回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  26. Synthesis and Reactions of Dinuclear Fe-Ni Complexes Having Bis(trimethylsilyl)amide on Fe

    劉 東・松本 剛・巽 和行

    第58回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  27. アセチルCoA 合成酵素活性中心のモデルとなるニッケル二核錯体とコバルトメチル錯体の反応

    小寺 麻衣・伊藤 幹直・宋 宝梅・松本 剛・巽 和行

    第58回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  28. メチル補酵素M 還元酵素のモデル反応:ニッケル(I)錯体によるC-S 結合切断

    西垣 潤一・松本 剛・巽 和行

    第58回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  29. Reversible Interconversion between H2O and H2 on Hetero- bimetallic Ge-Ru Complexes; A Functional Hydrogenase Model 国際会議

    The 23rd International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC2008) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  30. Dihydrogen Activation by Dinuclear Ge-Ru Complexes Modeling [NiFe] Hydrogenase

    The 2nd International Symposium on Chemistry of Concerto Catalysis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  31. Synthesis and Reactions of Dinuclear Fe-Ni Complexes Having Bis(trimethylsilyl)amides on Fe

    劉東・松本剛・巽和行

    日本化学会第88春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  32. フルオロベンゼンチオールを連結した三座チオラート配位子を持つ[4Fe-4S]クラスターの合成と位置選択的置換反応

    脇本卓也・松本剛・巽和行

    日本化学会第88春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  33. メチル補酵素M還元酵素の反応モデル -ニッケル(I)錯体による分子内Me-S結合活性化-

    西垣潤一・松本剛・巽和行

    日本化学会第88春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. アセチルCoA合成酵素の活性中心モデルとなるニッケル複核錯体とコバルトメチル錯体を用いたチオアセテート生成反応

    伊藤幹直・小寺麻衣・松本剛・巽和行

    日本化学会第88春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. Dinuclear Nickel Complexes Having the Diamidodithiolate ligand: Model Complexes of the Active Site in Acetyl Coenzyme A Synthase

    宋玉梅・松本剛・巽和行

    日本化学会第88春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  36. オキソ-およびスルフィド-架橋ゲルマニウム-ルテニウム錯体によるH-H σ結合活性化に関する理論的研究

    越智紀章・中尾嘉秀・佐藤啓文・松本剛・巽和行・榊茂好

    日本化学会第88春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. アセチルCoA合成酵素の活性中心モデル:メチル基とチオラートを持つニッケル二核錯体の合成と反応

    小寺麻衣・伊藤幹直・松本剛・巽和行

    日本化学会第88春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  38. メチル補酵素M還元酵素の反応モデル:ニッケル(I)サイクラム錯体によるC-S結合切断反応

    西垣潤一、松本 剛、巽 和行

    第57回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  39. Synthesis and Reactions of Dinuclear Fe-Ni Complexes Having Bis(trimethylsilyl)amide on Fe

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  40. かさ高いゲルマンチオラートを配位子とするニッケル錯体

    松本剛、巽和行

    第57回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  41. フルオロベンゼンチオールを連結した三座チオラート配位子を持つ[4Fe-4S]キュバン型クラスターの構築

    脇本卓也、松本剛、巽和行

    第57回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  42. アセチルCoA合成酵素活性中心のモデルとなるNi(II)-Ni(0)およびNi(II)-Ni(I)複核錯体

    伊藤幹直、小寺麻衣、宋 玉梅、松本 剛、巽 和行

    第57回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  43. メチルCoM還元酵素のモデルとなるニッケル(I)サイクラム錯体のC-S結合切断反応

    松本剛・西垣潤一・巽和行

    第100回触媒討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  44. Dinuclear Nickel Complexes modeling Acetyl-CoA Synthase 国際会議

    The 13th International Conference on Bioinorganic Chemistry (ICBIC 13) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  45. Dihydrogen Activation by Chalcogenide-bridged Bimetallic Ru-Ge Complexes 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  46. トリシクロヘキシルベンゼンチオラート配位子を有する配位不飽和遷移金属錯体の合成と構造

    布目 陽子、松本 剛、巽 和行

    日本化学会第87春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  47. 硫黄架橋ゲルマニウムールテニウム複核金属錯体とH2およびCOとの反応

    板倉直久、中谷祐希子、松本 剛、巽 和行

    日本化学会第87春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. Synthesis and Reactions of [NiFe3S4]+ clusters having a Tridentate Ligand Composed of Indolethiolates

    劉 東、松本 剛、巽 和行

    日本化学会第87春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  49. アセチルCoA合成酵素の活性中心モデル:メチル基とチオラート配位子を有する複核ニッケル錯体とCOとの反応によるチオアセテート合成反応

    伊藤 幹直、松本 剛、巽 和行

    日本化学会第87春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  50. ニッケル(I)サイクラム錯体によるC-S結合切断 -メチルCoM還元酵素のモデル反応

    西垣 潤一、松本 剛、巽 和行

    日本化学会第87春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  51. [NiFe]ヒドロゲナーゼに学ぶ水素分子の活性化

    第4回生体金属機能を利用した物質変換システム研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  52. 2-アルキルチオエタンチオールを利用した鎖状および環状多核ニッケル錯体の構築

    松本 剛 張 弛、高田悟史、巽 和行

    第33回有機典型元素化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  53. H2の活性化

    第56回錯体化学討論会シンポジウム“小分子の活性化新展開” 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    水素分子を可逆に活性化し、水素とプロトンの変換をおこなう新規な反応を見いだした。この反応は、水素活性化酵素であるヒドロゲナーゼの機能とも関連し、水素エネルギー利用の観点からも興味深い反応である。発表は単独名。

  54. アセチルCoA合成酵素のモデルとなる複核ニッケル-メチル錯体の合成と反応

    伊藤幹直、松本 剛、巽 和行

    第56回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  55. Synthesis and Reactions of [Fe3S4] Incomplete Cubane Clusters having a Tridentate Ligand Composed of Indolethiolate

    劉 東、松本 剛、巽和行

    第56回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  56. ニッケル(I)サイクラム錯体を用いたメチル補酵素M還元酵素のモデル反応

    西垣潤一・松本 剛、巽 和行

    第56回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  57. アセチルCoA合成酵素の活性中心モデルとなるニッケル複核錯体

    伊藤幹直、松本 剛、巽 和行

    第53回有機金属化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  58. 硫黄架橋ゲルマニウム―ルテニウム複核錯体による水素および一酸化炭素の活性化

    板倉直久・中谷祐希子・松本 剛、巽 和行

    第56回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  59. トリシクロヘキシルベンゼンチオラート配位子を有する配位不飽和ルテニウムおよびニッケル錯体の合成と反応

    布目陽子・松本 剛、巽 和行

    第56回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  60. 硫黄架橋ルテニウムーゲルマニウム複核錯体による水素分子および一酸化炭素の活性化

    松本 剛、板倉直久、中谷祐希子、巽 和行

    第53回有機金属化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  61. Enzymatic Reaction Models of [NiFe] Hydrogenase and Acetyl-CoA Synthase

    International COE Symposium for Young Scientists on Frontiers of Molecular Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  62. Reversible interconversion between water and dihydrogen by S/O bridged dinuclear ruthenium-germanium complexes. 国際会議

    International Symposium on the Organic Chemistry of Sulfur (ISOCS 22) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  63. 2,4,6-トリシクロへキシルベンゼンチオラート配位子を有する配位不飽和な8族および9族遷移金属錯体の合成と反応

    布目陽子、松本 剛、巽 和行

    日本化学会第86回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  64. Synthesis and Reactions of [Fe3S4]0 clusters with tridentate indolethiolate

    劉 東、大池さやか、松本 剛、巽 和行

    日本化学会第86回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  65. チオエーテル‐チオラート混合型配位子を利用した鎖上および錯体の合理的合成

    張 弛、松本 剛、高田悟史、巽 和行

    日本化学会第86回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  66. アセチルCoA合成酵素の活性中心モデルとなるニッケル複核錯体の合成とチオアセテート化合物の生成反応

    伊藤幹直、松本 剛、大木靖弘、巽 和行

    日本化学会第86回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  67. ニッケルサイクラム錯体を用いたメチル補酵素M還元酵素のモデル反応の構築

    西垣潤一、松本 剛、巽 和行

    日本化学会第86回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  68. 硫黄架橋ゲルマニウム異核金属錯体の合成と反応

    板倉直久、中谷祐希子、松本 剛、巽 和行

    日本化学会第86回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  69. Synthesis of R-(-)-homocitrate and related α-hydroxy dicarboxylic acids and their reactions with molybdenum complexes

    李 基春、松本 剛、許 鵬飛、巽 和行

    日本化学会第86回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  70. 三座インドールチオラート配位子を有する[4Fe-4S]クラスターの合成と反応

    大池さやか、劉 東、松本 剛、巽 和行

    日本化学会第86回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  71. ベンゼンチオール誘導体を連結した三座および四座チオラート配位子の合成と鉄硫黄錯体の構築

    脇本卓也、松本 剛、巽 和行

    日本化学会第86回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  72. アセチルCoA合成酵素のモデルとなるニッケル2核錯体の構造と反応

    松本 剛、伊藤幹直、巽 和行

    第32回ヘテロ原子化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  73. Reversible Dihydrogen Activation Reactions by Dinuclear Germanium-Ruthenium Complexes Having Chalcogen Bridges 国際会議

    2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  74. Structural models for the active site of acetyl-CoA synthase: Dinuclear Ni-Ni complexes having unsymmetrically substituted Nip site. 国際会議

    2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  75. Activation of dihydrogen by dinuclear W-Ru and Ge-Ru complexes. 国際会議

    2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  76. Synthesis and reactivity of nickel complexes having tetraazamacrocycles related to MCR functions 国際会議

    2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  77. チオエーテル-チオラート混合型配位子を用いた鎖状および環状ニッケルチオラート集積体の選択的合成

    松本 剛、張 弛、高田悟史、巽 和行

    第55回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  78. 架橋ヒドロチオおよびヒドロキシル基をもつルテニウム-ゲルマニウム複核錯体のヒドロゲナーゼ様反応

    松本 剛、板倉直久、中谷祐希子、巽 和行

    第52回有機金属化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  79. メチル補酵素M還元酵素のモデルとなるニッケルサイクラム錯体への補酵素M類縁体の導入

    西垣潤一、松本 剛、巽 和行

    第55回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  80. アセチルCoA合成酵素活性中心モデルとなるニッケル複核錯体の合成と反応

    伊藤幹直、松本 剛、大木靖弘、巽 和行

    第55回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  81. インドールチオラートからなる三座チオラートを配位子とする[4Fe-4S]クラスターの合成と反応

    大池さやか、劉 東、松本 剛、巽 和行

    第55回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  82. トリシクロヘキシルベンゼンチオラート配位子を有する配位不飽和8族および10族遷移金属錯体の合成と構造

    布目陽子、松本 剛、巽 和行

    第55回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  83. インドールチオラートからなる3座チオラート配位子で置換された[4Fe-4S]クラスターの合成

    大池さやか、松本 剛、巽 和行

    日本化学会第85回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  84. アセチルCoA合成酵素の活性中心モデルとなるN2S2型配位子を有するニッケル2核錯体の合成と、イソシアニドおよびCOとの反応

    伊藤幹直、松本 剛、大木靖弘、巽 和行

    日本化学会第85回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  85. ニッケルサイクラム錯体への補酵素M誘導体の導入

    西垣潤一、松本 剛、巽 和行

    日本化学会第85回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  86. ゲルマンカルコゲノラートを配位子とするルテニウムおよびロジウム錯体の合成と反応

    松本 剛、中谷祐希子、巽 和行

    日本化学会第85回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  87. トリシクロヘキシルベンゼンチオラート配位子を有する配位不飽和8族および10族遷移金属錯体の合成と反応

    布目陽子、松本 剛、巽 和行

    日本化学会第85回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  88. Dihydrogen Activation by Ruthenium-Germanium Bimetallic Complexes Bridged by S and O Atoms.

    The International Symposium on Dynamic Complexes (ISDC 2004) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  89. Methyl Coenzyme M ReductaseモデルをめざしたNi(I)錯体の合成と反応

    松本 剛、西垣潤一、巽 和行

    第31回ヘテロ原子化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  90. ヒドロキシゲルマンチオラート配位子をもつルテニウム(II)錯体の水素分子活性化

    松本 剛、中谷祐希子、巽 和行

    第51回有機金属化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語  

  91. ACS活性中心モデルとなるN2S2型配位子を有するニッケル二核錯体の合成

    伊藤幹直、松本 剛、大木靖弘、巽 和行

    第54回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  92. N4配位子を有するニッケル錯体の合成とMCR酵素反応の検討

    西垣潤一、松本 剛、巽 和行

    第54回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  93. ヒドロキシゲルマンチオラートを配位子とする8族および10族遷移金属錯体

    松本 剛、中谷祐希子、巽 和行

    第54回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  94. カルコゲン架橋ルテニウム-ゲルマニウム複核錯体によるプロトン-水素変換反応

    分子科学研究所研究会“錯体分子でなにができるか” 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  95. 複数のカルコゲン原子で架橋されたゲルマニウム-後周期遷移金属錯体の合成と反応

    分子科学研究所研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 還元系金属酵素の有機金属・クラスター化学

    2006年4月 - 2011年3月

    国内共同研究 

科研費 8

  1. チオラート配位子で連結した分子性多核金属錯体の構造制御

    2007年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)(一般),課題番号:19550061

    松本 剛

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. カルコゲン架橋二核骨格をもつ酵素活性中心モデル錯体の合成と触媒機能

    2006年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究(計画,A04),課題番号:18065013

    松本 剛

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 金属間架橋ヒドロキシル基を利用した新しい水素分子活性化

    2004年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B),課題番号:16750048

    松本 剛

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 混合金属系メゾスコピック動的錯体の自在構築

    2002年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究(2)

    巽 和行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  5. 遷移金属カルコゲニド錯体の特性を利用した新規メタラサイクルの合成と機能解明

    2002年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究(2) 公募研究「多元素環状」

    松本 剛

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 遷移金属カルコゲニドクラスターの自在構築と機能解明

    2001年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  基盤研究A(2)

    巽 和行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  7. 遷移金属カルコゲニド錯体の特性を利用した新規メタラサイクルの合成と機能解明

    2001年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究A

    巽 和行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  8. 6族遷移金属カルコゲニド錯体の集積化と機能

    1999年4月 - 2001年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究A

    巽 和行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 2

  1. 無機化学4

    2015

  2. 無機化学実験

    2010

     詳細を見る

    3年生学生実験