2022/04/11 更新

写真a

ツカダ カズヒロ
束田 和弘
TSUKADA, Kazuhiro
所属
博物館 准教授
大学院担当
大学院環境学研究科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 博士(理学) ( 2003年1月   名古屋大学 ) 

  2. 理学修士 ( 1996年3月   富山大学 ) 

研究キーワード 1

  1. ユーラシア大陸形成論

研究分野 4

  1. その他 / その他  / 理学@地球科学@地質学

  2. その他 / その他  / 理学@地球科学@層位・古生物学

  3. その他 / その他  / 人類史考古学

  4. その他 / その他  / 科学教育

現在の研究課題とSDGs 5

  1. 中央アジア造山帯の構造発達史 ―ユーラシア大陸形成論に関して―

  2. 日本列島の中・古生界テクトニクス

  3. アジアの床板サンゴ化石の分類

  4. 南極,セールロンダーネ山地の構造地質学的研究

  5. レバント地方における人類史考古学

学歴 2

  1. 富山大学   理学研究科   地球科学専攻

    - 1997年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 富山大学   理学部   地球科学科

    - 1995年

      詳細を見る

    国名: 日本国

委員歴 1

  1. 飛騨山地ジオパーク推進協議会   顧問  

    2020年5月 - 現在   

受賞 1

  1. 日本地質学会 小籐賞

    1998年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 19

  1. Ages from the "Mogod Formation" of the Permian-Triassic igneous rocks in the Sayan-Baikal belt, northern Mongolia. 査読有り 国際共著

    Tsukada, K., Umeda K., N., Bayart, S., Khishigsuren, N. Manchuk

    Nagoya University Museum Bulletin   37 巻   頁: 1 - 12   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/bulnum.037.01

  2. Permian adakitic magmatism in the Khanui Group, Northern Mongolia - Late Paleozoic slab-melting of subducted oceanic plate beneath the "Siberian continent"

    Tsukada Kazuhiro, Nuramkhaan Manchuk, Purevsuren Nemekhbayar, Kabashima Taro, Kondo Tomoyuki, Gantumur Onon, Hasegawa Hitoshi, Yamamoto Koshi

    JOURNAL OF GEODYNAMICS   121 巻   頁: 49 - 63   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1016/j.jog.2018.07.004

    Web of Science

  3. A low-angle brittle shear zone in the western Sor Rondane Mountains, Dronning Maud Land, East Antarctica - Implication for assembly of Gondwanaland

    Tsukada Kazuhiro, Yuhara Masaki, Owada Masaaki, Shimura Toshiaki, Kamei Atsushi, Kouchi Yoshikazu, Yamamoto Koshi

    JOURNAL OF GEODYNAMICS   111 巻   頁: 15 - 30   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1016/j.jog.2017.08.001

    Web of Science

  4. Late Paleozoic low-angle southward-dipping thrust in the Zuunharaa area, Mongolia: tectonic implications for the geological structures in the Sayan-Baikal and Hangai-Daur belts

    Onon Gantumur, Tsukada Kazuhiro

    INTERNATIONAL JOURNAL OF EARTH SCIENCES   106 巻 ( 7 ) 頁: 2549 - 2573   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1007/s00531-017-1446-0

    Web of Science

  5. Early Paleozoic subduction initiation volcanism of the Iwatsubodani Formation, Hida Gaien belt, Southwest Japan

    Tsukada Kazuhiro, Yamamoto Koshi, Gantumur Onon, Nuramkhaan Manchuk

    INTERNATIONAL JOURNAL OF EARTH SCIENCES   106 巻 ( 4 ) 頁: 1429 - 1451   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1007/s00531-016-1437-6

    Web of Science

  6. U--Pb zircon age from the radiolarian-bearing Hitoegane Formation in the Hida Gaien Belt, Japan

    MANCHUK NURAMKHAAN, TOSHIYUKI KURIHARA, KAZUHIRO TSUKADA, YOSHIKAZU KOCHI,HOKUTO OBARA, TATSUYA FUJIMOTO, YUJI ORIHASHI, KOSHI YAMAMOTO

    Island Arc   22 巻   頁: 494-507   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Geological setting of basaltic rocks in an accretionary complex, Khangai–Khentei Belt, Mongolia 査読有り

      22 巻 ( 2 ) 頁: 149–259   2013年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Geological setting of basaltic rocks in an accretionary complex, Khangai--Khentei Belt, Mongolia

    KAZUHIRO TSUKADA,YUKI NAKANE, KOSHI YAMAMOTO, TOSHIYUKI KURIHARA, SHIGERU OTOH, KENJI KASHIWAGI, MINJIN CHULUUN, SERSMAA GONCHIGDORJ, MANCHUK NURAMKHAAN, MASAKAZU NIWA, TETSUYA TOKIWA

    Island Arc   22 巻   頁: 227-241   2013年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. SHRIMP U-Pb age of the radiolarian-bearing Yoshiki Formation in Japan. 査読有り

    Manchuk N., Horie K., Tsukada K.

    Bulletin of Geosciences   87 巻   頁: 1-18   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. 飛騨外縁帯の再定義. 査読有り

    束田和弘・竹内 誠・小島 智

    地質学雑誌   110 巻   頁: 640-658   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    従来飛騨外縁帯として扱われてきた地層・岩体は,岩相とその占める空間的位置により,(1)中~上部古生界浅海成層を主体とする地層群(宇奈月帯構成岩類を含む),(2)300Ma以前の変成岩を含み,苦鉄質~超苦鉄質岩を主体とするもの,(3)後期古生代の石灰岩・チャート・砕屑岩主体層,(4)苦鉄質岩とペルム系砕屑岩,の4つに大別される.本論では(1)の分布域のみを飛騨外縁帯として再定義する.

  11. Jurassic dextral and Cretaceous sinistral movements along the Hida marginal belt. 査読有り

    束田和弘

      6 巻   頁: 687-698   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Investigating changes in lithic raw material use from the Middle Paleolithic to the Upper Paleolithic in Jebel Qalkha, southern Jordan 査読有り 国際共著

    Eiki Suga, Natsuki Ichinose, Kazuhiro Tsukada, Seiji Kadowaki, Sate Massadeh, Donald O.Henry

    Archaeological Research in Asia   29 巻   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.ara.2021.100347

  13. Geochemistry of the basaltic blocks in the Jurassic and Cretaceous accretionary complexes in the Yoshino area, central Kii Peninsula, Southwest Japan 査読有り

    Bayart NADMID, Kazuhiro TSUKADA, and Makoto TAKEUCHI

    Bulletin of the Nagoya University Museum   36 巻   頁: 35 - 51   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/bulnum.036.03

  14. The magmatic relationship between the “Kurotani ultra-mafic rock” and the Ordovician(?) Iwatsubodani Formation, Takayama City, Hida Gaien belt, central Japan: the chemical composition of clinopyroxene 査読有り 国際共著

    TSUKADA Kazuhiro, SHIMURA Yusuke, and NADMID Bayart

    Bulletin of Nagoya University Museum   36 巻   頁: 53 - 68   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/bulnum.036.04

  15. 名古屋大学博物館のSEM-EDXによる含水鉱物化学組成の定量分析

    束田和弘

    名古屋大学博物館報告   36 巻   頁: 1 - 9   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/bulnum.036.01

  16. 愛知県設楽地域東部の貫入岩体の全岩化学組成,輝度および変質度 査読有り

    図子田 和典, 岡村 太路, 二村 康平, 束田 和弘, 竹内 誠

    地質学雑誌   126 巻 ( 11 ) 頁: 645 - 654   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.2020.0037

  17. 愛知県田原市の蔵王山石灰岩から産出した後期三畳紀コノドント 査読有り

    鈴木和博・束田和弘・田中 剛

    名古屋大学博物館報告   ( 29 ) 頁: 9-13   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. The Triassic Tandodani Formation in the Hongo area, Hida Gaien belt, central Japan. 査読有り

    Tsukada, Kazuhiro and Niwa, Kosuke

    Jour. Earth and Planetary Sci. Nagoya Univ.   52 巻   頁: 1-10   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Redefinition of the Permian strata in the Hida-gaien Tectonic Zone, Fukuji area, Gifu Prefecture, Central Japan. 査読有り

    Tsukada, Kazuhiro and Takahashi, Yasushi

    Jour. Earth and Planetary Sci. Nagoya Univ.   48 巻   頁: 1-35   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. Triassic to Jurassic strike - slip tectonics along the eastern margin of asia --- a synthesis

    Gondwana dispersion and Asian accretion  1999年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. P−T境界付近における,シベリア大陸の2つの火成活動 − シベリアトラップと火山弧アダカイト− 国際共著

    研究課題番号:9219  2020年4月 - 現在

    大幸財団  大幸財団自然科学系学術研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4000000円 ( 直接経費:4000000円 )

科研費 2

  1. 資源利用行動から探る新人社会の基盤形成史:レヴァント地方乾燥域の考古科学研究

    研究課題/研究課題番号:20H00026  2020年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    門脇 誠二, 池谷 和信, 田村 亨, 山本 鋼志, 束田 和弘, 長谷川 精, 近藤 康久

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    レヴァント地方では、ホモ・サピエンス(新人)の拡散や農耕牧畜の発生など新人社会の基盤形成に大きく寄与した歴史事象が早くから進行したが、当地は乾燥気候が卓越し人類の生存にとって最適な環境とはいえない。
    本研究は、限られた資源の有効利用が新人社会の基盤形成を支えた根本要因だったのではないかという仮説を掲げ、新人が旧人と共存していた約7万年前から農耕牧畜が発生し始めた約1万年前までを対象に、レヴァント乾燥域における人類の資源利用行動を明らかにする。
    水資源と石器石材の分布を、考古学・文化人類学・地理学・地球科学の方法により記録・分析し、遺跡の分布や石器石材の産地同定、石材の利用効率などの分析を行う。

  2. モンゴルーオホーツク海は存在したか? ーユーラシア大陸形成論に関してー     

    2008年

    科学研究費補助金  基盤研究(B),課題番号:20403013

    束田 和弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 10

  1. 博物館概論

    2021

  2. 博物館資料保存論

    2021

  3. 地質学実験

    2021

  4. 地質調査

    2021

  5. 博物館実習

    2021

  6. 博物館資料情報論

    2020

  7. 地質学実験

    2020

  8. 地質調査

    2020

  9. 地球科学入門

    2011

  10. 博物館概論

    20

▼全件表示

 

社会貢献活動 2

  1. 名古屋大学出前授業 in 豊橋 2021

    役割:講師

    産学連携推進本部  2021年11月

  2. 飛騨山脈ジオパーク推進協議会

    役割:講師, 調査担当