2021/09/24 更新

写真a

アサハラ ヨシヒロ
淺原 良浩
ASAHARA, Yoshihiro
所属
大学院環境学研究科 地球環境科学専攻 地球化学 准教授
大学院担当
大学院環境学研究科
学部担当
理学部 地球惑星科学科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(理学) ( 1999年9月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 17

  1. 地球化学

  2. 化学

  3. 質量分析

  4. 年代測定

  5. トレーサー

  6. 同位体

  7. 地圏環境

  8. 古環境学

  9. 堆積物

  10. 環境

  11. 海洋

  12. 資源

  13. 鉱床

  14. 火成岩

  15. 考古学

  16. コンクリート

  17. 地層処分

研究分野 3

  1. 環境・農学 / 環境動態解析  / 環境動態解析

  2. 自然科学一般 / 宇宙惑星科学  / 地球宇宙化学

  3. エネルギー / 地球資源工学、エネルギー学

現在の研究課題とSDGs 6

  1. 堆積物の同位体を利用した古環境解析

  2. 韓半島基盤岩の希土類元素に着目した同位体地球化学的研究

  3. 西アジア・ザグロス造山帯の火成岩および鉱床の同位体地球化学的研究

  4. 同位体を利用した堆積岩の形成環境の推定

  5. 岩盤の割れ目形成年代の測定法の開発

  6. 放射性炭素を用いたコンクリートの中性化進行速度推定法の開発

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   理学研究科   地球科学

    1992年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 神戸大学   理学部   地球科学

    1988年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. 一般社団法人 日本地球化学会   理事(庶務幹事)

    2021年9月 - 2023年9月

  2. 一般社団法人 日本地球化学会   理事(会計幹事)

    2019年9月 - 2021年9月

  3. 一般社団法人 日本地球化学会   会員

    1993年1月 - 現在

  4. 日本海洋学会   会員

    2008年4月 - 現在

  5. 地球環境史学会   会員

    2012年9月 - 現在

  6. 公益社団法人 日本地球惑星科学連合   会員

    2016年4月 - 現在

▼全件表示

 

論文 103

  1. Geochronology and petrogenesis of the Late Neoproterozoic granitic gneisses of Golpayegan metamorphic complex: a new respect for Cadomian crust in the Sanandaj-Sirjan zone, Iran 査読有り 国際共著 国際誌

    Moradi, A., Shabanian, N., Davoudian, A.R., Azizi, H., Santos, J.F, Asahara, Y.

    International Geology Review     頁: in press   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Taylor & Francis  

    DOI: 10.1080/00206814.2020.1821251

  2. Zircon U-Pb ages and petrogenesis of late Miocene adakitic rocks from the Sari Gunay gold deposit, NW Iran 査読有り 国際共著 国際誌

    Shahbazi, H., Maghami, Y.T., Azizi, H., Asahara, Y. Siebel, W., Maanijou, M., and Rezai, A.

    Geological Magazine     頁: in press   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cambridge University Press  

    DOI: 10.1017/S0016756821000297

  3. Tectonic significance of the late Eocene (Bartonian) calc-alkaline granitoid body in the Marivan area, Zagros suture zone, northwest Iran 査読有り 国際共著 国際誌

    Rezaei, F., Azizi, H., Asahara, Y.

    International Geology Review     頁: in press   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Taylor & Francis  

    DOI: 10.1080/00206814.2021.1907624

  4. Coexistence of two types of Late Paleocene adakitic granitoid, Soursat complex, NW Iran 査読有り 国際共著 国際誌

    Nouri, F., Azizi, H., Asahara, Y., Whattam, S.A., Tsuboi, M., Mohammad, Y.O., Minami, M., Anma, R.

    Lithos   404-405 巻   頁: 106438   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.lithos.2021.106438

    Web of Science

  5. Early Cambrian highly fractionated granite, Central Iran: evidence for drifting of Northern Gondwana and the evolution of the Proto-Tethys Ocean 査読有り 国際共著 国際誌

    Nouri, F., Davoudian, A.R., Allen, M., Azizi, H., Asahara, Y., Anma, R., Shabanian, N., Tsuboi, M., Khodami, M.

    Precambrian Research   362 巻   頁: 106291   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.precamres.2021.106291

  6. Geochemistry and genesis of beryl crystals in the LCT pegmatite type, Ebrahim-Attar Montain, western Iran 査読有り 国際共著 国際誌

    Daneshvar, N., Azizi, H., Asahara, Y., Tsuboi, M., Minami, M., Mohammad, Y.O.

    Minerals   11 巻 ( 7 ) 頁: 717   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI  

    DOI: 10.3390/min11070717

    Web of Science

  7. Early Miocene post-collision andesite in the Takab area, northwest Iran 査読有り 国際共著 国際誌

    Azizi, H., Daneshvar, N., Mohammadi, A., Asahara, Y., Wattam, S.A., Tsuboi, M., Minami, M.

    Journal of Petrology   62 巻 ( 7 ) 頁: egab022   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press  

    DOI: 10.1093/petrology/egab022

  8. Zircon U-Pb ages, geochemistry and Sr-Nd isotopes of the Golshekanan granitoid, Urumieh-Dokhtar magmatic arc, Iran: evidence for partial melting of juvenile crust 査読有り 国際共著 国際誌

    Sarjoughian, F., Zahedi, B., Azizi, H., Ling, W., Lentz, D. and Asahara, Y.

    Geological Magazine   158 巻   頁: 1289 - 1304   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cambridge University Press  

    DOI: 10.1017/S0016756820001338

  9. A-type granite in the Boein-Miandasht Complex: evidence for a Late Jurassic extensional regime in the Sanandaj-Sirjan Zone, western Iran 査読有り 国際共著 国際誌

    Tavakoli, N., Shabanian, N., Davoudian, A.R., Hossein Azizi, H., Franz Neubauer, F., Asahara, Y., Bernroider, M., Lee, J.K.W.

    Journal of Asian Earth Sciences   213 巻   頁: 104771   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.jseaes.2021.104771

    Web of Science

  10. Characteristics in trace elements compositions of tephras (B-Tm and To-a) for identification tools 査読有り 国際誌

    Nara, F.W., Yokoyama, T., Yamazaki, S., Minami, M., Asahara, Y., Watanabe, T., Yamada, K., Tsuchiya, N., Yasuda, Y.

    Geochemical Journal   55 巻 ( 3 ) 頁: 117 - 133   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geochemical Society of Japan  

    DOI: 10.2343/geochemj.2.0619

    Web of Science

  11. Multi-approach characterization of shallow-water carbonates off Minamitorishima and their depositional settings/history 査読有り 国際共著 国際誌

    Aftabuzzaman, Md., Yomogida, K., Suzuki, S., Takayanagi, H., Ishigaki, A., Machida, S., Asahara, Y., Yamamoto, K., Hirano, N., Sano, S., Chiyonobu, S., Bassi, D., Iryu, Y.

    Island Arc   30 巻 ( 1 ) 頁: e12400   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd.  

    DOI: 10.1111/iar.12400

  12. Zircon U-Pb ages, geochemistry, and Sr-Nd isotope ratios for early cretaceous magmatic rocks, southern Saqqez, northern Iran 査読有り 国際共著 国際誌

    Gholipour, S., Azizi, H., Masoudi, F., Asahara, Y., Tsuboi, M.

    Chemie der Erde   81 巻   頁: 125687   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chemer.2020.125687

  13. A new perspective on Cenozoic calc-alkaline and shoshonitic volcanic rocks, eastern Saveh (central Iran) 査読有り 国際共著 国際誌

    Nouri, F., Azizi, H., Asahara, Y., Stern, R.J.

    International Geology Review   63 巻 ( 4 ) 頁: 476 - 503   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Taylar & Francis  

    DOI: 10.1080/00206814.2020.1718005

  14. Petrogenesis of the Carboniferous Ghaleh-Dezh metagranite, Sanandaj-Sirjan zone, Iran: constraints from new zircon U-Pb and 40Ar/39Ar ages and Sr-Nd isotopes 査読有り 国際共著 国際誌

    Shabanian, N., Davoudian, A.R., Azizi, H., Asahara, Y., Neubauer, F., Genser, J., Dong, Y., Lee, J.K.W.

    Geological Magazine   157 巻 ( 11 ) 頁: 1823 - 1852   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cambridge University Press  

    DOI: 10.1017/S0016756820000096

  15. Long-lived, Eocene-Miocene stationary magmatism in NW Iran along a transform plate boundary 査読有り 国際共著 国際誌

    Ahmad, R., Rossetti, F., Asahara, Y., Azizi, H., Lucci, F., Lustrino, M., Nozaem, R.

    Gondwana Research   85 巻   頁: 237 - 262   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.gr.2020.03.014

  16. New evidence for Jurassic continental rifting in the northern Sanandaj Sirjan Zone, western Iran: the Ghalaylan seamount, southwest Ghorveh 査読有り 国際共著 国際誌

    Azizi, H., Nouri, F., Stern, R.J., Azizi, M., Lucci, F., Asahara, Y., Zarinkoub, M.H., Chung, S.L.

    International Geology Review   62 巻 ( 13-14 ) 頁: 1635 - 1657   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Taylor & Francis  

    DOI: 10.1080/00206814.2018.1535913

  17. Zircon U-Pb dating, mineralogy and geochemical characteristics of the gabbro and gabbro-diorite bodies, Boein-Miandasht, western Iran 査読有り 国際共著 国際誌

    Tavakoli, N., Davoudian, A.R., Shabanian, N., Azizi, H., Neubauer, F., Asahara, Y., Bernroider, M.

    International Geology Review   62 巻   頁: 1658 - 1676   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Taylar & Francis  

    DOI: 10.1080/00206814.2019.1583139

  18. Geochemical and Sr-Nd isotopic constraints on the genesis of the Soheyle-PaKuh granitoid rocks (central Urumieh-Dokhtar magmatic belt, Iran) 査読有り 国際共著 国際誌

    Sarjoughian, F., Javadi, S., Azizi, H., Ling, W., Asahara, Y. and Lentz, D.

    International Geology Review   62 巻   頁: 1769 - 1795   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Taylar & Francis  

    DOI: 10.1080/00206814.2019.1579676

  19. Sequential magma injection with a wide range of mixing and mingling in Late Jurassic plutons, southern Ghorveh, western Iran 査読有り 国際共著 国際誌

    Azizi, H., Asahara, Y., Minami, M., Anma, R.

    Journal of Asian Earth Sciences   200 巻   頁: 104469   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.jseaes.2020.104469

  20. Rare earth elements and Sr isotope ratios of large apatite crystals in Ghareh Bagh mica mine, NW Iran: Tracing for Petrogenesis and Mineralization 査読有り 国際共著 国際誌

    Daneshvar, N., Azizi, H., Asahara, Y., Tsuboi, M., Hosseini, M.

    Minerals   10 巻 ( 9 ) 頁: 833   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI  

    DOI: 10.3390/min10090833

    Web of Science

  21. Petrology and geochemistry of the Lattan Mountain magmatic rocks in the Sanandaj-Sirjan Zone, west of Iran 査読有り 国際共著 国際誌

    Ahankoub, M., Asahara, Y., Tsuboi, M.

    Arabian Journal of Geosciences   13 巻 ( 16 ) 頁: 809   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: 10.1007/s12517-020-05820-x

    Web of Science

  22. Variability of protoliths and pressure-temperature conditions of amphibolites from the Ohmachi Seamount (Izu-Bonin-Mariana arc): evidence of a fossil subduction channel in a modern intra-oceanic arc 査読有り 国際誌

    Imayama, T., Ueda, H., Usuki, T, Minami, M., Asahara, Y., Nagahashi, T.

    Mineralogy and Petrology   114 巻   頁: 305 - 318   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: 10.1007/s00710-020-00705-z

  23. A chronological and geochemical study of the Tadamigawa older-stage granites: igneous activity in the west of the Tanakura Tectonic Line (TTL) of northeastern Japan 査読有り 国際誌

    Wakasugi, Y., Wakaki, S., Tanioka, Y., Ichino, K., Tsuboi, M., Asahara, Y., Noda, A.

    Geochemical Journal   54 巻 ( 4 ) 頁: 203 - 220   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Geochemical Society of Japan  

    DOI: 10.2343/geochemj.2.0603

  24. Systematic variation in rare earth element patterns from a felsic granulite of the Jirisan complex, Yeongnam Massif, Korea 査読有り 国際共著 国際誌

    Lee, S.G., Song, Y.S., Asahara, Y., Tanaka, T., Park, K.H.

    Geochemical Journal   54 巻 ( 4 ) 頁: 183 - 194   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Geochemical Society of Japan  

    DOI: 10.2343/geochemj.2.0590

  25. Investigation of rare earth elements (REEs) as exploration potential in intrusive bodies in the northern Sanandaj-Sirjan zone (Kurdistan area), western Iran 査読有り 国際共著 国際誌

    Azizi, H., Maghsoudloo, A., Nouri, F., Asahara, Y., Yamamoto, K., Minami, M., Tsuboi, M.

    Geochemical Journal   54 巻 ( 4 ) 頁: 221 - 232   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Geochemical Society of Japan  

    DOI: 10.2343/geochemj.2.0584

  26. Integrated Neogene biochemostratigraphy at DSDP Site 296 on the Kyushu-Palau Ridge in the western North Pacific 査読有り 国際誌

    Matsui, H., Horikawa, K., Chiyonobu, S., Itaki, T., Ikehara, M., Kawagata, S., Wakaki-Uchimura, H., Asahara, Y., Seki, O., Okazaki, Y.

    Newsletters on Stratigraphy   53 巻   頁: 313 - 331   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Schweizerbart Science Publishers  

    DOI: 10.1127/nos/2019/0549

  27. Detrital Sr-Nd isotopes, sediment provenances and depositional processes in the Laxmi Basin of the Arabian Sea during the last 800 ka 査読有り 国際共著 国際誌

    Khim, B.K., Horikawa, K., Asahara, Y., Kim, J.E, Ikehara, M.

    Geological Magazine   157 巻   頁: 895 - 907   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cambridge University Press  

    DOI: 10.1017/S0016756818000596

  28. Anatomy of the magmatic plumbing system of Los Humeros Caldera (Mexico): implications for geothermal systems 査読有り 国際共著 国際誌

    Lucci, F., Carrasco-Núñez, G., Rossetti, F., Theye, T., White, J.C., Urbani, S., Azizi, H., Asahara, Y., Giordano, G.

    Solid Earth   11 巻   頁: 125 - 159   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Copernicus Publications  

    DOI: 10.5194/se-11-125-2020

  29. Petrogenesis and geodynamic implications of an Ediacaran (550Ma) granite complex (metagranites), southwestern Saqqez, northwest Iran 査読有り 国際共著 国際誌

    Daveshvar, N., Maanijou, M, Azizi, H., Asahara, Y.

    Journal of Geodynamics   132 巻   頁: 101669   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.jog.2019.101669

  30. Late Paleocene adakitic granitoid from NW Iran and comparison with adakites in the NE Turkey: Adakitic melt generation in normal continental crust 査読有り 国際共著 国際誌

    Azizi, H, Stem, R.J, Topuz, G, Asahara, Y, Moghadam, H.S.

    Lithos   346 巻   頁: 105151   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.lithos.2019.105151

    Web of Science

  31. Common occurrence of calcic plagioclase in granitoids from Mt. Kaizuki area, central Japan 査読有り 国際共著 国際誌

    Hong Mei, Enami, M, Tsuboi, M, Asahara, Y

    Journal of Mineralogical and Petrological Sciences   114 巻 ( 4 ) 頁: 201 - 213   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Association of Mineralogical Sciences  

    <p>Calcic plagioclase with anorthite (An) content of up to 91% commonly occurs in coexistence with the sodic phase (An<sub><40–50</sub>) in the Cretaceous Kaizuki–yama (Mt. Kaizuki) granitoid body that intrudes into the Mino belt of the Jurassic accretionary sediment complex in central Japan. The Kaizuki–yama granitoids are mainly composed of plagioclase, K–feldspar, quartz, and biotite with subordinate amounts of amphibole, ilmenite, and apatite. The sodic plagioclase grains show common igneous–type normal zoning with decreasing anorthite content toward the rim. In most cases, the calcic plagioclase occurs as a crystal core, which is discontinuously surrounded by a sodic mantle. The calcic parts rarely show fine and nebular texture with sodic domains; however, a thin calcic zone (100–150 µm in width) develops along the boundary between the nebular core and the sodic mantle. In the nebular core, calcic plagioclase sometimes rims the fine–grained calcite, prehnite, and zoisite/epidote (less than 10–20 µm in size). Most amphibole grains have ferropargasite/ferrohornblende compositions and are usually rimmed by secondary ferro–actinolite. Although the pressure/temperature conditions estimated based on amphibole–plagioclase equilibria vary widely between samples, they show systematic decreases in pressure with decreasing temperature from 0.5 GPa/800 °C to approximately 0.2 GPa/700 °C. Some anorthite–rich plagioclase grains may have been xenocrystic and/or antecrystic in origins, and others were crystallized from calcic part of locally heterogeneous magma. The incorporation of calcic plagioclase into the felsic magma and the locally calcic environment probably resulted from the assimilation of skarn and related calcareous rocks consisting of the wall rocks of the Kaizuki–yama body during magmatic intrusion and solidification.</p>

    DOI: 10.2465/jmps.190118

    Web of Science

    CiNii Article

  32. Litho-, bio-, and chemostratigraphy of the Middle Triassic carbonate succession in the North-Central Coast Region of Vietnam 査読有り 国際共著 国際誌

    Thuy Thi Nhu Ha, Takayanagi, H., Ueno, K., Asahara, Y., Yamamoto, K., Iryu, Y.

    Progress in Earth and Planetary Science   6 巻   頁: 47   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    Middle Triassic carbonates extend from the North-Central Coast region of Vietnam to northern Laos. We conducted sedimentological, paleontological, and geochemical analyses on the carbonates of the Hoang Mai Formation in Nghe An province, Vietnam. The carbonates consist of the following six lithostratigraphic units (from bottom to top): sandy limestone (unit 1), peloidal packstone with a microbialite interlayer (unit 2), peloidal packstone and oncoidal floatstone (unit 3), peloidal–bioclastic packstone (unit 4), peloidal packstone with variable quantities of bioclasts and microbialite (unit 5), and peloidal packstone with variable quantities of bioclasts (unit 6). The sandy nature of unit 1 and of three of the interlayers in unit 2 indicates a supply of terrigenous material during the early stages of formation of the Hoang Mai carbonate platform. The dominance of carbonates with a fine-grained matrix throughout the overlying succession implies a low-energy depositional environment. Common occurrences of dasycladalean algae in units 4–6 indicate a back-reef lagoon environment. A total of 24 foraminiferal taxa, including Citaella dinarica and C. deformata, were identified. These two age-diagnostic species occur in units 3–6, suggesting that this interval is correlated with the Pelsonian and that the lower units (units 1–2) are potentially correlated with the Bithynian. Thus, the entire core section can be assigned to the middle Anisian (lower Middle Triassic). An assessment of the diagenetic alteration using geochemical parameters indicates that the carbonates of the studied succession have not retained their initial strontium (87Sr/86Sr) and oxygen (δ18O) isotope compositions. In contrast, the carbonates in the lower (units 1–2) and middle (units 2–5) intervals have retained their initial carbon isotope compositions (δ13C), making them suitable for C isotopic analyses. In the lower interval, we observe a slight δ13C-enrichment, followed by a gradual δ13C-depletion upwards into the middle interval. The observed trend in δ13C values from the Hoang Mai Formation can be correlated with similar trends reported from South China and Romania. Samples within the upper interval (units 5–6) of the Vietnamese δ13C profile are relatively δ13C-depleted, which is likely the result of diagenetic overprinting.

    DOI: 10.1186/s40645-019-0293-y

    Web of Science

  33. Multiphase magma intrusion, ore-enhancement and hydrothermal carbonatisation in the Siah-Kamar porphyry Mo deposit, Urumieh-Dokhtar magmatic zone, NW Iran 査読有り 国際共著 国際誌

    Ahmad, R., Rossetti, F., Tech, F., Asahara, Y., Azizi, H., Glondny, J., Lucci, F., Nozaem, R., Opitz, J., Selby, D.

    Ore Geology Reviews   110 巻   頁: 102930   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.oregeorev.2019.05.016

  34. Petrogenesis of the Harisn-Sahneh serpentinized peridotite along the Zagros suture zone, western Iran: New evidence for mantle metasomatism 査読有り 国際共著 国際誌

    Nouri, F., Asahara, Y., Azizi, H., Tsuboi, M.

    Geological Magazine   156 巻 ( 5 ) 頁: 772 - 800   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cambridge University Press  

    DOI: 10.1017/S0016756818000201

  35. Sr-87/Sr-86 age determination by rapidly formed spherical carbonate concretions 査読有り 国際共著 国際誌

    Yoshida, H., Asahara, Y., Yamamoto, K., Katsuta, N., Minami, M., Metcalfe, R.

    Scientific Reports   9 巻   頁: 1003   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Publishing Group  

    Isolated spherical carbonate concretions are frequently observed in finer grained marine sediments of widely varying geological age. Recent studies on various kinds of spherical carbonate (CaCO3) concretions revealed that they formed very rapidly under tightly constrained conditions. However, the formation ages of the isolated spherical carbonate concretions have never been determined. Here we use Sr-87/Sr-86 ratios to determine the ages of these spherical concretions. The studied concretions formed in the Yatsuo Group of Miocene age in central Japan. Some formed post- mortem around tuskshells (Fissidentalium spp.), while other concretions have no shell fossils inside. The deformation of sedimentary layers around the concretions, combined with geochemical analyses, reveal that Sr was incorporated into the CaCO3 concretions during their rapid formation. Strontium isotopic stratigraphy using Sr-87/Sr-86 ratios of all concretions indicates an age of 17.02 +/- 0.27 Ma, with higher accuracy than the ages estimated using micro- fossils from the Yatsuo Group. The results imply that the Sr-87/Sr-86 ratio of isolated spherical carbonate concretions can be applied generally to determine the numerical ages of marine sediments, when concretions formed soon after sedimentation. The Sr-87/Sr-86 age determinations have high accuracy, even in cases without any fossils evidence.

    DOI: 10.1038/s41598-019-38593-9

    Web of Science

  36. Age, geochemistry and emplacement of the ~40-Ma Baneh granite-appinite complex in a transpressional tectonic regime, Zagros suture zone, northwest Iran 査読有り 国際共著 国際誌

    Azizi, H., Haddad, S., Stern, R.J., Asahara, Y.

    International Geology Review   61 巻 ( 2 ) 頁: 195 - 223   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Taylor & Francis  

    DOI: 10.1080/00206814.2017.1422394

  37. Fe-oxide concretions formed by interacting carbonate and acidic waters on Earth and Mars 査読有り 国際共著 国際誌

    Yoshida, H., Hasegawa, H., Katsuta, N., Maruyama, I., Sirono, S., Minami, M., Asahara, Y., Nishimoto, S., Yamaguchi, Y., Ichinnorov, N., Metcalfe, R.

    Science Advances   4 巻   頁: eaau0872   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AAAS, American Association for the Advancement of Science  

    DOI: 10.1126/sciadv.aau0872

  38. Geochemical interpretation of magnesium and oxygen isotope systematics in granites with the REE tetrad effect 査読有り 国際共著 国際誌

    Lee, S.G., Ahn, I., Asahara, Y., Tanaka, T., Lee, S.R.

    Geosciences Journal   22 巻 ( 5 ) 頁: 697 - 710   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: 10.1007/s12303-018-0024-1

  39. Late Miocene-mid-Pliocene tectonically induced formation of the semi-closed Japan Sea, inferred from seawater Nd isotopes 査読有り 国際誌

    Yukiko Kozaka, Keiji Horikawa, Yoshihiro Asahara, Hiroshi Amakawa, Yusuke Okazaki

    Geology   46 巻 ( 10 ) 頁: 903 - 906   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Geological Society of America  

    DOI: 10.1130/G45033.1

  40. Zircon U-Pb dating, geochemistry and evolution of the Late Eocene Saveh magmatic complex, central Iran: Partial melts of sub-continental lithospheric mantle and magmatic differentiation 査読有り 国際共著 国際誌

    Nouri, F., Azizi, H., Stern, R.J., Asahara, Y., Khodaparast, S., Madanipour, S., Yamamoto, K.

    Lithos   314-315 巻   頁: 274 - 292   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.lithos.2018.06.013

  41. Petrogenesis and geochronology of Mishao peraluminous I-type granites, Shalair valley area, NE Iraq 査読有り 国際共著 国際誌

    Abdulzahra, I.K., Hadi, A., Asahara, Y., Azizi, H., Yamamoto, K.

    Chemie der Erde   78 巻   頁: 215 - 227   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.chemer.2018.01.003

  42. The Late Jurassic Panjeh submarine volcano in the northern Sanandaj-Sirjan Zone, northwest Iran: Mantle plume or active margin? 査読有り 国際共著 国際誌

    Azizi, H., Lucci, F., Stern, R.J., Hasannejad, S., Asahara, Y.

    Lithos   308-309 巻   頁: 364 - 380   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.lithos.2018.03.019

  43. A- and I-type metagranites from the North Shahrekord Metamorphic Complex, Iran: Evidence for Early Paleozoic post-collisional magmatism 査読有り 国際共著 国際誌

    Badr, A., Davoudian, A.R., Shabanian, N., Azizi, H., Asahara, Y., Neubauer, F., Dong, Y., Yamamoto, K.

    Lithos   300 巻   頁: 86 - 104   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    The North Shahrekord Metamorphic Complex (NSMC) of the central Sanandaj-Sirjan Zone (SaSZ) consists of metagranitoid bodies, which were metamorphosed within high pressure-low temperature conditions. Whole rock chemistry shows relatively high amounts of SiO2 (65–77 wt%) and Al2O3 (12–15 wt%), low amounts of Nb, P, Sr, Ti, a high ratio of Ga/Al (4–9) and a negative Eu anomaly. The chemical compositions of metagranites are reasonably similar to A- and I-type granites. U–Pb zircon ages of three samples of metagranites indicate that crystallization of the granites occurred at 521.6 ± 9.1 to 513.5 ± 8.5 Ma, Middle Cambrian. The initial 87Sr/86Sr and 143Nd/144Nd ratios of samples vary from 0.7057–0.7239 and 0.511801–0.511890, respectively. High initial 87Sr/86Sr ratios and low εNd(t) values (− 3.39 to − 1.07) associated with high ratios of 206Pb/204Pb(t) = 17.8557–18.8045, 207Pb/204Pb(t) = 15.6721–15.7220, and 208Pb/204Pb(t) = 37.7490–38.4468 infer a significant contribution of continental crust in generating the source magma of the metagranite bodies. The results reveal that the metagranites were mainly produced through mixing of basaltic melts with components similar to metasedimentary sources. The new results show that crystallization of the metagranites occurred in Early Paleozoic times and much earlier than break-up and drifting of the SaSZ from the Arabian plate, suggesting that the metagranites were mainly produced in the western Iran after the closure of the Proto-Tethys Ocean. This model is consistent with the previously suggested models for formation of an Early Paleozoic granitoid belt along the northern rim of Gondwana.

    DOI: 10.1016/j.lithos.2017.12.008

    Web of Science

    Scopus

  44. Study of the zircon morphology and internal structures as a tool for constraining magma source: example from granitoid bodies in the northern Sanandaj Sirjan zone (SW Saqqez) 査読有り 国際共著 国際誌

    Daveshvar, N, Maanijou, M, Azizi, H, Asahara, Y

    Geopersia   8 巻 ( 2 ) 頁: 245 - 259   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:University of Tehran  

    DOI: 10.22059/GEOPE.2018.239656.648342

    Web of Science

  45. Geochemistry and petrogensis of the Eocene back arc mafic rocks in the Zagros suture zone, northern Noorabad, western Iran 査読有り 国際共著 国際誌

    Nouri, F., Asahara, Y., Azizi, H., Yamamoto, K., Tsuboi, M.

    Chemie der Erde   77 巻   頁: 517 - 533   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.chemer.2017.06.002

  46. A distinctive chemical composition of the tektites from Thailand and Vietnam, and its geochemical significance 査読有り 国際共著

    Lee, S.G., Tanaka, T., Asahara, Y., Minami, M.

    The Journal of the Petrological Society of Korea   26 巻 ( 3 ) 頁: 281 - 295   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:朝鮮語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Petrological Society of Korea  

    DOI: 10.7854/JPSK.2017.26.3.281

  47. A-type granitoid in Hasansalaran complex, northwestern Iran: Evidence for extensional tectonic regime in northern Gondwana in the Late Paleozoic 査読有り 国際共著 国際誌

    Azizi, H, Kazemi, T, Asahara, Y

    Journal of Geodynamics   108 巻   頁: 56 - 72   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.jog.2017.05.003

    Web of Science

  48. Zircon U-Pb ages and Sr-Nd isotope ratios for the Sirstan granitoid body, NE Iraq: Evidence of magmatic activity in the Middle Cretaceous Period 査読有り 国際共著 国際誌

    Abdulzahra, I.K., Hadi, A., Azizi, H., Asahara, Y., Yamamoto, K.

    Comptes Rendus Geoscience   349 巻   頁: 53 - 62   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.crte.2017.02.004

  49. Geochemistry of metabasites from the North Shahrekord metamorphic complex, Sanandaj-Sirjan Zone: Geodynamic implications for the Pan-African basement in Iran 査読有り 国際共著 国際誌

    Malek-Mahmoudi, F., Ali Reza Davoudian, A.R., Shabanian, N., Azizi, H., Asahara, Y., Neubauer, F., Dong, Y.

    Precambrian Research   293 巻   頁: 56 - 72   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.precamres.2017.03.003

  50. Rb-Sr and Sm-Nd isotope geochemistry and petrogenesis of the Misho Mountains mafic dikes (NW Iran) 査読有り 国際共著 国際誌

    Ahankoub, M, Asahara, Y

    Journal of Economic Geology   8 巻 ( 2 ) 頁: 399 - 413   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:ペルシア語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Ferdowsi University of Mashhad, Iran  

    DOI: 10.22067/econg.v8i2.32585

  51. Strongly peraluminous leucogranite (Ebrahim-Attar granite) as evidence for extensional tectonic regime in the Cretaceous, Sanandaj Sirjan zone, northwest Iran 査読有り 国際共著 国際誌

    Azizi, H., Mohammadi, K., Asahara, Y., Tsuboi, M., Daneshvar, N., Mehrabi, B.

    Chemie der Erde   76 巻   頁: 529 - 541   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.chemer.2016.08.006

  52. Petrogenesis and geodynamic evolution of the Kajan Neogene subvolcanic rocks, Nain, Central Iran 査読有り 国際共著 国際誌

    Golkaram, S., Rashidnejad-Omran, N., Azizi, H., Asahara, Y., Buchs, D.M., McDonald, I., Santos, J.F.

    Chemie der Erde   76 巻   頁: 567 - 578   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.chemer.2016.08.007

  53. Zircon U-Pb ages and geochemistry of Devonian A-type granites in the Iraqi Zagros suture zone (Damamna area): New evidence for magmatic activity related to the Hercynian orogeny 査読有り 国際共著 国際誌

    Abdulzahra, I.K., Hadi, A., Asahara, Y., Azizi, H., Yamamoto, K.

    Lithos   264 巻   頁: 360 - 374   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.lithos.2016.09.006

  54. Brucite as an important phase of the shallow mantle wedge: Evidence from the Shiraga unit of the Sanbagawa subduction zone, SW Japan 査読有り 国際誌

    Kawahara, H., Endo, S., Wallis, S.R., Nagaya, T., Mori, H., Asahara, Y.

    Lithos   254-255 巻   頁: 53 - 66   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.lithos.2016.02.022

  55. Age and petrogenesis of Na-rich felsic rocks in western Iran: evidence for closure of the southern branch of the Neo-Tethys in the Late Cretaceous 査読有り 国際共著 国際誌

    Nouri, F., Azizi, H., Golonka, J., Asahara, Y., Orihashi, Y., Yamamoto, K., Tsuboi, M., Anma, R.

    Tectonophysics   671 巻   頁: 151 - 172   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.tecto.2015.12.014

  56. U-Pb zircon ages and geochemistry of Kangareh and Taghiabad mafic bodies in northern Sanandaj-Sirjan Zone, Iran: Evidence for intra-oceanic arc and back-arc tectonic regime in Late Jurassic 査読有り 国際共著

    Azizi, H., Najari, M., Asahara, Y., Catlos, E.J., Shimizu, M., Yamamoto, K.

    Tectonophysics   660 巻   頁: 47 - 64   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.tecto.2015.08.008

  57. Early post-mortem formation of carbonate concretions around tusk-shells over week-month timescales 査読有り 国際共著 国際誌

    Yoshida, H., Ujihara, A., Minami, M., Asahara, Y., Katsuta, N., Yamamoto, K., Sirono, S., Maruyama, I., Nishimoto, S. and Metcalfe, R.

    Scientific Reports   5 巻   頁: 14123   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Publishing Group  

    DOI: 10.1038/srep14123

  58. つくば南観測井(茎崎コア)の基盤深成岩の統合放射年代とその帰属 査読有り

    高木秀雄, 高橋雅紀, 林広樹, 笠原敬司, 堀江憲路, 淺原良浩, 岩野英樹, 山本俊也, 関口渉次

    地質学雑誌   121 巻 ( 9 ) 頁: 325 - 337   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    DOI: 10.5575/geosoc.2015.0021

  59. A Paleoarchean coastal hydrothermal field inhabited by diverse microbial communities: the Strelley Pool Formation, Pilbara Craton, Western Australia 査読有り 国際共著 国際誌

    Sugitani, K., Mimura, K., Takeuchi, M., Yamaguchi, T., Suzuki, K., Senda, R., Asahara, Y. and Van Kranendonk, M.J.

    Geobiology   13 巻 ( 6 ) 頁: 522 - 545   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:John Wiley & Sons Ltd  

    DOI: 10.1111/gbi.12150

  60. Evolution processes of Ordovician-Devonian arc system in the South-Kitakami massif and its relevance to the Ordovician ophiolite pulse 査読有り 国際誌

    Ozawa, K., Maekawa, H., Shibata, K., Asahara, Y., Yoshikawa, M.

    Island Arc   24 巻 ( 2 ) 頁: 73 - 118   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd.  

    DOI: 10.1111/iar.12100

  61. Zircon U-Pb ages and petrogenesis of a tonalite-trondhjemite-granodiorite (TTG) complex in the northern Sanandaj-Sirjan Zone, northwest Iran: Evidence for Late Jurassic arc-continent collision 査読有り 国際共著 国際誌

    Azizi, H., Zanjefili-Beiranvand, M., Asahara, Y.

    Lithos   216-217 巻   頁: 178 - 195   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.lithos.2014.11.012

  62. Distribution and transport processes of lithogenic material from the Amur River revealed by the Sr and Nd isotope ratios of sediments from the Sea of Okhotsk 査読有り 国際誌

    Yasuda, T., Asahara, Y., Ichikawa, R., Nakatsuka, M., Minami, H., Nagao, S.

    Progress in Oceanography   126 巻   頁: 155 - 167   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.pocean.2014.04.015

  63. Reply to the comment by Granier on "Early Aptian paleoenvironmental evolution of the Bab Basin at the southern Neo-Tethys margin: Response to global carbon-cycle perturbations across Ocean Anoxic Event 1a" 査読有り 国際誌

    Kazuyuki Yamamoto, Masatoshi Ishibashi, Hideko Takayanagi, Yoshihiro Asahara, Tokiyuki Sato, Hiroshi Nishi, Yasufumi Iryu

    Geochemistry, Geophysics, Geosystems   15 巻 ( 5 ) 頁: 2901 - 2904   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Geophysical Union  

    DOI: 10.1002/2014GC005390

  64. Diatoms spread a high eNd-signature in the North Pacific Ocean 査読有り 国際誌

    Tasuku Akagi, Saki Yasuda, Yoshihiro Asahara, Mariko Emoto, Kozo Takahashi

    Geochemical Journal   48 巻 ( 2 ) 頁: 121 - 131   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Geochemical Society of Japan  

    DOI: 10.2343/geochemj.2.0292

  65. The role of heterogenetic mantle in the genesis of adakites in the northeast of Sanandaj, northwestern Iran 査読有り 国際共著 国際誌

    Hossein Azizi, Yoshihiro Asahara, Motohiro Tsuboi, Kento Takemura, Saman Razyani

    Chemie der Erde - Geochemistry   74 巻 ( 1 ) 頁: 87 - 97   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.chemer.2013.09.008

  66. Quaternary high-Nb basalts: existence of young oceanic crust under the Sanandaj-Sirjan Zone, NW Iran 査読有り 国際共著 国際誌

    Hossein Azizi, Yoshihiro Asahara, Motohiro Tsuboi

    International Geology Review   56 巻 ( 2 ) 頁: 167 - 186   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Taylor & Francis  

    DOI: 10.1080/00206814.2013.821268

  67. Episyenite formation in the Toki granite 査読有り 国際誌

    Nishimoto, S., Yoshida, H., Asahara, Y., Tsuruta, T., Ishibashi, M., Katsuta, N.

    Contributions to Mineralogy and Petrology   167 巻   頁: 960   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Nature  

    DOI: 10.1007/s00410-013-0960-8

  68. Geochemistry and geodynamics for the Mawat mafic complex in the Zagros Suture zone, northeast Iraq 査読有り 国際共著 国際誌

    Azizi, H., Hadi, A., Asahara, Y., Mohammad, Y.O.

    Central European Journal of Geosciences   5 巻 ( 4 ) 頁: 523 - 537   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Nature  

    DOI: 10.2478/s13533-012-0151-6

  69. Early Aptian paleoenvironmental evolution of the Bab Basin at the southern Neo-Tethys margin: Response to global carbon-cycle perturbations across Ocean Anoxic Event 1a 査読有り 国際誌

    Kazuyuki Yamamoto, Masatoshi Ishibashi, Hideko Takayanagi, Yoshihiro Asahara, Tokiyuki Sato, Hiroshi Nishi, Yasufumi Iryu

    Geochemistry, Geophysics, Geosystems   14 巻 ( 4 ) 頁: 1104 - 1130   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Geophysical Union  

    DOI: 10.1002/ggge.20083

  70. Juvenile granite in the Sanandaj-Sirjan Zone, NW Iran: Late Jurassic-Early Cretaceous arc-continent collision 査読有り 国際共著 国際誌

    Hossein Azizi, Yoshihiro Asahara

    International Geology Review   55 巻 ( 12 ) 頁: 1523 - 1540   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Taylor & Francis  

    DOI: 10.1080/00206814.2013.782959

  71. Geochemical significance of the Rb-Sr, La-Ce and Sm-Nd isotope systems in A-type rocks with REE tetrad patterns and negative Eu and Ce anomalies: The Cretaceous Muamsa and Weolaksan granites, South Korea 査読有り 国際共著 国際誌

    Seung-Gu Lee, Yoshihiro Asahara, Tsuyoshi Tanaka, Seung-Ryeol Lee, Taejong Lee

    Chemie der Erde   73 巻 ( 1 ) 頁: 75 - 88   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.chemer.2012.11.008

  72. Ln-resin and HIBA method for La-Ce and Sm-Nd isotope measurement 査読有り 国際共著

    Seung-Gu Lee, Hyomin Lee, Yoshihiro Asahara, Mi-Jeong Lee, MiKyeong Choo, Seung-Ryeol Lee

    Journal of the Geological Society of Korea   21 巻 ( 4 ) 頁: 431 - 439   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:朝鮮語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Petrological Society of Korea  

    DOI: 10.7854/JPSK.2012.21.4.431

  73. Petrochemical and Sr-Nd isotope investigations of A-type granites in the east of Misho, NW Iran 査読有り 国際共著 国際誌

    M. Ahankoub, A. Jahangiri, Y. Asahara, M. Moayyed

    Arabian Journal of Geosciences   6 巻   頁: 4833 - 4849   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Nature  

    DOI: 10.1007/s12517-012-0680-9

  74. Contribution of detrital materials from the Yukon River to the continental shelf sediments of the Bering Sea based on the ESR intensity and crystallinity of quartz 査読有り 国際誌

    Kana Nagashima, Yoshihiro Asahara, Fumi Takeuchi, Naomi Harada, Shin Toyoda, Ryuji Tada

    Deep Sea Research II   61-64 巻   頁: 145 - 154   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.dsr2.2011.12.001

  75. Provenance of terrigenous detritus of the surface sediments in the Bering and Chukchi Seas as derived from Sr and Nd isotopes: implications for recent climate change in the Arctic regions 査読有り 国際誌

    Yoshihiro Asahara, Fumi Takeuchi, Kana Nagashima, Naomi Harada, Koshi Yamamoto, Kazumasa Oguri, Osamu Tadai

    Deep Sea Research II   61-64 巻   頁: 155 - 171   2012年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.dsr2.2011.12.004

  76. Another sea area separated from the Panthalassic Ocean in the Norian, the Late Triassic: the lowest Sr isotopic composition of the Ishimaki limestone in central Japan 査読有り 国際誌

    Kazuhiro Suzuki, Yoshihiro Asahara, Koichi Mimura, Tsuyoshi Tanaka

    Chemie der Erde   72 巻 ( 1 ) 頁: 77 - 84   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.chemer.2011.06.004

  77. Geochronological and geochemical constraints on the petrogenesis of high-K granite from the Suffi abad area, Sanandaj-Sirjan Zone, NW Iran 査読有り 国際共著 国際誌

    Hossein Azizi, Yoshihiro Asahara, Behzad Mehrabi, Sun Lin Chung

    Chemie der Erde   71 巻 ( 4 ) 頁: 363 - 376   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.chemer.2011.06.005

  78. Limits on conservative behaviour of Nd isotopes in seawater assessed from analysis of fish teeth from Pacific core tops 査読有り 国際共著 国際誌

    Keiji Horikawa, Ellen E. Martin, Yoshihiro Asahara, Takuya Sagawa

    Earth and Planetary Science Letters   310 巻 ( 1-2 ) 頁: 119 - 130   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.epsl.2011.07.018

  79. Discrimination of the age and tectonic setting for magmatic rocks along the Zagros thrust zone, northwest Iran, using the zircon U-Pb age and Sr-Nd isotopes 査読有り 国際共著 国際誌

    Hossein Azizi, Tsuyoshi Tanaka, Yoshihiro Asahara, Sun Lin Chung, Mohammad Hussein Zarrinkoub

    Journal of Geodynamics   52 巻 ( 3-4 ) 頁: 304 - 320   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.jog.2011.03.001

  80. Isotopic dating of the Khoy metamorphic complex (KMC), northwestern Iran: a significant revision of the formation age and magma source 査読有り 国際共著 国際誌

    Hossein Azizi, Sun-Lin Chung, Tsuyoshi Tanaka, Yoshihiro Asahara

    Precambrian Research   185 巻 ( 3-4 ) 頁: 87 - 94   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.precamres.2010.12.004

  81. 同位体分析による実構造物中のコンクリートの中性化進行評価の試み 査読有り

    丸山一平、浅原良浩、南雅代、吉田英一

    セメント・コンクリート論文集   64 巻   頁: 139 - 146   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 セメント協会  

    DOI: 10.14250/cement.64.139

  82. La-Ce and Sm-Nd isotopic systematics of Early Proterozoic leucogranite with tetrad REE pattern 査読有り 国際共著 国際誌

    Seung-Gu Lee, Yoshihiro Asahara, Tsuyoshi Tanaka, Nam Hoon Kim, Kun Han Kim, Keewook Yi, Akimasa Masuda, Yong Sun Song

    Chemical Geology   276 巻 ( 3-4 ) 頁: 360 - 373   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.chemgeo.2010.07.003

  83. Intermediate Water formation in the Bering Sea during glacial periods: Evidence from neodymium isotope ratios 査読有り 国際誌

    Keiji Horikawa, Yoshihiro Asahara, Koshi Yamamoto, Yusuke Okazaki

    Geology   38 巻 ( 5 ) 頁: 435 - 438   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Geological Society of America  

    DOI: 10.1130/G30225.1

  84. Rare earth element abundance, and Nd and oxygen isotope of HED meteorites 国際共著

    Seung-Gu Lee, Yoshihiro Asahara, Insoo An, Kun-Han Kim, Tsuyoshi Tanaka, Seung-Ryeol Lee, Jong Ik Lee

    Journal of the Geological Society of Korea   45 巻 ( 6 ) 頁: 607 - 614   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:朝鮮語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:The Geological Society of Korea  

  85. Initial 87Sr/86Sr ratio heterogeneity in Kamihara Tonalite, Ryoke belt, southwest Japan: Evidence from strontium isotopic analysis of apatite 査読有り 国際誌

    Tsuboi, M., Asahara, Y.

    Journal of Mineralogical and Petrological Sciences   104 巻   頁: 226 - 233   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Association of Mineralogical Sciences  

    DOI: 10.2465/jmps.080910

  86. Age and early metamorphic history of the Sambagawa belt: Lu-Hf and P-T constraints from the Western Iratsu eclogite 査読有り 国際共著 国際誌

    Endo, S., Wallis, S., Hirata, T., Anczkiewicz, R., Platt, J., Thirlwall, M., Asahara, Y.

    Journal of Metamorphic Geology   27 巻 ( 5 ) 頁: 371 - 384   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:John Wiley & Sons  

    DOI: 10.1111/j.1525-1314.2009.00821.x

  87. 関東山地東縁部,比企丘陵中新統青岩礫岩中の変成岩礫のK-Ar年代 査読有り

    新井宏嘉,高木秀雄,岩崎一郎,浅原良浩,高橋雅紀

    地質学雑誌   115 巻 ( 5 ) 頁: 223 - 241   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.115.223

  88. Geochemical and isotopic constraints on the age and origin of the Nidar Ophiolitic Complex, Ladakh, India: Implicationsfor the Neo-Tethyan subduction along the Indus suture zone 査読有り 国際共著 国際誌

    Ahmad, T., Tanaka, T., Sachan, H.K., Asahara, Y., Islam, R., and Khanna, P.P.

    Tectonophysics   451 巻 ( 1-4 ) 頁: 206 - 224   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.tecto.2007.11.049

  89. Geochemical mapping in Aichi prefecture, Japan: Its significance as a useful dataset for geological mapping 査読有り 国際誌

    Yamamoto, K., Tanaka, T., Minami, M., Mimura, K., Asahara, Y., Yoshida, H., Yogo, S., Takeuchi, M., Inayoshi, M.

    Applied Geochemistry   22 巻 ( 2 ) 頁: 306 - 319   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.apgeochem.2006.09.011

  90. Application of Sr isotopes to geochemical mapping and provenance analysis: the case of Aichi Prefecture, central Japan 査読有り 国際誌

    Asahara, Y., Ishiguro, H., Tanaka, T., Yamamoto, K., Mimura, K., Minami, M., Yoshida, H.

    Applied Geochemistry   21 巻 ( 3 ) 頁: 419 - 436   2006年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/j.apgeochem.2005.12.003

  91. Systematic variations in C, O, and Sr isotopes and elemental concentrations in Neoproterozoic carbonates in Namibia: implications for a glacial to interglacial transition 査読有り 国際誌

    Yoshioka, H., Asahara, Y., Tojo, B., Kawakami, S.

    Precambrian Research   124 巻 ( 1 ) 頁: 69 - 85   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/S0301-9268(03)00079-2

  92. Rare earth element and strontium isotopic study of seamount-type limestones in Mesozoic accretionary complex of Southern Chichibu Terrane, central Japan: Implication for incorporation process of seawater REE into limestones 査読有り 国際誌

    Tanaka, K., Miura, N., Asahara, Y., Kawabe, I.

    Geochemical Journal   37 巻 ( 2 ) 頁: 163 - 183   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Geochemical Society of Japan  

    DOI: 10.2343/geochemj.37.163

  93. ストロンチウム同位体の挙動から見た岩石の化学風化:釜石鉱山の地下水による水-岩石反応の研究 査読有り

    高木真理, 田中剛, 浅原良浩, 青木和弘, 天野健治

    地球化学   35 巻 ( 2 ) 頁: 61 - 72   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地球化学会  

    DOI: 10.14934/chikyukagaku.35.61

  94. JNdi-1: a neodymium isotopic reference in consistency with LaJolla neodymium 査読有り 国際誌

    Tanaka, T., Togashi, S., Kamioka, H., Amakawa, H., Kagami, H., Hamamoto, T., Yuhara, M., Orihashi, Y., Yoneda, S., Shimizu, H., Kunimaru, T., Takahashi, K., Yanagi, T., Nakano, T., Fujimaki, H., Shinjo, R., Asahara, Y., Tanimizu, M. and Dragusanu, C.

    Chemical Geology   168 巻 ( 3-4 ) 頁: 279 - 281   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/S0009-2541(00)00198-4

  95. 琉球列島久米島に分布する新第三系島尻層群の層序と地質年代 査読有り

    中村羊大, 亀尾浩司, 浅原良浩, 小澤智生

    地質学雑誌   105 巻 ( 11 ) 頁: 757 - 770   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地質学会  

    DOI: 10.5575/geosoc.105.757

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/geosoc1893/105/11/105_11_757/_pdf/-char/ja

  96. 87Sr/86Sr variation in north Pacific sediments : a record of the Milankovitch cycle in the past 3 million years 査読有り 国際誌

    Yoshihiro Asahara

    Earth and Planetary Science Letters   171 巻 ( 3 ) 頁: 453 - 464   1999年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/S0012-821X(99)00158-2

  97. Provenance of the Pacific sediments and process of source material transport as derived from Rb-Sr isotopic systematics 査読有り 国際誌

    Yoshihiro Asahara, Tsuyoshi Tanaka, Hikari Kamioka, Akira Nishimura and Toshitsugu Yamazaki

    Chemical Geology   158 巻 ( 3-4 ) 頁: 271 - 291   1999年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/S0009-2541(99)00056-X

  98. 愛知県豊田市北東部の領家花崗岩地域の地球化学図 査読有り

    山本鋼志、田中剛、川邊岩夫、岩森光、平原靖大、浅原良浩、金奎漢、Chris Richardson、伊藤貴盛、Cristian Dragusanu、三浦典子、青木浩、太田充恒、榊原智康、谷水雅治、水谷嘉一、宮永直澄、村山正樹、仙田量子、高柳幸央、井上裕介、川崎啓介、高木真理、根布悟志、稲吉正実

    地質学雑誌   104 巻 ( 10 ) 頁: 688 - 704   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地質学会  

    DOI: 10.5575/geosoc.104.688

  99. A variety of 143Nd/144Nd ratio among six high purity neodymium oxide reagents 査読有り

    Tanaka, T., Tanimizu, M., Asahara, Y., Yonezawa, C., Togashi, S., Kamioka, H.

    Journal of the Mass Spectrometry Society of Japan   44 巻 ( 1 ) 頁: 79 - 83   1996年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Mass Spectrometry Society of Japan  

    DOI: 10.5702/massspec.44.79

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/massspec/44/1/44_1_79/_article/-char/ja

  100. 愛知県瀬戸市周辺における河川堆積物中の元素分布と地圏環境評価の試み 査読有り

    田中剛, 川邊岩夫, 山本鋼志, 岩森光, 平原靖大, 三村耕一, 浅原良浩, 伊藤貴盛, 米澤千夏, ドラグシャヌ クリスチャン, 神田聡, 清水乙彦, 林正人, 三浦典子, 青木浩, 太田充恒, 戸上薫, 鳥海貴弘, 松村陽子, 榊原智康, 谷水雅治, 水谷嘉一, 宮永直澄, 村山正樹, 大森扶美子

    地球化学   29 巻 ( 2 ) 頁: 113 - 125   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地球化学会  

    DOI: 10.14934/chikyukagaku.29.113

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/chikyukagaku/29/2/29_KJ00007318814/_article/-char/ja/

  101. Asian continental nature 87Sr/86Sr ratios in north central Pacific sediments 査読有り 国際誌

    Asahara, Y., Tanaka, T., Kamioka, K., Nishimura, A.

    Earth and Planetary Science Letters   133 巻 ( 1-2 ) 頁: 105 - 116   1995年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    DOI: 10.1016/0012-821X(95)00048-H

  102. Origin of blueschist-facies clasts in the Mariana forearc, Western Pacific 査読有り 国際誌

    Yamamoto, K., Asahara, Y., Maekawa, H., Sugitani, K.

    Geochemical Journal   29 巻 ( 4 ) 頁: 259 - 275   1995年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Geochemical Society of Japan  

    DOI: 10.2343/geochemj.29.259

  103. α-HIBAを溶離液に用いたイオンクロマトグラフィーによる岩石中の希土類元素の分析 査読有り

    浅原良浩, 田中剛, 山本弘

    岩鉱   90 巻 ( 4 ) 頁: 103 - 108   1995年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本鉱物科学会  

    DOI: 10.2465/ganko.90.103

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/ganko/90/4/90_4_103/_article/-char/ja/

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. Orbital-Scale Paleoceanographic Response to the Indian Monsoon in the Laxmi Basin of the Eastern Arabian Sea. . In: Zhang Z., Khélifi N., Mezghani A., Heggy E. (eds) Patterns and Mechanisms of Climate, Paleoclimate and Paleoenvironmental Changes from Low-Latitude Regions. Advances in Science, Technology & Innovation (IEREK Interdisciplinary Series for Sustainable Development). 国際共著

    Khim, B.K., Kim, J.E., Horikawa, K., Ikehara, M., Asahara, Y., Lee, J.M.( 担当: 分担執筆)

    Springer  2019年1月  ( ISBN:978-3-030-01599-2

     詳細を見る

    総ページ数:188   記述言語:英語 著書種別:学術書

  2. 地球環境学マニュアル2 −はかる・みせる・読みとく− 3.7章「地球化学図の作り方」

    浅原良浩( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2014年1月  ( ISBN:4254180462

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  3. 環境学研究ソースブックー伊勢湾流域圏の視点から1-6章「地球化学図」

    田中剛、山本鋼志、南雅代、三村耕一、浅原良浩、吉田英一、稲吉正実( 担当: 共著)

    藤原書店  2005年12月  ( ISBN:4-89434-492-0

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

MISC 27

  1. 球状コンクリーションのSr同位体比による地質年代決定とその意義 招待有り

    吉田英一,浅原良浩  

    Isotope News765 巻   頁: 6 - 9   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:公益社団法人日本アイソトープ協会  

    その他リンク: https://www.jrias.or.jp/books/pdf/201910_RIYOGIJUTSU_YOSHIDA_HOKA.pdf

  2. 西アジアの古環境復元に向けて –イラン北西部のザグロス山脈に分布する石灰質化学沈殿岩の現地調査報告–

    淺原良浩, 南雅代, ラズーリ ハディ, アジジ ホセイン  

    科研費新学術領域研究(研究領域提案型)都市文明の本質:古代西アジアにおける都市の発生と変容の学際研究1 研究成果報告2018年度   頁: 143 - 148   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    その他リンク: http://rcwasia.hass.tsukuba.ac.jp/city/assets/img/Annual_volume_2018.pdf

  3. 清武・田野に分布する宮崎層群コンクリーション

    赤崎広志, 落合文登, 吉田英一, 浅原良浩  

    宮崎の自然と環境3 巻   頁: 60 - 64   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  4. 南大東島のサンゴ礁発達史

    島津崇, 八木正彦, 淺原良浩, 島田純, 松田浩貴  

    月刊地球 37 巻 ( 12 ) 頁: 514 - 520   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:海洋出版株式会社  

  5. 氷上花崗岩再訪:大野型のRb-Sr年代の再測定 国際共著

    淺原良浩, 柴田 賢, 鈴木和博, アブドゥルザーラ イマド カディム  

    名古屋大学年代測定研究2 巻   頁: 57 - 60   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部  

  6. 松山-ブルン地磁気逆転期とテクタイト衝撃形成期の年代比較 国際共著

    浅原良浩, Lee, Seung-Gu, 南雅代, Choi, Jisu, 長尾敬介, 田中剛  

    名古屋大学年代測定研究1 巻   頁: 72 - 77   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究部  

  7. 南部北上帯,氷上花崗岩と大野層のCHIMEモナザイト年代

    鈴木和博, 柴田賢, 浅原良浩, アブドゥルザーラ イマド カディム  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書(XXVII)-名古屋大学年代測定総合研究センター27 巻   頁: 46-51   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  8. ザグロス造山帯の火成作用と大陸地殻進化 –放射壊変系同位体を利用した火成活動時期とマグマ源の推定– 招待有り

    淺原良浩  

    科学研究費補助金「新学術領域研究(研究領域提案型)」現代文明の基層としての古代西アジア文明 –文明の衝突論を克服するために– ニュースレター ( 3 ) 頁: 20-22   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  9. 北海道利尻島の泥炭地に飛来する鉛の供給源の変遷

    河野麻希子, 谷水雅治, 浅原良浩, 南雅代, 細野高啓, 中村俊夫  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書(XXIII)-名古屋大学年代測定総合研究センター23 巻   頁: 138-148   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  10. 炭素・酸素同位体分析による実構造物中のコンクリート中性化進行評価

    淺原良浩、南雅代、丸山一平、吉田英一  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書(XXII)-名古屋大学年代測定総合研究センター22 巻   頁: 140-151   2011年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  11. 放射性炭素を用いたコンクリートの中性化時期の推定

    浅原良浩、南雅代、丸山一平、吉田英一、田中剛  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書(XXI)-名古屋大学年代測定総合研究センター21 巻   頁: 53-60   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  12. 地圏環境における元素分布・循環の研究(IV) -同位体希釈放射化分析による白金族元素とレニウムの高確度定量-

    武田匡樹, 田中剛, 南雅代, 浅原良浩, 鈴木和博, 林和樹, 田中浩史  

    平成21年度原子力機構施設利用総合共同研究成果報告集(東京大学大学院工学系研究科原子力専攻)   頁: 57-71   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  13. 地圏環境における元素分布・循環の研究(III) -ヒ素とクロム-

    伊藤知子, 田中剛, 南雅代, 山本鋼志, 浅原良浩, 三村耕一, 竹内誠, 柴田信之介, 小島久  

    平成18年度原子力機構施設利用総合共同研究成果報告集(東京大学大学院工学系研究科原子力専攻)   頁: 4.1.2   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  14. Database of geochemical mapping of the northeastern areas of Aichi Prefecture, central Japan - XRF major element data of stream sediments collected in 1994 to 2004 - 査読有り

    Minami, M., Tanaka, T., Yamamoto, K., Mimura, K., Asahara, Y., Takeuchi, M., Yoshida, H., Yogo, S.  

    The Journal of Earth and Planetary Sciences Nagoya University52 巻   頁: 25 - 67   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   出版者・発行元:Dept. of Earth and Planetary Sciences, Nagoya University  

    DOI: 10.18999/joueps.52.25

    その他リンク: https://nagoya.repo.nii.ac.jp/records/6033#.YH1oDi_APUI

  15. Basic physical properties of sediment cores collected in the Chilean marginal area and Magellan Strait during leg.3 of cruise MR03-K04 国際共著

    Harada, N., Ahagon, N., Lange, C.B., Asahara, Y., Pantoja, S., Marchant, M., Mishima, T. Kanke, H., Tapia, R.I., Sepulueda, J., Santis, A.J.A., Katsuki, K., Matsuura, Y., Sato, Y., Maeda, R., Ueno, T., Tokunaga, W., Kimura, R., Nagahama, N.  

    JAMSTEC Report of Research and Development2 巻   頁: 13 - 27   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   出版者・発行元:Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology  

    DOI: 10.5918/jamstecr.2.13

  16. Rare earth element and Sr isotopic study of the Middle Permian limestone-dolostone sequence in Kuzuu area, central Japan: Seawater tetrad effect and Sr isotopic signatures of seamount-type carbonate rocks 査読有り

    Miura, N., Asahara, Y., Kawabe, I.  

    The Journal of Earth and Planetary Sciences Nagoya University51 巻   頁: 11 - 35   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   出版者・発行元:Dept. of Earth and Planetary Sciences, Nagoya University  

    DOI: 10.18999/joueps.51.11

    その他リンク: https://nagoya.repo.nii.ac.jp/records/6023#.YH1pjy_APUI

  17. 地圏環境における元素分布・循環の研究 -多試料多元素分析による愛知県東部の地圏化学環境評価の試み-

    田中剛、南雅代、山本鋼志、浅原良浩、三村耕一、仙田量子、 柴田信之介、武邊勝道、田中万也、林隆正、小島久  

    平成15年度原研施設利用共同研究成果報告書(東京大学原子力研究総合センター)   頁: 32-40   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  18. 地球化学図による地圏環境評価手法の確立

    田中剛, 山本鋼志, 淺原良浩  

    岩谷直治記念財団研究報告書24 巻   頁: 43-45   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  19. 地学野外実習としての地球化学図作成

    田中剛, 川邊岩夫, 山本鋼志, 三村耕一, 淺原良浩, 南雅代  

    地質ニュース558 巻 ( 2 ) 頁: 41-47   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  20. 地球化学図作成を目的とする河川堆積物の多試料多元素分析(2)-海洋堆積物のPorcellanite化作用に伴う化学元素の分別

    武邊勝道、山本鋼志、田中剛、浅原良浩、三村耕一、谷水雅治、近藤正史、柴田信之介  

    平成11年度立教大学原子炉利用共同研究成果報告書(東京大学原子力研究総合センター)   頁: 32-40   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  21. 地球化学図による地圏環境評価のこころみ 査読有り

    田中剛, 川邊岩夫, 山本鋼志, 平原靖大, 浅原良浩, 劉永忠, ドラグシャヌ クリスチアン, 伊藤貴盛, 三浦典子, 太田充恒, 高橋浩, 谷水雅治, 仙田量子, 高柳幸央, 高木真理, 大西郁子, 加地拓哉, 倉田有里子, 高間智宏, 田中万也, 満田章子  

    名古屋大学古川総合研究資料館報告14 巻   頁: 125-133   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  22. Geochemical mapping of the northern area of Toyoda City, Aichi Prefecture, Central Japan : Distinct chemical characteristics of stream sediments between granitic and sedimentary rock areas 査読有り

    Tanaka, T., Kawabe, I., Yamamoto, K., Iwamori, H., Hirahara, Y., Mimura, K., Asahara, Y., Minami, M., Ito, T., Dragusanu, C., Miura, N., Aoki, H., Ohta, A., Togami, K., Toriumi, T., Matsumura, Y., Sakakibara, T., Tanimizu, M., Mizutani, Y., Miyanaga, N., Murayama, M., Takayanagi, Y.  

    The Journal of Earth and Planetary Sciences Nagoya University43 巻   頁: 27 - 47   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   出版者・発行元:Dept. of Earth and Planetary Sciences, Nagoya University  

    DOI: 10.18999/joueps.43.27

    その他リンク: https://nagoya.repo.nii.ac.jp/records/1419#.YH1rui_APUI

  23. Cyclical variations of 87Sr/86Sr ratio in the north central Pacific sediment during the Quaternary

    Asahara, Y., Tanaka, T., Kamioka, H., Nishimura, A.  

    Todai International Symposium on Cosmochronology and Isotope Geoscience   頁: 78 - 81   1996年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  24. Geochemical survey of the Sanage-yama area in Aichi Prefecture for enviromental assessment 査読有り

    Tanaka, T., Kawabe, I., Hirahara, Y., Iwamori, H., Mimura, K., Sugisaki, R., Asahara, Y., Ito, T., Yarai, H., Yonezawa, C., Kanda, S., Shimizu, O., Hayashi, M., Miura, N., Mutoh, K., Ohta, A., Sugimura, K., Togami, K., Toriumi, T., Matsumura, Y.  

    The Journal of Earth and Planetary Sciences Nagoya University41 巻   頁: 1 - 31   1994年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   出版者・発行元:Dept. of Earth and Planetary Sciences, Nagoya University  

    DOI: 10.18999/joueps.41.1

    その他リンク: https://nagoya.repo.nii.ac.jp/records/1407#.YH1sUC_APUI

  25. Continental nature of 87Sr/86Sr ratios in the north central Pacific sediments

    Asahara, Y., Tanaka, T., Kamioka, H. and Nishimura, A.  

    U. S. Geological Survey Circular1107 巻   頁: 14   1994年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  26. Desert is a potential sink of CO2: isotopic evidence

    Tanaka, T., Inayama, E. and Asahara, Y.  

    U.S. Geological Survey Circular1107 巻   頁: 315   1994年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  27. 砂漠による二酸化炭素固定について-炭酸塩中の14C/13C比に基づく論証-

    稲山栄治, 浅原良浩, 田中 剛  

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書(V)-名古屋大学年代測定資料研究センター5 巻   頁: 184-188   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

講演・口頭発表等 185

  1. Radiocarbon ages and geochemical record for a travertine hill in NW Iran 国際共著

    Zhang, Y.B., Asahara, Y., Minami, M., Kaneko, M., Amin-Rasouli, H., Azizi, H.

    The 32nd Symposium on Chronological Studies at the Division for Chronological Research, Institute for Space-Earth Environmental Research Nagoya University in 2020  2021年3月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:virtual meeting (Nagoya University)   国名:日本国  

  2. イラン北西部のトラバーチン湧水中のヒ素の起源解析 国際共著

    金子将己, 淺原良浩, 南雅代, 栗田直幸, Hossein Azizi, Hadi Amin-Rasouli, 張玉博

    2020年度名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン(名古屋大学)   国名:日本国  

  3. Paleoenvironmental reconstruction of northwest Iran based on 14C age and chemical compositions of travertines 国際共著

    Zhang, Y.B., Asahara, Y., Minami, M., Kaneko, M., Amin-Rasouli, H., Azizi, H.

    Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:virtual meeting   国名:日本国  

    CiNii Article

  4. 鉛同位体比を用いた大阪湾堆積物中の鉛の起源解明

    伊藤健太, 淺原良浩, 山本鋼志

    日本地球化学会第67回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

    CiNii Article

  5. Sr,Nd同位体比と微量元素組成を指標とした西部北太平洋亜寒帯の沈降粒子中の陸源砕屑物の供給源解析

    宇佐見直也,淺原良浩,長島佳菜,藤木徹一

    日本地球化学会第67回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

    CiNii Article

  6. イラン北西部のトラバーチン湧水の同位体地球化学的評価 国際共著

    金子将己, 淺原良浩, 南雅代, 栗田直幸, Hossein Azizi, Hadi Amin-Rasouli, 張玉博

    日本地球化学会第67回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

    CiNii Article

  7. Sr同位体比による炭酸塩コンクリーションの年代決定 国際共著

    淺原良浩, 吉田英一, 山本鋼志, 勝田長貴, 南雅代, Metcalfe, Richard

    日本地球化学会第67回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

    CiNii Article

  8. Highly metasomatised mantle as the main sources of Paleogene volcanism in the Saveh area, central Iran 国際共著

    Nouri, F., Azizi, H., Asahara, Y., Stern, R.

    Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:virtual meeting   国名:日本国  

    CiNii Article

  9. Genesis of the phlogopite pegmatite in the Ghareh Bagh area, northwest Iran, using the apatite chemistry 国際共著

    Daneshvar, N., Azizi, H., Asahara, Y., Tsuboi, M., Hosseini, M.

    Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:virtual meeting   国名:日本国  

    CiNii Article

  10. Geochemistry and geodynamic of the Early Cretaceous granitoid, northern Sanadaj-Sirjan Zone, NW Iran 国際共著

    Gholipour, S., Azizi, H., Masoudi, F., Asahara, Y., Tsuboi, M.

    Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:virtual meeting   国名:日本国  

    CiNii Article

  11. ICP-MSを用いたカンラン石中の微量元素の定量分析

    小坂由紀子, 加藤丈典, 道林克禎, 纐纈佑衣, 淺原良浩

    日本地球化学会第67回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

    CiNii Article

  12. Carbon and oxygen isotopes and 14C age of travertine and spring water in NW Iran 国際共著 国際会議

    Zhang, Y.B., Asahara, Y., Kaneko, M., Minami, M., Amin-Rasouli, H., Azizi, H.

    JpGU-AGU Joint Meeting 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:virtual meeting   国名:日本国  

  13. Geochemical and isotopic constraints on origin of the Cenozoic granitoid bodies in the Zagros orogen, NW Iran 国際共著

    2019年度質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道登別市   国名:日本国  

  14. インドネシア共和国東ジャワRMKインバージョン帯における広域テクトニクスと炭酸塩ビルドアップ&ショールの発達について

    八木正彦, 島津崇, 一丸裕二, 松丸国照, 淺原良浩

    日本地質学会第126年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. Sr, Nd同位体を用いた西部北太平洋亜寒帯の沈降粒子の起源解析

    宇佐見 直也, 淺原 良浩, 長島 佳菜, 藤木 徹一

    日本地球化学会第66回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    <p>西部北太平洋亜寒帯は, 鉄の不足によって生物生産が制限されている高栄養塩・低クロロフィル(HNLC)海域として知られており, 同海域に供給される鉄の起源には強い関心が寄せられている. この海域への鉄の供給源として, アジア大陸からの風成塵や島弧の火山性物質などが考えられているが, それぞれからの供給割合についての定量的評価は不十分である. この海域へ供給される陸源物質の定量的評価を目指し, 本研究では, SrとNdの放射壊変起源同位体を指標として, この海域の沈降粒子中の陸源砕屑物の供給源解析を試みた. 同位体分析の結果から, この海域の陸源砕屑物はアジア大陸からの風成塵とアムール川由来の陸源物質, 千島・アリューシャン列島の火山性砕屑物の3成分によって構成されており, 特に火山性物質の寄与が大きいことが明らかになった. また, 同位体組成には季節変化が見られ, 砕屑物の供給量の季節変化が示唆された.</p>

    DOI: 10.14862/geochemproc.66.0_75

    CiNii Article

  16. 14C ages and chemical compositions of travertines in northwest Iran: An attempt on paleoenvironmental reconstruction in west Asia 国際共著

    張 玉博, 淺原 良浩, 南 雅代, ラズーリ ハディ, アジジ ホセイン

    日本地球化学会第66回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学本郷キャンパス   国名:日本国  

    <p>Travertine is calcium carbonate precipitated from spring water, groundwater and so on and is widely distributed in northwest Iran. In this study, we first determine the formation age and then reveal the origin and formation process of the Iranian travertine by a multi-proxy geochemical analysis to evaluate a potential of the travertine deposits for paleoclimatic and paleoenvironmental implications. </p>

    DOI: 10.14862/geochemproc.66.0_99

    CiNii Article

  17. イラン・ザンジャン州の磁鉄鉱-燐灰石鉱床の鉱石および母岩の化学組成とSr-Nd-Fe 同位体組成

    淺原良浩

    科研費新学術領域研究(研究領域提案型)「都市文明の本質:西アジアにおける都市の発生と変容の学際研究」B01-計画研究04 第2回研究会「古代西アジアをめぐる水と土と都市の相生・相克と 都市鉱山の起源」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. 球状炭酸塩コンクリーションの形成条件とその応用

    吉田英一, 淺原良浩, 大路樹生

    日本古生物学会2019年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡大学   国名:日本国  

  19. Age determination of spherical carbonate concretions by Sr isotope stratigraphy

    淺原良浩, 吉田英一, 山本鋼志, 勝田長貴, 南雅代, メトカルフェ リチャード

    日本地球惑星科学連合2019年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ (千葉)   国名:日本国  

  20. Zircon U-Pb dating and geochemical study on Cenozoic granitoids in the northern Sanandaj-Sijan Zone, Zagros Orogen, NW Iran

    Rezaei, F., Azizi, H., Asahara, Y., Yamamoto, K.

    2018年度名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月 - 2019年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学(名古屋)   国名:日本国  

  21. Land-sea interaction and Indian monsoon in the Mahanadi Basin of the Bay of Bengal (IODP Site U1445) during the last 200 ka 国際会議

    Jongmin Lee, Boo-Keun Khim, Sunghan Kim, Minoru Ikehara, Keiji Horikawa, Yoshihiro Asahara, Hyen Goo Cho, Hyojin Koo

    AGU Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Washington D.C., USA   国名:アメリカ合衆国  

  22. 伊豆半島の石灰岩岩相と年代に係る新知見

    八木正彦, 松丸国照, 淺原良浩

    日本地質学会第125回学術大会(つくば特別大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:産業技術総合研究所つくば本部(つくば市)   国名:日本国  

  23. Chemical characterization of B-Tm tephra (Millennium Eruption, Changbaishan volcano) of the lacustrine sediment core using XRF, ICP-MS, and LA-ICP-MS 国際会議

    Nara, F.W., Yokoyama, T., Yamasaki, S., Minami, M., Asahara, Y., Watanabe, T., Yamada, K., Tsuchiya, N., Yasuda, Y.

    3rd Korea-Japan Joint Workshop on Isotope-Ratio Mass Spectrometry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Young Hotel (Daejeon, Korea)   国名:大韓民国  

  24. Strontium and neodymium isotopic constraints on the origin of IOA deposit in Zanjan, Iran 国際会議

    Asahara, Y., Mano, K., Tsuboi, M., Azizi, H., Shin, K.C., Lee, S.G.

    3rd Korea-Japan Joint Workshop on Isotope-Ratio Mass Spectrometry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Young Hotel (Daejeon, Korea)   国名:大韓民国  

  25. 中期中新世洪水玄武岩の風化による大気中CO2濃度の低下イベント:ODP1120コアのネオジム同位体比変動

    堀川 恵司, Boo-Keun Khim, 淺原 良浩, 関 宰

    日本地球化学会第65回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:琉球大学 (沖縄県)   国名:日本国  

    本研究では,ニュージーランド南東沖合いODPサイト1120で採取されたコア試料を対象として,魚歯/骨片化石のネオジム同位体比,浮遊性有孔虫殻のMg/Ca・Ba/Ca・酸素同位体比,およびアルケノン水温の分析を行い,中期中新世温暖期の終焉に見られる大気中CO2濃度の低下および全球的な寒冷化が,15–16Ma頃に噴出した洪水玄武岩の風化によって引き起こされた現象であるかを検証した。

    DOI: 10.14862/geochemproc.65.0_19

    CiNii Article

  26. イラン・ザンジャン州の磁鉄鉱-燐灰石鉱床の鉱石および母岩の化学組成とSr-Nd-Fe同位体組成

    眞野 航大, 淺原 良浩, 壷井 基裕, アジジ ホセイン, 申 基澈, 李 承求

    日本地球化学会第65回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:琉球大学 (沖縄県)   国名:日本国  

    IOA(Iron Oxide Apatite)鉱床は,IOCG(Iron Oxide Copper Gold)鉱床の端成分として経済的,探査的に注目されているが,希土類元素(REE)の鉱化作用を伴う点でもその資源的価値は高い.IOA鉱床の中でも,スウェーデン北部のキルナ地域に代表される,非鉄金属含有量の少ないものはキルナ型鉱床として分類されている.キルナ型鉱床の成因については,天水起源の熱水作用,マグマ熱水,不混和現象などが考えられているが,現在も議論が続いている.本研究では,鉱石と鉱床母岩について,Sr,Nd,Fe同位体とREEを含む微量元素存在度を対比することにより,キルナ型鉱床の磁鉄鉱・燐灰石の起源物質と形成過程の解明を目指した.

    DOI: 10.14862/geochemproc.65.0_117

    CiNii Article

  27. Geochemical constraints on Cenozoic granitoid magmatism in the northern Sanandaj-Sijan Zone, Zagros Orogen, NW Iran

    Rezaei, F., Azizi, H., Asahara, Y., Yamamoto, K.

    日本地球化学会第65回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:琉球大学 (沖縄)   国名:日本国  

  28. 球状炭酸塩および鉄コンクリーションの形成プロセス

    吉田英一, 山本鋼志, 長谷川精, 勝田長貴, 城野信一, 丸山 一平, 南雅代, 浅原良浩, 山口靖, 西本昌司, Ichinnorov, Niiden, Metcalfe, Richard

    日本地球惑星科学連合2018年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ (千葉)   国名:日本国  

  29. Sr-Nd-Fe isotopic constraints on the origin of Kiruna-type deposit in Zanjan, NW Iran

    淺原良浩, 眞野航大, 壷井基裕, アジジ ホセイン, SHIN, Ki-Cheol, 李承求

    日本地球惑星科学連合2018年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ (千葉)   国名:日本国  

  30. Geochemical and Sr-Nd isotopic constraints on origin of the Marivan granitoid body, northwest Iran

    Rezaei, F., Azizi, H., Asahara, Y., Yamamoto, K.

    日本地球惑星科学連合2018年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ (千葉)   国名:日本国  

  31. Mid-Miocene Nd isotope record from ODP 1120: Flood basalt weathering induced pCO2 drop?

    堀川恵司, Khim, Boo-Keun, 浅原良浩

    日本地球惑星科学連合2018年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ (千葉)   国名:日本国  

  32. 地球の鉄コンクリーションの形成メカニズムから読み解く火星の表層環境史

    長谷川精, 吉田英一, 勝田長貴, 城野信一, 丸山一平, 南雅代, 淺原良浩, 西本昌司, 山口靖, Ichinnorov, Niiden, Metcalfe, Richard

    日本地球惑星科学連合2018年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ (千葉)   国名:日本国  

  33. 伊豆半島の石灰岩の岩相と年代

    八木正彦, 松丸国照, 淺原良浩

    日本堆積学会 炭酸塩コロキウム2018 in 天草 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:天草市 熊本大学研修センター   国名:日本国  

  34. キルナ型鉱床の成因に関するSr-Nd-Fe同位体組成からの制約

    眞野航大, 淺原良浩, 壷井基裕, Azizi, H., 申 基澈, Lee, S.G.

    2017年度名古屋大学宇宙地球環境研究所年代測定研究シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  35. イラン・ザンジャン地域のキルナ型鉱床のSr-Nd-Fe同位体分析

    眞野航大, 淺原良浩, 壷井基裕, AZIZI, H., 申基澈

    第7回 同位体環境学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:総合地球環境学研究所 講演室   国名:日本国  

  36. An isotopic study of mafic microgranular enclaves in the Katsuragi adakitic tonalite, southwestern Japan 国際会議

    Naoki Tezuka, Motohiro Tsuboi, Yoshihiro Asahara

    AGU Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  37. Sediment provenance in the Laxmi Basin of the Arabian Sea during the last 800 kyrs 国際会議

    Boo-Keun Khim, Keiji Horikawa, Yoshihiro Asahara, Ji-Eun Kim, Minoru Ikehara, Jongmin Lee

    AGU Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  38. 魚歯/骨片化石のネオジム同位体比から推察した日本海の開閉史:北海道・東北本州弧のテクトニクスとの関連性

    小坂 由紀子, 堀川 恵司, 淺原 良浩

    日本地質学会第124年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2017.0_048

    CiNii Article

  39. イラン・ザンジャン州のキルナ型鉱床の岩石学的、地球化学的特徴

    眞野 航大, 淺原 良浩, 壷井 基裕, Azizi Hossein, 申 基澈

    日本地球化学会第64回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京工業大学  

    IOA (Iron Oxide Apatite) 鉱床はIOCG (Iron Oxide Copper Gold) 鉱床の端成分として認識されており,その中でも,スウェーデン北部のキルナ地域に代表される,非鉄金属含有量の少ないものをキルナ型鉱床として表している.IOA鉱床は良質な鉄を産出する傍ら希土類元素の鉱化作用を伴うことがあるため,その資源的価値が高い鉱床である.キルナ型鉱床の成因は議論が続いており,天水や熱水による交代作用,マグマ熱水,不混和現象などが考えられている.また,IOA鉱床はIOCG鉱床との関係性からCuやAuの鉱化作用を周辺に伴うと考えられ,経済的,探査的に注目されており,その成因を明らかにする意義は大きい.本研究では,Sr,Nd,Feなどの同位体やREEパターンを用いてキルナ型鉱床の成因の解明に取り組んだ.

    DOI: 10.14862/geochemproc.64.0_24

    CiNii Article

  40. イラン クルディスタン大学 地球科学教室の博士課程設置に向けた英文教科書寄贈報告

    田中 剛, 淺原 良浩, 南 雅代

    日本地球化学会第64回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京工業大学   国名:日本国  

    クルディスタン大学はイラン北西部サナンダジュ市にある国立の総合大学である。数学の研究と教員養成から発展した大学では、沙漠環境や乾燥地バイオを含む農学部や天然資源学部など多様な研究と教育が進められている。基礎理学部に属する地球科学科の研究と教育は、同位体を用いた岩石学や炭酸塩地球化学を中心としている。演者らは、使用済み英文教科書のご寄贈をお願いした。その結果、全国各地から180冊を越える教科書をお送り頂いた。第1陣は平成29年3月末にイランに発送し、7月に第2陣を予定している。

    DOI: 10.14862/geochemproc.64.0_124

    CiNii Article

  41. 北極海カナダ海盆を沈降する陸源砕屑粒子のSr-Nd 同位体組成:表層と深層の粒子の類似性と相違性

    淺原 良浩, 竹内 晟也, 原田 尚美, 小野寺 丈尚太郎, 長島 佳菜

    2017年度日本地球化学会第64回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京工業大学   国名:日本国  

    北極海カナダ海盆西部域は、北太平洋からの陸源物質流入口であるベーリング海峡に近接し、北極海全体の物質循環を把握する上で重要な海域のひとつである。カナダ海盆西部域におけるセディメントトラップを用いた係留観測では、沈降粒子の60~80%がアルミノ珪酸塩砕屑粒子であること、夏季だけでなく極夜が始まる11月頃に沈降粒子フラックスが高いこと、フラックスの季節変化は表層・深層ともに類似していることが明らかになっている。本研究では、カナダ海盆西部の表層と深層で採取された沈降粒子について、アルミノ珪酸塩砕屑粒子のSr、Nd同位体比、希土類元素を含む微量元素の存在度を指標とし、アルミノ珪酸塩砕屑粒子の起源・供給量・運搬プロセスおよびそれらの季節変動要因について検討した。

    DOI: 10.14862/geochemproc.64.0_93

    CiNii Article

  42. Sr同位体およびREEパターンを用いたキルナ型鉱床の成因の考察

    眞野航大, 淺原良浩, 壷井基裕, Azizi, H.

    2017年度資源地質学会年会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  43. アラビア湾南岸に分布する上部ジュラ系~下部白亜系炭酸塩岩の統合化学層序

    矢野元康, 高柳栄子, 石田圭四郎, 山本鋼志, 淺原良浩, 佐藤時幸, 井龍康文

    石油技術協会 平成29年度春季講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立オリンピック記念青少年総合センター   国名:日本国  

  44. アラビア湾南岸に分布する下部白亜系炭酸塩岩の堆積環境および年代

    高柳栄子, 矢野元康, 石田圭四郎, 淺原良浩, 山本鋼志, 佐藤時幸, 井龍康文

    石油技術協会 平成29年度春季講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立オリンピック記念青少年総合センター   国名:日本国  

  45. 北極海チュクチ海陸棚域からカナダ海盆に運び出される粒子態鉄 ー鉄とネオジム同位体による起源解析ー

    淺原良浩, 竹内晟也, 安田友紀, 原田尚美, 小野寺丈尚太郎, 長島佳菜, 申基澈

    第6回 同位体環境学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:総合地球環境学研究所 講演室   国名:日本国  

  46. Rb-Sr, Sm-Nd whole rock and mineral isochrons for Ebrahim Attar granite (NW Iran) 国際会議

    Mohammadi, K., Azizi, H., Asahara, Y., Tsuboi, M., Daneshvar, N., Mehrabi, B.

    2016 Iran-Japan Joint International Workshop on Isotope Geology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:University of Kurdistan (Sanandaj, Iran)   国名:イラン・イスラム共和国  

  47. New ages for Panjeh complex, southwest Ghorveh (NW Iran) 国際会議

    Hassannejhad, S., Azizi, Hossein, Asahara, Y.

    2016 Iran-Japan Joint International Workshop on Isotope Geology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:University of Kurdistan (Sanandaj, Iran)   国名:イラン・イスラム共和国  

  48. Petrogenesis of magnetite-apatite deposit in Zanjan, NW Iran, using Sr and Nd isotopes and REE pattern 国際会議

    Mano, K., Asahara, Y., Tsuboi, M., Azizi, H.

    2016 Iran-Japan Joint International Workshop on Isotope Geology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:University of Kurdistan (Sanandaj, Iran)   国名:イラン・イスラム共和国  

  49. Zircon U-Pb dating for Paleozoic granite in southeast Saqqez (NW Iran) 国際会議

    Kazemi, T., Azizi, Hossein, Asahara, Y.

    2016 Iran-Japan Joint International Workshop on Isotope Geology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:University of Kurdistan (Sanandaj, Iran)   国名:イラン・イスラム共和国  

  50. Raidogenic and stable isotopes as tracers: Application to paleocenography and environmental analysis, using marine sediments in Pacific, Okhotsk Sea, Bering Sea and Arctic Sea 招待有り 国際会議

    Asahara, Y.

    2016 Iran-Japan Joint International Workshop on Isotope Geology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:University of Kurdistan (Sanandaj, Iran)   国名:イラン・イスラム共和国  

  51. Principles and applications of radiogenic isotopes 国際会議

    Asahara, Y.

    2016 Iran-Japan Joint International Workshop on Isotope Geology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:University of Kurdistan (Sanandaj, Iran)   国名:イラン・イスラム共和国  

  52. Collaborative education on "Geochemical Experiment" and "Geological Survey" for undergraduate students in Earth Science department, Nagoya University, Japan 招待有り 国際会議

    Asahara, Y., Mimura, K., Minami, M., Yamamoto, K.

    2016 Iran-Japan Joint International Workshop on Isotope Geology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:University of Kurdistan (Sanandaj, Iran)   国名:イラン・イスラム共和国  

  53. Geochemical Mapping of Sr isotopic ratio in the northeastern part of Aichi Prefecture, central Japan 国際会議

    Asahara, Y., Ishiguro, H., Tanaka, T., Yamamoto, K., Mimura, K., Minami, M., Yoshida, H.

    2016 Iran-Japan Joint International Workshop on Isotope Geology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:University of Kurdistan (Sanandaj, Iran)   国名:イラン・イスラム共和国  

  54. Sr、Nd同位体比および希土類元素組成を利用した磁鉄鉱−リン灰石鉱床の成因解析

    眞野航大・淺原良浩・壷井基裕・Azizi, Hossein

    2016年度日本地球化学会第63回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪市立大学   国名:日本国  

  55. 北極海カナダ海盆西部域に流入する陸源砕屑粒子のSr-Nd同位体比と化学組成の年変化

    竹内晟也・淺原良浩・原田尚美・小野寺丈尚太郎・長島佳菜

    2016年度日本地球化学会第63回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市立大学   国名:日本国  

  56. Magnesium and oxygen isotope composition of the Muamsa and Weolaksan granites, Okcheon belt, Korea

    Seung-Gu Lee, Insu Ahn, Yoshihiro Asahara, Tsuyoshi Tanaka, Seung Ryeol Lee

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  57. 過去100万年間のネオジム同位体比変化から推察される日本海盆・大和海盆の形成史

    小坂由紀子・堀川恵司・淺原良浩・張勁

    2016年度日本地球化学会第63回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市立大学   国名:日本国  

  58. アラビア湾南岸地域におけるバレミアン階炭酸塩岩の化学層序

    水島大輔・高柳栄子・石田圭史郎・淺原良浩・山本鋼志・佐藤時幸・井龍康文

    日本地質学会第123年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学文理学部キャンパス   国名:日本国  

  59. 大阪府南部金剛山地に分布する葛城トーナル岩中の暗色包有物の成因

    手塚直希・壷井基裕・淺原良浩

    日本地質学会第123年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:日本大学文理学部キャンパス   国名:日本国  

  60. Historical development of 138Ce/142Ce analysis and applications of La-Ce isotope systematics 国際会議

    Tanimizu, M., Asahara, Y., Tanaka, T.

    Goldschimdt Conference 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月 - 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  61. Collaborative education on "Geochemical Experiment" and "Geological Survey" for undergraduate students in Earth Science department 招待有り 国際会議

    Asahara, Y., Mimura, K., Minami, M., Yamamoto, K.

    Goldschimdt Conference 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月 - 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  62. A combined chemical and Sr-Nd isotopic study on terrigenous supply to the western Arctic Ocean 国際会議

    Takeuchi, S., Asahara, Y., Harada, N., Onodera, J., Nagashima, K.

    Goldschimdt Conference 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月 - 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  63. Coastal hydrothermal field was hot spot for biotic diversity on the Paleoarchean Earth 国際会議

    Sugitani, K., Mimura, K., Takeuchi, M., Yamaguchi, T., Suzuki, K., Senda, R., Asahara, Y., Wallis, S., Van Kranendonk, M.J.

    Goldschimdt Conference 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月 - 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  64. アラビア湾南岸に分布するバレミアン階炭酸塩岩の炭素同位体層序

    水島 大輔, 高柳 栄子, 石田 圭史郎, 浅原 良浩・山本 鋼志, 佐藤 時幸, 井龍 康文

    平成28年度 石油技術協会 春季講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田ビューホテル(秋田市)   国名:日本国  

  65. Brucite as an important phase in the mantle wedge: evidence from the Sanbagawa belt, SW Japan

    ウォリス サイモン, 遠藤俊祐, 河原弘和, 永冶方敬, 森宏, 淺原良浩

    日本地球惑星科学連合2016年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ (千葉)   国名:日本国  

  66. Sr-Nd同位体分析による海洋のアルミノ珪酸塩砕屑粒子の起源解析:アムール川からオホーツク海・西部北太平洋亜寒帯域への陸源物質の流入

    淺原良浩, 安田友紀, 市川諒, 中塚武, 南秀樹, 長尾誠也, 西岡純

    日本地球惑星科学連合2016年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ (千葉)   国名:日本国  

  67. Paleo- and modern environmental analysis based on chemical and Sr-Nd isotopic compositions of aluminosilicate detritus in the Arctic and Sub-Arctic Seas 国際会議

    Asahara, Y., Yasuda, T., Takeuchi, S., Takeuchi, F.

    The 2016 ESSAS (Ecosystem Studies of Sub-Arctic and Arctic Seas) Annual Science Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  68. 同位体分析による海洋の鉄の起源推定

    淺原良浩, 竹内晟也, 安田友紀, 原田尚美, 小野寺丈尚太郎, 長島佳菜, 申基澈

    第5回 同位体環境学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:総合地球環境学研究所 講演室   国名:日本国  

  69. 只見川古期花崗岩類の放射年代学

    若杉勇輝、谷岡裕太、壷井基裕、浅原良浩

    2015年度日本質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:滋賀県大津市   国名:日本国  

  70. 南部北上帯、氷上花崗岩と大野層の年代

    鈴木和博、柴田賢、浅原良浩、アブドゥルザーラ イマド カディム

    2015年度日本質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:滋賀県大津市   国名:日本国  

  71. DSDP296コアのSr同位体層序

    堀川恵司, 後藤葵, 浅原良浩, 岡崎裕典

    2015年度地球環境史学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学本郷キャンパス   国名:日本国  

  72. Sr、Nd同位体比と微量元素組成を用いた北極海カナダ海盆西部域の沈降粒子中の珪酸塩砕屑粒子の起源解析

    竹内晟也・淺原良浩・原田尚美・長島佳菜・小野寺丈尚太郎

    2015年度日本地球化学会第62回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜国立大学   国名:日本国  

  73. 鉄安定同位体比を用いた海洋沈降粒子中の鉄の起源解析

    淺原良浩・竹内晟也・安田友紀・原田尚美・小野寺丈尚太郎・長島佳菜・申基澈

    2015年度日本地球化学会第62回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜国立大学   国名:日本国  

  74. Petrogenesis of I- and A-type granitoid plutons in the Shalair Valley area of the Zagros Suture Zone, NE Iraq

    Kadhim, I., Hadi, A., Asahara, Y., Yamamoto, K.

    62nd Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  75. 氷上花崗岩再訪

    鈴木和博, 柴田賢, 浅原良浩, アブドゥルザーラ イマド カディム

    日本地質学会第122年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:信州大学 長野(工学)キャンパス   国名:日本国  

  76. 三波川沈み込み帯浅部マントルウェッジ中のブルース石の重要性を示す岩石学的・野外地質学的証拠

    河原弘和, 遠藤俊祐, ウォリス サイモン, 永冶方敬, 森宏, 山本鋼志, 淺原良浩

    日本地質学会第122年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:信州大学 長野(工学)キャンパス   国名:日本国  

  77. 沖縄県南大東島大東層における上部中新統〜鮮新統炭酸塩岩の堆積様式とドロマイト化作用

    島津崇, 橋本直明, 水永泰介, 松田博貴, 淺原良浩, 八木正彦

    日本地質学会第122年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:信州大学 長野(工学)キャンパス   国名:日本国  

  78. Carbonate depositional system and distribution of dolomite of a carbonate buildup - an example from the Upper Miocene to Pleistocene Daito Formation (Minami-daito-jima, southwestern Japan) 国際会議

    Shimazu, T, Matsuda, H., Asahara, Y., Yagi, M.

    15th Bathurst Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  79. Reconsideration of serpentinite in the shallow wedge mantle -Importance of brucite-

    Kawahara, H., Endo, S., Wallis, S., Nagaya, T., Mori, H., Yamamoto, K., Asahara, Y.

    Japan Geoscience Union Meeting 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  80. 北極海の沈降粒子中の鉄の安定同位体比とSr、Ndの放射壊変起源同位体比

    淺原良浩・竹内晟也・安田友紀・原田尚美・長島佳菜・小野寺丈尚太郎・申基澈

    日本海洋学会2015年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京海洋大学品川キャンパス   国名:日本国  

  81. Sr、Nd同位体と希土類元素組成を用いた北極海カナダ海盆西部域の珪酸塩砕屑粒子の起源および季節変動の解析

    竹内晟也・淺原良浩・原田尚美・長島佳菜・小野寺丈尚太郎

    日本海洋学会2015年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京海洋大学品川キャンパス   国名:日本国  

  82. 鉄同位体を利用した古海洋環境復元の試み

    田中啓, 安田友紀, 鈴木和博, 久保貴志, 申基澈, 高柳栄子, 井龍康文, 淺原良浩

    第4回 同位体環境学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:総合地球環境学研究所 講演室   国名:日本国  

  83. 北極海カナダ海盆西部域の沈降粒子の鉄同位体分析

    竹内晟也, 安田友紀, 原田尚美, 長島佳菜, 小野寺丈尚太郎, 申基澈, 淺原良浩

    第4回 同位体環境学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:総合地球環境学研究所 講演室   国名:日本国  

  84. 西南日本内帯 東部因美迸入岩類の花崗岩類のSr, Nd同位体組成

    佐藤桂, 亀井淳志, 南雅代, 淺原良浩, 加藤丈典

    日本鉱物科学会 2014年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本大学   国名:日本国  

  85. Sr、Nd同位体比と化学組成から読み解くオホーツク海北西陸棚域におけるアムール川起源砕屑物の分布と輸送過程

    安田友紀, 淺原良浩, 市川諒, 中塚武, 西岡純, 南秀樹, 長尾誠也

    2014年度 日本地球化学会第61回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  86. 前期太古代の浅海域〜陸域(?)における熱水活動と生物多様性

    杉谷健一郎, 三村耕一, 山口能央, 竹内誠, 浅原良浩, 仙田量子, 鈴木勝彦

    2014年度 日本地球化学会第61回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  87. Magmatic evidence for the Arabian plate and Biston-Avoraman block (west Iran) collision during the late Cretaceous: Sr-Nd isotopes and U-Pb ages from the acidic rocks in the Harsin area

    Nouri, F., Azizi, H., Orihashi, Y., Asahara, Y., Yamamoto, K.

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  88. Sr、Nd同位体比とREE組成を用いた北極海チュクチ海域の沈降粒子中の珪酸塩の起源および季節変動の解析

    竹内晟也, 淺原良浩, 原田尚美, 長島佳菜, 小野寺丈尚太郎

    2014年度 日本地球化学会第61回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  89. 魚歯化石のネオジム同位体比を用いた日本海底層水の起源解析

    小坂由紀子, 堀川恵司, 淺原良浩, 張勁

    2014年度 日本地球化学会第61回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  90. アラビア湾南岸地域におけるアプチアン階石油根源岩の形成要因と海洋無酸素事変(OAE1a)との関連性

    山本和幸, 石橋正敏, 高柳栄子, 浅原良浩, 佐藤時幸, 西弘嗣, 井龍康文

    日本地質学会第121年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学   国名:日本国  

  91. 福島県南西部只見川古期花崗岩類のU-PbおよびK-Ar年代

    若杉勇輝, 谷岡裕大, 壷井基裕, 淺原良浩

    日本地質学会第121年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学   国名:日本国  

  92. 西南日本内帯・因美迸入岩類の花崗岩類の記載岩石学的・地球化学的研究

    佐藤桂, 亀井淳志, 南雅代, 淺原良浩, 加藤丈典

    日本地球惑星科学連合 連合大会 2014年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月 - 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:パシフィコ横浜   国名:日本国  

  93. 鉄を通して繋がるアムール川〜オホーツク海〜西部北太平洋亜寒帯域(WSP):Fe・Nd同位体を用いた検証

    安田友紀, 浅原良浩, 市川諒, 中塚武, 西岡純, 南秀樹, 長尾誠也, 谷水雅治, 申基澈, 河野麻希子

    第3回 同位体環境学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:総合地球環境学研究所 講演室   国名:日本国  

  94. Long-distance transport of particulate iron from the Amur River to the western subarctic Pacific reinforced by the combination of Fe and Nd isotopes 国際会議

    Tomoki Yasuda, Yoshihiro Asahara, Ryo Ichikawa, Takeshi Nakatsuka, Jun Nishioka, Hideki Minami, Seiya Nagao, Masaharu Tanimizu, Kicheol Shin, Makiko Kono

    AGU Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  95. Cause of large negative Eu anomaly in the highly evolved A-type granites with REE tetrad pattern 国際会議

    Lee, S.G., Asahara, Y., Tanaka, T., Lee, M., Lee, S.R.

    AGU, Fall Meeting 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  96. オホーツク海北西陸棚域から運び出されるアムール川起源の粒子態鉄〜Fe・Nd同位体による輸送過程の検証〜

    安田友紀, 浅原良浩, 市川諒, 中塚武, 西岡純, 南秀樹, 長尾誠也, 谷水雅治, 申基澈, 河野麻希子

    2013年度 日本地球化学会第60回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学   国名:日本国  

  97. ケイ藻のデジタルアクションV 太平洋の高いeNdはケイ藻に由来する

    赤木右, 安田早希, 浅原良浩, 江本真理子, 高橋孝三

    2013年度 日本地球化学会第60回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学   国名:日本国  

  98. Paleoenviromental cyclicity and water masses changes during MIS 31 at Shackleton site (IODP U1385) 国際会議

    F.J. Jimenez-Espejo, P. Grunert, B. Martrat, D. Hodell, F. Martinez-Ruiz, J.A. Flores, Y. Asahara, F.J. Rodriguez-Tovar, T. van de Flierdt, J.O. Grimalt, M.F. Sanchez-Goni, J. Hernandez-Molina, D.A.V. Stow, C. Alvarez-Zarikian, and IODP Expedition 339 Scientists

    11th International Conference Paleoceanography 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:スペイン  

  99. Nd isotopic composition of the granites with REE tetrad pattern 国際会議

    Seung-Gu, Lee, Yoshihiro Asahara, Tsuyoshi Tanaka, Nicolas Dauphas, Seung-Ryeol Lee

    European Geosciences Union General Assembly 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストリア共和国  

  100. 実構造物中のコンクリートの中性化進行評価ー14C, delta13C, delta18O, EPMA分析から何が言えるかー

    南雅代, 浅原良浩, 丸山一平, 吉田英一

    第25回(2012年度)名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学 野依記念学術交流館   国名:日本国  

  101. ザグロス造山帯の火成作用と大陸地殻進化論

    浅原良浩

    シンポジウム「西アジアの地質とテクトニクス」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:筑波大学総合研究棟 A棟111号室   国名:日本国  

  102. アラブ首長国連邦アブダビ沖の前期アプチアン炭酸塩岩コア試 料に記録された海洋無酸素事変(OAE1a)時におけるグローバ ル炭素循環と古海洋環境変遷

    山本和幸, 石橋正敏, 高柳栄子, 浅原良浩, 佐藤時幸, 西弘嗣, 井龍康文

    日本地質学会第119年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  103. 北海道利尻島泥炭コアの14C年代と210Pb年代の差異

    河野麻希子, 南雅代, 谷水雅治, 浅原良浩, 細野高啓, 中村俊夫

    2012年度 日本地球化学会第59回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学   国名:日本国  

  104. 鉄・ネオジム同位体から探るオホーツク海における鉄の供給源と輸送過程

    安田友紀, 市川諒, 浅原良浩, 中塚武, 南秀樹, 長尾誠也, 西岡純, 谷水雅治, 申基澈, 河野麻希子

    2012年度 日本地球化学会第59回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学   国名:日本国  

  105. ザクロス山脈Sanandaj-Sirjan Zone北部のフェルシック深成岩のRb-Sr、Sm-Nd同位体分析

    清水美早, 浅原良浩, 壷井基裕, AZIZI, Hossein

    2012年度 日本地球化学会第59回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学   国名:日本国  

  106. 北海道泥炭コア試料中に記録された人為起源放出鉛の時系列供給源解析

    河野麻希子, 谷水雅治, 浅原良浩, 南雅代, 中村俊夫, 細野高啓

    第21回環境化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛県県民文化会館(ひめぎんホール)   国名:日本国  

  107. Old apparent 14C ages of a peat core from Rishiri Island, northern Japan 国際会議

    Kono, M., Minami, M., Tanimizu, M., Asahara, Y., Hosono, T., Nakamura, T.

    21st International Radiocarbon Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:フランス共和国  

  108. 石英の ESR・結晶化度分析に基づく、ユーコン川からベーリング海陸棚域へと運ばれる陸源砕屑物の評価

    長島佳菜, 浅原良浩, 豊田新, 和田知之, 知北和久, 原田 尚美

    日本地球惑星科学連合2012年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ国際会議場   国名:日本国  

  109. 北海道利尻島に大気輸送された鉛の起源の変遷

    河野麻希子, 谷水雅治, 浅原良浩, 南雅代, 細野高啓, 中村俊夫

    平成23年度高知大学海洋コア総合研究センター共同利用・共同研究成果発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高知大学 海洋コア総合研究センター   国名:日本国  

  110. 北海道利尻島泥炭湿地に飛来する鉛の供給源の変遷

    河野麻希子, 谷水雅治, 浅原良浩, 南雅代, 細野高啓, 中村俊夫

    第24回(2011年度)名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学 野依記念学術交流館   国名:日本国  

  111. Ce isotope abundance in chondritic and HED meteorites 国際会議

    Seung-Gu, Lee, Yoshihiro Asahara, Tsuyoshi Tanaka, Seung-Ryeol Lee

    American Geophysical Union, Fall Meeting 2011 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  112. Geochemistry, Sr-Nd isotopes and Ar-Ar age for adakite rocks in the northern Sanandaj-Sirjan Zone, NW Iran

    Hossein Azizi, Yoshihiro Asahara, Motohiro Tsuboi

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  113. オホーツク海陸棚堆積物の鉄の同位体分析

    淺原良浩, 市川諒, 谷水雅治, 河野麻希子, 申基澈, 南秀樹, 中塚武

    第1回同位体環境学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:総合地球環境学研究所   国名:日本国  

  114. 放射性炭素14Cによるコンクリートの中性化時期の推定

    浅原良浩, 南雅代, 丸山一平, 吉田英一

    日本地球化学会第58回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道大学札幌キャンパス   国名:日本国  

  115. Rb-Sr and Sm-Nd isotopic dating of gabbroic and granitic bodies in the Misho area, NW Iran

    M. Ahankoub, A. Jahangiri, Y. Asahara, M. Moead

    日本地球化学会第58回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学札幌キャンパス   国名:日本国  

  116. 過去5000年間に北海道利尻島に飛来した鉛の供給源解析

    河野麻希子, 淺原良浩, 谷水雅治, 南雅代, 中村俊夫, 細野高啓

    日本地球化学会第58回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道大学札幌キャンパス   国名:日本国  

  117. 北海道利尻島に飛来する鉛の供給量・供給源の変遷

    河野麻希子, 淺原良浩, 谷水雅治, 南雅代, 中村俊夫, 細野高啓

    高知大学海洋コア総合研究センター全国共同利用研究成果発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高知大学 海洋コア総合研究センター   国名:日本国  

  118. 炭素・酸素同位体分析による実構造物中のコンクリートの中性化進行評価の試み

    浅原良浩, 南雅代, 丸山一平, 吉田英一

    第23回(2010年度)名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学 野依記念学術交流館   国名:日本国  

  119. 放射性炭素を用いたコンクリート中性化の定量的解析の可能性

    南雅代、淺原良浩、吉田英一、丸山一平、武邊勝道

    2010年度日本質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  120. 大阪府北部剣尾花崗岩体におけるストロンチウム放射起源および安定同位体の挙動

    壷井基裕、木村祐美子、若木重行、淺原良浩

    日本地質学会第117年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  121. 実構造物中のコンクリートの中性化における元素移動

    南雅代, 吉田英一, 淺原良浩, 丸山一平

    日本地球化学会第57回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立正大学熊谷キャンパス   国名:日本国  

  122. 鳥羽市神島石灰岩体の堆積年代とSr同位体組成

    鈴木和博, 浅原良浩, 三村耕一, 田中剛

    日本地球化学会第57回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立正大学熊谷キャンパス   国名:日本国  

  123. La-Ce and Sm-Nd isotope geochemistry of Early Proterozoic Imweon leucogranite, Korea 国際会議

    Seung-Gu Lee, Yoshihiro Asahara, Nam Hoon Kim, Kun Han Kim, Tsuyoshi Tanaka, Akimasa Masuda, Yong Sun Song

    Goldschmidt Conference 2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  124. 放射性炭素を用いたコンクリートの中性化速度の推定

    浅原良浩, 南雅代, 丸山一平, 吉田英一, 田中剛

    第22回(2009年度)名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学 野依記念学術交流館   国名:日本国  

  125. Rb-Sr age dating from the granitic bodies in the east of Sanandaj (NW-Iran)

    Hossein Azizi, Tsuyoshi Tanaka, Yoshihiro Asahara

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  126. 放射性炭素を用いたコンクリート構造物の健全度診断法の開発

    浅原良浩, 南雅代, 丸山一平, 吉田英一, 田中剛

    2009年度日本質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:箱根高原ホテル(神奈川県足柄下郡箱根町元箱根)   国名:日本国  

    社会基盤を支えるコンクリート構造物は、その長期耐久性が期待されている一方、劣化が大きな問題ともなっている。コンクリートの主な劣化要因のうち、中性化はすべてのコンクリート構造物に関わる現象である。中性化は、コンクリートのセメント水和物と大気の二酸化炭素が反応することにより進行することから、コンクリート中の炭素の挙動は組織あるいは物理強度の変化を直接反映すると考えられる。本研究では、コンクリート中性化の進行時期の推定法として放射性炭素14Cの適用を試みた。

  127. 古代人の移動解明に向けての基礎データ -九州・四国地域の87Sr/86Sr同位体比地球化学図-

    城森由佳, 南雅代, 後藤晶子, 浅原良浩

    2009年度日本質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  128. Intermediate Water formation in the Bering Sea during glacial periods: Evidence from neodymium isotope ratios 国際会議

    Keiji Horikawa, Yoshihiro Asahara, Koshi Yamamoto, Yusuke Okazaki

    American Geophysical Union, Fall Meeting 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  129. Radiocarbon as a tool of the study for carbonation process in concrete 国際会議

    3rd East Asia Symposium on Accelerator Mass Spectrometry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  130. 放射性炭素14Cを指標とするコンクリートの定量的劣化度評価の試み

    浅原良浩, 南雅代, 丸山一平, 吉田英一, 田中剛

    日本地球化学会第56回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島大学東広島キャンパス   国名:日本国  

    社会基盤を支えるコンクリート構造物は、その長期耐久性が期待されている一方、早期劣化が大きな問題ともなっている。コンクリートの主な劣化要因のうち、中性化はすべてのコンクリート構造物に関わる現象である。中性化は、コンクリートのセメント水和物と大気の二酸化炭素が反応することにより進行することから、コンクリート中の炭素の挙動は組織あるいは物理強度の変化を直接反映すると考えられる。この組織劣化の指標として、その化学的定量性・感度から信頼性が高く、かつ反応時間の指標としても適用可能な放射性炭素14Cに着目する

  131. La-Ce and Sm-Nd isotopic systematics of Early Proterozoic leucogranite with tetrad effect

    Seung-Gu Lee, Yoshihiro Asahara, Nam Hoon Kim, Kun Han Kim, Tsuyoshi Tanaka, Akimasa Masuda, Yong Sun Song

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  132. 花崗岩中の断層・割れ目破砕形態と充填鉱物の関係およびその長期安定生評価への応用

    西本昌司, 吉田英一, 浅原良浩, 天野健治, 鶴田忠彦

    日本地球化学会第56回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島大学東広島キャンパス   国名:日本国  

  133. 愛知県東部~岐阜県南部の地球化学図と元素の分布要因についての考察

    田中剛, 山本鋼志, 南雅代, 三村耕一, 浅原良浩, 吉田英一, 竹内誠

    日本地球化学会第56回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島大学東広島キャンパス   国名:日本国  

  134. 中部地方領家帯神原トーナライトにおけるSr同位体初生値の不均質と同化作用

    壷井基裕、淺原良浩

    日本地質学会第116年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  135. Radiogenic and stable isotope systematics of strontium within a single granitic pluton 国際会議

    Goldschmidt Conference 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  136. Huge difference of 87Sr/86Sr ratios between adjacent, same-aged seamount type limestones in Japan 国際会議

    Goldschmidt Conference 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  137. 鉄マンガン水酸化物のネオジム同位体から推察される氷期ー間氷期のベーリング海における水塊構造の変化

    堀川恵司、浅原良浩、山本鋼志、岡崎裕典

    日本地球惑星科学連合2009年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  138. 同一地点で採集された河川堆積物の採集年・季節の違いによる化学組成の変動

    南雅代、田中剛、山本鋼志、三村耕一、浅原良浩、吉田英一

    日本地球惑星科学連合2009年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  139. 地球化学図による愛知県東部~岐阜県南部の元素資源と地圏化学環境評価

    田中剛、山本鋼志、南雅代、三村耕一、浅原良浩、吉田英一

    日本地球惑星科学連合2009年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  140. ベーリング海堆積物中の陸源砕屑物のSr,Nd同位体組成:過去100年間のアラスカ・シベリアの環境変動の記録

    淺原良浩、竹内ふみ、長島佳菜、原田尚美、小栗一将、多田井修、山本鋼志

    ブルーアース'09 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  141. 氷期ベーリング海中層水の形成:鉄マンガン水酸化物のNd同位体比から

    堀川恵司, 浅原良浩, 山本鋼志, 岡崎裕典, 高橋孝三

    東京大学海洋研究所共同利用研究集会 2008年度古海洋学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  142. 太平洋深海底堆積物中の鉄マンガン水酸化物のNd同位体比の時代変化

    後藤久範、浅原良浩、山本鋼志

    2008年度日本質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  143. ベーリング海堆積物のSr、Nd同位体から過去100年間の北極圏の陸域環境変動を探る

    浅原良浩、竹内ふみ、長島佳菜、原田尚美、小栗一将、多田井修、山本鋼志

    2008年度日本質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  144. ざくろ石中のLuおよびHfの分布 ‐Lu-Hf年代解釈における重要性

    遠藤俊祐、Wallis Simon、浅原良浩、平田岳史

    日本地質学会第115年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  145. Sr、Nd同位体を用いた北極圏の陸域古環境復元の試み

    浅原良浩、竹内ふみ、長島佳菜、原田尚美、小栗一将、多田井修、山本鋼志

    日本地球化学会第55回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  146. ベーリング海陸棚堆積物の粒度・ESR分析に基づく過去80年間の環境変動復元

    長島佳菜、浅原良浩、竹内ふみ、原田尚美、小栗一将、多田井修、豊田新、Rella Stephan、多田隆治

    日本地球化学会第55回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  147. 北太平洋深海底堆積物中の鉄マンガン水酸化物のNd同位体比の時代変化と深層水循環の復元

    後藤久範、浅原良浩、山本鋼志

    日本地球化学会第55回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  148. 有孔虫炭酸塩殻中のNd同位体比と希土類元素組成

    堀川恵司、浅原良浩、山本鋼志

    日本地球化学会第55回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  149. 愛知県下、北部秩父帯中の隣接する同時代の石灰岩体から得られた大きく異なるSr同位体組成

    鈴木和博、山北聡、浅原良浩、三村耕一、田中剛

    日本地球化学会第55回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  150. 九州北部・中部地域のSr同位体比分布

    後藤(桜井)晶子、南雅代、浅原良浩

    日本地球化学会第55回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  151. Environmental reconstruction in the Bering Strait region using Sr and Nd isotopes in the continental shelf sediments

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  152. Sr、Nd同位体トレーサを利用したベーリング海およびチャクチ海表層堆積物中の陸源砕屑物の起源解析

    淺原良浩、竹内ふみ

    ブルーアース'08 第11回みらいシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  153. ベーリング海周辺海域における陸源砕屑物の分布および起源の推定

    長島佳菜、竹内ふみ、淺原良浩、原田尚美、小栗一将、多田井修、豊田新、多田隆治

    ブルーアース'08 第11回みらいシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  154. ベーリング海、チュクチ海表層堆積物のSr、Nd同位体比の地域分布と過去100年間の時系列変化

    浅原良浩、竹内ふみ、長島佳菜、原田尚美、小栗一将、多田井修

    2008年度日本海洋学会春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  155. ベーリング海峡周辺海域の表層堆積物のSrおよびNd同位体組成

    竹内ふみ、浅原良浩、長島佳菜

    日本地球化学会第54回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  156. 太平洋深海底堆積物中の鉄マンガン水酸化物のNd同位体組成と深層水循環

    後藤久範、浅原良浩、柴田信之介、山本鋼志

    日本地球化学会第54回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  157. 竹(ハチク)の諸器官にみられる固体元素の存在度と安定同位体比の変化

    田中剛、若木重行、谷水雅治、浅原良浩

    日本地球化学会第54回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  158. Elemental and isotopic fractionation in some organs of bamboo 国際会議

    Tanaka, T., Wakaki, S., Tanimizu, M., Asahara, Y.

    Goldschmidt Conference 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  159. モンゴル中部ハンガイ‐ヘンテイ帯、ゴルヒ層の玄武岩化学組成について

    束田和弘, 栗原敏之, 浅原良浩, 丹羽耕輔, 常盤哲也, 丹羽正和, 大藤 茂, 柏木健司, 引地原野, 小塚隆文, Minjin Chuluun, Sersmaa Gonchigdorj, Dorjsuren Byambadash, Bunjinlkham Boiji

    日本地質学会第113年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高知大学   国名:日本国  

  160. 南大洋堆積物中の海水起源成分と陸源砕屑物のSr、Nd同位体組成

    竹内ふみ、浅原良浩

    日本地球化学会第53回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  161. Sr、Nd同位体トレーサを用いた南インド洋堆積物中の陸源砕屑粒子の供給源解析

    淺原良浩、竹内ふみ

    ブルーアース'06 第9回みらいシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  162. ハフニウムの分離抽出法および表面電離型質量分析計による同位体比分析法の検討

    渡辺慶太郎、浅原良浩

    2005年度日本質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  163. 南大洋堆積物のSr、Nd同位体比を用いた古環境復元ー逐次溶解法を用いた陸源砕屑粒子の分離の検討ー

    竹内ふみ、浅原良浩

    2005年度日本質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  164. Sr, Nd同位体による南大洋堆積物中の砕屑粒子の供給源解析

    浅原良浩, 竹内ふみ

    日本地球化学会第52回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  165. Radiometric ages and Nd-Sr isotopic compositions of granitic rocks from the Ulleungdo volcanic island, South Korea

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  166. 放射壊変起源同位体トレーサによる南半球の古環境復元

    淺原良浩、渡辺慶太郎

    ブルーアース'04 第8回みらいシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  167. Application of Sr isotope to geochemical mapping and provenance analysis: the case of Aichi Prefecture, central Japan 国際会議

    32nd International Geological Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  168. 北太平洋堆積物の放射壊変起源同位体:アジア大陸起源の風成塵供給量の変遷

    浅原良浩

    第52回質量分析総合討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  169. 地圏環境評価指標としてのSr同位体

    浅原良浩、石黒寛子、田中剛、山本鋼志、南雅代、三村耕一、吉田英一、與語節生

    日本地球化学会第50回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  170. New attempt to geochemical mapping of Sr isotope in Aichi Prefecture, central part of Japan 国際会議

    The 13th Annual V.M. Goldschmidt Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  171. 愛知県北東部のSr同位体比の分布とその規定要因

    石黒寛子、浅原良浩

    日本地球化学会第49回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  172. Hf-Nd isotopic variations of authigenic and silicate components in north Pacific sediments 国際会議

    The 12th Annual V.M. Goldschmidt Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  173. 北太平洋表層堆積物のHf-Nd同位体組成の分布

    浅原良浩、Der-Chuen Lee、Martin Frank、Tina van de Friert、Alex N. Halliday、西村昭

    日本地球化学会第48回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  174. Regional and temporal variations of 87Sr/86Sr and 143Nd/144Nd ratios in the north Pacific sediments and their significance on paleoclimatic variation in the Asian continent 国際会議

    The 10th Annual V.M. Goldschmidt Conference (Goldschmidt 2000) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  175. Rb-Sr同位体系による美濃帯鵜沼地域黒色頁岩の放射年代及びその起源

    高間智宏、浅原良浩、田中剛

    日本地球化学会第47回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  176. 愛知県中央部における河川堆積物中のSr同位体比と元素の分布

    浅原良浩、田中剛、川邊岩夫、山本鋼志、平原靖大、三村耕一、劉永忠、 伊藤貴盛、三浦典子、太田充恒、高橋浩、谷水雅治、仙田量子、高木真理、加地拓哉、近藤正史、倉田有里子、柴田信之介、高間智宏、武邊勝道、田中万也、森康則、山下瑠佳、小笠原岳大、木村理恵、山下史哲、李池敏

    日本地球化学会第46回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  177. 北太平洋堆積物のSr同位体比の地域分布と時代変化

    日本地球化学会第45回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  178. Paleoclimatic information of Sr isotopic variation in detrital sediment from the north Pacific Ocean 国際会議

    The 9th International Conference on Geochronology, Cosmochronology and Isotope Geology (ICOG-9) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  179. 深海底堆積物の精密なSr同位体比分析による古環境解析

    浅原良浩、田中剛、西村昭

    日本地球化学会第44回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  180. Rb-Sr疑似アイソクロンによる海洋堆積物の供給源の解析

    浅原良浩、田中剛、西村昭

    日本地球化学会年会1996 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  181. Cyclical variations of 87Sr/86Sr ratio in the north central Pacific sediment during the Quaternary

    Todai International Symposium on Cosmochronology and Isotope Geoscience 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  182. 北太平洋深海底堆積物コアサンプルにみられるSr同位体比変動の周期性について

    浅原良浩、田中剛、上岡晃、西村昭、山崎俊嗣

    日本地球化学会年会1995 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  183. Sr同位体からみた北太平洋深海堆積物の供給源の時間変化

    浅原良浩、田中剛、上岡晃、西村昭、山崎俊嗣

    日本地球化学会年会1994 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  184. Sr同位体からみた西太平洋深海表層堆積物の供給源

    浅原良浩、田中剛、上岡晃、西村昭、池原研、井岡昇、中塚武

    日本地球化学会年会1993 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  185. 西太平洋深海堆積物にみられるSr同位体比の空間的分布

    浅原良浩、田中剛、上岡晃、西村昭、池原研、井岡昇

    地球惑星関連学会1993年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 6

  1. イラク北東部ザクロス造山帯に産する中生代・新生代火成岩の年代学的・地球化学的・岩石学的研究

    2019年6月 - 2019年9月

    大幸財団 2019年度第28回外国人来日研究助成 

    淺原 良浩

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. U-Pb 年代測定のための新たな“若い”ジルコン標準試料の化学的均質性の評価

    2019年4月 - 2020年3月

    宇宙地球環境研究所 2019年度国際共同研究 

    淺原良浩

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. U-Pb 年代測定のための新たな“若い”ジルコン標準試料の評価に関する予察的研究

    2018年4月 - 2019年3月

    宇宙地球環境研究所 平成30年度国際共同研究 

    淺原良浩

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. イラン国内に分布するキルナ型磁鉄鉱–燐灰石(IOA)鉱床の年代測定と成因解析

    2017年4月 - 2018年3月

    宇宙地球環境研究所 平成29年度国際共同研究 

    淺原良浩

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. イラン北西部ザクロス・アルボルス山脈に産する火成岩の岩石学的・地球化学的・年代学的研究

    2012年6月 - 2012年9月

    大幸財団 平成24年度第21回外国人来日研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 放射性炭素14Cを指標とする名古屋大学校舎のコンクリートを用いた定量的劣化度評価の試み

    2008年7月 - 2009年3月

    名古屋大学総長裁量経費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 10

  1. 大陸縫合帯イランの鉱床成因解析−新しい同位体地化学探査技術の実用化− 国際共著

    研究課題/研究課題番号:17H01671  2017年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    淺原良浩, 壷井基裕, 南雅代, 堀江憲路, 山本鋼志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:37310000円 ( 直接経費:28700000円 、 間接経費:8610000円 )

    本調査研究の目的は、Rb-Sr系、Sm-Nd系などの天然の放射壊変系同位体の分析を、熱水鉱床、堆積鉱床などの多様な鉱床に適用し、得られた同位体初生値と年代値に基づいて鉱床成因解析を行うことである。具体的には、大陸縫合帯であるイラン国内における火成活動と鉱床生成の関連性を明らかにするため、ザグロス山脈北西部およびアルボルズ山脈西部を対象に現地調査を行い、鉱石、鉱床母岩、貫入火成岩などの化学分析・同位体分析を実施し、新しい同位体地化学探査の実用化を目指している。3年目は、2019年4~5月(11日間)および10月(10日間)に現地調査を行った。調査地域は、ザグロス造山帯北西部の白亜紀花崗岩体(ゴルベ地域、ウルミエ湖周辺)と第三紀・第四紀の火山岩類(タカブ地域、サハンド地域)である。4月の調査は、代表者、分担者1名、協力者6名(日本側の大学院生1名、イラン側の研究者2名と大学院生3名)の計8名で、10月の調査は、代表者、 分担者1名、協力者4名(日本側の大学院生1名、イラン側の研究者3名)の計6名で実施した。採取した花崗岩、閃緑岩、安山岩の試料について薄片観察を行った後、名古屋大学で化学分析とRb-Sr、Sm-Nd系の同位体分析、LA-ICP-MSによるジルコン年代測定を行った。タカブ地域の火山岩類のSr-Nd同位体初生値、微量元素組成とジルコン年代について詳細に解析を行った結果、プレート衝突に伴う第三紀のマグマ活動が複数のステージに分類されることが明らかとなった。このマグマ活動(マグマ源)の違いはザグロス造山帯北西部の鉱床成因解析の重要な手掛かりとなるものであり、本調査研究3年目の重要な成果である。本研究成果に関する論文は執筆中であり、2020年夏頃までに国際誌に投稿する予定である。
    交付申請書に記載した2019年度(3年目)当初に予定していた研究実施計画の内容は十分達成している。予定していた春と秋の2回の現地調査、採取した試料の化学分析および同位体分析は当初予定どおり完了し、2018年度および2019年度の分析結果に基づく論文執筆は順調に進み、年度当初に予定していなかった研究も含めて、2019年度の研究は当初計画以上に進展している。その具体的な内容は次のとおりである。
    (1)イラン北西部における希土類元素(レアアース)の資源ポテンシャルに関する評価を実施した。これは、年度当初には予定していなかった研究である。本調査研究(H29~R02)およびH25~H28の基盤研究(B)で積み上げてきたイラン北西部に広がる花崗岩の希土類元素濃度データをコンパイルし、希土類元素の高濃度分布地域と火成活動、テクトニクスとの関係を明らかにするとともに、資源ポテンシャルの高い地域の抽出を試みた。これらの成果に関する論文は、受理されており、2020年度中に公表される予定である。
    (2)2019年度に公表された論文以外にも、印刷中(in press)の論文は7編、投稿中の論文は3編あり、順調に成果公表が進んでいる。
    2019年度の研究実施計画は、以上のとおり当初の計画以上に進展しており、最終年度(2020年度)で当初の研究目的を十分に達成できる見通しがある。
    2020年度(最終年度)の現地調査は10月に実施する予定であり、準備を進めている。研究代表者、分担者がイランでの現地調査を実施できない場合は、現地の研究協力者と連携して、現地協力者が現地調査、試料採取を進める。昨年度までに調査を実施した西アゼルバイジャン州のウルミエ湖周辺からクルジスタン州西部の再調査および追加試料採取を主に実施する。この追調査は、これまでの分析結果から当初予想していなかった新たな知見が得られる可能性が出てきたため、その可能性を確認することが目的である。また、これまで鉱床母岩としての火成岩の成因解析だけでなく、マグマ活動に関わる深部流体の解析も行うため、昨年度までに採取した火山周辺の地下水試料(温泉水)の化学分析、同位体分析にも新たに取り組む。
    10月には、イランの研究協力者との共同現地調査だけでなく研究総括を含めた研究打合せを予定しているが、実施できない場合に備えて、すでにメール等で緊密に連絡を取り合い、最終年度の研究が滞りなく推進できる体制を整えている。成果公表については当初予定以上に進んでおり、2020年度も3~4編の論文を投稿する予定である。

  2. 鉄とネオジム同位体を指標とした海洋生態系物質循環の解明

    研究課題/研究課題番号:17H01857  2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    淺原良浩, 長島佳菜, 藤木徹一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:16120000円 ( 直接経費:1240000円 、 間接経費:3720000円 )

    鉄は海洋の生態系をコントロールする重要な要因の1つであるが、海洋一次生産者である植物プランクトンが摂取している鉄の起源や化学形態に関する知見は少なく、そのため大陸などからの鉄の供給と生物生産の関係を定量的に評価することが困難である。本研究では、鉄(Fe)の安定同位体とネオジム(Nd)の放射壊変起源同位体を併用し、植物プランクトンが摂取する鉄の起源・形態を特定することが第一の目的である。さらに、この結果に基づき、北太平洋亜寒帯域や北極海に供給される鉄の起源・量の年変化・季節変化を同位体データおよび化学データから推定し、生物生産量・生物群集の変化のデータと対比しながら、これらの海域の生物生産と陸域からの鉄供給との関係を定量的に評価することが第二の目的である。
    沈降粒子中の鉄の起源を特定する指標としてのFe同位体とNd同位体の有用性の検証を進めるため、初年度(平成29年度)は分析技術の確立に重点を置き研究を進めた。具体的には、(i)逐次溶解法による沈降粒子試料からの各種構成成分の分離・抽出条件の最適化と、(ii)極微量ネオジムの同位体比測定法の確立を行った。2年目(平成30年度)は、これらの分析法を実試料に適用した。具体的には、北太平洋亜寒帯域の沈降粒子に逐次溶解法を適用し、各成分の主成分、微量成分の定量分析、Sr、Ndの同位体分析を進めた。その結果、沈降過程での珪酸塩砕屑粒子の組成変化を新たに確認する、などの成果が得られた。一方、逐次溶解法による分離・抽出条件に一部問題点も確認された。3年目(令和元年度)は、この分析上の問題点を解決した上で、沈降粒子の年変化・季節変化に本格的に取り組んだ。その結果、同位体組成および化学組成の季節変化を見出すとともに、その変動の主要因を特定することに成功した。これは、北太平洋亜寒帯域への供給物質の定量的評価の手掛かりとなる重要な成果である。
    平成30年度(2年目)終了時には進捗状況は「やや遅れている」状態であったが、令和元年度(3年目)当初の交付申請書に記載した研究実施計画はおおむね順調に進展している。3年目は、2年目に残されていた分析手法の問題点を解決した上で、北太平洋亜寒帯域の沈降粒子の年変化・季節変化の解析に取り組み、3年目の研究実施計画は順調に実施できた。具体的には、分析上の問題点を解決するため逐次溶解の条件設定を一部見直し、さらに、想定外に少なかった珪酸塩砕屑物成分の分析法の見直すことで、手法の改良を3年目の前半までに完了した。その後、沈降粒子(実試料)の年変化・季節変化の本格的な分析を再開し、年度末の3月までに、年変化 ・季節変化のデータの取得は順調に進んだ。その結果、季節変化を見出すとともに、その変動の主要因の特定に成功した。
    以上の通り、令和元年度の研究実施計画はおおむね順調に進んでおり、最終年度(令和2年度)で当初の研究目的を十分に達成できる見通しがある。
    最終年度(4年目)は、詳細な季節変化のデータを取得するため、引き続き北太平洋亜寒帯域の沈降粒子の分析を行う。ネオジム(Nd)および鉄(Fe)の同位体比測定は、代表者の研究室の表面電離磁場型質量分析計(TIMS)、韓国資源地質研究院(KIGAM)の多重検出器型ICP-MS(MC-ICP-MS)をそれぞれ用いて行う。MC-ICP-MSについては、名古屋大学とKIGAMとの同位体地球化学の研究プロジェクトの一環で利用する計画である。8月頃に代表者と分担者、研究協力者の4名が集まり、沈降粒子の年変化・季節変化の分析データを吟味し、データの取りまとめを進める。追加分析の結果に基づき、8月頃までには、化学組成、同位体組成、鉱物組成の1年間の時系列変化を対比し、起源物質の特定とその季節変化を明らかにする。Fe、Sr、Nd同位体組成から、アジア大陸からの風成塵、千島列島からの火山灰、オホーツク海からの流入物など、この海域への供給物質の季節変動を確認できる見込みである。
    これまでに得られた研究成果を国内会議等で発表するとともに、国際誌に論文を投稿する。

  3. 放射壊変系同位体を用いたイラン・ザグロス造山帯の希少金属鉱床の成因解析 国際共著

    研究課題/研究課題番号:25303029  2013年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    淺原良浩, 壷井基裕

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:16770000円 ( 直接経費:12900000円 、 間接経費:3870000円 )

  4. 過去の温暖期における南極氷床の大規模融解の実態解明:鉛同位体に着目した新たな解析

    研究課題/研究課題番号:21H04924  2021年4月 - 2025年3月

    科学研究費補助金   基盤研究(A)

    堀川 恵司, 岩井 雅夫, 淺原 良浩, 板木 拓也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    近年の海洋観測と衛星データから,西南極氷床の底面に暖水が流入し,棚氷の融解が加速していることがわかってきた.この暖水流入は,将来,南極氷床を融解させ,海面水位を10m以上上昇させる可能性がある.本研究では,海水準が10-23m程高かった鮮新世の温暖期を対象にして,暖水流入による南極氷床の大規模な融解があったかどうか,また実際にどの地域でどの程度,融解していたかを南極周辺の海底堆積物の化学分析から明らかにする。本研究を通して,温暖期における氷床の動態(脆弱域・融解量)について知見を深め,海水準の将来予測精度の向上に資する研究成果を創出する.

  5. 古代西アジアをめぐる水と土と都市の相生・相克と都市鉱山の起源 国際共著

    研究課題/研究課題番号:18H05447  2018年6月 - 2023年3月

    文部科学省  科学研究費助成事業  新学術領域研究(研究領域提案型)

    安間了, 荒川洋二, 横尾頼子, 下岡順直, 中野孝教, 佐野貴司, 若狭幸, 淺原良浩, 堀川恵司, 黒澤正紀, 八木勇司, 池端慶, 丸岡照幸, 昆慶明

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    本計画研究の目的は、西アジアにおける都市文明勃興期から成熟期の都市を取り巻く環境変動や都市鉱山化の進行過程について、地球環境学的・地球化学的な観点から明らかにすることである。
    本年度は徳島大学に走査電子顕微鏡を導入して研究環境を整備した。平成30年度に筑波大学に導入したマルチコレクター型ICP質量分析計システムの慣熟を行った。古代冶金に関する先行研究、古代の銅・銀・鉛鉱山と製錬法の概要をまとめた結果、自然銅や自然銀が枯渇するにつれて製錬法が複雑になる過程や、製錬廃棄物の頻出とその変化や地域差が把握された。古代の精錬技術の技術レベルを検討するために、イランの土器新石器時代の遺跡から出土した土器の焼成状態と銅製品の検討を行った結果、紀元前7千年紀には、孔雀石などの銅鉱石を充分製錬できる高温制御技術があることがわかった。
    トルコ、イラク、イランで現地調査を行い、遺跡の発掘法面や未盗掘墓床面などで残留金属濃度のその場測定を行った。金属器の発掘された周囲の土壌で当該金属の濃度異常の分布を確認するとともに、Caなどの元素が土壌中で移動する様子を明らかにした。原産地推定のための基礎的データを集めるため、イラン地質調査所と覚書を取り交わして金・銀・銅・鉄鉱床の現地調査と共同研究を開始し、金鉱床中の黄鉄鉱の硫黄同位体組成、鉱床母岩の化学組成や年代などを明らかにした。
    古環境復元のために、イラン国各地でトラバーチンおよびトラバーチン湧水を採取し、炭素・酸素同位体分析および14C年代・U/Th年代分析を進めるとともに、現在の環境動態を探るためにイラン国内10都市での毎月降水モニタリング網を整備した。メソポタミア下流域のAl-Aqarib遺跡を飲み込んだ砂丘堆積物の移動速度を求めるためOSL年代測定用の試料を採取した。上流域での地形の侵食速度を見積もるため、地形年代測定用試料の追加採取を行った。
    冶金考古学上の新地平を切り拓くために筑波大学に導入したマルチコレクター型ICP質量分析計システムの慣熟を行い、徳島大学に多くの試料の観察・定量分析を迅速に行うことができるSEM-EDSを今年度設置したことで、研究環境はほぼ整備され、必要なデータを粛々と収集する段階に入ることができた。この間、イラン、イラク、トルコ各国で現地調査を行い、より詳細な分析に必要な試料を、各地の発掘現場や鉱床から得るとともに、その場測定・分析をとおして新たな知見や、より効率的なストラテジーを導出する知見を得た。イランでは地質調査所と研究協力に関する覚え書きを締結しながらイラン各地の鉱床やその母岩に関する基礎的な共同研究を開始するなど、連携が順調に進行している。また、当計画班は、領域全体の分析部門として性格を持っており、ほかの計画研究から依頼を受けて、文化財や考古試料の各種分析や物質科学的記載などで貢献することができた。
    いっぽう、今年度の予算で計画していたメソポタミア下流域での30mボーリング調査は、現地研究協力者の積極的な関与があって準備が整ったものの、試料を輸出する方途について問題が生じ、継続課題となった。
    今年度までの活動で研究環境は整備されたため、今後は系統的かつ集中的にデータを収集する段階に入る。今年度までの研究により、都市文明の発祥の地であるメソポタミア下流域で完新世の最下部まで到達するボーリングによる連続柱状試料の入手と、その中の金属元素濃集度の連続的な変化や堆積速度変化の精査が、本計画研究の大きな目標として再認識された。メソポタミア下流域での30mボーリング調査を完遂すべく、全力を尽くす所存である。
    また、今後も現地における面的な調査とその場測定、採取試料の国内での詳細な分析をとおして、各地での地形や堆積速度、土壌中の各種元素濃集度などの面的な分布と深さ方向の変化を定量的に評価し、研究を推進していく所存である。また、西アジア各地の鉱床金属の組成や同位体のデータなどを系統的に収集・測定し、原産地推定のためのデータベースを構築する。
    2020年3月現在、COVID-19の影響により西アジア諸国への海外調査隊の派遣は困難になりつつある。その場合でも、イラン国地質調査所との覚え書き締結をはじめ現地研究協力者との連携によって試料を継続的に入手する体制を本年度中に整えることができたこと、本年度までに今後2年程度かけて分析するに不足がない程度の多くの試料は入手できていることから、本計画研究は充分に遂行可能である。

  6. 火葬骨の高確度炭素14年代測定と食性解析のための基礎研究・考古資料への展開

    研究課題/研究課題番号:18H00756  2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    南雅代, 若木重行, 淺原良浩, 高橋浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:16900000円 ( 直接経費:13000000円 、 間接経費:3900000円 )

    従来の出土骨を対象とした考古化学研究では、骨の有機成分であるコラーゲンを抽出し、その主成分である炭素・窒素・酸素の同位体を利用することにより、年代測定や食性解析などが行われてきた。しかし、高温の熱を被り、有機物が分解してしまっている火葬骨には従来の手法は適用できない。本研究では、骨の無機成分であるバイオアパタイトに注目し、火葬骨の炭素14年代測定に加えて、ストロンチウムの3つの同位体比(87Sr/86Sr、88Sr/86Sr、84Sr/86Sr)を組み合わせたマルチSr同位体分析により生前の食性の情報を得ることを目的としている。
    2019年度は、奈良県持聖院より出土した蔵骨器内の貞慶(AD1155-1213)の火葬骨、滋賀県敏満寺石仏谷墓跡より出土した中世の火葬骨を試料とした。貞慶の火葬骨の結果から、埋葬後、土壌に埋没している間に受けた二次的変質作用の定量的評価として、骨中のBa量がよい指標であることが明らかになった。その結果を踏まえ、Ba量が少なく、二次的変質の少ない白色骨片のみを選んで、高精度炭素14年代測定を行った(Minami et al., 2019 Radiocarbon)。さらに、マルチSr同位体分析を行い、貞慶は草食の傾向が、敏満寺に埋葬された人々は肉食の傾向が強く、栄養段階が異なることを明らかにした(若木・南、日本文化財科学会第13回ポスター賞)。
    石仏谷墓跡に埋没している人の生存地域を明らかにするため、周辺地域を流れる河川(宇曽川、犬上川、芹川)から地質試料を採取し、87Sr/86Srを測定した。石仏谷墓跡の火葬骨は敏満寺周辺土壌の交換態成分、そして芹川の河川水に近い87Sr/86Srを示した。このことから、石仏谷墓跡には、敏満寺周辺もしくは芹川の河川水を利用可能な地域で生活していた人々が埋葬されている可能性が示唆された(澤田ほか, 2020)。
    貞慶の火葬骨の炭素14分析結果が、Radiocarbon誌(Minami et al., 2019) に掲載され、貞慶と敏満寺に埋葬された人々のマルチSr同位体分析に関する発表が、日本文化財科学会第13回ポスター賞を受賞するなど、順調に成果が得られた。敏満寺石仏谷墓跡より出土した火葬骨に対しては、炭素14年代その他でも非常に興味深い結果が得られつつある。滋賀県多賀町周辺の地質試料を追加採取してSr同位体比を測定し、植物と埋敏満寺遺跡石仏谷墓跡から出土した火葬人骨の値を解釈するための基礎データを揃える。この基礎データを元に、埋葬されている人の出自を探る研究も、本研究課題はおおむね順調に進展していると言える。
    2019年度、滋賀県多賀町の敏満寺遺跡石仏谷墓跡から出土した火葬人骨をいくつか分析した結果、埋葬地区によって年代や食性に違いが見られ、考古学的に非常に有益な試料である見込みが得られた。そこで、出土人骨が保管されている多賀町立博物館に出向き、地区ごとに、厳密な試料の追加採取を行ない、現在、これらの追加試料に対して炭素14年代測定を行いつつある。2020年度は、年代付けされたこれらの試料にマルチSr同位体分析を行い、さらに安定炭素同位体比の結果を組み合わせて、生前の食性の情報を得る試みを行う。地区ごとの年代、食性の特徴を明らかにし、考古学的知見と合わせて、研究論文としてまとめる。
    一方、滋賀県多賀町周辺の地質試料の分析(澤田ほか, 2020)から明らかになった問題点を解決するため、植物を追加採取してSr同位体比を測定し、植物と埋敏満寺遺跡石仏谷墓跡から出土した火葬人骨の関係性についてもっと詳細に調べる。得られた関係性を元に、埋葬されている人の出自を探る研究を実施する。以上の結果については、総合論文にまとめる。
    2020年度は新型コロナウイルスの感染拡大で国内・国際学会が延期・中止になる可能性が高いため、論文執筆に時間を回し、本研究課題をまとめることに集中する。

  7. 重元素安定同位体分別メカニズムの解明と花崗岩成因解析への応用

    研究課題/研究課題番号:24540527  2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    壷井基裕, 淺原良浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:5200000円 ( 直接経費:4000000円 、 間接経費:1200000円 )

  8. 有機態金属元素の同位体に着目した新しい環境変動解析手法の開発

    研究課題/研究課題番号:23510005  2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    淺原良浩, 谷水雅治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:5460000円 ( 直接経費:4200000円 、 間接経費:1260000円 )

  9. 微量金属元素同位体を用いた北極圏の陸域および縁海の環境変動解析の試み

    研究課題/研究課題番号:20510008  2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    淺原良浩

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

  10. 微量金属元素同位体を用いた河川および沿岸海洋の環境動態解析の試み

    研究課題/研究課題番号:15710009  2003年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    淺原良浩

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3200000円 ( 直接経費:3200000円 )

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 10

  1. 地球化学分析法Ⅰ及び実験

    2021

     詳細を見る

    本講義の目的とねらいは,地球化学における基礎的な化学実験法の原理と技術を身につけ,さらに,得られたデータを主体的にかつ厳密に考察し,レポートとしてまとめることで,考える力と総合的な判断力を身につけることである.さらに,宇宙物質(隕石)や地球物質(岩石,堆積物)の化学分析の基礎力を習得すると同時に,環境問題に取り組むための環境化学分析への応用力を養うことである.

  2. 地球・宇宙化学

    2021

  3. フィールドセミナーI

    2021

     詳細を見る

    【地球化学講座教員の担当項目】名古屋市内を流れる山崎川の水質調査を行う。4つのグループに分かれ、源流から河口域まで水試料を採取し、現場でpH、DO、CODなどの簡易測定を行う。その後、大学に持ち帰った水試料を、イオンクロマトグラフィーで溶存イオンの定量分析を行う。これらの結果を総合的に解析し、レポートとしてまとめる。

  4. 地球科学基礎Ⅰ

    2020

     詳細を見る

    我々の住む地球について、その基礎的な知識、考え方を習得することを目的とする。まず、太陽系の 形成過程と太陽系の概要を知ることにより、天体としての地球を俯瞰し、その後、地球内部と地球表 層(海、大気)の構造を知ることにより、我々の生活場としての地球を理解することを目指す。

  5. 地球化学分析法Ⅱ及び実験

    2020

     詳細を見る

    地球惑星科学で用いられる最新の機器分析装置を用いて、ガス試料ならびに岩石試料を分析し、各装置の原理を学ぶとともに、装置操作に慣れ親しむ。

  6. 地球化学セミナー2A, 2B, 2C, 2D

    2020

  7. 地球化学セミナー1A, 1B, 1C, 1D

    2020

  8. 環境分析法1

    2020

     詳細を見る

    本講義は,環境試料(水ならびに堆積物)について,1) 各分析試料の化学的な特徴,2) 分析法の原理と分析方法,3) 実試料の分析を通した分析技術,4) 得られた分析結果の表現方法と考察,を学びます.本講義で扱う分析機器は,現在の環境分析には不可欠なものです。環境分析の基礎を学修することを本講義の目的としています.

  9. 地球惑星科学セミナーI

    2020

     詳細を見る

    自然科学の基礎知識や地球惑星科学に関する専門的な内容の科学英語を読み、その内容を正確に把握できる英語読解の基礎知識をつけ、またその内容について深く検討し、要点をまとめ、わかりやすく発表できる能力をつけることを目的とする。複数の異なる分野を専門とする教員や複数の学生との意見交換を行い、広い視野の育成に努める。

  10. 環境分析法2

    2020

     詳細を見る

    本講義は,環境試料(水ならびに堆積物)について,1) 各分析試料の化学的な特徴,2) 分析法の原理と分析方法,3) 実試料の分析を通した分析技術,4) 得られた分析結果の表現方法と考察,を学びます。本講義で扱う分析機器は,現在の環境分析には不可欠なものです.環境分析の基礎を学修することを本講義の目的としています.

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 3

  1. 環境・応用化学特殊講義IV

    2020年4月 - 2020年9月 関西学院大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  2. 地球環境変遷学

    2014年4月 - 2015年3月 神戸大学)

  3. 化学特殊講義XIX

    2013年4月 - 2014年3月 関西学院大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

 

社会貢献活動 1

  1. 「深海底の泥に記録された地球の歴史」

    役割:講師

    豊橋市自然史博物館  名古屋大学出前授業  2020年11月

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 大学院生, 保護者, 社会人・一般

    種別:出前授業

メディア報道 1

  1. 「日本海 450万年前に原型 – 独自の生物 起源解明へ」 新聞・雑誌

    読売新聞社  読売新聞 愛知県版  2019年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外